したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

SSスレ(ラノベ)6

1 名無し三等陸士@F世界 :2013/03/01(金) 21:23:33 ID:4k.s2RH60
ラノベ的なSSを投下するスレッドです。
本スレよりは制限が緩やかなので多少の萌えや厨設定も認可されます。限度はありますが。


ハイテク兵器VS剣と魔法

戦国自衛隊のノリでいて新たなジャンルを開拓すべし
銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage推奨。 …いや、sageる必要ないか。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置だ。反論は許さん!…スレ住人が。
・以上を守らないものは………

本家スレ(2006年6月上旬時点)
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1157263954/

2 F世界逝き :F世界逝き
F世界逝き

3 名無し三等陸士@F世界 :2017/02/19(日) 19:12:07 ID:XiyVDv5E0
35:54

10:40
ttps://www.youtube.com/watch?v=WTdY7h129Mk

ttps://www.youtube.com/watch?v=8R0luOy8ce8

4 名無し三等陸士@F世界 :2017/10/11(水) 19:58:15 ID:lKo/SRwk0
掌編その一

『獣人族に対する人権侵害』

そういった名目で、秋葉原や日本橋では連日、猫人族などがメイド喫茶、コスプレ喫茶などに対する抗議活動を繰り広げていた。
人間の女性が猫耳カチューシャや尻尾をつける姿が、猫人族に対する侮辱表現であり、さらには猫人族の雇用を奪っているというのだ。
猫人族が中心となっているが、犬人族や狼人族、狐人族、豚人族など様々な種族が参加していた。

大規模なコスプレイベントになると、コスプレイヤーに対する傷害事件まで起きて警察沙汰になる事もある。

異種族の姿を人間(人族)が真似る事は『ヒューマンウォッシュ』と呼ばれている。
猫耳をつけたり、エルフ耳をつけたり、そういうコスプレ全般は人権問題として槍玉に挙がる。
漫画やアニメなどで、人間がそういうコスプレをしている場面を描くだけでも批判の対象となるのだ。



掌編その二

『長命種族に対する年金支給に関する特例法』

通称『エルフ年金法』が衆議院、参議院の両院で可決された。
国会前では多数のエルフ族がデモを行い、それをテレビクルーが取材していた。

エルフの男性はテレビカメラに向かって言った。
「私は日本国籍を取得した日本人です。人族の日本人は60歳から年金支給されるのに、
 我々だけどうして120歳なのか! 人種差別に対しては徹底的に戦いますよ!」

別のエルフ女性も声を荒げてカメラに向かう。
「数の横暴です。エルフの国会議員は1人しか居ません。
 99%が人族の国会はエルフの人権を蔑ろにしています!」

異世界転移してなお、差別問題は根深い。

5 名無し三等陸士@F世界 :2017/10/14(土) 01:58:22 ID:lKo/SRwk0
F世界との交流スレ向きだったかもしれません。
スレ違いだとしたらそちらに投下します。


掌編その三

『ドワーフと製鉄所』

ドワーフ族の金属精錬工房から怒号が響く。
「お前ら、それで良いのか?
 俺達は俺達のやり方で最高の鉄を作る。
 それが流儀だろ? もっと熱くなれよ!」

ドワーフの精錬工房では、日本から製鉄、製鋼機械を
導入し、日本式の製鉄所を経営しようとする動きがある。

製造される金属の量では勝負にならない。
かといって質で勝てているかというと、贔屓目に見て互角といったところ。
大量生産される日本製の価格を考慮すれば、同等の品質なら日本製の方が安い。

ドワーフの精錬工房は日本で言う中小企業ばかり。
廃業するか、合併集約して日本式に転換するかという苦渋の決断を強いられる。
金属加工業では先が暗いと、酒造メーカーに鞍替えしたドワーフも居る。

金属加工が民族の伝統文化でもあるドワーフに、近代化の波は容赦なく押し寄せていた。



掌編その四

『自衛隊による平和維持活動』

自衛隊による平和維持活動に対し、批判の声がある。
剣や槍と弓で武装した紛争地を、機関銃や自動小銃を持った
自衛官が監視するという構図がやり過ぎではないかというのだ。

この問題に関しては国内でも意見が分かれている。
自衛隊が機関銃などを持ち込むことについて主な意見を聞いてみよう。

賛成派の声。
「幾ら現地の武器が中世じみているといっても剣で斬られ、弓で射られれば死ぬ。
 現代の銃を持たせず剣を持たせて、自衛官の命を無駄に危険に晒せというのか」

反対派の声。
「自衛隊は剣を持って名乗りを上げてくる人たちを撃ち殺していると聞く。
 彼らの流儀に従って名乗り返し、正々堂々と戦ってこそ平和維持に繋がる。
 虐殺に等しいやり方では憎悪の連鎖しか生まず、むしろ自衛官の命を危険に晒す」

平和維持活動そのものへの反対を唱える意見もあるが、平和維持活動には賛成した上でも、
自衛隊が銃を持って行くか行かないかだけで国論が割れてしまうのは滑稽と言えようか。

6 名無し三等陸士@F世界 :2017/10/15(日) 20:22:04 ID:lKo/SRwk0
掌編その五

『竜人族は納得しない』

潜水艦総合スレ


292 名前:名無し三等兵@F世界

海自の新潜水艦の名前決まったね

298 名前:名無し三等兵@F世界

潜水艦の名前がどんどんしおからりゅうへ

299 名前:名無し三等兵@F世界

>298
そのうちしおはDDの艦名になるかもね

303 名前:名無し三等兵@F世界

水に沈むのに竜はない

306 名前:名無し三等兵@F世界

>303
沈むんじゃねーよ潜るんだよ

313 名前:名無し三等兵@F世界

竜は大空を制してこそ
水中を活動領域とする船の名前には相応しくない

315 名前:名無し三等兵@F世界

>313
ドラゴニュートさんこんばんは

316 名前:名無し三等兵@F世界

>313
日本では竜は水を司るんだよ

319 名前:名無し三等兵@F世界

実在しない日本の竜より
実在する大陸の竜をリスペクトすべき


――――

新型艦名一つで不満たらたらな人種である。

7 名無し三等陸士@F世界 :2017/10/29(日) 19:49:17 ID:2U7MiJI20
乙です
久しぶりに訪れてみたら、面白い小ネタが!

F世界で異種族の人権問題めんどいw
ドワーフの鉄工所は伝統工芸方向いけば、芸術的な領域まで至った一部は生き残れそうかなあ
竜人の誇り高さの方向がww

8 名無し三等陸士@F世界 :2017/11/03(金) 19:08:04 ID:2k2lP0x60
>>7

感想ありがとうございます。
軽いノリで書いてますが、F世界で本当にこういう社会問題が起きたら面倒臭いでしょうね。

気を良くして、別の投下します。

9 名無し三等陸士@F世界 :2017/11/03(金) 19:08:59 ID:2k2lP0x60
掌編その六

『エルフそば』

最近話題の蕎麦屋に取材に行ったので、その時の様子を書いてみよう。

信州の高原、有名な観光地からは外れた場所にその店はあった。
『エルフの里のそば』と書かれた幟と、『生命の実』と書かれた暖簾がある。

『生命の実』の内装はログハウスのような趣で畳席も無く、昔ながらの和風の蕎麦屋とは一見して違うと分かる。
だがの軽井沢や上高地などの観光地がある信州である事を考えると、異質とも言えないのだ。

筆者が訪問した時は、店内には3人ほどのエルフ客が居り、蕎麦と酒を楽しんでいた。
店主曰く日本に住むエルフの客は多いという。信州はエルフの国と気候が似ているので、住み易いのだそうだ。

『生命の実』は現在のところ日本で唯一、エルフの国の伝統酒を直輸入している店なので、故郷の酒が飲めるとあって常連客は多い。
残念ながら使っている蕎麦粉は北海道と長野県のものらしいが、ゆくゆくは蕎麦の実から全てをエルフ産にしたいと語っていた。


席に着くと、おしぼりと木のコップに入った水が出された。
無料でおしぼりと水を出すのは日本式らしいが、ガラスのコップではなく木のコップというところがエルフ式だそうだ。

エルフ客が多いという事もあってメニューには日本語とエルフ語が併記されており、
種類は少ないものの単品料理と、幾つかの単品料理を纏めた定食もある。
お勧めを訊ねると、生命の団子定食と神樹酒を勧められたのでそれにした。

まずは神樹酒だ。
名前からして神々しいが、エルフの森にある木々は精霊の加護を
受けた特別なものとされており、その樹液から醸造された酒の事である。
日本酒に比べてやや度数が高いのだが、口当たりが良くどんどん飲めてしまう。
筆者は比較的酒に弱く、飲んでいると頭痛がしてくるのだが、そのような事も無い。
エルフが長命なのはこの酒のお陰という話も、あながち間違いではないかもしれない。

つまみには、定食についている胡桃を頂く。
テーブルには酒と同時に蜂蜜の瓶が置かれ、お好みでどうぞと言われた。

酒を飲みながら待つ事20分ほどで、盆に乗った生命の団子定食が運ばれてきた。
蕎麦といっても、エルフそばは現代日本で一般的な蕎麦切りではなく蕎麦掻きである。
団子というくらいだから、細長い蕎麦でない事は予想していたが、本当に団子だ。

俵型の蕎麦団子を木製のフォークで食べる。
これがメインである生命の団子。
団子自体に味は付いてないが、そのまま食べても良いし、
蜂蜜をかけたり、日本式に山葵をつけて食べても良いらしい。
筆者が日本人なので、店主は気を利かせて山葵とおろし器を持ってきてくれた。

団子は結構大きめのが4つもあるので、蜂蜜を試してみた。
蕎麦に蜂蜜というとイメージが湧かないが、かなり美味しい。
使っている蜂蜜自体、日本で厳選した甘さ控えめのものなので、
パンにジャムを付ける感覚で、ソースとして十分通用する。

鹿肉の蒸し焼き。
量はそれほど多くないが、団子の量が多いのでちょうど良い。
元々、鹿肉は信州のジビエとしてもあったが、店主の故郷の料理として取り入れたとの事。
やや癖があるので好みがあるだろうが、臭くて食べられないという事は無い筈だ。
肉自体は柔らかく、筋っぽさもないので食べやすい。
蜂蜜をかけるか塩をふるか、これも日本式に山葵をつけて食べる。

山菜のサラダ。
これはもう、創作和食と言われても違和感が無い。
信州の地元の山菜を使ったもので、異国料理要素と言えばハーブが入っている事くらいか。


こうしてみると、エルフ料理は全体的に甘めだ。
というより調味料として蜂蜜をメインに使うのでそうなるのだろう。
蜜蜂を介さず、花蜜を直接使う事もあるそうだ。

そして塩は使っても胡椒は使わない。
日本でも塩胡椒が手軽になったのは近年の事だから、驚く事でもないだろう。

店主に言わせると、エルフからすると日本の料理はしょっぱいらしい。
日本の蕎麦屋では定番の山菜蕎麦を食べた時も、しょっぱくて驚いたとか。

エルフの国では日本から輸入した山葵の栽培が始まっており、適した気候と清流に恵まれて
高品質だというから、これからのエルフ料理では山葵も重要な調味料となっていくかもしれない。


食べ終わる頃には、すっかりここが蕎麦屋である事を忘れていた。
いや、わざわざ蕎麦屋なんて言わずエルフ料理屋と言えば良いのに。
そんな事を店主に話すと、笑って答えてくれた。
「エルフ料理といっても日本人のお客様にはピンときませんよね。しかし蕎麦なら馴染み深い。
 だからエルフの蕎麦屋を名乗ってます。店の売りが蕎麦である事に偽りはありませんからね」

そしてこうも続けた。
「いずれ、エルフ料理といったら生命の団子だとピンとくるようになってくれればと思ってますよ。
 私がその先駆けとなりたい、なれればという思いで日本人のお客様をお迎えしています」

10 名無し三等陸士@F世界 :2017/11/05(日) 11:12:15 ID:ltLdW.lY0

面白かったです

そういや獣人娘48人集めて云々ってネタ、どこで見たんだっけ?

11 303 ◆CFYEo93rhU :2017/11/11(土) 06:45:59 ID:2k2lP0x60
反応ありがとうございます。

>>10

フレンズですか?

12 名無し三等陸士@F世界 :2017/11/11(土) 06:46:55 ID:2k2lP0x60
掌編の番外編

『伝説の竜の倒し方』

二千年の眠りより目覚めし伝説の暗黒魔竜。
その巨体は天を覆い、一夜にして文明を滅ぼしたという。

伝説の村の長は大陸駐在の自衛隊司令官に言う。

「暗黒魔竜を倒すには伝説の剣が必要です」
「伝説の剣」

「まず世界各地にある伝説の祠から、伝説の素材を集めます」
「伝説の素材」

「そしてそれを錬金術で合成し、伝説の剣にします」
「錬金術で合成」

「伝説の剣を暗黒魔竜の喉元深くに突き刺します」
「喉元に突き刺す」

「狙う場所は、逆鱗から十二枚目と十三枚目の鱗の間の拳一つ分の隙間です」
「狙いは拳一つ分」

「伝説の勇者は、伝説の剣で暗黒魔竜を倒したと記されています」
「何それ伝説の勇者凄くない?」

「伝説の英雄の子孫は現在行方をくらましており、暗黒魔竜討伐を自衛隊の方々に頼みたいのです」
「剣道経験者くらいしか居ませんが」

「お願いします。暗黒魔竜が暴れまわれば、いずれ日本の皆様にも大きな災いが……」
「日本の存立危機事態かもしれない」

「――という事なのですが統幕長。害獣駆除? やはり災害派遣ということになるんですね?」


――自衛隊は奮闘した。
だが伝説の剣を暗黒魔竜の逆鱗から十二枚目と十三枚目の鱗の間の拳一つ分の
隙間の喉元深くに突き刺す事は叶わず、世界は滅びへの道を辿るのである。

13 名無し三等陸士@F世界 :2017/11/12(日) 14:59:59 ID:2k2lP0x60
掌編その七

『嬉しくなるとついやっちゃうんだ』

今日は海上自衛隊の基地で、装備品の一般公開がある。
目玉は名物の海自カレーと新型護衛艦だ。

セキュリティチェックを受けて、基地内へ……。
と、検問していた自衛官から制止の言葉がかかった。
「失礼ですが、ヴァンパイアの方ですよね」
「え?」
なおも自衛官が詰め寄ってくる。
「身分証はお持ちですか?」
「はい……」
しぶしぶ健康保険証を見せる。
「種族はヴァンパイアですね。ではあちらで防護服を着てから入場して下さい。
 防護服を着用しない場合、基地内への入場は許可できません」

自衛官の塩対応。何故ばれたのだろう。


検問所の裏では、先程ヴァンパイアを詰問していた自衛官が話をしていた。
「ふぅ、水際で防げて良かったな。この間なんて3時間狂いっぱなしだった」
「やろうと思ってやってる訳じゃ無いんだろうが、あれじゃあテロだよ」
「生体イージスシステムなんて言われてるからなぁ……」
「まあこの電子社会での行き辛さには同情するが」
「この前なんて、電車の中でスマホゲームしてたら、電車が止まったなんてあったよな」
「彼らの生態を有効活用できないものかね……」



掌編その八

『エルフ奴隷』

――とある新聞の時事記事より。

奴隷と言えば、何を思い浮かべるだろうか。
古代や中世の社会には、世界各地に奴隷が存在した。
リンカーン大統領の奴隷解放宣言を思い浮かべる方もおられるだろう。
この世界に転移した後、奴隷が公然と売買されている事に驚いた方もいるかも知れない。
何にせよ多くの日本人にとって奴隷とは遠い過去、あるいは日本国外の話と思われるだろう。

しかし最近、奴隷を買う日本人が増えているのだ。
主な購入者は富裕層の男性で、奴隷の多くはエルフ族の女性。
そして両者は結婚までしてしまう。
通常は出会いの無いエルフ女性と結婚する為に奴隷を買うのだ。
本邦の法律では、非合法な手段によって結ばれた婚姻は無効である。
誘拐や人身売買で“手に入れた”異性との結婚は、本来は無効な筈だ。

だが、そんな法の穴を突くような方法で奴隷と結婚してしまう。
手口はこうだ。
日本人購入者が奴隷商と知り合い関係を持ち、日本国内でも合法な物品を購入する。
この物品というのは日本国内でも大陸でも大して価値の無い代物だ。
そうしているうちに奴隷商から“養子”を紹介され、結婚に至る。

形式的にはお見合いあるいは自由恋愛による結婚だ。
だが実質的には、奴隷商から奴隷を買っての結婚であるのは明白。
大枚を叩いて奴隷商に貢いだ挙句に逃亡される日本人もいると聞く。
自業自得だが奴隷商を肥え太らせる行為は笑うに笑えない。

規模こそ小さいものの立派な奴隷貿易が成立してしまっている事に、
警察庁、検察庁、法務省、総務省、裁判所は違法性の啓蒙を行っている。

だが、このような問題は明確な犯罪行為に限らない。この世界の原住民への差別的で尊大な態度が目につく。
同じ日本人として嘆かわしい事だが、最近の日本人は異世界という新天地で羽目を外し過ぎではないだろうか。
およそどこに行っても日本人というだけで尊敬され、あるいは畏怖されるような環境を当然と考えていないだろうか。
そのような態度は、異世界の多くの国や地域、民族と良好な関係を築き上げた先人たちへの冒涜だと思い直して欲しい。
エルフ族という、わが国でも人権を認められた異種族の奴隷を購入する心理は、そのような心理の延長線にあるのだから。


※写真は『奴隷制にSTOP! 人身売買にNO!』デモが行われた都内の繁華街。

14 名無し三等陸士@F世界 :2017/12/02(土) 19:41:41 ID:ZqrZSx6Q0
もしも検索 ⇒ bit.ly/2kJFRlx

15 名無し三等陸士@F世界 :2018/02/17(土) 13:39:45 ID:bXzhWQn.0
掌編その九

『ブラッド・オブ・ドラゴン』

日本との交流を持ち、漫画などで「ドラゴンスレイヤー」という二つ名の人物が出てきたり、そういう武器が出てきたりする度に竜人族は思う。
「何故、いつも竜は倒すべき相手なのだ。人間は我々がそんなに憎いのか」
そしてこうも思う。
「竜の血を浴びたら不死身になるなど、夢を見すぎ。せいぜい怪我や病気の治りが早くなるくらいだ。
 そのせいで、人間共は竜の血を求めて大軍を率いて……被害者はこちらなのに、いつも悪者扱いだ」

元々、この世界でも長年、そういう目的で命を狙われた経験のある竜人は多い。
異世界である筈の日本文化もその影響にあると知って、衝撃を受けるのだ。
「厄介な敵が増えた」と。



掌編その十

『ドラッグ・オブ・ドラゴン』

マスメディアやネットでは、異世界転移以来世紀の新発見として持て囃された。
『夢の新薬』

この世界には竜の血を浴びると不老不死になるという伝承があるが、実際にそれで不老不死となった人は居ない。
だが、実際に竜や竜人は寿命が長く、病気にならず、怪我になっても治りが早い。

伝承と関係があるのではないか。そうして進められた研究の集大成。
竜人の細胞から合成した化学物質を使った新薬が、このほど臨床試験を終えて認可されたのだ。

有害な細菌やウィルスは勿論、癌細胞も纏めてピンポイントで排除してしまう。
同時に自然治癒力を高め、ホルモンなど生体物質の分泌を安定させる作用もある。

当初はその強烈な効果に重篤な副作用が懸念されていたが、臨床試験ではむしろ従来の薬品より副作用が少なく、程度も軽いものだったという。
一般的な怪我や病気は勿論、肥満や高血圧、認知症やうつ病、アルコール依存症の改善、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも驚くほどの効果が認められている。

『万能薬』というものが現実になった。
竜人たちからも「血を求めて理不尽に殺される必要が無くなった」と歓迎気味だ。

医療関係者は諸手を挙げて大歓迎かと思いきや、開発に参加した製薬会社すら予想外の成果に困惑気味だ。
今までは症状を悪化させないだけで精一杯だった患者を完治、寛解の状態に持って行けると期待する声と同時に、
『万能薬』によって利便性を得る代償に医療の発展を失ってしまうのではないか。そんな戸惑いの声が漏れ聞こえる。

――この薬があれば、医師は不要と思われてしまうのではないか。
そんな声と同時に、あらゆる病気にこの薬を処方する無責任な医師、
あらゆる体調不良をこの薬に頼ってしまう患者の濫用の危険性も指摘する。
少ないとは言え副作用は存在するし、化学物質である点は従来の薬と変わらない。
どんな薬も毒であるのは変わらないし、この薬でも治せない、防げない疾患は存在する。

この薬があるからタバコを吸っても大丈夫。
この薬があるから食事や睡眠を疎かにしても大丈夫。
この薬があるから――。
そんな安易な逃げ道にならないよう、患者、医療関係者共々、肝に銘じたいものだ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板