したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

SSスレ

1 魔術師1 </b><font color=#FF0000>(zbg2XOTI)</font><b> :2004/03/16(火) 06:06 ID:5tGeSj8I
比較的硬派なSSを投下するスレッドです。
本スレとほぼ同じ、詳細かつ綿密な設定を練ってSSを書いてください。


ハイテク兵器VS剣と魔法

戦国自衛隊のノリでいて新たなジャンルを開拓すべし
銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage推奨。 …いや、sageる必要ないか。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置だ。反論は許さん!…スレ住人が。
・以上を守らないものは………

本家スレ(2004 3月時点)
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1079351585/

931 始末記 :2017/12/31(日) 23:13:12 ID:7.L4Yce.O
大陸北部
タージャスの森南側外縁
自衛隊キャンプ

大森林に向かった部隊の留守部隊として、陸上自衛隊の隊員六名が自衛隊キャンプに残っていた。
彼等は留守番の最中も陣地構築を行っていた。
問題は陣地が森側からの攻撃を想定されていて造られていることだ。
これから迎え撃たないといけない相手は街道からやって来るのだから意味が無い。

「新香港の部隊が?」
「やりあわずに足留めってどうしろというんだ。」
「無理に決まってんだろ!!」

連絡と命令を受けた隊員達は頭を抱える他無い。
まともに使える車両はNBC災害対策車と高機動車くらいだ。
銃火器も小銃や拳銃くらいしか残っていない。
こんな装備で二百名近い新香港武装警察とやりあえる筈もない。
ましてや地球人同士の交戦は、神戸条約により禁止されている。
地球人による植民都市が増えた結果に結ばれた条約だ。
逆に言えば彼等自身が人間の盾になれるのだが、そんな立場は御免蒙りたかった。

「森の中の佐久間二尉との通信はまだ取れないか・・・」

どのような作用か、電波による通信は本隊が町に入るとの通信を最後に取れなくなっていた。
増援の第5小隊の到着も3日は掛かる見通しだ。
彼等留守部隊六人がとれる選択肢は少ない。

「森の中に隠れよう、車両もテントも全部だ。
痕跡を残すな。」
「命令は足止めでは?」
「ようするにここを通すなという意味だろ?
見つからなければ時間も稼げる。」

反対する者はいなかった。

「森の奥まで行かなければ迷うことはないはずだ。
後は霧が隠してくれる。」

幸いなのは新香港も森の入り口はわかっていないことだ。
関東平野に匹敵する広さの森の周囲探索に時間が掛かるのを望むしかなかった。

「隠せるかな・・・」

今さら造り続けていた塹壕を埋め戻したり、鉄条網の撤去など6人で出来る時間があるのかは疑問だった。
結局のところ、彼等は盛大に霧の中を迷子となった。
そして、新香港武装警察の部隊は自衛隊が構築していた陣地跡まで来ることは無かった。
森の中に隠れた彼等がエルフ達に発見され、保護されて解放されたのは一ヶ月後の話になる。



大陸西部
新香港
主席官邸『ノディオン城』

日本大使相合元徳と駐在武官である渡辺始一等海佐は、大陸北部に部隊を進めた新香港に事態の説明を求めに訪れていた。
ノディオン城は主席官邸と同時に新香港政府の政府庁舎を兼ねている。


「説明も何も事態は明白でしょう。
我々はウラン鉱山の被害と死者を出しているんですよ。
報復か謝罪を要求するのは当然では無いですか。
そして、我々にはエルフとの外交チャンネルを持っていない。
わかりやすい示威的行動或いは実力行使が今回の動員の理由です。
貴国が対応したケンタウルスの時と何ら変わらない。」

武装警察の常峰輝武警少将が応対に出て会談に応じている。
普段は友好的な対話をしてくる常武警少将の高圧的な態度に、二人は顔には出さないが動揺していた。

「ケンタウルスの時は明確な敵対勢力による攻撃でした。」
「今回は違うと?」

そう言われると些か苦しいが、ここで退く訳にもいかなかった。

「詳しいことはまだ何もわかっていない。
現在、我々がエルフとの外交交渉を行っています。
今少し御待ちいただけませんか?」
「失礼ながら、我々は全て日本に任せている現状を憂いている。
貴国には、同盟都市としてこれまでの援助は感謝している。
それゆえに我々は日本の負担を分かち合う準備がある。」

常武警少将の言葉に二人は身構えて聞く羽目になっていた。

「それはどういう意味で?」
「地球人による五番目の国家の建国ですよ、大使。
これからも友好国としてよろしくお願いします。」

現状は日本、アメリカ、北サハリン、高麗の他は国ではなく、独立都市の扱いだ。
所謂、保護国のような扱いだ。
新香港は人口も北サハリンやアメリカよりも多く、石油の採掘や独自の軍事力、衛星都市の建設など他を凌駕している。
武器も銃火器程度なら生産も可能となった。
そろそろ自分達の国を建設してもいい頃だと常武警少将も信じていた。
これこそが新香港に住む民の総意であると。


大陸北部
エルフ大公領
リグザの町迎賓館

早朝、大公公子アールモシュとその叔母で大公領の軍事を司るサルロタの母のギーセラーが町に到着した。
驚いたことに二人は飛竜に乗って現れたのだ。

932 始末記 :2017/12/31(日) 23:20:10 ID:7.L4Yce.O
大公領でも八匹しか飼い慣らせていない貴重な生き物だ。
アールモシュは、颯爽と飛竜から飛び降りると、出迎えの為に待機していた杉村達に爽やかに微笑み挨拶をしてきた。

「お待たせしました。
大公領公子アールモシュです。
大公の代理として全権を委任されています。
日本とは実りある交渉を期待しています。」

意外に低い物腰のアールモシュに杉村外交局長達は気圧される。

「こちらこそ、貴方方との交流は我々も夢見ていました。
今後の友好関係の構築に向けて問題点の解決に努力したいと思っています。」

互いに握手を交わす。
第一印象はまずまずだったが、エルフは何の躊躇いもせずに握手を交わしてきた。
これまでの大陸人には無かったことだった。
エルフ達との交流を夢見ていたことも嘘では無い。
地球から転移して、エルフが実在したことに日本人達が如何に歓喜していたことか。
実に妄想を昂らせたりしていたものだった。
だが接触の機会は少なく冒険者として現れるエルフに依頼をする時くらいに限定されていたのだ。
杉村達が軽く興奮していたことも仕方がないことだろう。
さて、軽く互いを紹介し、親好を温めた一行は飛竜が降り立った広場から迎賓館へと移動する。
会談に用意された部屋に入室すると、会談に携わる者達が席に着いた。
会談はアールモシュが口火を切り始まった。

「まず最初に疑問に思われるでしょうが、我が母であり現大公ピロシュカのことです。
彼女は現在長い眠りに付いていて、もう30年ばかり起きてきていません。」
「30年!?」

思わず叫んでしまった。
エルフは長い寿命の中で、やりたいことや考えることが無くなると、眠りに付いたまま起きてこなくなるらしい。
野外で寝ていて何十年も放置され、大樹と一体化してしまう者までいるらしい。

「なんとも凄まじい話ですな。」
「はい、母は初代皇帝の孫にあたります。
その初代皇帝の教えが、貴方方の鉱山が襲撃された原因です。
初代皇帝はあの悪魔の石を病気をもたらす危険な物と考えていました。
学術都市が採掘して研究中に多くの研究者が健康を害し、原因不明のまま死亡したことに端を発しています。
その結果、採掘場所を隠蔽しそれを暴く者を討伐せよ、と。」

悪魔の石とはウランのことだとは理解は出来る。
地球でもウラン鉱山による環境、健康被害は問題となっていた。
ウランを採掘する際に、放射能を含んだ残土がむき出しになっていた。
これが乾いて埃となり、周辺に飛散して大雨が降ると川に流れ込み、放射能による深刻な環境汚染が引き起こされたのだ。
ウランを含む土には他にも放射性物質が含まれ、肺癌や骨肉腫などの原因になっている。
鉱夫のなかにもこれらの埃や水を体内に取り込み、肺癌になった者が多数存在する。

「なるほど悪魔の石ですか・・・、その為に兵を派遣したと?」
「時代は変わるものです。
長い年月を生きてきた我々にはそれが判る。
貴君等があの悪魔の石を利用する術を持っていることも把握している。
だが若者は原則に拘り、教えを守ろうとした。
それが今回の事件の発端です。」

千年も昔の教えに引っ掻きまわされていたとは、襲撃された同盟都市は納得はしないだろう。
だが事態を終息させる必要はある。

「公子閣下から、外界のエルフに襲撃を辞めるよう命令を下して頂けませんでしょうか。」
「宣言は出しましょう。
ですが彼等が言うことを聞くかは別の問題です。
勿論、彼等を諌める使者も出しましょう。
それでも手を引かない者達に付いては・・・、大公領としては追放処分とします。」

煮るなり焼くなり好きにしろということだ。
現状ではこれ以上は大公領からは望めそうも無かった。
大公領は現時点では誠意は見せている。
エルフ個人によるテロならば、責任は問えそうにも無い。

「もう一つ疑問があるのですが、大公領軍の兵装は我々に取って見覚えがあるものなのですが・・・」
「はっきり言って貰って大丈夫ですよ。
我々の兵装は地球の第一次世界大戦時の大英帝国軍のものを模倣しています。」

あまりにあっさりと言われたので、杉村をはじめとした日本側は誰もが言葉を失っていた。

「ち、地球の歴史をご存知で?」
「貴殿方は最初の転移者と言うわけでは無いのです。
まあ、貴殿方ほど大規模な転移は初めてだが、過去にも何度か転移してきた者達がいました。
最初の頃はこちらと技術や文化の差はそこまでなかったのです。
1200年くらい前から産業革命とかいうのを体験してきた転移者から状況が変わってきましてね。」
「1200年前?」

933 始末記 :2017/12/31(日) 23:26:25 ID:7.L4Yce.O
「そちらとは時間の流れが多少ズレがあるようです。
彼等の知識は当時はほとんどが再現不可能でした。
しかし、時の流れが少しずつ問題を解決し、大陸の発展に寄与してきました。
初代皇帝は我等に彼等の保護と知識の調査を命じました。
我々は長命の種族だから、そういった活動は我々の退屈を解消させる格好の役割となりました。
そして、そちらの暦で1915年に転移してきた者達がこちらの世界で500年ほど前に転移してきましてた。
彼等は大英帝国軍、ノーフォーク連隊と名乗っていました。
彼等の装備や知識を模倣し、エルフ大公領軍は再編されて今に至るわけです。」

突然のことに杉村も佐久間も理解が出来ない。

「一度、総督府に問い合わせる必要がいりそうです。
事実ならノーフォーク連隊とやらの同胞もこの大陸に来ています。
彼等にも話を聞く必要があるでしょう。
森の外に一度、出たいのですが?」

ノーフォーク連隊についてはオカルト関連ではそれなりに知られた話だ。
だがこの場の日本側の人間には、それを知っている人間はいなかった。
問題は外部との連絡が取れなくなっていることだった。

「ご案内しましょう。
私も久しぶりに森の外に出たい気分ですから」

日本とエルフ大公領との最初の接触は、好感触のうちに終わった。


タージャスの森
西側外縁
新香港武装警察部隊

新香港武装警察派遣部隊の指揮官劉文哲武警少佐は、いつまでも続く森の入り口の探索にうんざりしていた。
そして、部隊を牽制するように周辺貴族が私兵を差し向けて来ていた。

「少佐、また貴族共の軍勢が・・・」

周辺貴族が私軍は距離を取りながら、代わる代わる接近と離脱を繰り返してくるのだ。

「うっかり蹴散らす訳にもいかないからな。
うっとおしい・・・」

警戒の為に部隊の一部を割けざるを得ないのも癪に障る。
私兵軍もそうだが、自衛隊とも遭遇しても厄介なのだ。
地球人同士の不戦を誓った神戸条約に抵触して、責任問題となってしまう。
それなりの規模の部隊を用意してもらったのはいいが、食料や燃料、弾薬といった物資も手持ち分だけで補給は要請出来ない。

「まだ、我々には遠征は早いんじゃないかな・・・」

だんだんイライラしてきた劉武警少佐は、目の前の大森林を見渡して暗い衝動的な作戦を思い付く。

「よし、燃やそう。」

エルフどもが出てこないなら引きずり出すのに、これほど効果的な手は無いだろう。
焚き火をしている隊員達から燃えた薪木で、大森林の樹木していく。

「今晩は放火に徹するぞ。
薪になる木をたくさん持ってこい。
街道沿いに移動して、火を着けながら拡大していく。」

複数の箇所から引火させた炎は燃え繋がり、森林火災を拡大させていく。
この規模の大火災は日本の消防隊でも鎮火は難しいだろう。

「あとで問題になりませんかねぇ?」

部下に言われて冷や汗を掻き始めるが、今さら退くに退けなかった。

「け、結果さえ出せば問題は無い。」

貧乏クジを引いた気分を劉武警少佐は味わっていた。

934 始末記 :2017/12/31(日) 23:27:09 ID:7.L4Yce.O
とうかしゅうりょう
ではよいおとしを

935 名無し三等陸士@F世界 :2018/01/03(水) 17:33:55 ID:ltLdW.lY0
始末記さん乙です
そしてあけおめことよろです

936 始末記 :2018/01/31(水) 23:26:10 ID:7.L4Yce.O
>>935
おくればせながら、新年あけましておめでとうございます

今年も細々と活動させて頂きます
さっそく投下
あいかわらずのグダグダです

937 始末記 :2018/01/31(水) 23:28:21 ID:7.L4Yce.O
タージャスの森

リグザの街を出発した日本特使一行と同行するエルフ大公領公子アールモシュの元には、次々と伝令が舞い込んでいた。
おかげで一行の歩みは遅々として進まない。

「申し訳ない。
また、火事のようだ。」

アールモシュが申し訳なさそうに杉村達に陳謝してくる。

「こうも複数の箇所での火災が起きるなど、明らかに人為的なものです。
兵を派遣したりはしないのですか?」
「森を焼いて、我らを誘い出す。
この数千年の間に何度も使われた手ですからね。
姿を消させての偵察は出してますよ。」

どうやら想定内の出来事らしい。
「敵の戦力や位置が把握出来次第、包囲して殲滅するつもりです。
それに森の権益は我々の物だけでは無いですからね。」

タージャスの森周辺の貴族達にはエルフの愛人を代々送り込んである。
いざというとき時に様々な便宜を計らせる為だ。
今回、新香港武装警察部隊を牽制しているのも、そういった貴族達だ。
日本人やその同盟国・同盟都市に送る必要があるなと、アールモシュは考えていた。



タージャスの森外縁

新香港武装警察部隊
派遣部隊本部

「ポイントBに貴族の私兵軍が押し寄せ、書簡と口頭による厳重な抗議を受けているそうです。」
「ポイントDからもです。」

派遣部隊の指揮官劉少佐は、手回しのいい貴族達の行動に頭を悩ませていた。
大森林から漏れでる恵みを受けとる権益を持った彼等と領民からみれば、大森林が焼けて無くなることは死活問題なのだ。
私兵軍だけで無く、武装した民衆が殺到している場所もある。
彼等の抗議は正当なものだけに、その声を無視することも出来ない。
劉少佐に出来ることは、相手をたらい回しにして時間を稼ぐことだけだ。

「抗議は新香港の外務局が取り扱うので、そちらに回してくれと伝えろ。」

それでも対応に人が割かれるのは痛い。
早くエルフに出てきて貰わないと、受け取った書簡だけで司令部に使っている車の車内が埋まりそうだった。

「劉少佐、ポイントCの森から動きが。」
「ようやく出てきたか・・・
2個小隊を増援に・・・」

敵の出現を懇願している自分が笑えてくる。
だが無線から声が悲鳴に変わり、劉少佐の希望を打ち砕く。

『少佐、こいつはエルフじゃありません。
モンスターです!!』




タージャスの森
放火ポイントC

ポイントCで森に火を付けていた新香港武装警察の分隊は、森の奥から出てきた巨大な青黒いビーバーの群れに襲われていた。

「アーヴァンクだ!!
近寄られたらひとたまりも無いぞ!!」
「手榴弾を使え!!」

エルフ達を引きずり出す前にとんでも無いモノを引き当ててしまい、弾薬を消費する羽目になっていた。
それでも分隊だけでは支えきれなくなる寸前、本部から派遣された小隊が戦闘に加わってくれる。
現在の新香港武装警察が使用しているのは、日本が北サハリン向けに製造していたAK-74だ。
小規模だが中国人第二の植民都市陽城市で生産工場の建設も完了している。
車両を盾にして射撃を続けて撃退したが、アーヴァンクの体当たりに些かの損壊が生じていた。
部隊を直接率いてきた劉少佐は疲れた顔でため息を吐く。

「走行には支障は無いと思いますが・・・」
「武警の虎の子だぞ?
始末書は確実だよ、参ったなあ・・・、誰か変わってくれよこの任務・・・」

最悪戦争して来いと言われてるのに、車両の傷やへこみで責められる未来図に劉少佐もへこみそうになる。
大森林の火災は尚も拡大しつつあった。

938 始末記 :2018/01/31(水) 23:30:17 ID:7.L4Yce.O
そのエルフ達は、初代皇帝の教えを守る皇帝派の面々である。
だがそれ以上に人々や自然に呪いを振り撒く悪魔の石と、それを採掘しようとする者達が許せない正義感に溢れる男女だった。
そんな彼等が、地球人の手によって燃え盛る大森林を見て憤りを感じるのは当然の帰結といえた。

「大公軍は何をしているんだ。
大森林が燃えてるんだぞ!!」
「日本と交渉中だから、放って置けとのお達しが届いてるようだ。」
「あの臆病者共め!!
仲間を集めろ。
あの地球人共を皆殺しにする。」
「もう大森林にはほとんど残っていない。
50人がいいところだ・・・」

大公軍で無い彼等は銃器等は持っていない。
さすがに弓矢と細剣、精霊魔法だけでは勝てないのは理解は出来ている。

「大公軍にも同志はいる。
彼等に武器庫の鍵を一つ閉め忘れて貰えばいい。」
「なるほど、それなら奴等に一矢を報いれるかもしれん。」

大公軍の保有する武器は、かつての帝国軍の武具を遥かに凌駕する性能を持っている。
さすがに地球人達が使う武器程では無いが、最初の一撃くらいは大きなダメージを与えれことが可能な筈だ。

「一撃加えて、大森林に退く。
追ってくればしめたもの。
留まるなら時間を置いて、もう一撃して退く。
あわよくば、仕留めた敵の武器も奪う。
この作戦でいくぞ。」

森の中では風のように動ける彼等は、さらに精霊魔法の風の声で遠距離の仲間と連絡を取り合い準備を進めていく。
その迅速な動きは、無線や携帯電話で連絡を取り合う地球系の武装組織を凌駕していた。
彼等は大公軍の同志が、うっかり閉め忘れた武器庫の前に集まり、小銃や弾薬を持ち出していく。
持ち出される武器は、かつてのこの地に転移してきた英国軍の装備を500年近い歳月を掛けて複製したものだ。
転移してきた英国軍兵士や将校から原理を学び、ドワーフの協力を得てそれなりのものが出来上がり、大公軍だけの制式装備として数も揃えられた。
持ち出された武器は、廃棄された筈の武器とすり替えられて、書類上の帳尻を合わせていく。
複製された銃火器のうち、リー・エンフィールド小銃はほぼ完全な再現を達成した。
ルイス軽機関銃はいまだにエルフが持てる重量に軽量化が果たせず、車輪つきの砲架や三脚に固定せざるを得ないのが現状だ。
No 1手榴弾はオリジナル程の爆発の威力を出せていない。
火薬の精製に難があるようだ。
拳銃のウェブリーMk IVも、構造が簡単なことからドワーフの職人が再現に成功した。
火薬を造る為の硝石も大規模な鉱床でドワーフ達が採掘している。
帝国でも歴代皇帝と一部皇族しかこのことは知らない。
今の王国では知る者はいないだろう。
生産された武器は、タージャスの森の各地に点在する町の武器庫に大公軍の管理のもとに保管されている。
この武器庫のある町は、住民や町長、大公軍には皇帝派の支持者も多い。

「地球から来た軍隊は自らの兵器の質が大陸とは何百年も先をいっていることに驕っている。
その差をせいぜい百年程度に縮めてやるのだ。」
「しかし、勝てるのは最初の一回だけだ。
いま、こんな小競り合いで使うのは正しいのか・・・」

それは今は亡き帝国に固執したエルフ達にもわかっていた。

「今、燃えているのは我らの森なんだぞ!!
今、使わなくていつ使うのだ!!」

激論が彼等の間でもかわされている。
納得できない者は協力はするが、戦いには参加しない。
戦闘に参加する者達の数はみるみる減っていた。
彼等の間に明確な指導者がいない為である。
自由な気風を大事にするエルフならではではある。
最終的に新香港武装警察を相手に集まった皇帝派のエルフ達は街からの志願者も集まり、80人ほどの男女に減っていた。



新香港武装警察の派遣部隊は、小隊規模の部隊を、大森林から時計回り、逆時計回りに移動させて放火作業を行わせていた。
火災がモンスターを発生させたことから、部隊を小隊規模にまで拡大させた。

939 始末記 :2018/01/31(水) 23:32:01 ID:7.L4Yce.O
同時に五つの分隊に貴族の私兵軍とそれぞれ対陣させている。
本隊も放火を続けつつ、陣地構築を続けていた。
前方には焔が大森林を侵食している。
こちらから敵が来ることは無い。
街道は三菱キャンター2両を使って封鎖した。
キャンターが牽引するトレーラーの屋根に設置された銃座が2基、目を光らせている。
敵が透明化してくる事も予想の範囲内で、各種センサーも張り巡らせている。
例えエルフだろうと、王国の銃火器を使用しても突破出来るものではない。
だがトレーラーに刺さった矢を見て、銃座に座っていた武警の隊員は叫びながらトレーラーから飛び降りた。

「敵襲!!」

隊員が飛び降りた瞬間、トレーラーの屋根で爆発が起こり、もう1基の銃座に座った隊員が爆風と破片に巻き込まれて負傷してトレーラーから転げ落ちる。

劉武警少佐がパジェロから出てきて、地面に転がった隊員に駆け寄る。

「何があった、報告しろ!!」
「矢に手榴弾が・・・」

劉武警少佐の頭が些か混乱する。
矢に手榴弾を括りつけて放つ等可能なのかと。
実際に第一次世界大戦では、クロスボウを使用した実例があるのだが、劉武警少佐にはそこまでの知識は無い。
続けざまにキャンターに、手榴弾が括り付けられた矢が複数命中し、キャンターは大爆発を起こして吹き飛んでいった。
ここまで来ると、武警側も小銃を構えて、塹壕や車の陰に隠れて応射を始める。
街道の誰もいないはずの場所から悲鳴が上がり、蜂の巣にされたエルフが三人、地に伏したまま姿を現す。
その途端、大森林の火災が所々消火される。
エルフ達の水の精霊魔法による消火だ。
消火された焼け跡の向こうから、銃弾の雨が武警隊員達を襲う。
この奇襲に幾人かの武警隊員達が倒れるが、回避した武警隊員達も応戦し、たちまち銃撃戦が巻き起こる。
双方に被弾して倒れる者が続出して、距離がとられはじめて膠着状態となっていく。

「おかしい、大陸の連中の火力じゃない。」

劉武警少佐の疑問は最もで、小銃の練射速度がこれまでと段違いだ。
さらに森の中から機関銃のような銃撃が武警隊員達を襲う。

「いや、これ機関銃だろ!!」

先程の手榴弾らしき爆弾もそうだが、大陸の住民が機関銃を使うのは衝撃的な事実だった。

「こっちも撃ち負けるな。」

反対側の街道を封鎖するキャンターのトレーラーの屋根に設置された重座から機関砲が森の中に隠れたエルフ達を凪ぎ払う。、
武警本隊の半数が既に地面に倒れている。
また複数の手榴弾が投げ込まれて、キャンターのトレーラーが爆発に巻き込まれて銃座も傾いて使えなくなる。

「後退、後退!!
別動隊に本隊に合流するように連絡しろ。」

負傷者をパジェロやトヨタ・コースターGXに乗せて応戦しながら後退する。



大森林とクロチェフ男爵領は街道を挟んで境としている。
近隣の村の住民が集まり、大森林に放火している新香港武装警察の分隊と対時していた。
住民達に取っては、大森林は獣の狩猟や森の恵みをもたらす神聖な場所であった。
また、住民達のまとめ役はエルフ達に肉体的に懐柔されている。
ほとんどは大公家の紐付きだが、例外的に皇帝派のエルフにまとめ役が懐柔されたのがこの男爵領だった。

「お願い、森を守って・・・」

涙目の美しいエルフに懇願されて、まとめ役の男は奮い立ち、周囲にいる民衆を煽動する。

「まかせておけ・・・
おい、みんな!!
余所者に好きにさせていいのか!!
大森林をみんなの手で守るんだ!!」

その言葉に憤りを感じていた民衆が呼応してしまう。

「大森林の火を消すんだ!!」
「神聖なる森に火を着けた連中を許すな!!」

農具や自衛用の武器を持って、武警隊員達に民衆が殺到する。
10人程度の分隊ではもうどうすることも出来ない。
また、この分隊は本隊に一番近い距離に有り、本隊からの増援要請に焦っていたことも災いした。

「蹴散らせ!!」

武警隊員達の小銃が民衆に向けられて発砲し、民衆が凪ぎ払われる最悪の事態に発展した。
領民を守る為にクロチェフ男爵領軍が両者の間に割り込んで終息したが、分隊は暫くこの場に拘束されることとなった。




偵察に出した兵から報告を聞いたアールモシュ公子は、眉をしかめ杉村や佐久間二尉に一つの提案を行った。

「我々は事態の鎮静化の為に、王国傘下からの離脱と日本との同盟を提案させてもらいたい。」




クロチェフ男爵領との境にいた分隊からの通信を受けた劉武警少佐は、一つの決断を下した。

「近くに自衛隊の部隊がいる筈だ。
同盟の規約に則り、我々の撤退支援を要請しろ。」

940 始末記 :2018/01/31(水) 23:32:44 ID:7.L4Yce.O
では投下完了
また、いずれ

941 始末記 :2018/03/01(木) 21:50:43 ID:7.L4Yce.O
ではひさびさに

942 始末記 :2018/03/01(木) 21:53:44 ID:7.L4Yce.O
タージャスの森外縁

ようやく通信が出来る場所に辿り着いた日本の外交官と自衛隊の特使一行は、デルモントの分屯地や新京の総督府への通信を試みていた。
すでに大森林外縁で、民衆や皇帝派エルフは、新香港武装警察と交戦状態に入っている。
アールモシュ公子からの同盟の提案は、ようするに日本の保護下に入ることを意味しているようだった。
一介の外務官僚に判断できる内容では無い。

「まあ、説得出来る材料はあるか・・・」

エルフ達は異世界転移に関する情報を持っていた。
これは地球系国家・独立都市が喉から手が出るほど欲しい情報のはずだった。



佐久間二等陸尉が指揮する自衛隊隊員達は、大森林に出発前に設営した自衛隊野営地に赴いた。
しかし、留守を任せた部隊はおらず、杜撰だが野営地を撤去した跡が残されている。

「よほど慌てて離脱する事態に遭遇したか・・・」

周辺を捜索していた毛受一等陸曹が戻ってくる。

「車両のタイヤの跡が綺麗に残されていました。
跡を辿ると、事前に取り決めていた場所に車両は隠されてました。
ですが、肝心の留守部隊六名がいません。」

毛受一曹からの報告に苦虫を潰したような顔をしてしまう。
だがようやく繋がったデルモントの分屯地との通信から状況は理解できた。
案内として、同行していたサルロタが口を挟んで来た。

「おそらく留守居の方々は、迷いの霧に囚われて大森林をさ迷っているのでしょう。
我々エルフの血をひく者には効果の無い霧なので、捜索は我々が引き受けましょう。」

これ以上の捜索は二次災害を引き起こす可能性があると判断し、佐久間二尉は、彼女達に任せることにした。

「ならば我々は大森林の消火活動に参加しましょう。」

NBC災害対策車や73式中型トラック、高機動車はいずれも問題無く動く。
隊員達が車両に乗り込み、近隣の火災現場に向かった。




野営地に戻った杉村外務局長は、総督府と連絡を取り、エルフ大公領の事情やノーフォーク連隊についてを報告したことをアールモシュ公子に伝えた。

「新香港にはエウロペやアメリカ、ブリタニカが圧力を掛けてくれることが決まりました。
特にブリタニカはあなた方に興味津々のようです。
総督府もテロリストによる事件を地方の自治体に責任を負わせる行為については疑問に思っているようです。
何より我々はエルフ大公領との交流を望んでいます。」

北サハリンもだ。
今回は新香港の顔を立てて協力してきたようだが、日本とエルフが交流を持ちそうだとわかると、手のひらを返してきた。


「それは我々もです。
若者達に外の世界との交流は必要だと思っていました。
しかし、外の世界との交流の再開は、再び王国との軋轢を産み出します。
日本さえよろしければ、我々を日本傘下の公国として認めて頂けませんか?
確か、海棲亜人達にはそれを認めた前例がある筈ですよね。」

どこまでこちらの事情を察しているのか、油断がならないと杉村は思わず舌打ちしそうになる。
確かに日本は海棲亜人達を傘下に治めて東京に大使館まで作らせたが、アールモシュ公子提案は総督府の権限を超えているので即答は出来ない。

「本国に御意向は迅速に伝えさせて頂きます。
それと事態の沈静化の為にソフィアに駐屯していた日本国陸上自衛隊第34普通科連隊1200名がこちらに派遣されています。
三日後には到着する見込みです。」

援軍の到着は嬉しい限りだが、エルフ大公領の同盟締結と新香港からの同盟による支援要請という難題は頭の痛い話だ。
車両を回収して戻ってきた佐久間二尉も同じ様に頭痛を感じた。

「撤退の支援自体は問題ありません。
ですがエルフ大公領と同盟を結ぶか微妙な時期に、テロリストとはいえエルフと交戦してよいのか御墨付きが欲しいです。」

責任問題になることは御免被りたい佐久間二尉だが、一応は出来ることを考えてはいる。
今、出来ることは新香港武装警察の部隊を大森林から引き離すことと火災の消火活動だけだ。

「アールモシュ閣下、出来れば大公領の旗をお借りしたいのですが・・・」

943 始末記 :2018/03/01(木) 22:02:49 ID:7.L4Yce.O
新香港武装警察本隊

元々、新香港武装警察隊は人数と武器の質で皇帝派エルフに勝っている。
最初の奇襲を凌げれば、徐々に火力で皇帝派エルフを圧倒しつつあった。
機関銃を掃射して来る射手は一人で厄介なことこのうえなかった。
しかしそれもトレーラーに設置した銃座からの機関銃による制圧射撃で圧倒して沈黙させた。
指揮を取る劉武警少佐は、好転する状況に胸を撫で下ろしていた。

「援軍はいらなかったか?
いや・・・」

戦死した隊員が12名、負傷者は20名を越えている。
まともに応戦しているのは二個小隊程度にまで落ち込んでいる。
エルフ達の抵抗は弱まりつつあるが、実数がわからないので判断がつかない。

「少佐、エルフ達が火蜥蜴(サラマンダー)とか、ノームとかいった精霊を使った魔法で抵抗を始めてきました。
射程は短いので、問題はありませんがおそらくは・・・」
「なるほど、連中弾が尽きたか。
これ以上の犠牲は出したくないから、前線には近距離を避けて術者を仕留めるように指示しろ。」


地球のような大規模生産工場の無いこの世界では、大抵の物は職人が生産していた。
それでは大量消費が行われた場合に補充が間に合うものではない。
大自然を武器に変える精霊魔法は確かに厄介だ。
だがその精霊魔法により、発生した風や炎の効果範囲はせいぜい術者を中心に数メートル程度とは研究結果が出ていた。
上位の術者なら数十メートルを効果範囲にすることも可能なようだが、近寄らなければどうということは無い。
一度に複数の精霊魔法は使えないらしく、精霊魔法による攻撃に切り換えて来たということは姿を消す魔法は使えなくなるということだ。
銃弾で実態の無い精霊は倒せないが、突き抜けることは可能だ。
精霊のいる範囲に弾丸をばら蒔けば、高確率で後方にいる術者にも当たる。
また、手榴弾などの爆風で吹き散らすことは可能だ。
再生するまで時間が掛かるので、その間に術者を撃てばいい。
日本の囚人を使った第一更正師団が多大な犠牲を払って得た戦訓の一つだった。

「連中の底が見えたな。
いっそ姿を消されたまま刃物で襲われた方が厄介だったな。
慎重に片付けていけよ。」

一時の混乱から立ち直った武装警察隊は、皇帝派エルフを次々銃弾で容赦無く排除していった。
召喚されたサラマンダーのサイズは二メートル程度。
今回の襲撃に参加した皇帝派エルフ一番の腕利き術者が召喚した者だ。
サラマンダーが吐く炎の吐息は、数メートル先の武警隊員を一撃で消し炭に変えた。
武警隊員達は木々を盾にしながら、サラマンダーや術者を遠巻きに半包囲しながら射撃をしていく。


サラマンダーの熱気と体内の熱が、銃弾が突き抜ける際に、大幅に速度を減速させてしまう。
それでも後方の術者を蜂の巣に変えるには十分な威力だった。





タージャスの森外縁
ビィルクス伯爵領境の街道

タージャスの森とビィルクス伯爵領の境界線もこの大森林を囲む街道となっている。
燃える大森林を背景に、新香港武装警察の小隊と押し掛けてきた民衆が睨み合い、伯爵領軍が間に入って民衆を押し留めていた。

「とにかく、火災を直ちに消させて頂きたい。
これ以上はエルフどころか、我が領の民衆を煽る行為だ!!」

伯爵領軍の使者の剣幕に、武装警察隊の小隊長も困り果てていた。
伯爵領軍は街道を越えての活動は基本的に出来ない。
だが民衆はタージャスの森の恵みを生活の糧にしている。
関所等で遮られていないので、民衆からすれば森の恵みが得られないのは死活問題なので、殺気だっているのだ。
しかし、このまま暴動となれば、民衆は新香港武装警察隊の銃弾の前に屍を晒すことになる。
それだけは絶対に避けねばならないのが伯爵領軍の思いであった。
睨み合いが続くなか、大森林の火災は拡大していく。
焦燥に駆られた一人の木こりが、斧を両手に持った時、水の塊が一本の線になって大森林の消火を始めたことに誰もが驚いていた。
それは街道の先から新香港武装警察隊とは趣きが違う車両から放たれていた。
誰しもがポカーンとするなか、新香港武装警察の隊員達だけがその車両の正体に悔しそうな顔を見せる。
元は日本国警察のNBC災害対策車 の陸自仕様車は、屋根に設置されている放水銃から放たれた水が、大火災の火勢を幾分か和らげていく。

「日本・・・、自衛隊か・・・」
伯爵領軍や民衆も新香港武装警察の援軍かと警戒するが、車両にはためく日の丸とエルフ大公領の旗を見て安堵する。

「道を開けろ!!
あの水を放つ車を通すんだ!!」

伯爵領の騎士達が民衆や車両を誘導する。

「水だあ!!
タンクに水を片っ端から持ってこい!!」

944 始末記 :2018/03/01(木) 22:05:10 ID:7.L4Yce.O
NBC災害対策車から出てきた上坂三等陸尉の声に、消火をしてくれると希望を持った民衆が家に戻り、井戸や川から桶やバケツに入れた水を持ってくる。
隊員はバケツリレーの要領を民衆に教えながら効率化をはかる。
数人の隊員は、車両から持ち出した消火器を噴霧して消火にあたっている。
正直なところ高圧放水でも無いので、たいした水量を搭載も放つことも出来ない。
巨大な火勢にたいして、焼け石に水もいいところだ。
火勢の反対側でもエルフ大公領軍が、水の精霊を召喚して消火にあたっている。
しかし、各勢力の衝突が避けられたことを伯爵領軍も胸を撫で下ろして消火に参加している。
自衛隊の車両や隊員は、自然と伯爵領軍と民衆を新香港武装警察を引き離す形になっていく。
お互いの問題が物理的に遠ざかっていくはずだったが、新香港武装警察の隊員が上坂三尉に抗議の声をあげる。

「これは対エルフの作戦行動だ!!
作戦の妨害は同盟の規約に対する違反行為だ!!」
「そのことだが・・・
先ほど自衛隊の無線機を通じて、今回のテロ行為に対して大公領は一部暴徒による被害を受けた都市に対しての謝罪が通達された。
事情と事実の確認の為に我々はまだ残るが、事態の沈静化の為に貴官等はお引き取り願いたい。
正式な謝罪が行われるまでは、我々が停戦を監視する。」




新香港武装警察本隊

各都市からの圧力を受けた新香港は停戦に合意した。
派遣部隊を率いていた劉武警少佐は、無線機を叩き付けて撤収を部下に命じる。

「戦死15名、負傷者42名。
車両四両大破。
これだけの損害を出してこのざまか・・・」

攻撃してきた皇帝派エルフは殲滅したが被害も甚大だ。
陸上自衛隊の部隊が停戦の監視のために到着した頃には、本隊を攻撃してきた皇帝派エルフは皆殺しにしたところだった。
このまま部隊を集結させて、エルフ大公領軍も撃破するはずが、中途半端な結果に終わってしまった。
さすがに自衛隊が日本国旗とエルフ大公領旗を掲げて来た時は驚きを隠せなかった。
日本が交渉をまとめて来るとは、夢にも思わなかったからだ。
停戦の為に新香港武装警察の本隊を訪れていた陸自の高機動車を忌々しげに見つめる。
負傷した武装警察隊員は自衛隊の衛生科の隊員に治療を施して貰っている。
だがそれでも悪態をつかずにはいられなかった。

「くそったれ・・・」

大森林の火災は停戦後の10日後まで続いた。



大陸東部
新京特別行政区
大陸総督府

年の暮れにエルフ大公領は、正式にエルフ公国としてアウストラリス王国からの独立を宣言した。
同時にエルフ公国の西側の山脈に領地を持つドワーフも独立を宣言し、日本の傘下に治まることとなった。

「ノーフォーク連隊の武器を模倣、量産する為にドワーフも多大に貢献していたようですね。
エルフ達の皇帝派は今回の件で掃討、或いは捕縛されたようですがドワーフにも皇帝派はいるようです。」

秋山補佐官の説明に秋月総督はうんざりした顔をする。

「初代皇帝は厄介な種を遺してくれたものだ。
千年も前から我々に祟ってくるとわな。」
「幸い、ドワーフはエルフほど行動的では無く、精霊魔法も使えないので脅威とはならないというのが公安調査庁の分析です。」

その分析に安堵しつつ、同席していた北村副総督が語りだした。

「ところで、ノーフォーク連隊とやらはこちらでも調べてみた。
第1次世界大戦のオスマン・トルコとの戦いで行方不明になったとされる270名余りの英国兵のことなんだな。」
「はい、英国軍がその後の調査で実はオスマン帝国の攻撃にあって戦死していたり、捕虜になっていたと報告書を出されてはいます。」

その調査報告が正確なものであったかは今となっては調べようがない。

第一次大戦中の1915年8月28日、オスマン帝国の首都イスタンブールを制圧すべく、ガリポリ半島に連合軍を展開した。
その最中、英国陸軍ノーフォーク連隊三百余名が、通称アンザック軍団の目の前で、奇妙な雲の塊の中に将兵が消えていくのを目撃したのだ。
雲が晴れ、アンザック軍団の前には、無人の丘陵地帯があるだけだった。
戦後、英国はオスマン帝国に将兵の返還を要求するが、そのような部隊との交戦記録は無いと要求を否定した。

これが事件の顛末である。

「他にも都市伝説として語られている失踪事件も見直す必要がありそうだな。
えっと・・・バミューダトライアングルとか・・・」

さすがに北村副総督はそこまでは詳しくないらしい。

「3000人中国兵士集団失踪事件、フライング・タイガー・ライン739便失踪事件などは注目に値しますが、正直なところ資料も現地調査も出来ないのでどうしようも無いというのが本音です。」

都市伝説やオカルトの類いの話を公的に調べないといけないとは冗談が過ぎる話だった。

945 始末記 :2018/03/01(木) 22:10:00 ID:7.L4Yce.O
秋山補佐官の言葉に秋月総督も北村副総督もお手上げのポーズを取る。

「ドワーフとエルフは例によって東京に大使館を設置してもらうが・・・、エルフの方が揉めてるんだって?」

秋月総督の質問に秋山補佐官も眉を潜める。

「大使に相応しいエルフで、性的に倫理観に問題の無いエルフの選定に手間取っているようです。
エルフの社会問題になっている性の乱れが酷いらしくて・・・
どうも我々が考えていたエルフのイメージとは些か違うようです。」

エルフにあった高慢で閉鎖的なイメージは想定していたが、奔放で淫蕩で存外に交渉がうまいとは想定出来なかった。


「我々の幻想を打ち砕かないで欲しいな・・・」

北村副総督も呆れ顔だ。

「それでドワーフ侯国大使館は、旧カナダ大使館が用意してくれるとして・・・エルフ公国大使館はどうなった?」
「旧シンガポール大使館が売却を予定しています。
宝石や宝物を大量に呈示されて担当者はひっくり返ってましたよ。」
「そして、シンガポールはそのまま新香港に合流か・・・
売却利益はそのままエルフ大公国の賠償金も含まれていると・・・」

在日シンガポール人は七割以上が華人であることから、在日シンガポール人約八千人が新香港に合流することになった。
その際の旧シンガポール大使館の膨大な売却利益が、新香港への賠償金になる。
日本が仲介した新香港とエルフの落とし所である。

「よく王国の連中が黙ってるな。」

北村副総督の指摘通り、エルフとドワーフの独立は宗主国であった帝国の後継を名乗るアウストラリス王国の面子も潰す行為である。
最もエルフもドワーフも王国を帝国の後継国家として認めていない。
王国の宗主国となった日本に遠慮して文句を言ってこないだけである。

「文句を言ってしまうと、統治の為に軍を送らないといけないらな。
連中も余裕が無いのだろう。
渋々認めざるを得ないから無視を決め込んでる。」

北村副総督の言葉に二人は頷く。
そこに青塚副総督補佐官が部屋に飛び込んでくる。

「そろそろお時間です。」

言いながらリモコンを操作すると、画面には新香港主席林修光の顔が映し出される。
林主席は壇上で演説をしている。

『我々は今回の自体に独立都市としての権限の弱さを痛感した。
新香港に移民して丸七年。
植民都市も陽城、窮石と建設は順調で、第四都市の建設も来年には始まる。
シンガポールの民が我々に合流するかはすでに皆も知っていると思うが、このほどモンゴルの民八千人も合流することになったことをここに報告させて頂く。
我々は十分に力を付けた。
日本、米国、北サハリン、高麗に続く第5の国家として、我々はここに華西民国の建国を宣言する!!』


秋月総督も北村副総督も新香港政府からの予め通達を聞いてはいたが、面白くなさそうな顔を浮かべている。
予定通りとも言えるので、総督府に動揺している者はいなかった。
問題が無いわけではない。
残っている在日外国人最大多数のモンゴル人を持っていかれたことで、新独立都市の建設が困難になったのだ。

「独立都市は残った在日外国人をまとめて放り込むべきでしたかな?」
「争いの火種を撒くだけですよ。
他の独立都市に草刈りの規制緩和に動くべきでしょう。」

華西にしても第四植民都市の建設には日本の協力が必要なのは理解しているから、停戦に応じたのだ。
しかし、相当な不満を溜め込んだことは間違い無さそうだった。


その日の夜。
総督府幹部職員や自衛隊の将官の邸宅にエルフの女性たちが全裸で現れて騒動となったことは、厳重に箝口令が敷かれて隠蔽された。

ただある写真週刊誌が『秋月総督は、総督府にエルフのハーレムを作る』との見出しの記事を載せて、総督府が数日昨日停止に陥った。
だが世間の反応は、

「また総督がコレクションを増やしたらしい」

と、薄い反応しか示さなかった。

946 始末記 :2018/03/01(木) 22:10:46 ID:7.L4Yce.O
ではグダグダ終わります

947 始末記 :2018/03/22(木) 13:25:01 ID:7.L4Yce.O
では投下

948 始末記 :2018/03/22(木) 13:28:03 ID:7.L4Yce.O
日本国
府中刑務所

日本が転移して13年目の年が明けていた頃、マディノ元子爵ベッセンは新たに立川市からも魔力と才能のある子供達を招聘し、魔術について教えていた。
立川市から招聘されたのは仏教系一人、神道系が二人、大陸魔術系が1人。
弟子の数は36人となった。
パソコンを打ちながら作製した弟子達への教科書を読み上げながら思いに吹ける。

「日本人もこの世界に馴染んできたかな?」

それが喜ばしいことかベッセンにはわからない。
移民の増加のせいもあるが、日本本国の人口は1億1500万人を割り込んだ。
その反面、転移後に産まれた日本人は1284万人を越える。
日本本国の死者の増大は、大陸に移民した者達には影響は及んでいない。
日本本国を守っている海の結界が、転移してきた日本人達に悪影響を与えているのではとベッセンは考えている。
日本人が転移後の世代に入れ替わる頃には、自分の生徒たちが指導者層になれると確信もあった。
最低でもあと10年、いや20年は必要だった。

「そうなると大陸の日本人達が邪魔だな。
まあ、今は出来ることも無いか。」

日本人達には海の結界の悪影響を秘密にしておきたいが、海棲亜人やエルフやドワーフが旧港区に大使館を構えて居住を始めた。
彼等も魔術に精通した者を連れて来ている筈だから、日本人にバレるのは時間の問題と言えた。
また、日本自体が魔術に関する知識を蓄積すれば、相対的に自分の価値も低下、弟子たちを増やすことも出来ない。

「今は余計な戦力の浪費だけは控えてくれるといいな。」

帝国の残党や日本を面白く思っていない貴族や教団、亜人達が日本の技術を学び、力を付けてくれるのがベストだ。
ベッセン自身は戦犯の汚名を着せられ、主君、地位、爵位、領地、一族、家臣、名誉、財産、自由全てを奪われた。
だが持って産まれた魔力と知識は残っている。
今は大人しく日本に従ってはいるが、何時かは全てを取り戻してみせる。
ベッセンの中の野望と復讐の炎は消えていなかった。
その為には時間が必要だった。
弟子達の教育や必要な栄養等を摂る時間以外はほぼ肉体を凍結させて寿命と若さを稼いでいる。
問題は他にもある。
弟子達の教育に人手が足りないのだ。
年長の弟子達が弟弟子達の教育を幾らか携わってくれるので、今はどうにかなっているが、そろそろ限界だとは感じていた。

「と、言うわけで優秀な魔術師で導士級の者をここに派遣してもらえいかな?」

相談を受けたベッセン担当の公安調査官の福沢は、眉を潜めて聞き返してくる。

「導士級じゃないとダメなのか?」
「もうすぐ二クラス分になりそうだしね。
年齢も修行期間もバラバラだから効率は良くないのは理解できるだろ?
それに私自身が自由に動けない身だから、スカウトに使える人材が欲しい。
導士級が欲しいのは、簡単に言うと魔術を使う為には肉体にある魔力の扉を開く必要があるんだ。
前に私が大月市の僧侶にやったようにね。
まあ、あの時はうっかり仏の力をこの世界に招いてしまったのは誤算だったけど。」

嬉しい誤算であった。
あれでこの日本人にも魔術が使えると、よいデモンストレーションになったし、弟子の増大にも繋がった。

「その扉を開くことが出来るのが、導士というわけさ。
まあ、30年くらいの修行が必要だけど。」

ベッセンは十年くらいだった。
代々宮廷魔術師の家系で貴族だったことが大きい。
一族の理解と蓄積された血統による才能と蓄積された知識による効率的な英才教育。
それらを可能とする資産と地位があったことが大きい。
通常は30年以上の修行をしてからなるものだから、老齢の者が多いのが実情だ。

「魔術師達が我々に非協力的なことは知ってるだろ。
それにそれだけの実力者達なら当然・・・」
「ああ、大半が灰になったろうね。
弟子達も含めて。」

導士やそれになれる実力のある者達は、そのほとんどが帝国の支援を受けていたので有事の際には宮廷魔術師団に召集される。
その閲兵式の最中に空襲を受けたのだ。
生き残っている者などはそれほどいないだろう。
期待できるのは、遠方や任務の為に閲兵式に参加していなかった者や独自の結社にいた者達だがどれほどいるかはさすがに把握出来ていない。

「エルフ達では駄目なのか?
彼等なら高い魔力と長い寿命で期待できるのでは無いか?」
「種族が違うと相性が悪くて危ないんだよね。
それに彼等は産まれながらに扉を開いてるから、その方面の修行はしてなかったりする。
ん〜、そうなると各教団の司祭長級の人間か・・・
まず地元を離れたがらないな。」
「総督府に一応は問い合わせてみる。
期待はしないでくれ。」

やはり10年、20年は待たないとダメだなと、ベッセンは落胆する気持ちを抑えられなかった。

949 始末記 :2018/03/22(木) 13:38:11 ID:7.L4Yce.O
東京市市ヶ谷
防衛省

旧東京都の住民が移動したあと、防衛省も施設の大拡充をおこなっていた。
寺社と警視庁第四方面本部以外の東京都新宿区市谷本村町全域にまで拡がっている。
その中には防衛大臣官邸も建築され、大臣のオフィスも官邸内に存在する。

「これが元子爵様の御要望かい?」

防衛大臣乃村利正は秘書の白戸昭美から、公安調査庁から届いたベッセンの報告書を読み漁っている。
日本政府はベッセンは有用だが危険人物と見ており、心理学者やプロファイラーなども動員して監視を怠っていない。
まだ、彼の弟子達にも後援者たる寺社を通じて紐付きにする計画も進行している。

「魔術には精通していても、我々のことを甘くみてもらっては困るな。」

監視者達の報告は、ベッセンに反抗の心と能力は決して衰えていないというものだった。
こちらもいつでも府中刑務所ごと破壊できるように戦闘機やミサイルも配備済みなのだ。
刑務所内にも公安調査庁の実働部隊が配備されているし、警視庁も調布や立川の機動隊並びにSATの任務にベッセン排除を加えている。
神奈川県警SAT1個小隊を全滅にしたベッセンの実力は決して低くは見積もっていない。
唯一の問題は、ベッセンが外部と連絡を取ることを防ぐ手段が無いことだった。

「総督府に奴の要望を聞かせよう。
なるべく裏切らない導士や司祭長をな。
単身赴任してくれる家族持ちが最適だ。」

白戸が頷くと、関係各所に送る書類の作成に取りかかる。
その間に乃村は他の報告書にも目を通す。
防衛装備庁からは、転移後の装備の一新が第9師団まで完了の報告書が来ている。
従来の第9師団の装備は老朽化されていない物が厳選されて第11師団に移管された。
今年は第10師団から第12師団に装備が引き渡される予定だ。

「第16師団は・・・、前線は消耗が激しいな。
高価な在日米軍の武器ではもう限界か。」
「現米軍も自衛隊と同じ装備に移管しつつあります。
安価で工場が完成したロシア系とは比べられません。」

大陸における日本の権益を守る主力であった第16師団の活躍の程が知れる話である。

「あと四年持ちこたえてくれれば自衛隊装備を回せるんだが・・・。」

そこに入室を知らせるインターホンが鳴り、白戸が受話器を手に話し出す。

「大臣、第17旅団長久田正志陸将補がおいでになりました。」
「通してくれ。」

久田陸将補は入室とともに敬礼をしつつ、着席を勧められて席に着く。

「久田陸将補、これは内示だが貴官が大陸に帰還後に三等陸将の辞令が総督府から発令される。
現在、訓練中の第17後方支援連隊とともに帰還して貰い、第17師団が正式に発足する。
今後の第17師団の展開予定を聞かせてくれ。」
「はい、現在王都を中心に展開している各普通科連隊を各分屯地の3領に移動、駐屯させます。
まずは南部アンフォニーに第17普通科連隊。
西部エジンバラに第34普通科連隊。
北部デルモントに第51普通科連隊。
各分屯地の分屯隊は各連隊に復帰させます。
また、王都ソフィアの駐屯地には、第17師団本隊並びに第17特科連隊、第17後方支援連隊が駐屯します。」

王国や貴族に対する布陣だが、同時に地球系同盟国や同盟都市に対抗する為のものだ。
特に建国宣言したばかりの華西民国や北サハリン共和国は警戒が必要だった。

「政府もようやく重い腰をあげて、海自の新造艦や空自のF-35の生産の予算が降りたばかりだ。
陸自がその恩恵に預かれるのはまだ数年先だが耐えてくれ。」

政府が重い腰を上げた理由はそれだけではない。
エルフ達からの情報により、今後も地球からの転移が有り得ることが否定できなくなったからだ。
しかもこの世界では一年でも地球では五年経過した対象の転移だ。
個人や小規模な転移ならいいが、国単位で未来技術を持ってくる対象が転移してきたらどうなるか?
答えは日本自身がこの世界に証明してみせてしまった。
多少はその差を補うべく、停滞させていた新兵器の開発に動き出したのだ。
久田陸将補が退出したあと、現在は第一師団の所属となっている第18普通科連隊の連隊長上田翔大一等陸佐が訪ねてきた。

「現在、我が連隊と各陸自部隊からの異動希望ならびに志願者のリストです。」

第18普通科連隊も現在の任地から二年後に大陸に進駐する。
トラブルを少なくする為に隊員の希望を聞いてやる為のリストだった。

「予想通りだな。
年内に大阪市の移民が開始されるから、それを見越した志願者が多いな。
まあ、こちらにも都合がよいから無理の無い範囲で配慮してくれたまえ。」

移民庁からの報告書によると、横浜市民による六浦市民の移民は6月後半に終了する見通しだった。
その後は、大阪市平野区、東淀川区の住民の移民をもって六浦市への移民が完了する。
そして、大阪市民が中心となる第4植民都市の移民が始まることになる。

950 始末記 :2018/03/22(木) 13:40:50 ID:7.L4Yce.O

「六浦の港も開港すれば、送り出せる移民の数も増える。
現地ではすでにインフラの工事も始まっている。
ゼネコンの連中は仕事が無くならないと左団扇だ。
羨ましい限りだ。」

都市建設や街道の整備、鉄道の敷設。
材木や鉱物による資源の採掘など、日本や地球系同盟国や都市の労働力だけでは人員を賄うことが出来ない。
住民にとって何より大事なことは食料の確保だ。
都市の外での活動にはあまり積極的ではないのが現実だ。
代わりの人材として、各領地から派遣された賦役の領民が動員されている。
王国や貴族に日本に対する敗戦賠償として年貢の半分や採掘された鉱物を差し出す政策が大陸全土で行われている。
最も輸送や保存の問題もあり、辺境の領土では、現金で日本の輸送ルート沿いの領地から作物を買い取り、支払うことも認められている。
問題は現金で支払うことも出来ない貴族達で、彼等は農村や町から余剰の労働力を賦役として差し出してきた。
奴隷扱いは流石に不味いと、最低賃金で雇用したが、大いに活用されることとなった。
労働力の低下は食料の生産やや鉱物の採掘に響くのではと懸念はされた。
しかし、農村や鉱山には日本の指導のもとに知識や技術の提供が施されて、生産量は寧ろ増加の傾向にある。
しかし、日本や華西によるインフラバブルが終われば大量の失業者が大陸に溢れることになる。
もちろん日本の支配領域からは、物理的に叩き出すのは大前提だ。
それ以前に遠方に『最後の餌』が用意されて釣りだす計画となっている。

「閣下、外務省からです。旧南米、中南米諸国18ヵ国が、アルベルト市への合流を決定しました。
日本人等の外国籍配偶者も含めて、約二万人。
スペイン語圏でほとんどがカトリック教徒という共通点を持っています。」

秘書の白戸の報告に乃村は口笛を吹いて答える。

「独立都市の建設はもう無いとみて諦めたか。
ここまで粘ってた連中にもこの風を感じてくれると助かるな。」

昨年の独立都市の建設を決める調整会議の惨憺たる有り様を浮かべて、乃村は肩を竦める。
ペルー人を主体とするアルベルト市の規模ならば二万人程度含めても新たな植民都市が造られる可能性はほぼ無いと言っていい。

「もう13年も立つのに定住先を得られなかった者達への草刈りが始まったな。」

951 始末記 :2018/03/22(木) 13:42:24 ID:7.L4Yce.O
では今回はここまで

952 名無し三等陸士@F世界 :2018/03/22(木) 22:54:26 ID:thaQ5bZk0
更新ありがとうございます。
市谷本村町全域に広がる防衛省のくだりに吹きましたw
でもそれくらい必要なんだなーと改めて納得

953 名無し三等陸士@F世界 :2018/04/15(日) 00:24:41 ID:7.L4Yce.O
>>952
あそこも移動が大変ですからね

桧町の頃より手狭な気がしてたんですよね

では投下

954 始末記 :2018/04/15(日) 00:26:16 ID:7.L4Yce.O
大陸北部
呂栄市
アキノビーチ

フィリピン系を中心とする呂栄市の郊外にある海岸、通称アキノビーチでは、呂栄軍警察隊と日本国自衛隊による合同演習が行われていた。
敵の対象が大型モンスターであり、呂栄軍警察が重火器をあまり持っていないことを前提とした演習だ。
呂栄軍警察のテクニカルやパトカーといった車両から、拳銃や小銃を発砲しながらモンスターを海岸に誘導する。
海上には沿岸警備隊の日本から供与されたパローラ級巡視船七番船『ケープ サン アグスティン』と八番船『カブラ』が待ち受けていて、JM61-RFS 20mm多銃身機銃の掃射で退治を完了する。
モンスター役は、海上自衛隊特別警備大隊隷下の水陸機動中隊であった。

「なかなか様になって来たじゃないか。
そろそろ人数も増えてきたし、陸自に戻った暁には駐屯地でも欲しいところだな。」

感慨深げに自らの部隊の連度を演習本部から語るのは陸自から海自に出向させられている長沼一等陸佐だった。
ようやく政府から水陸両用車の増産を受けて、原隊に戻れそうだと機嫌も良いのだ。
水陸両用車もAAV-7水陸両用強襲車の人員輸送型4両、指揮通信型1両、水陸両用車回収型1両に増え、国産試作車両と合わせて8両になった。
隊員も225名と大所帯になってきた。
転移前の計画と比べれば一割にも満たない人員だ。
先の海棲亜人との戦いで『叡智の甲羅』なる者を確保する突入作戦で高評価を受けたのも大きい。
長い年月を生きてきた海亀人数万年の歴史と技術の記録の保管庫らしい。
幾つかの者は機密扱いを受けて、在日米軍から返還された旧横須賀海軍施設内に密かに造られた研究所で保管、研究されてるという。
転移の謎についても解明されるか期待されている。

「そういえば連中と海保の共同調査が実行中だったな。
うまくいってるのかな・・・」



対馬海峡

海上保安庁と新たに日本と国交を結び、傘下に入った栄螺伯国は共同で、日本本土周辺海域の海洋結界の範囲調査が行われていた。
派遣された巡視船『やしま』のブリッジで、船長の河野は双眼鏡を片手に目標海域を視界に納めていた。
共同で作業に当たっていた『食材の使者の息子』号が掲げた鋏が摘まんだ旗を確認し、微妙な感覚を覚えつつ船員に指示を出す。

「『食材の使者の息子』号の調査が完了した。
ブイの設置の準備をせよ。」

ここが最後の調査対象だった。
地図にブイの設置場所を書き込み、定規で地球時代の地図と照らし合わせる。

「やはり地球の大陸陸地から26キロ地点までは海洋結界の効果範囲外となってるな。」

対馬はまだ大丈夫だが、高麗主要3島や北サハリン西海岸の旧間宮海峡沿岸の一部はほぼ効果範囲となることになる。
対馬までは約26キロまでは安全圏だがそれも何年保つかは今後の調査次第となるだろう。

「あとは我々の作業になります。
『食材の使者の息子』号には浮上航行の指示を。」

同乗していた大使館付き連絡官である栄螺の女騎士ミドーリ(日本名)が頷く。

「心得た。」

彼女がブリッジから甲板にでて、法螺貝を服出すと、『食材の使者の息子』号が浮上してくる。
ヤドカリ型水陸両用艦と日本では呼称される『食材の使者の息子』号は、先年日本の客船『いしかり』を襲撃した『食材の使者』号の子供であるらしい。
船体というか、身体や宿の栄螺殻も『食材の使者』号より一回り小さい。
栄螺伯国は巨大ヤドカリを艦船として利用しているが、遠洋での活動は向いていない。
『食材の使者の息子』号も大使館付きの艦として、小さいことを生かして途中から日本の艦船に牽引して貰ったくらいだ。
この対馬沖にもその低速ぶりから、海自や海保の艦船に牽引されて来たのだ。
栄螺伯国は、先年の襲撃と百済サミット襲撃事件の顛末を知り、日本とは対立よりも国交を結ぶことが得策とし、巻貝系諸部族を統一して使節団を派遣していた。
日本で捕虜になっていた女騎士ミドーリ(日本名)が両国の橋渡しになり、その地位と所領は安堵されることになった。
『いしかり襲撃事件』で日本側に死者が出なかったことは幸運と言えたろう。
栄螺伯国は旧オランダ大使館に居を構えて、活動を初めてこの共同調査に参加した。

「そういや、あの坊主の親御さんは今はどうしてるので?」

ミドーリ(日本名)はいったい誰のことが理解できなかったが、河野船長が『食材の使者の息子』号を指さす方を見て合点がいった。
『食材の使者の息子』号の親である『食材の使者』号は、護衛艦『いそゆき』の97式短魚雷を三発も食らって宿の貝殻部と鋏を破壊されている。
本体も衝撃で幾分か傷付いていた。
それでも本国まで辿り着いたのはたいしたものだった。

「本体が入れる殻がまだ育ってないので、現在は専用の入江で療養中です。」

955 始末記 :2018/04/15(日) 00:31:14 ID:7.L4Yce.O
艦船に対しての言葉とは思えないなと、話を振った自分のことを棚に上げて河野船長は考えていた。
設置されたブイは、海上保安署がある港を基準に設置されている。
一年後にもう一度を観測を行い、『海洋結界』の縮小範囲を調べることになっている。

「日本はこの世界に同化しつつあるか・・・
誰が言ったか知らないが、」



千島道
占守島

日本の北東端にあたるこの島でも、『海洋結界』の調査は行われていた。
この島には自衛隊の第308沿岸監視隊と海上保安庁の海上保安署、警察の交番が2ヵ所が置かれている。
民間人は漁師を中心として、500名程度しかいない。
この島の北側海岸に自衛隊と海保の隊員が調査、監視にあたっていたが、上陸してきた海亀人の重甲羅海兵達と目を合わせて困った顔をする。
彼等は等間隔に散らばり、上陸してきたのだ。
その範囲は広く、『海洋結界』がこの島では機能していないことを証明してしまった。

「上陸、出来てしまいましたな・・・」

海上保安署署長の言葉に第308沿岸監視隊隊長の的場三佐は二の句を継げないでいる。
日本本土で唯一の『海洋結界』の穴が見つかったのだから当然だろう。

「防衛省並びに北部方面隊総監部に報告。
択捉の第五師団司令部もだ。
海亀人の皆さんには申し訳ないが、島内の上陸可能範囲の報告を急がせてくれ。」

上陸可能な地域は、占守島の東側の沿岸全域に及んだ。

「範囲の広がりかたから、今年、去年の話じゃないな・・・
サミットの時に君らに見付からなくてよかったよ。」

的場三佐は海亀人の重甲羅亀海兵の隊長ドーロス・スタートにそう声を掛けるが、呆れたような反応をされた。

「こんな戦略的に無意味な島を制圧したって、あんたらの怒りを買うだけじゃないか。
見付けれなくてよかったよ。」

この占守島の片岡村にも700名ばかりの日本人が住んでいる。
安全が確保されていない以上、本土に島民を撤収させるかが問題となった。
夜になって、村長と村議会は避難せずの結論をだした。
今後はどこに逃げても『海洋結界』が狭まるのは明らかだ。
十三年の歳月を掛けて、開拓したこの島を離れる住民は誰もいなかったのだ。

「今後は周辺海域でのモンスターとの遭遇や上陸にも備えないといけない。
壁とまでは無理かも知れないが、金網で村を囲うくらいは検討しなければならないな。」

的場三佐の指摘に村長は溜め息を吐く。

「巣でも造られては堪りませんからな。
村かも監視の為の自警団から人をだしましょう。」

言われて気がついたが、確かに巣でも造られたら一大事だ。
しかも『海洋結界』の恩恵が陸地に及ばなくなって数年たっていると考えられる。
本当に巣は無いのか?
不安に狩られた的場三佐は、択捉島の第五師団司令部に応援を要請し、島中の探索を始めることとなる。



高麗国
珍島市
観梅島近海
国防警備隊太平洋三号型巡視船『太平洋9号』

『海洋結界』の加護が無くなった高麗国の主要三島だが、近隣の諸島ではまだ結界の加護は維持されていた。
そのうちの観梅島も同様で、リゾート地で知られた島も食料確保の為に漁港が拡充されて人口が増えた。
しかし、今年に入ってから若い男性の行方不明者が増えて問題となっていた。

「政府はブリタニカにタイド級給油艦『タイドレース』の納入に合わせてピリピリしている。
その矢先に行方不明者が拐われる瞬間が携帯カメラからだが撮影された。
敵の正体がこれだ。」

ブリーフィングルームで船長がスクリーンに映った存在を指差す。
頭と胸が人間の女性で、それ以外の部分が鳥というモンスターが、足の鉤爪で若い成人男性の胴体を掴み飛び去るところだった。

「ハルピュイア、通称ハーピーだ。
山岳地帯や海岸に住み着き、人を拐うことがあるそうだ。
理由はほとんど雌しか産まれない種族で、牡は稀にしかいない。
つまり生殖に他種族の男性を利用しているそうだ。
『海洋結界』によるモンスターの上陸は警戒していたが、その前にそらから侵入されたことに気がついてなかったわけだ。」

集まられた海兵隊員達は微妙な顔となる。

「女は拐われないので?」
「識者の話によると、雌が圧倒的に多いから間に合ってるそうだ。
ちなみに人間との言語的コミュニケーションは現在のところ不可能。
他の亜人のように王国との交流も無ければ、交渉出来るような文明的組織も見当たらない。
よって地球系同盟国並びに独立都市は、ハーピーを害獣として駆除することに決定した。」

識者ってなんだよ、という呟きは質問では無いので船長は無視する。

956 始末記 :2018/04/15(日) 00:35:20 ID:7.L4Yce.O
「奴等の巣は鳥島群島の加沙島と推定されている。
住民が800名ほどいて、危険に晒されていると考えられる。
念のために他の有人島も警備隊と自警団が現在も捜索を行っている。
諸君らは加沙島のハーピーの駆逐後、諸鳥島群島の無人島を一つ一つ捜索する為に召集された。
長丁場になるが、諸君等の健闘を期待する。」

鳥島群島が所属する珍島市の無人島は185に及ぶ。
それを海兵一個小隊で捜索しろというのだから、隊員達はうんざりとする顔を隠そうともしない。

「そう腐るな。
有人島の捜索が終わった警備隊もこれに加わるし、自衛隊の西部普通科連隊もこの作業に加わる。
そう長くはかからないさ。」

先程の長丁場発言と矛盾するが、船長としてはこう言うしかない。

「ハーピーどもが大陸から遠いこの地にどうやって渡ってきたのか、日本も興味を示してるからな。
それに現実問題として、国防警備隊はイカ共の攻撃から再建出来たとは言い難い。
背に腹は代えられないってな。」

ハーピーの巣の根絶自体は問題は無い。
加沙島の港から海兵隊が上陸すると、住民の避難活動が始まっていた。
海兵隊達は近隣まではバスで移動し、徒歩で巣になっていると思われる南部の金鉱跡に向かう。
夜目の効かず、眠りに入っているハーピー達にいちいち隠密行動は取らない。
最短距離で巣になっている南部の金鉱跡の洞窟に侵入する。

「臭いな・・・」
「アレの臭いか・・・
ガスマスクでも持って来るんだったな。」

壁にはペリッドで塗り固められた男達が気を失っている。
さらに地面には悪臭が漂うなか憔悴仕切った男達が複数倒れていた。
数人はすでに事切れている。
洞窟の中のハーピーは30匹近くいたが、色々と満足したのか多少の物音でも起きてこない。
藁で造られた鳥の巣のような物には卵が複数入っている。

「この数が繁殖されたら溜まらんな・・・」

遺体の回収は諦め生存者の救出を優先し、洞窟にC4プラスチック爆弾を仕込んで脱出する。
だが救出された男達の悪臭と物音にさすがに気がついたのか、森からも複数のハーピーが飛び上がってきた。
海兵達が小銃による射撃で急降下してくるハーピーを迎撃しながら海岸を目指す。
鳥目の為か狙いが甘く、ハーピー達は蜂の巣になっていく。
しかし、数が多く鉤爪に隊員や生存者が捉えられそうになるが、拳銃でハーピーを射殺して難を逃れる。
隊員達や要救助者がバスに乗り込むと、車体をハーピーの鉤爪が激しく叩いてくる。
バスを走らせ港まで来ると海上の『太平洋9号』による40mm連装機銃やブローニングM2重機関銃による援護射撃も始まり、上空のハーピーを餌食にしていく
乗員や島の警官達も小銃や拳銃で応戦する。

「待て、待て、ちょっと待て!?」

急降下してくるハーピーより、撃墜され墜落してくるハーピーの死体の方が危険となる一幕もあった。
十分な距離が取れたと、隊員の一人が洞窟のC4プラスチック爆弾の起爆用の無線スイッチを押すと洞窟が爆破された。
その爆発に呼応したように森や周辺の小島から無数のハーピーが空を覆った。
ハーピーは単体ではさほど強くはない。
危険を察知したとたんに群れで安全圏まで避難し始めたのだ。

「おいおい、何匹・・・
奴等どこに行く気だ?」

ハーピーの群れは『太平洋9号』からも進路が観測された。
進路は南。
日本しか有り得なかった。
その数は千を越えていた。

957 始末記 :2018/04/15(日) 00:36:45 ID:7.L4Yce.O
投下完了


>>953で名前書き忘れてた

958 始末記 :2018/05/03(木) 21:13:19 ID:7.L4Yce.O
では再び投下

959 始末記 :2018/05/03(木) 21:15:14 ID:7.L4Yce.O
北サハリン船籍貨物船『ナジェージダ・アリルーエワ』

貨物船『ナジェージダ・アリルーエワ 』は、大陸から高麗に鉱石を運ぶ仕事に携わっていた。
と、言うのは表向きの話で、北サハリン船籍に偽装したチャールズ・L ・ホワイト元米軍中佐が強奪した船だった。
船長のナルコフは元ロシアマフィアで密輸に携わり、主要な船員達も指名手配犯ばかりだ。
その中には訓練を受けた帝国軍残党まで混じっていた。

「高麗に密かに運んでたハーピーの卵の孵化が予想より早かったな。
騒動を起こして、国防警備隊に嗅ぎ付けられた。」
「どうしやす?
この船も臨検を受けたら一発でバレますぜ。
中佐の魔法で眠らせていたハーピーが目を覚まし始めてますし。」

最初のうちは卵を運んで、高麗本国に大量発生させて混乱を狙う気だったが、卵が見つからなくなり、ハーピーそのものを輸送する羽目になっていた。
ナルコフ達船員は、モンスター避けの護符を、チャールズ中佐から貰っているがハーピー達はコンテナに閉じ込めて使わないようにしていた。

「とにかく中佐からの連絡を待て。
幸いハーピーの群れが日本の群れを引き付けてくれるから、まだ時間はあるさ。」




東京
市ヶ谷
防衛省
統合司令部

統合司令部は陸海空3自衛隊の運用を常時、一元的に指揮する目的で創設された。
元々は転移時の混乱を乗り切るための統合任務部隊司令部を常設化したものだ。
この統合司令部による指揮のもと、日本国は帝国との戦争に勝利するになる。
構想自体は転移前からあり、研究もされていたが、転移前との最大の違いは外征部隊や海外領土の派遣部隊の指揮も任されていることになる。
役割の増大から市ヶ谷の防衛省の拡大が求められ、新庁舎に居を構えることになった。
その統合司令部は、高麗国によるハーピーの群れの駆除失敗と、その群れが日本本土に向けて南下しているとの報告に大あらわになっていた。

「陸自、西部方面隊に防衛出動を指示。
第13、14、15師団にも駐屯地に隊員を召集させろ。
海自の報告はどうした!!」

統合司令の哀川一等陸将の怒号に、海自の担当者が資料を手渡してくる。

「駆除任務の増援の為に珍島に向かっていた第4護衛隊が間もなく群れと会敵します。
また、五島列島には佐世保から第12護衛隊。
壱岐島にも佐世保から第4掃海隊が防衛ラインを敷いて、駆除にあたります。
念のために呉からも第二護衛隊を派遣しました。」

人クラスの大きさで、時速80キロでの飛翔が確認されハーピーには、ミサイルの有効性が信用できない。
機銃や艦砲程度なら掃海隊でも務まるとの判断の派遣だった。

「また、第4護衛隊並びに同行の『くにさき』には、西普連が同乗しており、群れを引き付ける任務に任せます。」
「おう、それなら・・・唐津市方向に引き付けてくれ。
陸自の久留米の第4高射連隊と小倉の4普連を展開させる。」
「間に合うでしょうか?」
「間に合わせるんだ。
念願の79式の実戦経験も積ませれるしな。」

79式自走高射機関砲は、日本が帝国との勝利後に完成させた新型対空車両だ。
北サハリンのツングースカを参考に90口径35mm対空機関砲KDAを4門設置されている。
従来の地対空ミサイル中隊とは別に、増員されて創設された第3中隊の配備された。
名称には西暦が意味をなさないこの世界では、皇歴が採用されている。

「追い込んだら壱岐や五島列島の部隊も移動させて包囲し、殲滅させる。
また、包囲を待つまでなく殲滅できるならそれもよしだ。」
「空自の第6飛行隊のF-2六機が、ハーピーの群れの背後に回り込みました。
また観測の結果、ハーピーの数は2400に修正。」
「くそ、思ったより大いな。
高麗の連中はどこに目玉付けてたんだ。
ハーピーどもがどこから日本や高麗に飛来したのか、早急に調べる必要があるな。」

会敵の時刻が迫っていた。

960 始末記 :2018/05/03(木) 21:17:46 ID:7.L4Yce.O
福岡県福岡市
博多駅

小倉から到着した新幹線から、小倉駐屯地に所属する第4普通科連隊の隊員が降車して駆け出していく。
普通科隊員達を誘導している地元の地方連絡本部の隊員が叫ぶ。

「走れ!!
ハーピーどもは待ってくれないぞ!!」

博多駅の新幹線改札を抜けて、地下鉄のホームに向かっていく。
地下鉄に乗り込み、満員電車もかくやという段階になったら順次発車していく。
緊急の地下鉄は途中で地上に出て、ノンストップで西唐津駅に向かう。
ここからは、民間のバスが徴用されて唐津市沿岸に配備される予定である。
緊急事態であり、唐津市並びに糸島市には戒厳令が施行されている。
住民は沿岸部の住民は避難を、その他の住民は屋内での待機が命じられる。
また、両市内への交通も制限された。
海上でも海上保安庁の巡視船の『まつうら』、『いなさ』が警戒にあたり、神集島や姫島住民の避難に作業に従事している。
第4普通科連隊連隊長の鶴見一佐は、唐津城に司令部をおくことにする。

「あれだよな。
城って階段長いからやだよなあ・・・」

山城の山頂まで伸びる石段にうんざりした声をあげる。
西唐津駅からは部隊の展開を優先させる為に連隊司令部の隊員は徒歩で唐津城に向かう羽目になっていた。

「いえ連隊長、本丸まで行く直通エレベーターがありますのでそれで・・・」

幕僚の一人が気まずそうに指を指している。

「・・・こういうのは風情がどうかと思うよな。
さて、展開をいそがせろ。
間もなく会敵予想時刻だ。」

自衛隊だけでなく、福岡県警第12機動隊は糸島市に、佐賀県警機動隊やパトカーに乗った警官達も唐津市に集結している。

「ここに到着する前に殲滅してくれればなあ・・・」




海上自衛隊
第4護衛隊

ひゅうが型護衛艦『いせ』

飛行甲板に西部普通科連隊の隊員や『いせ』の立入検査隊員達が小銃を構えて待ち構えている。
『くにさき』の甲板でも同様の動きを見せている。

「来るぞ!!」

先行している護衛艦の『あけぼの』、『さざなみ』、『ふゆつき』の艦砲の発射音が響く。
これにCIWSの発射音もだ。
海面にハーピーが次々と落下していく影が見える。
だがハーピーの群れは次々と分離し、護衛艦にまとわりついて接近する。
各艦の立入検査隊や同乗する西普連の小銃や銃架に設置されたM2重機関銃も火を吹いている。
そちらの銃弾は自由自在に飛ぶハーピーに対して、あまり効果は上げられていない。

「殲滅戦とは厄介だな。」

ブリッジから双眼鏡で覗いていた艦長の窪塚一佐はため息を吐く。
人間大のモンスターが自由に飛行し、数百も同時に攻めてくると護衛艦でも対処が困難になってくる。
幸いハーピーの爪では、護衛艦の装甲に傷も付けれない。
ただひたすら鬱陶しいだけだ。

「艦を反転させ、唐津湾に誘導する。
弾薬が尽きるまではハーピーが追い付ける速度に留める。」

ただ『いせ』や『くにさき』の甲板には数百の男性隊員がその姿を見せている。
ハーピー達はその男達の姿や臭いに魅せられて押し寄せてくる。
『いせ』と『くにさき』のCIWSの発砲が始まり、甲板の隊員達もこれに加わる。
『くにさき』の場合、現地で使う予定だった車両を甲板に駐車しており、車内や銃架から発砲している隊員もいる。
こちらの銃弾の密度は、護衛艦の比では無く、ハーピー達が次々と海上に落下していく。
海上に落下したハーピー達は、『海上結界』の餌食となっているのか、息のある者も暴れ狂い浮かんで来なくなる。

「艦長、『あけぼの』から小銃弾が尽きたと連絡が。」

『いせ』や『くにさき』ならともかく、通常の護衛艦に分乗しただけの西普連の隊員は、持ち込み分以上の弾薬は持っていない。
海上で戦うなど想定しないからだ。
それでも現在の海上自衛隊の艦艇は乗員数分の拳銃は支給されている。
それを借り受けて抵抗は続いているが、それも時間の問題だろう。

「『さざなみ』から報告、近接を許したハーピーが歌のようなものを発し、それを聞いた隊員や乗員が放心状態で動かなくなる事態が発生!!」
「歌だと?」

『くにさき』や『いせ』では銃声が鳴りやまずに全く聞こえない。
それでも海面スレスレから急上昇して、接近してきたハーピーの一部が同様に歌を歌い、隊員が戦闘不能になる事態が相次いだ。
戦闘不能になった隊員や乗員は艦内に引きずり込んで保護する。
それでも装甲が薄い区画では、歌が聞こえてしまい艦内で放心状態となる者が続出した。

「全スピーカーで何でもいいから派手な音楽を最大音量で鳴らせ!!」

『いせ』の艦内に『軍艦マーチ』が鳴り響き、『くにさき』ではメタルバンドの派手な曲が流れ始める。
後続の『あけぼの』がアニソン、『ふゆつき』がアイドルソングを流している。

961 始末記 :2018/05/03(木) 21:22:26 ID:7.L4Yce.O
だが『さざなみ』は何も流さないどころか、速度が低下していた。
その『さざなみ』には無数のハーピーがまとわりつき、大合唱の形をなしている。

「『さざなみ』のブリッジ並びにCIC沈黙・・・
『ふゆつき』が救助に残ると。」
このままでは囮の役が果たせない。
焦燥に刈られるブリッジだが、爆音が彼等の士気を取り戻す。

「空自です!!
空自の第6飛行隊がハーピーに攻撃を開始しました。」

第6飛行隊のFー2戦闘機6機が、『さざなみ』の周囲のハーピーを機銃で掃射していく。

「当艦も速度を落とし、歌の壁を『さざなみ』に張る。

「神集島を通過!!

ハーピー達が離れていきます。」

ハーピー達も羽を休める必要があるのか、艦隊から離れていきます姫島、鳥島、神集島、高島などに集まっていく。
海上保安庁の巡視船『まつうら』か神集島、『いなさ』が姫島近海で警戒にあたっており、両船も無数のハーピーに発砲を開始している。
唐津湾にいた自衛官や警察官も各地で発砲している。

「九州本島に渡ろうとする奴を優先して叩け!!」



唐津市唐津城
第4普通科連隊臨時司令部

「沿岸部で散発的な駆除作業は行われましたが、概ね九州本島へのハーピーの到達は阻止できました。
駆除作業の際に歌を聴かされて行動不能になった隊員が48名。
占拠された鳥島、高島は避難が終了しており、第4並びに第12戦隊が唐津湾を塞ぐ形で展開。
但し、護衛艦『さざなみ』は乗員並びに同乗した西普連の隊員30名が放心状態で戦闘不能と判断されて市内の病院に搬送されました。
残ったハーピーは500足らずと想定されます。」

幕僚の木村三佐の報告に、連隊長の鶴見一佐は渋い顔をする。

「接近戦はやばいか。」
「王国大使館に問い合わせたところ、歌の効果範囲は概ね半径50メートル。
夜は歌わない傾向があるようです。」

鶴見一佐は考え込む顔をして夜襲を検討している。

「西普連に夜襲を要請しよう。
うちの隊員はまだ無理だ。」

新型の装備は与えられたが、現在の普通科隊員の練度では夜襲を任せるには不安があった。
自衛隊は転移後に失業対策と帝国との戦争、占領統治に合わせて増員を掛けていた。
実戦経験のあった隊員は必然的に昇進し、アウストラリス大陸に派遣された第16師団や第17師団や西方大陸アガリアレプト派遣され、旅団化された第1空挺旅団、富士教導旅団、第1特科旅団、第1高射旅団等に配属された。
本国の普通科隊員達の大半がその後に入隊したものだ。

「ここは我々の庭です。
レンジャーの資格保有者を集めて参加させましょう。」

連隊の面子は何者にも代えがたい。

「それにしても歌だと?
資料には無かったな。」

自衛隊は交戦したモンスターをライブラリー化し、日本の保有するファンタジーモンスターの知識を注釈として書き込んでいた。

「どうやらセイレーンの知識と混在化していたようです。
もともとセイレーンも古代ギリシャでは半人半鳥だったのですが、中世ヨーロッパでは、人魚のような半人半魚の怪物として記述されています。」
「ヨーロッパの連中も適当だな。
この世界ではセイレーンとハーピーは同種と考えるべきか。」

放心状態になったことにより転倒し、負傷した乗員も多い。
死者が出なかったのは奇跡だといえる。

「連隊からも夜襲が出来る者を中隊規模で選抜し・・・歌?
しまった!!」

それは鳥島や高島に集まったハーピー達の大合唱だった。
夜になる前にまわりの生物を眠らせて安全を保つためだ。
その歌は風になり、沿岸部で警戒にあたっていた隊員や夜襲の為に待機していた西普連・・・
そして、唐津城で監視に当たっていた隊員と司令部の幕僚達が次々と倒れていく。
鶴見一佐は咄嗟に手のひらで耳を塞ぐが、城内で無事だった隊員はほとんどいない。

「合唱か・・・、くそ、甘く見てた・・・」




東京
市ヶ谷
統合司令部

唐津の惨状の報告に、哀川陸将は頭を抱え込んでいた。

「それで・・・、損害は。」
「第4普通科連隊の隊員450名。
西部普通科連隊900名が戦闘不能に陥り、夜襲は中止になりました。
また、四名ほどの隊員が倒れた際の打ち所が悪かったり、海に転落するなどして殉職しました。
現在も放心状態の隊員の回収作業が行われています。
海保の巡視船も2隻とも行動不能と報告が来ています。」

ハーピーは夜になって動きを止めた。
本来ならここで夜襲を用いて叩いておきたかった。
神集島や姫島は島民こそ避難しているが集落もあり、民間資産の破壊を恐れた政府によって、空爆や艦砲による攻撃を禁じられたのが仇となった。

962 始末記 :2018/05/03(木) 21:23:53 ID:7.L4Yce.O
「放心状態の隊員の容態は?」
「王国大使館に問い合わせたところ、大陸の冒険者なら強い刺激を与えればすぐに目覚めたそうですが、我々のように半日も状態異常が続くことは無かったそうです。」

最近では当たり前のように受け入れられようになった『地球人は魔法に対する耐性が無い』という説がある。
哀川陸将も半信半疑に聞いていたが認めざるを得なかった。


「規模は小さくなったが、夜襲はまだ有効な手のはずだ。
いや、いまやらねば被害は拡大する。
残存の隊員に回収作業が一段落したら夜襲を強行させろ。」

大分や長崎からも部隊を呼びよせているが、4普連と違い準備万端の車両移動なので間に合いそうにない。
西普連と四普連の800名余りの隊員を両島に上陸させることが決定した。
但し、政府から追加された要望書からは手榴弾や摘弾の使用も制限が書き加えられていた。

963 始末記 :2018/05/03(木) 21:24:35 ID:7.L4Yce.O
では今回はここまで

964 始末記 :2018/05/15(火) 22:05:17 ID:7.L4Yce.O
では投稿

965 始末記 :2018/05/15(火) 22:08:42 ID:7.L4Yce.O
佐賀県
唐津市鳥島

陸上自衛隊第4普通科連隊第3中隊の隊員が、手漕ぎのキス釣りボートを徴用して、この無人島に上陸する。
水谷三曹は三人掛かりで、ボートを海岸に引き上げる作業を行っていた。
徴用した品なので、なるべく無事に返却しなければならない。

「疲れた・・」

佐賀県ヨットハーバーから約一キロ程度の距離だが、4普連の隊員達は二人乗りや三人乗りのボートで海上を走破したのだ。
中には慣れないカヤックで島に渡った猛者もいる。
平時はボートやカヤックで渡る客も普通にいるそうだが、隊員達は寝不足と疲労で困憊していのが災いした。
ただでさえ昨日は、早朝に小倉から唐津に駆けつけ、昼間は唐津湾の避難誘導、警戒と散発的な駆除作業に駆り出された。
ようやく交代して休めると思ったら、ハーピーの歌声で放心状態となった隊員の回収作業にと叩き起こされた。
鍛えぬかれた隊員と装備は本当に重かった。
それも一段落する頃には日付が変わっていた。
そして、そのまま徴用した手漕ぎボートで海上一キロの距離を渡り切れと命令されたのだ。
文句の一つも言いたくなるだろう。
すでに鳥島にはヨットの心得がある隊員によって、操作されたヨットに乗船してきた隊員が警戒にあたっている。
小隊長の加山二尉が、こちらに静かにしろというハンドサインを送ってくることには多少ムカつく。
先行した隊員は80式小銃に着剣した銃剣やナイフ、個人購入した刀剣で、眠りについているハーピを一匹一匹、刺突して始末している。
89式小銃の後継80式小銃は、カービン型ライフルに変更したことにより銃身の短縮並びに軽量化を達成した。
また、想定する敵が人間だけでなく、モンスターが追加されたことによる3点バーストの廃止も盛り込まれている。
個人購入の刀剣は大陸では自由に購入、携帯できる。
しかし、『海洋結界』に囲まれた日本本国では緩和されたとはいえ、まだまだ厳しい条件の元でしか許されていない。
自衛隊や警察などの武官では購入が奨励されるどころか、制式装備として採用しようかとの動きまであるくらいだ。
その任務に刃物は最適な獲物だった。
ハーピーが眠っている間に可能な限り始末する。
大抵のハーピーは樹木に寄り添って寝ていた。
隊員達には疲労と寝不足、そして夜の闇があるのが幸だ。
モンスターとはいえ、人の顔をした生き物を殺すのだ。
そのことに想いを馳せる余裕も無く、躊躇いや罪悪感も見せずに機械的にハーピーを駆除してまわっていた。
もちろんハーピーが飛び立っても、対岸の79式自走高射機関砲が唐津神社、全農唐津石油工場、唐津ヨットハーバーの駐車場に一両ずつ陣取り待ち構えている。
高島にも島を囲うように、東の浜海水浴場、虹の松原に79式自走高射機関砲が置かれている。
鳥島も高島も79式自走高射機関砲の射程距離内だ。
鳥島は無人島なので、ロクに家屋も無く、地面に巣を作ろうとしていたハーピーの駆除は、思いのはか順調に進んでいった。



唐津市
高島

高島は宝くじ関連の島興しに成功した島で、唐津港と陸続きの大島から西に約1.5キロ程度の距離にある。
西部普通科連隊は本来なら夜明け前に各島に上陸して、圧倒的隊員数によって、ハーピーどもを殲滅する筈だった。
その為に海岸で船舶を徴用したり、港や海岸で船舶が着岸するのを待機させていたのが災いした。
ハーピーの歌の効果で半数以上の隊員が放心状態に陥るのは、とんだ失態であった。
唯一無事だった中隊長の窪塚一尉の指揮のもと、FRP製のカッター型短艇で隊員達がオールを使って島に上陸した。
島の北部は山になっており、民家はは南部の海岸沿いに集まっている。
ハーピー達は集落が避難が済んで無人となっていた集落の建物に巣を造りだしていた。
人口400人程度の集落があり、ハーピーはそれらの建物瓦屋根で眠りに付いている。
よって西部普通科連隊の猛者達は、いちいち梯子で屋根に登ってハーピーを仕留めないといけないという難事に遭遇していた。

「参ったな、梯子が足りないぞ。」

ボートに可能な限りの隊員を乗せる為に不必要だと思われた装備はあまり持ち込んでいない。
今なら一網打尽に出来るのだが、重火器の使用は禁じられ、小銃では狙いにくい場所だった。
家屋を破壊するのも避けたい事態だった。
何より銃声で起きられて、空に逃げられるのは避けたいところだ。
どのみち今の隊員には実戦で発砲したことがある者は少ない。
それは精鋭足る西普連ともいえど同様だった。
梯子を使わずに登ろうとして、物音で起きられて逃げられる事態が幾つか発生した。
ようやく梯子がまわってきて、よじ登る隊員は屋根の上でまだ起きていたハーピーと目が合ってしまった。

「 キェェェェェェェェェ〜〜 」

猿叫のような叫び声を上げられて隊員は硬直する。
周辺家屋にいたハーピー達は一斉に目を覚まして、目についた西普連の隊員に襲いかかる。

966 始末記 :2018/05/15(火) 22:13:51 ID:7.L4Yce.O
梯子を昇る途中だった隊員は、梯子を倒されて地面に落ちていく。
屋根でハーピーを刺突していた隊員も他のハーピーが飛来して体当たりを食らい屋根から叩き落とされる。
窪塚一尉はもはやここまでと発砲を許可した。

「飛び上がったハーピーに発砲を許可する。
負傷者は小学校に運べ!!」

真っ先に発砲を始めたのはやはり大陸帰りの隊員達だった。
許可さえ下りれば彼等に躊躇いは無い。
彼等に触発されて、初めての実戦を経験する隊員も射ち始める。
窪塚一尉も89式小銃を撃ちながら負傷して後送される隊員を援護する。
西部普通科連隊は第4普通科連隊と違って、転移後の新装備はあまり配備されてない。
しかし、使いなれた銃器の方に隊員は信頼を置いていた。
ハーピーの数は決して多くはない。
銃弾が使用できれば、西普連の敵ではなかった。



唐津城
第4普通科連隊臨時司令部

「鳥島の駆除が完了との報告がありました。」
「第4中隊が神集島にて、少数のハーピーを確認、交戦中!!」
「湾岸防衛の第5中隊も三ヶ所でハーピーを確認。
追跡の上、駆除します。」
「79AW、発砲開始!!」

壊滅した第1・2中隊から無事だった者を集めて再編した司令部はどうにか機能を回復した。
湾岸の防衛には久留米から呼び寄せた教育隊まで動員してカバーしている。
連隊長の鶴見一佐は予備の第6中隊も動員するか考えていた。

「高島の西普連はどうか?」
「負傷者を出しつつも順調とのことです。」

島からは銃声も聞こえる。

「刃物だけではやはり片付かんかったか。」

その銃声も少なくなってくる。
唐津における殲滅はうまくいきそうだった。

「姫島の方に福岡県警SAT一個小隊が、警備艇三隻で突入。
あちらはしょっぱなから、銃器を使用している模様です。」
「長年、暴力団相手にしる連中は違うな。
他のSATでもあそこまで思いきりはよくあるまい。」

福岡市や北九州市に配備されていた分隊を集めた部隊だ。
姫島は福岡県に属するのでかき集められた。
他の戦闘となった3島に比べれば姫島は遠隔にあるが、そのぶんハーピーの数も少ない。
県警警備艇『げんかい』、『ほうまん』、『こうとう』の3隻に分乗した。
エンジン音に気がついたハーピー達が殺到するが、船上から発砲しつつ排除しながら桟橋に停泊して上陸した。
各県警警備艇も自衛隊から供与された89式小銃を銃架に設置して発砲している。
その後は隠れ潜むハーピーの掃討にあたっている。

歌による放心や鉤爪による負傷者は増えたが、唐津・糸島におけるハーピーの掃討は概ね夜明けまでには完了した。
鳥目だったハーピーは夜間での行動範囲が狭かったせいもある。


だが夜明けと同時に平戸市から救援要請が届くことになる。




市ヶ谷
防衛省統合司令部

ようやく唐津、糸島のハーピー殲滅に成功したと思ったら今度は平戸からの救援要請である。
徹夜で事務処理や増援の調整を行っていた統合司令の哀川陸将は不機嫌な声を隠そうともせずに問いただす。

「どういうことだ?」
「はっ、平戸市田助町の港に夜明けとともに旧イラン船籍の大型貨物船が田助港の桟橋に激突するよに停船。
船内から大量のハーピーが田助港を襲撃し、多くの住民が被害にあっています。」

旧イラン船籍の船は独立の決まらないイラン人船長が大陸に放置して逃亡したものということが判明した。
何者かがわざわざ日本まで航行してきたようだが、そこは貨物船を制圧して調べてみないとわからない。

「現地の動きですが、鏡川駐在所の警官が発砲するも数匹倒すのが限界と、近くの中学校に住民を避難させながら増援を要請。
平戸警察署は全署員に出動を命じますが、70名程度の署員ではカバーしきれないとの報告が来ています。
また、平戸城並びに城下の高校に住民が避難しています。
平戸港の防衛は平戸海上保安署と巡視艇『かいとう』があたります。」

すでにハーピーの動きは平戸島全域に拡がる下手に避難するより、家屋の中で籠城した方が安全と思われた。

「長崎県警は近隣の警察署にも出動を命じました。
また、県警機動隊とSATも現地に向かっています。」

残念ながら県警主力の車両では三時間以上も掛かると見られ、即戦力としては期待できそうもなかった。
幕僚達の報告に、哀川陸将は自衛隊各部隊に命令を下す。

「佐世保の相浦駐屯地の部隊は動けるか?」
「駄目です。
現在は呂栄との合同演習の為に大陸にいます。」

他の長崎県内の陸自部隊は何れも遠く、疲弊した唐津から送り込んだ方が早いくらいだった。

「それでも事後処理には必要になる。
大村の21普連に向かわせろ。
第4施設大隊もだ。
佐世保の特別警備隊と護衛隊も向かわせろ。」

967 始末記 :2018/05/15(火) 22:15:14 ID:7.L4Yce.O
佐世保の特別警備隊は、呉にあった特別警備隊を元に転移後に創設された。
同様に横須賀、舞鶴、那覇にも創設され、規模は各々中隊規模の200名となっている。
もともとは転移により創設が見送られた水陸機動団の訓練が施された隊員達が中核になっている。

「佐世保の第4護衛隊は唐津に、第12護衛隊は五島列島にいます。
両護衛隊が平戸に向かってますが、佐世保に残った第8護衛隊は整備中ですのは第4ミサイル艇隊しかいません。
傭船契約を結んだ民間フェリー『かもづる』がいますので、特別警備隊の輸送を委託するのが妥当だと思います。」

『かもづる』は防衛省が傭船契約を結んだ高速民間フェリーである。
民間フェリーとしては破格の30ノットの船足を有し、定員500名、トラック120両、乗用車80両と、おおすみ型輸送艦を上回る車両輸送力がある。

「よし第4ミサイル艇隊に護衛させて、平戸港に向かわせろ。」



平戸市

鏡川駐在所の警察官佐藤巡査部長は、避難をさせていた住民とともに田助港の郵便局に立て籠っていた。
すでに拳銃の弾丸は尽きており、警棒でハーピーを殴り付けて奮戦している。

「お巡りさん、バリケードが限界だ。
他のお巡りさんはまだこれないのか?」

たまたま巡回中に自転車で港をまわっていた為に騒動に巻き込まれた。
突然桟橋に貨物船が激突したかと思うと、中から大量のハーピーが貨物船から現れたのだ。
港の漁船は朝早くから出払っており、男手はほとんどいなかった。
「駐在所の連中は小学校の方に防衛線を張ってるらしい。
署の連中はコンビニの所まで来たらしい。
せめてパトカーで来てればなあ・・・」

パトカーにはショットガンが積んであった。
双方から激しい銃声がしていたが今は途切れている。
平戸警察署には1200発の銃弾が保有している。
田舎の警察署でこれだから、全国の警察署に支給された弾丸の数は計り知れない。
銃器メーカーの高笑いが聞こえるようだった。
無線機ではそこまで話して貰えなかったが、それでもハーピーがここを襲い続けてるということは、それが途切れたということだろう。
郵便局の窓を塞いでた机が弾け飛び、ハーピーが侵入してこようとする。
立て籠っていた女子供が棒切れで殴り付けるが、その後ろにいたハーピーの歌により数人が放心状態となって侵入を許した。



平戸警察署

田助町の救出に向かわせた警官隊からは、銃弾の欠乏が報告されている。
署長の田所はさすがに連絡役として婦警達と署内に残っていた。
男性警官は総出で田助町の救出に向かっている。

「江迎警察署の警官隊が平戸大橋で避難する市民と襲撃してきたハーピーと交戦状態に入って阻まれています。」
「くそ、そっちもか」

平戸港でも海保の署員や巡視艇の発砲が聞こえる。
まだ、数はそんなに多くなく、消防団や青年団も斧や博物館の刀や槍を奮って町の各所で抵抗を続けている。

「まったく、いったい何匹いるんだあの化け物は!!」



北サハリン船籍貨物船『ナジェージダ・アリルーエワ』

ナルコフ船長は船を大陸に向けて、帰還の途に着いていた。
大陸の同志達が航行してきた貨物船は、大陸の海岸に座礁していたものを回収したものだった。
貨物船にもコンテナに大量のハーピーの卵が積載されていた。
『ナジェージダ・アリルーエワ』に積載されていた分も積載し、無人にしてから日本本土に向けて、自動操縦で解き放った。
ラジオからの情報では平戸市の港に激突したらしい。

「無人地帯ならもう少し繁殖の時間が稼げたんだかな。」

唐津市では自衛隊を手こずらせたようだが、対策も研究されただろう。
もともとはスタンピードで全滅した村で、冒険者が発見した大量の卵を奪い取ったのが始まりだった。
地道に高麗まで運ぶと勝手に増殖していた。
今回の2隻で追加した卵は900にも及び、田助港に突入させた時には半数近くが孵化していた。
このまま日本を脅かすよう土着してくれれば幸いと考えられていた。

「まあ、せいぜい日本を引っ掻き回してくれれば十分だよな。」

最後のコンテナにはお土産も置いてある。
そいつの奮戦に期待すこと大であった。

968 始末記 :2018/05/15(火) 22:15:41 ID:7.L4Yce.O
では終了

969 始末記 :2018/05/27(日) 12:44:08 ID:7.L4Yce.O
では今週も投稿します

970 始末記 :2018/05/27(日) 12:44:39 ID:7.L4Yce.O
長崎県
平戸市田助港

轟音をあげながら海上自衛隊のミサイル艇『しらたか』が港内に侵入する。

「目標の貨物船を視認!!」

双眼鏡で確認する艇長の角田一尉は、ハーピーが溢れでてくる貨物船の甲板に積載されたコンテナや船内の扉から出てくるハーピーの姿を捉えていた。

「主砲はコンテナを狙え。
SSMは燃料タンクをだ。
この近距離で外したならおお恥だぞ。」

命令通りに主砲が旋回し、発砲を開始する。
まだ、船内には無数のハーピーが残っていると思われ、その発生源だけでも叩こうという作戦だ。

「SSM発射、準備完了!!」
「一番、二番、撃て!!」

発射された2発の90式艦対艦誘導弾が貨物船の横っ腹に命中する。
すでに『しらたか』の主砲の連射を浴びて、甲板を炎上させていた貨物船は内部からの爆発により三つに割れて沈み始めた。
廃棄直前に見える貨物船にはひとたまりもなかっただろう。
まだ卵だったり、生まれたてで飛ぶのもおぼつかない幼体。
幼体に餌を持ってきていた成体が炎と海水に飲み込まれて息絶えていく。
任務を終えた『しらたか』だが、港の各所を飛ぶ回るハーピーに備え付けの12.7mm単装機銃M2 2基が火を吹いた。

「露払いは済んだと後続船団に連絡!!」



防衛フェリー『かもづる』が、海自のミサイル艇『おおたか』に先導されて、田助港に入港してくる。
どの船舶も『歌』対策にスピーカーから大音量で、景気のよい音楽を流しながらの入港である。
ハーピー達がそれらの艦艇に殺到するが、船内各所から89式小銃を発砲する佐世保基地特別警備隊の隊員に打ち払われる。
『かもづる』の両脇には巡視船『あまみ』、『ちくご』が固め、多銃身機銃を唸らせている。
田助港の桟橋に停船した『かもづる』の船体右舷のサイドランプが展開し、特別警備隊の隊員が小銃を構えながら飛び出していく。
隊員達を目敏く見つけたハーピー達は彼等に襲いかかるが、互いの死角をカバーしあった特別警備隊隊員達に返り討ちにあう。
彼等が目指すのは港からも見える小さな建物。
この漁港で唯一のハーピー達が群がる郵便局だ。
ハーピー達を追い散らし、先頭切って突入した田口一等陸曹が見たのは警察官の制服を着た無惨な遺体であった。
最後まで抵抗したであろう手には警棒が握りしめられたままだった。
鉤爪で切り裂かれ、貪り食われたのが伺い知れる。
他にも数人の局員や老人や女性の遺体が発見された。
殉職した佐藤巡査部長に手を合わせていた田口一曹は、微かな物音や声がしたのを聞き逃さなかった。
郵便局のロッカーや金庫に押し込められていた子供達だ。

「生存者発見!!」

遺体に毛布を被せ、子供達には見せないように外に連れ出していく。

「お爺ちゃんは?
お巡りさんもいないよ・・・」

子供達の疑問を田口一曹は答えることが出来ない。
急かしながら『かもづる』から降ろされた73式中型トラックに乗せていく。
同時にすれ違っていく、73式中型トラックと軽装甲機動車、高機動車が一両ずつ、郵便局から一キロほど離れた小学校に向かう。
小学校には田助町の住民が避難しており、佐藤巡査部長の所属していた駐在所の警官達が自警団と総出で防衛に徹している。
特別警備隊一個小隊もいれば簡単に蹴散らせるはずだ。
郵便局を制圧した第1小隊は、そのまま港周辺で逃げ遅れた住民の救助やハーピーの掃討を命じられた。
その3分後には銃声が聞こえ始め、十分後には散発的にしか聞こえなくなった。

「第二小隊が小学校の救援に成功したそうだが・・・
駐在所の警官達は小学校の正門でバリケードを張って、玉砕したそうだ。
民間人に死者はいない。」

同僚の隊員から聞いた報告に田口一曹は、舌打ちを禁じ得なかった。
民間人は防火扉や頑丈な体育館の用具室等の内部に立て籠って難を逃れたらしかった。


平戸市
国道153号
供養川防衛線

一方、一時は田助町近郊まで進出した平戸警察署の警官隊は、防衛線を供養川バス停まで下げざるを得なかった。
パトカーによる大音量のサイレン音と惜しみ無くバラ蒔かれた銃弾により、殉職者こそいないが負傷者を多数出していた。

971 名無し三等陸士@F世界 :2018/05/27(日) 12:48:36 ID:7.L4Yce.O
戦えない負傷者はパトカーの後部座席に放り込まれ、後退しながら残った銃弾を叩き込んでいく。
銃弾は少なく、前進することは出来ない。
しかし、警官達の士気は高い。
すでに無線機から田助港に自衛隊が上陸したことは伝わっている。
ここを凌げば攻勢に出れる。
パトカーの周辺では警棒や警戒杖による白兵戦に押し込まれている。
急降下するハーピーに、平戸では盛んな心形刀流の使い手で、剣道4段の生活安全課の警部が横合いから警棒で殴り付ける。
また、別の年配で身体が軽い総務課の警部補が鉤爪に肩を掴まれる。
防刃チョッキにより、鉤爪が肉体に刺さることは避けられた。
しかし、ハーピーは警部補をそのまま空中に連れ去ろうした。
パトカーの屋根からジャンプした防犯課の若い巡査がハーピーに飛び掛かり、諸ともに地面に落ちていく。
負傷者をパトカーに放り込んだ少年課の巡査部長は、低空飛行で突入してきたハーピーをパトカーの後部座席のドアパンチで弾き飛ばした後に、弾の切れた散弾銃で殴り付ける。
負傷して地面に倒れていた交通課の巡査長が助走を付けて飛び立とうとするハーピーの足に手錠を掛けて、転ばして柔道の寝技を掛けていく。
署員達の奮戦ぶりに、指揮を執っていた副署長は頭が下がる思いだった。
副署長も折れた警戒杖を捨てて、警棒に持ち変える。
しかし、空中から様子を伺っていたハーピー達が突然の銃声と共に次々と地面に落ちていった。

「援軍だ!!」

副署長は声を張り上げるが、サイレンの音で署員達には聞こえない。
それでもみるみる減っていくハーピーの様子に歓喜の声を張り上げている。
海上自衛隊佐世保基地特別警備隊第3小隊は、ハーピーを蹴散らしながら警官隊の救助を始めた。

「衛生班をまわしてくれ、負傷者多数!!」




佐世保基地特別警備隊の司令部小隊は、田助港に停泊していた防衛フェリー『かもづる』内部に置かれていた。

「不謹慎な話ですが、ハーピー達が人間に狙いを定めていたおかげで、森の中に隠れたり、その上空を迂回する行動を余り取っていません。
おかげで集中的に掃討が可能となりました。」
「それ公の場では言うなよ?
民間人にも死者が出てるんだから。」

佐世保基地特別警備隊隊長の金杉三佐は部下の発言嗜めながら机の上の地図に目を通す。

「第二小隊は小学校を拠点に大久保町北部の掃討にあたれ。
第3小隊は供養川防衛線を中心に大久保町南部が担当だ。
第4小隊は平戸港に向かわせろ。」

避難民は『かもづる』に運ばれてくる。
負傷者も多く、特別警備隊の衛生科の隊員だけでは足りない。
市内の医療関係者の安全を確保しつつ、動員する必要があった。

「長崎県警からです。
警備艇『ゆみはり』、『はやて』、『むらさめ』の三隻が県警SATを乗せて、間もなく平戸大橋を通過すると・・・」

こちらと足並みを揃えて欲しかったが貴重な戦力には違いない。
海保の巡視船にはハゲ島等の近隣の島の探索にあたってもらっている。

「平戸大橋も交戦中だったな。
そちらを任せよう。」



平戸大橋防衛線

平戸大橋は同市の中心市街地がある平戸島と九州本土を繋ぐ全長 665mの橋である。
この大橋には避難民が放置した車両が大量に駐車されており、援軍に駆けつけた江迎警察署の警官隊の行く手を阻んでいた。
そして、逃げる避難民を追ってハーピーが飛来してくる。

「構え・・・、撃て!!」

放置された車両を盾に、警官達は一斉に拳銃と散弾銃を発砲する。。
弾倉が空になるまで撃つが、数匹のハーピーが落すのみだ。
空を飛ぶ敵に拳銃では効果が薄い。
なお数十匹のハーピーが、橋の上空と下から襲い掛かってくる。
橋の下部からの敵には対処が難しい。
しかし、佐世保から派遣された県警警備艇3隻が平戸大橋の下を通過する。
警備艇に分乗した県警SATが、橋の下を通過しながら一斉に小銃による射撃を敢行する。
県警SATは分隊規模の10人しかいないが、正確な射撃で半数以上のハーピーが海に落ちていく。
たまらず橋の上に逃げて姿を見せたハーピーは江迎署の警官隊の銃弾の餌食になる。

「このまま平戸港に向かう!!」
県警SAT隊長宮迫警部の指示に、『ゆみはり』艇長が聞き返す。

「大橋の化け物はいいのか?」
「後続の機動隊や陸自の部隊も直に来るから問題はない。」

宮迫警部は平戸港の陥落は心配してはいなかった。
平戸港の南部を占める岩の上町は、平戸警察署、平戸海上保安署、平戸消防署、平戸市役所という平戸市の主要機関が置かれている。
それぞれの署は散発的なハーピーの攻撃なら十分に対処出来る。
岩の上町の住民はそれらの署の南に位置する平戸城に避難している。
港の北側にはすでに自衛隊が戦闘を開始している。

972 始末記 :2018/05/27(日) 12:54:05 ID:7.L4Yce.O
港湾内では、海保の巡視船『かいどう』や平戸警察署の警備艇『ひらど』が睨みを効かせている。
平戸港の南側はちょっとした要塞の体をしていた。
平戸城の避難民を先に保護すべく、港湾入り口にある平戸図書館近郊の岸壁から県警SATが上陸した。
警備艇はそのまま平戸港の警備艇と合流するべく岸壁を離れていく。
県警SATは目に付くハーピーを銃撃し、図書館の裏側にある平戸城が鎮座する亀岡山を駆け上がる。
そこで宮迫警部は驚きのものを目にする。
鎧甲冑を着た30人ほどの男達が刀や槍を持って、ハーピーと戦っているのだ。

「お、兵隊さん・・・、いやお巡りさんか?
やっと来たか!!」

男達の大半は老人であった。

「その格好はどうしたんです?」
「平戸くんち祭りの武者行列のメンバー、平戸藩武将隊だよ。
武器は城内の展示品だが、街を守る為だ。
御先祖様達も誇りに思ってくれるさ。」

頼もしい話だと、宮迫警部は呆れてしまう。
平戸くんち祭りは、平戸城下の秋祭りである。
武者行列もあって、市民が甲冑を来てパレードに参加する。
半分は張りぼてだが、無いよりはマシと持ち出して戦いに参加していた。

「半分は本物なのか?」

銃声まで轟いている。
はじめは地元警察の銃や猟友会の猟銃の類いかと思ったが、よく見てみると火縄銃だった。
城内に展示してあった火縄銃を、使用可能にしてあるのだ。
城壁の鉄砲狭間から本当に発砲している光景は苦笑を禁じ得ない。
勿論、銃規制緩和で使用可能になった銃で法律には違反していない。
城下の高校からも有志の学生が弓矢や木刀を持ち込んで応戦している。
モンスターや海賊がいる世界では、武道系の部活が実戦を意識した傾向に全国的になりつつある。
また、彼等の中には大陸で冒険者に憧れ、夢見ている者も少数ながらいて嬉々として参戦していた。

「やりすぎだろう
いつの時代だよ、まったく・・・」
「地域によっては、大筒まで再現したところもあるそうですよ。」
「マジか?
・・・我々が来た意味無くなりそうだから早く参戦しよう。」

宮迫警部は市民の自警ぶりにドン引きしながらも県警SATを率いて、平戸城に群がるハーピーの駆除に加わった。
すでに掃討は時間の問題だった。


北サハリン船籍貨物船『ナジェージダ・アリルーエワ』

福岡、佐賀、長崎3県で起きた騒動はラジオで逐一、状況が報道されていた。
ナルコフ船長はこのまま日本の領海に留まるのは危険と判断し、船を外洋に向けて航行させていた。
死者は高麗で12名、日本で28名と発表された。
負傷者は両国で3800名を越える。
大半が自衛官や警官というから大変な戦果と言えた。

「まあ、今回は上手くいった方かな?」

今回は実験的な意味が強く、モンスターを使ったテロでは効果的だった。
モンスターを輸送するには、ホワイト中佐による時間凍結の魔法が必要なのは難点だ。
合流した帝国軍残党にも魔術の使い手はいるが、ホワイト中佐の魔法は大陸の魔術とは系統が違うらしい。
ホワイト中佐一人に支えられる現体制は不安定だった。
ナルコフや残党軍の指揮官達はどこかで、落とし所を望んでいるが、ホワイト中佐は違う。
どこかでホワイト中佐を切る必要はあると思うが、ロシアマフィアの幹部だったナルコフも地球側同盟国並びに都市に帰属を望めば投獄は免れない身だ。

「まあ、もう少し付き合ってはやるがな。」

感慨に耽っていると、レーダーにこの船を追跡してくる艦影が映し出されとの報告に眉を潜める。

追跡艦はこちらに停船せよと、無線で警告を送ってきている。

高麗国のフリゲート『大邱』であった。
『大邱』、転移前の巨済の大宇 造船所で起工されていた艦だ。
高麗国独立まで建造が凍結され、最近までは西方大陸派遣艦隊で活躍していた。
しかし、百済サミット並びに高麗・北サハリン襲撃事件を期に、高麗国防衛の穴埋めとして呼び戻されたばかりだった。
速度で老朽貨物船の『ナジェージダ・アリルーエワ』が振り切ることは無理だった。

「『海洋結界』はすでに抜けている。
13番コンテナを海中に投下しろ。」

コンテナは国際規格の三倍の大きさだ。
いざという時の切り札はまだ残してある。

「しっかし、あんなものどっから拾って来たんだ?」



フリゲート『大邱』

『大邱』のブリッジでは緊急接近する物体に、Mk 45 5インチ砲で狙いを付けるべく待ち受けていた。

「敵は海中か?」

艦長は近くまで来ている筈なのに姿を見せない敵に苛立ちを見せている。
小型の水中生物の相手はやりずらい。
その生物に至近距離まで接近され艦の真下を通過された。
水柱が艦の後方に立つと共に後部の飛行甲板に『ソレ』が降り立った。
臨検の乗員が小銃を構えて、『それ』に狙いを定めるが、あまりの悪臭に嘔吐する者が続出した。
全長9メートル程の個体は一見小型の竜に見えた。

973 名無し三等陸士@F世界 :2018/05/27(日) 12:57:20 ID:7.L4Yce.O
しかし、その肉体は明らかに腐食していた。



田助港

炎上する貨物船の鎮火をすべく、巡視船からの放水が始まっていた。
すでに市内のハーピーは駆逐し、港に到着した消防車も消火に参加している。
貨物船は巨大な船倉に幾つかのコンテナが積載されていたらしく、そこにハーピーや卵が積載されていたと、推定されていた。
だが同時にコンテナでは無く、船倉に直接眠らされていたモノが目を覚ました。
脆くなった甲板をぶち破り、頭部を外に覗かせたそれは、巡視船の姿を見た瞬間、咆哮を放った。
魔力の籠められた咆哮を聞いた人間達は、その場に立ち尽くして気の弱い者は意識を失っていく。

「防衛フェリー『かもづる』通信途絶!!」
「特別警備隊、第1から4小隊も連絡が取れません!!」
「ミサイル艇『しらたか』、『おおたか』、通信途絶!!」

混乱は自衛隊だけではない



平戸警察署

「現場に派遣した警官、誰も連絡が取れません!!」
「無線機、個人携帯、何でもいいから連絡を取ってみろ!!」

署に残った婦警達が、知ってる限りの現場に派遣された警官達の個人携帯に電話を掛けているが誰も出ない。

「署長、海保からも田助港の巡視船『ちくご』が連絡が取れないと。
ハゲ島を探索していた『あまみ』が向かってますが、こっちの警官も向かわせて欲しいと・・・」

それどころでは無いのだが、警察にはまだ手駒があった。

「県警SATと水上警備艇を田助港に向かわせろ。
それと江迎署の警官隊を平戸港まで移動する様に要請しろ。」

ようやく事態が終息したと終わったらまだ一波乱が起きそうな展開に、署長はうんざりとしていた。

「署長、大村の陸上自衛隊の第21普通科連隊。
県警機動隊が平戸大橋を通過しました。」

それだけでは無い。

「目達原の第3対戦車ヘリコプター隊が作戦行動を開始する為に、住民の避難活動を要請して来ました。」

避難活動はとっくに終わっている。
それよりも強力な火力を持った部隊が、続々と到着したことに署員達は色めき立つ。



現地ではかろうじて意識を失っていなかった警官や海上保安官、自衛官達が抵抗を続けていた。
貨物船から出てきたモンスターは、いつの間にか識者がアンデット・ドラゴンと命名されている。

「識者って誰だよ!!」
「知らん!!」

田口一曹は、遺体収容の為に『かもづる』船内の冷凍倉庫にいたのが幸いした。
竜の咆哮は届かず、冷凍倉庫で他の隊員や乗員が倒れていたのに気が付いた。
タラップから船外に出ると、外も同様な状況の様だった。
そして、貨物船の甲板には巨大なモンスターがいる。
桟橋に倒れている隊員達を保護しつつ、同様に無事だった隊員とモンスターに対して発砲する。
他にも無事だった自衛官、警官、海上保安官も港や船から銃火器を発砲してそれに続く。
アンデット・ドラゴンの名称は、ヘッドフォンをしていて無事だった報道関係者から聞いたものだった。
特別警備隊は船内の活動が本来の任務なので、重火器を装備してないのは痛かった。
幸いなことに、アンデット・ドラゴンは手近なハーピーの死体を食い漁っているので、歩みは遅く人間に被害はまだ無い。
肉体が腐っている為か、翼をはばかせて飛ぶことは出来ないようだ。

「ここを通すな!!」

田口一曹は銃を持った者達を桟橋に集めて、前進を阻止すべく攻撃する。
その中には89式小銃を拾ってきた平戸署の副署長も混じっている。
だが頑健な鱗は健在であり、銃弾では貫くことが出来ない。
絶望的な戦いだが彼らの耳にはヘリコプターのローター音が届くと希望が湧いてくる。
戦っている者達だけでは無く、竜の咆哮で恐慌に陥っている者達が再び銃を手に取り始めた。



8機のAH-1 コブラは田助港に向かい、識者に命名されたアンデット・ドラゴンを包囲するように飛行する。
桟橋では車両でバリケードを作り、銃器で抵抗が続けられている。

『騎兵隊の到着だ。
味方に当てるなよ?
全機、攻撃を開始せよ。』

M197旋回式3銃身20mm機関砲から合計6480発が撃ち込まれ、アンデット・ドラゴンは細切れになり、桟橋まで粉砕されていた。

「や、やり過ぎだ・・・」

機関砲による弾雨を背後に、港に走りながら退避していた田口一曹は叫びながらも事件が終わったことに安堵していた。

974 始末記 :2018/05/27(日) 12:58:06 ID:7.L4Yce.O
では終了

975 始末記 :2018/06/09(土) 23:57:23 ID:7.L4Yce.O
平戸市田助港

事態が解決した平戸では、援軍の到着した第21普通科連隊や県警機動隊の隊員達が街中で打ち捨てられたハーピーの死体の回収が行われていた。
同時にハーピーの歌やアンデット・ドラゴンの咆哮で、心身喪失した隊員や警官達の回収もだ。
唐津からの報告では、同様の状態に陥った者達が回復しているとの報告もあがっている。
平戸の回収者達も直に回復すると、安堵の空気が漂っていた。
佐世保特別警備隊の田口一曹は。戦い続けたこともあり、休憩を兼ねて桟橋を散策していた。
粉砕されたアンデット・ドラゴン周辺を見て違和感に気がついた。

「ハーピーが喰われてる?」

アンデット・ドラゴンとの戦いの最中にハーピーが食われているのは何度も目撃した。
落ち着いて思い出してみると、アンデット・ドラゴンは海上に漂うハーピーの死体も喰っていたのだ。
海上には『海洋結界』が存在したはずだ。
海上に墜落したハーピーは、『海洋結界』に触れて狂死している。
その死体が喰われているのだ。

「アンデットだからか?
いや、実験は行われたからそんな筈はないはずだ。」

アンデットに『海洋結界』が効果があることを横須賀の研究所が行い、実証された筈だ。
食い散らされたハーピーの数は無数に打ち捨てられている。

「『海洋結界』が効かないモンスターがいる?」

自らが辿り着いた答えに戦慄し、上官の元に具申すべく駆け出していった。




翌日の東京市ヶ谷
防衛省

「最終的な自衛官の殉職者は13名。
警察官、海上保安庁も23名の殉職者を出してしまいました。
また、民間人の死者も28名。
負傷者は官民合わせて五千人を越えます。」

統合司令の哀川陸将が、乃村利正防衛大臣に報告する。
会議室には防衛省、自衛隊、警察、海上保安庁幹部が集まっていた。

「『歌』や『咆哮』で意識を失っていた者達の容態は?」
「一晩寝たら概ね回復の傾向にあります。
最も王国や子爵の話によると、この世界の人間なら30分もあれば回復するものだとか。
やはり我々はこの世界の人間より魔力に対する耐性は無いようです。」

その反面で、民間人の中でもこの世界に来てから生まれた子供達には影響は少なかったことが実証された。

「ハーピー達は『海洋結界』に守られる我が国の海からは餌が調達出来ないことから、避難の完了した地域に展開した警官や自衛官が狙われました。
武器を持った者に優先的に襲いかかったおかげで、被害は最小限に済んだと言えるでしょう。」

哀川陸将軍の言葉に警察幹部が反発を覚える。

「最小限ですと?
うちは平戸署が死傷者多数で、機能停止。
海保も巡視船2隻が港の突っ込んで中破だぞ。
あの帝国との戦争以来最大の被害なんだ。
だいたい自衛隊は高麗にハーピーを討伐に向かったんじゃなかったのか!!
なぜ、日本に奴等が飛来する羽目になったんだ!!
そして、あの貨物船はいったいなんだったんだ!!」

確かにハーピーやアンデット・ドラゴンを積載した貨物船には謎が多かった。
その点に関しては海保の幹部が立ち上がる。

「あの貨物船は海保並びに全国の港湾局に日本に立ちよった記録がありませんでした。
つまり、転移当時日本領海或いは近海の公海を航行中に転移に巻き込まれた1隻と考えられます。」

転移当時、日本政府は日本近海を飛行、或いは航行していた船舶に国籍問わずにあらゆる通信体で、日本に留まるように呼び掛けた。
自衛隊や海保も総動員でエスコートに参加していたので、覚えている者も多い。
このエスコート任務には在日米軍も加わっている。
しかし、人工衛星が全て失われ、通信や捜索可能な範囲に大きく制限が掛かってしまった。
また、異世界転移を戯れ言と日本政府の警告を無視した船舶も多かった。
脛に傷を持つ船などは、むしろ速度を上げて逃げ去っていった。

「そうした船の1隻か・・・
なるほど、『長征7号』の例もある。
我々が把握している以上に多いんだろな、そういった行方不明船は。」

乃村大臣の言葉に海保と警察の両幹部が席に座る。

「貨物船の詳細については、各捜査機関に任せるとしてだ。
最後に出てきたアンデット・ドラゴン、あれはまずい。
ハーピーもだが、船舶にモンスターを積載して日本や大陸領土に突入させてくるテロは絶対に防がないといけない。
それとな、気になる報告だが、こいつは海上に墜ちたハーピーの死骸を食ってたそうだ。」

会議室の面々は驚愕の声をあげる。

「今、子爵殿と王国大使館で検証してもらっているが、どうやら竜種には『海洋結界』が効果が薄いという結果が出そうだ。」
「そんな・・・、だから隅田川に水竜の群れが侵入出来たのか・・・」

警視庁が総力を結集して退治した『隅田川水竜襲撃事件』を思いだし、警察幹部は冷や汗を垂らす。

「『海洋結界』は年々、範囲が狭まっている。

976 始末記 :2018/06/10(日) 00:00:09 ID:7.L4Yce.O
いずれその効果が消滅することを前提に我々は防衛体制を整えなければならない。
今回の責任問題を我々に追及してくる声もあるが、我々の予算要求に尽く抵抗してくる財務省に今回の件を被ってもらう。
関係各機関はその方向で情報統制を進めてくれ。」

与党右派と野党日本国民戦線の主張通りに軍備増強の口実になるだろう。
会議の結論を述べて、解散となった。
それぞれの担当者には被災地域に対する支援や地元組織の再建など、仕事が山積みなのだ。
大臣秘書の白戸昭美が執務室で資料を渡してきた。
白戸は既に乃村の次男と入籍を済ませているが、夫婦別姓で名字は変えていない。

「高麗側の被害です。
民間人の死者48名、国防警備隊の殉職者19名。
御自慢の新鋭フリゲート『大邱』が中破してドック入りしました。
不審船の『大邱』にも小型のアンデットドラゴンが襲いかかったようです。
どうにか始末出来たようですが、甚大な損害が出ていたそうです。」

冗談抜きで帝国との戦争以来の損害だった。
実際のところ、日本本国ではともかく、高麗国の鳥島諸島において、ハーピーの駆除作戦はいまだに続いている。
幾つかの無人島に巣を作られた形跡があり、住みつかれたようだ。
ハーピーが空を飛んで、無人島から無人島にと、逃げ回っているので、人員の足りない国防警備隊だけでは手に負えないのだ。

「こちらに来るほど数が増えなければいい。
連中にも少しは苦労してもらおう。」
「海棲亜人による襲撃事件も加えると、ろくな目にあってないから少し可哀想な気がしますが・・・」

息子の嫁の言葉に話題を変えることにした。

「府中の子爵様の報告も来てるな。
あのアンデット・ドラゴンの作成には、人間の魂千体以上必要だそうだ。。
いったいどんな奴の仕業だろうな。」
「会議の場では、誰もテロリストの正体に付いて口に出しませんでしたね。」

テロ集団が従来の帝国残党軍と違い、高い技術力を有していることから、地球人の集まりであることは明白だ。
その事の公表は地球系同盟国並びに独立都市の足並みを乱す可能性がある。
薄々は誰もが勘づいており、はみだし者達の行き着く先となっている。

「今はまだ泳がす。
連中も地盤固めの為に王国と度々衝突してるようだからな。
王国を消耗させ、手に負えなくなった時に、一気呵成に叩き潰す。
精々我々にとっての良い当て馬になってくれることを望むよ。」

国民を満足に食べさせられない日本は、その敵意を向けれる外敵を欲している。
西方大陸で活躍する派遣隊が活躍するニュースだけでは足りないのだ。

「それは亡国への道かも知れませんよ?」

白戸の言葉に乃村は肩を竦める。

「ああ、だから我々も第二の日本を造るまでの時間を稼ぐ必要があるのだ。」



大陸西部
ブライバッハ子爵領

現ホラティウス侯爵に成り済ました元アメリカ空軍チャールズ・L ・ホワイト中佐は、解放軍兵士たちともに、ホラティウス侯爵領から幾つもの領地を経由して、ブライバッハ子爵領の海に面した崖道を歩いていた。
ブライバッハ子爵は、帝国残党軍を支援する門閥貴族の一人で、有るものを何年も王国や日本から隠していた。

「この地域は十数年も立入禁止にしている。
領民でもほとんど知られていない。」

案内を自らがするブライバッハ子爵にホワイト元中佐は、興味深く尋ねる。
偽装された崖にある洞窟に入るのだから、警戒も怠っていない。

「乗員が何百人もいた筈だが?」
「500人ほどいたかな?
大多数は歓迎の宴で毒殺したよ。
立て籠った連中も人質をとって、投降したところで始末した。
その後に日本との戦争が始まったので隠蔽して沈黙を守っていたが、帝国が滅んだ以上、あれはとんだ不良物件だ。
持ち去ってくれると助かる。」

やがて、広い空間に入る。

977 始末記 :2018/06/10(日) 00:01:27 ID:7.L4Yce.O
そこに仮設された桟橋に係留された大型の『艦』をみて、ホワイト中佐は感嘆の声をあげる。

「素晴らしい。
まさかこれほどのモノとは・・・」

ミストラル級強襲揚陸艦『ディズミュド』。
乗員を失ったその艦は静かにその艦体に錆を浮かせて、停泊していた。
乗員の手配、長年放置されていたことからの整備など、数々の問題が浮き上がっているが、ホワイト中佐の中では崩壊する地球系の都市が脳裏を占めていた。

978 始末記 :2018/06/10(日) 00:02:11 ID:7.L4Yce.O
では19話終了。
またいずれ

979 名無し三等陸士@F世界 :2018/07/09(月) 19:03:21 ID:dW/xOLCs0
日本(地球)諸国の一方的な蹂躙が観たいんであって異世界側とかは蹂躙され続けていて欲しい。ホワイト中佐とか魅了もないから正直さっさと死んで欲しい

980 名無し三等陸士@F世界 :2018/08/28(火) 22:48:07 ID:iwmT5/vY0
>>979
すいませんがあなたの想像に他の人を巻き込まないでください、迷惑です。
そういう話が読みたいなら自分で書いてくださいね、
全く金も払わないくせに文句だけはうるさいのがいるな。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板