したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

『男』製スタンド収録スレ

1 新手のスタンド使いかッ!? :2003/02/16(日) 22:41
主に『2ちゃん』で生まれた『男』製スタンドを収録するスレです。
原文をなるべく短くしてるため、わかりにくい部分は本スレ検索でお願いします。
なるべく『50音順』で行きますが、後から変わる場合はご了承ください。

328 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 00:44
『リヴァーエンド』

『終わったもの』を引き寄せる。
『機能的を停止した物体』や『死んだ生物』『存在価値を失った物体』などを、
磁極同士が引き合う様に、『スタンド』へと引き寄せる。
そして、『スタンド』に触れた瞬間、『終わったもの』は消滅する。
『引き寄せるパワー』は、自由に操作出来る。

 
『リヴァーエンド』  
パワー:C スピード:A 射程距離:A
持続力:B 精密動作性:C 成長性:D

329 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 00:47
『リヴァードッグス』

『河川に流れているもの』を、本体自身へと集める能力。
『群体型スタンド』で、射程距離は長い。
ただし、目の届く範囲でしか本体による操作は不可能。
遠距離では、『自動操縦』に切り替わる。
本体自身が河に近付くと、『リヴァードッグス』に『引き込まれる』。  

 
『リヴァードッグス』
パワー:C スピード:A 射程距離:A
持続力:A 精密動作性:C 成長性:B

330 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 00:50
『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』

『スタンド』は、『部屋』などをベースとする『実体化したスタンド』。
その内部では、あらゆる物体が『一つ』に限られる。
機能していようがいまいが、どんな物体でも『同種のものを他に存在させない』のが『能力』。
本体も、その対象の一つ。 存在の『優先順位』は『先に入った物体』にある。
すでに二つ以上の物体があれば、それらは全て『スタンド』の外へと『吹っ飛ぶ』。  
 

『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』
パワー:なし スピード:なし 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:なし 成長性:D

331 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 00:50
『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』

『スタンド』は、『部屋』などをベースとする『実体化したスタンド』。
その内部では、あらゆる物体が『一つ』に限られる。
機能していようがいまいが、どんな物体でも『同種のものを他に存在させない』のが『能力』。
本体も、その対象の一つ。 存在の『優先順位』は『先に入った物体』にある。
すでに二つ以上の物体があれば、それらは全て『スタンド』の外へと『吹っ飛ぶ』。  
 

『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』
パワー:なし スピード:なし 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:なし 成長性:D

332 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:06
『リヴィング・イン・ア・ボックス』

『ドールハウス』の様な『ミニチュアの建物』のスタンド。
本体以外にとっては、実際の『建物』と遜色無いものに感じる。
『実体化』しており、その中に入ったものは『建物』と同じサイズになる。
『建物』の中には、『人型』の『スタンド』を発現させる事が可能。
『電気』や『水』も供給されており、本体自身の侵入も可能。
構造は自由に設定する事が出来るが、発現中に構造を変える事はできない。

   
『リヴィング・イン・ア・ボックス』
パワー:B スピード:C 射程距離:建物の大きさ
持続力:A 精密動作性:A 成長性:C

333 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:06
『リスニング・プール』

両腕の細かい穴から集めた『音』を、パワーへと変換する『スタンド』。
集められる『音』は、『スタンド本体』から『半径3メートル』。
最低でも、本体自身が認識可能なレベルの『音』だけ。
『集音』によるパワーを溜める事は出来ないが、『音』を集め続ける限り、
それに比例してパワーも上昇し続ける。
このパワーは、触れた物体の全体を均等に伝わり、破壊する。

   
『リスニング・プール』
パワー:∞ スピード:B 射程距離:D
持続力:D 精密動作性:C 成長性:C

334 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:07
『リッチー・ブラックモア』

『遠隔自動操縦型スタンド』は、本体を中心とした『半径10メートル』内で、
本体が認識した『光る物体』を、自動的に攻撃する。 『攻撃方法』は、『衝撃』。
光が消えるまで物体には『衝撃』が加わり続け、それは物体を上へと押し上げる。
上へ押し上げるのも物体の光が消えるまで続く。
一度攻撃が始まってしまえば、『射程距離』は関係無くなる。
 
 
『リッチー・ブラックモア』  
パワー:B スピード:A 射程距離:なし
持続力:なし 精密動作性:B 成長性:D

335 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:07
『リップスライド』

触れた物体に『口』を生み出すのが、『スタンド』の『能力』。
『口』の生み出された物体は、『会話』や『食事』が可能となる。
『食事』によって『口』から摂取した『エネルギー』は、『電気』や『熱』などの
物体が必要とする『エネルギー』へと変換される。
ただし、許容量を越えた『過食』は、物体の機能に支障を与える。
複数の物体や生物に、『口』を生み出す事は出来ない。

   
『リップスライド』
パワー:D スピード:C 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:D 成長性:C

336 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:07
『リトル・グリーン・バッグ』

『ハンドバック大』の『実体化した鞄』で、『遠隔自動操縦型』のスタンド。
この『鞄』の中には、『スタンド』の『菌』が常に充満している。
開けた者は、この『菌』に感染するという仕組みだな・・・・・・・・・・・。
『鞄』から一定距離を離れれば、『菌』は死滅する。
ただし、一度感染すれば、距離に関わらず『菌』は体内に残り続ける。
感染者は、自動的且つ無意識に、表皮から『汁』を出す。
無味無臭の透明な『汁』で、触れた生物を急激に『腐敗』させる効果を持つ。
同じ感染者に対しては、全く無害。
『能力』を解除するか『鞄』を破壊しない限り、『菌』は持続する。

   
『リトル・グリーン・バッグ』  
パワー:E スピード:なし 射程距離:なし
持続力:A 精密動作性:E 成長性:なし

337 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:07
『リトル・クローザー』 

『2対』の『スタンド』。 各々が腰に『リール』を持っており、そこから『ワイヤー』の
様なものを出す。 『ワイヤー』は、ピンと張る事で接触した物体を『硬度』に
関わらず切断可能。 例外として、『リトルクローザー』のみ『ワイヤー』に触れても
切断されない。 張る事が出来るのは、『リトルクローザー』のみ。
 
 
『リトル・クローザー』 
パワー:E スピード:B 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:B 成長性:C

338 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:08
『リフレクター』

本体自身とは、全く逆の『能力』や『スペック』を備えた『人格』を作り出すスタンド。
作り出した『人格』を本来の『人格』と入れ替える事も可能で、入れ替わった
本来の『人格』は、『スタンド』によって保持される。
『スタンド』を操作するのは、常に『本来の人格』。
『スタンド』を経由して、作り出した『人格』を操作する事も出来る。
ただし、長時間『人格』を入れ替える事は、その『人格』に余計な知恵を付ける。
一度に作り出せる『人格』は、常に1つ。  

 
『リフレクター』  
パワー:D スピード:D 射程距離:E
持続力:なし 精密動作性:なし 成長性:E

339 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:08
『リボルバー』

本体の触れた物体に、『6連発式リボルバー』の『弾倉』を作り出す。
作り出した『弾倉』には、その大きさに見合った物体を詰める事が可能。
『44口径』という大きさ見合った物体であれば、何でも詰め込める。
詰め込んだ物体は、『弾丸』の様に発射が可能。 装填可能数は最大『6つ』
『6つ』の物体を発射した時点で、『弾倉』は消滅する。
同じ個所に物体を装填する事や、一度に複数の『弾倉』を作り出す事は不可能。

 
『リボルバー』
パワー:B スピード:C 射程距離:C
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

340 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:08
『レイナード・スキナード』

スタンドが身体中から放出している『霧』は、常に放出され続ける。
『霧』は、液体に触れる事で一度溶け、その液体と同質の『蒸気』を発生させる。
この『蒸気』は、大気に触れると数秒で完全に消え去ってしまう。
ただし、液体が存在する限り『蒸気』が止まる事は無い。

 
『レイナード・スキナード』  
パワー:A スピード:B 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:D 成長性:D

341 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:08
『レコナード』

『風速1メートル/秒』以下の環境に置かれた時点から、取り憑いた人間を自動的に
攻撃するのが『遠隔自動操縦型』スタンド。
その攻撃方法は、『スタンド』が吹き出す『霧』にある。
空気と共に摂取された『霧』は、血管に入り込み『血液凝固』を促す。
『霧』自体を操作する事は不可能で、その動きは『風向き』などによって左右される。
『スタンド』自体も、風に乗せる事で取り憑く対象への到達が可能となっている。
ただし『風力』は強過ぎると『スタンド』自体が崩壊する事になり、弱過ぎれば対象には到達出来ない。
『霧』に対しても、同じ事が言える。 取り憑く事が出来るのは、常に『一人』。

   
『レコナード』  
パワー:E スピード:D 射程距離:B
持続力:A 精密動作性:D 成長性:D

342 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:09
『レターメン』

人間の『思考』を、その対象が触れた物体に『文字』として焼き付ける。
ただし、『文字』も『スタンド』である為、『スタンド使い』にしか見えない。
これらの『文字』は、時間の経過と共に薄れ、消えて行く。
『スタンド』に触れた人間だけが、『能力』の対象となる。

   
『レターメン』  
パワー:E スピード:C 射程距離:D
持続力:B 精密動作性:C 成長性:E

343 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:09
『レッド・ヘヴン』

物体に積み重ねられた『時間』を解き放ち、本来の『時間』の
密度を増加させる『スタンド』。
密度の高い『時間』の中では、あるゆる事象の経過が『遅れる』。
『時間』の流れと共に消える事象は、その『消えて行く時間』自体が遅れる。
『時間』を解き放たれた物体は、積み重ねた『トランプタワー』が崩れる様に
崩壊する。ただし、生物の『時間』を解き放つ事は出来ない。
『能力』は、『射程距離』のあらゆる物体を巻き込む。  

 
『レッド・ヘヴン』  
パワー:A スピード:A 射程距離:B
持続力:B 精密動作性:C 成長性:B

344 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:12
『レディオ・ヘッド』

『思考』を操作出来るスタンド。
対象の『思考』を『受信』したり、逆に他の人物へと『送信』したりできる。
『思考』は、考えている事だけが伝わる訳ではなく、その『感情』なども同時に伝わる。
他人の『思考』を『受信』している間、周りの状況を把握することはできなくなる。


『レディオ・ヘッド』
パワー:C スピード:C 射程距離:A
持続力:C 精密動作性:B 成長性:D

345 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:13
『レディスミス・ブラック・マンバーゾ』

スタンドの殴ったものには、『スタンド被膜』のようなものが『コーティング』される。
『コーティング』された物質は、外部からのあらゆる影響を受けない。
この『スタンド被膜』は、解除しない限り『絶対に』破れない。


『レディスミス・ブラック・マンバーゾ』
パワー:B スピード:A 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

346 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:16
『レモンヘッズ』

『群体型スタンド』。 それぞれに対して、『エネルギー』の『入出力』が可能。
『入力』した『エネルギー』を任意の一体から『出力』させることができる。
『エネルギー』は、『出力』される際に『破壊のエネルギー』へと変換される。
一体が『入力』出来る『エネルギー』の限界は、『TNT火薬』に換算して『10キログラム』まで。
『入力』した『エネルギー』は、数十秒程度であれば留める事が出来る。
ただし、『出力』する事が出来る『スタンド』は、常に一体のみ。
限界を超えた『エネルギー』を『入力』した『スタンド』は、破壊される。
又、複数の『エネルギー』の『入出力』を、同時に行う事は出来ない。
『出力』時に変換される『破壊のエネルギー』は、『10メートル』程度にまで
放出が可能な光線状の『エネルギー』で、その操作は不可能。

   
『レモンヘッズ』  
パワー:E スピード:C 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:A 成長性:C

347 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:16
『ローディング・ゾーン』

本体自身の『状態』を変化させるスタンド。
『年齢』や『体格』『体質』などを過去に経験した段階まで変化させれる。
ただし、本質的に変化する訳ではなく、本体以外の存在がそう感じるだけである。
スタンドの能力を見破る事は、不可能。
 

『ローディング・ゾーン』  
パワー:なし スピード:C 射程距離:本体のみ
持続力:なし 精密動作性:A 成長性:B

348 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:16
『ロクセット』

スタンドの破壊した物体は、『二度と』元に戻らない。
どんな小さな『傷』を付けられたとしても、それは『二度と』治らない。
『彫刻』などの『物』であっても、『永久に』『修復不可能』となる。


『ロクセット』
パワー:A スピード:A 射程距離:D
持続力:E 精密動作性:D 成長性:C

349 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:17
『ロジック・システム』

スタンドは、対象の『人生を綴った本』を作り出す。
自分の『本』を読み終えた者は、『死ぬ』。
『本』を読む事が出来るのは対象となった者だけで、本体の『本』は作れない。

 
『ロジック・システム』
パワー:なし スピード:なし 射程距離:なし
持続力:なし 精密動作性:なし 成長性:なし

350 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:19
『ロストホライゾン』

スタンドの触れた場所に『回転扉』を作り出す能力。
扉の向こうは、水中の様に呼吸の出来ない世界になっており、他の生物もいない。
その中を移動した場合、現実の世界でも同じ様に移動する。
扉に入る事が出来るのは、本体のみ。
『扉の中の世界』では、『現実の世界』で動いたものを『空気の震動』という形で見る
ことができる。また、短時間に出入りを繰り返すと体力を消耗する。
 

『ロストホライゾン』
パワー:B スピード:A 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:D 成長性:B

351 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:20
『ロックヘッド』

スタンドの右手首からは、ボウガンの様に、最大で長さ2メートルの『杭』を発射出来る。
『杭』の硬度は、本体との距離に比例して低下する。
『杭』は、何本でも発射する事が可能。
ただし、『杭』を発射する度にスタンドのパワーも低下して行く。
 
 
『ロックヘッド』  
パワー:B スピード:B 射程距離:C
持続力:C 精密動作性:B 成長性:B

352 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:20
『ロブ・ゾンビ』

『絶対に破壊されない遠隔自動操縦型スタンド』。
『標的が本体の存在を認識している』ことを条件に、本体が定めた標的を追尾する。
ロブ・ゾンビに遭遇することは『死』を意味する。
ただし、スタンドは太陽が昇っている時間だけしか活動出来ず
本体の情報と追跡劇の一部始終は、メディアを通じて、常に標的へ伝えられる。
この情報は、標的だけにしか体感出来ないが、情報は曖昧である。
 
 
『ロブ・ゾンビ』  
パワー:C スピード:C 射程距離:なし
持続力:なし 精密動作性:C 成長性:C

353 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:23
『ワード・オブ・チェイン』

スタンドの書き記した『文章』を読んだ人間は、その内容に従った『死』を迎える。
『どこで』『どの様に』 『死』についての内容は、この二点に限られる。
書き記す『文字』は、読む人間の『精神』に直接刻み込まれる『スタンド文字』。
ただし、本体が読んだとしても『能力』の対象にはならない。
『文章』の内容と同じ状況下に陥る事があれば『死』の確率が高まる。

 
『ワード・オブ・チェイン』
パワー:D スピード:D 射程距離:D
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C

354 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:25
『ワード・レイズ』

本体を中心とした『半径2メートル』に存在する物体が、何らかの干渉を受ける事で発現する。
反応出来る干渉は、本体自身が『認識可能』なものに限られる。
そして、干渉に反応した『ワード・レイズ』は、その要因に対して攻撃を開始する。
『遠隔自動操縦』のため、要因が消えるまで追跡と攻撃を続ける。
『スタンド』を解除するか、本体が『死亡』しない限り、それは続く。
ただし、本体自身に対する干渉に『ワード・レイズ』は発現しない。

   
『ワード・レイズ』  
パワー:C スピード:C 射程距離:なし
持続力:なし 精密動作性:B 成長性:C

355 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:27
『ワイザー・リーパー』

本体自身の体内に『物体を潜ませる』ことができるスタンド。
『潜ませた』物体は、『ワイザー・リーパー』によって自在に取り出す事が可能。
物体を『潜ませる』のは、『肉体の隙間』である必要がある。
物体の大きさに関しては、君の『スタンド』が動かせる範囲内に限られる。
動かすのは、体内に物体を『潜ませる』だけの『必要最低限』の動きでいい。
そして、『潜ませた』物体を取り出せるのは、それを入れたのと同じ箇所からだけ。
一箇所に複数の物体を『潜ませる』事も出来ない。
   

『ワイザー・リーパー』  
パワー:D スピード:C 射程距離:E
持続力:A 精密動作性:A 成長性:C

356 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:28
『ワン・ハート・ワルツ 』

この『スタンド』に殴られた物体は、あらゆる『現在以降の証明』が『残せなくなる』。
ただし、本体だけが対象の『軌跡』を『認識』し続けられる。
すでに『残されていたもの』は、『能力』の『対象外』。
本体自身を対象とすることも可能。


『ワン・ハート・ワルツ』
パワー:A スピード:B 射程距離:E
持続力:A 精密動作性:C 成長性:B

357 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:30
『ABC』

実体化した『椅子』のスタンド。 腰を掛けた人間は、『スタンド』を『失う』。
失った『スタンド』は、本体かスタンドを破壊すれば『取り戻せる』。
『三つの言葉』を『腰掛けたまま』言わせる事で、『能力』は『発現』する。
それは、『生命』『魂』『スタンド』の三つ。 『順序』は『関係無い』。


『ABC』
パワー:なし スピード:なし 射程距離:E
持続力:B 精密動作性:なし 成長性:B

358 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:31
『M2M』

運命という『機関』を『認識』する『能力』。
『営み』の『運命』は、『機関』の動きから『予測』が可能。
一つ一つの動きから『結果』を『予測』 できる。
『機関』への『干渉』は『不可能』。
『歯車一つ程度』の運命なら『スタンド』の体を
『ストッパー』代わりにでもすれば『数秒』は可能かもしれない。


『M2M』
パワー:E スピード:E 射程距離:E
持続力:∞ 精密動作性:E 成長性:E

359 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:33
『Sクラブ・セヴン』

会員制のクラブ。  会員は全員がスタンド。
『波長』の合ったスタンドを一時的に奪うことができる。
『Sクラブ』へ行く為に必要なものは、スタンドである実体化した『カード』。
『カード』を持っていれば、いつでも『Sクラブ』へと移動出来る。
クラブで過ごす時間は、何時間だろうと現実には『一瞬』でしかない。


『Sクラブ・セヴン』  
パワー:なし スピード:なし 射程距離:E
持続力:A 精密動作性:なし 成長性:なし

360 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:35
『SWEET STEW』(スウィート・シチュー)

生物に触れる事でその性質に応じた『シチュー』を作り出す。
スタンドは、作り出された『シチュー』の『味』が良いほど、その生物に対して
『優位』に立つ事が出来る。 『シチュー』を作り出された生物は、
あらゆる行動が『SWEET STEW』への『優位』へ繋がる。
『優位』に立っていられるのは、『シチュー』を口にしている間のみ。
『シチュー』は、 スタンドと同様に『射程距離』を離れる事は出来ない。


『SWEET STEW』  
パワー:B スピード:C 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:B 成長性:C

361 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:36
『U・S・A,ナイト・ストリームス』

スタンドの射程距離である、『半径1メートル』の空間に存在する全てを『支配する能力』。
その『指向性』や『法則性』に関わらず、全てが本体の意思に基づき展開する。
ただし、『支配空間』外部からの干渉を『支配する』事は出来ない。
又、『支配』による物質などの『本質的変化』は不可能。


『U・S・A,ナイト・ストリームス』
パワー:A スピード:A 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:C 成長性:A

362 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:46
以上『360体』の『能力値のわかっている』スタンドを『50音順』に収録しました。

>>35 に2種類のスタンド 、 >>330-331 の被り がありますが、相殺して『360体』とします。

尚、『入れ忘れた』スタンドは追って収録するつもりです。

363 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:47
『アイシクル・スティミュリ』
 
対象が他者と『視線』を交錯させた瞬間に発現する、『遠隔自動操縦型スタンド』。
『視線』は、『直接的』『間接的』な交錯に関わらない。
『像』自体の発現は、『視線』が交錯してからの『一瞬』。
複雑な動きは不可能で、発現する度にランダムで対象と同種の生物を攻撃する。
 

『アイシクル・スティミュリ』
パワー:A スピード:A 射程距離:なし
持続力:A 精密動作性:D 成長性:D

364 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:52
『アスファルト・プレイヤーズ』

両側に穴がある『筒』のスタンド。射程距離内であれば、『伸縮自在』。
この『穴』に触れたものは『もう片方の穴から出る』
大きさに関わらず、『穴』に触れた瞬間から『筒』を通って片側へと『一瞬』で抜ける。
認識すら無い『一瞬』なので、途中で『脱出』する事は出来ない。
ただし、何かが通っている時に『もう片方の穴』を塞ぐと
『スタンド』は破壊され、本体のダメージとなる。


『アスファルト・プレイヤーズ』
パワー:なし スピード:なし 射程距離:C
持続力:C  精密動作性:なし 成長性:C

365 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:52
『アブソリュート・ソリチュード』 (完全自立型)

完全に本体から独立している『実体化』した『スタンド』。
『手の平』で握った生物の『生命』を吸収して、成長を続ける。
又、『生命』を吸収しなければ自身を維持する事が出来ない。
本体であるの『死』とは関係無く、存在し続ける事が可能。


『アブソリュート・ソリチュード』 (完全自立型)
パワー:B スピード:B 射程距離:∞
持続力:∞ 精密動作性:C 成長性:A

366 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 20:58
『アンダーワールド』

ほんの『一瞬』だけ、全ての人間を『消し去る』。
能力の後に残るのは、『一人だけの世界』。
本体以外の何者も、この世界に『侵入』する事は出来ない。
『消え去った』人間達には、それすら『認識』する事は無い。


『アンダーワールド』
パワー:B スピード:B 射程距離:D
持続力:C 精密動作性:D 成長性:B

367 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 21:00
『ジャック』

本体が『死』に触れる事で発現する、『遠隔自動操縦型スタンド』。
『本体の死亡』を含め、本体が生物の『死に様』を認識した場合にのみ発現。
その『死』が、より苦痛に満ち悲惨なものであるほど『スタンドパワー』は増大する。
ただし、『死亡した生物』の『大きさ』や『知性』『死に様』によっては、発現すらしない。
発現した『スタンド』は、任意の対象が『死ぬまで』攻撃し続ける。
『スタンド像』は、『闇の中』でのみ発現・認識が可能。
『暗室』や『暗闇』を始め、『まぶた』を閉じる事でも発現する。
それ以外では発現すら不可能だが、その攻撃を防ぐ事も『スタンド』に触れる事も不可能。
『スタンド像』を認識出来るのは、対象のみ。
 
 
『ジャック』
パワー:A スピード:D 射程距離:C(発現後は、∞)
持続力:∞ 精密動作性:D 成長性:D

368 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 21:00
『バックチェリー』 

本体の『表皮』から発生する、『無色無味無臭』の『液状スタンド』。
その状態に関わらず、『表皮』に発現してから『10分後』に『消滅』する。
生物が触れる事で『取り憑き』、その生物が体を『静止』させると反応し『浸食』を始める。
再び運動する事で『浸食』は停止するが、運動の度合が一定の基準以上の場合に限る。
『浸食部分』は黒く変色し、『スタンド』を解除するか対象が『死亡』しない限り続く。
この状態での『スタンド』への攻撃は、全て『無効』となって対象へと返る。
尚、『バックチェリー』の対象となる生物は『一体まで』。


『バックチェリー』
パワー:E スピード:E(浸食速度はC) 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:E 成長性:C

369 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/02(日) 21:01
『マグニフィセント・テクニック』
 
『生体』の『肉体機能』を『改造』する『スタンド』。
『改造』により作り出せるのは、本体が把握している『生体構造』のみ。
既存の『生体構造』以外への『改造』は不可能。
そして、如何なる場合も『知能』自体が『改造』の影響を受ける事は無い。
『スタンド』は、対象の部位に触れる事により、その部位を『改造』出来る。
一度『改造』された部位は、射程距離に関わらず解除しない限り元に戻る事は無い。
又、この『能力』の対象には、本体も含まれる。
 
 
『マグニフィセント・テクニック』
パワー:B スピード:A 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:A 成長性:C

370 謎めいたスタンド達 :2003/03/02(日) 21:10
『ホール』

スタンドに関する全てを『忘れさせるスタンド』。
森羅万象の全てから『スタンド』に関する全記憶は失われる。
『記憶』の流れの中に空いた『穴』。
   


『レボリア』
『男』によって封印された、謎のスタンド。



『ポーティスヘッド』

『才能』を『施錠』する『スタンド』
スタンド使いであれば、その能力を封じこめ、使えなくする。
『解除』のためには特定の『キーワード』を言わなければならない。



『キング・B』
本体の精神が耐えられなかったため、消されたスタンド。

371 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/05(水) 13:04
『ザウルス・ポンプ』

『遠隔自動操作型』のスタンド。
取り憑いた対象の『第三の肺』として、対象の『肉体』に半ば『同化』する。
『ザウルス・ポンプ』の対象は、対象である限り『無呼吸運動』が可能となる。
又、空気中の『毒』や『汚れ』は『ザウルス・ポンプ』によって『浄化』され、
それは『元素レベル』で可能。


『ザウルス・ポンプ』
パワー:A スピード:なし 射程距離:∞
持続力:∞ 精密動作性:なし 成長性:D

372 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/06(木) 22:55
『エアプレイ』 
 
『光』の『屈折率』を操作し、物体を『視界』から消す『スタンド』。
ただし、スタンド自体を消す事は不可能。
『スタンド』自体は、『屈折』により実際より数メートル離れた場所に『幻像』が
現れるのみで、『スタンド本体』を確認するのは『誰にも』不可能。
勿論、『幻像』に一切の攻撃は通じない。


『エアプレイ』
パワー:B スピード:B 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:B 成長性:D

373 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/06(木) 22:59
『ザ・フロッグマン』 

『真実の世界』を見る事が、『スタンド能力』。
人間の視界では捉えられない事象など、世界に存在する『真実』を見る事が可能。
あらゆる『放射線』『電磁波』に始まり、『大気』や『光』の流れまでもが含まれる。
これらは、全てを一度に見る事も任意で選別して見る事も可能。
又、『スタンド』によって触れる事も可能。


『ザ・フロッグマン』
パワー:A スピード:A 射程距離:D
持続力:D 精密動作性:C 成長性:B

374 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/06(木) 23:02
『ドゥームス・フィクション』
  
『ドゥームス・フィクション』によって綴られた文章は、綴られた通りの世界を創り出す。
その世界は、文章の中でのみ展開し、文章を読んだ者にのみ体感出来る。
文章を綴るのは、『ドゥームス・フィクション』の創り出す『実体化』した『羊皮紙』。
文章中の世界の全ては、この『羊皮紙』に綴られる文章の筋書き通りに展開する。
『羊皮紙』が破壊されると、そこに綴られた世界は消滅する。
又、既存の文章世界と重なった内容の文章を、複数の『羊皮紙』に綴る事は出来ない。


『ドゥームス・フィクション』 
パワー:E スピード:B 射程距離:E
持続力:A 精密動作性:A 成長性:B

375 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/06(木) 23:04
『プロコルハルム』
  
離れた場所と場所とを繋ぐ、『実体化』した『扉』の『スタンド』。
『プロコルハルム』による移動は『一方通行』で、『扉』を開いた時点で吸い込まれる様に
して、もう一方の場所へと移動させられる。
移動は、時間差すら無い『一瞬』。


『プロコルハルム』  
パワー:なし スピード:なし 射程距離:A
持続力:なし 精密動作性:なし 成長性:E

376 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/06(木) 23:05
『ノン・マン』 
  
『ノン・マン』の『姿』や『能力』は、実際に遭遇しない限り認識する事は出来ない。
この『スタンド』と何らかの接触を持った者は、『誕生してから現在に至るまで』の存在の
『痕跡』が全て『無かった事』になる。 何をしても、『誰にも気付かれる事は無い』。
『自分以外の存在に干渉する事も出来ない』。
又、『ノン・マン』は、遭遇した全ての者に対して『プレート』を作り出す。
この『プレート』を間接的に利用する事でのみ、『存在』を示す事が出来る。
 

『ノン・マン』 
パワー:E スピード:E 射程距離:なし
持続力:なし 精密動作性:C 成長性:なし

377 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/06(木) 23:10
『マッドネス』 
  
スタンドの『ミサイル』と、その中に詰まった無数の『群体型スタンド』。
『ミサイル』は、放射線状に『着弾地点』へと発射される。
『着弾』後、中の『スタンド』は散らばり、触れた物体を『腐敗』させて行く。
『ミサイル』自体は、一度発射すると制御は不可能。
中の『スタンド』に関しては、『目標』を定めたり『飛び散り方』を制御可能。
『腐敗』は、『能力解除』の『有無』に関わらず続く。
人間程度の大きさの生物であれば、『10体』程が当たる事で『死』に至る。


『マッドネス』
パワー:D スピード:D 射程距離:B
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

378 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/06(木) 23:12
『ワーク・オブ・ニュー』 
 
『群体型』の『自動操縦スタンド』。
定められた範囲の空間が定められた以上の変化をした場合、それを『修復』する。
その変化が大きくなる程、修復する『スタンド』の数は増加。
その『増加量』は、『スタンド』のある限り『無尽蔵』となる。
一体一体は、わずかな『パワー』で淡雪の様に消滅するが、『修復』が完了しない限り
無限に湧き出し続ける。 『修復方法』は、その時々によって本体の『指向性』に基づき変化する。


『ワーク・オブ・ニュー』 
パワー:E スピード:C 射程距離:B
持続力:なし 精密動作性:C 成長性:B

379 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/10(月) 01:00
『アウトサイド・キャッスル』 
 
対象の『精神世界』へと侵入出来る。
『精神世界』は、精神に応じた様々な構造の『城』。
『精神世界』の対象が『スタンド使い』の場合、姿も『スタンド』となる。
『精神世界』で過ごした時間は、現実では一瞬。
対象に『心の隙』が生まれた瞬間、対象の記憶にある物体を取り出す事が可能。
物体は、任意で消す事が出来るが、一度消すと戻らない。
『精神世界』での負傷は、現実に戻ると全て治る。
ただし、『死亡』すると現実でも同様に『死ぬ』。
 

『アウトサイド・キャッスル』 
パワー:なし スピード:A 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:なし 成長性:B

380 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/10(月) 02:04
『ボリスラブ・ミティック』

『殺人ウィルス』のスタンド。
本体の身体は、すでに『死亡』しており、意識のみが『スタンド』として残存。
『感染死亡者』の肉体を乗っ取るが可能で、その肉体が破壊されても別の肉体へと
意識を移す事が可能。 ただし、肉体から肉体への意識の移動は、『ウイルス』同様に『空気感染』。
完全に『空気』の密閉された空間では、肉体の破壊と共に意識も消滅してしまう。
『発症』から『死亡』まで数分を要し、『感染』による自覚症状は無い。
『半径3メートル』以内に、『3人以上』の『感染者』が生存していると『発症』。
 

『ボリスラブ・ミティック』
破壊力:なし スピード:A 射程距離:なし
持続力:A 精密動作性:なし 成長性:なし

381 新手のスタンド使いかッ!? :2003/03/16(日) 00:36
『シェリフ』
 
アメリカンポリス風の『スタンド』。
『手錠』『拳銃』『警棒』などの武器を持っており、弾丸までの全てを
自由に操作出来る。
『検死』する事で、死体の正確な情報を知る事も可能。
 

『シェリフ』
パワー:C スピード:A 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:B 成長性:C

382 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/12(土) 20:09
『スキンレス』 

鏡や水面に映った『虚像』を『実像』にする。
『鏡の中の相手』に石を投げれば、鏡を通じて『本物の相手』に命中する。
空を映した『水溜まり』の上にあるものは、水面を通じて『本物の空』に『落ちる』。


『スキンレス』  
パワー:B スピード:A 射程距離:C
持続力:C 精密動作性:C 成長性:B

383 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/12(土) 20:12
『ホワイトライオン』
 
存在自体を認識する事が出来ない『スタンド』。
認識出来ない為、触れる事も感じる事も不可能。
水に触れると常人でも目視が可能で、触れる事も出来る。
強い光で影が濃くなる様に、より多くの水が触れる事で姿も鮮明になる。
 

『ホワイトライオン』 
パワー:B スピード:B 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:B 成長性:C

384 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/12(土) 20:13
『ビッグ・ファット・ソウル』
 
『魂』を貯蓄し、その数に比例した『パワー』へと変換する『スタンド』。
貯蓄された『魂』は、『スタンド』となって本体の周囲に留まり続ける。
(操作は不可能だが、漠然とした精神体の様なものなので、実害を及ぼす事は無い)
変換後の『パワー』が強過ぎると、本体の生命も影響を受ける。
『パワー』は、『矢』のそれに極めて近い。
 

『ビッグ・ファット・ソウル』 
パワー:なし スピード:なし 射程距離:半径100キロメートル
持続力:なし 精密動作性:なし 成長性:?

385 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/12(土) 20:16
『インフィニット』
 
対象の歩む『人生』を、自分のものにする。
対象は、記憶と肉体以外を『インフィニット』に奪われ、『誰でもない存在』になる。
背後に影の様に潜む『インフィニット』を見つけない限り、『人生』は取り返せない。
 

『インフィニット』 
パワー:D スピード:C 射程距離:B
持続力:A 精密動作性:C 成長性:E

386 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/12(土) 20:20
『スマッシュ・マウス』
 
半径3メートル以内の『水に濡れた』物体を、濡れた部分から削り取る。
より小さい物体ほど、削るスピードは速い。
生物を削る場合は、無生物を削るよりも時間を要する。
 
 
『スマッシュ・マウス』
パワー:A スピード:A 射程距離:半径3メートル
持続力:C 精密動作性:C 成長性:B

387 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/12(土) 20:22
『ピヴァリー・ナイト』 
 
触れた物体を『二次元化』する。
『二次元』になっても、その機能などが阻害される事は無い。
(紙切れの様にペラペラな『平面』になるだけで、他の性質が変化する事は無い)
例えば、『ダンプカー』をペラペラにしても、その重さやパワーは不変。
そのままの状態で、移動する事も可能。
『スタンド』自体も『平面』で、本体を『二次元化』する事も可能。
 
 
『ピヴァリー・ナイト』 
パワー:B スピード:D 射程距離:D
持続力:B 精密動作性:C 成長性:D

388 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/12(土) 20:26
『ピクチャーズ・フォー・プレジャー』 
 
空間に『二次元の性質』を加える。
『遠近法(パースペクティブ)』『明暗法(キアロスクーロ)』『貼り付け絵(コラージュ)』など、
絵画の手法を『現実に』する事が出来る。
射程距離の外からは、その内部に存在する人間・事象は『絵』にしか見えない。
『水彩画』なので、『能力』は水で簡単に洗い流せる。
 
 
『ピクチャーズ・フォー・プレジャー』 
パワー:C スピード:B 射程距離:B
持続力:A 精密動作性:A 成長性:C

389 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/14(月) 22:17
『ワイアード』 
 
『遠隔自動操縦型スタンド』。
物体から出た『糸』の様なものを引っ張る事で、そこから破壊する。
セーターの糸を引く要領で破壊され、そのダメージは切断された様に残る。
(『糸』が物体表面を一回りすれば、それを境に切断される)
本体の視界に『ワイアード』がいれば、自由に操作する事が可能。
破壊されても本体にダメージは無いが、一度に存在する『ワイアード』は一体まで。
一度離れた『ワイアード』の位置は、感覚で認識可能(行動内容までは認識不能)。
 

『ワイアード』  
パワー:D スピード:A 射程距離:A
持続力:A 精密動作性:B 成長性:C

390 新手のスタンド使いかッ!? :2003/04/23(水) 23:00
『フィアー・ファクトリー』

本体は、すでに死亡。
病院自体に意識が残り、侵入者の精神に干渉する。
『弱い心』や『傷付いた心』には、より干渉し易い。
精神を掌握された人間は、操り人形になって病院と意識を共有する。
 
 
『フィアー・ファクトリー』
パワー:なし スピード:なし 射程距離:病院内部
持続力:なし 精密動作性:なし 成長性:A

391 『運命の矢』 :2003/04/25(金) 01:29
『アーマゲドン』

スタンドは、『半径10メートル以内』の物体を『無差別に』破壊して行く。
石の風化を加速した様に、少しずつ破壊する。 ただし、生物は破壊出来ない。
人間の衣服なども、(存在の一部なので)破壊される事は無い。
『能力』によって破壊出来る物体は、手の平程度の小さな物体。
そしてスタンド自体のパワーで破壊可能な『強度の低い物』に限られる。
 
 
『アーマゲドン』  
パワー:C スピード:D 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:E 成長性:D

392 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:44
『ウェイ・アウト・ウエスト』

あらゆる『意識』や『指向性』を、『真東』へと向ける非人型のスタンド。
『能力』の『射程距離』は、本体を中心に『半径10メートル』。
ただし『10分』経過する毎に、倍になって行く。
射程距離内ではどんな人間も、『真東』以外の方向に対する『意識的行動』を行えない。
『反射行動』や『夢遊状態』などの『無意識の行動』でのみ、別の方角へ向かう事が出来る。
これは、本体自身にも当てはまる。
 
 
『ウェイ・アウト・ウエスト』  
パワー:なし スピード:D 射程距離:∞
持続力:なし 精密動作性:なし 成長性:E

393 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:45
『キャッチ・ザ・レインボー』

非・人型/人工・機械型。スタンドは、大気中で粒状の『破壊エネルギー』を作り出す。
『破壊エネルギー』は、徐々に集まって拳大ほどの大きさになると、そこから『40度』の
角度で落下し、物体に衝突すると、爆発する。 拳大にまで集まる時間は、『1〜2分』。
この『破壊のエネルギー』は、太陽光を屈折させるので『虹』の様にも見える。
丁度、『エネルギー』の発生位置と落下地点とを繋ぐ形で作り出される。
落下時に物体が『虹』と重なっていれば、その位置で爆発するはずだ。
 
 
『キャッチ・ザ・レインボー』 
パワー:E スピード:E 射程距離:本体の視界
持続力:B 精密動作性:B 成長性:C

394 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:45
『ケイヴ・イン』

スタンド像なし。ちょっとした『横穴』や『洞穴』を、『部屋』に変える『能力』。
『部屋』の内部は、高級ホテルのテントハウス並に豪華。
『電気』や『水』も、供給されている。 部屋は『実体化』している。
部屋の中では、本体を含めて『視界に無いものを認識出来ない』。
視界に入っていなければ、たとえ何が起きようとも、それを『認識』する事は無い。
 
 
『ケイヴ・イン』 
パワー:なし スピード:なし 射程距離:B
持続力:A 精密動作性:E 成長性:E

395 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:47
『ゴッドスマック』

水に触れる事で、『粒子』を作り出すスタンド。
この『粒子』は、水分を『スタンドパワー』でコーティングしたもの。
砂漠の砂の様に木目細やかで、ちょっとした風にも乗る事が出来る。
一度『粒子』としてコーティングされれば、時間が来るまで解除される事は無い。
解除された『粒子』は、コーティングされていた水だけを残して消える。
何トンだろうと、水温に関わらず『粒子化』は可能。
一粒に含まれる水分は、『1ミリグラム』。『粒子』である時間は、『4〜5分』。
『粒子』自体の動きを操作する事は不可能。
 
 
『ゴッドスマック』 
パワー:C スピード:C 射程距離:C
持続力:C 精密動作性:C 成長性:D

396 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:47
『ザ・ナック』

『雲』を、その形状を保ったまま『固定』するのが、スタンドの『能力』。
固定する事が出来るのは、『雲』のみ。 スタンド自身は人型である。
『射程距離』は、地表から『5〜6キロメートル』の『積雲』や『高積雲』までに至る。
『雲』を構成している『水粒』は、固定される事で『鉛』並の強度に変化する。
本質的に『鉛の塊』となった『雲』は固定と同時に地表へと落下する。
 
 
『ザ・ナック』 
パワー:B スピード:C 射程距離:A(上空のみ)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

397 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:48
『ザ・ホワイト・ストライプス』

『境界線』を『認識出来なく』するスタンド能力。
認識出来なくなるのは、『個に対する認識』。
同じ種類の全てのものを区別することができなくなる。
ただし、同じ人間の中でも『自分自身』と『本体』だけは、見分けられる。
本体自身が『能力』の対象となる事は無い。
射程距離内の人間は、無差別にスタンドの影響を受ける。 尚、スタンド像はない。
 
 
『ザ・ホワイト・ストライプス』  
パワー:なし スピード:なし 射程距離:A
持続力:A 精密動作性:なし 成長性:なし

398 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:48
『サンダー』

『気温』によって、パワーを増し続けるスタンド。
『40℃』を越えれば、『ダイアモンド』を砕く事も可能。
逆に、『0℃』以下に下がってしまうと、赤ん坊並のパワーになる。
人間並のパワーとスピードを維持出来る『気温』は、『25℃前後』と言った所。
 
 
『サンダー』 
パワー:∞ スピード:∞ 射程距離:D
持続力:C 精密動作性:C 成長性:B

399 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:49
『シャーデー』

グローブの様に本体の『右手』を覆っているスタンド。
甲の部分に付いている突起を、『太陽光』に照らす事で、別に『人型の像』を作る事が出来る。
この『像』を操るのが、スタンドの『能力』。
光が強ければ強いほど、『像』のパワーや射程距離も増す。
『光』が遮断されれば、『像』は消える。
『像』が消えれば、スタンド本体も『ショート』した状態に陥る。
像が現れてなければ『シャーデー』に支障はないが、ショートによって本体自身も死ぬ可能性がある。
 
 
『シャーデー』 
パワー:E(∞) スピード:なし(C) 射程距離:∞
持続力:A 精密動作性:A 成長性:A

400 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:50
『バウンティー・キラー』

人工の機械のような人型のスタンドで『遠隔自動操縦』。
スタンド自体に意思がある為、複雑な動きも可能になっている。
『吊り輪』で『吊るす』のが、スタンドの攻撃手段。
どんな重さにも耐えられるが、『半径20センチメートル』の輪の大きさは変わらない。
紐の部分の長さは、スタンドの手から『5メートル』の範囲で伸縮自在。
そして、吊るした人間の体重に応じ、本体の体重は減少する。 減少し過ぎると『死ぬ』。
この現象は、半永久的に持続する。 吊るし方に関して、スタンドは一切指図を受けない。
 
 
『バウンティー・キラー』 
パワー:C スピード:A 射程距離:なし
持続力:なし 精密動作性:B 成長性:D

401 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:50
『ピッシング・レイザーズ』

スタンドは、『未来の世界』へと移動する事が出来る。
せいぜい、『1〜2秒』先の未来。 その世界に生物は存在しない。
『未来の世界』から直接『現在』に干渉する事は出来ないが、
『未来』で起こした行動は『現在』に『結果だけ』が発生する。
『未来』で何かを破壊すれば、『現在』では『いきなり破壊されている』事になる。
『未来』へ移動出来るのは、『ピッシング・レイザーズ』のみ。
『未来』にいる限り、『現在』と交わる事は無い。
 
 
『ピッシング・レイザーズ』 
パワー:B スピード:D 射程距離:D
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

402 運命の『弓と矢』 :2003/04/25(金) 01:50
『フィッシュボーン』

殴った物体から『棘』を生み出す。
『薔薇』の様に、無数の針を持った『棘』で、強度は『歯』に近い。
針や棘の大きさは、殴ったパワーに比例して鋭く、大きくなる。
その数も同様。 『棘』自体は、『実体化』している。
射程距離に関わらず、『能力』を解除しない限り『5分』ほどで自然に消える。
 
 
『フィッシュボーン』  
パワー:A スピード:B 射程距離:D
持続力:D 精密動作性:C 成長性:C

403 運命の『弓と矢』 :2003/04/26(土) 02:52
『キメラ』

『実体化』した、親指大の『ヒル』のようなスタンド。
スタンド自体の動きは緩慢で、ヒクヒクと這うのが精一杯
『1センチメートル』ほどの隙間があれば、本能的に『潜む』性質をもつ。
『キメラ』は常に、人間が普段感じるあらゆる周囲の事象を『記録』し続ける。
本体が口から『キメラ』を体内に取り込めば、その記憶を『吸収』する事が出来る。

 
『キメラ』 
パワー:E スピード:E 射程距離:A
持続力:A 精密動作性:E 成長性:A

404 運命の『弓と矢』 :2003/04/26(土) 02:55
『ミニットマン』

『水から酸素を作り出す』、郡体型スタンド。
スタンドは、水に触れると『入浴剤』の様に気泡を作り続ける。
水自体が減る事は、無い。 『ミニットマン』の総数は100を越えている。
一体の大きさは、『約1ミリメートル』。
水に触れる『ミニットマン』の数が多いほど、気泡の量も増える。
 
 
『ミニットマン』 
パワー:E スピード:C 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:C 成長性:B

405 運命の『弓と矢』 :2003/04/26(土) 02:58
『ダンスホール・クラッシャーズ』 

スタンドから受けた『記憶』は、決して『消えない』。
殴られた『痛み』や、空を切る拳の『風圧』そして、その時の『映像』。
『幻覚』だとか『残像』では無い、鮮明な『現実』として感じ続ける。
ただし、直接『ダメージ』を受ける事は無い。
残る『記憶』は、『スタンド』の射程距離内で受けたものに限られる。
又、射程距離外では『能力』も消える。
 
 
『ダンスホール・クラッシャーズ』 
パワー:B スピード:B 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:C 成長性:B

406 運命の『弓と矢』 :2003/04/26(土) 03:03
『キャットフィッシュ・ホッジ』

像の無い、『匂い』だけのスタンド能力。
『キャットフィッシュ・ホッジ』の『匂い』を嗅いだ人間は、
少しでも欲しいと思った物体を『引き寄せる』ようになる。引き寄せれるのは『物欲』のみ。
『引き寄せるスピード』は『時速150キロメートル』を越える。
『匂い』もスタンドなので、射程距離外で嗅ぐ事は不可能。
風向きや湿度と無関係に匂うが、鼻腔が閉じている場合は例外。
『匂い』は『鉄』の匂いであり、これらは一切操作不可能。
 
 
『キャットフィッシュ・ホッジ』  
パワー:なし スピード:D 射程距離:E
持続力:B 精密動作性:E 成長性:E

407 運命の『弓と矢』 :2003/04/29(火) 01:25
『ウィッシュボーン・アッシュ』

『遠隔操作型』。 スタンドは生物の皮膚を徐々に固める。
運動や成長に応じた、『皮膚の伸縮』を失わせる。
伸縮性を失った皮膚は、動く度に『裂ける』。
射程距離は、『スタンド』を中心とした『半径10メートル』。
範囲内の生物は、本体を除いて無差別に『能力』の影響を受ける。
 
 
『ウィッシュボーン・アッシュ』   
パワー:C スピード:C 射程距離:B
持続力:B 精密動作性:C 成長性:C

408 運命の『弓と矢』 :2003/04/29(火) 01:26
『ホークウインド』

スタンドは、触れたもの同士の位置を『一瞬で入れ替える』。
それは触れた物体に『自分自身を見る』ほどの一瞬。
連続して『能力』を使う事は出来ないが、射程距離の『半径5メートル』に存在する
物体同士であれば、『入れ替える』事は可能。
ただし、それは人間同士などと、『近い存在』でなければならない。
根本的なものが同じであれば、それで『入れ替え』は可能となる。
実体の無い『エネルギー』などは、入れ替える事が出来ない。
 
 
『ホークウインド』  
パワー:D スピード:A 射程距離:D
持続力:E 精密動作性:B 成長性:D

409 運命の『弓と矢』 :2003/04/29(火) 01:49
『マシーン・ヘッド』

フルフェイス・ヘルメットの様に、頭部を覆う形で発現するスタンド。
スタンドの『能力』は、本体の視野を広げること。
頭部を覆ったスタンドの内部には、『モニター』が広がっている。
本体は、この『モニター』によって全周囲を視界とする事が可能。
『赤外線』や『紫外線』も感知が可能。
『熱探知』『レーダー探知』『音波探知』の探知機能も備えている。
ただし、一度に複数の探知機能を使用する事は不可能。
最大『5キロメートル』先まで見通す事も可能で、同じ範囲内の『音』や『臭気』を
把握する事も出来る。『音』と『臭気』を同時に把握する事や、探知機能との併用は不可能。
ヘルメットとして、頭部を保護する強度は備えていない。
 
 
『マシーン・ヘッド』  
パワー:E スピード:なし 射程距離:E
持続力:A 精密動作性:A 成長性:C

410 運命の『弓と矢』 :2003/04/29(火) 02:14
『ロングウェイブ』

スタンドの右手首には、長さ6メートルの『棒』が収納されている。
『棒』は、自由に出し入れする事が可能。
『6メートル』という長さの範囲内であれば、分割する事も一本にする事も出来る。
『棒』の両端は、本体の意思に応じて、強力な『接着性』を持つ。
『棒』の最も大きな特徴としては、『しなり』の強さが挙げられる。
最大で『120度』、『棒』に破壊を与えず、何度でも曲げる事が可能。
曲げた角度に応じて、元に戻る『反発力』も強くなる。 支えられる重量の限界は、『1トン』。
『棒』が破壊されれば、本体やスタンドへのダメージとなる。
 
 
『ロングウェイブ』 
パワー:C スピード:B 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:B 成長性:B

411 運命の『弓と矢』 :2003/05/02(金) 12:10
『フィーダー』

本体の『舌先』に出来る、腫瘍の様スタンド。『フィーダー』即ち『飼育者』。
スタンドが接触すると、その部分には同じ様な腫瘍が出来る。
腫瘍の出来た人間は、その部分から体内に『根』が広がっていき、徐々に動けなくなって行く。
腫瘍から伸び広がった『根』は、体内を侵食して動きを抑制する。
全身が侵食されても、意識や感覚は残る。『根』から養分が供給されるので、衰弱する事も無い。
『根』や腫瘍へのダメージは、本体へのダメージとなって還元される。
腫瘍は、無限に作り出す事が可能な反面、本体から離れるに連れてパワーを失う。
パワーを失うという事は、それだけ動きを抑制出来なくなるという事。
 
 
『フィーダー』 
パワー:E スピード:E 射程距離:A
持続力:A 精密動作性:なし 成長性:D

412 運命の『弓と矢』 :2003/05/02(金) 12:13
『プッシュ・ボタン・オブジェクツ』

スタンドが殴った人間には、その部分に『5つのボタン』が出来る。
『ボタン』は無色で、小指の先ほどの大きさで、等間隔に並んでいる。
このボタンの性質として、同時に押す事が出来るのは『1つだけ』。
押すだけであれば、誰であろうと可能。ボタンの1つ1つは、人間の『五感』を表す。
対応したボタンを押すと、その感覚は完全に停止する。
そして一度押せば、別のボタンを押さない限り、ボタンは『戻らない』。
障害などによって感覚が停止している場合も、生きている感覚に対応したボタンを押せば
障害自体を取り除く事は可能。ただし、五感全てが停止している場合は、それも不可能。
 
 
『プッシュ・ボタン・オブジェクツ』  
パワー:C スピード:B 射程距離:B
持続力:B 精密動作性:C 成長性:E

413 運命の『弓と矢』 :2003/05/02(金) 12:17
『ジグソー』

スタンドが殴った物体の表面を『ずらす』ことができる能力。
物体表面を四角い『パーツ』に分け、その位置をランダムで入れ替える。
ただし、パーツの位置に関わらず性質は変わらない。
常に、物体は『28』のパーツで均一の大きさに分けられる。
本体自身の表面を『ずらす』事も可能で、その場合はパーツの位置を自由に
操作する事が可能。『能力』は、何度殴っても『1〜2分』で元に戻る。
 
 
『ジグソー』 
パワー:B スピード:B 射程距離:C
持続力:C 精密動作性:C 成長性:D

414 運命の『弓と矢』 :2003/05/06(火) 23:49
『タワー・オブ・パワー』

スタンドまたは本体自身の行った複数回の同じ動きを、一度の動きに『凝縮』出来る。
『100回分の蹴り』を『1回の蹴り』に凝縮する事で、一度の蹴りに
100回分のパワーを持たせる事が可能となる訳だ。
ただし、『疲労』は凝縮した回数分の動きに伴う。
疲労は、徐々に蓄積されるべき疲労が一気に押し寄せることになる。
 
 
『タワー・オブ・パワー』  
パワー:A スピード:A 射程距離:D
持続力:D 精密動作性:C 成長性:C

415 運命の『弓と矢』 :2003/05/07(水) 00:36
『トロッグス』

実体化した『紙片』を連想させるスタンド。
一辺が『30センチメートル』ほどで、厚さは『和紙』の様に極めて薄い。
色は『無色』で、その強度は予想に反して高い。
対象となった人間の眼前を、ヒラヒラと舞うのが『能力』。
その希薄な存在故に、かなりの至近距離でなければ、視認する事すら難しい。
スタンドが対象の顔面を覆うことで、透過性の無い『ラップ』が顔を覆うかの様に、
視界を遮り呼吸も阻害する。速度は遅いが、風に乗ることですばやく行動できる。
 
 
『トロッグス』
パワー:B スピード:E 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:D 成長性:D

416 運命の『弓と矢』 :2003/05/07(水) 00:55
『モーター・エース』

スタンドは、持っている『直径10センチメートル』ほどのボールを操作できる。
複雑な操作が可能だが、握っている間にしか『命令』は与える事ができない。
ボールの硬度は、8〜9モース。ボールは、スタンドの拳の延長ということになる。
軌道も回転数も操作出来るが、スピードだけは『投げる力』に左右される。
射程距離を離れれば、ボールの球威は極端に落ち、与えた『命令』も消える。
 
 
『モーター・エース』 
パワー:A スピード:B 射程距離:B
持続力:B 精密動作性:A 成長性:C

417 運命の『弓と矢』 :2003/05/07(水) 01:20
『サードワールド』

万物に対する認識は光の感知によって決定され、それに伴い変化する。
スタンドは、『真の世界』を見れる。
全ての物体には、『運命の言葉』が刻まれている。
それは、物体の『辿って来た過去』と『辿るべき未来』。
物体を形成する『成分』や、『生まれた場所』なども全て刻まれている。
『色』は、その物体が『運命』を円滑に辿る為の手段なので、この世界では希薄。
 
 
『サードワールド』
パワー:C スピード:C 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:A 成長性:A

418 運命の『弓と矢』 :2003/05/07(水) 01:58
『ローズ・タトゥー』

スタンドは、触れた物体に『薔薇』の形をした『印』を刻み込む。
この『印』は、再び『スタンド』で触れない限り消えない。
本体自身が死ぬか『能力』を解除しない限り、永遠に残る。
『印』の部分(表面から5cm以上)を削り取ったり、切断する事は可能。
『印』を刻み込める物体の数に限りは無いが、1つの物体に刻み込める『印』は1つ。
『ローズ・タトゥー』は、この『印』を常に感知し続ける事が可能。
どんなに離れていても、『印』の正確な位置や状態を把握し続けられる。
ただし、『印』を刻まれた物体へのダメージや痛みは、本体も共有する。
 
 
『ローズ・タトゥー』
パワー:B スピード:B 射程距離:D
持続力:C 精密動作性:B 成長性:C

419 運命の『弓と矢』 :2003/05/07(水) 02:41
『イエローリバー』

スタンドの噴き出す『煙』を吸い込む事で、その人間の身体には『筒』が生える。
『筒』は、穴の直径『3センチメートル』長さは、『5センチメートル』。
首筋に生え、そこから同様に煙を噴き出し続ける。
煙もスタンドなので、スタンドが吸い込んだ場合も『筒』が生える。
『筒』は、射程距離の外に出れば消えるが、それまでは無限に増やす事が可能。
『煙』は、吸い込んだ人間に対して『催眠効果』を持つ。
完全な催眠状態に陥るまでの時間は、約10分間。(動かない状態で噴き出す煙を吸い続けた場合)
『筒』から噴き出す煙の量は、その人間の『運動量』に応じて増減する。
催眠状態の人間は、外部からの情報(特に、聴覚からの情報)の支配を受け易くなる。
意識が朦朧とし、正常な判断や行動が出来ず、痛覚も麻痺する。
本体である君自身は、この『煙』の影響を受けない。 煙は『無色無臭』である。
 
 
『イエローリバー』  
パワー:E スピード:E 射程距離:A
持続力:A 精密動作性:E 成長性:D

420 運命の『弓と矢』 :2003/05/11(日) 00:53
『スカイ・ファイアー』

スタンドが衝撃を与えた物体は、『光』と同じ性質へ変化する。
より大きな衝撃を与える事で、変化する時間も長くなる。
スタンドの射程距離とは無関係に持続する。
物体は、変化すると共に『衝撃の方向』へ向かって『光速』で移動する。
光と同様、反射を繰り返して直線移動を続ける。
その『反射角度』は、スタンドによって調節する事が可能。
本体を含めた『生物』は、『能力』の対象とならない。
 
 
『スカイ・ファイアー』  
パワー:C スピード:A 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:A 成長性:A

421 運命の『弓と矢』 :2003/05/11(日) 00:57
『ゴットハード』

スタンドは、物体の『膨張率』を操作する。
本体を対象とする事は、不可能。『膨張率』の操作に、限界は無い。
ただし、操作出来るのはスタンドが触れている間のみ。
スタンドが離れれば、『膨張率』も一気に元に戻る。
 
 
『ゴットハード』  
パワー:C スピード:C 射程距離:C
持続力:A 精密動作性:C 成長性:C

422 運命の『弓と矢』 :2003/05/11(日) 01:19
『ホット・アクション・コップ』

物体表面に無数の細かい『穴』を作り出す能力。スタンドの像はない。
本体を中心とした『半径10メートル』の範囲から始まり、『能力』は広がり続ける。
『穴』は、針の穴ほどの大きさで、生物の身体には作りだせない。
『穴』からは、常に蒸気が噴き出す。 この蒸気もスタンド。
『蒸気』は、『60℃』から徐々に高くなって行き、その温度に『上限は無い』。
温度の上昇に比例して蒸気の圧力も増し、それに伴って『熱』が及ぶ範囲も広がる。
本体が死ぬか解除しない限り、『能力』は持続し続ける。
 
 
『ホット・アクション・コップ』  
パワー:なし スピード:なし 射程距離:∞
持続力:A 精密動作性:E 成長性:C

423 運命の『弓と矢』 :2003/05/11(日) 02:18
『メテオス』

スタンドは、本体が触れた物体を『上』へ吹っ飛ばす。
最大で『110メートル』。そして、到達すると自動的に破壊される。
破壊は、内部から『破裂』する様に起きる。
破壊された物体の破片は、それと同じパワーで地表へと降り注ぐ。
本体の意思で、破壊する高度を操作する事も出来る。
破片の全てに取り付いているのが、郡体型スタンド『メテオス』。
スタンドによって、降り注ぐ破片を操作する事も可能。
ただし、『地表へ落下するパワー』に逆らう事は出来ない。
操作出来るのは、物体が地表(あるいは、別の物体)へ到達するまでの間に限る。
 
 
『メテオス』 
パワー:B スピード:なし 射程距離:A
持続力:B 精密動作性:B 成長性:B

424 『男』 :2003/05/11(日) 17:24
押した物体を、1〜2秒前の『過去』へと吹っ飛ばす。
『過去の世界』に生物は存在せず、時間の経過(現在との時間差)に連れて消える。
何も無い空間を押せば、その直線上にある物体を吹っ飛ばす事も可能。
又、本体の存在する時間は、常に『現在』。
本体を押せば、『現在』自体が『過去』へ吹っ飛ぶ為、全ての事象は過去の状態へ戻る。
連続して同じ物体を吹っ飛ばす事は、不可能。
 
 
『ステイシス』 人型/人工・機械型
 
パワー:D スピード:A 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:B 成長性:A

425 『男』 :2003/05/11(日) 17:25
『自動操縦型スタンド』。
偶然を起こして、自動的に本体を守る。
引き起こされる偶然は、『本体の運命』という必然性に基づいた必然的偶然。
つまり、本体にとって『そうなるべき瞬間』で無い限り、『そうならない』。
その瞬間は、『運命』に基づく。
『運命のパワー』が操作するスタンド。『無敵』。
 
 
『ハンドレット・リーズンズ』 人型/生命・自然事物型
 
パワー:なし スピード:なし 射程距離:なし
持続力:なし 精密動作性:なし 成長性:なし

426 『クイーン』 :2003/05/11(日) 17:32
『化石』から、恐竜を再現するスタンド。
『化石』が一部分であっても、そこから完璧な生前の恐竜を作り出す。
恐竜は、『実体化したスタンド』。
本能や意思を持つ『自動操縦型』だが、本能的に本体の命令を理解・実行出来る。
恐竜は、何種類であろうと何体であろうと作り出す事が可能。
射程距離を離れると消えるが、恐竜は本能的に射程距離も認識している。
 
 
『リヴァイアサン・チーク』 非・人型/生命・自然事物型
 
パワー:なし スピード:なし 射程距離:A
持続力:A 精密動作性:A 成長性:A

427 『スティング』 :2003/05/11(日) 17:37
『空間の残像』を、瞬間的に固定するスタンド。
固定された『残像』は、空間の性質を持ちながら物理的にも影響を及ぼす。
又、『残像』自体は、固定された瞬間の状態を保ち続ける。
空間である為に、物理的な『破壊』は不可能。
その位置も不変で、固定された『残像』に接触する事は、実体に触れるのと同等の
影響を受ける事を意味する。
 
 
『スティング』
 
パワー:B スピード:B 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:C 成長性:C


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板