したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

デフォシナ&オリシナキャラを喋らせて遊ぶスレ8

416 名無しさん@不意の鯖落ちにご用心 :2014/03/02(日) 03:53:48 ID:???
本拠地、グリーン古城で迎えたハルト国vsムナード党
先発ゼオンが混乱、攻撃も勢いを見せず惨敗だった
古城に響く一般のため息、どこからか聞こえる「ムナード党は崩壊だな」の声
無言で退却する人材達の中、昨年の重臣のムーアは独りベンチで泣いていた
魔王軍で手にした経験地、戦功、所持金、そして何より信頼できる陪臣・・・
それを今のムナード党で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」ムーアは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、ムーアははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい雪の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってオーク相手にトレーニングをしなくちゃな」ムーアは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、ムーアはふと気付いた

「あれ・・・?同盟軍がいる・・・?」
ベンチから飛び出したムーアが目にしたのは、フィールドまで埋めつくさんばかりの友軍だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように魔王軍の応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするムーアの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「ムーア、防衛戦だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったムーアは目を疑った
「パ・・・パルスザン?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
「ル・・・ルーゼル様?」  「なんだムーア、かってにルーゼル様を引退させやがって」
「シャルロット・・・」  
暫時、唖然としていたムーアだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
パルスザンから強化魔法を受け取り、敵陣へ全力疾走するムーア、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
翌日、ベンチで冷たくなっているムーアが発見され、テステヌとマクセンは病院内で静かに息を引き取った


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板