したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

第6艦隊

1 :2019/04/02(火) 20:15:58
「令和」と決まって作りました。元号なんかどうでもいいけど。

546 :2019/09/13(金) 19:34:41
BS6ch今つけたら日韓関係改善でドイツの例をあげると、
へえ見ねでもわかるすけch切り替えた。
やはりTBSなんだわさ。
どうせしったかぶった解説者が中学校の生徒会長みてな発言するんだろう。
劣等民族に生まれたことを嘆くばかりです。

547 :2019/09/13(金) 21:40:17
ああ俺がすき家行ったのは13:30頃だったよ、入れ違いだね。
久しぶりに行ったらセルフ会計になってたんだね。

548 :2019/09/14(土) 06:07:18
しかし千葉の停電のニュース見るとやはり東京電力に原発は無理ら。
原発の必要性は認めるけどね。
「想定外」「今までに経験したことがない・・」こんなセリフで免責を得られると思っている。
費用を累積して電気代決めているから給与は心配ないから甘っちょろい体質になるんだろう。
千葉県民についてはどうせ他人事と思っているろう。

549 :2019/09/14(土) 16:40:15
安倍内閣改造後の顔ぶれ見ると今回はまともなようだね。
韓国の株価、WONともに上昇し小康を得ている感じら。おもろない。

550 :2019/09/15(日) 17:29:20
今日の県立図書館は中学生の勉強部屋でした。
ひそひそ話も気になる。受付にいるパートのおばちゃんが
注意しても我関せず。いい度胸している。その点は感心したね。
最近なんか宇宙に縁があって11月の面接授業「宇宙の物理」に向けて予習しているんだろも
Newtonnという雑誌はご存知であろうか。
イラスト入りでわかりやすい。
壮大な宇宙といえどもこれを理解するには微視的な素粒子や重力、相対性理論の理解が必要で
深堀する能力はないが雑学程度は身につけておかねばと思っています。
自称元「科学特捜隊隊」隊員(毒蝮三太夫の嵐隊員のファンだったが)の「宇宙老人」でありましょうか。

551 :2019/09/15(日) 17:52:23
科特隊のテーマであります。
ttps://www.youtube.com/watch?v=1H5rP0EiYiY

552 :2019/09/16(月) 19:36:42
涼しくなったら県立図書館、視察に行ってみます。
ご指摘のようなことがあればただちに追求しましょう。

newtonは書店でよく見かけるけど、中を開くと俺には難しそうで
すぐに元に戻しているね。
NHK がたまにやる宇宙のドキュメンタリーあたりが
俺にはわかりやすいようだ。

553 :2019/09/16(月) 20:06:25
>中を開くと俺には難しそうで
そんげことねさ。
おめさんが難しいと感じるならほとんどの国民は読まないさ。
わかりやすく書いていると思う。
要は興味があるか/ないかなんだろうね、この差は。
興味がないとやたら難しく感じるのは当然でありましょう。

554 :2019/09/16(月) 20:23:35
Newton 2016年別冊 増補第2販「重力とは何か?重力波とはなにか}」
なんかおもしろくて8割がた読んだんだね。雑学レベルと思うけど知らないよりいい。
人類は宇宙のこと5%くらいしか知らないんだってね。
宇宙にはダークマター、ダークエネルギーがあるんだそうだ。
未知なもので何もわからないから「ダーク」なんだね。
こういうの読んでいると政治・社会なんかどうでもよくなる。
が、しかしそれではいけないすけ「日本政治外交史」もとった。

555 :2019/09/18(水) 18:48:14
バスセンターカレーのレトルトを久しぶりに食べたけど、
それなりにおいしい。
数あるレトルトカレーの中では一番と言っても過言ではないわ。
本物にはかなわんけどね。

556 :2019/09/18(水) 20:19:23
バスセンターカレーのレトルトは確か高かったと思う。
おれは松屋のカレのにしました。なかなかいけます。

557 :2019/09/19(木) 23:01:31
いやたまげた。
たまたま見たNHK BS の番組でNASAの探査機ニユーホライズンズってのが
冥王星の表面を撮影、さらにその外側の太陽系の最果てにある天体を
撮影していたんだね。
まだまだ遠くへ飛んで観測をするらしい、すごいねえ。
冥王星に砂丘が写っていたよ。

558 :2019/09/20(金) 06:39:08
おれはNHK-BSは見ていません。受信料払っていないすけ。
>まだまだ遠くへ飛んで観測をするらしい、すごいねえ。
たしかに。だろもほとんどが万有引力の法則に従って移動しているんさね。
その引力を引き離す時だけロケット噴射ら。
おれは惑星より恒星に興味があるんさ。特に恒星の最期だね。
なお宇宙は加速度的に膨張を続けています。

559 :2019/09/20(金) 12:55:17
>なお宇宙は加速度的に膨張を続けています。

知っています。ビッグバンてやつらね。
ビッグバンが起こる前に何が存在していたのか、
膨張しているその先はどうなっているのかと考えると
わけがわからなくなる。
これは人間の考えることではないのかもしれない。

560 :2019/09/20(金) 20:46:02
ラグビー前半戦日本優勢であります。
>ビッグバンが起こる前に何が存在していたのか
インフレーション理論が支持されています。佐藤勝彦氏の理論であります。
人間の考えが及ばないところがおもろいところであります。
原子1個分かた1秒にも満たない時間で宇宙空間ができたというもの。
ビックバンはそのあとです。
詳しくはこれか。読んでいないけど・・・。
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙のインフレーション

561 :2019/09/20(金) 21:02:24
ラグビーチラチラと見ています。
紳士の格闘技だね、選手も観衆もサッカーと違って品がある。
こういうスポーツが俺は好きなんさね。
対ロシア勝ちそうだね。

562 :2019/09/20(金) 21:46:15
おかげさまで勝ちました。
チョンみてな下品なのがいないから見ていても気持ちがいいんさね。

563 :2019/09/20(金) 21:50:14
いいねラグビー。
日本チームの健闘を祈ります。

564 :2019/09/21(土) 14:06:31
インフレーション理論はちんぷんかんぷん。
俺が思うに、ビッグバン以前はまさに「無」だったのではないかね。
物体として考えるからわからなくなるのであって、「時間」と「空間」を
組み合わせればだよ、時間が存在しなければ何にも存在しない。
思考も物体もね。
人間の思考では時間が優先している、だからわからなくなる。
膨張する宇宙のその先も「無」なのである。
俺は「宇宙の誕生は神の一撃」を支持するよ。

565 :2019/09/21(土) 16:16:57
>俺が思うに、ビッグバン以前はまさに「無」だったのではないかね。
その理論もある。正しい理解と思う。
なお真空は「無」ではないらしい。負のエネルギーがあるらしい。
この辺は素粒子の世界だからまだ勉強していません。
おめさんも随分興味があるげですね。いいことら。
>膨張する宇宙のその先も「無」なのである。
宇宙の膨張が加速度的であり光速を超えるとその光源の光が地球に届かないから見えなくなる。
光は電磁波の一種だし電波も当然に届かない。
だから「無」とは断言できないように思う。
「相対性理論」では光速を超えることはできないことを前提としている。
空間は物体が移動する「舞台」で同じ「舞台」である限り「光速度不変の原理」が成り立つ。
しかし「舞台」自体が光速を超えることは「光速度普遍の原理」とは矛盾しない、んだそうら。
電磁波は届かないとしても重力波はどうなのか?
重力は次元を越えて届くらしいから
重力波望遠鏡でもできれば宇宙の果てが見えるのかもしれない。

566 :2019/09/21(土) 16:27:55
上記の
 「重力波望遠鏡でもできれば宇宙の果てが見えるのかもしれない。」の理由として
 「重力は次元を越えて届くらしいから」と記したがこれが理由ではないげらね。
重力は透過性に優れるから、が理由ではないか。
光だって重力で曲がるし素粒子だってその進行を阻害する物質(反物質?)だってある。
重力だけは遮るものがないらしい。
仮に複数次元の世界があっても重力は届くとされる。

567 :2019/09/21(土) 16:53:06
光速を超える存在があるとすればどんなものなのか、
ブラックホールからすれば光なんか簡単に吸い込んでしまい
たかが光なのであるすけね。
光速を超えると時間がどうのこうのというのも関係なくなるんだろうね。
SF小節では、光速とは無縁の空間、アインシュタイン理論が通用しない「亜空間」が存在していて
そこを通って瞬時に惑星間を移動することができるんさね。
こうしないと惑星間移動ができないので考え出された物なんだけど
まんざら架空の話とは言えない気もするよ。

568 :2019/09/21(土) 18:35:35
>まんざら架空の話とは言えない気もするよ。
自然科学で解明できないのは多い。
4次元の世界があるとしても人類は認識できねろう、
>光速を超える存在があるとすればどんなものなのか、
宇宙の膨張なんんだろう。
>アインシュタイン理論が通用しない「亜空間」が存在していて
それは「あり」と思う。
100年前まではニュートンの万有引力の法則が限界だったっけね。
理論物理学がどこまで進めるかがカギなのかもしれない。
この分野は日本は得意だからね。
技術が発展するにつけ理論物理学がどんどん証明されている。

569 :2019/09/21(土) 18:48:02
やはり雑誌「Newton」が一番わかりやすい。
いろいろなものがある。
県立図書館で「Newton」で検索してみなせやいっぺあるれ。
かく言うおれも今日「ゼロからわかる相対性理論」を借りてきました。
読ませる工夫もあるように思う。読み始めたら止まらない。
他の入門書は対象者のレベルが低すぎるか数式を多用していて
「帯に短し襷に長し」の感があるが「Newton」はちょうどいい。

570 :2019/09/21(土) 19:16:16
相対性理論は俺も興味があるんだけど
なかなかわかりやすいものがなくてね。
俺にもわかるようなのがあったら教えてくんなせや。

571 :2019/09/21(土) 20:03:06
やはりNewtonらね。既刊号にもいろいろある。無論「相対性理論」も。
今日借りた本は今年の本だけど、ちと前の号なら図書館にもあるはず。
内容はあまり変わらないね。今日借りた本も過去の号のページを掲載している。
県立図書館の詳細検索で
タイトル「ニュートン」出版社「ニュートンプレス」で検索してみたが
宇宙ものは結構貸し出し中だね。

572 :2019/09/21(土) 21:18:33
宇宙膨張をわりやすく書いているURLを見つけました。。
以下の要素を満たしてかつ分かりやすく書いています。
①赤方偏移
②空間の膨張
③膨張速度は距離に比例する。
④光速度を越えてしまう。観測不能。
ttps://again.lunaclear.com/knowledge/science/t2131/

573 :2019/09/21(土) 21:45:40
今は頭が回らないので
あとでじっくり見てみます。

574 :2019/09/22(日) 14:58:11
おめさんに刺激されて宇宙&SFへの興味がまた刺激されて
県立図書館行ってきましたて。
「相対性理論とタイムトラベル」「みるみる理解できる相対性理論」を借りてきました。
いずれもニュートンムック別冊です。
めんどくっせげらけど、ゆっくり読んでみます。

で、帰りに松屋でカレーを食べてみました。
たしかにうまかったね。
ネットみても評判がいいようだ。
店に入って待っている間に
他の客が頼んだカレーが席に届けられたのを見た瞬間
唾液がどっと出たのを実感しました。
犬みてらて。

575 :2019/09/22(日) 18:17:28
おめさんも「宇宙少年」ならぬ「宇宙老人」らね。
おれは今日一日中「ゼロからわかる相対性理論」読んでました。
一冊一気読みらね。この本ジュンク堂にあれば購入したいと思っています。
>犬みてらて。
そうらね。笑ってしもた。
さすがにおれはカレーでそこまでなったことはないよ。

576 :2019/09/22(日) 19:57:56
物理はおもろいけどやはり数式が出てくる。
おれも理科系科目を少しづつ取ろうと思ってその準備として
「初歩からの数学」を取りました。
基盤科目だからやさしいと思っていたけど教材が届いて見るとちとビビるレベルら。
高校までの数学らしいが、たしかに見たことある記号が載っている。

577 :2019/09/22(日) 21:33:34
「みるみる理解できる相対性理論」いやあ理解するのに苦労するて。
俺には一気読みは無理ら。
しかしながらおもしろいね。
恥ずかしながら真空では音は聞こえないと知り、目から鱗でしたわ。
進捗についてはまだ、光は振動とは関係ない、の段階です。

578 :2019/09/22(日) 22:02:33
>俺には一気読みは無理ら。
ゆっくり進みなせや。
ニュース見てたらちとおもしろい記事が載っていました。CMみてらろも。
「なぜ恐竜は絶滅した?答えは素粒子物理学に」
ttps://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57569

579 :2019/09/22(日) 23:34:25
↑さっとよみました。
俺の思っていた「ビッグバンの前は時間も空間もなかった」と言ってるね。

580 :2019/09/23(月) 06:17:07
「時間も空間もなかった」これは理解できる。
ただそれが=「無」と言えるのか?疑問です。
我々の思う「無」の観念は宇宙創成前でも存在しないのではないか?
われわれの「無」(nothing)からは何も生まれないはずだ。
そもそも「無」とは自然科学ではありえるのか?
同様に「時」とはどのような定義なのか?「空間」とはなんだ?これらは人間の定義でしかない。
宇宙はそんなものを超越しているんだろうね。
俺思うに(こんな理論があるのかもしれないが)、インフレーション前には人間の目や観測機器で感知できない質量のない素粒子が
あったのではないか。それは空間を必要とせずに存在できる。
こんなものでもないとインフレーションは起き得ないと思える。
現にインフレーション理論ではその前は現在の物理学ではわからないそうだ。

581 :2019/09/23(月) 06:28:50
「無」がありえるとしたら、宇宙を創る物質は別な次元からやってきて
それらの物質(素粒子か)がインフレーションを起こした。と
言えるかもしれない。うむーわからん。
素粒子勉強しないとなんとも言えないが。
Newton「素粒子のすべて」を借りてきているんだけどね。
今日は読み切れないろう。

582 :2019/09/23(月) 07:28:21
おれは今週25日で今の仕事終わりです。
おめさん何か仕事しているかね?
おれは少なくとも来春までは仕事しない。
そもそもこの歳ではへえ仕事なんてねえろう。
バスが「半割」になるようじゃへえおしまいですて。

ネットによれば「初歩からの数学」は数学苦手な人には難しいらしい。
「初歩の数学」ではないからと書いてあった。
よって早めに着手せんばだめらかな。

583 :2019/09/23(月) 08:19:53
仕事はしていないよ。
俺も来春まではこのままだと思う。
職種問わず週4日、日中5〜6時間労働のアルバイトが理想だね。

584 :2019/09/23(月) 08:24:23
なるほど、何かしら存在しなければビッグバンもないか。
ただ、そうなるとそれが何故存在したのか、となって眠れなくなる。
「無」というのが都合のいい考え方なんさね。
「神の一撃」論が説得力を持ち、「宗教」へとつながる。

585 :2019/09/23(月) 08:44:35
>「神の一撃」論が説得力を持ち、
インフレーションには神ではないが何らかのきっかけが必要なんだろうね。
インフレーション理論の佐藤教授によれば、
我々のような宇宙が他にもあると言っていたように記憶する。
おめさんも読んだと思うけど、宇宙の95%はダークマター、ダークエネルギーだそうだ。
人類が検知できない物質がある。
しょせん人類が知っている物質は宇宙の5%に過ぎない。
「相対性理論」「量子論」いまは別々だけどこれを統合した理論を完成するのが
今の物理学の当面の課題なようだね。

586 :2019/09/23(月) 10:21:08
>我々のような宇宙が他にもあると言っていたように記憶する。

これについては、SF 小説ではよく出てきます。
宇宙を航行中に突然別の宇宙に移動してしまい、
そこはまったく同じ宇宙で同じ人物も存在しています。
しかもこれはいくつも存在しているのです。

587 :2019/09/23(月) 11:35:33
ビッグバンのときに同時に多数の別宇宙が形成されている説があるんだね。
となると、同じ地球があって同じ人物がいるってのは違うか。

588 :2019/09/23(月) 12:51:23
Newton「素粒子のすべて」を3分の1読んだところです。
反物質について概要はつかめたが、まだまだ謎が多いんだね。
この本2016年だから今は少し解明が進んでいるのかもしれないが。
反物質を構成するのが反素粒子で例えば反電子(陽電子)のようにプラスの電荷をもつ電子で
性質が同じであるが電荷が逆な素粒子をいう。
ビックバンの際に多量の素粒子と半素粒子がペアで生成され、その後宇宙の温度が下がるにつれ
「対生成」より「対消滅」が増えたらしい。
すなわち素粒子と反素粒子が衝突してあとかたもなくなる。ペアで消える。
しかし宇宙では反素粒子はなかなか見つからないのが不思議だそうだ。
反素粒子からできている宇宙が別に存在するのではないかという説もある。
確かに人類は138奥年前しかみれないからその視界外に別な反素粒子の宇宙があるともいえるらしい。
反素粒子だけで宇宙や星や人間ができることに無理はないらしい。
E=MC2をあてはめると対消滅であるから素粒子の質量がすべてエネルギーに変わるわけで、
核融合(質量欠損0.7%)の比ではない膨大なエネルギーが生じるはずだが、
このエネルギーはどこへ行ったのか?俺はまだ知りません。

589 :2019/09/23(月) 13:19:34
「対消滅」で発生したエネルギーはどこへ行ったのか?
ググってみたが答えが見つけられなかった。
以下はおれの勝手な見解・疑問です。
おめさんが借りた本に記述があれば教えてくんなせや。
①対消滅で生じたエネルギーがダークエネルギーと言われるものなのではないのか?
②これが宇宙膨張のエネルギーとなっているのではないか。
③エネルギー保存則からして宇宙膨張に使ったエネルギーは何のエネルギーに変わったのか?

590 :2019/09/23(月) 13:29:10
正確性がイマイチな文章なので訂正します。
>しかし宇宙では反素粒子はなかなか見つからないのが不思議だそうだ。
正)しかし宇宙では素粒子だけで反素粒子はなかなか見つからないのが不思議だそうだ。
  ペアで消滅するのであれば消滅せずに存在する素粒子:反素粒子の比率は同じであるはず。

591 :2019/09/23(月) 14:22:55
宇宙・物理はこの辺にします。
11月の面接授業「宇宙の物理」の予習はできたものと思います。
先月買った「高校の化学がまるごとわかる」に戻ります。
後期の放送科目で「人体の構造と機能」「感染症と生体防御」「公衆衛生」と
人体に関わる科目3つ取ったすけ化学の知識が必要と思う。
「芳香族化合物」とかこんげの習ったんだろっかね、全然記憶にございません。

592 :2019/09/23(月) 14:35:36
俺が借りた本はその辺は書いてないね。
ダークエネルギーについては、
宇宙を膨張させるエネルギーであり、この密度がずっと一定であれば
膨張し続けるし、弱まれば(重力のほうがダークエネルギーよりも強くなって)
収縮して、最終的にはインフレーション以前すなわち時間も空間もない
「無」に戻る(ビッグクランチというらしい)そうだ。
どっちになるのかはわからないそうだ。
また、密度が濃くなれば、膨張速度は破壊的に速くなり、
原子がふくれあがってバラバラになる(ビッグリップ)そうです。

593 :2019/09/23(月) 15:05:59
ご指摘のダークエネルギーはおれが借りた本にも書いてあります。
Newton別冊は過去の同様な本を若干編集しなおして、また最新の情報を加味して
発売している感じだね。イラストなんかは既刊号から流用しているのがよくある。
だすけ「相対性理論」についてはタイトルは若干異なるものの、
どの号も本質的な面では変わらない編集と思うね。

594 :2019/09/23(月) 15:25:26
>原子がふくれあがってバラバラになる(ビッグリップ)そうです。
ってことは陽子、中性子、電子が原子構造から離れてバラバラになるってことかな。
バラバラになるためにはかなりの高温n億度くらい必要と思うが膨張ならば
空間の温度は下がるように思う。なんの力がはたらくのだろうね。
宇宙の終焉までは興味がありません。
恒星の一生には興味がありますが。

595 :2019/09/23(月) 15:49:09
あたまが「宇宙・物理」モードになっている状態で化学の芳香族化合物なんて読んでも
「それがどうしたってか」ってな感じです。
基礎化学までかな、原子のイオン結合とか共有結合とかここまでは物理と重なる部分だね。
物理も化学も「元素の周期表」が基本となる感じだね。
機会あれば関連本(Newtonにもあったはず)読んでみてくんなせや。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板