板情報 | マンガ ]

ベイビーステップ ファンサイト 掲示板

1  ベイビーステップについて語ろう!2  (書き込み数 : 86)

1管理人★   :2016/01/14(木) 01:10:00  
皆さん、こんばんは。

ベイビーステップ好きな皆さんのお越しをお待ちしています。
気軽に書き込んでいただけたら嬉しいです。
65管理人★   :2016/10/28(金) 22:42:44  
>>64
こんばんは。

次回のリズムの練習が気になってしょうがないですね。
デートしつつ練習もしちゃう一石二鳥作戦でしょうか‥ゲーセンくらいしか思いつかない。
私もエーちゃんと連絡先を交換したいです!
67塚原悠(ハンドルネーム考え中)   :2017/03/16(木) 19:26:33  
みなさん、西岡良仁選手とスタン・バブリンカ選手の試合は観ましたか? 西岡選手は惜敗してしまいましたが、あんなに小柄なのに世界のトップ・クラスとあれだけ激しい試合をするなんて感動しました。『ベイビーステップ』だと岩佐くんや井手くんが小柄ですが、西岡選手の成長や活躍がきっかけで、井手くんみたいな小柄な登場人物の出番が増えるかもしれませんね。『ベイビーステップ』でも、ぜひ小柄な選手と長身の選手の激しい試合を観てみたいです。
68管理人★   :2017/03/17(金) 23:15:52  
>>67
こんばんは。

今大会の西岡選手の快進撃は猛烈なインパクトを残しましたね。
最後、あと一歩のところで勝ちを逃したのが悔やまれます。
ベイビーステップを知っている人からすると、今回の西岡選手とエーちゃんが重なった人もいるのではないでしょうか。
西岡選手より4cm高いですがエーちゃんもテニス選手としては小さい方になるでしょうから。
エーちゃんもいつか世界をあっと言わせてほしいです。
69awake   :2017/06/23(金) 16:17:44  
こんにちは!

Amazonプライムで配信されていたベイビーステップの実写ドラマが、遂に地上波でオンエアされるのですね!

7/3から毎週月曜20:00~、TOKYO MXで放送のようです。
MXのサイトで偶然見つけました。

Amazonレビュー見ても評判が良いので、地上波に繋がったのでしょうかね。
楽しみです!
70管理人★   :2017/06/25(日) 20:21:09  
>>69
初めまして。書き込みありがとうございます。

来ましたね!
Amazonプライム会員限定では、どうしても見られない人もいたと思うので良かったです。
TOKYO MXなら(多分)パソコン、スマホでも見られるので多くの人に見てもらいたいです。

原作を追っている人からすると、ドラマは1巻~の内容なのでとてもとても懐かしく感じることでしょう。
71塚原悠   :2017/10/03(火) 03:20:06  
管理人さん、お久しぶりです。管理人より一言読みました。もうすぐ『ベイビーステップ』10周年なんですね。とても楽しみです。ところで、10周年に関係ない話題になってしまって申し訳ないのですが、管理人さんが文章で、世間で最も一般的な「……(三点リーダ)」ではなく「‥‥(二点リーダ)」を使用していることに気がつきました。もしかして、と思って『ベイビーステップ』を確認してみたら、作品でも二点リーダの方が採用されていました。さすが管理人さん、細かいところまでこだわってる! 調べたら二点リーダは週刊少年マガジン全体の慣習なんですね。
72管理人★   :2017/10/03(火) 22:52:40  
>>71
こんばんは。

連載開始当初、打ち切りにおびえていたことが今は懐かしいです。
高2の神奈川ジュニアサーキットでタクマさんに勝って優勝して連載終了しそうな空気があの頃にはありました。(個人的に)
それが10周年を迎えるというのは本当に感慨深いです。

二点リーダについては、おっしゃる通り偶然ではなく作品に倣ってのことです。
マガジンは二点リーダが基本で例外的に三点リーダを使う作品があると、昔何かで見たような記憶があります。
ただ先週のマガジンを読み返してみたら、今はほとんどの作品が三点リーダを使っているという衝撃的事実に気が付いてしまいました……
73塚原悠   :2017/10/06(金) 14:42:41  
>>72
え! 僕はかなり遅れて『ベイビーステップ』を知って好きになった人間なのですが、打ち切りになりそうな雰囲気があったなんて信じられません。初期は初期のおもしろさがあるのに‥‥。そういえば、NHKの特集番組でも何か言っていたような。僕は単行本で『ベイビーステップ』をチェックしているので知りませんでしたが、10年も連載していると掲載誌の慣習にも変化があるものなんですね。
74塚原悠   :2017/10/06(金) 14:49:37  
あと、最近6巻あたりを読み返してみたら、池くんのバックハンドがまだ片手ですね。ある時期からは錦織圭選手と同じ両手バックハンドになりましたが、どこかで作者の発言ってなかったのかなぁ。
75管理人★   :2017/10/07(土) 00:22:10  
>>73
こんばんは。

連載開始してしばらくは単行本の売り上げも連載陣では下位でしたし、なかなか不穏な空気が立ち込めていたと思います。
派手な漫画ではないので。
ただ塚原悠さんのように「かなり遅れて」知って好きになった人が多くいるので、今はもうその心配はなくなりました。
エーちゃんのようにコツコツ積み重ねて知名度も人気もじわじわ上がってきた感じがします。
アニメ化が大きかったですかね。


>>74
池くんのバックハンドは6巻当時はまだそこまで深く考えていなかったのかなぁと。
そういえば昔ベイビーステップは片手バックハンド率が高いという話がありましたが、最近の登場人物では片手バックハンドの人っていないような。
76じゅん   :2017/10/18(水) 19:12:11  
掲載終了..

かなり悲しいです。

どうか、月刊でも..
act2をやって欲しい?

楽しみを奪わないで欲しい。
77管理人★   :2017/10/19(木) 01:21:11  
>>76
初めまして。書き込みありがとうございます。

ネット上でも惜しむ声だらけで、本当にたくさんの人に愛されている作品なのだと感じました。
まだまだ話の展開が広がっていきそうなところでの終了なので残念です。
ただ、ということは続きを描きやすいとも言えるかもしれません。
続報を待ちましょう。
78テニスのヨッシー   :2017/12/11(月) 09:41:19  
>>77
こんにちは。はじめまして。その後月刊化やアニメ続編など楽しい情報はないようで残念ですね。あまりに唐突でまとまりつかない終わり方で不完全燃焼で残念です。小説をウエブででも良いので続きを読みたいですよね。
79管理人★   :2017/12/11(月) 21:23:27  
>>78
初めまして。書き込みありがとうございます。

47巻にも加筆はほとんどないようです。
このまま終わってしまうには惜しいくらい、ベイビーステップという作品にはまだまだ力があると思うんですけどね。
もったいない‥。
80わらびもち(元・塚原)   :2018/06/25(月) 13:59:41  
お久しぶりです。連載終了が決まったあたりから、このサイトを見たり、アンケートに答えただけで掲示板の方には書き込んでいませんでした。すみません。これからは『ベイビーステップ』を読み返して発見した気づきなどを投稿していきたいです。さて、一巻でエーちゃんが使っているリュックの話題ってここで既出ですか? 豚の鼻みたいなものがついているアレです。
81わらびもち   :2018/06/25(月) 14:07:04  
いまさらですがハンドルネーム決めました。好きなお菓子が由来です(どうでもいいことだけど)。シリアスな話題のときは元の名前に戻すかも……。
83管理人★   :2018/06/26(火) 00:03:32  
>>80-81
こんばんは。お久しぶりです。

連載が終わってもう半年以上経ってしまいました‥。

リュックが話題になったことはないですが‥どういうことでしょう?
読み返していて、学校にもSTCにも同じリュックで行っているのが少し気になりましたが。
ちなみに豚の鼻は「ピッケルホルダー」と言うとテレビで見ました。
84わらびもち   :2018/06/26(火) 17:21:15  
>>83
こんにちは。豚の鼻ことピッケルホルダー・マークを採用した日本のブランドがアジアで大人気という記事を読んだんです。ブランドができたのが2005年で、連載当時、まだ数年しかたっていないので、作者の勝木さんには先見の明があるなぁ、と思って。ちなみに、他のブランドでもピッケルホルダーを採用しているところがあるみたいです。
85わらびもち   :2018/06/26(火) 17:29:18  
あと、私事で恐縮ですが、昔やっていたテニスを再開しました。プリンスのラケット買っちゃいましたよ。楽しくて生活が充実しています。『ベイビーステップ』も、また続きが読みたいです。
86管理人★   :2018/06/27(水) 00:01:31  
>>84-85
こんばんは。

エーちゃんのリュックにそんな秘密が。
なっちゃんとカラオケに行ったときもそのリュックですね。

そしてテニスの再開おめでとうございます。
Wilsonを買いそうな雰囲気もありましたがPrinceなんですね。
ベイビーステップを読みつつテニスライフを楽しんでください!
名前
E-mail(省略OK)
内容