したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【怖い話】SS貼り付け場所

22 蝦夷地1号 :2004/08/28(土) 17:51
天晴少女日記 第11話第2回 <陽真〜YOUMA> 

●1ページ目

自宅に帰ると、部屋はクーラーによっていい具合に冷えていた。
設定を適温に戻し、手早く服を脱ぎ捨てる。
浴室へと入った私は、シャワーで軽く水を浴びた。
先ほどまでの出来事で、すっかり汗にまみれた身体を流し、ざわつく肌を冷やす。
お湯の温度を戻し身体を洗う。
次第に温まっていく身体を撫でていると…消し忘れた埋み火がチリチリと胸を焦がし始める。
…やれやれ。なんだかおかしな夜の散歩になってしまったものだ。
暑さから逃れようというのに、違う熱さに中てられてしまうとは。

「ふぅ…ん」
胸をまさぐると、固く締まった感触が手に伝わる。
その先端にはホウセンカの鞘のように、弾けるのを心待ちにしている乳首が。
「はぁ…気持ちいい…」
口に出すと、さらにその感覚は強くなる。
左乳房をもてあそびながら、片手のシャワーを首筋、右乳房、臍…と、当てていく。
断続的な水の感触が、こそばゆくも気持ちいい。
「…まだだから、ね」
自分を焦らすように、シャワーで腿の辺りを叩く。
女性器が、身近な刺激にキュッと緊張する。
「あぅ…ン、もう、ちょっと」
あえてポイントを外した水勢の愛撫が、私の身体と心を揺らしていく。
「ふ…んンッ!」
乳首をつまみ上げると、そんな自分へのお預けが、ついに我慢出来なくなった。

ttp://2ch.nekoruri.jp/fileboard/files/img20040828174742.jpg

ジャァァァ!!
「ひゃゥッ!あ!叩く!ぅあン!」
押し当てたシャワーは、数ミリの針となって、その一帯を攻め立てる。
外陰部を陰核を膣を…。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス) - サンカクヘッド

FPSは・・・遊びじゃないんだよ!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板