したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

C++でVST作りの指摘・質問

192 管理人★ :2018/07/16(月) 15:45:38
猫十さん

すいません。今質問を読み返して逆方向だということに気付きました

やりかたは>>191と同様で出来ると思います。
(コードのイメージは全角スペースになっているのでご注意ください。)

①GUIクラス側(AEffGUIEditorを継承したクラス側)で文字列を受け取る関数を定義する

class MyGUI : public AEffGUIEditor, CControlListener
{
public:
  // 引数の文字列 fileをメンバー変数のfilepathに設定する関数
  void setFilePath(char* file) { strcpy(file, filepath); };

  〜〜以下略〜〜
protected:
  char filepath[256]; // ファイルパス用の文字列
};

②音声処理クラス側(AudioEffectXを継承したクラス側 MyVSTとする)で
 CTextEditコントロールなどから文字列をうけとった際に通知する処理を追加する

void MyVST::processReplacing(float** inputs, float** outputs, VstInt32 sampleFrames)
{
  〜〜以下略〜〜

  // wavファイルのパスが変更された場合だけ、MyGUI側に新しいファイルパスを渡す
  // (条件式は省略。プログラムに合わせてください。)
  if(〜〜〜〜)
  {
    // たぶん排他処理が必要
    ((MyGUI*)editor)->setFilePath(newfilepath);
  }
}

③GUIクラス側(AEffGUIEditorを継承したクラス側)でテキストラベル等に文字列を反映させる
 (ここではidle関数を利用。参考→https://www39.atwiki.jp/vst_prog/pages/93.html)

void VstGui5::idle ()
{
  // まずは継承元の関数を呼び出す(必須)
  AEffGUIEditor::idle ();

  // このVSTGUI固有の処理を記載する

  // テキストラベルの文字を設定する
  // setText()処理中にfilepathが更新ないように排他処理がいるかもしれません。
  textLabel->setText (filepath);

  // テキストラベルの描画を更新する
  textLabel->setDirty();
}


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa