したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【ミ】『想貌』

88 平石基『キック・イン・ザ・ドア』 :2019/03/16(土) 23:32:57
>>87
「…スマン。何しろ急で」

言い訳がましく、荷台から降りる。体が痛い。伸びをしたり、屈伸したりしてみよう。

>       「ですが、……『チャオ』も、『吉仲』も、滅しました。

>        もう、『犠牲者』が出ることはないでしょう」

「そうだな。うん、良かった。それにしても、た」「っ」「と」
「とんでもないヤツらだったな。『死んでも動く』って、本当にあるもんなんだな」

言いかけたのを言い間違えたことにして、とんでもない敵だったことの話題。
『チャオ』と『吉仲』に、義憤めいた感情(だと思う)を以て戦った緒方の前では言い辛かった。
自分でも良く分からない。殴り合いのケンカも小学生以来、格闘技も高校の体育で柔道やったっきりだ。
なのに、ふと口をつきかけた。『それにしても、楽しかった』。本心だ。楽しかった。
徹頭徹尾、『殺されそうになって』、『やりかえして』、『叩き落した』、要するにあれは『殺し合い』だ。
ちょっとどころじゃなく『日常生活』とはかけ離れた異常事態だ。そうだ。
よく考えれば、『曳舟』の話を聞いたときから、楽しみだった。

「………」
「もう『犠牲者』は出ない。うん。一安心だ」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板