したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【ミ】『Victim島』

194 小林 丈『リヴィング・イン・モーメント』 :2019/03/22(金) 20:00:57
>>189

> 今、あんたが手元に引き寄せたそれだって【魔法】でしょ

「……ん?」

真顔で首を傾げる。
 何時、私は『水槽』を動かしただろう? 座り込んだ一抹君の
足元に直に手で置いたと思ったが、気づかない内に動かしてたのだろうか。
または今も頭上で周囲を監視してる『水槽』に気付いてたが故の発言だろうか。
 それと彼女はスタンドの声が届かないのだし。私は彼女に背を向けてるから
怒鳴られる謂われは余り無いと思うのだが。もしかすれば、一抹君と反対方向を
向いてるのが、たまたま着替えてる彼女の真正面だったのかも知れないし、話しかけた時に
彼女のほうに向きなおっていたのかも。
とりあえず、これについては今後考えないでおこう。私の機微な配慮が至ってないのだ。

>>191
一抹君の話にも耳を傾けつつ、黙考する。兄と思われる事はこそばゆくもあるのだろう。
 今の時点だと懸念する部分が多く点在している。まず、私達の服飾は遠目でも
『現実』の者だと判明する。私は緊急時は自ら囮になる覚悟だから構わないが
一抹君だけでも、この夢舞台の服飾を手に入れるべきだろう。

それに、敵が夢の空間に適応した姿で現れるなら……この世界に似つかわしい
幻獣などで現れたり、それを使役しても不思議でない。

それと、彼女『アスナ』だ……。

(『勇者』か……親友『ヤジ』ならば、これを聞いてどう思うのかな)

「……最初にも言いましたがね。我々は此処より遠い遠い異邦から
来た次第でして。こちら風に言いますと、賢者と称して良い方の術で
『ウルトラ星見ボーイズ』が暗躍する場所まで転移させて頂いたんですよ。
それで、彼等は『魔法』と異なる『悪霊』を宿してます……私達も」

説明しつつ、鞄の中の水筒の受け皿部分で『黄金色の小川』の液体を掬う。
……この小川は、単なる水と同じ成分なのだろうか? 気に掛かるが今は良い。

飲み口部分に溜まった黄金色の液体を『アスナ』へ差し出しつつ
『リヴィング・イン・モーメント』を一匹その中に発現させる。

「手で液体の中心に触れてみて下さい。
見えない小さな固い魚のような感触を覚えるでしょう?
一抹君や私にも、はっきりとブリキの小さな魚が見えてます。そして、この魚は
彼の側にある『水槽』のように、液体を包み込む力をもってます。
私の力は、些細なものですがね。私達が追う存在は貴方には見えない剣か
それ以上に危険な力を持ち合わせている」

彼女は『スタンド使い』でない。どんな強力無比な『魔法』が扱えようと
スタンドが使えるか否かで生死は雲泥の差を末路に刻むであろう。

本当の『勇者』であり『蛮勇』を好まざるのなら、敵の脅威を知るなら
一抹君の同行にも承諾を容易に進めるだろう。

それと、叶うなら水筒にも小川の液体を補充させておく。
マスカットジュースは、最初の出発時点で大きく消費してしまったから。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板