したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ロンギヌスの槍

1 名無しのチルドレン :2007/02/14(水) 17:45:06 ID:sr69N4xY
あの槍は、S2機関が入ってるんですか?
急に形が変わったり、勝手に飛んできたりする槍を人工的には作れないですよね?

29 セラフィエル :2007/07/07(土) 17:10:57 ID:h.bAA9cw0
私のホームページでは今、極東博士殿がそれに関する講義を開いてくださっております。
死海文書に関することはいずれもっと詳しく謎に関するところで触れたいと思いますが、ちとお待ちください。
夏休みにならないとなんともいえないんです。

30 海江田 :2007/07/07(土) 18:19:15 ID:mCYzHuvQ0
分かり易い説明ありがとうございました。
セラフィエルさんのサイトに行ってきました。これからはセラフィエルさんのサイトも参考にさせていただきます。
Yasuakiさんのサイトのカウントに追いつき、追い越すぐらいがんばってください。応援しています。

31 セラフィエル :2007/07/07(土) 18:20:09 ID:h.bAA9cw0
あと、海江田さんは使徒についての概念を、イエスの弟子である「アポストロ」の概念で見ておられるようですが、エヴァの世界では「使徒」と称されながらも、その英文表記は「Angel」であり、それは天使を意味するものです。
ここの掲示板でも述べたことですが、いわゆるエヴァの世界に登場する使徒は、本当の天使の出自がどうあれ、全てに智天使の集団「ケルビム」の概念が植えられています。
ケルビムは生命の樹を人の手から守護する化け物の姿をした天使群です。
その天使の集団の長はケルビエルと呼ばれます。実はこのケルビエルってイコール「ゼルエル」だったりするんです。
詳しくは私のホームページに載せてある『天使の概念→天使の9階級』や掲示板にて述べてありますので、そちらをご覧いただけると幸いです。

32 セラフィエル :2007/07/07(土) 18:34:38 ID:h.bAA9cw0
>>30 海江田さん
あ、ご覧くださいましたか。
ありがとうございます。書き込んでいる最中に一分違いで書いていてくださったみたいですね。
まだあまり知られていないサイトですから、100万とかはまだまだ先のことでしょうねぇ・・・。
まだ内容も薄いので・・・。
濃いのは掲示板だけ?(笑)

33 海江田 :2007/07/07(土) 19:05:56 ID:mCYzHuvQ0
一分違いとは面白いものですね。
それと、Yasuakiさんのサイトは『新世紀エヴァンゲリオン解説』で検索した場合521,000件の11番目に出てくるので、セラフィエルさんのサイトも検索されやすい名前にすればアクセスが増加するかもしれませんね。
ですが、有名になって荒らされては困りますが。
さて、使徒の話ですが使徒はエデンの園を守っていて、科学技術的にはクローン技術の発達で人類はズカズカとエデンの中に入り込んで生命の実に手を触れるところまで来ていますが、エデンを〝守る〟だけのはずの使徒が物理的には積極的防衛といいますか、今日のアメリカの様な先制攻撃を人類が受けるというのも皮肉な話ですね。
第一の使徒以外は出現してもなかなか攻撃を仕掛けてこなかったりしたのは、『少し猶予を与えるので、人工的に生命を作り出す様な知識は捨てろ』という猶予期間だったのかもしれませんね。w(笑)w

34 セラフィエル :2007/07/08(日) 12:04:48 ID:h.bAA9cw0
>>33 海江田さん

>エデンを〝守る〟だけのはずの使徒が物理的には積極的防衛といいますか、今日のアメリカの様な先制攻撃を人類が受けるというのも皮肉な話ですね。
実は、智天使の集団は、その化け物としての容姿を用いて、人を積極的に脅かすこともするそうです。
また、エヴァの世界では自らの存在意義を賭けて攻めてくるわけですから、一概に聖書の設定のみを解釈するだけでは足りません。

そもそも、何故使徒は単体としての生命体であるのに、物理力に影響を与えるほどのATフィールド、すなわち自我境界線を持ちえるのか?
それは心理学的な側面を見るのであれば、使徒にしてみれば使徒以外の他者はみな、自分と種を異にする互いに相容れない存在、すなわち敵だらけの世界です。
それだけ、敵に対して強固な自我をもって生まれた存在なのだと解釈できます。
自我が社会の中における一個人として、他者との触れ合いによって構築されていく者であるのであれば、敵だらけの社会で自分を形作る上で、自分にそれだけのものに打ち勝てるものを形作って然りなのだと考えるのです。
すなわち、人類の敵と定義される使徒ですが、あのような強固な存在になったのは、実際には自分と敵対する存在となった人間の存在ゆえであると考えることも出来るのです。
他者のいない世界で自我を形成することは不可能だという説が経験科学で立証されているのです。

35 海江田 :2007/07/08(日) 12:58:12 ID:t6rGjTLw0
セラフィエルさんの説明は分かり易いですね、すんなり納得できますね。まるでニュースキャスターの『筑紫』さんや『古館』さんと話している様です。
セラフィエルさんは文系だそうですが、私はどちらかというと理系の頭をしているので、知識があったとしてもこの様に上手な説明はできませんよ。

さて、使徒についてですが、人類が存在するから使徒が強くなったということが分かりました。
ここで私は人間が猿だったころには、使徒は弱かったと思いました。いくら猿同士であってもコミュニケーションは取れない。猿と使徒もコミュニケーションを取れない。つまり、みんなが一人であって、敵もいなければ味方もいないはずですから。(心理学的に心を共有できないという意味で)
まあ、この私の考えは、愚の骨頂ですね。
『新世紀エヴァンゲリオン』において、人は神によって作られたという『ユダヤ教』、『キリスト教』的思想を根底においておかなければ、受け入れる事ができませんからね。
現実的にすばらしい考えである『進化論』を完全に否定して考えているので、『ダーウィン』にはすまない事をしていると感じています。(笑)

36 セラフィエル :2007/07/08(日) 15:00:20 ID:h.bAA9cw0
>>35 海江田さん
>セラフィエルさんの説明は分かり易いですね、すんなり納得できますね。まるでニュースキャスターの『筑紫』さんや『古館』さんと話している様です。

そ、それは買いかぶりすぎですw
私は確かに文系ですが社会学系の理屈屋的なところもありますし、うまく文章表現することが難しいことも多々あるのです。
私は今現在も社会学関係の資料を学んでいるところなのですが、これは非常に人間のことをよく考えさせてくれるものでして。
しかしながらこういう資料は、ほとんど外国の学者が論じられたことを直訳にも近い形で翻訳している者なので、物凄く読みにくいことがしばしば。
どうしてこう、もっと簡単に表現できないのかと、模索しているところなんです。
そういう考えが根底にあるのか、相手に納得してもらえるような描き方を心がけているんです。
>つまり、みんなが一人であって、敵もいなければ味方もいないはずですから。(心理学的に心を共有できないという意味で)
うーん、自我と言うもの自体、他人がいなければ形成されえないものです。
完全に共有できなくとも、ある程度共有することは可能であるのです。心理学的にも。
これは社会学の根本概念からの解釈ですが、人間の経験を理解するというのは、そのままズバリ同じようなことを追体験しなくともある程度は努力すれば理解できるところはある、その意味はあるとしています。
また、フロイトも、事件を起こした犯人を暴こうとするのに、その行為全てを把握するのではなく、明確な根拠を見つけることで、10中8、9くらいは判ってくるものだとしていますし。
犯人を見つける仕事って、その足取りを辿ることも有用ですが、犯人の残した痕跡からある程度の推測をはかることもできうると言う解釈のもとでの論理です。
私は補完計画とはこのような理解をするという努力を投げ捨て、全ての煩い事から逃避しているだけである、と解釈しているのです。
もし本当に単体としての存在であるならば、すなわち偶像崇拝を禁じ、姿形を表すことが全くない「唯一神」と同じ解釈になり、それこそ姿形を持ち得ない、ただそこに漠然といるだけの存在となるでしょう。
「神」の概念ってまさしくそんな感じのものだと思います。

37 海江田 :2007/07/08(日) 18:27:50 ID:A9p06pvc0
他人がいれば自我が生まれ、争ってしまう。しかし、他人がいなければ自我が生まれないので、他人を思うこともできない。
難しいですね。NHKの党首討論で話している内容の様です。(笑)
私がアニメにはまったのが2,3年前で、多くのアニメを2,3年で次から次に見てきたので、まだ『新世紀エヴァンゲリオン』もアニメの第一話目から劇場版の『Air/まごころを、君に』まで一度しか見たことが無いので、先ほどアニメの最終話をもう一度見たのですが、『他の人達が僕の心の形を作っているのも確かなんだ』というシンジ言葉が自我についての感覚に当てはまると改めて思いました。
なんだか、シンジが『まごころを、君に』でアスカと人間としてもう一度会えるように願った気持ちが分かったような気がしました。

アニメの最終話についてですが、なんだか『ユイ』と『レイ』の声が同じように聞こえると思い、調べると同一人物でした。まあ、アニメの設定上も『ユイ=レイ』の様なものでしたしね。『ユイ=レイ』の考えは間違っていますか?
それと、『ユイ』と『レイ』役の『林原 めぐみ』さんが『ポケットモンスター』の『ムサシ』役というのは、知りたくありませんでしたねw 『名探偵コナン』の『灰原』役は許せますが。

38 セラフィエル :2007/07/08(日) 20:52:29 ID:h.bAA9cw0
>海江田さん
ユイとレイだけが同じ声優というわけではないですよ?
初号機の咆哮もまたしかり、林原めぐみさんです。
あれは変声機を使っているわけではなく、空き缶に口を近づけて響かせていたそうです。

この三者の声優が同じなのは、監督の意図的なものであると考えます。
ユイ=レイとされた海江田さんですが、「=」ではなく「≒」です。
レイの肉体はそれこそユイのものですが、魂はリリスのものなので。
繋がりがあるという意味で解釈できると思います。
>それと、『ユイ』と『レイ』役の『林原 めぐみ』さんが『ポケットモンスター』の『ムサシ』役というのは、知りたくありませんでしたねw 『名探偵コナン』の『灰原』役は許せますが。
それをいったら「らんま1/2」の女らんまも彼女ですよ?
「スレイヤーズ」のリナ=インバースもそうですし。

ちなみに海江田さんが、もし私の自我論に関する考察をご所望とあれば、メールをお教えいただければお送りしますがいかがですか?
私のホームページに載せる予定のものです。
ミードの考え方を図にしてもっと判りやすい文章に書き直してみました。
私自身が大学で使おうと思っている論考なので、まだ載せるつもりはありませんが(^^;)。

39 海江田 :2007/07/10(火) 00:49:10 ID:LDvM4RHk0
声優さんも大変ですね。一人何役も。ですが、監督の意図的な物でこうなるというのは分かるような気がします。
私がアニメにはまる原因となった作品は『機動戦士ガンダムSEED』なのですが、『SEED』と『SEED・DESTINY』を見た後に調べてみると、この二作で五役をこなしている『桑原 法子』という方がいるのですが、すごいと思いましたね。五人全員別人に思えるぐらい声が違いましたから。声優の方はすごいと思いました。逆に『新世紀エヴァンゲリオン』の場合は『ユイ』と『レイ』が似ているからしっくりとくるのですが。
ちなみに、『桑島』さんの担当されるキャラはいつも死ぬので、『桑島死亡率100%』というおかしなジンクスが付けられたと『ウィキペディア』に書かれていました。紹介した『ガンダムSEED+SEED DESTINY』の五役も全員死にました(笑)

>それをいったら「らんま1/2」の女らんまも彼女ですよ? 「スレイヤーズ」のリナ=インバースもそうですし。
すみません、分かりません。上で言ったように、はまる原因になったのが最近の作品で、昔の作品に詳しくないので。
『SEED』がとても良かったので、Firstの『ガンダム』を見てみようと思い『TSUTAYA』に行くと、VHSしかなかったので、仕方なく次に古い『Zガンダム』を見たのですが、時代の古さ、今と比べると画力に低さ、ストーリーが私に合わないなどから、好きな方には申し訳ありませんが、私には合いませんでした。それからというものの、古い作品にはまったく手を付けなかったのですが、たまたま少し目にした『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』は面白かったので全て見ました。ですから私がいままで見た古い作品は『第08MS小隊』と『エヴァ』だけですね。
昔のアニメでも少しの知識なら持っています。セラフィエルさんのサイトの紹介にある、好きなアニメの欄の『新機動戦記ガンダムW』は色々ありまして五話まで見ましたし、今確かBSで放送中ですよね。五機のガンダムが地球に降下して、主人公が誕生会に誘ってくれた女の子に厳しく当たっていた様な気がします。『機動武闘伝Gガンダム』は見たことありませんが、『シャイニングフィンガーソード』と『東方不敗』が目指しているのは『東西南北中央不敗』だという事は知ってます。(なぜ『中央』が入るのか…)

>メールをお教えいただければお送りしますがいかがですか?
どうもありがとうございます。
ですが、申し訳ありませんがお断りさせていただきます。
セラフィエルさんを疑っているというつもりは毛頭ありませんが、昨今のニュースなどでインターネットを舞台とした様々な個人情報の漏洩問題が取り上げられており、もとより私は神経質な性格でありますので、個人情報保護の観点からお断りさせていただきます。
お気使いどうもありがとうございます。
セラフィエルさんのホームページに掲載されましたら拝見させていただきます。 

いつも丁寧な説明ありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。

40 セラフィエル :2007/07/10(火) 18:46:02 ID:h.bAA9cw0
>>39 海江田さん
うーん、そうですか・・・。
私のメールアドレスが開示してあるので、そこにお送りくだされば、情報を公開せずに私だけに報せることが出来るとは思ったのですが・・・。
判りました、無理に聞き出そうとは思っておりませんので誤解無きようお願いいたします。
私の掲示板で、ちょっとだけエヴァに絡めた、今度はミードではなくフロイトの自我論を紹介してあります。
もしよろしければどうぞ。
スレ名は「自我論とATフィールド、ロンギヌスの槍の意味」です。

うーむ、SEED系は既に本来のガンダムじゃないとの酷評が大勢を占めておりまして・・・。
かと言って私はファーストガンダムがいいとか、Zガンダムがいいとか思っているわけではないですよ?
Zガンダムは悲劇的な風潮が作品を通してずっと続いていましたからね。作品としての存在は大きいですが。
Vガンダムなんてもっと酷いです。
イデオンとかは赤ん坊2人を残して全部死亡ですから。
あらいぐまラスカルはご存じないですか?実はあれ、富野監督が絵コンテを担当しているんだそうですよ?
あ、08小隊はガンダムの中でも数少ない幸せ大成物語です。
全部見たことはないですが、大体のシナリオを見る限りは、幸せ直球まっしぐらですね。

>すみません、分かりません。上で言ったように、はまる原因になったのが最近の作品で、昔の作品に詳しくないので。
うーん、リナ=インバースはそれなりに有名キャラなんですが・・・。
例えば、エヴァのTV版最終話にて登場する、元気なレイがいると思いますが、あれが姿は似ていなくても「スレイヤーズ」の主人公である女魔道士・リナ=インバースに性格と声がそっくりだから「リナ=レイ」などという通称がついているのですよ。
東方不敗は私の中でも強烈な印象が残っているキャラです。
あのキャラは凄まじいですからね。

41 海江田 :2007/07/10(火) 19:46:36 ID:./aNECzQ0
セラフィエルさんの掲示板の自我論についてのスレには多くのレスが寄せられていたので、時間がある時に読ませていただきます。

>SEED系は既に本来のガンダムじゃないとの酷評が大勢を占めておりまして・・・。
その気持ちは分かりますね。私はFirstの『ガンダム』をPS2『機動戦士ガンダム 一年戦争』で勉強しましたし、『Z ガンダム』も見たのですが、『SEED』からは趣が違うようですね。『SEED』からはなんだか『新世紀エヴァンゲリオン』風になったというか、心機一転という感じがします。『黒い三連星』や『百式』、『シャアの様なマスク』などの伝統も残っていますが。
私は『エヴァ』からアニメの流れが変わったと思っています。Firstの『ガンダム』と同じ役割をして、以後の作品に多大な影響を与えたのでしょう。『SEED』 もまた叱りだと思います。『エヴァ』の影響を一番受けたのは『蒼穹のファフナー』、次は『涼宮ハルヒの憂鬱』だと思いますが。

>あらいぐまラスカルはご存じないですか?実はあれ、富野監督が絵コンテを担当しているんだそうですよ?
どこかで聞いたことがありますね。『庵野』監督は『風の谷のナウシカ』の巨神兵を担当したというのも聞いた事があります。名作を通して世代交代が行われている事が伺えますね。

あと蛇足ですが、セラフィエル さんは『コードギアス』がお好きだという事ですが、私も好きです。やっと第24・25話の放送日時が決まりましたね。楽しみです。

42 セラフィエル :2007/07/10(火) 20:51:13 ID:h.bAA9cw0
面目丸つぶれにされた発言を受けて憤っているセラフィエルです・・・。
まあSEEDはまだそれなりにストーリー性がありますからね。
ただDESTINYはちと・・・。
「やりすぎ」な感じがしていましたからね。
『庵野』監督は『風の谷のナウシカ』の巨神兵を担当したというのも聞いた事があります。名作を通して世代交代が行われている事が伺えますね。
あ、それは私の掲示板でも触れましたよ。
ただ、庵野監督としては不満だったそうです。
腐り行くのをもっと生々しくゆっくりやろうと思っていた矢先、宮崎監督から指示を受けて早く腐り行くように変えられたんだとか。
私もちとあの腐り方はどこか不自然なところがあるというか、なんというか・・・。

65 管理人 :2007/07/16(月) 01:36:43 ID:???0
レスの削除終わりました。
ちょっと疲れました。
正直、私としては消しても消さなくてもどちらでもよかったので。

P.S
キリ番5000は管理人であるわたしが踏んでしまいましたw
すみませんw

66 <削除> :<削除>
<削除>

67 <削除> :<削除>
<削除>

68 <削除> :<削除>
<削除>

69 <削除> :<削除>
<削除>

70 <削除> :<削除>
<削除>

71 <削除> :<削除>
<削除>

72 <削除> :<削除>
<削除>

73 <削除> :<削除>
<削除>

74 <削除> :<削除>
<削除>

75 <削除> :<削除>
<削除>

76 <削除> :<削除>
<削除>

77 <削除> :<削除>
<削除>

78 新参者 :2013/11/20(水) 03:09:00 ID:D6y28ttU0
グングニル
的を外さず戻ってくる、 オーディンが持っている槍。
ロンギヌス(キリスト教)だけではなく、他の神話も使っているようですよ。
物の形が勝手に変わる、腕が復元する。
貴方の思いが、貴方のありかたを決めていく、みたいな言葉を、そのまんま物にまであてはめたんじゃないかな。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板