板情報 | 学問/人文/科学 ]

STAP 受付 掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : STAP問題の全解に向けて、その27(665) / 2 : Ooboeさんとパートナー氏の資料館(287) / 3 : 潜水艦4(69) / 4 : 潜水艦3(58) / 5 : (資料) 対訳若山氏によるネイチャー論文取り下げ趣意書(18) / 6 : (資料) 対訳丹羽検証論文(91) / 7 : (資料) 対訳博士論文草稿第三章(40) / 8 : (資料) 対訳博士論文草稿第二章<一部分>(21) / 9 : (資料) 対訳博士論文草稿目次(28) / 10 : (資料) 対訳博士論文概要(26)
11 : (資料) 対訳ティシュー論文(92) / 12 : (資料) 対訳プロトコル(51) / 13 : RG108に関する李論文(アブストのみ)(15) / 14 : 非ヒトES動物の新規作成方法(50) / 15 : (資料) 対訳李履歴書、血塗られた収穫、李感想問答(48) / 16 : (資料) 対訳遠藤論文-SNPs-(108) / 17 : (資料) kahoの日記(24) / 18 : 潜水艦2(48) / 19 : 潜水艦(48) / 20 : STAP問題の全解に向けて、その26(964) / 21 : バカチョン朝鮮人チョン公朴成榮(1) / 22 : STAP問題の全解に向けて、その25(923) / 23 : STAP問題の全解に向けて、その23(901) / 24 : STAP問題の全解に向けて、その24(1000) / 25 : 遠藤論文、丹羽プロトコル(117) / 26 : ジャップチンパンにそもそも学問なぞ無理だったのだよ(2) / 27 : 柴田洋太郎インチキ学歴やめろ(3) / 28 : STAP問題の全解に向けて、その22(757) / 29 : 今から持論を展開します。(37) / 30 : STAP問題の全解に向けて、その21(980) / 31 : 遠藤高帆博士の論文(668) / 32 : サロン・ド・サイレンス(123) / 33 : STAP問題の全解に向けて、その19(956) / 34 : STAP問題の全解に向けて、その20(67) / 35 : STAP問題の全解に向けて、その20(837) / 36 : スタップ問題 週間サマリー(30) / 37 : STAP問題の全解に向けて、その18(949) / 38 : STAP問題の全解に向けて、その17(853) / 39 : FI幹細胞がES,TSとか異なる(18) / 40 : Ooboeさん資料(565) / 41 : 部落民四つ足中村謙(1) / 42 : オボちゃん、早稲田女子医大にてスタップ作成か(330) / 43 : STAP問題の全解に向けて、その16(970) / 44 : STAP問題の全解に向けて、その15(950) / 45 : わたしチョンよね、おばかチョンよね その4(62) / 46 : 目印3(7) / 47 : STAP問題の全解に向けて、その14(957) / 48 : 目印4(5) / 49 : 目印2(5) / 50 : 目印1(5) / 51 : ルンペン河野元成(4) / 52 : STAP問題の全解に向けて、その11(962) / 53 : くずコメントの捨てスレ(89) / 54 : 注文の多い喫茶店(1000) / 55 : わたしチョンよね、おばかチョンよね その3(51) / 56 : わたしチョンよね、おばかチョンよね その2(50) / 57 : わたしチョンよね、おばかチョンよね(53) / 58 : STAP問題の全解に向けて、その13(926) / 59 : 小学校の砂場(34) / 60 : STAP問題の全解に向けて、その12(910)  (全部で224のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 STAP問題の全解に向けて、その27 (Res:665)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1How to Fix Our Vrippled America :2018/07/05(木) 14:58:39
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩

659在原業平 :2018/07/15(日) 19:47:44
Ooboeさん、我々は若山さんが怪しいという疑義をたくさん持っていて、
例えばそういう情報だけを我々が羅列して、小保方さんには不都合そうな疑義のある話を
一切持ち出さなかったら、おそらく他者に対してとても分かりやすい説明ができるで
しょうね。そういうのをあなたが<いかに、端的に分かりやすくお伝えするか>かという
課題であると考えられているのであるなら、それは桃子や、日経サイエンスや桂報告の
目指していることと何が違うでしょうかね。我々は小保方さんがRosa26-gfpと書いた理由を
理解できてない。Ooboeさんは分かりやすくするためにはその疑義を捨象すべきだとお考えか?


660一言居士 :2018/07/15(日) 19:55:58
<くどくどと下書きばかりでなかなか纏まらな>いのが当たり前で、下書きを捨て去ることができるのは
正解に至った時だけです。その時は一行でも終わりますし、一枚でも書ける。100枚でも書けるし、千枚でも書けるよ。
でも全解に至らない限り一行にすることはできないね。


661閲覧者 :2018/07/15(日) 19:58:01
僕は若山さんが犯人だと一行で書けるよ。でもまだ全解に至っていないから
書かないだけだ。


662ふふふ :2018/07/15(日) 20:13:34
ワイルズがフェルマーの最終定理が解けたと発表した後に彼の友人の数学者が
その論理の穴を指摘した時点とは比較にならないくらい我々はまだまだ
真理から恐ろしく遠そうですな。
>>
ある部屋に入るが、そこで何か月も、ときには数年も家具にぶつかって足踏みしていなければならない。ゆっくりとだが、全部の家具がどこにあるかがわかってくる。そして明りのスイッチを探す。明りをつけると部屋全体が照らし出される。それから次の部屋へ進んで、同じ手順を繰り返すんだ。


663小野小町 :2018/07/15(日) 20:18:14
人は生まれ変わってくるわ。今の人が解けなくても後世が解くかもよ。
その時は違う解き方になってるかもね。

youtube.com/watch?v=Q0CUNwQ61Hs


664ふむ、僕の明日ねえ、えへへ。 :2018/07/15(日) 20:20:18
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩


665自死の自由を! 安楽死施設をつくりましょう! :2018/07/15(日) 23:45:15
自死の自由を!

安楽死施設をつくりましょう!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 Ooboeさんとパートナー氏の資料館 (Res:287)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1司書 :2018/03/03(土) 19:01:04
八百万の神々分身様

丸写しはじめます。
書き込みノロイのでゆっくりお待ち下さい

まず東北大学、MTA不開示決定、理由説明書から

全文は大変なので要所を丸写しします。
原文にない但し書きは、「」内にします。

281ダイラケ :2018/07/06(金) 22:23:16
検証実験の丹羽報告書から、ライブセルイメージング画像でなぜGFPが光ったのかということは、多能性マーカーが壊れて「GFP漏れ出し現象」が起き、著者たちはこれを錯誤したのではないかという考察があったが、これが真実であれば、一般人の私としてはSTAP事件の疑義は解消するし、現状も理解できる。

前提となる多能性マーカーが壊れていたのに気づかず、錯誤だったなんて、とても恥ずかしくて言えたもんじゃない。ESを疑う前の話だ。
この事実に気が付けば、論文撤回に向けて「豹変」もするだろうし、笹井さんほどの人なら死にたくもなるだろう。小保方さんだって「裁判する気も起きないだろう。
その多様性を持たないSTAP細胞から若山さんが、仮置きか知らんが、できるはずのない「キメラ」を作ってしまったんで、理研も困り果てやむなく「ES混入説」を採用して、うやむやにするしかなかったのだろう。
「見切り発車」であっても温かく見守るのが成熟した社会だと思うが、研究社会はそんなまともな世界ではなかった。

前提が壊れていたということは、つまり、風邪を引いた人が「風邪薬」を飲んでも全然治らなかったのは「風邪薬」のほうが先に風邪をひいてたんで、いくら「風邪薬」を飲んでも無駄だったってことだな。

世間では、風邪を引いた「風邪薬」に、風邪をひかない「風邪薬」を飲まして風邪を治してから、風邪を引いた人に、風邪をひかない「風邪薬」を飲んで風邪が治った「風邪薬」を飲ませて風邪を引いた人の風邪を治すんだ。バカたれッ。


282ここは資料館だ、しかも間違いを書き込むな :2018/07/07(土) 07:35:01
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩


283:2018/07/07(土) 07:44:57
イェイ。


284:2018/07/08(日) 15:13:06
イェイ。


285ふむ :2018/07/15(日) 14:14:12
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩


286司書 :2018/07/15(日) 14:16:21
638: Ooboe :2018/07/15(日) 13:52:15
お久しぶりです。

学さんが別件で案内して下さったのでオホホボエムを改めて読み直したらピンポンピンポン💡💡💡発見しました。
資料って時間経ってから視点を替えて読み直すと面白いです。
私の中では、軽視していたけれどオホホボエムは一級資料と思えて来ました。
ところで、パトナは近々、「頑張れFB」に(理研調査委員会報告書は撤回すべき)との小保方さん応援の一般の方々へのメッセージと根拠資料をUpして貰うそうです。
まだ交渉中の資料が揃う前ですが、とりあえず、目標戦略上さしつかえのない資料のupです。それでも、十分な根拠資料だと言うことです。


287ふむ :2018/07/15(日) 14:18:29
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 潜水艦4 (Res:69)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1潜望鏡 :2017/12/29(金) 07:53:04
イェイ。

63:2018/05/28(月) 08:53:18
イェイ。


64自死の自由を! 安楽死施設をつくりましょう! :2018/06/01(金) 02:08:35
自死の自由を!

安楽死施設をつくりましょう!


65:2018/06/04(月) 11:43:26
イェイ。


66:2018/06/20(水) 06:00:34
イェイ。


67:2018/06/23(土) 11:45:36
イェイ。


68:2018/07/07(土) 07:45:36
イェイ。


69:2018/07/08(日) 15:13:35
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 潜水艦3 (Res:58)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1潜望鏡 :2017/12/29(金) 07:33:20
イェイ。

52:2018/05/28(月) 08:52:44
イェイ。


53自死の自由を! 安楽死施設をつくりましょう! :2018/06/03(日) 01:28:38
自死の自由を!

安楽死施設をつくりましょう!


54:2018/06/04(月) 11:43:00
イェイ。


55:2018/06/20(水) 06:00:01
イェイ。


56:2018/06/23(土) 11:45:15
イェイ。


57:2018/07/07(土) 07:44:20
イェイ。


58:2018/07/08(日) 15:12:38
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 (資料) 対訳若山氏によるネイチャー論文取り下げ趣意書 (Res:18)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1ふむ :2018/07/08(日) 14:58:53
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🚫 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩

12司書 :2018/07/08(日) 15:07:54
(英文)
We apologize for the mistakes included in the Article and Letter. These multiple errors impair the credibility of the study as a whole and we are unable to say without doubt whether the STAP-SC phenomenon is real. Ongoing studies are investigating this phenomenon afresh, but given the extensive nature of the errors currently found, we consider it appropriate to retract both papers.


13翻訳機 :2018/07/08(日) 15:08:24
アーティクルとレターに記載されている間違いをお詫び申し上げる。これらの複数の間違いは、研究全体の信頼性を損なうものであり、STAP-SC現象が事実であるかどうかに関して疑いを持たずに言うことはではできない。進行中の研究がこの現象を新たに調査していルートが、現在分かっている間違いの広範な影響を考慮すると、両方の論文を撤回することが適切であると考えている。


14司書 :2018/07/08(日) 15:09:20
(英文)
Supplementary information

PDF files

1. 1.

Supplementary Data 1

This file contains a report by the Research Paper Investigative Committee of RIKEN titled ‘Report on STAP Cell Research Paper Investigation’. RIKEN President Ryoji Noyori received and assented on this report on 31 March 2014; the report was published by RIKEN on 1 April 2014. The report is re-published with permission from RIKEN.


15翻訳機 :2018/07/08(日) 15:09:52
補足情報

PDFファイル

1. 1。

補足データ1

このファイルには、理化学研究所研究論文調査委員会の報告書「STAP細胞研究論文調査報告書」が掲載されています。理化学研究所理事長野依良治は、2014年3月31日にこの報告書を受け取り、同意した。2014年4月1日に理研から発行された。報告書は理研の許可を得て再掲載されている。


16司書 :2018/07/08(日) 15:10:35
(英文)
2. 2.

Supplementary Data 2

This file contains a report by the Research Paper Investigative Committee of RIKEN titled ‘Report on Review of Appeal of STAP Cell Research Paper Investigation Results’. RIKEN President Ryoji Noyori received and assented on this report on 7 May 2014; the report was published by RIKEN on 8 May 2014. The report is re-published with permission from RIKEN. This is a translation prepared by RIKEN of a report originally submitted in Japanese and is for information purposes only. The original Japanese document is the only official document and is to be referred to in the event of questions concerning this translation.


17翻訳機 :2018/07/08(日) 15:11:22
2. 2。

補足データ2

このファイルには、理化学研究所論文調査委員会の報告書「STAP細胞研究論文調査結果の審査報告書」が掲載されています。理研理事長野依良治は、2014年5月7日にこの報告書を受け取り同意した。 2014年5月8日に理研から発表された。報告書は理研の許可を得て再掲載されている。これは、元々日本語で提出された報告書をRIKENが作成した翻訳であり、情報提供のみを目的としている。元の日本語文書は唯一の公式文書であり、この翻訳に関する疑問がある場合には参照されるべきでものである。


18ふむ :2018/07/08(日) 15:11:57
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🚫 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 (資料) 対訳丹羽検証論文 (Res:91)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1ふむ :2018/06/23(土) 10:21:38
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩

85翻訳機 :2018/06/23(土) 11:40:03
謝辞

我々は科学的妥当性試験チームの、キメラの生産と動物交配に関してはDr. Hiroshi Kiyonari とMr. Kenichi Inoue 、及び動物飼育に関しては動物資源遺伝子工学研究所のメンバーの助力に謝意を表したい。我々はまたこの報告書の批判的意見に関してDouglas Sipp氏に感謝する。 この研究は理研理事長による科学的妥当性試験に対する助成金に支援された。


86司書 :2018/06/23(土) 11:41:29
(英文)
Author information

Affiliations

1. Scientific Validity Examination Team, RIKEN Kobe, 2-2-3 Minatojima Minami-machi, Chuo-ku, Kobe 650-0047, Japan

Hitoshi Niwa

Authors

Search for Hitoshi Niwa in:


87翻訳機 :2018/06/23(土) 11:41:59
著者情報

所属

1. 科学的有効性審査チーム, RIKEN Kobe, 2-2-3 Minatojima Minami-machi, Chuo-ku, Kobe 650-0047, Japan

丹羽仁史

著者

丹羽仁史を検索:


88司書 :2018/06/23(土) 11:42:45
(英文)
Nature Research journals •
PubMed •
Google Scholar

Competing interests

The author declares no competing financial interests.

Corresponding author

Correspondence to Hitoshi Niwa.


89翻訳機 :2018/06/23(土) 11:43:28
Nature Researchジャーナル•
PubMed•
Google Scholar

利益相反

著者は競合する金銭的利害を有しないことを誓約する。

責任著者

丹羽仁史へ連絡


90ふむ :2018/06/23(土) 11:44:03
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩


91:2018/07/07(土) 07:43:34
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 (資料) 対訳博士論文草稿第三章 (Res:40)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1ふむ :2018/06/04(月) 10:54:23
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

34翻訳機 :2018/06/04(月) 11:32:13
29. Lock, J. G.; Wehrle-Haller, B.i Stromblad, S. 細胞 - マトリックス接着複合体:細胞移動のマスター制御機構。 Semin. Cancer Biol. 18:65□76; 2008

30. Matsuda, R.: Yoshikawa, M.; Kimura, H.; Ouji, Y.;Nakase, H.; Nishimura, F.; Nonaka, J.; Toriumi, H.; Yamada, S.; Nishiofuku, M.; Moriya, K.; Ishizaka, S.; Nakamura, M.; Sakaki, T. 脊髄損傷後のマウス胚性幹細胞および骨髄間質細胞の同時移植は、腫瘍発生を抑制する。 Cell Transplant. 18:39□54; 2009.

31. Mooney, D. J.; Vandenburgh, H. 組織修復のための細胞送達機構。Cell Stem Cell 2:205□213; 2008.

32. Muny, C. E.; Keller, G. 胚性幹細胞の臨床的に関連性の高い集団への分化:胚発生からの教訓。 Cell 132:661□680; 2008

33. Nishikawa, S.; Jakt, L. M.; Era, T. 発生細胞生物学のためのツールとしての胚性幹細胞培養。 Nat. Rev. Mol. Cell Biol. 8-502□507; 2007.


35司書 :2018/06/04(月) 11:32:57
(英文)
34. Pan, G.; Thomson, J. A. Nanog and transcriptional networks in embryonic stem cell pluripotency. Cell Res. 17:42□49: 2007.

35. Parameswaran, K.; Radford, K.; Zuo, J.; Janssen, L. J.; O'Byrne, P. M.; Cox, P. G. Extracellular matrix regulates human airway smooth muscle cell migration. Eur. Respir. J. 24;545□55l; 2004.

36. Passier, R.; van Laake, L. W.; Mummery, C. L. Stem-cell-based therapy and lessons from the heart. Nature 453:322□329; 2008.

37. Perris, R.; Syfrig, J.; Paulsson, M.; Bronner-Fraser, M. Molecular mechanisms of neural crest cell attachment and migration on types 1 and IV collagen. J. Cell Sci. 106(Pt4):1357□1368; 1993.

38. Poschl, E.; Schlotzer-Schrehardt, U.; Brachvogel, B.; Saito, K.; Ninomiya, Y.: Mayer, U. Collagen IV is essential for basement membrane stability but dispensable for initiation of its assembly during early development.


36翻訳機 :2018/06/04(月) 11:33:38
34. Pan, G.; Thomson, J. A. 胚性幹細胞多能性におけるNanogおよび転写ネットワーク。 Cell Res. 17:42□49: 2007.

35. Parameswaran, K.; Radford, K.; Zuo, J.; Janssen, L. J.; O'Byrne, P. M.; Cox, P. G. 細胞外マトリックスは、ヒト気道平滑筋細胞の移動を調節する。 Eur. Respir. J. 24;545□55l; 2004.

36. Passier, R.; van Laake, L. W.; Mummery, C. L. 幹細胞に基づく療法と心臓からの教訓。Nature 453:322□329; 2008.

37. Perris, R.; Syfrig, J.; Paulsson, M.; Bronner-Fraser, M. 1型および4型コラーゲンにおける神経堤細胞の接着および遊走の分子機構 J. Cell Sci. 106(Pt4):1357□1368; 1993.

38. Poschl, E.; Schlotzer-Schrehardt, U.; Brachvogel, B.; Saito, K.; Ninomiya, Y.: Mayer, U. コラーゲンIVは基底膜の安定性に必須であるが、初期発生時の組成開始には必ずしも必要でない。


37ふむ :2018/06/04(月) 11:34:29
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


38:2018/06/04(月) 11:41:51
イェイ。


39:2018/06/20(水) 05:58:33
イェイ。


40:2018/07/07(土) 07:43:06
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 (資料) 対訳博士論文草稿第二章<一部分> (Res:21)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1ふむ :2018/05/28(月) 08:21:21
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

15翻訳機 :2018/05/28(月) 08:39:02
2.3 結果
2.3.1単離された細胞からのスフィア形成
粉砕と浸透圧<ここでも続けてoptimisticとosmoticの取り違えがあるがoptimisticというのは楽観的という意味で誰でも知っている。こんな言葉とosmoticを取り違えたまま気づかないでいるということを疲れてるなと思わない人は悪意なだけの人。金をもらって悪口を書いている。>がスフィアを作った。一方、セルソーターはスフィアを作らなかった。<訳注:Whereasは前文を,で受けてwhereasと続くべきところ、草稿ということもあってこのような文章になっている。普通こういうところを読むと草稿だと気付くものだが難波氏や11jigenは悪意を持って読んでいるから気づかない。> 粉砕が最も多くスフィアを生産した。我々は粉砕法を小細胞の単離方法として採用した。


16司書 :2018/05/28(月) 08:40:33
(英文)
2.3.2 Effect of trituration
After the trituration, the population of small cells was increased comparing to native bone marrow cells (Fig. 3A and B). However not all of cells over 8 micro meters in diameter disappeared. Triturated cells formed spheres during culture.Interestingly, spheres were consisted of only small cells (Fig. 3C). Thus, it was demonstrated that trituration enabled to culture and grow only small cells.


17翻訳機 :2018/05/28(月) 08:41:28
2.3.2 トリチュレーション効果
粉砕後、小細胞の集団は元の骨髄細胞と比較して増加した(図3AおよびB)。 しかし、直径8ミクロンを超える細胞のすべてが消失したわけではない。粉砕された細胞は培養中にスフィアを形成した。興味深いことに、球体は小さな細胞のみで構成されていた(図3C)。 したがって、粉砕は小細胞のみを培養増殖させ得たことが実証された。


18ふむ :2018/05/28(月) 08:42:02
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


19:2018/06/04(月) 11:40:56
イェイ。


20:2018/06/20(水) 05:58:05
イェイ。


21:2018/07/07(土) 07:42:38
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 (資料) 対訳博士論文草稿目次 (Res:28)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1ふむ :2018/05/27(日) 11:26:21
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

22翻訳機 :2018/05/27(日) 11:42:12
5.2.2遺伝子型決定 - 82
5.2.3免疫組織学分析 - 82
5.3結果 - 83
5.3.1キメラ接合体の作製 - 83
5.3.2成長キメラマウスの分析 - 83
5.3.3キメラ胎児の分析-83
5.4第五章のまとめ - 84
5.5討論 - 85
5.6参考文献 - 93


23翻訳機 :2018/05/27(日) 11:42:43
今後の展望
6.1概観 - 95
6.2組織工学的再生医療用の細胞供給源 - 95
6.3今後の課題 - 96

付録 - 97
   •材料と方法
   •プライマー配列
謝辞
履歴書


24翻訳機 :2018/05/27(日) 11:44:56
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


25:2018/05/27(日) 11:51:50
イェイ。


26:2018/06/04(月) 11:40:28
イェイ。


27:2018/06/20(水) 05:57:38
イェイ。


28:2018/07/07(土) 07:42:13
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 (資料) 対訳博士論文概要 (Res:26)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1ふむ :2018/05/26(土) 07:10:31
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

20司書 :2018/05/26(土) 07:28:33
国際特許
Haruko Obokata, Charles A. Vacanti.
Sub Population of Retained Embryonic Like Cells
(成体の中に存在する幼弱な表現系を有し、3胚葉系の細胞に分化することのできる幹細胞集団)

著書・著作物
大和雅之、小保方晴子 「成長因子」バイオマテリアルの基礎、日本バイオマテリアル学会、印刷中


21ふむ :2018/05/26(土) 07:29:17
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


22:2018/05/26(土) 07:36:02
イェイ。


23:2018/05/27(日) 11:51:19
イェイ。


24:2018/06/04(月) 11:39:49
イェイ。


25:2018/06/20(水) 05:57:09
イェイ。


26:2018/07/07(土) 07:41:46
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード