■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫が軍艦総長になるようです。第二艦隊
1名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:00:00 ID:.ilkVFOc0
                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

2名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:01:01 ID:.ilkVFOc0

本作を読むに当たっての注意事項

※基本は原作準拠ですが、文責は一切本作者にあります。
※テキストメイン、ギャグなし。
※遠藤昭禁止。平賀譲および福井静夫に対する個人的な中傷は厳に慎んで下さい。

3名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:02:00 ID:.ilkVFOc0

| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!!
\__________  ________/
                 | /              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | /               | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
    /{__/⌒ ーヘ    _/ , -- 、 -―ゝニイ ゝ _ノ   |
   弋       」__ /  /    ´ ̄ ̄`ヽ      .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
    /        [三ニ]ニ_」     、    ヽ     \
   l l /, -―- ' ⌒l/ |  ト、 卜|\\   |        ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    乂/ヘ{      /    ヽ |-\|   _Y l|┬-、. -――‐- 、
            |   l |      〃 ̄リノl l/. : : : : : : : : : : \_
             、  N ィ==   ,  _   l /: : : : : : : : : : : : : :/:.ヽ
             ゝ . ゝl!   r‐ ´| //: : : : : : : : : : :_: ィ: : : : : : l
                   />〒、 ゝ _,.ノ //: : : : :_ > ´   |: : : : : : :|
              | \\>r 、- rく/: :/:;ィfハY`  -― 、l: : : :/: : |
              |r‐、 丶 ヽ| !\| /: :/イ 弋ン   fハ:Y/: : :/: : /__,ノ
              | \ \\j | //:イ:ヘ|   ,    弋ン/: : :/.: :/|: :く
              〈 r=\ ヽ」 | /  /: :厶、 }ァーァ   /: : :// |: : :し1
              |./  _,ゝ_  、\_」/.: :/\  ̄  _/: : :/   ∧/⌒´
              〈  ノ  / ̄  /: : : :/ | 厂厂ノイl:/ノ) / ∧

4名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:03:00 ID:.ilkVFOc0

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

5名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:04:00 ID:.ilkVFOc0

       /               .ィ'   l
      /             . -‐  ´ |    l
     ,           /        |   l   ……さて、第6話ではやる夫が閑職に押し込められながらも
     |            ∠`ヽ         |    |
     |   l :|    /{りハ     __ |   ,'   あくまでも艦船設計を目指して奮闘し、そして退職するまでを
     |   | :|    /`¬′  / ィァャ、|  /
     |   | :|    /        ,  {りノ V:: /    描いたわね
     |   | :|  :/      丶   /: : /
      j :! ノイ|  :/    __      /: : /     時に平賀やる夫53歳、円満な定年退職よ
    /: :/  ハ :/ 、    -`    イ: : /
 ト- : : : /    :ハ|  \      ィ  l: :/      こうして予備役軍人として、そして大学で教鞭をとる
 ` ー:/   :/      \_  イ | j:/
    /     {      /: :  j  \/        元造船官としてのやる夫の第二の人生が始まるの
   {: . {   \    {: : : .       \

6名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:05:00 ID:.ilkVFOc0

    : : } }ー /      |     l         マ ー } }: :
    : : {ノナー/      | |     ゝ         V _广lー': :
    : :ノ : | ,'     ! : :/ヘt     l \         Vl  !: : :       前回のネタフリでは
   . : : : : :l |    | : :|_,ノ\.    |\ \.       | ! |: : : : : :
 : : / : : : : ノ ||  : : :t. : :|    \  |   ̄\ :|   l |  、: : : : : : :    この先も決して平穏ではない
: : :/l: :r'´   |l  : : :| \| __,ノ   \! ゝ. _ ヽ: |: : , !  \: : : : :
: : ' ゝ|    ∧  : : :| r斗ャテ1       fテト、ァV|: : / |    }: : : :    人生が待ってるような話だったけど……
ゝ{        〇 \: : :|  ゞ='   j|    ゞ='  /!: / 〇  ノイ: : :
         ハ   l\|                  jイ   ハ    j: : :
        V    、 ハ             ハ l   V   /-‐ ´   この先一体どうなるのかな……
            \ ヘ     , -‐- 、   / /
              /:\        /:\
              /l   | l>  ___  <l |   l\
          / /  ヽ. \      / /   \ \
          /l  \   \ >-< /   /   l\

7名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:05:32 ID:.ilkVFOc0

.



=========================================================================

                  第一部    第7話   友鶴転覆

=========================================================================




.

8名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:06:00 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 退官したやる夫は、その軸足をそれまで兼務だった東京帝国大学に移した。             │
│ 大学構内は関東大震災で受けた被害の復興建築が着々と進み、既に半分が竣工していた。    │
│ またやる夫は三菱造船技術顧問の職も得て、その建造する軍艦を通して間接的に        ...│
│ 海軍とのつながりを保ったのである。                                   .....│
└─────────────────────────────────────────┘

                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄

9名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:07:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────┐
│ 彼の育てた四人の子供はすくすくと育ち、長女は関西にお嫁に行くことになった。    │
└────────────────────────────────────┘

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\                  ヾ'''''''''-,へ
  /   (●) (●)ヽ              ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_  っ っ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|              /: : : : : : : : : : : : : : : ! っ っ っ
 .|      (_/´  .|              ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :! っ っ っ
 ヽ         /              /!: / ノ    `ヽ ヽ,/
 /   ヽ     ノヽ              レ!小l>    <   /~)
./ /   ∩ノ ⊃|  |                |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
(  \ / _ノ |  |            /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i
.\ “  /__|  |             \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /
 . \ /___ / .              ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/

長男  謙一                次男  重孝
第一高等学校生徒            東京府立第一中学校生徒



         r 、.     ,、
         l ヽ,,, -ー -', l       長女  道
         /  @ o  @ ヽ      関西の酒造旧家辰馬家の次男俊夫に嫁ぐ
        Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
        l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
        `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
        リ::::::( ( ●) (●)::(                 _」ヽ  /|
  .      ハ::::ハ "  l マ i )                 /   ゙V´∠イz‐ 、_    三女  好子
          Y .ヽ.  ` イ' y.               /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´    小学生
            / ||   || 丶              //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
.           / , _|L_,」|._, ',             _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
.            |  !      i |            ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
             i  l      | l              小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
            l  l       | l              l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ
            l  l  ,,    l l             ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
           ∧_j  ,,,,_,,  l_丿               //ヽゝ  n   n ,イi
           /             \              |!〃lヽ>l ^)ー(^|_ リ

10名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:08:01 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────┐
│ その代わりにやる夫には新しい家族が増えた。                     │
│ 姉の房子が二人の孫のうち一人を嫁がせたので二人住まいになったものを、   │
│ それでは生活が侘しかろうとやる夫が自宅に呼びよせたのである。        │
│ 家族が増えた分家計は厳しくなるが、妻は文句ひとつなく夫に従った。      .│
└──────────────────────────────────┘

                , -..、
                ,ィ',ニ-- 、:.:`. -. _
           、 _ ,ノイ-─- 、ヽ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、
         `ア/イ:.:,:.:.:,:.:.:.`、!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',        この年になると
         斤7;ィア;.,イ:.;イ!:.:.l:.::!';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
          !fイィ:./f/!:.//l:.:.:l|:.|l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       さすがに生活も不自由でね……
            l;l,ノ/イl' |ム'ム-' |;!|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         /ィ:.:.ト, ´ ,rァt 、, ,!;!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|       だけど寿美代にはあまり負担を
        ノ;イ:.:.;!'  '゙ー゙´・ //:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        ,イ:ム:.:ヽ,     ,イ:'//:.:.:.:,:l:.:.:.:.:.:.:.:l|       かけたくなかったの
     ,. '´/;イ/:.:.:.:`tー'    //イ;':i:.:.:/:.!:.:.:.:.:.:.:,!!
      /' !;':.:.:.:.:,ィ:.!   _,';'/;イl |:./|;イ:.:.:.:.:.:./,!       だから思い切ってやる夫に甘えることにするわ
      / f:.:.:.:.;ノl;.:.`:,ニ-H;'`!f'=!fー!f;.;.-r;ノ '
        |:.;'´ `  ̄  l ! ! !-`'  ̄`ヘ、l
        `'        ,. '´ `ヽ、   〈
                /,. -─−- 、   ヽ,
              r '´ '´i  ̄ `ヾ、、 i 、_
            /r'´  ノー- 、    `ヾ、`_メ、
          , 'r '´`、 ' ´     、`ヽ、    `ァ' ,. 、

11名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:08:30 ID:.ilkVFOc0

     ,.. -‐,.==‐r.、    ,. -――‐-...、    ,r-,"..-.-.-.-.
   r'",..‐''":.:.:.:.:.:.:.:.:.了>.':_.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、 Y`ヾ'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ,..':.:.:.:._,:.:.:, -―了.>:':.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ) コ''' ‐- 、:.:.
  .,r.:., ',. 7,. '     ,.':.:/,.':.:.,'!:.`、:.:、.、:.ヽ、:.:ヽ:`、     `゙'    叔父様、これからお世話になります
 ,':., ' ,r'~/     ,..,.:',',::.:.:/ ゙、、:.゙、:.:、ヽ、:、:.:.:.ヽ:l
. ,."  ! '        !:,!:.i,':.:./, -ヽ:゙、:、、:ヽ;:゙、:.゙、:.:.:゙:|
            l;!',:l:.:.:,!,.ィ==.、、ヾ、,ィ==、、:.:ヽ ,'          よろしくお願いします!!
             ' .ハ:.:.l. i'゙::;!    i'゙::;!`'!:ヽ'
            , ','T:.:!、  ̄  ,.   ̄ ,':.:.:.|‐,.、
             ,' / l.!:.l ヽ、 ヽ_フ  ,,.:'.7!:.:.!、!∧
              l .!| .!l:.:!  `、‐--‐,'  ,'.':.:,' ,',' .,!
            l. i! |.l;!、,┐ ヽ==/、.┌!i:.:,'./,' .,'
                l .!└ヘ`!,r-‐''ヽ/``ヽ/7./メ┘,'

牧瀬寿美代:姉房子の孫娘。彼女の亡くなった父牧瀬豊彦はやる夫の友人でもあった。

12名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:09:00 ID:.ilkVFOc0

           ____
         /_,r'  ' !、\            房子姉ちゃん!! 寿美代
       /(≡)   (≡)\
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\         もう何の心配もしなくていいんだお!!
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //        やる夫に任せて、大船に乗った気持ちで
     \             ̄ /
       \         /          安心していればいいんだお!!
        >      <



   _   _    ,. 、 ,       、      ,
  f:i_::v`┴`ー::´:7  ー,  /   '`ー‐ 、 ‐|´
 /::::!‐イー、.  /::::/  r‐'  ,イ  !  \ ヽ└ 、
 ! '::::,ィ!    |::::′ _7  '/l         ` ヽ(
  ̄´ lト ニ   !:::|  、 !、 !_i_l! レ|:    ハ| .i レ’        …………
    ,イ | カ  !:::l'  〃 トl` ヽ!、|、!:  レ' / | !
   ,l::! ! ^__、l::」  / i! |. ー‐'  ヽ'^レ /!リ
  i l::! ,| l::! 、ゞjif / \ 、     、Yィ´ '/
  / ゙"/l `   `ア|,/、 __ ゙i!   _  ' ! |
 i  .〃′   i⌒: !´ ::::ヽ||   ‐ン //r‐、= 、
 | i〃/   _/ l:. |:::::::::::ノ!=v‐.:`V// ニ、\\
 |〃/  /  ,>‐`ー∠::::ノ}_:::::ノ///  \ \\
, '/!i   ´    ゝ――‐-、ヽ':::::ト' //.     \ \\

13名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:10:00 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫にとってひとつ気がかりだったのは、妻カズの具合が少し思わしくないことだった。  ..│
│ 彼女は心臓に障害を抱え、医者の手を煩わすことが多くなっていた。             .....│
└───────────────────────────────────────┘

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \       カズは怒りっぽいから心臓に負担がかかるんだお……
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ     ことに女がらみとなると異様に怒り出すお……
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)     だから、カズの心臓に負担をかけないように
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /      やる夫は身持ちに気をつけるんだお……
         /  `''ー─‐─''"´\

14名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:11:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────┐
│ とはいえ、やる夫の親馬鹿ぶりは相変わらずであった。                       ...│
│ 次男が沼津に水泳合宿に出かけた時などは、わずかな期間の間に手紙を乱発したのである。..│
└────────────────────────────────────────┘

          ____
        /_ノ ' ヽ_\           「沼津に行く乗合自動車の10銭を友人にオゴツテもらったと
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \        かいてありましたが、ナルタケヲゴツテモラツタリナンカシナ方ガ
     |     |r┬-|     |
     \     `ー'´    /        ヨイネ。マウ、スンダコトナノダカラ、帰ルマデニヲゴリカヘスト
     /          \
   _/((┃))______i |        イイト思ヒマス」
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

15名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:12:04 ID:.ilkVFOc0

  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:,.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.
 ,'/r.:.:.:.:.:.ト、.:.:χ:.:.:.:.:.:.:.:И:.:.:.ハ.:.:.λ.:.:.:.:.:.:.:.:    「益々元気デマツクロニナツテ暮シテ居ルト言フノデ安心シテ居リマス。
   i´:.:.:.:.:.:i ',:.:.l ヽ.:.:.:.:.:./ .i.:.:ノ ',:.ナ. ',:.イ.:.:.:.:
   レ、λ |  χ| `、.:.:/=レ'=-レ'__∪|.:.:.:.:.    氷水ガ楽シイト見エルノネ。夜ル御ナカヒヲヒヤサナイ様ニ腹巻キヲ
   ヽ i,弋 ̄'゙~「  ヽ/          l,i:.:.:.
    `', -==≧     ≦=======‐-. |:.:.     必ズ忘レナイ様ニシナサイ。小包郵便ヤ鉄道便デヨゴレモノナドヲ送ル
     ,i 三三三        三三三三三 レ⌒ヽ
     i                      〈⌒i i   ノナラバ、紙ガタリナカツタラ沼津ノ紙屋デ小包ニスルツツミ紙ト言ツテ
      {                     ,ヲノ
     、                   ナ ‐´    買フコトガデキマス」
       、.    ⊂⊃      , メ    o
          ` 、         - '<      O
              `>`、- ' " フ;;;;;;;;;;;;;;;,,` 、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,,,;;;,´,へヽ_/ , へ、;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、 |  お父さん、そんなことまでいちいち書かなくてもいいから……
       , ';;;;;,'/   \/   \;;;;;;;;;;;;;;,,,ヽ \___________________________

16名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:13:00 ID:.ilkVFOc0

    /            .> '"´      |  |
   ,            /          |  |    こうしてやる夫が一民間人としての生活に少しずつ
   |        / \_         |   | 
   |  |     /fヒテー-、 `     、___  !:  l     馴染み、わずかな趣味の菊いじりや映画鑑賞などに
   |  | |   / `冖¬    / fヒテー 、./:  / 
   |  | |   /          `冖¬ /:  /     時間を費やすようになったころ、日本の政界と軍部は
   l  | |  /         l     /: : .'   
   /  j:/:!  :'       __     /: : /       再び荒々しく動くようになったわ
__// /:从 . :|  \     `  /: : :  /
: /  , : : ハ. :!   \     . イ: : : :   /       いよいよ軍国主義路線が日本の行く道に敷かれるようになったの
    /  : : : ヘ|    /: ー'´: : :/|: : : :  /

17名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:14:00 ID:.ilkVFOc0

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \           ┌─────────────────────────┐
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \           ..│ 浜口首相負傷後政権は再び若槻礼次郎に託される。  ....│
    l /    r― '´       \    ヽ         ..│                                   .....│
.    」/  / /l7        ヽ     \   i        │ ところが中国制圧に意欲を持つ陸軍は           ...│
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |     .. ....│                                   .....│
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l        .│ 昭和6年(1931年)9月18日に中国側が             .│
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |     .. ..│                                   .....│
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l        │ 南満州鉄道を爆破したと見せかけてそのまま        │
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ     ... .│                                   .....│
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }    .      │ 武力行使に踏み切った。いわゆる「満州事変」である。  ..│
         い   ノ          ぐ_,イL__,. -―- 、......│                                   .....│
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _....│ この結果事変不拡大を唱えた若槻民政党内閣は    .. ..│
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、 .. │                                   .....│
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽ . │ 軍部と国民から見放され、内閣は総辞職に至った。    .│
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\....└─────────────────────────┘
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ
         |   |      l       /            `'ー-、

18名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:15:00 ID:.ilkVFOc0

         ,xッ;;!ミi;:ミリ;!:ミツミッュ_               ┌────────────────────────┐
        ,シ;::;:ヾ:;::ミ::;:ミ::ミ:::ヾミミミミト、             . │ 後を継いだのは野党政友会の総裁犬養毅であった。   │
      , ´        : : : :::::ミ : : ミ;,         .    │                                    │
       ,' : . ........   : :::, :::::〃: : ::ミミ             │ 犬養は統帥権干犯問題を仕掛けた張本人であり、  .....│
     i: ::....... . . .    j:: : :::ミ:: : : :::;;;ミ         .. . │                                    │
     ;:.      _,,;;;;xミ: : : ::::ミ;;: :: ミ:ミ         .. . │ 軍部と協調して軍需産業を中心とした          ....│
    ,,イ;;ミト、;:. .::Y''''_ヾ;;: : : :::ヾ;;ミ;;ミ;;__           │                                    │
     Y,ィッュ;}  ::::トイゞ=ミー 、: :::::;`ヾV/ハ           │ インフレ政策に転換することで日本経済を        ..│
     ,'、;;;;, ; ..:::ヽー-イ: : : : :::::::::::リ´ト} ノ       .    │                                    │
      {.   , ; .:::::ヽ. . . : : ; :::::::::::::::ノ:: :ノ/         ..   │ 回復に向わせた。                        │
     ヾ...ノ{,、..::ュ、ソ、 : : /::::::::::::::::::f ': :ノ          .  │                                    │
      !/ノ`;゙:´; :ヾ、; : j:::::::::::::::::::::ヾ'´          .   │ しかし、護憲派の重鎮で軍縮を支持していた犬養は   .│
      イ, ; :、,;__;_、ヽヾ、::;::::::::::::::::::::{,_         .. ..  │                                    │
      シ;{´,ー---、;;ヾ; ト、:::::::::::://::`ヽ、         .  │ 一部右翼の目の付けるところとなり、          ......│
      j, ヾ; ! ;,:;;:::::;:ソ、ヾ`;:::::/./:::::::::::::\      .. ....│                                    │
      イ;,  ": :: ;: :: ::::ノ::j;::´./::::::::::::::::::::/::`:ー..、  ....  │ 昭和7年(1932年)5月15日、海軍青年将校らに    ......│
       ヾ,;:,_: ミ :,,_; ;:,ヾ` /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::\  ......│                                    │
      ,..:´:::(__` : |i:_/:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::\ ...│ 射殺された。これが五・一五事件である。        ....│
     /:::::::/´::/ミ/ヾ/:::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::: \ └────────────────────────┘

犬養 毅(いぬかいつよし 1855年6月4日 - 1932年5月15日)第29代内閣総理大臣
政治家、衆議院議員。立憲政友会総裁。
殺害された際の「話せば分かる」「問答無用!」のやり取りが有名。

19名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:16:00 ID:.ilkVFOc0

              . -――- 、
            /: : : : : : : : : : :ト、   
           イ: : : : : : : : : : : : : l: :ヽ
           /   : : : : : : : : : : : : j: : :ヘ 
        /. .       : : : :/|: :  ハ
         l : : : : : : : : . . .. ‐'´  l. . . . l:l       こうしてついに日本の政党政治は死に至ったの
         | : : : : : : : : /      l : : : l:|
         |: : : : : : :/ー-   -― l: : : :l:l       続いて総理に就任したのは条約派海軍人であった
        l: : : : : : 代テ`    代テY: : :〃
         v: :l: : l^^         ^^l: : /'        退役海軍大将斉藤実よ
         }: :l: ::l      l     l: /
          レハ: l、      _    /レi          彼が組織したのは政党の枠を超えて作られた
          ノ: :v|::\  ´   /::: :l
        /  : :l:::ノ >- イ::::: :ゝ \        挙国一致内閣だったの
        _/: : : : : :ヽ     l|: : l: : :`T゙`
     / {: ::{: ::::::ト-ゝ、 , -!:ノ:: : l: ノ\  
      /   ゝ::t: :::::| \  . ヘー|::: :ノ´   ',
     |    l `丶:{_ / ー Y:::ノ   |  | 
     |     V   l {  ー―}´l     |  |
    〈     |l   い  ー‐i |     |  〉 
    |      |  / /   [_ノ  丶  / |
    |      |  / /   丿 \ /  / |

20名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:17:00 ID:.ilkVFOc0

        ,  -―- 、_
       /. : : : : : 丶: : `丶、              しかし軍部は満州事変によって作られた満州国を維持して
      /: : : : : : : : : : :ヽ: : : : \
    /: : : : : : : : : : : : : : }、: : : : : ヽ            対外的な強行姿勢を貫くため、また失地挽回を図る政党は
    /: : : : : : : : : : : : : : / ヽ : : : : ',
   ,: : : : : :/: : : : : : : /   _',: : : : :l           己の存在を誇示するために、それぞれ穏健でリベラルな
   |: : : : : l: : : : : :∠    ,二ヽ: : : |
   l: : : : : | : : : /二    〃ハ ',: :|           斉藤首相を突き上げ続けたわ
   ヽ: : : : |: : : 〃ハ    V:;;;;ノ l: : |
    ', : : l: : : lV:;;;;:}     ' ' l: :/           そして日本は昭和8年(1933年)3月に正式に国際連盟に
      l: : 八: : | ' '  , -┐ /l:∧
    _ノ/: :∧ |ゝ. _ 二 ∠: }: ': : }           脱退を表明し、国際的孤立を深めていくの
    ´i: : : /:/:`: /、__,ノハ j: :}: ノ
      V : {: { : : {_ 丶---'  /イ〈
     `^Y⌒ 〒´       | `Y´l__
       ,   _人/´l_ -┬〒¬{  {   )
       / ´  |   )l | |  トー'  ̄
        {___ノ  ̄        |
       /               |

21名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:18:01 ID:.ilkVFOc0

 `フ´    . : : 〈 ニ /./ ̄`     __ -― 〈 ニ二└i . : : : : :
  { :/   . : : : :└ァ'´|          `ヽ _ 」_ ー _ノヘ : : : : : . . . . . : :
  l/ . : :/: : : : : : ::/   |             \└r=く   ヽ: : : : : : : : : : :
  { : /{:r⌒ ー‐/  / 〈    \         ∨ l\l      ̄ ̄`ヽ:ト、
  ∨   `    |   !  :ハ |  : :ト、        l l l\          リ   こうやって日本は軍部主導の元に
         |l :\:|ーヘl  : :| \ \    | : /
          ヽ!  | ィ=ミ \  :l ー―\: .l: .   , : /              世界を敵に回していくんだね……
          o' \ 〈 ヒハ  \t ィ=ミ ヽ|: :  /^V
         /}   `ト以}     ヒrハ 〉 ,: : /´ /               そうすることがどれほど恐ろしいことか
          l/    l   ノ   以ソ  //ノ /
              、  、_       /厂 \                きっとその頃の軍人たちは
                 /\   `    /  |./  \
            く    \__ . イ   /    _〉             想像できなかったのかもしれないね
             \     /}    /   /、
              /ハ   /l     /  /   \
                 l | }   /l:|\    / /    /⌒\

22名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:19:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────┐
│                                              オオスミミネオ        │
│ 海軍部内では、軍事参議官の加藤寛治が専横を極め、無能な海軍大臣大角岑生を操って  ..│
│ 条約派の首脳を次々と予備役に編入した。これが大角人事である。                .│
│ この人事で放逐されたのは、山梨勝之進大将や谷口尚真大将といった条約派の大物から    │
│ 堀悌吉中将や坂野常善中将といった将来の大臣候補にまでおよび、これで            .│
│ 海軍の中枢には対米強硬派しか残らなくなったのである。                     .....│
└────────────────────────────────────────┘

                  ____
                /__.))ノヽ
                .|ミ.l _  ._ i.)
               (^'ミ/.´・ .〈・ リ              まあぶっちゃけこれで
               .しi   r、_) |    
           ,--ーー  |  `ニニ' / ー-、_
          /   /i/ `'`ー―i´ | `ー、_         ワシの時代が来たっちゅうこっちゃ
         /    /  llヽ/ ̄/  |    l
        /  Y L  |,) ∧ノ↑  ,> ィ   |
      /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |        今度こそワシが海軍を育てるんや
     /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
    /      / |  |  |gca| |  / /|    )
   /     / /  | .|aAi| | / //    l
   レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
  fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
  / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ

23名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:20:00 ID:.ilkVFOc0

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \          僕の采配には何の間違いもないよ!!
         /              ヽ
   / ̄\ l      \,, ,,/      |
  ,┤    ト |    (●)     (●)   |        ひとえにこれは海軍のためなんだよ!!
 |  \_/  ヽ     \___/     |
 |   __( ̄ |    \/     ノ
 ヽ___) ノ

大角岑生(おおすみ みねお、1876年5月1日 - 1941年2月5日)最終階級:海軍大将。男爵。
五・一五事件の際の海軍大臣として、条約派を予備役に廻し、海軍中央を艦隊派で固める。
後の二・二六事件の際にも海軍大臣を務めていたが、なんら的確な処置を行うことも出来ずに
無能振りをさらけ出すことになる。

24名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:21:00 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ これほどまでに彼が力を持ちえたのは、その背後に軍令部長伏見宮博恭王がいたからである。  ..│
│ 伏見宮は軍令部の権限強化に動き、昭和8年9月にはそれまで海軍省が握ってきた兵力量の     │
│ 策定や平時における兵力の指揮権を軍令部の所掌としたのだ。                    .....│
└──────────────────────────────────────────┘

                    ____         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  /        ̄ ヽ.       | 呪わしき米国の悪意を否定できうる
                ./            \     |
                /          !、    ヽ.  │ ものがおろうか!!
                |  、  ,:"   _,.- !     |   │
                |,,_ ヽji(_, -;=f。テ‐'"    ''",\  │ 我々は3年間待った
                'ァ'゙rェァk≦~二~ "~    i 〈ノ |! 
                〉ー'"| ヽ._     ノ   (,タノ  | もはや我が海軍に、躊躇いの吐息を
                \ ノー;='-≧==.、 l     r'" |.   |
                  Y"ツ'''''''''''゙ヽ\ !    .|  |  | 漏らすものはおらん!
                  ! |r'ニ二 ̄`\ヽ,,_./   |  人_______________
                  j ! ∧,,  ,,/,,ノ___j-、
                  | `'"  ゙ー'",,/='―――, 〔,|、_
                  〃,,,,,,,,,,r''",r‐'ニニ7 、.ノノ   \
                  /;ミヽ! |_ノ -―./  ,rj      `ー-、_
                _/ /__ \ ,.-‐'"_二-‐ァ''           /`ーァ----ァ=≦三三三
           __/ ̄   // ヽL└‐'"  /          ,∠(___(___(_,.. ィ~T ̄T~T
     _,. -'ニニ二ィ'   ,.r‐く└ァ`T"_,.-‐‐''Z"          ,:/        /  / .|:  | |
  r―'"ー'て_/__ノ  _/イ~「` ( _ノr'  / \___     .//         j   |  .|:  | |
  TTT~ ゙̄7  ノ__,..ノ"   | .|  // / /    ヽ.__  ̄`ー-、.//         /|  j|  .|:  | |
  ,| | | ./ /    _/    | | ,// //        \、   ��>==r'fアーァーil /.└‐'L_|_」._」
 l | | | | |   /      V | | /           ≫  ゙モナーズフリート-ア/
 |」.」」_」_」 O\          |_レ'           / 、__/L        /
 / / / ∧∧ \      /             /  v'rヘi.rァ゙く      /
 | ヽ |ミ(´∀` )彡\    /             ./   | ト-'└',ィ~      /

伏見宮博恭王(ふしみのみや ひろやすおう、1875年10月16日 - 1946年8月16日)最終階級:元帥海軍大将
皇族でありながら艦長や艦隊司令長官を務める等、実戦経験が豊富な人物。日露戦争にも参戦。
海軍の最長老として、また皇族としての権威を利用して軍令部の権限拡張を行い、
結果的に日本を対米戦へ導く大きな要因となった人物である。

25名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:21:51 ID:.ilkVFOc0

               ,. -‐ ´  ̄ ` ‐- .,
             /                ヽ       ┌─────────────────────────┐
                /                ハ      │ 伏見宮は10月には軍令部長の呼称を陸軍の        │
               ,'               :::ハ    .  │                                   .....│
                リ  :.               ::::::',  .. . │ 参謀総長にあやかって軍令部総長とし、ついに軍令部は....│
                {   ''  、    ,, ,,    {::::::i  .   │                                   .....│
           rリ__   ヾ  /〃  ___}::::'ヘ   .  │ 統帥権干犯問題が起こってから約3年半で        ......│
           }rヽ _ニ≧、 ヽ / ,. ィ ≦.,_  'v' !}    │                                   .....│
           ヽv ヽミー゚>>ヘk<ー゚=,.-゙ i }ノ/  .   │ 天皇直率の名で軍備計画を専断しえる体制を       ..│
            レ   `´ { ! .! 〉 `ー    } / .. .  │                                   .....│
             `ヽ   /{、i .! _ゝ、   /j`i    .  │ ととのえた。                           ....│
             ∧ i i-―`ー´―-ニ} イ ,' ,ヘ     .└─────────────────────────┘
              /.:.i| ! イ r====, ハ .i i リハ
            /.:.:.ハ 'v' i' -―-  i ∨/ レ.:.:\
          ,.イ.:.:.:.:.:.:.:ト< \    /   > /イ|.:.:.:..:\
   ┬―「 ̄ /.:.:.:.:.:.:.∧ ヽ   `^ ´   //クヘ:}.:.:.:.:.:.:.ハー┬―
   ┴―' ̄ ./.:.:.:.:.:.:.:.:|::::\ヽ___//::::::::::リ.:.:.:.:.:.:.:..ヘ_|__
         '<.:.:.:.:.:.:.:|ヽ:::ミ\    /::::::::::::::イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ

26名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:22:30 ID:.ilkVFOc0

-‐  ´            /   ノノ\: : : : : : : : : : :
              // , ィf〒テ ハ : : : : : : : : :      このようにして急速に軍部が力を強める中、
            /  //弋ヒン/ l : : : : : : : : |
         .   ´  、./   ー一'   l: : : : : : : : :|     艦政本部は次々と新型艦艇を手がけていったわ
        イ≧:x._   ´            l: : : : : : : : :l
   .  ´: : | 弋rソ`             |: : : : : : : :/:     それはロンドン条約の制限下で作られる補助艦ね
ィ:´: : : : : :|¬'´              |: : : : :/: / :
 l: : : : : : : |\     }〉          | : : : /!:/ : :     ①計画と呼ばれたこの建造計画の元に
 ヽ: : : : |: :l: : :\     _, -‐¬    /|: : : /:j/: : :
   \ : l: :l: : : : :ゝ     `二´   / /: : :/l : : : : :     作られた艦をこれから3種紹介するわ
     V\: : : : : : :|> 、     /  /: : ://: : : : : :

27名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:23:03 ID:.ilkVFOc0

    __        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .'  ヽ`ヽ      |  まずは既に条約で制限枠いっぱいまで保有していた甲巡の代わりに建造する
.  ! i 人 !     |
   )W゚ ‐゚ノ!|    <  敵甲巡に対抗できる規模を持つ大型乙巡よ
   ソ)ル並ル'、    .|
  (ソ[:工:]<)     |  これが最上型巡洋艦なの
    ヒ!ヒ!       \_________________________________

                                     ┼                │
                                     │                ┼
                                     ,,|.               |l
                               ,,.. ''" |「              || ._ri__
                             ,,.. ''".      |.i      ,,,,,,,,....      i.| |=l=l
                          ~""''' ‐- ...,,__| |    i゙゙゙゙゙゙゙゙ヘ    i | i_[]EEi
                  ━lニニニl   ≡≡≡三≡「 ̄ ̄」i二i . i─iヾ二"'-、.i‐i┴┴-|   lニニニlァ━
.               ━lニニニ| |lllll| ̄ ̄ ̄∈∋i  i ̄ ̄∈∋--ィニi二二iニ゙i--i ̄ ̄ ̄i┴‐┬┴‐┤lニニニlァ━lニニニlァ━   ____,,,,,...-一'7
..i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ソ
┴ ────────────────────────────────────────────────────┴──────

二等巡洋艦  最上

*基準排水量   8,500トン             *出力     152,000馬力
*全長....      200.6m  .           *速力     37.0kt
*幅..   .     18.0m              .*主兵装   15.5cm3連装砲5基、12.7cm連装高角砲4基
*吃水. . . ..   5.5m                        61cm3連装魚雷発射管4基
*主機. . . . .  蒸気タービン4基、4軸    *装甲     水線最大140mm(20度傾斜)、甲板40mm
                             *乗員     830名
ttp://nagamochi.info/src/up106868.jpg

28名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:24:00 ID:.ilkVFOc0

    __        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .'  ヽ`ヽ      |  続いては条約での制限トン数最大1,500トンを下回り、なおかつ
.  ! i 人 !     |
   )W゚ ‐゚ノ!|    <  特型駆逐艦並みの兵装を盛り込んだ駆逐艦よ
   ソ)ル並ル'、    .|
  (ソ[:工:]<)     |  これは初春型駆逐艦と呼ばれるわ
    ヒ!ヒ!       \______________________________

                                               ┼
                                             ─┼─
                  ┼                           |', .ェ 
                  |                 i;;;;;i        i;;;;;;i.  |.',. |ニ|ュ__       
                  |                i二i        ',二', . |¨',.||二i ョョ|ュ .._ /
                ┌┴i‐i‐┐≡三≡.       日‐┴.┴┐    ',二', .|二|弋三フ|__i゙_゙l_ i─-、_       ,
          ━i゙゙ ゙゙̄l_| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄]≡三≡ | ̄|.弋三フ|≡三≡|弋三フ丿..--─┴───┴.‐┴─‐一''''"´/  
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                         丿  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

一等駆逐艦  初春

*基準排水量  . 1,400トン          .   *出力     42,000馬力
*全長....      109.5m  .           *速力     36.5kt
*幅..   .     10.0m              .*主兵装   12.7cm連装砲2基、同単装砲1基(5門)
*吃水. . . ..   3.0m                        61cm3連装魚雷発射管3基
*主機. . . . .  蒸気タービン2基、2軸    *航続距離  18kt/4000浬

竣工時の初春型駆逐艦「子日」
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/69/IJN_Nenohi_1933.jpg

29名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:25:00 ID:.ilkVFOc0

    __        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .'  ヽ`ヽ      |  そして最後に登場するのが、二等駆逐艦に匹敵する兵装を持つ
.  ! i 人 !     |
   )W゚ ‐゚ノ!|    <  条約規制外の排水量600トン以下の水雷艇よよ
   ソ)ル並ル'、    .|
  (ソ[:工:]<)     |  これは千鳥型水雷艇というの
    ヒ!ヒ!       \______________________________

                                                ll
                                                ̄l.l ̄ ,
                                                  l.i
                      ─┼─                       | l  iェ日 
                        il                   ,__,,,,    ..l .l. | ̄ ̄~}    
                        lli                     ',==',   l__.l |二二.|     ,,,,,∩、___ 
                 ,∩─、  ,_lll,、             i─‐i / ̄~\_|_||___|   . l__i. ̄ ____,,,,,.....--/
             ━━l___l l..___| ===三= =三=== .|  ll.二二.ll゙゙゙゙ll 丿.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    @ i 
   .ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、-'' ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゙''''ー .._                     ノ  
 .─ll──────'"´────────────────────────┴──――――――――‐'───

水雷艇  千鳥

*基準排水量  . 535トン             *出力     11,000馬力
*全長....      82.0m  .           *速力     30kt
*幅..   .     8.1m(バルジ装着後)    .*主兵装   12.7cm連装砲1基、同単装砲1基(3門)
*吃水. . . ..   2.0m               .        53cm連装魚雷発射管2基(魚雷8本)
*主機. . . . .  蒸気タービン2基、2軸  . *航続距離  14kt/3,000浬
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f7/IJN_torpedo_boat_CHIDORI_in_1933.jpg

30名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:26:00 ID:.ilkVFOc0

     /      l     \
     ,       /ヘ、    ハ          作図は特にスケールは統一してませんので
      l        /  \    l
      |     /  -―ヽ    |         あくまでもイメージの参考程度にしてくださいね
     l      /    ィ=、!  l |
     .    ,′     l  l |         それじゃあラブ、この3隻の艦艇を見て
       〉|l   |  ,      l  / ハ
      jハ :|    ノ   | /  l ーァ      何か感じる事はない?
      /:ハト ` -  /j/   l く
      //: : : :{:.:.}>‐'  j: :   l  l
       l :: : : l:_:V‡   ∠:ノ: :l |-、|
      ゝ: : : \ナ‡-、  /: : ノノ /\

31名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:27:00 ID:.ilkVFOc0

  V , -‐ァ'     トrイ-/  ,/ ! /|  ,   \-‐-、
  `  {/⌒ ー' /| V  / ,二|/` |l ト、 l   l〕  |-、     う〜ん、一番下の艦は以前に紹介してもらったけど
         / Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l   |    |
        /゚ 〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /    `ァ    やっぱりすっごく砲塔が大きく見えるよね……
            ヽ_   `    , ヒrノノリ /|    }
                l     _   ` イイ |ノ`ヽ jノ     真ん中の艦も、前に砲塔が二つもあって
               ∧     /゙}    / ゚|    レ'
               /  \ / /  イ |           けっこう頭が大きい感じ……
      / ̄`マT ´  /7/ /¨´
     /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ              一番上の艦は三連装の砲塔が五つもあってこれも重武装だね
     |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |

32名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:28:00 ID:.ilkVFOc0

            /           } \
           /             ィ   ヽ       ラブの言う通りね
          /          /  |    ',
           ,         /   l     l      初春型駆逐艦や千鳥型水雷艇は明らかに過剰武装よ
          ,'        /     l      |
           l       /ー‐'     l    |      しかしこれを可能にするために設計者の藤本喜久雄は
           |        /ドミ     ーl     |
          l ri    /リ    ィ=ミl     /      独自の復元性理論や構造強度設計を推し進めたの
         l リ     l`     {レリ`|   '
            l       |        `¨  !  /       それを可能にするために軽合金や電気溶接など
         l     |   __  '   , /   '
         /     |  ` ┘  /ノ|  /        当時最新の素材や技術を盛り込んで船殻重量を縮減し、
      、_/     ハ  | 、__  イ ̄∨/
      `7      { ヽ.|   _{     〈          浮いた分を兵装増強に振り向けたの
        /      \    ヽ     ヽ
     rく^{     l下´   _,>     |         藤本は自分の設計を過信し、いつしか越えてはならぬ
     l ∧ \    ヽ8 \  \       ノ ̄l
     /  l  ` ¬ァート ー--->  _/ l ∧       技術的限界を超えていったのよ

33名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:29:00 ID:.ilkVFOc0

     /     [ [  /  /          \ /ーイ  丶-- '    }ノ
   {ー '      └テ´ l              ヽ. /|
   /         /   l      ト、    ヽ   |  l
    l        〃   \   | \\ |  レv         「過ぎたるは及ばざるが如し」なのかな……
   V   r----‐' |   \|,\  | 、_`¨\|  // |
    {  ∧{       ヽ   |  _\|  _   |: /ノ´/         やり過ぎはやっぱりよくないよね
     \{           \ :ヒゞ='    ゞ==' |/ /-'
               ` T´  '       イ            特にそれが、他人の命を左右する
                     ゝ   t っ   / l
                   > 、   /   ヽ _          大事な機械だったりする場合は……
                     _二}     /  /  ̄`ヽ
                  , イ /  |    /  /       \    これからどうなっちゃうんだろう……
                   /  l /- 、 , -ー/  /       |
                   / V | \__//  /        ,
                l  {{⌒}}     {{⌒}}          /
                |  `〒’\ / `〒’l         /

34名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:30:00 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ ①計画の各艦艇を手がけたのは、平賀放逐後計画主任の座に就いた藤本喜久雄であった。 ......│
│ 彼は用兵側の望むより小さな艦形でより増強された兵装の艦艇を、その図面から次々と     ..│
│ 生み出していった。                                               │
│ 彼は用兵側からすればまさに「打ち出の小槌」だったのである。                     │
└─────────────────────────────────────────┘

           ___                最新技術を惜しみなく投入すれば、
          /⌒  ー、\
        /( ●)  (●)\             この程度の設計は造作もありません
      /::::::  __´___ ::::::: \.
  cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ       平賀のような古臭い設計者には出来ないことです
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\)))     でも、僕なら出来るんです

35名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:31:00 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 計画主任として事実上艦本第四部を一人で仕切る藤本は、①計画の艦艇の設計を手がける一方、     .│
│ ワシントン条約で認められている主力艦の改装計画をも指図した。                        .│
│ 軍令部は次期軍縮会議は決裂も辞さないという強硬姿勢でまとまっており、決裂後の軍備拡張に向けて  │
│ 旧式艦の大改装を手がけることにしたのである。                                   │
└─────────────────────────────────────────────┘

       ___            ・主砲の仰角拡大による射程延長
    /_,ノ  ⌒\          ・水平防御(甲板防御)の強化
  / ( ●). (●) \         ・高出力タービン・高圧缶への換装
  /    、 `     \
  |       ̄ ̄ ,.へ |       これらの改造によって旧式艦も第一線で戦えるようになります
  \           ム  i
 /          ゝ 〈       保有する戦艦10隻がこれで総て生まれ変わることになりますね
 |           i  |

36名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:32:00 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 藤本がこの改装計画の際に取り入れた防御力強化の新構想が、「応急注排水装置」であった。  ...│
│ 被弾して浸水した際に、その反対舷の防水区画にわざと注水して傾斜を立て直すこの装置は    │
│ すでに第一次世界大戦時のドイツ主力艦が採用していた。                         .│
│ 「故障もない区画に注水するとは」と渋る用兵側の頭の固さに嘆息しながら藤本は          ...│
│ 説得を続け、模型でその効果を実験することでついに長門型戦艦に採用が決まったのである。  ....│
└──────────────────────────────────────────┘

         ,___
       /     \           つべこべ言わずに僕の言う通りにしてください!!
      /  \   / \
    /    (●) (●) \        この装置は既にジュットランド海戦でドイツの巡洋戦艦が
    |       ___'___    |
    \       |il!|!il|  /         その威力を証明しています
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃       機関室に水を入れるくらいがなんですか!!
     |            `l ̄
.      |          |           艦がひっくり返るよりよほどマシです!!

37名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:33:04 ID:.ilkVFOc0

      _____
    /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|  +        軍令部とのつなぎは僕が総て引き受けます
+   |::::::::ゝ \  / |
    |::::::( ( >) (<)|   +       藤本さんは安心して指図してくださいね!!
    (@  ::::⌒(__人__)⌒)
 +   |     |r┬-|  |
     \      `ー'´/
   ,,.....イヽ、___ ーノ゙-、.  +
  /rー'ゝ|\ \_____ ノ.| 〆ヽ
 ./ノヾ ,>|  \/゙(__)\|ヾ_ノ|
 | ヽ〆 >  ヽ ハ   |´| .|

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫の弟子であり、また藤本の腹心でもある江崎岩吉は、このころ造船中佐として  .....│
│ 艦政本部員と同時に軍令部兼務の辞令を貰って新戦艦の戦略の研究を行い、       . │
│ 部内でこの構想について根回しを行っていた。                          .│
│ こうして彼は後の大和型戦艦に繋がる主力艦の基本計画を立てていく。           │
└──────────────────────────────────────┘

38名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:34:00 ID:.ilkVFOc0

        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \                軍令部からワシントン条約にとらわれない
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、       新型戦艦の計画を非公式にまとめて見ないかと
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /        打診がきています
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/         藤本君、あなたやれますかね?
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃     ←昭和8年第四部長に就任した玉沢煥中将

39名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:35:00 ID:.ilkVFOc0

        ____
      /      \              任せてください、やってみようじゃありませんか
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \           大艦巨砲の極致となるであろうこの艦、
   |      __´ _      |
   \       ̄      /ヽ          お流れになった金剛代艦計画の時は平賀に恥をかかされましたが、
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \       今度こそ誰にも文句は言わせずに作り上げて見せます!!
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌──────────────────────────────────────────┐
│ そして彼は、排水量5万トン、主砲は20インチに近いもの9門以上、速力30kt以上という巨艦の     │
│ 計画にも挑むことになる。                                            ..│
│ この大戦艦に対抗する巨艦をアメリカが建造しようとすれば太平洋と大西洋を結ぶパナマ運河を  │
│ 拡張せねばならず、アメリカはその経済的負担に耐えられないために建造は出来ないというのが   │
│ 軍令部の読みであった。                                              .│
└──────────────────────────────────────────┘

40名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:36:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 折からドイツでは、パリ講和条約に準拠して排水量を1万トンに抑えたドイッチュランド型装甲艦が     .│
│ 完成し、いわゆる「ポケット戦艦」の先鞭を付けることになる。                           │
│ 電気溶接を用いた船体重量節減によって砲や防御の重量を賄っている点や、このクラスでは       │
│ 初めてであるディーゼル機関によって航続距離を伸ばしたことなどが藤本の近代主義をくすぐった。   .│
└────────────────────────────────────────────┘

                                          .    .   |   
                                              ━∩━ 
                                               [.|二|] 
                                       ,,             |_|  
                                      ,,,,,,,,,、      .|.|  
                                        ,゙i===i,  .    ⊂=⊃....,,,,,,,,,, 
                             ━∩━     | '}lf | /i, ..   |.|二|ロ・・・]
                   ,___、 -/i ,,lヨニ|ュ| _rュ___|__||iヘ  }x{    |.|lロロ.二二! ,___、 
               ━━/ニニ三ニi [二l二二二l,,--ィニl--ィニl,,_|_lニ゙i--lニ゙i--| ̄ ̄ ̄ ̄|i二三二ニ゙、━━
          =┌─┐.j─┴──┴──────────────────────┴──┴───────.─.┐
. ゙l`: : : `` ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄┌―‐─────────────────────────────┐: : : : : : : : : : : : @ .|  
 `ゝ,━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━

Panzerschiff  "Deutschland"

*基準排水量  . 11,700トン(公称10,000トン).*速力     26kt
*全長....      186m  .           *航続距離  20kt/10,000海里
*幅..   .     20.7m             .*主兵装   28cm3連装砲2基(6門)、15cm単装砲8基
*吃水. . . ..   7.25m               .       50cm4連装魚雷発射管2基
*主機. . . . .  ディーゼル8基、2軸   . *装甲     水線60mm、甲板40mm、司令塔150mm
*出力        55,400馬力      .   *乗員     619名
ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h89000/h89566.jpg

41名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:37:08 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────────────────────────────────┐
│ この「ポケット戦艦」の情報を入手した藤本はこれに大いに魅了され、事実それに影響されて      │
│ 主機を14万馬力のディーゼルとする20インチ主砲4連装3基(12門)、甲板防御アーマー11インチ、  ....│
│ 舷側防御アーマー16インチという5万トン級戦艦の計画に熱中したのである。               ..│
└───────────────────────────────────────────┘

            (ヽ三/) ))        これぞまさに次世代の戦艦です!!
         ,___ ( i)))
       /     \ \         ディーゼル主機は巡航16ktで12,000海里という大きな
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ         航続力を新戦艦に与えます
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/         これは日本の根本戦略である漸減作戦のためにぜひ必要です
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !         完成すれば夢の超戦艦になりますよ!!
  ⊂cノ´

42名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:38:00 ID:.ilkVFOc0

     : : /     / / l    |へ  |: :       |l\: : : : :
: . . . : : :/    | /⌒\    |   ヽ!\: :!    |l  \: : :
へ : : :〃 /  :ハ :l,≧ミ \、 |  ィ≦ミ \|: :    |l\    ̄     夢の超戦艦かぁ!!
   ̄ | l  : :| 〃, - 、   \|  , − 、ヾY l: :   /   ヽ
      丶l  : :| {{ l:○。:l     l:○。:::l }}/: : /l   ○      技術革新ってスゴイね
     / \ : V 弋::oノ       弋::::oノ /: :/l /    l\
    ○  l\: :\ー   '      ー  //|ノ/     \l     出来ないと思ってたことが
   /l   \l  ̄ "" }ー――‐ヘ ""  /\ 
    l/       ゝ r‐、 |        |    /   \ _          出来るようになっちゃうんだ!!
        / //_ノ}  V ⌒ ⌒ V  /l     >\
         | // / `>\__/ <´ /    /   |
         l / /   |/ \     /   /l     |

43名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:39:00 ID:.ilkVFOc0

              _,. -――- 、  
             , '´ . : : : : : : : : :_: \ 
            /. : : : : : : : ; -イ: : : : :`ヽ         ……今までの話を聞いていれば、それが
           /: : : : : : >' ´    l : : : : : : : ',      
          /: : : ∠ノ  丶-―- v: : : : : : : :l        どんなに眉唾な話か分かるでしょ、ラブ……
         /: : :/ィ≦ヽ    示元ミY: : : : : : :l      
       ,: : :./代_i|      {ヘィi| | : : : : : : |        実際、竣工した「ドイッチュランド」のディーゼルエンジンは
       |: :./ Vン       ゞ '  | : : : : : : |      
       |: :.:.|    ノ         | : : : : /:/        ピストンロッドとクロスヘッド※の取り付け部の故障が頻発し、
    .    l: ::::l            u | : : : /:/       
          l: :::::.、   マ二つ    | : : /: :l         その原因の究明に多大の労力と時間を費やしているわ
        l:::::::::l\         /|:/l/:.l:.:l       
        |::ハ:::|: : :\    / l::j': : : :{: :ヽ._,       クランクシャフトもねじれ振動が大きくて対策が必要だったの
        |' ヘ|:ノ: : : :トr く   {:::::: : : : \〈      
         /: : : : :/:/ヘ /´ ̄ }:::/: : : : : : ヽ.       当時の日本では恐らくこのような大出力ディーゼル機関は
         , -{: :{: : : : {: {ゝ土 ノ ノイ: : : : : ノ: ノ `ヽ   
       /   ゝ{: : : :ト\jo{ }  ノ: : : : /´     l    荷が重たかったでしょうね
     ∠ _   | ` ーヽノ{ } } ∠ニ= イ    ___\ 
    \ l\ |    { { } {       | ,  ´  | `/ 
       /   V    」 {o } }      V       |/  
       /   ノ    { {  } }     }      |   
                                
※クロスヘッド:ロングストロークの大型ディーゼル機関で、ピストンロッドとコンロッドを繋ぐピストン状の部品。
         この部品によりピストンが直接クランクからの横方向の反力を受けないため、ピストンの潤滑が楽になる。

44名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:40:00 ID:.ilkVFOc0

.   /: : : : : j: :\
  /: : : : / ヽ: : l                溶接に関してもそうよ
  l: : : :/-  ‐ l: :|
.  V: : lリ  {リl: :|                確かに「ドイッチュランド」は電気溶接の多用で
   V: :l  。 /l:ノゝ
  /人:l>rくイ: : }                550トンもの重量を節約しているけど、日本ではそもそも
  {{: :{` }Y}イ : :ノ \
   Nソ {ハ} ー'/  |              まともな溶接棒すら多く作れなかったのよ
   | l  {ハ}   {--イ



       /⌒l    _   _
   _/´ ̄ ̄7フク' └'´ l              そうか、やっぱりダメだったのか……
  /    ー-、└ヒソ     し1
  | | ∧    ヽ  l|      Y             でも藤本さんはその技術を多用しようと
  ヽ.|'ヘ\ l   |  lー、 l l N
    卜 __l  kヘ b jノ jノフー_、           していたわけでしょ?
    〉  ̄li"レ' _ノ |j/|/、_ / 、\
    ( r 、 l!  _  / /:://  `ト、\ \        一体これからどうなっちゃうんだろう……
     ̄ ̄ ̄  |l〈 /l::::l,'    | \ \ \
          l|ヒ!」:://   j/  \   \
          l ヾl く     /     人  /
           l  |/    /二二二 ノT´

45名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:41:05 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────┐
│ 昭和8年(1933年)2月────   │
└───────────────┘

         /~~`'i
         |;;;;;;;;;;l   ____
         l;;;;;;;;;;;l /,r---、::丶、
.         l;;;;;;;;;;;|:::;'    ヽ::::ヽ             ……というわけで藤本さんは
         l;;;;;;;;;;|:;'      ゙;::::`,
.      ,、;;'''''''''''‐‐‐-,   .   |::::::|            電気溶接を新戦艦に多用して
      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-+、  .   |::::::|
.    /  ̄ ̄    |::::゙,  .   |:::::|            なんとか重量を軽減し、その分で
   /          l::::::|     |::::::|
.   l゙゙''''  ''"~~`'   ,.`':;;l     !:::::|            重兵装と重防御を達成したいみたいですね
.   !tェ,'  、rェ、   "'"',ヾ     l::::::l
   l  i   -、      、 i ゙,‐'''‐┐ l:::::::i           既に建造予定の大鯨型潜水母艦では
   | └ - :'      -、゙ l;;;;/l、,,ヽ、⊥
゙゙゙゙゙/l ,,,、、--、,,      ,_,,ノ:'";;,、!;;;;;;             全面的に溶接構造を取り入れるそうです
;;;;/、'.、.   ̄      /l:/;;;;;//;;;;;;;
;;;;>,ヽ;;;;`'‐-、、、、、-‐'",、r';;;;;;/;;;/;;;;;;;;;



         ____
       /ノ   ヽ、_\             なに考えてるんだお、あの未熟者は!!
     /( ○)}liil{(○)\
    /    (__人__)   \          そんな未熟な技術で戦艦は作れないお!!
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /

46名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:42:00 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 藤本計画が未熟な電気溶接を多用していることを知ったやる夫は、矢も盾もたまらず  ....│
│ 時の第四部長である玉沢中将に警告を発した。                        .....│
│ しかし、藤本を盲信する玉沢はこの警告を頭から無視したのであった。          ......│
└──────────────────────────────────────┘


            ,. -ー冖'⌒'ー-、               まったく、退官してもあの人は
           ,ノ         \          
          / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ            つまらない言いがかりですか……
          {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、 
         /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/     未確定の技術の濫用だなんて、
       ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /  
      / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /      藤本君がいいといっているんだから
     ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/    
     人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\      いいに決まってるんです
   . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ  
   /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃         たかだか一在郷造船官に文句を言われる
   !     l   |::::::|  ` ̄ ̄´    |::::::|/      
       ノ\ |::::::|            |::::::|           筋合いはありませんね!!

47名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:43:00 ID:.ilkVFOc0

   ___________________
   ||                               ||
   ||                               ||      技術的に未熟で信頼性が未確定の
   ||          , ヽ  /          ...    ||
   ||            /  (● ●  。          ...||      溶接を濫用しちゃダメなんだお!!
   ||         ヽ  (__人)/          ..  ||
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  つ つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       今はまだ、工法が確立された鋲工法が
             /  ̄ ̄ ̄ /|
                | ̄ ̄ ̄ ̄| |                  一番なんだお!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             ∧,,∧  ∧,,∧  トイッテモイマサラネー
          ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )    先生ハ考ヘガ古クナイ?
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u   鋲工法ハ時代遅レダヨ
              `u-u'. `u-u'

48名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:44:00 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は大学の講義でも電気溶接の濫用を戒めたが、学生たちには従来の鋲工法に固執する....│
│ やる夫を時代遅れと蔑む向きも少なくなかった。                            ......│
│ 恐れを知らぬ若い人材には、やる夫の危機意識など旧套墨守の世迷い言でしかなかった。    .│
└─────────────────────────────────────────┘

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\         誰もやる夫の苦衷を分かってくれないんだお……
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j        やる夫は意地悪でいっているんではないお
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。        ただ不安定で危険な艦を作りたくないだけなんだお……
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

49名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:44:30 ID:.ilkVFOc0

            ,..----r____
     _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
    {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
  ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ      あなた、辰馬の家から電報が届きましたわ
(⌒:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}
.7_|∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ、
  |  Y.:! lイl li   lト、/lレ | 从〈       道が無事出産したそうです
  |  :i {薔}川 ヽ    ノl小iv
  |  :| ゞ! l .i ●    ● li|.ノ
  |  :| .i i ⊂⊃     ⊂li |        男の子ですって
  |  :! .i i  ト _ ーー イ li |
  |  :! .i i>´:::::_l ̄(*/ ̄/ ̄/
  |  :! .i i:::N/  ̄ )  /  と)
  |  :! .i i:::|_}--l-イ__/_/ノ


       ___
     / ⌒  ⌒\            ほ、本当かお!!
    / (○)  (○) \
  /   ///(__人__)/// \         カズ!! すぐに支度をするんだお!!
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/         今すぐ道の顔を見に行くんだお!!
    /      ー‐    ィ

50名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:45:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の苦悩を和らげるかのように、昭和8年の秋、関西に嫁いでいた長女道が男の子を生んだ。   ..│
│ やる夫は道のことを手放すのが耐え難いほど溺愛していたが、その長女が初孫を産んだのである。  ....│
│ やる夫は報せを聞くなり関西へ飛び、初孫の笑顔に相好を崩した。                     ......│
└────────────────────────────────────────────┘

                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :
      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、

51名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 21:45:30 ID:I8MVtju20
普段の所業がものを言っているなw

52名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:45:30 ID:.ilkVFOc0

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \      初孫の笑顔が見られてやる夫は嬉しくてたまらないんだお……
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /


         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
      ____           そうだお!!
    /⌒  ⌒\    チーン!
   /( ●)  (●)\         いい機会だからかねてから考えていた引越しを本格的に行うお!!
 /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
 |     |r┬-|     |      やる夫は引越しが大好きなんだお!!
  \     `ー'´     /

53名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:46:00 ID:.ilkVFOc0

                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)         そうと決めたらすぐに
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |        条件のいい引越し先を見つけるんだお
             /  .\     i⌒\   /
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/        やる夫には自分の家や土地を持とうという
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i       考えはまるでないんだお
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./                 いい借家を見つけるんだお
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/

┌───────────────────────────────────────┐
│ 実はやる夫は元々引越し好きで、結婚してから住んだ家も原宿界隈だけでなく横須賀や  ...│
│ その他数度に及んでいた。                                      .....│
└───────────────────────────────────────┘

54名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:47:25 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 10年ほども住んだ今の家から引っ越せる家はなかなか見つからなかったが、幸い      ..│
│ 青山界隈で条件に合う物件が見つかり、翌年2月に越すことになった。              │
└───────────────────────────────────────┘

  |  :|              __________
  |  :|             /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|           //  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|          ∠/     \________ \
  |  :|           |  ___ ..|    | ̄| ̄||≡|   |_
  |  :|           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  | ̄ ||         ∠/     \______________\
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,       |___i ..| | ̄| ̄|||≡|    ,;:'""':;,"':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,       |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|   i':::::::::::::'i:,:::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i   |┐┐|||| :::| L..| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |≡ ||::::::::              i   |┐┐|||| :::|___| | ─┐                 |
  |≡ ||::::::::              i   ├────┐..| |.   ̄               |
  | ̄:::|::::::::              i   ├─────..| |                |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.|、,.,,.、.,.,,.、.,.,,..、,、| |、.,.,,.、.,,.、.,、.,,.、.,、.,,.、.,、.、.,,.、.,、.,|、.,.,,.、

55名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:48:05 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 時代は少しずつきな臭さを増していく。                                     │
│ ヨーロッパでは、ナチス党がドイツの支配権を握りベルサイユ体制の一方的打破を鮮明にした。 ......│
│ アメリカでは、大西洋方面守勢、太平洋方面攻勢の海軍拡張三カ年計画が実施に移された。    │
│ そしてソビエト連邦もまた、軍備の大拡張に乗り出したのである。                    ....│
└──────────────────────────────────────────┘

: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   |
: : : : : : : : : : : : : : :/ ̄    |
: : : : : : : : : : :/ ̄       |                  __,,,,,,,,,,,======
: : : : : : :/ ̄          | .     __,,,,,,,,,,,======¨¨¨¨ ̄ ̄: (
-─¨ ̄      __,,,,,,,,,,,======¨¨¨¨ ̄ ̄ . : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            ¨¨¨¨ ̄ ̄ l7. : : : : : : : : : : : : ; ; ; ; : ; : : : : ; ; : : : : : : : :ヽ
                     /: : : : : : : : : : : : : ; ; ; ; ; ; : ; : : : : ; ; : : : : : : : :.ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; ; : , : : : : : ;__: : : : : ヽ
                   /: : : : : : : : : : : : : ; : : : :_>─¨¨¨ ̄___二ヽ: : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : _>─ァ ニ-" /, ̄ ̄ー─'" / : : : :ヽ
             /: : : : : ,--‐''¨ ̄,--‐‐'¨∠_/∠--─z  _/: : : : : : :ヽ
                /: : : : ( 、─-、_    ̄`-ャ  ,---ヘ /  /: : : : : : : : : : : : ヽ
             /: : : : : :\`ヽ-、_`゙〜ー´/¨ _// ../; ; ; : : : : ; : : : : : : : : ヽ
.             /: : : : : : : : :ゝ、_  `-‐⌒   ∠__,-^ /: : : ; ; ; : : : : .' ; : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : ̄¨ー─--──〜´: : : : : ; ; ; ; ; : : : .', ; : : : : : : : :.ヽ
.           /: : : : : : : : : : : : : : ; ; ; : : : : : : ; ; : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; : : : : ; ; : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : . ,', ; ; : : : : : ; ; ; : : : : : : : : : ' ; ; ; ; ; , : : : '. ; ; : : : : : : : ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : .' ; ; ; ; : : : : , ; ; ; , : : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; , : : ', ; ; , : : : : : : :.ヽ
.        /: : : : : : : : : : : : : : : ; ; ; ; ; : : : : : ; ; ; ; ; ; : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , : : ; ; ; , : : : : : : :.ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; , : : : , ; ; ; ; ; ; , : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ' : : : : : : ; ; '. : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : ; ; ' ; , : : : : : : : ; ; : ; ; : ; ; : : : : ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : ; ; : : : : : : : : :.ヽ
.    /: : : : : : : : : : : : : : : , ; ; ; ; ,' : : ; ; : : : : : ' ; ; ; ; ; : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : :ヽ
    /: : : : : : : : : : : : : : : , ; ; ; ; ; ; ; , ; ; ; : : : : : : : ; ; ; : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : ; ; : : : : : : : : : ヽ

56名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:49:00 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────────────────────────────┐
│ そしてこの頃から国内外で軍縮条約の期限が切れる1936年を待って事を構えようとする  ...│
│ 「1936年の危機」説が囁かれ始める。                                ....│
│ それを見越してかどうか、日本海軍は昭和9年から4ヵ年の継続比4億6,500万円を      ..│
│ 「第二次補助艦艇補充計画」(略して②計画)と名づけ、第65通常議会の協賛を得て     .│
│ 国際間緊張に備えた。                                          │
└───────────────────────────────────────┘

     ____
   /__.))ノヽ              向こうが仕掛けてきたらやり返すだけのことや
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ              そのために今から備えを作らんとイカンのや
  .しi   r、_) |    
    |  `ニニ' /(⌒)            ドーンといくで!!
   ノ `ー―i´ノ  Y`Y´`Yヽ 
      (´ ̄   .i__人_人_ノ
       ` ̄ヽ      /
           ` ̄ ̄ ̄´

57名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:50:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────┐
│ しかし、このように強気で建造計画を進める総ての海軍関係者に冷水を浴びせる大事件が   │
│ 発生するのだ。                                               ...│
│ それは藤本が手がけた①計画の水雷艇「友鶴」が引き起こした事件であった。          │
└────────────────────────────────────────┘

                                                ll
                                                ̄l.l ̄ ,
                                                  l.i
                      ─┼─                       | l  iェ日 
                        il                   ,__,,,,    ..l .l. | ̄ ̄~}    
                        lli                     ',==',   l__.l |二二.|     ,,,,,∩、___ 
                 ,∩─、  ,_lll,、             i─‐i / ̄~\_|_||___|   . l__i. ̄ ____,,,,,.....--/
             ━━l___l l..___| ===三= =三=== .|  ll.二二.ll゙゙゙゙ll 丿.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  21 .@ i 
   .ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、-'' ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ル ̄ヅ ̄モ ̄ト ̄ ̄ ̄ ̄ ´゙''''ー .._                     ノ  
 .─ll──────'"´────────────────────────┴──――――――――‐'───

水雷艇  友鶴
昭和9年(1934年)2月24日舞鶴工作部にて竣工
要目は「千鳥」に準ず
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/be/HIJMS_Tomozuru-1934.jpg

58名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:51:03 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 昭和9年(1934年)3月12日未明、嵐の中3隻の軍艦が長崎県大立島沖から佐世保軍港を目指して     ..│
│ 進んでいた。                                                       ......│
│ 3隻は佐世保警備戦隊旗艦の巡洋艦「龍田」及び第21水雷隊に所属する水雷艇「千鳥」「友鶴」である。  ..│
│ 当日は風が激しく艦の動揺も大きかったので、訓練を中止して帰還することにしたのである。          │
│ 「友鶴」を含む第21水雷隊は編制されてから今日が最初の訓練であった。                    │
└─────────────────────────────────────────────┘

                .;.;.;.; .; ;:;:   ;:;: ;:;:;:;:  .;.;            |
                  ;:;:;:;: ;:;::;    ;:;: ;:;: ;:            ̄b ̄    旗艦「龍田」
             _l_      :;:;:;:;::;;:;:;:;  :;:;;:;:  :; :;:;:;:;         _liヨ_ 
              |          .;.;.;  :;:;:;;;::;  :;           |ロ
             -ti- .         .;.;   :;:;   :;:;:;:          i=iョrュ__
              il|.   .       |゙゙゙゙|  |゙゙゙゙|  |゙゙゙゙|         /ロ|ェェ==j
              l_l  .   .      |二|  |二|  |二|         /|ニ|ロ== |
       ━iニ」 l ̄ ̄l lニァ━    . |二|  |二|  |二|      ━iニ」 | | ・・| lニァ━ __,,,,、。
       lニlニlニl ̄ ̄ ̄llニl ̄l⊂⊃ ロr===ッ^lr===ッ^lr===ッ^li⊂⊃ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ マ)  /
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ ,,彡ミヾミ〜ヽ /
"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"〜
~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"'''  ;;;._,,,..._,,;._,,,~"''''~ ~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'",,,~"''''~ ~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"'''   
~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~"'''~"'"~~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'""'''~"'"~~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"'''  
~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"''''"~..~;;;.~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,.''"~..~;;;.~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;

59名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:52:00 ID:.ilkVFOc0

                _
            /  |    _
              /  /|  /  |       現在は南東の風、風速は約15〜20メートル、
          /    ┴-< / |
            /          |       波浪は3ないし4メートルです
        /  /  __ \〈
         | ゙゙゙   |  /´    |⌒)     視界は2キロほどしかありません
        \     L/     //
          `7       /
            /        |


             ____
        ,、-''"    _,、_  ``ヽ、
      /   /'>_<'\     l
     (   /   ゞ元゙_,ノ`ヽ、 ノ         本日は風雨があまりにも激しく、
      \/,、-'ニニニニニ'ー-!'
       E_''"______ミ!、        「龍田」はまだ左右15度くらいの動揺で
       /        `  ヽ 
        |    `     ´  |         済んでいるが、小型の水雷艇2隻の動揺は
       l     -―- 、    l
       ヽ     、_ ,   ノ         もう30度を越しているという報告だ
       _,,>:‐、-,r 、 _,r┐<,,_
     /::::::/::::::::ヽLノ ‐'、,」::::ヽ::::`:::、      もはや進路の維持も容易ではないので
    /::::::::::;;―/::::ヽio /:::::\鈴::::::::::ヽ
   ,/::::::::::;;ノ:-―‥¬ ‐、::::/.木、l::::::::::l     各艦は任意に佐世保に向うように
    l::::::::::::'':::::::::::::::::::::;ノ‥:::―:::--ヽ:::::::::!
   ヽ::::::::;;; . -−''::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
鈴木義一少将:佐世保警備戦隊司令官。本演習の指揮官。旗艦「龍田」座乗。

60名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:53:00 ID:.ilkVFOc0

        _,.::ー''´人`"''' ー-:.,,_
       <  γ ,w、`ヽー-::、、 ``"':- 、
       `ヽ´',,キ∞ミ,,ノ    `""'''ー:-;|       鈴木司令官から任意に帰還せよの命令が来た
         ,',ニニニニニニニニニニ0:.:.:. :_,,ノ
       γ_______,,ノ~ ̄';          波に注意しながら佐世保に向うように
         |  ● _ ●     |   
            ',    ││       /         後続の「友鶴」にも連絡してくれ
          ':,_  ノ_ヽ     ,:'
           〉ー、 _,,,,,..- '''"ヽ,,   
         ,,.-゙ヽ _,j,_[o o],:-''"´゙゙"'''ー- 、
       /"~       !!            ヽ
      ノ  、_ヽ_ || /_ _ ,__    、  ヽ

橋本信太郎中佐:第21水雷隊司令。「千鳥」座乗。



           ,,..,
        _,.::ー''´人`"''' ー-:.,,_
       <  γ ,w、`ヽー-::、、 ``"':- 、       了解であります、司令
       `ヽ´',,キ∞ミ,,ノ    `""'''ー:-;|
         ,',ニニニニニニニニニニ0:.:.:. :_,,ノ       しかし、今日のこの波はただ事じゃありませんね
       γ_______,,ノ~ ̄';      
        \l -―‐   ―‐-  ∪|         進路を保つのも難しいです
          |    r─、       |
          |   ノ  l      |          波に煽られるたびに艇首が左右45度も振られるんですから
           ヽ  l‐―‐i    ノ  
           >-    ___<__          通常の12ktでは進路を保てませんので、14ktに
          /ヽ  .|   ./ヽ、 ヽ、
       ,,..-'//ヽ/|    |  ヽ/゙゙'‐-..      増速します

山田勇助大尉:水雷艇「千鳥」艇長

61名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:54:01 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 第21水雷隊は司令艇「千鳥」を先に立てて、500メートルほどの間隔を保って北に向かった。   ..│
│ しかし波は各艇の右舷斜め後方からちょうど艇の大きさに対して不利な条件で襲い掛かった。   .│
│ 動揺はもはや左右40度に達していた。                                    │
│ 午前3時58分、「友鶴」の無線機は卓上より転落、使用不可能になってしまった。          ..│
└─────────────────────────────────────────┘
             。  。
                    。っつっっつっつ゚
                 __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ  ザッパーン
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。                           ┼
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ                           |、
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ               ┼.             |l.,lリ=,
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ                  |         /i、 [レー┤  ._
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ.       .─┌-┐ .,,,廴 ┯ .┯ .r-、,lリ,,|,,,|l二エ_[_]━ .,,---ッ
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ.   ,,-----┴-┴┴-┴┸‐┸‐┴ ──┴--,,、   ¨¨¨ 21.|
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ ≡彡彡ミミ≡彡
/     /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミ 彡ミミ≡≡゚彡。ミ
彡彡// i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ。彡ミ彡ミミ三三三三

62名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:55:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────┐
│ 午前4時15分──── ......│
└────────────┘

      ∧       ∧
     /  ヽ___/  ヽ            て、艇長!! 大変です!!
   /::::::          \  
  /::::::   ヽ     ノ    ヽ
  |:::U  ●        ● :::::|         後続していた「友鶴」の航海灯の光が
  |:::::::      / ̄ |  U..::::::!
  ヽ::::::..... U  ├--┤ ....::::ノ
   >:::            <           見えなくなりました!!
  /   /⌒ヽ.    /⌒ヽ
  /   /  九l    (つ  i



           ,,..,
        _,.::ー''´人`"''' ー-:.,,_
       <  γ ,w、`ヽー-::、、 ``"':- 、        な、なんだって!!
       `ヽ´',,キ∞ミ,,ノ    `""'''ー:-;|
         ,',ニニニニニニニニニニ0:.:.:. :_,,ノ        そんな馬鹿なことがあるか!!
       γ_______,,ノ~ ̄';      
        \l -―‐   ―‐-  ∪|          単なる故障かもしれない
          |    r─、       |
          |   ノ  l      |          とにかく発光信号で「友鶴」を
           ヽ  l‐―‐i    ノ  
           >-    ___<__          呼び出すんだ!!
          /ヽ  .|   ./ヽ、 ヽ、
       ,,..-'//ヽ/|    |  ヽ/゙゙'‐-..      それと、特に目のいい水兵を見張りに立てろ!!

63名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:56:01 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 「千鳥」は完全に「友鶴」を見失った。                               ....│
│ 「千鳥」は必死になって「友鶴」を探したが、全く発見することが出来なかった。        .│
│ ついに午前4時28分、「千鳥」は「龍田」に対して『友鶴行方不明』と報告したのである。  ...│
└──────────────────────────────────────┘

                                  ┼
                                  |、
              .     ┼.             |l.,lリ=,
                      |         /i、 [レー┤  ._
            ─┌-┐ .,,,廴 ┯ .┯ .r-、,lリ,,|,,,|l二エ_[_]━ .,,---ッ
          ,-----┴-┴┴-┴┸‐┸‐┴ ──┴--,,、   ¨¨¨   |
"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'
~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"'''  ;;;._,,,..._,,;._,,,~"''''~ ~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'",,,~"''''~ ~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"''' 
~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~"'''~"'"~~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'""'''~"'"~~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''
~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"''''"~..~;;;.~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,.''"~..~;;;.~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;

64名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:57:00 ID:.ilkVFOc0

             ____
        ,、-''"    _,、_  ``ヽ、
      /   /'>_<'\     l
     (   /   ゞ元゙_,ノ`ヽ、 ノ         「友鶴」が行方不明……
      \/,、-'ニニニニニ'ー-!'
       E_''"______ミ!、         何ということだ
       /        `  ヽ 
        |  u  `     ´  |          よし、「千鳥」は寺島水道に避泊して待機するように
       l     -―- 、    l
       ヽ     、_ ,   ノ          本艦は転舵し、「友鶴」の捜索に当たる!!
       _,,>:‐、-,r 、 _,r┐<,,_
     /::::::/::::::::ヽLノ ‐'、,」::::ヽ::::`:::、  
    /::::::::::;;―/::::ヽio /:::::\鈴::::::::::ヽ
   ,/::::::::::;;ノ:-―‥¬ ‐、::::/.木、l::::::::::l 
    l::::::::::::'':::::::::::::::::::::;ノ‥:::―:::--ヽ:::::::::!
   ヽ::::::::;;; . -−''::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌──────────────────────────────────────┐
│ 鈴木司令官は直ちに「龍田」の艦首を南に回らし、「友鶴」の捜索に当たった。        │
│ しかし夜が明けても雨が降って視界が悪く、自艦の位置さえはっきりしないほどだった。  │
│ ついに午前7時40分、「龍田」は佐世保鎮守府に打電して「友鶴」遭難を報告した。    ....│
│ これに対し急遽佐世保から第21駆逐隊の「初春」「子日」が出航して捜索に加わった。    │
└──────────────────────────────────────┘

65名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:58:00 ID:.ilkVFOc0

┌───────────┐
│ 午後2時5分────   │
└───────────┘

   ,'´\           
   !   \      _,,-┐                       し、司令官!!
   ゙、   `ー--<´   /゙
    y'         `ヽ/        _______      前方に青い潜水艦のようなものが見えます!!
    /.   ∪   ○    ゙、====l二二|______|;;;;;
    !       ' ' '    l ̄!         ◎ |     . ̄      しかし司令塔が見あたりません!!
    ヽ、          ノ_ノ .         〒|      
    ノ        \  .         | |
  /´           ヽ  .        .| |      



                 ll ‐┐
               /  | |
            ,,. -''、 _ 」 |           この海域に潜水艦がいるはずがない
           /        ヽ
            |  u    `  |          それに青くて司令塔のない潜水艦があるわけがない
           l           -l
           ヽ ,,      ,,ノ          まちがいなくそれだ
           ,,. -‐‥‐-ニ、、,l
         /::::::::::::::::::::ヘ:::ヽ'!           直ちに向え!!
         ,/:::::::::::::::::;;l::::::└/::l|
        /::::::::::::::::::;;ノ::::::‐:::\|

66名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 21:59:06 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 発見されたのは、間違いなく「友鶴」であった。                         ......│
│ 「友鶴」は青色塗料の船底を海面に晒して冷たい雨に打たれながら漂っていたのだ。   .│
│ 直ちに「龍田」からカッターが派遣され、激浪を突いて「友鶴」に近づき             │
│ 兵員たちがその船底に乗り移った。                               ......│
└──────────────────────────────────────┘

 l ! ! l ! ! l !   l ! !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l l ! ! l !   ! l l ! !
l !  ! ! l l ! ll !! l !   ! l l  l ! ! ! ! l   !l  l l  l ! !!   l ! !   ! l l ! ! l ! l ! !   ! l l ! ! l !  l ! !   ! l l ! ! l !
  ! l  l !  ! l  l !   ! l  l !    l l ! ! l !   l┃  ┃ l〓 l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l   ! l  l !   ! l  l ! ! l  l ! 
  ! l l ! ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   !l  l l  ll  ╋━╋l ! ! !l ! ! l !  ! ! l l ! ll !  ! l l ! l  l ! ! l !   ! l l ! ! l l ! ! l ! 
  l l ! ! l ! !! ! l ! l  l l ! ! l ! !  ! ! l  l ! l l ! ll !l┃ ! !━┳┓l !━━━━━━━━   !! ! l ! l  l l ! ! l !  !! ! l ! l
  ! l l ! ! l ! l  l !   ! l l ! ! l !  l ! ! ! l !   ! i━┛l i ! l┃┛   ! l  l ! ! l ! ! l !   ! l  l !   ! l l ! ! l! l  l ! 
  ! l l ! ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l ! l ! ! l !   ! l l ! ! l   ! !┛ l l ! ll ! ! !  ! l  l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l l ! ! l ! 
  !l  l l  l ! !l ! ! l !   !   l  l ! l ! ! l l !   !l  l l  l ! !! l !  !l  l l  l ! !  !! l !  !l  l l  l ! !  !! l !  !l  l l  l ! !
l !  l ! ! ! l !   ! l l ! ! l !  ! ! l ! l ! l l ! ! l !   ! l l !l  l ! ! l !   ! l l l !l  l ! ! l !   ! l l l !l  l ! ! l !   ! l
l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   !l  l !  l l ! ! l !   !  l !  l l ! ! l !   !   l !  l l ! ! l !   ! 
        ,,.。-------------==================================================-、。.。.。,,,,__§  ..;─、
  __________,,;;゜..................................................................                                   ^^^^^┴-┴=┐
゛'゛~~゛'゛~''''゛~''''゛~゛''''゛~゛'゛~~゛'゛~''''゛~''''゛~゛''''゛~゛'゛~~゛'゛~''''゛''''゛~゛゛''''゛~゛'゛~~゛'゛~''''゛'''゛~''''゛~゛''''゛~゛'゛~~゛'゛~''''゛~''''゛~゛''''゛~゛'゛~~゛'゛~''''゛

67名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:00:00 ID:.ilkVFOc0

    __/ ̄/_[][]    / ̄/ ./''7    __/ ̄/_[][]    / ̄/ ./''7   ./.''7./.''7
   /__  __  /     ̄  ./ /    /__  __  /     ̄  ./ /   ./. /./. / 
   _./  //  /     ___ノ /     _./  //  /     ___ノ /   /_/./_/ 
   |___ノ.|___,/     /____,./     |___ノ.|___,/     /____,./  ./ ̄/ / ̄/   
                                            ̄   ̄

             ■■■
              ‖     、               ィ-、            おい!! だれか!!
             /⌒ヽ   i" \    ._,,、.       l l
              ゝ  ヽ、 ! u `''''''''''"゛  |       ! .!、          誰か中にいるか!!
           //  \   /            イ――ー--‐゛  \
       ■    ,;-=、,_  / ○ _,  ○u |         `l,_         いたら返事しろ!!
       ■==l゙    `゙´'\  ヽ/___,、--'"           \
       ■    ゝ、____ミ---〔            ______,     .,)
     \ ,,_人、ノヽ          ゙''''''''''''''''''''" ̄ ̄     ̄ ゙゙̄ ̄

68名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:00:31 ID:.ilkVFOc0

       __/ ̄/_[][]    / ̄/ ./''7   、   ノヾ     '
      /__  __  /     ̄  ./ /    )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
      _./  //  /     ___ノ /     `r      r'
      |___ノ.|___,/     /____,./      )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                             ,              キ人_,/
            `               __/ ̄/_[][]    / ̄/ ./''7  て
             \ ,,_人、ノヽ      /__  __  /     ̄  ./ / ⌒Y,.
              )ヽ    (      _./  //  /     ___ノ /    \
           - <       >─   |___ノ.|___,/     /____,./  
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `

69名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:01:09 ID:.ilkVFOc0

           /∧  .      /∧
           / / λ     / / λ
.         /  /  λ   /   /  λ           いるぞ!!
      /   /   λ /    /   λ
      /    /    λ___./    λ           間違いなく中からハンマーで
.   /                    \
.  /                         λ         叩き返す音だ
 /          O          O    λ
./   | || | | |‖                 λ       まだ中に人がいる
|   | || | | |‖     | ̄ ̄ ̄|        |
|   | || | | |‖     |      |           |       生きてるんだ!!
|   | || | | |‖     |      |.         |
|  | || | | |       /     |         /
  \_  ||  |      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        /
    \                       /

70名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:02:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 船底を叩いてみると、内部から叩き返す音が聞こえ、船内に生存者がいることが分かった。  .│
│ 「龍田」は露出した「友鶴」のプロペラ軸に麻縄をかけ、曳航しつつ佐世保軍港へ向った。 ..  .│
│ しかし縄の強度を考えると、わずか1ノットの速力でしか進めなかった。                │
└────────────────────────────────────────┘

: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / /  ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/    ,  :'/  /' / / ,:'/   ,: ' /    '  / / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' /  /   ,:'
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / /  ,:'/,: ' / ' /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / ' /     / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / i      .  i / ,:'/,: ' / ' /  / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  . T /     † ,:'/ / / ,:'/,: '  / ' / / ,:'
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /  r|/ lヨ lヨ lヨ/百rュ  ' / ' / /    ,:'/,
 :'/  /γ━━━丶''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''r──三三三三三三二二ノ   /,: ' / ' /   / ,:'
"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'

71名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:03:00 ID:.ilkVFOc0

          _           _
        | \      / l   
         |  ,,〉ヽ─-‐'"/   |             このままでは閉じ込められた
       /        `  ヽ
        |    `     ´  |            水兵たちが窒息してしまうぞ!!
       l  u   -―- 、   l  
       ヽ     、_ ,   ノ            何とか彼らを救えないのか!?
       _,,>:‐、-,r 、 _,r┐<,,_  
     /::::::/::::::::ヽLノ‐'、,」::::ヽ::::`:::、          船底に穴を空けられないのか?
    /::::::::::;;―/::::ヽio /:::::\鈴::::::::::ヽ  
   ,/::::::::::;;ノ:-―‥¬ ‐、::::/.木、l::::::::::l 
    l::::::::::::'':::::::::::::::::::::;ノ‥:::―:::--ヽ:::::::::!  
   ヽ::::::::;;; . -−''::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ 



 ̄ \           / ̄|
 '´\>―――< /`l |                司令官、それは無理です!!
 /         \.j |
     ○      О Y                もし穴を空けたら浮力を失った「友鶴」が沈む
        / ̄|   |
    *    /_,」   _ノ  、人ノ           可能性があります
 三ニ-       ̄-_ _ ⌒)て
            「「⌒T.)             それにこの荒れた天候では浸水の可能性が大です!!

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 午後10時ごろに佐世保港務部の曳船が駆けつけて、縄を鋼線綱に架けかえて曳航を始めたが、   .│
│ それでも速力は3〜4ノットしか出なかった。                                    .│
│ 佐世保港内の庵崎沖に辿り着いたのは翌2月13日の午前7時半に近かった。              ....│
└───────────────────────────────────────────┘

72名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:04:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ ドックに収容して生存者を救出するにはマストを海中で切断しなければならなかった。             │
│ そのために沖合いでいったん停船し、浮船を括りつけて潜水夫が海中作業の準備に掛かったとき、   .│
│ 突然海中から三つの頭が次々と現れてゼイゼイと息を吸った。                        ....│
│ 「友鶴」から自力で脱出した最初の生還者であった。                               ..│
└────────────────────────────────────────────┘

                 |\  |\
                 |  >|  .\    ハァハァ…
                 |/  |    \
                 / u    u
                  |    \  |||  |
                  |-..、      |||  |   ハァハァ…
                   :::::ヽ       /
            (⌒ 彡 ヽ       /
                   > -   ⌒ヽ  ハァハァ…
                   /u
 ===―〜        /     u     |          ー=二二
               /            |─-
             ̄   ⌒ ̄ ̄ 二 二   ̄r'´ ̄  
                   -−三二=               ――=三二=
二三=                ―――         -=三二
==−〜〜                 ̄ ̄  ̄ ̄      三三二=ニ
   三三二=-                              =三

73名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:05:00 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 「友鶴」をドック内に引き込む作業は以外に手間取り、ドックの水を抜いて船底に穴を空けたのは、    .....│
│ 14日午前1時のことであった。                                              ..│
│ 直ちに徹夜で救出作業が行われたが、生存者は船底の兵員室にいたわずか10人のみであった。      .│
│ あとは溺死もしくは窒息死した夥しい遺体ばかりであった。                             .│
│ 「友鶴」の乗組員の生存者は13名、死者行方不明は艇長岩瀬奥市大尉以下100名に上ったのである。   │
└─────────────────────────────────────────────┘

           ((ゞ、
           il l\ゝ、                          (^)
           iU  \ゝ、-==-、                      -)}( -
           |     \γiロiヽ                      i|「
         . /\    ゞ:ゝiー:i/.                   ,--,‐=‐-,
        [=[====]    iXi><i                     ヾロヽ日/
                 iXi><i .                     I'''i亠l
                 iXi><i    .____________|,,,|l:l:l|______       
                 iXi><i   ..| | lニlニlニlニlニlニ|]ニニニl]==='| | |==l=l======l=l!|       
,ニニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', . | | ロ ロ ロ ロ lニニiニニiニニi ロ,|冊|IニニlIl==l //l|      
ll li|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi| | | lニニlニニlニニlニニlニニlニ| i|ヘヘニニニl=//l''|     (')ll
ll ,l|'''|'''|'''|'''i|::l-‐l|'''|'''|'''|''i|::l-‐|l'''|'''|'''|'''i| |  | lI ̄l ̄l ̄l ̄l ̄| l!ニlニlニl! |'l'l'|l'ヘヘ≡lEl//l'''''|円円円円l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,,.。-------------────-、。.。.。,,,,__=§ ..;─、
  _________,,;;゜.................................................................     ^^^^^┴-┴=┐______________
       |   ゙゙゙゙゙゙    ``--┬----.┬〓-〓-┬-┬┬-┬-----,   
     ´−---` ━[ ̄] ̄エ二l`]`|`リl,´-r.    . ̄.¶ └-┘─       
             ̄.  ├ーJ,, ´!゙i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

74名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:06:00 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────────────────────┐
│ 遺体の搬出作業が進む中、艦内のあちこちで驚きの声が上がった。  ...│
└───────────────────────────────┘

                          /ヽ       /ヽ
                         / ヽ      / ヽ
                         /U ヽ___/  ヽ       お、おい見ろよ!!
                       /   U    :::::::::::U:\
\                      /○     ○   ::::::::::::::|     壁に何か刻んであるぜ!!
  \                  .  | ├──┤    U :::::::::::::|
   \                 . |U |   |      ::::::U::::|     これはきっと遺書だよ!!
                       |  └―┘ U.....:::::::::::::::::::/
      | 三  ̄┌──────┐ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<      死ぬ前に最後の力で彫ったんだ!!
      | 三   │ □□       / ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
      | 三 _└──────|           ::::::::::::::::::::::|
                     \___      :::::::::::::::::::::::|
   /
  /  


75名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:06:30 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│      ._,,,,,-'''、     .,,-ア_,,,、,,、     ._,,,,,-、 .ri、            _、   .....│
│  .く ゙゙̄^ .,,ー''′    (`'ニ/,┐丿   rニ'',、 . ノ|,,l゙ 7,,,、   ,,,,,,--ー'''''''"" `'i   ....│
│   `"゙゙| レ-、      ,! .二,,,、.|     |.〃/{ ,ンi、゙ン-′  `'ー-‐'、,"" ̄"    .│
│  : ,!''"" ,,_ノ       ゙l,_,二、,,丿     .i r-゙rl゙ ゙lウ ゙l,,-'、      .| .{,,,,,,、      .│
│   ゙'''フ ,,.`-,、         lニニ"゙,ニゝ     l゙ヽ,l゙,l゙''"「゙rニー"      | .|''-丿    ....│
│   .,/、/ \ `'-,、    .⊂," .,ニ>     .,!、,/./ニ゛ ,-ノ          | .|       ...│
│  ,,彡"   ‘-,,,_`'-、 ,-ー''二,,,,,二,,"゙''''、  l`゙l ,--,,ニ,,,,,二゙`'',    .l、.,!      .....│
│          `゙゙゙゛ `^゙゙゛     `゙""  `'" `゙゛    `゙゙"`     ゙'″      ....│
│                                                  │
│        /'''7'''7[][]   / ̄/ ./''7   _/ 7_,/ 7_[][]     _ノ ̄/        │
│        / /i  |       ̄  / /   /_  ___  __/   / ̄  /         │
│      _ノ / i  i__ .   ___ノ /   ./__/_/ /       ̄/ /           .│
│     /__,/  ゝ、__|   /____,./      /__.ノ.      /__/          ....│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

76名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:07:00 ID:.ilkVFOc0

          ┏┓      ┏┓┏┓
          ┃┃  ┏┓┃┃┃┃┏┓
        ┏┛┃┏┛┗┛┗┛┗┛┗┓
        ┃┏┛┗━┓┏━━┓┏━┛
      ┏┛┃  ┏━┛┗━━┛┗━┓
      ┗┓┃  ┗━━━┓┏━━━┛   ┏┓      ┏┓
        ┃┃    ┏━━┛┗━━┓     ┃┃  ┏━┛┗┓
        ┃┃    ┗━━┓┏━━┛     ┃┃  ┗━┓┏┛
        ┃┃  ┏━━━┛┗━━━┓   ┃┃      ┃┃
        ┃┃  ┗━━┓┏┓┏━━┛   ┃┃  ┏━┛┗┓
        ┃┃    ┏━┛┃┃┗━┓     ┃┃  ┃┏┓┏┛
        ┃┃  ┏┛┏━┛┗━┓┗┓   ┃┗┓┃┗┛┃ 
        ┗┛  ┗━┛        ┗━┛   ┗━┛┗━━┛ 
                                        
                 =u-=t_?~f        ig、       _ugy   
                  [!__ ]]゜gt       gf゛    -4f^~lrf~ e_?t 
 ┌‐┐ニニ ヽヽ /  ニニ  g~゚]f゜[rf~       g(         】   ~   ーァ  ─|─ ー‐ァ ニ  ノ二l
   ノ  _ノ    /  _ノ     [f~rf【       _f(r"~f_  a    lf。     _/_  ̄| ̄  ヽ  __ノ . _ノ
                 メ゛  [_______g[、  [f゜  )[gpf~     ~ftg。   
                      ~~~~~゜                      
┌───────────────────────────────────────┐
│ 乗員たちは暗闇の中、折れ曲がったパイプやナイフを使いこれらの遺書を残していた。  .....│
│ 型通りの「天皇陛下バンザイ」に混じって母や妻に別れを告げる文章も多数見つかった。 .....│
│ しかしそれらは直截的な表現を抑えていて、却って見るものの哀れを誘ったのだ。       │
└───────────────────────────────────────┘

下記のリンク先に艇内に残された遺書の実物写真が掲載されています。
ttp://www.eonet.ne.jp/~aunnyakata/kantei/gazousyuu.htm
阿吽の館 ttp://www.eonet.ne.jp/~aunnyakata/

77名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:08:00 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────────────────────────┐
│ 「友鶴」転覆漂流の報せは佐世保鎮守府を驚愕させた。               ....│
│ 事件当日の午後4時20分、時の佐世保鎮守府長官米内光政は海軍大臣宛に    .│
│ 緊急通信を行い、事件の経過を取りまとめ報告している。                .│
└───────────────────────────────────┘

      /: . : . : . : /::::::/` ー─‐--- . . _::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶 ヽ
       /.: . : . : . :/:::/ . : . : /: . : . :./: . : . : .`:゙. .<::::::::::::::::::::::::::::\|
.      ,': . : . : . : //:./. : . : /.: : /: :/. : . : //: . :.l: . :l`丶:::::::::::::::::/
     l: . : . : . : j'.:.:.:.:l. : . : /.: : :‐-/:/: :/ /: . : リ: :/: .リ:/\:::::/ヽ
     |: . : . : . : l:.r‐、j: . : /: . :/ /:/:/`ヽ/: ://: / :/ /   Y: . : ハ   わが海軍の艦が転覆するなんて
    ハ l: . : . : ./フヽV: :/:/l:.ィfテ彷卞ミ // // :/ / __  ハ: .:l: .l
.    /: . |: . : . : l  /`〉∨  j∧トヘ  ノリ `  / / ´ ̄  /:.リ :.|: .|   決してあってはならないことだと
.  ,.' : . :l: . : . : ハ  V〈'     乂rz少        ィf示ト、 /: /l:./l:./
. /イ: . :.|: . : l. : |ヘ ヽ'                   んノリ ' イ/ j/ j/    米内は考えます
    l: l: .|: . : l. : |:.:.ヽ __                `ー ' /´
  ノ:イl: .|: . : l. : |:.:.:.:.:.l ハ                 〉     /           先ずは救難活動を優先して行い
    j:/|: . : l. : |:.:.:.:.:.l                   /
       l: .ハ:.V: !:r<リ.   \     ─‐-     イ:|           その後必ず原因を究明するようにと
      V l:.∧/ \     丶         <:.:/l:l
          j .イ    \      > _   <:.:..:.:.:./ リ           米内は命令します
      / l        \    / リ ト、:.:.リ:.:./''
   _..ィ'"  ヽ           \  j /   ヽ \W
≦´       \        >''    V' \

米内光政(よない みつまさ、1880年3月2日 - 1948年4月20日)最終階級:海軍大将
連合艦隊司令長官、海軍大臣、第37代内閣総理大臣などを歴任。
海軍内の条約派・親英米派として山本五十六、井上成美らと三国同盟・日米開戦に反対。
その後最後の海軍大臣として日本を太平洋戦争の終戦へと導くことに貢献した。
いわゆる「海軍善玉論」のなかで山本共々高く評価されるが、蒋介石政権との和平交渉の打ち切りを
主張して泥沼の長期戦に陥らせたなどとして彼を嫌う向きもある。

78名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:09:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────┐
│ 米内は引き続き原因究明のための調査団の派遣を急ぎ海軍省に要請した。      .│
│ これを受けた海軍大臣大角岑生は3月14日に査問委員会を編制、その委員長に   .│
│ 野村吉三郎海軍大将を当てた。                                 │
└────────────────────────────────────┘


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    / ノ(     U    \         う、うそだろ……
   /  U ~             ヽ
    l:::::::::     \,, ,,/       |       僕が海軍大臣の時に、何でまたこんな事件が起こるんだよ
    |::::::::::  |||(●)     (●)   |
   |::::U::::::///U\___/ /// |        困ったな……
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

79名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:10:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────┐
│ 査問委員会は各分野の専門家24名からなっていた。  │
│ そして彼らは転覆の原因として次の三つを考えた。   .│
│   ○悪天候による不可抗力               .....│
│   ○「友鶴」の防水上の欠陥                 │
│   ○操艦ミス                         .│
│ 先ずはこの三つの原因の可能性を疑ったのである。  .│
└────────────────────────┘

          /^l
 ,―-y'"'~"~"~゙´  |         それでは査問委員会のもっさりさんが
 ヽ   ´ ∀ `  ゙':
 ミ           ゙':        上記の三つの原因に関して
 ゙, つ      と ''ミ
 ミ.           ;:'        考察してみるモサ
 ';  .        彡
  し~"""""""""ヽJ

80名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:11:00 ID:.ilkVFOc0

           /^l        まずは転覆時の操艦状況を示すデータを挙げるモサね
  ,―-y'"'~"~"~゙´  |
  ヽ          ;:         ・速力14kt
  ミ:  ´-――- ` ミ        . ・進路北30度東、風浪右130度(南南東)
  ゙,   づ⌒/⌒と ミ        . ・風速20m、波高4m
  彡  .: : :⌒'⌒: : : ミ        . ・転覆時取り舵18度
   '; (⌒):::::::::::::::: ⌒)



     /`i  /~ヽ         悪天候による不可抗力の可能性モサが、当日は確かに
   ,,/  "''"'` "`;,
  (ヽ;" ´ ∀ ` * ,;/)       訓練を中止しなければならないほどの時化ではあったけど
  `ミ         "ミ
  ミ          ミ       艦艇がひっくり返るほどの大時化ではなかったモサ
   彡        ミ
   (⌒";',,,.,(⌒";'彡        この程度なら本来耐えていなければおかしかったモサ
    `'"'   `"''

81名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:12:00 ID:.ilkVFOc0

            /^l        続いて「友鶴」の防水上の欠陥モサ
     ,―-y'"'~"゙´  |
     ヽ  ´ Д `  ゙':       つまり当日防水扉の閉め忘れや船体のどこかに亀裂が生じて
     ミ        ゙':
     ゙, ∪   ∪''ミ       浸水して転覆した可能性を探ったモサ
      ミ.       ;:'
      ';  .     彡       しかし扉の閉め忘れも船体の亀裂も全くなかったモサ
      ∪~"""""∪
                     そもそもそれが存在すれば「友鶴」は転覆した後すぐ沈んだはずモサ

82名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:13:00 ID:.ilkVFOc0

     ;"ヾ,
     ;;゙  "\                 最後に操艦ミスの可能性を探るモサ
     ';   "ヾ'"'~"゙ヾ'y─''"''''"';;
     ミ   ´ ∀  丶     /      船にとって恐ろしいのは横波を受けて転覆することモサ
     ';;            ';;"
    ミ ど,,        ,, 彡        「友鶴」は右舷斜め後方から波を受けていたモサ
    ゙ミミ        ど,,  ';シ
    ゙ミミ            ;ノノ       この場合は波を受ける寸前に舵を左に取るモサ
    ゙ミ             ';ツ    ))
     ゙ミ             彡;,      そうすれば波を受けた時に船首は右を向き、結果として
      'ミ、     ,_, ,,;;  ;;シ ;;
       "゙ミJ^"'"゙''"゙~"''ミJ"'゙"      船体は真っ直ぐ進むことになるモサ

83名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:14:00 ID:.ilkVFOc0

         /^l             この際の舵の角度はこの状況ならば15〜20度が的確モサ
  ,―-y'"'~"゛´ |
  ヽ    ´ ∀ `             そして調査の結果「友鶴」は18度の角度で舵を取っていたモサ
  ミ .      O
  ゛;   づ⌒  ヽ_          つまり艦の操作ミスは全くないということモサ
  __ミ    ソ       ヽ
/  ゛ー―(____/        よって査問委員会は第4の可能性、すなわち「艦の復元性不足」の
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       可能性を探るのが一番正しいと思うモサよ

84名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:15:00 ID:.ilkVFOc0

                「\ ̄`''ー-- 、、、
         ___ |:;::∧           ヽ
      〈\  / |:.:.:.:∧          \         第4の可能性……
        \ /  |:.:.:;:;''               ',
         ,'                   '        その結論は唯一つ、艦の設計ミスによる
           {:...:...::....:.....             |
         |.:.:.:.:. :. :;_:;:;:.:.:             :!       復元性不足だ
         ヽ:.:.:;::.:'´:;':;':;::;.:.:.:.:.         /
             }:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:;:;:.        リ、       その責任を取るべき男はたった一人しかいない……
           \:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;      / `ヽ
              `ヽ⌒>:;::;:;:;:;.:.:   /
                ̄ ̄ ̄///
                // /
                      〃〃

┌────────────────────────────────────────────┐
│ こうして査問委員会が辿り着いた転覆の原因はただ一つ、風浪による大傾斜に船体自体の復元性が ....│
│ 耐え切れなかったことであると断定せざるを得なかった。                              │
└────────────────────────────────────────────┘

85名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:16:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────┐
│ この調査のために藤本計画主任は査問委員会に喚問されることとなった。       │
│ つまり彼は、栄光の座から一転して被告の座に座らされることになったのである。  ..│
└────────────────────────────────────┘

           .........
            ..:, -─‐──‐-、:..
        .:/             \::                 そ、そんな馬鹿な……
        :/ ;              ヽ.:
        :l  U                l: .....           僕の作った艦が転覆するなんて……
       ::|      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、.
       :!、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \:        僕は間違っていなかったはずなのに……
       ¨:ヽ。((◯)  (◯)。)::  /⌒゙`       l::
        :/ヽ~゚ __´___~ __ ,ノ|     ,      |:
       :/   /`:j⌒:。´   |.    |    ,   !:
       :/   /  ;  | `ー-,,,|"   |___,ノ   |:
     ..:/   /    ゚ .|    |    |     ,lー─- 、.
    , --‐-ー、_ /    ゜ l     ,|    |   ,/ )   ):
   く / / ァ- ,ノ    。  \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\   /^ー-‐'
    `ー' ー´ ̄  ~τ゚υ'゜~ (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄

86名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:17:00 ID:.ilkVFOc0

    l: : : : : : :/―-     ´ ̄ ̄ |: : : : : : :        ……こうしてついに藤本設計のミスが
    |: : : : : :/kァテfミ1    〒示㍉: : : : : : : 
    l: : : : : :l _七り      七ヒリl: : : : : : :        白日の元に晒されたのよ
    :; : : : : l     j           l: : : : : : : 
     V: : : :li    ′       l: : : : : : :        過重な戦闘性能が船体設計を損ない、
     V : : |:.     _ _       l: : : : /l : 
      l:ト、: : :ゝ.   ー   `    |: : : /:::; :        船体の重心を異常に高くしていることが艦を不安定にし
        l! ヽ: : | \          /|: : /:::/: :
      |  l :|  l\     /  j: /::::/ : :       転覆の原因にしたのね

87名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:18:04 ID:.ilkVFOc0

    7ニ二7// -l/      -―ヘニ二ィ7     、_
    〉二ニ/´  ´7´ ̄`  ―- 、  トニ「八_,ノ⌒jノ
    `フ¬l /   l|         \ l\
―---‐' / l/     |          ヽ|  \        そんなことで100人もの人間が死んじゃうなんて
     / ;  |/l  l  |\ l     ',   6
      / |l ∧{ 丶 l   | 、_\ト、 \ |。o         可哀想過ぎるよ!!
    9   l/| l/ -―' \ {  _,二. ト、|/―ォヘ
      。゚ ハ 卜ィ==、 `` '  ̄ ゚∧/|  l: :|        もっと早く気がついていれば、こんなに沢山の
       o ハjハ     丶_   / Vー-、: :|
       /| /ゝ.  / ̄   〉 /∧ ∨ /ハ:|        犠牲を払わなくて済んだのに!!
        | l / /  > 二二 イ  | l /  l|
        | l||> \/l:::::/\|  くl |'    |!

88名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:19:00 ID:.ilkVFOc0

                                                             シバシバ
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         「友鶴今次ノ遭難ハ此ノ種艦艇ガ平戦時ヲ問ハズ屡々
       |                    |
       |                    |         遭遇ヲ予期セラルベキ天候ニ於テ生起シ、然カモ
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//    操縦上ノ過失ト認ムベキモノナク、風浪ノ原因ノミニ依リ
     /  藤本逝ってよし    /  /   /
     /              /  /   /     一瞬ノ間ニ転覆ヲ見タルガ如キハ、其ノ安定性ノ極メテ不良ナルヲ
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /      立証スルモノニシテ、実用ニ適セザルモノト認ム。
 /             /    /   /        ノ ミ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /       而己ナラズ近時建造ノ艦艇ガ一般ニ安定性不良ノ傾向アルハ
                               マコト
                               洵に寒心ニ耐ヘザル所ニシテ、本事件ト共ニ部内人心ニ与ヘタル

                               不安ノ印象ハ測リシルベカラザルモノアリ────」

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 4月2日、査問委員会は査定書を取りまとめ、極めて厳しい所見を下した。                 .│
│ つまり復元性不足は「友鶴」だけではなく藤本が計画した艦艇の殆ど全部に及んでいたのである。    │
│ 査問委員会は、藤本計画の全面的改正を要求した。                            ......│
│ こうして、不可能を可能にしたはずの藤本神話は一朝にして崩壊した。                   │
└───────────────────────────────────────────┘

89名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:20:00 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 造船少将に昇進してまだ4ヶ月の藤本は、4月5日付で計画主任の職を解かれて技術研究所造船研究部の  │
│ 部員を兼ね、もっぱら兼務先で服務するよう命じられた。                               ...│
│ 奇しくもその道は、やる夫が放逐された時に辿った道とほぼ同じであった。                      .│
│ その措置は、藤本に流謫の苦痛を強いたのである。                                 .....│
└──────────────────────────────────────────────┘

    !                                       l
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !         …………
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
    l         ノ          ゛    'i        }         i!        5万トンの新型戦艦設計の夢も
 ,..-'".l      ヽ,、   _./         ヽ_   ./         ,l〜 ..,,
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙.             ヾ゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、 半年で消え去ってしまいましたね……
     .\               ´                       /
       .`'-、,           <

90名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:21:00 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 藤本に依存し、彼の設計に何の監督も行わなかった第四部長玉沢煥は、同日付けで   │
│ その実力にそぐわなかった座を失い、艦政本部出仕の名で閑職に移された。       ...│
│ そして12月には予備役に編入されることになる。                          .│
└──────────────────────────────────────┘

            ,. -ー冖'⌒'ー-、
           ,ノ         \
          / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ             ぼ、僕は何もしていないぞ……
          {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、 
         /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/      なのに、藤本君のとばっちりで
       ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐' u .リ,イ}    〃 /  
      / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /       何で僕までが処分されることに……
     ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/    
     人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\       こんなのおかしいよ!!
   . /   |/ |::::::|、 u    . 〃 /:::::/    ヽ  
   /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃         みんな藤本君のせいなのに!!
   !     l   |::::::|  ` ̄ ̄´    |::::::|/      
       ノ\ |::::::|            |::::::|

91名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:22:00 ID:.ilkVFOc0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 空席になった第四部長には佐世保工廠長山本幹之助造船中将が、そして計画主任には .....│
│ 呉工廠造船部から福田啓二造船大佐がそれぞれ就任することとなった。             │
└───────────────────────────────────────┘

                       ji      ィ
                      .j:|     /;!
           ,イ          j i     .i !             .゙ii,
           | i          / .|     | |.i             ./ !
           .| :i,  ゙ヾ;ヽ,    / //-ー''"゙゙゙'i,.i,.i,_     ._,、-‐    / i
           .| ゙i,   i, i,  .,/,//      ゙iヽヾ‐、, /./    / .,i     ……まさかこんな形で
           .i,  ゙i、  ! レ'" i :i /       .i :| |  ン゙;/    /  /
           i゙i,  ゙ヽ i .!.|,  | i::!  ,,,,,,,__  ノ.ノ.| /./.∧,   ./  ./i      艦本第四部に
           | ヽ  ゙Y\',\,i, i;ヽ,/,r--, i ///-;シ ノ ゙i, ,/   /./
           .i,  \ |  ヽ'ー\ヽ| i i~'i | レ'",-シ'゙ / /''゙    / /       出仕する日がこようとは……
            i、  .ヽト.、,/`゙フラiミ;'| :i、ニ, .! Li,,、r''ヾヽ/ノ゙  ,/ ./
            i, .\, ゙i  ヽ/゙/-| .iiヾ、,,_ /i''L| i、.\ /゙´ /-‐'゙ ,イ         しかし、こうなった以上
            i、  ゙'';|  ;|,.ト, | .!''i,---シ''i'i,.|_i,゙i\j/  ./-;シ'//
             .\, |  .:i,ヾ=i、!≡i、 ヽ, .≡='"ノ/  ////          与えられた職務を
               ゙'';i  . \,  -'゙ ゙ヽ |   ,ノ/  ./;/r'゙
               /i,  .\ .゙i ヽ,  :|/ .r''ツ‐',,、' ./"T´             完全にこなさないといけません
               / \\,i |  .,_  '゙  .| |、ノノ  /-イ
              /  /\_ |   `.゙´  | |゙ー'゙,/-‐'i              まずは藤本計画の
              / ,,,、/-‐゙、エ゙;i、,_  ´  .,、!,レ'´レ'i |, .i,          _
'ー-、,,,__        / | ____ ''''ヾ;i、,,、-‐'゙   /  .| ゙i,_,,i、、、--―'''''"゙゙´´    不具合の洗い出しからですね
     `゙゙゙''''''―‐--、、..,|, レ'i i-''i i  :i |      i: .//:|'''゙゙゙´
               \, iヽ, i i,__,ィ.i :!      | i | :|
                \, i ゙'i ./'i; i |,     j /, ji:|,

福田啓二(1890年12月1日 ‐ 1964年3月29日)最終階級:海軍技術中将
大正3年東大卒。昭和4年ロンドン会議全権随員。
昭和15年造船中将。翌年艦政本部第四部長となり、17年から東京帝大教授を兼任。
戦艦大和の基本計画者として知られる。
一話で登場した艦本第三部長福田馬之助の次男にあたる。

92名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:23:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 藤本体制が崩壊した4月5日、査問委員会の要求した改善対策を協議する「臨時艦艇性能調査会」が  .│
│ 設けられ、委員長には軍事参議官の加藤寛治が任じられた。                         ...│
│ 殆ど全艦艇を改正する必要があると思われるこの大仕事を、加藤はある男に任せることにした。     │
└────────────────────────────────────────────┘

         ____
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)               いうまでもなく、
      (^';;<_A_〕   
      .しi   r、_) |               こんな大仕事が出来るんは
        |  `ニニ' /         
      .∠  `ー―i´__             あいつしかおらんやろ……
    /  ̄ ヽ\― 、‐ヽ\ `ヽ
    |      |  ` ┴ '  ヽ  ', 
    |ヽ   .rく    =  .lへ〈         平賀予備役中将に連絡を取れ
    ',、     .|___,ノ__,ノ 弓 ', 
    .ヾ 、   .ノ ̄` く ̄ ̄ ̄` |        あいつにもういちど軍艦の面倒見てもらうんや!!
     .ヽ\      , へ、   .ノ 
      \`ー― ´   .| `ー.┘    
        〉.ー-、  ' |
       /___ヽ  .∧
       .| 〉― 、 ̄ ̄∧
       ∨    .\_ノ .ヽ
      ./      |    .',
      |      /     |

93名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:24:00 ID:.ilkVFOc0

                       ____/ ̄ ̄
                        / │ ̄\__     ゴゴゴ・・・
                          /


                      ..     、      ,_
                      ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
                  ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_
                  ´        /   \
                    _   ./ ̄ ̄ ̄\    /
                  __ `ソ/ ─  ─  \/ ̄/
                    \/゚ (●)。 (●)  \/ rへ,ノ
               __>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_
                    .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_
                  _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \
                        .::┘   :│


                   
                 ,r'ニニニヾヽ、                 //ニニニヽ、
                ("´ ̄ ̄ヾ))     _____   ((/ ̄ ̄`゙`)
                |   、ィ_ノと)'   / "\, 、/"\  (つ(_,,ア   |!
    ┏┓    ┏━━┓  i|   ` イ_/  / (‐-、)、 ,(,-‐ ) \. \_Y   |!.      ┏━┓
┏━┛┗━┓┃┏┓┃  .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /. ....     ┃  ┃
┗━┓┏━┛┃┗┛┃┏━ \  \l     i|    |!     l/  /━━━━┓┃  ┃
┏━┛┗━┓┃┏┓┃┃ l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l .   ....┃┃  ┃
┗━┓┏━┛┗┛┃┃┗━━━ \  ヾ   `ー一'´  ィ    /..   i━━━━┛┗━┛
    ┃┃        ┃┃         .ヾ、    ``"´      /\|              ┏━┓
    ┗┛        ┗┛   \゚   |!  Y           ィ |!  。      ...     ┗━┛
                   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
                 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。
                  ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;´ンy∧从/∨ゞ〆´  ,.,
                _..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ´::ゝ .::::...ヽ _.:::`

┌─────────────────────────────────────────┐
│ こうして当時56歳の東京帝国大学教授予備役中将平賀やる夫に再び艦艇設計の現場に戻る .....│
│ 重大な仕事が巡ってきたのだ。                                        .│
└─────────────────────────────────────────┘

94名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:25:05 ID:.ilkVFOc0

      ____
    /__.))ノヽ    
    .|ミ.l _ノ 、_i.)            やる夫、第二の人生を邪魔するようで悪いのぉ……
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ 
   .しi   r、_) |           今回の一件は正直言うて、「量より質」を押し付けた
     |  (ニニ' / 
    ノ `ー―i´             我々用兵側にもその責任の一端はあると思うとる
 _, ‐'´  \  / `ー、_  
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ       そこらへんはあんじょう解釈してやってくれや
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
 ヽ、   ー / ー  〉
  |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ

95名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:26:04 ID:.ilkVFOc0

        ノ L____                   違いますお加藤参議官!!
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\                量より質はわが海軍の伝統で、八八艦隊は
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |              もとより「長門」や「赤城」、「夕張」や「古鷹」「妙高」も
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i              みんなそうですお!!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ ドンッ!!     質の向上を尊ぶために失敗をしたことを咎めないのは
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl            あまりにも寛大すぎますお!!

96名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:27:10 ID:.ilkVFOc0

         ___
       /     \ キリッ        友鶴事件は自己忘却の誠意の無さが起こしたんですお!!
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \         技術の向上には、技術者の不撓不屈の精神力と甘んじて
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/         縁の下の力持ちになる自己忘却の誠意を以て当たる事が必要ですお
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃       それに周囲の圧迫に対抗して技術上の一線を固守する必要もありますお
     |            `l ̄
.      |          |           だけどそれはとても自分の立場を危うくするんですお!!

┌────────────────────────────────────────────────┐
│ 今回の事件に対して加藤は同情論を採ったが、やる夫はむしろ厳しい立場をとった。                  .│
│ やる夫は友鶴事件を技術の著しい退歩と決め付け、それに関わった技術者たちを大いに批難したのである。   .│
└────────────────────────────────────────────────┘

97名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:28:01 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫を調査会に加える手配が急いで進められ、調査会設置の二日後、嘱託の辞令がやる夫に下りた。   │
│ やる夫は11年ぶりに艦船計画の修羅場に復帰したのである。                             .│
│ ただし、友鶴事件の調査のためであることを公にしないためにその事実は公報不掲載とされた。        │
└──────────────────────────────────────────────┘

                           
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     
       |                    |
       |                    |        「────海軍省ニ於ケル臨時艦艇性能調査会
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /  とりあえず頼む    /  /   /    事務ヲ嘱託ス
     /              /  /   / 
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /      但シ、上記事項ハ機密ニツキ公報不掲載」
 /             /    /   /   
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /

98名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:29:00 ID:.ilkVFOc0

        ____               やる夫、お前には海軍省から今度ロンドンで開かれる
      /__.))ノヽ
/⌒ヽ  .|ミ.l ´  .` i.)             第二回国際水槽会議にお前を海軍省嘱託として
|  /   (^'ミ/.´・ .〈・ リ
| |   .しi   r、_) |              送り出してお前の研究した摩擦抵抗測定の実験結果を
| |     |  `ニニ' /
| /     ノ `ー―i_              発表する話がいっとったはずや
| |    ////W\ヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽ          その話は中止せんと進めるで
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽ         ワシらとお前のホンマの関係を知られたくないんや
E////         ヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽ      せやからあくまでも国際水槽会議の一件で海軍と繋がってる

                          ことにするんやで

99名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:30:00 ID:.ilkVFOc0

      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ         任せてくださいお
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\          やる夫はどっちの話も
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /          完璧に仕上げて見せますお
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \

┌─────────────────────────────────────┐
│ 国際水槽会議へ出席するためにロンドンへ出発するのは6月7日と決められていた。   .│
│ つまりやる夫に与えられた藤本計画改正の時間はわずか二ヶ月しかなかったのだ。  .│
└─────────────────────────────────────┘

100名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:31:00 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ こうして一躍脚光を浴びることになったやる夫に対して、事件の責任者には冷酷なまでの      ...│
│ 断罪が下されることになる。                                           .│
│ 4月21日、藤本と玉沢にそれぞれ謹慎15日という重い懲罰処分が申し渡された。           ...│
│ また、当時の艦政本部長杉政人機関中将も組織上の責任を問われて謹慎3日の処分を受けた。   │
│ 杉中将はその直後に艦政本部長を退き、中村良三海軍大将がその後を継ぐことになる。       │
└──────────────────────────────────────────┘


                                ,. -ー冖'⌒'ー-、
                               ,ノ         \
          ____                 / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ        
        /     \               {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、 
      / ⌒   ⌒::::\            /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/ 
     /   (●)}ili{(●)::::::\          ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐' u .リ,イ}    〃 / 
    |       __´___   :::::::|        / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /  
    \      `ー'´  ...:::::/       ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/   
                         人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\

101名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:32:01 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────┐
│ 艦政本部第四部  計算室  ...│
└──────────────┘

         .___
 __     .!|\__\ .r──‐、
 ||l ̄||     ||/ ! i  |.|.    |. ̄ ̄//.|   |:\ ̄ ̄ ̄ ̄ \     ,.─-、
 ||l/.. ̄/ ヾ\|__.i___/ L..f^i __j   // |   |   \.      \  li ̄`irI
  L三/⊂〜ヾ;' !i' ̄ ゙̄||ヽ.───//i  |   |:.   \.      \j. ...| |
  ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.    \    \.      \,_ソ
  |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..     \    \.      \
  |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /        \     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./            \  ||:       |
      .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/               \l||_____|
            / | \

102名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:32:30 ID:.ilkVFOc0

         /::::::::::::::::::::|:::::/     \:::::::::::::::::::::::::::::\
    _ ,、 ':::::::::::::::::::::::/ |::/    l   \:::::|::::::::::::::::::::::',
    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,、 -‐‐ ''ノ  、ゝー-|:::/_ヽ:::::::::::::::::|
     ヽ:::::::::::::::::::::::::::/´ _ 二, ヽ    ィ_レ_  ヽ::::::::::::::ト、
       \::::::::::::::::::;|  / ぃぇヽ    / rth ヽ   !::::::::::::::::::     なあ……俺たちこのまま
        >::::::_::::|  丶ゞ-ン      ゞ=' ノ  |::::::::::::::::::
       ´ 7:::::| ハ i   `     |:.    ´    |/ニヽ::::::::     欠陥艦艇の設計担当として
       _ ノ::::::::| :l.J        、  _        /:ハ |:::::::::
        ̄ ̄ ヽ .J                 ソ /::::::<     藤本さんみたいに
            \゙,        _        ^/;、 -─
              |:人     ー─‐`     /::´ヾ´         処分されちゃうのかな……
              />,、    ´     , イゝ' ‐ 丶
             _ ,、.-| ` 、    ,  ´ _:|- 、_          こんな生殺しみたいな処遇はいやだよ……
           /    ̄`' ー-`ニ´,r ' ´  ̄   ヽ
          /____     ||    _____ヽ
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |:|    ` ̄ ̄ ̄ ̄ \

103名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:33:00 ID:.ilkVFOc0

       /{l/-──-< ̄      ヽ
      / /        ト、   |   !
      ト !          ヽ     .i |:::::! |         そうね……
      | i_            \   |!:::::| .|
      トi .\_ `ー--─−  .|i:::::⊥::./:::!         部長も計画主任も交代したし、
      トi弋ソi  '' 弋..遭Y    |!Y⌒ヽ::::/
       {.i  /      ̄    / i.k7/:::/          艦政本部長も更迭されるそうよ
        ', ヽ          __レ/:::/
       ヘ  、        .//!::i:::::|!、          第四部はもうガタガタよ
         \  ̄ `    , イ / .|::.ト、! ヽ
          \ _ .,  :::::::::::::::::ヘ::i::ヘ!           これから何をしていいのかさっぱり分からない……
           /.:.:/|     , - ヘ !
          / /.:./  L_ , - '  / \
          l .!.:.:{   ((  _ -.'  ̄ ̄ ̄\
          | i.:.:.:.` --- ' /.:.:.:.:, '  ̄ ̄

104名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:34:00 ID:.ilkVFOc0

      _  [][]                             __
     |  |                                |__|
     |  |__                                    /\
     |  ___|                                  / /
     |  |                                 ___/ /
     |  |                                |___/
      ̄
       ,、-‐''"´   ,','
  ,、-‐''"´        ,','ニニニニニニニニニニニノ  ゴ  る . お て
''"´ィ! , ; .      ,','          ____    )  ル.  ん.  前 (_
iヽ ._  /i .  .   //        /\  /\ ろ . ァ  だ  .ら  (
レ’|/-/ iー .'7   //       /(●)  (●) \). .!!!!  一  >
/! \/∠/ .  ,イ   .  /   (__人__)  . \  ,ィ⌒ヽ、.  体  ア
 ̄/\ ,ヘ/.   ,'.i      .|      |r┬ |      | .(   ノ   何  k
くi k_./i,イ/ .  i .|    .  \    .l| .| l     /⌒/   i    し て
\k、 .リ   .  |.|      /ヾニニニ`ー'´ ニニニシ\ ,'`ー '´i、  て (`
 r' .〉'´ iン  . .|    .,ィ'´ ̄`ヽ    |○      |     'i⌒iY´⌒
tァ ̄ .  、|.l.||,,. |    ./三三.互.',ヽ  |        i    ,′.| i.|
 ..  \ i| ! |..`|... . i三三三三 i i  |○   /`ヽ、',   /.. .| i.|
  ‐   |´ j,       ..l三三三三| l  |    ,'    `'ー'´.... .| i.|
   ‐.´'.l| !,  |!,   ノ/ ̄ ̄ ̄!,' ! .|○   i..          .| i.|
     / !.| |!!´i  . | . ̄ ̄ ̄ i  ',_|__ , |           .| i.|
       . .!´"', ',   .ヽ三三三,'   f..  . リ           .| i.|
          .', ',  .  ゞ三シ⌒ヽ.、 ノ  ... |            .| i.|
          . ヽヾ、 ..      ヽ.     |            .| i.|
             ヽヾ、 .. .     ヽ、 . |     . .. . .| i.|
              ヽヾ、  .......   .ヽ  . |      .    | i.|

105名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:34:30 ID:.ilkVFOc0

    ヽー---―..:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、
     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ:.:ヽ:ヽ\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:}ノ}_
       >.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/U   \|:.:}  丶:ヽ:.:.:.:.:`ヽヽ
     /ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:./    | { !:/ U __ヽ|、ヽ:.:.:.ヽヽ
 ー、--‐..:´:/:.:.:.:l/.:./_{:.l__ _ィノ ソ/=_‐⌒`ヽト:.lヽ.:.:.:`.:ー_ァ‐    あ、あなたは平賀やる夫予備役中将!?
   ヽ、.:.ー..:´//7/  〉{ニ_=、l    ク'_ ̄ヽ  N:::ー`-=,-
     `フ::l':,-、|   { (::rj l     l(:rj   }   }/ヽ:く ̄
     _'フ::l{´ヽl   ヽ - 彡  j_  ヽ _ 'ノ  l く リ::::ヽ.__      いきなり第四部に乗り込んできて、
    ̄ヽ、_ヽ{ vl       ,.、 ,.、 `    u l ノ/、-‐ ´
      ,. - ヘヽ l        ___     'ノ` ー- 、
      /    ヽ_j    ハ二 __,、__ハ   ,l ´ }     ヽ     一体何を始める気なんですか!!
    /       ト、  トi{´ ̄` ´ ̄ヽr_|  /j /     l }
 /´        ヽ \ V_ーー--ー--ヘソ/ / /     /  ト、
/               \ `ヽ、 ̄- ̄`ブ'´ /        /   ! l
   ヽ   l       ヽヽ、 ` ┬i ´  /、     /j   | |
     \ ヽ      /{_ト _ Lj _//  丶、   ノ/    ノ j\
      __ー ヽノ  /   ` ー lT ´ /     `7< __ , ノ}  ヽ
ヽ __, - '   ヽ= ´        l !    _ - 7/  `丶、  ノ

106名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:35:00 ID:.ilkVFOc0

                     , ー---ーーーーヽ
        ,..-‐-、__     / },,..、_  {:::: /:::::::_,. ヽ、      始めるも何も、やる夫は海軍省に委託されて
       /       ヽ   / :二_\ゝ -‐二.., ノ:::::ヽ
      /  '´`ー―−イ  /   :ヘ ..,,_ > i::ヽ< _,,..イ::::ヾ:::::::ヽ    藤本設計の抜本的改正を行うんだお!!
     . / ./ ̄ \   }  ./     i´  人  `i::::   i:::::::: |
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'二`--'::::   !::::::::: !    ここにいるものは全員やる夫の命令に
    . / /   \    ヽ   l|      < ___,ゝヾ  /:::::::: /
   /   ヽ   \  /  l \      ゙二ィ'   :::::::::::  /     従って再計算をしてもらうんだお!!
  ./     入   .}‐〈   } __\     :::::::  :::::::::::::: /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、 :::::::::.,..-‐‐ト、      江崎君、いるんだろう?
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ   君が指図して既成の計画書を見直すんだお!!



     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|       は、はい!!
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|       ここにいます!!
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |       今からすぐに見直しにかかります!!
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

107名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:36:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 事後対策を事実上一任されたやる夫は、直ちに茫然自失の造船官たちに活を入れると         .....│
│ 藤本計画の抜本的改正に立ち向かった。                                       │
│ やる夫は信念の閃光をほとばしらせて、現役当時といささかも変わらず仕事に打ち込んだのである。 ......│
│ もちろん挫折した二人の造船官、藤本と玉沢に目をくれることも無かった。                 .....│
└────────────────────────────────────────────┘

      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))          今までの藤本のやり方は総て捨て去るんだお!!
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)           不安定で未熟なGM値重視の設計ではなくて
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))   古典的でも確実なOG値重視の設計に切り替えるんだお
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))     未確定の技術は使っちゃダメなんだお!!
 (___)    ./      ))

108名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:37:08 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────┐
│ やる夫は早くも4月10日には改造案草案を起草していた。  .│
└──────────────────────────┘


┌──────────────────────────────────┐
│改造案                                            ....│
│                                                  │
│二千噸以下ノ分                                        .│
│                                                  │
│                                                  │
│一、Range of Stability(注:復元範囲)ヲ約90度以上タラシムルコト          .│
│                                                  │
│二、重心ノ水線ヨリノ高サ殊ニ其ノ吃水ニ對スル比ヲ正常ノ価トスルコト     ......│
│                                                  │
│三、重心ノ浮力ノ中心上ノ距離ノ吃水ニ對スル比ヲ正常ノ価トスルコト        .│
│                                                  │
│四、風壓(風圧)面積ヲ減少スルコト                             │
│                                                  │
│五、GMヲ充分ナラシムルト共ニ過大ナラシメザルコト                 ..│
│                                                  │
│六、動揺ヲ減少スルコト                                    .│
│                                                  │
│七、旋回性ヲ充分ナラシムルコト                              .│
│                                                  │
│以上ヲ實行(実行)スル方法トシテ                             │
│                                                  │
│                                                  │
│(α)重要兵力ヲ損セズ且ツ居住ノ許ス限リ徹底的ニ上部ノ重量ヲ除去ス     ..│
│                                                  │
│(β)必要ニ応ジ Outer shell ヲ適當(適当)ノ長サダケ設ケテ其ノ新旧外板ノ   ..│
│   間ニ「バラスト」ヲ置キ、必要アラバ水線ニ於ケル水防区画ニ         ...│
│   海ト自由ニ交通スル水ヲ入レGMノ過大ナルコトヲ避クルコト          ..│
│                                                  │
│(γ)前項ノ必要ナキ場合ニハ船体下部ニ「バラスト」ヲ搭載シ             │
│   若シクハ「バラストキール」ヲ新設スルコト                      .│
│                                                  │
│(δ)強大ナル「ビルヂキール」ヲ装備スルコト                       .│
│                                                  │
│(υ)重量ノ増加ニ對シ強力ヲ補フコト                          ...│

109名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:38:00 ID:.ilkVFOc0

│                                                  │
│(ζ)舵ニ就イテ考慮スルコト                               ....│
│                                                  │
│above all 最善ノ艦艇トスルコトニ留意スルコト                      │
│                                                  │
│                                                  │
│附記                                              ..│
│                                                  │
│一、小艦艇ニ関シテハ特ニ古来ノ水雷艇殊ニ小駆逐艦ノ優秀ナル航洋性ヲ   ...│
│  参考トスルヲ要ス                                     │
│                                                  │
│二、第二項ノ重心ノ水線ヨリノ高サニ此ノ際特ニ重点ヲ置ク               │
│                                                  │
│三、「ウオータアバラスト」ハ固定「バラスト」ト異リ操縦者ノ意志ニ依リテ       .│
│  左右セラルルモノナルヲ以テ重心降下ノ基本方法ハ船型ノ改良又ハ      .│
│  固定「バラスト」ニ依ルコトトシ「ウオータアバラスト」ハ補助トスル         │
│  方針ヲ採ルコト                                     .....│
│                                                  │
│                                                  │
│二千噸以上ノ艦船                                      .│
│                                                  │
│大体二千噸以下ニ準ジ船ノ大サノ増加ト共ニ其ノ程度ヲ考慮スルコト         │
│                                                  │
│                                                  │
│航空母艦                                          ......│
│                                                  │
│一、重心ヲ下降セシムルコト                               .....│
│                                                  │
│(以下略)                                          ......│
└──────────────────────────────────┘

    __       
   .'  ヽ`ヽ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.  ! i 人 !     |  
   )W゚ ‐゚ノ!|    <  文中の英単語 above all(何よりも)はやる夫の愛用した決まり文句ね
   ソ)ル並ル'、     |  
  (ソ[:工:]<)      \_________________________________
    ヒ!ヒ!

110名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:39:00 ID:.ilkVFOc0

       _____
      /:::::::::::::::::::::::::::.\           平賀先生……いくら不安定さの解消のためとはいえ、
     |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|    
     | ノ   \  i:::::::|           先生の案では少々バラスト※を積みすぎではないでしょうか……
     |(─) (─ ) 〈::::::|    
    (⌒(__人__)⌒:::: @)          千鳥型水雷艇の改正案では100トン近いバラストを積むことになってます
     |  |r┬-|  u  |     
     \ `ー'´    /           この改正で恐らく公試排水量※※は800トン近くになると思います
    ,-- ゝーー ___/ /ゝ--、 
   イ / |.!、 _____ / ノ |   i        つまり、約12%が何の役にも立たないバラストなんですが……
   | i  |,/(__)ヽ/   |   l 

※バラスト(ballast):底荷、船底に積む重し。
※※公試排水量:性能テストの際に使用される排水量。弾薬を満載、燃料と水を2/3搭載した状態。

111名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:40:00 ID:.ilkVFOc0

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i    バラストの積みすぎ?
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/    それがどうしたんだお!!
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、       藤本の馬鹿の尻を拭うには、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... -−''' "´       たとえ兵装を減らそうと
 ―−―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉                     艦底にバラストを積もうと
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'                       ひたすら重心を下げるしかないんだお
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......                      いいからその通りやるんだお!!

┌───────────────────────────────────┐
│ 「重心の低下」、やる夫はひたすらそれを目指し断固とて揺るぎはなかった。     .│
│ 結果的に艦船設計の理念は藤本の近代主義からやる夫の古典主義の世界へ   │
│ 力ずくで引き戻される形となった。                             ..│
└───────────────────────────────────┘

112名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:41:00 ID:.ilkVFOc0

       ____
     /   ノ( \          溶接の多用は船体強度の低下をもたらすんだお
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \       必要最小限の部位以外は溶接を制限するんだお!!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/       そうして復元性だけでなく構造強度の改正を行うんだお!!

┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫はこの機会に復元性改正だけではあきたらず構造強度の改正をも図ろうとした。       .│
│ その際に持論の溶接制限を提案して行おうとしたのである。                        │
│ しかしさすがに調査会の議案は復元性改正に限られていたことと、溶接が絶対に非であるという   │
│ 事例もまだ多くなかったことから、やる夫の提案は見送られた。                      │
└──────────────────────────────────────────┘

113名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:42:05 ID:.ilkVFOc0

      ____
    /:::::::::  u\             現行の組織では他の部局の要求に引きずられて
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu      結果的に妥協した設計しか出来ませんお!!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |       第四部の権限を強化し、四部主導の元に
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´        艦艇の設計が行えるように改めて欲しいですお!ζ!
 / /       /

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫はさらに艦政本部の制度改革にも言及し、第四部の権限を強化して           .│
│ 計画の万全を期すよう求めた。                                     |
│ これもまた他部の激しい反発でお流れとなったが、やる夫の意を汲んだ海軍当局では、......│
│ 従来の艦政本部が主催する技術会議に加えて、より上部の組織が主催して監督を行う   │
│ 高等技術会議の設置を企図することとなった。                              │
└──────────────────────────────────────┘

114名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:43:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 一方、第四部内でも部内の組織改革を進める事となった。                      │
│ 従来の組織では設計主任一人に負担と責任がかかりすぎるとして、それを軽減するために  ..│
│ 計画の大綱を決める基本計画主任と設計図を整える設計主任とに分割し、            .│
│ 前者を計画主任の福田啓二が、後者を江崎岩吉がそれぞれ担当した。              │
└────────────────────────────────────────┘

┌───────────────────────┐┌───────────────────────┐
│      /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,  基本計画主任 ││        _____             設計主任 │
│      /{___/                \          ..││      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ                 ...│
│  ,イ   {                   ’          ││      |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|                ...│
│  {入_ゝ                   ':,       .....││      |::::::::/ ⌒  ⌒ |                  │
│  \                       ,       .....││      |:::::::〉 ( ●) (●)|                  │
│  / '  /      / {   \  \        ,        .││      (@ ::::⌒(__人__)⌒)               ....│
│  | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',      ....││      |     |r┬-|  |                .....│
│  { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',     ......││       \    `ー'´ /             _    ...│
│  ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ      .││       イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-_ -ァー- 、_ ... -‐  .....│
│     \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ      .││       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      │
│           ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ   ...││   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j               ....│
│           ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i     \   .││  / / //| 〉‐f/ \'    !                 .│
│         /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \ . ││ / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐    .│
│       / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄ .....││/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´     ....│
│       / / 〃   |      | /  ム ∨        .││  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /            .│
│     / , /  /    ,ム}    _,. -/  仄 \     ....││  |   `!//           /              │
└───────────────────────┘└───────────────────────┘

115名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:44:01 ID:.ilkVFOc0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 二ヶ月は瞬く間に経過した。                                            .│
│ やる夫は調査会を精力的に指導する傍ら、第二階国際水槽会議に提出する論文を纏め上げ、    │
│ 5月29日、摩擦抵抗の実験式を水槽実験から演繹した「第一論文」と、実験式の精度を         │
│ 実艦で確認した「第二論文」とを主宰者のイギリス造船学会へ送った。                   │
└──────────────────────────────────────────┘

       もう水槽会議の締め切りが間近なんだお……。

      /  ̄ ̄ ̄\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    /    \,, ,/\     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    / u:::(●)  (●)ヽ  ________
.   |   ⌒(__人__)⌒| .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.     \ u   ``ー' ,/  | |..  タイプライター   |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /⌒)    ー‐  ⌒ヽ. | |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.  / _/         |ヽ   | |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
  ('__ ̄'⌒イ^イ^)´),Y´Y^|_|_______|
__l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _,| |  |

116名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:45:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 更に二日後の5月31日には、友鶴事件を気遣う天皇に事件とその対策について進講した。    │
│ 事件の機密性に鑑み、陪聴は内大臣、侍従長、侍従武官に限られたという。           │
└────────────────────────────────────────┘

             ____
           .  ´:::::::::::::::::::::::::`  、
       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /.:/.:::::::::::::::::::、:::::,::::::::::::::::::\::ヽ
      l::/.:::::::::rf≧ミx、::Y::,x≦ミ、:::::::::vハ           よくやってくれました、平賀中将
      |'.:::::::::::f'"´ ̄ ̄`¨´ ̄ ̄`ヘ:::::::リ::::.
      i: :.:::::::|===(YY)===|:::::::::::::}
      l:. ::::::::|-==ミ `´ -‐==イ:.:.::::|:::|           わが艦隊の軍艦に不良があって
      |:.:::.: : ::| x=ミ、     x=ミ、|::: ::::|:::|
      |:::::..::::i:|イ:::ト、}     イ::ト、}゙Y::::::::l:::l           死者が出たことには大変心を痛めていましたが、
     ,j::::::.:::::i:代7り     弋fり_,}:::::::::|::l
     l:{:::::::::::i:l        {       ,'::::::::::}:{           これで安心して艦隊の運用が出来ますね
     i小::::::::i:|::::、   - -    .イ:::::::::/:ハ
     |::i:::ヽ⌒ヽi:l> .     . <:i:!⌒Y/::::l           中将はこの後イギリスへ渡るようですが
     |::l:::::::::',:::::|fム| `  ´ |ハi:|::::::ハi:::::|
{ ̄`丶、|::l::::::::::|:::::|」 }⌒ヽ f⌒「 ハ|:::::{:::{:::::L...-‐ ¬     気をつけて役目を果たしてください
|ヽ、   ヽ>─1::::| \   り  , ' !:::ト、>'  / /!
ト、 \ /     |:::::|  ヽ  {  , '  |:::::| `¨¨/ /  |
  ヽ  ヽ     |:::::|    ヽ|/   ,」:::::|  / /
   \ ヽ、  |:::::|\   /     / :::::::l/ /
.      \ \ |:::::|   ヽ/    /  |:::::|/

117名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:46:06 ID:.ilkVFOc0

               ___
             / ⌒  ⌒\
            / (⌒)  (⌒)\            カズ、陛下に茶菓子を下賜されたんだお!!
          /   ///(__人__)///\
           |   u.   `Y⌒y'´    |
            \       ゙ー ′  ,/          陛下は変わらず凛々しいお方であられたお!!
           /       __|___
          |   l..   /l 東京銘菓`l
          ヽ  丶-.,/  |__ ヒヨコ饅頭_|
          /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/

118名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:47:00 ID:.ilkVFOc0

           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\               「五月三十一日
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐     今日、父様、宮中に於て御前講義の光栄に
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉     浴したまひ、無事宮内省差し回しの自動車にて帰宅せらる。
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |      有り難き事のかぎりなり。
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、     白羽二重と見事な御菓子一箱を下賜されて、めでたく
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、     我が家の名を挙げられたり。
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、    (略)友鶴事件調査会へは四日迄勤務、それより暫く
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|    我が身となりたまふよし。庭にいづる暇だになき昨今、
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、   菊のさし芽も成し得たまはず、公私共多用、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、  かたはらの者もいと心もとなく健康のみ気づかふ」

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 謹直に家名を重んじる妻は、復帰の翼を張る夫に目を細め、日課であった日記の筆を弾ませた。   │
│ 御前進講という名誉に捕らわれた妻は、その前日に死去した東郷平八郎元帥のことには        │
│ 日記では全く触れることは無かった。                                       .│
└───────────────────────────────────────────┘

119名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:48:00 ID:.ilkVFOc0

┌─────────────┐
│ 昭和9年6月7日──── ......│
└─────────────┘


                (⌒)
            ´.llllllllllllllliiiiiiiiiiiiiii`'.
          ´llllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`
      .   ´lllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ` .、.             †
        ,.´llllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii .、            ||
        illllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii_:|          γ ⌒ヽ
      . |l⌒ll⌒ll⌒l|l⌒ll⌒ll⌒l|l⌒ll⌒ll⌒l          |llllllllliiiii|
        |i:::::li;;;;;|i:::::|||i:::::li;;;;;|i:::::||i:::::li;;;;;|i:::::|         丿;;;::i;;;......し
       TIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII了      .  l⌒ll⌒ll⌒l|
       l__i__i__i__i__i__i__i___†___i__i__i__i__i__i__l       .  li :;;|l;;;;;|l::..||
      //\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;▲;;;;;;;;;;;;;;;;//\\        |i:::::li;;;;;|i:::::||
 ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄;;;丁 ────了
========..†/         __       .†===========.| i_i | i_i | i_i | |
//\\;[]____ _/iiiIIIIiii\____[];//\\  ̄| ̄ ̄∩::: ̄| ̄
=========____|______|_____=========================
::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|≡≡≡
::: |_________________________________|-===-
::: | |//|      東京駅丸の内口     |        ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 ̄| |/  | ┌──┬─────┬──┐├────┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
  | |==| |..//..[二二二二二二二] // |│ .(びゅう)├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
  | |    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||....| ̄ ̄ ̄├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
  | |    | |  ( ) ( )     ( )     ││....|//  ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
8 .| |    | |  只 只  8  只 88 8..││....|/  /├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄

120名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:49:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 東京駅にやる夫を見送りに集まった人々の中には層々たる面々が含まれていた。              │
│ 軍事参議官加藤寛治大将はもとより、同じく軍事参議官小林躋造大将、軍令部次長加藤隆義中将、  ..│
│ 艦政本部長中村良三大将などの大物が顔をそろえたのだ。                          ...│
└────────────────────────────────────────────┘

   ,rn
  r「l l h.
  | 、. !j        ____                 いよいよ出発やな……
  ゝ .f       /__.))ノヽ
  |  |       .|ミ.l _  ._ i.)               イギリス人に舐められんように
  ,」  L_     (^'ミ/.´・ .〈・ リ
 ヾー‐' |     .しi   r、_) |                しっかりと研究発表をしてくるんやで
  |   じ、       |  `ニニ' /
  \    \.     ノ `ー―i´                それから、客船「クイーン・メリー」の進水式の
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\         見学もしっかりするんやで
      \  /    /        /  |.
        y'    /o     O  ,l    |        任せたで!!

121名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:50:11 ID:.ilkVFOc0

                  、_,、_ ,、_,__,_
             _洲WW从W斥k
               刈州州从从込iト             お前とは色々あったが、
             仆W^__、_ ,__V[,
               洲「{弐]刊卉」i{`             まさかこんな形で送り出してやるなんてな……
             {」i` ̄〈|` ̄ り      ..
               }l、  ‐_,‐' /{     ...:..        まあ、せいぜいがんばってこいや
                ∧\iWi{レ'{リ`   ....:..
                _/.::::',_r三く斗ヘ、...:...
          , -<:::::::::::::`r一^㍉,.:、.``丶、
         /  ヽ:::::::::::::`マヽ、  ヽ、  `ヽ.
         ./      `、::::::::::::::∨.\_  `、   ',
         /  \     `、::::::::::/.:::::::::}   ',    }
      /    ヽ    `、::::/.:::::::::/l    ト、  |
       〈   、   、    ∨.:::::::::/ {    | V^廴 ←軍事参議官小林躋造大将

122名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:51:00 ID:.ilkVFOc0

         /~~`'i
         |;;;;;;;;;;l   ____
         l;;;;;;;;;;;l /,r---、::丶、
.         l;;;;;;;;;;;|:::;'    ヽ::::ヽ             平賀さん、いよいよの晴れ舞台
         l;;;;;;;;;;|:;'      ゙;::::`,
.      ,、;;'''''''''''‐‐‐-,   .   |::::::|            しっかりお役を務めてきてくださいね!!
      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-+、  .   |::::::|
.    /  ̄ ̄    |::::゙,  .   |:::::|            特にあの実艦を使用した第二論文は
   /          l::::::|     |::::::|
.   l゙゙''''  ''"~~`'   ,.`':;;l     !:::::|            必ず皆の度肝を抜くはずです
.   !tェ,'  、rェ、   "'"',ヾ     l::::::l
   l  i   -、      、 i ゙,‐'''‐┐ l:::::::i           日本の実力をみんなに見せてやってください!!
   | └ - :'      -、゙ l;;;;/l、,,ヽ、⊥
゙゙゙゙゙/l ,,,、、--、,,      ,_,,ノ:'";;,、!;;;;;;  
;;;;/、'.、.   ̄      /l:/;;;;;//;;;;;;;
;;;;>,ヽ;;;;`'‐-、、、、、-‐'",、r';;;;;;/;;;/;;;;;;;;;

123名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:52:00 ID:.ilkVFOc0

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /        みんな、ありがとうですお!!
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /          やる夫はお国のために、
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /           イギリスで立派に論文を発表してきますお!!
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /              それでは、行ってまいりますお!!
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

124名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:53:00 ID:.ilkVFOc0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ その他海軍技術研究所の所員やゆかりのある人々に見送られながらやる夫は汽車に乗り、        │
│ 横浜から日本郵船の日枝丸に乗り組んでシアトル経由でイギリスへ旅立った。                 │
└────────────────────────────────────────────┘

            |                         ..:::::::::                   .|  
            |                       ...:::::::::                     ..|  
            |                      .:::::::::::::                      |  
          ||                      ┌──┐                      ||
          ||       r-----.i      . . .  │━━..|                      ..||  
          ||       i ̄|ェェェ.i        │   │                      ||
          ||      _i二二二i_「 ̄ゝ三三フゝ三三フゝ三三フゝ三三フ」_____      ||
iー−−−−−−、____ノ _,_,_,_,_,'_,'_'_,'_,'_,'_,'_,'|二二|二二|二二|二二|二二|二二|_,'_,'_,'_,'_,'|─┐.  ||     ___
|  ♀              : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /
.|     ;:;''ー '',:、,,;;;-:;_;_,、、,,-、;;.,.、、,,-、;,''';:;,;:;.,..,                                      r '´'';:;,;:;;',''';:
:::::~::"´``゛''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..,''';',''';:;,;:'';:;,;:;..'';:;,;:...,'''~ ""'`- .,~'ー-~ ~''' '""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' -,''';',' .,~'" ̄"'ー-;',''';:;,;:;.,.
    `" """'' `"     ,,`" ""   ' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """',,' ""'  "' ''''"''"    "" "~ "

125名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:54:00 ID:.ilkVFOc0

                   - ―――― 、              (……前回のロンドン行きから約10年、
               /         \              
             /            ヽ            前回は帰国の後に苦汁を舐めさせられたお
                /  ´─丶  `ー−、   i             
            l  ( ⌒ )   ( ⌒ )    l            しかし、こんどこそやる夫の地位は揺らぐことは無いお
                l   /  i  ヽ         iー 、          
               ∧  ゝ___人____ノ      ハ:.:.:.:.\        イギリスでは古い友達と親交を暖め、論文を発表して
       r===ミ /:.:∧.// ー‐         ' リ.:.:.:.:.:.:.ト、       
    __トミ彡1:.:.:.:_,xくxく          イ 〃:.:.:.:.:.:.:l:.:.:ー-....._  国際交流に務めるんだお……)
 , <:.:.:.:.:.トミ彡1≦>''´:.,ハ> ――― ´  //:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶 
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=彡´.:.:.:.:.:.:/  \        ノ/ /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

126名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:55:00 ID:.ilkVFOc0

      /            /     !  !    ……紆余曲折あったけれども、こうしてやる夫は
        l           /         |  |
       l            ∠ ̄`    ―-、|  |    復活を果たし、二度とそこから滑り落ちる事はなかったわ
      l        /しリ`ヽ    -_、 |   l
      |        ハ:ン     /しバYl|   ,'     復帰した彼の権威は不羈にして不動、もはや泰山の如し
      |   |     /          {:rン 〃 /
      ノ   l |    ,       l `  // /      だったのよ
  、__ /  // !    l  、_         // /
   丶/  // |   |   \_ >   /:/ /       次回は彼の復帰を飾る三度目のロンドン旅行を語るわ
   /   :///ヘ.   l\        /l: :/: /
  /    :/     ∧  :|  \_  ィ {  j/l: /         それから、艦船マニアなら知らぬ人はいないある人物が
  l    :/       ハ :|-、 ト、: : : ヽ   |/
  、 : {  : /  \ヽj  V/_ノ: : ノ:  \           登場します
   \ 人_: {: :   lーr--入:_:ノ}: :   }
    /   ‘\: : .  \ハ  o Vノ: :   ノ、         次回も引き続きよろしくね
  /        `` ー≠´ハ  ` ー--‐'   \

127名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:55:31 ID:.ilkVFOc0

     , - 、
    /   \ ⌒\
 ト-'          ヽ   __,  -――- 、
  7             ノヘ'´_,   /⌒ヽ  __\             100人もの犠牲を払ったのは
  {/           /x _,ノ/   l |      \ ⌒ヽ
  {  /{ r−、_ノ /ハ/   人 ト   ト、    ヽ   |⌒l       少し悲しいけど、
   \{   V      /l l |  l/‐イr示、 | -\l   |     し1
              / . 八  | {代ヒi| \tf示j| /       く      平賀さんはこれで再び
             ♀  V二,\{  `¨   弋ソ l /   r  }ノ
             {}   { 〈     、   `  イ^⌒)ノ }/       幸せゲットしたってことでいいのかな?
              ` ー-、      ̄  /
                    \| 、      /
                      |   丶 _/
                 _ノ    |                   それじゃあ、次回もよろしく!!
            ,x<〈  | 、_   ト、_
              /   \ \  `  ーヽ \
           ,      \ }       \lヽ              みんな、幸せゲットだよ!!
           |      //^ ー―――ヘ |
           |    l  //         〈l
           |    |.ノ/   ...:::::::::::::::...人:l
           |    |/    :::::::::/:::|::::::ー'ノ


第7話  友鶴転覆  終わり

第8話  大いなる復帰  へ続きます

128名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:56:00 ID:.ilkVFOc0

◎第7話「友鶴転覆」


平賀やる夫            東京帝国大学教授(海軍省事務嘱託):やる夫(AA)


平賀カズ                  やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


藤本喜久雄              艦本第四部計画主任:できる夫(AA)


玉沢 煥                 艦本第四部長:キモヲタ(AA)
江崎岩吉                艦本第四部設計主任:いく夫(AA)
徳川武定                造船研究部部員:徳川家康(実在人物)

福田啓二                第四部基本計画主任:乙女座のシャカ(聖闘士星矢)

若槻礼次郎              総理大臣:加持リョウジ(新世紀エヴァンゲリオン)
犬養 毅                 総理大臣:犬養 毅(実在人物)
加藤寛治                軍事参議官:星野仙一(実在人物)
大角岑生                海軍大臣:大ちゃん(AA)
伏見宮博恭王            海軍軍令部総長:エギーユ・デラーズ(機動戦士ガンダム0083)
小林躋造                軍事参議官:長谷川泰三(銀魂)

鈴木義一:佐世保警備戦隊司令官:
橋本信太郎:第21水雷隊司令:     モナー(「アッツ島の戦いにできる夫達とやる夫達は参加するようです」)
山田勇助:水雷艇「千鳥」艇長:

査問委員会委員          もっさりさん(AA)

第四部員                レントン・サーストン(交響詩篇エウレカセブン)
第四部員                エウレカ(交響詩篇エウレカセブン)


平賀謙一                やる夫の長男:やらないのか夫(AA)
平賀重孝                やる夫の次男:衛宮士郎(Fate/stay night)
平賀 道                 やる夫の長女:できる子(AA)
平賀好子                やる夫の三女:やる奈(AA)

牧瀬房子                やる夫の姉:神崎すみれ(サクラ大戦)
牧瀬寿美代              房子の孫娘:コクリコ(サクラ大戦)


米内光政                佐世保鎮守府長官:御坂妹(とある魔術の禁書目録)


昭和天皇                皇神楽耶(コードギアス)

129名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/04/26(木) 22:56:43 ID:.ilkVFOc0
本日は以上です。

いつも長丁場にお付き合いありがとうございます。

130名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 23:09:37 ID:I8MVtju20
投下乙〜

131名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 23:15:04 ID:rX95IUMY0
乙、やり切れん事件だなぁ

132名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 23:41:22 ID:O31FNK4I0
確か、波の波長が船体の長さとほとんど同じになったために、船首と船尾が波の山と山の上に
乗っちゃって、復元性を確保するためのバルジが波の谷の部分に入って浮力にならなかった
のが原因じゃなかったかな

133名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 01:56:52 ID:lnz1LqvM0

ただ、今じゃ「操艦ミスの方が大きかったんじゃないの?」という説も有力みたいだね、友鶴事件は
それが、意図的に用兵側のミスを隠そうとしたのか本当にわからなかったのかはともかく
これが本当なら、現場のせいで失脚し『老害』をわざわざ復帰させてしまった藤本さんこそ不幸

134名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 02:25:11 ID:y4O2Zxz20
乙でした

135名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 04:36:04 ID:2YeswPnk0


>>133
たとえこれで失脚しなくてもこれだけじゃないからぜんぜん同情できない

136名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 05:59:51 ID:WNqMlBPoo
乙〜。

軍艦は棺桶を作ってるわけじゃない、ってのを忘れちゃあな…。

137名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 12:05:07 ID:1gFvgMMY0
乙、平賀の娘って辰馬に嫁いでたのか。
>>133
確かに平賀には問題あるし、藤本には技術者としてみるべきものはあったかもしれないが、
友鶴と第4艦隊に関しては藤本の罪は重いよ。
この2件だけで失脚は当然で不幸でも何でもない。

138名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 12:19:24 ID:ChMsnB020

>>137
後に与えた悪影響も考えるなら、藤本以上に平賀の方が問題って意見もあることは覚えておいたほうがいい
溶接の大規模採用と部品規格の統一による艦艇の生産性向上やダメージコントロールを重視した設計方針は藤本が
導入を進め、平賀によってほぼ完全に白紙に戻されたものだ

そして、これらは大平洋戦争において日本海軍艦艇一般に不足しているものとして指摘されている

友鶴事件や第四艦隊事件の原因に関しても、用兵側にも多大な責任があるはずなのにそれが無視されているしね

139最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

140名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 16:46:01 ID:2YeswPnk0
溶接を大規模採用した結果どうなったか、この後のストーリーをお楽しみに、としか言いようがないな

もちろんそんなことは知ってる上で書いてるんだろうけど、話を先取りするのが前提の議論はなんともはや

141名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 17:49:07 ID:1gFvgMMY0
そりゃ藤本の流れはここで断たれるんだから、ここから先に悪影響は顕在しないよ。
生産性やダメコンは確かに大事だけど、兵器に求められるのは信頼性。
んで未熟な新技術にすぐに飛びつく藤本よりは、頑迷固陋な平賀のほうがまだマシだと思う。
あと藤本は用兵側の狗として好き勝手できたんだから用兵側の責任のかなりを担う義務があるよ。

142名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 18:14:24 ID:HP6Ly8LM0
ダメコンや生産性って兵器の信頼性の一環でないの?

それと最後の行はかなり無茶な意見だと思うよ

143名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 20:11:37 ID:2YeswPnk0
少なくとも生産性の方は信頼性の一環とは言えないな
意図的に信頼性を犠牲にしてでも生産性を上げれば廉価版になるが
考えなしに未熟な技術・品質を使って生産性を上げた結果信頼性が落ちるのはただの失敗

144名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 00:04:02 ID:d6oTHWVA0
>>143
でも、結果的に品質を維持できなくなって粗悪品になっちゃ意味ないだろ
生産性と信頼性はセットだよ
同じ兵器でネジが合わなかったって話は一つや二つじゃあるまい
逆に「既知の技術に固執し信頼性を相対的に下げた」って見方も出来るわけだし

145名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 00:13:18 ID:638Cwo2s0
平賀の設計方針は「必要かどうかぁゃιぃ性能の向上のために、コストの増加を無視する」って面もあるしね
あと、藤本の溶接採用は1920年代からずっと続いてた溶接実験の結果を受ける
少なくとも実験室レベルでは相応の結果を残してるんだわ、この実験
もっとも、現場レベルでは鋼材の品質にバラつきがあって、強度面に問題があったことは指摘されてるが
でも、考えなしに未熟な技術を採用ってのは、言いがかり同然だわね

このあとに発生する大事件においても、溶接は原因の一つであって、主原因じゃないし
そもそも、被弾時の強度を考えるなら、リベットより溶接ってのは当然とも言える判断だし

146名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 00:26:20 ID:cxJJbuY20
史実に詳しくない者から見ると、不幸な巡り合わせで軋轢が起き、
二人とも意地になって両極端へ走ってしまったように見える。
ただそれが個人対個人の話じゃなくて、大勢の乗組員がいる軍艦の話になってしまうから……

147名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 00:43:27 ID:rxJaiIi20
とりあえず前スレでやれば埋めにもなっていいんじゃないかな

148名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 01:49:42 ID:47bTokOM0
架空戦記モノだと藤本流の設計が主流になって溶接工法で空母や駆逐艦大量生産ウマー、
みたいな設定が良くあるけど当時の工業力考えるとそんな簡単な話ではなかったんだろうなぁ。
中には日本の近代史を明治から弄って工業力の底上げしてる話もあるけど。

149名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 03:38:31 ID:XHI7Uo3c0
>>145
> もっとも、現場レベルでは鋼材の品質にバラつきがあって、強度面に問題があったことは指摘されてるが
現場で実現できないなら未熟以外のなにものでもないわな

150名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 10:35:22 ID:638Cwo2s0
>>149
実際に適用してみないと分からないことも、間違いなく有る件について
つか、んなこと言い出したらアメリカのリバティシップも「未熟な技術の適用による失敗例」になるぞ?
リバティシップも日本海軍の溶接も、どちらの例も実験では成功したが、現場や実用環境下における不測事態で事故を発生させてる
それを単純に技術の未熟と考えるのはどうかね?
その発想だと、どんな新技術も投入できなくなる

あと、日本の鋼材品質のばらつきの指摘は、戦後の指摘のはずだ

151名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 10:41:38 ID:D6LouLMs0
未熟な、または未熟かもしれない新技術を「大規模採用」できないのは当然のこと
使ってもいい用途・局面で使って技術を育てればいいのに、なんでオールオアナッシングなんだ?

あと、戦後の指摘であろうとなかろうと未熟であったこと自体に変わりはない

152名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 10:47:34 ID:638Cwo2s0
>>151
日本だと大正期から溶接は軍艦に採用されてるんだよ
徐々に使用比率をあげながら、な
で、藤本がやったのはその採用比率を上げること
これはそれまでの実験と採用の実績を鑑みて行われてる


そして、この後に発生する某大事件は別に「溶接だったから」発生した事件じゃない
それで未熟技術と切って捨てるとか、おかしい

153名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 10:53:29 ID:d6oTHWVA0
>使ってもいい用途・局面で使って技術を育てればいいのに、なんでオールオアナッシングなんだ?
その指摘はむしろ藤本よりは平賀だろう
羹に懲りて膾を吹くかのごとく、有用な技術をことごとくナッシングとしてしまったんだから

154名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 11:10:34 ID:hGGJOli.0
藤本も平賀の警告を古臭いの一言で切って捨ててるから、その辺に関してはどっこいだと思う。

155名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 13:18:05 ID:D6LouLMs0
> 有用な技術をことごとくナッシングとしてしまったんだから
たとえば問題の溶接なぞはナッシングとされたわけじゃないがいったいどこが「ことごとく」なんだい?
オールじゃなければナッシングと言わんばかりの論調だからオールオアナッシングと言うんだよ

156名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 14:54:27 ID:zyrsRMvI0
自治厨と言われるのを覚悟して言うが
おまいら、もうちょっとクールダウンしてくれないだろうか。
現状だと「作品の感想」じゃなくて「議論」になってると思わない?

157名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 15:25:00 ID:bAsFE8A20
それこそ、安定した平賀の下で藤本が新技術を研究していく形になれば、良かったのかもしれないがな
…人間性は、平賀の方が問題アリな気がする

158名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 17:36:28 ID:AlHVjVrQ0
平賀は荒木飛呂彦の変人偏屈列伝で扱われるべきw

159名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 18:44:41 ID:WxSd8cOQ0
栄光なき天才たちで既にやってるからなあ>不譲の人

160名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 18:53:57 ID:AlHVjVrQ0
あれじゃあ平賀がまとも過ぎるw

161名無しのやる夫だお:2012/04/28(土) 19:10:14 ID:YjJ2/Oig0
タイムリーな話題を一つ。
今度やる夫が主人公の映画「怒りの海」を京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで上映するよ。
上映日時は5/6 11時 5/17 19時 7/6 3時の計3回。
戦争中の作品でなかなか観られないから興味ある方はぜひ京橋へ。
原節子の美貌だけでも観る価値あるよ。

http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2012-5/kaisetsu_4.html

162最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

163名無しのやる夫だお:2012/05/01(火) 18:55:34 ID:6lZaST2A0
そういえば、前スレのURLが無かったみたいなんで。
やる夫が軍艦総長になるようです。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1325764391/

164最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

165最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

166名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/08(火) 00:17:38 ID:L83H0deA0
こんばんわです。近況報告です。
新谷かおる原作の戦記短編を短編スレに投下しました。

アスランが暗黒の空を翔るようです。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335682818/699-779
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335682818/876-945
「やる模」でまとめていただいてます。
ttp://yarumo.blog83.fc2.com/blog-entry-5340.html

おひまがありましたら目を通してやってください。感想等はこのスレで。
なお「軍艦総長」第8話投下は今月17日(木)の予定とします。
間隔開きますがよろしくお願いいたします。

>>161
興味深い映画の紹介、誠にありがとうございます。
僕が見ることはかなわないと思いますが、こういう映画があったことを知っただけで満足です。

>>163
お手数掛けました。テンプレが不備で前スレもまとめサイト一覧も載せてませんでした。
本作をまとめていただいているまとめサイトの方々に改めてお詫びとお礼を申し上げます。

167名無しのやる夫だお:2012/05/08(火) 00:42:38 ID:6tbKVl9U0
おお、コテ欄見てなかったからアナタのだと全然気付かんかったw
面白かったッス。何ならファントム無頼とかにも手を出して良いのよ?

168最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

169名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/16(水) 23:32:56 ID:bh7zv0.60
こんばんはです。
第8話の投下は予定通り17日(木)ですが、投下レス数が若干多いので
PM8:30より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。

以上よろしくお願いいたします。

170名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 19:02:02 ID:Gjl6NKUI0
テスト

171名無しのやる夫だお:2012/05/17(木) 19:13:39 ID:.AK.Ee3w0
あ、今日投下予定か♪

たいき〜

172名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:40:31 ID:Gjl6NKUI0
お待たせしました。

ではぼちぼち始めます。

173名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:41:00 ID:Gjl6NKUI0

                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

174名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:42:00 ID:Gjl6NKUI0

前スレ
やる夫が軍艦総長になるようです。
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1325764391.html


本作を纏めて下さるまとめサイト

嗚呼! やる夫道
ttp://gokumonan.blog87.fc2.com/
やる模
ttp://yarumo.blog83.fc2.com/
泳ぐやる夫シアター
ttp://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
ttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/

175名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:43:00 ID:Gjl6NKUI0

| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!!
\__________  ________/
                 | /              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | /               | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
    /{__/⌒ ーヘ    _/ , -- 、 -―ゝニイ ゝ _ノ   |
   弋       」__ /  /    ´ ̄ ̄`ヽ      .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
    /        [三ニ]ニ_」     、    ヽ     \
   l l /, -―- ' ⌒l/ |  ト、 卜|\\   |        ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    乂/ヘ{      /    ヽ |-\|   _Y l|┬-、. -――‐- 、
            |   l |      〃 ̄リノl l/. : : : : : : : : : : \_
             、  N ィ==   ,  _   l /: : : : : : : : : : : : : :/:.ヽ
             ゝ . ゝl!   r‐ ´| //: : : : : : : : : : :_: ィ: : : : : : l
                   />〒、 ゝ _,.ノ //: : : : :_ > ´   |: : : : : : :|
              | \\>r 、- rく/: :/:;ィfハY`  -― 、l: : : :/: : |
              |r‐、 丶 ヽ| !\| /: :/イ 弋ン   fハ:Y/: : :/: : /__,ノ
              | \ \\j | //:イ:ヘ|   ,    弋ン/: : :/.: :/|: :く
              〈 r=\ ヽ」 | /  /: :厶、 }ァーァ   /: : :// |: : :し1
              |./  _,ゝ_  、\_」/.: :/\  ̄  _/: : :/   ∧/⌒´
              〈  ノ  / ̄  /: : : :/ | 厂厂ノイl:/ノ) / ∧

176名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:44:00 ID:Gjl6NKUI0

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

177名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:45:19 ID:Gjl6NKUI0

       /: : : : : : : :/  ヽ: : : : : : : ヽ
        /: : : : : : : /     _ヽ: : : : : : : l              さて、前回は友鶴事件を経て
       ,': : : : : : : /    /, - \: : : : : |
     ,: : : : : : : /―   /ィイ^圷v: : : : :|              艦船設計の第一線に復活を遂げた
     |: : : : : : /_,二    l:{しj: |1: : : :.|
     |: : : : : ィイf^i:l     ゞニン l: : : :l:|     ,. -┐      やる夫を描きました
     l: : : : : 八しン   l      |: : : :l:|    / /
     ヽ: : : : |         _,  |: : :// ,、/ /        今回はそれに引き続きやる夫の人生の中でも
       ',: : :.|    , −_´ ̄    |: :/: / / ∠ _
         l : : l\         /j:/: / イ /__〕       とても意味のある一世一代の舞台であった
         |人:.∨:> 、     /l::|: :/  ('´ __〕
         X: : : : l:≧ 、_./   !: :八    匸_ /       ロンドンで開かれた第二回国際水槽会議の
         /: : : : : l: |      /: : : :} /  l `/
         /: : : : : :jノ      /: : : : :|    /\        模様を描きます
        /: : : : : :〈     ∠: : : : /: ハ    | |
       /l: : : : : :ト-ゝ  ∠: : :/: :/ |    ∧ |        そしてその前にもう一人の有名な人物が登場します

178名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:46:00 ID:Gjl6NKUI0

             〈            \\h_」└i_
           /ハ.      ト、 \     \} -―  }: : : :
          // ヘ、   |  >、_ \\    l、-― _」: : : : : : : . . .
         /´/  l  :/ \  V/イf¨㍗s Y:  l|へナ'´\: : : : : : : : :
    /⌒'ー/ l   ハ :!ミy 丶l  lトイl | } |: : /: : :ハ、  丶----‐    幸せゲットしたやる夫さんの
    /     l|  :l ハJハ!     ゝ゚-' .ノ イ: : :/ :l《
  ト-'     八l  :vヘtン ノ            l/^ヽ: :|‘《           更なる活躍だね!!
  `/     ノ: : :㌧、\‐'       _,ノ      〉 l / ‘《
  {/  . : :イ: : : : : :l|:ノ「    - _´             //   ○
   | : / l: x――l|´ハ             r=彡'    }ヽ        なんだか楽しみだよ!!
   ゝ:(   レ'    l|  \           /:/      |丿
    `        ○    丶.           {/
           ノ{       `>、_ /   l
           V         ]      lー、__
                   /ヘ     | /   /`厂 ̄ `ヽ
                 ///ノ   _| /   / /        \
             , -‐ァァ'  l/ー  ´   _」'   k'           l
              /  l/  / ____/ |  |\          |

179名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:47:00 ID:Gjl6NKUI0

.



=========================================================================

                 第一部    第8話   大いなる復帰

=========================================================================




.

180名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:48:00 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫が意気揚々とロンドンに向っているころ、一人の男が遠くパリで頭を抱えていた。    .│
└───────────────────────────────────────┘


      ┌I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I─I┐
      ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/
       | ∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩. .∩ |
      | ̄..≡. ̄≡ ̄≡ ̄≡. ̄≡ ̄≡ ̄≡. ̄≡ ̄≡ ̄≡. ̄≡.. ̄|
     |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      | 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |
      | _____   ____________  _____  |
      | |¢ ∬ § ξ.|  |   ,-'''゙゙゙゙ ゙゙゙゙̄'''-、.  .|  |.ξ § ∬ ¢| |
      | |. (    ∧∧ |  |  / ,-'''゙゙゙ ゙゙゙̄'''-、 \ |  | ∧∧    ) .| |
      | |⊂、⌒⊃^o^)|  |. ,:' ,,:''.        .'':,, ':, |  |(^o^⊂⌒_.つ| |
      |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |/ /            ヽヽ|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
     |二二二二二二二二二|  ,-''゙゙゙ ゙゙゙̄''-、  |二二二二二二二二二|
     \________|  ,:'' .    . '':,  |________/
      |            | |         | |            |
      |            | |         | |            |
      |    ∧∧.       | |         | |      .∧∧     |
      |    (,,゚Д゚)      .| |         | |     (゚Д゚,,)     |
      |    |⊃|     .| |         | |    ⊂|⊂ |     |
      |   〜|  0     .| |         | |     ⊂,,ノ〜  ..|
      |    し'´       | |         | |      ,,∪    ..|
      |  ┌───┐   .| |         | |.   ┌───┐  |
      |  │      │   .| |         | |.   │      │  |
      |  │      │   .| |         | |.   │      │  |
      |  │      │   .|/           \|.   │      │  |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

181名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:49:00 ID:Gjl6NKUI0

              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |              おいやべえよ……
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ              今度ロンドンにやってくる平賀先生の
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ      随行として合流するよう命令が
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l     出ちまったよ……
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l    藤本さんの元部下として、俺は平賀先生に
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l    どんな申し開きをすればいいんだ……
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ

牧野 茂(まきの しげる、1902年8月9日 - 1996年8月30日)最終階級:海軍技術大佐
海軍の技術将校であり、呉海軍工廠造船部設計主任として「大和」の建造に関わる。
終戦時艦本第四部設計主任。
戦後は初期の海上自衛隊警備艦などの設計を実施した後、防衛庁技術研究本部嘱託その他を歴任する。
膨大な軍艦設計関係資料を収集し、後の艦船研究に大きく貢献することとなる。

182名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:50:00 ID:Gjl6NKUI0

            / ̄ ̄\
          /  ノ ヽ、\             ┌──────────────────────────┐
         . |   (●)(●)|              ..│ 牧野は大正11年東京帝国大学工学部船舶工学科を卒業し、│
         . |   (_人_)│            .│                                       . .│
          |     ` ⌒´  |            . │ 大正14年に海軍造船中尉に任官して、その後は       ..│
           |           |             .│                                       . .│
         .  ヽ      /               .│ 横須賀鎮守府を経て艦政本部部員として各種艦船の     . │
            ∧...__   ヽ//>            ..│                                       . .│
         /  、i i!「Tiァ¬ト、__           ..│ 設計を担当していた。                         .│
        /|  〉 ̄¨¨テァヘ \`.¨ 、        │                                       . .│
     , ィ´、ー┴一' '.ヽ f'´,,ィ'ヘー` ´|一' .      . │ もちろん彼はやる夫の教え子であり、しかも彼の妻は     .│
   /  '. \     '. ヽ!'´ ,,ィ'ヘ  .!   \   . . . │                                       . .│
   l     '.   \    '. ヾ'´ ,,ィ'. |    .i    .│ かつてやる夫を絶妙に生かした元第四部長山本開蔵の  ....│
  ,'       V   \   '.、 ヾ'´ } '. |i!    i   ......│                                       . .│
  l      !     | \   '.` 、Y/! | |    |     │ 次女であった。                            .│
  .,'      ,'     !  \ '.  {f:) |j  |    |    .└──────────────────────────┘
  l      ,'     !   r'ヽ}  !  '{´ |    |
 ,'      l     ,'    `´,'  '. ,、 '.  '.    i

183名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:51:00 ID:Gjl6NKUI0

             ___
           /    \        ┌───────────────────────────────┐
          /    .    \        │ 牧野は当時エコール・デュ・ジェニ・マリチーム(フランス海軍造船大学校)に   ....│
        |           |)      │                                            ....│
         |            |     ...│ 留学中であった。                                 ..│
          |           |        │                                            ....│
          |       .  |       │ その彼がここまで悩むのは、留学に旅立つ前に、藤本の下で        .│
          /二二二ヽ  }      .│                                            ....│
        、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ノ      .│ 友鶴計画を担当したという負い目があったからだ。             ..│
     /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::ヽ      .│                                            ....│
     |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|  . . .......│ 牧野自身はやる夫に敬愛を抱いていたが、                 ...│
     |::::::r::::::::::::::|:::::::::::::::y::::::::|  . .......│                                            ....│
      |::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::::::|     │ やる夫に顔向けできないという意識が彼を苛んでいた。           .│
.     |:::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::|  . ........└───────────────────────────────┘
      |::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::|::::::::|

184名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:52:01 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 牧野が友鶴事件の報に愕然とした頃、彼はまだ留学の最終学年を半分ほど残していた。   .│
│ しかし彼は自らを退官によって律するしかないと、上官に報告したのである。           │
└───────────────────────────────────────┘


               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |             ……というわけで戸苅武官、
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |             私は留学を全うできないのは残念ですが
             {         | 
             {      u. /              もはやこれ以上海軍に留まることは
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ      出来ないと考えています
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│      なにとぞ私の退官を認めてください……
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

185名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:53:00 ID:Gjl6NKUI0

             /:::::::::::::::::::::::::::::::::;、;リ;ノ‐、            __,ノ
.            l::_ -‐r='ァ''フフノ|::l "゙ヽ:::l  ー_- 、       ) が  た  こ
           l=三三}∠ニヽ'__l/}´, -、|;リ    `ヽ 丶、  -=ニ  っ  わ   の
          ノ='":::::{′'ニニ6ー'’F'aテ〈       丶. 、\  ,)!!  け
.            /:::l"ヘ::i' `_,.   ,  〔.` ハ         ヽ\丶⌒ヽ.    者
            {::::::ヽ_{:{ / r'ニ‘ー--'-、.!::|      /.`,ニニ= 、ヽ ノ-、   め
、       _ヽ:::__/`゙   |   ` ̄ ̄´|.l:::|       y'/ , - 、 } }   ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
. ! r─-‐'´x x x/x/l.|.  ヽ`ニ二_ー- '_ノ;リ   o 。' {/  / ロ .イ ' `-〜' rュ
 `┴- x 、x_ x /x/xl |     ‐' ノ ̄ノ `;ー- . _ />ゞこ °, -- 、 ⊂ヾ ,...---......、
           ̄ ¨T''┴‐- 、, -<._,∠x_x x x x/∠、   }./゙ズ三'ノ . , '       \
-‐, 、    ー_-  ⊥ x x_ ヽ x xヽ. x x  ̄//`ヽ| 々 / / rう 、_j /          ヽ
. /x l ` ‐x.、_   ̄ l x ‐- -_ ニ、 ‐-ゝ x x// x x xLノ / / ′ヽ-'  レノ  ヽ、     l
. 〉 | | x x x /`i ー-| x x x x x ̄ヽ>ニ._x _ ニ -‐ ノ レ' / /  ″|(○)(○ )     l
/ xヾ!x x x l x| x xノl x x x x x x ` ー-\ヽ\\ -‐' ノ  / ヾ) ノ|(__人__)     /
x x /x x x | xハ/x x\ x x x x x x x x x  ̄__.二. -_‐ァ ,ィ 〃 ,く l r   ヽ  "6/ -=
\x| x x x/.ノ/ \ x x _>ー,、_ x x x x∠二 -‐ 'フ´   〈ノ__/  l.ヽ└-二ノ  ; ‐1、_
ヽ/j x x /x/ x x ゙オ´x x x| x Tヽx x x x x x ,イx|  r7,ニ     ./ヽ.`ァー┬    /   ヽ.
y'./x , イx x/x x // x x x x|x x| x \x x ヾニ′ニ¨>〈//, ─っ ノ    7  /´ _./     l
ー'/x.〈.x xlx /x./.x x x x x|x x|.x x x`ヽx // 'イ´  `´  ‘ー' ij ゙ ノ  「 ̄    /  ̄

186名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:54:00 ID:Gjl6NKUI0

-ニ 二l   __∠ //  〃 ::::::::::::Yハヾヽ
/=二三l∠三三ミヽ /ハ ::::::::::::::|| lNハj
 ニ三/ 、__`ヾミミ∨ {ヽ l::::::::;;、」ハj リ
.ミミミl   ヽ、__辷rヾミゝ `リ:r彡三ミ//       退官など絶対にいかん!!
ミlミミ|  \   ̄´ノ::'⌒ヾ:ニtテ‐y′
リミミl    `ー‐'´     ト、: ̄〈          我々の進退はすべて上からの
.jミミ|          __  __ |::::Y´/
.lミミl   ,r─−く:::(    ` Y l          命令で決まる
^ー'   // ,仁二¬ーニ‐-_イ  |、
:.     / {⌒ヽ  ̄`¬─--7 トハ         自分勝手に判断するな!!
:::.     ヽ二ニニ−ー---ノ 川l|
::::.             こ二 ̄  ,lリリ

戸苅隆始:海軍大佐。当時フランス先任駐在武官。
海兵37期、海大甲種学生19期卒。昭和11年12月呉鎮守府参謀長。
昭和14年11月15日中将昇進。同年12月21日予備役編入。

187名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:55:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 命令がすべてという軍人の急所をつかれた牧野はいったん引き下がったが、自責の念已まず  .│
│ 改めて4月10日、軍務局長宛の進退伺いを書き、叱責を覚悟で戸苅に提出した。           │
└─────────────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        「(友鶴事件で)海軍全般並ニ国民同胞ノ期待二
       |                    |
       |                    |        背キタル罪ハ万死ニ当ルト存候。
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//   此際責任者ノ処罰等決定セラルルニ当リテハ何卒
     /  辞めさせて下さい  /  /   /
     /              /  /   /    小官ニ対シ最モ重キ処罰ヲ与ヘラレ、以テ累ノ他ニ
    /   ____     /  /   /                          ココ
   /             /  /   /     及バザル様宜シク御取計ヒ相成度、茲ニ小官ノ意中ヲ
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /      披瀝シ謹ンデ御依頼申上度候」

188名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:56:00 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────┐
│ 案の定、牧野は戸苅から怒声を浴びた。  │
└───────────────────┘

                                          _____
                                       rァ'フ"´::::::::::::::::::::::`ヽ.
                  ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ       {f〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                j`‐'              ‘ーィ     ヾ ;::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
            . 、- ' 出   受  こ  く   L_     /-‐_ヽNヽ;:::ニニヽ:::::::::::::::l
    / ̄ ̄\    _ )   て  け  .ん  ど   く     l、_/,.-`ゝ<:三三ミ:、::::::::::::|
  /  \ ノ \    )   行   と  な   い   (_      〉゙iヒニフ,  i::r',ニヾヾ:::::::::::::
 . |   (●)(●)|   ´)  け  .れ  .も   ぞ   ,ニ=-  r'  `ー '  .}::7,  l::::::::::::::::
 . |   (_人_)│  _)    っ  る  .の !! (_    〔_ヽ ー-- 、 j::{ ァ ノ::::::::::::::
  |     ` ⌒´  |    ) !! か  .が     (      しィ´ ̄ ヽ 彡Tヽ::::::::::::::
   l          |  ⌒)-、 ,. 、         〈         ̄ ̄ }_,. -‐リlハノヽ
 .  ヽ      /      ′ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「    _,.  -──-<._x x x x x
    ヽ     ノ ⊂二,フ´二_''‐- 、_,.  -─r─'^ ー '´x x x x x x x x x x x x x x x
    __,.>   <    r'   ‐-           | x x x l l x x x x x x x x x x x x x x x
 /、 〈.    )i`\ 〈              | x x x | | x x x x x x x x x x x x x x x
./  l ヽ  / |.   l ヽ二ァー-‐' `  、    ! x x x l l x x x x x x x x x x x x x x x
l   |.  \/ リ  |           ` ー-〉x x x ヾ、 x x x x x x x x x x x x x x
|__」   〈゚ 〈__|             / x x x x x\x x x\x x x x x x x x x
.}ヽ.  ヽ   }。/  /|             | x x x x x x x\ x x x`ヽ、x x x x x x

189名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:57:00 ID:Gjl6NKUI0

.        / ̄ ̄\
     . / \ ノ \/`i            武官が何を言おうと、今度は引き下がりませんよ!!
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /            これは武官に提出したものではありません
      |   ` ⌒´ リ  ヒ
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ         辞表は軍務局長宛です
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ       ですから取り次いで下さるだけでいいんです!!
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|



            ふっふっ………                            __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
                                                /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
            この戸苅を試しおって、生意気な小僧だ           〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
                                           .     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::| 
            仕方が無い、望み通り取り次いでやろう            l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :| 
                                           .      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::| 
            ただし公文書では送れん                .     l」   / ''''  、     }::7´ |::|
                                               〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
            俺が四部長宛に私信を書くことにして             ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
                                                ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
            それに君の辞表を同封してやろう           .      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
                                             -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
                                             +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +

190名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:58:00 ID:Gjl6NKUI0

┌────────────────────────────────────────┐
│ ところが、東京への文章送達はシベリア鉄道に頼るほかは無く、それには20日もかかった。  .│
│ その間に責任者の処分は着々と進んでおり、牧野の進退伺いがソ連領に入ったころには   ..│
│ 玉沢第四部長と藤本計画主任とが4月5日付で解任され、東京に着いたころには        ...│
│ 謹慎15日という処分が4月21日付で両名に下っていた。                       ...│
│ 牧野は不問に付され、進退伺いは破棄された。                            ..│
└────────────────────────────────────────┘

                        _,,,,rー'ブ´\,,
                      __r''゙ .../  ,、  ヽ,,,,
                     };| .::;;/  ./  ,    \
          .r'''ー、    /´}  {:!...::/  ./..../  .,;::::  \_
        _,ノ    .\.//;;;{ }i゙'j::|:::::::|:::::::/  ./ー;::::... ゙ヽナサ--
   ._,,,,__,,,r/゙   ヽ;   \::::::::::{ {;じノ|::::::|::::::/  .ノ゙:::::::::::::::::::::::: | .||||||
  /li´''゙゙ ノ゙    ..\;  ....ヽ;:::::::ミ;:::::::}'''!.ノ┐/-j:/:::::::::::::::::::::::::::::| .||||||
/|||'^::  }   .\  .ゝ、;:::::::::};;____;;;::::::゙ーλノ人ソ:::::::\_:::::::::::_;;;;ノ .i||||||
|||||||;:::....ノ    \   :\_;;_;}   ゙゙丶、;::::::://゙`'ー---''''゙|゙゙'fー-.ソ ./||||||
||||||!i;::::::':..`\..  .\.::::::::`}        .\/.       .| | .ノ ./||||||||
|||||||i'i;:::、;:ヽ;::::\:::,,,,::`ー-´                   ゙i, ゙'´,,/||||||||||
||||||||i.゙i;:_;>ー',,,,,__`ー-ァ´                     ゙i, /||||||||||||
||||||||||!i、\,! ,!  ゙ ̄                        ゙゙'ー,,,_|||||||||
||||||||||||||!i´,,ノ                                ゙''ー,,
||||||||||||||/
|||||||||/
|||||/

191名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 20:59:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────────┐
│ そうとも知らぬ牧野は、届かぬ処分の通知をひたすら待っていた。             .....│
│ 5月になってようやく届いたのは、処分の通知ではなく義父山本開蔵の手紙であった。   .│
└──────────────────────────────────────┘

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\            お義父さんからの手紙……
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____       きっと俺が妻にあてて書いた手紙から
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /      俺が辞めたいという話を読んだんだろうな……
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

192名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:00:00 ID:Gjl6NKUI0

                     ___
                  .,、‐'゙´    .゙.,⌒゙''‐、,
                ,/      ,..., ゙i   .゙ヽ,     「───君が友鶴事件に責任を感じて
               /      /,.、-、i,,、ニ;ヽ,  i,
              ./      ノ /゙   ´゙'i`i゙i, .!  i,    海軍を辞めようとしている事は娘への手紙で知った。
  .,、r''"´⌒゙゙'';';、,   ./   、,___ノ゙∠,  o  .ッ'.ノ ゙i, |  i
 ./       i:i ヽ, /  .,、-i /ッ〒t=;;= -='-',;;;;;;ミ、;、_ |    そこで私は早速玉沢・藤本の二人に面会を申し出て
 i ,、==;、,   ;ノ  ソ  i ./'i :i'ヽ,゙i;ニシ    /i゙!(,j.゙>/ .|
 !/    ヾ,r‐'"  ./   i .i,-| ゙i   ̄    i、ニ=''゙/  レ    事件の経緯を聞いたよ。
、,,i,     i,   .V    ゙i,゙ヽi, i,       /  ./  .i 
  i;     i'i、,  |    ,-'ヽ、i, i,    ,,_ .,,゙   /   .i;     その後に新任の第四部長山本幹之助にも会った。
  ノ===、,.ト、,_;;,.i   /i .i;;;;;i ! i,     .,,   ,/   j, i
'ー'゙     .j  ヾ;'ヽ,/ .ヽ,ヽ/ ヽ;i゙'-、,    /、,  ./ ,、    君が辞意を洩らしていることは彼にも伝えておいた」
 ;.;     .ノ゙ヽ;  ヽ,゙ヽ  ゙‐、'ヽ、゙'  `''‐,/゙ヽ, ゙i, /,-'−
;ジ    ./\ \  ヽ,.ヽ,  .`'-、゙ヽ,   i|;;  i レ゙^ヽ,

193名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:01:00 ID:Gjl6NKUI0

         / ̄ ̄ ̄\           「───藤本少将は査問会で自分が設計を行った時に
       /        \
     /  _ノ  ヽ、_   \.        誰がその下で手助けしたか問われて君の名前を出したようだ。
     |  o゚⌒   ⌒゚o   |
     \::::  __´___  :::: /        しかし、計算その他で自分の下働きに使った程度で
        /  ` ⌒´    \
       |             )        責任はあくまで自分ひとりが負うべきだと述べたそうだ。
.     |  | .    . /  /
       |   |       /  / |         既に第四部長と自分が左遷されたことで大方の処分は
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |         終ったのだから、今更問題は出さないほうがいいとも言われたよ」
     (___ノ-'-('___)_ノ

194名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:02:00 ID:Gjl6NKUI0

        ,. -ー冖'⌒'ー-、             「────しかし、それに比べて玉沢前四部長はいささか見苦しかった。
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ         確かに造船官の主席として自分が責任を負うのは当然だが、
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/  総ての人間をかばうわけには行かない、
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐' u リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /   君にも関係者として処分があるかもしれないから、
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\   既に自分や藤本少将が処分を受けた以上、君もいっそ
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃      重い処分を受けたほうが心がすっきりするんじゃないかと
!     l   |::::::|  ` ̄ ̄´    |::::::|/
    ノ\ |::::::|            |::::::|        言っていたよ」

195名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:03:00 ID:Gjl6NKUI0

              __
            ,,.-´    ``ヽ          「────山本第四部長は、君が留学を全うするのが
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ       何よりも一番だと話していた。
         |      ( ⌒) ( ⌒)
       /.|        (__人__)./\      そうそう、その際にたまたま第四部に顔を出していた
      /  ..\         /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   . \   やる夫君に会ったよ。
    \    l |  ∧   .∧   |   /
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶    彼は、もしロンドンで会ったらゆっくり話そうといっていたよ」
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ

196名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:04:00 ID:Gjl6NKUI0

        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |           お義父さん……
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \        もう66歳にもなっているのに俺のために走り回ってくれるなんて……
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|        それに部長に俺の辞意を伝えてくれるなんて、
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ        俺の意思を汲んで同感してくれてるんだ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、        何てすばらしい義父なんだ……
         \      |.i
           |    .   | |

197名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:05:01 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────┐
│ やがて上司二人に対する4月21日付懲罰の公報が届く。  ...│
│ それに遅れて義父からの第二信が4月23日付で届いた。 ......│
└──────────────────────────┘

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         「────くれぐれも軽挙を慎むように。
       |                    |
       |                    |         あの軍神である乃木大将ですら、かつて西南戦争で
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//    賊軍に軍旗を奪われて長らく煩悶していた。
     /    自重しろよ     /  /   /
     /              /  /   /     しかしある日豁然として悟って後年大成することになる。
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /      この点を充分に踏まえて、勉学に余念が無いよう祈っている」
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /

198名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:06:00 ID:Gjl6NKUI0

┌────────────────────────────────────┐
│ それから間もなく、今度が藤本から手紙が届いた。                     .│
│ 牧野は藤本に幾度となく手紙を書いていたが、今まで返事が届くことはなかった。 . ...│
│ それがようやく返書を書いてくれたのだ。                          ...│
└────────────────────────────────────┘

           〟――- 、         「────あの水雷艇につきては、始めから重心の高い事は
          /       \
         /       _,ノ  ーヽ       承知の上にて進み居り候も、(中略)まず危険なる様な事は
         !       (●) (●)
         !.           '   }      夢想だにせざりし次第なりしが、非常時に絡まる猛訓練の結果、
        !         ─_- ノ
::::::::::::::::::::::::xヘ.ヽ.       /       遂にご承知の様な事となり、本部長、四部長と小生の三名が
::::::::::::::::::/、  \ `'ー─‐,, '
::::::::::::/ /\   \ `Yh\        罰を受けることと相成り、一先づ落着仕り、其の後は無暗に怖くなり、
.  / /     \   \ハ辷」
∠ィ⌒ヽ.       \  /万]>、      あらゆる艦に多少の改造を加へG(重心)を下降させ居る次第に候。
′     \       ∨ゞミ|,ハ}
...:::::::::::ト、   ヽ       ノ |/V       小生はかくの如き始末にて四月より兼技研出仕となり、専ら
  . ::::::い   |      {. |/{
   :::::ヽ.  | ト、    } |/ハ       技研に出勤し、折悪しく腎臓病等にかゝりし為め、閑職にて
.   '   :::::\ | 川     {  |く〈
      ::::|.Y ノノ     i  | | \      出勤しながら養生中にて候」
   ,   :|ノY´     j  | |  )

199名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:07:00 ID:Gjl6NKUI0

              / ̄ ̄\            「同艦には貴兄の関係せられし事も報告しあれども、
            / ノ  ヽ、.\ 
            |  (○)(○) |           今回の如き事は左程広く手を広げるものにあらねば、
            / ̄ ̄ ̄ 丶人__).u |
        /        \ ._|_____      貴兄には失礼とは承知しながらも、小生の手伝いとして
      , --'、             /         `〉
      / ⌒ )        /         /     仕事をしていただいた事として、何ら問題の及ばざる事と致し候。
      ,′  ノ          /           /
      l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ    御不満もあるべきも、一般の考も其の通りにつき、我慢されて
     ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
        `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ    悪しからず思召され度候────」

┌──────────────────────────────────┐
│ 後段の、牧野に責はないと労わる藤本の心がとりわけ彼の胸を締め付けた。  │
└──────────────────────────────────┘

200名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:08:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 悩みながらも彼は学業をこなし、6月末には卒業試験を終えて残るは9月前半の夏季実習のみとなった。   │
│ その頃にはすでにやる夫はイギリスへ向う客船アキタニア号に乗船しており、                 ....│
│ 7月4日にロンドンに到着、前回の訪英時と同じ「アン女王の館」に投宿した。                   .│
└─────────────────────────────────────────────┘

.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ − ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''


:;:;:;;:;:;
;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;:
       ;:;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;:;
             ;:;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;
                ;:;:;:;;:;:;:;;:;:;
               __,,,lヨ lヨ lヨ lヨ ェェ,,_
            iニニ二二三三三三二二了
⌒~~゙゙゙゙゙゙ '`'`⌒^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙~~⌒゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙
^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙        ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙   
  `'''゙゙゙゙゙゙゙゙   ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``  `'''゙゙゙゙゙゙゙゙        ^`'''``'''゙゙゙`'''゙゙゙゙゙゙゙゙

201名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:09:00 ID:Gjl6NKUI0

┌────────────────────────────┐
│ 牧野は取るもののとりあえずパリからロンドンに駆けつけた。   │
└────────────────────────────┘

    __
   /ノ ヽ\         せ、先生、このたびは名誉ある研究発表を行われることになり
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |       誠におめでとうございます……
. |        |
  |        |       今回は特命により先生に随行するよう言われております
.  ヽ      ノ
   ヽ     /        旅行中何か不具合がありましたら、
   /    ヽ
   |     |        どうか私にお申し付けください……
    |    .   |



       ____
     /⌒  ⌒\         久しぶりだお、牧野君!!
   /        \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      君ももうすぐ造船大学校を卒業だろう?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /       忙しいのにご苦労さんだお!!

202名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:10:01 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────┐
│ やる夫は牧野に対して、全く進退問題に触れてくることはなかった。   .│
│ 牧野はやる夫の出方をとりあえず見ることとした。           ......│
└──────────────────────────────┘

      / ̄ ̄\           在英造船監督官の飯河晶造船少佐が先生のスケジュールを
     /   _ノ  \       
     |    ( ●)(●)         調整してくれました
  .   | u   (__人__)      
     |     ` ⌒´ノ         国際水槽会議は7月10日から4日間、その後9月末に
  .   |         }      
  .   ヽ        }         客船クイーン・メリーの進水式を見学するまでの約2ヵ月半は
      ヽ     ノ       
     /     / ̄ ̄/´ ̄/    各国の視察兼観光に当てることとなりました
     |      /    /  ⊂)  
     |       ̄ ̄`´ ̄      私はフランスと北欧でそれぞれ約一週間お供いたします



        ___             そうかお、クイーン・メリーの進水は加藤参議官から特に
      /      \     
   /          \          我が国の巨大艦進水の参考にするために詳細に観察するよう
  /   ⌒   ⌒   \  
  |  /// (__人__) ///   |        言われているんだお
. (⌒)              (⌒) 
./ i\            /i ヽ      だからとても楽しみなんだお

203名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:11:00 ID:Gjl6NKUI0

   / ̄ ̄\
 /       \            (……北欧旅行は俺が懇願して突っ込んだ
 |          |
. |         |            予定になかった慰安旅行だ
  |          |
.  |         }            何とかこの機会で平賀先生に尽くして
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_          少しでも贖罪の代わりにしたいんだ……)
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i

┌────────────────────────────────┐
│ 師匠に奉仕しようという牧野の努力はあまりにも涙ぐましいとも言えた。  ...│
└────────────────────────────────┘

204名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:12:01 ID:Gjl6NKUI0

          /   /l
        /   /   l                    ……この時ロンドンにいた日本人は
        /   /    l
     /   /     l                   やる夫だけではなかったわ
     /   / , -―-ヽ
      l   /   ィ==、x ヽ                 ロンドンでは次回軍縮会議の予備会商が既に始まり、
      |   ム  `f:!  \Y         |
     l  :|l} 〉   l|    |         | |:.:.       日本は駐英大使松平恒雄を出席させて
    ..l  :l/    ゞ-‐ '  |         ,'  !:.:.
      l :ノ        |     /  |:.:.:.      準備事項の交渉に当たっていたの
       l:丶、         |     /.::   l:.:.:.
        l: ::〈、 _     |   〃 /.:.:   l:.:.:.:.:.     ロンドン海軍軍縮条約の改正を目的とした次回軍縮会議だけど
        l: : \ー`    |  /l.:/l.:.:   ヽ:.:.:.:.
         l: : : |:\   /:  //' |.:.       \     日本海軍の大勢は「艦隊派」に引きずられて条約廃棄を
          l: :/|:/}: `T.:/: /   /       .:.}
          |:///: : ::|/イ/    /  /  .:.:.:.:./丶   目指す方向に突き進んでいたの

205名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:13:00 ID:Gjl6NKUI0

: : : ノ /l/     l    l      \/ ハ ゝ : : :
 ̄  / /     |  |     |\     V !   ̄
    l l   ∧  |\   |  \    | l        軍縮は国家財政の助けになるのに、
    | |   |ー\.l―\ l ー―\l  | |
    ♀ ゝ.  l/ハ心ト  ヽ{ イ心ハy|  / ♀        軍備を持ちたがる人はあまりにも多かったんだね
   り  l\ {℃ぅソ     ヒt℃。}/l り
       \l ゚     l       ゚l/          それに条約を守ろうという人たちはもう追い出されて、
        ゝ          イ
       / \  ⌒ ⌒  / \           誰も止める人がいない状態だしね……
       /     l>   <l    \

206名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:14:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ この頃日本では、斉藤実内閣が当時起こった収賄事件の余波で倒れ、海軍大将岡田啓介が   ....│
│ 首相に就任した。                                                  │
│ 岡田は組閣に当たって海軍大臣に大角岑生の留任を求めた。                      .│
│ ロンドン条約の締結に奔走した岡田であったが、強硬派の走狗である大角を排除できないほど  ....│
│ 彼らの影響力は大きくなっていたのである。                                 ...│
└──────────────────────────────────────────┘

         __,,,...............,,__、
     .,,::'゙;'''""''゙''''゙゙""''ニ=;;;;..`.、
     lッ'゙           ゙;;;;;;::.,,、
    /´_,,,..      ..,,,_    ゙{;;;;;;;i
    f''"゙  、  . '   ゙゙゙"`   'i;;;f ヽ        大角さん、引き続き海相をお願いします
    l ;-。= .}     =。-、    |:;l .;:!
    }  ̄ ;       ̄     1{ bl
    !、  .,〟.,,,,、      ノ  、ソ
    'i   ' `゛  `        i;;;
    ヽ _,.=ニニニ=__,、     ' l;;'
     i   `¬―'´     ノ  |
      'i,        ,/   |
       )`ー---― '"

岡田 啓介(1868年2月14日 - 1952年10月17日)最終階級:海軍大将。第31代内閣総理大臣。
明治22年海兵15期卒(財部彪は同期)。日清戦争、日露戦争に従軍する。
海軍次官、連合艦隊司令長官、海軍大臣を歴任。海相時代にロンドン海軍軍縮会議の
締結に奔走する。

207名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:15:00 ID:Gjl6NKUI0

     )\∧/ヽ(_/(_∧/(_∧/(_
  )\/                  (_
  \    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      /             留任してもいいけど、
    ) /             \    フ
  )~ /                  ヽ  (              現行条約を廃棄する条件でないと
  ゝ l:::::::::.     \,, ,,/       |  /
 <  .|::::::::::   (●)     (●)   |   > ズゴゴゴ       僕は海軍をまとめられないよ!?
   ) |:::::::::::::::::   \___/     | (
  /   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ  フ

┌─────────────────────────────────────┐
│ 大角が持ち出した留任のための条件を岡田首相は明確に拒絶することはなかった。   │
│ こうして大角は海相として背後にいる強硬派の画策を通すために動き始めた。    ......│
└─────────────────────────────────────┘

208名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:16:00 ID:Gjl6NKUI0

     ____
    /__.))ノヽ             まあ、ホンマに海軍を育てとるんは
    |. l _  . _ i|    
   (^'/´・>〈・` |)             大角やのうてワシなんやけどな……
   .しi  (_)  ソ   
     | `ニニ' /              岡田首相を丸め込んで軍令部案の「列国共通の兵力最大限度案」を
    ノ `ー― ヽ  
 _, ‐'´  \  / `ー、_          次回軍縮会議で提案する
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl        それに先駆けて現行条約を廃棄したうえで軍令部案で交渉を行う
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
 ヽ、   ー / ー  〉         通ればよし、通らなんだらそのまま無条約時代へ突入や!!
  |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ

209名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:17:00 ID:Gjl6NKUI0

          , -‐…- 、
         /: : :/: : : : : :\         ……この軍令部案の「列国共通の兵力最大限度案」とは
        / : : : /ヘ: : : : : : : :l        
          l : : : /  ∠y : : : : |         兵力の最大限度を各国共通にするだけで、あとは
          |: : :斗 ヘ:ノ l : : : :|       
         l : :ム:j    l : : /: :!         自由に任せるという案よ
        l : :ト、 、-  !: :/: : 廴_,      
        ヽ: |: :> 、ノ|:/ ⌒\:\      つまり各国の軍備を平等化すると言う趣旨の提案だけれど、
         ヾ ノ: :/:/      >: :l     
         `{: : {: / -、  /゙\|      逆に言えば日本の事実上の軍拡を明記するものなのよ
              ゝ/ト`  }xヘ.   \    
          rワ┐      ̄ \   \   こんな馬鹿げた案が通るはずもなく、始めから条約廃棄のための
          ひ┘        l Y´  }  
           ヾ\       l |   /   アリバイ作りにしか過ぎなかったのよ

210名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:18:00 ID:Gjl6NKUI0

ノ{: :/ l: :/: : : l: :/ハ: :l: : : : | \: : : : : : : : : : : |: :/: ハ l: : : :
  V  V: : : :/V_`ヽ∨: : : : | ー-\: : : l: : : : : :|: : : ハ:l ` ー
    ∧: : : 'Yィfハ`ヾ\ : : |ヶ=ミz._\: !: : : : : |: : :/ |         日本海軍はどんどん世界から
    ○ ヽ: :|{l:ヒl::}    \l ィfハ `Yー |: : : ://-、/ |
   /l   トt弋:ツ      l::ヒl:::}  }}ニ; : : //⌒/  ○         孤立する道を選んでいくんだね……
   |/   ヽ|    ノ     弋:ツ  ノ /: :/イ /  /l
          .             //ー' /   |/          話し合いもろくにしないうちに
        ヽ   ,、__         /{ ̄
       , -―ト、  ニ ┘     /  ヽ. _               こちらから交渉を潰そうなんて
     /    |  \   _  イ       `フ¬マへ、
    /     l l  |  ̄ `ヽ           / /    \       野蛮だよ……
    /  l   vハ.  | 丶           / / /    ヽ

211名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:19:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 岡田内閣が成立して二日後の昭和9年(1934年)7月10日、ロンドンでは第二回国際水槽会議が ......│
│ イギリス造船学会の主催で開幕した。                                    .....│
└──────────────────────────────────────────┘

  | ;,,;,|
  | .:.|
  | .:.|
  | .:.|
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ _____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\` 、
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|___l
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ________
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ :
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─-
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ..:
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ :
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─-
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄ ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'

212名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:20:00 ID:Gjl6NKUI0

       _,、---、、、,,,,_
     ,-''"  -三ミ、ヽ、`ヽ、          それでは、第二回国際水槽会議を
   /〃        ヽ,> \
  / イ/  ,,  ,,ニ-─-v-ニ、ヽヽ.        ただいまから開催いたします
  // ,彳  l| ,/        `い゙!
  | l l リ , l.|´          | N       会期は四日間、本日はまず船型水槽試験の
  |l   ノ! l l....,,,_        ゙| l|
  |l   / リ.|  -ェテュ=、' ,rtチミ`}ノ|       開拓者であるウィリアム・フロード※を偲んで
  |l   ,l 1 |    "´  ゙!`´ f゙1|
  |レ |. l ,ハ|ヽ       !  | , l|       本日出席された各国の水槽試験所の代表に
  |i゙ i1 l| | l|      ー:::ァ'  ,! | l|
  |l リ |l|l  lト、    ∠ニニニ;、/ l l|       彼の肖像画を贈呈します
  ゙!l     ヾ,\    `二´ /  ,リ
  `ー-、,、__、_ゞ, \     / ,ィ ソ       その後に論文発表を行った後、会場を離れて
    ,〃''ー-ニミ-、,`''ー--''{ノ チ''゙
    //     ``>ミ''''T'ソi          テムズ河畔のドッグ見学を行います
ー'''" ̄``''ー、,,_ '-'⌒い |.| イ、
       `''-、`ー-ノ,イ | !  {`''-、,,_

ストーンハーヴェン卿:イギリス造船学会会長。

※ウィリアム・フロード(William Froud):1868年に試験水槽において模型船を用いて船舶の抵抗を
 算定する方法を発表する。以後各国は彼の理論を用いて模型船や実船の摩擦抵抗を計測した。

213名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:26:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ その日の夜には、一同揃って旧宮殿ランカスター・ハウスでの政府主宰パーティーに招かれ、   .│
│ 海軍大臣モンセル卿夫妻をホスト・ホステスとして談笑の輪を広げた。               ......│
└─────────────────────────────────────────┘


゜。,'゜゜。;゚゚'。,'゜ヽ。★,゜'、☆。'★゚';。,,、                         |    !/---lX   |
                     ;。   ▲∧        ∞    ∞.     |   // ノリハリ).. |
                ∧∧  *   (゚Д゚;∩      /^ /ノメリノXヽ.     |  ノ,,,リ ^ヮ^)ハ . |
      _,,_        (゚∀゚*)     (|  ,ノ       | ,ルリ ‘−‘)リ    ∧_∧;;)~ヽ‐/つ) |:::
      (__)       (l 。'ヽ゜。,   |  |〜    ▲ リ" (つ ∞ つ    ( ^^   )RURUKA...| :
     <( ゚−゚)       ⊂,゚と )〜:。、。し`J    (・v・)★ (   ⌒)    し し )      |::
__   |⊃☆       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l'    く く く ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;;;
     ←|  |        ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄     (_(_) ..........::::::;;;;;;;;;;;;;__
      ∪∪(*・∀・)    □                     □           /⌒ヽ  ∧__,,∧
   ∧∧               ∧ ∧   ∩_∩ @                  / ´_ゝ`) (´・ω・`)
   ( ^Д)       。,、     (,゚Д゚ )   (,,・Д・,,) ll        _/ヽ_       |    /   (つ旦と)
   /  |   l___,;_゚/ ゜◎。,*゜と,゚⊂ヽノ ⊂    つ        ヽ   ノ      と__)__)  と_)_)
〜OUUつ  |___|     ;、 。(_(___つ   (⌒)⌒)        /   \ ∧_∧
,,...,,、...,,...,,、...,,..,,、...,,...,,、...,,...,,、...,,..★。...,,...,,、...,,.....,,、...,,.....,,         ̄~,l l~ ̄(´Д`* )  _____ _

214名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:27:00 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────┐
│ 二日目には6名が論文発表を行い、やる夫もその内に含まれていた。   .│
└───────────────────────────────┘

        ,, -──- 、._
       /  ノ  ヽ、   \
     /o゚((●)) ((●))゚o \   (こんな晴れ舞台に立つなんて、
     |   (__人__)      |
      \   ` ⌒´  u  /    ドキドキしてたまらないお……)
       ヽ、       /
        / `ー――‐''|ー-┐__
     //::[ ̄l丁 ̄/ /:: :: :: !:::: ::` ー 、 _             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  
    /:::/::::/  ̄ ``′/:: :: :: ::!:: :: :: :: :: :::: `丶         それでは続いて、 退役造船中将平賀やる夫教授の  >
    ./::::/:::/      /:: :: ::_ ∠:: :: :: :::: : :: :: /|                                          │
    l::::/:::/ .l .,! .|  /:: :: ::,イ∠ !:: :: :: ::: :: /:: :: |         摩擦抵抗の実験式に関する論文発表です  .      |  
   /::/:::/ | ! .|  /:: ._, -X_.入:: :: :: : :/:: :: :: ::|         ______________________/
   !/:::/  ! .| ! メ∠匸 !l/.ヽ.イ .入_:: : ,':: :: :: ::. :|
  レ':::l  l l l"/:: |.ヾ" へ〉 /ハ∨:: :/:: :: :: :: :: |

215名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:28:00 ID:Gjl6NKUI0

      ,ィ'"-'"ク     <-^ー:、         ……やる夫君の発表に先立って少し彼のことを紹介しよう
     ./ /,、-,ニ=‐''"  , ,イ  ヽ
     / "_,,、、-─=''-''"''" ゙!゙l   ヽ       私はかつてグリニッジの海軍大学校で応用力学を教えていたが、
     !  i゙           ゙ `i ヾ゙!
     レ"リ               | レリ|       日本から入学した中でもアドミラルやる夫は真に傑出した生徒だった
     l'"ノ -''"`''=-、_ i_,,、、="^''-`i ゙,リ
     ハ|.   ゙̄' ̄ン  < ゙̄' ̄  |「ヽ       教師の仕事は庭師に似ている、つまり庭師が種を蒔くように
     ( 〉l!      : !      ト |
     ヽ`゙i     ;_、 i,,;、    ,イ' ノ       生徒たちの知性ははぐぐまれて目を出していく
      ヽ';    ∠lll!!!!lllヽ   ;_/
       |:    -<三三>-    j!         しかし、それが大樹に育つことは稀である
       | |i、  ,、`ー─'",、_,ィソ|
     r=マ ヽ:ミ、/ L____,ハノ;;;/ 「`:、       アドミラルやる夫の論文を拝見すると、彼こそが
      〕ー`ー-\i i,,;:::::::::::::::;;/ニ"~::イ
     ,」   ̄>三`'r:r:テ=''ニ´、   |       グリニッジから育った大樹といわざるを得ない
_,,、、、-( ヽ、   '-'  ) ゙! | |' f⌒ー'  _,「゙)、,_
___,,、、-''ヽ `ー-、、_ノ ノ! | ト、゙'-、、-‐'"_-゙^ ー¨`ニー-
       `ヽ ー‐''",ノ人ゞ`ーァ ,ィ'"
        ゙ヽヽ ,:'/i⌒i゙、゙、/ /

ジェームス・ヘンダーソン(Sir James Henderson):やる夫の海軍大学校造船科留学時の恩師。

┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫の発表に先駆けて、恩師であるヘンダーソン博士がやる夫の紹介をしてくれたが、  │
│ それは面映いほどの賛辞であった。                                   │
└───────────────────────────────────────┘

216名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:29:07 ID:Gjl6NKUI0

         ____
       /      \              それでは論文を発表させていただきますお
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \           論文は摩擦抵抗の実験式を演繹した「第一論文」と
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /     実験式の精度を実船で検証した「第二論文」に別れていますお
    (⌒\     /     /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)      本日は時間の都合で主に第二論文について述べさせていただきますお
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

┌─────────────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫は論文の発表を行った。                                    │
│ 実はやる夫の論文には、特に「第一論文」の実験式には理論的な不備がないでもなかった。   .│
└─────────────────────────────────────────┘

217名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:30:03 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────┐
│ しかし、実船を使用して大規模な実験を行って得られた結果の「第二論文」では  .│
│ その貴重な測定結果を含めて大きな衝動を聴衆に与えた。             ....│
│ 報告を終ったやる夫は、波のように起こる拍手に包まれたのである。         │
└───────────────────────────────────┘

                   |
\                 |            /         /
  \               |          /        /
   \                             /
      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、  /              _,r'´
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)               _,r'´
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、         _,r'´
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ   _,r'´
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l                     _
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ    ___,.--―――' ''''"""
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   _
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ̄ ̄――- _
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                ̄ ̄――- _
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

218名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:31:00 ID:Gjl6NKUI0

         /,r''"        、ヽ、ミ、l i, ヾ ノ ヽ
       /, '"     ィr'⌒`''ー- 、ヾL}リノツツハ
       //    //        '('゙( ̄`Y }     ……ハンブルク水槽のドクター・ケンプと申します
      //  ,、-''゙ ノ!          `   |ミ|
      / /    / ノ  ,,..             ト;|     やる夫教授、あなたの提出した論文を
      ∨ ,r‐ 、 ,ニ-ァ'          ..::   |'リ
      レ! ⌒ゝヽ7   ,、-ニ三゙'=:、     _,z=、「     読ませていただきましたが、その内容に
      {/| l′〈 l彡   <´-tェァッ `'ヽ  ,f,,ニ,ン/
      ヾ'、ヽ、「 ''´ ,!   `-,` ̄'" '"  ゙ト¨´.::|      若干の疑問がありますな
      ,リ^\_;   '、         .: |   ,'
       レリ´ |    ':,      ,.ィ  ,: |  ./       特に「第一論文」の中で導かれた実験式で
      ,ィj^`′l,      ,.    ` -ニン′/
     /〈 ゙、  い,    ` `''-=─---r' ゙ /        水流の流速を補正するために代入した数値が
    /   ゙、 \ ゙、\  .;   ー-`二´ /
   /    ゙、  ヽ、\ `ヽ、'、     ̄ /′         幾分おかしく見受けられます
        \  `ヽ、  ヾ、     _;'
         \   `''ー- 、 ̄ ̄「ヾ'ー- 、_        この数値に対する根拠をお聞かせ願いたい
          l\      `>'‐-、ヽ   `''ー- 、_

219名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:31:30 ID:Gjl6NKUI0

          , 、、  ,,                   丿⌒ヽ、
        , '  ____ " 、、               /⌒     ヽ
         , '   /⌒三 ⌒\  ',          (  そ  そ   )
       ;  /( @)三(@)\  ;          ) れ    `  (
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  _     /  は     丿
        |  u   |r┬-|  u  | ;   ヽ 、_ノ    そ    /
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;    ヽ、_ノヽ.. の   ノ
    _   /    (___   | ',          ) :  (
  ,、'  /              |  ;         (     /
 、 ( ̄                |  ;         ヽ、_ノ
     ̄ ̄ ̄|               | ;

220名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:32:00 ID:Gjl6NKUI0

      ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
     /ニレー-、        \            ……ケンプ教授、いささか意地の悪いご質問ですな
    ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ
.   レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!          やる夫教授の業績は賞賛に値するものであり、
   ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|
   l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY           私に言わせれば、かくの如き重要な論文を提供された
   }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ
   | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ           本会議はこれを名誉とすべきほどですぞ
   ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′
    `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/            さて、ケンプ教授の疑問には私から答えましょう
    .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′
.     (〈゙:、::  ー==--   ノ<              私もやる夫教授の論文を読み、私なりにこれを解釈して
   ./ い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ
 ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _        理解しているつもりです
´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-
`:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_      その上で述べるなら────
ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、

┌────────────────────────────────────────────┐
│ さすがに実験式の理論的不備についてはその道の権威から意地の悪い質問を浴びることになった。 ......│
│ ところが、やる夫の旧友で当時造船本部次長の職にあったグッドオールが割って入り、          ...│
│ 後日のやる夫の報告で言うところの「援助的説明」を「第一論文」に加えたのだ。              ...│
└────────────────────────────────────────────┘

221名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:33:00 ID:Gjl6NKUI0

           ___
            /\:::::::::/\.                (さ、さすがは同期で最優秀のグッドオールだお、
          /:::<◎>:::<◎>:::\
        /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\             やる夫の論文を完全に理解したうえで
        |     ` ー'´  u   |
        \  u   :::::     /             その補足をするなんて……
        /    :::::::::::::::::::    \
      /                 \  〈〈〈 ヽ     しかし、ヘンダーソン博士といい、グッドオール君といい、
                        (〈⊃  } }
                                  ここまでやる夫を応援してくれるなんてありがたいお!!)

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 旧師、旧友挙げての応援はいささか「提灯持ち」のきらいはあったが、やる夫の胸に熱いものを    │
│ こみ上げさせた。                                                ......│
└──────────────────────────────────────────┘

222名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:34:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 論文発表が終ってから、参会者一同は船でテムズ川を遡り、グリニッジ海軍大学校の構内を見学した。 .....│
│ やる夫の眼に映るたたずまいは留学時と殆ど変わりなく、想い出は尽きる事がなかった。          ...│
└─────────────────────────────────────────────┘

  iニ::iニl                             † __ _ .iニiニl _____†
  |_;;:| _|_______________________∧† |:;:;::;:;:|_;|_;|;:;:; :;:;:;:::;†:∧
  |_;;,/ __;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;:;:__;;;:;;/;; ∧i;:;:|;:;;. 'i.†.i' :::::|:;:;:;:∧  'i,
  |;,/ ∧ヽ:;:;:∧ヽ:;:::∧ヽ;:::;::;∧ヽ;::;:∧ヽ;:;::;∧ヽ;::;::∧ヽ/_ /iロi'i,∧ :;':i鬻i'; :∧;:;/iロi'i,__ 'i、
 /,/;:;:;|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|:;::;,|ロi,,|;:;:;:,,|ロi,,|;:;:;,|ロ i,,|;:;:;;,|ロi,,|;:;:;:|ロi,,|:|/   'i, 'i,='='/ ;/   'i"`i
 i`ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ;;i:|''" ̄``|"'| _ |""|''" ̄``|;;:.|
 i,,;| | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|;:;l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |";;::.   |;;:.|
 i,,;| |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|;:;l,|";'ロ';'ロ'| ::|  ̄ |  |::::∩∩|;;:.|
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl,|";;::.   iコ:| _ |lコ:|;::::! !:! ||;;:.|;:;,.,.,,ー、;:;,.,
 i,,;|      ,ー、       ,ー、       .,ー、     .:.:l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |;::::!_!:!_||;::.|,:';:;'':'`::';::;:;.
 i,,;| | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|::;l,|";'ロ';'ロ'| ::|    |  |;;::.''" `:|;;:.|,:''':;:;;:;`::';;::;
 i,,;| |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|..:l,|";;::.   |,,_|    |  |";;::.   |;;:.|:;:: i!',: ''i!,::_____
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl;|";;::.   |(ニニニ(ニニ;;(ニニニニニ(ニ二)__( ̄____
=;i,,;|_   __   __   __   __    l;|";;::.   | , '⌒` , .:.:.|";;::.   |;;::::...::|, |/  :::;:;|
 | |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,  i:|`::.:- :'|, ;:;;;;'  'i;  :|";;::.   |;;:::...  /    :::;:;|
 |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |___,|`::.:- :'|;:;;;;'    i, ;:;|`::.:- :'|;;::..../
_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;` - :'_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;`   - ';:;/

223名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:35:00 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────┐
│ その日の夜はイギリス造船学会主催の晩餐会がグローヴナー・ハウス・ホテルで開かれ、  │
│ 参会者約120名の盛会となった。                                    │
└───────────────────────────────────────┘

               _,..、−ァ- 、,..- 、_
             ,/    ⌒ヽ、'ヽ、 \          アドミラルやる夫は我がグリニッジ海軍大学校
           /イ      ≧  ゙、 \\
          /  {       彡三;;_拜三ミ \       の出身である
          /〃ソ   ゙i  /^´   ゛¨^⌒`'i,ミi、
         i'イノ}N   レ'´           l.j ゙i,     したがって、氏の論文はまずイギリス工業教育界の
         |lレ      |::::            |i |
         |    从ル|…ー-〟、,__     _,,_ {i j|     誇るべき成果として記念さるべきであろう
         |    ノ  リ|:::::::弋'ラミセ"ぐ rぞテ、.ソノi|
         |  iイU| |リ:::..   ̄ ¨    {; ̄  | ゙i,|     しかも、氏はその貴重な論文を母国より先に
         |L { Nリイv|`、::       l   ,i  | 
         |f _レ  リ ||:::`::      、_:: :冫  ,i l |     このイギリスで公表された
         |  llM乂 |ト;:::::::   ,r'_''_'_'_ヽ ,i' l | 
         !、 リ    l、ヽ;:::   -―…''ー /  ゙i リ     イギリス造船学会にとってこれ以上の
         ヽ      ヽ;::\   `"""  /   i' 
          `''‐-、- 、_,,、ゝ:::\     / ,ィ ノ      名誉はない
             //   `''ー- 、;_`'ー---〈ッ゙ レ’
             //      ,.‐ー~、`T'〔ソ!
    _,.,.-ー '' "~`''ー- 、,    し⌒) } | |f イ
 ‐' ´             `セ二二´ノノ| |  トゝ- 、_

224名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:36:00 ID:Gjl6NKUI0

          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\            会長、光栄ですお!!
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
    |      `-=ニ=-      |
    \      `ー'´     / +

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 宴に先立って会長ストーンハーヴェン卿の挨拶があったが、お世辞抜きでやる夫を送り出した日本と、    .│
│ やる夫の提出した論文に対する賛辞が並べられた。                                ...│
│ 会場は論文発表時を上回る拍手で包まれ、やる夫は少年のように上気してその拍手に答えた。        │
└─────────────────────────────────────────────┘

225名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:37:00 ID:Gjl6NKUI0

  \  /
    X                     ┌──────────────────────────────┐
  / ∩                    │ 三日目は日本からもうひとり参加した通信省技師山県昌夫を含む    │
/ ( ⊂)     ____          │                                          ......│
   | |.    /⌒  ⌒\        ..│ 五名の論文発表の後国立理化学研究所を見学、             .│
   トニィ'  /( ●) (● ) \        │                                          ......│
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \       │ 夜はドチェスター・ホテルで大舞踏会。                  ......│
   \  |     |r┬-|      |    .......│                                          ......│
    \\_  `ー'´    _/       .│ 最終日の7月13日は船を仕立ててサウザンプトン港周辺を見学、   ..│
       ン ゝ ''''''/>ー、_        ...│                                          ......│
      / イ( /  /   \     ......│ ロンドンに帰着して随意解散で第二回国際水槽会議は終了した。    .│
      /  | Y  |  / 入  \     │                                          ......│
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     │ こうして国境を越えた学問の饗宴をやる夫は享受したのである。     │
       j  | :   | / ィ    |  |    .└──────────────────────────────┘
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ

226名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:38:00 ID:Gjl6NKUI0

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         
       |                    |
       |                    |         「────要スルニ、本会議ハタダニ各国造船学界ノ
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//    親交ヲ深メタルノミナラズ、国際的親善ニ
     /  楽しかったです   /  /   /
     /              /  /   /     益スルトコロ大ナルモノアリタルヲ認ム」
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /   
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /

┌────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は報告書の最後をこのように結んだ。                             ....│
│ そして確かに国際的親善の実もあがった。                                │
│ しかし、時代は既に取り返しのつかぬ局面へ進み、かつて親善を分かち合った人々の間に ......│
│ 国家的反目を強いる方向へと流れていたのである。                         ...│
└────────────────────────────────────────┘

227名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:39:04 ID:Gjl6NKUI0

-‐  ´            /   ノノ\: : : : : : : : : : :
              // , ィf〒テ ハ : : : : : : : : :      やる夫が旧交を温めていた頃、日本では
            /  //弋ヒン/ l : : : : : : : : |
         .   ´  、./   ー一'   l: : : : : : : : :|     現行軍縮条約を全面否定する強硬派が
        イ≧:x._   ´            l: : : : : : : : :l
   .  ´: : | 弋rソ`             |: : : : : : : :/:     早急な画策を開始したの
ィ:´: : : : : :|¬'´              |: : : : :/: / :
 l: : : : : : : |\     }〉          | : : : /!:/ : :     彼らは強引に国内を条約破棄へまとめようとしたのね
 ヽ: : : : |: :l: : :\     _, -‐¬    /|: : : /:j/: : :
   \ : l: :l: : : : :ゝ     `二´   / /: : :/l : : : : :
     V\: : : : : : :|> 、     /  /: : ://: : : : : :



    /⌒ ー−ァ'´ -     -‐{_:::::::::::人      _      \
 r−/  _rf´ ̄`    -―‐- 、└t=く  ゝ. __,ノヘ、   〉  厂
 ヽ   [:::::!           \ l ハ         |  /|  /
 t┘   }/゙|                 l_  l        レ' l/    条約破棄、それってつまり自分勝手に
  `7 人/ ヽ、 l   卜 \  l  |ハ | 
   レ′ |  、\、  |,二,.__\|  |〈 | /                軍備を行うっていう宣言と同じだよね……
       ヽt  N弌\|ハノl | 亅|  / ノイ
       \ 入リ   ー'  j/ / 〈                 そうやって国際的孤立を深めて、
            `T´ ′      /   ',
          ゝ. - ―   /    ゝ. __ ,、_          当時の指導者達は日本をどうしようとしたんだろうね?
            `> 、__/ \       }}  `l ー}`丶
           /  |ー| -- 、{{     }}-‐ ノーノ    \

228名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:41:00 ID:Gjl6NKUI0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 国際水槽会議の三日目に当たる7月12日、軍令部総長伏見宮博恭王が突然軍令部次長加藤隆義の  │
│ 筆になる意見書を天皇に送った。                                           .│
└────────────────────────────────────────────┘

        _、-''"´ ̄ ̄¨''ー、
      、-'"          `ヽ.            ……というわけで、軍縮に比率主義を残す限り
    /              ゙ヽ
    /                ゙i           海軍は統制できませぬ
    |                  |
   /          ,        |          なにとぞ陛下も次期軍縮会議の前に
   !、 i  ,       i       __ ,!
     〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ           現行軍縮会議を破棄することを 
   〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
    ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ           ご承知願いたく思います
    l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i
    「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
    | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |
     j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、
    !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
   /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
   /  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `
     ' |.| レ'__二フ′ ィ'          |

229名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:42:00 ID:Gjl6NKUI0

          /.:::::::::::::::,:≦三≧ミ、ix≦三≧、::::::::::::::::::l:::|
            h:::::::::::::/´              ',::::::::::::::::l:::|        軍縮関連事項は政府の所轄ですよ!!
            l::::::::::::::{====○(_)○====}:::::::::::::::l:::|
            |::::::::::::::|           ____|:::::::::::::::l:::|        それを政府をさしおいて私に直接
            |::::::::::::::|‐==≧ミ、 ヽ,√,x云ミj::::::::::::::::!::|
            |::::::::::::::l xイ⌒ト      小廴ハ:::::::::::::::l:::|        話を通そうとするとは、
            |::::::::::::::{ {{ 比刋      込少 ノ.::::::::::::::l:::|
            |::::::::::::::ト、 `竺゙        ̄´ ,'::|::::::::::::!:::|        伏見宮は何を考えているのですか!!
             i{::::::::|::::|::ヘ      {     /.:::}::::::::::::}:::|
       , ァ=ミ、::::!:::|::::::ヽ、   r= ,   く.::::/.::::::::::ハ:}        部下の統制のために、海軍は
        //    \ト、|::::::::::::>  `こ´ /|rァ::/.::::::::::,'.::::::'.
      { {       |::::::::::|::::::{_く_}   ー ´f⌒/{/.::::::::::/.::::::::::'.       重大な国際問題を犠牲にするのですか!!
      | |      _|::::::::::l ̄ | }   ,rf// }/.::::::/.:::::::::::::::'.
      | {    / |::::::::::l   | f⌒//´  /.::::::/`ヽ、:::::::::::'.
      ト、ヘ.   /  |::::::::::l   | |//    /.::::::/     \::::::::::. -‐─ ァ‐
      | Vハ./    |::::::::/   jレ'´     /.::::::/      Y´     //
      |  Vハ    |:::::∧ /      /:::::::/       }  -‐ ´ イ
      |  Vハ    |:::/ ∨        /}::::::/      /  -‐ ´ .ノ

230名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:43:00 ID:Gjl6NKUI0

                /               `丶、
                /                  ヽ
              /                         ',         は、いえ、それは……
                l                        l
            |   l|          l             |         出すぎた真似をして誠に
             |   l|        ヾヽヽ  l|〃,     |
           ,⊥、 くL_ , -─‐- 、 ヽ l| l l/〃,__--、  l、        申し訳ありませんでした……
            | lハ  u   ∠  ̄.\ ハV/ _ノ .ヽ、`/ i
             | ,ニ、i     ,ニ  `ニニ彡 >iヽ^ヽ`ニ´-、 lノ|
       , -、/l{ 〈_く   ^ ヽ-- '  r'  | l| `ー '^ レ' |
      ///  \ヽ_ノ \       / ヾ |   |     〉リ
  _, -‐ '///    ハ   i  |    / └- 、l /_\  /l∧_
 ̄   /   | |     l∧_ノl |  / / ̄_, ̄_,ニ、_,、_`V | l  ゙、_ ̄`ー─- .__
-┬…' " ̄| |      | ハ |  |   l/ /{´+ ̄+ ̄+ ) l | l|  ヽ   ̄|「¨ ' ー- 、_ ̄
 l|     //     |ハ |  \/ /  ` ̄ ̄ ̄ ´ |l / |   `、  |l       |l ̄
 l|     //     || ヽ\ /  l   ´ ̄ ̄`   〉 | l      ヽ.ニ!l−‐- .__|l_
 l| = =//      l ヽ  ヽ \  \    /ヘ、_/ l l/|     `、 ̄¨ ' ー- lL._
¨  ̄ ̄//        ∧     \ \  `  ̄l   l| V l|        ヽ
    //       _l l、    \ ヽ_」l_L⊥⊥」/ /|          ヽ
    //  _,..- ' ´   | |`、  ト\ `丶、 _ _/ ,、 / :|  「`丶 、   `、
   // /┌┐l¨| |¨||| \ ト、 `ー┐丶 | / /// ::|  | lヽ、 __`丶、 ゙、

┌─────────────────────────────────────────┐
│ この例え皇族といえども筋違いの意見書の提出に天皇は嘆息し、これを伏見宮に差し戻した。   │
│ 伏見宮は恐れ入ったが、裏で糸を引く強硬派には反省の色はまったくなかった。         .....│
└─────────────────────────────────────────┘

231名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:44:00 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 更に軍令部に歩調を合わせた大角海相は、7月14日開かれた五相(首相・外相・蔵相・陸相・海相)   .│
│ による軍縮対策会議で軍令部案への同意を求めた。                              │
└───────────────────────────────────────────┘

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\          いいかい、次期軍縮会議では必ず
    /   ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   /    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ        軍令部案の「列国共通の兵力最大限度案」を
    l;;;;;;;;;;   ::::::::\;;;;;;;/:::::::    |
    |;;;;;;;;;;   (●) ::::::::: (●)   |       提案するから、みんな同意してね!!
   |;;;;;;;;;;;;;;;;; :::::\___/::::::   | 
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,  \/     ノ

232名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:45:01 ID:Gjl6NKUI0

         __,,,...............,,__、
     .,,::'゙;'''""''゙''''゙゙""''ニ=;;;;..`.、         大角海相……その提案はあまりに
     lッ'゙           ゙;;;;;;::.,,、
    /´_,,,..      ..,,,_    ゙{;;;;;;;i        早急すぎませんか?
    f''"゙  、  . '   ゙゙゙"`   'i;;;f ヽ
    l ;    .}           |:;l .;:!       そのような一方的な提案は、軍縮会議を
    }  ̄ ;       ̄     1{ bl
    !、  .,〟.,,,,、      ノ  、ソ        始めから壊しに行くようなものです
    'i   ' `゛  `        i;;;
    ヽ _,.=ニニニ=__,、     ' l;;'         もう少し案を練っていただきたい
     i   `¬―'´     ノ  |
      'i,        ,/   |
       )`ー---― '"

┌──────────────────────────────────────┐
│ 当然ながら他の参加者たちからはなおいっそうの研究を要望する声が多数上がった。   │
└──────────────────────────────────────┘

233名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:46:00 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 二日後の7月16日、大角は各鎮守府長官、各艦隊長官、各軍事参議官を官邸に集め、   .│
│ 海相留任の挨拶方々、主題を軍縮問題に絞った。                         .│
└───────────────────────────────────────┘

|
|  軍令部案の「列国共通の兵力最大限度案」を海軍の方針と内定して
|
|  現行条約の廃棄通告を先行させるよ!!
\___  _________________________/
      ∨

    /大\  
    | ・∀・|      ∧_∧.
   /    \      (    )
__| |     | |_   /    ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\ ∧_∧   (⌒\|__./ ./
|||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧.
  _/   ヽ          \|   ( ´_ゝ`) 
.  |      ヽ          \ /    ヽ.
.  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
.   .|    ヽ \∧_∧   (⌒\|__./ ./
   ヽ、___ (    )     . ~\_____ノ|  ∧_∧
.          _/   ヽ          \|  (´Д`; )
.         |     ヽ          \ /    ヽ、
.         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
.         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./
.         ヽ、____ \\       ~\_____ノ|

234名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:47:00 ID:Gjl6NKUI0

             ∩      ,'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | |      !  海相!!  ロンドン条約は1936年末日の
                 | |      !    
        ∧_∧   | |      l  有効期限が切れれば自然消滅しますが、ワシントン条約は
       (  ´Д`)//    ∠    
      /       /       !  二年前に通告しないと失効されません
     / /|    /        !
  __| | .|    |         !  その時限までまだ半年あります
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\..   !
  ||\             \  !  結論は早急すぎませんか?
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄   \
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .||              ||



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\プンプン
    / ノ(          \          僕の決定に文句があるの?
   /   ^            ヽ  
    l:::::::::     \,, ,,/       .|         意見があるなら書面で提出してよね
    |::::::::::   (●)     (●)   | 
   |:::::::::::::::::   \___/     |         ここでは返答しないよ!!
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

235名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:48:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 大角が回答を拒否して他の言論を封じると、すかさず加藤参議官が立ち上がった。   .│
└─────────────────────────────────────┘

                                      ____
                                    /__.))ノヽ    ちょっと待ってくれやみんな
    (.`ヽ(`> 、                         .|ミ.l _  ._ i.)
     `'<`ゝr'フ\                 +  + (^'ミ/.´・ .〈・ リ    わしが今から参会者の最先任として
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                    .しi   r、_) |
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                .+  .    |  `ニニ' /     答辞を読ませてもらう
       \_  、__,.イ\           +         ノ `ー―i+
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|  .   ええか、みんなよう聞くんやで!!
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
          \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、

236名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:49:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 加藤は墨書した数枚の海軍罫紙を取り出し、全海軍を激するような調子で読みはじめた。     ....│
│ 有形無形の禍根はワシントン条約にあると決め付け、大角の発言を「真ニ絶対的」と持ち上げ、   .│
│ 全海軍の「一糸乱レザル結束」を訴え、結語の声を高めた。                        │
└──────────────────────────────────────────┘

        ____
      /__.))ノヽ          「────斯様ニシテ自主的ニ定メ、国家経済ニ応ジテ伸縮自在ナル
      .|ミ.l _ノ 、_i.)     
     (^'ミ/.´・ .〈・ リ          兵力ヲ得マスルナレバ、我海軍ハ夫レニヨリ生ズル士気ノ高揚ト
     .しi   r、_) |      
        |  (ニニ' / ________      自身ニ依リ、例ヘ想定敵国ノ何分ノ兵力ナリト雖モ必勝ヲ期シ得ル事、
       ノ `ー―i/ ̄/ ̄/ 
      ( 二二二つ / と)      日露戦役ノ如クナランカト存ジマス────」
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄

237名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:50:02 ID:Gjl6NKUI0

    / : : : : : : : : : : : : /{: : : : : : :l l
    , : : : : : : : : : : :/   ヽ: : : : : :l:|            大角と加藤がこんなミエミエの茶番劇をやってのけたのは、
    |: : : : : : : : : :/     ヽ: : : : :||
    ', : : l: : : : : /        x斗: : : :|廴__,         その目的が間違いなく達成出来ると踏んでいたからよ
    V: :|: : : : /_、  、/ヘニl : : : |i:_: :<
     ',: :l : : : 代テ`    ーヘ: : : || / ̄>―ァ=、     事実海軍部内では強硬派がその大勢を占め、
     ∧:l : : : |二ノ  }      |: : /l/ /  /   l
     l  ヾ : : l     __, 、   |: /: |/  /      !    条約廃棄を既定の事実とする空気が濃厚だったの
      |  l 从: :l:ゝ.   `ニ´ /j/ : ‖ /      |
      |  l/:/\l:/ 8二アフチ8ノ: : : : !V       /    現行条約の存続を唱える意見は押し込められたわ
      |  |:/: : {: :{ 8ー ト-- ': /: : :/ |/     V
      |  ゝt: : トミト 8ー >-‐' : : / |       〉     これを止める事はもはや不可能だったの
      |   l \廴  8  \____/   |         |

238名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:51:00 ID:Gjl6NKUI0

  l     [ {ニ/  /         \/T〈 ` ー '   レノノ
 {J     └7  | l  卜、    V/l        ノ′
  〉       /!   、 l   | \ \   l |
 {  / , -―' l  l 卜t.  |ー―\1 lV               良識的な「条約派」はもう海軍から
  \ト{     、  N_,\!  __,. | /|
          \ヒ ̄    ´ ̄ レr- '                追い出されていたんだものね……
           ∧"  ' __ " イ
            丶、` ̄ / 、                 日本はこのまま条約破棄への道を
              `>イ    /` ア¬‐ 、
            // / ノ  _/  //    ヽ          突っ走っていくだけなのか……
           /  l ∧   /  //       |
           |  r=《  ー一r= 、l/       /
           |  }= ヘ  /ゞ=イ     /

239名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:52:00 ID:Gjl6NKUI0

    /   ´7         ´-´~ヽ,      i‐、 )
―‐´   , -´               !      ノ  ´    ;
     !__、-、           /     /--‐―‐ヽ、''              ┌─────────────┐
        _二っ        く´_,,    ,/,,,,,;''''"''';,,,,,; i、               │ 条約廃棄をめぐる        │
      i`´  _  _       ノ ,,- ‐;´,,,      ,,; ヽ,              .│                    │
    /´-、 i´ `‐` ~`´~~~~~´  |     "';,,,     "; ヽ,            │ 東京の葛藤をよそに、   .....│
    ~`´  `´          _,,ノ       ;,,,;';  ;'';  `‐-、            │                    │
            i--、   /´   ◎パリ     "';,,,;,,,',;    )         │ 国際水槽会議を終えた   ...│
     ,-―‐~~ヽ,,,--!                       /           ...│                    │
     ◎ブレスト                         i              │ やる夫の旅程は         │
     `‐`‐i_                          |_,,,,-、,,,,,,         │                    │
          ◎サン=ナゼール                 ;''''"     (        │ フランス視察に移る。     │
           )                      ,;"   .,,-‐´        .│                    │
           \,_                    ,;"              ...│ 7月21日、やる夫は       .│
             )                   ;''"';,,            .│                    │
             |               ◎リヨン  .';",           . │ パリに入った。         │
             |                     ,,,;'          .....└─────────────┘
             |                     "';    ,,,
             !                      ;,,,  ,i´ 
―、,,_    ,,     ノ                       ◎ニース  
   ` ―´ ` ‐--,,ノ,              ,,/`―‐、   /´      
            ";,,,           |´     `◎ツーロン
              "''';,,,,,,,,,;''';,,,,,,   {

240名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:53:00 ID:Gjl6NKUI0

               / ̄ ̄\
             /  \    \           ご苦労様でした、平賀先生……
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |           フランス視察のあいだお供させていただきます……
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



               ____
             /⌒  ⌒\           よう、牧野君!!
           /        \
          /::::::⌒(__人__)⌒::::: \        また世話になるお!!
          |     |r┬-|     |
          \      `ー'´     /  

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 間髪いれずやる夫を案内するために牧野造船少佐が駆けつけてきた。                    │
│ 牧野は友鶴事件に関して自分が行った一人芝居に対するやる夫からの戒告を受けるつもりでいた。  ...│
│ それまで、いかにやる夫に奉仕するか懸命に知恵を絞った。                           │
└────────────────────────────────────────────┘

241名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:54:06 ID:Gjl6NKUI0

                 ,====、
                  |;:.:.:.:.:.:.:.:;|
               |;`` ´´.;|
               |; :::::::::: ;|                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |; :::::::::: ;|                  先生、まずはくつろいでいただくために │
               |;二 二.;|                                            │
               |;     .;|                  白ワインをご用意しました         │
               |;     .;|                                           │
               ノ;    ;ヽ                  先生はお酒をかなり嗜まれますから   >
              /;         ;\                                        .│
            ,';           ;',              お口に合うかどうか分かりませんが    │
            |;               ;|                                       │
            |;               ;|              どうかお飲りになってください       │
            |',───────, '|              ________________/
            |i ̄ ̄vin blanc ̄ ̄i| 
            |i...Chateau Grillet....i|
            |i          .  i|
            |i    1933    .i|
            |i.. Neyret-Gachet .i|
            |i _______i|
            |.`───────'.|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
 ───── ─. |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|─── ────── ─────── ──
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |;:.:.,'.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:. '、:.',:;;|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           `'、::_';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               ` ̄``´´ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

242名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:55:00 ID:Gjl6NKUI0

          ____
         /⌒  ⌒\
       /(ー )  (ー )\         そうか、早速いただくお
      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\         
      |     |r┬ |  (ヽ |        ……うん、美味しいお
      \γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/ズズ〜
      / ( ^=/   /  ヽ ノ\         さすがはフランスワインだお
      | / ,(⌒ヽ/   \
      ヽ_ノ ー '              



         ____         ヾフ
        /⌒  ⌒\       , っ     うん、とっても美味しかったお!!
      /( ●)  (●)\   /. ┴
     / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/  ノ .     どうだ牧野君、君も一杯やりたまえ
     |     |r┬-|       |  /
     \     ` ー'´     //         せっかくの上物なんだから、飲まないと損だお!!
     / __        /
     (___)      /

243名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:56:00 ID:Gjl6NKUI0

              / ̄ ̄\
            /  \    \        あ、いや、私は……
           .(●)(● )  u. |
           (__人__)  u   |        分かりました、頂戴します……
           .(`⌒ ´     |
            {         |
            {      u. /
            .__\     /リ 厂`'‐- .._
        / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ

┌──────────────────────────────┐
│ やる夫は上物のワインを決して一人では味わおうとはしなかった。    │
└──────────────────────────────┘

244名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:57:00 ID:Gjl6NKUI0

            r-、
          . / / l~Y、 ,r ――‐-、        ____
          / k / ソ,=、ー      ',    , '"´     `ヽ
     r―==イ  ´l/_Y゙l l l      |   / ==z、 \   ゙
    /: : : :`ヽ、 ノ    l、j l l      .√ `ヽ              i
  /: : : : : : : : :.〉____ノヽイ-'     ,ノ、__,ノ           │
./: : : : : : : : : /        ` ー―テ´⌒              |
: : : : : : : : : /             Y´                   ,'
: : : : : : : /                  |                  /
: : : : : /                ヘ、              /
: : : : 〈                    i             /
: : : : : >‐-..、                 l          ,.イ´
\: : : : : : : : :  ̄\            ,ハ       _,.-‐テ:i′
  \: : : : : : : :.:\: : ̄\_,..-―‐/| .i、__,>'" /: :八___
   \: : : : : : : :.:\: : : : /: : : /:;イ/iiiiヽ   /、: :./: : : : : : : `ヽ
     \: : : : : : : : :\/: : :く / ゙}iiiiiiiiiii}./: : : ∨: : : : : : :./: : :.ヽ
      \: : : : : : : : : : : : :/: : :,'iiiiiiiiiiリ: : : : : : :.〉 : : : : : /: : : : : :',
         `丶、: : : : : : :/: : : :./iiiiiiiii/: : : : : :/: : : : : : .': : : : : : : :',
             i: : : : : i: : : : : /iiiiiiii; ': : : : :/: : : : : : : : i: : : : : : : : :i
            |: : : : :.|: : : : /iiiiiii; ': : : :/ : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :|
           ',: : : : :|: : : /iiiii; ': : :./: : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :|
            |: : : : |: : /iiiii;': : /: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : ′

┌────────────────────────────────────────────┐
│ これ以降、毎朝牧野がやる夫を迎えに出頭すると、やる夫は必ずまず洗面所のコップでワインを一口 ....│
│ 転がすように飲み干すと「どうだ、君も一杯やれ」と空いたコップを牧野に差し出す。             │
│ それをありがたく頂戴するのが牧野の日課となった。                                .│
└────────────────────────────────────────────┘

245名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:58:04 ID:Gjl6NKUI0

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    | u  ( ●)(●)          平賀先生、私は、その……
    |     (__人__)
    |  u  ` ⌒´ノ
    |         }
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |



       ____            いいか牧野君、日本には問題が
     /^  ⌒  \
    (●)  (● )   \         山積しているお
   /⌒(__人_)⌒::::::  \
   |   |-┬r|       |       君ら留学生が帰朝してこれらの問題の解決に当たるんだお!!
   \  `'ー`        /

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 牧野はやる夫の戒告をひたすら待っていたが、当のやる夫は牧野の辞表問題など聞いてもいないような   .│
│ 態度で終始した。                                                      .....│
│ ときおり造艦談義をするなかで簡単な発言が出る程度で、戒告めいた発言は一切無かった。         ....│
└──────────────────────────────────────────────┘

246名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 21:59:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ パリは一週間前にパリ祭を済ませたところで、既にヴァカンスの夏に入っていた。           │
│ パリっ子たちは南フランスの輝く太陽浴に繰り出し、目抜き通り以外は人影もまばらであった。   .│
│ そんな中、牧野はやる夫を視察も兼ねた慰安旅行に連れ出したのである。            ......│
└─────────────────────────────────────────┘


    日日□日目日日日日目日日日日目 |
    日日日日目日日日目日日□日目日 |
    日日□日目日日日日目日日日日目 |
    目日日日日目日日日日目日日日口 |
    日(⌒;γ⌒)日日日目日日□日目日 | (⌒)  ヾノ⌒;;)
   .⌒;:.  、"";;,,,,゛)日日目日日□日目日 |(;ヾ 人("(⌒ 从
   (,,";"ヽノ";/"";") ================ii  | ゛Y(;ヾ(;;,,;  ノ";/")
    (~...,,,,,,.....,,,⌒) __i ̄'i ̄ ̄ ̄il==、_| II. |,v,,|v,(Y(;;,,ヽ;.(_;;::,ノ
    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,ノ  iニニi======j|エコi ̄ ̄ ̄~ヽ--┴  Yii!/
       Yii!;; ;/;..) ('-'(O(O==(O               !ii
   ⌒γヾ|!,ii Y γ⌒ヾ ,--´ ̄ ̄ ̄`ヽ          |ill
   ;;:从;;;v.|ill|ヾ||(;;,,ヽ;;;..)‘ー◎――◎ー'     (Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ノ             ゝニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:ニ:
      ,--------─、        : : .
   __/ノ__Ⅱ__‖│_ Ξ      . .  . . . .....
                 ヽ、..: Ξ: : : : : :
   _.γ⌒ヽ_____γ⌒ヽ__}
   ーゝ__,ノ───‐ゝ__,ノー‐´≡§

247名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:00:00 ID:Gjl6NKUI0

ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ
ゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝヾ; ;;;ソ ヽ;; ゝヾ; ;;;ソ ヽ;;  ;;ゝ ヾ;;;;ヽヾゝゞゞ;;;;ゝ;;
 ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;; ゞヾ ゞヾヽ ヽヾ;;ヽ;;;;ゝヾヾ; ゞヾ;;ゝ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ
 ;ゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;;;ゝ;;: ヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;; ヽゝヽ;;|;il|ヽソ;;|il|;ヽゞ|il:ヾ;;;ゝ;;: ヽ;;|;il|ゝヽ
    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|
    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|   |il| ヾ:|il,,,..,,,    |;il|
    |;il| ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;)    |;il| ,,((;;;ミ;;:)ゞ;:))ヾ::))   |;il|   |il|(;;;ミ:;ヾ;;;)!,;;)j;ヾ;;),|;il| ,,
、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)) ,,________、; ミ、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ);;;ゝヾ;ヾ⌒;;)ゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;
ゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ii-,---,-i ,--ii--、`!;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ ⌒;;);;:ヾ;ヾ⌒;;;)
:;;;;;ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ,_,___,,i|l-----jl,l--||--1_,,!_、 _       ;´;; ;⌒) ´゙) ;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))
'"''"`"´"''"''"`"´,rO)-li↑il ,O)―-,,//' ̄|| ̄"/ ,_ヽ_      (,,;;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;"''"''"`"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{--t_li'1`l/__,,ノヘ_}/_____||___/_/,,,,ヘ) ;; ..;;;;(´⌒;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;) ̄ ̄ ̄
          (←=ニ=ニ=→_(O) ̄て;;' ̄ ̄(_(O)(;;(⌒;;(´⌒(´ ;;⌒) (::⌒;;;,,,) ;::⌒
           ` ̄´    ` ̄´    ̄´   ` ̄´
                   |\
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ___
       / ⌒  ⌒\         日本と違って道は荒れていないし、
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\      クルマも上等だお!!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/      さすがにフランスのドライブは一味違うお!!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

┌──────────────────────────────────────────┐
│ パリ郊外の森を走ったドライブや、フランス海軍試験水槽の見学はやる夫を大いに満足させた。   │
│ しかし……。                                                    ..│
└──────────────────────────────────────────┘

248名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:01:01 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────┐
│ ルーヴル美術館 "Muse'e du Louvre"   │
└──────────────────┘


                  ∧  iニニiニiiニニiニi
          †_____| ̄|_____/;:;:'i,....|  |;;| |  |;;|iニニiニi               iニ::iニi
     †  'i.|.i' /;i 'i.|.i'   'i.|.i';:;: ;,;'†iニ 'i.|.i' 'i.|.i' .'i.|.i'.ー†、,______________| |::|
    ∧ ,i鬻i、; i ,'i鬻i`、 /鬻i、;;;;;;∧ /i鬻i,/i鬻i/i鬻i、::∧ :.::.:__::.::.:.__:::.:.:..__:.::.:.__: \!_|
   |/ 'i,_iニニニ.、iニニニニヽiニニニ.、:/  'i, ニニ'i,,,ニニ'i,,ニニ,/  'i,::/∧:::/∧:::./∧.::/∧:::/∧
  ,,,/i''"``i:|i--i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i--i|;:;|i''"``l|i--i|;;|i--i||i--i;i''"``i:| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|\
 | / i''"``i;|i_ii_i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i_ii_i|;:;|i;ロ;: ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
, ;|/__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ;:iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|:                |
;;`|∩| ::::l |i--i|; __|ロロ|_,,|i--i|;;:;|   | |i_i| |.|i--i| |i_i| |;;   | | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |
; |:! !|コ :::i |i_ii_i|; iLiLiLiLiL||i_ii_i|;;:;i;ロ;: | |i_i| |.|i_ii_i| |i_i| |;;   | |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |
;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
; |  | ;;::i|i--i|;| ;;i:, '⌒`、| ;;i|i--i|:;|   | |i_i|;, '⌒`、:|i_i|;;|;;   | ..!;;:∩|''⌒ 、 !;;:∩| |i_i| :|i_i| |
; |  | ;;:;i|i_ii_i|;| ;;i:|   || ;;i|i_ii_i|:;i;ロ;: | |i_i|;|   |:|i_i|;;|;;   | ::!::::! !|::...  i !::::! !| |i_i| :|i_i| |
:';:;'':':`::';:;============ニニニニニ;:iニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|;;| ̄ ̄|:ニニニ| ̄ ̄|ニニニニニニi
-ー''"’~| ,,.:;:、。,., ,.;:::.,、。、|;;;;.  ,.,,,':';::':';:;'':'`::';:::ニニニ i,,':';::':';:;'':'`::';::':';::':ニニニi:;'':'`::';::':';:;'':'`::';::
:';:;'':'`:';:;'':'`::';::;::':';:::;;:':';:::;::':';::':';::;;::;;'':'`::';::;;:`:; ニニニi,,':';::':';:;'':'`:':';::':':';::'::';:::';:;'':'`::';::



      ___
    /     \         広いばっかりで疲れるだけだお
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |      たいして面白くないお
 \      ` ⌒´   /

249名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:02:01 ID:Gjl6NKUI0

                       f            ┌────────────────┐
                       .l「          .  │ エッフェル塔 "La tour Eiffel"    .│
                      .。v,,:         .. └────────────────┘
                     .;[l.^^)9
                     ..l][[[][「
                      ]ll]ll]
                      ]]ll()[
                      ]t][])
                      l][[[5]
                      [[][]]l.
                      ]])][[[
                      ]f[[g(
                      ]]];;゚ll.
                      3])゚ld
                     」]ll[t8「[
                     ]]9:l[]5]5
                     gpx]]]vp。
                     [l゚゚;;]゚,,[゚.;]、
                     」]ll[])[ll0fb
                    |tt]gf9tt))、
                    :l[l゚]]]["]](,,l.g;;
                   ,,llllllllllllllllllllllllllllllll
: :      : :   : .:    : : : : : ::::::::.llllllllllllllllllllllllllllllll
: :    :       : :  : :::: : : :::::::::/‖,rll゙゙゙゙゙゙゙゙!lrレ:'f,、
 : :      : : : :   : : ::: : : ::::::::::/;;`”,ll:    :lレ"‐ゝ
 : :     : : ..  : : : :::: : .: ::::::::::/;;;,::iトlll    :l::゙"i、"\
: : :    : : : : : : .: : ::: : : : ::::::__;、;;;.,,ll___lly'㍉__
                |│││││││││││|l
::: : :   : : ..: : : : : : : ::::::::::::: llfll!llflll'll!l*l*ll!llfll!llflll'll!ll!l゙!llll゙l'l
::::: : : : : ::::::::: : : : :::::::::::::::::::::.lfll!llflll'll!lllllltlrll|llllll!lllllllfll!llflllll!l
、,_,..,,,,_,,:,、: : : ::::::::::::::::::::::::./`、.゙'_,,lllillili゙i゚ ̄~゚゚~"「《llilll,,i´:=,,ゝ
lllillillliililliillliil,,、:::::::::::::::::::::;/;.l'illllr.'l゙゙,,,,,,l,,iillililllllllllllllll,lli,,,,,゙"'llll゙,ヾ、        :;,,llll,,,,ililllll
llllllllllllllllllllllllllliliilll,,、::::::::/;``・il",,,liilllllllllllllll゙゙゙゙ヷ゙雨llllllllllllll,,,,゙゙・、;ヽ    ::;;,,,,___,lilllllllllllllllli
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllilii,,,,,,“"`iァ,illllllll!ll゙“`::::::::::::::::::::::::゙'゙゙l!lllll゙゙ll,,'f,;.,``ヽ ,i,lillilllllllllllllllllllllllllllllll|
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiii,,l,,illlllllll゙°::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙゙!llil,,llll,,,,,,,,iiliiillllllllllllllllllll!lllilllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll゙lllilll_::::;:::;::;;;;;;;;;;;;;:::::::;;:::;:;;;,,゙lllllilililllllllllllllllllllllllllllll,|llllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii、、:::::::、`;`"、::::;;.;;;!!l!゙llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,i,lllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllll!llllllllllllllll!!!!llllllll!l,!゙゙゙゙゙゙ュ;`,y、ll,avぃvr、-,tml|゙ll!l!lllll!!lllll゙゙゙llllllllllllll!ll;llll,llllllll,]llllllll°
゙゙゙゙゙!゙ケ!ll!゙゚''゙'llll!llllil゚゙l゙゙'l゙l!ll゙゙゚゙'!″`:ll''*;l!;;;;;;'l''ヽ;;;''ぐヽ;;;;l!l‘;;°``゙゚゙゙゙^“'゙゙゙゙”```;`''゙゙゙゙゙~',「,゙,,,、
iiliiilwieri、、、、、、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、、、、、、`'illlllllll

250名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:03:00 ID:Gjl6NKUI0

       ____
     /     \         塔と言っても高いだけだお
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |      つまらん、やめるお!!
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \        ……やべえよ、
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i        なんだか分からんが先生すごく機嫌が悪いよ
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ        どうしたらいいんだよ、俺……
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |

┌──────────────────────────────────────────┐
│ なぜかやる夫はパリ市内の観光に、たいして興味を示さなかった。                    │
│ 不機嫌な表情を見せたやる夫に、牧野の調子はすっかり狂うことになった。               .│
│ そのせいか案内の手順はしばしば乱れ、やる夫の反応に一喜一憂する情けない始末となった。 ......│
└──────────────────────────────────────────┘

251名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:04:01 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────────┐
│ やる夫たちはパリ滞在中の一日を割いて、西海岸の港町サン=ナゼールに向かい、           │
│ ペノエ造船所で艤装中の豪華客船「ノルマンディー」を見学したが、工事の遅れで内装は未着手、    .│
│ 製罐工場に大型ボイラー30基あまりが並んでいるのを見ただけで終った。                 │
└───────────────────────────────────────────┘


=== ==fl=======fl=======fl=======fl=======fl=======fl=======fl=======fl======
‐-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌
ニ[二[06] 二[二[07]二[二[08]二[二[09]二.[二[10]二[二[11]二[二[12]二[二[13]二[二
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      .:|      .:|      .:|      .:|      .:| f' ̄ ̄同| |     .:|      .:|
  |     .:: :|     .:: :|     .: ::|     .:: :|     .. ::|_/圭圭圭/「 ̄|| .:: :|      .:::|
ニ[二╋二ニ[二╋二ニ[二╋二ニ{二╋二ニ[二╋二ニ[|___|_|_,||ニ[二╋二ニ[二
________________/ニニニ/7______________
/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―//ニニニ//―/―/―/―/―/―/―/―/―/―
/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/ニニニ//―/―/―/―/―/―/―/―/―/―

252名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:05:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 視察旅行は中部フランスに移り、ヨーロッパ第一の重機械製作所シュナイダー社に期待した。 .....│
│ しかし、貴賓宿舎に通され社長接待の晩餐会に招かれたものの、工場見学は            .│
│ 材料試験所や機関車工場に留まり、肝心の兵器工場には入れてもらえなかった。        .....│
└─────────────────────────────────────────┘

;::;:;:   |;:;::::                  \    {{: }}      l          /
:::::::::::::::::::::::::;:;:;;:;::::::::::::::::::::::;:;:;:;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;::::::::::::::::: {{: }}:::::::::::::::;:;:;:;::::::::::::::::::::;:;:;:;::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄{{: }} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄\                   {{: }}
  [[:|l________l|]]                  {{: }}
 _.|000OOO000|_                 {{: }}            ∧∧
 |::________|   ┌────┐   {{: }}            (゚Д゚,,∩
 |||。 ゚  。    |.    lL =@-T  │   ノ ̄ ̄ノ」            〈,У、ノ
 {:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} [[|l_____ ̄_l|]]::: | ̄ ̄| 」            くノ_ゝ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(((ニニ || | ̄| ̄| ̄ ̄(((ニ|__|    ∧∧       し`J
_|||。 。 ゚     |   ∧_∧ __            (,,゚Д゚)
_||| 。      。|   ( ´∀`)//  /   ∧_∧    〈, У、〉
_|||゚  。 。  . |   / ̄(つ__//__/   (´∀` )  〜|  0
_|||_________,|   | __ ̄{ニ=====|   (    )    し'´
_{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}  ゝ_| ̄| ̄ ̄ ̄|  | | |
_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(((ニニ || | ̄| ̄ ̄ ̄|  (_(__)



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \       ……どうも国際連盟脱退いらい、日本は警戒されているようだお……
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

253名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:06:01 ID:Gjl6NKUI0

┌────────────────────────────────────┐
│ 続いて南フランスの軍港ツーロンに向う途中、列車の乗り換え時間を利用して    ..│
│ リヨンの市内を一巡した。                                     │
│ 牧野が案内しようとしたのはフルヴィエールの丘の上にある大聖堂であったが…… ..│
└────────────────────────────────────┘


:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.l| :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ./ :. :. :. :. /
.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. l| :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :./. :. :. :. :./:. :.
..:. :. :. :. :,r y ⌒ヽ :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. l| :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :../. :. :. :. :/ :. :./
⌒Y ⌒      )、 :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.l|.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :/_.:. :. :../ :. :/
            Y⌒ヽ : : : : : : : : : l| : : : : : : : : : : :┌ナ |:| ̄/: : :/: : :
     、___冫: : : : : : :-''" : : : : : : : : : :l|.: : : : : : : : : : : : :/.: :|:| ./ : /.: : : :
ノ ^ ー- '' :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :..l| :. :. :. :. :. :./ :. |:|/:./ :. :. :.
 :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. l|:. :. :. :. :.  :/:. :/|:|/ :. :. :.
..: : : : : : : : : : : : : : : : :  :l|________________/____/__|:| : : : : :
:  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  | `丶 、/ /  / /|:|:  :  :  :
                      | ____/___`_メ_、/__/  |:|
.                      |--''" ̄ / / /  ̄ |:|
                   -┬┬-   / ||/ /     |:|
                ┌┴〒 ̄〒┴┐ ||./      |:|   , ⌒ 、
                 h===|r--i|===i|.  ||      |:|  (
__ ,−、     , '⌒ヽ、   .||_____||____||_____||  ||      |:| r'⌒
    ,.` ー ''⌒     ヽ   |______| i-i |______|.  ||      |:|
          .,仝、     |。○:| !-! |:○。|  ||  __, 、'  |:|     _,;;-''
-v''ヘ-、__,,、___  ゙コビ.    ゙tェェョ|===|ェェョ/__,,_||_,、_____,,、, ,|:|ノ-''=''" |||||
||||||||||||llllllll!! ̄!-|-!~゙ ''"`'' ̄`''E|三三|ヨ"  :::!!::::::::::::::::::::::!:!llllllllllll||||||||
|||||llllll!!!!!::::::::::::::::::!:     _,, ='' 三三三 ''= .,,_   :::::::::::::::::::::::::::!!!!!!lllll||
||ll!!!!!!::::::::::::::::::::::  _,, =''  三三三三三三三  ̄''= ,,__  :::::::::::::::::::::!!!llll||
ll!!!!::::::::::::: __,, =''  三三三三三三三三三三三三三  ''= ,,__  ::::::::!!!lll
..__,, =''  ̄  三三三三三三三三三三三三三三三三三   ̄ ''= ,,__

254名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:08:00 ID:Gjl6NKUI0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        せ、先生申し訳ありません!!
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)       道を間違えてしまいました!!
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}       大聖堂に上るには右側の峰のケーブルカーに乗るんですが、
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ        うっかりして左側の峰のケーブルカーに乗ってしまったようです
   /    く  \
   |     \   \     すぐ引き返しましょう!!
    |    |ヽ、二⌒)、



             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <  じゃあすぐ行くお!!      >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    <                      >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <  なに、こんなこともあるお!! >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

255名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:09:01 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────┐
│ ノートルダム・ドゥ・フルヴィエール大聖堂   .│
└───────────────────┘


. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......          .. .... .    . ......  .. .
                , ⌒ヽ . :. .:.:...            ... .... . ... :. .:.:. ..
  . .. .... .. .:.:.:..: .: (      Y⌒ ヽ                  . :. .:.:...

  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.: . :  .. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... .
 (    '             .:.:.. ... :. .:.:.:.: .: .          ... :. .:.:.:.: .: .
  ゝ     `ヽ
(⌒                ... .... .
    ´                       ∧
                     <⌒>
                       /⌒\
                       ]皿皿[-∧-∧、
         ________∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
       /三三三三三三三 Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
    __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\
...  _/__|==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
  /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
  |ll.|ロ ロ /|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|        |「|ミミミミミミ、
  /〃 ̄ /::|.| ,,|| ,;:'゙ ゙`ヾ,,.| | 田 |「|  田 田 |「|:::::::::::|
  | |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"
''""``ヾ;,;ヾ゙゙ヾ

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a8/Three_sights_Lyon.JPG

256名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:10:00 ID:Gjl6NKUI0

   / ̄ ̄\                      せ、先生大変申し訳ありません!!
 /   _ノ  \   \              
 |    ( ○)(○) \ \               ここに来るまでに時間をかけすぎたせいで
. |   o゚ (__人__)  __            
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\            大聖堂の観覧時間がもう過ぎてしまったそうです!!
.  |     /  }         \        
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨     ですが、この先に崖から突き出た市内を見下ろせる
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ . 
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\         見晴台があるそうです
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \      せめてそちらで雄大な景色だけでも見ていきましょう!!

257名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:11:03 ID:Gjl6NKUI0

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \                      ……牧野君……
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ                 君が威張れるのはパリだけなのかお?
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

┌────────────────────────────────┐
│ 牧野の誘いにやる夫は顔を背けた。                        │
│ 相次ぐ失態に、32歳の弟子は56歳の師の前で小さくなるしかなかった。   .│
└────────────────────────────────┘

258名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:12:00 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────┐
│ ツーロンでは、ラ・セーヌ造船所を訪れた。                             ....│
│ しかしここでも招かざる客扱いを受け、建造中の軍艦は垣間見ることも許されなかった。    │
└───────────────────────────────────────┘


                                .rnへ、
                               ,人r壺'
                               ∠/  |
                      rゝ、_、 ,∠x/  、:トャ
                       」ロpwLr∠xl,/   >j´
                      fLfffrrr[>≦「´   `U
                       ||LL⊥二〔、      _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐||>:<||><||...,,__'''""~       ~""''' ‐- ...,__、
                      ||><||><||       \r、__rf    ft__,rァ/
                      ,||>< ||><||       rゝ[ロrL   ,」ュロ[くャ
      |    .[森氷製菓]     .||><||><||  .r====l:┐|x|xlx|´    |x|xlx|
────!zュ   | lココココココ:|[㌔㍍] ,|| ̄ :|| ̄ ̄ || ::|l=====l|l|x|xlx| r─‐:|x|xlx|
 ○   /´   | lココココココ:|rェェェュ].,||≧≦||≧ ≦||  |l====,r:::::::::-、x〕kュュ 〔x|x(V_。_。V)
   ,/-‐─¬、  ,.-‐─¬、ェェェ:[ ,|| ̄ ̄:|| ̄ ̄ ||     `l::::::::::{  rェェェrへュ彡、:_:_:rミ
   / |[: ̄l ̄:]|  |[: ̄l ̄:]| ェェェ:|::||二二:l||二二l||   l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       :|γγヽ
::::::::ヘ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜:l|       :| ヽヽソ
〜〜`                              :|       :|
                                 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

259名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:14:03 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 早々に切り上げて二人が足を伸ばしたのは、フランスでも有数の観光地ニースであった。 ....│
│ 後には南フランスの丘陵、前には「天使の湾"Baie des Anges"」の海が広がる          │
│ 絶景の地である。                                             │
└───────────────────────────────────────┘

            )
         ..::::ノ
   .................:::::::::::)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
:::::::::::::::::)::::::): ┌‐‐┐____                ⌒  ⌒)                         
::::::)ー- ー"  |王ll王ll王|  ┌─┐___      ( ...:::    ヽ                        
--'          |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|  ___ェェ__   ...::::::   )                       
         |圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|___,,|!!|!|!!|!!|___ェェ__ ...:::::::: )        ____,,,,,,,,,,____   __,,.‐''"'ヽ
     _______E|圭ll圭ll圭|  | 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|------ ''二 ̄::"':':':";:::::;;:::::::;;:;;;:::::"':':':"::::;;;:::::::;;;;::
 _________|  i_||圭ll圭ll圭|___^| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|:::::::l三三lェェ|---ェ ---┐::::::::::::;;:::::::::::::;::::::::::::;;;;;;;::
 i_ェェェェr-tェェェェェェェrtェェiェT:| 圭|圭l+|l;l;l;l|!!|!|!!|!!||iiii||iiiil|..___|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:| ┐r┐-'`',:r┐ri'':'`r┐rir
千ー| __,,-----,,____ ゙| |+ii++| | 圭|圭l+|TTTTTl-lTTl:::| |::|三三| |!!!!!!!!!||l:|:|:|:|  |'`',:'':'ri::;:;ri..,"ri'`',:r┐ri
ニニニフ:::ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++| | 圭|圭l+|:| | | | |:|::l:|:|:|:::| |::|三三|;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`_',:_'':'_`::_'`',:'_':'ニ"ニ:ニ"
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|/~/~ /~\",:;;::、;ヽ;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,;"'`';;,:''-":"":":":"": ̄. .. . . .. . . .. . ~""'''‐-
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|:~:~:~|:|,.;;::、;):、;)   ,.... '''". ::::.. . . ..:: . . ..:: . . ::::.. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|⌒ヽ'""'')_,..-'' ..., - " ". ;.. . . .. . . .. . . ..: . . .. . . .. 〜. . .. . . .. 〜. .  . . . .. . .
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| |+ii++|,.;i';.,,);';.,,) .: ; ".:: ..;:: ;. . .. 〜. . .. . . .. ..〜 . :. .. . . ..: . . 〜.. . . .. . . .. " ''.  .. . .
壬i壬!゙ ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨ|| (,.;;';.,,)--'.。  ..: :,:". .. . ;. ;.. . . .. . . ..〜 . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .:.. . . .. . . .. . . .. . "".
十i十] :ヨiヨiiヨヨヨヨヨヨレ(,.;;.,;';.,,) ! !..: : ,". .. .|ヽ . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . . .. . .〜 .. . :. .. . . .. . . .. .〜 . :.. . . .. . . ..
壬i壬!゙/⌒ヽ_,..-'''" (,.;i;';.,,)。 : .", . .. .|__ヽ . .. . :. .. . . .. . . .. 〜. . :.. . . .. . .〜 .. . . :.. . . .. . . .. . . 〜.. . . .
====='  /⌒ヽ_,..-'''" 、、,.,. ト ::: : .",,..ヒニニァ .. . . 〜.. . . .. :. . .. . . .. . .〜 .. .:. .. . 〜. .. . . .. . .: .. . . .. . .〜 .
======='  lコ  i ノlヾ 〃lヾ 、、,.,。 :..:: .",,. .。. . . .. . . .. 〜:. . .. . . .. . . .. : . ..〜 . . .. . . .. . :. .. . . .. . . .. . . .. . . .
lコ lコ |:::|゙. lコ ノlヾ 〃lヾ | フノヾト::..: : : .",,. .. . . .. . . ..:. . .. . . .. . . .. :. . .. . . .. . . .. .:. .. . 〜. .. .:: . ::.. . . .. . . ..
lコ lコ |:::|゙. lコ 〃lヾ\}::::::|::::/  。 : :..: : : : : .",,. .. . . .. . 。. 〜:.. . . .. . . .. . . :.. . .〜 .. . . .. . . :.. . . .。. . . . . .. . .


ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f1/Harbour_of_Nice_%28FR-06000%29.jpg

260名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:15:00 ID:Gjl6NKUI0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ そこには見渡す限り甲羅干しの裸女の群れがおり、日差しの強い割りに潮風の涼しい場所であった。   .│
└────────────────────────────────────────────┘

             /  j  リ  ,' j´ ゞ\ゝヘ从ー─ヾz -
         , ' .イ/  .イ イ /    ヽ ヘ 込、z 一 Yz  ヽ
      、 __ イイ イ / ∠ 彡,′     ´ .Vハ >=一Y:l   l
     γ/ー=彡チ / .,'7 / ヽ       Yヘ       !.!
...    /ムイ i レ.〆  ,.'/7′    !     マム       ト.! .!
       ,'.Y∠ イ   ,.'イ/!   ;         ゞヘ     {」
       i 仆./l !   /刈/   , '  l:  ',     ` \   刈 i
.        乂 l !  .イ メ                 ,'l l  
      !   .l !  イ ',      l           :7 !.l l
.          hl    ゝ                    ,' 」 l !
        ',   醬          !:              :lーミュj
         .〉',          :!:              :!   Y!
        ', / /:!        ;!             ;   ,'.リ
.        ∨./ :',        l!            .j   '"
       / /   :,       l:            :l  ,'
.      / /:!    i        l:             :i   '
      ヽ': :ヘ.  ,!イ       ;          .:  '
       ,'    ヽ イ       j!             :l .,'  >   ̄  ヽ
.       ,    〃         .:i:           :i/ /
.     ,    ,:'           .:j.             :i.′           !
.        λ           イ :、            :!             ,'
      i  ,.' 込       ,    ヽ.          ;j:
...    ; ./   ヾ、                     ,.rイ ハ.         /
.     i        .ヾz _    j       , z "     ',
.     !       ヽ三二=- z ., __,.z="       j!     /
.     l            寸込三ニ=≫ ´            '
.     人             '.,三ニ 〆                    /
                   Y7/                    /
.         >         jY                   イ
               ー .ヘ                  イ
                 ` ー   _    …   ¨

261名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:15:30 ID:Gjl6NKUI0

                                                    __
                                             ,.イ::::::::::::::::`≧:.、
                   _ ==--r 、                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   / ´'/ /  八                    /::::::::::::/:::/::::::::/::l:::/::::ヽ
                  /       /                    /::::::::r-、/:::/!:;/メ、::/:/::::ハ:::,
                    /        /                    /:::::::::!:::! /:::〈行心イ /イ/.//:::::|
                /      ,イ                   /::::::::::::::::ー'::::::::乂ツ /'/ ./メイ:::/
               /     γ                     > ── ミ:::::::ヽ::!    ,ィ7j./::::/
             ./         /                , ´/        ヽ::::lr|///ゞ//:::/
         /        ′             /, './           }::`:;l ー /イ::::/
         , ’      ノ   ∧                / /  {      ’,     |>- ‐:´/::/ ::!
     〆            :/  >==--ミ      / /        :     |::イ::;ィ::/:;イ::/リ
   /           , 'ゝ== 彡´  `ヽ: : : : ::≧==ニ--∠. .._        |:    |¨-='イ'"/:イ:/     /
              / >= ´        ヾ: : : : :У: : : : : : : : >、      ,l     |    ' ´    , '
            / ´           ’,: : ′: : : : : :>=-- ヽ   , ':|     |          ./   /
           /                   V:::l: : : : : /       ヽ/ |     |          .八
        /                   |: :|: : : ; '         マ¨´!     :            ヽ ,′
          /                l::人::/              ’::/     ′            /
.         /                 / ,': Y                V> _.∧           /
       /                , '/: ;: : :l              V             ′
      ./                //: : :|: ::‖                 ’          , '
      /                  /く: : : : : : :{ |                 V       /
   , '                  /    >==.Y                   V      /
                     <            .|                 V   ./            /
                =≦               |                   V /           /

262名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:16:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────┐
│ 二人は好色とまではいかない視線を走らせながら、砂浜の散策を楽しんだ。 ......│
└──────────────────────────────────┘


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |   ( ●)(●)
     |     (__人__)                                  (⌒ヽ
     |      ``⌒´ノ          ____            (⌒ヽ    (
     |   .     }         /      \           (   ⌒)   ゝ
     ヽ       .}          /   ⌒  ⌒ \         ,,.(     )、,,(
       ヽ     ノ       /   (⌒) (⌒)  \           (          ゝ
     /      \      |     (__人__)    |            (   />  />
 ̄ ̄ ̄/  /     } | ̄ ̄ ̄ .\_    `⌒´  _/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
.....:::::::.../  /.      | |     /         ヽ::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....::::::::::::::::
.....:::::::...|  |      .|  |     |  |         |:::  ....::::... ........ ::::::::....... ...::::::::. ......
.....:::::::...|  |       ||  |     |  |        | |. 。...:::::::::::::..... .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
: :. . . . (__)    |   |し__)    ヽ  ヽ       | |.  ...... .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
〜〜 .....:.. |   }  |          (_) _   |_) ....::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
  .. . . . . |   | /          |   / |   |.. .. 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
: :. . . . .  |   |/           /   /  |   |. . 〜・" ゚''〜。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
: :. . . . . ..(_⌒)          ヽ_⌒)   (_⌒)   ..: : :. . .~^^゚〜・,,。,, 。....゚......。..。....
      .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .  ..: : :. . . . .          ^~^:〜。,,,,・
  .. . . . . .          .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .

263名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:17:00 ID:Gjl6NKUI0

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\         なあ牧野君?
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /       君はどんな色が好みだお?
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |      /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ⌒)(⌒)           色? 色ですか?
   . |  u  (__人__)
     |      |r┬|}
     |      | | |}            さて、好みといわれましても……
   .  ヽ     `ニ}
      ヽ     ノ
      /    く  
      |     \  



     ____
    / ⌒  ⌒  \               やる夫は桃色だお
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|             桃色を見ると、欲情するようだお……
  \          /

264名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:18:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────┐
│ やる夫の視線の先では、桃色の水着に乳房をはちきらせたマドモアゼルが、  .│
│ 金色の産毛を光らせていた。                              ...│
└──────────────────────────────────┘

                                __
                                  ,.:i:i:i:i:i≧_、_ _,ィ,⌒ヽ、
                              /i:i:i:/:´   `ヽ{    ヽ               _,....:::::::::::::-..、_
     __                    ,.:{i:i:iイ::::..       ヽ  ' ヽヽ、    ,.. - _,.::::::¨¨´:::::::::::_::::::::::--:、ヽ、
`ヽ-        `/ト- 、_                ´ _,..マi{::::::...  _  } ハ 「∨、ヘ- 、/ __/:/イ::,...-/ /⌒!-≦ ̄:::、:::::::::::::ヽ
  \       /:i:{_,... - ` ー 、_   ,:'_,.  ´   ヽト-/´-- 、`ヾ (ヽ} ト、}、}ィ }/:::::,..:'::::::,. ´ :.:.: { iィ芯 -、::}-:、:\::::::::::::ヽ、_
.    \ __,..::':i:i:i:i:!           `¨¨   _  -― }/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧、〉 i! } ! Y /:::::/::::/  ,   ´`乂ゞ゚'<:_/-::::\:\:::::}:::∨ヽ
      \i:}i:i:i:i:i:i:.        ー=-              {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_, -{       | ¨´\::叭   {      ,ノ__  、__>、:::\::_:::::::::}  ∨
       \i:i:i:i:i:l                     li:i:i:i:i:i:i:i/    ゝ     }、  `  ̄∧     :.:.: / ,_、    ` ー-,_ィ::::::::ハ
         `ヽ、i|                    マi:i:i:i:/    ,..:'´    ,:' \     .     :.:. { 芯}  }-:::::::::´:::::::::::/::::}
            i| ヽ、_                      \i/  ,  ´    /    `≧::...、 、    :. 乂ゞ' //:::::::::/:::::::::::::::ム
             {|          _           _}> ´      /      ,ィ彡-、:\ゝ  __ {/,イ::::::::::::/:::::/::::::::/::ノ-
           _|!                      , '´         /__,...-'-       \:::::ル叭nヽ:::::/::_,::::::- ´-――-ヽ、_
             /イハ                 /       /::'´            }:::\:::`¨¨´'/´
         〈_/!!ノ           _,..:  ´ ̄'          ,:'                 ノ::(` ー‐ <_
\           ||        _,  '´    ,..:'       /            ,..:イ `¨¨
  `    ._    /j  _,... -  ´        {         /            _,..  ´  ∨
         ̄`¨' ´                  ヽ、         _,...   -  ´       \
                             ` ¨¨¨¨¨¨¨  ̄                \   ,                 /

265名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:19:04 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────────────┐
│ フランス視察の最後の夜、やる夫は極上のワインを牧野に振舞った。   .│
└───────────────────────────────┘


                ;;;;
                ;;;;;
               ;;;;;
                ;;;;;
               ;;;;;;    トポトポトポ……
               ;;;;;;
               ;;;;;;
                 ;;;;;
          , _ _ ;;;;;;_ __
         ,'` ー ─ -;;;;- ─ 一'`,
         |i:.¨ ´  ̄ ;;;;;;  ̄ ` ¨.: i
          |i:      ;;;;;;       :i|
           |i:     ;;;;;;      :i|
          |i:     ;;;;;;.     :i|
.         |i:     ;;;;;;.      :i|
          ヽ: ;;;;   ;;;;;;   ,,,,. :/
            \;;;,,,,,,;;;;;;;;;;;,,,,,;;;;;/
              `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;:i'´
               ヽ;;;;/
                  | ;:|
                  | ;:|
                  | ;:|
                  | ;:|
                  | ;:|
                  | ;:|
                  | ;:|
              __ノ 人 __
             (´   ...:::;;;;;  `)
             ` ー -- 一 ´

266名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:20:00 ID:Gjl6NKUI0

         ____         ヾフ
        /⌒  ⌒\       , っ      さあ、どんどんやりたまえ牧野君!!
      /( ●)  (●)\   /. ┴
     / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/  ノ .
     |     |r┬-|       |  /        いや、君が酒を飲むのでおおいに助かったお!!
     \     ` ー'´     //    
     / __        /
     (___)      /



        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\             (先生……その一言で私はとても救われたような
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|            気がします……)
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |

┌──────────────────┐
│ 牧野にはその言葉だけで充分だった。   │
└──────────────────┘

267名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:21:00 ID:Gjl6NKUI0

                     {"ッノヘi
                 ,,-,_ッンミ
                ,=-,,                ┌────────────────────────┐
               -=-´ミ                   │ その後、やる夫は飯河駐英造船監督官の案内で    .│
                 }                  │                                    │
               ,,}"            . ..      │ イタリア視察に赴いた後ロンドンに戻り、        ......│
              ッ"'                  .   │                                    │
             }           }´`~`ヽ       .│ 一方牧野はパリで所用を済ませたあとに         .│
            }´"           /   ,-`   .. ..│                                    │
          /             }   /     .. .│ ロンドンに出向いて再び合流し、             .....│
        ,,''"-`_=~          _,/  /         ..│                                    │
    ,, -‐"             ,/  ,-`       .   │ 8月14日から北欧旅行七日間の日程に移った。     .│
   ,,"               _,,/   {           │                                    │
   {                }     {        .  │ 今度は工場視察の類は一切なく、            .....│
  }                {      }        .  │                                    │
  "ッ=-              {,     {          . .│ もっぱら観光に終始した。                  .│
  {"                ヽ,  o  `ヽ, _,,-‐   ....└────────────────────────┘
  `,}      ii,,           ,>      ~ _,,-
 `ヽ,   ,,-‐" |         ,、{      ,、 {´
   `‐-´    }        }´~      ,-`´ヽ,,
       ,-i  }       }  ,-,    `~´  {
     ,!´ ̄ i"  }      {,  { !    i´~ヽ,_ _}
    {    `っ  ゝ     }ii  `´   {
    {,  ,-´~,_-‐iヽ  ,-―,! "      {
     } { !~,! !,, ,s !,,-,!           }
     }  ヽ '‐

268名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:22:00 ID:Gjl6NKUI0

                           ‐― 〇 ――
                   , ⌒⌒ヽ      / l \
           ,        (      )       |         
   , ⌒ヽ   (     ヽ   ゝ    '⌒ )      ⌒ヽ     
  (    ⌒ '        (        ' ⌒ヽ  (    ヽ  ( 
.:...^.^:ー.:.:.:.:...::.:.:.:..:.:.:^^~.:.:.:.:.::::.:.::^::::... :. :.:.. .:.: :::::::::::::::::::::::::::^ ::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::、::::::::::,::::::::::::....:.:.:......:.:.:....:,;;;;::.:. :::::;::;,:::::::::::::::::::;;.;;:/(:::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,:,::::...:::::::^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.;,;:;;,;;;:::::::;.;:/:;:::::::;::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l,;::.::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            _
        ノ |_   ll__l---||_       Nice boat.
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー〜´~~~~

┌──────────────────────────────────────┐
│ ノルウェーでは二人はフィヨルド見学やヴァイキング・シップ博物館の観光を楽しみ、     │
│ そこから列車でスウェーデンに入って、首都ストックホルムで港内遊覧船の客となった。   │
└──────────────────────────────────────┘

269名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:23:03 ID:Gjl6NKUI0

              ./ ̄ ̄\
             _ノ  ヽ,_ . \        
            (●)(● )   |
            (__人__)     |         先生、すばらしい風景ですね……
            ヽ`⌒ ´  .   |
             {       .  i         氷河の侵食した跡そのままの
             ヽ      ノ
                 >ー,-- ':;\         大小さまざまな島が連なっていますよ
               /:;:/レ'/;:;:;:;;:;:;:\
                 {:;:〈/:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;\      それに程よい潮風が心地よい……
               ∧:;:;:;:;:;:;;:;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;}
             /:;:;:;〉:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;〉:;:;::;:;/     
            /:;:;:;:;:/:;:;:;:;;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;/
_______<:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;::;:;:;/:;:;:;:;:;:;:/___________
          {~ >/:;:;:;;:;:;:;:;:;:> 、:;:;:;/
'T''''T T''''T T'''''T/:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:{   厂┐  ┬─┐   ┬─┐   ┬‐
| | | | | /:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:: ̄~7|  |  |  |   |  |   |



         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /            牧野君、牧野君!!
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /          大変だよ君!!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)     ちょっとこっちを見たまえ!!
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

270名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:24:00 ID:Gjl6NKUI0

              / ̄ ̄\
            /  \    \        なんですか、先生
           .(●)(● )  u. |
           (__人__)  u   |       
           .(`⌒ ´     |        一体どうしたんですか……
            {         |
            {      u. /
            .__\     /リ 厂`'‐- .._
        / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ



                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \      見たまえ牧野君!!
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |     「陸奥」が、戦艦「陸奥」が
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )       あんなところに居るお!!
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

271名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:25:04 ID:Gjl6NKUI0

                                            ┌┐
                                            l__,l
                                           .  || 
                                    .,,,,,、 .,,,,,、   .  ̄|| ̄  
                                   |lllllll| .lllllllll    _||_ 
                                   |  .:| ゙l、 ゚ヽ,,_  /.i|||~| r-ュ_     
                     _  ┌──┐.[.三.] │ .|  |%,,,、゙゙゙ヽ/__iヨヨ====i==l { ̄'iァ━           
         ━━/ニニ三ニi |_.|..|弋三三三フ|Ⅹ|  ト弋二二二二フ==i二二=====i ̄ ̄| i二三二ニ゙、━━  
 .、:   、      | ̄ ̄ ̄| ̄  |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄━i''' ̄i ̄ ̄{ ̄'iァ━ ̄ ̄{ ̄'iァ━ ̄ ̄ ̄´|   | ̄ ̄ ̄|        __
 /"` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷

海防戦艦  スヴァリイェ(Coastal defence ship "Sverige")

*満載排水量  . 7,820トン             *速力     22.5kt
*全長....      119.7m  .           .*航続距離  14kt/2,720海里
*幅..   .     18.67m              .*主兵装   28.3cm連装砲2基(4門)、15.2cm連装砲1基、
*吃水. . . ..   6.7m               .         15.2cm単装砲6基、45cm水中魚雷発射管2基
*主機. . . . .  蒸気タービン2基、4軸   . *装甲     水線203mm、甲板50mm、司令塔175mm
*出力        20,000馬力      .     *乗員     450名

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4f/HMS_Sverige.jpg

272名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:26:01 ID:Gjl6NKUI0

    __
   /ノ ヽ\        何だ、脅かさないでくださいよ先生……
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |      あれはスウェーデン海軍が主力とする海防戦艦の一隻で11インチ砲搭載の
. |        |
  |        |      「スヴァリイェ」じゃないですか……
.  ヽ      ノ
   ヽ     /       まあ、確かに湾曲した煙突は似ていますが……
   /    ヽ
   |     |       何でも1934年からの大改装で「陸奥」に倣って煙突を曲げたと聞きましたが……
    |    .   |



       ____
     /⌒  ⌒\         何だ、そうかお!! 「陸奥」をまねたのかお!!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      それなら似ていても不思議はないお!!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /      やる夫の真似をするなんて不届きなヤツだお!!
       ̄ ̄ ̄

273名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:27:00 ID:Gjl6NKUI0

         / ̄ ̄ ̄\       平賀さんは僕の原計画通りに「陸奥」の煙突を曲げておきながら
       / ─    ─ \
      /  (●)}ili{(●)  \    結局僕には一言の挨拶も無かったんですよ……
      |     ___´___     | 
      \    .`ー'´  . /     あれであの人がどういう人かよく分かりましたよ……
      /             \
\                                                              /
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      __
 ..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
 .::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
 :..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....  「陸奥」の煙突を曲げた経緯は
 .: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
 ::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....  俺は藤本さんから直接聞いていたけど、
 .::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
 ::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....   平賀先生、ひょっとして本気で自分のアイデアだと
 .::..:...ヽ::.....   ノ         \
 ::..:..:..:/::..   く  \        \        思い込んでるのかよ……
 .::..:..: |::...   \  \        \
 ::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \

┌──────────────────────────┐
│ やる夫の計り知れない無邪気さに、牧野は恐れ入った。   │
└──────────────────────────┘

274名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:27:58 ID:Gjl6NKUI0

             ii {   "、,
             !!,ヽ" ' ヽ‐,
              ,-ヽ   =`,、,_,,、    ,=-、},~,}
              `},      ,-`, ,-‐'´   `‐'‐、 _,-‐'´
        _ ,, ,, ,  r‐`‐、    `´~        '"; ,
      ,,,,-、}~`´~{_}´                   ;,     ┌──────────────────────┐
         ;                       , ;    . │ ストックホルムから南下してデンマークの首都   ..│
        ,;                       ;',    ....│                                │
       ;'"                        " ;    .│ コペンハーゲンに入り、一日市内観光をして     │
        ";                         ',,    .│                                │
    , , , ,;,'                           ;    │ 北欧旅行の全日程は終った。              │
    ";                             ';,  . . .│                                │
     ,;                              ";  │ やる夫は引き続きドイツの視察旅行に向い、    │
    ,;'                            , , ; .....│                                │
    ;'                          , , ;'     . .│ 8月21日の昼前にハンブルグに到着した。    ......│
     ';,                      , , ; ' "      ....│                                │
     ,'                    '; '"           ..│ ドイツでは駐独造船監督官の喜安貞雄造機少佐と │
     ",                     ";          ....│                                │
     ;'                     ',           . .│ 松山武秀技師が出迎え、牧野は           .│
      '; , , ,                   ' ; ,          . │                                │
        " " ' ,                  "; ,        │ 引き続き気軽な随行を許された。          ...│
          , ;                    , ";    .. .└──────────────────────┘
          ,;                    ; "'
         ;                   ';', "
         ,;   , ,             ,   ;,
         "' ' ' ; ' " " ' ; ' , , ' ; , , ; ' ' " ' ' ; ,;

275名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:29:00 ID:Gjl6NKUI0

       i´` ー- 、_
       |ツ     `'' ー- 、 _
       |メ   __       `''' ー- 、_
       ヾ´ ̄     ̄`''ー‐- 、 _    `''ー、      ┌──────────────────────────┐
        ,!≡≡≡口C三∃     `''ー 、 _,,ノ       .│ ドイツでは二日前、先に死去したヒンデンブルグ大統領の   .│
       r'´~~ ̄ ̄_フ ̄`'''ー- 、._    /´         │                                       . .│
      /_,,. -‐'''´         `''ー 、l          │ 後継者として、ナチス党の領袖アドルフ・ヒトラーが        ...│
     (二__/;;;=-        /´゙l! :::::::::/           │                                        │
         / ',‐        ,ムノ/  :::::/           ...│ 「総統」の名で独裁体制を確立していた。          . . . │
         (_ノヽ      、_,ノ   ::::!          ..│                                    . ........│
        杉_,,,             l          . ..│ やがて彼は、その魔の手を国内のみならず          ....│
         ヽ `            _, ‐'´゙ゝ           . .│                                     ...│
         |        , -'´  /  \        │ 周辺諸国に伸ばしていくことになるのである。           .│
         ゝ- 、_   /   /    , -''ヽ        │                                  .   ......│
             `7´   /   /    \      .│ 日本もこの動きとは無縁ではなかった。             . .│
             /',  /   /  , - ‐ -、 \     .└──────────────────────────┘
              /、rヽ/    / / / /  `ヽ \
           // ,〉'´    /  / / /  ///ヽ, ヽ
           | /  /`ヽ''゙  / /  /     '/ / lヽ.!
           /   /    //  /     / // l i
             /  /    // /      /  // l l |
           / ,イ   , -─ ,/ //    /  // l ! i
          /'/-/'´ ̄,   / //     /  / /  l l  l
         / /    O, -、 /_, -''',ニニ、 ‐- 、 / /  l |  |
         |! r、_,. -'ヽ'゙i  ヽi  //ヽ, \   `''ー、 | l  |
      /! ヽ'  ◯ |    | /、 \ <  ヽ     ヽ、  |

276名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:30:00 ID:Gjl6NKUI0

      ___
    /     \           やる夫はヒトラーにあまり馴染めないお
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |        あの男には海の香りがないお
 \      ` ⌒´   /

┌──────────────────────────────────┐
│ それがヒトラーの総統就任のニュースに接した時のやる夫の評価であった。  ...│
└──────────────────────────────────┘

277名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:31:00 ID:Gjl6NKUI0

                    ハ
                     /∧
                 ///∧
                  I┴┴I
                  不スス不
                  |    |
                  |    |   _r‐=='^ ∧ー- 、                          r7_
                  |    |- '´..:..:..:..:..:.. f二j..:..:..:.ヽ _ r 、         ,. -─一¬二三//:..:..:
               r ー|    |:..:..:..:..:..:..:..:..:..|  |.:..:..:..:..:..:..:..:..: `ー-- 、_/ 同:..:..:..:. 内ハ..://..:..:..:.
TTTTー--一Fテ三] 「|-‐'´..:.. |    |.:..:..:..:..:..:..:..:..:.|  |:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..|叭≧≦片爿:レ '.:..:..:..:.
立立立立立立立立≧、 :..:..: |    |..:..:..:..:..:..:..:..:..:|  |..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.上士士士士士士士士
工工工工工工工]   L≧ |[]  |三三三三{r二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二ュ_ ..: :.:. ....:.:. :.:. ..:.:.: :.:.:. ... :.: ..:.:.:.: ::.: .:.:.:.: :..:. .:.::.:.: :.:.:. .:.::.: ..::.: . :.:.:. :
_______________|: ..:.: :.: ...:.:.: :.: ....:.:. . .:.:.: :.:.:.:.: .:.:. ..:. :.:.: .:.: .:.:.: ..:..:: :.:.: : .:.: :: .:.:: .:. :
. :::.:. :. .::.. :. ...::.: : :. :::.: : ::.. .:.:...::::. : .:: : ::.:.: ..:.: :.:..:. ..:.:.: : ..:.: :.:.:. .:.: .:.:..:. .:.:.:.: ::.:..:.:. .:.:. :.: . .: :.:.: :.:.: :.:.: .:.: :.: .
:...: .. ::.:.: ...: ::..: :::: :. :. :..:::. .: :.::. : . . .: .:. :.:.: .::.: . :.:.:.::....::.: .:.:.: .:.:.:.:. :.:.:.:: :: .:.:.: :.:.:.:.:. :::.:.: .:.:.: :.:. .:. :.: .: :.: ..:.: .:

┌──────────────────────────────────┐
│ その日はハンブルグに泊まって、翌日、当地のドイッチェ造船所を見学した。 .....│
└──────────────────────────────────┘

278名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:32:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ ドイッチェ造船所では、一行四人はトローリー式船台クレーンの脇にあるエレベーターの塔に    .│
│ いきなり押し込まれた。                                            ..│
│ 最上階の動力室まで上がると、そこにあるテラスからは造船所が見渡せたのだ。           │
│ 牧野は真っ先にテラスに出て、その絶景を眺めた。                            .│
└─────────────────────────────────────────┘


ニ=====━┐               皿
       |""| ̄ ̄"ヽ、         _||_
--ー """l;;|/| iIiI i] ロ jj____        ||_||
      |;;|_|]] ロiii i=I T]、___| .|_   Π Π| ̄|ヽ __      ;;;;; ;;;;
--ー"""  | /L同,,i  Ii_ i[]_ ΠΠ//   .「i Iヽi Π、,,, ΠΠ,,,,,\,,,,,,,,,,,,;;;;[=iiiii
       | ,/゙|┐ ̄/|//] /|i~i /  i ii[] i/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ I] [\Π ||-
       |"  .|_|] ̄ ̄]= ̄|.|    [二二ii / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_[二] =二
       |   |,/|]i ̄i  ̄/    _||」二/  | ̄|| ̄|    ;;;;|‖]\\≡三
       |   |   |` i‖‖二]::  .|\三三三/ ̄ ̄\三三三三三三三三
       |   |/ | ̄ ̄| ̄/  `゜ ||"||\`/      \`````````````
       |   |/ | イイイ|_ ̄ l,ト  .| | .||]]|         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |   |/ |イイイ | | 丿 ;;/;;| |. |_]]|        │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |   |/ | イイイ| |i´  : │   .|]|         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ┬―――――──────── |        |―┴―_________
  ,/ .|                     ヽ       /   /
..,/;;;;;;;;|                        ヽ      /  <  これはすごいぞ!!
"   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >     < ̄ ̄ ̄\
  /                     /,⌒       ⌒     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;;/                     ./ /|           \
                       // |      . | ヽ、二⌒)
                    (⌒/   |      . |

279名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:33:00 ID:Gjl6NKUI0

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )        平賀先生、早く来てくださいよ!!
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)         これは絶景ですよ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }         造船所が全部見えますよ、先生!!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

280名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:34:02 ID:Gjl6NKUI0

          /   ..:::::.::::::::/::::::〃   l:::::::ト、::i::::::::l::::::i:::::::ヽ     
            /  .:::::::::::/::::/l::::::/,'    !:::::|!:!:::::::l::::::l::::::::::',    
         ′::::::::::::::〃_;/-!‐/┼     !:⊥_i::l::::::::|:::::|:::::::::::i
         i.:::::::::::::l:::/;´:/ l::/ l       !::! l:「iヽ、l:::::l::::::::::::l           , -‐、_r 、                \
          l::::::::::::::|::! l:/   !′ l       l:|  l! l:::::liヽ|::::::::::::|          /  f_ )´     / |            ヽ
.        |::::::::::::::l:;! |' _,.⊥._        l  | !::| !::|:::::::::::::!        /   / /      /  |  i,               ,
.        |::::::::::::::l /, :'⌒ヽ`      =,==、、 !| l::!:::::::::::::|        |  / / /       /   |  !\.    .  ヽ     l
          l::::::::::::::| '  {r:::::::_ノ        {::_::::::::ヽ\ l!::::::::::::::!        i /レ' |  / // _ , ヽ| 、_ヽ_|ヽ  l,    |
        |::::::::::::::!    ̄            `ー-='   l:::::::::::::l         V   l  / /ィ ´           \.|`\i! i  │
           !:::::::::::::|                     ,'!:::::::::::l             l /| /´   ,.=     = .、   l`l |   |
         l:::::::::::::|         '           /1::::::::::l              レ!::!/ゝ  / , - 、      i´ ヽヽ. ゝリト、 l!
           !::::::::::::l                   / '|::::::::::l               lfYヽ i  l _ 、!       、ーノ '   f ,.リ
         l:|i:::::::::|ヽ                ,.'ー:'|::::::::::!                ヽ.l               _.ィ/
          l! !:::::::|:;、;>、     __      , イ::::::::::!::::::::l      …………       i              / /
            l::|、:レ′ !`,iー- .._ __,,.  ァ ´く !l:::ハ::::i!::::/l!                   ゝ.            /レ
         _,. -‐l|'ハ!  |´        ハ   V´ }/!|:/|                     `  、.. ⊂つ _., イi/
      ,. ‐'´    /   |           { l   ',`ヽ  ′                        , -j ̄   L-_、
    /      /    !         |   ヽ  \                        /`ー─── '´  ヽ._
   /       /   ,. - 、! ヽ、     _,   ,′ハ. ヽ   \                    ,/| ヽ _,, _ , _ , -―/ ,.ゝ.
  / ,. -―- 、  / _, -'´   ぃ     ´  / 〈 \ 丶   ヽ                 /| │   |!   |!   /  /  \

   ┌────────┐                                   ┌──────────┐
   │ 松山武秀技師   │                                   │ 喜安貞雄造機少佐   │
   └────────┘                                   └──────────┘

281名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:34:30 ID:Gjl6NKUI0

              / ̄ ̄\
            /  \    \        あ、あれ?、先生は?
           .(●)(● )  u. |
           (__人__)  u   |       
           .(`⌒ ´     |         喜安君、松山さん、
            {         |
            {      u. /          先生は一体どうしたんですか……?
            .__\     /リ 厂`'‐- .._
        / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ

282名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:36:00 ID:Gjl6NKUI0

____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_   .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o ..ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'      i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  / \  ._ノ:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
\__  ________________/
     ∨
         ,, -───- 、
      ,,-'":::::::::::::::::::::::::::::::`' 、
    /::::::::::/:::/ i:::::::::::::::::::::::::\           やる夫は動力室の中だよ
    /::::/::::::/::/  l::::l、::::::、::::::::::::::゙、
   /:::/i::::/ l::l   i:::l \::ヽ:::::::::::::゙、          絶対に出て来やしないって
   i::::i l::/ ̄l:l   ヾl ̄ ゙、:li:i:::::::::::::i
   l::::l l/___リ   _|__ヾl|l::::::::::::::l          だってあいつ高所恐怖症だもの
   l:::::l'´(.:::)    (.:::) `' |::::::::::::::l
   l:::::l  `      `   l::::::::::::::l          何だ、知らなかったの?
   l:|:::l    '       l::::::::::::::l
   l|l::::゙、          l::::::::::::lリ
    l:::::丶   っ    ,,/|::::::::::/
    |;/|;/ `'ー-、、 イ  .|l;/l/
 ( ノ        ,,,,l  , l,,,
 ( ノ      ,'"_|___|,`、
  ゞ==,ヘ,   l二〈 __ __ r二l
    (_ ゝ、 / / .l    l i l

┌───────────────────────┐
│ やる夫の6年先輩になる松山が、牧野に囁いた。   │
└───────────────────────┘

283名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:37:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────────┐
│  ┌────────────────────────────────┐   ...│
│  │            ____                              ...│   ...│
│  │          /     \         塔と言っても高いだけだお    .│   ...│
│  │        /_ノ  ヽ、_   \                           ..│   ...│
│  │       /(●)三(●))   .\                           .│   ...│
│  │       |   (__人__)      |      つまらん、やめるお!!     ..│   ...│
│  │       \ ヽ|r┬-| /   /                            │   ...│
│  │       /   `ー'´      \                           .│   ...│
│  └────────────────────────────────┘   ...│
│                                                       .│
│  ┌────────────────────────────────┐   ...│
│  │::::::... ..丶                                        ......│   ...│
│  │:::::::.... ...\                                        .│   ...│
│  │:::.' ──-.. \            ……牧野君……                 │   ...│
│  │:::::::... ⌒__丶 \                                    ....│   ...│
│  │:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ                                   ...│   ...│
│  │:::::::::::.... __ ..丿   ヽ                                  ..│   ...│
│  │:::::::::::...    ヽ   .ヽ      君が威張れるのはパリだけなのかお?   ..│   ...│
│  │:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶                                 .│   ...│
│  │::::::::::::::.... ..::ノ      .)                               ...│   ...│
│  │:::::::::::..   ../       .ノ                               .....│   ...│
│  │:::::::::.⌒ "       ..ノ                                  │   ...│
│  │:::::::::::::::::....    ....::::::../                                   │   ...│
│  │:::::::::::::::::::::.. ......::::./                                  ...│   ...│
│  └────────────────────────────────┘   ...│
└──────○───────────────────────────────┘
           O 。

            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \        なるほど、それでエッフェル塔やリヨンの展望台に
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|        上ったときに不機嫌だったのか……
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /        先生に悪いことしちまったなぁ……
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ        これはどこかで埋め合わせをしないとな……
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

284名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:39:01 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ ハンブルグ見学一日に続いてキール見学一日を終えた一行は、夜の首都ベルリンに移った。   │
└─────────────────────────────────────────┘

               _ ,. .-‐ ´ . ..:: :::::::::::::::::|:::::::::::::::: .:. ..
         _ ,. .-‐ ´      . :. . :.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::. :. . .
    _ ,. .-‐ ´        . :. . :.: ::::::::::,. .-‐ ´´`‐- ._::::::::::::. :. . .
-‐,- i              _ ,. .-‐ ´      l       ` ‐ - .,._
  l . |        _ ,. .-‐ ´             l   _
  l : l _ ,. .-‐ ´                   |  i `'i‐-
  | `.l                  _       .l  l‐-l ,._
  l  |    ,.= 、、   i'`ー‐-クk´ ヽ        l
    l   , /ムl!lゝ: .     、,-γ´ - ヽ l 
    l,  l l L|l!「」 ll  .  i´`i( i;:l )レ′
    !  _.i_l_,li__ll__     、 ヾ_ヵ_-'ゝ    .|
    l  l__   l 」  ___  ̄ __ヽ! _   .|
  i  l      ̄ ̄  | DREAM C CLUB |   l 
  l  |   ────    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  l   l|「 ̄」|i|「     ________ ,   i   __
  l  |   ||「 ̄」|ll      l ‐- ,,._.___i  ,|  |    ̄ ̄
((::.,) l .    l|i      .|    |「 ̄ ̄ .| 「D ! | l三三
  l  l       .l     i   |    l「 ̄   .l l R l . l |ニ
  |  |   |l       l   |    |l   . 二| | E l . l l 
  |  l  l|_  l.i _」|   !     l  _  | l A |
  i  |     ‐ ‐ -- '   !     l __  | l M.|
  l  l            |    |l____,| l C l        ,、 ,、
,. _l_ ,. |            |  ,. --'== = l | L .!     (:::.. ,,)
    ` ‐-   _      l  l ̄ ̄ ̄ ___! !.U.|     _,.l iヮゝ
,. _            ̄    ‐‐--   _   .l.B l_,. -‐ '" ムl__,.>
 ,ー、 ‐‐--  _                  ` ´       (ノ 
 i::.. ヽ         ̄  ‐‐ -     _           _,. -‐'"
-': .: . ヽ                     ‐-=  ‐
: :. :. .  l
: : .:.   ノー-、

285名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:39:30 ID:Gjl6NKUI0

┌───────────────────────┐
│ クーアフュルステンダム大通り  高級ナイトクラブ   .│
└───────────────────────┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            ||
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           +  γ+⌒ヽ  +
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             +     (,++++)   +
::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   / ヾ---´ \ 
:::::::::::::::::::::::::::::::
               (, _
             . <⌒8'´   `ヽ
      /~二二二 レ'´i ノヾヽi)) .二∧_∧二二二二二 ̄ヽ
    / /|      .ノ从゚ ヮ゚从   (´∀` )       |  |
  / /  |____  ⊂}i--iつ__ と   |______|  |
/ /.  /   ___ く:i__i:〉__ ( ( __)____/  |
| ̄|  /   /|    / ̄日 ̄日,ll、 |^^;| ̄ ̄/|  |  /
|  |/   /  |_./ ((。・゚・。)) l,_,l .L_゚」  /;;;;||.._|/
|   ̄ ̄ ̄|  / ./             ./ ;;;;;;;;||
|____|/   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
.            ||                  ||

286名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:40:00 ID:Gjl6NKUI0

|  なかなかいいところだお、牧野君!!   |
\________  ________/
              | /                          / ̄ ̄\
              | /                         /  ⌒  \  
      / ̄ ̄ ̄.\                         赱r_i. i、赱ィミ |
     /   ::\:::/::\                        (__人__) ⌒::::::|  
   /     ,(⌒)::::(⌒).\                       トエエエイ    |
   |     /// (__人__)/// |                      {`゛゛´    |  
   \      ` ヽ_ノ   /                      {       /
     ヽ    , __ , イ                         ヽ     ノ
  ____( ̄ ̄      ̄\.▼                ▼/ ̄      ̄ ̄)____
i⌒ ゙ヽ  ゙ヾヽ ̄ ̄ヽ   ヽ` (⊥)゙ッ            〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
i;;;;;;;;;;|__ 'し∧ ∧゙ヽ   ゙ヽ/⌒゙i i___   ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

                    __________________∧____
                  /                                  \
                  |   そうでしょ? 先生のために                |
                  |   伯林でも1・2を争う高級ナイトクラブの席を        |
                  |   ご用意したんですから、存分に楽しんでください!! ...|

287名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:41:00 ID:Gjl6NKUI0

.     /: /://: :,.イ: : : : : :/: : ,: : :i: : : :ハヘ ハ
    /: /:/彡:彡' /: : : :/: イ ./  |: : : : :i: :', !
.   /: :/\彡'  /: : // j: /. /.イ. . . . . . . i.|       いらっしゃいませ
   /: :/ィ::} }/ ィ彡-メ/  /:/.:/:/: !: :.j: |: : }: l.|
  ,' : :ハ r:.  ={r芹cく`ヽ V:{:{ l:l: :l:l: :i: i: :/:/ |       あの……すみません、このお店初めてですか?
   |:l: :i: l   ゙ .乂zン '   ヽX弌={_i: :l:ノ:/:/: ,'
  |:| !: `トイ ..:::::::::::      .ィテ示ヾx: : :/: イ        もしよろしければお隣でご一緒させて
  |ハ:.|/:l: l:|  .::::::     i   戈沙 》 Yソl: :|: | 
  |: ハ!: :! 小       ノ   ..::::::='´ /, -、: |        いただきたいんですけれど……
  l: : i: : !{: /ヘ.  丶、     :::::∠,.-く_, ヘ.\
  '.: : ヽ:ヘ/  丶    ̄   ,.イ/{ { く /  ハ
──へ.: Y',ヘ.   丶 _ ..  <: (⌒ヽVヽ」.{   ヘ
i:i:i:i:i:i:i:i:i\! ヘ `       |: /;//:/へ、    `    \
i:i≪i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ._      乂ノメ:/:,': :/へ、
Vi:i:i:i≪i:i:i:i:i:i:i:ヘ`      /,メ//: ソ{{` ̄\



三|       |: : : : : : : : : : : : : : : : : \
三|       |:. : :./: : : : : : : : : : : : : : ヽ
三|       |: /: : : :/: : : : : :|: : : : : : : : :.
三|       |/: : /: :/: : : : : : :|: : :|: : : : : : i .___
三|       |―‐-く : : : : : : :/:.: :.|: : : : : : K∠´{
三|       |ム/:ハ!`ヽ : : :,イ:.!:. :.|: : : : : : ト、__`ヽ      あの……
三|       |::心ヽ.|: : : :/:/‐|-.、|!: : : : :i:.|;;;;;;;;;/
三|       |::::ン  レ/ムイ/:!:./ヽ:/: : //;;;;/
三|       |¨´   ´  ,ィうミレ、ノ:/: : //;∨         私もお隣いいですか……?
三|       |"'      い::ツ ノ}ムイノ;;;/
三|       |    '    `ヾ´u ': /;;;;\/
三|       |  r_ァ     "'/ : /;;;;;;;|;;;|
三|       |、      , イ : : :∧`ー‐ハ
三|       | >―z‐くi : : |: : : :|: レレ∨
三|       |  /  ii: : :|: : : :|:. : : : : |
三|       |,.ヘ'   /|\_|: : : :|:. : : : : |
三|       |爪\ /::::i ̄八: : :l : : : : 八
三|       |::::iヽ:レ'、:::::|   ヽ: :i`ヽ: /: : .ヽ
三|       |::::|\::::::〉::|     i: :|  i: : : : : . \

288名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:41:32 ID:Gjl6NKUI0

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\             いいよいいよ、何人でも来い!!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //          女の子がより取り見取りだお!!
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <              今晩は無礼講だお!!
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)

289名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:42:00 ID:Gjl6NKUI0

                                   , . . :.':. ̄:.:.`::.: 、
                                , イ::::::::;ィャラ-:ニ-::::、:::\
                                  ,ィj匕;ィチ彡ン=-:::::::::::::::::: :ノ::ヽ
                               ,ィj/´= }ミ三三ニ;;ラ'::彡::::::::;::::;:::ハ
                       __________,イ;イ{ :/ノ'゙ミ゙゙゙゙゙ブ彡ンイ/::/:i:::i:::::i
                   /\》,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;イ;イi爪 ″ >爻彡イ:;::イ,イ:,イ::リ:::}:::,'
                  /ー 、 V》,::.:.:.:.:.::;イ;价ソ'7  .:¨(心, 豸彡'::::,イ::,イ::::,イ,イj/
                /     V》,:.:.:.彡イ:川| i  ::::::` ′/:::::,イ::〃:::,イ:,イj/
.                /         .V》, :.:.:.:.イリ小 !       `ヾ斗ォk从/,イ:j/
               /          |:l|:.:.:.:.::/    '.   、   ノ  く少〉!ソンj;ン´
               ,ィ/          /|:l|:.:.:.:∧ヽ ,.-ァゝ、 `   .::::,`イ´:彡'
           /∧         ./: |:l|:::::/: \__ノ ::.:.:.: ̄二ラ彡彡イ;У      うふふっ、それじゃあ
.        / /  \__   ._V::::i::|:l|:::::|  /:::::::::::::::≫彡彡彡イУ
        i  ヘ.      ̄ ハ::::::ヒ==:レ'´:::::::::≫ '´イ 彡イ У´        今夜は返しませんよ?
        |、.  ヘ      /  `ーァム:シハ:=≫'´::::/    ノ´
        ,イハ   ├----┬'  /:://:::ト、:::::::;:::;イ -   /            お客さんたち日本から?
.       ,イ:::::ハ、___|    |、 ./:::::/ |:::::}   /-―--、 /
.     /:::::;イ::::/i:::::i:|    |Z_厶_ム, ノ:::ノー'7´      ./              外国の人には精一杯
     {::::::i:::::::i:::i:::::i:|    !ゝゝ、::i:::::Tく  /-ァ―― 、,/
    ,/!::::ノ::::: i:::i≫リ    !⌒ ヽ:::::::\\゙/    /                サービスしますから……
   ≪:::::::::/:::::::::i》'´ i     |    \=== /    /
   `゙≪:::::::≫'   .i     |      ', /    /
      `ー--\   !     i       }/    /、
          `ー-|    /,       イ    /  \
             |     .N       i    /.    ヽ

290名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:43:00 ID:Gjl6NKUI0

                           ,. -‐==、、
              ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、
            _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\イヤッッホォォォオオォオウ!
            //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
             /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、 
.           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
       /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
     /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\  
.     /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、

┌─────────────────────────────────┐
│ こうして多数の女性をはべらせたナイトクラブでの無礼講は深夜に及んだ。   │
└─────────────────────────────────┘

291名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:44:00 ID:Gjl6NKUI0

┌─────────────┐
│ 翌朝のホテル────  ......│
└─────────────┘

        | | | |            ___            | | | |
        | | | l             /,.-┼-、\        | | | |
        | | | |          | Λ__,|,__Λ |         | | | |
        | | | |          | |____f|f____| |         | | | |
        | | | |          | |f⌒゙|゙⌒f| |         | | | |
        | | li< ゙̄>、        |_|_____|_____|_|         | | | |
____________| | r'| | ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄´          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー''´ ̄ ̄ ̄
i込込込込ir‐厂| | |  | |_______i< ゙̄>, ______________
ーー―‐厂| | | | |  | |ー――――| | ̄| |ー――――――――――――
     | ', l/:| |  | 「「「 ̄「「 ̄「「| |  | | ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「
       '、У ,.イ| |  | |」」_」」_」」」 |  | |_|」_」」_」」_」」_」」_」」_」」_
      /.:.;イl l.| |  | l二二二二二| |  | |二二二二二二二二二二二二二
        |.:.{ l/| |  | |  、__,、__,、_,. | |  | |}`iー――i"{      | | | |
____| .:レ /| |  | |  }l了下|{. | |  | |} {‐。┬。‐} {_____j厂 ̄}___
__________j| .:|/  厂´゚ ̄| }l込上l{. | |  | |}_{__|__}_{_込込ヒ/  /|込込込
________{| .:|  |______| ⌒⌒⌒゙ | |  | |_______________,/  ,.イ|j|
______{|:.:{  _,| |  | |_____| |  | |___ _ _ __,,,.イ |,!'/
____{|:.:∨ ,.| |  | |厂厂厂厂厂| |  | |厂厂厂厂厂厂l´ |_,!イシ′
___________{|:.:.:∨i| |  | |辷辷辷辷辷| |  | |辷辷辷辷辷辷辷>'′
___________liト、__}fヘj_j/           ',i_j/
_______lli:::::::|
_______,ゞ、__}、
_____,ノ  )
           ,/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

292名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:45:00 ID:Gjl6NKUI0

              / ̄ ̄\
            /  \    \           せ、先生、おはようございます……
           .(●)(● )  u. |
           (__人__):::::u   |           夕べは途中ではぐれてしまったようで
           .(`⌒ ´     |
            {         |            申し訳ありませんでした……
            {      u. /
            .__\     /リ 厂`'‐- .._      無事にホテルに帰られていたようで何よりです……
        / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ



            / ̄ ̄ ̄ \
          //     \\
         /  ( ≡)   ( ≡) \         やあ、おはよう、牧野君……
         | ///  (__人__) /// |
          \__ `ー ' ___/         いや〜、昨夜は陥落寸前だったお
         /    ヾ、 //  \ ヽフ
         ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)       ベルリンというところはなかなか
        i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
        |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |          激しいところだお……
        ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
          ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
             (__ノ

┌───────────────────────┐
│ 牧野とやる夫は、ホテルの食堂で無事再会した。  ...│
└───────────────────────┘

293名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:46:06 ID:Gjl6NKUI0

        ゝー|.:.l:.:.:l.:.:.:i.:.il:.:.:il.l:.:il.\:.:.\:.:.:i.:.:.:.:i|.:.:.:.:li.:li.:.li:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.|!:.', く
        {__ノl.:.l:.:.:l.:.:.:l.:.:li.:.:.li:l.:.il  \.:.:\!:._:_;;、-ーT丁.:li.:.:.:l.:.:.:l.:.:.il:.:.',ソ
         )ソl./i.:.:.l:.:.:.l:.:il─十ーli-   \:.:イ:.:.:.:.i:l:,,、i、!|:.|i.:.:.:l.:.:.:l.:.:il.:.:.;}
          ヽl/:l:.:.:il:.:.il:.:il!_l__|i;i!_liヽ    \!人彡斤j}ゞ:.j:.:.:.:l.:.:.:l.:.il.:.:/        失礼いたします
           |Υi:.:il:.:.∨《ヾ升勹ゞ      弋心夕 !/:.!:.:.:.l:.:.:.l:.:|!:/
          /ハi:l:l:|:.:.:.:.:i; 弋_シ"          /////://:.:.:.:l.:.:.l:.:|ゞヽ        牧野茂様でいらっしゃいますか?
           // .ノ!:i:l:.:.:.:.:.∨////     !.      //:.il:.:.:.:.l:.:.l:.:|:|\ ヘ
         //:./:.li.:.:.:.:.:.∧             //i.:.:|.:.:.:.:l.:.l:.:il:.:l  ヽヽ      パリから牧野様に
     __ ///:.:/i:.:il:.:.:.:.:.:|i:.::..、     ー ´   /l:.:l:.:.i:.:.:.:l.:.l:.:il:.::l   ノソ
    // ̄/:./:./:.:|l!ハ:.:.:.:.:il:.:.:.li.:> 、      / ゝ!:.l:.:.|:.:.:l.:.l:.:il.:.:.|! ( (      電報が入っております
   / /   /:./:./:.:.l:i.!∧:.:.:.:.:ヘ:.:.:l l:ヾ| ` 、  ./  ,,ノヽ|:.:.l:.:.l.:.l:.:!.:.:.:.i:l \\
   ∨   {:.{:.:i:.:.:.l:.l/ ヘ:.:.:.|!ハ:.:リ/`ー-、,,___  ,,、-''   ヽ:.!:.:l.:l:/_!__!|___ヽ )
        l:.:l.:.:|:.:.:.li|___\:.li :.∨     /∨ヽ       /i/:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄`\
       /´ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;\|´ヽ、    /ラ{ニ}=ヽ     / :i/\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\  \ / /リ iヘ ヘ / /    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        ∨::ノ::ノ  |:::ヽ. ´        ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      /::::/::/ (::)l::::::}         i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

294名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:47:00 ID:Gjl6NKUI0

      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\             俺宛?
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /            一体何の電報だろう?
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
       |                    |
       |                    | 
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
       /              /
     /   スク  カエレ   / 
     /              / 
    /   ____     /  
   /             /  
 /             /  
... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

295名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:48:00 ID:Gjl6NKUI0

     / ̄ ̄\
    / _ノ  ヽ、_ \
  . | ( ●)(● ) |        ……先生、申し訳ありません
  . | u. (__人__)  │
    |   `⌒ ´   |        至急パリへ戻れという緊急電報です
  .  |           |
  .  ヽ       /        中途半端になってしまいますが、これで失礼します
     ヽ      /
   ( ヽ  ___ .ノ.丿
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン



       ____
     /_ノ ' ヽ_\          やる夫の事は気にしなくてもいいお
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \       新しい任務のほうが大事だお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´    /       牧野君、今回は色々世話になったお!!

296名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:49:00 ID:Gjl6NKUI0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 牧野の元にはすぐパリに帰るようにという至急電が届いた。                         .│
│ こうして去りがたい思いを残しつつ、牧野はパリに向う「北方特急(Nord Express)」の客となった。 ......│
└──────────────────────────────────────────┘


.,_,.)'^`   、彡ミ,      ⌒):、,_   _    ,..'". .:.:.::. . . .:.::..)\彡ミミ_    ィ爻爻ミ、_    _,彡ミ、
       _爻爻ミ_ノ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`   (  . . .:.::;;;._,,...'"爻彡ミミ、_  `シ爻彡ミ`  :.  ー爻爻ミ、
'ヘ.ノ^ヽ.,' =爻彡ミミ、_                 ) . .:. .:.:;;.;;;.:.)  ;シ彡ミミミミ   爻彡{ミミ、 .:::. -=爻彡ミミ;::::..
     _,爻彡ミミ;x_    、         ノ . ..:.::.:;;;.;.ノ彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、::::::.,ィ爻彡ミミミ、:::..
   爻、 ,彡ミミミミミ=- ::  ,爻、      (  ,..-‐''"~ ゙爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、:::::=爻爻彡ミミ;::::::..
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、 .::::. ,彡ミ、_  .::.     )ノ      ,゙=爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡;:::..
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ;:::::;ィ爻爻ミ、.:::::.. .   (;;;)       ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ:::..
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ;:::;=爻彡ミミ;::::::;    |.:i|       爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ .:::..
:; 爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ     |.:i|  .:::: メ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミ爻:::.
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ ..::::: 〔...;.〕 ...::::::: ミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミ爻:::..
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミミミ爻; ,.r'"´  ̄| ̄〔`二´〕 ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ `ヽ
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミ/     i:           i   i   i  i ((:::::))((:::::))  .i  i   i  i   i   i  i   .||  ||:|
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yfミミ爻ミ l ┃ .::   .:i:   l´`l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .||_||:|
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;fゞ;”〈oヾvミ __」.┃「:!   i:    l二l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .|| ̄||:|
'' ;~ ;f^::;”v:";y;''゚   [〕Yff:::!   |:|; (O)  ((;;;;;;;;))__ 」__ 」 __」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 _ ||_||:|
";: ;: ;: ;:  ; : : ;; :;  _」f1;:;:;!.   ;   i;;  ;,`〒´ : 二ニニ工工工||王王王||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭|| ̄||:|
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''〈.:.:l.:;:;:;:;;',   ;  ..i;    ,.イ;;;:;;;:;:;;;;:;:;;;;:;:二ニニニニ===━━━━━━━━━━━━━━━━===||_||:|
:;   . ;: ; ; '', ;' '/ヽl;;;;;:;:;:;:',__ _レイ[fff〕==:クニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ || ̄||:|
_______/,//\;;;;;;;:;:;:fjfjlイ;;;;;:;:'"´ .: :;:;;:;:;:;;:;:;:;:;; :; :;:;:;:;:;:;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:; ;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;:;:;;: ;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:,;;:;:;;:;:;;;||_||:|
‐‐‐‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 〈:\///\;;;;:;:l」」:;;.   :::[!:::三||三三三三三||三三三三三三||三三三三三||三三三三||三三三三三|| ̄||:|
           \\ ///;;;;;;;/ニiニiニ.:__: fi;   fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;    fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;   fi;; fi  ||::::l||」
.              \\l圭圭;;;;;;;;;;;;;;:;:;.:.:.:.:{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三}
__________\| ̄`(◎)__ _ __ ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´

297名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:50:00 ID:Gjl6NKUI0

        /             i        ヽ
         /              ハ         ヘ        やる夫の欧州旅行はまだ続きますが、
        ,           / V        ハ
        /           /   V        l       ずいぶん長くなってしまったのでここでいったん終わります
       ,'           /    V        l
       |             .      V       l       次回はこの旅行でやる夫に課せられた二つの課題、
      l          /    /´ ̄V      l   !
       .         /     _ _,V    l |      「クイーン・メリー」進水見学と、友鶴問題で表面化した
      V       /_    '´ ィ==ミl      l  |
         V     /_          l    l  |       溶接技術への疑念を裏付けるための調査に
        ∨ l   ' `          l     '  |
         V|   l    l        l    / | l       力を入れるやる夫を描きます
         lハ  |    `    /     l  /   l 丶ーァ
         |人 卜.   ー_ ´     |  .'    l   く     また、次期軍縮会議をめぐる海軍内の
         / \|: :\        / j/    ヽ.  ヽ
         /   : : : : |:`マァ- 、_/   l: :       l   l   不穏な動きも合わせて描くことにします
          /    : : : : :|: : : :}       /: :       l   |
          l   : :ト、: : ヽ/8    __,/: : /:   /  l:_: : l|   次回も引き続きよろしくね
         | : : : :ヽ>ァtゝ8    `≧ァ/: :  /  / \j
           \:\: : : \ \8‐、  '´ /: :   / /   /ヘ

298名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:51:00 ID:Gjl6NKUI0

       、_,ノ      [_ /    |       ―- 、\  /⌒l
        ヽ/      |/    /l    ,      \ノ⌒{    |
         |  ィ , -‐〃   |/ハ    |ヽ       l _[   |⌒l
            V {/  / |   /'|/`ヽ\l  | ,-\   !   |丁´     |
             / ヽ{  | __    \| ァ≠ミ\|  /l |        `フ
            ♀   | \|ィ≠ミ     lrイ| Yノ /|` ー-、   厂
  r―-、            ヽ |      ,   _辻ノノイ^! ♀    レ}ノ      それじゃあ、次回もよろしく!! 
   `ヽ. 厂`ヽ        l   、_         /ノ ノ
     V  /⌒7ー、_     ヽ   V `>‐   /ー'´
     { /   /  / /-‐ 、    \  ー'   /                   みんな、幸せゲットだよ!!
     ヽ     / /、   l\__,ノ\_   ィ
        \     |   | | //       /_
        /`ニ   /  , ! !//- 、    /l |` 77ー 、
         /    /  / j //   \    l | //   ヽ
      /    /  / j//           l |'/    |



第8話  大いなる復帰  終わり

第9話  軍縮条約廃棄  へ続きます

299名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:51:34 ID:Gjl6NKUI0

◎第8話「大いなる復帰」


平賀やる夫            東京帝国大学教授(海軍省事務嘱託):やる夫(AA)


牧野 茂                 フランス海軍造船大学校留学生:やらない夫(AA)


藤本喜久雄              技術研究所造船研究部部員:できる夫(AA)

山本開蔵                やらない夫の義父:牡羊座のムウ(聖闘士星矢)
戸苅隆始                フランス先任駐在武官:海原雄山(美味しんぼ)
玉沢 煥                 前第四部長:キモヲタ(AA)

加藤寛治                軍事参議官:星野仙一(実在人物)
岡田啓介                総理大臣:落合博満(実在人物)
大角岑生                海軍大臣:大ちゃん(AA)
伏見宮博恭王            海軍軍令部総長:エギーユ・デラーズ(機動戦士ガンダム0083)

ストーンハーヴェン卿         イギリス造船学会会長:エルネスト・メックリンガー(銀河英雄伝説)
ジェームス・ヘンダーソン .    やる夫の恩師:カール・ロベルト・シュタインメッツ(銀河英雄伝説)
スタンレー・グッドオール ..    やる夫の同期生:アウグスト・ザムエル・ワーレン(銀河英雄伝説)
ドクター・ケンプ           ハンブルク水槽試験所長:ヨブ・トリューニヒト(銀河英雄伝説)
アドルフ・ヒトラー         ドイツ総統:アドルフ・ヒトラー(実在人物)

喜安貞雄                駐独造船監督官:伊藤千佳(苺ましまろ)
松山武秀                欧州駐在技師:伊藤伸恵(苺ましまろ)

浜辺の女                東横桃子(「咲-Saki-」)
  〃                    固法美偉(とある科学の超電磁砲)
ナイトクラブホステス         姉ヶ崎寧々(ラブプラス)
ナイトクラブホステス         亜麻音(ドリームクラブ)
ホテルのコンシエルジュ .     緑川あきら(メイド嫁)


昭和天皇                皇神楽耶(コードギアス)

300名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/17(木) 22:52:52 ID:Gjl6NKUI0
本日は以上です。お疲れ様でした。
しかし、水着のAAを貼るなんてもう二度とないような気がする。

301名無しのやる夫だお:2012/05/17(木) 22:55:52 ID:uGmdcjVM0
乙でしたー。

302名無しのやる夫だお:2012/05/17(木) 23:14:04 ID:6Pb61Ub60

他人の功績を自分のものと思い込むって、
普通に嫌な奴じゃねえかw

303名無しのやる夫だお:2012/05/17(木) 23:53:58 ID:ioDO.fXY0
乙でしたー。
まさかエロいAAをこのスレで見る事になろうとは……

304名無しのやる夫だお:2012/05/18(金) 00:09:43 ID:2HOoDpTc0
>他人の功績を自分のものと思い込むって、

馬車馬みたいに走るタイプには多いよ。
スティーブ・ジョブズとかね。

身近にはいてほしくないねw

305名無しのやる夫だお:2012/05/18(金) 06:37:41 ID:7iAKMnng0
乙です
まあ、当時からアンチ平賀が多かったのはそういう点も大きかろうな

306名無しのやる夫だお:2012/05/18(金) 07:46:48 ID:Th6fewKQo
乙〜。

307名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/25(金) 00:03:19 ID:nDnCXMR20
こんばんわです。
第9話の投下は5月30日(水)PM9:00より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。

以上よろしくお願いいたします。

308名無しのやる夫だお:2012/05/25(金) 05:23:23 ID:YjY4wycU0
把握っス〜

309名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 00:26:11 ID:ZqL63n9s0
こんばんはです。

予定通り本日21:00から第9話投下です。よろしくお願いします。

310名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 21:26:00 ID:TmpWStng0


311名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:33:19 ID:QE9.Cd2U0
投下開始遅れました。
ただ今から始めます。申し訳ありません。

312名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:33:40 ID:QE9.Cd2U0

                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

313名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:34:00 ID:QE9.Cd2U0

| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!!
\__________  ________/
                 | /              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | /               | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
    /{__/⌒ ーヘ    _/ , -- 、 -―ゝニイ ゝ _ノ   |
   弋       」__ /  /    ´ ̄ ̄`ヽ      .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
    /        [三ニ]ニ_」     、    ヽ     \
   l l /, -―- ' ⌒l/ |  ト、 卜|\\   |        ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    乂/ヘ{      /    ヽ |-\|   _Y l|┬-、. -――‐- 、
            |   l |      〃 ̄リノl l/. : : : : : : : : : : \_
             、  N ィ==   ,  _   l /: : : : : : : : : : : : : :/:.ヽ
             ゝ . ゝl!   r‐ ´| //: : : : : : : : : : :_: ィ: : : : : : l
                   />〒、 ゝ _,.ノ //: : : : :_ > ´   |: : : : : : :|
              | \\>r 、- rく/: :/:;ィfハY`  -― 、l: : : :/: : |
              |r‐、 丶 ヽ| !\| /: :/イ 弋ン   fハ:Y/: : :/: : /__,ノ
              | \ \\j | //:イ:ヘ|   ,    弋ン/: : :/.: :/|: :く
              〈 r=\ ヽ」 | /  /: :厶、 }ァーァ   /: : :// |: : :し1
              |./  _,ゝ_  、\_」/.: :/\  ̄  _/: : :/   ∧/⌒´
              〈  ノ  / ̄  /: : : :/ | 厂厂ノイl:/ノ) / ∧

314名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:35:00 ID:QE9.Cd2U0

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

315名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:36:00 ID:QE9.Cd2U0

       /                       ィ'  ヘ
        .'                   >  ´   |  |
     /                    /      |  |    さて、前回のお話はやる夫たちの
      l               ∠_、        |  |
      |                 /        -−|   |    欧州旅行だったわね
      |            x 示ミ㍉      /     |:  |
      |              /Yjリ | \    /ィ笊示y:   |    その内容は、国際水槽会議出席と
      l          /弋_゚ノ          lYjリ l !  |
     l       |     '           弋.゚ノ |  /    いくつかの工場視察を除けば
     |   |   |   l           {    / /
     |   |  :/|:   l                /: :/      明らかに観光が主体の旅行だったわ
     |   |: :/: |: : : :l        , −ァ    / : /
     /   l |:/ : :|:l: : :| 丶       `ニ´  /: : /       やる夫のそもそもの性分からすれば
   /   / ノ' : :N: : :|   \      , イ: :/: /
-−' / /    : : l:|\:|- 、  丶. __/ | j /|: /        本来不本意なものだったはずよ
ー/ /       : : :|     \ / ̄}: : :  丶ノ' ノ'
  /       : : ヽ 、 ___X_ノ-l:     \          でも、それにはちゃんとした訳があったの
 :/        \ : :\[  { o} ] ノ ノ    ヽ

316名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:37:00 ID:QE9.Cd2U0

ノ{: :/ l: :/: : : l: :/ハ: :l: : : : | \: : : : : : : : : : : |: :/: ハ l: : : :
  V  V: : : :/V_`ヽ∨: : : : | ー-\: : : l: : : : : :|: : : ハ:l ` ー    それって……牧野さんのことだよね?
    ∧: : : 'Yィfハ`ヾ\ : : |ヶ=ミz._\: !: : : : : |: : :/ |    
    ○ ヽ: :|{l:ヒl::}    \l ィfハ `Yー |: : : ://-、/ |       辞表提出をめぐるゴタゴタで
   /l   トt弋:ツ      l::ヒl:::}  }}ニ; : : //⌒/  ○    
   |/   ヽ|    ノ     弋:ツ  ノ /: :/イ /  /l        迷惑をかけた師匠に対して
          .             //ー' /   |/    
        ヽ   ,、__         /{ ̄              何とか奉仕したいっていう牧野さんの
       , -―ト、  ニ ┘     /  ヽ. _         
     /    |  \   _  イ       `フ¬マへ、      独り舞台にやる夫さんがあえて付き合ったような
    /     l l  |  ̄ `ヽ           / /    \  
    /  l   vハ.  | 丶           / / /    ヽ    そんな感じだったもの

317名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:38:02 ID:QE9.Cd2U0

       /: : : : : :/{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : : : : :/ V: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : ヘ
     /: : : : : :/   \: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :|          そう、ラブの言う通りよ
     ,' : : : : : ;'       \: : : : : : : : : : : :l: : : : : : : :|
      l : : : : : ;     _ ヽ: : : : : : : : : : |: : : : : : :|         あえて牧野がセットした観光旅行に付き合い
      |: : : : : :l    /  _ ヽ: : : : : : : : :|: : : : : : : l
      |: : : : : :|  ー'  ,ィf、_j㌧ Y: : : : : : : :|: : : : :/: /          牧野の懸命な奉仕に同調することで
     l: : : : : :|    / 弋しソ l: : : : : : : :|: : : :/: /
     v: : : : ㌃x       `    l: : : : : : : |: : : :l: :l           やる夫は牧野の痛みを癒そうとしたのかも
        v: : : l:弋:}        l: : : : : : : |: : : :{: :ヽ
        V: : |: Yノ        l: : :|: : : :/: : : : 寸¬iー---‐ァ    知れないわ
          v: |: :`:ーt.  、 -‐   l: : |: : :/: : : : : : :ヽ |:\-‐'
        v|\: : : `ト 、´     l : |: :/: : : : : : : : : V: : : :\     その意味ではやる夫は牧野に逆に奉仕したのよ
         ゙l  ヽ: : :|  >ァ<ノレ|:/: : : : : : : !: : : |\: : : : ヽ
            ヽ:| \ノ: : : :V: j': : : : : : : : |: : :/   \: : : l
               | /: : : :/: : : : : : : : : : /:/ \   ヽ:|

318名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:39:00 ID:QE9.Cd2U0

  /    |               \ : : :| : :|
ー仁 /  .            卜: :ト、ノ
//}-/     \ \     ト、    l| V       結局最後まで進退問題には触れなかったし、
// /   |   l\ \   V\   |
イ |    ヽ.  |/  ̄` ー-ゝ- ヽ |
ハ !      |\|  -     ィ≡レ′        やる夫さんって、そういうところは優しいね
: :`ハ    |/  ,ィ≡    、  |
: : : :r\  \  〃        ,
\: :| r‐i>―`         ノ /          でも、艦船設計にはその優しさがなかったみたいだけど……
   ゝ  ̄  、     ー ´ /_
 /´ ̄ ̄`\> .._     /  \
/          \_ /} ̄「 ̄     \_

319名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:39:30 ID:QE9.Cd2U0

.



=========================================================================

                  第一部    第9話   軍縮条約廃棄

=========================================================================




.

320名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:40:00 ID:QE9.Cd2U0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 牧野に奉仕され、そして牧野に奉仕した15日間を除けば、やる夫は疑いなく       .│
│ 観光を従とする貪欲な造船技術者であった。                         ...│
│ 対日警戒心は各国とも思いのほか強かったが、やる夫は主題を溶接問題に絞り、   .│
│ 藤本計画を検討するに足る情報の収集に努めた。                       .│
└─────────────────────────────────────┘


                  8月21日     8月22日     8月23日     8月24日 
               ハンブルグ   ブロームウント   ゲルマニア  国立材料試験所
               水槽試験所   .フォス造船所    .造船所    .プロシア河海船舶試験所
                         ドイッチェ造船所
      ______         ┿━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━ - - - - - -
  ..  /      \     /)
   /   ::::\::::::─\   ( i )))
 ../    ( ●) ( ●).\ / /     ドイツだけでもこれだけの場所を見学したんだお
.. |       (__人__)   |. /
 /         ` ⌒     /        ドイツでは広範囲で溶接が使用されているんだお
/  _         /´
(___)

321名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 21:40:37 ID:JDGoCpag0
投下乙
無条約時代・・・いい時代になったものだ!

322名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:41:10 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────────┐
│ ことにドイツでは、溶接を多用したドイッチュランド級装甲艦(ポケット戦艦)の例に照らして   │
│ ハンブルグで二箇所、キールで一箇所の造船所を訪れ、鋭い観察眼を働かせた。      .│
└───────────────────────────────────────┘


;;;;;;:::.... . . ....,,;;;::::::...    . ....;;;::::::... . . . . . .                    . . : : : :.:.:.::;:;:;:;:;;:;;:;;;:;;:;:;: : : :. . . . . . . . .
::::::::'''   '' ::::::::'''''''     ''''''' ' '                            ' ' '''''''''' ' ' '     ''
,,,,,.,.,.,.,.,.,. . .. .                                               ,.,,.,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.......
 ' '' ' ''                                                   ' ' ' ''''''' ' '

                          _i_
                         _r゙ュ_
                          ー||    ,   r‐ュ
                       r‐ュ,+ニ||= ,_, \_|ij |j     rtュ
        ____  ,, ,, ―‐r':'''¬ |¨ ::'三:''i-rュ-rュ├‐:'┐rュ-rュ-}‐└^''┐r':'''¬―‐
       |  ゙゚    ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―‐冖‐―――‐i
:::::::::::::::::::"´``゛゜''´'';:;''ー'',:;ー''´;'"-、,-、;;..、、,,;;;ー-:;_;_,;-;,-;;.、、,,;ー-、;;.,.、,,-、,-;''ー-:;_;_,;-;,ー-;;.'';、,,-、;,ー-;;.''‐:'-.;;:..-;‐:;:-::.:;.;:
`",,""`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--,,
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """',,' ""'  ''''"''"   ""

323名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:42:05 ID:QE9.Cd2U0

┌────────────────────────────────────────────────┐
│ ハンブルグのブローム・ウント・フォス造船所では当時ハンブルグ・アメリカ・ライン(ハパグ)向けの          │
│ 18,000総トンの貨客船が建造されていたが、それはやる夫の想像以上の広範囲に電気溶接を使用していた。  ....│
└────────────────────────────────────────────────┘


         / ̄ ̄ ̄\         「(略)二重底内ノ縦通材、肋板等一切溶接ナリ。
        /  \   /  \ 
      /  (●) (●)  \      甲板モ大部分ハ溶接ヲ用ヒル筈ナリト。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /      事ノ是非ハ別問題トシテ、欧州全体ヲ通ジテ商船ニハ
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )      殆ド溶接ハ用ヒラレズト言ヒテ可ナルモ、本船ノミハ
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l       全ク特例ナリ────」(「昭和9年各国視察報告」より)

324名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:43:00 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 同じくハンブルグのドイッチェ造船所では当時僅かに油槽船一隻を建造中であるのみであった。    │
│ うらぶれたこの造船所では、船舶協会の規定に制限されて溶接を多用しないという説明があった。  ..│
│ しかし、やる夫はその言葉を額面どおり受け取りはしなかった。                        │
└───────────────────────────────────────────┘


                         トウ
       / ̄ ̄ ̄ \         「當所ニ於イテハ船舶協会ノ規定ニ制限セラレテ
      /   \   / \ 
    /   (●)  (●) \      未ダ電気溶接ハ多ク用ヒズト称シ居レリ。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /      (Blohm & Voss造船所ガ広汎ニ用ヒ居ル処ヲ見レバ
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ         カカ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)        斯ル事ハ疑ハシキコトナリ)」
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

325名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:44:01 ID:QE9.Cd2U0

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)         ……溶接を多用するからにはそれなりの技術的確信があって
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|          確信を裏付ける基礎研究があるはずだお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |           その基礎研究のある場所は……
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

326名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:45:12 ID:QE9.Cd2U0

┌──────────────────────────────────┐
│ やる夫の推測に対する回答は、ベルリンの国立材料試験所で与えられた。   .│
│ ここでは、溶接の施工法、鋲接との強度比較など広範な研究が進められ、    .│
│ 溶接の実用化に万全を期していたのである。                     .│
└──────────────────────────────────┘


             | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄|
             | 三三 |    | 三三 |
          | ̄ ̄ ̄ ̄|三三 |    | 三三| ̄ ̄ ̄ ̄|
       | ̄ ̄ ̄ ̄| |三三 |    | 三三| | ̄ ̄ ̄ ̄|  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l_
       |三三三三| |三 | ̄ ̄ ̄ ̄| 三| |三三三三|  |.|「「「「「「「「「「「「| |(.~\
       |‖‖‖‖| |三 |≫≫≪≪| 三| |‖‖‖‖|  |.|「「「「「「「「「「「「| | \(~\
       |‖‖‖‖| |三 | _  _ | 三| |‖‖‖‖|  |.|二二二二二二| |   .\(~\
       |‖‖‖‖| |三 ||l0l|  |l0l|| 三| |‖‖‖‖|  |.|llllllllllllllllllllllllllllllll| |___|___|___
       |三三三三| |三 ||l0l|  |l0l|| 三| |三三三三|  |.|============| ||┌───┐ … ||  _____
       | ○。    | |   ||l0l|  |l0l||   | |    。○ |  |.|llllllllllllllllllllllllllllllll| ||│      | 目 ||  || ̄ ̄ ̄|| |
       | LLLLLL | |   ||l0l|  |l0l||   | | LLLLLL |二))| ===========| |||      | 目 ||  ||___|| |
     ∧_∧ ___                                  |└───┘ Φ |□□||目∞◎|| |
    ( ´∀`)//  /                                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /∴¨θ∞ヽ/ ̄.|
    ./ ̄(つ__//__/                                   |:     ⊂⊃ :| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:   |
    | __ ̄{ニ=====|                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    .ゝ_| ̄| ̄ ̄ ̄|
(((ニニ || | ̄| ̄ ̄ ̄|

327名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:46:00 ID:QE9.Cd2U0

     ____           「(略)我ガ艦艇ニ於ケル電気溶接工事ノ応用ハ
   /      \                      ナミ
  /─    ─  \        種々ノ事情ヨリ学理竝ニ実験上充分ノ根拠ヲ得ルノ暇ナク
/ (●)  (●)   \      ヤヤ
|    (__人__)      |      稍行キ過ギタルモノアルヲ見受クルハ遺憾トスル処ナリ。
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )      今ヤ英佛伊ノ大勢ヲ見、當国ニ来リ當試験所ニ於ケル研究ヲ見テ
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/        益々其ノ感深シ。一日モ速クニ電気溶接ニ関スル学理及ビ

                    実験上ノ研究ヲ促進セラレンコトヲ切望ス」

┌─────────────────────────────────────┐
│ ドイツのような基礎研究を欠く日本海軍はみだりに溶接の採用を急ぐべきではない。   .│
│ まず基礎研究を固めるべきだというやる夫の信念はここに来て更に密度を濃くした。 ....│
└─────────────────────────────────────┘

328名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:47:00 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────────┐
│ イギリスに戻ったやる夫は、ここでも溶接施工の現状に絞って調査を行った。        .....│
│ イギリスの造船所はどこでもドイツと違って、慎重過ぎるほど溶接の採用を控えていた。   .│
│ それはイギリスらしい堅実さを表わすものとして、古典主義のやる夫を共感させた。      .│
└───────────────────────────────────────┘


                    "'',
                    {"}}
            ,rッ  {`‐‐'''''~}                 「今回ノ見学ニテ感ジタル主ナル点ハ、
           {´ i´  {   ,/
          ,-`´,、 {"   ~7,-、,,,,_,,,、              各工場ガ永年ノ間不況ニ有リツゝモ
          }{ "," }=   ´    ノ
          ´   ,}  _       /               当面ノ利ニ走ラズ、従来優秀ナル技術ヲ
             } //      ノ
             "~ {      ,-`                有セシ面目ヲ維持シ、真ニ申分ナキ技術ヲ
            ,-,"} ii~i~  ''~‐´`ヽ              スベ
          ,、  " {} !!ヽ◎グラスゴー`,             凡テノ製品ニ示シ居ルコトナリ。
        {´~!,!!,-'´~!,  /´ ,  ,,,,,    !,
       =っ     ゝ ヽ``'´/´    `'、_           言ヲ換ヘレバ、保守的ナランモ、作業法及
    {`ヽ,-´       `}    ヽ, ,、     ヽ,
    }=        ,}`´~      `}       ヽ         製品ノ改良ハ充分ナル自信ヲ得タルモノニ
   "‐、 _,       }   ,,,、   {      ~`ヽ
    ,-‐"       }   ヽ`'´''´         ,ゝ,,,,,、      非ザレバ行ハズ、着々ト堅実ナル発達ヲ
   -=,-,       i´   -´}           `‐'  ヽ
  ,'_=,´        {´     ノ               |     遂ゲツゝアリ。
  {_    _,,,-''''´~`   ,,-‐'´             ,ノ´
  ´'=,-‐'''´        {,-‐、_,、  _,,、   ロンドン◎ フ      電気溶接モ想像ニ反シ、其ノ使用範囲ハ案外
                  ,,,,,,,、_,r´         ~´!
                 i‐´   _  _,,,,、-、,,--、-‐´~     少ク、現在尚盛ンニ研究中ノモノゝ如シ」
               ,i‐´_  r´~ `‐` `´
              ,,、~,-´ `'‐´

329名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:48:00 ID:QE9.Cd2U0

       / ̄ ̄ ̄ \
      /   \   / \           充分な自信を得ていない技術を
    /   (●)  (●) \
    |     (__人__)    |          多用してはいけないんだお!!
    \     ` ⌒´   /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ       日本に帰ったらやる夫は必ず藤本計画の
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄          溶接多用を改正するんだお!!
.      |          |

┌────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫の胸には溶接の多用を改正する決意が固まっていった。  ..│
└────────────────────────────────┘

330名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:49:01 ID:QE9.Cd2U0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 溶接の動向調査を終えたやる夫はスコットランドのグラスゴーへ急ぎ、9月26日、特命視察の  ....│
│ 客船「クイーン・メリー」号の進水式に参列した。                             ....│
│ 舞台であるグラスゴーはクライド河畔のジョン・ブラウン造船所では、世紀の進水を見届けようと ....│
│ 多数の観客が小雨の中船台周辺を埋め尽くした。                              │
└─────────────────────────────────────────┘

                                                    
                        ::::::::::.     :::::::::::..        :::::::::..          
                           ::::::...     ::::::::::...         :::::::::...        
                    | .         :::::::...     ::::::::....        :::::::::::::.         |
                   ‖  .          ::::::::...     :::::::.._        :: __       ‖
                    ‖         :::::i ̄ ̄i      :::::!__!         |____.|       .||
                    ||          |...-ー..|      |   ..|        |   .,|       .||
                    _||_________|__|_____.i_、r_|______i_、r_|i----r_..  || 
               ___ユェェェェェェir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッiェェェ=tr..   ||
              ユェェェェェェェェ=================================ェ====ェ===ェ=== iェェェェ=tr  .||
        j二二二二_',_',',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_'__',__',_'_',_'_',_',_,_,_,_|──!、__..、゙.───────i
.,√¨ ¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄  ̄  ̄  ̄  ̄♀ i
l!  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   ./
.“''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''

客船  クイーン・メリー(RMS Queen Mary)

*総トン数 .    81,237トン               *速力     28.5kt
*全長 . .      310.7m                  *乗客定員  2139名
*幅...        36.1m                     1等客   776名
*吃水. . . ..   11.9m                    2等客   784名
*主機. . . . .  蒸気タービン4基、4軸     .     3等客   579名
*出力        200,000馬力      .       *乗員      1,101名

331名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:50:21 ID:QE9.Cd2U0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 進水重量が実に36,700トンに及ぶ巨体は、船尾を川に向けた状態で船台に固定されていた。   .│
│ 特別招待席の奥にあるロイヤル・プラットホームには国王ジョージ五世、皇后メリー、         │
│ 海運協会・漁船協会総裁プリンス・オブ・ウェールズ(後のエドワード八世)が姿を見せた。    ....│
└─────────────────────────────────────────┘


                                  ,. -‐- .._
                                 /フ^ヽ、 `> 、_
                               ,ィ´ _ヽrv'-= .._   \丶、
                                />'´ //    `ヽ  ヽ ヘ
                              レ´ / レノi  l li l V  ',\ ハ ハ
                              // /,.イi l  i j、i ', V i iVリ  ',
                               il i'".N l ノ ノ!,,.ヽト\ヽl ! V  i     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              lハ l.irトミ レ ノ  ァテrト,リ ,' ハ  l     .|
   /´゙ヽ_,.,_                        l ヾ ー' ,!   ´ ゙'‐"´// /ノ i     | I name This ship
   ヽシEY_ ¨ ー- .._                  l lハ  i        // ./  .i    <
     ト o¨ ー- ..,,_ ¨T ‐-,.._  __,.、      ,' /ハ  、__,.   / / /l l. i       | "Queen Mary"!!
     /.: : : :.¨ ー- .._¨o- ..ff¨゙'´ソ  l::::\    / / /l ヘ.     / / / ! .l i       |
    l: : : : : : : : : :.:( ¨ー/ ¨゙ト'   l:::::::::>--/ /./.._l  l ヽ-‐/ //! l. l l        \________
    l: : : : : : : : : : : i  /   `¨ ー-─<:::::::::/ .//::::::::: ̄>"/.//-‐l  l l l
    l: : : : : : : : : : :ノ  /          `/ /..;;_:::::::::/:// /--''"l  l l !
.     l: : : : : : : : : : l.  ,'          /./  /フ´/  ,.イ;.-‐‐ 、::l.  l l. l
.    l: : : : : : : : : :ノ  i         // . /彡イ ,.ィ''´::::/    ';:l   l l i..,,_
     i: : : : : : : : :(  l       /./  ,.ィ''´ ,,..ィ:::/::::::::::li     il:l.  l i ll..,, ¨ ー- .._
.      l: : : : : : : : : :〕 .l     ,.' /   / ,.イi´:::::::i:/::::::::::::::::i.l     l:ハ  l l ll  ¨ ー-
     i: : : : : : : : :/  .l    / /  / /  人::::::;l:::::::::::::::::ノl i     lハ.  i l l.l
.     l: : : : : : : : i   l   //./ ,ィ / /  ノ::::::´:r'`:ー:::'':":::::`:l _ ,.、riゥ、li', .! ',l.゙、
      '; : : : : : : : l   i   l i./ //l// / /.ll:::::/::::::::::::::::::::::::::rヘ! >-┴'〒lハ l. ',、 ',
      V: : : : : : :!、  l   V // iハ! / /,/::::;ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::¨;i::::::::::::::::l.l lハ ',ヘ ハ
       ゙、: : : : : : : !  i   V i // l  ll/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/l il:::::::::::::::i リllヘ V ∧
.        ゙、: : : : : : l   i   ll ll/  ll i´::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::///ハ:::::::::::::::l/ l l i', .i l ',
          ヽ: : : : : `i  ',  乂l  ヾiノl::ノ::::::::::::::::::::::::::::::://///∧:::::::::::::l l l ll. l l i
.         '.; : : : : :ヘ  ゙、,. ‐‐-_ ..,,_l:::/:::::::::::::::::::::::::::::_;///.. -‐ ''¨ヽ ̄:ヽ:!.l.l l l.l lヽ! !

メアリー・オブ・テック(Mary of Teck, 1867年5月26日 - 1953年3月24日)イギリス国王ジョージ五世の妃。
皇后としてジョージ五世を献身的に支え、国民の深い尊敬を勝ち取る。

332名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:51:00 ID:QE9.Cd2U0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 皇后自らこの船を「クイーン・メリー」と命名すると、金色の斧を光らせて進水綱を切った。    .│
│ 進水綱につけたシャンパンの瓶が船側にぶつかって砕け、白い泡を子気味よく散らせた。   .│
└────────────────────────────────────────┘

                             .,-イ .,,,、、 ,,,,、
                             .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
                     |li  |li  |li    ../'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
                   |li |li  |li  |li   ....ト'",l゙ l゙ l゙ │
                   |li/ ̄ ̄ ̄ ̄./|       .l゙ ,l゙ .l゙‐'"
                  |li/       / .| |li   ..レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
             |li/      ./ .,-|.|li        .{-!ト''゙l゙,i´
二二二二二二二二二二      |((、,;;)          ,レ"
                 /        .トー'|            l"
          |li ./         |  |
          |li/          | |
            /            | |
           /゙゙ヽ、、____,_,,..-‐|/
            ゙゙ヽ、、____,_,,..-‐'´

ロイヤル・プラットホームに立つ国王ジョージ五世と皇后メリー。
ttp://nagamochi.info/src/up109065.jpg
進水台から滑り降りる「クイーン・メリー」
ttp://nagamochi.info/src/up109066.jpg
ttp://nagamochi.info/src/up109067.jpg

333名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:52:00 ID:QE9.Cd2U0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 同時に船体は船台を滑り落ち、船尾からクライド川の水面に突っ込んだ。                  ...│
│ ブレーキとなる船体に取り付けた鎖が働いて船首が船台を離れてすぐに船体が完全に停止するまで   .│
│ 前後三分半の見事な進水であった。                                         │
└────────────────────────────────────────────┘
                                                                     
                                                                      ((ゞ、
                                                                      il l\ゝ、      
                                                                      iU  \ゝ、-==-、  
                                                                      |     \γiロiヽ
                                                                    . /\    ゞ:ゝiー:i/. 
                                                                   [=[====]    iXi><i 
                                                                            iXi><i . 
                                                                            iXi><i  
                    __________________________|i----r                 iXi><i  
               ___ユェェェェェェir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッir===ッiェェェ=tr.,ニニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`',
              ユェェェェェェェェ=================================ェ====ェ===ェ=== iェェェェ=tll li|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi|
        j二二二二_',_',',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_',_'__',__',_'_',_'_',_',_,_,_,lr──!、__..、゙.───────i''|'''|'''|'''i|
.,√¨ ¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄  ̄  ̄  ̄  ̄♀ i ̄ ̄ ̄
l!  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   ./:,,,,...__:;:'´
"'''''゛''〜'''"''゛"'''''゛''〜'''"''゛゛゛〜"""'''"゛"〜'''"""゛〜〜"'''''"''''"〜''"'''' '""〜゛゛゛""''''''〜'''"""゛゛〜"""''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''      
   --ー''''~~_,,-ー'~,. -  ' '´'""''''~~_,,-ー'~,. - ' '´'"" ~" "" "''"''''     '"" ''""" "´,,     "´ ''""" "´ ;:'"''',,;"´"",,"´
´´゜゜'""''´`''""'' ,,    ,.,   ´" "´" """ "''    , ,, ''"''  ,,    ''"'''' '"" ''"     "" "´,,  "´ ''

334名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:53:00 ID:QE9.Cd2U0

      __
     /⌒ ⌒\         「───嘗て大正7、8年頃、華府会議の前のことだが、主力艦が
   /( ●) (●)\
    |:::::⌒(_人_)⌒::::|        益々大きくなつて、遠からず五万噸か六万噸になりさうであつた。
「 ̄ ̄```゙゙゙゙゙Y〃^゙゙゙゙゙゙゙ ̄|
.|つ川|i||i||i|||‖ililiililililil帝|     さうすると、その場合の進水重量が三万噸を超過し、四万噸にも
..||||||i||i|||i|||||‖illiliilililili大|
..||||i||||i||i||||||‖iiliiililililii新|     なるであらうということに対しては、種々の方面からの困難を慮つて
..|llllllllilllillllllll||‖illiililililil聞|
└──----、、---`-``゙゙゙~     大分苦心したことがあつたが、眼の当りこの大進水を見て、

                    その杞憂に過ぎたものゝあつたことを感ぜずには居られなかつた」

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 帰国後のことであるが、やる夫は『東京帝国大学新聞』のコラムにこのような進水見学記を寄せた。    .│
│ ワシントン会議前、すなわち八八艦隊の話を枕にしたのは方便で、彼が念頭においているのは     ....│
│ 現に計画が要請されている極秘の巨艦をおいて他にはなかった。                      .....│
└────────────────────────────────────────────┘

335名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:54:13 ID:QE9.Cd2U0

                                  _0/__    
                                 艦ト=_ / /
                                 』橋|l /煙|//      
     _                        -皿日回t7/突|/台-      
     \  ̄``ー-、.,,______━主  ━主「(ソ)副砲問巛≡三三二「主━ 
       ヽ             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
::::::::::::::::::::´;'``''';:;ー,ゞ:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.,,,-,;-;,-;;.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、
             ○
           о
          。
..      ____           ……計画中の巨艦の進水重量はクイーン・メリー号のそれに
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)         近いはずだお
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |       我が海軍工廠のような大型建造ドックのない民間造船所でも
.  \           /
.   ノ         \        クイーン・メリー号の進水手順を範にとれば船台上建造が
 /´            ヽ
                       可能だという事がこれではっきりしたお……

┌────────────────────────────────────────┐
│ やる夫がクイーン・メリー号の進水の見学を特に依頼されたのはまさにこのためであった。   │
│ 後にその巨艦の二番艦は民間造船所の船台で建造されることになる。              ..│
└────────────────────────────────────────┘

336名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:55:03 ID:QE9.Cd2U0

     ____
   /      \ ( ;;;;( 
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        ……さて、クイーン・メリー号の進水を見学して報告書も書いて、
/    (─)  (─ /;;/ 
|       (__人__) l;;,´|          やる夫のやるべき事は総て終ったお
./      ∩ ノ)━・'/  
(  \ / _ノ´.|  |           これであとは帰国するだけだお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



    / ̄ ̄ ̄\             ……いや、やる夫にはまだひとつだけやり残したことがあるお
  /        \  
 /    ─   ─ ヽ           それは牧野君の事だお
 |    (─)  (─) | 
 \  ∩(__人/777/           牧野君はまだ例の進退問題のことを気にしているお……
 /  (丶_//// \ 
                        でも彼からは至急帰国の内命を受けたと手紙が来たお……

337名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:56:03 ID:QE9.Cd2U0

        / ̄ ̄ ̄\             「────御端書拝読。十二月中には日本着との御事。
        /        \
     /  ─   ─   ヽ           御喜び申上候。当然さうあるべき事と予て思考致居り候処にて、
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/           緊急の時勢一日も早く御帰朝御努力あらん事を祈り候。
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ     何れ不遠日本にて御めにかゝり申すべく、東京にて御帰りを
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \       歓迎可致候。呉々も御自愛あれ。左様なら」
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫はグラスゴーからロンドンへ行く夜行列車を待つ寸暇を割いて牧野に向けて筆を執った。  ..│
└──────────────────────────────────────────┘

338名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:57:07 ID:QE9.Cd2U0

  〉 . . : :/   |        \ハヘ : : : : ; ヘ: :  }
 レ: : : : :|  |入t.   :ト、  :l  l l   ̄   レ}ノ
 |: : /: :r!   l:N-\  |-\ | : :|: :|                前にも言ったけど、
 丶{ゝ:{ハ ::作ハ  ` 作ハ Y :/: /
      l `ヒトヒソ ノ  ヒソ ノィリノ                  やる夫さんってそういうところは優しいね
       9 ゝl  、_ ,   lフ
         \  ̄  /l― 、                 とにかくこれで大任を果たして、
            />r-‐' / ̄ ̄/
         rく   」  /   /アー-、              あとは帰国するだけなわけだね
       / ∧ r 、|  l  / /     l
      /ヘ.__ ) \l /  l       l
     /{` ー―     V   !./    |



         /                } \
        /              ,ィ    ヽ
       ,               / v   l       ……しかし、そのやる夫が帰ろうとする日本、
       ,'            /   V   |
       l          /       l   |       そしてこれから立ち去ろうとするイギリスでは
       l         ,fニ二   二y  ,
      !   | |    / 牝リ   牝リl  /        ある一つの暴論が渦巻いていたわ
         .  :| |     / `¨´   、`¨ j /
        l   :| | !  /           / /         それは日本による軍縮条約の破棄よ
      、__,ノ  :/ j: ;l  |    (二フ /: /
     >: : :/   !/ハ |> .   /l:l :/          国内をほぼ廃棄論で固めた強硬派は、
     /: : /   j: :| ヽ|  /:l`:T \j/
   , =ニ´ {    、 :!   /`゙l: : : :   l            いよいよそれを英米に通知しようとしていたの
  /   l ゝ {  l\ゝ __ |ノ}: :  ノ\

339名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:58:06 ID:QE9.Cd2U0

┌────────────────────────────────────────┐
│ クイーン・メリー号進水の一週間後にイギリスを辞したやる夫は、客船マジェスティック号で    .│
│ 大西洋を西へ進み、10月10日、ニューヨークへ到着した。                      ..│
└────────────────────────────────────────┘


:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ − ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''


:;:;:;;:;:;
;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;:
       ;:;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;:;
             ;:;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;
                ;:;:;:;;:;:;:;;:;:;
               __,,,lヨ lヨ lヨ lヨ ェェ,,_
            iニニ二二三三三三二二了
⌒~~゙゙゙゙゙゙ '`'`⌒^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙~~⌒゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙
^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙        ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙   
  `'''゙゙゙゙゙゙゙゙   ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``  `'''゙゙゙゙゙゙゙゙        ^`'''``'''゙゙゙`'''゙゙゙゙゙゙゙゙

340名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 21:59:15 ID:QE9.Cd2U0

┌──────────────────────────────────┐
│ 同じ日、入れ違いにニューヨークを出発した客船ベレンガリア号の船上には、  │
│ 一人の日本軍人の姿があった。                             │
└──────────────────────────────────┘


⌒     ノ  )ノ
( ⌒ ヽ・ ノ ノ  ’
    ノノ;’・ ’
  ノ´ ’ //
/ ヽ / /
  /| /        __________
/  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ○_____  ヽ/   0 /    
   |       __________  ヽ/   0 /         /|,  
   |     __________   ヽ/    0  /        ../|/ | 
  /  ゜  __________  ヽ/   0  /        ./|/   | 
/    _____。___  ヽ/   0  /        /|/     .| 
    __________  ヽ/   0  /          /|/     /|   ゚/ 〃
 __________  ヽ/ /|   /         /|/    / | 。' 〃  
________  ヽ/  |0 |  /         /|/    /   |/ 〃〜〜〜〜〜〜〜
____  ヽ/  ゜  |  | /          /|/│:   /     。 〃〜 〜〜〜〜。
  ヽ/    0  |  _、、ィ,._        /|/   |:  /      〃〜〜〜〜〜〜〜
ヽ / ゜  0 .   _ゞ´   ヾ,   /|/    |/:      〃〜〜〜〜   
/   0    /,Z ,w'レviゞ  /|/      |:     〃〜 
    0   。 /  'ヘ(l ゚ -゚ノ゙ /|/      /|:    〃〜〜〜〜〜〜〜 〜〜
 0    /   ∧∧〒ラ)/|/     / |  〃〜 〜〜〜 
  o   /    ( ゚Д゚)っ~|/      /。 ゜ |:〃〜 〜。〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   /     〈, У/ |,o' |:      /    〃〜  ゜〜〜〜〜〜   〜〜
  /      くノ/|/  |:    /    〃〜〜〜〜〜           〜〜
/        /|/   /|:  / ゚   〃〜   〜〜〜〜〜〜〜 〜〜
       /|/  /   |/   〃〜o〜〜〜           〜〜
     /|/  /     |:゜   〃〜    ゜  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   /|/  /      |: 〃゜〜〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜〜。〜
  /|/  / ゚     〃〜  〜〜〜。〜〜  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
/|/|: /      〃〜         〜゜〜〜〜〜〜〜

341名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:00:04 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────────┐
│ それは、ロンドンでやがて再開される軍縮予備会商に日本海軍首席代表として参加する   .│
│ 山本五十六少将であった。                                      .....│
└───────────────────────────────────────┘


         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
      ,...:´::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::/ |::::: ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ̄ ̄/.::::::::::::::::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
       /.:::::::::::::.イ:::::::::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
        ー‐ァ.:::::::::{ 厶イ:::ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\      ……ったく、
        /___::∧ (|/   〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j /!::::::::::\ ̄
          /.:::::ハ ∧    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄        胸が悪いぜ
         ∠::::::::::::八 :.       \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
          厶イ:::::::::ーヘ            ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }            絶対不可能な案を受け入れさせる
           ノイ::/i:::ハ         {:::::::::::::::::::::::::::∧丿
               |/  |::::::|\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/                役目を俺に押し付けるなんてな
                 x≦ハ| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/
                / ∨//|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\                 ぶっちゃけ俺は行きたくなんか
             /   ∨/j   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
            /     ∨′   \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、             なかったんだよ!!
           /         >x:::.、   \::::::::::::::::::::{'/////////\

山本五十六(1884年4月4日 - 1943年4月18日)最終階級:元帥海軍大将(死後)
海兵32期、海大14期卒。米国留学経験を持つ欧米通でロンドン会議全権随員。
後に航空本部長、海軍次官を経て連合艦隊司令長官に就任する。昭和18年ブーゲンビル島上空で戦死。
太平洋戦争の日本を代表する提督として広く知られる。
軍政家としての能力は評価が高いが、軍略家としては投機的な作戦運用を行ったなど批判も多い。

342名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:01:02 ID:QE9.Cd2U0

       `ミ、z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_
     `ミ::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       >:::::::::::/:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
    ―<:::::::::::イ::::::::'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐     ……かつて俺はロンドン軍縮会議で
      >z:::::::::::::::/::::::::::::::;::::::::::::/:::::::/l:::::i:::::l:l::::::::::ヽ::\
       ー>,:::::‖/::::::::;'::/l:::::/ .l:// l:::/l::/孑:::lゝ:::::::ゝ、   強硬派の尖兵としてさんざん穏健派の
        ∠::::::'::,‐、::::/:::; .l::/‐‐十= 'l:/ .l/l;ラl::::::厶 ̄
       ‐<'フ:::::l  :/l::::〈 ./  弋ツ ./ / ;  l }ゝ、       若槻礼次郎全権を苦しめた
         /:'l::::、  ;:::l::i    ¨     :; .ハ.ll
         " .l:'l:::::ヽz、v`        ‐ /  〉        だけど、今なら分かるんだよ
          / .l:/vV: :ゝ       _  , /i   l
       .   /   \ : : : : \    ー‐'./  ./         強硬派のつまらんごり押しは国を痛めつけるだけだってな
         厶    \: : : : : >. ,   イ  ./
      / ̄  ゝ    \: : : : :/   ̄;   /、         俺はもう奴等には与したくないんだ
    /      ;      ,ゝ: :/l      ./\;.ヽ、
   /    .     ;:    /  l==〉     l   / }       だから今回の首席代表になったのは
 /_  ‐ ― 、   ノ ;   /   ゝ:::::;     |_ /  .l
./       V /   V´     \:l      l/   .|       不本意なんだ!!
l         ヽ           l:::l   .  ∧ .   |
l          ゝ   :       l::∧     ∧  .|

343名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:02:00 ID:QE9.Cd2U0

                    ,.イ /| ,.イ,. イ   ,
                ∧ /::〃:::レ':::::::::::///,.イィ
           _ _  ト\|:::V::/:::::::::::::::::/::::/::::::ノ          しかも俺に託されたのは、
            \ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´ ̄二ヽ、
           ,.= ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦ニ=- 、    現行条約の比例主義を完全に否定する
          _/:::::::::::::::::::::/_/_ /:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄二ア´
           _>::::::::::::::::::::::::i::ハ∧「fミ、:::::::::::::::::::::::::`ー‐彡'    「列国共通の兵力最大限度」案だ
          _フ:::::::::::::::::::::::iハレ'´ 示ミハ`::::|:::iハ::::::::::::::::_∠イ 
           ̄/::::::/:人:∧!ヽ,._弋ソ Vハナナミ、::::::::::`ー<_    こんなもん認められるはずがねえ
          ∠:::::/::::,公从        、 '´ 心jハ::::::::下、 ̄
         ´ ̄/::::イ{ r'           r'ヽ. ゞ'/::::::ヽ::| `ー     その何の役にも立たねえ案を渡されて
           ∠ イ:::\`    _,.--、     `´,':::::ト、:ハ!
             /_,.イ:八   ヒ二:ヽ\   ノ::::::| ヽ         俺にどうしろってんだ!?
              /:::/::|\     ヽr'  ,.イ::トト、! 
                /< ̄!  >r、 _,.. <二}ム、
           _,.イヽ._ V_,. --ァ' ´ _,.ィ仁彡' ノ ハ           ……つまるところ俺は強硬派に茶番を
           / ト、/ / /  / /  //--、
            __{ {{ V /// /二/ /  //::::/:`ヽ         演じさせられるわけさ
        /´:::∧ V /// /ー―/  //::::::/:::::::::::::∧
       i::::::::|: : / /// ////´_//::::::::::/:::::::::::::::::::::i        条約を廃棄するための最後の一押しをよ!!
         |::::::::|: /イ/ //// ̄ ̄´:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|
     _,.-┴  ̄ / / ///::::::____:::::::::::::!::::::::::::::::::::::::|
-‐  ̄//  / / .////:::::´::::::::::::::::`:::::::::|:::::::::::::::::::::::::|

344名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:03:01 ID:QE9.Cd2U0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ しかし、山本の嘆きをよそに日本の国内は異常なほどの軍拡気分に支配されていた。        │
│ 国内では陸海軍によって条約廃棄の喧伝文書が執拗に、計画的に流布されていたのだった。   .│
│ このように軍の威をたのむ世論誘導が大手を振ってまかり通ったのだ。                │
└─────────────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   「────何も対手が百万噸作れば此方も百万噸作らなければ
       |                    |
       |                    |   ならぬと言ふことはなく、対手が量の競争で来るならば此方は
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
       /              /    質の競争で行くと言ふ遣り方もある」
     /   英米逝ってよし   /  
     /              /     「有史以来、戦敗の為滅びた国は多々あるけれど、未だ軍備に
    /   ____     / 
   /             /       国費を使いすぎたが為に滅びた国は一国もない────」
 /             /    
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

345名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:04:04 ID:QE9.Cd2U0

   ☆
        / ̄|   ☆
       |  |彡   ビシィ          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |  |                   │ 国際連盟脱退と軍縮条約廃棄は
      ,―    \                |
     | ___)   |              ∠  白人に対抗するための我が国の快挙だよね!!
     | ___)   |       ∧_∧     \_____________________
     | ___)   |\___(´Д`  )_____
     ヽ__)_/ \___     _____, )__
         〃  .       /    /     / /    〃⌒i
         |          /    ./     / /    .i::::::::::i
   ____|     /⌒\./    /     / | ____|;;;;;;;;;;;i
  [__]___|    / /-、 .\_.  /     Uし'[_]     .|
   | ||     |    / /i  i    /         | ||      |
   | ||____|____/ / .| .|\_ノ______..| ||      |
   |(_____ノ /_| |_________..| ||      |
   | LLLLLL./ __)L_| |LLLLLLLLLLLLLLLL. | ||_____」
   | ||    (_/   / i                .| ||    | ||
   |_||        / .ノ               |_||    |_||

┌──────────────────────────────────────────┐
│ マスコミの論調もおおむねこれに迎合して、条約廃棄を躊躇する向きに批判の矢を放っていた。   │
│ 国民は条約廃棄を国際連盟脱退に次ぐ我が国の快挙として、そして白人コンプレックスを      .│
│ 振り払うための道具としてこれを歓迎し、白人国家との対決を夢想したのだ。             ...│
└──────────────────────────────────────────┘

346名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:05:00 ID:QE9.Cd2U0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ そして軍令部は、条約廃棄を前提として廃棄後になすべき無条件軍備計画に向けて躍進した。   │
│ 軍縮予備会商の話し合いがまだ始まらない10月某日に、軍令部参謀松田千秋中佐により      │
│ 藤本時代から模索していた巨艦建造の大体要領を起草させ、これを承認したのだ。          .│
└──────────────────────────────────────────┘

                               ‡
                            \  ||         __里_
                              \||         巛i ==i
                               ||   ┏━┓   ./:::::::L
                              [ ̄]  .|::::::::::|   |Ω  i
                        ━/⌒ヽ[二二]  |:::::::::::|  /二===i
i〜i              ====ニ/ ̄ ̄iコ | ̄|  |  |  / ̄ ̄\ /    l /⌒ヽ━ 匚i ̄ ̄ヽニ====
'〜|        ====ニ/ ̄ ̄iコ | ̄ ̄|  | ̄ ̄/⌒ヽ━ ̄/⌒ヽ━ ̄/⌒ヽ━ ̄ ̄|   | ̄ ̄| 匚i ̄ ̄ヽニ====       _____
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   Φ  /
  |           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              /
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

347名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:07:00 ID:QE9.Cd2U0

             ,. -―- .. __ _,.. , _
         ,  /            `ヽ! ,ィ
         l! 〃/                >'/‐=‐.- 、        戦艦は攻撃力が何よりも優先だ!!
       ヽl レ′          , ィ _, ,、)レ    ヽ
     ー,=,ヽ'          / //// ⌒i l      ヽ、 _      主砲は未だどこの海軍も採用していない
     /'/        _,_, ィ´、 /' /イ    l l、   ヽ !!  ̄
     〃    ,. -、7´./ `ー-、\、l' l    !ハ  、.  リ'       18インチ砲を8門以上!!
     l′   / -ヽイl !     `ゞヘヽl、 l ,_/'_|. ! !ヽ l
     /,    { ( ィ/ l|          iて:)ヽ/ ,ィl  ヽ!       そして自らの主砲弾に耐える防御力!!
   ,ノ '    ヽヽリ , ハ        _ _ヽ ー'/ノ リ   |
  /       〉-! /     , -、‐- 、ヽ '´ ,'′            30kt以上の速力!!
-く   ノ   ,ィ/ //     /、  ` ー 'i  /!
  ヾヽー=彡 ' ll  l l ヽ    ヽ、ヽ _   / ,イ l!              航海速力18ktで8,000海里の航続力!!
`丶j_ l V     l l !  \   \ー' )ノ //
   `7       ! !    ヽ、    ̄  //                これでアメリカの16インチ主砲の戦艦を
   /        l l i       ` - . _ ノ/′
.  /         l !l       /  l  `丶、-_― --  .. _       完膚なきまでに打ち倒す!!
  /        l l    /!   ト .、  ヽ ヽ、       ̄ ` ー- 、
. /___ _ -_ -__-ヽ   , '  l    ',.  ` ー- ヽ_l,)          _,. -ヽ
   ̄ ̄      i l ,- '.. __.j     ',     ヽ_ ,... -,-- ―‐ ' "´

松田千秋(まつだ ちあき、1896年9月29日 - 1995年11月6日)最終階級:海軍少将
海兵44期、海大26期卒。砲術畑出身で駐米海軍武官補佐官、軍令部第1課員などの要職を歴任。
軍令部第1課員時代、「大和」型戦艦の建造を発想、基本構想に関与した。
昭和17年、第三代「大和」艦長に就任。昭和20年2月、戦艦二隻を中心とした輸送・撤退作戦「北号作戦」を
成功させたことで有名。

348名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:08:00 ID:QE9.Cd2U0

                   =、 、
             ヽ、ーr─‐-、ヾ、゙i  |
           ,..-''"       `゙`l_,ノr==、_       
           /                  \
        r'                     ヽ、__  
   ヽ、__,、-彡                     ゙、゙i,
     // /        ,r‐             ゙、ヾ、     新戦艦の建造隻数についてだが、
     ! ./        i レ'´´              ゙、 ゙!
       レ'ァ __, /   ゙i,r、               l,      とりあえずまず二隻必要だな
     /  〃 ゙i/ / /   ゙i i、            `i l,
      l // / ./ /      | | !゙!゙i `i i        i リ     アメリカの渡洋艦隊を途中で漸減した上で、
     ! / /i /‐/、    // l l l| | ,j        |,リ
      ! i l /`i/i;;;.-、  〃__l//_'´ヽ,、_  ,r、   l       敵空母機による制空圏下の艦隊決戦で
       | | |  |``ー  i    T,;i''''   ゙7フ'T゙i .}  i゙
       ! l |  |   /    ` ̄ ̄   //i Lノノ , l,       敵空母を追撃して最終的に殲滅するには
        !l  rl,   '、 .,        i/, |⊥/  l ヾ、
        ゙!∠| ゙i,   ___        i/ i| |、   ゙、|``''ー     これが必要不可欠な数字だ
             レ.゙i,   ,,_  ̄ `'''     / i| | |   ミ、ヽ
          〈  l   `     /  iハl ノ   i,゙i ``''
      、,,,,,,,_,ハ,  ヽ、_   ,. -'"   ノ,ハ     i ||゙!
         _ヽl,   \`゙"       |  \  リiノ ゙
    ___,rッ┘ヽ_l,    ヽ       l    \ルノ

┌───────────────────────────────────────┐
│ しかしこの当時の軍令部は、航空機の脅威を峻厳に認識していたわけではなかった。     .│
│ 彼らはまだ艦載機を味方の弾着確認に使用する程度にしか思っておらず、航空機による  .│
│ 艦船の撃沈など夢にも思っていなかったのだ。                           ..│
│ この認識の遅れが、後の「大和」の建造計画にも悪影響を及ぼすことになってしまう。   ......│
└───────────────────────────────────────┘

349名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:09:00 ID:QE9.Cd2U0

           ,  -―- 、
          /      i`ヽ         この当時、既に航空関係では優秀な国産機が
         /        l  ',   
       /          ,{   l        登場し始めたことと相まって、日本海軍ではいわゆる
       ,         / l   l|  
       |      ,. ´    l  l|       「航空主兵論」が台頭し始めていたの
       l     ∠ー   -―l   l|
       l     /fリ`    fリフ|  /       既にアメリカでは1921年にウィリアム・ミッチェル准将が
         v :| :/, ,   l  , , |: /
       jノl: :l     __   /レ         独鹵獲戦艦「オストフリースラント」に対する爆撃実験に成功、
          lハ| \  ´  /l: l
       /  {:_:| 丶-r:_: : : ヽヽ        航空主兵に対する理解の兆しはあったのよ
        _/ /  〈    l } }  |
     /{ :{ : :ト ゝ    /イ: lノ\       しかし、海軍の主流はあくまでも戦艦主兵論だったの
     /  ゝト : {_\ , ヘ-、ノ: :ノ  !
     |    l  `T /  ̄`Y`T  | |       だから現行条約を破棄し、戦艦の建造を行うことにこだわったの
     |    V   | l  _ | |    | |
    |     |  / l  |_丿 ヽ   | |      もっとも、戦艦主兵論は当時まだ米英でも主流だったのだけれどね
    |     | / /  l \ /  / |
    |     | {/  /l |  {  { |

独鹵獲戦艦「オストフリースラント」爆撃の瞬間
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4d/Ostfriesland-2%2C000lb-bomb.jpg
退役戦艦「アラバマ」爆撃実験
ttp://nagamochi.info/src/up109069.jpg

350名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:10:01 ID:QE9.Cd2U0

_,ノ /l /: : : : : ://: /l/        |   -―――――ヘヘ: : : : : | \ノ
7 /: : l/: : : : ; :/l: / : l:/      . -―|  ____ 、_    ':、\:_:_ノ
{ /: : : : : : :/レ  l/: : : ;l   -‐ lイ  ̄ |:l |:l:     /  l: T  ̄ハ\
V: /{ : : : /    /v : : l:i     /:|:|   ハ:l |:l:|    ハ  l: :!     l ヽ     今なら戦艦より航空機のほうが
‘〈 ヽ: : :{     / v: : |:|    /.:/!:l /  〈l:|:l   |ヾ:l  l:.|    |  8
    \{_   '   V^}:ヽ   l: :| ヽ`| -―ヾ:l   |−\ |:l    '  /}     強いっていうのは当たり前の話だけど、
         |    | ヘt: \|: :| /` _ { \  |_{ /.:l   /   l/
        8    ヽ {\: : : |  ーt:f_デ  \|f_テ /l:/ /         当時はとてもそんなことが認識
        /}     \_ \: !   `冖′   `^´ l //
         |/       // \`¨         丶   ノ             出来なかったんだね……
            / 〈    \     ,_っ  /
            /|  ヽ.   丶        イ                爆撃で沈められた艦の乗組員が不憫だよ……
        /   |     \  /l >rく
       /    |      \  |   | \

351名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:11:00 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────┐
│ こうして艦政第四部にも正式に新戦艦建造に関する軍令部要求が通達された。  │
└───────────────────────────────────┘


                i!              i|
                |i,             ,i|
  /i             |ii,            ,ii|               |.i,
  i' |i ゙ヽ、,            |li,          i'l|          ,,ィ'  ノノi,
  i ゙i,i,   ゙ヾ、,          ||i!         | li|        /''´  // .}
  { ゙ii,     \\      jl |_,,,r-‐''个''‐-、,_,| i i      //   // ,i'    新戦艦には日本海軍が
  i  ヾ、.     ヽヘヽ   ,,rッ' j.ハ,          / i i弋、    //   //  /
  ゙i,  ヽ\    ゙i,ヽi,_,r'''∨//_ ゙i,      / ,ハ i, 仆,  /.//   //  /     140番目に計画する戦艦として
  ゙i,  ヽ\   ゙i, i゙i,'ヾ〈.〈〈 ))i,     / r))i 〉 〉'゙i,/ //   /"  /
   ヽ,   ヽ\   i, i i,  i ゙l i,((ヽi,,,r─‐v' ))'シ // / //  /'"  ,ィ      「A140」の計画番号が
     ト、   ヾ\. ハヾi, i ゙i,゙i,ヾ,シ/√i、゙、((ノ/ // .ノ / i' /'"  /|
    i, \   ヾメ ゙i,ヽ\} ヽ Y´ i" ハ } 乍‐' /厶' ノシ/"   / /      付与されました
    ゙i,   \ r-、「i  \ヽヘ,_゙'''}. | {  } | ├‐'.ノ-、'//Yノ|  /  ./
     ヽ、  ゙'i,=、ヽ、/ ゙'ニ、ヽ,|,=゙i,゙''''"/=!,/r‐''''く,,r''"、厶″  ノ        新戦艦の一番艦建造は呉工廠のドックで
      〈\  i,((ゝヽ,,/iH:::::トi::i, ))─'))/仆、:~ヽ/(('''/  ,,,r'〉
       ヽ ゙ヾi,ヾ、,, { ヾ、\{゙''ヽ,=' ゙='/"ヾ‐゙'ヽ} ノノ/,,,r‐'"/         行いますが、二番艦は三菱長崎造船所の
       ヽ   ゙i, ))゙i, ミ三三ミ└─、‐ヾ三彡 j i( /'"  /
   _,,,,,,r‐‐''"~゙ヽ、,i,ヾ))\         i ヾ::゙i  ///)ソ,,,r-‐';;::::゙ヽ,、_        船台で建造すると決定しました
_,r‐'":::::::::::::;;;r-‐'::::,r=、 i iヾヽ、    ...i  }:}/" i } /ヾ、:::::::::\、::::::゙ヽ、  _,
゙'''ヽ、,::::-‐'':::::::::::::/(('/\ヽソ ヾi   ゙″ ノii´ {ソ,,仆ノ,ハ::::::::::::::\ヾ,,,r-‐''"    船台での建造に支障がない事は
    ゙'ヽ、,,_:::::::/ヘi ゙ヾ、,_\  i|  ー=‐  |i  /,,r='//゙i::::,,,r‐''''"~´
        ゙'ヽi ゝr=、 ゙ヾ,\,_{、  ゙‐   ,i,,r'/" ii/゙)) |'ヘ            既に平賀さんの報告で明らかです
          ゙i, (( i!}  i}   ゙ヽ、,,__,,r'″ i{   .|{シノ .|,/
          ゙i, ゙ .{{ヾi, .ii,          ii ((ヾノ   レ
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_゙i, ヾノノ,、ii         ii ヾ、〈   /,,,,,r---──''''''''''"~

352名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:12:00 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────┐
│ そのやる夫はこの頃、ニューヨーク周辺の造船所や研究所を視察中であった。   │
│ これを終えて10月22日にはシアトルに移っている。                   ..│
└───────────────────────────────────┘


  ヽ
    い、――――――――――――――――――――‐-、__     , --、                   /  
  l ̄∬                                  `゙`フ‐‐'   `、                 _/    
  ',                                      ∠,..-‐'^`‐-‐'"ヽ__          _,.-‐"〃´`i 
   l                                         /^゙ンヾ、 `゙‐、       /  ,.ノ  └、
   l                                         } r'  l  r'`´    / ̄ ̄ ̄  __,-‐'
  /                                         { ∫  ´`l┘   i`‐‐'´      r'´
  ',                                         い′   く_,.-‐'"´        __く,
  ノ                                                          /´ ゚ ‘
  ゝ                                              、 ノ 、      γ
  弋                                            ● ●) ヽ  、∫/
    入                                   ‐――    (人__) ノ   ≦
     !                                          0<{V<:{○   彡
     ヽ、_                                   ― ‐ <:::ノノ:::>   _彡
      =`‐-、                                    〈_/  ヽ_〉 r‐'´
          ',―‐-、                                      /
           ',   `'‐-、___┌─、                            /
                      \   _               _,-‐‐-、 __   (
                           弋_/´ ヽ       / ̄`゙‐-‐く    `´ ヽ  ',
                                 ヽ   /               }  {
              ヽ                 ',  (                 ',   ',
              ヽ                   `┘                 ヽ !

353名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:13:04 ID:QE9.Cd2U0

                                             i
┌──────────────────┐                 |
│ やる夫がシアトルに移った         .│                 ∧
│                           .│               ノ..λ
│ その日には、ロンドンの予備会商は   ..│               /…λ
│                           .│                  ====、、
│ 日米会議を、その前日から         .│                |.|IIII|.|l
│                           .│               /∴∴ヾ、
│ 日英会議をそれぞれ始めていた。    ..│                  l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,
└──────────────────┘ .            _|I I I I I I_|;}、
                                                    | |γ⌒ヽ| |ll|
                                                    | |,.!、,__,ノ.| |ll|
                                                    i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                            =========、
                                                | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
                   i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
                  ムi   ムi      ムi    ムi        i鄴鄴鄴鄴ill|
                  I.Iム,__,I.Iム     I.Iム,__.I.I ム          | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
                  |l,|I/ i^i |l,|I|     |l,|I/ i^i |l,|I;|         | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
                  |_,!__i山i.!_|l.| _ _ _|_,!__i山i.!_|l;|    ム    i鄴鄴鄴鄴ill|
        i   .i    i   | i"゙∩゙" i |/;;||;;||;;;| i"゙∩゙"i |ll|.l l.i;;:_l_l_!______| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
        |ー―||ー―||ー―|| i__:;l」;:_,!.|凸凸凸| i__;l」;:_,! |;;,|)))))|;||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
        |=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|I鄴:冊:_鄴|鄴鄴鄴I鄴:冊:_鄴|-]]]]]];||=∧=.ロⅢⅢⅢロ|i
        | ∩ || ∩ || ∩ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
        |,.l」,,;||,.l」,,;||,.l」,,;||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|

354名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:14:01 ID:QE9.Cd2U0

       _ _ノ:::::::::::::;:::::::/l::::::/l::::::l  ヽ::::::\ヽ:::::\ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::>=‐
    <::::::::::::::‖:::::::::::::::::l .l:::/ .l::::::l   \_≦ .ヽ::::::ゝ、㌧::::::::::::::::::::::::::::::::::>―    だーかーら!!
     >ー ':::::::::::::::::::;:::::/ .l:/  レ'   孑'__ハ_l:\ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
   ー<::::::::::::::::::::::::::::lV  l  /  ,/ √じリ  人ヽ\'ハ::::::::::::::::::::::::::::<      ずっと言ってんだろうが!!
     .  ̄フ::::::::::::::::::l¨V ̄>‐,,  '    ヽ_ _, '     Vl::::::::::::::::::::::::::::>一
      ._/:::::::::::::::::::::l イ じリ } .                     l:::::lv:::l::ヽ:::::::厶      我が国の主張は
    イ:::.::::::::/:::::::::::::〈 ヽー‐.‐' ;                    l:::/ .V/ l::::::>
      ̄ ̄,::::::; ::::::::::      .;   _             i!::l' _ _ /\'        比例主義を撤廃して
       /' /:::/:::::.      `               レ' , ' /ヽ
         // l:/l Tl       _ ―¨^\ ,       __/:::::::\        列国共通で兵力の最大限度の
        /  / ヽ.l      ヽ¨      ヽ;        ./:::::::::::::\ ̄
              /   八      〉>       l       / |. ̄ ヽ_Y\        枠を設けようってことだってな!!
            .    ヽ    l       ノ     /: :.|
                 \   `ー―― '.       イ : : |              いい加減話を聞けよ!!
                   \    ー    ,  ´,ー<ニ ̄⌒\
                    Vvヽ       .イ: : : :|         l、
                ー―― ‐∧: . .釻. : : : : : : :|          ヽ

355名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:15:07 ID:QE9.Cd2U0

┌──────────┐
│ アメリカ政府代表  ....│
└──────────┘

            /                    、 \
        /  /   /  .:/   l1          \ `ヽ
       /  /     /.:. .:/   l l   ト、   ヽ    \ヽ \      ……何を言っているんだい?
      /   /.:.:.:.   l.:.:.:./ l__」└─┘ ヽ _ト、、     \ ̄
    . /   /:〃.:.:.:.: l'"´              トト、    、\      そんなことが認められる
    /  ,〃./:l:.:.:.:.:.:.: l   ,,,, _,ノ    、     l l.:.ヽ    ト、ヽ
   ./ // l/.:.:l.:.:.:.ハ.:.:l    ⌒ー'     彡'⌒  リト、:ト、   | リ      訳がないだろう?
   /'´ /.:.:..:.:.:.:l.:./.:.:.V z === z、     , ィィヘ  ,′ | ヽ:.: |
     l.:.:.:. .:.:.:.l/:.:.:.:.:|< __辷ソノ`     ´込;リ_ ソ.V  |           我が国の提案はあくまで比率を守り、
     l.:./l.:.:.:.:.:i.:.:.:. |           i:.       .}   |
     l/ l.:/|.:.l.:.:.:. |           ′      }:.:   |           その中で保有量を一律で二割
       l/ l.ト|.:.:.:. ト、                 ノ.:.:. i:|
         リ |.:.:.:. }:.:.\      ´ ̄      イ.:.:.:  l:|           減らそうということだよ
             |.:.:.:. i.:.:.:.:| 丶、        イ  |.:.:.:.  l:|
            |.:.:.:. l       `ニニニ´ L/   |.:.:.:. /:|           それ以外の妥協はありえないね
   \ ̄ ̄  ̄``ヽヽ \「三三三三二l1三|   |.:.:.:./ リ フ´ ̄`フ
      \         \三三三 二:||三:|  |.:.:/ /   /
       \         \三三三:_||三:|  l:/∠ _ /
      ´  ̄ ̄  ̄  ̄ ``ヽ  \三三:||三:|  /      `ヽ

ノーマン・デイヴィス(Norman Hezekiah Davis)1878年8月9日 - 1944年7月2日)
アメリカ合衆国の実業家、外交官。第二次ロンドン海軍軍縮会議アメリカ政府代表。
1936年〜1944年外交問題評議会議長。1938年よりアメリカ赤十字社会長。

356名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:16:01 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────┐
│ イギリス政府代表    .│
└───────────┘


            /‐-、fr'"_,、、,,_`ヽ、 ヽヽ,
          / r'⌒'ー'゙──-ヽ ヽ ヾ、            我が国も比率主義を存続させたい
          i゙ ,!         ゙、゙、 ゙i ゙! !
          } ,!          ゙i、 ゙、 ' ゙、            ただ、制限の内容については
          ,!/!_     _,,..、、  i,ヾミ ゙i, ゙i
          l ,! ィtテ:、  '"モェ-'   レ,^'iミ゙i, |           単艦のトン数と
          ゙、トl,  ''"i  `     ! り,! リイ
           ゙i、;  ,!      / ,ム-'゙ '゙ 「           備砲口径の縮小で対応したい
           | i,  `_",,_    / | '゙ i゙ |
           ゙、.゙、 ゙ー─''´   ,ィ゙ ハ l ,/            貴公らも何とかこれで妥協していただきたい
            |, , ゙、 ` ´  / / l「 ソ!
            `ミトr゙、__,/.、_-'ニ"ヘリル′
             ,!=ミ,|゙r'',ニヽl「`_ノム、,,_
            _, ィ'ト-'゙,!|.| !、__,,>,ニ゙-'~`''ー``''ーァ,、,,_
     ,、_,,.. -^ミ"´、 | Y'フ」 !`ーァ,r''" __,,...、、、 _-‐''"-'^''‐-
rュr'ri'f゙f,i゙    ,rっ`、 l |゙,へ, V / ,/'(~ヽ ̄ ̄___,,,......
__l L!'-' '── 、l (   ノ,! '、ノノ,! !、   ).,レ',、-───… ''''
ー''"´ ̄ ̄ ̄`ヽ`ーr'ニ` 、.ニ'ー゙ー、ニ゙,,ィ゙/
           `ー-、ヾl ,fン'_,ニ゙-─'゙
             ヽ'!.j゙/゙          ←英首相マクドナルド

357名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:17:00 ID:QE9.Cd2U0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 三者の主張はまるでかみ合うことがなく、とりわけ日本と英米との比率主義に対する対立の溝は .....│
│ 全く埋められることがないように見えた。                                     │
│ しかし、ひとりイギリスのみは本気で予備会商の合意に腐心していた。                   │
└──────────────────────────────────────────┘


                  ,. .:;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;.:`ヽ
                ,r'´ `ヽV彡'  ̄`ヽ;;;;;;;;;;ゞ',                  ……現在我が国は
                ! r'"  ̄``"  ̄`ヽ ヽ:::::::::゙,
                l !         ゙, ト:::::::::',                  ナチス・ドイツとの対立に
                l/!          '; ミミ ;;;;;!
                j::!ー- 、  ,,、 --=  トトt;;;;;;;!                  悩まされている
                〈;:;ハ`ー'ヽ  `ー '   レハ;;;;;!
                ';;;i1   /      ,: )) /;;;;!                  この上日本を敵に回すのは
                 Vハ  ヽ ,     ′_ノ;:;;;;;;!
                 j;i:',  _..__    /j;;;i:;:;i:.:V                  全く得策ではない
                 j;;;;;',   ー    /  V;;;;;;;/
                 '从゙、     /,,, _」;;ノノ                   何とか妥協点を見つけ、
                   1 ト`〒´   ;; V/
                   lレ() 1l(⌒))  ;;  L_                   日本を少なくとも敵に
            ,,  __rr  -‐ヘ  llト、 __ -‐ ::::  ノノ二ニ77ーtt、、、、,,
      ,, _, rr-‐//  ((     i1 ノll //      /   //  //  //       回さないようにしないと……
    //  // //    ` `ヽヽiレ⌒ヽ!/      /   //  //  //
   /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:`ヽ    イi   l1!   ヽヽV/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ノノハ  ノノ ト、  ノノ/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.           .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

358名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:18:04 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 一方やる夫は10月27日にシアトルを出発し、日本郵船の平安丸で一路日本を目指した。   │
│ 横浜に帰着したのは11月9日であった。                                 │
└───────────────────────────────────────┘


            |                         ..:::::::::                   .|  
            |                       ...:::::::::                     ..|  
            |                      .:::::::::::::                      |  
          ||                      ┌──┐                      ||
          ||       r-----.i      . . .  │━━..|                      ..||  
          ||       i ̄|ェェェ.i        │   │                      ||
          ||      _i二二二i_「 ̄ゝ三三フゝ三三フゝ三三フゝ三三フ」_____      ||
iー−−−−−−、____ノ _,_,_,_,_,'_,'_'_,'_,'_,'_,'_,'|二二|二二|二二|二二|二二|二二|_,'_,'_,'_,'_,'|─┐.  ||     ___
|  ♀              : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /
.|     ;:;''ー '',:、,,;;;-:;_;_,、、,,-、;;.,.、、,,-、;,''';:;,;:;.,..,                                      r '´'';:;,;:;;',''';:
:::::~::"´``゛''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..,''';',''';:;,;:'';:;,;:;..'';:;,;:...,'''~ ""'`- .,~'ー-~ ~''' '""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' -,''';',' .,~'" ̄"'ー-;',''';:;,;:;.,.
    `" """'' `"     ,,`" ""   ' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """',,' ""'  "' ''''"''"    "" "~ "

359名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:19:05 ID:QE9.Cd2U0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫日本到着の二日前、イギリスは日本にとって意外なほどの妥協試案を提示してきた。   .│
│ それはいかにもイギリスらしい巧緻な政治感覚によるものであった。                  .│
└─────────────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
       |                    |
       |                    |      一、原則的に軍備平等権を認める
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
       /              /       二、列国共通の兵力最大限度は設定せず、
     / 何とか勘弁してくれ  /  
     /              /            代わりに自主的な建艦最大量を声明し、
    /   ____     / 
   /             /             その建艦計画を通報しあう
 /             /    
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

360名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:20:00 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────┐
│ 日本  外務官僚    .│
└───────────┘

            > -‐      ` 、
          ソ彡     ‐- -     ヽ
     -=≡≦''´        =─- _ \
        /     ,. ' z'´        `ミミ、         ……これはイギリスにとって
        /     / 〃        ヽ  ハ
      ,′   /  /    /  ===x     i         限度一杯の妥協ですな
      ,′ ::.:/:.:  彡      r ─ __ ` ii   l
      | :.::  r  v'ソ/ __ -‐ 7/r= 、 ヽ、  弍        しかしこの試案を軸に新協定を妥結できる
      { i /   v ''´ ̄ ̄ ̄{{ t切ノ  }ト=r=メ、
      v {    i       'ヘ __ ノノ  刈 }       可能性が出てきました
        ∨ハ   {            ,   ト | }}
         V ヽ            イ _   ヾノ        海軍当局に申し出て、なんとかこれを足ががりに
        }}  〉ー   i     /     r - ソ
        }! 〃   i   i            / ,′         折衝を続けてもらわないと……
         | ″   l        ,イ==二 ニ ,′
        ヾ{!    `ヽ _       -‐- {
           /                   リ
     r ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   -  _ >   __ ノ
    ノ               ` --  _
   / __  -─── __         |

361名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:21:01 ID:QE9.Cd2U0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 日本の外務当局は、このイギリス試案に妥協の可能性を求め、これを受け入れるよう海軍に要望した。  .│
│ しかし、強気の海軍当局は、首を縦に振ろうとはしなかった。                            │
└─────────────────────────────────────────────┘


     ____                  アホなことぬかすな!! 
   /__.))ノヽ       
   .|ミ.l ,  .、 i.)                 海軍の望みはあくまでも各国間の軍備平等や!!
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ       
  .しi   r、_) |                  そんなごちゃごちゃした余分な条項はいらん!!
    | ⊂ニ⊃/       
    ノ `ー.n:n    nn             第一やな、それやったら極秘に計画中の新戦艦の
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|           建造計画を米英に通告せなならん
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ  ヽ  :イ           そんなことできるわけないやろ!!

362名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:22:00 ID:QE9.Cd2U0

          _,ノ ル__,
        / /,. __  ̄`ヽ
      /, -‐、{/  ̄`ヽー`、         
.      //       :::.. `、 ヘ
     i ′   -‐' _,. - __, t-、ぃ            ……そうですか……
     l |,  -― '´、/_二._ } }_
.     l { r_二=、__r'´__,,.,、 辷/r'{           海軍はこの妥協案を呑む気はないと
      ,l_!f´ {-tぅ, 厂t ` ゙ンノ !〈 }
      {いヘニ-‐' } ` ̄ ´   r'〃_          あくまで強気な態度を通す気ですか
.      ヾハ    ハ,!、,、〉、  | fィノ ヽ
.       ヾヘ 、 ′     l _レ′   \       万事休す、ですな……
         `、ヽt-‐_,ニニ¨/        ヘ
          /`¬、   _ノ          ゝ、
          ノ  ,ハ>ノ                ヽ
        /   く`¨/´        _,,.-―‐‐-く
      /    /7′      _,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /    /´        /ヽ:.:.:.:.:.:.:._;,:.-―-:.:._:.ヽ

┌────────────────────────────────────┐
│ こうして11月16日、イギリス試案を拒絶する旨の政府訓令がロンドンに送られた。  ..│
└────────────────────────────────────┘

363名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:23:00 ID:QE9.Cd2U0

                  ∧}\}\ }\ハ
                 |\}\|:::::::::::`:::::∨::::::::{/∨|
            {\ {::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}∠ _
           _ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::ノ
           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒>      ……これで強硬派の連中の思惑通り、
          < ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
             `>:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/     この予備会商は話し合いのめどが
           </:::::::: /::/{/{::::::::::::::∧_}::::}::::\:::::::::::::::::>
           ∠:::イ::/イ∨>ハ:::::/::/匕∧八:::::::::::::::::::::_:::\     立たなくなりやがったな……
            /_::::::::::Y゙弋ッ∨l/ ''弋か Ⅵヽ|\::::::\ ̄
              -─|/|/ハ `¨ :j    ¨"´  |::/∨ \厂      ワシントン会議の単独廃棄が決まって、
 .      '"´      ..:::{:::.  〈{ .        lムイ::::ハ/\
      /        ..::: -<圦          .イ:::ハ/:/⌒ハ     ロンドン条約も期限切れになれば
    r '´      ..:::イ⌒! ̄ { \ `_丶   / V  }/斗允 i|
   \   、_..:::/:::::| │  ∨:::/丶、_ .:< //  ∧///,'i|     自動的に失効する
      `ー-  ..__| /   { //|_x彳 } /   /::::∨///i|
            { / /:::::‐-:::::斤、//{__/\  /:::::::::∨//i|     もし本会議が開かれても、日本案を
     .       ∨:/:::::::::::\} 〈.::/ヽ/| /}.::/     ::∨/i|
            ̄ ̄ ̄ ̄|  V/| | |/ //       ::レ/リ     通すはずは絶対にねえ……
                    |  // ̄ーヘ      _  ::|/
                     |  //     \/    \:|       これで俺たちは国際的に孤立かよ……
                │:// 〈\:{  /        }}
                 |://   \〉∨        リ

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 更に国内ではワシントン条約の単独廃棄が12月3日の臨時閣議で決まり、枢密院に送られた。   .│
│ もはや日本の国際的孤立は誰にも止められなかったのだ。                        .│
└──────────────────────────────────────────┘

364名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:24:00 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────┐
│ ロンドンの山本首席代表は、12月11日、諦観を込めた感慨を本国に打電した。 .....│
└───────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
       |                    |       「────各国自由ニ必要兵力ヲ整備スルノ主張ニ
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /       一路邁進スルモノニシテ、必然的決裂ヲ期シ
       /              /
     / やってられねー!! /         主義ニ殉ゼントスルモノ、尤モ此案ハ国交ニ
     /              /
    /   ____     /          影響ヲ及ボスベキコト申ス迄モナシ────」
   /             /      
 /             /    
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

365名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:25:00 ID:QE9.Cd2U0

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 全会一致でワシントン条約の単独廃棄を可決いたします!!
 \_____________  _____________
                      ∨
                        ∧__∧       
                    [(,´w`,)]       
.                    |/| |X|-||      
               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃
               ┃                ┃     ∧∧__
 __∧∧.       ___┃_                  __┃___  (゚Д゚,,)||     
 ||(=゚ω゚)    /    /|             |\     \(|X| U/ノ~ゝヾ 
 ||○|X||ヽ... /    /  |             |  \    \  (’ヮ’ン||
 ヽ_⊃⊃/    /                      \    \ ノ|○V.||
   ┃_/    /                        \    \ _ノ
     .| ̄ ̄ ̄~|                            | ̄ ̄ ̄~|┃

┌───────────────────────────────────┐
│ 枢密院は12月19日、全員異議なくワシントン条約の単独廃棄を可決した。      │
│ 審議はわずか2時間、日本の運命を決するにはあまりにも短い時間であった。    │
└───────────────────────────────────┘

366名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:26:00 ID:QE9.Cd2U0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 翌20日、ロンドンの予備会商は実りのないまま休会を宣言した。               .│
│ 続いて21日、単独廃棄が定例閣議で最終決定され、翌日に天皇の裁可を仰いで     .│
│ 22日にはアメリカ政府に対して提出する通告書が駐米大使斉藤博あてに送られた。 .....│
└─────────────────────────────────────┘

         /::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::.
          /::::/::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::Y::::::::::,...:::::::-、::::::::::::::::::∨::::.
.         /::::/::::::::::::::::::::/::::_::::::\::::::::::/______∨::::::::::::: ∨::::.
       /::::/::::::::::::::::::::/       ` ´        ∨:::::::::::::::}:::::::.           閣議で決定された以上
       ':::::|:::::::::::::::::::/                  ',:::::::::::::: |::::::::.
        |==!::::::::::::::::::|=====()(_)()=====| :::::::::::: |==}           私はそれを覆したりはしませんが
        |:::::| ::::::::::::::: |        _、  r           |::::::::::|::::|::::::::|
        |:::::| ::::::::::::::: |ー--_―_ ´ '   ` ー--_―‐_、 |::::::::::|::::|::::::::|           それにしても…………
        |:::::|::::::::|:::::::::|ィチ示芹ヽ        ,ィ示て芹ヽ|::::::::::|::::|::::::::|
        |:::::|::::::::|:::::::::| tっじzソ        辷じソっ'|::::::::::|::::|::::::::|
        |:::::|::::::::|:::::::::|                     |::::::::::|:::,' ::::: |
        |::::::,::::::::{::::::八           ;         ム::::::::: |/;:::::::: |
        |::::::∨::::∨::::::::..       ___       イ:::|:::::::/::/::::::::: |     ___
、       |:::::::::\::::\:::::::}:::...     ´ ー `     ィ::::|:: |::::/::/:::::::::::: |  _/     }`ヽ
 ヽ、    ,:::::::::::::::::\:::\从<|>        <|_) 从j:イ::, ::::::::::::::: |/        /i:i:i:|
    \ /:::::::::::::::::::::::}::::::::::| | (_,   ` - ´   _,! /:::|:::::::::::,:::::::::::::::/           /i:i:i:i,イ
     `ヽ、:::::::::::::::,.ィ|:::::::: |: ∨ |ー--、  __,ィ/ /: : |:::::::::::{:::::::::/           /i:i:i/ |
\      > ´ {: :|:::::::: |: : ∨}   | |   /,イ: :.:.:|:::::::::::|` <          /i:i:i:/   |
i:i:i\,   ´     Ⅵ:::::::: |: : : :\   ! !  }': : : : : |:::::::::::|      `  丶、./i:i:i:/    |
\i:i:i:\        ヽ::::::: | : : : : : \ ∨ /: : : : : :.:|::::::::::;           /i:i:i:/     {
  \i:i:i:\         }:::::|: : : : : : : :.\/: : : : : : : : |::::::::::|      /i:i:i:/       、

367名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:27:00 ID:QE9.Cd2U0

┌────────────────────┐
│ 同日  東京多摩墓地  東郷平八郎墓    .│
└────────────────────┘


                     ___
                     |    | 
                     | 元 |
                     | 帥 |
                     | 東 |
                     | 郷 |
                     | 平 |
                     | 八 |
                     | 朗 |
                  ,,,.   | 乃 | ,'"';,
                、''゙゙;、).  | 墓 | 、''゙゙;、),、
                 ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
                 ‖  `i二二二!´ ‖
                 昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
                | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
                |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
                |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
                └‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘
._______,_ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| _______,_
| |______| |  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄ | |______| |
| |||||||| |   |  |:::  |: :    : : |::   |  |   | |||||||| |
| |||||||| |   |  |:::  |: :    : : |::   |  |   | |||||||| |
| |||||||| |  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ.  | |||||||| |
| |||||||| | _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_. | |||||||| |
| |||||||| |  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l | |||||||| |
 (;;;;;;;(;;;;;;; /  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ \;;;;;;;;);;;;;;;;;;;)-、
(;;;;;;;(;;;;;;./  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ \;;;;;;;;;;;);;;;;;;;;;;)
 (;;;;;/  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\  \;;;;;;;;);;;;;;;;;;;)
.(::/|   ,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,\  \;;;;;;;;;;;)
wwjyw从wjwjjrjwwjyw从wjwjjrjwwjyw从wjwjjrjwwjyw从wjwjjrjwwjyw

(写真は鹿児島市多賀山公園の遺髪塔)
ttp://www.sakanouenokumo.jp/photo/images/grave_togo01.jpg

368名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 22:27:48 ID:B9vIwFi20
国力で未だイギリスの以下の日本が、英米仏を向こうに回して単独で建艦競争とか、北朝鮮を笑えんな

369名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:28:00 ID:QE9.Cd2U0

          ____      
        /__.))ノヽ                            
        .|ミ.l _  ._ i.)              ___          やりましたで、元帥……
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ             /    /|
       .しi   r、_) |               | ̄ ̄ ̄| .|          遂にワシントン条約を廃棄して
         |  `ニニ' /               |     | .| 
        ノ `ー―i´           .  |     | .|           無条約軍備に回帰しましたで
       /      `ヽ              |     | .| 
     /  | |   / |             ..|     | .|          これで日本は思う存分米国に
    /   | |  / | |              .|     | .| 
    /   l | /  | |              .|     | .|          対抗できますわ……
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ______ /|___|//|__ 
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}          .| ̄       ̄|;; |  /|     どうか喜んでくださいな
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ         / |_____|/ //
    `ー、、___/`"''−‐"        | ̄          ̄|/ 
                   
┌────────────────────────────────────────┐
│ この日、単独廃棄の通告書を送ったとの報せを受け取った加藤寛治は、軍服に身を改めて   .│
│ 多摩墓地に向かい、東郷平八郎の墓前に次第を報告した。                      .│
└────────────────────────────────────────┘

370名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:29:00 ID:QE9.Cd2U0

     |┃三
     |┃                         小笠原さん、いてはりますか〜
     |┃
 ガラッ. |┃        ____             東郷元帥の墓前に参ったついでに
     |┃  ノ//   /__.))ノヽ
     |┃三      .|ミ.l _  ._ i.)           ご挨拶に来ましたで〜
     |┃       (^'ミ/.´・ .〈・ リ
     |┃       .しi   r、_) |
     |┃三       |  `ニニ' /
     |┃三      ノ `ー―i´

┌─────────────────────────────┐
│ 加藤は帰路、東郷の側近秘書であった小笠原長生※を訪ねた。  .│
└─────────────────────────────┘
※小笠原長生(1867-1858):元海軍中将。子爵。当時は宮中顧問官。
東郷平八郎に傾倒して、彼の神格化に一役買った。東郷に関する数々の著書を出版している。

371名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:30:11 ID:QE9.Cd2U0

     |\        /|
     |  \     /  |
     |   ゛ー─''"   、|           それが……
     レ    _,  、_   ヽ
     /    0    0  ヽ         あいにく主人は出払っておりまして……
     ! *    r‐-、     |
     l      l  |  し  !         伝言がおありでしたら伝えておきますが……
     ヽ     ト─'    /
      /   /⌒ヽ /⌒ヽ
     /   γ  丿|   |



          ____
         /__.))ノヽ
         |. l _  . _ i|               そらしゃあないな……
        (^'/´・>〈・` |)  
        .しi  (_)  ソ              ほな奥さん、名刺を置いていきますさかい、
          | `ニニ' |
          >t==ォ<               小笠原さんにはよろしゅう言うとってください
      , イ^::::: :li: : : `ヽ
     /: :ィ:::::::: :li : : : l: :l             加藤は遂に東郷元帥の念願を達成しました、
    /: :/ l:::::::: :l| : : : l: ::l
   {: : ヽ. l:::::::: :ll : : : :l: ::l            そない言うたら判りますわ
    ',: : :: 〉|:::::::: :ll : : : :l: : l
    ヘ: :/)l::::::::: :ll : : : :!:: :l
     Vtイ:::::::::: :li: : : └tナ
       l____|l__il__」
        l: : : l ̄l: : : |

372名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:31:00 ID:QE9.Cd2U0

    「  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |              |
    |              |            イヨイヨ
    |              |            「愈 華府条約廃止通告の運びと相成り、
    |              |
    |              |            此に帝國海軍更正の黎明を迎へ候に付
    |              |
    l             ,. - |            只今、多摩墓地に参詣、故元帥閣下
    l.     ,. ⌒/ 丿:|                     イササ
    l.  _,.  '´  /  /  |            御墓前に報告、聊か御英霊を奉慰候」
    ̄|  _,. ‐'´  ,.イ ̄ ̄
     |  | /  / ,r'─、
      |  ノ'  / '´   /  ̄}
.     j    /    /   j、
    /            ハ〉、
    、               {`ヽ}}
.     `¨⌒丶、_         ノj

┌──────────────────────────────┐
│ 加藤は名刺の裏にこのように喜悦の文字を記して家人に託した。   .│
└──────────────────────────────┘

373名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:32:00 ID:QE9.Cd2U0

ヽ、  |    ト,                  l |        |  
  `>;:ニ-、 ||              { l     ,   !  
.  //  `ヾ、l              ,-,ゝヽ    /-   ! 
 //      `ヽ、 __         ,.-'、i ),」   } ,.-  } 
|l         `ヽ',/⌒i  __  __,ァ''"´  j    /i/    / 
||           `、 __j-'-‐''´        { r−/ /   /  
弋l、     、_    \          ヾ__,ノ ヾ´  ,    
 ヽヾ、       `r、   \             ヽ-'   
    ̄ヽ      へ'、ヽ、( `r 、            ヽ    
     ヽ      ヾヽ `−''  `ヽ、          ヽ   
      \     7'' 、       `ヽ,rィ天ヽ     ヽ 
        ト、_ヽ,    丶           〈7<ラ<)      ヽ
           `−ー―ヽ        ''‐r ''       ヽ 
                 ヽ           |          \
                  丶       |           丶
                   ヽ        |            ヽ
                     ヽ      |             丶
.                    ヽ     |             _ノ
                     ヽ   |         _,.ィT´
                      丶  |      _,. -''´ 
                       丶 j  _,.、-''´     
                        `'−''  

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 13年にわたる加藤の怨恨を晴らした廃棄通告書は、条約期限切れの2年前に意思表示するという   .│
│ 規定に従って、アメリカ時間の12月29日正午(日本時間30日午前2時)、斉藤駐米大使から       │
│ ハル国務長官に手渡された。                                          ......│
│ こうして遂にネイバル・ホリデー(建艦休暇期)は終ったのである。                      .│
└───────────────────────────────────────────┘

374名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:33:04 ID:QE9.Cd2U0

            ,  -―‐- 、_
            /       ノヘ、         ……軍縮条約の廃棄は、少なくともやる夫のような
           /       /{   ヽ
        /    _,> '´   ヽ   i        軍艦建造を生きがいとする軍事技術者にとっては
         /    ,ィ芹`   , -‐l   |
       ,    /ヘツ   / f芹Y   |        軍縮条約による技術的制限から解放される
        | l  /       / ヘツ |  |
       | l /             |  /        待望の機会だったでしょうね
          N ハ   -― 、    /l /
        V lム、    `   //|/l         排水量制限がなければ、もはや無理な設計はしなくて済むし、
        ∧|  |\    イ // {ーァ
      /   〈j   `¨´、__ノl /  V^ヽ       質の向上も容易よ
     /   ト-イ    \_ /  }ー、|
     | l   {∠ノ    /ノ   /ノ   \      こうして極秘の巨大戦艦プロジェクトは進んでいったの
     `ト __,ノ-  / 厂`ーァイ´     |

375名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:34:00 ID:QE9.Cd2U0

/    `¨ //   |/    | 、       V   `¨¨´   }ノ
       / 〃 /l  lム  /ヘ{ム_ \  l|
       |/ | //| /ィ=t. |   ==ミh  l|          でも、それって軍縮条約前の問題、例えば
       | イ /ヘNl fヒハヽ|   fヒハ Yl  /
          ゝ{いl 弋ツ    弋ツ lj/           逼迫した国家予算や他国との関係悪化を
            `¨ハ""   '   ""ハ
          ,、_ゝ  につ   / _            蒸し返すどころかかえってそれを
         / }  |>、 _  ィ/´ / ̄`ヽ
          l   l  l_  l    / //    l        悪くしてしまうんだよね……
          |  ∧  トミ  ーァ  //       |
          |    V¨ヽ `¨´V¨ヾ!       |        こうして日本は戦争への道を歩んでゆくんだ……
          |    {しリー一{し久|       |

376名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:35:01 ID:QE9.Cd2U0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;; ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....     :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. (   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....       ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....          :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .

┌──────────────────────────────────────┐
│ 条約廃棄を決めた昭和9年の冬は常にない冷え込みであった。               .  │
│ 酷寒の内に昭和10年が明け、加藤寛治いうところの「帝国海軍更正の黎明」を迎える。  │
│ しかし、史実が物語るようにそれは決して日本の黎明などではなかったのだ。        .│
└──────────────────────────────────────┘

377名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:36:00 ID:QE9.Cd2U0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 新艦建造に忙しく働く軍事技術者たちのなかで、一人取り残された人物がいた。       .│
│ それは藤本喜久雄であった。                                    ..│
│ 彼は技術研究所造船研究部員として、それまで彼が設計した艦艇の復元性能対策を    │
│ 黙々とこなしていた。                                          .│
│ しかし、憤懣やるかたない彼はいつしか酒に溺れるようになっていたのである。        │
└──────────────────────────────────────┘


                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \          軍縮条約の規制がなければ……
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ       僕の設計にはまだ可能性があったんです
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |       溶接をもっと取り入れて、
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ     世界を驚かせる大戦艦が建造できたのに……
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、   '   "⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

378名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:37:00 ID:QE9.Cd2U0

       ,. -―- 、
      /        \            ふっ、酒を飲むとどうしても
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ          愚痴ばかりになりますね……
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ           いまや平賀さんは海軍省の嘱託として
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ         押しも押されぬ権威の持ち主なのに、一方僕は
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i         閑職に押し込められたままですからね……
  l    l         l  .i

379名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:37:30 ID:QE9.Cd2U0

           _
           | |____ [l[l
           | ___|
           | |__
           |___|
             ____
            /_  /                あ、あれ?
          ..////
           ̄ //
             ̄  [l [l //               なんだかおかしいぞ!?
                //
          
                 ____             胸が、い、た、い……
               /⌒  ⌒\
             /(○) (○ )u\
            /    __´__     . \
           |      −      |
           \            /

380名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:38:05 ID:QE9.Cd2U0

               ,,,,、                              r‐ー',!
        .t'''''|  ___. | .| 冂                          r‐ー1  l゙  .l゙
         | ‘,,,_ ,! .| .|.| .|         _,,,,---,              ,l゙  ,i´ l゙  l゙
        .} |^  .| | "'""'"     .,,,-‐''″._、 〕    ,,、 .r‐┐  │ ,"  l゙ │
        .ノ,,ノ   | |      ...,,,-‐'゙` _,,―''゙,i´ / ._,,-,'l″,!,/ /   |  ,l゙  .|,,,,,ノ
            .| ,!      〔 ._,,-‐,ニ-ッ 丿 ./ `゙l、.゙l゙l-'ナ /   .L,,,ノ  .,r'"゙゙l
            ,/ 丿      ."″ /  ,i´‘''''''"  .゙‐'` 丿 丿   r'"^゙l  ヽ-'゜
          .,,/ .,/            │ .l゙         `冖'"    ヽ-'゜
          .゙l/          丿 .l゙
                      .,__,,i´

                         ___
                        /::::::::::::::::\
":∵ ::´: :. .; .;: :∴:           /─三三─::::::\
:':´.;∴.;..``:;": :´; `"∴;":     /(○)三(○ ) ::::::::\
、-': .; "∵: .;": ::″: ; .;".;"  |  ::::::::,_,`__::::::::::::::::::::::::|
   .;".;":: :.;".; ` ;..``:.;`; :∵`; '|-┬r|   :::::::::/
     ; "∵;": ::″.;":: :.;".;∴":・.;": ::;ー`  ::::::::::::!、
      ・  ,´ ;:  ;` ::.;".;"∴∵     :::::::::::::::::::::\
                              l :::::::::::::::::|

381名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:38:30 ID:QE9.Cd2U0

           .........
            ..:, -─‐──‐-、:..
        .:/             \::                  血!?
        :/ ;              ヽ.:
        :l  U                l: .....            何で僕が血を!?
       ::|      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、.
       :!、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \:         く、苦しい……!!
       ¨:ヽ。((◯)  (◯)。)::  /⌒゙`       l::
        :/ヽ~゚ __´___~ __ ,ノ|     ,      |:         誰か助けて……!!
       :/   /`:j⌒:。´   |.    |    ,   !:
       :/   /  ;  | `ー-,,,|"   |___,ノ   |:
     ..:/   /    ゚ .|    |    |     ,lー─- 、.
    , --‐-ー、_ /    ゜ l     ,|    |   ,/ )   ):
   く / / ァ- ,ノ    。  \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\   /^ー-‐'
    `ー' ー´ ̄  ~τ゚υ'゜~ (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄

382名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:39:00 ID:QE9.Cd2U0

               「|
               | l r n
               | l |_| l
               l ヽ└'
               | lヽ \
               | l  ヽノ
               |_j
              _「l「L. _                   バカな……
             └‐┐i r‐┘
                  L| |
                 └‐'                     僕はまだ、
                 n
                 U
                 0                     何もやっちゃいないんだぞ……
                  O

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U              l⌒ '"⌒ ヽ、
       |         u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  (‐-))。  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

383名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:40:00 ID:QE9.Cd2U0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 腎臓に疾患を抱えていた藤本は、深酒からそれが腎血管性高血圧に発達し、      .....│
│ さらに血管破裂に至ったのだ。                                  ......│
│ 昭和10年(1935年)1月9日、藤本は友鶴事件の汚名を背負ったまま帰らぬ人となった。  │
│ 世間では彼の死は、過労と精神的ショックのためと噂された。                 .│
└──────────────────────────────────────┘


                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃/ 逝 \┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃  -  - 、┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃/..(● ●)┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃ゝ  -'- ..┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|

384名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:41:00 ID:QE9.Cd2U0

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\           そうか、藤本が逝ってしまったのかお……
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \           藤本さん……
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i           あなたにはこれから新戦艦の設計のために
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ           どんどん働いて欲しかったのに……
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ            無念ですよ……
    ./  /   |
    i ./  .  |

┌──────────────────────────────┐
│ 藤本の悲報を受け取った人々は、彼らなりの悲しみを胸に残した。   │
└──────────────────────────────┘

385名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:42:05 ID:QE9.Cd2U0

       , -、     , - 、__        /⌒ヽ _
    rー/  r┴ュ. ∠/    ー- 、 ヽ _rく    l   `!
  、__ノ    r'  /  {    /    `Y   ]       しイ
  V     L./  / ∧{  卜、\   V  _]       \/
  {/ { {   |/  V,≦\ | ,≧ェ\!  l T´ \_, -、 l  !|     うわーん!!
   {/レ'^ ー' {  /ィ"¨` ,` ´¨":.ト| /V|         レヘ リ
         卜 { i:!  , ‐-‐ 、   i:!j.ノ-{|        レ'      藤本さん可哀想だよ!!
           | (l j:l /-―‐-ヘ j:i  ノ´}1
         {} ヘ:{ {      } 」:l /ー' {}               本来は優秀な、稀に見る設計者だったのに
            \`ニ⌒ニ´ ィ:´
               / ゚ゝ-- u个 、                   汚名返上の機会も与えられずに
          /  。 |     | 。\
            {  , イ    /ヽ /                  死んじゃうなんて!!
          , \/  jニニニ/ / `丶.
        /   \ l   //    / \               いくら友鶴事件の責任をとらないといけないからって
          / l /   ∧  /´    /   |
       l  /-――- ∨-――- v'    |              こんなのってないよ!!
       | ,'      {}       l     |
       | | -――― l ―――-:l     |
       | :.、 ::::::::::::::|:::::::::::   ;l     |
       |  }     |      /j     |
       |  l l|     |   |l { |    |

386名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:43:02 ID:QE9.Cd2U0

       / {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :ヽ      ……泣かないで、ラブ……
       / `    ̄ ̄ ̄    −- / {: : : : : : : :',  
        |              ___ /  l ―- 、: :|     藤本の死は確かにあまりにも海軍にとって
        |  l / ̄: : : : : : : : : : ::/     l: :―- _ `!  
       |/l: : : : : : : : : : : : : /      ヽ: : : : : :`!     大きなものになるわ
      |: : |: : : : : : : : : : :/_,    、___ l: : : : : : |  
      |: : |: : : : : : : : :/__,    、_  !: : : : : /     これ以降、やる夫の意向に従って海軍の艦艇の
      l: : |: : : : : : : :/、__,ィ     、 __, |: : : : /   
    、__ノ: :.:|: : : : : : :/ `冖"´     `冖"/: : : /       設計は保守的なものになるの
     ヽ/: : :v : : : : /        l}    /: : :/    
      /: :/ハ: : : :/\             /: : /        藤本のような革新性は遂に消え去ってしまうのよ
     j/ /: :レヘ: {  \  ―_-   /l : /\    
   rく   ハ: : : :`{ー=、 \     イ: : :|:/ヘ / 〉       これは対米戦において、我が艦艇の劣勢に至る
   |  \ {  \: : :ゝ≧ト、―>< _,ノ: : :/': ノ|  |
   |   ヽ\ー-: :t: : :フ    ̄  ` ーァ:-=彡:ノ |      原因のひとつともいえたわ

387名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:44:00 ID:QE9.Cd2U0

  l |   / |       \    |: レ-、: ||   l
  l |   l / \  \: . !  |: |/  l:.||   /
  l l   | l   丶._ \:l:  /:/^〉 ,! || / ̄ ヽ           うん……でも、
  N   l ト. ー≦´  ̄ !: /l/ ノ / ♀    _」. _
  | \  い:\ 丶 _ノ  |: /   {/ り-―<      ̄`      藤本さんは藤本さんなりに必死に
     \ヽ トハ ノ´ ""ノ厶ヘ / /      \
      `¨  }   /./ /  /         \         与えられた条件をクリアしようとしていただけなのに
           く. ゚/ / /\  l             \
          。| _ノ / / ∧ |            ヽ      それが評価されることなく責任だけ取らされて
           、   ' / /  l |            l  l
            \   {ヽ N               l  |     そのまま死んじゃったのがあまりにも悲しくて……
              °  \   l/|           |  |

388名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:45:00 ID:QE9.Cd2U0

              ,  -――-  .._
          , <´    _     `丶
         /   ィ<´         '、         そうね……えてして世の中ってそんな風に
       /  //j             ヽ
        /  /'/ ,              l       理不尽なものかもしれないわね
      l  /X __ l                  |
      |. :://カメ、_.:'        /      l       さて、少し短いですが今回はここまでにします
       r―' {ソ  /         /       ,
       }  `::: /;        :/        /        次回は友鶴事件と並んで海軍を震撼させた
       〉、  //    /   :〃      /
     /|  / /   :/ : :/   /    /          ある重大事件を二回に分けて描きます
     /ノ{_   ,/   /: :/    /:   /
    /´ /: :厂/  /: ://    :/: : : /            次回も引き続きよろしくね
      ///lイ: :_://   : :/: : :  {
     ' /: : ∠∠彡'    : :/く: : : . \_
    /. : :/`ァァ: : :  : : :/   \: : 厂`

389名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:46:00 ID:QE9.Cd2U0

                 __        , -‐ 、_
        r‐ 、 _r=、ニ '´-―- 、`ヽ __,ノ     `しイ
     r―一'  r/´|        \{「  }        く
     |     l/  |l  /\     {廴 」      ヽl
   lし'       |  lt  l ー\ |  ∧ハ八 __   ト、 |     悲しいけど、これって戦争なのよね……
   `7     r、j  N \|  == ' V / //    `}ノ  レ'
    {/ ,ィ  〉 \t =' ,     l/ニV
     ∨ i'´ ̄ス ∨   ,     〉 / 
       |   _)__}、`     个ー'
          V 〈yー' \_.   |
          }  l|     l     |
          /  /  _ __」    l                  それじゃあ、次回もよろしく!! 
       /\./ / l/ /ー  _,/`ァー-、
     /   /'   / /` ー―/ /    l
    /   /    / /     / /    |             みんな、幸せゲットだよ!!
    /   / . -/○´ ̄ ̄ ̄○  l     |
    └--‐ ´  /            \l     !
          l  (⌒ ⌒)    l     |
          l  :::\:::/:::::::...  /l     !
          ヽ  ::::::::::::::::::   /|  鄯



第9話   軍縮条約廃棄  終わり

第10話  第四艦隊事件(前編)  へ続きます

390名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:47:00 ID:QE9.Cd2U0

         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: :ヽ
        〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉: : :ヽ
         //: : : : : :_____ : : : イ: : : : :ハ
         / レ ´           / 卜 、: : :ハ      ……さて、やる夫の話は区切りにしたけど、
       l    -― : : : : : : ァ ´     l _丶 : l
       |/: : : : : : : : : : : / ,      l : : : : : |      ラブが悲しんだまま終わるのもいやだし
      !: : : : : : : : : : ∠、 ̄   ` ー-、l: : : : : :|
        ',: : : : : : : : :/゚J:|     ィ 〒ト、|: : : : : |      ちょっと余談としてやる夫とは関係ない
        ', : : l : : : /ヘニノ     l ゚Jl::l l: : : : /
           ,: : |:.|: : l`冖′     ゝニノ l: : : :/       ほほえましい話をしようかしら
         ',: :|:.l: : |       '     /: : : /
           |:.:|∧:.:|    、_      /l : : /        それは今回登場した豪華客船
           l: : : :ヘ:|\     ̄  /: l:. :/
           /: : : : : : l  丶  _  イ: : : :l:./         「クイーン・メリー」に関するお話よ
      `ァ'ーァ': : : :/ノ    l:_:l: : :l: : : :/人__,
     /: :/ : : : /〈       l \: : : : : ヽ ̄
     _/: : /: : : l: :/  ヽ    /  l: :l: : : : :〉
  /八: : {: : : :ヽ:{     \  /   /:/: : :ノノ

391名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:48:00 ID:QE9.Cd2U0

      |      ハ    /―-|  l     / -―\    |       |
      l      |/\ l _-、V l   l  , - __ \ |      l
        ‘.     |  、/´r=、㍉ 、   | ィナ r=、\ T       /      え? どんなどんな?
        、     lー/ ハ_ノ1li  \  l  / ハ_ノ1li 寸     /
        \   ヾ{{  |派_ノリ    \i   |派_ノリ  }}   /`ヽ      面白い話?
        人`Tナァ\ ゞ=彡           ゞ=彡  / / l   |
         l  \__|    ̄      :|      ̄ /イ__/l   |      だったらせつな、早く聞かせてよ!!
         | /  /⌒ヽ  }ァー-------‐ナ{   /⌒l  /   /
        ∨/ ̄`ヽ  |  {/         ヽ}  | /´ ̄\ /
         /  /  ⌒\ \       /  /⌒ ̄     ヽ
          |  /      \    ̄ ̄ ̄  /  ⌒\    |
          ヽ         }`>‐--‐<´ /             /

392名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:49:00 ID:QE9.Cd2U0

         , -―==‐- 、
        /: : /: : : : : : : \         ええ、いいわよ
      〃: /i: : : : : : : : : : : :ヽ
      / `/  {ー--  __ : : ',       今回登場した総トン数8万トンの巨船「クイーン・メリー」は
      /ー/- 、 lー----  : : : : : : |
      l: :;',ェ._ 丶 : : : : : : : : : : : : |       英大手海運会社キュナードが1930年にジョン・ブラウン社に
     V:} |j}` l: : : : : : : : : : : : l
      r' ' ' '   l: : : : :/: : : : : :/       発注したものよ
     ヽ- '    |: : ; :/: :/: : : /
       }__,  |: /l/: : {: : :{人_,       計画番号から<534番船>と呼ばれたこの船は、
        l:/: :l |/ |: : : \: \
        /: :ノ!   l: : : : : |:_: :ヽ       しかし当時世界を覆った経済恐慌のせいで1931年12月に
      , /: :/{ r- /: : : : lノ `ヽ:)
      /ハ: :{三三ノィ: :_ノ´ /  l      いったん工事が止まってしまうの
      l/ `     ´   /   |
     /|          ヽ /     |

393名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:50:00 ID:QE9.Cd2U0

                    r'´                   \
                  rイ´                     ヾ 、
                   !   l        \  、         ヽ
                   l.   ', ヽ.  l', l     ヽ!ヽ ト、 ヽ、    \',     ……さて、まいったぞ
                   l ィ ,  .!、 lヽ l ', ト、     λ!ヽ ',ヽ.     l
                  /'1 l l. ',ゝ斗リ「 ',!.ヽ. ,ィ    k ,ヘ',    .!リ      北大西洋路線の収入減で
                   ゝA  ヽ ヾ云ア  ヽ! リ、  l 'ノ/´ `    l
                  / ` l ./リl  '孑'   '  ヽ/ rイ,      N       わが社は53万ポンド以上の
               >' ´/  .ル'l. l  ``       ' .l. ヽ    !
           ,  ' ´      /  N、             j ,  l .ィ ,  .!        赤字を出してしまった
         , '              /ヽ_ __,,       / !  リ.ゝレ-‐ァ
       /             -‐イ  ゝ-    / >' ´     ',       このままではどうしても
      /           -‐'''イ´       ',i i i ,/ ./l        ゝ、
     /         /´  イ´   , ‐- 、   フ´ ヽ/  」    -‐':.:´:.:.:.:.ヽ     造船所に金が入れられない
  .-‐'           /r'ヽィ丶/     <_ .//´ >孑'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  l           /厂   ヽ ヽ      / 斗λレ' ´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. -‐―---、:ヽ  建造をいったん中断するしか……
  ヽ   _  -― イ  、   ヽ \   /  ./:.:/´ >':.:.:.:.:.:.:.:.:.. <     _  .ヾ
   ヽ   _ 孑'´     \.   ヽ  \ !  ./:.ム.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./    ,  ' ´    ̄`ヽ
     `> 、          \   ヽ   ! //厂:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   /          ',
         `> 、       \  \ リ/:/イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ   /              !
              ` ‐- 、  \   У:/':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ   /               l
                   ` 丶、.`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   /      、
                      У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    /       \
                      l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.  /          \

パーシー・ベイツ(Sir Percy Elly Bates, 4th Baronet)1879年5月12日 ‐ 1946年10月16日
準男爵。キュナード社社長。(後のキュナード=ホワイトスターライン会長)
1920年大英帝国勲章(GBE)受章。

394名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:51:00 ID:QE9.Cd2U0

              __, ― ――-- 、
            , ' ´´7         `  、
           /    /l           \          ……というわけでチェンバレン蔵相、
         /   , l '」 ,      i 、    ヽ
         /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',        わが社はこのままでは立ち行かなくなります
         ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
          l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、      しかし、独伊の商船は国家補助を受けており
         /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`
          レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|        この不況下でも順調に配船しています
           l/ l l 、          И l/ィ/ , !
              、`          i/斤'´ リ`        そこでなにとぞ政府の融資により、534番船を
              ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,'
               ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_         完成させて彼らに対抗させてください
                ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                /´.',  /´.!    ノ_: :\       お願いします
              /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
               ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
             ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
          -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : _: :l ,'    /-‐': :´ : : `V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/'´ ̄ : : `! l   /: : : : : : : : : :,':.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:!
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l/: : : : : : : ! !  /: : : : : : : : : : /:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

395名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:52:00 ID:QE9.Cd2U0

     〃   ii    !|       i ||    | |  │     │  |   |
      {i     ii    !|       i ||    | |  │      |  |   |
      ii     ii    !|     _」L -‐ ニ二 |    i │  |   |    ……判りました、あなたの仰る
     ii   _」≧ニ二¨ミ ̄_{   ン穀アリ''<|   ii  i  |  |   |
     ` -ヘ {  /杁う`7'⌒ {  、 ゞ-┘ ´ |  ii  i  |  |   |    条件を飲みましょう
        l {    ゞ'┘′   ヽ、____   |  ii  i  |  |   |
        | ` r‐…  7                |  リ  i  |  |   |    ただし、こちらにも条件があります
        |  l.   /               | 〃  ノ リ  |   ! i|
        |  |ヘ  ヽ    ::...、        厶 -r…¬   ,,'  i i|    同じ様に経営不振に喘ぐ海運会社
        |  | |:.   `                |   }}   ''   ii i|
        |  | i i:.   マ二二二二ヾ      |   リ /   ii i|    ホワイト・スター・ラインと合併していただきたい
.          レ⌒| i i ハ   ー─         j  〃≠-‐   ̄
            | i i _,ム  . ...::... . .    ,.イ  ///..::::::::::::::::::::::     その上で大西洋航路を再構築するなら
            | レ'.:::::::::ト:._:_:..:..:..:..:.:._;..'´''´ //..::::::::::::::::::::::::::::
          /..:::::::::::::|::::|ト、 ̄ ̄ /     /..::::::::::::::::::::::::::::::::::     我々は融資を行います
          /..:::::::::::::::::::|::::|| \/    /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ネヴィル・チェンバレン(Arthur Neville Chamberlain)1869年3月18日 - 1940年11月9日
イギリスの政治家。当時マクドナルド内閣の大蔵大臣。1937〜40年首相。
首相としてヒトラーに対し宥和政策をとったことで後世批難されることになる。

396名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 22:52:18 ID:JDGoCpag0
”タイタニック”のホワイトスターライン社はキュナードの軍門に降っちゃったんだよね・・・

397名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:53:05 ID:QE9.Cd2U0

      /: : : : : : : :/  ヽ: : : : : : : ヽ
      /: : : : : : : /     _ヽ: : : : : : : l          ホワイト・スター・ラインはあのタイタニックを所有した会社ね
      ,': : : : : : : /    /, - \: : : : : |
    ,: : : : : : : /―   /ィイ^圷v: : : : :|          こうして1934年3月に「北大西洋海運法」という法律が出来るの
    |: : : : : : /_,二    l:{しj: |1: : : :.|
    |: : : : : ィイf^i:l     ゞニン l: : : :l:|     ,. -┐ それに基づき両社の船舶総てを新会社キュナード=ホワイトスター社
    l: : : : : 八しン   l      |: : : :l:|    / /
    ヽ: : : : |         _,  |: : :// ,、/ /    に移譲し、政府は新会社に950万ポンドを融資して、そのうちの
      ',: : :.|    , −_´ ̄    |: :/: / / ∠ _
        l : : l\         /j:/: / イ /__〕   300万ポンドを534番船建造の資金に当てたの
        |人:.∨:> 、     /l::|: :/  ('´ __〕
        X: : : : l:≧ 、_./   !: :八    匸_ /    法律制定から1週間後には534番船の建造が再開し、
        /: : : : : l: |      /: : : :} /  l `/
        /: : : : : :jノ      /: : : : :|    /\    5月には新会社が発足したわ
       /: : : : : :〈     ∠: : : : /: ハ    | |
      /l: : : : : :ト-ゝ  ∠: : :/: :/ |    ∧ |    そしてベイツは新会社の会長に就任したの

398名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:53:41 ID:QE9.Cd2U0
>>396
まあ、そういうことです。

399名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:54:00 ID:QE9.Cd2U0

        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il     新船の名付け親にはやはり皇室の
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!     どなたかになっていただくのがいいだろう
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !            ヾ /′       そして新船には、キュナード社の伝統である
        レ{ , ,ィj li!      、     イ
       ___j_ムチ ヾ\     ` ̄ ヽ /′          <───ia>で終る名前を当然付けたい
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /
   ___ /           1ヽ `ー:、≧{ `ヾ:、            そうなると、陛下(ジョージ五世)の祖母であり
  /:::::::`:.ァ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ
/: : : : /: : : :`丶ミ≧:、 L___ゞ(  ;ャァ'´ ̄ `ヽ         偉大な女王であった「ヴィクトリア」が一番ふさわしいだろう
:-: : :/: : : : : : : : : :_≧ュミ:、    };>'  __    ‘,
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 才{__ .ィ´       ヽ        早速陛下に言上申上げねば
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. \: : : : : : : : : : : : :Z、 ≧一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧ ヾ: : : : : : : : : /: ≦ ゞ: : : ゝ       |⌒V

400名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:55:01 ID:QE9.Cd2U0

┌───────────────────────────────────┐
│ こうして進水を控えた某日、ベイツ会長はバッキンガム宮殿で国王に謁見した。   .│
└───────────────────────────────────┘


               /              \
             ./                 ヽ
             /                    ハ
            /                、      !       ……ということで陛下、
             l              /∨.l     !
            ,'             ,   !'`´`! ,   , !       新造船には大英帝国始まって以来
            /イ  i    ,    .l.  .!l   !,イ. , 、.!'
           .′|  |    !.,、.ト、 .M.  !l  ィムlィ/! l '        もっとも輝かしい
            l / レ1   ハ|メ‐ヽ厂!ヽ|` 'ニ  ,'/ ,、l
            ' И{.、', i リ ' ‐-‐ニ,   iヽ ̄ ,' .l. '          女王の名前を冠することの
               l,ヘ_ヾY      ´    !  .ハ/'
               l `ー;          /  /            許可をいただきたいと思います
               .!ハ l.ヽ        __  /、
              ./'l. リ、ヽ\    `''ニ´- ./ヽ`丶、
            ,-'"_____',  \ ` 、, i i i i,//`ヽ:.:.:.`:.:ー. 、
         ,..:.'´1l; ; ; ; ; ;',   `丶、 `ーァ‐ヘ: : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       ,..:.'.:.:.:.:.:.l L_: : : ',. 、 j.  \/-−ヘ: : : ;ゝヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
    ,..:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l: : : : ̄`:', \、 ̄  ̄1 / , .',/: : ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.!
  ,..:.'´:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:! !: : : :_: :ヽ 二ニー'フ /.  ',: : : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.!
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l├''": : :  ̄:',  -‐ .〈'´  , .',: : : /ヽ';.:.:.:.:.:.:.:!.

401名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:56:00 ID:QE9.Cd2U0

                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
                /,rニ二!    /O7 ヽ          そりゃあええのう!!
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/         |_
            <I´「|     /`ヽ      |」_I>       わしの妻も喜ぶじゃろう!!
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                 !  | |      ヽ  | |
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                ヽ_         /
                 | [口]ヽー――i'´
 , ,、 ,、       ,.. -‐ '''i"´ ̄`\) ̄ ̄ `iヽ、
(。Y。V。,!     /| \O |           | O,ヽ、
..ヽ  /     /  |   `ー'           `ー' | ヽ
  |  |     /  .|    /|   _i⌒U⌒L    | ヽ

ジョージ五世(George V, George Frederick Ernest Albert Windsor)1865年6月3日 - 1936年1月20日
英国王(在位1910年―1936年)。ウィンザー朝初代君主。
第1次大戦と戦後の困難な時代に,公正・超党派的態度によって王室の威信を保った。

402名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:57:00 ID:QE9.Cd2U0

.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \      (つ、妻!?
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《 ヒ::リ       ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|        妻ってメリー皇后のことか!?
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、 ヒ::リ 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|         俺はヴィクトリア女王の話をしたのに
      レヘ,.ヽ ヽ\! u         : 〉       ハ!
         |: :\__                 /  u   //           何でそんな勘違いするんだよ!!
         |: : : : :ハ                   /'′
         レヘ: : :}∧       , -‐  ̄`ヽ    /             しかし、こうなった以上はもう勘違いだなんて
         }: : |  \.      ̄ ̄ ̄    /
         |ハ::| ヽ \      ̄   /              言えるはずがない
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\              止むを得ん、メリー皇后の名前を付けるしか……)
         /¨|: : : : : : :/   \    :/ /  \
       //´\: : : : 厶__>、   /___>
__,ィ⌒/::::::::::::::\: : : : : : : : : : : \/   |::ー- 、\
///// ̄::::::::::::::::::::::::ハヽ: : : : : : : : : : ::}  ./\:::::::::::::\ー、

403名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:58:07 ID:QE9.Cd2U0

         /       / l     ヽ
       /     /    l      l
       ,     /   -―-l       l
      ,    /_    __   |     |        ……こうしてジョージ五世の勘違いから、
      | /  /=ミ   ィ=ミ |      l
      l |  /   ,        |   | 〃        534番船には”Queen Mary”の名が付いたの
      l |: :ハ  ____   |  / //
       .|:l人 V    /   |: : / | し1        キュナード・ラインでは創業以来必ず自社船には
        ハN: : :{\ ー一'  /j/  l {ノ
        /: : : : : :\:}ァr< _ ノ: :ノ: : ヽ\        <───ia>で終る名前を付けていたのに、
        {: :{: : :寸ー'^{|/`¨フ: : /: : :}: : }
      `ー\:_: :ゝノ{」/_r-‐': : :ノ-‐く: : ノ        これで御破算になってしまったのよ
         l /ノ/ ゚ / `フ¨´     V′
          /ノ/  /  ノ l/       |
           /ノ/。 / ノ  / , -―┬v′
        {{ {  { {   V |   |ノ
        ヽヽ}   } }   `゙l   |
          }}}。 } }    |    |

404名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 22:59:02 ID:QE9.Cd2U0

      }三イ  /  | |   l     \ ヘ三三〈
-‐- 、_,ノ /   |  /l l   |\  l  l ∨ゞテーヘ
     /l   ∧. lー\l   卜-\l   l  Vlト、   }          あはははは!!
      /ハ  l ∧|―  \ |  ―\  |  | | l  |
    ○  丶 l ィ彡ミ   ` ィ彡ミx ∨ //  l   ` ー‐       面白いね!!
   /l    l\l r "" ' """     | //l  ○
    |/    ヽ|  }ー--------‐く  jンl /  |ヽ           そんな微笑ましい思い違いで
         l  |/         |  /_/    ヽ|
            \ |          |/                  仕方なく船の名前を変えちゃったんだ!!
             \        /
           _>―― '´/\ _                 社長さんも大変だね!!
        / ̄/ /|  \ /   |ヽ \ ̄\

405名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 23:00:13 ID:QE9.Cd2U0

               , -‐===‐ 、_
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             '.:.:.:./.:.:.:.:/ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l           ようやく笑ってくれたわね……
           l.:.:.:/.:.:/    V :.:.:.:.:.:l:.:.:.!
           |:.:/:≠、   -―V:.:.:.:.:.|:.:.:|           さて、ラブが笑ったところで
           l.:.lィf!]::|   ___, |.:.:.:.:.:.!:.:.:!
           |:.:.l‘゚ー'   ⌒ヾ]:.:.:.:./.:.:./           今度こそ終わりにします
          ノヘ.:|  ′     |.:.:./:!:.:/:!
             ':|\` _ー   イ.:./:::レ:::::{_           次回もまたよろしくね!!
            /::ヽ. __/ ノイ{::::::::::::::ゝ._
        r 、  {:::{::::::::{    {::::{:::::::::::::::::{
        {  \'⌒ \::::\ - 、 \ヽ.::::::::::::}
         、   ヽ‐ 、 l\::::)ー--ノ).::::::::/
        /^\   {\l' ノ'´ , -‐ゞ-- イ|
       ノ   |`   ` ー― 、    V⌒ヾ、
       / l | {  _、___ ノ        ||
        | l_ \ \‐'       ヽ , .:::.、 / ノヽ
      ` ー丶- \_)、    ー=キ ::::::::: チ:イ   \
                \       }  / :|、   \
                }     ノ/   l \    \
                {    ´      |  \    \



        /⌒\_ ィ|           \ |     | . . . . : : : : : :\}
    /⌒ ー'   r' / |     l           |     |: : : : : : t-- 、: : }
 /ー'      [_ / / ハ.    : :|>x _ヽ |:  /´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : :ヽ  ヽノ
 ゝ/       :/  l  :/ヽ.  : :|    ̄1:〈        / ⌒\ノ
  / /   : : : : : | |  \|⌒ \  :l  _,  |: :|       〈
  ∨  : : : : : : : :ハj  :l 、__   \l/⌒` l: /   -―- 、 /
  { : : ィ: :r―‐/ \ l /⌒  ,    (::::jノ{イ    \ V
   \{八: {  /     l\(:::)   -―┐     /       }、         みんな、もう一度幸せゲットだよ!!
      ` ハ    ゝ l   〈  / |  /V       イ`\
        jノ      \  V  /  / |     /   |
              __.≧x ー'  ,/ /     /  |          それじゃあまた!!
          く´ ̄     |`>-‐/  |           |
           \ _  -―/〉   / ノ|          ,'
      _, 、  /^ヽ   /   /  | |     /   /
     /^ヽ._,ノ /   |  \ |、___/  /l |   |   l
     /  / /^\  j――ヘ」、___| / ||    |    |

406名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 23:00:34 ID:QE9.Cd2U0

◎第9話「軍縮条約廃棄」


平賀やる夫            東京帝国大学教授(海軍省事務嘱託):やる夫(AA)


牧野 茂                 フランス海軍造船大学校留学生:やらない夫(AA)


藤本喜久雄              技術研究所造船研究部部員:できる夫(AA)

福田啓二                第四部基本計画主任:乙女座のシャカ(聖闘士星矢)

加藤寛治                軍事参議官:星野仙一(実在人物)
松田千秋                軍令部参謀:マシュマー・セロ(機動戦士ガンダムZZ)
外務官僚                アクセル・サーストン(交響詩篇エウレカセブン)

メリー皇后                 英国皇后:リリアーヌ(怪物王女)
ノーマン・デイヴィス         ロンドン予備会商アメリカ政府代表:アニエス・シュバリエ・ド・ミラン(ゼロの使い魔)
ラムゼイ・マクドナルド        イギリス首相:パウル・フォン・オーベルシュタイン(銀河英雄伝説)

パーシー・ベイツ .          キュナード社社長:クラフト・ロレンス(狼と香辛料)
ネヴィル・チェンバレン .       英大蔵大臣:リヒテン・マールハイト(狼と香辛料)
ジョージ五世             英国国王:ファーザー(神聖モテモテ王国)


山本五十六              ロンドン予備会商海軍首席代表:上条当麻(とある魔術の禁書目録)


昭和天皇                皇神楽耶(コードギアス)

407名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 23:01:46 ID:B9vIwFi20
乙乙!

408名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 23:02:06 ID:JDGoCpag0
軍艦じゃないとはいえ、”クイーン・メアリー”なんて縁起でもない名前よくつけたな
と思ったら、そんなわけだったのかwww
乙でしたー

409名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/05/30(水) 23:02:52 ID:QE9.Cd2U0
本日は以上です。
読んでくださった方お疲れ様でした。

藤本の死の原因は脳溢血なので血を吐いたりはしないですが、
演出とAAの都合でああいう表現にしました。誤解しないように追記しておきます。

それでは、次回もよろしくお願いします。

410名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 23:06:24 ID:FwhxCNOU0
乙でした〜

411名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 23:09:57 ID:..EqKbhw0
乙ー

412名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 23:12:01 ID:9p7Ehv1E0
乙でした

413名無しのやる夫だお:2012/05/31(木) 00:07:23 ID:ymFZGpOA0
おつおつ、
まぁやんごとなき方々ゆえ仕方なしw

414名無しのやる夫だお:2012/05/31(木) 01:03:25 ID:Ml8g0FYA0
乙です。

ジョージVがファーザーだと映画になったジョージVIはオンナスキーだろうかw

415名無しのやる夫だお:2012/05/31(木) 09:58:05 ID:z0JVW3M.o
乙〜。

416名無しのやる夫だお:2012/05/31(木) 13:47:08 ID:TEFroYCU0
>>368
仮想敵国の傀儡政党と傀儡公務員組合を使ってその国の税金と、その国の組合の庇護の下での犯罪収益金で
国家運営してたわけじゃないよ。
身の丈に合わない軍拡なら、ソ連、中国を始めとした東側の連中も似たり寄ったりで、同じ社会主義のナチス同様
彼らは死の商人として他国での戦争を画策してその収益源としていたが、戦前の日本はそれすらもやっとらんだろ。

417名無しのやる夫だお:2012/05/31(木) 16:46:50 ID:2bsdUFkg0

五十六さんあんたかww

418名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/10(日) 23:31:13 ID:.fDPzTnU0
こんばんわです。
第10話の投下は6月13日(水)PM9:00より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。

以上よろしくお願いいたします。

419名無しのやる夫だお:2012/06/10(日) 23:41:50 ID:19b60GZw0
りょ〜かい♪

420名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:00:37 ID:GBQeEa/g0
書き込み準備中です。

もうちょっとだけお待ちください。

421名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:21:20 ID:GBQeEa/g0
こんばんはです。

大変お待たせしました。これから投下始めます。
今回から少し議論が分かれそうな話題に手を付けることになります。
いろいろとご意見はあるかと思いますが、どうぞお手柔らかに。

422名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:22:13 ID:GBQeEa/g0

                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

423名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:23:00 ID:GBQeEa/g0

| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!!
\__________  ________/
                 | /              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | /               | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
    /{__/⌒ ーヘ    _/ , -- 、 -―ゝニイ ゝ _ノ   |
   弋       」__ /  /    ´ ̄ ̄`ヽ      .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
    /        [三ニ]ニ_」     、    ヽ     \
   l l /, -―- ' ⌒l/ |  ト、 卜|\\   |        ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    乂/ヘ{      /    ヽ |-\|   _Y l|┬-、. -――‐- 、
            |   l |      〃 ̄リノl l/. : : : : : : : : : : \_
             、  N ィ==   ,  _   l /: : : : : : : : : : : : : :/:.ヽ
             ゝ . ゝl!   r‐ ´| //: : : : : : : : : : :_: ィ: : : : : : l
                   />〒、 ゝ _,.ノ //: : : : :_ > ´   |: : : : : : :|
              | \\>r 、- rく/: :/:;ィfハY`  -― 、l: : : :/: : |
              |r‐、 丶 ヽ| !\| /: :/イ 弋ン   fハ:Y/: : :/: : /__,ノ
              | \ \\j | //:イ:ヘ|   ,    弋ン/: : :/.: :/|: :く
              〈 r=\ ヽ」 | /  /: :厶、 }ァーァ   /: : :// |: : :し1
              |./  _,ゝ_  、\_」/.: :/\  ̄  _/: : :/   ∧/⌒´
              〈  ノ  / ̄  /: : : :/ | 厂厂ノイl:/ノ) / ∧

424名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:24:00 ID:GBQeEa/g0

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

425名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:25:02 ID:GBQeEa/g0

                 /         /   |            ヽ      さて、第9話では
                   /       /     、            l
               /     /        ヽ         |      軍縮条約の廃棄と藤本の死という
               ,'       /     , -―‐-l         |
               |      /ー- 、    ,ィ冬ミメ|       :} |      大きな出来事を取り上げました
               |    , ィ冬ミメ    /´{rしl| |     / /
               |   : :| {rし|     _辷ノ|     / /       そして皮肉なことに、やる夫は
                    .   : :| _辷ノ         |    / /
      l^ヽ.          l  : :|    ノ          |    / /        これ以降益々その存在感を大きくしていきます
      ヽ. \     _   |  : : ハ    _  /    | :/ :/ /
       \ \  / l|  | : :/: :ゝ、   -      | :/|:/ /:{         今回からそのやる夫の影響下にある
        r\ ヽ{   |  | : :∧: : : ;^ ト 、     / |:/ j' : : ヽ __ ,
   {` ー一'´  ,ヽ. }  ヽ | :/ !: : /  |: : :`:T"´   |': :  {: : : 、:_:ノ     艦本四部、そして海軍そのものに襲い掛かる
   _ >―一≠  ノj   | |/  j: :/  ,ノ:/ : : l     /: :    ヽ: : \
 く __ . イ  / /    〉   |:/ /: / : :/}  /:      |:_:_:_: }     大きな試練を二回に分けて描きます
    ノ 丿 / {    /    /: : :/: : :{ー- /:     ノ ノ-- 、`\

426名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:26:00 ID:GBQeEa/g0

        /⌒ヽ    __, -―‐- 、   /⌒ ー-、
     r― ': : : : ノニァく: : :-'ァー、: : : : \ニy: : : : : :|
     |: : : : : : : :{三/: /: /: : : : : : :-:、: V: : : : : : しイ
    ノィ: : : : : : :l /レ'´: :l: :|: : : : : : : : : :∨l: : : : : : く      一難去ってまた一難か……
      |: l : r一' //: : : /V \: : l\: : : : | ` ーイ: : ノ
     ` t:_{   | l: :|: :{7fニF \|fニFV : |   jレ'       平賀さんはまだまだ休めそうにないんだね
          ♀ トt: :k ヒソ   ヒソ ソ: /♀
           り ヽ ト{    '   イ り           もう60歳近いおじいちゃんなのに……
              ゝ   cっ  /
            /  > __ / \
           〈  / |   ト、 /--、
             _l/  /二 / / /   \
           /l |  / / /  /     l
           / j_l  ///-――{      \
            / / ヽj//       l      l
            / /__ 」.  -―――‐ヘ      \
        / {   {          \       \

427名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:26:41 ID:GBQeEa/g0

.



=========================================================================

               第一部    第10話   第四艦隊事件(前編)

=========================================================================




.

428名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:27:01 ID:GBQeEa/g0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 悲運に消えた藤本に対して、盛運のやる夫は今や艦船技術者として押しも押されぬ権威を   .│
│ 獲得していた。                                                 .│
└────────────────────────────────────────┘

       _____
       / _     _\
.    /      ̄` ´   \                          *海軍省事務嘱託
.  /     (  ● )   ( ●)  \                         *東京帝国大学教授
. /         /   !   ヽ    \   ___,. -、               .*三菱重工業技術顧問
/           ゝ__ノ ゝ__ノ     ヽ ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
|           ` ⌒ ´       |  `''''フく _,. -ゝ┴-r-、...      今や、やる夫はこれだけの
|                        |__,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
ヽ      _____      /   / _,. く  / ゝ_/ ̄| . .     肩書きを持つんだお
:.ヽ‐'''!-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_/ にニ'/,.、-t‐ ┴―'''''ヽ
  \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_....   それにもはや戦艦設計の経験が
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ      ある技術者はやる夫だけなんだお
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ

429名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:28:00 ID:GBQeEa/g0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 海軍省事務嘱託としてやる夫は新型戦艦の設計指導を委託された形になっていた。              .│
│ つまり、組織の上ではあくまでも基本計画主任の福田啓二を助勢するスタッフに過ぎなかったのだが、    .│
│ いうまでもなくかつて八八艦隊の設計計画を取り仕切ったやる夫にとって、その程度で話は済まなかった。...│
│ こうして実質上やる夫が第四部を指揮するような形で「A140」計画は進んだのだ。               ..│
└─────────────────────────────────────────────┘

                          ...              . ┌───────────────────────┐
                          ...              . │                    .      海軍省嘱託 │
                          ...              . │          /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \               │
                   ┌─────────────|..        /: : :             \          ....│
                   │      ....  .           . │       /: : : :            \          . ..│
                   ↓       .....             .│     /: : : : : :               \     . .. .. │
┌───────────────────────┐   │    / : : : : : : : .._         _    \     ...  │
│      /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,  基本計画主任 │   │    |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l      ...│
│      /{___/                \          ..│   │    |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |      .. . │
│  ,イ   {                   ’          │   │    |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' ........│
│  {入_ゝ                   ':,       .....│   │    \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_  .......│
│  \                       ,       .....│   │      .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)    │
│  / '  /      / {   \  \        ,        .│   │      /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ     . ..│
│  | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',      ....│   │     / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄..       │
│  { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',     ......│   │     イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、.. ..  │
│  ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ      .│   │ '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  `  .....│
│     \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ      .│   │                                  │
│           ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ   ...│   └───────────────────────┘
│           ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i     \   .│
│         /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \ . │
│       / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄ .....│
│       / / 〃   |      | /  ム ∨        .│
│     / , /  /    ,ム}    _,. -/  仄 \     ....│
└───────────────────────┘

430名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:29:00 ID:GBQeEa/g0

┌─────────────────────────┐
│ 昭和10年(1935年)3月7日  東京帝国大学工学部    .│
└─────────────────────────┘


                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄

431名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:30:00 ID:GBQeEa/g0

|  ……ということで平賀やる夫教授を
|
|  工学部長に推挙いたします
\____  ____________/
        )ノ
    ∧_∧   ________                    ┌───────────────────────┐
   (  ´Д`)/ ̄/ ̄/                       │ 当日開催された東京帝国大学工学部教授会で    │
   ( 二二二つ / と) ∧_∧                   │                                  │
   |    /  /  /  (´Д` )                .│ 任期満了で勇退する工学部長田中芳雄の       .│
__|      ̄| ̄ ̄   /    ヽ、            .. ...│                                  │
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |           .     │ 後任としてやる夫が推挙された。           ......│
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./   - −、         . │                                  │
||. . (    )     ~\_____ノ|  ヘ) .ヘ) .ヽ       │ 奇しくも翌日8日はやる夫の満57歳の           │
.  _/   ヽ          \|  (人__)^ ノ       . ..│                                  │
.  |     ヽ          \ /    ヽ.        ...│ 誕生日であった。                       │
.  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |        ...└───────────────────────┘
.  .|    ヽ \∧_∧   (⌒\|__./ ./
   ヽ、___(    )      ~\_____ノ|  ∧_∧
.         _/   ヽ          \| (´Д` ).  
.         |     ヽ          \ /    ヽ、
.         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | | .
.         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./ .
.         ヽ、____ \\       ~\_____ノ| .

432名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:31:00 ID:GBQeEa/g0

                     。  
           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\               「三月八日
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐     今日は譲様の御誕生日。
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉     殊に帝大工学部長に教授会にて推薦せられ、
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |      来る四月一日より任命せらるゝ筈なれば、
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、     一しほ芽出度事なり。
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、     エビス大黒のダンスのホリモノ求めて
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、    御祝いに差上げたり。
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|    赤飯たきて新鯛そなへ神仏を拝す」
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、 
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、

┌─────────────────────────────┐
│ 工学部長の肩書きを得た夫に喜び、妻は日記に筆を走らせた。 ......│
└─────────────────────────────┘

433名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:32:00 ID:GBQeEa/g0

               ____
   _      ,,,-‐_'´二,,  、-二`'‐-、
   ヽ ゙゙゙'''フ /  <   ./ ∧ヽ   フ   ヽ ,,-‐''''' フ     ┌──────────────────────┐
   ヽ / /j i、ヽ  i / ヽヽ  / /i i ヽ ヾ、  ./ .       │ 更に吉事は続く。                    ..│
    i/ ヽ  i .i ヽヽ i .i  .i i / / i i  > ヽ∨      .. │                                │
    / ,, iヽヽ j .i  ヽ ゙ i   i ´ /  .i i / ∧ 、ヽ      │ 3月22日、イギリス造船学会評議会が       .....│
   .j ./ i .i ヽヽ i .i  ヽ .j   j /   j .i ./ / j iヽ ヽ       .│                                │
  .j i i .i  ヽヾ .i   i .i   .i i  .i .i/ /  .i i ヽ .j..      │ 異例の決定を下し、第二階国際水槽会議の   .....│
  j  ヽj i  ヽ .ヽ  j i   .i i  i  /   j i/ .j......   │                                │
  i .i\ ヽ  ヽ j、 .i .i    i i  j /   ./ ./j j .    │ 平賀論文に1934年度金牌を授与したのだ。  . . .  │
  i  i .\\  ヽヽ i .i   .i .i ./ /  / / j  j.     │                                │
  j  ヽ  \\ ヽヽ i .i   i .i ./ / /./  /  .j     │ 金牌は日本人初であるだけでなく、         ...│
  .ヽ  ヽ   \\ヽヽj i  .i .i / / //   ./  /....    │                                │
   .ヽ __ヽ 、   \ヽ ヽ j  / / ///  ,,,-''  ./  .. . .. │ イギリス人以外に授与される事は滅多にない   ...│
    ヽ ヽ ゙゙‐二‐- 、ヽ  ヽ /  /,,,-‐二-''´フ ./         │                                │
     >、ヽ  `''‐ ニ゙゙  `'  ''_,, -‐´  //、       .  │ 破格の栄誉であった。                 ..│
    .j ヾヽ、''''‐---‐‐゙,,,_、 ‐--- ,,,,-‐' ,,=''' ヽ  .      └──────────────────────┘
    .j__,,,,,-> ヽ ヽ二___二 フ ,,, -''´‐-、  ヽ
    ´       ゙'''''‐--,,,,,,,,,--‐''''´       `

434名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:33:00 ID:GBQeEa/g0

    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    `――――――○――――――’
゚ | ・  | .+o   ____* o。 |。|   *。 |         や、やったお!!
゚ |i    | +   /_ノ ' ヽ_\   | |!    |
o。!    |! ゚o /(≡)   (≡)\   | * ゚ |          大好きなイギリスの、それも専門家が集まる
  。*゚  l ・/::::::⌒(__人__)⌒:::::\ |o  ゚。・
 *o゚ |! |     |r┬-|     |  + *|         国際水槽会議での発表が評価されて
| ・    o \      `ー'´     / *゚・ +||
 |o   |・゚  >         |  *。*   |         金牌をもらえるなんて、とっても嬉しいお!!
* ゚  l|  /           |    | +|
 |l + ゚o  /           | *゚・ ||  ・ |o        人生の中でこれほどの喜びはなかったお!!
 o○ |   | 丶    ヽ  /  | *o|  *。
・| + ゚ o /| /     | /   |  O *。|
 O。 | ( ∪  / ̄\∪  ノ。* 。   |
 o+ |!* \  /     |  ノ   |  *o|
 |・   | ゚・  )ノ     \ | o○ |!

┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は手放しで喜んだ。                                            │
│ かつて造船中将に進み、勲二等旭日重光章を受けたときにも、そして工学部長に推されたときも ....│
│ これほどの喜びは見せなかった。                                       ...│
│ イギリスから評価を受けたことが、その国を敬愛するやる夫を有頂天にさせたのだ。          │
└──────────────────────────────────────────┘

435名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:34:02 ID:GBQeEa/g0

    r、_
    i└、:.` ー- 、_
    |::::::::ヽ、.....   `¨ ー 、_                    _
    l|::::::::::::>:.::.:....     ` ー-、_ __    _, -、 /r‐、| _
    ノ: . . ..:.i            ..:::|::::::::: `!ー='´   `>ス⌒¨ヽ.ヽ
    j|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:::.:. : .        |:.:.:. : . |   .:.:.:.:.:.:〈斗i}    l:::|
    `ー、:.:. : : :ゝー-、        li:::::.::. |      ,ノ≒ェ- 、 l:::|
       〔;;.:. :.::/    入         |::::::::::: |      { !   !\:V::/
       7:.:/    /  `ヽ__: :.: .   !::::::::::: !   .:.:.:.:く |i   !   ̄
       ヾ//   ! |  |!   >、:.::. ,′:::::::::|   . ::r‐'´!.li  !
         i/ !  l| l ,.|-―ノ |L_,.ノ:: ,ィ企ヵ   丿  l釗  l
         | |:.:.:.:!. '´ ____,    〉〈〉 i{゛  ,′  |
         ` ヾノノ仆'´i叮 /    /ヘ,]テゾ='厂´  /  li   !
              〉 └' ´   ,イ l′ _r'′  , ′ li  l
           く        / i. 亅 /     /,' 釗 |i  |
               ヽ __    ,′| l /7  ,-´ li  l.  |i   l
              \   li  ! |_;..上≠   li  l   |i   |
              ,xー`_‐''|i  ! |二ニニ=ァ  li  !   |i   |
                ∧〈i汐 |i , ' /:.:.: : .  ヽ. |i  |  |i  |
         r≦⌒iソT'`_,. '´ /:.:.:.: : :. .   ヽlj  l.  li  |
           ヽ二テ]ノ〈,イ  <   __    ヽ j   |l  !
              ノ ,}:.〈 /,二¨ ̄ ,. ‐': .     ∨   鄯  l

┌─────────────────────────────────────────┐
│ ところが、夫のこれほどの喜びを妻は気にも留めなかったのか、日記にその記載はなかった。 ....│
│ 家名大事の妻にとっては、異国の金牌よりお国から貰う造船中将や工学部長の           │
│ 肩書きのほうが大切であったのだ。                                      .│
│ 妻は妻なりに、そして夫は夫なりに盛運の春を享受した。                        .│
└─────────────────────────────────────────┘

436名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:35:00 ID:GBQeEa/g0

┌────────────────────────────────────┐
│ 相次ぐ吉事の追い風に乗りながら、やる夫は巨艦「A140」の計画に翼を広げた。   │
│ お気に入りの技師を直々指図する組織無視のやり方は昔と変わらず、         .│
│ 今回やる夫が目を付けたのは岡村博技師であった。                   ..│
└────────────────────────────────────┘


          |  ,  '´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
          |/             `ヽ、|
         ∧    _ -r─r┬==zィ  \
        イ  ヽ--彳土``  ! `ニニ`ヾ川 }}
        んY 」 ´ {bじ!       {:じ!ヾ リ爿
      ___/ | (| , ,` ̄  .:i   `ー'   レ ト、
____/ / / / ヽ|       .::{ 、      ミ /ノ|├ 、
 //  / / /     i     ____   _///|  `ーュ_
 |/  /〈 〈     ヽ   V  ̄ ̄) r'´r‐'´ 〃  /    \
 |   | ヽヽ     レヽ、   ̄ ̄´ //  /  /   _ -─‐
 |   |  \\   〈〈  |ヽ、___ ,イ/ /  /   /
     |    ヽ ヽ ∧\     __// /  /   /     --
     |  /   ヽ ヽ{ \`エニ二-{ {   ⊥  /     / ̄´
 \  | ̄|丁ヽ--ヘ」  | ̄´    」」 ─十1 /     /

岡村博:艦本第四部の文官技師。「大和」設計において一般配置及び諸装置を担当。

437名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:36:04 ID:GBQeEa/g0
┌──────────────┐
│ 艦政本部第四部  製図室  ...│
└──────────────┘


_||_____||_____||_____||_____||____||
  _____                               |\
  || ......::::::::::::::::::||                  | ̄ ̄ ̄ ̄|           .|  \||
  ||    .....::::::::::||  ______          |____|           .|   \
  ||       ....::||   iヽ\/ ̄ ̄|「]    ___________.!     \
  ||       ....::||   |, |二二二二|      |\__________ \     \||
  ||    .....::::::::::||   |, |___LI.|      |. | = || = || = || = |      \
_|| ......::::::::::::::::::||__|, |___LI.|___| .|    ||    ||    ||    |        \
              ヽ|____|    ..\| = || = || = || = |         \||
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               ____      _     _           .  \
               |\  ̄ ̄ ̄ ̄ \  ̄ ̄ ̄ 旦 \ l\          .\
                |\ヽ \三\  _.___.     \ il           \
                |  i、\______i|\_ \      \            \
               /\|_ \|\ _ ||/ ! i  | ̄ ̄ ̄ ̄ \ l\          \
                 / i i..|\\\\|__.i___/          \ il             \
                    .|  i、\⊂〜    \    .    \              \
                   ./\|_ \|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                       / |. || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

438名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:36:59 ID:GBQeEa/g0

                                           \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
    /||ミ                                     )                  >
   / ::::||                                     < 岡本君、できたかお!? >
 /:::::::::::||____                                <                 (
 |:::::::::::::::||      || ガチャ                      ── = ニ/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
 |:::::::::::::::||      ||                    ── = ニ ≡    _____
 |:::::::::::::::||  _ _(_)    _ _(_)    _ _(_)  _ _(_)    _ _(_)  _ _(_)   _ _(_) / ⌒  ⌒ \
 |:::::::::::::::|| l_j_j_j^⊃ l_j_j_j^⊃ l_j_j_j^⊃l_j_j_j^⊃ l_j_j_j^⊃l_j_j_j^⊃l_j_j_j^⊃(●)  (●) ヽ
 |:::::::::::::::||  ヽ / ::  ヽ / ::  ヽ / ::  ヽ / ::   ヽ / ::  ヽ / ::  ヽ / ::⌒(__人__)⌒::: | (_) _
 |:::::::::::::::||   | |     | |     | |     | |     | |     | |      | |     |rt- j   ⊂_ l_j_j_j
 |:::::::::::::::||   | ヽ    | ヽ    | ヽ    | ヽ    | ヽ    | ヽ    | ヽ    `ー '   /__ ノ ̄
 |:::::::::::::::||  /  `  /  `  /  `  /  `  /  `  /  `  /  `ー――― ' ノ
 |:::::::::::::::||  |     |     |     |     |     |     |        /ー'
 |:::::::::::::::||  ヽ    ヽ     ヽ     ヽ    ヽ     ヽ     ヽ       /
 |:::::::::::::::||  / _\   / _\  / _\   / _\   / _\  / _\   / _\ \_ノ
 |:::::::::::::::||  U (⌒  U (⌒  U (⌒  U (⌒  U (⌒  U (⌒  U (⌒ _ノ
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄            ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ       
   \ ::::||                                     ‐
    \||

439名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:38:02 ID:GBQeEa/g0

       ,,r''"; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;"'''ー-、,,,,_
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;、
      ,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i
     ,,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;',          はい、出来上がってます!!
     / 7 . ,イi゙  |l |i,,|li    ゙!liヽ、; ; ; ; ;l
    f  l| _,,/ |i  ヤヤ;;;:::=ー、 、!liミヽ; ; ; ;l
    .|il''"'''"ニ>、   "´,rヵr-、 ` 、 ,r--ミ"''、`;;;,,,,、      自分でもうまい図面が引けたと思いますよ!!
    '''-,,,ヤ ,:何゙ヽ    ゙'ー'_,,、  ''".< ゙l ミ;;;;;;;;;;;;;,,,、
       ', ー'' ノ,;;;、   ̄'''     < ノ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        l   `:、 、         =ィ ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;-'''
        .、   、==ーy       ゙Vミヽ
        ` 、   ''"´         ',i ヾ:.、
        ,,r''` 、     、-`    /   ヾ:.、
       ,,r''    ` --<      /     ',:',



          ____
        /      \
       / ─    ─ \
     /  (⌒)  (⌒)  \      ふふふ、それじゃあちょっとお話聞かせてもらおうかお♪
.     |  :::::: (__人__)  ::::::  |
      \     `ー'´    ./ヽ
      (ヽ、       / ̄)  |
       |  ``ー――‐''|  ヽ、.|
       ゝ  ノ      ヽ  ノ |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

440名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:39:00 ID:GBQeEa/g0

      イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
.  〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.ィ:.z、:.:.:.:.:.:.ヘ         ────ですからこの部分は───
 /:.:.:.:.:.:.:./__,イ_:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./jリ  !.:.:.:.:.:.:.ハ
 !/:.:.:.:__:.:.:.:./  ̄` <:.:.:.:.:.:.イ〃  .ll:.:.:.:.:.i:.:.:l
 Vィ/7ヘヽイ   ´ ,.z.、t<イ /   .ハ!:.:.:.:.l:.:.:l
  ヤ!  r'       、ウソ.'     _ /イ:.:.:.:.:.i:.:.:l!        ────だからここをこうしてみて────
  ヾ、イ               , z≦〈:.:.:.:.ノ:.:.リ
ィz=ヤy                   仍 j ./ヽイ:.:.:/
ヾz、 l/                    ./:.:./_,.イ
::::ヾz/  、           ´   rj ̄
:::::::::ヾヘ ヘ        ̄ ヽ    /´
ヘ:::::::::::::Yヘ           イ、
:::::Y:::::::::::l::}    > _   <   .ヾz、
:::::::}::::::::::j::i      /、         ヾz、



       ____
     /⌒  ⌒\          チェッ、うまいことをやったんだお!!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |       よし、じゃあ次は────
. (⌒)  (、`ー―'´,   (⌒)
./ i             /i ヽ

┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が第四部に出勤するのは週に一度だったが、その際は必ず岡本技師の机に直行した。  ....│
│ 岡本の前に座り込むと両手で頬杖をついて彼の報告をうきうきとして聞く。              ......│
│ 岡本もやる夫の設計理念を心得ていて、いくつかがやる夫のツボにはまる。             .....│
│ やる夫が思わず岡本を誉めると、彼もうきうきとして次の指示を受ける。                ...│
│ こうしてやる夫は自分の思うような図面を描いていった。                         .....│
└──────────────────────────────────────────┘

441名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:40:01 ID:GBQeEa/g0

   ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  軍機書類持ち出し禁止!!  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |     
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|          ____
     | | l| ̄l ||           |l    | |        /      \
     | | l|: ; l ||           |l    |_|       /  ─    ─\    〜♪     
     | | l|(,0 ||           ||    | |     /    (⌒) (⌒) \
     | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |     |       (__人__)    |
     | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |     \      ` ⌒´   ,/     作業中に退庁時間が来たから
     | |      ||           ||    | |      /         ::::i \
     | |      ||           ||    |_|     /  /       ::::|_/     続きは家でやるお〜
     | |      ||           |l    | :    ,rrソ_ノノ        :::||
     | |      ||           |l    |_,   //  Tト、ヽ       :::::|  キュム
     | |      ||           ||_,.. -‐''    」_L _丿 Lll    \ ::::/ キュム
     | |      ||     _,.. -‐''"       |      |     |::/
     | |     _||,.. -‐''"            |      .,! |\_//
     |_|,. -‐''"                  `ー┬‐─ '  \_/

┌─────────────────────────────────────┐
│ 作業中に退庁時間が来ると、やる夫は極秘資料をせわしなく紫の風呂敷包みにして  .│
│ 続きの作業を家に持ち込む。                                   │
│ 軍機書類の持ち出しを禁ずる規則など、そ知らぬ顔であった。               .│
└─────────────────────────────────────┘

442名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:41:08 ID:GBQeEa/g0

        ノ       ..   ´ ̄ ̄ `: 、_
       /'      , :'´                `ヽ.
      ,.' {     /                  ヽ         ……正直に言えば私としては
   /  {  ゝ-- ´                     ',
   ,' {  ヽ、_                             ',        計画主任であるこの私を差し置いて
   { `ー-- '´                            ',
   ヽ、__,                                ',       勝手に技師に指導をされる事は
    , '´           /   /   、   ヽ、  、      ',
   ./  /   /  /  ./   /i    ヽ、   } i  !     ',      あまり好ましくは思えないのですが……
  .,'  /    {   {  {     ! ヽ.    } >  j´} .ノ r‐-、   ',
  {  {{  {.  ヽ ヽ iヽ.  .{。  ヽ,.  F-} /´ノイ } /` i  ヽ     とはいえ、先生の協力がないと
  ヽ、| ヽ ト、  ト、トト、{=ヘ.  ヽ   ) ノ__ノノ,ィi'  | |´ヽ. }   ヽ
    `  ヽ! .\{ 从!、___.二ト、  \ ´勿勿彡''  | |ノ ノ     ヽ   「A140」は形になりませんしね……
           `   '勿勿匆`ト-- 、`ヽ.      :i | /         \
              、     !     ヽ ヽ       | !.イ         \
                 /人   `ヽ.    )ノ   , ' i .ハ,'            \
             / /      - =一/´   /   l,' }  .|              \
               / /    .\  `    /    / /  i、_    __...-‐‐‐=}-、
           / /       `ト __ ..イ     ,' . /   .! | / ̄ ̄  /  , ´ ̄`ヽ
         / /     j  |          ,'    ! i/    /  /
          /  /       ,'   .|          ,'   /从ヽ  /   /

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 福田基本計画主任との打ち合わせは、岡村との応対が済んだ後になる。                │
│ 命令系統をないがしろにされた福田は眉を顰めたが、幸い彼は藤本と違い柔軟な性格であり、  ....│
│ その設計理念もやる夫のそれを汲んだものだったから、特に不協和音が起こることもなかった。   │
└──────────────────────────────────────────┘

443名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:42:00 ID:GBQeEa/g0

           ┌────バイタル・パート──────┐
           __________________
       __。 --.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓─----,..,.,,,__ 
 ,,,,p─^^^    ┌┸┐_┌─┐≡□   ┌┐ ┌─┐_.┌┸┐      ´´´".ヽ-、、 
(       二 |   |. ─ |   |     ◎ .| |  |   . |. ─ .|   | 二          :."'>
 ^^-、,,__  ..  └┰┘ ̄└─┘≡□   └┘ └─┘ ̄.└┰┘        __.。r‐'"゛ 
    `、^'.ヽヽ ..,┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛,----─"゛''^^^
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\________  ___________________________/
             )ノ
      ______              機関部や弾火薬庫のある主要部、つまりバイタル・パートに
  ..  /      \     /)
   /   ::::\::::::─\   ( i )))   防御を集中し、更に艦内を多数の防水区画で仕切る
 ../    ( ●) ( ●).\ / / 
.. |       (__人__)   |. /     「集中防御方式」こそがジュットランド海戦以来の
 /         ` ⌒     /
/  _         /´        戦艦の構成の基本だお!!
(___)

444名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:43:01 ID:GBQeEa/g0

     . ┌────┬─┬─┬─┬─┬────┐
    .  │        │  │  |  │  │        │
      .┏━━━━━━━━|━━━━━━━━┓
       ゙i゙i゙i       |     |      |     ///
      /゙i゙i゙i   /     .|      \   ///\
      |  ゙i゙i゙i/  ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \///  |
      |    ゙i.....         |         /     ...|
      |     ..゙i. .     .  |        /      .│
   被弾して浸水 ゙i..        |       /    ←バランスを取るために反対舷に
      |       ゙i.      |      /    ..  │  注水する
      └────┴─ ‐─ ┴─‐‐ ─┴───‐.‐.┘
\________  ___________________________/
             )ノ
      ______              そして新戦艦に取り入れるもう一つの防御方法は
  ..  /      \     /)
   /   ::::\::::::─\   ( i )))   「応急注排水方式」だお!!
 ../    ( ●) ( ●).\ / / 
.. |       (__人__)   |. /     仮に被弾して浸水した場合に、反対側の防水区画に
 /         ` ⌒     /
/  _         /´        注水して艦の傾斜を立て直すんだお!!
(___)

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 応急注排水方式は第一次大戦のドイツ戦艦に倣って藤本が「長門」に導入したものだったが、   .│
│ やる夫もこれには全く異存がなかった。                                    │
└─────────────────────────────────────────┘

445名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:44:05 ID:GBQeEa/g0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ これらの前提を元に、やる夫たちは軍令部が提示した条件を総て満たす戦艦が建造しえるか否かの   │
│ 検討に入った。                                                      .│
└────────────────────────────────────────────┘


         /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,
.         /{___/                \
     ,イ   {                   ’             平賀さん、やはりこれは無理ですね……
      {入_ゝ                   ':,
.     \                       ,            私の計算では、軍令部の大体要領を
.      / '  /      / {   \  \        ,
     | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',           満たすためには船型がかなり大型になります
     { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',
     ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ         恐らく排水量7万トン、全長は約300メートル、
.        \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ
              ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ        最大幅は40メートルにはなるでしょう
              ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i      \
            /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \_   これでは従来のドックでは建造は不可能です
          / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄
          / / 〃   |      | /  ム ∨           新たな建造施設を整備することになりますね
         / , /  /    ,ム}    _,. -/  仄 \
     / .//     _ / /  ,. ´   i  /Y人  \
   ,.' /∠ニ=‐'´ / /  ∨       |. /ト┴ヘ.  \
r‐=く /      / /   ,′      | / !    \

446名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:45:00 ID:GBQeEa/g0

         ____
       /     \              やる夫もそう思うお……
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \           そして何よりも、船台上建造の場合に予想される進水重量が、
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /           やる夫が見学したクイーン・メリー号のそれを大幅に上回ることになるお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ         それでは到底進水は不可能だお……

447名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:46:00 ID:GBQeEa/g0

       / |      /                     ヽ,
       |  ヽ,   ,/                        ゙l,
       |,   `゙゙´ .                           l,
     ,  ヽ,   /                            ゙l,
         ,>''´                              ヽ,
      ,/   /                            .,.   ゙l        でしょうね
     /   _,,/         i   |     j    .i        ゙ト,.   |
     !  .r'゙./       i   ト,  .|     .l,   |  .j   /   l.゙l,  j゙        ならば平賀さんならば
     .l, .l゙ .|  ,ィ  ゙i, ゙i;、--゙l,ヽ,,,,゙l,    ゙l,_ノl゙_,,.ノL,, /.i,_  j゙ .| ./
     ヽ,.l  l,  l.|  .r:iヽ、ヾ;、, ヽ;\;、.  ゚  ゙Vシ .ノノ _,イ ./`l  ノ j/          どこを削られますか?
      .ヾ、 ヽ, ゙l;l,. l,、;l ';ミ三三ニラ7゙\    l,三三ニシ/ /ィj゙ ノ  '゙
           ゙ヽい、l,.l゙l,. ゙l,´´ ̄ ̄   .\   「 ̄`` ./ .j;リj'「゙l\
`''ー-、,,,_      /l゙ .゙トい;. l,        .i!ヽ .|   .j゙ /'゙//i; |. \   _,,、-―''''゙´
     `゙゙'''ー-<゙ j゙ ,r、 ヾ;i,. ゙l,       ./ ゙l .|   .ノ .jン'゙,、,| | .r‐'''゙''゙゙´    _,,,、
`゙゙゙'''ー-、、,,,_   ゙l j゙ .!A゙‐;i, ゙l, l,     ー:::-‐.リ  .,.イ /.,-vシ).|l.|/,L,、、=-―''''゙゙´
         ̄.i. l;! ゙'j゙/゙l |  ゙l,. ゙lヽ、    ,,,   ./ j゙.j゙l゙l´).j゙'゙ |;l
,,_          l  ゙'' .|.| _ .ト、 ゙l, ゙\,    ,/  j゙./ .l,.|`´ ,j,L、,r:、,,、,_  ____
 `゙゙ニー---、、、、,,ィi:V   .|.l_|.|.|.|. ゙l, ゙l,   `゙'‐''´   .// ri_j.|  l´      l三三三三三
ミニー----、、、、、,,,,,jl,.|.   ゙l.l゙. |.|  ゙'い,       .j゙/| ゙i i゙ i´       .ド――――



       / ̄ ̄ ̄\          ……戦艦の命である攻撃力と防御力、つまり18インチ砲8門以上搭載と
     / _, 、_ \
    /  (●)  (●)  \       それに耐えられる装甲の強化という条件は絶対に削れないお
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /       そうなると、機関部の縮小で対応するしかないお
    /,,― -ー  、 , -‐ 、
   (   , -‐ '"      )       残念だけど、30ktの速力はあきらめるしかないお
    `;ー" ` ー-ー -ー'
    l           l

448名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:47:01 ID:GBQeEa/g0

                   /           ヽ\
             /              l ヽ          ……こうして新型戦艦は速力27〜28ktの
            /               ,   ',
             /                 /l   ',         中速戦艦とされたのよ
           ,              /  l   l
           |               /    l   l        この事実をもってやる夫を執拗に批難する人も
           l              /      /ヘ   !
          !   |      :/,≧ー   /〃jTl  |        いるけれど、これはとても大きな誤解ね
            ヽ  l :    :イしi:|     ! lヒ.ノ|   l
                ',  l : .  : /_辷ソ     `¨´l  /        当時の戦艦として27ktは平均的な速度だし、
             |  ! : : . : /       ヽ   /: /
            /  l |: : : ;          /: :/          そして完成した「大和」はその速度を安定して
          ー=彡' ノ人: :./ \   ∠フ // : :/
          /   r‐|:/|\  >  _/:l:/|:/ヽ          出すことが出来たの
         / :/  八 j j/√l\/ /l: |':    |_
         | :i   : l  \ ー」_」ー  / j/ /  :l:ノ' 〉、
         ∧:人 : :|:\l_」/ノ ノ\__」 ノイ  :// / ハ
        /〈 l |i\:.! ::::| rJ〈 〈 ∟,  |::|: :/:/ / / l
          / ∧l |l     | ∟ l l rJ  /::ノ´ :::/ / /  l
       / / ∧!!:i::::::::::::| rJ〈 〈 L  /::...   / / /    l

449名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:48:36 ID:GBQeEa/g0

                          {王l王}          .|
                          __ 」            .|  米海軍の戦艦の速力はこの後登場する
                       ==rニニュ==           .|
                         ] ̄ :[      ||   ...|  ノース・カロライナ級及びサウス・ダコタ級で27kt、          __
                      ──{戸三l}──_,||___  |                                         '´ r'´゙ヽ
                         Tlヽ:::[     ||   ...|  また日本の金剛級を圧倒するために高速力を重視した . !i  人  !
                         :]lフ= lゝ、 /^ヽ     .|                                     W、゚‐ ゚|!j (
                        ,r┴─┴:┤ L_l    |  アイオワ級では33ktに達したわ                ソル並ルヾ,
                        Lニニユ__ノ  |「三:lー   |                                        (>[:工:]く)
                        /r:!:!:!`l:/l:{__jh二_lニlニ=..|  そして最高速のアイオワ級は大活躍することになるの     ヒ!ヒ!
                     r\ーr-、二ニに 二ニ=>へ .|_____________________________
                     {:./´ ̄ ̄lニr─'三五_ニコ''‐-、
                     L二l二二Lニニココ:::::::lニニニニl
____________ ,、_、__hm_m_、_rニ二rァlTT ̄」フ ̄/⌒`l  j___  _______
   r=ニニニ=、       o‐‐o‐‐o‐‐^) 7フ ̄`ーュ :L___」r─ァ//ー、k__L_j
   ,」  o    ̄"""''''''‐‐--,,,,,,___L_二ニ二二r三三伍三五三ニ⌒>王コ/L∠_
   >l、 | /^><    |:::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::::::::::,l´ ̄/::l ̄l::::|7フ
    \ | −'´     |::::::::::::::/   \::::::/          /::::::::::::,!  /::::|  |:::| /l
      |        |:::::::/     ヘ::/          /::::::::::/   /:::::/  |:::l /」
      l.,.,..,..,.,...,.:;,:,.;,;:.,;:,..,;::,..;,.:.,.: ----‐‐‐‐‐───'''~'^''"''' ̄⌒"""""""⌒^'−⌒

U.S.S BB-61 Iowa

*基準排水量   48,000トン            *速力     33.0kt
*全長.. .      270.4m  .           *航続距離  12kt/8,000海里
*幅..   .     33.0m               *主兵装   40.6cm3連装砲3基(9門)、12.7cm連装両用砲10基、
*吃水. . . ..   10.7m              .         40mm4連装機銃20基、20mm単装機銃49基
*主機. . . . .  蒸気タービン4基、4軸   . *装甲     水線307mm、甲板152mm
*出力        212,000馬力          *乗員     1,921名
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/27/USSIowa.jpg

450名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:49:32 ID:GBQeEa/g0

             , -‐===‐ 、
            /. : : : : : : : : :/:ヽ
            /: : : : : : : : : : : :l: : : :',
         /: : : : : : : : : :> '´l: : : : i
        ,: : : : : : :/:/    l: : : : :l
        |: : : : : :/⌒   -、|: : : l: |         ちなみに、ノース・カロライナ級が27ktに速力を
        l : : : : /=ミ`  _   |: : :/:/
        ヽl: : : l   ,  -=ミj: : :l/         設定したのは、当時日本の最強戦艦である「長門」の
         j:ハ: :|  ,、 _   /l: : l
          _ノ : N、 Lノ  /: :l: :.|         最大速力が23ktと信じられていたからよ
        `ァ: : : /こヽく: : : :.ヽ:.!
      / ̄/: : : /  --、J|: : : : : Y         実際の「長門」の速力は26kt(改装後25.3kt)であり、
      /  レ{: ::|  イ´ |j: : : :|: :ハ
     〈   l人: |   |  /ノ: : ノレ  |         日本海軍の欺瞞は成功していたのね
      l/   \.人 / _ノ ̄ノ   /
       〈   /{  /l  ト、 く/  l/
         l  ∧_/「 |`Y  |/   /
        /l /    ート-' ̄l   /l
        /-|     /|   ヽ /-|

451名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:50:00 ID:GBQeEa/g0

    /{_ ,r― '⌒ヽ_   __ , - 、
    〈       」ニ y'´   ,/   'ー 、   _
   /      ナX´ / / |    /   Yく  ⌒ヽ _, ィ      ……ねえせつな、その3ktの差って
   |/ /{ r― '/l  /l/ー-ヘl  /ヘ|!   |ニ}     ノ
   ゝ{   `  /.」l / ̄{テ`  \lーl|  ハ _    `ヽ      そんなに致命的なものなの?
          / |ヘト{ ' ' '    `iテャ  /|    }ノヽ ノ
        〈j 八_」        ' 'ノ_ィ |     jノ       「ノット」ってよく分からなかったから調べてみたら、
            ∧    ヽ   /.ノ 〈j
                 \_   イ                  毎時1.852km進む速度なんだって
             r〈  人
         /^T{  `Y´  l^ヽ                 つまり、3ktって約5.5m/hなんだよね
        / | || | ヽ/^\ノ| || |\
         / 、| || |   〉〈 _| |l | /l               1時間5キロの差がそんなに大きいものなの?
         |  | |j」7 //∧l r|」j_|' |
        〈  / ^l  |///|j l^  〉 〉

452名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:51:00 ID:GBQeEa/g0

        _  _
       /. : : :`l: :\           場合によるでしょうね
     /: : : : : : へ、: ハ
     /: : : :/   〈: : :l          極論を言うならば、最大速力なんてものは波が無い平水面で
    ハ: : :/ニ、 ,ニ〈: : |
    {:l: : |{rリ  , {rリ !: :l          直進した時の速さであって、実は目安にしかならないの
    `l: : |  、__ , |/
      }人ト、    ィ:l{           例えばカタログ上35kt出せる甲型駆逐艦が時化で波ががぶると、
     ノ: : : :{>イ: : :ゝ
      {: : :N\/ }ノ: :}- 、         とたんに32ktの正規空母に追随できなくなったりしたりしたの
    /´ゝミ㍗_人_ }ノ  l
     | l    〉〈     { |         それに、上掲したアメリカの新型戦艦群もカタログ上の速力を
    / |   //ハ  ー| ヽ.
   く ー{    ヽ ノ    }一 〉       実戦では重量増や構造上の問題で発揮する事は出来なかったの
    l ̄}        { ̄「
    ヽ 〉       〈 /        しかし、「大和」の27ktは実用上の速度だったのよ
      ∨           V
     /      /    ヽ

453名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:52:00 ID:GBQeEa/g0

   l:::::::::::::/-‐ '        l::::::::::::::::::::::::::::::l
   |::::::::::/f于! l   ` ー- l::::::::::::::::::;:::::::::::;        そもそも、戦艦は戦闘中ずっと最高速で走り回るわけじゃないものね
   l:::::::::ハ ー'     f于! l::::::::::::::::/::::::::::/
   l::::::::l    ノ     ー'-l::::::::::::::/::::::::::/         仮にそうだったとしても、戦術上の優位を常に獲得するには
   l:::l::::::、   、_,、   l::::::::::::/::::::::::/
   レヘ::::::lヽ  V__丿   l::::::/::/::::::::::/          やはり5ノット程度の優速がないと意味がないわ
     ハ::::|ノ::\ ‐    l::::/レ::::l:::::::::{.
      ヘ|::::::::::ハ-r‐ ´ /::/::::::::::l:::::::::l:::、_,        その速力差があってさえ、優速側が劣速側の戦艦を
    /::::::::::::/-‐j   /イ::::::::::::::l:::::::::t- '
   /{:::::::::ハ:::{  /    /:::::::::::::::::l::::::::::::ヽ        一方的に押さえ込むなんて出来るはずがないのよ
  /  ゝ:::::{-``   ト--'::::::/::::::::::} `ヽ::::::l



  V , -‐ァ'     トrイ-/  ,/ ! /|  ,   \-‐-、
  `  {/⌒ ー' /| V  / ,二|/` |l ト、 l   l〕  |-、      そうなんだ……
         / Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l   |    |
        /゚ 〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /    `ァ     じゃあさ、どうして新戦艦が27ktの速度になったことを
            ヽ_   `    , ヒrノノリ /|    }
                l     _   ` イイ |ノ`ヽ jノ      執拗に批難する人がいるの?
               ∧     /゙}    / ゚|    レ'
               /  \ / /  イ |            実戦では何の問題もなかったんだよね?
      / ̄`マT ´  /7/ /¨´
     /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ
     |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |

454名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:53:01 ID:GBQeEa/g0

           _.  -―‐-、_
            /: : : : : : :  : :\
        /: : : :     j  : : :\
       /: : : :     /^l  : : : ヽ
       /: : :     /    l   : : : :',
      /: : :   /     ヽ  : : : l          簡単に言えば、27ktでは航空母艦に随伴できなかった
     ,: : :    /-、_    _, - l  : : : |
     |: : :  /幵ミ    ィf幵 l  : : : |          という理由からよ
     l: : :  lハ リ       { リ l  : : : |
       V:   |     '       |  :l: :/          太平洋戦争では戦艦と空母からなる機動部隊が
      V:l  |      __      !  Ⅳ
       Ⅵ lゝ、  ´二`   イ  /!            敵空母群を攻撃目標とする戦略思想が確立されたわ
       リハ l: : \    /: l /|
         ノ:ハl: : : :|>-<|:: : :j/:  l            そして空母には艦載機を発艦させる為に32〜34ktの
      /:  / : ::l     !:: :  }  \
       l   卜、V     V ,イ  l   l          高速力が与えられていたの
     __|   { :\ 、____, /  /  /_
   /ヘ. ゝ- ト _>   < _∠-‐' /\        これに随伴するためには30kt以上の高速化が必要よ
   /   ∧     \____/      ∧   ',
   l     V              V     l       だから27ktの艦では明らかに支障をきたしたという理屈よ
   |    /    ...::::::::::::::::::::::::.....    ヽ.    |
   |   ハ==〒〒==:=:==〒〒==ハ    |
   |    l    l |  i || i  | l     |    |
   |   l         |l         l   |

455名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:54:01 ID:GBQeEa/g0

    __
   .'  ヽ`ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.  ! i 人 !     |  実際に太平洋戦争では日本戦艦では唯一30ktを超える高速性能を持つ
   )W゚ ‐゚ノ!|     |
   ソ)ル並ル'、   <  金剛型戦艦4隻が、参戦した戦艦中の最古参にもかかわらず
  (ソ[:工:]<)    |
    ヒ!ヒ!      .|  機動部隊直衛として最も活躍したの
          .  │
          .  │  ただし、金剛型が活躍したのは速力の速さに加えて
          .  │
          .  │  最も古い型の戦艦であるがゆえに遠慮なく使い潰せたからということもあるわ
             \_________________________________


                                              i
                                  _        .|
                                -i:l_l:i-        :|:
                               ェ=ヒ三ヒトュ_ . . . . . ―|―
                               {亙ニT隹___    ;|;/
                               {王i巨枢.'.' ゙ ' -.ー=!==、
                               挂圭{X }L.'  .'  ]ト、 ',........: : ::.:.:::.::.:.: :.:.: .:.:: ::..:::............
                              i====i==i=}l_r===i. ||rェュ ',:.::.::.:.:::.:.:::.::.:.::::.:.::.:.::.:.::.::.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:..
                           _ェ亜.弓二 l三=={ユ=___| ||l  |ヨュ  :: .:: :. :::.:.:.::.::  :::: ::.:: :. :: .:.: :.: .::
                      、_、__,ニ===ヽ]" i l三',ニ{=三〒三ヨ =ファ
 i               、_、____コニiヲ    コ__二 l_==i三l== !山ェ-lヒ. |ーュ____   _,
. .ヽー――--- . .________________ ̄i ヲ(-.-.-.-i   ri i:i÷二二 l=Lェェコ'ョョLT三ェl-___l三ェ'壬ェiヨiュ-t-...............................
:::: ::',   '='_...,.-'''''''-,...,.,.._ `ヽ二二二二二二二=ユ二二=ユ二_=ユi二二iコ=_ll__lコ=_lコ=二lコ=ニニニニlェェ!-------i,;,;,;,;,,;,;,
:: :: :::!'.'."" ;;;,,,,,,,,,,,,,,........ ̄""'"'""'''-''=,;.,.,.,_._.,,-'''"'"'-''-''-,.,;.;,,;.;,-'''-''-,.,...,.,......,,;,,;,;.;;;.;,;;....;.;;;;;;;;;--''--';;;-;;""":::~::::::::::::::
:::::::::::':'::':'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

456名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:55:06 ID:GBQeEa/g0

            ,  -―‐- 、_          それにそもそも32〜34ktの速力を発揮できる空母ばかりではなく、
            /       ノヘ、
           /       /{   ヽ        「加賀」は28.3kt、「隼鷹」は25.5kt、「鳳翔」は25ktよ
        /    _,> '´   ヽ   i
         /    ,ィ芹`   , -‐l   |       何よりも実戦において、大和型もマリアナ沖海戦で軽空母とともに
       ,    /ヘツ   / f芹Y   |
        | l  /       / ヘツ |  |       前衛を務めているの
       | l /             |  /
          N ハ   -― 、    /l /        戦艦は必ずしも機動部隊の護衛に必要ではなかったし、
        V lム、    `   //|/l
        ∧|  |\    イ // {ーァ       実際は、日米双方ともに戦艦主体の打撃部隊を編成して
      /   〈j   `¨´、__ノl /  V^ヽ
     /   ト-イ    \_ /  }ー、|      前衛として展開させるケースの方が、明らかに多かったのよ
     | l   {∠ノ    /ノ   /ノ   \
     `ト __,ノ-  / 厂`ーァイ´     |

457名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:56:00 ID:GBQeEa/g0

                   /: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : ヽ
             〃: : : : : : : : : : : : : : :j: : : : :ヽ: : :.',
              /'       ,  '"´ {  : : : : :',: : l      ……しかし、後世これほどまでに「大和」が
                /   . . . . : :/       ': . . .  : :!: : !
              ,. : : : : : : :/       ',: : : : : :.|: : |      低速戦艦と蔑まれたのは
               |: : : : : : :/‐-   、__  ': : : : : :|: : |
               |: : : : : :/  ヽ     `ヽ|: : : : : |: : |      アイオワ級がカタログ上は33ktを出せたからでしょうね
              l: : : : :/、__,         |: : : : : !: :;'
             ',: : : ;: `  ̄  j  丶===='|: : : : :リ /       アイオワ級は日本の金剛型という超高速遊撃戦力を
             ',: : :|!    '       |: : :/:/:/
             ヽ: :ゝ   ー- 、 _ ,   :|: :/:/:/        封じるための艦で、
            _ ,≧ハ: : :l\   ー    /l:/l/:.{
          ァ'`    从: |:.:.:}ヽ _     イ:.:.:./:八≦ ーz._      しかも「大和」の1年以上後に竣工した戦艦の「速度のみ」
        ーニ     /: : :)':くノ        卜:.: : : : :ヽ   `ニ=
        〃      ,': : : : : : \_       } : ノ : : : ',    `ヽ  を取って大和型と比較することは適当ではないわ
        {      {: :{: : : :{、:_:_,ノ-、  , -ノイ: : : :}: :}       }
        从 {.   丶:ヽ: : :\ `',ー------‐|: : : //     リ
        /;;;;;ヽハ、    \: : :丶j       ノ: /      ノ'

458名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:57:01 ID:GBQeEa/g0

             , -――- 、_
             /: : : : : : : : : :`ヽ
             /.: : : : : : : : : : : : : : \
           〃.: : : : : : : : : : :/: : : : : : ヽ
        /.: : : : : : : : : : :/ヘ: : : : : : : :l        何度もいうけど、27ktを安定して出せた「大和」は
          l: : : : /: : : : :/    ヽ: : : : :!:.!
          |:.|: : :l: :>\   / ヽ : : |:.|        決して鈍足ではないわ
          |:.|: : :|y斧ミ     ィ斧ミy!:.: :|:.|
          ', ',: : |{乂::ノ    乂::ノ | : /:;'        しかも、最大戦速で28ktを出したという証言もあるのよ
          ', ',: :!     {       |:./:/
            |:∧|:、         ,:|/:〈         実戦で「大和」を縛ったのは速力ではなく
            |: : : : \   n   /j/八:ゝ
        ノイ: : :l: : ::ト    イ:: : :l: : ハ         艦を動かすための重油だったの
           |:l: ::|: : r|    h: : :|: : l:}
    ⊂ニ.⌒\.从: 乂人≧ v≦人:乂: :从         海軍の恒常的な燃料不足ゆえに「大和」は動けず
      /     ヽ \l\ ( |o| ) /イ/  \
    〈 、    |      ( |. | )        ヽ      「大和ホテル」と蔑まれたのよ
     ヽ)、    \   ( |o| )    }     |
        /  ̄ヽ   \  ( |. | )    |     |

459名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:58:02 ID:GBQeEa/g0

: : : : :/ノ三}/    |    :/ヽ: : : : :   卜、:   ヽ: :     |
: : : :/イこィ’    : t   :|/ \:\:   |/ \:   |: :  |/
:_:/ l | : :l:| |  : :l\ : :|x==ミ丶-\:  | ィ=\: |: :  l/     なるほどー、初期計画との3ktの速力差は、実際には
    | | : :l:| |  : :|  \{  f゚ハ`    \j f゚ハ  v!:  /
    ||: :ハ  l  : :|ニ/     Vノ       ゞ'  リ /|      それほど深刻な問題ではなかったということかー
    | 丶: : :\t  : :|{〈                  /イ   |
    |  \:/´_> {_  、 __,       ー一 | ♀      じゃあさ、逆のことを聞くけど、
   ♀    |   〉 `           `     l  {}
   {}    \                        /          新戦艦の速力を27ktに再設定した根拠って何なの?
          ー ヘ、         _    /
             l\       /}ノ  /

460名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 21:59:00 ID:GBQeEa/g0

            ,  "´ ̄ ̄`¨ ス
        /           } \
       /          イ   ヽ          それはね、当時就役中のアメリカ戦艦はいずれも
        /        /   l    ハ
       ,         /     、     l         速力21kt〜23ktの低速艦だったという事実よ
     l       /      ヽ     |
     |  l   /ニ二.    ,二ニ1   !         当時のアメリカは他国以上に敵よりも強力な艦砲と強固な装甲を
     l: : |  仇fT:!`   ' イfT:! |   l
      v: |  |_辷ソ   l 辷ソ_」   /          持つことを重視して、あえて戦艦を低速で良しとしたの
        V:|  |      j}    |:l ,'
        j人  l   、_ _ ,   ル /          持つはずだった高速を重視した巡洋戦艦はワシントン軍縮会議で
       / l::\ト   ` ニ´  /:/イ
       /.:.:.:.:.i:|>  ___/.:.:./ |            廃棄せざるを得なくなったために保有していなかったわ
       /.:  .:|j___ _{_:.:.:.:.  丶 __
       /   ::{    V  し1.:.   「´        だから日本の新戦艦はたとえ27ktでも4〜5ktの優速が
        { {   :.:`ーァ てそーノ.:.:. l }_
    /^ゝt._ :.ヒ七: て{o}そ :フ.: ノノ `ヽ       敵戦艦に対して保てるという計算だったのよ
   /    l   ̄´ : て{ }そ : ̄´ /
   |     l       :て{ }そ:   {
   /      l       :て{ }ソ:    ヽ.

461名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:00:00 ID:GBQeEa/g0


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::,,,,,,,,,::::::::::::;;;;;;............;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,:::::::::..........,,,,,,,,:::::::::;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;.........::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::::........:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       |_,_,_          ,
                       r=ュ          fIユ
                       Eヨ          iエコ_
                    i〜! _H_,       _  _斤'"._
                    '〜!_コニi !---_-‐‐‐|三| ヲムエIIヨ
 .  __              __ | '+ '_´r-、___.|ェェレ7!三三コュ, __
 . /.r '´        ー--r二二ニ=- ト、_Hヽニ三三〉!-kjワ_iヨコェェェ!ニ=r ‐'i'iニ二-、___       ,  ___|
 ._K/====ョョ==≡mラ'´ニニロ_|___f==ヨ==ii=ヨノ--'~---'~'-゚-'~'‐‐‐'~'‐‐'~'^"ニニニニニニエニ"ニ"二二二ブ ̄.。.,'
 i ' ' ' ' ー'' ヽ-'-'-' ' ' ' ' ' ' ' '  ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' .'.' ' ' ' '.' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' '' ' ' ' ' ' ' ' ' '  ゚  .',
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::":::"
::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::,,,,,,,,,::::::::::::;;;;;;............;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,:::::::::..........,,,,,,,,:::::::::;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;.........::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::::........:::::::::
:::::'''''':::::::::::::::::::::::::::::''''''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''''''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''::::::
:::::;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''''''''''''''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::''''''''''''''''''''''':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

U.S.S BB-39 Arizona

*常備排水量   31,400トン            *速力     21.0kt
*全長.. .      185.4m  .           *航続距離  12kt/8,000海里
*幅..   .     29.6m               *主兵装   35.6cm3連装砲4基(12門)、12.7cm単装砲22基、
*吃水. . . ..   8.8m                        7.6cm単装高角砲4基、53.3cm水中魚雷発射管2基
*主機. . . . .  蒸気タービン4基、4軸   . *装甲     水線343mm、甲板76mm、司令塔410mm
*出力        31,500馬力      .     *乗員     915名

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a1/USS_Arizona_%28BB-39%29_1918.jpg

462名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:01:01 ID:GBQeEa/g0

.   /: : : : : j: :\
  /: : : : / ヽ: : l          実際に日本の戦艦は総て24ktの高速を維持して
  l: : : :/-  ‐ l: :|
.  V: : lリ  {リl: :|          艦隊機動を行うことが出来たのよ
   V: :l  。 /l:ノゝ
  /人:l>rくイ: : }          空母機動部隊の登場によるよりいっそうの艦隊の高速化に
  {{: :{` }Y}イ : :ノ \
   Nソ {ハ} ー'/  |        対応できなかったのは事実だけど、対戦艦という意味ではまったく不足ではないわ
   | l  {ハ}   {--イ



      , へ、 r―‐- 、-‐――-、 _   r〈_            __ノ
    r―/    |          \:Y´:::::::l : : : :          \
 {、__ノ     /ハ、   \ 、    lヘ::::ノヘ: : : : : : : : : : : : : ヽ: |
 { _,       /    \   { \\   l /:ハ\ ゝ :_:_; -― V\: : :lノ  空母機動部隊に追従するには確かに不足だけど、
  /      :|  { l-、\  Y´ \l  l/: : l  ヽ          ヽ:ノ
  l/  ィ : ::l   卜l    \{ __ ノ| /-、: l   ',            27ktと言う速力は決して鈍足では無かったわけか……
  {  / {r--ヘ  :l _ ノ ,      j/ Y V   l
  \{    /\ト               /    l            太平洋戦争では空母が大きな役割を果たしたから、
       /   l    - 、     r:ァ'    ゚l
       /゚   \        /´                  後知恵的に「大和」は批判されたけど、
         __ >、_    /_
         \     l    l    ̄ 7              当時の建艦状況や実際の戦場において
             _\    |     |.      /
         /´ \\ V    l    /-、              「大和」は常識的な戦艦だったんだね
          /    l |  \   j   /l   \

463名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:03:00 ID:GBQeEa/g0

      ___            __        ┌───────────────────────────┐   
      彡  .         ミミ  .. ....    │ こうして30ktの高速要求を取り下げた軍令部であったが、  ......│
       ヽ\ ─‐.| ,|─‐ //___     ..│                                        .│
 ̄ ̄ ̄ ̄ 、`、\\__.l_|__//          │ 彼らにはそれ以上に固執した条件があった。           │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ T |// "゛ .\l´ T ̄ ̄ ̄ ̄    │                                        .│
        [ |.       .| ]           .│ それは、新戦艦へのディーゼルエンジン搭載であった。      │
        [ |.       .| ]           .│                                        .│
        [..├========┤ ]           .│ ドイツのポケット戦艦に影響を受けた彼らは、          ...│
        [ |..====..| ]         . │                                        .│
        [ |.   ◎   .| ]         . │ 蒸気タービンより燃料と機関の合計重量が少なく         .│
        [ ├─┬┬─┤ ]             │                                        .│
       ././   T T  .\\           │ 破損し易いボイラーの必要ないディーゼル採用を望んだのだ。..│
       ././ ./"^[ .ヽ  .ヽヽ          │                                        .│
      7./ 7 ゛_。.」  1__  l..l、       .│ しかし、ディーゼルは振動が非常に大きく、また従来は    .....│
      [| 」  〈__r`、r--、゚l、.l !         .│                                        .│
      | .l__\|  [l..ヽ|         .│ ボイラーの蒸気により砲塔を旋回させていたため、       ..│
       .l.l!    .ヽ。._ー^./゛]」        ..│                                        .│
       H      `、゛  .H     .. ....  │ 砲塔旋回のための動力を別に用意しなければならなくなった。 .│
       .l.l          l.l           └───────────────────────────┘
        └======┘

464名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:04:08 ID:GBQeEa/g0

                        ,.-‐''"´ ̄ ̄`' - .,_
                     ,.-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' - 、        ……軍令部は砲塔旋回を
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /!,N::iヽ:!:,::::::::::l::ヽ     電力で行う事は諦めて
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l:::Vヽ! ノ!,:::゙,
                  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,    従来通りボイラーの蒸気で作動させる
                  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.                 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l   ことに決定した
                  l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.                  ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/    すなわち、新戦艦はボイラーを利用する
.                  ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'
                   ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ      蒸気タービンとディーゼルの二本立てで
                    l:::::l  l        __  ´/
                     Y'-.,_`'- 、         _,`/          艦を動かす
                    l   `''- .,`'- _     /
                    j      `' -=z、_,.ノ           併用とはいえ、大型戦艦にディーゼルを
                    ノ          /!
                _,.-‐'´          /!_             搭載するのは画期的な試みだ
           _,. -‐"´             l l  `' ─-, ._
     _,. -─'"´::` 、               l        .ヽ:::`' - 、    ここが我々の力の見せ所だ!!
  ,. -"´::::::::::::::::::::::::::::`' - 、               l          l::::::::::::::`ヾ、
../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐.,_            l        ト 、::::::::::::::::゙,
.l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`' .,、     l           /:. :.`' .,、::::::::::l
.l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -´:. :. :. :. :.`'- .,_  l          /:. :. :., :. :.`ヽ::::j

渋谷隆太郎(しぶやりゅうたろう、1887年4月5日 - 1973年4月8日)最終階級:海軍中将
海軍機関学校18期卒。横須賀工廠造機部員や造船監督官を経て当時は艦政本部第五部員(大佐)
として「大和」搭載予定のディーゼルエンジン試作に当たる。1935年12月から横須賀工廠造機部長。
1944年11月より最後の海軍艦政本部長を勤める。「渋谷文庫」と呼ばれる旧海軍関係の技術資料を残した。

┌───────────────────────────────────────────┐
│戦艦にディーゼル搭載という新しい試みに、渋谷隆太郎を始めとする担当グループの開発意欲は、    │
│いやがうえにも燃え上がった。                                            .│
└───────────────────────────────────────────┘

465名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:05:00 ID:GBQeEa/g0

          ___
        /     \        ┌──────────────────────────────┐
      /⌒   ⌒  \         .│ 4月1日、やる夫は海軍省事務嘱託から艦政本部業務嘱託に移り、  .│
     / (●)  ( ●)   \    ...│                                          ......│
      |    (__人__)      |      .│ 任務をより明確にされた。                            │
     \_  ` ⌒´    __/     .│                                          ......│
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ     .│ こうして彼は、新戦艦の各種試案の作成を行ったのである。      ..│
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ     └──────────────────────────────┘
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}

466名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:06:08 ID:GBQeEa/g0

               _,, ー'''"'''〜- ..,,,_
          _,, ー''"゛   -ニ广   _,,..,゙,゙'''― ..,,,_
      .x;;;;''"    . ミSi;;;; ..,,_  '`- ..,、._,,ニ>  _,,...`-     ┌─────────────────────┐
      .!  `゙'''ー ..,,_  `"'`-、,,.`゛   _,,.. -‐''"´   .|     │ 計画作業は、主要寸法、砲装、防御要領、    .│
      .! .''ー-..,,_.   `゙''''ー ..,,,,, -''''"´            !      ..│                              ..│
      .!  .- ,,,,_ `゙'''ー ..,,、 .|             ,.. イ  |     │ タービンとディーゼルとの出力配分、速力、  ......│
      .!      `゙゙'''‐    .!      _.. ‐'"  /   .|     │                              ..│
      .!    ''''―--.....   |   ._.. ‐'"    ./    !      ..│ 航続力などをさまざまに組み合わせた       │
      .!  `"'ー- ..,,、     .!  ''― ..,,,,_   /    !      ..│                              ..│
      .!           `゙'''   .,!        ´゙"′    |     │ 各種試案の作成に移っていた。         .....│
      .!  |'''ー-..,,_      |          _,,,    .|     │                              ..│
     │  .|     `'ニッ.  .,!    _,,, -''''"´     .!     │ 以後約半年間、第4部には膨大な計算資料が   │
     |  !,,,.. -''''"゛    |  ´     _,, -''''"゛ .,!      │                              ..│
     |            !   ._,, -''''"゛  _,, ‐  .!     │ うずたかく積まれ、詳細な案件として        .│
     | .`''ー ..,、         |    ._,,.. -''''"゛     !、     │                              ..│
     | .`''ー- ..,,_`''ー-.   |   '"´    ._,,, ー'''' ,./ . ゙';;i.   │ 俎上に載せられた試案だけでも          .│
     |  `゙'''ー ,,,`゙'''ー   !   ._,,.. -‐''"゛    .ィr‐''广    │                              ..│
     | ー ..,,,、  ``    .| ‘´          _,, ー  |     │ 優に20種を超えた。                  │
     |   ,;;‐ニニ;;-    |    ._,,, ー'',゙,゙ ー'''゙,゙.  |     └─────────────────────┘
     | ,,、 '''''`-二ー    |   '"゛ ‐''"_,, ー''"゛   ,!
      `''ー ,,,`''ー ,,、     |     ''"゛   ._.. -'''"
            `''ー 、, `゙'〜  !      ._,, ‐''"
             `゙''- 、、| _.. -'''"゛
                 `゙'"゛

467名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:07:16 ID:GBQeEa/g0

    /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
    /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : :l
   ,    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /{: : : : : : :|       こうして数多く練られた試案も、
   |     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ヽ: : : : : |
   |    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/    l: : : : |       やがて三つの案に収斂していったの
   l    : : : : : : : : : : : : : : : : : : /      l : : : |
    .    : : : : : : : : : : : : : : : ∠ _    ∠_l: : : ;       それは、かつての藤本計画を基にした
    ヽ    : : : : : : : : : : : : /'_,≧、`   /f行キ : /
      \丶 ヽ: : : : : : : : : /ィfr行}       ゞ'/: /        軍令部案と、福田基本計画主任の立てた案、
       ヽ1  l: : : : : : : :/  ゞ'´    {:  /: /
        }|  :l: : : : : : : !        ノ .イ: /         そしてやる夫が独自にまとめた案の三つよ
     、 __,ノ:!  :|: ハ: : : : :|     ー ‐'/:l: /
    丶. _/:|  :j/: :ヽ: : : | _     ´/: : :j/\―- 、      以下にそれを記載して比較してみるわね
     /: : /   : : : : :\: |   ̄厂 ヽ: : : : : : ヽ  l
      /: :/'   : : : : : : lハ|     { ,  |: : : : : : : l   !
    j/ |  : : : : : : ヽ ー-、  //j: :/}: : : : :/   |
   /    八  : : : : :ヽ: : :\三三//ノ |: : : / / |

468名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:08:00 ID:GBQeEa/g0

○A-140F(福田計画主任案)
                                              Front→
       __。 --─  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─----,..,.,.,,,,,,,,__
  ,,,,p─^^^  _┌─┐     □≡   ┌┐ ┌─┐_┌─┐_´´´".ヽ-、、
 (       ─ |   |≡□□≡    ◎  | |   .|   |..─ .|   | ─      :."'>
  ^^-、,,__  .. ̄└─┘     □≡   └┘ └─┘ ̄└─┘ ̄  __.。r‐'"゛
     `、^'.ヽヽ ..,,,,,,,,___________________________________,,,,,,,,,,,----─"゛''^^^

*46cm3連装砲塔3基(9門)
*15.2cm3連装砲塔4基(12門)         主砲塔を前2、後1と前後に振り分け



○A-140G(軍令部案)
                                              Front→
       __。 --─  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─----,..,.,.,,,,,,,,__
  ,,,,p─^^^       □≡   ┌┐┌─┐_ ┌─┐_┌─┐_´´´".ヽ-、、
 (       ≡□□≡    ◎ .| | |   . | ─  .|   | ─ .|   | ─      :."'>
  ^^-、,,__  ..     □≡   └┘└─┘ ̄ └─┘ ̄└─┘ ̄  __.。r‐'"゛
     `、^'.ヽヽ ..,,,,,,,,___________________________________,,,,,,,,,,,----─"゛''^^^

*46cm3連装砲塔3基(9門)
*15.2cm3連装砲塔4基(12門)         主砲塔を前部に集中



○A-140 I(平賀試案)
                                              Front→
       __。 --─  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─----,..,.,.,,,,,,,,__
  ,,,,p─^^^    ┌─┐_┌─┐≡□   ┌┐ ┌─┐_┌─┐  ´´´".ヽ-、、
 (       二 |   |. ─ |   |     ◎ .| |  |   . |. ─ |   | 二      :."'>
  ^^-、,,__  ..  └─┘ ̄└─┘≡□   └┘ └─┘ ̄└─┘    __.。r‐'"゛
     `、^'.ヽヽ ..,,,,,,,,___________________________________,,,,,,,,,,,----─"゛''^^^ .

*46cm3連装砲塔2基、同連装砲塔2基(10門)
*15.2cm4連装砲塔2基(8門)※         砲塔を連装・三連装とし前後に振り分け

※副砲位置は不詳のため推定

469名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:09:10 ID:GBQeEa/g0

              _,. -――-  、
            ,  ´         \_
          /レ ――-  ィ   ´  \
         /     -―/  l_   \    ヽ
          /-‐ ´ .   ´__   、丶 \  |
          /   /   ´ ̄_`  |     \ |        三案のうち、福田案は最もコンサバティブなものよ
         /  x斤、   ィイ¨Tト、|        |
          l  .イ iしリ     iしl::| 〉!         l        主砲塔を前後に振り分けるこの案は、
          l /:l ゞ'ノ     弋ン_  |        /
          | /: |  〈         ,    / '         主砲を前後に指向でき、艦の前後の重量バランスも
         |: :.:.l   、         /     /. /
        |: :.人   }_)       '   /.:./           程よくて艦橋も艦のほぼ中心にあることなどから
        l:./\:.ヽ、       /: //:.:./
        |'   }/. :\__,  /:/.: l:.:.:l                操艦が楽になるなどの利点があるの
         _/  : /,.,.|   /イ: :  l:.:.:.l _,. _,、_
       _,.:/    / ノ    /   |^^´    ´' ,      ロンドン条約後の新戦艦でも米独の艦がこの配置を取り
      ,´ /   l  l//   /    ヽ         `,
      i 〈   l\廴  ∠ ィ: :   |        〈    常識的な艦に仕上げているわ
      }  \: : t、    、_,ノ:    ノ        、'
      [   ` T「  ̄ ̄ `7ー--‐'´      _,. ゝ`
      l\   [     /    , -‐ ``   /
      | /^' 、 」    /  , '`        /

470名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:10:01 ID:GBQeEa/g0

            ,  -―- 、_
            /: : : : : :/: : :\
            /: : : : ; イ : : : : : : ヽ
        /: : : : /   l : : : : : : : :l
        /: : :/ -、_l : : : : : : : |           これに対して軍令部案はイギリスのネルソン級戦艦に
         |: :≠、  ィ=、l: : : : : : : :l
         |: /ヒ}   ピ} |: : : :l : : /            影響されたもので、主砲塔を前部にまとめて弾薬庫を
        V{  ノ     |: : : :l : /
          l人  _     |: :///             集中防御することで軽量化を狙ったの
        ノ|: l:\    j:/イ{_
       _,ノ:N⌒ヾT壬 /[: :l:r‐ /,二7          その分機関室の防御はやや劣ることになるわ
       //    V彡Y」: :V7/__//┐
       /:l    __廴_゚ヘ: :}}/  {_,//7_        しかしこの配置に大きな欠点がある事は
       V| }xく   lーく }}}〈__,〈_//  └、
        `!└∧   V  }}}ハ   /   _,. }      以前ネルソン級の解説で述べたわね
          l  ∧   V  }}>'´  / ̄}ノノ
        l   ∧  丶'´   / l           ネルソン以外にはフランスのダンケルク/リシュリュー級が
         l    ∧     イ l |
         l  / ヽ __/ }}}l、   |           この配置を取るわね
          } /      }}}|  ̄

471名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:11:01 ID:GBQeEa/g0

         /: : : : : : : : : : : : : : : : :_:_:_;ハ
        /: : : : : : : : : : : :> "´ ̄  /: : ',         そして最後のやる夫の試案はいかにも彼らしい
        /: : : : : : : : : :/―-、     l: : : :l
        /: : : : : : : : :/ァ云ミy        l: : : :|         独特の設計ね
         l: : :|: : : : : :/弋tン    ∠`ヽl: : : /
         |: l | : : : : /       ァ云y/: : :/          異種砲塔採用・前後均等配置はいうまでもなく
        /:/:/:/l: : /       { 弋ン/: : :/
   ゝー-' /:/イ: :|: /    -、/7ヽ. /: :/           バイタル・パートの極限を狙ったものよ
 ̄ ̄ ̄`/ : : : : |:/ \    //  \:/
    /: :/ : : : : |' \ /ト-‐//      \             主砲を1門増やすなど砲力重視の思想も
    {: :{: : : : 八  Y フ:://        \
     ゝ{: : : : |ーテナく::://         丶 ._        八八艦隊のころと変わっていないわ
  ヽ   \:_: ヽ{ { o}://              ̄   ―===ュ
   |     `ア´ ̄ ̄`ヽ : . . . . . . . .             /
   /      /  丶ニヽ | : : : : : : : : : : : . .        /

472名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:12:02 ID:GBQeEa/g0

      , - 、  , -、    _, -―- 、   , - 、 , - 、
      /   "  」ニ7´ r=、  _  \ニ〈   "   l__ ィ
    し'      }ー/  l    l  `ヽ 寸       〈
     〉   r―- 、r;' |lヘ{   ト、l  V -――x    } }     やる夫さんの案って、
     レ'レ―|  \ |   N= \ l =ミyl | /   |⌒Vレ'
          l    }.ゝ、{ ヒリ  ,` ヒリ } /_」/   /          以前に藤本さんに対抗して提出した案に
        V   ハ´ヒト` 、   ,  イノ /   /
         ∨   └「 ゝ.   ̄  .イ1/   /           よく似てるね
          V   |   \___/ | l  /
              Ⅵ | 丶―l   l 、 / j  /            砲塔を連装と三連装として前後に振り分ける
             Ⅶ !  \lニニl /  j /
            Vノ´ ̄` ヘ.  //´ ̄ V              配置は同じだったと思うよ
            {. -―― ∨ ――- }
             v     l|      /              今度こそっていう思いが強かったんだろうね
             ',     j|     /
              }      l!    {
             / 「l   l|   「l '、
             {  l」    l|   l」 }

473名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:13:02 ID:GBQeEa/g0

         , -‐z‐-  .,_
       /: :/: : : : : : : `丶               そうね……
      /: : :ィ : : : : : : : : : : : : \
      /: : / 丶 : : : : : : : : : : : : :ヽ            ただやる夫もネルソンに影響を受けた
     ,: : :/ 、__ >、: : : : : :l: : : : : l
      |: : :l/    __ヽ: : : : |: :|: : : l            主砲塔を前部に集中したディーゼル主機の
     l: : :|    〃´:: l : : : |: :|: : : |
      ,: : lィ='     |: : : :|: :l: : : 丶-‐ァ         高速戦艦を以前に検討したことがあるのよ
        ',: ::ハ:: ' _ ノ} |: :ハノ: :レ― 、: :\
       、: ::ゝ `_ー'  !:/ 〉 :/    ヽl: : ヽ        退役後に艦本四部の設計案を入手してのことらしいけど
          ヽト ::} }`Tj/V: ://     |l: : :|
          j' /: :{ィヒ: : l´       lハ.: :|        結局彼は異種砲塔採用案に回帰したのね
           /: : ト-': :/      / |: :|
           ゝ{:_:ゝ _/     /-'´ |: :|        しかし、この案はこの案なりに問題点があるのよ
           / | |  /     /     |ヽ{
           l > l /     /    |         それは後に述べることになると思うわ
           / く l./     /       !
           /  N/     /     |
           /  l/     /         |

474名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:14:11 ID:GBQeEa/g0

                  .  -――- .         .  -―-、
               .   ´        `> 、     /       /  さて、このように軍縮条約が廃棄されて
             /             -‐ヘ _/        /
            /         -‐  ´   _, -‐'         /    巨艦計画に弾みがついたころ、
               '  .  -‐       -‐ ´         /
           |´   _  -‐          _,. -‐ ´       政界ではある一つの大きな問題が
           レ ´       _  ィ T::::::::::::|::::l
       .   ´      _  <´  牝テヌ1::::::::::::l::::|          持ち上がっていたわ
    .  ´   -‐ T::::::::::l牝テ     ー'  |::::::::::::l:::::|
  /-‐  ´       l::::::::::|ー'  l        |:::::::::::l:::l::l           それは美濃部達吉博士の提唱していた
 (___.   -―― ヘ::::::::|    _ ..,   |::::::l:::l::::l::l
             ハ:::::::l\  ` ニ´  /|::::/ノ:::::|::ヽ _        「天皇機関説」に対する排斥問題よ
               l vハ:l !`> 、  / 」::/l::::::::::ハ:::t-‐'
                |  l ハ l/::::::::厂}  レ'/::::::::::::::l:::::\       本来定説となっていたはずのこの説を
                |  |   /::::::::l:::{ノリ   /::::::::::::::::|:::::::::l
                  \|   {::{::::::ト t  ー--イ::::::::::::/` ー┴-、     排斥することで、国内の右翼たちは
                    |  '^ゝ::::::{_ー  ー__ノ::::::::/      |
                    |/   `T´    `T ¨¨´       |     天皇絶対の国体論を押し通したのよ



          ト--' _   \ ィ」        \{_ ┏━┓    }-、 |
         ゝ ((⌒))  [ァ'´ |     卜、     \lx ┏┛ ⌒レ'  jノ
          /    [「  //   t  |  | ー\\.|  |l | ・、
          〈/     ° //   l/\t \○ \|  |l |   ト、         てんのうきかんせつ?
        | /⌒ ー ' /l  乂{○    ̄ /l/l j  /゙Y  ヽ|
        ヽ{     /八 \ { /l/        // ノ             何それ?
                jノ  Tナl`            厂  ,ィ===x
                  ーヘ、   ,--― 、 ノ  ((  _))
             ┏━┓    ` ー-|___」イ      [「´
               ┏┛       ,ノ}   l|ーァァ― 、o
                ・      / ̄l「 〃    l| 〃    |

475名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:16:05 ID:GBQeEa/g0

           ,  -―- 、
          /      i`ヽ           
         /        l  ',
       /          ,{   l          簡単に言えば、国の統治権は法人たる国家にあり、
       ,         / l   l|
       |      ,. ´    l  l|         天皇はその最高機関として、内閣その他から輔弼を
       l     ∠ー   -―l   l|
       l     /fリ`    fリフ|  /          受けながら統治権を行使するものという考えよ
         v :| :/, ,   l  , , |: /
       jノl: :l     __   /レ           すなわち、天皇はあくまでも立憲君主として振舞うべきであり、
          lハ| \  ´  /l: l
       /  {:_:| 丶-r:_: : : ヽヽ          また議会を重視しなければいけないということなの
        _/ /  〈    l } }  |
     /{ :{ : :ト ゝ    /イ: lノ\         現在では当然の考えだし、当時ですら天皇本人を始めとして
     /  ゝト : {_\ , ヘ-、ノ: :ノ  !
     |    l  `T /  ̄`Y`T  | |         それが定説だとされていたのよ
     |    V   | l  _ | |    | |
    |     |  / l  |_丿 ヽ   | |        
    |     | / /  l \ /  / |
    |     | {/  /l |  {  { |        



    l: : : : : : :/―-     ´ ̄ ̄ |: : : : : : :
    |: : : : : :/kァテfミ1    〒示㍉: : : : : : :
    l: : : : : :l _七り      七ヒリl: : : : : : :     しかし、天皇に権威を集中してそれを利用しようとしていた
    :; : : : : l     j           l: : : : : : :
     V: : : :li    ′       l: : : : : : :     軍国主義者達はこの説を排除するために、その中心であった
     V : : |:.     _ _       l: : : : /l :
      l:ト、: : :ゝ.   ー   `    |: : : /:::; :     美濃部達吉を排撃したのよ
        l! ヽ: : | \          /|: : /:::/: :
      |  l :|  l\     /  j: /::::/ : :

476名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:17:04 ID:GBQeEa/g0

         __,,,...............,,__、
     .,,::'゙;'''""''゙''''u゙""''ニ=;;;;..`.、           「大日本帝国統治の大権は厳として
     lッ'゙ u         ゙;;;;;;::.,,、
    /´_,,,..   u u..,,,_    ゙{;;;;;;;i          天皇に存ずること明なり。
    f''"゙  、  . '   ゙゙゙"`   'i;;;f ヽ
    l ;-。= .}     =。-、    |:;l .;:!          若し夫れ統治権が天皇に存せずして
    }  ̄ ;  u    ̄  u  1{ bl
    !、u .,〟.,,,,、  u   ノ  、ソ           天皇は之を行使する為の機関なりと為すが如きは、
    'i   ' `゛  `        i;;;
    ヽ u,.=ニニニ=__,、 u   ' l;;'           是れ全く万邦無比なる我が国体の本義を
     i   `¬―'´     ノ  | .           アヤマ
      'i,   u    ,/ u |             愆るものなり……」
       )`ー---― '"

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 美濃部博士、ひいては「天皇機関説」の排撃運動は全国に広がっていく。               ....│
│ そしてその運動は政府批判にまで飛び火したのだ。                              │
│ これは加藤寛治と繋がりのある陸軍の真崎甚三郎教育総監の画策である事は明白であった。   .│
│ 美濃部の著書は発禁となり、彼は後に貴族院議員を辞職した。                       ..│
│ さらに追い詰められた岡田内閣は、8月3日、機関説否定の政府声明を発した。           .....│
└──────────────────────────────────────────┘

477名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:18:15 ID:GBQeEa/g0

              ,................._..............._
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:::::::,..:::: ̄::`ヽ、::,.:::´ ̄::::`ヽ::::::::.
           /::::::/::::::::::__::::::::::::::::::::__:::::::::::::ヽ:::::ィ           ……主権が君主にあるか国家にあるかを
            |ヽ./:::::::::/ミ、`ヽ、::,.イ_彡ヽ::::::::::∨::l
           }::/:::::::::/、__,.rォ、__,.ハ::::::::::ハ::::.           論ずるのではなくただ機関説を排斥するのは
         .:::|:::::::::/____,.ノ   、___ !::::::::::::!::::.
            .::::|::::::::| __        __`|::::::::::::|:::::.          とても無茶な話だと思います
         ':::::|::::::::|イ__ノハ`    '´_,ノ_ハ|:::::::::::,|::::::.
        /:::::::|::::::::|弋こソ     弋こソ|:::::::::;::|:::::::.          私個人としては国家に主権があるのが
       ,:::::: 八::::: |        ,       ;:::::::/:リ::::::::.
       /::::::::::::::\:!:.、     __     ,/:::::/:::,':::::::::::.         当然だと思いますが……
        /::::::::::::::::|:::::\:|>  ` ´  イ,':::::/:::/::::::::::::::.
       ,:::::::::::::::: _| :::::::: |': :/} `   ´ |}:./::イ::::/:::::::::::::::::.         美濃部博士は決して不忠な人ではありません
.     / :::::: /: : | :::::::: |: :{      |:': :{:::::::,: `ヽ、::::::::::.
    ,:::::::::::∧: : :.:Ⅵ:::::::|: :|-、   ,./: : ,::::::/: : : : :〉:::::::::.        今日、美濃部ほどの人が一体何人日本に
    /:::::::::/  \:_:.}:::::::::|: ム     /: : :{:::::/: : : /ヽ::::::::::.
.   /:::::::::::{     /_|:::::: |__: : 、  /: : : |:::::{: :.イ   }:::::::::::.       いるのか……
  ,::::::::::::::::::.     |:::::: |:/: : : :._/: : : イ|:::::|/´    |:::::::::::::. 
  ,::::::::::::::::::::::.    }:::::: !{_,.. -´ `ヽ、:_:,{::: イ      ,'::::::::::::::::.      ああいう学者をこんなことで葬るなんて
. /::::::::::::::::::::::::}   /|:::::::| ∨: : ://////|::{ |     /:::::::::::::::::::.
/::::::::::::::::::::::::ハ   / 〉ー ! ∨:.////// j/ \   /:::::::::::::::::::::::.     とても惜しいのですが……
::::::::::::::::::::::::/  }/  ハ__|   ∨//////|{   ヽ∧:::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::::::::::::{__/     Ⅵ   /////// {!      \',::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::::::::::::\        }l_/////////         〉:::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::/        |:.:.,':/r-、///|{         /:::::::::::::::::::::: |
,:::::::::::::::::::::::::{         !:.:{:.乂_ノ/イ:/         イ::::::::::::::::::::::::::|
 、::::::::::::::::::::::::.        }:.:.`ー- ':.:./ {       /:::::::::::::::::::::::::::::::;
  \::::::::::::::::::::::.、     ト、____/ l|    /::::::::::::::::::::::::::::::::/
   \:::::::::::__/: } 、   | ∨:|: : :{       {\:::::::::::::::::::::::/
   (___人⌒Y: :/         }: |: : :|       |: :.,〉--、_,.イ
   /::::::::::ー/^'{       |∧_:/         !、_,}_人__ノ

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 天皇個人の嘆きを他所に、天皇こそ絶対であるという国体論はこうして国家の方針になったのである。   │
│ これはつまり、天皇や国体を楯に取ればどんな不条理でもまかり通ることを意味した。             .│
│ こうして国体を錦の御旗に、軍は更に政治的主導権を握っていく。                         .│
└─────────────────────────────────────────────┘

478名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:19:00 ID:GBQeEa/g0

┌───────────────────────────────────────────┐
│ しかし、その軍の中でさえ軍国化の方法論をめぐって抗争が過激化していく。               .│
│ 陸軍では天皇親政による国家改造を目指す「皇道派」と、軍内の規律統制を重視し陸軍大臣を   .....│
│ 頂点として合法的に政府に圧力を加え政治的要望を実現する「統制派」が互いになじりあい      ..│
│ 主導権争いを激しくすることになった。                                     ......│
│ 皇道派が頂くのは真崎教育総監であり、統制派は軍務局長永田鉄山中将が中心人物であった。   .│
└───────────────────────────────────────────┘

┏━━━━━━┓
┃  皇道派 .....┃
┗━━━━━━┛

           ∧_∧   从从
           (  ´Д`)   ビシッ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         _/  ⌒ヽ  (⌒)   < 我々は天皇親政を目指すんだよ!!
       ⊂二 /    へ  ノ ~.レ-r┐ │
          /    /  ヽノ__ | .| ト、 │ そのためには暗殺だってやっちゃうよ!!
      _ _レ   /〈 ̄   `-Lλ_レ  \__________________
    /   __ノ   ̄`ー‐---‐′
    ヽ <  | |
     \ \ | ⌒―⌒)
      ノ  )  ̄ ̄ ヽ (
     (_/     ⊂ノ


┏━━━━━━┓
┃  統制派 .....┃
┗━━━━━━┛

    ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ・∀・)  <  既存の政党や経済人達を合法的に取り込んで
   _, i -イ、    |
 (⌒`    ⌒ヽ  │ 国家を積極的に統制していくんだよ!!
  ヽ  ~~⌒γ⌒)  \______________________
   ヽー―'^ー-'
    〉    |
   /     |
  {      }
  |      |
  {  ,イ ノ

479名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:20:01 ID:GBQeEa/g0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 軍上層部は両者の抗争に恐れを抱き、林銑十郎陸軍大臣は皇道派の真崎教育総監を   │
│ 8月の定期異動で更迭するに至った。                                ....│
│ ところが、この行為は皇道派の青年将校をいきり立たせ、その中の一人であった       │
│ 相沢三郎陸軍中佐は1935年(昭和10年)8月12日、陸軍省に永田中将を訪ね、         .│
│ 午前9時40分、突如軍務局長室に闖入して永田を刺殺したのである。              │
└───────────────────────────────────────┘


───────────────────────────−──────―
────────‐ ───────────−────────────―─‐
─‐────────────‐────────‐∧_∧ ───‐──―──‐
─────‐∧ ∧,〜 ────────────‐(; ´Д`) ────────
──−──‐( (⌒ ̄ `ヽ───_ ───────‐ /    /─―/ヽ────―─‐
──―───‐\  \ `ー'"´, -'⌒ヽ──────‐| |  /   / | | ─────―
―‐――──‐ /∠_,ノ    _/_───‐―──―─‐| |  /─―/ | |―────―‐
─────‐ /( ノ ヽ、_/´  \―────‐──‐∪ ./──,イ ∪ ────―─
────‐ 、( 'ノ(     く     `ヽ、 ―────―‐| /−─/|| | ──−───―
───‐‐/` ―\____>\___ノ ──────‐|/──/ || | ────‐─―‐
───/───―‐/__〉.───`、__>.―‐―───‐─―‐| || | ─────―─
──/──‐ ──────────────―−───‐(_)_)─────―─
─/────────−────────────‐ ──────────―‐
───────────────────‐─────────―─────‐

480名無しのやる夫だお:2012/06/13(水) 22:20:42 ID:lsQo7kB20
もうめちゃくちゃだな

481名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:21:00 ID:GBQeEa/g0

┌────────────────────────────────────────┐
│ このような陸軍を震撼させる事件が起きた頃、房総半島野島崎の南方20海里の海域では、   .│
│ 7月に始まった海軍大演習の一環として、第四水雷戦隊の教練運転が実施されていた。   .....│
│ その中に特型駆逐艦Ⅰ型に属する「叢雲(むらくも)」の姿もあった。                 │
└────────────────────────────────────────┘

,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ',: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/    ,  :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/    ,  :'/  /' / / ,:'/   ,: '
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' /
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /:'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / '
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'.┼ / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' /
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'// / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' .─┼─./ ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,:
,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' .┼                             |', .ェ_:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' /..|                 i;;;;;i        i;;;;;;i  |.',.|ニ|ュ__   ,  :'/  /' / / ,:'/   ,: '
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' |                l二l        ',二', .|X||二i ョョョ| .' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' /
/' / / ,:'/,: ' / ' / ━i゙゙ ゙゙̄l.|π., -−-.、ュ.,-−-、┌幵┐l二l 日,-−-、{~ヽ ',.|X|: ::. :|   iニ二ヽ─        _ .,:'/,  /
 :'/  /' / /.━i゙゙ ゙゙̄l_| ̄ ̄ ̄ ̄]≡三≡ |¨|≡三≡|弋三フユユ匚i≡三≡i |.丿 ┴──┴‐─┴‐┴─‐‐一''''"´/    ./ '
/,: .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄モ ク ラ ム ̄ ̄ ̄                   12  ノ ,:'/,: ' /
:;:;:;:;:;;:;:;...;:.;;.:;.;:.:-;:‐;-..:;.;:.;;--‐''-,,.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,;,_;,;-;,_;_;;;-,;-;,_;_;-;;;,,、、..;;、-,、 -;:ゞ,ー;:;ゞヾ´'"';:::::: . ,:'/,:
_, ;:_,,,...ー.--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ''""" "´ ;:'""",,;"´"",,"´

駆逐艦「叢雲」
ttp://www.perthone.com/images/ijn-murakumo.jpg

482名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:22:04 ID:GBQeEa/g0

           _,.-‐ー−――‐ 、
        ,.-''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.:ヽ            艦長、現在の天候は南方に停滞する
       / .:::::: : ::: : ::::::::: : :: :::::. ::. : ::::. : ヽ
     /:.: : :: : :l;::.: :. .:::::: .:.::..:::.::.. :.:. ::..::::::',           低気圧の影響を受けて北東風毎秒15m、曇天です
    〃:::::::::::::i::!';::::i:::i:::::::::::::;::::;:::::;:::;::::::::::::l
     l::l:::;:::::l:l:i:l ヽ::';::';::j、ト;:ハ;イ::::l:::j::r;:::::i::}          かなり大きな波が出ていますね……
     l::l::l::::l'iゞヾ ヾハlリl,ィrァ‐ l:;イイ‐ひ;::::リ
     ヾ、ト、:!゙ゞア     "´  ´ { {  _, }:/
        `,  /:::.       ヽアオ彳
            、 、_      _,.=ニヘ1l::1
            \ -= 一 ='"´/_,.イj_ユ、
           ヽ ‐  ∠‐''_,.-イ!   \_
            `ーr ',. -''´ //  _,.ニシ  ̄ ̄`
             /´   〃_,.-_ニ‐''´
              /  _,.ィ∠r'‐''´
            / _;:ニ-‐''フ´
           , '"   /

483名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:23:00 ID:GBQeEa/g0

                  _,.. -― '' " _ 二二 ,`` '' 、
                ,.'´.-‐ '' "´ ̄       ̄` 、'.、
               ,.' '´    ,.-_‐,,ニニニ"'.,     ヾ.、
              ,./       // ,. '""`ー 、',',     ヽヽ         この程度の時化など
            , -'/     ..,',' .!    ::i'::'.,'.,...     ヽ,ヽ、
           ,.'- '     ..::,'.,'-、 '、   .;ノ;:;:::l !:::..      `'`、'.、
          /´  ...........::::::::,. ','、 _`,ー、'',"_'"' .//ヽ ...........:::::::..   ヾ;     どうということはない
          '.、 ::::::::::::,. -'''"´ ヽヽ`ー、_',..='‐'//   :::::::::::\   ,. '
           `'ー‐.'l      ヽ'-----―' '     :::::::::`!ー'´
                  |、--‐‐_,,  ニニニニニニニニニニニニニニl !,'          31ktに増速!!
              ,!', 、ヾー-----、     , ----- 'フ/ノヽ
              /';;ヽ、_`三三三____二二二彡r'´;;;;;',
              !;,l'!l;;;;;l_ヾ二.,;ヾ !、   ,,. -‐,.ニ-r-'、'ノ: ;;;;;;l         他艦に続け!!
                |,'i、i,';;;;ヾ、!r::"i``'     ‐'i´::'"l /, ','/;;;;;,.l
              '!.';ヽヽヾヽ ̄´    :.    ̄ ̄/;;'_.,、/ '
               ヽ,'、ヽ;`-      |!:::     '"/,. ;' ' '
                 `'、ー      !       ,.'.'
                   \   ,.---.、   ,_ '´
                    ゝ、   ̄´  ,.-'‐' !
                    |!l',.;`_.、___,. r'.l !::::::::|
                  ___.l.// .! ::::::!.|. |.|:::::::,'l、,...、
            _,,.. - '"´:::::::/ l !  |  .l .! l_!::,.:'/:::::::::`' - ..,,_
          ,. -r‐'"::::::::::::::,.、:::,.'ー',',,',':.. !  .',.', /,.' '、, -,:::::::::::::::::`'' ー- ..,,__
         /;' .,':::::::::::::::::::::;' `   ヾ :::,.!:::::: ', / ..::   ,!::::::::::::::::::::;. -‐ '''"ニニ'‐、
      ,' !l l::::::::::::::::::::::l    :::... i´     ´    /::::::::::::::::/ ,. ;.'´‐''"´ ̄,..l
        ! .l:' "::::::::,. - '"´      ::::!::::        `''‐ 、::::::::::`ー, '     / .,'
        ! !;:: - '".          /    ,. -       ``' 、,_,.'    ,. ;'. 、 ,'
     ,'!  .、  .:l        :..  , '  .....,..- '       :.       ,,.- '":::::::l!'

秋山輝男(1891年9月16日 - 1943年7月6日)最終階級:海軍中将。
当時駆逐艦「叢雲」艦長(中佐)。
1943年7月、第3水雷戦隊司令官としてクラ湾夜戦において戦死。没後、海軍中将に進級。

484名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:24:00 ID:GBQeEa/g0

┌────────────────────────────────────────┐
│ ところが、31ktの航行を40分ほど続けた頃、「叢雲」は突如左舷艦首に高さ5メートル以上の  .│
│ 三角波をうけた。                                              ...│
│ その瞬間艦にはがくんがくんと三度ほど前甲板を前後に折り曲げるような衝撃が走り、    ....│
│ 船体は不気味にきしんだのである。                                  ......│
└────────────────────────────────────────┘


                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´    。  。
                。っつっっつっつ゚
             __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ 
          ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。
         /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ            _Y_
       /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ        _,.._ ♀|             rト;;;;;;;;
     /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ    _,....._  f二ニ_「/  /`ヽ        。 モ| _;;
   / //////       ヾヾヾヾ|、___ーr'''''') }ーく ,|ー‐|ーr―/ーく__f^ラ__,....._ r' |__1| |__L(二)'~,二、,,,,,        ,|
  /  /////////         i i i彡 ヘ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー───────┴ ‐┴─── ‐┴─'──'ー””─'””‐ヘ
/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡
   /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡 ≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミ
  /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミ 彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ
 i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。

485名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:25:04 ID:GBQeEa/g0

   `ーゝ三' r'゙ノ_ノ_,,..∠、-─'''""___,.r;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      \,r‐''"´_,,、 -─'''"¨ ̄、-' ,.r'゙,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;`;;l,
       Lr‐''"´    _,,.、-_,.ィ-;;'゙;;;;;;;;;;:'';;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i,        な、何だ今の衝撃は!!
     /   _,,.、-_,,..、-;;'''ニ、」;;;;;;; ,; ,, ;; ;;ハ「`ヽ;;;;;;;;;゙i,
    /   _,,、-<:´:レ'゙f'゙「`),゙)リi;;;;;;';;' .;;;' ;;;;;リ ゙! ヾ!;;;;;;;;;;|、      操舵手!! 進路反転!!
  /,.、-''゙( i、ト:Fヘ : : :゙:┴''"..:;!ノ|;;;;;;;;;:;;;;;;;;;ノテ、`'゙ l;;;;;;;;;;;l`
  ´    ゝi'ー',.シ'゙: : : :    ' ;';;;;;;/レi;;;;;/r'_ノ,ノ゙,;;;;;;;;iリ       減速25kt!!
           <         /;;/: ノ,イ  _/,,;;;;;;;;;;/
            `!  _     ''" U   「'''''');、;;;;;f         船体に何が起こったのか
           `'「  `>、      :   ノ    \「ヽ
            ヽ,、i゙ ノ     .: _、-''   _,、-''゙´ !、       状態を確認しろ!!
            `i 二    .:_,-''゙;:''  _,、-'゙.:'      ヽ.
             ゙':、._,.、-'ニ,  _,:-<'゙  .:'       ,.>、
                 ,r'∠>:<ヽ ゙i ゙i, .:'      ,r''",r''"ー-、
                 ゙ヽい.  ゙i,゙i ゙i ゙i     ,.-'゙,.-'゙
                ,/゙i ト,゙!.  ゙i,゙i ゙i_゙i   //
               /゙i゙  ゙i゙i゙; !  _゙i ゙i ゙i_゙i.//
                  _i゙.|,rてl.〔y''" ヽヽ//`''-、.,_
              ハ//  `^ミ{-‐''" `ー'゙

486名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:26:10 ID:GBQeEa/g0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 「叢雲」の状態は深刻だった。                                       ......│
│ 船首楼甲板から上甲板、更に舷側を伝って喫水線付近まで謙虚なしわが外板に出来ていた。  .│
│ 損傷の度合いは重く、千葉県館山沖の泊地に戻って調査した結果でも                 .│
│ 艦内工作隊の手で修理できるようなものではないと分かった。                    .....│
└─────────────────────────────────────────┘

                                                 ┼
                                               ─┼─
                        ┼                             |', .ェ_
                        |                 i;;;;;i        i;;;;;;i  |.',.|ニ|ュ__
                        |                l二l        ',二', .|X||二i ョョョ|
               ━i゙゙ ゙゙̄l.|π., -−-.、ュ.,-−-、┌幵┐l二l 日,-−-、{~ヽ ',.|X|: ::. :|   iニ二ヽ─        _
         ━i゙゙ ゙゙̄l_| ̄ ̄ ̄ ̄]≡三≡ |¨|≡三≡|弋三フユユ匚i≡三≡i |.丿 ┴──┴‐─┴‐┴─‐‐一''''"´/
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄モ ク ラ ム ̄ ̄ ̄     彡 彡 彡彡彡彡彡彡12 ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

487名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:27:00 ID:GBQeEa/g0

      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ 
      |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|                             .……というわけで、第四艦隊参謀長から
      |::::::::/ ⌒  ⌒ | 
      |:::::::〉 ( ●) (●)|                   ,. ‐- .. _      至急調査員を派遣するよう要請が来てる
      (@ ::::⌒(__人__)⌒)                ./  __  `` ー- 、
      |     |r┬-|  |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- ' 本来なら僕が出向くところだけど、
       \    `ー'´ /             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、`>、..ノ=┘  僕は今よんどころない事情で手が離せない
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'        ご苦労だけど牧野君、館山に出向いて
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"              「叢雲」の調査をしてきてくれないか?
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /

488名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:28:00 ID:GBQeEa/g0

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \               分かりました江崎さん
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |              早速館山に出向いてきます
          |   ` ⌒´  |
        |        }               「叢雲」は藤本さんが設計した
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ             特型駆逐艦の一隻です
      /           \
     /            へ  \         軽量化のための強度不足も視野に入れて調査します
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

489名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:29:00 ID:GBQeEa/g0

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \          ……特型駆逐艦は海軍にとって特別な艦だ
     . ( (ー )    |
     . (人__)      |         友鶴事件の際もあの艦形だけは調査の対象にならず
     r-ヽ         |
     (三) |        |         平賀先生を当惑させたくらいだ
     > ノ       /
    /  / ヽ     /           俺は特型には関わっていないが、何となく分かるんだ
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )           あの艦形には間違いなく構造強度の欠陥がある!!
       |\   /|
       |  \_/ |

┌────────────────────────────────────────────────┐
│ 牧野は平賀に一ヶ月遅れて日本に帰国し、その後は江崎の下で駆逐艦計画や巡洋艦改装に取り組んでいた。   .│
│ 牧野は友鶴計画に関わったという悔恨を未だ拭いきれずにいたが、そのために藤本計画を              .│
│ 客観的に見る目は確かであった。                                               .....│
│ 牧野の脳裏には構造強度の欠陥ではないかという疑念がよぎっていた。                          .│
└────────────────────────────────────────────────┘

490名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:30:00 ID:GBQeEa/g0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 事故から一日置いた8月14日、牧野は館山に向った。                        ...│
│ 到着した牧野は出迎えのランチで水雷戦隊旗艦の巡洋艦「那珂」に向かい、状況聴取の上   │
│ 「叢雲」の損傷箇所をくまなく調査した。                                  .│
└────────────────────────────────────────┘


                 .__   
                /  丶\ 
               ..(● ● )  |     
                (_人__)  |      , '.⌒´`ヽ
                 ゙i⌒   !     ((イル"ヾ)).i
             ∧∧    (,   ,r'      ´゙i、゚ヮ ゚ l)"
   i         (´ー`)   とi∀ , )       ( ノl~",) ∧∧  ____ ,..,
   |       (i´l~",)    |  |        /エ ̄ ̄|(Д゚= ) l´= = =`l))i
   トー--、_ iーiiーiiーiiーiiーiiーiiーiiーiiーi /::   : :|と " )__|     |''|::|
   |     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ヽ, '´彡、、                                        丿
゛゜"´``'''"゛゜ ''""゛゛~""'''''""゛゛~""'''""'''''""゛"'''''""゛゛~""'''''""''""゛゛~""''''''""゛゛~

491名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:31:00 ID:GBQeEa/g0

                _,.-'"´:::::::/l::::::::::_`丶、
              ,、<//l/レ::::Nレl:::::::::ヽiト、:::ヽ
            //レレ:l/lN:::::::::::/`ヽ::::::ヽi::::::ヽ
           //::l/l/::::::::::::::::::::/    ';:l::::::::::::::::ヽ          ……どうだ牧野君、
             /´/:/::::/:::::::::::::::|:::::l      !l|:::::::::::::::::::',
           /:/l::::;::::ヽ:::l::::::、::::l=≦三!l|::::::::::::::::::::l          艦の損傷の具合は?
              l:/. l::::l:::::::ト、lヘ:lヽ:l ィ丕Zリ|:::/!::;l:::::::::l
.           i′.l::::l:::ヽl代チ,`ヽ\     l:/ l/ l:/ヽ:ト          私の操艦が粗かったのが
                ヽ:lヽ:トl ̄、        l′  lハ }}
                ` `'i   ;;,,,,,__         /,_彡'           原因なのか?
                丶 '';;;;;⌒`      /|N
                  \       _  彡'⌒ヽ
                      >、_,,. ´- ´ : : : : : ハ
                   |ヘ: : ||l : : : : : : : : : : :レ¬ー――- 、
                 _ -‐l: :ヘ: リヽ: : : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::
          __,,..、-― ^  .::|: :/l: |: : \ : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      _ -‐ ´         .::  lイ l|:ノ-‐彡ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    く      ..::::      //l:| 「             ...



   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |           ……いえ、秋山艦長、
 |(人__)       |
  | ⌒ ´      |           これは間違いなく船体の強度不足が
.  |        |
.  ヽ      /            原因ですよ
   ヽ     /
   .>    <             操艦の是非は関係ありません!!
   |     |
    |     |

┌────────────────────┐
│ 艦の症状を見た牧野は明確に断言した。    .│
└────────────────────┘

492名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:32:00 ID:GBQeEa/g0

                           自重により押し下げる力
                                   |
                                   |
                                   |
                                 \|/
    . ________________________________________,,,,。 
    .,|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ̄ : ~  |   
~~~~~~~  l゚,,ケヽ--,:                                               ノ~~~~~~~~~ 
        ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄`゙゙゙゙゙"''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''″
                                                         _
                                                         |\
                                                           \
                                                      波による押し上げる力
\_____ _________________________________________/
     .    V
               /7      荒天の際には艦にはこのような力がかかる
                 //
             //        こうして∨型に艦がしなるのがサギング(sagging)だ
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//         逆の場合、つまりへの字になるのはホギング(hogging)というな
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l           このような力が艦にかかり続けた結果、艦首部の鋼材が
.  |    `⌒// ノ
   l       // ./           次第に弱体化した
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ           そして今回のように強い波に押し上げられた場合に艦首が上方に
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i           持ち上がり、船体が挫屈(Bucking)して強度を失ったに違いない
    ヽ _,.フ  .|.|

493名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:33:15 ID:GBQeEa/g0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \          しかしまずいな……
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)         対策のためには特型全部の艦首部の鋼鈑を厚い物に取り替えて
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }         デッキガーダー(Deck girder、甲板縦通材)の数を増やさないと……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ          だが「叢雲」一艦ならともかくまだ損傷していない特型総てに
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\       この改修を施すなんて俺の権限をはるかに越えている
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l         とりあえず「叢雲」を修理し、残りの艦の改修は4部で承認をもらおう

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 牧野はとりあえず第四艦隊参謀長に「叢雲」の修理許可を取り付け、同乗して横須賀軍港へ回航、   .│
│ 横須賀工廠造船部に引き渡した。                                          │
└───────────────────────────────────────────┘

494名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:34:10 ID:GBQeEa/g0

┌───────────────────┐
│ 8月15日  艦政本部第四部  会議室   │
└───────────────────┘


 n..、
 |:| ゛、
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |
 |:|  |               f ̄ ̄i             i ̄ ̄|
 H===|.           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.
 I.I.  II.             |r────────  ...j______j  ────‐t.|
               ..||.!!                ./.|ヽ        .!!||

495名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:34:31 ID:GBQeEa/g0

         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \               ……ということで特型駆逐艦には
       |  (●) (●) |
        |  (__人__)  |               明らかな強度不足が見受けられます
        |    `⌒´  |
       |        }                至急全艦を工廠へ呼戻し
       ヽ       .}
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、             早急な対策を打たないと
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_         第二、第三の「叢雲」が生まれる事は間違いありません
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||        なにとぞ早急な決済をお願いします
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

496名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:35:03 ID:GBQeEa/g0

      ノ:.:.:r、:.:.:.:i:.{ijk:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.: ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
..   ,/:i:.:.:.{ijk:.:.:i | 州}i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
    /!:.:.:.:.:.:.:{州ト:.i l}jilツ}:.:.:.:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ i:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
.   /:.:\:.:.:.:.:\゙`゙Y"  i.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  i:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:〉    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.イノ _:.:__彡' \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\:.:.:.:.:.:∧        …………ふん、
.  V:.:.:.:.:.:.:}:.:.:/    ト .:.:.:.:彡'    rッ'' ̄  ` ミ辷_:.:.:_ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ト、
    \:.:._ノ_ノ             ,zr≦ ̄ ̄ ̄ >ミヽ __ -==/ >、:.:.:.ヽ:.:.:.{_____   牧野君、すると君は
     ):.:.:..| r≧≠=x     k /  _ -.ァ┐7  }}´   V /   iミミ:.:.:.:.:.:.:.:./
    /:.:.:. r=     `ヽ}==={    ィ ¬^  ̄     }}     /    i:.:.:.:.:.:.:.:/     この私に特型駆逐艦総てを
. <:.:.:.:.:.〃∧弋二ニ・¬}}  ヽ           /         〉 i  l:.:.:.:.:/
     ̄∠ハ:.小      / l    \       /        〈 ノ /:.:.:.:.:>       ドックに呼戻して改修するよう
       ヽ  .    / /         ──‐             /:.:.< _
.           ト-‐   〈                       i /:.:.:.:.:.:.:./       手を打てというのか?
           l      丶 _  ´                   li:.:.:.:.:.:.:.:/
           .             ___,             ハ:.:.:.:<__         分かっているのか?
           .      ー -= -‐  ̄             /  L:.:.:.:./
            丶        - ‐                 /   l>            今は海軍大演習の
.               \                    /   ...::::::::i
                  \                  //  ...:::::::::::::::::::i           真っ最中なんだぞ?
                ノ{ヽ            .    ´...:::::::::::::::::::::::::::::::ト ..___
              |:::ヽ   ‐----‐    ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::
              |::::::::::..-.....__ __......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::
         __   ...:::::::|:::::::::::::::::::::::|i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::
   _ ... ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::|i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::

山本幹之助(1883年10月16日 - 1944年5月5日)最終階級:海軍技術中将
当時の艦本第四部長。

497名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:36:13 ID:GBQeEa/g0

                                 /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,
                                /{___/                \
                             ,イ   {                   ’
                             {入_ゝ                   ':,
       _____               \                       , 
      /:::::::::::::::::::::::::::.\             / '  /      / {   \  \        ,
     |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|             | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',   …………
     | ⌒  ⌒  i:::::::|             { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',
     |(ー) (ー ) 〈::::::|   …………     ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ
      (⌒(__人__)⌒:::: @)                \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ
     |  ` ⌒´  u  |                     ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ
     \         /                     ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i     \
    ,-- ゝーー ___/ /ゝ--、                 /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \
   イ / |.!、 _____ / ノ |                   / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄ ..
   | i  |,/(__)ヽ/   |                 / / 〃   |      | /  ム ∨
   | |  | ハ /    <                / , /  /    ,ム}    _,. -/  仄 \

┌────────────────────────────────────────┐
│ 牧野の進言を聞いた第四部の幹部には動揺が広がっていた。                    │
│ 水雷戦隊の中核をなす特型駆逐艦23隻※を総て改修するというのだから無理もなかった。 ......│
│ それは水雷戦隊の士気に影響を及ぼすだけでなく、当時進行中の海軍大演習のために     .│
│ 三陸沖遭遇戦を想定して移動中の全艦隊を混乱に陥れることは明らかであった。        │
└────────────────────────────────────────┘
※特型駆逐艦は24隻建造されたが、内の1隻「深雪」は1934年6月29日、演習中に僚艦「電」と
衝突して沈没している。

498名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:37:01 ID:GBQeEa/g0

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)          ……皆さんの動揺はよく分かっています
          | u    (__人__)
             |     ` ⌒´ノ          しかし、このままでは特型駆逐艦に
              |         }
              ヽ        }           一体何が起こるか測りがたいのです
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、          特型は直ちに遭遇戦への参加を取りやめて
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、      補強工事を施すべきです
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

499名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:38:00 ID:GBQeEa/g0

                  _,....._   、
                 ___く`ヽ、`ヽ、l ヽ,、
          ト、_,.;''"     `゙   トl、j };ヾ1
          _;ヽヾ;゙r;、 ト、_  ヽ ヽ } ' ノ/'fヌ7            牧野君、君は少々
        `;アニ、ヽ `'' `ヽ、`ヽ  ヽ/    '7ォ
       ‐;ア,.=;ニ,  __,.........r、z、ゝ、j__z‐''"\ {!            この問題を大げさに捉えすぎて
      `" j ';ニ= ./             _∨
       _ノ_',ニフ- {            ,.:ニ-1            いるんじゃないのかね?
     'ニ;‐'' . ̄~て ,.::ニニニ;-、__   ,ィ≦;=、{
      ゙ヾ`   、 7   ,zr;ぅテニ''~`゙  { `''┴' 〈            特型全艦をいますぐドックに
      `ヾヽ /゙ヽヽ  "゙ゞ''"     ヽ    }
        彡〈{`i ', ',           ゙,    !            呼戻すなんてできるわけがない
        レ1,'、 ヽヾ、        、 /    !
         ´},ィヽ、__,、   、_ ,...... -‐'" ,'             そもそも、ただでさえ我々は
       ,.-'"´ j /   '、      -‐',."~ ,1
     /ア  , jイ , , _,、',丶、      j::`ヽj:{`-、_           友鶴事件で用兵側からの信頼を損ねている
     / ,ィ / l/l,1「 ‐ゞ!_`‐;ニ;ー‐''´::::::::::::j  ,、ヽ
     ,.' ,ィ, '/, '   j!    `''ー、丶、;;;;;;;;;rァヘ  { `丶、        このうえ世紀の大演習を妨げて、もし
   ,.', '/´./´   <      / 丶   //  ヽ /    `,ニ=-
  ノ'´       ,へ     /  ゙;ヽ     ', `r―r;ニ_        大した問題ではなかったとしたら
         ,.-'"  丶   ,へ  ヽヽ  l / } /  ヽ `''−、
     _,. -'"~   l   ヽ ,'`ヽ、 \  } |  j/7l   ヽ    `''r-、 我々はどう申し開きをするのかね?
  _,. -''"        l   .∨ヽ、 `丶、 ',   '/ .∧   ',     l  `r、

500名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:39:08 ID:GBQeEa/g0

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.              な、なんだと!!
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)             ふざけるな貴様、もう一度言ってみろ!!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:              損傷が重いか軽いか、
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |            現物を確かめずに何が判るか!!
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i          今すぐ横須賀に行ってその目で確かめて来い!!
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \

┌───────────────────────────────────┐
│ 補強案を渋る一部の幹部に、牧野は思わず声を荒げた。                .│
│ 牧野の診断に異議を挟む余地はなかったが、大演習との政治的兼ね合いから   │
│ 第四部としても決済をしかねたのである。                         │
└───────────────────────────────────┘

501名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:40:01 ID:GBQeEa/g0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 議論は二転三転し、最終的に応急補強で当座をしのぐことが決定した。               ..│
│ 補強訓令案は牧野の元でまとめられ、艦政本部長中村良三中将に決裁を仰ぐことになった。   .│
└─────────────────────────────────────────┘


               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ●)(●)           まあ、当然の措置だろう
.             |     (__人__)
              |     ` ⌒´ノ           常識的に考えて……
.              |    .    }
.              ヽ        }      (      とりあえず「船首楼甲板の上に
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (     両側2本ずつの補強ガーダーを鋲接」
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁     という形でまとめる
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |     応急的だがしないよりましだ
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

502名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:41:00 ID:GBQeEa/g0

┌────────────────────────────────────┐
│ あいにく中村艦政本部長は出張中だったために、牧野はとりあえず補強訓令案を   .│
│ 提出して中村の帰りを待つことになった。                         ......│
│ ところが……。                                           │
└────────────────────────────────────┘


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



         \\   ビ リ ッ   //
                        _,,,,rー'ブ´\,,
                      __r''゙ .../  ,、  ヽ,,,,
                     };| .::;;/  ./  ,    \
          .r'''ー、    /´}  {:!...::/  ./..../  .,;::::  \_
        _,ノ    .\.//;;;{ }i゙'j::|:::::::|:::::::/  ./ー;::::... ゙ヽナサ--
   ._,,,,__,,,r/゙   ヽ;   \::::::::::{ {;じノ|::::::|::::::/  .ノ゙:::::::::::::::::::::::: | .||||||
  /li´''゙゙ ノ゙    ..\;  ....ヽ;:::::::ミ;:::::::}'''!.ノ┐/-j:/:::::::::::::::::::::::::::::| .||||||
/|||'^::  }   .\  .ゝ、;:::::::::};;____;;;::::::゙ーλノ人ソ:::::::\_:::::::::::_;;;;ノ .i||||||
|||||||;:::....ノ    \   :\_;;_;}   ゙゙丶、;::::::://゙`'ー---''''゙|゙゙'fー-.ソ ./||||||
||||||!i;::::::':..`\..  .\.::::::::`}        .\/.       .| | .ノ ./||||||||
|||||||i'i;:::、;:ヽ;::::\:::,,,,::`ー-´                   ゙i, ゙'´,,/||||||||||
||||||||i.゙i;:_;>ー',,,,,__`ー-ァ´                     ゙i, /||||||||||||
||||||||||!i、\,! ,!  ゙ ̄                        ゙゙'ー,,,_|||||||||
||||||||||||||!i´,,ノ                                ゙''ー,,
||||||||||||||/
|||||||||/
|||||/

503名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:42:04 ID:GBQeEa/g0

                 ,イ _' 二ィ ̄:::二ニ - 、
            、  }、v/ 〃:::::::ノ:∠_::::::::::::::::ミ
            _ヾY V:::/:::/::∠:::::<r‐. :' " ̄:ヽ             ……ふっ、馬鹿馬鹿しい
           `≧ヽ::::::::_厶 -   ̄ヽ`: : : : : : : : :i
              `ヾT           ′: : : : : : : :|            第四部の皆さんは神経質すぎるんです
                |_,   ==‐- 、   ヽ: :_r- 、 : |
                 f㍉   f゙ ̄ヽ_,. -‐ヘ{ fう 〉:|            三陸沖遭遇戦を前にして、
                y'^ト--ヘ_,ノ       レ/: :!
                / イ             「 ヽ:|            こんな不細工な工事をやれと
             / /ノ__ -           /   v、
             ′/   `ー-一'    / i  /  l          司令長官に頼めるわけがないでしょう
         _ r‐く /     `T 、、   /   l/   |
       _ノ  ヽ ヽ      ヾ 込. ィ   _/    , ヘ、        乗組員を不安にさせるだけです
       /   \  | |/⌒> , ィ  ̄∠L>r'      /    > 、
.   _ /  ト、 | / レ‐´ / ノ:://.:.:.:八     /  _ - '::::::::::::\     時化が毎日来るわけでもあるまいに、
  / ィT!  r _」ノし'ノ   ,ぐ// く_.:/  }  ∠ -‐':::::::::::::::::::::::::::::>、
 /   ||   厂 // / /:://.:.:/    j/:::::::::::::_;:: -─    ̄   \ 造船官は過敏すぎます
  _ r,ィ  ィ‐r‐'   / ̄ 7:::〃.:.:.:./    /:::::::::::/
    ji |  /. . |  ∠ _,/::::イ.:.:.:.:./ _/:::::::::::/        -─   ̄
  ヾ〃 | / . . |/    /:::/ L_ :_√ /::::::::::/        /    _
     レ′. . 仁二二7::/    /::::::::::/        /  ∠二二
     | . . . . |   /::/    /::::::::::/       { /     _,. -_─_

┌─────────────────────────────────┐
│ 訓令案を受け取ったのは艦政本部総務部長の豊田貞次郎少将であった。   .│
│ ところが彼は、受け取った訓令案を独断で握りつぶしてしまったのだ。     │
│ これは明らかな越権行為であった。                         ..│
└─────────────────────────────────┘

504名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:43:02 ID:GBQeEa/g0

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ―  ― |           ……強いものには巻かれろ、か……
   |::::::( ( ●) (●)|
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)          「政治的判断」というヤツには
    |     ` ⌒´  | 
    \         /           俺たち造船官はかなわないのかな……
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i



     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\              なんで俺の出した補強訓令案が
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |              通っていないんだ!?
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }              中村本部長は俺の案を検討もしていないのか!?
.    ヽu      }
     ヽ     ノ               一体どういうことだ!!
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、

┌───────────────────────────────────────┐
│ 豊田少将の横暴に、しかし第四部の幹部達は沈黙した。                     ..│
│ 本部長に直接事の重大性を解くことすらしなかったのだ。                     .│
│ 一方、強硬な意見を提出した牧野には、起案者であるにもかかわらず             ..│
│ 豊田の下した政治判断の結末が一切連絡されなかった。                      .│
│ こうして、修理をされたのは「叢雲」1艦に留まり、他の艦は応急補強すら施されなかった。  │
└───────────────────────────────────────┘

505名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:44:00 ID:GBQeEa/g0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ この頃やる夫が心を痛めていたことは、補強問題のことではなかった。                 .. │
│ 彼は当時、8月の上旬に妻の兄弟姉妹の中で一番親しくしていた弁護士の長兄原元蔵を       .│
│ 亡くしたばかりで悲しみのどん底にいた。                                    │
│ 元蔵はやる夫が東京原宿に住んでいたころに近所だったこともあり、誘い合って遊びに行くなど  ...│
│ 軍人と弁護士という立場の違いにもかかわらず奇妙に心が通じ合っていたのだ。          .....│
└──────────────────────────────────────────┘


      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \         元蔵……
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /        死にたくないな、死にたくないな……
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /
  (__(__   ヽ
  /  ,_/  ___ノ
  `ー'  `ー'

506名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:45:03 ID:GBQeEa/g0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ ようやく心も落ち着き、また新戦艦の設計指導や大学での講義にゆとりが出てきた8月下旬に   │
│ やる夫は溶接の現状視察を思いつき、9月1日、小雨の中を特急つばめ号で西へ下った。    ...│
└─────────────────────────────────────────┘

                         フォォォ…
         ::     :: : : : : ::: :.: .: .:.:.:::.:::; 、             | | i
          ..,,::::::.:.: .: :    : ::: :: : :: ::::::;  `・、          | | i
           ;.:::.: .:     ;;:;.:.: .:.:.:.:::::;´      ` '' ・ー----|◯ !
          ::: .:: : ::.:.     . ..:::;:::;'´               | | i
    ====::.    :::.:..  ;;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:≒====≠====| | i=
          ::    ;::;'   .:.:.:;;;;:.:.:;:;;'      ii            | | i/
          :.   "     ,;;.:.:.::;'´´´´´´´ii´´´´´´´´´´´´´゙| | i`ヽ_
           ゙:. _n__, '´_: , ‐-、 `ヽ_______ ii        `ヾl | i  { `ゝ
              ¶ i i      {{r、uj}     i i i ====== ニ| | i=!=
         ,. '´ li i_i  __∩ `ニニ´    i_i ト、__          | | i‐+‐
       r'´ ´(>r|‐r;i‐‐p=‐ ´ ̄ `   ‐‐‐=ヽヽ       | | i ii
       i'´l_`ヽi´i=ァ' / ´_____ ° 、    L_|! ̄}─r‐┬rl | i__jl_
       i (K); ii' / / /  l!D 51498 i!    〈l' `)iヽ! ̄`'''¬ー--i ┤!___
       i!: |ニ|i:;ijヽ ,' ,'    ̄ ̄ ̄ ̄     '   ! ! ̄`'''¬ー‐-i::::|..!___ ̄
       i!: l__jiノイij ヽ{ {‐、   (X))       :  i l ii ii ii i; ;: :::::i::::i::i ::
       i!i l:l  i   ', .   /`i!´   o  ij   ! ; ii ii ii i; ;: :::.:i:::.i::i ::
       i!i l:l  i   ' ,            ,'     i ii ii ii i; ::   ! !!i ::
       i!i l:l"""         ,,=、、          i!i! ;; ;; ;;   i ii:!
       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___
       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ
        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ
          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ
         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ
         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,...
          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ
    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧
`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l
         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐|
  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2|
  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─
      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_
”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚

507名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:46:00 ID:GBQeEa/g0

┌──────────────────────────────────────┐
│ もちろん主目的は造船所視察であるが、やる夫にはこの旅で立ち寄る場所があった。 ......│
│ それは、西宮の辰馬家であった。                                 ....│
│ 辰馬に嫁いだ長女道の第一子がちょうど2歳の誕生日を迎えたため、           ....│
│ やる夫はそれを祝ってやりたかったのだ。                              │
│ 特急から途中下車したやる夫は、辰馬の家でお土産服を孫に着せて相好をくずした。  ...│
└──────────────────────────────────────┘


     i  ヽ                      //i
     │   \      ,,,、--─  _,,,_/ / i
     |  \ \_,,ィ'⌒~       ¨´ ~`〈::::i
     i   ::)    @        @   ヽl
     i   ;;          .,、Ω        ヽ
     i  ノ       _/|f´ l |\ノヘ ..   i         父様……いえ、もう「おじいさま」ですね
     i      ヽ ノ´| :.:.:.:.:.i::::|::::;i:::,'  \::、 `ヽ
     i        l/:.:.:.:l::::ii:::::./ |::/i:.:.: ';:::: ト丶  !       遠いところをわざわざありがとうございます
     i   と__ノi:/ :!::l:::l_l::/  !/リ_ソ:.|:.i: l::::|:.:ヽ:|ノ
     {   ィi/:.:.||::ハ,'|‐|- _ `  孑‐- 、|/:.:|:.:.|:.:.:.| l        娘にこんな立派な服を買っていただいて……
      !  /∨|:.:.:.|i::/  ‐ヽ    ‐  ¬/:.i:: リi:.:.ノ乂
      i  i::γ \|.:.|,ィニニミ,    ,ニ 、| }i:.:.:ル|:i          私ももうすぐ二番目の子供が
      ヽ i:.:|ゝ く:.:i| ,,,        '¨⌒ヾ i:.:l:::::.|:|i
       マ : |:.`vヽi、       '   ''' '::{::::i::::〉           生まれるんですよ
        / : :|:.:.:.|:.:|:::..、   ー -   ,イ:.:i::::|iイ
      .〈::i::: ヽ:.:.i:::i::::.个 、   _,   ':::/:.:.l:::iリ            おじいさまも楽しみにしていてくださいね
   /-―- 、 : |:.:.:.|:.:|::/: : : :`寸>―- 、  ̄ ̄`ヽ
  / / l     \    レ: : :r:ァ'´: : : : : : : : :'ー-、  ∧
 ,'    |     l  イ: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :\/⌒ス
 {        \ レイ: : : : : : : : : : : : : : : : : r⌒): : : : `i
  V         ∧  {: : : /レj/レヘ: : :l: : : : :(⌒): : : : : |
  ∨     丶  〈´!_{从/ __ ,    ∨レl: : :/T:小: : :}∧
   V      \{.ノ }l _ 、   、__    l : : : |: :| }ノ ∧
    ∨       しク。゚ `ヽ    _    レ}: : / /      ∧
     V      └'ヘ "" ,   ―- 、。 」ノ^Y      ∧
     }V       ∧ /フー-へ "" ゚  イノ V   -― ∧
     l ∨       -―宀ー、_r-、_ノ_ ィァ'´ ̄`ヽ__, -、へ _ヘ
       ! V      /   し'7 l l `!く  _, ∠     }   `\
      l  ∨    /      {_ノし'し' ̄ ̄ ̄`ヽ\  ノ      ヽ

508名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:47:00 ID:GBQeEa/g0

     |: : : : /  , -―\   ´ ̄`ヽ\: :|
     l: : : / /   _    , ,ィ===ャヘ
      v: :{ _r=====ァーイ 〃⌒ヾ |/`|          さ、ささお義父さま!!
     /^寸ニ{ 〃⌒ヾ l   L.__/lく l
     l ヘ }`丶 __/  {ゝ  ' ' ' ' l//          お義父さまのお口に合うかどうか分かりませんが、
     ヽ 〈    ' ' '       _,   l/
       ー-ヽ   r‐   ̄  ヽ /  /            我が家で醸造した秘蔵の酒を
       //∧   ヽ ___ /  /、
    -‐/  l ヽ \           / l\_          用意してあります
 ̄   /     |   _,≧._、    / l  ヽ  \
     /    l// ̄ ̄ フ ーァ'   /   l   \       どうぞ、ぐーっと呑ってください!!
    /    / /  /´ ̄ ̄フイ  /     l   , ´\
ヽ  {      l /  / /´ ̄ フ-、 /       |  /   ヽ
  \ \   {      / ̄r‐ |'     /  /    |
   l   \ ヽ     ヽ.ノ   |   く    /       |
   |  /   l     |    |     \ /         |

辰馬俊夫:西宮の酒造旧家辰馬家の次男。道の夫。後にボルネオで戦死。

509名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:48:02 ID:GBQeEa/g0

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ⌒)  (⌒)\ + +                      ありがとうだお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |                        今日は心行くまで呑ませてもらうお!!
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒)        ||____________  |白 | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−| 鹿|  |
    |  r `..     )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_ |_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|

┌─────────────────────────────────────┐
│ 娘婿から勧められるままにやる夫は辰馬家醸造の銘酒「白鹿」を心行くまで楽しんだ。....│
└─────────────────────────────────────┘

辰馬本家酒造
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E9%A6%AC%E6%9C%AC%E5%AE%B6%E9%85%92%E9%80%A0

510名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:49:00 ID:GBQeEa/g0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 西宮で丸出しにした好々爺ぶりは、しかし翌日からの工廠視察に移るとたちまち研ぎ澄まされた  ..│
│ 「不譲」へと一変した。                                                 │
│ 最初に視察した呉工廠をはじめ、佐世保工廠、そして三菱長崎造船所へと足を伸ばすにつれて、......│
│ やる夫は思う以上に溶接が多用されていたことに不快の色を募らせていった。              │
└──────────────────────────────────────────┘


      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ            研究室レベルでの溶接技術が
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
   |      (__人__) 〃/ ノ                 今の現場でそのまま使えるはずがないんだお!!
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃        まだ溶接は多用すべきではないんだお!!
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
  (___)    /      ))

511名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:50:00 ID:GBQeEa/g0

┌───────────────────────────┐
│ 9月7日、やる夫は視察を終えて長崎を発った。           │
│ やる夫の長崎発は、三菱から事務的に自宅へ伝えられた。   │
└───────────────────────────┘

    ゞ/:::: /  /        ,                       /
    /::: ィ  /   ,   /  /             ヽヽ ヽ      /::/
   /::/ /,/ /  /   /  /      !          ! | ! !    /:/
  /::/ ,/ / ,. ,'    '  ,/!        i!  !       / l! ! ト ,  /::/        ……はい、
  /::/ /' / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | | l !  /::::|
 /::/ / / '  /' !   / /  | !     / /' |   / 〃 l /,' | '  /`ヽ、       そうですか、
/::/ /,ィ  i /'|i |   i! |  │ l    / /  !  ,./_/;-//ナ' !/ !|    .| \
ヾ / /!  .i l l  | l | i.   | |   /! / / ィ'//.=j/=.、 ノ'/ /.|    |  \    午後2時45分発の
  i /!|  l ! ∧ !/! | .j___ l |   / j/  j/ ",ィっ::::::: ! 〉 / / .|    .|
  .V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf ! ,,.==.ゞ! ヽ'´          、`ーいノ / / .|     .|        門司行列車に
  /  /\!|   \ハ!ヽハっ:::r!             ` ̄ , / / .l、    |,-、
  /  / /: !   / ∧  ゝ- '              ,. '' /.   ` i  /\      乗ったのですね
 /  / /::::l!  ./  !ヘi                   /     i  /   \
. /  / /レ ´  /   /  ゝ.       `      / /      ./  /         はい、分かりました……
/  ,//    , '  , '     \      `´ー´  / ,´     /_ -''' ̄ ̄ ̄\
 ,./    /, イ/_    __..ゝ、        / /   / .i´ ,,- ''' -、
/    ,/ ' //::::::::\_ ノ::::: /:::::,.> 、._   / /_ /   /''     ` - 、
ヽ  ,/   /:! !:::::::::::::::::ヾ/:::::::/::::::::::::::`ーi / /´ , - '''/'''''フ \
ゞ\ヽ   /::::l |::::::::::::::::/:::::::/:::::::/:::::::::::::://::::::/ ,―´―ー、    ` - 、

512名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:52:00 ID:GBQeEa/g0

                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7   …………
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ    今出発したのなら、
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ      そのまま関門連絡船、
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\      下関発特急列車と乗り継いで
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)    東京に到着するのは
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |           ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ            v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/      明日の夕方になるはずだわ
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\        でも……
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/

513名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:53:19 ID:GBQeEa/g0

      |┃
      |┃三 ガラッ
      |┃
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\            ただいまだお!!
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\         今出張から帰ったお
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //        みんな元気だったかお!!
      (⌒ヽ       ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃       <
      |┃  __   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

┌─────────────────────────┐
│ ところが、やる夫の帰宅したのは10日の朝だったのだ。   │
└─────────────────────────┘

514名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:54:00 ID:GBQeEa/g0

::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!        …………!!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/         どう考えてもおかしいですわ!!
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///               8日の夕方には帰れるはずなのに
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l                帰ってきたのは10日の朝!!
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !                まさか、広島の音羽義姉のところで……!!
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l
               o
                O
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、

515名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:55:00 ID:GBQeEa/g0

                 ___r=ミ、_
      /:\    __ ,イーハェrー‐ミ>ミYミ、
      j::::∧:\ fニ_ト-'' / jくニV、ハ` トミュY斗
  _....,,イ__/三ニフ /ー   ゝ-'.  / ヽ__ トミ}>、ハ                     ……やる夫さん
 ヽ::::r¨|_:::|__/ /.   /   /      |`ー>、Vチト、
  ヽ!  フ   /     /   /       |   {{ゞくミ、                  本当に久しぶりだわぁ
   メ //   /     /   //          l   |` ̄トミハ]-=ニ ̄__ミ、
 /::V /  .′   .!   // /         /   |   j>V< ̄  `ヾ\_         独りで暮らしているとね、
/>::/,イ   |   /ハ|  //./         /   j.    !ハ::::::\   ,..イ:::ノ
:/イ/l   ハ  '/ |丶 イl/j       /   /     |ヾ|>、__トイ、/           夜はとても寂しいの
>イ:::/, |ハ  |≠jx|/_\!      /   /    /  !、:::::V:::/
/::::/ ,ィl |  \|ゝf::rjメミ、|、  ,ィ  /_ , /    /   j }>/:/、             もちろん今夜は
::::/:::V、 ∨ ゝ、`  ` ー'  |////_ / ̄/ヽ   /   /:Yヽ::>二:>
rf三三ヽ/\  ゞ            ´、 f::rjト、/   ノ /  ,'!:::|::::|:::|               泊まっていってくださるわよねぇ?
三三三}!.  \ \     j,     ''ーx/,ィ // /!/ |:::|::::|イ三ヲ-====壬く、ェェ=-
三三三|      >._ ゝ  __         ノイ/ / /三!::ハ:::ヽ三三三三三三三三ヲ´
≧≦三|    /ィヽ   、__ヽ    , イ    , イ.  /三八::::ヽ:::|三三三三三三三三≧、
::::::::::::::::l    / /::::::ヽ       _ ,フ¨   ,ィ、/:::::\ニー‐'三三三三三三三三三ニニ\
::::::::::::::::|  / {::::::/}:>―=二::/     /::::::::::::::::::::::\三三三三三三三三三ミ>、 ̄
::::::::::::::::|   l  j:///フ|\\:::〃.    / ::::::::::::::::::::::::::::::::\三三三三三三三三三三ハ
::::::::::::::::|   | ̄/ / _/ハ|::::::)/    /::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_三三三三三三三三ニヽ
::::::::::::::::ト、 .|! ヾV.// |ハ.//.   /イl ::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|三三三三三三三三 ≧メ、

516名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:55:30 ID:GBQeEa/g0

                   \
                    ゛'-.,,
                        ゙iレル' レ、/ //  ,.イ  || | 〈:::〈    |::::|
                       .  .!'  ‐/‐ァ'-/、/,′ || | l\\____丿 ノ
                   ( `゛' ‐-,    ./∠ _// `メ、 , |l| |  ヽニニイ
                           ノ    _+---- ._,,.| | ┼- 、// |
                       _,...-'´´::   フ,=,=,彡''´トL|  //  l|
                     .┌‐":::::::::::::    ´ ´ ´    l/l |  l:::|   l|    んんん……
                    {    :.:.:.:.:.::::::::::::.:.:.:.:.:.:.     |l|  |:::|  '|
                   ::::ヽ、    :.:.:.:.::::::::::::::::::::u       |l|  |:::| / |
                    くノ`                   |||  \〉  |
                    (                       l||  /|   |    んんん……ん……!!
                     ヽ、                ||  ' |/
                      ゝ                     l |   | | /
                       `ヽ             ノ八  | |./
                         )                  ヽ| |′
                       イ                 :/ /
                      i/ }                   / /
              ___、_____ ノ  ヘ                     / /
            i¨´          | ヽ 、 .               / /
            i"              ノ  | "''‐‐-...,__         / /

517名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:56:00 ID:GBQeEa/g0

  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |   チ
  /  | |┐  /  / | |: : : |   ュ
/    | |┘/  /   | | : : :|  ン
      | |/  /     |〉==:|
      | |  /       | |: : : |  チ
    /| |/         | |: : : |  ュ
_//| |________________| |: : : |  ン
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|            ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \         {::,/´ l丁 T`' :;:\
   ̄ ̄ ̄                \        ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ.
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「.          | lk_ィヽレ仁リ l .|dbl  ,. --------------------------
     ||               | |           |、ト,=ミ  ,=ミ/ l l∧| ! f.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   []|| []            | |.        ||从゙゙、__,゙゙∠ / . l)ト、l | |     ______
     ||               | |.        ,イ,イゝ _ イイ /  | !.! !    /─  ─ \
__ チ ______________|_|        ___<、ラY´:文:、バ, T≫゙i||-'"`ー/ (ー) (ー)  \ー-----
   チ ───── 、             / r'二>ー 、::::/ ̄`ヽ、| 、   ////(__人__)//////ヽ
  チ           \        ,. -‐'ー-(_、_f´ ̄`ヽУ     ヘ、__rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ
  ・       ×       \  ,. -‐'"´: : : : : : : : : :`^ー'´^`〜'ヽ、 '"__          ``-ー´⌒ヽ_ノ
. ・ \             ,.-‐'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ    ヽ

518名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:56:30 ID:GBQeEa/g0

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、
                      ○
                    о
                   。
    / /:::::::::ヾ{ 1::《  l:::::ハ:i    // // `ヾ:::::/  /
.   /  ′::::::::::::! !:::ハ、ミ!::::{i::|  // //  /::::∧ /:!
  /  .:::::::::::, --! トミ三:ヾ:::ヒ::!  ;イ /::ヘ、 j::::/ヽ7::∧ ,、          そんなの絶対にいや!!
  .′ .i::::::/  .人iニ三ミ::ハ::|ミx7/::::::::::::`:::::′/::::ト、ヾ:}
  :  .!:::/  /イ i厂  ヾ{ヾ{ Y:/√ヾ:::::::::::! .′::{ V:ト、          許せない!!
  :!  j::,′//   ′ ¨ ̄ `ヾハ !{:∧丶 \::::i :::::::::|  !::! 丶
  :!、 !:i //  .:′  ,ィニミx ヾ::::iヾ::\ヽ Y! .::::::::::! /::::! \\       あんな巨乳しかとりえの無いような
! :|、≧:! .:′ =   /::::::::::::::::.、 ヾ{  }::∧ Ⅵ:|..i::::::::::}′:::|  ヽ
| :| >::! !{   -   {::::::::::::::::::::}  `  :::ト:::::、ヾ{ l:i::::::::::::::::::l          女と父様が同衾なんて!!
ト |`ミ:::i i:l  彡  ヾ ::_:_:_:ノ   .: ,:::ハ:::ハ ヾトl::::::::::::::::::|
|ハ ! -ゞ::、ヾ:   "     ̄   ..:  /:/ ,リ::::ト、Ⅵ:::::::::::::::::j
|{ il{ ̄ ヾ::ヽヾ:、   '  i :. `   ,ィ/ /:∧:ハ !ハ:::::::::::::::′
|ハ:   >::\` ミ: ____ ..彡   /::/ i::}  ヾ::::::::::::/     /
|! ヾ:、 ´  `ヾミ::x ` ¨  ̄ ´   .ィ:/{  |:j   }:::::::::/     /
|!  ヾ:、       ` ≧≡=:=≦´7:/  j! j/   ヾ::::/     /
|!    \       `ヾ ` ー:=':/     ′    ∨   /

519名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:57:00 ID:GBQeEa/g0

        /l   .,イ,イ .,イ
       //   レ レ /ム―7
       / ニニフ  //''''''7/                rz_几_n
      //      /'  // ,イ,イ ,イ           f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
      、二二フ    //  レレ //          r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
               /'    /'          ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                                 亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}        あ、あれ?
                            ∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
                         __彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|        何?
                          .  , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
                        /, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、      心臓が、
                   / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了
                 /   { i       |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ     苦しい……
                    { i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__
                __>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}
              / ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´
            / /  ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
              / / ,. =彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  {    ` ー 、__」  !〃 _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
  ヽ ィ⌒丶、   } l  _上 \ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !
   ヽ ヽ    丶 _ノ j,.イ/::.::^个'::.::.::.::.::ヽ _,.イ了::.::.::.::.::゙、 >       /   ′
    f^ヽ ヽ   __, ィ::.:/::.::.::.::.:}::.::.::.::.::.::く{__,ハ广::! .::.::.::.::、:ヽ. ___  イ   /
. r‐、ヽ } ヽ 〈::.ィヘ::./::.::.::.::.;イ::__.::.::.::.::.::.Y::.::.::.::.::ヽ::.::\::\\ ̄ //   /

520名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 22:59:16 ID:GBQeEa/g0

                             〈´¨.:.:.:.:.:.`L:.\
                            f¨´.:.:.:.:.:.:.:::::::: ̄い:.、
                          ゙ぅニユ::::.;.-‐ァ'ニ¨).:ヽ:、___
           _.. .、              し!.;ィァ", / ,イ从゙〉.:.:.i::!.:.:.:ん≠=:、
          ((¨ ̄`ヽ、          ≠=彡イノイ ナ_大卅イゞ、:.>ヾ:ζ`ヽ.//
              ヾ     \ キニ≠ニ=- 、     _,リヾソ ' ̄`,/∧ |!)薔ツ!ヘ. ヾ`:、、
                  ヾミx ヾ、 ̄¨ヾ:、彡ィノ}`.、/イ" !レ::厂 ノ j:ハ  \〉)
                      `=≧=ニ≡=匕 入/∧ r―-|l:く彡/ ` い. ヽ\
                    ,ィ彡‐ァiィキアぅ:.、,ィ' ゙̄ヾーソ:::::,:/::::>`L_    ヾ:、 ヘ、 `丶、
                   ,イ/´ ,へf⌒ー{==≦ゝ:::_=宍ニ≦::r'.:.:.:.:.:.`ヽ.  ヾ;=-t廴ミ、`ヽ、
          ________ _」 L二≧ァ..:.:.:え.:._.:´.:.YTマ7¨´i_;;;:ト、.:ハ.:.:.:.:ゞ≦三‐┴ミー-ミ:、 \  ____
      ...-‐_¨二ニ=ァ一…  _ ..二ニ〈:\.:.:.:.:.|.:.i.:.:.:く≠彡`T´1:::::;ヘ`ゝ、.:.;ィ¨7 ̄¨フ!ノ`ー-=キゝ ヾ¨  ̄ `ヾ、、
   .´.ィ '´ ̄  ,ィ"  ,..=彡'      ヾ::::i:.:.:.:|.:.\:.:rヽ、才"r≦三三彡:∨_.:ヾ、.:.:/`"     ヾキ =メ、    ヾ:、
  //    /   /           Ⅵ.:.:.:.ヾ.:.:ヾL;ミヽ、_j::::::;彡 ̄ζY´:`ヽ辷'        } トミ 卞ヽ、   l !
  !{     /   /              \_;:斗'"´  `Y.:.:.:.:.:.:j,イィァ _イ人.:.:.:.:.`ヾ、       /,ハ l  ! \ \ ,リ
  i|     ,′ /                      ,.、j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:¨´.:~.:.:ヾミ、:.:._,ノ        //  川 /   ヽ \
  ヾ、   ! i ,′                 ___,厶 ̄二ニ=‐- 、.:.:.:.:.:.:.:.厂¨7!         /.:’ // /    ∨ ハ
   \  Ⅵ {             ヾ ̄`´ ̄.:_;:ィ彡 '.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:ヽ、.:.:./.:.:.:.:.:.`ヾミー-=≦"_,/ /       i / |
______  ヾ ヽ              `ー-=≦ァ.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.`ヽ.:.:.:.:.:├ "_____  /   /
ヽ  __ ̄二ミ≧、                i_.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::.:.:.:::::.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:./ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄〉" 厶 _
 i_...-――― =ミ_\              〉’.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::::::::::::./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾミ≦.:.:.:.:.:.:.:.:-┴≦ ̄ ¨ ̄三ミ、
      ,、    _)ヽヽ          _..-‐{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヘ:::::::.;'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ`.:辷_ー-=彡'三二ニ___  ト、
      ヾ:ミ=≡三彡"_...-- ...__,才´.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.: Ⅵ::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ´ ̄ ̄`ヽ   ̄¨フミ)
     ___,ゞヽ、  くヾ.:.:.:.:.¨ ̄.:/.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ニ二三 j.:.:.:.:.:.:.ヾ:|.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:\::.:.:.:.:.:.:.:.__三二、.:.:.:.:.}ャー…彡イ
    ((´  ̄ ¨`゙   7.:.:.:.:.:.:.:.:"________.:.:.:.:.;ィ=ニ二 _ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙|.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./`ヽ.:.: /¨辷≦
┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 嫉妬心がかねてからの病気にさわり、やる夫が出勤した直後に妻カズは脈拍が28−24に低下した。    .│
│ 女中の電話で医者が駆けつけ、カンフルを注射した。                                .│
│ カズの状態は良くなく、付き添いの看護婦を手配することになった。                       ....│
└─────────────────────────────────────────────┘

521名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 23:00:00 ID:GBQeEa/g0

          _, -― ァー――ァァ-r‐-、
       , --レ- 、/      // / /ヘ \              ……女の嫉妬って怖い……
     /⌒ヽ{   |       // /_/、   〉 l
     (    |ハ.  k{      l |イ_ノ   ̄ ,|             自分が倒れるまで人を憎むなんて……
     (   {ミl  |人` ー‐一l_| /    ノ /
     _,ノ{ ト、フ{ | ! ̄「 ̄ 〈二二二}二}              同性でも見てて怖すぎるよ……
      `^ゝ}  l  |  | |   /   /  /
           l  |:r‐}  〉  /   /  /'´ ̄ ̄` Tァー ¬┐
       r−、j  j ⌒´   /  /´ ̄ ̄ ̄` T ァー冖i-、  \
        └ 冖-‐'       {__    -―‐ゝ==、_ \_\_ノ
                                \_)

522名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 23:02:01 ID:GBQeEa/g0

          , -――-、_
        /       } `ヽ
       . '            ヘ           ラブにはこういう話は少々刺激が
        /         /      ハ
       /       /ヽ     l          強すぎたようね……
     ,'      /   ',      l
      |       /_,  、_ l:  |  l          さて、話も程よい長さになりましたので、
      | l     /        l: | !
     V     /=、   , ==、l:  |  '          今回はここでいったん切って、
       | /   /         l  l /
      /イ   /        u|  ' /          次回いよいよ「第四艦隊事件」の詳細を
      / ∧ ハ  r 、___,、  ,l /:、ヽ _,
     /: :.V.: :\` −―' /j/: : : Y´         追ってみたいと思います
      l: : : : : :ゝ_」>ー<l:_:ノ: : : : : l
      八: :{: : :\∠  、_ア: : :} : ノ          次回も引き続きよろしくね
    /^\廴_:_:/   \:_:_:_ノ/^\
   / \   \l      l/    / ヽ

523名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 23:03:10 ID:GBQeEa/g0

      |    Tニイ /  l            \ハ ヽ
   r― イ    [ ーレ'  ハ     ト、  \  l |: |
   |        77   | l\   l /\、 |  |ム |       ……まあそもそも考えてみれば
  _,ノ         / l|    ト、|   \  V   \| /ハ♀
  `T r  f´ ̄´  ハ  |  |u ―    ̄´ ≡彡'| /ノ ノ り      怪しまれるような行動をする
   ゝ {\{      | \t  ', ≡彡       j/ lイ
            |   `ト \    ′    u/          やる夫さんが悪いんだよね……
           ♀   ー`T  __, ==ュ ∠._
              り        > ` ̄   /l  \
                /   ≧r-'´  | \ /       それじゃあ、次回もよろしく……
                \ /  リ   / /、
                / \  |ニニ//l |\       みんなは幸せゲットだよ……
               / / / \j  /'  l |  l\ 
              /  ∨ /   l  /    l |  /   ヽ
              /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨     |
            /  /              |     |

第10話  第四艦隊事件(前編)  終わり

第11話  第四艦隊事件(後編)  へ続きます

524名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 23:03:35 ID:GBQeEa/g0

◎第10話「第四艦隊事件(前編)」


平賀やる夫            東京帝国大学工学部長(艦政本部業務嘱託):やる夫(AA)


平賀カズ                  やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


牧野 茂                 艦本第四部員:やらない夫(AA)


福田啓二                第四部基本計画主任:乙女座のシャカ(聖闘士星矢)

江崎岩吉                艦本第四部設計主任:いく夫(AA)
岡村博                  艦本第四部文官技師:ウッソ・エヴィン(機動戦士Vガンダム)
渋谷隆太郎              艦本第四部員:劉鳳(スクライド)
山本幹之助              艦本第四部長:芝村英吏(ガンパレード・オーケストラ)
豊田貞次郎              艦政本部総務部長:善行忠孝(ガンパレードマーチ)
秋山輝男                駆逐艦「叢雲」艦長:ナタル・バジルール(機動戦士ガンダムSEED)

駆逐艦「叢雲」乗組員      アーノルド・ノイマン(機動戦士ガンダムSEED)
第四部員                カイト・マディガン (機動戦士ガンダムSEED ASTRAY)

辰馬 道                 やる夫の長女:できる子(AA)
辰馬俊夫                道の夫:御子柴健人(フレッシュプリキュア!)


平賀音羽                平賀徳太郎未亡人:水銀燈(ローゼンメイデン)

525名無しのやる夫だお:2012/06/13(水) 23:04:07 ID:a34T2oZ.0
乙でした〜

526名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/13(水) 23:04:12 ID:GBQeEa/g0
本日は以上です。
読んでくださった方お疲れ様でした。

「大和」型戦艦の速力に関する見解は原作にはないもので、
あくまで筆者独自のものです。
もちろん多くの反論があると思いますが、文責はすべて筆者にあります。

それでは、次回もよろしくお願いします。

527名無しのやる夫だお:2012/06/13(水) 23:40:51 ID:lsQo7kB20
乙です
気の毒だがおっかない奥さんだ・・・

528名無しのやる夫だお:2012/06/13(水) 23:59:38 ID:4g4ZT8R60
乙でした
>>486
>船首楼甲板から上甲板、更に舷側を伝って喫水線付近まで謙虚なしわが外板に出来ていた。
”謙虚”じゃなくて”顕著”でしょ、ここはw

529名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 00:34:52 ID:r2lNKaso0
乙!
上手くいかないもんだねえ

530名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 00:58:45 ID:ZlCAy2to0
おつ、奥さんももういい年なんだから……

531名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 01:15:25 ID:ITrCCaNQ0
乙でした

532名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/14(木) 06:51:03 ID:jYpJ2OHg0
>>528
ありがとう。修正します。


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 「叢雲」の状態は深刻だった。                                       ......│
│ 船首楼甲板から上甲板、更に舷側を伝って喫水線付近まで顕著なしわが外板に出来ていた。  .│
│ 損傷の度合いは重く、千葉県館山沖の泊地に戻って調査した結果でも                 .│
│ 艦内工作隊の手で修理できるようなものではないと分かった。                    .....│
└─────────────────────────────────────────┘

                                                 ┼
                                               ─┼─
                        ┼                             |', .ェ_
                        |                 i;;;;;i        i;;;;;;i  |.',.|ニ|ュ__
                        |                l二l        ',二', .|X||二i ョョョ|
               ━i゙゙ ゙゙̄l.|π., -−-.、ュ.,-−-、┌幵┐l二l 日,-−-、{~ヽ ',.|X|: ::. :|   iニ二ヽ─        _
         ━i゙゙ ゙゙̄l_| ̄ ̄ ̄ ̄]≡三≡ |¨|≡三≡|弋三フユユ匚i≡三≡i |.丿 ┴──┴‐─┴‐┴─‐‐一''''"´/
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄モ ク ラ ム ̄ ̄ ̄     彡 彡 彡彡彡彡彡彡12 ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

533名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 08:07:29 ID:L9QduXgk0
おつ〜

開戦時にアメリカが持ってた戦艦の低速っぷりは、「提督の決断」をアメリカ側でプレイした時に悩まされたわw

534名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 12:14:46 ID:CL3OQ5nA0


どうかやらない夫の意見を握りつぶした愚物の末路が本編で語られますように

535名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 13:16:31 ID:qwx9e3Gwo
乙〜。

握り潰す理由も酷ぇなぁ…。

536名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 17:23:54 ID:I4aG014g0

豊田は貞次郎のほうも副武のほうもろくなことしやがらねえ……

537名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 18:57:16 ID:hzbRlU0c0
乙乙! すげぇな、戦争よりも人命よりも面子が大事って言いきってるもんだ

538名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 19:10:17 ID:04TO60kI0


豊田は喜一郎があらゆる同姓のマイナスを補って余りあるからな

539名無しのやる夫だお:2012/06/14(木) 21:09:08 ID:s.hoVFGA0
アイオワ級って30ノット以上だと振動でほとんど弾が当たらなかったような。
昼間視界良好至近距離で香取や野分とかに命中弾無しとか。
物積み過ぎで実際は31ノットしか出なかったようだし、本当にカタログスペックかも。

540名無しのやる夫だお:2012/06/16(土) 21:33:45 ID:WBRlcdsM0
ところで結局やる夫の帰りは何で遅れたんだ?

541名無しのやる夫だお:2012/06/17(日) 19:11:08 ID:y3QXg3f20
>>539
細長すぎて主砲斉射の時船体が捩れて散布界が広くなった、と何かで読んだ事あるな。
アメリカのマニアの間じゃ大和と同じ27ノットのサウスダコタ級の方が評価が高いとか。

542名無しのやる夫だお:2012/06/17(日) 19:41:11 ID:zLQ3QTIQ0
なるほど。パナマ運河を通るためのサイズ制限が大きく影響してるのか。

とは言え当時の技術じゃパナマ運河を無視して太平洋⇔大西洋を運用するのは厳しかろうし
制限を受け入れて↓な狭いところ通るしかないものなー

75秒でパナマ運河を突っ切る早送り映像(動画)
ttp://labaq.com/archives/51108008.html

543名無しのやる夫だお:2012/06/17(日) 20:10:32 ID:yjGG7jB20
>>542
パナマックス対応ってのもあるけど、33kt出すためには必然的に細長い艦にならざるを得ないし。

544名無しのやる夫だお:2012/06/18(月) 19:20:30 ID:qo1BdHaY0
そのダコタも25ノット程度がせいぜいという説もあるけどね

545名無しのやる夫だお:2012/06/19(火) 15:34:15 ID:yqUMUyp.0
アイオワはアライメント問題で主砲の命中率は低いし、
主砲の威力も大和より低いし、大和の方が実用的かも(もしレーダーが有・・・)
 460mmL45(大和級)
   距離20000m 垂直貫通厚556mm 水平貫通厚167mm
   距離30000m 垂直貫通厚417mm 水平貫通厚231mm
 406mmL50(アイオワ級)
   距離20000m 垂直貫通厚457mm 水平貫通厚127mm
   距離30000m 垂直貫通厚350mm 水平貫通厚200mm

546名無しのやる夫だお:2012/06/20(水) 18:49:34 ID:9NKun6460
そういや平賀さんて空母に対してはどんなスタンスだったんでしょ

547名無しのやる夫だお:2012/06/23(土) 03:20:01 ID:o7ve9aFs0
出展は覚えてないが「艦砲では弾着を見て適時修正するが、航空攻撃ではすべて初弾である」みたいに言ってたってのを聞いたことあるかも
それを考えると、いわゆる「航空主兵」には否定的だったんじゃない?

548名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/23(土) 23:55:25 ID:Qo67WakI0
こんばんわです。
第11話の投下は6月26日(火)PM9:00より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。
以上よろしくお願いいたします。

皆様、いつもいつも読んで戴いて乙も付けてもらって本当にありがとうございます。
僕はアバター使って雑談とか全レス返しとか苦手な人なのでスレに愛想も何もありませんが、
それでも読んで戴いていることに本当に感謝しております。
よろしければ引き続きお付き合いください。

549名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:02:49 ID:AxM4l7Po0
こんばんわです。

ただ今から投下始めます。よろしくお願いします。

550名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:05:09 ID:AxM4l7Po0

                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

551名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:05:44 ID:AxM4l7Po0

| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!
|
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!!
\__________  ________/
                 | /              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | /               | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
    /{__/⌒ ーヘ    _/ , -- 、 -―ゝニイ ゝ _ノ   |
   弋       」__ /  /    ´ ̄ ̄`ヽ      .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
    /        [三ニ]ニ_」     、    ヽ     \
   l l /, -―- ' ⌒l/ |  ト、 卜|\\   |        ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    乂/ヘ{      /    ヽ |-\|   _Y l|┬-、. -――‐- 、
            |   l |      〃 ̄リノl l/. : : : : : : : : : : \_
             、  N ィ==   ,  _   l /: : : : : : : : : : : : : :/:.ヽ
             ゝ . ゝl!   r‐ ´| //: : : : : : : : : : :_: ィ: : : : : : l
                   />〒、 ゝ _,.ノ //: : : : :_ > ´   |: : : : : : :|
              | \\>r 、- rく/: :/:;ィfハY`  -― 、l: : : :/: : |
              |r‐、 丶 ヽ| !\| /: :/イ 弋ン   fハ:Y/: : :/: : /__,ノ
              | \ \\j | //:イ:ヘ|   ,    弋ン/: : :/.: :/|: :く
              〈 r=\ ヽ」 | /  /: :厶、 }ァーァ   /: : :// |: : :し1
              |./  _,ゝ_  、\_」/.: :/\  ̄  _/: : :/   ∧/⌒´
              〈  ノ  / ̄  /: : : :/ | 厂厂ノイl:/ノ) / ∧

552名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:06:03 ID:AxM4l7Po0

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

553名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:07:00 ID:AxM4l7Po0

                   .  ´ ̄ ̄ ̄ `丶.
             rー 、 /           \              さて、前回は巨大戦艦の
             }  ,.'                ヽ
  r―――――― /   /\                l ____      建造に向けて邁進するやる夫と、
  丶          ̄ {  `    _____ /|       ` 7
     \         `  ー   ______ /          /    彼の知らないところで起こった
       丶  _                          /
           .:   厂 ̄ ̄ ̄ ̄フニ  ¬ァー┬‐┬―一  ´       駆逐艦の船体破損事故を描いたわね
          .:    ハ :::::::i:::::::::::::行テ`   /行テ!:::::::!
          .:    : ハ::::::l:::::::::::/冖′   `冖゙l::::::;             大演習を停められないという理由だけで
            .:  '  :: リ:::|:|:::::::::;     {   /:::::/
         .:  ,'   :ノ:::/::!::ハ:::| 、  ー  ./:|:::/              握りつぶされたこの事故は、やがて
        .:  ,   `Tフ::::::レ:从:! \  ` ィ:::::ヒl/
        ::  ,     /::{::::::::::::::{_    厂ト、:::::::::}、              起こる海軍を揺るがす大事件の不気味な
        :. ,   /´ハ:::::::::{`T /フ 丿 l|:::::}ノ \
         :;   /     ゝ :::::`Y/    〉イ    ヽ            前奏曲だったのよ
         ::   l        ̄ |      ∧  ,   |
         ::   |     ノ   八    /` 〉 {´   |            そしてその事件をこれから描いてゆくわ

554名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:08:00 ID:AxM4l7Po0

          , -―- 、
       /    r' `T -――-―- 、
       /    ト、ノ丶  -― -、  \
    r―'     // ̄   /⌒\   ヽ           今回もまたややこしそうな話だよ……
    |      / ′     /       ハ
    ノ    , 〃  / /   !        ヽ. い          まあ、軍艦の話なんだから
  ∠ イ / / /|   //| /|| /    Vリ\
     V{ ト{ {}ハ /´ ̄|/ー'|l /l  !    |く  ノ\       仕方ないのかもしれないけれどね……
     ヽ{   Vヘ| ミミミ   \/L\||  |リー'   )
            |        ミミミ リ/   /|     /
          ',  ,、       /  /v|    {
            人 〈  ー┐   ∠l/   {}    )
           /  l\ー一'  ィく     ノ    /
       く  /!    ̄「、    >   ∠ノ   l
      / \  ヒ二二l \/、   ∠_人_し
      /    \ \   |  /  \

555名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:08:30 ID:AxM4l7Po0

.



=========================================================================

               第一部    第11話   第四艦隊事件(後編)

=========================================================================




.

556名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:09:00 ID:AxM4l7Po0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 巨艦計画は大詰めに近づいていた。                                 ..│
│ 軍令部要望の中で実現が断念された「速力30kt以上」は27ktないし28ktに修正されたが、 ....│
│ 要望の根幹である「18インチ主砲8門以上」「それに相応する防御力」の二点は         │
│ 決して変えられることはなかった。                                   .│
└───────────────────────────────────────┘

                               |     ._┌i.
                               ┼    4  ̄|
                               |     |  [
                             __ |     .]゜  r゜
                             [二[]┐〆  .」  .\
                      _ρ━r'''''') [ []〆凵〆[    [t─        i二三二゙、====
                       iT { ̄''i━ [ ̄ ̄〆冂    | i二三二゙、====__| ̄ ̄ ̄| i二三二゙、====
        =∩==i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´.」─┴──┴--------────T^^^^^^^゛゙゛ソ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                          /
   ^ヽ- 。.__                                                                        ノ゜
          ー。.________________________    __                                                   フ′
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄`

557名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:10:00 ID:AxM4l7Po0

                 ,,---┬:-.----------::---ーー:‐‐:-.----------::---ーー----_,,,,,..__:                           
       __   _.,,、、.v'"      !.._                                `^゙゙゙"''''¬ー--ヽ,、,,_、              
     ─ : : ,=◎== :|        .|  |三     ll ll                                   ̄"''ー--,,,,,_、        
   /: : 、;;;;;;;;;;;;::`┌──|          ̄       ○○  / ̄\ r ⌒ ヽ.━━━,r ⌒ ヽ.━━━⌒ ヽ━━━          ^"''〜、、、 
  (:;         |    |      三[三[二] <>◎○○○<    |    |.━━━i     |━━━   |━━━              ."'>i、
   \       └──|         _      .. ○○  \_/.ゝ __ ノ,.━━━ゝ __ ノ ,━━━__ ノ ━━━            _,,、、‐'"゛ 
 :    ─: : :: =◎== :|        |  |三     ll ll                                      _,,,.,,,、-ー""^     
        ̄ ̄ `゙`''`ーヽ!          ̄                                      _,,,,,,,,、―ー''''"゙゙″           
                  "'---------:-.----------::---ーー:‐‐ーー----------::---ーー:‐‐ー'''''''''"゙"゙``          

A-140-B案(初期の検討案のひとつ)

*公試排水量   60,000トン            *出力     140,000馬力
*全長.....      247.0m  .           *速力     28kt
*幅..   .     40.4m              *主兵装   45cm3連装砲3基、15.5cm3連装砲4基
*吃水. . . ..   10.3m              *装甲     水線431mm、甲板228mm
*主機. . . . .  ディーゼルエンジン        .       砲塔・司令塔584mm

A-140初期案(合成写真)
ttp://nagamochi.info/src/up111302.jpg

558名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:11:00 ID:AxM4l7Po0

A-140F(福田計画主任案)

      __。 --─  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─----,..,.,.,,,,,,,,__ 
 ,,,,p─^^^  _┌─┐     □≡   ┌┐ ┌─┐_┌─┐_´´´".ヽ-、、 
(       ─ |   |≡□□≡    ◎  | |   .|   |..─ .|   | ─      :."'>
 ^^-、,,__  .. ̄└─┘     □≡   └┘ └─┘ ̄└─┘ ̄  __.。r‐'"゛ 
    `、^'.ヽヽ ..,,,,,,,,___________________________________,,,,,,,,,,,----─"゛''^^^


A-140G(軍令部案)

      __。 --─  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─----,..,.,.,,,,,,,,__ 
 ,,,,p─^^^       □≡   ┌┐┌─┐_ ┌─┐_┌─┐_´´´".ヽ-、、 
(       ≡□□≡    ◎ .| | |   . | ─  .|   | ─ .|   | ─      :."'>
 ^^-、,,__  ..     □≡   └┘└─┘ ̄ └─┘ ̄└─┘ ̄  __.。r‐'"゛ 
    `、^'.ヽヽ ..,,,,,,,,___________________________________,,,,,,,,,,,----─"゛''^^^


A-140 I(平賀試案)

      __。 --─  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─----,..,.,.,,,,,,,,__ 
 ,,,,p─^^^    ┌─┐_┌─┐≡□   ┌┐ ┌─┐_┌─┐  ´´´".ヽ-、、 
(       二 |   |. ─ |   |     ◎ .| |  |   . |. ─ |   | 二      :."'>
 ^^-、,,__  ..  └─┘ ̄└─┘≡□   └┘ └─┘ ̄└─┘    __.。r‐'"゛ 
    `、^'.ヽヽ ..,,,,,,,,___________________________________,,,,,,,,,,,----─"゛''^^^


┌───────────────────────────────────────────┐
│ 砲装に関しては、有力視された3案の比較検討が進められ、三連装砲塔を前後に振り分ける     ..│
│ 「A-140F」案が無難とされた。                                          ......│
│ 軍令部推薦の「A-140G」案は後方射界不足、重量配分の不均等など不利な点が少なくなかった。  ...│
│ また、平賀試案の「A-140 I」案は二種類の砲塔を搭載する点が難とされた。                .│
└───────────────────────────────────────────┘

559名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:12:00 ID:AxM4l7Po0

        .____
     ;/   ノ( \;        なんでやる夫の案を採用しないんだお!!
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     18インチ砲が1門多いやる夫の案のほうが
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;      明らかに優れているはずだお!!



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \            仕方がないですよ、先生……
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)            二種類の砲塔の開発には
  |      |r┬|}
  |      | | |}            やはり時間がかかります
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ            それでは新戦艦完成の時期が遅れてしまいますから……
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 自案が採用されない見込みとなったやる夫は強い不満を抱いたが、それは止むを得ないことであった。   │
└─────────────────────────────────────────────┘

560名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:13:00 ID:AxM4l7Po0

                i!              i|
                |i,             ,i|
  /i             |ii,            ,ii|               |.i,
  i' |i ゙ヽ、,            |li,          i'l|          ,,ィ'  ノノi,
  i ゙i,i,   ゙ヾ、,          ||i!         | li|        /''´  // .}
  { ゙ii,     \\      jl |_,,,r-‐''个''‐-、,_,| i i      //   // ,i'
  i  ヾ、.     ヽヘヽ   ,,rッ' j.ハ,          / i i弋、    //   //  /
  ゙i,  ヽ\    ゙i,ヽi,_,r'''∨//_ ゙i,      / ,ハ i, 仆,  /.//   //  /     新戦艦計画も順調にまとまり
  ゙i,  ヽ\   ゙i, i゙i,'ヾ〈.〈〈 ))i,     / r))i 〉 〉'゙i,/ //   /"  /
   ヽ,   ヽ\   i, i i,  i ゙l i,((ヽi,,,r─‐v' ))'シ // / //  /'"  ,ィ      いよいよ機は熟したようですね
     ト、   ヾ\. ハヾi, i ゙i,゙i,ヾ,シ/√i、゙、((ノ/ // .ノ / i' /'"  /|
    i, \   ヾメ ゙i,ヽ\} ヽ Y´ i" ハ } 乍‐' /厶' ノシ/"   / /      最終的な案をまとめるため
    ゙i,   \ r-、「i  \ヽヘ,_゙'''}. | {  } | ├‐'.ノ-、'//Yノ|  /  ./
     ヽ、  ゙'i,=、ヽ、/ ゙'ニ、ヽ,|,=゙i,゙''''"/=!,/r‐''''く,,r''"、厶″  ノ        これまで新戦艦計画に
      〈\  i,((ゝヽ,,/iH:::::トi::i, ))─'))/仆、:~ヽ/(('''/  ,,,r'〉
       ヽ ゙ヾi,ヾ、,, { ヾ、\{゙''ヽ,=' ゙='/"ヾ‐゙'ヽ} ノノ/,,,r‐'"/         関わっていなかった部員も集めて
       ヽ   ゙i, ))゙i, ミ三三ミ└─、‐ヾ三彡 j i( /'"  /
   _,,,,,,r‐‐''"~゙ヽ、,i,ヾ))\         i ヾ::゙i  ///)ソ,,,r-‐';;::::゙ヽ,、_        説明会を開きましょう
_,r‐'":::::::::::::;;;r-‐'::::,r=、 i iヾヽ、    ...i  }:}/" i } /ヾ、:::::::::\、::::::゙ヽ、  _,
゙'''ヽ、,::::-‐'':::::::::::::/(('/\ヽソ ヾi   ゙″ ノii´ {ソ,,仆ノ,ハ::::::::::::::\ヾ,,,r-‐''"
    ゙'ヽ、,,_:::::::/ヘi ゙ヾ、,_\  i|  ー=‐  |i  /,,r='//゙i::::,,,r‐''''"~´
        ゙'ヽi ゝr=、 ゙ヾ,\,_{、  ゙‐   ,i,,r'/" ii/゙)) |'ヘ
          ゙i, (( i!}  i}   ゙ヽ、,,__,,r'″ i{   .|{シノ .|,/
          ゙i, ゙ .{{ヾi, .ii,          ii ((ヾノ   レ
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_゙i, ヾノノ,、ii         ii ヾ、〈   /,,,,,r---──''''''''''"~

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 軍令部の要求からざっと11ヶ月、巨艦計画がようやく態をなしたと見た福田基本計画主任は、   │
│ 9月13日、開発チーム以外の部員に対する説明会を招集した。                     .│
└─────────────────────────────────────────┘

561名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:14:00 ID:AxM4l7Po0

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..‐:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;. ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..‐´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐′.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..r‐'´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐'´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..-―‐ ''''ゝ、、:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.__,,,,......--'".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
`゙''‐--............-‐'''´ ...:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ̄ ゙̄^''''''|−――‐ ''"``''‐‐---......,,___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : ''‐......__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_....----'` ̄''ー 、,,i_.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_..
- 、,,_: : : : : : : : : : : : : : i: : .. `"''''ー-|-......,,_|_____,,.i.|..-‐'' ̄" i        |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   `iー-i---―――‐''"                    |       i
                |    l   |       |                     i
                                            l
   i        |    i                    i
        l                 |   l                       l
                     |            l            |
                l       i                    |
  |  ┼┼   ──┐  ─┐          ─┐      l               |
      │    │    │    ─┐    │      ─┐
            │          │             │      l
    i             l            i                      i
                                   |
         |           i            |              |
             i                       i           i
                          i      |          l
                                                |
           l      |           l|      |                   i

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 8月末よりいつ晴れるとも知れぬ不順な天候が続き、この日も降ったり止んだりの天気であった。 ....│
│ 暑さの余韻に湿気がこもり、座っているだけでも首筋に汗が流れた。                  ...│
└──────────────────────────────────────────┘

562名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:15:00 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────┐
│ この説明会にはやる夫も嘱託の権限で参加していた。 ......│
└─────────────────────────┘


                                     - −、
      ∧ ∧            川。川           ● ●) ヽ
     r( ゚ー゚,,)          川(-_-)川         (人__) ノ)
     l,(゙:‐:lll:‐゙i           ,/゙:‐:lll:=:゙:ヽ          ,l゙:‐:lll:‐::゙)|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ∧ ∧            ∧_ _∧            ∩_∩
 r――,ュ,) _______ ,r――ュ. ) ______  ( r――ュ ___
 |    ||;;ヽ ―――――― |    ||;;〉 ――――― ,,/:||    |―――
 |    |'ー    | ::|       |    |'ー          −'|    | | ::|
 |__,,|_|   ,|_::|       |__,,|_|          ,|_|__,,| |_::|

563名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:16:00 ID:AxM4l7Po0

         /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,
.         /{___/                \
     ,イ   {                   ’
      {入_ゝ                   ':,
.     \                       ,         ────というわけで、
.      / '  /      / {   \  \        ,
     | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',        第4部は原案としてこの「A-140-F」案を推します
     { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',
     ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ       本計画において我々が最も重視したのは
.        \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ
              ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ      船体重量を抑制しつつ18インチ砲と
              ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i      \
            /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \  それを防御できる装甲の両方を持つことです
          / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄
          / / 〃   |      | /  ム ∨        そのために砲塔と機関部を可能な限り
         / , /  /    ,ム}    _,. -/  仄 \
     / .//     _ / /  ,. ´   i  /Y人  \     中央部に集中し────
   ,.' /∠ニ=‐'´ / /  ∨       |. /ト┴ヘ.  \
r‐=く /      / /   ,′      | / !    \

┌───────────────────────────────────────┐
│ 福田は第4部の原案として「A-140-F」を取り上げ、計画理念、計画経緯、計画要領などを ....│
│ かいつまんで説明した。                                         .│
└───────────────────────────────────────┘

564名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:17:03 ID:AxM4l7Po0

           ノ       ..   ´ ̄ ̄ `: 、_
          /'      , :'´                `ヽ.
         ,.' {     /                  ヽ
      /  {  ゝ-- ´                     ',
      ,' {  ヽ、_                             ',          私からの説明は以上です
      { `ー-- '´                            ',
      ヽ、__,                                ',
       , '´           /   /   、   ヽ、  、      ',        何か質問はありますか?
.      /  /   /  /  ./   /i    ヽ、   } i  !     ',
.      ,'  /    {   {  {     ! ヽ.    } >  j´} .ノ r‐-、   ',
     {  {{  {.  ヽ ヽ iヽ.  .{。  ヽ,.  F-} /´ノイ } /` i  ヽ
     ヽ、| ヽ ト、  ト、トト、{=ヘ.  ヽ   ) ノ__ノノ,ィi'  | |´ヽ. }   ヽ
.         `  ヽ! .\{ 从!、___.二ト、  \ ´勿勿彡''  | |ノ ノ     ヽ
              `   '勿勿匆`ト-- 、`ヽ.      :i | /         \
                 、     !     ヽ ヽ       | !.イ         \
                    /人   `ヽ.    )ノ   , ' i .ハ,'            \
                / /      - =一/´   /   l,' }  .|              \
                  / /    .\  `    /    / /  i、_    __...-‐‐‐=}-、
              / /       `ト __ ..イ     ,' . /   .! | / ̄ ̄  /  , ´ ̄`ヽ
            / /     j  |          ,'    ! i/    /  /

565名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:18:05 ID:AxM4l7Po0

┌──────────────────────────┐
│ 一同の中から主席部員村上造船大佐の手が上がった。   │
└──────────────────────────┘


           ┌────バイタル・パート──────┐
           __________________
      __。 --. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓─----,..,.,,,__ 
  ,,,,p─^^^  _┌┸┐     □≡   ┌┐ ┌─┐_┌┸┐_     ´´´".ヽ-、、  
 (       ─ |   |≡□□≡    ◎  | |   .|   |..─ |   .| ─           :."'> 
  ^^-、,,__  .. ̄└┰┘     □≡   └┘ └─┘ ̄└┰┘ ̄       __.。r‐'"゛  
    `、^'.ヽヽ .., ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛,----─"゛''^^^
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\_____________  ______________________/
                     ∨
                      _ヽ、} _____
                   ー==ニ:.:.:.:.:.:.´:.:.:..<
              ヽ、彡"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`>         主任、新戦艦の計画案は
              __〉:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.,、,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                /:.:.:/:.:./:.:.i:.:.|  |:.|:.:.:!:.ヽ:.:.`ヽ        中央部のバイタル・パートに
               ∠:.:.:.:.i:.! l:.l:.:ハ:.|  l:.lヽ:|ヽ:}:.\ミ
              _彡:.:ハ_LrュxN ,ムrュァ!_|/:.:.:.<        防御を集中しているが
              `ーム{ヘ `"´   `"´ / }<´
                     ノへヘ   !     メ个、彡        これはつまり艦の全後部を合わせて
                    ノイヘ. ー‐― ,イノリ
                    /ハ,i:ヽ,:,:,:,:,/ トハ           艦の半分近くが無防備ということになる
                   _,/ / i! :    .: / ヘヽ、
          _...... .-.:::::´::/:::::/  ヘ、    /  l:::::ヽ、、       これについて心配はないのか?
       ハ´::::::::::::::::::::::::/:::::::l!   /i   /    !::::::::l::::::`::.- ... _
       ,':::!:::::::::::::::::::::::/:::::::::l;:!/:! .,L __ノヘ  /!::::::::::l:::::::::::::::::::::::::`::ハ
.      i:::::l::::::::::::::::::::/:::::::::::l;:;:i\\i ! ノノヘ//::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::/::::!
.       l::::::l::::::::::::::: /___:/::i;:;:;!  Y⌒Y  /;:i`ヽ::__! ::::::::::::::::::::/:::::::!

村上義次(1890年3月28日 ‐ 1938年5月22日)
艦本第4部主席部員。大佐。後に呉工廠造船部長。没後少将進級。

566名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:19:01 ID:AxM4l7Po0

┌───────────────────────────────────────────────┐
│ 村上造船大佐の質問に、座が一瞬沈黙に包まれた。                                   .│
│ 村上の質問は集中防御方式という計画の根底に対する疑問であるが、それは近代的主力艦の特長とされ、   │
│ なおかつやる夫が戦艦「長門」で着想したと自認する計画理念に他ならない。                     │
│ それをあえて一撃した発言に列席者は思わす、福田の隣にいたやる夫を窺った。                  .│
└───────────────────────────────────────────────┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            
             ハハ
            (lコ゚=)
            /  ハ ハ      ∧∧     ∧,_∧       …………
            |  (д゚=)    (д゚ =)    (д゚= )
            |   / ⌒ヽ   /  =ヽ  /  =ヽ
              / y / =ヽ | |  Y  |  |     = |
             (ξ二ノ  =/ .|   |  | ノ |   |  |
             | | `iー- m/ / // |  / ノ

567名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:20:00 ID:AxM4l7Po0

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \             ……村上君、
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l          君、それは「長門」以来の大原則だよ……
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

568名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:21:00 ID:AxM4l7Po0

             ,. -─────────‐- .、             ノ
            /  \  ::::::::::::::::::::::::  /  \           ヽ'
          /     \ :::::::::::::::::::::::: /     \         `)   防御方法の議論は
         /     _  \:::::::::::::::::/   _    \        <
       /   / /::::::\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::://:::::\\  \       )   「長門」の計画でし尽くされているお!!
      /    |  |:::::::::::::::| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |::::::::::::::| |    \    <
    /      \ \::::::// :::::::::::::::::: \\::::://     \    `,  その後、知っているとは思うが
   /    ../ ̄ ̄\ ̄ /   ::|::   \  ̄/ ̄ ̄\..   \  <
  /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ  >  イギリスの戦艦「ネルソン」も
 |               |      |      |              | <
 |               \__/\__/               |  `,  徹底的な集中防御に踏み切ったお!!
 |                |       |               |  <
 |                |r─‐┬──、|                |  >  それをやらないと
 ヽ                |/   |    |              /  <
   \              \      /             /    ノ  計画は成り立たないんだお!!
    \               ̄ ̄ ̄ ̄             /      `,

┌───────────────────────┐
│ 村上の質問に、やる夫は凄まじい剣幕で応じた。    │
└───────────────────────┘

569名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:22:09 ID:AxM4l7Po0

               ヽ、、__ ,ゝ\  _...,..イ
               ,.ィ>::::::::`ヽ::::::V:::::::∠...___
                _,ィ彡:::::::::::::::::::`ヽ}:::::::::::::::::二=ー          平賀さん……
            ィ彡゙ヽー──:::":::::::::::::::::::::::::::::<`ヽ、
          ヾ ≦::::::::::::>ー:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::::::::::::::>       それはわかっています
         >ミ::::::::::::::ノ:: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::<、
         ヾ:::::::::::::::::彡イ::::::::::::::/ト、::: ;イ:::::::::::::::::::::`:ー::\       私の懸念は、敵の巡洋艦が
             \:::ー=彡::::::::: /:::::!: !ヾノヘ!: |!::::::::i:::::ミ\::::::::::>
          ∠:::::::::::7:/: イ::::/:!:::!  |:|i!:|::! |::∠::::::::彡"´      高速を利して内懐に入り込み、
.            /::::::::::/:/ / |::/|::|ハ!  |从乂リノ:::::`ヽヾ
           /イ::::i:::|/ ムィぇォノハ ィリ弌升イリ::;ヘ:::ハ\       集中砲火を浴びせてきた場合です
               |イ::∨ヘヘ!`┴'' ノ   ヽ` ̄´  ノ!/ }リ
              |ハ{ ハ      :       リ ノイ           戦艦同士の遠距離戦ならまだしも、
             ノイヽ、      :.         ム:::ミ、
                 /イ::ヽ.   __`´       ,イ:::::ネヾ          短時間での投射弾薬量の大きな重巡相手に
                /イ::::::\  `´ ̄` ,イ i::::バヽ
                  j从:::| ;.;.、,、 ,.、,.;.'  |仆            前後部の非防御区画が徹底的に
                  〉:| :.':!i:!:i:i:!i:!′   |`ヽ、
                  / j  :       .:  y   \          破壊されかねない!!
              . イ  {  :      .:  /     Vヽ、、_
         , . <´:::::::l   l  .:    .:   /       |::::::::::::::::> ..,
     . ィ::´::::::::::::::::: : l    l  .:       /      |::::::::::::::::::::::::: : `> ..., _
   .:.:.:´::::::::::::::::::::::::::::: :l    l      /       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.

570名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:23:03 ID:AxM4l7Po0

            | ,ィ/          ヽ               \
          V /  ,  ,ィ       i                ヽ
           l. /  ./   ィ´    /|      ,、          ヽ
           | |  l  / .|   . ィ ./     ,ハ
              ヽゝ ,ハ 「`!.ィチ、 /   ./  |   |   i   .i. ヽ,
              /ゝ、卞,ゝ .i{__/     イゝー-/  /l   /   /   l    ……村上君、
.             /.   | |´,ィ勿,.'  , イ}     ∠ イ∠. ィク . ィ′  ,.'
           /.  人 |   i ./.   !     `寸廴_,ニイス,/   /     軍令部では戦艦を
            ,′     N.   ゝ{         .`¨ヾミ`_/イ , ィ
          ./       |     丶 ヽ -            / 厂´   |      対巡洋艦戦には
      ./´ ̄ ̄ ̄`¨¨ ム、               イノ.     |
      . /         ___  `ヽ,  ´こ`ヽ.     / |       |      使うつもりはないようです
    //      / __.`ヽ,  ` ,        /|  .|::`ヽ,   .|
、__,/ /       l f´    `ヽ ヽ  ',    ,,ィ |::::|.  |:::::::..ハ.   |      ですからそのような想定は
   `> ,_      | l      ', .',   r ´     |::::|.  |:::::./ l  |
       `丶、. い、 f⌒ヽ,  l !  |        |::::|.  |/   |   |      しなくてもいいでしょう
          \ \` ゝ 丿 | .|  .|.      |::::| . |    |   |
            \. ` -イ   .| .|   |、      .|::::|.  |    |   |
             \      | .|  | \ _ ィ`ヽ_ ィ'|    |  |

571名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:24:00 ID:AxM4l7Po0

            、__  _,._,._
         ゝ.¬'´゙  ヽヽ  '―-._
        ,.ノ     ,;'  ‐-ァ   Σ_
      <.  ァ'゙  .;:;:;'´   フ     /
     ',Ξ´ /    ',:; .,,.,  ト、    〈              ……ふっ、そういうことですか
      ヽ.  〃/  ,;:;  、  、    Z、
      /  イ   r ヘ ',ヽ  !    _,.ゝ
     Σィ  レ i  i  レハviヽVレレ/ヽ \            それならば心配はひとつ減りましたね……
     ∠、   リ ト ミ   ィェヤ   ヒ  〉 了
       "^Vi  フzォ ミ、       v _ナ   >
         レリヘ   i       i i从 ',
            ヽ ,゙' _ ,.   / , ' ヽ7、__
             )ノ丶 , . , /  ;   /  〉i;ヽ.,__
              _,イ,' ̄、    /   / i: ; : ;i `'‐-- .,_
            _, ィ: ;:/|  i i  /    / /; : ; : !: : : : : : :  ̄: ‐- 、
        ,. -‐': ; /; : ;i | ,.人  _」ヽ   / /: ; : ; : |; : : : : : : : : :/: :ヘ
      /; : ; : ; : ;/: ; : i |;:;:;i / | /;:;\/ ,': ; : ; : ; :|; ; , , ; ; : ; /: : : : : ',
     i:',: ; : ; : ; : /: ; : i! |;:;:;i ヽノ /:;:;:;/ i /; : ; : ; : ;:|; : ; : ; : ; /: : : : : : :.',

572名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:25:00 ID:AxM4l7Po0

                     、、 ノ)ノj______
                 `ヾ三≧ゞムム彡三≦、、
               __..,,、<≧ミヾ彡ミ彡ミ彡ミ彡イ
                >彡彡彡ミミミミミミミミミミミイソ           (……馬鹿馬鹿しい
              ∠彡彳爪爪从从ミ彡ミ彡ミ彡′
              _,ノハ从ノ爪!ヘ川i|i|i|i|トミミミミミえ            巡洋艦と戦うつもりがなければ、
               ノノ爪从ハ Ⅵリ川i|/^ヾノノノノ)、、
                 ``<≦ノ从メくア リノハ ,ノノ巛巛《く           何のために副砲を装備するんだ!!
                ∠≦ルハヾ      ノ从巛《ヾ、
                    `" ノ__  __   .:′ノハⅣハ!           使うつもりがないというなら、
                          `´、 ..,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_       いっそのこと全部高角砲に
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、
                     ////////\////////|/////!/∧    してしまえばいいんだ!!
                        l//////////∨//////|/////i///
                        l///////////l//////イ///////{     軍令部には思い切りが
                         ,イ///////////!//////!////////7
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!    足りなさ過ぎる!!)
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!
                  _Ⅵ////////////j///////∧!///////!
                  j//////////////イ//////く  Ⅵ!/////j
                 ///////////////j!////////>〈///////l

573名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:26:04 ID:AxM4l7Po0

                        ,   ,
                          \、 \、
                          \、_\、_   r‐::r――i
                            ヾ\ヾ\ |≡| ://ニ|
  ヾ、、  ヾ、、     ________  rr‐〃ヽt〃ヽ,|  |// 」|__ヾ、、  ヾ、、   ____________
 ̄  ゙\、   ゙\、   ̄  __  ̄ ̄  ~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ゙\、   ゙\、    ̄ __ ̄ ̄ ̄ ̄
       \、,  \、,;´ ̄´  ´/ ̄` 、  :l                    |    \、,  \、,;´ ̄´  ´/ ̄` 、
        ヾ\´,._ヾ\ ,.._ ≡/ ̄ヽ ̄\::l__________|     ヾ\´,._ヾ\ ,.._ ≡/ ̄ヽ ̄\
         ン ヾ,ィ_/ ヾ,ィ_/ ≡/:: :: ヽ  \`\j  `\j  `\j        ン ヾ,ィ_/ ヾ,ィ_/ ≡/:: :: ヽ  \
      / i´ i´≡i´ i´≡´/jーjーjーjーj  ,____, ,,___   ,__   / i´ i´≡i´ i´≡´/jーjーjーjーj
     iーjーj_jーjーjーjーj/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                iーjーj_jーjーjーjーj/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛      ....:::::::|                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛      ..:::::::::|
     |                 .....:::::::::::|                |                 ...:::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌───────────────────────────────────────┐
│ この当時、米海軍は既に思い切りよく戦艦の副砲を対艦対空両用砲に換装しており、    .│
│ 対空戦闘に大きな関心を向けていた。                                ..│
│ これに対し日本ではいまだに副砲と高角砲を別々に装備していた。               .│
│ 彼我とも艦隊決戦を志向した海軍ではあったが、固定観念に流されないアメリカのほうが  .│
│ はるかに先を行っていたのである。                                   │
└───────────────────────────────────────┘

574名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:27:15 ID:AxM4l7Po0

┌───────────────────────────┐
│ そのような事実を知ってか知らずか、やる夫がふと呟いた。   │
└───────────────────────────┘


       _____                             ……戦艦を対巡洋艦戦に使うことは
       / _     _\
.    /      ̄` ´   \                          ありえまいが、主戦の前に
.  /     (  ● )   ( ●)  \ 
. /         /   !   ヽ    \   ___,. -、               敵機の空襲を受ける事はありえる
/           ゝ__ノ ゝ__ノ     ヽ ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、 
|           ` ⌒ ´       |  `''''フく _,. -ゝ┴-r-、       しかし、今のデザインは空襲を
|                        |__,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
ヽ      _____      /   / _,. く  / ゝ_/ ̄|        想定せずにまとめてある
:.ヽ‐'''!-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_/ にニ'/,.、-t‐ ┴―'''''ヽ 
  \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_    この程度の防御では、集中的な空襲に
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ 
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ     耐えられまい
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ   ことに艦橋構造の如きは然り

575名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:28:00 ID:AxM4l7Po0

         /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,
.         /{___/                \
     ,イ   {                   ’           平賀さん……
      {入_ゝ                   ':,
.     \                       ,          しかし空襲をまるっきり無視している
.      / '  /      / {   \  \        ,
     | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',         訳ではありませんよ
     { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',
     ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ        現に、艦橋には機銃弾避けの
.        \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ
              ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ      防禦板を張っていますし、
              ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i      \
            /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \   前後部の甲板には1.5インチないし2インチの
          / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄
          / / 〃   |      | /  ム ∨         アーマーを張ってありますよ?
         / , /  /    ,ム}    _,. -/  仄 \
     / .//     _ / /  ,. ´   i  /Y人  \     
   ,.' /∠ニ=‐'´ / /  ∨       |. /ト┴ヘ.  \
r‐=く /      / /   ,′      | / !    \

576名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:29:00 ID:AxM4l7Po0

             ____
           /      \            あんなものでは役に立たないお
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \         敵機の爆弾に対抗するなら、
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/         艦橋構造を砲塔のように固めないといけないお
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ        前後部の甲板アーマーにしても、
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |        今の倍、4インチ(10.1cm)くらいにしないといけないお
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

┌────────────────────────────────────────────┐
│ そこまで対空防禦を論じておきながら、やる夫の口調は、計画の抜本的改正を擁護する          │
│ 積極性を欠いていた。                                                 ..│
│ 航空攻撃を仮設としてみる段階に留まって、差し迫った現実問題として認識していなかったのである。  .│
└────────────────────────────────────────────┘

577名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:30:02 ID:AxM4l7Po0

             ________
            /            \
          /               \         ……どのみち今のデザインでは、
         /              ´ ̄`    ´ ̄`
        /                          \      集中的な空襲に関する限り
      /               /     ヽ   /   ヽ
       |            ゝ  ー' 丿  ゝー'  く     合格点とは言いかねるお……
       |                   /   ハ  ヽ  |
       |                    ゝ_ノ ゝ__ノ  |
       ヽ                       `´ ̄`´  /
        \                         /
            >           ヽ  _____/
          /                ヽ

┌───────────────────────────────────┐
│ そう口で言うのとは裏腹に、やる夫のその表情は必ずしも深刻ではなかった。    .│
└───────────────────────────────────┘

578名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:31:02 ID:AxM4l7Po0

       / |      /                     ヽ,
       |  ヽ,   ,/                        ゙l,
       |,   `゙゙´ .                           l,
     ,  ヽ,   /                            ゙l,
         ,>''´                              ヽ,
      ,/   /                            .,.   ゙l        それほどの空襲を受けるとは
     /   _,,/         i   |     j    .i        ゙ト,.   |
     !  .r'゙./       i   ト,  .|     .l,   |  .j   /   l.゙l,  j゙        到底思われません
     .l, .l゙ .|  ,ィ  ゙i, ゙i;、--゙l,ヽ,,,,゙l,    ゙l,_ノl゙_,,.ノL,, /.i,_  j゙ .| ./
     ヽ,.l  l,  l.|  .r:iヽ、ヾ;、, ヽ;\;、.  ゚  ゙Vシ .ノノ _,イ ./`l  ノ j/          もしそうなったら、
      .ヾ、 ヽ, ゙l;l,. l,、;l ';ミ三三ニラ7゙\    l,三三ニシ/ /ィj゙ ノ  '゙
           ゙ヽい、l,.l゙l,. ゙l,´´ ̄ ̄   .\   「 ̄`` ./ .j;リj'「゙l\            その時はもう負け戦ですね
`''ー-、,,,_      /l゙ .゙トい;. l,        .i!ヽ .|   .j゙ /'゙//i; |. \   _,,、-―''''゙´
     `゙゙'''ー-<゙ j゙ ,r、 ヾ;i,. ゙l,       ./ ゙l .|   .ノ .jン'゙,、,| | .r‐'''゙''゙゙´    _,,,、
`゙゙゙'''ー-、、,,,_   ゙l j゙ .!A゙‐;i, ゙l, l,     ー:::-‐.リ  .,.イ /.,-vシ).|l.|/,L,、、=-―''''゙゙´
         ̄.i. l;! ゙'j゙/゙l |  ゙l,. ゙lヽ、    ,,,   ./ j゙.j゙l゙l´).j゙'゙ |;l
,,_          l  ゙'' .|.| _ .ト、 ゙l, ゙\,    ,/  j゙./ .l,.|`´ ,j,L、,r:、,,、,_  ____
 `゙゙ニー---、、、、,,ィi:V   .|.l_|.|.|.|. ゙l, ゙l,   `゙'‐''´   .// ri_j.|  l´      l三三三三三
ミニー----、、、、、,,,,,jl,.|.   ゙l.l゙. |.|  ゙'い,       .j゙/| ゙i i゙ i´       .ド――――

579名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:32:01 ID:AxM4l7Po0

  \       |    |     /          /
    \   はははははははははっ!!  //         ┌────────────────┐
\    \     |   |           / //          .│ 福田の言葉に、期せずして       │
\                              /     ....│                       .│
                                       │ 小さな笑いが起きた。        ....│
    ハハ                                  .│                       .│
    (ロ`=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧            │ 参加した面々総てがこの問題を   │
 ヘn |  、 ヽ  (∀`=)    (∀゚ =)   (Д`;=)           │                       .│
 `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ          │ 深刻に捉えておらず、第三者の    .│
   / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |           │                       .│
  (__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |           .│ 立場であったのだ。         .....│
     (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ         . └────────────────┘

580名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:33:01 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────┐
│ こうして質疑は一段落した。                  .│
│ とその時、突然やる夫が炸裂するように口を開いた。   │
└────────────────────────┘

                        __
                _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
             _..-'″             `゙'-、、                    /\     /|  /゙i
           /                    `''-、          \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
         /                           \           \)'                    '(
       /                              \         /  今回F案で決着がついたが、  \
      /                               \      ヽ,)                       (,,r'
     ./                                 ヽ     /                        \
    ./                                   ヽ    ヽ    私は断じて              ,r'
    !                                       l    _)                      (_
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !    ,)                          (,
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !   /-、  Ⅰ案をベストと信じる!!     、-\
    l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!    /ヘ '"                   ヘ
 ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l〜 ..,/  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            弋゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、 /   V | ,l ヽ|   V   ゙i
     .\       │                l              /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ           ,..-'´
          `''- ..,_ .、 ゙匸.l二l二lニlニl二lニlニノ  i  _,,.. -'''"
              ゛ヽ,__,二__________ッr'"

581名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:34:00 ID:AxM4l7Po0

               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
        ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、           ……もちろん各案とも、
      /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
      i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ
      ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ       極めてフェアに計画したつもりだ
     / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /      それでも、私はⅠ案をベストと信じる!!
    i      `、  _y──‐ l                /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ

582名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:35:00 ID:AxM4l7Po0

        ,. -'"´      `¨ー 、
      /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
    ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、               かつて条約型巡洋艦の計画を
  /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ      ヽ、
  i へ___ ヽゝ=-'"/  ● _,,>       ヽ              命じられたとき、私は
  ./ /  ●> ='''"  ̄ ̄ ̄          ヽ
 / .ヽ-‐´''"       ヽ             i             8インチ砲10門搭載を実現して
./    i   人_   ノ               ,r‐"':,
,'     ' ,_,,ノエエエェェ了                ヾ;,::::::\       列国の8門搭載を凌駕した
i       じエ='='='" ',           ,r- ..,    ヽ::::::::ゝ
',       (___,,..----'           (:::::::::::ヽ、   ゞ::: ヾ     それが以下に乗組員の士気を鼓舞したか!!
 'ヽ、                     \:::::::::::\   'l:: -゛キ
   ヽ、_               i,""'::,  "i,,:::.  キ  /::   |     それを思い返すとき、新戦艦計画の他案が
'ュ,ノ'",;l `ゞ  ``ー- -‐'"´      i:::::::ヽ  'ヾ,"'" .ヽイ   ソ ⌒〉
シニi;∠(ヽ、':..          ;;;'";;_,,_'l:::::::::::i;,  'l,,   l::::  i /     すべて9門で満足しているのは
ミ/::i:i:l'::::::\:::  ,,,__..  ;;,.::::i;::::::ヽ,,,_ 'キ:::-=.::\  l::.   "'i:::::  )
/:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r⌒ヽ:::::::\:::.... \r'-‐''" ..::::::::/     月並みというほかない!!
::::::l':;"';,,::::::::l'   l':::::::::::::;;;;ii//ヽ、:::ヽ、:::::\   "' ::::...:::::::::::::l'
i:::::,l;;':::::"'i;;-l-..,,_,,..l;;;:::::r'":://:::::::ヽ,:::::::::,,_:::::::::>= ノ ..::::::::::::::::::ノl;,
l:::,ll::::ヽ:::l:o;;:::::::::ノii;;;.......;;;;//:::::::::::::.'i.::::: ノ..""'"-;  ...::::::::::::::::;;:/ヽl;,
:::::ll::::::::::l'::ヾ:::::::/:'"::'"::::::;//,;.::::::::::::::"''‐- t..,,  /::::::::::::::::::::::../ ノ i;;
:::,;ll::ヽ:::l';;:::::::::/:::::::::::::;;;; //::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'';;"::::::::::::::::::::ノ /;;;/;
::;;ll:::::ヽl,::;;;:::::/:::::;;:::::::::: //::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/〆"''""" ̄ /;;;//;

583名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:36:01 ID:AxM4l7Po0

           ,ノ        ,,   -‐
         /     _  -‐        /. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      ,/    ,  '´           ./:               \           Ⅰ案は更に一歩進めて
     /   ,/             /: :                \
    /  /             ./: : : :                   \         1門増の10門!!
    /  /.       __     ./: : : : : : .._         _      \
    l  ノ.       / .ヽ   l ; : : : : : :´⌒\,, ;、、、/⌒`         l       にもかかわらず反響が少ない
   / /        l.   ',   |: : : : : ;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::     |
  ./ /     .,-‐、 l _ _ }   .l: : : : : : ´"''",       "''"´        l        なぜだ!!
  ; /     ∠,,,,,.」 -‐、  !   \ : : : : . . (    j    )、       ,<´    _.
   !;_,, -‐''"", .-‐'⌒ヽT  l     \ : : : : :`ー-‐'´`ー-‐'′     /:::ヽ-‐'::´:::::::  ことに軍令部の態度が解せない
   ゞ-‐''"/   __ノ l   !     ./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,イ:::::::::::ヽ:::::::::::::::
     γ   / !      ',   /::::::::::`\: ``ー- -‐'"´   / /::::::::::::::::\::::::::::  彼らは砲力を重視するという
     ヽ   ´L_⊥ -―---' -<::::::::::::::::::::::ハ:\ : : :   _//´ ,'::::::::::::_::-‐:、\:::::
      l       i      ,)::::::::::::::::λ `‐-、_∠     l:::::::/::::::::::::::`:\:  日本海軍の伝統を忘れている
      ゝ   , -― ' ´ ̄ ̄  ̄ヽ:::::::::::::::/.ヽ   /:.:.:.:.λ   ィ::::::/:::::::::::::::::::::::::::
       ノl         _ ,イ:\:::::::::/! ヽ  .∧:.:.:./ ヽ ./ l:::/:::::::::::::::::::::::::::::::  君らはどう思うか!!
     /:::::!l、  _ -‐' ´ !:::::::::::::::::ヽ:::,' !  \! ..〉‐〈   ∨/l:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::
     /::::::l l \.´  !    j::::::::::::::::::::l:::l  ',    /:.:.:.',    / !::::::\:::::::::::::::::::::::::
    /::::::::! l        ノ:::::::::::::::::::::::l:l.  ',   ./:.:.:.:.:.',  /  λ:::::::::>::::::::::::::::::::

584名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:37:01 ID:AxM4l7Po0

┌───────────────────────────────┐
│ やる夫に促されて、止む無く江崎設計主任が代表格として応対した。   .│
└───────────────────────────────┘

    _____
   /:::::::::::::::::::::::::::.\          ……18インチ砲を採用したくらいですから、
  |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|
  | ノ   \  i:::::::|          伝統を忘れたわけではないでしょう
  |(─) (─ ) 〈::::::|
 (⌒(__人__)⌒:::: @)         でも、砲熕担当の第1部から時期的に間に合わないと
  |  |r┬-|  u  |
  \ `ー'´    /          突っ返されては、いくらメリットがあったとしても
 ,-- ゝーー ___/ /ゝ--、
イ / |.!、 _____ / ノ |   i       どうしようもないですよ……
| i  |,/(__)ヽ/   |   l

585TFR ◆IBMOSAtBIg:2012/06/26(火) 21:37:43 ID:dQflVbgU0
>>583
海軍は軍隊であって国営海戦ゲーム倶楽部ではないということですな。

586名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:38:05 ID:AxM4l7Po0

                            ___
                      _,, -''''" ̄´     ̄ ̄''ー ,,
                   ,..-'"゛                `'‐         そうだ、
                 /        _ -ー¬-、        \
                  /         /       `'‐        ヽ,      Ⅰ案を潰したのは第1部だ
            /            .,, / ̄ ̄ ̄ヽ   .、   .\.,_ ヽ
             /            ゛ ./    ●  ゝ   `  ′  `'-.ヽ    不可能だと決め込んでいる
            /              ヘ ヽ,         ,ノ  .,!    .___.'.!
            ,!                    `―――/  .丿    ! ● `.リ    勉強が足りんよ勉強が!!
        │                   -ー¬'        ゙弋___ 〉
            |                   l\  、            `'-、 "ヽ    軍令部も軍令部だ
         ヽ                  "`.ァ._.(               .l  |
          ヽ                | ゞ弋,,,、  ± -'、     .} !    第1部のいうなりになって
              \                 !`'''-、,.`'`-ニ二__'';;i__ソ  .!
             /\            | .、¬'''`-ニ―- ....二 /      |   Ⅰ案を積極的に推進しようとせん
      ._,,, ───/   `'-、          l ヽ、   .゙ ̄″.r‐./       !
  ._.. ー'"゛             `''-、、      \  ゙' ...,,___/ ./       ,./    やはり伝統を忘れてしまっているよ
''"                       `''ー..、    `'ー.____ノ    . /
                                       ... r''ヽ..,,、     伝統を!!
                                ̄ ̄ ̄ ̄         ゙    `゙''ー 、、
                                                `ヘ、

┌────────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は額に青筋を立ててまくし立てた。                                             ..│
│ 対空防禦の議論とは比べ物にならないほど用兵批判を繰り広げる彼は、やはり大艦巨砲の申し子だったのだ。 .....│
└────────────────────────────────────────────────┘

587名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:39:06 ID:AxM4l7Po0

                       ji      ィ
                      .j:|     /;!
           ,イ          j i     .i !             .゙ii,
           | i          / .|     | |.i             ./ !
           .| :i,  ゙ヾ;ヽ,    / //-ー''"゙゙゙'i,.i,.i,_     ._,、-‐    / i
           .| ゙i,   i, i,  .,/,//      ゙iヽヾ‐、, /./    / .,i
           .i,  ゙i、  ! レ'" i :i /       .i :| |  ン゙;/    /  /
           i゙i,  ゙ヽ i .!.|,  | i::!  ,,,,,,,__  ノ.ノ.| /./.∧,   ./  ./i
           | ヽ  ゙Y\',\,i, i;ヽ,/,r--, i ///-;シ ノ ゙i, ,/   /./     ……では議論も出尽くしましたので
           .i,  \ |  ヽ'ー\ヽ| i i~'i | レ'",-シ'゙ / /''゙    / /
            i、  .ヽト.、,/`゙フラiミ;'| :i、ニ, .! Li,,、r''ヾヽ/ノ゙  ,/ ./      本日はここで終了したいと思います
            i, .\, ゙i  ヽ/゙/-| .iiヾ、,,_ /i''L| i、.\ /゙´ /-‐'゙ ,イ 
            i、  ゙'';|  ;|,.ト, | .!''i,---シ''i'i,.|_i,゙i\j/  ./-;シ'//        問題が出るようでしたら
             .\, |  .:i,ヾ=i、!≡i、 ヽ, .≡='"ノ/  ////
               ゙'';i  . \,  -'゙ ゙ヽ |   ,ノ/  ./;/r'゙           また後日話し合いましょう
               /i,  .\ .゙i ヽ,  :|/ .r''ツ‐',,、' ./"T´
               / \\,i |  .,_  '゙  .| |、ノノ  /-イ
              /  /\_ |   `.゙´  | |゙ー'゙,/-‐'i
              / ,,,、/-‐゙、エ゙;i、,_  ´  .,、!,レ'´レ'i |, .i,          _
'ー-、,,,__        / | ____ ''''ヾ;i、,,、-‐'゙   /  .| ゙i,_,,i、、、--―'''''"゙゙´´
     `゙゙゙''''''―‐--、、..,|, レ'i i-''i i  :i |      i: .//:|'''゙゙゙´
               \, iヽ, i i,__,ィ.i :!      | i | :|
                \, i ゙'i ./'i; i |,     j /, ji:|,
''''''ー――――――-------- ゙i:|, :i、;‐;シi, i、,    ノ./t;;シ:|:ヽ,,、、---―''''''''''''''""゙
\                  ゙i;  .´.,、、, `゙''''''" /'ゞv‐,|::::i,
 \                 ゙i; :i゙i‐''i:Yつ.)  .〉,ニ //:|::::::i,
,  \             __,,,、、、-i ゙'  i,.i, .)i  i,゙ー;シ :!:::i;::L,,,,,____
゙ヽ,  \ __,,,,、、、---―''''"゙´     iミ;、,  ゙ヽ-'ニ'i//゙゙.ノ .ノ'゙゙i;::i    `゙゙゙'''''――
  .\  \              :i;;>,,、,   ノノ   .,ノ  i;|
,,_   \, \              i;/  ゙ヽ-、、、、、-‐゙    :i
 i    ゙ー-\        _,,、、-‐'"i;;             .ノヽ-、,,_

588名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:40:04 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 折をみて福田が散会を告げる。                                ......│
│ やる夫は最初に席を外して、相変わらずの降ったり止んだりの中を家路を急いだ。   │
│ 家では相変わらず妻が三時間おきの注射を続けていたからである。            .│
└─────────────────────────────────────┘


   \     _,,.:|;|:,,:--―------:..、_\   \     \
\   \;,.:'´ /  \    ̄`:ー-:.、  ̄`:‐-:.、\     \
  \,.::''´\/      \      `:ー-:.、/   \      \
..,;'´   / \      `i, ._,,,.:-‐'´ ̄`  \  \
\    /       _,.:―´'`           \        ううう……
  \ .i__,,;;-‐´ ̄ ̄||
_,:-‐"´!   \. .  ||                         各地の造船所では溶接が多用され、
   \       . _||_.
    \       l ⊃i     / ̄ ̄ ̄\            ベストだと信じるⅠ案は却下され、
      \     !、_ノ   / ._ノ  ヽ、_ \
\           ヽ||ヽ、/ o゚⌒   ⌒゚o .\         しかも妻の具合は思わしくないお
  \   \     . `||、 \    (__人__)  .  |
   \   \     || .\.ヽ、  ` ⌒´   . /         やる夫は最近不幸続きだお……
\   \       rJ|  ) .        ノ
  \     \    `''´ /     ("'`-‐'"ノ

589名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:41:08 ID:AxM4l7Po0
>>585
うわ、びっくりした。
まさに仰られるとおりです。

590名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:42:01 ID:AxM4l7Po0

       /               .ィ'   l        ……さて、やる夫が熱弁をふるったこの説明会、
      /             . -‐  ´ |    l 
     ,           /        |   l        聞いていればやる夫に、そして軍令部に
     |            ∠`ヽ         |    |
     |   l :|    /{りハ     __ |   ,'        欠けていた一つの大きな視点に気がつくわね
     |   | :|    /`¬′  / ィァャ、|  /
     |   | :|    /        ,  {りノ V:: /        それは増大する航空機の威力よ
     |   | :|  :/      丶   /: : /
      j :! ノイ|  :/    __      /: : /          以前少し話したけど、日本海軍でも既に
    /: :/  ハ :/ 、    -`    イ: : /
 ト- : : : /    :ハ|  \      ィ  l: :/           「航空主兵論」が台頭し始めていたの
 ` ー:/   :/      \_  イ | j:/
    /     {      /: :  j  \/            でも、それはまだ小さな勢力でしかなかったわ
   {: . {   \    {: : : .       \

591名無しのやる夫だお:2012/06/26(火) 21:42:34 ID:dQflVbgU0
>>589
うっかり茶々を入れてしまいました。申し訳ありません。

592名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:43:02 ID:AxM4l7Po0

/    `¨ //   |/    | 、       V   `¨¨´   }ノ
       / 〃 /l  lム  /ヘ{ム_ \  l|
       |/ | //| /ィ=t. |   ==ミh  l|            ええっと……確かそれは
       | イ /ヘNl fヒハヽ|   fヒハ Yl  /
          ゝ{いl 弋ツ    弋ツ lj/             既にアメリカでは戦艦に対する爆撃実験を
            `¨ハ""   '   ""ハ 
          ,、_ゝ  につ   / _              行っていたっていう話だよね……
         / }  |>、 _  ィ/´ / ̄`ヽ
          l   l  l_  l    / //    l          その頃は日本でも優秀な国産機が
          |  ∧  トミ  ーァ  //       |
          |    V¨ヽ `¨´V¨ヾ!       |          作られ始めていたんだよね?
          |    {しリー一{し久|       |

593名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:44:04 ID:AxM4l7Po0

               ´ ̄`丶  
           /        ヽ                           ,-、
                       ,.、-∧ ∧_    | ̄ ̄¨   ー----  /::|::゙l
               ,. ‐‐‐‐---- '"- l(゚Д゚#)゙゙゙ ー-l、             /::├::|
          |      /_ `.i;;;;;;;;;;`::::::::::::::::::::~ ー-----‐- ....__         /::::: |::::|
  ー--  ......___|    (  ) :|;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ` ー- ...__/:::::::├::| _......   -一・' " ̄ 冫
    ¨ ー-= __ ̄ ー-`、~ ノ;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __   - ‐・ ' " ¨ ̄    _..  -‐ '"´
          ¨ ー- ..._ヽ _;;;;;;;;;;ノ::::::::::::::::ニニニニニニ二 " ´´         _... -‐ '"´==‐
               ~  ー-'" :::_______      ___ =-‐・ "´-‐'"
                       ||__||...........ニニニ二 ,-┐       ゙O
            \     /l´  ̄ ̄           __....、__」
               -     `ー--―‐―一  ''''' " ¨ ̄
\_____________  ______________________/
                     ∨

   |/  /          /: : : : : : : : : : : : : :    ええ、この当時の日本海軍でも既に航空機は
   |   /         . . :´: : : : : : : : : : : : : : : :
   l /       . イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    確実に成長しつつあったわ
  /     . <: : : : :丶: : : : : : : : : : |: : : : : : :|: : :
./     イ/ィテ〒 \: : :\ : : : : : : :| : : : : : |: : :    96式艦上戦闘機、97式艦上攻撃機、
     /: : : \ ゞリ/  \: : l: : : : : : :| : : : : : l: : :
-‐  ´  |: : : : : }       ヽl: : : : : : : :!: : : : : : :l: : :    96式陸上攻撃機といった国産の優秀機が
     ヽ: : : :/         l: : : : : /: |: : : : : : :丶: :
       \: ー-、  _     |: : : : /l: :ト、: : : : : : : : :    開発されていたの
           \: └く._     |: : : / V }: : : : : : : : :
           ヽ: : : :\   |: : /ヽ  /: : :| : : : : : :   にもかかわらず軍令部はその威力を作戦に
           l: : : : : :iー |: :/   ヽ/: : :/. : : : : : :
                                  反映させようとはしなかったの

594名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:44:57 ID:AxM4l7Po0
>>591
全然かまわないですよ。書き込みは投下中でも歓迎です。

595名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:45:11 ID:AxM4l7Po0

: : : :丶. _                                  用兵思想の主流はあくまで艦対艦の
: : : : : : : : >  .
: : : : : : : :/ ̄了::>_、                           決戦だったわ
: : : : : : :/ \ {メ:::fり:::ハミ¬ー――――ァ――┬――――‐┬
: : : : : :/  ´ >=‐'         /ィテ〒ャj : : : : : : : : : :/    それを艦対空へ転換させるだけの実績は
: : : : :/                     {メ:fり:ノ|: : : : : : : : :/
: : : :/                    `冖"´/. : : : : : : : :/     航空主兵論者にもまだなかったのよ
: : ::'                /       /: : : : : : : : :/
: : :l      r _,         {         /: : : : : : : : :/       こうして艦対空の視点を欠いたまま戦争は始まり、
: : :l.       l\                /: : : : : : : : /
: : :| ヽ       ` ¬=-  _      /; : : : : : : /        そして航空脅威により多くの艦が喪われるの
: : :|   \        ー        /: :/: : : : :/

596名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:46:00 ID:AxM4l7Po0

            /: : : :       : :_:}: : ヽ
           /      . . . . . :ァ'´  {:   ヘ       後世やる夫が批判を受ける大きな問題は、
             / . . . : : : : : : : /    v: : . l
         /: : : : : : : : : : /- 、_,     v: : :l       この航空脅威を理解せずにあくまでも大艦巨砲に
            ,: : : : : : : : : :/テ示ミ    /ー-l : : l
           l: : : : : : : : : ハ {:り     示ミy: : :|      こだわったことね
           l: : : : : : : : ;' `     { {:り 小: :!
          、: :l: : : : :l           ; : /       今回出てきたもう一つの問題であるバイタル・パート
          ',: :|: : : : l     -‐ 、    /: /
           l :|: :l: : |      ´    イ: /        以外の非防禦部の脆弱性は、特に航空機の
       、_ ノ: :l:从 : | 丶、    /レj:/
         ` ーァ: /!: : :トj    >rイ: :{  |'         爆弾や魚雷による攻撃での脆さを残したわ
           /:::/: : : : : {       l: :}: : :`ヽ.
        _」::/: : : : :l: :ゝ._    V: :j: : : :ハ        大和型は全長に対する防御部の比率を60パーセントにまで
      /  {: :{: : : : ト- ' __,./`ヘj: : : :}: }
       /    ``ヒ:_: : :` ー// -  ト.: : ノノ `ヽ      圧縮してしまっていたから……
     |         ̄ /      |イ    |

597名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:47:03 ID:AxM4l7Po0

    __
   .'  ヽ`ヽ                   現に、シブヤン海で空襲を受けた「武蔵」は、艦首の
.  ! i 人 !
   )W゚ ‐゚ノ!|                   非バイタル・パート部分への浸水を止められずに沈没したのよ
   ソ)ル並ル'、
  (ソ[:工:]<)                  これは明らかに集中防御思想の限界を示すものよ
    ヒ!ヒ!



: : : ノ /l/     l    l      \/ ハ ゝ : : :
 ̄  / /     |  |     |\     V !   ̄
    l l   ∧  |\   |  \    | l          やる夫さんは優秀な設計者だったけど、
    | |   |ー\.l―\ l ー―\l  | |
    ♀ ゝ.  l/ハ心ト  ヽ{ イ心ハy|  / ♀          古い考えから逃れられなかったんだね
   り  l\ {℃ぅソ     ヒt℃。}/l り
       \l ゚     l       ゚l/             砲力だけにこだわって、将来の主戦力である
        ゝ          イ
       / \  ⌒ ⌒  / \             航空機の脅威を軽んずるなんて……
       /     l>   <l    \

598名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:48:00 ID:AxM4l7Po0

        / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ィ: :ハ
       /     -――――   ≠´ lー ハ      ただし、大和型の速力に関する誤解同様、
       / : : : : : : : : : : : : : >'´      l: : : :|
        l: : : : : : : : : : : : /、       |: : : :|      戦後において上記の欠点が過大に述べられている
        |: : : :l: : : : : : : /_、\     _」: : : :!
       V: : :|: : l: : : : ハヒナ`    二´ |: : : :|      事実もまた把握すべきね
       V : |: : | : : :/ `¨       {ヒナ↑: : /
       l: : l: : | : : l       { `¨ /| : /      対艦対空両用砲は性能が中途半端になる可能性もあるし、
       l: : ヽ: ! : : |          /: : /
    ゝ-‐' : : : j人: : :|    / )   /: : /        日本海軍は大和型の15.5cm3連装砲を高く評価していたわ
     \/: : : : : :l\:レ- 、 `  /| : /l/
        /:/: : :l: : :|/     Y´{  |:/          また、「武蔵」も沈没にいたるまでに
     /:/: : : :|: : :|     |:`ア′
      l: |: : : : l: : /        Vく            航空魚雷19発以上、爆弾20発以上と言われる命中弾を
     V{: : : /レi    ___ |: :}
       ヾ : //  | /   | ヽ〉ノ            受けていたことも忘れてはいけないわ
       ト{   くl     |/ \
      |`    |      |    ヽ          これは艦艇に施せる防御想定の限界を超えているわよ
        !     |      |     }

599名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:49:00 ID:AxM4l7Po0

                 ゚.ノヽ
                、-'   `;_' '
                (,(~ヽ'~      ┌─────────────────────────────┐
                i`'}       .. .│ 説明会からしばらく経った昭和10年(1935年)9月24日の未明、   ..│
                | i'         │                                           .│
             。/   !           │ 中心気圧953ミリバールの台風が九州の東南洋上に迫った。     │
            /},-'' ,,ノ          │                                           .│
         ‐-、/    i   .  ..     │ 台風はその後四国足摺岬付近に上陸、日本海へ抜けて        .│
    ,  ゛ 三 ミ   ,,-,/        .   │                                           .│
   ( ( (((`・ω・´))) ) )ノ           .│ やや勢力を弱めながら北海道西南部へ向った。           ....│
    ヾヽミ 三彡, ソ              ...│                                           .│
   / )ミ≡彡ノ              ..│ そしてさらに翌日にはもう一つの大型台風が出現したのだ。  .    │
   / (ミ 彡゛               ...└─────────────────────────────┘
   / \ゞ

600名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:50:07 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 台風の影響による悪天候の中、かねて海軍大演習のために臨時に編制されていた赤軍第4艦隊は、  .│
│ 9月25日、集結地の函館から津軽海峡を東方に向って出撃した。                         │
│ 艦隊は巡洋艦や空母、駆逐艦や潜水母艦「大鯨」を含む40隻以上で編制されており、            │
│ その中には特型駆逐艦も含まれていた。                                      .│
└────────────────────────────────────────────┘

     !       !       !  !     !       !       !  !
:  !   !  !     !: l   !   |  :  !   !  !     !: l   !   |  ! !!:
   !       !       !  !     !       !       !  !
   ! :l        !! : !!  ! !    :   ! :l        !! : !!  ! !    :  
 ! ,,、、! !: !  !  ! !  !    |!    !   ! !: !  !  ! !  !    |!    !| 
: ./  .`'i !  !     !: l   !  |   :  !   !  !     !: l   !  |   ! ! |
     .l  |    !  : :   ! | !! ! |!! !   |    !  : :   ! | !! ! |!
     .l    : !!  ! !    ! !  !       ! !  !    |!         _,, ー''"
      \ ! | |! !  ! |   ! |!! !   |!!  !:|! |! |  |! !        /
        |   !: l   | !   ! !  :  !   ! ! |   !: l   | ! /
     ヽ  `ヘ-ー−┷-ー−┷-┷-┷ --ーー--┻-ー┷ー┻-ーー--ー-- /
    .!  .\  `-、   _lnnl_   _lnml_            ,/゛    _..-
    !           ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄_.. ---..............,,r'"    , / -‐'"゛
           `゙゙゙^゙''''''''¬――-.... . .,.. -''″                       -'"
                     _..-‐'´     _
                      ‐'″      . /
                         ,/  ./
                             /    .,‐

601名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:51:03 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────────────┐
│ 9月26日早朝  下北半島東方100海里  赤軍第4艦隊旗艦  「足柄」   │
└────────────────────────────────┘


/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' /  / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: '  / ' / 
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /     / ,:'/,:     ' / ' / /    ,:'/
 :'/  /' / / ,:'/  /,: ' / /,  :'/  ,  :'/  /' /    / ,:'   /,: ' / ' /  
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/   |  / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / '   / /
,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: | ::| ,:' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / /  ,:'/,: ' / 
/' / / ,:'/,: ' / ' / /f! r| / ' / / ,  /' /    /  ,:'/,:  ' / ' / /   ,:'/
 :'/  /' / / ,:'/  ─士-T ,:'/,: '   ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / '   /
/,: ' / ' / / ,:'/,──┼r┴─f── / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,:  ' / ' 
,: ' / ' / / ,:'/,  :'/ ⊥レ== L、  : ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / /  ,:'/,: ' / 
 :'/  /' / / ,:'/──‐'f'´rz_f7r┴─‐   ,  :'/  /' / / ,:'/   ,: ' /    '  
/,: ' / ' / / ,:'/,  ̄`:}F-rrrrイ ┐ '/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' /  /   
/' / / ,:'/,: ' / ' ┬r=fコIIIコココ:::'┐ ' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / /  ,:'/,: ' 
 :'/  /' / / ,:'//,: <l::}‐「|┴─|::|::::ヒ‐        _,,.o、‐'◎‐、__    / ' /     /
/,: ' / ' / / ,:'/,  Fi^ョ|_i_。。。| ┤:::|    _,,..-‐''" ` ´ ̄ ヘL」:'/,: ' / ' /  / ,:'
 / / ,:'/,: ' / 'fΞヨ_r─rュl≧_r─‐Lrz-‐''"      .  ,/ ル'´ / / ,:'/,: '  / ' / 
/' / / ,:'/-、γ´77r‐┼-‐''コ_Lコ_,,.-‐''"            l /    ' / ' / /    ,:'/
 :'/  /' rに二lコ:〃_fヨョ、二ニ /              !/   / ,:'   /,: ' / ' /  
/,: ' /,rイゝ-!二コ___,,,...--='''へ               /' / / ,:'/,: ' / '   / / 
,:'/,  「 ̄ ̄ ̄ ´                       // ' / / ,:' / /  ,:'/,: ' / '
/' /│    .                        │  /  ,:'/,:  ' / ' / /   ,:'
─‐│___                 , ヘ、_ ,.、rvv、、─────────────
/,: ' / ' /  ̄"""'''''''''──----    ′_,.、,.、,_  ヾ.,.、

602名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:52:00 ID:AxM4l7Po0

           _,,. ---――,- ,
       ,. - '´        | `' 、              司令長官、中央気象台の
     ,. '´           !    \
    , '             /     ヽ            警戒情報を受信しました
.   /        _,. --,.-、'''ヽ、     ヽ
  /    ,. - '' "   .( ー! |-'l‐ ,     !          現在この一帯に暴風警報が出ており、
  ,'    ,.'  _,. -― '' " `ー--く,,_ \   !
  !   /r'l,´-‐ ''"  ̄ ̄ `" '' ‐- 、,_-、! , '           千葉県犬吠埼東方150海里を
  ヽ  /,. '´!, ̄〃""''''=;,'''''' ―;;=、-``!ニ
   ヽ_r'‐; ,! " r‐‐ゥ、     "_  `'、`iー`           北上中の大型台風があるということです
    ,'r'7 `l    ̄ ̄   .l `‐゙'  ,| |
    !,! !z, |         ヽ   |. |             これは艦隊の現在の位置から右方におよそ
     ゞ ' ,ゝ        , r'    .|r,|
    ヾ,-/     ____ .    || ,!             200海里ほどしか離れていないことになります
     |、!,     `` ''――`'    |r'
     | `'-、        ̄    .,r'
     |   `‐ 、       ,. '.l
    _,,..!、     `、‐,---‐ ',、 /

603名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:53:00 ID:AxM4l7Po0

               _,.-――-、___
            ,.-''":::::::::::::::::::´:::::::::::::`''ー- 、          ふむ、予報のあった第二の大型台風だな
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ヽ::ヽ、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::`:::ヽ        第一の台風の影響は既に過ぎ去ったが、
          i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::!::::::::::::::::::::::::!
     i    ,l::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::l::/::::; イ:::::l:!::::::::::::::::l       このままでは艦隊は台風を突っ切ることに
      l'、___ノ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::i:::l:!:::/_ ゙;::ノl::/::::::::::::j
   __ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::l:::{r;‐;㍍;!/: /::/;イ:;'       なってしまうな……
  (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::;:::::;::;:', ̄  !::/、/j/ ll
.   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::;::ヾヾ、  j/::ヽ'、 /         今から反転して台風を避けようとしても遅い
  _ノ::::::::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::;、゙、  , -;=‐;ニァ;-、_
 ̄::::::::::::;:-''´ ヽ、:::::::、:::::::::::::::::::、::、::::、ヾヽr'_ノ_,ノ/ , -‐'、      止むを得ん、我々主力艦隊はこのまま
::::::::::::/      `ヽ、::ヽ:::::::::::`r−;'i"::::∨ `  `"´, -― ヽ_
::::::/          `ヾ、;:::::::::::`ヾ `7´ ̄ ̄`ヽ,   ̄`ヽ ヽヽ   南南東に進み台風の中心を突っ切る
/      _,.      ヽ::::i::::::::::∨       ヽ  、 ∨  }
  ,.−ニ_ ´        l ゙l:::l:::::i:::::j        厂 ̄l゙-'  l    水雷戦隊は我々の東方100海里先にいる
 ̄7  `丶、` ー      | ハ::l;::::i:::/        j   ヽ  !
  !      `ー- 、    lメ j/l:::;::/       //    ヽ {    小型艦ばかりだが、中心から100海里離れていれば
  {           ̄`ヾ、`ヽ j;イ/       /´!      ヽヽ
  ヽ        ー- 、 }, /´/       / ヽl       } }   左程風雨も強くないはずだ

松下元(まつした はじめ、1884年8月10日 - 1953年12月1日)海軍中将。
当時舞鶴鎮守府司令長官で、臨時編制の赤軍第4艦隊司令長官。

604名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:54:00 ID:AxM4l7Po0

    /    ,,-‐′       ___..-------....__       `''-、    ゙ 、
  _/    ../      _,,--‐""´          `゙゙''ー-..__     ゙' 、    ゙\
 r'´   /´     _..‐'"                    `゙'‐..、    `' 、    ヽ、
/   _/     ../            __            ゙ー 、   \、   ゝ
  _/     /        __..-ー'''' ̄ ̄ ̄"゙゙'''‐--.._        `\    ゙ 、   ゙ 、
 ,r′    /       _..-''"              `゙'-、        ゙ 、    ゝ
丿     /      _/                   `' 、       ` 、   丶
′    /′     _/                      \、      丶   ヽ
    /′     /′         __......-....,,__          ヘ       ヽ   ヽ
    /      ./         _..‐'"     `゙゙‐ 、         ヽ      ヽ   1
   ,'      ./        /           ヾ、       ヘ       '、   ヽ
   │     l′       /              ゙、       1      1
   ||      1        |      ..‐''ー 、     ゝ       │      ||
   1      l        {      〔   〕     ||       l|      ||
   |!      1        '、     `ー-‐′     l       │      {
   │     '、       ヘ             /′      ,'       ,'
   '、     '、        ゙ゝ、         _/        ,'       /
    '、     ヽ         `ー..,,_  ___,,..-''′        ノ′      l    丿
    丶      ヽ、            ̄ ̄´           ノ       丿    l
     ヘ       \                       /       丿    /
、     \       ゙' 、_                   _..‐′      ,/    /
丶      ゙ゝ        `'‐..__              _..-''´        /    丿
  ゝ     \、        `゙'ー-...._______..--‐"         _/    /   、
   \      ゙' 、_             ̄             _../    ,/   /
\  `' 、      ゙゙‐.._                      _..-'′    /   /
 ヽ、  ゙゙ 、       ゙'''-..,,__              __..-‐'"      _/   _/
   ゙\   `'‐、_        "'''‐ー----........-..--一‐""       ,..‐'´   /
    `' 、_   ゙''-、_                        _..-''"    ,,/
      `ヽ、    ``ー-..__                _,,..-‐'"    _..‐"

┌────────────────────────────────────┐
│ ところがこの台風は、中心気圧957ミリバール、暴風圏内は150海里まで広がり、  ....│
│ 中心最大風速は秒速25メートルに達していた。                      ....│
│ しかもこの台風は時速70〜80キロという高速で進行しており、台風の右側は    ......│
│ その固有風速と進行速度が重なって毎秒40メートル以上の風となったのだ。      │
│ こうして台風の右側100海里を突っ切った水雷戦隊は、平均風速35メートル、      .│
│ 最大風速が実に55メートルに達する猛烈な風浪の中に飛び込んだのだ。      .....│
└────────────────────────────────────┘

605名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:55:00 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────────────────┐
│ 高さ15メートル以上の巨大な三角波が次々と駆逐艦を襲った。             ..│
│ 各艦は三角波の斜面にのし上がり、次の瞬間、前のめりの姿で怒涛に突っ込んで   │
│ 艦首を思い切り強打された。                                  │
│ 各艦とも抵抗のすべもなく、強大な自然のなすがままにされたのである。         │
└────────────────────────────────────┘


          ._y-、                                    ,-'、       ,,-、
     .i--、;;- ゙‐'~゛   /'i      i''ッ     ,l''i            _       / ,i′      ./ /
      . ̄./ ,i′ <./ .,ニゝ .〈ニ"",,ニゝ 〈ニ"",,ニゝ .l二二ニニニ‐ .{゙,'.{,/ノ.ゝ    / /        ,i'./
 ...... .i;;;;;;ニ彡′ ,,∠> !   ,,∠>/   ,,∠∧/           _..;;/    , !'゛       .,./" ......:....
 ...:: ..::::::::::... ........::::::::.ゝ'"     `ー′    .゙ー"          '!'"´     〈./        .,',,ノ:::.. ::.....:::
 :::::::... ...::::::::::::::::.....::..:::::..::::::::......::::..。   ....:::::.....:::::..::...:::::::.....::::::: .....:::::::........:::::::........:::::::........::::::  :::::::... ...::::::...:
. ......:::::::........:  ::::::........:::::::........::::::::::::.....::::::::::::::...:::::::...::.........:::::::::::::::::........:::::::... .....:::::::... .....:::::::... ....::::::.........::::::.::::
.:::::.   ...:::::::..... ...:::::::..... ...:::::::::::::...。 ......::::..。。 。 ....。...・。.........。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::......::::::::::::::::.:::。
  ....:::::.....:::::..::...:::::::.....::::::: ...:::: .......゚....。 ,,,。〜''゚ ゛・〜。~~゛〜:,,,,〜〜 .....:::::::... .....:::::::... ::  ...:::::::::..........::
      |     ,|_,,,..  ....:::::..... .......。..。......゚....。 ,,。,,・〜゚^^~. . .: : :..~^^゚〜.。.... 。.... . ..:::::.....::....゚......。..。.:::
  _,ュヨ=!rュ.ヘェヘifユr~'―r.::::.. . ....。 ....。  ・,,,,。〜:^~^          . . ~^^゚〜〜~゚^〜〜: :..    .
"'^`~゙゚"'^`~゙゚"'^`~゙゚"'^`~゙゚"'^`^`~゙゚"'~〜〜゚^^~           : :. . . . .     ..: : :. . . . .   "'^`~゙゚"'^`

606名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:56:01 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 14時30分に主力艦隊は台風の中心に突入するが、この頃から猛烈な三角波が繰り返し    .│
│ 各艦を襲った。                                                │
│ このため空母「鳳翔」は波に飛行甲板前端部を叩き潰され、艦橋からの視界が確保できず   .│
│ 操艦が艦橋から出来なくなった。                                      │
│ そしてそれから各艦に風浪による損害が次々と発生するのである。               ......│
└────────────────────────────────────────┘


                          .. /⌒i
                        _,,..、 .|  / ,..-、          /`l _
                         l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉
                        |  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'                _,,..、       ,..、
                         .|  し''´ 」    . l  ._‐t  .|   '                  ヽ `ー、    / ア
                        .|  ,,.-''´      ヽ┘ l  /      r‐、,,,-----――-、   ヽ、  'l  / /
                          | .|                !  l       `――''''''''''''''''''''′    `ー',/  /
                          ..l、_ノ        、 .__/  l                       /  /´
                                  | ̄  __,l                     「  /
                                  └-...‐''゙ .                     `''"
           つっっつっつ゚
        __っ゚ー=っ。つ つ。っっつ  
     ,,r'"~  __。つっっつつ゚っっつ。    
    /    ,,r'"彡三。ヽ っ。つ っ。つ          _i_      _i_                _i_~   _i_  
  /  //彡≡≡ミミ   っ。つ。っ            |     ,|                   |    | 
/  /////   ヾヾヾ っ。っっっつ      rェュー┴―rュ―┴―r !!ュ――r !!ュ――r !!ュ┴――┴―――r!ュ‐r!ュ┬┬ーi‐-、
//////     ヾヾヾヾっっ。っ :;、_     `! ̄::::~ ̄:: ̄!! ̄:::=:|_::::|Ξ「ュ:|_::::|ニ¬:|_::::|「ii ̄「ii ̄:::||iII[≡]|-「~|:iii|:|」" ,,| ュ。
/////////       i i i彡っっ。つ゚ ヽ゚` ̄` ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''ー'' ̄ ̄''ー'' ̄ ̄''ー'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄|
///////// / 彡彡ミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡
///////////彡彡 ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ ≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ彡彡ミミ彡ミ
i i i i i i i i i 彡彡ミ彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミ 彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡彡彡ミミ彡彡ミ彡

607名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:57:39 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│ 16時2分、特型駆逐艦「夕霧」は三角波の中に艦首全体が突っ込んだかと思うと、ものすごい衝撃とともに       │
│ 艦橋直前から前方の船体を引きちぎられてしまった。                                       .│
│ 更に17時25分、「初雪」は右舷前方に大波を受けカッターを海中に攫われ、その後大型の三角波に突き当たり、   │
│ 「夕霧」と同様に艦橋直前の部分で船体が鋸で引き切った様に切断された。                       ......│
│ 両艦の船首はそれぞれ20数名の乗員を乗せたまま流されていったのである。                      .. ..│
└─────────────────────────────────────────────────┘


/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:' ,           ._,,、,,:' ' / ' /  /   ,: ' /  /   ,:
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / /  ,:'/,.厂 ゙}' / / /  ,:'/,: ' / /  ,:'/,: ' /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / /''''l .,-lヘ. /''''l .,-lヘ /''''l .,-lヘ. / ,:'/,: ' / .}  .ノ / ,: ' /    '  : ' /    '  /
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /|  |,,_ ヽシ┘.|  |,,_ ヽシ┘|  |,,_ ヽシ┘ /' / / ,:' } :},:' ' / ' /  /   ,: ' /  /   ,:
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  |  ゛`゙''ー、,、.|  ゛`゙''ー、,、|  ゛`゙''ー、,、/ ' / /   } ノ / ' / / /  ,:'/,: ' / /  ,:'/,: ' /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / l゙  |゙゙''-、,_/.l゙  |゙゙''-、,_/ l゙  |゙゙''-、,_/L」L」/ /   )| / ,:' / ' /     。  。   ' / ' /
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /|  |    ..|  |   ` |  |    ..   / /   /⌒'<  ' / ' / ゚とっとっっとっ。   / / 
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' ―″    .―″    ―″       //   .\,ノ '   とっっ。と と。っ==ー゚/ ' / 
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /     / ,:'/,: __l]_    ,: ' /    '  /     。とっっ゚ととっっとっ。__
 :'/  /' / / ,:'/  /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /    /l     / ' /  /   ,:'   と。っ と。っ ,r'。三三ミ_゛'r,,    
/,: ' / ' / / ,:'/,  :|  / ' / /     __,,,    __,,,, /-l]-ュ   / /  ,:'/,: ' /  ととっ。と。っ   ミミ≡≡≡ミ_\\
,:'/,  :'/  /' / / ,:'_|_ ,:'/,  :'/      「ーr┤   |   |' 「rェェェ'ュ / ' /     / ,  っっっ。っ ッッッ     \\\\
/' / / ,:'/,: ' / ' / | / ' / / ,:     |ーr┤   |   |'Tフ左三{ , / ' /  / ,:'   っ。っ。っっッッッッ       \\\
 :'/  /' / ___r'´ ̄「''''l______ rz    /三トイ-‐ァ‐ァ‐-、L」:::」Xュ/巡l^lrr[ ̄`ュ===o   _  っ゚と。っっミ_i i i         \\\
/,r、,、  -‐l´ ̄lT ̄`「´ Y-=Y‐=Γlニl ヘ冊lヽ‐ 'ー'三ノ r-----‐‐====ニ-----‐‐‐‐‐'   。っ と。。っミ_ミ_===ミミミ_ミ_ ゙ヽヽヽ
 r-‐''''''""¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄キ ̄ユ ̄ツ ̄ハ ̄フノ⌒                    ≡。っ と。ミ_≡≡≡ ミミミ_ミ_゙ヾヾヾ
´``゛゜ ''´'';:;''ー'',:;ー''´;'"-、,-、;;..、、,,;;;ー-:;_;_,;-;,-;;.、、,,;ー -、;;.,.、,,-、,-;''ー-:;_;_,;-;,ー-;;.'';、,,-、; -;;.''‐_ミ_≡ミミ_。ミ_⊃ミミミ_ミ_ミミミ_ミ_ヾヾヾ
"`";,,'''"':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`' ' -.,~'ー-ミ_三三三三ミミミ_ミ_三。っっと゚ッッッ

608名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 21:59:00 ID:AxM4l7Po0

         ,,.. -r――-- ..,_
      ,. ‐'´   !        `"' ‐- .,
.    /      ',            ` ー 、
    (      _',,,,, _            ヽ
    `'ー.、-‐ '" r'_,ゝZ,_ヽ ̄ " ''ー-- ..,_   ., -'       大変です長官!!
      l、_   ヽ.7,,), ィ         `iー'´
.       /'ー`ニ''_ー――――― _'',)]コi-'、          主力部隊、水雷戦隊の各艦から
     /、      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_,r'i,´ .,.ニ!
     i l`!ーr、テ,-----‐r、-;ニ,´ ` .!, .!'ヽl          風浪により被害を受けたとの
     {'! l    ̄ i  `ー  ` ´    .}ノィ!.〃
     く. !     ,'       u 〈彡!'/           報告が次々入ってきています!!
        `!    、  ,,        i, /'
        ヽ   _,,`_´_,,,,_      i',イ           「夕霧」「初春」の二艦は艦首を失った模様!!
       l`' 、 ´  ー   `   ., ‐'´ .!
  _,,.. -‐ '"゙',  ヽ,         , '"  ,. ‐'`'ー- ..,_
'"´       ヽ  i.、, __ ,.,-r'´  /       `'
    _    \ i`>!l l´i ァ  , '´
‐ '"´  !     ヽ'! l.!.!/ィ./      , ..,,_
      ,'       >‐'、'´       /   ` '‐ 、,
     ,'     /    ヽ        /

609名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:00:00 ID:AxM4l7Po0

   !:/::::/::::::::::::::::l:::::::/:::::::::::::::::::::::: /L__\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::;::'::::::::::::::::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::/   ̄ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::/:::::::::::::::::::::::!::::::!::::::::::::::::::|:::::!      ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    何ということだ……
  /::;イ:::::::::::::::::::::::::!:::::l:::::::::::::::::::l:::l'       ';:l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |:/ !::::::::::::::::::::::::::':;:::゙r;:::::::::::::::::l;::!      __リ '!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   各艦に通達!!
  l:!. |:::::::::::::::::::::::::::::゙r、lヽ::::::::::::::ハ! __,,..-;:=ニ''"´ !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  l:! ';!:::::::::::::::::':;::::::::l弍'、',:::::::::::l /-‐''",.ィ"テTア|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    進路150度に変更!!
  ';!  `ヽ:::::::::::::::ヽ::::|r-tテミ、::::::::',   −'‐''"´  !::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l'
      ';::::::::::::ヽ::';::'、`ゞ'"´\:::::',          /::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l'     速力9kt!!
      ';::::::::::::::'、:':;:ヽ   /::::\:'、       ノ:;::':::::::/::::;:-―::::::::::::::::::::::::l' /
       ';::::::::::::::::ヾ、'`、 /:::::::::::`ヾ、  _//:::;:-7;:-''::::::::::::::::::::::::::::::::::l' /    艦を風の方向から
       }::::::::::::::/::::::T`        _ブ;:‐''"´/:::::::::::::::::::::;: イ::::::::::::::::|/
       |:::::::::::::l!:::::::::ト, ヽ _     '"´   /:::::::::::::::::;:-'" /:::::::::::::::::j′    20度くらいに保つように 
       |::::::::::::ハ:::::::::| ゙r、 r――;:=‐  /:::::::::::::;:‐ 7  __/:::::::::::::::::/
       l::::::::::;' ';:::::::! .l:::ト、` ニ´   /::::::::;:-''´ /_;:ニ‐/:::::::::::::::::/       何とか進路を維持せよ!!
       ';:::::::::l  ヽ::::l ';::!. ヽ    /:::;:‐''´ _;:ニニ'"__,.ノ::::::::::::::::::/
        ';:::::::l   ヽ:'、 `  '、 /-''" _;:ニ;:=‐'"´::::::::::::::::::::::::::/       第4水雷戦隊の旗艦「那珂」に命じて
        ヽ:::|    ` `    メ、___,.ィ∠‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ヽ!             f'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        他の駆逐艦と連絡を取りつつ
          `            j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                r、___,.‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         損傷艦を監視させるように!!
                `''ーァ―‐''´:::::::::;: -――――――‐l

610名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:01:00 ID:AxM4l7Po0

┌───────────────────────────────────────┐
│ しかしその日一日は風浪ともに激しく、とても損傷艦の救助作業は行えなかった。         │
│ ようやく翌27日の夜明け前に第5戦隊の巡洋艦が近くに到着し、日の出を待って巡洋艦が    │
│ 二隻の遭難艦を艦尾から逆に曳航して大湊に向った。                       ...│
└───────────────────────────────────────┘

                                                 ┼
                                               ─┼─
                        ┼                             |', .ェ_
                        |                 i;;;;;i        i;;;;;;i  |.',.|ニ|ュ__
                        |                l二l        ',二', .|X||二i ョョョ|
               ━i゙゙ ゙゙̄l.|π., -−-.、ュ.,-−-、┌幵┐l二l 日,-−-、{~ヽ ',.|X|: ::. :|
         ━i゙゙ ゙゙̄l_| ̄ ̄ ̄ ̄]≡三≡ |¨|≡三≡|弋三フユユ匚i≡三≡i |.丿 ┴──┴‐ゝ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄キ ̄ユ ̄ツ ̄ハ ̄ ̄ ̄         《
''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,"´ ''""" "´ ;:'""",,;"´"",," ''""" "´"´ ''""" "´ ;:'""",,;"´"",,"´"´
                 〜     〜      〜      〜   〜    

艦首を切断した駆逐艦「夕霧」
ttp://nagamochi.info/src/up111301.jpg

611名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:01:42 ID:AxM4l7Po0
>>610貼り直し。


┌───────────────────────────────────────┐
│ しかしその日一日は風浪ともに激しく、とても損傷艦の救助作業は行えなかった。        │
│ ようやく翌27日の夜明け前に第5戦隊の巡洋艦が近くに到着し、日の出を待って巡洋艦が   │
│ 二隻の遭難艦を艦尾から逆に曳航して大湊に向った。                      ...│
└───────────────────────────────────────┘

                                                 ┼
                                               ─┼─
                        ┼                             |', .ェ_
                        |                 i;;;;;i        i;;;;;;i  |.',.|ニ|ュ__
                        |                l二l        ',二', .|X||二i ョョョ|
               ━i゙゙ ゙゙̄l.|π., -−-.、ュ.,-−-、┌幵┐l二l 日,-−-、{~ヽ ',.|X|: ::. :|
         ━i゙゙ ゙゙̄l_| ̄ ̄ ̄ ̄]≡三≡ |¨|≡三≡|弋三フユユ匚i≡三≡i |.丿 ┴──┴‐ゝ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄キ ̄ユ ̄ツ ̄ハ ̄ ̄ ̄         《
''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,"´ ''""" "´ ;:'""",,;"´"",," ''""" "´"´ ''""" "´ ;:'""",,;"´"",,"´"´
                 〜     〜      〜      〜   〜    

艦首を切断した駆逐艦「夕霧」
ttp://nagamochi.info/src/up111301.jpg

612名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:02:02 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 一方、切断された二艦の艦首もその日の昼近くに相次いで発見され、曳航の準備が始まった。      │
│ しかし、以前うねりの残る海上での曳航作業は困難を極め、渡したワイヤーも次々と切れてしまった。   .│
│ そして28日の9時20分、「夕霧」の艦首は遂に乗組員もろとも水面下に没した。               ....│
└────────────────────────────────────────────┘

         ,,.. -r――-- ..,_
      ,. ‐'´   !        `"' ‐- .,
.    /      ',            ` ー 、
    (      _',,,,, _            ヽ      長官……
    `'ー.、-‐ '" r'_,ゝZ,_ヽ ̄ " ''ー-- ..,_   ., -'
      l、_   ヽ.7,,), ィ         `iー'´        残る「初雪」の艦首部分ですが、
.       /'ー`ニ''_ー――――― _'',)]コi-'、
     /、      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_,r'i,´ .,.ニ!         巡洋艦「那智」に命じて曳航させているものの
     i l`!ーr、テ,-----‐r、-;ニ,´ ` .!, .!'ヽl
     {'! l    ̄ i  `ー  ` ´    .}ノィ!.〃         浸水量が多く曳航が非常に難しくなっています
     く. !     ,'         〈彡!'/
        `!    、  ,,        i, /'          このままでは……
        ヽ   _,,`_´_,,,,_      i',イ
       l`' 、 ´  ー   `   ., ‐'´ .!
  _,,.. -‐ '"゙',  ヽ,         , '"  ,. ‐'`'ー- ..,_
'"´       ヽ  i.、, __ ,.,-r'´  /       `'
    _    \ i`>!l l´i ァ  , '´
‐ '"´  !     ヽ'! l.!.!/ィ./      , ..,,_
      ,'       >‐'、'´       /   ` '‐ 、,
     ,'     /    ヽ        /

613名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:03:02 ID:AxM4l7Po0

              _,,..../::::::::::::::::::::.:.丶、
             /::::::::::::、::::::::::.ヽ::::::. ::::`ニ:= '
                j::::::::::ト、:ヽ、:::::::};ト、:::::::、:::...`ヽ
                 j:::::::::::', rz;ミヽ:::l,z‐ヽ::::;ヽー- ヽ     、         分かっている……
             {:::::::::::::ヽ ̄ ∨,ゞ゙イ::::::丶、_  `   }i
                 ';:{ヽ、ヽ::ヽ _..  ,1:::::::: :.. :::` ー--‐'丿
            ノ::`‐;、``゙`   ‐` /ノ::::::::::. :. :::::::::::::::... ̄`ヽ、      艦首部にはまだ人が
           /:::::::::::ヽ` ‐-_、....∠- 、::::::::::::... ::::::::::::::::::::::::::::...::ヽ
         ‐ ' イ::::{:::::::「ニ,Tr‐{ : : : l   ';::::::::::::::::::::::::::::::r'" ̄`ヽ:::',     残っているかもしれないが
           /;l::rTヽ'、l .|.!.l.| : : :l  '、:::::::::::::::::::::::::::{      ヽ:}
            ''´}:j | : l`」_j」」.」: : : : l   ` −―--- 、_ヽ、    ノ′   それよりも艦首にある士官室の
         _ ‐ '´`ノ: : v_ニ┘j: : : : :丶           / ヽ\
      ,.-''´   /: : :,イ   ∧: : : : : : `-‐ : : : ̄ ̄: : : : :ト、ヽ      機密暗号書を処分しなければならない
     ∧__/ : : //    / ヽ: : : : : :_  -‐ 7: : : : : :!  `ヽ
      {: ___: : : : {  {   {  /: : : : /       /: : : : ヽj         曳航が不可能と判断した場合
     l: {   |: : : :|  l   l  /: : : : /      /: : : : : : :{
       ',ヽ  |: : :l  !   l' / : : : /         {: : : : : : : ヽ       「初雪」の艦首は砲撃で
        }: :ヽ |: : :l l   l /: : : :/       ヽ: : : : : : : }
       .{ : : }  'l: : : l.|   l./: : : :/        ∧: : : : : : :',       処分するように……
     |: : |  l: : :∨  /': : : :/         / '; : : : : : : ',
       j: : : l.  }: : /   { : : : /         /.   '; : : : : : : ',

614名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:04:01 ID:AxM4l7Po0

            `   ヾ   、    '   ,   '   `   .
        `  ヾ   、    '   ,   '   `   、 ′ 。   `   '  、
   、  `  ヾ  、 ` ヾ 、  ' , ' ` 、′。 `  ' 、 . 、 ′ 。 . ,   '
 '  ' ヾ 、 ヾ、 `、 . '`、′。.・`; '、.・. '`、′。.、′。.・`; '、. `  ' 、
。 . ` ;   ' 、 '、′' . '、′' ・. '、ヾ 、` ;人. /;′。.・"; '、.・" 、 ′。 ` '、.
' 、 ′'、′'  、`' . 'ヾ `、ヾ 、`、,,  ',. '`、′。.・`; '、.`; '、.・" 、 ′" 。 . `
. '`、′。.・`; '、.、ヾ 、` ヾ・、 ', :  :  :,' , ', ,' '`、′。.・`; '、.・。 ` '、.
 '、′' . '、′' ・. ' 、,,  ',`  :   ::  :   :  ::  : /;′。.・"; '、.・" ` '、.
'、′'  、`' . 'ヾ `、ヾ 、` :  :   :      :   :   :, : /. '`、′。.・`; '、.・
、′' ・.'、ヾ 、` .\  、 `                    ," ´, ′( /:′。.・"; '
. '・.. '・、`ヽ `、  、                       ,  ,' ', _,. - '. '`、′。.
   `ヾ\'i,  ` 、                           ,  ', ,i '/,′",//
  \.`ヾ\ ,,)`   、                        , ' , ',  ´( / 〃´,. '
    `ヾ\'i,  `                          ,  ', ,i ’/,′",//
     \、ヾ \                            /, 〃, 〃/
     `ヾ\'i,                              ´/,. ',〃/
       \、ヾ                           ,/〃´,. '
        、`ヾ、                         ,〃´/,. '

┌─────────────────────────────────────────────┐
│「初雪」の艦首は曳航不可能と判断され、同日17時10分、内部の乗組員共々「那智」の砲撃で処分された。 ...│
│こうして、競い立った大演習は見るも哀れな閉幕となったのである。                         │
└─────────────────────────────────────────────┘

615名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:05:00 ID:AxM4l7Po0

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 艦首を失った二艦は最寄の大湊軍港に曳航され、残りの損傷艦は横須賀に向った。              ...│
│ そして、大湊にはたまたま技術審判官として大湊軍港の青軍に派遣されていた牧野少佐がいたのである。 ....│
│ 彼は艦首を失った無残な船体を目の当たりにすることになった。                            .│
└──────────────────────────────────────────────┘


                                                 ┼
                                               ─┼─
                        ┼                             |', .ェ_
                        |                 i;;;;;i        i;;;;;;i  |.',.|ニ|ュ__
                        |                l二l        ',二', .|X||二i ョョョ|
               ━i゙゙ ゙゙̄l.|π., -−-.、ュ.,-−-、┌幵┐l二l 日,-−-、{~ヽ ',.|X|: ::. :|
         ━i゙゙ ゙゙̄l_| ̄ ̄ ̄ ̄]≡三≡ |¨|≡三≡|弋三フユユ匚i≡三≡i |.丿 ┴──┴‐ゝ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄キ ̄ユ ̄ツ ̄ハ ̄ ̄ ̄         《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         「夕霧」「初春」の二艦とも俺が補強工事を進言して無視された
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)        特型駆逐艦だ
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l       だから俺のいうことを聞いていればよかったんだJK……
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く        「自然は技術者に協調せず」だな……
   /     ヽ \

616名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:06:00 ID:AxM4l7Po0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 艦首切断という異常事は、1年半前の友鶴事件をもしのぐ衝撃を海軍当局に与えた。    .│
│ 事件から5日後の10月1日、早速野村吉三郎大将を長とする査問委員会が組織され、  ...│
│ 10月10日から東京水交社で原因の徹底的究明に当たった。                   │
└──────────────────────────────────────┘


             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_ |;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::iニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::i ニ|::::|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''

617名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:07:00 ID:AxM4l7Po0

          /^l
 ,―-y'"'~"~"~゙´  |        さて、ここでまた査問委員会のもっさりさんが
 ヽ   ´ ∀ `  ゙':
 ミ           ゙':       今回の事件の原因について
 ゙, つ      と ''ミ
 ミ.           ;:'       考察してみるモサ
 ';  .        彡
  し~"""""""""ヽJ        まずは被害状況のおさらいモサ


○駆逐艦 初雪・夕霧:艦橋付近で艦体が切断
○駆逐艦 睦月・菊月・三日月・朝風:艦橋大破
○航空母艦 鳳翔:飛行甲板前部圧壊
○航空母艦 龍驤:艦橋前面破壊
○その他巡洋艦・潜水母艦・駆逐艦多数に外板のしわが発生
○初雪・夕霧の切断された艦首等にて殉難者54名

618名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:08:01 ID:AxM4l7Po0

   ,// / ヽ ヽ\     i
   / /  i   i  ヽ ヽ     i    i
  ん-、 へ、,ヘ、 ∧,ノ         i
     `´ ii|   `´  i
       ii|;"ヾ,                       このような損傷が発生した原因は二つモサ
       ;゙ii|  "\
      ; ii|   "ヾ'"'~"゙ヾ'y─''"' ''';;     i      まずは今回の事件の際に発生した三角波が、
      ミ ii|  ´ ∀  丶     /
      ゙ミ; ii|             ソ;゙            「那智」の観測で波高13〜14m、波長120メートルで
       ミ と,, ,     , ,,  彡        ミ
       ゙;       U    シ               波高波長比が9、すなわち波高が波長の9分の1という
      ミ            ジ      ミ
      ミ           ;ミ               従来想定していなかった大波に成長していたことモサ
      ゙ミ           ミ;,         ミ
       'ミ、   ,_, ,,;; ;;シ ;;               ちなみに従来は波高波長比がを20程度と見込んでいたモサ
          ∪  _∪
      ⊂  ̄  ̄ └┘  ̄  ̄ ⊃     ミ 
       |___  ̄ ̄ ̄___|
        \         ,/        
         \.  ̄ ̄ ̄ /    ミ
          \   /   ミ       
             .Y           ミ

619名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:09:06 ID:AxM4l7Po0

                /^l               また、台風の左側後半面には波浪階級10以上、
         ,―-y'"'~"゙´  |
         ヽ;    ´ ∀`ミ               波高15m以上の大きな三角波が連続発生する
          ミ  ヾ q  ミ;.,
          ミ ゙ .,_,)⊆口⊇ソ             巨大激浪域が存在することが判明したモサ
 モフモフモフ〜   i ミ ;,.,   ; |\ ヽ、
     C C c ┌\ヽ.,_,,.) \ \_i             多くの艦が艦橋を破壊されたのはこれが原因モサ
          ◎┘  ̄ ̄ ̄ ̄◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

620名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:10:01 ID:AxM4l7Po0

     ゙;^ヾ,
     ;i゙ "ヾ、                 しかし、それよりも大きな問題は、船体の強度不足モサね
     ;i   'ヾ''"~"゙'ヾγ''""'''づ
    ,,ミ   ´ ∀ 丶    ,:'゙        特型駆逐艦の設計は、藤本氏の理論上の強度計算に従い
   ,,ミ と           ゞ
   ,ミ           つ ミ゙        従来型の駆逐艦より中央部はより強く、前後部をより弱い
   ミ             ;ミミ
   ミ             ,;ミミ       構造としていたモサ
   ミ             ;ミミ 
    ゙ミ           ミミ゙        艦にかかるストレス、すなわちサギングやホギングは
     ゙ミ,,        ミミ゙   
       ゙'ミ,,;;;;シ''゙"゙ミ,,;;;;ジ          中央部に最も力がかかるからモサ

621名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:11:02 ID:AxM4l7Po0

         ̄|| ̄            ところが、前記の通り当日の天候では波高波長比が10以上の
         ||
         ||  /^l          大波が発生していたモサ
     ,―-y'"'~"゙´  |
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':         この結果、想定以上のストレスが艦首部にかかり、
     ミ        ':
     ミ≡≡≡≡≡j         艦首を波に突っ込んだ際に艦首部の浮力によって艦首が
  ((  ミ≡≡≡≡≡j
      ミ≡≡≡≡ミj         上方に屈曲してバックリングが起こったモサ
      (/~"゙''´~"U
                      こうしてそれが艦首の亀裂、破断へと順次進行したモサ

622名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:12:00 ID:AxM4l7Po0

         /^l             特に駆逐艦のような船体が長く大きな船首楼甲板を有する艦では、
  ,―-y'"'~"゛´ |
  ヽ    ´ ∀ `            波高波長比が10以上の波でのサギング状態において前後部の
  ミ .      O
  ゛;   づ⌒  ヽ_         応力が非常に大きくなるモサ
  __ミ    ソ       ヽ
/  ゛ー―(____/        つまり、前後部の強度を削った構造設計は失敗だったということモサ



  __,,、、、                ちなみに、溶接を多用した工作法は今回の事件の原因とは
  ヽ    γ^ー--、_
   ;'   /      ヽ         全く関係ないモサ
//   {       ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          それではおやすみなさいモサ

623名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:13:06 ID:AxM4l7Po0

┌───────────────────────────────────────┐
│ こうして藤本計画は、復元性不足に続いて構造強度の上でも致命的な欠陥を露呈した。  ...│
│ 査問委員会は潜水艦を除く藤本計画艦の総てに疑問を抱き、構造強度の全面的改正を  ..│
│ 技術側に依頼した。                                          ......│
│ 巨大な台風に突入していった用兵側の操艦も一応問題とされたが、台風情報の不備を    │
│ 理由に免責された。                                          ......│
└───────────────────────────────────────┘


                 ∧_∧    ∧ ∧
                ( ・∀・)   (゚Д゚,,)
               i^i ̄(iノ '^:^')  /~ : ~ヽ    ∧_∧\
             ∧_∧|  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (∀`∧_∧
          /(   ・∀) /            \: (∀` __)\
          ∧_∧V:)./                \:  ∧_∧
        /(   ・∀) /                     \(∀` __)\
       ∧_∧ V:/                      \:  ∧_∧
     /(   ・∀)/                       \(∀` __)\
     i^i(  V:/                            \:  ~~) i^i
     | | (  ⌒| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   )| |
     | | ̄(__|                                  |_) ̄| |

624名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:14:03 ID:AxM4l7Po0

    | _\ _    _/ _.|
    | |  >  ̄ ̄ ̄ <  ||        当然だが、今回の事件の責任を問われるのは
    | レ´          \ 」|
    ∨●      ―‐    ∨        特型の設計を行った藤本少将ということになる
     |    ト―┐    u }
     、   ヽ_ノ      /         しかし、彼は既に鬼籍に入って久しい
      >-      ―'''‐- 、
    ∠_              |        まさか死人に責任を取らせるわけには……
       <⌒>'' ̄⌒7   /
        ̄ _ ―''⌒   /|
      ― ̄  ̄''''―‐一' |

625名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:15:00 ID:AxM4l7Po0

         ,
         / l                 面白い話を聞き込んできましたよ!!
       /  |         
     /    |       _ ,         二ヶ月前の8月12日に駆逐艦「叢雲」が
    ./     L,_,. -‐‐''´ ./ 
   /        `ヽ、   /          東京湾外で荒天下に高速運転中、艦橋前方に
.   |              't /   
   l   O,  、   ,   i/            大きなしわが発生したそうです
   |      ト-イ ,O l    
    ゝ      |. /    /            それで実況検分した牧野造船少佐が構造強度不足を
    ヽ   _  ´__/      
     //,、  ̄`、ヽ,              指摘したにもかかわらず何ら是正されなかったとか!!
   /  i  \ヲ´ i ヽ

626名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:16:00 ID:AxM4l7Po0

            l\            /|
            |  \       /   !       ふむ、それは興味深い話だな……
            |    \    /     |
         |    ―─/       |       艦本四部が特型の強度不足を認識していたとなれば
          |                 |
          |  \      /     |       これは明らかに責任を問えるだろう
          |  ●       ●    |
          |  ___/⌒)_   |       とりあえず、その牧野造船少佐を喚問してみよう
           \ γ´ヽ/ //   /
          >\     ̄\<
         /   /      /  \

627名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:17:22 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────────────────┐
│ こうして査問委員会は、10月12日の夜半、事故の調査に当たった牧野を喚問した。  ...│
└─────────────────────────────────────┘

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)          ……ということで私は部内で会議を招集し、
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ           特型全艦の早期改修を要請し
              |         }
              ヽ        }           その補強訓令案をまとめて提出しました
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、           しかし、中村本部長は私の案を
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、      全く検討しなかったのか、一切音沙汰無しだったのです
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

628名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:18:00 ID:AxM4l7Po0

       |\         /ヽ
       |  \       /   |
       i    \___/    |         ……なるほど、
       ヽ,.           |
       /   _ヽ,,  ノ_   |         君は間違いなく上司に特型の改善を提案したのだね?
       i              |
        ヽ    ノ ̄|      /
        >   ´  ̄ `    <



       , ─‐ 、
      /  _ノ \
       |   (● ●)              ええ、間違いありません
      |   (__人_)
        |   `⌒´ノ               確かに山本第四部長と江崎設計主任の認可を受けた上で
        ヽ     ノ
    _,,..ヾー‐.._,ァ_く               補強訓令案を提出しました
 ,,;;;'':::、::::::::|:::::;>、_ l|||゙!:゙ー 、_
/;;;;;;;;;;:::i::::::::て::::::\゙||il::`<:::l:i

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 牧野は自分の提出した案が中村本部長ではなく、豊田総務部長の政治的判断で握りつぶされていた  .│
│ 事実を全く知らなかった。                                              ......│
│ そのために上司をかばうという算段も全く頭に浮かばず、補強工事を建言するまでの経緯を      ......│
│ 包み隠さず明らかにした。                                                .│
└────────────────────────────────────────────┘

629名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:18:59 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ このために責任者である艦本第四部長山本幹之助中将と江崎設計主任の職務怠慢が問題となり、  ....│
│ それぞれ謹慎二日、謹慎三日の懲罰が言い渡された。                              .│
│ 牧野の建言を握りつぶすという越権行為に及んだ豊田総務部長は知らぬ顔を決め込み、        ....│
│ 懲罰の対象にはならなかった。                                             .│
└────────────────────────────────────────────┘

                           _ -- 、
                        / `'´       ̄ ヽ
                       ,.-'"、 l r _         \
                      ,/'" 二ヽ/<-- 、  ヽ       ヽ
                       /  / , -Y∧   ト、.  ',       l
                  /  〈 ヾミ彡ミ}  |┤ |       ヾ
                  〉/   ) ヽ   j  、{. ',  廴_  ゝ ヽ }、
                 く./ ∠ r‐'   丶 _ミz、ー-弋   `ヽ `=ァ         …………
                 < ∠ イ,≦≡=、      ,.=≡≧、-、.j r‐'
                  T'ヽヘ{{ 弋tェzヾ`ー‐彳 ztェナ' }}∧トN
                   ! ゝ) !ヾ     〃⌒ヾ     ノ!)ノノ
                     \ニ|   ̄ ̄   :.:.:   ̄ ̄  |_./、
               _,..-'''"  |      釻釻      |   ー-、
              _,..-'''" .:..:..:..:..:..:..ヽ     ___      /.:..:..:..:..:..:..:. `'ー-、_
        , -'"  ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\      ̄     /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.   "'''- 、
      , -'" :..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ:..:..\       /:..:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:   ヽ
      ,く ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:\:..:..:.` =≡=":..:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. ` 、
    / .:\..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..>:..: __|__:..:.. <:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:/:..:. ヽ

630名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:19:30 ID:AxM4l7Po0

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::/ ⌒  ⌒ |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::〉 ( ○) (○)|         …………
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(@ ::::⌒(__人__)⌒)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     |r┬-|  |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \    `ー'´ /
.:.:.:.:.: ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
.:.:.:.:/    |  '; \_____ ノ.| ヽ i
.:.:.:.i.     |  \/゙(__)\,l  i .l



          、,. -''"'""゛''‐z
         ,z w v   w "z
         γー,- 、、,_,, -、ーγ゛
         ,i /      ヽ i
         ト,r' へ   ,へ ゛z,i、
         {k\i'⌒t--i⌒,i/,}/         …………
.         ゝi, ゛ー//'},゛ー'  ,!" 
           /'} ///,/~ ,/   
           ,i ,l/, 'r',t',.--'y
        ,. -'' !     , ''~/` -、
   _,,, - '" \ }    /ヽ,/  / ゙ ' '‐、.、_
 ,r'~    \ ,r`i、_ __y'!='!' |/  _ /    ~゙'、
. i `i、    `/ /へ」〉|.i .i ノ   r"      ,i'  i,

631名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:20:04 ID:AxM4l7Po0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 査問委員会として格好をつけるための処分とはいえ、いうまでもなく懲罰を受けた二人には ......│
│ 第四艦隊事件の直接的な責任はなかった。                               .│
│ いわば彼らは欠陥設計のとばっちりを受けたというのが正しかった。               ....│
│ 真の責任者は急逝したことが幸いして、再度の屈辱を免れたのである。              │
└────────────────────────────────────────┘

        
        \               釗           /
          \             釗          /
                   ______
                  (⊂二二二⊃)
                     ̄ ̄ ̄ ̄
                    ____
                   /_⌒ ⌒_\
                 /(⌒)  (⌒) \
    −−−        /    __´__    ヽ       −−−−
                .|     `ー'´     |
             __\    ー    /__
    −−     /YYYY /  _ノ(ξ)、_ \YYYYY\    − _
           .|YYYYYY(__/  \__)YYYYYY|
            ∨      {      }      ∨
                   {       }         
                   {      }          \
                   ヽ   |  /            \
         /          ヽ  |  /              \
       /             ∪ ∪

632名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:21:01 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────────────────┐
│ とばっちりの飛沫は牧野にもかかった。                             │
│ 喚問された際に同席していた機関官の一人が、牧野が正直に証言したことに対して  ..│
│ まるで仲間を陥れたといわんばかりの悪口を吹聴してまわったのである。         ...│
└─────────────────────────────────────┘

         _,,、r-''¨::´:::::::::::`::`''-、_
      ,rー-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   /¨ {:::、::::、:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  _,,r':::;:::::ヽ::ヽ::ヽ:::';::';::i:::i、、、;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::i,           牧野のヤツ、
  .〃/:::::::::::i:;、:ヽ、i;;;|:;i:::!::|ミミミミミメ、、:::::::::::::::::i
  i{ |:;i:;i!:::::i!´i::/ i! .!`|::!::iミミミミミミミミメ、:::::::::|           聞かれたことにベラベラ
 . ゙ .i! ! .∨ .!'_,,,,、 ' !'|/ ミミミrー''、ミミミミミメ、!
     ヽゝェチ'´``,    ミミi´./.~ iミミミミミミ!           喋りやがって……
      'i` .ィェァ '    ミ' .〈ヘ~ .}\ミミミミ!``ヽ
      i´   ー '´    .'  〈'´ ./ ,  `ヽ、ミミメ  ヽ        仲間を庇おうって気が
      .j  ,,、        'ーi!'´ .i     7   ヽ
     .(_,,、r-'`ヽ、 ''i!´    .! .i l    ./            ちょっとはねえのかよ……
        L,rェュ、 ',  '     !  .! !   ./  .,
         (二,r'ヽ     /   |    /  ./  .,
          !     ィ´    !   /   /  ./
         ゝ、  ,ィ' .ゝ、     /    /  /
            ̄ /   7ァ   /    ./  /
             ./   /''!´  ./    /  /  .,
            /    ,i .!,r'7´   ./  .'  j
           ./,    ハ .',/ .,    /    .j
           //  ,rー'7,/ /   ./     j
          / /   ト-、,ソ /    /     i
          !/    !::::/  /   ./      .|

633名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:22:06 ID:AxM4l7Po0

       / ̄ ̄\
     /       \
     |:::::       |         畜生……
    . |:::        |
     |::::         |          事情を知らなかった俺に
     .|::::       __}
    /::::        \         あの時何が出来たって言うんだ
    |:::         _)
    |::::         i          人の気も知らないで……
    |::::        i  |
    |::::        |  |
    \___、_____  ノ _)

634名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:23:00 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────────────────┐
│ しかし、やはりこの事件で最も害を被ったのは江崎設計主任であった。           .│
│ うかつにも豊田総務部長の政治判断に乗ってしまった彼は、設計主任という職責上   .│
│ 謹慎処分に加えて技術研究所への左遷が内定してしまったのだ。            ....│
└─────────────────────────────────────┘

 :::  ::: ::  :::  ::::  :::  :::
   ::::::  ::   ____  :::::  ::::  ::
   ::::::  :::::/.::::::::::::::::::::::::.ヽ :::   :::   ::
    :::  :::|.::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|::  :::  ::
    ::::  |::::::::/  ─  ─ | ::  ::        …………
    ::  (@ ::  .(○) (○)|  :  ::::
     :  | :::::⌒(__人__)⌒) :  :::
     ::::  \    ` ⌒´ / :   :::
      ::  ノ        \ :   :::
       /´          ヽ  :::

635名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:24:00 ID:AxM4l7Po0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ そのような形式主義が気に入らないやる夫は、ある日愛弟子である江崎にそれとなく示唆した。   .│
└──────────────────────────────────────────┘

         ____
       /      \            ……海軍で懲罰を受けると
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \         昇進に触るお
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/          ならばいっそのこと、民間会社に
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |          移ったらどうかお?
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |          望むならやる夫がいくらでも道をつけるお

636名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:25:01 ID:AxM4l7Po0

        _____
       /:::::::::::::::::::::::::::.\
      |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|           ……先生のご好意はとても
      | ノ   \  i:::::::|
      |(⌒) (⌒ ) 〈::::::|           ありがたく思いますが、
     (⌒(__人__)⌒:::: @)
      |  |r┬-|  u  |            私は海軍が好きで奉職したのですから、
      \ `ー'´    /
     ,-- ゝーー ___/ /ゝ--、        昇進など期待せずに勤務を続けます……
    イ / |.!、 _____ / ノ |   i
    | i  |,/(__)ヽ/   |   l



          ____
        /⌒  ⌒\            そうか、それならいいお
      /( ⌒)  (⌒)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \         ははは、これは江崎君に一本取られたお
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /

┌────────────────────────┐
│ やる夫は江崎の言葉に、目を細めた。         ......│
│ 幸い彼はこの後、技術中将にまで進むことになる。   .│
└────────────────────────┘

637名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:26:01 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 第四艦隊の査問委員会は藤本計画による艦艇のほぼ総てに強度改正を要求した。  .│
│ このための作業量は膨大で、第四部で現在進行中の業務を乱しかねないほどの   ....│
│ 作業量が要求された。                                        .│
└─────────────────────────────────────┘


                 __
         __    /   /)         __
       /   /)   三三)/)       /   /)
       三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
       三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/
          ∧,,∧  と  φ)  .( つφノ   ∧,,∧    __
         ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  /)
         / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
         (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ   三三)/)
        ‖ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||        三三)/
         __`ー‐'    `ー‐'
       /   /)       __
       三三)/)     /   /)
       三三)/)     三三)/)
       三三)/      三三)/

638名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:27:00 ID:AxM4l7Po0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 幸い新戦艦については、候補艦型の「A-140-F」系列が「A-140-F4」にまで煮詰まっていたから、   │
│ 強度改正作業に先立って概案の名で急遽審議することになり、査問委員会が終ってすぐの      │
│ 昭和10年(1935年)10月19日、高等技術会議が召集された。                      ......│
│ この新組織は特に重要な開発案件を上部から審議する機関として設けられたもので、       .....│
│ 初代議長は軍事参議官加藤寛治、以下軍事参議官や各部局高級幹部で構成されていた。      .│
└──────────────────────────────────────────┘


                       ____
                     /__.))ノヽ
                     |. l _  . _ i| 
                    (^'/´・>〈・` |)
                      .しi  (_)  ソ   
                      | `ニニ' /    
                     ノ `ー― ヽ  .  
             ∧_∧   ‐'´  \  / `ー、   ∧_∧
            ( ´∀`) / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄\  (・∀・ )
            (  <V>)/           旦 ⊂<V>⊂)
            ┗┳┐ /               \┌┳┛
          ∩_∩  /                  \  ∧_∧
          ( ・∀・)/                     \(゚Д゚,,)
          (  <V>つ[三]                  旦 ⊂Y⊂)
          ┗┳┐/ 旦                       \┛

639名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:28:01 ID:AxM4l7Po0

         /    ,.     ̄ ̄≧=‐x,
.         /{___/                \
     ,イ   {                   ’         ────種々検討したうえでこの「A-140-F4」案は
      {入_ゝ                   ':,
.     \                       ,        砲塔の配置を艦の前部に二砲塔、後部に
.      / '  /      / {   \  \        ,
     | /  {   / イ  ∧    }h,  ム } r=x  ',       一砲塔といたしました
     { {{  { \ { { {.  L \  Fヲ//アイ 仏 }  ',
     ヾ\ \ { ム 弌_ \ ハ厶仏ィ'" | |ノ j|  ヽ      主機関はタービンとディーゼルの混載、
.        \{\ゞ7ァzァ>x.≧x''^´″ j 厂ノ   ヽ
              ∧   '    ヽ    | 厂'     ヽ    出力はタービン75,000馬力、ディーゼル60,000馬力の
              ハ,  `_ __,.    /|ハ/ i      \
            /  リ\  ー'   /,:' j' } ||       \ 合計135,000馬力です
          / //   ヽ _,   / { / :}マ¬=一'´ ̄
          / / 〃   |      | /  ム ∨        この結果、公試排水量は62,545トン、全長248メートル、
         / , /  /    ,ム}    _,. -/  仄 \
     / .//     _ / /  ,. ´   i  /Y人  \     航続力は16ktで7,200海里、
   ,.' /∠ニ=‐'´ / /  ∨       |. /ト┴ヘ.  \
r‐=く /      / /   ,′      | / !    \      速力は27ノットとなりました────

640名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:29:12 ID:AxM4l7Po0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 福田基本計画主任の説明はあっけないほど淡々と進んだ。                 .....│
│ 福田に説明を求める元は誰もおらず、職責上新戦艦に対する発言が多くていいはずの   │
│ 中村軍令部第1部長ですら無言に終始したのである。                     ....│
└──────────────────────────────────────┘


                ,、 -‐……‐-、、,,
             ,;r'"´;:; :; :; :; :;;/,.ヘ;:;:;:;:;`ヽ
            ,彳;:;:;: ;: ;: ;:; :;:;/;/;;:;:;:;:;:;:;:;:;,,ヽ_,.
          _ノ;:.: : ;: ;:;:;ミミミ彳ハ;;;;;::;;;:;:;;;:;:;;:;.,ぐ
          `Y´ .: .:.:ィ彡Y 〃  `゙゙゙ヾjiツ'''゙i;:;;ハ!
          /.:.:.:.:.:,.彡ノノ //     )ノ  {〈
          レ^ヾミミシ′/:二ヽ,, :.   ,,,..jツ
           〈〈ハ iミミ! /ヽ式ミヽシノ ィイ彡}             …………
          ぃし {ミj //  ´ ̄   {'='`.イ
         _ノ.:入_ ノハ}{       i  ,′
      ,. .:´.:.:.::::::::::i1. リ公     , _ ..」: :,′
     /.:.:.:.::::::::::::::ノハ,;,;,;,       "´/
    ( .:.:.:.:.:.:,r─く_ _\,;,; ´ ̄二ニ`l./
     ヽ.:.:.:./. : : : : : : : :| ̄|、,;,;,;, ,,,;;;,,,,ノ`ーr-┐
        \| : : : : : : : :.:.|  | `ー‐‐‐'i    |: :.|
. .: : ̄ ̄  ̄ ヽ : : : : : : :.:.|  |     ノ , .‐‐|: :.l
: : : : : : : : : : : : \ : : : : : |  |ヽ    V.:.:.:: :|: :.l
: : : : : : : : : : : : : : :\: :..:.:|  |  \  /. :/⌒: : :`ー--- .、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : / /     /. /ハ: : : : : : : : : : : : :\
: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〈 〈     /. :/ム j : : : : : : : : : : : : : :\

中村亀三郎(1884年1月28日 - 1944年11月2日)海軍中将。
当時軍令部第1部長。
後に海軍大学校校長、舞鶴要港部司令官、佐世保鎮守府司令長官を歴任し、1940年予備役に編入。

641名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:30:00 ID:AxM4l7Po0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 実はその頃中村の元には、速力30kt以上を絶対とする強硬意見が部下から上げられていた。 ....│
│ にもかかわらず、これは軍令部の総意とはならなかった。                        │
│ 速力に関しては、27ktで妥協することに早期に軍令部は同意していたのである。          ..│
└─────────────────────────────────────────┘

                  ノ∠._
               -<  '"´  `丶、
            /  ⌒ヽ彡/     \
           //  .::xッ、.::;、  //   .:ヽ           新戦艦はぜひ35kt欲しい、
           -=≠ .:/.:イ爪小ぐヾヘ彡=-ミヽ::.:ヘ
          ,'.::./.::/ :从{"゙´j:| !ハ:', ヾ=-::.ハ\}          30kt以下は認められない!!
            |/l::|::::| :ハ{ ヽ 斗t≦|:「  ∨_/ヽ}:.`|
            lハ:!:::iV-=k  ' Y弋か|ヽ=!/{^)入:.|          そうでなければ
            \|:l:代えj={    リノ  / '/.::Ⅳ
              |:l:ヘー/ ` ̄ ̄ ゝ  几::::j/           巡洋艦や空母と協同して洋上機動作戦を
              |:l::∧ ヽ     _   / イ:::八
             j/ヾ》\ `ニ¨´    ≠∨            行なわせる事が出来ない!!
                リ   丶、   /≠  ヘ_
          _         `T斤'´     > _>'⌒\     目標は戦艦ではなく空母だ!!
       x<_::\       _/´|| |    / ̄ ̄     ̄⌒\
     ∠.:::_/\ ><二下、 >┴'z―‐‐/              \
     〈_:::\::\_7 .:::∨::/::::\__>ー/           __, \
    / \/:ヽ:|「 .:::::::∨::::::::::::::::::::::〃⌒ヽ        /_____\|
   /     \「:| :::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ {{_::;ノ        〈::::::::::::::::::::::∨
    レヘ     |:::]:::::::::::/\        |___    ヽ' ̄ ̄ ̄∨

中沢 佑(なかざわ たすく、1894年6月28日 - 1977年12月22日)最終階級:海軍中将。
当時軍令部第1部第1課長(大佐)。軍政畑を長く歩き、海軍の軍備充実に貢献した。
後に軍令部第1部長(作戦部長)として太平洋戦争末期の海軍の作戦立案・実行にあたる。

642名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/06/26(火) 22:31:09 ID:AxM4l7Po0

                ,、 -‐……‐-、、,,
             ,;r'"´;:; :; :; :; :;;/,.ヘ;:;:;:;:;`ヽ
            ,彳;:;:;: ;: ;: ;:; :;:;/;/;;:;:;:;:;:;:;:;:;,,ヽ_,.     (……中沢の意見には確かに一理あるが、
          _ノ;:.: : ;: ;:;:;ミミミ彳ハ;;;;;::;;;:;:;;;:;:;;:;.,ぐ
          `Y´ .: .:.:ィ彡Y 〃  `゙゙゙ヾjiツ'''゙i;:;;ハ!     彼の言う空母や巡洋艦とともに行動して
          /.:.:.:.:.:,.彡ノノ //     )ノ  {〈
          レ^ヾミミシ′/:二ヽ,, :.   ,,,..jツ       敵空母の捕捉撃