■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

俺「羽生結弦……金メダルおめでとう」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/17(土) 18:08:55 iTuQG2xI
ー平昌・どっかのホテルー

俺「ホンマ凄いわ、マジで尊敬する。よく最後まで滑りきったと思うよ。お前は俺を超えた。お前こそ俺の中でのチャンピオンだ。日本の誇りだ」

羽生結弦「ありがとう。でも、まだ信じられない。人生って、こんな劇的になるものなのか。ただスケーターとして、すべきことをしてきただけなのに」

俺「結弦! お前の努力は実ったんだよ。これは妥当な結果なんだ。ほらほら、金メダルを見せてみろよ」

羽生結弦「……俺くんはさ、まだヒィギュアスケート、続けているのかい?」

俺「あ?」

羽生結弦「まだ完成していないんだ。7回転トーループ」

俺「それができなきゃ、俺を超えたことにはならないだと……? バカ! 66年ぶりの快挙だぞ! 金と銀だぞ! そんな悔しそうな顔するんじゃねぇよ!」

俺(俺が……ますます惨めになるだけだろうが!)

羽生結弦「俺くん、いつか2人で……いや昌磨もハビも一緒に4人で滑ろう。その時は、絶対に負けない」

俺「お前の負けず嫌いな性格は知ってるけどよ……クソ……眩しい……眩しすぎるぜッ! こいつァよォ!」

俺「俺は……やめたんだよ。フィギュア。すまねぇ!」

羽生結弦「あっ……俺くん!? どこ行くの!」

俺「くっそおおおおおお!」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/17(土) 18:09:28 iTuQG2xI



■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■