■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

男「日記を始めて五年が経った」安価

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:01:14 oLEAHUIo
男「最近嫌なことが有ったので見返してみようかな」

年代
>>3
内容
>>5
相手の性別
>>7


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:12:55 oLEAHUIo
やっぱり寝るンゴ


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:16:34 cD.Q0jLE
2011年3月9日(水)


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:19:55 qzOVpEK.
オカマ


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:20:46 qzOVpEK.
おかま


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:21:16 qzOVpEK.
okama


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:21:28 oLEAHUIo
しゃーない
起きるか


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:22:01 oLEAHUIo
踏んじまったオカマで行くか


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:22:34 oLEAHUIo
内容>>10


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:23:18 2orj1S.U
妹死亡


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:29:06 oLEAHUIo
ヘビーな話にしかなんねーじゃねーか

場所 いわき市のとある居酒屋
2011年3月9日

今日はオカマと一緒に呑みに行った。

元々酒が余り飲めないオカマはもし呑むのだったら自分の店にしてと言ってきた。

よくゲイバーと言う物を聞くが行くのは始めてだったので緊張してしまった。

内容は勿論あの話だった


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:29:49 cD.Q0jLE
重スギィッ!w


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:35:18 oLEAHUIo
妹の四十九日から二日たったので会おう、となったからだ。

妹といっても別に本当に妹だった訳じゃない。
「妹」の彼女であり彼氏であるオカマは俺以上に沈んでいた。

話に出るのは「妹」がいかに素晴らしく優しくそして美しいか。

こんなのが都内に引っ越して兄にならなくて良かったなと思いつつその考えをしてしまう自分が恥ずかしい。

酒はどんどんと進みぐでんぐでんとなり昨日は日記を書けず、今時計の針は夜の11時を指している。

最近地震が多いのでこんなことを考える兄を「妹」が怒ってるのかも知れない。


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:41:03 oLEAHUIo
会話
スタッフ1「いらっしゃいませ〜��」

スタッフ2「あら、あなたオカマさんの?」

男「あ、どうも…」

スタッフ1「あ、ほんと。カウンター、一席取っておいてます、オカマさんと積もる話も有るでしょうから何席か空席になるように案内してますよ(小声)」

スタッフ2「かっこよくおめかしして…何時もだった…お話ししたいけど、今日は、ね?」

男(男でもあり女でも有るって今でも慣れないなぁ…落ち着くけど)

オカマ「あら、来たのね…何を呑むの?」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:42:30 282cZB0E
3.11の前震があった日か


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:48:36 oLEAHUIo
男「マティーニを」

オカマ「へぇ…」

男「あれ、まだ早いとか言わないの?」

オカマ「」

オカマ「言うことがきょうだい、ね」

オカマ「いいわ、今日は私も呑むから


男「大学で俺と呑み比べて急性アル中になったお前が?」

オカマ「あの時は貴方の「妹」さんに会って無かったから、ほら私は惚れやすいから…ね?」

男(…あれ、俺狙われてた?)

男「じゃあ、敢えて普通のアルコールにするか。…ジンジャーエールハイボールで」

オカマ「え?」

男「まだ酔ってないからな」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:53:50 oLEAHUIo
男「ひとつはうんと薄目で、もう一方は濃いめで」

オカマ「…」

バーテンダー「オカマさん?宜しいでしょうか」

オカマ「あ、はい」

男「あ、後オカマに牛乳を、ツマミにチーズを…チェダーがいいかな」

バーテンダー「畏まりました」

男「さて!何から話したもんか…ん、世間話だ、何か無いか?」

オカマ「…そういえば先月茨城の海岸にイルカがたくさん打ち上げられたらしいわね」

男「ああ、地震が〜だか言われてるやつか」

男「実は俺もその時その近くに居たんだよね」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 00:58:54 oLEAHUIo
オカマ「へぇ…何しに?あんな辺鄙な所に」

男「いや、辺鄙じゃなかったが…あそこ実家の近くなんだよ」

男「まあ俺は秋田に住んでるからそれに比べたらって所だな」

男「人が結構居たんだよね」

オカマ「あなたは何をしていたのかしら?」

男「何も?」

オカマ「なにも、してないの?」

男「全く」

男「…いや、別に無気力だった訳じゃないぞ」

オカマ「…?」

男「何か、清々しかったんだよね」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:04:50 oLEAHUIo
オカマ「えっ?」

スタッフ2「…あの、ハイボールです」

男「あ、ども」

男「取り敢えず献杯」ガチャン

男「もし、自分が死ぬとき、オカマはどんな風に死にたい?」

男「例えば…一人寂しく?それとも愛する人が共にいて?」

オカマ「それは勿論、愛する人が横に居てに決まってるじゃない…」

オカマ「…私みたいなのは、子供なんて望めないから」

男「まあiPS細胞があるから何とかなるかもしれないけどな、それは」

男「あ、シャンディ・ガフお願いします」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:09:24 oLEAHUIo
男「俺はね、そんなの嫌だ」

男「死ぬなら周りを巻き込みたい」

オカマ「…」

男「一人寂しく死ぬのと、愛する者に看取られて死ぬ、それは何が違う?」

男「愛情は死んだ者には伝わるか?」

オカマ「それは、願えばこそでしょ?」

男「人の死に願いは届くと思うか…?」

男「野に生きる動物に優しくしてもその優しさが伝わらないように」

男「生きるものにすら伝わらないものが」

男「死んだ者に伝わると思うか?」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:14:29 oLEAHUIo
バーテンダー(スッ)

男「あ、どうも」

オカマ「…それで?」

男「あ、だからあいつが逝った後にみんな逝ったし」

男「ほら、イルカってアニマルセラピー?ってのがあるらしいじゃん?」

男「頭も良いし、もし天国が有るなら仲良くやれそうだなって」

オカマ「…」

オカマ「例えば」

オカマ「例えば、あなたの「妹」さんが会いに来たとは考えなかったの?」

男「?」

男「…」


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:15:02 oLEAHUIo
男「それはねーよ」(笑)


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:17:51 oLEAHUIo
オカマ「はあっ?」

男「だって52頭も打ち上げられてんだぜ?」

男「あいつにそんなに価値はねーよ」

男「あ、シーバスリーガルをロックで」

オカマ「」イッキノミ

オカマ「私も」

男「こいつのは割ってください」

オカマ「で、価値が無いって?言うのは?」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:19:21 oLEAHUIo
男「だってよ、>>25で死んでるんだぜ?」


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:26:18 cD.Q0jLE
大地町(イルカ漁のやつ)の民宿


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:35:17 oi/JeZfs
すまん、俺の理解力ないのがいけないんだが
男、妹、オカマは全員本当の性別男のオカマ?


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:36:55 oLEAHUIo
重くしたいのか軽くしたいのどっちなんじゃ

男「お前さ、なんで「妹」が死んだって聞いた?」

オカマ「それは…イルカを守る抗議のための自殺って」

オカマ「グリーンシェパードとか言うところが声明を出してたじゃない」

男「あれ嘘」

男「あのサイト作ったの俺よ、俺」

男「あのサイトさ、どうみてもおかしいじゃん。あの色使いといい、90年代かよ」

オカマ「えっ!?」

男「伊達にパソコンの先生やって来てねーよ」

オカマ「…じゃあ何で」
スッ
男「あ、どうも」

男「それは」


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:37:37 oLEAHUIo
男は違うやで
妹は察して


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:39:03 cD.Q0jLE
男が女みたいに振舞うのがオカマ
女が男みたいに振舞うのはオナベってばっちゃが言ってた。


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:40:04 oLEAHUIo
男「あいつはイルカの逸物を味わいたくて太地町行ったんだよ」


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:47:30 oLEAHUIo
まあワイの小学生脳ミソの文が悪いんやすまんな。

男��普通 妹��弟(ネコ) オカマ��オカマ(タチ)でええやで

オカマ「はぁっ?」

男「(笑)」

オカマ「えっ!?」

男「(大爆笑)」

男「だよなぁ!」

男「驚くよなぁ!」

男「だってよ、獣 姦だぜ?死んだ理由!」

男「ゲフゥ」
「角プレミアムをミストで」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:51:39 oLEAHUIo
男「ゲラゲラ」

オカマ「…それはなんでそんな風になったの?」

男「ゲラゲラゲラゲラゲフゥ」

オカマ「ねぇっ!」バン!

男「うぉっ!?」

オカマ「私じゃ満足出来ないってことよね」

オカマ「私だって頑張って来たのよ!?」

オカマ「妹のために!」

男「生々しいから…」

男「あ、どーも」

男「あれは…結構前かな。ん〜十年ぐらい?前」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:54:19 oi/JeZfs
無粋だったのにわざわざすんませんでした、あざっす


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 01:56:44 oLEAHUIo
男「元々北欧神話にはまってた俺はね?あることを知ったのよ」

男「メスの羊って超気持ちらしいぜって」

男「んでそこにはイルカのアレも気持ちいいって書いてあったわけよ」

男「それはもう天に登るようだと」

男「まあ羊は、羊飼いの性欲はらすためらしいけどな」

男「それを弟に言ったわけよ」

曰くイルカの性器はくっそ良いと

男「今思い返すと「妹」…面倒だな、弟は性器を男の方と取ってたわけよ」

男「まさかそうなるとは俺も思わなかったけどな」


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 02:02:15 oLEAHUIo
男「しゃりしゃりして旨いな」

オカマ「で?」

男「お前酔ってるな」ゲラゲラ

オカマ「いいから」

男「まあアイツの精通は女だったからな」

男「自分が男とやるなんて考えてなかったから、精通ん時もそんな考えてなかったんだと思う」

男「?こんだけしか気持ちよくなら無いの?と」

男「まあその後?高校に入って?俺が大学から連れてきたお前と出会って?その後女の楽しみを知ったわけよ」

オカマ「…」

男「まあそんなことはどうでもいい」


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 02:07:24 oLEAHUIo
男「お前さ」

男「イルカにとっちゃいい迷惑だと思わないか?」

男「確かに哺乳類に限らず、ホモは居るぞ?」

男「ビバ!ジェンダーフリーってやつだな」

男「でもさ、ある意味のレイプだぜ?」

オカマ「そうかもしれない…でも、自分のしたいことだからっ!」

男「自分のしたいこと?のために他のモノを犠牲にするのか?」

男「…そもそも動物としてジェンダーフリーってあり得ないと思うんだよ」

男「種を残せないってどんなに悲しいことか、悔しいことか」


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 02:12:14 oLEAHUIo
あかん、イルカの話で変な方向に行ってる。ホモの友達に殺される。

バン!

オカマ「てめぇ!」

オカマ「それ以上は、言うな!」

男「やだね」

男「只の愚痴だよ、こんなん」

男「ほら、死ぬんだったら皆とって話じゃん?」

男「もしかしたら弟はイルカなホモになりたかったのかなってね」ゲラゲラゲフゥ

男「俺は羨ましい…」

男「そんなやつが」


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 02:16:58 oLEAHUIo
男「愛する人が居て」

男「一緒に死んでるモノが居て」

男「自分のしたいことをして死んで」

男「それ以外何が望める?」

オカマ「…」

男「…少しは苦しみながら眠れ」

オカマ「」zzz

男「俺は正直後悔してる」

男「本当にコイツに会わせて良かったのかと…ねぇ、バーテンさん」

バーテン「まあ、何も聞いてないことにしますよ」

バーテン「殺されますよ?そんなこと言ってると」

男「良いねぇ!殺されようかな!」ゲラゲラ


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 02:22:26 oi/JeZfs
イルカの雄は人間の女性を襲うっていう話もあるから一概に繁殖と結びついてるとは言えないけどね
てか今更シリアス戻そうとしても無理あるぜ旦那


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 02:22:49 oLEAHUIo
現在
男(この後どうやって帰ったか知らないんだよね)

男(あんときは本当にイカれてたな)

男(まあ、愛する弟が逝ってしまったんだからしょうがないな)

男(…2日後にデートの約束したんだよな、デートって何だよ(苦笑))

……

男(もう2時か…寝るか)

-----3月9日--END

寝るンゴ
もう人居ないから明日安価出す
おやすー


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 21:02:36 oLEAHUIo
男「もう少し捲って見ようかな」

年代
>>43
場所
>>45
相手の性別
>>47


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 21:10:15 cD.Q0jLE
おはよう。無茶振りしてすまんかったね。
あと5年以内の期間ってつけた方がいいと思うよ〜
2012年 7月9日


43 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 21:18:31 g3rxAGDE
2013年4月2日


44 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 21:19:20 g3rxAGDE
んでksk


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 21:23:42 ZASrJV1M
幻想郷とか言うらしい場所(1日には四月馬鹿で”桃源郷でモテモテになって最高の日々だった”と書いてある)


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 21:26:23 ZASrJV1M
したらば安価下


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 21:28:35 6TZVqJzI
女共


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 22:04:39 g3rxAGDE
日にちは利用してもらうつもりだったけどそうきたかw


49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 23:00:20 oLEAHUIo
ワイ東方知らないンゴねぇ
まあ書くか


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 23:09:19 oLEAHUIo
2013年4月2日

昨日は変な夢を見た。

4月1日の日記には

桃源郷でモテモテになって最高の日々だったと書いてある。

何故「書いてある」って?

忘れていた。いや覚えていなかったからだ。

エイプリルフールな日にちで嘘をついたりつかれたり。そんなはずだった。

そうだったのかも知れないがその日の記憶はすっぽりと抜け落ちてしまってる。

確かなことがひとつある。

この日記を書いている場所はその桃源郷であるということだ。


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 23:10:16 oLEAHUIo
男「…どこだここは」


52 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 23:15:27 oLEAHUIo
男「…ここはアレだな」

男「日本古くからある田舎って感じがするな」

男「前見たアニメ…蟲師で見た感じがする」

男(甘い匂いが鼻につく)

男(しかもこの服についた匂いが…)

男「ふむ、夢の中に居るってことか」

男「しかも明晰夢ってやつか」

男「よし、独り言で頭が冴えてきたぞ」


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 23:30:04 oLEAHUIo
男「次に…時間は夜だな、うん」

男「もし時計の時間が合っていれば8時か」

男「さてさて、どうするか」

幸い月の光が明るい。影が永くのびていた。

男「転けそうだなぁ」

男「竹の子がめっちゃはえてるし、一個ぐらい持ちかえれないかな」

男「ねえ、そこの女の子」

男「俺のエイプリルフールは終わってないらしいんだ」

男「だったら夢も夢じゃないよね」

???「まぁ持って帰るくらいならって言いたいけど。あなたもう十分貰ってるわよ。あなたが何か置いてってくれる位じゃないと」


54 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 23:30:36 oLEAHUIo
???「割に合わないわ」


55 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/10(日) 23:56:08 6TZVqJzI
第一村人妖はどなたかな?


56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 00:19:17 6K7LF2BI
蟲師か。色々と繊細よな


57 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 00:29:05 JctytikI
男「ねえきみ」

男「きみ見たいな小さな子供がこんな時間にこんなところにいるってことは」

男「きみはこの場所を知っているんだね?」

男「そして昨日を知っている」

男「おじさんに教えてくれないかな」

???「私、何歳だと思ってるのかしら」ケタケタ

男「さあね」

男「ここがどこかもわからない」

男「お嬢さんの名前なんて知りもしないさ」

???「でしょうねぇ…可愛そうに記憶も消えてるのね」

男「…」

???「初めまして「男」さん」

???「私の名前は蓬莱山輝夜」

輝夜「かぐや姫をやってた者よ」


58 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 00:37:38 JctytikI
男「へえ、かぐや姫か」

男「そんなにかわいいなら確かに帝も求婚するな」

男「で、かぐや姫さん?」

男「ここは一体何処で、今は何時の時間を流れてる?」

男「平安時代でもさもありなんって感じだな」

男「姫様を送り届ける代わりに、僕に教えてくれないかな」

男「夢から醒める方法を」

輝夜「…」ニヤァ

輝夜「貴方はどちらを選びたい?」

輝夜「幸せな時間に戻り、永遠を生きるか」

輝夜「夢から醒めて、一瞬を作っていくか」

男「…つまり前者はよくわからないけど、後者は元に戻るってことか」

男「そうだなー」

男『会わせてくれ!!!』


59 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 00:38:25 JctytikI
男『あいつに、会わせてくれ!!!』

男「帰ろうかな」


60 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 00:49:49 A2AT2mEA
何かしら、魂の慟哭の残滓?の様な『』だな


61 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 01:09:46 JctytikI
輝夜「あら」

輝夜「言ってた事が違うじゃない」

輝夜「今居るあなたは違うあなた?」

男「???」

輝夜「ああ、ごめんなさい」

輝夜「うーん」

輝夜「ここから出たいんでしょう?」

輝夜「でも昨日とちがくって」

輝夜「何も用意してないの」


62 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 01:18:09 JctytikI
男「…」

輝夜「それに年上を敬えないような子供はちょっとね?」

輝夜「その代わりに夢をあげるわ」

輝夜「夢の中の夢を」

輝夜「私が言うのもあれだけど」

男「…?」

輝夜「幻想郷は良い所、永遠を過ごすならここがいい」

輝夜「だって何でも会えるから」

輝夜「過去は無限にやってくるわ。だから今を楽しまなければいけない、何て言うけど」

輝夜「戻りたい過去だってあるものね」


63 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 01:19:25 JctytikI
輝夜「無くしたモノ、そして」

輝夜「亡くした者と」

輝夜「会えるなら」


64 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 01:24:39 JctytikI
男「…」

輝夜「月がこんなにも綺麗でしょ?」

輝夜「伸びた影が、あやかし達に見つからないように、今日は私の家に来なさいな」

男「あ、あぁ」

輝夜「どうせ眠れないんでしょう?私の家で楽しい時間を過ごそうじゃない!」

男「…楽しい時間を?」

輝夜「私の家は色々あるの!」

輝夜「あなたもきっと気に入るわ!」


65 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 01:25:22 JctytikI
輝夜「過去のあなたが気に入ったんだから!」


66 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 01:33:24 JctytikI
4月1日------早朝、とある場所
男『会わしてくれ!』

男『今日だけ嘘をつける日だから!』

男『出来るだろう!あんたなら!』

男『死が嘘になってる、あの郷へ!』

男『死者が甦るあの』

男『桃源郷へ!』

男『俺を、一日だけでいいから、入れてくれ…』

男『あの二人に、会わせてくれ!』

4月1日「+1」ループ目-----END

明日(今日)に続く


67 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 01:55:29 tRwEjZWA
知らないにも関わらず、幻想入りの採用ありがとうございました!
個人的には満足したので幻想入りは続けられなくても大丈夫ですよ
というか次の日記の内容をみんなで楽しめなくなってしまいますので


68 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 02:07:27 JctytikI
いえいえ、書いてる方も面白いので全然大丈夫です。

ルールっていうか安価設定ですが
2011年1月〜2016年1月までで選んでください。
安価で日程選んだ人とかが次の日って書いたりしたら次の日になります。
例えば4月3日とかだったらループ2周目二日目って感じですね。
反対に一日前だったらループ1周目を書きます。
他にもクロスしてみたいので色々な作品をリクエストしてほしいですね。
一応311と幻想郷ループと弟死亡時、五年後は構想してます。
作品リクエストは場所を設定で踏んでください。

長々と書いすいません
人が少ないので、また明日時間が出来たら安価ageします。それではおやすみなさい。


69 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 02:07:46 ebWny4hg
東方知らないのによく書いたとは思うがやっぱり違和感が…
紺珠伝かはわからないけど死がテーマなら白玉楼か小町のがよかったんじゃないかと思う
あと幻想入りは忘れられた人やモノとかあったけどまぁ頑張れ


70 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 20:07:17 JctytikI
男「…」
安価
>>71 日にち
>>73 場所(クロスなら作品)
>>75 相手(性別)


71 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 20:17:06 tRwEjZWA
2012年10月6


72 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 20:18:11 6K7LF2BI
どこかな〜


73 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 20:19:11 6ICp8vqs
SCP-1986


74 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 20:21:37 e7SnJ5cw
ksk


75 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 20:27:06 6K7LF2BI
なんだかミステリアスな司書(非財団関係者)

偶然にも財団職員とは接触無し


76 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 20:56:48 6K7LF2BI
え、あそこに司書なんて居ないだろって?
なら作り出しちゃえば良いじゃない(アントワネット感)


77 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:08:25 iVNBfofM
2012年10月6日

アメリカ旅行24日目

SCP1983は良い奴って知ってるか?

変な話じゃないんだ。

少なくとも僕は救われた。

僕の横にはミステリアスな彼女がいて、前には黒い奴がいる。

回りに転がっている特殊部隊風な兵隊達は不幸ではあるが、俺は今安らかな夜を過ごしている。


78 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:18:50 iVNBfofM
男「あづい」

司書「そろそろのはずなんですけどねぇ」

司書「日本男子たるものこの程度でうだうだ言うんじゃないよ」

男「日本かんけぇーねぇーし」

司書「貴方が付いてくるっていったんでしょう?」

男(そりゃあんなに誘惑されればね)

男(それに、知り合った人が死ぬのはもう嫌だしな)

男「…都市伝説が好きなだけだよ…」


79 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:23:11 iVNBfofM
司書「都市伝説というかミームね」 

男「ミームってなんだよミームって」

男「えす、しぃ、ぴぃって」

男「聞いたことねぇよ」

司書「嘘、結構有名なのに」

男「サメ殴りセンターじゃねぇの?」

男「ほら、最近いるグリーンピースとかの流れの」

司書「やっぱりバカね」ボソリ


80 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:27:45 iVNBfofM
男「まあな」

男「頭がよかったら、人は殺さないよ」

司書「貴方の事はどうでもいいの」

司書「そのくらい幾らでもあるわ」

司書「生きてるんだから」

男「…」

司書「私の事を生かしたんだから」

司書「トントンよ」

男「拳銃を撃たずにすんだんだ」

男「助けてないさ」


81 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:40:24 iVNBfofM
ポケットの中のM38ボディーガードを弄る。
入ってる銃弾は38SPのホローポイント
人に当たれば一撃で部分が弾け飛ぶ

男「撃たずに美人を助けられたんだから問題ないさ」

男「まあそもそも君が銃を持っていれば良かったんだ」

司書「…無いわけでは無いわよ」

男「へぇ?どこに」

司書「貴方ならいいか…」

司書「ほら」

懐から取り出したのは銀色のM3913だった

男「…レディスミス?珍しい」

小さく女性にも握りやすいため日本の警察官にも使われている拳銃で彼女にマッチしていた。

司書「後、これね」


82 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:46:36 iVNBfofM
出したのは1つのマガジン。

一見普通に見えて少し違う

見えている弾が銀色だからだ

打ち込む相手は化け物か?


83 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:51:54 iVNBfofM
司書「これが私の全て」

司書「貴方は?」

男「いや、俺もあれだけ」

男「もっと強いのが合ったら出してる」

男「で、SCPだっけ?」

男「なんなの、それ」

司書「ネットに有るから見れば?」

男「投げやりめ」


84 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 21:58:02 iVNBfofM
司書「まあ、昔からいる地球の友人の一人ね」

司書「クトゥルフってあったでしょ?」

司書「アレの都市伝説版ね」

司書「違いは実際に存在するってところ」

男「いや、伝説ならねーだろ」

男「そりゃ面白いだろうけど」


85 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:09:07 iVNBfofM
男「そんなの非現実的だよ」

司書「でも神隠しってあるでしょ?」

男「アレがSCPの仕業って考えたら面白くない?っていいたいのか」

男「どうせばれてない誘拐殺人とかだろ」

司書「でも面白くない?」

男「まぁ男心は擽るな」

男「恐いの嫌いだけど」


86 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:21:57 JctytikI
男「それにさ」

男「ある意味冒涜的だなって」

司書「なんで?」

男「ほんとにあやかしが居たら怒られるさ」

男「私たちは本当に居るって」

男「忘れたのはお前らだって」

司書「…確かにね」

司書「忘れ去られた何かが元々かもしれないわ」

司書「でもね」

司書「忘れ去られた者は何も言わないのよ」


87 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:25:46 JctytikI
???『それはどうかしらねぇ』

???『忘れ去られたかは自分達が決めるのよ』

???『本当に忘れ去られるのはいつ?』

???『最後の一人が死ぬときよ』

???『死は常に横にいるわ』

???『でも私の中の貴方は?』

???『死ねない私の中の貴方はいつまでも私の中に残るわ』

男「っ…」

司書「どうしたの?」

男「いや?」


88 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:38:39 JctytikI
男「死は常に隣にいるんだよ」

男「ある意味だけど、もっと近いところにSCPは居るのかもな」

男「だってそんなの死よりも近くに忘れられた者が居るんだからな」

司書「…」

駄弁っていた
何も知らずに
厚みのあるようで薄っぺらい話を
そして気づく
本当に死は直ぐそばにあったのだ


89 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:46:36 JctytikI
気づいたときには撃たれてた
結構遠くから、しかし正確に
男「危ないっ!」

司書「うあっ!?」

ドチャッ

男「銃出せ、銃!!」

男「くっそぉ!?」

司書「遠すぎる!!」

男「まてまて、なんだあいつら!」

司書「何それ!」

男「隠してた武器だよ!」

司書「さっきは拳銃だけって!」

男「今おもいだし、バラララララララ!!!


90 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:50:39 JctytikI
後に知るSCP財団の特殊部隊『少年聖歌隊』
ではなかった
The Chaos Insurgency という組織の放った部隊

男はそんなことは知らずにテック9を撃ち続けた。


91 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:52:25 JctytikI
そして地獄の扉が開いた


92 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 22:59:31 JctytikI
男「??!あの廃屋、扉が…」

司書「SCP1983-1!?」

男「あの家が!?」

男(中が、見えない)

司書「撃つの止めて!」

男「あ、あぁ…」

司書「来るわよ」

男「何が…」

男「なんだ、あの黒いの…」

司書「SCP1983-2…」


93 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:03:19 JctytikI
男「あの二体でセットなのか!?」

司書「さて、特殊部隊はどうする…」

司書「あ、麻酔?なんで…」

男「捕獲する気か…」

司書「…」

男「入っていった…」

男「あれ…違うぞ」

司書「えっ?」

男「だって、建物は後ろにある」


94 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:07:55 JctytikI
そう

建物は後ろにある

特殊部隊は出てきた

建物から

持っていたのは大量の赤い塊

刺さっているのは麻酔針

そしてそれをすてこちらにはしる

くろいひとたちみんなたくさん

ぼくのことをみている

めのまえにはふたり

しんしんふかいふたりは

いかしておくう

まえのくろふく

みなごろし


95 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:16:45 JctytikI
男「!!!」

目の前には黒いのが居た

それはそれは真っ黒いのが

瞬間に司書は家にかけはいった

司書「入るよ!」

男「え、ちょっ!」

司書「うわぁ、真っ暗。ぞくぞくしちゃう…」

男「何いって…何処だここ」

司書「…にくにくしいもの」


96 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:19:13 JctytikI
男「はぁ!?」

男「確かに肉だけど…」

男「心臓…か?」


97 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:27:49 JctytikI
積み重なった心臓は天井まで達しそうだった。
居間だろうか。

黒いのが人を引きずり歩いてきた。

一人、また一人とあつまり。

抜かれていく心臓。

男「おい、おい!」

司書「黙って…」

司書「…」

救ってくれたのだろうか

黒い奴は前に立ち微動だにしない


98 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:31:38 JctytikI
男「…殺すぐらいなら幾らでもしてくれればいいのにな」

男「…日記でもつけるか」

今日聞こえた声は誰の声かもわからなかった。
その招待を知るのは来年の4月
永遠に続くエイプリルフールの中で明かされる。
彼女に救われたことを、前にも会っていることを忘れながらその日を待つことになるのを男は知らない。

10月6日END------------


99 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:36:28 JctytikI
-----------エピローグ

司書「ええ」

司書「取れました」

司書「銀の麻酔針なんかで捕獲できるもんなんですね」

司書「ああ、ツレなら眠ってます」

司書「?殺してませんよ」

司書「眠らせただけです」

司書「はい」

司書「大丈夫です。帰投します。」

司書「それでは」ピッ

司書「…」

司書「さよなら私のナイト様」

司書「助けてくれた時は実は本当に嬉しかったわ」

司書「だから教えてあげるわ」

司書「我らは」


100 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:38:15 JctytikI
司書「オネイロイ・コレクティブ」

司書「貴方も何時か見るかもね」

司書「現実的な明晰夢を」

司書「夢のような現実を」

------END


101 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:40:09 JctytikI
今日はいつになく駄目だったな…


102 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/11(月) 23:40:42 JctytikI
また明日安価出します
おやすみなさい。


103 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 02:31:25 Qgh6t516
乙!
ところで気付いてました?SCPの数字が違うの
安価踏んだのはSCP-1986で、>>1さんが書いてたのはSCP-1983
…………だという事に


104 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 13:36:48 J7g6Uj16
今気づいた…
やっちまった…


105 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 13:54:10 J7g6Uj16
短編で書きます

????年??月??日

不思議な図書館を見つけた

ブエノスアイレスでの旅行で見つけた図書館の地下に合った本のトンネルだ

日本語を話す不思議な司書に着いていったら

いつの間にかそのトンネルに立っていた

興味深い本を見つけたのでその本を勝手に持ち出したのは自分だけの秘密だ。


106 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 13:59:15 J7g6Uj16
男「ちょっと待って!」

男「ねぇったら!」

男(突然黙って何があったんだ)

近くのバルで会った黒髪の司書

司書はこの異国の地で珍しい日本語を話す人だった。

酒を飲みながら意気投合したら

司書『着いてきて、来てほしい所があるの』

少しの期待を持ってついていくと図書館だった


107 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 14:04:15 J7g6Uj16
男『夜だから開いてないんじゃ』

司書『ここから』

男『隠し扉…』

男『この暗さはなんか…デジャブが…』

男『あ、ちょっと!』

彼女は闇に飛び込み俺は中に着いていった

少し歩くと彼女の口数はどんどんと減っていき、最後には何も喋らなくなった。

深夜でも職員、警備員が居るはずの建物の中には誰一人として人は居なかった。


108 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 15:59:55 LV4tVvLM
男「本のトンネルだ…」

男「しかも、奥が見えない…」

男(しかも、見たことがない文字)

男(結構前にネットで話題になった奇書みたいな…)

ヴォイニッチ書籍みたいなものがそここに詰まっていた


109 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 17:21:06 fiDLCHK2
40分程だろうか

彼女が立ち止まった

男「ここか?」

男「古い…日本語の本?」

司書「…」コクリ

司書が指差す所に洋書とは違う、本棚には似つかわしくない本があった

男(前の民俗学の資料で見たようなやつだな…)

緑色の装丁で赤い字で題名がある。

男「奇界?神隠…?呪術…?」

ぺらぺらと捲ると中の紙はまるで新品のように新しく、ぬめるような文字で文が書いてある。

男(…秘術、禁とか書いてあるけど…これは神隠しの方法か!)

男(しかも、障害児や姥捨てに関しても…西洋画やデッサンのような、リアルな絵で…)

そんなまるで西洋の「医学書」を捲っていくと、あるページから本の色合いが変わっていった。

男(黒魔術?)


110 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 17:24:45 fiDLCHK2
男「そら、とぶ、わたしを…つかまえて?」

男「ちには…う、わたしをつかまえて?」

男「なんだ…?」

明らかに色合いが違うページ

魔方陣のかかれている下に書いてあった。

まるで詞のような文字

男「みえない…わたしを…つかまえて」

男「わたし「たち」はよこにいる…」

男「わすれられた…ものたちが、あなたのせかいのよこに…いる?」


111 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 17:28:35 fiDLCHK2
そのページは後ろ含め四枚で一組となるようになっていた。

男「…本当の神隠しの原因ってことか?」

司書「…」

男「おい、あんたまさか…」

男「あんたの名前は聞いた…結構古風な名前だと思った」

男「だか年齢は聞いてなかったな」

男「あんた、何歳だ?」

司書「…」ニッコリ

司書「貴方は二人を忘れない」

司書「貴方が忘れたら消えてしまうから」

司書「でも…ある意味一人に記憶を委ねる時点で…世間から忘れ去られるものなのよ」


112 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 17:31:42 fiDLCHK2
男「何をいっている?」

司書「貴方が五歳の夏休み」

男「?」

司書「倉の中で、した儀式」

司書「いつまでも残り続けるわ」

男「おい、なんでお前が…知っている?」

司書「…また会いましょう?横にいるわ、あれからずっと…」

司書「そしてこれか…ら……も…」

男「お、おい!」


113 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 17:34:43 fiDLCHK2
辺りは一瞬にして暗くなり、電池式のランタンの明かりだけが付いていた。

そしてその光が消えると同時に、男は意識を失った。

気づいたときには宿だった。

記憶を辿ると、本を持ち出したということだけが明瞭に残っていた。

------END 4-2------


114 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 17:52:01 MBOH3nQY
乙ですです
架空図書館、ありがとうございました。
もしかしたら書いてもらえないかもな〜とか思ってましたが杞憂でしたか。
しかも短編と言いつつしっかり書いて頂いてますし、内容もほのぼのほのホラーで引き込まれる感じでした。


115 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 18:54:30 Qgh6t516
>>1親切だな〜


116 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:19:41 fiDLCHK2
>>114
正直SCP1983より書きやすかったです…

男「と言うことで今日も日記を捲ろうかな」
安価
>>119 年月日

>>121 場所(クロスなら作品)

>>123 相手


117 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:28:30 Qgh6t516
ksk


118 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:29:38 MBOH3nQY
安価下だねっ


119 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:33:23 NS3/hhMw
2011年1月1


120 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:34:42 MBOH3nQY
おめでたい日にち


121 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:36:55 K.ECWKZ2
初詣


122 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:39:53 MBOH3nQY
あー粕汁飲みたくなるわ〜


123 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 19:43:54 ADbmXDXo
姪ちゃん


124 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 20:27:57 fiDLCHK2
年齢設定
男 28
弟 23
姉 30

2011年1月1日

弟から何故かお年玉を貰った。

何故かと思ったら、これで日記帳を買えという。

姪からはお年玉をせびられたので仕返しに同じように日記帳を買わせることにした。

なんか文句が多いがまあ良いだろう。勉強の予定もたてれるし、それを手伝う俺はなんていい叔父だろう

初詣に行った際、姪から何か重い約束をされた。

まあまだ六歳だし大丈夫だろう。

姉貴には困ったものだ。


125 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 20:58:27 fiDLCHK2
弟「あっ、明けましておめでとう、兄貴」

男「ああ、あけおめ」

男「正月だからな、お年玉くれ」

弟「はぁ?」

弟「兄である男こそ弟である僕に渡すべきじゃないかい?」

男「まぁ、お前と違って姪に渡すからな」

弟「(姪の声真似して)ありがとぅ、おにさん!」

男「あぁぁああぁあぁあああ!」

弟「(まね)おにさんのお嫁さんになったげる!」

弟「(ま)十六の時、おにさん三八でしょ?大丈夫だよ!加トちゃんが証明したから!」


126 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 21:08:07 fiDLCHK2
男「いやだぁぁあぁああぁあ!」

男「」

弟(そんなにいやかなぁ、姉に似て美人になりそうだけどな)

弟(それに義兄の家系のスタイル良い血が入ってそうだし)

男「あ、車の音…」

弟「え、まじ?」

男「ほら、きたよ…」

弟「犬か!」

男「…」

弟「覚悟決めろよ…」


127 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 21:41:48 fiDLCHK2
姪「おにさぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」

男「…ふぅ、良く来た愛するめいぃぃぃぃいぃいぃ!」

姉「あらあらー」

弟「めっちゃ仲良しだなー」

弟(しかも愛称良いしな)

姪「だいすきー!」

男「おれもー!そんな君にお年玉をあげよう!」

姪「ほんとー!」

男「うん、はい」


128 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 21:44:29 fiDLCHK2
姪「ほんとだ!」

姪「てちょ…う?」

姪「うわぁ!ありがとう」

姪「大切にするね!」

男「お、おう(ぅぉ、ザイアクカンガ)」

弟「ばっかでー」

姉「あらあらー」

姪「わたしからもーお年玉!」

姪「はいっ!」チュッ


129 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 21:48:33 fiDLCHK2
男「うおっ!」

弟「あらあらー」

姉「おい」

男「…」

姉「殺すぞ」

男「はい」

義兄「うぉっ」

弟「あ、どうもあけまして」

義兄「あぁ、明けましておめでとう」

義兄「やっぱり怖いなぁ…」

弟(尻に敷かれてるなぁ…)


130 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 21:52:41 fiDLCHK2
なんやかんやあって神社に行くことになったよ!

姪「おにさんと手ぇ繋ぐぅ!」

姪「えへへぇ!」

男「おう!」

男(断って泣かせたら殺されるし、従いすぎても殺されるんだよなぁ。はぁ…)

姉「あらあらぁー」

弟「あらあらぁー」

義兄「あらあらぁー」

父母「あらあらぁー」


131 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 21:56:41 fiDLCHK2
姪「今年は良い一年になりそう!」


132 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 22:01:18 fiDLCHK2
姪「だってあなたと居れるから!」

男(こういうところでもう、何て言うか色気を感じるんだよね…)

男「軽々しく言わない方がいいよ?」

男「男ってのは勘違いしやすいからね」

姉「あんたが酷すぎるのよ」

姉「あんた話しかけるだけで惚れるからね」

姉「惚れっぽすぎよ」

弟「未だに童貞だっけ?」

男「うっ…!」

姪「私おにさんがどうてい?でもいいの!」


133 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 22:02:06 fiDLCHK2
姪「だってどうてい?が何かは知らないけど、無いものは私がおにさんに全部あげるもの!」


134 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 22:05:01 fiDLCHK2
男(あぁぁああぁあぁあああ!)

男(あぁぁああぁあぁああああぁぁああぁあぁあああ!!)

弟「うわぁ」

姉「手ぇ出したら殺そう」

その他「あらあらぁー」

男「うん」

男「ありがとう」

男「でも、大丈夫だよ!」

姪「大丈夫だよ!私がいるから!」

姪「おにさん大好き!」

男「うわぁ、うれしい」


135 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 22:16:17 fiDLCHK2
男「難しいのは愛することではなく、愛されることである。ってゲーテって言う人が言ってるんだ」

男「だから俺は…」

姪「大丈夫よ!」

姪「柔肌の熱き血潮に触れもみで悲しからずや道を説く君ってあるじゃない!」

男「おいこいつ六歳児かよ!」

弟「うわぉ」

姪「それにね」

男「…?」

姪「私がいる間は、おにさんを愛する間は、おにさんは永遠なのよ」

姪「私はあなたを忘れないから」


136 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 22:22:26 fiDLCHK2
姪「私は谷川俊太郎の62って詩が好きなの」

姪「静かな、だけど動的だから」

姪「私はひとを呼ぶ

すると世界がふり向く

そして私がいなくなる」

姪「あなたを孤独にはしないの」

姪「一人でもおにさんの事を覚えてる人が居たら」

姪「それは私の勝利よ」

男「…」

男「…暗くね?」

姪「…ふぅ」

姪「あっ、おみくじひかなきゃ!」

姪「一緒に行きましょう!」

男「あっ、あぁ」

家族「…」


137 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/12(火) 22:33:53 fiDLCHK2
男(昔に会った…五才ごろから会い始めたお姉さん見たいな雰囲気なんだよな…どこにいったんだろう)

蔵にて行った儀式から現れ、姪が生まれてぐらいから消えた、男の初恋。
本当に人を好きになったかについては別ではあるが…

------------------

空飛ぶ私を捕まえて

地を這う私を捕まえて

みえない私を捕まえて

私が風になる前に

私が土になる前に

私が忘れられるまで

姪「私はあなたの為にいるから」ボソリクスクス!

男「おっ、大吉だー」

姪「うふふっ」ギュッ

-----------END


138 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 01:30:39 Ya9z39bQ
乙!
あれれぇ〜?おかしいな〜?何かどこをめくっても何かが付き纏ってるぞ〜?
周回だか憑依転生だか分からんけどタイムスケールがこんがらがってきたぞ〜?(汗


139 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 01:53:58 TtTRVuYI
(そんなにまでして無理に各回を繋げようとしなくても)ええんやで?


140 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:02:23 3MU9GpQU
>>138
今度短編で書きたいんですけど、五才の時、実家(お爺ちゃんの家)で結構めんどくさい神様(東方とかとは関係ない。土着信仰の類い)に絡まれてるんですよ。

ちなみに同一人物は姪=五才の頃のおねいさん=司書(SCP1986ver)です(姿かたちは違う。共通して大きさの同じな艶黒子がある)
他は被ってないかな

なお主人公は全てを独立した人物と考えてるんでごちゃごちゃしてます(文は主人公の知っていることしか書いてない)。

なお主人公が知り得ないことはカッコなしで書いてます。

主人公は実は一回も憑依されたりしてなくて、一度も第二の主人公(平行世界)は出てません。

周回は4月2日の日記の時に、幻想郷から抜け出せず何回か過ごしてます。

他にもネタは有るんですが全部書くとミステリー風のごった煮じゃなくなるので秘密にします。

といっても途中から見ても分からないところ多いと思うので何か疑問が合ったら言ってください。書きます。


141 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:03:06 3MU9GpQU
>>139
マ?


142 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:08:18 3MU9GpQU
まあヤンデレ神はワイがラブコメ(?)書きたいから出したやつだから。

まあワイ版スターシステムやね

そぐわないと消すから大丈夫。311とかのが来たら出てこないよ。

皆は5歳の頃の記憶を辿るとなにが出てくるだろうか。

最初の好きな人だったりとか、初めて殴り合いの喧嘩をしたとかだろう。

そしてその記憶は朧気だ

でも、僕は違かった

はっきりと覚えている。あのひんやりした空気。

あの初めてのこの世にない「彼女」を


143 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:17:11 3MU9GpQU
夏、僕は毎年三週間、父方のお爺ちゃんの家に旅行に行っていた。

西の方にある県の田舎に家はあった

回りには田圃が広がり、清流が流れ、ヤマメなどが淵で気持ち良さそうに泳ぐのが良く見えた。

用水路もまた同じく清らかで、野菜を冷やすのは勿論、柵で用水路を囲い、ウグイやオイカワ、たまに川から流れてきたヤマメを飼うようにして獲っていた。

僕はこの村が大好きだった。

朝、蜩(ひぐらし)の音ともに目がさめると、網を持ち近くの甲虫の集まる木を回ったりして虫取もやった。

そんな素晴らしい村で一番お気に入りだったもの。それは…


144 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:17:48 3MU9GpQU
祖父の家の蔵にあった、不思議な巻物だった


145 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:19:40 LqMh51rs
周回とか転生は神の方に対して言ってたモンかと思った
あと、おにさん=鬼さんとか穿ってみたりw


146 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:24:27 3MU9GpQU
とある日

祖父が村役場の集会に行き、祖母が畑を少し見に行っているとき、家のなかを探検することにした。

家は古く、瓦葺きが今も美しい家だった。

その家で一番目につくのは、大きな蔵だった。

そのころ秘密基地作りに興味のあった僕は、この蔵を自分なりに「征服」しようと思った。

扉を開くと中は暗く、ドアからの光のみで中を見るのは難しかった。

まるで地底に続く「トンネル」のような

そして暗闇になれてきた時、気付く


147 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:25:33 3MU9GpQU
蔵の中には社のようなものが1つあるのみだと


148 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:26:44 3MU9GpQU
>>145
おにさんはただ単に伯父さん+お兄さんですね
多分

まあヤンデレがここで正体出るんでそれで少しわかるかも?


149 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:28:09 3MU9GpQU
僕はその時怖いものはなかった

一歩踏み入れ

二歩踏み入れ

小さな社に入り、巻物を手に取った。

今ならわかる。

あれは首塚だった


150 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:33:06 3MU9GpQU
乾いた動物のような革で出来たその本を、僕は次に解読してみることにした。

その時、金曜ロードショーでやってたスパイものの映画のせいだ。

古文書の文字なんて、大学で研究してた今ならまだしも、あの当時わかるはずもない。

が、その時の探求心はそれを凌駕した。

絵で多くを悟りほぼ理解し終えた

どんな図形を書き、どんな文字を書けば良いか。

簡単に考えれば真似をすればいいだけだから。

しかし解らないものが幾つかある。

原理などは解るはずもない。が結果どうやればいいか解れば良いのだ。

しかし大きな項目が解らなかった。


151 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:33:36 3MU9GpQU
蟲毒である


152 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:38:51 3MU9GpQU
蟲毒の項目がわからないままに日々は過ぎ、旅行最終日になった。

祖父「寂しくなるけどせいせいするな!」

祖母「最終日が雨なんて…最後はたんと食べなさい!」

男「うん!」

祖母「鰻でも煮ようかしらね」

祖父「お、良いねぇ!」

男「僕鰻大好き!」

祖母「本当かい?」

祖父「ステーキとかじゃなくて鰻の方が好きとは…渋いなぁ!」


153 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:41:06 3MU9GpQU
和気あいあいとすごす最後の日、事件は起こった。

豪雨と落雷によって村に大きな被害が出てったのだ。

そして一番のその村一番の被害は

「犬神」を奉っていた祖父の家の蔵の崩壊である。


154 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:44:45 3MU9GpQU
村は大騒ぎとなった。

犬神の家を村八分とは言わないまでもどこか他所他所しくしていた家は特にである。

人々は口々に言う

「天罰が下る!」と

そして各家の犬が集められ、果ては野性動物の狸や狐なども集められた。

蟲毒のために

そのなかに一匹見慣れないモノが居た

ニホンオオカミと呼ばれるそのモノは、ほぼ土地神となっていたメスのオオカミだった。


155 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:49:35 3MU9GpQU
心優しきその神は、蟲毒は私が最初に犠牲になり後のものは成仏させよう。

そう考えていた。

しかし邪魔が入った。

男「ねえ狼さん」

男「君が最初に死のうとする理由はわからない」

男「でもそんなに傷付いた体ではなにもできないよね」

男「多分君が神様なんだよね」

男「だったら君にこれを使うべきなんだと思う」


156 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 02:52:17 3MU9GpQU
ぺらっとめくったのは一メートル×一メートルほどの和紙である。

びっしりと並べられた文字は、辛うじてではあるが、式を保ったいた。

男「みんながあつめてるのは…良く解らなかったところのだよね…」

男「血で良いのかな?」ブシュッ

どばとばどば

男「うん」

狼「…」

男「じゃあやりますか」


157 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 03:00:56 3MU9GpQU
蟲毒という酷いものを、つかう事なく自分のものを触媒として儀式を始めた。

そして…

結果だけ書くと、儀式は成功した。

村の方は災害の恐怖による集団の記憶喪失として落ち着いた。

特に祖父や祖母などは蔵の事などは無かったようになっていた。

そして次の日、村から家に帰ることになった。

いつもほぼ人のならない駅で祖父母に見送られる。

列車が来る。乗る。

珍しく乗ったのは二人だった。

ずっと手を振る祖父母に手を振り返しつつ興味は乗ってきたもう一人の乗客に向く

その乗客、女の人は------ 後に近くに住むお姉さんと呼ぶ人の目は、助けた狼のような綺麗な青色していた。


158 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 05:38:58 LqMh51rs
ううむ、なぁるほどねぇ
しかし犬神とか言われると、どうしてもだね、その、よぎるんだよね、スケキヨがww


159 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 12:33:39 Q3VUSUbE
スケキヨで草


160 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 12:35:29 t0t28TZs
スケキヨ、スケタケ、スケトモ


161 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 18:10:13 Ccjwl6z.
こんな感じで想像して書いてます


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 18:11:10 Ccjwl6z.

http://i.imgur.com/JhvXcAI.jpg


163 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 18:19:31 LqMh51rs
確かに姪ちゃんにはお姉さんの面影があるように感じられますね


164 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:09:53 Ccjwl6z.
あんかー

>>166 年月日

>>168 場所(クロスオーバー先含め)

>>170 登場人物


165 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:12:56 LqMh51rs
はいよー


166 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:16:00 UVI0ZhGs
可愛いねぇ
安価は11年5月5日


167 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:17:58 EtND/ZUs



168 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:25:46 UVI0ZhGs
鎌倉のお土産屋、海山堂


169 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:27:57 Rl0mPCQQ
連投か。まぁ一応↑にしとくか……


170 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:34:26 tqfmSREw
>>1が思い付くままの新キャラ


171 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:57:05 Q3VUSUbE
姪が俺の好きなキャラを詰め込んだやつだからなー…


172 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 20:59:03 Q3VUSUbE
まあ男の日常でいいか


173 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 21:07:43 Q3VUSUbE
2011年5月5日

久しぶりに小旅行に行くことにした。

秋田市から列車に乗って、二時間。

白神山地に行った。

男の一人旅は余り良いように見られない。

というよりも、男一人って言うのは…

…フられたと見られる。

震災のスローガンがポスターで張ってあるのを見ると、益々暗くなる。

どこか飛行機で逃げていきたい。


174 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 21:10:28 Q3VUSUbE
好きな曲出そうとしたらまだ発売されてねぇ…

結構昔だな


175 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 21:26:13 Q3VUSUbE
男「白神岳登山口ってところ目指すか…」

男「何個か先行って青池でも行こうかな」

AM9時05分

電車が入線した

ここから終点まで行く


176 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 21:52:16 Q3VUSUbE
終点の駅から乗り換えて、ディーゼル列車に乗った。

男(古いなぁ…)

男(キハ40だっけか?)

国鉄の匂いを残す車両は老骨を奮い立たせて海沿いの線路を走っている。

空から注ぐ太陽は海をキラキラと照らさせていた。

男(眩しい…)

カーテンを閉めると暖かな日差しは消えて、暖房の暖かさのみを感じた。


177 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 21:56:10 Q3VUSUbE
途中の駅からツアーの団体が乗り込んできた。

若者や老人、色々な人が混ざっている。

そんな人達の中でお爺ちゃんお祖母ちゃんとその二人に連れられた女の子と相席することにしたになった。

女の子「あの…席良いですか?」

男「あ、はい…」

お爺ちゃん「あぁ、ありがとう」

お祖母ちゃん「申し訳ないねぇ…」


178 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:09:18 Q3VUSUbE
女の子が窓を開けたさそうに窓を見ていた。

男「窓、開けますか?」

女の子「良いんですか?」

男「まあ、観光ですよね。外見たいでしょう?」

女の子「っはい!」

お爺ちゃん「ありがとうございます…」

お祖母ちゃん「綺麗な景色ですねぇ…」

男「窓も開けちゃいますか」

がたん、と開けると心地よい風が入ってきた

お祖母ちゃん「5月の風ですねぇ」

男「えぇ、眩しかったから閉めてたんですけど、開けてもいいですねぇ」

女の子「5月の風?」


179 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:15:31 Q3VUSUbE
男「立原道造ですね」

お爺ちゃん「お知りですか」

女の子「誰ですか?」

お祖母ちゃん「詩人ですよ」

男「5月の風をゼリーにして」

男「食べたいものは何かと聞かれて答えた言葉です」

女の子「へぇー。私は12月の空気を食べてみたいなぁ」

男「確かに味が濃そうですね」

男「クリスマスの味なんて特に、クリームの味が濃そう」

女の子「えへへ、でも違うんです」

女の子「あの静かな雪の平原が好きなんです」

女の子「音が何も聞こえない…」


180 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:23:03 Q3VUSUbE
男「…確かに」

男「静かな、暗い闇」

男「でも白い雪が何故か暖かいんだよね」

女の子「はい!」

お祖母ちゃん「あらあらぁー」

お爺ちゃん「おぉー」

男「…何かデジャブだな」

男「どこから来たんですか?」

女の子「北海道で…」

女の子「…鎌倉です」

お爺ちゃん「…」

お祖母ちゃん「鎌倉でお土産を売るお店をしてるんですよ」

お祖母ちゃん「海山堂って言います」

女の子「…」


181 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:26:37 Q3VUSUbE
男「鎌倉ですか」

男「ますます5月の風が美味しそうですね」

お祖母ちゃん「こっちの風とは違いますよ?」

お爺ちゃん「もっと暑くて、濃厚です」

女の子「…お名前は何て言うんですか?」

男「ん、あぁ男と言います」

女の子「男さん、ですね。」

女の子「私は女の子と言います」

男「へぇ、よろしく女の子さん」

女の子「女の子、でいいです」

男「…学生ですか?」

女の子「はい。中3です」


182 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:29:33 Q3VUSUbE
お爺ちゃん「女の子ちゃん…」

お祖母ちゃん「お邪魔みたいですねぇ」

女の子「あ…」

男「大丈夫ですよ、別に窮屈じゃ…」

お爺ちゃん「さっきボックスシートが空いたから」

お祖母ちゃん「仲良くしてやってください」

男「」


183 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:33:30 Q3VUSUbE
男「…話しにくいなら向こうに行っても…」

女の子「…いいわよ」

男「え?」

女の子「私は貰い子だから」

女の子「邪魔なのよ」

女の子「私は北海道に住んでたの」

男「…」

女の子「旅行中、大震災で両親が死んでね?」

女の子「私だけ生き残ったの」

女の子「あの二人なんて遠縁の親戚よ」

男「…」


184 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:37:06 Q3VUSUbE
男「まぁ、それは別じゃね?」

男「確かに他の人が邪険にしても」

男「引き取ってくれた二人は違うんじゃ?」

女の子「そうだとは思うけど…でも」

女の子「信じられる訳無いじゃない」

女の子「はぁ…」

男「まぁ解るよ。」

男「でもさ」

男「信じなかったら後悔が付きまとう」

男「絶対に」


185 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:43:00 Q3VUSUbE
女の子「…」

男「…」

ツギハ、○○〜○○〜

男「お、着いた」

男「ありがとう」

男「ゆっくり時間が過ごせたよ」

女の子「…」

男「相談できる相手を作る、それでかなり変わるんじゃないかな」

男「それじゃ!」

女の子「あの!」

女の子「あなたが相談相手になってくれる、それじゃ駄目ですか!」

男「え?」

女の子「えっと、これ!」

女の子「連絡先を、交換してもらっていいですか!?」

男「…よろこんで」


186 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:48:16 Q3VUSUbE
男「ふぅ…」

電車を降りるとすぐにメールが来た

男「…」

未だに悩むことが多すぎる自分にその任が出来るかはともかく

人から感謝されるのは嬉しかった

そして

男「かわいかったな…」

煩悩が出ている自分が妙に嬉しかった

駅を出て歩く

青池まで歩く

男「5月の風をゼリーにして…」

涼しい風が青い森を駆けて、服を揺らす。

青池まで10キロメートル

気持ちを落ち着かせるには十分な距離だった。


187 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:53:43 Q3VUSUbE
エピローグ------------

鎌倉の日差しは暑く、空は青々としていた。

こっちの生活にもなれ、友達も沢山とは言わないまでも多少は…出来た。

冬は温かく、最初は違和感が多かったが、ゆっくりと慣れていった。

今日、彼が来る。

私の心は夏の日差しと共に強さを増していく。

もうこの土産物屋の空気も嫌いじゃない、

そう考えていたら、ドアが開いた。

見慣れた人影は------------

終わり------------------


188 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/13(水) 22:57:35 Q3VUSUbE
好きな女の子って冬の似合う子だったんですよね。
なので鎌倉って来たんですけどメインは違うところにしちゃいました。すいません。

なおこの女の子はヤンデレ神とはまったく関係ないです。まさに正ヒロイン。

本当はSleeping with a friendやOut of timeって言った曲と絡ませたかったんですけど前者は発売されてないし、後者は暗めの曲なので出せませんでした。

どちらも良い曲なのでよろしければどうぞ。

ではおやすみなさい。


189 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 01:52:31 AjaoE.Rk
乙!
いやぁ、まさかそんな人らが模造武器屋をやってるなんて思いもしないだろうなw
在庫が無かったからって看板にされてた黒塗りの木大剣を買ったのは良い思い出w


190 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 02:12:44 RARZZjM6
あそこはうちの生物の恩師が好きで良くいってました(笑)

懐かしい思い出です

なおワイは骨折で行けなかった模様。

あそこ西洋武器も売ってるとか謎なんですよね…

後、酉付けます。 まあ成り済ましする人何か居ないでしょうけど一応です。


191 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 02:14:05 RARZZjM6
別時空間って訳じゃないですが、架空キャラを知らずに行った主人公の短編とかも書いてみたいです。


192 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 10:30:28 jka.IeAA
ワイの「中」での女の子
背が高い(168㎝くらい?)
http://i.imgur.com/xXV3qfU.jpg


193 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 11:51:26 Zw1Ivqas
裸デッサンまでとか本格的過ぎィ!wそして姪ちゃんの方が地味に勝ってるのな
表情が勝気っぽくなってるのもGJだね!


194 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 12:28:02 0yjofk76
>>1さん博識だよなー。それとも有名書籍?の名台詞なんかは一般教養の範疇なのか……?
俺なら長く覚えてる事なんか絶対出来ない


195 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 19:01:58 RARZZjM6
>>193 >>194
ただの中二病です。
大学の専攻は農業ですし、カッコよかったり、悲しかったりするモノが好きで調べてたりしたらこうなります。

詩だったら谷川俊太郎さんの62のソネットっていうのがお勧めですよ。
-----------------
安価
>>197 年月日

>>199 場所(クロスオーバー先含め)

>>201 登場人物


196 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 19:16:46 XnLBQRqY
安価下


197 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 19:22:14 Zw1Ivqas
2015.9.27


198 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 19:25:31 XnLBQRqY
今日も踏み台するぜ(踏まないとは言っていない)


199 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 19:31:19 noEylyYw
2015.9.27


200 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 19:35:44 nu1iACNA
↑なんだこの迷惑行為はw
安価なら男の地元の穴場の和食料亭


201 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 19:38:33 XnLBQRqY
コノシュンカンヲマッテイタンダ

大和撫子な若女将(独身)


202 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 20:03:57 haSLDP4s
場所は>>200にしますか。

因みにローカル線での話は一部実話です。可愛い子はいないけど。


203 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 21:02:28 RARZZjM6
2015年9月27日

酔っ払った。

女将め。


204 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 21:17:25 RARZZjM6
男「ふぅ、今日も疲れた…」

男(もう金曜日か…)

男(…給料入ったし、少し豪華な料理でも食べるか)

男(久しぶりに酒でも飲むか)

男(いや、ウイスキーもいいな)

男(それとも焼酎か…)

男(ふむ…旨い酒…)


205 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 21:22:17 RARZZjM6
男(久しぶりに、料亭にするか)

男(旨い酒に旨いツマミ)

男(静かに流れる時間)

男(美人な女将)

男(ちょっとアレだけど)

男(よし、そうしよう!)

男の決意が人が疎らな秋田駅に響いた。


206 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 21:29:24 RARZZjM6
男(どれ、少し歩くことになるな)

男(音楽でも聞きながら行くか)

男(うーん、雨降り始めてんのか…)

男(大江千里のRainにしようかな…)

男(それともNeontreesのSleeping with a friendにしようか…)

男(ORIGINAL LOVEの夜をぶっ飛ばせもいいな)

男(…>>207にするか)


207 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 21:32:29 nu1iACNA
凛として咲く花の如く


208 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 21:46:32 nu1iACNA
ところで熊本ヤバイってな。>>1さんの所は大丈夫かい?


209 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 21:46:44 RARZZjM6
3つの中から選んでクレメンス…


210 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 21:48:24 RARZZjM6
ワイパッパの会社が熊本に有るンゴ

ちなワイ秋田住み

再安価>>211


211 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/14(木) 21:54:00 XnLBQRqY
んじゃRainで


212 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 22:17:10 RARZZjM6
男(よし、Rainにするか…)

男(言の葉の庭でカバーされてたけど、オリジナルの方が良いなぁ)

男(少し古めが堪らない)

男(歌詞の内容も何か良い)

男(青春っぽいけど何だか艶かしいんだよね…)

男(〜♪)


213 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 22:33:07 RARZZjM6
------とある料亭

料理人A(なんだか若女将が期限良いな…)

料理人B(聞いた話だと今日は気になる人が来そうって呟いてたらしいぞ)

料理人A(マジかよ、若女将好きな人いんのかよ…)

料理人B(お、狙ってたか?)

料理人A(結婚してるの知ってるだろ?)

料理人A(本当に美人な人は付き合う人がいるっていうのが違和感感じるんだよ)

料理人B(あぁ、分かるわぁ)

若女将「あのぅ…」

料理人AB「あっはい!」

若女将「今日は出来るだけ気合い入れてもらっていいですか?」

料理人A「も、もちろんです!」

料理人A 「若女将の恋路のためですから!」

料理人B「お、おい!」


214 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 22:35:20 RARZZjM6
料理人A「あっ!」

若女将「…」

料理人AB「…」

若女将「こ、恋路だなんて…そんなぁ…」

料理人AB(か、かわいい)

料理人AB(どんな人なんだ…)


215 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 22:41:06 RARZZjM6
若女将「初めて会ったときのように〜♪」
-----------------------
男「行かないで行かないで、そう言うよ〜♪」

男「っとーついたついた」

男「ご免くださーい」

男「予約無いんですが…空いてますか?」

店員A「はい、カウンターでよければ直ぐにお料理をお出しできますよ」

男「あ、じゃあカウンターで」

店員A「はい、承りました」


216 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 22:45:02 RARZZjM6
若女将「いらっしゃいま…あらぁ!」

男「あ、どうも」

男「今日もお綺麗ですね」

男「疲れが吹き飛んじゃいます…」

若女将「あ、ありがとうございます!」

男「あ、注文いいですか?」

男「取り敢えずビールを…」

若女将「あ、はい!」


217 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 23:05:35 RARZZjM6
男「…普通に可愛いんだよなぁ」

男「うん、可愛いというより美人か…」

男「さて、顔拭くか」

男「あ、お刺身で鰹かぁ」

男「うーん」

若女将「ビールとお通しです…」

若女将「お通しは鰰鮨です」

男「おお、美味しそうだ」

男「…」パクリ、トクトクトク…

男「…」ゴクッゴクッ…

男「…ふぅ」


218 : 浜っこ :2016/04/14(木) 23:06:01 VKgcRPfc
熊本地震速報!
bitly.jp/?gf26et02


219 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 23:22:47 RARZZjM6
男「…」ゴクッゴクッ…パクリ

男「…ふぅ」

若女将「…」ニッコリ

男「注文良いですか?」

若女将「…は、はい!」

男「日本酒…春霞で…」

男「鰹の刺身を下さい」

男「後…うーん、ヒラタケの天ぷらと…ピーマンの天ぷら…でお願いします」

若女将「はい!」


220 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 23:31:32 RARZZjM6
男「ふぅ…」

男「静かでいいなぁ…」

男「こういう小料理屋みたいな料亭…無いんだよなぁ…」

男「…すき焼きもいいな」

男「鴨葱…」

男「揚げ茄子も…」
----------------------
料理人A「あの人が…」

料理人B「背が高いってぐらいしか分からんな」

料理人A「あ、天ぷら上がり」

料理人B「うん」

料理人A「まあ美味しく食べてくれればいいか」


221 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 23:37:19 RARZZjM6
若女将「日本酒です」

男「お、春霞」

男「…」ゴクッゴクッ

男「うん、これこれ」

若女将「天ぷらです」

若女将「スダチでどうぞ」

若女将「ピーマンは1度出汁を通しています」

若女将「塩は着けずにどうぞ」

男「はい」

男「…」サクッサクッ

男「はぁー」


222 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 23:43:03 RARZZjM6
男「…」

若女将「…一週間お仕事お疲れ様でした」

若女将「先輩」

男「仕事中だろ…まあいいか」

男「きちんと仕事してるじゃないか」

男「しかも先輩って…」

若女将「私の中では先輩ですよ」

男「…一年しか被ってないし俺は院生だったぞ」

男「それがこんなに大きく」ケタケタ

若女将「ふふっ」

男「なにかおすすめは?」


223 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 23:46:19 RARZZjM6
若女将「そうですねぇ…」

若女将「ホウボウなんてどうですか?」

男「…じゃあそれを」

若女将「はい」

男「今日は結構人少ないな」

若女将「そうですね、雨ですから」

若女将「私は雨好きなんですけどね…」

男「俺は…まあ嫌いじゃないかなって感じだな」

男「…」ゴクッ


224 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/14(木) 23:52:03 RARZZjM6
若女将「…雨男」

男「俺が雨を好きなんじゃない」

男「雨が俺を好きなんだ」

男「…」

若女将「…」

男「まぁ、一人で過ごすと寂しいからな」

男「静かにゆっくりと」モグモク

男「鰹も旨い」

若女将「美人もいる」

男「自分で言うな」

若女将「ホウボウです」


225 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:01:52 LdlkUkD.
若女将「もみじおろしとぽん酢でどうぞ」

男「こりこりして旨いんだよな」

男「…煮物が食べたいな」

男「…えびしんじょうを下さい」

男「後…新政の亜麻猫二合ください」

若女将「はい」

若女将「あ、音楽変えますか?」

若女将「最後のお客様出られたので」

男「うーん…じゃあ…」


226 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:05:10 LdlkUkD.
ハービーハンコックの処女航海で


227 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:11:17 LdlkUkD.
----------------------
男「ぱらら〜ぱらららら〜♪」

若女将「酔ってますねぇ」

男「まあね」

男「旨い飯が身に染みるよ」

男「…有る意味俺はここのお陰で生きてるからなぁ」

若女将「あらあら、先輩ったら」

男「…あ、次はジョン・コルトレーンのブルートレインが良いかな」

若女将「変わってませんね、好み」

男「ミーハーだからこれしか知らないんだよ」


228 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:15:50 LdlkUkD.
男「しんじょも美味しい」

男「出汁が染みてる」パクリ

若女将「…うふっ」

男「…なんだ?」

若女将「いえ、なんか嬉しいなって」

男「…」

若女将「まるで…」

男「その先は言わせないぞ」

若女将「…いけず」

男「いいんだよ」


229 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:18:15 LdlkUkD.
男「お前も好き者だよな」

男「あんなに沢山告白されたのに」

男「結局そのまま」

男「まだ卒業してないだろ、どうなんだ?」

若女将「まあ、私は一人しか居ないんで」

若女将「その人が振り向くまで待ちます」

男「そいつが振り向かなかったら?」

若女将「生涯独身ですね」

男「店は?」

若女将「私の妹は尻軽だから」

男「口調口調」


230 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:22:05 LdlkUkD.
若女将「まあ目の前に居るのが振り向くまで、いくらでも待ちますよ」

若女将「もし結婚してもです」

男(なんかデジャブなんだよな)

男「…やめてくれよ」

男「良い男なんて幾らでも居るぞ?」

男「お前に付き合うような」

若女将「まあ、それを私が好きな訳では無いんで」

男「へぇー」

男「ふぅ…」

若女将「えぇ」クスクス


231 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:25:49 LdlkUkD.
男「…」

若女将「この後時間ありますか?」

男「無…若女将「ありますよね」」

若女将「ちょっと付き合ってください」ニッコリ

男「…はぁ」

若女将「沈黙は了解ですね!」

若女将「まあ少しは値段をまけますよ」

男「まあいいか…」

男(…あの二人にはばれんだろう…)

男「どこで飲むんだ?」

若女将「私の家です」

男「脚下だ、帰る」

若女将「駄目です」


232 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:29:10 LdlkUkD.
男「えぇ…」

若女将「ゴムは付けますから!」

男「そういう問題じゃねぇよ」

若女将「うふふ、楽しみです!」
---------------------------------
男(はぁ…)

女将め



酔っ払ったよ。
----------- END -----------


233 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:33:13 LdlkUkD.
エピローグ



男「…はぁ」

若女将「うぅん…」

男「…」

若女将「えへへぇ、男さん…」

男「…まあ、いいか…無かったし…」ムクリ

男「おい、おきろー!」ゲシッ

若女将「うーん」

男「飯食うぞ」

若女将「はい!」

若女将(ずっとお慕いしてますからね…)


234 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 00:35:17 LdlkUkD.
エピローグ?
0時の姪

姪「…!」ガバッ

姪「邪悪な気配…」

0時の女の子

女の子「…!」ガバッ

女の子「悪夢か…」

----------------------
終われ


235 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 02:02:14 /nb6bS/g
乙!
しっとりした良い話ですねぇ。男羨ましいなぁ〜…………いつか刺されなければね
それにしても料理人さん達、心広いね。普通なら多少嫉妬して憎々しげにするだろうに、「まあ美味しく食べてくれればいいか」だからな。凄いもんだぜ


236 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 02:58:04 lcR0RWCw
飯テロォ!くっそ、こんな時間なのに腹が減るじゃねーか!www

そして女将さんもヤンデレ生き霊か何かを送り込むんじゃないww
いや、洒落にならんから、マジで


237 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 14:33:29 aCjxcCLg
暇だから短編集

四人の日常

姪編

姪の母「めいー、起きなさい!」

姪「起きてるー!」

姪「ちょっと待ってー!」

姪の父「あいつ今なにやってるんだ?」

姪の母「また男とのプリクラ見てるのよ」


238 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 14:54:39 OphajN5o
オカマ安価取ったやつだけどこんな面白いSSになると思わなかったwww


239 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 16:53:51 Fc64JN3o
姪「…うふふ」

男のプリクラガン見

姪「うふふふふふ」呪術的な何か

姪「ふぅ…」

二人の女の子の写真のようなもの

姪「うふふふふふ」殺気的な何か

母『まだぁ!?』

姪「邪魔しないで!」


240 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:25:16 Fc64JN3o
姪『邪魔しないで!』

姪の母「あらあらぁ」

姪の父「うーん…」

姪の父「少し義弟になつきすぎじゃないか?」

姪の母「大丈夫よ」

姪の母「そんなことがあったら殺すから」
-----------
男「びくぅ!?」
-----------
姪「くそっ、駄目ね」

姪「力が、もっと力が!」

姪「…」

姪「おかあーさーん!」バタン


241 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:28:19 Fc64JN3o
姪の母「あら、やっと出てきたわ」

姪の父「おはよう、姪」

姪「お母さん!お願いがあるんだけど!」

姪「今度のテスト、点数良かったら…」

姪「夏休み、おにさんの家に泊まりに行ってもいい!?」

-----------
おわり。


242 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:33:15 Fc64JN3o
女の子の日常

モブ1「お願いします!付き合ってください!」

女の子「…ごめんなさい」

モブ1「そ、即答ですか…」

モブ2「確かに女の子さんは誰とも付き合わないことで有名だけど…」

モブ3「イケメンのモブ1も駄目か…」

モブ1「っ、彼氏さんとか居るんですか!?何で…振られ…」

女の子「あー…」

女の子「彼氏は居ません」

女の子「でも好きな人が居るんで」

女の子「ごめんなさい」

モブ1「…学内ですか?」


243 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:37:59 Fc64JN3o
女の子「うーん…内緒です」

-----------夜、自室

女の子「振るのも辛いなぁ…」

女の子「と言うよりも…彼氏ができるまでって言われたって」

女の子「私、そんなに軽く見えるかしら…」

女の子「…」ピコピコ

女の子「…!」

女の子「男さんだ!」

女の子「…うふふ…」

男『夏休み?だったら○○が空いてるかな…でも家狭いから、三人はきついよ?』

女の子「うふふふふふ」スッスッ

女の子『大丈夫です!私一人ですから!』


244 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:40:24 Fc64JN3o
女の子「夏休み、旅行!」

女の子「あぁー顔が…」にへらぁ
-----------どったんばったん
お婆さん「…」ニッコリ

お爺さん「…」ニッコリ

ワイ「あの、このモーニングスターって…」

-----------
おわり


245 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:45:14 Fc64JN3o
若女将の夜

若女将「んー、仕事おわり!」

若女将「やっぱり家でのご飯は最高ね!」

若女将「タッパーに一杯入れてくれる料理人さん達に感謝ね!」

若女将「ししとうの揚げ浸し、マテガイの酒蒸し…」

若女将「えびしんじょう!」

若女将「ビール旨すぎ!」

若女将「あ、お酒開けちゃおう!」

----------二時間後

若女将「…」ゴクッゴクッ

若女将「…寂しい」

若女将「寂しい寂しい寂しい!」

若女将「先輩と話したいなぁ…」

若女将「せ、ん、ぱぁ、い…」


246 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:49:08 Fc64JN3o
若女将「電話しよっ!」

若女将「せんぱーい!」

男『うげ、うるさっ!』

若女将「あー先輩のこえだー」

男『お前酔いすぎたろ、どんだけ飲んだ!』

若女将「四合と瓶ビール大でーす!」

男『ば、おまえ!』

若女将「今、ウイスキーのんでます」

男『飲みすぎだ、やめろ!』

若女将「マッカラン21年のです」

男『勿体ねぇ…』


247 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:52:12 Fc64JN3o
若女将「…じゃあ勿体無くない
飲み方します」

男『…どうやって』

若女将「先輩家に来てください!」

男『はあっ!?』

若女将「最近女の匂いがします!私が消しましょう」

若女将「先輩とは私のものですから!」
-----------
おわり


248 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 17:55:17 Zg6QD/gU
男の一週間

日曜日 月曜日が恐い。寝る。

月曜日 社畜

火曜日 社畜

水曜日 社畜

木曜日 社畜

金曜日 社畜

土曜日 社畜

以下ループ


249 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 18:22:43 XGupk63M
ttp://bit.ly/1SPfqzj


250 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 18:36:42 5qog4VHs
男……罪作りな奴


251 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 20:53:11 LdlkUkD.
日課の安価
>>253 年月日

>>255 場所(クロスオーバー先含め)

>>257 相手


252 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 21:11:56 7brT0M6E
ksk


253 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 21:19:11 5qog4VHs
2011/10/10


254 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 21:22:32 7brT0M6E
ksk


255 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 21:25:15 kbfjf0fg
葡萄踏み体験コーナーの大樽の中


256 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 21:30:40 OYhq43sI
ksk


257 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 21:34:48 7brT0M6E
何ィ!俺以外がぁ!?
まぁ、ならばもらった

安価は 江戸くらいからタイムスリップしてきた商家の娘(なお、1ヶ月で帰るのは確定のもよう)


258 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 21:45:26 LdlkUkD.
2011年10月10日

今日は神様が本当に居るのかもしれないって事が起きた。

というより横に居る

江戸時代から来たと言う少女は確かにそう思えるような格好をしていた。

どうしたものかと考えるがどう考えても駄目だ。

ワインのアルコールが頭にくる。

樽の中にでも入ればいいのか。


259 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 21:53:39 LdlkUkD.
男(山梨、ついたー!)

各駅停車で女の子の家に行ったついでに、アルコールが好きなので山梨で泊まる事にした。

今、山梨はワイン作りの最中であり、その垂れ幕が多くかかっていた。

男(ビジネスホテルっていうけど一昔前のラブホみたいだな)

男(飯は…ハンバーガー食っちゃったしな)

男(寝るか)


260 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:03:14 LdlkUkD.
翌日

勝沼

男(ワイン醸造ってこんな風にやるのか!)

男(酒の醸造しかしらないんだよなー)

男(結構違うし…やっぱり酒は面白い!)

男(へぇ、大樽の葡萄踏みか)

男(やってみるか)

男(勝手にやって良いって有るけど適当だなぁ)

男(どれ)

男(うあっおもしれぇ!)グヂャグヂャ、ブミ

男(ぬ?)ブミ

男「ひと!」

江戸娘「はっ!?」

江戸娘「どこ、ですか!?」

江戸娘「っ!?ちっ?」


261 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:06:33 LdlkUkD.
江戸娘「血っ!!!」

江戸娘「!?」

男「!?」

江戸娘「なにやつ!?」

男「なにやつ!?」

江戸娘「ここは、どこ〜」バタン

男「ど、怒涛の展開…」

江戸娘「」

男「どうしよう…」

男「レンタカーに乗せるか…」


262 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:09:50 LdlkUkD.
男「やっとついた…」

男「シャワー浴びなきゃ…」

男「おい、君?」

江戸娘「うーん…」

男「起きないな…」

男「先に浴びるか…」

---------------------

男「ふぅ…」

男「お風呂入ってもらわなきゃ…」

男「おーい!」

男「起きろ!」

江戸娘「はいっ、お母様!」


263 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:13:20 LdlkUkD.
男「君、シャワー浴びなさい」

江戸娘「あなたは誰ですか!?」

男「あぁ、俺は男って言うんだ」

江戸娘「…変な名前ですね」

江戸娘「私は江戸娘っていいます!」

男「偉く古風な名前だな…」

男「何歳だい?」

江戸娘「今年で齢16となります」

男「み、未成年…」

男「シャワー浴びたら警察に行きましょうか…」

江戸娘「警察?」

江戸娘「なんですかそれは」


264 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:19:33 LdlkUkD.
男「」

男(偉く古風な名前で、警察もしらない…)

男「君、何年生まれだい?」

江戸娘「私は嘉永元年(1848年)生まれです」

男「何時だよ!?」

江戸娘「…おかしなことを聞きますね…」

男「可笑しいのは君だよ…」

江戸娘「で、この部屋着、どうしましょう…」

男「あぁ、シャワー浴びなよ…」

男「シャワー…湯浴ね」

江戸娘「わかりましたどこの部屋ですか?」

男「あそこの部屋」

江戸娘「はい」


265 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:27:53 LdlkUkD.
少しして…
江戸娘「ぎゃあっ!?」

男「どうした!?」

江戸娘「きゃぁ!?」

男「えぇ…」

江戸娘「…こちらを見ないで下さい…」

男「は、はい」

江戸娘「お湯が…勝手に…」

江戸娘「しかもよく考えればこんな材質見たことない…」

江戸娘「後からゆっくりと話を聞かせてもらって良いですか…」

男「あぁ、そのつもり…」

江戸娘「だからでてけ」

男「酷い!?」


266 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:34:59 LdlkUkD.
色々話して…

男「わかりました?」

江戸娘「はい」

江戸娘「色々合点がつきました」

江戸娘「100年以上後の日の本とは」

江戸娘「まだなれません」

男「そうだろうな…でも、どうして…」

江戸娘「…」

江戸娘「…まあなに考えても意味はないでしょう」

江戸娘「外に出ます」

男「えっ」

江戸娘「ついてきて下さい」

江戸娘「未来の日の本が見れるならそれはそれで行幸です」

江戸娘「ここに来たのが私の定めなら」

江戸娘「全てを利用させてもらいましょう」


267 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:41:59 LdlkUkD.
江戸娘「…」

男「強いな…」

男(何か…知り合いにも居たような…)
-----------
江戸娘「やだあっ、超可愛い!」

男「誰だこいつ」

江戸娘「クリーム…素晴らしいです!」

江戸娘「このふぃぎゅあ?とか言うのも凄い出来です…なにで作られてるんでしょう…」

江戸娘「食べたこともないような味付け…美味です!」

男「めっちゃ順応してるな」

江戸娘「男さん!?早く来てください!」

江戸娘「絵が動いてます!」


268 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:47:07 LdlkUkD.


江戸娘「男さん…なんですかそれ」

江戸娘「血ですか?」

江戸娘「あれですか、伝説のドラクリアっていう怪物ですか!?」

江戸娘「若い処女の生き血をすする!」

江戸娘「おたすけぇ!?」

江戸娘「あ、でも男さまになら…」

男「ちげぇよ、貴腐ワインだよ」

江戸娘「わいん…あぁ父が南蛮より取り寄せてました」

江戸娘「なんとも美味しいとか!」

江戸娘「そのいろ、葡萄でつくってるんですね」

男「そうそう」

江戸娘「作り方を覚えてみましょうかね」

男「あ、飲まない方が」

江戸娘「…」グイー


269 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:50:48 LdlkUkD.
男「…ぁあ」

江戸娘「結構飲みやすいですね」

男「あれ、酒強いのか」

男「まあ、少しくらいはいいか」(苦笑)

男「ほら」

江戸娘「なんですか、これ」

男「チーズ」

江戸娘「へぇ、頂きます」

江戸娘「結構良いですね、周りは腐ってるって良いそうですけど」

江戸娘「納豆の方がよほど腐ってますね」


270 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 22:58:52 LdlkUkD.
男「へぇ…そう考えるんだ」

江戸娘「まあ、腐ってるのでいちばんは私ですけど」

男「?」

江戸娘「私は1人娘なので、親からは期待をされているのです」

江戸娘「世継ぎを、です」

江戸娘「でも私はいやなのです」

江戸娘「新しい波を感じ始めているのに」

江戸娘「抗えない私の両親が」

江戸娘「抗えない私が」

男「…」


271 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 23:02:34 LdlkUkD.
男「まあ、腐っててもワインやお酒になるならそれはそれで嬉しいけどね、僕は」

江戸娘「そうなれば良いのですが…」

江戸娘「そうなるには、人の手が必要なのでは?」

江戸娘「…」スッ

男「…それは無しだろう」

男「行き釣りはよくないな」

男「麹室に納豆をおくような」

江戸娘「ですね」

江戸娘「でも、自暴自棄」

江戸娘「私は恐いのです」

江戸娘「あんな、家族でも、会いたい」グスッグスッ


272 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 23:05:16 LdlkUkD.
男「だよなぁ…」

江戸娘「…」

男「寝ちゃったよ…」

男「ヤバかったな」

男「後少しで手を出すところだった…」

男「俺も日記書いて寝るか…」

男「お休み、江戸娘さん」

-----------短いけど終わり


273 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/15(金) 23:09:20 OYhq43sI
短くないぜw
楽しませてもらったさw


274 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 23:09:53 LdlkUkD.
プロローグ

姪(?)「み、未来の私が、男さんに!?」

姪(?)「う、羨ましい!」

姪(?)「ど、どうすれば!?」

姪(?)「え、えぇい!この江戸娘を使えば!」

江戸娘「えっ、枕元に?」

姪(?)「江戸娘よ、あなたに特別な命を与えましょう」

江戸娘「?」

姪(?)「未来を、見てくるのです!」

江戸娘「??????」

姪(?)「私は貴女の守護」 

姪(?)「貴女の体で、未来を見に行きます」

姪(?)「これは土地神からの命です。さあ行きなさい!」

江戸娘「!?????????」
-----------
最近ヤンデレ出てないもんね終われ


275 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/15(金) 23:12:05 LdlkUkD.
>>238
そもそもここまで続くとは思わなかったです。
>>273
すまん、アイマスのイベントが合ってな…
誰かS+21の千秋さん下さい(馬鹿)


276 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/16(土) 05:59:33 /i5ZLCbY
乙!
無理もしてたが、キラキラしてんなぁ
しかし、実際に何を与えれば江戸で知識チート出来るのかは計りきれんね
ところでチーズを出すならトマトも付けようぜ!(ジョジョ4部感)


277 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 13:23:47 UbupIVRo
安価
>>279 年月日

>>281 場所(クロスオーバー先含め)

>>283 登場人物


278 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/16(土) 15:52:16 G3dPqwc.
ksk


279 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/16(土) 18:09:32 G3dPqwc.
次の日(折角次の日システムがあるので)


280 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/16(土) 19:51:56 G3dPqwc.
ksk


281 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/16(土) 20:38:31 G3dPqwc.
何か今日来ないねぇ
安価は>>1さんが連れ回したい所


282 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 21:11:46 UbupIVRo
書き込む時間が違うからなぁ


283 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/16(土) 21:31:53 0mN0pJBo
まだ二人だけ


284 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 22:13:39 UbupIVRo
2011年10月11日

取り敢えず家に帰ることにした。

埼玉によって姪に会いに行くはずだったが無しにした。

後が恐いがしょうがない。

新幹線でやたら騒いでいただけあって、もう寝てしまった。

部屋を綺麗にしてくれるのはいいがいちいち驚かれると少し面倒ではある。

今度の休みにでも観光に行こうか。

あと酒の減りが早い。

安酒でも飲んでろと言いたいところだ


285 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 22:17:21 UbupIVRo
男「おい江戸娘」

江戸娘「はいなんでしょうか」

男「俺は家に帰る」

江戸娘「わ、私はどうなるんですか!?」

男「だからそれを聞いてる」

男「来るのか、来ないのか」

江戸娘「行きます!」

男「即答か」

江戸娘「勿論です」


286 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 22:20:43 UbupIVRo
男「少しは躊躇ったりしないのか?」

江戸娘「それはないです」

男「なんで」

江戸娘「あなたなしでは生きていけませんから」

男「おもい」

江戸娘「恋愛感情ではないです」

江戸娘「ただまあ…」

江戸娘「1人で居れるほど強くありませんから」

男「…」

男「」わしゃわしゃ

江戸娘「うわっ、くすぐったいです!」


287 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 22:23:30 UbupIVRo
男(すごいな)

男「まあ、いいか」

男「俺の家は秋田にあるんだ」

男「ここは甲州」

江戸娘「じゃあ長旅ですね」

江戸娘「早馬でも数日間かかりますから」

男「それを一日で行く」

江戸娘「あ、車っていうのを使うんですね!」

男「いや、違う」

江戸娘「????」

男「新幹線を使うんだ」


288 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 22:27:55 UbupIVRo
江戸娘「しんかんせん?ですか」

男「そう」

男「だいたい一時間で…七十里くらい進む乗り物だ」

江戸娘「!!」

江戸娘「嘘はいけませんよ、男さん」

江戸娘「百年以上たったってそんなのはあり得ません」

江戸娘「私の時代の百年以上前から私の時代までそんなに進化してません!」

江戸娘「私の体をかけていいです!」


289 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 22:47:17 UbupIVRo
江戸娘「は、早いあいいいいいいあ!」

男「即落ち2コマかな」

江戸娘「み、未来では龍神をも使役させられてるのですか!」

男「龍じゃねぇよ」

江戸娘「そ、外が流れていきます…」

男「騒ぎすぎだろ」

男「東京でも」

江戸娘『て、鉄の木ですか!』

江戸娘『こ、これが父上の言っていたバベルの塔ですか…』

江戸娘『人は多いですが、江戸とは余り差が有りませんね…』

江戸娘『車も多いですがそこまで、凄いってものでもないです』


290 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:00:00 UbupIVRo
男「変なところで冷静になるよな」

江戸娘「?」

男「いやいや、なんでもない」

男「まあ龍神にも見えなくはないか」

男「長い馬車みたいなのを繋げてるんだよ」

男「それを線路…鉄の轍の上で走らせてるんだ」

男「電気…雷の力でね」

江戸娘「雷の力…雷神様も使役しているのですか!」

男「うん、違うよ?」


291 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:08:26 UbupIVRo
江戸娘「龍神さまの胃の中はこうなっていたのですね!」

男「うん、違うから」

男「っと…電話しなきゃ」

江戸娘「電話…ですか?」

江戸娘「何ですかそれは」

男「うーん。遠距離で会話すること、かな」

男「ちょっとまってて」

江戸娘「はい!」

男「寝たフリをしてればいいから」


292 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:30:38 UbupIVRo
男「ふぅ…」

男「電話か…胃が痛い」

男「…」

男「あ、若女将?」

若女将『あ、先輩!』

若女将『久しぶりです!』

男「うん、久しぶり調子はどうだい?」

若女将『すこぶる快調です!』

男「そうかそうか」

若女将『で、何ですか?』

男「あぁ話が早くていい、頼みがあるんだ」

男「預かって欲しい人が居るんだ」

若女将『』ピクン

若女将『ひと、ですか』

若女将『へぇ〜』


293 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:39:21 UbupIVRo
若女将『先輩』

若女将『私に頼むということは…』

若女将『女の子ですね?』

男「あぁそうだ…ん、声色が少し恐いぞ」

若女将『はぁ…』

男「…どうした?」


294 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:43:25 UbupIVRo
男「もしかして彼氏か?」

男「よかった、お前もついにか!」

若女将『…最低です』


295 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:47:47 UbupIVRo
若女将『言っときますけどね!』

若女将『私、先輩と結婚できなければ生涯独身ですからね!』

若女将『先輩が何故かモテるのも私は知っています!』

若女将『それでも、私は、貴方が、好きなんですよ!』

若女将『男、先輩、が!』

若女将『ああ、疲れた』


296 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:53:43 UbupIVRo
男「うん、まあそれは知ってるよ」

男「で、俺は君とは付き合えない」

男「釣り合わないからね」

男「てか、俺がもし他の娘から告白されても、断るよ」

男「無理だって」

若女将『…そういう問題じゃないんだよなぁ…』

若女将『うーん…』

若女将『まあ取られるよりはマシか…』


297 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/16(土) 23:57:45 UbupIVRo
若女将『で、その娘はどんな娘ですか?』

男「うーん、説明しづらいんだけど…」

数分後…

若女将『先輩の話でなければ信じませんでしたよ?』

若女将『…まあいいでしょう』

男「本当か!」

若女将『ええ』

若女将『その代わり見返りをお願いしますね』

男「まあいいだろう」

男「出来ることであれば何でもするよ」


298 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:01:14 DE/L1QcM
若女将『はい!』

若女将(よっしゃ、言質を取った!)

若女将(判子でも押してもらうか)

男「じゃあ、また後で」

男「今日はそっちに食べに行くよ」

男「個室の予約、出来たらしといてくれ」

若女将『わかったわ、じゃあ夜に…』

男「ふぅ…」


299 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:10:35 DE/L1QcM
男「もどった…ぞ?」

男「寝てるな…」

男「騒ぎすぎなんだよ…」

男「俺も眠くなってきたな…」

男「あ、すいません。ホットコーヒー下さい」

江戸娘「ううぅん…」

男「起きちゃったか…」

男「あと、抹茶アイスください」

男「あ、どうも」


300 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:16:06 DE/L1QcM
男「ほれ」

江戸娘「あ、どうもありがとうございます」

江戸娘「?何ですか、これ」

男「抹茶アイスだよ」

江戸娘「抹茶、アイス?」

江戸娘「アイス、とは?」

男「うーん、凍ったクリーム、かな?」

江戸娘「へえ、いただきます!」

江戸娘「か、硬い!」


301 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:17:57 DE/L1QcM
男「少しずつ溶かせばいいさ」

男「ふぅ…」

江戸娘「何ですか?それは」

男「コーヒー」

江戸娘「飲んで見たいです!」

男「いいけど、苦いぞ」

江戸娘「いただきます!」

江戸娘「に、苦い!」

江戸娘「目か覚める!」


302 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:20:38 DE/L1QcM
男「ははっ」

男「もう柔らかくなってきたんじゃないか?」

江戸娘「あ、本当ですね!」

江戸娘「いただきます」

江戸娘「美味しい!」

男「そうか」

江戸娘「こんなものが有るんですね…」

江戸娘「雪を食べてる見たいです」

男「そんなにか」

江戸娘「でも一番凄いのは…」

江戸娘「これの冷たいものを、そのままにしておく技術です」


303 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:23:44 DE/L1QcM
江戸娘「私たちの時代では無理ですね」

男「まあ百年後には出来てるよ」

江戸娘「死んじゃってますよ」ケタケタ

男「そうだなぁ…」

男「まあ、俺も百年後はわからないな…」

江戸娘「わかるのが良いとも思いませんけどね」

男「…」


304 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:29:29 DE/L1QcM
江戸娘「景色が変わってきましたね」

江戸娘「田んぼは昔と余り変わってませんね」

江戸娘「少し安心します…」

男「じゃあもっと安心するかもな」

江戸娘「?」

男「お前の泊まる家」

男「女の子が男の家に泊まるのもあれだろう」

男「知り合いの女性が泊めてくれるそうだ」


305 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:32:31 DE/L1QcM
江戸娘「えっ…」

男「そこの家は料亭でな」

男「和食を作ってくれるぞ」

男「家も畳だしね」

江戸娘「…私は洋食も好きです」

男「それならそれで作ってもらえるぞ」

江戸娘「…そういう意味では無いです」

男「?」

江戸娘「私は男さんとしか住みたくないです」

男「でもなぁ…」


306 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:37:04 DE/L1QcM
江戸娘「いいです。もう寝ます」

男「まあ、ゆっくり考えてくれ」

江戸娘「おやすみなさい!」

男「あぁ」

男「…」

江戸娘「…すぅ」

男「自分の魅力を気づくべきなんだよな…」

男「はぁ…」

跳ぶように走る、新幹線

窓には百年どころか千年も変わりはしない山々が映っている


307 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:42:01 DE/L1QcM
男「秋田…着いたー」

江戸娘「結構広いですねぇ…」

江戸娘「これで地方なんて信じられません!」

男「そうか」

男(機嫌は直ったか)

江戸娘「で、若女将さん、でしたっけ?」

男「あぁ、そうだ」

江戸娘「…まあいいでしょう」

江戸娘「行きますよ」

男「おい、そっちじゃない!」


308 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:53:37 DE/L1QcM
男「ついたな」

江戸娘「…確かに私の世界の建物のようです」

男「お邪魔します」

江戸娘「…お邪魔します」

若女将「ようこそいらっしゃいました」

女将「お荷物とコートを預からせて頂きます」

男「あぁ、有難う」すっ

江戸娘「…」すっ

若女将「本日はご予約とさせて頂いております」

若女将「木立の間となります」

男「わかりました」

女将「案内を」


309 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 00:55:55 DE/L1QcM
女将「このお部屋です」

女将「どうぞ」

男「どうも」

江戸娘「…」すっ

女将「本日は懐石料理のコースですね」

男「はい」

男「飲み物は…彼女にはお茶を」

男「僕は…日本酒を二合下さい」


310 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:00:49 DE/L1QcM
-----------食事後

男「どうだった?」

江戸娘「大変に美味しかったです…」

江戸娘「確かに和食でした」

江戸娘「でも何か確実に違うんです。あの松茸の煮たものや…季節の魚の焼き物…土瓶蒸し…全てが」

男「まあ、技術が違うからな」

男「俺も久しぶりに懐石を食べた」

男「これを食べると…飲みには来れなくなるなぁ…」

江戸娘「そうですね…」

男「さて、そろそろか」

江戸娘「?」

若女将「失礼します」


311 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:04:57 DE/L1QcM
男「おう」

男「江戸娘」

江戸娘「はい」

男「この人が、若女将だ」

若女将「初めまして、江戸娘さま。私は、当料亭の若女将である「若女将」と申します」

江戸娘「初めまして、私は江戸の商家「○○」屋の娘、江戸娘と申します」

江戸娘「此度は私を泊めてくださると聞いており、此度の厚遇、感謝いたします」

江戸娘「ですが、私は男さんのお家に泊まると聞いており、そのつもりでも有ります」

男「」

若女将「はい、そのようで」

男「」


312 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:08:54 DE/L1QcM
若女将「しかし、男さまは平日、仕事に行かれるため家を空けることとなります」

江戸娘「その程度守れず何が守れるのでしょう」

若女将「守るのは家ではなく、貴方です」

江戸娘「…!」

江戸娘「私は自らの身を守れぬと言うのですか?」

若女将「はい」

江戸娘「…続けなさい」

若女将「しかし、貴女は男さまを信頼しておられる」

江戸娘「はい、勿論です」

若女将「なので、私が提案させて頂きます」

江戸娘「はい」


313 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:10:52 DE/L1QcM
私も、共に男さまの家に止まればよろしいのではないのでしょうか


314 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:17:30 DE/L1QcM
男「はぁ!?」

江戸娘「はい」

若女将「いかがでしょうか」

江戸娘「よろしいかと」

男「…俺の意見は?」

若女将「それとも判子を押しますか?」

男「何も不満は有りません」

若女将「私は昼間までは居るので大丈夫です」

江戸娘「女二人入れば大丈夫ですね」

男(いやぁ、二人ともくっそ美人だからダメだろう…)

若女将「まぁ、先輩!頑張って手を出してくださいね!」

男「出すか、この馬鹿!」


315 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:23:56 DE/L1QcM
その夜

若女将「ただいまー」

男「…お帰りなさい」

若女将「店からくすねてきた!」

若女将「ばーん!」

若女将「響50年!」

男「日本酒じゃねえのかよ」 

男「てかそれはヤバイ」

男「オークションだと二百万越えるぞ」

若女将「飲まない分には意味ないしー」

男「俺のジョニブラ12年飲みなさい」

男「ジョニ青もあるぞ」

若女将「江戸娘ちゃんは?」


316 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:26:04 DE/L1QcM
男「もう寝たよ」

若女将「じゃあ大人の飲み会と行きますか!」

男「…少しだけだぞ」

男「どれ、チーズとチョコレートだすか」

男「カニ缶…開けるかぁ…」

若女将「あ、私もタッパーに幾らか持ってきた!」

若女将「土瓶蒸しー」

男「まあ、よくやった」

若女将「私はロックね!」

男「はいはい」


317 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:29:02 DE/L1QcM
男「乾杯」

若女将「いや、しかし江戸娘ちゃん可愛いね!」

若女将「しっかりしてるし、めっちゃモテそう、」

男「お前も大概だけどな」

若女将「私は先輩からだけがいいんです!」

男「一生ねーよ」

若女将「じゃあ、一生求めてますね!」

男「まあ、それならいいかもな」

若女将「私達の子供も可愛いですかねぇ」

男「私達のじゃねえよ」

男「でもまあ…」


318 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:38:07 DE/L1QcM
男「お前の子供だったら可愛いだろうな」

男「…」

若女将「…」

若女将「寝ます」

男「…ん」

若女将「…先輩、愛してます、からね」ギュッ

男「ん」頭くしゃくしゃ
----------------------終わり


319 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:41:12 DE/L1QcM
エピローグ?

丑三つ時の姪

姪「…」ガバッ

姪「ボソボソボソ」

姪「…寝るか」

丑三つ時の女の子

女の子「…!」ガバッ

女の子「…次は私だといいな」

女の子「…寝なきゃ」


320 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 01:42:09 DE/L1QcM
二人だけっての破っちゃったな。

すいません


321 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 03:11:40 DE/L1QcM
破っちゃったので短編書きます。

若女将の学生生活

若女将はモテた。
それはそれはモテた。
ミス○○大学に認定されて、秋田の観光大使のようなモノになって。

しかし彼女はすべてを断った。

あの人のために。

若女将「あぁあぁぁあ!」

後輩1「どうしたんですか?」

若女将「あの人が私の男にならない!」

後輩2「あの人って誰ですか!?」

後輩1「てか好きな人居たんですか!?」

若女将「そりゃ居るわよー!」

若女将「せんぱーい!」

若女将「付き合ってー!」


322 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 03:14:33 DE/L1QcM
若女将「うえーん!」

後輩1「せ、せんぱい!」

後輩2「若女将先輩!」

学業と若女将としての仕事

両立はきつかった

何故やれたか。

それは彼が来てくれたから

一ヶ月に必ず一回は来てくれる彼

若女将は彼との糸を途切れさせないために、仕事を続けた

何故なら

それが卒業した彼との唯一の繋がりだから。


323 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 03:18:14 DE/L1QcM
今日も私は鉄火場に立つ

若女将「仕込みは終わりましたね!」

従業員一同「はい!」

女将「いつも通り仕事を済ましましょう!」

女将「知事かいらっしゃるからといって気張る必要は有りません!」

若女将「私たちは平等にもてなします!」

若女将「それが普通のサラリーマンだろうと大統領だろうと!」

若女将「私達の全てをその人に出しきるために!」

女将「いいですね!仕事を始めましょう!」パンパン!


324 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 03:20:01 DE/L1QcM
今日は大切な日だ

知事が来る?そんな意味では無い

彼が来るから。

私達はすべての人に最高の持て成しをする。

しかしやはり片寄りはでるのだ。

他の人たちは偉い人に

わたしは?

わたしは-----------


325 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 03:21:45 DE/L1QcM
わたしは彼に全てを捧げる。

それは私の全てだから。

彼に貰ったウイスキー。

彼をもてなす前に一口含む。

彼が私にくれたから。

私は彼に全てをあげる。


326 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 03:22:18 DE/L1QcM
おわり

寝る


327 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 04:51:53 cb7/Kpug
ああん?破っただぁ?
んなの日をまたいでるからノーカン! ノーカンだ・・!
そもそも今回の展開の方が味出まくってたし素敵だったしとにかく乙!


328 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 09:25:48 t7xb2y2g
まるで打ち合わせでもしていたかのようなこの共謀っぷり……どういう事だ!?


329 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 11:37:07 4JsBQx6k

やっぱ十代で大人の責任を躾けられる時代の人は違うんだなって


330 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 13:50:38 DE/L1QcM
なんか若女将ばっかり書いてるな

女の子の短編書くか。

因みに実話ですがワイ祖父母はその時代に珍しい恋愛結婚でして、今でも仲良くやってます。

曰くここまで好きで一緒に居たし、今更嫌いだからって別れても馬鹿らしいから死ぬまで一緒にいる。

らしいです


331 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 19:32:41 DE/L1QcM
あんかー
>>333 年月日

>>335 場所(クロスオーバー先含め)

>>337 登場人物


332 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 19:51:13 t25wEjwc
加速


333 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 20:02:04 A6cIyTNc
2015年12月31


334 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 20:05:37 t25wEjwc
ksk


335 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 20:11:07 dJga86hA
ナーシサス次元(平沢進師匠の世界観の一つ)


336 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 20:14:27 t25wEjwc
ちょw


337 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 20:22:13 AcDPOYHc
えー、それでは

師匠
オゾノ様(オゾノ・コブラノスキー)
SP2

その他複数>>1氏に適時必要と判断された人物


338 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:03:04 DE/L1QcM
すんげぇ書きにくそう。

てか想像もつかんぞ。


339 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/17(日) 21:08:39 t25wEjwc
>>1にも書けぬものがあったか……再安価でも良いのでは?


340 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:26:32 DE/L1QcM
2015年12月31日

そこは何処だったか、未だにわからない。

詩のように意味の有りそうで、無さそうで。

無さそうで、有りそうな

今年最後の日にちがこうなった、この事に違和感はない。

思ったのは、これが初夢でなくて、幸福であり、不幸だったと言うことだ。

多分、この世界は昨日の夜に平沢進の曲を聞いたからに違いない。

やっぱり俺はあの人の歌は嫌いらしい。


341 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:38:11 DE/L1QcM
男「飲みすぎたな…」

男「若女将も飲みすぎだからな…」

男「女の子には飲ませてはいけないって言ったのに…」

男「ふっ、ふふふっ」

男「はははっ!」

男「ふぅ…」

男「ただいまー」

男「うーさぶさぶ」

男「ん、何だこれ」

男「貴方の復讐を…?手伝う?」

男「へえ…」


342 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:39:33 DE/L1QcM
男「どれどれ…」

男「まずは血を一滴たらし?印の真ん中を塗る?それで?」

男「復讐をする相手を思い浮かべる?」

男「へぇ…」

男「復讐相手ねぇ…」


343 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:40:05 DE/L1QcM
男「そりゃ、俺だな」


344 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:41:26 DE/L1QcM
男「ナーシサスじげん?に旅立つ?」

男「ますます昨日の歌だな」

男「意味合い全然わかんなかったけどな」

男「どれ…」

男「思い浮かべる?だっけ?」

男「これで死ぬんかな」

男「さよなら、また来世」ケタケタ


345 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:43:34 DE/L1QcM
男は気付いていなかった。

ナーシサスはネメシスであることを。

それが何を指すのかを。

男「すげえな。本当に死んだ」

男「じゃなきゃこんな世界これねぇよな」

男「さて、来るのかな」

男「突風のワゴン車」


346 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:45:48 DE/L1QcM
男「おお、来た来た」

男「確かにワゴン車だ」

男「中のあれがナーシサスか」

男「今朝がた来たならまだ来てないな」

男「今日の朝は数時間後だしな」

男「さて、少しは歩くか」


347 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:47:43 DE/L1QcM
男「以外と明るいな」

男「なにが燃えてるんだ?」

男「うーん…」

男「心臓か」

男「大きいのは暗く、小さいのは明るく」

男「さしずめ寿命だな」

男「そりゃ小さい方が明るくなるよ」ケタケタ

男「ふぅ…」

男「あれ、誰かいるな」

男「もし、そこの人」


348 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:50:47 DE/L1QcM
ごめん、大体考えたけど師匠ほぼ出せねえわ。

男「君!」

子供「?お兄さんは誰?」

男「あ、気づいたな」

男「俺は男って言うんだ」

男「君は?」

子供「僕はオゾノ・コブラノスキーっていうんだ」

男「へぇ、ロシア人かな」

オゾノ「知らない」

男「まあ話せているしいいか」


349 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:53:52 DE/L1QcM
オゾノ「お兄さんはなんでここにいるの?」

オゾノ「胸の水仙はまだ明るいし枯れてないよ?」

男「おお、凄いなこれ」

男「その言葉からして死ぬ人はこれが枯れるのか」

男「インチキだなぁ…死ねないじゃないか」ボソリ

男「ん、君のは…」

オゾノ「うん。ネジまいてないから」

男「?」


350 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 21:57:37 DE/L1QcM
オゾノ「ここでの光は死ぬから小さくなるんじゃなくて、心が萎んでるから小さくなるんだ」

オゾノ「僕はパパのネジを巻くから」

オゾノ「ほら、水仙は咲いてるでしょ?」

男「あぁ、そうだな」

男「君はどうしてここに?」

オゾノ「おじいちゃんが死んじゃつて、それでこっちに来たんだ」

男「?」

男「そうか、いやそうじゃないけど、まあいいや」

男「一緒に歩こうか」


351 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 22:06:31 DE/L1QcM
オゾノ「うん!」

数奇な二人の短い旅が始まった。

それは何かを探す旅

オゾノ「あ、流れ星?」

男「うーん、違うなあ」

男「あれは神様だな」

オゾノ「神様?」

男「ああ」

男「結構いるんだよね」

男「近くにも、遠くにも」


352 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 22:16:17 DE/L1QcM
すると遠くにまたヒトが現れた。

男「おーい!」

女?「はーい!」

男「ん、地味に野太い声だな」

男「オカマか」

女?「初対面に失礼な」

女?「SP2と呼びなさい!」

オゾノ「オカマ?」

男「まあ、女装した男だよ」

オゾノ「へぇ!お姉さんは何でここに来たの!?」

SP2「うーん」

SP2「死んじゃったからかしら」

男「確かに枯れてるな、胸の花」

SP2「あらほんと」

SP2「でも貴方たちよりは明るいわね」


353 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 22:19:54 DE/L1QcM
男「じゃあ希望がたくさん有るってことか」

男「何で死んだんだ?」

SP2「AIDSよ」

男「へぇ」

男「この世の全てを恨んで死にそうなのに」

男「意外な明るさだな」


354 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 22:24:55 DE/L1QcM
SP2「あら」

SP2「何を恨むのかしら」

男「いや、AIDSに感染させたやつだったりなんなりだよ」

SP2「それはないわね」

男「どうしてだ?」

SP2「過去に復讐はすべきでは無いからよ」

SP2「貴方が何に復讐しようか知らないけど…」

SP2「もし私がそれをやって、私は幸福にはなれないから」

SP2「あなた、復讐のためにここにいるの?」

SP2「なら教えてあげるわ」


355 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 22:27:52 DE/L1QcM
もし他人が関わる復讐。

例えば貴方が償いのためにする復讐なら

それは検討違いも甚だしいわよ。

別に復讐が何も生まないなんて言わないわ

むしろ自己満足の中なら最高でしょう

でも、最後に死ぬならやらないわ。

だって私は嫌だから

そんなに惨めになりたくない。


356 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 22:30:32 DE/L1QcM
SP2「あら、彼が来たわ」

オゾノ「あ、おじいちゃんだ!」

男「…」

オゾノ「じゃあね!お兄さん!」

SP2「また来世!」

風が吹き荒れ、ワゴン車のような形の砂が過ぎ去ったとき、そこには何も居なかった。

男「…」

男「そうか」

男「ここは、探す場所か」

男「俺は、何を探す」

男「勿論、俺への復讐だ」

それとも…


357 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 22:31:06 DE/L1QcM
いや、それともじゃない

俺がもともと探しているのは、生きる理由か


358 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 23:03:16 DE/L1QcM
男「さて、ワゴン車に乗るか」

男「元に戻るか」

男「どうすればいいと思う?」

横にはいつの間にか灰色の何かが立っていた。

なにか?

ワゴンの運転手

男「はぁ…」

男「まあ乗ってみるか?」

ナーシサス「…」

男「あれ、乗せてくれないのか」


359 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 23:25:44 DE/L1QcM
男「…お、なんか消えかけてきた」

男「…もう戻るのか」

男「何かは見つけられたのかもな」

----------------------
男「ん?」

男「誰だ?」

???「私か?」

???「まあ、この世界を作ったものだ」

???「とりあえず辛気くさいから帰れ」

???「因みに」

???「姪が滅茶苦茶起こってるぞ」

男「!!?」

???「まあ感謝しとけ」


360 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 23:27:58 DE/L1QcM
男「え、ちょ!?」

???「じゃあ解散」

男「!!!!??」
-----------
男「うわっ!?」ガバッ

男「夢か…」

男「うわっ!?」

男「なんで女の子と若女将が…」

男「なんじゃこりゃ」
-----------終わり


361 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/17(日) 23:29:41 DE/L1QcM
うん、歌聞いても全然世界観わからん。

師匠に小説書いて貰う方がいいよね。

お詫びに後から姪と女の子の話書きます。若女将?無いです。


362 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 04:01:30 y/kHZwF.
乙!
苦しい執筆でしたでしょうに、ありがとうございました

しかしオゾノ様が人間に!?w喋りも超流暢w言わせてもらうならそこだけが違和感w


363 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 07:38:01 3VstExrA
殆ど出ないのは師匠のやり方だから何の問題もないね
それに師匠の世界が分かるのは師匠だけ。つい考えちゃうけど分からんものは分からんw


364 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:04:45 mVFt6BtU
今日は安価なしです
その代わり短編二つ書きます


365 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:07:44 mVFt6BtU
「女の子の箱」

私には好きな人がいる

その人は高潔な人で

その人は優しい人で

その人は…孤独だ。


366 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:09:55 mVFt6BtU
会ったその時の私は孤独だった。

勝手に一人になっていたのもある。

私は、二人の想いに気付かなかった。

気付けなかった。

その時の私はひねくれていたから?

その時の私は傷ついていたから?


367 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:12:07 mVFt6BtU
私はいっぱいいっぱいだったのだ。

一人でいたら溢れてきて、私は器を小さくすることにした。

そして、いきなり二人が注いできたのだ。

優しさを

その優しさは溢れ、そして…

ひねくれた私は、優しさを無視することにした。

信じることが出来なかった私は、ひとりでいたかった


368 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:13:19 mVFt6BtU
走る列車の車窓は過ぎ去っていく記憶のように見えた。

走馬灯のように。

私は一人でその走馬灯を見ていたかった。

そのときまでは。


369 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:16:09 mVFt6BtU
ある日二人が言った。

お爺ちゃん「旅行に行かないか」

お婆ちゃん「一人でいては気が滅入っちゃうでしょ?」

お爺ちゃん「私たちが新婚旅行で行った場所に連れていってあげよう」




370 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:23:11 mVFt6BtU
そして何も考えず、二人に従って旅行に行った。

二人は何も言わなかった。

自分からは最低限のことしか話しかけないままに日々を過ごして

最終日となった。


371 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:26:53 mVFt6BtU
彼との話は大した話ではなかったかもしれない。

いいや、大したことではなかった。

ただ、話す相手が彼だったから

彼は私と同じ臭いがしたのだ。

孤独の臭いが


372 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:33:22 mVFt6BtU
そんな孤独の臭いが香る彼から、そんな話が出たのが衝撃的だった。

まあ後ろからポンと押してくれた。

もともと迷ってた自分はそのままゆっくりと氷が溶けていった。

しかし、私は気になっていた。

そんな彼に何故孤独の臭いがするか。


373 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:39:22 mVFt6BtU
連絡先を交換して、連絡を取っていくうちに私は気になっていった。

彼のことが。

私の氷を溶かしてくれた彼が

その彼が持っている氷を私が溶かしたい。

私が、彼の中の

私の中の彼に成りたいと。


374 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 21:43:45 mVFt6BtU
クラスメイト『女の子はいいよねー、可愛いし頭いいし』

クラスメイト『美人だけで得ってもんよね!』

クラスメイト『女の子さんって何か良いよね!』

クラスメイト『付き合ってください!』

クラスメイト『彼のことを取らないで!』

確かに彼らは友達かも知れない。

だが

だが、私の何を知っている。

そんな私はそこから逃げることにした。


375 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 22:04:35 mVFt6BtU
そして夏。

私は電車の中に居た。

米沢行きの電車に揺られ、私は行く。

彼の元へと。

おばさん「どこに行くんですか?」

おじさん「一人でこんな時間に珍しいねぇ…」

女の子「私ですか?」

女の子「旅行です!」

おばさん「彼氏のところとかかしら?」

女の子「だといいんですが…」クスクス


376 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 22:08:56 mVFt6BtU
女の子「大切な人に、会いに行きます!」

そうして、私は一夏の騒動へと足を踏み入れた。

-----------終わり


377 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 22:17:20 y/kHZwF.
姪&若女将「「彼(おにさん)のことを取らないで!」」


378 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 22:19:32 mVFt6BtU
今日は疲れたので寝ます。

明日安価2回書くので、一回目の安価。

>>379 年月日

>>381 場所

>>383 登場人物(クロスオーバー可)


379 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 22:22:01 z1w.XryU
2016年4月13日


380 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 22:23:19 z1w.XryU
日付間違えた
14日だ


381 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 22:24:01 mVFt6BtU
>>377
ぶっちゃけどのキャラでもくっつけられるから大丈夫ですよ!


382 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 22:24:49 mVFt6BtU
あ、ふんだ…


383 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 22:26:29 Gc6XjeMY
じゃあ熊本で


384 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 22:28:51 mVFt6BtU
>>386 登場人物(クロスオーバー可)


385 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 22:29:17 Gc6XjeMY
上は場所安価ね


386 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 22:44:24 y/kHZwF.
日時って2016年は1月までだった様な……
話題だからってそこにぶっこむのは……まぁ>>1氏が決める事だけど
安価下


387 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 22:50:55 3VstExrA
まぁ無理にでもやるとするなら、安価は その日時の男の予知夢を見た男…ってとこかな


388 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 22:56:11 mVFt6BtU
まあどうとでも出来るし…

キャラ無いなら男が誰に決めたかとかやってみる?全キャラで


389 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/18(月) 23:09:11 AN6LdQMs
んじゃたまには男キャラ出すか

時間移動少年(→の弟) と 空間移動青年(←の兄)

どちらも他人と一緒に移動可能


390 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/18(月) 23:15:37 mVFt6BtU
わかりましたー

では、また明日


391 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 02:19:54 gTw4zvTY



392 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 16:14:48 KP1wBs0.
よし、ちょっと暇になったー

書き始めます


393 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 16:39:25 Ly3OT3cw
a


394 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 16:54:05 KP1wBs0.
????年??月??日

今日は面白い二人に会った。

懐かしいような感じがする二人。

多分気のせいだろう。

まあ、一番は二人に感謝しなければならないという事だろう。

懐かしい彼女に会えたのだから。


395 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 16:59:01 KP1wBs0.
ある日、散歩を彼女としていると、面白いものに会った。

それは蛇。

蛇は白かった。

今、きちんと思い起こせばアルビノの蛇だったと言うことだろう。

しかしその時の僕は違かった。

考えてみればここまで良く分からない連中に会ってきた。

そのためだろうか、神の使いである白い蛇を助けることにした。

何故助ける?


396 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 17:03:50 KP1wBs0.
彼、または彼女(後に女の子だと分かるが)は餓死しそうな程に餓えてみえたからだ。

普通の蛇なら、そもそも道路に出てこない。

そしてもし居たとしても、人が近づいたら直ぐに茂みに駆けていく。

しかし彼女は違った。

小さく首をもたげて直ぐに落とす。

それだけして尻尾を揺らしていた。


397 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 17:13:34 KP1wBs0.
そんな僕は彼女にご飯をあげることにした。

丁度で『彼女』がダイエットのために欲しがっていたささみ肉を、あげてみたのだ。

持っていたナイフ----趣味が登山なので持ち歩いていた----で薄く、小さく切って、口元に持っていった。

彼女は直ぐに食いついた。

急かすようにするので、しかしたくさんあげると詰まるので。

三十分かけてゆっくりと、ささみ肉をあげた。

蛇は150グラム位を食べた後、お辞儀をするように鎌首をもたげ、去っていった。

僕と『彼女』は、無事に神様からの命をキチンと終わらせられたらいいなと思いながら、それを見送った。


398 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 17:14:15 KP1wBs0.
そして今、僕の目の前には…


399 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 17:26:39 KP1wBs0.
少年「初めまして、男様」

青年「先日はどうも、妹を救っていただき、感謝の極みでございます」

男「…妹?」

男「女の子と最近関わった覚えはないけど…」

青年「はい」

少年「救っていただいたのは白蛇の形であった我が妹であります」

青年「飢餓に合っていた我が妹に供物を与えてくれましたね?」

青年「あれのお陰で我が妹は無事に我が主の命を果たしました」

男「…あぁ!」


400 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 17:33:28 KP1wBs0.
男「よかったよかった」

男「確か弁財天の使いだっけ?」

男「そりゃ、よかった」

青年「はい」

少年「我が妹を救っていただいた恩義、忘れはしませぬ」

青年「何か恩を返さなければいけません。」

青年「我が何とでも授けましょうぞ」

男「あー…」ポリポリ

男「取り合えず自己紹介をしようか」


401 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 17:59:31 dXnvu2oA
そういういきさつになったのか。そりゃ不思議な力くらい持ってるよな


402 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 18:12:35 KP1wBs0.
青年「我々に名前はありません」

少年「何とでもお呼びを」

男「うーん」

男「あ、一応、男と申します」

少年「存じ上げております」

青年「我等は」

青年「諏訪大社に御座される従一位は建御名方富命神が遣いであります」


403 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 18:58:56 KP1wBs0.
男「ふむ、じゃあ小さい方を少年、大きい方を青年と呼ぼう」

少年「あ、ありがたき!」

男「恩を返すと言ったね」

男「君はどんなことが出来る?」

青年「は、富と名声を分けることができまする」

男「あ、君の主のやつじゃなくて」

少年「それでしたら…」

青年「わたしは空間を、少年は時間を移動できます」

少年「誰か会いたい人が?」

男「ああ」


404 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 18:59:38 KP1wBs0.
男「ちょっと遠い所にね」


405 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 19:28:05 KP1wBs0.
1858年??月??日

江戸娘「いらっしゃいませー!」

江戸娘「あ、承まわりました!」

私は、今熊本にいる。

長崎にある、出島で今人気の商品を作っているからだ。

それは、ワイン

あの日々から十年、私はあの素晴らしい経験を忘れていなかった。

未だに龍は捕まえてないし、鉄の木は立てていない。

しかし、鉄の轍の道を長崎まで引いて、舶来品の蒸気機関車で作ったワインを運んでいる。

仕事に没頭し、婚期は逃した。

いや、見逃した。


406 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 19:42:11 KP1wBs0.
あの日々を

彼を忘れられなった

そうして妹に婿を次がせ、私は家業に専念した。

そうして私は三十路に近づき、今に至る。

彼の年に近づいて、彼はますます愛しくなった。

だがしかし、彼と会うことは叶わない。


407 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 19:48:20 KP1wBs0.
そう思っていた。

最初は少し、男さんに似てるなって人が居たくらい思ってた

それなのに…

男「やあ、久し振り」

江戸娘「!?」

江戸娘「おとこ…さん」

男「あ、覚えてくれたんだね」

江戸娘「え、あ、え…」

江戸娘「…うええん」ボロボロ

従業員「あ、お嬢様!?」

従業員「な、何が…!?」


408 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 20:07:48 8tBkRyOM
男「あー…よしよし」

江戸娘「…」グスグス

-----------その日の夜

男「…と言うことがあってね」

江戸娘「へぇ…神様の使いですか」

江戸娘「居るんですね、本当に」

男「ああ、そうらしい」

江戸娘「いつまでここに居るんですか?」

男「明日の日の出までだ」

江戸娘「行きずりですね」

男「…」

江戸娘「…」


409 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 20:15:56 8tBkRyOM
男「…俺は絶対二度と会えない」

男「もし、本当に、行きずりで良いなら」

男「…」

江戸娘「…はい」

江戸娘「あ、ありがとうございます」ボロボロ

江戸娘「私を、思い出にしないでいてくれて…」

江戸娘「ありがとうございます…」ボロボロ


410 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 20:25:30 8tBkRyOM
こうして夜は更けていく。

忘れられないあの日々が、今だけ戻ってきて

私に優しい傷を付けていく。

----------------------朝

大きな布団には私一人しか居なかった。

乱れた布団には彼の臭いが残っていたる。

私はその匂いを吸い込み、一筋の涙を流した。

一日が始まる。朝日と共に、彼は旅立った。

私も共に旅立とう。向かう場所は違くても、向いてる場所同じだから。

-----------終わり


411 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 20:30:01 8tBkRyOM
日時は不謹慎かな?と思ったのでやめました。未来予知に繋がると思った人はご免なさい。

でも久し振りにシリアス(笑)が書けて楽しかったです。

もう一本行きます。
安価
>>413 年月日

>>415 場所

>>417 登場人物(クロスオーバー含め)


412 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 20:37:27 dXnvu2oA
おう。中々泣かせるじゃねえかい


413 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 20:47:55 mKRwEEZc
2011年11月05


414 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 20:50:05 dXnvu2oA
江戸娘さんの人生、本人的には望み通りになったのかね?
安価なら下


415 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 20:53:37 mKRwEEZc
>>1さん
連投をしますがお許し下さい!今回はどうしても取りたい安価が出来てしまったので
その場所こそ 超神ネイガーショー で、何卒お願いしたく!


416 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 20:56:14 8tBkRyOM
しゃーない切り替えてけ

>>419 年月日


417 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 20:56:17 dXnvu2oA
マジかぁーwアレかぁーw
>>1秋田県民だっつってたもんなぁ。でもどうなんだろ?w


418 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 20:58:54 8tBkRyOM
あれ、時間も必要なんか

しゃーないな>>419 登場人物


419 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 21:03:16 mKRwEEZc
ええと、その、一応ショーがあった日に合わせてありますのです、はい。
あ、安価は下です。でしゃばりまくったので今日はもうROMります


420 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 21:04:55 TmlUqJ9k
ピカチュウ


421 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:10:19 8tBkRyOM
あ、登場人物やべえ

どうしよう。


422 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 21:11:00 5z0DvA9I
何故にピカチュウwwショーに乱入でもかましてくんのか?ww
とりま姪と江戸娘と姉と叔母は居る気がするがw


423 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 21:24:19 dXnvu2oA
これは……秋田の人々のノリの良さが試されている……!(適当)


424 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 21:32:05 KWArUN0I
光虫で行ける!?


425 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:34:18 8tBkRyOM
その時俺埼玉住んでたからなぁ…

まあいっちょやりますか。


426 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 21:39:05 5z0DvA9I
そこまでは知らんかったwでも気軽に身の上話はするもんじゃないぜ?w
どんな飛び火があるか分かったもんじゃないからなw


427 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:42:34 8tBkRyOM
2011年11月5日

今日は姪が行きたいと言っていた超神ネイガーのショーを見に行った。

子供の頃は他の国に居たし、戻ってからは怖くてヒーローショウなんて見に行けなかった。

つまり初めてだ

正直に行って面白かった。

姉に大爆笑されたのは許さんけどな。


428 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:44:27 8tBkRyOM
>>426 まあ大したこと話してませんよ。転勤しまくりなんで。

取り合えずシリアスしたので、軽い話で行きます。

多分短い。


429 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:48:16 8tBkRyOM
姪「おにさん!まだ!?」

男「うーん…早いな…」

男「…あれ、鍵なんて開いてたっけ?」

姉「私が開けた」

男「!?」

男「一気に目が覚めた…」

男「えーっと…今日は何しに行くんだけっけ?」

姪「超神ネイガーショー見に行く!」

男「あぁ…」

男「あれ、義兄さんは?」

姉「ああ、日本酒飲みに行った」

男「うらやましい…」


430 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:50:48 8tBkRyOM
男「さて、準備か…」

男「飯食べた?」

姪「まだー!」

姉「姪がお前と食べたいってね」

男「…」

男「飯作るか」

男「アレルギーとかある?」

姉「ないわよー」


431 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:55:02 8tBkRyOM
男「ういー…」

男(何がいいかな…パンあるし、牛乳あるな、バナナもある。卵もある…あ、レタスとかもあるな)

男「…よし」

-----------数分後

男「できたぞー」

姉「おお」

姪「美味しそう!」

男「取り合えず、フレンチトーストと温玉のサラダ、玉子スープね」

男「フルーツはバナナあるからね」


432 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:57:14 8tBkRyOM
姪「はーい」

姉「じゃあ食べるか」

姪「いただきます!」

男「おお、食え食え」

姉「あれ、あんたは?」

男「俺朝弱いから」

男「サンドイッチ作った」

-----------ご飯の後

姪「いくぞー!」

姉「おー!」


433 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 21:59:52 8tBkRyOM
姪「おにさん?」

姪「おー!は?おー!」

姉「言えよ」

男「…おー!」

姪「おー!」

愛車は柔らかく走りだした。

三人を労るように…


434 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:06:07 8tBkRyOM
一旦二人と分かれた。

そろそろお腹が空いてきたのでご飯を食べることにした。

男「うめぇ…」

男「はぁ、リア充ばっかだな…」

男「牛乳とサンドイッチ最高…」

男「リア充居なければな」

男「音楽でも聞くかな…」

若女将「あれ?」

男「はぁ…」

若女将「おーい」

男「…」

若女将「おい!」


435 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:18:51 8tBkRyOM
男「うわっ!?」

若女将「一人でボツボツどうしたんですか?先輩」

男「ビックリしたなぁ…」

男「はぁ、リア充が多いって行ってたんだよ…」

若女将「あー、わかります」

若女将「!私とカップルに!」

男「ねーよ」


436 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 22:20:15 4CUD8Yzw
http://bit.ly/1XCXaNB


437 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:21:11 8tBkRyOM
若女将「えー…」

若友達「若女将ー!」

若友達「あれ?」

若友達「誰その人」

若女将「私の大切な人!」

男「はぁ!?」

若友達「つ、遂に鉄壁の処女にも彼女が!」

若女将「うるさいー!」

男「はぁ…サンドイッチうめぇ…」


438 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:23:30 8tBkRyOM
-----------数分後
若友達「先輩とお幸せにー!」

男「何だったんだ…」

若女将「えへへー、サンドイッチ貰い!」

姪「おにさーん!」

姪「あれ?」

姪「…」ハイライトオフ

姉「あれ?男?」

若女将「あ、お姉さんですか?」

男「そうそう。うわぁ…」


439 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:28:10 8tBkRyOM
男「なんてタイミングだ…」

姪「おにさん?」

姉「へぇー美人さんだねぇ」

若女将「いえいえ、義姉さんこそ!」

若女将「先輩から良く聞きます!」

姉「…あれ、年下?」

若女将「はい、先輩よりも六つ下です!」

姉「あー…」

若女将「?」

姉「おとこぉーお前ロリコンだな?」

姉「女の子さんが居るのになぁ…」


440 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:30:38 8tBkRyOM
男「おい、ちょっ!」

若女将「女の子…?」ハイライトオフ

姪「…?」ハイライトオフ

姉「あー」

男「うわぁ…」

姉(苦労してるわねぇ)

若女将「詳しく聞きたいです!」

姉「いいわよー、その前に…」

姉「男から何て聞いてるの?」

男(あ、終わった)


441 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:33:57 8tBkRyOM
-----------ショーの前

男「死ぬかと思った」

姉「あんたの自業自得」

男「はい」

若女将「…」クスクス

姪「…」

若女将「姪ちゃんだっけ?」

若女将「私は若女将!よろしくね」

姪「…知ってる、よろしく」

姪「」ガバッ

男「おいおい」

若女将(仲良いなぁ…ちょっと羨ましい過ぎる)


442 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:37:37 8tBkRyOM
男「お、始まった」
-----------
男「お、お!」
-----------
男「いけ、そこだ!」
-----------
男「がんばれー!ネイガー!」
-----------
男「いやぁ、楽しかった…あれ、姪寝てる!?」

姉(そりゃ、あんたとデートって来てんだからな)

男「お?なんだあの見たことのあるやつ…」

男「…ピカチュウやんけ!」

男「あ、ネイガーに襲いかかってる」

ワイ「いけー!ピカチュウー!がんばえー!」


443 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:41:43 8tBkRyOM
男「…くそっ!がんばれネイガー!」

子供「いけー!任天堂のネズミなんて倒しちまえ!」

大人「あのネズミ倒せば世界三大ネズミの一角倒したことになるぞー!」

子供「あいつ秋田なめてるぞー!人口低下率日本一だからっ嘗めんなー!」

ワイ「いけー!こんな田舎潰しちまえー!」

子供「てめえなんてなまはげのエサじゃー!」


444 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:49:12 8tBkRyOM
男「あ、ネイガーが立ったぞ!」

子供「いけーボルテッカーだ!」

子供「ネイガー!金に負けるな!」

その後-----------

ネイガー「」カネニハカテナカッタヨ…

男「ネイガーぁぁぁぁあ!」

子供「くっそぉ!この拝金主義め!」

子供「PS vitaなんて居るか!」

男「あ、ネイガーが!」

子供「ピカチュウと協力して!」

子供「は、ハンカクサイを!」


445 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:51:37 8tBkRyOM
姪「もう帰る」

姉「そう?」

姪「うん」

姪「若女将!私は絶対に男を渡さないから」

姪「今預けとくだけだからね!」

姪「またね!」

若女将「はーい」

姉「男よろしくねー!」

若女将「はい!」

男「お、ブリコガンだ!」

子供「あれぜってえ生臭いぞ!」


446 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:54:55 8tBkRyOM
子供「ハンカクサイがそもそも臭いから問題ない!」

ワイ「いけぇ!ピカ!」

子供「そのままピカチュウものしちまえ!」

男「いけぇ!」

-----------なんやかんや勝ちました

ワイ「ピカチュウー!」

子供「ピカチュウは死んだ、もういない」

男「ピカチュウごと倒した」

男「ピカチュウは恨んでないぞ」


447 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 22:57:26 8tBkRyOM
男「さぁ、帰るか!」

男「あれ?」

若女将「皆さんお帰りになられたわよ?」

男「ええ!?」

男「はぁ…」

若女将「まあまあ」

男「てかなんでお前は残ってんだよ…」

若女将「うーん惚れた弱味?」


448 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 23:00:14 8tBkRyOM
男「…はぁ」

男「まあ、いいか…」

男「今日はこの後、暇か?」

若女将「ええ!」

男「しゃーない、待ってくれたお礼にどっか行くか」

若女将「やったあ!」

若女将(女の子ちゃんにも姪ちゃんにも男は絶対に渡さない。だって私のモノだから!)

若女将「そういえば女の子ちゃんって…」

----------------------終わり


449 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/19(火) 23:01:59 8tBkRyOM
ようわからんものはメインには据えられないな…


        \  ヽ     ! |     /
     \    ヽ   ヽ       /    /       /
        
        \          |        /   /
                        ,イ
 ̄ --  = _           / |              --'''''''
          ,,,     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ     -  ̄
              ゙l            ゙、_
              .j´ .        (.
    ─   _  ─ {    (・`ω・´)   /─   _     ─
               ).  c/   ,つ   ,l~
              ´y  { ,、 {    <
               ゝ   lノ ヽ,)   ,

 _人人人人人人人_
 > ごメンチ!!!!<
  ̄Y^Y^Y^ Y^Y^Y^ ̄


450 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/19(火) 23:04:31 5z0DvA9I
やっぱ共闘はしたかw一時的だったけどw
しかしモブの子供が一番目立ってた気がしないでもないw


451 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/20(水) 00:09:45 A2zAdTJg
誰かピックアップしてほしい人いる?

若女将が強すぎて…

取り合えず男と恋愛かませられるのは

女の子



男に助けられた白蛇娘

江戸娘は後日騨


452 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 00:26:57 vHtMNosI
白蛇娘


453 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/20(水) 15:05:32 9WW3iRHM
また一人男争奪戦に…


454 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/20(水) 20:33:20 A2zAdTJg
安価
>>456 年月日

>>458 場所

>>457 登場人物


455 : める :2016/04/20(水) 20:52:55 MSC4UwA2
闇カジノ賭博問題
fine-fashion.net/fzzi


456 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 21:05:45 QDLJAvus
2012/6/13


457 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 21:17:36 wcoSciUk
ksk


458 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 21:24:26 9Lsq/Jds
????


459 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/20(水) 21:27:34 A2zAdTJg
あ、安価間違えたな

登場人物 下安価


460 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 21:50:23 7PS9wwws
透き通る様な白い肌でライトスチールブルーの髪を持つ女子高生くらいに見える女の子
清涼な印象を持つ水晶(両手で持ってはみ出るくらいの大きさの、ゼルダのルピーを真ん中から膨らませて細かくデコボコさせた見た目)を作り出す力を持つ
作り出される水晶には、一つ一つにランダムで不思議な効果が付与される。水晶は消費アイテムであり、効果を発揮させると消滅する。水晶の作成には特に代償はない
気になる人が居るらしい(この日記を書いてる男ではない)


461 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 21:51:26 7PS9wwws
あ、なんかIDに笑われてる


462 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/20(水) 21:55:05 A2zAdTJg
百合にしていい?


463 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 21:59:05 Mtn4NIgE
>>460
頑張って設定考えたんだろうけどほぼ使われないだろうし長文ものすごく気持ち悪いわ


464 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 22:03:07 7PS9wwws
>>1は百合がお好みですか?その辺はご自由にどうぞ


465 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/20(水) 22:17:38 A2zAdTJg
明日早いから明日書かせてください。

それではお休み


466 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/20(水) 22:24:27 7PS9wwws



467 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/22(金) 18:24:56 gtmuo1rc
そうとう忙しかったのかねぇ?お疲れ様


468 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/22(金) 20:05:37 JTe4K9YY
場所は謎、キャラクタも謎


469 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/22(金) 21:57:47 r25bLPWg
どうなるか楽しみでもある


470 : ◆iT5QKpbJHc :2016/04/22(金) 23:26:16 x3R5jxbw
山葵が育たなくて草

もうちょい休みそう


471 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/04/27(水) 20:30:11 DIvumhHg
面白い場所とか考えとかないとねぇ


472 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/05/01(日) 16:01:33 iVdVvIj.
>>1的にはファンタジーとリアルはどっちが扱いやすいんだ?


473 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/04(土) 01:40:13 SkGCVRkM
SS速報に似た雰囲気の出たけど>>1のやつ?


474 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/17(金) 22:42:22 52jQ4hIs
違うぞ


475 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/18(土) 17:03:58 qyEnr26E
そう。で、続きの方は……


476 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 00:54:26 ShyLQ.Pw
わかった。
もう一本と同時進行だから遅いと思うけどご愛敬で。

安価は掛けなおす?


477 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:06:25 ShyLQ.Pw
男「朝、目が覚めると女の子が居た」

男「なんだろう。この既視感」

男「姪がやってたなぁ…」

姪『おにさん!おはよう!』

男「…生々しい感触が残ってる…」

男「しっかし外国人か?」

男「ふーむ」

男「…」

男「はぁ!?」


478 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:07:41 ShyLQ.Pw
男「まてまてまてまて」

男「女子高生か?」

男「昨日はきちんと家に帰ったし」

男「酒は飲んでないし!」

男「変な夢も見てない!」

男「頬をつねったけどいたい!」

男「おかしい!」


479 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:13:31 ShyLQ.Pw
男「しかも何だこのゼルダのクリスタル」

男「はぁ!?」

魔法使い「うぅん…魔導師さまぁ…」

男「誰だ!」

魔法使い「あれ?何か硬い…魔導師さまはこんなに固くは…」

男「…」

魔法使い「誰だ!」

男「はぁ!?」


480 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:19:02 ShyLQ.Pw
魔法使い「せ、折角クリスタルで出た転移魔法を使ったのに…」

魔法使い「げ、ゲートは開いてたし…」

魔法使い「お、おかしい!」

魔法使い「く、クリスタル…転移魔法出るまで508日掛かったんですよ!」

男「いや知らねえよ」

魔法使い「金10メリ(㌘)も必要だったのに…」

男「よく言葉が通じるな」

魔法使い「そんなことはどうでも良いです!」


481 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:24:35 ShyLQ.Pw
男「良くねえよ」

魔法使い「え、何でこんな部屋に座標が?」

魔法使い「し、しかも高等術式…いえこれは古来の文明の術式…」

男「そうか」

魔法使い「わ、私が幾ら可愛いからといってもこれは良くないですよ!」

男「初対面なのに可愛いとかわかるか」

魔法使い「そ、そうか。この術式の性で座標が上書きされたのか…って」

男「て?」

魔法使い「こんなの出来るわけ無いでしょう!」

魔法使い「国家プロジェクトでやる術式ですよ!?」


482 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:31:03 ShyLQ.Pw
魔法使い「お、教えてください!」

男「無理だよ…」

魔法使い「そ、そんな!」

魔法使い「あ、あれ?体がぼやけて…」

魔法使い「て、転移魔法だ!」

魔法使い「あ、キューブ、そのキューブ!」

男「あ、これ?」

魔法使い「私の給料一ヶ月分がー!」

男「あぁ、消えた…」

----------- ----------- -----------ピンポーン


483 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:34:47 ShyLQ.Pw
男「はーい…何だったんだろうな、あれ」

男「どうしましたかって、姪か」

姪「へ、へへおにさん、来ちゃった!」

男「おお、いらっしゃい!」
----------- ----------- -----------
姪(くっそ、おにさんの布団に潜り込もうと思ったら変なところに飛ばされた…)

姪(邪魔しやがって、あの下級魔導師が)

姪(次の考えを思い浮かばさせなければ…)

姪「…あれ、その水晶、何なんのおにさん」

男「…わからん。高いものらしい」

姪「へぇー、そうなんだー!」


484 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:42:23 ShyLQ.Pw
姪「…じゃあもらっちゃ駄目か…」

男「いやいいよ、要らないし」

姪「本当!やったぁ!」

姪(魔力が有ればあるほど欲しいものが具体化されてくる水晶!)

姪(多分私と時間線が少し重なってダブったのね)

姪(どんな風に使おうかしら…)

終わり


485 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 01:46:02 5j7c47Fo
久しぶりに来たら板そのものが過疎ってるのか。安価は集まらなさそうだなぁ。
安価
>>487 年月日

>>489 場所

>>491 登場人物


486 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 18:02:36 elBGpX7U
ksk


487 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 18:53:36 ywFcOfz.
1976年


488 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 20:43:34 Xuu4SXJI
2015/11/17


489 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 21:03:03 WxTXGP9A
エボット山 地下世界 (ネタ元 Undertale)


490 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 21:16:53 elBGpX7U
ksk


491 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/19(日) 21:31:48 b9Aitq4E
をっ、最近人気になりだしたアンテじゃねーか
だったらアイツらを外す訳にはいかねーよな
安価は骨兄弟のパピルスとサンズだ!


492 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/19(日) 23:42:28 5j7c47Fo
安価集まらないと思ってたら>>1の知らない設定ばかりが出てきたぞ!
設定考えて明日一気に書きます。
それまでこれまでの流れを読んでみてください。
因みにこれまで


20代後半

311の2ヶ月位前に死亡
ホモ
男の弟の彼氏(311で死亡)
若女将
男の大学の後輩。地元で転勤してきた男と再会 男が好き
女の子
養子になったのち旅行中に男と出会う
メル友 男が好き

男の姉の子供。男が大好き。何か乗り移っている気がする。多分乗り移っていると言うより転生を繰り返している。男が好き

が出てきています


493 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 00:01:18 p7P6dYOw
a


494 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 08:27:28 nG9jqNcc
プレイ動画とか見ないと少しも分からんよなぁ。
彼らの骨ジョークは>>1によってどんな味付けをされるのか


495 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/20(月) 13:37:49 3k7QTHXw
1976だとundertaleの話の前日鐔になりそうだな。
主人公の男がまだ産まれてないから主人公をどうするか…
今日書けるかと思ったら無理かもしれません…すいません。


496 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 14:13:00 baMv8It6
律儀にその年月日でやるか。そりゃ大変だろうよ
ヘタしたらキャラより前のファーストヒューマンって事になるんちゃう?


497 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 19:07:23 nLqS/0LE
アズにゃんすら生まれてるか分からんレベル


498 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/20(月) 23:00:27 z7kGPqN6
ジェノサイドにする?


499 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/20(月) 23:07:39 UM2Qd7ds
やだ!小生ジェノサイドやだ!


500 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/20(月) 23:49:43 1aqrv/kM
Sans「よお、この時間軸の俺は初めましてか?」

Sans「書いてる奴はどの時間軸の俺にも会ってないらしいがそれはどうでも良いんだ」

Sans「俺は自分が色々な時間軸に存在していて、んでもってプレイヤーって言うお前ら」

Sans「あー…ここでは筆者と読者か?」

Sans「第4の壁を認識出来るスゲェ奴なんだ」

Sans「良く考えるとデップーみたいだな」

Sans「まあいいか、んで俺がボスや主人公をやったりするゲームがあってさ」

Sans「…何か長くなりそうだから省くか」


501 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 00:10:13 HusNxODI
Sans「まあ良いんだ」

Sans「俺はその物語の中でバリバリジョークを飛ばすって訳よ」

Sans「まぁ、ジェノサイドのラストは…ありゃ別か」

Sans「そんな人里離れた場所で俺はどうやってジョークを作ったと思う?」

Sans「今日話すのはアイツが来るまで唯一だったニンゲンの話だ」

Sans「何で骸骨がジョークを話すと思う?友達と笑いたかったからさ」

Sans「どうして友達と笑いたいと思う?」

Sans「骨細かったからさ」


502 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/21(火) 00:23:17 guyNaQhM
骨細い(骨密度が少ないとは言っていない)


503 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 00:32:14 jSnQAXEs
Sans「今日はこんな導入部分だけだ」

Sans「もっと聞きたいって?」

Sans「悪いな、>>1がまだストーリーを理解してないんだ」

Sans「MEGALOVANIAでも聞いてゆつくり待っていてくれよ」

Sans「…俺は今から寝るが、その間に枠を動かさないでくれよ?」

Sans「…zzzZzZZZ」


504 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/21(火) 00:45:31 aWbEehTM
ふ〜ん。中々良いじゃない?(上から目線
枠は動かさないから、>>1もサンズもゆっくりお休み


505 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/21(火) 16:23:51 NUUmbGtI
□)))...


506 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/21(火) 16:51:59 EU28j18Y
動かすなっつってんだルルォ!?

<◉>ッピーン!


507 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 21:58:34 jSnQAXEs
Sans「あれはもう四十年位前の出来事だった」

Sans「あの頃の俺は今よりずっと真面目でな」

Sans「お前信じてないな?」

Sans「本当に人間を見つけて直ぐに知らせるようにしていた」

Sans「戦争の後だったしな」

Sans「でも人間が来ない」


508 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 22:06:38 jSnQAXEs
Sans「そりゃそうだ」

Sans「能無しじゃない限りこんな化物を封印したばっかの場所には来ないって」

Sans「まあ、俺らは脳が無いから居るんだけどな!」アップ!

Sans 「そんなこんなで役職について一年位かな」

Sans「アイツが来たんだよ」


509 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/21(火) 22:42:18 UrRwKpVA
>>1にはSSを書く脳は確実にあるがな


510 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 23:10:28 jSnQAXEs
Sans「誰も来ないな…」

Sans「あ、また言っちまった…」

Papyrus「これで185回目…」

Papyrus「トイレ行ってくる」

Papyrus「出る穴無いけど」

Sans「暇だ」

姪「第一村人発見」


511 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 23:13:02 jSnQAXEs
Sans「第一村人発見だってよ」

Sans「そもそもここは村なんかじゃねえのに」

Sans「まあとにかく真面目な俺は身構えたわけよ」

----------- ----------- -----------

Sans「だ、誰だお前は」

姪「誰でしょう」

Sans「し、質問に質問で返すな!」


512 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 23:28:38 jSnQAXEs
因みに姪は中身が人間じゃないです。
過去のレス参照。
なんか時空さまよったり魔法使ってるし大化生なんじゃね?
このスレで一番動かしやすい。


513 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/21(火) 23:41:46 jSnQAXEs
姪「しょうがないなぁ」

姪「私は姪よ」

Sans「そ、そうか。俺はSansだ」

Sans「いきなりで悪いがここから立ち去れ」

Sans「元の場所に戻れないなら入ってきた場所に居ろ」

Sans「腐れ花の言うことは聞くなよ」

Sans「わかったら早く戻れ」

Sans「俺の弟が来る前に!」


514 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/22(水) 00:16:10 PfnmywSo
パピ!


515 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 01:38:15 59XDa1Po
Papyrus「Sans、叫んでどう、し、た…の」

Sans「…」

Papyrus「…」

姪「おーい気絶してるー?」

姪「あ、最初から気は絶してるか」

姪「死体だからね!」

Sans「…」

Papyrus「…スゲェェェェ!」

Papyrus「マジニンゲン!」


516 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 01:41:22 59XDa1Po
Sans「あぁ、Papyrus落ち着いてくれ、こいつはな?」

Papyrus「ニンゲンだろ!初めて見た!」

Sans「…お前捕まえないのか?」

Papyrus「何でだよ!?」

Sans「こんな面白いの見たこと無い!」

姪「こいつ骨の癖に表情豊かだな」

姪「あ、彫り深いからそう見えるだけか」

Papyrus「コイツサイコー!NYEH HEH HEH!!」


517 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 02:00:58 59XDa1Po
Sans「ん?あぁ、気付いたか」

Sans「昔はあいつの方が俺っぽかったんだよ」

Sans「あいつの方がサボりぐせが多かったしな」

Sans「本当だぞ?」

Sans「…友達になるのは直ぐだった」

Sans「Papyrusがあの子供と仲良くなるように俺もアイツと仲良くなった」

Sans「その時にサイコーなジョークの数々を教わったんだ」


518 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 02:21:42 59XDa1Po
Sans「おっと、もう寝る時間か」

Sans「ゆっくり寝るとしようか」

Sans「じゃあ、また明日」


519 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/22(水) 07:18:41 DjNg4ghA
姪ちゃん何か淡白だね
このパピの感じはあれかな、小学校低学年的な楽しければ良いや感?w


520 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 11:24:48 59XDa1Po
姪はニンゲンであって人間じゃないのでPapyrusも余り気にしてないんです。
むしろPapyrus達の側の子が姪なんです。
そして姪は人間でいう大人の年齢(2000年代の姪には転生されていない)なので淡白な感じなのです。


521 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 19:07:30 ZIgq2Jkc
Sans「仲良くなるのにそんな時間はかからなかった」

Sans「似た者同士の二人は直ぐに仲良くなった」
----------- ----------- -----------
Papyrus「おい、姪!こんなジョークはどうだ!…」

姪「死ね」

Papyrus「NYEH HEH HEH!!」

姪「飽きないねぇ、そんなに私と話せて嬉しい?」

Papyrus「もちろん!だって石を投げてこない人間は初めてだからな!」


522 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 19:10:56 ZIgq2Jkc
----------- ----------- -----------
Sans「そりゃそうだ」

Sans「こんな化物みたいな体じゃ気味が悪いしな。まぁ、化物だし、魂入ってないから気味なんて無いけどな?」アップ!!

Sans「アイツはいつもいつの間にかそこにいた」

Sans「門を潜り抜けて来なかったからだ」

Sans 「Papyrusがたまに誘っても俺らの家には来なかった」


523 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 21:05:57 ZIgq2Jkc
----------- ----------- -----------
Sans「おい、姪…」

Sans「どうしたんだ?その荷物は」

姪「そろそろ帰ろうかなって思って」

Sans「どうやって?」

姪「ナイショ」

姪「Papyrusにもよろしくね」

姪「ほら、これ持ってけ」

Sans「なんだ?この本」

姪「ジョーク集」

Sans「…薄い方かよ」

姪「ジョークは自分で考えるものよ」


524 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 21:14:30 ZIgq2Jkc
Sans「もう一冊は…」

Sans「量子力学…」

姪「あんた色々調べてるんでしょ」

姪「てかアンタ元々やってた口でしょ?」

Sans「お前もしかして」

Sans「…わかったのか?」

姪「さあねー」

姪「じゃあ、バイバイ」


525 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 21:19:07 ZIgq2Jkc
----------- ----------- -----------
Sans「そういって消えたんだ」

Sans「Papyrusは勿論塞ぎ混んだ」

Sans「そしてアイツは今の俺から昔の俺に変わったんだ」

Sans「…あいつはだから人間を探してるんだよ」

Sans「もう一度会うために」

Sans「バカみたいだよな」

???「あなたは?」

???「あなたは今でもその子の事を…人間を恨んでる?」

Sans 「?」

???「…そうでないなら約束してほしいの」


526 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 21:24:07 ZIgq2Jkc
???「もし人間がこの扉を通ってきたときは、その人を守ってあげてほしいの」


527 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 21:30:40 ZIgq2Jkc
Sans「…」

Sans「ああ、わかったよ」
----------- ----------- -----------
Sans(多分奴は俺の考えている事を全て理解して)

Sans(しかもあの糞花とかと同じように使えたのだろう)

Sans(そんなことはどうでもいい)

Papyrus「おいSans!サボるなぁ!」

Sans「あいよー」

Sans(俺はあの時の約束を守るだけだから)

おわり


528 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/22(水) 21:33:36 PfnmywSo
88888888〜
ちょっとしたものとしんみりを置き土産にしていったんだね


529 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/22(水) 21:43:34 DjNg4ghA
素敵だったぜ。ありがとう>>1
姪ちゃんもツンケンしといてニクい事するね〜、このこのぅ!


530 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/22(水) 22:06:04 ZIgq2Jkc
あ、明日安価かけます


531 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/22(水) 22:09:54 4bttbpfk
乙。よろしく〜


532 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/23(木) 20:59:21 gI7CPxoo
さて安価の時間です

>>534 年月日

>>536 場所

>>538 登場人物


533 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 21:17:00 2G4aYc/M
foo!


534 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 21:27:57 .EI440LI
2013/8/15


535 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 21:33:41 .EI440LI
おっと、kskしてなかった


536 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 21:38:08 vD8kWr8.
浮遊都市軽井沢(出典:バカ日本地図)


537 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 21:43:21 .EI440LI
次、次ィ〜


538 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 21:53:11 QawmN06E
少年時代から男の友となった富豪の御曹司
で、その人物が持つ軽井沢の別荘に、男と関係ある人物共々ご招待……といったシチュでどうすか?
>>1が思い付くものがあったならそちらを優先で見たいですが


539 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/23(木) 22:02:59 QawmN06E
あ、友達なのは御曹司の方です。富豪さんは御曹司の父親で。紛らわしくてごめんなさい


540 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/24(金) 10:33:19 9ZEzQ1EI
ねてた


541 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/24(金) 12:15:01 nm29x4Vg
さもありなん



542 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/24(金) 12:45:41 SiEmMWmw
今日の夜から書いていきます
明日明後日は少し忙しいので余り書けなさそうです…すいません。


543 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/24(金) 18:55:18 aEmBrMaY
ちょっとでもありがたし!
まぁ問題は、リクしてもいないのに書かれてたシチュ通りにされちゃうのかどうか


544 : ◆iT5QKpbJHc :2016/06/24(金) 19:38:36 4tEssIuk
それも設定に組み入れてやるのも面白いですから大丈夫ですよ。
そもそも安価ってそんなものですし。


545 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/25(土) 11:44:38 /yOLMg/M
てか浮遊都市って(笑) バカの考える事は違ぇなw


546 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/26(日) 15:57:19 bH24.EEg
おりょ?来られませんね


547 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/06/29(水) 23:32:14 6.ZBxLbc
しかし浮遊都市って事は、旧 軽井沢跡地はどうなってるんだろうな?


548 : ◆iT5QKpbJHc :2016/07/01(金) 14:13:00 RMtAdIsI
ちょっと待ってて


549 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/03(日) 21:42:29 6j5MwGos
今年の夏ヤバそうだなー。どうなっちゃうのかなー……


550 : ◆iT5QKpbJHc :2016/09/05(月) 00:56:55 dyekyw3o
待ってる?


551 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/05(月) 04:55:26 OkYHFRiQ
ずっと待ってる


552 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/05(月) 05:15:38 Rhn5x6lY
そろそろやってくれるのかい?


553 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/09/10(土) 04:33:28 wQR0lZ7E
浮遊都市と言っても、出来る事は地上とさして変わらなさそうか?


554 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/12(木) 19:21:51 c3ke3fcE
新年迎えても、待ってるんだからな〜


555 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/22(土) 23:34:33 1CxR8MJw
仮面ライダー555


556 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/11(木) 22:34:16 xIwN0BO.
あ け お め


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■