■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

幼剣士「僕には夢が出来ました」

1 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 20:58:30 FNkoPUB.
【第一シリーズ】
少年剣士「冒険学校に入学します!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1370948694/l50
少年剣士「冒険学校で頑張ります!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1371177620/l50
少年剣士「冒険学校の休暇です!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1371707458/l50

【第二シリーズ】
幼剣士「待っていて下さい・・僕が・・必ず・・!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1372216047/

上記作品の、少年剣士、幼剣士シリーズの第二作目、続編となります。


2 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:00:16 FNkoPUB.
 
―――――【塔の暴走から1年半後の森の奥・墓地区】


・・・・ミーンミンミンミンミン・・・

ジジジジ・・・サァァ・・・


幼剣士「・・・」

戦士僧侶「・・・」

武道家「・・・」

幼馴染「・・・」

乙女僧侶「・・・」


3 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:01:08 FNkoPUB.
 
戦士僧侶「・・・終わったか?」

幼剣士「・・・はい」

戦士僧侶「他は?」


乙女僧侶「・・・終わりました」

武道家「そうだな・・」

幼馴染「大丈夫よ」


戦士僧侶「あれからもう1年半か・・・」


4 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:01:39 FNkoPUB.
 
武道家「死亡扱いでご丁寧に立派なお墓も建てられてよ・・」

僧侶戦士「世界の果て・・とはいえないが、捜査が及ぶところはくまなく探したしな・・・」


幼剣士「・・・でも、お兄ちゃんはひょっこり・・どこからか顔を出しそうな気がしますけどね・・」


乙女僧侶「そう・・ですね。いつも突拍子なく出てきては、やさしくしてもらいました」

幼馴染「・・・だね」


5 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:02:16 FNkoPUB.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お兄ちゃん、今どこにいるの?
あれから1年後に捜索隊は打ち切られ・・・・貴方の落としたネックレスは形見になっちゃった・・・

お墓は建てられたけど、ここに・・・お兄ちゃんはいない・・・
だから僕は強くなって、貴方を探しに行くと決めたんだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:02:47 FNkoPUB.
 
武道家「どうした?幼剣士、ボーっとそら見つめて」

僧侶戦士「・・・」


幼剣士「あ、いえ何でも・・・・」


武道家「それにしてもよ、お前が冒険学校を断って、俺らと一緒にクエスト参加するって聞いた時は驚いたぜ」

僧侶戦士「本当によかったのか・・・?じゃなかったら、今頃は友達が出来て・・・」

幼剣士「いいんです・・・僕は、世界に出てもっともっと強くなりたいんです」


乙女僧侶(立派・・・とはいえませんが、出会った頃よりは夢に満ち溢れた眼をしていますね)


7 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:03:33 FNkoPUB.
 
武道家「まぁ確かにな。俺らもそんくらいの歳から軍の仕事に興味あったし」

僧侶戦士「そういう環境があって、やらせてやらないのは・・チャンスを失わせるだけだからな・・・断る理由もなかった」

武道家「そうだな。俺らが思ってるよりも、ずっと幼剣士は強くなれた」


幼剣士「そんな・・・まだまだですよ。2人に早く追いつきたいです!」

僧侶戦士「・・・鍛錬あるのみだ」


乙女僧侶「それじゃ、大聖堂に戻りますか?美味しいご飯出しますよ!」


武道家「お、いいねぇ!」

幼馴染「ご馳走になろっかな」

幼剣士「・・・はい!」


8 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:04:18 FNkoPUB.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――【大聖堂・食堂】


・・・カチャカチャ・・

・・モグモグ・・・・・・・ゴクッ・・


武道家「相変わらず・・・美味い料理だな!」モグモグ

乙女僧侶「ありがとうございます♪」


僧侶戦士「この野菜は元々乾燥物だよな?どうやって・・みずみずしく戻した?」

乙女僧侶「あぁそれはですね・・・」


9 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:04:49 FNkoPUB.
 
幼剣士「・・・」


武道家「・・・・ん?どうした幼剣士」


幼剣士「あ、いえ。何かと最近考えることが多くて・・・」

武道家「何をだ?」

幼剣士「さっきも言いましたが・・・、僕自身、このままで本当に強くなれるのか、強くなっているのかと・・・」


幼馴染「・・・アイツはね、そんな事考えないで、ひたすら人助け、仲間の事だけを想ってた」


幼剣士「仲間・・・・、人・・・」


幼馴染「だからね、幼剣士もそうやって人の想いってのを大事にすると、すぐに強くなれると思うよ」

幼剣士「・・・そう、ですよね」


10 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:05:22 FNkoPUB.
 
僧侶戦士「・・・・にしてもさ、未だに幼馴染が青年剣士の子を産んだなんて・・信じられないわ」

幼馴染「えー・・・そう?」

僧侶戦士「俺らと離れてる間にだろ?そんな時間あったか?」


幼馴染「結構会ってたし、だいぶ前から付き合ってたよ?」


乙女僧侶「全然知らなかったです・・・あうぅ」ハァ

武道家「ははは、元気だせや」


僧侶戦士「んで、その肝心の赤ん坊今いないけど・・・どこいった?」


11 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:05:57 FNkoPUB.
 
乙女僧侶「うちのシスターさんに預かってもらってます」

幼馴染「最近こそ育児休暇だったり、休めるようになったけど・・・・、前は凄い忙しかったから、よくここで預かってもらってたんだ」

乙女僧侶「預かるのもお手のものですよ!もっと手のかかる子供も大勢いますし・・・」


武道家「なるほどな。・・・・ゲフッ・・・、うまかったー」カチャン


幼馴染「相変わらず食事マナー悪いわね・・・」

武道家「変わってないって言ってくれる?」

幼馴染「・・・」


僧侶戦士「ははは・・・、ご馳走様。美味しかったよ」

乙女僧侶「はい、お粗末さまでした」


12 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:06:49 FNkoPUB.
 
・・・・コンコン


乙女僧侶「誰でしょうか・・・?」

僧侶戦士「どうぞー」


・・・・ガチャッ


軍人「失礼します!」

武道家「ん・・・なんだ?」

軍人「ご報告したいことがあります・・・・が、ここでも大丈夫でしょうか?」


僧侶戦士「あぁ、いいぞ」


13 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:07:28 FNkoPUB.
 
軍人「・・・はい、実はまた暴走状態の魔獣が確認されました。小規模なものですが、クエストが出されています」


僧侶戦士「・・・・・まじか」

武道家「で、その暴走の理由はわかってるのか?また塔とかか?」


軍人「いえ・・それもまだ分かっておりません。付近の住民からの情報でしたので・・・」


僧侶戦士「ふむ・・・わかった」

武道家「・・・、幼剣士。お前は今回はここで待機しろ」


幼剣士「え・・・」


14 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:08:00 FNkoPUB.
 
僧侶戦士「いや何もいらないという訳じゃない」

武道家「そう。もし前のような悲劇の序章なら、ここを守る人がいなくなるだろう?」

幼剣士「あ・・・」


僧侶戦士「そういうことだ。少なくとも、俺らに育てられ、俺らが見てる限り、お前はその辺のヤツにゃ負けないからな」

武道家「その通り。安心して任せられる・・・いいか?」

幼剣士「もちろんです!」


軍人「では、ご案内するので北西支部までお願いします」


僧侶戦士「んじゃ、いってくる」

武道家「ウメー飯も食ったし、すぐ帰ってくるよ」


乙女僧侶「気をつけてくださいね」


15 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:08:59 FNkoPUB.
 
・・・・ギィ・・・・・・バタン


幼剣士「うん、そうだよね。何かあったら守らないといけないし・・・」

幼馴染「信頼されてるってことだね」ポン

幼剣士「あうっ・・・」

乙女僧侶「ですね!」


幼剣士「・・・、あ。ちょっとだけ行ってくる場所があるので・・・」


乙女僧侶「ん?わかりました」

幼馴染「じゃあ私も一回、女性寮に戻ろうかな・・・・」

乙女僧侶「赤ちゃんはどうします?」

幼馴染「もちろん一緒に帰るよー!一緒にいてあげないとね!」

乙女僧侶「うふふ、そうですね」


16 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:09:29 FNkoPUB.
 
幼剣士「それじゃ幼馴染さん、乙女僧侶さんまたあとで!」

・・・・タタタタッ


乙女僧侶「幼剣士も、ずいぶん元気になったものです。成長を見てるのはうれしいですよ」

幼馴染「本当にね・・・・」


17 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:10:10 FNkoPUB.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


幼剣士「・・・・」ハァハァ


・・・タッタッタッタ・・


幼剣士(やっぱり、暴走って聞くと心配だよ・・・。お兄ちゃんにもう1度だけ、手を合わせて・・・報告しなくちゃね)


・・タッタッタ・・・


幼剣士(・・・あれ?お墓の前に・・・・・、誰かいる?)


18 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:11:06 FNkoPUB.
 
???「・・・」


幼剣士「あの・・・どなたですか?」


???「・・・・」


幼剣士「あの・・・」


???「静かに・・・」


幼剣士「あ・・・はい」


???「・・・」


幼剣士「・・・・」


19 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:11:55 FNkoPUB.
 
???「よし・・・っと。で、何か用かな?」

幼剣士「あの、えと・・・・、お兄ちゃんの墓に・・挨拶してたんですよね?」

???「ん・・・あぁそうだね」


幼剣士「あなたは誰でしょうか?仮面を着けて・・・怪しいのですが・・」


仮面の男「・・・・この人は身を挺して世界を救ったのだろう・・・それに挨拶するのが変かい?」


幼剣士「あ・・・確かにそうですね。お名前を伺っても?」


仮面の男「名前はない。好きに呼んでくれ」

幼剣士「・・・・?」


20 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:12:27 FNkoPUB.
 
仮面の男「で、君はここに何をしに来たんだい?」


幼剣士「あ・・・そうだった。お兄ちゃんに報告することがありまして・・・」


仮面の男「ふむ・・・この方は君のお兄さんなのか?」

幼剣士「はい。実は・・・暴走した魔獣がまた確認されたと報告があったので、僕らを守ってくださいとお願いしにきました」


仮面の男「何・・・・・?暴走した魔獣だと?」


幼剣士「あ・・・言っちゃいけないことでしたぁぁ!忘れてくださいお願いします!」ガーン


仮面の男「・・・、口はあまり滑らせるんじゃない。注意することだ」

幼剣士「う・・・」


21 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:12:57 FNkoPUB.
 
・・・・ガサッ
 
 
仮面の男「・・・・!」ピクッ

幼剣士「・・・?」

仮面の男「ひとつ聞くが、君は他に誰か連れてきたかな?」

幼剣士「え?いや・・・僕一人ですよ」


仮面の男「・・・ということは・・」


・・・ガサガサガサ!!

・・・・・ザスッ・・・


アラクネ『久しぶりだわぁ・・・・』


22 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:13:28 FNkoPUB.
 
幼剣士「く・・・蜘蛛!?でかっ!」

仮面の男「ほう、アラクネか」


アラクネ『傷を癒すのに1年以上もかかったけど・・・目の前にご馳走があるじゃない・・・・』


幼剣士「アラクネ!?武道家たちさんが倒したっていう・・・」


アラクネ『ごめんなさいね・・・あなたたち、私の為に食べられてちょーだい』


幼剣士「・・・・くっ!」チャキッ

仮面の男「まぁ、待ちたまえ」スッ

幼剣士「・・・!」


23 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:13:59 FNkoPUB.
 
仮面の男「ここは私がやろう」チャキッ


アラクネ『あら・・・抵抗するの・・・・?でも、そういう男って・・・大好き!』クワッ

幼剣士「う、うわっ!」


仮面の男「・・・」ヒュッ


・・・・ズバッ!!!
・・ボトッ・・


アラクネ『あらやだ・・・腕が取れちゃったじゃない・・・」


仮面の男「・・・」


アラクネ『でもね・・・まだよ!』ビュッ


24 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:14:50 FNkoPUB.
 
仮面の男「大火炎魔法っ!」ボワッ

・・・・ドゴォォォン!!


アラクネ『あ・・・熱い・・・熱いィィ!!!』


仮面の男「火炎装っ!・・・・火炎刃っ!」・・ボゥッ!!!


・・・・ドゴォォォォンッ!!!

アラクネ『そ、そんな・・・私がこんな簡単に・・・・・・・・』


仮面の男「病み上がりで悪いが、君はこの世には危険すぎる」



・・・・ドサッ・・・


25 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:16:05 FNkoPUB.
 
幼剣士(強い・・)

仮面の男「・・・」スチャッ

幼剣士「・・・」ゴクリ


仮面の男「ああ、ケガはないかい?」

幼剣士「あ・・・大丈夫です」


仮面の男「それは何より。それではこれで失礼するよ」スッ

幼剣士「あ、あの!待ってください!」


仮面の男「・・・・なんだい?」ピタッ


幼剣士「あなた・・・本当に何者なんですか?身内にも強い方はいますが・・・、あなたはケタが違う・・・」


26 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:16:37 FNkoPUB.
 
仮面の男「私は誰でもない。ただ世界を旅する一介の剣士、さ」

幼剣士「・・・・!」

仮面の男「話はそれだけかな?」


幼剣士「・・・・」


仮面の男「それでは今度こそ失礼する。私は急いでいるのでね・・・では」


幼剣士「・・・・」


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 21:17:01 YRFI0eEM
ジャン「マルコ、への・・・メッセージ・・だと?」

「い ま ま で あ り が と う な だ い す き だ ぜ ! !  こ に ー 」

「いままでぱぁんくださりありがとうございますです!!ささやかですがしたのぱぁんたべてください!  サ シ ャ」

「お れ お ま え の ま じ め な と こ だ い す き だ か ら な ! ! エ レ ン 」

「対人格闘術の時手加減がなくてごめんなさい、でもあなたは、大丈夫だよって言ってくれた
 そんな、誰にでも優しいマルコが好き、天国でも幸せにしてください。    ミカサ」

「僕でもわからなかった座学を教えてくれてありがとう。ジャンの親友になれるのは君だけだと思う
マルコの誠実さ、優しさ、いろんなところが大好きだよ。    アルミン」

「マルコ!!今まで一緒にいて楽しかったぜ!!お前と一緒の一〇四期訓練兵になれてとても
嬉しいぞ。あと、最期まで巨人と戦ったお前は最高の兵士だ!!     ライナー」

「ありがとう、僕にはこの言葉くらいしか言えないな。本当にありがとう。  ベルトルト」

「一 緒 に 馬 術 や っ た の 楽 し か っ た よ ! 
! あ の 時 間 も う 一 度 こ な い か な ・ ・
 な ん て ね 。  天 国 で も 笑 っ て る と い い な 。 クリスタ」

「何勝手にいなくなってんだよ!!お前のこともっとバカにしてやろうと思ってたのに
居なくなるならあたしに馬鹿にされてからにしろよ!!ははは、とにかくありがとな。  ユミル」


28 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:17:19 FNkoPUB.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・



29 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/08(月) 21:18:56 FNkoPUB.
一旦はここまでです。ありがとうございました。


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 21:24:46 qD0uXHls
乙幼馴染さん出産おめでた


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 21:26:42 IPYdlnz2
乙です
続編期待しております


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/08(月) 21:55:30 OmN6.y6U
乙!


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/09(火) 07:39:30 8VTGQShk
>>27
誤爆すいません
悪意はありませんとにかく 
本当にすいませんでした。


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/09(火) 08:42:28 r52xlotA
そいや、中級魔道ってどうなったんだっけ?


35 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:45:15 HEUASVA.
>>33 大丈夫ですよ

>>34 2作目の中盤で最上官に、後半で時点で先に卒業していきました。魔物の雰囲気を残したまま…


36 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:46:39 HEUASVA.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――【6日後・大聖堂】


僧侶戦士「・・・っていうわけだ」

幼剣士「よかった・・・、今回は暴走じゃなかったんですね?」

僧侶戦士「あぁ。突然変異した異種の魔獣だった。それが集団で固まっていただけだったよ」

武道家「全く人騒がせだぜ」


幼剣士「本当ですね・・・・。あ、そういえば聞いてほしいことがあるんです」


僧侶戦士「なんだ?」


37 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:47:16 HEUASVA.
 
幼剣士「実は、仮面を着けた男がお兄ちゃんの墓に花を手向けてました」

僧侶戦士「珍しいことじゃないけどな」

幼剣士「それで、その後にアラクネが現れたんです」

武道家「何・・・、まさかあの時のか?」


幼剣士「1年で傷が癒えたとか言ってたので、そうだと思います」

僧侶戦士「で、どうした?」 
 
 
幼剣士「仮面の男は、火炎刃の一撃でアラクネを倒したんです・・・」


僧侶戦士「何?アラクネを?」

幼剣士「はい・・」


38 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:48:03 HEUASVA.
 
武道家「マジかよ・・・。俺らと大尉でも数時間かかった相手だぞ」

僧侶戦士「何者か分からなかったのか?」


幼剣士「世界を旅する一介の剣士だ、とだけ一言残していなくなっちゃいました」


武道家「・・・うーん。そこまで強いやつは中々いないぞ・・・」

僧侶戦士「俺もわからないな」

幼剣士「ですよね・・・」


・・・・ガチャッ

童子騎士「ただいま」


39 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:49:02 HEUASVA.

 
幼剣士「あれ?童子騎士くん冒険学校は?」

童子騎士「ん、夏休みになったから・・しばらくは家にいるぜ」


武道家「よう」

僧侶戦士「よっ」


童子騎士「あ、武道家さん!僧侶戦士さん!いたんですね」

武道家「おう。俺らはすぐに次のクエストに行くけどな」

僧侶戦士「ちょっとまだ塔の周囲のゴミ掃除が残ってるんだ」


童子騎士「大変ですね・・・、がんばって下さい」


40 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:49:46 HEUASVA.
 
武道家「それじゃ・・・そろそろ行くか?」カチャカチャ

僧侶戦士「そうだな。幼剣士、次の次あたりのクエストだとお前のレベルに合うだろうから・・・待ってろ」

幼剣士「はい!」


武道家「おう、じゃあな」


・・・・ガチャッ・・バタン・・・・・・


童子騎士「しっかし、お前も羨ましいよな。軍のクエストに同行できるなんてよ」

幼剣士「早く強くならないといけないと思ったからさ・・・」

童子騎士「ふーん・・・まぁ俺はしばらく休みだし、久々に一緒に修行でもするか?」


41 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:50:21 HEUASVA.
 
幼剣士「あ・・・それなんだけど。もし良かったら、一緒に冒険に行かない・・・?」エヘヘ

童子騎士「冒険?」

幼剣士「うん。南の太陽の国にあるエルフの町っていう場所に行きたいんだ」

童子騎士「あー・・・あるな。でも何でだ?」

幼剣士「お兄ちゃんがエルフ族を救ったとか、僕と同じくらいの歳でバンシーを倒したとか・・・道を辿ってみたいんだ」


童子騎士「・・・面白そうだな。確か祭壇の近くはゴーレムが出現するんだよな?」

幼剣士「そうみたいだね」

童子騎士「お前、水炎装使えるのか?じゃないと、ゴーレムは倒せないぞ?」

幼剣士「うーん安定はしないけど・・・一応使えるよ・・」


童子騎士「マジ・・・?じゃあ大丈夫か。鍛錬がてら行ってみるか?」


42 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:50:52 HEUASVA.
 
幼剣士「うん。船代とか旅代は僕が出すよ」

童子騎士「そんな金持ってるのかよ・・」

幼剣士「クエストに同行すると、その分のお金いつも3分割で貰えるんだ」

童子騎士「羨ましいな色々とよ・・・」ハァ


幼剣士「でも、乙女僧侶さんに言うとまたダメ!とか言われそうだし・・・夜こっそり出かけようよ・・・」

童子騎士「はは、そうだな。じゃあ今夜にでも出発するか?」

幼剣士「うん、大丈夫!」


童子騎士「おっしゃ!んじゃ、夜のためにもう寝ておくか」ハハ

幼剣士「あはは、そうだね」


43 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:51:34 HEUASVA.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
――――【夜】


・・・ホー・・ホー・・


童子騎士「おい、幼剣士、おきろ!行くんだろ!」コソコソ

幼剣士「うーん・・・むにゃ・・あと5分・・」


童子騎士「寝ぼけてねんなアホ!」バシッ


幼剣士「い、痛いっ!あれ・・・童子騎士くん・・・」

童子騎士「夜中出発するんだろ!」


幼剣士「あ・・・そうだった・・・むにゃ・・・」


44 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:52:24 HEUASVA.
 
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・


カチャカチャ・・・ギィィ・・・ガチャッ・・・・・


幼剣士「・・・」コソコソ

童子騎士「・・・」コソコソ


・・・バタン・・


ダダダダッ!!

童子騎士「よっしゃよっしゃ!何かこういうの久々でドキドキしてきたぜ!」

幼剣士「うん!書置きもしたし、大丈夫だと思うし」


童子騎士「南の海を渡って、7日くらいかかるよな。ちょっとした大冒険だ!」

幼剣士「お兄ちゃんも、こうやってこの道を進んだのかなぁ・・」


・・・タッタッタッタ・・


45 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:53:02 HEUASVA.
 
仮面の男「・・・」スッ


童子騎士「っと、うわぁっ!」ピタッ

幼剣士「・・・・うわっ!」ズザザ・・


仮面の男「・・・」


童子騎士「真っ暗な道に、真っ暗な格好で立ってるんじゃねーよ!危ないだろ!」

幼剣士「あ、貴方は・・・」

童子騎士「なんだ、お前知り合いか?」


46 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:53:50 HEUASVA.
 
仮面の男「・・・こんな時間に子供がうろつくべきではないな」


童子騎士「う、うっせぇ!勝手だろ!」

幼剣士「・・・」


仮面の男「どこへ行くつもりだ?」


童子騎士「どこでもいいだろ!」

仮面の男「なるほど。最もな答えだ」


幼剣士「それより・・・何であなたもココにいるんですか?」


仮面の男「ただ夜を楽しんでいただけだよ」

童子騎士「・・・?」


47 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:54:30 HEUASVA.
 
仮面の男「その格好、その装備。もしやこれから冒険にでも出るつもりか?」

幼剣士「ちょっとした旅ですよ」


仮面の男「なるほどな。まぁいい・・・気をつけていくことだ」


童子騎士「どういうことだよ」


仮面の男「何、ちょっとした忠告だよ」

幼剣士「・・・ありがとうございます」


仮面の男「それでは私はこれで失礼する」バサッ

ザッ・・ザッ・・ザッ・・・


童子騎士「なんなんだアイツ?」

幼剣士「不思議な人だな・・・」


48 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:55:04 HEUASVA.
 
童子騎士「ま、いいや。行こうぜ!」


幼剣士「よーし、出発だ!」


童子騎士「おうっ!」


49 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:56:26 HEUASVA.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――【2日後・南の港】

・・ボッボー・・・・・

・・ミャア・・・ミャア・・・・・・・


幼剣士「うみねこの声が凄いね・・・、潮の匂いが心地いいや」

童子騎士「ここは西の港と違って、だいぶ大きいんだぜ。そもそもここの歴史は・・・」

幼剣士「えと、どこから乗ればいいんだろ?」

童子騎士「聞いてくれよ・・・」

幼剣士「えーと・・4番線?」


童子騎士「チケットなしで、乗る時の直接支払いだな。4番線でいいはずだ」


幼剣士「うん、わかった」


50 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:57:15 HEUASVA.
 
トコトコ・・・


童子騎士「あったあった。あそこが4番線だ・・・人少なくていい部屋とれそうだな」

幼剣士「船で5日かかるんだよね?」

童子騎士「そうだなぁ・・・何か暇つぶしのものとかあればいいんだが」


幼剣士「武道家さんたちの話だと、お兄ちゃんは船の中で新技を習得したんだって」


童子騎士「へええ、なんかまるっきり師匠の足跡を追ってるって感じじゃん!」

幼剣士「えへへ、だよね」


51 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:58:00 HEUASVA.
 
???「あれ・・・あれ!?君たち何でここにいるの?」


幼剣士「ん?」

童子騎士「あ・・・お前は」


吟遊詩人「久しぶり!何で南の港に君たちが・・・?」


幼剣士「わぁ・・・吟遊詩人さん久しぶり!1人?」

吟遊詩人「うん、まぁね。今は気軽な一人旅をしてるんだ」

幼剣士「いいなぁ・・・・って、でも今は僕たちも2人きりだった」


吟遊詩人「へー・・・どこかに行くの?」


52 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:58:50 HEUASVA.
 
童子騎士「俺らはエルフの町に行くんだ」

吟遊詩人「あそこかぁ・・・何か用事?」


幼剣士「お兄ちゃんの軌跡っていうのかな?後を追いかけてみようかなって思って」


吟遊詩人「あ・・・そっか」

幼剣士「吟遊詩人さんはどこに行くの?」


吟遊詩人「僕も実は南に行こうと思ってたんだ。一緒の船になりそうだね」

幼剣士「えっ!じゃあ一緒に行こう!」

吟遊詩人「うん、いいよ」ニコッ


53 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:59:23 HEUASVA.
 
童子騎士「じゃあ、一緒の部屋にするか?」

吟遊詩人「あ・・・」

幼剣士「あー・・・」

童子騎士「なんだ?」


吟遊詩人「彼・・・僕が女だって知らないんだっけ・・」ボソボソ

幼剣士「うん・・・」ボソボソ

吟遊詩人「でも断ったらダメだよね・・・」ボソボソ

幼剣士「ど、どうしよう・・・」ボソボソ


54 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 09:59:56 HEUASVA.
 
童子騎士「あ、4人部屋で大丈夫です。もちろん部屋はいい所お願いしますね」

船員「あいよ!景気がいいねえ!」


幼剣士「!?」

吟遊詩人「か、勝手に決まっちゃった・・・」


童子騎士「何してるんだー!?早くこいよ!」ブンブン


吟遊詩人「なんか言いにくくなっちゃったね・・・」

幼剣士「僕も協力するから・・・、何とか乗り切ろう!」

吟遊詩人「う・・・うん・・・」


55 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:00:45 HEUASVA.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギィ・・・・・バタン
・・・ボスンッ!!カチャカチャッ!


童子騎士「ひゃー!いい部屋だな!」

吟遊詩人「本当に・・・」

幼剣士「とりあえず少し休もう・・・。もうすぐ船も出発するしね」


童子騎士「重鎧だけじゃないだけマシだが・・・、ええい面倒だ脱ごう!」

・・・ポイポイポイッ
ヌギヌギ・・・


吟遊詩人「・・・・・〜〜〜〜!!!」


56 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:01:35 HEUASVA.
 
童子騎士「あーやっぱり裸のほうが軽くていいな!」


幼剣士「・・・・」チラッ

吟遊詩人「・・・」パクパク


童子騎士「なんだ?吟遊詩人、顔が赤いぞ?風邪か?」グイッ


吟遊詩人「っ〜〜〜〜!!!!!」

幼剣士(あちゃー)


童子騎士「暑いならお前も脱いだらどうだ?」

吟遊詩人「・・・」


幼剣士(あ、ついに固まっちゃった)


57 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:02:34 HEUASVA.
 
童子騎士「なんだお前、脱げないのか?手伝ってやるよ」

・・・カチャカチャ

童子騎士「意外と中着込んでるんだな」

・・・・ファサッ・・サワサワ


童子騎士「ん・・?」ドキッ


幼剣士(あ・・・!)


童子騎士「何かお前妙に体が柔らかいというか、丸いというか・・・」サワサワ


幼剣士「あ、ちょ、ちょっと!吟遊詩人さんに用事あるから一緒に外出てくる!」

童子騎士「お、おう・・・?」


・・・ガチャッ!タタタタタ・・・・・・・!!


58 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:03:18 HEUASVA.
 
幼剣士「はぁ・・・はぁ・・・・、吟遊詩人さん、しっかりして!」

吟遊詩人「・・・はっ!」

幼剣士「いきなり固まるし、服脱がせられるし・・・あせったよ・・」


吟遊詩人「い、いやしかしな・・・僕だって女だし、あんなのいきなり見せられたら・・・」


幼剣士「・・・色々危なかった気がする・・・」ハァ

吟遊詩人「・・・な、なんか迷惑かけてばかりだな・・・」

幼剣士「ううん、全然?」

吟遊詩人「そっ、それならいいんだが・・・」


59 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:04:00 HEUASVA.
 
幼剣士「でも、見ないうちに吟遊詩人さん、凄い大人っぽくなったよね」

吟遊詩人「そうかな・・?」

幼剣士「うん。さっき会った時、ちょっとドキっとしちゃった」エヘヘ


吟遊詩人「照れることを・・・」カァッ


幼剣士「でもね、僕もちょっとは強くなったんだよ?」

吟遊詩人「うん、わかるよ。強い雰囲気が出てる感じがする」

幼剣士「・・・へへ」


・・・・・ヒュウッ・・・

吟遊詩人「風が、気持ちいいな」


60 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:04:31 HEUASVA.
 
幼剣士「・・・」キョロキョロ

吟遊詩人「ん?どうした?」


幼剣士「今なら人もいないし、髪の毛下ろせる?」

吟遊詩人「下ろしてほしいのか?」

幼剣士「ちょっと見たいなって・・・ダメかな?」


吟遊詩人「仕方ないな・・・」シュルッ


・・・ファサッ・・・・・・・


61 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:05:38 HEUASVA.
 
幼剣士「わぁ・・・やっぱ真っ白で凄いキレイ・・・」

吟遊詩人「ふふ・・・ありがとう」

幼剣士「・・触ってもいい?」

吟遊詩人「なんだ大胆だね・・・」

幼剣士「あ、ごめん忘れて!何でもない!」


吟遊詩人「・・・触りたいなら触ってもいいよ」クスッ


幼剣士「・・・」スッ


吟遊詩人「・・・」


62 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:06:42 HEUASVA.
 
幼剣士「柔らかいや・・・」

吟遊詩人「髪の毛なんだから当たり前だろう・・・ん、くすぐったいな」

幼剣士「あ、ごめん」アセッ

吟遊詩人「いや・・・あまりこうすることもないからな・・・慣れてないだけだよ」アハハ

幼剣士「・・・良かった」


吟遊詩人「うーん・・・君は僕のことが好きなのか?」

幼剣士「え?」

吟遊詩人「あ、いや!そういうことじゃないぞ!?」

幼剣士「うん、好きだよ?」キョトン


吟遊詩人「・・・むぅ」カァッ


63 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:08:13 HEUASVA.
 
幼剣士「えへへ、ありがとう」

吟遊詩人「もう、いいのか?」

幼剣士「うん。お礼に、吟遊詩人さんの・・お願いも何か聞いてあげる!」


吟遊詩人「僕の・・・か?」

幼剣士「うん、何かない?」

吟遊詩人「そうだな・・・それじゃ・・・・」

幼剣士「・・・」ワクワク


吟遊詩人「じゃあ・・・さん付けで呼ぶのではなく、呼び捨てで呼んでくれ・・な?」


64 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:08:50 HEUASVA.
 
幼剣士「そんなことでいいの?っていうか・・・それでいいの?」

吟遊詩人「ふふ、お願いはこれだよ。聞いてくれるんだろう?」ニコッ


幼剣士「うー・・・、分かったよ吟遊詩人さん」

吟遊詩人「ほーら・・・また」

幼剣士「・・・吟遊詩人」

吟遊詩人「よろしいっ!」


幼剣士「これはこれで何か恥ずかしいよ・・・」

吟遊詩人「いつもの仕返しだ!」

幼剣士「え・・・吟遊詩人・・・・・は、いつも恥ずかしいの?」

吟遊詩人「そ、ソレは気にしなくていい!」プイッ


65 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:09:21 HEUASVA.
 
幼剣士「・・・えー」チラッ

吟遊詩人「こ、こっちに眼を合わせるなぁ!」

幼剣士「・・・・むう」


・・・・ボッボー・・

アナウンス「まもなく、4番線の船が出港します・・・・・・・」


幼剣士「!」

吟遊詩人「出発するみたいだね、部屋に戻ろうか」

幼剣士「うんっ」


66 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 10:09:58 HEUASVA.
いったん終了です。ありがとうございました。


67 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 11:41:32 HEUASVA.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・ガチャッ


童子騎士「・・・」フゴー

幼剣士「・・・寝てる」


吟遊詩人「やれやれだね・・・」


童子騎士「んー・・・」パサッ


幼剣士「って裸だー!?」ガビーン


吟遊詩人「も、もう嫌だぁぁ!」ベシッ!


68 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 11:42:03 HEUASVA.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・



69 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/09(火) 11:42:40 HEUASVA.
区切り部分間違えました、今度こそ一旦〆です


70 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/09(火) 14:39:05 fQ93V2ic
おっつ!


71 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:02:31 ztqh87x.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
―――【夜・甲板】


童子騎士「さて、何で俺の右頬が腫れているんだ?」ズキズキ

幼剣士「さ、さぁ・・・寝ている間に何かあったんじゃないの?」

童子騎士「そうか・・・俺は寝相が悪いからな・・・」


幼剣士「あと、夜はまだ少し冷えるし、服は着たほうがいいと思う・・・よ」

童子騎士「うーん・・そうだな。夜風もまだ冷たいしそうするか」


吟遊詩人「・・・」ホッ


72 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:03:07 ztqh87x.
 
幼剣士「さて、お兄ちゃんも夜、ここでこうやって修行に励んだらしいから」チャキッ

童子騎士「お、いいね。他人の迷惑にならない程度にやるか」


吟遊詩人「うーん、君たちは魔法は得意?」


童子騎士「いや全然?」

幼剣士「僕は火と水炎装のやり方なら僧侶戦士さんにならったけど、まだ安定しないんだよね・・」


吟遊詩人「魔法っていうのはイメージが大事だからね」

幼剣士「イメージ?」

吟遊詩人「もちろん技術もさながらだけど、こうしたい、こうやりたいっていうのを明確にすることも大事なんだ」


73 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:03:44 ztqh87x.
 
童子騎士「なるほどな。でも、魔力ってのは人によってマチマチなんだろ?」

吟遊詩人「体力と一緒だよ。普段から使ってれば自然と増えるし、使わなければどんどん衰退しちゃう」

幼剣士「じゃあ目いっぱい使ってれば増えていくってこと?」


吟遊詩人「うん。人によって体力の上限があるように、魔力の上限もそれなりにあるけどね」


幼剣士「吟遊詩人は火炎装とか水炎装とかのコツは分かる?」

吟遊詩人「魔法関連なら大体わかるよ。僕はあくまでも楽器の波長による魔力増大が主な戦い方だし」

童子騎士「それなんかいいよな」

吟遊詩人「そうかな?」


74 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:04:30 ztqh87x.
 
童子騎士「楽器ってなんかカッコイイしよ、範囲に優れてるし・・良いじゃん」

吟遊詩人「攻撃ばっかしてるけど、本来は音を合わせて回復魔法や支援魔法なんかも使えるんだけどね」


幼剣士「それじゃ、吟遊詩人は一般的な魔法はどのへんのクラスのを使えるの?」

吟遊詩人「僕が使えるのは中火炎、水流、風刃魔法かな。あとは増大魔法も使えないことはないよ」

幼剣士「凄いなぁ・・・じゃあ火炎装とかのやり方教えてもらおうかな・・・」

吟遊詩人「うん、任せてよ」


童子騎士「俺は魔法よりもまだ純粋な槍術強化だが・・・やっぱ自己流しかないか」

吟遊詩人「なら、攻撃増大魔法を覚えればいいんじゃないかな?」

童子騎士「あぁ・・・その手があったか・・・。じゃあ教えてくれるか?」

吟遊詩人「もちろん」


75 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:05:12 ztqh87x.
 
幼剣士「じゃあ、みんなで強くなろう!」

童子騎士「そうだな・・・お願いするぜ」


吟遊詩人「僕が分かることなら教えるから、どんどん聞いてね」


幼剣士「よぉーっし!やるぞ!」


76 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:05:51 ztqh87x.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【2日目】


幼剣士「・・・くっ・・」ブルブル

吟遊詩人「・・・そう、そのまま維持して・・・」

幼剣士「・・・」ブルブル


吟遊詩人「・・・・」

幼剣士「だめだっ!」ボワッ


吟遊詩人「あー・・・分散しちゃった・・」

幼剣士「はぁはぁ・・・・思ったより・・辛いね・・魔法維持・・・・」

吟遊詩人「属性装は、短い維持じゃなくて、長い維持の安定化が一番だからね・・・」


77 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:06:24 ztqh87x.
 
幼剣士「息切れが激しい・・・や」ハァハァ

吟遊詩人「長い維持は、マナの成長にも一役買うから一石二鳥!がんばろう!」

幼剣士「うん・・・がんばるよ」


吟遊詩人「そしてこっちは・・・・」チラッ


童子騎士「・・・・」フゴー!!

吟遊詩人「はい、起きてー」ゴン!

童子騎士「・・・いてっ!」


吟遊詩人「何で君はすぐに眼を閉じると寝るんだろうね・・・・」


78 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:07:16 ztqh87x.
 
童子騎士「このやり方がダメなんだよ!なんだよ瞑想って!寝ろってことだろ!?」

吟遊詩人「違うから!瞑想は心の集中、魔法を使う基礎の基礎なの!」


童子騎士「円形イメージとか、呼吸とかわからねーよ!もっとこう、分かりやすいのはないのか!?」


吟遊詩人「いやー・・・これが魔法の初歩の初歩だし・・・」

幼剣士「それにしても、童子騎士くんが魔法が全然ダメだって知らなかったよ・・」

童子騎士「デリケートって言ってくれる?」キリッ


吟遊詩人「・・・・」ゴンッ

童子騎士「いてーってば!わかったわかった頑張る頑張る!」

吟遊詩人「全く・・・」


79 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:08:16 ztqh87x.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
――――【4日目】



幼剣士「・・・」

吟遊詩人「・・・6・・5・・4・・」

幼剣士「・・・」

吟遊詩人「2・・・・1・・・・ゼロッ!」


幼剣士「・・・プハァッ!」


吟遊詩人「すごい!ここまで長期維持が出来れば充分だよ!」

幼剣士「はぁ・・はぁ・・・、吟遊詩人のおかげだよ・・・ありがとう」ニコッ


80 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:08:47 ztqh87x.
 
吟遊詩人「ふふ・・・」

幼剣士「・・・で、こっちは・・・・」


童子騎士「・・・」フゴー!!!


吟遊詩人「寝かせて・・おこう・・・・・、なんかもう疲れた・・・」ハァ

幼剣士「うん、もうそれでいいと思う・・・」

吟遊詩人「でも今回ので、幼剣士はだいぶ成長できたと思うよ」

幼剣士「なんか、魔法を使う度にグラっとなってたんだけど、それが今はなくなったよ」

吟遊詩人「うんうん」


81 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:09:19 ztqh87x.
 
幼剣士「さて、どうしよう。明日にはもう着くんだよね・・」

吟遊詩人「2人はエルフの町に滞在するんだよね?僕は更に超えた先の砂漠遺跡に行くんだ」

幼剣士「そんな遠くに?」


吟遊詩人「僕のお父さんがそこで遺跡調査の仕事をしているからね。驚かせようかなって」

幼剣士「なるほど・・・会ったあとは?」

吟遊詩人「どうしよっかな・・・まだ考えてなかったなぁ」


幼剣士「しばらく周辺でゴーレム狩したり、自分の力試すために色々しようと思ってるんだけど・・・」

吟遊詩人「へえ、いいね!」

幼剣士「一緒にどうだろう?僕も吟遊詩人と一緒にいれたら嬉しいし」

吟遊詩人「う・・・」テレッ


82 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:10:02 ztqh87x.
 
幼剣士「・・・へへ」

吟遊詩人「そこまで言われたら拒否する理由も・・ないね。じゃあ終わったらエルフの町に行くよ」

幼剣士「うん!楽しみだなぁ」


童子騎士「・・・・」フゴッ!!


吟遊詩人「・・・」ビクッ

幼剣士「ど、童子騎士も楽しみだって!」

吟遊詩人「あはは、いびきで意思疎通ができるんだ」


童子騎士「・・・」フゴッ!!!


幼剣士「・・・」

吟遊詩人「・・・」


「あははははっ!!」


83 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:10:37 ztqh87x.
 
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



84 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:11:07 ztqh87x.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――【太陽の国】


幼剣士「暑いいいいいい!!」ジリジリ

吟遊詩人「相変わらずここは暑いな・・・・」

童子騎士「暑すぎだろ・・・」


幼剣士「でも、思ったより嫌な暑さではない?」

吟遊詩人「水気がない渇いた暑さだからね、ジメジメしてないんだよ」


幼剣士「さて・・・エルフの町は左側か」

吟遊詩人「僕はこっち。じゃあまた会おうね」

幼剣士「うんっ」


85 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:11:44 ztqh87x.
 
・・・・・タッタッタッタ・・


童子騎士「行っちまったか」

幼剣士「うん・・・じゃあ、僕らも行こう」


童子騎士「なんていうか、男っぽくないやつだよなアイツ」

幼剣士「そ、そう?」ギクッ

童子騎士「女っぽいっていうか、体つきもこう・・・男らしくなかったし・・」ワキワキ


・・・・・・・・・・・・・・・
吟遊詩人「う・・・変な悪寒が・・・・」
・・・・・・・・・・・・・・・


童子騎士「オカマってやつか?」

 
幼剣士「ど、どうだろう・・・」

童子騎士「まあ関係ねーや。とりあえずエルフの町に行こうぜ。宿見つけないとな」

幼剣士「うん」


86 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:12:26 ztqh87x.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・
――【エルフの町】


幼剣士「わー・・・凄い!エルフがいっぱいだ・・」

童子騎士「それに比例して人も結構多いな?」

幼剣士「だねぇ」


童子騎士「前は奴隷商人による誘拐が多かったらしいけど、最近じゃ落ち着いてるみたいだし」

幼剣士「誘拐かぁ・・・とにかく今は泊まれる場所を探そう」クルッ

童子騎士「だな」


・・・・ドン!


幼剣士「うわっ!」

旅人「痛いな!気をつけろ!」

幼剣士「ご、ごめんなさい」


87 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:13:08 ztqh87x.
 
童子騎士「大丈夫か?」

幼剣士「・・・うん・・って、アレ!?」

童子騎士「どうした?」

幼剣士「僕の腰につけてたサイフがないよ!」

童子騎士「な、さっきのやつだろ!?」



旅人(チョロイもんだぜ)

・・・・・バキィ!!

旅人「い、いてぇ!何しやが・・・」


???「ダメでしょ!こんなことしちゃ・・・返してあげて!」


88 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:14:00 ztqh87x.
 
旅人「・・・っち」ポイッ

・・・タタタタタッ


幼剣士「・・・うう・・」


?エルフ「大丈夫?はい・・・・盗賊団も結構いるから・・・気をつけてね」


幼剣士「あ・・・僕のサイフ!」

童子騎士「!・・・わざわざ有難うございます、助かりました」


?エルフ「ううん気にしないで・・・」


幼剣士「・・・」ペコッ


チャリッ・・・キラッ


89 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:15:03 ztqh87x.
 
?エルフ「・・・・ん?」

幼剣士「・・・どうかしました?」 
 

?エルフ「そのネックレス、見せて・・・」


幼剣士「あ・・はい・・・」チャリッ


?エルフ「・・・・!こ、これ、どこで手に入れたの!?」

幼剣士「お、お兄ちゃんに貰いました・・・」

?エルフ「お兄さん・・・、あなた、少年剣士の弟なの!?」


幼剣士「・・・え?」


女エルフ「あ・・・ごめんなさい。私は女エルフ。青年剣士は私の恩人・・・なの」


90 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:16:01 ztqh87x.
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・トンッ

女エルフ「はい、どうぞ。名物のお茶。美味しいよ」


童子騎士「ありがとうございます」

幼剣士「・・・」グビッ


女エルフ「風のうわさでは聞いてた。青年剣士くんが英雄になったとか、色々ね」


幼剣士「・・・・あ、お茶美味しい」

女エルフ「ふふ、ありがとう」


幼剣士「・・・そういえばさっき言ってましたが・・・お兄ちゃんは、女エルフさんの恩人なんですか?」


91 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:16:38 ztqh87x.
 
女エルフ「うん、もう何年前になるかな・・・。誘拐された私を助けてくれたり、お姉ちゃんをバンシーから助けてくれたんだ」

幼剣士「・・・・」

女エルフ「・・・・?」

童子騎士「さっきから幼剣士、元気ないな・・どうしたんだ?師匠の後を追えてるのに・・・嬉しくないのか?」


幼剣士「なんていうか・・・、凄すぎて言葉が出ないんだ」


童子騎士「・・・」

幼剣士「世界を救って、軌跡を追えば次々出てくる冒険譚・・・・。僕が追い続けていい人なのかなって思っちゃって・・・」


92 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:17:09 ztqh87x.
 
女エルフ「うーん・・、青年剣士くんは最初っから全部凄かったの?」

幼剣士「え?」

女エルフ「何もかも、本当にゼロから凄かったっていうなら・・・難しいかもしれない」

幼剣士「・・・」

女エルフ「彼も、凄い努力をしてきたんじゃないかな」

幼剣士「・・・あ」

女エルフ「・・・」ニコッ


93 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:17:40 ztqh87x.
 
童子騎士「それにさ、幼剣士も他のやつらから見たら・・ありえないほど恵まれてる環境なんだぜ」

幼剣士「・・・」

童子騎士「冒険者としても、クエストも、数歩先の勉強が出来る環境が整ってるじゃないか」

幼剣士「そう・・・だよね」

童子騎士「それなのに、無理だとか、ダメだとか言ってたら他の人に失礼だぞ?」

幼剣士「・・・」


童子騎士「気づけよ。出来ないんじゃない、やろうとしてない、恵まれた環境があるってことをさ」

幼剣士「・・・うん、そうだよね」


94 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:18:37 ztqh87x.
 
女エルフ「いいお友達持ってるのも、恵まれた環境だね」クスッ

幼剣士「・・・うん!」

女エルフ「・・・」ニコッ


童子騎士「・・・へへ」


幼剣士「さて・・・お茶ご馳走様でした!」

童子騎士「じゃあ・・・宿探しに行くかぁ」

女エルフ「しばらく滞在するの?」


幼剣士「うん、ちょっとだけ自分らの修行がてらって感じだけど・・・」


95 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:19:08 ztqh87x.
 
女エルフ「冒険学校関連で来たんじゃないの?」

童子騎士「俺は冒険学校入ってるんですが、こいつは入ってないんで・・・」

幼剣士「うん」


女エルフ「それじゃ自由行動なんだ?」


幼剣士「まあ一応は・・・かな?」


女エルフ「それじゃあ、うちに泊まっていく?」

幼剣士「・・・え?」

女エルフ「弟クンだし、私にとっても弟みたいなものだしね」フフッ


幼剣士「い・・・いいの?」


女エルフ「・・・いらっしゃいませ」ニコッ


96 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/10(水) 10:20:18 ztqh87x.
一旦終了です。お疲れ様でした(A´ω`)


97 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 11:50:05 HlH.2uIk
乙 青年剣士×女エルフが見たかった


98 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/10(水) 12:07:32 /R4NgKE.
おちゆ


99 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:45:15 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――【それから3日後】


童子騎士「それじゃ、いってきますね!」

女エルフ「気をつけてね」

幼剣士「はい!」


 
・・・・ガチャッ・・・タッタッタ・・


女エルフ「毎日が騒がしいけど、何かあの頃を思い出すから楽しいな・・」クスッ

・・・コンコン

女エルフ「あら?どなたかしら・・・・」


100 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:46:00 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・

童子騎士「今日も何体倒せるか勝負だぜ!」

幼剣士「悪いけど、負けはしないよ!」

童子騎士「く、確かに昨日は負けたが・・・今日こそは!」



・・・・タタタタッ

ゴーレム『グオ・・・・』


童子騎士「早速出やがったな!悪いが・・・先にいただくぜ!」ビュッ

幼剣士「あっ!」


・・・・ズシャッ!!

ゴーレム『』ドサ


101 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:46:31 sL.1PwCs
 
幼剣士「この間から思ってたけど、力任せにゴーレム突き破るのって有りなの・・・?」

童子騎士「うっせー!勝てればいいの!」


幼剣士「もう・・・水炎装っ!」ボワッ


ゴーレム『・・・グオオオッ!』


幼剣士「たぁぁっ!」ビュッ


・・・ズバァッ!!!

ゴーレム『』ドサッ



童子騎士「俺から見たら、ただ剣振り下ろすだけで倒せるお前のほうがずるいわ・・・」


102 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:47:03 sL.1PwCs
 
幼剣士「魔法の特訓のときずっと寝てたからでしょー!」

童子騎士「ぐぬ・・・魔法なんか頼らなくたって勝てることを見せてやるぜええ!」


・・・ズバッ!
・・キィン!!
・・・・・・・・・ダダダッ・・・ドシャッ

・・・ズバッ!!ズバァッ!!!



幼剣士「はは!」

童子騎士「悔しいが、やっぱり負けちまいそうだな・・・・」


???「おーやってるやってる・・・・よしっ!」



・・・スチャッ

・・・・・・・・・ギュゥゥゥン!!!バシャアッ!!!


103 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:47:43 sL.1PwCs
 
幼剣士「うわっぷ!」バシャッ

童子騎士「・・・うおっ!」ビシャアッ!

幼剣士「い、今のは・・・」


吟遊詩人「遅れながら参上っ!」


童子騎士「お」

幼剣士「吟遊詩人!来たんだ!」


吟遊詩人「考えたら泊まる場所も何も聞いてなかったけど、来たら2人が出て行くのが丁度見えてね」

幼剣士「女エルフさんの家から?」

吟遊詩人「あー、うん。だから、一応挨拶してからココにきたよ」

幼剣士「そっか!」


104 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:48:29 sL.1PwCs
 
吟遊詩人「それで、今君たちは何をやってるの?」

童子騎士「聞いて驚くな、ゴーレム討伐の数を競ってるんだ!」

吟遊詩人「何でそれで驚くのかは置いといて・・・、どっちが勝ってるのかな」


幼剣士「僕がこの2日で68体で、童子騎士くんが46体目だっけ?」


童子騎士「追いつけねー!」


吟遊詩人「ふふ、じゃあ僕も参加しようかな」

幼剣士「でも最初から差が・・・」

吟遊詩人「大丈夫、すぐに埋めてみせるよ」フフ

幼剣士「むっ、言ったなぁ・・・・!よーし、じゃあ勝負だ!」


105 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:49:04 sL.1PwCs
 
童子騎士「3人か・・おもしれぇ!負けた奴は勝った奴のいうこと聞くってのはどうだ!?」

幼剣士「面白そう!」

吟遊詩人「乗ったよ!」


童子騎士「それじゃあ今日の夕方4時までに一番多かったやつが、優勝な!」


幼剣士「わかった・・・いいよ!」

吟遊詩人「・・・」スチャッ


童子騎士「スタート!」


106 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:49:36 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



107 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:50:16 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
―――【夕方】


・・・ガチャッ


幼剣士「ただいまっ〜・・・うぅ」

女エルフ「あっ、おかえりなさい」


童子騎士「くっ、くそぉ〜」ダバァ


吟遊詩人「へへん」


女エルフ「夕食できてるけど・・・何があったの?」


108 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:50:52 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


女エルフ「まぁ・・・そんなことが」クスッ


童子騎士「まさかの86体で俺が最下位・・・」モグモグ

幼剣士「116体で僕が2位!」ゴクゴク

吟遊詩人「で、3日目参戦の僕が122体で優勝っ♪」ピース!


童子騎士「ぢぐしょぉぉぉ・・・・」


女エルフ「・・・」クスクス


幼剣士「それで、優勝したら言うこと聞くってはずだったけど、何にするの?」


109 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:51:38 sL.1PwCs
 
吟遊詩人「じゃあ、童子騎士くんのその、から揚げ貰おうかな」

童子騎士「なん・・・だって・・・・?」

吟遊詩人「・・・・?」ニコッ

童子騎士「はい、どーぞ!!」サッ

吟遊詩人「ご馳走様っ!」


女エルフ「うふふ、それで幼剣士くんには何をお願いするの?」


吟遊詩人「それじゃ・・・明日は修行は休みで、買い物に付き合ってもらおうかな?」

幼剣士「えっ!」

吟遊詩人「い、嫌かな・・・?」

幼剣士「う、ううん?ぜんぜん、むしろ嬉しいっていうか・・・」


110 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:52:55 sL.1PwCs
 
女エルフ「まあ・・・、吟遊詩人ちゃんも女の子なのね」クスッ


童子騎士「・・・」ピクッ


幼剣士(あ・・・)

吟遊詩人(!)


女エルフ「・・・?」


童子騎士「今、女エルフさん何て言いました?」

女エルフ「吟遊詩人ちゃん、女の子だなーって」


吟遊詩人「あ、それは・・・」


童子騎士「ハッハッハッハ!!!!!」


111 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:53:58 sL.1PwCs
 
幼剣士「!?」

童子騎士「ぎ、吟遊詩人が女って・・・、そんなことないッスよ!こんなに強いのに・・・、まっさかぁ!」

幼剣士「ちょっと、童子騎士くん!」

童子騎士「それにこんなに強い女だったら、普通は嫌っすよ!体は華奢っぽいけど、男っ気全開だし・・・ハハハ!」


吟遊詩人「・・・ちょっと、夜風に当たってくるね」ガタッ

・・・ガチャッ


幼剣士「あ・・・僕も行くよ!」

・・・・タタタタッ


女エルフ(あらあ・・・そういう事だったのね、悪いことしちゃったかな)

童子騎士「なんだあいつら・・・?」


112 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:54:29 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・タタタタッ

幼剣士「ち、ちょっと待ってよ吟遊詩人!」ガシッ

吟遊詩人「・・・離してっ!」


幼剣士「やだっ!」

吟遊詩人「・・・!」ポロポロ

幼剣士「・・・」


吟遊詩人「・・・」グスッ

幼剣士「・・・吟遊詩人・・・・」


113 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:55:16 sL.1PwCs
 
吟遊詩人「わかって・・・るけどさ」

幼剣士「・・・」

吟遊詩人「分かってたけど、そういう風に思われてるとか、言ってくるんだ、とかさ・・・」

幼剣士「・・・」

吟遊詩人「けど・・・、トラウマっていう・・・か・・・やっぱり慣れないや・・・」グスッ

幼剣士「・・・うん」


吟遊詩人「・・・」

幼剣士「・・・」ギュッ

吟遊詩人「よ、幼剣士・・・?」


・・・・ギュゥゥゥッ


114 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:55:49 sL.1PwCs
 
吟遊詩人「な、何で抱きついて・・・」

幼剣士「僕が、寂しかったり、辛かったりしたときに・・お兄ちゃんがやってくれた・・・おまじない」

吟遊詩人「・・・!」

幼剣士「僕は、仲間が辛い時は助けてあげるものだと思うから・・・一人で抱えるより・・・二人・・でしょ?」


吟遊詩人「幼剣士・・・」ギュッ

幼剣士「・・・」ニコッ



・・・スッ

女エルフ(心配でちょっとだけ着いてきたけど・・大丈夫みたいね)

  
吟遊詩人「そうだな・・・・幼剣士・・・温かいよ・・・」

幼剣士「うん・・・、何かあったら僕が助けるから、泣かないで・・・」

吟遊詩人「・・・ありがとう」


115 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:56:44 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幼剣士「・・・落ち着いた?」

吟遊詩人「うん・・」

幼剣士「良かった」ニコッ

吟遊詩人「・・・」ドキッ


幼剣士「・・・どうしたの?」

吟遊詩人「な、何でもない!」


幼剣士「・・・?」


116 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:57:21 sL.1PwCs
 
吟遊詩人「・・・」ハァ

幼剣士「もう・・・いっその事、髪の毛下ろして帰ったらどうだろう?」

吟遊詩人「え?」

幼剣士「バレるのも時間の問題だろうしさ・・・、女の子って分かったほうが色々いいんじゃないかな?」

吟遊詩人「・・・そうかな・・」

幼剣士「うん・・・」


吟遊詩人「女としての戦士の葛藤と・・・女で見られたいっていう思い・・。もう自分でもワケが分からないんだ・・・」


幼剣士「分かんないけど・・・吟遊詩人は吟遊詩人だよ・・・」

吟遊詩人「私は私・・・自身?」


117 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:57:52 sL.1PwCs
 
幼剣士「うん。戦士だろうが、何だろうが・・・。何言いたいかは僕自身も分からないや・・・あはは・・」

吟遊詩人「そっか、私は・・私か」


幼剣士「・・・」



吟遊詩人「今まで自分が決めたように、好きなようにやり過ぎたのかもしれないね・・」

幼剣士「・・・何が言いたいのか、僕自身にもわからないけどね・・・」アハハ

吟遊詩人「そんな気遣いでも嬉しいよ・・・・そうだなぁ・・流されてみてもいいかもしれないな・・・。よし・・・」スッ


・・・・ファサッ・・


幼剣士「・・・」

吟遊詩人「この髪飾り、持っててくれ。このまま帰ろう・・・」

幼剣士「・・・うん!」


118 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:58:33 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・ガチャッ・・


童子騎士「・・・んあ?おお、遅いぞお前ら!何やって・・・・って、どなたですか!?」



吟遊詩人「・・・」

幼剣士「・・・」


女エルフ「2人とも心配させて、どこ行ってたの?」


吟遊詩人「ちょっと夜風に当たりたくなって・・・ごめんなさい」

幼剣士「ごめんなさい」


119 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:59:05 sL.1PwCs
 
童子騎士「・・・幼剣士、そっちの可愛い子誰?つーか吟遊詩人は?」


吟遊詩人「私、だけど」


童子騎士「ん?いや・・あなたじゃなくて、吟遊詩人っていう人をね」

幼剣士「いやだから、吟遊詩人だよ」

童子騎士「いやいや・・・・だから!俺は!」


吟遊詩人「・・・」スチャッ


童子騎士「・・・・それは吟遊詩人の魔法楽器・・・ギター?」


吟遊詩人「・・・」


童子騎士「・・・・ん?ちょっと待って、整理するぞ」


120 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 10:59:36 sL.1PwCs
 
女エルフ「・・・」

吟遊詩人「・・・」

童子騎士「・・・」

幼剣士「・・・」


童子騎士「・・・えーと、もしかしてですが。あなたは吟遊詩人・・・さん?」

吟遊詩人「そう・・・だよ?」


童子騎士「はぁぁぁぁぁぁ!?!?」


121 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 11:00:12 sL.1PwCs
 
幼剣士「うるっさ!」

吟遊詩人「・・・」


童子騎士「マ、マジで!?え、えええ!?」

女エルフ「吟遊詩人ちゃんは、女の子よ?」


吟遊詩人「全く・・・失礼なやつだな・・・」

幼剣士「・・・だね」


童子騎士「えーとあの、俺はどうすればいいんでしょうか。もしかしてさっき、凄い酷い事を言ったんじゃ・・・」

吟遊詩人「もういいよ・・・気にしてないから」

童子騎士「そ、そうか・・・」


122 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 11:01:27 sL.1PwCs
 
吟遊詩人「それに、そのおかげでちょっと・・・」

幼剣士「・・・」

吟遊詩人「思い直せたって言うか、分かったこともあるし・・・」チラッ

幼剣士「?」


女エルフ(・・・青春ね)フフ


童子騎士「それならいいんだけどよ・・・」


女エルフ「あら、そういえば吟遊詩人ちゃんの髪飾りはどうしたの?」

吟遊詩人「あ・・それは・・・」

女エルフ「・・・」ゴソゴソ


・・・スッ


123 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 11:02:06 sL.1PwCs
 
吟遊詩人「・・・これは?」

女エルフ「私の少しお古だけど、これを使って・・・ね?」

吟遊詩人「で、でも・・・」

女エルフ「いいから・・・、後ろ向いて・・・」ヨイショ

吟遊詩人「ありがとう・・です」



女エルフ「あれは幼剣士くんに持っていてほしいんでしょ?」ボソボソ

吟遊詩人「えっ、まさか見てたんですか・・・!」カァァ

女エルフ「気にしないでいいからね・・・」ボソボソ

吟遊詩人「何から何までありがとうございます・・・」ボソボソ



幼剣士「あの、吟遊詩人、さっきのはどうする?」

吟遊詩人「よ、幼剣士が持ってて!預かってて!」


124 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 11:02:56 sL.1PwCs
 
幼剣士「・・・うん・・わかった」ニコッ

吟遊詩人「・・・」ニコッ


童子騎士「何か色々衝撃的だったが・・・、俺は・・疲れたから・・寝るぞ・・・」

幼剣士「うん、おやすみ」


・・・・ガチャッ・・


吟遊詩人「そ、それじゃ・・・明日、いいの?幼剣士・・・」

幼剣士「明日の買い物?」

吟遊詩人「そ、そう・・」

幼剣士「もちろん?当たり前だよ、楽しみだよっ!」

吟遊詩人「そっか・・・じゃあ私たちも寝ようか・・・」


女エルフ「そうね・・・、おやすみなさい」


125 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 11:03:30 sL.1PwCs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・・
・・



126 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/11(木) 11:04:59 sL.1PwCs
ここまでです。が、今回は前ほどの大量更新はしてないのですが、
やはり量は多いほうがいいですかね?書き溜め分はあるのですが、意見を聞かせていただくと有難いです。


127 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 11:30:13 3hjKr4gs
乙&お任せ!!
したい様にすれば良いんジャマイカ?


128 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 12:18:15 orq6m9Q2
多けりゃ多いほど嬉しいとは思うけど、今のままでも充分良いペースで嬉しい


129 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 13:20:51 /KKtOeuM
かきためあるなら一気にみたい気もするがそうすると更新大変なんじゃないだろうかと


130 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 14:17:36 gThMq2/M

どちらでも。


131 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 17:54:36 vLTVkMyg
スキナヨウニ


132 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/11(木) 19:06:40 .cuy4nY6
乙、どちらでも


133 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/12(金) 04:46:10 MRX9/cbg
幼剣士たちは何歳って設定なんだ?


134 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:48:19 efmY3cqY
皆様、ご意見ありがとうございました。参考にします。

>>133
幼剣士初登場が10歳程、今が12歳(当時の少年剣士と一緒位)、
童子騎士が15歳、吟遊詩人が16歳程っていう設定です。


135 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:49:11 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・


・・・ユサユサ・・

幼剣士「むにゃ・・・」


・・・・・ユサユサユサ

幼剣士「んー・・・・」パチッ

吟遊詩人「朝だよ!今日は買い物・・・付き合ってくれるんだよね・・・?」


幼剣士「あ、そうだ・・・」

・・・ガバッ

幼剣士「おはよう・・・」

吟遊詩人「うん、おはようっ」


136 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:49:41 efmY3cqY
 
・・・・ガチャッ

幼剣士「おはようございます・・・」ムニャ

女エルフ「おはよう」ニコッ


吟遊詩人「ほら、朝ご飯食べて早く行こうっ!」

幼剣士「うん〜・・・」

女エルフ「そんな急かさなくても、時間はあるわよ」クスクス

吟遊詩人「・・・そ、そうですよね・・」


幼剣士「・・・」モグモグ

吟遊詩人「・・・」ジー


137 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:50:41 efmY3cqY
 
幼剣士「・・・」モグモグ

吟遊詩人「・・・」ジー

幼剣士「・・・」モグモグ・・ゴクッ

吟遊詩人「・・・」ジー


幼剣士「ぎ、吟遊詩人・・・そんなに見つめられると食べずらいっていうか・・・」


吟遊詩人「そ、そうだな!ごめん!」


幼剣士「ん〜・・・そういや童子騎士は?」

吟遊詩人「お前らのデ、デデ・・・デートを・・・邪魔するつもりはないって・・・一人でどっか行った・・・」


138 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:51:13 efmY3cqY
 
幼剣士「うーんそっか・・・・」モグモグ

吟遊詩人「うん・・・」

幼剣士「・・・」モグモグ

吟遊詩人「・・・」


幼剣士「って、デート!?」


女エルフ「そうよ〜♪男女二人で買い物とか、デート以外ないじゃない♪」


吟遊詩人「よ・・・幼剣士は二人っきりは嫌だった・・・?デートっていうのは嫌だった・・・?」

幼剣士「・・・ううん?凄い楽しみなのは変わらないよ〜」ニヘラッ


吟遊詩人「そ、そうか良かった・・・」


139 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:51:44 efmY3cqY
 
幼剣士「よし・・・ご馳走様でした!」

女エルフ「お粗末さま〜。それじゃ、2人とも行ってらっしゃい!」


吟遊詩人「行ってきます!」グイッ

幼剣士「わわっ、引っ張らないでまだ装備が・・・・あ〜っ!」


・・・・ガチャッ!!


女エルフ「若いって・・・いいなぁ〜・・」


・・・コンコン

女エルフ「・・・よく最近はお客が来ますねぇ・・・どうぞ〜」

・・・・ガチャッ


???「・・・・どうも」

女エルフ「・・・あなたは?」


140 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:52:15 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・トコトコ・・

吟遊詩人「えーと、行きたい場所があるんだ」

幼剣士「どこ?」

吟遊詩人「女エルフさんの紹介なら、装備を鍛錬しなおしてくれる鍛冶場があるんだって」

幼剣士「へえー・・・」


吟遊詩人「あった・・・あそこかな?」

幼剣士「加工場・・・、か。どんなとこなんだろう・・・」


141 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:53:07 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・

職人エルフ「・・・」カーン!!カーン!!


幼剣士「あの・・・」


職人エルフ「・・・あぁ?」チラッ

幼剣士「女エルフさんの紹介で来たんですが・・・」


職人エルフ「あ・・・あぁ!君が少年剣士の弟の・・・幼剣士か!」

幼剣士「あ、はいっ」

職人エルフ「そうかそうか、まぁそこに座ってくれや!そこの彼女さんもな!」


幼剣士「わかりました」

吟遊詩人「か・・彼女・・・!わかりましたあっ!」

職人エルフ「げ、元気がいいねえ・・・」


142 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:53:56 efmY3cqY
 
幼剣士「えーと・・・用事があるのは吟遊詩人です」チョコン


職人エルフ「・・・何かしてほしいことはあるのか?」
 
吟遊詩人「あ、えっと・・・私なんですけど・・・。サブで持ってる銀の短剣を精錬してほしくて。あと何かいい装備・・あればなって」

職人エルフ「ふむ。うちで売ってるのは剣、斧、槍、盾、指輪、ネックレス、イヤリング、防具…」


幼剣士「・・・凄い!」キラキラ


職人エルフ「お?なんだ幼剣士、興味あんのか?」

幼剣士「もちろんですっ!」


職人エルフ「ふむ・・・。ちょっとその剣見せてみな」

幼剣士「え?あ、はい・・・」チャキッ


143 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:54:57 efmY3cqY
 
職人エルフ「はっは、懐かしいぜ。少年剣士の剣もこうやって見てやったっけな」

幼剣士「・・・」ワクワク

職人エルフ「ふむ、こりゃ子供用の剣過ぎるな。どうだ?新しい剣に乗り換える気はないか?」

幼剣士「・・・うーん・・」

職人エルフ「どうした?」


幼剣士「その剣、お兄ちゃんに買ってもらった思い出の品だから・・・できればずっと持っていたいなって・・・」


職人エルフ「あー・・・なるほどな。それじゃ、地金を打つか?」

幼剣士「地金?」


144 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:55:43 efmY3cqY
 
職人エルフ「おうよ。地金を打てば、基本はそのままで屈強な剣になる」

幼剣士「お、お願いできますか?」

職人エルフ「任せろ!銀の短剣と、思い出の剣、確かに預かった。夕方また来てくれ」

幼剣士「はいっ!」


・・・チャリチャリ

吟遊詩人「あ、あのー・・・この"共鳴の指輪"って何ですか?」

職人エルフ「それは特殊な鉱石と魔力が打ち込まれた指輪でな。持ってる同士の居場所を伝えるっていう指輪だ」

吟遊詩人「・・・へえ」

職人エルフ「それぞれ同じものは数個しか作れねぇ。だから、仲間や大事な人同士で持っているってのが一般的な使い方だ」


145 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:58:30 efmY3cqY
 
吟遊詩人「2つ、欲しいです。いくらでしょうか・・・?」

職人エルフ「本来なら30万ゴールドだが、鉱石仕入れ、魔法仕入れ値段の10万ゴールドでいいぜ。高いか?」
※平均収入は10万G


吟遊詩人「け、結構値段張りますね・・・」

職人エルフ「そうか・・・?じゃあ5万ゴールドでも・・・」

吟遊詩人「あ、いえ・・・、10万ゴールドで買います。これで・・・、金貨でいいですか?」チャリン

職人エルフ「おう、毎度あり!」


吟遊詩人「はい、幼剣士」チャリッ

幼剣士「?」

吟遊詩人「私からのプレゼント・・・受け取ってよ、ね?」

幼剣士「いいの?」

吟遊詩人「2人の指輪で買ったんだから・・・いいの」ニコッ

幼剣士「うん、じゃあ遠慮なく・・ありがとうっ!」


146 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 10:59:03 efmY3cqY
 
職人エルフ「熱々だねぇ・・・」ニヘラッ


吟遊詩人「そ、そんな・・・」

幼剣士「・・・ぷれぜんと〜♪」キラキラ


職人エルフ「よっしゃ、それじゃしばらく時間もあるし、これからどっか行くんだろ?」


幼剣士「・・・どうだろ、吟遊詩人はどこか予定があった?」

吟遊詩人「うん・・・色々とグルメ旅ってわけじゃないけど・・・、ちょっと行きたいカフェみたいなのもあったり・・・嫌かな?」

幼剣士「ううん?おいしいものかぁ・・・、楽しみっ!行こうっ!」

吟遊詩人「う、うん!」パァァッ


職人エルフ「はは・・・いってらっしゃーい・・」フリフリ



・・・・コソッ

???「・・・・どうも」

職人エルフ「あぁ・・・?」


147 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:01:26 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


幼剣士「ここ?」

吟遊詩人「うん、ここで食べられる料理は絶品なんだって」

幼剣士「へぇ〜・・・楽しみ!」


・・・・ガヤガヤ・・


幼剣士「やっぱり結構人いるんだね〜」


ウェイター「いらっしゃいませー・・・お二人様でよろしいですか?」


吟遊詩人「あ、はい」


148 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:01:58 efmY3cqY
 
ウェイター「あちらの窓際のお席が空いているので、どうぞ〜」

幼剣士「ありがとうございますっ」


・・・トコトコ・・・

・・ストン


幼剣士「えっと・・・何頼めばいいんだろ」

吟遊詩人「メニューは・・・、フール、レンズスープ、ターメイヤ…難しいね」

幼剣士「・・・豆料理じゃないかな?」

吟遊詩人「え?」


幼剣士「たぶん、フールは干した空豆のスープ、レンズスープはレンズ豆のスープ。ターメイヤはそら豆のコロッケだと思う」

吟遊詩人「そうなの・・・かな?」

幼剣士「大聖堂で、乙女僧侶さんっていう人が母親代わりなんだけど、結構・・・料理が上手いんだ。そのお手伝いで覚えたんだ」


149 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:04:26 efmY3cqY
 
吟遊詩人「そうなんだ、それじゃこのシューカっていうのは?」

幼剣士「トマトソースとひき肉、とき卵をオーブンで焼いたのだったかな」

吟遊詩人「へええ、じゃあここの中で幼剣士がオススメできるのはある?」


幼剣士「んーとね・・・」

ペラッ…ペラッ…


幼剣士「お魚は大丈夫?」

吟遊詩人「一応好き嫌いはないから大丈夫♪」


幼剣士「それじゃ・・・ウェイターさん!」

ウェイター「はーいただいま!」

・・・・タッタッタ・・


150 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:05:02 efmY3cqY
 
幼剣士「ゴズバレイヤと、バズブーサを2つずつ、お願いします」

ウェイター「バズブーサは食後で?」

幼剣士「それで・・・大丈夫です。お願いします」

ウェイター「少々お待ちください〜」

・・・タタタタッ


吟遊詩人「今頼んだのはどんなの?」

幼剣士「ゴズバレイヤは、新鮮な白身魚を油で揚げて、トマトソースをかけた後にオーブンで蒸し焼きにした料理で・・・・」


吟遊詩人「ふむふむ、おいしそう・・!・」


幼剣士「バスブーサはココナッツにミルクと砂糖、ヨーグルトと微量なサラダ油を入れて焼き上げたデザートだよっ」

吟遊詩人「何それ凄いおいしそう!」


幼剣士「確か、蜂蜜とかシロップを自分でかけて楽しめるんだ〜」


151 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:07:53 efmY3cqY
 
吟遊詩人「凄いなぁ・・・物知りなんだね・・・」

幼剣士「料理は嫌いじゃないし、乙女僧侶さんの手伝いをするうちに色々覚えたんだ」


吟遊詩人「私もがんばらないと・・・」ボソッ


幼剣士「え?」

吟遊詩人「あ、あはは、いや何でもないよっ」

幼剣士「そ、そっか」


吟遊詩人「でも、いいところだよね。みんな笑顔で、みんな優しくて・・・」

幼剣士「だね・・」

吟遊詩人「食べたら、まだまだ行きたいところがあるんだ!お付き合いお願いします♪」

幼剣士「うん勿論っ!」


152 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:10:31 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
――――【夕方】


職人エルフ「お・・・おう、来たか」


幼剣士「できてたの出来ましたか?」

職人エルフ「出来てるぜ・・・ほら、銀の短剣もな」チャキッ


幼剣士「わぁ・・・剣身が伸びてる」

吟遊詩人「凄い磨きがかかってる!ありがとうございます!」


職人エルフ「おう・・・」


幼剣士「どうしたんですか・・・元気ないですね?」

職人エルフ「あ、いや?そんなことねーぞ!?」


153 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:13:52 efmY3cqY
 
吟遊詩人「・・・・?」

幼剣士「本当ですか?」

職人エルフ「あたぼうよ!」

幼剣士「それならいいんですけど・・・」


吟遊詩人「いけない!結構時間たっちゃってた・・・女エルフさんに怒られちゃう!」


幼剣士「あ・・・!職人エルフさん、ありがとうございました!」

職人エルフ「おうよ!またこいよ!」

吟遊詩人「失礼しますっ!」



・・・・タタタタタッ
・・・・・・・・・・・・・・


154 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:14:27 efmY3cqY
 
職人エルフ「・・・」ハァ

???「・・・感謝します」スッ

職人エルフ「・・・いたのか」


仮面の男「・・・・」


155 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:17:12 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・ガチャッ!!


幼剣士「ただいまっ!」

吟遊詩人「遅れて申し訳ないですっ!」


女エルフ「・・・あ、お帰りなさい・・」


吟遊詩人「・・・・?」

幼剣士「・・・女エルフさん、眼が赤いよ・・・、泣いてたの?」


女エルフ「え?あ・・・う、ううん?ちょっとタマネギを切ってたから・・・」

幼剣士「そ、そうなんだ・・・」


156 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:18:14 efmY3cqY
 
・・・ガチャッ


童子騎士「はぁ〜疲れた・・・ただいま」


幼剣士「あ、おかえりなさい!」

吟遊詩人「おかえり」


童子騎士「デート楽しんだか?」ッチェ


幼剣士「すっごい楽しかったよ!」

吟遊詩人「・・・」テレッ


童子騎士「・・・はぁ。俺は修行一人でこなしてきたぜ」


157 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:20:44 efmY3cqY
 
女エルフ「みんな、ご飯は出来てるから座って座って・・・♪」


吟遊詩人「やっぱり何か変だよね女エルフさん」ボソボソ

幼剣士「何かあったんだろうけど、あまり聞かないほうがいいかもね・・・」ボソボソ


童子騎士「うおー!腹減った!」

女エルフ「いっぱい作ったからたくさん食べてね!」


幼剣士「うんっ!いただきますっ!」


158 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:21:18 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・・
・・



159 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:23:44 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
―――【寝室】

・・・・ホーホー・・・


幼剣士(一体、どうしたんだろう女エルフさん・・)

童子騎士「・・・」フゴーーー!!!

幼剣士(気になるな・・・)


・・・ホー・・ホー・・


幼剣士(明日、聞いてみようかな・・・)


・・・・・・・・・


幼剣士(・・・・)


160 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:24:28 efmY3cqY
 
・・・・・・・・・

幼剣士(あれ?なんか急に静かに・・)


・・・ァァァ・・・・・・

幼剣士(・・・遠くで、人の・・・声?)



コンコン!!・・・ガチャッ!

女エルフ「大変!童子騎士くん、幼剣士くん!おきて!!」


幼剣士「・・・女エルフさん?」


161 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/12(金) 11:26:06 efmY3cqY
久々にちょっとだけ更新量を増やしました。
本日はここまでです、お疲れ様でした


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/12(金) 11:26:53 V9iol1Dg
おつかれさまー


163 : 白銀さんw :2013/07/12(金) 12:24:46 i3YvUqJY
おつさま〜


164 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/12(金) 12:46:54 Ck6vqnto
乙乙


165 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/12(金) 13:15:07 gyRN4SDk
乙!


166 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/12(金) 18:35:07 u999e.QA
おつ!


167 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/12(金) 18:35:28 uzdIKTqw
おつお


168 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/13(土) 02:06:28 ne5Mxm9Q
乙!
更新が待ち遠しいっす!


169 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:40:46 QVk5H/xs
皆さん大量の乙コメありがとうございます!書くのが進みます!


170 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:41:58 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


女エルフ「・・・」ハァハァ


・・・タッタッタッタ・・


吟遊詩人「・・・・!」ハァハァ


・・・・タッタッタッタッタ・・・


幼剣士「一体どうしたの!?」

女エルフ「とにかく・・・逃げないと!」

童子騎士「と、突然起こされて逃げるとかワケわからないですよ!どうしたんですか!」


幼剣士「ほかの人たちも慌てて丘のほうに逃げてる・・・どうしたの!?」


171 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:42:31 QVk5H/xs
 
・・・・・・アァァァァァァ・・・


女エルフ「あの、うめき声みたいなの聞こえる?」

童子騎士「はい・・・かすかに」

女エルフ「祭壇のほうから、アンデッド達が町に向かって進行してるみたい!」


幼剣士「あ、アンデッド!?」


女エルフ「とにかく皆パニックになってる・・・、急いで丘に登って!」

吟遊詩人「町に襲ってきてる・・・?」

女エルフ「こんなの初めてだけど・・・・、中央軍や民間軍が町の外で守ってるから大丈夫だとは思う・・・」


172 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:43:29 QVk5H/xs
 
幼剣士「・・・まるであの時みたいだ・・」


・・・キャアアア!!ニゲテー!!!
ワタシノコドモハ・・・ソッチハアブナイゾ!!!


女エルフ「とにかく、逃げないと!」


軍人「パニックにならず、速やかに丘の避難所のほうに逃げてください!軍が防衛にあたっています!」


幼剣士「・・・!」ゴクッ

吟遊詩人「急ごう!」

幼剣士「う、うん!」


173 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:44:31 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女エルフ「・・・」ゴホッ・・ハァハァ・・

幼剣士「・・・」ハァハァ

吟遊詩人「・・・」

童子騎士「くそっ・・・またあれの繰り返しなのか・・・?」


女エルフ「・・・ごめんなさい」

幼剣士「え?」

女エルフ「楽しみながら色々と修行したり出来るはずだったのに・・・、こんなことになってゴメンなさい」


幼剣士「女エルフさんのせいじゃないよ・・・気にしないで」

童子騎士「そうですって」

吟遊詩人「そうですよ。私たちは充分、女エルフさんと一緒で楽しいですし・・・これは女エルフさんのせいじゃないですよ」


女エルフ「・・・」


174 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:45:17 QVk5H/xs
 
幼剣士「それにしても・・・これからどうなるんだろう・・・」



・・・・ゴォォォォ・・・
・・アァァァア・・・・


童子騎士「町の祭壇側が火をあげてる・・・みんな戦い始めたんだな・・・」

幼剣士「・・・アンデッドの声がここまで響いてくる・・・」

吟遊詩人「こんな時、私たちは無力なんだね・・・」


軍人「皆さん!今現在、アンデッド族と交戦中ですが、軍の援軍が遅れている状況です!ですが、必ず守りきるので安心してください!」


175 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:45:53 QVk5H/xs
 
女エルフ「・・・」ガタガタ

吟遊詩人「女エルフさん・・・」ギュッ


幼剣士「・・・」ギリッ

童子騎士「すごい火の手だな・・・、まるで昼間みたいに明るいや・・・」!


幼剣士「・・・」スッ

童子騎士「・・・どうした?」


幼剣士「あの、軍人さん」

軍人「ん?なんだ?」


幼剣士「相手はどのくらいの規模なんですか?」


176 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:47:08 QVk5H/xs
 
軍人「通達によれば、数百のアンデッド族の魔獣と魔物みたいだな・・・」

幼剣士「大丈夫、なんですか?」

軍人「ああ、大丈夫さ。これでも民間軍は中央軍に匹敵するぐらい強いんだ」

幼剣士「それなら・・・」

軍人「はは、子供が心配するほど・・・」


・・・ヒュッ・・・・・・ドシュッ・・・


軍人「俺たちは弱く・・・・・・な・・・え・・・?」ドロッ

 
幼剣士「・・・・!」


軍人「・・・」ドサッ


177 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:48:08 QVk5H/xs
 
ワイト『・・・』スチャッ


童子騎士「・・・・へ?」

幼剣士「・・・・ワイト?」

吟遊詩人「・・・・」


・・・ボコッ・・

ボコッ・・・・・・・ボコボコッ・・・・・・・


幼剣士「ちょっ・・・・」

童子騎士「地面から・・・・・・」

女エルフ「ひ・・・・」


178 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:48:54 QVk5H/xs
 
エルフ民「う、うわあああああ!」


幼剣士「くっ!」チャキッ

ワイト『・・・』ビュッ

幼剣士「おりゃあああっ!」キィン・・・ズバッ!!!


ワイト『』ドタッ



幼剣士「・・・・ここ、もしかして・・」


ボコッ・・・ボコボコッ・・・


ワイト『・・・・アア・・・、イキカエッタ・・・』

グール『・・・・ウ・・・ウゥ・・・』


童子騎士「間違い・・・死体が地下に眠ってるんだ・・・」

幼剣士「本当に・・・あの時の再来のようだね・・」


179 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:49:38 QVk5H/xs
 
エルフ民「うわあああっ!助けてくれぇっ!」

エルフ民「いやああああっ!」

エルフ民「こ、こっちにくるなああ!」


吟遊詩人「落ち着いてください!落ち着かないと・・・・」

幼剣士「くっ・・・・」

童子騎士「女エルフさんを守るんだ!」

女エルフ「み、みんな・・・」


・・・キィン!!
・・ズバッ・・・・キィン!!


幼剣士「女エルフさん、どこか安全な場所はないの!?」

女エルフ「・・・だめ・・、この辺はどこも開拓のときに亡くなってるの・・・安全な場所はないと思う・・・」


180 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:50:09 QVk5H/xs
 
童子騎士「それじゃ・・・」

幼剣士「だね・・・朝まで戦い抜く・・それだけ・・・!」

吟遊詩人「女エルフさん・・・お守りします!」

女エルフ「・・・!」


グール『・・・ウアァァ・・!』


幼剣士「・・・!」チャキッ



・・・・ズバァァ!!!!・・・ドサッ

グール『』



幼剣士「へ?僕まだ斬ってない・・・・」


181 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:51:05 QVk5H/xs
 
・・・・・・スタッ


仮面の男「やれやれ」

幼剣士「仮面の男!」

仮面の男「おや・・・あの時の」


女エルフ「・・・!」


童子騎士「て、てめぇなんでここにいるんだ!」

仮面の男「はてさて、たまたま一緒の行き先だったってことじゃないかな?」

童子騎士「たまたまだと・・・?」


グール『アァァッ!』ガバッ

童子騎士「うわっ、離せ!」


・・・キィン!!グシャッ・・


仮面の男「無駄口を叩く暇があったら、さっさとグール達を倒したほうがいいんじゃないか?」


182 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:51:40 QVk5H/xs
 
童子騎士「う、うっせーわかってるよ!」

仮面の男「それとも、君たちには荷が重いかな?私が君たちをオンブ抱っこしてもいいぞ?」


幼剣士「不必要です・・・僕たちも戦う!」

吟遊詩人「・・・」コクッ

童子騎士「任せろっつーの・・・」


仮面の男「・・・・それでは、その言葉に甘えさせてもらうとしよう・・・」


女エルフ「・・・」


仮面の男「・・・・朝まで、戦い抜くぞ!」


183 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:53:30 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・



184 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:54:50 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


仮面の男「・・・・」ズバッ!


グール『・・・・ァ・・』ドサッ


・・・パァッ・・


幼剣士「はぁ・・・はぁ・・・・はぁ・・・、朝日だ・・・」

童子騎士「もうこれ以上・・・戦えねえよ・・・」ハァハァ

吟遊詩人「お疲れ様・・・」


仮面の男「数時間、よく持ちこたえたな」

童子騎士「あったり前だろ・・・」ハァハァ


吟遊詩人「・・・あなたは、何者なんですか・・・・、強すぎる・・・」


仮面の男「・・・」


185 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:55:44 QVk5H/xs
 
女エルフ「・・・」


仮面の男「ただ世界を旅する一介の剣士。それだけさ」スッ


幼剣士「待って・・・どこへ?」

仮面の男「あとは軍に任せることにして、私は用事があるので失礼するよ」

タッ・・・タッ・・・タッ・・・・・・・・・・



童子騎士「何かと嫌な奴だけど、助けてくれた事には変わりないか・・・」

幼剣士「本当に誰なんだろう・・」

吟遊詩人「・・・・まあ、それより一回・・女エルフさんの家に戻って休んだりしても大丈夫かな?女エルフさんの体力も限界だと思うし・・・」


幼剣士「そうだね・・・戻ろう」


186 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:56:16 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女エルフ「・・・」スゥスゥ


幼剣士「寝ちゃったね」

吟遊詩人「私たちとは違って、やっぱりああいうのは全然慣れてないからね・・・」

童子騎士「って言う俺らも疲れがピークだからな・・・このままダウーン・・・」ドサッ

吟遊詩人「うん、私も・・・」ドサッ


童子騎士「・・・」フゴー!!!

吟遊詩人「・・・」スゥスゥ


幼剣士「・・・・僕も少し休もうかな・・・・よいしょ」


「おやすみなさい・・・・」


187 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:56:58 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



188 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:57:34 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
―――【数時間後】


・・・ザワザワ・・


幼剣士「・・・むにゃ・・・」


・・・マジデ・・?
・・ダイジョウブナノ・・・?


幼剣士「・・・」


・・・エェェ!


幼剣士「・・・・!」ガバッ


189 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:58:10 QVk5H/xs
 
女エルフ「・・・」スゥスゥ

童子騎士「・・・」フゴー!!

吟遊詩人「・・・」スゥ・・スゥ・・・


幼剣士「みんな・・・まだ寝てるのか」

 
・・・ザワザワ・・


幼剣士「外が何か騒がしいのか・・・どうしたんだろ・・・」


・・・ガチャッ


エルフ民A「マジで?」

エルフ民B「あぁ・・・間違いないと思う」


幼剣士「あのー・・・?」


190 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:58:45 QVk5H/xs
 
エルフ民A「ん?どうした?」

幼剣士「何かあったんですか?」


エルフ民B「ああ、ちょっとな・・・・」

エルフ民A「どうせ後でバレるだろうし、いいんじゃないか?」

エルフ民B「そうだな・・・」

幼剣士「?」


エルフ民B「実は、今朝から早急に祭壇の修復作業をしてた人たちがいるんだが・・・、何人か、事故に巻き込まれて死んだらしいんだ」

幼剣士「え?」

エルフ民B「昨日あんなことあったばっかなのに、修復作業させる町長も町長だが、死因がおかしいし、証言がな・・・」

幼剣士「ど、どういうことですか?」


191 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 05:59:31 QVk5H/xs
 
エルフ民B「アンデッド族による攻撃を受けたらしい。昼間にな」

幼剣士「昼間に・・・?」

エルフ民B「あと、仮面を着けた男が祭壇に入っていくのを見た作業員がいたとか、そいつが召喚したとか・・・色々話が飛び交ってる」


幼剣士「仮面をつけた男!?」


エルフ民B「な、なんだそんな大声だして・・・」

幼剣士「すみません・・・」

エルフ民B「それでな、その報告を受けた軍の支部が、中央に今回のことを報告したんだと」

幼剣士「それで・・どうなったんですか?」


エルフ民B「軍が今回のアンデッド族の騒動と、今回の作業員の事故を検証するために今来てるらしい」


192 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:00:05 QVk5H/xs
 
幼剣士「・・・」

エルフ民A「まーそんなところだ」

エルフ民B「にしても、腹減ったな。もう店開いてっかな?」

エルフ民A「いってみようぜ・・・、じゃあなボウズ」

幼剣士「あ・・・はい、ありがとうございました・・・」


・・・・トコ・・・トコ・・トコ・・・


幼剣士「・・・とりあえず家に戻ろう・・」


・・・・ガチャッ


193 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:01:07 QVk5H/xs
 
仮面の男「・・・」

幼剣士「うわあっ!」

仮面の男「戻ってきたか」


幼剣士「なななな、なんで女エルフさんの家の中にアナタがいるんですか!」

仮面の男「・・・まあ気にするな。ちょっと立場がないんだ」

幼剣士「立場?」

仮面の男「軍が、今回の騒動の重要参考人として私を手配した」

幼剣士「そりゃ、今・・話を聞きましたけど、祭壇に入ったとか色々聞きましたよ・・・」

仮面の男「・・・」


幼剣士「っていうかどうやって入ったんですか!みんなまだ寝てるし・・・」

仮面の男「この家には裏口があるんだ。・・・まあいい、寝ているのは私の魔法による睡眠だ」


194 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:01:41 QVk5H/xs
 
幼剣士「・・・」

仮面の男「本当はもっと少しずつ伝えるつもりだった・・・が、そうもいかなくなった」

幼剣士「何のことです?」

仮面の男「私について来い。見せたいものがある」

幼剣士「・・・?」

仮面の男「・・・着いてきてくれるな?」


幼剣士「・・・わかりました」


195 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:02:14 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――――【太陽の祭壇】


幼剣士「・・・祭壇の裏側ですね」

仮面の男「これ以上は近づくな」

幼剣士「?」


仮面の男「屋根の部分を見てみろ」

幼剣士「・・・屋根がない?」

仮面の男「破壊されたんだ」

幼剣士「どういうことです?」


仮面の男「・・・・いいか、よく聞くんだ。もうすぐここで、惨事が起きる」


196 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:03:15 QVk5H/xs
 
幼剣士「惨事ですか・・・?」

仮面の男「それは私にも止められるか分からない。そして、君は試練を迎えることになる」

幼剣士「・・・・?よく・・・分かりませんよ・・・」


仮面の男「・・・」


幼剣士「・・・?」

仮面の男「詳しくは話せない。が、覚悟だけはしておくことだ」

幼剣士「・・・分かりませんが、わかりました・・・」

仮面の男「・・・」


幼剣士「・・・」


197 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:03:56 QVk5H/xs
 
仮面の男「それでは、これで失礼する」スッ

幼剣士「ちょっと待ってください!」

仮面の男「・・・」


幼剣士「あの、今日こそ教えてください。あなたの正体を」

仮面の男「だから、私は旅する一介の・・・」

幼剣士「違います!」

仮面の男「・・・」

幼剣士「あなたの、正体です」


仮面の男「・・・」

幼剣士「・・・教えてください」

仮面の男「顔を、見たいのか?それとも真実を知りたいのか?」


198 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:04:27 QVk5H/xs
 
幼剣士「全てです」

仮面の男「・・・・」

幼剣士「・・・言えないのですか?」


仮面の男「私の名前は・・・」

幼剣士「・・・」


時空剣士「・・・・時空剣士。未来から来た一介の剣士だ」


幼剣士「時空・・・剣士?」

時空剣士「そうだ」

幼剣士「未来から来たって・・・」

時空剣士「そうだ」


幼剣士「何で・・・未来から来た人が僕らに関わるんですか・・・?」


199 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:04:57 QVk5H/xs
 
時空剣士「それは言えない」

幼剣士「・・・」

時空剣士「・・・」


幼剣士「わかりました、ありがとうございました」スッ

時空剣士「・・・」

幼剣士「あなたが話す気がないということが良く分かりました」

時空剣士「そう取るのも、良いだろう」


幼剣士「・・・失礼します」

時空剣士「・・・」


200 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:05:27 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・ガチャッ


童子騎士「遅いぞ!どこ行ってたんだ!」

吟遊詩人「起きたらいないんだもん・・・心配したよ」

幼剣士「あ、ごめん・・・ただいま」


女エルフ「朝ご飯・・・じゃなくて、もう昼過ぎだけど、昼ご飯出来てるから食べてね」


幼剣士「いただきます」


201 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:06:09 QVk5H/xs
 
女エルフ「・・・何か元気ないわね?」

幼剣士「いえ、何でもないです」モグモグ

吟遊詩人「どうしたの?」

幼剣士「んー大丈夫だよ、何でもない」


童子騎士「・・・?」


幼剣士「・・・」モグモグ

吟遊詩人「・・・」


・・・コンコン


女エルフ「はい、どうぞ」


202 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:06:40 QVk5H/xs
 
・・・ガチャッ

 
隣人エルフ「やあやあ!女エルフさん!」

女エルフ「あら、どうしました?」

隣人エルフ「ちょっと聞いてほしいことがありまして・・・」


全員「?」


203 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:08:23 QVk5H/xs
 
・・・・・・・・・・・・・・


隣人エルフ「今さっき、昨日の騒動について中央軍の調査が終わったらしいんですよ」

女エルフ「・・・」

隣人エルフ「それで、まだ公表されてないんですが身内のエルフからタレコミがあったらしいんです」

女エルフ「どうしたんですか?」


隣人エルフ「仮面を着けていた男を大陸指名手配して、この状態をひとまず収拾するみたいです」

女エルフ「え・・・?」

隣人エルフ「まー彼が祭壇にいるのを見かけたって人多いし、騒動になってる今はそれが一番収拾図りやすいんでしょうねえ」



吟遊詩人「仮面の男って昨日の?」ボソッ

幼剣士「だと思う」ボソボソ


204 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:10:03 QVk5H/xs
 
女エルフ「そんなわけ・・・」

隣人エルフ「今回の騒動は一過性のもので、問題もないようですし・・・それに、仮面の男なんて怪しいじゃないですか」アハハ

女エルフ「そんなわけ、ないです!!!」

隣人エルフ「ひっ!」


幼剣士「お、女エルフさん!」


女エルフ「あ・・・ごめんなさい。で、でも・・そんなわけないと思うんです・・・」

隣人エルフ「ま、まあいいですよ。それ伝えたかっただけです、では失礼します」アセアセ


・・・・ガチャッ・・バタン


女エルフ「・・・そんなわけないのに・・」


205 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:10:55 QVk5H/xs
 
幼剣士「女エルフさん、仮面の男のことを知ってるんですか?」

女エルフ「あ、あ・・・ううん、ただ・・・そんな気がしただけ」

幼剣士「時空剣士・・・」


女エルフ「!」


幼剣士「・・・ウソだと思ってたけど・・・やっぱり本当なんだ・・」

女エルフ「それをどこで?」

幼剣士「直接・・・さっき聞いて・・」

女エルフ「全部、聞いたの?」

幼剣士「全部?」


女エルフ「彼の正体も・・・ってこと」


206 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:11:25 QVk5H/xs
 
幼剣士「・・・時空剣士、としか」

女エルフ「そう・・・」

幼剣士「女エルフさんは知ってるの・・・?」

女エルフ「・・・それは言えないの。ごめんなさい」

幼剣士「・・・」


童子騎士「時空剣士とか、仮面の男ってなんのことだ?」

吟遊詩人「あの仮面の男の正体が時空剣士っていう人だったの?」


幼剣士「うん、そう聞いた」


207 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:12:05 QVk5H/xs
 
童子騎士「時空剣士ねえ・・・」

幼剣士「未来から来たとか言ってたけど、ピンとこないし」

吟遊詩人「うーん怪しいね・・・」アハハ・・・

女エルフ「・・・」


童子騎士「でもさ、意外と本当だったりするかもしれないぜ」

幼剣士「え?」


208 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:12:47 QVk5H/xs
 
童子騎士「ほら、最初に幼剣士が仮面の男と出会った時の話」

幼剣士「・・・?」

童子騎士「あの場所に、時空剣士がいなかったらアラクネにやられてたんじゃないか?」

幼剣士「・・・あ」


童子騎士「夜の出会いも、分からなかっただけで今回の騒動の忠告みたいな事言ってた気が・・・する多分」


幼剣士「じゃあ、3度目って・・・」

吟遊詩人「私たちを助けてくれる為に来てくれた、ときの?」


女エルフ「・・・」


209 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:13:43 QVk5H/xs
 
幼剣士「・・・・」

童子騎士「偶然を装って、ただ俺らを守ってきただけ?3度も、偶然に?」

吟遊詩人「その話を聞く限り、偶然にしては出来すぎてるね」


幼剣士「・・・もう1度会って、話を聞こうと思う」


吟遊詩人「どこにいるか、知ってるの?」

幼剣士「あ・・・うーん。さっきまで祭壇にいたから、もしかしたらいるかも・・・・?」
 
 

・・・ザワザワ・・


童子騎士「ん?」

女エルフ「外が騒がしい?」


210 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:14:25 QVk5H/xs
 
・・・・・ガチャッ


幼剣士「・・・」ヒョコッ


エルフ民A「・・・早いな、さすがに軍だ!」

エルフ民B「これで今回の原因も分かるのか・・」


幼剣士「・・・あの」


エルフ民A「あれ、さっきの子じゃねーか」

エルフ民B「どうした?」


幼剣士「また何か分かったんですか?」


エルフ民A「おおよ、仮面の男が拘束されるらしいぞ」

幼剣士「えっ?」


211 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:18:25 QVk5H/xs
 
エルフ民B「なんでも、祭壇にいるところを軍に見つかって、今軍人が何人もそいつを捕まえに出動したとこだとさ」

エルフ民A「これで少しは落ち着けばうれしいんだけどな」


幼剣士「・・・!」チャキッ


吟遊詩人「待って、幼剣士!どこに行くの!」

幼剣士「だめだ、まだ何も聞いてないし・・・、見にいってくる!」

女エルフ「あっ・・・待っ・・・」


・・・タタタタタッ


吟遊詩人「私も行く!」

童子騎士「俺も行くぜ!」

女エルフ「・・・行っては・・だめ・・・」


・・・・タッタッタッタッタ・・


女エルフ「・・・あぁ・・・子供たちにエルフの加護を・・・・」


212 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/13(土) 06:21:13 QVk5H/xs
朝早いですが、今日の更新は終了です。
皆さまコメントありがとうございました(;A´ω`)励みになります

ちょっと体調不良になってしまったので、明日明後日の更新は見送りになると思います・・・
楽しみにされてた方がおりましたら、申し訳ないです(´・ω・`)では


213 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/13(土) 09:14:25 u/mngLRs
毎日楽しみなので、養生してください


214 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/13(土) 11:01:12 wqd4tkI.
(・人・)


215 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/13(土) 13:02:42 HG.wINP.
乙、休んでくれ


216 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/13(土) 16:23:34 F0xUFE7c
おつ
無理すんなよ、、、


217 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/14(日) 11:46:17 Weigo7QM
乙 ゆっくり休んでくれ


218 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:08:21 3CGh7xhU
少し調子よくなったので更新再開します(;A´ω`)
皆さん暖かいコメントありがとうございますっ


219 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:09:00 3CGh7xhU
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


幼剣士「・・・」スタッ

童子騎士「いたか?」

吟遊詩人「あそこ・・・、囲まれてる」

幼剣士「・・・」ゴクッ



軍人A「大人しく投降しろ!」

軍人B「お前は囲まれている、無駄だ!」


時空剣士「・・・」


220 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:09:34 3CGh7xhU
 
幼剣士「1、2、3・・・凄い数・・・何人に囲まれてるんだろう・・・」



時空剣士「いいか、命が惜しい者は今すぐここから立ち去るんだ」

軍人A「何?」

軍人B「俺らがお前に殺されるのか?」


時空剣士「・・・いいのか?」

軍人A「軍を甘くみるなよ」

軍人B「大陸指名手配犯を捕まえたとなりゃ、それなりの見返りもあるからな・・・」ジリッ


時空剣士「本当にやめておくんだ、犠牲が増えるだけだ。君たちにも家族がいるのだろう」

軍人A「家族がいるからこそ、こういう仕事をしているんだ」


時空剣士「成る程・・・もっともな理由だな」

軍人B「さっきからぶつぶつと・・・・、いいから大人しく武器を捨てて投降しろ!」


221 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:10:18 3CGh7xhU
 
時空剣士「生憎だが、あともう少しだけこの武器が必要なんだ」


軍人A「ならばこちらも、やむを得ず・・・か」チャキ

時空剣士「・・・」

軍人A「全員!仮面の男を確保せよ!」


軍人達「うおおおおおっ!」ダダダダッ


時空剣士「・・・」



ミシ・・・・・ミシミシ・・・


軍人A「待て・・・・な、なんだ・・・?」

軍人B「地震・・・?」


時空剣士「・・・来たか」


222 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:11:58 3CGh7xhU
 
軍人A「ゆ、揺れが・・・・」


ミシミシミシ・・・・!

ドゴォォォン!!!



幼剣士「さ、祭壇が・・・」

吟遊詩人「崩れた・・・!?」



軍人A「た、太陽の祭壇が・・・」

軍人B「貴様、何をした!」

時空剣士「私は何もしていない・・・、それに忠告したはずだ。何があってもいいんだな、と」

軍人A「な、何・・・?」


軍人B「あ、あれはなんだ・・・?」

軍人A「何か、浮いている?」


223 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:13:43 3CGh7xhU
 
時空剣士「・・・死者の王、リッチ」


軍人A「リリ、リッチ!?」

軍人B「最上位のアンデッド・・・、なんでそんな奴がここに!?」


時空剣士「リッチというのは魔道士が暗黒の道に堕ちた末路の姿。祭壇の地下に封印されていたんだ」


軍人A「やはり・・・お前がそれを仕組んだんだろう!?・・・ごほっ・・」

軍人B「ごほっ・・・」

軍人C「はっ・・・はっ・・・」

軍人A「い・・・息が・・・」


時空剣士「そして、あいつの目覚めは食事の時間でもある」

軍人A「たす・・け・・・」

時空剣士「精神力のない人間は、すぐにあいつの餌になる」


リッチ『・・・』スゥゥゥ


224 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:14:22 3CGh7xhU
 
幼剣士「・・・僕らは見つかってないから大丈夫みたいだね」

吟遊詩人「ど、どうするの?」

童子騎士「逃げるしかないだろ、俺らあんなヤツ相手にできねえぞ!」

幼剣士「・・・」



軍人A「・・・かはっ・・」ドサッ

軍人B「・・・」


時空剣士「食事は終わったのか?」

リッチ『・・・』

時空剣士「・・・」

リッチ『・・・』


時空剣士「やれやれ、アンデッド族っていうのは何でこうも無口なのかね」


225 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:15:09 3CGh7xhU
 
リッチ『・・・』クイッ


・・・ボコッ・・ボコボコッ・・


時空剣士「やっぱりか」


スケルトン『・・・』

ワイト『・・・』

グール『・・・』

レイス『・・・』


時空剣士「昨晩の騒動、やはり・・お前の仕業だったのか」

リッチ『・・・』

時空剣士「お前がここに復活するのは知っていた。そして私がここでお前と対峙するのもな」

リッチ『・・・ほう?』ボソッ


226 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:15:51 3CGh7xhU
 
時空剣士「やっとしゃべってくれたか」

リッチ『貴様の匂い、この世界の者ではないな」


時空剣士「私は時空剣士」

リッチ『・・・成る程、2つの意思か」


時空剣士「・・・そこまで分かるとはね」

リッチ『何故だ』


時空剣士「言う、必要があるのか?」

リッチ『そうだな・・・』

時空剣士「・・・」


リッチ『これから死ぬ者の話を聞いたところで、何にも・・・ならぬかっ!』クワッ


227 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:16:42 3CGh7xhU
 
幼剣士「ななな、なんか凄い事に・・・」

童子騎士「完全に俺ら蚊帳の外じゃないか!」

吟遊詩人「戻ってもいいのか、それともいたほうがいいのか・・・」



・・・・キィン!!
・・ドサッ・・・・キィン!!ドシュッ!!


リッチ『ほう、我が軍団を相手にして怯まないとは』

時空剣士「・・・相手にならない」


リッチ『・・・』スッ


時空剣士「おっと、それはちょっと不味い」スッ


・・・ブワッ!!


時空剣士「闇の・・・波動は・・・重いなさすがに・・・・」ビリビリ

リッチ『・・・ほう、耐えるか』


228 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:17:19 3CGh7xhU
 
時空剣士「復活したばかりのお前の攻撃程度じゃ、俺は倒せない」

リッチ『・・・』

時空剣士「光炎装っ!」ボワッ

リッチ『・・・!』


時空剣士「さすがのお前でも、これを食らえばタダではすまないだろ?」


リッチ『・・・くっ』ヒュッ

時空剣士「逃がすか!光炎刃っ!」・・・ビュオッ!!


・・・・ズバァ!!!


リッチ『ぐぁ・・・』フラフラ

時空剣士「・・・」



幼剣士「や、やった?」

吟遊詩人「わからない・・・」


229 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:17:52 3CGh7xhU
 
時空剣士「・・・もう1度、眠ってくれないか?」


リッチ『・・・くっ、魔力が足りぬ・・』


時空剣士「これで終わりだ!光炎刃っ・・・!」


リッチ『・・・!』ビュッ


時空剣士「待て!逃げるのか!」

リッチ『くっく、見つけた・・・』


幼剣士「・・・え?」

童子騎士「うわっ!」

吟遊詩人「こっちに!」


リッチ『ははは!』

時空剣士「な、幼剣士らがなぜ・・・そこに!」


230 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:18:52 3CGh7xhU
 
リッチ『頂く・・・』

時空剣士「やめろ!」

リッチ『くはは!安心しろ、頂くのはコイツの魔力だけだ・・・・』


・・・・スゥゥゥ
・・・・・・・・・・・・


幼剣士「うわあああ・・・・!?」

童子騎士「あああ・・・?」

幼剣士「・・・あ、あれ?」

童子騎士「な、何でもねえぞ?」


・・・・ドサッ

幼剣士「・・・え?」


231 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/15(月) 12:19:54 3CGh7xhU
今日は短いですがここまでです、皆さん本当にありがとうございました。
元気出ましたっ!


232 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/15(月) 15:06:14 fG3lk1h2
激しく乙である


233 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 09:21:04 q15mjqVY
乙です


234 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:44:44 X9wylTiA
 
吟遊詩人「・・・」

幼剣士「ちょっ・・・吟遊詩人・・・」


リッチ『ご馳走様・・・中々の魔力だった』


幼剣士「吟遊詩人、ねえ吟遊詩人」

吟遊詩人「・・・」ユサユサ


リッチ『・・・』ニタッ


時空剣士「・・・・貴様っ!」


235 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:45:31 X9wylTiA
 
リッチ『・・・』スッ

時空剣士「くっ!」チャキッ


・・・・ブワッ!!


時空剣士「ぐああっ!」ドォン!!

リッチ『・・・』ニヤッ


時空剣士「ごほっ・・・さっきとは比べ物にならん・・・・!」


リッチ『何という極上の魔力。体の底から熱さがジンジンと溢れて出てくる・・・・』


幼剣士「・・・」ブチッ


236 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:46:17 X9wylTiA
 
・・・・チャキッ


幼剣士「ああああっ!」ダダダダッ


時空剣士「・・・いかん!」

リッチ『・・・ふん』スッ


・・・・ブワッ!!


幼剣士「・・・・あああああっ!」ブゥン!!!

・・・スパッ!!


時空剣士「何っ!闇の波動を切り裂いた!?」

リッチ『何だと・・・?』


237 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:46:50 X9wylTiA
 
幼剣士「・・・・はぁ・・・はぁ・・・」パァァ


リッチ『あれは・・・太陽のネックレスか・・・・!』

時空剣士「・・・アイツのネックレスか・・・・魔力の増大と光属性の強化・・・・」


幼剣士「よくも・・・吟遊詩人を・・・・・・・!!」

リッチ『・・・それは少し面倒だな』


幼剣士「光炎装っ!!』ボワッ

時空剣士「だめだ!光炎装は・・・マナを使いすぎる!枯渇状態になるぞ!」

幼剣士「それでも・・・、それでも・・・・・・!」ブルブル


リッチ『・・・・』


238 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:47:25 X9wylTiA
 
時空剣士「そうか・・・・幼剣士!これを使え!」ヒュッ


・・・・チャリンッ


幼剣士「えっ・・・・、こ、これは・・・お兄ちゃんと一緒のネックレス・・・?」

時空剣士「・・・・私の魔力と、光を・・・使うんだ!」


幼剣士「・・・・何であなたがこのネックレスを・・・、でも、僕もこれを持っている・・・ど、どういうこと・・・・」

時空剣士「今は・・・あれこれ考えるんじゃない!やるんだ!」


リッチ『面倒な・・・・!』スッ


239 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:48:05 X9wylTiA
 
幼剣士「は、はい!」ボゥワッ!!


リッチ『闇の波動!』・・・・ブワッ!!!

幼剣士「光炎刃っ!」・・・・ブォンッ!!


カァッ・・・・・・・・・ドゴォォォン!!



童子騎士「し、衝撃波が・・・・!」

時空剣士「かち合ったか・・・・!」



リッチ『ぐおおおおっ!』グググッ

幼剣士「ああああっ!」ググッ


240 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:48:37 X9wylTiA
 
リッチ『・・・ぐぬ・・・」ブルブル

幼剣士「負けない・・・・吟遊詩人を・・・、よくも・・・・よくも・・・・・!!」グググッ


時空剣士「・・・そのまま抑えていろ!光炎装っ!」ボワッ

リッチ『なっ・・・』


時空剣士「私一人ではお前を倒しきれなかったかもしれないな・・・」

リッチ『やめろ・・!』


幼剣士「ああああっ!」グググッ

リッチ『このガキが・・・!』ググッ・・



時空剣士「・・・光炎刃っ!!」ブワッ!!


241 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:49:15 X9wylTiA
 
リッチ『・・・・く、くそ・・・』


・・・スパァン!!


リッチ『ぁ・・・・・』


幼剣士「ああああああっ!!」グググッ

リッチ『・・・』

・・・・ドコォォォン!!! 
・・・ドサッ・・


幼剣士「はぁ・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・」

時空剣士「よし・・・・やったか・・・」ハァハァ

童子騎士「や、やった!」


242 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:51:25 X9wylTiA
 
幼剣士「ぎ、吟遊詩人・・・・」

・・・トコ・・・トコ・・


吟遊詩人「・・・」


童子騎士「だめだ・・・、幼剣士」

幼剣士「まだ、きっと生きてるよ・・・。さっきまであんなに元気だったじゃないか・・・」

童子騎士「幼剣士・・・」


時空剣士「・・・」


243 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:52:10 X9wylTiA
 
幼剣士「ほら・・・・」ピトッ

吟遊詩人「・・・」

幼剣士「まだ、頬だって温かいよ?きっと眠ってるだけなんだよ」


童子騎士「・・・」

時空剣士「・・・」

幼剣士「ね?だから大丈夫・・・きっと・・・」


時空剣士「・・・人は、哀しいものだな」


244 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:54:43 X9wylTiA
 
リッチ『・・・』ピクッ



幼剣士「・・・」

童子騎士「・・・ん?」

幼剣士「・・・?」

童子騎士「なんか、今リッチが動いたような・・・」


リッチ『最後の・・あ・・・がきを・・・・・!』ビュッ


幼剣士「え・・・?」


245 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:55:24 X9wylTiA
 
時空剣士「危ない・・・・!」


ガバッ・・・ブシュッ・・


時空剣士「がはっ!」

幼剣士「・・・!」


リッチ『はは・・・・・は・・・』


時空剣士「ごほっ・・」

リッチ『・・・は・・・・・・』


・・・サラサラ・・


童子騎士「す、砂になった?」

時空剣士「・・・ごほっ・・完全にあいつは・・死んだんだ・・」


幼剣士「そ、それより・・・な、なんで僕をかばって・・・?」


246 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:56:19 X9wylTiA
 
時空剣士「・・・はぁ・・はぁ・・」

幼剣士「・・・時空剣士さん・・・!」



時空剣士「最後だけ・・・まずったな・・・・」

時空剣士「・・・」

時空剣士「そ、そうか・・・」

時空剣士「・・・」

時空剣士「そう言ってもらえると・・ありがたいな」

時空剣士「・・・」

時空剣士「そうだな・・・そうするよ・・・」


247 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:57:03 X9wylTiA
  
幼剣士「・・・一体何を・・一人で・・・・?」

時空剣士「私の役割は、ここで終わりだ・・・。さっきから頭の奥で、アイツが叫んでいる」

幼剣士「・・・?」

時空剣士「・・・・幼剣士、お前の勇気をしかと見せてもらった」

幼剣士「何を・・・」

時空剣士「・・・」


幼剣士「・・・?」


時空剣士「・・・・さらば・・」カチャカチャ

幼剣士「仮面を・・・」

童子騎士「仮面を外し・・・」


248 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 09:59:22 X9wylTiA
 
・・・・カランッ


幼剣士「・・・・!!!」


青年剣士(時空剣士)「・・・・や、やぁ・・」ゴホッ


童子騎士「ししょ・・」

幼剣士「お・・・・お兄ちゃんっ!!!!」


青年剣士「はは・・・、ごほっごほっ・・、あーあ、腹の真ん中にでっかい穴開いてるよ・・」


幼剣士「お兄ちゃん、何で・・・仮面が・・あれ・・・?仮面の男が・・・時空剣士・・・?」

青年剣士「そ、それはね・・・」

幼剣士「あああ、だめだよしゃべっちゃ・・・!血が・・・回復・・・、えっと・・」

青年剣士「落ち着いて・・・」


249 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:00:14 X9wylTiA
 
幼剣士「な、何で・・・とにかく・・・お兄ちゃんが・・・生きて・・・あれ・・・」ドキンドキン

青年剣士「落ち着くんだ・・・。やっぱり運命には・・抗えないのか・・・」

幼剣士「どういうこと・・・どういうことなの・・・・」


青年剣士「いいかい・・・俺は・・・、もう長くない・・・吟遊詩人を・・横に・・・」


幼剣士「えっ・・・えっ・・・・、わかんないよ・・・っ・・・」

青年剣士「落ち着け!!!」

幼剣士「ひっ・・・」


青年剣士「今は・・・落ち着いてくれ・・・。吟遊詩人を・・連れてくるんだ・・・、俺の横に・・・」


250 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:01:49 X9wylTiA
 
幼剣士「・・・・!」

童子騎士「・・・師匠」

幼剣士「わかった・・・つれてくる!」


吟遊詩人「・・・」

幼剣士「吟遊詩人・・・」グイッ

吟遊詩人「・・・」ダラリ

幼剣士「よいしょ・・・」グスッ



ヨロヨロ・・・ドサッ


幼剣士「連れてきた・・・よ・・・」

青年剣士「よし・・・、それでいい・・・それで・・・」

幼剣士「・・・・」


251 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:02:44 X9wylTiA
 
青年剣士「いいか、仮面の裏に・・・俺の手紙がある・・、それを・・・・後で・・読むんだ・・」

幼剣士「・・・・」

青年剣士「・・・全ての・・・ことが書いてある・・・」

幼剣士「うん・・・」


青年剣士「・・・俺は・・、俺の予言の事通りだったわけか・・・」

幼剣士「・・・?」

青年剣士「いや・・待て・・よ・・・、だとしたらあの時の・・手紙は・・・誰が・・・・」

幼剣士「・・・」

青年剣士「・・・・なるようになるのか・・?」


幼剣士「あ・・・そうだ、お兄ちゃん、あなたの・・・子供が・・・生まれたんだよ・・・」


252 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:05:00 X9wylTiA
 
青年剣士「俺の・・・・、そうか・・・、そうか・・」

幼剣士「だから・・・・」

青年剣士「・・・安心しろ・・、吟遊詩人は助ける・・・・またな・・・幼剣士・・」

幼剣士「えっ?」


青年剣士「・・命転し・・ん・・・・・・」


・・・パァァァッ!!!
・・バシュゥゥゥッ!!


253 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:06:05 X9wylTiA
 
幼剣士「うわ・・・光が・・・!」


青年剣士「・・・・」


幼剣士「・・・!」

童子騎士「なっ・・・・」
 

吟遊詩人「・・・・ぷはっ!」

幼剣士「ぎ、吟遊詩人!!!」

吟遊詩人「あれ・・・、ここは・・・?確か、リッチが・・・」

幼剣士「お兄ちゃんが、助けてくれたんだよ・・・!」


青年剣士「・・・」


吟遊詩人「えっ・・・せ、青年剣士さんが何でここに・・・!」

幼剣士「仮面の男の正体は、お兄ちゃんだった。けど、まだ分からない事がたくさんあって・・・」


254 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:10:11 X9wylTiA
 
童子騎士「・・・師匠?」


青年剣士「・・・」


幼剣士「・・・?」

吟遊詩人「・・・?」


童子騎士「おい・・・師匠、息してない・・・・」

幼剣士「えっ?」


青年剣士「・・・」


幼剣士「え、ねえ・・・嘘でしょ?」

青年剣士「・・・」

幼剣士「お兄ちゃん、目を覚まして。折角会えたのに、またさよならなんて嫌だよ・・・ねぇ・・・」


255 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:11:18 X9wylTiA
 
吟遊詩人「また・・・また・・・?また私のせい・・・で・・・?」

幼剣士「吟遊詩人のせいじゃない・・・!」

吟遊詩人「でも・・・でも・・・・」

幼剣士「・・・違うから・・・・」


童子騎士「な、なぁ!そういや、師匠、仮面の裏に何かあるっていってなかったか!?」

幼剣士「そうだ・・・手紙・・・・!」


・・・・ゴソゴソ・・

幼剣士「裏に・・・手紙が・・・・・・・あった!」


256 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:12:43 X9wylTiA
 
童子騎士「早く・・・読んでくれ!助け出す方法があるかもしれない!」


幼剣士「待って・・・えっと・・・・・・・」


257 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:15:06 X9wylTiA
 
"これを見てる時には・・・何て事は書かない。こういうのは俺に合ってないからね"

"吟遊詩人は助かったか?"
"これは全て仕組まれた事だった"

"俺が飛ばされたのは遥か未来の中央国だったんだ"
"そこで知ったのは、俺が消えた後に何があったのかだった・・"

"全てを知る者、時空剣士として俺は再びこの時代へ戻ってきた"

"俺の事は、誰にも言わずあの墓へ埋めてくれ"
"そして、3年後の今日、また俺に会いにきてほしい"

"なぜ3年後かは、俺にも分からない。過去の俺から未来の俺に手紙があった"
"この手紙も、その手紙に乗っ取って書いたものだから・・・"

"俺のもう1つネックレスを、俺の息子に渡してほしい・・・最後のお願いだ"
"そして・・・ありがとう、幼剣士"


258 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:15:37 X9wylTiA
 
幼剣士「・・・・」

吟遊詩人「・・・」

童子騎士「・・・」


幼剣士「この事を言わずに・・・・」

童子騎士「3年後の今日に何があるんだ・・・?」

幼剣士「分からない・・・けど、これがお兄ちゃんの願いなら・・・」

吟遊詩人「うん・・・私にも手伝わせて・・・」


幼剣士「・・・うん」


青年剣士「・・・」


259 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 10:15:52 T9OSlPGc
猫色のバリエーションはあるけど毛の長さのバリエーションないのが残念


260 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:23:24 X9wylTiA
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・



261 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:35:32 X9wylTiA
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――【大聖堂】


・・・ガチャッ

乙女僧侶「・・・あーーーっ!やっと帰ってきましたね!?」

幼剣士「・・・」

乙女僧侶「って、何か元気ないですね・・・どうしたんですか?」

童子騎士「・・・何でもないです」


幼馴染「あんまり人に迷惑かけちゃだめだよ?」


幼剣士「あ、幼馴染さんいたんですね」


262 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:36:09 X9wylTiA
 
幼馴染「?」


幼剣士「これ、ある人から息子さんにって預かってきました」チャリッ


幼馴染「・・・えっ!?」

乙女僧侶「そ、それは・・・・・」


幼剣士「今はまだ何も聞かないでください。お願いします」

乙女僧侶「・・・」

幼馴染「・・・わかった」


幼剣士「ありがとうございます」


・・・・コンコン


263 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:36:41 X9wylTiA
 
幼馴染「?」


幼剣士「これ、ある人から息子さんにって預かってきました」チャリッ


幼馴染「・・・えっ!?」

乙女僧侶「そ、それは・・・・・」


幼剣士「今はまだ何も聞かないでください。お願いします」

乙女僧侶「・・・」

幼馴染「・・・わかった」


幼剣士「ありがとうございます」


・・・・コンコン


264 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:38:57 X9wylTiA
 
乙女僧侶「・・・はい、どうぞ」


・・・ガチャッ


僧侶戦士「ふぅ・・・・よう」

武道家「・・・久々に女エルフに挨拶できてよかったじゃん?」


幼剣士「あ、皆さん、久しぶりです」

僧侶戦士「お、いやがったか・・・」

武道家「ったく、姿消えたと思ったらひょっこり出てきやがって、みんなに心配かけるんじゃねーぞ!」


幼剣士「ごめんなさい・・・、2人とも女エルフさんって・・・、エルフの町でも行ってきたんですか?」

僧侶戦士「そうだ・・・って、何でお前、女エルフさんのこと知ってるんだ?」

幼剣士「あ・・・」

童子騎士「ばか・・・・」


265 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:39:29 X9wylTiA
 
僧侶戦士「・・・さて、何で知ってるかしゃべってもらおうか」

武道家「今回の騒動の話に出てきた、子供っていうのもお前らの事だな・・・」


幼剣士「うう・・・はい・・・」

童子騎士「わかりました・・・」


266 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:39:59 X9wylTiA
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僧侶戦士「仮面の男ねえ・・・・そいつがリッチを倒したのか」

武道家「それで?そいつはどこいったんだ?」


幼剣士「僕らに挨拶すると、どこかに行ってしまいました」


僧侶戦士「大陸指名手配までされたってのに、結局そいつは討伐しに現れただけか・・・」

幼剣士「・・・」

僧侶戦士「またそいつ探す為に軍は動くだろうな・・・はぁ・・面倒くさい」


幼剣士「・・・」

童子騎士「・・・」


267 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:40:47 X9wylTiA
 
僧侶戦士「ふむ・・・ま、いいか。で、幼剣士は来週行くクエストに同行するのか?」

武道家「来週のはなんだっけ?」

僧侶戦士「猛雪山の裏側にある山脈洞窟の調査」

武道家「あー・・・防寒対策していかないとな」


幼剣士「もちろん、行きます!」


乙女僧侶「あらら・・・、それで元気になるなんて」アハハ

幼馴染「本当にアイツそっくり」ハハ


僧侶戦士「あー・・・そうそう。ちょっと報告あるんだけどさ・・・」

乙女僧侶「?」


268 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:41:31 X9wylTiA
 
僧侶戦士「俺、次のクエスト終わったら・・・魔法剣士と結婚する事になったから・・・うん・・・」


武道家「え」

乙女僧侶「え」

幼馴染「え」

幼剣士「おめでとうございますっ!」


3人「えええええっ!」


僧侶戦士「そ、そんな驚くことか・・・?」

武道家「ば、お前もかよ・・・・、なんだよ、いつの間に!?」

僧侶戦士「元々俺らも幼馴染だっていってただろ・・・」

武道家「なんだよ・・・なんだよ・・・まじかよ・・・


幼馴染「魔法剣士ちゃんにもおめでとうって伝えとかなくちゃ・・・!」


269 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:42:12 X9wylTiA
 
乙女僧侶「うう・・・これで、同期のほとんどは結婚と子持ちさんですか・・・」

武道家「はぁ〜あ・・・」


乙女僧侶「・・・」チラッ

武道家「・・・」チラッ


僧侶戦士「・・・お?」


武道家「しゃあない、俺も男だ。乙女僧侶!」

乙女僧侶「は、はい?」


武道家「俺が、次のクエストおわったら・・・付き合ってくれ!!」

乙女僧侶「嫌です」キッパリ

武道家「・・・ひぃぃ」


幼馴染「そうよ、こんな甲斐性なしはダメダメ」

童子騎士「そ、そうだそうだー」ボソッ


270 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:42:43 X9wylTiA
 
乙女僧侶「それに、何で付き合ってほしいのかとか何も聞いてませんしね・・・」


武道家「料理旨いし、子供の面倒見るのに心打たれたったいうかな。だからここんとこ最近、ずっと来てたんだぜ?」

僧侶戦士「そういや前の暴走のときも、先にここに守りに来ようぜって言ったのお前だったよな」

武道家「んー、まあな。心配だったしな」

幼馴染「へえ〜?」


武道家「こんな勢いで言うのは失礼だったな・・・、まあ忘れてくれ」ハハ


乙女僧侶「仕方ないですねえ・・・」

武道家「へ?」

乙女僧侶「次のクエスト終わるまでに、ちょっとだけ考えてあげますよ」クスッ

武道家「ま、まじか・・・」


童子騎士「」

幼剣士「・・・童子騎士くん、ドンマイ」


271 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:43:14 X9wylTiA
 
武道家「おっしゃあ、次の準備するぞおおお!」ダダダッ!

僧侶戦士「お、おいおい!待てって・・・・ったく。じゃあまた後で来るよ」


・・・ガチャッ・・


乙女僧侶「わかりました」クスクス

幼馴染「本当にいいの〜?」

乙女僧侶「まあ色々と本当の事ですし、私のことを想っての行動ならに嬉しいですしね・・・」

幼馴染「バカなのに?」

乙女僧侶「仕方ないですよ・・・あはは」


童子騎士「」


幼剣士「いつまで固まってるんだろう・・・」


272 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:43:50 X9wylTiA
 
幼馴染「今日も騒がしい1日になりそう・・・」

乙女僧侶「それも私たち・・・らしくていいですよ♪」

幼馴染「そうね・・・私たちらしいね」アハハ


幼剣士「・・・」ニコッ


273 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:44:36 X9wylTiA
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――【そして3年後】



少剣士(幼剣士)「こっちですよ!」


僧侶戦士「・・・急かすなよ・・、毎年来てるだろ?」

少剣士「で、でも・・」


武道家「何でこんなに今年は遅く来たいっていったんだ?」

僧侶戦士「あいつがちょっと遅めにしてくれってどうしても言うからな・・・」

 
乙女僧侶「待ってくださいよ・・・皆さん早いです・・・」


274 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:45:10 X9wylTiA
 
武道家「ほら・・・大丈夫か・・・」ギュッ

乙女僧侶「ありがとうございます・・・」ギュッ

幼馴染「妊婦さんにはこの遠さはちょっときついよねー・・・」


武道家「そうだな・・・ゆっくり行こうぜ」

乙女僧侶「ふふ、そんな優しさも大好きですよ♪」

武道家「うっせ!」テレッ


僧侶戦士「子供はいいぞー、可愛いしな」

幼馴染「そうだね〜♪」

僧侶戦士「しかし、お前のところのも大きくなったな」


275 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:45:49 X9wylTiA
 
幼子「・・・」

幼馴染「もう4歳だからね・・・、可愛い可愛い♪」

幼子「ママぁ・・・足痛い・・」

幼馴染「もうすぐだから頑張って!」


僧侶戦士「俺の息子は背中でグゥグゥねてやがるぜ・・・」

赤ちゃん「・・・」スゥスゥ


乙女僧侶「私の子も産まれたら、3人でまた冒険とかするんですかねえ」


武道家「俺らの子だからな、元気に世界を駆け巡るだろうよ」ハハハ


276 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:46:19 X9wylTiA
 
少剣士「もう〜みんな!そんなことより急いで!あと少しなんですから!」

僧侶戦士「年をとれば、俺らの気持ちも分かるよ・・・」ハハ


・・・・・・・・・・・・・


少剣士「ついた・・・」

僧侶戦士「相変わらずここは変わらないな・・・・よいしょ」


幼馴染「・・・ほら、幼子、ここにパパが眠ってるんだよ」

幼子「・・・パパ・・」


乙女僧侶「ここだけは、キレイな丘のままですね」

武道家「青年剣士、俺と乙女僧侶の間に息子が産まれるんだぜ?」


277 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:46:53 X9wylTiA
 
僧侶戦士「俺の息子、去年より大きくなっただろ?」

赤ちゃん「・・・」スゥスゥ


少剣士「・・・」キョロキョロ


乙女僧侶「きょろきょろして・・・どうしましたか?」

少剣士「いや・・・ちょっとですね・・・うーん?」

幼馴染「?」


少剣士(お兄ちゃんが言ったのは、乙女僧侶さんとの赤ちゃん報告だったって事なのかな・・・)


僧侶戦士「早く兄さんに挨拶してやれよ、お前の事を青年剣士は待ってるだろう」


278 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:47:40 X9wylTiA
 
少剣士「そう・・・ですね・・・・」


(貴方の前では、僕はまだ子供のまま、幼剣士として挨拶させてください)

(・・・その、僕に・・・夢が、出来たんです)

(この3年、更に僕は世界を歩き、人との繋がりを持ちました)

(その中で、僕も貴方のように、人に尽くし、人の為に生きることを誓いました)

(・・・恥ずかしいことですが・・・)

(・・・)

(・・・・恥ずかしいことじゃないですよね、もう1度だけ口に出していいます)



幼剣士「僕には夢が出来ました!」


279 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:48:11 X9wylTiA
 
【TO BE CONTINUED】

――――
―――
――

-


280 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:48:43 X9wylTiA
 
今回は短めでしたが、2章はこれで終了です。最後のほう書き込んでる最中にPCフリーズしたりで慌てましたorz

次回が最終章となり、今回のストーリーの補完編(1章で消えた青年剣士編)です。
グダグダも多かったですが、お付き合い頂きましてありがとうございました。
矛盾点というか、ワケが分からない部分が非常に多かったので、つまらない面も多かったと思いますorz

次の作品で今回の矛盾点や、仮面の男の軌跡を追っていくものです。
最後の読み物として、前回と同じファンタジーの辞典を軽く乗せていきます。

次回も新URLを張らせていただきます。
本当にありがとうございました。


281 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:49:17 X9wylTiA
 
【ファンタジー辞典】


■リッチ
本来は"死体"の意味だけだったものが、"魔術師の帝国"と呼ばれる作品で不死の帝王として出典したのが最初といわれます。
魔術師が不死を目指した結果であり、その膨大な魔力は近づいただけで人間が命を落とします。
アンデッド族の王であり、もっとも神族に近い魔物として様々な作品で出てきます。

■レイス
チラっと出てきたレイスですが、西欧の古くから伝わる幽霊の一つで、スペクターやファントムに類似しています。
名前が有名になったのは、やはり「指輪物語」に登場したナズグールというキャラがレイスを元にしたもので、そこから有名になりました。

■ワイト
微妙に活躍したワイト。
結構有名ですが、実は"伝説や神話"のものではなく、"自作モンスター"だと知っていますか?
こちらも「指輪物語」で出てきた、オリジナルのものなのです。
元々はバロウワイトという、指輪物語に出てきたオリジナルのアンデッドが、今日のワイトの起源なのです。

●ゴスバレイヤ
エジプトにある本当の料理です。新鮮な白身魚を油で揚げた後、オリジナルのトマトソースをかけ、オーブンで蒸し焼きに。
白身魚の食感と、トマトソースが上手く絡み合う事で美味しく頂ける伝統料理です。

●バスブーサ
エジプトにある伝統のお菓子です。とにかく甘い!
簡単にいえば、膨らんでいないケーキに甘いハチミツやシロップを染み込ませ、セモリナ粉という材料が、しっとりとしたスポンジにします。


282 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 10:49:17 TjutG5a6



283 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:50:03 X9wylTiA
 
【Secret Story!】
 

・・・・・ドサッ

青年剣士「・・・・・いてっ・・!助かった・・のか?」



・・・ザワ・・・ザワザワ・・

青年剣士「ここ・・・どこだ・・・・・・?」


・・・ワァァァァッ!!!

アナウンス「おぉぉっと!?こ、これは・・・・・!!!乱入者かぁ!?」



王様「あやつは・・・・まさか・・・・」

 
青年剣士「いってて・・・、ん?」


284 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:50:34 X9wylTiA
 
王様「・・・間違いない・・」

青年剣士「・・・・、ここはコロシアムか?」


格闘家A「なんだぁてめえ!」

格闘家B「人らの戦いジャマしやがって!」


アナウンス「これは面白くなってきた!まさかの乱入者が登場!!」


格闘家A「ぶっころしてやる・・・」ブン!

格闘家B「ここは一回休戦にしようぜ・・・わけわからねーが・・こいつを倒す!」ビュッ!!



青年剣士「うわっ、何するんだ!」


【Don't miss it !!!】


285 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:51:18 X9wylTiA
>>282 素早い乙ありです!
 
 
これで今回は本当に終了です。
ありがとうございました!


286 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 10:54:18 T9OSlPGc
乙今回も面白かったよ

それから誤爆して申し訳ない


287 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 10:59:46 X9wylTiA
>>286
有難うございます!いえいえ、お気になさらずっ(A´ω`)


288 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 11:04:48 WpHEf.qM
乙乙
最終章も楽しみに待ってるよ


289 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 11:24:02 10vcxiSU
>>280
乙です。続きが本当にきになります。

>>次回が最終章となり、今回のストーリーの補完編(1章で消えた青年剣士編)です。

これは【第二シリーズ】の最終章かな?

それとも・・・全体の最終回にもなりますか?


290 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 11:25:51 FGZXsSMU
乙でした


291 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 16:10:13 MxLbGNo.
おつです!


292 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/16(火) 19:18:23 VxfLf3V2
乙 次まっています。


293 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/16(火) 20:16:18 X9wylTiA
>>289
予定ではそうなってますね。次回で予定していた"全体"部分は終了です(;A´ω`)
そこからは色々と考えながら書いていくつもりです。
どうしてもやりたい編が1つだけあるので、そこだけは次回次第で公開する予定です。


皆さん本当に乙ありですm(_ _)m早い段階で次作品は貼りますのでよろしくお願いします。


294 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/17(水) 08:54:47 kUwkgYpE
おつつつつつつっt


295 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/17(水) 14:19:46 G3WAtieQ
おつつ


296 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/17(水) 16:34:05 1Q13ZASE



297 : ◆qqtckwRIh. :2013/07/17(水) 17:52:47 rm1rJXuo
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1374051127/l50

次回作 青年剣士「運命ということ」 開始しました


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■