■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

一夏「俺の頭に猫耳が生えた」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:13:41 ID:4WJuo1Zg
一夏「ふあぁ〜、もう朝かぁ・・・・・」

一夏「顔を洗って学校へ行こう。」

パシューッ

一夏「・・・・・・・・なんじゃこりゃああ!!」


ひそひそ

「織斑君、どうしてニット帽被ってるの?」
「制服にニット帽って、斬新だけど・・・・。」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:14:09 ID:4WJuo1Zg
ホームルーム前

千冬姉「おい、一夏・・・・・貴様、冗談もほどほどにしておけよ」

一夏「・・・・・・・・・」ぷいっ

千冬姉「貴様・・・・・・」

山田先生「お、織斑君・・・・?帽子は校則違反なので取って貰えると先生嬉しいなぁって・・・」

一夏「お、俺・・・・・・白血病で髪の毛全部抜けたんですううっ!!」

教室が静まり返る・・・。

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:14:34 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「アホか。もっとまともな嘘を付け。何か隠してるんだろう?ホレッ」ぽいっ

一夏「や、やめてくれぇええええ!」

「・・・・・・・・・・・・・・」

一夏「み、みないでくれ、みんな見るなぁ・・・・・・」

「(か、かわいい・・・・・・・・)」

箒「な、な、な、な、なんてことだぁぁぁああああ!!」

セシリア「一夏さんの頭に耳が・・・・み、耳がぁあああ!!」

シャル「い、一夏ぁ・・・・変な趣味に目覚めたの?」

ラウラ「さすが私の嫁だ。猫耳嫁に昇格したか。」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:15:09 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「おい、一夏・・・・なんだこのかわいい耳は。」ふにふに

一夏「あっ、ちょっと・・・・や、やめ・・・・・・はぁはぁ・・・・・・///」くねくね

千冬姉「(な、なぜよがる!繋がっているのか?)」ふにふにふにふに


一夏「や、やめてくれぇ千冬姉ぇ・・・・び、敏感なんだぁ・・・・ああぁっ!はうぅっ!!」びくびく

山田先生「あ、あの・・・・織斑先生?」

千冬姉「くくくくく・・・・かわいいなぁ・・・・ほれほれほれほれ」ふにふにふにふにふにふにふにふに

一夏「もう・・・・・だ、だめぇ・・・・・。」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:15:26 ID:4WJuo1Zg
箒「(後で触ろう)」
セシリア「(あ、あんなによがって・・・・)」
シャル「(一夏、一体何が・・・・後で触ろう)」

ラウラ「猫耳嫁、ここが気持ちいいのか?」ふにふにふにふに

一夏「あうぅっ!」


山田先生「ホ、ホームルームを始めます!!」



千冬姉「耳と言ったら、やはり奴の仕業か・・・・」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:15:43 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「で、またお前か。」
束『気に入ってくれたかなぁ?」

千冬姉「わ、悪くは無い・・・・だが理由を聞こう」
束『白式との相性アップが見込めるから、ってところかなぁ♪』

千冬姉「貴様の言い分だと、このまま行けばIS学園が猫耳学園になるぞ。」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:16:03 ID:4WJuo1Zg
IS学園アリーナ 1組・2組野外練習

千冬姉「さ、さて・・・・一夏、シャルと模擬戦を行ってみろ。」


猫耳一夏「わ、わかった・・・・」ぴょこっ

「か、かわいい・・・・・」
「恥かしがって俯いてる、猫耳織斑君かわいい・・・・。」

猫耳一夏「シャ、シャル・・・・行くぞ・・・・・。」

シャル「うん、よろしくね。一夏!」

猫耳一夏「(シャルは・・・シャルだけはいつも通り接してくれる・・・・素直に嬉しいなぁ)」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:16:27 ID:4WJuo1Zg
開始の笛の音


一夏「あ、あれ・・・・なんか変だ・・・・・・」ぴょこぴょこ

シャルがサイドステップを掛けながらマシンガンを連射して・・・・・

あれ?シャルはまだ動いてないぞ?俺が混乱していると・・・。

シャルはサイドステップをしながらマシンガンを俺に連射してきた。

少し先の未来が認識できる・・・?

まただ、右にステップをするシャル。
1秒おいて右にステップをするシャル・・・・・。

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:16:54 ID:4WJuo1Zg
その短時間の間の未来予測技能。確信に変わる。
猫耳がぶんぶん動いてるのが判る。

とりあえず予測通りに動いてみる。
シャルをボコボコにしてしまった・・・・・。


シャル「い、一夏・・・・強すぎるよ・・・・・・・がくっ」

ラウラ「・・・おい、嫁、私と模擬戦だ。」

千冬姉「・・・・・いいだろう。」



ラウラ「猫耳嫁・・・・恐るべし・・・・・がくっ」

猫耳一夏「ど、どうしよう・・・・・ちょっと強くやりすぎてしまった・・・・。」

千冬姉「おい、一夏。貴様はそこで見物だ。他の者は各自練習しておけ。」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:17:14 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「で、少し先の動きが残像のように見えるんだな?」すりすり
猫耳一夏「あっ、や・・・やめぇっ・・・はぁはぁ・・・・・そうなんだ・・・・あっ・・・・・」ぴこっ!ぴこっ!

千冬姉「やはりこれのせいか」ふにふにふにふに
猫耳一夏「や、やめてくれぇ千冬姉ぇ・・・ひぐぅっ!」ぴこぴこぴこぴこぴこっ!

千冬姉「心当たりがある、ついてこい。付いてこなければ・・・・」ふにふに
猫耳一夏「わ、わかったぁっ・・・くっ!・・・・・つ、付いていくからぁ、やめてくれぇっ!ひぐぅt!」へたぁ・・

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:17:32 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「確かに戦闘力は格段に上がった。」
束「でしょでしょー!やっぱり私は天才だぁー!」

千冬姉「だが、これをみろ。」ふにふにふに
猫耳一夏「ひぐぅ!は、激しいぃっ!んはぁっ!!」ぴこぴこっ!

束「エロイねぇ、エロだねぇ・・・・かわいいねぇ♪ふふふふふぅ」

猫耳一夏「それよりもぉ・・・はぁはぁ・・・どうにかならないんですか、これ・・・・?」ぴこぴこ・・・

束「一週間ほどで消えるよぉ♪それまでは試験ってことで、よろしくぅ♪」

猫耳一夏「そ、そんなぁ・・・・」

千冬姉「なでなで」

猫耳一夏「や、やめてよ・・・はぅっ!・・・千冬姉ぇ・・・・ひぅっ!・・・・・」ぴこぴこっ!

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:18:07 ID:4WJuo1Zg
一夏「はぁ・・・・生き返る・・・・・・」

シャル「一夏、おいしい?」

一夏「あぁ、シャルの淹れてくれるお茶、おいしいよ。」

シャル「よかったぁ・・・・ところでさ・・・・・その・・・・・・。」ジー

一夏「耳、か? 一週間ほどで消えるらしいぞ?」

シャル「へ、へぇ・・・・・一夏、す、少しだけでいいんだ!触らせて欲しい!」

一夏「えっ・・・・」

シャル「お願い!どうしても触りたくて、うずうずするんだぁ・・・えへへへ」うずうず

一夏「うっ・・・・(昼間ボコボコにしちゃったし、シャルになら・・・・)」

一夏「わかった。す、少しだけだぞ・・・・?」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:18:35 ID:4WJuo1Zg
シャル「い、いいの!?嬉しい・・・・じゃ、じゃあ行くよ、一夏?」

一夏「お、おう・・・・・ひゃぅ!」ぴこっ

シャル「か、かわいい・・・・」にぎにぎ

一夏「に、にぎるのはぁ・・・はっ、激しいってぇ・・・んはぁっ!」びくびく

シャル「一夏、気持ち良さそう。どうしてここもこんなになってるの?」すりすり

一夏「そ、それは・・・・・気持ち良いから・・・・・だろ、たぶん・・・・・・・。」

シャル「へぇ・・・・耳を触るとココもこんなになるんだ?」にぎにぎすりすり

一夏「少しだけって・・・んはっ!・・・・約束だろぉ・・・・・・ひぐっ!・・・・」びくびく

シャル「そんな約束したっけ?えいっ」

一夏「えっ、ちょっと・・・・どこからそんな紐を・・・・・・い、椅子から離れられない!!」

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:18:36 ID:xdcLDBug
支援

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:19:10 ID:4WJuo1Zg
シャル「うるさくされると厄介だからお口にテープだね。ふふふ」

一夏「もがーもがー!」

シャル「本命は・・・・こっちなんだけどねぇ・・・・・ずりゅ・・・・・・」

一夏「!?」

シャル「ホームルームであんなによがってる一夏を見てると、うずうずしちゃって・・・・」

シャル「ほら、僕のこここんなになっちゃってるよ?どう責任取ってくれるの?」にゅるぅ

シャル「ねぇ、一夏ぁ・・・・」すりすり

一夏「(ふ、太ももの上に乗って腰を振られると・・・・やばいってぇ・・・・。)」

シャル「い、一夏ぁ・・・一夏ぁ・・・・・はぁはぁ・・・・・・」

シャル「あれ?さっきよりまた大きくなって・・・・苦しそうだね。ズボン取っちゃおうか♪」

一夏「んー!んー!!」

シャル「そんなに嬉しいんだ・・・・じゃあ」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:19:32 ID:4WJuo1Zg
がちゃっ

箒「おい、一夏!」

一夏「(助けだ!!)」

箒「・・・・・・貴様何をやっている。」

シャル「あっ、篠ノ之さん。一夏の猫耳。かわいいからつい・・・・ね?」

箒「そ、そうだな、わからんでもない・・・・・・///」

一夏「(・・・・事態が悪化した。)」

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:20:04 ID:4WJuo1Zg
箒「す、すまないな・・・・一夏ぁ・・・・・・こ、これだけは譲れんのだ・・・・・はぁはぁ」

一夏「(なぜ乳もみのジェスチャーで迫ってくるぅ!)」

シャル「篠ノ之さんも触りたいって?一夏もいいよね?」

一夏「んー!んー!!」

シャル「好きなだけどうぞ、って♪」

箒「そ、そうか・・・・で、では遠慮なく・・・・・・」ふにふにふにふにふにふにふに

一夏「ンーンーンーンーーーーッ!!!!」びくびくびくびくっ!

一夏「・・・・・・・」ぐったり

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:20:26 ID:4WJuo1Zg
箒「はぁはぁ・・・・」

シャル「目がうつろだよ?一夏。そんなに気持ちよかったんだ?変態だね、一夏って。」

一夏「・・・・・・・」ぐったり

シャル「それにね、篠ノ之さん。一夏のここ、こんなになってるの。」すりすり

箒「ほ、ほぉ・・・・・く、苦しそうだな・・・・・・///」

シャル「でしょ?ほら、篠ノ之さん。脱がしてあげて?」

箒「う、うむ・・・・一夏、いくぞ?」

一夏「(も、もうどうにでもしてくれ・・・・)」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:20:56 ID:4WJuo1Zg

ガチャッ

千冬姉「貴様ら、そこまでだ。」

シャル・箒「織斑先生!」

千冬姉「こんなこともあろうかと、一夏に盗聴機を付けておいて正解だった。」

千冬姉「途中までは・・・・楽しかったが・・・・・・これ以上は聴くに耐えん!」

一夏「(助けだぁ・・・・)」

千冬姉「一夏、貴様は当分私の部屋で寝ろ。」

千冬姉「篠ノ之、デュノア、縄をほどけ。」

シャル「はぁい・・・・・」

箒「はい・・・・。」

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:21:14 ID:4WJuo1Zg
一夏「千冬姉ぇ・・・・!」ぎゅぅぴこぴこぴこぴこ

千冬姉「ほら、さっさと行くぞ。」てくてく・・・

一夏「うん!」てくてくぴこぴこ・・・

シャル「折角のチャンスが・・・・。」

箒「無駄になってしまった・・・・。」

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:21:45 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「一夏、災難だったな。」

一夏「うん・・・でも千冬姉に助けてもらえて嬉しいよ」ぴこぴこ

千冬姉「そ、そうか・・・・(り、理性が・・・・!)」もじもじ

一夏「?」

深夜

一夏「すぴーすぴー・・・・・」

千冬姉「ジー・・・・」

一夏「すぴーすぴー・・・・・」ぴょこっ

千冬姉「!?」

一夏「すぴーすぴー・・・・・」へたぁ

千冬姉「・・・・・ジー(もう、我慢できん)」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:22:03 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「一夏、起きろ。」

一夏「え、もう朝ぁ?」ぼぉー

千冬姉「いや、違う。しかし、お前のここはどうやら朝を迎えているようだな。」すりすり

一夏「えっ、ちょ、千冬姉ぇ・・・・近いってそれに何をぉっ!ひぅっ!」

千冬姉「貴様、姉に興奮しているのか?しかもまがりなりにも教師に・・・・ふふふ」すりすり

一夏「やめてくれ、千冬姉・・・俺達は血の繋がった姉弟で・・・・あっ!」ぴこっ

千冬姉「・・・・・実はな、一夏。私達は血がつながっていないんだ・・・・・・。」しゅん

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:22:58 ID:4WJuo1Zg
一夏「えっ、何を言って・・・・どういうことなんだ?」
千冬姉「お前は私が施設で拾った、赤の他人なんだ・・・・。」

一夏「そ、それじゃあ俺達は・・・・・」

千冬姉「何年このときを待っただろうなぁ」すりすりすりすり

一夏「や、やめてくれぇ千冬姉ぇ・・・・・。」

千冬姉「千冬だろ?私は、お前にとってただの一人の女だぞ?」

一夏「ち、千冬・・・・・・も、もう我慢できねぇ!」がばっ

千冬姉「そうこなくては、な。」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:23:45 ID:4WJuo1Zg
一夏「エロイ体して、いつも俺で遊んでたんだな?風呂上りにバスタオル一枚で歩き回って・・・。」

千冬姉「今頃気付いたのか?」

一夏「仕返しだ。」れろれろ

千冬姉「わ、悪い気分では無いな、この仕返しは・・・・ひゃぅ・・・。」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:24:16 ID:4WJuo1Zg
ぺろぺろ、つー
一夏の舌が、耳から・・・首に・・・・

千冬姉「んはぁっ・・・・・焦らすなぁ・・・・・」

えっ、いきなり揉むのか?は、激しいっ!

千冬姉「も、もっと激しくもんでくれぇっ!」

気持ちいいぞ、一夏ぁ・・・・乳首も舐められてぇ・・・頭がぁ・・・・真っ白にぃ・・・・・・

千冬姉「そ、そうだ・・・・うまいぞ、一夏?し、しかし早く下の方を・・・・頼む・・・・・」

もっと下に・・・もっと・・・んはぁっ!!パンティー越しに舐めて!?

千冬姉「あっあっ!・・・ひぐぅ・・・はぅっ!・・・んあぁっ!!」

舌が入ってくる・・・・っ!なぞって・・・・また、焦らしてるのか・・・・・

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:25:02 ID:4WJuo1Zg
一夏「もうびちょびちょだな。どうして欲しいんだ?」

千冬姉「はぁはぁ・・・・つ、続けろ。め、命令・・・だ・・・・・。」

一夏「命令じゃなくても続けるけどな・・・・」

ゆ、指を入れるのか?!そ、それも周りをこねくりまわしながらぁ・・・・・

千冬姉「つ、続けろとは・・・・ひぅっ・・・・言ったがぁ・・・・・焦らせとは言ってないぃぞぉっ」

一夏「さっきから焦らされてるのは俺もなんだぜ?ほら」ギンギン

な、なんて大きさ・・・脈打って・・・・・・これは・・・・・・・・

千冬姉「そうだったな、つい忘れていた・・・・これなんてどうだ?」シコシコシコシコ

一夏「や、やめ・・・・千冬・・・・・・・くはぁっ!」

千冬姉「仕返し、だ。」しこしこくにくに

27以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:25:35 ID:4WJuo1Zg
一夏が、たまらなそうな顔をしているな・・・・ふふふ、相当気持ちが・・・・・えっ?

千冬姉「や、やめろっ!はぅぅうううう!!」

す、吸ってる・・・・私のを口全体で包み込んでぇ・・・・・

千冬姉「し、搾り取られるぅ・・・あはぅっ!ひぐぅうううっ!!」

一夏「これ邪魔だなぁ、全部脱がそうか・・・・。」するする

は、恥かしい・・・・えっ、またぁっ!

じゅるるるるるるるるるるるるる

千冬姉「や、やめぇっ・・・ひ、んぐぅ!・・・・ろぉっ・・・・!」

そ、そんなに・・・・されたら・・・・・・

28以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:26:02 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「も、もう我慢できないんだ・・・・一夏のが欲しい・・・・・・」シコシコシコ

一夏「千冬・・・・・・俺もそろそろ、限界かも。入れるぞ?」くいっくいくい

入り口で焦らすなぁ、ばかものぉ・・・・

千冬姉「は、早くぅ・・・頼むぅ・・・・。」

一夏「仕方無いなぁ・・・・」ずぶぶぶぶ

お、大きい・・・・!呼吸が・・・・!

千冬姉「んー・・・・・くはぁっ!んはぁっはぁはぁっ!!」

全部、入ったか・・・・・!?

千冬姉「ゆ、ゆっくりぃしろ、ばかものぉっ!ひうひぐぅううっ!!」

千冬姉「き、貴様ぁ・・・私を殺す気かぁ・・・・あっひぐぅっ!」

激しすぎる・・・体が、保たない・・・・!

29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:26:19 ID:4WJuo1Zg

千冬姉「う、上ばかり擦って・・・・私をイかせるつもりか、貴様ぁ・・・あっあっあっ・・・・!」びくびく

ま、まだ激しくするのか!?も、もうイってしまう・・・・

千冬姉「や、やめろ・・・死ぬ・・・・・死んでしまうぅ、ひぐっ!はっはぁっ!ひぐぅっ!!」

一夏「イキそうなんだ。早くイっていいよ?ほらほら」

ま、また上ばかり擦って・・・・イ、イク・・・・まずい・・・・・イってしまうぅ!!

千冬姉「い、一夏・・・・イってしまう・・・・・・・・もっと激しくぅっ!はぁはぁひぐぅひぐっ!!」

一夏「千冬は注文が多いなぁ・・・・ほらほら」

千冬姉「イ、イクっ!イクッ!イクぅぅぅううううっ!!」びくびくんっ

一夏「すごい締め付けだなぁ・・・・。」

千冬姉「はぁ・・・・はぁ・・・・・。」

30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:26:47 ID:4WJuo1Zg
一夏「だけど、俺はまだイってないんだよ。ほら、四つん這いになれよ、千冬。」

そういえば・・・一夏はまだだったな・・・・・・

千冬姉「こ、こうか・・・・?」ごそごそ

一夏「そうだ・・・・いくぞ?」ぴたっ

こんな格好は初めてだが・・・お、大きいぃっ!

千冬姉「も、もっとゆっくり挿れろぉっ、ばかもっのっ・・・ひうっはぐっ!!」

千冬姉「は、激しい・・・・もっと、もっとしてぇ・・・・一夏のチンポぉ・・・はうぅっ!」パンパンパンパン

お尻が当たって・・・・パンパンって音が・・・・・・・体に力が入らないぃ・・・・・

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:27:17 ID:4WJuo1Zg
一夏「良い感じだ。お尻の肉が波うって、俺を誘ってみるみたいだな。」パンパンパンパン

千冬姉「そ、そんな・・・・ことはぁっ!はぐぅっ!あふっあふぁああああ!!は、激し・・・いぃっ!」

一夏「なんて締め付けだよ、これじゃあ俺すぐイっちゃうぞ?」

そんなにいいのか?もっと悦んで欲しい・・・がんばろう・・・・・。

千冬姉「こ、これなんて・・・どうだ・・・・・?」くねくね

一夏「・・・!!」

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:27:35 ID:4WJuo1Zg
気持ち良さそうだな、一夏。

一夏「こ、腰をそんなにされたら・・・・・」

千冬姉「イって良いんだぞ?ほらほらぁっ!あっあっあっあっ!!わ、私もぉイキそうだぁ・・・・!」

一夏「まだまだぁ・・・・!」ぱんぱんぱんぱんぱんぱん

千冬姉「ひ、ひぐううぅっ!はぅっ!はぅっ!!」

千冬姉「イ、イクぅ・・・・・・ま、またイってしまうぅ・・・・!!」

一夏「そんなに、膣中が動くと・・・・・く、くぅっ!」ぱんぱんぱんぱん

千冬姉「イキそうなのだな?一夏、イキそうなのだな?膣中に出してくれ。私もイキそうだぁっ!はぁはぁ」

一夏「イ、イクぞ・・・千冬っ!!・・・・・くっ!!」

千冬姉「イ、イク・・・・イクぅぅうううううっ!!」びくびくびくっ


千冬姉「ふふふ、まだ脈打って出ているぞ?」

一夏「ごめんな、千冬・・・・。」

33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:27:55 ID:4WJuo1Zg
千冬姉「バカモノ、何を言っている。『千冬姉』だ。」

一夏「へっ?」

千冬姉「貴様、よくも実の姉にこんなことをしてくれたな。」

一夏「えっでもさっき血が繋がってないって・・・・。」

千冬姉「なんのことだろうな。私は言った覚えがないが?DNA検査結果では実の姉弟だが?」

一夏「・・・・・・・・マジ?」

千冬姉「その猫耳が消えるまでだ。観念して私を毎晩満足させるんだな、ふふふふふ。」

一夏「はぁ・・・・出来る姉を持って俺は嬉しいよ・・・・・・・・。」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:28:37 ID:4WJuo1Zg
一週間後

一夏「やった!取れた!!」

束『いっくん、ごめんねぇ〜』

一夏「束さんも良かれとおもってされた事です。怒ってませんよ。」

一夏「それにしてもやったー!ひゃっほー!!」たったったったった


束『で、一週間お楽しみだったようですねぇ♪猫耳だけに、こっちではよぉく聞こえてたよぉ♪』

千冬姉「おほん・・・・・う、うむ・・・・・・///」

束『ふふふふ、相変わらずブラコンだねぇ♪じゃあまたナニかあったら教えてねぇ♪』

千冬姉「う、うむ・・・・・・///」


おわり

35以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 02:51:40 ID:XdRSiFec
パンツ産んだ

36以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 03:48:07 ID:QWVnNPS6
パンツ逝った
姉弟はいいものだ

37以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 08:30:40 ID:E9IsMtWY
おっつー

エロOKなんだな

38以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 08:45:05 ID:ENuu7/Jk
乙乙
やっぱり千冬姉はかわいい

39以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 09:42:42 ID:4WJuo1Zg
>>36
一応LRに
◆アダルト可にしといた
ってあったから自己解釈

40以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/13(金) 10:59:05 ID:aT4m4/12


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■