したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

札仙広福 Part11

1 名無し@良識派さん :2019/11/15(金) 08:06:01
1か月以上の古いソースには年月を明記しましょう。
ソースなき批判は絶対禁止です。
再開発以外の都道府県の話題もどんどん出しましょう。
ソースとなるURLは必ず併記しましょう。

362 名無し@良識派さん :2019/12/01(日) 12:32:19
札幌・大倉山のオリンピックミュージアム改装計画 2030年冬季招致へ元選手の拠点に
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/369864/

2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市は、29日の市議会招致調査特別委で、メダル授与式を行う「メダルプラザ」の札幌ドーム周辺への新設を明らかにするとともに、大倉山ジャンプ競技場(中央区)の札幌オリンピックミュージアムを一部改装して元五輪選手による招致活動の拠点とする計画も示した。招致に向けた機運盛り上げにつなげたい考えだ。

 市によると、オリンピックミュージアムの2階の一室を来年3月までに改装し、道内ゆかりの元五輪選手による五輪招致活動の拠点とする。

363 名無し@良識派さん :2019/12/01(日) 17:06:14
さすが北海道はIR計画がたくさんあるんだね
北海道はカジノがなくても成功しそう

364 名無し@良識派さん :2019/12/02(月) 07:52:39
東京五輪マラソンのコース、札幌市中心部2周案が有力に
https://www.asahi.com/articles/ASMD15F4YMD1UTQP02L.html

来年の東京五輪のマラソンと競歩が札幌市で開催されることになり、マラソンコースは「大通公園」(同市中央区)発着で市中心部を2周するコースとし、日程は大会終盤の4日間で実施する方向で調整していることがわかった。複数の大会関係者が明らかにした。

 マラソンコースは、よりコンパクトなコースを6周ほどする案を世界陸連が提示していたが、大会組織委員会などが提示した2周案が有力になった。代わりに日程については世界陸連などが希望する短縮日程での実施で調整に入っている。男子マラソンは従来通り大会最終日の8月9日に実施。同2日の予定だった女子は8日に、競歩は男女3種目を6、7日に分ける開催案で協議が進んでいる。

 大会組織委は4日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会までにコースと日程の確定を目指している。

365 名無し@良識派さん :2019/12/02(月) 07:55:42
バンコクで北海道情報を発信 三菱UFJ銀行 現地銀行と合同でイベント
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/370117/

三菱UFJ銀行とタイのアユタヤ銀行は11月29日、北海道の乳製品や観光情報を発信するイベントをバンコクで開いた。

 三菱UFJ銀行が日本とタイ企業との商談会を前日にバンコクで開催したのに併せ、同行札幌支店が道内企業に呼び掛けた。

 イベントは三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社アユタヤ銀行の本店で開催。よつ葉乳業のシンガポール現地法人よつ葉乳業アジアや北海道観光振興機構、北海道新聞社など5社・団体が出展し、同行の行員約千人が訪れた。

366 名無し@良識派さん :2019/12/02(月) 07:58:58
札幌市やJR北海道など、札幌駅前新ビル建設に向けた準備組合設立 2029年竣工目指す
https://www.traicy.com/20191118-sapporo

札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合が設立された。

現在の札幌駅南口エスタと、隣接する区域が対象区域となる。敷地面積は約22,400平方メートル。商業施設の上にオフィスとホテルを整備するほか、路線バスや都市間バスが発着するバスターミナルとタクシーなどの乗降場を設ける。交通結節機能、都市機能、創生川東地区との連携などを中心にさらに検討していくとしている。

今後、都市計画決定などを経て、2023年の着工、2029年の竣工・供用開始を目指す。

367 名無し@良識派さん :2019/12/02(月) 08:02:30
ダイビルが「ピヴォ」買収 札幌 隣接ビル含め再開発検討か
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/370298

商船三井グループのビル賃貸大手ダイビル(大阪)は1日までに、札幌市中央区の札幌駅前通沿いの商業ビル「ピヴォ」(南2西4)を、所有している札幌市内の企業から買収した。ダイビルはピヴォに隣接する「桂和MTビル」も買収済み。テナントは今後も営業を続けるが、両ビルとも老朽化が進んでおり、ダイビルは一体的な建て替えを検討するとみられる。

 ピヴォは地上9階、地下2階建て。現在はユニクロやタワーレコードなど約50のテナントが入る。建物は1968年に「中心街デパート」として開業。73年にはダイエー札幌店が入居し、札幌市内の商業の中心を形成する施設の一角としてにぎわった。ダイエー撤退後の95年にピヴォとして改装オープンした。

368 名無し@良識派さん :2019/12/02(月) 20:47:19
ALFA-X、東京〜札幌間を時速360kmで走破することを目標とした新幹線の車両
https://news.yahoo.co.jp/byline/umeharajun/20191202-00152992/

新幹線をリードするJR東日本、JR東海から送り出された画期的な新車
 新幹線の列車を運行しているJRの旅客会社は北からJR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州の5社で、2019年4月1日現在で合わせて5227両の車両を保有している。車両数はJR東海が最も多くて2135両、次いでJR西日本の1499両、JR東日本の1417両、JR九州の136両、JR北海道の40両と続く。

 いま挙げた5社のうち、新たな車両の開発を熱心に行っているのはJR東日本、JR東海の2社だ。主な理由としては、JR東日本はフル規格に加えてミニ新幹線と多彩な種類の新幹線に対応した車両が必要とされるから、JR東海は東海道新幹線という1日約47万人が利用する大動脈での輸送効率をさらに高めようとしているからである。両社とも開発した車両をベースにして将来の輸出に備えている点も付け加えておこう。

 新幹線の車両の開発をリードするJR東日本、JR東海の両社は2018年から2019年にかけて相次いで新たなタイプの車両をデビューさせた。2019年5月に登場したJR東日本のALFA-X、2018年3月に登場したJR東海のN700Sだ。いまのところ、どちらもテスト走行に用いられており、通常の営業運転には従事していないだけに謎の多い車両でもある。これらの車両はどのような特徴を備えているのか。前編と後編とに分けてまずはALFA-Xから紹介しよう。

369 名無し@良識派さん :2019/12/02(月) 20:50:26
札幌の商業施設などを取得/ダイビル
https://www.re-port.net/article/news/0000060806/

ダイビル(株)は2日、「PIVOT(ピヴォ)」、「ペンタグラムビル」、「桂和MTビル」の3物件を取得したと発表した。

 同社は、中期経営計画「“Design 100”プロジェクト Phase-II」(2018〜22年度)において、「都心大型ビルの取得」、「投資対象の拡充(都心中小オフィス/商業ビル、地方中核都市)」など5つの重点施策を掲げ、5年間で1,200億円(うち国内650億円)の投資を計画。今回の物件取得も、投資対象拡充施策の一環で、同社としては初の地方中核都市への進出となる。

 敷地面積は3棟合計で3,113平方メートル。いずれも札幌市営地下鉄東西線他「大通」駅より地下直結。「PIVOT」は札幌エリア最大級の商業施設で、延床面積2万814平方メートル、地上9階地下3階建て。「ペンタグラムビル」は延床面積214平方メートル、地上3階建て。「桂和MTビル」は延床面積2,567平方メートル、地上7階地下2階建て。

 同社は、当面は「PIVOT」の運営を継続し、将来的には取得先の(株)中央街ビル等と連携し、「ペンタグラムビル」「桂和MTビル」を含めた一体での再開発を計画している。

370 名無し@良識派さん :2019/12/03(火) 07:48:46
快速いしかりライナー廃止 JR、来年3月 各駅停車に転換
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/370689

JR北海道は来年3月のダイヤ改正で、小樽と札幌、岩見沢を結ぶ函館線の区間快速「いしかりライナー」を廃止し、各駅停車に切り替える方針を固めた。苗穂や発寒など現在通過する駅の利用者が増えていることを考慮した。月内に正式発表する。

 いしかりライナーは1日計74本運行。手稲―札幌間を最速9分で、札幌―江別間を同19分で快速運行する2タイプがあり、残りの区間を各駅停車している。輸送密度(1キロ当たりの1日平均輸送人数)が道内全区間で1位の小樽―札幌間などを走行し、通勤・通学客を中心に利用が多い。

371 名無し@良識派さん :2019/12/03(火) 07:52:42
<五輪マラソン札幌開催>マラソン・競歩 全種目を4日間に集約へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000390-stv-hok

札幌で開催される東京オリンピックマラソン・競歩の開催日程について、警備面などを考慮し大会終盤の4日間に集約させる方向で調整していることが分かりました。

関係者によりますと、来年、札幌で開催される東京オリンピックマラソン・競歩の日程について大会終盤の4日間に集中させ、男子マラソンを最終日の8月9日女子マラソンをその前日とし、男女の競歩を6日と7日で実施する方向で調整していることが分かりました。毎年夏に大通公園で開催されるビアガーデンや、警備面などを考慮しての調整とみられています。マラソンのコースについては、札幌市中心部を2周する周回コース案で調整が進んでいるということです。先週開催予定だった道や札幌市などが参加する実務者会議は延期されたままですが、大会組織委員会は今月4日のIOC理事会までにコースや日程の調整をつけたい考えです。

372 名無し@良識派さん :2019/12/03(火) 08:09:09
オフィス+商業の複合ビルか?

ダイビル、「PIVOT」などを取得
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52864420S9A201C1L41000/

ダイビルは札幌市中心部の商業施設「PIVOT(ピヴォ)」、「ペンタグラムビル」、「桂和MTビル」をそれぞれ所有する札幌市内の企業から取得した。取得額は非公表だが、100億円以上とみられる。ピヴォの運営は当面続けるが、将来は3つのビルの敷地約3300平方メートルの広さを生かした再開発を計画する。

ダイビルが本社を置く大阪、東京以外の地域に進出するのは初めて。札幌での事業を強化するため2020年1月、同市中心部にオフィスを構える予定だ。ピヴォは衣料品店や飲食店が入る商業ビルで、前身の「中心街デパート」や「ダイエー」の時代を合わせ約50年の歴史を持つ。当面そのまま営業し、商業施設やホテル、ダイビルが得意とするオフィスなどとしての再開発を検討する。

同社は大阪、東京でのビル運営ノウハウを生かし、地方中核都市への進出に力を入れる方針。「札幌は人口や経済の集中度が高く、北海道観光の玄関口。地域の声を聞きながら地域に根ざした再開発に取り組む」(不動産開発室)としている。大通・すすきの地区は30年度末開業予定の北海道新幹線札幌延伸のほか、建物の老朽化も相まって再開発の機運が高まっている。

373 名無し@良識派さん :2019/12/03(火) 09:23:15
年末年始はハワイ・沖縄・北海道・温泉が人気
http://www.jwing.net/news/19520

JTBは、「年末年始に行きたい旅先」ランキングを発表した。それによると、年末年始は9連休と長いことから、海外・国内ともに温暖なリゾート地でゆっくり過ごすことに人気が集まり、海外旅行はハワイがダントツで1位、国内は沖縄、北海道と温泉が上位を占めた。
 JTBは、「この年末年始に行きたい旅先」に関するウェブアンケートを実施し、人気のある海外・国内旅行をランキング形式でまとめた。
 年末年始は、12月27日が仕事納めの場合、28日から1月5日までの9連休をとりやすい日並びのため、アンケートの結果、年末年始に1泊以上の旅行予定が「ある」と「ない」はほぼ同数と旅行意欲が高まっている。
 海外旅行ランキングは、暖かいエリアが人気で、1位のハワイ以下、台湾、オーストラリア、グアム・サイパンが続く。

374 名無し@良識派さん :2019/12/03(火) 22:02:33
ディノスシネマズ札幌劇場 狸小路商店街に移転へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000008-htbv-hok

6月に惜しまれながらも半世紀の歴史に幕を下ろした札幌の「スガイディノス」。その映画館が狸小路商店街に移転、復活する計画があることがわかりました。
 およそ50年の歴史に一度幕を下ろしたスガイディノス札幌中央。その映画館「ディノスシネマズ札幌劇場」の移転先として検討されているのは狸小路5丁目にある「札幌プラザ2・5」です。
 もともとは映画館「東宝プラザ」だった建物で、現在は上映会やイベントなどに利用されています。
 スガイディノス 三浦尚久社長「立地的にも建物の構造的にも一番ここがいい。本格的に交渉を始めた」
 札幌プラザ2・5の2階には大型スクリーンを備えた376席のホールがありますが、移転後は防音壁で3つのホールに区切り、さらに地下に1つ、あわせて4つのスクリーンを設ける計画です。
 三浦社長「単館系(大手配給以外の作品)、若い人に人気のアニメ作品、ライブビューイングが当時三本柱。それをここでまた改めて再現したい」
 スガイディノスは、閉店からちょうど1年後の来年6月2日ごろに映画館を再開したいとしています。

375 名無し@良識派さん :2019/12/03(火) 22:06:32
発表後、周囲のビルも再開発に加わったようですね。
すすきのラフィラに続き、商業施設の大型再開発になりそうです。

札幌の「ピヴォ」周辺再開発、30年度末までに開業
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/370687/

商船三井グループのビル賃貸大手ダイビル(大阪)は2日、札幌市中央区南2西4の商業ビル「ピヴォ」の土地と建物を買収したと正式発表した。隣接する「ペンタグラムビル」「桂和MTビル」の土地と建物も買い取って3施設を一体開発し、北海道新幹線が札幌延伸する2030年度末までに、商業施設などが入る複合ビルを開業させる方針だ。

 ピヴォとペンタグラムビルは11月27日付で所有者の中心街ビル(札幌)などから、桂和MTビルは翌28日付で桂和商事(札幌)からそれぞれ買収した。3施設の敷地面積は合計で約3100平方メートル。ダイビルは買収額を明らかにしていないが、総額100億円以上とみられる。

376 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 00:52:57
>>357
>>358
カジノのないIRは存在しません。言い換えればカジノがあるからIRなんです。

377 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 07:49:59
>>376
何をおかしなことをいっているのでしょう?
ではなぜ、「カジノを含むIR」と称するのでしょうね。
IRはカジノを含む/含まないに関係ありませんよ。

378 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 07:53:31
いよいよ、ヨドバシ再開発が動いてきましたね。

札幌・北4西3再開発街区の商業ビル「aune札幌駅前ビル」、31億円で譲渡
https://hre-net.com/real_estate/41500/

 オリックス不動産投資法人(東京都港区)が資産の運用を委託している資産運用会社オリックス・アセットマネジメント(同)は、札幌市中央区北4条西3丁目の商業ビル「aune札幌駅前ビル」を31億3400万円で譲渡する。譲渡先は国内事業会社だが非公表。

「aune札幌駅前ビル」は地下2階、地上8階建てで1994年7月の竣工。カラオケ「ビッグエコー」や「いきなり!ステーキ」、インターネットカフェ「自遊空間」などが入っており稼働率は100%。総賃貸面積は約661坪(2181・73㎡)。

 オリックス不動産投資法人はオリックス・アセットマネジメントを通じて2012年6月に19億円で取得、当時のビル名だった「平成観光札幌駅前ビル」を「aune札幌駅前ビル」に変更した。利回りは19年10月末時点で5%を超えていた。譲渡損益は12億9700万円。

 オリックス不動産投資法人は、譲渡の理由について①本物件を含む地域で再開発準備組合が設立され事業化の機運が高まっている②再開発の主導権が取りづらい③再開発スケジュールや建物プランが未確定で資産価値変動など不安定のリスクが高いーーなどを挙げている。譲渡するのは不動産信託受益権で、引き渡し日は12月13日となっている。

379 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 07:57:01
「ディノス」映画館復活 札幌・狸小路に6月にも
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/371109

今年6月まで映画館「ディノスシネマズ札幌劇場」を運営していたスガイディノス(札幌)は3日、来年6月にも札幌・狸小路で「サツゲキ ディノスシネマズ札幌劇場」として映画館を再開する方針を固めた。

 貸しホール「札幌プラザ2・5」(中央区南2西5)を運営する谷井(札幌)と賃貸契約を結び、同プラザを29〜200席の4スクリーン計427席に改修する。200席のスクリーンにはデジタルレーザーの映写機を導入。旧札幌劇場同様、大手のシネマコンプレックス(シネコン)では扱わない作品を中心に上映する予定。

380 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 08:01:03
五輪マラソン・競歩 大通公園発着承認へ IOC理事会始まる
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/371126

国際オリンピック委員会(IOC)の理事会が3日、スイスのローザンヌで3日間の日程で始まった。2日目の4日には、札幌開催の2020年東京五輪マラソン・競歩の発着点を大通公園(中央区)とする案について大会組織委員会が報告し、IOCは承認する見通し。組織委はコースと日程も、4日の理事会までに方向性を固めて示したい意向だが、高い運営効率を求める世界陸連との詰めの調整がなお続いている。

 4日は、IOCのジョン・コーツ調整委員長と組織委の森喜朗会長らが五輪の準備状況を報告。理事会に先立ち、組織委は札幌市内で札幌市や道との第3回実務者会議を開き、コースや日程などを協議する。

381 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 08:05:37
JR北海道「いしかりライナー」廃止へ…通過駅の利用客増で各駅停車に
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20191203-OYT1T50186/

JR北海道は来年3月のダイヤ改正で、小樽―岩見沢を結ぶ函館線の区間快速「いしかりライナー」を廃止し、各駅停車に切り替える方針を固めた。区間快速の通過駅で利用客が増えていることから、利便性の向上を図るのが狙いだ。

いしかりライナーは、小樽―岩見沢のうち、手稲―江別間の一部の駅を通過する区間快速で、1日74本運行している。手稲―札幌の7駅中、発寒など4駅を通過する列車と、札幌―江別の9駅中、苗穂など4駅を通過する列車が交互に走っている。近年、通過駅で通勤・通学客の利用が増えていることから、各駅停車に切り替える方針を固めた。今月中に発表する。

382 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 08:10:25
クラブメッド・北海道 サホロが2シーズンをかけたリノベーションを終えリニューアルグランドオープンオールインクルーシブでひと味違ったバケーションステイを!2019年11月29日(金)から
https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2019-12-03-41509-26/

株式会社クラブメッド(本社:東京都港区 代表取締役社長 スチュワート ド ブルゴーニュ)は、
北海道有数のスキーリゾート、クラブメッド・北海道 サホロのリニューアルグランドオープンを発表いたしました。 
昨年の客室リノベーションに続き、本シーズンはレストラン、バ-、シアター、レセプションなどのパブリックスペースをアイヌ伝承文化にインスパイアされた大胆かつ温かみのあるテイストで刷新し、クラブメッドの目指す、そこでしか出来ない体験をお贈りします。

クラブメッドの魅力はオールインクルーシブと言われる、ご滞在、ご飲食、アクティビティ、レッスン、リフト・ゴンドラ、エンターテイメント、交通費(*パッケージツアーの場合)など、すべてが含まれたスタイルです。
リゾート滞在中に余計な出費の心配がありません。

G.O (ジー・オー:ジェントル・オーガナイザー)と呼ばれる世界各国から集まるクラブメッドならではのリゾートスタッフは、通常のホテル業務にとどまらず、スキーやスノーボ―ドなどのインストラクターや、アクティビティの先生でもあります。時には、夜のショーのエンターテイナーとしてまたゲストと一緒に食事のテーブルを囲んだり、訪れるゲスト誰もが、特別なひと時を過ごせるよう、バケーションのパートナーとして存在します。

383 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 19:39:33
JR北海道の収支にサプライズ、「札幌圏」が黒字転換
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52958200U9A201C1L41000/

JR北海道が4日公表した2019年4〜9月期の区間別収支状況によると、4月に廃線した石勝線の夕張支線(夕張―新夕張)を除く23区間のうち22区間が営業赤字だった。ただ、札幌市と新千歳空港(千歳市)をつなぐ「快速エアポート」が好調で「札幌圏」が営業黒字に転換するなど、薄日も差し込んできた。

売上高にあたる営業収益は20区間で伸びた。18年9月の北海道胆振東部地震直後の運休などによる落ち込みの反動増もあり、23区間合計の営業収益は前年同期比5%増の404億円だった。

営業赤字は218億円(前年同期は226億円)と、8億5100万円圧縮した。営業損益は12区間で改善。修繕費などの営業費用はかさんだものの、増収効果で採算が上向いた。

特に収支が改善したのは札沼線(桑園―医療大学)、函館線(札幌―岩見沢)、千歳・室蘭線(白石―苫小牧)、函館線(小樽―札幌)からなる札幌圏。合計営業収益は6%増の214億円だった。

札幌圏の営業損益は4億6100万円の黒字(前年同期は4億1800万円の赤字)とプラスに転じた。快速エアポートは訪日外国人客が伸び、4〜5月のゴールデンウイーク10連休で北海道を訪れた国内客も追い風となった。

一方、北海道新幹線は低迷が続く。営業収益は55億円と2%伸びたが、在来線との共用走行区間でレールや電車線を交換したことでコストが増加。営業赤字が31億円(前年同期は30億円)と4900万円膨らんだ。

乗客数が低迷している地方4区間の営業損益はほぼ前年並み。根室線(富良野―新得)で線路の修繕が増えた。日高線(鵡川―様似)で前年同期に比べて修繕費が減ったものの営業赤字は100万円悪化し、10億円だった。

輸送密度が200人以上2000人未満で、同社が単独で維持困難とする8区間でも目立った改善は見られない。合計の営業赤字額は61億円と700万円悪化した。「くしろ湿原ノロッコ号」や「風っこそうや」といった観光列車による増収はあったが、線路や橋梁の修繕コストが重い。

JR北海道は今期から、区間別収支の四半期開示を始めた。通年では公表を始めた15年3月期から5期連続で全区間赤字が続いている。記者会見した綿貫泰之常務は札幌圏の営業黒字確保について「1年通してみないとわからない」と慎重な姿勢を崩さなかった。

札幌圏の健闘は復活への兆しか、それとも瞬間風速か。新幹線が札幌に延伸する翌期の31年度に目指す連結黒字化に向け、稼ぐ力の改善に終わりはない。19年下期の区間別収支でも札幌圏に注目が集まりそうだ。

384 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 20:54:01
東京オリンピック マラソン、競歩札幌開催がIOCで正式に決定!

発着地など決定「都市と自然調和」札幌市長前向き
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-12040942-nksports-spo

国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、20年東京五輪マラソンの大通公園発着と前半1周目20キロのコースが決まったことを受け、秋元克広札幌市長(63)が4日、前向きな見解を示した。「都市と自然が調和した、札幌の歴史を感じてもらえるコース。今後、このレガシーを生かした大会につなげられたら」と話した。

この日、札幌市内では実務者会議も開催された。競歩が平日(8月7日)午後4時半開始になったことについて、中田雅幸・札幌市スポーツ局長は「市民生活への影響は出てくると思う。どこをどう規制するかなど、これからの協議になる」と説明した。

385 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 21:00:31
>>377
IRには巨大な会議場や展示場、ホテルなどを有しています。しかし、このような施設は四六時中稼働しているわけではありません。
それを維持するためには365日24時間稼働するカジノからの収益が必要になってくるわけです。
「カジノを含むIR」という言い方は日本のマスコミが、IRにはカジノがあるよと日本人にわかりやすく表現したにすぎません。
国際的にはこのような表現はありません。
あなたこそもう少しお勉強なさったら?

386 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 22:10:20
>>385
何をおかしなことをいっているのでしょう?
ではなぜ、「カジノを含むIR」と称するのでしょうね。
IRはカジノを含む/含まないに関係ありませんよ。

387 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 22:15:53
IRとは?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%9E%8B%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88

統合型リゾート(とうごうがたリゾート、英称:Integrated Resort、略称:IR)とは、国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場、映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体になった複合観光集客施設のこと。

日本においては、地方自治体の申請に基づきカジノの併設を認める区域を指定して設置される予定である。
だから日本はわざわざ、「カジノを含むIR」と表現しているのです。

北海道にはすでにIRが4つ程の計画があり、それぞれ順調に動いていますよ。

388 名無し@良識派さん :2019/12/04(水) 22:26:46
森トラのIRは24階建てホテル+コンドミニアムが6棟建設される。
国際会議場・展示施設、商業施設が建設される。

北広島のIRはスポーツ施設を中心としたボールパーク。
広大な敷地に、野球場、ホテル、グランピング、商業施設が建設される。

ルスツのIRはスキー場を中心としたリゾート。
ロープウェイで結ばれた複数の山と超高層ホテル、コンドミニアム、アミューズメント施設、温泉施設、遊園地、プライベート飛行場からなる。

ニセコのIRは言うまでもなく、日本で最も注目されている地域。
スキー場を中心としてラグジュアリーホテルや会議場からなる。

日本ではIR=カジノというイメージが定着しているが、
世界的に見ると、統合リゾート+カジノをIRとは言わないですよ。

389 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 07:54:26
JR北海道の収支にサプライズ、「札幌圏」が黒字転換
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52958200U9A201C1L41000/

JR北海道が4日公表した2019年4〜9月期の区間別収支状況によると、4月に廃線した石勝線の夕張支線(夕張―新夕張)を除く23区間のうち22区間が営業赤字だった。ただ、札幌市と新千歳空港(千歳市)をつなぐ「快速エアポート」が好調で「札幌圏」が営業黒字に転換するなど、薄日も差し込んできた。

売上高にあたる営業収益は20区間で伸びた。18年9月の北海道胆振東部地震直後の運休などによる落ち込みの反動増もあり、23区間合計の営業収益は前年同期比5%増の404億円だった。

営業赤字は218億円(前年同期は226億円)と、8億5100万円圧縮した。営業損益は12区間で改善。修繕費などの営業費用はかさんだものの、増収効果で採算が上向いた。

特に収支が改善したのは札沼線(桑園―医療大学)、函館線(札幌―岩見沢)、千歳・室蘭線(白石―苫小牧)、函館線(小樽―札幌)からなる札幌圏。合計営業収益は6%増の214億円だった。

札幌圏の営業損益は4億6100万円の黒字(前年同期は4億1800万円の赤字)とプラスに転じた。快速エアポートは訪日外国人客が伸び、4〜5月のゴールデンウイーク10連休で北海道を訪れた国内客も追い風となった。

一方、北海道新幹線は低迷が続く。営業収益は55億円と2%伸びたが、在来線との共用走行区間でレールや電車線を交換したことでコストが増加。営業赤字が31億円(前年同期は30億円)と4900万円膨らんだ。

乗客数が低迷している地方4区間の営業損益はほぼ前年並み。根室線(富良野―新得)で線路の修繕が増えた。日高線(鵡川―様似)で前年同期に比べて修繕費が減ったものの営業赤字は100万円悪化し、10億円だった。

輸送密度が200人以上2000人未満で、同社が単独で維持困難とする8区間でも目立った改善は見られない。合計の営業赤字額は61億円と700万円悪化した。「くしろ湿原ノロッコ号」や「風っこそうや」といった観光列車による増収はあったが、線路や橋梁の修繕コストが重い。

JR北海道は今期から、区間別収支の四半期開示を始めた。通年では公表を始めた15年3月期から5期連続で全区間赤字が続いている。記者会見した綿貫泰之常務は札幌圏の営業黒字確保について「1年通してみないとわからない」と慎重な姿勢を崩さなかった。

札幌圏の健闘は復活への兆しか、それとも瞬間風速か。新幹線が札幌に延伸する翌期の31年度に目指す連結黒字化に向け、稼ぐ力の改善に終わりはない。19年下期の区間別収支でも札幌圏に注目が集まりそうだ。

390 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 08:06:27
発着地など決定「都市と自然調和」札幌市長前向き
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201912040000942.html

国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、20年東京五輪マラソンの大通公園発着と前半1周目20キロのコースが決まったことを受け、秋元克広札幌市長(63)が4日、前向きな見解を示した。「都市と自然が調和した、札幌の歴史を感じてもらえるコース。今後、このレガシーを生かした大会につなげられたら」と話した。

この日、札幌市内では実務者会議も開催された。競歩が平日(8月7日)午後4時半開始になったことについて、中田雅幸・札幌市スポーツ局長は「市民生活への影響は出てくると思う。どこをどう規制するかなど、これからの協議になる」と説明した。

391 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 08:09:31
五輪マラソン発着、大通公園で決定…ビアガーデン中止?気をもむ札幌
https://www.sankei.com/tokyo2020/news/191204/tko1912040004-n1.html

国際オリンピック委員会(IOC)は4日、スイスのローザンヌで理事会を開き、暑さ対策で都内から変更した東京五輪のマラソンと競歩の発着点を札幌市中心部の大通公園とすることを承認した。マラソン・競歩の札幌開催の詳細がほぼ固まったが、協議が難航したことで、開催地の札幌市では準備の遅れに懸念が出ている。中でも市民の関心が高いのは、札幌市民の憩いの場でもある大通公園で毎年同時期に開催される札幌の夏の風物詩「さっぽろ夏まつり」のビアガーデンが五輪と棲み分けできるか否かだ。

広告規制、ビール4社のテントも…

 長い冬の間、雪に閉ざされる北国で、ビアガーデンは短い夏を楽しむ重要なイベント。会期中は大通公園の東西約1キロに国内最大級の約1万3千席が設けられ、100万人を超す市民や観光客でにぎわう。

 今夏は7月19日から8月14日の27日間に約117万人が来場し、中ジョッキ約88万杯に相当する約44万リットルのビールが消費された。

 しかし、マラソンと競歩の発着点となる大通公園には、仮設施設の資材や放送機材を置くスペースなども必要となる。五輪会場では広告が規制されるため、例年はビール大手4社などが商品名を掲げて運営するテントについても、調整が必要となりそうだ。

組織委も「若干、迷惑をかける」

 マラソンと競歩の札幌開催に伴い、大通公園を占有する期間や場所については、組織委も重要な課題としている。11月18日に札幌市で開かれた第2回実務者会議の終了後、組織委の森泰夫大会運営局次長が報道陣の取材に、「若干、迷惑をかける。実務的に分科会を開いて細かく詰めていく」などと述べた。

392 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 08:12:40
五輪マラソンで実務者会議開催 札幌事務所を年内開設へ
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/371438

東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、大会組織委員会、札幌市、北海道は4日、3回目の実務者会議を札幌市内で開き、年内をめどに現地事務所を開設することで一致した。民間企業にも協力を要請する予定で、規模は今後調整する。

 組織委は、同日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で同意を得た競技日程や競歩のコースについても報告。マラソンコースの決定が先送りされたことには、森泰夫大会運営局次長が世界陸連から7キロを3周とする2周目以降の提案が理事会の直前だったとし「しっかり検証しないと答えが出ないということで合意に至らなかった」と説明した。

393 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 08:20:26
冬の北海道 ルスツリゾートでスノーモービルと犬ぞりを体験
https://www.excite.co.jp/news/article/Ignite_180989/

雪遊びに出かけるなら極上のパウダースノーが楽しめる北海道がおすすめだ。

新千歳空港から90分ほどの北海道虻田郡留寿都村のルスツリゾートは、アトラクションも北海道内屈指の数を誇り、国内外からの観光客にも人気の観光地。

広大な敷地にゲレンデ、遊園地、ゴルフ場、3つのホテル棟があり、羊蹄山を望むロケーション。

ゲレンデは初級者にも安心の広い圧雪バーンに中級者から上級者まで楽しめるようなフリーダムパークや自然の地形を利用した未圧雪のサイドカントリーパークなど遊べるコースもさまざま。

ルスツリゾートでは、スキー・スノーボードなどウィンタースポーツのほかに、自然ガイドが案内するネイチャーツアーなど楽しみが満載。

スキーやスノーボードを満喫したら、ここでしか味わえないアクティビティにも挑戦したい。

初心者にはインストラクターが安心サポートするスノーモービル。コースはショートコース・スタンダードコース・ロングコース・アドベンチャーコースなどが用意されている。コースによっては1人乗りのほかに2人乗りのスノーモービルもある。

かつてイヌイットたちの移動や物を運ぶ手段として活躍していた犬ぞりのツアーも体験できる。講習を受けたのち、犬ぞりを操って雪上を駆け抜ける爽快感を満喫。

ゴムボートに乗って雪上を滑走するスノーラフティング、結氷した池に穴をあけてニジマスを釣るアイスフィッシング、雪原を疾走するモトクロスバイクなどの豪快に愉しむアクティビティや、早朝ならではの銀世界を肌で感じられる早朝プチトレッキング、美しい洞爺湖を観ながらの乗馬トレッキング、ガイドと一緒にルスツリゾート周辺を行くネイチャーツアーなどの大自然をゆったりと堪能するアクティビティも楽しそうだ。

宿泊はリゾート内のホテル「ルスツリゾートホテル&コンベンション」。スキーイン・スキーアウトが可能なゲレンデ直結。

客室はジュニアスイートや和室、ファミリータイプなどバリエーションも豊富。

394 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 08:26:21
五輪マラソン・競歩 選手村、札幌プリンスホテルに 過去の実績評価
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/371486

2020年東京五輪の大会組織委員会は4日、札幌で開催されるマラソン・競歩の選手村として、札幌市中央区の札幌プリンスホテル(南2西11)を使用する方針を固めた。発着地点の大通公園に近く客室数が多いことや、プリンスホテルグループが過去の国内開催の五輪で選手を受け入れた実績があることなどを総合的に評価した。

 札幌市保健所によると、同ホテルの客室数は587室。札幌市内では定山渓温泉のホテルなどに次いで3番目に多く、中央区では最多。同ホテルのタワー棟は04年4月に開業し、3〜27階が客室で、温泉もある。隣接する国際館パミールも千人を収容できる大宴会場を備えており、関連施設として活用できると判断したもようだ。

395 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 08:30:32
札幌駅に渋谷スクランブルスクエアが出現?!2030年まで再開発が目白押しの札幌
https://www.kenbiya.com/ar/ns/region/hokkaido/3839.html

2020年東京オリンピックのマラソン競技が開催されることになった札幌だが、2030年に誘致を進めている札幌冬季オリンピック・パラリンピックと2030年末の北海道新幹線札幌延伸を見据え、札幌駅周辺では多くの再開発が手がけられている。

札幌市では、昭和47年(1972年)に政令指定都市に移行し、この年に札幌冬季オリンピックが開催され、これに合わせて地下鉄や地下街が整備されるとともに中高層ビルが相次いで建設され、ちょうどその更新時期とも重なっているのである。

その中でも札幌の再開発の顔とも言える、JR札幌駅前の再開発が動き出している。

札幌市とJR北海道などJR北海道グループ4社は2019年11月11日、札幌駅に隣接する地区の開発のため「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合」を設立した。

このエリアに建っている昭和53年築の「札幌エスタ」を建替え、現在駐車場である西1丁目街区には、ホテルやオフィス、商業施設で構成する札幌最頂となる超高層ビル開発を計画し、2022年度の都市計画決定、2023年度の事業認可及び再開発組合設立を経て、2023年度の着工、2029年秋の全体竣工及び供用開始を目指している。


この11月に発表された事業コンサルタント募集要項の中には、様々なことが書かれている。
・開発ビルの容積率は、市内最大級である1,200%〜1,500%程度を目標とする。
・開発ビルの高さは、渋谷スクランブルスクエア(229m)程度を目標とする。
・商業施設は両街区の低層部において整備する。
・オフィス、ホテルは中高層部において整備する。
・オフィスの規模、基準階面積は市内最大級を目標とする。
・ホテルは国際水準のグレードとする

この様に札幌市周辺の再開発は2030年に向けて継続的に進んでいき、大きく様変わりをしていく様相である。
下の【画3】は2018年9月に札幌市が発表した「札幌駅交流拠点まちづくり計画」である。

このように札幌駅周辺では、「北5西1・西2地区」以外にも「北8西1地区」や「北6東3周辺地区」などの再開発や、新幹線開業以外にも都心アクセス道などの基盤整理が目白押しである。

■投資家が注目する創生イースト地区
このような開発が札幌駅周辺で進む中、投資家が注目するのが創生イースト(住所で言うと東○丁目と表記になるエリア)だ。

新幹線駅が【図4】のように創成川通をまたぐ格好で配置され、東西を分断する創成川通を屋内で通過し創生イースト地区に通行できる事ができるようになると、利便性が更に上がるのは必至。

この札幌駅の東側に広がる創成イースト地区は、開拓期から工業拠点として札幌の発展を支えてきて、サッポロビール園や旧永山邸など、現在でも開拓使時代の歴史を感じる建物が多く残されている、市内でも歴史のあるエリアである。

しかし現在は、札幌の都市化から立ち遅れ、土地の低未利用地、老朽家屋が多く残るなど課題を残した地区でもある。

そして今回の図には出ていないが、東11丁目エリアではすでに駅を移転して建替えを終えた苗穂駅(なえぼえき)を中心とする再開発エリアがあり、高層マンションの建設が始まっている。

そして創生イーストエリアは先程述べたように未利用地や老朽家屋が多いために、都心と比べると比較的不動産価格は抑えられている。

2030年までに社会インフラの再構築が図られる札幌駅周辺と、その周辺で未利用地が多い創生イーストはこれから大きく変わるはず。注目しておきたい。

396 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 19:25:03
新千歳―ヘルシンキ線の定期便就航、東北でPR
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53001650V01C19A2L01000/

北海道やフィンランド航空(フィンエアー)などは16日に定期便が就航する新千歳―ヘルシンキ線で東北からの利用を促す。東北の各空港から同路線を利用する旅行商品の購入者を対象に、新千歳空港で使えるクーポンを提供するほか、旅行会社向けにパンフレットの製作費用を補助する。

同路線の運航は週2往復で、機材は「A330」(263席)を使用。北海道の関係者らは6〜7日に仙台市を訪れ、街頭で広告を配布するほか、新千歳から欧州へのアクセスの良さなどを旅行業者にPRする。

新千歳発のヘルシンキ便の飛行時間は約9時間半で、成田発より1時間程度短い。さらにヘルシンキに着いた当日に欧州70都市以上に接続できる。

397 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 21:24:47
選手村は「札幌プリンスホテル」に 五輪マラソン・競歩 市内のホテルは受付再開へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000001-hokkaibunv-hok

札幌で開催される東京オリンピックのマラソン・競歩の選手村に、札幌市中央区のプリンスホテルが使用される予定であることがわかりました。

 関係者によりますと、札幌プリンスホテルが選手村に選ばれたのは、競技の発着点である大通公園に近く、客室が500室以上あることや、過去の国内開催のオリンピックで、グループのホテルが使われた実績などが評価されたためだということです。

 マラソンと競歩の札幌開催をめぐっては、マラソンコースの一部がまだ決まっていないものの、日程については4日、競歩が2020年8月6日と7日、マラソンは8日と9日に実施されることが決まりました。

 日程が正式に決まったことで、一般客の予約受付を中断していた市内の一部ホテルも受付を再開する方針で、受け入れの準備が本格化しそうです。

398 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 21:28:47
五輪マラソン・競歩 選手村は札幌プリンスホテル 部屋はすでに確保
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000005-hbcv-hok

日程やコースの一部が決まった東京オリンピックのマラソンと競歩について、大会組織委員会は選手村を札幌のプリンスホテルに決め、すでに部屋を確保していることがわかりました。
東京オリンピックのマラソンと競歩については、日程を4日間に集中することやコースの1周目を20キロにすることが決まりました。
席を確保する場所がないことから、大会組織委員会はマラソンと競歩のチケットは販売しません。
また、複数の関係者によりますと、マラソンと競歩の選手村を札幌のプリンスホテルに決め、すでに部屋を確保していることが分かりました。
また、大通公園のビアガーデンについて、市は日程や場所を変えることも検討していますが、組織委員会は改めて「大通公園のイベントへの影響を小さくする工夫を地元と一緒に考えたい」と話しています。

399 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 21:35:42
YTLホテルズ社長、ニセコ投資に意欲
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53000250V01C19A2L41000/


マレーシアの複合企業YTL傘下のYTLホテルズのマーク・ヨー社長は5日に記者会見し、ニセコ町の新施設開業を推進する意向を示した。「ニセコはホテルの稼働率が高く、開発の後押しになっている」と指摘。今後もニセコビレッジで年間50億円程度の投資を続ける意向で新しい宿泊施設の建設も進める予定だ。

ニセコはインバウンド需要の高まりを受け、外資系ホテルの建設が相次ぐ。同社は2020年にニセコで、日本初となる「リッツ・カールトン・リザーブ」の開業を予定する。今後も米マリオット・インターナショナルブランドのホテルの建設などを計画しているという。ヨー社長は「マーケットに合ったホテルの開発を進めたい」と話した。

ヨー社長は札幌市が30年の誘致を目指す冬季五輪・パラリンピックでの協力にも意欲を示した。冬季五輪ではニセコも一部競技で会場となる可能性がある。「設備の増設に向けた調査や話し合いを進めたい」と述べた。

1日開業したヒノデヒルズは同社が保有するニセコビレッジ(ニセコ町)で4番目の宿泊施設。1泊約6万円からの高級宿泊施設で、地上6階建て、客室は79室を用意した。YTLホテルズが運営するホテルブランド「ホテルレジデンス」の施設で、住むように滞在できるのが特徴。調理器具や食器、洗濯設備など生活に必要な設備をそろえている。

400 名無し@良識派さん :2019/12/05(木) 23:40:39
宮城県 東北・北海道で唯一IRを検討する都道府県等に〜地方屈指の規模、リーズニング

・11月29日、北海道が政治合意、環境問題等を背景にIR申請を見送り、その結果、宮城県は、東北・北海道ブロックで唯一IRを検討する都道府県・政令市に
・宮城県は「特定複合観光施設導入可能性調査」を実施中。委託先は、七十七リサーチ&コンサルティング株式会社(七十七銀行グループ)
・宮城県は、近くIR 誘致に取り組みかどうかを判断へ。国が基本方針を公表する2020年1月が目途と考えられる。

(カジノIR ジャパン12/4の記事より)
URLはカジノがNG ワードのため記載しない

401 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 00:44:15
>>386
「カジノ」?「IR」?北海道が断念外国人観光客が目当て

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191204/pol/00m/010/006000c

「IR」という言葉に聞き覚えはあるでしょうか。新聞では「カジノを含む統合型リゾート(IR)」と表現しています。
「IR」はカジノだけではないことを強調する名称ですが、カジノがなければ成り立たない施設であることに変わりはありません。
(以下省略)

>>387
この中にあるアミューズメントパークという中にカジノが含まれるのです。

402 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 07:58:03
>>401
しつこいですよ、カジノを含む統合型リゾートですよね?
その言葉がそのものです、カジノを含むIR、カジノを含まないIRと言い換えれるのです。

北海道はカジノを含むIRを今年度内の立候補を取りやめました。
カジノを含まないIRは引き続き推進していくのです。

カジノと聞いたらラスベガスのような風景を思い浮かべるでしょうが、
日本のカジノを含むIRのカジノは、パチンコホールのような規模のカジノルームですから、
海外のカジノ経営会社もいかにカジノ以外で収益を得るかを気にしています。

北海道はカジノがなくても収益面で問題ないのでIRが複数で動いているのです。

403 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:02:57
新千歳―ヘルシンキ線の定期便就航、東北でPR
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53001650V01C19A2L01000/

北海道やフィンランド航空(フィンエアー)などは16日に定期便が就航する新千歳―ヘルシンキ線で東北からの利用を促す。東北の各空港から同路線を利用する旅行商品の購入者を対象に、新千歳空港で使えるクーポンを提供するほか、旅行会社向けにパンフレットの製作費用を補助する。

同路線の運航は週2往復で、機材は「A330」(263席)を使用。北海道の関係者らは6〜7日に仙台市を訪れ、街頭で広告を配布するほか、新千歳から欧州へのアクセスの良さなどを旅行業者にPRする。

新千歳発のヘルシンキ便の飛行時間は約9時間半で、成田発より1時間程度短い。さらにヘルシンキに着いた当日に欧州70都市以上に接続できる。

404 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:06:01
札幌圏で黒字回復、全体でも営業収益が増加…JR北海道の2019年4〜9月実績
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000030-rps-bus_all

JR北海道は12月4日、2019年度における第2四半期まで(4〜9月)の実績を公表した。

当期は、新千歳空港へのアクセス客増加や北海道胆振東部地震からの回復が進んだ札幌圏や、2020年5月に廃止される北海道医療大学〜新十津川間を含む札沼線、観光列車への取組み効果があった釧網本線や宗谷本線、鉄道通学への切換えが図られた日高本線苫小牧〜鵡川間、北海道胆振東部地震から回復した函館本線岩見沢〜旭川間で運輸収入や営業収益の増加、営業損失の改善が見られた。

とくに札幌圏では除雪などの費用が発生していないこともあり、千歳線新札幌駅(札幌市厚別区)付近の高架橋修繕で営業費用の増加があったものの、営業損益が黒字化。全体的にもこれらの効果で、営業収益が増加したという。

一方、北海道新幹線や根室本線富良野〜東鹿越間・帯広〜釧路間、石北本線(新旭川〜網走)では線路や設備の修繕費用などが拡大し、営業損失が増加した。

このうち北海道新幹線は、北海道胆振東部地震からの回復で運輸収入が増加したため、全体としては前年度並の営業損益になったという。

405 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:10:10
アルペン会場候補にニセコビレッジ 札幌冬季五輪招致
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/371888

札幌市が2030年の招致を目指す冬季五輪・パラリンピックのアルペンスキー会場候補地を、ニセコビレッジスキー場(後志管内ニセコ町)と決めたことが5日、分かった。国際スキー連盟(FIS)がコースの斜度や難易度、雪質を評価したため。

 市などによると、アルペン4種目のうち、滑降とスーパー大回転はニセコビレッジと、ニセコアンヌプリ国際スキー場(ニセコ町)の間にある湯の沢地区に新コースを造る方向で検討する。大回転と回転は「ニセコビレッジ」の既存コースを活用する。

406 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:13:42
バッハ会長「心配の必要ない」 東京五輪マラソン・競歩の札幌開催―IOC理事会
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120600015&g=spo

【ローザンヌ(スイス)時事】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は5日、スイスのローザンヌで行われた理事会後に記者会見し、東京五輪のマラソン・競歩の札幌開催について、「日本の方々は少しも心配する必要はない。日本で開催されるのだから、とても喜ぶことができる」と述べた。
 マラソン・競歩は暑さ対策のため、バッハ会長の強い意向が通る形で会場が東京から急きょ変更された。同会長は「科学的な見解から説明を受け、選手の健康へのリスクを考慮し、この決断をする必要があった」と説明した。
 理事会ではマラソンの発着点が市中心部の大通公園とすることが承認されたが、コースの後半部分は日本の組織委員会と世界陸連が合意に至らず、継続審議となった。バッハ会長は「スタート時間も決まったし、(世界陸連と)組織委の協議も続いている。私は何も心配していない」と語った。

407 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:17:16
東京五輪マラソンと競歩の発着点は札幌の大通公園に、日程も一部見直し
https://www.afpbb.com/articles/-/3258123

【12月5日 AFP】国際オリンピック委員会(IOC)は4日、2020年東京五輪の陸上マラソンと競歩の発着点が、北海道マラソン(Hokkaido Marathon)の会場として使用されている札幌の大通公園(Odori Park)に決定したと発表した。また、日程は一部見直され、男子マラソンは大会最終日の早朝に実施されることとなった。五輪のマラソンと競歩の開催地は、東京の猛暑を理由に札幌に変更されていた。

 IOCのカースティ・コベントリー(Kirsty Coventry)選手委員長は、「選手の健康は常にわれわれの懸案事項の中心であり、マラソンと競歩の札幌への開催地変更は、われわれがどれほどそのことを懸念していたかを示している」とコメントした。

札幌は東京から800キロ北に位置しており、IOCは各国内オリンピック委員会(NOC)と選手やコーチのサポートを円滑に得られるようにスケジュールを見直したとしている。

 この結果、マラソンと競歩は8月6日から大会最終日の9日にかけて4日連続で実施されることになる。大会は7月24日に開幕する。

 東京五輪組織委員会の武藤敏郎(Toshiro Muto)事務総長は、「開催地変更の決定以降、これほど早く大通公園が会場として承認される見通しとなったのは、多くの人のサポートのおかげであり感謝している」と話した。

「東京2020の開幕まで8か月を切っている。東京2020はこれからもワンチームとして大会の準備に関与するすべての関係者と密接に協力していく」

 マラソンと競歩の日程は以下の通り。

■8月6日 男子20キロメートル競歩(午後4時半スタート)

■8月7日 男子50キロメートル競歩(午前5時半スタート)、女子20キロメートル競歩(午後4時半スタート)

■8月8日 女子マラソン(午前7時スタート)

■8月9日 男子マラソン(午前7時スタート)

408 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:21:10
東京五輪のマラソン・競歩の会場が札幌大通公園に変更 IOC理事会で決定
https://www.olympicchannel.com/ja/stories/news/detail/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E4%BA%94%E8%BC%AA%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3-%E7%AB%B6%E6%AD%A9%E3%81%AE%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%8B%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%A4%A7%E9%80%9A%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%AB%E5%A4%89%E6%9B%B4-ioc%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E3%81%A6%E6%B1%BA%E5%AE%9A/


文: オリンピックチャンネル編集部
5 December 2019 12:02

12月4日、スイスのローザンヌにてIOC理事会が行われ、東京五輪のマラソン・競歩の会場が札幌大通公園になることが承認された。また、それに伴い競技日程も変更となった。

会場について
札幌大通公園は札幌の中心地に位置し、長さ1.5km・面積7.8haにわたって美しい花壇や芝生、樹木が生い茂る。一年を通して様々なイベントの会場として利用され、多くの市民や観光客に親しまれている。

マラソンのコースについて
マラソンのコースは北海道のマラソンで実施されているものをベースに、20kmのループを1周目に設定することで合意した。2週目以降については引き続き競技を重ねて、12月中旬までに結論を出す予定。


競歩のコースについて
競歩はコースが決定した。詳しいコースはこちら。

競技の日程について
競技日程は以下に決定した。

2020年8月6日(木)16:30 20km競歩・男子

2020年8月7日(木)5:30 50km競歩・男子

2020年8月7日(木)16:30 20km競歩・女子

2020年8月8日(土)7:00 マラソン(女子)

2020年8月9日(土)7:00 マラソン(男子)

409 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:25:51
北海道の外国人客、最多64万人 道4〜6月調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53007190V01C19A2L41000/

北海道が5日発表した2019年4〜6月期の観光入れ込み客数調査によると、道内を訪れた外国人客数は前年同期比4.4%増の64万8100人に拡大した。4〜6月としては、8年連続で最多を更新した。中国や台湾、タイからの訪問者は減ったものの、主力の韓国人客が大幅に伸びたことで補った。ただ日韓関係の悪化により、先行きは不透明感も漂う。


国・地域別で最も多かったのは韓国からで、16.1%増の20万200人に達した。同期間として4年連続で過去最高だった。6月までは韓国人による北海道人気が高く追い風になった。

伸びが顕著だったのは北米だ。米国は2.2倍の2万1300人で、カナダも96.7%増の5900人に膨らんだ。北海道庁は「官民を挙げた北米向けプロモーション効果が表れたのではないか」(経済部観光局)とみていた。

ただ、北海道胆振東部地震を受けて始まった「北海道ふっこう割」終了直後とあって、反動減も目立つ。客数2位の中国は5.1%減(13万6800人)にとどまった。台湾も2.7%減(11万8700人)で、タイも8.5%減(4万4300人)と低迷した。

410 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 08:30:29
「東京五輪来たら北海道旅行」最多44% 政投銀・訪日客調査 2次交通網整備、急務に
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/371855/

日本政策投資銀行北海道支店などがまとめた2019年度の「北海道観光に関する訪日外国人旅行者の意向調査」によると、来年の東京五輪を機に「地方を旅行したい」と回答した外国人が旅行客の9割超に上り、訪問希望先として北海道が最も人気を集めた。一方、道内旅行経験者は2次交通網などに不満を持っており、受け入れ態勢の整備が急務と指摘している。

 調査は、6月下旬〜7月上旬にインターネットで行われ、アジア(韓国、中国など8カ国・地域)と欧米豪(米国など4カ国)の6276人から回答を得た。

411 名無し@良識派さん :2019/12/06(金) 18:03:26
北海道IR産業展、開催中止

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO52961790U9A201C1L41000


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

超高層ビビル〈3〉ドバイ編 (Skyscrappers Vol 3) / 社会評論社



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板