したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Beavers ビーバーズ

1 パタヤゴーゴー管理人 :2019/08/12(月) 17:09:45
ビーバーズ情報
http://www.pattayagogos.net/gogos/Beavers.htm

2 8月さん :2019/08/12(月) 17:21:41
【日時】
 2019/8/10(土) 21:50
【ダンサー数】
 目視20人ほど
【レポ】
 伝票番号217番。
 物件リースが終了し2011年に閉店したビーバーズの流れをくむ。
 ウォーキングストリート陸サイドから「ソイ15へと移転して再開」ともいえるが、あまりにも経過時間が長いので新店として扱う。

 ベイビードールズからエレクトリックブルー系列になってのオープン初日。
 コスチュームはエレクトリックブルー・ドールハウスと同様。 嬢は旧ベイビードールズのまんま。
 おバカマットは手前が消滅し、奥のみになった。

 ドリンク代を含め、各種料金はエレクトリックブルーと同じに値上げされた。

 特筆すべきは、エレクトリックブルーとの店内往来が自由であること。 壁の一部が取り除かれたからだ。
 ちなみに、この時のエレクトリックブルーの嬢数は20人ちょっと。 エレクトリックブルー嬢の方がレベルが高い。
 両店合わせれば50人近くの嬢が出勤しているので、コスパは良くなる。

 写真はPGnetブログ
 https://pgnet-pattayagogos.blogspot.com/2019/08/810-beavers.html

3 9月さん :2019/09/25(水) 00:10:02
【日時】
9月21日(土)21:00
【ダンサー数】
 目視30人ほど
【レポ】
行きつけのバーだったベイビードールズからエレクトリックブルー系のビーバーズになってから初の入店。
ダンスステージはエレクトリックブルーの物によく似た、低めの明るいものに代わっていた。
そのせいでなんか店内がちょっと垢抜けて明るい店になった感じに。
マットは一つになってその代わりに広さが倍の二畳サイズに。

入ったとたんにベイビードールズ時代のなじみのデックサービスに出っくわす。
ダンサーたちも顔馴染みの娘がずらりと揃っていてほぼそのままの状態、
ただ新人もそれなりの数が入っているようだった。
衣装もオレンジと白の明るい色に、ノーパンに短いミニスカで実質的に下半身は丸見え状態。

一番違ったのはペイパー料金が約1.5倍にアップした事、深夜になってもディスカウントは無いんだとか。

4 11月さん :2019/11/26(火) 17:25:06
【日時】
 2019/11/13(水) 21:20
【ダンサー数】
 目視30人近く
【レポ】
 伝票番号152番(エレクトリックブルー)。
 ビーバーズとエレクトリックブルーの間は自由に行き来できるので、ビーバーズもチェック。

 おばさんダンサーたちがほぼ消えた。
 バンコクパッポンのキングスキャッスル1,2からおばちゃんたちが一斉に消えたように。
 平均年齢はかなり下がった。 かつての勢いがあった頃の旧ベイビードールズには遠く及ばないが。
 おばちゃんでない不細工は一部残っている。

 高い露出度は維持。
 全員、全裸かノーパン。

5 1月さん :2020/01/03(金) 18:59:32
【日時】
 2020/1/2(木) 23:00
【ダンサー数】
 目視20人ほど
【レポ】
そこそこの賑わい、ダンサーがだいぶ若返っていて幼児体型の18歳初めとして
結構カワイイ系が増えた。

ただ、アンタまだ居たの?というベイビードールズ時代からの古顔もちらほらと残っている。
店内の様子はビーバーズになってから格段に明るくなった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板