したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

徒然なるままに

4 あーみん。 :2013/08/04(日) 23:11:09
わ〜、こんな妄想話に付き合わせてしまってすみません〜!(汗)

あ、ところで私の「神の恩寵」という書き方がまずかったかもなんですが、
今の私の捉え方でも、もう自分と「分離」した「神」というものはいないんだ、
という解釈になっております。

前回もちょこっとお伝えしたのですが、私は「津留晃一さん」のメッセージが
大好きだったので、津留さんの言葉はそのまま鵜呑みにしていました。
(いえ、今でも強い影響は残ったままです^^)

その津留さんを始め、私が読んできた覚者の方々の本での大前提が、
この宇宙のすべてが「わたし」であって、この世界には「わたし」しかいない。
つまり「わたし」=「神」なのです、と。

なのでこの「神の恩寵」の「神」は、言い換えると真我、とか、宇宙、とか、
ハイアーセルフという捉え方でした。。ってそんなこと書いてないから
分からないですよね!失礼しました。^^;

私の場合は悟っていないので、何も知らないということは知っているのですが、
神については「そう信じている」というレベルです^^
上記の説とラピ。さんから見えている(知っている?)世界は同じですか?

で、私がこの「ループ」の話を持ち出して何が言いたかったかといいますと、
(すみません、最初の文章は何伝えたいのかさっぱり分かりませんよね^^;)
コンピューターの中の人工プログラムが、まるで人間のように
思考することが出来たとしても、そのプログラム内に蓄積されているデータを元にしか
思考出来ないわけで、それをはるかに超えた知識を持つプログラマー側の世界
(つまりプログラムにとっては高次元の世界)については、
絶対に分かるはずもないことなんだ。
それはつまり、この3次元世界で3次元レベルの思考をどんなに駆使しようと、
決して、それ以上の高次元の世界を理解することは不可能なんだ、
ってことが分かった気がしたんです。
平面だけの2次元の世界と、空間のある3次元世界がかけ離れた世界であるように。

そんなことが、ラピさんの今日のブログを読んで頭に浮かび
なんだかラピ。さんに聞いて頂きたくなっちゃって、こんな文章に。。^^;
スミマセン!

とにかくまだまだ自我のおしゃべりが止む気配がないってことだけが
はっきりと分かります〜^^;
く〜!実践やるぞ〜!

ラピ。さんいつもありがとうございます!


































































































(何度も言ってるかもですが)その神の愛とは
自分が意図しなければ得られない愛であり、
自分が愛そのものになったわけではありません。

まさしく相対的次元の神でありその次元での想像の範囲を超えていません。

そして外から得られる愛は明らかに自分と分離してる愛です。
本物ではありません。

余談ですが悟りの道の延長上に悟りがあるわけではなく
激流を渡り終えると ふと違う次元にいた、という感じです。

その次元の間にあるのが激流です。
次元を超えることは、簡単なことではありません。

次元を飛び越えるのには勢いが必要で、
その勢いによりかなりの抵抗が起こります。
この抵抗が激流とも言えます。

悟りの道、という表現をすると、その道をずっと歩いていると
いつかたどり着けるような感じがしますけど
実はそういう直線的なものではなく次元が違うという感じか


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板