したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

免疫療法

1 Kwansei Gakuin University :2018/11/14(水) 07:26:45

「免疫療法 まず、知っておきたいこと」

https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy/immu01.html

「免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ」

https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy/immu02.html

2 Kwansei Gakuin University :2018/11/14(水) 07:41:12
細菌の移植によって、がん免疫療法による大腸炎の症状が和いだ
2人のがん患者で免疫療法によって生じた重篤な大腸炎を、健康なドナーの腸内細菌を移植することによって治療したという原理証明研究について報告する論文が、今週掲載される。

免疫療法はがん治療に大変革をもたらしたが、その成功にもかかわらず、高頻度で免疫関連の強い毒性を伴う。こうした毒性は患者にとって有害で、治療の中断につながることが多い。そうした副作用の1つが重篤な大腸炎であり、免疫療法を受けた患者では大腸内壁が炎症を起こし、それに伴って腸内微生物相が変化する。

Yinghong Wangたちは、免疫療法後に大腸炎を発症したがん患者2人に対し、健康なドナー由来の糞便微生物相を移植した。その後、患者の大腸炎の症状が軽減した。Wangたちが移植前後に患者から糞便の試料を採取して調べたところ、腸内微生物相を守る細菌類が移植によって回復し、大腸炎に伴う炎症が消失していることが明らかになった。

これらの知見は、より大きな患者集団で臨床試験として確認する必要があるが、今回の成果から、がん免疫療法の主要な副作用の1つが糞便移植によって治療できる可能性が明らかになった。
Fecal microbiota transplantation for refractory immune checkpoint inhibitor-associated colitis

We report the first case series of immune checkpoint inhibitors (ICI)-associated colitis successfully treated with fecal microbiota transplantation, with reconstitution of the gut microbiome and a relative increase in the proportion of regulatory T-cells within the colonic mucosa. These preliminary data provide evidence that modulation of the gut microbiome may abrogate ICI-associated colitis.

3 Kwansei Gakuin University :2018/11/14(水) 15:59:58
米メルク社から受領するオプジーボ関連のロイヤルティ収入を増額修正し、業績予想を上方修正。国内のオプジーボの売り上げ予想は変更なし。非小細胞肺がんでは競合するキイトルーダに苦戦しているもようだが、胃がんでは免疫チェックポイント阻害剤で唯一の適応を取得しており、さらに8月から悪性胸膜中皮腫の適応が加わったことで、売り上げの伸びしろが拡大する。また、メルクからIPの対価として受領しているロイヤルティも100億円を突破し、収益貢献度を増してきたと指摘。

4 Kwansei Gakuin University :2018/11/14(水) 16:07:27
がん細胞死のスイッチを光でON、光免疫療法の仕組みを北海道大学などが解明 大学ジャーナルオンライン編集部
がん治療創薬北海道大学名古屋大学
 北海道大学の小川美香子教授、米国国立がん研究所の小林久隆主任研究員らの研究グループは、株式会社島津製作所、名古屋大学と共同で、近赤外光を用いた光免疫療法の治療メカニズムを解明した。細胞上の「デス・スイッチ」をONにしてがん細胞を選択的に殺すことができる。

 従来の抗がん剤治療と異なり、光免疫療法(小林久隆主任研究員らが発見)は、がん細胞以外に毒性を発揮しないため副作用が極めて小さい。がん免疫の活性化や転移がんへの有効性なども認められ、有望ながん治療法とされる。光免疫療法では、IR700という化学物質を結合させた抗体を投与した後、近赤外光を照射するとがん細胞を殺傷できるが、そのメカニズムの解明が注目されていた。

 今回、質量分析装置・原子間力顕微鏡などによる解析を行った結果、光化学反応により、IR700の水溶性軸配位子が外れ化学構造が変化し、脂溶性の構造へ大きく物性が変わることを発見。この物性変化が「デス・スイッチ」の正体であり、近赤外光という生体に毒性を示さない光のリモコンにより、狙った細胞膜上のスイッチをONにできることを突き止めた。また、マウスを用いた実験で、生体内でも同様に光化学反応が引き起こされることを証明。これにより、光によりがん細胞に結合した薬剤だけを毒に変えることができる、全く新しい細胞殺傷方法であることが解明された。

 今回の研究で見出した全く新しい光化学反応を用いた細胞の殺傷方法は、今後のがん治療を大きく変えるとみられる。化学的観点からも生体内で化合物を活性化して選択的に狙った細胞を殺すことができる手法として有用性が高く、今後の薬剤開発に様々な方向から利用されることが期待される。

論文情報:【ACS Central Science】Photo-induced ligand release from a silicon phthalocyanine dye conjugated with monoclonal antibodies; A mechanism of cancer cell cytotoxicity after near infrared photoimmunotherapy

5 Kwansei Gakuin University :2018/11/25(日) 23:34:32
小野薬品・相良社長 18年度にオプジーボで4つの適応追加、6つの新薬を国内申請】

★引用:2018/04/18 ミクスオンライン
⇒ttps://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/60756/Default.aspx

小野薬品の相良暁社長は4月17日、東京の新社屋で開いた記者懇談会で、2018年度にがん免疫療法薬オプジーボで4つの適応追加と、新薬6製品を日本で承認申請する計画を明らかにした。いずれも19年度の承認取得を見込む。オプジーボは今後、10以上のがん腫の適応を持つ可能性が高い。

最主力品のオプジーボは現在、6つのがん腫で承認されている。申請中のものには▽悪性胸膜中皮腫(17年12月申請)▽悪性黒色腫の術後補助療法(17年12月申請)▽腎細胞がんファーストライン/抗CTLA-4抗体イピリムマブとの併用(18年1月申請)――がある。

そして、相良社長は「(開発が)順調にいけば」と前置きしたうえで、18年末までに食道がん、19年1〜3月に小細胞肺がん、肝細胞がんファーストライン、非小細胞肺がんファーストライン/抗CTLA-4抗体イピリムマブとの併用――の適応追加申請を行うと説明した。

■世界初のがん悪液質用薬アナモレリン、年内申請を計画

オプジーボ以外の18年度の申請計画は、4月中に悪性黒色腫治療薬としてBRAF阻害薬エンコラフェニブとMEK阻害薬ビニメチニブの併用療法、同じく4月中に褐色細胞腫治療薬メチロシン、7月頃に抗パーキンソン病薬オピカポン、年末頃にがん悪液質の治療薬アナモレリンと慢性心不全治療薬イバブラジン――の6製品を予定している。

粟田浩副社長(開発本部長)は、アナモレリンは食欲のなくなるがん患者の食欲を増進して、体重減少を抑える世界初の治療薬として開発中で、全がん腫で使えるよう開発していると説明した。また、がん患者に対する包括的薬物治療を提供していくとし、「日本では19の抗がん剤で臨床開発している」とも語った。

製品ラインナップの強化や国内外での積極的な創薬・研究提携活動を進めるほか、22年以降を目途に欧米での開発・自社販売展開を実現し「真のグローバル企業を目指す」と述べた。

6 Kwansei Gakuin University :2018/11/27(火) 20:06:55
北海道大学は2018年11月7日、光免疫療法の細胞傷害メカニズムを解明したと発表した。光免疫療法は新しい光化学反応を用いた細胞の殺傷方法で、近赤外光が狙った細胞上にある「デス・スイッチ」をONにして選択的に殺せることを証明した。同大学大学院薬学研究院 教授の小川美香子氏らの研究グループが、米国立がん研究所、島津製作所、名古屋大学と共同で行った。

 光免疫療法では、IR700という水溶性のフタロシアニン誘導体を結合させた抗体(抗体-IR700結合体)を薬剤として用いる。抗体はがん細胞の表面に結合。抗体-IR700結合体を投与した後、近赤外光を照射するとがん細胞を殺せる。光免疫治療は、がん細胞以外に毒性を発揮しないため副作用が極めて小さいなど、従来の抗がん剤による治療や光治療と効果の出方が全く異なるため、その細胞傷害メカニズムの解明が注目されていた。

 同研究グループは、近赤外光照射時にIR700に起こる化学構造変化に着目。さまざまな環境下で、IR700と抗体-IR700結合体に近赤外光を照射した後の化学構造を、有機化学合成、質量分析装置・NMR(核磁気共鳴装置)など、各種分析手法を用いて解析した。その結果、光化学反応によってIR700の水溶性軸配位子が外れて化学構造が変化し、脂溶性の構造へと大きく物性が変わることを見出した。この光化学反応は、抗体に結合させた状態でも起こることが証明でき、光照射後には薬剤が凝集する様子が観察された。

 また、原子間力顕微鏡で、近赤外光照射後の抗体-IR700結合体の立体構造を観察し、光化学反応によって抗体が変形あるいは凝集する様子を画像化することにも成功し、光化学反応による抗体-IR700結合体の物性変化が証明された。さらに、マウスを用いた実験でも近赤外光による水溶性軸配位子の切断反応が確認され、生体内でも同じ光化学反応が起こることが確認できた。

 以上のことから、がん細胞膜上の抗原にIR700-抗体結合体が結合した状態でIR700の物性が変化し、膜抗原抗体複合体ごと変形や凝集体を生じることで、がん細胞膜が傷害されると考えられる。つまり、光化学反応によるIR700の化学構造変化とそれによる物性変化が、抗体の結合した細胞を殺す「デス・スイッチ」の正体であると分かった。近赤外光という生体に毒性を示さない光のリモコンでこのスイッチをONにできる。

 このように光免疫療法は、光によってがん細胞に結合した薬剤だけを毒に変えることができるもので、全く新しい光化学反応を用いたがん細胞の殺傷方法であることが解明できた。これは、光免疫療法の有効性を示す上で重要で、化学的観点からも生体内で化合物を活性化して選択的に狙った細胞を殺すことができる手法として有用性が高く、薬剤開発にさまざまな方向から利用される可能性も高い。今後、より効果的で副作用の少ないがん治療の開発が期待されるとしている

7 Kwansei Gakuin University :2018/12/01(土) 05:32:12

医薬品第二部会。キイトルーダの非小細胞肺がん1次治療法変更を了承。
①単剤療法:PD-L1発現率1%以上
②併用療法:PD-L1発現の有無にかかわらず、非扁平上皮がんに対して他の抗悪性腫瘍剤と併用
③併用療法:PD-L1発現の有無にかかわらず、扁平上皮がんに対して白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法と併用

医薬品第二部会。テセントリクの非小細胞肺がん1次治療法の承認を了承。PD-L1発現の有無にかかわらず、非扁平上皮がんに対して、カルボプラチン、パクリタキセル及びベバシズマブと併用。

8 Kwansei Gakuin University :2018/12/01(土) 05:42:53
がん免疫治療薬「キイトルーダ」、臓器別でなく特定の遺伝子変異対象に適用拡大へ

 肺がんなどの免疫治療薬「キイトルーダ」について、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は29日、臓器にかかわらず特定の遺伝子変異を原因とするがんの治療薬として承認することを了承した。使用対象の拡大が年内にも正式決定する見通し。臓器別でなく、遺伝子に着目して抗がん剤が承認されるのは初めて。
 今回の使用拡大は、がん細胞の遺伝子の修復に関わる別の遺伝子に変異があるタイプ。
 このタイプの患者は、大腸がんでは6%おり、胃や前立腺などのがんでもよくみられるという。キイトルーダが使えるようになるのは、遺伝子検査でこのタイプとわかった患者のうち、進行・再発がんでほかに治療法がなくなった人に限られる。
 抗がん剤はこれまで、肺、胃、大腸など臓器ごとに承認されてきた。
 しかし近年、違う臓器でも遺伝子変異のタイプが同じだと、共通して効きやすい薬があることがわかってきている。
 埼玉県立がんセンターの赤木 究きわむ 医師は「この薬は、大腸がんでは効果がわかってきているが、他の臓器も同様かどうかはまだ十分確認できていない。承認されたとしても、慎重な対応が必要だ」と話している。
kore
メルクがおぼじーぼの仕組みをぬすんだやつ。小野が訴訟にかってロイヤルティもらう


メッセージを送信

9 Kwansei Gakuin University :2018/12/06(木) 11:36:27
新製品】BiTE抗体「ビーリンサイト」、免疫療法剤として国内発売 アステラス・アムジェン・バイオファーマ、アステラス製薬
2018年12月3日 (月)

 アステラス・アムジェン・バイオファーマとアステラス製薬は、再発・難治性のB細胞性急性リンパ性白血病治療薬「ビーリンサイト点滴静注35μg」(一般名:ブリナツモマブ)を新発売した。

 ビーリンサイトは、米アムジェンが開発した二重特異性T細胞誘導(BiTE)抗体による免疫療法剤。体内の免疫システムが癌細胞を攻撃する働きを促す。

10 Kwansei Gakuin University :2018/12/06(木) 11:37:48
乳癌の分野にも免疫療法の時代が来た
ER陽性では術前内分泌療法と再発リスク評価で術後化学療法を省略する方向に
2018/11/30 愛知県がんセンター中央病院乳腺科部部長 岩田 広治 氏

 乳癌ではこれまで免疫チェックポイント阻害薬の有効性が証明されていなかったが、抗PD-L1抗体のアテゾリズマブが化学療法との併用で進行トリプルネガティブ乳癌に有効であることが、フェーズ3試験IMpassion130で示された。ドイツ・ミュンヘンで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2018)ではこの他に、エストロゲン受容体(ER)陽性患者における術後化学療法の必要性を検討するNEOS試験の結果も発表された。愛知県がんセンター中央病院乳腺科部部長の岩田広治氏に、これらの試験の解釈と今後の乳癌診療における影響を解説してもらった。

11 Kwansei Gakuin University :2018/12/06(木) 11:38:58
今まで免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の臨床試験は乳癌ではなかなかうまくいかなかったのですが、IMpassion130試験のポジティブな結果によって、乳癌の分野もついに免疫療法の時代が来たなというのが一番の印象です。中でも大きな成果は、PD-L1陽性患者での全生存期間(OS)がトリプルネガティブ乳癌(TNBC)において10カ月延びていることです。全患者でのOSは統計学的有意差がなかったのは残念なところではありますが、PD-L1陽性患者でのOSの違いは非常に臨床的な意味が大きいと思います。

 またエストロゲン受容体(ER)陽性乳癌には、術後、再発予防として内分泌療法が標準的に行われています。この内分泌療法に加えて化学療法が必要な患者をどのように選択するかを検討したのがNEOS試験です。ESMO2018では、術前内分泌療法の効果と予後の結果を発表しました。主要評価項目の結果は来年になると思いますが、今回の結果からもER陽性例における術後治療の方向性は見えてきたと思います。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/report/201811/558846_5.html

12 Kwansei Gakuin University :2018/12/07(金) 16:36:12
ノーベル賞の本庶さん会見、50年までに免疫療法でほとんどのがんを治療
 ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑・京都大特別教授が6日、ストックホルムのカロリンスカ研究所での公式記者会見で「2050年までにはほとんどのがんが免疫療法で治療できるようになる」と展望を語った。

 会見には共同受賞者のジェームズ・アリソン米テキサス大教授も同席。2人がそれぞれ開発に関わったがん治療薬の併用などで効果が上がることを紹介。免疫療法が今後の治療のかぎになるとし、「完全にがんが消せなくても、増殖を抑えられるようになるのではないか」と語った。

13 Kwansei Gakuin University :2018/12/07(金) 16:39:32
【ストックホルム=沢田千秋】今年のノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑(ほんじょたすく)京都大特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)が六日午後(日本時間六日夜)、ストックホルムのカロリンスカ研究所で授賞式を前に公式記者会見を開いた。

 本庶さんは冒頭、アリソン教授の印象について「私たちは共同研究でも競争でもなく、独立した異なる研究を行った。補完的関係でノーベル賞を共有でき、とてもうれしい」と笑顔で語った。

 二人は、がん細胞に強い攻撃力を発揮する免疫細胞の表面で、ブレーキ役として働くタンパク質を発見。本庶さんの研究を基に実用化された新薬オプジーボは、がん細胞が、このタンパク質と結合して免疫細胞の攻撃にブレーキをかけるのを阻止する。新薬は現在、世界中のがん患者の希望。副作用が強い放射線治療や抗がん剤ではなく、人間が本来持つ免疫力でがんに対抗する画期的な発見に「がん治療の可能性を大きく広げた」として受賞が決まった。

 本庶さんは「人類ががんを克服できるのはいつか」との質問に「私たちの発見からまだ二十年未満だが、たくさんのがん患者が治っている。そして、たくさんの人が関わるようになった。二〇五〇年には、ほとんどのがんが免疫療法で治療できると確信している」とし、「大きくならないがんと共存するという形でのがん治療は不可能ではない」と力を込めた。

 賞金九百万スウェーデンクローナ(約一億一千三百万円)は二人で等分する予定で、アリソン教授は「税金を払わないといけないが、米国でのがん研究や妻と支援している少女の教育支援の慈善団体に使い、強制結婚などをなくしたい」と述べた。本庶さんは「日本政府は賞金の税金を免除している」と笑いを誘い、「京大で生命科学を研究する若者を支える基金に寄付する」と明かした。

 本庶さんは六日午前、市内のノーベル博物館を訪れ、受賞者が喫茶店の椅子の裏にサインをする恒例行事に参加した。七日午後にはカロリンスカ研究所で受賞記念講演を行う。十日の授賞式には、京都であつらえた和服で臨むという。

14 Kwansei Gakuin University :2018/12/07(金) 16:40:35
乳癌の分野にも免疫療法の時代が来た

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/report/201811/558846.html

15 Kwansei Gakuin University :2018/12/09(日) 18:32:39
関西医科大学などがプロスタグランジン受容体の立体構造解明、アスピリンを超える新薬期待
大学ジャーナルオンライン編集部
共同研究創薬京都大学熊本大学関西医科大学

 関西医科大学の清水(小林)拓也教授らの研究グループは、京都大学、熊本大学との共同研究により、プロスタグランジン(PG)の受容体の立体構造を世界で初めてX線結晶構造解析によって解明した。PGが関与する急性・慢性炎症やがんなどの様々な疾患に対する、有効性が高く副作用の少ない治療薬が期待される。
 PGは、特異的な受容体に結合して急性炎症の発赤や熱感、腫脹、痛みなどの局所反応から、発熱、倦怠感、食欲不振などの全身反応まで幅広く関与する。アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬は、PG合成酵素を阻害することで、生理活性物質である一連のPGの生合成を抑えて効果を発揮する。近年は、PGの慢性炎症作用やがんへの作用が注目され、基礎研究ではアスピリンによる様々ながんの発症・進展の抑制作用が報告されている。現在、受容体を基盤にPGの良い作用を促進し、悪い作用を抑制する選択的な薬物「スーパー・アスピリン」の開発が期待されている。
 研究では、まず昆虫細胞を用いてPGの一つであるPGE2の受容体(EP3とEP4)を大量に発現。次に、EP4に対してはPGE2-EP4シグナルを阻害する抗体をEP4に結合させ、「脂質立方相法」と呼ばれる方法を用いて結晶化した。さらに、京都大学と千葉大学が開発した「理論的耐熱化予測法」を利用し、結晶の分解能向上に成功。EP4拮抗薬が結合したEP4と抗体の複合体の立体構造とPGE2が結合したEP3の立体構造を解明した。
 今回、多くの薬物の開発が期待されている標的分子・プロスタグランジン受容体の「形」が原子レベルで解明された。今後その立体構造を基に慢性炎症、がん、精神疾患などに対して、有効性が高く副作用の少ない治療薬の探索・設計が可能になると期待される。
論文情報:【Nature Chemical Biology】Ligand binding to human prostaglandin E receptor EP4 at the lipid-bilayer interface

16 Kwansei Gakuin University :2018/12/13(木) 11:21:36
情報提供:ウイルス製剤とオプジーボ併用を 岡山大、がん治療効果アップ確認】

★引用:2018年12月12日 山陽新聞Web版
⇒ ttp://www.sanyonews.jp/article/837064

岡山大大学院の藤原俊義教授(消化器外科)と黒田新士助教(同)の研究グループは、がん細胞を破壊するウイルス製剤「テロメライシン」と、今年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授の研究を基に開発されたがん免疫治療薬「抗PD1抗体(オプジーボ)」を組み合わせると、治療効果が高まることを動物実験で確認した。新たな複合免疫療法の開発につながると期待され12月13、14日に東京で開かれる日本バイオセラピィ学会で発表する。

 テロメライシンは岡山大が独自に開発し、風邪ウイルスの一種・アデノウイルスを無害化して遺伝子を組み換え、がん細胞を選択的に破壊する特徴を持つ。抗PD1抗体は本庶特別教授が発見した免疫細胞の表面にあるタンパク質「PD1」を基に開発され、がん細胞とPD1が結合し免疫細胞の攻撃にブレーキをかける働きを阻止する。

 藤原教授らの先行研究では、大腸がんの培養細胞にテロメライシンを投与すると、がん細胞が破壊されるとともに、特定のタンパク質やエネルギー物質が増えていることが分かった。これらの現象は免疫反応が高まっていることを示しているため、抗PD1抗体と併用すれば効果が高まると仮定して実験した。

 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)は昨年12月から、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)と共同で、進行した食道がんの患者らに同種の免疫治療薬(キイトルーダ)とテロメライシンを組み合わせた治験をスタートさせている。

 藤原教授は「免疫治療薬だけでは効きにくいとされているがんであっても、テロメライシンを併用することで有効な治療法になる可能性がある」と話している。

17 Kwansei Gakuin University :2018/12/14(金) 06:02:33
テラ Research Memo(2):がん免疫療法の1つである樹状細胞ワクチン療法で世界トップクラスの症例実績
2018/12/13 15:02 FISCO
 


*15:02JST テラ Research Memo(2):がん免疫療法の1つである樹状細胞ワクチン療法で世界トップクラスの症例実績

■会社概要

1. 事業概要
テラ<2191>はがん免疫療法の1つである樹状細胞ワクチン療法を中心に、医療機関に対する技術・運用ノウハウの提供、及び再生・細胞医療に関する研究開発を行う企業で、2004年に元外科医師で取締役の矢崎雄一郎(やざきゆういちろう)氏によって設立された。事業セグメントは細胞医療事業、医薬品事業、医療支援事業の3事業で構成されており、子会社において医薬品事業、医療支援事業を展開している。各事業セグメントの内容は以下のとおり。

(1) 細胞医療事業
細胞医療事業には、同社が開発する樹状細胞ワクチン療法を中心とした独自のがん治療技術・ノウハウの提供、細胞培養施設の貸与、特許実施権の許諾及び集患支援サービスが含まれる。

売上高の大半は、契約医療機関から樹状細胞ワクチン療法の症例数に応じて得られる技術料や設備貸与料、特許使用料などからなる。契約医療機関にはその契約形態によって、「基盤提携医療機関」「提携医療機関」「連携医療機関」の3つのタイプに分けられる。「基盤提携医療機関」とは、同社が細胞培養施設を当該医療機関に設置・貸与し、技術・ノウハウの提供や特許使用の許諾などを行い、その対価として施設使用料、技術・ノウハウ料、権利使用料を治療数に応じて受け取る医療機関となる。「提携医療機関」とは、細胞培養施設を自身で既に整備している医療機関である。施設使用料がかからないため、1症例当たりの売上高は基盤提携医療機関より少なくなる。「連携医療機関」とは、細胞培養施設を持たず、基盤提携医療機関及び提携医療機関と連携して治療を行う医療機関となる。同社が当該医療機関に対してマーケティング・権利使用許諾などを行い、その対価をコンサルティング料として徴収する。樹状細胞の培養を基盤提携医療機関または提携医療機関で行うため、1症例当たりの当該医療機関から得られる売上は、樹状細胞の培養を実施した基盤提携医療機関または提携医療機関を通じて徴収することになる。

こうした契約医療機関の数は、2018年12月期第3四半期末時点で31施設となっており、日本全国をカバーしている。また、症例数は累計で約11,970症例と樹状細胞ワクチン療法では世界でトップクラスの実績を積み重ねている。がん種別で見ると膵臓がんが約2割と最も多く、次いで大腸がん、肺がんが各1割強となっている。

(2) 医薬品事業
医薬品事業は、樹状細胞ワクチン等の再生医療等製品の研究開発・試験・製造を目的に2014年1月に設立された連結子会社のテラファーマ(株)が担っている。膵臓がんに対する再生医療製等製品としての樹状細胞ワクチンの製造販売承認取得を目指しており、現在は和歌山県立医科大学附属病院で実施している医師主導治験に向けた治験用製品を製造、提供している。

(3) 医療支援事業
医療支援事業は、イメージングCRO(治験支援)事業を行うタイタン(株)、遺伝子検査サービス事業を行う(株)オールジーンなど連結子会社の事業で構成されている。なお、同セグメント売上高の7割強を占めていたBMS(細胞加工施設の運営受託・保守管理サービス、消耗品や細胞培養関連装置等の販売)については、2017年9月に保有株式をすべて売却しており、2017年12月期第4四半期より連結対象から除外されている。

18 Kwansei Gakuin University :2018/12/14(金) 06:03:09
2. 樹状細胞ワクチン療法とは
がんの治療法には一般的に、「外科療法(手術)」「化学療法(抗がん剤治療)」「放射線療法」と3つの標準的な治療法があり、症状に応じてそれぞれ単独で、あるいは複数の治療法を組み合わせながら治療を行っている。同社が提供する樹状細胞ワクチン療法は「第4のがん治療法」と言われる免疫療法の1つであり、これらの標準的な治療法や他の免疫療法と組み合わせることで効果を発揮するがん治療法である。

がんに対する免疫細胞療法とは患者自身の体から血液(免疫細胞)を採取して、それを体外で培養、活性化して再び体に戻し、悪性腫瘍細胞(がん細胞)を攻撃する治療法である。「樹状細胞」は免疫細胞の1つであり、体内で異物を捕食することによりその異物の特徴(抗原)を認識し、リンパ球(異物を攻撃する役割を持つT細胞等)にその特徴を覚え込ませるといった役割を担う。これにより、そのリンパ球が異物(がん細胞)を狙って攻撃することができるようになる。こうした「樹状細胞」とリンパ球の体内での役割・特徴をがん治療に生かしたものが、「樹状細胞ワクチン療法」である。

「樹状細胞ワクチン療法」の最大のメリットは、がん細胞だけを狙って攻撃し、正常細胞を傷つけないため、副作用が軽いという点にある。一方、デメリットは、公的保険適用外であるため治療費が全額自己負担(200〜230万円/1セット)となることである。このため、現状では手術や抗がん剤治療などの一般的な治療法では効果がなくなった進行がん、あるいは膵臓がんのように手術で根治させることが難しいがんの症例数が多くなっている。

3. 同社の強み
樹状細胞ワクチン療法を手掛ける競合が増えるなかで、同社の強みは大きく3つ挙げることができる。1つ目は、ほぼすべてのがん種に発現する「WT1」と呼ばれるたんぱく質をがん抗原とした「WT1ペプチド」の独占的通常実施権を保有しているほか、サーバイビンペプチドなど他のがん抗原の特許権等も保有していること、2つ目は、東京大学医科学研究所発の高品質で安定的な「細胞培養技術」を保有しており、細胞培養施設の保有・導入支援で国内有数の実績を持つこと、そして3つ目は累計症例数で1万症例を超える世界トップクラスの「臨床実績」を誇り、共同研究先などから多数の論文が専門誌等に掲載発表されていることである。さらに、テラファーマが製造している樹状細胞ワクチンで治験が進められており、再生医療等製品として薬事承認が得られれば大きな強みとなる。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板