したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

バカチョン朝鮮人チョン公朴成榮国へ帰れ

1 チョン公朴成榮 :2018/05/07(月) 20:34:36
バカチョン

2 :2018/05/07(月) 20:37:51


3 名無しさん :2019/09/24(火) 20:17:42
朝鮮人チョン公朴成榮国へ帰れ

4 名無しさん :2019/11/01(金) 19:01:07
朝鮮戦争後、大統領の暗殺や投獄、クーデターが続き情報統制が行われ
感情的で独裁的な韓国だが日本を仮想敵国として反日・抗日を展開している
韓国,朝鮮を貴方は許せるか。不買やボイコット、旅行拒否等で対応しよう。
⓵領土・島根県竹島を武力による不法占領し、長崎県対馬も狙れている
⓶国際法・日韓基本条約、賠償協定破棄等国家間の各種条約国際法違反
③経済・・産業スパイ裁判、日本製品の不買運動、農漁の輸入禁止
④日本人・・日本への旅行禁止、航空会社の日本乗り入れ中止、
⑤日本人旅行者・・反日接客、詐欺、ぼったくり、スリ、婦女暴行、
⑥在韓日本人・・不買等の営業妨害、誹謗中傷、日本人子供を学校でいじめ
⑦軍事・・敵国日本へのミサイル発射用レーダー照射、GSOMIA破棄
⑧教育・・幼少からの歪んだ反日教育の徹底、反日活動に大学で単位
⑨歴史・日韓併合、徴用工、慰安婦等捏造された歴史観、情報を世界へ拡散
⑩世界・・条約約束違反、捏造情報拡散等で不誠実、信用がなく世界の孤児化
⑪妨害・・日本食品、オリンピックイベントなどに世界中で嫌がらせ妨害活動

5 名無しさん :2019/12/02(月) 19:20:31
朝鮮戦争後、大統領の暗殺や投獄、クーデターが続き情報統制が行われ感情的で独裁的な韓国だが日本を仮想敵国として反日・抗日を展開している
韓国,朝鮮を貴方は許せるか。不買やボイコット、旅行拒否等で対応しよう。
⓵領土・島根県竹島を武力による不法占領し、長崎県対馬も狙れている
⓶国際法・日韓基本条約、賠償協定破棄等国家間の各種条約国際法違反
③経済・・産業スパイ裁判、日本製品の不買運動、農漁の輸入禁止、日本の新技術や農産物の新品種、作品を窃盗詐欺
④日本人・・日本の自治体との交流、イベントの中止。日本への旅行禁止、航空会社の日本乗り入れ中止、
⑤日本人旅行者・・反日接客、詐欺、ぼったくり、スリ、婦女暴行等で日本人が被害にあっている。
⑥在韓日本人・・国と一体になり日本製品不買、ボイコット等の営業妨害、誹謗中傷、日本人子供を学校でいじめ
⑦軍事・・敵国日本への軍事作戦、ミサイル発射用レーダー照射、GSOMIA破棄
⑧教育・・幼少からの歪んだ反日教育の徹底、反日活動に大学で単位
⑨歴史・日韓併合、徴用工、慰安婦等捏造された歴史観、情報を世界へ拡散
⑩世界・・国際条約約束違反、捏造情報拡散で不誠実、信用がなく世界の孤児化
⑪妨害・・日本食品、オリンピックイベントなどに世界中で嫌がらせ妨害活動

6 日本大学の誇り 桂小五郎先輩 :2019/12/04(水) 23:06:59
屋山太郎氏「福島瑞穂氏の妹が北朝鮮に」→妹は実在せず、名誉毀損で賠償命令

政治評論家、屋山太郎氏が新聞で発表したコラムに事実に反する記述があり、名誉毀損に
あたるとして、社民党副党首で参院議員の福島瑞穂氏が330万円の損害賠償を求めた裁判で、
東京地裁(沖中康人裁判長)は11月29日、屋山氏に330万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

コラムは今年2月、静岡新聞に掲載されたもので、徴用工訴訟についてふれ、「この訴訟を日本で
取り下げさせたのは福島瑞穂議員。福島氏は実妹が北朝鮮に生存している。政争の具に
使うのは反則だ」などと書いていた。

訴状によると、屋山氏のコラムは「ギクシャクし続ける日韓関係」という見出しで、静岡新聞に
掲載されたもの(静岡新聞はすでに訂正・謝罪している)。

福島氏側は、「まるで身内を利するために、政治活動を行なっていたかのような印象を読者に与える」
「(そのように書くことは)全国民の代表たる地位や政党の要職者たる立場を踏みにじり、
社会的評価を著しく低下させるもの」と指摘。

さらには、福島氏側は「そもそも妹はいない」として、屋山氏の名誉毀損を訴えていた。一方、
屋山氏は「他の人と取り違えていた」などとして、争っていた。

7 日本大学の誇り 桂小五郎先輩 :2019/12/04(水) 23:11:14
●「政治家としての社会的評価を低下させた」

判決では、屋山氏のコラムについて、憲法43条1項で「全国民を代表する」と定めた国会議員
である原告(福島氏)が、「身内を利するためにまたは公私を混同させて政治活動を行なっているとの
印象を与えるものであり、原告の政治家としての社会的評価を著しく低下させるものである」と指摘。
屋山氏に賠償責任を求めている。

また、他にもこのコラムが「新聞という多数の読者が想定され、信憑性が高いとされる媒体に
掲載された」ことや、屋山氏が福島氏について「その真偽を調査・確認することなく」執筆した
ことなどから、静岡新聞で訂正記事が掲載されたことを考慮したとしても、「慰謝料は300万円を
相当と認める」(弁護士費用を含めると330万円)と結論づけた。 弁護士ドットコム


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板