したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

没SS投下スレッド

1 1/ ◆CFbjQX2oDg :2011/02/27(日) 01:32:31 ID:0duLhgJY
ここは予約被り、ネタはあったけどキャラが死んでしまったなど様々な理由で没にしたSSを投下するスレです。
もし良かったらご利用ください


*注意事項
他の書き手の方が予約中の没ネタ投下はご遠慮ください。

2 名無しさん :2011/02/27(日) 01:33:02 ID:0duLhgJY
需要があるのかわからないけど、とりあえず立ててみました。

3 4月一日  薬師寺天膳 爆進セリ :2011/04/01(金) 12:10:25 ID:EmVTgDmk

我々はこの伊賀者を知っている!
いや! このまなざしとこの天性の伊達男ぶりを知っている!
このロワの主役は薬師寺天膳。 
これこそがこのロワイアル×ロワイアルの正史!

〜〜色々略〜〜

天膳「我が剣の錆となれい!」

チャン「ほぉ、悪くない太刀筋だ。では防御の方はどうかな」

正拳が、天膳の腹目掛けて叩き込まれる!!

チャン「なにぃ!?」

だがその攻撃を天膳はやすやすと気合で受け止める。
さすがは天膳!! 防御もできていた!!


〜〜色々略〜〜


ノール「見知らぬ人ごめんなさい。
     僕には貴方と屍を乗り越えてでも叶えたい願いがあるんです。」

ノールはそう泣き叫ぶと天膳の死体から刀を抜いた。

天膳「ハハハハハハハハ!!!」

刀を抜かれて自由になった天膳は誰にも負けない強い体を手に入れ。
その美丈夫ぶりをもってノールを虜にした。

不死身の伊賀忍はただじゃ死なないぞ!


〜〜色々略〜〜


天膳「そこの面妖な人形よ。止まれい」

翠星石「はい!」

天膳の弁術にかかればどんな相手もイチコロだ!!


〜〜色々略〜〜


乾「とりあえずあの土左衛門の後をつけようかな」

天膳「ほう? 土左衛門とはこの儂のことか乾よ?」

乾「て、天膳さま!?」

衝撃の事実! 乾は伊賀者だったのだ!!

4 4月一日  薬師寺天膳 爆進セリ :2011/04/01(金) 12:18:26 ID:EmVTgDmk

〜〜色々略〜〜


      /::::::/       /|          ヽ::::ヽ
        l:::::::l__        j ヽ       _,!::::::l
      l:::::::l. : :_:≧ト、‐...、_トVイ_,....-::z≦._: : l:::::::l
.     /::::::::! :ミヽ,.__・_ヽ、_;ノ人__;: ィ_・__,ノ彡:l::::::ヽ             
   /::::::::::::l    . : : / l: l \: : : : .   /:::::::::::\   
__,/::::::::::::::::::::l    ' ´       ``   /::::::::::::::::::::\      
l::::::::::::::::::::::ハ:ヽ   _    ^ ^    _   ///、::::::::::::::::::::`!   
.l::::::::::::::::::::|く(ヽ:\ | r--‐_.二二._ー--ォ |/イ/:>l:|::::::::::::::::::/    
 l:::::::::::::::::lヽニ、!ヽヽ. lシ^:::::::::::::::::::^ヽl   l:ニ〃!:::::::::::::::/     
.  l:::::::::::::::l:::::`゚l     l::::,.―--― 、::::l    /゚´:::::l:::::::::::::/       
   l:::::::::::::l::::::::|ヽ   lヘ_: : : : : : : /7   /|::::::::::l::::::::::/
   ∧::::::::::l::::/l lヽ  `、 二二二ノ   //!:::::::::l:::::::/!l
.  //:::\::::::!':.l l : l: :\ ` ̄ ̄ ̄ /: / !ト、/:::/:::l:l
 //::::::/\:l:.:.l l : l: : : ヽ .___,/: : / / l:.//\:::::l:l


::::::::::::::::::::/,...:':::/丿:::::://:::、::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
::::::::::::::/-='─´ /:::::://///ノ/:::::ハ::::::::::::j::::、:::::::::::::::::::::::::::::::lヽ,
:::::::::::/    ´ヘ;;;;;;;;;;;;;::::::::::ヽiノ,,/ノ::///::::/ i:ノ|:::,:::,:::::::::::::::::::::::;、 `
::::::::/      //  \;;;;;::::::::`::...,,,、 iノ::::/ ///:/!::|`;:::::::::::::::::::::;:::`:.、
::::::/       iノ/;;´=ィ ;; ;、'ー;;;;;;;:::::::ヽ//,,,,,,,ソ/ノ,,|;/,|::::,:::::::::::::::::l` ̄`
:::::j        "`' ー-`'''''´ーヾ ミヾメ´ ヽ|;;;::::::::::::::::::::,|::ノ!::::::::::::::::::、
::::j          ..::;;;;;;;;;;;;;;;:::...'''\::ヽ  マ´、''_''__¨"`//'ノ:::::::::::::::::::l
::::|         ...:::;;;;;;:::...:::::::::....ヘ ` ';  ;¨::;;''、ミソ`ヾ//:::::::::::::::::::::l
::::|::;;,         '''            |  ';:::;;;;;:::...`''´(:::::::::::::::::::::、/
::::|::;;;;;;;;::..              _...  '''  ';::;;;;;::...  イ:::::::::::/ノi ノ
::::j  .::;;;::..            :「 ,  ' ` -./::::...''  /:::::::::::'/ノ
\!    .;:.           ::ゝ、..;;;`i  /i:::.:..   /:::::::::;::::'、
       .:             ̄´、/¨::::::....  /::::::::::::'、\`_、
                   _,,.、`::.. _,::::::....  /::::::::::ハ:';\
               _,,、ノ ´,´-、_`二、i..::...  /::::::::::/ |:ノ  `
              ;´-ーー¨¨ー─ヽ\:.  /::::::/'、l       「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
;               ...:::、:::_:::: - ,,;..\.\´:::::i、! `、
;;,,              ..:;;;;;;:::::゙   ー、:.... \.\::'、`、
;;;;;`、           ..::::::::::..     `;::.../:::.`、シ:.ヽ

5 4月一日  薬師寺天膳 爆進セリ :2011/04/01(金) 12:18:56 ID:EmVTgDmk

           _,)' ` '´ `<_,           .ィ
          _ン ィ/_lハl,,,ヽr、       _/っ
           >イl. "_i_i_,.V      _. ‐''´ }/
           フ/ir、_l__l.イ{  _, -''´  _.-''´〃
            >ルヘ! VハL´  ,、r<  ノノ
         / `ー、ー、 ‐'7 l\ V‐、ノ
           / ,.イ  \ / ト、 /` 7
        / /  K'^) V_(`| \_/    鉄の 天膳〜♪
       __/ /   l/ "´「 l.i |
      / 7 /=z、 l// {  _|          無敵 天膳〜♪
/    L_ト-l_///  }ニエ◎エ-|
      ``´`    l:::::::::;::::::::l
/            .l::::::::i!'li:::::::l
              l::::::::il .li:::::::l             j`` i_、_、     _,、
/          l:::::::;il li;::::: l              ハr'´、  ,.`.    r' ノ
           l:::::::;il  .li;::::: l            rV (・).-(・) _,/>'´
/           .l::::::::;il  li;:::::::l            'ー、( (二7)´ /
         /.::::::::;il   li;:::::::l                >‐v-< r'^j ノノ
/       ./.:::::::::;;il    li;:::::: l            _.-'´ ,.n_.._nl `「`l
         /.:::::::::::;;il    li;::::::::l         _,.へ_. イ( r-'-ハ`ー┘
    (\ ,∠ィ、::::::::;;il    li;:::::;:;:>__,. -'ソ   '⌒ '´  ノ  'ーr' }
     ミ:.:.:.`:.:.:.´'7ヘl!     lハr'.:.:.:.:.:.∠        ( 、_  ノ_,.イ


                  __ --‐ー 、
               /: :.:.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ
             /: :.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.: :\
            /: : :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: l::::::::: :ヽ
             i: : :.::::::::::::::./ :.::::::::::::::::::::.:.:/::::::::::.: :ヽ
           i: :.::::/::::::::::::/ :.:::::::: :/!::::.:/i:::::::::::::::::.:丶
          i: :./::::::::::::/ .:.::i::::: :/ !::::./ i::::::::ハ:::::::.:.: i
           i/:.::::::::::::/ :.:::::l::::./_ l::./ i:::::/ i:::::::::.: l
           /: :.:::::(!::/ :.::::::i::::../__ニ/_ ・i:::/ __i::::::::::.:.!
         /: :.:::::::::::ヽ!.::/i::::/ 丶{゚::/` .i:/_,ニ_/::::i::.:./
       /: :.::::::::::::::::i:/  i:/    ̄  ノ丶,レ゙/:::/::/
      /: :.:::/:.:::::::::::::i   !         / //:/
     /: :.:::/ /: :.::::::::::::i   \    -=ァ /::/          「負けたよ。天膳」
    i: ::/  /: :.:::::::::::::l     \   "/ハ:::i
    i/   /: :.::::::::::::/ ̄``i ____i\/::::/ .l/
    l   /:.:/::::::::/   / l/ヽ   ̄l::/   !
     /://:::::::/   { (()) j     |
    ノ/ //イ´ゝ   /⌒O⌒ゝi   フー__
―´ ̄ ̄ ̄ l  l    ノ ノ l l i  /  i    7 ̄ ̄ `-_
        !   l   / / | ! ir ´  /    /        ヽ

      ,ィ`-、..._....-'\
       /::l   ..::::::::::::::::ト、
    / `i .: ..:::::::::::::::::::::i ヽ.
.   / r:::、i:::::::::::::::::::::::::::::l r:、i  
   i  l:::::::il::::::::::::::::::::::::::::!l:::::i.| ζ
   i  l::::::::l i:::::::::::::::::::::::::!l::::::!l  て
   ヽ. ヾ:::ノ ヽ::::::::::::::::::::/ `-'/  /  「コトも死んだあああああああああ! 天膳様優勝おおおおおお!!!!!」
     ヽ、_   ヽ::::::::_:::/ __/  /
    /  "===(o入 ̄` )
.   ∠-―、   ┏━┓`ー〈
       /   ↑プラ    \
        (   ┗━┛     i

6 4月一日  薬師寺天膳 爆進セリ :2011/04/01(金) 12:26:35 ID:EmVTgDmk


〜〜ED〜〜

           : ,,-''''"`''゙‐'゙゙`: : ,,,,二iュ.
      ,,,,,,二"'.'"      : _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,Z=、
    .,/'_,..,,、     _,,―‐''"`      `~゙\
   .,シ''"`    ,,-‐"`             `'i、
  ./._,-丶  ,/゛コトです _,,,―ー'''"゙゙゙゙゙゙''''''''ー-、┴--、,、
  l゙/`   ,/    ,,/"┌v--.  |''‐、        .xミii、
 ,″   ,/   .,,-'" ,,,、 ゙l::ヽ: `> .| │ ,!ヽ, :、、    ゙,,!、
: l゙ .r: /   .,/ : 、 │゙i、 |: :|: : _|..,/  .!,i´  ゙゙l‐'≒  -,,,゙'k
│丿/   ./  、 .゙l、,} ,|,l゙l;く: : ゙゙″.ヽ,-、 、、`i、,ヽ、 : \
│",i´   /   .|:  | /  ド ,|"       ヽ .゙"'  `.,ヽ:   .\
: ゙l,/   .丿 、  |: : ..レ   .゙、       ___''‐  ` .ヽ  : |
 .|   .ノ   l: : ,i´.ヘ、 .ri、  !  ,,-'''''"゙゙,,,,―::`''-、_  `i、  `!,,、
 \ 丿   │.l゙  .ヽ ゙、`、''`,,-'_,,,,-'''"`: : : : : : : `"  .ヽ:   `'―--,,,,,,,_
  .゙',i´    l゙.l゙   ‘ .‐ ッ'''"゙^: : : : : : : : : : : .__,,、   │      .,_,,,へ、         「オレの負けだ天膳…これまでのことは…許してくれ…」
   l゙ 、    :|   .. │ .|:::: : : : : : :  .,,,―''"゙`      │      `゙゙'ーミ''│ : .._,,,,,--ー`
   |: : |     ゙l   丶 ` l゙: : :  : _,,-'',″   ,、       ゙l:       : . `ヾ‐'"゛:
   ヽ ゙l     \、    {:  .,,-'" -,丶.,,,yi/゙,,ト       ,}:       : .,,-'"`
   ." \    .、,_‘'-、,_  .し/"    、"、  .″       .l゙-,、  : ._,/`     : :
    │     `゙'''┬`┴―‐   .、,,,,,v丶        : .丿: : ゙'‐,/`    :



      /::::::/       /|          ヽ::::ヽ
        l:::::::l__        j ヽ       _,!::::::l
      l:::::::l. : :_:≧ト、‐...、_トVイ_,....-::z≦._: : l:::::::l
.     /::::::::! :ミヽ,.__・_ヽ、_;ノ人__;: ィ_・__,ノ彡:l::::::ヽ             
   /::::::::::::l    . : : / l: l \: : : : .   /:::::::::::\   
__,/::::::::::::::::::::l    ' ´       ``   /::::::::::::::::::::\      
l::::::::::::::::::::::ハ:ヽ   _    ^ ^    _   ///、::::::::::::::::::::`!   
.l::::::::::::::::::::|く(ヽ:\ | r--‐_.二二._ー--ォ |/イ/:>l:|::::::::::::::::::/    
 l:::::::::::::::::lヽニ、!ヽヽ. lシ^:::::::::::::::::::^ヽl   l:ニ〃!:::::::::::::::/     「許すことなどなにもない…さあ、一緒に帰ろう」
.  l:::::::::::::::l:::::`゚l     l::::,.―--― 、::::l    /゚´:::::l:::::::::::::/       
   l:::::::::::::l::::::::|ヽ   lヘ_: : : : : : : /7   /|::::::::::l::::::::::/
   ∧::::::::::l::::/l lヽ  `、 二二二ノ   //!:::::::::l:::::::/!l
.  //:::\::::::!':.l l : l: :\ ` ̄ ̄ ̄ /: / !ト、/:::/:::l:l
 //::::::/\:l:.:.l l : l: : : ヽ .___,/: : / / l:.//\:::::l:l



こうして伊賀忍は一族億年の永祿が約束され。
薬師寺天膳の名は後世にまで語り継がれることとなったのである!!


――ロワイアル×ロワイアル 完!!――

7 名無しさん :2011/04/01(金) 12:28:57 ID:EmVTgDmk
投下終了です

コトのAAは見つからなかったので同じ人間であるこの人のAAを使わせていただきました
ロワロワの躍進を祈って!

(注)このssはフィクションです

8 April Fool (四月馬鹿) :2011/04/01(金) 16:40:16 ID:ccZy1tl6

慣れない家屋。
尿意を催した朧はカントリーマンの案内で厠へと案内されていた。
厠にある便器は見慣れたものとはまったく違う形状をしていたが
カントリーマンが丁寧に説明してくれたのが朧にはありがたかった。

尻にあたる便座かばぁというものが粗末な布地でもたしかな心地良さを味わわせてくれ、
人心地ついた朧はゆっくりと息をついた。

心身がようやく落ち着くと朧の心に想い人の姿が浮かぶ。

(弦之助様…………)


「ここがバトルロワイアルの世界かい」

もの思いに沈んでいた朧は誰もいないと思っていたはずの場から声が聞こえたことに
ギョッとして身を強ばらせる。

カントリーマンも城戸真司の看病をしながらとはいえ周囲の警戒を怠ってはいないはず。
それを潜りぬけてここまで来たということはかなりの手練であろうことは間違いない。

忍びの素質にはとことん恵まれていない朧にもハッキリと分かる異常事態だった。

朧の眼前の空間が捩れたように歪む。
その中から出たのは白い奇妙な形をした小動物らしき何か。

「やあ。ボク、キュウベイ。君たちは願いのために殺し合いをしているんだよね?
 なら、ボクに任せてよ」

9 April Fool (四月馬鹿) :2011/04/01(金) 16:40:48 ID:ccZy1tl6

事態が掴めず呆然とする朧にキュウベイと名乗った獣はそう告げた。
外見は可愛らしいが
白い体毛に覆われた獣の眼は淡い赤色であり。
その両目は人形とはまた違う、だが獣とはかけ離れた生気のない無感情さを窺せた。

「ボクと契約して、魔法少女になってよ」

キュウベイはガラス玉のような眼を細めて朧にそう告げた。

その言葉をどう受け取れば良いのかわからず、
そもそもここは厠だということすら忘れかけていた朧はただ”眼”を見開くことしかできない。

そう。朧にはただ見ていることしかできなかった。

見ていただけなのにキュウベイは突然破裂した。

「やれやれ。いきなりダイレクトな魔法干渉とは……招かれざる客ってわけかい?」

目の前のまったく脈絡の無い出来事に呆気にとられている朧の前に
新たなキュウベイが狭い厠の中だというのにどこからともなくやって来た。

また破裂した。

「普通は二つ返事で契約するのになあ」

また出てきた。
破裂した。

「話だけは聞いてもいいんじゃないかな?」

出てきた。
破裂した。

「これが最後のチャンスだよ? 願いを叶えたかったらボクとけいやry」

破裂。

「そうかい。わかったよ。なら仕方ないね。でも契約したくなったらいつでも――」

破裂破裂破裂破裂。
ただ繰り返されるだけのスプラッタな光景を朧は泣きそうな顔で見るしかできなかったが、
数時間経つとキュウベイは現れなくなった。

「まったく、わけがわからぬ」

疲れたような顔と口調で朧は厠のドアを開け、真司達のもとへ戻った。
殺し合いは平常運転である。

10 名無しさん :2011/04/01(金) 23:33:19 ID:m/YbWlE2
お二方四月馬鹿ネタ乙ですwww!
つーか両方とも甲賀忍法帖勢かよwwwwwwww
こいつらは公式でもネタにされたようなあ、こいつら事件さえ起きなければ萌えキャラの集まりなんじゃねえかwwwww

11 名無しさん :2011/04/02(土) 00:07:39 ID:njfxg4t2
投下乙&告知アゲだw ってか投下時にあげろwww
天膳様が優勝しおったwwww
コト「だってオラは人間だずらwww 喰らえ!!アパッチの雄叫び!!う〜〜らら〜〜〜〜」


朧wwww
QBって異能の存在なんだよねwww
そりゃ見られたら死ぬwww ってかどんどん出てくるんだなwww
伊賀忍自重しろwwww(もっとやれ)

四月ばかネタ投下乙でした!!

あっ、そのうちこの2作wikiに載せるんで良いですよね? 返事は聞いてない!

12 名無しさん :2011/04/02(土) 00:08:34 ID:njfxg4t2
アゲそびれw

13 名無しさん :2011/04/02(土) 00:26:16 ID:QIYMQbLQ
なんで二人もやってるんだよw
くそ、吹いたw

14 名無しさん :2011/04/02(土) 00:26:53 ID:njfxg4t2
くっそww
俺もやればよかったwww

15 ◆IRxFfnsX8c :2011/04/28(木) 23:42:07 ID:8F/finUI
こっそり。
多分時効だと思うので「獅子と乙女(ry」の没Ver投下します
おつまみにどうぞ

16 ◆IRxFfnsX8c :2011/04/28(木) 23:43:02 ID:8F/finUI
女。壊れた女。
両手で支える武器は金属の弾と憎悪を撃ち続ける。
ただレオはその膨大過ぎて丸見えの殺気を回避するだけでいい。
当たっても護神像の装甲が削れる程度だ。
「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね!」
女――由乃は弾が当たらずキレたのか、だんだん目を見開き鬼気迫る表情となる。
本来防人の役目は人々を機械から守ることである。
だが、金属の武器を以て出会い頭からレオを殺そうとした由乃は守るに値しないと評価された。

――それに、以前も現れたあの“影”が言ったではないか。
最後の一人になるまで殺し合え、と。

条件が以前と違うのは気になる。
7人のうち1人になれば良かったはずではないのか。
――――だが。

「うざってぇ……お前も頭痛薬にしてやる!」
先程の“ライダー”とやらを殺し損ね、頭痛が脳を支配していくのを止められない。
この状況では条件の変更など些細なことだったのだ。

「うるさい! この悪魔め! ユッキーには指一本触れさせな……」
乱射したせいか弾切れになり予備マガジンをセットする。
「……そうだ、ユッキー!!」
携帯電話を見て、俄然戦意が湧いてくる。
――――筈だった。
【黎明 2nd我妻由乃はレオナルド・エディアールにより殺される。DEAD END】
死ぬ? ここで? ユッキーと再び出会うことすらなく?
そして目の前のレオナルドとかいう悪魔。
自分の死は、どこか遠いところのはずだったのに――――

17 ◆IRxFfnsX8c :2011/04/28(木) 23:43:50 ID:8F/finUI


「遅い」


合体を解き炎の消えた鋒を首筋に突きつける。軽く血が出た。
「自分から仕掛けておいて余所見とは大した自信だ。それとも……その機械がそんなに大事か?」
「貴様には関係ない!」
「どいつもこいつも機械と仲良しこよし……気持ち悪ぃんだよ」
刀の先端を携帯電話の方に向ける。
「ならそいつから壊させてもらうぜ」

ニタァと笑って刀を――
――が、それが届くことはなかった。


「なっ、貴様!?」
肉の斬れ、骨が砕ける音。そして噴き出した“赤い血”
右腕に持った携帯電話を、左腕で庇ったのだ。
「これは私とユッキーの絆なんだ! 誰にも、誰にも奪わせない……!」
左腕を失った由乃は、尚強い狂気を瞳に宿らせる。
だが、レオはそれを気にする余裕はなかった。
「……貴様は……神、なのか!?」

赤い血の神は黒い血の人と機械を創りだし、そして滅びた。
それがwaqwaqの伝承である。
そして神の血を祭壇に捧げれば、願いが叶うのだ。

18 ◆IRxFfnsX8c :2011/04/28(木) 23:44:23 ID:8F/finUI

「神……神?」
片手ではウージーで狙うことも出来ず『死ね』と『ユッキー』を呟き続けるだけだった由乃がピクリと反応した。
「神ならば俺の偏頭痛も治せるはずだ! 叶えてみせろ、その赤き血で!」
「神、神、神……嘘だ……!!」


不意に由乃が走りだした。
この戦力差においてなお襲いかかってくるかと身構えたレオだったが、それが彼女を見失う要因だった。
由乃はレオを無視して明後日の方向へ走っていったのである。

血を辿れば追える。そこまでの失血を由乃はしている。
――神ならば、手に入れなければなるまい。
しかし偏頭痛が弱まってきたことにより、レオは気が削がれた、という顔をしていた。


【C-6/1日目/黎明】

【レオナルド・エディアール@WaqWaq ワークワーク】
[状態]:疲労(少) 軽度の打撲、軽度の頭痛
[装備]:アシャ@WaqWaq ワークワーク、折れた日本刀(柄付き)@バジリスク〜甲賀忍法帖〜
[道具]:基本支給品一式
[思考・状況]
基本行動方針:機械、それに関わる人間を頭痛薬にする
1:“神”らしき女を探す
2:ライダーを見つけたら殺す
3:防人以外にも戦えるやつがいるみたいだ
※由乃の返り血を浴びています。

19 ◆IRxFfnsX8c :2011/04/28(木) 23:45:09 ID:8F/finUI



「ユッキー」
あの悪魔は撒いた、DEAD ENDフラグは覆されただろうと血があまり回らない頭で考える。
気付けば由乃はB6ブロックの女神像まで来ていた。
携帯を覗いた。

【黎明 2nd我妻由乃はレオナルド・エディアールにより殺される。DEAD END】
――消えていない。
でも感じるの。ユッキーは近くにいるって。
一行ずつスクロールさせてその記述を追う。

【保父さんみたいでカッコイイ!】
ユッキー、優しいものね。
【ユッキーが女の子みたいな姿のクソ人形やウマみたいな何かとも一緒になったよ!】
ユッキー……“女”のクソ人形と一緒にいるの!?
私がいればそんな人形なんて必要ないじゃない!
私が、私さえいれば……私だけを見てよ、ユッキー!


――何が神だ、女神だ。
ユッキーの魂ひとつ――!

仰向けに倒れたまま女神像を見上げる。
そして、その女神の顔は――――



【我妻由乃@未来日記 死亡】

20 ◆IRxFfnsX8c :2011/04/28(木) 23:45:48 ID:8F/finUI
以上、投下終了です。
没SSスレだしこういうのもいいよね?

21 名無しさん :2011/04/28(木) 23:48:16 ID:.NxBzJa2
乙です!!!
良いなあ。こういう覆せなかったDEAD ENDオチ!!
ユッキーの記述を見て穏やかに独白する由乃が可愛いし!
ヤンデレの本質的魅力をついたss乙でした!!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX - 谷口悟朗

星屑の空へ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板