したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第114話☆

587 医務姦シャマル :2012/09/30(日) 00:04:59 ID:Q6mPHU/I
 火傷してしまいそうな肉棒の熱さにシャマルが震えた。
 しかし、それ以上に自身の危機に、大きく戦慄いた。

「や、やだ……やだやだ! やめて、やぁ……わたし、そんな……ああああああぁぁッ!!!」

 尾を引く残響が痛々しく迸った。
 ちゅるん、と、小さなペニスは彼女の中に納まった。
 破瓜の痛みと快楽がない交ぜになって、シャマルの神経を背筋から脳髄まで駆け回り、思考は真っ白に塗りたくられる。
 少年は少年で、複雑な起伏と締め付けでペニスに絡みつく媚肉の感触にえもいわれぬとばかりに、恍惚とした顔をしていた。

「どう? エリオ君」

「ふぅ、はぁ〜。シャマル先生の中、すっごく気持ち良いよ。ぬるぬる、って僕のちんちんに食いついてくる」

 眉根にしわを作りながら、エリオは肉ヒダの一枚一枚を確かめるようにゆっくり腰を引く。
 そして、下目に結合部を見て気付いた。
 うっすらと自身に付着する薄紅色、それが示す意味を。

「わ、シャマル先生はじめてだったんですか!?」

「え? あ、ほんとだ!」

 キャロも思わず見て、口元に手を当てた。
 果たして、二人の幼い子悪魔はシャマルの処女を奪った事に罪悪感を得たのだろうか。
 ――否。
 無垢な彼らの顔には、純正の悦びが浮かんだ。
 
「シャマル先生、今までエッチした事ないんだ。ねえエリオ君、じゃあこれから優しく、いぃ〜っぱい気持ち良いこと教えてあげようよ」

「うん、そうだね。頑張っていっぱいイかせてあげようね」

 互いに頷きあい、二人は始めた。
 善意を以っての陵辱を。

「ぁぁ……ひ! はぅ! ひぁああああ!!」

 純潔を奪われたショックと痛みと快楽で茫洋としていたシャマルの意識を、快楽のみが強められて引き裂いた。
 下半身を這ったキャロの指先が、女の中で最も敏感な部分であるクリトリスを、くっと押し込んだのだ。
 迸る甘い雷撃を前に、美しい女医の体が痙攣して震えて、その度に鎖が白い肌に食い込んでエロティックな風情を深めた。
 しかし、それは快感という名の暴力のほんの始まりにすぎなかった。
  
「ん、ちゅッ」

「はむ」

「ふにゃぁ! ち、くび……だめぇ……ぁうう! こし、うごかさないで……おちんちん、いれたら……はぁああああ!!」

 エリオもキャロも、たぷたぷと揺れるシャマルの乳房に誘われるように、その頂上の蕾に吸い付いた。




■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(メーカー特典:「ジャケットイラスト使用A3クリアポスター」付)(オリジナル特典:「アニメ描き下ろしB2布ポスター」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] - アニプレックス


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板