したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ロシア・ウクライナ問題

1日本の名無しさん:2022/03/07(月) 13:57:56 ID:DKKYlMJo0
すぐには終わらず泥沼化もあり得るので分けます。バイデンが関係している話題もロシアウクライナ関連はこちらでお願いします。

2370日本の名無しさん:2023/09/24(日) 19:19:14 ID:EvYiVwz.0
2023.9.24【ウクライナ】ウクライナ戦争のターニングポイント: ポーランドはウクライナに武器供与をやめる

https://www.youtube.com/watch?v=JWFO0WryJys&ab_channel=%E5%8F%8A%E5%B7%9D%E5%B9%B8%E4%B9%85THEWISDOMCHANNEL2nd

2371日本の名無しさん:2023/09/24(日) 19:47:10 ID:YvAN5ehs0
Q) ストームライダー/公式ページ [2023/09/24 0:16]
ゼレンスキー、悪魔崇拝者のマリーナ・アブラモビッチにウクライナ大使就任を要請
https://www.thegatewaypundit.com/2023/09/zelensky-asks-satanist-marina-abramovic-be-ukrainian-ambassador/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=zelensky-asks-satanist-marina-abramovic-be-ukrainian-ambassador

https://www.telegraph.co.uk/world-news/2023/09/22/zelensky-asks-marina-abramovic-ambassador-ukraine/

2372日本の名無しさん:2023/09/24(日) 20:28:36 ID:YvAN5ehs0
世界が日本に差し伸べた支援の手〜東日本大震災での各国・地域支援チームの活躍
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol73/index.html
総勢150名以上のレスキュー隊員を派遣したロシア
現場で作業に関する打合せを行うロシアの隊員たちロシア政府は、国内外での豊富な経験を有する
非常事態省のレスキューチームを日本に派遣しました。
3月16日から第1隊(75名)が宮城県石巻市で活動を開始。翌17日には第2隊の79名も合流し、
総勢150名以上の規模で主に行方不明者の救助・捜索活動に取り組みました。
熟練した隊員たちは危険な倒壊家屋にも臆することなく入り、担当区域を越えて熱心に捜索活動を展開。
石巻市での任務終了後,第1隊を率いた隊長は「日本人は偉大な民族だ。
このような災害に遭っても,泣き叫ぶこともせず,略奪もせず,人を責めることもせず、
黙々と(復旧)作業を行っている。
「日本人は,今回の災害も必ずや乗り越えるに違いない。」と述べ、
日本国民に力強いエールを送りました。

2373日本の名無しさん:2023/09/27(水) 19:12:48 ID:YvAN5ehs0
ニューメディアの台頭 - ブライアン・ケイツ、[2023/09/27 1:14]
これを理解します:
2014年にCIAがウクライナに設置した組織犯罪グループが何らかの犯罪をロシア人に負わせたとき、
それは彼らが自分たちでやったことを物語っている。
ミサイルで撃墜されたジェット旅客機のことを覚えているだろうか、
全員が声を詰まらせるような声で「これはロシア人だ」と言ったのだ。 そうではありませんでした。
昨年12月、彼らがポーランドにミサイルを発射し、その後、押し殺したような声で
「それはロシア人だ」と言ったときのことを覚えているだろうか? そうではありませんでした。
ノードストリームのパイプラインが爆破され、全員が息を詰まるような声で
「それはロシア人だ」と言ったときのことを覚えているだろうか? そうではありませんでした。
そして今、ゼレンスキー大統領は、ウクライナで行方不明になった数千人の子供たちの件でプ
ーチン大統領とロシアを非難している。

私もそれを言う必要がありますか?

2374日本の名無しさん:2023/09/28(木) 00:03:49 ID:tpJerA1k0
《櫻井ジャーナル》
米英の命令で戦争を続けてきたキエフ政権が見捨てられようとしている
2023.09.22

 ポーランドのマテウシュ・モラビエツキ首相はウクライナへび武器供与をやめると9月20日に発言、注目されている。ポーランド国内の事情や穀物取引をめぐる対立も要因だと言われている。
 ウクライナの穀物生産は西側の巨大資本が支配、生産物の大半は欧米に売られ、アフリカなどへ穀物を供給しているのはロシアだ。それに対し、ポーランド政府は自国の農家を守るためだとして、ウクライナからの穀物輸入を禁止、両国の関係は緊張している。
 EUは5月、ブルガリア、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、スロバキアに対するウクライナ産穀物の輸出制限で合意したが、ここにきてその禁止措置を解除すると発表、ハンガリー、ポーランド、スロバキアは反対を表明した。
 しかし、ポーランドとウクライナの対立が表面化した根本的な原因はウクライナでの戦闘でアメリカ/NATOがロシアに負けたことにあるだろう。アメリカ/NATOの勝利を前提として描かれたビジョンが崩れた結果だ。
 ポーランドはウクライナの西側を併合する計画だったのではないかと言われているが、ビジョンの基本はネオコンが描いている。ウクライナを米英巨大資本の支配地にしてEUとロシアを分断、資源がある東部や穀倉地帯を奪う一方、ロシア海軍の黒海艦隊が拠点にしているクリミアのセバストポリを抑え、NATOをウクライナへ展開してロシアに対する軍事的な圧力を強める予定だったのだろう。
 ウクライナ情勢を理解するためには歴史を理解する必要がある。ドンバスを含む東部やクリミアを含む南部は革命後にロシアからウクライナへ割譲された地域で、住民の約7割はロシア語を話し、東方正教会の文化圏にある。そのためロシアへ戻りたいと希望する人はソ連が消滅するころにも少なくなかったが、西側資本の影響力が強まり、ロシア語文化圏に対する弾圧が強まるにつれ、そうした感情も強まった。
 そうした東部や南部に住む人びとの思いは2004年の大統領選挙で形になる。ビクトル・ヤヌコビッチが当選しそうになったのだが、それを西側はひっくり返す。米英金融資本と関係が深い新自由主義者のビクトル・ユシチェンコを大統領の座につけるため、アメリカ政府は反ヤヌコビッチの宣伝と運動を展開、実現した。「オレンジ革命」だ。
 ビクトルの妻、カテリーナはウクライナからアメリカへ移民した両親の子で、アメリカの民主主義人権労働担当国務次官補の特別補佐官などを務め、1998にふたりは結婚した。アメリカ政府はユシチェンコを操る強力な仕掛けを持っていたと言えるだろう。
 しかし、ユシチェンコの新自由主義的な政策で国の富は欧米の巨大資本へ流れて行き、その手先になった一握りのウクライナ人が「オリガルヒ」と呼ばれる富豪になる一方、大多数の庶民は貧困化した。そこでウクライナの有権者は2010年の選挙でもヤヌコビッチを大統領に選ぶ。
 この結果を米英の私的権力は受け入れられない。そこでバラク・オバマ政権は2013年11月から14年2月にかけてネオ・ナチを使ったクーデターを実行、ヤヌコビッチ政権を倒した。
 ネオ・ナチは2004年以降、つまりオレンジ革命当時からバルト3国にあるNATOの訓練施設で軍事訓練を受けたと言われ、ポーランド外務省は2013年9月にクーデター派の86人を大学の交換学生を装って招待、ワルシャワ郊外にある警察の訓練センターで4週間にわたり、暴動の訓練を受けたと伝えられている。
 東部や南部の人びとはクーデターを拒否、クーデタの翌月にロシアとの統合を求める住民投票を実施したクリミアでは95%以上が加盟に賛成(投票率80%以上)し、ロシアの保護下に入った。南部の港湾都市オデッサでは2014年5月2日にネオ・ナチが反クーデター派の市民を虐殺、ドンバス(ドネツクやルガンスク)の住民は2014年5月11日に住民投票を実施、ドネツクでは89%が自治に賛成(投票率75%)、ルガンスクでは96%が独立に賛成(投票率75%)している。
 クーデター後のネオ・ナチ体制はロシア語系住民を弾圧する一方、アメリカ/NATOは8年かけてキエフ政権の軍事力を増強、昨年3月にはドンバスに対する大規模な軍事作戦を計画していた可能性が高い。
 その計画を実行するため、ウクライナ軍は地下要塞が建設されていたドンバス周辺に集結するが、その部隊が動く前にロシア軍がウクライナに対する攻撃を開始した。この段階でロシアの勝利は明らかだった。

2375<ピーチクパーチク>:<ピーチクパーチク>
<ピーチクパーチク>

2376日本の名無しさん:2023/10/03(火) 19:28:21 ID:YvAN5ehs0
ゲートウェイ・パンディット、【2023/10/03 12:28
米国防総省、ウクライナに送った兵器を交換する資金が不足していると議会に警告
https://www.thegatewaypundit.com/2023/10/pentagon-warns-congress-that-its-running-low-cash/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=pentagon-warns-congress-that-its-running-low-cash

2377日本の名無しさん:2023/10/05(木) 15:41:01 ID:57XdK50.0
【ウクライナ戦争】プリゴジンは生きている?! ロシアの新たな民間軍事会社とプーチンに葬られたワグネルのその後

https://www.youtube.com/watch?v=bTaCIDqBXVA&ab_channel=%E3%80%90%E8%B6%8A%E5%A2%833.0%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%80%91%E7%9F%B3%E7%94%B0%E5%92%8C%E9%9D%96

2378日本の名無しさん:2023/10/06(金) 21:41:56 ID:q.716ZiYM
《櫻井ジャーナル》
ウクライナへの追加支援を難しくする下院議長解任に米民主党議員が賛成した謎
2023.10.05
カテゴリ カテゴリ未分類 (5936)

 アメリカ下院のケビン・マッカーシー議長が10月3日、216対210で解任された。その前日、共和党のマット・ゲイツ議員が解任動議を議会に提出、民主党の208議員とゲイツ議員を含む8名の共和党議員が解任に賛成、7名が欠席している。
 議事を進めるためには新しい議長を決める必要があるのだが、容易ではない。マッカーシーの場合も紛糾したが、次はそれ以上に揉めそうだ。
 ゲイツが解任動議を提出した理由はマッカーシーが歳出削減に消極的だということだが、最大の問題はウクライナへの資金垂れ流し。ジョー・バイデン政権はウクライナに対する240億ドルの追加支援を承認するように求めていた。追加支援がないと、ウクライナへ提供する資金は11月に底とつくと言われている。そうした資金の提供を実現するため、マッカーシー議長がホワイトハウスと密約を交わしていたとゲイツ議員は非難している。
 バイデン政権と協調関係にあったとみられるマッカーシーの解任はバイデン政権にとって好ましくないはずだが、民主党の議員は解任に賛成した。この行動をいぶかる人もいる。民主党の内部にもウクライナでの戦闘に嫌気が差している議員もいるのだろうか?
 ウクライナでの戦闘継続に対する疑問はアメリカ国内だけでなくヨーロッパでも広まっている。ポーランドの場合、ウクライナがネオ・ナチ体制にあることを今更ながら懸念し始めたとも言われている。EUを動かしているエリートたちは米英の私的権力に従属しているが、市民の間では不満が高まっているようだ。
 すでにアメリカ/NATOの兵器庫は空で、しかも生産力はロシアの半分だとも言われている。アメリカやイギリスがウクライナへ劣化ウラン弾やクラスター爆弾といった問題のある兵器を供給した理由のひとつはそこにあるともいう。
 その一方、​イギリスのベン・ウォレス前国防相はテレグラフ紙でウクライナ兵の平均年齢は40歳を超えていると指摘、ウクライナ政府に対し、もっと多くの若者を前線へ送り出せと要求している。​「学徒動員」したり「少年兵」を投入しろと言っているのだ。
 ウォレスの後任であるグラント・シャップス国防相はウクライナ領内にイギリス軍の兵士を派遣してキエフ軍を訓練する計画だと西側メディアに語ったが、そうした部隊も攻撃の対象になるとロシア政府から警告されている。イギリスの軍事企業がウクライナ国内で生産を始めるという考えも表明したが、そうした工場はロシア軍の攻撃目標になる。
 アメリカ国内の風向きも変わり、イギリスが前面に出て来なければならなくなっているのかもしれない。

2379日本の名無しさん:2023/10/07(土) 20:22:41 ID:YvAN5ehs0
大手メディアでは報道されないウクライナ戦争【混乱する国際政治と日本②】|伊藤貫
https://www.youtube.com/watch?v=N8a-w7S3s8A

2380日本の名無しさん:2023/10/08(日) 19:58:33 ID:YvAN5ehs0
ウラジーミル・プーチンは、BRICS加盟国は単一の決済メカニズムを確立し、
自国通貨建て取引への移行を目指すべきだと提案。
プーチンはまた、ドルを基軸とする世界金融システムは徐々に崩壊しつつあると述べた。
ハード資産対ペーパー
今週、
ロシアは、予算目標を上回るエネルギー収入の急増を受け、外貨と金の購入を開始すると発表した。
https://twitter.com/GoldTelegraph_/status/1710364974097588273?t=hTEob4fPey7dLY2L_9WRTw&s=19

2381日本の名無しさん:2023/11/06(月) 22:28:21 ID:YvAN5ehs0
ジャストイン:プーチン大統領は2024年にロシア大統領選に再出馬することを決定-ロイター
https://twitter.com/TheInsiderPaper/status/1721460941269991584

2382日本の名無しさん:2023/12/05(火) 23:50:09 ID:YvAN5ehs0
ニューメディアの台頭 - ブライアン・ケイツ [2023/12/05 1:29]
NEW - ストルテンベルグNATO総長は、ウクライナからの「悪い知らせに備えるべきだ」と述べたが、
より具体的なことは述べなかった。
https://www.disclose.tv/id/xl5dfkzjry/

2383日本の名無しさん:2023/12/08(金) 21:26:40 ID:YvAN5ehs0
選挙ウィザード、【2023/12/08 20:15
速報:プーチン大統領は2024年の大統領選に出馬すると述べたとロシア国営タス通信が報じた。

2384日本の名無しさん:2023/12/17(日) 23:27:26 ID:YvAN5ehs0
JFKテレビ、【2023/12/17 21:38
プーチン大統領、バイデン氏の「ロシアはNATOと戦うつもりだ」発言について:
これは全くのナンセンスだ。ロシアにはNATO諸国と戦う理由も関心も、
地政学的、経済的、政治的、軍事的な理由もない。
われわれはNATO諸国と互いに領土的な主張をしていないし、
NATO諸国との関係を悪化させたいとも思っていない。
我々は関係を発展させることに興味がある

2385日本の名無しさん:2023/12/31(日) 00:36:11 ID:/4JWq3TA0
ロシアの高校教科書は「ドナルド・トランプが2020大統領選で敗れたのは『民主党の明らかな不正』のためだ」と教えている

http://totalnewsjp.com/2023/12/30/trump-2339/

教科書はこう主張している。”ドナルド・トランプは民主党による「明らかな改ざん」の結果、2020年の大統領職を拒否された”



2386日本の名無しさん:2024/01/16(火) 02:20:41 ID:ane1uI..0
《櫻井ジャーナル》
ウクライナのクーデター体制を批判していたジャーナリストが獄中死
2024.01.14

 ウクライナに住みながら同国のクーデター体制を取材していたチリ系アメリカ人の​ゴンサロ・リラが収監されていたウクライナの刑務所で死亡した​。殺されたと言うべきかもしれない。彼は2010年にウクライナに移住、地元の女性と結婚し、ロシア国境にほど近いハリコフで住んでいた。
 そのリラは2022年にも逮捕されたが、釈放されている。そして​2023年5月にウクライナの治安機関(SBU)は彼を逮捕された​。収監中に拷問を受けていたと言われているが、10月中旬に左右の肺が肺炎を起こし、気胸、そして重度の浮腫を患ったのだが、刑務所は適切な治療を施さなかった。
 アメリカのバラク・オバマ政権は2013年11月から14年2月にかけてウクライナでクーデターを実行、ビクトル・ヤヌコビッチ政権を倒したが、その際、手先としてネオ・ナチを使っている。
 ウクライナのネオ・ナチとは、1941年にOUN-Bを組織したステファン・バンデラを信奉するグループ。MI6(イギリスの対外情報機関)とゲシュタポ(ナチスの政治警察)のハイブリッドだとも言われている。当時、そうしたグループが東ヨーロッパや中央ヨーロッパに存在していた。
 第2次世界大戦後、そうしたグループのメンバーはアメリカの情報機関によって脱出、保護されると同時に訓練を受けている。そうした人びとがソ連消滅後、東ヨーロッパや中央ヨーロッパへ戻っている。ウクライナでは2007年、ドミトロ・ヤロシュを中心にNATOの秘密部隊が組織されたが、その当時のアメリカNATO大使はビクトリア・ヌランドにほかならない。ヤロシュはアンドリー・ビレツキーと「右派セクター」を2013年11月に組織、14年のクーデターで中心的な役割を果たした。
 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は2020年10月14日にイギリスを訪問したが、その際にMI-6のリチャード・ムーア長官からゼレンスキーの周辺にロシアのスパイがいて情報が漏れていると警告され、その後、ゼレンスキーの身辺警護はすべてイギリスに引き継がれたと伝えられている。同時に、ゼレンスキー政権に批判的なすべての報道機関はイギリスの命令で検閲されるようになった。ゼレンスキー大統領は自分に批判的な政党の活動を禁止、暗殺された政治家も少なくない。
 このネオ・ナチ体制をゴンサロ・リラは批判していたが、取材は可能だった。そのリラが逮捕されたのは彼がジョー・バイデン大統領とカマラ・ハリス副大統領を批判した直後だ。アメリカ政府はジャーナリストの逮捕、そして拷問を容認していた。当然、バイデン政権はリラに救いの手を差し伸べなかった。

2387日本の名無しさん:2024/01/16(火) 02:26:31 ID:ane1uI..0
《櫻井ジャーナル》
米政府に従属して独を破滅へと導くシュルツ政権が露との戦闘を準備との報道
2024.01.16

 ​ドイツはNATO軍とロシア軍との戦争を戦争を想定し、準備を進めていると同国のタブロイド紙「ビルト」は伝えた​。「秘密の連邦軍文書」からの引用だとしているが、これはオラフ・シュルツ政権が自分たちの失政から国民の目を逸らすことが目的だと見られている。
 シュルツ内閣で外務大臣を務めるアンナレーナ・ベアボックは2022年8月31日に「フォーラム2000」で「ドイツの有権者がどのように考えようとも、私はウクライナの人びとを支援する」と発言、23年1月24日に「われわれはロシアと戦争している」とPACE(総州評議会議会)で口にした。ウクライナに対する軍事支援に積極的、つまりロシアと敵対する政策を推進しているが、これはシュルツ政権の特徴だと言えるだろう。
 シュルツやベアボックの言動はアメリカ政府の政策に沿うもので、ロシアとの戦争へと向かっている。ドイツとロシアの対立はアメリカやイギリスが19世紀から仕掛けてきたことだ。
 バラク・オバマ政権は2013年11月から14年2月にかけてウクライナでクーデターを実行、ビクトル・ヤヌコビッチ政権を倒してネオ・ナチ体制を樹立したが、その目的のひとつはロシアの喉元に短刀を突きつけることにあったが、もうひとつはロシアとヨーロッパを結びつけていた天然ガスのパイプラインを断ち切ることでロシアとヨーロッパ、双方を弱体化させることにあった。
 しかし、ロシアの天然ガスを入手したいドイツはロシアと共同で、ウクライナを迂回してバルト海を経由する2本のパイプライン「ノードストリーム(NS1)」と「ノードストリーム2(NS2)」を建設した。
 NS1は2010年4月に建設が始まり、11年11月から天然ガスの供給が始められる。ウクライナの体制がクーデターで変わった後の2015年6月にガスプロムとロイヤル・ダッチ・シェルは共同でNS2の建設を開始、18年1月にドイツはNS2の建設を承認、21年9月にパイプラインは完成している。
 アメリカやポーランドはNS1やNS2の建設や稼働に強く反対し、ドナルド・トランプ政権下の2020年7月には国務長官のマイク・ポンペオがNS2を止めるためにあらゆることを実行すると発言。2021年1月に大統領がジョー・バイデンに交代しても状況に変化はなく、22年1月27日にビクトリア・ヌランド国務次官はロシアがウクライナを侵略したらNS2を止めると発言している。2月7日にはジョー・バイデン大統領がNS2を終わらせると主張し、アメリカはそうしたことができると記者に約束した。
 そして2022年9月26日から27日にかけての間にNS1とNS2は爆破される。パイプラインが爆破された1分後にイギリスの首相だったリズ・トラスはiPhoneでアメリカのアントニー・ブリンケン国務長官へ「やった」というテキストのメッセージを送ったと伝えられている。携帯電話がハッキングされたようだ。
 その当時、イギリスの閣僚が使っていた電話がハッキングされていたことを疑わせるできごとがあった。イギリスのベン・ウォレス国防相は10月18日、アメリカの国務省や情報機関の高官と会うために同国を秘密裏に訪問しているのだ。
 調査ジャーナリストの​シーモア・ハーシュは2023年2月8日、アメリカ海軍のダイバーがノルウェーの手を借りてノードストリームを破壊したとする記事を発表​した。
 ハーシュによると、アメリカのジョー・バイデン大統領は2021年後半にジェイク・サリバン国家安全保障補佐官を中心とする対ロシア工作のためのチームを編成、その中には統合参謀本部、CIA、国務省、そして財務省の代表が参加している。12月にはどのような工作を実行するか話し合ったという。そして2022年初頭にはCIAがサリバンのチームに対し、パイプライン爆破を具申している。
 この作戦をシュルツ首相は事前に知らされていたという話も伝えられている。真偽は不明だが、少なくとも爆破後にシュルツが事件を調べようとせず、有耶無耶なまま終わらせようとしているとは言える。
 アメリカに従属するというシュルツの政策は低コストのエネルギー資源を入手する道を断ち切ったことでドイツは深刻な不況に突入、製造業は大きなダメージを受け、消費は減少し、産業空洞化が問題になっている。ドイツ国民の7割から8割がシュルツ政権を支持していないとも言われているが、当然だろう。アメリカ/NATOは簡単にロシアに勝ているという妄想の結果だ。

2388日本の名無しさん:2024/02/07(水) 12:07:56 ID:tQdiYLeY0
タッカーカールソンのプーチンへのインタビュー前の決意動画解説
山中泉
https://www.youtube.com/watch?v=yjdPL5mtNEo

2389日本の名無しさん:2024/02/10(土) 23:24:44 ID:Wx5bLQgg0
《櫻井ジャーナル》
カールソンによるプーチンへのインタビューを米国のエリートが恐怖する理由
2024.02.10

 ​タッカー・カールソンが2月6日に行ったウラジミル・プーチン露大統領とのインタビュー映像が公開された​。プーチンが過去に語ったことから逸脱する話はその中になく、「スクープ」があったとは思えない。それでもアメリカでは大騒動だ。
 プーチンはロシアがウクライナに対する軍事作戦を始めた理由を説明するため、中世までの歴史を語った。現在の出来事は過去の出来事の結果であり、歴史は因果の連鎖だ。ロシアとウクライナとの関係を説明するため、中世までさかのぼることは正しい。ちなみに、日本とアメリカの関係を理解するためには戦国時代までさかのぼる必要があると本ブログでは考えている。
 現在ウクライナとされている地域がソ連時代に形作られたことは本ブログでも繰り返し書いてきた。ソ連消滅後、自分たちがロシア人だと考えているウクライナの東部や南部の人びとは西部から離脱しようとしたが、それは実現しなかった。ウクライナを新自由主義化しようとした西側の巨大資本は黒海に面した南部、そして資源が豊富で穀倉地帯の東部を欲しかったのだ。
 しかし、東部や南部の住民だけでなく、ウクライナ人の多くはロシア人との対立を望んでいなかった。そうした中、ロシアとの関係を重視するビクトル・ヤヌコビッチは2004年11月に行われた大統領選挙で勝利する。そこで始まったのが「オレンジ革命」だ。
 選挙の直後からユシチェンコ陣営は選挙で不正があったと主張し、デモや政府施設への包囲を始めて国内を混乱させて政権奪取に成功したのだ。そしてアメリカは新自由主義者のビクトル・ユシチェンコを大統領に据えることに成功した。
 ユシチェンコは2005年1月から10年2月まで大統領を務めるが、彼の導入した新自由主義的な政策は一部の腐敗勢力に富を集中させてオリガルヒと呼ばれる富豪を生み出す一方、大多数の庶民を貧困化した。そこで、2010年の大統領選挙でユシチェンコが再び勝利し、大統領に就任した。そこでアメリカ支配層は2013年11月から14年2月にかけてクーデターを実行するのだが、その手先はNATOから訓練を受けたネオ・ナチだった。

訂正
※2010年はヤヌコヴィッチが当選

2390日本の名無しさん:2024/02/15(木) 12:43:56 ID:Wx5bLQgg0
緊急対談!及川幸久氏にプーチン×タッカー・カールソンのインタビューの真相とグローバリストの現在地について徹底的に聞いてみた

https://www.youtube.com/watch?v=9PhkWYU54Q4&list=TLPQMTQwMjIwMjR1qw-qJpZs9g&index=5

2391日本の名無しさん:2024/02/17(土) 12:58:51 ID:Wx5bLQgg0
ナワリヌイwikiより

政治的主張はネオナチに関与する極右団体を創設し、反移民極右デモに参加する等、大ロシア主義者、スラブ主義者、極右民族主義者とされ反イスラム姿勢を前面に出していたことから人種差別主義者とも評される。一方、同性婚に賛成等のリベラル派な面も持っており、近年は打倒クレムリンとして親欧米・親西側諸国の方針を明確に打ち出しており、西側諸国から権威主義・汚職・腐敗と戦う自由主義者としてのグローバルリーダーとして高く評価された。そのような姿勢はクレムリン側からはCIAやMI6の工作員との批判を受けており、実際にロシアでカラー革命を起こす目的でナワリヌイ側に接触しているとされる。

2014年のクリミア併合時にはロシアによる併合を称賛し、ロシアに対し西欧諸国が行なった経済制裁に反対している[141]
2012年にウクライナのテレビに出演し、ウクライナとベラルーシとロシアは一つの国家になるべきだと述べている[142]。
2022年以降のロシアによるウクライナ進攻へは反戦の立場から批判的立場を取ってきて、これまでのウクライナへの強硬姿勢から転換している。

国家総動員報コメ欄より
ナワリヌイは「文字通りのファシスト」。過激なLGBTを推進、若い世代を先鋭化していた。ウクライナ現政権とのパイプも太く(ウクライナ系ユダヤ人と言われる)、22年4月に著名なロシア従軍記者がサンクトペテルブルグのカフェで爆殺された事件への関与が疑われている。国外からの資金は仮想通貨で受け取っていたようだ。

2392日本の名無しさん:2024/02/17(土) 12:59:41 ID:Wx5bLQgg0
ナワリヌイとゼレンスキーはよく似ているようですね。色々と共通点が多い

2393日本の名無しさん:2024/02/17(土) 23:18:09 ID:YvAN5ehs0

カルマ・パトリオット、【2024/02/17 11:55
ロシアが国家安全保障上の脅威となる対衛星兵器を開発している」という不可解な警告は、
ディープステートの脅し戦術に他ならない。
その証拠に、2021年に私が保存しておいた、人工衛星や宇宙船を破壊することができる
「宇宙軍の秘密兵器」に関する記事がある。極秘だが、トランプ政権下で完成し、
公開される準備が整っていたようだ......しかし、COVIDが登場した。
そしてこれだ:
オグルス議員は、600億ドルのウクライナのマネーロンダリング法案を通過させるために、
ロシアのプロパガンダでアメリカ国民を怖がらせようとしたマイク・ターナー下院インテル委員長への
正式な調査を要求している。
ロシアの刑務所でアレクセイ・ナヴァルニーが死んでいる。彼はロシアでカラー革命を起こすために、
MI6のオフィサーに1年あたり1000万ドルから2000万ドルを要求していた。

2394日本の名無しさん:2024/02/17(土) 23:18:46 ID:YvAN5ehs0

彼はクーデターを計画していた。
捕まった。
そして逮捕された。
刑務所で死んだ。
終わり。
彼がCIAと共謀していた可能性は高く、もしそうなら、プーチンではなくCIAが彼を殺した可能性が高い。
もしそうなら、プーチンではなくCIAが殺した可能性が高い。
結論はひとつだ: 行政国家が生き残るためには戦争が必要だ。
COVIDのように、彼らはアメリカ国民をコントロールするために恐怖を利用する。

2395日本の名無しさん:2024/02/17(土) 23:19:03 ID:YvAN5ehs0

そして、自分たちの不正行為に資金を提供するよう議会をいじめるために使う。
[そして現在進行中の、急速に崩壊しつつある「トランプ法」から目をそらすために。]
ウクライナの資金争い ➕ ロシア国家安全保障の脅威
ロシアの国家安全保障上の脅威
タッカーのプーチンインタビュー ➕ ウクライナとロシアの停戦
ウクライナとロシアの停戦 ➕ トランプ事件
トランプ事件

2396日本の名無しさん:2024/02/17(土) 23:19:19 ID:YvAN5ehs0

ディープ・ステートの偽旗
ロシアのレーザーは今に始まったことではない。
ウクライナ資金調達法案は否決
ナヴァルニーとCIAのつながりが暴露される
プーチンは停戦を望んでいる
トランプは勝利している。
行政国家が私たちに投げかけてくるものは何も刺さらない......人々はついに目を覚ました。⚔️
https://breakingdefense.com/2021/08/what-satellite-attack-weapon-might-the-us-reveal-soon/

2397日本の名無しさん:2024/02/18(日) 10:22:48 ID:Wx5bLQgg0
haranotimesコメ欄より
私の見た翻訳が正しければharanoさん間違えているから(誤解があるよ)、プーチンは「購買力平価purchasing power parity」で見た場合の潜在的経済規模の話をしているのであって(この論議にハードカレンシーとしてのドルの論議があるでしょ、だからプーチンは「ドルで表示されるGDPではなく」としてこれを説明している)、勿論中国経済を盛って提示する意図はあったと思うけれど、半分皮肉ですよ(俺にドル評価関係無いだろって)。
それからBRICs+6の経済評価も「購買力平価purchasing power parity」で見た場合だと思う。
何故そこに意味があるのかって、軍事力です。
haranoさんもロシアの戦闘機が米軍のそれと比べてドル表示なら3分の1とか5分の1でもほぼタイマンなの御存知ですよね?
ここでの国力は(ウクライナでも砲弾の価格考える場合ロシアの予算をドルで評価しても意味が無い)何発作れるのかで幾らドル?ではないからです。
現代の通貨は事実上「軍事力本位制」であり、プーチンはそこを言いたいのでしょう。
戦場でアサルトライフルのAKも米M4も性能はほぼ変わらないけど、AKがどれだけ安いのか御存知ですよね?
(購買力平価で計算しないとロシアの自動小銃保有数を想定できない《AKのが遥かに廉価だからです》)
※つまりここでプーチンは「軍事力を支える経済規模」の話をしてるんだよ。

また、確かに核兵器のそれは質問の意味あると思うけれど(カールソンも西側のロシアが核をーとか言うのがプロパガンダだとの前提で論議しちゃってるから)、プーチンはロシアが本気も出してないのにウクライナにどうして核が必要になるとか論外だという態度を示しており、負けそうになったらが何を意味しえているのかわからない(プーチンとしてはポーランドとか興味無いからでそこに答えているつもりかと)。
独裁じゃないのかってのもプーチンに聞くことでは無いような気がする(これに類似しているのは旧田中派支配含む自民党永久政権)。ロシアの国民性として長期政権になってしまう政治的民度を質問すれば意味があったかもしれない。
また、市民の犠牲はイスラエルのガザ侵攻と比較すれば一目瞭然で(こちらは米国絶賛応援していらっしゃる)、ロシア軍は一般市民の犠牲を最小限度にするため大規模攻勢をやっていないのであって(事実これはロシア国内に無差別でもちゃっちゃとやれというプーチン批判があり、これをプーチンが抑えている)、プーチンが「特殊作戦」と呼んでいるのは戦争として軍力を全力投射していないの意だから(やろうと思えばキエフ包囲を訓練兵の部隊なんかでやらんでしょ《講和が前提じゃなければあの時キエフを火の海にすればいいだけなんだから》)。
プーチンとしてはイラク戦争で米軍は何人イラクの市民殺してる?ってことなんじゃないのかしらね(その比較で「すんごい慎重にやらせてるからって」)。

軍事力はライフルの購買力次第?
ねむたいです。

わかんないのかな(一応俺経済学部卒なのだが)
今回局地戦においてww1みたいな塹壕戦が行われているのは御存知ですよね、
うんで155㎜榴弾砲など火砲の撃ちあいが戦力比較となっていて、西側が何発155㎜支援できたのかがウクライナにとって重大な問題なワケ。
ロシアの経済力が何ドルでございますから=ロシアの砲弾製造能力はとならないのさ。
ロシアは155㎜をはるかに廉価に米国より製造できるから。
なのでロシアが何発在庫持っていて、今後の継戦能力(生産能力)を測る場合、
たとえば「砲弾一発いくらを基準にロシアの経済を評価」しないといけないだろ。そう言う意味だよ。
じゃないと、ウクライナが受けた支援額(ドル表示)見て「我軍は圧倒的である」みたいな眠たい話になる。
(既にドイツなど砲弾が数日分しか残っていないとも言われており)
ロシア軍の潜在的継戦能力を「GDPがドルでお幾ら」で評価しても意味が無い。
だから「購買力平価PPP」で言えばと断っているのさ。

失礼します。安上がりにウクライナ軍事支援するなら、北から買って渡せばいいのかな?なんなら露から買ってもいいかも。本当に失礼しまた。

だからロシアは北に接近したの(あそこ食い物は無いけど砲弾だけはいっぱい持っていたから《昔の共産圏って古い砲弾とかももしものために廃棄せず全部備蓄してるんだわ:だから今回ロシア軍にとんでもオンボロ戦車などが登場したってワケ》)
最近北が嬉しそうに撃ちまくってるミサイルはガチでロシア製だと思う。
北はロシアから食料もかなり貰ってるんじゃないかな。うんで砲弾はごっそりロシアが持って行った(報道されてたと思うよ)
意味わかる?「砲弾が通貨みたいな意味になってるのさ」
そう言う意味ではロジスティック語る意味で、ロシアのパンはお幾ら?重要だよね(小麦の値段は?)。

2398日本の名無しさん:2024/02/18(日) 10:25:41 ID:Wx5bLQgg0
ハラノさん、もしあなたが本当にアメリカ人で、ご自身がジャーナリストの1人であると自認する人であるなら、今回のタッカー・カールソンとプーチン大統領とのインタビューを批判するより先に、もっと真摯に取り組むべきアメリカ人ジャーナリストとしての課題があるはずですよ。

今回のインタビューでも言及されていた事ですが、いわゆる【マイダン革命】と称するクーデター、この背後に米国諜報機関や米国国務省が深く関与していたことは明白であり、あのクーデターによってウクライナは決定的にロシアと対立する構図にはまりこんだ…

あの【マイダン革命】とは何だったのか?
そこにアメリカの諜報機関や国務省職員がどのように関与したのか?
バイデンも深く関与し、彼の息子ハンター・バイデンもウクライナの企業から多額の資金を得ていた…
これら明白な事実がある中で、殆どのマスコミがこうした事実を無視して、ウクライナが一方的な被害者でありロシアは一方的な加害者・極悪非道な覇権主義国家だと、散々にプロパガンダの垂れ流しが繰り返されてきた…

このような異常な空間の中でも、自らロシアに乗り込んでプーチン大統領に直接インタビューし、プーチン大統領が何を考えているのかをネットで直接、多くの西側諸国の国民に伝えようとする仕事は有意義なものです。
たとえそれが従来の形とは異なる、やや迫力に欠けたインタビューであったとしても、初めの一歩としては十分に有意義で有効なインタビューだったと言えるでしょう。

他方、【自由の国アメリカ】の現職大統領はどうなのか?
現職大統領と、それを補佐するはずのホワイトハウススタッフやアメリカの中枢で動いている人間たちはどうなのか?
インタビューを受けることすらなく、彼等にとって都合の良いプロパガンダを垂れ流しているだけではないのか?
そのような彼等に対して、【自由の国】アメリカの中から【言論の自由】を守り活用するためのジャーナリストは出てこないのか?

いみじくもインタビューの中でプーチン大統領が繰り返し指摘した通り、西側のジャーナリストが突っ込んで質問し問いただすべき事柄は山ほどある…
アメリカの政権中枢に、アメリカ人ジャーナリストとして質問し問いただす事柄が山ほどあるはずです。

そうした事柄をスルーして、プーチン大統領の発言の主旨もスルーして、枝葉のような枝葉末節にのみ着目し批判しても、そんな事には殆ど何の意味もないでしょう。

アメリカ人として憂慮すべきはプーチン大統領の妥当性などより、ご自身の大統領・バイデン大統領とその政権の正統性・正当性、妥当性、説明責任を果たさせる事だと思うんですけどね。


私がここでコメントした内容などは、アメリカの保守派(トランプ大統領支持が多い)の間で盛んに議論されているような話です。

特に、トランプ大統領の頃に軍事関係のアドバイザーとしてトランプ大統領に助言していた元アメリカ陸軍の大佐、カーネル・ダグラス・マクレガーという人の見解をチェックしてみて下さい。
私などよりよほど軍事にも国際情勢にも詳しい元陸軍大佐が、今回のウクライナ侵攻への見立てやイスラエルでのガザ攻撃に対して非常に手厳しく、アメリカ・バイデン政権の愚作を批判しています。

そうしたアメリカのまともな保守派による現アメリカ政権への批判を知れば、バイデンがいかにデタラメでヤバい存在であり、それと比較すればロシアのプーチン大統領が遥かにまともな国家指導者だと痛感するはずです。

彼等アメリカの保守派は、今のアメリカが非常に危険で愚かな判断を繰り返していて、従来のシステムを根本から破壊するような愚行がアメリカという国家を滅ぼす危険性があることを危惧している。
だから真っ当に真正面からバイデン民主党政権を批判するし、その中核をなす元オバマ政権の重要スタッフ(現職バイデン政権の中枢)がやってきたデタラメな外交を激しく非難しているんです。

が、【何故か不思議なことに】このハラノ・タイムスではそうしたオバマ政権の頃のアメリカの闇には一切触れない…言及しない…
ウクライナの【マイダン革命】に深く関与し操作したことが明白なアメリカの官僚などを殆ど無視している…
これでは、トランプ大統領が訴えていた【ワシントンの沼】を無視するのと同じですよ、残念ながら。

そうした傾向が顕著なこのチャンネルの問題点を、少しは懸念した方が良いと思いますけどね。

2399日本の名無しさん:2024/02/18(日) 18:53:00 ID:U.Mrf4.A0
《櫻井ジャーナル》
バイデン米大統領が苦境に陥る中、西側で英雄視されているナバルニーが獄中死
2024.02.18

 ウクライナのアレクサンドル・シルスキー軍最高司令官は2月17日、アブディフカから部隊を撤退させると発表した。犠牲を少なくするために撤退するべきだと主張していたバレリー・ザルジニー前司令官をウォロディミル・ゼレンスキー大統領は解任、ソレダルやバフムートで自軍の兵士を「挽肉器」に押し込んだと批判されていたシルスキーに交代させていたのだ。撤退が遅れたことで犠牲者は増えるだろう。
 その前日、西側では「ロシアの反体制派指導者」と宣伝されているアレクセイ・ナバルニーがシベリアの刑務所で死亡したと発表された。散歩中に気分が悪くなり、意識を失ったとされている。死因は明確になっていないが、血栓である可能性があるという。
 西側での宣伝とは違い、ナバルニーはロシアで人気がない。支持者は2%程度だとされていたが、今ではほとんどいないだろう。刑務所へ入られれた理由は財政詐欺。彼は弟とダミー会社を設立、数千万ルーブルを盗んだとされ、兄のオレグ・ナバルニーは3年半の禁固刑を受け、アレクセイも執行猶予のついた禁固刑を受けていた。
 アレクセイの場合、その前、キーロフ州知事の顧問として別のダミー会社を通じて150万ルーブル盗み、執行猶予付きの判決を受けている。ロシアでも2度執行猶予付きの判決を受けた人はほかにいないようだ。このときの条件として居住地を変えないこと、月に2回出頭することが決められていたが、2020年だけでも彼の違反回数は6回だ。
 そして2023年8月、ナバルニーは再び有罪判決を受けたが、特別体制のコロニーに19年間収容という寛大な措置が取られている。そしてシベリアへ送られた。
 ロシア国内でナバルニーは影響力がなく、ウラジミル・プーチン大統領が恐れるような存在ではないが、西側の支配層にとってはまだ宣伝材料として使える。その配下にある大手メディアはナバルニーを英雄視する「報道」を展開した。
 そうした中、ナバルニーの死が注目されている。ウクライナのゼレンスキー大統領は彼が「プーチンに殺された」と宣言したが、勿論、根拠などは示されていない。
 そうしたメディアが支援するアメリカのジョー・バイデン政権は苦境に陥っている。これまで大量の武器弾薬を供給、莫大な資金を注ぎ込んできたウクライナでゼレンスキー政権軍が壊滅的な状況で、2月13日にはウクライナ向けの600億ドルを含む950億ドルの対外援助法案が上院で可決されたものの、難産だった。
 2月9日にはタッカー・カールソンがウラジミル・プーチン露大統領との2時間以上という長時間のインタビュー映像を公開したが、カールソンの「X」アカウントだけでもアクセス数は2億件を超えている。そのなかでプーチンはウクライナに軍事介入した歴史的な背景や米英が停戦合意を壊した事実を説明、天然ガス用パイプライン爆破にも触れたが、アメリカは選挙で選ばれた人々によって運営されていないとも指摘している。西側の大手メディアが封印していた話が発信、西側で作り上げられた「邪悪なプーチン」というイメージも薄らいだ。
 その前、2月8日に司法省のロバート・ハー特別検察官はジョー・バイデン大統領を機密資料の不正な持ち出しに関する問題で起訴しないと発表したが、その理由は大統領が自分の長男の死亡日を思い出せないような「記憶力の劣る高齢者」だからというもの。大統領として不適格だと思えるが、選挙で選ばれた人々によって運営されていないアメリカでは「記憶力の劣る高齢者」が大統領でも構わないのだろうか。
 ちなみに、ウクライナのハリコフに住みながら同国のクーデター体制を取材していたチリ系アメリカ人のゴンサロ・リラは逮捕され、収監されていたウクライナの刑務所において拷問の上、死亡している。適切な治療も受けていなかった。

2400日本の名無しさん:2024/02/19(月) 22:46:38 ID:YvAN5ehs0
カルマ・パトリオット , [2024/02/19 6:55].
ナヴァルナヤの死とプーチンに濡れ衣を着せようとする慌ただしさについて、#FogOfWar の霧が晴れたようだ。
"@MunSecConfでスピーチした後、ユリア・ナヴァルナヤに会った。
私は彼女の強さと目的意識に畏敬の念を抱いている。
たとえ彼女と彼女の家族が愛する国のために多くの犠牲を払ったとしても。
「民主主義と自由のための彼女の戦いは、彼女の夫の戦いと同様、私たちの戦いでもある。」
-ヒラリー・クリントン
#ThesePeopleAreStupid 🙄(この人たちはバカだ

2401日本の名無しさん:2024/02/21(水) 19:14:30 ID:xydEd43s0
「重要なのはジャーナリズムだ」ロバート・ケネディJrがタッカー・カールソンとプーチン大統領のインタビューについて!全員見るべきだ!

https://www.youtube.com/watch?v=8NF5l8ocq3k

2402日本の名無しさん:2024/03/20(水) 00:42:01 ID:WE4ECwPg0
タッカー・カールソン暗殺未遂で逮捕:ウクライナ諜報機関がロシアの「殺し屋」を雇った
2024 年 2 月 26 日

モスクワで男性1人がテロ容疑で逮捕された。テロ組織は、モスクワ訪問中のアメリカ人ジャーナリスト、タッカー・カールソンを攻撃するために「ウクライナ人ハンドラー」によって運営されていた。

テロリストは陰謀を自白し、その詳細を語った。彼には攻撃のためにIED(即席爆発装置)が提供された。計画は、フォーシーズンズホテルの地下駐車場にあるタッカー・カールソンの車を狙うというものだった。

ワシリエフは取り調べの中で、指示を受けたことやIEDの場所について詳しく語ったが、襲撃する前に逮捕されたと述べた。同氏はまた、ウクライナ人のハンドラーが攻撃の成功には4000ドルを約束したとも述べた。

タッカー・カールソン氏はロシアのプーチン大統領と面談するため2月初めにモスクワを訪れた。カールソンはバイデン政権が3年前にプーチン大統領とのインタビューを阻止するため、バイデン政権が同氏のテキストメッセージを不法にスパイし、メディアに漏洩したと述べていた

Arrest in Tucker Carlson Assassination Try: Ukrainian Intelligence Hired Russian ‘Hitman’ to Murder Journalist
https://www.theinteldrop.org/2024/02/26/russian-man-recruited-by-ukraine-intelligence-arrested-over-terror-plot-to-kill-tucker-carlson/

2403日本の名無しさん:2024/03/20(水) 00:43:19 ID:WE4ECwPg0
>>2402
ウクライナの諜報機関に雇われた男が「タッカー・カールソン暗殺未遂」で逮捕
http://totalnewsjp.com/2024/02/27/tucker-63/

2404日本の名無しさん:2024/03/24(日) 00:34:32 ID:WE4ECwPg0
《櫻井ジャーナル》
モスクワ近郊で引き起こされたテロ攻撃の背後にアメリカ政府の影
2024.03.23

 モスクワの北西にクラスノゴルスク市がある。そこのクロッカス・シティ・ホールという音楽ホールが3月22日、自動小銃で武装した一団に襲撃され、60名以上が殺され、爆発音の後に火災が発生したという。その日、ホールではロックバンドのコンサートが予定されていた。襲撃グループの行方は不明だ。
 3月20日にジェイク・サリバン国家安全保障問題補佐官がキエフを突如訪問して人びとを驚かせたが、アメリカ大使館が3月7日に出していた警告も話題になっている。これはコンサートを含むモスクワの大規模な集まりを標的とする差し迫った計画を立てており、アメリカ市民は48時間、大規模な集まりを避けるようにアドバイスしていたのだ。

2405日本の名無しさん:2024/03/24(日) 00:37:03 ID:WE4ECwPg0
《櫻井ジャーナル》
モスクワ近くの襲撃事件でCIAの傭兵が犯行声明、NATO軍部隊がキエフ近郊へ
2024.03.24

 モスクワ近郊、クラスノゴルスク市にあるクロッカス・シティ・ホールを襲撃に直接関与した4名を含む11名を拘束したとFSB(連邦保安庁)のアレクサンドル・ボートニコフ長官がウラジミル・プーチン大統領に報告したと発表された。共犯者を特定するための捜査は継続中だという。
 時間が経過するにつれ、興味深い事実が明らかになってきた。たとえば​事件の舞台になったクロッカスの所有者はドナルド・トランプと非常に親しいアゼリー系ロシア人​だ。
 ダーイッシュ(IS、ISIS、ISILなどとも表記)が犯行声明を出しているようだが、この武装集団は決してイスラエルを攻撃しないアメリカの傭兵。2014年1月にイラクのファルージャで「イスラム首長国」の建国を宣言、6月にモスルを制圧するという形で登場してきた。
 モスルを制圧する際、トヨタ製小型トラック「ハイラックス」の新車を連ねたパレードを行い、その様子を撮影した写真が世界に伝えられたのだが、その際にアメリカ軍が反応しなかったことも注目された。偵察衛星を運用、地上にも情報網を持っているアメリカが気づかないはずはない。
 ​そうした武装集団の出現をアメリカ軍の情報機関DIAは2012年8月の時点でホワイトハウスに警告していた​。オバマ政権が支援している反シリア政府軍の主力はアル・カイダ系武装集団のAQI(アル・ヌスラと実態は同じだと指摘されていた)で、その中心はサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団だと指摘しているのだ。2012年当時のDIA局長はマイケル・フリン中将である。
 アル・カイダ系武装集団のAQI(アル・ヌスラと実態は同じだともしている)の名前も報告書の中に出している。報告書の中で、オバマ政権の政策はシリアの東部(ハサカやデリゾール)にサラフィ主義者の支配地域を作ることになるとも警告、それがダーイッシュという形で現実になったわけだ。ダーイッシュは残虐さを演出、アメリカ/NATOの介入を誘っていた。
 ダーイッシュにはサダム・フセイン体制下の軍人が参加したとも言われているが、サラフィ主義者やムスリム同胞団が多く、チェチェン、ウクライナ、ウイグルなどからも来ていた。そこで戦闘の経験を積み、帰国、テロ活動を広めるわけだ。ウクライナへもシリアで経験を積んだ戦闘員が入っている。
 ダーイッシュの母体になった​「アル・カイダ」について、イギリスの外務大臣を1997年5月から2001年6月まで務めたロビン・クックは05年7月に説明​した。「アル・カイダ」はCIAの訓練を受けた「ムジャヒディン」の登録リストだとしている。この仕組みが作られたのはアメリカがアフガニスタンで工作に利用するためだ。アラビア語でアル・カイダはベースを意味、データベースの訳語としても使われる。
 シリアで欧米支配層のためにシリア政府と戦っていた頃から言われていたことだが、ダーイッシュはイスラムとの関係も薄い。イスラムでは神聖な月であるラマダーンの金曜日にイスラム教徒が非武装の市民を虐殺するのは奇妙だとも指摘されている。
 クロッカスでの虐殺に合わせるように、フランス、ドイツ、ポーランドの正規軍兵士相当数がキエフの南にあるチェルカッシーへ鉄道や航空機を利用して入った。事実上、NATO軍がロシア軍に対して宣戦布告したということになる。当然、ロシア軍は全面戦争の覚悟をしなければならない。

2406日本の名無しさん:2024/03/30(土) 08:29:14 ID:WE4ECwPg0
3月31日(日)ライブ告知 ロシア連邦捜査委員会「クロックスホール銃撃犯はウクライナから多額の金銭を受け取っていた」

https://www.youtube.com/watch?v=UJREkORM4Mc&list=TLPQMjkwMzIwMjTLEqnXE_vV8Q&index=6

2407日本の名無しさん:2024/04/20(土) 19:00:43 ID:q50/fa8k0
【判明】プーチンが暴露したこの世界の仕組みとは?

https://www.youtube.com/watch?v=cfUtyKdWeVY

・悪の枢軸米英とその属国について

2408日本の名無しさん:2024/04/29(月) 19:39:42 ID:YvAN5ehs0
スパイゲートダウン 🇺🇸 🇷🇺 🇧🇷 🇫🇷🌺, 【2024/04/29 8:35
ウクライナの報道は何も信じられない。
ロシア軍はかつてないほど迅速に進軍しており、ウクライナは兵士不足に陥っている。
新兵の年齢も若くなっている。
ウクライナは最近、ウクライナ難民を公的支援から外し、徴兵できるように帰還を促すようポーランドに要請した。
ウクライナは勝つことができない。
飽くなき戦争マシーンを養うために、美しい命が日々犠牲になっている。
結局のところ、彼らの命は、彼らが埋葬された土以外には、一寸の価値もないのだ。
今後、ウクライナはEUとNATOに加盟しようとするだろうが、
ロシアとの開戦に関心のない各組織のメンバーによって阻止される可能性が高い。
ゲーゲー踊り、コカイン吸引の庭小人が白旗を振り、無数の命を救う時だ。
彼は操り人形であり、その糸は戦争豚に握られているからだ。

2409日本の名無しさん:2024/04/29(月) 19:40:50 ID:YvAN5ehs0
SpyGate Down 🇺🇸 🇷🇺 🇧🇷 🇫🇷🌺, [2024/04/29 19:28]
🇺🇦🇺🇸 「THIS IS THE FOREVER WAR」 -
イーロン・マスク、アメリカのウクライナ支援10年計画に反論。
起業家のデイヴィッド・サックスは、アメリカが今後10年間キエフを支援するというゼレンスキーの二国間協定の発表に注目している。
610億ドルという数字は始まりに過ぎない。次の2人のアメリカ大統領は、これを元に戻すことはできないだろう –
サックスは警告する。
アメリカは今後10年間、具体的に何を支援するつもりなのか。おおよその国境線を教えてほしい。

2410日本の名無しさん:2024/05/08(水) 19:49:28 ID:CJl5V8pU0
タマホイ🎶@Tamama0306
クリミアが独立したのは『1991年1月』
ウクライナが独立したのは『1991年8月』
その後、ウクライナがクリミアを侵略
クリミア政府を転覆させ、クリミア独自の憲法を破棄
キエフの政令を押し付けられたクリミアで民族主義の政権が誕生
1997年にロシアとウクライナが友好条約を締結、ウクライナは国内の少数民族の文化的多様性を保障
2014年2月にウクライナがロシア語を公用語として禁止、上記の条約を破る
2014年3月にクリミアがロシア連邦編入の住民投票を実施、97.47%が賛成
クリミアを征服したのはロシアではなく、クリミア当局にロシア編入を依頼する権限を与えた住民である
(同様に、今回ウクライナ東部4州もロシアへの編入を住民投票で決めた)
中央政府の承認なしに独立をする行為はコソボ危機の際に国際司法裁判所もOKしている
2014年4月、ウクライナは腹いせにクリミアへの水の供給を停止、クリミアは水不足に
当時お笑い芸人だったゼレンスキーはこれを舞台でネタにして観客は爆笑
さらにウクライナの右派セクター(ネオナチ)が国境を占拠、クリミアに食料を運搬するトラックをすべて阻止
(同じ年になぜかアメリカの外交官がウクライナ国籍を取得して財務大臣に就任)

2411日本の名無しさん:2024/05/08(水) 19:49:59 ID:CJl5V8pU0
2014年のミンスク合意1の後、ウクライナが合意を無視してドンバス地方(ウクライナ東部・自国領)を攻撃
しかし、NATOの支援を受けたウクライナの『正規軍』がドンバスの『民兵』に撃退され完敗
それが2015年のミンスク合意2に繋がるが、結局ウクライナはミンスク2も守らず
🇩🇪ドイツのメルケル前首相が「ミンスクは見せかけの合意だった」発言
🇬🇧イギリスのボリス首相もミンスクはそもそも意味のない合意だった発言
🇺🇦ウクライナのポロシェンコ元大統領も「ミンスクは軍備増強・反プーチン連合を構築するための時間稼ぎだった」発言
🇫🇷フランスのオランド元大統領は、「みんなミンスクはプーチンの時間稼ぎ」だと思ってくれていたが実は我々の時間稼ぎだった発言
ついでにポロシェンコがいなければ『マイダン革命』は起きなかっただろう、ポロシェンコはすごいと称賛
ロシアは8年間ただミンスク合意の履行を望み、その立場を変えなかった
OSCE(欧州安全保障協力機構)は2014年以降ロシア軍部隊を見たことがない

2013年秋頃、欧州連合(EU)がウクライナとの貿易・経済協定の締結を希望
当時ウクライナの産業・農業の取引相手は主にロシアだったためウクライナはロシアとの経済関係を保ちつつEUに協力したかった
ロシアとしてはこの計画を問題視せず、宇・欧間の協定と露・宇間の協定を作成し、双方に利益がもたらされるように動こうとした
しかし、EUはウクライナに圧力をかけ始める
欧米のメディアは「ロシアがウクライナに圧力をかけ、EUとの条約を阻止する」と流布
ヤヌコビッチ大統領はこの問題を解決するための時間がほしかったが妨害される
2014年、キエフに西側の過激派が出現
マイダン革命が起こされヤヌコビッチ大統領が打倒される
(当時のオバマ、バイデン、ヌーランド、CIA長官などなどの動きは有名な事実なので割愛)

2019年、ゼレンスキー大統領爆誕
就任演説で『ドンバスの紛争を止める』、『政府の汚職を撲滅する』、そのために自分はどうなっても構わないと感動的な発言
アゾフ大隊などのネオナチ組織に武装解除を求めるが即失敗、心が折れる
ドンバスへの攻撃は続き、8年間で約14,000人の子供含む民間人が死亡(国連調べ)
ロシアに編入した今でも攻撃を受け続けている
ゼレンスキーはネオナチ組織に勲章を与え、ロシアの特別軍事作戦の際には牢屋にいる犯罪者を戦力として解き放った
今では自分も、自分の政権も汚職まみれ
世紀のピエロ野郎である

ちなみにポロシェンコに至っては『ウクライナの子供』は学校に通ったり普通の生活を送れるが、『ドンバスの子供』は学校に通えず地下室から出られなくなると発言
実際、ドンバスの子供たちは日々砲撃の恐怖に怯えながら主に地下室で過ごした

2020年7月?2021年7月?にウクライナで『民族によって国民に異なる権利を与える』法律が成立
ロシア語、ロシア文化、宗教などの禁止にとどまらず、国民を1級市民・2級市民に分けられるようにした
この1935年のニュルンベルク人種法みたいな法律のおかげでウクライナ人は完全な権利を与えられたが、それ以外の民族は限られた権利しか与えられなかった
ロシア人を明確に差別することができる

ロシアの特別軍事作戦は突然始まったウクライナ全土への侵略ではなく、ドンバス地方の保護が目的
現在ウクライナの奥深くの軍事施設まで狙って攻撃しているのは、いまだにドンバス地方への攻撃がなくならず、ロシア領へのテロ攻撃が続いているため

そもそも戦争が始まってからすぐに行われ締結された露・宇間の和平協定をネオコンにそそのかされて宇が破棄していなければとっくに平和になってた

https://twitter.com/Tamama0306/status/1788032565900869962

2412日本の名無しさん:2024/05/08(水) 19:52:19 ID:CJl5V8pU0
タマホイ🎶@Tamama0306

あんまり知られてなさそうだけど、ロシアが特別軍事作戦を開始する前、ゼレンスキーがクリミア奪還令を出してクリミア方面に軍を集中させた
アメリカ(ネオコン)はこのタイミングで開戦させたかったのか、しきりにロシア軍に動きがある、ロシア軍が攻撃してくると主張していたが実際にはなく
なぜかウクライナ側もアメリカ側の主張を否定し続けるっていうコントみたいな状況が続いた
その後アメリカがゼレンスキーと接触したあとに急にウクライナ側もロシアが攻撃してくるって主張するようになった

特別軍事作戦はロシアがドネツク・ルガンスク両共和国と同盟を結んだあとにウクライナに攻撃をさせることで同盟国を守る義務と自衛権を発動させているため国連憲章にはなんら違反していない
プーチンマジ策士

実は両共和国からの同盟締結の依頼は、2014年〜2015年にウクライナ(キエフ政権)から独立するための住民投票を行って90%以上が賛成した後に一度されているがプーチン政権が断ってる、なんの準備もなしに他国の内戦に首を突っ込む形になるからねぇ


https://twitter.com/Tamama0306/status/1788065775565340968

2413日本の名無しさん:2024/05/08(水) 19:55:27 ID:CJl5V8pU0
🇹🇭トゥッケ🇹🇭@KANUN28743590

両共和国は独立宣言してロシアも承認を済ませている。
スロベニアやクロアチアを即座に承認した西側は何故承認しなかったのか?
プーチンはちゃんと手順を踏んでる。

https://twitter.com/KANUN28743590/status/1788099046407803



cargo 💴💶💵🌹🐾@cargojp
2021年3月24日にゼレンスキーによって署名された「クリミア奪還作戦計画の大統領令」。
https://president.gov.ua/documents/1172021-37533
これは要するに、住民投票でロシア領となったクリミアに対する宣戦布告。

https://twitter.com/cargojp/status/1788077073170665969

2414日本の名無しさん:2024/05/16(木) 20:58:44 ID:YvAN5ehs0
ジャスト・ヒューマン‼️️, [2024/05/16 10:27]
「銃とバター」: プーチン大統領、内閣改造の理由を説明
ウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナ作戦で初めてセルゲイ・ショイグ国防相を更迭し
(国家安全保障会議議長に「昇格」)、アンドレイ・ベローゾフ前経済発展相を国防長官の座に据えた
今週の内閣改造の理由を初めて説明した。
ベローゾフ前経済発展相は、国防予算と軍事費の激増が原因だと説明した。

いわば "銃 "と "バター "の関係は、ロシア国家の全体的な発展戦略に有機的に統合されなければならない」とプーチンは述べた。
「アンドレイ・レモビッチ(ベローゾフ)がこの任務を可能な限り最善の方法で処理することを期待している」。
プーチンは、ロシアの軍事費が2024年にはGDPの約8.7%まで拡大していることを指摘した。
冷戦真っ只中の1980年代にソ連が支出していた13%には及ばないものの、「これらは重要な資源であり、
非常に効率的かつ効果的に使わなければならない」と大統領は説明した。
読む (https://www.zerohedge.com/geopolitical/guns-butter-putin-explains-reason-behind-major-cabinet-shake)

2415日本の名無しさん:2024/05/16(木) 21:00:11 ID:YvAN5ehs0

ジョン・ヘロルド、[2024/05/15 2:50]
なるほど...
ジョージ・ステファノプロスの新著は、1月6日の出来事がホワイトハウスの緊急プロトコルを
どのように実行に移したかを回想している:
"我々は政府継続の状況に入った"
↓一部抜粋
https://www.vanityfair.com/news/story/capitol-officer-account-jan-6
大統領執務室に戻ったトランプ大統領は、テレビでこの光景を見ながらダイエットコークを口にした。
側近や盟友たちは、暴動を非難し、暴徒を呼び止めるよう彼に促した。
その代わりに、暴動が激化していた2時24分、彼はマイク・ペンスに
"なすべきことをなす勇気がない "と罵倒するツイートを発信した。
シークレット・サービスや国会議事堂の関係者から報告が入り、シチュエーション・ルームは奔走した。
「事態は大混乱に陥った。「政府存続の事態に陥った」。

2416日本の名無しさん:2024/05/16(木) 21:00:27 ID:YvAN5ehs0

そこで止まれ。
そのフレーズをよく聞いてくれ: "政府継続状況"。
この当たり障りのない官僚用語は、冷戦のさなかにアイゼンハワー大統領が最初に命じた、
きわめて重大な一連の政策と行動を覆い隠している。
「COG」は、核戦争などの災害後も政府が機能するように設計された。
秘密司令部(シット・ルームがその重要なひとつ)、精巧な指揮系統、議会の移転、
攻撃で死亡した行政府高官の交代などが含まれる。
過去に一度だけ、2001年9月11日のテロ攻撃の直後に発動されたことがある。

2417日本の名無しさん:2024/05/26(日) 12:34:00 ID:YvAN5ehs0
ジャスト・ヒューマン‼️️、【2024/05/25 1:18
ロシアの4人の情報筋によると、ロシアのプーチン大統領は、現在の前線を認めるウクライナでの停戦交渉に前向きだという。
キエフと西側諸国が応じなければ、プーチンは戦闘を継続する用意があるとの見方を示した。
バッドランズ・メディア
(https://badlandsmedia.tv/putin-ready-for-ukraine-ceasefire-on-current-frontlines/)

2418日本の名無しさん:2024/06/24(月) 16:22:01 ID:CExti1Os0
"2014年、ウクライナは融資を必要としていた。2つの申し出があった:

世界銀行(IMF)は2つの条件付きで150億ドルを提示した:
-民間の土地所有の禁止を解除する。
-年金と燃料補助金の削減。

ロシアも150億ドルを提示したが、緊縮財政と民営化の条件はなかった。

ウクライナのヤヌコビッチ大統領はロシアの提案を選択することを決めたため、ワシントンはクーデターを扇動し、ヤヌコビッチを追放した。

ウクライナの新クーデター政権はIMFの融資を受け入れ、緊縮財政と民営化という条件を受け入れた。

アメリカ資本の多国籍コンソーシアムはすでにウクライナの農地の1/3を購入している。"

世の中の構造を自分で調べると、ロシア=悪と刷り込んでくる巨大勢力が見えてくるし、その巨大勢力が💉も仕掛けているのもわかる。

https://x.com/j_sato/status/1805138253311602976

2419日本の名無しさん:2024/07/03(水) 07:59:24 ID:y5.6tqSAS
僅かな気遣い、手助け。
https://www.unicef.or.jp/kinkyu/ukraine/?utm_source=yahoo&utm_medium=display&utm_campaign=yda_main_retargeting_bp_infeed_ukraine&utm_term=1200_628&utm_content=202309_res_ukraine5_1200_628_ukraine_text1_ukraineLP&cd=pc921&yclid=YJAD.1719938225.A7EshGYAANZbD4q8Ht-9GFke68t8HuiXKJ2SfXywa5h6giYfdfTVOAEi_nr49ICCbkgxftOi1e5QcSs8qoi_qlqpSi8orKOwFhsxl4nSmZXZK0hGC13-leGJmK2Kq5Ky8Z3BdhpLPivIQPmAEXFgykwfGZk4mVq9c4AzAfliOKf3ibxhm7pbwCWSqRC2UcobXw&yj_r=45


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板