したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

時 事

1 NAME :2013/01/29(火) 16:05:23
時 事

227 NAME :2018/04/12(木) 02:28:14
全米が大谷フィーバー! 「カネではない」純粋な野球愛に感動
http://www.msn.com/ja-jp/sports/mlb/%e5%85%a8%e7%b1%b3%e3%81%8c%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%81-%e3%80%8c%e3%82%ab%e3%83%8d%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d%e7%b4%94%e7%b2%8b%e3%81%aa%e9%87%8e%e7%90%83%e6%84%9b%e3%81%ab%e6%84%9f%e5%8b%95/ar-AAvKJ85?ocid=iehp#page=2

3試合連続ホームランや投手で2連勝し、大谷翔平が大リーグの週間MVPを受賞したが、日本人が想像している以上に現地の大リーグファンは大騒ぎをしている。 筆者は在米21年になるが、ひとりの日本人がここまでアメリカを揺り動かすことはなかった。実はアメリカ人の大リーグファンにとって、大谷はこれまでの日本人大リーガーと大きく違う根源的なポイントがある。

まず、こちらでは大谷を評する修飾語がどんどん大きくなってきたのに驚く。ベーブ・ルースと大谷を比べる記事が日本側に多く見受けられるが、今日のESPN(全米最大のスポーツ専門チャンネル)では、むしろベーブ・ルースは二刀流ではなく、当時の所属チームであったレッドソックスが愚鈍で、投手か野手かどっちで使うべきかわからなかっただけのなりゆきだから、ベーブ・ルースと比べるのは大谷の偉業に対して「不十分」だとさえコメンテーターのキース・オルバーマン氏は言った。

オルバーマン氏は80年代から活躍するスポーツと政治の超一流ジャーナリストであり、このレベルのジャーナリストが神格化されたベーブ・ルースを抑えて大賛辞を送ることは大谷フィーバーがアメリカでホンモノであることを物語っている。

さらにMLBネットワークの著名な野球記者、ジェイスン・スターク氏は、「大谷は大リーグ史上、最高の才能を備えた選手だ」と語っている。これほどの修辞はかなり珍しいことだ。 こうなってくると、オープン戦でさんざんに大谷を批判したメディアも信頼回復に右往左往だ。前出のオルバーマン氏は「Deke」(フェイントという意味)のスポーツスラングを使い、「スポーツメディアは化かされていたのでは?」とユーモアたっぷりだ。

228 NAME :2018/04/12(木) 02:29:52
たった2億6000万円で大リーグに

もちろん野茂英雄以来、たくさんの優れた日本人選手が大リーグで活躍してきた。しかし、正直、フィーバーというほどのものはなかった。大谷がなぜ「大谷フィーバー」を起こし、他の選手がフィーバーを起こせなかったのかは、いくつか根源的な問題がある。 まず、ほとんどの選手は、「果実」で言えば、熟してからアメリカに渡っている。みな、約10年日本でプレーしてからアメリカに来ている。松井秀喜で10年、イチローで9年、田中将大や前田健太で8年。

これはFA権の問題に加え、25歳未満だと大リーグ側に契約金に上限ルールがあるので、契約金と年棒を跳ね上げるためにはそのくらいの実績を日本で積んでおいたほうがいいという代理人の思惑も働いている(代理人はパーセンテージで報酬を得るので、一攫千金型の契約ほど魅力がある。例えば田中将大は7年契約で約160億円)。 しかし、大谷はわずか5年の日本でのプレーで大リーグに渡り、「争奪戦」と伝えられたところで、約2億6000万円にとどまった。カネの話はおおっぴらになるのがアメリカなので、ファンはシーズンが始まっても球団がいくら選手に払っているかということをいつまでも覚えている。

シビアな話だが、「払っているだけ働いているのか?」という視点でファンは見ている。選手はみなマイクの前では「カネじゃない」というが、最後は代理人の誘導のまま、「カネのいいところへ転職」というのが大リーグの現実だ。 しかし、20年の選手生活で複数の球団を渡り歩く選手や、それを商品のように売り買いする球団本部とは違って、ファンは一生、ひとつのチームを応援し、忠誠を誓い、浮気をすることはない。

資本主義が強烈に進化したアメリカスポーツ界において、ファンの「純愛」はときに切なすぎるほどだ。なので、25歳まで待てば大金と複数年契約を掴めるのに、そのシナリオをあえて捨ててアメリカへ渡り、「カネではなく、世界最高峰のリーグでプレーしたい」という野球愛を、身をもって示したこの純粋な「青い果実」にはファンは驚きとともに大きな敬意を払っている。純愛の復活である。そしてカネ以上に働いている大谷に対して、ますますファンサイドの純愛もまた燃え上がるという図式だ。

歴史が塗り替えられるのを目撃したい

それと、アメリカのファンを夢中にさせているのは、今後の大谷の史上空前な活躍を同時代で観戦できるチャンスへの期待だ。筆者は幼少から、世界記録の868本のホームランを打った王貞治氏のファンだが、残念ながら大リーグファンは、「違う物差し」で測られた記録を評価しない。

イチローはおそらく最も尊敬されている日本人プレーヤーだが、アメリカ人にとってのイチローは首位打者や盗塁王、大リーグシーズン最多安打記録保持者であって、世界一の安打記録保持者ではない。 つまり、日本の報道とアメリカの報道の根本的な差は、日本が日本時代の記録を常に合わせて報道するのに対し、アメリカでは大リーグという統一規格の中での数字を報道する点だ。それがフェアだという感覚で、それはプエルトリコ選手もメキシコ選手も韓国選手もみな同じ扱いを受ける。

実は、アメリカ人にとって、その選手がどこの国の人間であるかはまったくどうでもいい問題だ。そこも日本人が日本人大リーガーをことさらに応援する熱狂とはかみ合わない。人間社会だし、スポーツの現場だから、悪口のなかについ差別用語が入ることは今後もあるだろう。 しかし、筆者が大リーグの全30球場を観戦した個人的な経験に照らし合わせても、オリンピックじゃあるまいし、人種や国籍にこだわるファンはいないと断言したいほど少数だ。そもそも大リーグの選手の3割は外国人だし、出身は19か国にのぼる。 

それより、「空前絶後の二刀流(two-way player)」に自らの人生で邂逅し、その記録が(統一規格)どんどん伸びて歴史が塗り替えられていくのを目撃していきたいと高揚する。選手仲間の冷静さと比べて、アメリカの大リーグファンが大谷の活躍に興奮しているのはこの同一規格での同時代性だ。 もし、日本から駆けつけて、球場で大谷を応援するなら、日の丸の旗を振りたい気持ちを抑えたほうが良い。そこにいるすべてのエンジェルスファン同様、エンジェルスの帽子を被り、大谷のTシャツを買って、奪三振やホームランのたびに隣のアメリカ人とハイタッチをして思い切り叫ぶべし。 この際、資本主義も、国威発揚も、野球に関係ないものはすべて捨てて大谷を応援すべきだ。大谷翔平がアメリカ人を揺り動かしているものは、純粋な野球愛だから。

229 NAME :2018/04/12(木) 02:31:38
小倉智昭キャスター、春日野巡業部長の対応に「なんでそんなウソをついちゃったんだろう」
http://a.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/%E5%B0%8F%E5%80%89%E6%99%BA%E6%98%AD%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%81%E6%98%A5%E6%97%A5%E9%87%8E%E5%B7%A1%E6%A5%AD%E9%83%A8%E9%95%B7%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%AB%E3%80%8C%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%9D%E3%82%93%E3%81%AA%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%8D%E3%81%86%E3%80%8D/ar-AAvEhPp?ocid=iehp#page=2

4日に開催された京都府舞鶴市での大相撲春巡業で多々見良三市長(67)が土俵上で倒れた際、救命措置の女性が土俵から下りるよう場内放送で促された問題で、フジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)は、春日野巡業部長(55)の発言の矛盾を指摘した。

 春日野巡業部長は5日に記者の取材に答える形で、「発生時は、審判の親方衆も準備を入ろうとした時。私はトイレに行ってその後着替えようとしていた。まったく把握していなかった。アナウンスも聞こえなかった」としていたが、you tubeなどの映像で救命処置をしている際の土俵奥に春日野巡業部長とみられる男性の姿が映っていることが判明。春日野巡業部長は7日に映像の男性が自分であると認め「花籠副部長が土俵近くにいるのを確認した。担架で運ばれる時は付き添った」とコメントを修正していた。

 番組では巡業に来ていた観客を取材し、出入り口付近で土俵を見つめる春日野巡業部長の写真などを紹介。「ただ見ている感じでした。ぼーっとしていた。何で助けに行かないんだろうと思った」との観客のコメントを紹介した。

 小倉智昭キャスター(70)は「なんでそんなウソをついちゃったんだろう。わかんないですよね」と語ると、やくみつる氏(59)は「緊急事態にどう行動すべきか協会の中でもマニュアルがなかったからでしょう。マニュアルがあれば、マニュアル通りに動くのが協会の方ですから」と厳しくコメントしていた。

 リポーターの横野レイコさんは「花籠副部長が行っていたからいいんだなと思ったかもしれない。だったらそのように最初に対応してくださったらそれで終わっていた」と虚偽のコメントについて疑問を呈した。

230 NAME :2018/04/13(金) 13:57:25
長嶋一茂、ちびっ子相撲“女児禁制”は「憲法違反」「協会は本当にバカじゃないか」
http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%e9%95%b7%e5%b6%8b%e4%b8%80%e8%8c%82%e3%80%81%e3%81%a1%e3%81%b3%e3%81%a3%e5%ad%90%e7%9b%b8%e6%92%b2%e2%80%9c%e5%a5%b3%e5%85%90%e7%a6%81%e5%88%b6%e2%80%9d%e3%81%af%e3%80%8c%e6%86%b2%e6%b3%95%e9%81%95%e5%8f%8d%e3%80%8d%e3%80%8c%e5%8d%94%e4%bc%9a%e3%81%af%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%ab%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%8b%e3%80%8d/ar-AAvPypB?ocid=iehp

タレントの長嶋一茂(52)が13日に放送されたテレ朝系「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜・前8時)で、「ちびっ子相撲」に参加予定だった女児が日本相撲協会の要請で土俵に上がれなかった問題について、協会の対応をバッサリ切り捨てた。

 一茂は「基本的人権の尊重の無視というか、憲法違反だと思う、俺は」といきなりまくし立てた。 そして「女人禁制で土俵に上がれないというのは、(舞鶴で)アンポンタンな行司が女の人が看護師であっても『下がってください』と言っちゃった。理解できないけれど、おっちょこちょいな人がいるな、と」と考えたという。

 しかし、今回の問題は「急に何の説明もなくいきなり通達したという高圧的な考え方。協会は本当にバカじゃないかと思うよ。ありえない」と語勢を強めた。 そして「小学生は女の子の方が体格も良くて強いの。女性の方が強い。小学生の間は」と、女児のケガ防止が目的という協会の主張に疑問を呈していた。

 文部科学省が公表している「学校保健統計調査」平成29年度データによると、小学6年生時点で身長、体重の平均値はともに女児が男児を上回っている。

231 NAME :2018/04/13(金) 15:22:14
“相撲界のドン・キホーテ”を気取った貴乃花親方の誤算
http://www.msn.com/ja-jp/sports/news/%e2%80%9c%e7%9b%b8%e6%92%b2%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%83%89%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%86%e2%80%9d%e3%82%92%e6%b0%97%e5%8f%96%e3%81%a3%e3%81%9f%e8%b2%b4%e4%b9%83%e8%8a%b1%e8%a6%aa%e6%96%b9%e3%81%ae%e8%aa%a4%e7%ae%97/ar-AAvP7qK?ocid=iehp#page=2

日本相撲協会の土俵外におけるゴタゴタがなかなか沈静化しない。 京都府舞鶴市で行われた大相撲の地方巡業の際、土俵に上がって救命活動をした女性に対し、行司が土俵から降りるようにアナウンスしたことで今も「女人禁制」の議論が活発化している。協会幹部が謝罪したように、行司の発した言葉は「失言」の一言では済まされない大失態だ。

それだけではない。静岡市で開かれた地方巡業で、「ちびっこ相撲」に参加予定だった小学生の女の子が、日本相撲協会からの事前要請で土俵に上がれないという問題が明らかに。この騒動に対して、協会側は「安全面を考慮した措置で、女性が土俵に上がれない話とは別問題だ」としているが、ネット上では「それなら男の子も土俵に上げるべきではない」といった声が出ている。次から次に問題を起こす協会の言動には、あきれるばかりだ。

 4月11日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)では日本相撲協会評議員会議長の池坊保子氏が電話インタビューに対し、「部外者の方の意見を参考にしながら、協会が当事者なんですから考えていくと思う」「伝統というのは古いから伝統なのではない」などと述べ、独自の見解を主張。だが、ネット上では「上から目線だ」「“部外者”という言葉遣いはおかしい」などの辛らつな声が飛び交っており、炎上モードになっている。

 どちらかと言えば池坊氏はもともとネットユーザーから毛嫌いされている傾向が強いとはいえ、今や大相撲絡みの問題は誰が何を言っても波風の立つ流れが当たり前になりつつあるようだ。

 それは、かつてのヒーローにも同じことが言えるだろう。貴乃花親方だ。彼は気がつけば地位と名誉、さらには所得まで失って悪者になっていた。3月末、日本相撲協会の理事会で貴乃花親方は弟子で十両の貴公俊が春場所中に起こした暴行問題の監督責任や場所中に無断欠勤した勤務態度などを問われ、委員から年寄への2階級降格処分が下された。年寄は7階級ある親方の位の中で最も下にあたる。

●貴乃花親方の年収は大幅にダウン

 貴乃花親方の降格はこれで3度目だ。まず1月には元横綱日馬富士による弟子の貴ノ岩への傷害事件を巡り、協会に反発するようになるなど巡業部長としての対応の責任を問われて理事を解任され、2階級下の役員待遇委員に降格となった。その後も理事候補選挙で落選したことで、その慣例として1階級下の委員に降格となっており、わずか3カ月で5階級も降格したことになる。

 所得も激減だ。各メディアでも報じられている通り、月給で換算すると理事当時は144万8000円を手にしていたものの年寄になると80万8000円に下がり、実に64万円もの減額を強いられるという。普通に考えて約44%ものダウンは痛い。

 年額賞与も約280万円から約156万円に下がり、理事時代にもらっていた2000万円前後の年収は一気に1200万円近くにまで急降下するものとみられている。ただ、他の親方から「解雇が妥当」という強硬意見が出ていたことを考えれば、まだ“平年寄”の階級に踏みとどまれただけでも御の字と言えるかもしれない。

 それにしても貴乃花親方の没落ぶりは哀れだ。元横綱日馬富士の暴行事件が発覚した当初は間違いなく世間のヒーローだった。被害者である弟子の貴ノ岩を日本相撲協会の“隠ぺい工作”から守ることを大義名分に掲げ、旧態依然とした組織に反旗を翻した当初は間違いなく多くの一般大衆を味方につけていた。

 そして、この貴乃花の乱は、元日馬富士の暴行現場にいながら当人を止められなかったとして減給処分を食らった横綱白鵬や横綱鶴竜らモンゴル人力士の親分格たちにも飛び火。彼らが馴れ合いから星勘定の回し合いを行っているのではないかとされる疑惑を呼び起こすまでに至った。

232 NAME :2018/04/13(金) 15:30:59
●「続・貴乃花の乱」を切望していたが

 特に横綱白鵬は暴行事件が発覚した直後、昨年11月の九州場所で歴代最多40回の最多優勝を飾ったことを追い風に観客へ万歳三唱を求めるなど、まるで開き直ったかのような悪態がネットユーザーから猛反発を食らい、それまで築き上げた最強力士としての権威は完全に失墜。逆に貴乃花親方は協会に楯突いた上に、モンゴル人力士たちの馴れ合いの場こそが自分の弟子の不幸を招いた巣窟となったことを暗に指摘し、世間から大きな支持を得た。

 反則まがいのかち上げを使うなど汚い手口ばかりで勝つ白鵬はプライベートでも暴力を振るう。また八角理事長をはじめとする協会の現執行部は密室にこもって自分たちに都合の悪いことは隠ぺい工作を図り、悪巧みに終始する。

 そんな印象を世の中に植え付けることに成功した貴乃花親方は目障りな“悪者”たちを次々とイメージダウンに追い込み、さぞや気分が良かったに違いない。おそらく本人もドン・キホーテ(空想的理想主義者のこと)を気取っていたところがあったはずだ。

 2018年2月の理事候補選挙に「勝ち目はない」と言われながら出馬した際も「(無投票ではなくきちんと選挙を行って)投票をしていただくということが相撲協会の活力になると私たち(一門の間で)は話していた」と自らの立候補こそが、これまでの協会の密室政治に風穴を開けることにつながると主張していたことからも、その姿勢は十分にうかがえる。

 難攻不落の巨大組織に正義の旗を振りかざしながら、たった1人で立ち向かう。そんな貴乃花親方の行動に多くの人が期待し、応援した。ネット上でも「理事にはなれなかったが、きっと何かまた改革をぶち上げてやってくれるはず」「このまま八角理事長の軍門に下って終わるような人物じゃない」などと「続・貴乃花の乱」を切望するような書き込みが散見されていた。

●貴乃花親方の異常ともいえる行動

 恥ずかしながら筆者も当初、貴乃花親方には日本相撲協会の改革を目指す志が感じられ、きっとこの先には八角理事長らと丁々発止になりながらも膝とひざを突き合わせて自分こそが正しいと主張し、熱い激論を交わすに違いないと淡い期待も抱いていた。ところが、それも見事に裏切られてしまった。まずボロを出したのは、春場所で引き起こした出勤拒否騒動だ。

 相撲協会の役員として出勤場所であるはずのエディオンアリーナ大阪に貴乃花親方は初日から4日連続で無断欠勤。ようやく出勤した5日目以降も役員室に滞在したのは数秒から数分と、明らかに相撲協会の面々を侮辱したかのような態度を取って周囲をあきれ返らせた。次に挙げるのは、貴乃花親方の異常ともいえる行動について日本相撲協会内部から出ていた声だ。

 「貴乃花親方はコミュニケーション能力が著しく欠けていると言わざるを得ない。冷静に考えてみてほしい。相撲協会の現体制に反旗を翻すといっても、執行部の面々としっかり顔を合わせて自分の主張や意見を唱えたことなどほとんどない。

 昨年の日馬富士の暴力事件のときだって協会の執行部と顔を会わせればふんぞり返っていただけでしょう。そうかと思えば2月に無許可でテレビ朝日のインタビュー番組(2月7日放送の2時間番組『独占緊急特報!!貴乃花親方すべてを語る』)に協会の許可なく無断で出演し“自分の声”を世間に発している。

 正直に言って、あの番組の内容に関してはたいしたことはなかったが、要はヒーローを気取って目立ちたいだけ。本当に改革する気があるならば、無断欠勤などという愚行は絶対にしない」

 しかもこの直後、春場所8日目に今度は逆に貴乃花部屋の十両・貴公俊が付け人を取組後の支度部屋で数発殴打して流血させる騒動が発生。付け人の連絡ミスで取組前に土俵下へ入場するのが遅れたことに腹を立てたことが原因だった。

 これでは、まさに本末転倒。あまりにバツが悪い貴乃花親方は臨時役員会合の呼び出しにあっさりと応じ、その場で場所中の無断欠勤や職務怠慢ぶりについて他の親方から叱責を受けると何度も平謝りしていたという。かっこ悪すぎて、あきれてものも言えない。

233 NAME :2018/04/13(金) 15:32:58
●相撲協会に天才的なブレーンがいる

 貴乃花親方は飼い犬に手をかまれたというよりも、個人的に言わせてもらえば「因果応報」だと思う。ドン・キホーテを気取っていた割には一番に目を配らなければならない足元のことすら見落とし、先々を見据えた行動にも走れず、ただ暴走するだけで相撲協会を発展的に改革することができない人だったからだ。本気で改革を訴えたいならば、まずは自らが率いる部屋の規律をただした上で、もっと建設的に相撲協会の“倒幕”に乗り出さなければいけない。

 貴乃花の乱は弟子が暴力事件に巻き込まれたことによって幕が切って落とされたが、よくよく考えてみると、貴乃花親方が執行部との話し合いを避けて、警察へ被害届を出しただけのことだったのではないのか――。今となっては、このように疑問の目を向けられても仕方があるまい。

 これでは残念ながらレベルの低い「騒動師」と何ら変わりはない。期待し過ぎた自分が正直言ってバカだった。せっかく貴乃花親方が密室政治の日本相撲協会に風穴を開け、ムーブメントを巻き起こしてくれると期待した世の中の人たちも、これでは一緒になって振り上げかけた拳を一体どこに振り下ろしていいか分からなくなってしまう。そういう意味でも、貴乃花親方の中途半端に終わった決起は責任が重いと指摘せざるを得ない。

 念のために誤解しないでほしいが、筆者は別に日本相撲協会の現体制に肩入れしているわけでない。同協会にいまだはびこる暴力行為の隠ぺい体質は一掃されなければいけないし、ここまで同じことを繰り返し続けている負の連鎖にあらためて歯止めをかける意味でも現執行部は何らかの一手を施さなければならないと思う。よくちまたで「八角理事長は辞任せよ」「白鵬も辞めろ」などという、やや無責任な声が叫ばれているが、仮にそれらが断行されただけでは根本的な解決につながらない。

 「日本相撲協会には天才的なブレーンがいる。貴乃花親方も見事にそのブレーンの用意したシナリオ通り、術中にハマって見事に最後は『悪者』になって政権闘争に敗れた」といったウワサも聞こえてきている。もし相撲協会に有能なブレーンが実在するならば、どうか“今そこにある危機”から大相撲を救ってほしい。そう切に願う。 (臼北信行)

234 NAME :2018/04/14(土) 03:05:43
【加計学園問題】
「首相案件」独り歩きに「ばかばかしい漫画」加戸守行・前愛媛県知事が痛烈批判
2018.4.14 01:12更新
http://www.sankei.com/politics/news/180414/plt1804140003-n1.html

学校法人「加計学園」の獣医学部誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事は13日、産経新聞の取材に対し「首相案件」などと書かれた文書について「首相に結びつく話ではない」と述べた。野党の追及に対しては「ばかばかしい漫画を見ているようだ」と痛烈に批判した。(今仲信博)

 また、騒がしくなりましたな。 今回問題となっている愛媛県職員が作った備忘録というメモにある「首相案件」という言葉は、(県職員が面会したとする)柳瀬唯夫元首相秘書官(現・経済産業審議官)が「使うわけがない」とコメントしているのだから、使ってはいないと思う。

 ただ、国家戦略特区を認定する「国家戦略特区諮問会議」の議長が安倍晋三首相だから、それらしい言葉は出ていたのかもしれない。

 仮にそうだとしても、最後は首相が裁くという意味で使ったのではないだろうか。決して鬼の首を取ったように騒ぐことではないし、首相に結びつくような話ではない。首相案件という言葉が、独り歩きしてしまっている。

 野党や一部メディアは「加計ありき」に結びつけたいんでしょう。しかし、メモは、書いた本人の記憶です。すべて録音をしているわけではないでしょう。普通は10日ぐらい前の話を思い出しながらダイジェストでメモを作るものですよね。

 首相案件という言葉は、役人は普通使いません。首相や大臣の「マター」というような言葉はよく使う。今回の場合に照らすと、首相が最後に裁くという意味での「マター」。だから、推理だけを言えば、首相マターというのを首相案件とメモにしたのかもしれませんね。

 今回、メモが出てきて、国が地方を信用しなくなるのではないだろうか。愛媛県は何でもメモにして外に出すと思われると、国の対応は不親切になるでしょう。もともとは知事や副知事に説明するための材料だったのに、やりとりしたメモが外に出るようでは、信用してもらえなくなる。

愛媛県職員は、みんな真面目です。一生懸命、アヒルの水かきでも何でもやる。獣医学部を誘致するためには、いろいろなことを訴えたのだろうと思う。

 ただ、もし官邸に行って話をつけるなら、部長や副知事ぐらいが行かないといけない。課長らが官邸を訪問したという今回のケースは、手続き論かと思っている。国側が知恵をつけるということぐらいはあったのかもしれない。登山に例えるなら、構造改革特区という登山口は厳しいけれど、国家戦略特区という登山口がある。民間議員が一生懸命に道を開こうとしているから「こっちの方が登りやすいよ」とね。登山口を教えたというだけで便宜をはかったというのは、どうかと思う。

235 NAME :2018/04/14(土) 23:35:21
私が官邸側の人間だったらやりますよ。愛媛県は内閣府に何回も蹴飛ばされてかわいそうだと思って助言するでしょうね。農林水産省と文部科学省が日本獣医師会の意向を受けて愛媛県の申請をはね返しているのだから。それならば、登山口を知っていながら教えない方が不親切だ。

 私は平成25年5月と10月の教育再生実行会議の場で、首相に四国での獣医学部新設を要請した。加計学園とか固有名詞は出さずに、岩盤規制でできない、何とか再生会議の提言に入れてもらえないかと頼んだが、首相は興味なさそうな顔で聞いていた。

 私が発言したから、愛媛県は獣医学部新設のために頑張っているというようなことは頭に入ったかもしれないけれど、(首相の関与があったなら)あんなに無反応なのは、よほどのポーカーフェースだと思う。その後、内閣府からは申請を断られている。首相がちょっとでも関心があったなら、あんな反応にならないと思う。

野党や一部メディアは、加計学園の岡山理科大獣医学部が開学しちゃって攻め手を失ってきている中、首相案件というメモが出てきて、たたくのにいい材料が見つかったと思っているのかもしれない。防衛省の日報問題、森友学園の財務省決裁文書改竄(かいざん)問題、そして今回のメモの3点セットで文書攻撃をやるにはいい材料だという考えでしょう。憲法改正を阻止するためのくだらん攻撃ですね。最後の悪あがきです。だが、メモは職員が備忘録的に作ったものであり、公文書ではない。

 一国の政党の代表が、文書で首相案件だなんだと、あほらしくて予算委員会も見ていられない。世界はめまぐるしく動き、日米首脳会談を控え、北朝鮮問題もある中で、やれメモが出てきただの、これが正しいだの…。まるで、ばかばかしい漫画を見ているようだ。

 かと・もりゆき 昭和9年、旧満州・大連生まれ。東大法卒。32年、文部省(現文部科学省)入省。平成11年、愛媛県知事選に立候補し初当選。3期12年務めた。知事在任中は、獣医師が不足する四国への獣医学部誘致に尽力した。

236 NAME :2018/04/27(金) 03:09:51
女子高生の家族が山口達也にコメント「決して許せるものではありません」
http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%AB%98%E7%94%9F%E3%81%AE%E4%B8%A1%E8%A6%AA%E3%81%8C%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E9%81%94%E4%B9%9F%E3%81%AB%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%8C%E6%B1%BA%E3%81%97%E3%81%A6%E8%A8%B1%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%80%8D/ar-AAwlAJD?ocid=iehp

女子高生を自宅に招き無理やりキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で書類送検された人気グループ、TOKIOのベース担当、山口達也(46)が26日、午後2時から東京都内で記者会見。芸能活動を無期限で謹慎することを発表した。

 会見に同席した弁護士が被害女性の家族のコメントを発表。「娘が被ったことは親として決して許せるものではありません。ただ、娘にも山口氏にもこれからがあります。この過ちで一人の人間の未来がすべて奪われてしまうことは私たちも望んでおりません。山口氏には娘の心の傷に向き合いながらこれからを考えていただき、また、娘についてもそっとしておいていただきければ」とした。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

1/5000 SDF-1 マクロス ムービーカラーエディション / Wave



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa