したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

恋するフォーチュンクッキー(おさらい)

1杉原@運長:2014/03/03(月) 22:27:47
おさらいのスレッドです。

・冒頭のドラムはバスドラが大きくなりすぎないようにしてください。
・スラーがかかった音の後の音は短く切るようにしてください。
・旋律の音域が低めですので、雰囲気が暗くならないようにしてください。
・練習記号Eの4小節前からの伴奏系は8分休符が生きるよう、食いつくの発音を大事にしてください。また39小節目の16分音符二つはクリアに演奏してください。
・69,70小節目の打ち込みも歯切れが悪くならないようにはっきりと吹いてください。
・練習記号Iからcrescがありますがfの箇所まできちんと持って行ってください。
・最後2小節は8分休符が聴こえるように、突っ込み過ぎないように演奏してください。

2越知@おさらい担当:2014/03/10(月) 16:43:57
3/8(土)
・8ビートですが基本的に頭の中で16分で刻みながら演奏しましょう。リズムに乗れていないと大変そうに聞こえます。
・Aのクラップハンドの人たちは楽しそうに叩いてください。
・Aのスラーとスタッカートの区別を明確にしてください。アーティキュレーションが曖昧にならないように。
・Dのメロディはトロンボーンです。特にここは伴奏が大きくなりがちなので注意してください。
・Eの二小節前の16分音符と8分音符のリズムですが、かたまりごとで遅れていきます。16分で刻んで食いつきが遅れないようにしてください。
・Eのメロディのキーは低めなので埋もれないように、また明るい音で演奏しましょう。音量的にも主張しましょう。
・H前のシンコペーションは流れないように。しっかり裏に食いつきましょう。
・Hの木管は平坦にならないように。最初はあまり大きく入らず、69小節目に向かっていくようにしましょう。
・最後の小節の8分音符は短く止めて下さい。長くなってだらしない音にならないようにしてください。

3越知@おさらい担当:2014/03/15(土) 22:59:24
3/15(土)
・冒頭のドラム、少し抑え目でお願いします。
・冒頭の低音、休符をあまり感じすぎないようにしてください。つっかえたり重くなったりせず、軽く演奏してください。
・練習記号E3小節前の4拍目のトロンボーンとサックスの4分音符は強めにお願いします。
・練習記号E2小節前の16分音符と8分音符の塊が4つとも同じ演奏で堅い印象があります。2つ目の塊は少し抜いて、1つ目と3つ目と4つ目は強めでお願いします。また16分音符は、少しテヌートをつけてください。4拍目の裏は短めに切って止めてください。
・練習記号Eのチューバの4分音符はしっかりお願いします。
・練習記号Iのクレッシェンドは早めにかけてください。後から入ってくる人はしっかり入ってきてください。
・最後から2小節前の符点4分音符はしっかり張ってください。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板