したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

狼が部屋にやってきた!

1 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/11(木) 21:08:43 ID:91F2BeVQ
 あなたが家に戻ると玄関が汚れていることに気が付いた。
 見たくもないそれは混ぜて汚れた土の色。
 異臭と、つんと直接的に喉と鼻が痺れるような感覚。
 一歩下がる。
 何か嫌がらせを受ける理由でもあったかしら。
 あなたがそんな現実逃避をしていると、声がした。
「あ゛っ」
 目が合う。
 赤いそれはなんとなく潤んでいるようにも見えた。
「えーっと……いや、違うの、ホント。……ね?」
 バケツを持った少女はしばらく意味のない言葉を並べていたけれど、最後には諦めて掃除を始めた。
 なぜか掃除が終わっても、部屋に上がり込んできたのだけは予想はできなかったが。
「はー……やっぱりお水ね」

どうしますか
>>3

327 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 00:41:26 ID:Slwd83aY
キスしながら挿入

328 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 00:42:11 ID:Slwd83aY
怒濤の書き込みで草

329 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 00:43:53 ID:W1Jh7Ib.
NaNじぇい民の理性はボロボロ

330 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 00:50:57 ID:InEHMRqk
「やんっ……もう、子どもじゃないんだから」
 体を縮めて、乳房に吸い付く。
 小さくとも柔らかく、吸い付けば甘い気がした。
「……はいはい、ゆっくりね」
 最初噛むような強さだったのが、彼女の手が背を撫で、頭を撫でるころにはゆっくりと、咥える程度になった。
 少し押せば離れる強さ。優しく、弱く。
 唾液が口の端からこぼれるのはやや不格好だったけれど。
「こら、歯当てないの」
 小さな悪戯はお互い微笑んで、なんだか気恥ずかしくも心地よかった。

>>332

331 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 00:52:59 ID:hA6mRSH2
今度は受け身になってみる

332 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 00:53:51 ID:MtI6kor2
今度はしゃぶってもらう

333 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 00:53:52 ID:W1Jh7Ib.
濡れた指をアナルに挿入

334 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:07:12 ID:InEHMRqk
「うえ゛っ……え、ほんと?」
 あなたは美春を起こし、毛布で包んで下半身へと誘導した。
 薄暗い場所でさらに暗く、彼女の眼前で肉竿がそそり立っている。
「……なるほど?」
 びんと跳ね、威圧するようなそれを前に彼女はなぜか頷くと、舌を伸ばした。
「……ぇれ」
 ひたり。
 竿に触れる。
 舌先がそのまま委縮するように下がってはまた、と触れる。
「うひゃー……うわー……なんか、段あるんだけど……いいのかしら」
 つんつんと恐る恐る。
 れろ、と舐めあげるとあなたも快感に背筋を震わせ、その不意の動きに彼女もまたおおおと離れた。
「じゃ、じゃあ行くわよ。行く、うん、よし。……よーし」
 熱がかかる。
 カリに吐息がかかり、まとわりつくようだった。
 舌を伸ばし若干乾燥した口の中で唾液が粘つき、絡むように。
 ゆっくりと、唇が鈴口に触れて、止まった。
「……ん゛、む」
 ゴムのような感覚だろうか、不慣れなそれに彼女の思考は停止し、あなたの快感で半ば反射的に揺れるそれをわずかに受け止めるのみだった。
「……ぁ、う」
 唇がめくれる。
 わずかに引きずり出され、わずかにすぼまる。
 カリ首まで到達しないその口淫ともいえない行為は長く、長く続いた。
 我慢汁が唇を濡らし、唾液よりも量が上回ったころ。
「むぐっ! んっ」
 どくり、と射精した。
 彼女の舌に精子があたる。
 びしゃりと舌を汚し、反射的に下がった彼女の顔に向けて二度、三度。
 びゅるびゅると濃い白い糸が顔に当たり、ぬめりを残した。
 絞り出すようなそれは数度吐き出した鈴口が開き、呼吸するような勢いであった。
「……ぁ」
 美春の口は半開きのままだった。
 呆然と、息白く。
 そしてやがてそれはより大きく、開いた。
「飲んだ方がいい、のかな。うん、そうね。……あー、ん」
 彼女がゆっくりと、指先で頬を掻いては口に運ぶ様子をあなたはじっと見つめていた。
 ごくん、と一度飲み込むたびに陰茎が跳ね、あなたもまた、唾液を飲み込むのだった。

>>336

335 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:08:53 ID:hA6mRSH2
69

336 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:09:23 ID:uxvlArYg
いよいよ挿入

337 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:26:59 ID:InEHMRqk
「ん、いいわ。いや……うん、そうね。おねがい、します」
 美春は微笑んだ。
 顔にはまだ蚯蚓のような精液の痕があったけれど、それでも自然な、美しいものだった。 
 あなたはそっと、背中に手を回して万が一もないように彼女を押し倒した。重さもまた愛らしい。
 髪の毛が広がる。まとめてタオルはぱらりとほどけて落ちる。
「……キス、は、さすがに嫌?」
 指先を唇に当て、むにと開く。
 先ほど自分のものが入っていたそれにあなたは口づけ、舌も入れた。
「……ぁむ、ん、ふふ……ちゅっ、ちゅ」
 キス。また何度も。
 けれど先ほどとは違い、目的があった。
 キスしながらも足を、恥ずかしがって閉じられたそこをやや強引に。
 目で責める彼女をキスで黙らせて。
「……いいよ」
 ゆっくりと、挿入した。
 濡れそぼった場所は一度ぬめってずれた。
 そのときはあなたの焦る顔からか彼女は別段気にしてもいないようだった。
 布団に染み込む流れた愛液を数度亀頭に塗りたくる。
 ゆっくり、小さな穴を広げた。
「……っ、は、あ」
 お腹に手を当てる。呼吸を読む。
 キスを呼吸に合わせ、腰を合わせ。
「あ゛っ」
 ずるりと、入った。
「……ひゅ、う、は、あ……ふ、う」
 分娩台の女性というのはこういうものかと思った。
 のけぞり、白い首をさらし。腰を締め付ける両足は万力のようだ。
 首には筋が浮かび狭い膣内はそれこそねじきれるようだった。
「……ぁ」
 股間に力を入れて、小刻みに体を揺らす。
 そしてまたお腹を撫でた。
 陰毛を少しばかり愛液でなじませても今は怒られないという悪戯心を混じらせながら。
「……」
 目があった。
 にっこりと、わざとらしく。
 美春は微笑み、あなたを抱き寄せた。
「気持ちいいわ。とっても」
 今度はあなたの耳が赤くなった。
 彼女の表情は少し崩れた。
 言って安心したのか、奥歯を噛みしめているような、少しの歪み。
 小さな体に相応に、狭く、きつい。
 彼女はもっとだろう。
 だからこそと、あなたは腰を揺らした。
「あっ、あ、あっ……は、はぁ、ん、ちゅっ……ぷはっ、あっ」
 さっさと達すればいいと思いながらも、片手で小さなクリトリスを愛撫する。
 陰毛にしたようにゆっくり指先で毛一本一本をほぐすような繊細さでなぞる。
 するとまた白く濁った交合部の液体が増えるようで、美春の表情もまたふにゃと崩れるようになっていた。
「あっ……あ゛、はっ……はぁ、キス、ん、ん゛っ……っ」
 やがて竿全体に絡みつきこそげるような狭さは慣れという段階に近付いた。
 彼女自身の慣れと、あなたの慣れ。
 そしてそれは快楽へとつながる。もちろん彼女はまだまだだろうが。
「……あっ」
 震え。
 そもそも飲精を見ている時点でまた暴発しそうだった。
 狭い膣内、目の前には可愛らしい少女が声を漏らしていて。
 もう一度、あっと小さな声。
 どくっ、どくん。
 絞られた矢が放たれるように。
 腹まで反り立っていた竿は彼女の膣内でも上向きに。
 お腹の裏をこすりながら放精した。
「……う、わぁ……」
 ぼんやりとした声。
 あなたはぐったりとまだ残る静止をとくんとくんと吐き出しながら、彼女にかぶさるように抱きしめた。
「わ、重、えっ、あ、あれ? あっ……あ」
 ぴくんと、震えた。
 美春は目を開いて一瞬あなたから焦点を外し、赤い瞳が月光に揺らめいた。
 やんわりと達していた。
 じんわりとお腹に広がる感覚。
 そして快楽でなく、覆いかぶさり包まれるというある種の安心感。
 顔と顔を突き合わせているという事実で。
「……ん」
 最後はキスで。
 転がるように横にずれてあなたが倒れこんだのは彼女を思ってのことか。
 それでも、毛布は彼女の手でかけ直されるのだけれど。
 二人が寝る布団に。
 一人分のスペースで。

338 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:30:54 ID:hNN7AvQA
これは…ハッピーエンドじゃな?

339 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:31:15 ID:LVY9Syi2
いいゾ〜これ

340 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:32:00 ID:fxijMMFY
久々のハッピーエンドか?

341 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:32:01 ID:InEHMRqk
「ほら起きなさーい!」
 あなたを呼ぶ声がする。
 もう何回も聞きなれた声。
 優しく、かわいい少女の声。
 いい匂いに目覚めると食器を並べるのを手伝ってほしいという。
 あなたは起き上がって伸びをして、綺麗な布団に気が付く。
「ばっ、何見てんの! ぐーたら寝てるから交換も楽だったわ! もう!」
 視界の端にシーツの塊が、ポリ袋に包まれていた。
 湿り気と、赤い血が見える。
「……あっ、それもう二重にして捨てるから!」
 ゆっくりと立ち上がる。
 眠気を掃う味噌汁の香り。沸騰すると確かに台無しだろう。
 近寄って、顔を見る。
 いぶかしげな表情のまま彼女は動き回り、よしと呟き火を消したタイミングで。
 あなたはなんとなく、美春にキスをした。
「……息臭いわよ。ばーか」
 もう一度。
 ちゅっ、と音がした。
 今度は彼女から。
 そのキスは味噌汁の香りがした。

342 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:32:52 ID:InEHMRqk
 その日はとてもお腹がすいていたの。
 楽しみにしてたのに、山でわざわざカレーだなんて。
 それでつい、ちょっと、いや普段はそんなことないのよ? ほんとうに。
 飴玉みたいに見えたのが悪いわ。
 あんぐりって、誰も見てないだろうし。
 食べたらぐるぐるしてほわほわで。とってもいい気分。
 そのときは思い切り叫んだわ。山だし、いいわよね別に。
 それだけ。
 ケド、たまにぐるぐるする。
 夢みたいで、だけど消えない。
 悪夢はずっと覚えているというけれど、目覚めると胃がむかむかして、涙が流れる。
 今はもう、うん。きっと大丈夫。
 でも寝る前と朝は一緒に、ね。

343 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:33:13 ID:InEHMRqk
エンディング
「人狼の少女」

344 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:35:44 ID:fxijMMFY
やったぜ。

345 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:35:55 ID:T52wKfew
こういうのでいいんだよこういうので

346 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:36:13 ID:Ch.f4GFs
素晴らしい

347 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:37:16 ID:InEHMRqk
狼の魂は乾きに飢え。
彼女は何かに飢えていた。
ダンテの神曲に曰く。
狼は貪欲を表す。貪るものであるという。

ライカンスロープ。ルー・ガルー。
あるいは、人狼。
狼が変幻自在なのは世界のあちこちでの伝承にあらわれている。
西洋ではその身を変ずる「小さな」スプーリキン。
日本では遠野物語に草の長さ三寸あれば狼は身を隠すといえり、という言葉がある。
さらにそれらは民間伝承では大小あれど枚挙に暇がない。
世界に普遍的な、人狼。
それらは最初からそういうモノ。あるいは呪い。
あるいは、取り込むといったこともあったという。

348 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:39:48 ID:2Jxd8dcU
途中ボロボロになって家に帰ってきたのはなんだったのか

349 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:43:22 ID:InEHMRqk
彼女は昔狼の魂を食べた少女です
狼の魂を取り込むと気が荒くなるといいます
互いに影響され死という結果を導くこともあるでしょう

彼女の場合夜間影として徘徊します
三次元でありながら二次元的な、シルエットだけが揺らぎ蠢き人を襲う
もっとも、毎回ではなく今回は狼や、野良猫を食べたりもしています
食べる瞬間は影絵が絵を飲み込むように
彼女は夢と思い込みたくとも現実感のあるその光景に毎回嘔吐しています
肉体は強靭でなんら問題はなく、ただ精神が蝕まれる

狼として悪人を見抜くことは可能ですが今回あなたという存在に関しては真っ白の、純粋なものを感じました
最初は頼り、あとは半分依存のように
一緒にいることで精神の安寧を得ます
しかしそれでも夜、彼女が彼女に戻るタイミングでいないのならば彼女の精神は削られていきます

350 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:48:41 ID:Ch.f4GFs
脱走した猪が消えてたのは食べられちゃったの?🐗

351 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:49:34 ID:InEHMRqk
狼は飢えていて彼女は愛に飢えています
孤児院の出であり、下手に人を見抜く性質があるばかりにひどく臆病でそれでも愛情が欲しい
愛を与えることも、受けることも不慣れです
カレーに文句を言うのはカレーや煮物ばかりでるから
料理はそこそこ、けれど煮物や多人数メインのものが多いです
最後の言葉では夜キャンプでのことですが、文句を口に出すでもなく一人で散歩に行くくらいの配慮はできています

狼は山で魂が抜けたまま死んだ狼
狼よけの木、という伝承があるそこでは狼の魂は放浪することしかできません
愛に飢えている少女と、乾いた狼
狼の魂は黒く、毛が生えていると言います
黒い闇の中、艶やかなそれは宝石のように、飴のように
二人とも中途半端に弱かった

その状態を解除するためには愛情が必要です
ただし、デートし、手料理を与えられ、性交渉、それもキスからと丁寧に
丹念に溶かし、彼女の微笑みを受けることができればもう狼は彼女の中に溶けることでしょう
彼女の存在が大きくなった中にそっと

352 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:54:10 ID:2Jxd8dcU
優しい世界いいゾ〜これ

353 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:55:05 ID:ANQu7m2A
すごい久しぶりにハッピーエンドを見た気がする
ええぞ!ええぞ!

354 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 01:55:34 ID:InEHMRqk
孤児院関係は一定好感度以上で聞けば教えてもらえます
映画の好みは他の子を優先
基本的に期限は一週間。それを超えた状態だと好感度が高くとも別々に寝た日に自殺します
一週間は大学、バイト、そして日曜日の全休が午前午後といった割り振り
大学に行っても学食のみ。尋ねてもわからず、友人の少なさを知ることができる

煙草嫌いは普遍的な伝承。吸うと文句を言われる
火は苦手ですがまぁ何とかという感じ

狼は食べられてます
猫に関してのニュースがなかったのは首輪付きは食べない、悪人以外は食べないという配慮は可能ということ

あ、初日の嘔吐だけは普通に酔っただけです

泥酔状態が進むと狼に寄る
催眠状態でも同様


彼女に傷つけられて警察にいっても取り合っても貰えない
教会やしかるべき場所で祈っても基本的にこちらが悪い
悪魔とかは力を貸してくれるけど揺れ動く不安定な魂には干渉も面倒なので力しかくれない
殺し合いにしかならない

好感度ボーナスは食事、一定好感度以上でのスキンシップ、嘔吐状態での一回
食事に関しての制限+毛がかなり生えやすい、ということで朝は絶対に彼女が早起きする

弱点はない
銀弾も聞かず。満月も意味はない

家に泊まる場合は人がいるという安心感から嘔吐はなくなる
ようは自分が何をしていたか、という不安。あまりにリアリティがある、恐ろしい夢からの逃避
一人だと押しつぶされる
夜は外出した後すぐにすり抜けて鍵を閉めてるだけ

355 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:01:17 ID:InEHMRqk
草の長さ三寸(10㎝)あれば狼は身を隠すといえり。草木の色の移り行くにつれて、狼の毛の色も季節ごとに変りて行くものなり。
遠野物語。カモフラージュ部分に関しては闇夜、というだけ。完全に闇です
狼状態では倫理観が薄れ、人や獣を食べる(死体等)。全部覚えています
人を食べる。「小さな」スプーリキン。丸のみであったり二口であったり。知能はいまいち
ちびっこと言われると怒る。今回はなし
狼は枯葉1枚あれば身を隠せる。そして槍が1000本来ても逃げ隠れできるという伝説

食事に関しては日にちごとに決まっている
あなたが目撃するかどうか、というだけ
一応悪人とわかるのとシビアな感覚を持ってはいるので安定した状態ではまぁしかたないよねくらいの感覚

好感度極大でかなり特殊なプレイ

動物に嫌われる
逆に犬を抑えるには虎を持ってする、という方法がある。まぁ狼
「左手を以て寅より起し、一口気を吹き輪って戌に至ってこれを掴めば犬すなわち退き伏す」
一応威圧は可能
魂が抜けることはない

完全に溶ける前に食人について言及するとかなり不安定
性行為を求めるが答えると魂は溶けないまま

エンディングでは基本行方不明
ただ水に長時間流されることで「水に溶ける」という現象が生じる
流された先で孤児院で一生を終える、というパターンも

356 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:03:44 ID:ANQu7m2A
相変わらず設定がすごい(小並感)

357 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:10:01 ID:InEHMRqk
 ある日のクリスマス。
「あ、待ってて。3分したら入って。3分」
 二人で家に帰ったあなたは部屋の外に締め出された。
 ばたりと力強く。
 まるで振られたストーカーまがいではないか。
 そんな被害妄想に苛まれながら待つこと数分。
 扉を開いた。
「……」
 沈黙。
 美春が寝そべっている。
 真っ赤な目と、よせばいいのに自分でやって、顔を赤く。
「じゃ、じゃーん……なんて」
 裸に赤いリボン。
 胸にはあなたが買ってそのままタイミングを見つけられなかった、後で渡した帽子を。
 両手は頭の上でやんわりと縛られ、その頭には、犬らしき耳。
 にっこり笑う彼女の口には牙がいつもより強く、尖っていた。
「や、待って、違うの。あー、あのね、クリスマスはなんかこう、なんかすごいから。縛ってみようかなーなんて」
 ばたばたと足を揺らす。
 目の毒である。
 整えられた陰毛と陰部がライトの下にさらされている。
 そして、わずかな反射も。
 彼女の照れながらの言葉にはある種の真実があるようだった。
 慌てながら、それでもわずかに開かれた口からは荒い吐息と赤い舌が頻繁に出ていた。
 深呼吸。噛みしめるように。
 そうして、閉じた目を開き、爛々と輝かせた。
「さ、どうぞ?」
 あなたはとりあえず暖房をつけ、服を脱いだ。
 せめて日付を跨ぐことが無いようにと思っても、彼女を見ているとそうは言いきれなかった。
「えへー……ん、愛してる」

358 トヨネスキー :2018/10/17(水) 02:13:59 ID:???
いい!いい!

359 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:14:54 ID:InEHMRqk
狼はクリスマスに変身するという

細かく出して行った情報の中には体重の重さがあります
具体的に70㎏とか
傷付くと中から毛が見える、耳があるのでツインテール等髪でごまかしている
ヘアリボンは黒く地味なもの、等々
ジャージは嘔吐するから、楽だから
辻 美春 20歳

エンディングは彼女が完全に人狼になった、狼と人でなく
「人狼の少女」というものでした

360 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:16:26 ID:ou6UsUho
後日談まであってウレシイウレシイ…

361 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:16:53 ID:PXIdahBI
今回は割と難易度優し目な感じでしたね

362 トヨネスキー :2018/10/17(水) 02:18:44 ID:???
完全な人間に戻ることも出来た?

363 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:19:33 ID:InEHMRqk
完全な人間に戻る場合は海に身投げした場合ですね
基本的には不可能

364 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:21:02 ID:InEHMRqk
後別キャラ


ライカ(ライカンスロープではなく来夏という字を書く。自称)
口調がおばさん
金髪碧眼。いつも笑って、畑の前に座っている(あなたの家固定)
真っ白な服。身長は190㎝(一部の伝承)
見た目が美しいのはライムギ畑の露には特殊な効果がある、というもの
恩恵を得られるかどうかは好感度。あるいはエンディングで不思議ね、と返される程度に匂わせる
ある話ではアベルが死んだのはライムギ畑であるという
「主の呪いを受けた大地」
呪われた畑、ただし当然本物ではない
その慰めにレメクは子にノア、つまりそのまま慰めと名付けたという
彼女は子どももいないので自分を慰めるためにその大地の呪いを素に慰めに使っている
紙に染み込ませた麻薬
お願いすればくれる
穀物に関しては基本的に最後に刈り取った穀物を母に送ることで許される
この時女性の服装を人形の形に整えて持ちかえる
彼女は主であり、その子として形作り、持っていく
その子こそが本来の彼女の慰め、ノアである
長らく放置された畑をあなたが用いる(キャラクター性が固定、どうするか安価)
昼間彼女の前で刈り取りを行おうとすると投げ飛ばされる
それは可不可ではなく慎みの問題
彼女がいるならば、腰低く盗むように、見逃してもらう必要がある
それでも盗むだけならば罰される
物理的な呪いとしては穀物の麦角菌がある
血管収縮による血流減少、発熱、悪寒、手足の壊死、腹部への激痛、神経性痙攣発作
ライムギの母の黒鉄の胸は心臓であり、飲み込む血は血液を求めて
ただ基本的に問題がなければない
欲しいものを聞かれたときにあなたが与えられるものの範疇の場合舌なめずり
もう一度安価で少しだけ血を抜かれる
四肢がない?奇形(多肢)であるという伝承。毒と融合すべきか
六本足は六本指であるか
爪には毒、視線では家畜を動けなくするといる
爪には滲むような麻薬。触れられると蓄積
視線はウォルフを率いている故
スカンジナビア半島
麦角アルカロイドより合成されたリゼルギン酸ジエチルアミド(リセルグ酸ジエチルアミド;LSD25)は主として知覚、ことに視覚領域を主とする多彩な幻覚、陶酔感や陽気な気分、逆に不安な抑うつをきたす。乱用により脳障害をおこし、精神病症状や自殺傾向を生じる場合がある。
ライムギの母、ライムギの狼
狼は畑を走り、花咲く種子を祝福する
彼女の使い魔
ウォルフ・カブ
狼の子ども
ウルフカブと呼ばれることもあったボーイスカウトの源流
忠誠を誓い。善行を行い。常に自己を研鑽する愛すべき子ども
その動作で彼女の機嫌がわかる
尻尾を引くと好意、高く上げると殺意
第一星、第二星といった細かい階級がある(近くで調べると首のスカーフで確かめることができる)
10匹ほどいて階級が高いほど幅が大きい
その狼のスカーフを確認した時点で偶数奇数秒数確認好感度増減
というイベント扱いでの機嫌の変化、というもの
階級が高ければ増減も大きく、低いならば影響は少ない
エンディングとしては永遠に一緒、というものから狼藉で狼に食い殺されるまで
麻薬を一定回数以上であなたもまた彼女の慰めに
または一定期間彼女の領域にいると手足が壊死し、激痛に食いしばり、歯がボロボロになる
そのとき血を一定以上与えていると彼女が助けてくれる
小さな手足に牙のようにとがる。
あるいは、ウォルフ・カブのように

365 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:25:44 ID:gYyf8Tco
毎回1スレじゃ消化しきれないくらいの設定練られててたまげる

366 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 02:52:24 ID:InEHMRqk
寝落ちする前に安価お願いします
消化済み
人間、ロボ、AI、教師、医療従事者、変身ヒロイン、女騎士、姫、巫女、女王、女帝、海賊、シスター、ゾンビ、忍者、盗賊、メイド、触手、植物、口裂け女、鎌鼬、蛭、火鼠、猩々、類人猿、毛女、イエティ、ニクシー、ウィンディーネ、ベルセルク、ワルキューレ、スライム、エルフ、サラマンダー、ノーム、ラミア、人魚、魚人、サハギン、コロポックル、アイヌ、タコ、イカ、パンダ、ネコ科、狼、イヌ科、牛、馬、羊、鳥類、鼠、甲殻類、バク、ハーピィ、クラーケン、吸血鬼、女神、妖精、死神、幽霊、宇宙人、麒麟、河童、水虎、天狗、天使、巨人、雪女、鳳凰、竜、大蛇、キメラ、オルク、海棲哺乳類、妖狐、科学者、人形、蛤、蟲、固有名詞以外
きた女の子>>368

367 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 03:03:08 ID:ou6UsUho
ゴブリン

368 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 03:04:15 ID:yayvxG5.


369 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 08:51:32 ID:vCXnEO2g
狼リクエストがハッピーエンドになってウレシイ…ウレシイ…

370 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 20:29:56 ID:InEHMRqk
象だとバクくらいな感じなのでそれも以前使っているというあれがあれで
追記しておきますのでご容赦ください

安価下で
あれな感じだったら妖精ゴブリンで行きます

371 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 20:31:42 ID:Lobz5BwY
キリン

372 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 20:42:08 ID:InEHMRqk
キリンはあー……麒麟? 偶蹄目まとめてカットしておきます

373 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 20:43:20 ID:hA6mRSH2
ライオン

374 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 20:53:25 ID:kQPyW.IE


375 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 21:01:01 ID:WsOo.co6
タヌキ

376 名前なんか必要ねぇんだよ! :2018/10/17(水) 21:10:29 ID:InEHMRqk
ライオン、獅子ですね
水の精は前々回サブだったので獅子ということで水の精もどきになるかもしれません


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa