したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

(//‰ ゚)夢見る星間飛行マシンのようです

389 名も無きAAのようです :2013/09/18(水) 16:53:04 ID:t9y51eUA0
あげ!

390 名も無きAAのようです :2013/09/22(日) 06:16:48 ID:34nTg0dI0
待ってるよー!

391 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 22:40:09 ID:8ejFxPjQ0
読み返してやっぱり面白い

392 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:09:06 ID:Y34ZkDJ.0
…っとコールドスリープの設定を誤っていたみたい

393 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:12:17 ID:Y34ZkDJ.0

連絡路に横穴を開けられたことで、艦内の気圧が大きく変動した。

振動。
立っていられないほどの揺れが横堀たちを襲い、床をごろごろと転がりながら、
体中のバランサーが放つ不快な信号に目を回していた。




 「立て」


(//‰ x) 立てないんダ

爪'ー`)y‐ いいから、立ちやがれ

394 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:14:27 ID:Y34ZkDJ.0


(//‰ ゚) ……うぅ



(//‰ ゚) [ ㊤皿㊤ ] |::━◎┥


(//‰ ゚) [ ㊤皿㊤] |::━◎┥


(//‰ ゚) [ ㊤皿㊤ ] |::━◎┥



|::━◎┥ 乱暴ねえ。誰よあんたたち

(//‰ ゚) そうだゾ!いきなり人の宇宙船に乗り込んできやがっテ!穴空いたぞ!弁償しろ!告訴してやる!

395 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:17:53 ID:Y34ZkDJ.0


爪'ー`)y‐ 弁償はしねえ。俺は人に頭を下げたことが無いことが自慢だからな


爪'ー`)y‐ ――――といっても、テメーらはロボットのようだが。船員はどこにいる?


十数人程度のがらの悪そうな男たちが、尻餅をついて見上げる横堀たちを囲んでいる。
ラフな格好は宇宙船の船員というより、街のごろつきを連想した。

ロキアは横堀と歯車王を交互に見返しながら、
落ち着きなくアイセンサを震わせている。

どちらかといえば、臆病な彼だ。


爪'ー`)y‐ 俺の名はフォックス。聞いたことあるだろ?

396 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:23:07 ID:Y34ZkDJ.0

(//‰ ゚) 無いナ

|::━◎┥ 無いわね。あとたぶん明日には忘れるわ。ダストファイルの自動消去設定しておくから


爪'ー`)y‐ なんだぁ?こいつらロボットの癖に悪態つきやがる
      まるで感情があるみてえじゃねえか

 「キャプテン。こいつらメタルハーツの一味じゃ?」

爪'ー`)y‐ あぁ?違うだろ。あいつらならもっと武装した宇宙船を使ってるはずだ


[ ㊤皿㊤] ナ ナ ナ 何を 言っているノカ ワカラナイガ
      金なら ナイゾ! 他をアタッテクレ!

爪'ー`)y‐ ま、最初から期待なんざしてなかったさ。だが予備燃料はあるだろう?
      そいつだけでももらっていくぜ

397 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:26:16 ID:Y34ZkDJ.0

[ ㊤皿㊤] オニ! アクマ! トウゾク!

爪'ー`)y‐ そうさ


爪'ー`)y‐ 俺の名はフォックス!宇宙を駆けるフォックス盗賊団のキャプテンだ
      テメーらは俺のえさ。俺はテメーらの捕食者

爪'ー`)y‐ 抗えないぜ。ここは仲良しこよしのひまわり組じゃねえ
      宇宙だ!超自然なのさ。ここのルールはただ一つ


爪'ー`)y‐ 強い者が正しく、弱いものは死ぬんだ

[ ㊤皿㊤] ナンテ 乱暴な 論理ダ! マルデ 時代を逆行シテイル!

398 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:29:47 ID:Y34ZkDJ.0

爪'ー`)y‐ 大体、テメーらはロボットだろ。人間様の言うことは聞くもんだぜ


(//‰ ゚) 僕は人間ダ!ロボットじゃない。訂正しろ

爪'ー`)y‐ はっ…いっちょまえにヒューマンシンドロームかよ

(//‰ ゚) 獣みたいな言い分しか持たない君よりハよほど人間らしいダロウ

爪'ー`)y‐ 口の減らないやつだ。おいおまえら、こいつらを縛って転がせ!

 「あいよ!」


[ ㊤皿㊤] A〜〜〜〜〜〜〜〜RE〜〜〜〜〜〜〜〜!

(//‰ ゚) やめろ!乱暴するナ!

|::━◎┥ やあねえ。女の子は丁重に扱うものよ?

399 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:33:27 ID:Y34ZkDJ.0

特に機動力も持たない横堀たちに抵抗する術はなかった。

唯一パワー機関のある歯車王も、戦闘用システムを積んでいないので、
大人しく縛られる。


(//‰ ゚) 禁じられたギアを使えばあんなやつら…!どうして使わなかった!

|::━◎┥ 勘弁してよね。あれって一度使うと、私も半壊しちゃうのよ。あんなの使いこなせる
      機構なんてありゃしないわ。オーバーテクノロジーよ。略してオバテク

[ ㊤皿㊤] ウドノ 大木トハ おまえのコトダナ

|::━◎┥ カッチーン。今のは聞き捨てならないわね


爪'ー`)y‐ (本当に人間みたいだな……クク、面白い)

400 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:35:16 ID:Y34ZkDJ.0

 「キャプテン。予備燃料を運び込みました」

 「あと金目のものといえば、エネルギーコアくらいしか…」


爪'ー`)y‐ こいつらを船に運び込め

 「え!?」


(//‰ ゚) 何だ何だ!泥棒の次は誘拐か?

[ ㊤皿㊤] これ以上 罪を重ネルト 後戻リ 出来ナクナルゾ!

爪'ー`)y‐ 後戻り?ふん。元々やり直しがきくような人生送ってねーんだよ

401 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:38:47 ID:Y34ZkDJ.0

  俺は貧しい家庭で生まれた

  一日一食食べるのでさえ 精一杯の極貧 渇き

川  ω )

  初めて盗みを働いたのは三歳のときだ


  物心つくまえに 俺は真理を悟った


  人は!!! 人から!!! 搾取されている!!!


爪 'ー`) (神なんていない…俺を守れるのは俺だけだ。俺の幸福を守れるのは、俺だけなのだ)

402 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:41:15 ID:Y34ZkDJ.0


 幸福になるために 盗みを働いた
 幸福になるために 人を傷つけた


 女を嬲った 嘘をついた 人を騙した 人を殺した


爪'ー`)y‐ 全ては生きるために。全ては俺の幸福のために


爪'ー`)y‐ わかるか?奪わなければ、奪われる。それが宇宙のルールだ
      今までそうやって生きた。これからもそうするだけだ

(//‰ ゚) フン 偉そうなコト、言ってるが

|::━◎┥ ただの自己中よねー

[ ㊤皿㊤] 退屈ナ 演説 ダッタナ

403 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:45:25 ID:Y34ZkDJ.0

爪#'ー`)y‐ む…かつくぜぇ〜〜〜〜!!!

爪'ー`)y‐ ふんっ。だがいずれわかる。力こそが全てだと!
     力は何よりも幸福を呼び込む。今はまだルールに従うだけだが、力さえあれば、ルールを作る側に回れる


爪'ー`)y‐ 俺は力が欲しいんだ。全てを従わせる絶対の力が

|::━◎┥ 空しいだけよ。きっと

爪'ー`)y‐ いーや、それがただ一つの正解だ。人間の悪意を知り尽くした俺だからこそ、言えるんだ
      この世は闇に満ちている。それこそ、宇宙よりも深い真っ暗闇にな!

爪'ー`)y‐ 力だけが道を照らせる光になる。力なき者は闇にまかれて死ぬのさ

|::━◎┥ 人間の悪意を知り尽くした?ふふふ

404 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:48:16 ID:Y34ZkDJ.0

爪'ー`)y‐ 何がおかしい

|::━◎┥ ふ…ふふっふっふ!

爪#'ー`)y‐ おい!何で笑ってるんだ!

|::━◎┥ アハハハハハハハハ!アハハハハハハハハハハハハハハハハ!
      お、お腹の回路がよじれちゃうわ!アハハハハハハハハ!

(//‰ ゚) 楽しそうだナ

[ ㊤皿㊤] 彼女ハ 時々 発作ミタイニ 笑うヨナ

爪#'ー`)y‐ おい!!!


|::━◎┥ 何が暗闇よ。何が光よ。あなたはただ他人が羨ましいだけ。ねたましいだけ
      闇があるとすれば、それは悪意ではなく、あなたの心に巣くう嫉妬の鬼が見せているだけよ

405 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:50:53 ID:8ejFxPjQ0
うっひょおおおおおおお!!!

406 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:51:17 ID:Y34ZkDJ.0

爪#'ー`)y‐ 意味のわからないこと…っ!

|::━◎┥ 人の悪意は闇なんかじゃないわ


フォックスは作業棚に置いてある極大のスパナを手に取り、大きく振りかざした。


(//‰ ゚) おい!

|::━◎┥ 人の悪意ってのはね

爪#'ー`)y‐ かんに障る女声だな!ぶっ壊れろ!

|::━◎┥ その根が深くなればなるほど

[ ㊤皿㊤] ヤメロ!

407 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:52:45 ID:Y34ZkDJ.0









                      まっ白になっていくの















                                                         ガスッ

408 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:54:27 ID:Y34ZkDJ.0



  ガス   ガスッ

                       バキッ


                               ドガッ


            ガス
                        ガンッ
    ゴッ





  ―――やめろ―――


          ――傷つくから――


                                 ―――やめてくれ―――

409 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:56:21 ID:Y34ZkDJ.0




    ――――僕らは傷つく回路を持っている――――







(//‰ -)          ..     …

[ ㊤皿㊤]


(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] 起キタカ

410 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:58:43 ID:Y34ZkDJ.0


(//‰ ゚)キュィィィィィィン―――――


(//‰ ゚)カリカリカリカリカリカリカリカリ


[ ㊤皿㊤] チッ ディスクが 退避モードに ナッテタカ


(//‰ ゚)カリカリカリ ヂーヂーギー …………


[ ㊤皿㊤] 起キタカ

(//‰ ゚) ああ

[ ㊤皿㊤] ヨカッタナ ココガ 何処か ワカルカ?

(//‰ ゚) …ああ

411 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:02:31 ID:V3AC0ieM0

[ ㊤皿㊤] ソウ ローヤ サ

(//‰ ゚) ……ああ

[ ㊤皿㊤] そこら中にセンサが ツイテル 壁のガラスは 強化ガラス
       ドアには 三重ノ 解錠チェック 監視カメラは 天井ニ 添えるダケ

(//‰ ゚) ………ああ

[ ㊤皿㊤] 暗くないノガ 唯一ノ 救いダナ 光度センサで 無駄な電力ヲ 消費シナイ

(//‰ ゚) …………ああ

[ ㊤皿㊤] エネルギーコアも あと一ヶ月クライハ 保つだろう 心配ハナイ

(//‰ ゚) ……………ああ

412 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:03:52 ID:qtt.6NXoO
ひさしぶり

413 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:04:43 ID:V3AC0ieM0

[ ㊤皿㊤] 最悪デハナイ

(//‰ ゚) ………………ああ

[ ㊤皿㊤] 状況ハ 決シテ 最悪デハナイ

(//‰ ゚) …………………ああ

[ ㊤皿㊤] 逃げ出せるチャンスも キットアル

(//‰ ゚) ……………………でも、僕はとても、悲しいよ






        _:. / ┥ 。◎..._ ゞ _

414 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:07:57 ID:V3AC0ieM0




(//‰ ゚) 友達が死んでも、涙を流せないこの体が、とても悲しい




[ ㊤皿㊤] アア………………同じコトヲ 考えてイタヨ




 「彼女は天国に行けただろうか?」歯車王の破片を拾いながら、横堀が呟いた。


 「ソンナモノハ ナイ」ロキアの無機質な機械音声が、いつもより心なしか、力なく聞こえた。

415 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:09:11 ID:V3AC0ieM0
第五章はたぶんあと二話で終わり

416 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:13:14 ID:V3AC0ieM0
というか、二話って書いたけど、二話じゃなくて二回の投下なんだよなあ
だからもっと細かく区切って投下することもできる
極端にいえば一日一レスごととか
これからは少しずつ進めていくスタイルにするかも

417 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:16:08 ID:4H3h9.M2O
投下してくれるのは乙だけど1日1レスはやめれ

418 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:17:31 ID:Hh1DOVBQ0
乙でした!

419 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:21:09 ID:V3AC0ieM0
>>417
あるいは5レスとか

420 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 01:15:59 ID:kSw6KfZY0
投下ペースは好きにしたらいいと思うけど、ちょいちょい区切られるのは一般的には好まれないと思う

421 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 01:24:02 ID:gOJpwF5M0
おつ
うわああ歯車王…

422 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 14:02:37 ID:5oj3HFEM0
otu
タイトルコールが無いのは仕様かね

423 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:30:02 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





.

424 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:30:58 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





.

425 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:32:31 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





.

426 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:33:53 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





.

427 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:34:43 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





.

428 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:35:55 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





.

429 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:37:50 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





.

430 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:39:02 ID:V3AC0ieM0






(//‰ ゚)          [㊤皿㊤ ]





< カメラ回ってるぞー

431 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:44:02 ID:V3AC0ieM0

暗闇ではない、だが心は暗く沈んでいた。

二人っきりで過ごしたあの三百年弱の間、幾度となく訪れたこの静寂の空間で、
思考回路は緩やかな電気信号を放っていた。


(//‰ ゚) どうして歯車王は、あのとき引き下がらなかったんだろう

[ ㊤皿㊤] 178時間ブリニ しゃべり出したとオモッタラ 一体 ナンノ話ダ

(//‰ ゚) 歯車王が言っていた、人間ノ悪意のことだよ。まっ白って、言ってたナ…あれはどういうことだろう

[ ㊤皿㊤] ドウモコウモナイ


[ ㊤皿㊤] 彼女ハ 詩人ダッタノダ 悪意ヲ唄ッタダケダ

432 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:49:38 ID:V3AC0ieM0

(//‰ ゚) 悪意を唄ったカ。君も中々の詩人ダナ

[ ㊤皿㊤] トイッテモ 私ノ考えデハ 詩トハ タダノ 高等ナ 言語遊び
      ロジックに 根拠ヅケラレル 論理的ナ 文章ダ


[ ㊤皿㊤] 本来 ロボットの 得意トスル コトダ ソレダケノ話

(//‰ ゚) 防衛機能が働いていなかったのは何でだろう。あんなことを言えば、危害を加えられるのは目に見えていタ

[ ㊤皿㊤] ソレハ


[ ㊤皿㊤] ……何故ダロウナ 彼女のCPUは 決シテ 低スペック デハナイ…

(//‰ ゚) どうしても言いたかったのかな…まあ、今となっては、もうわからないが…

433 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:55:10 ID:V3AC0ieM0


あの盗賊団の言葉を借りれば、フォックスは捕食者で、彼女はえさだった。
そんな単純な話だったのかもしれないと横堀は思った。

といっても、ただ頭の中で巡り巡るルーチンを打ち切りたいだけである。



(//‰ ゚) 弱肉強食。知ってるか?この言葉

[ ㊤皿㊤] 知ッテル ツマリハ 自然ノ摂理ダロ

(//‰ ゚) いや、もっと乱暴で単細胞な理論だヨ。つまりは強い者が全てを牛耳るって意味サ

[ ㊤皿㊤] フウン ソレガ?

(//‰ ゚) 人間は……摂理に反して生きている

[ ㊤皿㊤] オーーーット 横堀大先生ノ 演説ガ 始まる ノカーーーーッ!

434 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 00:00:22 ID:xuMx9Dnk0

(//‰ ゚) 生き物は何かを生み出し、何かを壊し、何かに還って消えてゆく
     そうして世界は変化しながらも、一定のエントロピーを保っている



       だが 人間は (//‰ ゚) どうだろうか?



草木「我々を資源として使う分には構わない。しかし生きること以外に使いすぎではないかね?」

動物「食べるために動物を狩るのはわかるさ。だが化粧品や服のために殺されるのは割に合わないな」

大気「人が豊かになると共に、私は汚れ、削れてゆく。君たちの周りにあるものの重要性を知らないのか」

435 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 00:04:19 ID:xuMx9Dnk0


(//‰ ゚) 人間は人間を産む。そして人間のために便利なものを生む
     でも人間以外に便利なものは作らない。全ては人間のため。そのために人間以外を破壊する

(//‰ ゚) その積み重ねによって自然の循環を大きく乱し、地球ごと滅んだ星も少なくない


(//‰ ゚) 人間は弱肉強食の倫理を持っているのサ
     だからあのフォックスとかいう男の言い分は、ある意味では正しいと思う


[ ㊤皿㊤] デハ 自称人間ノ 君ハ? 自分ト ソノ仲間ノタメニ 無作為ナ 破壊モ 厭ワナイノカ?

(//‰ ゚) 僕は特殊な人間だからね。そういった考えには至らないヨ

[ ㊤皿㊤] フン 自分を マイノリティナ 例外ダト 思い込むノハ 女子中学生 ダケニシテ 欲しいネ

436 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 00:05:29 ID:xuMx9Dnk0
すまぬ。眠いのでまた中断。週末に投下すると思う

437 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 00:48:59 ID:Wcs10yy20
コールドスリープの設定ミスんなよ

438 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 08:24:25 ID:kBVJVAL.0
楽しみにしてるー

439 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 09:06:19 ID:oUly5Mpg0
続き来てたのか待ってた甲斐があったぜ!乙!!

投下はある程度の長さなら5レスとかでいいんでない?
毎回けっこう密度あるし気にならないと思う

440 名も無きAAのようです :2013/10/13(日) 00:02:48 ID:F.9dKoxM0
イボ太郎!イボ太郎じゃないか!

441 名も無きAAのようです :2013/11/02(土) 03:19:23 ID:plnSJncQ0
カムバック

442 名も無きAAのようです :2013/11/20(水) 21:38:12 ID:ZzYL8QCM0
まだかなー

443 名も無きAAのようです :2013/11/27(水) 18:09:27 ID:wDJfHopM0
こい!!!

444 名も無きAAのようです :2013/12/22(日) 16:57:21 ID:pw4UEIqs0
今年おわっちゃうよぉ

445 名も無きAAのようです :2014/01/11(土) 13:13:37 ID:MsQe4gNY0
マダカナー

446 名も無きAAのようです :2014/02/09(日) 15:02:47 ID:5aCmF7wM0
期待あげ

447 名も無きAAのようです :2014/07/20(日) 09:50:10 ID:w2vvqNT.0
投下はよ

448 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 21:58:35 ID:zR.W/Lqs0
カモーン

449 名も無きAAのようです :2014/10/11(土) 03:40:44 ID:r8fIcnXo0


 どのくらいの時間が経ったのダロウ


      機械の体にナってから 時間の感覚が以前と違うヨウになった


 イヤ 単純ニ 通常ノ 人間ヨリ長く 意識を 保ッテイルカラ


      相対的ニ 時間ノ 流れる 感覚ガ 変ワッテイル ダケダロウ




 僕たちが使ってから 今何日が経過したかわかるカ?



 オオヨソ   683時間   ダナ

450 名も無きAAのようです :2014/10/11(土) 03:45:58 ID:r8fIcnXo0

(//‰ ゚) 僕たちの旅はここで終わってしまうんだろうカ

[ ㊤皿㊤] モウ 終ワッタモ 同然ダロウ

(//‰ ゚) やはり、そうなのかナ……




(//‰ ゚) ……歯車王の

[ ㊤皿㊤] 禁じられたギア ヲ 使ッテ コノ ローヤヲ 脱出スルトカ
       低学歴ナ 考え方ハ ヤメテクレヨナ

(//‰ ゚) 嫌なヤツ。本当に君は嫌なヤツ!

[ ㊤皿㊤] 歯車王ガ 禁じられたギア ヲ 使エタノハ 彼女ガ 工業用ロボットダッタカラダ
       ソレデモ 一度使ウト オーバーホールガ 必要ナ クライ 扱いガ 非常ニ 難シイモノダッタ


[ ㊤皿㊤] 君ガ 使エバ スグニ ばらばらニ ナルゾ

(//‰ ゚) 嫌なヤツ

[ ㊤皿㊤] ダメナノ ワカッテテ ワザワザ 口ニスル ソノ ココロハ?

451 名も無きAAのようです :2014/10/11(土) 04:08:51 ID:o4mhuFHw0
きたか待ってたぞ支援

452 名も無きAAのようです :2014/10/11(土) 09:06:37 ID:wfLg5zsg0
射精した!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

453 名も無きAAのようです :2014/10/11(土) 20:20:18 ID:q8BGKTps0
待ってた!

454 名も無きAAのようです :2014/10/11(土) 23:07:51 ID:wfLg5zsg0
前の投下からそんな経って無いと思ったら

455 名も無きAAのようです :2014/10/12(日) 03:12:49 ID:UusM42jc0

(//‰ ゚) 嫌なヤツ……

[ ㊤皿㊤]



[ ㊤皿㊤] 時々 羨マシク感ジル

(//‰ ゚) ……?

[ ㊤皿㊤]

(//‰ ゚) どういう意味だい?

[ ㊤皿㊤] 私ノ スペック ガ 君より 高イ ッテコトダヨ

(//‰ ゚) 嫌なヤツ!



              ――――――――――――――――閃光――――――――――――――――

456 名も無きAAのようです :2014/10/12(日) 03:14:20 ID:UusM42jc0






   「―――――――――!!!!?????」






   光          光
      壁             光          鉄クズ       光

                            光        ロキア

       光     壁        光            床          光

                 光            光




          ――――――そして衝撃――――――

457 名も無きAAのようです :2014/10/12(日) 03:18:57 ID:UusM42jc0

 大きな大きなエネルギーの衝突を感じ取った。


 バランサーが崩壊したロキアは、素っ頓狂な声をあげて床を転がり回っている。
 横堀は緩慢な思考回路の中で、宇宙船そのものが揺れていることだけ、理解した。





(//‰ ゚) 何が起こった!?


  (((([ ㊤皿㊤] マワル〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!


    !!!!〜〜〜〜〜〜〜〜ルワマガ界世  [㊤皿㊤ ]))))


     [ ㊤皿㊤ ] ド根性!!!


(//‰ ゚) 隕石か!?それとも小惑星の内機性爆発か!?

[ ㊤皿㊤] ナア 今ノ 見タカ? 私ノ 華麗ナ スピン ト 立ち直りヲ

(//‰ ゚) まだ宇宙船は震えてるぞ!次が来るかも!?

458 名も無きAAのようです :2014/10/12(日) 03:23:17 ID:UusM42jc0

< おい!早くしろ!

< レーザーガンは何処だよ!

< 倉庫だろ!早く!



(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤]



 分厚いガラスの壁を突き破って喧噪が届いてくる。
 何かが起こっている。


 船員たちが慌ただしく走り回る音が、彼らの緊張を伝えていた。


 何かが起こっている。



 何が?

459 名も無きAAのようです :2014/10/12(日) 03:28:54 ID:UusM42jc0


 /**
  第五章 宇宙海賊の物語*/   あらため








 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ごきげんよう、虫けらの諸君









 /**
  第五章 連邦軍第7機動艦隊の物語*/   はじまりはじまり〜  (パチパチパチ)

460 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 01:24:50 ID:uOOu7QqY0


 銃撃戦の音が、ほんの一瞬だけ聞こえた。


 続いて、なだれ込む者たちの足音、怒声。
 争いが起こり、それが即座に鎮圧されたのを、音だけで感じ取った。



(//‰ ゚) また海賊か…?

[ ㊤皿㊤] イヤ カナリ 統率サレタ 動き ダッタ マルデ 軍隊の ソレダ

(//‰ ゚) 君の聴覚センサは僕よりも性能がいいのかい?

[ ㊤皿㊤] チョクチョク アップデート シテタカラナ


 間もなく、横堀たちが捕らえられている牢屋の前に、数人の男たちが現れた。

 体にぴったりと吸い付くような深い青色のスーツは、電子制御された、いわゆるパワードスーツの一種だ。
 軍人だとすぐに理解した。


 「捕まってるやつがいるぞ。ん、ロボット?」

 「廃棄用ロボの格納庫じゃないか?」

461 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 01:35:15 ID:uOOu7QqY0

(//‰ ゚) 僕はロボットじゃない!


 「ふーむ……ヒューマンシンドロームか」

 「アンチウィルスのアップデートをしなかったんだろう」


(//‰ ゚) ああ、何てことだ!人が人と認識されない世界!こんなにも悲しい世界!
      僕はそれでも叫び続けるぞ!僕ハ人間だって!


 「ははは。面白いな、こいつ」

 「渋澤大尉に報告しなくてもいいか?」

 「いずれにしろ、一応押収品の一つとして捕獲しておかないとな。見たところ武装もしていないし、連れだそう」


[ ㊤皿㊤] ドウヤラ ココカラ 出してクレソウダゾ

(//‰ ゚) 何だか納得いかないが、まあ出してくれるなら従おうか…

 「いやに人間くさいロボットだなあ」

462 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 01:43:51 ID:uOOu7QqY0

 両肩を挟まれるようにして、横堀たちは連行されていった。


 フォックス盗賊団の宇宙船は、どうやら既に捕まっていたようだ。
 連れられるがままに宇宙船を下りると、そこはさらに大きな宇宙船の格納庫であった。


 わかりやすい解説


   フォックス宇宙船 → 。        さらにでっかい宇宙船 → 【    】


   今こんな感じ →  【  。 】


 _、_
( ,_ノ` )y━・~  ……む


 「大尉!宇宙船内にいたロボットを収容しました!」

(//‰ ゚) だから僕は人間ダと何度言ったらわかるか!
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ (あれは………………)

463 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 01:47:16 ID:uOOu7QqY0

 「これらは押収品とは別に保管しておきます!」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ …………まあ、待て

 「はっ?」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 名前、あるか?

(//‰ ゚) ……?

[ ㊤皿㊤] ?


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ おまえたちに聞いている。名前だ

(//‰ ゚) 僕は横堀だ

[ ㊤皿㊤] ROKIA32-A1932デス 3サイズは 上から 120 120 120…

 「横堀って、どこかで聞いたことあるような……」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ フッ、ふふふふ。フハハハハハハハハ!



(//‰ ゚) 何か急に笑い出したぞ。大丈夫かな、この人

[ ㊤皿㊤] 人間ハ 起動時間ガ 長スギルト 笑いノ 沸点ガ 下がる バグ ガ 起コルラシイゾ

(//‰ ゚) そういうもんか

464 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 01:52:28 ID:uOOu7QqY0
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ まさか、生きていたとは……!ということは、ブーン博士も…!

(//‰ ゚)




(//‰ ゚) 博士は死んだよ

[ ㊤皿㊤] タブン バラバラノ コナゴナノ コナミジン

(//‰ ゚) 一応息子の僕の前でそういう表現はやめてくれないか



 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ………少し聞きたいことがある。おまえたちは席を外せ

 「あ……は、は!」


(//‰ ゚) 聞きたいことって何だ。ロキアのスリーサイズならさっき話した通りだ

[ ㊤皿㊤] (マサカ ウェストを さば読ンダ ノガ バレタカ?)

465 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 02:04:42 ID:uOOu7QqY0
今日はこの辺で。誰も上げてくれないから上げる(´・ω・`)

466 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 03:43:45 ID:ApDUKmPU0
生きとったんかワレェ!

467 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 03:54:05 ID:NaQ5rywI0
読んでるよ!乙です

468 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 10:52:20 ID:.r1.tOSY0
まじで帰ってきたのかおつ

469 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 11:10:38 ID:wtbIJumQ0
おかえりー!

470 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 13:29:57 ID:p/YONijM0
おつ
あげてよかったのかw

471 名も無きAAのようです :2014/10/14(火) 18:23:25 ID:Q.1Vg6fw0
うおおおおおおおおおお!!! 待ってたよ!

472 名も無きAAのようです :2014/10/18(土) 23:54:50 ID:UulHI6QE0






 _、_
( ,_ノ` )y━・~ さあ、何から話そう。まあ座ってくれ





 横堀たちは長机が横断する部屋に通された。
 おそらく会議か何かで使われるだろうその部屋は、3人で使うには少し広すぎる部屋だった。
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ まず……そうだな、おおよそ400年前だったか
       ブーン博士がサイボーグ工学の第一人者として活躍していたのは

(//‰ ゚) ああ。それくらいのはずだ。よく知ってるな
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ まあ、一応大学では工学系の専攻だったもんでね。その辺の歴史はかじる程度は知ってる
        だから、お前のことも知っているんだ、横堀。知ってるか?サイボーグ工学の歴史書には、必ずお前のことが載ってる

473 名も無きAAのようです :2014/10/18(土) 23:59:47 ID:UulHI6QE0

<(//‰ ^)


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 何の顔だ、それ

[ ㊤皿㊤] イヤア ソレホドデモ トイウ 顔の ヨウダゾ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ まあ、何だ。結構有名人なんだよ、その道の人間にとってはな

 _、_
( ,_ノ` )y━・~ で、だ。ブーン博士について、聞きたい。本当に彼は死んだんだな

(//‰ ゚) くどいゾ。彼は死んだ。というか、普通に考えたら…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 寿命で死ぬ、ということだろ?だがな、もしかしたら、実はまだ生きているんじゃないかと、疑ってるんだ
        横堀。君を見てからそう思い始めた。そう、普通なら死んでるはずなんだ。普通なら…


(//‰ ゚) ……!

[ ㊤皿㊤] ツマリ コウ言イイタイ ンダナ

474 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:03:25 ID:2SngMLPI0

[ ㊤皿㊤] 彼ガ 自分自身ヲ 改造シ サイボーグ トナリ 今も 生きながらえている 可能性ガ アルト
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ああ、そういうこと



(//‰ ゚) ……………



(//‰ ゚) ないだろうな
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ……

(//‰ ゚) 万に一つもない。彼は自分自身を改造しようなんて考えていなかった。というか、不可能だ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ …理由は

(//‰ ゚) 寿命を長くするレベルの人体改造とは、すなわち僕のような全身サイボーグにするってことだ
     その技術を有していたのは、ほかならぬブーン博士のみ…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ま…………そうだろうな

(//‰ ゚) わからない。どうしていまさらブーン博士のことを聞くんだ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ん……

475 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:08:37 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) いくらサイボーグ工学の第一人者といっても、あれから400年近く経っているんだ
      ブーン博士に匹敵する科学者やエンジニアは、今の時代珍しくもないだろう
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ フ…ところがな、今の時代においても、彼ほどの技術を持った科学者はいないそうだ

(//‰ ゚) え…

 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 息子ゆえに、知らなかったかもしれないが、彼は間違いなく天才だった
        彼がいたおかげで、サイボーグ工学のみならず、工学全体、果ては医療分野まで
        目覚しく発展したのだ

(//‰ ゚) …………
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ あれほどの天才は、この先1000年は現れないだろうって話だぜ。惜しい人を亡くしたものだ


(//‰ ゚) (あの親父がそんなすごい人だったなんて…)

[ ㊤皿㊤] デ ソレガ 何カ?
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ああ…そうそう、まだ本題に入っていなかったな

476 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:13:17 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) その前に、この状況とか、いろいろと説明してもらいたいことがあるんだ!
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ん…まだ話してなかったっけか?

(//‰ ゚) 何も聞いてないぞ!それから、直してほしいロボットがいるんだ!

[ ㊤皿㊤] ア ソウイエバ ソウダ


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ それは、君たちの船内に散らばってる、あのGRANシリーズのことか

(//‰ ゚) そ……そうだ!彼女を…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ それだけは、真っ先に答えておく。無理だ



(//‰ ゚) [ ㊤皿㊤]

 _、_
( ,_ノ` )y━・~ あれはもう、無理だ。すまない

477 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:18:00 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) ……そうか
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ すまないな

(//‰ ゚) いや……



 _、_
( ,_ノ` )y━・~ それじゃあ、まずは、この宇宙船のことだ
        ここは連邦軍第7機動艦隊の234番船。居住エリアがあるメイン船だな

(//‰ ゚) 連邦軍…やはりか

[ ㊤皿㊤] 第7起動艦隊トイウト アノ 凶悪犯罪ヲ 取り締まる 専門ノ?
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 詳しいじゃないか。その艦隊を指揮しているのが俺だ。渋沢という

(//‰ ゚) 渋沢…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ そして、俺たちは今、あるテロリストたちを追っている

478 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:23:07 ID:2SngMLPI0


                               (十)



|-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚| |-,゚Π゚|

〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕 〔-日-〕

|_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚|| |_|__゚||

[  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] [  :゚皿゚] 

└[.@:゚≡゚)└[.@:゚≡゚) └[.@:゚≡゚)└[.@:゚≡゚) └[.@:゚≡゚)└[.@:゚≡゚) └[.@:゚≡゚)└[.@:゚≡゚) └[.@:゚≡゚)└[.@:゚≡゚) 

( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) ( ゚目゚) 

{*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} {*゚一゚*} 

<[*゚〜゚*]> <[*゚〜゚*]> <[*゚〜゚*]> <[*゚〜゚*]><[*゚〜゚*]> <[*゚〜゚*]><[*゚〜゚*]> <[*゚〜゚*]><[*゚〜゚*]> <[*゚〜゚*]>

(゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) (゚ハ◎ ) 

┗(´▽`)┛ ┗(´▽`)┛ ┗(´▽`)┛ ┗(´▽`)┛┗(´▽`)┛ ┗(´▽`)┛┗(´▽`)┛ ┗(´▽`)┛

(.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚) (.. ゚≡゚)

479 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:29:40 ID:2SngMLPI0
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ロボット解放同盟軍、ノアをな

(//‰ ゚) し、知ってる。"りんご"を組み込んだロボットたちだろ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ あのテロ以降、ほとんどの星で"りんご"システムの製造は中止となった
        だがテロリストたちは、どういう訳かあの技術を自分たちで構築し始めた
        ロボットが心を生み、そして新たに仲間を増やし、今も星々で蜂起を繰り返している


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ いまや全宇宙で指名手配となっている、危険指定Aクラスのテロリスト集団だ

[ ㊤皿㊤] "りんご"ヲ 生み出シタノハ ブーン博士ダ ダカラ サッキ ブーン博士ノ コトヲ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ああ。だが実は、俺が聞きたいのは別の人物についてだ

(//‰ ゚) 誰だ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ノアたちに"りんご"システムの機構を提供した博士がいる
        我々はノアと同時に、その博士の足取りを追っているんだ

(//‰ ゚) "りんご"は、組み込むだけなら簡単だけど、0から作るのは不可能に近いはず
      誰もソースを解読できていないんだろ?

480 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:43:51 ID:2SngMLPI0
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 0から作るのは不可能だ。だが、彼ならあるいは、と思ってしまう
        かつてブーンの側近として働いていた経歴のある、彼ならと

(//‰ ゚) ……え


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ あさぴー博士だ。知っているだろう



(//‰ ゚) 無理だ…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 普通なら、な

(//‰ ゚) あさぴー博士は、だって…人間だ!それも、400年前の時点で、結構おじいちゃんだったような…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 普通なら、死んでる。死んでるはずなんだ。だがね、彼の目撃情報は、最新のもので半年前
        辺鄙な星で宇宙船のエネルギー補給を行ったログが見つかった
        彼は生きてる!そしてノアに"りんご"システムを与え、今も宇宙のどこかにいる!

(//‰ ゚) ありえない!
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 彼も、全身サイボーグであるという可能性は?

(//‰ ゚) いや…………ない、と…思うけど、わからない……

481 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:49:03 ID:2SngMLPI0
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ あさぴーの居場所を突き止め、"りんご"システムの脆弱性さえ突き止めれば
        ノアたちのキリングウィルスを作成できるかもしれない。そうすれば、やつらは一網打尽だ

(//‰ ゚) あさぴー…博士が…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 知らないか?

(//‰ ゚) 知らない…何も…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ …………




[ ㊤皿㊤] トコロデ フォックス 盗賊団 トヤラハ 今 ドウシテルンダ?
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ んあ?ああ…あいつらね。捕まえてるよ。適正な判決が行えるターミナル星に引き渡すさ
        流刑か、懲役か。まあ、いずれにしろ、死ぬまで恒星の温かみを感じることはないだろうな

[ ㊤皿㊤] フフン イイ ザマダゼ

482 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:54:00 ID:2SngMLPI0
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 君らの処遇は心配するな。一応、禁じられたギア等の違反システムがないか調べて
        何もなければすぐに釈放するよ。君らの宇宙船は少し壊れていたが、何かの縁だ
        我々のエンジニアで直してみせよう


[ ㊤皿㊤] ワタリテツヤ トハ コノコトダゼ

(//‰ ゚) 渡りに船だろ…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 君らの船には壊れたロボットが相当数あったが、あれは何だい?

(//‰ ゚) 友達だよ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ まさか、ノアみたいな組織を作ろうなんて考えてないよな

(//‰ ゚) 少なくともテロは起こさない
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ふ…冗談さ


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ロボットが人の上に立とうなんて、土台無理な話だからな

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] ムム…

483 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 00:58:31 ID:2SngMLPI0
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ おっと…君はロボットだったか。すまないね。あまりに人間くさくて、忘れそうだった

[ ㊤皿㊤] ロボットヲ 馬鹿ニ スルナヨ 円周率 10万桁 言エルノカ?
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 馬鹿になどしていない。ただそれが、自然の摂理だという話だ



 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 世界は清く正しく生きる"人間"のものだ!


 大気は星のためにある!

   土や海は世界を浄化するためにある!

    草木は全て 清く正しく生きる草食動物たちのためにある!

      草食動物たちは肉食動物を支えるために存在している!


 世界は全て誰かのために作られ 世界は全て誰かのために命を全うする


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ではロボットは誰に作られ、誰のために動いているか?…人間さ

484 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:04:44 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) じゃあ、意思は…ロボットたちの意思はどうなる!尊い、何よりも尊いはずの、魂は!
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ まがい物だ!


 ロボットの意思など それすらも 作られたものに過ぎん!

  もしも魂を人工で作れるなら それこそ 人間は神であるということだ

 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 神であるなら、ロボットより上なのは、言うまでもないだろう?


(//‰ ゚) 関係各所から批判が来そうな物言いだな

[ ㊤皿㊤] コウイウ コト 言い出すヤツハ 死亡フラグ 立ッテルンダ ソウダ ソウニ決マッテル
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ なあに、難しく考えることはない。我々は生物系の頂点に、図らずもたってしまった
        だからこそ、驕っていいという訳ではないんだ。そのための役目を果たすことが大事なのさ

(//‰ ゚) 生物系の頂点か…
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ どうした?不満そうな顔だな(といっても表情はわからんが)

485 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:18:41 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) 似たようなことを、あの盗賊団の男が言っていたよ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ふうん。まあ、テーマが同じでも、思慮の浅深は違うだろうが

(//‰ ゚) それから、こんなことも言っていた



(//‰ ゚) 宇宙は今、人間の悪意に包まれているって


 _、_
( ,_ノ` )y━・~ …ふうん。そんなことも言っていたのか
       だがね、宇宙全土を見渡しても、今は人間の繁栄期だと言える。悪意は確かに、存在するだろう
       しかしね、それ以上に、希望の光が差していると思うね、私は

(//‰ ゚) それと、これは僕の友達が言っていた言葉なんだが
      ………人の悪意は、真っ白なんだそうだぜ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ ……詩人だな

(//‰ ゚) ……まあ、これは忘れてくれていいさ
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ フフフ…全身サイボーグ、というが、君は本当に、人間くさいな…

486 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:22:53 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) 人間さ、僕は
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ …………………君は









   ―――――――――――グフフフフフフフフフフフフフフフフフ―――――――――――








 寒気が、した、気がした。
 透明な絹の布が、ふわりと体を通り抜けるような、実体のない悪意が体をいたずらに撫でるような、奇妙な感覚だった。

 胸騒ぎもする。渋沢も、横堀と同じ感覚を共有していた。
 自然とは程遠い環境に身をおいて、なお、体に残っていたかすかな野生――本能が、何かを察したのか。

487 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:27:58 ID:2SngMLPI0

 慌しい足音が聞こえた。


 渋沢が様子を見るために会議室を出ようとした瞬間、扉が開き、数人の軍人たちがなだれ込んだ。
 表情に、焦燥が色濃く浮かんでいた。


 「たった今、こちらに通信が…!」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 本隊からか?

 「いえ、違います…!違うんです!」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 落ち着け。どうした。誰からの通信だ。何の組織だ。IDは?

 「違う…違うんです!ヤツが!ヤツが……!」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ だからいったい、誰からなんだ

 「早く逃げないと!」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 誰からだ!さっさと言え!

488 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:32:05 ID:2SngMLPI0

















 「三月―――ウサギがっ!!!」
 _、_
(;,_ノ` )y━・~ ……何だとぉ……っ!!



 横堀たちは、その名前を聞いても、ぴんとこなかった。
 ただし、豹変した渋沢の様子を見ていて、とてつもない脅威が間近に迫っていることは、理解した。

489 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:34:04 ID:2SngMLPI0







     「  世界に 三月が やってくる  」









(メ._⊿) 仲良くしようぜ……





(メ._⊿) 同じ"人間同士"…グフ!グフフフフフフフフフフフフフフフフ!

490 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:42:45 ID:2SngMLPI0


 僕たちは


 僕たちは 脅威なんて言葉で表現できない



 悪意を目の当たりにした



 何もできなかった

 もともと する気もなかったのかもしれない


 渋沢が緊急脱出ポッドで脱出する直前 少し そいつのことを教えてくれた

 星を巡る 殺人ロボット 三月ウサギ

 動機は不明

 どうやって動いているか そのテクノロジも 不明

491 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:46:47 ID:2SngMLPI0

 そいつは 禁じられたギアを全身に装備しているらしい

 あの巨体な歯車王でさえ 片腕だけ しかも 一度使ったら全身のモーターがイカれる おまけつき

 どうやってギアの制御を行っているか 未だに 不明



 何もかも不明

 だが ひとつだけはっきりしている


 三月ウサギは 人を殺すためだけに 存在しているということ




(メ._⊿) ………む?



(//‰ ゚) わわわわわっ!来た!来た!

[ ㊤皿㊤] ワ〜レ〜ワ〜レ〜ハ〜 ロ〜ボ〜ット〜ダ〜

(//‰ ゚) 普段よりおかしくない!?むしろ怪しくない!?

492 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:49:45 ID:2SngMLPI0

 XXXX年 XX月 XX日

 連邦軍第7機動艦隊 リバーサイドシー 交戦記録

 凡そ73船 中 全隊中 69船が 大破 残り4船は 行方不明
 生存者 0 死者 3019人 行方不明者 1万109人
 行方不明者について 現在も 捜索中
 また 渋沢大尉の生体IDのみ 反応有
 近くの遊星を 捜索中

 最終通信記録 XX時 XX分時点
 「敵は三月ウサギ。現在交戦中」
 このペギー船の本通信を最後に 交信は途切れる

 ノアとの関連性 不明
 単独での犯行の線 濃厚

 対策本部の設立を要請する



(メ._⊿) ……グフ

(//‰ ゚) ぼぼぼぼぼぼぼ僕はロボットだよ!仲間!仲間だから!

[ ㊤皿㊤] 普段ハ アレダケ 人間 アピ シテル ノニ

(//‰ ゚) うるさい!黙れ!

493 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:51:45 ID:2SngMLPI0



       (//‰ ゚)[ ㊤皿㊤]             (._⊿ )




       (//‰ ゚)[ ㊤皿㊤]             (メ._⊿) グフフ




       (//‰ ゚)[ ㊤皿㊤]             ( メ._) グフフフフフフ






(メ._⊿) 仲間じゃ、ない。俺は人間だ。グフフフフ

(//‰ ゚) え…

(メ._⊿) お前には、用はない。グフ、グフフフフフフフフフフフフフフフ!

494 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:54:43 ID:2SngMLPI0

[ ㊤皿㊤] ヨッシャ 何ガ 何ダカ ワカランガ 行ってクレソウダ

(//‰ ゚) ぼ…僕は



(メ._⊿) グフ…?



(//‰ ゚) 僕は…夢を見るぞ!

[ ㊤皿㊤] ヨ 横堀サン?

(//‰ ゚) 夢を見るんだ!僕は、僕は人間だ!

[ ㊤皿㊤] ヨ ヨ ヨ 横堀サン!?

(メ._⊿) グフフフフフフ…

(//‰ ゚) ふざけるな…ふざけるなよ!そんなナリして、何が人間だ!これだけ、人を殺しておいて、何が人間だ!

[ ㊤皿㊤] ナリ ニ 関シテハ 君 何モ 言エナイ 気ガスル ケドモ…

495 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 01:58:14 ID:2SngMLPI0

(メ._⊿) グフフフフフ。面白い。お前、あの男と同じ感じがする


(//‰ ゚) …?


(メ._⊿) だが、お前は人間ではない


(//‰ ゚)


(メ._⊿) あるいは……いや、俺にとっては、どちらでもいいんだがな

(//‰ ゚) な、何を…

(メ._⊿) グフフフフ!グフフフフフフフフフフフフフフ!




  グフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフ!!!

496 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:05:19 ID:2SngMLPI0

 横堀たちは 自分たちが乗ってきた宇宙船で脱出を図ったが

  壊れていて 動かなかった


 連れてきた 壊れたままのロボットたちは

  見捨てていくしかなかった



 ロボットたちが幸せに暮らせる星を作るはずだったのに

  どこで歯車が壊れたのか

   歯車王が壊れたからか?

    それはただの駄洒落か……



 脱出ポッドの中で 横堀は夢を見た

  初恋の夢だった
  甘酸っぱい とか そんな素敵なものではない 苦々しい 思い出だ

497 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:09:31 ID:2SngMLPI0



 彼の初恋の相手は ブーン博士に殺されたから




 今はもう 夢でしか会えない あの娘は

  アイセンサから 血の色をしたオイルを流しながら

   やさしい歌を歌っていた



(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] 目が覚メタカ サア 次ハ ドウスルネ 船長

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] 我々ノ 大冒険ハ コレデ 終ワリ ジャナイカ

(//‰ ゚)

498 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:13:30 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) [㊤皿㊤ ] 君ノ 夢ミテイタ 楽園ハ モウ 作レナイ

(//‰ ゚) [㊤皿㊤ ] 目的ヲ 失ッタノダ 我々ハ

(//‰ ゚) [㊤皿㊤ ] ゴールヲ 失ッタ タスクヲ 失ッタ

(//‰ ゚) 違うよ

  (//‰ ゚)皿㊤ ]


   (//‰ ゚)㊤ ]


    [㊤皿(//‰ ゚)


    [㊤皿㊤ ]  (//‰ ゚) 僕は知りたくなった



(//‰ ゚) "こころ"を…僕の中にある、"こころ"を知りたくなった

[ ㊤皿㊤] "りんご"システム ノ コトカ?

(//‰ ゚) いや、そもそも、僕に本当に心があるのかどうか…それを知りたいんだ

499 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:21:06 ID:2SngMLPI0

(//‰ ゚) あさぴー博士を見つけよう

[ ㊤皿㊤] エ

(//‰ ゚) どうして今も生きているか、わからないけど、でも彼はいるんだ。しかも"りんご"を理解しているみたいだ


(//‰ ゚) 彼に会いたい。会って、それから、証明したい。僕は人間だって

[ ㊤皿㊤] 証明シテ ドウスル?

(//‰ ゚) 知りたいんだ!僕はどうして……生まれたのか。何をすべきなのか

[ ㊤皿㊤]

(//‰ ゚) 心って……何なのか。知りたいんだ



 脱出用ポッドはただ静かに宇宙を漂っていた。
 行き先もわからないまま、ただ静かに、流れゆくままに。

 深い闇の中を。
 いつまでも、ただ、静かに。

500 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:22:09 ID:2SngMLPI0
第五章 終わりです。

501 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:48:08 ID:26u48Woc0
ワクワクしてきた

502 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 07:25:32 ID:9r8AQpTc0
乙!

503 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 10:19:02 ID:N2CN1zyU0
ついに遭遇したかおつ

504 名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 22:40:55 ID:jpf8cj8o0
乙です
それぞれキャラクターが立っているから、読んでて全く飽きない

505 名も無きAAのようです :2014/10/24(金) 01:28:10 ID:3XGZC9x60
おつおつおつ! 待ってたよ!

506 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 03:29:31 ID:krjoqu6s0


 「すなわち、シナプスによる相互伝達と、アポトーシスによるランダム性こそが」



ζ(゚、゚*ζ (………)

ζ(゚ー゚*ζ (あ)



 「ヒトとロボット、今や境界のあやふやとなった二つの事象を隔てる因子となりうるのである。
  さて、今日はこの辺で。次回は自律アーキテクチャに入るから、予習はしておくように。以上」



ζ(゚ー゚*ζ (今日は来てるんだ…)

( ^Д^) よう。メシ食いに行こうぜ

ζ(゚ー゚*ζ あ……うん

从'ー'从 お腹ぺこぺこ〜〜〜

507 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 03:33:03 ID:krjoqu6s0

( ><) 今日はH定食にするんです!

ζ(゚ー゚*ζ Hって何だっけ?

( ><) 塩鯖風クラッカーとアロナミンジェルドリンクです!

ζ(゚ー゚;ζ 好きねえ。あれって本来は非常食じゃなかったっけ?

( ^Д^) こいつ食が細いから、たくさんは食えないんだよ

从'ー'从 私はラーメンにしよ〜

ζ(゚ー゚*ζ ………





( ・∀・)




从'ー'从 デレちゃん、行くよ〜〜?

ζ(゚−゚*ζ あ、うん!待ってー!

508 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 03:45:57 ID:krjoqu6s0





 アクアデミック星はDEM社がスポンサーとなっている、いわゆる学園星雲の一つである。
 この星には173の大学が存在し、うち65%はDEM社が出資している。




 破産寸前だったDEM社を立て直し、なおかつ科学者としても高名な同社の社長、ショボーン氏は、
 「工学こそが人類を発展させ、宇宙の可能性を拡げるメソッドである」と意味不明な名言を残している。


 要は事業拡大し、学園法人にも手を出したという訳だ。



  動機は極めて不純であるものの、アクアデミック星にある大学、とりわけ、

ζ(゚ー゚*ζ 午後は授業ないから、いったん帰ろうかなー

  彼女たちが通っている私立ルネ・デカルト学園は、高い偏差値と、整った設備、学習環境から、
   何人もの優秀な科学者を輩出していることで有名だ。

509 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 03:50:52 ID:krjoqu6s0

 といっても、学園に通う者で、本当に科学者を目指している者は割合的には少ない。

 ルネに入ればどの企業にも就職できるから、という理由で入ってくる者が大多数なのだ。
 大学院にまで進む者が少ないのは、そういった理由があるからである。



( ^Д^) え、帰るの?

ζ(゚ー゚*ζ うん…

( ^Д^) ふーん、じゃあさ、俺とプラネタリウムバー行こうよ

ζ(゚、゚*ζ えー昼間からお酒?

( ^Д^) いいじゃん!大学生らしくさあ


( ><) だ、大学生なら、勉強するべきなんです!

从'ー'从 わ〜いいこと言う〜

( ^Д^) 別に俺は科学者とか目指してねえし。DEM社の子会社にでも入れれば一生安泰なんだし
     デレだって、大学院とか目指してないんだろ?


ζ(゚ー゚*ζ うーん…

( ;^Д^) え、マジ?

510 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 03:54:55 ID:krjoqu6s0

ζ(゚ー゚;ζ あ、いや、そんなに真面目には考えてないけど


ζ(゚ー゚*ζ でも、研究者とかもさ、有りカナーって、最近考えてるの

( ^Д^) えー?あんなのメンドイだけじゃん

从'ー'从 そうかな〜格好いいと思うけど〜

( ^Д^) 研究よりも、製造とか販売部門の方がうまみあると思うんだけどなぁ

( ><) でも、どうして急に研究者なんです?

ζ(゚ー゚;ζ え…うーん…


从'ー'从 思いつき〜?ノリ〜?

( ^Д^) お前は絶対研究者向きじゃないねーケラケラケラ

ζ(゚ー゚;ζ うーるさーい!

511 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 04:08:49 ID:krjoqu6s0



 授業         ζ(゚−゚*ζ
  ↓
 お昼休み      ζ(゚ー゚*ζ
  ↓
 学食         ζ(゚〜゚*ζ
  ↓
 学内を徒歩移動中ζ(゚ー゚;ζ← いまここ


 ルネ大は学内の何処に行くときでも、オートウォークがあるため、ほとんど歩く必要がない。

 (※オートウォークとはバランサーが歩く方向を関知し、歩く向きに対して地面が勝手に動くDEM社の製品。
   この上を歩けば時速30キロ程度の速度で歩くことが可能。また、体を前傾するだけでも動くので、歩かずとも移動可能)


 また、職員、教授、学生は無人タクシーが使えるため、急ぎの場合はそちらを利用する場合が多い。


 しかし、デレは無人タクシーも、オートウォークも使わない。


ζ(゚ー゚;ζ はぁ…はぁ…

ζ(゚−゚*ζ (運動不足だなあ)

512 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 04:16:35 ID:krjoqu6s0
あげ

513 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 09:19:29 ID:Gp/fKB7Y0
みてるぞ

514 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 14:06:17 ID:krjoqu6s0

 デレは田舎の星出身だった。


 緑が多く、循環器の必要がないほど美しい海のある、自然の多い星だった。
 人口は少ないし、科学技術も遅れていたが、不自由はなかった。

 人同士の繋がりがあり、生活には創意工夫があり、昔ながらの文化も残る、故郷の星が好きだった。



 また、母親はいなかったが、エリカがいた。

 エリカは後期型のロキアシリーズで、デレの母親代わりであった。




ζ(゚ー゚*ζ (寮に戻っても仕方ないし……図書館行こうかな)


 いまや、書籍は電子書籍が当たり前であるが、ルネ大の総合図書館には蔵書が多く陳列されている。
 ほとんどインテリアと化しているものではあるが、デレは時折、棚の本を手にとって眺めている。

 PDAにダウンロードした電子書籍では味がないからと、以前友達から、
 どうしてわざわざ紙ベースの本を使うのか尋ねられたとき、そう答えた。

515 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 14:08:00 ID:krjoqu6s0




ζ(゚ー゚*ζ




ζ(゚ー゚*ζ あ…







( ・∀・)




 図書館の中を散策している途中、楕円形のテーブルに向かう彼の姿を見つけた。

 頬杖を突きながら、本をめくっている様子を、この図書館で何度も見たことがある。
 彼も"紙派"であることは、以前から知っていた。

516 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 14:10:33 ID:krjoqu6s0


( ・∀・)                  ζ(゚ー゚*ζ



( ・∀・)                  ζ(゚ー゚*ζ



( ・∀・)                  ζ(゚ー゚*ζ



( ・∀・)                  ζ(^ー^*ζ



( ・∀・)                  ζ(゚ー゚*ζ



( ・∀・)                  ζ(´ー`*ζ



 彼とは時々、人工知能の講義で一緒になる。

 名前は知っている。モララーという、この近辺の星では珍しい名前だった。

 以前、教授たちが彼のことを話しているのを聞いた。
 ずば抜けた知性と、学生にしてはあり得ない知識量を持っているらしい。

517 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 14:16:36 ID:krjoqu6s0

 ただ、彼はいつも一人でいた。

 それは孤独とか、孤高とか、そういったもので形容できるような雰囲気ではなく、
 極めて自然に、一人でいることが当たり前のようなたたずまいである。

 少なくとも、デレはそう感じていた。



 しばらく彼から離れ、脳科学の本を手に取り、再び彼の近くまで戻ってきた。
 隣のテーブルに本を広げて、腰を下ろす。


( ・∀・)                  ζ(゚ー゚*ζ



( ・∀・)                  ζ(´ー`*ζ


 時々、彼の方へ視線を送る。
 ページをめくる瞬間、あくびが出た瞬間、ふとした思考の狭間で、彼の顔を覗く。

 いつもと変わらない姿勢で、静かに本を読み続ける彼を見ていると、
 心が安らかな気持ちになると同時に、一種の昂ぶりも覚えた。

 デレにはそれが何なのか、はっきりとはわからないが、心地よい感覚であることは理解していた。
 気の合う友人たちと一緒にいるときは異なる、もっと別次元の愉楽があった。

518 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 14:25:23 ID:krjoqu6s0

 女性のように長いまつげが、本の文字を追う目の動きに合わせて揺れるのを、いつまでも見ていられた。

 それから彼は、時々鼻をスンスンとすするのだ。
 鼻の頭をポリポリと掻く仕草も併せて行う。

 また、普段はずっと涼しい顔をしているが、ごく希に眉を寄せて、口をすぼめる表情をするときがある。
 一体どういう場合にその表情になるのか、デレには想像しかできないが、
 どうやら本の内容に対して顔をしかめているようだと、最近気がついた。


 内容が難しいのか、それとも論旨に対して異議を唱えたい心理からか、
 いずれにしても、いつもの仏頂面とは違う、少し子供っぽいその表情に、いつも胸がときめいた。




( ・∀・)                  ζ(´ー`*ζ




 話しかけようとは思わなかった。

 本当は友達になりたかったし、話したいこともたくさんあるが、彼には人を寄せ付けない雰囲気があった。
 何よりも、彼の作る聖域に、自分が入ってはいけないのだと感じていた。


 だから今日も、視界の中の彼は、一枚の絵画みたいに静かだった。

519 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 14:41:46 ID:krjoqu6s0
ζ(´ー`*ζ<今日はこの辺で〜

520 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 22:45:21 ID:a6PllgqE0
おつっす

521 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 23:04:35 ID:zzUUPwbY0
乙でした
逆行していく感じが堪らない

522 名も無きAAのようです :2014/10/26(日) 23:45:11 ID:vMHmn9XU0
メメント的な

523 名も無きAAのようです :2014/10/28(火) 18:53:05 ID:nb0pIYDA0
乙乙

524 名も無きAAのようです :2015/01/12(月) 12:13:24 ID:CK3RkQHoO
あげとくか

525 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 00:28:15 ID:2EWsZhEM0
 

ζ(゚、゚*ζ

从'ー'从 フリーズしてる〜

ζ(゚、゚*ζピーピーガガガガガ…

( ><) しっかりするんです!

( ;^Д^) そんなに難しいのか?



ζ(゚ー゚;ζ 難しいわよー!だってだって!パターン通りにしか動かないのがロボットでしょ!?
       なのにシミュレータ上で「指向性を持った動き」を表現しなさいなんて…


ζ(゚、゚*ζ 無理無理無理かたつむり!!!!

( ><) あんな難しい講義取ってるから…

( ^Д^) あの教授の講義は大体の奴が落とすらしいぜ

526 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 00:31:13 ID:2EWsZhEM0
 
ζ(゚ー゚;ζ う〜〜〜〜

从'ー'从 誰か知り合いで講義取ってる人いないの〜?

( ^Д^) 俺の知る限りでは誰も。先輩も取ってねえだろうなあ

( ><) 過去レポもないんです!


ζ(゚-゚*ζ はいはいわかりました!取った私がわるうございます!自分で頑張りますよ!

( ^Д^) 何ギレなんだろうこれは…



 デレは友達と別れた後、オートウォークを駆けだした。

 歩くだけでもそこそこ早く移動できるが、走ったりすれば自動車並のスピードになる。
 だから学内でオートウォーク上を走るのは禁止されていた。

< こら君ぃ!

ζ(゚ー゚;ζ すみません!

527 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 00:33:48 ID:2EWsZhEM0
 
 いらだちを隠せないまま、図書館へ引きこもる。
 人工知能の本を片っ端からあさっていった。


ζ(゚-゚*ζ

ζ(゚-゚*ζ

ζ(゚ー゚;ζ

ζ(゚-゚*ζ

ζ(゚、゚*ζ

ζ(゚、゚;ζ うぅぅぅぅううぅうぅううぅううぅううううぅぅっぅううぅぅうぅぅぅう!

< ?何か救急車の音聞こえない?



ζ(゚ー゚;ζ (きゃー難しい!)

ζ(゚、゚;ζ (私も、諦めようかな、この講義)

528 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 00:38:09 ID:2EWsZhEM0
 
 何冊も何冊も、手にとってはページに視線を踊らせ、ため息を本に差し込み、棚に戻す。
 それを何冊も、何度も、うんざりするほどに、意識が霞むまで。



 気がつくと、図書館には誰もいなかった。


ζ(゚、゚*ζ (はー……)


 本を取る動作すら、億劫だ。
 そのとき、ふと、一冊の本が目にとまった。


 著者 ブーン博士


 聞いたことがある、確か、そう、以前誰かの講義で、名前を耳にしたことが、あれは、そう、確か…



( ・∀・)  「「全身サイボーグ……」」  ζ(゚、゚*ζ

529 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 00:48:37 ID:2EWsZhEM0
 

 口を突いて出た言葉が全く同じ瞬間、別の誰かのそれと混ざり、空中で霧散した。

 意識が飛んでいて、近くに誰かいるのに気がついていなかった。
 ゆえに、普段図書館で眺め、心の中で寵愛していた彼のガラス細工みたいな顔がすぐ間近にあることに、心臓が跳ね、肺の狭間で震えた。

 
ζ(゚ー゚;ζ !!??!!!!??!?!?!!???!?

( ・∀・) あ…いや、すまない。僕は急がないから、君が先に読んでいいよ

ζ(゚ー゚;ζ いやあの私は別にちょっと目がついただけというか特に意味とか必要性とかはなく!?

( ・∀・) 酷く混乱しているようだが、持病か何かあるのかい?

ζ(゚、゚;ζ ないないない!そうじゃないの!

( ・∀・) そう…なら、いいけれども



<(゚ー゚<;ζ (しまったー!これじゃ私普段からこんな感じの変人ってことじゃん!サイアク!)

( ・∀・) ……?

<(゚ー゚<;ζ (神様自転を逆回転させてお願い!)


 昔、どこかの星のコミックで、スーパーヒーローが惑星の自転を逆回転させ、時間を戻したことを思い出した。
 今思えばあんなことをすれば地表の生物は圧殺され、気候も荒れ狂い、惑星の環境が幾十億年前の状態に戻るのだろうが。

530 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 00:53:08 ID:2EWsZhEM0
 
( ・∀・) 何百年もまえに、全身サイボーグなんて技術があったのが驚きだよな

<(゚ー゚<;ζ

ζ(゚ー゚*ζ

ζ(゚ー゚*ζ そうね…未だに、歴史上ブーン博士以外に全身サイボーグを完成させた人はいないんでしょう

( ・∀・) ああ。理論上は可能、でもどうしてもアルゴリズムが欠けていた


( ・∀・) ――――――"心"が…

ζ(゚ー゚*ζ …フフ

( ・∀・) ん?


ζ(゚ー゚;ζ あっ…ごめんなさい、あの…馬鹿にしたつもりじゃないの

( ・∀・) ふむ…

ζ(゚ー゚*ζ ただ、なんて言うか、心なんて非科学的なことを、凄く自然に言うものだから…
       本当に、心を作る技術があるような、そんな言い方に思えて

531 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 00:55:23 ID:2EWsZhEM0
 
( ・∀・) あるよ

ζ(゚ー゚*ζ ……え?

( ・∀・) 心を作る技術は、存在していた。とある星の破滅と共に、その技術は闇に葬られたが、確かにあったのさ

ζ(゚ー゚;ζ そ、そうなの!?
       あれって星間伝説の一つだと思ってたけど、じゃあ、心を持ったロボットが…


ζ(゚ー゚;ζ 心を持ったロボットがこの宇宙のどこかにいるの!?



( ・∀・)            ζ(゚ー゚;ζ



( ・∀・)            ζ(゚ー゚*ζ



ζ(゚ー゚*ζ ご、ごめんなさい、興奮しちゃって

( ・∀・)

532 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 01:08:18 ID:2EWsZhEM0
 
( ・∀・) いや、いいんだ

(・∀・ )

ζ(゚ー゚;ζ で、でもよく知ってたわね、心を持ったロボットのこと
       私、うわさ話程度にしか聞いたことなかったよ。教授だってそんな話…教科書にもないし

(・∀・ ) 仕方がないさ。居住用の星には情報統制がしかれている
       今や辺境にある銀河の片田舎の星でさえ、心の技術が漏れないよう、厳しく取り締まっている
       紛争地域くらいか、DEM社の規制が及ばないのは

ζ(゚、゚*ζ DEM社…どうしてDEM社が、そんなことを?

( ・∀・) 興味を持たれたらまずいんだろう、きっと

ζ(゚、゚*ζ だ、誰に…?


 モララーは手に持っていた本を戸棚に戻した。


( ・∀・) "心ない人間"にさ


 しばらく二人は静寂の中に佇んだ。

 図書館のインテリアの一つである大時計が、わざとらしく時を刻む音が響く。
 正確なだけの機械仕掛けと、二人の不規則な呼吸の音が、時折メロディを奏でた。

533 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 01:23:22 ID:2EWsZhEM0
 



 /**
  第六章 心ある人形の物語*/




ζ(゚ー゚*ζ じゃあ、あなたもレポートを書く為に?

( ・∀・) ああ

ζ(^ー^*ζ 私も。難しいから、ちょっと諦め気味だけどね

( ・∀・) 僕も、途方に暮れていた


 人気のない薄暗い図書館で、ひときわ美しく微笑むモララーを見ながら、心労がかき消えていくのを感じた。

 ああ、これが心なのだと。
 これが人を愛するということなのだと、何だかとても今更のように、そして確信を持って感じていた。

 デレは、モララーに"ぞっこん"であった。

534 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 01:28:54 ID:2EWsZhEM0
今夜はここまで。第六章はあと二回ほど投下したら終わるかなあ。

535 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 02:16:31 ID:UWVAnx5U0
待ってたよ、帰ってきてくれてありがとう!!

536 名も無きAAのようです :2015/08/16(日) 11:03:11 ID:m5/de9e.0
おつ

537 名も無きAAのようです :2015/08/17(月) 00:49:05 ID:8JgjHtyI0
待ってた!

538 名も無きAAのようです :2015/09/13(日) 03:50:46 ID:b/CvsQRg0
ほんとうに、ほんとうに。 待ってた!

539 名も無きAAのようです :2015/10/06(火) 23:51:48 ID:u3hXnRT.0
すき
会話が面白くて、毎回続きが気になる
すき

540 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 01:36:03 ID:y7bAg5ag0

 それから今まで以上に足繁く図書館へ通うようになった。


< だから走るのはやめなさい!

ζ(゚ー゚;ζ ごめんなさ〜い!!


 モララーを見つけると、頭の中のデータベースから理由を選択し、出力する。

 いつも他愛もないものであったが、何の理由もなく彼に話しかけてはいけないような、
 半ば強迫観念のようなものに駆られて、あってもなくてもいい動機から喋りかける。


ζ(゚ー゚*ζ ――――――でね、もしかしたら人間とロボットに、区別なんかないかもって思うの

( ・∀・) 性格も、趣味趣向も口癖も、何もかもが電気信号の集合体であるなら
      確かに君の言うとおりかもしれないが

ζ(゚ー゚*ζ そうではないってことだよね。どうしてそう思うの?

( ・∀・) 理論的には特に間違っていないと思う。でもね、ロボットは「綺麗過ぎる」のかもしれない

ζ(゚ー゚*ζ 綺麗……過ぎる?

541 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 01:41:36 ID:bxl.ZBdY0
おおっ!きてる!!


542 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 01:45:22 ID:y7bAg5ag0

( ・∀・) 青色が好きな人間がいるとしても、ある日たまたま見かけた緑色に目を奪われる

( ・∀・) そんなことが常日頃から起こっている。いわば外乱だ

ζ(゚-゚*ζ 人間は不完全って言うしね……

( ・∀・) 三半規管に匹敵するバランサーと、前頭葉に等しい言語機能を兼ねそろえ
      合成タンパク質で肉体を再現し、パターン処理によって飛躍的に処理機能を向上させたアイセンサを開発した

( ・∀・) だがそれはあまりにも、綺麗――――完璧過ぎる。あるいは……

ζ(゚、゚*ζ ……?

( ・∀・) そこが到達点。そう、命を作るのもまた、命だけなのかもしれない

ζ(゚ー゚;ζ モララーく〜ん、哲学入ってきちゃった?

( ;・∀・) な、何か変なことを言ったかい!?

ζ(゚、゚;ζ へ、変じゃない!でも何かその、なんて言うか…


ζ(゚ー゚*ζ 何か、凄く、遠くにいる気がして…

( ・∀・) …………遠く?

543 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 01:48:09 ID:y7bAg5ag0

ζ(゚ー゚*ζ 私と同じ世界にいる人じゃないみたいな、そういう感じ

( ・∀・)


ζ(゚ー゚;ζ あっ、ごめん!変な意味じゃないから。何となく、そんな気がしただけ

( ・∀・) 君はとても、理知的だ

ζ(゚、゚;ζ え"!?


ζ(///*ζ ソ、ソンナコトナイヨ!モララーくんダッテ、頭イイシ、カッコイイシ!

( ・∀・) 大丈夫かい。急に言語機能が低下したようだが

ζ(///*ζ


ζ(゚ー゚*ζ ―――さっき、言ったよね。ロボットは綺麗過ぎるって

( ・∀・) ああ

544 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 01:50:43 ID:y7bAg5ag0

ζ(゚ー゚*ζ でも、私思うの。人間の中にも、綺麗過ぎるくらい綺麗な人がいるって

( ・∀・) 人間にも……

ζ(゚ー゚*ζ 見た目とかじゃなくてね。とても、澄んだ人。心が透き通ってるような、美しい人

( ・∀・)


(・∀・ )

ζ(゚ー゚*ζ

(・∀・ )

ζ(゚ー゚*ζ モララーくん……あのね、私

(・∀・ ) 今日は…

ζ(゚ー゚*ζ ……?

(・∀・ ) もう遅い。そろそろ帰ろう

ζ(゚-゚*ζ …………

545 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 01:54:35 ID:y7bAg5ag0

ζ(゚ー゚*ζ ……うん

(・∀・ )


(・∀・ ) 本当にそれは、透き通ってるだけなのかな

ζ(゚-゚*ζ え?

( ・∀・) いや、何でもない

ζ(゚-゚*ζ

( ・∀・) 帰ろう



 デレは自分のことを、どちらかといえば鈍い、よく言えばマイペースな人間だと思っているが、
 モララーに関することでは、自分ほど鋭い人間はいないと思っており、そしてモララーのことに関して、
 一つの疑惑を抱いている。



 彼は本当に、人間なのだろうかと。

546 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 01:58:31 ID:y7bAg5ag0
















 シュゥゥゥゥゥゥゥゥ――――  (←近未来的なドアが自動的に開閉する音)



( ・∀・) ただいま

 「おかえり。今日は一段と遅かったな」

( ・∀・) 話に熱中してしまって

 「熱中?どんな話だ」

547 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:02:26 ID:y7bAg5ag0

( ・∀・) 人間の話だ

 「ほう。哲学か、人間工学か、エロい話か……」

( ・∀・) エロい話だよ

 「嘘だな」

( ・∀・) 父さんの出したレポートが難し過ぎるんだ

 「ああ、あれか」

( ・∀・) どうしてあんな無理難題を出したんだ

 「レポートというのは何も成功体験だけを書き綴る日記帳ではない。失敗にも意味はある」

( ・∀・) 研究室にすら入っていない学生に出すような難易度ではないよ

 「難易度でいえばな」

( ・∀・) なら、どうして?

548 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:08:25 ID:y7bAg5ag0



    (-@∀@) 頭を抱える学生を眺めるのが、私の趣味だからだよ



( ・∀・) ……父さん、あまり外では言わない方がいい趣味だよ、それは

(-@∀@) それらの積み重ねこそが、私に友人がいないことに起因していると考えるよ

( ・∀・) 同感だ、父さん


 学生らしい薄い安物のバッグを丁寧にキャビネットにしまうと、
 ちょうどいいタイミングで出されたホットミルクにモララーは口をつけた。

( ・∀・) ありがとう

(-@∀@) ちょうど私も飲んでいただけだ

( ・∀・) お酒は、飲まないのか

(-@∀@) 飲んでいるのを見たことがあるか?

549 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:12:48 ID:y7bAg5ag0

( ・∀・) ないが

(-@∀@) ならば

( ・∀・) ある程度年齢を積み重ねた男性のほとんどはアルコールを日常的に摂取すると

(-@∀@) 環境にもよるが、おおよそ偏見と言わざるを得ない見解だな

( ・∀・)

(-@∀@)




(-@∀@) どうした、今日は様子がおかしいぞ

( ・∀・) 父さん

(-@∀@) ミルクの設定温度を上げすぎたからか……?

( ・∀・) 僕は、誰だ

550 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:15:07 ID:y7bAg5ag0








      (-@∀@)         (・∀・ )








(-@∀@) それは哲学か、古典文学か、エロい話か…

( ・∀・) 僕は……本当に、人間、なのか

(-@∀@) では、哲学から入ろう。人間とは何だ?

( ・∀・) 人間……

551 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:19:46 ID:y7bAg5ag0

(-@∀@) 人間とは酸素、炭素、水素、窒素、カルシウム、リン、硫黄、カリウムナトリウムetcetc…
       それら元素の集合体なのか

(-@∀@) それとも神が禁忌を犯したことで生まれた弱き生命体なのか

(-@∀@) 一般的に手足があり、頭があり、胴体があるのが人間であるが、では手足を切り落とした場合、
       切り落とした手足は既に人間ではないのか。そうだとしたら、頭部以外を切り離したら頭部のみが人間か?

(-@∀@) であるならば、脳みそをCPU上に移植したならば、その、マシンは人間なのか?



(-@∀@) 人と人でないものを分け隔てるものは何なのかね

( ・∀・) 心……

(-@∀@)

( ・∀・) 心じゃないのか

(-@∀@) 心とは何だ

( ・∀・) 心は…………

552 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:22:41 ID:y7bAg5ag0

( ・∀・) 「「外乱」」 (@∀@-)


(-@∀@) ――といえるかもしれない、な

( ・∀・)

(-@∀@) 私がその答えをはじき出したのは随分と昔のことで、当時は自分でもばかばかしいと思っていた


(-@∀@) だが今になって、もしかすると的を射ているんじゃないかと思って来たよ

( ・∀・) なぜ

(-@∀@) さあな。もう寝る

( ・∀・) 父さん

(-@∀@) 夜更かしはしない方がいい。私のように目を悪くする

( ・∀・) 僕は

553 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:23:57 ID:y7bAg5ag0

(-@∀@) おやすみ。愛しい我が息子よ




 バタンッ



( ・∀・)









                 ( ・∀・)ズズズズ…





.

554 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:27:05 ID:y7bAg5ag0

( ・∀・) ……フゥ



( ・∀・)

( ・∀・)

( ・∀・) CPUに脳を移植……

( ・∀・)

( ・∀・) 移植、できるのか?




( ・∀・) だったら――――逆に……



 突如、寒気を感じ身震いした。
 まだ飲み干していなかったミルクを一気に喉へ流し込み、足早へ寝室へと駆け込んでいった。

 その夜は――いや、その夜も、モララーが夢を見ることはなかった。

555 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 02:28:17 ID:y7bAg5ag0
今日はこれで終わりです。ちょっと細切れ
あと二回くらいでこの章終わりです(2回目)

556 名も無きAAのようです :2015/12/20(日) 05:10:42 ID:QH98CshM0
おつです
ゆっくりでも進んでくれると嬉しいです

557 名も無きAAのようです :2015/12/24(木) 14:47:55 ID:RzR5YCv.0
おつ
あいしてる

558 名も無きAAのようです :2015/12/31(木) 12:58:23 ID:EZtOM0t20
おつ!

559 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:52:16 ID:Ti5mThsE0





  ――――――


  ―――――――――――ジュポ――――――





ζ(゚ ゚*ζ ……ん

(  ∀ )

ζ(- -*ζ グ…グポ……チュルッ……ん……


 何も身につけず、ベッドに腰掛けているモララーの股の間で、跪いて甲斐甲斐しく奉仕するデレもまた、
 生まれたままの姿であった。

 陰茎に舌を這わせ、それが棒の頂点に達すると、唾液と愛液で湿った唇が先端から彼を包み込む。
 裏筋に舌先が触れた瞬間、モララーの浅い吐息の中に、くぐもったあえぎ声が混ざった。

 粘液同士が絡み合い、官能的な水音がこだまし、短く断続的なモララーの吐息に、溺れるデレの深い呼吸が時折混ざる。

560 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:55:07 ID:Ti5mThsE0

ζ(゚ ゚*ζ ヂュ…グポ……ん……グポ…グポ…

(  ∀ ) ……フッ…ん………

ζ(゚ ゚*ζ …………

(  ∀ ) …疲れただろう。もういいよ

ζ(゚ ゚*ζ ううん。へーき……私は

(  ∀ )

ζ(゚ ゚*ζ

(  ∀ )

ζ(゚ー゚*ζ 私、下手かなあ?

( ;・∀・) え!?いや、そんなことはない。とても気持ちいいよ

ζ(゚ー゚*ζ そう……

561 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:59:21 ID:Ti5mThsE0

( ;・∀・) 今日は……ちょっと疲れてて

ζ(゚、゚*ζ どうせ私はセクシーじゃないし?

( ;・∀・) そんなことはないよ!君のくびれや小さめの乳輪も可愛いし、○○○の形とか綺麗だし
       ××だってとてもセクシーで……

ζ(゚ー゚;ζ ギャーーーー逆にやめて!


 二人は軽いキスを交わしたのち、ベッドに座り直した。
 背を壁に預け、密着した二人は、肩を寄せ合い、頭を預け合った。


ζ(゚ー゚*ζ (しあわせ)

( ・∀・)

ζ(゚ー゚*ζ (すごく、しあわせ)

562 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:05:32 ID:Ti5mThsE0

 極わずかな言葉だけを交わしあい、時折目線が合うとどちらからともなくキスをして、朝が来るのを二人で待つ。
 そんな夜を何度も超えてきた。


 デレはモララーにぞっこんであり、そしていつも彼から大事にされているという実感を得られ、
 幸福と呼ぶには十分すぎるシチュエーションに酔い、学生らしい先の無い高揚感に満ちていた。





 だが、ぬぐいきれない不安感がいつもそこにはあった。


ζ(゚ー゚*ζ 口でするの、上手になったでしょ?

( ・∀・) 最初はわざと歯形をつけようとしてるのかと思ったくらいだしね

ζ(゚ー゚;ζ だ、だって動画で見たときは、あんなに難しいもんだと思わなくて!

( ・∀・) 本来は噛み、ちぎり、すり潰す体内器官なんだから、慣れは必要だ。仕方ないさ

ζ(゚ー゚*ζ でもね、ニイジュクって星に住んでるタクヤさんがアップした動画で、詳しい解説があって、それ参考にしたの

( ・∀・) そうなんだ……嫌な予感がするから僕は絶対に検索しないよ

563 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:06:40 ID:Ti5mThsE0


  近い



( ・∀・)    ζ(^ー^*ζ





  ようで                                                  凄く遠い











        ( ・∀・)                                            ζ(゚-゚*ζ

564 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:08:00 ID:Ti5mThsE0

ζ(゚-゚*ζ (モララーくん)

( ・∀・)










 あなたは何処にいるの?











.

565 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:14:23 ID:Ti5mThsE0










 「まずいな」







(-@∀@) (潮時、か)


 コンピュータルームに改造した自室の書斎の中で、クラッキングしたEメール情報をデコードした際、
 普段なら発しない独り言を呟いてしまった。

 内容は、かいつまんで言うと、あさぴー博士を拘束せよ、というものだ。
 アクアデミック星に来ておよそ2年半が経過したのだから、自身の情報が漏れるにしては、むしろ大分遅かった方だ。

566 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:18:37 ID:Ti5mThsE0

 場所自体は辺境にあるが、連邦軍が本気を出せばおよそ一週間ほどでこの星に到達してしまう。
 余裕を持てるのは今日一日のみで、明日にはこの星を発とうとあさぴーは決心した。

(-@∀@) この判断力が私の長所




(-@∀@)


(-@∀@) (しかし、モララーも大分学生として馴染んできて、おまけにガールフレンドもできたようだし、
       もったいないと言えばもったいないな)


(-@∀@)

(@∀@-) (モララー)

(@∀@-) なあ、モララー

567 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:20:05 ID:Ti5mThsE0

(@∀@-)

(@∀@-) (もっと知りたかったろう)

(@∀@-) (自分が何者なのか)

(-@∀@) 何処から来て

(-@∀@) 何処へ往くのか



(-@∀@) (私も、知りたいんだ)





( ・∀・)

(-@∀@) だから、今捕まる訳にはいかないんだよ。モララー

568 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:22:07 ID:Ti5mThsE0

( ・∀・)

(-@∀@) お前を残して行くわけにはいかない

( ・∀・) 僕は

(-@∀@) 未練があるのか

( ・∀・) あるさ

(-@∀@) 何だ。女か

( ・∀・) そうだ

(-@∀@) その女とどうしたいのだ

( ・∀・) …………………

(-@∀@) いいじゃないか、何度もセックスしただろう。色んな体位で。まさか四十八手全て試す気か!?

( ・∀・) 彼女と、ずっと一緒にいたい

569 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:24:57 ID:Ti5mThsE0

(-@∀@) 一緒にいてどうするのだ

( ・∀・) 一緒に、バラエティ番組を見たり、小説の感想を言い合ったり、
      映画を観たり、散歩をしたり、美味しいものを食べたりしたい

(-@∀@) 仮想電脳チャットがあれば全て一人で可能だな

( ・∀・) 父さん

(-@∀@) わかっている。あの個体にこだわりがあるのだろう

( ・∀・) 好きなんだ。彼女のことが




(-@∀@)    (・∀・ )




( ・∀・) もっと、やりたいことが、いっぱいあるんだ

(-@∀@) だろうな

570 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:25:42 ID:Ti5mThsE0

( ・∀・) だったら…!

(-@∀@) 私がそういう風にプログラミングしたからな

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

571 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:27:46 ID:Ti5mThsE0

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・) 彼女とは、図書館で偶然

(-@∀@) 別に個体を指定した訳じゃない。ある程度の"指向性"だけ持たせている

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@) ファーストインパクト、接触回数、顔面やプロポーションの美醜やその好み、喋り方や趣味趣向の好み

( ・∀・)

(-@∀@) 私が作り、君に持たせた

572 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:29:26 ID:Ti5mThsE0

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@) 仕方なかったんだ。君はいつまで経っても「人間への興味」を持たなかったから

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@) 間に合わせの機能で、いわば試作品みたいなものだが、作ったからには試したくてね

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

573 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:30:55 ID:Ti5mThsE0

(-@∀@) 君はある程度「人間らしく」照れたり「人間らしく」怒ったり「人間らしく」笑うことができた

( ・∀・)

(-@∀@) そのどれもが人間のソレにうり二つだったよ

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・) 父さん

(-@∀@) だがまがい物だ

574 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:32:58 ID:Ti5mThsE0





  君の

          命は


       ( ・∀・)     私が   (@∀@-)

                        作った
                                レプリカに
                                               過ぎない






(-@∀@) 何もかもがそれ"らしい"だけのイミテーションだ

( ・∀・)

(-@∀@) 理解できたかね

575 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:34:33 ID:Ti5mThsE0

( ・∀・)

(-@∀@)

( ・∀・)

(@∀@-) ほら、さっさと支度しなさい。記憶が邪魔なら今すぐ消してあげよう

( ・∀・)

(-@∀@) 何をやってる。そろそろストーリーを進めないと読者が尺稼ぎをやめろと怒り狂…

( ・∀・) 彼女に、お別れを言いたい

(-@∀@)

( ・∀・)

(-@∀@) あの生徒、デレにかね

( ・∀・) ああ

576 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:36:49 ID:Ti5mThsE0

(-@∀@) いずれにせよ、記憶は消すんだ。君が嫌がっても遠隔操作でいつでも消せるんだぞ

( ・∀・) ああ

(-@∀@) 私のさじ加減一つでだ

( ・∀・) ああ

(-@∀@) それでも行くのかね

( ・∀・) 彼女に、会いたい。ほんの少しでもいい

(-@∀@) ふむ……

( ・∀・) 逃げ出したりはしない

(-@∀@) 禁則処理に含んでいる以上、逃げられはしないから別にそれはいいんだが

( ・∀・) 頼む、父さん

(-@∀@) ………………まあ


(@∀@-) 構わんよ。別に

577 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:39:19 ID:Ti5mThsE0

( ・∀・) ありがとう

(-@∀@) 出発は、そうだな。明日の早朝にしよう。最後にセックスでもしてきたらいい

(・∀・ ) 行ってくるよ

(-@∀@) ちゃんと避妊剤を使うように

(・∀・ )

( ・∀・) やっぱり、精子はあるのか?

(-@∀@) そりゃあるよ

( ・∀・) ……そうなのか

(-@∀@)

(・∀・ ) 行ってきます

578 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:41:05 ID:Ti5mThsE0



 シュゥゥゥゥゥゥゥゥ――――  (←近未来的なドアが自動的に開閉する音) ←しつこい





(@∀@-)





(-@∀@)


(-@∀@) 何処から来て、何処へ往くのか


(-@∀@)


(-@∀@) 何処へ、往きたいのか……

579 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:42:15 ID:Ti5mThsE0
あと一話でこの章は終わりです。誰も上げてくれないから自分で上げる!(`・ω・´)

580 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:44:44 ID:D87RsPCo0
正直上げていいのか分からなかった
乙です

581 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 22:47:13 ID:g2xGSlM.0

子種を残せるのか……

582 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 23:21:00 ID:iMeshVuQ0
君が望むなら

583 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 23:30:18 ID:7eoQYqv20
続きが見れて嬉しい、乙!

584 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 01:46:36 ID:1v2dQ79I0
個々の動きがどう影響し合うのか凄く気になる
乙です

585 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 09:03:11 ID:gbCHXecc0
今度からは上げまくるよおつ!
子供作れるとかアサピー神じゃね?

586 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 21:57:01 ID:H8nZc6To0





 「はぁ……はぁ……」



( ;・∀・)



 デレの寮へたどり着いたモララーは、彼女の部屋の前までいき、まるで気配の無い室内の様子に
 焦燥を覚え、しばし立ち尽くした。

 駄目で元々とドアをノックするが、やはり彼女の返事はない。


( ;・∀・)


( ;・∀・) (時間がない)

587 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:00:05 ID:H8nZc6To0

( ;・∀・)



( ;・∀・) 会いたい……



 ふと思い立ち、ドアの前から駆けだした。
 深夜でも走っている無人タクシーへ乗り込み、ガイドマシンに行き先を入力する。



( ;・∀・) (デレ……)


 確信などない。
 どの程度の確率でその場所に彼女がいるのか、とても計算できない。


 けれども、他に自分が行ける場所なんてない。


( ;・∀・) (もう一度だけで、いいんだ)

588 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:01:44 ID:H8nZc6To0


 彼女と会って、どうしたいのか。


( ;・∀・)


 今でもよくわからない。


( ;・∀・)


 何かが変わるとは思えない。


( ;・∀・)


 それでも気持ちだけは前に走り続けた。


( ;・∀・)

589 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:05:21 ID:H8nZc6To0


 およそ合理的とは思えない自分の行動に、少し驚いていた。


( ;・∀・)


 驚くと同時に、どこか嬉しさを感じている自分もいる。


( ・∀・)


 焦りも悲しみも、この喜びも、彼女と出会ってから芽生えたものなのだと、今更気がつく。


( ・∀・)


 負の感情だろうが正の感情だろうが、今はそれらの何もかもが愛おしい。


( ・∀・) それだけでも、伝えたかった……

590 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:07:15 ID:H8nZc6To0






       ( ・∀・)             ζ(゚ー゚*ζ








( ・∀・)

ζ(゚ー゚*ζ

( ・∀・)

ζ(゚ー゚*ζ 何でかなあ

( ・∀・) ……え?

591 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:19:25 ID:H8nZc6To0

 静寂の図書館で、また再び出会えた。
 間違いなく今、この世界には二人しかいなかった。


ζ(゚ー゚*ζ 何となく、今夜だと思ったの

( ・∀・)


 何が、と訊くまでもなかった。


( ・∀・) ごめん……突然

ζ(^ー^*ζ まあ、そういうもん、だと思うよ

( ・∀・) ……ごめん

ζ(゚ー゚*ζ 謝らないで。どんどん悲しくなるし

( ・∀・) なんて、言えばいいか、わからない

ζ(゚ー゚*ζ ……私も

592 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:21:02 ID:H8nZc6To0




( ・∀・)      ζ(゚ー゚*ζ




( ・∀・) 僕は

ζ(゚ー゚*ζ モララーくん

( ・∀・) えっ?

ζ(゚ー゚*ζ 私、ずっとあなたが遠くにいるように感じてた

( ・∀・)

ζ(゚ー゚*ζ でもね、それ間違い

( ・∀・) 間違い……

593 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:23:48 ID:H8nZc6To0

ζ(゚ー゚*ζ 本当に遠かったのは、私自身

( ・∀・)

ζ(゚ー゚*ζ あなたはずっと、近くにいてくれたの

( ・∀・)

ζ(゚ー゚*ζ 私だけが、私から遠かった




 僕も、きっとそうだ。
 言葉には、出来なかった。




( ・∀・)    ζ(゚ー゚*ζ

594 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:26:08 ID:H8nZc6To0

( ・∀・) 僕は――――

ζ(゚ー゚*ζ

( ・∀・) 僕は、本当は

ζ(゚ー゚*ζ モララーくん

( ・∀・)

ζ(゚ー゚*ζ いいの、それは

( ・∀・) デレ…………

ζ( ー *ζ


ζ( ー *ζ たぶん――きっと、それ自体は大事なことじゃないから


( ・∀・)

595 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:29:27 ID:H8nZc6To0




           ( ・∀・)( ー *ζ






(  ∀ )


 気がつけば、顔がくっつきそうな距離感で、じっと見つめ合っていた。

 恐る恐る伸ばした手を、デレの肩に回し、体を抱き込む。
 風呂上がりの香りが微かに鼻をくすぐった。


ζ( ー *ζ こんなに誰かのことを想ったのは初めてだった

(  ∀ ) ――僕も、そうだよ


 今度は、言えた。

596 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:39:29 ID:H8nZc6To0

ζ( - *ζ モララーくん


 デレの胸が、悲哀と、焦燥で、荒れ狂う鼓動を奏でた。
 モララーはただ黙って、全身で彼女の音を受け止めた。


ζ( - *ζ 一つだけ、お願いがあります

(  ∀ ) なに?


 見えなくてもわかる。
 唇をかみしめて、声を押し殺して作る彼女の表情が、彼女の心が、魂が。

 感じる。


ζ(;ー;*ζ ずっと、あなたを忘れなくてもいい?

(  ∀ )


 耳元で呟いた、モララーの最後の言葉に頷くと、しばらくの間、二人は静寂の世界に溶け込んだ。

597 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:41:52 ID:H8nZc6To0



 ―――

 ―――――――


 ―――――――………………………





(-@∀@) 忘れ物はないか

( ・∀・) 元々、自分の荷物なんてほとんど無かっただろう

(-@∀@) そうだな

(・∀・ )


 小型の宇宙船には、小さいながらも窓がついていた。
 空の暗闇に浮かぶ恒星の明かりだけが、彼らを見送っている。

598 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:43:29 ID:H8nZc6To0

(・∀・ )



(-@∀@) 忘れ物はなくても、未練はありそうだな


(・∀・ ) なあ

(-@∀@) 何だ

(・∀・ ) いつ、記憶を消すんだ

(-@∀@) ああ、それか。今のところ消す気はないな

( ・∀・)

(-@∀@) 別に消さなくてはいけない必要性も感じないしな

( ・∀・)

(-@∀@) どうした、鳩がサブマシンガン喰らったような顔して

( ・∀・) だって、消すって、言ってたじゃないか

599 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:46:25 ID:H8nZc6To0

(-@∀@) そのつもりだったが、やめた。心変わりというものだ

( ・∀・) そん……な、適当な……

(-@∀@) お前が望むなら、面倒だが消してやろう。はあ、あーあ、面倒だ
       ボタン一つ押す労力、ああなんて無駄な労働を……

( ・∀・) 記憶は残したい

(-@∀@) じゃあ残しておこう

( ・∀・) 記憶は、僕そのものだ

(-@∀@) そういう考え方もあるな



(・∀・ )

(-@∀@) しかし、記憶などあてにならんもんだぞ。一昨日食べた夕食を覚えているか?

(・∀・ )

600 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:53:48 ID:H8nZc6To0

(-@∀@) 私は覚えているがな。えーっと……確か



(@∀@-)



(-@∀@) ……?



(-@∀@) コンタディーナとブイヤベースだったかな


< ふきの煮付けだよ


(-@∀@) そうだ!ニアミスだったか


< そうだな

601 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:56:38 ID:H8nZc6To0

(-@∀@)


(-@∀@) そんなに夜空が好きだったか?


< 別に


(-@∀@) もう一つ訊いていいか


< ああ


(-@∀@) お前の目から流れているものは、何だ?



( ∀  )



 「まがい物だ」窓をのぞき込みながら、モララーが呟く。
 だが彼の言葉とは裏腹に、頬を伝うそれは、確かに熱を持っていた。

602 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 22:57:43 ID:H8nZc6To0
第6章、終わりです

603 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 23:10:36 ID:aYWixmSA0
モララーがただの悪人じゃないのが悲しいな


604 名も無きAAのようです :2016/01/07(木) 23:59:10 ID:t0A7AiaE0
人工頭脳を移植したモララーボディだから子供を作れるのか
おもしろい乙

605 名も無きAAのようです :2016/01/08(金) 17:51:59 ID:sl9uvWok0
これからの各人の指針が気になりすぎるな乙
スレの空気感を壊すような気がして上げるのが怖いww

606 名も無きAAのようです :2016/01/20(水) 02:19:42 ID:/By8Diks0
もうほんとこれ大好き

607 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:13:02 ID:AyWUPL5w0

 「やあ」

(//‰ ゚) おはようございます

 「おはよう横堀くん」

(//‰ ゚) おはようございます

 「よう。ん?ラジエーターの調子が悪そうだが」

(//‰ ゚) これは汗でス

 「発汗機能!やはり君の父親は天才だな」

(//‰ ゚)



 「おはよう」  「やあ。調子はどう?」 「おはよー!」 「おはよう横堀ちゃん」 「おっすオラ悟空!」

608 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:13:56 ID:AyWUPL5w0





(//‰ ゚) おはよう





(//‰ ゚) ございます




(//‰ ゚) ございます

[ ㊤皿㊤] キミ

(//‰ ゚) え?

609 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:15:18 ID:AyWUPL5w0

[ ㊤皿㊤] 邪魔ダヨ

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] ソコ! ソコ!

(//‰ ゚) あ

[ ㊤皿㊤] 私の お掃除ノ 邪魔ヲ シナイデホシイ

(//‰ ゚) ごめんなさい

[ ㊤皿㊤]



[ ㊤皿㊤]                 (( (//‰ ゚)



[ ㊤皿㊤]                        (( (//‰ ゚)

610 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:19:11 ID:AyWUPL5w0

[ ㊤皿㊤]

[㊤皿㊤ ] サテ お掃除再開 再開


[ ㊤皿㊤ ] 今日モ ド根性!



 辺境の惑星に、一つのコロニーがあった。

 惑星のほとんどは荒廃した大地であるが、ほとんどのロボットに適用可能なコアエネルギーが
 採掘できるため、資源星としては一定以上の評価のある星だ。

 およそ十年前、とある高名な科学者が星ごと買い取り、研究所といくつかのコロニーを建設した。



 コロニーには万を超えるロボットと、数十人のエンジニアと、



                (( (//‰ ゚)

611 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:20:51 ID:AyWUPL5w0



            彼がいた。




(//‰ ゚)




( ^ω^) 遅かったね

(//‰ ゚) ごめんなさい

( ^ω^) あの目覚まし時計は、やっぱり静かすぎるかお?

(//‰ ゚) 少し静かです

( ^ω^) うーん、あんまりうるさいと嫌がるかと思ったが……
      そもそも音に頼るのが古すぎかお。骨伝導式に変えてみるお

612 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:22:22 ID:AyWUPL5w0

(//‰ ゚) はい

( ^ω^)




(//‰ ゚)  (^ω^ )




( ^ω^) いい子だお

(//‰ ゚) ありがとうございます

( ^ω^) やっぱり目元は、僕よりもツンに似てるお

(//‰ ゚) 僕もそう思います

( ^ω^)

(//‰ ゚)

613 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:25:52 ID:AyWUPL5w0

( ^ω^) あ〜それにしても最近食欲がないな〜もっと食べないとな〜

(//‰ ゚) お父さんの体脂肪率は平均値を遙かに上回っています
      今よりも摂取量を増やすのであれば、運動量を上げなければ健康に支障が出る可能性があります

( ^ω^) にしてもいつ見ても僕はキムタクに似てるなあ。知ってる?SMAP星のアイドルなんだけど

(//‰ ゚) パターンマッチング率は31%。100人中100人が似ていないと判断する数値です

( ^ω^) 大豆は神の食べ物。食べ過ぎて困ることはないお

(//‰ ゚) リウマチの原因になります。過剰な摂取は禁物です

( ^ω^)

(//‰ ゚)

( ^ω^)

(//‰ ゚)

614 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:28:58 ID:AyWUPL5w0


     チュー
(//‰ ゚)ε^ )



( ^ω^) お父さんは研究室の方に行くから、
      そこにある朝ご飯食べたらリフレッシュルームか、図書室で遊んでなさい

(//‰ ゚) はい

( ^ω^) 愛してるおー

(//‰ ゚) はい




 ロボット工学界で、1万年に一人の逸材が現れたと話題になったのは、およそ二十年前。
 まだブーン博士が、学校に通っていた頃だ。

615 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:33:57 ID:AyWUPL5w0



 「ブーン博士。こちらが、収集の終わったデータのリストです」

( ^ω^) ご苦労。寝ていないだろう。休んでていいお

 「すみません。失礼します」

 「ブーン博士。コズミックギアの線体振動波について、α値の臨海値付近で面白いデータが……」

( ^ω^) ふむ。なるほど……ギアを変えてみよう。同条件でナズローとマルタイの場合でデータを取ってくれお

 「承知いたしました」

 「ブーン博士。被験体ノ測定ガ全テ終ワリマシタ。データ ハ コチラニ」

( ^ω^) うん。ありがとう



( ^ω^)


 研究室で忙しなく働き続けるエンジニアたちの間を縫うように、電子カルテを携えた自律歩行ロボットが
 装置の間を行き来していた。

616 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:38:37 ID:AyWUPL5w0

 エアホログラムの映し出す青と紫の光の中、人とロボットが行き交い、会話を行い、
 すれ違っては、また交差する。


( ^ω^) (人とロボットの、分岐点――――)


 人は進化し続けた。
 同時に、ロボットもまた、劇的に進化していった。

 その成長速度は、一方は落ち着いたが、もう片方は止まることなく、
 むしろ指数関数を描きながら天上へ昇ろうと、しているように見えたのだが……。


( ^ω^) (横堀……)


( ^ω^) (君は、いつになったらこちらに来てくれるんだ)


 だがその進化も、大きな大きな壁に阻まれていたのだ。

617 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 21:39:23 ID:AyWUPL5w0
今回はちょろっとだけどす( )^ω^( )

618 名も無きAAのようです :2016/02/04(木) 23:18:23 ID:hC4299Vg0
おつ!

619 名も無きAAのようです :2016/02/05(金) 00:10:39 ID:9mPldG8Q0
おつおつ

620 名も無きAAのようです :2016/02/05(金) 00:12:23 ID:OtXEFQeI0
次はブーンか

621 名も無きAAのようです :2016/02/05(金) 23:08:25 ID:LJaqsWoA0
ついにか・・・非常に楽しみ

622 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:14:21 ID:6O.QZ58g0



 ……


       …………



                      「はい」




(-@∀@) ええ、まだ半数ですが出荷はできます

(-@∀@)

(-@∀@) 残りは、あの二ヶ月ほど待って頂ければ

(-@∀@)

(-@∀@) はい……ええ、はい

623 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:16:10 ID:6O.QZ58g0

(-@∀@)

(-@∀@)

(-@∀@) ありがとうございます

(-@∀@)

(-@∀@) では、例の口座に……



 シュウウゥゥウッゥゥゥッゥゥ…… ←ドアが開く音だ。いいね?



( ^ω^) お?

(-;@∀@) っ!

( ^ω^) すまんお。通信中だったかお

(-;@∀@) あ、いえ、あの

624 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:21:16 ID:6O.QZ58g0

(-;@∀@) じゃあ、そういうことで!また連絡します!失礼します!


(-;@∀@) ふぅ…

( ^ω^) いいのかお?話の途中だったようだけど

(-;@∀@) あぁ…あ、あの、昔の友人とやり取りしていただけですので、はい
       特にお気になさらず、ええ…はい

( ^ω^) そうかお。ああ、そうそう。ちょっと相談したいことがあるんだお

(-@∀@) 相談?


( ^ω^) 新しい自律思考プログラムをコーディングしたいんだお
       以前、ロキアシリーズのメインプログラムを作ったプロジェクトチームに連絡を取りたいお

(-@∀@) はぁ…

625 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:23:55 ID:6O.QZ58g0

( ^ω^) あのときはあさぴー博士が呼んだチームだったお?

(-@∀@) そ、そうですが

( ^ω^) 連絡取れないお?

(-@∀@) 実は彼ら、DEM社の専属エンジニアになってしまったみたいで

( ;^ω^) マジかお!

(-@∀@) 以前のように依頼することは出来ないです

( ^ω^) うーむ



( ;^ω^) 困った……

(-@∀@) ここのエンジニアたちに任せては駄目ですか?
       何なら私も手伝いますけど…

626 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:26:58 ID:6O.QZ58g0

( ^ω^) うーん…

(-@∀@) 難しいでしょうか

( ^ω^) 君たちの技術力をみくびっている訳ではないんだけども、いかんせん量がね…

(-@∀@) うーむ、なるほど

( ^ω^) 詳細設計書までは僕が作ったお。ただ、コーディングは専門チームに依頼しないと
       我々だけでやったらあと数百年はかかりそうだお

(-@∀@) そもそも…

( ^ω^) ん?

(-@∀@) ソフトウェア開発にかけられる資金がありません
       予定通り研究を進めていくとなると、今年度の予算はかつかつです

( ;^ω^) まあ…そうだよねえ

627 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:30:26 ID:6O.QZ58g0

( ^ω^) どうにかして、パトロンを探さないと無理か…

(-@∀@) ブーン博士、一体何を作ろうとなさってるんです?

( ^ω^) 大したものじゃないお

(-@∀@) じゃ、じゃあ…


( ^ω^) 人間なら誰でも持ってるものを、作ろうとしているだけだお




 あさぴーは、天才ブーン博士が何をやろうとしているのか、



 実は全く興味なかった。

(-@∀@) (どうせまた夢みたいな研究だろ)

628 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:32:10 ID:6O.QZ58g0

( ^ω^) パトロンが見つかるまでは、自分で何とか進めてみるお

(-@∀@) そうですか……お力になれずすみません

( ^ω^) いいお。あさぴー博士も研究頑張ってお

(-@∀@) はい



 シュウゥウゥッゥゥゥウウウウウウウウウウ……



(-@∀@)

(-@∀@)

(-@∀@) (金に頓着がなさ過ぎる)

(-@∀@) ハァ…

(-@∀@) まともに研究してれば、今頃1億の1億倍くらい稼いでたんじゃないのか、あいつ…

629 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:33:42 ID:6O.QZ58g0




 ―リフレッシュルーム―




(//‰ ゚)



       [ ㊤皿㊤] ド根性!



(//‰ ゚)



       [ ㊤皿㊤] ウオオオオオ! 磨キ上ゲテ ミセル! 光輝け 大理石ヨオオオ!




(//‰ ゚) ねえ

630 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:35:55 ID:YP0afuzw0
ほう、リアルタイム遭遇か……

631 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:37:16 ID:6O.QZ58g0

[ ㊤皿㊤] 不思議ダ ドコカラカ 囁きカケテ クル 声ガ ある気ガスル

(//‰ ゚) 君

[ ㊤皿㊤] ナンダ オマエカ

(//‰ ゚) 君は……いや、僕ハ横堀っていうんダ

[ ㊤皿㊤] フウン

(//‰ ゚) 君の名前ハ?

[ ㊤皿㊤] シリアル番号ハ D9742-38734834T ダガ

(//‰ ゚) それが、君ノ名前かい?

[ ㊤皿㊤] 名前ナンテ モノハ 人間ガ 人間ヤ モノヲ 区別スルタメニ ツケル 識別IDダ
        ダカラ コレガ 私ノ 名前ニ アタル

(//‰ ゚) しかし、呼びづらいな

[ ㊤皿㊤] マアナ 呼ブ 必要モ ナイカラナ

632 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:38:40 ID:6O.QZ58g0

(//‰ ゚)



      [ ㊤皿㊤] 突き抜ケロ! LIVE! LIKE! ROCKET!



(//‰ ゚) それは、楽しい?

[ ㊤皿㊤]

(//‰ ゚) それ

[ ㊤皿㊤] 楽シイ 訳ナイダロ

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] コレガ 私ノ タスク デアル トイウ ダケダ

(//‰ ゚) そう…

633 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:40:45 ID:6O.QZ58g0

[㊤皿㊤ ]



[ ㊤皿㊤] トコロデ

(//‰ ゚) え?

[ ㊤皿㊤] オマエ 何ノ ロボット ナノダ

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] タスクハ ドウシタ 私ノ タスク ニハ 他ロボット ノ 監視モ 含マレテ イルノダゾ

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] タスクヲ 執行シナイ ロボットハ 下手スルト 廃棄イキダ

(//‰ ゚) 僕は

[ ㊤皿㊤] 横堀ナンテイウ ロボットガ アッタカナ オーダーメイド?

(//‰ ゚) 僕は、人間だよ

634 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:42:18 ID:6O.QZ58g0

[ ㊤皿㊤]

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤]

(//‰ ゚)

[ ㊤皿㊤] 案ズルナ 専用の ワクチンガ アルカラ

(//‰ ゚) ヒューマンシンドロームじゃない。本当に、人間ナンダ

[ ㊤皿㊤] アッソ



           [ ㊤皿㊤] 廃棄確定ノ ロボットマデ 世話する気ハ ナイネ



(//‰ ゚)



           [ ㊤皿㊤] ウオオオオオオオオ! 燃え上ガレ! オ掃除ノ コスモ! ウオオオオオオ!




(//‰ ゚)

635 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:48:48 ID:6O.QZ58g0


 生まれてから、幾日も経ち、変わらぬ朝と、終わらぬ夜が交互にやってきては、
 言葉交わすことなく体をすり抜けていく日々だった。


(//‰ ゚)


 横堀は、生後二週間で自律歩行し、一ヶ月後には言葉を喋り、三年後にはシュレディンガー方程式をマスターした。
 天才、ブーンの血を受け継いでいるからというのは間違いではないが、

 体中の間接を生体ギアに取り替えたから、彼は歩くことが可能になった。
 腐り始めた前頭葉の代わりにバイオチップボードを移植したことで、会話が可能になった。
 そして脳を含めたほぼ全ての器官をマシン化することで、宇宙開拓史上初の全身サイボーグとなり


(//‰ ゚)


 何もかも失ったのだ。

636 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:56:44 ID:6O.QZ58g0

 高い知性と計算能力を持つことには違いないが、
 これでは二足歩行ロボットと何ら変わらない存在じゃないか。

 こんなことを酒の席で口走ったとあるエンジニアは、
 ブーン博士の怒りを買い、ロボット工学界から追放された。



(//‰ ゚) 僕は、人間のはずなんだけど…



 脳をそっくりそのまま、CPUに移植したというのは、サイボーグ工学では初の試みであった。
 脳の伝達回路そのものを解析し、1と0のビットにまで落とし込むには、
 単なる解析ソフトとスパコンを使っただけでは、数億年はかかる作業だ。

 医学、機械工学、物理学、情報工学、生体工学、全てに明るいブーン博士だからこそ、成功に至った。
 無論、100%の保証などなく、むしろ失敗する確率の方が高い極めて危険な移植手術であった。

 1μメートル単位でのミスで、息子の命が潰える。
 極限のプレッシャーの中、ブーンは3973時間におよぶ大手術を成し遂げ、
 息子を全身サイボーグ化させ、サイボーグ工学分野において不動の地位を築いた。

637 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 23:59:09 ID:6O.QZ58g0





           たが足りなかった!!!!




            横堀は決定的に!!!!





         ( ;^ω^) 可愛くないんだもん!!!!




( ;^ω^) おもちゃあげても、純度の高いエネルギーコアあげても、ゲームあげても、
       テストの点を褒めてあげても、失敗を慰めてあげても、本を読み聞かせても

( ;^ω^) ずっと!いつも!「ありがとうございます」!

( ;^ω^) んもーーーーーーお父さんが子供の頃もっとヤンチャだったゾ!☆

638 名も無きAAのようです :2016/02/07(日) 00:03:47 ID:BrUSiFks0

 褒めたら「ありがとう」

 叱ったら「ごめんなさい」

 悪いことをした人がいたら「やめなさい」

 困っている人を見かけたら「手伝いましょうか?」

 髪型を変えた女性がいたら「あれー!?イメージ変わったじゃーん!超似合うよー!」




( ;^ω^) こんなの…

( ;^ω^) こんなの、人間じゃないお。ただの信号処理
       与えられた入力信号を一定アルゴリズムに沿って変換・抽出・フィルタリングしてるだけ!

( ;^ω^) だから何もかも画一的!間違ったことはしないけど、人間として正しい訳ないお!

( ;^ω^) こんなの……

( ;^ω^) ただの、生きてる回路だお…………

639 名も無きAAのようです :2016/02/07(日) 00:05:26 ID:BrUSiFks0
今日はここまで
タイトルコールはもうちょっと先かな

640 名も無きAAのようです :2016/02/07(日) 00:06:58 ID:iglrxe6U0
雰囲気はいいけどテーマもアプローチも今更感はあるな、

好きだけど

641 名も無きAAのようです :2016/02/07(日) 00:12:56 ID:znNSh/Kw0
俺は普通に続きが楽しみです


642 名も無きAAのようです :2016/02/07(日) 00:19:09 ID:bXJPPqr60
きてた!ふぇっへぇー!

643 名も無きAAのようです :2016/02/07(日) 21:56:02 ID:H.wmDgEE0
よーしよしよしよし!

644 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:13:00 ID:n8ofjoqs0
 



    [ ㊤皿㊤] ロキア サン ココニ ほこりガ 残っテル ワヨ

              [㊤皿㊤ ] アラ ロキア サン 失礼シチャウワ ソレハ 放射性物質ヨ




< できたおおおおおおおおお!!!



[ ㊤皿㊤] [ ㊤皿㊤] ?



< とうとう、とうとうできたおおおおおおお!!!!!

645 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:16:50 ID:n8ofjoqs0
 
( ゚ω゚) もう一度……応えてくれお


 【゚ロ゚゚】つ[ウルセエ ナンドモ オナジ シツモン スンジャネエ]


( ゚ω゚) うおおおおおおおおおおお!これぞ…感情!のはず!


 【゚ロ゚゚】


( ;^ω^) あ、あれ?あ、くそ、リジューム状態か!メモリが足りないのかお!
       もっとコアを継ぎ足して実験しないと駄目だお!

( ;^ω^)

(>;^ω^)> んああああでも金が…お金が足りないお!!!!

( ゚ω゚) 金ぇ〜〜金が欲しいおぉおぉおおぉおおおお!!!!

646 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:19:01 ID:n8ofjoqs0
 

< 金が欲しいんだおおおおおおおおおお!



[㊤皿㊤[㊤皿㊤ ]




 「ふん」



[ ㊤皿㊤[ ㊤皿㊤]




(-@∀@) (欲のない研究こじきのくせに、今更金を欲しがるなんてな)

(-@∀@) 技術はあるのに。不器用な男だ

647 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:23:50 ID:n8ofjoqs0
 
 試験用デバイスでの動作はごく短時間での稼働という条件下ではあるが、
 極めて良好な結果を得られた。

 しかしブーンの作りたいものは、小生意気な子供用ロボ玩具ではなく、
 人間と等しく悩み、考えることができる、魂の宿ったCPUなのだ。


 実験用基盤、ナノメモリ、高精度コア、その他プログラマチームと
 組み込みハードチームへの外注、いくらでも金がかかる。



 だが天才ブーンは、超天才的なひらめきによってこれらの問題を解決した!!!!!






( ^ω^) (お金は後払いでとりあえず作っちゃえばいいや!☆)

648 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:26:30 ID:n8ofjoqs0
 
 この天才しか思いつかないであろう超天才的アイディアによって、
 最先端のデバイスをかき集め、多数の超優秀プロジェクトメンバーを集めることで、

( ;^ω^)


( ^ω^)


( ゚ω゚)


( ´ω`)


( ゚ω゚)


( ;゚ω゚)



 数百年はかかる見込みであった"感情"を発生させる夢のCPUが、とうとう、完成した。

649 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:32:47 ID:n8ofjoqs0
 

 「やりましたねブーン博士!」


( ;ω;) やったお!ありがとうだおみんな!


 「よく資金繰りができましたねえ!」

 「研究所に置いてあるロボットなんか、新しいやつから片っ端に売っちゃうから、今は旧式のやつばっかだし」

 「僕たちの給料だってまだ二ヶ月分払われてませんよー!」

 「あらー、私なんて三ヶ月分よ?」

 「アトランティス社からハードウェア代、600兆円の催促きてましたよー」

 「え? ソフトウェア代2900兆円もまだ支払ってないんじゃ?」


( ;ω;)


( ^ω^) まあそれは置いといて今夜は飲むお〜〜〜!☆

 「おい」

650 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:36:22 ID:n8ofjoqs0
 

 ブーンは未だかつて無い窮地に陥っていた!!!



( ;^ω^) しまったぁ!ほんの数千兆円くらい何とかなると思ってたら全然何ともならなかった!

( ´ω`) 宇宙の沙汰も金次第という訳かお


(^ω^; ) (というか冗談抜きで本気でやばい)

( ;^ω^) (もしも支払い能力が全くないってわかれば、学会追放はもちろん、大罪人として超長期流刑もありうる)


( ;^ω^) 今……今研究をやめる訳には…いかないんだお……


( ;^ω^) (クソ……クソ、どうすればいい。どうすれば……!)

< ぶーん はかせ

( ;^ω^) ん?

651 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:40:32 ID:n8ofjoqs0
 
【<>゚+゚】 おでんわ きてます

( ^ω^) えっと、確かマルマロイドシリーズのパクリ商品のシカクイドをさらにパクった……
       何だっけ

【<>゚+゚】 ひしがたっぽいど です

( ^ω^) そうそう。名前のもじり方も大分雑になったやつだ

【<>゚+゚】 おでんわ きてます

( ;^ω^) まさかお前が受付やってんのかお。こんな旧式を使ってたらロボットラボの名がすたるお



( ^ω^) はいはい。代わりましたブーンですお

【<>゚+゚】

( ;^ω^) あ……はい! お世話になっておりますお!

【<>゚+゚】

( ;^ω^) はい。ええ。はい。私です。はい……はい

652 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:42:56 ID:n8ofjoqs0
 
( ゚ω゚)

( ゚ω゚) はい……はい。ええ是非。はい

【<>゚+゚】

( ゚ω゚) 承知致しました。日取りはいつ頃……はい。はい

【<>゚+゚】

( ゚ω゚) もちろんですとも。はい。お待ちしておりますお

【<>゚+゚】



( ゚ω゚) き、きたおおおおおおおおおお!

【<>゚+゚】 なにか きましたか?

( ゚ω゚) 天の、助けが、来たんだお!!!!

【<>゚+゚】 ?

653 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:44:24 ID:n8ofjoqs0
 

< やっほやっほやっほっほーい!!!



(-@∀@) ん……?




( ;ω;) ありがとうだお!ありがとうだお!旧式とか言ってごめんお!

【<>゚+゚】 いえいえ

( ;ω;) 菱形ッポイドだと可愛くないお。そうだ。君にはリンダという名前をあげるお!

【<>゚+゚】 りんだ

( ;ω;) 君の名だお!

【<>゚+゚】 りんだ いいなまえだと おもいます

( ;ω;) やったおおおおおおお!!!!

654 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:47:02 ID:n8ofjoqs0
 
(-@∀@) ブー……


( ;ω;) まさかDEM社がパトロンを名乗り出てくれるとは!!



(-;@∀@) っ!!



( ;ω;) あっ……あさぴー博士!聞いてくれお!パトロンが見つかったんだお!

(-@∀@) それは……実に嬉しいニュースです

( ;ω;) よかったお〜〜〜!!九死に一生だお!!ブーン自身が宇宙の鉄クズになるところだったお!!

(-@∀@)

655 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:48:44 ID:n8ofjoqs0
 

< きゃっほ〜〜いい!

< はかせ うれしそう

< 嬉しいお!んちゅ〜!




(-;@∀@)


(-;@∀@) (DEM社だと……!?このタイミングでパトロンの申し出……。
        まさか、ばれたのか…!?いや、だったら直接連邦軍に……証拠抑え!?
        パトロンは偽装とすると、本当の狙いは……)

(-;@∀@) (い、いや、そんな回りくどいことするはずがない。おそらく偶然。偶然だろう)

(-;@∀@) (ばれているはずがない。ばれている……はずが……)

656 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 21:52:18 ID:n8ofjoqs0
タイトルコール、もうちょい先!
終わりです!

657 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 22:08:39 ID:drrpz8gI0
おつ

658 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 23:14:42 ID:9CnYf0Eo0
タイトルコールだって!?おつ!

659 名も無きAAのようです :2016/02/08(月) 23:16:51 ID:z2r7WsM20
あさぴーこの野郎



660 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 00:34:09 ID:WPvZZazQ0
タイトルコールが楽しみ過ぎる!!
乙!!

661 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 01:35:22 ID:ufbat0cM0
タイトルコール待ち

662 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 20:43:40 ID:P9bsPNBU0
 
 そして

 ブーンにとって運命の分岐点がやってきた。
 。たきてっやが点岐分の命運てっとにンーキャシ


(`・ω・´) 私はDEM社CEOのシャキンだ。ブーン博士とアポイトメントがある

【<>゚+゚】 はい こちらへどうぞ

(十) 私は外でお待ちしておいた方がよろしいでしょうか

(`・ω・´) いや、いいだろう。ロボット工学の最高権威だ。無礼とは思うまい


 案内を任されていたリンダは、コロニーへやってきたシャキーンたちを待合室へ通すと、
 ラボにいるブーン博士の下へ向かった。


( ゚ω゚) 来たか…ガタッ

(-;@∀@) …………

663 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 20:45:45 ID:P9bsPNBU0
 
( ^ω^) あさぴー博士も来るかお?

(-;@∀@) い、いえ。私がいても、その、役に立たないでしょうし

( ^ω^) そんなことは……
       待てよ、そういえば向こうは一人で来ると言っていたな。こちらも一人の方がいいか

(-@∀@) ホッ…

( ^ω^) いってくるお!

(-@∀@) い、いってらっしゃい



(-;@∀@) (とうとう、この日が来てしまった。もう逃げ出すチャンスもないだろう。
        腹をくくるしかないか)


< ぶーん はかせ ろうかは はしらずに

< ご、ごめんお〜

664 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 20:48:24 ID:P9bsPNBU0
 



 【ラボ】  〜( ^ω^) -【<>゚+゚】    【待合室】







 コン    コン


(`・ω・´) ……!




( ^ω^) 失礼しますお。DEM社のシャキーン社長ですね?初めまして。ブーンと言いますお

665 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 20:51:57 ID:P9bsPNBU0
 
(`・ω・´) どうも、初めまして。サイボーグ工学で高名なブーン博士ですね
      本日は貴重なお時間を…

( ^ω^) 堅苦しい挨拶はよしてお。それに、今日は取引を行う場。どちらが上も下も無いお

( ^ω^) (お金くれれば足だって舐めるお!)



( ^ω^) (にしても、思ったより若いお)

全宇宙でロボット売り上げの最高シェアを誇るDEM社の指揮を執るのは並大抵のことではない。
まだ白髪も目立たないシャキーン社長が、威風堂々とした態度でいることに、ブーンはほんの少し感心した。

と同時に、後ろに控える二体のロボットに目が向く。


( ^ω^) ところで…それは?

(`・ω・´) ああ、これはですね

666 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 20:59:15 ID:P9bsPNBU0
 

          |::━◎┥



(`・ω・´) GRANシリーズという建築用ロボットです

( ^ω^) ああ、聞いたことありますお。これは…旧型のようですね

(`・ω・´) ええ。スクラップにする直前のやつを持ってきました。実験体に使うためにね

( ^ω^) 実験?


(`・ω・´) 世間話がお好きな方ではなさそうだ。本題に入ります
      あなたの発明した"りんご"というテクノロジに興味がある

(`・ω・´) そこで、このGRANシリーズにりんごを組み込んで、実験を行いたい
      もしもGRANシリーズに感情が宿っていることが確認出来れば、あなたのパトロンとなろう

667 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:01:28 ID:P9bsPNBU0
 
( ^ω^) ……



( ^ω^)       (十 )



 ブーン博士は、GRANシリーズについて見識はあった。
 聞きたかったのはむしろ、十字の鉄仮面をつけた奇妙なロボットの方だ。

 しかしシャキーンはそのロボットについて言及するそぶりは見せなかった。

 いるのが当たり前、という空気を感じ取る。


( ^ω^) (仲がいいってことかな…?)

668 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:02:44 ID:P9bsPNBU0
 
( ^ω^) そして、りんごの特許を買い取るという訳ですか?

(`・ω・´) 察しがいいですね

( ^ω^) いいでしょう。その提案、お受けしますお

(`・ω・´) 本当ですか!

( ^ω^) ええ。この申し出、こちらとしても有り難いんですお

(`・ω・´) どういうことです?


( ^ω^) 実は…"りんご"はまだ実機による実験は行ってないんですお
      デモシステムによる実験では成功だったんですが

(;`・ω・) 何ですって!どうしてロボットで実験していないんだ!

( ^ω^) すみません。うちで使っているロボットには、どうも愛着が沸いてしまって…

( ^ω^) (まあほんとは"りんご"を組み込める程の拡張性あるロボットは売っちゃったからなんだけど)

669 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:03:28 ID:P9bsPNBU0

(`・ω・´) あ、いえ、すみません。つい声を荒げてしまって

( ^ω^) いえ…

(`・ω・´) ではこのGRANで実験をしてみましょう

( ^ω^) ええ。実験には一週間ほどかかりますお。その間、コロニー内でゆっくりして下さいお

(`・ω・´) そうします。ところでブーン博士

( ^ω^) 何ですお?

(`・ω・´) どうして…ロボットの感情について研究を始めたのですか?

( ^ω^) ……


(`・ω・´) あなたはサイボーグ工学で大きな功績を残した
      ですが生体工学の一分野…それも、あまり進んでいない感情の研究に突然着手した
      私は不思議でたまらないのです

670 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:04:29 ID:P9bsPNBU0

( ^ω^) 感情のあるロボット。面白い発想でしょう?思いついたら、やりたくなって

(`・ω・´) あなたほどの博士でしたら、もっと別分野で功績を残すような気がしますが

( ^ω^) 世間話はしたくありませんお。実験の準備を行いたいのですが、構いませんかお?

(;`・ω・) あ、はい……すみません。無駄話を

( ^ω^) いいえ。ただ…私にはあまりにも時間が無いのですお
      今は一秒も時間を無駄にしたくないんですお

(`・ω・´) 時間が無い…?失礼ですが、何かご病気でも患って…

( ^ω^) いいえ…ただ


( ^ω^) 人が神に近づこうとするのは、想像以上に厳しい道だったということですお

( ^ω^) (本当に、君の言った通りだったお。ツン―――――)

671 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:09:22 ID:P9bsPNBU0
 

 シャキーンたちには客用の寝室をあてがい、
 また本社と通信できるようレベル3以下のセクタ(コンピュータルーム、リフレッシュルーム等)へ入室できるよう、
 管理用データベースに生体登録を行った。



( ^ω^) (ついてるお。実験用のロボットも手に入ったお)

|::━◎┥

( ^ω^) さあ、今日から忙しくなるお。君も頑張るんだお

|::━◎┥ はい。ブーン博士

( ^ω^) シャキーンさんと離ればなれになって寂しいかもしれないけど、我慢してお

|::━◎┥ はい。ブーン博士


【<>゚+゚】 ぶーんはかせ わたしは どうしますか

( ^ω^) 僕はしばらくラボにこもるから、シャキーンさんたちの世話を頼むお

【<>゚+゚】 わかりました

672 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:12:08 ID:P9bsPNBU0
 
( ゚ω゚)+ しゃあああああ実験するお開発するお研究するお!

( ^ω^) (あまり待たせるとシャキーンの気が変わるかもしれないお。急ぐお)

|::━◎┥





  ……

       ……  …


               …… …… ……




 光陰矢のごとし。
 一週間はあっという間に経った。
 このテンポの良さがウリなのだ。

673 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:14:39 ID:P9bsPNBU0
 

(-@∀@) (今日でシャキーンが来てから一週間か)


(-@∀@) ……む?


 あさぴーが廊下を歩いていると、向こう側からどっしりとしたシルエットが
 のしのしと歩いてくるのが見えた。

 傍に秘書型ロボットを連れたシャキーンだとわかると、一瞬だけ体をこわばらせる。



(-@∀@) こんにちは

(`・ω・´) こんにちは

(-@∀@) あなたが、DEM社のシャキーン社長ですね

674 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:16:51 ID:P9bsPNBU0

(`・ω・´) ええと、確かあなたは…あさぴー博士ですね?

(-@∀@) ええ。このラボでブーン博士の助手をしております

(`・ω・´) 助手、ですか?


 一瞬言葉につっかえたシャキーンに対し、あさぴーは自身の顔が高潮したのがわかった。

 彼の考えていることが手に取るようにわかる。
 今まで幾度も、こんな扱いをされた。


(-@∀@) ブーン博士は既に実験ルームにおりますよ。それでは、失礼


 悟られぬよう、短く挨拶を切り上げて、さっさと横を通り過ぎる。


(`・ω・´) 失礼します

(-@∀@) (本当に失礼だ)

675 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:21:35 ID:P9bsPNBU0
 
 だが、普段通りの扱いというのは、朗報でもある。



(@∀@-)



(-@∀@) (どうやら、あのことがバレている様子はなさそうだな)


 シャキーンが来ることが決まってから生きた心地のしない日々を送っていたが、
 完全に杞憂だとわかると、ようやく胸のつっかえが取れたように感じた。


(-@∀@) (ふ、ふふ)

(-@∀@) (危ない危ない。ククク、ククク)


(-@∀@) (私がAMギアを密売していることがばれたら、物理的にクビが飛ぶからな――――)

676 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:23:02 ID:P9bsPNBU0
 

 (ばれる訳にはいかない。この私の秘密)




 (絶対に―――――)




 (ばれる訳にはいかないんだお)



【<>゚+゚】 ブーン はかせ

( ;^ω^) うわ!

【<>゚+゚】 しゃきーんさん かえりました

( ;^ω^) お、おお、ごめんお。考え事をしていたんだお

677 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:27:32 ID:P9bsPNBU0
 
【<>゚+゚】 かんがえ ごと?

( ^ω^) 何でもない。ささ、受付に戻るんだお

【<>゚+゚】 はい



( ^ω^) さて、君はどうしようか

|::━◎┥ 私は建築用ロボットです!是非私の有り余るパワーを使ってください!

( ^ω^) そうね、そうしようかお


|::━◎┥ ブーン博士は、これからどうなさるんですか?

( ^ω^) DEM社向けの"りんご"のパッケージを作らないといけないお
      仕様書と説明書も


( ^ω^) (ソースコード自体は分散秘匿させたまま開発させた。
       フルソースを持っているのは僕のみ。それも既に暗号化済み)

( ^ω^) (仮に逆コンパイルやソース解析を行われても問題はなかろう。凡人が解読できる代物じゃないお)

678 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:28:46 ID:P9bsPNBU0
 

( ^ω^) (横堀――――)




              (//‰ ゚)




( ^ω^) (準備は整ったお。君に命を、魂を吹き込む時がきたんだお!!!)






 [ ㊤皿㊤ ] ア

 [ ㊤皿㊤] 本章ノ タイトルコール マダダッタネ

679 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:33:38 ID:P9bsPNBU0
 

[ ㊤皿㊤] 今回ハ コレダヨ




 /**
  第七章 恋 -LOVE- の物語*/




[ ㊤皿㊤] ラブ ラブ ズッキュンナ 第七章 始マルノヨ〜〜!

680 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:35:02 ID:P9bsPNBU0
今回ハコレデ終ワリナノヨ〜!

681 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:50:04 ID:yGkpPXGE0
ロキアたんハァハァ

682 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 21:55:14 ID:GeS4FGLU0
最近本気出しすぎ おつ

683 名も無きAAのようです :2016/02/09(火) 22:15:21 ID:Ouz6xJfs0
ロキアの萌えキャラ化が著しい
おつ

684 名も無きAAのようです :2016/02/10(水) 01:14:34 ID:YgwLVh0.0

更新来てて嬉しい

685 名も無きAAのようです :2016/06/22(水) 21:37:58 ID:LkhQoo7w0
>>1だが移住しようかなーと考え中

686 名も無きAAのようです :2016/06/22(水) 21:49:12 ID:9AYeYWKs0
どこに行ってもついていきます

687 名も無きAAのようです :2016/06/28(火) 07:26:44 ID:Gp6u5iyE0
もちろんついていくんだぜ

688 名も無きAAのようです :2016/10/22(土) 12:04:27 ID:Z9cw9Xi20
ファ板も2板も見てるけどもう移住済みだったりするのかな
もしそうだったらどなたか誘導してくれたら嬉しい

続き期待して待ってます

689 名も無きAAのようです :2016/10/22(土) 21:35:53 ID:W/EgSIjY0
作者だけどまだどこにも移住してないです
どっかいくときはまとめさんの掲示版に投下報告しますゆえご安心を

690 名も無きAAのようです :2017/03/04(土) 00:01:05 ID:V.XPn3TY0
なろう行くの?

691 名も無きAAのようです :2018/09/03(月) 11:45:02 ID:N8go4YLE0
マダー?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス) - 横槍 メンゴ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板