したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【安価】「μ'sの格ゲー買ってきたおw」

50 名無しさん@転載は禁止 :2016/04/11(月) 21:59:39 ID:93OitbXc

   ・
   ・
   ・


絵里「希、私……」

希「とはいえ、今のままじゃツバサちゃんの言う通りや」

絵里「え?」

希「えりちはまだまだ弱い」

絵里「そんな……」

希「けど、それはウチも、ううん、ウチらみんな同じや」

穂乃果「私もそうだよ。さっきだって、たまたま新技が上手く決まっただけで」

穂乃果「〈ほのまげブーム〉は完全に絵里ちゃんに見切られてたもん」

絵里「あ……」

希「昔のえりちと違うのは」

希「もう、えりちは一人じゃないってことや」

希、穂乃果「ほら」


  
 希と穂乃果が指差す先には、

 ことりがいた、海未がいた、凛がいた、花陽がいた、真姫がいた、にこがいた。

 みんな、笑顔で私に何か言っている。

 あんまり一斉に話すから何を言っているのかさっぱりだけど。

 

希「弱点は指摘してもらえばいい、良かったとこはさらに伸ばしてもらえばいい」

希「そうやって皆で切磋琢磨していく」

希「そのための合宿やろ」

穂乃果「この機会が得られたのも、絵里ちゃんのおかげだよ」
  
絵里「あなたたち――」


絵里「……ありがとう」



 そう。私はまた、たった一度の敗北ですべてを閉ざしてしまうとこだった。

 ツバサの言ったことは全部当たっている。

 私はいつだって、言い訳ばかりして、弱い自分と向き合えずにいた臆病者だった。 

 けど、そんな私をμ'sのみんなは受け入れてくれた。

 受け入れて、次に進ませようと背中を押してくれた。

 私を負かしたのは仲間だったけど、私を立ち直らせてくれたのもまた仲間だった。

 彼女たちの前で、泣き言なんか言えない。絶対に言わない。

 アイドルを再び始めた私が――

 やっと、そう心に決められた朝だった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板