板情報 | 学問/人文/科学 ]

STAP 受付 掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : STAP問題の全解に向けて、その25(814) / 2 : Ooboeさんとパートナー氏の資料館(270) / 3 : STAP問題の全解に向けて、その23(901) / 4 : 潜水艦4(65) / 5 : 潜水艦3(54) / 6 : (資料) 対訳博士論文草稿第三章(38) / 7 : (資料) 対訳博士論文草稿第二章<一部分>(19) / 8 : (資料) 対訳博士論文草稿目次(26) / 9 : (資料) 対訳博士論文概要(24) / 10 : (資料) 対訳ティシュー論文(90)
11 : (資料) 対訳プロトコル(49) / 12 : RG108に関する李論文(アブストのみ)(13) / 13 : 非ヒトES動物の新規作成方法(48) / 14 : (資料) 対訳李履歴書、血塗られた収穫、李感想問答(46) / 15 : (資料) 対訳遠藤論文-SNPs-(106) / 16 : (資料) kahoの日記(22) / 17 : 潜水艦2(46) / 18 : 潜水艦(46) / 19 : STAP問題の全解に向けて、その24(1000) / 20 : 遠藤論文、丹羽プロトコル(117) / 21 : ジャップチンパンにそもそも学問なぞ無理だったのだよ(2) / 22 : 柴田洋太郎インチキ学歴やめろ(3) / 23 : STAP問題の全解に向けて、その22(757) / 24 : 今から持論を展開します。(37) / 25 : STAP問題の全解に向けて、その21(980) / 26 : 遠藤高帆博士の論文(668) / 27 : サロン・ド・サイレンス(123) / 28 : STAP問題の全解に向けて、その19(956) / 29 : STAP問題の全解に向けて、その20(67) / 30 : STAP問題の全解に向けて、その20(837) / 31 : スタップ問題 週間サマリー(30) / 32 : STAP問題の全解に向けて、その18(949) / 33 : STAP問題の全解に向けて、その17(853) / 34 : FI幹細胞がES,TSとか異なる(18) / 35 : Ooboeさん資料(565) / 36 : 部落民四つ足中村謙(1) / 37 : オボちゃん、早稲田女子医大にてスタップ作成か(330) / 38 : STAP問題の全解に向けて、その16(970) / 39 : STAP問題の全解に向けて、その15(950) / 40 : わたしチョンよね、おばかチョンよね その4(62) / 41 : 目印3(7) / 42 : STAP問題の全解に向けて、その14(957) / 43 : 目印4(5) / 44 : 目印2(5) / 45 : 目印1(5) / 46 : ルンペン河野元成(4) / 47 : STAP問題の全解に向けて、その11(962) / 48 : くずコメントの捨てスレ(89) / 49 : 注文の多い喫茶店(1000) / 50 : わたしチョンよね、おばかチョンよね その3(51) / 51 : わたしチョンよね、おばかチョンよね その2(50) / 52 : わたしチョンよね、おばかチョンよね(53) / 53 : STAP問題の全解に向けて、その13(926) / 54 : 小学校の砂場(34) / 55 : STAP問題の全解に向けて、その12(910) / 56 : エタ中村謙(2) / 57 : STAP問題の全解に向けて、その3(1000) / 58 : バカ山ぁ、お前が犯人だぁ その3(4) / 59 : ワタスが犯人のバカ山ッス! その3(4) / 60 : ワカスが犯人のバカ山ッス!  その2(5)  (全部で219のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 STAP問題の全解に向けて、その25 (Res:814)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1イェイ :2018/05/25(金) 14:57:07
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

808孤舟 :2018/06/18(月) 08:38:45
道場六三郎の名を聞くと腹が減ってくるね。病院行忘れるなよ。


809小野小町 :2018/06/18(月) 08:43:16
あら、あと一時間ね。もうちょっと先に進むと今度は免染結果が出てくるわね。


810ペリー・メイスン :2018/06/18(月) 08:46:15
Figure3だな。ここではOct4蛋白もGFP蛋白もどちらも存在しているね。これは
Figure2-aと違って、細胞塊単位なんだね。でも3万個12個しかない筈のものだよね。


811デラ・ストリート :2018/06/18(月) 08:50:15
3万個に12個というより30個のスフィアに12個ね。その写真の筈だわよね。
GFPも、Oct4蛋白も10個づつくらいも染色されてるわね。残りの29個の
スフィアにはもう残されていないくらいの数ね。


812在原業平 :2018/06/18(月) 08:54:01
さもなければ自家蛍光でもない別の原因かだけど、そのときにFigure2-aは
読者にとってミスリーディングだねと言ってる。書き込み者は光ってないと
いってる反面、ここでは存在確認がある。するとあたかも漏れ出しと思いやすいが、
こちらは免染も蛍光もさせていないただのRNAの存在証明になっているだけだ。


813孤舟 :2018/06/18(月) 08:55:19
そろそろ準備しないとね。


814ふむ :2018/06/18(月) 08:57:47
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 
👩 👦 👧 🙍 🙋 🙅 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 🐜 💪 👍 👎 
👉 👊 👋 🙏 🙌 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 ⛅ 💩 🌠 💚 💜 💙 💏 
💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 
☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 
💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦 🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊
♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹 📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 
🗽 ☔ 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 
❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎
☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 Ooboeさんとパートナー氏の資料館 (Res:270)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1司書 :2018/03/03(土) 19:01:04
八百万の神々分身様

丸写しはじめます。
書き込みノロイのでゆっくりお待ち下さい

まず東北大学、MTA不開示決定、理由説明書から

全文は大変なので要所を丸写しします。
原文にない但し書きは、「」内にします。

264ふむ :2018/06/08(金) 04:06:29
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩ 
㊙ 🈴 ㊗


265司書 :2018/06/08(金) 04:08:40
188 :Ooboe :2018/06/08(金) 01:19:02
👰小町さん、お帰りなさい。愉しそうな旅行だったみたいですね

パトナはまたまた重大な資料を入手しました。まだ内容はお伝えできません。
不可解だったので伝票類の報告㊙をしませんでしたが、今回入手の資料と
伝票類との照らし合わしたら不可解な事情の整合性🈴がついてきました。
いずれ頑張れで資料をupしていく予定だそうです

それにしても、頑張れさんにup出来るようになったのは、本当にありがたい
ものです。それも、閲覧会を開催したことから道が開かれました。パトナに
デジタル能力📺がないのが逆に幸いしたんですね。🆗㊗


266ふむ :2018/06/08(金) 04:09:57
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩ 
㊙ 🈴 ㊗


267司書 :2018/06/16(土) 08:55:34
646: Ooboe :2018/06/16(土) 00:44:37
👰小町さん、今晩は🌛
ティッシュ📖論文歯が立たないわ🙍分からないところを飛ばし飛ばし読みよ
内容がぜんぜん把握できませんでした。したらばさん達、は理解出来てるなんて凄いです。
私、ただ分かったのは、大変な実験量をこなしていたんだぁ!ということです。

それでも、分からないなりにでも、興味深い箇所が沢山ありましたから、もう一度、興味深いところをじっくり読みたいです。


268司書 :2018/06/16(土) 08:58:14
それから、パトナ蛍光画像資料の殆どは、死細胞発光画像です

死細胞発光でない、Oct蛍光画像においては、弱々しい蛍光から、普通の蛍光、そして鮮やかな耀かしい蛍光、また30塊ほどの沢山蛍光している画像や死細胞発光とOct発光が混雑している画像。それから、緑蛍光の方が強くて、赤蛍光が薄い画像もあります。
様々ですが大半は赤緑同等発光の死細胞画像で、実験失敗画像。
ですから赤フィルタで光ってない緑GFP発光が成功画像であることを、失敗画像が逆にコントロールとして証明していると、捉えることが言えるかな?


269司書 :2018/06/16(土) 09:00:10
失敗大半が刺激に対し、死細胞となって緑に強く発光しているのはGFP漏れだしではない、普通の死細胞現象

しかし、丹羽現象なら大半の死細胞塊であってもGFP漏れだしがあってもおかしくはないのでは?
一方、Oct蛍光塊の緑発光は刺激に対して死細胞とはならず、生き続けたがGFP漏れだしのために光った現象?
生き続けた細胞が漏れだし死に行く細胞は漏れださないのかな?
な~んか、ちぐはぐな感じだわ❔❓


270ふむ :2018/06/16(土) 09:01:10
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🌛 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 
✨ 💦 ❄ 💨 🎐 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 🕚 ⛔ 🌃 🔔 🔎☀ ✈ ✂ ✒
✌ ♠ ☺ ㊙ 🈴 ㊗ 🈶 🈚 ▶ ▶ ↩ 仮置き☔⛅🌱🐞🐜💏


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 STAP問題の全解に向けて、その23 (Res:901)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1イグノリッツ :2018/04/23(月) 05:53:11
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは

895名無しさん :2018/06/05(火) 18:58:14
チャンコロは豚で人間じゃない。中国人のためにも殺してやるべき。


896名無しさん :2018/06/05(火) 19:20:52
国際法は無いんだね。いいよ。ぶち殺してやる。くひひひひ。面白いじゃねえか。


897名無しさん :2018/06/05(火) 19:21:31
万国で滅びようぜ。きひひひひひ。


898名無しさん :2018/06/05(火) 19:23:04
今や、チャンコロしか殺せる豚いないぜ。地球には人間しか居なくなりつつある。
誰も非難しない。やろうぜやろうぜ。豚を殺そう。許される。


899名無しさん :2018/06/05(火) 19:25:25
人類がいい人の仮面をかなぐり捨てて狂暴になれる相手。それは今や
チャンコロ共産党だけだ。


900名無しさん :2018/06/05(火) 19:30:32
海岸べりにへばりついてる共産豚1億人を70億人の人類が屠殺して食っちまうという絵は
いい未来だねえ。せいせいする。習チンピラはチンピラごぼうにして食おうぜ。


901自死の自由を! 安楽死施設をつくりましょう! :2018/06/06(水) 01:29:28
自死の自由を!

安楽死施設をつくりましょう!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 潜水艦4 (Res:65)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1潜望鏡 :2017/12/29(金) 07:53:04
イェイ。

59:2018/05/24(木) 05:57:34
イェイ。


60:2018/05/24(木) 06:01:26
イェイ。


61:2018/05/26(土) 07:37:46
イェイ。


62:2018/05/27(日) 11:53:23
イェイ。


63:2018/05/28(月) 08:53:18
イェイ。


64自死の自由を! 安楽死施設をつくりましょう! :2018/06/01(金) 02:08:35
自死の自由を!

安楽死施設をつくりましょう!


65:2018/06/04(月) 11:43:26
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 潜水艦3 (Res:54)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1潜望鏡 :2017/12/29(金) 07:33:20
イェイ。

48:2018/05/24(木) 05:57:14
イェイ。


49:2018/05/24(木) 06:00:54
イェイ。


50:2018/05/26(土) 07:37:19
イェイ。


51:2018/05/27(日) 11:52:54
イェイ。


52:2018/05/28(月) 08:52:44
イェイ。


53自死の自由を! 安楽死施設をつくりましょう! :2018/06/03(日) 01:28:38
自死の自由を!

安楽死施設をつくりましょう!


54:2018/06/04(月) 11:43:00
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 (資料) 対訳博士論文草稿第三章 (Res:38)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1ふむ :2018/06/04(月) 10:54:23
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

32翻訳機 :2018/06/04(月) 11:30:26
24. Lee, J. M.; Dedhar, S.; Kalluri, R.I Thompson, E. W. 上皮間葉移行 - シグナル伝達、発生および疾患における新しい洞察。 J. Cell Biol. 172:973□981; 2006.

25. Lee, K. H.; Chuang, C. K; Wang, H. W.: Stone, L.; Chen, C. H.; Tu, C. F. 裸胚と胚性幹細胞をエッペンドルフバイアルに共培養することにより、キメラ胚の大量生産のための簡単な代替方法。Theriogenology 67;228□237; 2007.

26. Leitinger, B.; Hohenester, E. 哺乳類のコラーゲン受容体。 26:146-155; 2007.

27. Li, K.; Chuen, C. K.; Lee, S. M.; Law, P.; Fok, T. F.; Ng, P. C.; Li, C. K; Wong, D.: Merzouk, A.; Salad, H.; Gu, G. J.; Yuen, P. M. SDF-1αの小ペプチド類似体は、他のサイトカインとの相乗作用で臍帯血CD34 陽性細胞の生存を助け、それらの体外での増殖および非肥満糖尿病/重症複合免疫不全マウスへの移植を補強する。 Stem Cells 24:55□64: 2006.

28. Li, S.; Tanaka, H.; Wang, H. H.; Yoshiyama, S.; Kumagai, H.; Nakamura, A.; Brown, D. L.; Thatcher, S. E..;Wright, G. L.; Kohama, K. スフィンゴシルホスホリルコリン刺激後の血管平滑筋細胞における遊走およびアクチン再構築のための細胞内シグナル伝達。 Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol. 291:H1262□1272; 2006.


33司書 :2018/06/04(月) 11:31:32
(英文)
29. Lock, J. G.; Wehrle-Haller, B.i Stromblad, S. Cell-matrix adhesion complexes: master control machinery of cell migration. Semin. Cancer Biol. 18:65□76; 2008

30. Matsuda, R.: Yoshikawa, M.; Kimura, H.; Ouji, Y.;Nakase, H.; Nishimura, F.; Nonaka, J.; Toriumi, H.; Yamada, S.; Nishiofuku, M.; Moriya, K.; Ishizaka, S.; Nakamura, M.; Sakaki, T. Cotransplantation of mouse embryonic stem cells and bone marrow stromal cells following spinal cord injury suppresses tumor development. Cell Transplant. 18:39□54; 2009.

31. Mooney, D. J.; Vandenburgh, H. Cell delivery mechanisms for tissue repair. Cell Stem Cell 2:205□213; 2008.

32. Muny, C. E.; Keller, G. Differentiation of embryonic stem cells to clinically relevant populations: lessons from embryonic development. Cell 132:661□680; 2008

33. Nishikawa, S.; Jakt, L. M.; Era, T. Embryonic stem-cell culture as a tool for developmental cell biology. Nat. Rev. Mol. Cell Biol. 8-502□507; 2007.


34翻訳機 :2018/06/04(月) 11:32:13
29. Lock, J. G.; Wehrle-Haller, B.i Stromblad, S. 細胞 - マトリックス接着複合体:細胞移動のマスター制御機構。 Semin. Cancer Biol. 18:65□76; 2008

30. Matsuda, R.: Yoshikawa, M.; Kimura, H.; Ouji, Y.;Nakase, H.; Nishimura, F.; Nonaka, J.; Toriumi, H.; Yamada, S.; Nishiofuku, M.; Moriya, K.; Ishizaka, S.; Nakamura, M.; Sakaki, T. 脊髄損傷後のマウス胚性幹細胞および骨髄間質細胞の同時移植は、腫瘍発生を抑制する。 Cell Transplant. 18:39□54; 2009.

31. Mooney, D. J.; Vandenburgh, H. 組織修復のための細胞送達機構。Cell Stem Cell 2:205□213; 2008.

32. Muny, C. E.; Keller, G. 胚性幹細胞の臨床的に関連性の高い集団への分化:胚発生からの教訓。 Cell 132:661□680; 2008

33. Nishikawa, S.; Jakt, L. M.; Era, T. 発生細胞生物学のためのツールとしての胚性幹細胞培養。 Nat. Rev. Mol. Cell Biol. 8-502□507; 2007.


35司書 :2018/06/04(月) 11:32:57
(英文)
34. Pan, G.; Thomson, J. A. Nanog and transcriptional networks in embryonic stem cell pluripotency. Cell Res. 17:42□49: 2007.

35. Parameswaran, K.; Radford, K.; Zuo, J.; Janssen, L. J.; O'Byrne, P. M.; Cox, P. G. Extracellular matrix regulates human airway smooth muscle cell migration. Eur. Respir. J. 24;545□55l; 2004.

36. Passier, R.; van Laake, L. W.; Mummery, C. L. Stem-cell-based therapy and lessons from the heart. Nature 453:322□329; 2008.

37. Perris, R.; Syfrig, J.; Paulsson, M.; Bronner-Fraser, M. Molecular mechanisms of neural crest cell attachment and migration on types 1 and IV collagen. J. Cell Sci. 106(Pt4):1357□1368; 1993.

38. Poschl, E.; Schlotzer-Schrehardt, U.; Brachvogel, B.; Saito, K.; Ninomiya, Y.: Mayer, U. Collagen IV is essential for basement membrane stability but dispensable for initiation of its assembly during early development.


36翻訳機 :2018/06/04(月) 11:33:38
34. Pan, G.; Thomson, J. A. 胚性幹細胞多能性におけるNanogおよび転写ネットワーク。 Cell Res. 17:42□49: 2007.

35. Parameswaran, K.; Radford, K.; Zuo, J.; Janssen, L. J.; O'Byrne, P. M.; Cox, P. G. 細胞外マトリックスは、ヒト気道平滑筋細胞の移動を調節する。 Eur. Respir. J. 24;545□55l; 2004.

36. Passier, R.; van Laake, L. W.; Mummery, C. L. 幹細胞に基づく療法と心臓からの教訓。Nature 453:322□329; 2008.

37. Perris, R.; Syfrig, J.; Paulsson, M.; Bronner-Fraser, M. 1型および4型コラーゲンにおける神経堤細胞の接着および遊走の分子機構 J. Cell Sci. 106(Pt4):1357□1368; 1993.

38. Poschl, E.; Schlotzer-Schrehardt, U.; Brachvogel, B.; Saito, K.; Ninomiya, Y.: Mayer, U. コラーゲンIVは基底膜の安定性に必須であるが、初期発生時の組成開始には必ずしも必要でない。


37ふむ :2018/06/04(月) 11:34:29
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


38:2018/06/04(月) 11:41:51
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 (資料) 対訳博士論文草稿第二章<一部分> (Res:19)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1ふむ :2018/05/28(月) 08:21:21
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

13翻訳機 :2018/05/28(月) 08:33:38
2.2.2 小細胞の特性
免疫組織化学。タンパク質発現は下記に記された免疫組織化学法を用いて評価された。各ガラススライドはanti-c-kit rat monoclonal 抗体, anti-Sca-1 rat monoclonal 抗体または、 anti-E-cadherin rat monoclonal 抗体によって培養された。 PBSで洗浄後、細胞は goat anti-rat IgG Texas Red-conjugated 抗体と goat anti-rat IgG Fluorescein-conjugated 抗体で培養された。ES細胞検出キットを用いてSSEA-1およびアルカリホスファターゼ(AP)染色が行なわれた。<訳注:ピリオドが無い。ここも草稿である証拠の一つ。そもそも小保方さんはかなり粗忽な性格で、ケアレスミスはとても多い。博論の草稿を印刷するというのはいくら多忙でも粗忽すぎる。文章も切り貼りして校正するときに動詞が抜けたりする。>
単体スフィアの逆転写ポリメラーゼ連鎖反応。単体スフィアが個別に顕微鏡下に集められた。全RNAが各単体スフィアから抽出され、次にオリゴdTプライミング逆転写(RT)が行なわれた。 RT-PCRはiCycler上のTaqDNAポリメラーゼを用いて35サイクル行われた。


14司書 :2018/05/28(月) 08:38:07
(英文)
2.3 Results
2.3.1 Sphere forming from isolated cells
Trituration and optimistic<→osmotic> pressure produced spheres. Whereas, cell sorter did not produced any spheres. Trituration produced most number of spheres. Therefore, we utilized trituration as the isolation method of small cells.


15翻訳機 :2018/05/28(月) 08:39:02
2.3 結果
2.3.1単離された細胞からのスフィア形成
粉砕と浸透圧<ここでも続けてoptimisticとosmoticの取り違えがあるがoptimisticというのは楽観的という意味で誰でも知っている。こんな言葉とosmoticを取り違えたまま気づかないでいるということを疲れてるなと思わない人は悪意なだけの人。金をもらって悪口を書いている。>がスフィアを作った。一方、セルソーターはスフィアを作らなかった。<訳注:Whereasは前文を,で受けてwhereasと続くべきところ、草稿ということもあってこのような文章になっている。普通こういうところを読むと草稿だと気付くものだが難波氏や11jigenは悪意を持って読んでいるから気づかない。> 粉砕が最も多くスフィアを生産した。我々は粉砕法を小細胞の単離方法として採用した。


16司書 :2018/05/28(月) 08:40:33
(英文)
2.3.2 Effect of trituration
After the trituration, the population of small cells was increased comparing to native bone marrow cells (Fig. 3A and B). However not all of cells over 8 micro meters in diameter disappeared. Triturated cells formed spheres during culture.Interestingly, spheres were consisted of only small cells (Fig. 3C). Thus, it was demonstrated that trituration enabled to culture and grow only small cells.


17翻訳機 :2018/05/28(月) 08:41:28
2.3.2 トリチュレーション効果
粉砕後、小細胞の集団は元の骨髄細胞と比較して増加した(図3AおよびB)。 しかし、直径8ミクロンを超える細胞のすべてが消失したわけではない。粉砕された細胞は培養中にスフィアを形成した。興味深いことに、球体は小さな細胞のみで構成されていた(図3C)。 したがって、粉砕は小細胞のみを培養増殖させ得たことが実証された。


18ふむ :2018/05/28(月) 08:42:02
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


19:2018/06/04(月) 11:40:56
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 (資料) 対訳博士論文草稿目次 (Res:26)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1ふむ :2018/05/27(日) 11:26:21
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

20翻訳機 :2018/05/27(日) 11:41:09
4.3.1三胚葉代表由来組織からの球体形成 - 65
4.3.2三胚葉代表組織由来球体の未熟遺伝子発現 - 66
4.3.3三胚葉代表組織由来細胞の分化能 - 67
4.3.4生体内における細胞の分化能 - 68
4.4第四章のまとめ - 69
4.5討論 - 69
4.6参考文献 - 76


21翻訳機 :2018/05/27(日) 11:41:41
5.分離小細胞からのキメラマウス作製
5.1序論 - 81
5.1.1成体幹細胞とキメラマウス - 81
5.2実験 - 81
5.2.1球体によるキメラマウス作製 - 82
     A.凝集法
     B.注入法


22翻訳機 :2018/05/27(日) 11:42:12
5.2.2遺伝子型決定 - 82
5.2.3免疫組織学分析 - 82
5.3結果 - 83
5.3.1キメラ接合体の作製 - 83
5.3.2成長キメラマウスの分析 - 83
5.3.3キメラ胎児の分析-83
5.4第五章のまとめ - 84
5.5討論 - 85
5.6参考文献 - 93


23翻訳機 :2018/05/27(日) 11:42:43
今後の展望
6.1概観 - 95
6.2組織工学的再生医療用の細胞供給源 - 95
6.3今後の課題 - 96

付録 - 97
   •材料と方法
   •プライマー配列
謝辞
履歴書


24翻訳機 :2018/05/27(日) 11:44:56
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


25:2018/05/27(日) 11:51:50
イェイ。


26:2018/06/04(月) 11:40:28
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 (資料) 対訳博士論文概要 (Res:24)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1ふむ :2018/05/26(土) 07:10:31
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

18翻訳機 :2018/05/26(土) 07:26:35
(6) Haruko Obokata, Masayuki Yamato, Kohji Nishida, Satoshi Tsuneda, and Teruo Okano, 「新しい組織工学的方法のための細胞シートの皮下移植後の炎症分析」, TERMIS-WC, Seoul, Korea, August 31- September 3, 2009
(7) Koji Kojima, Haruko Obokata, Ana C Paz and Charles A. Vacanti. 「肺幹細胞からの肺炎球の生成」TERMIS-WC, Seoul, Korea, August 31- September 3,2009
(8) Haruko Obokata, Koji Kojima, Masayuki Yamato, Teruhiko Wakayama, Teruo Okano, Satoshi Tsuneda and Charles A. Vacanti, 「三胚葉各成体組織内在幹細胞の潜在能力」TERMIS-NA, Orlando, December 5-9 2010
(9) Koji Kojima, Haruko Obokata, Jason Ross and Charles A. Vacanti. 「羊皮症モデルにおける上皮細胞シートを伴う自己組織化工気管」TERMIS-NA, Orlando, December 5-9 2010


19司書 :2018/05/26(土) 07:27:40
講演(国内)
(10) 小保方晴子、大和雅之、西田幸二、常田聡、岡野光夫、「温度応答性培養皿で作製した口腔粘膜上皮細胞シートの皮下移植」、第6回日本再生医療学会総会、横浜、2007年3月14日
(11) 小保方晴子、大和雅之、西田幸二、常田聡、岡野光夫、「温度応答性培養皿で作製した口腔粘膜上皮細胞シートの皮下移植」、第7回日本再生医療学会総会、名古屋、2008年3月14日
(12) 小保方晴子、大和雅之、西田幸二、常田聡、岡野光夫、「細胞シート皮下移植後の急性期炎症反応解析」、第29回炎症・再生学会、東京、2008年7月8日-10日
(13) 小保方晴子、大和雅之、西田幸二、常田聡、岡野光夫、「ヒト上皮細胞シート皮下移植後の経時的炎症反応解析」、第9回日本再生医療学会総会、広島、2010年3月17日
(14) 小保方晴子、小島宏司、大和雅之、若山照彦、常田聡、岡野光夫、Charles A. Vacanti,「三胚葉由来組織に共通した成体幹細胞の探索」第10回日本再生医療学会総会、東京、2011年3月1日-2日


20司書 :2018/05/26(土) 07:28:33
国際特許
Haruko Obokata, Charles A. Vacanti.
Sub Population of Retained Embryonic Like Cells
(成体の中に存在する幼弱な表現系を有し、3胚葉系の細胞に分化することのできる幹細胞集団)

著書・著作物
大和雅之、小保方晴子 「成長因子」バイオマテリアルの基礎、日本バイオマテリアル学会、印刷中


21ふむ :2018/05/26(土) 07:29:17
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


22:2018/05/26(土) 07:36:02
イェイ。


23:2018/05/27(日) 11:51:19
イェイ。


24:2018/06/04(月) 11:39:49
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 (資料) 対訳ティシュー論文 (Res:90)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1ふむ :2018/05/24(木) 04:22:07
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩

84司書 :2018/05/24(木) 05:53:34
(英文)
This article has been cited by:
1.Alejandro Sánchez Alvarado, Shinya Yamanaka. 2014. Rethinking Differentiation: Stem Cells, Regeneration, and Plasticity. Cell 157:1, 110-119.
2.Laure Coulombel. 2014. Après les iPS, voici les STAP, une nouvelle méthode de reprogrammation en cellules souches pluripotentes. médecine/sciences 30:2, 214-217.
3.Haruko Obokata, Teruhiko Wakayama, Yoshiki Sasai, Koji Kojima, Martin P. Vacanti, Hitoshi Niwa, Masayuki Yamato, Charles A. Vacanti. 2014. Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency. Nature 505:7485, 641-647.
4.Stephen F. Badylak, Doris Taylor, Korkut Uygun. 2011. Whole-Organ Tissue Engineering: Decellularization and Recellularization of Three-Dimensional Matrix Scaffolds. Annual Review of Biomedical Engineering 13:1, 27-53.


85翻訳機 :2018/05/24(木) 05:54:15
この論文は以下に引用されている:
1.Alejandro Sánchez Alvarado, Shinya Yamanaka. 2014.分化を再考する:幹細胞、再生、および可塑性。 Cell 157:1, 110-119.
2.Laure Coulombel. 2014. iPSの後、多能性幹細胞の新しい再プログラミング方法であるSTAPがここにある。médecine/sciences 30:2, 214-217.
3.Haruko Obokata, Teruhiko Wakayama, Yoshiki Sasai, Koji Kojima, Martin P. Vacanti, Hitoshi Niwa, Masayuki Yamato, Charles A. Vacanti. 2014. 体細胞の多能性への刺激惹起性運命変換。Nature 505:7485, 641-647.
4.Stephen F. Badylak, Doris Taylor, Korkut Uygun. 2011. 全身組織工学:3次元マトリックススカフォールドの脱細胞化および再細胞化。Annual Review of Biomedical Engineering 13:1, 27-53.


86ふむ :2018/05/24(木) 05:55:25
😭 😃 😵 😒 😣 😝 😍 😆 😔 😳 😡 😱 👿 💀 👹 🐝 🌅 👰 👩 
👦 👧 👮 👪 👫 🙇 🙈 🙊 🐰 😸 💪 👍 👎 👉 👊 👋 🙏 🙌 🙅 
🙍 🙋 👏 👣 👅 💋 🐦 👻 💩 🌠 💚 💜 💙 💞 💓 💖 💕 🎼 🎻 
🎷 🎺 🎹 🎥 🎶 🎵 🎧 🔊 📞 🔫 🚓 🍸 ☕ 🍰 🍶 🍻 📡 🔑 🌈 
📖 🆖 ⏫ ⏬ ❎ 🆘 🅿 🆗 ⏪ 🔙 🔜 💸 💐 🚨 📠 🏣 🏢 🚢 🏦  
🏭 ⛵ 🚇 ⚾ ⚽ 🏈 🎿 🎆 🍀 🏊 ♨ 🎲 🎌 🎳 🎢 🌁 🌟 💢 📹  
📺 📱 💻 📷 💊 ⏰ ⌛ 🗻 🗾 🗽 🍓 🍌 🍒 🍮 🌀 🔓 🔥 🔰 🎴 ✨ 
💦 💨 💉 🍷 ❗ 💡 🚧 🎏 🕖 ⛔ ☀ ✈ ✂ ✒ ✌ ♠ ☺ ▶ ▶ ↩


87:2018/05/24(木) 06:00:03
イェイ。


88:2018/05/26(土) 07:35:15
イェイ。


89:2018/05/27(日) 11:50:22
イェイ。


90:2018/06/04(月) 11:39:24
イェイ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード