■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

現代文学のちょっとした裏話・第4巻
1 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 20:31:28 ID:3vQTNId.
                                    i
                  / ⌒ 丶           i
                 /        丶         l、   , ノ  、 、
              /            丶        l;   l(● ●)l    -  - 、
               .|               ヽ       ノl l   | (_人_) |  /(● ●)ヽ
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐ヽ     ノ‐--ゝ(_人_) ノ:::-:::;;;;
      |||      |                       |     '! |  U  U    U  U     ..|||
      |||      |                       i  . ノ .| 現 代 文 学 の       |||
      |||      |                     /   |                      |||
      |||      |                    /   l   ち ょ っ と し た   |||
      |||      |                   i   /   .l                    |||
      |||      |                   /   l                裏 話  |||
      |||      |                   /    l                      |||
      |||      |                   !/     l              .(第4巻)ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||      |                    !  l                 ./ /!!!
      |||      |                    i   i .l                  ./   / |||
      |||      |                     ! l     (⌒        /    / |||
      |||      |                     l   :'´ ̄::`ヽ      /    /......|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!   i:::::/l/リヽハ   /     ./.. ...|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.   |:iイ・_,_,・.リ|  .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /    |:l:l(つく!つ     ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /    人:く/_|l〉人        ) /.   ..|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ ____`'し'ノ"       ノ      ..l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|


※このスレは、戦後の作家たちのエッセー等から、その生き様をやる夫化したものです。

 その中でもある編集者であり作家の生き方をメインに据えています。



【前スレ】
現代文学のちょっとした裏話・第3巻
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1319973753/

【過去スレ】
現代文学のちょっとした裏話・第2巻
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313333383/
現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1307188912/

これまでの話は、以下のまとめサイトでまとめていただいております。
「ぶらりとやる夫」様
 ttp://buraritoyaruo.blog79.fc2.com/blog-entry-386.html
「やる夫短編集阿修羅編」様
 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-category-72.html

2クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 20:43:58 ID:3vQTNId.
今日21時から投下いたします。

3クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:00:02 ID:OSXRF5aA
スレたておつ
今更な質問で恐縮なんだけど、清水義範ってこのスレでどういう立ち位置なの?
狂言回しっぽくちょくちょく出てくるけど

4クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:03:03 ID:3vQTNId.
>>3
第三の新人の流れでは出てこないんですが、
文学史的な面では分かりやすい本が多くて狂言回しやってもらってる感じですね。

どちらかというと作家というよりも「観察者」みたいな感じですか。

5クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:03:49 ID:3vQTNId.
というわけで、時間になりましたので始めます。

現代文学のちょっとした裏話。

6クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:04:04 ID:3vQTNId.
【阿川佐和子のこの人に会いたい】

     |    | ̄ ̄| ̄ ̄|三三|       ├┬─┬┬─┬┬─┬─┰─┤  |   |            , ⌒⌒ヽ 
     |    |    |    |三三|       | |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,| /////ヽ,|  |   |            リノヽ、卯)  
     |    |__|__|三三|     _|______________/|  |   |            §、゚ ヮ゚ノミ . 天国から
     |_____________| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||_|/∧            ( ∪ ∪  お約束かしら。
     ////////////////////////////|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|///// ヽ            |   |    
   //////////////////////////////////////////////////////////////  |ヽ            ) /
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄  .|            ν′  ヒョーン
     |               _____                   |  /| |
γ⌒ヽ  ∵∴ ̄ ̄|三三|.     |三||───||   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|三三三| .|  |/ |
;;(;;;;;;;;;;;;)∴∵∴   |三三|.     |  || 「 「  ||   |      |      |三三三| .|.    |
二二二二二二二二二二二二二i.  ||o.     || i二二二二二二二二二二二二二二二二二  
二二二l二二二l二二二l■〒■| |  || 「 「  ||  |狂人注意 二二l二二二l二二二l二二二l二 
二二二l二二二l二二二l二二二|_|_||___||_|二回二l二二二l二二二l二二二l二二二l二  
二田二l二田二l二田二l二田二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
二二二l二二二l二二二l二二二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
         _
       .,'´r==ミ、
       i 《リノハ从)〉
      从(l|゚ ヮ゚ノリ
        ⊂lj京iつ
         ぐ/_l〉
         し'ノ

7クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:04:21 ID:3vQTNId.

                                              ┏━━━━━━━━┓
                                              ┃  /        \  ┃
                                              ┃/ / ̄ ̄\   \┃
                                              ┃ /   _ノ  \   ┃
                                              ┃ |    /゚ヽ/゚ヽ ..┃
                                              ┃ |      (__人__)..┃
                                              ┃ |     |'|`⌒´ノ . ┃
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\                       ┃ .|.    U    } ..┃
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|ヽ                   ┃. ヽ        }  ┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.|_,ハ                       ┃  ヽ     ノ .. ....┃
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 「>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                    ┃    /    く .   ┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∠__/|:.:.:.:.:/:.:.:.i:/                   ┗━━━━━━━━┛
           /:.:./:.:.:.:.:.:/// ハ:.:.:/イノ{
           1/|:.:.:.:.:</:.:/ /:.:.:.V   /
           | |:.:.:, ィ:.:.:.:.:`ン/:.:.{.__, ′
            /イ/ ̄/<__/ヽ|
            , イ       `ヽ
            .| /    /_二二ニ\
          ,. ´|.ト 、  // 厂 ̄ ̄ヽ!
            ヽ|_\`´/ /     .{
          , ´ ̄} `ヽ´_イ     _,ハ
             !   「 ̄ ̄ ̄--┤
             /    ト、_/ /
            .「     ゝ._, イ

8クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:04:37 ID:3vQTNId.

 i゙ /:/ .i:::::l::::::::::/l:::::/ |:: ト;:::::::::::::::::::::::::l:::::.ヽ:::::::::::::::::l::::::l::::::::l`ヽ、.   \
 |./.:.:/   .l:::::|::::;;;;_i |:::/  |::|.ヾ、::::::::::::::::::::ト;:::::|ヽ:::::::_;;ィ|!:::::l::::::::l   l:ヽ、 /
 ゙ー,ァ゙   |:::::|:::::::::l`l'''ト、 |::l ヽ`''、:::::::::::::l.ヽ;::l_,,>f´::::::|i;:: |::::::::|   |;;;;j.,/
  /(._   l::::::l::::::::::l l:|. `'ヾi、  \ \::::::::;lィ'i´!  i:::::::::| |::|::::::::::l  { ヽ、
. / /`iヽ,|::::::::|::::::::| __l|____ヽ,\  \ ヽ:/::レl;|__,l:::::::| .|;l:::::::::::| ,イiヽ, .〉
/ ./:::l |:|:::::::::|i::::::Ki゙f::::iiii::''Tミ     ヽ `夊T'''iiiii::li;::|>i}!:::::::::::l}イ |:l:::i∨
ヽ. {::|:| |::|::::::::::ト、:::| ゙わ::;;;;::リ         わ::::::::;;ハリ./|:::::|::::::l::|  |:!:::!
 `|::|:| |:::l::::::::::l::|ヽ{. ゞ=''"'         ゙ゞ=='彳   |::::l::::::l::::l  |:|:::l
  |:::|l:| |_;;;l::::::::l::l, ゙ヽ         l            l::::l:::::;il__:|/l|::::|      北さんが亡くなられてからまだ日が浅いのに、
  |::l .゙i'-{ |l;::::::::l::l、                     ,イ:::!:::::,!.l .|~i、|.|:::l      今日はご自宅まで押しかけまして……
  .|:l. レ゙l::::l l;::::::::l:|.ヽ                 ./リ::/::::/ l:::l .|. V::リ
  ヾ/  l:::l l;::::::::l|.  \        ´ `      / /::/::::/ .|::i゙ l  |:/
   i.  |:::l トi;::::::'l.   `i、          ,,ィ゙   /::;':::::/ l::l l .j
   .l   !:::| l ヽ;:::i     l,,__`''ー 、 __ ,, '''´ _l   /;:イ::::/  l:リ / /
    ヽ   !:::l | ヽ;:l     | `''ー、   ,,ィ''´l   /' /:/  /:'./ /

                 【阿川佐和子】

9クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:04:54 ID:3vQTNId.

             _
              (:.:.:.ヽノし'⌒ヽノ⌒ヽノ⌒ヽ
          ノしヘ,):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
           ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(.,ノヽ
       (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       _こ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(ノ、
      (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  -   -  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)、
        ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ´       `  、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;_:..
        (_:.:.:.:.:.:.:.:.:/                 \:.:.:.:.:.:.:_;ノ}:.ヽ
.       ):.:.:.:.:, '                 ヽ:.:.:(:.:|:i|:.:.:.)
.       (_:.:.:.:.:/   / /  /     ヽ   \  ',:.:.:_)|i:|:.:(
         ):.:′   / /  /  l! l     l   l l  l:(:. :|:i|: :.:_)
         (:.:/l  l  l l l l  l l! l   l l   l l  l:.:_):|i:|:.(
         )l l  l  l l_l l  l l! l l_l_l_ l   / / /(: :/:i/:.:._)
         (;,il ll l イ´l l l  l l! ´l l l l`ヽ / /:.:.:)/i:/:.:ノ
           川ヽ  ヽx≠=  l八ヽy≠=ミ / /:.:.(/:i/:.ノ〉
         《》从\《 f斧抃    斧抃》ムイハ:.:/i:/:.ノ/
.          /// l lハ 弋ツ     弋zツ  l l|iノ/乃》_:/        いえいえ、佐和子さんにはお通夜にも来ていただいて、
         /// ノノ 人 '''  ,   '' /\川 /:/}:{}:{        ありがとうございました。
.        〈〈,,}三三三ニ=-  ー    /三ニ\}´ | }:{}:{
.          {三三三三三ニ=-=≦三三三三ム,;| {:}{:}
            }三三三三三《薔》三三三三二ニ}|   |
.           {三三三三三从乃三三三三三ニ{i;|   |
        {三三三三二ニ=ニ二三三三三三}八   |
  厂三二ニイノ:.:./三/:_:_: :_:_:{三三三三三三{ヽ ヽ|
  ⌒ーァー=ニ二フ:.{⌒ヽノ⌒ヽノ⌒ヽノ}`ヽ: :.:ヽ  \ |
 厂三二ニイノ´/:./)   }     }   ノ /⌒)ーミ厂二ニィノ
 ⌒ーァー=ニ二フ (/ )  {   {   ' / く二 /⌒ァー=ニ ヽ:..
 厂三二ニイノ:.:.: ヽ_)  ヽ   ノ ' /{ У、/:.:.:厂二ニイノ:.:\
 ⌒ーァー=ニ二フ:.:.:.:.:.:\       /:.//ー‐':.:.:.:.⌒ァー=ニ ):.{こ}ヽ
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽニニ∠_ノノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:厂二ノ:.:.{こ}:.:.:

10クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:05:04 ID:OSXRF5aA
>>4 了解 清水義範大好きなもんでw
彼の結婚エピソードとか短編でやってみたいなーと思ってるくらいw
あと、トリップはずれてますぜw

11クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:05:11 ID:3vQTNId.

.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|      ご葬儀はお身内だけでされたそうですけど……
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|      北さんは元々、
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ      「通夜、葬式は一切やるな」
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l       とおっしゃってたんですよね。
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \

12 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:06:01 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶



宮脇さん、私たちが死んだら、        / ̄ ̄\
どうしましょう?               /       \        ___
                        |::::::        |     /     \        葬式とかやらなくていいと思うお。
そうですね、                . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
私たちが食べれるわけじゃないから、   |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \    
精進落としの鮨もいらないし。     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |    
                       .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/     お供えの花だって、
香典もあとで面倒なことになるから、     ヽ::::::::::  ノ   |           \      食べられるわけじゃないからいらないお。
やっぱりいらないかなあ……         /:::::::::::: く     | |         |  |
                  -―――――|:::::::::::::::: \ -―┴┴―――――┴┴――
                          |:::::::::::::::|ヽ、二⌒) 【宮脇俊三】


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |    はい、何もしてくれるなと。
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´x=ミ     x=ミ } | ヒシ''′ |   |    昔から、お隣に住んでいた宮脇俊三さんと2人で、
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |    うちで飲みながら延々と、
      | j l ||丶   ー '  イ`ヽl l      |   |    「自分たちが死んだらどうなる」という話をしてたんです。
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

13 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:06:22 ID:3vQTNId.

            /..:. ,..:..:..:..:..:..: ;...:..:..:..:..:..:..:..:..:.} .:..:..:j.:.. ',..:..:..:..:..:..:..:..',
            /..:..:.i..:..:..:..:..:..:..{...:..:..:..:..:..:..:..:..リ .:..:..,'..:..: i..:..:..:..:..:..:..:..:|
            /.:..:..:.i.:i..:. {:..:..: ハ..:..:..:..:イ..:..:../} ..:..:/::}..:..:|..:..:..:..:..:..:..:.. |
           ,′..:..:.l.:|..:_」:..:..:.|ハ :..: | |..:..:/ 」:..:.厶ハ..:...|..:..:..:..:..:..:..:..:.|
.          ゙ .:..:..:.l八..:.{ \:「` \::| |:../'´ |/ノ ノ|/|..:..: .:..:..:..: |.. '、
.         ノイ  :..:...:..:|r‐ァ弌トミ. ヽ |/  ィ弋ア'フトvリ..:..:.}.:..:..:..: |..:..:、
         | ..:.ハ.:..: ハ 弋゚:::::リ        ゞ゚:::::ノ丿..:..: ,゙.:..:..:..:..|..:..:ト、
        │ ..:{:.ヽ:..:、`  "´            ¨´ ´/..:..:/...:..:..:..:.リ..:..:| \
.          |:∧..:.:..\⊂二⊃   ,:      ⊂二⊃../..:..:..:/ :/..:.ハ:|       あの2人、私が小学生のころから、
            |  ',:..:..'.:..\     丶       //..:..:..:/..:/|.:/ リ       ずうっとお葬式の話をしてたんだお。
           \:..'.:.∧        _       //..:..:./..:/. j/
.              \ト、..丶、 `ー´ `ー´   イ..:./..::イ   /
                  \| ` ._      _,  ´//|/
                     _  -‐个ー ´_,,....  -┴──‐
                | : :| ̄|l: |   j「: : :|: : : : : : : : : : :│

                   【斎藤由香】

14 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:06:45 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                     _,  ―‐、__
                  _ . :           `ー、
               ..::´               \
            /         .          ヽ
         イ:                      :',
       //                      :.i
       /:./                      . l
        l:/i                       |
        ! |:                       .|
           | /ヽ: i                     :i |
           | !  i l           i        :i ハl            ・ ・ ・ ・ ・ ・
           レ'ヽ ! :!:.ト、      .l i     i: : ? }'
           iゝ' .ヾ、 \     l l    / /
           ?:.ヽ .ヽ \:.i   l l  / /
              !ハi: ハ:   `!   l / /
                 !∧ ?        ?
                    ーNヽハ人从?从ハ!
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
             /___          ___ヽ
    , -―‐  ̄ ̄         ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄  ――- 、

                 【阿川弘之】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|      北さんにはうちの父も何十年と仲良くしていただいて、
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|      一緒に海外旅行にも行って、対談も数えられないほど……
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ      北父娘と阿川父娘の座談会なんてのもやったりして……
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'       それだけに、北さんがいなくなってしまって、
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./       父は大変さびしがっております。
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \

15 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:07:02 ID:3vQTNId.

                                              ┏━━━━━━━━┓
                                              ┃  /        \  ┃
                                              ┃/ / ̄ ̄\  \┃
                                              ┃ /   ⌒  \  ┃
                                              ┃ |  ミィ赱、i .i_r赱 .┃
                                               .  ┃ | ::::::⌒ (__人__) ┃
                                          . .   ┃ |     トエエエイ ..┃
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\                      ┃ ヽ     `""´}  .┃
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|ヽ                   ┃.  ヽ     ノ  ...┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.|_,ハ                       ┃   /    く     .┃
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 「>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                    ┃                ┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∠__/|:.:.:.:.:/:.:.:.i:/                   ┗━━━━━━━━┛
           /:.:./:.:.:.:.:.:/// ハ:.:.:/イノ{
           1/|:.:.:.:.:</:.:/ /:.:.:.V   /
           | |:.:.:, ィ:.:.:.:.:`ン/:.:.{.__, ′         でも、こうして北さんのお写真を拝見していると、
            /イ/ ̄/<__/ヽ|            何かあったかい気持ちになって、
            , イ       `ヽ            あんまりしんみりしたくないような……
            .| /    /_二二ニ\
          ,. ´|.ト 、  // 厂 ̄ ̄ヽ!
            ヽ|_\`´/ /     .{
          , ´ ̄} `ヽ´_イ     _,ハ
             !   「 ̄ ̄ ̄--┤
             /    ト、_/ /
            .「     ゝ._, イ

16 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:07:21 ID:3vQTNId.

                  . -――- .、
               /: : : : : : : : : : : >x
               /: :/: : : : : : : : : : : : : :ヽ
             f: : : /: : : : : : : : : : : ,ヘ: : : :ハ
             .′: /: : : : :/: : : :/   ∨: : ハ
            i: : :{!: : : :./: : : :/    V: :i: :i
            |: : :l!: : :./: :.:/`     ⌒.: :l!: :}
             j:/: j!: : f: :ィ==x    ィ=、 .: :!: !j
            /ハ: { ∨i:ィキ:::::q`   .f:::::q レ1:从    私もそう思ってるんだお。
           ノ ∨ゝヘハ l::::::リ     l:::::リ/: y/
               j/ヽ: : ⊂⊃ __,  ⊂⊃:/      やっぱりこの家の中にはずうっとユーモアがあったから。
                ヾ\: ≧、 ー’z≦ィノレ′
                    _.イ¨ゝ. ,ウヽ _        父のソーウツ病で家族がどんなに困らされたときでも。
             / ̄ ̄  ! /i゙ヽ.イ   `i
               /  ヽ     Y::::[l::::::ン   i |
              ./     }/  ヾiハ/シ    \
             /     ./       ヽ/        ヽ
            ./.     {                  }
         . ′      .                 ィ
        /      /ゝ._         イ |
        /        ./ /           |: |
     ./        ./   /               |: |

17 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:07:36 ID:3vQTNId.

                    -‐:::::::::::::::::::‐-
                   /.:::::::::::::::::::.ヽv.:::::::::::.\
                  /:::::::::::::::::; '''"  ̄`゙丶::::::::::::.、
              /::::::::::// _,. -‐=‐-  \:::::::::.、
             ,《 ̄j 7::i/.::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ:::.∨ハ.
           '::7///.:::「::、/.::::::::::::/.::::::::::}::::::}::::::',._}}:.
              ::/ L.イ::::::l:::/\::::::::/ .:::::/:厶::::::::::::::トく::.
.            |:{ / |::::::_厶=ミ:X/.::::/l/斗ミ}:::/:::∧〈ハ
.            |::YL|」:l:::Y゙し.::j{ 厶イ  イしi{ 》/.::∧ _》::i      北さんは一昨年、足を骨折されて。
              |//|r‐'|::::::lV:ツ     ヒ:ツ //.::::∨:|:::|
             《/_八 {|::::::| :::.:    '  .:::.イ.::::::::::::ノ::::|:::|      でも、それ以降もお元気でいらしたんですよね。
             |:::::i::::`ト::八、   `   ´   .イ::::::::/.:::::ノ:::|
             |:::::i:::::八:::::::::> . _ . ≦::::|:::::〃::::::/{::::ノ
             |:::::i:::(::::::::::::::|     {   |:::/ ̄{:/`X、
             人::::>''^ヽ:::::|       从,′  {
                     )'

18 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:07:55 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                            , ― 、
                           f    i-、―‐- ...、....._
                         _, -‐ト、_  _,! .)=-― = '__ ゙L,
                        /   lヽl_ ̄ .l ./      ~ ̄
                       /   └.ヽ~7 ̄/
                      ./...,,,_     /  .イ
                     ./'''-/ヽ       ソヾ
                     r'~''y  i     ,='  l
                    i  ./   .ト-=ェ,,-='´   .l       __
                  ,._,.;' __/_   .\ . ̄i    f    _,/、 ヽ
          __,,,..._,,.. -==ζ巛,ノ ̄ヽ    .\ l   .l`''''~~ ̄    ヽヾ、
  ェ-ー==''''' ̄ ̄                   ゙l   .l       _,=ノミ ヽ
                              .l 彡 l==--― ''''~~   ヽ」
                              }   l
                              l   l
                              l   l
                              l   .l
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |    ええ、年相応に弱ってはおりましたが、元気でした。
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |    10月のはじめには、娘に連れられて、
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      `ー'゙ .|  ∨//    |    !     ゴルフを見に行ったくらいで。
          }  |ヘ `ー'゙  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     マフ      ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、   ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |

19 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:08:12 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_  \
           (●)(● )   |
           (__人__)     |
           (`⌒ ´     |
            {         |             パパはゴルフなんて興味ないだろ……
            {        ノ
        __    ヽ      ノ          __
        | |=====>    く=============| |
        | |   / l      ヽ        | |
        | |  / /l     丶 .l        | |
        | |  / / l      } l ̄ヽ____| |
      / ̄ーユ¨‐‐- 、_    l !__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `-  {し|     /  | |
  /    ヽ        `ヽー、}   ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          */ /" `ヽ ヽ  \
    / ̄|  + //, '/     ヽハ  、 ヽ  +     私が石川遼君のファンだから、
    | ::|  .〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|        無理矢理ゴルフ場に連れ出したんだお。
    | ::|x レ!小l( ●) (●)从 |、i| .人
  ,―    \   レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/ `Y´     足のリハビリにもなるし。
 | ___)  ::|  ヽ、  ゝ._)   j //
 | ___)  ::|+  ヘ,、 __, イ/   十        父は興味ないって言って嫌がってたけど。
 | ___)  ::|r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
 ヽ__)_/ .{  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

20 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:08:29 ID:3vQTNId.

              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |          まあ、あれが過労になったんじゃないかという説もありますけどw
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ
     | | /    j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_
     | | |       ク ∧/r-┴-┤ リ  r,i'__
     | | |   vy/\ 'Z  ̄二二ユ_tvf_j’!-yt
     | | | \|Y    \‘了  ー‐‐ナー >yf\/ィ゜
     | |/i⌒しヤ     |乙__ニニナ  Z |   |r'
     | | Yセ√       |z' 七二,__ Z j   |
     | | <ノ        /k_,u,rセr,   ^it'/ /

21 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:08:47 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                          , ‐-..,- ==. -─- _ ,                / ̄\
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          / -`/ /´v/     ヽ- \              |    |
     ” _  _ __ヽ.        {   ハ  ハ   ハ   \ \             \_/
    | | | || ..V.        /  Y ハ,{_、, / ハ  トノ   ヽ             |
     |   /  ノ  | `ヽ |ヽ       |    ∧ iリ ト刈   ヽヘハj:l ト }          / ̄ ̄ ̄ \
     | /  ●    ● | ヽ       |    |リ.{トッリミ●    ●.仆〃        /   ::\:::/::::\
 ∬   (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l  )      |    | |(,| 从ミ:ミ》 、_,、_, ⊂⊃|jハ〉      /   <●>::::::<●> \
  ・━i⌒ヽヽ  (_.ノ   ノ         |    |.{ |  ゝソ (_ノ   ィ ! /       |     (__人__)    |
..    ヽ  ヽw>、 __, イW         |   | リ|  |⌒ゝ ‐rァ<: | |         \     ` ⌒´   /
     ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |\       |   | / |  |  ∨ン^メilヽ| |           ̄(⌒`::::  ⌒ヽ

      【斎藤茂吉】                 【斎藤輝子】               【斎藤茂太】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

               . -‐…=…‐- .
         _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::、,:::,::::::::、::::::::::::::::::::::\
.       ,::::::::::::::::::::::::::/ !|    \::::::!::::::ヽ::::::、
       i::::::::::!::::::::::::!:」_リ      __、:」_::::::::!::::::i
       |:::::::::|:::::::::::∧!   `   ´  jノ i:!:::::|:::::::|
       |:::::::::|:::::::::::i! ,ィ==ミ    ,ィ==ミi:!:::::!::::::i
       |:::::::::|:::::::::::|ィfi!::::r!     i::::r! リ:::::::::::/       亡くなる1週間前には、青山墓地まで、
        j |!:::::::::::::::::ト.ゞ辷ソ     辷ソ /:::::::, ′       祖父と祖母と茂太伯父さまのお墓参りにいったんだお。
       从:::::::ヽ:::::::ゝ       丶  ム:/
        \::::::!\{、   、 _ , __,   .イ ´           4日前にも近くの公園まで散歩したりして……
             )ノレハト ..  ‘ー′/jノ
              ,. -}    ≧==r_´
        . -―∨ ヘ      |ー、ニ _、- .
       /      ∨ .ヘ       ヽ、ヽ.  ヽ
      /         ∨ ヘー‐-   -―ト 、 !.  !
.    /         ∨ \       ト. | \ |
.     /           \ / \ _ ,.  !. ∨   、
   /                \ / \ ヽ. !.∨      \
.   /   ヽ  ,i!ヘ}          `<_\У>′        \
  /      ∨∨ ,            `"´

22 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:09:12 ID:3vQTNId.

.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l         それが急変されたのは……
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \

23クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:09:25 ID:OSXRF5aA
しかしまー、好き嫌いは別にして中学のころから国語資料集で見ていた顔が
次々と亡くなって行くのは寂しいもんだねえ

椎名誠もこないだTVに出てたけど、見てて「年食ったなあ」って思ったし

24 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:09:28 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                                      /
                                      /
                                /
                                /
                                /
                            />
                       / < /
                         /\  \
                    /\   /
.                 /\   /
                    /\   /
              , --、 /\   /
          (___./\   /
             /\ \    /
          / /\ ヽY⌒ヽ
.          / ./  /\乂_,ノ、
     f⌒V/ , イ   /   .〉
     |   ト、_{  \_/{   /
     人  |      ヽ.>‐く
   /   ノ \ ノ    /  .}|
.  /    /  } \. 八__//
  l    /  |    \   /
  |   /   ノ     /
.  j          /
 /            /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前々日にインフルエンザの予防接種をしたのです……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

25 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:09:49 ID:3vQTNId.

          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒( l )ヽ    |
    l  lヽ      )>       /            なんか……眠い、だろ……
   /    ヽ\   `(__,( l ) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、そのあとに、とても眠たがって……

 ちょっと変だな、っておもったんです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

26 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:10:08 ID:3vQTNId.

    ,. -‐──────‐‐- 、
   /               ヽ
.  /                  |
.  |        ,人 __ __     |
.  ヽ        }  ( Y )     |
   ヽ     ノ  (○)(○ )     |        少し吐いちまっただろ……
   /    く    \  /~   /
   |     \.    \__/
    |     |ヽ、二⌒)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 翌朝、起こしに行きましたら、
 「ゆうべ、ちょっと吐いちゃったよ」
 と申しますので、お昼は軽めにしたのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

27 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:10:31 ID:3vQTNId.

               , '   ̄  ヽ
              /:::::::::::::::    .}             ,
             /::::::::::::::::::   ;
             /:::::::::::::::::::::::::::::/
           __,l__:::::::::::::::/            ,
          _rV二二ミ≧ー=7´  ヽ     。
        / /:::::::l::::::::::::::::::/    }
       /:::::::{:::::::::、:::::::::::::./    /
      :::::::::::::::::::::::::::',::::::::::: ,'   ,/
     ::::::::::::::::∧:::::::::::',:::::::::,'::::::: , イ
    :::::::::::::::/¨\:::::::::::,::::::{  :::::::y\
   ::::::::::::::/     、:::::::::、\::::::::::::ヽ ヽ
  :::::::::::::/       ∨::::::::',:::::\::::::::::}ーっ_,´ ̄l
              \:::::::::::' ,:::\:ノ  、ニ)、{
                \::::::::ー-:::::::\\)  7ー-  _
                 ト、:::::::l/::::::::::::::´/         ヽ
                 \:::::::/ \_ /             ヽ
                   V \   ー-:::::::::::::.........,,,,,,,,,,,,   \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お昼を食べ終わったあと、ズルズルッと床に滑り落ちてしまいまして……
 抱き起こそうとしても起きられなくて……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

28 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:10:45 ID:3vQTNId.

            ___
              :/      ヽ
          :/       ヽ:
            :ハノ  ヽ、__   ゝ: .....
          。(○)(○)。)::  | ーーー 、.
           (__人___)    |       \:         救急車……呼んで、欲しいだろ……
            / `:j⌒:。    /⌒゙ ヽ      ヽ::
         :/  八;;_ 、__ / _|   i ,!  i_/_   |:
        :/  /  ;` ´   .|.   |/     i:
        :/  /  ;   `ーテー|    |ハ      |:
        /  /   ゚ .   /   ..|,..,.;;,..,| |       |─- 、.
         /  /   ゜   イ     }::::| !     ! )   ):
   , --‐-ー、_ /  。     \__,}:::::|::::\   /^ー-‐'
  く / / ァ- ,ノτ゚υ'゜~ (::::::::::::::::::::::::::::::::::::) ̄
    `ー' ー´ ̄        ).::::::::::::::::::::::::::::::::::)
              (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
            .::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「救急車呼びましょうか」といったら……「呼んでくれ」と。

 それで病院に行きました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

29 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:11:00 ID:3vQTNId.

       _,,,,,,,,,,,,,,,,_
     ,ィイリ川川川ミヽ
    /ミミl川川川川川ミヽ
   iミi'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ヾミ!
   i彡i         iミ!
   iニ! .━━ i ━━ ミミi
   |rl  <●>) (<●> ミミi         血圧が低くて、白血球が異常に多いですね……
   i♭     ! `   .ir)
   ヽ|    (.、_ .)ヽ  i-'         緊急の必要はないですが、念のため入院しましょう。
    ヽ   __,、_   /
     ヽ ´ --- ` ノ 
      l\   _/l     
   _/ \  ̄´ /lヽ _
     .i  \ /  i \
   . / \  /~ \  /  ヽ
   .ヽ  ヽ )-( ヽ/    >
    >   Y  ヽ/   <
    \   ヽ  /    /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お医者様から血圧がかなり低くて、白血球が異常に多いといわれて。
 入院することになりました。

 緊急の心配はないというので、その日は家に帰ったのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

30 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:11:17 ID:3vQTNId.

、´ , l::::::::::|ヽ::::|||`゛|‐ 、::::|||`、::::::::::::::::::::::::::::::/::,::::::::|::::::::::::::i|
||`´/|:::::::::| ヽ::|,|==-、::゛┼、 l_::::::::,::::::::::::::::::/:::l::::::::|:::::::::::::::||
||||/::|::::::::| -r" / 0 , 、l`,:|t、 lT、:::::::::::::::::::/|:::l::::::,::|::::::::::::::, l-
/::/|::::::::|  l l (::)、l |`′  ||`,:::::::/:::::/ |::/::::/:::::::::::,-´
:/:/ |::::::::|  ヽ.ヾ、___,/       ′l:::/l::×、l:/:::::/::::::::, ′
'::/ .|::::::::|   >‐- 、       |/_|/_  /|:::/::::::::/   ・
:/ |:::::::::|                '/,‐rT //l:::::::,/    ・
ヘ |:::::::::|             、 lU /,| /:::/:::/l    ・
|||l |:::::::::|             ノ 、`‐' ' /:::/〆:/:|    ・
ー/:::::::||−、      ,-==-,  ` ‐ ハ '':::::×||      ・
||l:::::::::::|||||||l     /-、  /    /::|ヽ::_,.-┘     ・
||l::::::::::::||||||ヘ   (   `/    /:::::| ヽ:::::`T‐、    ・
|||i::::::::::::||||||l    ヽ /    ./ |:::::| ヽ:::::::ヽ`、
||||l:::::::::::||||||||ヘ   ー`    , ‐l´l .|:::::| 丶::::::::ヽlヽ
||||||l::::::::::|||||||||l     , -‐'´ -‐、:`、|:::::|  ヽ::::::::ヽl \
|||||||l::::::::::l||||||||`ー-‐'´||||||||||||||ヽ:::`::::ヘ  ヽ::::::::ヽl  ゝ、_
|||||||||:::::::::|_,-‐',l||l、\||||||||||||||||||ヽ:::::::::::l   ヽ:::l::::::|    ̄
 ̄`、 |:::::::::|  /||||||\ヽ|||||||||||||||||ヽ::::::::::|   \l:::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 翌朝5時のことでした。

 突然病院から電話が入ったのです。
 「斎藤宗吉さんの容体が変わりました。すぐに来てください」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

31 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:11:34 ID:3vQTNId.

                  :::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、
                 :::::::::::::__:::::::/      ヽ、
                :::::::::::::::/   ゝ- ヽ         ヽ、
            ::::::::::::::::/  ノ::::::::::(ー)\        〉
         ::::::::::::::::::::::  ´( ノ )     ,_) 、     /
        :::::::::::::::::::::::::::,ヽ  `  (_,イノ.   \ /
     ::::::::::::::::::::::::::::::::/  \       ー´ノ.   ,- 、rー 、
     :::::::::::::::::::::::::::::/     \           l  /
    :::::::::::::::::::::::::::::..         \       ノ ノ
     :::::::::::::::::::::::::::ヽ、         , >−     r'
       ::::::::::::::::::::::::::ヽ、      /:::::|  /⌒´
         ::::::::::::::::::::::::::.....  .....:::::::::r゛ ̄´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 病院に着いたときには、もう心臓マッサージを受けている最中でした。

 「見回りに行ったら呼吸が止まっていた」と言われました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

32 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:11:47 ID:3vQTNId.

    ゞ/:::: /  /        ,                       /
    /::: ィ  /   ,   /  /             ヽヽ ヽ      /::/
   /::/ /,/ /  /   /  /      !          ! | ! !    /:/
  /::/ ,/ / ,. ,'    '  ,/!        i!  !       / l! ! ト ,  /::/
  /::/ /' / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | | l !  /::::|
 /::/ / / '  /' !   / /  | !     / /' |   / 〃 l /,' | '  ! |:::: !
/::/ /,ィ  i /'|i |   i! |  │ l    / /  !  ,./_/;-//ナ' !/ ! Y!::.: |
ヾ / /!  .i l l  | l | i.   | |   /! / / ィ'//.=j/=.、 ノ'/ /! ヾ::::::|
  i /!|  l ! ∧ !/! | .j___ l |   / j/  j/ ",ィっ::::::: ! 〉 / / l  |/\!!
  .V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf ! ,,.==.ゞ! ヽ'´          、`ーいノ / /  |. │ i l       パパ! パパ!
  /  /\!|   \ハ!ヽハっ:::r!             ` ̄ , / /   .| .| ,/
  /  / /: !   / ∧  o- '               O,. '' /     |/
 /  / /::::l!  ./  !ヘi 。                o /    /,! |
. /  / /レ ´  /   /  ゝ.       ` ―- 、  / /       ,   ,
/  ,//    , '  , '     \      (  丿 / ,´   / /  ノ
 ,./    /, イ/_    __..ゝ、       ̄  / /  ./  /  ∧
/    ,/ ' //::::::::\_ ノ::::: /:::::,.> 、._   / /_  ' _,-―'/  /::::::\
ヽ  ,/   /:! !:::::::::::::::::ヾ/:::::::/::::::::::::::`ーi / /´::::::::::::/  /::::::::::::::\
ゞ\ヽ   /::::l |::::::::::::::::/:::::::/:::::::/:::::::::::::://::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::: /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「パパ、パパ」って頬や手を触っても反応もないし、
 あまりに突然のことで、みんな呆然と立っていました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

33 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:12:07 ID:3vQTNId.

       _,,,,,,,,,,,,,,,,_
     ,ィイリ川川川ミヽ
    /ミミl川川川川川ミヽ
   iミi'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ヾミ!
   i彡i     llllllllll iミ!
   iニ! .━━ i ━━ ミミi         30分以上心臓マッサージをしていますが……
   |rl <;;●;;>) (<;;●;;>ミミi         回復の可能性はありません。
   i♭ llllllllll  ! `   .ir)
   ヽ| ヽ  (.、_ .) / i-'          マッサージで肋骨が折れていて、
    ヽ l  __,、_  l ./           続けるとさらに折れてしまうので……
     ヽ ´ --- ` ノ
      l\   _/l            ……止めて、よろしいでしょうか。
   _/ \  ̄´ /lヽ _
     .i  \ /  i \
   . / \  /~ \  /  ヽ
   .ヽ  ヽ )-( ヽ/    >
    >   Y  ヽ/   <
    \   ヽ  /    /

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

         __
         _(:::`ー'`-、_
       (::: ̄:::::::::::ヽ‐::ヽー―-、_
        ノー:::::::ヽ::::,-`ー、:::::::::::::::::::`i、_ r‐、    __
       (: ̄:::::::,ィ'´   l:::::__:::::::::::::∨|`´::ノ_,ィ=テ" ̄ゞミi!
       `j::::::/        `´ `jー::::::::∨!::´:)ヽ=≠=彳
        ゝ:/    i      ゝ-、_:::::|ミ|::::::`i ヽゞ_》
         `l i l  l    l   ノ:::::::|ミ|:::::::ノ   l.ゞ!      最後に「パパッ」って呼びかけてみたのですが……
         l l! .l l ll! l  l l .l  l `i:::::::||!:::::_)   l |ミ|      もう無駄でしたね。
.          l.ト、ト、!从 l  /l /l / .(_:::://:::( l   l |ミ|
           l! ヽ! 笊ヽ/ !笊l/l/ /ィュ、::ノ.l     l. ¨      それでマッサージを止めて、6時2分に亡くなったんです。
            l ヒツ   ヒツ ,//.弋ソイ  l    l
           ゝ   `__,    // /    l.    l       前の晩は普通に会話してたのに。
.             //ヽ  ,、-‐//:´ヽ    | l!  l
             //ー、〉::◎::::/ .l:::::::::ヽ   l l.l   l
          / _,」l::/\l  l:::::::::::::ヽ   l l l   l
         ゝ‐、ヽ/:::/:::|::ゝ、 ヽ:::::::::::::\_l l .l   ヽ、
          /__ノヽ/:::::l::_:::_〉 _〉::::::::::/彡 l l ,ィ   l

34 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:12:25 ID:3vQTNId.

             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |           それで、原因は……
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、         /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、

35 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:12:44 ID:3vQTNId.

.      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /.:::::::::::/ ´  ̄`ヽ、:::::::\:::::::::\
.   /.::::::::::::/    _, -‐\:ヽ::::ヽ:::::::::::ヽ
   /.::::::::::::./ ノ     ' ,.ニコ..,_}:::::::::',:::::::::::|
.  /.:/:::::::::::i '゙__ 、...  ゙ {゚' リ 从:::::::|:::::|::::|
 /, 1::::|l:::::::{,イ'゚ハ..    ゙'-'′  ヽ:::!:::::}::::!
   i::::|.:::::〈弋`ノ  ;     'こつノ::/:::::::::::!       結局、先生にも分からないみたいなんだお。
    |::::|::::::::|'とつ 丶       'イ::::::::人:::::、
   |::::|::::|::.{      ,._  _,   ,'::::/:::;' ̄      「胃から下にものが溜まっていて、そこに強い炎症があるから、
   |::∧:::.、ゝ   `      //!:::::/         腸閉塞ということにしておきましょう」という結論になったんだお。
   |/  'ト、:.\、        イ::::/!:::/
.      ノノ\〉 ト .._   . イ |、/ ∨
     ´      l|:  ゛´    |
          _/::「|         |┐
   ,.、-‐''"´ : : : {′      ∨¨''‐ 、

36 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:12:58 ID:3vQTNId.

                                              ┏━━━━━━━━┓
                                              ┃  /        \  ┃
                                              ┃/ / ̄ ̄\  \┃
                                              ┃ /   _ノ  \  ┃
                                              ┃ |    ( mn)(mn)┃
                                               .  ┃. | ////.|  |人|  |┃
                                          . .   ┃  |    |  |⌒|  |┃
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\                      ┃.  |     |  |. |  |┃
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|ヽ                   ┃.  ヽ.   / / }  /┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.|_,ハ                       ┃   ヽ  / / ノ ノ .┃
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 「>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                    ┃    / ノ,,ノ   | ..┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∠__/|:.:.:.:.:/:.:.:.i:/                   ┗━━━━━━━━┛
           /:.:./:.:.:.:.:.:/// ハ:.:.:/イノ{
           1/|:.:.:.:.:</:.:/ /:.:.:.V   /
           | |:.:.:, ィ:.:.:.:.:`ン/:.:.{.__, ′         なるほど……
            /イ/ ̄/<__/ヽ|           
            , イ       `ヽ            ところで、北さんを前にしてナンですが、
            .| /    /_二二ニ\           お二人の馴れ初めは……?
          ,. ´|.ト 、  // 厂 ̄ ̄ヽ!
            ヽ|_\`´/ /     .{
          , ´ ̄} `ヽ´_イ     _,ハ
             !   「 ̄ ̄ ̄--┤
             /    ト、_/ /
            .「     ゝ._, イ

37 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:13:17 ID:3vQTNId.

   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |    
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´x=ミ     x=ミ } | ヒシ''′ |   |    
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |     ほほほ、もう忘れました。
      | j l ||丶   ー '  イ`ヽl l      |   |    
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

38 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:13:30 ID:3vQTNId.

          // ∠-‐''丁 ̄ ̄ ̄:.\ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /ー/:.:./:.:.:.:.,イ:.:.|:.:.:.:.:.!:.:.:.:.ヽヽ ハ:.:.:.:.ヽrz_ム
         /:.:/:.:./:.:.:.:./│::ハ:.:.:.:.:|::.:.:.:.:.!:.l i|:.:.:.:.:.| }:.:.\
       l:.:.:i:.:.:.{:.:.:.:/  l:.:! .'.:.:.:.:|ヽ:.:.:.:|│:.i|:.:.:.:.:.| l、:.:.:.:.:>
        l:.:.:.!:.:.:.ヾア `ヽ.Vi .ヽ:.:l >弋!ヽ|:.:.:.:.:.:| | lヽ<|
       l:.:.:.l:.:.: ̄ !ィ≠kト、  ヽ X ァ示k i|:.:.:.:.:.リj│ l:.|
       l:.:.:.:! j:.:.:.|{i.f:::ハ`   \´f_::::バj〉:.:.:.:.ム「|:.∨:.|
       .',:.:?:.:.:.:.|!_r';_リ       r';;_/ リ:.:.:.:./´}.|:.:.:.:.:l
        N:.:.:.:.:.:ハ     '       /: : : /_ノ j:.:.,':.jl       最初はドイツで出会われて。
          !|:.:.:.:.:.{小    v== ‐ァ   /: : : //:. ̄:./:.:.リ
        八:.:.:.:.:.:.| \   `ー'´   /:.:.:.:.//:.:.:.:.:./:.イ/
            ヽ:.:.:.:.:|ヽ  >、 __ , </:.:.:.:.//:.:.:.:.://〃
          \:.:.!_ ゝ‐< _|  //:.:.:./7:.:.:.:/'/〃
           ,r ''7´\   /< _  /:./〃∠≧<
       /::::::/ //   ,/== \/ /ノ´::::::: ̄ヽ
      ./:::::::::/ //    f/"⌒ヾ∨  // /::::::::::::::::::::::ヽ

39 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:13:44 ID:3vQTNId.

             _
              (:.:.:.ヽノし'⌒ヽノ⌒ヽノ⌒ヽ
          ノしヘ,):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
           ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(.,ノヽ
       (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       _こ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(ノ、
      (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  -   -  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)、
        ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ´       `  、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;_:..
        (_:.:.:.:.:.:.:.:.:/                 \:.:.:.:.:.:.:_;ノ}:.ヽ
.       ):.:.:.:.:, '                 ヽ:.:.:(:.:|:i|:.:.:.)
.       (_:.:.:.:.:/   / /  /     ヽ   \  ',:.:.:_)|i:|:.:(
         ):.:′   / /  /  l! l     l   l l  l:(:. :|:i|: :.:_)
         (:.:/l  l  l l l l  l l! l   l l   l l  l:.:_):|i:|:.(
         )l l  l  l l_l l  l l! l l_l_l_ l   / / /(: :/:i/:.:._)   はい。
         (;,il ll l イ´l l l  l l! ´l l l l`ヽ / /:.:.:)/i:/:.:ノ    私は21歳のときから2年間、商社勤めの父について、
           川ヽ  ヽx≠=  l八ヽy≠=ミ / /:.:.(/:i/:.ノ〉     ハンブルクにおりました。
         《》从\《 f斧抃    斧抃》ムイハ:.:/i:/:.ノ/     そのときの父の仕事のひとつが、
.          /// l lハ 弋ツ     弋zツ  l l|iノ/乃》_:/      日本から水産庁の調査船に乗ってやってくるお役人を、
         /// ノノ 人 '''  ,   '' /\川 /:/}:{}:{       接待することだったんですね。
.        〈〈,,}三三三ニ=-  ー    /三ニ\}´ | }:{}:{
.          {三三三三三ニ=-=≦三三三三ム,;| {:}{:}       で、昭和34年の調査船に主人が乗っておりまして。
            }三三三三三《薔》三三三三二ニ}|   |
.           {三三三三三从乃三三三三三ニ{i;|   |
        {三三三三二ニ=ニ二三三三三三}八   |
  厂三二ニイノ:.:./三/:_:_: :_:_:{三三三三三三{ヽ ヽ|
  ⌒ーァー=ニ二フ:.{⌒ヽノ⌒ヽノ⌒ヽノ}`ヽ: :.:ヽ  \ |
 厂三二ニイノ´/:./)   }     }   ノ /⌒)ーミ厂二ニィノ
 ⌒ーァー=ニ二フ (/ )  {   {   ' / く二 /⌒ァー=ニ ヽ:..
 厂三二ニイノ:.:.: ヽ_)  ヽ   ノ ' /{ У、/:.:.:厂二ニイノ:.:\
 ⌒ーァー=ニ二フ:.:.:.:.:.:\       /:.//ー‐':.:.:.:.⌒ァー=ニ ):.{こ}ヽ
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽニニ∠_ノノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:厂二ノ:.:.{こ}:.:.:

40 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:14:00 ID:3vQTNId.

       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\       ちょうど日本から主人宛に届いて荷物がありまして、
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\      それを渡すために、父が主人を家に呼んだんですね。
       ll、 l、 l`,r==、    'ゞシ l|. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾ ゞシ       l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ.  ` フ   ,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ

41 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:14:17 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                     __
                   /:.:.:.:.:\
    / ̄ ̄\         ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:、     __
   /   _ノ  \       {:.:.:.:.. ----:.}:.:\_.ィ':.:.ハ
   |    ( ●)(●)      > ´  ,    `i:.:.ヾ;;i:.:.:.:.}
.   |     (__人__)      i  / i  .l 、ヽ:.:.l;;;i:.:.:.fヽ
   |     ` ⌒´ノ      { iム_ハ  i_.ムi !ゞl;;;l:.:ノ i
.   |         } ∫∬   ゝl __ゝ ノ__从 lr薔!  |
    ヽ        }  i.⌒i    /::::::     ::::::::l トy/   |
     ヽ     ノ  .kニ l    \       //イ    、
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]
     |  ヽ、二/   〈〉   〈〉   〈〉 ─― 、  〈〉 ヽ
.     |     /              / 0  ヽ     ヽ
     |     /   〈〉    〈〉   〈〉  ノ|     ノ   〈〉 ヽ
      ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐---‐‐-‐‐--‐‐(_)|/ニ=<´(_)-‐‐--‐ゞ
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

       /..::.:.:.:.:.:..:.(
.  ィ⌒yん ̄ハ`ヽ:.:.:)
. 《 ≧〃( ! l  } i ∨
  彳こ|{乂_j人ノノj_ハ           家で食事を差し上げて、その後ビアホールに行って。
〃/ 7叨| 7i  , lj fく
//    ,》ト   rァ ノi |           あとで主人は、私がちっとも楽しそうにしてなかったって、
/   斗zl:.厂}=<| l |           怒ってましたけど。
 _≦__フ∠二丁ヲ―
 \.:.:乙.:.:.:.:.:.:.:ノノ  /
    __〉.:.:::../.::.:lnm}
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.\

42 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:14:32 ID:3vQTNId.

           // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
          / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ : : : : : l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! \__: l_/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ     ´ ≧ !::/l`/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /       ピンとこなかったんですか? 
         ! 、 : l /イ!::∧ ヽ       /. : : : /くノ ノ :/:/ : : /
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
      /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
.   /   /     /.:::/ ノ  /_.. < l :/|//イ: //
.  / (ヽ/l     /.:::/     ̄  ‐-  j/   !   |/
/(ヽ、ヽ!::!     /.::::: ̄:::... ―-           |

43 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:14:46 ID:3vQTNId.

  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´      だって、父のお客ですから。
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|       年も10離れてますし。男友達の圏外、おじさんですよね。
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 | イッ==ミ、.| |{K!j |       で、主人が日本に帰ってから、
   〈:;小、ヽヽ、T,ッ==ミヽj     .,| |ァ1 |       トーマス・マンの「ブッデンブローク家の人々」を送ってくれたんです。
    |  \ヽN {            | ト |_|  |
.   |  |   l \     ` ァ  ./!| |::..::.`:┴-、     それも「令状をよこさなかった、無礼な奴だ!」って怒ってましたけど。
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、 でも探したらちゃんと私が出したお礼状が出てきたのですよ。
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j

44 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:14:59 ID:3vQTNId.

      , / '´ ̄ ̄` ー-、
    /    〃"`ヽ、 \ヽ
   /  /  ハ/    \ハヘヘ
   |i  │ l |リ  ヽ   ノ}_}ハヽ
   |i | 从 ( ●) (●小N
    リ (|  ⊂⊃  、_,、,⊂ノ
     VV j . u  (_./ ,'           えっ、パパ、ママの手紙残してたの?
       _'Y|゙ヽ 、 _ /
    ,r<';::::::ヽ\/::::::-、
   /  }}:::::::::::∨y/::::::::、\
  く´  _,ソ:::::::::::ヽ'::::::::::::ヽ >
.   /`^7`、:::::::::::::::::::::::::|`^|

45 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:15:12 ID:3vQTNId.

       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、           そうなの、パパ、みんな取ってあるから。
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<          で、私が日本に帰ってきてから、
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\         斎藤の家のパーティに招かれまして。
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 l`      ,r==ミ l|. ll'//`ヽ  ヽ  \\      そこからお付き合いが始まったんです。
        `ヾ`lヾ ,x=ミ       l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ    `_ ノ  ,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ

46 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:15:46 ID:3vQTNId.
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                      _/ィ、,、,、r' :: :: :: :: '`゙'`;'`゙k
                      ゝ': :: :: :: :: :, - 、 _, 、: :: :: :k
                      _ゞ ;;_;;_;r" ̄     ゙、: :: :ゝ
                    ト'`': :,r'  /         `゙`i: :'゙"i、
           「 \    「\フ ::: : l   l           ,ト、_: ::>
            〉  〉   〉 .ゞ::r´l  l /            l  〉::^‐i_
.           /  /    / r'`: : l l .l ./         l   l._: :: :<
          /  /    / >: :: :r ' l l /_,,.. -ー'\   /. /   ソ_i"
          /  /    / フ_, 〉、  il/   、  , ゙\ / ノ  /: :>
         (  ヽ   ヽ l /<::ヽ, 'i、    ヽノ   X   'ヽ: :ス
          \  \_,.、/  |l k ` .r'  ゙、i     ゙i     ゙、  _ノ : :<
           \_.__,,,-ー-、r、i`l: :゙.、  j.l     .l    ゙、<: ::、ト"
           / ,-‐ー-、 ヽ ゝ,i,、:::ヽ .ソ     .|     〉l: :< 、ヽ.
.           / // r'"ー''゙i ゙l: :: ::^k: :'ーl        |     |'::、r` ヾヽ.
         / ,/ / ゙ー、: :: ゙l .l,: :: :: `レ、::\ ,、 ,、 ,ヘ ,、 ,、 ,、ト'`'   ヽヽ
       (`/ ./‐ ' .l  " ̄ il .ト;;-、::,:、;: ::.r'-、_,.、_r`,-、,‐、_>     i゙、ヽ
.        /  /ニテ、     ,s'゙`l..ll/> ,   i、 |:   |. l::   |       lヽ.l
.       /  l/      .ζ:::liilt´‐´  ノ`、,l::.  |. |:  |.       |.ヽ|
       |   |        ~'ィ`ゞ'っ_`/シ,ノ |  |  l:  l.        | '、|
       /  ./|         ^-、::、::  ̄,-`' .l. ̄.l i. ̄ i         | '|
.       |  | |   やらない夫 | ゙"`"゙".   fi: ̄.i /i: ̄l.        j /.
.      |  | .|          |      〈;;l   l〈;;ヽ l.        j ./.
      _j  |. \        /       ゙i;;`'@、.i;;`'@ヽ      /
    /  /   \     /         l;;;;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;l    \\
   /  /       ̄ ̄ ̄            ゞー''   ̄        \

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

47 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:15:56 ID:3vQTNId.

        ,ノノ「.:.:.:.:.::.lLL__
      ,∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ、
      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、
      〈.:.`ヽ.:.:.::, -‐-‐- 、.:.:.:.:.:.l:.:ハ
      ).:.:.:.:.,. '"´  ̄ ̄ ``ヽ.:.:.l.:.:.ハ
    〔.:.:./          \.:.:.:.::〕
     〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))        当時、主人はよく、文芸誌の仲間たちと通っていた、
   /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ        新宿西口の焼き鳥屋さんだとか、
  ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ        お鮨屋さんにつれてってくれるんですけど……
 〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',
  ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i       私はそんなところへいったことがなかったので、
    \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i      面白くてしょうがなかったんです。
     \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l
       l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ              パパがよかったんじゃなくて、お店がよかったのかお?>
       l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ
       l //:.:ハ __ノ 1.:.ヽ\ 孑.:.:.:.:::\    \  \    そうそうw
       //.:.:.:.:.l   1.:.::::\\.:.:.:.:.:.:.:.:ノ    \
       〈.:.:.:.:.:.:.:l   1.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く       \
        ヽl.:.:.:.:l___ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

48 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:16:13 ID:3vQTNId.
                ,...-- .、
                /.:./ ̄
           ,.=-ー―`´ー‐- ...、
          /.::.::.::..:.::.::.::.__.::.::.::.:ヽ、
        ∩'::.::.///‐'´ ̄   ̄\.::.:ヽ、
       r⊆`}./.:.://ィー==ー=-、 \.::.:ヽ、
      .:ゝ._,イ.::.::.:/.:.:.メ、.:./.::/.:.}.:..:}.:ヽ.}.:ヽ.:ヽ
    |`ー〈;;;;;;ハ.::,:|,x=ミ.、Y/|.:.:.:/|.:/|.:.:}.:}.:.:ヽ.::ヽ
   .∠: ̄フ{.  ハ.::|{.iiiii::.ハ.Y.|.:/_l/__|.:/.:.|.:.:.}ヽ.::}      そうそうって、お母様wwww
     く_ハ.  .∧l乂;乂.  |/. ´_' ./.イ.:ノ.:.:./.ヽ|
      l.::.ハ.  ∧ゝ  ,、   '"´`!:.:ル'.:l.:.Yニニl       それはさておき、昭和36年に結婚なさったんですよね。
      ∨{.:}   .|:ヽ..(__,ゝ .wvノ.::.:i.::.:.:.|\フ       北さんはその前年に芥川賞をお取りになってますが、
        Vヽ、i.〃|ii.:.`-==ー‐::'´.:/.:ハ.::.:.|          作家にお嫁入りしたという意識はあったんですか?
          }`i' .|ii::::{ー|::jj.ハY´}:/ }::/
           .|   ヾ ハ,,,|〃Y;;;;;`ト、 レ
          .}_.    ヾ|// .ノン__  )
         〈_     々ニコ┐`/

49 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:16:30 ID:3vQTNId.

                    i   ヾ´ ̄`ー‐ュ
                     r一’,. ´  ̄ ̄ `ヽキ
                     i ./          )「ヽ
                  r'/   /   / ハ.  ( ハ Y
                  ノ.′ i_l、  .1 / ム   `! キ.L
             〈ヾ   `{.  { ト!¨ゝリj/¨´l/!./ >/i !\      医者だと思っていました。
             i  У!  ヽ从l ┃   ┃ /ィ :|Yヽ人./
            ゝ__ 〈__   ` ト!""    "" | :|_lシ.:|       作家なんてもう、恐怖の対象でしたから。
               ._人_ノ ,!   |ヽ   △    ィ| :| |  :|       太宰さんとか……
            く.ん.ノ¨\ _ム キ` ー‐r ユ._/:/ .!  :!       貧乏暮らしのヒロポン中毒で、女三昧の自殺野郎……
                ヽ     ヘ}ヘ.ヾ¨y薔イ¨./:/ヽ.|  :|
                    \     ヽ! \ァrv’./:// ヾ. /
                   `ヽ.   >ノ介’./ ム_   ハ \
                      `i∠ 〈~/ ヽ仁ニ /   !∠

50 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:16:43 ID:3vQTNId.

                      __  ____
                  /´ ̄: : `゙": : . ̄`\
                    /. : : : : : : : : : : : : : : : . \
                   /. ,: : : : : : :`;´: : : : : : :、: : : : l
                  /,/: : ;/'"´`'"´\: : : : ヽ;: : : |
                    l//: :/        \: : : i: :li.: |
                    |l:| /l '⌒     '⌒丶l: : /|: |!: |       母は「暮しの手帖」を読んでいて、食事も一日30品目。
                  ||.:/.:l ('⌒)   (⌒ヽ レイ::!: i: :!       必ず赤・緑・白の野菜を使って、
               レ 'リ⊂⊃ ,   ⊂⊃ /.:/!/!       デザートにはプリンを作ってくれて……
                   .!レ'人   、_ _,     ///l/Y
                      \ `ー´   イ´   ′        春には庭にチューリップの花が咲き乱れて……
                        `ー,-‐ ´  /`i、           手回しのミシンでお人形の服作ったり……
                       // |   / /.:.\
                        /.:/ヘ| /,へ、/.:.:.; -ヽ、       私が幼稚園のときまでだけどw
                      /.::<>★<>:.:.:.:./    !
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::i ,    |
                    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ    l
                      l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l___、l
                       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   l
                      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   |
                     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   !

51 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:17:00 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
        _ミ`ー‐、
          `⌒丶、'ー-、_       +             十
             ̄\―ヽ._ 二_‐-
               \   \   ̄ ‐-       ̄二二_ ―_,r'⌒ヽー、
                ̄\ ̄ \‐-     ╋__..ニ -―― ´ ̄ __... -―一┘
          +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ ―     +
                   ̄\    !   =,. -‐ 二_          /ヽヽ
                  _   ヽ.._     ノ           /ヽヽ  \
                   ̄   〉   ー- ノ三二   +    \    _
            十       ̄―/  ,'   /二  ̄ _      _     ∠、
                ニー/⌒∨  /  二/ /⌒'l    ̄    ∠、    oノ
              _   / l /二    /  ,イ  |二_      oノ    /
                / /| / .ノ 〈. ′ / | _|__     ╋   /     /^ヽノ
              ̄_/ _/_ヽ_,   .__,/  |  |_      /^ヽノ
             彡ニ ,ノ /   _ノ  \  〈__ 三ミ      +
           +  `⌒  |     ( ○)(○)
        .          |     (__人__)
         ぐ         |     `⌒´ノ
       ぐ  る          |        } __     ∩2z、
       る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /
    十  ん       .     ヽ     ノ      /`/
         ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
       / /     /       リ     |  |   /  ノ
    C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
   &  \____/      /     ノ/ _/―''
    ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ慢 '´   /   十
         /  ̄ ̄`ー- ...,,_棒__,/| /        +
                /   ノ {=   | |
    +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃
              ____
         , ' ´: : : _: : : :`丶、
       / : : , ' ´ __`¨丶、: :\
      , 、/: : : :/ , ‐ ¨: : : : : ` ‐ 、!: :/二}
    くヽ V : : ! : /: :l : : ヽ: : ヽ: : :l: :ヽ-<、
   /¨ニ<´{: : : :!: :{:_: :lヽ: : :ト: : :ム: :l : ト<´ヾ\
   ' ´ !:>l : : :ト: ハ: ト ヽ :! ×ヾヽ:!: :}ヽ\L_|
     {´/:ヾヽゝイえミ   `,ィチト, !: :! :|ヽ \        ああ、その頃からソーウツに。
     |:ハ: :i : ヾ| 弋zリ     辷ノ ,': /: ,'.} |/
    ヾ ヽV_:_:!,-=、  、_,    ノ:∠N_,ゝ
            ≧ 弋_ノ ィ フ<彡'´
          Yノリ'´l/!//  ゙ヽ
          /!ヲi !/ /,F!  /  i
          / i l l /! l  /    !

52 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:17:18 ID:3vQTNId.

      ,z-r-r-r-r-z
     _z^        ^z
    z'          ^z
    |z  /    \  z|
  《~《|z / ,      .ヽ z|》~》         ええ……
   》|X.|| |ll i i _i i_l | | X|《
   ||:.∧|_||| |_|| |_| |_||/~ |:||          まあ躁鬱だけならいいんですけど、
   ||:.| 〉〉.‐‐  ‐u‐ノ.〉 |:||          株だけはね……
   ||:.| >:>ゝrzaイ<:<   |:||
   ||./ >_>|_|_|<_<__ノ:||
   |__ ̄`>/ |. \  >:.:.ノ
  <:.:.<´_|_∧_|<:.:<´ ,,_
    ̄ ̄ . ̄´ ` ̄   ̄ ̄

53 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:17:32 ID:3vQTNId.

             .  -‐…‐- .. _
           ,..:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
          /.::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.          /.::::/.::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         /.::::/.:/:::/|:::/|::::::ト、:::::::::::::::::::::::::i
          /.::::::{/{:::∠.ヽl/ |:::N ハ:::i:::::::}::::::::::|
.         /.::::::::{/〃r心   八| _`メハ:::::ハ:::::::::|      私はその頃は、昼間学校があったから、
        /.::::::::::i:{ ' 、ヒツ       r心く }:/::::::::::::|      株については詳しいことを知らないんだお。
.       厶イ::::::八 , ,         ヒツ }}イ::::::::::::::|
        八:::::::::::'、    ,   , , ´ /:::::::::::::::|      でも母は淡々と乗り切って、乗り切っていくうちに、
        八八::l ヽ 、_,、     /.::::::::::::::::|      だんだんパワーアップしていったんだお。
           ヽ\   `¨   ,イ.:::::::::::::ハ:八|
         /¨¨7 > -‐=≦厶ィノl/ ′
           V      ∧
.             \   _,厶 }

54 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:17:46 ID:3vQTNId.

    . : : : : : : :′: : :′: /: : : : : : : : : : : :ヘ
   /.: : : : : : :.i: :i: : :|: : ;′: : : : :.i: : : : : : : :.
.  /.: : :.: : : :.:i:|: :| : _|:_:_|: :.i: : : : :|: : : : }.: : : :.
 /: /: :i: : : : :|:|{ 匕: ト、:ハ: :|: : /:‐ト、i : ハ : : : :
ノイ: : :.|: : : : :|八≫≠ミ ‘:.|: /}: 八}ノメ:/: : : :.i
. 八: : |: : : : :|〃 んハ ゛ 八{ j:/斧ミx./.: :.: : :.|         父がなんか酷いこと言うと母も言い返すんですけど、
 i:|.: : :.|: : : : :|  弋:ソ    `/ fじ:} 》| : : /: |         その会話が妙におかしいんだお。
. 从: i :.|: : : :八とつ       ゞ゚' ",: : :/.:.:!|         げらげら笑うようなものじゃないんだけど、
/; 八ト、{: : : : :トゝ          とつ イ! : 八         巧まざるユーモアって感じだお。
////,ハヽト、: :.|、     、__,、__,    /: : ; : :/
/////∧  ヽ{ 丶          イ: : /i: /           だから、母は大変だったと思うけど、
//////∧     へ     イ: :八/' }/            家の中にはずうっと笑いがあって、
///////∧  /////≧=r´  }ノ/              深刻になったことは一回もないんだお。
/////////}、  ,//////,} ヽ
\///////|  //////イ   }
 ヽ:.:<///|=/////:.: |  /

55 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:18:05 ID:3vQTNId.

          // ∠-‐''丁 ̄ ̄ ̄:.\ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /ー/:.:./:.:.:.:.,イ:.:.|:.:.:.:.:.!:.:.:.:.ヽヽ ハ:.:.:.:.ヽrz_ム
         /:.:/:.:./:.:.:.:./│::ハ:.:.:.:.:|::.:.:.:.:.!:.l i|:.:.:.:.:.| }:.:.\
       l:.:.:i:.:.:.{:.:.:.:/  l:.:! .'.:.:.:.:|ヽ:.:.:.:|│:.i|:.:.:.:.:.| l、:.:.:.:.:>
        l:.:.:.!:.:.:.ヾア `ヽ.Vi .ヽ:.:l >弋!ヽ|:.:.:.:.:.:| | lヽ<|
       l:.:.:.l:.:.: ̄ !ィ≠kト、  ヽ X ァ示k i|:.:.:.:.:.リj│ l:.|
       l:.:.:.:! j:.:.:.|{i.f:::ハ`   \´f_::::バj〉:.:.:.:.ム「|:.∨:.|
       .',:.:?:.:.:.:.|!_r';_リ       r';;_/ リ:.:.:.:./´}.|:.:.:.:.:l       すばらしいなあ。
        N:.:.:.:.:.:ハ     '       /: : : /_ノ j:.:.,':.jl
          !|:.:.:.:.:.{小    v== ‐ァ   /: : : //:. ̄:./:.:.リ      由香ちゃんもお父様に献身的に尽くされて。
        八:.:.:.:.:.:.| \   `ー'´   /:.:.:.:.//:.:.:.:.:./:.イ/
            ヽ:.:.:.:.:|ヽ  >、 __ , </:.:.:.:.//:.:.:.:.://〃
          \:.:.!_ ゝ‐< _|  //:.:.:./7:.:.:.:/'/〃
           ,r ''7´\   /< _  /:./〃∠≧<
       /::::::/ //   ,/== \/ /ノ´::::::: ̄ヽ
      ./:::::::::/ //    f/"⌒ヾ∨  // /::::::::::::::::::::::ヽ

56 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:18:18 ID:3vQTNId.

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ |
         レ!小l( ●) (●)从 |、|
         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ /       いや、2年前までは無関心だったんだお。
            ヾ.ソ、  ゝ._)   j //
             ヾヘ,、 __ , イ /         ……2年前に足の骨折やるまでは。
  r、     r、ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
  ヽヾ 三 |:l1 .V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
   \>ヽ /|` }''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
    ヘ  ノ `'ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
      /´ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} .|
     \.ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」

57 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:18:32 ID:3vQTNId.

            /     /                      ',   .::、
            /      /                     ,   .:.',
           ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,
              ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,
          ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!
          ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i
         ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i    高齢者が足を骨折すると、認知症が進んだり、
         /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノ        ゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i    寝たきりになったりすることが多いんだお。
         /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi
            l;..|:.:..ヽ:.. \:.⊂二⊃     :'   ⊂二⊃,′..:/|.::/ }    そうなると大変なのは母だから、
              l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\              / ノ ..:.:/ ..:/      「父を元気に歩かせることが母の負担を減らすことになる」
            シ  \  \:..\    、_.、_,    .//.:/ :/       という信念の元、毎日リハビリをやってたんだお。
           ∫         \ 丶、         . ´  /ハ:、
.             ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \
          人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',
         /:::::::(_                `ヽr┘     リ : : :│

58 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:18:48 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
       | ヽヽ _|_ ヽヽ | |
       |\   .  | .|    | |
       |    . ノ ノ   .・..・
                          / ̄ ̄\
                            /  _,.ノヽ、__\
                             | ;;;(>)(<) ;|  n /^, /人 __
                人,..        | u(__人_),;;|  l  .^−f  /
                \ ζ^ヽ  __j #  |++++|  |   ,ゝ  えノ /
                 )  ヾ ど,  `ー  ̄ ̄ .ノ  ̄ /   (_
              - <    `´ーヽ         ,ーー'     > -
                 )       )         〈  __      (´
                /^     /    ,-、  ` f´ ヽ   ^\
                     _,/    /  \  j   l
                        〈   ` . /       \__/
                     \_,ノ

59 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:19:16 ID:3vQTNId.

                                         ,  ´  ̄ ̄ ̄ ``丶、
                                          /   /           \
                                       /   /  /" `ヽ ヽ  ヽ、 ヽ
                           .           /   /  ,/     ヽ、ヽ.  !!  ',
                                     | |  /L_/       ヽハ| ||  |
                                     | l  l |_/__\    /__ リ|/ハ  !
                                     | '. Y( ●)ヽ  /(●) メ|//.|/
     パパ、今日も朝のリハビリだお!            |  ヽ.|._  _ノ⌒廴 _ノイ/ //
                                     ヽ. ト⊂⊃  、_,、_,  ⊂⊃´//
                           .               ヘ.ト、 |\       _//イ/ー、
                                        _ム、 `ト_,. -f´/.:|.: .: .: .: .: :ヽ.
                                        _{::::__f:: ̄::::__/_/: .:|.: .: .: .: .: :⌒\
                                          レ:{:{:{/::::_:}-.:、.: !: .: .: .: .: .: .: .: .:\
                                       「__:ア7 ̄.:/.: .: .: ヽ.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: :\
                                      _/´/⌒V.:ト、/: .: .: .: .: i.: .:|.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ
                                    /:::::/.: .: .: _」.: .: .: .: .: .: .:|.:、_!.: .: .: .: .: /.: .: .: .: .:|
                                      //::|ノ!.: .:/.: .: .: .: .: .: .: ./.: .: .\.: .: //: .: .: .: l
                                   ∧!_lノ.: \.: .: .: .: _.:_ .:__∠--.: .: .:.ハ://´ ̄: .: .: .:!
                           .         /.: .: .:`.:ー-`テ ̄: .: .: .: .: .: .: .: .: / }.: .: .: .: .: .: .: .′
                                  {.: .: o.: .:/.:./.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:/  l: .: .: .: .: .: .: ,′
                                  \:__,.イ.: .: .:!.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:/  /.: .: .: .: .: .: ,イ
                                    |.: .: .: .: |-.: .: .: .: .: .: .: .: /   /.: .: .: .: .: .: //
                                    |:.o:. :o:|、.: .: .: .: .: .: .: .:/_  /.: .: .: .: .: .: //
                           .           |: ̄.: .: |__:二ニ=-ゝ-‐'´.:.| /.: .: .: .: .: .: //
                                rr=====|-‐.: .: :!: .: .: :r‐、.: .: : ̄`∨.: .: .: .: .: `o/
                            =--------------========/⌒`ー‐rくー―- 、`o/========
                                ||:.:.:|  /.: .: .: .:_L. -‐://´ ̄  ヽ ` アニゝム/
                                ||:.:.:|. /.:_,. - ´.: .: .: .: 7 /´,|    _/:\
                                ||:.:.:l f´.: .: .: .: .: .: .: .:.〈.イ /.:! 「 ̄.: .: ヽ.: .:ヽ
                                ||:.:.:L|.: .: .: .: .: .:__,. -―:|_}.: ヽ〉.: .: .:=キ=.: ヘ
                                ||__:!.: .: .: .: ̄.: .: .: /.: .: .: .: __.:__:ム.: .: :ヘ

60 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:19:44 ID:3vQTNId.

                ∧∧//∧∧
              <´  _____  `>
              <´ // ̄ ̄\\  `>
            <´  | / '⌒ lr⌒、 . |   `>
               <.´  | | (;;;;;;;ハ;;;;;;;) | |    `>           痛い! 痛い!
             <´    | |  (_.人_) | |   `>
            <´    | |      | |   `>           ナチの拷問よりもひどい!
            <´    | |       | |    `>
            <´    | |        | |    `>           由香、止めてくれ!!!!!
           <´ /`;;`ー┐┌-┘;;\ `>
          <´ /;;;;;;;-===| |===-;;;;;;;\`>
          <´(__/l;;;;;-==| |==- |丶、__)`>          ご近所のみなさ〜ん!!!!
           <´   |;;;;;;.-=| |=-;;;;.|    `>           誰か助けてぇ〜〜〜〜〜〜!!!!!!
           <´   |;;;;;;.-=| |=-;;;;.|   `>
           <´   |;;;;;;.-=| |=-;;;;.|  `>
           <´   |;;;;;;.-=| |=-;;;;.|  `>
           <´   |;;;;;;.-=| |=-;;;;.|  `>
           <´   |;;;;;;.-=| |=-;;;;.|  `>
           <´   |;;.;;;;;;__| |__;;;;;;.|  `>
           <   | ./ ≡_≡ \| `>
           <´  |〈  〉| |〈  〉| `>
.             <´  |;;| |;;| |;;| |;;| `>
.             <´  |;;| |;;| |;;| |;;| `>
.             <´  |;;| |;;| |;;| |;;| `>
.             <´  |;;| |;;| |;;| |;;| `>
.             <´  |;;| |;;| |;;| |;;| `>
.             <´  |;;| |;;| |;;| |;;| `>
.             <´  |;;| |;;| |;;| |;;| `>
             <´  ノ;;;;;;;/   !;;;;;;;;ヽ  `>
              └‐ '´   `---┘

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

61 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:19:59 ID:3vQTNId.
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|ヽ         / /" `ヽ ヽ  \
             .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.|_,ハ        //, '/     ヽハ  、 ヽ
               ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 「>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|       〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
             .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∠__/|:.:.:.:.:/:.:.:.i:/       レ!小l( ●) (●)从 |、i|   あくまでもフィクション世界の、
これ、普通に、     /:.:./:.:.:.:.:.:/// ハ:.:.:/イノ{        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/    漫画的表現法だお。
              1/|:.:.:.:.:</:.:/ /:.:.:.V   /           ヽ、       j //
老人虐た……      | |:.:.:, ィ:.:.:.:.:`ン/:.:.{.__, ′      _____へ_ 、 _ イ/      本当は至極まっとうなリハビリだお。
                /イ/ ̄/<__/ヽ|         |        |「~|_ノ┐       体操、片足立ち、足踏み行進に、
                , イ       `ヽ            |上の映像は | リ^火 人       スクワット50回。
               .| /    /_二二ニ\       |        |/  Y  , ヽ     さらにストレッチに散歩。
             ,. ´|.ト 、  // 厂 ̄ ̄ヽ!         |フィクションです | r_ 、 /  .l
               ヽ|_\`´/ /     .{     .  〈_Y        h  .j/   |
スクワット50回は…… ´ ̄} `ヽ´_イ     _,ハ    .  と)     _とニヽ. 亅    |
厳しくね?          !   「 ̄ ̄ ̄--┤      |      ‘こヽ | 〈ー - ‐_」
                /    ト、_/ /
               .「     ゝ._, イ

62 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:20:36 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

       /" ̄⌒ヾ⌒ヽ、   ♪
       /: ; .:, : : : . . : . :ヽ:.\  。
      /:〆.:/.:/⌒゙ヘヽ\ヘ:ヾ                          
      ノ:iレ: i :/ ⌒   ⌒ リソ i|                             / ̄ ̄\
     _ノ. :i|: レ ( ●   ●)レiノ                           /   _ノ  \
     ,/l/: :ソ⊂⊃、__,'_,⊂⊃j                           |    ( ●)(●)
      l/ノレ 、  ヽ_/ /ソ                               |     (__人__)
           )   ーィ´                                |     ` ⌒´ノ
          /⌒ヽヘゝ。ヘ                               |         }
          /   /  ヽ`\                            ヽ        }
          /   /    ゚ヾ )                         / ̄ヽヽ     ノ      ,.r-、
       /  ,ム    。i /                         /           ⌒\  P{三)
       (  _)    。j |                         /ヽ/^y       /\  \/\ノ
         ̄ ィ'==@o@!                       (、、J /       /  ヽ /  /
            /':.::ソ:: ̄li ̄|                          /      /    \___/
          l:;.:.:.:.:.:.:.:.:ij.:.:.:|                  从从    (       /       
          l:' ;.:.:.:.:\ソ.:.::|                   Σ  ヽ、 __へ     \        
            \'.;.:.:.:.:.\::|                    Σ  /  ̄   \    \     
              \':.:.:.:.:;)!                   Σ_ノ \、__ / \    ヽ     
           /.;.:.:.://                               \    〉     
         /;:':.::/.:/                                   /   /      
          /`ヾ-‐':.:./                    、;,. , 、、,       /   /       
           \  ,)/                    `;@、`;@'、      /  /        
         ( ̄(            ※   ※         、 ''l`, "l`       \二フ         。゚i゚%  ‰゚  。゚i゚%  ‰゚
           `ー'         .,ヽ|ノ,...ヽ|丿      .,ヽ|ノ..;ヽ|ノ,.                  .,.,ヽ|ノ,.,,ヽ|丿,.,.,ヽ|ノ,.,,ヽ|丿,.,、.,.,..
´ ´" ゙゙ " ゙ ´ `" "´ ` ~ " " ´ `´´ " "' ´´ ´ ' " "゙ ゙ " ゙ ´ `" " ゙ " ´´" ゙゙ " ゙ ´´ `" " ゙ " ´" ´  ´

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

63 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:20:46 ID:3vQTNId.
          _
      , ': : : : `ー 、
    ,ィ´: : : : : : : : : : ヽ
   {ィ/; '/: : : : : : :l: : : }
    リルイ,:l: : : : : :ノ: : : !        骨折してからは、もう父の人生のカウントダウンが始まったな……
     ヾ,リ.;从;ノ: ;ィ.;ハル'        って思ってたんだお。
      "ノ ゛Y'゛′
     _,「二ニ弐ァ 、          だから……あとどれだけ、父といられるだろうか……
   r1´: :` ̄´: : /  ヽ
   ,' ヽ; : : : : : : iレ   {丶       そんなことばかり考えながら、2人で散歩してたんだお。
  .j  ヘ: : : : : :./    l:::}
  ./ __ヽ: : : : ム 、_  .iノ
   ̄ !  T}: : : :/  /:~「
    ,  '; : : .;'  ,: : : l
      i  i: : ;′ ,': : :ノ、
     l  l: :i   ;: : : : :.i
   /',  l_:!   ,:_:_: : :,イ
  ,<ヾ. ,ヘ.  ;.;   ,'   ̄l

64クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:20:50 ID:OSXRF5aA
老人にスクワット50回は酷だろww

65 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:21:05 ID:3vQTNId.
                 ___
           . : : ´: : : : : : : : : : : : . . .
          /:. :. :.:/ : : : 厶   ´  ̄ ̄   、
         /: : :〃 イ: : :. :.′   . . ―――. .\
       / : : : : {{:/ | : i:.:.| イ:!:.:.i:. :.i:. :.:ハ : ヽ: :.ヽ
       .′ >七て | : |:.:.|: :| ト、:ト: :l:i /: :∨: :? :.:.
       i: : ム    / | : |:.:.|:.:i!」ム斗:廾: : : : : :|: ? ハ
       |: : :i廴才  |: :.!: :| 八!ハ:{ヾ }ヘ : : |: i!: :i !':.:|
       |: : :|/小廴|:. :.:i人i ィ示ミ、 ハ: x|:il: : |:.ハ |
       |/ / /: :| |fォ|!: : |:.:ハ《{rし゚}   Yrルリ:.:.:l: !リ
     /:./ / i:.:| |( |l: : | | ! 弋_ソ     ゞ:. :.i:.:ル ノ′    それは北さんにとっても、
     :.:i| {: i.|:.:| |ヽハ:.:l ハ        〉:.i: |イ        本当にうれしい時間だったんじゃないかな……
     |: :|ハ乂ハ:乂: l i:.:{':∧     .,厶:|: | !
     |: ハ: : : :i:.:iヽヘ八:. :i:个       イ: :.i:|: |         ところで、北さんはお亡くなりになる直前、
     |/ ヽ 从小ハ∧ ヽ从乂: `: :T //:.:ハ!:リ         ご家族に何かお言葉を残されたんですか?
     {   }' イ:. :.`ヽ }    }` 、:.ヾノイル' ノ′
      /:. :. :. : : : : \  x― :. :.ノ'ト
      .: .: .: :. :. :. :. :. :. :. :.く    i : : :| :i
      i x―‐   : : : : :. :. : : :.    |:. :. :! ハ
      |′      >‐ 、:.: :.: :..  |!:. :.  !
            ヽ  :. \:. :. ?j:. /
      ト、         乂 :   \
     ?:.           Y

66 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:21:37 ID:3vQTNId.

   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |       いいえ、何も。
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |       私に「ご苦労であった」ぐらい
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |       言っていけばいいのにね……
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

67 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:21:52 ID:3vQTNId.

      _  }::.::.::.::.::.::ハ::.::.::.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::て::ハ
     /::.:ー '::.::.::ヾ::.::.::.::ヽ::.::.::::::::::::::::::::::..:.::.::.::.::.:λヘ
 .   └┐::.::`::-::.;;,::.::.::.::.V::.::.:::::::::::::::::::::::::::.::.::. {::.、_:\
     r、_}::.::.::.::.::.::.:`::.-;;,::. ハ::.::.::_:::::::::::::::::::::::..::.::.::.::.}::.:ハ
    廴::.::.`::.:..ー::.::.:-::.:>' ´  `- 、,,;::::::::::::::..::.::.:i::.::.::.:\_ _ r 、
     _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>
    (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴
     フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
     V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(
    ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:)
   {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴
   Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ
    i .ハ  .il .il   ハi=、.il    升イ i .ハ   il  {:.:.:./  /:.:.:.{´     でも……
    ヽリilト .iト?ハ/ィ=、 -ミ  / / .リ=ナ -i 、  .リ /ノ)/   /::.::.::.ハ_
      ハトヾ入ゞハ マ芯カ、ハ ノ  ilィ=ミ斗 /ヽ イ/:.:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ      長く病まないで苦しまずに逝ったので、
    / ノ人ゝ川ハ ゞ-ソ '´    ヘ心rリゞ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//       幸せな亡くなりかただったと思います。
   .//.イil /人.ハ    i     ゜ーフ升 ili i:.K {rj]iイr'´ //
   イ// /il.// //  >   `      イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ.   //        残された者は辛いものがありますけど。
./イ// イイr⌒>''´  \  ' ー    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//
 /// iヾ:::Y''´       > ` -r::、´_ノ::::.::.::.::.:{ソ-、   {{
V/ /∧::.::.::.:ヽ     _ t K'´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  |.|
_,,/ < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ...|.|
 ヾ <:.:.:.:`:.:.:.:.:<:.:. ̄:.:.ヾ:.:.:トュ>≧}:.:.:.: イ:/:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:`ヽ.}升
../ヽ彡}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:::::::::::::::ノ/  r''´:.:.:/:.:.il:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.il ミ >、
..i{ .}==── 、 :ノ::::::::::::::::V三.ゞ:.:.:/:.:.:.:il:.:.:.:.:.:.:.:.:.il:.:.:.:.:il-イ:. ?
..ヽ? ̄ ̄ ̄ ` -/::::::::::::::::::::}X<ソ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ
  il.i ̄ ̄ ̄ `-.i:::::::::::.:.:.:.:./xワ/ / ./ / / ./ / / /ヽ
  i l       /:.:.:.:.:.:.:-=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-
` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >=-:::::::::`ヽ==================/
`` ̄ ̄ ̄ ̄´´       `────────────────' ´

68 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:22:22 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__                     l`ヽ、-―- 、 _
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.                  /| l  \_  `ヽ、
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_                 {, '´い  //⌒ヽ   \
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',                    l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',                   ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',                 「   xx ̄xx  _V    l     l
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',                 lr‐1         》⌒! |   /
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',                 ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、                _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶            __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!                /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、           _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
              !'i   j       ~ヽ            「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
              リ 、 /  ―ー '''"""f,           `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく

            【辻邦生】                              【遠藤周作】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\        あちらには遠藤周作さんとか辻邦生さんとか、
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\       たくさんお友達がいらっしゃるから、
       ll、 l、 l`      ,r==ミ l|. ll'//`ヽ  ヽ  \\      楽しくやっているんじゃないでしょうか。
        `ヾ`lヾ ,x=ミ       l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ    `_ ノ  ,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ

69 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:22:40 ID:3vQTNId.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /         北もいなくなって……
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./          俺はもう早くあっちへ行きたい。
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

         /.: : /二二二二_ ヽ| : : : |: : : : : ヽ
        /.: : : : :/.: : : : : : : : : : :\| : : : | : : : : : :∧
.       /.: : : : : { : : : : : : : : : : : : : :| : : : |⌒ヽ: : : ∧
      /./': : : : ∧: :!、 : : :| : :l : : : :| : : : | \ 〉 : : :.!
       i:,' l : : : : i斗::| \ : :|ヽ」x' : : | : : : |   〉'.: : : : |
        l| ! : : : : |,rfトl、   x|' ,ィチえ、| : : : L. イ.| : : : : |
        l : :|: : '. トィl      {.ノ::リ'^| : : : :|`i | | : : : : |      うちの父は、
        ト、: |: :ハ ー'     ー‐'  .| : : : ,'_ノ l.」 : : : : l      「俺はもう早くあっちに行きたい」って申しておりますが、
        | :N :| :'.  '      'J j : : :/. :レ : : : : :,′
        | :l | :| : \ ー 、     /. : : /.: : : : : : : : /       その割には
        | :| ヽ| : :l : `  . __..   ´'. : : /.: | : : : : : :./        リハトレみたいなことを始めてるんですよね……
        l :| | :|∨ : : :r‐}  /' } :./ヘ | : : : /.::/
.         ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
            /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、
         / /   /¨ヽン         _.  '´  '.
         , ′   /  , ′      /     |

70 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:22:58 ID:3vQTNId.

            /     /                      ',   .::、
            /      /                     ,   .:.',
           ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,
              ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,
          ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!
          ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i
         ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i
         /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノ        ゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i
         /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi       私、阿川先生のリハビリに伺うお。
            l;..|:.:..ヽ:.. \:.⊂二⊃     :'   ⊂二⊃,′..:/|.::/ }
              l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\     .__, 、__,   / ノ ..:.:/ ..:/
            シ  \  \:..\    `V ⌒7´   .//.:/ :/
           ∫         \ 丶、   ` ‐'′  . ´  /ハ:、
.             ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \
          人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',

71 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:23:12 ID:3vQTNId.

          /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
       /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',
      / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
      ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
      /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
      ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|
     ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
     |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }       よろしくお願いします!
     |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
     |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`        厳しく鍛えなおしてやってください!!!
     ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
      ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
       \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
     , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
    /   |_,. -‐  ̄`ヽ rァr--`‐──'‐‐-r ,   `¬ー 、
    /___.,ィ´    ヽ、._ ヽ          ./ /′      「ヽ
ァ‐/ /         \_ノ!         l /         |  ',
 /   {        `ヽ、 .}!ヽ!       /V           !  ',、
 !   ヽ       \ Y |  ` r====r'´          /    !\

72 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:23:25 ID:3vQTNId.

          // ∠-‐''丁 ̄ ̄ ̄:.\ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /ー/:.:./:.:.:.:.,イ:.:.|:.:.:.:.:.!:.:.:.:.ヽヽ ハ:.:.:.:.ヽrz_ム
         /:.:/:.:./:.:.:.:./│::ハ:.:.:.:.:|::.:.:.:.:.!:.l i|:.:.:.:.:.| }:.:.\
       l:.:.:i:.:.:.{:.:.:.:/  l:.:! .'.:.:.:.:|ヽ:.:.:.:|│:.i|:.:.:.:.:.| l、:.:.:.:.:>
        l:.:.:.!:.:.:.ヾア `ヽ.Vi .ヽ:.:l >弋!ヽ|:.:.:.:.:.:| | lヽ<|
       l:.:.:.l:.:.: ̄ !ィ≠kト、  ヽ X ァ示k i|:.:.:.:.:.リj│ l:.|
       l:.:.:.:! j:.:.:.|{i.f:::ハ`   \´f_::::バj〉:.:.:.:.ム「|:.∨:.|
       .',:.:?:.:.:.:.|!_r';_リ       r';;_/ リ:.:.:.:./´}.|:.:.:.:.:l             それじゃあ、
        N:.:.:.:.:.:ハ     '       /: : : /_ノ j:.:.,':.jl             本日はどうもありがとうございました。
          !|:.:.:.:.:.{小    v== ‐ァ   /: : : //:. ̄:./:.:.リ
        八:.:.:.:.:.:.| \   `ー'´   /:.:.:.:.//:.:.:.:.:./:.イ/             ……ん?
            ヽ:.:.:.:.:|ヽ  >、 __ , </:.:.:.:.//:.:.:.:.://〃
          \:.:.!_ ゝ‐< _|  //:.:.:./7:.:.:.:/'/〃
           ,r ''7´\   /< _  /:./〃∠≧<
       /::::::/ //   ,/== \/ /ノ´::::::: ̄ヽ
      ./:::::::::/ //    f/"⌒ヾ∨  // /::::::::::::::::::::::ヽ

73 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:23:40 ID:3vQTNId.

::::─::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─:::::::::::::::::::::::─:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.
;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;
                                             ..................................
                        |                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           \            |              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /`゙''―‐┬   |            :::::::::::::::                        :::::::::::::::
              | 、_  l   ..|          :::::::::::::::    やれやれ……               :::::::::::::::
              ヽ    丿   |         :::::::::::::::                              :::::::::::::::
                          |          :::::::::::::::     僕はまだ死んでいないですぞ。     :::::::::::::::
                      l\           :::::::::::::::                        :::::::::::::::
              l      ,'  \            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      人        丿      /    \              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                            ...................................
::::─::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─:::::::::::::::::::::::─:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.
;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;;;─;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;─;;;;;;;

74 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:24:09 ID:3vQTNId.

.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|      (なんか今、北さんがいつものようにぶらりと現れたような気が……)
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l      (そんなわけ……ないよね、さすがに。)
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \

75 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:24:24 ID:3vQTNId.

                                              ┏━━━━━━━━┓
                                              ┃  /        \  ┃
                                              ┃/  / ̄ ̄\ \┃
                                              ┃  /   _ノ  ヽ   ┃
                                              ┃  |   ( ⌒)(⌒) ┃
                                               .  ┃.  |    (__人__)  ┃
                                          . .   ┃  |     ` ⌒´ノ  ┃
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\                      ┃.  ン       }  . ┃
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|ヽ                   ┃./⌒ヽ、    _ノ  .┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.|_,ハ                       ┃  ノ \__ィ ´    ┃
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 「>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                    ┃                ┃
          .  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∠__/|:.:.:.:.:/:.:.:.i:/                   ┗━━━━━━━━┛
           /:.:./:.:.:.:.:.:/// ハ:.:.:/イノ{
           1/|:.:.:.:.:</:.:/ /:.:.:.V   /
           | |:.:.:, ィ:.:.:.:.:`ン/:.:.{.__, ′        
            /イ/ ̄/<__/ヽ|           
            , イ       `ヽ             (……おつかれさまでした、北さん。)
            .| /    /_二二ニ\          
          ,. ´|.ト 、  // 厂 ̄ ̄ヽ!
            ヽ|_\`´/ /     .{
          , ´ ̄} `ヽ´_イ     _,ハ
             !   「 ̄ ̄ ̄--┤
             /    ト、_/ /
            .「     ゝ._, イ

                                                                【おしまい】

76クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:24:57 ID:OSXRF5aA
だいじょぶだいじょぶ、「死にたい、死にそう」って言ってるやつほど図太く長生きするのが世の常だからw

77 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:25:46 ID:3vQTNId.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

今回の作品の出典元は、以前もお話しましたが、
週刊文春12月29日号(現時点で最新号)の「阿川佐和子のこの人に会いたい」のやる夫化です。

78クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:27:13 ID:OSXRF5aA
乙でしたー
阿川佐和子も斉藤由香も、もういい年だよなあ

79 ◆KcxXifcWsc:2011/12/25(日) 21:29:24 ID:3vQTNId.
>>78
まあ斎藤由香さんは結婚してますしどうでもいいですけど、サワコさん……

80クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 21:38:13 ID:a8XrMxPQ
乙でした
虎は死して皮を残し、人は死して名を残すと言うけど
北さんの作品は永遠に残るんですよね
北さん本当にお疲れさまでした

81クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/25(日) 22:09:57 ID:oqfERRw6
乙でしたー
この対談読んだけど、AA付きで見るとまた違いますね

82 ◆KcxXifcWsc:2012/01/01(日) 07:41:41 ID:ysavJPGA
【新年ご挨拶(こなた版)】


       ,ィ/⌒
      (:/      /:i
      ヽ,. : :'':": ̄: : : !‐=‐z、、
       /:,: : : : ; : j:!: : j. .  ` 、
     /: :/: : : :/_:/:li: : :ハ: i: :\ :ヽ
    :': /:,: : : 7:/ :l: :./ ´ヾ: : :.i゙:、`
     l:/:イ: : _厶ュ !.:/ィzzl,i!: : :lヾ:、
     j/::i: : :ィぅし:l l/ ぅJ!ハ!: : i
    r-<j :/:::l.`‐''     `''・l::!j: :,'
   ! lハ::::i、,_ (`ア _,ノ::l ∨              みなさま、あけましておめでとうございます。
    ヽ  ‐l ::i`ヾ、T千 |::: /
     / /l ::i:、 / !`:! :/
    ?/   ヾ:、V  l /∧
    /イ    ∨  / /  i.
   /〈i - ‐ -ノ _'__    .i.
  /: ::i.    | ̄     ̄|   i
 _,レイ    |=====f   !
|_,/      |  __  |   .i
./:./      「 ̄     ゙̄i.   i

83 ◆KcxXifcWsc:2012/01/01(日) 07:42:00 ID:ysavJPGA
                        ヾ:、
                        ! }
       ,.. -===ニ、 ‐- 、 /ヽ    /.'
       ´,.. -― '" ̄: : : : :': : : ` ー-、'
      /: : : ,.. -: : : : : : : / : : : : : : : : `丶、
    / ,.. ァ'´: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : \
    ///: : : : : : : :__ ,.イ: |: : : :|: /: : : : : : : l :ヽ
     ,:': : : : :/: : : '´/ !: ,!: : : :| ,!: : : : : : : : l: ハ
.     / /: : : /: : : /   |:/! : : : |/ヽ: `ヽ: : : : l : |
   /:/!: : :,イ: : :,イ__   l:! !: : : :|  ヽ: : : : : : :ヽ/
   |/ ! : / !: : /l !!   `,! | ', : : ! _ \ : : : : : |ヽ
      |: / !: :|l: ! r'、__,./   ヽ: | !  ヽ| : : : |! l、:|          旧年中はこのスレをご愛顧いただき、
      |/ 「l: :|:|: l ゞ--'    ヽ!r'、__ / !: : : :!l/ '.|          誠にありがとうございました。
        |:::!:|:.!: '、"'"  、__   ヽ、,/ ∧: : :l   ,. 、
       ',:::'!:.| : `ヽ、   '、_`フ "'"・ /: :|、:;/   / ノ         本年も皆様が面白い読書ができますよう、
         ヽ:.:.|: : : |/`ヾiー--r---‐i'´ : :l ,. 、 /_ /          精進していきたいと思います。
       /:.:.:l: : : |ヽ:::::ヽ/´:::::,!:: |: : : !ヽ、ヾ/ __ヽ
        /:.:.:./!: : :|:::ヽ/::::::::/::`l: : : :l:.| {  '!', -、}
     ,.. |___/:∧ : l:::/:::::::::/:::::::::/: : /:.:.! ヽ 'ー',ノ
    /,.イ: :/::/::ヽ: :!':::::::::/:::::::::::::/ : /ヽ_」./   i´
.  /// : /::::!::::::/ヽ!::::::/:::::::::::::/: ,ィ':::::::>/   |
 /'/ /: : :l::::::|__,./ ----' ..__::::::/'´::,!::/:::{   |
/: :l /: : : |::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'‐-!´:::`:::::::ヽ  ト、

84 ◆KcxXifcWsc:2012/01/01(日) 07:42:19 ID:ysavJPGA
                     ,. '" ̄ `丶、
                  //´ ̄ `ヽ、:!
                  {!       !}
                   \       /'
                      __ ,. ---'-- 、
              _ ,. -----、, '"/ヽ: : : : : : : : ` 丶、
          ´ ̄`ゝ‐ ''´: : : : :| : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : /: : : : /: : !:l: : :ヽ: 、: : : : \: : : : ヽ
          /,.. -ァ': : : : / __,イ | : : ヽ__ヽ: : : : :ヽ: : : : !
            // ./: : : : :/: ´/ |: |: : : : !ヽ、: : : : : :ヽ: : : l
        /'   / : ! : : :|: : /  !:|、: : : :|  \: : : : :!\:/
             |: : |: : : :|: /r;ー-、! \: :!┬‐-\: : :lヽ/
             | : ,!: : : :!: |、' r' 、,!   ヽ! r' 、_/!ヽ: :l:/ ,. --、        それでは、本年も、よろしくお願いいたします。
             |: /ヽ: i: ヽ!,! ゞ-'  ,   ゞ_,.イ : ヽ: !'´::::::::/
             |/  ヽ!\|' ヽ、"" 、_,._, "'"・,!: : :l∨::::::::::/         2012年元旦
                 | : |:ト`> _ ,. イ-| : : |:::::::::/
                 | : |:!/:::::|:.ヽ'/:.:.:,イ: : l::::::::::ヽ_
                 | : |//::|::/:::::::/::|: : l`ヽ、:::::ヾ丶、
                      | : l::: :::|/:::::::::/::::l: : l::::::::::\-': : : \
                 /|: : ! :::::/:::::::::/ ::l: : !::::::::::::::::\: : : : :\
                   /:::ヽ: !:::/:::::::::/ ..:::!: /:::::::::::::::::::::_\: : : : :\
               /::::::::{ヽ!〈:::::::::/:::   |/::::::::: ,. -‐ '::::::::_丶--、: :\
              /―__:::|‐ ''" ̄ ̄ ̄ ` ┬'"――‐ ''":::::  ::::::` ー'-- .._  <(´・ω・`)>
             r'´ー::'"::::::::|_,.. ----------|ヽ:::::::::::::::::::   ...  :::::::::::::::::::::::`!‐ ∠  /
         ,.. ‐ '"::::::::::::::  :::!'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!:::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::∧くヽ-'く
     ___, '":::::::::::::::::::::::: :::: :|、______,|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/- .ニ_、三ゝ
    /⊂!:::::::::    ::::::::::::::::::::/:::: /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::|
   l∧ぅ!:::::::: ::::  ::::::::::::::::::/  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::  ... ::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::/
   !|// |::::::::::  :::::::::::::::::::::::!:::  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::    ::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/
  ∧||∧ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|____|_____,.. --― ''" ̄ ̄!\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::/
 ( / ⌒ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::/
  | |   |  |::::::::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ∪ / ノ   !::::::::::::::::::::::::::::/:::|  ::::::::::::::::::::::::::   ::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   | ||   ヽ:::::::::::::::::::::::/::::::l:::   :::::::::::::::::  ::::  ::::!__::::::::::::::::::::::::::::::::::::    :ヽ
   ∪∪    ヽ::::::::::::::::::/:::::::::!   :::::::::::::::::::::   :::::::| `ゝ,--、:::::::::::::::::::::  :::  :::::!
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ///: :/ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::|
          \:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /' /: :/ |:/`ヽ、 __::::::::::::::::/

85名無しのやる夫だお:2012/01/01(日) 09:40:05 ID:xQR.YXrg
よろしくー

きれいじゃのー

86 ◆KcxXifcWsc:2012/01/01(日) 15:45:18 ID:ysavJPGA
【新年ご挨拶】

         />'´ ̄     `ヾ\
       ./ /       \ 、   ‐-Y⌒ヽ
       / 〃ハ     ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
     /イ l |l l | | .|ト、 .|.|  l|  ゙, ノト、   l
     //ハ l< |l十十l.\|十-リ| l │ i|ヘ.  l
     〃i ハル小l( ●) (●) 从 |、i|∧ヘ l
    i ハハ レ ヽ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ |ノ .,ハ ヽ l
    〃′|| .| |ヽ、  ゝ._)   ノ| |/ lヘヽ |
   |l l i|/  ././.  ヘ、 __, イ,/ヽヽ .l ヘ  、|           みなさま、あけましておめでとうございます。
  |l /  / 仁二]ノ/)'::/    /ヽ::ノ:仁二] .ヘ ヘl
  |/ ノ. 仁二]/::7::/ ,,-="_::\ :仁二]ヘ  ヘ
  |l |   [二メ::::/::y'"::::,,,--~:::: ̄ r"[二メ∨ ハ ヘ
  |l |     /:::::::レ':::::,,-'":::::::,.:::::::::::|  |ゝ}ヾ∧ l|
  八ノ.   /::::/::::/:::::::::::::::,/:::::::::::|il_| / /ヽ| l|
  /∧ヽ  /::::/:::::/::::::::::::::::::,/:::::::::::::::.|_  |
      ノ::::|~-'-,_:::::::::::::::|:::::::::::,-:::::,| ゝ/
      |:::::::|     ̄ ̄イ:::::,,-~:::::::::|\/
      |ヽ::::|      /,,/:::::::::::::::i\
      )\.|     フ/::::::::::::::::::::::| ヽ
      (:::::::::L   ,,/::::::::::::::::::::::::::/  /
      il:::::::::::|`-,/~_,,-~::::::::::::::::/_/
      ヾ::::ヽ,|~'"~~:::::::::::::::::::::::::::/
      |i:::::/\、:::::::::::::::::::::::::/|
      ノ-/  /\::::::::::::::::::::/:::::|
      | /  ノ\ \:::::::::/:::::::::::|
      i |ーイ_ヽ::ヾ、 `ー"::::::::::::::::|i
       |   |:::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::|
       | /|::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::|

87 ◆KcxXifcWsc:2012/01/01(日) 15:45:36 ID:ysavJPGA
                ~ヽ  . :  =   :: 、  `ヽ
             /     :>´      ヾ `ヽ、ハ
         /     /   〃        ヽi
         /    ,           /    `ヽ \
           ,     i    ,'     !:   ., \ }  八
          i      !    :| 从  i|   |ト、 ソ. ソ ‘,
         |     l|   斗 ⌒ト、 ハ  斗┼メ ´  i
         |!     ',   ∧r=≠ヾリ ヾィ≠z 从 ハ lリ
           i     ゞ ハ 八::::リ !   {::リノ ル/ / V
          }     (人こつ ` ´    , `´ こつハ /          旧年中はギャル実(&このスレ)をご愛顧いただき、
         l〃 :::::::ゝ=ト、    rゥ    ィ::レ′ l|           誠にありがとうございました。
         |/  :::::::::爪 !!、i l`  ーイ  '  ハ   ,′
        |   ::::::::{lハ,、ij!、l,l-―‐‐タュ,、 {ハ   / ヽ          本年も皆様が面白い読書ができますよう、
        il       l ̄ ゙̄ー、 ̄ ̄l '"lヾ{ハ.  /, l  ヽ        精進していきたいと思います。
        il      ,lー―-、  `ヾ、,'゙/ 〈y〉',ヽ ',l   ヽ
        l}     /     ヽ、  y'  〈y〉', ヽ'l     ヽ
        il    /        ヽ、 /   〈y〉 ', l     l
        ,'    /     l       /    /トイ ', l     l
       l}   l      l    /   / l il ,' l       l
       l}.  ̄`l      l   /    / , 、,゙''、 il        l
      l} ハ  l      l /,、,ィー'_ニ='-ー'-ニl        l
       l     l      fン'"´ ̄       !!ゝニ=、    l
       l    l       ヽ      _,、,、,、,/  三ミシ   ,ノ
        ヽ、_ l           ヽ`ヾ''"7 ,' ̄   ,イ      l,'
           ゙、l           / ,' , -― '  l      l,'
           l             l ,'´  i    ノヽ、    l,'
          ,'´l             l',   l   /  l ヽ、 l,'
          l  ヽ             l',  l  /   l   `´
           l   ,l          l,'   /    l
          l   ',l             l,'        l
           `ー' ,'l            l,'          l
                ',l            l'          l

88 ◆KcxXifcWsc:2012/01/01(日) 15:46:02 ID:ysavJPGA
                       _ ,. - -‐‐‐-=、
                     , -‐'"      ̄ `'ヽ、ヽ,
                 ,. '"´          ヽ、ヽ 、r 、
                / ,     ヽ        ヽ/l,\`゛`'‐、
                _i ,'   l    ヽ   ヽ    メ > i `,   `,
             / l  l  l l ',   ',、   ヽ   i y'ヽ', 、    ',
            l  l  l ,'l l、 ヽ   ', ', _,,斗-、 l l' V/.', '    ',
               l  ハ l ,' l l ', ',ヽ   ',´,  l ',   l l‐'"l. ',  ',.   ',
                l  l ', .l  l,_,|、 `、 l ',   l ',」斗ミ、//l_ / ',  ',   ',
            l  l ', l  ハ,レ匕',ヽ \__示:::t リ/l :l `,'  ',  ',   '        それでは、本年も、よろしくお願いいたします。
            l  l  i l ', ',示:::t`,ヾ    廴:歹 i :l_ノ   ',  ',  ',
             l  l  lヽ,lリ、ゞ_歹      ⊂⊃i :l全    ,  ',  ',        2012年元旦
             l  l   l ゙ '⊂⊃   、_,  i l.E    ',  ,  ',
               l  l    l  全へ   -'    ,.ィ  l,ヨ      ', ',  ',
           l  l    l  E    ≧   ,.イ:::ムイ::::::::::ヽ、  、, ',  ,
           |   l    }  ヨ, /l l;:;ヘ//::::::::::::::::::::::::;::>ー::::--....、、
            |   l    l .ィ彡::\l l//::::::::::::::::::::::ィ:ハ::」 V L:::::::::::::ハ
      .     |   l   /:::!:i:::::::: : l l/:::::::::::::::::: /ゝvWvkく : : : : : : :く ハ
           |   l  /::::::::::::l::::::::::/:::::::::::::::::: /:::::::::>ゝ<<: : : : /: : : 八∧
           |   l ,イ::::/ヽ、l::::::,:';イ::::::::::::::::/_{⌒}_.:.: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
           |.  l ::lヽ   く!::// `ヾ::::::/ '{     >: : : : : /:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:. ∧
               {:::lく   トj//  イ::::://:::::ゝ   (:.: : : : :.:/:.:.: /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:j
              }::;:レへj://__}_{__::://::::::::ー个ー::::::::::::/:.:.: /:.:.:/:.:.:.: /:.:.:.:.!
              ノ:::::':; :::::_// : : : : : : : : :i ̄ ̄ノ:゙:゙: : . ._.イ:.:.: /:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:!
.           ,.イ:::::::::::У: : : : : : : : : : : :ノ    l : : : : : : `V: /:.:.:/:.:.:./:.:.:.::::::::::l
          /:/:::::::::::〈: : : : : : : : : : :γ___/Wン____)) : V:.:.イ:.:.:./:.:.:.:::::::::::::!
.          / V7::::::::::∨_: :-: :"´: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: `?:>:"´::::::::::::::::::::::l
         〈  〈:::::::::::::::j!: .: .: r=≠テ≠=ュ: .: .: .: .: .: .: >:"´::::::::::::::::::::::::::::::::: l
.         〉_厂::ヽ::::::::ミミミミ≧≫≧≫≧ミミミミミミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
         /:::::ヽ::::::::\:::i!: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::「ヽイ::/

89名無しのやる夫だお:2012/01/02(月) 22:48:33 ID:fykKPqsw
和服はいいね。
小説の服飾描写は男作家ってあまり気にしないほうだけど。
源氏物語の描写はこれでもかってくらい凄いよね。

90名無しのやる夫だお:2012/01/03(火) 15:34:10 ID:X6/SmKDI
何か1231の朝の番組で北杜夫をやっていたのだけど、忙しくて見逃してしまった。。。

91名無しのやる夫だお:2012/01/04(水) 00:24:56 ID:.WNQNquc
実家に帰って何気なく阿川(父)の海軍物を読んでいたら、阿川さんの終戦の時の気持ちが書いてあった。

「八月十五日の敗戦が私にもたらしたものといえば、一番はっきりしているのは三十年か四十年の
余命である」
そして、余命がどうも「余生」のような気がしてならない、病気や落第で大学卒業年次が一期か二期か
遅れていたら、間違いなく航空隊に配属されて特攻隊で死んでいた、と。

これは昭和44年に書かれたものなので今の気持ちとは違うでしょうが、やっぱりどこかで死に損ねた
みたいな気持ちが残っているのかもしれませんね。

92 ◆KcxXifcWsc:2012/01/11(水) 20:32:26 ID:Wyqdk/mg
生存報告。

>>89の源氏物語の服装描写(というか視覚・色覚的な部分)は小ネタで書こうかなと思っています。

93名無しのやる夫だお:2012/01/11(水) 23:24:56 ID:A9ENBUzM
は・あ・く

94 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:33:31 ID:sJ2BZyto
というわけで、小ネタをゲリラ投下w

95 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:33:48 ID:sJ2BZyto
【小ネタ…文学における五感(特に味覚)に関する一考察?】
                                       __________
.              ________________|__________|
              l________________|             /
       ____.\  ________________|  ̄ ̄ ̄ |__,/
         |_____.\|           _             _    |     :|   |
       \   ____|    | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |     :|   |
           \|    .:|    |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|   |     _
             | :l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |______,| |_
.         l´ ̄ ̄ ̄|                            |.        \  .|   l── ‐| l,l,l,}_ ___ _
.         |     |________________,|___     \|   | _,,[ll| |lll]── ─‐─
_____,l____,`丶、┌─────────────.`ー─\      ̄ ̄ ̄|   :| |i
:::::::::::::::::::::::::`丶、┌──‐::|          _             _   :|  \       |   :| |
\::::::::::::::::::::::::::::::::|     :|     | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |:    \_____|   :| ┛
  l\______,|     :|     |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|──‐ '   | |
  |          |  l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |    | ┛
  |:  | ̄ l´ ̄ ̄ ̄:|                       |.        \  .|   |    | |
\|:  |_ |     :l________________,|___     \|   |    | |,,r''"゛''"'' - ,,_,,r''
:::::::\   |_____,` ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄|_r'""| |
::::: ::::::\_` ̄ ̄l ̄ ̄ ̄:|     | ̄ ̄ |. _     | ̄ ̄ |. _    :|  \       |   :| |
:::::::::::::::: :::::::::::::::::::l      :|     |     | |l0l|    |     | |l0l|   :|:    \     .|   :| |
\____   :l      :|     |     | | ̄|    |     | | ̄|   :|      |      :|______ ___
  |       l´ ̄ ̄ ̄l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\  ..| l ̄ ̄l :| ̄ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄`ヽ
  |       |     |                       l      \ | l__l :|  ̄ヽ、 ̄ ̄ ̄`ヽ ̄\
.        |     |                       |          | l|      :|⌒ヽ.  l二>≡≡<コ ̄<コ
.        l____,l________________,|_____| ll_____|、__,ノー‐--- l二l-‐'二l-‐'

96 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:34:04 ID:sJ2BZyto

                        _,_.-、,-‐、
                      ,ノ     `^"!_._
                    ,-'i^""''{     、ト-.,_`^┐
                    }./.   `ー,  〉`´  `'、_}
                    |::::..    `‐'´     |
                    |::::::            |、
         _____     |::::::            |_)
      ,.....::::::::::::::::::::::.    |::::::            |_)
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ|::::::            |_)
     ,::::::::::::::::::::⌒::::::::⌒::::::|:::::::               |_)
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::: /|:::,.--―¬''''''¬‐-..,,,_ |/
     、:::::::::(l::|( >) (<)イi |'´::::..._,,...-----....,,,,_ ヽ{
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八.}‐'""´-‐‐¬‐‐‐--..,`ヽ{
      <>x:从、'' 「:::ノ .イ/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ      やっぱり昼間っから飲む酒は最高ね!
.       /.:::i, -/> <〔丿   >ーーー-------‐''"´
      {:/i:::::\ i。|/:::i  /
     / /.::::::::::::Y:::::::::::Y
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::ノ
     `ーく_,ノ::::::::::::::::/

97 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:34:19 ID:sJ2BZyto

    ∬    ∬   ∬  ∬   ∬   グツ

   〔_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕    グツ
    ( ̄ ̄ ̄ ̄ι ̄ ̄ ̄ ̄    .:.:.:.:.)
     (      ι      .:.:.:..:.:.:. )
     (______.:::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.)
      \___ _____/
    ____〔 从从从从从从 〕___
    |            【○】      |
    |____________________|

98 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:34:35 ID:sJ2BZyto

          _____
       ,.....::::::::::::::::::::::...
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
      ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
       {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/                鍋もいい具合に煮えてきたし。
      、:::::::::(l::|( ⌒) (⌒)イi
       ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八                ちなみに今日は池波正太郎の小説によく出てくる、
       <>x:从、 '' ー .イ   ) )              「鳥皮と大根の鍋」よ。
.        /.:::i, -/> <〔_ノ   ( (             ブログとかでも結構人気ある料理なのよねw
   ___{/\、::\i。|/::|\   )
   | |  / ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と)                ttp://rice.qee.jp/nikki/9-tabemono/43-edo.html
   | |  // ⌒ノ\ ____ ,⊂ハ               ttp://d.hatena.ne.jp/dancyotei/20100121
   | |  {   /~Y:::::└─―‐'∧ ノ  |_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄

99 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:34:55 ID:sJ2BZyto

                 ____
              ....:´:::::::::::::::::::::`:::..
             /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
          /.:::::/.:::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          .:::::::::i:::_」:::::::::::::::;::::::::::}:::}::::::::::
            i:::l::::::i´八::::::}i::/l/`ヽハ:ノ.:::}::::|
            |八::|从,ニ.ヽハ/ ,ニミ/イ::::::;::::::
              i:八/ヒ:::}    ヒ:::j゙Y:::::::/)::/           調理法は簡単で、
              l::::::!(ゞ':),⌒(ゞ::);::::::::/:/           適当に切った鳥皮と大根、あと油揚げを、
           ':::人 :.  _ , ::. i::::::/] ̄〉           だし汁で煮込むだけ。
               ヽ{ > . _  イ:::∧::?
               _   {{`ー-‐' }}:::}厶》           大変なのは鳥皮を調達することぐらいw
            ,'´  `゙      `゙´  `ヽ
               ;                   i         大根の切り方も長く煮込めるときは輪切り、
           ; /           ヽ   ト、        時間がないときは千六本と自由が利くし。
            /             '.  |:::::.
              {                }   |:::::::.       ちなみにスレ主は拍子切りの大根が好みねw。
             ∧                |:::::::::
          ;  ヽ     ノ      ノ   |:::::::::i
            ;   }    '⌒     /     |:::::::::|

100 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:35:11 ID:sJ2BZyto

                        _,_.-、,-‐、
                      ,ノ     `^"!_._
                    ,-'i^""''{     、ト-.,_`^┐
                    }./.   `ー,  〉`´  `'、_}
                    |::::..    `‐'´     |
                    |::::::            |、
         _____     |::::::            |_)
      ,.....::::::::::::::::::::::.    |::::::            |_)
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ|::::::            |_)
     ,::::::::::::::::::::⌒::::::::⌒::::::|:::::::               |_)
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::: /|:::,.--―¬''''''¬‐-..,,,_ |/
     、:::::::::(l::|( >) (<)イi |'´::::..._,,...-----....,,,,_ ヽ{
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八.}‐'""´-‐‐¬‐‐‐--..,`ヽ{       よっしゃ、もうイッパイ、いっちゃれ!
      <>x:从、'' 「:::ノ .イ/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
.       /.:::i, -/> <〔丿   >ーーー-------‐''"´
      {:/i:::::\ i。|/:::i  /
     / /.::::::::::::Y:::::::::::Y
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::ノ
     `ーく_,ノ::::::::::::::::/

101 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:35:26 ID:sJ2BZyto

        (( (ヽ三/)    -‐…‐-  (ヽ三/) ))
           (((i ) /.::::::::::::::::::::::::.\ヽ( i)))
          /   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  \
           (    八::::⌒:::::::::::::⌒::::::八i   )
          ヽ   {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|  /
           ヽ  l:(l:| (⌒)   (⌒)イ)::;   /       酒はおいしい、料理はウマイ、
            ヽ ';:八ー(::::)^(::::)一八;'  /        あったかい部屋でのんびりと過ごす……
                  ヽヽ::...、 (三)  .イ:ノ ノ
               ` ,〔>≧==≦<〕‐'

102 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:35:43 ID:sJ2BZyto

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::::_ノ:::::::ヽ、:::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
      、:::::::::(l::|。;(ー) (ー)イi ゚ 。          これでいいオトコさえいればなぁ……
      ヽ:::::八o'゚(::::)^(:::)゚o八
      <>x:从、. )〜 イ              ……ああ、独り身が寂しい。
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ

103 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:35:59 ID:sJ2BZyto
                                                     ここのスレ主とか、どおっスかぁ〜?>

             -‐…‐-
           /.::::::::::::::::::::::::.\
          ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;          ないない、ここのスレ主はない。
         ';:八 /// , /// 八;'
     r、     r、...、 (  )  .イ:ノ           そりゃ出版業界のフリーランスの校正屋だけど、
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕           金なしの性格破綻のキモいおっさんだから。
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.          趣味もオタクっぽいし。
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::}

104 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:36:15 ID:sJ2BZyto

       -‐…‐-
     /.::::::::::::::::::::::::.\                                   オヤヂってwwwwまだ30代でしょ、確か。>
    ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   八::::-‐:::::::::::::‐-::::::八i
   {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|              まあ、立派なモノ持ってるようなら、
   l:(l:| (⌒)   (⌒)イ)::;              ちょっとは考え直してもいいかもしれないけどねwwww
   ';:八///   , /// 八;' 
.     ヽ::...、 ,_,、_,  イ:ノ              またはとんでもないテクを持ってるとかw
     〔>≧= =≦<〕
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.    /::{:::::::::::::::::::::::::::}::.

105 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:36:37 ID:sJ2BZyto

                                             あ〜、テクはないっしょwwアレもショボいしwwww>

       -‐…‐-
     /.::::::::::::::::::::::::.\
   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   八::::-‐'´:::::::`‐-::::::八i
   {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
   l:(l:| (●)   (●)イ)::;          でしょう?
   ';:八ー(::::)^(::::)一八;'
.    ヽ::...、 ⌒   イ:ノ           ……って、誰よ、勝手にうちに上がりこんでるのは?
    〔>≧= =≦<〕
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   /::{:::::::::::::::::::::::::::}::.

106 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:36:56 ID:sJ2BZyto

        / >'´ ̄        `ヾ\
     ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
     /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
      lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
      |ヽl |l||ト、 ||  k-、  |  |    |
      |.ハl ll .| | l \|| ヽヽヽ、___ヽ    |
      | ハハ ハ圷 ?   ィ〒 ヽヽ //y、}   |
      |   ヾ *(●)′ (●)* `<^r'  '、  l           と、いうわけで、チーッス、さか奈センパイ。
      |   |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|! ヽ   、 |
      |   |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| § \  \
      |   |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  | \  \
      |  r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ‐- \  \
      |  |仁二] || `  ´ ||仁二]     `   ノ
      |  |仁二] ヽ У  /::仁二] ー―――‐'
      |  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :} |    .|
      |  ゞ、: : : : : ::人: : : : : : : : :ノ . |    .|
      |  | `i --: ' : : :` : --: : :1  |    .|

107 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:37:10 ID:sJ2BZyto

              ___
          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂_ ノ
         !::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      _..イ::::::::::::l:::::::::::::::!:::::::::::::|:::::l:::::::::::::::::i
       |:::::::::::::|:|::::i:::::::|:::::::::::::}i::::L_::::::::::::l::;
       l:::|:::::::::|:}::┼‐::}:::::::::: ハ:/ヽ|::::::::::{ヾ,
       l:::|:::::::::|ハ:{ヽ八:::::: / x==ミ|::::::::::l} i
       |:(|::::::::弌=ミ、 \/ ,イ示心:::::::::リ }          なんだ、腐れガバマン女か……
       ::::|:::::::::|‐(:::::::::::)⌒(:::::::::::) |::::::::   |          そりゃお前さんとなら、誰のだろうが粗チンだろ。
       ヽ|:::::::::| ////  i ////  |:::::::j   }
          i|:::::::::|             /|:::::/   \        で、今日はどうした?
       八:::::::|ヽ、    ⌒    イー!::/ '    \      タダ酒タダメシか?
        , ´ ヽ::::!::∧丶 .._...:::≦ l ハ/ `ヽ         、
     /    ヘ:j:::|ハ       | /、    \      `マ_
     l     ,/:::|、 ヽ    _ .ィ!  |ヘ    \        `丶─‐、
     |     / ::| ` 、    '´  |  l    /=≦\       ヽj∧、

108 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:37:28 ID:sJ2BZyto

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |      いや、偶然さか奈センパイんち前通りかかったら、
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !      いいにおいがしてきたもんだから。
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !      いやいや何かいいにおいがするですな。
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::        さか奈さんの今夜のオカズはなんですか。
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.       ははあ、鳥皮と大根の鍋ですか。
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l     あんがいケチなものを食べてますな。
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l     しかし、ぼくも食べてやりますぞ。
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l

109 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:37:58 ID:sJ2BZyto

              . . .-. .‐=‐. .- . ..
             .: ´ : : : : : : : : : : : : : :`丶
         ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.        .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
       .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        l : : : : : : : : : l : }: : : : : : : j : !: : : : : : : :i
        l: : : : : :l ト-‐l{: :l!: : : : : : /:ー{‐- : : : : : l
        |: : | : : :N\八ハ : : : : ∧::八:/!: : : : : |
        l:r‐| : : :| 抖竿ミ∧ : : / 抖竿ミ|: : :|ー、:!
        |:{ l| : : :| 乂::::シ ! \/ 乂::: シ |: : :|:l }:|
       i:ヽ| : : :|ー‐(:::::::::)-‐-(::::::::)‐ー|: : :|-': |      なーに、狐狸庵先生の「キタモレオ」パクってんだよ。
      八 :| : : :|    ̄  `´  ̄   |: : :|: : :|
.         ヽ| : : :ト、     , -‐-、     .:|: : :|: :/      ……まあいいや。独り酒じゃつまらんし。
.         | : : :|:::ヽ    ∨_ノ   /::_|: : :|ノ       お前さんもどーせオトコ日照りだろうから、
.         | : : :|ゝ=l`  . _  イ:ニ<l: : :|        まあ、付き合え。
.         ハ : :八/ \       ハノヽ八 : j
        __ノ∨〃ヘ   \   / }ヽ、_ ∨
     x':::::::彡<//∧    > -<   〕 ∧≧x
    〃< ∨/////∧/ヘ/f:l lミlヘ/ //// /! ヽ
. ー=彡/     V/////∧  /.l | | ハ  //// / l  ヘ
.     /     ∨/////∧ .!/! ゝ!,イ /// /// |  ハ
    |         V//////∧ |  l ///// // !    '
    |         V//////∧    /////////|    ',

110 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:38:13 ID:sJ2BZyto

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| '∩_
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| 〈〈〈 ヽ
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ〈つ   }
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /``、  {
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l   |   |        じゃあ、以前センパイに旅行土産でプレゼントした、
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|   |   |        そこそこの値段のコニャックを……
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |   |   |
    |    レ´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、/   ,'
    |    |  仁二]|| `  ´ ||仁二]    /
    |    |  仁二] ヽ   У∧仁二]: 、_,/.|
    |    | {: )ソ: : : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |    {二ゞ: : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |    |   l: : :―: : ´: : : `ー 1´     . |

111 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:38:29 ID:sJ2BZyto

             -‐…‐-
             人::::::::::::::::::::::::.\
         ;::(__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::.
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;       ああ、それ、アンタが全部飲んだから。
         ';:八ー(::::)^(::::)一八;'
    r、     r、...、  -  uイ:ノ       ……ったく、なんでうちがお前のボトルキープしてんだよ。
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕        お前は北杜夫ん家における宮脇俊三か?
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::}

112 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:38:44 ID:sJ2BZyto

          __        ,. r−- 、
        /    ヽ  __ j /,    \
       /   ニfナ'r‐v‐、_ `'メミr‐、   ヽ
.      ′  //  |      `ヽ、l、 ヽ  i
        '  / / i ハ ト、 、     'l i  !  !
      j  / /, 十┼|li \|┼--リ ll.| l    i
       | /§' ,'圷?   ィ〒ミ. l l l l     |
       | j/Nlト* r==z′  r==z*ハ§| l     |
      l仁二] l|l⊂⊃、_,、__, ⊂⊃r‐N l !   l        じゃあ、ギャル実、センパイのところの戸棚にちらちら見える、
     ,'{二二],l `iヽ       ノ 仁二]| l    i       あの高級そうなスコッチを少しばかり、欲しいかなぁ、なんて♪
.    /, [二二}l l! ` i --  ´| {二二]! l     !
    //  ̄)ソl__l_ri-!  ,-一'、_[二ミ}|  l    l i
__//  / /  l/ y'ス,_  ξ/::/⌒)ソ ヽ !   い、
`ー 7  / l   〈   ' / fj- 、Y:::::::/     } l   i ト、ヽ、_,
   i   !  l   、ヽ   /二 |:::::::、/    /   !   ! i   ̄
   、  i  l   i:::} r'― /::::::::/    /   |   } !
     )人  l   !/  l> /:::::::/    / i   | //
   ー '´  ヽ.l  /   {  〈::::::/     /ヽ }  } //
        )! /   ハ  ヽ'    /  V //{(
      ー 'j /     ,':::',   \  /  ノ- ヘ{ ``
        i'’    ,':::::::',    /!        `

113 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:39:02 ID:sJ2BZyto

           .... -────- .....
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::|::::::|::::::::::::::::::::::::::!
      l::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::}::::::|::::::::|:::::::::|::::::|
      l::::::::::l:::::∧:::::lilililヽ/_∨_\:::|:::::::::|::::::i       あ゛?
      |::::::|/_∨__∨ハ::::/=て__) ̄ |:::::::::|::::/       何アラサーが猫なで声で、物欲しがってるんだよ。
      |::::::| ̄てノ ̄ ∨  ヾ≡彡 |:::::::::|::/
      |::::::| ヾ=彡'           |:::::::::|/         ……まあ、ウイスキーなら、
      |::::::|    ー(::::::)─(::::::)‐   |:::::::::i         あれよりもレア物あるから、出してやるよ。
      |::::/ \    〜〜     ハ::::/
      レ´   `>_─ _ ─ _イ<}  ∨          私とアンタの仲だし。
          / |::::\/ 丶/::::ト、::ヽ_  ノ)
          / |::::::::| >< |:::::::::| ヽ::::彡'
         i   |::::::::ヽl l/::::::::::|   i
          l  |:::::::::::∨::::::::::::|  !

114 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:39:17 ID:sJ2BZyto

.      l ̄:l
      ヤニニア
      |l--l|
     ,.-´ `-、
    _ノー‐_.八_
  γ´  <__ノ`ヽ
   |l ______ l|
   |l |       | l|
   |l |       | l|
   |l |       | l|
   |l |       | l|
   |l   ̄ ̄ ̄ ̄  l|
   |l______l|
   `――――――´

115 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:39:34 ID:sJ2BZyto

         />'´ ̄     `ヾ\
       ./ /       \ 、   ‐-Y⌒ヽ
       / 〃ハ     ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
     /イ l |l l | | .|ト、 .|.|  l|  ゙, ノト、   l
     //ハ l.>‐'つ,,イl.\|ト、_ リ| l │ i|ヘ.  l
     〃i /.ノトl( ●) (●) 从 |、i|∧ヘ l       なんか見たことない銘柄だけど……大丈夫ッスか?
    i ハ/! }/゙ヽ⊃、_,、_, ⊂⊃ |ノ .ハ ヽ l
    〃′|.|{ (´/ヽ.).  ⌒   ノ| |§'゙lヘヽ |      まさか薄めためんつゆとか……
   |l l i|/ヽ( イ- )ヘ、 __, イ,/ヽヽ l ヘ  、|
   |l /  / .\ `ヽ:::/`@''"´1:::仁二].l ヘ ヘl
   |/ ノ.   {〉   ):',    /:::::::仁二] ∧ .ヘ
   |l |   /  ノノ:::::',  ./::::::::::r'[二メ ∨ ハ ヘ
.   八ノ.   /  ./::::::::ヘ ./:::::::::::::`:y |ゝ}ヾ∧ l|
   /∧ヽ. /  ./:::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::} || / /ヽ| l|

116 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:39:51 ID:sJ2BZyto

                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                    ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、
                /.:::::::::::::::/:::::::::::::::::.:::::/.:::::::::::::::::::::::::|:::::ヽ
.               /.::::::::::::: /.:::/.:::::::イ::::_/_:::://::/::::::::::|::::::}::::.
              /.:::::::::::::_/.:::/.:::::〃|::::厶ィY::::':/.::::::::/:|:::::八::::.
             ;:::::::::::〃/.:::::{:::::N x==ミ 刈:://.:::::/_l:|:::/.:::::ヽ:\
               {/.:::::八/.::::::::::::::|〃ん::ハ  ル/:::/⌒刈:::::::::::::::::::ト\
              {::::::::::::;:::::::::::∧::| 弋::ツ   / =ミxイ::::|i:::::::|i:::|i   `ヽ
  , -‐===‐-ミ    {:::::::::/.:::::::::::i ヽ \   〃{んハ }}ノ::::八::::八八
 -‐<       `丶八::::/.::::::::::::::|     (:::::::)  乂:ヅ/::/}:/l:/
    \      ニ=∧::::/.::::::::::|           ´ (::::::)イ 丿 /
        ` ー-=ニフ(  V.:::::::::::::ト、     -‐   .イ:八
        /.::::::::::>彳:::::::::::::::| \       . イ:://           なんでアンタにそんなドッキリ仕掛ける必要があるのさ?
        〃へ::_/  |:::::::::::::::::|   >‐=≦:::::::::|:::::i
       /  \\  八:::::::::::::::|   ∧    八:::::|:::::|            まあ、飲んでみなさい、って。
.     /       \\  \:::::::::|    `マ!  ヽ:|:::::|
.  _/_        \\  ヽハ     ||\  ヽ八
  /   `丶、      \\  ̄`   ´ ̄/,  \
. /       \      \\___//     \
          ヽ       ` ー-ヘ く       ∧
           }             ヽ       /  \
           }/                 〈     、
          /                   ヽ    \
.         /{                }      〉

117 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:40:08 ID:sJ2BZyto

 _______   カラン
 |i:¨ ̄     ̄¨.: i
 |i:         :i|
 .|i:       、  :i|
  |i /ヘ:\    :i|
  |:〈`_、/´_`>    i|
  |ii~~'、;'´`,'~,;'~,;:~,i|
  |`ー=====一 |

118 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:40:22 ID:sJ2BZyto

                    _
             > - 、  . : ´           `: 、`ヽ / `ヽ
             . : ´        `ヽ   \ ヽ.    \
          〃   〃       /      ヽ   ',  ',.     ,
          〃  .〃        {   ハ:    :    ',  ',       i
        八  〃   /   :|    ハ:   :} ヽ ',
         ゝ{l / 〃   :ト    ハ:   :|  !| )、 ハ    i|
          |   |l i  |l ハ  ト、 ヽ  ハ:  :|  !| / }i l|    l|
          |   |l i  i、 | ii l )  \ l∧ !  i|/  |レルハ.   l|
          |   l  、  ヽ厂i厂_/     リ i刀 ̄リ゙i  |  /∧   l|
         {   l   :ト、从 ィ弌心     イ弌心 :!  | /:::::i  l|
        ト   人   i!   v::::リ       v::::リ  :!  :l〃:::::l!   l|        いや、センパイ、これ、おいしいっしょ!
        |     (  ハ _ゝ ¨          ¨  :|  :l/:::::::::li   l|        ヘタなシングルモルトよりも全然おいしい。
        |   .::::)./ルヘΩ ::::::::::: _゙  _ ::::::::::: 从 :l}:::::::::::リ   l|
        |l:  .:::/ i!::::::::V >.   V⌒/    /  l}       l|        鍋もおいしいし、センパイ、も〜っ、サイコー!
         ハ: :::/ {ヽ::::::|   厶> _ ....:::::   /  :l}〃     l|
       | ',:::〈、 ・ \|    __ }  ...:::::::::{.__/  ./ l ::    :リ
       |  ',::::〉 .从  `ー=彡"     ー=彡イ_{ _:::..   リ ∧
            ∨   ,,ゝ = =イ ハ      |ハ     ヽ / / l
        ',  〉 .:"      / :|      ...:::. Vハ       V /   l
        ',  、|      ./ i|         Vハ.     v  〉|
            ',   |   ', /   |          l ハ      ', / !
          ゝ、|    У   :|         |: ハ      ∨  !

119 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:40:37 ID:sJ2BZyto

           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.           ;::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::i
         |l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八::::::;:::::}::::::::::::::|:::::::::::::::;
         ||:::::::::::::::::l|:::::::::::: |l::::::::/  >、ハ:人!:::::::::::レ_ミ:::::::i|
         ||:::::::::::::::::l|:::::::::::: |l::::::/ /  __ `Y ::::::::::!ィ^ V::::l|
         {:::::::::::::::::八::::::::::::|レ'/ ,.ィ刈 }} |:::::::::::|ヽ  }::::l|
.          八::::::::::,.x=< :::::: |   癶辷ン ノ .イ:::::::::::l ノ/.::::l|            (中味入れ替えたトリスでここまでだませるとはね……)
.            \:〈 代ぅ抃ハ;丿─ _( :.:.:.:.:.介l::::::::::::|' /.:::::丿
                `ヘー(:.:.:.:.:.:)'´      ̄   l::::::::::::l彳:::/             まあ、ギャル実が私のこと慕ってるのは、
               ト.   ̄             l::::::::::::| |∠_       _ノ}       よくわかってるから。
               l::::.    ゝ '     ノ    !::::::::::i|八_} ̄ ̄  ノ
               i:::::ト、   -- ‐      l::::::::::::|  \)   ‐<_        あとは「誠意」を見せて欲しいところね。
             八::::::::>.. _ 二 -、 /ハ:::::::ノ ∠/≧=─<::`ヽ      オトコ紹介するとか。
              /  ` > '"      \  /ヽjソ /////>―‐-ミメ .:\
                /            / ∨     ///., ´       \ヽ::\
               /            ハー }   //,/ /        Vハ:::ヽ
             /       , '    ゝ _ノ   //  /         Vハ:::::::.
                {       /- 、__...__フ /    /     /      Vハ:::ハ
                |        i  个‐じ ハ ,\/,i    /   /           Vハ{
                |        |  |'/公イ /   {/|  ∠ ..イ          Vハ
                |        |  |//// i    ノ/|   /            //∧

120 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:40:58 ID:sJ2BZyto

            .r-、 _00           /::::'┴'r'
            .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
            .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
            . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
            、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
            . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                />'´ ̄      `ヾ\
              // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                 // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
              /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   i
           //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  i
             ///ハl ll十彡|li \|ー--リ l l ∧ ヘ  i
          〃/ i ハハ 圷 ?    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  i
.         〃./ i i  '. *≦゚≧ 三:≦゚≧*ノ| lソ//iヘ ヽ i
          |l l  i/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§.// i ヘ.  i
          |l |. /  /./§> 、|r┬| ィ´人§//.  i ヘ ヘ        誠意、誠意、征夷大将軍wwwwwww
          |l |/_./ / ノ, ィく `ー'´ 「>、 _\\_ '. ∧ ヘ
          |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
          八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  ∨ ハ ヘ
          /∧ヽ[二二二}::::/ £ /:::::::/ [二二二.] }ヾ∧ l|
       //  Vヘ ̄)ソ:::/  /::::::::::::::| γ └‐=ミ / /ヽ| l|
.        / ′ ./::::::::::::///::::::::::::::::::::|  {    | ノソ/ /  | l|
        | l /:::::::::::/ //:::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ   |  / /  | l|
        l|{::::::::::::::::ヽ (/:::::The:::Bitch:::::::ヽ    | / /   | l|
        ヽλ::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、 }  | l |    / //
        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /   | //

121 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:41:16 ID:sJ2BZyto

          ____
       .  ´       `   、
    /                 \
  ./                ヽ
  /  i  {    |     、        Y
 ,  { ハ 八   ∧ ハノソ\l       |
 |  V  >、 \{ ∨ , < |  |   |
 乂 | イ f.心ィ ヽイ」心 } |  |`.  ;          オイコラ、ガバマン。
   V|  弋ク   弋zク  |  |) } /
   リー(::::::::)⌒(::::::::)ー‐' |  |ノ/           一番重要な部分をごまかすな!
   {    ̄     ̄     |  kマ
   |ヽ、 ___ー( _   ィ |  人 ヽ
   レ'  / ゝ __ ノ   レ'  ヾヘ
      /    ̄ ̄         i!ソ
      /                l(

122 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:41:31 ID:sJ2BZyto

           />'´ ̄       `\
         // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
        // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
         /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   }
      //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  |ヘ    l
     ,///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ヘ   l
     〃/ i ハハ 圷 ?    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ ,┐       すんまそん、すんまそんw
     ″′|| '. * r==z′  r==z*ノ| l )/斤 l/ |
     |l l i|/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§/ /   ∧        でも、普通にセンパイだったら、簡単にオトコできるっしょ。
     |l |l /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§ヽ| /   / ヘ       料理も普通にできて、巨乳で、やさしそうで。
     |l |/_./ / /,. ィく 「´   「》ヽr−、 /  / ∧ ヽ
     |l |/仁二]/´/}§   ξ , ハ   l_/_, -‐、  ハ ヘ      生徒食べちゃったらどおっすかぁ?
    八/ {二二] ::::::|∝ ξ´/:::::∧  / , -−'i|  V ハ      パイズリその他センパイの上等テクなら、
   ./∧ヽ、 [二} /:::::/ £ /:::::::::::::[ {  V , -−ヘ | l|      どんな生徒もイチコロだと思うんすけどね。
  //  Vヘ ̄)ソ::::::/   /::::::::::::::::...ハ  L| r= |/ | l|
 / ′   V  | /::::::::l  //::::::::::::::::::::: ハ. └' _/  l l|
 l|      ::::::::::::} {/:::::::::::T;B::::::',|__/   /    | l
 ヽ       {:::::::::::`V/:::::::::::::::::::::::::::}::/   /    / /
  \     ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノi/   _/     / /

123 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:41:58 ID:sJ2BZyto

               ,. -―-―- 、
             ....:::::::::::::::::::::::::::::::::...、
.            /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`,
            /.:::/:::〃:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.             ;::::.:′:八::::::::::::::/.::::;:::::ノ::::::::::
            i:::::|::::_::|:::::、:::::::/l::::/イ::::::::}:::::}
          !::::|:´::八Tトヽ/ーァ弋Tマ::::ハ::::;
.           ?八垳无   /行予y∨Y:;'
             ヽ::::ゝ(:::::)'^(::::::) ノ.::イソ/          男子校かせめて共学なら、それやったんだけどな……
              い、   ′    .イ/: :/|\         今の勤め先は女子高なんだよな……
.         /⌒`ヽiゝ ._ ^n_. イ /: :人|  )
           /      ヽ::| `,にヽ//./|)一v'         泉の乳揉んでも、楽しくなさそうだし。
       ,ノ‐- .     i}Yご'ー Y^寸   ゙,
       |    \ x彳( [_y  〃:::/ ノ |
      /厂`丶   `ぐ ̄`∨   ∧::::>'´ ノ〉
.     | 〈   、\/~ ̄`{  ;仁 ̄ ̄〔  .
     /!     :| . :}     ヽ  /´[ ̄ ゙̄寸^〉
.   { 〈     :|/  . . : : : :| y′ |ヽ   }`《
.     〉 \ \ :〉 ヽ\: : : : : :|/     \: :ノ ,〉

124 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:42:17 ID:sJ2BZyto

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|        ああ、でもこなちゃん、多分ビンカンっすよ。
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |        ちょっと乳揉むと、かわいいのがコリッとしちゃうタイプw
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

125 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:42:33 ID:sJ2BZyto

                ____
             ....:´:::::::::::::::::::::`:::..
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
         /.:::::/.:::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         .:::::::::i:::_」:::::::::::::::;::::::::::}:::}::::::::::
           i:::l::::::i´八::::::}i::/l/`ヽハ:ノ.:::}::::|
           |八::|从ノ ヽハ/ `ーミ/イ::::::;::::::       ……なんで自分のトコの生徒をネタに猥談しなきゃならんのよ。
             i:八/ ー    ―'j゙Y:::::::/)::/
             |:::::i (ゞ':),⌒(ゞ::);::::::::/:/        それもオトコネタじゃなくて、女の子のネタでさ……
          '::八 ::.     :::. i::::::/] ̄〉
              ヽ{ > ^_  イ:::∧::?
              _   {{`ー-‐' }}:::}厶》

126 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:42:49 ID:sJ2BZyto

                 _   __  /::::|
        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
.      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|
.       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|
.      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|
         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|           いや、文学研究してる私たちにとっちゃ、
         | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|           エロは大事っしょ。
        | ヽ:|ハハ:||\!  .jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |
.          |  `ヽli. '(●)   (●)' /j/ハ| ::: ::' : :|           「源氏物語」なんて明らかにエロ小説なんだし、
.         |!: | :|:!⊂⊃、_,、_, ⊂⊃,ξイi:| :::.,' : .:|     /〉    近代小説だって「舞姫」はやり逃げ、
        ハ: | ./*\.   ー '  /|*ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7     「蒲団」はストーカーなわけだしw
         / :| レァ:、_ .>、ー ,. イ ノ:7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈      /   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::| ..::: o! ..   ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ
    _,/      :. :./.::   ヽ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人
.  /        ;/    //       |...: | ./   } | :|   〉  〉
  \     __/      ://    __r' . :_丿 |    {  | :|  :/  /
   |ヽ ー '´ {      :ゝゝ   /:r一'´   ヽ    ヽ,j | .'  /
   |      ゝ    { {   /       }          /
   |       }` - " | ト 、        /          /
          l    | |  '  _ イ

127 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:43:04 ID:sJ2BZyto

             -‐…‐-
             人::::::::::::::::::::::::.\
         ;::(__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::.
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i        いや、それドヤ顔でいうようなネタじゃないから。
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;        ……でも源氏の隠されたエロ表現って凄いわよね。
         ';:八 /// , /// 八;'        それも変態的。
     r、     r、...、 (  )  .イ:ノ
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕         何しろ病人を観察してエロス感じてるところあるし……
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::}

128 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:43:22 ID:sJ2BZyto

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',         
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|         
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __        一番客体(もの)に近い存在が、
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O) 
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄        一番エロティックなんだよ!
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l

          【澁澤龍彦】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

                ~ヽ  . :  =   :: 、  `ヽ
             /     :>´      ヾ `ヽ、ハ
         /     /   〃        ヽi
         /    ,           /    `ヽ \
           ,     i    ,'     !:   ., \ }  八
          i      !    :| 从  i|   |ト、 ソ. ソ ‘,
         |     l|   斗 ⌒ト、 ハ  斗┼メ ´  i       確か澁澤龍彦が、エロスについて、
         |!     ',   ∧r=≠ヾリ ヾィ≠z 从 ハ lリ       「一番客体(モノ)に近いのが一番エロティック」
           i     ゞ ハ 八::::リ !   {::リノ ル/ / V       なーんてことを言ってるけど……
          }     (人こつ ` ´    , `´ こつハ /
         l〃 :::::::ゝ=ト、    rゥ    ィ::レ′ l|        病人のエロスなんてまさしくそれっしょ。
         |/  :::::::::爪  ト .  _ < ハ   ,′       病人なんて、動かないんだし。
         |   ::::::::{lハ /}   ¨´{=-、{ハ   /
          ル′ /⌒.{lハ≧x、     !. ノ{ハ.  /

129 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:43:35 ID:sJ2BZyto

                      ______
                  ........::::::::::::::::::::::::::.....
                    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                 /.:::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                   /.::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                ':::::::::::|:::::::::::::::{:::::::::::::::::::}::::}::::::::::::
                  |:::::::::::|::::::i|::::i八:::::::}:::::_ノ::::|:::::::::;::|
                  l::::::::::」:::::八N⌒\ハ/」ハ!:::::::ハ:;
                ';::::{ '|::::::::::| x=ミ    テ::Y|:::::/:∧       川端康成「眠れる美女」とか、
                ' :::ヽl::::::::::《i'::::). ‐v=(ゞ'::ノ:イノ′        美輪さんがよくやってる「黒蜥蜴」とか、
               ヽ::::';::::::::::!ゞ(:::::ノ 丶 |:::八         そういう感じのエロスよね……
                   }>rヘ:::::::| ''  ー  /|/
                  \/〃\ト、≧=‐- '              あと源氏物語は、タブーを破ることや、
                   /:{ {     } }                覗き見るということを発端とするエロスも多いように思う。
               /.:/´ `ヽ  Y
              /.:::;        \                「野分」で偶然紫の上を垣間見ちゃった夕霧とか、
              /.:::::::::i        \              「若菜上」で偶然女三宮を垣間見ちゃった柏木とか。
             /.::::::::::::/|     |    `丶、
.          /.::::::::::::::; ゛ |      |         ヽ
       /.:::::::::::::::::/  |       |         i
.       /.::::::::::::::::::::/   i|       |           ;
      /.:::::::::::::::: /   ||       |  丶、  _,. '
     ,::::::::::::::::/      八     '    / ̄    ノノ
      イ:::::::/       / ∧     '^ー-=く⌒ヽ
      |::/         / /  '.          \,ノ
       (          / /   '.        /
                 / ,      ` ー-    _/
              / '           ̄「

130 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:43:58 ID:sJ2BZyto

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|          源氏物語を読んでると思うんスけど、
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l          あれ、見たものに対する描写が凄いんですよね。
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧         服の色の描写とかも凄いんだけど、
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ         それ以外の見た目……髪の色艶とか肌の色、
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ        あと体格とかもしっかり描写してる。
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )       風景描写も凄かったりするんですよね。
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

131 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:44:18 ID:sJ2BZyto

                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                    ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、
                /.:::::::::::::::/:::::::::::::::::.:::::/.:::::::::::::::::::::::::|:::::ヽ
.               /.::::::::::::: /.:::/.:::::::イ::::_/_:::://::/::::::::::|::::::}::::.
              /.:::::::::::::_/.:::/.:::::〃|::::厶ィY::::':/.::::::::/:|:::::八::::.
             ;:::::::::::〃/.:::::{:::::N x==ミ 刈:://.:::::/_l:|:::/.:::::ヽ:\
               {/.:::::八/.::::::::::::::|〃ん::ハ  ル/:::/⌒刈:::::::::::::::::::ト\
              {::::::::::::;:::::::::::∧::| 弋::ツ   / =ミxイ::::|i:::::::|i:::|i   `ヽ
  , -‐===‐-ミ    {:::::::::/.:::::::::::i ヽ \   〃{んハ }}ノ::::八::::八八
 -‐<       `丶八::::/.::::::::::::::|  ~~" (:::::::)  乂:ヅ/::/}:/l:/      源氏は他の感覚の描写も凄いのよね。
    \      ニ=∧::::/.::::::::::|     r ̄  ァ´(::::::)イ 丿 /       例えば触覚。
        ` ー-=ニフ(  V.:::::::::::::ト、    {   / ゙''. イ:八          女性を抱きしめたときの体格とかを、
        /.::::::::::>彳:::::::::::::::| \   ー'´. イ:://            いろいろ書いちゃったりしてる。朧月夜はグラマーとか。
        〃へ::_/  |:::::::::::::::::|   >‐=≦:::::, イ/ ̄>-、         あと浮舟の「きめ細かな肌」という表現とかも。
       /  \\  八:::::::::::::::|   ∧  ,ハ__/ / // ̄ ヽ
.     /       \\  \:::::::::|    `マ!(_/_ノ! _ノ´ / ̄ }       あとそもそも平安時代は、姿を見せない社会だから、
.  _/_        \\  ヽハ     ||\{.  ´ー''´, -─ {       御簾越しで分かること……香のにおいと、声だけで、
  /   `丶、      \\  ̄`   ´ ̄/,   j     ー┬ イ       その人がどういう人かを判断するようなところがあったわね。
. /       \      \\___//   /       /: ノ
          ヽ       ` ー-ヘ く   /       /: /

132 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:44:33 ID:sJ2BZyto

             ,ィヘ ____ _, ィ ⌒ ヽ
           .// /_´、 ∠_  ` ヽ    \
           ' /   /´  ` `ヽ  ヽ    l
           .| ,'     l        \ ヽ   |
           .レ                ヽ ヽ  .|
          /                 ヽ}、 |
          ,'   ,    |   ,、    ,   l }:.|
          |    ト  ヘ |   | ヽ   イ   .| }.:|
          |    ヾ | ヽト、 l  ∨/ハ ィ  l ,' l           香りについては、薫ですかね……
          ∨ヘハ寸‐弋う \| ,ィ弋う .}/ l ∧ .|
          |' ヽ、rュ´           ´rュ.l./ .∨|           自然に香りがかもし出されるって……
          |    | ゝ_   -    イ ノヲ、   .l           それ、単なる体臭じゃね?って感じなんですけど。
          |  ,r-‐'´  ヽ、-r≦  }_/イ `ヽ .|
          /  /   _ュム/ 、_  { ̄ _ノ|    i ト、          薫って、なんか変人ですよね……
        /  /  /  |       フノ l    l、 \         あの人とは……付き合えない感じ。
   __/   ./   '-‐y廴_____zイr‐=-f'     \
  r ´ /   ./    ,  /: : : : : : : : : : : : : : :∧  |      \      ところで……
 < ̄ /  /   //{: : : : : : : : : : : : : : : :.:∧ .|        \     視覚・触覚・嗅覚・聴覚は出ましたけど、
  >'、__,'   /´  l: : : :‐- 、:_: : : : : : : : : ノ . l\       >   味覚って印象にあります?
  |\__{_ / r-―ゞ‐、二二二__  イ  |  ヽ ― ´ヽ、
  |       rf壬_   __            '         }
  \         ̄―― ´       ` ‐- 、_ノ      ‐-‐ ´
    ヽ _ィ

133 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:44:50 ID:sJ2BZyto

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi        ……そもそも源氏って、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八        もの食べてるイメージがないわね。
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ          どうやって生きてるのかしら?
      {::::/i::::\/{  |ヽ          霞でも食べてる?
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ

134 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:45:10 ID:sJ2BZyto

          / >'´ ̄        `ヾ\
       ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
       /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
        lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
        |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |    いや、霞はさすがにないっしょ。
        |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |
        | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|    でも、食べてるシーンが本当にないんスよ。
        |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |    しかも、これは源氏だけじゃなくて、
       |.rヽ |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |    他の古典文学にも結構見られる。
       |.i ! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |
    r;r‐r/ | |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |    センパイ、伊勢物語の「筒井筒」の話、知ってますよね?
    〈_L (`ヽ .}r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |    確か幼馴染が結婚したはいーけど、
   l` ( ``/ |仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|    いつの間にかが男が別のところに女作って通っちゃう話。
    ヽ   l  |仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
.     |,.   l  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|

135 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:45:23 ID:sJ2BZyto

                ____
             ....:´:::::::::::::::::::::`:::..
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
         /.:::::/.:::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         .:::::::::i:::_」:::::::::::::::;::::::::::}:::}::::::::::
           i:::l::::::i´八::::::}i::/l/`ヽハ:ノ.:::}::::|
           |八::|从⌒ヽハ/ ⌒ ,/イ::::::;::::::        ああ、あるわね。今の国語の教科書でも王道だけど。
             i:八/ ⌒   ⌒j゙Y:::::::/)::/
             |:::::i (ゞ':),⌒(ゞ::);::::::::/:/         確か後々その女(高安の女)の様子を見に行ったとき、
          '::八 ::.  v_ァ :: i::::::/] ̄〉         自分でしゃもじでご飯よそってるのを見て、
              ヽ{ > . _  イ:::∧::?         幻滅しちゃう、って話よね。
              _   {{`ー-‐' }}:::}厶》

136 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:45:37 ID:sJ2BZyto

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| 釗! i     .
        鄯  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i
        |  │    |i  |i 八   ′?刋::}ハ ∨  i| |          その話見てても思うんだけど……
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |          なんか平安時代の上流階級って、
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |          「食事」やその表現をタブーにしてる印象があるんですよね……
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |          だから「筒井筒」はああいう話だし、
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |          源氏にはろくにモノを食べるシーンは出ない。
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ        なんか食べ物のシーンを書くのは、
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}       ガツついてて、嫌って感じなのかな……と。
     /        {_: :人   \         人: : /|
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |
       ー一     \│  .′              : : ; 釗
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡釗 人: :                : : イ   |
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |

137 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:45:52 ID:sJ2BZyto

                  ....-―――-.....
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::/::/i::::::ト、::ヽ::::::::::::::::::::::::::::.
              弋弋{_ !从| ハ:ハ:::::::::::::::::::::::::::ハ
                 .イ::iテ  テミノ ':::::::::::::::::::::::::::::i
                  /::::ノ'   {::/`   '::::::::::::::::::::::::::::
              /::(::)⌒Y:::::::)─  |::::|:::::::::::::::::::/       あー、なるほどね……
             .:::::{:::丶 cっ    |::::l:::::::::::::::.,         確かにモノを食べるって、古典じゃあまり出てこないわね。
              |:::八:::::::ト、_,     !::::i:::::|:::::::
             {:(  `丶::::::::f ̄ ̄厶イ:::::|:∠_         「東海道中膝栗毛」とかになると、いろいろと出てくるけど。
                 _≧イ      人::::ir<         鞠子のとろろ汁屋の話とか。
                  /            `く _>
                /               \:::ヽ        でも同じ紀行文学でも、
               i                /  Y::i       「奥の細道」ではあまり見かけなかったような……
               |_ノ            / / |八
             〃              /   |
              , ´               ヽ'
             {                 !    |
           '.              '
             ト __          イ       |
            ノ        ` --一≦ /|
             {                 /} !     |

138 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:46:08 ID:sJ2BZyto

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |      食事を書いて楽しめるのは、
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !      多分、庶民だけなのかもね……
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !      もちろん、食文化が多様にならないと、
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::        描写することもあんましないんだけど。
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l

139 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:46:23 ID:sJ2BZyto
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
               _r‐v― 、 _
       , === 、, . .´ . . 二二ミ?.メ._
      /    / ヽ. . . . . . . . . . ヽ. ノヽj
      /    /. . . . . . . . . . . \. . . .V.∧ス
      〈     /./. . i. . l. l. ヽ. . . '., . . V ∧j
           /. j. .|. . |. . l. |\. \ . '.,. . .V.ノマ
         j. . |. .|. . |. . |. |ヽ.>‐ヽ‐.',. . V.丿
          || . |. .l, 斗.‐.!. l  \,rテ‐ァ. . jムュ_
          || . |. .|. l ,tテミ    弋ュサ|. . | ',  ¨ ‐- .__
          || . |. .| ハ弋ュサ     xwwl. . | ',    /  ヽ
          |ヽ.jヽj. .ハ wx  ,.     /!. ..|  ', /  /  / }          ポテトフライ……食べたい。
           /|. . . |ヽ、  rォ  / |. . |   ', ヽ/  ,'  !
              ヽ|. . . !、 |.≧.| |‐.'  j. . j   ', }      ハ
             |. . ..l `j  -| ト、   |. ./―--' lヽ    ;. l、
            ヽ . | |イ | |、ヽ  j./!.|   ヽ ヽ   ,  !ヽ
              iヽj ! l  | | \\_//     \   .,  ハ
             { ヽ j .l  | |ヽ  ー' | ___ヽ  ヽ./  j ト、
               ├イ ̄\!」 ヽノ/  ヽヽ \  /    l .ヽ
               |{ j    ヽ  /    } }   X=- 、  ハ  \
             ム ハ      Y     イノ .j    ヽ   /ハ  ハ
            〈. /ヽ    { / i /ヽ.二          }    ',
                7;;;;;;;;;\ヽ | ! j /;;;;;;;;;;;;¨;;‐- .._       /    ',
               l;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.⊥j.j/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐- ..__/\    i
              l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ハ
                  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 ハ

                      【池波正太郎】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi      今日の「鳥皮と大根の鍋」もそうだけど、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八     文学で食事というと池波正太郎さんのイメージが強いわね。
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ       「剣客商売」「鬼平犯科帳」あと梅安シリーズと、
      {::::/i::::\/{  |ヽ       大体料理を食べているシーンが出てくる。
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ

140 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:46:35 ID:sJ2BZyto

        , '  `>x   ‐‐  <⌒`ヽ
          /     . : ´         `: 、   \
       ,    /    〃        \  '
       !   〃            ヾ    i
       !   {l    |l  :i    l| )     ‘,|
       i!  {l  リハ iハ iト、 リ /∧   :l} |           まあ、池波さん自身が、食道楽なところありますから。
       i!  {l゙ Υ,r=≠. ソ i ィ≠ミ ソ.  /.メ           その点、阿川父や檀一雄に近いかも。
       i!   八从弋zラ.    vツ/从/ン′i
        i!     ヾ ゙゙     '    ゙∧ l}   i!           ただ、自分の書く小説に、
       !!    :l}ハヽ  ` ´ , ' |!i:l}    i!           食事の描写をこれだけ書く人も珍しいですよね。
       !!    :トソ. }.≧- ≦、=ー‐! l}、  i!           好きもそうなんだろうけど、
       !i /   {lハ/   ,  〉ハ.〃 l}‘,メ、          時代風俗を表しやすいんじゃないかな……
       !i ,'  , '´{ミ>\     / 彡イィ´_⊥  \
        У | {l_彡'ハ   /  \ ニミ/ハ    \
     /   _|,,..∧  7_ \//⌒ ソ/マハ.    \
    /     ゙l/イ ` ー ´  @        ∧ハ    ツ
   ヾ   x<、|'八      =.〉\ヾ ー ヾ//∧ x ≦
      ` ^ソ/.|//心ー ‐=´ /   ', \  V//へ ゞ
       /  !////∧   l|    l}  __   \//∧
            l}'//~~´ ヽ l|.    lレ´ |`¨ ' ‐'//∧
          ,'//≧.x   ,|        ハ__/V///∧
           ///////`¨ '´     i    ',   V/////7、、
        //// ン            ‘,  V/////ノノ

141 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:46:55 ID:sJ2BZyto

                      ______
                  ........::::::::::::::::::::::::::.....
                    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                 /.:::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                   /.::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                ':::::::::::|:::::::::::::::{:::::::::::::::::::}::::}::::::::::::
                  |:::::::::::|::::::i|::::i八:::::::}:::::_ノ::::|:::::::::;::|
                  l::::::::::」:::::八N⌒\ハ/」ハ!:::::::ハ:;
                ';::::{ '|::::::::::| x=ミ    テ::Y|:::::/:∧        あと池波さんが見たこと食べたことある料理で、
                ' :::ヽl::::::::::《i'::::). ‐v=(ゞ'::ノ:イノ′        描写できるってのもあるだろうし、
               ヽ::::';::::::::::!ゞ(:::::ノ 丶 |:::八          いざとなれば作ることもできるしね。
                   }>rヘ:::::::| ''  ー  /|/
                  \/〃\ト、≧=‐- '               江戸時代の料理記録なら結構残ってるし。
                   /:{ {     } }                 「豆腐百珍」とかね。
               /.:/´ `ヽ  Y
              /.:::;        \
              /.:::::::::i        \
             /.::::::::::::/|     |    `丶、
.          /.::::::::::::::; ゛ |      |         ヽ
       /.:::::::::::::::::/  |       |         i
.       /.::::::::::::::::::::/   i|       |           ;
      /.:::::::::::::::: /   ||       |  丶、  _,. '
     ,::::::::::::::::/      八     '    / ̄    ノノ
      イ:::::::/       / ∧     '^ー-=く⌒ヽ
      |::/         / /  '.          \,ノ
       (          / /   '.        /
                 / ,      ` ー-    _/
              / '           ̄「

142 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:47:10 ID:sJ2BZyto

      __  _ , -―――<二ヽ
    /  イ´-.> ´ ̄ `  ´ ̄ ヽ \
   イ    } /            \}
   |    /〉       i      、    ヽ
   |   ./´   _ i ,{     ハ_ }  ,
   |   , { ./ l  ∧/ |      l |  / l  }
   |   | l イ .ハ/ .   |  ∧ / | ./| .}  |        ……ただ、料理の描写や、食事風景を書くのはできるけど、
   |   |ハ∧ |  ┃  |/  |/ ┃' .|/  イ{        「どんな味」かってのは伝えるのは難しいっすよね。
   |   l ⊂⊃   ┃         ┃⊂⊃/ `
   |   ヾ| |ヘ            イ lイ          例えば同じ「甘い」でも、どういう甘さなのか。
   | イ  l |  > 、_-_,  <ノ | |          意外にこれは難しい……
_/    | ヽ  /   ヽ  /  7 | |__
\     ∠´`ヽ、 ̄}     i >_}/   /
   ̄ ̄`ヽヽ {、 ̄}       | {_ } / ̄
   、_イノ   <≧´.     | { ≦ ヽ、_,

143 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:47:25 ID:sJ2BZyto

                 __
             -   ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
        |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.}.:.|:!.:.:.!{:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|.:.:.:.:!
        |.:.:.:.:.r {:.:.:.:.|:/|:.从.:.从.:.:.:.:.:.:.:l i:.:|:.|l.:.|
       ',.:.:.:.:| il.:.:.:.:| レ,z=ミ‐' :.:.:.:.:.:八}:.:|:.|l:.:|       グルメリポートとかで、「まったりとした」とか、
         ヽ:.:.:l il:.:.:.:.l 弋(っツ` }.:.:./ニミj从八ノ       使わざるを得なくなっちゃうわけよね……
         \ヽ!:.:.:.:|    ̄_ j/ 廴ツ/.:.:/
         {>l:.:.:.:.|  ー(::::::::)⌒(::::::):.:./         文学なら「豆腐の味」とか物で表現するのもありだけど、
        く/l:.:.:.:.|     ̄     ̄:.:./          まさか豆腐食って「豆腐の味」とかもないわけだし……
         /.:.:l:.:.:.:.ト.\   -‐  /.:.:./
.   ,  ─‐く-<:|从/: : ヽ iー ´ j从/
   /       ` \: : : : : :V}

144 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:48:28 ID:sJ2BZyto

           . : ´ `ヽ ,    =  、≠⌒メ、
         〃    У          `ヽ \
         /       !         ヾ   ヾ′
         ,'      l  /
          ,        l} 〃          !     i
          !      l} .〃 / 〃      リ    ヽ  !
       |     l} 〃 / l|  ハ リ  ,イ、 ヾ  i| !
        |      , =! l| ハ リ ゾ /リ ヽ ) l| l
        il       ハ ! 从./ィ云沁/  _,,,,_)ソ  l| !             ま、小難しい話は抜きにして、
        il       !ハ ! {l .っl廴ノ    { 刀`从 / !             今日はじゃんじゃんやりましょ。
        l}      ,! ヾ {l、         ¨とつ ハリ
        il    メ|  〉 {l    辷ン  イ l}  /               私のおごりってことでw
          ,'    ,== 〈  ゝ、`  = ≦、 l} l} レ′
       l}    / ⌒ヽ.八  \ (_::>=ゝl} l}     __==‐‐、
       l}.   /   ./ __>  .)   ./ 彡イ.    /    ミ ‘,
      l} ハ /    y_ ヾ.  /`ヽ/  \ヽ   / ゝ ヾ\ヾ,ソ
      l} 〈::V   〃ゝ::人  (   "     )ソヽ /  /\ソ (ン
     l} 〈 V   / ヽ.¨  \ ヽ       ´ ソ/  /
     リ  V   /   !     )ソ     ソ    l   /
     /   ヾ   ヽ  |   乂          /   /
     / / \    \ |    ` ー  ―'― ‐ 1 __/
.   /〃      \   └‐‐-----------‐‐,┘
    ソ       \  釗           {

145 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:48:42 ID:sJ2BZyto


                                       __________
.              ________________|__________|   おいこら、なんでお前のおごりなんだよ!
              l________________|             /   材料買ったのも、酒代も、
       ____.\  ________________|  ̄ ̄ ̄ |__,/    作ったのもみんな私でしょうに!
         |_____.\|           _             _    |     :|   |
       \   ____|    | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |     :|   |
           \|    .:|    |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|   |     _
             | :l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |______,| |_
.         l´ ̄ ̄ ̄|                            |.        \  .|   l── ‐| l,l,l,}_ ___ _
.         |     |________________,|___     \|   | _,,[ll| |lll]── ─‐─
_____,l____,`丶、┌─────────────.`ー─\      ̄ ̄ ̄|   :| |i
:::::::::::::::::::::::::`丶、┌──‐::|          _             _   :|  \       |   :| |   まあ、難しいことは言いっこなしっしょ♪
\::::::::::::::::::::::::::::::::|     :|     | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |:    \_____|   :| ┛  あっ、大根いい感じに煮えてる♪
  l\______,|     :|     |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|──‐ '   | |
  |          |  l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |    | ┛
  |:  | ̄ l´ ̄ ̄ ̄:|                       |.        \  .|   |    | |
\|:  |_ |     :l________________,|___     \|   |    | |,,r''"゛''"'' - ,,_,,r''
:::::::\   |_____,` ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄|_r'""| |
::::: ::::::\_` ̄ ̄l ̄ ̄ ̄:|     | ̄ ̄ |. _     | ̄ ̄ |. _    :|  \       |   :| |
:::::::::::::::: :::::::::::::::::::l      :|     |     | |l0l|    |     | |l0l|   :|:    \     .|   :| |
\____   :l      :|     |     | | ̄|    |     | | ̄|   :|      |      :|______ ___
  |       l´ ̄ ̄ ̄l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\  ..| l ̄ ̄l :| ̄ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄`ヽ
  |       |     |                       l      \ | l__l :|  ̄ヽ、 ̄ ̄ ̄`ヽ ̄\
.        |     |                       |          | l|      :|⌒ヽ.  l二>≡≡<コ ̄<コ
.        l____,l________________,|_____| ll_____|、__,ノー‐--- l二l-‐'二l-‐'

146 ◆KcxXifcWsc:2012/01/14(土) 18:49:00 ID:sJ2BZyto
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

147名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 18:50:47 ID:VSltq.NA


148名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 18:54:00 ID:hZXqym5E
藤子F不二夫が、性欲は恥ずかしくないけど食欲は恥ずかしいって世界を描いてたね、そういや
平安時代ってまさにそれだったのか?

149名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 20:08:15 ID:Ocl0oa2U


そうか、こなたは敏感なタイプか
興奮してきた

150名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 20:31:33 ID:7W.4BIbc
こなたペロペロ

151名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 20:35:43 ID:enXq1fO.
乙でした
池波作品に食事ネタが出てくるのは行数稼げるからって身も蓋もないのが理由って聞いたことあるが本当なんだろうか?w

152名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 20:49:51 ID:eDlDEQsQ
おつ 俺は匂宮より夕霧や薫大将のほうが好きなんだがなあ
ああいう要領いいタイプは好きになれん

153名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 22:16:22 ID:KSi5A.1.
中島らものエッセイで

古典では食事の描写が「モノする」になっている。
これは古典では食事は品がないことのでそのような描写になった

と書いてあった。

154 ◆KcxXifcWsc:2012/01/15(日) 10:13:54 ID:HtiatIE6
ども。

>>152
薫は母親から育児放棄くらったアダルト・チルドレンなんですよね。
だからなんとなく今の社会の若い男性に一番近いように思います。

個人的には明石入道の最期が一番好きですね。
娘からしたらいい迷惑ですけど……

155 ◆KcxXifcWsc:2012/01/15(日) 10:23:40 ID:HtiatIE6
>>91
阿川さんのその辺の心境は、「やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです」スレを読むと、
なんとなく面白いかもしれないですね。

いかんせん高齢者からそういう話を聞く機会がなくなりつつありますしね。
それこそ反戦・平和運動すら、戦時経験者よりもその子世代が伝聞として語ってる状況だし。

156名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 00:16:07 ID:ygrVPlUU
乙であります

しかし、平安期は食い物系の話は品がない事になっていたのですか
雄略天皇の夢枕に天照大神が表れて「飯が不味い。料理人指名するから連れてこい」(意訳)
という神話のある国の話とは思えませんのぅ

157名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 22:01:13 ID:ETEOG.G6

現代は対照的に食欲が優勢になり、性欲も食欲に変換され、
やもすると食欲さえ満たされれば性欲は二の次って世相に思える
古武道やる美術商のオッサンが一人で飯食うだけで作品として成立するんですから

158名無しのやる夫だお:2012/01/17(火) 21:21:46 ID:yd7jVZ9w
「梅安料理ごよみ」という本に
池波正太郎のインタビューが乗ってるんだけど
とんでもないことが書いてあってわろた

159 ◆KcxXifcWsc:2012/01/18(水) 20:08:17 ID:r.l64Yt6
独り言。

もう「芥川賞」っていらないような気がしてきた……

160名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 20:14:13 ID:b3kNIydk
そうなったらこれからは、乱歩賞とメフィスト賞が天下を制するかもしれません・・・

161名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 20:15:51 ID:XzXw48Wk
何か面白い娯楽小説を読みたい時は、最近は本屋大賞が信頼出来る
有川浩とかこれで一般受けするようになったんだろうし

162名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 20:17:35 ID:QO6WRXZs
というか、大成した芥川賞作家って最近いたのかな?w

163名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 20:28:06 ID:m7pd/l.6
「純文学」って言葉に魔力を感じる人が多いってことじゃないかね

164名無しのやる夫だお:2012/01/19(木) 10:13:27 ID:m7d0tfhg
ttps://twitter.com/#!/search?q=%23文豪にtwitterやらせたら

165名無しのやる夫だお:2012/01/19(木) 15:22:08 ID:1AFnSWug
直木賞おすすめ

166名無しのやる夫だお:2012/01/19(木) 19:15:50 ID:4AdPbrlM
>>164
森鴎外が脚気がらみで炎上したのと、太宰のクズっぷりにワラタ

167 ◆KcxXifcWsc:2012/01/19(木) 20:06:44 ID:UGyk4HCM
>松尾芭蕉:松島なう!松島なうなう!松島なう!

これ、ガチで吹いたw

168 ◆KcxXifcWsc:2012/01/19(木) 20:08:55 ID:UGyk4HCM
ttp://togetter.com/li/243884

まとめがあったw

169 ◆KcxXifcWsc:2012/01/21(土) 08:17:52 ID:RvcfbaOw
>>162
96年下半期の柳美里ぐらいまで戻らんといないのでは?

どうも80年代以降、小説家としては大成できない賞な感じになってきてますよね……

あと今回の受賞者を見てて、このやる夫スレをふと思い出した。あまり好きじゃない作品なんだけど……
ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-174.html

170名無しのやる夫だお:2012/01/21(土) 16:54:36 ID:o1jynBJU
アーダンの人のですな
この人も初期は荒らし半分の問題作者な面がありましたからな

171名無しのやる夫だお:2012/01/21(土) 19:42:36 ID:xhra6QqI
こんなところで他の作者のスレを公然とディスるのはどうかと思う。

172名無しのやる夫だお:2012/01/22(日) 07:48:39 ID:vJQOR9qM
好きじゃないものはブラウザを閉じて見なかったことにするのが一番で、
わざわざ「好きじゃない」と言わなくてもいいじゃない

173名無しのやる夫だお:2012/01/22(日) 15:54:26 ID:e1xDLGI2
またえらくかわいい池波正太郎だな

鳥皮と大根鍋おれもつくったった

174 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 06:48:45 ID:3HD9Q8Ng
独り言。

「王家」事件を見て、「てふど・ちやうど」事件思い出したのは俺だけ?

175名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 14:02:53 ID:1yWnw.ig
>>174
どんな事件?>「てふど・ちやうど」事件

176名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 19:29:40 ID:pz2zyO4k
>>175
北と三島のでしょ。
>>1にリンクのあるまとめサイトさんを参照してくれ。


>>174
王家というよび方が不敬かってやつだけど、
本当にその当事に帝を王家と呼んでいたのか、
しかもそれが漢文を流用するときなどの例外なのか広く呼称されていたのか、

資料がないとよく分からない。

「てふど・ちやうど」事件のときと違って一般人でもデータベースを当たるのは簡単なんだから
○○にこう書いてあるとか誰か教えてくれないか。

不用意なこと言うとウヨとかサヨとか言われそうだけど、
帝らが王家と呼ばれていたかどうかって個人的には純粋に興味があるから誰か教えてほしい。

177名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 19:35:27 ID:Ompq.F3g
>>176
天皇を王と呼んでいたという文献は太平記(の高師直)等や公家の日記などがあるけど、時代考証がそれとは無関係に現代の学術用語である概念の「王」と
いう呼称を使わせたのが、紛糾の素にもなってるみたい。参考までに

6 :名無しさん@12周年:2012/01/10(火) 22:35:20.81 ID:XsMhbQcc0
【「王家」という言葉が見られる文書】

●古い時代
・『大宝令』(701年)
・『養老令』(757年)
・『聖徳太子伝暦』(917年、藤原兼輔)
・『続日本紀』(797年)の巻第十二 「或真人。或朝臣。源始王家。」

●同時代の文書では
・『玉葉』(1164〜1200年、九条兼実)
・『紀伊国大伝法院衆徒改案』治承二年(1178)六月「夫王家之為王家(中略)任王家之帰依」

●時代が下ると
・『壬生家文書』の正応5年7月27日条「王家衰微莫大」1292年
・『吾妻鏡』(1300年頃)
・『平家物語』(1309年以前)
・『花園天皇宸記記』(1310〜32年)元弘元年(1331)別記十月一日条「王家之恥」

●南北朝時代の花園天皇自らが「王家」と呼んでいる
これは有名で、後醍醐上皇のことを「王家の恥」と言っている
後醍醐は前の天皇で、天皇や上皇も含めた一族を指して「王家」と呼んでいることがわかる
・『神皇正統記』(1339年、北畠親房)では 「皇家」、「王家」
・『太平記』(1368〜1379年ころ) 「都に王といふ人のましまして」

178名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 21:16:15 ID:1yWnw.ig
>>176
こりゃ失礼、取り上げたの失念してたわ

>>177
考証担当の本郷和人氏が産経に寄港した文が下のアドレスで見られるな
ttp://sankei.jp.msn.com/life/news/120124/art12012411250003-n1.htm

当時は「天皇=王」という認識だし「天皇家」は学術用語の「王家」と呼ぶのが
ベターだろう、という話……で、いいのかな

179 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:34:05 ID:3HD9Q8Ng
ちょっと番外編投下します。

180 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:34:36 ID:3HD9Q8Ng
【番外編……いろいろな「ことば」に関する一考察】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!           君が北杜夫君か。
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙              奥野君からいろいろ話は聞いているよ。
     .'Lヽ         ,     l゙/
      l'ァ.l       `..'"    .|’
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !

           【三島由紀夫】

181 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:34:52 ID:3HD9Q8Ng

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)     いやあ、私も先生の本を愛読しています。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ     ところで、先生。
          ,|         }      先生の『仮面の告白』で「てふど」とかいてありますが、
       / ヽ       }          ~~~~~~~~~~~~~~  ~~~~~~
     く  く ヽ     ノ      あれは「ちやうど」が正しいのではないですか。
       \ `'     く            ~~~~~~~~
        ヽ、      |
            |       |

         【北杜夫】

182 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:35:07 ID:3HD9Q8Ng

                        __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                  /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                 |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                  !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    いや、あれは正しい。
                  !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                 レ' ̄`つ      !;     ,レソ     当時の謡曲集とかにも使われているからね。
           /,ィ='/仁,ヽ     ^'='^     ム'′    ~~~~~~~~~~~~~~
          「 ´_,ィ//‐,、ヽ.   ー- ─-:  /
          l ´二,ゞ',\;T´\   ===   ,イl
         ..〈 ` ̄¨ ` 、_)、iヽ, \  ;   //!ヽ、
          !  .ュ⌒`::::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          l   イ ヽノ::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´:イ〉     ):::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::/::', ヽ   /ヽ/:::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::,::::'´::::::::::', ヽ ィ::/::::::::::::!   /;;;;;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
  ,::::':´:::::::::::::::::::::', ヽ!l::::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  !ヽ::::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!

183 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:35:20 ID:3HD9Q8Ng

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|       いや、私はあらゆる辞書を調べましたが、全部「ちやうど」でした。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l                                    ~~~~~~~~~
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         先 生 も 少 し は 辞 書 な ど
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/          お 調 べ に な っ た ら よ い で し ょ う 。
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

184 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:35:34 ID:3HD9Q8Ng

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|      ははは・・・・・・
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ       今後はそうするようにするよ・・・・・
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :::\
     /: : : : / : : : : : : : : : : : : :: : : ::: : : ::.i: : : : : :\
    ,: : : : : /: : : : : : :/: .: : : : : : : : :: : : : ::|: : : : : : :: ヽ、_ _,
    /: : : : /: : : : : : :/ :.:/ヽ.: : : : :: : :: : i:.:.:|:: : : : : : : i::ヽ ̄
   i: : : : : i: : : : : : /:i: :/  ∨: : : : : : /: :/、 : : i:.:. :..|: : :i
   {: : : :.:.:|: : : : : /: :| :i _ 斗: i : : : /: /ト、 |: :/ : : : | : ::|
   l: : : : : |: : : : :.|: /レ'´  __ |:.ハ : //   レ': : : : : }::iレ'
   i: : : : : |: : : : :.|/   ,ィチミ、`  }/   ≦z ?: : : :.i:: |
   l: : : : : |: : : : :.l.  《 んィバ      んィミ、 i:: : :.:/: /
   l : : : /,|: : : : :.l_ ヽヒ::゚ソ_   _ ヒ:゚ソノ /: : :/: /
   ヽ: :.:i |: : : : :.l  ̄廴::::::::::::丿´ ̄廴::::::::::〃: /: /
    ヽ: ヾ|: : : : :.|   ` ̄ ̄´   ' `  ̄ / :/レ'       とまあ、こんな感じで、
     ヽ:人: : : ,イ   """         "" ': /         北さんが三島由紀夫を怒らせちゃった事件があるのね、
     /´ ̄\/:.l\         〜〜   ハ/         それも初対面のときに……
     \  /: :_|   、        /
     < ̄ /::./ \   > _    ´
        ̄レ'´:ヽ.   \     /、
      -‐´:::::::::::ヘ.   \   , i }、
  ̄ ̄:::::::::ヽ:::::::::::: ヽ   \ /  i::::`::.、 _ __
:::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::\   /、_, |:::::::::: ̄::::::::::ヽ

185 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:35:48 ID:3HD9Q8Ng

                                               / >'´ ̄        `ヾ\
                                            ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                            /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
                                             lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
                                             |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |
                                             |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |
                                             | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|
          まあ、そんな感じっスね。                    |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |
                                            |.rヽ |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |
          で、それに対する阿川父の答えが……          |.i ! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |
                                         r;r‐r/ | |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |
                                         〈_L (`ヽ .}r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |
                                        l` ( ``/ |仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|
                                         ヽ   l  |仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
                                     .     |,.   l  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|

186 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:36:22 ID:3HD9Q8Ng

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶


                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ:::::: /!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  (◎)     `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::! u         (◎),. /::::∧::|      どっちでもいいんだよ。
           |∧`Y::リ           i  u   //|/  ヾ
              !Tヾ  u.  __j_      //ノ          江戸時代の仮名遣いはメチャクチャだから。
             ヤ. ヽ.     |゚д゚ ) |   ,.イ:/
              r<´|.  \   |( ゚д゚ | / |/
             !  `丶、.  \  ̄ ̄u/
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |              (「酔生夢死か、起死回生か。」より抜粋)

              【阿川弘之】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| '∩_
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| 〈〈〈 ヽ
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ〈つ   }
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /``、  {
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l   |   |          だったわけで。
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|   |   |
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |   |   |
    |    レ´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、/   ,'
    |    |  仁二]|| `  ´ ||仁二]    /
    |    |  仁二] ヽ   У∧仁二]: 、_,/.|
    |    | {: )ソ: : : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |    {二ゞ: : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |    |   l: : :―: : ´: : : `ー 1´     . |

187 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:36:39 ID:3HD9Q8Ng

                 __
             -   ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
        |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.}.:.|:!.:.:.!{:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|.:.:.:.:!
        |.:.:.:.:.r {:.:.:.:.|:/|:.从.:.从.:.:.:.:.:.:.:l i:.:|:.|l.:.|
       ',.:.:.:.:| il.:.:.:.:| レ,z=ミ‐' :.:.:.:.:.:八}:.:|:.|l:.:|
         ヽ:.:.:l il:.:.:.:.l 弋(っツ` }.:.:./ニミj从八ノ       ……あれ?
         \ヽ!:.:.:.:|    ̄_ j/ 廴ツ/.:.:/
         {>l:.:.:.:.|  ー(::::::::)⌒(::::::):.:./         でも確か、平安文学とかに出てくる「調度」とかは、
        く/l:.:.:.:.|     ̄     ̄:.:./          古語辞典によると「てうど」だったような……
         /.:.:l:.:.:.:.ト.\   -‐  /.:.:./                      ~~~~~~
.   ,  ─‐く-<:|从/: : ヽ iー ´ j从/
   /       ` \: : : : : :V}

188 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:36:56 ID:3HD9Q8Ng

                />'´ ̄      `ヾ\
              // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                 // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
              /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   i
           //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  i
             ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  i
          〃/ i ハハ 圷 ?    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  i         そうなんスよね。
.         〃./ i i  '. *( ●)′ (●)*ノ| lソ//iヘ ヽ i
          |l l  i/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§.// i ヘ.  i         古語辞典とかによると、
          |l |. /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§//.  i ヘ ヘ        調度は「てうど」、
          |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ .ヘ       丁度は「ちやうど」となってることが多いっしょ。
          |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
          八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  / ) ヘ      しかし、阿川さんが言うように、
          /∧ヽ[二二二}::::/ £/´ ̄ ̄""'''ー--、,,__/_ /' l|     その辺いい加減で「てふ」を使っていたケースもあったわけで。
       //  Vヘ ̄)ソ:::/   /            _/__ム/ヽ| l|
.        / ′ ./::::::::::::///::/           f゛―-、 __丿l|
        | l /:::::::::::/ //:::::::/           > 、_  ノ| l|
        l|{::::::::::::::::ヽ (/:::::T /           r| 〈` ヽ イ | l|
        ヽλ::::::::::::::::::::::V:::::::/            ヽ ニ7 // //
        \:::::::::::::::::::::::::::/             /‐―'"

189 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:37:12 ID:3HD9Q8Ng

                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                    ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、
                /.:::::::::::::::/:::::::::::::::::.:::::/.:::::::::::::::::::::::::|:::::ヽ
.               /.::::::::::::: /.:::/.:::::::イ::::_/_:::://::/::::::::::|::::::}::::.
              /.:::::::::::::_/.:::/.:::::〃|::::厶ィY::::':/.::::::::/:|:::::八::::.
             ;:::::::::::〃/.:::::{:::::N x==ミ 刈:://.:::::/_l:|:::/.:::::ヽ:\
               {/.:::::八/.::::::::::::::|〃ん::ハ  ル/:::/⌒刈:::::::::::::::::::ト\
              {::::::::::::;:::::::::::∧::| 弋::ツ   / =ミxイ::::|i:::::::|i:::|i   `ヽ
  , -‐===‐-ミ    {:::::::::/.:::::::::::i ヽ \   〃{んハ }}ノ::::八::::八八
 -‐<       `丶八::::/.::::::::::::::|     (:::::::)  乂:ヅ/::/}:/l:/
    \      ニ=∧::::/.::::::::::|           ´ (::::::)イ 丿 /     ああ、確かに「こなたはコミケへ行った」のように、
        ` ー-=ニフ(  V.:::::::::::::ト、     -‐   .イ:八                             ~~
        /.::::::::::>彳:::::::::::::::| \       . イ:://          現代仮名遣いで「へ」を使うべきとされているところが、
        〃へ::_/  |:::::::::::::::::|   >‐=≦:::::::::|:::::i           なぜか「え」が使われてるケース多いよね。
       /  \\  八:::::::::::::::|   ∧    八:::::|:::::|           昔の文章……それも日記とかには。
.     /       \\  \:::::::::|    `マ!  ヽ:|:::::|
.  _/_        \\  ヽハ     ||\  ヽ八
  /   `丶、      \\  ̄`   ´ ̄/,  \
. /       \      \\___//     \
          ヽ       ` ー-ヘ く       ∧
           }             ヽ       /  \
           }/                 〈     、
          /                   ヽ    \
.         /{                }      〉

190 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:37:29 ID:3HD9Q8Ng

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |       その辺の名残が、
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |       よく芸能人とかのイベントで見る花輪っしょ。
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |       「美輪明宏さん江」って書かれてること多いし。
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::         もしもその辺厳密にやるなら、
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.        「美輪明宏さん部」にしないとおかしくなっちゃう。
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l       「へ」は「部」のつくりの草体だから。
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l

191 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:37:54 ID:3HD9Q8Ng

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l        まあ阿川さんの言うように、
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|        その辺どーでもいいんですよね。
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l        「てうど」だろうが「てふど」だろうが「ちやうど」だろうが。
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧       だって、江戸時代の語法が、
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ       そもそもイーカゲンなものだったから。
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ      そこにこだわってワーワーやるのは、
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )     果たしてどーなの?って感じだし。
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

192 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:38:11 ID:3HD9Q8Ng

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.::::::::::::::⌒:::::::::⌒ヽ
     ,:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::      
      {:::::::::::::::|( =) (=)イi             まあ、そこが違うからって、
     、:::::::::(l::| ー(::::)^(:::)-|l            別に「仮面の告白」の本編を揺るがすようなネタじゃないしね。
      ヽ:::::八l ''  ー   八
      <>x:从、    イ    -3       小説の面白さに変化はない、と。
.       /.:::i, -/> <〔 ノ
      {:/i:::::\ i。|/:::i
      / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ
.     / {:::::::::::::::::::___j\___
    | ト、:::::::::::/| 仮面の   |
     ヽ 丶-.,/  |    告白 |
     /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/


        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|      そうっスよ。
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|      大体小説のそういう設定に目くじら立ててったら、
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |      何でもかんでも嘘になっちゃう。
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |      例えば池波正太郎の時代小説の食事シーンなんか、
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|      江戸時代としては嘘だらけになっちゃいますからね。
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |      例えば夕食に梅安がホカホカご飯食ってたり、
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l      夕食に刺身食ってたりとか……
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

193 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:38:42 ID:3HD9Q8Ng

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi         ああ、江戸時代の町民は、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八        炊飯するのは1日1回だったらしいからね。
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ          江戸は朝で、大阪は昼って感じで。
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |          後は冷や飯とかお茶漬け食べてたわけで……
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ


           . : ´ `ヽ ,    =  、≠⌒メ、
         〃    У          `ヽ \
         /       !         ヾ   ヾ′
         ,'      l  /
          ,        l} 〃          !     i
          !      l} .〃 / 〃      リ    ヽ  !
       |     l} 〃 / l|  ハ リ  ,イ、 ヾ  i| !            そ。
        |      , =! l| ハ リ ゾ /リ ヽ ) l| l
        il       ハ ! 从./ィ云沁/  _,,,,_)ソ  l| !           刺身にしても同様で、
        il       !ハ ! {l .っl廴ノ    { 刀`从 / !            冷蔵システムがろくにない状況で、
        l}      ,! ヾ {l、         ¨とつ ハリ            朝取れた魚を夜食うなんてことしたら、
        il    メ|  〉 {l    辷ン  イ l}  /              ほぼ食あたり確定っしょ。
          ,'    ,== 〈  ゝ、`  = ≦、 l} l} レ′
       l}    / ⌒ヽ.八  \ (_::>=ゝl} l}     __==‐‐、      でも、そういう細かいところを叩くのも、
       l}.   /   ./ __>  .)   ./ 彡イ.    /    ミ ‘,    野暮ったい話で……
      l} ハ /    y_ ヾ.  /`ヽ/  \ヽ   / ゝ ヾ\ヾ,ソ     要は小説として面白きゃそれでいいのよね。
      l} 〈::V   〃ゝ::人  (   "     )ソヽ /  /\ソ (ン      食事ネタが作品の本筋に関わらなきゃ。
     l} 〈 V   / ヽ.¨  \ ヽ       ´ ソ/  /
     リ  V   /   !     )ソ     ソ    l   /
     /   ヾ   ヽ  |   乂          /   /
     / / \    \ |    ` ー  ―'― ‐ 1 __/
.   /〃      \   └‐‐-----------‐‐,┘
    ソ       \  釗           {

194 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:39:21 ID:3HD9Q8Ng

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| 釗! i     .
        鄯  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i
        |  │    |i  |i 八   ′?刋::}ハ ∨  i| |       ここの>>1のヘタレ粗チンが、
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:      「王家」のことをボソッとぼやいたのも、まあその辺なんですよね。
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |      昔から天皇を表す言葉なんていい加減なもの。
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |      王を使ってるときもあれば、皇や帝を使うこともあった。
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以      明治のある程度の時期までそんな状況だったのに、
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ    なんで王だなんだでそんなに騒ぐ必要があるのかと……
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}
     /        {_: :人   \         人: : /|    大体幕末の志士たちですら、自分たちのことを、
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |    「尊王派」「尊皇派」とごっちゃに使ってたくらいだし。
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;    福沢諭吉の本のタイトルですら「帝室論尊王論」ですから……
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |    ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200802/13/58/e0004458_6505395.jpg
       ー一     \│  .′              : : ; 釗
              )|   : :                : : ノ │   そこを血眼になって騒ぐのは、
      丶 _ ___彡釗 人: :                : : イ   |    果たして意味あるの?って思うんですよね……
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |    ヘタレの>>1の代弁ですが。

195 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:39:45 ID:3HD9Q8Ng

           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.           ;::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::i
         |l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八::::::;:::::}::::::::::::::|:::::::::::::::;
         ||:::::::::::::::::l|:::::::::::: |l::::::::/  >、ハ:人!:::::::::::レ_ミ:::::::i|
         ||:::::::::::::::::l|:::::::::::: |l::::::/ /  __ `Y ::::::::::!ィ^ V::::l|
         {:::::::::::::::::八::::::::::::|レ'/ ,.ィ刈 }} |:::::::::::|ヽ  }::::l|
.          八::::::::::,.x=< :::::: |   癶辷ン ノ .イ:::::::::::l ノ/.::::l|
.            \:〈 代ぅ抃ハ;丿─ _( :.:.:.:.:.介l::::::::::::|' /.:::::丿
                `ヘー(:.:.:.:.:.:)'´      ̄   l::::::::::::l彳:::/          ま、面白きゃなんでいいい、ってことだな。
               ト.   ̄             l::::::::::::| |∠_       _ノ}
               l::::.    ゝ '     ノ    !::::::::::i|八_} ̄ ̄  ノ
               i:::::ト、   -- ‐      l::::::::::::|  \)   ‐<_
             八::::::::>.. _ 二 -、 /ハ:::::::ノ ∠/≧=─<::`ヽ
              /  ` > '"      \  /ヽjソ /////>―‐-ミメ .:\
                /            / ∨     ///., ´       \ヽ::\
               /            ハー }   //,/ /        Vハ:::ヽ
             /       , '    ゝ _ノ   //  /         Vハ:::::::.
                {       /- 、__...__フ /    /     /      Vハ:::ハ
                |        i  个‐じ ハ ,\/,i    /   /           Vハ{
                |        |  |'/公イ /   {/|  ∠ ..イ          Vハ
                |        |  |//// i    ノ/|   /            //∧


    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|         まあ、そんな感じですよね。
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !         創作物なんだから、そこまで目くじら立てなくても……
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧        ってのが、スレ主の考えらしいっスよ。
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ       いろいろ議論したくなる気持ちはわかりますけどね。
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

196 ◆KcxXifcWsc:2012/01/25(水) 21:40:04 ID:3HD9Q8Ng
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

197名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 21:42:23 ID:sE55sk/A
王家ネタはたんに韓流絡みなどのNHKへの反感があるところに、
タイミングよくネタがきたからってのが騒ぎになってる原因だろうしなあ

これが大河ドラマでなく、売れた小説などだったら、そもそもネタになったかどうか

198名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 21:44:09 ID:0gFYnpa6
乙 まあ、確かに面白ければいいんだけど、
作り手が開き直ってわざとらしく手を抜いちゃう場合もあるからなあ

そこらへんのバランスの兼ね合いは難しいところだな

199名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 21:58:24 ID:1yWnw.ig

論争を取り上げた回がいつだったか思い出せなかったから感謝

変に枝葉末節に拘っても派手さやドラマ性が欠けて面白くはないと思う一方
読者、視聴者が違和感を感じさせない程度に枝葉末節へ拘らないと
作品全体の完成度が変わるとも思っていたり……

ドラマとしての出来が自分の中で合格点出してるので
今回は言いがかりじゃね、と騒動を覚めた目で見ていたり

200名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 22:13:46 ID:MwFW8qR2
まあ日本の世間一般に「天皇」「皇室」で認識されているものを、放送局も普通は
そうやって使っているものをわざわざ変える、しかも貶めるために「日王」と表記する
のにあわせるようにして変えているのにひっかかってる人が多いわけで…

「枝葉だ」と言うならなぜこんなに反発するように変えたかがわかんないし(話題づくり?)、
「この物語はこの語句を使わなければ成り立たない」のならもっとちゃんとした説明がいると思う。

結果として「単なる失敗」にしかなっていないね。
それだけ気にする人が多いのは事実なのだから。

201名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 22:25:50 ID:1yWnw.ig
>>200
後々出るだろう以仁王とかの立場を考えると説明不足だとは自分も思う
この人は「王」でも皇位継承権が無くなってる訳だし

つかドラマ見てると白河法皇の存在感や影響力と
清盛と崇徳帝という白河法皇がばら撒いた禍根を考えると
「王家」とか使わず「白河院とその一族」で十分だった気もする

202名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 23:45:21 ID:pz2zyO4k
>>177>>178
サンクス。

王家の話は
>>195であるように本編が面白きゃいいんだよなあ。
本編が面白くて雑談的に
「この表現どうなの?」「こういう解釈で云々」
とかなら問題ないんだけど

ただこの大河ドラマ
王家表記しか話題にならないのがきつい。
ただまだ始まったばかりだからこれから面白くなって盛り返すかも・・・。

203名無しのやる夫だお:2012/01/25(水) 23:52:10 ID:eO0PuRO2
「尊王」という語に関しては「王」の字に王道の意味がこめられているのでは?

204名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 00:28:24 ID:gRWNB5Mk
まあとりあえず、大河に関してはうちの県知事が迷惑かけてすまん

205名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 06:36:16 ID:TRoRJEFs
>>178のリンク先の最後に、ちらっとあるように「学説でも『王家』でまとまっているわけではない」というので、中世での権力機構として史学界の考えに
武家の幕府のトップは、天皇の朝廷とは無関係に実態として日本の王だったという「東国王国論」
武家や公家や寺社は俗世で権力を伸ばしたら、超越的な存在である天皇から官位もらって承認される「権門体制論」
で分かれてて、本郷氏は前者に属するという事情もあるしね

206名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 11:35:15 ID:RjXI2BZ6
>>197
同感

207名無しのやる夫だお:2012/01/27(金) 19:30:19 ID:4Y30Kw3.
「王家」という言葉への反論が学術面のものばっかりなあたりストーリー上の理由はなさそうだし、
学術面を強調する割に、登場人物が歴史的仮名遣いで喋ったり本名使わず役職名のみで会話してるわけでもないから、
歴史考証として必須項目には見えない。
その上放映前からHPに「王家」と書いて抗議され変更したという過去があるのに、本放送では変更せずに強調するように連呼する。

これじゃあ抗議受けても仕方ないよねww

208 ◆KcxXifcWsc:2012/01/27(金) 19:53:24 ID:mmrotxn6
独り言。

「楡家」読んでます。

209名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 12:52:47 ID:xRKIoJkI
>>199
ドラマを見る目がないんじゃね
戦国時代など自分が詳しい時代しか語れない人もいるからねえ
視聴率も大失敗だしね

210名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 15:52:26 ID:YYqHmdqc
本郷和人自身が
「天皇の血族をファミリーとして捉えるという概念がいまだ出現していない。」
「近衛天皇の寺院、鳥羽上皇の御所、美福門院(びふくもんいん)の荘園など、個別の名が用いられ、天皇家も皇室も、また「王家」も、言葉としては定着していません。」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120124/art12012411250003-n1.htm
と言っているんだけどね。
この産経の記事で挙げている用例は、全部

211名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 16:17:33 ID:YYqHmdqc
本郷和人自身が
「天皇の血族をファミリーとして捉えるという概念がいまだ出現していない。」
「近衛天皇の寺院、鳥羽上皇の御所、美福門院(びふくもんいん)の荘園など、個別の名が用いられ、天皇家も皇室も、また「王家」も、言葉としては定着していません。」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120124/art12012411250003-n1.htm
と言っているんだけどね。
この産経の記事で挙げている用例は、全部南北朝時代のもので、清盛の時代じゃないし。

で、著書の「謎解き平清盛」で

「日本の天皇は他国に例を見ない唯一無二の存在である、というのではなく、 天皇を国の頂点に君臨する王と捉える。
そうすると自ずと他国との対照・比較の視点が開け、
東アジアの中の日本、世界の中の日本を考える際にも有用である。
ですので、現在の 学界では、王家という呼び方が確実に市民権を得ているのです。」

と言っている。
つまり、『当時天皇家が普段「王家」と呼ばれていた、』という誤った時代考証をしたのではなく、
思想的な確信犯として「王家」と呼ばせた点が責められているわけだ。
実際、劇中で身分の上下を問わず「王家」「王家」って何十回も言ってたよ?一回しか見てないけどさ。

212名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 16:57:13 ID:YYqHmdqc
なぜか途中で送信されてたorz
あと、王家に噛み付くネトウヨは日本史を知らないwwwといった連中へのつっこみのまとめがあったので貼っておくと、

・寺社関係の資料に出てくる「王法」はすべて「仏法」に対する世俗の法という意味
・『神皇正統記』に出てくる「王家之権」や、幕末の「王政復古」や「尊王攘夷」は朱子学に出てくる用語で、朱子学の「覇道」「王道」の思想に基づいて「王」という文字が使用されている
・『花園天皇宸記』を書いた花園天皇も、朱子学の影響を非常に強く受けている
・王とは、皇帝の下に位置する位。天皇は中国皇帝と対等であるという意志表示なのだから、わざわざ王を名乗るはずがない。
・当時から普通に使われていた、親王(天皇の直系男子)・王(天皇の傍系男子)との整合性は?

○『神皇正統記』の天皇記述100件以上、皇家、皇宮、皇居、皇軍、皇都、皇位、皇化、皇祖、皇統、他多数
  王家の記述は2件、「王家の権」という使用例のみ。 王家之権というのが漢籍の熟語であり、神皇正統記は漢文体。
  『平家物語』『保元物語』『平治物語』『陸奥話記』『将門記』『源平盛衰記』に「王家」の記載無し。
  皇室、皇居、皇化、朝家、君朝、天皇などの表記。
○幕末の「王政復古」「尊王攘夷」は徳川の「覇道」に対する「王道」という儒教用語。 日本の天皇のみを指していない。


「王家」呼称を提唱した黒田俊雄氏のwikiの記事にもその意図と賛否両論が載っているよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E4%BF%8A%E9%9B%84

213名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 18:04:34 ID:OGQ7LTtg
結局賛否ある代物を採用したのが騒動の種、と

うまく「王家」呼称を回避するように脚本書けばよかったのに

214名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 18:30:42 ID:LEy59dvY
考証に間違いがあったのではなく、思想による本来の意味での確信犯なんだよな。

215名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 19:18:12 ID:P8rzBNiA
「資料に王家って書いてるんでそのまんま使っちゃいましたー」っていえばよかったのに
学説なんて引っ張り出してくるからややこしくなるんだよ

216名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 19:19:45 ID:bFrVuSG.
本郷氏と黒田氏って、学界では別の派閥のはずだけどな

217名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 19:26:31 ID:NscbGD.6
楡家か・・・つかやら無い夫作品読んだ事ねぇおれ……

何でか知らんが、最初はアレも私小説なのかなーって思うと、何故か敬遠してた

218名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 20:24:11 ID:f3kb0DCw
ぶっちゃけマンボウしか読んだときないな。

219名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 20:51:54 ID:8dRiVjOo
クプクプが面白かったのでマンボウも読みました
実家に全集があったけどシリアスものはちょっと読んですぐやめましたw

220名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 22:44:28 ID:M.Oyi942
同じく マンボウやジバコ、さびしい王様シリーズばっかり読んでたな
後者二つは躁期の時にでも描かれたのか、結構メチャクチャだけどw

221 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:37:07 ID:GUUjusuo
こんばんわ。

「父っちゃんは大変人」の桜井伝吉をソフトにすると「楡家の人びと」の楡基一郎になるような気がするw

と、いうわけで、ちょっと番外編。
今日は岩波のあの件をネタに。

222 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:37:36 ID:GUUjusuo
【番外編・岩波書店の定期雇用の話】

                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、             ギャル実さーん。
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ           岩波書店さんが、定期雇用の応募資格として、
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',          「岩波書店著者の紹介状あるいは岩波書店社員の紹介」
.      {/ // : :/: : :/_/: | i:. :.:.| ヽ: : : : : : : ヽ: l          を要件としてるけどさ、
        l/l : : !: : :/__ l| V:.|´ ̄ヽ : : :、 : : l: |
         |: :/|: : fTヌカ j|  〒TTi \: : \: :!: \_       ttp://www.iwanami.co.jp/company/index_s.html
         |/ |;/l/xヒzソ    ヒ,.ソ.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\    どーなの、これ?
       r「「l {: : :\   ー'ー'   ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

223 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:38:00 ID:GUUjusuo

             ,ィヘ ____ _, ィ ⌒ ヽ
           .// /_´、 ∠_  ` ヽ    \
           ' /   /´  ` `ヽ  ヽ    l
           .| ,'     l        \ ヽ   |
           .レ                ヽ ヽ  .|
          /                 ヽ}、 |
          ,'   ,    |   ,、    ,   l }:.|
          |    ト  ヘ |   | ヽ   イ   .| }.:|
          |    ヾ | ヽト、 l  ∨/ハ ィ  l ,' l
          ∨ヘハ寸‐弋う \| ,ィ弋う .}/ l ∧ .|
          |' ヽ、rュ´           ´rュ.l./ .∨|             ぶっちゃけ、どーでもいい。
          |    | ゝ_   -    イ ノヲ、   .l
          |  ,r-‐'´  ヽ、-r≦  }_/イ `ヽ .|
          /  /   _ュム/ 、_  { ̄ _ノ|    i ト、
        /  /  /  |       フノ l    l、 \
   __/   ./   '-‐y廴_____zイr‐=-f'     \
  r ´ /   ./    ,  /: : : : : : : : : : : : : : :∧  |      \
 < ̄ /  /   //{: : : : : : : : : : : : : : : :.:∧ .|        \
  >'、__,'   /´  l: : : :‐- 、:_: : : : : : : : : ノ . l\       >
  |\__{_ / r-―ゞ‐、二二二__  イ  |  ヽ ― ´ヽ、
  |       rf壬_   __            '         }
  \         ̄―― ´       ` ‐- 、_ノ      ‐-‐ ´
    ヽ _ィ

                                                  【番外編・岩波書店の定期雇用の話・完】

224 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:38:25 ID:GUUjusuo

       /:. :. :. ,ィ:. :. :. :./:. :. :. /j:/\f:. / |:. :. :. :. :. :. /  | :. :. :./ :. :. :. :. :. V :. :.
.      /:. :. //:. :. :. :./:...:...ィ´へ   N  |:. :. :. :. :. :/   .| :. :. / :. :. :. :. :.}:. .{ :. :.
      i:.:/  ,':. :. :. :. i:. ィ" j ミミ≧、  !| \ !:. :. :. :. /    .L:. △二⊥ :. :. }:. :.l :.:.
      |/    i:. :. :. :./|/リ:. l   ゙ ミ≧、 `   |:. :. :.:./-一  ̄|:.:/ '; :. :. :. :. :.リ. :. l :..
          |:. :. : / /:.:.:j‐ァ≡≠≧ミr   ;:. :../  _, -t≠ニ i:. :. :. :. :.∧:. :.| :.
          |:. : /  /:. :/ '¨ ̄ ̄  `   }: / ,ォ≦三三三ミ'、〉:. :. :. :/:. V:. ! :.
             ';./  ,イ:. :/            '´  `ヾミ>、    /j:. :. :.:./:. :. :',:.:} :.      コラーッ!
              '  ,:. :..人     __, イゝ、       `ミ≧、 /:. } :. : /:. :. :. :.',} ./
             j:. :. :. :. >、    /  __ \     ・ヾr/:. :. }:. /ん:. :. :. :ル       簡単に話を終わらすな!!!!
               {:. :. :. :. /:. >、/'´ ̄     ̄〉      /:. :. :. レ:ム ):. :.//
              |:. :. :. ;イ:. :. {:.i´>-、     /      _/:. :. :. :./ イ:. :.‖
             |:. :. :/ |:. :. :.N,-一'::::/テ>-'ーァニて/:. :. :. :./ ̄:. :. :./
                 l:. :. { 〉7´/ {::::::::::::/_    'y /:. :. :. /:./:. :. :. :./

225 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:38:42 ID:GUUjusuo

              ___ , -‐――――< ̄`ヽ
                /   /´ ̄,`‐=  ヾ< -、 ヽ ヽ
            /     '-‐ /    / !  ヽ   ヾ、}
               |     .|   /     '         \
               |     .| . /                ヽ
               |     ,| /  i  f   /       /      i
               |   / レ   .|  |   イ     /l ,l    ',
               |  ./ . |   . |―|=7、l   ,ィ 7_|│ /   |        いや、マジで、どーでもいい話だし。
               |  /  ! |、 .l八|⊥._| / l ,イ__l/ / 〉 l
               レ'    ∨ヾ|{て うリ´' :::: レ{c:メ´ . |"ハノ        だって、岩波はおろか、日本の多くの企業……
               |´   ,   lこつヽ- '      `´こつ|´          さらには公務員とかに至るまで、
           ,' /    l |、      _,    イ | ト、          コネが幅利かせてるのが事実だし。
             /zイ      | | `` r‐- r--‐<_   | | \_
       __/     /_〉 ヽrヽ´  `^い  _>ァ'"}   _/
     〈         / .!、 ̄``ヽ〉,___〉,l、 |  _イ( ̄
      \     , _>、 rヘ__|´: : : : : : : }、`コイ〉、ヽ__ィ
        \_/   > } ゝ_二フ: : : : : : : イ∧|__,ヘ、} ̄ ̄
               / / (,' / : 7廴: : : : :_:_:〉: ∧   リ
             ` ─ <    〉、_ / l  ̄ ̄   lヾ: }

226 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:39:03 ID:GUUjusuo

: :    /   . . ../: : : / |: :::: : : : : : : : | ヽ::. . . .i...   ヽ     `:、:、: \
   .j.: : : : : : ::/ : : /  .|::i: : : : : : :: : :|  i:::. : : i:::. : : : :ヽ .  ヽ  丶\: :ヽ
. : : :::l: :∧: : : :/: : /    |::l: : : : : :j|: : j  i::::. : :l:::::. : : : :.i:::. : : ゙、  `、 \:`、
: : .::::l /  i: :./: :/      !:l.: : : : :.l |: : !   i:::. : l;:::::. : : : :.i::::.ヽ: :i: : . ヽ  ヾ:、
: : :::::!:l  ,!:/_:/     |:l: : : : :./|: l.    i:::_:,,L!-: : : : :.|::::::: i: :i: : : :.:.   `:゙:,
.: ::::::|: `ー:':/:/  ̄``''''ー'lシ: : : :./丶!-l‐''''''"´l:: :.|. l::::. : : : j::::::::::.i: l::. : : :i    `}
: ::::::;|: : : ://___,,,,,,... |i : : : /  |:.L,,,,,,,__l:_:j. l:::: : : : l::::::::::::.i:l、::. : : i
.:::::/!|: : : ヤ┬十示示「 |: : : /   .|テ十干平羊ァ !::: : : :l::::::::::::::.i| ゙:;: : : l
::::/:;l:l: : :ハ. |:::/!  ,┘|: :/     |! |:::/ 、::::l/ /,l::: : :./::::::::::::::::}  ',: : :|
:://,」:l: :ハ  l::| `、ノr:i | :/      |::ハ._,ノこ /. l::. : /::::::::::::::::::|  i: : |
:':::l |::i i:::i   L.ニ='-┘ j/        ビ_、.ノ:/ i ,|: : /::::::::::::::::::::l   l: :j
::::::ヽj:::i|::;;;i           、        `` ・ ! _,l: :/::::::::::::::::::::::i    l: !     また身もフタもないことを言うなあ……
::::::::::j|::::::::::!                     ,'::::::l./::::::::::::、:::::::::;'     リ
::::::::::l:|: ::::::::ト.、     ,:‐------‐ 、     /l:::::::'゙:i:::::::::::ハ:::::;'
::::::::::l::|: : :.:::l:::i:`:丶.,、ヽ-―――--'_,,. ..r:'"::::::l:::::: : j:::::::::/  ∨
::::::::::|:::l: : : : l:::l:::::::::|::::`::l' ‐--‐ ''゙「:::|:::::|:::::::::::l:::: : :.!:::::::/

227 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:39:17 ID:GUUjusuo

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|          いや、日本はおろか、世界中どんな国でも、
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|          コネ入社はありうるでしょ。
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |          だって、どこの誰か分からん人雇うより、
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |          知ってる人雇う方が後々楽だし。
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

228 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:39:41 ID:GUUjusuo

                />'´ ̄      `ヾ\
              // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                 // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
              /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   i
           //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  i
             ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  i         だいたいさあ……
          〃/ i ハハ 圷 ?    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  i
.          ″′|| '. * r==z′  (●)*ノ| lソ// lヘヽ!        「岩波書店著者の紹介状」なんて要件、
          |l l i|/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§/  l ヘ   、        誰だってこなせちゃうよ、こんなの。
          |l |l /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§ヽ    l ヘ  ヘ
          |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ .ヘ       だって、コレに応募する人たちって、大学新卒っしょ?
          |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ      どこの大学にだって、岩波での執筆経験のある教授、
          八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  ∨ ハ ヘ      何人かいるはずだもん。
          /∧ヽ[二二二}::::/ £ /:::::::/ [二二二.] }ヾ∧ l|
       //  Vヘ ̄)ソ:::/  /::::::::::::::| γ └‐=ミ / /ヽ| l|

229 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:40:02 ID:GUUjusuo

           / '´  `ヽ
         //
          !i     /:ヽ-.‐: : :ニ二=‐
        ゙、 ,. : ':": : : : : : 、: :、 _ .`.ヽ、
          ゝ゛: : : : : : : : . .:i、:ヽ: :`ヾ、_:.\
       , ':i: : /: : : : :ト、: i: : :.i x-゙i: : : :.ヽ ``
       /: :.!:/ . .,.-|:.| ∨!: : :l ヾ:i,: :ヾ:. `、
.       i  }l. : : /: i'| |  !|、: | _,,⊥!: : i;::: :`、
        !. : :l: : : : : :! |:|,,.、l|ヾ:| 彳ハ`ト、:.|`ヾ:.i
       l: : !: ;l: : : :!ッi"、ハ   リ  、_j! l ヾ!  ヾ
         V:|:/:.!: : :!ヘ' 、__j!    `゛ ・|i              あっ、本当だ。
       ヾ": : !: :,! i `''"   。  /:|
          i: : !: l ハハ.___,./)|:: : |              名の知れた学者先生の名前で検索すると、
        |: :!: : {: : :ヾ;| r く,/ ム:.!: : |              大体ヒットするね。
        j:/: : :∧: : : :\ヽ_ {.:ト: :.!
         l/: : /==`ー、: <!三ミミヾj Υ              ttp://www.iwanami.co.jp/search/index.html
        /: : : |====≧シl二`ヾミミ}|
         /: : : : !、     |   `ヾミ! !、
.       /: : : : : :}ヽ     |     ノ`ヽ`、
       !: /: : : :.∧」:、         /   ,l
      l: /: : : : ;': /.ハ \    ,/   /
.     l.:,!: i : : :i!:.(  \_〕ト、_ノl_,.ィ'「
     l:.!|: :!: : :.!|: ;>、    |`ァ''^ヽ |く
     |:l l: l: : : l/ / `ーr-l∠ィ"^ヾ、ヽ

230 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:40:17 ID:GUUjusuo

           . : ´ `ヽ ,    =  、≠⌒メ、
         〃    У          `ヽ \
         /       !         ヾ   ヾ′
         ,'      l  /
          ,        l} 〃          !     i
          !      l} .〃 / 〃      リ    ヽ  !
       |     l} 〃 / l|  ハ リ  ,イ、 ヾ  i| !        そ。
        |      , =! l| ハ リ ゾ /リ ヽ ) l| l
        il       ハ ! 从./ィ云沁/  _,,,,_)ソ  l| !        よほどウヨな学校とかでもない限り、
        il       !ハ ! {l .っl廴ノ    { 刀`从 / !        まー、普通にいるっしょ、岩波で執筆したセンセ。
        l}      ,! ヾ {l、         ¨とつ ハリ
        il    メ|  〉 {l    辷ン  イ l}  /          そして、そういうセンセの授業をちゃんと履修して、
          ,'    ,== 〈  ゝ、`  = ≦、 l} l} レ′          顔を覚えてもらえば、ほぼアンパイだと思うけどね……
       l}    / ⌒ヽ.八  \ (_::>=ゝl} l}     __==‐‐、   紹介状に関しちゃ。
       l}.   /   ./ __>  .)   ./ 彡イ.    /    ミ ‘,
      l} ハ /    y_ ヾ.  /`ヽ/  \ヽ   / ゝ ヾ\ヾ,ソ はっきり言って、コネが見えない会社より、
      l} 〈::V   〃ゝ::人  (   "     )ソヽ /  /\ソ (ン   よっぽど良心的だと思うよー。
     l} 〈 V   / ヽ.¨  \ ヽ       ´ ソ/  /
     リ  V   /   !     )ソ     ソ    l   /
     /   ヾ   ヽ  |   乂          /   /
     / / \    \ |    ` ー  ―'― ‐ 1 __/
.   /〃      \   └‐‐-----------‐‐,┘
    ソ       \  釗           {

231 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:40:47 ID:GUUjusuo

      _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
          ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
         ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
     /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
     /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
    /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
  //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !
  '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
         !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !
         !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i     なんとなく分かるけど……
         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l
        l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l     じゃあ、なんで縁故採用とかなんとかで問題になってんの?
       {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
           V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                 l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|

232 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:41:24 ID:GUUjusuo

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| 釗! i     .
        鄯  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i        厳しい言い方しちゃえば、
        |  │    |i  |i 八   ′?刋::}ハ ∨  i| |        日本の学生が、大学時代、ろくに勉強しないからじゃない?
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |       何しろ、授業にろくすっぽ出ず、
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |       遊び呆けてる学生が多いって話、よく聞くから。
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |       都内新宿区W周辺とか、昼間の雀荘とか、
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |       そんな学生ばっかりとか聞くし……
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ     さらに、今はゼミとかそういうのないから、
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}     大学のセンセと密な人間関係組める大学も少ないし。
     /        {_: :人   \         人: : /|
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |     ま、ちゃんと勉強して、
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;     センセとコネクションくらい作っとけ、ってことかしら。
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |
       ー一     \│  .′              : : ; 釗
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡釗 人: :                : : イ   |
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |

233 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:41:43 ID:GUUjusuo

              l.:./      /: :`:、    __
               !/_,. .-: :'':":´: : : : : : :ヾ`''"_ _,.二=ー…-
          ,. :':゛: /: : : : : : : /: : : : : i: : : :`:`:ヽ.、
         /: : :.; ': : : : : :/: : /:      ! ゙!   ヽ  `ヽ、
        /: : : : /: : : : : :./: : :,l: :/: : : : i |. .i.. . . .、 \  ` 、
       '   . :/: : : /¨7ヽ:,:'゙!.:/: : : : :j,.オ-、:: : : :゙、: . ヾ丶、
       ' . : :,': : : /: :.:::;l: :/ '/ !: : : : l.:,ハ.:lヽ: : : :i: ヽ: `、
.       |. : : :,': :/: : : :.:::j:/  〃 !: : : :,!:/  l:.|::::: : : :i: : i. : :.
        !: : :,': イ: : : ;;;∠ム≦/ l: : : /;/≧ッキ|V:: : : j: : :l: : :.
        l: : ,':/:l: : ッ''オ示乏!  l: :./ノ 伐片ヵV:: : :l:: : :|: : :i.
.         l: :j:/::|: : :.V !vヘ ノj  j:,.'    トヘ ,ノリ V: :.l::: : j\:.:l
        l.:|,!/'|: : /::l ∨つ」! /    レつゾ /::!: :ハ:: :.l  ヾ|        なるほど……
          !j!{ !:.:/:::::! ´        、   `` . !::::l:/ 'l: /
         i!.:゙J∨:::::::l "     ,、       ,!::::|{  l/            そういう考え方もあるんだ。
        j: ::.|: : ::::::::ト、 ,-、    '┘  __,.ィ´::::/ !
.        ! ::.|: : : ::::::l:|:ト、 ヽ、__,.-''"´ _,ノ::|::::::.: : |
        i: : :l: : : : :::::|/゙ヘ        く::|:::::!::::.: : : |
          l: : :.゙、: : : : : }'⌒`丶、    ノ\:l: : : : : :j
       l: : : ::|、: : : :./==、、 \  |  l: : : : : /:!
        /: : : ;rミ:、: : /==、、``、、 `く  ,!: : : : /: :.l

234 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:41:59 ID:GUUjusuo

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l      そ。
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|      学生なら、コレくらいのコネ、普通に作れるっしょ、ってことよね。
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l      そんなの用意できない奴、大学で何してたんだ?って話になるし。
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧     でも……
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ     学生のほうから考えてみたら、
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ    いろいろと考え直すチャンスかも知れないよね。
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

235 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:42:11 ID:GUUjusuo

                          ヽ: :}
                l`: .、      |:/
                __|: : : :`:-:‐:''':''':'': :‐. .,,_
      _,,. -‐'',,." ̄: :.|: : : : : : : : : : : : : : : : :`: .、
   ,.-,."-‐''/´: : : : : :.|: : : : : i: : : : : : : : : :、: : : : ヽ
,.-'"'"   / ;. : : : : : : : :|: i; : : : i: : . .     \: : : :':,
     / :/:/  . . : : : :.;|: :i; : : :.:i: l; : : : : : : . . 、\: : :',
    / /./. : : : : : i: : :.i i: :|゙、: : :.:i::l゙:、: :、_;,.: : : :ヽ: :ヽ: :.!
  //j:.;'.: : : : : :.::|:_:_:l i: l. ゙:、: : ::!i 弋゙:\:::. : : :.ヾ: ヾ:j
 //  .!:l: : : : : : ::::}: : 厂丁{  ゙:、: ::i:!  ヾヘ\:::. : : :i; : ゙!
..〃  l:l: : : : : : ::::|l: :.l  ?   ゙:、:.i =キ三≠i、: : : :iヘrゝ
/     lj: : :,|: : : :::N: :ヒニ干キ   ヾ!  |ノしイ| l゙;:、: : :iヘ
    .l: :./ !: : : ::|::}; |゙:,∨しイ}      ヾ_シ l:;::::゙i、: lヾ:、         ……また、変なこというね。
     !:./ l: |; : :l::ハ:ト、 ヾシ'          ・,!;:::::j:,:ヾ| `
     V  l:.!ヽ: lj i:{::゙:.      ′     /!; : :i: :',|
          ゙{ ヾ| i:::::ト.. ,,_    ^ _,,. イ^i:::l; : :i:::: :.i
             i: :.::l::|::::: ̄:/丁  ,l'′`!: :.i::::::: :i.
              i; : :l:|,.-''" ∠--、/   . l: :.j,>、:: i.
                l::',: :.l|  |  /    ,.l :/,.-''"ヽ: i.
             l:::/',: :|   l   /  ,,-'',,j:/' ,,-''" i: :i.

236 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:42:29 ID:GUUjusuo

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|       いんや、そんな難しいことは言ってないつもりだよ。
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|       ……要するに、
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |       「あなたはなんで、『岩波書店』に入社したいの?」
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |       ってこと。
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|       もっと言っちゃえば、
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |       「あなたはどうして、『出版業界』で働きたいの?」
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |       ってこと。
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|      この辺のことを、もっと見つめなおす必要が
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|      あるように思えるんよね。

237 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:42:43 ID:GUUjusuo

        _.  ' ´ ¨   `  、__
        / /            ヽ`\
     /  /     /  !     ヘ  ヽ
      |  /       / i   |',       i  l
      | '{  /   . ム. | || '、 |     |  |        言っとくけどね、マスコミ業界の中でも出版業界って、
      |i | l. /T´/ |∧ || l`ハ、  j| |       ホントーにつまらない商売よぉ。
      | |∧ | l !ィ⌒ヽ. V|/r__レ^ヽ!.小!   |
      |   ヘl |/.f_テ‐-    f_テ‐-イ./¨ソ  !        例えばテレビの人は芸能人と会ったりできるし、
      |    Nrっ        rっ|'ィ|   !        新聞の人は取材で飛びまわれるけど、
      |   | '|> 、   _     _ .:<//',  l        出版社の編集者は、記事なんて書くこともなく、
      |  /ヽハ   __フ7 j7´   //! \ l        現行のやり取りやら校正やらに明け暮れちゃうわけだから。
     / / ./   /  {. / `ヽ  {.{ |   \
    ./ ノ /   / ,' lV{'´ ', ハ `ヽ    ヽ、     編集者が自分で文章書くなんて、
    し=≦‐-、 /  {  卯  } |   \..   /     雑誌編集に当たったときに、時々……って感じじゃないかな。
.        , ィ゙  \ 〉 ∨  /!  | _,=≦三/
             (イ゚i ̄ , ̄¨.|二| (
           ∧____〉!ノ
            |/ |/ l  l  i!
            └┬┬┬┬く

238 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:43:02 ID:GUUjusuo

           / '´  `ヽ
         //
          !i     /:ヽ-.‐: : :ニ二=‐
        ゙、 ,. : ':": : : : : : 、: :、 _ .`.ヽ、
          ゝ゛: : : : : : : : . .:i、:ヽ: :`ヾ、_:.\
       , ':i: : /: : : : :ト、: i: : :.i x-゙i: : : :.ヽ ``
       /: :.!:/ . .,.-|:.| ∨!: : :l ヾ:i,: :ヾ:. `、
.       i  }l. : : /: i'| |  !|、: | _,,⊥!: : i;::: :`、
        !. : :l: : : : : :! |:|,,.、l|ヾ:| 彳ハ`ト、:.|`ヾ:.i       ……でも、週刊誌とかだと、
       l: : !: ;l: : : :!ッi"、ハ   リ  、_j! l ヾ!  ヾ       よくなんとか記者とか、名前出てくる人がいるけど。
         V:|:/:.!: : :!ヘ' 、__j!    `゛ ・|i
       ヾ": : !: :,! i `''"   。  /:|          そんな記者からフリーのジャーナリストとか、
          i: : !: l ハハ.___,./)|:: : |          ルポライター、ノンフィクション作家になった人もいるし。
        |: :!: : {: : :ヾ;| r く,/ ム:.!: : |
        j:/: : :∧: : : :\ヽ_ {.:ト: :.!
         l/: : /==`ー、: <!三ミミヾj Υ
        /: : : |====≧シl二`ヾミミ}|
         /: : : : !、     |   `ヾミ! !、
.       /: : : : : :}ヽ     |     ノ`ヽ`、
       !: /: : : :.∧」:、         /   ,l
      l: /: : : : ;': /.ハ \    ,/   /
.     l.:,!: i : : :i!:.(  \_〕ト、_ノl_,.ィ'「
     l:.!|: :!: : :.!|: ;>、    |`ァ''^ヽ |く
     |:l l: l: : : l/ / `ーr-l∠ィ"^ヾ、ヽ

239 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:43:18 ID:GUUjusuo

         />'´ ̄      `ヾ\
      / /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
       / 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
     /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   l
      //ハ l</,,⌒  ,,⌒リ| l │ i|ヘ.  l
     //ハlレ!小l( ●) (●)从 |、i|∧ ヘ l
     i ハハ レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノハ ヽ  l       いや、あれは、「その雑誌と契約してるフリー」であって、
    〃′|| '. *ヽ、  ゝ._)   j // lヘヽ !       その会社の正社員じゃないから。
    |l l i|/  ,ハ ヘ,、 __, イ /  l ヘ  、
   |l /  /./r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽl ヘ ヘ        結構経歴とかでその辺ごまかす人多いんだけど。
   /r、     r、::::::::∨yヽ/::::::::::/, 1∧ .ヘ
    |ヽヾ 三 |:l1:::::::::ヽ/::::::::::: r" / ∨ ハ ヘ      実際にA誌の記名記事書いてる記者の名前検索すると、
   八 \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ}ヾ∧ l|      なぜかB誌の紙面にも名前が出てくるとか普通にあるから。
   /∧ヽヘ lノ `'ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::} | / /ヽ| l|
  //  Vヘ/´  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/ノソ  | l|
  / ′   V\. ィー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」/ /  | l|
         /::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /   | l|
        /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /    / //

240 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:43:35 ID:GUUjusuo

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |     一方で、出版社の正社員って、
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !     「本の編集」と関係ない仕事に回されることも多いよ。
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |     よくあるのは本の営業。
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !     新刊出るたびに本屋回って……とかね。
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.      財務とか経理、人事とかに回されることも多いし。
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l     実際、岩波の募集も、職種限定じゃないしね。
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !    さらに言っちゃえば、出版業界は給料が安い。
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l

241 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:43:52 ID:GUUjusuo

                      , ⌒`ヽ、
      __  _ -― 二ニ=丶 /     ヽ
     /    7__ヾミ=-、   >ヽ      ヽ
.    ,'  /  ´-、  ``ヽ ヽ     |∧       、
    | /  / `ミヾヽ、     ヽ   l i,        l
    〉'   | ハ  \ `    ヾヽヽ/ | i       |
.   / l i  ト  ヽ  ヽ ヾ  ヽ ヾト、、/ .}、ヘ     l           まあ、こういう業界よね、出版って。
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ ト ヾ、 リ ,、   |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  i_/ メ ヽ   |           本作りと関係ない仕事に回されたりーの、
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / l ヽ∧ ∧ l           関係ある仕事に回されると思ったら、校正に追われーの、
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨/》 イ' ,.イ ノ  ヽヘ .|           そのくせいつも残業、朝帰り、だけど給料は安い……
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ   .!           宮脇俊三さんの「私の途中下車人生」とか、
    ヾ ' .l ハ    -、     , イ イ ハ   \  ヘ          あと坂本一亀さんとか、村松友視さんとか、
     `|  | |  ` r 、_  <´ |ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ          その辺りの人の編集者時代のことをつづった本を読むと、
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ         いかにキツイかわかるしね。
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .| _ ∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      | ./ r孑‐-┐ノ |   ∠二z-" ノュ ∨ \  ヘ
      レ / ト‐-┘   ヽ、´/ {__</ ̄ユ、      `
     ,  /  にこ}|    ?  r-' !> > ./´  iヽ   ヽ ∧

242 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:44:11 ID:GUUjusuo

             ,ィ,"二、ヽ、
         /'′   `j,!
        ,.ゝ.-.‐.‐.-. 、,/ヽ_
       ,. :': : : : ; : : : : : : : : : |−`=-.、
.      ,:': : : : : :/: : : : : :,!.  !  `ヽ
    ,/: : : : : :,:'.:/: :_:,,:.//'|:,: : |_: : ヽ、ヽ
   .i: : : : : :,:': /: : : :// j.:i: :.ハ: ::::. :i`ヾ:、
   j: : : : :./: /: .:: :./'′ j;イ / .|i: ::!:. i
   .!: i: : ;': ;ィ.::::: :ォオ云! '゛!:伝'::l.;:ハ::.|
    ! |: :.レクイ::::;イ|  V | / lソi!::'/ l::|
    l:j: : .:::!_!:/:::l:|  `´ _ ,' ,!V  リ        ……なんとなく、出版業界が大変なのはわかったよ。
    j:l: :.:::: !|':|:: :l:!_   `",イ:|
     !!: :.::::|:::;{:: : l! K二`^!|:!:::|            でも、なんで、みんな出版業界に集まるんだろ?
     l!: .:::::|/_ V: : ゙k'(  |゛|::|            岩波書店だって、去年応募1000人とか、って話だし。
     !: ::::::l三ミ、V: :iヘヽ ト、|:l
    ,' :::::::{'⌒`ヾミヾ:|、`|  ! V
   ,' :::::::;;;!   `ヾ!ミミ:|   i ヽ
    ! :::::::;;;|     ヽ`:!  iミ!'
   l: :::::::::;;;!     _,く ゙、_ソ
   |: ::::::::::;;ト、__,ノ彡彡--ー'゛ `}
  !::::::::::::':!、ヾ彡'_,..、-‐ォー'

243 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:44:29 ID:GUUjusuo

       ー、 _,. -‐ ' ¨´`¨ 'ヽ /~`ヽ
      / /      `ヽ    \    ヽ
     .У         ヽ    〉    ,
     ,'        ハ     ヾ / l}    i
    i     ,  i   ハ  i   .l}  l}     !
     i    i  | i   ハ |l  、 l}  l}     !
    i   ,  |l リハ 〃ハ八 リ l}彡}     i        「カッコいい」業界だと思ってる人、多いんじゃないかな。
    i  八 从ニニ ソ  .二ナメ  l} l}  \ |        いかにも情報の最先端、って感じで。
    ソ、  ハ´弋}    ヒツ 从ソ/     メ
      ヾl 从゙゙  '    ゙゙゙ .l}:i   |l   / !        しかも出版社って、ある程度の規模のところまでなら、
.         Υ { >  _  ィ´ l} i  |l  .ソ !        誰もが知ってる企業だし。
       i { 〃ー´  1  .l} i\ {l    !
       .{l .{l/ {l  ー ‐ /  l}:::::\   |
       {l .{l_ヾ、   ≦  /:::::::::::::::ヽ  ヽ
       ヒ__=.ン;;\,'/≠ ン:::::::::::::::::::/   ヾ、
      /ミ ン:::::::〈:::::::::ソ:::::::::イ、:::::::! ヾ    `
     /   ソ:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::l}:::::::::| 彡イ =イ
    ゞ、    ゝ、:::::人::::::::::::::::::::/::::::::::| /~~~~~

244 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:44:48 ID:GUUjusuo

                       , ― 、
                    _z≦、 /  `ヽ
                  ,  ´ ̄z-‐ ―-ミ、ヽ   \
                / ケ‐ ―- 、    `ヾ、   、
          ./ ̄ ,ゞ /'       ヽ     \   i
        //⌒/,  ,        l  ヽ   }   ヽ .|
       //   /,'  l    i     .l  丶  ト   ∨
       |    /   .|    l     ∨  | / ヽ   }         ただ、出版社の出版物の多くは、
       |   ./    |  /   ,     、  ', z斗‐/|   イ ',         実のところ、外の編集プロダクションに外注して、
       |   i     .| ' ,  j    .∧ ,〈ハ |/ l  / , |         編集してもらってるケース多いのよね。
       |   l     , l  l ハ   / ∨ ィ'磷乏 ∨ ,イ |         典型的なのは「るるぶ」とかの旅行ガイド。
       |  ,イ  ,   ',|  l斗‐"∨     弋zタ, とつレ'|         あれをJTBの出版局で全部やったらパンクしちゃうし。
       | / .| ハ  、 、 . lィ´磷乏       ̄  |/  |         あと、コーエーのゲーム攻略本とかもほぼ外注だしね。
       |./  |./ ヽ ヽ ヽ|ヽ 弋z歹   `      イ i  l
       |'   .|'   ヽ、イfとつ  ̄      _  / l .l  l         しかもその編集プロダクションは、
       |       / | | ヘ ヽ 、_    ´ ,イ   l ]  |         記事書かせるのをライターに外注したり、
       |     /  .| |  ヽ __> ̄ ̄ ´ ト、,,_| /}_l         校正を外注校正者にお願いしていたりするしね。
       |   /    .| ,rヽ  f´/  }     ' ` ソ ノ,  `ヽ
      ,'   /     /  l .∨         // }    i      実際に誌面作るとか記事書くとかしたいなら、
      | /      ,'   〈   \      /    イ    〉     「末端」で働かなきゃいけないんだけどね……
      /          .ト 、 、 >ュ  `}   <   /} / / 1      でも学生時代って、その「末端」が意外に見えなかったり。
    /            ,l   ヽ、| `二二,     >='´ } /   l
.   /,       , < .|    〉 >、_ .|    〉   / {    |
  `ヽ\  _z<_  ヾ    /  `>、_≦z、__,イ-‐ '´    ヽ.  |
     `´      `ヽ|  ,'  / /     _           } |
              , イ  {  ./ / ) ,'_'ゝ / /))       ノ |
       ヾz --―_´, イ|  ヽ   ' ヽ-' / /)) ..v    イ   |
          ̄ ̄   .|    小     ゚ ヽノ / /`/´`' ./|   .l
                   |    i         ` 丶-' /.)l   .l

245 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:45:06 ID:GUUjusuo

                  / ̄>-‐───-     ____
                 /   ´  /     ⌒\    \_  \
              〈/   /        \   ∨    ヽ
                /                ヽ  / |       |
            /   /    /           ∨ /|       |
              /   /    /              |V/|       |
          /     |   |      |       | ∨      |     さらに「編集者になれば本が書ける!」とか、
            |  |  |   | |│   / /人 |    | |      |     思いこんでる人多かったりするんだけど、
            |  |  |   L人|   / /  V|    | |      |     編集者から作家になったケースはかなり限られてる。
            |人|  |   |rヲ示  /∨ rテ示|   / ′\   |     むしろノンフィクションなら、
            \| ⊂⊃ヒり ∨     トrり/ / /    丶 /     大学の先生とかポッと出のカツマーみたいな人とかのほうが、
              |  八   '       ー⊂⊃ /       V      出版できる可能性が高いと思うし、
              | / 个    rュ     J   / /⌒ 、    |      小説なら、やはり賞取れるまで書き続けないと……って感じだし。
             ∨ │ />r─r一   / んヘ  \  |
               (\ | /  _|_ノ     / /__∧   \ 、     あと、本を読む人もこの業界には多いけど、
                (\ \/// ___/ /     ヽ   \\    「読む」と「作る」は大違いだし。
             (\\}/ //{____/               \
              /\ノ)厂厂 ̄{__ノ   _     、     ∨ \
            \/⌒て ノ    乙ノイ  //⌒>   \   }   \
             {             |___/ (   (>  _,ノ      〉
               、  \        ∨ /   \  \   ̄ ̄ ̄ ̄
              | 7     ー─    ∨     \  \_)\
              |/         \   〉        \ ___〉
              |    \     \/
                  〉      \      〈

246 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:45:20 ID:GUUjusuo

          /.:/    `ヽ
            l.:/       |
          !{   _ _ _      _
          , .-:'':":´: : : : : : `:`: :.':´:.ヽ. __
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヾ.: :`:丶、
     ,  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : :i:::.ヽ``丶:.、
     ,'           . . . . /: : ::i::. : i:::::::`、   ``
      i. . . . . . . : : : : : : : : : : : :./: : : ::!:: :.i !:::::::::゙:.
      !: : : : : : : : : : : : : : : : : :./; : : .::i:::: ,|:.|::i、:::::::i
      !: : : : : : : : : : : : : : : : :.//: : : :/::::/:|:|:::!`、:::::!
     i: : : : : : : |: : : : : : : : :/イ : : :.イ::::/i::l;!::j  ヾ::!
.     l: :: : : : : :|: : : : : : : :/'┤: :./ !:;イ:ハ:リ::l   `:!
      !:.:: : : : : :j: : : : : : :/'{. !: ; ':.!j/ |/ !:/
      l ::: : : : : :j: : : : : : :.:: |7イ: : |  ,!  !'         なんか、夢も希望もない話のような……
.     l:.::: : : : : :.|: : : : : : .:: |'_!|: : :|‐'′
     j: ::: : : : : :.!: : : : : : ::: !/7 ヾ:|
      i: :::: : : : : :|: : : : : : ::::.|/ /´`:!
     ,!:.::::: : : :.|: l: : : : : : :::::l' /  `、
     !.:::::::: : : l: :!: : : :.: : :::::l /    i
    j ::::::::: : :.i.:.l.: : : :.: .:::::::l l    |

247 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:45:33 ID:GUUjusuo

           . : ´ `ヽ ,    =  、≠⌒メ、
         〃    У          `ヽ \
         /       !         ヾ   ヾ′
         ,'      l  /
          ,        l} 〃          !     i
          !      l} .〃 / 〃      リ    ヽ  !            そんなことないと思うよー
       |     l} 〃 / l|  ハ リ  ,イ、 ヾ  i| !
        |      , =! l| ハ リ ゾ /リ ヽ ) l| l            やっぱり本好きには楽しい仕事だと思うし。
        il       ハ ! 从./ィ云沁/  _,,,,_)ソ  l| !            出版の企画立てて、作者依頼して、
        il       !ハ ! {l .っl廴ノ    { 刀`从 / !            原稿のやり取りして、本が形になって……
        l}      ,! ヾ {l、         ¨とつ ハリ            名前が表に出るのはあくまでも著者で、
        il    メ|  〉 {l    辷ン  イ l}  /              そういう意味じゃ編集者は裏方だろうけど、
          ,'    ,== 〈  ゝ、`  = ≦、 l} l} レ′              やはり自分がここまで関わった本が形になれば、
       l}    / ⌒ヽ.八  \ (_::>=ゝl} l}     __==‐‐、      とんでもなくうれしいんじゃないかと思うよ。
       l}.   /   ./ __>  .)   ./ 彡イ.    /    ミ ‘,
      l} ハ /    y_ ヾ.  /`ヽ/  \ヽ   / ゝ ヾ\ヾ,ソ
      l} 〈::V   〃ゝ::人  (   "     )ソヽ /  /\ソ (ン
     l} 〈 V   / ヽ.¨  \ ヽ       ´ ソ/  /
     リ  V   /   !     )ソ     ソ    l   /
     /   ヾ   ヽ  |   乂          /   /
     / / \    \ |    ` ー  ―'― ‐ 1 __/
.   /〃      \   └‐‐-----------‐‐,┘
    ソ       \  釗           {

248 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:45:48 ID:GUUjusuo

        , '  `>x   ‐‐  <⌒`ヽ
          /     . : ´         `: 、   \
       ,    /    〃        \  '
       !   〃            ヾ    i
       !   {l    |l  :i    l| )     ‘,|
       i!  {l  リハ iハ iト、 リ /∧   :l} |
       i!  {l゙ Υ,r=≠. ソ i ィ≠ミ ソ.  /.メ         あと、出版の一部に専業的に携わる人たち……
       i!   八从弋zラ.    vツ/从/ン′i         例えばライターさんやDTPのオペレーターさん、
        i!     ヾ ゙゙     '    ゙∧ l}   i!         校正さんとかもまた、
       !!    :l}ハヽ  ` ´ , ' |!i:l}    i!         本が形になったとき、仕事が全うしたと思うしね。
       !!    :トソ. }.≧- ≦、=ー‐! l}、  i!
       !i /   {lハ/   ,  〉ハ.〃 l}‘,メ、         校正の場合は本が店頭に並んで、
       !i ,'  , '´{ミ>\     / 彡イィ´_⊥  \       かつそれに訂正が入らないことらしいけどw
        У | {l_彡'ハ   /  \ ニミ/ハ    \
     /   _|,,..∧  7_ \//⌒ ソ/マハ.    \
    /     ゙l/イ ` ー ´  @        ∧ハ    ツ
   ヾ   x<、|'八      =.〉\ヾ ー ヾ//∧ x ≦
      ` ^ソ/.|//心ー ‐=´ /   ', \  V//へ ゞ
       /  !////∧   l|    l}  __   \//∧
            l}'//~~´ ヽ l|.    lレ´ |`¨ ' ‐'//∧
          ,'//≧.x   ,|        ハ__/V///∧
           ///////`¨ '´     i    ',   V/////7、、
        //// ン            ‘,  V/////ノノ

249 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:46:01 ID:GUUjusuo

   /    : :./: : : : : : : : : : l: : : : : : ',: : : : : : : : : : :   \-、  \
   /. .     /  : : : : : : : ,: : :!: : : : : : :}: : : 、: : : :、  、  ヽ `ヽ、: :ヽ
  ,: : : : :  /: : : . . . . . . ../:.:./|: : : : : : :.!,: : : :',: : : :、: : : 、: : : :\   ` \
  !: : : : : :/: : : : : : : : : :,/:-/、|: : : : : :l: |ヽ: : : l: : : : ,: : : :',: : : : : ',
  .i: : :. : :./: : : :l: : : : :´:/: :/  !: : : : :,イ:.| ´`ヽ!: : : :.}: : : : ト、: : : :‘,
  l: : : :.:./: : : : l: : : : : /:/.  !: : : :.:/|: |  }:.:.|: : : : |: : : : :} \: : :.
  |: : :.:./: : : :.,イ: : : : /´     |: : : :/ !:|  ',: :|: : : : |: l: : : |   ヽ: :.
  |: : : :{: : :/:.|: : : :/       !: : :/   |}   }: |: : : :/: i: : : l    ∨
  ',: : :/l: :/:.:.:.:|: : :/      |: :./   |_   l:/!: : /: :/: : :,'
  ,: : { l:/,: : :.:|: :/ 三三三'  l: :/   三三三 ' |: :/: :イ: : :/     なんとなくわかったよ。
  }: : :ヽ、.',: : :|:/: ',      |:/        ・!}:/: :./|: :./
  |: : : : : : ',: :l/: :∧      '           j:/l: :/ _!:/       出版業界は本が好きじゃないととつまらないけど、
  |: : : : : :.∧: : : : ∧   {`¨ ´ ,ー'   _ , イ: :.|// }       本が好きな人ならとんでもなく面白い、と。
  |: : : : : : : :.ヽ: : : : :.> 、_ゝ- '´_,.. . < l: : : : :l /  /
  |: : : |: : : : : : \: : : : :、  ト、 ̄ ヽ:/ !: : : :/ l  ,.- 、
  |: : : |: : : :.:./`ヽ\: : : :ヽ、  \ヽ } 、 |:(⌒ヽl /    ヽ
  |: : : |: : : : {、    \: : : :∨、 ヽ l ヽl: /ヽ. (     }
  |: : : |: : : : | `ヽ \ \: : l ヽ、_!l   !/、 ヽ、 ー- ' ノ

250 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:46:20 ID:GUUjusuo
                    _
             > - 、  . : ´           `: 、`ヽ / `ヽ
             . : ´        `ヽ   \ ヽ.    \
          〃   〃       /      ヽ   ',  ',.     ,
          〃  .〃        {   ハ:    :    ',  ',       i
        八  〃   /   :|    ハ:   :} ヽ ',
         ゝ{l / 〃   :ト    ハ:   :|  !| )、 ハ    i|
          |   |l i  |l ハ  ト、 ヽ  ハ:  :|  !| / }i l|    l|      その辺は、図書館司書や書店勤め、
          |   |l i  i、 | ii l )  \ l∧ !  i|/  |レルハ.   l|      あとは私のような文学の研究者とかも、
          |   l  、  ヽ厂i厂_/     リ i刀 ̄リ゙i  |  /∧   l|      そーかもしれないけどね。
         {   l   :ト、从. ィ弌心       イ弌心 :!  | /:::::i  l|
        ト   人   i! ハ. V::::リ        v::::リ .:!  :l〃:::::l!   l|     ま、就職って一生のことだから、
        |     (  ハ ∧ ¨          ¨  :|  :l/:::::::::li   l|     企業のネームバリューや、なんとなくの感覚じゃなく、
        |   .::::)./ルヘ.し     _゙  _    从 :l}:::::::::::リ   l|     ちゃんと調べてから応募する必要があるんじゃないかな?
        |l:  .:::/ i!::::::::V >.   V⌒/   イ /  l}:::::::::::    l|
         ハ: :::/ {ヽ::::::|   厶> _ ....:::::   /  :l} |::::::::    l|     そういう意味じゃ、今回の岩波の条件のことは、
       | ',:::〈、 ・ \|    __ }  ...:::::::::{.__/  ./ l ::    :リ     いろいろ考えるきっかけになるんじゃないかな?
       |  ',::::〉 .从  `ー=彡"     ー=彡イ_{ _:::..   リ ∧
            ∨   ,,ゝ = =イ ハ      |ハ     ヽ / / l
        ',  〉 .:"      / :|      ...:::. Vハ       V /   l
        ',  、|      ./ i|         Vハ.     v  〉|
            ',   |   ', /   |          l ハ      ', / !
          ゝ、|    У   :|         |: ハ\    ∨ /:|
               |__ //   l|            |l ‘,\   ∨ /
           i´ / ./    八          .ノ  .‘, .\─‐┐
          }/  ./     ゝ、 _  .i _./     ::::::. \
         / 〃{l       ':. `'''''´/      ::::::::::::::.. ̄ヽ
                                                  【番外編・岩波書店の定期雇用の話・完】

251 ◆KcxXifcWsc:2012/02/03(金) 22:46:40 ID:GUUjusuo
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

252読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 22:58:54 ID:9BcpIlQ6
乙です
出版志望なので割と身にしみるお話でした。
某週刊誌の人が「雑誌なんて3kだから若い子誰もこないんだよねー」って言ってたが、覚悟するか・・・

253読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 23:06:07 ID:ZR/bk5MU
学生時代の将来に向けた努力の否定と言う意味では、無能に優しい社会の歓迎なのかしら?>コネの否定
むしろそういう意味では、コネを重視しない会社ほど怪しいって視点もできるわけだ。チェスタトン的な逆説だが

254読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 23:17:31 ID:nnRRIghk
乙でした!
外注校正者・所謂「外校」をやっています。
やはり関わった本が書店に並ぶのは嬉しいですね。
進行中はデスマ万歳なことも多いですがw
好きでなければやっていられない、だからこそコネでもなんでも
なりふり構わずアプローチするだけの熱意ある人材が欲しい、
そういうことなんでしょうかね。

255読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 23:47:42 ID:2esRZ6d6
乙でした。

出版、とりわけ雑誌は斜陽産業というか日没寸前産業だからなぁ。
IT系の雑誌とか軒並みWEB化してるし。
そういう意味で岩波が未だに新卒採ってるのがちょっと不思議。
あと、海外だと新卒、既卒とも紹介状ないと門前払いだそうで。

256読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 04:03:00 ID:5t0PbtwM
いわゆる書痴は果たして向いているのかしら?

257読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 14:08:10 ID:7Swm40LQ
乙であります

258読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 15:09:59 ID:jkP76yjE
乙、昼のワイドショーか何かで
「紹介状を取るまでが一次選考ともいえる」
とか言ってたけど

> 「岩波書店著者の紹介状」なんて要件、
>誰だってこなせちゃうよ、こんなの。
>だって、コレに応募する人たちって、大学新卒っしょ?
>どこの大学にだって、岩波での執筆経験のある教授、
>何人かいるはずだもん。

ここ踏まえれば楽な選考とも言えるなあ


しかしこの国の出版業界はこの後どういう方向に向かっていくのだろうか
電子書籍も結局は一時的な狂騒に終わった感がするし

259読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 15:49:17 ID:5t0PbtwM
数千人が応募するのが、数百人に減るだけで
どっちにしろ数人しかとらないわな

260読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 12:59:27 ID:IHjv8o9Q
>>232
学生が勉強しないのは、現在の就活が文系の学生に勉強よりも
リア充な体験から得られるコミュニケーション能力(笑)を求めているせいでもあるような気がしますがね。
さらにいえば大学が学問の府ではなく、単に卒業証書という紙切れを売る悪徳商法であることが、
学生、大学、企業を含む社会全体に都合がいいという問題に行きついてしまう点に行ってしまうと感じています。

僕はWの大学出身ですが、真面目に授業出てて貴重な4年間損したと思ってます。
単位なんか答案用紙に思いつきの作文書けばもらえますし、
本当に勉強したいなら講義なんか聞くより自分で本読んだ方がよっぽどマシです。
まあ、あの大学でみんなが講義に出たらキャンパスがパンクしちゃいますから、
学生に授業に来られたら大学が困るのだと卒業直前に気がつきましたw
まとまらない長文すみません。

261読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 17:45:42 ID:Hb1ajcBE
岩波は昔は東大しか取らないって噂があったくらいだからなぁ。
時代も変わるもんだと思ったけどなぁ。

262読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/07(火) 08:52:09 ID:DhE0CCs.
三文ライターだから編集さんや編プロさんには頭上がらないわ…感謝しかない
しかし何時寝てるのか心配になるよ、若い女性でも24時間対応だもん

263読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/07(火) 15:06:03 ID:6kcFLVEo
岩波は採用条件変えるよりも
さっさとデリダ・フーコー・ハーバーマスといったあたりを岩波文庫で出してほしい
ここいらを出さないってのはさすがに怠慢でしょう
・・・とはいうもののドゥルース&ガタリを河出に取られたあたり
版権買う金もないのかなあ・・・

264 ◆KcxXifcWsc:2012/02/09(木) 20:21:52 ID:CftwXy96
>>263
              -─-
             /       `ヽ
            /:.           ..:::::ヽ
        ,'::::..         ..::::::: .::.
         l:::..    ...:::::_,.. -‐、   ::.
          | ,. -─ェャ--fュxィェァミ、r>==y⌒',
       __K.≦そ為  弋`ー=-ヌ、 {r'^i }
        {r、ヽ,, __,. ,     ミ¨¨ ゙`` |ミi l |
.         } f i'  /`ャ,ァ=ア´ ヽヽ  小r'.ノ      呼んだか?
          ヽ!イ { 、__,.,_,.rr=rャ豸 } .:: .:lー'
         ーtバ'弋_ェェェェェァ'  l: .;::.:|
           ヽ冫  =- ‐   / :/::/r「ヽ-、
           \ヾ, ,.....,......,.ィ,:ノ:::/ トr'三ヽ、______
  /三三三三三三| ヽ二二二.// //三三三\三
. /三三三三三三三|\≧::::::::: < / /三三三三/_三
/三三三三三三三:ノ/ィ<辻川||\_/三三三三三/三


まさかフーコーのAAとかあるとは思わなかったw

ちなみに「西洋哲学のちょっとした裏話」なんぞやるとしたら、
フーコー役はこの人だったんだろうなあ……








            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i .        i
           | .,,_   _,.|
          i  "゚'` {"゚`lリ     や ら な い か
             i   ,__''_  !
          /i l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

265読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/09(木) 20:44:23 ID:6U6vuf0Q
どっちのAAもいろんな意味で噴いたwwww

266読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/11(土) 01:40:55 ID:pe7rcMCU
>>260
Wの大学の人ってなんでいっつも「Wの大学出身です」って言うのん?誰も聞いてないのに

267 ◆KcxXifcWsc:2012/02/11(土) 02:32:47 ID:IB8bNPpE
独り言。


「やる夫でわかる住民投票制度」ってのでも作ろうかな……

さすがにあの「都民投票」条例の署名集め、酷すぎるわ、ホント。

268読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/11(土) 10:04:09 ID:L9g1koaA
>>266
田舎の人にとってはブランドだから
Wの人というだけで、人より偉くなった気になれるから
実際Wの人というだけでちやほやされると思ってるから
そして>>266が本当にWの人かどうか確かめようがないから

269読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/11(土) 10:11:44 ID:WKvVIIho
おいらっち早稲田なんやけど〜を思い出しますな

270 ◆KcxXifcWsc:2012/02/11(土) 23:32:31 ID:IB8bNPpE
単なる雑談。

           −−v−−
       /三三人三三 \ /)/)
      /  /     \   ノ 00
     / /        \(つ ノ
     | /          |\ \  いってみヨーカドー
     | |  二    二   |⌒\ \
     | ゝ( ●)   (< )  6 )| |> )
     ノ  |          | b / ./
     ( ( ヽ  (__人__)  //\/ 
    )) ) (ヽ、     /   /| |
    (( ((  | ``ー‐'' ´    |  | |
   ( )) )) ゝ ノ        |

板野友美のAAって、やる夫女装かギャル実別バージョンで使えそうな気がする。

271読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/11(土) 23:35:27 ID:D0EyVH5I
たしかにwww

272読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/12(日) 00:09:21 ID:I4Wy3d1A
>>263
現代文庫の方でフーコーとハーバーマスは出ているけど
主著と言えるのはすべて他社に版権取られてますね
ちくま・河出・講談社の学術系文庫の方が頑張ってるかな

273読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 18:30:42 ID:oftZaw7.
岩波文庫はドイツ観念論からヘーゲル左派・新カント派を経て
現象学・解釈学・実存哲学にいたる「王道」を充実させよと言いたい

274読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 19:36:41 ID:Hqag6jKQ
ホイットニー・ヒューストンが死んだニュースをきいて、やらない夫の「ドライヴイン・シアター」という短編を思い出したのはおれだけ?

275 ◆KcxXifcWsc:2012/02/13(月) 21:27:41 ID:z2Htoqtc
                />'´ ̄      `ヾ\
              // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                 // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
              /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   i
           //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  i
             ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  i
          〃/ i ハハ 圷 ?    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  i       …………あれ?
.         〃./ i i  '. *( ●)′ (●)*ノ| lソ//iヘ ヽ i
          |l l  i/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§.// i ヘ.  i       ttp://news.nicovideo.jp/watch/nw195580
          |l |. /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§//.  i ヘ ヘ
          |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ ヘ
          |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
          八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  ∨ ハ ヘ
         ∨ ̄ ̄ヽ:.:{二}::::/ £ /:::::::/ [二二二.] }ヾ∧ l|
       /| ┏┓ |:.|ソ:::/  /::::::::::::::| γ └‐=ミ / /ヽ| l|
     メルメル | ┃┃ |/|:///::::::::::::::::::::|  {    | ノソ/ /  | l|
  メルメル   | ┗┛。| | //:::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ   |  / /  | l|
        l|{| iO i  l i(/:::::The:::Bitch:::::::ヽ    | / /   | l|
        ヽλi´ ̄ ̄ q ::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、.}  | l |    / //
       /ヽ  ̄i |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /   | //

276 ◆KcxXifcWsc:2012/02/13(月) 21:27:55 ID:z2Htoqtc

    /    | ハ  \ `    ヾ  /  |i      |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ ::.:.ト、 /∨     !
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソヽ,'  :.  リ   |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  廴丿ヽ     |
  レl  |ヽ`z'ヒ十个ヽ\ヽl L__,, ルl / l ∧   l          私が岩波の件で言ったこと、
  |ハ ハヘヾィ_ー一  ヾ   釗  リ`}イ/ イノ :.ヽ |
   ∨、ルヽヘリ  ゞ丿     `‐'とつ/ |      ハ l         もしかしてひろゆきにパクられた?
     マlヾ| |とつ             /} | ヽ      l
    ヾ ' .l ハ、    、¬   , イ イ ハ   \  ∧
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      ,′/≧ュ、__|_|_,イ.   |__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ

277 ◆KcxXifcWsc:2012/02/13(月) 21:28:14 ID:z2Htoqtc

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| 釗! i     .
        鄯  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i
        |  │    |i  |i 八   ′?刋::}ハ ∨  i| |
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |          ま、偶然よね。グーゼン。
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}
     /        {_: :人   \         人: : /|
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |
       ー一     \│  .′              : : ; 釗
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡釗 人: :                : : イ   |
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |

278読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 21:45:21 ID:vM18dMlE
似たような意見を持つ人は少ないと思うお

279読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 21:45:36 ID:vM18dMlE
じゃなかった、少なくないと思うだ

280読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 21:59:40 ID:G3tLVXJc
というか、ちゃんとひろゆきが意味するところを理解できてたってだけでしょ
わざわざパクリ扱いせんでも

281読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 22:57:18 ID:seZYazYc
本の虫の自意識過剰よくないw

282読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 12:07:34 ID:b6xIXiCk
1さん、だんだん自制が効かなくなってませんかね。
ちょっと前から存命の人物こき下ろしたりとか散見されるし。
いくら小さな界隈といっても気をつけた方がよいと思いますが。

283読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 12:32:26 ID:aJ7oBsns
今日は寒いなぁ……チョコレートでも食べたいなぁ……
だが今日買うと負けた気がするから意地でも買わぬ……

284 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:08:40 ID:HXudW7h.
いろいろ思うところがあって、初心に帰りまして。

それでは、現代文学のちょっとした裏話。

285 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:08:54 ID:HXudW7h.
【小説の神様その1・志賀と「山脈」】

             _,..―=―=..、__
          ...ィ7'´|//ヽ|/.`ヽ ーー、_
            //  // //    /|/`ヽ
       /// /ノ/ /     /ヽ|/ |/ヽ
      //  // // // /|// /|/ // .l  ヘ
      .// /// / /|/.// /// /|/ // .lヽ .ヽ
     llノ//|. / / // // // /|/|/ | } l ヘハ
      {/ /// / /|/N/  / .// /|/ // .l lヽ .ハ
     ',lノ//|. //  // // // /|/|/ |  } l ヘハ
      ',l`ヽ// /ノ/ / / . _,,,≠-‐N/.l |ヽ ./
      ',N,r、///ーtュテ、/// / ,-‐tュチ|/|//} |/             志賀直哉のような文章を書いてみたいが……
       ',l{ ハヘ' ` ¨´|/´ i´  ` ¨´/|//l/               なかなか上手く書けないものだ。
        ハ、_ハ\       |        /l/
         >、 ヘ,         | ,      /ノ 、                どうしたら、あのような文章を書けるのだろうか?
      / ',lヘ|'\.               イl/'  \
      /    .',l/l,. \.  ´ ̄`   /|/リ   ∧
    /       ',.}  ',, \     イ  .} }     ∧_
, r '´/        .',   .',,  `ー‐'     lヽノ     ∧`''ヽ
  /          ',   ',        / /       ∧   `'''ー-、
 ./             ',    ',         l          ∧     ハ

             【芥川龍之介】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「現代文学のちょっとした裏話」……というよりも、
 「近代文学のちょっとした裏話」といいたくなるような、そんな大正時代のある日のこと。

 文学青年芥川龍之介は、どのように書けば志賀直哉のような文章を書けるか、悩んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

286 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:09:10 ID:HXudW7h.

      ,_-_;:ニ二,:`ヽヽ._
   , :.゙´:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:,、:.:.:`l
.., ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:゙:.:|,:丶二ヽ
.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:l:.:r゙ー'´`ヽ',. ヽlヽ
´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:r ´!:.!      ヾ r.,', ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:l.  l:l      |.i/ |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ll  ゙、_......_,   iィ;!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ ゙ - ´  __   ー'丶
;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{    ‐''て;:!    `ー-,
.l:.:.:.:.:.:.:.:.r 、'.、     `´     /
.' ,:.:.:.:.:.:.:|  `'            )                r .      , -‐ ,
 ,.丶:.:.:.:l_.,-‐テ7ー-,     , -〈                 |  l    , ´ ,.  ´
=- ._ `ヾ´l l / ゞ_.l__      |                    ,′ ´`ヽ_/ , ´
   ` ヽ'., ! '       `ヽ  __ノ               , ' l/´`ヽ ヽ /
      ゝ、_        ヽ´                /  ,l ´`ヽ  j
        '.,¨ー .、__,..    ,'                  !  l__,l、  /
         ',  r'- 、   l              /〈 r ´   /
         !  |    `ー .l、            _/   ヽ   /

        【志賀直哉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 志賀直哉。
 このスレ的には、阿川弘之の文学の師、と言ったほうがいいかもしれない。

 簡潔な文章で、人間心理を深く掘り下げ、
 また、自分の視点・考え方という部分を肯定的に捉えた作風で有名であろう。

 そのような文体や視点などから、後の文士たちから「小説の神様」と呼ばれるようになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

287 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:09:27 ID:HXudW7h.

     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ      志賀さんの文章は、読んでいて気持ちいいです。
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/        いつか私も……あのような文章を書いてみたい!
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 簡潔で人の心理を深く掘り下げる小説……
 当時まだ駆け出しの文学青年だった芥川にとって、理想とする人物の一人だったのだろう。

 彼は、自分の師である人物に、このように尋ねたという。
 
 「私もいつか、あのような文章を書いてみたい。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

288 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:09:42 ID:HXudW7h.

                     r-、
          r-,          l l
          | .|          l l
            l l          l .l
            l l         / ./
          l ヽ  _ィ―‐t-v_' /
           ' ,  Y´ \_ヽ_く
            ソー'  /´ __二ニ>
            l_ィ┴' ̄・ .・ ヾヽ
           /___l ニ    人 ニ i _l        無理。
           /ー―l        _ノ´
          `ー--ト―ャー―''フl´
             /   、`,'a''´ ノ
            (    ヾミ   )
             `ーャ二ノー''´

              【夏目漱石】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 芥川の師……夏目漱石は、このように答えたという。

 「無理だね。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

289 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:10:25 ID:HXudW7h.

           / /                      _
          / │                     │ ヽ
         │  │                     │ ヘ
         │  .│                     │ │
         │  ヘ                      /  │
         │   \                    /   │
          ヽ     \ _,, --───-- ,_      /   /
           \    ∠  . .│     l `ヘ  /    /
            \/      │    │  \´     /
             /       .│     │    \   /
            /     ______      ゝ/
           / /─<゙´          `ヘ    │
          / /    `ー──────一゙\_│
         / /      ●       ●    ヘ.ヘ
        │.│   _                 │ヘ
        ││   ─      ●      _  ││         君にはああいう文章は書けないよ。
        ││         _人_     ─  .││
       / ヘ                      ││         無論、僕にも書けない。
   __│  /\                     / │
  ∠   \/   \_                /  │
 │          │  ̄──________/ ヽ   \  
   ̄\      /丶             │    \_∠ ̄\
     `ー── /   \   __     /\     ( )    )
          /     \/   \  /   ヘ      _/



                                            ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
                                           /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
                                          ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
                                       .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
                                         i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                                         |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
                                         !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
                                           ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
                どうしてでしょう?                 〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
                                       .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
                                       .      iー     / /```ヽ
                                              ゝ--rrf´ /   ,  ´\
                                                トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
                                                i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「君には、ああいう文章は書けないよ。無論、僕にも書けない。」

 漱石は芥川にそのように言ったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

290 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:10:41 ID:HXudW7h.

   |  |            ノ   /
   ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
    ヽ //   /    く  /
      / l     i′   ` イ
    _,レ┴─‐┴- 、_   ,」
    //`ー―――一'^ー、´ ヘ
   // ・    ・     L_ヘ           僕も君も、文章を「考えて」書くからだよ。
  ,l に  ・   ニ    |   ヘ
 ∠.人  _人_       ├‐ ''゙´ヘ         志賀君は文章を「書こうと思わず」に、
    > 、_        _人___ノ         「思うままに書いている」からああいう風に書けるんだ。
   /          `ヽ
 / ┌i⌒i⌒i⌒i_       \
./    l i i  i l )  l    |
    ヽ     /   l    j

                                  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                                   l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                  !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                    ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                                      !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
                                        ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          なるほど!                         ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                                         }ト.、   、 __ _ ,    /' !:://
                                          リl::l゛、           /  |/:/
                                      rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                     / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「文章を書こうと思わずに、思うままを書いているから、ああいう風に書けるんだろう。」
 「僕も君も考えて書くタイプだから、真似出来るはずがない。」

 漱石は芥川にこのように諭したという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

291 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:10:54 ID:HXudW7h.
             _..,,__,,....,,_
           "i`::::ヽノ::.;,..::`rヽ
         ../":|::、:/^:;;:::ヘ^:::::;:::ミ> て
         |.;;ミ|::/::/`"\:ヽ"イ::;ヽ て
         {:ミレ レ    、|/ 彡:::>
.            ({ ●    ● U }、:}          や、ヤバイ!
         ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃Yノ
.      /⌒ヽ_、ヽ、  ゝ._)     /⌒i          まったく書けなくなった……
       \ / ヽ>   __  ィj/  /
.         〈    ∠_{ _// ヘ._ ∧
         \      辷「´     ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、このような執筆スタイルだと、
 まったく考えてないのだから、何も思いつかなくなると、本当に何も書けなくなってしまう。

 実際、志賀は寡作の作家で、長編小説は「暗夜行路」のみ、
 しかも完結まで25年をかけて執筆しているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

292 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:11:18 ID:HXudW7h.

::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ
――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}
::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈
::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ
:::r ' |::!   |::|    U |::| }::ハ
::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|
/   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/
    "モテエ    ,'ェァ /
  J        、   {             ……というわけで、夏目さん、済まない。
         u     ヽ |
i            _ノ /             また書けなくなってしまった。
ヽ     ,  ____  /
 \    ` ー--- ' , '
   ヽ  u    ./
     ヽ __ノ

                                        |  |            ノ   /
                                        ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
                                         ヽ //   /    く  /
                                           / l     i′   ` イ
                                         _,レ┴─‐┴- 、_   ,」
                                         //`ー―――一'^ー、´ ヘ
                                        // ・    ・     L_ヘ
          ……まあ、しょうがないですね。          ,l に  ・   ニ    |   ヘ
                                      ∠.人  _人_       ├‐ ''゙´ヘ
                                         > 、_        _人___ノ
                                         〉 /⌒ヽ` ̄二 ̄,ヘ
                                         /_,ヽ鄯.ノイ´   / l
                                         〕 、) ̄_ノ、  /  ヘ
                                         ト--' └i ヽ_ノ     )
                                         |     ` ̄´   r '′
                                         丶、_     _,. - '′
                                           ` ̄ ̄´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなわけで、書けなくなるたびに、
 当時朝日新聞に所属していた夏目漱石に詫びを入れに行ったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

293 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:11:39 ID:HXudW7h.
【小説の神様その2・志賀と多喜二】

                                     |~|
                                      | .ヽ
                                  _  ノ  \    _
                                   |ヽ_/    \_//
                                 √_  ._     __.(
                                 ) (.ヽ´\  ./   ̄
                                 ⌒_   .\/
                                .ノし~|
                                |   |
                                <   ヽ
                                /    |
                                /    /
              ___.  ,.-ーー 、        /   _(
             / @  \ミ((`ソ")     _/   /
             |    @ ミd ゚∀゚)_   ._/   .|
             \@    >O,,_O<(_ ‐~     .|
               ̄ ̄ ̄ (_,,つ/        /
             _.-‐"~   "し'´         |
           _ /___ ,,__....._,...,_  ._      (~)./
         <" ~ し、_.ノヽ- \ ]  (`‐‐-´~U⌒.|,/
         ヽ,   く ~|._.-‐.v´| /
          /   /       ~
         ヽ∩/~
           ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 志賀直哉は引越し魔と呼ばれているくらい、引越しをするのが好きだった。
 その回数、なんと26回。

 比較的有名な住処としては、我孫子市や奈良市などが有名だろうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

294 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:12:01 ID:HXudW7h.

           oooooooo
        ooooooooooooo
       oooooooooooooooo
      oooooooooooooooooooo
     ooooo       。     o
     ooooo_,,..-‐-、    ィ-- 、o
     oooo  _,,..--、   _,,..--、|,
    i〃ヽo  -===-  .i:-===-|.l
    l ォ-、          i:     .i,
    ヽー         y     | l         ……スレ主、地獄に堕ちたいようですね。
     〉  ,      _     l |
    /:ヤ |キ     -,---,-   .l/、
   /::::::ヽ_| \     ̄   /:::::\
  /:::::::::::|  ヽ``丶、.___, -'" ヽ:::::::::"'--,_
, -'"::::::::::::|    ヤ_ ::::::::::::/   |::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::|     ∧ ヽ ̄ ̄\  .|:::::::::::::::<

      【奈良の大仏(本人)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 これは、志賀が奈良に住んでいたころ……
 昭和6年(1931年)の話である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

295 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:12:20 ID:HXudW7h.

         _ ____
      //: : : : : : : : : >、
     /: : {: : : : : : : : :/: : : :\
     ヽ-  ̄ ̄` ー-:: _: : : : : : :\
     /-―― -.__  ヽ : : : : : : :ヽ
    /.: .: .: .: .: .: .: .: .: ‐  \ : : : : : i
   /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ \ : : /
 ∠イ.: /.: .: .: .:/.: .: .fィ l.: . N_ヽ、j:/
  ル.: /.: イ.: .:/ .: ./ {i_l |.: .:l iソ !:〈
   |/ l.:/ .: /.: .: .l .: 〉 i.: .:l ` 从::!、              志賀先生……はじめまして。
     ソ.: .:l/.: .イ. /i l.: .!  _」 トv‐、‐-、
     /.: .: イ.: / Vリ l  V c┘ | イ { r→、          小林多喜二です。
    ル/l/l/l/::: ‐-ヽ_ /   l ヽ Ll_t }
    l::::::::::::: >    !  ゝ ‐ l
    「 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―┴――、 ヘ (  /
   /         /      l/ニニ= 、<
  イ         /       l    ヽ〈
 / l         l        l_   /
. 〔 l_ -―┬―¨ \  こ二ニ‐ニ〕  /
  ヽl      !     \      \/
   i|      l       \      〈
   l     l         \    \

       【小林多喜二】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その日……ある人物が志賀の元を訪れた。

 小林多喜二。
 「蟹工船」「党生活者」などの作品で有名な、プロレタリア小説の名手である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

296 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:12:36 ID:HXudW7h.
                       /
                      /  ____
                  ,、r=:l:レ´:::::::::::::\
                /:::::::::::|:l::::::::/ ̄:::::¬:、
                  /::::::::::::::::i::{;::::/::::::/: ̄::::::::`ヽ
               {::::;ヘ::;ヘ:ヾ∨:::ヘ:::::/ヘ:::::::::::i
                 ノ:〃"`!/'''""`゙゙``ヾ;!`ヾ!:::::::::ハ
              {::::リ  釗        |!   jミ::::::::::)
               )小´¨\    /丁¨` ミ:::::{
                 〈::::', r==、    ,、r=、  !::::::ハ
               )┤弋シ     弋リ  リー、/
               {`:|     }         ⌒}
               ヾ:',   〈         んノ             遠路はるばる……よく来た!
                  ヽ    __ ___,    /ソ
                  \   、     /リ
                   \     /  L
                 /「ヽ ヽ - ´   ノ ト、
                /::::::|   〉ー、  ┌''´  l:::::\
            _..,、.r::':/::::::::l  ∧ oヘ. ハ   l::::::::::ヘ:.、、
      _..,、.r::'::"´:::::::::::/::::::::::l /<ヽ_ ∨ ∧  l::::::::::::ヘ::::`ー:、.,_
   ,r::'::"´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::/::l_/´\γ;⌒;;/ヘ_/l::\:::::::ヘ:::::::::::::::::`::::..、
  ,'::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::/::::::::l     ';;;;;;;;7     l::::::::\/::::::::::::::::::::::::;::`,
  ,'::::::::::::::::l::::::::::::::::::::/:::::::::::::::l      〉ー〈     !:::::::::::::\:::::::::::::::::::::::i::::::',
 ,'::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::l     i;;;;;;;;;i    l::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;::::::::',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 志賀も、多喜二を快く迎え入れる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

297 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:12:54 ID:HXudW7h.

                  _ _ __
                 ,,<゙  ( )    釤゙> 、
              /       ′         彡 \
             /       /           彡∧
               /                  彡]
            {        礀             彡イ
            \      !        ,,≫彡彡|
                 {`ー-?⊥___,,?≪ .彡彡彡ヘ
                バ. ー ..__ ____ _彡 ,,イ  ノ八
              ノソへ       ,,/、ノイ ,か人
              厶ハ爪赱ケー-ァ'グf赱ジノソソリ八
               ヘ从    '     ,ノンノハ
                   j、   j)     从,人        先生には、数々の手紙でのご無礼、お許しください。
                  r リ丶  ー -‐   ,ク乂!ヘ
               {{ 'リ'ハ>..`_, イ゛/|リ  }}
                  ∨ ,/リ  | _√` ,,\ ク、
         ___,,?ー<゙V',人 /{_/ ゙} /〕,〈  \_
          /{       へミミY ,4  レ゙ ./  {     ヽ,,_
         { i         ヽミ |0 ー':/ /          >、
      ,,ノ  .}           ゙∧. {   //`           ィ,ノ
       _V  .i          ヘト0/         /,// }
     /  \!'Y             r゙イ    ,,.= 、  //   /
    /   ゙\}∧、_ _         i :|    {{ Y }} /\    ハ
  /    ソ  A   ?「 '' - i :| -  ,, ゙''_ '' _ 」   Y イ
/     / ン'゙ Y   |     i◎!     「  /|  /.  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実は小樽商高時代から多喜二は志賀に心酔し、何度か書簡を送っていた。
 またそれに対し、志賀も返事の書簡を送っていた。

 そういうわけで、書簡を通じては幾度となくやり取りをしていたのだが、
 直に対面するのは初めてであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

298 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:13:12 ID:HXudW7h.
             ,, ''
            r‐{!─--...、
          /:::::ヘ::::::,::'::::::\
             〉ヾr-rik ,:::::/::::〈
          〈::::/ メ、| `「∧:::::::}
             }┤ェァヽ ノ'"`}:::/             はははは、別に無礼ともどうとも思ってないよ。
          ヽ|   j  ⌒/ }              私のほうこそうれしかった。
            !  r===ァ /ノ
              ヘ. |   /ノ                それよりも、麻雀か将棋でも、
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、           打 た な い か 。
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


                                                  ,_____
                                                  /         ヽ,
                                                 ヾ           \
                                                 ⊆二二二二⊃o   /
              すみません。                       ∠,_____/ ̄ヾ,,_」
                                              〃_{ ノ レイノ`\ リ| l│|
              どっちもできないんです……        .         レ|l ●   ●  从6),ゝ
                                       .         ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃. /ノ
                                       .            /⌒l,、 __, イゞ
                                                 /  /:::| /:>:::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 志賀は、多喜二に麻雀か将棋をやらないかと誘ったようである。
 しかし多喜二は麻雀も将棋もできず、それを断った。

 当時、文壇の人々の遊びとして、麻雀か将棋は必須のものであったと言われている。
 それができなかった多喜二は、やはり文壇の枠から外れていたと言えようか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

299 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:13:27 ID:HXudW7h.

      _,,....,,_
   ,r‐:":.:.:ヽ!:.:`ヘ
  .r'ー--:.:._:.:.:.:.:.:.:|:`'i                  ,,______
  i:.:.:.:.:.:ィ-{:.!"´゛!:.}、:.lヽ                /          ヽ,
  }ニニ{l/__l/   |ノ__i:}                 ヾ             \
  l_:.:fリ  `'  '´  |                 ⊆二二二二二⊃o   /
 f Y   ̄  i  ̄ |                ∠,______/ ̄ヾ,,_」
 ヽ,_      〉   l                 〃 {_{\レイノ  /リ| l │ |
    }、   _   /                 レ!小l●    ● 从丿l、,ゝ
    | ヽ    /                   ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃.レ´ノ
  ,,rへ、_ ` 〔´__                 /⌒ヽ_ 'ヘ.   ゝ._)  .ノ/⌒i
/l :ヽ、 ゙7'r'Yヽ、゙ー、               \ /:::::ヽ>,、 __, イァ/  /
: : |: : : ヽ/、;:;;;}イ: :ヽ: \       .        /::::::::::´::::∠:::| /_{ヘ、__∧
.: :.>': : ヽ/::::| .l: :<: : ヽ             `ヽ::::::::::::::::::ヾ▼〃ヾ::::,,ノ'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まあそんなわけで、結局軽く酒を飲みながら、雑談をしていたようである。

 文学談義はほとんどなかったらしい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

300 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:13:49 ID:HXudW7h.

      ,_-_;:ニ二,:`ヽヽ._
   , :.゙´:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:,、:.:.:`l
.., ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:゙:.:|,:丶二ヽ
.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:l:.:r゙ー'´`ヽ',. ヽlヽ
´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:r ´!:.!::::::::::::::::ヾ r.,', ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:l.:::::l:l::::::::::::::::::::|.i/::|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::ll:::::::゙、_..:.:..._,:::::iィ;!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ::::゙ - ´:::::::__:::::::::::ー'丶
;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{::::::::::::::::::''て;:!::::::::::::`ー-,          多喜二君。
.l:.:.:.:.:.:.:.:.r 、'.、     `´     /
.' ,:.:.:.:.:.:.:|  `'            )          プロレタリア文学は「主人持ちの文学」だ。
 ,.丶:.:.:.:l_.,-‐テ7ー-,     , -〈
=- ._ `ヾ´l l / ゞ_.l__      |         君なら……主人なんて必要ない文学が書けるはずだよ。
   ` ヽ'., ! '       `ヽ  __ノ
      ゝ、_        ヽ´            君には、「人をうつ」力がある。
        '.,¨ー .、__,..    ,'
         ',  r'- 、   l
         !  |    `ー .l、



                                       `::ー---―‐¬''"フ彳/ハ
                                       _:::::::::::::::::::.:. .,ィキテ'//i^iハ、
                                       ゝ='フ¬メy'´.   ̄/イ/l,ノ ハ、
                                       `    ´ ´    ,//イj ヘ、
              ・ ・ ・ ・ ・ ・                  ゝ、   、._.,    /´/`
                                       ヾ、   ー--‐'  /i从`i
                                       `"`ヽ、 `~  ,. 'rr'"}ヾ; l
                                        ヾ" rー、 ̄ ./:l ./ソ' /、
                                       、__,!:、:l:  l゙i ./ |。'/ '> \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、書簡などを確認すると、
 どうやら志賀は「プロレタリア文学の党派性」についてだけは批判していたようだ。
 共産党の強い影響下にあることを指摘して「主人持ちの文学」と評している。

 おそらく多喜二と過ごす時間の中でも、このことは言っていたのではなかろうか。
 そしてそれに苦笑する多喜二がいたような気がしてならない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

301読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 23:13:55 ID:IIdb41ow
志賀直哉といえば、あの列車事故
あれ、別人だっけ?

302 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:14:07 ID:HXudW7h.
                                 -―(⌒)=‐- 、
                                 , ' ´   / T      丶
                          /   /   │        \
                             /    , ′     |           〉
                            \  〈      |        /
                              〉、  }     |        ,/
                          _∧ ` ー- .. __∠ __  -‐≦/
                         / ィ_〉__ ー-=ニ.´_ ..  -‐≦´
                            / /´ , -‐、〉    . イ
                            /    '´う´ ̄ ´
                       /     ./´
                        ノ     /
                       /    /
                       /    /         . -‐ゝ‐- .
                      /    /     、 __ .:':´: : : : : : : : : : : ヽ_
               /    /      `_フ: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              /    /         ´ 7.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
             /    /           /. : : : ZTメ: : : : :._: : : :./: : : l
            /  __/         イ: : : : :y'l:rヽ/: : : :. イ::`メl: : : : !
          〈   ´  \           厶ィ: : : l 弋ノ'´ !/ y'ir:ヽ j: : : :,′
          丶      \r‐、       |: : : |          弋ノノ: : : .′
                \     ,/   \      人: 从   、     イ: /´)
                \  ,/      ヽ‐ 、    l:ハ   、 _     ノィ-‐个       泊めていただき、ありがとうございました。
                `y′       Y´ ̄\  l:\        .イ: :.人「`
               /           / ヽノィ ノ` ー ≦〔:/`'´
                 /            /   「厂ノ _____〈>
              厶__         /     厶r ′/ 〉    │
                    `ヽ.  ∨.,     | / 厂 /     _」、
                    \、/     ノ-‐ ′ '-‐=≦´   >‐- 、
                    /    o           /      l
                       Y                       |
                    |                           ヽ|
                    |   o              |          ∧
                    |                  ,ゝY     /  l、
                     /!`             /`ヽ!  ′      ヽ
                 /│               /  /∨/ ′    〈
                   / ,!              /   /   〈 /         \
                     /  o         /   /    │     _..=-‐='
                 /               /   /      └=r ' ´ |'´
                   /               /   /         l   │
                 /                /   /l         |   │
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局夜遅くまで、そんな雑談を二人はしていたようである。

 多喜二は志賀の下に泊めてもらい、翌朝、旅立った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

303 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:14:32 ID:HXudW7h.

                  .. -‐O=- ._
                /  / T    ヽ
                  〈  〈    |      〉
                 `) ノ    |   _,,/
               /` ー-=≦.. _-=≧′
              〃´>.___. ィ´
              /  /´
              ノ  /
              / /      . -‐ゝ- .
.          / /   、__../::::::::::::::::::::::::ヽ
.          / /    `7::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        / _,/       イ:::::;ィiri.ィ::,ィz≠!:::::l
.       '、  \      イィ::i!!ゞ'' !' {r刈:::::メ
       \  У\   人从   '   イ:/´)゙
        \/   `Y´ ̄ >へ`_ー_ .ィ升ヘ!
            /    /  /「厂/__.. ィ、
        ム___  ∨ .  |r'´/〉  │
           \/  /./ '-‐≦´>=-、
            /   ゚      "    |
             |          i     ∧
             |  ゚       ゝY    ト、
             /!`       //∨ ′  〈
.            /        .//  〈/     ヽ
           /  ゚     ./ ./    Lr‐=≦-‐'′
          /         ./ 」     |   |
        」._      / /ゝ-[.       |   |
         [_  ̄〃 ‐-= ,‐-'i     |   !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、それが最初で最後の対面となる……

 1年半後の昭和8年(1933年)2月20日。
 小林多喜二、逮捕される。

 そして、翌21日……死亡が発表される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

304 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:14:49 ID:HXudW7h.

             ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ
            >ゝ\  l / / /      ヽ丶
            / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ
            ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、
            〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ
           /イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j
           / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉
            { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'
           ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//
                l     ヽ           ∧ /         ・ ・ ・ ・ ・ ・ な ん で だ !
                ヽ             / Y_
                 丶   rz=ニつ    ,イ  }八 __
                   \   ‐    /   /  〉 \
                    \    /    /  /   ヽ_
                     >ーく    /   /     | `ヽ
                     / /   ,ハ  /    /     |
                 , イ  1  { ’ 斤ヽ   ,/     |
              , -‐'´ /   :|  ∧ / ノ ∧ /      l
           /厂   /    |l ∧ ∨ ル'  y′      l
          / /     {   _/レヽ/゙ ̄¨ヽ//  ̄`ヽ、  /
          /  l    r'´ ̄  l  }_  / /      `く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 志賀直哉の下にその知らせが入ったのは、2月22日のことだった。

 「小林多喜二 一二月二十日(余の誕生日)に捕へられ死す、
  警官に殺されたるらし、実に不愉快、
  一度きり会はぬが自分は小林よりよき印象をうけ好きなりアンタンたる気持になる、
  不図彼等の意図ものになるべしといふ気する」

 同日の志賀の日記には、このように書かれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

305 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:15:09 ID:HXudW7h.
  ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,
 メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、
 {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}
. ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡
(∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ
//f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}
/ {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}
 `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡
  ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}
   、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}
   y           i   ヽ:;:;::リ
   <  ,         .ノ.    ヾルi
   `ゝ"       . /:;.:     >、|
    ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,
      ゝ    /:;::;:;       / ゝ、
   ,, -=^ヽー へ、        /    ヽ
 ,-""        ヽ     /       リ;,
イ            \  /          ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに2月24日、多喜二の母、せきにこのような手紙を送っている。

 「拝呈

 御令息御死去の趣き新聞にて承知誠に悲しく感じました。
 前途ある作家としても実に惜しく、又お会ひした事は一度でありますが人問として親しい感じを持って居ります。
 不自然なる御死去の様子を考えアンタンたる気持になりました。
 御面会の折にも同君帰られぬ夜などの場合貴女様御心配の事お話しあり、
 その事など憶ひ出し一層御心中察し申上げて居ります。
 同封のものにて御花お供へ頂きます。

 二月二四日。志賀直哉。

 小林おせき様。」

 なお、この手紙は、この後とある雑誌に発表されているが、
 「不自然なる」という言葉が消されていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

306 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:15:27 ID:HXudW7h.
【小説の神様その3・志賀と阿川家】

      ,_-_;:ニ二,:`ヽヽ._
   , :.゙´:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:,、:.:.:`l
.., ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:゙:.:|,:丶二ヽ
.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:l:.:r゙ー'´`ヽ',. ヽlヽ
´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:r ´!:.!      ヾ r.,', ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:l.  l:l      |.i/ |            小林君のこともあったしな……
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ll  ゙、_......_,   iィ;!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ ゙ - ´  __   ー'丶           よし、参加しよう。
;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{    ‐''て;:!    `ー-,
.l:.:.:.:.:.:.:.:.r 、'.、     `´     /
.' ,:.:.:.:.:.:.:|  `'            )                r .      , -‐ ,
 ,.丶:.:.:.:l_.,-‐テ7ー-,     , -〈                 |  l    , ´ ,.  ´
=- ._ `ヾ´l l / ゞ_.l__      |                    ,′ ´`ヽ_/ , ´
   ` ヽ'., ! '       `ヽ  __ノ               , ' l/´`ヽ ヽ /
      ゝ、_        ヽ´                /  ,l ´`ヽ  j
        '.,¨ー .、__,..    ,'                  !  l__,l、  /
         ',  r'- 、   l              /〈 r ´   /
         !  |    `ー .l、            _/   ヽ   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 志賀直哉は、白樺派作家としては珍しく、戦後の文学者の戦争責任の追及から外されていた。

 志賀自身、実のところ戦争賛美的なことも少しは言っていたのだが、その数が極めて少なかったこと、
 また、小林多喜二との関係や、戦後新日本文学会に参加したことなどが、
 戦争責任追及がなされなかったことの理由といえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

307 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:15:56 ID:HXudW7h.

  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::!
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l `
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|               志賀は戦争に協力しているだろうが!!!!!
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l     __
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ>r‐ 、      ついでに、私はあいつのことが嫌いだ!!!!!
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /

         【太宰治】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、太宰治などは志賀の戦争責任を糾弾している。

 ……まあ、元々太宰と志賀は仲が悪い(っていうか太宰は先達の作家の多くにケンカ売ってる)ので、
 その辺、腹いせとかそういうのもあったりするのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

308 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:16:15 ID:HXudW7h.

             ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ
            >ゝ\  l / / /      ヽ丶
            / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ
            ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、
            〃オ''l 「::::"゙`´:::::::!l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ
           /イ | _{ l::::::::::::::::、_リ/::::___,_:::::::ミ_>‐マ仆j
           / ハハ 下二ー、:::::::::::´仟歹 ’:::::::::::::::匁} 〉
           { l.  }∧tヘヒ弍 }:::::::::::´:::::::::::::::::::::::::r‐1イ'     共産党という党派に組み込まれるんなら、
           ヽ!  ゙ヽ',::::´:::::::ノ           、_//      俺は抜ける!
                l     ヽ           ∧ /
                ヽ             / Y_
                 丶   rz=ニつ    ,イ  }八 __
                   \   ‐    /   /  〉 \
                    \    /    /  /   ヽ_
                     >ーく    /   /     | `ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 話を志賀に戻す。

 そんなわけで新日本文学会に参加した志賀であるが、すぐ離脱してしまう。
 理由は、新日本文学会が共産党の党派活動に与してしまったからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

309 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:16:35 ID:HXudW7h.

                            ___
                      /___
                    r‐{{´:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:...、
                      /ヘ/ヘ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                   /イ: ://ヘムイ!,イ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                    | Vハ!   |:! !l' ミ:.:.:.:.:.:.:.i
                        }ヒゝ   _,リ__/  ミ:.:.:.:.:.:/     自民党はだらしがない。
                      ノ` ノ  弋ソ ` ヾ:.:.:.:/
                        i 「     ̄´  イこン      ……一度、共産党に政治をやらせてもいいのではないか?
                      _,ヘ. _       _フ
                _ .....:.:.:.:.:./:∧   `   ノイ!:ヘ:.`:.:.: - . . ._
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.iゝ-- <  l!:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:ヽ
           /:.`ヽ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l `r.、  ∧ l:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:',
              i:.:.:.:.:.:i:.::.:.:.:.:\:.:/!/ヾヽイ ハ/!`:.:く、.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:}
.            _j:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.iー:´:.:.:l `l::::::::l′ |:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./
            /ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l   V:::/   l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:./:.:.:./
.        /:.:.:.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l  l::::l    l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.j.:.:./
..     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i :/:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l.  l:::::l.   l:.:.:.:.:.,'___:/!:./
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:.l .:.:.:.:.l. l::::::l   l:.:.:.:.,':.:.__.:.:.:!/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな共産党の党派性を嫌っていた志賀であったが、
 一方で保守本流(まあいうなれば自民党)の政治がふがいないと見えたとき、
 よく「一度共産党に政治をやらせてみたらいい」と言っていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

310 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:16:55 ID:HXudW7h.
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>x
          , -‐ '′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:| :.;ハ.:.:∧ .::.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト、 .:. |.:.l | リ V .ト、 .:.:.:.:.:.ト、.:.: l
       ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V.:.? |/   V.| \.:.:.:.| \|
.     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: r‐∨─── ' |/ 、__ レヘ:|
     从.:.:.:.:.:., ┐:.:.:.:.:.:. イ .:.|  ' ̄じリ?   /_`,ハ/
       jイ.:.:.:.:/ -ミ.:.l.:.:.:.:.:.:| .: |  `ー‐'    j{ じ /.:.|
      |.:.:.:〈  (ヘ.:ト、 :.:.: ト、.:|          〈 ̄ レヘl
      ∨.:.:.\ ` リ、', .:.:| リ             \ |
         Vヘ.:.:.:ヽ __ ,ハ :|            ノノ       先生……先生は共産党の本質を知らないのでは?
            ?.:.:.:. ∧ V           '´ イ
         リ|.:.:.:.:.川\      /´ ̄ ア /レ        共産党は中国やシベリアでどのようなことをやっているか……
           ?.:.:.:,イ  \      ` ̄二'"/
           イ^V      `:...         /
.         __r┴- .__         ‐ァ-- '′
       /',、|      ̄ ¬‐- 、 ├- _
       /','、,',、\        /L |   礀
.     /`ヽ、','、,',、',\     / 礀`ー┐「  ̄ ̄ 7
  /','、,',、',、\','、,',、,'、\   /   ノ (`) 卜} =ニ 厶- .. __
<´','、,',、','、,',、',ハ','、,',、','、,',\/\ (    | |    /','、|','、,',、,\
','、,'ヽ、','、,',、','、,',|','、,',、','、,',/\. \    レ′  /','、,'|','、,',、','、,ト、

                【阿川弘之】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それを聞いて反論するのは、大体阿川弘之だったようだ。

 阿川は太平洋戦争の頃、中国で諜報活動をしており、
 中国共産党がどのような状況か、ある程度知っていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

311 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:17:15 ID:HXudW7h.

                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ:::::: /!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  (◎)     `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::! u         (◎),. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i  u   //|/  ヾ
              !Tヾ  u.  __j_      //ノ    さらに、松川や三鷹で機関車を転覆させ、
             ヤ. ヽ.     |゚д゚ ) |   ,.イ:/      国鉄の下山総裁をぶっ殺したのも共産党ですぞ!
              r<´|.  \   |( ゚д゚ | / |/
             !  `丶、.  \  ̄ ̄u/          アイツらは私の好きな鉄道を奪おうとしている!!!!
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに、実質田舎で隠遁生活をしていた志賀と違い、
 阿川は戦後混乱期に共産党がやった(とされる)いろいろな事件を知っていた。

 そういうことを知っていた阿川にとって、
 共産党による政権は絶対に許してはならないものであった。

 そう、共産が政権を奪えば、自分たちの自由がなくなってしまう……
 当時、反共的な考えを持っていた人たちは、そのような考え方を持っていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

312 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:17:30 ID:HXudW7h.
                                       て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
                                      ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
                                  ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
                                  "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
                                      ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
                     ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ.,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
                     ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
                     ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈      ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
                     ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ __          i|     .|i          _,,-':/:::}
                     :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
                     ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
                     /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/       ̄ ̄"..i|       .|i
      うるせー阿川、          "モテエ    ,'ェァ /           .i|        |i
                                 、   {           i|        |i
      静かにしろ!                   ヽ |           .i|   阿 川   .|i
                     i            _ノ /          , ‐、         |i
                     ヽ     ,  ____  /           __r‐<   !   ,,-、 、  |i
                      \    ` ー--- ' , '       i/ `ヽ \{   ノ::::i:::トiヽ、_.|i
                        ヽ       /      / ̄ \    `ヽ:::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
                          ヽ __ノ  ,,/^ヽ,-''.,ト--、        ` |;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのたびに志賀は癇癪を起こしたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

313 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:17:51 ID:HXudW7h.

 .l゙| |゙| .|゙'|     .l゙.゙l .,,     ,ri、                      l゙゙i、     | |
.|''"゙'''".゙'゙l.| |     .,l゙,l゙ .i、\    .| |            ,,,,,,,irr!'''゙l     ./.,l~     .| |
`゙l|.l,,,,| l゙|r"゙l=i、 .,r=`lirr=lヽ`i、   .| |       l''''~~`,, ,,r!''"    .,‐./      ,| ゙l .,r'''i、
 .l ,iiii、| '!i、.l!i、|  |,,,,,,,,,rrrllll'=,l゙   .| |       ゙l=''''゙|~,'"      ,l゙./`    .l''~, .,レ",r, |
 .l ''''".| .| | | |  ." .|゙'| .| | `    | |         l゙/       ,/.,"      !!'゙| .",i´ l゙.|
 .l l''''! | | .| |.| ,iiiiiiii! liiiii| liiiiiii、  .| |            | |       .l゙ |        / ./  .| |
.|~`゙~~ ゙~|.| | | | |,,,,,,,, ,,,,,,,, ,,,,,,,,|   | |            | |       ゙l,ヽ         ,i´ |  .|.|
.゙| || ||.||゙二,| | |    | | .| |     .| |    ,r、    | |        ヽ.ヽ     .l゙.,l| |  | | .r,
: | レl゙|.~.l゙l゙.|゙ | |   .| |  | |     .| l゙  .,r`,!    ゙l.゙i、          ヽ.ヽ   ././.| |  .| |.,l゙./
: | lll,,,,lll二,!_,l゙.|  .,,i´l゙  | |     │゙'rr!'".,i´     .ヽ.゙''''!i、      .゙l ゙i、   ゙r" | |  ゙l,.~.,/
          / ,/   ´  , '_ !-‐'''''''''''') ./l ../l     i ...l l
         r/ .l  ゙   '''’ _,,,-‐/ ̄.l/ .l ./ l     i  .l l
         .l.!         々' Vヽー--l/'‐、l /l   i  /ll
         l         /'''' ヽ   '..,,,___、l/./   ノ'l/ l'
        l         ./   !       '' /'/' ,/)ノ
        l        /   /          / ,//
        /       丿   亅         ./ /r'      志賀先生の癇癪、どうにかならんもんかな……
     / ̄ ̄ ̄''' ‐ ,_ /丶   ____        ./ /
   / ̄ ̄ ̄ ̄''' ‐ ,_ \. .l\ ”-ニ⊃    //r'\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、文壇において志賀の癇癪は有名であった。

 それも、あの癇癪に関しては逸話の多い、阿川弘之が辟易するレベルである。

 さすがに阿川も志賀の癇癪を怖がっていたようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

314 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:18:15 ID:HXudW7h.

                   ,, ''
                  r‐{!─--...、
                /:::::ヘ::::::,::'::::::\
                   〉ヾr-rik ,:::::/::::〈
               〈::::/ メ、| `「∧:::::::}
                    }┤ェァヽ ノ'"`}:::/
                ヽ|   j  ⌒/ }
                   !  r===ァ /ノ r‐,
            ____   ヘ. |   /ノ __ { (          おお、阿川の娘っ子か。かわいいな。
           |     | __j >=</{--、 〉-、
           |     |'´ /i{ _∧/:: {- 、 〉ー ヽ      よしよし凧を買ってやるぞ。
           |     |i /ヾi!彡ヘ:: / {-、 /!}..   }
          , ヘ    .レ { 7 / ヽ/  ¨「_〃::::::/
           / ´`}‐┬‐{ /7 /  /―ァ ゝ-:::::/
            |  ニ} i|  i!/ | / /fM | ::::::::::/
         ,|  r/ i|  !' i! / X    ノ ..::::::::/
           |ヽ /| i  |  レ' ./ ` ー ' :::::::::/
           |   ::::ヽ ', |  | ./  |    :::/
           |  ::::::::} ヘ. |  レ'    l     ..{
          ヽ ::::::|  `i  |     |     |
           \_ノ!  |  !    l    |
            | /  i!∨!    |     |
           //   |  |     |    |

315 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:18:26 ID:HXudW7h.

                                                        _.. -‐…‐- 、
                                                      /   /     }lト、
                                                      l{/ _/{ _ノ」_  }く|ハ.
                                                     八 /> <ノ ノ/^} }ヽ
                                                    ノ  从  フ  イ{{_,ノ {ゝ}- 、
                                                   ( _..>'⌒ヽ¬フ __ }  `メ、 }
                                                    ( o∞8し'_,ノ Y´ `'ー' }ノノ
                                                     /`Y⌒´_oっ_,人.っo∞%ノ
                                                    /   ゙^゚°
                                                   /
                                                  /
                                                /
                                              /
                                            /
                                          /
                                        /
                                      /
                                     /
           ,.. -───‐- 、              ./
         ,/:.:.:.:.:.:_,,. -─- 、:.:.:.`ヽ、           ./
        /:.:.:.:.:.:/ ___  \:.:.:、\_     . /
     r‐く、:/:.:.://´:|:.:.:.:、:.:.:.:`\|:.:.:.lく__{_.   . /
     く二ニ/:.:.:./:.:|:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ:.:ヽ\:.l:.:.ヾ`くニヽ、/
  r─‐ァ'´ /:.:.:.:.|:_/!|:.:.l|:.:.:.:.l:.:|、:.:.|:.:l:.|:.:.:.:|l∠   lヽ
  l/´!|>'|l:.:.:.:.l!:|`!|ヽ|ヽ:.:.:ト、!, く|l:.|:l:.:.:.:.ト、_`ヽ、Ll
.    / /|l:.:.:l:|,rf⌒ヽ! \l´ ィ⌒'ミ |:.:.i:.|:.:l|人  〉
   | ,イ:.:.l:.ハ、:ヽ仆、:::リ      ト、:::リ l:.:.|ノ:/)っ ∨ わ〜〜〜〜〜い!!!
   ∨|ハ:.|:.:.:.:|Tr‐っ'    ,   ー' /:.:.//'´
     l! ヽrーュi ⌒!、 t-r‐!  ,.ノ:.//      志賀のおじいちゃん、ありがとー♪
       / 〈l|L__人`ヽ`ー'イ |lィー'´
       `ー-=‐'`ヾ\_弋_フ/く
             「`ーく_乍_フ_ ト、_
            l /l |:| ヽゝ/ー、_)
             `ヘニLl ̄`
                 \入
                ヽノ
            【阿川佐和子】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、阿川の子供たちに対しては、例えば凧を買ってあげたりしたなど、
 ことのほか可愛がったといわれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【おしまい】

316 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:18:55 ID:HXudW7h.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

続きまして、ちょっと補足をば。

317 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:19:10 ID:HXudW7h.
【おまけ解説・漱石山脈について】

                     r-、
          r-,          l l
          | .|          l l
            l l          l .l
            l l         / ./
          l ヽ  _ィ―‐t-v_' /
           ' ,  Y´ \_ヽ_く
            ソー'  /´ __二ニ>
            l_ィ┴' ̄・ .・ ヾヽ
           /___l ニ    人 ニ i _l
           /ー―l        _ノ´     正直集まりすぎちゃって、迷惑なんだけど……
          `ー--ト―ャー―''フl´
             /   、`,'a''´ ノ
            (    ヾミ   )
             `ーャ二ノー''´

 「漱石山脈」というのは、俗に、夏目漱石を慕い、彼の家に集まっていた門下生や文士仲間のことを言います。

318 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:19:30 ID:HXudW7h.
                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/           いいことじゃないですか?
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              礀   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

例えば今回AAとしては初登場の芥川龍之介も、「漱石山脈」の一人です。

319 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:19:48 ID:HXudW7h.
          ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /:::::::::::::::::,i:::::::i、:::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./:::::::::::/i::::i .i:::::i ヾi、:::、::::::::::::::::::i
       i::::::::::::iヽi:_i  i::i  ヾi__ハ、::::::::::_:_::i___
        i::::::::/i〃k::iヽ`ヾ-i〃k:iヽレ'_,イ´_r‐-、ヽ
        i::::::i、i´i、.ー' ノ'⌒ヽ`ー_'ハ-<ム_ィ´``ー、
       .i´ヾi    ̄ __'_`__  ̄  `ヽ i '-'´`ヽ .i
         i.i -.i    レーー.、i      i/i  ヽ 、__  i      そんなことよりも、私は汽車に乗りたい!
         .ヽ '.i     |:::::::::::::i    /.入  i     i
          `i`i、.   !、,-:-、i    ハi´  ヽi    ヽ
          iイi `ヽ、 ヽ、__ノ  ィ´ `   ヽ_    ヽ、
         r'>i   `. 、 _.....イ/        ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
        /: ヾ       : . : . ハ       !    時 刻 表    .!
     _ ,.イ: : : :ヽ、      ムi、:ヽ       .!  ...     ...     !
   イ: : : :i: : : : : :ヽ、       .`i.i: :.`-、   |_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _..|
 /: : : : : : i: : : : : : :ヾ、___    i i: : : i: : `ーi: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . .i
/: : : : : : : : : ヽ : : : : : ヽ `ヽ r'´ i i: : : :i: : : :_i_ _: . : . : . : . : . : . : . : . : . :.i
: : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : ヽヽ、  .i .i: : : レ'´ __ `ヽ、 -------------┤
: : : : : : : : : : : :: :ヽ: : : : : : ヽヽ、 i i: : :i, /   ̄ヽ-'::i           !
: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : ヽ ヽ.i .i: :.{  _ノ´ ̄`〈i::::i           !
: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: : : : : : :ヽ、i .i: : i   _,. -、_ノi::::i _ _ _ _ _ _ _ _ _ _._|
: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : .ヽ、i /     ̄__.ノ i::::i : . : . : . : . : . : . :.i

            【内田百輭】

ほかにもこのスレに関わりそうな人としては、
内田百輭や中勘助、野上弥生子なんかは「漱石山脈」の人と言えます。

あと、寺田寅彦や鈴木三重吉あたりが作家としては有名なところでしょうか。

320 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:20:14 ID:HXudW7h.

     ∧,,∧
    ミ,,゚Д゚彡    この配役が俺って、スレ主安直に考えすぎだろ。
    (ミ   ミ)
     ミ ,,,, ⊃
     し'''

  【夏目房之介】

なおこれは余談ですが、
漫画家・コラムニストの夏目房之介氏は、漱石の孫に当たります。

あと、ある作家さんの奥さんも漱石の孫ですね。
池島信平絡みで出せたらいいんですが……

321 ◆KcxXifcWsc:2012/02/14(火) 23:21:20 ID:HXudW7h.
以上、補足でございました。

いろいろ思うところあって、久しぶりに本編を即興で作ってみました。
やはりこっちのほうが作っていた気持ちがいいものです。

322読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 23:24:39 ID:HvlPIrHA
なるほどフサギコw

323読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 01:48:41 ID:ZmNXoGhE

おれもこっちのほうがいいと思う
読んでいて楽しいし

>>304の「小林」は秀雄のほう?

324読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 12:16:58 ID:tJU55/D.
乙でした。自分もこの流れが好きで拝見してますので、嬉しい限りです。
房之介さんは「男女の仕方」で知りましたかねえ。

漱石は坊ちゃんの時代という漫画も面白いです。

325読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 18:11:29 ID:7Q0fIZSg
坊ちゃんの時代は確かに面白い
あれの啄木の描写は秀逸

326読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 00:34:49 ID:E7veI.BY
主義主張がてんでバラバラな人たちが、自然と漱石の下に
不思議と集った。そこが面白いですね♪

327読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 14:22:12 ID:439NGM.Q
細野不二彦さんのヤミの乱破って俺には阿川さんの臭いがするんだよなあ。
名前は出ないんですけどね。

328読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 17:37:57 ID:Hwb2LXy6
阿川の反論の締めにワロタ
まあ確かにそういやそうだがw

329 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:07:09 ID:muQfD5xo
小ネタ落とします。

330 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:07:50 ID:muQfD5xo
【なぜか東大に保存されている物】


 なぜか東京大学に保存されている物。

         ,、          _
      / l          ヽヽ
      ,′|          ヘ ヽ
      l  l           l ヘ
      |  l           l. l
      | ヘ              l  |
      ヘ  ヽ         /  j
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ
         j−'´ |  =   _人  ~ l 〉
        / ̄ ̄l         ノ´
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄
           `ー┐      l
            _」      つ
           ゝ───…  ̄
         /
      ⌒ヽ/
            【夏目漱石】

 ↑この人の脳と……

331 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:08:07 ID:muQfD5xo

 ∨> : : \\/::::/::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:.:.:.:. \/: : : <∨
  ∨> : : :.У::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:. ハ  \: : <∨
  ∨>: ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::l:.:.: l:.:.:.... `<∨
   ∨!;/::7::::/二ニニ=|==: ハ====ニllニl::.  ∨ヘ
   ∨ /:.:7:::::::7:::::::::: l:::::::|::| |:::::::.|::::::|::.:.:リ:::::!:::..  .|:::|
   / ∧ :{:.:.:.7 ::::::: /|:::::::|::|:. |::::::::|: |:从レ'!:::::|.:.:.:.:.. |:::|
   |:::/ ::::::::|.:.:ハ::::::: / .|:::::::j::|:. |l::::::il:::|:|ハ:::i|::V.:.:.:.:.:.: !:::|
   |:::{:::::::::::|.:.:ト::Nメ、 l::::::リ | |i川斗七~V:|/.:.:.:.:.:.:.:.l::::|
   |:::|:::::::::::::?リV ̄>-ト_.  -リvィチう寸.!:.:.:.:.:.:.:.:l::::|
   ∨!:::::::::::::::|ト/才たうァ、    ´V辷rリ ノ !:. |:.:.:. : l ::|
    ∨:::::::::::::::|∧_弋_ク'    ,    ー─'′|:: |::.:.:.:. |:::|       オイコラ、スレ主、
    ∨ ::::::::::::|    ̄´    l         |:: |::.:.:.:. |:::|
     ∨:!::::::::::ハ          , -‐v、    .l::::}::.:.:.:.:.l:::|       わっちを「コイツ」呼ばわりとはどういうことじゃ!
     |:::l::::::::::::∧     /    ハ  ./::V::::.::.:.:.:!::|
     |:::|::::::::::::|::!:\   /      .j/ :|::::リ:::::l.:.:.:..l::|
     |:::|::::::::::::|::l::::::`:>ト、     / Ll__j:イ.!:::::|.:.:.:.:|∧
     |:::|::::::::::::|::l:::::::::|:::_| ` ー '′ .| ̄7 .|:::: |::.:.:.:|::∧
     |:::|::::::::::::|::l:..;-フ/}       \∧:.|::::::l:.:.:.:.|::::∧
     |:::|::::::::::::|<´./ ,イ  ノ        ∧ .!:::: | :.:.:.|::::::∧

                【ハチ】

 ↑こいつの臓器。

332 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:08:23 ID:muQfD5xo

                     r-、
          r-,          l l
          | .|          l l
            l l          l .l
            l l         / ./
          l ヽ  _ィ―‐t-v_' /
           ' ,  Y´ \_ヽ_く
            ソー'  /´ __二ニ>
            l_ィ┴':::::::::::::::::::::ヾヽ
           /___l ニ ::::::::::人:::ニ i _l        すごく、ぽんぽんが痛いんですけど……
           /ー―l        _ノ´
          `ー--ト―ャー―''フl´
             /   、`,'a''´ ノ
            (    ヾミ   )
             `ーャ二ノー''´

 漱石の脳のほうから説明しますと、
 まず、長年、漱石は胃病を患っていました。
 初期は胃弱で、それが悪化して晩年は出血性の胃潰瘍になっていました。

333 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:08:44 ID:muQfD5xo

   |  |            ノ   /
   ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
    ヽ //   /    く  /
      / l     i′   ` イ
    _,レ┴─‐┴- 、_   ,」
    //`ー―――一'^ー、´ ヘ
   // ・    ・     L_ヘ
  ,l に  ・   ニ    |   ヘ
 ∠.人  _人_       ├‐ ''゙´ヘ        そんな私を苦しめた胃だから、
    > 、_        _人___ノ        今後の研究の役に立つと思うんだよね……
    〉 /⌒ヽ` ̄二 ̄,ヘ
    /_,ヽ鄯.ノイ´   / l             今後もこの病気で苦しむ人多いと思うし。
    〕 、) ̄_ノ、  /  ヘ
    ト--' └i ヽ_ノ     )
    |     ` ̄´   r '′
    丶、_     _,. - '′
      ` ̄ ̄´
そんなわけで、今後の医療のために、
生前から病理解剖と脳と胃の献体を行うよう遺言していたようです。

おそらく、自分を苦しめた胃と、医療が進んでいない脳の献体を行うことが、
一番いいことなのだと、彼は考えていたのかもしれません。

334 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:08:59 ID:muQfD5xo

         /            ,
         l..______,,... |
         | ────── '~ |
         || ━━ゝv━━ く  |
         || (○ )|  (○ ) ||´ヽ
         |i"´ ̄「 ̄ ̄`¨''ー|´) |
          |l   l       l´/
          |l   l       lノ|~      こ、これは……
          .l,,_l__ ,, li' |
           ヽ____/ /|、

死後、解剖して胃を取り出したとき、
その執刀医はあまりの状況に驚いたといいます。

漱石の胃の胃壁はぺらぺらで、普通では考えられないくらい薄かったそうです。

一方脳は、重さ1425グラムで、まあ一般的なものとのこと。

胃はその後どうしたのかは不明ですが、
脳に関しては、エタノール漬けにして、現在も東大医学部に保存されているそうです。

335 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:09:14 ID:muQfD5xo

                  ,、
                 ;ハ:\
        `ミ ̄::::`ヾ-‐─=ミヘ::::\_  ヾ、
         `ミ:::::/:::::::`´:::⌒`〈::::`、:ヽ
          ∨:::::/::::::::::丶::::::\:::}::::ヽ
          ,':::::/:/ !::::::ヽ:::::\:::::ヾ::::::::.
           l:::: |: |:::|:::|:::::l: :::|小::::::::::::::::|
           l:::: l:::|::|l:::|:|:::|::l::|::|:ハ::::::!:::::::!
           |::::丁トハ」ヘ土L|千 |:::::|:::::::|
           l::::: 代心   〃ラ心! :::|:::::::|
.           { |:::::!} ゞ''      ゞ''´|:::::|:::::::|
            ; l:::小// 〈   ////|:::::|:::::::|
           |:::::::V\ tーv)  ィ|:::::l-‐┴ 、            /:::|  /{
       (⌒): 〃⌒):l_::::::>r‐< ン|:::::|    l           /:::::::::レ'::::::::⌒7
          `7「 :::|   ′ / |:::::|    | }         ∧/:::::::::::::::::::::::::::::/
          │\::\      /::::/    ハ ;      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ1
          |  ヽ::::ヽ ヽ //::::/:     ,':::::.    , l∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.            _|__|::::::l  y′ l:::::|     /::::::::l   lヽj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         (こ     `ヽ|  {.   |:::::レベ ̄\:::::|   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

 一方、ハチ公の臓器の保存ですが、
 おそらく、フィラリアに感染した犬の臓器の標本が欲しかったのではないかと思います。

 実際、ハチは重度のフィラリアに罹患していました。

 ただ、剥製にされて国立科学博物館に保存されてもいるので、
 単にフィラリアの研究……って意味なのかは分からないところです。

 ちなみにこっちは農学部に保存されているとのこと。

336 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:10:17 ID:muQfD5xo
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

ちなみに、どっちも、いろいろと検索を駆使すると見ることができます。
もっとも学術的とはいえ完全にグロなので、あくまでも見るのは自己責任でお願いいたします。

337読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/18(土) 23:10:21 ID:6xpZ5xdo
確か娘の筆子さんが
「胃腸が弱いくせに甘いもの好きでしょっちゅう和菓子なんかを食べては顔を青くしていた」って書いてたな >漱石

338読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/18(土) 23:10:38 ID:6xpZ5xdo
おっと、乙でした

339読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/18(土) 23:11:30 ID:DQ4leWyQ
心臓にフィラリアが寄生していたんだよね。
ググれば写真付きの論文がネットで見つかるよ

340 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:15:25 ID:muQfD5xo
>>339
実は近年の研究だと、重度の癌に罹患してたってのも分かったようですね。>ハチ

マスコミが妙にそれを報じていたので、そんなにフィラリアという事実が嫌なのかな?って思いましたけど……
今でもフィラリアで死ぬ犬は多いわけで……
「やる夫は白い犬を拾ったようです」様とか見ると、その辺結構分かりますからね。
ttp://gnusoku.blog41.fc2.com/blog-entry-2207.html

341 ◆KcxXifcWsc:2012/02/18(土) 23:20:52 ID:muQfD5xo
>>837
         ,、          _
      / l          ヽヽ
      ,′|          ヘ ヽ
      l  l           l ヘ
      |  l           l. l
      | ヘ              l  |
      ヘ  ヽ         /  j       ジャム食べるよ
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨
         ヽ  l   .  二 --`ゝ                 ゙
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ                、
         j−'´ |  =   _人  ~ l 〉          。 ・゚・。゚  '
        / ̄ ̄l         ノ´    ,.-─‐・。・゚。゚・゚。゚・。、
         / ̄ ̄ ̄|      _.. ィ‐コ二二ヾ ー---------‐'' /
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄     \_____/
           `ー┐      l
            _」      つ
           ゝ───…  ̄

って感じで、ちょくちょくジャムを盗み食い(というか盗みなめ?)していたようですしね。
あと、ビフテキとかといったこってりした食事が大好きだったとか。

ただ、当時の胃潰瘍の治療法ってのも、結構アレでして、温熱療法だったのですが(これ自身は今でもいいそうです)、
そのやり方が、アッツアツに熱したこんにゃくを、腹に当てるという方法だったようで……

どこのリアクション芸人かとw

342読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/18(土) 23:54:44 ID:twedWjh.
乙でしたー
舌と胃は別だからな、しょうがないw

343読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 07:29:33 ID:Eclb6IWY
4コマ漫画で3巻分のネタがある人なだけはありますね

344読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 11:15:02 ID:NsUyGMw6


漱石の甘い物好きは確か「吾輩は猫である」で自身がネタにしていたような
だいぶ前に読んだので記憶違いだったら失礼

345読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 11:35:42 ID:f9DhepnY
すんげー潔癖症だったらしいし、神経衰弱になるくらい神経細かったみたいだしな >漱石
それでいて甘いものや脂っこいもの大好きだったんだから胃がおかしくならないほうがおかしいわな

346 ◆KcxXifcWsc:2012/02/19(日) 11:42:43 ID:t7EQUTpM
>>344
下戸はネタにしてますよね。
ぬこの最期が、ビールなめて酔っ払って水がめに落ちてでしたから。

漱石は日本酒おちょこ1杯で酔っ払うことができる人だったようです。

>>343
実は漱石・芥川関係はあのマンガをネタにしてる部分も多いですw

漱石は山脈の人々が綿密に記録に残したってのがあって、
それをさらに戦後、荒正人(近代文学の立ち上げ人の1人)が年表的にまとめたってのが大きいですね。

あと、家族が思い出話や、その思い出話の伝え聞きを孫世代が書いてるとかありますしね。

347 ◆KcxXifcWsc:2012/02/19(日) 11:45:48 ID:t7EQUTpM
>>345
>すんげー潔癖症だったらしいし、神経衰弱になるくらい神経細かった

そのくせ、木曜会に出入りする人々は奇人変人ばかりですからねw
芥川がまともに見えるレベルw

348読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 11:52:25 ID:f9DhepnY
確か弟子の誰かが随筆で奥さんの鏡子さんを悪妻としてぼろくそに書いてるんだよね
借金や飯散々たかっといて「奥様は先生の偉大さを理解していない悪妻だ」とか、何言ってやがるというw
梶井基次郎なんかもそうだけど、昔の作家とか文学青年ってそこらへんの一般常識がすこーんnと抜けてるよなーと思うw

349読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 18:53:33 ID:Y6OuFsjM
明治時代の文学家とか高等遊民だから仕方ないだろw
生活破綻者が多いし
金持ちのボンボンが道楽でやってるイメージ

350 ◆KcxXifcWsc:2012/02/19(日) 19:35:33 ID:t7EQUTpM
>>349
そもそも貧乏な人が作家になって……ってケースが少ないですからね。
山本周五郎とか、中上健次とかぐらいでは?
(作家稼業をやるようになってから苦しい生活になった人はたくさんいるw)
やっぱり経済的余裕がないと、文学ってのは出てこないんでしょうね。

今は経済的余裕があっても、他の娯楽があるから文芸にはならんのでしょうけど。

351読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:51:50 ID:xCd2Jn1s
石川啄木は貧乏になった人かな?

352安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 14:42:33 ID:8VOp45js
>>298
当時の文壇で麻雀と将棋が盛んだったのは
菊池寛の影響でしょうか
あと、将棋が好きな文人というと坂口安吾とか

353安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 22:04:56 ID:ElKlh8BA
安吾先生と言えば、彼に原稿もらいに行ったら酒を進められて、編集部に帰らず酒盛りを始めてしまった半藤一利先生www
一度お会いしたけど、元気なお爺さんですね、半藤先生。

354 ◆KcxXifcWsc:2012/02/23(木) 22:25:47 ID:CfV/kaNE
>>353
実は半藤先生役の人は既に出てきていたりしますw

半藤先生も優れた作家であると同時に、優れた編集者でもあるんですよね。

355安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/24(金) 01:18:53 ID:BTKBEFlc
>>354
マジですCAR?!探しちゃったけどどこか分からないや……

そして、ご本人にしょーもないことを言ってしまった若気の至りを甚く恥じる

356安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/24(金) 16:54:06 ID:slo9vXm.
半藤先生は最近は著作に誤りが多いらしく、本を出す度に出版社に指摘や苦情の電話が来る
……数年前にとある大学教員から「出版社の知人から聞いた話」として
聞いたことがあるんだけどどうしてなのやら

357安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/24(金) 21:25:38 ID:AaNIMSx.
もう年だからなあ 極論なのは分かってるがノンフィクション作家や批評家は古希すぎたら引退すべきじゃないかね
ミスを素直に認められなくなるし、頭こちこちになって柔軟性がなくなってくるし

358 ◆KcxXifcWsc:2012/02/25(土) 13:17:54 ID:GmXJaJKg
>>356-357
実のところ、このスレを作るうえでちょっと困ってるのがノンフィクション作家や評論家とかの扱いなんですよね……
そもそも私自身が「創作してない文章書き」をどう評価すればいいのか、迷ってるんですけど。

この点、同じノンフィクションでもエッセイ・随筆は楽なんですよね。
やっぱり文章の巧拙で評価できるわけだから。
ところがルポルタージュとか評論になると別の基準が出てきちゃうわけで……
その中でも特に困るのが「事実」に関する考え方。
誤記載とかで問題になるケースってこの「事実」の捉え方の問題のことが多いんですよ、ホント。
しかも小説のような創作と異なり、ノンフィクションはその問題が先鋭化しやすいんです。
逆にそういう構図を上手く用いて商売をやっている人も多いですし。

35910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/25(土) 13:31:09 ID:OR15TncU
「マッハの恐怖」の柳田邦男氏も「駿馬も老いれば駄馬に等しい」って感じの人かなぁ
「マッハの恐怖」に関しても色々と批判はありますが。

360 ◆KcxXifcWsc:2012/02/25(土) 14:14:50 ID:GmXJaJKg
>>359
問題はどうやって「駿馬」か「駄馬」かを見極めるか、だと思うんですよね。

フィクションやノンフィクションでもエッセイ・随筆は「文章力」だと思うんですけど、
ルポルタージュはどうしても文章力は二の次で、まず「真実の発見」が重要視される傾向があるように思うんですね。
これは大宅賞とかの過去の受賞歴とか見ると分かるんですけど。
そうなると「真実の発見」というのができなくなったとき、一気にダメになってしまう。

逆に「真実の発見」能力がなくても文章力がしっかりしてれば、作家としては長生きできるように思いますし。

361 ◆KcxXifcWsc:2012/03/09(金) 22:30:31 ID:ZPKp4UZg








           ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm9830271










:::::::::::::::::::::::.. ,、_,、   ,、_,、  ,、_,、   ,、_,、  ,、_,、  ,、_,、   ,、_,、  ,、_,、 .:.:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::. l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l l´ ̄`l .:::::::::::::::::::::
:::::::::::::. ∧_∧  ∧ ∧   ∧ ∧  ∧_∧  ∧ ∧  ∧_∧  ∧_∧ :::::::::::::::
:::::::::::. l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄`l ::::::::::::
::::. Α Α   ∧_∧   ∧ ∧    ∧,,∧   ∧_∧   ∧ ∧    ∧ ∧::::::
::::: (,,   )  (    )  (   ,,)   ミ    彡  (     )   (   )   (゚    ):::::
::l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l l´ ̄ ̄ ̄`l::
::|::..    ..::| |::...   ...::| |::..    .:| |::.    ..:| |::.    .::| |::..    ..::| |::..    ..::|::

「やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです」様で、
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1328331068/
零乙亭……もとい古今亭志ん生の落語の話題がちょいとばかり出てまいりました。

参考映像は志ん生59歳のときの映像で、結構レアな映像のようです。

362 ◆KcxXifcWsc:2012/03/09(金) 22:30:49 ID:ZPKp4UZg

       ___
     /      \
    /   ⌒   ⌒\
  /     ,(⌒) (⌒)、\
  |     /// (__人__)/// |
  \      ` ヽ_ノ   /         やっぱり志ん生の落語はサイコーだお!
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____
   |   l..   /l´ 零乙亭 `l
   ヽ  丶-.,/  |_________|
   /`ー、_ノ /      /

     【宮脇俊三】

志ん生というとこのスレ的には宮脇俊三でしょうか。

宮脇は零乙亭……もとい古今亭志ん生の落語が大好きで、
家でくつろいでいるときに結構聞いたそうです。

363 ◆KcxXifcWsc:2012/03/09(金) 22:32:17 ID:ZPKp4UZg
                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃- −、 . ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃− ー) ヽ.┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ 人__) ノ.┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃        ┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|


ちなみに葬式のときも、モーツアルトの音楽とともに、
志ん生の落語を流したそうです。

364 ◆KcxXifcWsc:2012/03/09(金) 22:33:22 ID:ZPKp4UZg
以上、「戦後の裏舞台」スレ様を見ていたときに即興で作ったネタでした。

365戦後 ◆xg50gQSlmQ:2012/03/09(金) 23:54:08 ID:3Vvpb0m.
即興でネタ作ってもらった・・…!うひょひょ

宮脇の葬式だからてっきり汽笛一斉新橋を〜の鉄道唱歌でも流してたのかとw

366 ◆xg50gQSlmQ:2012/03/10(土) 11:27:25 ID:uppjzQIM
今更ながら、いい忘れてました、大変乙でした。そして宮脇さん呼び捨てスミマセンでした!連投失礼しました

36710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/10(土) 16:36:37 ID:RiQd/4k2
乙であります

もういっそ、本格的にクロスオーバーで一つ作ってみたらどうですか?w

368 ◆KcxXifcWsc:2012/03/10(土) 18:56:54 ID:eBNTcGAY
>>367
実は「やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです」様の前作、
「カルピスタイム」とのクロスオーバーは一回作ってみたんですよ。
ただ、公開するタイミングがなくて、ズルズルと時だけが……って感じなんですけど。

公開するならここじゃなくて、クロスオーバースレですかね。

36910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/10(土) 20:26:31 ID:1NIgOj9I
ここで投下してもええんやで(ニッコリ

370 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:29:32 ID:MA7NGLpw
じゃあ、まず、ここで投下しますか。反応を見てクロススレにも投下しようかと。
あくまでもフィクションなので、ご注意ください。

それでは、現代文学のちょっとしたカルピスタイム。

371 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:30:08 ID:MA7NGLpw
::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::


                  現代文学のちょっとしたカルピス・タイム


:::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

372 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:30:25 ID:MA7NGLpw
 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │ 1975年、秋……長野県松本                                        │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i                        .ノ 、 、
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ         _          ≡ ≡) l 
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ       .'´  `ヽ       (人__) |
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ       | トレノノノ゙i.}          ヽ    ノ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ        州(l ゚ヮ゚从        (ξ___)
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ  .     ⊂[iヘV+}]つ        |   |
                                                  く/_l_|           ゝl   |
                                                〈_,八_〉         `(_ノ

373 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:30:39 ID:MA7NGLpw

          / : : / ://: : : : : : : : : : : : :∨⌒ヽミミミ丶: : : : : : : ヽ
.         / : : : / :〃: : : :i: : : : : : i : : :i :ヘ  丶ミミミミ: : : : : : : :ヘ
        / : : :.:/.:/:|i:|: : : :| : :i: : : :| : : :|: ハ    \ミミミ: : : : : : :ハ
       ′: : :/∨:∧{: : : :| : :| : : :j : : :j : ii:|     ヽミミミ: : : : : : : :i
.        i. : : : :∨ /: iヽ、 : :| : :| : :,ノ : :_ム_:ム|___   ∨ミミ : : : : : : |
      i : : : : :| : : : 八≧=-- : :/ : :i: :i jノ }        ∨ミミ: : : : : : !
       i: :.:/: :.:! : : :,メ´| | :\ :/ !: :ムイ ´   __    ∨ ,x=、: :/: i
        i .:/ : : :|!: : : : : :| |: :从乂レ'     v''´ ̄ ̄`    ∨ ∧∨: : !
        i:イ. :|: : |! : : : i :i| レ' __        ..::::::::::::..    ソ } }|: :八     やっぱり、紅葉とお城って映えるわね……
       }从.:i: : ii : : : 从{ ,メ´⌒´                  レr' ム|: : : :ヽ
      { i八:ハ : : : ∧ ...::::..     ′          _,ノ: i| : : : : ヘ
        ノ  }i 从: : : : ハ                  ム:.: : : :i|: : : : : :ハ
         八 小、 : :{∧       _ ___,        イ:. : : : : i| : : i: : : : i!
            |i :\ : :込、     `            ,  |: : : : : : | : : |: : : i小
           ノii : : `ヾ{ : :ヘ           イ   |: : : : : : | : : l: : : i jノ
          / :八: :i: : : : : : : :i>  . _   <     | : : : ノ: i| : : i: : :八{   『 その日、私たち夫婦は、松本を訪れていた 』
           /イ 八:| : : ∧: :八: : : :.:_j            |ンフ : : | : : i : / ノ
        / 八  :j∧ :/:ハ:j ハ:.:/く}       _,..-'''" /イ: :八:j/从{

                【 美筆美琴(当時49歳) 】

374 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:30:53 ID:MA7NGLpw

        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|           ……ああ、そうだろ。
     |                    .|
     | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |           この時期の松本は、本当に綺麗なんだ。
     |  .´"''",.     "''"´   |
     |..   (    j    )   .l
     |     `ー-‐´`ー-‐′   /
      .丶     ` ⌒ ´      /
      ヽ               /
       ヽ           /            『 昨年退職した私の退職祝いに
         ゝ    _   /イ\
      /                \          子供たちからいただいたプレゼント 
     /                      \
                            \       夫婦水入らずの旅行だった 』
   【 美筆やらない夫(当時56歳) 】

375 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:31:06 ID:MA7NGLpw

              /: : : : : : : : : : /: : : : : : || : : : : : : :ヽ
.            /: : : : : i : : : : : /: : : : : : : ||: : : : | : : : i
.            : : : : : : |: : |: : / i: : : : /} : { : : : /|ヽ: : }
            { : : : : : : |: : |: /,斗=≠十: :\:/ | { |: |
            i : : : f{∧|: : |: | |/ |/  |: : :/ 、/ :.|: |
         ': : : : { ( |: : |: |., ==ミ、 !/  /?: |: |
        /: : : : : ヽ |: : |: | ..:::::..       ≠、.' : /:/       なんかあっという間。
          {: : : : : : : :`∧: !: !           ...::.':/|/
         ∨: : : : : : : : i∨、|           ' //  |!        諏訪に行って、上高地行って、今は松本。
        /|: : : : : | : i:j    、   ` ‐   イ:.|  |!
            j/i : : : | : ト゜     ` ,.―‐ .´i: :i: :|   }!        もっと、休みが続けばいいのに……
          / .| : : :∧:.| >、  / : i : l: l l: :|ヽ!  j!
        -=≡三、 ヾ!    >くヽ∧ l! l |ヘ{
      /―― 、 : : ヽ     }  {\ |:l∧j
     / __  、: : : :\.   /   {  |ト、
.    , /    ヽ ヽ: : : : :ヽ_ハ   {. ||: :>、
    i'        、  、: : : : : : :∧  {. ||: : : :|iヽ
    |           、 、: : : : : : : ヽ.  ||: : : :|} }
    |         \\ : : : : : : \'ノ : : : l} |

376 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:31:20 ID:MA7NGLpw

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ          おいおい、学校の先生が、そんなこと言っちゃだめだろ。
              .|        |
              人、       |           知り合いに、できる限り長い時間滞在できるように調べてもらったから、
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7            時間いっぱい楽しもうじゃないか。
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、       『 私は商社マン  妻は小学校の教諭……
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ     思えば、働きづめの人生だったように思う
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ     もっとも、妻の仕事のことを考えると、今日中には帰らないとならない 』

377 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:31:32 ID:MA7NGLpw

              ,. -: : :-. . .._
            , : :.´ : : : : : : : : : : `z:..、
.        /: : : : : : : : : : : : : : : く : : ヽ
        /: /: : : : : : : : : : : : : : : : :iz: : :.ヘ
       .: : i、: : : : ;':.i: : : :.|: i: : :.| :l:.}?.: : :.
.       : : :.|ヽ>: : i: :|:_j:l:/|: |:..:.i:|.;ハ:l ミ : : :.
      i: :..:|: :|: l从´j/}从j;/: :/j/ーリ- ミ: :.l:.i
      |: : ノ: :|: |:{y'斧ミx j/ /xェュ、 !: : |:.|
      |:./:/{:.l从ト 弋:リ ´   ら:リ j}′i |:.|
      |: :.{ rヾ{从 ー       `ニ′,}:./j:|;リ       あら、旅行に詳しいお知り合いなんて、いましたっけ?
      |: : :\ゞ        ′   r :{ ,リ
      |: : : : :`¨ヽ      r ュ    /: :..|
.      八: : : : |: : :>      イ: :l : |
     / イ: :|: : :|: : :l:.ハ > -<ーt:l: | 八
   /  |:./!:l: :|: i: |/}_/     {_从{  \
        j/ 从/ヾ{_{ r‐、      /: :`:ー 、__
.     /   /:/ /o lヽ    /: : /:., ィ ´`ヽ
         ,.イ: : :ゝ'  /  `¨´: : : : :/       ヽ
       /}: l: : :{:{  j  /:/ : : : : :/        :

378 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:31:51 ID:MA7NGLpw

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ        松本だったら、例えば信越線で篠ノ井まで行って、
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ        姨捨のスイッチバック経由で松本って手があるお。
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ       あと糸魚川まで出て、
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}      大糸線で白馬回って行くという手もあるお。
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'       あと豊橋から飯田線で……
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ           い、いや、普通に中央線でいいだろ……>
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |           いや、退職後に始めた仕事で、
               (__人___)     │
                   '、'ーー´   'J |               中央公論社の重役と知り合いになってね……
                |        |
                    ヽ 、     イ               その人が妙に鉄道に詳しいんだ、これがw
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !    『 退職後、私は、細々と英語著作の和訳を内職でしていた
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |      その関係で、これまでと異なる知り合いも増えつつあった 』

379 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:32:09 ID:MA7NGLpw

               _ ...................... _
         ,,: ´: : : : : : : : : : : : `ヽ、
         /: : : : : :.rv: : : : : : : : : : : :.:\
       ,.: : : : : : : そo }: : : : : : : : : : : : :.ヽ
.      /: : : : : : : :rげ{: :/: : : :.i: : : : :| : : : ヘ
      ,: : : : : : : : :ゝぶ: ;' : : : /|:/j/}: |: : : : : :.
       i: : : : : : : : /: : : : |: :|: :,' j厂`j/j/}: :|: :i:|
       |: : : : : : :ノ : :_i: :i:|ハ{:/  y'"fr ' /j/|: 从
       |: : : : : : : :.Yrヘ{:从 /    {リ {/' j/
       |: : : : : : :.:八ゞ t           ヽ、        なんかそれ、便利そう……
       |:!: : : : : /: : :ヽ _             /
.       从: : : : : : : : : :.i  :.      r ァ ,′                                 正直、そうでもないだろ……>
     ノ i: : : : : : :|: : : : :.   丶        /
       |:!: : : : : :|: : : 乂     /≧=‐- く 
.       从{;ハ: : : |:!ト、: :.}`ヽ、,'イ}_ : : : : トゝ         で、その人の立てた予定によると、もう帰らなきゃいけないの?
.    / /r‐t<从i ヾ{ / |ヽ Y:. ̄ヽ、
       〃ヾ:.ヽ: : :.ヽ / :| ゝィ: : : : }:}ヽ
.      /   ヾ:.ヽ: : :.`ヾヽ !  }:}: : : : }:}  ヽ
    ,′    V:.}: : : : :ヾヽ| 〃: : : :.:}:}   i

380 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:32:34 ID:MA7NGLpw

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.     いや、もう少し時間がある。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、 
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',   ……ちょっと、行きたいところがあるんだが、行ってみないか?
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

381 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:32:51 ID:MA7NGLpw


:.:.:.|:.:.:.:| _!:.レ :||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.__:.:.:.:. -―_|:|.|==  : :_ : : : : 癶乂爻w从;爻父;从;爻W
:.:.:.|:.:.:.:´:.:.:.:.:.: ||_:. --_―=:|::| ̄―:.:.:._: ̄:.:.|:|.| : : : : : :  ̄ ::¬ィw;从爻w从;从爻;戈爻w;从
_:!__ -_―=|l: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:i¬从爻Wt.|:|.| : : : | ̄| : : |爻w;从爻w从乂爻w;从;爻;父ゞ
冖:! ̄:__:.:.:__:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:|ィ爻ゞ戈从fw|_: : : | ̄| : :ィ从父W父从w爻爻;ゞ戈从从爻
:.:.:.|:.:.:.|__!:.|__|:.l/'^丶、ヽ__:.|::|:.爻w;从爻w从j.l : : :└ー: : :戈爻w从乂爻w从爻父爻ゞ戈从
:.:.:.|:.:.:.|__!:.| /--―___.ニ丁:}:j|:.wゞ;爻从w爻ゞt;. : : : : : : : 爻w从;爻w;从爻w从爻ゞ戈从戈
:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.匸} ̄:::::::::::::「´|ィゞ从ゞ小爻从wトw======ゞ父从w父W从w;从;爻W从w父
==:!=== | |:.:.:.:::::::::::::| |爻乂爻w从爻父癶t : : : : : : : :ゞ爻乂爻w从爻父戈ゞヘ;癶爻w
癶w;i;.,.__:.:.__| |:.:.:.:.:.:::::::::| |ゞヘ爻w从爻戈ゞ彡': : :| ̄|: : :.| ̄l: : ゞヘ戈弋;}:レゞ' |  |: : : : : :
爻从艾tw|-| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒):.:.:1弋爻wゞ;≠:|.i : : : |―|: : :.|-(⌒)|::::|: : :|ゞj:;{―‐|--|: w戈y;
--------―――――¬二}:.:.:L__l:.:}:}-:.:.:.:.|:|.| : : : L__l: : :.Liニiニ!__l________iニiニ!--------
: : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:| ||:.:.:w.:.:.:.{:{:.:.:.:.:.:|:|.| : : : w父爻w.|:| : :|:.| | | | | || |:|: :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:| ||爻从爻k}:.w;,:.:|:|.| : : 爻从WjW;|:| : :|:.| | | | | || |:|: :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:| ||ー--==ニニ二二ニニ=== |:| : :|:.| | | | | || |:|: :| _____
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:|_||                  |:| : :|:.| | | | | || |:| :li´ ̄L___「
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : |                  l:|_|.」-----lL|:|_:||=====
==============―                   ` 丶 、       ||    __
                 `丶、                 __ `丶 r ニニニ --―

382 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:33:04 ID:MA7NGLpw

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)
            .|         ノ__           地図とかには書かれてたから、もしやと思ったけど……
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、         本当に残ってるとは思わなかっただろ。
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

383 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:33:16 ID:MA7NGLpw

          / :/. : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : : :.\
         /: :.:/.:/: : /: :/. : : : : : : : : : : : : : : : : :}: :',: : : :',
          /: :.:/.:/.:.:.:.l: : l: :.:}|:.|: : : : :/: :/: : : : : : ハ: :',: : :: i
         ,': : /.:/.: :.:.:.l: : l: :.:リ::|: : : :/: :/: :/ i: : : :| ミミ: : : :.|
          i: : l.:.:,:.:l: : l:.l: :∧:/}: |: : :/: :/: :/ 」: :ハ:| ミミミ: : : |
          l: : l: :|.:.|: : l:.|イ TTナナ: /: / l:/´ ̄|メ、ノ ミミミ: : :|
          l: : l: :|:.:|: : l:.| >テ=ミ Vl/  ′rテ=テヽ  ミミ.:.:.:.l
          l: : ト、|:.:|: :.:N彳 トrイ        トr.: i 〉  リハ.:.l.:|
          ト、 ト、ト、|\| ヽ弋)ソ      弋)ソノ  〉 ) !.:l.:|
          i: ヽヽ ハ        :        / ノ/.:.:l:.|
          l: : :.:`ー{       ′      /.:.:.:i.:|.:.:.:∧'.           ……あなた、ここは?
          l: : :.:. :.:`ヘ             /.:.:i.:.:l.:|.:.:.| l:|
          l: : :l: : : : : :丶    ⌒    , イ.:.:.:.l.:.:l.:|.:.:.| リ
          l: : :l: /!: : : : :>  __,. イ.:.:.:i.:.:.:.:l.:.:l.:|.:.:.ト、
         〃: :l/  l: ハ: : ノ`ヽ    /`ヽ./l /l.:/∧.:.|
         / l:/ム' ´ ̄  ,′  `ヽ,.ィ´   } ¨¨`丶、l:/
         ,.ィ´      /l     /⌒ヽ   /i      i`ヽ
         ∧i i      {_/  {  \/l |      l ∧
        l ', ',      ,r====-、    l/      l / '.
        |  ヽ V /   〈       Y´ ̄`7    //  i
        |     V     「  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`7    V /    l
        /    i      |    r─ - 、/     V  /  l
       / 、     |      | , --、> -、 \〔【 】〕 i /    l
      /    \  |    /´     \     V   l/     |
     /      ヽ{    /  ´  ̄ ̄\     !   /      |

384 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:33:33 ID:MA7NGLpw

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.        旧制松本高校……
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、       大昔、俺が通ってた高校だろ。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',      もっとも、俺は寮に寄宿してたけどな。
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

385 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:33:46 ID:MA7NGLpw

            , ィ:´: : : : : : : `: : . .、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        ,:': : : : : /: : : : : : : /: : : : : : : : ヽ
.      /: : : : : /: : /: : : : /:/: :/: : : : i、:.: :.
.     ,: :..: : :.:/r、:/:..:.:/:./:/: :/: : /: :,' ミ: : :.
      .: : : : :./: :∨: :./:./:/:/_:/:.//  !: : :
    .: : : :../: : : ;..: :,':./7フ´/ /://‐ 、 !:.i: i
     : : : ノ: ; -、:i:|: i:/xf'示?/ノ  xr、.':..|: |       ああ、そういえば、私が幼い頃……
.    i: :..: : :.{ rヘ从:/ 弋う′   {tj ',//j/
.    |: : : : : ヽゞ  {          、゛´i  ′       あなた、お盆とお正月ぐらいしか、ご実家にいなかったわね。
.    |: : : : : : :`ー.、               ,
..    八: : : : :.|: : :.| 、      t フ  イ           どこにいたのかと思ったら、ここだったのね。
.   / i: |: : :i: :|:..: _|   >       /.:.|
     |: !:..:i:|:/|: / `  、_ /`  ´ : /i:|
.    j/ヽ:从:/、     `7i: :/}:.:/ リ
      , ィ´: : : `: . 、  /、lヾ、j:/  ′          どんな学生時代を送ってたの?
     ∠:___: : : : : : : : `:‐'、 ヽ}}´ヽ
   /    `ヽ: : : : : : : :ヽヽ }}: : : :Y
   ,       ヽ: : : : : : : ヽヽj}: : : :.ト、

386 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:33:59 ID:MA7NGLpw

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)             よく言えばバンカラ、悪く言えばすごく汚い学生生活だったな。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、        何しろ洗濯とかしないから、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ         時々パンツとか洗うと、水がとんでもない色に……
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

387 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:34:14 ID:MA7NGLpw

        , -―- ,
       /       `ヽ
     / 〈V         ',
     |  y   /l  ハ ,
     |  /  /刈/! /イ∧!
     レ f^レ^Trテ  fチ!  |
     | トイ! '''`   ` ''i  j
     |lイl |f>、__^_, イ          ……数年前のやる実の気持ちが、よく理解できるわ。
      j川仏rヘ、{ト仆!
     f⌒ヽi>、__ ノi|?`ヽ
    |  ⊥、 \|/`ヽハ
    ∨  く ̄j、  >'^ヽ_\
      l∠イ⌒ヽ>'  rュノ- i>}
        |     , <_   jイ
        `r―<i   「l ̄
        |_/  i    l |
        〈_/  i    l |
       /   `}>、  l人
        }=ニニニニニ=イ,
      / /::::: l:::::::::::::l:::: l::',
      〈 / :::::::l:::::::::::: l:::::|::::,


                _
             , ´ _ノ ヽ
              | c(> <
              |。 (__人_)  °        そんなこと言わないでくれよおぉぉぉぉ!!!!
              |       | ゚
             !     ノ
          _,.ィ'{\:二/`ー─‐ -、
       _,.-‐'´:::/:::l ./ヘ. |::::\::::::::::::l

388 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:34:33 ID:MA7NGLpw

                      _..  -──- .._
                      . : :´: : : : : /: : : : \: `丶、
                  /: :/: :/: : { {: :l: : :l: ∨: : : \
              , ': : :/:/: /:〃: :∧∨: : :| : | : : : : : `、
                /: :)X(: i:斗-!|─:!: ヽ\:/: :l|ヽ: : : : : : '.
             . : :)X(: :|:从厶、: :∨i: \:≧リ- ∨ : : : : ;
             |: : :l : : :|ィ卞:::i「\{ j/|/厶、  }|: : : :l: i
             |: :/| : |:从 ヒrリ     卞::i「?ハ: : : |: |
             |:|∧: ∨ :.:.:.:.:      ヒrソ 从: :|: : : |八
             |从V\{          {   .:.:.:.: ハ:|: : : |  `
                 / : :`;ーヘ     、      /:l 从 : : |
             /: : : / : :l|ヽ.    ` ¨´   厶イ /: : :ハ         まあ、そんなことはさておき
               /: : : / : : :リ: | \      ,.イ: : : j/: : :/: |
           /イ: :/ /: :厶仏、    ‐; ':´: : |: : : /: : :ハ : |         あっちのほうで、なんかの撮影やってるみたい。
               |;/|/l:/ /   \_  ∧: : : /: /: : :/ }:/
             ,.-─<} ∧   | ̄`マY⌒'くlイ/}/ ノ′         ちょっと、見に行ってみない?
          / 丶   厶  \_∧: : : }」‐ : : }\_
            l    ∨   >  〈: :丶/|下 ̄{  ヽ
            |     丶. } \  \;_;_| ヽ;_ノ丶|l
           }   ヽ. ∨   丶   \   ∨ } ||
         八    \}     丶、  \ :l  ? |
        丶   、 〈       ;  丶.   ヾ, 厂い
         l    \}     i    \  }厶斗<
         |       ∨     |       ン゙ r‐'′ \
         |   、   }___,>──=ァァ'′ `'ー─r'′
          ∨   > ´ /      { {       二フ
          { /   /          ヽ\__‐r'′
          ∨             。 。 \_/  /l
          |          .>─゚< ̄ ̄´| {|
            丶-─ ¬ ´         {,} } ∧|
               人            〈  :}|




 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

389 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:34:49 ID:MA7NGLpw

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)         あのですね、仕事をお受けしたときはですね、
. |.   .|| (__人__)       躁病にかかっていたときでして……
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ        今はうつの時期ですから、すごく苦しいんです。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ          なので、CMの話はなしに……
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

   【北杜夫】

390 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:35:06 ID:MA7NGLpw

            , z__
           /´     `>
          /    ,、_,、  `ヽ
         ム トlヽlノ  `ヘノl  }     
          } j  __\|_j_∠ lハ j
         {⌒l | r──-、 l´`l      いや、そうは言われても……
.           ヽハ | |___.ノノl.ノ      そんな理由で断られたら、ネスレさん怒っちゃいますし。
           l | r─‐一' .|        
              ', l__l     /        もう松本まで来ちゃったんですから、お願いしますよ。
            |`丶、 _, イ        
         , </l    //`ヽ        それじゃあ、カメラ回しまーす!
       /  / |l__ / /  | `> ..,_   よーい、スタート!
      /   7 レ:::ハ  /   <     `ヽ
      /   〈  lノ  /    /       }

391 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:35:22 ID:MA7NGLpw

―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____

         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |
      (_人__)    /
      l`⌒´    /
      |      ヽ
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ  モキュモキュ
      ( ヽ /
       \__ノ
                                            ttp://www.youtube.com/watch?v=KNHlN8sYwhA
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 どくとるマンボウ、北杜夫。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

392 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:35:37 ID:MA7NGLpw

                ___
               /    `ヽ
                '          i
              i       ._.ノj
             ノ       (_{:j f        z ‐=ニ::¨:: ̄
           _,.ノヽ      (_)_ ,、≧ニ::¨:: ̄:::::::::::::::::::::
_____  _..z≧´、::::ヽ::::\ i    i:::::::Y::::::::::::::::::::/⌒`i´
      `´ .:/:::::::::::::N:::::V_(>tゝ-イ::::::::::::::::::::_≧´   ノ.:..
      .:'::::::::::::::::::..ヽ::::\::ヽ冫< i::7:::::ソ>'´      V:.:.
     .:.:,!!:::::::::::::::::::::::V:::::\i::::::i//::::::/.:.:..        i:.:.
      .:{:ヘ:::::::::::::::::::::::ト、:::::::(_::(./::::::::j.:.:..
     .:.:l:::.:..、::::::::::::::::::ヾiー=ミ)ソ≧v´.:.:..
     .:.:ヽ::.:.ヽ、::::::::::::..`≧=-v_:::/.:.:.:..:..
       .:Y:::::..ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::≧=ー--z、
      .:.:ソ::::::::..ヽ、::::::::::::::::::::::::::::>-‐=ニ ¨ ̄`ヽー、
      .:.:i::::::::::::::::::ゝー≧-‐=ニ ¨::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ. |
      .:.:レ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::И´::::::::::::Y
_______ .:.:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡斗::::::::::::::::::::ヽ、
      `⌒V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::´>廴::::::::::::::::::::::∧
        ヽ、_::::::::::::::::::::::>::::´::::::::::::::::::::`≦孑:::::::::::::∧           ttp://www.youtube.com/watch?v=KNHlN8sYwhA
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 違いがわかる男の、ネスカフェゴールドブレンド。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____

393 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:35:52 ID:MA7NGLpw

          ト、ノ`ー'⌒ー‐'´{__, ///
       |ー' , -レ-ーz    l .//
     ト  /´ ___  `l   〉
     >/|イ´,.─‐-、 `l ヽ  {
      Zl.|| l'´    / ./  V⌒ヽ      はい、カーット!オッケーでーす!
       }|| |  __//   F /
       l |  ̄  /   U  r'       次は校舎内での撮影、いきまーす!
.         l l 「 ̄       |_   ___
       ヽl__|           | `ヽ───-
        \___    /  ハ
           / |    /   |
             /,、 ',  />ァ--、 |
         // \ヽ/く::/

394 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:36:07 ID:MA7NGLpw

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │          いや、だから、止めましょうよ……この撮影。
   (,`⌒ ´      |
  . {        |
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′

395 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:36:22 ID:MA7NGLpw

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □




       ,: :〈∨: : : : : : :/: : : :|: : : : : |: : :.} V.: : : : : :.
.       ,: :.∧〉: : :i: :.:./: :.i: :.:|: : : : :,ハ: |:.|   ミ.: :.: : :.i
     i: /:.:| : |:.:.|:_:/_!_:/: : :|: :|:.:./__j/_リ   ミ: : : :.:|
     |:!: :.:|:.:七´:/ j/ |: :./:./:./´ / / `  i: : : : |
.     从: :!| : |:{ ≫≠ミ|:./j/}:/   ≫≠ミ   !‐ 、: ;
        {:.从:.!|:〃 f::。ハ メ/ /   ´f::。ハ ヾ ,'く` }.:
        ヽヾ:从ト  う::ソ        う:::ソ ″_ソ.イ:i
         i:ヽ _:.  ー        ー   ,_/: :| |          あれは……北杜夫?
         |:!: :.:∧      ′      /: :|: : :.:.:|
.         从; ィ: iヽ              イ\:!: /: i:|
      /イ: : : :.:|      ^    ィ  |: : :j/:ヽ从
.     ,': : {: : : :.:.|     > ‐‐ <     |: :/ : :.}:}ヽ ヽ
.      i : : {: : : :八     >‐rく     ,′: : : :}:}  .
.      ト、: :{: : :´: : ヽ  /   ! ヽ   /: : : : : : }:}  i
.      | ヾヽ: : : : :.:.:`´:{   |   >‐:' : : : : : : 〃  |

396 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:36:40 ID:MA7NGLpw

                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)
                  |        ノ           北杜夫って……「楡家の人びと」のか?
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄   実物見たことないから、分からないんだけど。
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',


.      ,.:': : : : : : : : : : z: : : : : : ヽ
     /: : : : : : : :i: : :.}?: : :、: : : :ヘ
.   ,: :i: : |: |: i:..:|: :.i:|  ミ: : :';..: :. : :.
   .:i: |: : |: |: |:./:i:/リ   ミ: :.i:..: : : :
    i;l: |: i |_:|/|'://ー-‐  ヽ:.|:__:..: :.i
.   jハ:.|:´/从{i//  x==ュ、 `´f:tY:..|         私も写真では見たことあるけど、実物は初めて。
    ヾ从x=ュ         ゞソ:..:|
      i:∧   '         , ‐:´: :i:|         北杜夫って、子供たちに、すごく人気があるのよね……
      |: :∧  r_ ア     イ:..: : :..从
      |: :i: 丶       / |: : : : : | ヽ        「どくとるマンボウ昆虫記」とか「船乗りクプクプの冒険」とか。
      |:!;ハ: :i: : >r<    !: : |: : :|
.      从{ j/}:/l:/¨`ヽ、_  ノヽ:.!.:..i:|
     _,. .-‐‐ 〈    /o{、  Vi/从
    /`ヽ: : : : :..: :\ /  j {  /> 、__        ……子供たちに、いい土産話、できたわ。
.   /   ヽ:ヽ: : : : :{:`′ ヽゝ'}: : : : : : :ト、
  /      Y:}: : : : ヾヽ  |// : : : : : :.} :.

397 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:36:55 ID:MA7NGLpw

         ∠                   ヽ
          |_  /\l∨|/|/レ'l_ノl        ', 
             ヽ,'          レl      ト、l
              l ____     !       !  
            l | __  `ヽ     ',     ノ
            | | !   `ヽ  .',   レし、´ ̄`l  
            l | |___ノ  }     (-、 l      あのう…… お取り込み中すみません。
         /     ! |  _____.ノ   U   / ノ /  
       |       V! |            __ノ
     {  ヽ    .',l__|           /  l    
      ヽ         ',              /  |、
              ヽ            /  .ノ ハ

398 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:37:08 ID:MA7NGLpw

                     __
                    ´ : : : : : `⌒丶
                  /: : : : : : : / : : : : : >:\
                    /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
              ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|? :ヽ '.
                : ト、| : l/?-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                  {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
              '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N       あっ、撮影の邪魔になりましたか?
                } :( ∧       '    , )!
                 / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│       申し訳ありません、邪魔にならないように……
             /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八
              |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ
              ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\
              /   ∨ {_/ 孑 ∨  ?  ヽ
              {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
              〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
                ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
             {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
              レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
                \|  /`ー /  /   ∧  \∨
                   { '´  //  /   / ハ    }
                   人   /        /  \  ノ

399 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:37:20 ID:MA7NGLpw

            , z__
           /´     `>
          /    ,、_,、  `ヽ
         ム トlヽlノ  `ヘノl  }     
          } j  __\|_j_∠ lハ j
         {⌒l | r──-、 l´`l         あっ、いや、そういうわけじゃなくて……
.           ヽハ | |___.ノノl.ノ
           l | r─‐一' .|            松本高校に関係がおありの方ですか?
              ', l__l///// /
            |`丶、 _, イ        
         , </l    //`ヽ
       /  / |l__ / /  | `> ..,_  
      /   7 レ:::ハ  /   <     `ヽ
      /   〈  lノ  /    /       }

400 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:37:39 ID:MA7NGLpw

                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● )
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |              私、松高の卒業生ですが……
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
           / .::::::::::::::::/:::/   `‐-、:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
             { :::::::::::::::::::/::/     i `ー-,::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
          l ::::::::::::::::::.. ∧_     ヽ:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::i
          〉、:::::::::::::/ \_`‐- 、___l :::::::::::::::::::::::::| :/:::::::: ∧::}
            /   ̄ ̄   、    ヽ >:::::::::::::::::::::| ::::::::::::::: r:::::ノ、
        /         }ノ     \ {,{ .{ ̄j ̄| :::::::::::::::: i<__ }

401 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:37:57 ID:MA7NGLpw

          ト、ノ`ー'⌒ー‐'´{__,
       |ー' , -レ-ーz    l
     ト  /´ ___  `l   〉         
     >/|イ´,.─‐-、 `l ヽ  {  
      Zl.|| l'´    / ./  V⌒ヽ         ひとつ、お願いしたいことがあるのですが……
       }|| |  __//   F /        
       l |  ̄  /      r'          謝礼はいたします。ぜひ。
.         l l 「 ̄       |_  
       ヽl__|.      |    | `ヽ       
        \___    /  
           / |    /   |
             /,、 ',  />ァ--、 |
         // \ヽ/く::/






 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

402 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:38:12 ID:MA7NGLpw

―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    i :::::::::::(●).(● )    |::::::::::::::::::γ::::::::::::::::::::: ノ
                    | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /
                    | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                    | :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /     あれ、もしかして、北さんですか?
                    .| :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/::::::::::::::::: /
                 i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

403 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:38:26 ID:MA7NGLpw

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ             そういうあなたは、何者で?
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

404 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:38:39 ID:MA7NGLpw

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.          松高の卒業生の美筆といいます。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、          北さんの8期前です。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

405 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:38:52 ID:MA7NGLpw

       ____
     /     \
    /        |
  /.       ‐-- |
  |   //// (\) /
  ゙i      (__ノ          いや、存ぜぬとはいえ先輩だとは……
  /   __/
 /.    |               ご無礼しただろ。
 | |. | |
 | |. | |
 | |. | |

406 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:39:04 ID:MA7NGLpw

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │
                   '、'ーー´   'J |           いやいや、私のほうも退職老人ですので。
                |        |
                    ヽ 、     イ           気になさらないでください……
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

                                               ttp://www.youtube.com/watch?v=KNHlN8sYwhA
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___

407 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:39:20 ID:MA7NGLpw

         ∠                   ヽ
          |_  /\l∨|/|/レ'l_ノl        ', 
             ヽ,'          レl      ト、l
              l ____     !       !  
            l | __  `ヽ     ',     ノ
            | | !   `ヽ  .',   レし、´ ̄`l  
            l | |___ノ  }     (-、 l      ご主人、なかなか演技お上手ですね。
         /     ! |  _____.ノ   U   / ノ /  
       |       V! |            __ノ
     {  ヽ    .',l__|           /  l    
      ヽ         ',              /  |、
              ヽ            /  .ノ ハ

408 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:39:33 ID:MA7NGLpw


              /: : : : : : : : : : /: : : : : : || : : : : : : :ヽ
.            /: : : : : i : : : : : /: : : : : : : ||: : : : | : : : i
.            : : : : : : |: : |: : / i: : : : /} : { : : : /|ヽ: : }
            { : : : : : : |: : |: /,斗=≠十: :\:/ | { |: |
            i : : : f{∧|: : |: | |/ |/  |: : :/ 、/ :.|: |
         ': : : : { ( |: : |: |., ==ミ、 !/  /?: |: |
        /: : : : : ヽ |: : |: | ..:::::..       ≠、.' : /:/
          {: : : : : : : :`∧: !: !           ...::.':/|/
         ∨: : : : : : : : i∨、|           ' //  |!       はあ……
        /|: : : : : | : i:j    、   ` ‐   イ:.|  |!
            j/i : : : | : ト゜     ` ,.―‐ .´i: :i: :|   }!       ところで、これ、何の撮影なんです?
          / .| : : :∧:.| >、  / : i : l: l l: :|ヽ!  j!
        -=≡三、 ヾ!    >くヽ∧ l! l |ヘ{
      /―― 、 : : ヽ     }  {\ |:l∧j
     / __  、: : : :\.   /   {  |ト、
.    , /    ヽ ヽ: : : : :ヽ_ハ   {. ||: :>、
    i'        、  、: : : : : : :∧  {. ||: : : :|iヽ
    |           、 、: : : : : : : ヽ.  ||: : : :|} }
    |         \\ : : : : : : \'ノ : : : l} |

409 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:39:45 ID:MA7NGLpw

          ト、ノ`ー'⌒ー‐'´{__,
       |ー' , -レ-ーz    l
     ト  /´ ___  `l   〉         
     >/|イ´,.─‐-、 `l ヽ  {  
      Zl.|| l'´    / ./  V⌒ヽ         ネスカフェゴールドブレンドというCMでして……
       }|| |  __//   F /        
       l |  ̄  /      r'
.         l l 「 ̄       |_  
       ヽl__|.      |    | `ヽ       
        \___    /  
           / |    /   |
             /,、 ',  />ァ--、 |
         // \ヽ/く::/

410 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:40:00 ID:MA7NGLpw

―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___

        〃⌒ ,、                                                       ダバダ〜♪
        !i   ,l `ヽく⌒ヽー-- .、
         {ゝ.__/\.   \ ヽヽ. ,.- 、\
         `ー'〈  ,/`ー 、 \  {l >-、ハ
.           ハ /    `ー 、{l /r〈l} .}
            〉 i _     '⌒ヾ::|'1| /
       ☆ミ ヽl  _`   ィf`ミ 7└'ヽ             違いがわかる女の
          / ! ´ ̄` , 弋リ ト/) └,            ネスカフェゴールドブレンドかしら。
         /Yi .>、 ∩丶-  ,.イヾト、 //〉、
           〉.ゝニ=' .| l>、‐ ハ、__ノノ \/_/
           〈 〈    ! ´.> {`~´   :   ` ̄`ヽ
          'ァ-,rL r,|/ヽ-ァ、_ゝ-  テー- 、     |
        ( (   ', ヾ´ ゙̄ヾソ    \/     !
         `゙.  ', |    /ハ     <l:i      .|
                 | !  / / 〉、   レiゞ、 ___,ノヽ
                 ゝ _ノ / 〈_,.ヘ   `^V_、 ̄´ハ ヽ.
                /人ノ   <´\     ヽl∨゙   ハ

                【遠藤周作】                        ttp://www.youtube.com/watch?v=FFwph7CkCb8

―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___

411 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:40:16 ID:MA7NGLpw
           / : /: : : : /: /:./:!: : : :./: : : :/: :! : | \ : : : : : ヽ
              ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
           |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
           |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |       ああ、そういえば……
          │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
           ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |       狐狸庵さんのCMを数年前見たような。
            ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |
            |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |       実物は飲んだことないですけど。
            |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
            |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
              ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
               / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \
           // i八: : {ヽ/ } ト、/ヽノ    〉、∧八 : :∨
         / r┬'─ヘ{'〈   j  /  ヘ〉   /|:::`ー∨\: ヽ、
              /|:::!:::::::::::::::::::|\ 〈  /厂 〕  //|:::::::::::::::::::::`ヽ\

412 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:40:30 ID:MA7NGLpw

            , z__
           /´     `>
          /    ,、_,、  `ヽ
         ム トlヽlノ  `ヘノl  }     
          } j  __\|_j_∠ lハ j
         {⌒l | r──-、 l´`l          いや、これが、インスタントの割においしくて。
.           ヽハ | |___.ノノl.ノ
           l | r─‐一' .|             ……ちょっと飲んでみませんか? ここ、ちょっと冷えますし。
              ', l__l     /
            |`丶、 _, イ        
         , </l    //`ヽ
       /  / |l__ / /  | `> ..,_  
      /   7 レ:::ハ  /   <     `ヽ
      /   〈  lノ  /    /       }

413 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:40:41 ID:MA7NGLpw

                       (
                     `.
                     、 `ヽ.  `ヽ
                     ノ    ,!  ノ
                   ,r   '´ _   '  _,
                  !     r'´   r‐'
                  , , -─==i==i=‐- .._
                //   ,_.......i............___ ヽヽ
                トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                 l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                |              ゝ!─、 l
                  !              ノ、_j j
                ',             ゝ_ノノ
                 ゝ、          /
                  ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´

414 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:41:01 ID:MA7NGLpw

                  _.. -‐……‐- .._
              . : ´: : 、 {/ : : : : : : : `丶、
           /: /: /: ∨; : : :__、 : : : : : : : `:、
           . : : ,: : :{/: : : i'^≦三:厶 : : : : : : : : '.
         / / / : :/: :/: :l|   ̄`マ∧: : : : : : : : :,          
        : : : : : /: :イ: : :リ     -ヘ: :', : : : : : : : i
         {: :i l: :/イ:|:iイ ̄ ̄` 、__}ヽ; : : : : : :、|
          、:| | T爪: :|从|f斥;示   了: j_}: :!: : 、:ヾ、
        八:?i代\|  Vrリノ  }イ〔 ?: : : \: \        ……なかなか、おいしいですね。
         ヽ小rリ    '^´ '"´  j.ノ 从: : : : : \: :≧=-
              i{ ′            -イ: :,ハ: : 、: :\`: =-      溶かすだけですか、これ。
            八 、        /¨? /: :i: :、\: : ト|
          ,ノ´) ̄¨`i   _..∠.∠ニ圦{: 从、:i\{\|        それでこの味は……結構いいかも。
         ,{ノ´)    |¬/´    \  乂 }ハ|
          {.ノ´)   (`V/   、   '.     '.
          { イ    ト }}     ヽ、 ∨      '.
         '.|_____ 「`{       \}      '.
         〉`¨¨丈´  ∨         ∨     .
            {〈≧=≦ヘ、 '.、        〈      ;
         '. `5T⌒~i   「∨         '.      i
             '.  C!  L..,_|  '.  、      '.   |
           '.  C 厂い  '. }       '.    |
            ∨  /   }∧  ∨           |
            {     / ,ハ {        ;  ,}
            ∨   /   Vヘ        i  八
              \_/    } V      |   ,ハ
                         厂 Y´     {    }








 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

415 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:41:16 ID:MA7NGLpw

     ____|||○|||___
    |―───┬───―|
    |  /    |    \  |
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |         __        |
  | _      \||/.     _ |
  | _\.            ./_ |
  |__  ┌―──┐  __|
  |─|○|. |あ.ず.さ| .|○|─|
  |─|  |. └─―─┘ .|  |─| /
  |─|●| ?      ? |●|─| プアァァァァァァァァン!
   | ̄ ̄          ̄ ̄ | \
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |  ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ |
     |___|──|___|

416 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:41:28 ID:MA7NGLpw

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
  r───ー┐     rー──‐┐    r───‐┐
  |.  ∧∧ 「`|     |  ∧∧   /^7  |        |:/^7
  L.. (ー゚* ):|: :|     L. (Д゚ ) /: :/  ∧_∧__,./: :/
   日と.  | |: :l     ⊂   ノ/: :/  ( ・∀・)  /: :/
  ,と二二  ̄∨   ,と二二  ̄∨   (     )_ ̄∨
 {: : : : : : : 〉  〉  :{: : : : : : : 〉  〉   人  Y : :〉  〉
_ ̄匸_´_/___, ̄匸_´_/____し'(__)_´_/_

417 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:41:41 ID:MA7NGLpw

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ            いやあ、北杜夫って、あんなに物腰低い人だったんだな……
              .|        |
              人、       |            躁うつ病だなんだと聞いてて、
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7             頭のやばいアレな人かなと思ってたけど……
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ        そもそも松高出身……俺の後輩とはね。
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

418 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:41:53 ID:MA7NGLpw

                   /: : : : : : : : : : : : : : 、: : \
              / : : : : :/: : : : : : : : : <: : : : :\
              , : : /: : : : :{: .: : } : : : : ヽ:く: : : : : : :ヽ
               / : :/: : : ::/∧〈: :l: : i: :| : ∨: : : : : : : : :.
.             / : : ': : :/:/: :∧:? : j}: |: i:.「ヾ : : : l : : : l
           : :/: { : /:/:i: :八\:、:〃/} }l:|  ミ、 : l : : : l
             |: { : |: i_/|-{:メ?.:|.:/メ:/ー/ !}._  Vヽ:j:|:: : :l
             | l| : ?:| | 丁`∨j//` / / ` ト、:?: : : !
             |:{ ' :V?x=≠ミ /    ュz=ミx   ミ:>ミ:: : ::l        松本時代の思い出は、
             l:| ?ト{ ,,    ,       ``  レ/く }:i: : :l
.             :| ,'乂:l      :{        ""   r'_ノ/ |: :∧       「どくとるマンボウ青春記」とかでも書いてるわよ。
.             l: i:八               .__ .イ: :|.:,':.∧
             l:/|: i: \   ー ---     /: : : j: : |:ハ\、      あと、初期の小説なんかもそうだし。
              l:' !:.:|: :i: :\        . イ i: :|: : :/: :/:{ }:|. \
              |: | 八 |l: ,.ィ`、ー‐ < _/∨:|l:./: :/{: | /
              | / ヽ/ 、 , }  /     ヾ?:.:イ/{\
               _.. <./  l〃′ { ^;    /`メ:{/\ `
          ,. :<  .:/_.. -〉{    j  :、   / /  >: ._
            / i       / 「` / /\_/        >: ._

419 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:42:10 ID:MA7NGLpw

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)             今度、また書庫にある楡家でも読もうかな。せっかくだし。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ           ああ、あとあの鉄道好きの、
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v          中央公論社の重役さんにも薦めてみよう。
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、         鉄道ばかりじゃ趣味もせまくなるだろ。
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i 
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|      ところで、なんか箱もらったみたいだけど……
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

420 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:42:25 ID:MA7NGLpw

        /: : /: : : : : : : : : : : : : : >: : : : : :.ヽ
.        /:.r‐v':.:/: : : i: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : ヘ
       /て。/: :/: : : : |:{ : : : : : : : : : :Y?.: : : : : :.
       ,′し′;′: : :.:.ト、: : i : : : :i: }: :.|  ミ: :.';.: : :.
.       ′乙: : i:.:i/:i: :/!:.:\|: : : /{:ハ: :|  ミ: : i : : i
      i: : : i: : :|斗‐{‐| |: : :,ハ: :./斗‐}:/、   i :| : : |
      | : : :|: |:从{ ヾ{ ヽ: :{ }/ リ /     |: | : : |
      |.: :.:!| :ト、{ x≠=ミ、ヾ /   x≠=ミ、   |_:| : : |         ええ、インスタントコーヒーの詰め合わせ。
      |:!:.:八:{.:.ヽ               ,'r:tY: :.|
.      从{:八ヽ{        ′         , :フ}八: |         今日の撮影って、インスタントコーヒーのCMなんだって。
        i: : ヽ :.                /:ソノ: : :.:|
        |: : : :.八     ー _ 一      イ¨´:.: : : :.:|         ほら、ちょっと前にデコッパチの小説家が、
        |: : :./ : へ、           /:.:|: : : : : : :i:|
        |:!: : : : :i: : :.>      イ : : : |: : : : : : 从        ダバダ〜♪ってやってたじゃない。
.        从{ハ: : :|: : : r‐| `¨¨´  :|、: :.:/}:ハ: : : ハ:{ ヽ
       / ノイヽ ト、:ノ  \  __/´ ∨:/ }/j/ リ
        _} イ: :/   / Yヽ      }` ー=ミ
     . イ: :{ : : : : {    /  | ヽ   /: : : : :}: :`ヽ、
    /  {: : {: : : :.人__/   :|   \_/: : : : : :}: : :} ‘,
    .′ { : :{: : : : : :{ :{     |  /:./: : : : : : : } : :}   .

421 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:42:38 ID:MA7NGLpw

                        __
                      /     ヽ
                     /          ∨
                          ハ、_       ∨
                      { (● )      \         ふーん……コーヒーか。
                      〕、   )     }   >--
                      、厂     / /////      仕事柄コーヒーは結構飲んでたんだけど、
                       `ヽ    _ ///////
                         \__/У//////        インスタントとかってどうなんだ?
           、                  ////////
         〈ノ\=- 、            |///////
          〉 i   \             |//////
          {  ’、   _ \          |//////
          `、  \/ }  \        |/////
            \//、_  `,       |/////
             | У -_く  ノ          |/////
                  Y .' ´, ‐-'y          //////
              ヽ ´ ムく、      ///////
               \   )\__   _/////////
                 ト`¨´/////,`´//////////
                  \///////////////////
                   \/////////////////

422 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:43:01 ID:MA7NGLpw

            , ィ:´: : : : : : : `: : . .、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        ,:': : : : : /: : : : : : : /: : : : : : : : ヽ
.      /: : : : : /: : /: : : : /:/: :/: : : : i、:.: :.
.     ,: :..: : :.:/r、:/:..:.:/:./:/: :/: : /: :,' ミ: : :.
      .: : : : :./: :∨: :./:./:/:/_:/:.//  !: : :
    .: : : :../: : : ;..: :,':./7フ´/ /://‐ 、 !:.i: i       スタッフの方からちょっといただいたんだけど、
     : : : ノ: ; -、:i:|: i:/xf'示?/ノ  xr、.':..|: |
.    i: :..: : :.{ rヘ从:/ 弋う′   {tj ',//j/       結構おいしかったわよ。
.    |: : : : : ヽゞ  {          、゛´i  ′
.    |: : : : : : :`ー.、               ,          まあ、喫茶店とかのに比べるとちょっと物足りないけど。
..    八: : : : :.|: : :.| 、      t フ  イ
.   / i: |: : :i: :|:..: _|   >       /.:.|
     |: !:..:i:|:/|: / `  、_ /`  ´ : /i:|
.    j/ヽ:从:/、     `7i: :/}:.:/ リ          忙しい朝とかに重宝しそう。
      , ィ´: : : `: . 、  /、lヾ、j:/  ′
     ∠:___: : : : : : : : `:‐'、 ヽ}}´ヽ
   /    `ヽ: : : : : : : :ヽヽ }}: : : :Y
   ,       ヽ: : : : : : : ヽヽj}: : : :.ト、


                     l⌒\  __
                     !   〈     \
                    /   /  __,.ノ` ⌒
                  /⌒ト、/  (> )(●)
                  r-='´     ヽ    (___人__)          じゃあ……帰ったら、早速飲んでみるだろ。
              |    _∠ ノ |    ` ⌒´ノ
              } ⌒´     `V       |>ー- 、
              〉       -‐く       |:::::::::::::::::::ヽ、
              ヽ   ̄      /`ヽ.,___ ,__ノ7::::::::::::::::::::::|
              ハ      /|/:ヾー--ー" ゞ:::::::::::::::/::::ヽ
                7 |     ̄ , /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::i
           /::::l| 、    /ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::∧
           l:::::lト-ゝ==- '´丁::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::∧/⌒ヽ
           \::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::/ ̄ _ノ⌒ヽ

423 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:43:15 ID:MA7NGLpw

           / : /: : : : /: /:./:!: : : :./: : : :/: :! : | \ : : : : : ヽ
              ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
           |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
           |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |    うーん……私はやめとこうかな。
          │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
           ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |    もう遅い時間だし、夜コーヒー飲むと眠れなくなるし。
            ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |
            |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |   コーヒーは明日の朝にするわ。
            |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
            |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
              ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
               / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \ それよりも……久しぶりに、あれ、飲もうかな……
           // i八: : {ヽ/ } ト、/ヽノ    〉、∧八 : :∨
         / r┬'─ヘ{'〈   j  /  ヘ〉   /|:::`ー∨\: ヽ、
              /|:::!:::::::::::::::::::|\ 〈  /厂 〕  //|:::::::::::::::::::::`ヽ\

424 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:43:28 ID:MA7NGLpw

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)              あれ……
             |        ノ
              .|        |               ああ、あれか! 
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ                そうだな。今日は疲れたし、久しぶりにそうするか。
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ            久しぶりの……
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

425 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:43:40 ID:MA7NGLpw

                                  (
                               `.
                               、 `ヽ.  `ヽ
                                ノ    ,!  ノ
                             ,r   '´ _   '  _,
                             !     r'´   r‐'
                           , , -─==i==i=‐- .._
           ホ ッ ト          //   ,_.......i............___ ヽヽ          カ ル ピ ス !
                          トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                          l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                          |              ゝ!─、 l
                           !              ノ、_j j
                           ',             ゝ_ノノ
                           ゝ、          /
                             ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´

426 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:43:55 ID:MA7NGLpw

::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::


                  現代文学のちょっとしたカルピス・タイム


                             出演


                  From:【乳酸】 カルピス・タイム 【物語】


                         美筆やらない夫

                         美筆美琴



                   From:現代文学のちょっとした裏話


                          北杜夫

                          遠藤周作

                          某中央公論社重役



                             原案


                  ネスカフェゴールドブレンドのCM(1975年)
                ttp://www.youtube.com/watch?v=KNHlN8sYwhA



                             原作


                ◆6ajHjVHvh様(【乳酸】 カルピス・タイム 【物語】)



                             制作


                 ◆KcxXifcWsc(現代文学のちょっとした裏話)


:::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

427 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:50:11 ID:MA7NGLpw
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

この作品は「カルピスタイム」様の名作「ホットカルピスのツケ」
ttp://yarumo.blog83.fc2.com/blog-entry-3776.html

の、ない夫が松本高校出身というところから作ったネタです。

あっちのない夫さんと絡めるとしたらこっちは北さんだろうな……
でも8期ほど違うよな……

なら、ない夫夫妻のフルムーン旅行中、北さんのCM撮影に遭遇させてしまえ!って考えて作ってみました。

428 ◆KcxXifcWsc:2012/03/11(日) 21:53:19 ID:MA7NGLpw
この場を借りて。
「カルピスタイム」、現在の「やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです」様、ありがとうございました。

42910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/11(日) 22:05:38 ID:BBVePD/6
乙です

43010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/11(日) 23:02:20 ID:t9/bqMUA
乙でした。
二人のやらない夫の年齢差のところで、
自分はあちらの時系列をちゃんと把握せずに読んでたなあ、とちょいと反省。

北さんがネスカフェのCMに出てたとは知らんかったですわー。

431カルピスのステマ ◆xg50gQSlmQ:2012/03/12(月) 00:37:39 ID:At8M5maw
家に帰ってきたら、まさかのクロス……だと……!

イヤ、ホント有難いです!
拙作5話と現代文学さんのネタが上手く混ざり合っていて、にやにやしながら読ませていただきました!
着想を得た漫画が『珈琲時間』というので、ネスカフェとの絡みもぐっと来ました。
そうか、時代的にはこの頃になるのか……

うちのない夫を松本高校にしたのは、中部地方の出身にしたというのと、松本高校って何か旧制高校の代表みたいなイメージがあったって程度なんですが、北さんの先輩になるのかぁ……

重ね重ね有難や有難や

43210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/23(金) 14:40:08 ID:Mtn8UUEU
今朝の読売新聞にて元ノーベル賞選考委員が
「急死しなければ安部公房はノーベル賞を受賞していた」と語っていましたな
安部公房と一緒に議論されていたのが井上靖で、三島由紀夫はあまり評価されていなかったとか

433 ◆KcxXifcWsc:2012/03/23(金) 22:05:33 ID:eWOdWu8Y
こんばんわ。

>>432
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120323-OYT1T00710.htm

この記事ですね。

ノーベル文学賞のリストってのがないので何ともいえませんが、一説によると谷崎潤一郎が入っていたっていう話はありますね。
安部公房・井上靖というのも聞いたことはあります。

しかし確か安部と井上って仲悪かったことを聞いたことあるような……

434 ◆KcxXifcWsc:2012/03/25(日) 22:37:34 ID:ZmUVqvQ.
独り言。

           _
        γ゙ β゙ヽ  
     ,へ、 /γ'''´ ̄`) /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
     7   ,  /\      ヽ
    /  _/    \_   ヽ
    |  \ ●  o  ●/  |
   /  /  (__人__) \  ヽ
  く  /          \ >
   `< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヘ

もうAA作られてるしw

43510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/25(日) 22:43:05 ID:6bL8XG3g
過去ログ読み直してきたけど、幸田文がビリビリ、っていうのはピッタリなキャスティングだと思った
ヒステリックではないけど触れれば切れそうな、冬の朝のような引き締まった印象の文章書く人だったし

436 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:27:45 ID:FMtjHS/.0
朝っぱらから、ちょっと投下。

ニセ予告……というかこんなの作りたいという願望です。

437 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:28:52 ID:FMtjHS/.0

.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ            できない子君。
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.          君に、異動を命ずる。
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |

┌──────────────────────────┐
│                                        │
│  ある日、突然……                             .│
│                                        │
└──────────────────────────┘

438 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:29:12 ID:FMtjHS/.0

                                                 __    __
                                                 \ ヽ/ ∠_
                                                  <⌒\ /ヘ
                                             -=ニ¨ 匸>=<二\
                                                  >'"´ ̄ ̄`\ ー≧__
                                              /            ̄ 7 <
                                            /,  / /_|   \__ヽ `Y′之>
                                    .        イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } ヽ }<
             はぁ……                         ノ八 .{ ---\l --- ||  }ノ |
                                    .         \| (三)  (三).ノr'/
                                    .           人''  __   u ィT´
                                               ` ァ┬=≦:ノj ∨
                                                   〈xく矢¨¨ヽ|__八

                                  ┌──────────────────────────┐
                                  │                                        │
                                  │  私は、異動になりました……                    .│
                                  │                                        │
                                  └──────────────────────────┘

439 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:29:28 ID:FMtjHS/.0

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
             /        ヽ `Y′之>
      .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
            |ハハ(●) (●_) / / ,/レ′          荷物搬出したはいいけれど、
              `|  ヽ     「)'/|/
              ヽ、_ ヘ _,.ィT/                「新雑誌研究部」ってどこなのよ……
.                ,〈 |:| l  lハ
               /  l /  { !
              ,〈,,,_//  /  l
             (__ {==( `ヽノ ,ノ{
      / ` - .,  /    }ー7/~ヾ:::::l  ,、、
     /     ` - .,    i:://:::::::::i::::::l/ヽ ヽ,
    /        /\  //_::::::::::リ/、/ヽ  ヽ
 / ` - .,     /   \ /  !` t ヽ.ノ   ヽノ
 ` - ..,   ` -.,  /    //  .lー i
  〃 。` - .., ` 、   //、、,,,ノ  !
   ヽ_ ノ  〃` / 二ニ/   ヽイ|
               `ー -- ┘

┌──────────────────────────┐
│                                        │
│  配属先は、「新雑誌研究部」……                    .│
│                                        │
└──────────────────────────┘

440 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:29:44 ID:FMtjHS/.0

                            .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|
                            .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|
                            .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\
                            .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \
                  / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\
                /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |
               /   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |
                    |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.:;.:,.;.,|. .|  \ |
                    |         |_________.|. |   \
                  ./.|        /            \|    |
                ././|      /               \   .|
               //  |     ./                  .\ .|
               /   |   /                     \
                    |  /     .,..,.,;:,;:,.:               \
                    |/       .;::,..;,:.;:.;::""'              .\
                  /                              .\
                 /                                  \
               /                                     \
                                         ;:.;.,:;.,:;.;:,.;,:.,...       \
                                               "".;:,.;:,.      \
                                                         .\

                                   ┌──────────────────────────┐
                                   │                                        │
                                   │  地下一階、薄暗い廊下の先にある……               .│
                                   │                                        │
                                   └──────────────────────────┘

441 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:30:03 ID:FMtjHS/.0

:::::::::::::_____________:::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┌──────────────────────────┐
│                                        │
│  観音開きの扉……                             .│
│                                        │
└──────────────────────────┘

442 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:30:21 ID:FMtjHS/.0

                                                   _   _,
                                                 ___,> Y´'ー-、
                                                _>z二_ ___`ー≧__
                                                >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                              /        ヽ `Y′之>
                                           .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                             l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                             |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
         へーっ、こんなところに部屋があったんだ……             `|   ヽ    「)'/|/
                                                ヽ、_  ロ  _,.ィT/
                                                .  'f ^'il^''r'
                                                 ,' l  l  { 、
                                                 レ! ,ハ  '、〉
                                                 `l`" `"1
                                                ,r'´      ヽ、


_______________
||                      :::|
||                      :::|
||                    _:::|
||                _,> Yー-、
||               _> ` r‐  ≧_
||               >          <
||              / >        >
||             /,ィ  ヽ /     } ノ           ちょっと気味悪いわね……
||             |ハ| |<ヘY入ノ リノ /レ'
||              ヽノノ/ j.:./|/|             でも言われた場所はここだし……
||                l/ノリハソ _|
||              /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
||             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:∧
||             /.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:ヽ
||          rァ、_/.:.:.:.:.:〉´ ̄ ̄ ̄ヾ.:.:.:.:.}
||  .          V//.:.:.:.:.:ハ{      {ゝ-'
||          弋>、__/  {/     ヽ
||                   /     l   ',
||                /      l  |

443 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:30:37 ID:FMtjHS/.0

ll|   //
ll|」ヽl /‐ ー-‐ 7__
ll| -、  ノl__  <
ll| ヘ∨A  `\ ヽ
ll|―‐`'- .ヽ    `ー゙ァ
ll|       `ヽ   ヾ
ll|:       ',   ',
ll|:   ハ ハ   ',    i
ll|  l l/ l   :i.   |
ll|:  | ー !、  ,!  r、!
ll|、 l(●)/ ,.イ  !          と、いうわけで……
ll|_\l  ∠ィ´   /
ll|ニT_チ´  , ハ /           おじゃましまーす。
ll| ::::_ヾ  /!/ l/
rうー、::λ′
Y゙:::::::ヾ::!
lヽ::::::::::!:|
ll|: \;_;:ノ
ll| ,  ヽ、
ll|     \                           ┌──────────────────────────┐
ll|   '、  ` ‐r、                         │                                        │
ll|    \   /l´                          │  扉を開けたその先には……                       .│
ll|:     ,,>'゙l┘                        │                                        │
ll|___,,.. イヽ厂                            └──────────────────────────┘
ll|Vヽ/`''┘

444 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:30:53 ID:FMtjHS/.0

          ., '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.
        /            \
       /  --      ‐‐   .:::\
     /                .:::::ヽ
     !  ....((;;;;)) ::::: ((;;;;)).... .::::::::::!            ああ、今度ここに来た人かお?
     !      (___人___)      .::::::::!
      ヽ              ..:::::::/
      \            ..::::/
       /    ....::::::::::.....  ::::::::\

┌──────────────────────────┐
│                                        │
│  白饅頭な編集長と……                           .│
│                                        │
└──────────────────────────┘

445 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:31:20 ID:FMtjHS/.0

                    //
            _  -―-(  (___
        /                -`―-、
      /   /ヽ            ―-- ゝ
    / / /              ´ヽ \
   / / /   / / / |  |      ヽ  \
    // /   / / / | | | || | | \ ヽ\ \
    / /    / //ノ  V | | || |  |  | | ヽヽ
    |/   / /_二三ヽ|| /三二_|  .|  | |  ゛
    /  /ノ| ` `´  l   `´´/| |  | |
   /  / || |      |〉  メ /ノ.| ||  |レ
  /_/   | |\   --  /v V | /
      / ヽl | \_  _/W\   V       へ
     /  .ヘヘ|        ト7 >ヽ、      / \ >
      <  \\      / /  / \   /|二|/
        \ \\   // /    /|二|/
                                                    /.:.:.         \
                                                       /:,:.:.:  /   ヽ    \
                                                   /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                                                     /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
                                                 /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
                                                  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
                                                   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                                                         `ヘ:ゝ    .'    小/
                                                           ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
                                                    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
                                                  /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
                                                   /  | l:l   l     l   l::l l
                                                    l  ヽハ    l    l  //  |
                                                 ハ  ヾヽ  l   l  // l l
                                                    | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|
                                                  ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|
                                                 {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,  | ヽ
                                                j  /{ `ヘ三三三三三)< \ } ぱたん
                                                {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ
                                                `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく |
                                                     | |    ∨  〉〉〈( j    }|
                                                     K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|

446 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:31:39 ID:FMtjHS/.0

           ト、 ト、 ∧
         |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
       弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
       <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
      <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
      厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
        八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
         ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
          \  - 、  ,イ?V
             ム|` -  ?
          __i     {
       ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
     /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
    ∧                  \
   / !                  / ハ
.  /  V           ◇    /  !:|
  /   /            ◆  ! /  .!:|

                                                  \     .廴|   /
                                                    >辷___Lレ'≦、 ` 丶、
                                                  /   イ ''7.∧ ! ` \  \
                                      .           , ´   ./ ./ ,小 |   l`ヽ  ヽ
                                                 / ./  /  /./ | ?、  .!  |   ハ
                                      .          / ./,  .|,斗|/  ! ',| マ¬  |     ',
                                               /   ! |  f / |´  |  ! __V ト |  |   l
                                              ,' .|. |,イ  .ハ|≦モ    ヽ =x?  |  !
                                              | ,イ |ハ  | ,イう込     ト化ト∨ ! .|: |
                                              |./ | ハ |《 |.し::::!     |:!しリ.》 ,'./i. |
                                              |′|  fVト 弋少     弋沙'/ /イ∧|
                                                 | .ト、廴」     '       / /ノ/ |
                                      .            ! | V 入    o    イ /イ:/
                                      .          ヽ|   V ::≧.‐ r - イ‐/ィ/ レ′
                                      .              \:|: 〉'∠_/ / \
                                                      レ'/  /      \
                                                    //  /  ィニ三三ミl

447 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:31:51 ID:FMtjHS/.0

        γ´⌒ ⌒⌒Y ⌒ヽ- .、
     γ⌒:.          . : .::::::ヽ
.   γ:.:. :.         . : .:.:::::::::::::ハ,
   /::.:.:. .    人::人::::人::人::::人::::: ::ヽ
.  ,'::.::.:.. :  :::::::)          ヽ::::::::丿
  i:::.:.:.    ::::)   ⌒     ⌒  \:::::::)
 (:::.:.:  .:::.:.:.)  ( ● )  ( ● )  |:::::::)
. (::.:    ;.:.:)   ´"''       "´   |:::::/
. (:.. .    冫     (.___人___)    |:::::ノ
 ヽ:__:::; . ;;;;)      `ー ´    /^´
    ヽ:__;;;;;ノヘ_         /
          `丶、_  ____,.. イ
                               ┌──────────────────────────┐
                               │                                        │
                               │  編集者たち……                              .│
                               │                                        │
                               └──────────────────────────┘

448 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:32:06 ID:FMtjHS/.0

       /ァ=     >x _ .   -─‐-  、::::<  \
       /       r' _,ノ           :`ヽ: :\
      /イ    .r'´ ∨             ヽ: :ヽ
     / / :/   } r'∨     /      、     ': :丶
      / :/::  .::r' ∨   〃 / !      ト、 '.   ': :リ
      |:/l::::: .::::{ ∨′  .′/ .|   ! |  V    i: ::l
      | |::::/:::爿 i     l ハi.|  i LL !  |  !: ::!
        |:::|:::::::::i | |  /、_、i\  |ノ_j_」_`ト: l  i:::::|
       |::|!::: |::? v: : : f iシト、 \i  ,.=、 ト、/ l: :::|
         |ハ:::|、:∧从: : : |f代歹    代歹: : {レ l:../     このたび、「新雑誌研究部」に配属されました、
         ? V:::Vハ: : : '.       ′   ノ: /,イ!レ′     できない子と申します。
           `{ V:|ヾ: ハ : : ト、  (_`ア  .ィ: 〃/ リ
             . '´ ̄ハ: : |} >‐ァ≦千l {ル'         よろしくお願いします。
           /   { ハ: |     ′} } l|/ハ
            .′    ヽ }人ヽ__.ノノ丿!′ i
              i      ト、 、二二´イ ノ i  |
             | i    V   ` ー― '´  v′ |
            l l    ∨ /         i   l
           |∧     ∨        |   !

┌──────────────────────────┐
│  場所こそかび臭いところだけど、                    │
│  みなさん、良い人そうだ……                   .│
│                                        │
│  私は、最初、そのように感じました……              │
└──────────────────────────┘

449 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:32:22 ID:FMtjHS/.0

           ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
             ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
            '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                       ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
       ''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
          '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                  し                    ,,,
           ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                か    ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
           ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,,             し    '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
       ,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;'''     誤     そ     ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
                   '       ,,,;;;''''''        り      れ    '';;'       ';,    '''';;;;;''
            ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''           だ     は              ;,     '';,,,;';,,;''
               ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''            っ
       '';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''                 た                ';,       ,;
                                    の                  ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                                    で                      '''';;;;;    ,,,,;'';,
          ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'             す                  ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
       ,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''                  !                      ,;''   ;'  ''';;;;,,,
       ;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                                             ,,,;;;    '''''';;,,,,
             ;;;'';                                              ''''';;;;,,,,,,  ''';;,

450 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:32:54 ID:FMtjHS/.0

                    ______
                   /        \
       _          /            \
      {  ⌒}       /  \    /    │
     (`   `i       .イ c(≫ ))   ((≪ )   │
      {__,、_ァ- ′/ {`>_ Y´  (__人__) 、`ヾつ            汽車に乗りたいお!電車に乗りたいお!
        /´X //  八   {      }   レヘ⌒}          特急に乗りたいお!急行に乗りたいお!
        {:// \'ィ、_   >, ゝ-.. __ノ _.. イ   V           鈍行に乗りたいお!JR全線に乗りたいお!
          /V   ト、_ >、_              >イ ハ  r‐v‐ 、
        { ハ     ト.ハ ト           <イ/ |ハ r'    }!
  r'⌒ヽ-、|!  ヽ    \j             //'7-、|| ヽ_ィ  フ
  r'    j  | ヽ  \           ァァー----Ll_/ー'    ー'
  7   i′  l!     >        /
   ー^ー ′  _l!.斗‐.<       /
         ハ         /´
         ヽ:_ヽ__ ,⊥-´
             `

                                               _   , ------
                                             /::::::::::::::::/:::::::::::::::::\\
                                           / /┌──┐::\:::::::::l\l
                                          イ::::/: -.└──┘\:::l::::::::::l
                                        /:::l::::l ´:::::::::::::::::::::::::::::::l:/ヽ:::::::::l
                                        l:::/:l:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::l
                                       /:::::::l/:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l:::::l:::;
                                       l::::::::::::::::::l:::l::::::l:::::::l:l::::/\:::::::::::::l:::::l丶:
                                       l::::::::::::i::::::l::l::::::l::::::::l::::lノι\::::::::l l::l 丶;
                                       l:::::;:::::.l::l┼l−トl:::::l:/_⌒-−l:丶::l .l::l
                                       .l:::::l::丶`-┬┬l:\l -┬┬. l::::::/ l/
           何を電車ごときで……               丶::丶::丶 `´ .l/   `´  l::::/:l
                                         丶l:l丶:           l::/:::l
                                          l;l l;;l:丶       ///从l
                                           ┌―l:::l`  - イ:::::/:l-−┐
                                           │......l::l ┴..-..┴ l:/...........l

                              ┌──────────────────────────┐
                              │                                        │
                              │  極度の鉄ヲタな編集長……                    .│
                              │                                        │
                              └──────────────────────────┘

451 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:33:43 ID:FMtjHS/.0
           l/l//   ,. -−- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご  .働
  い  対    //  /         \    ざ  き
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  た
  ご  働      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  く
  ざ  き   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   な
  る   た    ///  ,.イfr?i、| | ll |l |,-H‐  i ′       い
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///      で
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/

                                       /  /             从       \ゝ
                                      /    i   |::::  ヽ         ゝ,       ヽ
                                        ′ '  ハ  ヾ:::  |\  ハ |   ヾ;.  |:::::    ヽ |
                                     | | │ / \   ヾ |  l / .i!│  |: i::::::ト.::::      ∨
                                     | | │ハ ー─ 、  / ー─、ヾ|  / i::::/:::∨ヽ:::::: /
                                     |ハ Vィ (○)  \ | (○ )  // ,/ V:::::::::::::::(::::!|
                                      l ゝ \      `       イ // ).|::::::::::::::::::\|
                                        「 `     ヽ           /jイr.'_ノ:::::::::::::::ハ::::ノゝ
          働け、ってんだろうが……        .         ハ                  rイ::::::::::::::::::/
                                          ゝ.   ̄ ̄        イハi!::::::::::::://
                                                ` .      . '′ | ヾ.::::::::ハi
                                               >- r_ノヽノ\/|  ∨ゝ|
                                               )::::::::::::::::::::::::::::::{.     `
                                              ノ:: - ― … ...−::` …‐- 、
                                           _ ..' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
                                          ::::::::::::::::: /::ヽ.::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::, :: ,
┌──────────────────────────┐
│                                        │
│  仕事をしたがらない次長……                    .│
│                                        │
└──────────────────────────┘

452 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:35:01 ID:FMtjHS/.0

      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   lノ┬‐'┬ / /  / ´‐┬ ! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|  |::::::::! '´      l::::::::!  イ  }  /
.        Vハ  l  ゝ:;;;ノ      ゝ:;;ノ ./}, '//         被告人の獄中取材してきた。
        ヽ ',  |              チ' /
         `ヘ lヽ              厶 ./            なお手段は【ピー】で【ピー】で【ピー】【ピー】……
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、

                                           _,. -=≒‐:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ゙̄≧
                                         x≦_:.:.: ,.  ´ ̄` . ´ ̄ ̄`丶、:.そ
                                        ≪_:.:.:/: : :.:     :. :.       \:.≧x、
                                  .     ,x≦:./:.: : : :.: .: : :  :. :.:.  :.    ヽ:て¨`
                                  .      ̄`7:.: : : :.: .: : .:  : :.:.  .: :.:   ハ:.:.:.\
                                         ,':.: : : .:.: :.: : .:  .:.: .:.: .: .: .:.:. :. ?´ ̄´
                                         i:.: : :  :.: :.: : : :.: :.:.:. .:.: .: .: .:.:.: \:\
                                         l :l|.:.: .:.:.:ト、:.ト、:.:.:j:.:.:.:.: /!:.:ハ:.: ハ.: :.:.:トミ≧
                                         |.:j|:.:.:.:ト、|弌!弌ノ!:.:.:.:/ T7''T'7 |.: :.: |
                                         ?k:.: :!.ァγ⌒ヽ:.:/.:.:γ⌒ヽ?:. .イ:.j
                                          リハ:.:圦.:ゝ __ノ.:.:.:.:.:.:.:ゝ __ノノ.j:./ ?
     (この人……よく生きて帰ってきたわ、ホント)           八\{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ィ ノ
                                  .           ヽハ       ゝ         /ィヘ
                                             /:.\     ┌┐    .イハ:.kヘ
                                  .           厶ィ:.:/ミix.  └┘   ィ:.:.:.Vハ! `
                                             ムハV:.:マ=≧=≦=7:.:.:.:.:.Vハ
                                              ハV:.:x仆ミ//彡仆x :.:.:/Vハ
                              ┌──────────────────────────┐
                              │                                        │
                              │  アブナイ取材しかしない編集者……              .│
                              │                                        │
                              └──────────────────────────┘

453 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:35:23 ID:FMtjHS/.0
             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |              連載ですか?
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ              他ならぬやる夫さんの頼みですからなあ……
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

┌──────────────────────────┐
│                                        │
│  連載をお願いしている紳士な作家さんも……        ...│
│                                        │
└──────────────────────────┘

454 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:35:44 ID:FMtjHS/.0
                      / ̄ ̄\
                    /   _ノ   \
             r⌒η    |   ( =)(=)
            /\ \    |    (__人__) 、
           /::::::::: :.\ \  |     |r┬-!ヽ ヽ            怪人マブゼ参上だよ〜〜〜〜〜ん♪
           /:::::::::: ::::::::\ .\|     `ーlj } ,| .i
          ノ:::::::::::::;;:::::..:::::\  ヽ      ノ_/ ノ
        /:::::::: ::::::: ;:::::::::..::::::\ ヽ         /::|
   __ /:::::::::::::::: ::::: ::::::: r⌒ヽ::::\ ・    ・ i :::::ノ
   ヽ;;:::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::: |    \ )`       | ::/
    ノ::::: :::::::::::: ::::::::::: ::::::::: |   .i  \ \ ,,_人、ノヽ        r、 三 η
   /::::;;:; ::::::::: ;::::::::::::: :::::::::: |   .i      )ヽ    (      〃ヽヽ //ヾヽ
   ⌒ヽ,::;;;;:::::::; :::::::::::: ::::::::: |  .ノ\.- <       >─  ⊂ニ;ミシミッニ⊃
        ̄ヽ,; ::::::::: ::::::::::..|  ./..::::: ヽ、  )     て      ヾヽ// ヽヽ〃
          \::::::::: ::;:::::: | /..::;;:::::: / /^⌒`Y´^\       ι' 三 ヽ)
           ⌒⌒\: / /..:::::;:::: /   / ブチッ!
               (_/..:::::::::: /  /
                  ̄ ̄./ /
                  / ./
                     /./
               / /
                    |_/
                              ┌──────────────────────────┐
                              │                                        │
                              │  一皮むけばこんな感じ……                        .│
                              │                                        │
                              └──────────────────────────┘

455 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:36:03 ID:FMtjHS/.0
                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(          北やらない夫先生の相手は、もうイヤ……
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ

┌──────────────────────────┐
│  この物語は、出版社づとめの私、できない子の……      .│
│                                     ...│
│                   しょうもない日常を書いたバカ話。│
└──────────────────────────┘

456 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:36:51 ID:FMtjHS/.0

                                                                      | |
                                                                  i、      | |
        で き な い 子 と 中 央 暴 論 社 の 人 び と                  7 ア⌒ヽ..| |
                                                           .イ´ ̄`丶ハ: |
        (オリジナル「文学事情」コメディ)               o               / {  i、__}. Y: 1.|
                                            \             }ハxミーY,ミ! ハ |:|.|
                                                  \            ゝY”,  ¨ムイハ!| |
                                                 とヽヘ          ゝ、ー ,ム7 .| |
                                                \勿.ト、       . イ::∀:::::::ゝ、| |
                                                 `7::::::>.、   /::/:::〈_〉:::::::::〃\
                                                  ` <::::::>イ::::::/::::::{{::::::::::::{{::::::::::丶
                                                        ` <:::::/.|:::::{{::::::::::::/7¨ヽ:::::::ヽ
                                                         `´  .}::::{{:::::::::〃/.| |/:::::/
                             「現代文学のちょっとした裏話」に          ハ::{{::::::::::{{〈 _/::::::/
                             ◆KcxXifcWscが飽きたらスタート!          /:::::{{::::::::::::ヾY⌒ヽ/
                                                         〈::::::::{{:::::::::::::::ヾヽ_り
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二7^ー-'------::1|」
                                                         /::::::::::::::__:::::::::::::::}}
                                                        ./::::::::::::::/ |:::::::::::{{
                                                       /::::::::::::::/   |::::::::::::}}
                                                        /::::::::::::::/   }:::::::::::{{
                                                       ./::::::::::::::/   .|::::::::: }}
                                                     /::::::::::::::/    .ハ::::::::{{
                                                     /:::::::::::: /    l:::::::::::}}
                                                    ./::::::::::::::/     l:::::::::::{{

457 ◆KcxXifcWsc:2012/04/07(土) 08:39:16 ID:FMtjHS/.0
以上でございます、ご清聴ありがとうございました。

このスレのネタを使ってフィクションやるとしたら、こんな感じかな……って思って、
ふと作ってみました。

458名無しのやる夫だお:2012/04/07(土) 11:38:18 ID:gxyOeJ/60
乙です
でも個人的にはそろそろ本編読みたいっす
宮脇さんが中央公論社で雑誌二回傾けさせたところで終わってるので
作家・敏腕文芸編集者としての宮脇さんだけでなく、サラリーマン・役員としての宮脇さんにも興味があるので

459名無しのやる夫だお:2012/04/07(土) 12:34:57 ID:DnydcBH20
このフィクションも面白そうだなあw
事実を知った上でより楽しめるって感じになるのだろうか

460名無しのやる夫だお:2012/04/07(土) 17:57:53 ID:DTHlypqg0
乙でした。フィクションの気がしない(戦慄)
い、いや、名前を変えればフィクションか!

461 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:15:16 ID:KD7lrXVs0
こっそりと本編投下します。

それでは、久々に……

現代文学のちょっとした裏話。

462 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:15:35 ID:KD7lrXVs0
【中公労使紛争】

          _Y_
         r'。∧。y.
         ゝ∨ノ       >>1が糞スレ             ,,,ィf...,,,__
          )~~(             立てている間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
        ↑            ├―┤=├―┤ |li:,
   これは違うけどねw    |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
     (1970年)       ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1960年代……

 それは日本社会にとって、大きな発展へと向かう時代であるとともに、
 非常にきな臭い時代でもあった……

 ということは以前書いたと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

463 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:15:48 ID:KD7lrXVs0
     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ            それでは、確かに、
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|            「憂国」の原稿を受け取りました。
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::

     【井出孫六】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 浅沼稲次郎社会党委員長暗殺事件から数日後のある日……

 当時、中央公論社社員、のち直木賞受賞作家となる井出孫六は、南馬込にいた。
 三島由紀夫から、「憂国」の原稿を受け取るためにである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

464 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:16:02 ID:KD7lrXVs0

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ            ああ、頼むよ。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ             ……ところで、深沢七郎さんの新作、
       `|      ^'='^     ム'′            あれ、君のところで扱うんだってね?
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

        【三島由紀夫】


                 __
            xー´ ̄:::::::::::::::\
          /:::::::::ハヘ:::::::::::ヽ:::\
          }::::::::::/イ  ヽ:::::::::::\::::ヽ
          V}::::/ーx  >ヘ}ハト、:::::::::'.
           ハ{≠ex  xe≠ .ト、::::::}
             '.`¨ア `゙¨´  ,ノ::::::|              そうですが……
              '.ム-  _,   /}:::::Lj
                ハ ̄こ  / ,ル}::::>-            どうかなさいました?
            , <へ  ./  ,イ::::::::::::::
          ./:::::::::::::::::`爪   / |::::::::::::::
      __/__,-x::::::::::::::::{  X´   }::::::::::::::
   Y´ ̄    {州ノ::::::::::::::::|.,イ ゙ト、 /:::::::::::::::
   .|        {州::::::::::::::::::::| .}示{ ./:::::::::::::::::
  /!        {州::::::::::::::::::::| ,ハ/ハ/:::::::::::::::::::
  /:|.        {州::::::::::::::::::::|ハ///::::::::::::::::::::/:
  |::|.       {州::::::::::::::::::::|///:::::::::::::::::::::/:::
  |::!       ⊂二二⌒ヽ: |//:::::::::::::::::::::/::::::
  | |       と二二  .}::|/:::::::::::::::::::::/::::::::

465 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:16:19 ID:KD7lrXVs0

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!             深沢さんの今度の新作……「風流夢譚」だったかな?
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙             あれはなかなか扱いが難しいと思うけど、
     .'Lヽ         ,     l゙/             僕のこの作品と並べてのせれば、
      l'ァ.l       `..'"    .|’              毒が相殺されるはずだよ。
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤               このことを、編集長に伝えておいてもらいたい。
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 深沢七郎は「楢山節考」などで有名な人物である。
 一方でギタリストでもあり、プレスリーやビートルズ、はたまたジミ・ヘンドリックスまで聞いていたという。

 三島は深沢の書いた「楢山節考」を激賞していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

466 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:16:34 ID:KD7lrXVs0

         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |           ・・・・・・わかりました。
       |   /            ||,) |ヽ. |
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||          編集長にお伝えいたします。
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 深沢の「風流夢譚」という作品を読んだことがある人は、ほとんどいないと思う。

 というのは、この作品は「都内で起こった革命のようなもの」によって、
 天皇、皇后をはじめ、皇族たちが首を斬られるという描写があり、
 この描写があることにより後にいろいろなことが起きてしまい、
 深沢自身が復刊を拒んだためである。

 それに対して、後年のことを考えると分かるように、
 三島は保守的、というよりも極右に近い政治志向を有していた。

 その人物がわざわざ、自分の作品と並べて掲載するように進言する理由……
 これは文学性の故なのか、それとも別の考えからか……

 三島のこの発言を、井出がどのように思ったのかは分からない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

467 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:16:47 ID:KD7lrXVs0

       __________                   __________
    r´ ´\                \               r´ ´\                \
    (    \    中央公論     \             (    \   小説中央公論   \
     \     \              \            \     \              \
      \     \                 \             \     \                 \
        \     \                 \             \     \                 \
          \    \                 \            \    \                 \
          \    \_________\             \    \_________\
                \   r´=========r´              \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ                 ヽゝ==========ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出が三島のこの発言を編集長に言ったかどうかは分からない。
 というのは、結局深沢の「風流夢譚」は中央公論に、三島の「憂国」は小説中央公論に、
 別々に掲載されてしまったからである。
 これが井出の伝え忘れなどによるものか、それとも当時の編集長の意図か……
 今となっては分からないだろう。

 ともあれ、三島の考えと異なり、別の雑誌で二つの小説が掲載されることになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

468 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:17:01 ID:KD7lrXVs0

     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{二二●ニl'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノニ●ニjノノ`i, /    ●i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結果「風流夢譚」は問題作となってしまった。
 宮内庁は「皇族に対する名誉毀損・人権侵害」とクレームをつけ、
 右翼団体が激しい抗議運動を展開するに至ってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

469 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:17:14 ID:KD7lrXVs0

  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_             お詫び申し上げます……
  /三三j='rー、\_>、)_?, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎

  【嶋中鵬二(中央公論社社長)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中央公論社側は、編集局長が宮内庁に謝罪に出向いたり、
 また中央公論の編集長を更迭するなど、沈静化に努めてはいた。

 しかし、右翼の抗議活動は収まることを知らなかった。

 そして……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

470 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:17:48 ID:KD7lrXVs0

              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1961年1月31日。

 中央公論社嶋中鵬二社長宅を右翼の少年が襲撃、
 家政婦を殺害し、夫人に重傷を負わせる事件が起きた。
 俗に言う「嶋中事件」である。

 右翼かぶれの若者の「凶行」「愚挙」であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

471 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:18:03 ID:KD7lrXVs0

    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/         
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\       
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /   おっ、おわびを……
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /     おわびをしなければ!
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|       おわび、おわび……
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\    
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i      急いで新聞に、社告を出すんだ!
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__  
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::   
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが被害者である嶋中は奇妙な行動に出る。

 社告に「暴力に屈しない」としながら、なぜかお詫び文を掲載しているのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

472 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:18:17 ID:KD7lrXVs0

     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{二二●ニl'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノニ●ニjノノ`i, /    ●i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事実上右翼反動にの暴力に屈した、ということなのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

473 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:18:32 ID:KD7lrXVs0

      _______,,,,,、 ---―‐'''''!!!"/ /.〃〃/
      fミヽ ヾ ヾ ヾ   !!!  !!!  !!! !/ ./ 〃〃/
     |   i''"""""'''''''‐‐-、!!__!!!___!!!/ .∠,,,,_〃〃/
.     | 三 !   | ,〜          、/ /   .\"/
     |   !  U  ヾ.\   `'-/./-、,___、-'´ \
.    | 彡 !       \\'//'-、,____、-'´ .ノ'ッ
    |   !    | ,〜 |j.  //`''-、.,___、-'´ /./.\
.    | 彡 !.   U     //\\         /./   \
    |  !、.      // ___.\ 》       i!./___.ヽ,
    |  彡`''‐- 、,,//,、-´ ̄ ̄ヾ   u    〃´ ̄ ̄/ }    /  おっ、降ろすんだ・・・・・・!
.    |彡   彡 // ヽ        ヾ.      /     /  !   / /
    | .r''""'',、-´/!   \        〉       ヽ.o   //u|  / /
    | |. ,、-´,、イ  i    ヾミヽ、 o  /   |.| u   |三彡/ ,!-'´./     左の連中を降ろして、保守の論客をっ・・・・・・!!
   ,、-´ ,、-´ ヽ|三|   u \ゞ三三(   .|j    |--‐´,、-'´,、-'´
,、-´,、ィi´ |/⌒ヽ|  |    __ ` ‐--‐´}   u u .|ヽ,-'´,、ニ'_|
,、-´. | ヽ,ヽ,  .|ミ|. /  __`   ノ  !     .,、-'´,、-'`‐-、 !        は、早く・・・・・・!!
  . /|彡.i i ⌒ | |. / ̄  ̄`´  / |j  ,、-'´,、-'´ \    'i
  /:::|   | 'i  |ミ|  __   U /  ,、-'´,、-'´  u  ヽ U ヽ,
  i::::::::|彡 | ゝ-''| | { .|  | ̄.T''‐i,、-'´,、-'´       ノ   ,、-、ヽ,     今すぐにだっ・・・・・・!!
. |:::::::::|   ゝ-ァ'´V  !_|  |  |、-'´,、-'=ニニ=、__,,=ニニ´i-‐T´ | _D .!
/:::::::::::| /〃/  {  i'__ ̄`,''-'´,、-、'__|___|_|_|_|_|_|_,,、!-‐''"_} |
:::::::::::::::::|.〃 i.   | {,,、-`´,、-'二!二!ニコニコニコニコニコ二!二!二!__.ノ {
::::::::::::::::::|/ |.   ,,、!''´,、-'´                           }‐-
:::::::::::::::::::|〃|.,、-'´,、-i´                                 |:::::
::::::::::::::::::,.!-'´,、-'´ ';';'i     U      ≡≡≡≡≡           |‐-
:::::::::,、-'´,、-!´    ';';';|              ≡≡≡     U       !:::::::
,、-'´,、-'´::|/     ';';';ゝ_____            u       /:::::::::
,、-'´::::::::::::|\  U ';';';';';';';';';';';';';';';';';';""'''''‐‐-- 、          /|::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::|. \   ';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';`'' ‐- 、, __/ /|:::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このときから、中央公論の方針が極端に右傾化していく。
 革新系の論客が使われなくなり、替わって保守系の論客が登場するようになった。

 これらは嶋中の指示によるものと伝えられている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

474 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:18:47 ID:KD7lrXVs0

         _,,,ィー=ニ=ュ,,,,、,         
       ,.-彡三三三彡三三ミンィ.     
     /彡彡三三三彡三ミ;i彡ミ、    
     /彡彡彡三ミ 彡彡三ミシミミミト   
   .〈彡彡彡⌒ーァ/ _,ィ彡⌒ヾミiリ    
     V彡く  ー=― ''"     {ミl    
     V彡}  /´⌒ー---       V__    
    r-V´  ,.r-===='  ヾ=⌒  |k }  
    {ノハ     <二9シ i゙/ニ9`  .|ノノ            おやおや……
    ヽ. ハ         ',     |/    
      \!       ,.- ヽ    l              これはちょっときな臭くなってきたぞ……
   _/二L___     ヽ____ノ    ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ --、__.    ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)  ^    ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_   /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

          【鶴見俊輔】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 元来、中央公論社は戦前から革新系の論客を多用する傾向があった。
 特に非共産系の左派を好んで使う傾向があり、鶴見俊輔なども多くの仕事をもらっていた。

 ところが、その仕事が徐々に減っていった。

 革新系の論客たちは、中央公論社のこの動きを訝しく感じていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

475 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:19:04 ID:KD7lrXVs0

          _____
       ,  ´ :::::::::::::::::::::丶
.     , '´,:::::::::,.ィ::::,ィ:::ハ:::!:::::ヽ
    /;;;::::::::,::〃×./ノソ.i:!:::;:::::i
    ,';;;;::::::::i://てさヽ,  ィさ:i::::!
    ,';;;;;::::::::l' l ヒi;!リ   イリ i::!::i
.  ,';;;;;;:::::::::! ゝ ゞ'′  む/i:'::::!
  i;;;;;;;:::::::::|    ,. _ 丶  l!:::l          うちら使わなきゃ、
.  i;;;;;;;;:::::::::ト,、  〔   ヽ   丿::j           右翼に対して負けを宣言してるようなもんやないか!
  ,';;;;;;;;;::::::::i'  丶、ー',. ィン、:::::i
. l;;;;;i;:::::::::::! \   ,ベ:/  ヽ/
  !i∠_!::::::::l  ヽーゝノ      ',
. 〃‐、 ゞ;:::::!   ヽ, i      /
. !   丶 ヾー-┐ ∨    /

        【久野収】

                                                 __,,..-‐‐‐-、_
                                                ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
                                               l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
                                               ヽn____v'´'i::::::::::::l
                                                ノリ    リノ::::::::ゥ´
       だからといって、嶋中社長の心情を考えると……               `l__   rゝ:::::ソ
       こうならざるを得ない部分もある。                     .  l   /: : :l
                                                 ゝ=ニニ--‐‐ュ
                                                _,,-d三二彡".::::`'‐、
                                              ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
                                            / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                            ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
                                             `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
                                             l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l

                                                 【丸山真男】


          ,.-''" ̄ ̄" ̄`ヽ,
       /゙ ノ --    --ヾヽ
      /   /  ●    ● | i
      `ヽ,,_(  ´ ( _▼_ )` ノノ    ・・・・・・
      ,.-''' 、/    ,,川 |   ''-.,
     ( ,i''゙(   __/ )|川( \ ゙'' i,)
     .| ゙-..;;_''  ''''',, '',,,._ ,,,..-'゙.|
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄     .|
       'l,             ,/
       \          /
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙

          【都留重人】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この当時、中央公論社は「思想の科学」という雑誌を出版していた。
 編集委員として鶴見俊輔、丸山真男、都留重人、久野収らを擁していたこの雑誌は、
 左派系の論壇誌として、確固たる地位を築いていた。

 その編集委員たちは、どうやら中央公論社の動向について、議論を重ねたようである。
 もっとも、この時点では、現状を維持する方向に至ったようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

476 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:19:24 ID:KD7lrXVs0

    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/         
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\       
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /   「思想の科学」で天皇制特集だと?!?!
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|       いかん! いかん!
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\    
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i      すぐに印刷を中止させろ!!!!!!
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__  
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::   
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが「思想の科学」メンバーが看過できない事件が起きてしまう。

 「思想の科学」の印刷が、嶋中の指示によりストップされたのだ。

 その号は天皇制を特集するものであったのだが、
 その内容が右翼を刺激すると嶋中は考えたようであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

477 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:19:43 ID:KD7lrXVs0

              ,,,...?r-ーーーーー-?.. ,
          ,?r'''~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶、
       ,, r''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丶,
     ,,r ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶,
.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;/.ヽ;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;/ i;;;;;;;;;/.  ヽ;;;;;i ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ/;;;;;/  i;;;;;;;/   ヽ;;;;i ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;へ、  i;;;;;/     ヽ;;i  ヽ;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,,,..r.こニニヘ、;/      ヽi  ,,,>;;;ナ;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;~/;;;;;;;;;;;ヽ.`\〃   .レ,r'こヘ、,ヽ;i.ヽ;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i /  / ;;;;;;;;;;; i       ~''./ ;;;;;;;;;.\i. ヽ;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i .|   i  ;;;;;;;;;; .i.        i .;;;;;;;; .i ヽ ヽ;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  !   ! ;;;;   .i        i ;;;;;;;; i  |  i;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     .ゝ....... ノ         ! ''''' /  |  .i;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i                   ゝ... .ノ  .'  .i;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.                /          .i;;;;;;;;;;;;i       嶋中のヤロウ、やってくれるやないけ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.        -ー‐ ..               i;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.     /      ~ ''ー-- ?,        .i;;;;;;;;;;;i       こーなったら全面闘争や!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     /             :::::i       .i;;;;;;;;;;;i       中公への執筆は全面拒否や!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、   /              ::::!      ./;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::ヽ.  .i               ::/     ./;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;! :::::ヽ、丶,,               /   ,. イ~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;!  ::::::::\, ~ '''.ー-- ...,,,       ,, イ~;/∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;!   :::::::::::`丶、..,,______,,.....? ー'' //~./:::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
..;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!     :::::::::::::::::/   /    // /::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
...;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!       :::::::/.   レ'    // /::::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
 .;;;;;;;;;;;;; ;;;;;!        / |   .レ   .// /::::::::::::::::::i;;;;';;;;;;;;;;;;/
.ヽ,.;;;;;;;;;;  ;;;;!.       / .|      .// /:::::::::::::::::::!;;; ;;;;;;;;;;/
 ヽ\;;;;  ;;!       i  ‖     .// /::::::::::::::::::::!; ::;;;;;;/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この行動に「思想の科学」メンバーのうち、強硬派はいきり立った。

 中央公論社の出版物への執筆拒否、版権の引き上げなど、全面的に闘争することを主張した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

478 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:20:00 ID:KD7lrXVs0

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::∪:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::∪`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノ___メ:::メ、_|::|::::::ハl
    人λ::::(|::|( ー) (ーノレ´
.      |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ|::|         鶴見先生すまない。
      .|:::::::|::|、   ̄ノく:|::|
     、ノ:::::::|::|.ヘ ./ )ヽ::|::|         オレら事務方や、中公労組も頑張ったんだけど……
      (  \m/__ノi ) , )
       \.彡ノ /i::|'., ヽ/ /
       !、乂_/:::::|::|.::\ソリ

                                                        z‐====‐-
                                                      彡=-‐ミミヽ:::::::::::::
                                                       / /⌒ヽ::::::::::::::
                                                       , ミ:.、`ヽ   ヽ::::::::::
                                                      ノ 、\   /.::::::::::::
                                                     _   ´ く::ハ ヽ  ヽ:::::::::::::::
             ・ ・ ・ ・ ・ ・                         (  、    `       }::::::::::::::
                                               _ヽ ソ        〈::::::::::::::::
                                            ::ニニ7' }L             ゙゙二ヽ::::
            (やりたくはないが……執筆拒否か。)          / x仁..`           )  }:::
                                            _≠-‐┴‐っ             、_  イ::::
                                            / -‐‐、て¨´       _ノ    _」:::::
                                          /  -‐ヘ. \≧=-、:::::     -‐ . :'^ヽ
                            .              l   ノ  `T   _」ニ=‐   . . : ´: /: : :
                                       |    }  / /;:|    /: : : :/: : : /
                                     _  /      /´/:;:;:;:;|   /: : : :/: : : /: : :
                                    /V/`〈   _ ,ノ/>ゝ;:;:;:;l /: : : : :/ : : : :/: : : : :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 鶴見もあまり乗り気ではなかったが、最終的に執筆拒否に賛同したようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

479 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:20:20 ID:KD7lrXVs0

     /        ヽ
     〈         l、
      ヽ,        ,r'
        l!j       ソ
      l ヽ、__ ン                ・ ・ ・ ・ ・ ・
       l_i, -‐'==ヽ
       ィ'_,,. -‐'''  ̄ \
    ,ゞ'''<         ヽ
  /     ヽ         ヽ
  l        l          l
  |        l        l
  |          l        l
  l        l        l

                                                   , _
                                                __≧::::\ ト、ト、
                                               ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
                                             ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            , ' :::::::l:::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
       丸山先生は信用できねえ!                    ヽル:::::|:::|乂ヽノ/ヽ;;|::|:::::::::ト、|
                                              ヽ:|:::●) (● ).|::|)::::::リ
       この言論の危機、自分のことなのに、             r‐ぅ__     | :|i  r‐ュ   .|::|::::::|
       非協力的で……                       (⌒ 厂   .ト|:::|:ゝ.   ,イ.|::|::::::ヽイ
                                        ` ´     〉ヘ|::::丁レ∧ノ リヽ:::::ヾ
                                               rヘ,、ノ./7:「⌒Y   |::::::::}
                                               ヽ ' ヽ{ l::ト, ´.ヽ/ .|:::::::}
                                                ヽィ彡ヘl::lヽ,ィ彡  |::::::}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸山も乗り気でなかったが、とりあえず賛同したようだ。

 ただし、この闘争の前面に出てくることはなかった。
 このことから、中公労組や「思想の科学」関係者の不評を買うことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

480 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:20:38 ID:KD7lrXVs0

     ____
   /      \
  /         \
/           \        こいつはまずいお……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/        これじゃあ右翼に屈していることに他ならないお。
(  \ / _ノ |  |         どうにかしないと……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

   【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、その頃宮脇俊三は、中央公論社の出版部にいた。
 「世界の歴史」を組んだり、北杜夫と酒を飲んだり酒を飲んだり酒を飲んだりしていた頃である。

 翌年から中公新書の刊行を考えていた彼にとって、
 知識人が執筆陣からいなくなるのは、かなり大きな問題であった。
 新たに発行する新書の執筆をボイコットされてしまう恐れがあるからだ。

 もちろん、出版に生きる人間として、
 言論が暴力に屈することに耐えられなかったこともあるのだろう。
 そういう意味では保守的とはいえ、出版人の一人であったといえる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

481 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:20:58 ID:KD7lrXVs0

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l       一応動いてみたけど……やはり社長の意思は固いお。
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /        でも、どうにかして和解させないと……
         /  `''ー─‐─''"´\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇はこの時点でヒット作を次々と作る名編集者であった。
 また若くして第二出版部の部長となった人物でもあった。
 要は社長の覚えめでたき人物であったのだ。

 その宮脇をもってしても、嶋中の意思を変えることはできなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

482 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:21:18 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \         ……というわけで、鶴見さんや久野さんに連絡とって欲しいんだお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/         社長のほうはやる夫が説得するから。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                                                 , _
                                              __≧::::\ ト、ト、
                                             ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
                                           ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                          , ' ::::::l::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
                                          ヽル::::|::|:ナヽノ 弋:::|::|:::::::::ト、|
                                            レ:|:(●) (● )|::|)::::::リ
             ……なんとかやってみます。                  | |i  _  ,,.|::|::::::|
                                                |::|:ゝ.     |::|::::::|
                                                |::|::::::ノ  /  |::|:::::::しi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 状況が動いたのは、宮脇が「中央公論」の編集長になったときである。

 「中央公論」という雑誌をより良いものにするために「思想の科学」系論客の意見も必要と考えた宮脇は、
 以前「思想の科学」を担当していた人物に交渉の窓口となってもらい、
 「思想の科学」の論客の面々と嶋中を和解させようと行動を起こした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

483 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:21:38 ID:KD7lrXVs0

|   ',     /:::::::::::::::/ .r"  ヽ'´  /   .l:::::/lヽ        \
|   ゙、   ,.':::::::::::::::::;r'  ゙、,  ,ノ゙、、       !::/ .l::::ヽ       ヽ
|.    ヽ,_r'::::::::::::::::; '      ゙'"     --,=.l:/‐‐l::;'!:::',         ゙、
|    ,r'::::::::::::::::/    ,、-‐、,.      i゙   '゙';  リj::::::}         ',       おいこら、嶋中!
|   ,r':::::::::::::::;r'   , ‐'゙: : : : : ゙:ヽ.、    '、,,,_,ノ  '/::::/        i
|  ,、';/::::::::::::/゙、  ,r'゙: : : : : : : : : : : ::゙ヽ、     /::::/          l      お前男なら、すぱーっと謝罪せんかい!
| /'゙/::::::::::/l〃゙、/: : : : : : : : : : : : : : ::::;リ    /:::::/         /     ,rァ
l ' i::::::::/ ,〉:::::::>; : : : : : : : : : : : : : ::;;/   ./::::::/         /  _,_r=, /-ッ
l  l:::::/ ,、‐":.ゝ‐' ヽ,: : : : : : : : : : : : ;.'   ,r'::::;r'_    _,、 -ニ -‐ ''" ,r' ∠_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結果、とある料亭で会合するところまでは話を進めることができた。

 ところが、嶋中はその会合で一切謝罪をせずに、言い訳めいたことを繰り返し言ったために、
 「思想の科学」メンバーの怒りを買ってしまう。

 和解交渉は土壇場で失敗に終わってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

484 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:21:57 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \        社長のせいで、ポシャっちまったお……
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /        次の手を考えないと……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この失敗を受けて、宮脇は事後策を考えていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

485 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:22:14 ID:KD7lrXVs0

、ー-、=ミ 、\ヽゝ、  〃
>≧ ` ー-、ヽ :. `Y jイ
    ̄`ミ .、   \  リ ハ
´/  Zー- ミソヘシヽ .!__ノ
彡'´ 彳´ ゞ=ミ、 ヽK, ノ┘
/ノ     .>=ミj i|j,イ彡
Y´ ̄ヽー-<!.::(・) !__,:'⌒Y
.j }::)   ::. ゝ-- ' 人__.ノ
ヘ.ゞノ rヘヽ  Y、  〉/
j,:`リ    ト、_____`二,'              と、いうわけで、編集長、交代していただきましょうか。
::レ゙     \+-+-+-{
ミ:.、   `ー ̄:..´ ̄,ノ
"'''- .._ヽ彡ソ,, ,,, ,,, ,|
////// >z、`ー=チ
///////////>z、\
/////////////} |/
ー.、//////////| |}、_
///\////////ハ :./// ̄\

   【粕谷一希】

                                               /  ̄ ̄ ̄ \:
                                              ::/        ::::\:
       やる夫には、雑誌作りは向いてないんだお……           ;: |          :::::::| :
                                              \.....:::::::::    ::::, /
                                              r "     .r  /゚。
                                            :|::|     ::::| :::i
                                            :|::|:     .::::| :::|:
                                            :`.|:     .::::| :::|_:
                                             :.,':     .::(  :::}:
                                             :i      `.-‐"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、今度は宮脇が「中央公論」編集長の座を更迭されてしまう。
 宮脇は社長と「思想の科学」メンバーとの和解ができなかったことに悔いを残して、
 編集長の座を粕谷一希に譲ることになってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

486 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:22:36 ID:KD7lrXVs0

          ,___
        /゙      ` ̄ ̄`-,―ー,ハ、 _ ,--、 ,_
       l            |   ゙//:´::::|(二二,)
       ゙l \ヽ`ー―−- - |   ,iii,,ゝ:::::|(二二 )
         |    _`、_ 。 。 。.|。 。,ii,l iノ ̄ヽ(゙~l`)
        ゙l  i  ` ̄~`tーーl_,_:/:lヽ、___,/-´
         ゙|  i  ー´~l::::::::::::::::://::::_,(二)
         l  i       |::::○ ::::○::::: | ,ー´
           l, i   イ ゙l::::::::::::::::::::::::::|i:::|ヘー、_
         く  i   i   |:::(二)ヽ::::::::::|i:::|lノ ゙゙  `ヽ
           ゙ゝ`i ノ ,i⌒i⌒i⌒l~ヽ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー、
         <´ゝ- (二| ,i  l  i , |iiニ,__i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
゙\   ,_,ー´ ̄ー ,/ /:゙ヽ,_,_,_,,ノ゙> |i:::|y  _,ー´ ̄/
  ヽ ヽ,   _-ー´,,ノ:::::::。,>`-ーー、,ゝ.|i:::|    i  ゙̄/
   |ー,く (,_,ー゙ ̄´ :::::::。゚::: )/ゝ::/ ゙̄/゙|i:::|   ,i ヽ_」
   ゙| ヾ\ \:::::::::::::::。゚:::::::::i//   / , |i:::| \i  ,l/
    ヽイ-`ヽ ゙\;:::::::::゚。::::::::。\_,/゙。  |i:::|   ヽ, l゙
\    \ヽ \ ゙\ :::::::゚。_。゚:::::::`\ 。 |i:::| 丶  ,|ノ゙
ヽ,ヽ_   ` ̄´`ヽ ゙l ::::://:::::::::::::::: i\、|,ノ  丶/
 `ー-、` ̄`ー,_/ /:iニ, ,ニl::::::::::::::/ / ヽ   _,,ノ
_,-ー´ ̄`ー、_/::::://´::::::::::::://゙ー- ̄(       _,,-ー´ ̄
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::ヽ,ヽ  _,,ー`゙ヽ,_, /     ,__
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::ヽ,ヽ    ,,ノ/ /~ ̄:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\  ソ/ /::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\_/ /::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,_,/´:::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 粕谷一希。
 1955年中央公論社に入社。
 主に思想系、論壇系の雑誌を中心に社内を転々としていた人物であった。

 保守的な思想の持ち主で、そこを嶋中に見込まれ、
 1961年から「中央公論」の編集部次長を勤めていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

487 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:22:51 ID:KD7lrXVs0

          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
        ;`7/゙r‖_,r=-, i|=|i´,r=ヘ`li,. ;彡>,
        彡l ,:/ヾ_゙ _ ._ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i      宮脇君のやり方は失敗だった。
        |l :.|  ,r ,_  ____  _, 7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙ ` ゙̄ー===―` ̄ ´ ゙ lソ       やはり「中央公論」は中公の旗艦誌だ。
           i// , .          ヾ、゙,!       読者の期待を裏切るようなことがあってはならない。
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
           _,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       /゙ ,/゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
      /   l::::::::::::::::::::i,     i!:::::::::::::`il    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は、「中央公論」の編集方針として、若者向けへの転換を図っていた。
 ところが、それが旧来の読者から支持されず、結果売り上げが落ちることになってしまった。

 長く「中央公論」の編集部に勤めていた粕谷は、その点が売り上げ低迷の原因であることを見抜いていた。

 そこで、まず誌面を以前のようなスタイルに戻した。
 王道の論壇誌スタイルにである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

488 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:23:08 ID:KD7lrXVs0

     ヾ:;:;:;:;:;| /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:;:;:; ソ:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_〉:;:;:;:;:}/
      ヾ:;:;:;:レ′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ノ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ/
      |´\:;:;:;:;:;:;:,,====、 :;:;:;〉  〈;:;:;: , ====、 :;:l.ヾ,イ 〈
      |.i:i:i:iヾ:;:; ,〃     .ヾ._ゝ一'、 ,〃      Y:i//iノ`l |
      | ヽ:i:i:i:\|i       i|/´⌒ヽ. i       .i|/イ´:i:i | |
      .ハ、r′:i:i:i:ヾ.     ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ      ,/:..:.| i:i .リ
      .ハヽ:i:i:i: :i:i:i:ヽ.__,,イ:i:i:i:i| ゙̄Y、:;:;:ヽ.__,, イ:..:..:.| リ /      サヨクがギャーギャー言ってるが、
       ヽ.∨|: : :i:i:i:i::..: : :i:i| //.| : : :i:i:i:i:i:i:i:ヽ\:.Y´/       これからの時代は保守!
         \|: : : : :  : :i:i:i:|  .|  l、: : : : .丶V|ノ
         /|: :     : :i:i:i:i:i|// .|  .〉ヽ,: :    〉`|´\      保守の論客をどんどん使っていこうかね。
       , /:i:i:i:|: :r─: :.: ::i:i:i:i:i|// .| ノ;/´   .,、/: :.リ:i:i:i:i\
     / .ノ:i:i:i:iハ: :、 r、   : ::i:i:l、_,|i´;/:    ,ゝ '  ::ノ:i:i:i:i:i:i \_
 ,_/ /:i:i:i:i:i:i:iハ: :` ヾ.ーr‐r‐r─┬─r─r-r,/   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   \
   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ: : : ヾ.lー|ー|─‐|─/‐/‐/./   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、   \
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ: : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方で粕谷は、より保守色の強い誌面作りにこだわっていく。
 これは彼自身の持つ保守的な思想によるものであった。

 山崎正和、塩野七生などを世に送り出したのが彼だといわれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

489 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:23:25 ID:KD7lrXVs0

 _                 _,,-ー''"´゙ "-,,__           _____
/   \            _,,-‐'"     ヽ, ,,ソミ         /      \
    |          /,,ゞヘ'゙"ソ-,,、   i '"`"ーミ、__     |         |
 早ハ .|          /,ミ"_...,,ミ彡,,../ミ   ヽー-.,, ノヾ"ゝ    | 来 垂 .能  |
 .く リ.|       ./../,ミ"__ 、_, _゙iソ ヽ __ ゝ `i'r-,,,_.       | い れ 書 .|
 !.| |     /  i| i ィ_r‐-,ヘ,r-、 ノハヽ,,__iノ_、 `ヽミ  ノ´゙゙ヾ .| よ .て き  |
    /   /'""   ヽゞ`ー'ー'--' イ ___/-'" '''ノ-,,ミ i:;:..'"、 |   ね    |
  _/   /-''" ゙゙̄ヽミ ヘ:::.,_ヽ_ィ=ヘ'"ー―- `ヽ__/彡_/~ヽヾ.|    え   /
  .\    l|/ /ノ ヾヽ__r-'" ̄~゙ヾミ ̄` ー-- \__.:...,__  ノ´ノ. \  .で  /
   .\ ヾ /.::'"   /  ir´\ ヽ  `ヽ\      `i,,  ノヽ彡_,,/     \
.___ .\`i./     \.f-` ヾ.\ \  ,,_,,r'"~''"ヾ-,ゞ  ミ .//        .|
| ―‐‐|  | `|      /  `ヽ/_〉_i,ー''"  /    ヘ ,, ミ / |   か     |
. ̄| ̄ ハ| l|      ノ:. ゙´ヽ | ̄/ノ  ///l         /..|   か    |
. ̄| ̄   | |l      ソ ,  __.ノ-,_i/ .//ノ/       /   |    っ   ...|
      | l|     f/-' ノ/ \/ヽ::..ノ /i      /    |   て     .|
 /  リ | |l ..:'",,⌒ `ー'-'`"'/ \"  / l|     /     |   来    |
 \    | l|:彡'" ̄~`ヽノi    \ \'" i|    `ヽ     |   い    /
     || .ノ'ゝ,/ ̄ ̄`ヽミi  ii/::::::\ \ i|       \    ヽ   __/
  r-、  |ソ.::`i      i_| |_:/ \ \        ゙,   ノノ ̄  ',
  | |   .|/  |      i!ーi r-'::i i  \ \      ',         ',
  ゝ'   /´゙゙ヽ |       !::::| |:::::::i 、 / .\ \     i     ::     ゙,
  (_) ./ー--.::|       !::::|_|::::::::!ヽi! /  .\ \-、_ i,,   :::     ',
.__/ー―-.::|r-,     .!:::::::::::::::::! i.:::/   \ \  ヽ-i__.....:::::      ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに仕事に対する考え方も宮脇と異なっていた。

 宮脇は「会議ベタ」を部下から揶揄されるくらいの孤独主義、
 一方で部下のやりたいようにやらせる放任主義だったのだが、
 粕谷は強引に物事を引っ張っていくタイプの上司だった。

 それゆえ、独断で推し進めていく傾向が編集にもあったと言われている。
 もっとも、その性格ゆえに面白い雑誌を作れる人でもあったといえるのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

490 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:23:41 ID:KD7lrXVs0

        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /
.      !  ,'::::::::::    、       ∨
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|         粕谷君、よくぞ「中央公論」の部数を伸ばしてくれた!
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|         君は我が社になくてはならない存在だ!
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そういうこともあってか、粕谷の編集長就任後の「中央公論」は売り上げを回復させ、
 さらに宮脇就任以前の数字を上回る実績を出したという。

 会社としては、なくてはならない人物となっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

491 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:23:55 ID:KD7lrXVs0

粕谷ってウゼエよな……
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )  うちらの企画つぶしてくるし……
| U (  `・) (・´  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、「中央公論」の編集部員からは、その独善性から不評を買っていた。

 企画はまず通らず、粕谷の意向に則った企画による仕事が強制される……
 そしてそれに従えないものは冷や飯を食わされる……

 誰もが自ら企画を立て、その誌面を作りたくてこの業界に入っているのに、
 こういう状況を繰り返されてしまったら、その不満は鬱積するに決まっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

492 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:24:10 ID:KD7lrXVs0

ベトナム反戦だよね。
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´-ω-) (-ω-`) ∧∧
( ´-ω) U) ( つと ノ(ω-` )  革命こそ正義だよね……
| U (  ´-) (-`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに編集部員……特に若い人々は、粕谷のような保守よりも革新勢力に親和性が強かった。
 当然ながらそういう記事を書きたいのだが、粕谷の意向が強く書けなかったのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

493 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:24:28 ID:KD7lrXVs0

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)        と、いうわけで、今度の労使交渉では、
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ         「職場の民主化」も要求してください!
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'


                                          ト、 ト、 ∧
                                        |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                      弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                      <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                                     <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                     厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
                                      厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
      はぁ……                            八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
                                        ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
      (早くプロレス見に行きたい……)               \  - 、  ,イ?V
                                            ム|` -  ?
                                         __i     {
                                      ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                    /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                   ∧                  \
                                  / !                  / ハ
                               .  /  V           ◇    /  !:|
                                 /   /            ◆  ! /  .!:|

                                         【村松友視】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような不満の声が、徐々に労働組合の本部にも上がるようになっていった。
 彼らは口々に今の会社の不満を主張し、「職場の民主化」を求めていく。

 村松友視は当時、中公労組の書記長を勤めていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

494 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:24:54 ID:KD7lrXVs0

       _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∠:::::::::::::::::::::::::::::;::::;::::;::::::::::::;::::;::::::::::::ゝ‐
      >'¨フ:::::::;::::'::::;::::/// l::::::;::::::;::::::::::>‐
     イ:.::::':::::::::::::::::::/l/十ー l/vl::/l/l:::::::::::\
      フ::::::::::_::::::l/ l でテ l/ .V 气レ':::::::::ヽ、
      /:': :/: ;t: l  ¨ ̄  /  !tフソ;::::::::ゝ、
       /¨ヽ  i:::ゝ     _ :  ¨ .;::::/`
          ーヘ           /"'          何で俺が?
            人    r==、  /
          z ┤  \     /             総会にもほとんど出てないのに?
        / ヽ'    ` >‐<
        人   \  : : : / : : : \
     / ̄ 亅  /  ;   : : :冫 : / |
   /     |  /  .入ー―‐': : :ゝ |
. イ       レ'    亅::::::::::/   > \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、村松書記長という人事は、かなりきな臭いものであった。
 というのは、村松は書記長になる以前、ろくに組合活動をしていなかったのだ。

 どうしてろくに組合活動をしていなかった者が、突然労組の幹部になっていったのか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

495 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:25:15 ID:KD7lrXVs0

         _                                                    _
       /三三"ヽ                                               ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                                             ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉                                            ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、                                       r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h                                     .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l                                     .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'
           i.ニ三三三...`"''、ミ三三三三ミ,イニ三三三三三三三三三三ト三三三三三ミr'"´......三三三.i
          ,'ニ三三三三三...`´` 、ミ三ミ, ィ'..jミ三三三三三三三三三三ミ', ゝニ三ミ,イ.`'..三三三三三三',
          ,'.ニ三三三三三三三三.` .´   .{三三三三三三三三三三三ミl  .` ´..゙三三三三三三三三.'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 どうやら、労組側の黒幕は別にいたようである。
 その者が学生運動勢力や新左翼勢力と接点を持ち、活動していたようだ。

 もっとも、そのような者が組合の幹部でいることは、かなりまずい状況である。
 そのため、そのカムフラージュとして、活動とはあまり関係のない人間を幹部に据えたようである。

 さらにこれは、参加率の悪い組合員への強制の意図もあったようだ。

 このような意図をもって、あまり活動と関係ない者を幹部にしていったとしたら、
 労組もまた酷いものだったといえようか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

496 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:25:50 ID:KD7lrXVs0

          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
       ,...:´::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
          ̄ ̄/.::::::::::::::::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
        /.:::::::::::::.イ:::::::::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
          ー‐ァ.:::::::::{ 厶イ:::ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\
         /___::∧ (|/   〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j/!::::::::::\ ̄
           /.:::::ハ ∧    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄
          ∠::::::::::::八 :.       \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
           厶イ:::::::::ーヘ            ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }     あ゛?
            ノイ::/i:::ハ         {:::::::::::::::::::::::::::∧丿
                |/  |::::::|\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/         闘争やるなら勝手にやってくれ。
                  x≦ハ| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/          俺はシラネ。勝手にプロレス見に行っから。
                 / ∨//|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\
              /   ∨/j   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
             /     ∨′   \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、
            /         >x:::.、   \::::::::::::::::::::{'/////////\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、村松は後に直木賞作家になるくらい自意識の強い人間であり、
 またケンカ早い人物でもあった。
 さらにあまり労組の活動にいい印象を抱いていなかったようである。

 そんなこともあってか、2年ほど労組の活動に従事しているが、
 その間労組が暴走することはなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

497 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:26:10 ID:KD7lrXVs0
          __    ___     __
         乂_\ (_⊂⊃_) /_ノ
                  ̄
            ,ィ /! ,イ ,.ィ
            ,、/!/::レ'::::/:::::':::/,.ィ'
         ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡'
        `ミ、::::::::::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::ア
         弋::::::::::,ィ‐卅ヘ:::::l::!:、::::::::::ミ=
         ∠::::ノイ/⌒ヽl|l|Vl/ミj/::::::::ミ、       というわけで……
          ノイ´ュ `~"   ⌒ヽN::::ミ、
          ノ:ヽ、       `~゙/、::::ト、        頭上を見てもらえば分かるように、
        彡イ:ヘ  ⊂、ヽ   /ツミヾ         俺も体調悪いから、しばらく休職するわ。
           ム从\ _`. イ:jヾ           労組も下りさせてもらう。
         /ヽ ̄|    | ̄,ハ、
       /‐' 〉{´    ゙}〈ヽ‐\
           \.二二ノ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、会社からの職務と労組の活動の同時進行は大変なものであった。
 そんなこともあってか、村松は体調を崩し、休職するハメになってしまう。
 そしてこのとき、労組の幹部も辞任するに至った。

 労組に歯止めをかける人物がいなくなった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

498 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:26:33 ID:KD7lrXVs0

        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_,.-'": : : : : : _,.-'"
       ,.-'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _,.-'"
      /: : : : : : : : :/: : : : ,イ: : :∧: : : : : : : : : :k: : : : : : : : : `ヽ、_
.   / _,.ィ : : : : : : l,.-‐/¨l‐-メ、 ヽ: : :l>=‐'"¨l゙',: `ヽ、: :/: : : : :\
.  /-‐'"/ : : : : : /l/   l;/   ヽヽ/l  `ヽ、l ',: : : :ィ': : : : :-、---ヽ
    /: : : : : : :/           Y ヾ      ',/ l: : : : : : :\
   /: : :_:_: : : : :{       ・     }     ・     }: : : : : : : : :ヽ、
 ィ=-‐'"/: : : : ::ヘ           ∧         ,イ/´`ヽ===
    / :_:_:_:ァ'"ヽ/ゝ、         / ヽ、       / ',   〉
     ̄   〈  .{   `ー-=====f´    ゙jー-===‐'"___ ',_ノ   _       はぁぁぁぁぁっ?!?!
   _    ゝ=ィ _,. -‐───-≧==≠-‐'"´ ̄ ̄  `ヽ   f´ `フ_
  (   ヽ___/´                        ゙i_,.-'"\  く    なんでストなんてやってんだよ!!!!
  f´ /    /                           i     >=‐''
. _> f゙_       l                            /    /
 ゝ-'' ` ー 、_ ',      _,. -‐───- 、          ノ   /
         ヽ`ー-‐'"´          ¨ー--------‐'"ヽ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しばらく自宅で静養して、村松が再び職場に戻ってきたとき……

 彼の職場はまったく機能していなかった。
 長期のストライキに入っていたからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

499 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:26:52 ID:KD7lrXVs0

                _ -−― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l       賃上げと「言論の自由を守れ」、
              i    l .l  ̄  ,    u   l       「職場の民主化」ぁぁぁぁぁっ????
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /        んなことやったら、
                  `l        `、         出版物が全部労組の物になっちまうお!!!!
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 団交で要求したのは賃上げと言論の自由の厳守、職場の民主化だった。

 「職場の民主化」とは、いうなれば、出版物の編集決定権を、
 編集長ではなく編集部員の総意で決めるというものであった。
 さらにここでいう守られるべき「言論の自由」は、保守化によって抑圧された言論……
 すなわち革新的な言論の自由を守れということであった。

 要は保守的な思想に基づく出版編集を排除し、
 革新的な思想に則った出版物を作ることを、労組は求めてきたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

500 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:27:20 ID:KD7lrXVs0
         _                                                    _
       /三三"ヽ                                               ./.ニ三ミ\
     /三三三三ミ`、                                             ,'ニ三三三ニ.ヽ
.     lニ三三三三ミ〉                                            ヽ三三三三三.l
     ',ニ三三三ミ/ _,-‐、                                       r-、_ . ',三三三三ミi
      ',ニ三三三.,' i´三ミ`h                                     .ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l                                     .!ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三_/                                     `_ミヽ  .ノニ三三三三ミ -、
i三三三三三三三ミYニ/三三"ヽ                    _ ,, ,,_                  /.ニ三ミ\Yニ三三三三三三ミ`
',ニ三三三三三三三/三三三三ミ`、                 ,r'ニ三三ミヽ                ,'ニ三三三ニ.ヽ三三三三三三三ニl
..',三三三三三三三.lニ三三三三ミ〉               ,'.ニ三三三ミ',.              ヽ三三三三三.l三三三三三三三ミ.,'
 `、三三三三三三 ',ニ三三三ミ/ _,-‐、         lニ三三三三.j           r-、_ . ',三三三三ミi三三三三三三ニ/
.  `、三三三三三三 ',ニ三三三.,' i´三ミ`h.           {ニ三三三ニ.}.          ィ´ニニ`i ',ニ三三三.,'三三三三三三ニ,.'
   ',三三三三三_, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l.         ,r'ニ三三三ニヽ           !ニ三ニノ `._三三三ヽ,,_三三三三ニ/
.    ',.三 . ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/       _,.r.'ニ三三三三三三`.‐ 、.    `、ニミヽ  .ノニ三三三三ミ -、三ニ,'
    i.ニ i三三三三三三三ミYニ三ニ{.    ,r.'"三三三三三三三三三三ミ 、.    〉ニ三ニYニ三三三三三三ミ`三三.i
    ,'ニ三',ニ三三三三三三三三三ニ/.   ,'ニ三三三三三三三三三三三三ミ',   `、ニ三三三三三三三三ニl三三',
   ,'.ニ三..',三三三三三三三三三ミ,'     ,'ニ三三三三三三三三三三三三三.',     ',ニ三三三三三三三三ミ.,'三三.',
        `、三三三三三三三三〈    ,'三三三三三三三三三三三三三三ミ',.    〉ニ三三三三三三三ニ/
           `、三三三三三三三三.',...... /.三三三三三三三三三三三三三三三`、 . ,'ニ三三三三三三三ニ,.'
          ',三三三三三三三...n f.in.'ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ`n.fi..n..゙三三三三三三ニ/
             ',.三三三三.゙,- .-‐.!.ト!.ll.三三三三三三三三三三三三三三三三三ミll ヒ!.!‐- -,......三三ニ,'
           i.ニ三三三...`"''、ミ三三三三ミ,イニ三三三三三三三三三三ト三三三三三ミr'"´......三三三.i
          ,'ニ三三三三三...`´` 、ミ三ミ, ィ'..jミ三三三三三三三三三三ミ', ゝニ三ミ,イ.`'..三三三三三三',
          ,'.ニ三三三三三三三三.` .´   .{三三三三三三三三三三三ミl  .` ´..゙三三三三三三三三.'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 労組の黒幕たちの狙いは、
 彼らの所属するセクトの思想を宣伝するような書物を中央公論社から出版することであった。

 そのため、そういう人物を入社させたり、オルグ活動を繰り返していたのだ。

 そしてその黒幕たちの先には、当然新左翼セクトの影がちらついていた。
 新左翼セクトによる中央公論社乗っ取り……
 彼らの狙いはここにあったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

501 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:27:38 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \        このままいくと、中公は新左翼に乗っ取られるお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /        これだけは阻止しないと……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新左翼セクトに中公を乗っ取られることだけは絶対に避けなければいけない!

 経営側は、この点の回避だけを狙って、団交に挑むことになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

502 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:27:55 ID:KD7lrXVs0

                                              _,.-'''"C. |
                                              | W._,.-'''"_,.-
                                               -'''"_,.-'''"
                                             _,..-'''"
                                                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                 |
                   三三三三...                   |
    三三                 ,----、 -、   三三三三三三     |
        /;;;'''- .  三三三      {;;;;;;____} __}.                 |
三三     {;;;::::::__}      _,.- '' ̄"''ー-;;. ゝ_ン                 |
   / ̄~ Yヽ:: _ 〉   ,.- ''::::::::::/::::::::: ::.. ヾ.}    三三三.          |
  /:::: .::ノ .: }'^〈"    ヽ/:::::::::::::i :::::::::::::::::..:}l.                  |
 {::::: ;;;::::  .::  ヽ_,--、,.,.,/:::::::;;,,,:::::::::::::::;;;;__,イ \__                |
  >、:::.ヽ   ノヽ、_{_,,,,,}.../::::::::::i ::::::::::::/=l:::: l======、ー、,.,._,.-'''"⌒ ー、..    |
../:::::: ヽ、\'、____ll________/:::::::、:::,ヽ::::::::{ー--`ー',,,,.,.,.,.,,.,. )) "'' -       l ヽ、   |
/:::::,,,,,,,/ヽ,,__)======={:::::::::::..ミ  、 ::)'::::.:::.::::.:.::_,.-'''"===ii;;;,,,;;,,;,;;,;,;,ヽ,___/  |
{::::ミ/;;;;;;l ;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;::l::::::::::::::::::: イ::;;;:;:;_,,..-‐'' ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    |
.l;;;;;;;};;;;;;;;ヾ ̄ ̄:|| ̄ ̄ l:::::::::::::::::.ヽ \, -'": :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 団交は、労組側が経営幹部をつるし上げることに終始していたようである。
 おそらく長時間つるし上げて疲労困憊させて、追い込んでいく作戦だったようだ。

 その結果、まず嶋中が倒れ、他の幹部も次々と倒れていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

503 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:28:12 ID:KD7lrXVs0

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |    なんか気づいてみたら……
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ


         ____
    .   /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   やる夫しか残ってないお……
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして気づいてみたら、団体交渉の場の経営側の席に座っていたのは、
 宮脇一人だけだった……

 必然的に、宮脇が交渉の最前線に立たざるを得なくなったのだ。
 あの会議下手で、オタク気質の宮脇がである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

504 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:28:30 ID:KD7lrXVs0

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *    。
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     +    。 +    *
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +  ./ 》〉   。     +    。   *    。
      ,-     f    | | ∧_∧
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ ´∀`)_    。     。
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ          〉
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +      ○ノ
       ./  ,ヘ  |       |   |         <ヽ |
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || |||ガタン i!i/, |i!ii ガタン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この状況に労組側は大喜びだったようである。

 経営幹部が次々と倒れ、残されたのは会議下手で仕事も閑職に回された人物……
 もはや目的は達せられたも当然のように思ったのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

505 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:28:45 ID:KD7lrXVs0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |       えーボソボソボソボソ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、そうは問屋が卸さなかった。

 労組側委員の執拗な質問に対し、宮脇はあいまいな答えを、小声でぼそぼそと答えるようにしたのだ。
 
 この回答が労組側にほぼ聞こえず、労組側は拍子抜けしたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

506 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:28:59 ID:KD7lrXVs0

         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /
    (⌒\     / 時刻表/    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

                                           ト、 ト、 ∧
                                         |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                       弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                       <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                                      <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                      厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
                                       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
                                        八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
         あのオッサン、何読んでるんだ?            ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
                                          \  - 、  ,イ?V
                                             ム|` -  ?
                                          __i     {
                                       ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                     /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                    ∧                  \
                                   / !                  / ハ
                                .  /  V           ◇    /  !:|
                                  /   /            ◆  ! /  .!:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 労組側は今まで同様につるし上げ作戦を展開した。
 しかし宮脇にはなぜか効果がなかった。

 団交の休憩中に宮脇は時刻表を見ていたという。
 彼は時刻表を見ることで精神安定を図っていたのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

507 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:29:23 ID:KD7lrXVs0

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \         あー、これってぶっちゃけ「下克上」だお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|        歴史的に見れば、これまでたくさんあったことだお。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに彼は、大学で歴史を学び、「世界の歴史」「日本の歴史」とヒットさせてきた人物である。

 彼は団交の間、労組側の行動を「あの時と同じ」「このときと似ている」といった感じに、
 過去の歴史的事実と引き合わせて考えることができた。

 歴史と現在の事実をすり合わせることによって、自分を客観視することができたのであろう。

 だから、労組に対しても醒めた行動を取ることができた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

508 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:29:46 ID:KD7lrXVs0

             ____
           /      \
          / ─    ─ \      ぶっちゃけ、うちの労組は、
        /   (●)  (●)  \     トップが傀儡で、後ろの黒幕が牛耳ってるんだお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     その黒幕が権力を得たら最後、
 r、     r、/          ヘ     あなたたちも自分たちのやりたい仕事ができなくなるお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

                     
       確かにうちの労組、変な感じだよなあ……      ∧,,∧ ∧,,∧
                                  ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
                                 ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )   どう考えてもセクトに金流れてるし……
                                  l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
                                  .u-u (   l). (l   ) u-u'
                                       `u-u'   `u-u'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかしこの状況だと単なる時間稼ぎに過ぎない。
 物量的に強い労組側が勝つことは時間の問題だった。
 なんとか打開策を見出さないといけない。

 そこで宮脇は、穏健な組合員に目をつけた。
 彼らと秘密裏に接触して説得、交渉を開始したのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

509 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:30:01 ID:KD7lrXVs0

         .∧__,,∧      私たちもいろいろと企画出してます。
        (´・ω・`)     でも、その企画が強引につぶされてしまう。
         (つ と)
         `u―u´      これじゃあ、本を作る気にもなれないですよ……


                                                  /  ̄ ̄ \
     ……うん、その辺の気持ちはよく分かるお。                     /ノ  ヽ__   \
                                               /(―)  (― )   \
     ただ、会社としては売れる本を出したいから、                   |.  (_人_)   u |
     その辺の判断は全体を見通せる人がやらないと……              \   `⌒ ´     ,/
                                                /         ヽ
     売れない本を放漫的に出しても、                      ./ l   ,/  /   i
     時間や費用の浪費だお。                              (_)   (__ ノ     l
                                               /  /   ___ ,ノ
                                               !、___!、_____つ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 穏健な組合員たちは宮脇に対し、今の会社への不満を主張した。
 待遇や編集の問題など……

 宮脇はその中から、会社としてどこで妥協するか、定めていったようである。
 その中には越権的なものもあったようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

510 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:30:19 ID:KD7lrXVs0

     ____
   /      \
  /         \          編集……特に「中央公論」の編集に対する不満が強いお。
/           \
|     \   ,_   |         旗艦誌である「中央公論」の編集を、
/  u  ∩ノ ⊃―)/         セクトにやらせるわけにはいかないお……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |          しかし、ガス抜きしないと、この不満は……
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その中で、宮脇は組合員の不満の「ガス抜き」をする必要があることを感じていた。
 会社に影響なく、かつ組合員の不満を抑えるような策……

 普通の会社だと待遇を良くすることである程度のガス抜きが可能であっただろう。
 しかし中央公論社の労使紛争の場合、「表現の自由」というある種の思想が関わっていた。

 編集権を労組に渡すことなく、組合員の「ガス抜き」をする方法……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

511 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:30:46 ID:KD7lrXVs0

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)       一つだけ、手があるけど……
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その中で宮脇は、あることを思いついたようだ。

 確かにこの手は組合員のガス抜きになるだろう。
 しかし当事者がどのように思うか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

512 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:31:00 ID:KD7lrXVs0

                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |       とりあえず、入院している社長に、
                 \三三二         /        このことを一応提言してみるお……
                    Y──----   く
                      /三二 三二二   ヽ.
                        l三二 三三二二   ',
                   l三二 三三.二二    ',
                       ,'三二 三三.二二.     ',
                  /三二 :∧:三三二二    ',
                    /三二 :/ ∧三三二二     ',
                /三二 :/ /  Y三三.二二    ',.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本当ならば、このようなことを提言してはいけないのだろう。
 しかし、中公を守るための手段として、宮脇にはこれ以上の策を思いつかなかった。

 彼はそれを社長に報告したようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

513 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:31:22 ID:KD7lrXVs0

    |      |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|      |
    |      |┃`) ((__))  < @ > ┌──;;;;;;;;;;;llll;;;;;;;:;口;:;:; ┃|      |
    |      |┃ 「 ゚ 。|    匚\。。|_|二二 r。。ー 丿 手n,、 > ┃|      |
    |      |┃ /┘兄 丿;;;;;;;;;;└‐ l ヽ | ヽ; ; ;E ノ || r lト、_,;-;;┃|      |
    |      |┃/ ( Y。。) ヽ   r─/l┌ ヽ| ヽ\ヽ:::;;;;;;||ヽ__|;; ┃|      |
    |      |┃ / 川 ) ⌒ フ 〉 !  /i 丿   \  V | l::::::::::::ヽ┃|      |
    |      |┃ ノ丿器 ノ;;)_>>iーi L_   > r \ヽヽ:::::: ノゝ ┃|      |
    |      |┃○─毛 ;;r、__;;;;l L ( <;;;|  / ノ ノゝ ソ ー r ─ -フ┃|      |
    |      |┃彡=二(´`ノ‐─/ヽヒ==〆::〔〕─┌ ヽ/ム√レ┃|      |
    |      |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|      |
    |      |                                    |      |
    |      |                [ ̄ ̄ ̄]                  |      |
    |      |             |    |               |      |
──|___|──── / ̄ ̄ ̄ヽ───´ ̄ ̄ ̄ヽ,─────|___|──
              / l|||||]         (('=')) ヽ,
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
              |                   |
              |                   |
              |                   |
              :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 数日後。

 全役員招集参加の緊急役員会が開かれた。

 議題は労使紛争の妥協案の諾否である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

514 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:31:37 ID:KD7lrXVs0
               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|            粕谷君は編集長の座を自ら辞すべきだと思うが……
.             ,ゞ|   人__人   |く                             ~~~~~~~~~~~~~
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._      諸君の意見を聞きたい。
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「粕谷君が編集長の座を辞すべきか、皆の意見を聞きたい。」

 嶋中はこのように言った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

515 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:31:56 ID:KD7lrXVs0

パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [つり]   [ヲタ]  [池沼]  [厨房]  [氏ね]  [終了]
  ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  ‖,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 各役員は当人が思っていることを言ったようである。

 もっともその多くは、社長の顔色を伺ったのか、
 「粕谷君は自らその職を辞すべき」というものであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

516 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:32:16 ID:KD7lrXVs0


                    //
            _  -―-(  (___
        /                -`―-、
      /   /ヽ            ―-- ゝ
    / / /              ´ヽ \
   / / /   / / / |  |      ヽ  \
    // /   / / / | | | || | | \ ヽ\ \
    / /    / //ノ  V | | || |  |  | | ヽヽ
    |/   / /_二三ヽ|| /三二_|  .|  | |  ゛
    /  /ノ| ` `´  l   `´´/| |  | |            まあ、それがベストでしょうが、
   /  / || |      |〉  メ /ノ.| ||  |レ             粕谷君は自らは辞めんでしょうなあ……
  /_/   | |\   --  /v V | /
      / ヽl | \_  _/W\   V       へ
     /  .ヘヘ|        ト7 >ヽ、      / \ >
      <  \\      / /  / \   /|二|/
        \ \\   // /    /|二|/

         【綱淵謙錠】

                                          _____
                                      riff7//////〃〃∠ヽ
                                      レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|
                                       l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|
                                   .   レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!
                                       } ==,=> _=,==  |r=、 |
         そんなことは聞いておらん!            .    | 二/    二´   |.6.| |\
                                       |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-
                                   _, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|
                                        ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |
                                        /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |
                                        /   | \  ./    |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、別のことを言った者もいた。
 例えば、綱淵謙錠は、粕谷を編集長の座から下ろすのは妥当だが、
 一方で粕谷が自ら辞することはありえないだろうと主張したようである。

 綱淵謙錠。当時出版部長で、のち「女性公論」編集長。
 数年後に中央公論社を退職ののちは日本ペンクラブ事務局長として活動する。
 1971年「斬」で直木賞を受賞する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

517 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:32:58 ID:KD7lrXVs0

                         x≦三/ハ三≧x
                            // ̄ /i  i∨ `ヾ\
                        /イ /゙イ/ !|   |: 〉ヽ   ハ
                          / / /彡{ .!|   |∧ヾヘ.  ハ
                      / / /゙//∧ .:!   !! :! \} } :i∧
                          , ,! 小///∧:!   !! :! !?V | }
                          !/ i i | ∨,/ ∧   ? ∨ }} ハj
                          {  ∨i| ? / ∧   V/i! /i /  :}    (やれやれ、この期に及んでまだ保身か……)
                            ? ∧从乂∧  ?i/ i/
                            ∨乂,x==小.  Vハ/        (粕谷君もかわいそうにな……)
                             /:::::::::::::::::i?!  ?ヘ、
                      . イ:::-=二三!i?i   ?::::ヽ、
                     /::::::::?:::::::::::::::: ;' 从i   |!|i:::::::::\
                       ,イ:::::::::::::::: |:::::::::::::::// //!   ! !::|:::::::::::ヽ.
                  / : :::::::::::::::∧::::::::: // //:i|   | |!:l::::::::::::: ハ
                     /::::::::::::::::::::/:: i::::::: // //:::!|   | |!:l::::::::::::::::ハ
                  ∧/゙::::::::::::::/::::::|:::: // //:::::i:|   | |!:l:::::::::::::::::ハ、
                   /:゙∧:::::::::::::/:::: : |!::// //:::::::i:|   i i! l::::::::::::::/:::::::::ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「そんなことは聞いておらん!」
 綱淵の発言を、嶋中はこのように言って遮ったという。

 おそらく綱淵の発言は、嶋中の一番痛いところを突いていたのだろう。
 本当に粕谷に問題があるとするなら、社長が更迭をすればいい。
 しかし社長である嶋中がそれをせず、自ら辞めさせようとしている……

 綱淵はおそらく、嶋中や他の幹部たちの保身に気づいていたのだろう。
 更迭という手段を取れない嶋中や幹部たちの保身……

 彼らは、粕谷が自ら辞めることで、自らはなんら手を汚さずに、この件が解決できると思っていたのだろう。
 粕谷がそういわざるを得ない状況を作ることまでして……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

518 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:33:15 ID:KD7lrXVs0

           ヽ
              j ,イ v1 /
    ね    気   ∨// レ/ // ノ
               トv'////∠/
   え    に    :| i l //く三三三ニ
               |// j^゛"ヾ;二二ニ=
   よ    入    :レ"´     \ヽ<´
              |         くヽ
  !!    ら     |    ___ ',
              .  i / ./ __ ヽ
            /  i !l// / ヾ、
            ハ  i l レl// ◎ ノノ }
              ∧ヽr' l {/ム===''´∠
\__  ___/::::..` `// _rr' ̄ ̄ ̄ヽ.
;!:::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::: 〈/ / {{o  ー、 }}
i{  \_rr' ̄ ̄ ̄ ̄ヾ,__V/ヾニニニニニ〃
ヽヽ_,; (。{{      c} }7 ̄く   ゞ、_ \ ヽ!
 >>-、¨ヽニニニニニニソ    ヽ i   __\ |
/::::/:::::::',: : . .      l     /   ,ィ7l`;
::::/:::::::::::|ヽ; : ; ,    ` −― ' -' ¨,イ/ ; :
::7:::::::::::::|::: \: : . ;    ,-―'´  +'// ; : :
/:::::::::::::::|::::.. i\: ; ; , </++'__// ; : ::l
::::::::::::::::::ヽ;::....l  \, ,:  二二二二´ , ; : :ノ
:::::::::::::::::::::::\ ',   ヽ:;;: ; ; ; : . , ;; ; : :; ; ;/三
:::::::::::::::::::::::::::::\三三三三三三三三三三三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 粕谷はその場では態度を保留した。
 しかし、ほとんどの幹部が、編集長を辞すべきという見解を示した中で、
 編集長の座に居座り続けるほど厚顔な人物でもなかった。

 結局、この場では辞意を示さなかったものの、
 後日、嶋中の元に電話で辞意を伝えたという。

 もっともそれは、嶋中を罵倒する内容だったといわれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

519 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:33:32 ID:KD7lrXVs0

  、;."`;: .:..――――
  ;":::::::::::::::::ヾ:::::::::::  \
:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::  ;―i よ か ろ う 嶋 中 と 宮 脇―――
::::::::::::::::r^i::::::i^i_::::  /  l
::::::iヽ○i l○〉:〉ヽ::::/  ..:::|  我 ら の 神 罰 の 味――――
:::::rヽ∨  i_/ //;イ  .::::::::|
:::::::\iJesus //:::i .::::::::::|   か み し め る が 良 い――――
::::::::::::>  † :〈::::::: | .::::::::::|
:::::::::/>―<i :::  |.....::::::::::|
:::::::/:::::::::::::::/:::::::::::| .:::::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 粕谷は電話でその事情を伝えたその日から、しばらくの間休職した。
 この会社で働くことが馬鹿らしくなったのだろう。

 もっとも、しばらくして歴史系の雑誌の編集長として復職、
 さらに70年代半ばになぜか再び「中央公論」の編集長に復帰している。

 それくらい中央公論社は人材が枯渇していたのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

520 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:33:51 ID:KD7lrXVs0

                        ____  _  _,  -‐ァ
                   ,  -‐ァ'´ ̄ ̄"   // ̄ / ̄ ///
              /   / //   , /  /    /厶-、
               / //   /   //   /    / ィ⌒ヾ`\
            , '        /   //   /   /   イ !、  \
         /          /   , ′   /   /ハ | |  、    ヽ
.         /  / /       ′   ,/     /   / } j||  、   ',
         /  / /  ′/  /  /,′  _,厶≠ミx//} | ∧   ',ヽ  |
       ′/ /′ /    /  / /   /寸斧ミメ.く//   ,   |   |
      !   /′ /  / //  ′/  //、Vノ: !`ヾ//!   ', | ヽ'|
       ‘  〃  ; / /   ,′ /   //{{ ヽ ゞく_,, /イ }    i |   }|
         ∨′ i|:  イ  / ,′ /`,ー'     / 乂    } j    |
         |{ヽ  | |_」_,/| / // /´`¨´          > || ′
        {| ゝ".:::::::::::`|   /イ /               _ j´    |レ′   この会社にいてもロクなことにはならなそうだ……
             ).:.:.::::::::::::::! / |/              ‘;´
      , -‐ァ' フΠ⌒「`ヽ/       _       /´
.      / //〃 |   !   '     ,′`  、   /                        *     +    巛 ヽ
     ///′:|!  ,    '=‐- .、i     `¨´                                    〒 !   +
.    / / /  | i  !   ′   '::....:::::::::`...、                                  +    。  |  |
   / // 〃  | i  i   ,    ',::. :.::::::::::::: _>-―- 、                         *  , " ̄^ `  / /   +
.  / // /″  | i  i   ′   ∨´:::::: ̄ ::. ::. ::. ::. ::. ::. ..、                          <vV从'| / /
  ′/ / ′   | i  i   ',    ',:::::::::::::::::.... :.:.:.:::::::::::::::::::::::.....、      ペンクラブへカモォーン!   リ´Δ`リ)i/ / +    。
 { / / :′   | {  {     、   '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、                     ,-     f
  ∨ ,′i     い、 ヽ、   ヽ.   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、                  / ュヘ    | *     +
  ,′′ |       \ \    \  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、               〈_} )   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事実、中央公論社からは人材が次々と流出していった。

 例えば、綱淵は1971年に職を辞し日本ペンクラブ事務局長となり……。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

521 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:34:10 ID:KD7lrXVs0

     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\  
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l | 
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、! 
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ           この会社では、もうオルグとかはできないだろう。
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|
  l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |           とっとと辞めてしまおう。
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出孫六も、退職しフリーライターとなった。

 なお、この中公労使紛争の黒幕の一人が井出だったのではないかと言われている。
 確かに現時点でも名前を検索してみると、市民運動などとの接点が色濃く出ている人物であり、
 左翼運動との関係が否定しきれない人物ではある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

522 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:34:31 ID:KD7lrXVs0

パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [穏健]   [穏健]  [穏健]  [穏健]  [穏健]  [穏健]
  ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  ‖,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中公労組も穏健派が要職をおさえ、活動が穏健化し……
 一方で、過激な活動を志向する人々や、セクトとつながりのある人々が冷や飯を食わされることになった。

 そういう人々もまた、中央公論社を退職していくことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

523 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:34:56 ID:KD7lrXVs0

   ┃   共産革命!米帝出てけ!    ┃
   ┃   ベトナム反戦!自衛隊廃止!  .┃
.   r ̄ヨ                       ┃
.    |  ヨ━━━━━━━━━━━━━ εrn.
    |, |        ,,,-〜-丶,.         冫〃>
    |  |       /;;;;;,ー‐´⌒ヽ        f  /
   |  |      ./::ミ「' u __ __. i        |  |
  |   |      |:::::ミ|,‐{ = H{ =)       |  .|
  ヽ   \     (ej u ニ'凸ニ')      /   |
   \  \.     ソ、;; :::: r=i 丿    /  /
     \  ノリ\,/"-ヘへ ==ノヘ_,-ヾ  ,/
      / ノ ハヽ\\  ⌒ ´〃.   \/
 プーン ミ \ 丿  ヾ.\\ノノ  @ヾ /彡 ツーン!!
   ツーン ミ Y'    ヽヽ \\ノノ   Y 彡 プーン〜
        ||\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        ||\\                \       ∧_∧
        ||  \\                   \   ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
            \\                \  /    ヽ
              \\                   / .|   | |
               \ ∧_∧         (⌒\|__./ ./
                 ( ´,_・・`)目合わせるなって ∧_∧
                  _/   ヽ          \ (     ) うわー、こっち見てるよ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 時代も徐々に変わりつつあった。
 学生運動や新左翼運動を口実にした暴力事件などが頻発したからである。

 人々は学生運動や左翼運動を批判的に見始めるようになった。

 そんな中で、中公労使紛争を支えていた人々も、冷たい目で見られるようになってきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

524 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:35:21 ID:KD7lrXVs0

            _
           ,, -':"::::::::゙:''ヽ、
          /:::::::::::::/!:Λ::::::ヽ
         i::::::://|/‐レ |/|,!::|
       |:::::::イi'(;;;) (;;)'i|:::|       ま、そろそろ引き際やな。
        |::::::::i         i::::|       中公への執筆拒否を解除する頃合やろ。
       |::::::::ト、  (⌒) ノ:::|
       |:::::l^lレ|`'‐┬''":,::::|        この労使紛争で中公さんも、
       i::;r|└、ヽ__」\/|::;j        かなり痛い思いしたはずやし。
       / ノ iノ ヽ |  |/
      / /`‐<^'' ‐V‐'"v |
       | /`‐-<   ||   | |
      .|/   /   | |   | |
      (   /   .|. |.  | |
      ヽr'"    | |   | |

                                           ,ィ ,イ/⌒Z__
                                           ( |/  ´         ≧
                                          /::::::         `ヽ
                                        ∠:::::::::::::::      `l .l   丶
   (人の気も知らないで!)                        /:::::::::::::::::      | .|ノルリノ
                                         人λ:::::::::::::    .i.).|
   (中公で実際に闘争やったオレらが、)            .     .|:::::::::       l.|..|゚。
   (今どうなってるのか、知ってるのか、こいつら!)          . .ト、ノ::::       しi|__
                                         ゝ、:::::::       .,ノ .|
                                         :|::{::::::::::::     ::::}| :::i
                                         :|::{::::::::::::     .:::::}| :::|:
                                         :`.|{:::::::      .:::::}| :::|_:
                                         .:.,' ルヘリレ゙ソルヘリレ゙(  :::}:
                                         .:i          `.-‐"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような社会情勢の中、久野や鶴見らは、中公への執筆拒否を解除することにした。
 表向きは「一定の効果があった」とするものだが、
 実のところは「自分たちの本が出せず、自分たちが経済的に苦しくなった」が本音のようである。
 また社会情勢の変化は、新左翼に肩入れの強かった彼らを、冷遇する方向に流れ始めていた。

 しかし、それは中公で労使紛争をやってきた人々の感情を逆撫でするものであった。
 彼らは、久野や鶴見の「表現の自由」を守るために闘ってきたのである。
 それが、守られるべき人間たちがいつの間にか会社と再び手を組み、
 一方で会社と闘ってきた私たちは、冷や飯を食わされている……

 幻滅した労組過激派は、どんどんと先細って行く。
 退職するもの、転向するもの……
 誰からも見捨てられた状況を戦い抜くだけの人間は、数多くなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

525 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:36:02 ID:KD7lrXVs0

                   _____
                   /
              /                  \
             /                     \
            /                       \
           /                          ',
          /                               ',
        i                              .
        |                              i          ・ ・ ・ ・ ・ ・
        |                              |
        .                           
         '.                             }
           __',_______________      ノ
      /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\   /
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}/
     }二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ∧
     i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、宮脇の描いたシナリオどおりになった。
 穏健派が労組を押さえ、その穏健派の人々と妥結する。
 結果、どうにかこうにか労使紛争は終結し、中央公論社に平安が戻った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

526 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:36:21 ID:KD7lrXVs0

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l              で、ムラマツさんは、あの争議のとき、
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/              どんな役割をしなすった……
      l'ァ.l       `..'"    .|’
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !



   、__`≧=-.:/.:.:.:./..:.:/:/.:.:.:.:.:./.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ニZ.´
  、_`ニ ⇒..:.:.:.:./.:./.:./:/.:,:.:.:.:./.:.:/.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.-:≦二、
    `'¬彡.:.:./.:././.:./:/.:/.:.:.:/.:.:/.:.:,:.i.:.:j:.:.:.!.:.:.:.:.i:.:.:.、:.:.:.:.:.ー'Z^
   ー=≦/.:.:.:.'i:.:i:./i/,〃.:.:/.:.:/:/:,1:.!:.:'i:.:.,1:.:.:.:.:!、:.:.:\:.、≦二
     __彡.:.:.:./.:.!:.:!∨/l/!:./.:.:,.:./:/ }:.j/_j:/.」:.:.:.:i:|い:、:.:.:.:\く ̄
     `¨ア.:〃.:.:!!.j厶{劣iイ.:.:/:/:厶イィ岱?〕.:.:.:i从V.:\_:_:_戈
       ///.:/.i|i∧ {iJ^|:./:/i/'¨下'{iJ ノ从:./:.}:.川:.:ヽ.≧=-
     ´ /イ.:/!い^`=‐彳/      ‐='^″}':.://∧\:.:\_
        |/|小.i     '」〉        /イ、く:\ヽi^''ー一     (また、ストレートな物言いだな……)
          |;小    !{            /|「:.、:\`:ト
              、              / !!:厶トへ|        (でも……こういうのは嫌いじゃない)
              \  ─…‐-     '   i「》} 〉
                 .\        /   /″ /{
                //个 .___   ´ r<    / }
           //  /j       }/ハ  / _,厶__


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、世間は中公労使紛争のことを忘れたわけではなかった。

 例えば労使紛争から少し経ったある日、村松友視は、三島由紀夫宅を訪問した折、
 三島から中公労使紛争のことを尋ねられている。

 それくらい世間からは注目されていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

527 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:36:45 ID:KD7lrXVs0

 \:::::::::::/::::://::|::::::::/:!:::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::∧:: ト、:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
___>:::/:::::/イ::: |::::::::|r|::::::::/::::::l:::::::::::::::::::::∧::l::::|:::|:::丶::::::::|{:::{:::::::::. :::::::::::::::::i:::::::
 ̄ ̄7ィ:::::/::::|: /|::::::::l::|:::::/>::、ト、:::::::::::::::/:::l::|::::|:::lL孑ヤ´::l:ヽト、::::∧:::::::::::::. |::::::
  /::::|:::/::::: l/:::|:::::/:{{|::/下芥斥ミY:::::::::/:::::|::|;斗::|≫斧笊斤l|ミx::l::::|:::::::::::::::ト、:::
/:::::::: !/:::::::::::::::ハ::::l:::::|{ 弋):ツ|::ヽ|::::::/::::::::l::|::::l:/:、弋乏ソl| 〃::l|::::|:::::::::::::::| 〉    どんな役と言ってもですね……
-── |イ:::::::::::〈:::l:::|:::::| ゞ=-- -:'゙::|:::/:::::::::::|/::':─-:二ニ::::彡'::::::::::::|イ:|::::∧j /::
     /:::::::::::::::ヽ从::::::::::::::::::::::::::::: l/ .::}  ̄ ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::/ ::j小/ノ:/::::     全員団交というのは、
   /:::::::::イ:::::介ト、::::::::::::/ ̄ ̄ /:/::l         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   、_::...::/:::::::     アングラ芝居のようなところがあって、
  /'^´ ̄ 厶イ/:::ハ:::::::::::\   /:〈::::j                    // ̄::::::::::::::
          レ′,.ヘ:::::::::::::::\/::::::l:::{              lj .:/〈:::::l\{^ヽ、    あるときは役者、
     -──:::::: ̄:::::∧:::::::::::::::::::::::::::`ヽ.::::-‐           .:/::::∧l|∧\      あるときは観客というふうに、
  /   .:::::::::::::::::::::::/:::::ヽ:::::::::::::、____{::_______:;ァ:::.  .::/::::/::::::|/∧      役割がころころ変るんですよね。
/     .::::::::::::::::::/::::::::::l\:::::::::::::マ(______..ア/   .:::/:::::/:::::::::l///l
     .:::::  .:::::::/:::::::::::::|//\::::::::::`::.ー──‐  ´   .::/::::::::/::::::::::////j
       .:::::::::::::::::::::::::::∨// \:::::::::ー=-─一   .::/:::::::::::/:::::::::://///


             / /  
''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_   ̄ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ 
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙ 
;:;:'         ハソ  ''!ヾ 
;:;:.';       .ノ´)ノ   !  
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,! 
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<''  
リ    、迅y. ´   K庁 !   
イ            ヽ` !
             ヽ .!
          __ ノ |
           ´  l               ハハハ、なるほどね。
ヽ        ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /
    、        /
  、   、    ! /
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このとき、村松は労使紛争を「アングラ芝居」に例えて、
 「役割がころころ変わる」と言っている。

 もっとも、村松が「アングラ芝居」と例えているように、
 多くの組合員にとっては、団交は「闘争の場」ではなかったのだろう。
 おそらく多くの組合員が、この団交を醒めてみていたのだと思う。

 この時点で労組側の団交の失敗は明白であったのかもしれない。
 労組過激派は、他の組合員の心を置き去りにしたまま、走ってしまったのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

528 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:37:05 ID:KD7lrXVs0

                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          ? : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ?、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           ?  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 中公労使紛争は、宮脇俊三の尽力によって、一応の決着をみた。

 もっとも、この紛争であらわになった問題については、そのまま置き去りにしてしまった。
 そしてこの紛争で生じてしまった問題についても……

 微妙な火種のくすぶりが残ったまま、中央公論社は会社としての歩みを再び始めた……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                【 了 】

529 ◆KcxXifcWsc:2012/04/21(土) 19:37:38 ID:KD7lrXVs0
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

530名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 20:09:01 ID:M0ezzKBg0
乙。今はネットで、ステマステマ五月蠅いけど、半世紀前だと出版社を牛耳るのがそういう場だったんですな

531名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 22:23:03 ID:mmLIbB.o0
乙でした
しかし乗っ取りは図るけど自分たちで別会社立ち上げないあたりが実に労組だなあw

532名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 01:17:08 ID:/VNc5hjs0

当時の社長も労組も、ついでに思想家もみんなアレだなあ

学園闘争も発端は当時の大学の腐敗が一因だったと聞くし
構図としては似たようなものを感じさせられたわ

そして過激派がいまだに自治会牛耳って
アジビラまく傍らグダグダ運営やってる我が母校ェ……

533名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 01:27:25 ID:3zJ1fplk0
乙です。

20年くらい前とある漫画の舞台になった大学受けに行ったら駅前でドカヘルにタオルで覆面した連中と機動隊がにらみ合ってて
一気に入学する気無くなったことあったなぁ。結局試験途中で抜け出して新宿で映画見て帰った。

534名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 01:40:41 ID:MKJEqcEo0
乙でした

時代が時代だから、全共闘とか全学連とかも今の目線で否定はしないけど、今も昔のまんまやっててもなぁ、とは思う

うちの大学は去年、自治会解散動議が代議員大会で出された(否決)と思ったら、今月ついに自治会が過去における特定党派(=民青)の介入を大学新聞で認めた
一体何が起きてるのかマジでなぞい状況になってる

535名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 13:42:00 ID:buC0.lhE0

他の様々なアカを扱ったスレも見てきたけど、
こいつら結局弱者を効率良く奴隷にして甘い汁を吸うシステムを構築したいだけなんだよなぁ
その背後にあるのもスターリンによるレーニン偶像化からの宗教的共産主義なんだから笑わせる
救世主の振りをした奴隷商人に過ぎないんだよな
それが結局上手くいかなかったから今でも辞められずgdgd続けるしか無いって言う

536名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 21:23:44 ID:yc6o/GF20
労働貴族さまは搾取できる隷下の労働者が少ないと食べてけないから必死だよなw
官公庁や教育機関は組合員多いから悠々自適だけど

537名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 23:15:55 ID:Vi9TlycI0
仕事もしないで学生運動の続きを給料をもらってやれたんだよね
この時代、ホント団塊の世代ってカタワの馬鹿の知恵遅れ
世の中ガタガタにしておいて、「今の若い者は!」
とかケチつけてりゃいいんだから幸せだよ

538名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 23:30:55 ID:Vi9TlycI0
 >おそらく多くの組合員が、この団交を醒めてみていたのだと思う。
>この時点で労組側の団交の失敗は明白であったのかもしれない。
 >労組過激派は、他の組合員の心を置き去りにしたまま、走ってしまったのだから。

こういうのをいいわけといいます

539名無しのやる夫だお:2012/04/23(月) 00:05:38 ID:gZb4gOZc0
ふと気になってググってみたら
宮脇の編集長解任と粕谷の就任が1967年なのね
本編にあるように当時出版部長の綱淵の退職は1971年

いわゆる東大落城が1969年1月だから
70年安保よりも一回り上の人間(60年安保の経験者世代?)が
粕谷と対立した若手(労組組合員?)なのかしらん

540名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 23:23:09 ID:Jx9EtawQ0
ありきたりな言い方になるけど誰も彼もどっちもどっち、って気はするな
ただ、もし俺が渦中に放り込まれた場合、うまく対応できる自信はないなあ

541最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

542最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

543名無しのやる夫だお:2012/05/03(木) 23:23:09 ID:tSF2ckcc0
故山本夏彦氏も自ら主宰する建築雑誌にオルグのため入社した左翼の活動家に
出版社乗っ取られそうになったと述懐しておられました(「『室内』40年」)。
大小問わずメディア関係に食い込んで乗っ取り工作計っていたんでしょうね…

544最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

545最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

546 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:07:38 ID:6TCL9bv20
みなさんこんばんわ。
というわけで今日もゲリラ投下。

現代文学のちょっとした裏話。

547 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:07:54 ID:6TCL9bv20
【ミヤワキチュンゾー、デテコーイ!】

                        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                        / /" `ヽ ヽ  \
                    //, '/     ヽハ  、 ヽ
                    〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
                    レ!小l( ●) (●)从 |、i|
                     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/
      〔` ̄ ̄ ̄ |「|         ヽ、  ゝ._)   j //         ガッコも終わった、うれし〜なぁ〜っと♪
      {二二{-}二巾、          ヘ,、 __, イ/
        〕      || |(と`―-rnー<⌒}/{{Y〃 {{/  ̄`丶、        ……ん?
      {二二{-}二巾ノ`ー- .{ l|   〃 {!/ 。 l{{    / >、
      〔_______,|」|      `ー' ̄ ̄{      `l^⌒ー(__/  `ー- 、
                       j         |      ` ー‐--'
                      〈_      |
                     /`≠≡==ーイ
                    /  /  │ l∧
                    xく    / l  | │ ヘ
                /  ><_ j  | │ _,>  _, 、
               / \/     ー┴く ̄ ヽ<:::::::::::_〉
              /:::::::/           \   レ '´
              /:::::::/                 `ー'´
           ‘ー‐'´
                     【斎藤由香】

548 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:08:11 ID:6TCL9bv20

ガヤガヤ……
         ___  ______     ___________      ,-----'--'\      __,,,、,),、_      ,,,、、、、,,,
        /´ `´_____\  /´,,,,,,,,,,,,, `ヽ__   / __ ,-----、_ヽ /´ソ ノノリ `ヽ,  彡ノノノノノ人ミ
       l  l´`´    ヽl /   l ̄ ̄`--ヽヽ l l´ -'====- l/ /〃/     ヾ  ヽ /:::::/     ヽ   ガヤガヤ……
       / 丿  / \ l l  彡l ,,,,,,,.   | │ l ゝ '二、 .,二'、| i /  〜  〜リソ.l::::/  ⌒  ⌒ i ____
       |ミl  ー ■■■  l彡/■■■■lミノ lミl■■■■■l' .| ■■■■■■|/■■■■■■‖  |
      (6     (、_). ヽ(6ミ  ̄´,  l' ̄l   (6   /'、ノ, ̄ l (6ヾ///  (、_ヾ .l (6.    ̄、_ヽ ̄i ‖.  |
      |    ノ  3  ノ l   /_`´'ヽ / +.  l  l '--l--'ヽ/   l   ト‐=‐ァ'/   |   ヒニフ l ‖.  |
      /\_____ノヽ/ ヽ ノ '●´ ノノヽ ,--` 、-----,-'--、 ノ\  `二´ノヽ   ヽ ___.ノ .‖.  |
      / ヽ ┃  ●><l ┃ヽ 0゚  ̄ l´ミlY〈 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   く YYゝ ヽ/´   く YYゝ. ヽ‖   |
     |   l┃___l´ミl   ┃l   ヽノヽ.l_l' / . | 見えない敵を     │   く.V ゞ  ●   く.V ゞ .(ミ`) ̄
 ┌─ ヾ ´  ̄ヽ`l_l     ┃) 0゚  / o|  |E)      やっつけろ!(ヨ   o|   (ミ`)    o|   l ‖
 │    ``─-´ l´≡≡≡ソヽ‐-ー゙´  o|0゚.│              |    o|   |l_l     o|   | ‖
 │            |:::::/:::::::/  ヽ ̄ ̄ ̄/  ̄/ |__________|    /  /   |    /  /
 │______l;;;;/;;;;;;/  +ヽ0゚____/__0゚/+    l::::::::/:::::::/     | _ / _/   |__/ _/
         (___|)___|)   (___|)__|)      (__|)_|)    (__|)__|)  (__|)__|)

549 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:08:32 ID:6TCL9bv20

  |┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |┃_-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、::::::::::::::::
  |┃  /" `ヽ ヽ  \:::::::::::::::::
  |┃'/     ヽハ  、 ヽ::::::::::::::::::      なんだお、あの気持ち悪いオッサンたち……
  |┃_{ _ノ '  ヽ_ リ| l │ i|:::::::::::::::::::::
  |┃l( ●) (●) 从 |、i|::::::::::::::::       なんで私の家の近くにたむろってるんだお?
  |┃ ⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ:::::::::::::::::::::
  |┃ 、  ゝ._)   j /:::::::::::::::::::::        まさか、うちのパパがまたなにか……
  |┃ ヘ,、 __, イ :::::::::::::::::::::::::
  |┃::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、 :::::::
  |┃:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1 :::::::::::::::

550 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:08:45 ID:6TCL9bv20


                     _人人人人人人人人人人人人人人人_
                     >  宮脇俊三、出てこーい!!!! <
                      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
         ___  ______     ___________      ,-----'--'\      __,,,、,),、_      ,,,、、、、,,,

        /´ `´_____\  /´,,,,,,,,,,,,, `ヽ__   / __ ,-----、_ヽ /´ソ ノノリ `ヽ,  彡ノノノノノ人ミ
       l  l´`´    ヽl /   l ̄ ̄`--ヽヽ l l´ -'====- l/ /〃/     ヾ  ヽ /:::::/     ヽ
       / 丿  / \ l l  彡l ,,,,,,,.   | │ l ゝ '二、 .,二'、| i /  〜  〜リソ.l::::/  ⌒  ⌒ i ____
       |ミl  ー ■■■  l彡/■■■■lミノ lミl■■■■■l' .| ■■■■■■|/■■■■■■‖  |
      (6     (、_). ヽ(6ミ  ̄´,  l' ̄l   (6   /'、ノ, ̄ l (6ヾ///  (、_ヾ .l (6.    ̄、_ヽ ̄i ‖.  |
      |    ノ  3  ノ l   /_`´'ヽ / +.  l  l '--l--'ヽ/   l   ト‐=‐ァ'/   |   ヒニフ l ‖.  |
      /\_____ノヽ/ ヽ ノ '●´ ノノヽ ,--` 、-----,-'--、 ノ\  `二´ノヽ   ヽ ___.ノ .‖.  |
      / ヽ ┃  ●><l ┃ヽ 0゚  ̄ l´ミlY〈 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   く YYゝ ヽ/´   く YYゝ. ヽ‖   |
     |   l┃___l´ミl   ┃l   ヽノヽ.l_l' / . | 見えない敵を     │   く.V ゞ  ●   く.V ゞ .(ミ`) ̄
 ┌─ ヾ ´  ̄ヽ`l_l     ┃) 0゚  / o|  |E)      やっつけろ!(ヨ   o|   (ミ`)    o|   l ‖
 │    ``─-´ l´≡≡≡ソヽ‐-ー゙´  o|0゚.│              |    o|   |l_l     o|   | ‖
 │            |:::::/:::::::/  ヽ ̄ ̄ ̄/  ̄/ |__________|    /  /   |    /  /
 │______l;;;;/;;;;;;/  +ヽ0゚____/__0゚/+    l::::::::/:::::::/     | _ / _/   |__/ _/
         (___|)___|)   (___|)__|)      (__|)_|)    (__|)__|)  (__|)__|)

551 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:09:00 ID:6TCL9bv20


    , '´ ̄ ̄` ー-、
   /   〃" `ヽ、 \
  / /  ハ/   u  \ハヘ
 .|i │ l |リ ⌒  ⌒ }_}ハ
  |i | 从 (○) (○)l小N彡
 .|i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ 彡          うちじゃなくて、お隣さんかお!
 .\.i ノ、u     ノ
   ゝ x>、 __, イ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

552 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:09:15 ID:6TCL9bv20


< 由香!由香!

         __,,-‐ r ─―-- 、  :.
    :.   / _     ___  、\
      /    i    ,, _  \\ :.
    :.  /       i /    "ヽ:.ヽ:.:..ヽ.
     /    / ./"      ハ:.:.:ヽ::.. ヽ :.
    :. |i .i i  .i /        リ、',:.',:.lヽ}
      |i .i l 小i_, -   -、_: リ| l }:.:}    
   :. |i∧レ', :{ ,ィjモト   イjミ  从 V :.              でも、うちの玄関先も占拠されてるから、
      .    ヽ.', `o zZ}     izN o。ハ::{                私、家に帰れないお……
       :.   ゝ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ', :.
           ヽ、.   ゝ._) , イ  :                 どうすれば……
  :.   rィイ |" ̄"ヽ: >r/`<ノ ̄ ̄ヽ、:.
     ∧l;l !   //{二 ̄ .}     //ハ.
:.     {. ',ヾ、ヽi  { /(^`  |   /: : :.} :             ……ん?
      ) ヽ ヾ、ヽ ハ ヤ{   ∧  .-‐'": |
    : } : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l
     ヽ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/ :
     |_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/
     ヽ     : : ヘ     : : {: : :/
      ヽ    : : :人      : : : / \ :.
       ヽ : : : : :/イ{     :ノ: : : :.\ :
      :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ
          / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',
      :.     / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|
         / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l

553 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:09:34 ID:6TCL9bv20

                 , -、/ ̄ヽ   __
            __(  しヘ 弋/ )\
            /ー'    \    └ヘ\
         └ヵ              |\
        / ̄\             〕 \
        └┐         _   -―-\  ヽー、
        ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
        廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
           ヽ| | :  |  |    | `lト\..lレハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
            | | |  ||/|!.  |  |,r≠ミx_| ({ヘ參〉)  !   \
            | | |  |⊥r≠、.j/| 〃{kト:{_,}リ| |广7_ハ.  |           こっち、こっち。
             \\ヽ7 .{k{_}      マZソ| |∨./  |  |___,、_
             _ム\| ヽ .マり ,     ̄´  | | ∨  |  |ニ7ん        ここから裏を抜けて、裏口から入りなさい。
            んイハf`ド.∧     c     __| ハヘ   |  |  ./
          _x≦|__Y__:|__ハ__|_.レくヽヽ、/>;‐ュィ{ i  |   /  ./__//
        f‐┬──────\}_}_}J{_{_/∠ィ‐ゞ=-ミニト- '′― '´
        |  !                           !   |
        |  !                            i  |
        |  !      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !         .!   |
        |  !      | も え る ゴ ミ |:        !   |
        |  !      |___________|:        !   |
        |  !                           !   |
        |  !                           !   |
        |  ! _                         !   |
        |  !| |                            !   |
        |  !|_|                            !   |
        |  !                           !   |

554 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:09:53 ID:6TCL9bv20


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

555 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:10:07 ID:6TCL9bv20

          o    o   。
           。  ゜   ゜ 。
          ( -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、ノ
            / /" `ヽ ヽ  \ノ
        //, '/     ヽハ  、 ヽ
        〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i
        レ!小l( ×) (×)从 |、i|        あ゛ー……
         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/        ゴミ箱抜けて、裏口から入るハメになるとは思わなかったお。
            ヽ、  ゝ._)   j //
           ヘ,、 __, イ/
        r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
        {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

556 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:10:22 ID:6TCL9bv20


                                       ,ノノ「.:.:.:.:.::.lLL__
                                     ,∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ、
                                     ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、
                                     〈.:.`ヽ.:.:.::, -‐-‐- 、.:.:.:.:.:.l:.:ハ
                                     ).:.:.:.:.,. '"´  ̄ ̄ ``ヽ.:.:.l.:.:.ハ
                                   〔.:.:./          \.:.:.:.::〕
                                    〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))
                                  /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ
                                 ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ
                                〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',
ごめんなさいね。                       ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i
                                   \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i
……ゴミ箱から入るってのはフィクションだけど。       \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l
                                      l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ
                                      l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ
                                      l //:.:ハ __ノ 1.:.ヽ\ 孑.:.:.:.:::\    \  \
                                      //.:.:.:.:.l   1.:.::::\\.:.:.:.:.:.:.:.:ノ    \
                                      〈.:.:.:.:.:.:.:l   1.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く       \
                                       ヽl.:.:.:.:l___ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

557 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:10:38 ID:6TCL9bv20

       , ' ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /  /"" `ヽヽ \
     // ノ L     ヽハ 、ヽ
     〃 ⌒  \ /  ,リ| l |i|          おいこら、不人気!
     レ小l ( ●) (● ) 从 |i|
     レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ           フィクションのために私をゴミまみれにしたのかお!!!!!
      ヽゝ、  |::::::|   j / |
         ヘ,、l;;;;;;l, イ   .l!| !         許せないお! 謝罪と賠償を!!!!
     rヽヽ:::::|ヽ ー ´,1ー::::ヽ、|i
   /  i::::::::::∨yヽ/::::::ヽ !l ヽi
   (   丶- 、::ヽ/::::::::::::しE | ドン
    `ー、_ノ       ?堯?l、E ノ <
               レY^V^ヽ


                                                ,r-'⌒:ー‐v‐、
                                              _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                                              ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
                                             У  ,  ,、   \::::::{
                                           / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}
    まあ、ゴミ箱どうたらはフィクションだけど、                 /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ
                                        . /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ
    実際この日、                                 /  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ
    由香さんが家に入るのに大変な思いしたのは、          /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ
    事実らしいのだわ。                         . i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ
                                        . !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |
    それはそうと……                          l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|
                                        .└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!
                                         く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !
                                          / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉
                                          ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /

558 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:10:56 ID:6TCL9bv20

                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ/_ム廾下、 | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝイ f¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ彳¨::::::} |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}) |、`代_.ノ       弋:_ナ'´ソ! |{廻})::||::::. |l      由香……無事で良かった……
          | :::::| | :::i⌒ l . |`y○//    ,   ///゜。 / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| .|.∧        _        / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|     ,! . ,|.  >    /f、ヽ\  . <  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,.' , '.L. -―..>/´人ヽヽ, i< ,..‐-..、.| |     |:::::. |
           | :::::::|   ./ /::|..|::::. .::::::,/ ,/   ! ! !、:::::  ..y'k .!      |:::::. . |
            | :::::::|  , ' 人::::| l::::: :::::::!     /   |ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、   |::::::. |
.          | :::::::レ' , '  ヾ! lに::: '´|    !.    |:::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 |::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二‐- l |.::Y::. j   !    〈:: .:,.' /   `、ソ ゝ .|:::::::. |

559 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:11:17 ID:6TCL9bv20

                                                       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                       / /" `ヽ ヽ  \
                                                   //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                                   〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|
                 ママ〜ッ!                            レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i|
                 怖かったお〜〜〜〜〜っ!!!!              レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/
                                                       ヽ、  ⌒´   j //
                 あれは一体なんなんだお?                     ヘ,、 __, イ/
                                                   r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                                                   {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
                                                   |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
                                                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
                                                  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
                                                  ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
                                                   `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"

560 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:11:34 ID:6TCL9bv20

                      /::::r‐、:ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       _          ,.ィ'´:::::/!_‐- 、:::::::::::::::::::::::::(,、
      /:::`ヽ__,.ィ三/::::::::::::r‐、ノ   `ヽ、:::::::::::::::::ノ
    r‐'、::::::::::::::/圭ミ/:::::::::r、:_) l  l    ヽヽ:::::::::ゝ,
    l:::::::`:::::::::/圭/´::::::::::ゝ´  l  l     ヽ ヽ:r‐'´
    ノ::::_::::::/圭/:::::::::::r‐、ノl  l l l     l l  l!
 ,ィタ'l:::::::::::::::`:l圭ミ!::::::/:ゝ、 l l  l l ',    l l l  l
. lミ! /ヽ;::::::::::::::l圭ミ!::::::::::r‐‐'_ム斗孑十弋、  l l! /
 ゞ="〔_:::::::::::l圭ミ!::::::::::`)lヽl  ヨ`えy'   `ュ! l/
 //   l __)::::::::ヾr‐'ー、:(´ l   、_じ'^    カ
.//!   ト、ゝ-、:::::::lノyヽ 〉:ノ. l          ヽ
./ l   l. ヽ  ゝ'、:ゞー.'´::) l.l          ´!         お隣の宮脇さんのご主人がね、
  l   l  \ ゝ‐ヾ、圭.l l.l        0 '         会社で過激派とトラブルになっちゃって……
. l   l    `十-、__≧/ l ト、      /
 l   l     l r‐‐'´.l l圭ミ===,ィ=x、
. l   l     l  〉:::::::/ /圭圭圭ミ/ヽ圭圭ゝ、
. !   !     l /:::::::/ /圭圭圭ミ〈 ゞ〉圭圭/
.l    l     /:::::::/ /:《圭圭圭圭!´圭=彳
l    l     /:::::::::〈 `ー‐-、圭圭圭l圭圭》
l    l   /:::::::::::::::: ̄ ̄`ー-、二`>圭/
   l. /::::::::::::::::::::::::::ヽー´<二圭圭ミト、
   l /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄> /圭圭圭ミト、
. , -‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝノ圭圭圭圭圭ミ!

      ⊂二ニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

561 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:11:48 ID:6TCL9bv20

;"”゙::、:、;:;": 彡;";`;:;",.; ミ;';.,,;`;:;";、ミ━━┯━━━━━━━┳━━━━━━━┯━━━
  ,.;;:。;:〃;;::、;   :、Y;:;":";`;:;":。;:,ミ    │::.           ┃::.           │::.
 .;:、;:;":;" ;`;彳" .; :、;:;"i;`;:;" ;ゞ      │::::...           ┃::::...       //│::::...
,.;;:乂。;:;;::、;   ;  ,.;;:。;;;::、;.,,.彡━━━━┿━━━━━━━╋━━━━━━━┿━━━
: ;/ /ミ,.爻;;: ;: :::、; ;;::ゝ        /│              ┃              │  /
/ 二ノ ""゙| ミ;;从; :彡"           //│              ┃              │/
_/´   |   │:   │┃              │              ┃              │/
      |   │:   │┃              │  //        ┃              │
      |   │:   │┃              │  /          ┃              │
      |   │:   │┃              │              ┃              |
      |   │:   │┃              │              ┃              │
      |   │:   │┃              │          (←)┃(→)          │
      |   │:   │┃              |              ┃              │
      |   │:   │┃:.              | :.             ┃:.              | :.
      |   │:   │┃:::..           |:::..           ┃:::..           |:::..
      |   │:   │┃:::::...        |:::::....           ┃:::::...        |:::::....
      |   | ::     |::┃::::::::::....        |::::::::::....        ┃::::::::::....        │::::::::::..
 ̄ ̄ ̄|   | ::     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:..:..:..:..:.|   │:   │.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..
..:..:..:..:. . \ │:::   |.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:
.:..:..:..:..:..:..:..:\|___|.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇さんの奥様に聞いたんだけどね……

 宮脇さんの会社、一時期、別のビルに部屋を持っていたらしいのだわ。
 もちろん、仕事のためにね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

562 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:12:06 ID:6TCL9bv20

       |   _________  __   _____________________  ::. .: :. :..|: .: ..: .: .: . :..
       l  |「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄| l __ |  |i゚ _ ___________|____ .   | : . :. .: .:.:.:.: .:. :.
       i  |l 「 ̄ ̄ l !    .il `| |.こ'|  |l |┌────────────┐|   |   |\:. :. ::..: .: .: .:.
      /〉 . |  |l L _ 」 .|      |i . l | lil |  |i |│〜〜〜   OO→ノ⌒v´`ー‐ │|   |   |  l\ :.: .: .. :. :.:.
.     //.! .|  |l         |      |\l |(:::)|  |i。 |│〜〜〜     .i' n__Ω_,←│|   |   |  l  |   :. :. :. :.: .
    〈//i| .|  |l      「|      l  | ,.二、  . ̄|│「゚ ゚」同 .XX→ノ_ノ_,.-‐' ´ . │|   |   |  l  |    : .: .:.:.:. :. .
    li.!/l  !   |l      l_|      |  | |,ェョ'! ..  |└────────────┘|   |. .: .:\l  |   : .: . :.:.:. :. .:
    il  ゝ  . |l         |      |  | lli'tl:|     ̄ ̄「|  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄「| ̄  ̄ .:..:.::|: .: . :.: .\|    : ..: .: .:. . :.
    l!v´  l ,、--、      |      l  | l,lLl.|       |.|================|.|  .: .:.:.:.:.::|. :. :. . :.: . :.     |\: .: .:. :. .
   く>   |_l  ̄ l_ ___.|_ __ _\|   ̄         .|;|            ... ..|;| :. :._:._.:.:_.:_|: .: .: .: .: : .:     |  l\ :.. .:
  <l <> / .!   ,l ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄. ̄  ̄|.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.| ̄: .: : .:. : ..゙、 :. :. :.: .: ..   |  l  |
    <>  /    ̄      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄、      ◎     :.: . :.゙、 :.: : :. :. ..   |  l  |
.  〈>   /          /  〈〉  く<<> __ | 「 ̄」 ロ /  .、,`;  ゙              : :.゙、 .: .:. ..:.:: .: .. \l  |
 <l  /         /_、y'_____||l|l|i|l|||__________ 、              :..゙、 :. :. . :. :. :. :. .:\|
  l> . /         / i、,l ゚、,`,. <>>  ||l|i|l|l||| 「「「「 」 ,.;`,   [o]~   ゙ 、              ゙、 :. :. : .: .: .:. :. :. .
   /          /  /三三/    kl ,, _,,。|   l ̄ ̄| /          、              ゙、 :. :. :.: . :. : .: . .: .:
.  /           /  /三三/  \  リ ,iHi.|   l_三l    <> 「」    ゙、              ゙、 :. :.: . . .: .: .: .. .
  /            l======================l========================l               ゙、 :.: .: .: .:. : : :. .
. /            ||___l__l__||____|||____||__l__l____||                 :.゙、 :. :.: .: .. :. .
/     .    <>||  /.         ||____|||____||          .、  ||                 .:.: ゙、: : .:. . : ..
           | l ||| ,===========||       |||       ||==============||                .: .: .:. ::゙、: .: .:. . .
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがね、中央公論社も事業縮小で、その部屋は使われなくなったの。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

563 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:12:21 ID:6TCL9bv20

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |         使ってない部屋なら、無理して賃貸する必要はないお。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

      【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 使わないなら、無理して賃貸する必要はないわよね。

 だから経営側は、その部屋の賃貸契約を解除しようとしたのだわ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

564 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:12:39 ID:6TCL9bv20

      ドッカーン!              
      (⌒⌒⌒)                
      |||                  
     _____                
   /::::::::::::::::::::::::::\ 〜プーン          
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 〜プーン      
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_| 〜プーン.       
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ 〜            なんだと!権力の犬め!
  |::( 6∪ ー─◎─◎ ) 〜          
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴) 〜            俺たちがこの部屋を使うのは、
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!        労働組合として当然の権利だ!!!!
  \        ⌒ ノ______   
     \_____/ |   | ̄ ̄\ \ 
___/       \   |   |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___ | \|   |    |__|
|:::::::| \____|つ⊂|__|__/ / 
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、その部屋には、過激な労働組合の人たちが、何時の間にか使用していて……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

      .…  ̄ ̄ ̄ `ヽ
    . ´    /        \
    i  i ミ ン  // ,イ / , i. ヽ
    |   l ヾ  ///\./ソ仆、.ハ
    |    ヽ_ |テぅト. //⌒仁j  |
    |  i / l:爪)ソ    rぅト、イ , |
    |  ト、ヽj: | 、、    Vソ// /リ
    |  | ヽl: |        、、ィ .レ′           で、出てけ!出てかない!の押し問答になってて、
    |  |   }! |   `  ノ |               激しい抗議運動にいたる、というわけなのだわ。
    l,..┴‐く}: !> -r ´ :| l
    {   、 `i |、__.j¨ヾ |.| i  \
    !    `. !:|     '. \. !   ( ⌒ヽ
   ノ      }.ヾ〉   i  リ    ー ′
.   /.┬‐、 ハi:}    |  .j jス
  'く _.キ  ヽ! リ    .l   ソ  \
    | ハ !  | /    | ノj\   }
   !′}!   |      'i   ./  ./

565 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:13:02 ID:6TCL9bv20

                                                    -‐ '´  ̄ ̄`ヽ、
                                                   / /" ` ヽ ヽ  \
                                                //, '/      ヽ  、 ヽ
                                                //, '/=========ヽハ  、 ヽ
                                                〃 {_{ ======ー  リ| l │i|
                                                レ!小l(○)==(○) 从 |、i|
                       ……酷い話だお。               レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |ノ /
                                                   ヽ、  ゝ._)    j //
                                                    >r‐ </ヽ:/´〃 `\
                                                    / ̄不ヘ   /   |l     \
                                                >'ァ'´\/_{{__.ヽ/__. {{      \
                                               /  / -=≠〃 ̄匸o__j ヘ/ヽ     \


     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´    ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ丶、: : : :ト.、,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',.「: : : : :|:.:.:ヽ: : : :〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', 丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : :._:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : :L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |      .l  | l !   ! |`丶; |:.:.:.:.:.::!: : ::ハ::ヽ
        /:| |   ,'.| ! .!l|    .,'| l l |  ,' ,.| !´: :.!:.:.:.:..,': :.r ' `¬
     /:::,! |    ! |.',_|. |',ト   / !./l/ | ./  、).:: /:.:.:.:/::::::|     |:
      /:::::ハ.ト 、  | _ト_」|\、./ ー七 _」/─ {: : :/:.:.:./::;:::ノ|     !:      そう、酷い話なのだわ。
      ヽ|l ',ヽ \ !¬テ汀  '′ ¬fテ汀 ,ハr'^,-ヘ':::::}::!|    .!:
.        |   ト、ハ   Vソ         Vソ .|/j〈ィ'>》_ノ !::l !.   |:      しかも労組の人たちは、
      |    l l.|. i///  .     ///.l ! .ヾ ニフ  .!::l.|   .|:      部外者の過激派の人たちを使って、
       |   / / | 八           | l| |/   ヽ:| |l    !       いろんな抗議活動をしてるそうなのだわ。
.      |  / / | |                 l l ! !       |.!   |
.      |  / /  | |  _.>  ⌒     ´_..l l ! !       |.!   |
      l| ./,イ  _.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::T´.:.:.:.:.:.:,' .,':::| |       | !   !
       !ノ' r":.:.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:./ /:.::::! !ヽ、    .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.:! l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:/ ':.:.:.:.:.| |:.:.:/、    ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:! !;/: : \   ! l   |

566 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:13:21 ID:6TCL9bv20

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                     ,;;---−―――――--,,,
                    /              \
 , ;                /                 \
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : :    \:.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
          . ィー- く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
         / :` 、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/, ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
       / ,        ヘ、__       彡彡 ´ _ ー
      /           . : : : ´¨¨¬     , /
     ./                  ヽ、   /


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃
                   ___
               . -― '´: : `ミー-!、
           ___/ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ヽ._
         r'´.: .: .: .: .: .: . -―‐-   .: .: `Yー:、
         :′. .: .: .: :.  ´       `丶 {、: : '‐:、
         .ィ′. : : :.:/              '. ヾ!ヾ: : .:):
       ( : : : : : : / i  i   |    !  i  '.   Yヘ: : :ヽ
          }: .: : : : :i l |  !     !  |  |!  i;; :'. .: .:}
       廴_. : :.:.:| | | リ  i |__ ハ_ .j|  l; ; }.: : ハ
          つ: : | |.ィ ! /|  /l /! / !/ }   |(艾).:_ノ
.           .丁¨| ー‐-rテ一'  ヽ‐千rテ― i|/.: .:ノ ヘ        実際、宮脇さんも出勤中に殴られたらしくて……
           :! | ヘ.丶--=彡    ー - ‐' j ⊥ハ.ヽ
            | |八              /| | ∧  \      今、役員は集団出社してるとか。
            | |  `   rー―へ、   イ | |   ヽ   \
            | |   > 二二 ´<   | |.   \.  \
            | |   ,′.:.:{薔}:.:.  `ヽ.  | |       \.  \
            | |   / .:.:.:.:..芥.:.:.:.:..  \| |        \.  \

567 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:13:44 ID:6TCL9bv20

                                                  ,‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                                /          \
                                               /   /"" `ヽヽ   ヽ
                                                /// ,'/     ヽハ 、ヽ ヽ
              酷い話だお……                      〃 {_{  ノ '  ヽ  リ| l | i|
                                               レ小l ( ●) (● ) 从 |i|
              家族のみなさんは、大変じゃ……       .       V⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノノ
                                              / /::ゝ、 ____  ,ノ:::::| \

568 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:13:56 ID:6TCL9bv20
   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl  ○    ○   } | ヒシ''′ |   |        いや、家族のほうはね……
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶. ⊂⊃   イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

569 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:14:09 ID:6TCL9bv20

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

         ミ ヤ ワ キ チ ュ ン ゾ ー 、 デ テ コ ー  イ ! ! ! 

    .r-、  , ⌒ハ           ハ⌒ 、                r 、.     ,、         
   /て ) j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i           .r-、   l ヽ,,, -ー -', l         
  ( _ノ  フノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i          /て )  /  @ o  @ ヽ        
   ゝ、 〈 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ        .( _ノ  フ Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ      
   / ハ ヽYyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ          ゝ、 〈  l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j      
  /〃 ヘ ヽ リ::::::( ( >) (<::(              / ハ ヽ Y`ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)     
  i !   \   ハ::::ハ    r‐ァ  リ) )|            /〃 ヘ ヽ  リ::::::( ( >) (<::(      
  丶丶   _ > ) ) )、  ̄ ノくハ(            i !   \  ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )      
      ゝ'´- 、_  y-、ノ ヾ ソ ( \            丶丶   _ >、 Y ヽ    ̄イ' y       
     〈      ̄  う  Y  y、  ヽ              ゝ'´- 、_  y-、 ヘ  j 「 \     
       `ー― ¬、__ノ      j >  /             〈      ̄  う  Y  y、  ヽ    
           /      r'^ヽ'´ _/               `ー― ¬、__ノ      j >  /     
           ,′ ::   `く__ノ                       /      r'^ヽ'´ _/     
           ,_   _                          ,′ ::   `く__ノ

570 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:14:24 ID:6TCL9bv20

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                 \
       /                 \
      /                    \
     / .         -──    ─-   i
     |         {{ ___,jl {{__}}  .l          あー……娘たちよ。
     ..|.          `┴---┴´  '┴┴´  |
     |.         /          ヽ  l          元気でいいと思うけど……
   .  \.        {      八    } /          その真似はいかがなものかと思うお。
       \       `───´::::::`──'/
       /ヽ                イ\
      /          ``ー- -‐'"´    \
                                  \

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

      ⊂二ニニニ⊃

     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´       ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::! : : : : ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,' : : r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト、   /!./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: :::::::i    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! | ┬─‐i\、/l/┬─'┬ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \l. l |::::::::::|  ′  l:::::::::::| ヽ  ,ハr'^,-ヘ'::::::::}::!|   .!:
.        |    ト、l / |::::::::::l     l:::::::::::| l  | .|/j〈ィ'>》_ノ"i:l !   |:
      |    l l|.l   `ー '      `ー‐'  l  ! .|:.ヾ ニフ   i::l |   |:        ……らしいのだわ。
        |   / / l ',                  | l| |/      ヽ| |l    !
.      |  / / | ; 、      -       _ ,l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _...l l:.:.:`.:.ー‐ - ;‐=ィ.:.:´:.:.:.,' .,':| |          | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |

571 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:14:46 ID:6TCL9bv20

                                            /: /: . : . : .ハ,、ハ ,、ハ,、:ハ: . : . : . : . : \
                                           ,.': . /: . :/: . :/          \: .\ . : . : .:ヽ
                                            /: . /: . :/: . :/             '.,: . ヽ: . : . : .ヽ
                                           /: .:/: . :/: . :/--‐‐--     --‐‐--',: . :', : . :', : . ',
                                   .      /: .:/: . :/: . :/  __          __  ', : .:', : . :',: . :j
                                         j: . :j: . :/: . ://.-‐-、ヽ     〃,.-‐-、\,: . :, : . :j:.:. :|
                                         |: . :|: . :!: . イ /::::::::::::',        /::::::::::::',. ,: . |: . : |: . :|
                                         |: . :|: . :|: . |  乂;;;;;;;;;ノ      乂;;;;;;;;;ノ  , : |: . : |、: .j
                                         |: .l |: . :|: . |                       |: .|: . : | }:.:|
        は、なんじゃそりゃ?????              |: .l |: . :|: . | こつ   、__,、__,     こつ|:/|: . :/ノ: .|
                                         ヽハj:.:. :|ヽ:j       |     |       j'/!: ./:/!: .j
                                             ヽ :|: . \        |r-┬- |       イ: ./:/ j: /
                                              ヾ!ヽ: . :ヽ     L __.j     /: |: /イ .|/
                                               \ハ.> ..        ... イ:./l: .|/
                                              / i ヽ Vハ/ 7 ―‐ 7 /:/l/l/ .j:/
                                              / !ヽ \   j  -‐/ イ'    \
                                             ,'  j ヽ \ j  /   z===ヽ
                                              |   !  \ ヾl / / = イ    }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 と、いった感じに、中公労使紛争は、沈静化したかに見えたが、
 実のところ、くすぶっていたのだった。

 それが1970年代に入って、突如として、激しい抵抗運動に見舞われることになる。

 それは暴力を伴い、また家族や関係ない人々まで迷惑かけるものであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

572 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:15:06 ID:6TCL9bv20

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l                  /   .l
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l       (家族や周りにまで迷惑かけやがって……)
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ      (こいつらどうにかするまでは、絶対にやめないお!)
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 こんな状況で、宮脇は辞めるにやめられない状況だったという。

 どちらかというと、辞めたくても意地でも辞めたくなかったようである。
 確かにそれはそうだと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

573 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:15:19 ID:6TCL9bv20

                -‐‐-
               /       \
            / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
           ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.
             { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }        でも、落ち着いたら……
            \ :.:::::::::::::::::::::.  /
                > :::::::::::::::::: <
               / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
            /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし一方で、会社の仕事がつまらなくなっていたのも事実であった。

 特に労使紛争後、取締役になってからは、その思いが強くなったという。

 本を作るのは面白いし、やりがいがあった。
 しかし取締役になると、本を作る仕事はできなくなり、その分余計な仕事が増えていく。

 宮脇の中で、そういう仕事を無理してやることの苛立ちが、徐々に徐々にと募っていった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                【 了 】

574 ◆KcxXifcWsc:2012/05/10(木) 21:15:42 ID:6TCL9bv20
以上でございます。

ご清聴ありがとうございました。

575名無しのやる夫だお:2012/05/10(木) 21:29:08 ID:VPKhMkeo0
どこかの大阪市役所か・・・

576名無しのやる夫だお:2012/05/11(金) 00:06:18 ID:4vKCtGu.0


相手が黙るまで大声で繰り返し怒鳴るってのは
日本じゃ有効だからねぇ

577名無しのやる夫だお:2012/05/13(日) 04:35:20 ID:mHLg4F8o0
うちも父親が管理者だったから組合からの攻撃あったなー

マンション住まいだったから無言・罵倒電話攻撃だったけど、
当時まだ幼稚園前だった弟に電話取らせて防衛してたんだよなw

578名無しのやる夫だお:2012/05/13(日) 23:44:08 ID:uaJYl8Uc0
でっていうが主演した「危険な英雄」という映画を観た。
志村喬や仲代達矢といった名優と共演してヘタに見えなかったんだから、意外と演技がうまかったんだな。
演じたのが特ダネのために手段を選ばない鬼畜な新聞記者という素に近い役だったかもしれないがw

579 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:35:25 ID:0NRt6gOQ0
こんばんわ。久々に投下します。

それでは、現代文学のちょっとした裏話。

580 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:35:38 ID:0NRt6gOQ0
【丸山のリズム】


          ,. -───- 、
       ,. -'´         ヽ!l__
      /    , ---- 、  ___  ヽーヽ
    r'´ ___r─'´      ´   r‐、  ヽ
   /  r'´/             \\ ヽ
   /|  レ'               ヽミヽ!
   j      /         l       ヽヾ|
   /       〃 ,ィ /  /|ハ/ト、.   | ヽ |、
  /イ/   ////┼! //、リ┼||ト|  | | l|、
   | |   rヘ ー一 l/l/〃 ー一' リ ト、|/!
   |/|/!,ィヘ__      i      /ノ ヽ|ヽ!
   ! !|/ |/|ハ  、_'__ ,  ,ィ| || /リ!               兄がいつもお世話になっております。
        ! l/´「lヽ、     /「ll/ l/
         ト、\`ー‐ '// |
 , ---┬‐┬イ! lヽ、 ̄ ̄/  |ヽ----- 、
'´    |   | / └  |___| ┘ | |   |   ``
     /  |/  \      /ヽ  ヽ

           【庄司薫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1969年に発表された庄司薫の小説「赤頭巾ちゃん気をつけて」の中に、
 興味深いシーンがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

581 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:35:52 ID:0NRt6gOQ0

                                         .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´
                                            ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
                                             ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
             やあ、やあ。                          ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
                                             ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐--..,,
                                          _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.::.:.::ヽ
                                        ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                      .  !  i     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        ヽ _i    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                        /:ヽヽ ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                      .  i:::::::`ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        i::::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                      . |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                      . i::::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                      . |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                                       .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                                      . |:::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                      . i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l

                                                【「大山先生」】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 主人公である「薫くん」が、兄と一緒に銀座を歩いていたとき、
 兄の指導教官である「すごい思想史の講義をしている教授」と出会ったところである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

582 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:36:07 ID:0NRt6gOQ0

        λヽ、 :.:.:.        :.:|    |
         ヾ~`|, .:.:.        , .j    .i
          yゝ:.:.:   _          /
           | ヽ:.:.   `ー‐-----   /                   まあ、お茶でもどうだね?
           |:.:.:ヽ.:.      __   /
          Y、_.:. ヽ      .:.   /
          || `‐-、_y_        /  |、_
       /~ |‐-、_   " ̄ ̄ ̄ ̄´ノ´~|_;;;;; ̄`ー-、_____
_,-‐――";;;;;;;;;;;|、  〜、__ ̄`、. /´ /λ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ、_     `ー、_,_//"~|;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  `ー----フ´  λヽ'   |;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      /    |ヾ ヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     /      ヾ|  \ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その先生……「大山先生」は、「薫くん」兄弟を気軽にお茶に誘い……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

583 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:36:20 ID:0NRt6gOQ0

  ノ    ノ   ノ
 ノ    ノ  ノ
::::::|::/ ノ  ノ
::::::|/         ________________
::::::|       /:::::::::::::::::\:::.\:::.:\:::.\:::.\:::.\:::.\.:::\
::::::|      .// ̄ ̄ ̄\\::::.\ [_焼_き_鳥_モララー_]:::\
::::)`⌒ヽ  .//   ;;;;;;;;;;;;;;;;;; \\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\::\:::.\
::::(  モ:||  ┏┫.r....―┐┌\\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\
: :::)ヽ ラ.|| /三三ヽ----:| ||--|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
::::( ビ :|| {三焼三}  ..::| ||  ゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛||皮|゛゛゛゛゛゛||つ||゛
: :::) |  :||{;;三き三;;} ..::| ||  ‐■■■   ∧_∧    .||.く.||
::::( ル...:|| {三鳥三}  ..::| || /########/  ( ・∀・)    ||ね||
: :::)..;.:;;;;;;|| ヽ三三ノ   . .:| ||  ||,,从人、、||  (  つ つ‐■■■
::::'⌒ヽ'...|| ..┗^┛...─―| || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::| ... .. .||......./r|;;;.||   ::| ||     全 種 類 一本\100      |
""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それから次々に話がはずんで、
 食事にお酒にと席を変えながら、とうとう真夜中すぎまで一緒にいたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

584 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:36:59 ID:0NRt6gOQ0

       _l: : : : : : : l               _ l::::ノ'''
⌒'‐-‐'⌒ ̄ ./'´l: : r‐、: l               /ッ''‐- ,,__    、-‐ッ‐''´ヽ
::::::::::::::::::::::::::/:::::'''‐l `'、弋              ノ /::::::::::::::: ̄`'‐<二ニ:⌒: ヽ
:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::} ij.               l /::::::::::::::::::::::::::/丿、ヽ `ヽ |,,__
:::::::::: ''''''''/::::::::::::::::::l ゙i            ;     l:::::::::::::::::::::::::::::::~:::::ノ ,'  '  |:::::    ほんとうに、こうやって、
     /     ''l l ヽ,,!         '     /::: '''' '''''' ::::::::: '''''/ , '    ノ::::::    ダベっているのは、楽しいですね。
      ̄ >   l  l ヽ |    、 -‐ー‐- ,,   l |  <  ̄    ノ  ,.'    ノ'::::::::
     r'´     l  ヽヽ\    `'‐-ー-‐'  /'´   `''‐,  {      /  ::::::
    ヽ      ヽ  \ヽl     ´`   / /     ノ __,,,_l   _,,∠ -- ,,_ ::::
      \       \  \\_____ノ-‐ ''' ‐‐‐--/   `r'´      `} :
      \       \‐- ,,_l   l  \        / 'i l⌒ l   __,,,,,__ ノ
       \      \  l   l    \      /  l ‐-‐}-‐''     ヽ,

585 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:37:11 ID:0NRt6gOQ0

                                        ./          ^ヾソ ,   \
                                       ,/,,   ,/              \
                                     /_/  /                 ヽ
                                    '"´ /  /                   ヽ
                                     .〃 /        /     /       ',\
                                     //|/     / /./     /', l 、    ヽ
                                    /' / /,   / /_// /   /// .!,|ヽ, 〕   、 \
                                      7 jYl  .-''/^"゛~l`i   /|'/',,"゛^"゛'''ト  . /ヽ〉`
                                     /, イ| | /i/lヽ''""'^ト| // r' '''"^'''ヾ' Wi ト | ./
                                    〃  ハl//ぃil.    ' !/'        /イ〉i| ./V
      (本当に楽しそうに話し続ける先生だな……)      |/i/' ヾ,ヽ.      .|〉    /ニ〃!|/
                                        l/ ,,i ,i .ィ\   ー- .-一'  ./,,,、r'´
                                        !/´|/`´,'ー‐ト、.       イヽ-i/
                                           /  j ` 、  / l,  `、
                                         ,/'  ,/ノ   ` ´   .l`i  ',\
                                       ,,- '"〃  〈/         ! |  iヽ,`丶、
                                     /  /i|.   ',           .l  |、    `ヽ、
                                    /   / ./.|.   ',、__    __./  | ヽ     \
                                  /    ,,./ l.    ',____ヽ  ‐'"_,,./_.    ',_      \
                                       ,,ノ/  z.‐'' ヘ, '::::`"::""´゛./ノ``i   ',丶、     \
                                     / |_,,,,...ノ'',  / .ヽ::::::::::::::/(.  L_____i  `丶、    l
                                   ,,/       ', `ト、,' ,:::,./_,,. ,>          ヘ/   |
                                  y'    、     `   ,>o''"´           / /z,,..‐-l
                                  '',     ヽ       \ ヾ、    __   ,..-r, / /    ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ほんとうにこうやってダベっているのは、楽しいですね。」
 などといって、いつまでも楽しそうに話し続けられるその「先生」を見て、
 「薫くん」は感銘を受けたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

586 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:37:25 ID:0NRt6gOQ0

             _,、、_ ', i /ヘ、
            ´ _,∠ ̄ゝ| l7〈-‐z__
           , ‐'_, - '´ l 7ヘ ‐=、‐`、
           ノ/ /'´   , /|  l   \`
          // /  / // j l | l ヾ' 、l
           ノ/ / ノ, /7/l`,ハ! jハ_}、i ト l
       イ/ /l∠、イ/ /''弋^}/(Lj,l/ !リ
        // 八'K!{l        'イノ!|′
       / _/ rゝィ     -‐ ¬ /                先生……大丈夫かな?
       ´ ̄/イ//, ! `       /
          ´ソj/レ|  i   r一′
           r‐┴ 、l   |
          _∠、   7i {ー 、
      _, ‐ '´    l  丿,ト ヽ、\
      /       ヽ '´く ヾ==| 〈lハ、_
    /   ヽ\        ` ー\j /`' i `\ __
    / ,._ \ヽ l         V  _」 - ' ´ 、__ \
  〈 |    \ ヽト、        j /    、\\\ヽ
   i |       \l '、\      / _ ,. - 、 ト、ヽ. l¨L|
    !|   \    \ ヽ ヽ   /   ∠z_ァ'{|} |人
    l|     `丶、__,\  >'´   /  /l `'_ゝ'′_`'ー、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、「赤頭巾ちゃん気をつけて」では、その「大山先生」のことは、
 「すごい思想史の講義をしている教授」で話好きのことぐらいしかわからない。
 もっとも……当時のそういう知識人として該当する人は限られており、
 分かる人にはこれだけで十分分かったらしいのだが。

 この「大山先生」という人物は、庄司薫の次作である「さよなら怪傑黒頭巾」でも会話中に登場しており、
 その際は「大学紛争に疲れて入院中」とされている。

 「大山先生」が誰のことか、読者の多くはここで分かったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

587 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:38:22 ID:0NRt6gOQ0

           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
         /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
          {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
         l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
         ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、
          \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
            ヽ\     ,          /ノ
             \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'
              l ヽ       _  ̄ ノ
              l゙  ゙i           /
             _,l    ヽ         /
           ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
      _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
  _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_

                【丸山眞男】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実は、「大山先生」とは、丸山眞男のことである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

588 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:38:48 ID:0NRt6gOQ0
   /     _ノ  ヽ |
   |   /ノ     .l l
   '、. r.、l ─-、   ,r‐ レ'
   ヾi' '`''l´ ̄ フ'f´ ̄リ
    l'、   ̄´  l ̄~l
    ヾl   、   '  /
     | ヽ   ̄  /
     ,. l`ーヽ___/.ト、_
r─‐r'  |`ー- =、 ノ,r',!  、 ̄ ̄
  /   l`ー--ノ~ヽ,´ l   ヽ
  /   l  /   ヽ\l   ヽ
                                       ///  l         \ヽ\_
                                         / /| |/ |  ト、 \ \ ヽ  ヽ―<__
                                        |イ .|/_/|  |-N\|\| ト、|\|::::::<_
                                        |/ |/nヘ | ヘ_厂`' ヽ|k_〉l::::::::>
                                        │ |「 ∧|        ∧|::::::Z ̄
                                          |ヘ ヽ__      レ'7ー¬―、
                                            \  ̄      | /:::::::::::::::::::\
                                            /ヽ -イ\   /::://::::::::::ヽ:::\
                                           /:::::ヽ:::::::::〈:《ヽ ..:/:::/:::::::::::::::::::::::\::\
                                           |:::::::>-::::::::::\_//::|:::::::::::::::::::::::r―>::
                                           |::::::::::::─\:::::::::/:::::|:::::::::::::::::::::::|─::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 庄司薫(本名福田章二)は、東京大学法学部卒で、丸山のゼミに所属していたのだ。

 なお余談ではあるが、
 元参院議長の江田五月も同じ時期に丸山ゼミに所属していたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

589 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:39:03 ID:0NRt6gOQ0

         //    /                  、\
       イ´ /    /                    ヽ丶
       / / /    /     /                 ヽ ヽ
      ノ/ /    //   /       ,              .l
     /,.ノ   ,r'`ヽ /    /_,./ ,ィ       i     l ,ト、.l
    ∠彡    ! r >l /,   / ∠-、,./ /    / / /!     l | ヽl
     イ l /   l ゝ /// /Tヒj`ヽ` /   イ/l,/ |     l/  .i
     /// ,  ヽ、 /     `゙`  /,イ//,イツヽ /!  l   /
     ノノ .」   | l        〃/  l ┴' /┤ /l イ./
     ∠ノ/   ハ               l!  ./  レ' l/レ'
      _,'イ i,/         `ヽ、.     ノ ノ
      /  ``ー-- _l ヽ        ̄`  /              ウチのゼミの同人誌に、
    /        `ヽ、 ヽ、      ,/                これを入れてもらえないかな?
   <T ー─-、 .__        \'´ヽ、  , '
  /´ ̄ ̄```─ヽ、       ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当時の丸山ゼミで同人誌を発行しようという話になったとき、庄司も短編小説を1編、持ち寄った。
 「赤頭巾ちゃん気をつけて」の元になった作品だといわれている。

 同作が発表される10年ほど前のことであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

590 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:39:18 ID:0NRt6gOQ0

          -ー―ー-ー'へーー,┐) )
         ,,..>           ''゙lノノノi
       ,r'"   ,z-''' /        ,,ト、 K
      ,r'″::Z;;/  /    ..:::/ .:  ::ヽy ゙ミ,,ヽ
     /Z∠゙//...::::/″__..::::::://..::: ::::::...:ヽ  N
 __∠"///7/ ....:/:/7__,,.ニ-==7:::::..::::.;;;ハ;;::::l::::::゙l,
   ,l ,,//,/::::::....::/// x'''"V::::リ/>"/リ/:::イ/-リ、li::::::::::':,
  /,:i'//i/:::::///゙ !″     ̄ 7/::∠/K::エ_'yl::l::::::ハ
  {:::::;,i///::::iK::〈:::::.......      //  7/゙ {:::リ::::::ハl
  l/l::i/::::i:::/:<:::li、::::::::::::::::::.   ー―--_,,.  l:::::::/l/
   l:::::::::r'Kヽy゙l::::::::::::::::::::::::          j:::l:/
  ム::::'《;'v,└i,::::::::::::::::::::::::::::        /ヘl/
    フ::::~`::=、-rへ::::::::::::::::::::::      /
    li::::::::::::::::::ヘ::::::ヽ:::::::::::::::::::...    /
    l,i:::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::... /
     l:::::/!,il,i,レl::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄
     l/ l/ llヘ:l::::::::::::::::::::::::::::::/゙'l
          l::::::::::::::::::::::::::/. l
          .l::::::::    r'"   l
           l::::::   :::::_____,,,,,l,,,,........,,__
           l:: _,,zー''"         ,l
       ..r''''",,レ'"        __,.,::....,,,,,〈
     _,.-'':::::r‐、  .......:::::  ,'" ̄二ーー''''l,______
   <"_::::::::::::l : :ヽ:::::::   ,.イ            ⌒`ヽ、
    i : i:::::::/::l: :/:::::   /          r-ー''''' ̄ ̄`>、
    ヽ l"<::::l l::    / /         /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「赤頭巾ちゃん気をつけて」の「薫くん」は、都立日比谷高校に在籍していたものの、
 学生運動の余波で東大受験が中止された年の受験生(高校生)という設定である。

 もちろん庄司はこのとき高校生であったはずもなく、
 30そこそこのオッサンが高校生になりきって、小説を書いた、ということなのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

591 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:39:40 ID:0NRt6gOQ0

   /     _ノ  ヽ |
   |   /ノ     .l l
   '、. r.、l ─-、   ,r‐ レ'
   ヾi' '`''l´ ̄ フ'f´ ̄リ
    l'、   ̄´  l ̄~l
    ヾl   、   '  /
     | ヽ   ̄  /
     ,. l`ーヽ___/.ト、_
r─‐r'  |`ー- =、 ノ,r',!  、 ̄ ̄
  /   l`ー--ノ~ヽ,´ l   ヽ
  /   l  /   ヽ\l   ヽ
                                       ///  l         \ヽ\_
                                         / /| |/ |  ト、 \ \ ヽ  ヽ―<__
                                        |イ .|/_/|  |-N\|\| ト、|\|::::::<_
                                        |/ |/nヘ | ヘ_厂`' ヽ|k_〉l::::::::>
                                        │ |「 ∧|        ∧|::::::Z ̄
                                          |ヘ ヽ__      レ'7ー¬―、
                                            \  ̄      | /:::::::::::::::::::\
                                            /ヽ -イ\   /::://::::::::::ヽ:::\
                                           /:::::ヽ:::::::::〈:《ヽ ..:/:::/:::::::::::::::::::::::\::\
                                           |:::::::>-::::::::::\_//::|:::::::::::::::::::::::r―>::
                                           |::::::::::::─\:::::::::/:::::|:::::::::::::::::::::::|─::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 無論、「大山先生」のことも、小説中では「薫くん」が兄から紹介を受けたように書いているが、
 実際のところは、庄司自身がゼミなどで接してきた丸山眞男に基づくものであるのだろう。

 だから「話好き」なんてことも書けたのだと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

592 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:39:57 ID:0NRt6gOQ0

                 \
                  ヾヽ、 |ヽ
            ,,_,,-'^`"´`‐' ヾ i } ,,/
       ,,,_____,,、-'‐''"  ニ=ー',,, ミ! レ'/
  、、  ,,,,_>        ''""´´ -‐ヾ/~'ニミ、
   \`‐---‐'"          "´ ,,, ニミ\
    \__ニニニニ/  .. 彡  /  /'!   i, iトミヽ,,
    、,,_/,,-=彡  ,イ ,   -/‐‐メ!  i! llヾ\!
 、_____,,>,       彡'ニミ!/;;///` ̄li'| ノ!ノ| ,|  `
  `ヽ--,,,__,,  ヲ" ,〈 |6,i//ソ〃:   / 入'' !,/
   ..彡// " 〃ヽニキ/: : : : :   7'´ >
   .〃|///'"/ /! /'' ~ilヽ: : : : :  -‐,'´         今日から紘子さんツアーだからな……
   ,,,.-‐'ニ=ヾ/' !!: : : : : :`: : : : :   i’
 ,/;;;;;;;;;;;;/ : : : : : : : : : : : :_,,‐--,,,__ノ           猫は僕が面倒みないと。
r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| : : : : : i l : ,, ‐'´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;_ : : : | r 'l;;;;ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`‐-、.j: :ト ;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´\, : :/: :i;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7/-‐ ';;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~;;;;;;;;;;;;;;;/    __,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;i  _,r'iii |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾiii`=-‐'''"~~  '''ソ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;/;;;ヾ''´     i〃!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;/|;/   ヾミ __ riiヲ,ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;/ ,/'     !,, <iiノ` 。 ノミ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  r'      〃トー-‐'i'/~'l__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;} /           |'"!  ` 〉
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           レ´`ヽ、 リ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    __,,,,-‐'';;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;l'
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~;;"''"~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、これだけを書くと、単なる恩師を褒めてるだけなんじゃないか、と見ることが出来てしまう。
 しかし、どうやらそういうわけではないらしい。

 それなら、いつでも書くことが出来たからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

593 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:40:15 ID:0NRt6gOQ0
                __,,..-‐‐‐-、_
               ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
              l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
              ヽn____v'´'i::::::::::::l
               ノリ    リノ::::::::ゥ´
               `l__   rゝ:::::ソ
             .  l   /: : :l
                ゝ=ニニ--‐‐ュ
               _,,-d三二彡".::::`'‐、
             ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.:    ヽ
           / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
            `'ィ'´`'-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::l
            l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なぜ庄司薫は、1969年というこの時期に、
 「大山先生」という丸山がモデルとなっている存在を自らの小説に出したのか。

 それは当時丸山が置かれていた状況が理由としてあったのだと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

594 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:40:30 ID:0NRt6gOQ0

     /        ヽ
     〈         l、
      ヽ,        ,r'
        l!j       ソ
      l ヽ、__ ン                ・ ・ ・ ・ ・ ・
       l_i, -‐'==ヽ
       ィ'_,,. -‐'''  ̄ \
    ,ゞ'''<         ヽ
  /     ヽ         ヽ
  l        l          l
  |        l        l
  |          l        l
  l        l        l

                                                   , _
                                                __≧::::\ ト、ト、
                                               ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
                                             ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            , ' :::::::l:::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
       丸山先生は信用できねえ!                    ヽル:::::|:::|乂ヽノ/ヽ;;|::|:::::::::ト、|
                                              ヽ:|:::●) (● ).|::|)::::::リ
       この言論の危機、自分のことなのに、             r‐ぅ__     | :|i  r‐ュ   .|::|::::::|
       非協力的で……                       (⌒ 厂   .ト|:::|:ゝ.   ,イ.|::|::::::ヽイ
                                        ` ´     〉ヘ|::::丁レ∧ノ リヽ:::::ヾ
                                               rヘ,、ノ./7:「⌒Y   |::::::::}
                                               ヽ ' ヽ{ l::ト, ´.ヽ/ .|:::::::}
                                                ヽィ彡ヘl::lヽ,ィ彡  |::::::}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以前、「思想の科学」が中央公論社社長嶋中鵬二の独断により、出版を差し止められた事件があった。
 この際久野収を中心に中公の出版物への執筆ボイコットを行ったのだが、
 そのときあまり賛同していなかったのが丸山であった。

 そして、このスタンスは「思想の科学」執筆陣と中央公論社の対立が続けられている間、
 ずっと踏襲されたものだったようであり、
 その結果として、この紛争に参加した知識人や活動家の不評を買ったことは、以前も書いたとおりである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

595 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:40:45 ID:0NRt6gOQ0

         /                    \
        /                      ヽ
     /                   /        ',
      /               /|         l
     ,'              /   ',        |
     l           _,,..-''"    ヽ     .l
    ',      ,..-‐''"´         ヽ   ,'
      ∨    /               l  /
_,,..-――ヽl⌒ヽl ―‐-..,,_     _,,...-―‐ |/⌒l―--..,,__
::::::::::::::::::::::::∨ .|-r'" ̄ ̄ヽ__r'" ̄ ̄ヽ |   /、:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/::ヽ、l ヽ __ ノ  ヽ __ ノ l ノ:::∧::::::::::::::::        ・ ・ ・ ・ ・ ・
:::::::::::::::::::/:::::::::::`i         l       .i´:::::::::::∧:::::::::::::
::::::::::::::::/::::::::::::::::|.',        .|         ./|::::::::::::::::∧::::::::::
:::::::::::::/:::::::::::::::::::| .', _,,..-''"  ̄"''‐-..、  //|::::::::::::::::::∧::::::::
::::::::::/::::::::::::::::::::::>'"r''"´ ̄ ̄`"''-.、_jヽ<./:::::::::::::::::::::∧:::::
:::::::/:::::::::::::::::,,-'´   `"''"´ ̄ ̄`"''-、  `''-..,,:::::::::::::::∧:::
::::::::\::::::::/     r‐''"´ ̄ ̄ ̄"''"      .`ヽ、::/:::::
::::::::::::::>''´       ヽ-―< ̄>'            \:::::::::
::::::::/           -,‐‐-...,,_`ヽ、,,..、-         ヽ::::::
:::::/          /  r'",.-''ヽ_j  ヽ、        ヽ::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、この事件、丸山側から見ると、またおもしろいものが見えてくる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

596 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:40:57 ID:0NRt6gOQ0

             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /           安保改定をあんな強引な形で行おうとするとは……
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸山の世間一般での知名度を高めた事件として、60年安保が挙げられる。
 
 彼はこのとき、積極的に安保改正反対を主張し、また反対運動へも積極的に参加した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

597 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:41:12 ID:0NRt6gOQ0

                                  ,-、
                               .,|IIII|,、
                             ./;;;;;;;;;;;;;;\
                             .._日iiviiviiviivii日_
                            |:::゚:゚:゚:゚:゚;゚;゚;゚;゚:゚:゚:゚:゚:::|
                                ェ|::::i━━━━━i::::|ュ
                            |::|::::| ||:||:||:||:||:||:| |::::|::|
;ヾ ;                          台 |::::| !!:!!:!!:!!:!!:!!:! |::::| 台                         "
; ゞ ; ;                     ___.iェェェ:|;;;;|二二二二二|;;;;|:ェェェi.___                   " ;ゞ
;ゞ ヾ; ;"                   |:::,-、::[.___[((〜.)()(.〜))].___]::: ,-、::|                ;ヾ ;"/" ;
;"ヾ ; " ;;--、.__________|:::IIII :|:::┌┬┬┬┬┬┬┬┬┐:::|:: IIII:::|____________ ; ;ヾ ; " "
;; ;ヾ ; ; ヾ ___________|:::::::::::|:::││││││││││::.|::::::::::::|___________ヾ ;"; "i "; ;
";;;ゞ゛;;; ゞ.|:|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|::゛;ゞ ;" "ゝゞ;
; ゞ ; ;ヾ ;;::|:|__|::|r'" . .: ;;;`、:|__|::|__|::|__|:::l:::l:::|:::││││││││││::.|:::l:::l::::||__|:::|__|:::|__|/⌒ヽ-、|__|::ヾ ;"; "i "; ;;
"ゞ; ;;ゞ゛;;::|:|[]{"  .;;;;;;;;;;;;;;ヽ]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|/....;;;;;;;;.、`ヽ.::|[]|.:;ゞ ;" "ゝゞ ;
ヾ;ヾ;ヾ; ;";;;;/∴` . .::: ;;;;ヽ;;;;;;;).|__|;;|__|..__..|___|..││││││││..|___|__..:::||__|:;;|./"⌒';;  ∴;;;);;;)._|;;ヾ ;"; "i "; ;
"ゞ;;ヾ ; ; ;__i_ || ....,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)¬¬:::|::::::::|./. ┴┴┴┴┴┴┴┴ \:i::::::::|¬¬;;;(,,, ...::;;;;;;;;||,,,;;;;;;;;;;);;;゛ ヾ;\ " ヾ;
ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽ
ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
 ヽo/ ヽo/ヽo/ ヽo/  ヽo/ ヽo/  ヽo/ヽo/  ヽo/ ヽo/ ヽo/  ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/
  ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/
ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/
\○/  \○/  \○/  \○/  \○/ \○/  \○/  \○/ \○/  \○/ \○/  \○
   \○/  \○/ \○/  \○/  \○/  \○/ \○/ \○/ \○/\○/ \○/  \○/
 \○/   \○/\○/  \○/  \○/ \○/    \○/  \○/\○/\○/\○/\○/\○/
\○/ \○/  \○/  \○/  \○/  \○/  \○/ \○/\○/\○/\○/ \○/\○/\○/
 ||  ||    ||   ||    ||   ||    ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このときの国会前はデモですさまじく、
 あるときなどは17万人ものデモ隊が国会前で展開されていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

598 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:41:27 ID:0NRt6gOQ0

          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ        ……この運動にはエネルギーしかない。
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /         秩序形成的な力がまったくない。
       ',   `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'           単なる形式的な反発にとどまってしまうかもしれない。
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、この安保反対運動について、丸山は危惧感を抱いたようである。

 反対運動が単なるエネルギーの結集に過ぎず、秩序形成することができず、
 たんなる形式的な反発に止まっていることがよくないと考えたのだ。

 そして彼は、カール・マルクスの言葉を引用してこのように述べている。

 「有頂天の革命的精神の後には長い宿酔が来る。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

599 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:41:42 ID:0NRt6gOQ0

            _、-‐‐‐-..,,__
            , ':::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
          /::::.:.:.:.:.:.:.:.:,;:.:.:.:ノl
           l::::::::::::i'`'v____n,j
          `k::::::::(,リ     .リ{、
           ヽ::::::::ゝ、   __,'          そんな風に面会を強要するのは、私の趣味に合わないし、
            l: : :゙i.    l          民主主義に反すると思うんだが……
           ェ‐‐--ニニ==イ
         、‐'`::::.゛ミ_二三b-,,_
        ,r'    :.:.:.:.:`'ィ.,l \`ヽ
        イ..:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:l   `v. \
       l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ,、ハ ,ノ
       .l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐-'``'ィ'
      l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 例えば、このようなことがあった。

 首相に面会するために官邸の応接室で座り込みをしていたある知識人に対し、丸山は、
 「そんな風に面会を強要するのは、私の趣味に合わないし、民主主義に反すると思うんだが……」
 と述べたという。

 おそらく、座り込みという活動に対し、彼は単なるエネルギーの発露としか見ていなかったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

600 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:41:58 ID:0NRt6gOQ0

         /                    \
        /                      ヽ
     /                   /        ',
      /               /|         l
     ,'              /   ',        |
     l           _,,..-''"    ヽ     .l
    ',      ,..-‐''"´         ヽ   ,'
      ∨    /               l  /
_,,..-――ヽl⌒ヽl ―‐-..,,_     _,,...-―‐ |/⌒l―--..,,__
::::::::::::::::::::::::∨ .|-r'" ̄ ̄ヽ__r'" ̄ ̄ヽ |   /、:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/::ヽ、l ヽ __ ノ  ヽ __ ノ l ノ:::∧::::::::::::::::         ・ ・ ・ ・ ・ ・
:::::::::::::::::::/:::::::::::`i         l       .i´:::::::::::∧:::::::::::::
::::::::::::::::/::::::::::::::::|.',        .|         ./|::::::::::::::::∧::::::::::
:::::::::::::/:::::::::::::::::::| .', _,,..-''"  ̄"''‐-..、  //|::::::::::::::::::∧::::::::
::::::::::/::::::::::::::::::::::>'"r''"´ ̄ ̄`"''-.、_jヽ<./:::::::::::::::::::::∧:::::
:::::::/:::::::::::::::::,,-'´   `"''"´ ̄ ̄`"''-、  `''-..,,:::::::::::::::∧:::
::::::::\::::::::/     r‐''"´ ̄ ̄ ̄"''"      .`ヽ、::/:::::
::::::::::::::>''´       ヽ-―< ̄>'            \:::::::::
::::::::/           -,‐‐-...,,_`ヽ、,,..、-         ヽ::::::
:::::/          /  r'",.-''ヽ_j  ヽ、        ヽ::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼の考える「民主主義」は、あくまでも「一般市民」が「対話」していくことにあった。

 彼は普通の人々が、普通に政治を語り合い、
 そしてパートタイム的に政治に参加していくことを希求していたようである。
 例えば政治家に投書したり、今なら政治家にメールを送ったりすることになるだろうか。

 遠回りで地味ではあるが、今の市民にとって出来ることはこれくらいであることを、
 丸山は気づいていたのだと思う。
 普通の市民は、簡単に政治に参加できるほど、暇ではないのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

601 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:42:12 ID:0NRt6gOQ0

        ,,. -‐'''''"""''''''ー- 、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::;:::::::;ヘ;::::::、:::::::::::::::::ヽ,
    /::::::::::::;:::/!:::::/ | ヽ:::::i、::::;::::::::::::::i
  . i:::::|:::::/:;/,|;;;/  | ヾ;;;|._i::|i::::::::::::::i
   l:::::|:::/'!/ _|/_` |  ´ i_|. i;|`!::::::::::::|
   |:::::|::i. ,|r'r:::ヽ` '  'r:::ヾ,l、|::::::::::::|
   |::::::l:| i {:::::::::|    {::::::::::i i゙|:::::::::|        この安保運動は「市民主義」の成立と見ることができるんや。
   |::::::::| ! io:::::ノ    io:::::::i l !:::::::::|        いままで国家権力に対し「市民」が反発することなんて、
   |::::::::|  `'''"     `''''"  |::::::::::|        ほとんどできなかったわけや。
    |:::::::::l      '      /:::::::::::|
   /7::::::::ヽ、    iーi    /:::::::::::::|        この変化は大きいで。
  //:::::::::::::::;`'':;,、, `''" ,..ィ、'゙:i!::::::::::::::::|
  /ニ>::::::::::::::i;'-'〈| ``''"´ |〉ヾ,i:::::::::::::::|
 / ニ>:::::::::i'"   l     .l  ``!:::::::i::|

          【久野収】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが久野収らは、丸山と別の考え方をしていた。
 彼らは「これまで権力に対して受動的だった民衆」が、「生活者」として権力に反発したのが、
 今回の安保運動と見ていたのだ。

 これをふまえて久野は60年安保運動を「市民主義の成立」、と見ていたようだ。
 そしてその発露のスタイルの一つとして、デモや集会があると考えていたようである。

 久野のこの考え方は、現在でも、
 「週刊金曜日」辺りに参画する言論人や運動家には踏襲されている考え方のようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

602 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:42:33 ID:0NRt6gOQ0

          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸山のいう「対話」や「投書」などの市民参加は、はっきり言って地味なものである。
 それこそ「本当に自分が政治参加しているのか?」という疑問を抱かせてしまう部分もある。

 一方、久野らの言うような「市民主義に基づく市民運動」……デモや集会は、
 インパクトがあり、かつ参加者も政治参加しているという認識を持つことができる。

 こういう運動の社会において、久野らの言う運動のほうが、参加者に支持されやすかったのは事実であろう。
 実際、デモ集会を軸とする市民運動や学生運動はどんどん隆盛していく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

603 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:42:47 ID:0NRt6gOQ0

            ,.,,,.--;;,.、
          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::::::::::::::::::::::
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::
,./::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;j::::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:- イ:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような中で、反体制運動の中からは、丸山を敵視、裏切り者呼ばわりするような者も出てくる。
 おそらく、多くの者は、丸山に対して60年安保のときのようなイメージを抱いていたのだろう。
 だから彼らの多くは丸山を批判するようになっていく。

 一方で保守派は保守派で、丸山を60年安保のイメージで見ていた。
 反権力を標榜し、国体をダメにする学者と言うような感じで。

 時が経つにつれて、丸山は文化人の中で孤立していくような感じになっていったようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

604 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:43:15 ID:0NRt6gOQ0

                     , /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!   ,
                   〃:::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ,、//r;
                / |::::::、::////::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!
                 `.、':::::::::/l/  ´  ヽ, |ヽ 、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::,!
                   l:::::::::,|. ゙     .ヽi ` ` ヽ、. r-、:::::::::,ノ         ナチスもやらなかったことを、やるのか。
                |::::::│              l. l r゙'|::::::/
                   ヽ .!           /゙'  / レ. l !::::/
                   丶| ‐-_、 、 、.ィ´,   /     ,i゙ノ/                ,__
                     `''i~~~゙'ッ-i゙'~~~゙i/     ,l. |ヽ―--r‐ー------―-‐''"´゛ `゙゙''ー 、
                   `t-‐'゙! ゙-‐‐´      l  /l..;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    ヽ  `          l / |  _,,;ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    ,,,ヽ  、-‐ー,     丿/ _,!'''"´´ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                  _/;;;;/ ヽ  ̄´     /‐"´    /. !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
               ,,_/;;;;;;;;;;;,i   '、______,,,..../__;-r‐ー‐‐- ( ''''";;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
             r-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.l.ヽ`、/,゙゙゙´´        \;;;;;;;;;;;;;;;;,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
               /;;;;;;;;;.l;;;;;;;;;;;;;;;;!-‐/ ...l ` ! 、             l;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
              l;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.!   ! ヽ            /;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
             ,/;;;;;;;;;;;│;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;ヽ _l,  .ヽ、        !;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;ヽ;;;ヽ   ヽ,,___,,    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`/_;;-‐'"` 、    ,ノ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`"ー'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` - 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして1968年12月……
 東大学生らによって法学部研究室が襲撃され、ことごとく破壊される。

 丸山は、学生たちのこの行動を、「ナチスもやらなかったこと」をやったとして非難する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

605 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:43:32 ID:0NRt6gOQ0

        / ̄ ̄ ̄\
       | 」」」」」」」」」)            ______( ̄ ̄`´ ̄ ̄) )))川川(((
       |(6ー?-?|ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄\(::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/(三三◎三三)(三三三三三)
       |:::|ヽ   .> |  彡彡ノ((((^^)))))|::/ ノ   ー|ミ _  _ ミ(6 ー□-□-|)
       |ミ   (=)/  彡ミ ー○---○ |(6ー[¬]-[ー].|(∴ ` 」´ ∴)|___´ つ )
     / ̄ \;;;;;;;;;/ ̄\ミ(6    ( 。。) |/∪   ^^  |/\ ( へ) /|時刻表| ∀ / ↓FP4700Z
     |  |       ||ミ (∴   (三)∴)  :::: )3 ノ   (___)(⊃   |__/|「| ̄[]
     |  | ガイナックス / ̄ ̄ ̄\,,,,,,,,,,,,,,ノ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄\ .| ̄|⊃ ⊂|\
    / ̄ ̄ ̄ ̄\ ( ((((((^))))))´ ̄ ̄ ̄ ̄\(# ノノノノノノノノノ)|___A_|.´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ)
   (  人____).|ミ/ \=/| ノノノノメノナノノ)  ノー◎-◎|ノ川 ノ  ー))/))ナ)))ナ)ヽ,)
    |ミ/  ー◎-◎-)(6ー[¬]-[¬] ノー□-□-|リ(彡ミ)\   っ |ノ川 ー●-●| ノ  ⌒ _ ⌒ |ノ
   (6     (_ _) )|    、」 |川) ∴)`_´(∴)ゝ彡ミ)、 | ∀.ノリ|   (・・) |( ///)  3 (//)
  _|/ ∴ ノ  3 ノ \  (ー)// \___/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)/:|   (三) |)ヽ____ノ()
 (__/\_____ノ_|  \___/ |_|       | ノ三三三三|/::::::::\___/ヽ.      ヽ()
 / (__))     ))| | スクウェア命.| | ヒカ碁命(6ノー⊂⊃⊂⊃:::::::::::::葉鍵命::::|ノ はるとき命(())
[]______.| | どれみ命ヽ |       | |       |彡    ・・  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/|       )|
|]  | |______)_)三三三国(__)____ノ彡   (ー ノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_)_____))
 \_.(__)三三三国三) \:::::::::::::::/ . \::::::::Y::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三三[国])、_/)_/)_\
  /(_)\::::::::::::::::::::| ̄ ̄|:::::::|:| ̄ ̄ ̄ ̄|::::|:::(⊃ GGX全国1位 ⊂):::::::::::ヽ;:::(∴)◎∀◎(∴) \
 |Sofmap..|:::::::::/:::::/   .|:::::::|:| まん森 .|::::|:::::|________|´,):::::::/⊂) ̄ ヲタラー ̄(つ ̄
  |____|;;;;;;/;;;;;/.____|;;;;;;;|;|____|;;;;|:::/;;;;;;__.へへ__;;;\/;;;;/;;/(~ ̄ ̄ ̄) ̄ ̄~)
     (___|)__|) ..(___|)__|)..(__|(;;;;;;;;;;;___||__;;;;;;;;;;)_|)_|) (____)___)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ナチスもやらなかった蛮行」。

 この発言が学生たちにとってよほど不愉快だったのだろう。

 翌年2月24日、丸山は講義に行こうとしたところを拉致され、
 文学部の大教室に連れて行かれ、いわゆる「つるし上げ」にあってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

606 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:43:46 ID:0NRt6gOQ0

   / ̄`ー 、
  /     E三ヽ
 l  ,.、 ⊂ニヽl
  〉 l 。し⊂ヽ. l          君たちの行為は、暴力によるものだ!
.'´ヾ、ヽ ,r‐、/ <ー--        発言を拒否する!
.゙、 ヾ、i、゙ー/ / l
  ヽ--y゙ー'、_ヽ∠_

                                               ,,,,,,,,,,,,,,,
                                 ,.....、          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                                 fェゝヽ    ,rニ'''ー、  ;;;/ニヽ;;;;;;;;;;;;)
   形式的原則に固執して、            r 、_ 〈o リl_   lr。ヽ,r、 l  > ''` 〉;;,.r---、.、
   我々の追及への実質的な回答を       `>。ヽ 'Y、ノ  `ヽv'、  -''v'`'-`l._  ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
   拒否している!                   ヾ-、`''ーニ、__,......l"`'[__ノ   l`´ 〉'"   l;;;;;;;;;;ヽ
                              _  `l'-、__,..⊥ 〈l      >‐'< r―  <;;;;;;;;;;;;;;l
                             lwヽ、_l ヽ、_,r'"  ヽ ヽ  /   /  リ エ  レ'´`';;;/
                             `ー‐'、__==' l ,,,..r'"‐ヽ `イ'ー‐/、_ .<、 、    ,r'_,l,_
                               f"  `ーソl´  ,r'''''''''L, /ノ  .7  i,'ヽ、  ´ /;;;;;;;`'''ー、
                               l   <" l   l __,r'ェ' /  /! /i'''"  ,ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                               l   λ l   l `,r'" /  / レ';;;`ー''<、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                               l  .〈 ヽ l  / i,  i, /  /   /;;;;;;;;;;;,..r'´`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                              _ヽ__l .ヽl / l i,  ヽ.,r'  ,..=_;;;;;;;;;;;,f    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                             (___ノ  /   l i、  ヽ、,r'" `ーュ'l、    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                   /  l  i、   ヽ   / ヽ  ,..ュ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                  '     !   ヽ     '"    ヽ'" `''`'''''''''''''''''''''
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この「つるし上げ」だが、2時間以上の押し問答をしたようだが、
 ろくに対話も成立しないまま、終了したようである。

 もはや、丸山と学生運動に参加する学生たちの間には、対話が成立しないほど、言語の断絶が起きていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

607 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:44:01 ID:0NRt6gOQ0

    /   /  .:::i :      \       :::::..\
    /,〃/ /::..::/::/i: ::.   :..   `;:.. ` 、....    :::;:::::ヽ、
   ゛ //::/ /:::::/:/ !:|';::.   ::::....  ';::, . `、::::::..   `、 `
    ゛'!/|:/::::/∠、__|!: ;:::::...  ::::::::..  ';::';::... ;:::::::::... :::':,
        |!|i,リ |!'7タヽ、':;:::::::::... ::::;::::.  ';::';::::::.;:::::::::::::::::::',
    、- ‐ '"   l ''゛ ‐''゛ ;::i:;::::::::::i:::;:::::.  ;::'::::::::::::::::::::::::::::',
    ヽ`         . ,!::::':;::::::i::::l:;:::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::i::'、
     '、..,_      . : : :l:;/<';::::i::;'::::';::. ;:::::::::::::::::::::::::::i;:::lヽヽ
      i   ``'   . : : : : ゛(ソ_;';l'ノ::::::::'l::;l::::::::::::::::::::::;::::lヽ! ``
        l     . : : : : /`'゛ : :!::::::::::::::::`:::::::::::::::::::;'、:::l `         丸山先生も、おかわいそうに……
      !   . : ;、 '": : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ';::l
      !、. : : : : : : : : : : : : : /:/!::::i::::::::::::::::;ヘ::::ノ
        ̄`` ''ヽ、: : : : :  /': : l::|!:l;:::::::/|::/ |:;'
             '; : :   : : : : |! ! l::::/ !l  !
               ヽ  . : : : : : : : :';/_ `
              ヽ _; : -‐ '" ̄``'' ""`゛!
          _,、 :-‐ '" . : : : : : : : : : : : : : : :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような頃、庄司薫の「赤頭巾ちゃん気をつけて」が刊行されたのである。

 彼は作中で、「薫くん」に「大山先生」の思い出を、このように語らせている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

608 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:44:19 ID:0NRt6gOQ0
          -ー―ー-ー'へーー,┐) )
         ,,..>           ''゙lノノノi
       ,r'"   ,z-''' /        ,,ト、 K
      ,r'″::Z;;/  /    ..:::/ .:  ::ヽy ゙ミ,,ヽ
     /Z∠゙//...::::/″__..::::::://..::: ::::::...:ヽ  N
 __∠"///7/ ....:/:/7__,,.ニ-==7:::::..::::.;;;ハ;;::::l::::::゙l,
   ,l ,,//,/::::::....::/// x'''"V::::リ/>"/リ/:::イ/-リ、li::::::::::':,
  /,:i'//i/:::::///゙ !″     ̄ 7/::∠/K::エ_'yl::l::::::ハ
  {:::::;,i///::::iK::〈:::::.......      //  7/゙ {:::リ::::::ハl
  l/l::i/::::i:::/:<:::li、::::::::::::::::::.   ー―--_,,.  l:::::::/l/
   l:::::::::r'Kヽy゙l::::::::::::::::::::::::          j:::l:/
  ム::::'《;'v,└i,::::::::::::::::::::::::::::        /ヘl/
    フ::::~`::=、-rへ::::::::::::::::::::::      /
    li::::::::::::::::::ヘ::::::ヽ:::::::::::::::::::...    /
    l,i:::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::... /
     l:::::/!,il,i,レl::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄
     l/ l/ llヘ:l::::::::::::::::::::::::::::::/゙'l
          l::::::::::::::::::::::::::/. l
          .l::::::::    r'"   l
           l::::::   :::::_____,,,,,l,,,,........,,__
           l:: _,,zー''"         ,l
       ..r''''",,レ'"        __,.,::....,,,,,〈
     _,.-'':::::r‐、  .......:::::  ,'" ̄二ーー''''l,______
   <"_::::::::::::l : :ヽ:::::::   ,.イ            ⌒`ヽ、
    i : i:::::::/::l: :/:::::   /          r-ー''''' ̄ ̄`>、
    ヽ l"<::::l l::    / /         /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「例えばぼくは、それまでにもいろいろな本を読んだり考えたり、ぼくのすきな下の兄貴なんかを見ながら、
  ……たとえば知性というものは、すごく自由でしなやかで、どこまでもどこまでものびやかに豊かに
  広がっていくもので、そしてとんだりはねたり突進したり立ちどまったり、
  でも結局はなにか大きな大きなやさしさみたいなもの、
  そしてそのやさしさを支える限り強さみたいなものを目指していくものじゃないか、
  といったことを漠然と感じたり考えたりしていたのだけど……」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

609名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 20:44:30 ID:f758vKyQ0
ラノベの円環少女でもある登場人物が当時を振り返って、
「あれに参加していたのは本当のインテリゲンチャではなかった。
あの運動の中核を担っていたは上京した地方の道徳家だった、だから彼らは暴走した」
と話してたね

610 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:44:38 ID:0NRt6gOQ0

            _,-ー'´           `'´<._
            >           \  l    \
         _∠´            >Nレ'     ヽ_
         /                       1‐-
         /.:::  ..:                      ',
        /::::.: .:/   ...::  ..:/    l: l:.        ヘ、
        /イ:::: .::/   ..::::/ /l    / ノ \ヽ::..:. :. :. l:. l`ヽ
         l.::イ  .:::::::/:/  レi   /:: /_.. -ー\‐、l:: l:. ∧!
         j:::::l .:: .::://ナ    :: /:/l::/7Z=サナ‐ャ.〉l:: |:リ '
         ノ:::::|.::リ l.::/ -==-、゙:/l´ l/  " ヾ-' " /f`|! |'
       /-イl::i:l´リl/X  ,,   `         /)ソ:l::リ      ああなっちゃったけど……
          l:/::|::::|、Kヘ      〈L      /-'/|/
          /´l/ヽ:l::::::::::\   ー- - -一'  , '::/         僕は先生の言ってること、間違ってないと思うんだよね。
             ノノl/V|::::`-、,.      /l |/′
                 l´  |:::`' -、_,/ .|
                    |::       |
                 _-ー」:::..      ト、__
                /i7:::ノ:::::..      ',l  l、
               ../::: `ー、_::::::..    ..::r'´  ト、
             _/´レ:::: /`ー`):::-、:. -‐十⌒〉 \ `ー、
            /∠´-ー┘::::「{...____.. -‐|! く.___\  `ヽ、
        _,.-''´     .了 / |::三=ー ̄:|:\  ` ̄、    `ヽ、
     _,.-'´     _,-'´   `ヽ、l、::::::::::::::::::::/:/     ``-、   `ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「いつまでも楽しそうに話し続けられるその素晴しい先生をみながら、
  ぼくは(すごく生意気みたいだが)ぼくのその考え方が正しいのだということを、
  なんというかそれこそ目の前が明るくなるような思いで感じとったのだ。」

 おそらく、こういう時代や、丸山眞男が置かれた状況を受けて書いた、
 庄司薫の社会に対する皮肉だったのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

611 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:46:04 ID:0NRt6gOQ0
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

>>609
特に60年安保から始まる、いわゆる「市民運動」「学生運動」ってのは評価が難しいんですよね。

612名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 20:48:17 ID:f758vKyQ0
乙でした
以前読売新聞で元検察官の回顧録が載っていたんですけど、
日本赤軍や左翼を取り調べた際、取調べの合間の雑談に
古典文学の話を振ってみたけど誰も知らないんで驚いた、と話してましたね

613名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 20:49:51 ID:JMXCeV6E0

政治に参加するのが国民の、市民の権利であり義務だけど普通の人はそんなヒマねぇよ
ってのは今でも通じるというか答えが出そうにないテーマっぽいですね
今でも市民という名の専門家と、ノンポリに二分されますし

614 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:54:06 ID:0NRt6gOQ0
>>613

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


同じようなことはこの人も言ってますね。

確か三島はこの当時、つるし上げ目的で学生から呼ばれて講演会やったんですが、
結構そういう古典文学とかのネタが通じなかったとか……

615 ◆KcxXifcWsc:2012/05/27(日) 20:57:29 ID:0NRt6gOQ0
>>613
ある意味「プロ市民」って概念を作ったのは丸山かも知れないです。
政治参加において「アマチュア市民」というのを志向していたということは、
裏返すと「アマチュア市民による社会」と対峙する「「プロ市民による社会」というものを想定してたのは事実だと思うし。

しかし丸山の考え方は、調べれば調べるほどどつぼにはまる印象w

616名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 21:00:02 ID:f758vKyQ0
日本人はブームというか、多数派の意見にのらない人間を徹底的に叩く風潮がありますしねえ
今のネット議論とか見てるとほんとに

617名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 21:10:21 ID:OtjbrEMM0
権利がありながら自発的に放棄した奴は奴隷だ


ってのも、もっともらしいけど詭弁ですね

618名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 21:21:37 ID:xZ2XY22k0
丸山はなあ
戦争に協力した知識人たちに「擬似インテリ」というレッテルを張ってインテリ層を安心させたり
戦時日本をファシズムに分類したりなのが

619名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 22:15:17 ID:NuGUSxjQ0
実際目の前に暴力を見せ付けられてどのくらいの人が抵抗できるんだろうか

620名無しのやる夫だお:2012/05/27(日) 22:44:48 ID:aN20Suec0
乙です
丁度、大学のゼミで丸山真男をやったばっかりなので、何という俺徳
派手さはないけど、丸山のいう民主主義がやはり必要だと思う。昨今を鑑みるに
あと、>>597が全員でオワタ\(^o^)/やってるみたいでワロタ

>>617
「であることとすること」の話だとしたら、あれは権利の上で惰眠を貪る人間を揶揄した話だから、少し違うと思う
惰眠を貪る人間というのには、自発的に権利をどうこうしようという意思はなくて、他人任せでそれは違うんじゃね、って言いたい話かと

621名無しのやる夫だお:2012/05/28(月) 18:06:37 ID:3oOPBmws0
>>611
「市民運動」「学生運動」の評価が難しいのは
現在言論界のトップにある人間がそういう運動に参加していたというのも大きいんじゃないでしょうか
本来ならもうそろそろ第三者による批判というフィルターを通すべき事柄だと思うんだけどなあ

622名無しのやる夫だお:2012/05/28(月) 20:53:52 ID:k1UyN1QA0
あと現在も継続中な運動ってこともあって大局的な評価ができないってがありそう

623名無しのやる夫だお:2012/05/28(月) 21:29:57 ID:5ctSvlaE0
当時の学生運動の関係者に話し聞きに行っても、話したがらない人が多いみたいね

624名無しのやる夫だお:2012/05/28(月) 22:09:06 ID:LaDLYbyM0
「ガレキ乗せたトラックを阻止してやったぜ!」とか「前進」に載ったりしてるねぇ。

625名無しのやる夫だお:2012/05/29(火) 23:28:12 ID:C9qfU3Sw0
>>621-623
産経が少し前に出した70年安保あたりのインタビュー本の題が
「総括せよ! さらば革命的世代」だったのがその辺の事情を
象徴しているような気がするな

626名無しのやる夫だお:2012/06/06(水) 10:59:29 ID:yNaNSZxI0
20年ぐらい前に現役東大生が、東大紛争や学生運動の当事者・関係者に
インタビューするドキュメント本出してたな。
内容忘れたから、もう一度読みたいんだけど絶版なんだよなあ。

627 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 20:54:57 ID:JFBvH7MU0
こんばんわ。

>>618
丸山批判は、右翼的なのもポツポツありましたけど、
重要なのはやはりこの人かなあ?

              _   -‐ … ‐-
.            ´           ` 丶
.        /                    ヽ
        /                      ‘,
.        ′                     l
       l            ノ  ̄ ヽ       !
      l  、_ ノ                 l
.       l               ,ィ=≠ミ        !
        l  ィ=≠ミ.        ゝ'ノ        l
.        l    ゝ'ノ  l                 l
       !       l             l
.       !        l             l
         l       ヽ            l           国家とは共同の幻想だよね。
.         l              、      l
         l     、 __ ___   イ       .!
.           l     ヽ _ _ ノ       / l
.           ヽ                    /   l
            ヽ                /    !_ _
.              ヽ        /  /   トー \> 、
             _`l ー -        /    !    .〉  > 、
          _ -=≦/|                 /      > 、
..   _ -=≦   /  ノ                /
  /         {
               【吉本隆明】


この人の権威批判と、久野収らの市民主義が化学反応して、
60年代後半期の学生運動やその後の市民運動へと展開していったイメージが強いです。

628 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 20:59:01 ID:JFBvH7MU0
>>625
実は私がリアルで知り合いな人も、その本でインタビュー受けてますw

さて、>>620が「「である」ことと「する」こと」を話題に出してくれたので、ちょっとした番外編です。
今回は現代文や小論文が苦手な人必見……かもしれないと思いたい。

629 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 20:59:30 ID:JFBvH7MU0
【番外編……「「である」ことと「する」こと」の読み方?】

           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \                                 キ〜ンコ〜ン
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   ________
               |  |  |           |  | |どっかの高等学校|
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________

630 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 20:59:47 ID:JFBvH7MU0

             ....::::::::::: ̄ ̄:::::::....
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          .::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::i:::::::::::.
         /:::::::::::::::|::::::|::|:::l:::|::::::::::|::::::::::::i
          /:::::::::|:::::::|::::::|:ハ::l:::|::::::::::|::::l:|:::::!
        ::::::::::::从::::|::::y=≧ミヽ::::::∧:从/:|
        |:::::: ((|::::::乂( {じ リ ハ:イyfチ、i::::|
          ':::::::::`|::::::::::|`−-- "⌒トヾ_!ノ::::|          はい、これで「ヤリ逃……」じゃなくて、「舞姫」はおしまい。
         ヽ::::::|::::::::::|     _ ´ 人:! ::!
          >:|::::::::::|    ー' イ:::::::|ノ          次回の授業からは丸山眞男の
            く___ハ:::::::::|` ‐- t   |::::::::}           「「である」ことと「する」こと」をやります。
        __ノ::::人从リ  ̄ ∧{iヘ  ヽ从{
     /\   ̄  \   |⌒V|、               宿題出すから、次回授業のときに提出すること。
    /    ハ      \._ト:;_ノV  ̄\
                  ヽ |:;\ ヽ  ト、
                  ヽ|;;;;;;;ヽ|  Y/∧__
     ≧ _            \;;;;;;|   ∨   \
        ヽ    |         \/  <>、   ヽ
         \〃/           C      V    \
       __,,>イ            _..ア>    }
      / \///           /〉       ル ⌒
          V////         /       /(
            V//////         fう    //    /

631 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:00:04 ID:JFBvH7MU0

             ....::::::::::: ̄ ̄:::::::....                                         え〜〜〜〜〜っ>
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          .::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::i:::::::::::.
         /:::::::::::::::|::::::|::|:::l:::|::::::::::|::::::::::::i
          /:::::::::|:::::::|::::::|:ハ::l:::|::::::::::|::::l:|:::::!
        ::::::::::::从::::|::::y=≧ミヽ::::::∧:从/:|
        |:::::: ((|::::::乂(::::::::::::: ハ:イ´::::::Y ::|            ああ、ちなみにやってこなかった奴は、即赤点だからな。
          ':::::::::`|::::::::::|`−-- "⌒ト、_:::ノ::::|
         ヽ::::::|::::::::::|     _ ´ 人:! ::!            みんなきっちりやってくること。
          >:|::::::::::|    ー' イ:::::::|ノ
            く___ハ:::::::::|` ‐- t   |::::::::}             というわけで、今日の授業はこれで終わります。
        __ノ::::人从リ  ̄ ∧{iヘ  ヽ从{
     /\   ̄  \   |⌒V|、
    /    ハ      \._ト:;_ノV  ̄\
                  ヽ |:;\ ヽ  ト、                                        ぶ〜〜〜〜〜>
                  ヽ|;;;;;;;ヽ|  Y/∧__
     ≧ _            \;;;;;;|   ∨   \                       人でなし〜〜〜〜〜!>
        ヽ    |         \/  <>、   ヽ
         \〃/           C      V    \                   更年期障害のたれ乳〜〜〜〜〜>
       __,,>イ            _..ア>    }
      / \///           /〉       ル ⌒
          V////         /       /(       、今「たれ乳」言った奴、お前赤点確定な。
            V//////         fう    //    /

632 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:00:22 ID:JFBvH7MU0


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

633 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:00:37 ID:JFBvH7MU0

          __
        / ̄`ヾ:`:.
       {     ゙!:.}
        /:\_,∠.._
   _,. _-_:‐:‐:|: : : : : : : : 、:`: .、
    /´: i.:,!: : :|:i!: 、: : :丶: : ヽ
   /ィ: : : ll. !: : |:!、ト、: : : : \: :i
  .//./: : : ;1! ∨: l|_、斗‐: : : :ド:、
 〃 !: : : {T¬ V:.{. __⊥:ヾ: : l: : !           ったく、あのヒスBBA、気分で宿題出しやがって……
 '′ |: :.;!:iハ_z=T ゙、:. T不l ハ: l: ;l
   .l :ハl:::i ヾツ  ` ゙ー:i::::ヘ:|/            ……また男にフラれた腹いせの八つ当たりかね?
    V  ゙!::ト..,,_  ,、 _,、イ:::::バ'
       l::::|::::::;フフ .,!'゙'l: :/:::::i.
         l!::|//´>'゛_,!:./ュ::::::l
         l};.|i!.j /,,-''.イ/‐¬;::::l
      ./ ゙{、i!/''///     i::::!
      / _,,.-火゙、 '"i    i:::i
      ゙く  ィ、  \j    ,l:::|

634 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:00:52 ID:JFBvH7MU0

               ,  イ   ̄  ̄  `  、
              イ               ヽ
           __/                  \
         イ /   /  / /     |        ヽ-.、
       //  i  / /. / l   :|   ヽ        i ヽ
       / ./  l /  .|  ∧     |    ハ      |  .∧
       //   i |  : .| | l 、   |    :l ヽ  | l  |   .∧
     / l    l    .| l_i l斗     A i_l  |   l、   .∧
     l| l  . ∧   l ∧|| レ ヽ   ノ レ   i ./    | ヽ   ∧
     |/   / l  |  レヽ|   _` ヘ  |´_    レi    | ヘ   ∧
     /   /  |  |  i ィ=ぅ笊ミ  ヽ .| イぅ笊ミxl    l  ヘ  .∧     こなたちゃんはいいわよ。まだ国語の成績いいから。
     /l  ./   i  | :ヘヽヒ::::ノ     `  ヒ::::ノノ ,  从i   ヘ  .∧
    i |  /    ,  :|: ヽ             ∧/ /l レ    〉   |    私なんか現代文そんなに得意じゃないから、
   l  | :/l , イ ´ l   l`丶""     '    ""ハノ  :| `ヽ、   |   :|    本当にどうしようかと……
   /  | iイ    |   :ト 、_     _ _    , イ l / :|    \ |   :|
  /|  | 〈      i  :|   ` ー 、     ー ´ノ .l / i      i |   :i
 l ,   |ヽ     l   ト‐、     ヘ´     孑 /  l     / ,   :|
  i   :| i     .ヽl\|  T   .∧   イi´ / ノi/     i| |   ::|
  |   :| l      ヽ / ヽ   l .ヘ  /  `  /     l  ,   ::i
  |   :| ヘ        /   \ ハ  ∨    ヽ/      ,l  |   :|   ……ジョージの役もらえたのに、なぜかスレ主、
  |   ヘ ヽ      /        〈 o     ヘ      |  |/  :|   ある程度作ったみたいだけど、公開してくれないし……ブツブツ

635 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:01:06 ID:JFBvH7MU0

: :    /   . . ../: : : / |: :::: : : : : : : : | ヽ::. . . .i...   ヽ     `:、:、: \
   .j.: : : : : : ::/ : : /  .|::i: : : : : : :: : :|  i:::. : : i:::. : : : :ヽ .  ヽ  丶\: :ヽ
. : : :::l: :∧: : : :/: : /    |::l: : : : : :j|: : j  i::::. : :l:::::. : : : :.i:::. : : ゙、  `、 \:`、
: : .::::l /  i: :./: :/      !:l.: : : : :.l |: : !   i:::. : l;:::::. : : : :.i::::.ヽ: :i: : . ヽ  ヾ:、
: : :::::!:l  ,!:/_:/     |:l: : : : :./|: l.    i:::_:,,L!-: : : : :.|::::::: i: :i: : : :.:.   `:゙:,
.: ::::::|: `ー:':/:/  ̄``''''ー'lシ: : : :./丶!-l‐''''''"´l:: :.|. l::::. : : : j::::::::::.i: l::. : : :i    `}
: ::::::;|: : : ://___,,,,,,... |i : : : /  |:.L,,,,,,,__l:_:j. l:::: : : : l::::::::::::.i:l、::. : : i
.:::::/!|: : : ヤ┬十示示「 |: : : /   .|テ十干平羊ァ !::: : : :l::::::::::::::.i| ゙:;: : : l
::::/:;l:l: : :ハ. |:::/!  ,┘|: :/     |! |:::/ 、::::l/ /,l::: : :./::::::::::::::::}  ',: : :|
:://,」:l: :ハ  l::| `、ノr:i | :/      |::ハ._,ノこ /. l::. : /::::::::::::::::::|  i: : |
:':::l |::i i:::i   L.ニ='-┘ j/        ビ_、.ノ:/ i ,|: : /::::::::::::::::::::l   l: :j     なにメタなネタ言ってんのよ……
::::::ヽj:::i|::;;;i           、        `` ・ ! _,l: :/::::::::::::::::::::::i    l: !
::::::::::j|::::::::::!                     ,'::::::l./::::::::::::、:::::::::;'     リ     それはさておき、
::::::::::l:|: ::::::::ト.、     ,:‐------‐ 、     /l:::::::'゙:i:::::::::::ハ:::::;'          今回の宿題、かな〜り厄介だよね。
::::::::::l::|: : :.:::l:::i:`:丶.,、ヽ-―――--'_,,. ..r:'"::::::l:::::: : j:::::::::/  ∨
::::::::::|:::l: : : : l:::l:::::::::|::::`::l' ‐--‐ ''゙「:::|:::::|:::::::::::l:::: : :.!:::::::/

636 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:01:21 ID:JFBvH7MU0

             , へ'  ̄ ̄ ` 、
           /:::::::::::::::::::::::::::::i:::::::\
            /::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::!::::::::::.ヽ
         ,'::::::::::::::::::i:::/::i:::::::::::::::|:::::ヽ;:::`,
        ,-|::::i::::::::::/レ:ハ::|:::::::::|i:::|、:::::.i:::::ト、
.        /:::|::::|:::::::::,':::ノ i:ト;:::::::i !;:| `;:::::::!:::i::}
      ,':::::ト;:::i::i::::::k,'   i| V:::i, .!i  l:::::::|::|::|
      ,'::::i:::| Viハ::::| `ニ' i ∨ `ニ".|:::::i:ハ::|
.     ,':::i:::|  ソ::..v|弋ホテ   弋ホテ}:::::ii::::!:|        「「である」ことと「する」こと」を読んで、
.     ,i::::i:::i   |:i::::}   ~      ~ i::::::| i:::i:|        筆者の見解をふまえた上で、あなたの見解を論じなさい。
.     i::::i::,'    i:::i::ハ, '''   '  ''' .ノ|::::::| |:::i:|
    ,i:::,':,i     i|:::!| > .  ^ . /  |:::ノi |::i::|        ……って、何を書けばいいの?
.    i:::,i:,i     `,::|'::{ ヽ ` 7lヽ、 .ノノ  .i::i::|
    i:::i::i   ,. - '" /:::.i.  ヽく、|::マ`.く,   i:::i:|
   i:::i::i  .i:: :: ::i:: ::/:: :: i 〆i|i`i.}: ::V: :: :`:., i:::i:|
   i::::i::i   i: :: :: i: :: \:: ::Y_ソi| |ソ、ノ: :: :: :: ::i i:::i:|
.  |::::i::i  |: :: :: :i:: :: :く:: ::∧.i| .i|:: :>:: :: :: :: ::| |:::i:|

637 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:01:34 ID:JFBvH7MU0

              ,. '",二、゙ヽ、
            //    \゙、
               {'′ .     ヾ!
            _   /\―−-'' 、
    ,.. -__''二¨-   `/           `丶、
   '" ̄,. :'"     l             ヽ
    /  /    / j j  |   !    !  `、
    ,:'  ,.ィ  /   ! '| ‖   !゙、  l   l |  :、
  / ,. '゙/  /   ,⌒ l l !   ! `⌒ト    !. l   i
  /'´  i   !   /| ,'  !l `、| ゙、 l`、  l. |   |        課題文を読ませて、
    | l  ./ l |   l| `、j  ヽ| `、  |.!   l        「作者の見解をふまえた上で」自分の見解を論じるって、
     |. /'!  ∧ '゛____  `、!__l_ ゙{. |!  j         小論文とかの試験では王道みたいだけどねー。
    !! .l  |! li作三三    三三ミ ハ. |) メ、
      {  l l.! !               ‘! `」 `ト ゙、       でも、どういうことを、どういう風に書いたらいいか、
       V | ヘ、    △     ,. イ   | |         はっきり言ってわかんないよ……
         |  |「二フ¬ァ ''てjヘ、/   !   !
         |  |l /  l′   / / / i|  |
        |  }′  l ̄ ̄/ //! /ヘ|  |
        |  lミ:、  |  /  '" l //∧   |

638 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:01:47 ID:JFBvH7MU0

                    ______
             _人.::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
           //  '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
          .:::::::i{   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::乂つノ:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,'::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::'
           |/:::::: ::::::::::::: i::::::::::::::: |:::::i::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i
       /⌒|ー ::::|:::::::::::::: | ::::::::::: ∧:::i::::::::::::::::::::| :::::|::::::::i:::::「`ヽ
.      /::::::::::jト::::::::|:::::::::::::: |::::::::::::/ :|::i::::::::::::::::::∧ :::|::::::::i:::::|::::::::.
    /:::::::::::/i:::::\|:::::::::::::: | :::::: /  |::i::::::::i :::::/ l :::|::::::::i:::::|:::::::::|
     | ::::::::/ ':::::::: |:::::::::::::: |::::::/\__人i ::::::j::、厶ノ|::::j:::::::::::::リ:::::::::|
     | ::::::::  ∨::∧::::::::::::::|:::/      :|:::::/∨   |::/|:::::/:::/ :::::::::|
     |:::::::::|   ∨⌒:::::::::::: |/  --   j/  -- j/ :| :/ :∧ :::::::::|
     |:::::::::|   {   | :::::::::::| '三三       三三 /|/:::/ ;ハ ::::::::|     アンチョコ使っちゃダメなのかな?
     |:::::::::|     \_| :::::::::::| ⊂⊃      ⊂⊃,′ :::: /::,'| :::::::|
     |:::::::::レ-‐…‐-| :::::::::::|                !::::::::::/::/│::::: |     せめて、小論文の参考書とか。
     |:::/        | :::::::::::ト,、     }-     人::::::/∨ | :::::::|
     |/         | :::::::::::iハ>      _  イ|::::::::/  } | :::::::|

639 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:02:01 ID:JFBvH7MU0

    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :      ……そうだ。
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l     あずにゃん、次の現国の授業までの間で、
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |     ヒマな日ある?
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :

640 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:02:13 ID:JFBvH7MU0

                ____
            ,  ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.ー- 、
          /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       __/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:!:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ:.:.:.:.',:.:.:.:.:',
     /:::::i:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:,:.:.:.:ハ.::.:.|.:.:.:.:.:.:.: i  ',:.:.:.!:.:.:..:..',
.    /::::::::::|:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.!:.:.:/ ',:.:.!ヽ.:.:.:.:./―-!:.:.:!:.:.:..:.:ハ
   /:::::::::::::!:.:.:.:.:.!:|:.:.:.:.|:.:/,.斗ヘ:! ',:.:.:.,′  ',:..|:.:.:..:.:.:.i
   /::::::::::::八.:.:.:.:.!ハ:.:.:.:!イ    !  i:.:/ ,. x=xV!.:.:..:.:.:..|        この日とこの日は空いてるけど……
.  !:::::::::::/  \:.:.:|.:.:、:.:|  x==x   |/  ん价}リ.:.:..:.:.ハ}
.  |::::::::ム--、__,>:|.:.:.:ヽ!〃 ん:ハ      v少 ,:.:.:.:.:.∧         どうかしたの?
   !::::/::::::::::::::::八|:.:.:.:.:.| ヽ vとツ      、、 i:.:.:.:./::::::,
   |:/:::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:|r‐-、 、、     '     ,.:.:.!/:::::::::ヘ
.  /::::::::::::::::::::::::::::{!:.:.:.〈` ヽ〉         ,ハ.:./:::::::::::::∧
  /::::::::::::::::::::::::::::: 八ゝ┴ 、  \   ° , イ:.:.:./::::::::::::::::::人
. /:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄¨ヽ::::::::::::::\ }`  , -く|:::::!:.:./:::::,.:::-――‐ヽ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::∨ ,X.  /::斗レ':::´:::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::C::| /-┴‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( / / /,、  〉::::::::C::::::::C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

641 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:02:29 ID:JFBvH7MU0

    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :        私と一緒に、この宿題、終わらせちゃわない?
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l       いいアンチョコ……みたいなのがいるんだけど。
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :

642 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:02:46 ID:JFBvH7MU0


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


           ┌────────────────────────────┐
           │  そんなわけで                                   │
           │  とある休日の午後だぞ、ゴルァ                    ....│
           └──────v-─────────────────────┘
                       __
                   ∧∧У _/
                 ⊂(゚Д゚⊂ ̄`つ≡≡ピューー≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡






            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           |   で、なんで、
           |   私なのよ……
           _乂__________f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                           |  まあまあ。
                           _乂________ ノ

               _____        「|      __
     ./三三三\   |-_.__=_ __=| /_二三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
     | ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  |        |  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
     |==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| /[      ]ヽ|E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                      ____  ________
     / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|           |i  |二二二二二! /
     | | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::
     | | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:

643 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:03:04 ID:JFBvH7MU0

: : : : : : : : : : : : : : : : `:`:ヽ-:'':":゙:、
.: : : : : : : : : : : : : : ; ': : : : : : : : : :゙,
: : : : : : : : : : : : :, ': : : : : : : : i: : : :.i:.`丶、
.: : : : : : : : : : :, ',.': : : : : : : i: :!: : : :.!:::.\:`:.、
: : : : : : : : : :,.' /     . . |: l:. : : :.!::::::.ヽ\゙:、
.: : : : : : : : :,' ,': : : : :,:|: : :./!:.}::: : : :|:::;、:::::`、ヾ:、
: : : : : : : :.,': ,' : : : :.;':!: 、:/ !:ハ:: : : :l:::::',゙、:::::i.
.: : : : :|: : ,': ,': : : : ;'::!: :./`j、' !: : :.l::::::::! V:::!
: : : : : !: :j: :i : : : ;:::/.:./ 〃`''|: : ;{:::::::::! V:l
.: : : : :j: :i: ;l: : : ://':.;イ /   !: :/ !:::::::!  V|
: : : : :.|:/|:,'! : : 〃!/:i:l 二ニ、j:./  l::::::l   ゙}
.: : : : :! Y,'.|: : :/:/゙::: !j  ̄ ̄ ツl、 l:::/             こーゆーことは、
: : : : :l: :.|ヘ|: /:::':::: : :.!i      冫 |/              やっぱりギャル実さんに聞くのが一番かな、って思って。
:.:|: : :j: .:::::::!'ハ::i:: : : : :!!   .__,_ /      ;⌒!
::l: : :.!:.:::::::::;' V、::. : : jl  !_ノ/    ノ . /          国語のことなら、現文、古文、なんでもござれだし。
:j: : :.!::::::::::;'`ヽV:、:. : : i! __ .ノ    /  '――- 、
l: : :.!:::::::::/ ,,...、V、:. : : ゙、     /   ノ r‐-、―'
: : :l::::::::/''";:=''‐ミヾ:、: : : `、.    /     r''‐-;'
.: :l::::::/'彡'-'''"⌒`ヾ:、: : :.`、   /   /、仁.ソ
: :!::/シ'´          ヾ: : : `、 /   /

644 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:03:19 ID:JFBvH7MU0

                                                       , ― 、
                                                    _z≦、 /  `ヽ
                                               ,  ´ ̄z-‐ ―-ミ、ヽ   \
                                              / ケ‐ ―- 、    `ヾ、   、
                                         ./ ̄ ,ゞ /'       ヽ     \   i
                                        //⌒/,  ,        l  ヽ   }   ヽ .|
                                       //   /,'  l    i     .l  丶  ト   ∨
                                       |    /   .|    l     ∨  | / ヽ   }
                                       |   ./    |  /   ,     、  ', z斗‐/|   イ ',
                                       |   i     .| ' ,  j    .∧ ,〈ハ |/ l  / , |
                                       |   l     , l  l ハ   / ∨ ィ'磷乏 ∨ ,イ |
     教えてもいいけど……                    |  ,イ  ,   ',|  l斗‐"∨     弋zタ, とつレ'|
                                       | / .| ハ  、 、 . lィ´磷乏       ̄  |/  |
     ぶっちゃけ、あとでさか奈センパイに、           |./  |./ ヽ ヽ ヽ|ヽ 弋z歹   `      イ i  l
     何か言われそうでさぁ……                  |'   .|'   ヽ、イfとつ  ̄      _  / l .l  l
                                       |       / | | ヘ ヽ 、_    ´ ,イ   l ]  |
     ある程度まで教えるけど、                     |     /  .| |  ヽ __> ̄ ̄ ´ ト、,,_| /}_l
     それ以上は自分で考えること、でいい?            |   /    .| ,rヽ  f´/  }     ' ` ソ ノ,  `ヽ
                                      ,'   /     /  l .∨         // }    i
                                      | /      ,'   〈   \      /    イ    〉
                                     /          .ト 、 、 >ュ  `}   <   /} / / 1
                                    /            ,l   ヽ、| `二二,     >='´ } /   l
                                .   /,       , < .|    〉 >、_ .|    〉   / {    |
                                  `ヽ\  _z<_  ヾ    /  `>、_≦z、__,イ-‐ '´    ヽ.  |
                                     `´      `ヽ|  ,'  / /     _           } |
                                              , イ  {  ./ / ) ,'_'ゝ / /))       ノ |
                                       ヾz --―_´, イ|  ヽ   ' ヽ-' / /)) ..v    イ   |
                                          ̄ ̄   .|    小     ゚ ヽノ / /`/´`' ./|   .l
                                               |    i         ` 丶-' /.)l   .l

645 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:03:35 ID:JFBvH7MU0

                 ______
                  ,  ' ´: : : : : : : : : : : :` : .、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\   
              ,イ: : : : : : ::.:/ : :.:.:i : : : : : : : : : : :.:\ 
.           /: : : : :.i : : :/ : : : :.|: : : : i : : i: : : : : :.ハ
       /イ: : : : : :| :.:./| : : : :.:| : | :.:.ト、: :!: : : : : :ハ
           /|: : : : : : |: /ノ!:.:.:: : :| :∧: :|`V:i : : : :i : : ト、  
.          /: |: : : : : :.;|/:  V: : : :!/  V  Vi: :.!: :i: : :.|: ハ  
       ,': : |: : : : :/ ,!==-、ヽ、:.:/  /,ィ==、V: :! :i : : :|: :ハ
         i: : : !: : : :.i 〈 /ィ心  V   ´/イ心 |: :| i: i: :/ : : :.i
         |: : : |: : : :{  弋zン      弋zソ|:.!リ :|:/| : : : :|
         |: : : |!: : :.:| /////  ;   ///// |: :/ :∧ ! : : : :|
         |: : : ||: : :.:|              |:/ : :|ノ |:.: : : :|        きっかけだけでも教えていただければ!
.       |: : : |.! : :八      /:⌒ヽ    |: :.:/  |:.: : : :|
.        |: : : | |:i: : :.:\    廴_ノ   ,. イ: : ,:i  |:.: : : :|
.         |: : : | | | : : :.:| > 、     , <  |: /:.|   .! : : : :|
       |: : : | |∧: : : |    _|` ー ´ |_   .|/ リ  .|:.: : : :|
        |: : : || V: リ __/ ー-v-―' ヽ、 ! ´    ! : : : :|
.      |: : : |     V/ 〈   ムヘ     〉> 、   .|:.: : : :|
.       |: : : | , <´  ´ V ./::M::ヘ   / `   >-、 : : : :|
.       /: : ,.イ i       ´ V::イ::|:ト::ヘ / `       }\: :.|
      /: : / | ´i       {::{ |::|:| }:::} `       i` | .ハ: |
.     /: :.:/ |´i        乂_:八_ン             y  }:.|
    /: : : i  | ´i        |:|V|:| `       i/ /   |: |
.    /: : : : |   | ´i         |:| i |:|          .|Y     |: :!

646 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:03:50 ID:JFBvH7MU0

                                                 ____
                                             / ̄/    `‐-、`ヾ‐-、ィ´ ̄ヽ
                                           / /  ,       ヽ  `ヽ ヽ   }ヽ
                                           |/   {     ,、      ヽ ヽ   l  ヽ
                                          /     ハ     ハ   i    ヽ }  }   |
                                         /  l l  / l   /  }   ,' }    ヾ     .|
                                        / /  { ト、 l  ヽ  {  十‐z/ /l    l     .|
                                        ,'イ   ヾ、二ニヽ\{ ≦二/_,' | i   .l     .|
                                        ! {     ∨てリ `   て孑リ`' / ,イ  ト、   .|
          別に構わないけど……                 |  ィ ⊂⊃゛‐' 、    ヾ-"  ム⊂⊃レ ヽ   l
                                         ∨ハ  l {            u | |'   ヽ  .l
          誰?                               |  |八    __    ,、_ノ l    ヽ l
                                            |_| O\        , イ O  .l      |
                                           |   ̄ヽ `l ぇr-‐ ´   {_/_ /       . |
                                           了==-ヽ__,l_/    ィ  ̄  /  ヽ    .|
                                           .L__ヽ∧ヽ  / レ―丁〈     \ .l
                                             ̄ヽ、` ∧     {__/ ヽ      ヽ
                                                 ∧    /__)/   ヽ       >
                                                  ∧  /       { \__/

647 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:04:03 ID:JFBvH7MU0

                      |:::|      ,、       ___
                 _,.-┴':‐:─:─/::.:\─:-:‐'"::.:..:.:;二ニ=‐-
                  ,ィ'´:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.::;':.:.:.:.:.:.:.:.:l::.:.:.::.:.:.:.:.:<
                 /...:;'.:.::/:.:.:.:.:.:.:../.:.:.;:.:.:.:.: :.:|:.:.:.:.:.:.:..\::.:\
              / . ../. . / . . . . . / : :/::.:.:.:.: :.:|、:.:.::、: : : .\: :.\
               / . ../....:/.:.:.:.:.:-‐;'‐:.:/|::|::.:.:.:..:::| ∨:.:|:.:.:.:.:.:.ハヽ、::\
           /:.:.::/.::.:/:.:.:.:.:.:.:::/:::.:/ |:|:.:.:.: ::i::| ,-l‐:|、:::..:.:.:.:.∧  ̄`
             l:.:.::/:.::,イ::..:.:.:.::::/|::.:/  |l:.:.:.:.::.|::|  |:.:|::::.:.:.:.:.:.:.:∧
             |:::/::.://.:.:.:.:;/__|:;/_、  |:.:.:.:.:.:|::|  |:.:|:::::.:.:l:::.:.:.:.:∧
             |/::/:/:.:.:.::;:イ'マテ弐z、 |:.:.:.:.:人|,.__|:;ハ:::.:.:.|:::.:.::.:. ::|   ああ、紹介してなかったね。
          /::/:::|::;/: ::| | |::::::(_/` /::;/ テ弐マアV:::.::|l::.:.|:::.: :|
            j:/:::/j/:l:: : :::| 、. V:::;/, '"´  /::::(_/,''∧::.:.:||::.::|、::: :|   ギャル実さん、この人は、私の同級生で、中野梓さん。
           |::/::("|:.:.: :::|  ゛ ̄        V:::;/, ,ハ:::|::./ |::/ \|   「あずにゃん」って呼んでいいよ。
           |/: ::::`|:.: : :::|:、         `  ̄"・,lノ:::|/::| l/
            |:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:::|::ヽ、  ゝ-'ーr'  ,.イ:::::::;'::.:;':l        あずにゃん、この方は、私の国語のお師匠みたいなもんで、
             |:.:.:..:::::|:.:.:.:.::::|::::::::>r-`=="‐<::::ノ::::;:':.:./: :|       ギャル実さん。
              |.:.:..:.::::|:.:.:.:.:.:::|:/ / ' /  /:;:'::;::':.:/:::: :|

648 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:04:19 ID:JFBvH7MU0

                                           / >'´ ̄        `ヾ\
                                        ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                        /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
                                         lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
                                         |ヽl |l||ト、 ||  k-、  |  |    |
                                         |.ハl ll .| | l \|| ヽヽヽ、___ヽ    |
                                         | ハハ ハ圷 ?   ィ〒 ヽヽ //y、}   |
                チィーッス。                  |   ヾ *(●)′ (●)* `<^r'  '、  l
                                         |   |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|! ヽ   、 |
                ギャル実だよ。                |   |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| § \  \
                                         |   |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  | \  \
                                         |  r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ‐- \  \
                                         |  |仁二] || `  ´ ||仁二]     `   ノ
                                         |  |仁二] ヽ У  /::仁二] ー―――‐'
                                         |  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :} |    .|
                                         |  ゞ、: : : : : ::人: : : : : : : : :ノ . |    .|
                                         |  | `i --: ' : : :` : --: : :1  |    .|




   / .i ..:.::.::.:.:.:i zzzz、ヽ  {:i ヽ :::::::l ≡三≡\ ::::::::::::::::::::}ーー、
  / ..:.:::i. ..::.:::.:.:.i 夕 , i:ヽヾ  l  \::l ii }うハ、 ミ i ::::::::::::::::} :::::::: ̄ヽ
 / ..::..::::i ..::.::.:.:.i《 ん':゚::ハ       { ん':゚:::::ハ 》 i ::::::::::::::} ::::::::::::::::::::\
/ ...::.:.:::::/\ ..::.:.:i` 弋::。ソ        弋:::。ソ   i ..:::..:.:.:::} :::.::.:.:.:.:.:.:.:.......\
 ..:.::.:.:./ i ..\ .:.\ ^‐'‐¨^        ^¨``^   i ..::.::.:.:.::.}\ ..::.::.:.:.:.::: .......\
 ..:.:.:./  i ..:.::.ヽ ̄ /////    '    /////  i \ ..:.:..}  \ ..:::.::.:.:.::.:.:.:.:.:.::\      ジョ……じゃなかった、
 ...../   i ..:.::.::.l                   ζi /l ...}    \ ...::.::.:::...:.:.:.:.:.:.:.\    中野梓です。
 ::./    i ..:.:.:.:i.                  i  ノ i...}      \ ..:::.:.:.:.:.:.
 /     i ..::.:.:ハ        ' ヽ       /‐ '   i..}

649 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:04:34 ID:JFBvH7MU0


                                                / >'´ ̄        `ヾ\
                                             ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                             /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
                                              lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
                                              |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |
       じゃ、チャッチャと片付けちゃいますか。              |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |
                                              | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|
       まず、今回のこのような宿題のことを、                 |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |
       いわゆる受験業界では、                       |   |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |
       「課題文型小論文」っつうのよ。                  .「 ̄ ̄ ̄i! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |
                                            ll      l|. |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |
       それに対して課題文とかなく、                 |! }ヽ/^l l|,r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |
       単に「●●について論ぜよ」みたいのを、            l|/ / ' l||.仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|
       「テーマ型小論文」っつうの。                  ./ / /  l||.仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
                                             / / /__.」.レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|
                                            ,'/_/ ̄_廴 ゞ、: : : : : ::人: : : : : : : : :ノ二}    |
                                          .{   /   `|  `i --: ' : : :` : --: : :1   |   .|
                                          ∧     }-' ノ

650 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:04:58 ID:JFBvH7MU0

              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x          「課題型」と「テーマ型」……
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l
         │: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l
            .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l
           .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
             |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
            |: : : |  .| / // l l /,´/  |l

651 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:05:09 ID:JFBvH7MU0

                                                   />'´ ̄      `ヾ\
                                                 // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                                    // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
                                                 /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   i
                                              //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  i
      高校・大学受験の小論文でメジャーなのは、                ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  i
      「課題型」よね。                              〃/ i ハハ 圷 ?    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  i
      それに対して、就職試験でメジャーなのは、   .         〃./ i i  '. *( ●)′ (●)*ノ| lソ//iヘ ヽ i
      「テーマ型」かな。                               |l l  i/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§.// i ヘ.  i
                                               |l |. /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§//.  i ヘ ヘ
      テーマ型は要はそのテーマに則って、                |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ .ヘ
      「あなたの思ってること、書いちゃって〜」              |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
      って感じだから、                             八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  / ) ヘ
      企業の人事部とかで使いやすいんだろうね。            /∧ヽ[二二二}::::/ £/´ ̄ ̄""'''ー--、,,__/_ /' l|
                                          //  Vヘ ̄)ソ:::/   /            _/__ム/ヽ| l|
      要はその人の思想とかがわかればいいから。 .        / ′ ./::::::::::::///::/           f゛―-、 __丿l|
                                           | l /:::::::::::/ //:::::::/           > 、_  ノ| l|
                                           l|{::::::::::::::::ヽ (/:::::T /           r| 〈` ヽ イ | l|
                                           ヽλ::::::::::::::::::::::V:::::::/            ヽ ニ7 // //
                                           \:::::::::::::::::::::::::::/             /‐―'"

652 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:05:24 ID:JFBvH7MU0

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.
      /::::::::/::::::::l::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽ
       |::::::::':::::::::∧::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
       |:::::/::::::::/ !::::::::::/ '⌒\:::::::::::::|::::::|:::::::::|
       |:::,'::::::::/⌒j八:::::′     ∨::::::: |::::::}:::::::::|
      V::::::::/  _,.  ∨   ィfた抃|:::::::::|::::/l:::::::::|
       |:::::::{ fた心     弋ぅシ|:::::::::|::/ |:::::::::|
       _斗‐ぅ::、 弋.ツ     、、、、 |:::::::::|/ |:::::::::|
    /   ニ)::::ハ 、、、  ,       |:::::::::|  .|:::::::::|
    /   r‐':l::::::入             |:::::::::|  .|:::::::::|
    |   }:::::|::::::::fへ    `   ィ |:::::::/   |:::::::::|        じゃあ……「課題型」は、何を知るために出題するんですか?
    l___.|::::八:::::|   _>‐ <ノ`‐|::::/   .|:::::::::|
    f:..:..:..:..\:::|\l>'..:..:! >T<    j/:..`ー-、::::::::|
    |:..:..:..:..:..:.i::j/:..:..:../:.:.| ./∨\  /:..:.l:..:..:...:..:.\::|
    l:..:..:..:o:..:|/:..:..:. /:.:.:.∨/}{ヽ .l__j:..:..:.}:..:..:..:..:..:..:.丶
    |:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:〈:..:..:..:} l .}{ i |:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..::..:..:i
    |:..:..:..:o:..:.∨:..:..:.丶:..:.l i 凡 l |:..:..:./:..:..:..:..:l:.:..:..:..:.:|
   リ:..:..:..:..:..:..:.i:..:..:..:.:./:..:.∨八∨:..:..:.!:..:..:..:..:.l:..:..:..:.:..:|
  /:..:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:.〈:..:..:..l l:..:l l:..:..:./:..:..:.:...:.l:.:..:..:..:.:..|
  i.:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:.\:..UVU:./:..:..:.:..:..:..l:.:..:..:..:.:..:|
  |:..:..:..:..:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:..:.\∧/:..:..:.:..:..:..:..:.l:.:..:..:..:.:..:|
  ヽ:..:..:..:..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:..:..:.O.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:.|

653 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:05:37 ID:JFBvH7MU0

                                   /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
                               .   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
                                  , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
                                 l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
                                 レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l
 うーん……「文章読解能力」かな。            |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|
                                  ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
 課題型の場合、                         マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !
 その文章を読んだ上で、                   ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧
 その内容に即した文章を書いてないと、           `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
 「出題に答えた」とは言えないわけよ。       .      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
                                     ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
 もちろん、テーマ型と同じように、                | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
 文章の表現力や考え方なんかも見るけどね、        レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
                                    ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
 課題型の場合、一番重要なのは、              ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
 やっぱり課題文を「ちゃんと読めてるか」だと思う。     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
                                    | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
                                    レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
                                    /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

654 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:05:54 ID:JFBvH7MU0

                                                 _,=イ∠ ̄ヽ― 、      __
                                              /ヽ<_/     ̄`  `ヽ、  /  ヽ `ヽ
                                             / /  ヽ   ヽ、ヽ  __   `ヾ< i     \ヽ
                                        // ./  i  ヽヽ  \\    二ニヽ  |      ヽ',
                                         / /  |  l ,  、 ヽ    ヽ` 、       冫l         i
                                       ./  , ' l l|   .l l  ', ヽ   、 ヽ   / ト          }
                                     /  /  ヘ ,  | ト  ',  , ヽ ヽ ヾ- ´ / . l ∨      l
  じゃあ、「私は文章が読めてます」                / ,.イ ,  {ヽ、  |  ハ   } l   ヽ }  l /   | ∨、       |
  ってのを示すのに、                         イ" | ト   メl、 ,斗―十 ハ l  ,  ', l  |´   , .'  .∨       |
  一番いいのはなにかというと……                   .| , ヽ,ヾ| ヽ ≦不、ヽ_l/ ./|  } l .|   /    ∨      |
                                          , |, ハ、l  ヽ|///} ' `l / .| ハ/ f^ヽ/, |    ∨     |
  小論文の冒頭で、要約を書くことなのね。             ヽ|ヽ| ノ    ゞリ'   |/ } /   } ノ / .|     ∨    |
                                             ',         ⊂⊃   /" /  l,      ∨   :|
  長い文章を適切に要約できるなら、                    ⊂、           |   イ /   ,イi      ∨   |
  その人は少なくとも文章は読めてるわけだから。              | i、ヽつ       / /ハ イ ,  ´ .| l       \ :|
  そしてその要約を元に、筆者の考えを自分はどう思うか、       | | ヽ   _ /./ / `r´    .|. l          |
  書いていけばいいのよね。                             | |    ̄ ´|  〉'  ./    ヽ、_   | l          :|
                                             | |    _,,z|イ_ //   _/_ム.| ヽ         l
                                              ,ヘ| | r ̄//イ/  |  rf´ ̄    ヽ \     :|
                                          / ヽl {_,イ ̄´   ノ  //´,      l   ヽ     |
                                             \ ヽ|    , < -‐´// , |       ト、   \.  :|
                                         < ̄ \ .L,zイ´⌒> 〉 / |  '|        l ヽ   ヽ  :|
                                        | \ ̄>/_,z-‐´ イ  /: : l   |       .l  ヽ   \ ヽ
                                        ≧  >'く     〈  /: : : :|  |       |   ヽ   ヽ \
                                        廴マ: : : : :≧ー彡イ ̄ : : : ∧.  l      .|    ヽ    \ ヽ、

655 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:06:08 ID:JFBvH7MU0

                                                             /  ̄ミ 、
                                                         ,. -─…─-ミ    \
                                                  . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
                                                _ / /              \  .
                                             /   /                 ヽ
                                           /⌒  //
                                            .′             i       i| 釗! i     .
       これはあくまでも私の主観だけど、                 鄯  /          |i     i| _,」⊥|、    i .
       課題文型の小論文の場合、                        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i
       おそらく要約の配点比重が大きいように思う。         |  │    |i  |i 八   ′?刋::}ハ ∨  i| |
                                            │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:
       客観的に判断するためには、                    :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |
       そういう部分の配点を強めないと、                   | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |
       判断できないのよね、人間って。                  | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |
                                            |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |
       まして大学なんかあまり思想とかで、                |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以
       入学者を選ぶべきじゃないと思うし。               |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ
                                    .      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}
                                         /        {_: :人   \         人: : /|
                                        /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |
                                      .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;
                                       ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |
                                           ー一     \│  .′              : : ; 釗
                                                  )|   : :                : : ノ │
                                          丶 _ ___彡釗 人: :                : : イ   |
                                                   !  ヽ>: :        : :<ノ    |

656 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:06:31 ID:JFBvH7MU0

            ,.-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ、
           '´ ̄_,.>'´. . ....:.:.:.:|.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ヽ
           ,ィ' . . . . . . . ./ . . |::: . ...:.:i:.;:.:...... . . |. . ...:ヘ.......:.:.:.:ヘ
            /:.:.;/:.:.:::/.:.:.:/.:.:.:.:.;|::::.:.:.:.:.:|::i:.:.:.:.:.:.....|:: . . . ヘ . . . . .ハ
         /:.:.:;ィ'.:.:.:::/.:.:.:.:|:.:.:.:./ |::i:::.:.:.:.:|.:|ヘ:.:.:.:.:.:.:|:::.:.: . . ヘ. . . . . }
          j/ /:.:.:::/:.:.:.:.:.ト、:/  |::|、:.:.:.:.|:.| ヽ;/:.:|::::.:.:.:i::::.∧.:.:.:..|
            |:.:.:::::|:.:.:.:.:.;|:.:/\. |::|∨:.:.:|:;l ,/ ∨::j;::::.:.:..|:::.:.:.:ヘ:::.:|
              |:.:.:::::|:.:.:.:.:/|/___`|::| ∨::.:|'`____∨ |::::.:.:.:ト、:::.:.:∧:|
          |:.:.:::::|:.:.:.:;ハマテ〒行|j  ∨:| 〒:テチヤ7i:::.:.:.:.|::`ヽ:::.:ヘ、
             |:.:.::::;|:.:/::ハ ik'。ィ::|´  ヽ:| |k'oィ::j.,' |::.:.:.:リ:::.:.:.:.i\::l
           ヽ:.::|∨::::::λ`--'┘    ` └'--".j|::.:.;/:::::.:.:.:.|:.::| `      じゃあ、解答欄ぎりぎりの文字数使って、
            ヽ| |:.:::::::j      '         /:|;ィ' ):::::::.:.:.|:.:|       とにかく要約を書いてしまえば……
              |:.:.:.:::ヽ、     ー'ー'    ノ::::./'":::::::::.:.:.:|:リ
                 |:.:.:.::::i:::`>‐-ァ-, -‐<´:/::.:.;/-γ'´ ,,フ:::|'
               |.:.:.:.::|‐i´{i ,ィ:ノ____,/ /::;ィ´,.f´{  ´ -‐'⌒ヽ.
                ,r|.:.::i::| {| :|| /   /  /.:.:{ {:{ | j (´ ̄`,}ーr‐'
             < |:.:.:|:リ || :V  /=="j:.:.:/ {:{ | {(_ ̄゛ |:: |
             ノ" ヽ、:{\ヾ、|/ _,.-‐ァ'|::.:{  Vハ (  ̄__,ノ:: j
            /     ` {"ヽ、 ,ィ'´  / |/リ ヽ. i λ:: ̄:::::: ,人
          /      〈  ハ,/  _,ノ     :::::V   `=ニニィ"::∧
            〈    ~`ヾ::::..ノ,>   <´      :::::`ーr---‐'´:::::.:.:∧
          \     /´  /  ::: `}         |::::::::::::::::::::.:.:.:.ハ

657 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:06:42 ID:JFBvH7MU0

                                              />'´ ̄     `ヾ\
                                            ./ /       \ 、   ‐-Y⌒ヽ
                                            / 〃ハ     ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
                                          /イ l |l l | | .|ト、 .|.|  l|  ゙, ノト、   l
                                          //ハ l< |l十十l.\|十-リ| l │ i|ヘ.  l
  あー、それはダメ。                              〃i ハル小l( ●) (●) 从 |、i|∧ヘ l
                                         i ハハ レ ヽ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃ |ノ .,ハ ヽ l
  こなちゃんの考えがまったく書いてないんだから、          〃′|| .| |ヽ、  ゝ._)   ノ| |/ lヘヽ |
  それも失格っしょ。                             |l l i|/  ././.  ヘ、 __, イ,/ヽヽ .l ヘ  、|
                                        r、     r、ヽヽ::::/.`@''"´1ー::仁二] ヘ ヘl
                                        iヽヾ 三 |:l1V:::::',    /:::::::仁二]∧ .ヘ
                                        |l.\>ヽ /|` }:"::::::',   ./:::::::::r'[二メ.∨ ハ ヘ
                                     .   八ノヘ  ノ `'ソ::::::::::ヘ  /::::::::::::`:y |ゝ}ヾ∧ l|
                                        /∧ヽ ./´ /:::::::::::::::ヘ,/::::::::::::::::::::} || / /ヽ| l|
                                       // } } \.ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/.{ .{ / .}
                                       .∧ ./ .}   `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」  ヽ∨ /

658 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:06:55 ID:JFBvH7MU0

                 ______
                ´            `丶、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
             /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
       ` ー‐ァ′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        _/.::.::.::.::.::.::. /::. |::.::.::.::.::.::.::.| ::.::.|.::.::.::.::.::.::.::.::.:.
       / |.::.::.::.::.::.::.:;'.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.| ::.::.|:.::.::.::.::.::.::.::l::.:Y:⌒ヽ
.      /:::::::|:::::::/::::::::::|::::::/| ::::::::::|::::::∧ ::::|::::::::|:::::::::::::| :::|::::::::::::.
     / ::::::::| ::::::::::::::::::|::::/│:::::::: |:::::: |::::::|::::::::|:::::::::::::|/::| ::::::::: |
      :::::::::::::|::::::|:::::::::/|::/_ノ! :::::::::|:::/ `ト::∧::::::|::::::::::|/:::::| :::::::::::|        じゃあ……
    | :::::::::: | ::::|:::::::/ |/  八:::::::::|/   |::/ ヽ:::|::::::::::|:::::/|:::::::::::::|
    |::::::::::::::|:::::l :::/ィ芍≧ミ∧::::::|  ,ィ≦芯ヾ|::::::::::|∨ :|:::::::::::::|        どのくらいの文字数で要約を書くのがいいんですか?
    | :::::::::::::| : | :::{ヽ 込ー'フ  \|   込ー'フ /j ::::::: ' }  | :::::::::: |
    {:::::::::::::∧::|::::::  、、、      、、、 / ::::::/ノ │:::::::::: }       課題文字数の半分くらい?
     ハ::::::::::::|ハ|:::::∧             イ ::::::/   :|::::::::::::八
.    /八::::::::::| r'Y^Y^Yヽ┐   r::, ┌y^Y^'ト、_:厶---、 |:::::::::∧::}
──'─┴─┴ヘ ヽ││ {┴‐───┴'し| / /,x┴─‐┴─┴ー'────
`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐ヘJー'ー′ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー'ー'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

659 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:07:14 ID:JFBvH7MU0

                                                          , ⌒`ヽ、
                                          __  _ -― 二ニ=丶 /     ヽ
                                        /    7__ヾミ=-、   >ヽ      ヽ
                                    .    ,'  /  ´-、  ``ヽ ヽ     |∧       、
                                       | /  / `ミヾヽ、     ヽ   l i,        l
                                       〉'   | ハ  \ `    ヾヽヽ/ | i       |
                                    .   / l i  ト  ヽ  ヽ ヾ  ヽ ヾト、、/ .}、ヘ     l
      うーん……半分でも多いくらいかな。          , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ ト ヾ、 リ ,、   |
                                      l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  i_/ メ ヽ   |
      よく言われてるのは、                   レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / l ヽ∧ ∧ l
      課題文字数の1/3とか、3割とか。          |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨/》 イ' ,.イ ノ  ヽヘ .|
                                       ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
      1000字の小論文なら、                     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ   .!
      300字くらいが目安ってところでしょ。            ヾ ' .l ハ    -、     , イ イ ハ   \  ヘ
                                         `|  | |  ` r 、_  <´ |ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
      それよりも多くなってしまう場合は、         .      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      まあ要約が上手くできてないってこと。            ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .| _ ∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      逆に極端に短いときは、重要な部分を欠いてる。      | ./ r孑‐-┐ノ |   ∠二z-" ノュ ∨ \  ヘ
                                         レ / ト‐-┘   ヽ、´/ {__</ ̄ユ、      `
                                         ,  /  にこ}|    ?  r-' !> > ./´  iヽ   ヽ ∧
                                        ,  '  ィヾ `丶、  __, イ- rヾ} /   | \   ヽヘ
                                        | /   ノ´⌒``ヾ_三イ    ! / {     l   ヽ    ヽ、
                                        | /   ,'      ― '"´   ' i  |    .|    \      i
                                        レ    {    _         | |  |         ヽ    .|
                                        /    人、ヽ、 ``丶、    | | 彡    l      \  !
                                    .    /    / リ冫`‐-=z--z___,l |'  〉           ヽ ヽ
                                      /    /  レ^ヾ´⌒`ヽ、二ニ-| |-イ l    l          \ヽ
                                     ./   , 〈   `            !,'  |  l    l             'リ
                                    .  \    ヽ   l          ||  l  l    l             i|

660 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:07:30 ID:JFBvH7MU0

              (:i′
              ヾ:、, . . .-:¬_,,.. -.―: : - : 、
          ,.-:':"´: : : : : : : : :!: : : : : :‐=、'''' ``
       /: : ハ : : : : : : : : : : | : . .     `ヽ
.     /.   (,ノ . . i : :! l : : : ;|、:ヽ    `ヾ 、\
     i: : : :!: . . . . ,l : :ハ:!: : : ;.|`、: !: : ヽ: : :.`、 `ヾ:、
     l.: : :.!: : : :_;ム:、/ .li: : :./j ,.x‐ト: : :゙!: : : : :.
.       l: : :.|: : : :./ |:/  |! : ;イ:!   ヽl゙、: : :!: 、: : :i
       !: : :l|: : /ェ土ニ、|:/ リ ,ニ≧ヵヽ: :l: : },: : l
      l.:/r|: ∧「代ル| |/    代り,!/l: :l: : j i.: j       要約かぁ……
      ,!',{ |/: : i ヾ上!     ヒシ l.:.!:.l: :.,' l :!       あれ、ムズいんだよね……
     /イ:ヽl: :、:.i          ・l: :lイ:./  リ
      |: : :l.: :マト.、  r_―ュ  _ , ィ゙|: : :l'           ギャル実さぁん、簡単に要約できる方法はない?
      |.: : :}: : V!r;ク`: ェ_<「:::::::,':lj: : :l
       |: : :.|:l: :ヘ''ハ    j  \:,'::;イ: : !
       |.: : :,:ヘ: :.V!ヾ´ ̄`l   ゙lト!: :/  l^i /)
        |: :,<\ヘ :Y ゙、   l   ll l: :/ /マ ノ'゛∠- つ
        !: iヘ.ヽ、`l: :! `、 ,!   ll ,l.:/ ∧ ヽ、 ‐'二 、
      l: :| `ヽ、゙l: :!  丶 l  〃 レ ∧`:、 \ ‐=ニ′

661 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:07:43 ID:JFBvH7MU0

                                            />'´ ̄      `ヾ\
                                         / /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                          / 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
                                        /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   l
     ああ、要約って、                          //ハ l</,,⌒  ,,⌒リ| l │ i|ヘ.  l
     私たちでも結構苦労すっから。                //ハlレ!小l( ●) (●)从 |、i|∧ ヘ l
                                        i ハハ レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノハ ヽ  l
     あれが簡単に出来る方法があるなら、           〃′|| '. *ヽ、  ゝ._)   j // lヘヽ !
     私が知りたいくらい。                     |l l i|/  ,ハ ヘ,、 __, イ /  l ヘ  、
                                           |l /  /./r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽl ヘ ヘ
                                      /r、     r、::::::::∨yヽ/::::::::::/, 1∧ .ヘ
                                       |ヽヾ 三 |:l1:::::::::ヽ/::::::::::: r" / ∨ ハ ヘ
                                      八 \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ}ヾ∧ l|
                                      /∧ヽヘ lノ `'ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::} | / /ヽ| l|
                                     //  Vヘ/´  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/ノソ  | l|
                                     / ′   V\. ィー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」/ /  | l|
                                            /::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /   | l|
                                           /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /    / //

662 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:07:55 ID:JFBvH7MU0

                                         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
                                        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
                                        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
                                       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
                                .       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
                                      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
                                       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |
  まあ、完璧な要約は無理でも、            .       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |
  ある程度まで内容をつかむためには、             l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !
  いわゆる「論文の構造」を知っとく必要があるかもね。    !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |
                                     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !
  「序論→本論→結論」ってヤツ。               / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::
                                  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.
                                  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l
                                    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l
                                .   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
                                   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
                                   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l

663 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:08:11 ID:JFBvH7MU0

              ______
            ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.
        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     /::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::|
     ′::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::|
    ':::::::::::::::::/::::::::/::::::::::::::::,|:::::|::::::::::::::::ハ::|::::::::::::::|
   i::::::::::::::::/::::::::/::::::::::::::::/'|:::::|:::::::::::::/::j`j:i::::::::::::::|
   |:::::::::::::/::::::::/::::::::::::::::/ |:::::|:::::::::::ハ::ム::|::::::::/:::|
   |:::::::::::ハ:::::/:::::::::::::::x==ミ∧::::::/ j/r心}:::::/i:::::|
   |::::::::::|  ト、::::::::::::::〃 f r'心 レ''  弋/ソレ':::ト、|
   |::::::::::| ∧ヽ:::::::::::八弋/ソ       /::::::::| ヽ          小説とかと違うんですね。
   |::::::::// 込i:::::::::::i         、   '::::::::::|   i
   |:::::/    |:::::::::::|、           イ::::::::::/  |
   |::::i      |::::i::::::| >  .   ` ´ィ´ i:::::/   イ
   |::::|       ヽハ:::|    .>‐< j   レ′   /::i
   |::::ヽ      ヽ レヽ__/、 ̄〈 ∨  /     イ::::|
   |::::::::i\  \ \   //i:|:|:::ヽ ヽ/   //:::i:|
   |::::::::| |\  ヽ.     i:レ'::|:|)::/  |  / /:::::|:|
   |::::::::| 丶 \  \   ∨i:|:ト/    !./   イ:::::::|:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 小説など
  ・起→承→転→結
  ・序→破→急

 論文
  ・序論→本論→結論
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

664 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:08:24 ID:JFBvH7MU0

                                    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
                                .   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
                                   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
                                  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
                                  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l
                                  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|
    ま、小説とかのように、                  ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
    「間延びした辺りで急展開!」                マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !
    みたいなことは必要ないからね。             ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧
                                     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
    論文で重要なのは、                .      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
    結局作者が言いたい結論に向かって、           ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
    いかにして説得力を持たせるか、だから。         | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
                                      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
                                     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
                                     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
                                     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
                                     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
                                     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
                                     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

665 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:08:38 ID:JFBvH7MU0

             ,ィ,"二、ヽ、
         /'′   `j,!
        ,.ゝ.-.‐.‐.-. 、,/ヽ_
       ,. :': : : : ; : : : : : : : : : |−`=-.、
.      ,:': : : : : :/: : : : : :,!.  !  `ヽ
    ,/: : : : : :,:'.:/: :_:,,:.//'|:,: : |_: : ヽ、ヽ
   .i: : : : : :,:': /: : : :// j.:i: :.ハ: ::::. :i`ヾ:、
   j: : : : :./: /: .:: :./'′ j;イ / .|i: ::!:. i
   .!: i: : ;': ;ィ.::::: :ォオ云! '゛!:伝'::l.;:ハ::.|
    ! |: :.レクイ::::;イ|  V | / lソi!::'/ l::|         「序論」でこんな問題がある!ってことを指摘して、
    l:j: : .:::!_!:/:::l:|  `´ _ ,' ,!V  リ         「本論」であれやこれや書きながら、説得力を持たせて、
    j:l: :.:::: !|':|:: :l:!_   `",イ:|             「結論」で自分の答えを書くような感じ?
     !!: :.::::|:::;{:: : l! K二`^!|:!:::|
     l!: .:::::|/_ V: : ゙k'(  |゛|::|
     !: ::::::l三ミ、V: :iヘヽ ト、|:l
    ,' :::::::{'⌒`ヾミヾ:|、`|  ! V
   ,' :::::::;;;!   `ヾ!ミミ:|   i ヽ
    ! :::::::;;;|     ヽ`:!  iミ!'
   l: :::::::::;;;!     _,く ゙、_ソ
   |: ::::::::::;;ト、__,ノ彡彡--ー'゛ `}
  !::::::::::::':!、ヾ彡'_,..、-‐ォー'

666 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:08:54 ID:JFBvH7MU0

                                                / >'´ ̄        `ヾ\
                                             ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                             /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
       まあ、結構あいまいなケースも多いけど、             lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
       大体そんな感じになってると思うよー。                 |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |
                                              |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |
       こなちゃんたちの使ってるこの教科書の、               | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|
       「「である」ことと「する」こと」は、                    |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |
       いろんなところぶった切ってるから、                   |   |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l  (⌒)
       ちょっと分かりにくくなってるけど。                      |   |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  | ノ ~.レ-r┐、
                                              |   |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |   .lノ__  | .| | |
                                              |  r'l  |`||  ∂  ||´|  |〈 ̄   `-Lλ_レレ
                                              |  |仁二] || `  ´ ||仁二]  ̄`ー┬--‐‐´

667 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:09:23 ID:JFBvH7MU0

      -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
   /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
  r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
  |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
  !:l:::::::/ ̄|::::::::::// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
 ノ:|::::/ ___レヘ:::::/ ___V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
. !:::{从rテ示  ∨ rテ示7 V::::::|::::::::/::::: |
/:::::::::リ ヒソ     ヒソ /::::::/::::::/:::::::::|        文章をぶった切って教科書に載せるとは……
|:::::::: ′          /:::::::「`)イ::::::::::::|
|:::::::小、         /::::::::::r'´ |:::::::::::::|        ふてぇヤローだ、教科書業界……
|∧:::| l::> .. _ ̄   .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
    |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
    |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
    l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
    / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|

668 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:09:40 ID:JFBvH7MU0

                                                      />'´ ̄      `ヾ\
                                                    // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                                       // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
                                                    /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   l
                                                 //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  l
    まあ、いろいろ「大人の事情」ってのもあるしね……                ///ハl ll││|li \|│  リ l l ∧ ヘ  l
                                                〃/ i ハハ ハ,ィ升   圷 ?| ⊥/ / ハ ヽ  l
    ……実は書いてない部分に                          ″′|| '. *( ●)′ (●)*ノ| lソ// lヘヽ!
    結構重要なことが書いてあったりするんだけど。               |l l i|/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§/  l ヘ   、.
                                                |l |l /  /./§> 、 ⌒  ィ´人§ヽ    l ヘ  ヘ
    ま、「政治経済」じゃなくて「現代文」の授業だから、              |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ .ヘ
    そういう部分は割愛、ってことっしょ。                      |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
                                                .八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  ∨ ハ ヘ
                                                /∧ヽ[二二二}::::/ £ /:::::::/ [二二二.] }ヾ∧ l

669 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:09:53 ID:JFBvH7MU0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岩波新書「日本の思想」中の                  筑摩書房「なつかしの高校国語」で引用された際の
「「である」ことと「する」こと」の章見出し            「「である」ことと「する」こと」の章見出し

 「権利の上にねむる者」──────────────「権利の上にねむる者」
 近代社会における制度の考え方──────────近代社会における制度の考え方
 徳川時代を例にとると─────┐
 「である」社会と「である」道徳──┴─────────「である」社会と「である」道徳
 「する」組織の社会的台頭────┬──────── 「する」組織の社会的台頭
 業績本位という意味..──────┘
 経済の世界では
 制度の建て前だけからの判断
 理想状態の神聖化
 政治行動についての考え方
 市民生活と政治
 日本の急激な「近代化」──────────────日本の急激な「近代化」
 「する」価値と「である」価値との倒錯
 学問や芸術における価値の意味
 価値倒錯を再転倒するために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                            / >'´ ̄        `ヾ\
                                         ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                         /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
                                          lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l    ∩_  n m
                             m n  _∩.     |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |   (  _⌒二⊃
                            ⊂二⌒  __)      |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |   /  /
ウチにおいてある「日本の思想」と、             \  \     | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .| /  /
読み比べてみると分かるけど、              \  \   |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ //  /  /
結構いろいろぶった切ってるのが分かるよ。       \  \  |   |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l /  /
                                      \  \|   |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| § ./  /
「「する」組織の社会的台頭」って章なんて、             \  \  |  :| メ、  ̄ ノヾ |  | /  /l
後半ぶった切って、次の章の文章とつなげてるし。         \    r'l  |`||  ∂  ||´|  |   /  |
                                           \  |仁二] || `  ´ ||仁二] /|   . |

670 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:10:15 ID:JFBvH7MU0

              ,. '",二、゙ヽ、
            //    \゙、
               {'′ .     ヾ!
            _   /\―−-'' 、
    ,.. -__''二¨-   `/           `丶、
   '" ̄,. :'"     l             ヽ
    /  /    / j j  |   !    !  `、
    ,:'  ,.ィ  /   ! '| ‖   !゙、  l   l |  :、
  / ,. '゙/  /   ,⌒ l l !   ! `⌒ト    !. l   i
  /'´  i   !   /| ,'  !l `、| ゙、 l`、  l. |   |
    | l  ./ l |   l| `、j  ヽ| `、  |.!   l
     |. /'!  ∧ '゛____  `、!__l_ ゙{. |!  j          えー……このモザイク状態なものを、
    !! .l  |! li作三三    三三ミ ハ. |) メ、         要約してミソ、と。
      {  l l.! !               ‘! `」 `ト ゙、
       V | ヘ、    △     ,. イ   | |         まあ、やれといわれればやるけどね……
         |  |「二フ¬ァ ''てjヘ、/   !   !
         |  |l /  l′   / / / i|  |
        |  }′  l ̄ ̄/ //! /ヘ|  |
        |  lミ:、  |  /  '" l //∧   |

671 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:10:28 ID:JFBvH7MU0

                                    /    | ハ  \ `    ヾ  /  |i      |
                                .   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ ::.:.ト、 /∨     !
                                   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソヽ,'  :.  リ   |
                                  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  廴丿ヽ     |
ま、こなちゃんの疑問は分かるけどね。          レl  |ヽ`z'ヒ十个ヽ\ヽl L__,, ルl / l ∧   l
私だって、どーせやるなら、                  |ハ ハヘヾィ_ー一  ヾ   釗  リ`}イ/ イノ :.ヽ |
全文でやるべきと思ってるし。                 ∨、ルヽヘリ  ゞ丿     `‐'とつ/ |      ハ l
                                     マlヾ| |とつ             /} | ヽ      l
でもまあ、「こころ」ですら、                    ヾ ' .l ハ、    、¬   , イ イ ハ   \  ∧
下の一部だけを教科書に使っちゃうくらいだし、         `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
こりゃ日本の国語教育界の                .      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
病理みたいなもんだよねー。                     ,′/≧ュ、__|_|_,イ.   |__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ

672 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:10:46 ID:JFBvH7MU0

                                                     />'´ ̄      `ヾ\
                                                   // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                                      // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
                                                   /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   i
   でもまあ、上手い評論は、                               //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  i
   全体を通して序論→本論→結論ってなってると同時に、           ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  i
   それぞれの章もまた、                               〃/ i ハハ 圷 ?    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ.  i
   序論→本論→結論ってなってるけどねー。         .        〃./ i i  '. *( ●)′ (●)*ノ| lソ//iヘ ヽ  i
                                        ____ |l l i|/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§/  l ヘ   i
   と、いうわけで、第一段「「権利の上にねむる者」」ね。     |    .| |l |l /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§ヽ    l ヘ ヘ
                                             |    .| |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ .ヘ
   この章をまとめると、どんな感じ?                      |    .| |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
                                        |  n、 .| 八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  ∨ ハ ヘ
                                        |___/./.)_|/∧ヽ[二二二}::::/ £ /:::::::/ [二二二.] }ヾ∧ l|
                                        |/././_//  Vヘ ̄)ソ:::/  /::::::::::::::| γ └‐=ミ / /ヽ| l|
                                     .   r'./.r'´,.ト、 ./::::::::::::///::::::::::::::::::::|  {    | ノソ/ /  | l|
                                         l ' .' f´.k/:::::::::::/ //:::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ   |  / /  | l|
                                         l    i{::::::::::::::::ヽ (/:::::The:::Bitch:::::::ヽ    | / /   | l|
                                         l     lヽ::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、 }  | l |    / //
                                        }_,二 / \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /   | //

673 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:11:05 ID:JFBvH7MU0

               , -‐ァ −- 、
           /:::::::::,′::::::::::::::丶
         /::::_::::::::i::::::::::−- 、::::ヽ
       /´:i::´::::::::::::!::::::::::::::::::::::::/^ヽ
         l::::::|:::::::::::::::::::::::_::∧:::::::::|::::::::i
         |::::::l::::::::::::::::l´:::::::し':::::::::l:i:::::::l
        /:::::ハ::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ハ!:::::::!        なんか「民法」だの「憲法」だの書いてあって、
        ,′:,′ ヽ:::::::::::!::::::::::::::/r '!:::::::!        いきなりよく分からないのですが……
      i:::::::i   i:\_.⊥ _,/ ノ!::|:::::::|
       !:::::::!   レィ'===='r ′レ!:::::::!
     l::::::::l   _,ノ-―――-ヽ.   |:::::::|
      !::::::::! ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`. !:::::::|
    |::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i::::::::|
     |::::::::||:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::::|
      |::::::::||:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:::::::::l
      |::::::::|!:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::li

674 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:11:18 ID:JFBvH7MU0

                                                  />'´ ̄     `ヾ\
                                                / /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                               / 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
     うーん……丸山が法学部の教授ってのもあるけど、          /イ l |l l|l||ト、 ||  l| i | ゙  l
     ちょっとここは専門的過ぎるかな、って感じはするっしょ。  .     //ハ l<ll十┼|li \|┼--リ│ i|ヘ  l
                                              //ハlレ!小圷 ?   ィ〒ミ  |、i|∧ヘ l
     「民法」ってのは私たちの身の回りのことを、                〃i ハハ レ*( ●)′ (●)*  |ノハ ヽ l
     規律する法律、って考えてくれればいいや。             〃′|| '. *⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃/ lヘヽ |
                                            |l l i|/    ,ハヘ,、 __, イ /  l ヘ  、|
     で、「時効」ってのは……                             |l /  / r ヽヽ::::::|ヽ   ,1ー:::::ヽ l ヘ ヘl
                                            |/ ノ  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/, 1 ∧ .ヘ
                                            |l |   |ノ''::"::::::::::ゝ ノ::::::::::: r" | ∨ ハ ヘ
                                         .   八ノ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y |ゝ}ヾ∧ l|
                                            /∧ヽ  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} | / /ヽ| l|

675 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:11:32 ID:JFBvH7MU0

       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|        「 時 効 警 察 」 !
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
     |  /⌒}:? : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧

676 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:11:47 ID:JFBvH7MU0

                                                  />'´ ̄      `ヾ\
                                               / /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                                                / 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
                                              /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   l
ああ、あれは同じ「時効」でも、刑事ね。                       //ハ l</,,⌒  ,,⌒リ| l │ i|ヘ.  l
「公訴時効」って言って、                               //ハlレ!小l( ●) (●)从 |、i|∧ ヘ l
ある程度の期間が経つと、起訴できなくなっちゃう。               i ハハ レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノハ ヽ  l
                                             〃′|| '. *ヽ、  ゝ._)   j // lヘヽ !
民事の時効は、                                   |l l i|/  ,ハ ヘ,、 __, イ /  l ヘ  、
例えば、借金していたけど、                           |l /  /./r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽl ヘ ヘ
10年間貸した人が請求しなければ、返さなくていいとか、          /r、     r、::::::::∨yヽ/::::::::::/, 1∧ .ヘ
他人の物を持っていても                              |ヽヾ 三 |:l1:::::::::ヽ/::::::::::: r" / ∨ ハ ヘ
20年間占有していれば自分の物になるとか、                 八 \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ}ヾ∧ l|
そういう制度なわけ。                               /∧ヽヘ lノ `'ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::} | / /ヽ| l|
                                           //  Vヘ/´  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/ノソ  | l|
                                           / ′   V\. ィー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」/ /  | l|
                                                  /::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /   | l|
                                                 /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /    / //
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(所有権の取得時効)
第162条
1 20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
2 10年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、
  その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

(債権等の消滅時効)
第167条
 債権は、10年間行使しないときは、消滅する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

677 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:12:03 ID:JFBvH7MU0

          __
        / ̄`ヾ:`:.
       {     ゙!:.}
        /:\_,∠.._
   _,. _-_:‐:‐:|: : : : : : : : 、:`: .、
    /´: i.:,!: : :|:i!: 、: : :丶: : ヽ
   /ィ: : : ll. !: : |:!、ト、: : : : \: :i
  .//./: : : ;1! ∨: l|_、斗‐: : : :ド:、
 〃 !: : : {T¬ V:.{. __⊥:ヾ: : l: : !       ……なんか、おかしくね?
 '′ |: :.;!:iハ_z=T ゙、:. T不l ハ: l: ;l
   .l :ハl:::i ヾツ  ` ゙ー:i::::ヘ:|/        普通お金借りたら、返すのが当然じゃない?
    V  ゙!::ト..,,_  ,、 _,、イ:::::バ'        10年間取り立てなければ消滅するって……
       l::::|::::::;フフ .,!'゙'l: :/:::::i.
         l!::|//´>'゛_,!:./ュ::::::l
         l};.|i!.j /,,-''.イ/‐¬;::::l
      ./ ゙{、i!/''///     i::::!
      / _,,.-火゙、 '"i    i:::i
      ゙く  ィ、  \j    ,l:::|


                                      /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
                                  .   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
                                     , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
                                    l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
      うーん……この辺、丸山眞男は、          レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l
      「権利の上に眠る者を保護しない」         |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|
      という理由付けから説明するんだけど……     ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
                                       マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !
      今はあまりこの理由付け、しないのよね……     ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧
      民法学者の我妻榮は、むしろ、              `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
      「永続した事実状態」の保護を上げてるし…….      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
                                        ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ
      まあ現実的な理由としては、                 | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      ぶっちゃけあまりに古いことだから、            レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
      裁判やるにしても証拠がないとか、            ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
      そういうことなんだろうね。                 ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
                                       | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
                                       | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
                                       レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
                                       /   人、 ヽ、:/             /‐―"/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 民法の時効制度の存在理由(我妻説)
 ・永続した事実状態を保護することによって、取引の安全を守る
 ・証拠関係の不明瞭を回避
 ・権利の上に眠るものを保護しない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

678 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:12:24 ID:JFBvH7MU0

                                              ー、 _,. -‐ ' ¨´`¨ 'ヽ /~`ヽ
                                             / /      `ヽ    \    ヽ
                                            .У         ヽ    〉    ,
                                            ,'        ハ     ヾ / l}    i
                                           i     ,  i   ハ  i   .l}  l}     !
                                            i    i  | i   ハ |l  、 l}  l}     !
                                           i   ,  |l リハ 〃ハ八 リ l}彡}     i
                                           i  八 从ニニ ソ  .二ナメ  l} l}  \ |
      で、これを回避するためには、                   ソ、  ハ´弋}    ヒツ 从ソ/     メ
      権利者として、権利行使をする必要がある。             ヾl 从゙゙  '    ゙゙゙ .l}:i   |l   / !
                                        .         Υ { >  _  ィ´ l} i  |l  .ソ !
      まあ、返ってくるかどうかは別にして、                   i { 〃ー´  1  .l} i\ {l    !
      「貸した金返せ!」といい続けることよね。               .{l .{l/ {l  ー ‐ /  l}:::::\   |
                                              {l .{l_ヾ、   ≦  /:::::::::::::::ヽ  ヽ
                                              ヒ__=.ン;;\,'/≠ ン:::::::::::::::::::/   ヾ、
                                             /ミ ン:::::::〈:::::::::ソ:::::::::イ、:::::::! ヾ    `
                                            /   ソ:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::l}:::::::::| 彡イ =イ
                                           ゞ、    ゝ、:::::人::::::::::::::::::::/::::::::::| /~~~~~
                                               =≦彡/:::/  ‘,ー = ´{l::::::::::!
               ……スレ主的には、取得時効使って、    ー=彡イ //    ',::::::::::::::{l:::::::イ
               「たとえ物を得ても守る手段を講じないと       .ノ ヾl}¨` ー= ',:::::::::::::{l:::::::|
               時効取得で奪われますよ」のほうが、           〃     `¨ ' ‐.{l:::::::|
               分かりやすかったように思うんだけどね。         /   i         \:::::!

679 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:12:37 ID:JFBvH7MU0

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.
      /::::::::/::::::::l::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽ
       |::::::::':::::::::∧::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
       |:::::/::::::::/ !::::::::::/ '⌒\:::::::::::::|::::::|:::::::::|
       |:::,'::::::::/⌒j八:::::′     ∨::::::: |::::::}:::::::::|
      V::::::::/  _,.  ∨   ィfた抃|:::::::::|::::/l:::::::::|
       |:::::::{ fた心     弋ぅシ|:::::::::|::/ |:::::::::|
       _斗‐ぅ::、 弋.ツ     、、、、 |:::::::::|/ |:::::::::|
    /   ニ)::::ハ 、、、  ,       |:::::::::|  .|:::::::::|         じゃあ憲法の話題はどうして出てくるんです?
    /   r‐':l::::::入             |:::::::::|  .|:::::::::|
    |   }:::::|::::::::fへ    `   ィ |:::::::/   |:::::::::|         憲法12条とか97条とか。
    l___.|::::八:::::|   _>‐ <ノ`‐|::::/   .|:::::::::|
    f:..:..:..:..\:::|\l>'..:..:! >T<    j/:..`ー-、::::::::|
    |:..:..:..:..:..:.i::j/:..:..:../:.:.| ./∨\  /:..:.l:..:..:...:..:.\::|
    l:..:..:..:o:..:|/:..:..:. /:.:.:.∨/}{ヽ .l__j:..:..:.}:..:..:..:..:..:..:.丶
    |:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:〈:..:..:..:} l .}{ i |:..:..:..:/:..:..:..:..:..:..::..:..:i
    |:..:..:..:o:..:.∨:..:..:.丶:..:.l i 凡 l |:..:..:./:..:..:..:..:l:.:..:..:..:.:|
   リ:..:..:..:..:..:..:.i:..:..:..:.:./:..:.∨八∨:..:..:.!:..:..:..:..:.l:..:..:..:.:..:|
  /:..:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:.〈:..:..:..l l:..:l l:..:..:./:..:..:.:...:.l:.:..:..:..:.:..|
  i.:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:.\:..UVU:./:..:..:.:..:..:..l:.:..:..:..:.:..:|
  |:..:..:..:..:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:..:.\∧/:..:..:.:..:..:..:..:.l:.:..:..:..:.:..:|
  ヽ:..:..:..:..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:..:..:.O.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..:..:.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本国憲法
 第12条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
 又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 第97条
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、
 これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、
 侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

680 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:12:56 ID:JFBvH7MU0

                                                   ____
                                               /       ` ヽ
                                               __ /            \, へ
                                           l  /             斗-<  ヽ
                                              l / /  i /   ',  ,    lフ' l   ',
                                           l l l  .l l,    l  ,'  i l l //l    l
これ、ネトウヨあたりに言わせると、                         l l , l _,l-l、l l l l 7i丁フ /l"/l     .l
「丸山はブサヨだから憲法論出した」とか、                  l lハ l レト、l .l /l/l / レ',' / l/./l    l
平気で言う人いるんだけど……                           l   l、l l,イ示ハ/ ' lイ示ハ,ィ l6゛}' .l    l
                                           l   l ゙l l z::::::l    z::::::イ  l_/  l    .l
どちらかというと、これから丸山の言いたいことに対する、         l  ,.' l 'l ゛''"、_,、_, ゛''",l l§   .l    l
民法時効制度よりも抽象的な例示だと思う。   .             l  l  l l \.  ゝ._) /| l §  l    l
                                            .l  l  l l   _> < | l  l__   l    l
確かに「債権」なんかよりも、                          l  l  .l l __.r'::∧     l  l::::r‐ 、 l    l
「人権」や「主権」のほうが抽象的だから。                  l  l  .l l'  l::::::∧゚ o ゚/:l  l:::::}   ヽl    l
                                            l  l  .l l   l:::::::::\ /::::l  l::::::l、  l.l    l
                                            l  l  .l l  l::::::::::::::::::::::l .l::::::::::ヽ, l.l     l
                              .             l  l   l マ二ヲ:::::::::::::::::::::l  l、_;:;:;::>:lコ     l
                                          l  l   / |  {::、_::;:;-‐:::::/  L:::::::::::::l |     l
                                            l  l /  イ==,ヽ::::::::::::::::/  /::::::::;===コ     l
                                        l  l .l  /_l::;へ:`ヽ、:::::::/ /_,zュ:::::::l:::::::::l      l
                                        l  l L'二'__  }:::::l:::::::::l '´  /:::::::::l::::::::l   l,  l

681 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:13:07 ID:JFBvH7MU0

                                                   ,.-‐v―‐--、 ,
                                               /ヾ‐´   ヘ -、 ヾ-"`ヽ、
                                              /      ヽ \    !   ヽ
さらに民法だけではなく                               / / / ト、  l\_ヽ ヽ   !、   ヽ
憲法の例も挙げることによって……                        / /! ! L_\ l ´>=、  lr  !    ∧
                                            { / | | レ,=、\! ヒ'_ト、 川ソハ     ∧
丸山はおそらく、権利者として大事なのは、                  ∧!.∧  ハ,ヒ〕 、    ⊂lVヘ§` ,    ∧
「権利者という地位にいること」よりも、                    / 冫 ヘ ∧⊃、_,、_,   ルく.§   !    ∧
「権利者としてその権利を行使すること」                   /    / !§{_> 、_  イノL`ヽ    !     ∧
なのではないか、ということを論じようとしてるわけ。           ,'   ;  ! §    ,r┘‐‐ ' >、_   l      ∧
                                          /      !  .-‐/:}   /´::::::ヽ  ヽ   l     ∧
                                         ,′ ,'   ! ,′/:::::l   /:::::::::::::::::、   }  l      l
                                         ,!       { / ,/::::::::{ /:The:::::::::::ハ  l  !      |
                                        ,!   ;'    l/ (::::::::::∨:::Bitch::::::ノ .|  !  !       l
                                        ,!   ,    r' 、ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ、」__」、 l        |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「「である」ことと「する」こと」第一段の構造

  ┌民法・時効制度……権利の上に眠る者を保護しない
┌┤  ↓
│└憲法……主権者『である』ことを認めたが、主権者『である』ことを「保護した」ものではない。
│       →クーデターとかが起きて主権停止される事もありうる。

└→受動的な『である』ことに安住するよりも、能動的に『する』ことのほうが重要ではないか?
   (日々自由になろうと『する』ことによって、はじめて自由『であり』うる)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

682 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:13:24 ID:JFBvH7MU0

             ,ィ,"二、ヽ、
         /'′   `j,!
        ,.ゝ.-.‐.‐.-. 、,/ヽ_
       ,. :': : : : ; : : : : : : : : : |−`=-.、
.      ,:': : : : : :/: : : : : :,!.  !  `ヽ
    ,/: : : : : :,:'.:/: :_:,,:.//'|:,: : |_: : ヽ、ヽ
   .i: : : : : :,:': /: : : :// j.:i: :.ハ: ::::. :i`ヾ:、        それを受けて、今度は、
   j: : : : :./: /: .:: :./'′ j;イ / .|i: ::!:. i          第二段「近代社会における制度の考え方」が出てくるのか……
   .!: i: : ;': ;ィ.::::: :ォオ云! '゛!:伝'::l.;:ハ::.|
    ! |: :.レクイ::::;イ|  V | / lソi!::'/ l::|          おそらく民法や憲法よりもより一般的な論にするために、
    l:j: : .:::!_!:/:::l:|  `´ _ ,' ,!V  リ          「自由」とか「民主主義」を論じるわけだけど……
    j:l: :.:::: !|':|:: :l:!_   `",イ:|
     !!: :.::::|:::;{:: : l! K二`^!|:!:::|              これらも「そういうものがあること」に安住するのではなく、
     l!: .:::::|/_ V: : ゙k'(  |゛|::|              むしろ「それを行使する」ことが必要である……
     !: ::::::l三ミ、V: :iヘヽ ト、|:l
    ,' :::::::{'⌒`ヾミヾ:|、`|  ! V              そしてこの「する」ことというロジックは、
   ,' :::::::;;;!   `ヾ!ミミ:|   i ヽ             近代社会の制度やモラルなどを規定する「哲学」じゃないかと、
    ! :::::::;;;|     ヽ`:!  iミ!'             著者は考えてるんだよね……多分。
   l: :::::::::;;;!     _,く ゙、_ソ
   |: ::::::::::;;ト、__,ノ彡彡--ー'゛ `}
  !::::::::::::':!、ヾ彡'_,..、-‐ォー'

683 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:13:38 ID:JFBvH7MU0

                                                  _ ,. - -‐‐‐-=、
                                                , -‐'"      ̄ `'ヽ、ヽ,
                                            ,. '"´          ヽ、ヽ 、r 、
                                           / ,     ヽ        ヽ/l,\`゛`'‐、
                                           _i ,'   l    ヽ   ヽ    メ > i `,   `,
                                        / l  l  l l ',   ',、   ヽ   i y'ヽ', 、    ',
そだね。                                  l  l  l ,'l l、 ヽ   ', ', _,,斗-、 l l' V/.', '    ',
                                          l  ハ l ,' l l ', ',ヽ   ',´,  l ',   l l‐'"l. ',  ',.   ',
丸山は第二段で、                                l  l ', .l  l,_,|、 `、 l ',   l ',」斗ミ、//l_ / ',  ',   ',
法概念よりも抽象度の高い概念である「自由」や、         l  l ', l  ハ,レ匕',ヽ \__示:::t リ/l :l `,'  ',  ',   '
制度である「民主主義」を用いて、                      l  l  i l ', ',示:::t`,ヾ    廴:歹 i :l_ノ   ',  ',  ',
「『する』ことによって『である』」というロジックが、           l  l  lヽ,lリ、ゞ_歹      ⊂⊃i :l全    ,  ',  ',
法律だけではなく、                            l  l   l ゙ '⊂⊃   、_,  i l.E    ',  ,  ',
むしろ近代社会全般の「哲学」みたいなものと               l  l    l  全へ   -'    ,.ィ  l,ヨ      ', ',  ',
考えるわけよ。                             l  l    l  E  `≧=┌ュュ≦i l  l        ', ',  ,
                                      |   l    }  ヨ,_ ,―-ツ__。__,.ゝ、l  l         ',  ,  '
                                      |   l    l  ,'´ `l::::::::l     /:l  l´ ̄`.、   ', ',  '
                                      |   l   ,'  l ,' /::::::::::l   /:::::::l  l    |    ', ',  ',
                                      |   l    l  _l,.'_/:::::::::::::l  /::::::::::/l  l    l    ', ',  '
                                      |   l   / 列,´,^ヽ;::::::::l /:::::::::/ l ノ-ッ-‐イ┐   ', ', ',
                                      |.  l / / レ'"ノ \ `;:::l´;/ノ l / /::::::::::::l    ', '  ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「「である」ことと「する」こと」第二段の構造

 ・自由……実は自由「である」という人は、自分自身の中にある偏見からもっとも自由でない。
 ・民主主義……制度の自己目的化(物神化)を警戒し、監視することで初めて生きたものとなる。
           →民主主義の行使によって、初めて民主主義は維持できる。
   ↓
 「……することによって……でありうる 」 というロジック
  →物事の判断のしかたを深く規定する「哲学」にまで拡げられる。
   (but、それを無批判に謳歌していいわけではない)
   ↓
 近代化の実質的な進展の程度や、制度と思考のギャップを見るのにはいいのではないか?
 →日本社会はどうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

684 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:14:06 ID:JFBvH7MU0

                                          ー、 _,. -‐ ' ¨´`¨ 'ヽ /~`ヽ
                                         / /      `ヽ    \    ヽ
                                        .У         ヽ    〉    ,
                                        ,'        ハ     ヾ / l}    i
ただ、丸山は、                              i     ,  i   ハ  i   .l}  l}     !
その近代社会全般の「哲学」である                   i    i  | i   ハ |l  、 l}  l}     !
「『する』ことによって『である』」というロジックが、             i   ,  |l リハ 〃ハ八 リ l}彡}     i
万能なもの、絶対なものではないとも言ってる。           i  八 从ニニ ソ  .二ナメ  l} l}  \ |
                                       ソ、  ハ´弋}    ヒツ 从ソ/     メ
例えば『である』型の組織の代表例である、               ヾl 从゙゙  '    ゙゙゙ .l}:i   |l   / !
血族とか人種団体とかのような考え方は、          .         Υ { >  _  ィ´ l} i  |l  .ソ !
将来にわたってもなくなることはない。                   i { 〃ー´  1  .l} i\ {l    !
                                          .{l .{l/ {l  ー ‐ /  l}:::::\   |
ただ、それを軸に考えると、                         {l .{l_ヾ、   ≦  /:::::::::::::::ヽ  ヽ
その社会がいかに「近代化」されているか、                ヒ__=.ン;;\,'/≠ ン:::::::::::::::::::/   ヾ、
それがわかると言ってんのね。                         /ミ ン:::::::〈:::::::::ソ:::::::::イ、:::::::! ヾ    `
                                        /   ソ:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::l}:::::::::| 彡イ =イ
                                       ゞ、    ゝ、:::::人::::::::::::::::::::/::::::::::| /~~~~~
                                           =≦彡/:::/  ‘,ー = ´{l::::::::::!
                                      ー=彡イ //    ',::::::::::::::{l:::::::イ
                                          .ノ ヾl}¨` ー= ',:::::::::::::{l:::::::|
                                            〃     `¨ ' ‐.{l:::::::|
                                   .         /   i         \:::::!

685 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:14:20 ID:JFBvH7MU0

             ,  ´:::::::::::::::::::::::`   、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
             , ':::::::::/::::::/:::::::::!::::::::::::::::::::i::::::::ヽ
            /:::::::::::/::::::::i:::::::::::|::::l:::::::::::::::|:::::::::::ヽ
        , ‐i::::::::/::i:::::::::::l::::::l:/|::::!::::::::::::::l、:::|::::::::i
      /::::::!:::::::l::::|:::::::::::!:::::l/|:l:::::::::::::: ハ:::l:::::::::|
      ,′::::|::::::::!:::|:::::::::::!-┼ -、l、::::::::::/_⊥ハ::::::::!
       !::::::::::!:::::::|::::!::::::::::|ヽl__- 、{ ヽ::::/  l/ !:::::,′
     l:::::::::::ハ::::::!:::::ヽ::::::l/!_,ノ`iヽ  V' ィ'フiヽハ::/        そのロジックを絶対的に考えるのも、
      !:::::::::::! ヽ:{ヽ:::::::\{ ヒ_ソ      ヒ.ソ /:::!'i        「民主主義の物神化」と変わらないですしね。
     l:::::::::::::!  丶i:::::::::::|        .   i:::::l::|
     イ::::::::::::l    l:::::::::::! ""       " ,′:l::l        で、第三段からは、
    l::::/::::::l    l::::::::::ト、      o  ,.イ:::::::l/        日本社会がこのロジックから見てどうか、
     l::/::::::::!   ,.イ!:ハ:::::!、`  、 _, ヘ:::::::::::::!         まず江戸時代を例に出して、論じているわけですね。
     !′::::/ /:.:.:l.:′i::::| `丶_ノiヽ/:::::::ヽ:::::i::|
   /::::::, -‐':.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ! /゙介i !:.iヽ:::::::;ハ:::N
  ,/:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i///l i.ヽ:.!:.:ヽ/ ヽ!

686 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:14:33 ID:JFBvH7MU0

                                                 _   __  /::::|
                                        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
                                       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
                                .      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|
そーだね。                          .       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|
                                .      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|
で、一言で言っちゃえば、                         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|
江戸時代は「である」の社会であり、                       | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|
その「である」の社会を支えていたのが、                     | ヽ:|ハハ:||\!  .jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |
儒教という「である」の道徳だったってこと。      .          |  `ヽli. '(●)   (●)' /j/ハ| ::: ::' : :|
                                .         |!: | :|:!⊂⊃、_,、_, ⊂⊃,ξイi:| :::.,' : .:|     /〉
例えば、                                   ハ: | ./*\.   ー '  /|*ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7
生まれたときから武士は武士、農民は農民だし、            / :| レァ:、_ .>、ー ,. イ ノ:7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、
君臣・親子・夫婦という縦のつながりを規律してたのは、       /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ
「儒教」という道徳だったから。                     / /  〈      /   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
                                      /   .::| ..::: o! ..   ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ
そしてその規律のみ意識してればよかった。         _,/      :. :./.::   ヽ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人
                                .  /        ;/    //       |...: | ./   } | :|   〉  〉
                                  \     __/      ://    __r' . :_丿 |    {  | :|  :/  /
                                   |ヽ ー '´ {      :ゝゝ   /:r一'´   ヽ    ヽ,j | .'  /
                                   |      ゝ    { {   /       }          /
                                   |       }` - " | ト 、        /          /
                                          l    | |  '  _ イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「「である」ことと「する」こと」第三段の構造

 江戸時代
  「何であるか」が価値判断の重要な基準
    ・「武士」という属性だから先天的に支配
    ・振る舞い方や人との交わり方も自然に流れ出てくる(「武士」らしく、「町人」にふさわしく)
    ・未知の存在と接するときも、「である」関係を軸とする。
     ↓
    ・服装や身なりや言葉から「何である」かが一見して分かるような社会になる→そのルール=儒教
     (but、それ以外のルールを作らなくてもよくなる……討議のルールとかは作られない)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

687 ◆KcxXifcWsc:2012/06/06(水) 21:14:47 ID:JFBvH7MU0

                                              _   __ /::::|
                                      ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::ヾ/;>― 、
                                     /  :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^⌒ヽ .:.ヽ
                             .       /l l l ト、//     '´  \__:::::| ヘ   ヘ |
                             .        !//l li/ ./ .// ,、}r、      /:∧ ヘ ∨ |
ずっと鎖国してて、                  .       |l l l./ ./ /.;'  トヘi'