■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

白剣士「明日が平和なこと」

1 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:46:09 Ca2sZJL2
 
【少年剣士シリーズ】
少年剣士「冒険学校に入学します!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1370948694/l50
少年剣士「冒険学校で頑張ります!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1371177620/l50
少年剣士「冒険学校の休暇です!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1371707458/l50

【幼剣士シリーズ】
幼剣士「待っていて下さい・・僕が・・必ず・・!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1372216047/
幼剣士「僕には夢が出来ました」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1373284710/
青年剣士「運命ということ・・」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1374051127/l50

【冒剣士シリーズ】
冒剣士「…冒険酒場で働くことになった」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1375843192/
冒剣士「僕は最高の冒険者になる」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1377051292/

【白剣士シリーズ】
白剣士「毎日が平和なこと」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1378431450/l50

上記の白剣士シリーズの続編になります。


2 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:48:48 Ca2sZJL2
 
悠久国でおきた内乱は、やがて規模を拡大していった

軍の介入により、

これをチャンスとした近隣や、軍の統制に不満を持っていた国々が乗じて奪い合いを始めたのだ


人々はこれをかつての魔王との人類勢力戦を思い出し

"第二次大陸戦争"と呼んだ



そして、混沌していく世界の中

空を見上げて、人々はこう願った


"英雄の再来"を…


3 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:49:49 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【悠久国・王城】

…タッタッタッタ


側近「報告します!港の閉鎖、西側のゲートの閉鎖が完了しました!」

悠久姫「…ご苦労。して、こちら側の被害は?」

側近「いつも通り、脅しです」


悠久姫「わかった」

側近「我が国は海、森に囲まれてますからね。篭城戦…ならぬ篭国戦でも国民に負担はかけません」


悠久姫「して、剛闘家とウィッチの様子はどうじゃ?」


4 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:50:30 Ca2sZJL2
 
側近「そちらもいつも通りです」

悠久姫「…首謀者とはいえ、牢屋に閉じ込めておくのは…毎日が辛い」

側近「仕方のないことです」


悠久姫「…少し休むぞ」


側近「はっ!」ビシッ


…スタ…スタ…ガチャッ……バタン


側近「…ようやく悠久国の再統一が成されたというのに、過労で倒れなければいいのだが…」


5 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:51:07 Ca2sZJL2
 
…トコトコ

王宮兵士長「…側近殿、姫様の心配もいいが、そのままでは貴方も倒れてしまわれる」

側近「何、気にすることはない」


王宮兵士長「…あれからもう1ヶ月か。まさか世界が揺れる大戦争になるとは思いませんでした」

側近「この戦いに終わりはあるのだろうか」

王宮兵士長「悠久国はまだ戦えます。攻めてくる敵が星降の連中だけというのが、何とかなってますね」


側近「地形も相まってるからな…さて、まだ自分たちは仕事があるぞ」

王宮兵士長「はい。休まる暇もないですね」


側近「あぁ…」


6 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:51:40 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【悠久姫の自室】


…ゴロン

悠久姫「民の為、人の為。私はこの戦いを乗り切れるのか…」


…スタッ

悠久姫「…白剣士…お主は一体どこへ行ったのじゃ…。約束が…違うではないか…」


7 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:52:14 Ca2sZJL2
 
That's where the story begins!
―――――――――――――
【白剣士「明日が平和なこと」】
―――――――――――――
Don't miss it!


8 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:53:18 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【1ヶ月前】


…ドサッ!!

悠久姫「…ごほっ!ごほごほっ!」


星降軍人A「…姫様、生きててよかったー。だいぶ手荒に扱ったからな」ハハハ

星降軍人B「ま、これで仕事は終わりだ」

星降軍人C「ちょっと狭いが、牢屋に入っててもらうぞ」


悠久姫「お主ら…何者じゃ…」


9 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:54:29 Ca2sZJL2

 
星降軍人A「まあ、あとは今から来る上司に聞いてくれ」

…トコトコ…ガチャッ…バタンッ


悠久姫「一体…何なのじゃ…白剣士は無事なのか…?」

…キョロキョロ

悠久姫「…寒い。もう…何がなんだか分からん…」


…ガチャッ…


悠久姫「むっ」


10 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:55:34 Ca2sZJL2
 
民軍准尉「…これはこれは姫様。初めまして。俺は民軍准尉と申します」

悠久姫「…一体何のつもりで私をさらったのじゃ」

民軍准尉「簡単なことです。あなたを人質にして、悠久国を掌握するまでのこと」


悠久姫「そんな事させるものか!」


民軍准尉「いや、彼らはきっと条件を飲む」

悠久姫「…っ」

民軍准尉「しかし内乱とはね。またとないチャンスを、ありがとう」


悠久姫「なぜそんなに悠久国が欲しいのだ!父上が生きてた頃、国境沿いで攻撃してきたのは…」


11 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:56:10 Ca2sZJL2
 
民軍准尉「ああ、俺ですよ。でもまさか、仲間を処刑されるとは思いませんでしたけどね」

悠久姫「じっ…自業自得でもあるだろう!」

民軍准尉「さあどうでしょうかね」


悠久姫「…くっ」


民間准尉「ところで、報告にあがってるのですが…剣士がもう1人いましたよね?」

悠久姫「…」

民間准尉「彼は何者です?情報にないのですが」


悠久姫「…友達じゃ」


12 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:56:40 Ca2sZJL2
 
民間准尉「…と、友達?」

悠久姫「…」


民間准尉「くっ…ははははっ!友達…友達!!はははっ…」

悠久姫「…何がおかしい!」

民間准尉「…」


…トコトコ


悠久姫「よ、寄るな!」


13 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:57:53 Ca2sZJL2
 
…グイッ

悠久姫「…っ」

民間准尉「ふざけるなよ」

悠久姫「!」ゾクッ


民間准尉「ちょっとした不都合があると、それだけで総崩れすることもあるんだ。話せ、そいつは何者だ」


悠久姫「…友達じゃ」

…バシッ!!!


民間准尉「…ふざけやがって。うちの軍の攻撃を耐える人間などそういないはずだが…ふむ…」

悠久姫「…」


14 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:58:33 Ca2sZJL2
 
民間准尉「まあ、その男も気になるが本当に聞きたいのは別のほうだ。悠久国の今の状態を教えろ」

悠久姫「嫌じゃ」

民間准尉「…」ニコッ


…ゲシッ!!

悠久姫「うぐっ…」


民間准尉「女だからって容赦しねーぞ?」

悠久姫「わ、私…だって姫として…、それ相応の覚悟は出来ておる!」

民間准尉「…そうか。まあいい、時間はまだある。一晩やる。よく考えろ。協力して安泰の道か、抵抗して辛酸の道か」


15 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:59:22 Ca2sZJL2
 
悠久姫「どういわれようと…何をしようと…私は何も言わぬ…っ!何にも屈しぬ…、国は渡さぬ!」

民間准尉「お前が今、どういう状況にあるのかしっかり考えることだ」

悠久姫「…」


民間准尉「どうなるか位は考えりゃ分かるだろう?俺らとしては兵士の鬱憤を晴らすのには丁度いいんだがな」

悠久姫「…そ、そんなもの…ベー…じゃ」

…ベーッ


民間准尉「…」イラッ

…ガツッ!…ドンッ!!……ズルズル…ドサッ


16 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 09:59:53 Ca2sZJL2
 
民間准尉「…ムカつく姫だぜ。ま、ゆっくり考えることだな」

…ガチャガチャッ…バタンッ…


悠久姫「…っ」

…ズキンッ

悠久姫(私一人が耐えれば…、皆に危険が迫る事はない…我慢じゃ…)


…ブルブル…


17 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:00:51 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



18 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:01:22 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ガチャッ

民軍准尉「…どうですか?姫様」

悠久姫「…」


民軍准尉「…」

悠久姫「…」


民軍准尉「はー…無視ですか。困ったものだ」


悠久姫「…」


19 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:02:29 Ca2sZJL2
 
民間准尉「…いい加減にしろ」

…ガツッ!!

悠久姫「っ…」

民間准尉「俺だって暇じゃないんだ。死ぬか死なないかの拷問をしてもいいんだぞ?」

悠久姫「…」


民間准尉「話してくれますかね?協力して、国を明け渡してくれませんかね?」

悠久姫「…」プイッ

民間准尉「…」


悠久姫「話す気は…ない。協力する気もない」


20 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:03:04 Ca2sZJL2
 
民間准尉「…おい」

…バタバタ

星降軍人A「…」

星降軍人B「へへ」

星降軍人C「お前が従わないからこういう事になるんだからな」


悠久姫「…」


民間准尉「いささか強引ではあるが、拷問というのは俺の趣味に反していてね」


21 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:03:35 Ca2sZJL2
 
悠久姫「あれだけ殴っておいて…」

民間准尉「ってなわけで、こいつらにお願いすることにした」


星降軍人達「…」ニヤッ


民間准尉「では、あとはよろしく」

…バタンッ

  
悠久姫「…」

星降軍人A「…まずは女ってことを利用させてもらおうか」


22 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:04:36 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…キィン!!

白剣士「…姫はどこだ」

星降軍人D「…つ、強い…」


白剣士「早く言え!」

星降軍人D「こ、この廊下を行った先の階段の降りた場所だ…」

白剣士「…」


…ガツッ!!

星降軍人D「…ぐっ」

…ドサッ


23 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:05:06 Ca2sZJL2
 
白剣士「待ってろ…無事でいろよ」

…タタタタタッ!!


星降軍人E「貴様、何者だ!」

星降軍人F「人を呼べ!」


白剣士「やらせるかよ!どけどけオラァ!」


…バキッ!!…ドスッ!!


24 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:05:51 Ca2sZJL2
 
…タッタッタッタッタ…

白剣士「…はぁはぁ…、この部屋か…」


…ガチャッ

白剣士「姫!助けに来たぞ…」


星降軍人A「…ん?」

星降軍人B「誰だ!」

星降軍人C「ああん?」


悠久姫「し、白剣士っ!」


25 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:06:21 Ca2sZJL2
 
星降軍人A「お前は、昨日の姫様の隣にいたやつじゃねーか」

星降軍人B「っち、お楽しみだっつーのに」


白剣士「お前ら…何してんだ…」


星降軍人A「あ?見て分からない?」

白剣士「…」ブルブル

星降軍人A「…はは」ニヤッ

白剣士「…」ブチッ


26 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:07:02 Ca2sZJL2
 
…ビュッ……ドスッ!!

星降軍人A「…うおっ、早っ…」
 
白剣士「…」


…ドロッ…

星降軍人A「…っ」

白剣士「それ以上はしゃべらせねえぞ」

星降軍人A「俺たち…星降軍のモットーは…どんな時でも"肉を切らせて骨を断つ"だ」


白剣士「…あ?」


27 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:07:45 Ca2sZJL2
 
星降軍人A「お、お前ら…やれ…」

星降軍人B「おうよ!」チャキッ

星降軍人C「っしゃあ!」スチャッ


白剣士「て、てめえらまさか!」

ビュッ…ドスドスッ!!!


悠久姫「な…仲間ごと剣で貫いた…!?し、白剣士…白剣士!!」


28 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:08:44 Ca2sZJL2
 
白剣士「ぐっ…」ドロッ

悠久姫「…白剣士っ!!!」


星降軍人A「…」ガクッ


星降軍人B「残念だったな、勇敢な勇者サマ」

星降軍人C「そのまま死んじまえよ。俺らは姫様と仲良く続きやるからよ」


白剣士「…っ」チラッ

悠久姫「…嫌じゃ…死ぬでない…、白剣士…!」


29 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:09:50 Ca2sZJL2
 
白剣士「…すまねえ、もう会えそうにないかもな」


悠久姫「そ、そんなダメじゃ!」


白剣士「なあに、そういう意味…じゃない。ぬううおおおっ!!」

…グググッ

…ズルッ…ドバドバッ……


星降軍人B「剣を抜きやがっただと!?」

星降軍人C「致命傷のはずだ…なぜ倒れない…!」


30 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:10:51 Ca2sZJL2
 
白剣士「…これを見せたら、俺はもう姫の前じゃいられなくなるな」

悠久姫「ど、どういうことじゃ!」


…シュウシュウ…パァァッ・・・


星降軍人B「な、なんだ…」

星降軍人C「…刺した傷が…治癒されていく!?な、なんだお前…っ!」

悠久姫「な、何が…」


白剣士「…」


31 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:11:37 Ca2sZJL2
 
星降軍人B「ちっ、くそが!これでも食らえ!」

…ビュッ…キィンッ!!

星降軍人B「…ぬあっ!」


白剣士「…まあ、何にせよお前らを許すことはないんだけどな」

…ビュッ…ドシュドシュッ!!!


星降軍人B「な…何者だ…お前…」

星降軍人C「…っ」


…ドサドサッ


32 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:12:08 Ca2sZJL2
 
白剣士「…姫、遅れてすまなかった」

悠久姫「白剣士…生きているのか…?大丈夫なのか…!?」

白剣士「…俺のことはいい。それより、姫に…消えない傷を残して…」


悠久姫「…大丈夫じゃ…私はまだ何もされていない…」


白剣士「…本当か!?」

悠久姫「うむ…、本当じゃ…」

白剣士「良かった…間に合ったんだな…」

悠久姫「白剣士…ありがとう」


33 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:12:38 Ca2sZJL2
 
白剣士「…だが、この顔の傷は…」

悠久姫「これくらい、何ともない!」

白剣士「…」

悠久姫「そっ、それより…おなかの傷はどうなのじゃ!?」


白剣士「大丈夫だ。それより…俺はもうここにはいれない」


悠久姫「な、なんでじゃ!?」


34 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:13:11 Ca2sZJL2
 
白剣士「…」

悠久姫「…」

白剣士「力を持ちすぎた人間が、どういう目で見られるか分かるか?」

悠久姫「…?」


白剣士「…俺は人に違う目で見られる事が今も…耐えられない」

悠久姫「わ、私はそんな目では見ないぞ!」

白剣士「分かってる。だけどな…俺自身が無理なんだ…」


悠久姫「ダメじゃ!約束だろう、一緒にいてくれると!」


35 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:13:52 Ca2sZJL2
 
白剣士「…すまん」

悠久姫「なぜ謝る…、気にしなくていい!見たことも忘れる!」

白剣士「…」


…パサッ

悠久姫「…」

白剣士「俺の上着、やるよ。裸で何言っても説得力ねーぞ」ハハハ


悠久姫「…っ」カァッ


白剣士「…」ボソッ


36 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:14:34 Ca2sZJL2
 
悠久姫「…何?」

…フワッ

悠久姫「…」クラッ

……ドサッ


白剣士「簡易な睡眠魔法だ…少し眠ってもらうぞ。ちゃんと届けてやるから心配するな」

悠久姫「…」スゥスゥ


白剣士「…よっこらせっと。相変わらず軽いなお前は」


37 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:15:07 Ca2sZJL2
 
…スタッ

白剣士「で、お前は結局…動かないのか?そこの男」

民軍准尉「俺は戦闘民ではなく、頭で動くほうだからね。死にたくないし、危険なことはしませんよ」ハハハ

白剣士「…ふん」


民軍准尉「それにしても、その力。一体何者なのですか貴方は?」

白剣士「…うるせえ」

民軍准尉「今なら、首謀者である俺を殺せますよ?」

白剣士「…そうかもしれねえが、これ以上時間をかけたら援軍に囲まれるだろ」


民軍准尉「…貴方は頭も切れるようですね」


38 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:15:38 Ca2sZJL2
 
白剣士「それに姫を背負ったまま戦いたくねえ」

民軍准尉「貴方が敵になると、我々も少々厄介なのでここで倒したかったのですけどね」

白剣士「安心しろ。俺はもう関わらねぇよ」


民軍准尉「それならいいのですがね」

 
白剣士「…ふん」

…タッタッタッタッタ…


民軍准尉「…」


39 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:16:09 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・



40 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:16:57 Ca2sZJL2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【そして1ヶ月後の姫の自室】 
 
 
…ギュッ

悠久姫(そして、眼が覚めると白剣士は姿を消し…この白剣士の上着だけが残されていた)


…パサッ

悠久姫「いっそのこと…」ボソッ



…コンコンッ


41 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:17:39 Ca2sZJL2
  
悠久姫「誰じゃ…入っていいぞ」

…ガチャッ


ウィッチ「どうも」

悠久姫「なっ…何でお主がここに!」

ウィッチ「あんな牢屋の封印魔術じゃ、私は抑えられませんよ」

悠久姫「…全く、勝手に抜けては怒られるぞ」


ウィッチ「本体は牢屋の中ですけどね」

悠久姫「…分身か。一体何の用じゃ?」


42 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:18:15 Ca2sZJL2
 
ウィッチ「…そろそろ白剣士さんが消えて1ヶ月。姫様も我慢の限界かと思いましてね」

悠久姫「な、なんのじゃ?」ドキッ

ウィッチ「大体分かりますよ。で、情報です」

悠久姫「む?」


ウィッチ「今晩、1隻の商船が中央大陸に向かって出発します」

悠久姫「本当か!?しかし海上閉鎖もなされているはずなのだが…」

ウィッチ「貿易、交易が失われ、完全に閉鎖された国は生き残ることは出来ません。それに、完全閉鎖は側近のウソです」

悠久姫「な、なぜじゃ!?」


43 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:18:59 Ca2sZJL2
 
ウィッチ「あなたが白剣士を追って消えてしまうからですよ」

悠久姫「…」

ウィッチ「あなたは異様に固執していましたしね。まあ…同年代…でもないですが、あんな男性は初めて会ったでしょうし」


悠久姫「…そ、それはその…」


ウィッチ「恥じることはないです」ニコッ

悠久姫「だ、だがな…、私も今は臨時とはいえ国を預かる身…。自分の我侭でまた脱走するなど出来ぬ!」


ウィッチ「そこが問題なのですよ。あなたはまだ若い。だが、周りが思っている以上に責任感が非常に強い」


44 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:19:30 Ca2sZJL2
 
悠久姫「…」

ウィッチ「必ず貴方の行動には理に適う裏がある。長年付き合って、それは知っています」

悠久姫「…ウィッチ」

ウィッチ「今、近隣国からの攻撃も止み、多少ですが周辺での戦いは落ち着いていますよね?」

悠久姫「一応だがの」


ウィッチ「だからこそ、あなたの我侭がきく時でもありますよ」


悠久姫「だ、だが…」

ウィッチ「国のための思うのも立派ですが、若いあなたにもっともっと世界を見て欲しい」

悠久姫「世界…」


45 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:20:07 Ca2sZJL2
 
ウィッチ「判断はあなたに任せます。もし、商船に乗るというなら力を貸します」

悠久姫「っ…」

ウィッチ「夜9時、牢屋の前まで来てください。お待ちしております」

悠久姫「…考えておく」

ウィッチ「それでは…失礼します」


…フォンッ!!


46 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:20:41 Ca2sZJL2
 
悠久姫「…もし抜け出して、会えたとしても…また声をかけてくれるのだろうか…」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
白剣士「大丈夫だ。それより…俺はもうここにはいれない」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


悠久姫「…どうすればいいのじゃ…」


47 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/16(月) 10:21:13 Ca2sZJL2
新幕開始いたしました。
本日はここまでです。ありがとうございました。


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/16(月) 13:57:20 0F29eXLM
乙です。
スケールが凄くなってきた!


49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/16(月) 16:59:19 /mWKGQbo
いつの間にか終わって始まってたw全作見てるよ〜


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/17(火) 03:13:06 4r8Rvofk
新作更新おつ

白剣士は自分の能力のせいで冒険学校時代
大魔道が中級魔道の頃より辛い事いっぱいあったんだろうな


51 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:30:31 sOA3oJ9M
皆様ありがとうございます
投下開始いたします。

>>49 ありがとうございます。ぜひ、今作もお付き合い下さい
>>48 >>50 おつありです(A´ω`)


52 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:31:10 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【中央大陸・中央国】


店長「世界は戦争だの何だのって大変だけど、働く俺たちも明日生きるのが精一杯なんだよ!」

白剣士「ひーっ!すいませんでした!」

店長「バリバリ働いてもらうからな!」

白剣士「いつも以上に荷物が多いですよ店長!」


店長「クビにされなかっただけ有難いと思うことだ!戦争のせいで、配達業も忙しいんだ!」

白剣士「わかってますってば!」


53 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:32:22 sOA3oJ9M
 
店長「…と、言いたいのだが…それが終わったら今日はもうあがっていいぞ」

白剣士「へっ?」

店長「配達っていうかな、交易とか貿易規制がかかったんだよ」

白剣士「何ですかそれ」


店長「戦争が始まると、鉄や魔法具がよく売れるだろ?それを転売や販売すると、莫大な利益を生むんだ」

白剣士「今の財閥のほとんどの基本ですよね」


店長「そう。それで巨大な力を持つ人が現れないように、一定量以上の取引は禁止されたんだ」

白剣士「なるほど…」


54 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:32:53 sOA3oJ9M
 
店長「ってなわけで…その荷物で最後だ」

白剣士「よいしょっと…」

…ドンッ!


店長「お疲れサン」

白剣士「お疲れ様っす。それじゃ、俺は家帰って少し休みますね」

店長「おう、お疲れ。次、無断長期休暇とかしたら、本当にクビだからな」


白剣士「わかってますって…」


55 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:33:41 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ザワザワ

白剣士「ん?なんか冒険酒場のほうがやけに騒がしいな…」


…ハヤクシロヨ!!…コッチモダ!!


白剣士「おーっす、何かあったのか?」

店員「あ、この間の…えーと…白剣士さん!」

白剣士「名前覚えてたか。一体何だよこの騒ぎは」


56 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:34:33 sOA3oJ9M
  
店員「どうもこうもないですよ。戦争の傭兵募集が入る度にこうなんですから」

白剣士「傭兵募集?」

店員「中央軍の支援として、傭兵として戦場に送られるんです。優遇されますし、人気なんですよ」

白剣士「人殺しに行くっつーのに…バカかこいつらは」


店員「人型の魔物とか珍しくないですから…ごっちゃごちゃになってるのかもしれませんね」

白剣士「道理で冒険者の殺人事件が絶えない訳だ。ま、がんばれや」

店員「はい、では!」


…ザワザワ…

白剣士「…何だっていうのかね」


57 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:35:03 sOA3oJ9M
 
…トコトコ…

……タッタッタッタ

???「おーい…」

白剣士「ん?」

???「久々に顔見たからさ、声かけてみたんだ」


白剣士「…叔父さん」

叔父「久しぶりだね。オジさんっていわれるのにまだ慣れないんだけどな…」ハハ

白剣士「叔父さんは叔父さんでしょうが。何か用?」


叔父「用って…わけじゃないんだけど、久々に顔見えたから声かけただけだよ」


58 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:35:44 sOA3oJ9M
 
白剣士「ああ…そう。俺は休みたいから帰るよ」

叔父「…久しぶりだし、飯でも行かないかな?」

白剣士「やだ」

叔父「はは…嫌われたもんだな。奢るよ?」


白剣士「…」


叔父「そうと決まったら行こう!」グイッ

白剣士「引っ張るなっつーの!」


59 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:36:14 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウェイトレス「…以上でよろしいですね?少々お待ちください」



白剣士「なんで叔父と一緒に外食なんか」ハァ

叔父「ひどいなー…僕だってキズつくよ?」

白剣士「ふん」


叔父「それにそこまで君と大きく歳は離れてないんだから…」



叔父「そうと決まったら行こう!」グイッ

白剣士「引っ張るなっつーの!」


60 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:36:44 sOA3oJ9M
 
白剣士「昔から知ってる時点で、叔父は叔父だから仕方ねーだろ」

叔父「そっか」

白剣士「そうだっつーの…」


叔父「…」

白剣士「…」

叔父「…」

白剣士「…」


61 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:37:18 sOA3oJ9M
 
叔父「…」

白剣士「…」

叔父「…」

白剣士「…」

叔父「…」

白剣士「…おい」


62 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:37:49 sOA3oJ9M
 
叔父「ん?」

白剣士「ん?じゃねえよ!誘ったなら、何か会話の種くらい出せっつーの!」

叔父「あ、ああそうか…ごめんごめん。最近の調子どう?」

白剣士「…それだけかよ。別に、普通」

叔父「そっか」


白剣士「…最近、戦争とか大変らしいじゃねーか。冒険酒場も儲かってしょうがないんじゃねーの」

叔父「経営は任せられてるけどね、実質の取り仕切りは兄さんだしなー…」


63 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:38:24 sOA3oJ9M
 
白剣士「つっても行方不明だろ親父」

叔父「…まあね」

白剣士「心配とかじゃねーのかよ」

叔父「あの人がフラっといなくなるのは珍しい事じゃないから。それに、儲かってしょうがないって表現は好きじゃないな」

白剣士「何でだよ」


叔父「…殺し合いの紹介が楽しいと思うかい?」


白剣士「…」

叔父「僕だってこの仕事は誇りを持ってやってる。それだけ、傭兵紹介も辛いんだよ」


64 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:39:14 sOA3oJ9M
 
白剣士「ふん、どうだか」

叔父「…この間、君も行方不明になってただろう。心配したよ」

白剣士「…別に」

叔父「兄さんと一緒だね。周りに心配かけても、元気でフラっと戻ってくる」


白剣士「…親父と一緒にするな!」イラッ

ドンッ!!!…ガシャンッ!!


叔父「…水、こぼれたよ」


65 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:39:47 sOA3oJ9M
 
白剣士「親父の血のせいで、俺がどんな思いで過ごしてきたか…あんた知ってるのか!?」

叔父「…」

白剣士「俺の子供の頃、期待と溜息ばかりで、でも体は…こんなんだから!…人間じゃないと人からはバカにされてきた!」

叔父「…」


白剣士「必死に隠しながら、友人付き合いをしたりして、普通の生活にあこがれて…冒険者の道をあきらめた!」

叔父「…」

白剣士「俺が普通の…普通の家庭で育っていたら…、今頃…普通に…冒険者としての道を歩んでた…きっと…」


66 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:40:20 sOA3oJ9M

 
叔父「…普通の家庭か。わかるよ…その気持ち」

白剣士「あぁ!?叔父に何が分かる!?兄さんと何なく楽しい冒険をしてすごしてきたんだろ!?」

叔父「…」

白剣士「…話を聞くたび、俺はそれが妬ましくてたまらなかった。俺も普通の人だったら…こんな思いしなくてもよかったんだろうなってね…」

叔父「…」


白剣士「…」

叔父「…」


白剣士「何か、言えよ…」


叔父「普通の家庭、楽しい冒険…僕にとってそれは一番遠い言葉だと思うよ」

白剣士「あ?」


67 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:41:01 sOA3oJ9M
 
叔父「ただ、楽しくない家庭ではなかったかな」

白剣士「どういうことだよ」

叔父「…僕と兄さんは…血が繋がっていない」


白剣士「…は?」


叔父「僕の両親は、僕の目の前で盗賊に殺された。父も母も…ね」

白剣士「冗談だろ?聞いたことないぜ、そんな話」

叔父「冗談じゃない。その時、助けにきてくれたのが君の父親だった」


68 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:41:46 sOA3oJ9M
 
白剣士「…っ」

叔父「そして僕の手をとって、弟と呼んでくれた。そして僕も、兄さんを"兄"と呼んだんだ」


白剣士「…うそつくなよ」


叔父「兄さんも忙しかったし、僕も孤児院で長い間過ごしたよ」

白剣士「…」

叔父「君だけが辛いんじゃない。だけど、君のお父さんは…何があっても"あきらめなかった"」

白剣士「…」


叔父「君の中にも、その血は流れている。それは誇れるはずだ」


69 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:42:42 sOA3oJ9M
 
白剣士「…でもな、この血のせいで俺は…」

叔父「なぜ血のせいにする。なぜ人のせいにする」

白剣士「…それはっ!分かるだろうが!」


叔父「分かるさ。だけど、逃げたのは僕じゃない。…君自身だ」

白剣士「…」

叔父「確かに環境も悪かった。精一杯育ててきたつもりが、甘やかしになっていたのかもしれない」

白剣士「甘やかし…だと」


叔父「僕も含めて、期待を寄せすぎた。子供心に、それは重みとなっていったんだろう」

白剣士「分かった風に…!」


70 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:43:15 sOA3oJ9M
 
叔父「わかるさ」

白剣士「わかるわけない!」


叔父「…僕が軍に入る時、君の父親の弟としての扱いだった。これがどういうことか…分かるかい?」

白剣士「…」ハッ

叔父「君のように特別な血がない。兄さんのように強くない。兄さんの友達のように、歴戦の戦士でもない。ただ強くなりたい一人の人間だった」

白剣士「…」


叔父「そして彼の弟だというだけで、どんな些細なものでも評価され、やがてそれはプレッシャーとなっていった」

白剣士「…」

叔父「だから、気持ちは痛いほど分かるんだ。色々な"目"が見つめてくる…その気持ちがね」


白剣士「そうかよ…」


71 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:43:49 sOA3oJ9M
 
ウェイトレス「…あの、お待たせしました…」


叔父「あ、すいません。お水こぼしちゃったので、お水もお願いします」ニコッ

ウェイトレス「か、かしこまりました」ペコッ


白剣士「…」

叔父「さ、いただこうか。美味しい料理を食べて、明日の活力にしよう」

白剣士「…」


72 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:44:35 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



73 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:45:08 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【白剣士の自宅】


…ガチャッ…バタンッ

白剣士「…っち」


ポイッ…ドサッ


白剣士「胸糞悪い話聞かせやがって…。どんな話だろうと、俺は俺だ。俺の思いが分かってたまるかよ…」

???「そうですね。人の気持ちは分からないものです」

白剣士「全く…そうだろ?」

???「そういうなら、痛みの分かる貴方だからこそ…、もっと慎重に行動してほしかったものです」

白剣士「…って、俺の部屋に誰かいるのか!?」


74 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:45:40 sOA3oJ9M
 
ウィッチ"「私です。ウィッチですよ。念波で直接話しかけてます」"

白剣士「ウィッチだ…?何か用か?」

ウィッチ"「もっと驚いてほしいんですが…とことん貴方は肝が座ってるようですね」" 
 

白剣士「んで何だっつーの。今俺は気分が悪いんだ」


ウィッチ"「…困った自体になりました」"

白剣士「何だよ」

ウィッチ"「姫様が行方不明になったのです」"

白剣士「はぁ!?」

ウィッチ"「恐らく、夜の商船に乗り込んで中央大陸へ向かったものかと…」"


75 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:46:10 sOA3oJ9M
 
白剣士「なっ、何でちゃんと見ておかないんだよ!」

ウィッチ"「私は牢屋に閉じ込められてますので」"

白剣士「またボロボロになったらどうすんだよ!」

ウィッチ"「ですから、あなたに姫様を保護してほしいのです」"


白剣士「ほ、保護って…」


ウィッチ"「商船が付くのはそちらの港。多少遅れもあると思いますが、4日前後で着くでしょう」"


76 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:46:42 sOA3oJ9M
 
白剣士「お前な…簡単に言ってるけど…、そっち側じゃ大騒ぎだろ…」

ウィッチ"「まぁ…そうですね」"

白剣士「世界が緊張してる時に、何してんだ姫は…」

ウィッチ"「まあ、そういうことで頼みました」"


…ブ゙ツッッ!!

白剣士「…あ、おい!待てコラ!まだ話は終わってねーぞ!俺が行くと思ってるのか!」


…シーン


白剣士「…」


77 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:47:13 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【4日後・西の港】


…ウロウロ…ソワソワ

白剣士「ったく…何で俺がこんなこと…」

…ウロウロ…


…ボォォッー……!!

白剣士「!」


78 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:48:18 sOA3oJ9M
 
…タッタッタッタ

白剣士「この船か…?貨物船か、商船つってたし間違いないか…」


…ザワザワ…ニモツハコビダセー!!

商人A「時間がないぞー!時は金なりだ!」

商人B「おうよ、どんどん運びだせー!」


白剣士「…商人ばっかだな」


商人A「おらそこの男!邪魔だぞ!」

白剣士「あ、すんません。ちょっと聞きたいんですけども、女の子とかこの船に乗ってなかったすか?」

商人A「女の子?うちの船は男しか乗っとらんよ。それに狭い船だから、女の子がいたらすぐわかるしな」


79 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:49:08 sOA3oJ9M
 
白剣士「…そうっすか」

商人A「さあどいてどいて。どんどん運ばなあかん!」

白剣士「あ、はぁ…」


商人A「あー…そういえば、この船の前にもう1隻、今日は船が入ってたと思うからそっちかもしれんよ」

白剣士「…商船ですかね?」

商人A「確か商船だったと思うよ。えーと…前の船だともう3時間も前になるかな」


白剣士「そっちだったか!くそっ!」ドンッ


80 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:49:38 sOA3oJ9M
 
商人A「知り合いか何かだったのかい?」

白剣士「そういう感じです。と、するともう馬車で中央国へ行ったあとか…急がないと!」ダッ

商人A「…何かわからんけど、頑張れよー」


81 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:50:38 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


…パカラッパカラッ


馬車商人「そんな急かさないでくれよ!」

白剣士「急いでくれ!」

馬車商人「一体何をそんなに急いでるんだい?」

白剣士「とにかく急げ!全速力だ!」

馬車商人「馬が持たないよ!」


白剣士「っち…、何でこうなるかな…!」


82 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:51:48 sOA3oJ9M
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【一方・中央国】


…スタッ

悠久姫「久々じゃのう…白剣士の家は…あっちだったか!」


83 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:52:20 sOA3oJ9M
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



84 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/17(火) 09:52:50 sOA3oJ9M
本日はここまでです。
ありがとうございました


85 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/17(火) 09:56:52 ObU49Hyo
乙です。
やっと白剣士の繋がりがわかった
今後が楽しみです。


86 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/17(火) 09:58:00 dNEcmpzE
乙です
叔父さんかっこいい!


87 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/17(火) 12:15:27 Nskf/CkI
おっつぅ


88 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:11:33 kcDMmDIk
皆様ありがとうございます


89 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:12:35 kcDMmDIk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【数時間後・白剣士の家】


…タッタッタッタッタ・・・

白剣士「はぁ…はぁ…、家…にはいないか…」


…キョロキョロ

白剣士「もしかして…あの船に乗ったままだったのか…!?」


…タッタッタッタ…オーイ…


白剣士「…ん?」

叔父「白剣士!」

白剣士「叔父さん…何の用だよ」
 
 
叔父「君の知り合いだっていう女の子が冒険酒場に来てるんだけど…」

白剣士「…何だって?」


90 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:13:17 kcDMmDIk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ガチャッ

白剣士「…」

悠久姫「…」スゥスゥ

白剣士「で、何でベンチの上でこいつは寝てるんだ?」


叔父「はは…、疲れたから休むって言ってたんだけど、気づいたら寝てたんだよ」


白剣士「どこでも寝るやつだな本当に…」

叔父「ま、疲れてたみたいだし…もう少し寝かせてあげようか」

白剣士「んむ」


91 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:13:51 kcDMmDIk
 
店員「あ、白剣士さん!」

白剣士「よう」

叔父「ん?彼と知り合いだったのか?」


白剣士「この間ちょっとな。またお茶でいいぜ」

叔父「ごめんね、お茶出してあげてくれる?」


店員「それは別にいいんですけど、オーナーの知り合いなのですか?」


叔父「ああ…僕の兄さんの息子さんだよ」

店員「えっ!?」

叔父「そういう事は、あんま話さない人だったから初耳かもしれないけどね」


92 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:14:22 kcDMmDIk
 
店員「へー…じゃあ、かなり腕はたつんですね?凄い冒険とかしてそうですが!」

叔父(!!)

…チラッ


白剣士「…」


叔父「ま、まぁまぁその話はいいじゃないか!」

店員「何でですか?聞きたいじゃないですか!」

叔父「…っ」ハラハラ


白剣士「…別に。俺は冒険稼業はしてないんだよ」


93 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:14:58 kcDMmDIk
 
叔父(…!)


店員「そうなんですかー…」

白剣士「…まあな」

店員「それじゃ、こちらがお茶になります」

…コトッ


白剣士「ありがとよ。んで、叔父さん…聞きたいことあるんだけど」

叔父「…お?お、おぉ!何だい?」


白剣士「姫…じゃない、こいつは、この格好でここに来たのか?」


94 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:15:31 kcDMmDIk
 
叔父「…あ、いや上にローブは羽織ってたけど、寝てる時に脱げたからそこに掛けておいたよ」


白剣士(悠久王国の姫って分からなかったのか)


叔父「どうかしたのかい?」

白剣士「いや何でも。そのローブどこだ?」

叔父「そこに」


白剣士「ちょっとかけておいてくれ。こいつすぐ風邪引くんだわ」

叔父「…わかった」
 

…パサッ


95 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:16:02 kcDMmDIk
 
白剣士「…ま、それで大丈夫だろ。あんがとさん」

叔父「…」

白剣士「…どうした?」

叔父「あ。いや…何でもない」


白剣士「何だよさっきから…」

叔父「いや…、まあそれより、この子はどういう知り合いなんだろうか?」

白剣士「まー…トモダチ、だ」


叔父「はあ、トモダチ…」


白剣士「つーかこいつは、わざわざ何しに来たんだ?」


96 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:16:40 kcDMmDIk
 
叔父「…白剣士に会いに来たんじゃないのかい?」

白剣士「俺に!?」

叔父「入ってきたと思ったら、白剣士はいませんかって聞いてきたからね」

白剣士「何でこの冒険酒場に来たんだ…」


叔父「白剣士が教えたんじゃないのか?叔父や父親が経営してたってね」


白剣士「まあそんな感じのは言ったが…」

叔父「じゃあ…白剣士に用事があって来たんだろう」


白剣士「俺に…ねぇ…」


97 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:17:16 kcDMmDIk
 
叔父「…」

白剣士「んー…」

叔父「?」

白剣士「…」


叔父「…どうしたんだい」

白剣士「いや…ふむ…」

叔父「…?」

白剣士「店員サン。ちょっと悪いけど、席外してくれるか」


98 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:17:46 kcDMmDIk
 
店員「あ…僕ですか?はい、いいですよ」

…トコトコ…バタンッ


白剣士「悪いな。んで、叔父さん。ちょっと話があるんだ」

叔父(…この間の事で、少しだけ心を開いてくれたのかな)


白剣士「…あのさ、これは"叔父さん"としてじゃなく…"聖剣士"としての話を聞いてもらいたい」


叔父「…ふむ」

白剣士「俺がこの子と出会ってからのことだ…」


99 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:18:16 kcDMmDIk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


白剣士「…というわけだ」

聖剣士「なるほど。まさかこの子が姫様だったとはね…」

白剣士「それで、今ここにいる。さっき、ウィッチからもそれだけでよー…意味がわからないんだ」


聖剣士「…」

白剣士「…」


聖剣士「うーん、白剣士は…姫様に会いたいとは思わなかったのか?」


100 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:18:50 kcDMmDIk
 
白剣士「俺が!?」ガタンッ!!


悠久姫「…」ピクッ


聖剣士「そう。白剣士は、姿を消した時、辛くはなかったか?姫様に会いたいとは思わなかったか?」

白剣士「…俺は…、そりゃあ…辛かった…かな…」


聖剣士「…こんな事いうと、また怒るかもしれないけどね。君のしたことは、立派な冒険だと思う」

白剣士「冒険…俺が?」

聖剣士「未知の土地で、姫様と一緒に戦い、そして救い出した。君のしたことは、立派だ」


白剣士「…当然のことだろう」


101 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:19:20 kcDMmDIk
 
聖剣士「…当然と分かっていても、それが本当にできるかどうかは分からない」

白剣士「…」

聖剣士「それを君はやってのけたんだ。立派な冒険だよ」

白剣士「…」


聖剣士「きっと、白剣士と短い間の旅で、姫様は心打たれたんだろうね」

白剣士「あんな…旅でか?」

聖剣士「…白剣士にとっては、"あんな旅"なのかい?」


白剣士「う…」


102 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:19:53 kcDMmDIk
 
聖剣士「そんな訳ないだろう。本音を言うことも、自分自身を見つめる大切な材料だよ」

白剣士「…少なくとも、今までの当たり前だと思っていた生活よりは…ワクワクした」


悠久姫「…」


白剣士「いや、きっと楽しかった…のか。姫と出会って、俺は少し変われたんじゃないかと思う」

聖剣士「…そうか」

白剣士「ただ、色々起きすぎて俺の頭がついていけなかった」

聖剣士「…」


白剣士「俺の正体を知って、姫が嫌うんじゃないかっていう…思いが強かったんだ」


103 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:20:26 kcDMmDIk
 
聖剣士「…本当に、君のことを嫌いになると思うかい?」

白剣士「いや…分かってる。それはないってな。けど、トラウマはそう簡単に治るもんじゃないんだ」


…カタカタ


白剣士「こうやって話すだけでも、お茶を持つ手が震えるんだ。情けない話だぜ」

聖剣士「…」

白剣士「って俺は叔父さんに何話してんだよ!ばかやろう!」


104 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:22:06 kcDMmDIk
 
聖剣士「はは、素直になって…自分を見つめてみて…初めて本当の気持ちが分かるんだ」

白剣士「知った風に…」

聖剣士「…白剣士。君は"悠久姫"に、会いたかった…のかい?」


白剣士「…俺は…」


悠久姫「…」


白剣士「姫に…っ」



…ガタガタッ!!


105 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:22:51 kcDMmDIk
 
白剣士「!?」

聖剣士「…おや?」


悠久姫「あー…よく寝た!」ムクッ


白剣士「姫…」

悠久姫「あーっ!白剣士…やっと見つけた!」

白剣士「お前…」

悠久姫「なんじゃその顔は!久々に会って、喜んだりはせぬのか!」

白剣士「いや…まあ…うん」


106 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:23:24 kcDMmDIk
 
悠久姫「…」

白剣士「その…元気だったか?」

悠久姫「…当たり前じゃ。私を誰だと思ってる」


白剣士「そうか…」


悠久姫「辛気臭いのぅ!ほら、白剣士の家にいくぞ!」

白剣士「俺の家かよ!」

悠久姫「あそこじゃないと落ち着かないのだ!行くぞいくぞ!」


白剣士「はぁー…、叔父さん、またな」

聖剣士「…はいよ」ハハ


107 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:23:55 kcDMmDIk
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【白剣士の自宅】


…ガチャッ…バタンッ

白剣士「…」

悠久姫「久しぶりじゃのう!変わっておらんのう」

白剣士「…そうそう簡単には変わらんだろ」


悠久姫「どれどれ…えっちな本は増えたかの…」ゴソゴソ

白剣士「おいこら!何やってる!」


108 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:24:32 kcDMmDIk
 
悠久姫「あはは、冗談じゃ!」

白剣士「ったく…お前も変わってねえなあ」

悠久姫「へへー!」ニコッ


白剣士「まあ、変わったといえば変わったこともある」

悠久姫「?」

白剣士「あの時、怒られた隣人がいなくなった。傭兵稼業にいったんだとよ」

悠久姫「…そうか」


白剣士「…さて、と。まあ座れ」


109 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:25:04 kcDMmDIk
 
悠久姫「うむ」チョコンッ

白剣士「で、お前は何しに来た」


悠久姫「…白剣士に会いに来た」


白剣士「…本当は?」

悠久姫「本当じゃ」

白剣士「ウソつくなよ」

悠久姫「本当じゃ!」


白剣士「…俺に何で会いにきたんだ」


110 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:25:54 kcDMmDIk
 
悠久姫「…あんな別れ方をするのは、嫌だったからじゃ」

白剣士「…」

悠久姫「それと…、その…うん…」


白剣士「?」


悠久姫「短い間だったけど、凄い楽しかった。白剣士と、もっともっといたかったんじゃ」

白剣士「お前な…一国の姫なんだから、その辺はもっと自制心を…」

悠久姫「人が人に会いたい。私はそれを抑えられんかった」


111 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:26:29 kcDMmDIk
 
白剣士「…」

悠久姫「それと…私は、こういう友達がいなかったと言っただろう。うれしかったんじゃ」

白剣士「…ふん」

悠久姫「私は…浅はかな女かもしれん…」

白剣士「ん?」


悠久姫「私は…、多分…白剣士のことが…好きだ」


白剣士「…っ」

悠久姫「守ってもらって、強さを見せてもらって。それがお主から感じられる温かさに思えた」


112 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:27:03 kcDMmDIk
 
白剣士「…何言ってやがる」

悠久姫「確かに乱暴な所もある。だが、それ以上に…お主の優しさが私の中ではとても温かい」

白剣士「…」


悠久姫「…だから、こうして会いに来たんだと思う。いや…だから来たのじゃ」

白剣士「…」

悠久姫「最初は"お礼の為"といったが、こうして会って…改めて素直になろうと思う」

白剣士「…」


悠久姫「好きだぞ、白剣士」


113 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:27:33 kcDMmDIk
 
白剣士「…っち、そんなもん、色々初めての体験だったから混乱してるだけだ」

悠久姫「…それでも、よい」

白剣士「…んだよ。好きだって言えば、俺が答えると思っているのか」


悠久姫「…」

白剣士「…」

悠久姫「…」


白剣士「……くそっ!そんな眼で俺を見るな!」


114 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:28:05 kcDMmDIk
 
悠久姫「…」

白剣士「こういう時、どうすればいいか分からねえんだよ!」

悠久姫「…白剣士」

白剣士「本当の友達も出来ず、人に感情を寄せる事なんて…今までなかったんだ!」

悠久姫「…」


白剣士「…好き?そう言われても、どう答えればいいのか分からないんだ!」


悠久姫「白剣士…聞きたいことがある」

白剣士「…なんだ」


115 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:28:37 kcDMmDIk
 
悠久姫「お主は…私ともう1度…会いたいと思ってくれたのか?」

白剣士「…っ!」

悠久姫「どう思おうがいい。私は私の素直な気持ちを伝えられて…充分なんじゃ」

白剣士「…」


悠久姫「だが1つだけ、聞きたい。お主は…会いたいと思ってくれたのか…?」


白剣士「…お、俺は…」

悠久姫「…」


116 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:29:17 kcDMmDIk
 
白剣士「俺は…お前と…」

悠久姫「…」

白剣士「お前と…会いたいと…思って…い……」


…コンコン


白剣士「…」

悠久姫「…誰か来たようじゃな」

白剣士「…」


…コンコン


117 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:30:02 kcDMmDIk
 
白剣士「…っ」

悠久姫「気にするでない」

白剣士「…」


…トコトコ…ガチャッ


白剣士「はい、どなたですか」


聖剣士「…白剣士、少し、いいかな」

白剣士「…姫、ちょっとだけ待っててくれるか」


悠久姫「わかった」


118 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/18(水) 08:30:33 kcDMmDIk
本日はここまでです。
ありがとうございました。


119 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/18(水) 08:31:24 66RTQT8U
乙でした


120 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/18(水) 09:16:57 S1GfV5RM
乙です
聖剣士きた!


121 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/18(水) 11:07:46 WiKjPNOY
チラっとしか読んでないけど三点リーダー多用しすぎ


122 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/18(水) 19:48:13 TDhpwkYo
多用したからなんだと。
楽しみに保守しとけばいいのよ。


123 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/19(木) 08:59:26 uiWVzFeg
白剣士シリーズ初めて知ってやっと追い付いた。
個人的にこのシリーズが好み。
更新楽しみです。


124 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 09:55:33 6nmP4UFs
皆様ありがとうございます。
>>121
自分の書き方上、仕方ないことなのですが、同じ人物に2度連続でしゃべれらせない
という事をしてたり、静かな描写、シーンをメインにしているのでそうなってしまいます。
見にくい部分もありますが、ぜひよろしくお願いします。


125 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 09:56:15 6nmP4UFs
>>123
ぜひ、楽しんでいって頂ければ幸いです(A´ω`)


126 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 09:56:46 6nmP4UFs
 
…バタンッ

白剣士「何か用か」

聖剣士「…邪魔したか?」

白剣士「何もしてねーよ!んで、何だ」


聖剣士「…困ったことになった」

白剣士「…何だ」


聖剣士「あの子、悠久国の姫だって言ってただろう?」

白剣士「ああ」

聖剣士「先ほど、星降町が悠久国に奇襲を仕掛けて…全面降伏したという情報が入った」


127 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 09:57:20 6nmP4UFs
 
白剣士「…本当か?」

聖剣士「うちの酒場の信頼できる人からの情報だからね…本当だ」

白剣士「…だから…どうしろっていうんだ…」

聖剣士「今すぐどうこう出来る問題じゃない。だけど、教えておいて損はないと思ったんだ」

白剣士「こんなこと…姫に聞かれたら…」


…ガタンッ!!


聖剣士「!」

白剣士「!」


128 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 09:57:57 6nmP4UFs
 
ガチャッ!!


悠久姫「…」

白剣士「…お前、何か聞いてたか…?」

悠久姫「い、いや…」


白剣士「…」

ダダダッ…ガシッ!!


悠久姫「っ」ビクッ


129 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 09:58:42 6nmP4UFs
 
白剣士「正直に言え。聞いたんだな。顔色が悪い…」

悠久姫「……少しだけ…」

白剣士「…っ」


聖剣士「…どの道、明日には号外に出るだろう」

白剣士「だけどよ!」


悠久姫「…みんなは…どうなったのだ…?」

聖剣士「そこまでは…」

悠久姫「…」


130 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 09:59:36 6nmP4UFs
 
白剣士「…」

悠久姫「もしかしたら…、ウィッチはこれに備えて私を…」

白剣士「…どういうことだ?」


悠久姫「実は…」


131 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:00:24 6nmP4UFs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


悠久姫「…こういうことじゃ。ウィッチが私の思いを聞き届けて手伝ってくれたのだと思ったのだが…」

白剣士「いや、それもあるんだろう。…本当に頭の切れる女だぜ」

悠久姫「…」

聖剣士「…」


…ブブッ……


白剣士「ん…何の音だ?」


132 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:00:59 6nmP4UFs
 
…ブー…ザザッ…
 
ウィッチ"「皆さん、聞こえますか?」"


悠久姫「!」ガタッ

白剣士「ウィ、ウィッチ!」

聖剣士「念波か…驚いた。まだ使える人がいたとはね…」


ウィッチ"「お褒めに預かり光栄です。して、姫様もそこにおられるということは、無事に会えたのですね」"


白剣士「ああ…」

悠久姫「ウィッチ!お主、私の身を案じて…逃がしてくれたのか…?」


ウィッチ"「ふふ、どうでしょう。とにかく無事でよかったです」"


133 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:01:30 6nmP4UFs
 
悠久姫「それより、ウィッチは今どうなってる!?話を聞いた…無事なのか!?」

ウィッチ"「もう聞いたのですね。ご心配いりません。皆さんの声もお届けいたしますよ」"

悠久姫「た、頼む!」


側近"「姫様、聞こえますか?」"

王宮兵士長"「姫様、兵士長です。…白剣士もいるようだな」"

剛闘家"「姫…元気かい!」"


悠久姫「み、みんな…無事でよかった…!」


134 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:02:11 6nmP4UFs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【悠久国・城下町の広場】

…ザワザワ


側近「感謝するぞウィッチ。こうやって姫様の声を聞けるとは思わなかった」

ウィッチ「いいえ、私はこれくらいしか出来ませんから」

剛闘家「はあー…こうなるって分かってれば、誘拐なんて自作自演しなかったんだけどねぇ」

王宮兵士長「今更悔やんでも、どうにもなるものか」


…ガヤガヤ

民軍准尉「…ふふ。姫様がいないのは想定外でしたが、あなた方をこうするだけで私の力が示せるというものです」


側近「民軍准尉…、俺らを磔にしたところで…何も変わらん!」


135 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:03:11 6nmP4UFs
 
民軍准尉「国のトップ達が一人の男の前に屈する。それだけで充分です」ニタァ

側近「…姫様がおられる。姫様がいる限り、悠久国は貴様などに堕ちるものか!!」

民軍准尉「吼えててください…負け犬」

側近「…くっ」


…ブブッ…

悠久姫"「今…何か聞こえたぞ。みんな…本当に無事なのか!?大丈夫なのか!?」"


ウィッチ「ほら…姫様が不安がってますよ。声をかけてあげてください」


側近「姫様…大丈夫ですよ。今、みんな隣で笑ってます」フフ


136 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:03:42 6nmP4UFs
 
王宮兵士長「おうよ!姫様、白剣士の面倒見ててくださいね。しっかり決着つけないといけないんですから!」

ウィッチ「あの夜の続き…まだでしょう?ふふ」


白剣士"「なっ、お前…今言うことじゃねえだろう!」"

悠久姫"「白剣士…どういう意味…なのじゃ…?」"

白剣士"「な、なんでもないって!いてぇ!!」"


側近「はははっ、姫様…」

剛闘家「白剣士…私から姫を奪った罪…重いからな!」


白剣士"「あァ!?」"


137 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:04:12 6nmP4UFs
 
悠久姫"「…国にはすぐ戻る!それまで、しっかり国を頼むぞ!」"


ウィッチ「…姫様」


悠久姫"「なんじゃ?」"


ウィッチ「…申し訳ない」


悠久姫"「どういうことじゃ…?」"

聖剣士"「君たち…」"

白剣士"「…おい」"


138 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:04:44 6nmP4UFs
 
民軍准尉「それでは…準備を始めてください。我が民と同じ痛みを味わってもらう…ふふ…」

星降軍人長「はっ!全員用意!」

…スチャッ!!

…スチャスチャスチャッ!!!


悠久姫"「何とか言わぬか!ウィッチ…みんな!!」"


139 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:05:16 6nmP4UFs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【白剣士の自宅】


悠久姫「どうした!?なぜ答えぬ!?」


ウィッチ"「…皆さん」"


王宮兵士長"「わかってる」"
 
側近"「…」"

剛闘家"「ウィッチ、感謝するよ」"


白剣士「お前ら…まさか…」


140 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:05:48 6nmP4UFs
 
ウィッチ"「…何も言わないで下さい」" 
 
白剣士「わかった…お前らに任せるよ」

ウィッチ"「ふふ、ありがとうございます」"


王宮兵士長"「…どうやら俺からのようだな」" 

悠久姫「…俺から?どういうことじゃ?」

王宮兵士長"「姫様…聞いてください」" 


悠久姫「な…なんじゃ…?」


141 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:06:21 6nmP4UFs
 
王宮兵士長"「…姫様。あなたに仕えられた幸せ、これ以上の喜びはありませんでした」"

悠久姫「兵士長…何だ?急にどうしたのだ?」

王宮兵士長"「姫様、慌てないで下さい。そして、貴方の片隅に、どうか俺という男がいたと…覚えてくれれば…それで満足です」"

悠久姫「…兵士長…?」


王宮兵士長"「白剣士…決着はつけられなかったが…姫様、頼んだぞ」"

白剣士「…あぁ」


142 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:06:51 6nmP4UFs
 
王宮兵士長"「…ありがとよ。また、会いましょうね…姫様」"


ザザッ…ブツンッ…!!


白剣士「…っ」

悠久姫「…へ、兵士長!返事をせぬか…!!」


…ザザッ…シーン……ザーーーッ…


悠久姫「兵士長!兵士長!!」


143 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:07:47 6nmP4UFs
 
白剣士「姫…」

悠久姫「し、白剣士!兵士長からの声が聞こえぬのだ…お主もか!?」

白剣士「…」


側近"「次は自分の番ですね。姫様、聞こえますか?」"

悠久姫「側近!…聞こえるぞ!兵士長の声が急に聞こえなくなったのだ、兵士長は無事なのか!?」


側近"「…姫様。よく、聞いて下さい。そして、自分たちの声…決して、忘れないで下さい」"


悠久姫「何だというのだ…っ!」


144 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:08:58 6nmP4UFs
 
側近"「姫様。あなたが…国を守るのです。自分たちには…国の行く末を見守ることが出来なくなりました」"

悠久姫「…何でじゃ…何でなのじゃ!」

側近"「…お願いします。姫様…、どうか…哀しまないでください」"


悠久姫「お主らが何を言っているのか全然分からぬ…分からぬ…」ブルブル


側近"「…姫様をしっかり頼んだ。白剣士…」"

白剣士「…分かってるよ」


側近"「礼をいう…また、会いましょう…姫様!」"

…ザザッ…ブツッ…!

ザーッ………


145 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:09:34 6nmP4UFs
 
悠久姫「…側近…?側近んん…」

白剣士「…」


ザザッ…

剛闘家"「っと、私の番か。姫、あんまりお転婆すぎると、また皆が心配するから…ほどほどにしなよ?」"

悠久姫「…剛闘家ぁ…何で…"声"が…消えていくのじゃ…」

剛闘家"「…」"


悠久姫「お主も…きっ…きえ…、消える…のか…!?」

剛闘家"「なぁに、心配無用!…私のこと一番知ってるのは姫だし、姫のことを一番知ってるのは私だろ?」"

悠久姫「…そう、じゃな…」


146 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:10:32 6nmP4UFs
 
剛闘家"「私なら大丈夫。姫は…姫自身のことを考えて、しっかりしろよ?」"

悠久姫「…剛闘家ぁ!」


剛闘家"「…頼んだよ、白剣士」"

白剣士「…おう」


剛闘家「姫、また…会おうな」


…ブツンッ…ザァー……ッ…


147 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:11:04 6nmP4UFs
 
悠久姫「…」

白剣士「…」


…ザザッ…

ウィッチ"「…分かっていると思いますが…皆さんは…」"

悠久姫「ウィッチ…、お主もなのか…?」

ウィッチ"「…この国に尽くし、国のために命をかけられた。それは私にとって、皆にとっての栄誉でした」"

悠久姫「…」グスッ…


ウィッチ"「楽しかったです。…最後の最後まで、みんな笑顔でしたよ。姫様…ありがとう」"


悠久姫「だめじゃ…いくな…ウィッチ…」


ウィッチ"「白剣士、全員からの"声"…届きましたよね」"


白剣士「分かってる」


148 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:11:38 6nmP4UFs
 
ウィッチ"「あなたとの一晩…少し楽しみだったんですけどね…ふふ」"

白剣士「…」


ウィッチ"「…姫様…私たちはあなたを、笑顔で見守っています」"


…ザザッ…

悠久姫「…ウィッチ」


ウィッチ"「…ありがとう。そして…また会いましょうね」"


149 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:12:10 6nmP4UFs
 
ザザッ……ヤレ!…ワァァッ!!………ドシャッ!!…


キャー!!……ザザザッ……ザッ……


…ザーーーーー…

…………………ブツンッ…………


150 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:13:03 6nmP4UFs
 
悠久姫「…っっ」

白剣士「…」

聖剣士「…」


悠久姫「う…うああああああっ!!!」


白剣士「…姫」

悠久姫「全部失ってしまった…私のせいで…私のせいで…!!」

白剣士「…」

悠久姫「…な、何でこんなこと……うああああっ!」

白剣士「…おい」


151 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:13:47 6nmP4UFs
 
悠久姫「…側近…兵士長…剛闘家…ウィッチ…!!!」

白剣士「おい!」

悠久姫「みんな…みんな…失った……私のせいで…!!」


白剣士「…」

…ゴツッ!!


悠久姫「…っ!」

白剣士「話を聞け!!」


聖剣士「お、おい…」


152 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:14:17 6nmP4UFs
 
白剣士「…」

悠久姫「…」


白剣士「お前にとって、あいつらは大切な仲間だった。あいつらにとっても、お前は大切な仲間だった」

悠久姫「…」

白剣士「あいつらの"声"は、お前の中にしっかり残ってるだろう。お前に国の未来が託されたんだ」


悠久姫「だが…もう、みんなはいないのじゃ!私のせいで…」


白剣士「…」

…トコトコ……

カチャカチャ…コポコポッ・・・


153 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:14:50 6nmP4UFs
 
悠久姫「…」

白剣士「…」

…カチャカチャッ……コトッ…


白剣士「このお茶は、お前の国の…あの時に飲んだお茶だ。まず…落ち着くんだ」

悠久姫「…」ハァハァ

白剣士「…今言うべきことじゃないと思うが…俺はな…」


悠久姫「…?」


白剣士「…お前に会いたかった。心からそう思う」


154 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:15:20 6nmP4UFs
 
悠久姫「…!」

白剣士「お前にとって、俺があいつら程の特別な存在かどうかは分からん。だが、俺にとってお前は、スゲー特別な存在だ」

悠久姫「…特別な…?」


白剣士「気悪くしたら悪いんだが…、まだお前には…俺がいる…そう思っていれば嬉しい」

悠久姫「私にはまだ…白剣士が…いる?」


白剣士「姫は一人になったと思ったかもしれないが…、まだ俺はここにいる。お前の前に…な」

悠久姫「…っ」

白剣士「…だから、少しでも…俺を頼れ。お前が俺に会ったのは…偶然なんかじゃなかった…そう思え!!」


悠久姫「…白剣士」


155 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:15:50 6nmP4UFs
 
白剣士「俺は口が下手だから…どう言えばいいか…わからないけどな。俺はお前を守ってやる!」

悠久姫「…っ」


白剣士「俺は、もうお前と離れない!!」


聖剣士「…」

悠久姫「…」


白剣士「今度こそ、約束だ。一緒にいてやる。だから、お前も一緒にいろ…な?」


悠久姫「…」

白剣士「…」


156 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:16:23 6nmP4UFs
 
悠久姫「…」コクン

白剣士「…分かってくれて嬉しいぜ」

…ギュッ


悠久姫「…胸を…借りても…いい…か…?」

白剣士「…好きにしろ…」

悠久姫「汚い…ぞ?」

白剣士「…気にするな」


…ギュウウッ…


157 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:16:54 6nmP4UFs
 
悠久姫「う…うぅ…うああ…」ヒクッ

白剣士「…」

悠久姫「…うぅー…うああああんっ…!」ポロポロ

白剣士「大丈夫だ…大丈夫…」ポンポン


聖剣士「…」

…スタッ


白剣士「…叔父さん?」

聖剣士「…ちょっと考えることが出来た。酒場に戻ってるよ」

白剣士「…あぁ。わかった」

聖剣士「それじゃあね…」


158 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:17:26 6nmP4UFs
 
…ガチャッ…


……バタンッ……!!


159 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:18:31 6nmP4UFs
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・



160 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/19(木) 10:19:02 6nmP4UFs
本日はここまでです。
ありがとうございました。


161 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/19(木) 10:24:17 4CgYZDu2
乙でした
つらい展開だな……


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/19(木) 10:26:55 cVO1qF3o
乙です。
各々キャラがしっかりたってるだけにこの展開は辛いね。


163 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/19(木) 10:27:42 o00QuKk6
乙乙・・・


164 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/19(木) 21:54:17 TNRZIeAQ
そんな春の大掃除みたいに一掃しなくたっていいじゃないかああああ


165 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 02:24:04 qS4gFy06
>>164
おい







おい


166 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 10:56:08 mOsFHG9Y
皆様ありがとうございます。


167 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 10:56:52 mOsFHG9Y
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…サワサワサワ…

悠久姫「…」

白剣士「…」


悠久姫「…」

白剣士「姫…」

悠久姫「…ん」


168 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 10:57:25 mOsFHG9Y
 
白剣士「…」

悠久姫「…」

白剣士「…大丈夫か」


悠久姫「…うん」


白剣士「俺は…温かいか?」

悠久姫「…うん」


169 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 10:58:02 mOsFHG9Y
 
白剣士「…頼れるか?」

悠久姫「うん…」


白剣士「そうか」

悠久姫「…うん」


白剣士「…」


170 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 10:58:32 mOsFHG9Y
 
悠久姫「…」

白剣士「…これから、どうする?」

悠久姫「…」

白剣士「…」


悠久姫「…私は、正直…怖い」

白剣士「…そうだな」


171 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 10:59:07 mOsFHG9Y
 
悠久姫「きっと、今、誰よりも復讐心に燃えている。だけど、きっと、誰よりも弱気だ」


白剣士「…」


悠久姫「私がもし、戦いたいと願ったらどうする?」

白剣士「着いていくさ」

悠久姫「…逃げたいといったら?」

白剣士「着いていく」


悠久姫「…死にたいと言ったら?」

白剣士「…死なせない」


172 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 10:59:40 mOsFHG9Y
 
悠久姫「…」

白剣士「…」

悠久姫「…ありがとう」

白剣士「何度目のありがとう、だよ」


悠久姫「…お主がいてくれて良かった」

白剣士「俺だってだ」

悠久姫「偶然という名の運命か…ふふ」


白剣士「親父が好きだった言葉だ。っち…嫌でも親子だって思い知らされる」


173 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:00:13 mOsFHG9Y
 
悠久姫「そっか…」

白剣士「…」


…ギュゥッ


白剣士「…」

悠久姫「あったかい…」

白剣士「…」ナデナデ


174 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:00:57 mOsFHG9Y
 
悠久姫「…ん〜……」

白剣士「…」

悠久姫「…ん…」


白剣士「…」

 
悠久姫「…」スヤッ…

白剣士「…」


175 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:01:35 mOsFHG9Y
 
悠久姫「…」クゥクゥ

白剣士「…」


悠久姫「…」スヤスヤ


白剣士「…もっと、俺もしっかりしないとな」


176 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:02:05 mOsFHG9Y
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



177 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:02:41 mOsFHG9Y
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【次の日】


悠久姫「…」モゾッ

白剣士「…おはよ」


悠久姫「…」ジー

白剣士「…なんだよ」

悠久姫「んふふー」ニカッ


178 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:03:13 mOsFHG9Y
 
白剣士「…起きれるか?」

悠久姫「ん…大丈夫」

白剣士「…うし。飯、食うか」

悠久姫「うん」


白剣士「…適当なモン作るわ。待ってろ」

スタッ…カチャカチャ
 

悠久姫「…考えたら、白剣士は料理、結構上手いんじゃな」


179 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:03:43 mOsFHG9Y
 
白剣士「んー…叔父さんの影響だな。小さい頃は教えてもらってたし」

悠久姫「今はどうなのじゃ?」

白剣士「…まあ色々あってな。昔ほどじゃないが、まだ叔父さんとは慣れないわ」

悠久姫「…ふむ」


白剣士「…」

…ジャーッ…ジュワッ…カチャカチャ


180 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:04:25 mOsFHG9Y
 
悠久姫「…白剣士」

白剣士「んー」

悠久姫「…大丈夫じゃ。私は」


白剣士「…そうか」


悠久姫「夢の中に…みんなが出てきた」

白剣士「夢に?」

悠久姫「みな、笑顔で私を迎えてくれた。そして、みな…消えていった……」


181 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:04:57 mOsFHG9Y
 
白剣士「…」

悠久姫「…ううん、大丈夫じゃ。大丈夫。私が哀しんでいては…顔向けできぬではないか!」

白剣士「…そうだな」


悠久姫「私は、みなの為に!必ず…国を取り返す!!」


白剣士「おう!」


悠久姫「…」ニコッ


182 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:05:52 mOsFHG9Y
 
…コンコン

白剣士「どーぞ」


…ガチャッ

聖剣士「いたか。入ってもいいか?」

白剣士「ん…。いいぜ別に。朝飯作ってたけど、食うか」

聖剣士「白剣士が…?頂いていいなら」


白剣士「少し多めに作ってたからな。あがっていけよ」


183 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:06:22 mOsFHG9Y
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ゴクンッ

白剣士「ご馳走様でした」

聖剣士「白剣士、料理うまくなったね。美味しかったよ」

白剣士「ありがとよ」


聖剣士(この短期間に…変わったな白剣士)


悠久姫「相変わらずうまかったぞ!」

白剣士「当たり前だ」


184 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:06:58 mOsFHG9Y
 
悠久姫「そういや…聖剣士さん…といったかの」

聖剣士「うん?」

 
悠久姫「…白剣士の、叔父さんなのか?」

聖剣士「あー…そういやきちんと挨拶してなかったね。改めて宜しく」ニコッ

悠久姫「は、初めまして!」ペコッ


聖剣士「はは、可愛い子だね」

悠久姫「そ、そんなことっ」


185 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:07:42 mOsFHG9Y
 
白剣士「無駄につえーからなそのオッサン」

聖剣士「無駄って…、それにオッサンていわれると少しヘコむな…」ハハ

悠久姫「はははっ」


白剣士「んで、叔父さんは何か用だったのか?」


聖剣士「すぐに南下するんだ。エルフの町へ向かってくれ」

白剣士「うん」

聖剣士「…」

白剣士「……へっ?」


186 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:08:16 mOsFHG9Y
 
聖剣士「船、道中の手はずは整ってる。エルフの町の知り合いにも連絡はとってある」

白剣士「ち、ちょっと待て。一体何の話だ」

聖剣士「南へ行くんだ」

白剣士「何でだ」


聖剣士「…困ったことになってね」

白剣士「あん?」

聖剣士「民軍准尉というやつが、姫様を探し回ってるらしい」

白剣士「…民軍准尉」ピクッ


悠久姫「…」ゾクッ


187 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:08:53 mOsFHG9Y
 
聖剣士「すでに町にそいつらの部下が国に入ってるという情報もきている」

白剣士「何で、そいつが姫を!?」

聖剣士「…恐らく不安要素なんだろう。姫様が」

白剣士「…姫が?」


聖剣士「完全に悠久国を掌握したつもりだっただろうが、国の最後の形見…姫様がまだ残っていた、ということが怖いんだろう」


白剣士「…そういうことかよ。手回しが早いことだ」

悠久姫「…」


188 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:09:28 mOsFHG9Y
 
聖剣士「準備はできている。すぐにでも出るんだ」


悠久姫「…また、逃げねばならぬのか」


聖剣士「…嫌な気持ちはわかる」

悠久姫「…」

聖剣士「…だけど、君たちが今置かれている状況は最悪に等しい。それも分かってくれ」


白剣士「軍は…何をしているんだ?」

聖剣士「動けないんだ」


189 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:11:03 mOsFHG9Y
 
白剣士「…どういうことだよ」

聖剣士「星降町は悠久国を手に入れた。それによって、近隣国が次々彼の前にひれ伏したらしい」

白剣士「…情けない話だぜ」

聖剣士「もはや、一つの独立国家といって差し支えないんだ」


悠久姫「…民軍准尉」


聖剣士「今はぎりぎり、前線を除けば停戦状態に近い。いわゆる緊張だ」

白剣士「面倒くせえ…さっさと他の国や全軍を挙げて堕としてしまえばいいと思うんだがな」


190 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:11:37 mOsFHG9Y
 
聖剣士「…中央に不満を持っていた国も多い。一触即発…まるで爆弾だよ」

白剣士「これから、どうなるんだ?」

聖剣士「まだ確実なことはいえない。だけど、いずれこの爆弾は…必ず爆発すると思う」

白剣士「そしたらどうなる?」


聖剣士「…」


悠久姫「…ダメじゃ!それだけは…それでは、皆が…浮かばれぬ!!」

聖剣士「分かってる。その為に、僕らがいるんだ」


191 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:12:08 mOsFHG9Y
 
悠久姫「…僕ら?」

白剣士「…」


聖剣士「僕は軍の大佐なんだ。嫁は一線を引いてるけど元冒険家として名を馳せた優秀な戦士!」

悠久姫「…そ、そうなのか」

聖剣士「僕の仲間はそれぞれ優秀な人が多いし、そして…何より…」


…チラッ

白剣士「…いいよ別に」


192 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:12:40 mOsFHG9Y
 
聖剣士「僕の甥…白剣士は、あの"英雄剣士"の息子なのだから」


193 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/20(金) 11:13:37 mOsFHG9Y
本日はここまでです。
ありがとうございました。


194 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 11:31:07 e5ZKh6nU

>>英雄剣士"の息子なのだから
おう、遂に!


195 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 12:10:20 v85dECdc
相変わらずヒキが上手いなぁ、続きが早く読みたくなる
毎度乙!


196 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 12:34:36 ryVNYGvQ
乙でした
わかっていても言葉にされると良いな


197 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:27:33 Tdt33sSk
みなさま有難うございます(A´ω`)
投下開始致します。


198 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:28:15 Tdt33sSk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【数時間後・南港行きの馬車の中】


…パカラッパカラッ…

…ザァァァァッ

白剣士「…寒くないか?」

悠久姫「大丈夫じゃ。雨、強くなってきたな」

白剣士「…そうだな」


199 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:28:49 Tdt33sSk
 
悠久姫「…さっきの話」

白剣士「本当のことだ。それと、親父と母親は今、行方がわからねぇ。そしてさっき、聖剣士から貰ったこの剣…これは親父が残したものなんだ」

悠久姫「…」

白剣士「最後に見たのは猛雪山っつー場所の頂上だ。そこから行方が分かってない」


悠久姫「…」

白剣士「まあ…心配いらねーだろ。殺しても死なない親父だって皆…言ってたしな」

悠久姫「ふふ、そうじゃな。白剣士のお父上じゃ…きっと大丈夫だろう」


200 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:29:22 Tdt33sSk
 
白剣士「…あぁ」


悠久姫「…」ブルッ

白剣士「ん…どうした?寒いのか?」

悠久姫「…いや…」

白剣士「…」


悠久姫「…私は、あの国に戻ることが出来るのだろうか。あの国の民の笑顔を見ることが出来るのか…不安なのだ」

白剣士「お前なら出来るんじゃねーの」


201 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:30:00 Tdt33sSk
 
悠久姫「…うむ」

白剣士「何より俺が手伝うんだ。出来なかった、なんていったら…怒るぜ」

悠久姫「気をつけばな。白剣士のゲンコツは、誰よりも痛い」フフ

白剣士「ふっ…」


…ヒヒーン!!

…バシャバシャッ!!


202 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:30:34 Tdt33sSk
 
白剣士「…なんだ?」

悠久姫「馬車が…止まった?」

白剣士「…しっ」


商人「…な、なんだあんたら」

星降軍人「星降の民間軍兵である!乗客の確認を行う、見せよ!」

商人「なにぃ!?こっちだって商売でやってるんだ、乗客に迷惑はかけられん!」

星降軍人「…なら死ねぃ!」


ブンッ…ドスッ…ビチャッビチャッ!!

商人「…ぐああっ!」

…ドサッ


203 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:31:34 Tdt33sSk
 
悠久姫「〜…っ!」
 
白剣士「…野郎」

星降軍人「…乗客に告ぐ!10を数えるうちに中から出て来い!出てこないのなら、馬車に火を着ける!」


悠久姫「…どうするのじゃ」ボソボソ

白剣士「くっ…、中からじゃ相手の人数が見えない…が」チャキッ

悠久姫「…戦うのか?」


星降軍人「7!」


204 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:32:14 Tdt33sSk
 
白剣士「出なかったら燃やされる。あいつらは本気だ」

悠久姫「…私も戦う」

白剣士「だめだ。姫はここで待っているんだ」

悠久姫「…嫌だ!」


星降軍人「…4!火魔法、準備せよ!」

星降魔道「はっ!」スチャッ


205 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:32:44 Tdt33sSk
 
白剣士「…俺の強さを忘れたのか?」

悠久姫「…」

白剣士「大丈夫だ。少しだけ、待っててくれ」

悠久姫「…わかった…白剣士…」

白剣士「おう」


星降軍人「…2…1…0!燃やせ!」

星降魔道「…大火炎魔ほ…!!」パァッ


206 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:33:21 Tdt33sSk
 
…バッ!!

白剣士「…おりゃああっ!やらせるかよ!」ブンッ


…ズバァッ!!

星降魔道「くっ…!」


星降軍人「出てきたな!星降剣士、前に出ろ!」

星降剣士「任せろ」チャキッ


白剣士「…剣士、魔道、指揮役、僧侶か…厄介なワンパーティできやがって…。剣、貰っといて良かったぜ」


207 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:34:00 Tdt33sSk
 
星降軍人「民間准尉からお前の脅威は聞いていた。悪いが、ここで死んでもらうぞ」

…ザァァァッ

白剣士「雨が強いな…」


星降軍人「行け!」


星降剣士「ぬあああっ!」

…ブゥンッ!!

白剣士「らああっ!」

…キィンッ!!


208 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:34:32 Tdt33sSk
 
星降剣士「…やるな」

白剣士「…お前は、微妙だな?」

…グググッ


白剣士「…この程度の力じゃ俺は抑えられないぜ?」

…グググググッ…ガキンッ!!
 
星降剣士「なんという力だ…」


白剣士「おらあっ!」

…ゲシッ!!


209 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:35:06 Tdt33sSk
 
星降剣士「ぐあっ!」ドサッ

白剣士「守るためだ…情けはねえぞ!」ダッ

…ズバッ!!


白剣士「ちっ、浅いか!」


星降軍人「魔道!援護だ!」


210 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:35:45 Tdt33sSk
 
星降魔道「はい、続きます!中水流魔法!」バシャッ!!

白剣士「…ちっ!」

…バッ!!…スタッ


星降魔道「早い!避けられた!」

白剣士「危ねぇ危ねぇ…」


星降僧侶「…剣士!ヒール!」

…パァァァッ!!

星降剣士「…助かるぜ」


211 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:36:31 Tdt33sSk
 
白剣士「…厄介だな」


星降軍人「こちら側が圧倒されるとは…」

星降剣士「強いですね…」


白剣士「…」

…ザァァァァァッ!!!

白剣士「雨音が強い…、姫は中にいるようだな…」チラッ


212 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:37:02 Tdt33sSk
 
星降軍人「…馬車の中に姫がいるのだな?大人しく渡せばお前は見逃してやる!」

白剣士「…冗談じゃねえ。誰が渡すか…っつーか、俺の顔を見て敵だってよく分かったな?」

星降軍人「民軍准尉様の手で、お前たちの手配はすでにされている!」

白剣士「参ったね…有名人じゃねーか」


星降軍人「…」


白剣士「…この雨音と、視界の悪さ…使えそうだな」


213 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:37:33 Tdt33sSk
 
星降軍人「…何だと?」

白剣士「ちと俺らも急いでるからな。悪いが…本気でいかせてもらうぞ」

星降軍人「…何?」


白剣士「…っ!」

…ビキッ…ビキビキビキッ…


星降軍人「なっ…何だそれは!」

白剣士「俺は…親父よりも、異端の血ってのを強く受けてるらしくてな…?」

星降僧侶「…ひっ!」


214 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:38:04 Tdt33sSk
 
…ビキッ…グググッ…

白剣士「…抑えが効かんぞ?逃げるなら…今のうちだ…がっ…!」


星降軍人「ひ、ひるむな…かかれぇ!」


星降剣士「う、うらああっ!」

星降魔道「だ、大火炎魔法っ!!」

星降僧侶「抵抗魔法っ!!!」


215 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:38:39 Tdt33sSk
 
…ザァァッ

悠久姫「…大丈夫じゃろうか」


…ドォォォンッ!!!…グラグラグラッ!!!


悠久姫「な、なんじゃ!!」


グラグラ……グラッ……

ザァァァァッ…


216 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:39:23 Tdt33sSk
 
悠久姫「お…収まった…?」


…バサッ!!!

白剣士「よっと!」

悠久姫「きゃああっ!」


白剣士「…っ!」キーン


悠久姫「…って、白剣士か!驚かせおって!」


217 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:40:07 Tdt33sSk
 
白剣士「驚いたのはこっちだ!なんつう声を!」

悠久姫「誰だって驚くわ!…それより、無事だったんじゃな!?」

白剣士「おう、ピンピンしてるわ」

悠久姫「…その血!」ハッ


白剣士「…あ」


悠久姫「どこかキズを…?大丈夫なのか!?」

白剣士「大丈夫だって。これは俺の血じゃない」

悠久姫「…そ、そうか…」


218 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:40:38 Tdt33sSk
 
白剣士「…怖いか?」

悠久姫「ううん…、それより…、白剣士が無事だったことのほうが…大きい…」ブルッ

白剣士(…怖いか、やっぱり…)


悠久姫「…」

白剣士「…よっと…雨水で流してくる。お前は中に乗ってろ」


219 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:41:09 Tdt33sSk
 
悠久姫「…うん」

白剣士「あ…つーかどの道、俺は外にいないとダメだろうが」

悠久姫「なぜじゃ?」

白剣士「…この馬車動かせないだろ。遺体は…、一応不本意だろうが並べておいた…」

悠久姫「…」


白剣士「俺は学校のとき動かしたことがあるからな。乗ってていいぞ」

悠久姫「しかし…外は大雨で…」


220 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:41:39 Tdt33sSk
 
白剣士「俺は風邪なんかに負けないの。それより急いで南へ向かうぞ」

悠久姫「…わかった」


白剣士「ああ、それとな。さっきのやつらが持ってた封筒なんだが、一応とってきた」

悠久姫「ほう…」

白剣士「開けて読んだりしといてくれ。何か重要なことが書いてあるかもしれん」

悠久姫「わかった」


白剣士「それじゃ…馬動かすのなんて久々だが…改めて出発だ!」


221 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:42:10 Tdt33sSk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・



222 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:42:42 Tdt33sSk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【エルフの町行の船の中】


白剣士「へーっくしょい!!」

悠久姫「…バカか?」

白剣士「あぁん!?」


悠久姫「風邪引きおって…、だから言ったのだ」

白剣士「仕方ねーだろうが!」


223 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:43:14 Tdt33sSk
 
悠久姫「…ところで、エルフの町の知り合いの場所は分かるのか?」

白剣士「一応な。親父の付き添いで行ったことある」

悠久姫「そうか」


白剣士「そういや、あの封筒の中身見たのか?」

悠久姫「いやまだだ」

白剣士「開けてみようぜ」

悠久姫「うむ」


224 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:43:56 Tdt33sSk
 
…カサッ

白剣士「…ふむ」

悠久姫「何だ?何て書いてあるのじゃ?」

白剣士「…」

悠久姫「…」


白剣士「…!」

悠久姫「…これは…」


225 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:44:26 Tdt33sSk
 
白剣士「冗談じゃ…ないよな?」

悠久姫「冗談でこんな紙を星降軍が持っているのか?」

白剣士「…どうすんだよ」

悠久姫「倒したやつらは何者だったのじゃ…?」


白剣士「もしかしたら重要な何かの任されてる奴だったのかもしれねえな」

悠久姫「というか、これはどうするべきなのだ…?」


226 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:44:57 Tdt33sSk
 
白剣士「そこらへんの軍に報告したところで、信じてはくれんだろうな」

悠久姫「…」

白剣士「軍の支部から、叔父さんに連絡しよう」

悠久姫「ふむ…」

白剣士「に、しても…こりゃ…どうするべきだよ…」


悠久姫「中央軍も大概だの…」


227 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:45:36 Tdt33sSk
 
白剣士「貴重な資料を抜かれるって、死罪だぞ…」

悠久姫「…」

白剣士「…」


…ペラッ


228 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:46:36 Tdt33sSk
 
白剣士「魔石を圧縮した巨大な爆弾。中央軍の設計図のコピー…ねぇ」


悠久姫「中央軍はこれを造り、どうするつもりだったのだろうか…」

白剣士「簡単な話だ。星降や、それに協力した近辺への脅しだろうよ」

悠久姫「…」


白剣士「…だけどな、あいつらが持ってたってことは、他の潜入していた奴らが既に星降へこの設計図を持ち込んだ可能性が高い」

悠久姫「…だが、これを作るほどの技術はあるのか?」

白剣士「あくまでも"設計図"さえあれば、大体のものは作れるんじゃないか?」


229 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:47:10 Tdt33sSk
 
悠久姫「…もし、既にお互いのコレが完成していたら?」

白剣士「東側の中央軍、西側の星降軍、2つの巨大な力が完全に均衡することになる…な」


悠久姫「…それじゃあ」


白剣士「おいおい、よく考えたら洒落にならねえぞ…」

悠久姫「この設計図がコピーされていることは、中央軍は知っているのだろうか…?」

白剣士「どうだろうな…とりあえず、叔父さんへの報告を急ごう」

悠久姫「うむ…!」コクン


230 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:47:49 Tdt33sSk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【2日後・エルフの町】


…ジリジリ…

白剣士「あつっ!」

悠久姫「な、なんじゃ…ここは…日照りがすごいのう…」

白剣士「…っ!」ダラダラ


悠久姫「…汗が出る」

白剣士「ローブ着込んで大丈夫か…?」


231 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:48:36 Tdt33sSk
 
悠久姫「大丈夫じゃ…」

白剣士「後でこの町のローブを買ってやるからな…、少しは涼しいだろう」

悠久姫「うむ…」

白剣士「さて、まずは軍の支部だ」

悠久姫「どこにあるのじゃ?」


白剣士「確か…こっちだったはずだ」


232 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:49:07 Tdt33sSk
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トコトコ…ピタッ


白剣士「あったあった」

悠久姫「…警備が厳重だのう。本当に入れるのか?」

白剣士「まあ…聞いてみないとな」


…トコトコ

白剣士「あのーすんません」

軍人「何か用か?」


233 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:49:42 Tdt33sSk
 
白剣士「中央軍にいる人と連絡取りたいんですけど…」

軍人「すまぬな、今は一般人が入るのは禁止されている」

白剣士「何でですか?」

軍人「今は世界が緊張状態になっている。中央軍も、万事をとっているのだ」


白剣士「なるほど」

軍人「というわけで、帰ってくれ。連絡を取りたいなら、中央へ自分の足で向かうことだ」

白剣士「それじゃ間に合わないんですよ」


軍人「何用かは知らぬが、ダメなものはダメだ」


234 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:50:15 Tdt33sSk
 
白剣士「融通が効かないな…、嫌だったが…門番さんよ」

軍人「何だ」

白剣士「聖剣士の甥が来たって支部長さんに伝えてくれないか」

軍人「…ん?」


白剣士「だから、本部の大佐の聖剣士の、甥っ子が緊急の用事があるから伝えてくれっつってんの!!」

軍人「…本当か?」


白剣士「…下等兵士が」イラッ

悠久姫「こ、こら!白剣士!」


235 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:50:59 Tdt33sSk
 
白剣士「…あ」

軍人「…今、何と言った?」

白剣士「いいから早く話せばわかる!連絡を取らせろ!」


軍人「もしウソだったら、侮辱罪で拘束するからな…来い!」

グイッ!!


白剣士「って…引っ張るんじゃねえよ!」

悠久姫「ま…まあ中に入れて結果オーライ…じゃの?」


236 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/21(土) 10:53:04 Tdt33sSk
本日はここまでです。
ありがとうございました。


237 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/21(土) 10:57:47 RikRiUUc
すっかりファンになってしまった・・・
続き楽しみにしてるので頑張ってください!


238 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/21(土) 21:21:33 KtR7WZmk
毎日更新が楽しみだ


239 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:27:58 lMOA/Gz6
ありがとうございます(A´ω`)
今日は投下しておきます。


240 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:29:00 lMOA/Gz6
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…コンコン

支部長「入れ」

…ガチャッ

軍人「失礼します!こちらの青年が、支部長に用事があるそうで!」


支部長「何?一般人の立ち入りは禁止されているはずだが?」


241 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:30:12 lMOA/Gz6
 
軍人「人をおちょくった態度で話かけてきたので、侮辱罪で連行という形でつれて来ました!」

白剣士「…っち」


支部長「それはいかんなぁ…、青年、名前は何という」

白剣士「…白剣士」

支部長「…ん」

白剣士「白剣士」


支部長「…はて、気のせいか。聞いたことがあるような…」


242 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:30:45 lMOA/Gz6
 
白剣士「…」イライラ

悠久姫「これ、落ち着け白剣士!」

白剣士「わかってるよ…」


支部長「…まあ、いい。で、侮辱してまでワシに何の用だ」

白剣士「中央軍の聖剣士と連絡がとりたい。すぐに」

支部長「聖剣士大佐殿に?」

白剣士「そうだ」


243 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:31:15 lMOA/Gz6
 
支部長「…」

白剣士「俺は聖剣士の甥っこなの。そういえば分かるから」

支部長「甥…甥…?」

白剣士「…」


支部長「…思い出した。もしかして…、あなたは…あの方の…息子さん…?」

白剣士「…」ニカッ

支部長「こ、こここ、これは失礼をいたしました!!」ペコッ


244 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:33:08 lMOA/Gz6
 
軍人「どうしたんですか支部長。こんなウソくさいやつに頭下げて」

支部長「ば、バカもの!!!」

…ゴツッ!!

軍人「いったっ…!何するんですか!」

支部長「この方は、英雄剣士殿の息子さんだ!!無礼なことを!」

軍人「え、えええ!?じゃ、じゃあ甥っ子ってのも本当なんですか!?」


支部長「もも、申し訳ございませんでしたぁ!」

軍人「すいませんでしたあ!!」


245 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:34:10 lMOA/Gz6
 
白剣士「はぁ…こうなるから出来るだけ正体隠したかったんだよな…」

悠久姫「ま…、まあ結果オーライじゃ…」


支部長「それで…何の用でしたか…?」

白剣士「中央軍か、中央冒険酒場に叔父さん…聖剣士がいるから連絡をとりたい。すぐにでも」


支部長「すぐに準備いたします!おい!」

軍人「分かりました!」

…タッタッタッタ


支部長「少々お待ちください…へへ…」

白剣士「…」ハァ


246 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:34:46 lMOA/Gz6
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ザザッ

白剣士「…もしもし」

聖剣士"「もしもし」"

白剣士「叔父さん、聞こえるか?」


聖剣士"「聞こえるよ。そこの支部からってことは、無事着けたんだね。よかった」"


白剣士「まあな。でも、ちょっとアクシデントがあってな」


247 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:35:31 lMOA/Gz6
 
聖剣士"「アクシデント?」"

白剣士「道中で星降に襲われた。まあ返り討ちにしたけどな」

聖剣士"「…まさか、商人と星降の軍人が倒れていた情報ってのは君が…?」"


白剣士「もうそっちでは情報出てたのか。色々手加減がきかなかった」

聖剣士"「…そうか。すまない…」"


白剣士「いやいいよ。それより、そいつらの持ってた封筒に問題があってな…」

聖剣士"「…封筒?」"


248 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:36:12 lMOA/Gz6
  
白剣士「支部長、ほかのやつら、ちょっと席外してくれ。叔父さんのほうも頼む」


支部長「分かりました。いくぞ!」

軍人「わかりました!」


ザザッ…

聖剣士"「…うん、ありがとう。よし、白剣士、こっちも皆いなくなった。話をしてくれ」"


白剣士「…あのな」


249 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:36:55 lMOA/Gz6
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


聖剣士"「そうか…開発途中のものが…」"

白剣士「叔父さんは知ってたのか?」

聖剣士"「元帥殿が、秘策を打ち出したというのは聞いていた」"


白剣士「記録の日付はもう1週間も前になる。もしかしたら…完成しているかもしれない」

聖剣士"「…」"

白剣士「恐らく、コピーされていることはそっち側じゃ理解していと思う。だから伝えた」

聖剣士"「ありがとう。助かるよ」"


250 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:38:08 lMOA/Gz6
>>249
白剣士「恐らく、コピーされていることはそっち側じゃ理解していないと思う。だから伝えた」


251 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:39:31 lMOA/Gz6
 
白剣士「…俺らはここにいていいのか?」

聖剣士"「…本当のこと言うと、白剣士の力があればもっと余裕が出来るはずなんだ」"


白剣士「…」


聖剣士"「だけど、君には君の使命がある。そうだろう?」"

白剣士「そうだな」

聖剣士"「それに君はあくまでも一般人だ。軍人じゃない」"


白剣士「…そうだな」


252 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:40:02 lMOA/Gz6
 
聖剣士"「この戦いは、必ず終わらせる。そして平和を戻すよ」"

白剣士「…あぁ」


聖剣士"「…それじゃ、よろしく頼んだよ。僕はこれから本部に掛け合ってみる」"

白剣士「あぁ分かった」

聖剣士"「じゃあね」"


…ブツンッ


悠久姫「…白剣士」


253 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:41:05 lMOA/Gz6
 
白剣士「…お前は何も心配すんな」ポンッ

悠久姫「…いいのか?」


白剣士「お前を巻き込むことは絶対にしたくない」


悠久姫「…白剣士…」


白剣士「気にするな。さて、どうするか」

悠久姫「…とりあえず、そのお世話になる方の家に挨拶に行ってみぬか?」

白剣士「ああそうだった。んじゃ、行くかぁ!」

悠久姫「…うむ」


254 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:41:38 lMOA/Gz6
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【女エルフの家】


…コンコン

白剣士「女エルフさーん!」

…コンコン

白剣士「…」


…シーン


255 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:42:22 lMOA/Gz6
 
白剣士「参ったな…、今は留守みたいだ」

悠久姫「この家が、お世話になる…?」


白剣士「女エルフさんだ。親父の子供の頃からの知り合いらしい」


悠久姫「へえー…白剣士のお父上は色々な場所に行ってたんじゃのう」

白剣士「まあ英雄って呼ばれる程だからな。何してたかは詳しくは聞いてないが」

悠久姫「…それにしても、留守だとすると…どこで待てばいいのじゃ?」


白剣士「ちょっと行きたい所あったし、行こうぜ」

悠久姫「ふむ?」


256 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:43:24 lMOA/Gz6
 
…トコトコ

悠久姫「どこへ行くのだ?」

白剣士「剣の整備にな。ここに腕のいい鍛冶屋がいるんだ」

悠久姫「エルフ族の民は、人間にはあまりそういう事をしないと聞いたのだが…」


白剣士「…それも親父のおかげだ。叔父さんも子供のときにお世話になったらしい」

悠久姫「ほえー…」


白剣士「…えーと、この辺のはずだが」


257 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:43:58 lMOA/Gz6
 
悠久姫「…あそこか?武器が沢山おいてある」

白剣士「あった、あそこだ!行ってみるぞ!」


…タッタッタッタ…


258 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:44:57 lMOA/Gz6
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


白剣士「え、亡くなった!?」


青年エルフ「もう1年以上も前になります。現役を貫き続けましたが、歳には勝てませんでした」

白剣士「…参ったな」

青年エルフ「父に、ご用事が?武器ならお売り致しますが…」


白剣士「いやー…この剣なんだけどな」

…チャキッ


259 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:45:40 lMOA/Gz6
 
青年エルフ「…これは」

白剣士「親父の剣だ」

青年エルフ「この打ち方と…紋様…、間違いないです。僕の父が打ったものです…!」


白剣士「…」

青年エルフ「…もしかして、あなたは…英雄剣士さんの!?」

白剣士「…まあ、な」


青年エルフ「父がよく話しをしていました。俺は英雄剣士の剣を打った男だぞって…本当だったんだ…」


260 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:46:26 lMOA/Gz6
 
白剣士「…」

悠久姫「白剣士、尊敬されている父上ではないか」

白剣士「本当はそういうのも嫌だったんだけどな。今は少しだけ、ほんの少しだけ嬉しくなった」

悠久姫「…ふふ」


青年エルフ「…うん」

白剣士「ん?」

青年エルフ「これならまだ焼き入れなどで、もっと強靭なものに出来ますよ」


261 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:46:56 lMOA/Gz6
 
白剣士「本当か?」

青年エルフ「これでも随一といわれた職人エルフの息子です。やってみせます」ニコッ

白剣士「…頼む。これから必要になるかもしれないんだ」

青年エルフ「はいっ、任せて下さい」


白剣士「…どのくらいかかる?」

青年エルフ「最低でも…9時間はかかります」

白剣士「何?それだけか?」


青年エルフ「はは、父なら6時間もかからなかったでしょうね」


262 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:47:59 lMOA/Gz6
 
白剣士「あ、いや…そういうことじゃない。9時間でも充分早いんだ」

青年エルフ「そうなんですか…?」

白剣士「知ってる店では2日とか3日、武器の新調では1週間とかザラだからな…」


青年エルフ「はは、僕にとって9時間はかなり遅いほうだと思いますよ」


白剣士「…頼む。お金はどれくらいかかる?」

青年エルフ「いりません」

白剣士「いや…でも、しかしだな?」


263 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:48:42 lMOA/Gz6
 
青年エルフ「父の打った英雄剣士の剣を、再びこうして…見て、触れた事だけでも…感激ですから」

白剣士「…言葉に甘えるぞ?」

青年エルフ「結構です。9時間後、またきて下さい。最高の剣に仕上げておきますよ」


白剣士「…頼んだぜ」


青年エルフ「はいっ」ニコッ


264 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:49:12 lMOA/Gz6
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…トコトコ


白剣士「なんつうか、俺とは反対なヤツだったな」

悠久姫「反対?」

白剣士「明るくて、礼儀正しくて。見てるこっちが気持ちいい位だ」


悠久姫「白剣士も明るくて、優しくて、見ていてかっこいいぞ?」キョトン


白剣士「そっ…、そういうことじゃなくてだな!」

悠久姫「?」


265 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:50:04 lMOA/Gz6
 
…ザワザワ

白剣士「…んー?」

悠久姫「何やら騒がしいな?」

白剣士「…あそこのマークは、冒険酒場だな」


悠久姫「ずいぶん賑わってるようじゃの」

白剣士「仕方のないことだ。傭兵募集が大人気とか言ってたからな」


悠久姫「なるほど…と、何か様子が変じゃぞ?」

白剣士「あん?」


266 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:50:35 lMOA/Gz6
 
青年「嫌です!」

ヒゲ傭兵「だーから、このヒゲ傭兵様に任せろって…言ってんだろ!」

青年「嫌だっていってるじゃないですか!」

ヒゲ傭兵「うっへっへ…」


悠久姫「何やら青年が困ってる様子だぞ」

白剣士「冒険酒場じゃよくある風景だ」

悠久姫「…」

白剣士「…」

悠久姫「…」チラッ


267 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:51:07 lMOA/Gz6
 
白剣士「…お前、まさか」

悠久姫「…」ニヘラッ

白剣士「…マジで?」

悠久姫「…」コクン

白剣士「わかったよ!もう!」


青年「…うう」

ヒゲ傭兵「さっさと依頼書を渡しな!俺がやってやるって言ってるんだ!おとなしくよこせ!」

青年「あなたのような人にこの依頼書は渡せない!」


268 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:51:56 lMOA/Gz6
 
ヒゲ傭兵「なにぃ…!」


…ザッ

白剣士「はいはーい、そこまでそこまで」

青年「…っ?」

ヒゲ傭兵「なんだぁお前」


白剣士「みっともないぜ、ヒゲ傭兵さんとやら。大声がうるさいのなんのって」

ヒゲ傭兵「何だと…?」

白剣士「大丈夫か?立てるか、ほら」


269 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:52:26 lMOA/Gz6
 
青年「あ…ありがとうございます」

白剣士「一体何だよ、この騒ぎは」

青年「僕が持ってきたクエスト依頼書の話を聞かれて、俺によこせよこせって…」


ヒゲ傭兵「当たり前だろうが!物品の破壊だけで、3000万ゴールドなんて手堅いクエスト、受けたいに決まってるだろう!」

白剣士「3000万…!?」


青年「僕が貯めてきたお金…全てです。僕のせいで…とんでもない事になってしまって」グスッ


白剣士「あーあー…まあ落ち着け。いい年して泣くなよ」

ヒゲ傭兵「ごちゃごちゃ言ってないで、早くよこせ!」


270 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:52:56 lMOA/Gz6
 
青年「嫌ですっ!!」

ヒゲ傭兵「なら無理やり奪うまでだぜ!」

…スチャッ


白剣士「…斧か。傭兵らしいっちゃ傭兵らしいが」

ヒゲ傭兵「…ああん?」

白剣士「ちょっと、弱者は見過ごせない性質なんでね…助太刀させてもらうぜ?」


悠久姫「よ…よく言う…」


271 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:53:43 lMOA/Gz6
 
ヒゲ傭兵「…なら、仲良く倒れやがれ!」

ビュオッ!!!


白剣士「…俺の剣の味を食らうが…あれっ?」

…スカッ

白剣士「あ、預けたまんまだ…った…」


…ドゴォォォッ!!


272 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:54:13 lMOA/Gz6
 
悠久姫「ちょっ!白剣士!?」


…モクモク

ヒゲ傭兵「…へへ……、ん?」


白剣士「…こんな筋肉男の斧を素手で受け止められるのは俺くらいじゃないの?」

…グググッ

ヒゲ傭兵「な、なんだと!」


青年「…っ!」


273 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:54:48 lMOA/Gz6
 
悠久姫「…」ホッ


ヒゲ傭兵「は、離せ!」

…グググッ


白剣士「…」

ヒゲ傭兵「うぬぬ…ぬぬぬぬっ!」ブルブル

白剣士「…」

ヒゲ傭兵「ぬああああっ!」


…パッ

白剣士「あ、離しちゃった」


ヒゲ傭兵「うおおおっ!?」

…グルンッ!!…ドゴォォォッ…


274 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:55:18 lMOA/Gz6
 
青年「…す、凄い」


白剣士「んで、ヒゲ傭兵…まだやるのか?やるなら、本気でやるぞ…」ギロッ

ヒゲ傭兵「…わ、わかった…」

白剣士「さっさと消えろ!」

ヒゲ傭兵「くっ、くそ!」

…タッタッタッタッタ…


悠久姫「白剣士、さすがじゃ!」ダキッ

白剣士「あんなのに負けるかよ」


275 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:56:15 lMOA/Gz6
 
青年(こ、この人なら…やってくれる…?)


白剣士「それじゃあな、冒険酒場は血が盛んなやつが多いから気をつけることだ」


青年「ま、待ってください!」

白剣士「ん?」

青年「…このクエスト、受けてくれませんか?」

白剣士「パス」


青年「はやっ!」


276 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:56:45 lMOA/Gz6
 
白剣士「俺らもちょっと暇じゃないんだ。爆弾とか色々…」ブツブツ

青年「…爆弾?」ピクッ

白剣士「あ、いや!何でもない、気にするな!」


青年「…もしかして、軍事関係者の話…ですか?」

白剣士「関係者ではなくはないが…って、お前…爆弾のこと知ってるのか?」


青年「知ってるも何も…」

白剣士「?」


青年「開発したのは、僕ですから」


277 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/22(日) 06:58:18 lMOA/Gz6
本日はここまでです。ありがとうございました。

>>239 今日は早めに投下しておきます、のミスですね。
色々と間違っているので、後日修正分あげておきます。


278 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 06:59:52 4U0DzIOE
やだ>>1さん早起き
乙です


279 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 07:47:15 72DH9.Oo
更新が早くて嬉しい
乙!!


280 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 08:19:13 U5338nQk
更新おつ

今白剣士が英雄剣士になる前の親父が使ってた長剣持ってるって事は
初代英雄剣士から受け継いだ野太刀みたいな大剣を英雄剣士は担いでるのか


281 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 08:55:16 wbCVS3qY
更新お疲れ


282 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:52:09 PdSCI.nM
皆様ありがとうございます。
報告忘れていましたが、本日で2幕は最終でした。


283 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:52:55 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

錬金学士「挨拶が遅れました…僕は錬金学士といいます」

白剣士「…」


錬金学士「…お話した通り、今回のクエストはその兵器…爆弾の破壊をお願いしたいのです」

白剣士「お前のせいで盗まれたのか?」

錬金学士「学校時代からの開発の友達が、設計図のコピーを星降の面子に渡していました。その瞬間を見てしまったんです」


284 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:54:01 PdSCI.nM
 
悠久姫「…」


錬金学士「その友が、星降の出身とは知ってましたが…まさかそんな事をするなんて…」

白剣士「軍に伝えろよ。それが最初だろうが」

錬金学士「そ、それでは友達が死罪になってしまう!」


白剣士「お前な、バカか?」

錬金学士「…」

白剣士「どんな状況だか分かってるのか?そのバカ友のせいで、世界が危険にさらされてるんだぞ?」


285 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:54:45 PdSCI.nM
 
錬金学士「それでも…」

白剣士「そんなんじゃ本当の友達でも何でもないな」

錬金学士「…」


白剣士「この件は身内に報告させてもらう。行くぞ、ひ…女剣士」

悠久姫「うむ」


錬金学士「確かに…僕のせいです…」


286 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:55:16 PdSCI.nM
 
白剣士「ん?」

錬金学士「…お願いします!破壊、分解の方法は僕が知っている…、内密に動いてください!!」

白剣士「…だから、俺に言っても無理なんだよ」


錬金学士「軍が動くまでは、報告から時間がかかります。ですが、もう時間がないのです!」

白剣士「…何?」

錬金学士「今回造った兵器は、材料さえあれば造れるもの。すでに爆弾は完成していると思うのです…」


287 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:55:46 PdSCI.nM
 
白剣士「…」

錬金学士「3000万…いえ、5000万…お願いします…」

白剣士「本来ならいい話なんだろうがな、俺にはもっと大事な仕事があるんだ」

錬金学士「…え」


白剣士「…こいつを守ること」グイッ

悠久姫「わわっ」

白剣士「こいつは危険に合わせられない。それだけだ。少し前の俺なら、有無も言わず受けてたけどな」


錬金学士「…」ガクッ


288 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:56:18 PdSCI.nM
 
白剣士「それじゃあな」

…トコトコトコ


悠久姫「…良かったのか?」

白剣士「ああ。俺なんかが相手の陣地に踏み込んで解除?破壊?無理に決まってるだろ」

悠久姫「そうか…」


白剣士「それより、そろそろ女エルフさんが帰ってきてるかもしれないしな。向かおうぜ」

悠久姫「…わかった」


289 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:57:11 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



290 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:57:42 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――――【女エルフの家】


女エルフ「ごめんなさいね。買い物にいってたの」

白剣士「いえいえ。こっちも町を眺めてたので」


女エルフ「ほら、そちら側のお嬢さんも、ローブを脱いで。暑いでしょう?」

悠久姫「あ…いや…」


女エルフ「…大丈夫」ニコッ

悠久姫「…」チラッ


白剣士「…」コクン


291 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:58:26 PdSCI.nM
 
…パサッ

女エルフ「まぁ…」

悠久姫「…」

女エルフ「可愛らしいお嬢さんね」フフ

悠久姫「か、可愛いなんて…」


女エルフ「白剣士さんの彼女さんなんでしょ?大切にしてあげてね?」

白剣士「え、え?ち、違います…ん?え?」

女エルフ「あら、そうなの?」


悠久姫「そうなのか!?」


292 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:58:58 PdSCI.nM
 
白剣士「えっ、ん…お?」

女エルフ「まぁ…」フフ

悠久姫「…」ニヘラー


白剣士「くっ…、女エルフさん!ご飯楽しみにしてます!」


女エルフ「はいはい」ニコッ

悠久姫「…」クスッ


293 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 08:59:39 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…カチャカチャ

白剣士「ふー…おいしかったです」

女エルフ「それならよかった」

白剣士「…」


悠久姫「…ふぅー」

白剣士「…」


294 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:00:21 PdSCI.nM
 
白剣士「…」

悠久姫「女エルフさんは、白剣士の父上と知り合いなのか?」


女エルフ「そうねえ、もう30年近く前になるかしら…まだ子供でね。私もまだ若かったけどね」フフ

悠久姫「30年か…、女エルフさんはまだまだ若いようにしか見えぬのだが…」

女エルフ「うふふ、ありがとう。エルフ族の女は、若い時期が少しだけ長いのよ」


悠久姫「ふえー羨ましいのう」

女エルフ「姫ちゃんも可愛いから大丈夫」ニコッ

悠久姫「むう…」


295 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:01:01 PdSCI.nM
 
女エルフ「正確にいえば英雄剣士さんには私のお姉さんも、お世話になったんだけどね」

悠久姫「…へえ〜」

女エルフ「…でも、白剣士くんも、お父さんに似て女の子をしっかり守ってるじゃない」


白剣士「…そんなに似てますか?」

女エルフ「態度とか、言葉遣いは違っても…やっぱり、雰囲気っていうのかな。やさしさとか…滲み出てる感じがするかな」

白剣士「…」


悠久姫「ほら!白剣士の優しさは滲み出てるのじゃ!温かいんじゃ!」

白剣士「うっせ!」


296 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:01:33 PdSCI.nM
  
悠久姫「…へへ」

白剣士「…あ」

悠久姫「ん?」

白剣士「…やばい、やばいぞ!」


女エルフ「どうしたの?」


白剣士「青年エルフに、剣を預けたまんまだったじゃないか!今何時だ!」

悠久姫「午後8時…」

白剣士「11時間もたってるじゃないか!ちょ、ちょっと行ってくる!」


297 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:02:07 PdSCI.nM
 
悠久姫「あ、わ、私も行くぞ!」

白剣士「いや…おまえはいい」

悠久姫「行きたいのじゃ!」


白剣士「夜の町は危ないだろ女エルフさんと一緒にいてくれ、な?」


悠久姫「…わかった」

白剣士「…それでいいんだ。んじゃ女エルフさん、お願いします」


女エルフ「任された!気をつけていってらっしゃい」


298 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:02:38 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…タッタッタッタ

白剣士「ほー…夜は昼間と違って冷えるし…人少ないんだな…」

…ビュウウッ・・・


白剣士「少し寒いな」

 
…ガサガサッ!!

白剣士「…ん?」


…ダナ…?

白剣士「この声は…」


299 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:03:18 PdSCI.nM
 
…スタッ

白剣士「…あいつは、錬金学士?隣にいるのは昼間の…ヒゲ傭兵か…一体何してんだ…?」


錬金学士「…もはや誰も話しを受けてくれませんでした」

ヒゲ傭兵「だから言っただろ!俺に任せておけってな!」

錬金学士「…これが約束の前金の1000万ゴールドです」


ヒゲ傭兵「はっはっは!結構結構、それじゃ、もらって行くぜ」

…ノッシノッシ


300 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:03:51 PdSCI.nM
 
錬金学士「ち、ちょっと待ってください!」

ヒゲ傭兵「何だ」

錬金学士「出発は明日なんです、そっちは街…今日は休んだほうが宜しいのでは?」

ヒゲ傭兵「がっはっは!任せておけ!」

錬金学士「…明日の朝9時、港で待っています」


ヒゲ傭兵「わっはっは、任せておけ!それじゃあまた明日な!」

…タッタッタッタ

錬金学士「…はい」


白剣士「…なるほどな。切羽詰まってるわけか…」


301 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:04:22 PdSCI.nM
 
錬金学士「…あなたには関係ないでしょう」

白剣士「関係ないかもしれないが、世界の危機は俺の問題にもなるだろうが」

錬金学士「…」

白剣士「何でそんなに、そんな友達を救いたいんだ」


錬金学士「…僕は、東方で有名な錬金術師の息子というだけで、将来を期待されてきました」

白剣士「あ?」

錬金学士「周りは才能に期待し、僕は子供ながらプレッシャーを感じて、その世界から逃げようとしました」


302 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:05:19 PdSCI.nM
 
白剣士「…」

錬金学士「そんな時、一緒にいてくれたのがその友達だったんです。だから、どう言おうと…友達に罪なんか負わせたくない!」


白剣士(…どこかで聞いたような話だな)


錬金学士「…兵器を分解できれば、少しは罪は軽くなると思うんです。その為だけです…何か、問題はありますか?」

白剣士「いや…」

錬金学士「…それでは失礼します」ペコッ


白剣士「お…おう…」

…タッタッタッタ……


303 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:05:49 PdSCI.nM
 
白剣士「…何だってんだ…一体」


304 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:06:25 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ガチャッ

白剣士「…ただいま。少し遅れたけど待っててくれたよ」

悠久姫「お帰りなさい!先に、お風呂頂いたぞ」

白剣士「おう…」

悠久姫「…どうかしたのか?」


白剣士「いや…何でもねえよ。俺も風呂入って大丈夫ですか?」

女エルフ「はいはーい!タオル出しとくから、使ってね〜。私はちょっと…疲れたから寝てるね…」

白剣士「はい、ありがとうございます。お風呂お借りしときます」


悠久姫「…?」


305 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:06:59 PdSCI.nM
 
トコトコ…パサッ

…ガチャッ

キュッキュッキュッ…、ジャーーーッ!!



白剣士「…ふぅ」

…ジャブジャブッ…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
錬金学士「周りは才能に期待し、僕は子供ながらプレッシャーを感じて、その世界から逃げようとしました」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白剣士(分からなくもない…けどな)


306 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:07:31 PdSCI.nM
 
…ガチャガチャッ!!


白剣士「!?」

悠久姫「白剣士!一体どうしたのだ!?」


白剣士「ななな、何だお前!急に入ってくるんじゃねえ!」

悠久姫「元気なさそうにしてたからの…。気になるではないか…」


白剣士「だからって風呂に突っ込んでくることねーだろ!」

悠久姫「…じゃあ、元気がなかったのは本当なのか?」

白剣士「…っ」


307 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:08:33 PdSCI.nM
 
悠久姫「…」ジー

白剣士「…」ハッ

悠久姫「…」


白剣士「…とりあえず、外で待ってろ」ハァ

悠久姫「な、何故だ!」

白剣士「…とりあえず分かった…分かったから居間で待ってろ、な?」


悠久姫「…むぅ」


308 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:09:23 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ストンッ

白剣士「はぁ…休まる風呂じゃなかったぜ」

悠久姫「何故だ?…ほら、水を用意しといたぞ」

白剣士「…」


…ゴツンッ!!

悠久姫「いたいっ!」


白剣士「…まあ、何だその…、さっき剣取りに行くときに昼間のあいつに会ったんだ」


309 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:10:40 PdSCI.nM
 
悠久姫「…ふむ。錬金学士か」

白剣士「そう。…んで、そいつがどうしても助けたい理由が自分の過去と重なって、ちょっとブルーになっただけだ」

悠久姫「…昔に?」

白剣士「あぁ」


悠久姫「…」

白剣士「すげー頭が良い親の子供で、嫉妬と期待の中で子供時代を過ごした…とかな」


悠久姫「…なるほどな」


310 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:11:27 PdSCI.nM
 
白剣士「…」

悠久姫「…共感か?」

白剣士「そういうんじゃねー。いや…そうなのか?」


悠久姫「…」


白剣士「だからどうこうするって問題じゃないんだけどな…」

悠久姫「それで…いいのか?」

白剣士「え?」

悠久姫「お主がいいなら、いいんだ。私も今日は少し疲れたから…早めに休むとする」


311 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:12:26 PdSCI.nM
 
白剣士「お前、それどういう意味…」

悠久姫「少なくとも!」

白剣士「…ん?」


悠久姫「私は、白剣士が言ったように私に着いてきてほしい…が!」
 
白剣士「…」

悠久姫「逆もまた、しかり…じゃ。それが一緒にいるというものであろう?」ニコッ


白剣士「…お前」


312 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:12:57 PdSCI.nM
 
悠久姫「…それじゃ、私は寝るかのう…お休み、白剣士」

白剣士「…おう」


ガチャッ…バタン…


白剣士「あんな学士の言葉に、ここまで揺らされるとは思わなかったけど…な」

…グビッ

白剣士「用意してた水…温いじゃねーか」


313 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:13:34 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…チュンチュン

ガチャッ…バタンッ


白剣士「おはようございます」

女エルフ「おはよう」

白剣士「あれ…姫はどこです?」


女エルフ「外で水撒きしてるわ。今日は暑いからやろうとしたら、代わりにやるって張り切って」クスッ


…バシャアッ!!

白剣士「ああ…はは…」


314 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:14:32 PdSCI.nM
 
女エルフ「…」

白剣士「…」

女エルフ「…私の役目は、あなたたちを預かること」

白剣士「?」


女エルフ「だから…そこまで。あなたは、あの"人"の…息子なんでしょう?」

白剣士「一体何を…」

女エルフ「あの人はね、自分で考えて、すぐ行動して、気づけば英雄剣士と呼ばれるようになってたの」

白剣士「…」


315 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:15:05 PdSCI.nM
 
女エルフ「だから、止めないわよ?それは聖剣士クンもわかってると思う」

白剣士「…まさか、あの話を聞いて…?」

女エルフ「…その学士さんというのを、助けたいんじゃないの?」


白剣士「それは、ただ話を聞いただけで…」


女エルフ「…時には、正直に自分と見詰め合うことも必要よ?」

白剣士「俺は…」

女エルフ「あなたが動いて、その人を助けることは…できると思う?」


316 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:15:55 PdSCI.nM
 
白剣士「…恐らく、出来る。そしてそれは、この戦争も止める事が出来るかもしれないんです」

女エルフ「…」

白剣士「でも、俺は姫を巻き込みたくない。俺が行くといったら、必ずあいつは着いてくる」

女エルフ「…そうね」


白剣士「…世界と天秤にかけてアホみたいだな。でも俺はアイツに、ああいう酷い思い…二度とさせたくない…」


女エルフ「何があったかは分からない。けど、それは…"貴方が着いててもう1度起きること"なの?」


317 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:16:33 PdSCI.nM
 
白剣士「…俺が着いてて?」

女エルフ「そう。もし、あの子がここに残ると言って、一人で出かけることが出来る?」

白剣士「…!」


女エルフ「無理…よね?」

白剣士「…」

女エルフ「…」


白剣士「…俺はどうすれば」


318 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:17:03 PdSCI.nM
 
女エルフ「自分に素直になることも大事。あの子のことを思うならね」

白剣士「…姫を?」

女エルフ「このことを言っちゃ駄目なんだろうけど…、あの子、悩んでたわよ?」

白剣士「…え?」


女エルフ「あなたが剣を取りにいった後。家に残った姫様に相談されたのよ」


319 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:17:34 PdSCI.nM
 
白剣士「な、何てですか?」

女エルフ「今までのこと、もちろん昼間のこと。私はいつも、白剣士の足枷になってて辛い事がある…ってね」


白剣士「そんなこと…思っていない!」


女エルフ「…」

白剣士「…」

女エルフ「素直に、なれそう?」


白剣士「…分かりました。だったら…」


320 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:18:10 PdSCI.nM
 
女エルフ「待って」

白剣士「…?」

女エルフ「続きは、後ろを向いて」


白剣士「?」

…クルッ


321 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:19:04 PdSCI.nM
 
悠久姫「…」

白剣士「うおっ!」ビクッ


女エルフ「…」


白剣士「…」

悠久姫「…」

白剣士「…、その…なんつうか…」


322 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:19:39 PdSCI.nM
 
悠久姫「…私は、お主に従う。残れというなら、残る。私はお主に迷惑は…かけたくないのじゃ」

白剣士「…」

悠久姫「白剣士…」


白剣士「…姫。俺はお前を危険な目に合わせたくない…だけど、今回の話を聞いて…俺の力が必要な気がした」

悠久姫「…そうじゃな」

白剣士「だからな…」


悠久姫「…」ゴクッ


323 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:20:24 PdSCI.nM
 
白剣士「一緒に来い。今は何が起きるか分からない。だけど、俺が守る」

悠久姫「いいのか…?」

白剣士「また、一人には出来ないだろう。それに、あの夜のような失敗は…もうしない。絶対にだ」


悠久姫「わかった…!嬉しいぞ…白剣士」ニコッ

白剣士「…おう」


女エルフ「…」クスッ


白剣士「もう9時前か。港に来るって言ってたな…準備を急げ!さっさと出かけるぞ!」


324 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:21:03 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…タッタッタ

白剣士「…いた」


錬金学士「…」ソワソワ


悠久姫「…一人じゃな?」

白剣士「どうせすっぽかしだろ。前金貰ったら消える奴なんぞ、沢山いるからな」

悠久姫「ひどい話だの…」


325 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:22:02 PdSCI.nM
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…タッタッタ

白剣士「…いた」


錬金学士「…」ソワソワ


悠久姫「…一人じゃな?」

白剣士「どうせすっぽかしだろ。前金貰ったら消える奴なんぞ、沢山いるからな」

悠久姫「ひどい話だの…」


326 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:23:05 PdSCI.nM
 
白剣士「…おい」

錬金学士「あっ、は、はい!…って、あなたでしたか…」

白剣士「約束の9時…だな?」

錬金学士「…そうみたいですね。騙されたんですね、僕」

白剣士「…急ぎすぎだ。そもそも、お前…何でここにいるんだ?」


錬金学士「…なぜって?」

白剣士「中央で依頼をしたほうが、よっぽど人が来ただろうに」


327 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:23:53 PdSCI.nM
 
錬金学士「…遅からず早からず、設計図が盗まれた事はバレます。依頼を受ける人もいなくなるでしょうし…」

白剣士「お前…、そのことを密告すれば…お前が無罪で済んだんじゃないのか?」

錬金学士「…言ったでしょう。僕は自分を犠牲にして、友達を助けたいんです」


白剣士「…はっはっは!」

錬金学士「…?」


白剣士「いい人じゃなく、人がいいって良く言ったもんだ。まさにお前のことだよ!」

錬金学士「そうかも…しれませんね」


328 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:24:42 PdSCI.nM
 
白剣士「…気に入った。俺が一緒に行ってやる。金はいらん」

錬金学士「えっ…あ、え!?」

白剣士「一緒に行ってやるって言ってんだよ。頼む以上、お前にも考えがあるんだろ?作戦もなしに敵陣に突っ込むとかはナシだぞ?」

錬金学士「も、もも、もちろんあります!」


白剣士「…こっちは俺の仲間の女剣士だ。よろしくな」

悠久姫(女剣士)「宜しく」

 
錬金学士「よ、宜しくお願いします!」


329 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:25:44 PdSCI.nM
 
白剣士「…金はいらねぇが。飯代やら、道中の金くらいは頼むぜ?」ハハ

錬金学士「そのくらいなら…任せてください!」

白剣士「うっし…それじゃ、船ん中で色々聞かせてもらうかな」


錬金学士「…はい!」


悠久姫「それじゃ…」

錬金学士「お願いします!」


白剣士「星降へ、出発だ」


330 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/23(月) 09:25:48 hCOmty6Q
つまんね


331 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:26:24 PdSCI.nM
 
next story.......
【TO BE CONTINUED】


332 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:27:02 PdSCI.nM
 
2幕が終了致しました!
読んでいただいた方々、ありがとうございました。

修正分、後書きで今回は終了です。


333 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:27:36 PdSCI.nM
 
■後書き
最終、第三幕へと続きます。
久々の3幕作品、やや長編になりました。

元々全シリーズで合わせると、3000書き込みを越すくらいの大長編なのですがw


少年剣士は1幕完結型で3つ、幼剣士以降が完結と前編後編の3つ、
冒剣士から上下の2つと、続編型になりました。

それでは、最後までお付き合い頂ければ幸いです。ありがとうございました!


334 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:28:49 PdSCI.nM
>>249
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


聖剣士"「そうか…開発途中のものが…」"

白剣士「叔父さんは知ってたのか?」

聖剣士"「元帥殿が、秘策を打ち出したというのは聞いていた」"


白剣士「記録の日付はもう1週間も前になる。もしかしたら…完成しているかもしれない」

聖剣士"「…」"

白剣士「恐らく、コピーされていることはそっち側じゃ理解していないと思う。だから伝えた」

聖剣士"「ありがとう。助かるよ」"


335 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/23(月) 09:29:09 novyEStw
初めてのリアルタイム遭遇!
乙でした。続きも楽しみにしてます!


336 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:30:51 PdSCI.nM
>>330
お気に召されなかったようで、残念です。
が、作品をきちんと読んで頂いての評価として真摯に受け止めさせていただきます(A´ω`)
ありがとうございます。


337 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 09:33:07 PdSCI.nM
>>335
ありがとうございます(A´ω`)


338 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/23(月) 10:25:04 uCCVLG62
更新おつ
第3幕はどうなるのか楽しみだ


339 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/23(月) 11:56:46 IrcyMFeo
読んでて、ワクワクするし、キャラも大好きだよ!シリーズの最初からずっと読んでて、毎回新しいシリーズがはじまったり、更新があるたびに、続きを楽しみにしてます!頑張って書いて、それでもっと読ませてください!私みたいに応援してる人もたくさんいるはずだから!


340 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/23(月) 13:16:49 7/r16DXE
乙です。
私は【幼剣士「僕には夢が出来ました」】からずっとリアルタイムで読んでました。
たまに青年剣士たちの年齢を質問したりしててすみませんでしたw
各シリーズの主人公がとても共感できるキャラたちで毎回の更新が楽しかったです。
>>1さんが満足できる作品となるように第3幕の幕開けを楽しみにしていきます。


341 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/23(月) 17:28:45 KBo6YsQ6
最初っからずっと読んでるよー
乙でし!


342 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/23(月) 18:45:52 4GlMuZio
>>333
長い読み物が好きな自分には有り難すぎるSS


343 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/23(月) 23:16:11 PdSCI.nM
皆様、心より、多くの嬉しい言葉、本当に感謝いたします。
明日より、三幕が公開予定なので、是非、よろしくお願いいたします


344 : ◆qqtckwRIh. :2013/09/24(火) 09:46:59 qyjkAyCU
新スレ
白剣士「未来が平和なこと」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1379983305/l50

それと、既に読んで下さった方がいましたが、
実はこっそり新作を昨晩から【不定期更新/主に夜間更新】で開始いたしました。
(本編を読んでる方は"オッ"と思えるシーンがあるかも)な位置づけのものですが、
そちらの誘導もしておきます。

竜騎士「田舎に飛ばされ自給自足生活」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1379945614/l50


345 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/24(火) 10:56:34 lYqH.XTM
やっぱり竜騎士もあなたでしたか!毎日楽しみにさせていただいてます!


346 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/24(火) 23:26:29 JILs4i8.
mixiのコピペから来ました(^-^)/過去のも面白いし、これからも期待してます(。-_-。)


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■