したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

『日本脱藩のすすめ再臨ーその2』

1 藤原肇 :2009/02/23(月) 14:55:21
「宇宙巡礼」の読者の多くは『日本脱藩のすすめ』の読者であり、『ジャパン・レボリューション』のあとがきに引用したように、若き日の将基面さんはトロントでボロボロになるまで読んだのと同じで、多くの若者が読んで脱藩の契機に遣ってくれた。本自体はすでに絶版になって久しいが、読者たちの手で絶版本の電子版が完成したお陰もあり、未だに読み継がれているようなのは著者として嬉しい。
何時の日にか改訂版を作りたいと思いつつ、『日本脱藩のすすめ再臨』というURLを企画したのだが、時間の経過の中で「語録」にお蔵入りしてしまい、共通の場がなくなり書き込みも少なくなって、何となく寂しい感じもするので復活させたいという気がするし、台湾に住めば改訂版としての復活も試みたい。そのために読者の意見や考え方を知りたいので、『日本脱藩のすすめ再臨その2』を立ち上げることにしたい。
真野編集長に代わって新しい意見や質問を提示して、『再臨版』で展開したら良いテーマになるような、問答のきっかけになる簡明な問題提起を始めとして、新世紀にふさわしい問いかけを書き込んでもらい、新しい本の構成を皆で検討したらいいと思う。
そうしたら読者の参加型の本が出来るだろうし、出来た本を読むだけでなく本作りに加わることで、自分の手で編集工学を身に着ける機会を獲得し、『脱藩型ニッポン人の時代』やその改定復刻版の『地球発想の新時代』に似た形で、『再臨』が復活するのではないかという気がする。
これは一つの提案であり、それを皆さんの手でより良いものに作り直すことが必要であり、畏友である松岡さんの「編集工学」の手法を生かして、各人が独立した編集人になるためのプロセスが、未知の人たちの発言の活性化をうながすことで、場掲示板の発展に役に立つものと確信している。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板