したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

創作詩書いてた方

1 凛華 :2010/07/23(金) 21:46:56

創作詩書いてた方、
よかったらまた書きましょう(・∀・)

2 凛華 :2010/07/23(金) 21:47:46


かさぶた


君との日々は
特別だった
だけどいつも
何かに怯えてて

抱えた傷
痛いと喚いた後
かさぶたになった

鏡をのぞく
ふさがった私は
なんだか悲しい
色してるのね

装う強さが虚しくて
泣いたら弱さが滲んだ

恋した季節
寄り添えない心
守りたいのは
二人じゃなかった

そんなに自分が
大切だった?

犠牲者は一体誰でしたか
それを思うたび
ごめんと言いたくなるの

会えない君に届けたくなるの

3 通り雨 :2010/08/11(水) 23:24:31
以前詩板や詩人の溜まり場によくお邪魔していた者です。
凛華さんのお名前を昔よくお見かけしたなぁと思って書き込みました。
飾り過ぎない繊細で素敵な詩ですね^^
また詩書きたくなりました!
受験(高3なんです)が終わるまでここに来るのはなかなか難しいのですが、
受験が終わったらまたお邪魔させていただくかもしれません♪
詩人の皆さんがまた集まってきてくれると嬉しいですね!^^

4 たんぽぽ :2010/11/21(日) 20:54:11
どうも失礼します<(_ _)>
私も中学生の頃イラストやら詩やらを投稿させてもらってました。
なんだかずいぶんと青臭い詩を書いたような気が…
まぁ覚えていてくれている方は少ないかとは思いますが…笑
凛華さんや通り雨さんのお名前はよくお見かけしましたよ(・∀・)
「かさぶた」、なんだかやりきれない感じがとっても切ないですね。
だけどこういう詩だからこそ共感できるし好きだなぁと思えます。
生きている以上、弱さはみんな持っているものだから。
次回作も楽しみにしてますよぅ(-ω☆)
通り雨さんの詩も楽しみに待ってます!!!

5 たんぽぽ :2010/11/21(日) 22:02:04


さよならシエル



泣き疲れて顔を覗かせる
外は薄暗い 誰もいない
小さな自分を守る為の
嘘で組み立てたこの箱の中
まともな世界に撥ね返されて
逃げ込む程に厚くなる壁

いつのまにかあなたの声さえ
聞こえなくなっていた

脱ぎ捨てて踏み出した一歩
裸の背中 少し頼りないかな
遠ざかる手を掴めなかった
グズでのろまな僕だけど
全速力で走ってゆくよ


あなたに会いたい

6 なお :2010/12/24(金) 20:58:32
凄く偶然見付けた…!!
当方、かなり古い人間なので知ってる人は少ないかな…
通り雨さんとはちょっと話したことありますね

記念カキコでした
久し振りに詩、書いてみようかな…

7 大@Missing :2011/01/04(火) 14:14:50

peace


たった今風向きが変わった。
髪を撫でる誰かが通り過ぎる。
君は笑顔で「少し寒いね」と言った。
忘れてた気持ちも、誰かが思い出させてくれた。
このままで一緒にいられるなら、君となら。

誰かがタバコに火をつけた。
吹かすごとにあがる煙に香りが漂う。
何にもない普通の日常にも、
僕が思うよりも奥が深い一つ一つの動作が、
きっとこの平和な世界を生み出したのだろう。

幸せってなんだろう?永遠ってなんだろう?
君と一緒に考えて突き詰めることができたなら、
きっと僕らは消えてなくなるんだろう。
笑うことができて、泣くことができる。
僕らの自我が、また平和な世界を生み出す。
また君と出会えたら、また君と笑えたら。


どうも、僕です(・w・)ノ
今回「平和」というテーマで、詩を書かせていただきました。
日常の生活の中でも、幸せに溢れていることを、みなさん感じてください。
決して平和ではない国や地域もあると思いますが。
人間一人一人が自ら考え行動し、思いを伝えられれば、
どこかの誰かを、あなたも。救えるかもしれないのです。
環境よりも、燃費よりも。人を生かす世界が、僕はほしいです。
最後まで見ていただきありがとうございます。
またお時間があれば、書かせてくださいb

8 通り雨 :2011/01/29(土) 22:36:56
こんにちは・∀・ノシ
またお邪魔させていただきました〜♪
改めまして今年の春大学生になる通り雨です!
幸運にも第一志望の大学の推薦試験に通ってしまい、予定より早くこれました^^
もう何年も前のことなのに私の名前を覚えていてくださった方が2人もいて、
びっくりなのと同時に本当に嬉しかったです…;;
有難うございます!!

>たんぽぽさん
ごめんなさい;
私のことを覚えていてくださったというのに、私はたんぽぽさんのこと思い出せないみたいです…;;
こんな私ですが、改めてこれから仲良くしてくださるととっても嬉しいです^^
今度すごく久々ですが詩書いてみたいと思いますっ☆
たんぽぽさんの詩もぜひぜひ読ませてください!

>なおさん
覚えていてくださって有難うございます^^
私もなおさんの名前覚えてましたよー☆
詩ぜひ書いてください!
楽しみに待ってますっ><♪

>大@Missingさん
初めまして。
言葉の力ってすごいですね+。
私も小さな幸せを大切にしようと思いました。
またぜひ投稿してください^^
楽しみに待ってます♪

ではでは
また遊びに来ます^^

9 通り雨 :2011/01/29(土) 22:47:23
連続書き込みすみませんー…

追伸>たんぽぽさん
あとで書こうと思って書きそびれました;;
たんぽぽさんのさよならシエル読みましたーっ
構成が読みやすくて心地よかったです♪
流れとか…シンプルだけど芯がぶれてなくてぎゅっとまとまって響いてくる感じとか
とっても好きですー^^
Σ
…あの、えらそうなというか、専門家ぶった風に聞こえたらすみません><
また書いてください!!

10 名無しさん :2011/02/03(木) 17:19:50
>通り雨さん
覚えててくれたなんて嬉しい!!
合格おめでとう。春から大学生かあ(^^)
わたしは今度大学2年になるよー。文学やっております。

ではまた来ますー。

11 なお :2011/02/03(木) 17:20:54
ごめん、名乗り忘れた…(´`)
前の書き込みはわたしです。

12 通り雨 :2011/02/04(金) 00:17:37
またまたお邪魔します、通り雨です(・∀・)
ただいま車の教習所に通ったり、本を読みあさったりと、
この時期他の受験生に言ったらうらまれてしまいそうな「忙しい」生活を送っております♪
そんなわけでいまだ詩を書く時間がありませんー…(;;)

>なおさん
ありがとうございます(≧∀≦)♪
でも実は、推薦試験は内定で、最終的な合格発表は2月8日なんです(笑
センターで成績の良い順に上位3教科の総合が6割超えてれば合格確定になるんですけど、
自己採点では9割いったので…多分大丈夫かなぁと(笑
なおさんは文学部ですかー(^^)+。
まさに詩人さんらしい道ですよね♪なんて(笑
素敵過ぎます(^^●)
ちなみに私は教育学部で、保健室の先生になるために勉強をするつもりです(´`*)

ぜひまたいらしてください☆
またお話できるのを心待ちにしてます(笑
詩の方も楽しみにしてるので♪←
良かったら読ませてくーださい(^^)

13 通り雨 :2011/02/08(火) 18:54:32
続けてになってしまいすみません、通り雨です。
合格発表行ってまいりましたー(・∀・)
合格しました!

以上報告まで…私事で失礼しました;
なおさんもみなさんもー…こないかなぁ

14 名無しさん :2011/02/11(金) 18:52:14
ttp://jbbs.livedoor.jp/news/5000

15 たんぽぽ :2011/02/16(水) 21:19:29
こんばんは^^

皆さん学生さんなんですね!!( ̄□ ̄;)

私は今年社会人4年目になります。
都内の会社員です。
学つうは小学校高学年から中学生まで色々と投稿させて頂いてました。
なくなってしまって少し淋しかったですが、またこうして集まることができて嬉しいですね♪
何はともあれ、改めましてよろしくお願いします(´∀`)


通り雨さん合格おめでとうございます★☆
今春から晴れて大学生ですかっ
通り雨さんの新たな一方を祝ってまた詩を書かせて頂きます。

詩の感想も丁寧で、とても嬉しかったです!!
本当にありがとうございますm(__)m



《ひとつだけの名》

あふれて あふれて

銀河までもを埋めつくす

一体それがいくつあるのか

私は知らない


昨日私のシナリオに現れた

学生Aや店員4

私が彼らの見つめる先を

歩いた道を知らないように

どこかの誰かのシナリオ上では

私もまた通行人Dであったり

しがない事務員2なのだろう

私の見つめる今や 歩いてきた道が

彼らとはちがうものなのだから



あふれて あふれて

銀河までもを埋めつくす

一体それがいくつあるのか

私は知らないけれど

すれ違う人々と同じように

あふれる中のひとつを持って

ここにいる  ここにいる


たしかにここで 生きている

16 たんぽぽ :2011/02/16(水) 21:38:01
>>7
大さん

とてもあたたかくて優しい気持ちになれました。
偶然や何気ない動作が重なって未来をつくってゆくということ、伝えることの大切さというのをここで改めて実感することができました。
素敵な詩をありがとうございます♪
次回作も楽しみに待ってます^^

17 :2011/02/23(水) 23:01:59




静かな夜のひと時に君が泣いた
「明日死んだらどうしよう・・・」なんて。
そんなこと考える人なんていたんだ・・・
僕は少し嬉しくなった。
明日君が生きている保障もなければ
明日僕が死んでいる保障もない
限りなくどうでもよく、日々の生活で最も考えないことだ。
何を思ったのか君は死ぬことを恐れている。
僕はなんて返事をすればいいのかわからない
「そんなわけねーじゃん」有り得るかもしれないから言えない
「俺だって明日死んでるかもよ」何を伝えたい。
君は何を求めているの?僕に何を求めているの?
わからない、わからない。
死ぬことを恐れるのは生きているから。
死ぬことを望むときは生きているのが辛いから。
「もう誰も信じられない」おいおい悲しいこと言うなよ
世界一のパートナーが、君の目の前にいる。
自分が生きている不思議も分かち合える。
「大丈夫だよ」それしか言えなかった。
君は生きている。が、僕は・・・。
君と繋がれる一瞬に気づくのは。
君の耳が一番近くにあるから。


>>16
たんぽぽさん返レスありがとうございます!第二作目・・・といっては
少々出来の悪いものになってしまった・・・w
今回もやはり、伝える、繋げることをテーマにしました
最近友達に、男なんて信用できんのよねーと言われますがw
やはりまずは繋がりを持ち、信じようとする姿勢と
裏切られてもいいと、身を粉にして思う気持ち。
まぁまずは手始めに俺を信じてみろよ。とww
彼女のいない日々が続く今日この頃・・・なんだかなぁ・・・?w
少しタイムリーでしたが、たんぽぽさんも
思うが侭に詩を書いてみてはいかがですか?

18 :2011/02/23(水) 23:06:55
連投失礼・・・
>>8
どうもはじめまして。返レスありがとうございますw
やっぱり考えれば考えるほど意味不明な世界ですねぇ
言葉というものがありながら活用できていないのでは?
思ってるだけじゃ誰もわかってくれないですよね。
また書きにきたいと思いますw

19 たんぽぽ :2011/02/25(金) 20:51:39
>>17 大さん

こんばんは(´∀`)
耳、いいですねぇー!!
何が一番魅力を感じたかって、このテーマの詩文を漢字一文字にまとめてしまったとこがまずすごいと思いました。。

私も信じることから始めたい派です。
でも詩のなかの彼女にも共感できます…!!
なんなんだろうこの気持ち…(´Д`)笑

私も今すぐにでも詩を書きたいんですが、まだ胸のなかがごちゃごちゃしててまとまらないので、うまいこと整理がついたら投稿したいと思います。

次回作も待ってます♪

20 :2011/02/27(日) 11:45:39
>>19

こんちあw
毎度毎度ありがとうございます・・・w
なぜ今回耳という題名にしたかというと
背後霊、守護霊といったものが、彼女には憑いていて
思いを伝えるのに一番近いのが彼女の耳なんですよ。

僕は日本全国民を信じていますよw
どんな人と出会っても、悪いやつばかりじゃないと思うし
信じる強さを教えてくれた今の会社の上司もいたし
心を強くしてくれた人もいたから、今は信じれるw
昔はちょっと捻くれてたからなぁ・・・
たんぽぽさんの気持ちがこれ以上カオスにならないように
気をつけて詩書かなきゃwww

落ち着いてからでいいんですよ。
誰かに何かを伝えたいときに、思ったことを綴ればいいんです!
たんぽぽさんの詩も、是非楽しみにしてます
ではよろしくどうぞw

21 たんぽぽ :2011/02/27(日) 14:20:20

無題

あしのうらになにかさわった
かたいのか やわいのか
まだわからない
いろも かたちも においも
つかまえて たしかめたい
きのうことばになれなかった
ふあんていなそれのしょうたいを



>>20
こんにちは^^

そういうことだったのか…!!
ストーリーと詩がつながりました!!!
私は考え始めると止まらなくなってしまうところがあるので、どうかお構い無く大さんワールドを展開してください(´∀`;)

でも完全に信じることってすごくむずかしいことだと思います。
信じたいけど心のどこかで疑ってしまっていることって、結構あるんじゃないかと思うんです。
それってやっぱり自身に後ろめたいことがあったりとか、不安なことがあるからなんでしょうね。
心から信じるということは揺るがないことであるから、それなりの強さを持ち合わせていないとできないってことですよね…
私も大さんを見習いたいと思います(´∀`)

22 :2011/03/05(土) 12:17:18

ごめんね


笑わないで聞いてよ。
誤魔化さないで見つめてよ。

誰も責められない世の中の出来事に
どういう姿勢で生きていくの?

関係ないなんて言わないでよ。
君だって人間でしょ。

望みが絶えたあの日以来
どういう姿勢で生きてたの?

我慢しないでよ。
心も持ってるでしょ。

奇跡なんて近くて遠い距離。
でも明日だって黙ってれば来るんだよ。

茶化さないでよ。
君にだって聞く耳は持ってるでしょ。

偶然の一瞬だって
かけがえのない一生なんだよ

笑わないでよ
真面目に話してるんだから。



>>21
んちゃっす。
あまり自分ワールド開きすぎると、今度閉鎖空間に移動しなくちゃ
ならなくなるから、いろいろ面倒だよww

そうだねぇ。まぁ自分も能天気だから、辛い事なんて辛い時にしか
思い出せないから誰でも信じれるのかな?
不安な気持ちが少しでもあれば絶対負けると思ってるから
自分は少しも心に残さないように生きてるんですがね
信じてくれる人が今のとこ誰もいないのも事実だねw
でも信じて後悔したことなんて一度もないよ?
すべて捨てる気持ちで人とやり取りしてきたからね!
誰にでも全力で立ち向かえる強い気持ちは自ら学んだと思う!

まだ若いのにオッサンみてーな考えをもっちまった俺だ。
反省はしているが後悔はしてない。

23 凜華 :2011/11/30(水) 22:13:16
 見ない間にこんなに書き込みがあったんですね・・なんだかうれしいです。

 通り雨さん。わたしも覚えています(^^)
 たんぽぽさん。切なさを感じ取ってくれてありがとう!
 大さんも、なおさんも書き込みありがとう!

 みんなでまた 詩を書いて、自由に共感しあえる場が、また生まれたらいいのにな・・


 近々、またのぞきにきます!

24 通り雨 :2011/12/03(土) 19:02:48
…そっか。私、通り雨だったんだ。

お久しぶりです、皆さま。
通り雨だったこと、思い出した通り雨です(笑
寒さも本格化してまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?

生活が崩れるほど忙しい毎日の中で、
あんなに大事な記憶のかけらだったのに、一年前は覚えていたのに、
私が通り雨だったこと、すっかり忘れてました。
あまりに懐かしく、忘れていた自分があまりに寂しく。
今回はたくさん書いてもいいですか?(笑
思わず場違いなことまで書いちゃうかもしれないですが、許してください(・∀・`)

以前書き込みしていた入学頃の私も、すっかり大学生活に染まっています。
大学では、思いもよらぬことに体育会の部活に入ってしまいましたw
競技ダンス部っていういわば社交ダンスの競技です。
ワルツやクイックステップ、スロー、タンゴやチャチャチャやルンバ、サンバ、パソドブレ。
ほとんど週末は3時起きで大会です。
また、生協学生委員会に所属して、組合員のニーズにこたえるべく、
日夜企画を立案、会議、審議しては、企画書や報告書や総括を打っています。
塾でバイトしたり、エレキギター始めてみたり。
授業では保健の先生を目指し、免疫学や薬理学や、難しくも興味深い授業の数々。
それから、長年住んで詩を考えてたあの家から、
家族で大学の近くのほうへ引っ越したりなんてこともありました。

朝の次に朝が来る。

そんなくるくるとまわるような生活を続けているうち、私の大事な部分だった詩は、
どこかに落としてきてしまったようです。
ちゃんと、迎えに行きたいなって思います。

>たんぽぽさん
たんぽぽさん社会人さんなんですね!
掲示板の普段の生活じゃ出会えない方とお話しできる楽しみを改めて感じちゃいました。
ぜひいろいろお話させてください♪
たんぽぽさんの詩、読みました。
詩が好きな、相変わらずの通り雨が少し戻ってきたようです。
実は書き込み頂いてすぐ読ませていただいてたんですが、
書き込む時間がないうちにばたばたして、感謝のお言葉も伝えられず。
遅くなっちゃいましたけど、ありがとうございました。
はじめ読んだ時と私自身が多分変わってしまって、具体的にどう思ったのかは覚えてないんですけど、
今この詩で感じてる気持ちと、あの時読ませていただいた時とはっきり感じてることは違うなっていういうのを感じました。
最近人間らしく生きたいなって思うんです。
たんぽぽさんのこの作詩の意図とは違うかなって感じてるんですけど、
今が締切のデータや原稿をその場で作り上げて提出して、その日しなければいけないタスクについてその日考える、
そんなそもそも予定が手帳にのらないような、
目の前しか見えない私の生活が、
ここで描かれてる情景にふっと引いた目で見せていただいた気がします。
たくさん考えたこと考えたいことあるんですけど、
どうも生き方が下手になっちゃってなかなか上手く言葉にできないので、
ひとこと、ありがとうございます(*^_^*)

>大さん
「言葉というものがありながら活用できていないのでは?
思ってるだけじゃ誰もわかってくれないですよね。」
・・・すごく大事だなって。
伝えることの重要性、最近すごく考えたいなって思ってたので。
たくさん詩書いてくださったんですね。
通り雨な私を取り戻しながら、ゆっくり読ませていただきます(^^♪

>凛華さん
覚えていてくださったこと、とても嬉しいです。
私もそれ思います。
でも、ここでまた皆さんの詩に触れられてとっても嬉しいです(*^_^*)
凛華さんのおかげです。
まだ多くのがくつうの詩人の皆さんは帰ってきてなくて、私も通り雨に戻りきれてないですが、
差し出がましいですが、これから少しずつ少しずつ通り雨に帰って、ここを守るお手伝いさせていただきないななんて今思ってます。

>皆さまへ
お返事遅くなってすみません。
長い間家出しててすみません(笑)
帰ってきてすぐ玄関口で長々語ってすみません(笑)
ちゃんと私の詩を連れて帰ってきたら、きちんとただいまって言います。
そのために、あらためて。
よろしくお願いします(*^^)☆★

25 凜華 :2011/12/03(土) 23:05:51

 「青い夢」 by 凜華


 愛し君の姿は
 空白の中のうた

 青々とした優しい旋律
 僕の心は 君の中
 

 綴る 言葉は すなお

 きっと僕のこと知ってた


 不意に 手を伸ばした

 君は想いにこたえた・・


 帰ってきてね
 さよならなんかじゃなく

 またここで
 出会うために・・


 今どこにいて、
 どこで生きてる?
 
 僕は 元気でいるよ・・


 君を失った

 忘れかけの歌だけが
 寂しいから
 雨は止まない・・
  

 約束に意味はない
 ただ消えてほしくなかっただけ

 なんとなく気づいてた
 きっと君は帰らないと


 泣き足らず泣き
 夜空に君を想った

 張り裂けそうな心
 君のうたはあの日途切れた・・


 想いの強さ
 計り知れない

 僕はまだ 君の色・・


 もう届かない
 そうわかっていても離れない

 青い 夢を仰ぐの・・


 ずっと 君が消えない・・

 

 ***************

 通り雨さん、大学生なんですね☆
 私もおんなじです! 
 いろいろ多忙なんですね(+_+
 でも、そんな中ここに書き込んでくださって本当にうれしい!
 通り雨さんの詩、楽しみにしています♪

26 凜華 :2011/12/07(水) 14:16:12

 「LETTER」 by 凜華


 記憶たどる指先
 ページをめくって

 あなたのことを
 思い巡らす


 消せません
 "愛した"こと
 消えません
 あなたの"言葉"

 たくさんの"ありがとう"と

 たくさんの"ごめんね"・・


 私の中にある
 小さなポストに
 
 あなたからの手紙が
 今も捨てられずに・・

 
 愛を知って
 愛に泣いて

 愛を愛して

 私は 溺れた・・


 ひとりよがりになった恋に
 
 終止符が打たれた

 私を想った
 あなたの優しさ
 
 そんなこと
 もう昔の話だけど
 
 見ないふりして
 本当は気づいてた
 
 泣きすがった
 あの日も・・

 
 今日あなたに
 
 降り注ぐ愛は

 どうか苦しいものでないように

 
 今日あなたが
 
 出会う人が

 あなたを癒し続けるように


 たくさんの"ありがとう"

 たくさんの"ごめんね"


 どうか 届きますように・・・

27 凜華 :2011/12/27(火) 14:51:36

 「 Foever Love 」 by 凜華

 
 終わり始めた
 一日を

 君はどんな思いで
 見てるんだろう

 その瞳が少し切ない・・
 
 そう映るのは私の
 思い違いなのかな?


 このときが止まればいいと
 本気で思ってしまいそう
 
 いつまで君は私を思い
 同じ夢に向かうのだろうか



 「終わりはない」と言って
 たとえこの世界がどう変わろうと

 君の思いが途絶えなければ

 私はもう・・

 ほかに何も いらない


 冷たい風に吹かれても
 互いに身を寄せ合うように
 
 どんなつらい時代も
 共に歩もう

 なくしたくないものが
 すべてここにあるから
 
 光を見失わずに
 共に歩もう


 「終わりはない」と言うよ
 たとえこの世界がどう変わろうと

 この思い道しるべに

 生きてく・・


 「終わりはないよ」と言って


 君の思いが途絶えなければ

 私はもう・・

 ほかに何も いらない

28 通り雨 :2012/01/27(金) 04:10:06
あけましておめd・・・(ry
テスト期間に入った通り雨です←
…凛華さんの前の書き込みが私の誕生日で
なんとはなしに嬉しくなってみたりします(*^_^*)←
新入生のためのオリエンテーションや新生活支援の企画に、
部活の大会に、ボランティアに充実した日々を送っておりますww
凛華さんも大学生なんですね★☆
何年生ですか〜?

凛華さんの詩、すごく好きです♪
ので、書いてくださった詩やコメントは実はすぐ見てるんですが、
ちゃんと考えてコメントをお返ししたい、次こそは私も詩も載せたい、
そんな色々を考えているといつも結局書き込めず先延ばしに・・・
すみません;

twitterで詩らしいものが書けるようになったので、ちょっと載せて帰ります。

「生まれた気持ち」

そうして そうして 

私はまた
生まれてきた気持ちが
もう生きてけないように

大事だから
たくさん手間をかけて
たくさん傷をつけて

そうじゃないんだよ!って、
壊したくなんかないんだよ!って、
泣いてるんだ、心が

ほんとはね、
あなたのはやる鼓動を
かなえてあげたいんだ

綺麗なまま温めておくには?
もっときらきらさせてあげるには?

上手く歩けなくって
ごめん    ね

29 通り雨 :2012/01/27(金) 04:16:24
◆追伸◇
毎度遅くなってすみませんです・・・
今度は近いうちにまたお邪魔したいな(^^♪
・・・・って、あっあの、思ってます(Д)←
こんなですがどうぞよしなに(泣

30 通り雨 :2012/02/02(木) 21:16:58
あしあとつけていきます―(サッ←

31 凜華 :2012/02/08(水) 21:08:18
通り雨さんの詩、切ない感じがすごく伝わってきた(;;)
私は1年生〜♪通り雨さんってかなりまじめな方なんですね〜。
なんとなくそんな印象うけます。

詩って書こうと思ってかけるものじゃないですよね。
通り雨さんのペースで、また書いてください^^


 「 空が泣くのは 」 by 凜華


 夢の断片で出会ったことのある
 懐かしい響きがささやいてくる

 あなたが残した言の葉の尾

 今も私の中を

 流れている



 引き出しの中は
 愛しさが溢れて
 どことなく
 さびしげにうつるの

 その色すら愛した私
 もうどうしようもない

 会いたい・・


 汚れのない空に
 この恋は溶けていく
 手元に残された
 サヨナラの返事がせつない 

 つながっている
 そんなのウソだと気づいたの

 だって
 あなたが見上げたその空は

 私には届かない・・

32 通り雨 :2012/02/11(土) 16:34:02
こんにちは◎゜
試験も授業も昨日で終わって春休みに入りました、通り雨でございます(^^♪
凛華さんも1年生だったんですね(*^^)
Σそそそそうですかぁ?ww
そんなことないですよ〜(・∀・)けろり☆←←

書きたいです←
ありがとうございます!
これから春休みで少しは自分の時間がとれるかと思いますので、
書いてみようと思います。
なんだか、大学に入ってから前よりも自分の気持ちを表現するのが
苦手になってしまった気がして寂しいです(´`)ももーん
詩に限らず。
弱音言ったり、好きって気持ち表現したり、そんなことがなんだか
恥ずかしいみたいに思うようになっていた気がします。
なんだか自己管理できてないのを露呈するみたいで。
・・・実際それはあると思うんですけど笑
でも、ここは良くも悪くも現実のつながりのない場所だから、
ここで練習して自分の気持ちもっと生かしてあげたいです(*^_^*)けらけら

こないだ書いた詩は、
せっかく生まれてきてくれた好きって気持ちを
頭で考えてしまって疲れて大切にできなくて
自ら壊す傾向がついてきてしまったことについて
書いてみましたーw
なんて面倒なこと考えるこなのかしr・・・(ry←
正直昔の自分の詩のほうが好きだったんですけど(笑)、
まずは多少荒削りでも書いてみようかと・・・
お付き合い願います(^^)笑笑

凛華さんの詩、いつも透き通るようで好きです♪
失礼なことかもしれないんですが、たくさんかぶることがあって思い入れしてしまったり(:_;)
たとえ切ない詩でもたくさん詩を書いていたころを思い出させてくださるような
懐かしい感情描写とリズム感があったかいんです。
今回の詩は特に切なくて・・・思わず寄り添いたくなるような感じをうけました◆◇
いつも楽しみにしています、またお願いします!(^^)!

33 コウ :2012/02/12(日) 14:13:53
通り雨さん、たんぽぽさん、お久しぶりです。覚えてらっしゃるかな??
凜華さん、大さん、さん、はじめまして。


『雨の思い出』
小さな森の神社に
雨の中あなたとふたり

水に濡れた草木の香りと
小川に潜む沢蟹の感触
透き通って見える景色
隣にはあなた

数ヶ月前まで想い寄せた
あの人を想いながら
雨に身を任せ
足元見れば

風に揺れてる勿忘草が
忘れても良いよと頷いて
露が一粒地面に消えた

34 凜華 :2012/02/12(日) 14:39:34

あとちょっとで春休み(^^

わかるー。だんだん書けなくなってきた。
なんか、こう、比喩表現的なものがうまく出てこなくなった(;;
って思う。

あまり飾るとさ、くどくなるし、
響きが悪くなるし、すんなり入ってこない。
一度離れたら、なかなか感覚もどらないんやね(T0T


なんか、
自分の詩に誰かが共感してくれる感覚って
不思議やもんやなぁー☆
文字って解釈の違いとかもあると思うけど
形はどうあれ、相手に響く詩書けたらうれしいよ(^^
ありがとう!
お互いスランプ乗り越えよう(笑)

35 凜華 :2012/02/12(日) 14:43:06

 コウさんはじめましてー。
 
 すっごく情景が浮かびました〜
 素敵な世界観だと思います

 これからも更新よろしくお願いします

36 凜華 :2012/02/16(木) 15:21:19

 「つよがり」 by凜華


 横殴りの風
 火照った左の頬

 微熱起こす前に冷やして

 ここに残るのは
 記憶だけでいい
 ぬくもりなんて要らない

 凍えさせていて


 会いたいの切なさとか
 愛してるの響きとか

 どうせ
 忘れようとするほどに
 忘れられない
 そうなるっていうんでしょ?
 
 
 もしもあの角で
 また君を見かけても
 つらいだけね
 だからもう通らない

 見上げたら虹
 淡く色づく赤

 包み隠すすべもないから

 泣くに泣けない―

37 凜華 :2012/02/20(月) 21:53:33

 「遠方の星」 by凜華


 手を伸ばしてみる

 星が瞬いて 儚げで

 とても届かなくて



 独り占めさせてよ

 この輝きは誰にも渡せない

 そう私の 熱い決意


 だれにも

 知られていない

 秘密の響き


 重なりのない

 汚れのない

 ただ そこにいたあなた


 やわらかい風に

 あなたが香るけど

 私の胸に

 あなたが帰るけど


 いつかなんて
 
 もう形にできない

 この切なさを

 
 愛と呼ぶには

 ぶしつけで・・

38 凜華 :2012/03/05(月) 22:09:05

 「 I 」 by 凜華


 道に迷い
 途方に暮れて
 それでも人は
 立っていられる

 「支えがないと
  生きていけない」と
 愚痴こぼしても
 明日をあきらめない


 たったひとつ
 たったひとり
 この壁を
 乗り越えるのに

 その愛が
 あればいいのに

 強く抱いて
 大丈夫だと
 ねぇそう言って・・


 明日もまた
 同じように
 過去を抱きながら
 夢を見る

 昨日と今日
 孤独の中に
 眠っていたあの日を
 思い浮かべる


 すべてが
 輝いて見えた
 すべてを
 取り戻したい

 大人に
 なることの意味
 探すうちはまだ
 子供だよね
 難しいね

 プライドとか
 見栄とか
 強がりだとか
 
 何が弱さで
 何が強さだとか

 考えるほど
 わからなくなる

 なぜか涙が出る―



 大人にならなくても
 よかったあのころにも
 おなじようにいつだって
 壁はあったよね

 私どうやって
 乗り越えてたのかな?

 
 たったひとつ
 たったひとり
 この壁を
 乗り越えるのに

 その愛が
 あればいいのに

 強く抱いて
 大丈夫だと

 ねぇそう言って・・


 なぜか涙がでる―


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板