したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

女勝ちSS

3 童貞のキモヲタ :2013/07/19(金) 15:45:02 ID:b4.F9NrE0
「相変わらずうるせぇなぁ…兄ちゃんは…。亀甲縛りされたぐらいで…」
「よくそんなこと言えるよな、あんた!!」
「しょうがないじゃない。あんた縛り上げでもしないとあばれるしぃ、それに男なんてわざわざプライド持たない方が健康に生きられる生き物よ。それから…似合ってるわよ、亀甲縛り。」
「黙れ!!」
「歴代の党首達による長年の人体、精神の研究、実験を伴ったものによって、女の方が男より優れていることが明らかにされているのよ。とっくの昔にね。いくら男でも、この道場の血統のものなのだから、それぐらいの事実を解るだけの知能は、授かっていると思っていたのだけど…」
「脳味噌がお馬鹿な子には、脳味噌よりはお利口なカラダにわからせればいいのかしら...」
そういうと、
「さてと、燈市!此処を発つための最終試験よ…あなたの色々とカワイソウなお兄様を躾けてごらんなさい。」
「えぇ!!無理無理ぃ〜!」
「だってこいつすんごいバカなんだぜ!?今まで何度もアタシに泣かされてんのにまだわかんないんだから!」
「弱音を吐くんじゃないの!あなたは今までずっとこの道場の娘として亡き御両親に代わってこの師範代の私から指導を受けてきて、そして見事に当流派の技法、理論、身体作りをなしとげたのだから!さぁ、試験開始よ、このオトコをオンナの武術で躾けてあげなさい!」

「わーったよ…やってみるって…」
「あと、その男勝りなしゃべり方はやめなさい。確かにあなたのボーイッシュな容姿にはそのような強気な言葉遣いが似合いますが…一応これssなんでそういう言葉遣いだとあなたの顔が見えていない読み手の殿方の想像の妨害になる可能性が…」「…いったい何言ってんですか師範代…」
一方の稀乃は、
「いーから、さっさとはじめんぞ、お前、いーか、絶対、俺みたいな男が絶対的に女に劣ってるnあ゛ぁ゛あ゛ああああああああああああああああああああああ!!!!!!」
口上すらまともに言い切れない稀乃の悲鳴が空気を激しく震わせた。
「うっわ、間抜けな鳴き声w」
「あ…がが…っく…ああああああああああ!!!!!」
燈市の指が稀乃の股間の金を握りしだいていた。
「桃弄拳の基本、其の壱!! 男は固有の弱点をぶら下げている!!そしてそれは、攻めれば大きな痛みを与えられるだけでなく、責めれば特殊な快楽をもたらすことになる!
そして、それは、その金を握ることは聞き分けのない獣の鎖をつなぎ家畜とするが如し!基本其の壱は良いわよ、燈市!」
稀乃の間抜けな悲鳴がやまないなか、師範代は燈市を誉める。
「おまえっ…だけどっ、こんなの、はっ…いつものことだ…見てろ…」
そう言いながら、稀乃は手刀を放った。そしてそれは見事に燈市の首を打ちすえた、が、すると
「うぁん…」艶やかに顔を歪めつつ、燈市は、張り出している胸を弛ませ、身を逸らせた。
「ザマみろ!」そして稀乃は続けざまに手刀を放ったが…
「―w 一瞬…一瞬遅れたぜ…」
燈市はすぐさま反応し、稀乃の手首を掴み、その勢いのまま極め、投げを打った。
「くそ…!!」「残念だったなぁ〜…兄ちゃん…あん❤」
「ッ、お前、その声止めろ!」「なんでぇ〜…?…あぁ…それって…」
そのままサイドポジションを取り、股間に人差し指を押し付け、躍らせながら、
「興  奮  しちゃうから……かぁ…」「っそ、そんなわけ…ねぇだろ!!」
「桃弄拳の基本其の弐!攻撃の手を受けた際は悲鳴による色仕掛けで、男の分不相応な嗜虐精神を刺激し、男の脳に雑念を生み出させること!男は女の色気に嫌でも反射をしてしまう生き物!そしてその雑念が拳を出す時点を遅らせる!」
「―だってさ、お馬鹿な男の子ちゃん…w」
「う…ゥ…」女の優位を勝ち誇る二人にに悔しさをにじませることしかできない稀乃。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) - 原 泰久

「秦」が中国統一を目指す物語

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板