したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

女騎士「忍者とあそぼう!」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 02:20:09 ID:UQHDOX5o
女騎士「忍術であそぼう!」

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 02:23:38 ID:UQHDOX5o
〜都内のとある公園〜

女騎士「いい年こいた私と忍者で、真っ昼間から公園で遊ぶんだゾ!」

忍者「…いぇ〜い」

女騎士「どうしたどうした!テンション上げてこう!」

忍者「無理。てか早くも周囲の目が辛いんですが」

ヒソヒソ
ネェネェ ママ アレナァニ
シッ ダメヨ ミチャダメ

忍者「変質者扱いだよ…」

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 02:26:43 ID:UQHDOX5o
女騎士「気にしたら負けだ。そもそも私達は何も悪い事はしていないのだから、堂々としていればいい」

忍者「そういう考えは現代社会では通用しないんだよ…」

女騎士「えぇい、つべこべ言わずに遊ぶぞ。まず手始めに忍者よ、お前の変わり身の術を使って遊ぶぞ!」

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 02:29:36 ID:UQHDOX5o
忍者「いちおう訊くが…どうやって遊ぶんだ?」

女騎士「私がお前めがけて剣を振り下ろす」

忍者「ふんふん」

女騎士「お前はギリギリのタイミングで変わり身の術を使い避ける」

忍者「ふんふん」

女騎士「楽しそうだろ、スリルがあるだろ?」

忍者「俺だけね」

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 10:20:19 ID:UQHDOX5o
女騎士「忍者ってのはギリギリでいつも生きていたいものだろう?」

忍者「確かに間違っちゃいないが…」

女騎士「なら…フンッ!」

ザシュッ

忍者「ぎいゃぁぁぁ」

女騎士「おい変わり身どうしたよ」

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 10:26:38 ID:UQHDOX5o
忍者「痛い痛い痛い、血ぃ出てる」

女騎士「変わり身しろって言ったじゃないか!どうしてやらなかった!」

忍者「えぇ…俺が怒られてるぅ…」

女騎士「遊び半分でやるから、こんな事になる!」

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 12:32:39 ID:fCj15Jo.
汚いさすが忍者汚い

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 14:18:58 ID:RAHAFaNk
忍者なら忍べよぉ…!

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 16:47:49 ID:UQHDOX5o
忍者「それより何かしらの治療を…血が…意識が…」

女騎士「とは言っても私は騎士、女騎士。回復魔法なんて使えないぞ」

忍者「なら薬草とか回復の水的な物は持ってないかね…?」

女騎士「回復の水…?」

ニヤッ

女騎士「あるさ」

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 16:51:34 ID:UQHDOX5o
忍者「あ、あるか!なら早く使ってくれ!」

女騎士「…」

ヨロイ ヌギッ
下半身 おいでませい

忍者「なんで脱ぐんだよ」

女騎士「これはこれは不思議な事を言いなさる。回復の水が欲しいと言ったのはお前じゃあないか」

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 16:53:33 ID:UQHDOX5o
忍者「意味が分からぬ」

女騎士「じきに…分かるっ…!」

ブルッ

女騎士「ふるるぅ…にょ、尿意が…来た…ぞ!」

忍者「!」

忍者「ま、まさか回復の水ってのは…お前の…お前のォォォ!?」

女騎士「その、まさか…だ!」

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 17:02:18 ID:UQHDOX5o
ブルッ

忍者「こんな場所で『回復の水』を出すなぁー!」

女騎士「いいや限界だ、出すね!今だ!」

ダダダッ
ハリセン スパーン

女騎士「いでっ!?」

?「小さなお子様もいる公園で何やってんのよバぁカ!」

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/30(月) 17:03:41 ID:UQHDOX5o
忍者「お、お前は僧侶…!」

僧侶「そうりょ」

僧侶「…」

僧侶「そうよ」

忍者(言い直した)

女騎士(言い直した)

14 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/31(火) 08:59:57 ID:DA2a/PEs
(言い直した)

15 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/31(火) 09:03:09 ID:DCVVaLhA
井伊直弼

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/31(火) 09:28:11 ID:y5RDeJC6
僧侶「で、あんた達は何やってんのよこんな真っ昼間っから」

女騎士「遊んでいるんだゾ」

忍者「同じく」

僧侶「はぁ…いい年してなにやってんのよ」

女騎士「そういうお前は?」

僧侶「私は買い物の帰り。たまたま公園を通りかかったら何やら騒がしくて、来てみたらあんた達がいたのよ」

女騎士「そういやこの辺に住んでいるのだったな」

僧侶「えぇ、旦那んトコの社宅よ」

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/01/31(火) 13:55:05 ID:HgyBtfvo
このノリ……まさかホームセンターの……?

18 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 13:28:56 ID:ybw/zeo2
女騎士「しかし僧侶はいい旦那をつかまえたなぁ」

僧侶「やな言い方しないでよ。いい旦那なのは確かだけど」

忍者「おーおーのろけちゃってまぁ」

女騎士「まったくだ。すっかり主婦になってしまって…共に冒険した頃のウブなお前はもういないのだな…」

トオイメ

19 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 13:34:03 ID:ybw/zeo2
忍者「おっちょこちょいの妹みたいな存在だったからねぇ。特に女騎士とは仲が良かったよな」

女騎士「あぁ、可愛かったなぁ…あんなに可愛かった僧侶はもう、いない…」

僧侶「今は可愛くないっての?いいですよ、毎日旦那に可愛い可愛い言ってもらってるから!」

忍者「ケッ、またのろけかよ!」

ペッ

20 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 13:38:21 ID:ybw/zeo2
僧侶「と、こんな所で無駄話してる場合じゃなかったわ、もう行くから」

忍者「つれないねぇ」

ペッ

女騎士(こいつ唾吐きすぎ)

僧侶「早く帰ってビーフストロガノフ作るのよ、じゃあね」

タッタッタ

女騎士「行ってしまった」

忍者「家庭を持つと付き合い悪くなるねぇ…」

21 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 13:42:05 ID:ybw/zeo2
女騎士「…」

忍者「…」

女騎士「なぁ、私達はこれでいいのだろうか」

忍者「ん?」

女騎士「僧侶はあんなに家庭的になってすっかり大人だ…なのに私達ときたら…」

忍者「いい年して真っ昼間っから公園で遊んでいる、か…」

22 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 13:46:00 ID:ybw/zeo2
女騎士「昔は特に考えなしに冒険して、好き勝手生きていればよかった」

忍者「あぁ」

女騎士「だが私達が魔王を倒した時…そんな毎日は終わったのだろうな」

忍者「…」

女騎士「平和なこの時代に、私達はどうやって生きていけばいい…?」

23 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 13:56:48 ID:ybw/zeo2
忍者「…」

忍者「僧侶みたいに家庭を持ち、フツーに暮らす事だって…」

女騎士「ハッ、それは僧侶みたいな優しい奴だからできる事だ。私もお前も…誰かと共に暮らし歩むなんてのは…できないさ」

忍者「…」

女騎士「私もお前も…生き残るべきじゃなかった…勇者と…一緒に…」

忍者「っ!」

ガッ ムナグラ ツカミ

忍者「てめェ…今なんつった…なんつったよォォォ!?」

24 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 13:59:58 ID:ybw/zeo2
忍者「兄貴が…兄貴が張った命を…俺達を生かす為に張った命を!いくらお前でも…『それ』を口に出すのは…許さねェ…!」

ギリッ

女騎士「…」

すまない、とは言わなかった。
だって私は心の底では
勇者を恨んでいたのだから。

25 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 14:04:54 ID:4Xe800II
熱いねぇ

26 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/01(水) 14:05:36 ID:ybw/zeo2
だって
勇者は私を置いていったから。
仲間だと思っていたのに。
仲間以上だと、思っていたのに。
そう言って、くれたのに。

なのに
勇者は私を置いていった。

どうして!?
どうして共に連れて行ってくれなかった!?
どうして私を一人にした!?
どうして
どうしてどうして
どうしてどうしてどうしてどうして
どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして

27 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/03(金) 10:43:08 ID:B1yfnJCM
女騎士「どう…して…」

ポロッ

忍者「…」

忍者「このままじゃ、駄目だ。俺もお前も…」

忍者「この命が…助けられた命が無駄じゃなかったって…でなきゃ!あんまりにもよ!」

女騎士「…」

女騎士「そう、だな…」

心にも無い言葉が、ぽろりとこぼれ落ちた。

28 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/03(金) 10:45:03 ID:E7F0lmn.
泣けるねぇ

29 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/03(金) 10:45:18 ID:B1yfnJCM
・ ・ ・ ・ ・

それからなんやかんやあって
女騎士はマッサージ屋で働くこととなった。
ちなみに忍者はあれから忍術の練習中にしんだ。

30 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/03(金) 10:49:56 ID:B1yfnJCM
〜都内某所、とあるマッサージ屋〜

女騎士「さぁ、今日もバリバリ働くぞい!」

オーク「おっ、やる気に満ちてるオークねぇ」

女騎士「あっ、店長」

オーク「女騎士ちゃんはあっという間にこの店の人気ナンバーワンになったオークねぇ」

女騎士「嬉しいです。それに今、とても楽しいんです。私にはマッサージ師は天職だったみたいで」

31 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/03(金) 10:54:35 ID:B1yfnJCM
オーク「それはなにより。初めて会った時の君は、死んだ魚みたいな目をしていたからねぇ…」

女騎士「もう、店長ったら。あの時の事はもう言わないでくださいよ〜!」

オーク「すまんすまん。さてそろそろ開店だよ、今日もビシバシお客様を癒して〜ちょうだい!」

女騎士「はい!得意のグレーゾーンなテクニックで、お客様を癒し(意味深)ます!」

32 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 11:10:15 ID:7G2ohPGs
語尾にオークつけるの一瞬で飽きるな

33 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 12:12:59 ID:eOI6Agv2
・ ・ ・ ・ ・

〜本日1人目のお客様・ドラゴン〜

くぉぉぉん!

竜「女騎士ちゃん、今日も頼むゴン」

女騎士「はい!バッチリ癒すぞい!」

竜「いいから早くやって。ぞいぞい言ってないでさぁ!」

女騎士「ぞぉい…」

34 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 12:15:05 ID:eOI6Agv2
女騎士「…」

ギュッ ギュッ

竜「うーん、気持ちいいゴン」

モミモミ

竜「心地よくて眠くなってきたゴン」

女騎士「そう言ってもらえると嬉しいです」

竜「本当に女騎士ちゃんの技術は最高だゴン」

35 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 12:17:01 ID:eOI6Agv2
女騎士「えへへ…」

ギュッ ギュッ

竜「…」

竜「…」

竜「…」

ムクムク

竜(いかんゴン、気持ちよすぎて勃起の気配が…!)

36 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 12:30:34 ID:eOI6Agv2
※この世界のドラゴンのチンポは平常時で1mくらいある

竜(平常時で1mだぞ…もしフルパワーの勃起なら…空が割れる…炎が舞う!)

ムクムク

竜(いかん…焦れば焦るほど勃起加速度が…このままでは俺の巨大魔神が見参してしまうゴン!!!)

37 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 12:38:58 ID:eOI6Agv2
女騎士「?」

女騎士(ドラゴンさん、なんだかソワソワしてる。何だろ)

モミモミ

女騎士(まぁいいか…私はただ、揉み貫くのみ!)

モミモミ ギュッ ツルッ

女騎士(あっ、手がすべって…)

グイッ

竜(!)

38 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 13:13:14 ID:nmeVsS1I
とらぶる…!

39 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/04(土) 16:24:03 ID:amKVc4Zs
ここまで来たらもう竜でも抑えられない・・・!

で、ふりかざしたその手でナニを掴むのか

40 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/06(月) 05:04:26 ID:7fq6KA6g
テーテッテレー!

竜(そ、そこは俺のグライシンガー!!!)

ビビン!
ビンビン!
ビビン ビビビン!

女騎士「えっ…ドラゴンさんの股ぐらがうぇあぁぁぁぁぁぁぁ!?」

ザクッ

あまりに勢いよく突き出したドラゴンのチンポは
不運にも女騎士の心臓を貫いた。

女騎士「ぐふっ…」

41 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/06(月) 05:27:47 ID:FscY/wlw
するどぉい…

42 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/06(月) 18:43:17 ID:7fq6KA6g
竜「な、なんてことを…!」

女騎士「ぐふっ…」

竜「今すぐ萎えなければ…いや、もはや手遅れ…ならば証拠隠滅を…くそっ、頭の中がフットーしそうだ!」

女騎士「う、あ…ドラゴンさん…た、助け…ぐふっ…」

43 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/06(月) 18:46:59 ID:7fq6KA6g
竜「とりあえず抜くか!」

ズッ

女騎士「ぐふっ…」

竜「駄目だ、むやみにチンポを抜いたらよけいに血が…まず出血をどうにかしなければ」

竜「止血…そうだ、何かで傷口を固め血を止めれば…」



竜「そうだ…俺らドラゴン族の精液は高粘度…大気中ですぐ固まる!ならば…」

44 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 07:08:19 ID:VSzJwFtY
止血すればいいという問題

45 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 13:10:13 ID:sNFT.lDU
女騎士「し、止血できるなら…早く…してぐだざぁ゛ぁ゛ぁ゛い…」

竜「うむ。早く射精せねば」

ムンムン

竜「ほしのあき…ほしのあきほしのあきほしのあき!」

ムクムク ギシッ

女騎士「ぐふっ…勃起で傷口が広が…ぐふっ…」

竜「我慢しろ、射精せねば、ただ死を待つだけなんだ!」

女騎士「わ、分かりまし…ぐふっ…」

竜「すまんのぉ、すまんのぉ…」

ムクムク

竜「すまんのぉ…」

ギンッ

46 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 13:15:05 ID:sNFT.lDU
竜「すまんのぉ…!」

ビクッ

竜「く、来る…」

ビビビビクン

竜「今世紀最大の突然変異ってくらいにチンポが肥大して…で、出る!」

バビュリュッセルゥゥゥゥゥ!

竜「ンナッハァァァァァ!」

ビチャビチャ ビーチャ

47 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 13:23:54 ID:sNFT.lDU
パタパタパタ

女騎士「傷口に精子が…ぐふっ…」

ピチャ…
カチンコチン

女騎士「せ、精子が固まって…まるでコンクリートみてェだァ!」

カチンコチン

竜「よし、これで血は止まるはずだ」

48 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 13:26:43 ID:sNFT.lDU
女騎士「…」

ピタッ

女騎士「血が…止まった…?」

竜「ふぅ、どうにかなったゴンねぇ…」

女騎士(今更思い出したかのように語尾に…白々しい…)

竜「とりあえずこれで死ぬ事はなくなったゴンよ」

49 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 13:49:22 ID:sNFT.lDU
グイグイ

女騎士「止血できたのはいいんですが…ドラゴンさんのチンポが私の心臓を貫いたまま固まっている訳で」

竜「確かにこれは不便だゴンねぇ」

女騎士「不便どころではないですよ」

竜「でもドラゴン族の精子は一度固まると二度と液体には戻らない。しかもその固さはオリハルコン並!」

女騎士「そんなに」

50 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/07(火) 14:07:00 ID:sNFT.lDU
竜「もはや俺と女騎士ちゃんは離れられないゴン…ぐひ、ぐひひひひ」

女騎士「下品な笑い…でも何故…それが好きになりかけている私がいる…!?」

竜「ンフフフフ…ドラゴン族の精子は魔性の精子…ひとたび浴びれば!心奪われ虜となるのよォォォォォ!」

女騎士「!」

キュンキュンキュ-------------ン

女騎士「貴方に堕ちていく…」

ジュンジュンジュン

51 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/08(水) 21:54:17 ID:A6TnQZ5w
竜「さぁて、とはいえこのままでは動きづらいな…」

カッ

竜「分解ブレス!」

ゴォォォォォ

女騎士「こ、この息は…!?」

竜「分解ブレスだゴン…この息は全てを原子に帰す…容赦無く!一切の躊躇無く!」

女騎士「えっ、それじゃ私は…」

サラサラサラ…

竜「分解完了」

52 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/08(水) 21:57:37 ID:A6TnQZ5w
竜「そして、すかさず…再構築ブレス!」

ゴォォォォォ

ラサラサラサ…

女騎士「!?」

竜「ンフフフフ…再構築ブレスは原子を再び繋ぎ合わせる魔法の息…女騎士を分解し再構築する事で胸の傷もすっかり元通りよォォォ!」

53 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/09(木) 05:56:26 ID:f64d2JrU
すごい!(最初からやれよとは言わない)

54 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/09(木) 16:01:51 ID:EOhPSVWA
竜「さぁ女騎士ちゃん、これで元通りだゴン。マッサージを再開してくれだゴン」

女騎士「…?」

竜「どうしたゴン?」

女騎士「あの…貴方は?それにここは…私は…?」

竜「なっ…まさか記憶喪失…再構築がうまくいかなかったゴンか…」

女騎士「えぇと…どうしたらいいんでしょうか…」

55 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/09(木) 16:40:39 ID:EOhPSVWA
・ ・ ・ ・ ・

竜「…てな事があったんですゴン」

オーク「なんと…えらい事してくれたオークねぇ。うちの可愛い店員を!」

グワッ

オーク「歯ぁ食いしばれ!そんなドラゴン修正してやる!」

竜「あ゛?」

ギロッ

オーク「アッスイマセン」

56 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/09(木) 16:54:08 ID:EOhPSVWA
竜「それよりこれからどうするかだゴン」

オーク「確かに。このままでは女騎士ちゃんも不安だろうしねぇ」

女騎士「…」

オーク「心配いらないオーク、私達がどうにかするオークよ」

女騎士「あ、ありがとうございます…」

57 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/09(木) 17:53:32 ID:EOhPSVWA
オーク「さて、ちょっとドラゴンさん…奥の部屋まで来てくれるかなぁ」

竜「ん、分かったゴン…」

・ ・ ・ ・ ・

オーク「ドラゴンさん、あんたには覚悟が…女騎士ちゃんを助ける覚悟があるオークか?」

竜「なんだい突然」

オーク「いいから答えるオークよ」

竜「もちろんあるゴン、俺の責任でもあるからゴンね」

オーク(いや、100%あんたの責任だが)

58 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/10(金) 13:25:25 ID:zkyn2aD6
責任しかない!

59 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 02:18:56 ID:IdsztiXY
オーク「そうか…覚悟があるなら…あんたに託そう」

ズボン ヌギッ
ボロン

竜「!?」

オーク「私は能力者…『チンポ舐めさせた相手をタイムリープさせる』能力者なんだよ…!」

竜「!?」

オーク「さぁ今は少しでも時間が惜しい…早く私のを舐めるんだ!」

竜「わ、わかったゴン…」

60 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 02:21:38 ID:IdsztiXY
ズイッ

竜「いくゴン!」

オーク「来ませぃ!」

シュルリ ペローン

オーク「ンナッハァァァァァ!」

ビクビクビクン

オーク「ぐ、あ、あ、あ!」

グニャ

竜「!?」

オーク「じ、時空がゆがむ…時が…戻る…!!!」

ギュワンギュワンギュワン

61 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 02:23:29 ID:IdsztiXY
竜「う、うわぁぁぁ!い、意識が…薄れて…視界が…揺れて…」

ヒュッ ケバァ…
イィィィィィン!

竜「わぁぁぁぁぁぁ…」

・ ・ ・ ・ ・

62 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 15:12:26 ID:FUyrGJpw
絵面を想像すべきではなかった

63 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 16:20:56 ID:IdsztiXY
・ ・ ・ ・ ・

〜とある森の奥〜

ボヤァ

?「うぅん…」

ガバッ

?「っ…こ、ここは…」

キョロキョロ

?「木々がある…森か…それにしても俺は…っ!そうだ!女騎士ちゃんは!?」

64 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 16:25:44 ID:IdsztiXY
ヨロッ

?「な、なんだ…体のバランスがおか…」

?「なっ…これは…俺の体が!?人間に…?」

なんと
ドラゴンの体は人間の青年になっていた。

青年「なんだこれ、本当にタイムリープかよ…」

65 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 16:28:45 ID:IdsztiXY
ガサガサッ

青年「!」

ガサァ

野犬「ガウガウ!」

青年「獰猛な野犬だ!本来なら怖くも何ともないが、今の俺は人間…野犬に襲われたら死ぬに違いない!しかも俺は今、全裸!チンポを噛み千切られたら嫌だ!」

66 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 16:31:26 ID:IdsztiXY
野犬「ガウガウ!」

青年「く、来るな!」

野犬「ガウガウ!」

青年「く、来るな!」

野犬「ガウガウ!」

青年「来るなと言っておる!」

野犬「くぅ〜ん…」

青年「そ、そんな悲しそうな声を出したって駄目だ!騙されないぞ」

野犬「くぅ〜ん…」

青年「…」

青年「あぁもうかわいいなぁ!」

ナデナデナデ

野犬「くぅ〜ん」

67 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 21:07:15 ID:IdsztiXY
青年「なんだかわいいじゃないか野犬め〜」

ナデナデ

野犬「くぅ〜ん」

青年「お腹撫でたろ」

サワサワ

野犬「おいそこはやめろや」

青年「ヒィッ」

野犬「なんか気分悪くなった、噛み殺すわ」

青年「ヒィッ」

68 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 21:11:14 ID:IdsztiXY
野犬「ほな、苦しまんように喉に噛みついたるさけな」

アングリ

青年「ひっ、お助けぇぇぇ!」

ダダダッ

?「はぁっ!」

ズバーン

野犬「ぎいやああ、突然現れた大剣を持った人間に斬られたワイ!」

野犬「ぐふっ…」

?「まったく、危ないところだったな。てか何やってんだよ兄貴!」

青年「あ、兄貴…?き、君は…?」

69 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/11(土) 21:14:34 ID:IdsztiXY
突然現れた大剣をもったその人物は
とても、似ていた。
ドラゴンの知る人物に、とても似ていた。

大剣をもったその人物は
女騎士に、似ていた。

(続く)

70 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/12(日) 00:35:13 ID:O8hLr752
・ ・ ・ ・ ・

〜森の奥、小屋〜

?「さ、できたぞ。野犬のステーキだ」

ドサッ

青年「これはさっきの野犬か…」

?「そっ、早く食べようぜ兄貴!」

青年「あ、あぁ…」

青年(見れば見るほど女騎士ちゃんに似ている…それに俺を兄貴だと言う…これは一体…)

?「なにしてんだよ兄貴、食べないのか?」

青年「ん、あぁ…食べるよ…」

71 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/12(日) 00:37:17 ID:O8hLr752
カチャカチャ

青年「…」

青年(肉の色が紫だ…それに不気味なくらい柔らかい…食べて大丈夫なのか…)

ゴクリ

青年(えぇい、ままよ!)

バクッ

青年(!)

72 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/12(日) 00:42:23 ID:O8hLr752
ムワッ

青年(何だこれは…味が無い…まったくの無味だ…それでいて綿菓子のように柔らかく、悪い意味で口の中でとろける…雲を食べたらこんな感じなのかもしれないな…)

青年(まずいとかそういう事じゃない…これを食べる意味を感じない…)

?「くぅ〜美味!やっぱ野犬はとれたてをステーキにするに限るぜ!」

青年(あんなに美味しそうに食べている…俺とこの子は味覚に差異があるようだな)

73 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/12(日) 02:43:11 ID:O8hLr752
?「それより兄貴、試験はどうなったんだよ」

青年「試験?」

?「帝国軍の入隊試験だよ!」

青年「帝国軍…」

ボヤァ

青年(あぁ、そういえば…少しづつ思い出してきたぞ。なんだか記憶が…もやが晴れていくような感覚だ…)

74 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/12(日) 02:48:14 ID:O8hLr752
この人間の名は青年。
森の奥のこの小屋で妹と一緒に住んでいる。
つい先日、帝国へ行き入隊試験を受けてきた。
結果は不合格
意気消沈して帰宅しているところであった。

青年(しかしなぜ俺はこの青年の意識にタイムリープしたんだ…?)

青年(それに妹…女騎士ちゃんに似ているのは一体…)

75 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/12(日) 02:55:35 ID:O8hLr752
・ ・ ・ ・ ・

妹「はぁ〜あ。やっぱり駄目だったか」

青年「あぁ。どうにも俺は剣の扱いが下手らしくてな。他の奴らに笑われてしまったよ」

妹「まっ、よかったのかもな。兄貴が帝国兵になるところなんか想像できねーし」

青年「まぁな。ろくな覚悟も無く行くもんじゃないわな…俺には誰かを斬ったり殺したりする覚悟は…」

青年(…と、口では言ってみたが、これは俺じゃなくこの青年の性格からくるものか。どうにもまだ意識と体が別物みたいでしっくりこないな)

76 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/12(日) 15:22:09 ID:nXzIfBkY
ものっそいスライドしたなあ

77 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 16:28:05 ID:nye0BvtI
バタン
ゴロゴロゴロ

?「ぐぁぁぁ」

青年「なっ、見知らぬ男がいきなりドアを開けて転がりこんできた!」

妹「なんやぁこの小汚いオッサンはぁ!」

?「わ、私の名は忍者六角…刺客に追われているので助けてくれ!」

青年「忍者六角…なんだその六角ってのは」

忍者「…」

ヌギッ カハンシン ボロン

妹「きゃあ、なぜ脱ぐ!?」

78 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 16:31:13 ID:nye0BvtI
青年「ま、待て…妹よ、奴のチンポを見ろ!」

妹「!」

六角「ンフフフフ…」

青年「奴のチンポは六角形…だから忍者六角か!」

六角「そうだ…そんなことより、助けてくれ!」

妹「そういやそんな事を言っていたな」

79 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 16:44:57 ID:nye0BvtI
青年「誰に追われている」

六角「俺と同じ里の忍者だ…忍者八角だ!」

妹「八角…つまりチンポが八角形の忍者だな!」

六角「うむ。俺の里の忍者は皆、特殊なチンポの形状をしていてな…形に応じて名が与えられているのだニンニン」

80 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 16:52:27 ID:nye0BvtI
青年「ほぅ…」

六角「忍者には上忍、中忍、下忍の階級がある。さらに八大天、十二傑集、二十刃、その上位に死天王…そして親方様がいる」

青年「おおすぎひん?」

81 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 16:57:25 ID:nye0BvtI
妹「でもそーいうの、おもしろいじゃん」

青年「だな」

六角「…?」

青年「刺客に追われているといったな?もしその刺客から逃げた所で新たな刺客が差し向けられるに違いない」

妹「忍者ってしつこそうだもんな」

六角「確かに。親方様は俺を生かしてはおかんだろう」

82 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 20:32:35 ID:nye0BvtI
青年「そこで、俺たち兄妹の出番なわけ」

妹「あぁ。私達は、いわゆる『何でも屋』でね。報酬さえ貰えれば何だって請け負うのさ」

六角「ま、まじか」

妹「まじまじ」

六角「なら俺を狙う刺客を倒してくれるのか!?」

青年「もちろん…報酬さえ貰えるなら、な」

83 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 20:33:59 ID:nye0BvtI
六角「報酬…」

青年「そうだ…」

ジリジリ

青年「報酬とは…つまり!」

ガシッ オシリ ヌプッ

六角「!」

青年「尻穴!」

84 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/16(木) 20:37:50 ID:nye0BvtI
・ ・ ・ ・ ・

それからの出来事は
あまりに凄惨で
言うなれば
ミスタードリラーであった。

・ ・ ・ ・ ・

青年「ふぅ…存分に楽しんだ。これなら報酬としてじゅうぶんだな」

妹「なら、兄貴…」

青年「あぁ、やるか。こいつを狙う刺客を倒す…忍者八角とやらと…いっちょ遊んでやるか」

妹「おうよ!」

青年「さぁ…忍者と…遊ぼう…!」



【完】

85 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/02/17(金) 11:14:30 ID:JpdaiwbY
強引なタイトル回収ぅ!!!



新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 メイドVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa