したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

ルールルールルールールルルー

1 名も無きAAのようです :2015/11/24(火) 21:09:35 ID:SeWWrMD.O
皆さん、オワコン社長をよろしくお願いします。気に入ったらチャンネル登録!!
http://www.youtube.com/watch?v=aSMLi2uOkvk
http://www.youtube.com/watch?v=cbwrnLKERpA
http://www.youtube.com/watch?v=gPevsHpSj-Y
http://www.youtube.com/watch?v=9ekKaVB5uHg
http://www.youtube.com/watch?v=cP0NAOzKQAE
http://www.youtube.com/watch?v=hekgfuTcX6o
http://www.youtube.com/watch?v=1uzYFjN7z5E

2 名も無きAAのようです :2015/11/26(木) 23:53:03 ID:GVmUrFzg0

その歌声を聞いた時、てっきり頭がおかしくなったのかと思った。

耳の穴を通り抜けて三半規管にハイタッチして
脳みその皺のひとつひとつに次々と染みこんでいく
透き通った声にあてられて、私はぼーっと立ち尽くす。

ξ゚⊿゚)ξ(だれ……?)

邦楽か洋楽かも分からないけれど、
歓迎せざるを得ないエネルギーを感じるその声のする方へ、
私は誘われるように歩く、覚束ない足取り。

お酒を飲んだことはないけれど、飲んだ人たちが一様に愉快な面持ちで
浮かれたりすることを思えば、これはまさに美酒のような歌声といえるだろう。

つやつやと光る廊下を滑るように奥へと進み、
消火器の備えてある角を曲がったところで、果たして声の正体を知った。

川 ゚ -゚)

私と同じくらいの歳の、緑の黒髪を肩まで伸ばした少女が、
窓際より一歩離れたところに立ち、歌っていた。

窓の外に向かって歌ってるわけではなさそうだ、
聞く対象すら選ばない歌声が連々と、その場所を明るく照らしている。

3 名も無きAAのようです :2015/11/26(木) 23:53:57 ID:GVmUrFzg0

壁から半身だけ覗かせたまま、私は彼女の歌を聴き続ける。

それから、どれくらいの時間が経ったのだろう、
私の体感では、ハワイと日本列島が地続きになるくらいの時を経た気がする。

椀のスープの一滴を飲み干すようにきっちり最後まで歌い終えた彼女は、
口元にかかる数本の毛を右手ですっと払い、それから、振り向いた。
その先には壁に身を隠す私の姿があった。

ξ;゚⊿゚)ξ「あっ!」

と私が声を漏らしてしまう、彼女も「あ」の形に口を開けてこちらを見つめる。

ξ;゚⊿゚)ξ「……」

川 ゚ -゚)「……」

ふたり、数秒見つめ合ったのち、矢も盾もたまらず私は駆け出した、
一目散に、その場から逃げ去った。

「廊下をはしるな!」と毛筆で書かれた張り紙を追い越して、
とにかくどこでも良いから身を隠さねばと、目についた教室の扉を開き、
中へと飛び込んだ。

4 名も無きAAのようです :2015/11/26(木) 23:55:02 ID:GVmUrFzg0

僅かに曲げた両膝に両手をついて、肩で息をしながら
ばくばくと鼓動しつづける胸を落ち着かる、
なんとか気持ちの波が引いたところでふっと顔を上げると。

('A`)「……」

男の学生が、部屋の奥の机に腰掛けたまま
しかめつらを張り付かせて私を見ていたのに、今更気づいた。

ξ;゚⊿゚)ξ「あっ……おじゃましてます……」

ばつが悪そうに私が挨拶すると、
彼は机の上のお盆から菓子袋を一つ取り出した。
乱暴に開いて中のパイ生地の菓子をつかむと、思い切りかぶりつく。

そして数口咀嚼し、水も飲まずに飲み込んで、

('A`)「入るのは構わんけれど、ノックぐらいしたまえよ、君」

と言った。

5 名も無きAAのようです :2015/11/26(木) 23:56:30 ID:GVmUrFzg0

('A`)「俺はね、こうやってお茶菓子を用意しているくらいだから、
    来客自体は準備しているつもりだけれども、
    いきなり来られても、やぁやぁ待ってましたなんて……そりゃムリだよ」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめんなさい」

謝りながらも、私はお盆の中の菓子に目を奪われている。

彼の食べているパイ生地のお菓子は、
生地の中に柔らかな練餡がたっぷり入っていて、
さくさくのパイとあんこの調和がなんとも舌を酔わせると
評判の「あんこパイ」ではなかろうか。

なにしろ値段が張るのでシャバじゃ滅多に食えねえぜ、やったな、
と私がお盆に手を伸ばすと、ぴしっとその手を叩かれた。

ξ゚⊿゚)ξ「あてっ!」

('A`)「君はこっち。高いんだから」

そういって彼は、別のお盆を差し出した、
その中には何の変哲もないつまらないおかきが入っていた。

6 名も無きAAのようです :2015/11/26(木) 23:56:59 ID:kuVJ6ZWs0
まさかの
支援

7 名も無きAAのようです :2015/11/26(木) 23:57:32 ID:GVmUrFzg0

('A`)「で、どうしてここに入ってきたの?」

憮然とした表情でおかきを奥歯で粉砕しながら、
私はぽつぽつ話す。

ξ゚⊿゚)ξ「歌を……、歌を聞いたの」

('A`)「うた?」

と言ってすぐに、彼は合点がいったらしい。
ポンと膝を叩いて身を乗り出した。

('A`)「あぁ、クール嬢か!」

ξ゚⊿゚)ξ「クール嬢?」

('A`)「素直クール、俺のあこがれの人だ」

彼は机に散らばるパイ生地の欠片を一箇所に集め、
それからティッシュで包みあげてゴミ箱に投げ捨てた。
ティッシュはゴミ箱の直前で失速し、地面に着地した。

('A`)「クール嬢の歌を聞いたのか、運がいいな、俺も、君も」

8 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 00:15:06 ID:TR.wEzJk0
支援だ

9 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 00:34:30 ID:dF.2d3NI0
しえ

10 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 10:06:54 ID:ck8px.ck0
いいぞもっとくれ

11 名も無きAAのようです :2015/11/28(土) 00:20:51 ID:kaDaruGw0
なんだと

12 名も無きAAのようです :2015/12/08(火) 10:11:51 ID:W2HsXUf.0
なんとも言えない素晴らしい空気感だ
続き続き

13 人妻 :2017/04/04(火) 13:05:39 ID:hqi8NjeA0
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻・熟女中出しSEX体験談
人妻 男性無料出会い系サイト&掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/

地域別|セフレ募集出会い
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/

エロ写メ
http://aeruyo.2-d.jp/free/adult/1/

人妻書き込み一覧
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/sex/hitozemzdeai/

セフレ募集書き込み一覧
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/000/


逆サポート掲示板で逆サポ出会い
http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/

人妻逆援助交際掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds15/00/

熟女出会い系サイト
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds08/000/

テレクラdeツーショット・テレフォンセックス
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/005/

人妻から高齢熟女まで出会い掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/

熟女,人妻,主婦,不倫,セフレ専門出会いサイト 人妻専門出会い
‎高齢者・中高年 · ‎厳選の人妻出会い · ‎30代以上 · ‎中年・熟女
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻・熟女中出しSEX体験談
人妻(若妻熟女)と出会い系サイトでセフレになり不倫浮気セックスする方法
出会い系で知り合った20代の人妻と昼間に会ってきた時のガチ体験談
人妻出会い掲示板 人妻出会い系サイト 人妻出会い系サイト セフレ人妻出会い


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

エロまんが編集者Aki (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)

「失敗の無い仕事も、失敗のない人生もない」

「大丈夫」

「それを乗り越えて、人は大きく育っていくんだ」

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa