板情報 | 旅行/地域 ]

中南米ニュース掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : アヌス太郎の宿題 12(430) / 2 : メキシコ・中米・カリブニュース(490) / 3 : 南米ニュース 14(400) / 4 : ブラジルニュース 13(921) / 5 : コロンビア旅行情報(10) / 6 : アヌス太郎の宿題 11(1000) / 7 : 南米ニュース 13(1000) / 8 : バックパッカーのための国内・国際ニュース 4(414) / 9 : メキシコ・中米・カリブニュース(1000) / 10 : アヌス太郎の宿題 10(1000)
11 : コロンビアのビザを取りましょね(12) / 12 : ブラジルニュース 12(1000) / 13 : 南米ニュース 12(1000) / 14 : アヌス太郎の宿題 9(1000) / 15 : 中米・カリブニュース 9(1000) / 16 : 南米ニュース 11(1000) / 17 : アヌス太郎の宿題 8(1000) / 18 : 中米・カリブニュース 8(1000) / 19 : アヌス太郎の宿題 7(1000) / 20 : 南米ニュース 10(1000) / 21 : 亀井旅館閉館のお知らせ(33) / 22 : ブラジルニュース 11(1000) / 23 : アヌス太郎の宿題 6(1000) / 24 : 雑談(30) / 25 : 中米・カリブニュース 7(1000) / 26 : 南米旅行情報ノート(75) / 27 : 南米ニュース 9(1000) / 28 : アヌス太郎の宿題 5(1000) / 29 : ふーふの世界はわしらのもんじゃーー(91) / 30 : たかぎさんのなまず釣りと調理2(397) / 31 : 今日のおかずはナーニ?(48) / 32 : 日系企業の中米市場進出支援(2) / 33 : レナちゃんの女子大生生活(311) / 34 : バックパッカーのための国内・国際ニュース 3(1000) / 35 : アヌス太郎の宿題 4(1000) / 36 : ブラジルニュース 10(1000) / 37 : 南米ニュース 8(1000) / 38 : 中米・カリブニュース 6(1000) / 39 : アヌス太郎の宿題 3(1000) / 40 : ブラジルニュース 9(1000) / 41 : 南米ニュースの7(1000) / 42 : 中米・カリブニュース 5(1000) / 43 : バックパッカーのための国内・国際ニュース 2(1000) / 44 : ブラジルニュース 8(1000) / 45 : 南米ニュース 6(1000) / 46 : アヌス太郎の宿題 2(1000) / 47 : バックパッカーのための国内・国際ニュース(1000) / 48 : 中米・カリブニュース 4(1000) / 49 : 南米ニュース 5(1000) / 50 : ブラジルニュース7(1000) / 51 : 中米・カリブニュース 3(1000) / 52 : 南米ニュース 4(1000) / 53 : 南米で最も活躍した日本人アーティスト(5) / 54 : 中米・カリブニュース 2(1000) / 55 : 質問専用スレッド(11) / 56 : たかぎさんのなまず釣りと調理(1000) / 57 : ブラジルニュース6(1000) / 58 : 南米ニュース 3(1000) / 59 : ブラジルニュース5(1000) / 60 : 中米情報(1000)  (全部で72のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード


1 アヌス太郎の宿題 12 (Res:430)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1taro :2022/06/29(水) 08:20:35
いんちき翻訳の12です
http://www.eluniversal.com.co/
http://www.elespectador.com/noticias
この辺のニュースを適当に訳しています
よくわからないときはhttp://news.google.co.jp/news?ned=es_co&topic=n
で複数の記事を見て、適当にでっち上げています
最近はグーグル翻訳とDeepl翻訳https://www.deepl.com/translatorも使ってます

424taro :2023/01/26(木) 09:38:31
2023 1-25 proceso
野外パーティーが襲撃され7人が殺された メキシコ チマルワカン市

 メキシコシティと隣接するメヒコ州チマルワカン市で行われていた野外パーティーが武装集団の襲撃を受け、女性1人を含む7人が殺害されました。
 メヒコ州検察は1月21日未明にカジェ アルメンドロス バリオ 分ディドーレス沿いにある建物の敷地内で起きた事件の捜査を開始していると発表しています。
 近隣住民の証言によれば、深夜に口論と銃声が聞こえています。
 通報を受けて現場に駆けつけた警官たちは女性1人と男性2人が死亡してい事を確認し、負傷している男性4人を90カマス病院に搬送しましたが、4人とも助かりませんでした。
 これまでに死亡した7人のうちの6人の身元が確認されていると検察は発表しています。
 検察は現場検証や付近の監視カメラの映像を分析を進めています。

2023 1-25 EL UNIVERSAL
殺し屋2人が一家3人を銃撃し母親が負傷 メキシコシティ

 メキシコシティ グスタボ A マデロで一家3人が2人組の殺し屋に銃撃される様子を撮影した動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1618345854578094080
 動画には車から降りている母子と玄関で待っている女性が映っています。
 雇われた殺し屋と思われる男2人が白い車に近づき発砲しています。
 運転手は殺し屋に気づき車を発車させ、降りる途中であった女児と母親が走って逃げ出していますが、女児はその場で倒れ母親だけが家に逃げ込んでいます。その後女児は起き上がって走り、無事玄関にたどり着いています。
 殺し屋の1人は7発の銃弾を発射していますが、銃弾の閃光から一家を狙ったことがわかります。
 もう1人の殺し屋は1発だけ撃って逃げています。
 娘を家に入れて玄関を閉めた母親は、撃たれたようでその場に倒れています。
 事件は1月23日午後11時の数分前に起きています。


425taro :2023/01/27(金) 09:35:45
2023 1-26 El Pai's 4538,91 23,18
停戦合意後も違法武装組織による攻撃は止まない コロンビア

 先程、オンブズマン事務所はコロンビア政府と違法武装組織が停戦合意を結んだにも関わらず、違法武装組織が停戦合意を遵守していないと警告しています。
 「停戦合意後の1月1日から20日にかけて6度の暴力事件が違法武装組織により発生しており、そのうちの5つは政府と停戦合意を結んだ組織によるものでした。」とオンブズマン カルロス カマルゴは述べています。
 オンブズマンが入手した報告書によれば、暴力行為はすべてコロンビア南西部で発生しており、コロンビア革命軍(Farc)分派エスタド マヨール セントラル傘下のコマンド コールディナドール デ オクシデンテが治安部隊に対して行っています。
 停戦合意後に発生した暴力行為は以下のとおりです。
 1月3日、カウカ県北部スアレス市の警察署がFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテ傘下のハイメ マルティネス戦線の攻撃を受けました。
 1月4日、パトロール中のコロンビア海軍の部隊がバジェ デル カウカ県ブエナベントゥーラ市郊外プリマベラ村で違法武装グループに警告射撃を行っています。同地域には国民解放軍(ELN)とFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテ傘下のハイメ マルティネス戦線が存在しています。
 1月11日、カウカ県パティア市で休暇中の陸軍2等軍曹フアン ガブリエル チカノイが武装集団に拘束されました。
 1月15日、カウカ県パティア市エル オヨと呼ばれる場所で、公共交通機関で移動中の陸軍兵士3人が武装集団に拘束されました。
 同様にカウカ県バルボア市とナリニョ県パルカルパ市でもFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテ傘下のゲリラ部隊による示威行動が確認されています。
 メタ県でも準軍組織ガイタニスタス傘下のバホ イ アルタ アリアリ戦線の好ましくないとされた人々に対して社会的浄化を行うという警告が書かれたパンフレットがサン マルティン市にまかれています。
 Farc分派ホルヘ スアレス ブリセニョ戦線は、ビスタ エルモサ市ロマ リンダ村で住民たちに集会への参加を呼びかけています。
 最後にオンブズマンは「監視と検証のプロセスを確立する必要がある。」と政府に繰り返し要請しています。

2023 1-26 EL HERALDO
麻薬組織との停戦はエスコバルと協定を結んだようなものであると、コロンビアの検事総長バルボサが主張

 水曜日、フランシスコ バルボサ検事総長はコロンビア政府が犯罪組織との対話のための代表団16人を認定しているが、そのうちの4人はアメリカ合衆国から1人はスペインから犯人引き渡しの要請が来ている人物であると強調しています。
 引き渡し要請が来ている人物の告訴を取り下げる事は出来ないし、政府の要請は「パブロ エスコバルやカルテル デ カリと停戦合意を結ぶようなものである。」と検事総長は述べています。
 検事総長はアメリカ合衆国ワシントンでアメリカ合衆国司法長官メリック ガーランドとの会談の最後にこれらの発言を行っています。
 コロンビア主要日刊紙EL TIEMPOの報道によれば、引き渡し要請が来ている5人の中には犯罪組織ロス パチェンカスのボス フレディー カスティジョ カリジョ別名ピノチョとブロケ セントラル ウラバのボス ヘスス アビラ ビジャディエゴ別名チキート マロが含まれています。


426taro :2023/01/27(金) 09:36:00
2023 1-26 52 LOS ANNGELES
チャポ グスマンの息子のアメリカ合衆国引き渡しを無期限停止に メキシコ

 水曜日、メキシコの裁判所はホアキン エル チャポ グスマンの息子の1人オビディオ グスマンのアメリカ合衆国引き渡しを無期限に停止しました。アメリカ合衆国の最重要手配犯の1人であるオビディオ グスマンは、1月5日に逮捕されています。
 オビディオが拘束されているメヒコ州の第5地方裁判所は、麻薬犯として告発されているオビディオ グスマンの引き渡しの無期限停止を命じています。
 裁判官は最終的な停止を命じていますが、これは引き渡しの可能性が取り消された事を意味するわけではなく、アンパロでの裁判を終わるまで引き渡しを行わせないための法的手段です。
 
2023 1-26 LATINUS
テナンゴ デル バジェ市で発見された秘密墓地に埋められていたのはCJNGの敵対組織メンバー メヒコ州検察

 メヒコ州検察長官ホセ ルイス セルバンテスは、1月13日にテナンゴ デル バジェ市にあるパーティー会場の地下から見つかった秘密墓地に埋められていたのは犯罪組織のメンバーと推測されると発表しました。
 殺害され埋められたのは犯行グループと対立する犯罪組織のメンバーの可能性が高いとセルバンテスは説明しています。
 「彼らは犯罪組織のメンバーであり、この犯罪組織を壊滅させるためにやってきた組織により殺害されたという仮説を持っています。」と長官は述べています。
 今現在、発見された犠牲者たちが誘拐事件の被害者である兆候はありません。
 国家防衛省(Sedena)のルイス サンドバル国防大臣は、見つかった死体は10体以上であると先週火曜日に発表しています。
 大臣はアンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領の定例会見の場で、「これまでに42袋に入れられていた複数の死体が確認されており専門家たちは最大10体の死体があると報告しています。」と述べています。
 1月10日、テナンゴ デル バジェ市でカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のメンバー4人が逮捕され、逮捕者の自供に基づき秘密墓地が発見されました。


427taro :2023/01/28(土) 09:36:51
2023 1-27 EL HERALDO 4531,75 23,18
サンタ マルタのショッピングセンターで強盗事件、2人が殺される コロンビア マグダレナ県

 マグダレナ県の県都サンタ マルタ市で2人の男性が強盗と思われる男に殺害されました。
 強盗に抵抗して殺害されたのはファビオ ウンベルト ネイラ ピコンで、もうひとりの身元不明の男性は強盗と銃撃戦の末に殺害されています。
 事件は木曜日の午後にサンタ マルタ市中心部にあるプラド プラサショッピングセンターの地下駐車場で起きています。
 警察によれば、被害者は銀行の支店で大金を降ろして、警備員として働く事務所に入ろうとしたところを強盗に襲われています。強盗はバッグを渡すよう命じましたが、男性は拒絶し銃殺されています。その後、その場にいた別の男性と強盗が銃撃戦となり、男性1人が撃ち殺されています。
 現在警察が監視カメラの映像の分析や事件現場周辺での聞き込み捜査を続けています。
 強盗が奪おうとした現金は、死体のそばに残されていました。

2023 1-27 CARACOL RADIO
クラン デル ゴルフォが誘拐していた元Farcゲリラ2人を解放 コロンビア アンティオキア県

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォがアンティオキア県北部イトゥアンゴ市郊外で誘拐していたコロンビア革命軍(Farc)主流派の元ゲリラ ウイルソン アントニオ オケンドとイェイソン ドゥバン オケンドを開放しました。
 ネットにはクラン デル ゴルフォの武装集団が、2人を赤十字国際員会の人道ミッションに引き渡す様子を撮影した動画が上がっています。2人は無事解放されました。
 従兄弟のウイルソンとイェイソン オケンドは、4日間に渡りクラン デル ゴルフォに拘束されていました。イトゥアンゴ市周辺では、治安部隊による捜索・救出作戦が実施されていました。
 赤十字国際委員会のメデジン市地域代表イグナシオ サン ロマンは、「わたしたちの中立的人道的活動を信頼してくれた関係者に感謝します。引き渡された2人は元気です。」と語っています。
 Farc主流派はコロンビア革命軍(Farc)から合法政党コムネス党に生まれ変わっています。コムネスは解放された2人について、1人は農民プロジェクトに参加し、社会・経済復帰のために働いていると強調しています。
 また我々は2人が違法組織に関係しているというクラン デル ゴルフォの主張については知らないし、事実を解明するのは当局の責任であると、コムネスは指摘しています。
 2019年11月の和平合意以降、Farc主流派の元ゲリラは356人殺害されており、コムネスは元ゲリラの安全保障を国や県に求めています。


428taro :2023/01/28(土) 09:37:01
2023 1-27 EL UNIVERSAL
犯罪組織ウニオン テピートの地域ボス通称ティオ ベトが逮捕された メキシコシティ

 メキシコシティ検察はメキシコシティ中心部で誘拐や商店主たちへの恐喝を繰り返す犯罪グループのボス、ルイス アルベルト コントレラス別名エル ティオ ベトを逮捕したと発表しました。エル ベトはみかじめ料の支払いを拒絶する商店主に対する暴力行為を命じていました。
 逮捕命令を受け作戦部隊がイスタパラパのアクルコ区にある建物内でエル ベトを逮捕しています。エル ベトが逮捕された建物内からは、コカイン599パケ、マリファナ400パケが押収されています。
 
2023 1-27 UNOTV.COM
保護された違法移民67人のうちの57人が少年少女だった メキシコ チワワ州

 メキシコ内務省・入国管理局 (INM)はトラックに乗りアメリカ合衆国に向かうグアテマラ人移民67人を、チワワ・シウダ フアレス街道で発見保護しています。保護された67人のうちの57人は少年少女でした。
 57人は14歳から17歳の未成年者で、少年43人少女14人で、同伴者はいません。その他は8人の成人と母と娘の家族2人です。保護された67人全員がメキシコに不法入国していました。
 チワワ・シウダ フアレス街道の311kmから315kmの間に国家防衛省(Sedena)の支援を受けて設置された入管検問所で、トラックに乗った67人が見つかっています。
 母娘と同伴者のいない未成年者はチワワ州児童青年保護課に引き渡され、67人を運んでいたトラック運転手は検察に引き渡されています。


429taro :2023/01/29(日) 09:16:59
2023 1-28 NOTICIAS CARACOL 4548,50 23,18
刑務所から出所したばかりの男が10歳女児を殺害 コロンビア ウイラ県

 ウイラ県ピタリート市で10歳女児マリア カミラ プラサスが2日前に刑務所から出所したばかりの男に強姦されそうになり抵抗し殺害されました。
 男は女児の自宅に暴力的に侵入し、女児の祖母を負傷させています。
 女児を殺害したのは性暴行事件でボゴタ市で逮捕されピタリート市の刑務所に収監されていたジョナタン フランシスコ タピアス27歳です。
 マリア カミロの自宅に侵入したジョナタンはマリアに襲いかかり抵抗され、背中を4回刺して殺害しています。マリアを助けようとした祖母もジョナタンに負傷させられています。
 ウイラ県警司令官グスタボ アドルフォ カマルゴ大佐は女児の家族に連帯を表明し、「性犯罪で服役していた刑務所から2日前に出所したばかりの男が、10歳女児を卑劣に殺害したことを激しく非難します。」と述べています。
 「警察パトロール隊と捜査班の迅速な対応により、橋の下に隠れていた容疑者を逮捕する事ができました。」と大佐は付け加えています。
 「私たちは彼を法の下に引きずり出すために必要なことをすべて行います。」と強調しています。
 マリア カミロ プラサスの家族は、「罪のない天使の命を奪った。」と述べ、正義が行われる事を求めています。

2023 1-28 EL UNIVERSAL
強盗の流れ弾で女性1人が死亡 コロンビア バランキージャ市

 重武装をした2人組の殺し屋がアトランティコ県の県都バランキージャ市ラス ニエベス地区にある民家に侵入し、ロサルバ エステル ゲレロ フレイテの命を奪っています。
 1月27日金曜日の午後、カジェ 24と23番通りの交差点にある民家を改造したレストランに2人乗りのバイクでやってきた殺し屋が侵入し、銃を乱射しています。
 バランキージャ市警によれば、殺し屋の標的はホセ ルイス イバルゲン ロドリゲス35歳と16歳の少年で、負傷した2人はへネラル バランキージャ病院に搬送されて治療を受けています。
 殺し屋の銃弾はレストラン内に居合わせたロサルバ エステル51歳に命中し、その場で死亡しています。警察によれば、死亡した女性は殺し屋の標的ではなく、流れ弾が命中し死亡しています。
 犯行後、殺し屋2人はバイクで逃亡しています。警察はレストランのオーナーに対する脅しの可能性も含め捜査を開始しています。


430taro :2023/01/29(日) 09:17:10
2023 1-28 Noticiero Digital
120のNGO組織が国連にマドゥロ政権による弾圧を訴える ベネスエラ

 ベネスエラの120以上のNGO組織が国内及び国際社会に対して、チャビスタ政権がNGO組織に対する新法を通じて弾圧を最高度レベルに高めようとしていると訴えています。
 NGOグループは記者会見の場で新法の法案が一回目の審議で承認された事により、マドゥロ政権が市民的空間の閉鎖とNGOや人権活動家を犯罪化、弾圧しようとしていると非難する声明を発表しました。
 この声明は木曜日に行われた会議で、国連人権高等弁務官フォルカー トゥルに手渡されています。
 ラボラトリオ デ パスの代表レクシス レンドンはNGO団体の犯罪化は、新法のごく一部でしかないと指摘し、マドゥロ政権はベネスエラ国民すべてを支配しようとしていると訴えました。
 
2023 1-28 EL FINANCIERO
麻薬王エル マヨ サンバダの画像が公開された メキシコ 

 イスマエル エル マヨ サンバダはメキシコで最も有名な麻薬組織のボスの1人であり、40年以上の犯罪歴の中で一度も逮捕された事がありません。
 エル マヨはアメリカ合衆国の最重要手配犯の1人であり、エル マヨの逮捕につながる情報には150万ドルの懸賞金がかけられています。
 出回っているエル マヨの写真は数十年前のもので、彼の現在の姿は不明でした。
 しかし2022年がSedenaがハッキングされエル マヨの画像が複数流出しています。
 エル マヨの最新未発表に画像は、古い画像と比較して額の後退が顕著で、皮膚に老化の影響が見られます。
 専門家によれば、エル マヨ サンバダはメキシコの他の麻薬組織のボスと比較して控えめな態度で、暴力を使うことも住民を攻撃することもほとんどありません。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 メキシコ・中米・カリブニュース (Res:490)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1taro :2021/10/01(金) 05:40:14
メキシコ・中米・カリブニュースの11です

484taro :2023/01/25(水) 05:33:36
メキシコのトウモロコシ輸入制限、米が「深刻な懸念」表明

[ワシントン 23日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のタイ代表は23日、メキシコ当局者との会談で同国の農業分野におけるバイオテクノロジー政策に「重大な懸念」を伝えたと明らかにした。

メキシコによる米国からの遺伝子組み換えトウモロコシの輸入制限を巡り、両国の対立は深まっている。メキシコのロペスオブラドール大統領は2020年、健康への懸念を理由に遺伝子組み換えトウモロコシや農薬を使ったトウモロコシの輸入を24年までに段階的に制限する考えを示した。

米当局者はこの問題を協議するためメキシコを訪問。タイ代表は声明で「この問題が解決されなければ、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に基づく権利を行使するための正式な措置を含め、全ての選択肢を検討する」と述べた。

「メキシコが示している方針は科学に基づいておらず、数十億規模の二国間農産物取引を混乱させ、米国の農家とメキシコの家畜生産者に深刻な経済的打撃を及ぼし、生産者の気候・食糧問題への対応を後押しする重要なイノベーションを制限する」と指摘した。

メキシコは米産トウモロコシの主要輸入国で、毎年約1700万トンがメキシコに出荷されるが、その大半が遺伝子組み換えトウモロコシで飼料用に使われている。メキシコは飼料用の遺伝子組み換えトウモロコシの輸入を継続するとしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/194fafe75a0f1a7156b22606cbb9a35360071463


485taro :2023/01/25(水) 05:35:05
グアテマラのA・コロン氏死去 元大統領

 アルバロ・コロン氏(元グアテマラ大統領)現地からの報道によると、23日、食道がんのため死去、71歳。96年まで続いた内戦以降、初の左派系大統領として08~12年に政権を率いた。

 51年、グアテマラ市生まれ。大学卒業後、縫製会社などの起業を経て政治の世界へ。01年に国民希望党を設立し、3度目の挑戦となる07年大統領選で当選を果たした。

 18年に在任中の公金横領容疑などで逮捕され、自宅軟禁下で裁判を待つ身だった。(ロサンゼルス共同)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2382bb7e132713061cdf4fbeb50ba5a139920f1


486taro :2023/01/26(木) 06:16:30
焦点:記者殺害が過去最多のメキシコ、報道されない「沈黙」地域も
https://jp.reuters.com/article/mexico-violence-media-idJPKBN2U309A

[メキシコ市 21日 ロイター] - 2022年2月10日木曜日、日没からまもない頃、メキシコ南部でジャーナリストのヘベル・ロペス・バスケス氏(42)が運営する小規模なラジオ収録スタジオに、2人の男が白のピックアップトラック「ダッジ・ラム」で乗りつけた。1人が車を降り、スタジオに入ってロペス氏を射殺した。ロペス氏の兄弟によれば、一緒にいたのは息子のオスカル君(12)だけで、身を隠して助かったという。

米ニューヨークで活動する人権擁護団体「ジャーナリスト保護委員会(CPJ)」は、メキシコで2022年、ロペス氏を含む13人のジャーナリストが殺害されたとしている。同国では過去最悪の記録だ。CPJによれば、戦火の下で昨年15人の記者が命を落としたウクライナを除けば、メキシコはジャーナリストにとって世界で最も危険な国ということになる。

事件の前日、メキシコ南部オアハカ州を拠点にオンラインで2つのニュースサイトを運営するロペス氏は、再選を目指す地元の政治家アルミンダ・エスピノーサ・カルタス氏が不正を行ったと告発する記事をフェイスブックで公開していた。

ロペス氏が銃弾に倒れた後、近くにいたパトロールカーが通報を受け、問題のピックアップトラックを停止させ、2人の男を逮捕した。そのうちの1人は、ロペス氏の記事で取り上げられた政治家エスピノーサ氏の兄弟であることが後に判明した。

ロペス氏殺害に関してエスピノーサ氏は起訴されていない。複数回にわたりエスピノーサ氏にコメントを求めたが回答は得られなかった。記事にある不正行為への関与について、これまでに同氏がコメントした記録は見当たらない。

エスピノーサ氏の兄弟ともう1人の男は引き続き拘置されているが、まだ裁判は始まっていない。容疑者2人の弁護士にも複数回コメントを要請したが、回答はなかった。

オアハカ州のベテランジャーナリスト、ヒラム・モレノ氏は「すでに麻薬取引と政治腐敗を取材するのは止めた自分だが、それでもロペス氏の死には震え上がる」と語る。モレノ氏は2019年、地元の犯罪組織による麻薬取引について記事を書いた後、3回の銃撃を受け、脚と背中を負傷した。襲撃犯は判明していない。「政府は当てにできない。身を守るには自己検閲しかない」

これはメキシコ全土で見られる恐怖と威圧のパターンだ。メキシコでは何年にもわたり、暴力犯罪が起きても訴追されない状況が見られ、研究者らが「サイレンス・ゾーン」と呼ぶ、殺人と政治腐敗を防げず、報道もされない地域が生まれている。

「サイレンス・ゾーンでは、生活を送るための基本的な情報にアクセスできない」と語るのは、CPJメキシコのヤン・アルバート・フーツェン代表。「政治腐敗の捜査が行われないから、誰に投票すべきか分からない。どの地域で暴力犯罪が起きているのか、何を言ったら大丈夫で、何を言えば危険なのかも分からない。だから、口を閉じるしかない」

ロペスオブラドール大統領の報道官にメディアへの攻撃についてコメントを求めたが、回答は得られなかった。


487taro :2023/01/26(木) 06:16:52
CPJでは、メキシコにおける「麻薬戦争」が2006年に始まって以来、133人の記者が報道や取材に関連した動機により殺害され、これとは別に動機不明の殺害が13人あったと判断している。メキシコではこの時期、36万件以上の殺人事件が記録されている。

国境なき記者団などの人権擁護団体や地元ジャーナリスト10人は、かつてはそれほど殺伐としていなかったオアハカやチアパスなどの地域でも、近年はジャーナリストへの攻撃が拡大しており、情報を十分に得られない地域がメキシコ国内で増えていく恐れがあると述べている。

2021年半ば以降、太平洋に面した港を持つオアハカ州サリナクルスで殺害されたジャーナリストは、ロペス氏が2人目だ。サリナクルスは、メキシコ湾から太平洋までの距離が最も近くなる狭いテワンテペク地峡に位置し、治安アナリストなどによれば、フェンタニルやメタンフェタミンといった薬物の原料となる化学物質の荷揚げ拠点になっているという。

ロペス氏はエスピノーサ氏に関する記事を何本か書いているが、最後の記事では、サリナクルス港の防波堤を建設している企業に対し、エスピノーサ氏再選のために投票しなければ解雇すると従業員を脅すよう同氏が働きかけたという疑惑に触れていた。

サリナクルス港は、ロペスオブラドール大統領の看板政策であるメキシコ南部開発プロジェクトの1つ、「大洋間回廊(インターオーシャニック・コリドー)」の一翼を担っている。

テワンテペク地峡で犯罪の取材に当たっているホセ・イグナシオ・マルティネス記者や、ロペス氏のジャーナリスト仲間9人は、ロペス氏の殺害以来、「回廊」プロジェクトや麻薬取引、犯罪組織と州の癒着について切り込む記事の公開には神経を使うようになっている、と語る。

報復を懸念して名称を伏せることを条件にロイターの取材に応じたあるサイトは、「回廊」についての調査は行ったが、ロペス氏殺害以降、記事を公表するのは安全ではないと感じていると語った。


488taro :2023/01/26(木) 06:18:46
ロペスオブラドール大統領の報道官に「回廊」プロジェクトに関連する政治腐敗疑惑についてコメントを求めたが、回答は得られなかった。

<「メカニズム」と呼ばれる保護制度>

2012年、メキシコ政府は「人権活動家・ジャーナリストの保護に関するメカニズム」を創設した。

単に「メカニズム」と呼ばれるこの仕組みは、ジャーナリストに対し、緊急通報ボタンや監視装置、警察による自宅巡回、武装警備員や転居あっせんといった保護措置を提供している。だがCPJによれば、2017年以降、「メカニズム」に加入していた記者9人が殺害されている。

ジャーナリストと人権活動家は「メカニズム」による保護を申請することができる。「メカニズム」では、人権擁護団体やジャーナリスト、非営利団体の代表者、さらには理事会を構成する政府省庁の当局者と協力して、申請者の状況を評価する。分析によれば、保護を申請すれば誰でも認められるとは限らない。

現在、「メカニズム」の加入者は1600人。そのうち500人がジャーナリストだ。

殺害されたジャーナリストの1人が、グスタボ・サンチェス氏だ。2021年6月、オートバイに乗った殺し屋に至近距離から撃たれて亡くなった。サンチェス氏は政治家や犯罪組織に批判的な記事を書き、2020年の暗殺未遂を切り抜けた後、3度目となる「メカニズム」加入を決めた。だが、同氏のもとに保護は及ばなかった。

当時のオアハカ州検察は、捜査ではサンチェス氏による地元の選挙に関する報道が主たる殺害動機とされるだろうと述べていた。この事件では誰も起訴されていない。

メキシコの人権委員会はサンチェス氏殺害を機に、当局の不手際について100ページから成る調査報告を作成した。この報告書は「証拠により、少なくとも公務員15人の怠慢、遅延、過失、義務不履行が判明した」と指摘した。


489taro :2023/01/26(木) 06:18:56
内務省人権擁護局のエンリケ・イラソケ局長は、「メカニズム」もこの調査結果を受け入れていると言うが、保護の遅れについては地元当局の責任を強調している。

ロイターの取材に応じた政府及び市民団体関係者15人は、問題の大きさを考えれば、「メカニズム」の予算・人員は少なすぎると話している。イラソケ局長もこれに同意しつつ、40人体制だった「メカニズム」の職員が、昨年に70人体制へと増員されたことを指摘する。2022年に2000万ドル(約26億円)だった予算は、2023年は約2880万ドルに増えた。

イラソケ局長は、予算の不足に加えて、地方当局、州政府及び裁判所がもっと動く必要があるが、政治的な意志が欠落していると話す。

イラソケ局長はロイターによるインタビューの中で、「『メカニズム』があらゆる問題を引き受けているが、問題は連邦レベルではなく、地方レベルで起きている」と語った。

同局長は、何よりも必要なのは有罪判決の増加であるとし、公務員にとって、法に則った処罰がないことが腐敗を助長しているからだと説明した。

「メカニズム」を監督する内務省がまとめた2021年の報告書では、ジャーナリスト殺害が処罰を免れた比率は約89%とされている。この報告書によれば、ジャーナリストに対する暴力として最も多いのは地方公務員によるもので、犯罪組織によるものを上回っている。

ジャーナリストのパトリシア・マヨルガ氏は「最大の敵は武装集団と犯罪組織だと思うだろう」と言う。同氏は政治腐敗を取材した後、メキシコを脱出した。「だが実際には、そうした組織と州当局者の癒着こそが問題なのだ」

イラソケ局長は、殺害されたメキシコ人ジャーナリストの多くが規模の小さな独立系のデジタルメディアで働いており、フェイスブック上でのみ記事を公開している場合もあったと指摘し、彼らの記事は地元の政治問題に深く切り込んでいたと話す。

ジャーナリスト殺害における州政府・地方政府の関わりや、犯罪組織との癒着という疑惑について、メキシコの全国市長会(ANAC)、全国知事会議(CONAGO)にコメントを求めたが、回答はなかった。

ロペスオブラドール大統領は、頻繁にメディアを槍玉にあげ、記者たちが政権に批判的であると非難し、 毎日の記者会見の中で週に1回、「今週の嘘」を取り上げる時間を設けている。殺人を非難する一方で、反対勢力が同大統領の信用を失墜させるために暴力事件を利用していると攻撃している。

イラソケ局長は、ロペスオブラドール大統領の言葉による攻撃がジャーナリストへの暴力を助長している証拠はないと言う。大統領の報道官はコメントの要請に応じなかった。

ジャーナリストのロドルフォ・モンテス氏は「まったく何という生活だろう」と言いながら、自宅の監視カメラが送ってくる映像を注視する。自宅では、同氏が2017年に初めて参加した「メカニズム」が設置した監視カメラが、車庫、街路、玄関先を見張っている。

数年前、ある麻薬カルテルが脅迫の印に弾丸をドアの下に挟んでいった。以来、モンテス氏は常に緊張している。部屋の隅に置かれた文書箱には、10年にわたり送られてきた脅迫状がまとめられている。ほんの数日前には24歳の娘まであるカルテルから脅迫を受けたというモンテス氏は、携帯電話に視線を落とし、「生きてはいるけれど、死んでいるようなものだ」と話した。

(Sarah Kinosian記者、翻訳:エァクレーレン)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」


490taro :2023/01/29(日) 06:17:45
ハイチ、警察官らが首相宅襲う 治安悪化に抗議のデモ

 【ロサンゼルス共同】カリブ海の島国ハイチからの報道によると、首都ポルトープランスで26日、多くの警察官がギャングに殺害されているとして警察官らが政府の無策に抗議するデモを行い、アンリ首相宅や空港を襲うなど混乱が広がった。外遊先から戻った首相は空港で一時足止めされたが、その後帰宅した。

 ハイチではギャングが強い影響力を持ち、治安が極度に悪化。地元の人権団体によると、首相が就任した2021年7月以降、殺害された警察官は78人に上っている。

 27日は大きな混乱がないもようだが、学校は休校を決め、各国大使館も外出自粛を自国民に呼びかけた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed8b99e9f7069ce18384159d297004760d22fd07


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 南米ニュース 14 (Res:400)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1taro :2022/03/10(木) 05:19:27
南米ニュースの14です

394taro :2023/01/26(木) 05:50:49
https://www.afpbb.com/articles/-/3446804?page=2

■救出作戦

 プリミティーボ・サンツアリオスは、馬術界で知り合った友人同士、パブロ・アモリン(Pablo Amorin)さんとマルティン・エッロ(Martin Erro)さんによって約3年前に開設された。2人はこれまでに250頭余りの馬を救出し、国内数十か所の農場に引き渡してきた。

 アモリンさんはAFPの取材に対し、不要となった馬を国内各地から集めて太らせてから食肉処理業者に販売している畜産農家と連絡をとっていると説明した。初めは「処理施設に行って直接馬を買おうとしたが、断られた」という。

 そこで立ち回り方を変えた。馬を購入するだけの資金や場所が用意できたら、畜産農家に次の出荷がいつになるかを聞き、自分たちが何頭買いたいのかを伝えるようにした。畜産農家は快く支援してくれるという。

■「大部分が冷蔵庫行き」

 ウルグアイは「牛の国」だ。主要輸出品は牛肉で、人口350万人の1人当たりの飼育数は3頭を超えている。これは世界で最も多い。

 一方、馬の飼育数は約50万頭で、人口7人当たり1頭となっているとウルグアイ馬獣医学協会(Uruguayan Equine Veterinary Association)は説明した。

 また、ウルグアイ食肉協会(INAC)によると、21年に食肉処理された馬は5万8152頭で、前年比61%増と、過去10年間で最多となった。

 INACによると、21年の馬肉輸出量も増加し、輸出額は約2880万ドル(約37億円)に達した。22年の輸出はさらに拡大している。

 ウルグアイでは牛肉は安価で、馬を食べることは冒涜(ぼうとく)的な行為とされている。しかし、ウルグアイ産の馬が海外で食べられているという事実は公然の秘密だ。

 人類学者のグスタボ・ラボルデ(Gustavo Laborde)氏はAFPの取材に対し「私たちの文化において、馬は象徴的な価値を持っている」と述べた。

 しかし、馬を「気高い動物」と見なす一方で、「大部分の馬が冷蔵庫行き」という現状に目をつぶり、馬肉を嫌厭(けんえん)するのは「偽善的な行為」だと、ラボルデ氏は批判した。(c)AFP/Gabriela VAZ


395taro :2023/01/26(木) 06:22:21
南北格差克服へ中南米結束を アルゼンチン大統領が演説

【ニューヨーク=平田雄介】中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)は24日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで首脳会合を開いた。議長国アルゼンチンの左派フェルナンデス大統領は、ロシアのウクライナ侵略後の食料危機を踏まえ「北半球でミサイルが飛び交う中、南半球では飢餓が深まっている」と演説し、南北格差を克服し地域の発展を促すための加盟国の結束を呼びかけた。

フェルナンデス氏はウクライナ侵略について「私たちの経済を危機に陥れた」と強調。物価高などの余波に苦しむグローバルサウス(南半球を中心とした途上国)の一角として、南北格差への不満を表明した形だ。会合には加盟33カ国などが参加し、「加盟国の多様性を促し、地域統合も進める」との文書を全会一致で採択した。

CELACは2011年、米国の影響力が大きな中南米の自律性向上を目指し、反米左派政権のベネズエラが主導して設立された。近年は中国の影響力拡大が指摘されており、今回も習近平国家主席が「CELACは途上国の連帯を強化し協力を推進する上で重要なパートナーだ」とビデオメッセージを寄せた。米国は今回初めて代表団を派遣しオブザーバー参加した。

右派ボルソナロ前大統領の下で参加を見合わせていた地域大国ブラジルからは左派ルラ大統領が出席した。フェルナンデス氏は「CELACは完全になった」とブラジルの復帰を歓迎し、暴徒化したボルソナロ氏の支持者がブラジルの議会と大統領府、最高裁を襲撃した事件を「民主主義が危機にさらされている」と非難した。ルラ氏は「反民主主義的な行為を否定する側に立ってくれた全ての人に感謝したい」と述べた。

ルラ氏は経済規模で南米2位のアルゼンチンと関係を強化し、中南米の地域統合を促す方針。23日には米ドル依存を低減する目的でブラジルとアルゼンチンの共通通貨創設構想を発表した。ただ、メキシコのロペスオブラドール大統領が24日、「(構想が事実なら)同意しないだろう」と述べるなど、必ずしも理解を得られていない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7662d48dd0905804e085dcabb9b1ab48134387ec


396taro :2023/01/26(木) 06:23:00
ペルー政治混乱収拾見通せず 大統領はデモ隊が原因と主張

リマ、ペルー、1月25日 (AP) ― 政情不安が続く南米ペルーの首都リマで1月24日、大統領の即時退陣を要求する数千人のデモ隊と治安部隊が、数時間にわたり衝突、双方に多数のけが人がでた。
 ペルーでは昨年12月、ペドロ・カスティジョ大統領(当時)が、弾劾を阻止するため議会を解散させようとしたが逆に解任・投獄され、ディナ・ボルアルテ副大統領が新大統領として就任した。
 カスティジョ前大統領が投獄されてからの数週間に、大きなうねりとなった農民を主体とした反政府デモで、少なくとも56人が死亡、警官90人が負傷した。
 ボルアルテ大統領は繰り返し「国家的休戦」を呼び掛けるが、その一方で政治的暴力の原因はデモ隊にあるとし、違法鉱山労働者、麻薬密売人、密輸業者が「準軍事組織」を結成して、政治的利益のために混乱を招いていると主張。
 また、全国の道路が封鎖され、インフラに被害がでており、10億ドルを超える生産損失が発生していると反政府デモを糾弾している。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d85787cb6e277320f984265f6c0bab69f8415b10


397taro :2023/01/26(木) 06:23:39
ペルー大統領、「政治的休戦」呼びかけ 首都で再び大規模デモ

[リマ 24日 ロイター] - ペルーのボルアルテ大統領は24日、カスティジョ前大統領の罷免と拘束を発端とする抗議活動が続いていることを受けて、「政治的な休戦」を呼びかけた。首都リマでは大規模なデモが再び繰り広げられ、目撃者によると、参加者の一部が警察と衝突した。

テレビの報道によると、一部のデモ参加者と警察官が軽傷を負った。市中心部で混乱した状態が数時間続いた後、沈静化した。

12月から続いているデモではこれまでに50人以上の死者が出ている。

ボルアルテ氏は、カスティジョ氏が政治の二極化をあおったと批判。また、麻薬密売、天然資源の違法採掘、密輸に関わる「過激派」が原因でデモが時に暴徒化しているとの見解を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d9d72fa19ca9a3cf49eb15cfbdccb1cab7aeada


398taro :2023/01/27(金) 06:03:36
ボルアルテ大統領の弾劾動議、ペルー左派議員団が提出

[リマ 25日 ロイター] - ペルーの議員団は25日、就任から1カ月余りのボルアルテ大統領について、「道徳的に不適格」として弾劾を求める動議を提出した。

同国ではカスティジョ前大統領の罷免と拘束を発端とする抗議活動が続いている。

ロイターがコピーを確認したこの動議は、カスティジョ氏を支持する28人の左派議員によって署名された。動議提出には最低でも20%に当たる26人の署名が必要だった。

また、動議を審議するには52の賛成票が必要で、議会では3分の2の支持を得なければならない。

動議は「ペルー史上、わずか1カ月の統治期間中に抗議活動で40人以上が死亡した政府はない」と指摘。ボルアルテ氏が武力の乱用と不相応な行使を許したなどと非難している。

大統領府からは今のところコメントを得られていない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a71c50311b043f76836d7cd01c50c3973a238bc3


399taro :2023/01/27(金) 06:04:11
米州機構、ペルー大統領に対する「全面的な支持」表明

[25日 ロイター] - 米州機構(OAS)の常任理事会は25日、ペルーのボルアルテ大統領に対する「全面的な支持」を表明した。

ペルーではカスティジョ前大統領の罷免と拘束を発端とする抗議活動が12月から続いており、デモによってこれまでに50人以上の死者が出ている。

常任理事会にオンラインで参加したボルアルテ大統領は、ペルー議会に対し「可能な限り」早期の選挙を承認するよう要請したと述べた。

議会は、選挙を2026年から24年4月に前倒しすることを認める最終投票を行う予定だが、数週間に及ぶ社会不安で死者が増えるにつれ、選挙をさらに前倒しするよう圧力が高まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/12f8d6bac326e3b4f8957565d6705bf02d8125a7


400taro :2023/01/29(日) 06:16:28
ペルーでバス転落25人死亡 多くはハイチ難民か

反政府デモが激化する南米ペルーで、政情不安が続くハイチから逃れてきた乗客ら60人を乗せたバスが高速道路から転落し、少なくとも25人が死亡しました。

 28日、ペルー北部のパンアメリカンハイウェイを走行していたバスが急カーブでコトントロールを失い、10メートルほど下の谷底へ転落しました。

 通常のルートが反政府デモで封鎖されたため、事故があった道路を走行していました。

 乗客ら60人のうち少なくとも25人が死亡し、多くは人道危機が続くハイチから逃れてきた難民とみられています。

 ハイチでは2010年の大地震以降、混乱が続いていて、首都の大部分はギャングに制圧されています。

 26日には警察官がギャング対策を求めて抗議デモを行い、首相の自宅を襲うなど無政府状態に近くなっています。

テレビ朝日

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a89cdd85f6eb3b73351da4e4bde1ffd7b476ffe


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 ブラジルニュース 13 (Res:921)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1taro :2020/05/03(日) 04:33:05
ブラジルニュース の13です

915taro :2023/01/28(土) 05:47:03
ブラジル、グリーン債の発行計画 環境保護で投資誘致へ=高官

[ロンドン 26日 ロイター] - ブラジル財務省高官は26日、環境に配慮した事業への投資を誘致するため、同国初となるグリーン債の発行を計画していると明らかにした。

ボルソナロ前政権下で財務省は2021年、ESG(環境・社会・企業統治)基準に基づく国債発行に向けた枠組み構築を発表した。ただ、ボルソナロ大統領の環境関連政策が世界的に批判される中、実現しなかった。

同省の公的債務部門責任者ルイス・フェリペ・バイタル氏はイベントで「(グリーン債発行には)残念ながら他の国より時間がかかっている」とした上で、「今後興味深いことを発表できると思う」と述べた。

「ブラジルは環境問題を重視している」と強調し、環境分野に関連した債券発行で市場に復帰することを期待していると説明した。

ルラ大統領はグリーン経済への移行を政策の中心として掲げており、新政権が環境保護に力を入れると期待されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/df92ff56ebb3cb2224c8895fd9daaf717267592d


916taro :2023/01/28(土) 05:47:32
ブラジルのペトロブラス、新CEOに元上院議員

[リオデジャネイロ 26日 ロイター] - ブラジル国営石油ペトロブラスは26日、新たな最高経営責任者(CEO)としてルラ大統領が指名した元上院議員のジャン・ポール・プラテス氏を取締役会が全会一致で承認したと明らかにした。

プラテス氏は長年エネルギー業界でコンサルタントを務め、その後、政治家に転身。上院議員を4年間務めた。政治家がペトロブラスの幹部職に就くのは数年ぶり。

プラテス氏には、再生可能エネルギー事業への戦略的転換を果たし、精製部門の投資を再開することが期待されている。

ただ、市場はプラテス氏が燃料価格に関する方針を大幅に変更する可能性があるとして懸念している。現在、国内の燃料価格は国際市場に連動して決められているが、ルラ大統領は繰り返し批判している。また、投資家は配当方針について懸念している。最近のペトロブラスの配当は高額になっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b4dc3f29ec53df718d7b4b3367daff7502544fdb


917taro :2023/01/28(土) 05:47:59
ブラジル財務省、債務増加を予想 「財政均衡へのコミット不可欠」

[ブラジリア 27日 ロイター] - ブラジル財務省は26日、公的債務残高が今年最大14%増加すると表明、債務状況の改善には財政均衡へのコミットメントが不可欠だと強調した。

同省は今年の公的債務目標を6兆4000億─6兆8000億レアルに設定。昨年は5兆9510億レアル(1兆2000億ドル)だった。

8期連続でプライマリーバランス(基礎的財政収支)が赤字になり、短期間で返済期限を迎える債務が増えたことや、新型コロナウイルスの流行で2020年の短期債発行が拡大したことが背景。

同省は「このシナリオでは、債券発行拡大に向けて市場で好ましい条件を確立し、連邦政府の債務状況の改善を促すには、財政均衡へのコミットメントが不可欠になる」と表明した。

債務の平均満期は今年3.8─4.2年となる見通し。昨年は3.9年だった。今後1年で返済期限を迎える債務の比率は今年19─23%となる見通し。昨年は22.1%だった。

政府は新たな歳出ルールを4月までに公表する方針を示しており、市場の関心が集まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00e0d25a47ba4eedcf62dceb03713af3fe342fe4


918taro :2023/01/29(日) 06:12:10
ブラジルで一家10人殺害 農場乗っ取りたくらむ

 【サンパウロ時事】ブラジルの首都ブラジリア近郊で農場暮らしの男性の一家10人が次々と拉致されて殺害される事件があり、警察当局は27日、容疑者の男5人を逮捕したと発表した。犠牲者には6歳と7歳の子供計3人が含まれていた。相続権を持つ家族を根絶やしにすることで、農場乗っ取りを狙っていたとみられる。

 地元メディアによると、事件は昨年12月28日から1月15日にかけて発生。容疑者らはマルコス・オリベイラ氏(54)が住む、200万レアル(約5000万円)の価値がある農場を奪おうと同氏と妻や娘、独立していた息子一家5人を次々と誘い出して銃や刃物などで殺害。さらに、家を売ってまとまった現金を手にしていたオリベイラ氏の前妻と娘まで手にかけた。
 容疑者のうち2人はオリベイラ氏の招きで農場で暮らしていた。また、1人は未成年という。捜査責任者は「27年間警察にいるが最悪の事件の一つだ。ブラジリアでこんなことがもう起きないよう望む」と述べた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2023012800265&g=int


919taro :2023/01/29(日) 06:13:51
え!空母サンパウロ、返品されてきたの?! どうすんだよこの船… ブラジルで大問題に

原因はアスベスト! トルコ政府が引き取りを拒否

 2022年下半期からブラジルでは、とある漂流船が問題になっています。それは元空母の「サンパウロ」です。同艦は廃棄することになり、2019年9月に解体業務を請け負うトルコの会社が買い取ったはずですが、なぜか今、ブラジルのペルナンブコ州沖をさまよっているとのこと。一体なぜこんなことになったのでしょうか。

 権利が移った後、確かに同艦は、トルコのイズミルへ向かっていました。しかし途中で、トルコの野党や環境団体が、同艦の受け入れ拒否運動を展開します。理由は、サンパウロの断熱材に健康被害をもたらすとされているアスベストが数トン使われていたためです。

「サンパウロ」に使用されているアスベストの正確な量をめぐっては今も論争が続いているそうですが、この抗議運動を受け、2022年8月、トルコのムラト・クルム環境・都市計画・気候変動相は、同艦が2回目の含有物検査を受けなかったことを理由に、「トルコ領海への進入は認められない」と受け入れを拒否。ブラジルに帰ることになりましたが、ブラジル側も同艦の寄港を拒否し、2022年10月以来、同艦はペルナンブコ州の沖にあるとのことです。

ブラジルにとっては呪われた船かもしれない?
 空母サンパウロはもともと、 1960年にフランスで進水したクレマンソー級の2番艦「フォッシュ」でした。それをブラジル海軍は老朽化した空母「ミナス・ジェライス」に代わる海軍の旗艦として、2000年11月に購入しました。

 しかし、既に就役からだいぶ年月が経っていたということで、トラブルが頻発します。そのため2005年から2010年にかけて同艦は近代化が行われますが、エンジン、推進シャフト、カタパルトなどで不具合が頻発し、2012年以降は、ほとんど任務にも出なくなってしまいました。結果、膨大なコストがかかることを理由に海軍は近代化計画を打ち切り、空母としての役目を満足に果たせないまま、2017年2月に運用終了を発表しました。

 ブラジルメディアの報道によると、2023年1月現在、同艦はブラジルの北東海岸に沿って円を描くようにタグボートに引かれながら、沖合をさまよっているそうです。まだ解体を請け負った会社は船を放棄してはいませんが、ブラジル当局と調整は難航しているようで、放棄する可能性も捨てきってはいません。国際法上的にはブラジル海軍、ブラジル政府に法的責任があるとされていますが、このまま事態がまとまらないと、ブラジルの沖合をさまよう幽霊船になってしまう可能性もあります。

斎藤雅道(ライター/編集者)

https://news.yahoo.co.jp/articles/38fadc77e9ebc74e798d5fd8df4df0f5f3ae7526


920taro :2023/01/29(日) 06:14:53
ブラジル新大統領が直面する国内政情不安 米中板挟みの恐れも
https://news.yahoo.co.jp/articles/c95846d8d7b353068df7f6d76c4b4d758ca11ae0

 英フィナンシャル・タイムズ紙の1月5日付け社説‘Brazil’s Lula can succeed through pragmatism’は、ブラジルの大統領に返り咲いたルラ新大統領が成功するために、国際投資や貿易開放を活用すべきだと論じている。要旨は次の通り。

 ルラの初期の動きの多くは心強い。アマゾンの森林破壊を止め先住民族を保護する決意、社会的および人種上の公正を追求する姿勢、飢餓を撲滅する約束、ボルソナロ前大統領の信望者により混乱した主要な省庁に専門的なリーダーシップを回復させるという公約など、いずれも歓迎されよう。

 西側諸国、ロシア、中国に影響力を持つ途上国の大国であるブラジルの立場は、外交的な機会を得ることができる。最大限の圧力としての制裁が見事に失敗した米国のベネズエラやキューバとの交渉において特に貴重となり得る。

 しかし、ルラの過剰な介入主義や財政責任を果たさないことへの懸念から金融市場は暴落している。憲法で定められた歳出上限を「馬鹿げたこと」と断じたことは、軽率だったかもしれない。国営石油会社ペトロブラスと国立開発銀行を経済発展の原動力とする公約は、過去の失敗を思い起こさせる。

 今回の僅差の選挙結果は、ルラの労働者党に対する国民の不信感の大きさを示す。労働者党は過去の失敗(汚職、ルセフ元大統領の弾劾、不況)から学んだことを示す必要がある。

 ルラは、経済的・政治的に寛容でない環境を乗り切るために、現実的な政治を行い、彼の勝利を支えた広範な連合の有能な人材を活用すべきだ。

 ルラの最大の課題は、10年間の停滞の後、ブラジルを力強い持続可能な成長に戻すことである。そのためには、税制の簡素化、貿易経済の開放、教育の改善、インフラ投資の拡大など、大胆な取り組みが必要だ。

 野心的な選挙公約のための資金調達の方策は、差し迫った問題だ。借入れを増やす余地はほとんどないが、削減できる無駄はある。「より大きい政府」ではなく、「より良い政府」が答えとなろう。

 社会的公正、環境保護、持続可能な成長という要請を調和させるためのルラの最善策は、ブラジルの巨大な潜在的経済力を引き出すために、国際投資と貿易の力を活用することだ。そうすれば、真の意味で歴史的な3期目への道が開けるだろう。

*   *   *

 この社説は、ルラ政権が成功するためには、大胆に経済自由化に舵を取るしかないと提言しているわけであるが、そうはいかないというのがブラジルの現実のように思える。

 1月8日に起こったボルソナロ派の大統領府など襲撃は最初の警鐘だ。ボルソナロの党は下院の最大政党であり、ルラ政権が躓き国民の不満が高まれば、再びその受け皿となることを狙っているであろう。価値観の分断や左派的政策に対する批判は根強く、今後も様々な形の揺さぶりを受けるであろう。

 政権の置かれている政治的な状況や選挙公約、新政権の閣僚の顔触れや閣僚の数などから考えると、ルラには、社説が言うような外国投資や市場経済化を通じて経済を活性化する発想を期待するのは無理のように思える。

 確かに、ルラ当選の背景には中道派を含む広範囲な政治的連合があったが、中道派の有権者の意識としては、ボルソナロを忌避したのであって、ルラの公約を積極的に支持した訳ではなく、中道派が一致して連立政権に参加しているわけでもない。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


921taro :2023/01/29(日) 06:15:18
https://news.yahoo.co.jp/articles/c95846d8d7b353068df7f6d76c4b4d758ca11ae0?page=2

 さらに、ルラがボルソナロに競り勝ったもう一つの要因は、貧困層に対する選挙キャンペーンでボルソナロよりも評価されたことにある。従って、貧困層などの期待に応えることは必須であり、社会保障や公共投資の増額が必要となるが、そのためには、連立の維持や議会対策で多くのエネルギーを費やすことになる。

 また、国営企業の民営化の停止や国営石油企業の活用を図る発想は、左派的体質そのもので、保護主義的政策が強化される可能性すら懸念される。ルラ政権が財政規律をどこまで尊重できるかも懸念される。

米中ともにブラジル新政権に接近か?
 他方、ルラ政権の外交についてはこの社説の言う通り期待できる面がある。対米関係では、気候温暖化防止やトランプ・ボルソナロ同盟を共通の敵として民主主義や人権を守る点でも波長が合う。米国としては、ルラとの良好な関係を築くことにより、左傾化するラテンアメリカ諸国がさらに反米化する歯止めとなり、また、ブラジルが中国一辺倒になることを牽制する効果を期待するであろう。

 しかし、中国にとっても、米国との対抗上、BRICS(中露など新興5カ国の枠組み)の拡大・強化、南南協力、ラテンアメリカの連帯など、多極化外交を志向するルラを取り込むことは、グローバルな戦略やラテンアメリカへの影響力拡大のための大きなチャンスである。また、中国にとって利益になる資源やデジタル、電気自動車(EV)などの分野への投資も期待できるであろう。

 ルラとしては、これにより米中の板挟みとなることに注意を要するが、米中を天秤にかけて双方から好意的な反応を得る有利な立場ともいえる。このような外交的構図は、直面する内政や経済問題の解決に直接寄与するものではないが、これらの問題に取り組む上での良い国際環境を形成することにはなるであろう。

岡崎研究所


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 コロンビア旅行情報 (Res:10)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1マルちゃん :2007/05/05(土) 23:00:38
いつも情報参考にさせてもらってます。
コロンビア旅行の計画してるんですが分からないことだらけなので質問させてください。
コロンビア入国はアビアンカ航空利用すれば格安でアビアンカの国内パスってのを
利用出来るって聞いたことあるんですが今も存在しますか?
どなたか教えてください。お願いします。

4マルちゃん :2007/05/20(日) 16:37:21
taroさん返事遅くなり申し訳ないです。リンク見ましたけどよく分かりません。
この何ヶ月で相当ペソが高くなりました。他の南米もですか?
ベネズエラも考えましたが情報が少なすぎて不明です。
やばいってコロンビアよりですか?闇両替があっても物価も高騰してるんでしょ?


5taro :2007/05/21(月) 14:03:54
大丈夫です 僕も分りません
http://www.avianca.com/Promociones/co/
↑ここにアビアンカのキャンペーン価格が載っています

ドルは弱いですねー 円もですが
コロンビアペソは今年の初めに1ドル2230くらいでしたが今や1985ですからね
4年前は2800くらいありました ブラジルも1烹院ぃ坑競譽▲襪任
http://www.brazil.ne.jp/kawase/
このサイトは便利かも
ベネスエラは物価高いです アレパ一個が7000ボリとか平気でします
でもヤミ両替があるしねーちゃんがきれいなのでお回りに殺されない自信があれば
行かれるといいと思います 大使館で聞いた話では最近中国人がやたら増えてて
おまけにチャイニーズマフィアもいて、そのおかげでむちゃくちゃ嫌われているらしいです
それで日本人を含む東アジア人が狙われやすいそうです
カラカスは南米1の殺人率です 10万人当り120人だそうです
コロンビアはビエナベントゥーラ以外そんなに危なくないですよ


6マルちゃん :2007/05/26(土) 23:49:00
taroさん情報ありがとうございます。
コロンビアより危険って聞いて意外です。
カラカス以外ならそんなに危なくないと聞きましたの
もっと調べてみます。


7taro :2007/05/27(日) 10:49:51
ベネスエラは大都市以外はそんなに危なくないらしいです
とりあえずカラカスとマラカイボを避ければ大丈夫でしょう
ただ移動時の検問がやばいので出来たら飛行機を使った方がいいと思います
とにかくお回りが腐っています ぼくもマラカイボからカラカスの間でやられています
全く問題ないのにバスを降ろされバスは僕たちをおいていっちゃうし
その後4時間くらい賄賂を要求されました 疲れたーーー
でもロマイラとエンジェルフォールはむちゃくちゃ旅人の間で人気です
南米1って言う人も多いです あとねーちゃんも南米1って噂です

コロンビアは最近ボゴタとメデジンの治安が良いようです
カリとカルタヘナは以前と比べて少し危なくなってきています
ま カラカスと比べたら楽勝ですけどね ただブエナベントゥーラだけは
避けたほうがいいと思います 以前ブエナベントゥーラに行こうとした
日本人旅行者が検問にひっかかって日本大使館に通報されて
日本大使館から日本の親に電話が行って
親からメールで頼むから日本に帰ってこいって泣かれたらしいです


8絶景かな :2010/11/10(水) 21:30:21
絶景の旅館を集めました
http://dollyponder.kesagiri.net/


9<削除> :<削除>
<削除>


10スーパーコピー時計N品激安通販専門店! :2022/10/12(水) 06:52:32
とても丁寧な対応をして頂きました。
こちらのムリも聞いて頂いて
気持ち良い取引ができましました。
ありがとうございました。
スーパーコピー時計N品激安通販専門店! https://www.gooshop001.com/product/category/53.htm


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 アヌス太郎の宿題 11 (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1taro :2021/02/13(土) 09:15:59
いんちき翻訳の11です
http://www.eluniversal.com.co/
http://www.elespectador.com/noticias
この辺のニュースを適当に訳しています
よくわからないときはhttp://news.google.co.jp/news?ned=es_co&topic=n
で複数の記事を見て、適当にでっち上げています
最近はグーグル翻訳とDeepl翻訳https://www.deepl.com/translatorも使ってます

994taro :2022/06/26(日) 08:55:08
2022 6-25 W RADIO 4129,87 5,70
行方不明となっていた心理学者アドリアナ ピンソンが死体となって見つかる コロンビア クンディナマルカ県
 
 6月7日から行方不明となっていた心理学者アドリアナ ピンソンの死体を発見したと当局が発表しました。家族によれば、彼女を最後に見たのはカヒカ市に通じる道路沿いにあるトレス エスキナ地区です。
 警察は6月14日に義兄であるジョナタン トレスを容疑者として逮捕しています。ジョナタン トレスは黒いバッグを持ちナンドもアドリアナ ピンソンの家に出入りする姿が監視カメラに写っていました。
 ピンソンの住んでいた集合住宅の監視カメラは、ピンソン失踪の当日午後6時から7時20分にかけて義兄がピンソンの部屋に2度出入りしているところを写していました。
 先週金曜日、ジョナタン トレスの恋人と名乗る女性が検察に出頭し、事件解決につながる情報が記録されている自分の携帯電話を自主的に検察に引き渡しています。

2022 6-25 LA REPUBULICA
ペトロがアルバロ レイバを外務大臣に任命 コロンビア

 土曜日、次期大統領グスタボ ペトロが最初の大臣の名前を発表しました。弁護士でありエコノミストのアルバロ レイバが外務大臣に指名されています。
 8月7日にコロンビア大統領に就任するグスタボ ペトロは新外務大臣について、平和の外相であり、「コロンビアは気候危機を克服するためにあらゆる努力を世界に提供し、私達の風土病である暴力を克服することを世界は期待しています。」と付け加えています。
 79歳のレイバは、1984年から1985年にかけて鉱山エネルギー大臣を務め、保守党の党首も努めています。
 また2006年には大統領選挙に出馬し、後にアルバロ ウリベの大統領再選を支援しています。
 1989年に起きたアルバロ ゴメス ウルタド誘拐事件では仲介役を努め、ベリサリオ ベタンクール大統領時代にはM-19とFarcとの和平交渉にも参加しています。
 キューバ ラ ハバナで行われたゲリラ組織との和平交渉でも、サントス政府とゲリラ組織との仲介役を積極的に努めています。


995taro :2022/06/26(日) 08:55:18
2022 6-25 EL ESPECTADOR
オトニエルやサルバトーレ マンクソの右腕であった通称5-7が逮捕された コロンビア

 2021年8月にコルドバ県の県都モンテリア市の刑務所から脱獄していた通称5-7が逮捕されました。5-7はエル サラド虐殺事件など64件の犯罪で40年以上の禁錮刑を宣告されています。
 逮捕されたエドガー コルドバ トルヒーヨ別名5-7は、コロンビア準軍組織のボスたちが信頼していた犯罪者の1人です。5-7はコロンビア最大の準軍組織であったコロンビア自衛軍連合(AUC)の最後のボスであるサルバトーレ マンクソや最近アメリカ合衆国へ引き渡された犯罪組織クラン デル ゴルフォの最大ボス通称オトニエルの右腕でした。
 5-7はセサール県エル コペイ市カラコリシト地域で、2人の配下と別のクラン デル ゴルフォの幹部通称マイコルと共に逮捕されています。
 5-7はサルバトーレ マンクソの配下として犯罪行為に手を染め、2000年には60人以上が殺されたサラド虐殺事件にも関与しています。その2年後、5-7はマグダレナ県のAUCレシステンシア タイロナブロックのボスに就任しています。
 2007年に逮捕された5-7は去勢失踪・殺人など64件の犯罪行為で禁錮40年以上の有罪判決を受けていますが、2021年8月にモンテリア市の刑務所から脱獄していました。
 脱獄してからはマグダレナ県・セサール県・ラ グアヒーラ県でクラン デル ゴルフォの武力強化のために働き、対立する犯罪組織ロス パチェンカとの抗争を通じて麻薬利権の回復に努めていました。
 
2022 6-25 LO'PEZ-DO'RIGA
ユカタン州チキンドソノト市の農場で死体6体が見つかる メキシコ

 ユカタン州チキンドソノト市にある農場で、放置された死体6体が見つかっています。6人は数日前にキンタナ ロー州スカラク市で誘拐された人たちの可能性があります。
 キンタナ ロー州検察はすでにユカタン州当局と連絡をとっているとネットを通じて明らかにしています。
 「ユカタン州検察と協力し、ユカタン州チキンドソノト市で発見された死体がスカラク市で行方不明となった人たちか判断するための調査を行っています。」とキンタナ ロー州検察はツイートしています。
 ユカタン州のメディアは土曜日の朝に死体が発見されたと報じています。
 金曜日、キンタナ ロー州検察はスカラク市にある建物から7人が武装集団により拉致されたと発表し、捜査を開始しています。


996taro :2022/06/27(月) 08:29:26
2022 6-26 blu radio 4129,87 5,70
闘牛場の観客席が倒壊、8人が死亡60人以上が怪我 コロンビア トリマ県

 トリマ県エル エスピナル市で行われていたサン ペドロとサン フアンのお祭りの最中に恐ろしい事故が発生しました。
 緊急事態はヒルベルト チャリー闘牛場で発生しており、その様子は複数の動画として記録されています。闘牛場で闘牛祭りが開催されていた最中に、観客席が突然倒壊しています。
 トリマ県知事ホセ リカルド オロスコはBle radioの取材に対し、これまでに8人の死亡と負傷者60人以上が出ていると述べています。
 知事は警告を無視して闘牛祭りの開催をした市当局の決定を遺憾に思い、今後は中止するよう要請しています。
 「日曜日の正午頃に法務部長を呼び、闘牛祭りの中止を市長たちに求めました。しかし残念ながらその2時間後にこの悲劇が起きています。」と知事は語っています。
 負傷者は複数の病院に搬送され治療を受けています。
 次期大統領グスタボ ペトロは「エル エスピナル市で起きた倒壊事故の負傷者たちはすべて怪我から回復することを願う。」とツイートしています。
 そして「このようなことは以前にもスークレ県の県都シンセレホ市でも起きています。人や動物の死を伴う見世物を許可しないよう市長たちに要請します。」と8月7日に大統領に就任する予定のペトロは述べています。
 イバン ドゥケ大統領も「トリマ県エル エスピナル市で起きた悲劇を遺憾に思います。事故の調査と負傷者たちの一刻も早い回復を願い、亡くなられた家族たちに連帯を表します。」と述べています。

2022 6-26 RCN noticias.com
ELNが警察官を誘拐 コロンビア アラウカ県

 ベネスエラと国境を接するアラウカ県の治安状況は、複数の違法武装組織の活動により非常に憂慮される状況となっています。
 今年これまでに軍人2人と警察官1人が誘拐されていmさう。
 今回誘拐されたのはタメ市ベトイェス警察分署に勤務するマウロ デ ヘスス ムニョス ベルガラです。
 ムニョスは非番だった6月25日に正体不明の武装集団に拉致されています。
 この事件とは別に、先程6月初旬にアラウカ県で誘拐されたコロンビア陸軍下士官2人の生存証明動画を、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が公開しました。
 誘拐されているのは陸軍ん一等軍曹補ホバン ルダス サンボガルと一等伍長ホセ アンヘル ヤテ ヤテです。
 ELNは次期大統領グスタボ ペトロに対して、現大統領イバン ドゥケが中断した和平交渉を再開する用意があるとメッセージを送っています。
 6月14日には誘拐されているホバン ルダスの娘ラウラ ルダスがELNがに父親を解放するよう求める動画を公開しています。
 動画の中で若い女性は「私の父親とその同僚ホセ アンヘル ヤテ ヤテの命を尊重してくださるよう心からお願いします。」と語っています。


997taro :2022/06/27(月) 08:29:36
2022 6-26 el COLOMBIANO
警官2人が撃たれて負傷 コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県ウラバ アンテオケーニョ地域カレパ市で土曜日の午後1時30分粉おrに警察パトロール隊員2人が銃撃され負傷したと、カレパ市のアレクシス セルケラ市長が明らかにしています。
 襲撃はプエブロ ヌエボ地区で起きています。パトロール隊員は2人は、正体不明の武装した4人から銃撃を受けています。
 2人を重傷を負っていますが、アパルタド市のパナメリカナ病院に搬送され治療を受けており容態は安定しています。
 アンティオキア県ではサンタ フェ デ アンティオキア市で6月23日に女性警官1人が殺害され、その数時間後に男性の警官が殺害されており、犯罪組織クラン デル ゴルフォの犯行と推測されています。

2022 6-26 CAMBIO
CJNGの殺し屋が市場のリーダーを銃殺 メキシコ セラヤ市

 グアナフアト州セラヤ市にある市場のリーダーがカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の殺し屋と思われる男に撃ち殺されています。犯行の様子は撮影されネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1539784490620518401
 殺し屋は男性の頭部を撃ち抜き、メッセージを死体の上に置いています。犯行時殺し屋はカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオンと名乗っています。
 通報を受けて現場に到着した救急隊は、男性がすでに死亡していることを確認しています。


998taro :2022/06/28(火) 08:00:41
2022 6-27 Semana 4129,87 5,72
イバン セペダがイバン マルケスに和平合意に復帰するよう呼びかけた コロンビア

 2016年、コロンビア政府とコロンビア革命軍(Farc)はキューバ ラ ハバナでの5年間の和平交渉の末に和平合意を結びました。
 しかし、ゲリラの中には和平合意に納得できないものも多く、コロンビア各地に和平合意を受け入れず武装闘争を継続するFarc分派ゲリラグループが誕生しています。
 旧Farcのナンバー2でありFarc和平交渉団の団長であったイバン マルケスも、事件の経過とともにFarc主流派から離れ、旧Farcの最高幹部の1人であったヘスス サントリッチ、ロマーニャやエル パイサらとジャングルに入りFarcセグンダ マルケタリアの結成と武装闘争の再開を宣言しています。その後、ヘスス サントリッチ・ロマーニャ・エル パイサは、麻薬利権を巡る抗争により死亡しています。
 イバン ドゥケ大統領は和平プロセスから離れたFarc分派諸派に付いて、犯罪者であるという立場を維持しています。
 しかし、次期大統領グスタボ ペトロを生み出した左派連合パクト イストリコの代表に7月20日に就任する予定の上院議員イバン セペダは、様々な反応を引き起こすと予想される提案を発表しました。
 イバン セペダは週刊誌セマナに対し、次期大統領グスタボ ペトロの優先事項の1つはコロンビアの完全平和の達成であると指摘し、Farc分派諸派に第2の機会を与えると自ら提案したと説明しています。
 「和平協定の不履行により出現したFarc分派ゲリラグループを再び和平プロセスに組み入れる事は有効であり、Farc分派の活動は不活性化するであろう。」とセペダは述べています。
 
2022 6-27 RCN Radio
警察パトロール隊員を殺害した犯人の情報に5000万ペソの懸賞金 コロンビア カルタヘナ

 ボリバル県の県都カルタヘナ市の警察は、カルタヘナ市プラン400地区の公道でバイクに乗っていた警察パトロール隊員ウイリアム ヘスス パラシオ イスキエルドが、バイクに乗った殺し屋に殺害されたと発表しました。
 警察によれば、26歳のパトロール隊員は勤務先のロス カラコレス警察署から自宅に戻る途中で、バイクに乗った2人組の殺し屋に無言で銃撃されています。
 撃たれたパラシオ イスキエルドは病院に搬送され治療を受けましたが、助かりませんでした。
 「カルタヘナ市警は犯人逮捕に繋がる情報に5000万ペソ(約163万円)の懸賞金をかけます。」と発表しました。
 カルタヘナ市生まれのパラシオ イスキエルドは、6年と4ヶ月間警察官として働いていました。


999taro :2022/06/28(火) 08:00:52
2022 6-27 EL FINANCIEREO
待ち伏せ攻撃により警官6人が殉職 メキシコ ヌエボ レオン州

 ヌエボ レオン州北部アナワク市で警察官6人が犯罪グループの待ち伏せ攻撃により死亡しました。
 事件は6月26日日曜日の深夜にコロンビア街道で起きています。
 武装集団は道にマキビシを撒き、そのためパトカー1台が横転しています。
 装甲仕様の車に乗っていた武装集団の発砲により、現場で警官3人が死亡し4人が負傷しています。
 武装集団は警官3人を拉致しており、数時間後にヌエボ レオン州とコアウイラ州の境界で3人の死体が見つかっています。
 待ち伏せ攻撃の現場には多くの警官が駆けつけましたが、すでに武装集団は行方をくらました後でした。
 当局は武装集団が乗り捨てたピックアップトラック2台と薬莢数十を回収しています。
 
2022 6-27 EL UNIVERSAL
刑務所に面会に行った家族が帰りに襲撃され、1人が死亡7人が怪我 メキシコ モレロス州

 モレロス州クアウトラ市でミニバス(コンビ)が襲撃され、1人が死亡7人が怪我をしています。当局によれば、刑務所に面会に行っていたとされる一家がミニバスに乗っていました。
 襲撃したのは1台のバイクに乗っていた2人組で、犯行後バイクで逃亡しており行方はわかっていません。
 事件は午後9時頃にグアダルーペ ビクトリア区レフォルマ通りで起きています。


1000taro :2022/06/29(水) 08:19:04
2022 6-28 El Pai's.com.co 4129,87 5,75
トゥルア刑務所で囚人51人が死んだ コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県トゥルア市にある刑務所で喧嘩が原因で発生した火事により、囚人51人が死亡し23人が負傷しました。
 司法大臣ウイルソン ルイス オレフエラは囚人の大量死を嘆き、検察と法医学協会が事件解明にあたっていると火曜日に指摘しています。
 「バジェ デル カウカ県トゥルアの刑務所で多くに人たちが亡くなられた事を非常に残念に思います。まもなく身元が確認された46人について検察から発表があります。」と大臣は述べています。
 また「深夜に囚人2人が喧嘩を始め、1人がマットレスに火を放ちその火が燃え広がったことが判明しています。」と火事の原因について説明しています。
 ウイルソン ルイスによれば、死亡者のほとんどは煙を吸って死亡しており、焼死したのは2人です。
 
2022 6-28 RCN noticiasrcn.com
誘拐された5人の若者が殺害される コロンビア チョコ県

 5月25日土曜日に犯罪グループに拉致された学生5人が殺害されました。5人の若者はバホ バウド市で誘拐され、6月27日から治安当局による捜索が開始されました。
 「黒人1人と先住民4人の若者が誘拐され、とても心配しています。昨日、オルプア村まで捜索のためにペルソネリアと海軍とともにでかけました。」とバホ バウド市のエルメネヒルド ゴンサレス市長が語っています。
 しかし28日火曜日、ゴンサレス市長は誘拐された5人の若者は殺害されたと発表しました。「今日残念な報告をしなければなりません。バホ バウド市オルプア村で誘拐された若者たちが殺害されたと海兵隊関係者から報告を受けました。」
 先住民リーダーたちは殺害された先住民の若者たちの遺体の引き渡しを求めています。「バホ バウド市にある先住民族Woanunの集落ブエナ ビスタの学生たちの遺体の引き渡しを求めます。」とチョコ県の先住民リーダー ビクトル カルピオは要求しています。
 この事件に関連し、火曜日にピサロ市で臨時安全保障会議が行われています。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 南米ニュース 13 (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1taro :2019/11/19(火) 05:28:52
南米ニュースの13です

994taro :2022/03/05(土) 05:10:39
政治的混迷を露見させるペルー大統領の迷走
https://news.yahoo.co.jp/articles/533a62d60e005d8bfe304bfc2d853e7167f4b307

 ペルーのカスティージョ大統領の迷走ぶりは、国際的メディアの注目を浴びるまでになっている。1月31日、バスケス首相は、国家警察における汚職への対応などで、カスティージョへの不信感を強めたこともあり、辞表を提出した。翌日、バレール議員を新首相に任命するも、過去の家庭内暴力問題が表面化し、早くも2月8日に更迭、アニバル・トレス前法務相が後任の首相に任命された。カスティージョにとり4人目の首相となる。

 もともと地方の小学校教師で教員組合のストライキを指導した程度の政治経験しかないカスティージョは、党首が汚職問題で立候補できない共産主義政党ペルー・リブレの候補に担がれたに過ぎなかった。しかし、その新鮮なイメージが首都リマでの既成政治家の権力闘争に辟易していた地方の有権者の共感を呼び、ケイコ・フジモリとの決戦投票でも僅差で勝利するという幸運が重なった。従って、カスティージョにはもともと大統領に必要な知識や経験もなかった。

 今回の騒動で最も問題なのは、政治経験も豊富で大統領を補佐することが期待されたバスケス首相の辞任が、大統領への不信感と優柔不断を理由としている点だ。すなわち、政策上の問題ではなく、資質を問題としているのである。

 カスティージョは、ペルー・リブレの候補として当選したが、同党は、一院制の議会の130の議席のうち32を占めるに過ぎず、中道派と右派で過半数を超えるので、政権運営のために左派急進的主張を押さえ、ペルー・リブレとあえて距離を置き始めていた。バスケス等の左派穏健派の閣僚の補佐により、中道派の支持を得て穏健な左派路線を歩む可能性も期待されていた時期もあった。

 混乱を招いている原因は、カスティージョの種々の政策判断を補佐官らのインナーサークルが影の内閣として牛耳っており、首相や閣僚の意見よりもそれらの側近の助言が重視されたためと言われている。インナーサークルの人材は、カスティージョの地元の知り合いや縁故によるもので、また一部には腐敗の噂も付きまとっている。カスティージョとしても他に信頼できる相談相手はおらず、このインナーサークルの意見に振りまわされているようである。

 4人目の首相となるトレスは、弁護士会の会長などを務める法律家で、選挙運動にも参加し、ペルー・リブレを法的に支えフジモリ派に対抗して来た。スキャンダルには縁が無さそうであるが、政権を指導し調整する政治力があるのかは疑問である。

 いずれにせよ、トレス新首相の立ち位置や、ペルー・リブレ所属の閣僚が何人か入閣したことから、カスティージョ政権が軸足を左に戻した印象がある。いずれにせよ、カスティージョが今後も側近らのインナーサークルの助言に頼るのであれば、頻繁な政策変更や発言の撤回の傾向は変わらず、政治的混迷が引き続くことは免れないであろう。フジモリ派などの右派は、混乱を招いたカスティージョの辞任を求め、新内閣を揺さぶり弾劾の機会を今後も窺うであろう。

軍部クーデターの可能性は?
 大統領、首相が議会議長や中道派と協力して、議会における多数派を形成する協約のようなものができる可能性は、大統領の能力、過去のしがらみ、利害関係の交錯から、低いと言わざるを得ない。他方、カスティージョの議会による弾劾もハードルが高く、仮に弾劾に成功しても昇格する副大統領も同様の困難に直面するであろう。一部に、軍部のクーデタの可能性を論ずる向きもあるが、望ましくないし、現実の可能性も低いであろう。

 大統領制の下で価値観の分裂により小党が分立する結果、議会に十分な基盤を持たない大統領と議会が対立し機能が麻痺してしまう状態は、制度的に避けられない現象であろう。前政権では、昇格した副大統領も弾劾され、結局議会で暫定大統領を選出することで政局はとりあえず安定した。

 現在のペルーの制度の下では、さまざまな国民の要求を集約し多数派が形成される政治過程の仕組みができておらず、政治指導者にそのような問題解決の能力がないのであれば、当面現在の政治的混迷から脱出することは難しいであろう。

岡崎研究所


995taro :2022/03/06(日) 04:57:43
社会的リーダーばかりがなぜ犠牲に?南米コロンビアで5年間に1280人が殺害される

 マルクス主義の影響を受けたコロンビア革命軍(FARC)は、半世紀以上にわたってコロンビア政府と交戦状態にあった。この内戦にはFARCのほかに、左右両翼の民兵組織、麻薬カルテル、米軍の介入もあり、広大なジャングルをはじめとする辺境の地は、近寄ることも住むこともできない危険地帯と化していった。内戦によって27万人近くが命を落とし、8万1000人が消息不明となり、740万人が家を追われた。

 2016年に政府とFARCの間で調印された和平協定が、すべてを変えてくれるはずだった。FARCの兵士たちは武器を放棄することに同意し、政府側は彼らの社会復帰を受け入れると約束した。とりわけ重要だったのは、ゲリラが支配していた辺境地域に、公共サービスを導入し、拡充させると政府が約束したことだった。それにより、かつての紛争地域にも観光客が戻り、住民にもさまざまな機会がもたらされると期待されたのだ。

 だが、そうした地域には手つかずの天然資源があり、その経済価値が、かえって大きな犠牲をもたらす結果となった。金鉱や牧場の開発、麻薬の密売などに関わる人間がそうした辺境地域に流れ込み、土地や文化を守ろうとする住民たちを次々と攻撃するようになった。

 首都ボゴタを拠点とする非営利団体「開発・平和研究所(INDEPAZ)」によると、2016年の和平協定以降に殺害されたコロンビア国内の社会的リーダーは、1280人にのぼる。その多くは、自分たちの土地や自然環境を守ろうとした、先住民やアフリカ系の活動家たちだった。環境と人権に関する調査を行う英国の団体「グローバル・ウィットネス」によると、コロンビアは2019年と20年の2年連続で環境活動家の殺害が世界で最も多い国だった。

 フランシア・マルケス・ミナは、コロンビアで最も有名な活動家の一人だ。カウカ県のアフリカ系コロンビア人が暮らす地域から違法な金鉱業者を追放した活動が認められ、栄誉あるゴールドマン環境賞を2018年に受賞した。彼女は度重なる殺害の脅迫を受けたため、14年に故郷の町を離れている。19年5月4日には、同県北部の町で数人の男が銃と手りゅう弾でミナの暗殺を謀り、危うく命を落としかけた。

「殺害を防止するための実効策は、何一つとられていません」とマルケスは憤る。「この国の政府は、私たちを見殺しにしているのです」

 コロンビアの検事当局の報告によると、国連人権高等弁務官事務所の記録にある、2016年以降に起きた500人を超す人権擁護活動家の殺害に対し、21年12月時点で首謀者として特定されたのはわずか111人で、殺人を計画した罪で有罪判決を受けた者は15人にすぎない。FARCに支配されていた地域では、司法制度は存在しないに等しいといえる。

 それでも、活動家の多くが、危険を冒してでも活動を続けるしかないと感じている。そのためにプリペイド式の携帯電話を使ったり、数週間ごとに引っ越すことになったとしてもだ。マルケスは、2022年5月の大統領選に、落選覚悟で出馬する。「行動しなければ、何も変わりませんから」と彼女は話した。

※ナショナル ジオグラフィック日本版3月号特集「命を危険にさらしても、愛する土地を守る」より抜粋。

文=ジョーダン・サラマ(ジャーナリスト)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1aa7ffec9a10ee0db2ad8b8889a6a6a4244995e2


996taro :2022/03/07(月) 05:11:29
「ハンガーホットスポット」 コロンビア最貧地区で飢える家族

【AFP=時事】コロンビアの首都ボゴタ南部の貧困地区シウダーボリバル(Ciudad Bolivar)に住むシングルマザー、エイディ・ガルソン(Heidy Garzon)さん(38)の心配事は、9人の子どもたちの次の食事がいつ手に入るかどうかだ。1日2食ありつける日は幸運だ。

 一家の住まいは今にも倒れそうな平屋で、部屋は土間が一つだけ。そこにベッド6台を並べてある。シウダーボリバルの中でもさらに最も貧しく、最も治安が悪い地区にある。

 国連(UN)の食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)は先月、深刻な飢餓が予想される地域「ハンガーホットスポット」にコロンビアを指定した。両機関は今年、「730万人のコロンビア人が食料不安に直面し、食糧支援が必要になる」と指摘している。

「ハンガーホットスポット」に指定された20の国と地域は、コロンビア以外ではアフガニスタン、エチオピア、ハイチ、ソマリア、南スーダン、イエメンなど。大半が紛争国だ。

 FAOとWFPによるとコロンビアの場合、「政情不安、経済的苦境、そして国内避難民によって増幅された局地的な移民危機が組み合わさり」深刻な飢餓が懸念される事態に陥っている。

 ガルソンさんは、住宅や工事現場の清掃などの雑用仕事で収入を得ている。日当は2万ペソ(約600円)ほどで、交通費もそこから自前で払っている。

 子どもたちは一人も学校に行っていない。通わせる金がないのだ。唯一の頼みの綱は物乞い、ということもたびたびだ。

「毎朝起きて、今日食べる物がなかったらどうしようと思うのはつらいです。(中略)子どもがおなかがすいたと言っているのを聞くと、無力感でいっぱいになります」とガルソンさんは涙をこらえながら語った。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b3993eae51e408d4ef3a9b5a3e0fd69873df4b8


997taro :2022/03/08(火) 04:30:56
地下の神にリャマのいけにえを ボリビア鉱山伝統の祭り

【3月6日 AFP】南米ボリビア西部の高地にあるオルロ(Oruro)では毎年、鉱山労働者が集まり、「エルティオ(El Tio)」にいけにえをささげる儀式を行う。

 エルティオとは、アンデス山脈(Andes)中に広がる高原の地下世界をつかさどる神の名。供え物はワインにビール、コカの葉に5頭の白いリャマだ。

 エルティオはキリスト教の悪魔にも似て、堂々とした角を生やし、ヤギのような耳を持ち、口にはたいてい火の付いたたばこをくわえている。

 2月に行われたいけにえをささげる儀式で、鉱山労働者のミゲル・バルデス(Miguel Valdez)さん(23)は「エルティオがおとなしく眠っているように、私たちが(鉱山で)事故に遭わないように、供え物をささげます」と語った。

 いけにえの儀式に先立ち、集まった労働者はトランペットやドラム、シンバルの音に合わせて踊り、ビールをラッパ飲みする。時に大地の女神「パチャママ(Pachamama)」のためにビールを振りまくこともある。

 儀式は正午に始まり、ヤティリと呼ばれるアンデスのヒーラーが刃物をふるう。労働者らは器を持ってしゃがみ込み、リャマの血を受けようとする。中には、リャマの血を顔に塗る人もいる。

 選ばれた数人が、血でいっぱいになった鉢を鉱山の地下深くまで運び、エルティオの前に供える。いけにえの儀式が終わると、労働者らは用意したテーブルに並べた他の供え物に火を付け、坑道に煙が充満する前に急いで脱出する。

 この儀式は毎年2月か3月の初め、オルロで謝肉祭(カーニバル)のパレードがある前日に行われる。オルロのカーニバルはボリビア最大規模の祭りの一つで、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。(c)AFP/Martín SILVA



https://www.afpbb.com/articles/-/3393001?cx_part=common_focus


998taro :2022/03/09(水) 05:07:32
米、ベネズエラと原油輸入再開協議 ロシアの代替めざす

【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米政権が南米ベネズエラへの経済制裁の一環で停止している同国産原油の輸入再開を協議したことがわかった。米欧が検討しているロシア産原油の禁輸に備えたベネズエラへの制裁緩和で代替する調達先を確保し、原油価格の高騰を和らげる狙いだ。

ロイター通信などによると、米政府高官が5日にベネズエラの首都カラカスを訪問し、同国のマドゥロ大統領、ロドリゲス副大統領と会談した。米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は7日の記者会見で「政府高官がベネズエラを訪れた目的はエネルギー安全保障を含むさまざまな問題を議論することだ」と述べた。

会合では米国側は公正な大統領選の実施や石油産業の改革に加え、ウクライナに侵攻したロシアを非難するよう促した。ベネズエラ側は原油禁輸の全面解除やマドゥロ氏への制裁撤回などを求めた。

米国は2019年に当時のトランプ政権が反米左派のマドゥロ政権に経済制裁を発動し、外貨獲得手段である原油の輸入を制限した経緯がある。5日の会談で合意に向けた進展はなかったものの、協議を継続する方針では一致。次回の日程は決まっていない。

ベネズエラはロシアを擁護する立場をとる。ロシアのプーチン大統領とマドゥロ氏は1日、電話で協議した。インタファクス通信が伝えた。プーチン氏はウクライナ情勢について説明し、マドゥロ氏はロシアへの支持を表明。両国首脳は戦略的な協力の強化について話し合った。

ブリンケン米国務長官は6日の米CNNのインタビューで欧州の同盟国・有志国とロシア産原油の輸入禁止を検討していると表明したのを受け、日本時間の7日に原油の国際価格は約13年8カ月ぶりの高値を付けた。米国でもガソリン価格のさらなる高騰などへの懸念が強まっており、ロシア産原油の禁輸を想定した調達先の確保を急ぐ。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN07CZ10X00C22A3000000/


999taro :2022/03/10(木) 05:13:29
ベネズエラ、5年前に逮捕した米石油会社元幹部ら2人を釈放

(CNN) 南米ベネズエラで2017年に逮捕された米石油会社の元幹部6人のうち少なくとも1人と、昨年から拘束されていたキューバ系の男性が、8日に釈放された。

元幹部らの担当弁護士と、同国で受刑者らを支援する団体の報道担当者がCNNに語った。

釈放された2人のうち、グスタボ・カルデナス氏は米市民で、石油会社CITGOの元幹部。同氏ら6人は横領容疑で逮捕されたが、犯行を否定していた。


ベネズエラのマドゥロ大統領はこれまで、米政府に圧力をかけるための駒として6人を利用してきたとみられる。昨年、マドゥロ氏に近いコロンビア人実業家が米国に引き渡された後、6人が自宅軟禁から収監に切り替わったのは、同氏による報復措置だったとの見方が強い。

もう1人のホルヘ・アルベルト・フェルナンデス氏は、キューバと米国の二重国籍を持つ。昨年2月にコロンビアから入国した直後、ドローン(小型無人機)を持っていたとの理由でテロの疑いをかけられた。ベネズエラでは、許可なくドローンを飛ばすことが法律で禁止されている。

マドゥロ氏は19年に米国との国交断絶を宣言している。2人の釈放に先立ち、米政権高官2人が5日、宣言以来初めてベネズエラを訪れ、マドゥロ氏と会談。拘束中の米市民らの健康状態や、米国がベネズエラの石油市場に科している制裁措置について協議していた。

バイデン米大統領は8日夜、両氏の釈放を歓迎する声明を出した。2人の居場所は不明だが、これまで同じように釈放されたケースでは、数時間後に帰国を認められている。

https://www.cnn.co.jp/world/35184667.html


1000taro :2022/03/10(木) 05:16:42
米、ベネズエラ産原油の直接供給要求 禁輸緩和巡る交渉で=関係筋

[ヒューストン/ワシントン 8日 ロイター] - 米国はベネズエラ産原油の禁輸措置緩和を巡る交渉で、輸出の少なくとも一部を米国に直接供給することを緩和の条件にする立場を示した。事情に詳しい関係者が明らかにした。米国はウクライナに侵攻したロシアに代わるエネルギー調達先の確保に取り組んでいる。

バイデン米大統領は8日、ロシア産の原油や天然ガス、石炭の輸入を禁止すると表明した。

米政府高官は5日にベネズエラの首都カラカスを訪れ、マドゥロ大統領らと会談。数年前から途絶えていた両国間の協議が再開した。

トランプ前米政権は2019年にベネズエラ産原油の禁輸措置を発動した。

関係筋によると、米側は協議で自国の原油調達を最優先とする姿勢を示し、禁輸措置の緩和はベネズエラが米国に原油を直接出荷することが条件になると説明したという。

米国務省と国営ベネズエラ石油(PDVSA)にコメントを求めたが、回答はない。

禁輸緩和で合意がまとまった場合、ベネズエラで操業を続ける唯一の米石油会社シェブロンが最初に恩恵を受けることになるとみられる。同社は20年以降、ベネズエラ合弁会社からの原油出荷を禁止されている。

同社はベネズエラ国内施設の保守と安全確保のため、限定的な操業を米政府から許可されている。

関係筋の1人によると、米政府が禁輸措置の緩和を決めれば、同社はベネズエラでの生産を一部復活させ、米メキシコ湾岸の自社を含む製油所への輸出を再開できるかもしれないという。

ただ、5日の2国間協議で進展はほとんど見られず、双方は協議継続で合意した。

人権侵害を巡り制裁対象に指定されているマドゥロ氏と協議したことを巡り、米議会の一部議員からは批判の声も上がっている。

https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-venezuela-usa-idJPKBN2L607I


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 バックパッカーのための国内・国際ニュース 4 (Res:414)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1taro :2013/04/24(水) 04:48:36
バックパッカーのための国内・国際ニュース 4

408taro :2020/04/22(水) 04:49:06
所持金なくなり…インド警察、洞窟で生活の外国人観光客らを隔離下に

【4月21日 AFP】インド警察は19日、新型コロナウイルスが世界的に大流行する中、所持金を使い果たして洞窟で生活していた外国人観光客6人を、アシュラム(ヨガ道場)で隔離観察していると明らかにした。このアシュラムは英ロックバンド、ビートルズ(The Beatles)が滞在したことで有名になった北部リシケシ(Rishikesh)近郊にある。

 警察によると、男性4人、女性2人の計6人の国籍はフランス、米国、ウクライナ、トルコ、ネパールで、北部ウッタラカンド(Uttarakhand)州リシケシ近郊にある洞窟で3月24日から生活していた。

 6人に新型コロナウイルス感染症の症状は出ていないが、14日間の隔離観察を行うため、スワグ・アシュラム(Swarg Ashram)に移送された。

 警察によると6人は、ロックダウン(都市封鎖)が始まる前はホテルに滞在していたが、所持金を使い果たした後は洞窟に移ったという。

 また、食料や生活必需品を買う現金はいくらか残しており、ネパール人観光客の男性がその他の観光客たちの買い物を手伝っていたという。

 インドでは3月末以降、全国規模の都市封鎖が実施されており、人々は食料品や医薬品の購入といった必要不可欠な外出以外は認められていない。

 ウッタラカンド州の観光当局によると、リシケシには約700人の外国人観光客が残っており、インド政府は外国人観光客を支援するためのウェブサイト「Stranded in India」を開設した。

 リシケシは、ビートルズのメンバー4人が1968年、熱狂的なファンから逃れ、インド文化に浸り、精神的な悟りを求めて訪れたことで知られている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3279664?cx_part=top_latest


409taro :2020/05/28(木) 11:46:57
児童ポルノ持ち込みで実刑 豪で邦人男、映像千本超

 【シドニー共同】オーストラリア西部パースの裁判所は27日までに、児童ポルノの映像や画像を持ち込もうとしたとして関税法違反罪(輸入禁止物持ち込み)で、日本人の男(31)に禁錮1年4月の実刑判決を言い渡した。オーストラリア国境警備隊が明らかにした。

 男は昨年11月2日に東京からパース国際空港に到着。警備隊の荷物検査で携帯電話から200本以上の児童ポルノの映像や画像が見つかり、逮捕された。その後、携帯のアプリからさらに数百本の映像が見つかり、保存していた映像は計約1100本に上った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63970f95d4c975f357e836595b3fb4e5330d2f32


410taro :2020/09/28(月) 04:15:23
密造酒を飲んで日本人死亡か…インドネシア 日本大使館が注意喚起

密造酒で中毒症状 死者も
インドネシアで複数の在留日本人が、密造酒が原因と見られる中毒症状を発症し、死者が出ていることが分かり、現地大使館が注意を呼びかけている。

在インドネシア日本大使館は9月26日、首都ジャカルタ圏内で最近、密造酒(非正規の自家製アルコール飲料)を飲んだ複数の在住日本人が深刻な中毒症状を起こし、死者が出たと発表した。大使館がホームページ上に公開した当該密造酒はプラスチックのボトルに入っていた。

インドネシアでは長年にわたって密造酒が大きな社会問題となっている。2018年には密造酒を飲んだ60人以上が死亡するなど、死亡事故が毎年のように相次いでいるのだ。過去に押収された密造酒からはメタノール成分や高カフェインの栄養ドリンク、虫よけ剤など検出された。

安価な密造酒に手を出す人々も
なぜ密造酒が国内で広く出回っているのか。インドネシアは国民の大多数がイスラム教徒で、戒律ではアルコールの摂取が禁じられているが、酒の販売は国の法律では認められている。一方でアルコール類の税率は高く設定されていて、低所得者層の人々は安価な密造酒に手を出すことが多い。厳しい規制が、結果的に密造酒が出回る原因ともなっている。

在インドネシア日本大使館は、この“殺人密造酒”が他の在留日本人にも出回っている可能性があると指摘し、「インドネシアにおいては、密造酒や闇酒が広く出回っている状況がありますので、いかなる場合であっても、非正規のアルコール飲料の購入及び摂取は絶対にお止めください」と注意を呼びかけている。

【FNNバンコク支局長 佐々木亮】

https://www.fnn.jp/articles/-/89112


411taro :2020/10/22(木) 04:51:59
タイ 7カ月ぶり外国人観光客受け入れ再開 まずは日本や中国から

タイ政府は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた外国人観光客の受け入れを、およそ7カ月ぶりに再開した。

20日夜、タイに到着したのは、2週間の隔離が義務づけられている「特別観光ビザ」で入国した中国人観光客およそ40人。

タイでは、2020年3月から外国人観光客の入国を停止していた。

現在、感染状況が低く抑えられていることから、打撃を受けた観光業を支援するため、日本や中国など感染リスクの低い国からの受け入れ再開が決まった。

タクシー運転手インタビュー「外国人が乗って、われわれの状況は少しよくなる。乗客は増えるかもしれない」

タイ政府は、今後、外国人観光客を増やし、経済の回復につなげたい考え。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b461a857b1839c0d66b4ca728b35a2153245b48d


412taro :2021/08/20(金) 05:35:42
刺激を求めていた大学生「アフガン冒険旅行」中に首都陥落で厄介者扱い
https://news.yahoo.co.jp/articles/467f093f633cf6cb411716a551b1b386388afca9

イギリスの大学生のマイルズ・ラウトレッジは、“冒険旅行”のために8月13日にアフガニスタン入りした。しかし反政府武装勢力タリバンが15日、首都・カブールに侵攻。ラウトレッジは現地で立ち往生することになった、というニュースを複数メディアが報じている。

渡航は控えるように言われていたのに
イギリスのラフバラー大学で物理学を専攻しているラウトレッジは、8月13日にトルコからアフガニスタンに入り、8月19日にカブールから帰りのフライトに乗る予定だったとされる、と欧州のニュース専門局「ユーロニュース」は伝えている。

同局によると、英国外務省はアフガニスタンへの渡航を控えるよう注意喚起していたが、ラウトレッジは2021年5月にこの旅行を予約。今月になって旅行代金の払い戻しができないことが判明したため、タリバンが首都を占領する前に出国できると信じて、予定通り、行きの飛行機に乗った。

しかし、タリバンの攻勢は予測よりも早く、8月15日にカブールは制圧された。同局は「数日前、アメリカ当局は、タリバンがカブールに入るまでに30日程度、首都を攻略するには少なくとも90日かかると予測していた」と記している。

「食べ物が美味しそう、物価も安い」
なぜこんな時期にアフガニスタン入りしたのか。英紙「タイムズ」によると、ラウトレッジはユーチューブの観光動画を見て、行き先を決定。「(アフガニスタンは)とても良さそうだと思ったし、食べ物も美味しそうだし、物価も安かった」と同紙に語っている。

また、資産管理会社でインターンをしたラウトレッジは「僕はリスクが好きだし、投資銀行家だから理にかなっている」「ビーチで寝そべるのは嫌いだし、何か違うことをしたかったんだ。卒業後はフルタイムの仕事について、たぶん家庭も持つだろうから、こんなことをする機会はないだろう。控えめに言っても、いい経験になったよ」とも。

ラウトレッジは、オンライン上ではロード・マイルズという名前で活動しており、掲示板サイトの4chanや、ライブストリーミング配信プラットフォームのトゥイッチでは「つまらない国ではなく、刺激的で他とは違う、最も楽しい国はどこだろうと考えていた」「世界で最も危険な国10ヵ国をグーグル検索して、やることリストにした」「アフガニスタンでぶらぶらしてみるのもいいかも!と思った」などと旅行の動機を語っていた、と「ユーロニュース」は伝えている。

同局によると、ラウトレッジが危険な場所に行ったのは今回が初めてではない。2019年にチェルノブイリを訪れ、盗んだガスマスクを持ち帰るために警備員を買収。それを旅費よりも高い価格でネットで売りさばいた、と主張しているという。

ラウトレッジの旅行は注目を集める一方で批判もされており、「厄介な観光客」とも呼ばれているという。


413taro :2021/08/20(金) 05:36:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/467f093f633cf6cb411716a551b1b386388afca9?page=2

「次は北朝鮮に行きたい」
「タイムズ」によると、ラウトレッジは15日、空港に向かう途中市内に入ってきた武装したタリバン戦闘員と遭遇。どこから来たのかと問われ、イギリスではなくウェールズから来たと答え、ウェールズの場所を知らなかった戦闘員に解放された。その後、別の場所で武装護衛隊に遭遇し、砲台の上で自撮りをしたという。

15日の夜には、友人に向けてソーシャルメディアに「奇妙な国を探検してちょっとしたチャリティーっぽいものにするつもりだったんだけど、精神的に参ってしまった。今、何が起こっているのかわからないし、鏡に映る自分の顔はまともに見えないんだ」「後悔はしていないが、もっと靴下を持ってくればよかったと思う」と記した、と同紙は伝えている。

同紙のインタビューに応じたのは、16日朝だったそうで、その際には約50人の外国人と、カブールの国連施設におり「安全な場所にいる」と語っている。

そして18日、「ユーロニュース」は続報でラウトレッジがドバイに避難したと伝えた。次の冒険旅行では、北朝鮮を訪れたいと話しているという。

COURRiER Japon


414taro :2021/11/01(月) 05:47:37
タイ 接種条件に外国人観光客受け入れ再開

タイ政府は、1日から、新型コロナウイルスのワクチン接種を条件に、外国人観光客の受け入れを本格的に再開しました。観光地では期待と不安の声が聞かれました。

タイ政府は、1日から、日本を含む63の国と地域について、ワクチン接種を条件に、入国者の隔離を免除します。

外国人観光客の本格的な受け入れ再開にかじをきった形ですが、観光地では期待と不安の声が聞かれました。

観光地カオサンロードで商売する人「(外国人観光客受け入れは)いいと思う。ここの状況も少しは良くなるかも」

観光地カオサンロードで経営の飲食店が休業中の人「店を開けても、感染拡大でまた店を閉めることになれば投資が無駄になってしまう」

首都バンコクなどでは、1日から、レストランでの店内飲酒も可能となりますが、ナイトクラブやバーの営業は、引き続き認められていません。

一日あたりの新規感染者の数は、このところ9000人前後と下げ止まりの状況の中、観光業の活性化へ向け、タイ政府の難しいかじ取りが続きます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d0e8de604577c756c6c14b911693f038b0783c6a


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 メキシコ・中米・カリブニュース (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1taro :2019/06/05(水) 04:56:52
メキシコ・中米・カリブニュースの10です

994taro :2021/09/24(金) 05:05:30
メキシコの麻薬王の隠れ家が宝くじの賞品に…2020年に競売にかけるも買い手はなし

悪名高き麻薬王「エル・チャポ」の隠れ家が宝くじの賞品になるとAP通信が報じた。

メキシコ当局は2020年にも、この家を競売にかけたが買い手がつかなかった。

メキシコの海兵隊が2014年にこの家を襲撃し、エル・チャポはトンネルを通って脱出したが、数日後に捕まった。

メキシコの麻薬王、ホアキン・「エル・チャポ」・グスマン( Joaquín "El Chapo" Guzmán )の隠れ家が、メキシコの国営宝くじの賞品になったとAP通信( Associated Press)が報じた。

2014年2月、当時麻薬密売・密輸組織のシナロア・カルテル(Sinaloa cartel)の最高幹部だったグスマンは、メキシコのクリアカンのに潜伏していると言われていたが、当局の追跡を逃れ、トンネルや運河を通って逃亡した。結局、彼は数日後にマサトラン近郊で逮捕された。

そのクリアカンの家は、メキシコの海兵隊が麻薬王を捕まえるためにドアを突き破った後に改装された。AP通信によると、家の周囲を見渡せる監視カメラはすべて取り外され、地下トンネルにつながるバスタブの下の穴もふさがれたという。

メキシコのINDEP(Institute to Return Stolen Goods to the People)のウェブサイト上では、この家がエル・チャポの隠れ家であったことには一切触れておらず、「クリアカンの家(Casa en Culiacán)」としか記載されていない。

2021年6月にこの賞品について明らかにしたメキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール( Andrés Manuel López Obrador)大統領も、この家の歴史については多くを語らなかった。

この家の特徴についてオブラドール大統領は「黒いフェンスがあり、公園から7分のところにある」とだけ述べ、悪名高い麻薬王については言及しなかった。

INDEPは2020年にこの家を約13万ドル(約1420万円)で競売にかけたが買い手がつかなかったとAPは報じている。

この2ベッドルームの家は何年も放置されているが、18万3000ドル(約2000万円)の価値があると言われている。

グスマンには何度も当局から逃亡したことがある。1993年のグアダラハラ空港での銃撃戦に関する罪で、最高のセキュリティを施したグアダラハラ市郊外のプエンテ・グランデ(Puente Grande)に1995年に収監された。しかし、2001年1月、メキシコ最高裁判所がアメリカへのグスマンの引き渡しを認める判決を下した後、彼は洗濯物用カートに乗って脱獄した。

彼は2014年に再び捕まるまで13年間逃亡を続けた。そして2015年7月11日には、再び刑務所から脱走する。この時は監視カメラの死角になっていた独房の穴をすり抜けた。その穴は地下トンネルにつながっており、彼は工事費と賄賂で推定5000万ドル(約54億6500万円)を費やしたという。

エル・チャポは、最終的には2016年1月、故郷のシナロア州にあるロス・モチスで身柄を確保された。2017年1月にはアメリカに送還され、2019年7月に終身刑の判決を受けた。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


995taro :2021/09/24(金) 05:10:40
「俺はクールな独裁者」 中米エルサルバドル大統領

【サンパウロ時事】中米エルサルバドルのブケレ大統領(40)が22日までに、自身のツイッターの自己紹介欄を「世界で最もクールな独裁者」に変更した。

 同氏を「強権的」と批判する内外の声をからかったとみられる。

 ブケレ氏は支持率が8割以上に達しているが、最近は司法や政敵への締め付けを強化。禁じられている連続再選に向けた憲法改正手続きを進めている。今月には国民の懸念をよそに、暗号資産(仮想通貨)のビットコインを世界で初めて法定通貨化した。

 反発を強める一部の市民は15日、首都サンサルバドルで数千人規模の抗議デモを展開。ブケレ氏は直後に紹介欄を「エルサルバドルの独裁者」に更新し、今回「格上げ」した。2019年6月の就任直後は「世界で最もハンサムでいかした大統領」を自称していた。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/814288397de7d4d590057a62203deee91ff5910e


996taro :2021/09/25(土) 04:22:38
騎馬隊の移民対応は「言語道断」 バイデン氏、対処を約束

【9月25日 AFP】米国のメキシコ国境地帯で、国境警備隊が貧しいハイチ移民を馬に乗って制止する暴力的な場面が撮影されたことを受け、ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領は24日、国境警備隊の行動を「言語道断」と非難し、関係者は「代償を払う」ことになると明言した。

 バイデン氏はホワイトハウス(White House)での記者会見で、この問題に初めて言及。「ひどいものだった」と述べ、「言語道断だ。あの人たちは代償を払うことになると約束する」と表明した。

 バイデン氏は今年1月に就任した際、共和党のドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領による国境管理政策は非人道的であるとして、撤回を約束。だが就任から8か月がたち、メキシコ国境では大量の移民が不法入国し拘束される事態となっており、バイデン氏は苦境に立たされている。不法入国者の数は8月、20万人に上った。

 与党・民主党内からは、バイデン氏が厳しい国外退去規則の保持を決めたことで公約に違反したとの批判が上がっている。一方でホワイトハウスは、バイデン氏の決定は新型コロナウイルス対策に基づく必要なものだと説明している。

 共和党とFOXニュース(Fox News)は連日にわたりバイデン氏批判を展開。国境地帯は制御不能な状況にあり、政府は米国の治安維持を放棄していると非難している。

 今月には、国境地帯で撮影された写真がきっかけで、この問題に大きな注目が集まった。写真には、厳しい旅路を経て徒歩でメキシコから越境するハイチ移民の行く手を、国境警備隊の騎馬隊員が阻む様子が写されていた。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3367807?cx_part=top_topstory&cx_position=1


997taro :2021/09/25(土) 04:26:22
米ハイチ特使、バイデン政権に抗議の辞任 移民送還「非人道的」

米国務省のプライス報道官は23日、カリブ海の島国ハイチ担当のダニエル・フット特使が辞任したと明らかにした。フット氏は辞表で、バイデン政権がハイチ移民ら数千人の本国送還を決めたのは「非人道的だ」と批判。自身の反対意見は却下されたとしており、抗議の辞任となった。

マヨルカス国土安全保障長官は南部テキサス州のメキシコ国境地帯に殺到するハイチなどからの不法移民を「追い返す」と警告していた。7月に特使に任命されたフット氏はブリンケン国務長官に宛てた辞表で、ハイチへの送還を逆効果だと指摘。「米国の対ハイチ政策には大きな欠陥があり、私の提言は無視され、却下された」と訴えた。

プライス氏は提言が無視されたとの指摘について「完全な間違いだ」と強調し、内部協議を十分に踏まえた上で政策を決定したと反論した。

地域の最貧国ハイチでは30万人超が犠牲となった2010年の地震以降、多くの人が米国を目指して出国。今年7月にモイーズ大統領が暗殺され、国内情勢が混迷している。(共同)


https://www.sankei.com/article/20210924-DP6PVZ4FVZPJJK2AQF6TTLPNB4/


998taro :2021/09/25(土) 05:11:03
今度はグアテマラで火山が噴火 カナリア諸島ラパルマ島の噴火から4日

 アフリカ大陸に近い大西洋のカナリア諸島・ラパルマ島で19日にクンブレ・ビエハ山が噴火したばかりだが、23日になってそこから7600キロ西に離れた中米グアテマラのフエゴ山(標高3763メートル)が噴火。大量の火山灰が上空に放出され、ふもとの町には溶岩が流れこんでいる。
 首都グアテマラ市の南西約35キロに位置するフエゴ山は同国に存在する三つの火山の一つ。今回の火山活動で深刻な被害は出ていないとされているが、2018年6月の噴火では死者113人、行方不明332人を記録している。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/09/24/kiji/20210924s00042000352000c.html


999taro :2021/09/28(火) 04:51:30
エルサルバドル、リスク集団にコロナワクチンのブースター接種開始へ

[サンサルバドル 24日 ロイター] - エルサルバドルのブケレ大統領は24日、高齢者や医療従事者、基礎疾患のある人など多様な集団に対し、新型コロナウイルスワクチンの3回目追加接種(ブースター接種)を開始すると明らかにした。

同国は2月以降1200万回分のワクチンを調達している。

大統領はツイッターで、ブースター接種対象には、60歳以上の高齢者、現場の医療従事者、教員、軍職員、警官、消防士、および基礎疾患を持つ国民が含まれると説明。「イスラエルでの3回目接種における成功を踏まえ、エルサルバドルでの3回目接種開始を決定した」としたうえで、政府は26日から予約を受け付けると述べた。

中南米では、パナマ、エクアドル、チリなど、特定のリスク集団にブースター接種を行なう動きが相次いでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/95e8585f5cfa67adeac092df8a3ed6e347e70660


1000taro :2021/09/30(木) 04:59:20
キューバ、高周波攻撃を否定 米外交官の体調不良問題

 【ハバナ共同】キューバ駐在の米外交官らが2016年から聴覚障害などの体調不調を相次いで訴えた問題で、キューバ科学アカデミーは29日までに、米国の専門家らが指摘した高周波攻撃の可能性を退ける報告書をまとめた。特定の人物を狙った攻撃は物理的に困難で、攻撃の証拠も米当局を含めた捜査で見つからなかったとしている。

 16年11月以降、ハバナの米国とカナダの大使館職員らが聴覚障害などを訴え、脳や神経系の損傷なども報告された。米国は職員を国外退避させるなど外交問題に発展。中国やロシア、オーストリアなどに駐在する米大使館職員らからも体調不良が報告された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a8406d72bc5ed70e4d5fd535033c8859018b33f


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 アヌス太郎の宿題 10 (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1taro :2019/10/02(水) 07:20:32
いんちき翻訳の10です
http://www.eluniversal.com.co/
http://www.elespectador.com/noticias
この辺のニュースを適当に訳しています
よくわからないときはhttp://news.google.co.jp/news?ned=es_co&topic=n
で複数の記事を見て、適当にでっち上げています
最近はグーグル翻訳も参考にしています

994taro :2021/02/09(火) 09:06:09
2021 2-8 RCN noticias.com
Farc分離派のボスたちがベネスエラからコロンビアに移動している

 コロンビア警察長官ホルヘ ルイス バルガスは、Farc分離派のボスたちに対する作戦を実施していると月曜日に断言しています。
 長官によれば、Farc分離派はコロンビア・ベネスエラの国境地帯のベネスエラ側にゲリラキャンプを設置していますが、その内の一部がコロンビアに移動しています。
 「Farc分離派セグンダ マルケタリアの主要ボスであるヘスス サントリッチ・イバン マルケス・エル パイサ・ロマーニャなどを標的とした特殊部隊があります。」と長官は指摘しています。
 バルガス将軍は、河川を利用しコカインをベネスエラやブラジルに運び、そこからヨーロッパに密輸するルートの摘発が進んでいると説明しています。
 また、長官はFarc分離派ボスの逮捕のためにインターポールやヨーロッパ諸国からの協力があると強調しています。
 
2021 2-8 EL TIEMPO
14歳の少女が山刀で強盗を追い払う コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市ラファエル ウリベ ウリベのイングレス地区にある文房具屋に武装した強盗が侵入しましたが、文房具屋の娘14歳が山刀で強盗を追い払っています。
 バイクで数人の強盗が文房具屋に乗り付け、後ろに乗っていた男が文房具屋に侵入しています。
 文房具屋には店主の女性と店主の娘14歳と2歳がいました。店主の女性は強盗が店の奥に入らないように扉を閉めて防衛しましたが、強盗は店主の腕を掴んで引きずり出しています。その時、14歳の娘が山刀を取り出して、強盗に殴りかかりました。
 山刀を持った少女に襲われた強盗は店主を銃で撃ち、何も盗らずに逃げ出しています。
 店主は病院に運ばれて治療を受けていますが、軽傷です。
 少女はカラコルニュースの取材に対し、「ママの店が襲われたら山刀で殴ってやろうと
決めていました。」と語っています。


995taro :2021/02/10(水) 09:32:47
2021 2-9 NOTICIAS CARACOL 3554,65 1765049,56
ELN東部戦線がボゴタでテロを計画しているとキューバが警告 コロンビア

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)東部戦線の最大ボス通称パブリートがボゴタ市を標的としたテロ攻撃を計画しているという情報がコロンビア政府に入っています。
 テロに関する情報はキューバからもたらされていますが、ELNは常にテロを計画しているとコロンビア国防相ディエゴ モラノは指摘しています。
 「コロンビア警察と軍の諜報部の調べでは、キューバからの情報を裏付ける証拠はアリません。」と述べています。
 しかしキューバ大使館からテロに関する情報を受け取ったコロンビア政府は、ボゴタ市・カリ市・メデジン市・ノルテ デ サンタンデール県・アラウカ県で、諜報・パトロール・監視・警備を強化することを決めています。
 テロ情報がどのようにしてキューバ政府に届いたのかは不明です。当局関係者によれば、コロンビア政府との和平交渉のためにキューバに渡り、コロンビア政府が和平交渉の中止を宣言した後もキューバに滞在し続けているELN最高決定期間コマンド セントラルのメンバーからの情報とされています。
 「もしもコマンド セントラルからだとすれば、ELNは分裂しているということなのか?その答えはともかく、コロンビア政府はキューバに滞在するELNボスたちの引き渡しをキューバ政府に要請します。もしもキューバ政府が情報提供を通じてコロンビアに協力するのならば、協力の最善の方法はキューバにいるELNメンバーを引き渡すことです。」と国防大臣は主張しています。
 
2021 2-9 LA FM.
ベネスエラ移民を合法化するというイバン ドゥケの決定を国際機関が支持 コロンビア

 コロンビア大統領イバン ドゥケ マルケスがベネスエラ人違法移民を合法化すると発表したことを受け、国連・EU・国連難民高等弁務官事務所(ACNUR)・アメリカ合衆国などが支持を表明しています。
 国連事務総長アントニオ グテレスは、ドゥケ大統領の決定を称賛し、「連帯のための重要な行動」と形容しています。
 「この決定によりベネスエラから逃げ出した500万人の難民の内の3分の1が公的サービスにアクセスすることが可能となり、コロンビア経済にも寄与するであろう。」と事務総長は述べています。
 そして国連はコロンビア政府とコロンビア国民への支援を行うと表明しています。
 一方、(ACNUR)弁務官フィリッポ グランディは、「私達は歴史的行いを目の当たりにしています。1984年に中米・メキシコ・パナマの難民保護のためのカルタヘナ宣言がダサれていこう、北米中南米で行われた最も重要な人道的行為です。」と述べています。
 コロンビア駐在アメリカ合衆国大使フェリッペ ゴールドバーグは、コロンビアが移民政策の世界的リーダーであり勇気ある行動であると称賛しています。
 EUコロンビア駐在大使パトリシア ジョンバートも、連帯と勇気、そして前例のない決定であると強調しています。
 「コロンビアに滞在する合法・非合法ベネスエラ移民100万人以上に一時的保護資格を与える人道的決定です。この瞬間に立ち会えることを誇り栄光に思います。」とEU大使は述べています。


996taro :2021/02/10(水) 09:32:57
2021 2-9 VANGURADIA
先住民リーダー ヤク ペレスが決選投票に進む見込み エクアドル大統領選挙

 エクアドル先住民リーダーの1人ヤク ペレスが、中道右派のギジェルモ ラッソに5万2933票差で2位につけています。残りの票は1,85%で、ヤク ペレスが4月の決選投票に進む可能性が非常に高くなっています。
 選挙委員会(CNE)の公式発表によれば、ラファエル コレア元大統領派のアンドレス アラウスが32,04%264万4342票を獲得し、第1位で4月11日に行われる大統領決選投票に進むことが決まっています。
 Pachakutik運動のペレスが20,12%、中道右派Creando Oportunidades運動(CREO)のラッソが19,48%の票を獲得しています。
 票数はペレスが166万2046票、ラッソが160万9113票で、その差は5万2933票です。
 
2021 2-9 ANIMAL POLITICO
国立工科大学の女性教授と娘二人が行方不明 メキシコシティ

 国立工科大学の哲学教授ルス マリア エストレジャ マルティネス47歳と14歳と20歳の娘2人の行方が分からなくなっています。
 3人が最後に目撃されたのは1月26日にメキシコシティ イスタパラパ市エル サンチュアリオ区のカジェ エストレジャです。
 14歳の娘の名前はパウラ バレリア エストレジャ、20歳の娘の名前はネリ アルテミサ アルバレス エストレジャです。
 メキシコシティ検察はアンバーアラートを発令し、3人の捜索を続けています。


997taro :2021/02/11(木) 08:54:07
2021 2-10 EL TIEMPO 3583,23 1720033,83
コロンビアがキューバにテロ情報の詳細を求める

 クラウディア ブルム外相・ミゲル セバジョス高等平和委員・ディエゴ モラノ国防相が、木曜日にコロンビア駐在キューバ大使ホセ ミゲル ポンセと会談を行う予定です。
 キューバ大使は共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)東部戦線がボゴタ市でテロを行うという情報があるとコロンビア政府に伝えています。
 会談は木曜日の午後5時から開催される予定です。
 キューバ政府からELN東部戦線がボゴタ市で計画しているテロについて詳細が明らかにされることが期待されています。

2021 2-10 RCN noticias.com
ELNテロ計画の黒幕は東部戦線のボス通称パブリート コロンビア

 パブリートが率いるELN東部戦線はベネスエラと国境を接するノルテ デ サンタンデール県カタトゥンボ地域内での動きが活発になっていると警察と軍の諜報部が指摘しています。
 東部戦線のゲリラたちはアブレゴ市・ラ プラヤ市・アカリ市・サルディナタ市・ティブ市を移動しています。
 アニバル ヒラルド キンチア別名パブリートは、2019年にボゴタ市にある警察士官学校爆破テロを計画・実行した責任者です。キューバ大使館は、パブリートが今後数週間のうちにボゴタ市で新たなテロを計画しているとコロンビア政府に通告しています。
 コロンビアのキューバ大使館はELN東部戦線が数日中にボゴタ市で軍事攻撃を行うという情報を本国より受け取りました。」とキューバ大使ホセ ルイス ポンセ カラバジョは文書を通じ警告しています。
 コロンビア政府高等平和委員のミゲル セバジョスはキューバ大使館にさらなる情報提供を求めるとともに、現在キューバに滞在しているELN最高決定機関コマンド セントラルのメンバーたちが軍事攻撃の可能性を知らないことに疑問を呈しています。
 パブリートは2008年に逮捕されましたが、2009年に収監されていたベネスエラとの国境の街アラウカ県の県都アラウカ市の刑務所を襲撃したELNゲリラ部隊により助け出されベネスエラ領に逃げ込んでいます。ELNゲリラ戦繊維復帰したパブリートはELNで最も戦闘的なゲリラボスとしてコロンビア政府とELNの和平交渉を批判していました。


998taro :2021/02/11(木) 08:54:18

2021 2-10 CARACOL RADIO
モデルナ社の対COVID-19ワクチンは今年半ばにやって来る コロンビア

 火曜日、アメリカ合衆国の製薬会社モデルナは、コロンビア政府と新型コロナウイルスCOVID-19のワクチンを1000万本販売する契約を結んだと発表しています。モデルナ社のワクチンのコロンビアへの搬入は今年半ばの予定です。
 モデルナ社によれば、現在コロンビア保健当局の承認を得るために動いています。台湾も同じ状況で、台湾には500万本が供給される予定です。
 「モデルナ社のワクチンをコロンビアと台湾に届けるために協力してくれた両国の政府に感謝します。両政府はパンデミックの直面している中、迅速に対応してくれました。」とモデルナ社の最高経営責任者ステファン バンセルは述べています。
 モデルナ社のワクチンはファイザー社製と同様に超低温での保存が必要であり、コロンビアが取得した44台の冷蔵機器に保存される予定です。

2021 2-10 Ultimas Noticias
ロシアのワクチン スプートニクVが10万本ベネスエラに届く マドゥロ大統領

 ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロ モロスは、「来週ロシア製の対COVID-19ワクチン10万本がベネスエラに届く。」と火曜日に発表しました。
 ワクチンの接種は医療関係者から始め、その次に教育関係者がワクチンの接種を受けると説明しています。
 
2021 2-10 EL FINAMCIERO
インド製のアストラゼネカワクチンが日曜日にメキシコに届く

 100万本近くのアストラゼネカ社の対COVID-19ワクチンがメキシコに土曜日に届くと、アンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領が水曜日に発表しました。
 「今日の深夜、インドのメキシコ大使館からメキシコへのワクチン輸送の許可が出たという報告を受けました。」と大統領は説明しています。
 インド駐在メキシコ大使フェデリコ サラスによれば、ワクチンは2月12日金曜日にムンバイを出発し、ドバイを経由してメキシコシティに到着します。
 「メキシコシティへの到着は日曜日の午前3時になる予定です。」と大統領は付け加えています。
 アストラゼネカ社製ワクチンの導入により、高齢者へのワクチン接種が開始できるとロペス オブラドール大統領は強調しています。
 先月末、ロペス オブラドール大統領は2月中に600万本、3月中に1200万本のワクチンを受け取ると発表しています。


999taro :2021/02/12(金) 08:47:06
2021 2-11 RCN noticias.com 3357,16 1760302
ELNがテロ計画を否定 コロンビア

 月曜日、コロンビア駐在キューバ大使ホセ ルイス ポンセが、コロンビア外務省に対してELNがボゴタ市でテロを行う可能性があると警告する文書を送っています。
 木曜日、ELNはテロ計画を否定する声明を発表しました。
 「コロンビア軍諜報部によるでっち上げの可能性がある。」とELNは指摘しています。
 キューバからの情報については、ラ ハバナに滞在するELN最高決定機関コマンド セントラルのメンバーたちが攻撃の可能性について認識していなかったとされており、中央集権的なELNでコマンド セントラルのメンバーが大規模攻撃を知らないことはありえないとしています。「コマンド セントラルのメンバー3人は、コマンド セントラルに次ぐ幹部組織ディレクシオン ナシオナルとエスタド マヨール ナシオナルと共にある。」
 ELNとコロンビア政府はキューバ ラ ハバナで和平交渉を行っていましたが、2019年1月に22人の死者を出したELNの警察士官学校爆破テロによりコロンビア政府は和平交渉を打ち切っています。交渉団としてキューバに滞在していたコマンド セントラルのメンバーたちは、和平交渉中断後もキューバに滞在しています。
 コロンビア外務省はキューバ大使館に外交文書を送り、テロ計画に関してキューバが持っている全ての情報を提供するよう求めています。また大統領府はキューバに滞在するELNメンバーをコロンビアに引き渡すよう求めています。
 一方、国防相ディエゴ モラノは、「軍と警察はいかなる脅威にも対抗できるよう準備を整えている。」と表明しています。

2021 2-11 NOTICIAS CARACOL
金商人2人が撃ち殺された コロンビア メデジン市

 水曜日、アンティオキア県の県都メデジン市北西部コムナ7ロブレドにあるパブロ トボン ウリベ病院の近くで2人が殺害される事件が起きました。
 2人が乗っていた車がバイクに乗った殺し屋に襲撃されています。殺し屋は車の窓ガラス越しに発砲し、犯行後すぐさまその場から逃げ去っています。
 殺害されたのはジョナタン カミロ アヤラ カルボとブレイネル ダビド ベドヤ ゴンサレスです。
 バジェ デ アブラ地域警察司令官ダニエル マソ大佐は、午後6時近くに緊急電話番号123に通報があったと発表しています。
 現場に駆けつけた警官はタクシーに衝突して止まったエンビガド市ナンバーの白い車を発見しています。車内には殺し屋に殺害された金商人1人の死体が有りました。
 「襲撃後、まだ息のあった1人がパブロ トボン ウリベ病院に運ばれましたが、死亡しています。」とマソ大佐は付け加えています。
 メデジン市は犯人逮捕につながる情報に2000万ペソの懸賞金をかけています。


1000taro :2021/02/12(金) 08:47:16

2021 2-11 REPORTE Indigo
13歳の中学生のバラバラ死体が見つかる メキシコ モレロス州

 モレロス州検察はソチテペック市ベニト フアレス区で日曜日に13歳の少年のバラバラ死体が見つかったと発表しています。
 殺害されたのは13歳の中学生エリク オシエルです。
 バラバラ死体はエミリアノ サパタ通りとカジェ ソレダの角に、透明なビニール袋に入れられて放置されていました。
 公道脇に放置されていた死体を見つけた近隣住民が警察に通報しています。
 地元メディアはバラバラ死体のそばには麻薬メッセージが残されていたと報じてきますが、当局からの発表は有りません。
 公式発表によれば、行方が分からなくなったエリックを探していたエリックの家族が遺体安置所ででエリックの身元を確認しています。
 今現在捜査の進展状況など、当局から発表は有りません。

2021 2-11 EL UNIVERSAL
中国カンシノ バイオロジクス製の対COVID-19ワクチン200万本がメキシコに到着

 今日の深夜、中国からカンシノ バイオロジクスのCOVID-19ワクチン200万本を積んだコンテナ2つがメキシコに到着したと、外務省他国間事務及び人権担当のマルタ デルガドが発表しています。
 マルタ デルガドはツイッターを通じワクチンはケレタロ州に運ばれパッケージ化されるとコメントしています。
 メキシコでは昨日の時点で72万4707人がワクチンの接種を受けています。
 保健リスクからの保護のための連邦委員会(Cofepris)は、中国シノバック社とカンシノ バイオロジクス社のワクチンの緊急使用許可を出しています。
 カンシノ社のワクチンは1回の接種で90%の効果があるという調査結果が出ています。
 12月9日、メキシコ政府はカンシノ社と3500万本のワクチンを購入するための契約を締結したと発表しています。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード