板情報 | スポーツ/趣味/健康 ]

ローカルルール

鍋の販売・宗教の勧誘はお断りします。

スレッド一覧

12023年春競馬開幕(33)  :  2日経225-2023年1月〜(37)  :  3日経225-2022年9月〜(170)  :  42022ラスト2か月は! 永島まなみの勝因を審査する?(92)  :  52022秋も!今村聖奈の勝因を審査する(100)  :  6女はパチンコを打つな(11)  :  7今村聖奈の勝因を審査する(88)  :  8日経225-2022年6月〜(132)  :  92022夏季競馬開幕(73)  :  102022春G1後半戦(54)  : 


11 日経225-2022年3月〜(100)  :  12 2022春季競馬佳境(77)  :  13 雑題2022(13)  :  14 日経225-2022.1月〜(110)  :  15 2022春季競馬開幕(105)  :  16 日経225-2021年11月〜(91)  :  17 2021有馬記念(20)  :  18 2021ジャパンカップ(67)  :  19 雑題2021(64)  :  20 2021秋競馬佳境(34)  :  21 2021秋競馬開幕(100)  :  22 日経225-2021年8月〜(116)  :  23 大海物語4スペシャルWithアグネス・ラム(13)  :  24 2021夏競馬突入(101)  :  25 日経225-2021年5月〜(120)  :  26 東京優駿(第88回日本ダービー)(G1)(41)  :  27 有馬記念(第65回グランプリ)(G1)(19)  :  28 天皇(14)  :  29 2021年春競馬(155)  :  30 日経225-2021上期(134)  :  31 日経225-2020下期(265)  :  32 雑題2020(38)  :  33 2020秋競馬佳境(101)  :  34 2020秋競馬開幕(101)  :  35 将棋2019(97)  :  36 ひまわり賞2020(19)  :  37 2020夏競馬突入(112)  :  38 日経225-2020上期(273)  :  39 東京優駿(第87回日本ダービー)(GⅠ)(47)  :  40 2020春競馬(59)  :  41 第37回 フェブラリーステークス(GⅠ)(85)  :  42 冬競馬スタート(笑)(57)  :  43 日経225-2019下期(276)  :  44 第64回有馬記念GⅠ(25)  :  45 雑題2019(49)  :  46 第39回 ジャパンカップ(GⅠ)(52)  :  47 第80回菊花賞G1(67)  :  48 第24回秋華賞(GⅠ)(8)  :  49 スプリンターズステークスGⅠ(32)  :  50 2019秋競馬突入(29)  :  51 2019夏競馬突入(181)  :  52 かんぽ生命(12)  :  53 日経225(2019年)(282)  :  54 降級制度廃止(14)  :  55 6/22大沼S(L)、6/23宝塚記念(G1)(36)  :  56 東京優駿(第86回日本ダービー)(G1)(42)  :  57 第159回 天皇賞(春)(GⅠ)(47)  :  58 2019G1開幕(86)  :  59 2019年、競馬スタート(110)  :  60 天皇陛下御在位30年慶祝 第93回 中山記念(GII)(20)  : 

1   2023年春競馬開幕   (書き込み数 : 33)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/03(火) 08:16:47  
1月5日のメーンは、第72回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)および第61回スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)です。
今年から負担重量が原則1キロ増となりますが、暮れに発表されたハンデを見ると、先回りして1キロ増にしてしまった感じがあります。
3か月から半年も経てば自然に補正されていくものと思われますが、前倒しして行っているのかなと。やたらと58キロの馬が目につきます。
近年は60キロ以上の斤量はほとんど見かけなくなりましたが、今後はちらほら見るようになるかもしれません。

年間を通した注目点は・・・
2月末で騎手を引退する福永の騎乗馬は、誰が引き継ぐのか。順当なら川田でしょうが、川田は川田でお手馬を抱えています。複数の騎手に分散するのでは。
波乱続きだった昨年のG1戦線。今年もその流れは継続するのか。3歳も古馬も絶対的な馬がおらず、混戦模様が続きそうです。
今村・永島といった女性騎手の活躍にも期待。重賞をバンバン勝つといったところまでは期待しませんが、特別は当たり前に勝てる騎手になってほしい。「平場姫」「都合のいい女」で終わってしまうのかどうか、注目です。
27 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/27(金) 07:41:37  
根岸S調教採点
1位 ギルデッドミラー A
 栗東坂路を単走。4ハロン54秒3-12秒2(末強め)でシャープな動き。

2位 レモンポップ A
 美浦ウッドで木曜追い。僚馬に先行し余裕たっぷりに併入。

3位 エアアルマス A
 栗東坂路で単走。序盤はゆったり入り、ラストに軽快な伸びを見せた。

レモンポップがS評価だったら394,000円ぐらいぶちこむ予定でしたが、A評価の2番手だったので341円ぐらいにしておく予定。
惜しい! しかし見事です。次回の東京新聞杯でお会いしましょう!
28 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/27(金) 07:42:54  
シルクロードS調教採点
1位 ナムラクレア A
 馬場は悪かったが、この馬らしいバネの効いた走り。仕上がり良好

2位 キルロード A
 美浦ウッドで抜群の伸び。冬が得意なのか、今活気がある

3位 シャインガーネット A
 大きく追走して併入。馬なりだったが鋭い伸び
29 パチドランカーK    :2023/01/27(金) 12:39:44  
先週、そば屋が一週間休みで、もしや誰かがコロナか不幸があったか?と書きましたが、不幸だったようです。
こんなのが当たるより馬券が当たれ(笑)

まぁ、おばあちゃんで99歳との事ですから不幸というより大往生?・・・ただ調べてみると平均寿命より沢山生きても病気やケガで亡くなった場合は
大往生とは言わないらしいですね?

・・・でそば屋の調教S
根岸S テイエムサウスダン1頭
シルクロードS ナムラクレア、シャインガーネット2頭

レモンポップはサンスポでも余力十分の力強い手応えでA評価・・・ですが余力ってのが微妙ですね?(笑)
余力があってふつうのタイムだったのか、命一杯でふつうの時計だったのかは馬しか分からんハズ?(笑)

あとは、天気が心配ですね?
雨や雪が予報で出てますが、雪が降って残るようなら水捌けのいい東京でも稍重や重になる?

それでもレモンポップが3着以下に沈むとは思えんが・・・
30 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/30(月) 08:10:01  
大往生、という表現は身内に使うぶんにはいいですが、他人には使うべきではないらしいです。99歳まで生きようが341歳まで生きようが、亡くなることは悲しいことなので。

■根岸ステークス
1番人気のレモンポップが完勝。着差は少なかったですが負ける感じはしませんでした。この距離は本当に安定感があります。
フェブラリーSは距離延長がカギになるでしょう。ギルデッドミラーにも逆転の余地はあります。三浦皇成は悲願のJRA・G1制覇なるか。
レモンポップの単勝は朝は200円ついていたのに、確定したら160円でした。341,000,000円ぐらいぶちこんだ人がいたのでしょう。私自身も394,000円入れるのをやめてしまったので新聞代程度のプラスでした。
次は、どんなG1が来るのでしょうか? 次回のきさらぎ賞(NHK賞)でお会いしましょう!

■今村聖奈の勝因を審査する
土曜は1勝、日曜は2勝。高知での交流戦ではやる気のなさが伝わってきましたが、今週は良かったんじゃないでしょうか。
オープン入りを果たしたエレガントムーンに継続騎乗できるように、同じくヤクシマの主戦になれるように願っています。
31 パチドランカーK    :2023/01/30(月) 10:02:28  
>他人には使うべきではないらしいです。

あぁそれは分かります・・・本来の意味は置いといて、一般的に悲しいと言うより喜ばしい(めでたい)事というイメージがあるので、他人にコレを言うと
失礼に当たりそうですね?

久々に馬券が当たりました・・・っても券王同様僅かなプラス、土日では凹みです(苦笑)

>フェブラリーSは距離延長がカギになるでしょう
>ギルデッドミラーにも逆転の余地はあります

全くもって同感!・・・過去の東京1400ダは全て楽勝でしたが、今回のように相手が強くなると、最後命一杯追っても徐々に差を
詰められる形になりましたから、状態が万全でも優勝となると微妙ですね?

日本の馬券ファンのレベルを考えると、この2頭の単勝オッズは逆転の可能性もある?
今回 レモン1.6 ギルテッド5.1
次回 レモン4.1 ギルテッド2.5
まぁもちろん、これは他に強い馬が参戦してこない前提です。

>次回のきさらぎ賞(NHK賞)でお会いしましょう

何かが勝つんでしょうが、軸にしたい馬が居ませんね(苦笑)
東京新聞杯の方は昨年牝馬のクラシックで上位入選してきたナミュールが登場ですか?

この馬はよく覚えてます・・・圧倒的人気に推された阪神JFでCデムーロが乗って、致命的な大出遅れにも関わらず、伸びない内を猛然と突っ込んできて4着
桜花賞では自信の鉄板にしたのだが、横山武史が乗って謎の大敗(苦笑)
その後はマズマズの成績ですが、難しい馬なのかな?
32 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/31(火) 08:34:48  
人が亡くなった時にかける言葉は気を遣いますね。葬儀の時など、忌み言葉もあるのでなおさらです。
ハキハキと歯切れよくお悔やみを述べるのも変な話。結局「このたびは・・・なんともはや・・・」という感じで、何を言っているのか分からないという状態にしておくのが無難と言えそうです。

フェブラリーステークスは開催週になったら検討するとして、東京新聞杯。
世紀末裸王! 今村聖奈の勝因を審査したい男! 今村聖奈のしょういんしん
さしたい男! イチ推しの(?)ナミュール。
実力的には牡馬相手でも勝負になりそうですが、惨敗しても不思議ではありません。って、政治家の国会答弁かい(笑)
実際、距離適性も不明なので取捨には悩むことになりそうです。

きさらぎ賞は前走、鉄板と見込んで単を買ったフリームファクシがもう一丁となるかどうか。
33 パチドランカーK    :2023/01/31(火) 13:19:09  
>何を言っているのか分からないという状態にしておく

あっはは、そうそう(笑)…私もそうするのが良いというのを若い頃、年配の方から聞いたので以後そうしているのだが
外国人にとっては不思議な習慣でしょうね?(笑)
良く言えば日本人の奥ゆかしさ・・・悪く言うとハッキリとせず、うやむやにしたがる人種

>政治家の国会答弁かい(笑)

いやでも、まんまソレかと(笑)・・・1番人気なら買いたくないが、3番人気程度なら軸にしてみっかな・・・みたいな(笑)

>きさらぎ賞は前走、鉄板と見込んで単を買ったフリームファクシ

おっ!出た、また鉄板というワード♪・・・でも私と違って券王の場合当たるから、重みが違いますやね。
・・・ってか、条件戦も結構買ってまんな(笑)

確かに、このフリームファクシの新馬戦は、3着や4着に敗れた馬も直後のレースでスグ勝ってますから、かなり
レベルの高いレースでの2着だったみたいですね?
今回もこのメンバーなら軸は堅いかも?
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
2   日経225-2023年1月~   (書き込み数 : 37)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/03(火) 08:13:56  
今日から日経225は先物取引が始まります。
今年は、大晦日が土曜。元日が日曜。2日の月曜は元日の振り替え休日で欧米主要市場は休場。年末年始のスケジュールの影響を受けにくい暦でした。

31日のナイトセッションの引けは25740円。8時5分現在の気配およびCFDの推移を見ると、そこよりは100円ほど上で始まる見込みです。
31 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/27(金) 07:20:08  
『12月高値超え。陽線が連続』

日経平均、TOPIXともに4日続伸。朝方こそ米NSADQ安を受けた売り優勢地合いにマイナス水準でスタートしたが、すかさず押し目買いが入ってすぐに水面上に顔を出した。寄りが安値となり後場寄り後にその日の高値をつけるという推移は昨日と一緒。月曜日は十字線に近い足だったが、昨日、本日と「寄付坊主」型の日足陽線が2本並ぶ形となった。
個別銘柄でも3陽連、4陽連…と陽線を何本も並べる銘柄が多く現れており、ここでも地合い好転を跡づけることができる。中でも屈指はオリエンタルランド。13日以降本日まで実に9連騰。さすがに上下にヒゲを持つ日足が多いが、これだけ陽線が並ぶとかなり壮観である。

昨年11月下旬から今年大発会までの下落相場の途中、「日銀ショック」直前の12月半ばにかけて戻り相場があったが、TOPIXはその時の戻り高値(1977.42)を上抜いた。スタンダード市場指数も同様。一方、日経平均は12月高値まで700円以上の距離があり、戻りの強弱に差が出ている。指数間だけでなく個別株でも差が出ており、決算発表時期らしい選別物色が始まっているようだ。
明日は六曜が大安。気学運勢暦には「弱体日。吹き値売り方針」とあった。いったんは…ということかもしれない。<1月25日>


ダウ平均は9.88ドル高の33,743.84ドル、ナスダックは20.91ポイント安の11,313.36で取引を終了した。航空機メーカーのボーイング(BA)やソフトウエアメーカーのマイクロソフト(MSFT)の冴えない決算を失望した売りが先行し、大幅下落でスタート。その後、カナダ中銀が金融政策決定会合で予想通り利上げを決定後、次回会合で金利を据え置く可能性を示唆すると、米国内の金利ピークアウト期待も強まり、売りが後退。終盤、今週発表が予定されている10-12月期国内総生産(GDP)や12月PCEコアデフレータなどの重要指標のほか、今月末に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)を前にした買い戻しが強まり、ダウ平均はプラス圏に浮上。ナスダック総合指数は小幅安と、まちまちで終了した。

25日のニューヨーク外為市場でドル・円は、130円05銭まで上昇後、129円27銭まで下落して129円58銭で引けた。米金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。そののち、カナダ中銀が金融政策決定会合で、市場予想通り25ベーシスポイントの利上げを実施すると同時に、インフレの低下受けて、今後政策金利を据え置く可能性を示唆。米金利ピーク観測も強まり、ドル売りに拍車がかかった。

シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比70円高の27390円。
32 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/27(金) 07:22:54  
5日ぶり反落 連騰の買い疲れ

26日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、不動産、精密、その他製品、農林水産など18業種が上昇。海運、石油石炭、電機、銀行、機械など15業種が下落。
前日の米国株式市場は小幅まちまち。マイクロソフトの業績見通しが弱く、序盤は売られましたが、後半は戻しました。
東京市場は日経平均が49円高でスタート。足元の連騰の反動売りも出て、終始冴えない展開でした。個別銘柄では、郵船、商船三井など海運株が軟調。みずほ、三井住友など銀行株も売られました。半面、三菱地所、東京建物など不動産株が強含み。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
27362円75銭(▲32円26銭=0.12%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1978.40(▲2.29=0.12%)

●川崎汽船[9107]
2754円(▲118)
反落。日本郵船(9101)など他の海運株も安い。世界のコンテナ船市場でシェア1位のMSC(スイス)と同2位のAPモラー・マースク(デンマーク)が船舶を共有する提携を25年1月に解消すると発表し、今後の運賃下落圧力になると警戒された。

●DDホールディングス[3073]
771円(△41)
反発して20年10月以来の高値。足元の業績回復を受け、24年2月期の本格回復への期待感が個人投資家などの見直し買いを誘発。短期の利益確定売りを吸収している。毎月開示している月次の既存店売上高は期初から12月まで2ケタ増が続く。

●FPパートナー[7388]
5430円(△240)
上場来高値。保険代理店業や無料のFP相談サービスを展開。1月13日に発表した2022年11月期決算が好感され、株価はこれ以降、騰勢を強めている。営業利益は前々期比2.2倍の38億2400万円と、従来予想36億3400万円を上回って着地。
2023年11月期営業利益は前期比15.4%増の44億1300万円を見込む。保険や資産形成に対するニーズは強く、岸田政権の掲げる「貯蓄から投資へ」、「資産所得倍増プラン」は新規顧客の獲得につながるものと想定。「マネードクタープレミア」の出店強化や、保険商品のラインナップ拡充を図る計画という。
33 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/27(金) 07:40:06  
『順当に、5日ぶり反落』

本日の、日経平均の前場終値と後場終値とは1円しか違っていない。ということは「後場はほとんど動いていない」(情報担当者)ことに等しい。前場は180円あった上下値幅が後場は80円に縮小し、プライム市場の売買代金は前場に比べて1割ほど減っていた。しかも、日経平均の高値は午前9時1分、安値は午後1時17分と、ここ数日あった「寄り直後の安値・後場寄り後の高値」という日中リズムもこの日は真逆。そのため、日足は陰線。後場に入って市場を覆った気迷い気分の背景には、そんなことがあるのかもしれない。とにかく、5日ぶりの反落となった。

「現状維持」急伸の翌日反落を底に、この4日間でざっと1000円近く上昇したから、それに対する反動、あるいは短期過熱警戒に伴う調整といった、ごく定石どおりの下落とみればいいのだろうが、この調整安が反転急落のキッカケにならないか、などと余計なことを考えてしまう。心に染み付いた疑心暗鬼はなかなか払拭できないものである。下落率1.2%(日経平均、TOPIX、マザーズ指数そろって1.2%安というのも珍しい)と極めてマイナーな値下がり。ちょっと前だったら「下げにも入らない下げ」などと一蹴したものだが、ここは一息入ったリズムを大事にすべきか。

GLOBEX夜間取引を見ると、今晩の米国株は反発しそう。明日は1月決算銘柄の権利付き売買最終日。「ひと調整済ませた日本株も…」という展開になってほしいものである。<1月26日記>

ダウ平均は205.57ドル高の33,949.41ドル、ナスダックは199.06ポイント高の11,512.41で取引を終了した。

10-12月期国内総生産(GDP)が予想を上回ったため、景気後退懸念が緩和し、買いが先行。金利上昇も限定的で、投資家心理の改善に伴い終日堅調に推移した。ハイテクは買い戻しが継続。終盤にかけ主要株価指数は上げ幅を拡大して終了した。セクター別では、自動車・自動車部品やエネルギーが上昇した一方、電気通信サービスが下落。

26日のニューヨーク外為市場でドル・円は、129円68銭から130円62銭まで上昇し、130円23銭で引けた。10-12月期国内総生産(GDP)速報値の伸びが7-9月期から鈍化も予想を上回ったほか、先週分新規失業保険申請件数が予想外に前回からさらに減少、20万割れを2週連続で維持したため。労働市場が想定以上に強く、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ長期化の思惑が再燃し、金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。

シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比120円高の27500円。
ナイトセッションは強含み。序盤は日中終値を挟んだ揉み合い。
米市場がオープンすると直後に27510円をつけたものの、売りに押されて一時は27320円まで押し戻される場面も。
終盤は切り返し、高値圏で引けました。
34 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/30(月) 08:02:16  
小反発 銀行株買われる

27日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、銀行、鉄鋼、電機、保険、化学など17業種が上昇。海運、精密、薬品、鉱業、食品など16業種が下落。
前日の米国株式市場は3指数とも上昇。テスラ決算や10-12月期GDPが予想を上回り、買いが先行しました。
東京市場は日経平均が66円高でスタート。特段の売買材料がなく、2万7500円手前で膠着しました。個別銘柄では、みずほ、三井住友など銀行株がしっかり。決算と株式分割が好感された信越化学も買われました。半面、東エレク、レーザーテックなど半導体株が冴えず。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
27382円56銭(△19円81銭=0.07%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1982.66(△4.26=0.22%)

●日本郵政[6178]
1140.5円(△18.5)
6連騰で19年7月以来の高値を連日で更新。国内の物価上昇圧力の高まりを受け日銀が早期の金融政策再修正を迫られるという観測から長期金利が上昇。傘下のゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命(7181)の業績改善期待に。高配当利回りも魅力。

●東邦チタニウム[5727]
2420円(▲275)
4日続落。26日に発表した22年年4〜12月期決算が伸び悩み、個人投資家主体の失望売りが増えた。直近四半期の22年10〜12月期の純利益は8億3600万円(前年同期比1.7%増)と伸びが縮小。23年3月期通期予想に対する進捗率は77%に。

●テクノロジーズ[5248]
3600円
今年のIPO第1号。初日は買い気配が継続。2日目の本日は前場で公開価格比3.7倍の3650円で初値形成。その後は乱高下となり、後場に一時3180円まで下落したが、3600円で取引終了。エンタメ関連の映像ソフトウエア開発やAIを利用したアプリを開発するITソリューション事業などを展開。
35 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/30(月) 08:06:02  
『二つ星は攻防の急所。勝負は来週』

極めて小幅な反発。昨日は32円安、本日は19円高。これを反落・反発と呼んでいいかどうか…。日経平均の前場終値が2万7381円、大引けが2万7382円だから昨日に続いて1円違い。後場の上下値幅は53円と昨日よりも縮小。寄付き直後の高値に10時過ぎの安値というちょっと前の日中リズムに昨日から戻ってしまったから、日足は陰線。小陰線が戻り高値圏で2ケ並ぶこととなった。
これを「2つ星」と呼ぶ。「分岐点」とみるのが原則的な判断。上伸力が減退し、上値に伸びきれなくなってきた証拠ではある。しかし、「上伸の途上の相場なら次の上放れが買い増しの急所」と見るのが実戦での戦術的要諦、と罫線読みの教科書には書いてある。短期テクニカル的な過熱感を冷ますため2日、3日程度の足踏みはよくあること。さて、来週が勝負。うまくいくかどうか。

日経平均もTOPIXも昨年11月高値を抜けずにいるが、TOPIXバリュー指数はこの日2153ポイントで終わり、昨年11月28日の2128ポイントを上抜いてきた。2018年1月23日の2178ポイント以来の水準。この日後場になって銀行、保険、鉄鋼などが買い直された動きを受けたもの。プライムの新高値銘柄みても百五銀、きらぼし、第一生命など銀行・保険の他、大日本印刷、積水ハウス、日本郵政、住友商事など、いかにもそれらしい銘柄が顔を出していた。米国株は明らかにGAFAMが強い動きだが、こちらはまたもやバリュー戻り。代表銘柄もバリューが支配的。5年ぶりの高値水準を駆け上がることになりそうだ。<1月27日記>


ダウ平均は28.67ドル高の33,978.08ドル、ナスダックは109.30ポイント高の11,621.71で取引を終了した。

連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ指標として重要視している12月コアPCE価格指数が鈍化傾向を示したため、金利先高観の後退で買われ、寄り付き後、上昇。クレジットカード会社のアメリカン・エクスプレス(AXP)の楽観的な見通しに加え、ミシガン大消費者信頼感指数が1年ぶりの高水準となったほか、住宅関連指標も予想を上回り、景気への悲観的見方が後退した。さらに、ハイテクの上昇も相場を支援し、終日堅調に推移して終了。セクター別では、自動車・自動車部品や小売りが上昇した一方、エネルギーが小幅下落した。

27日のニューヨーク外為市場でドル・円は、129円56銭へ下落後、130円07銭まで上昇し、129円87銭で引けた。12月個人消費支出(PCE)や米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ指標として注目のコアPCE価格指数が予想通り鈍化したため利上げ減速の思惑にドル買いが後退。しかし、その後に発表された1月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値や12月中古住宅販売成約指数が予想を上振れたためソフトランディング期待に伴いドル買いが再燃した。

シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比55円高の27415円。
ナイトセッションは強含み。序盤はマイナス圏での推移でしたが、午前1時頃にプラス圏に浮上し、以降はプラス圏を維持したまま引けました。小動きの印象ですが値幅は200円ありました。
36 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/31(火) 08:28:04  
まちまち 方向感出ず

30日の東京市場は小幅まちまち。TOPIX業種別騰落率は、化学、繊維、空運、精密、陸運など15業種が上昇。鉄鋼、石油石炭、鉱業、保険、証券など18業種が下落。
前週末の米国株式市場は3指数とも小幅続伸。週明けの東京市場は日経平均が2円高でスタート。特段の売買材料がなく、週末終値付近で保ち合いました。個別銘柄では、JAL、ANAなど空運株が強含み。株式分割発表のファナックも買われました。半面、業績予想を下方修正した積水化が下落。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
27433円40銭(△50円84銭=0.19%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1982.40(▲0.26=0.01%)

●サンワテクノス[8137]
1896円(△250)
後場に急伸して東証プライムの上昇率首位。午後1時に22年4〜12月連結決算と株主還元方針の変更、配当の増額を発表し、好感された。営業利益は54億2100万円(前年同期比63.9%増)で着地。期末配当予想を従来の20円から70円に増額。

●日本M&AセンターHD[2127]
1353円(▲400)
ストップ安で引け、なお売り注文を残す。27日に発表した22年4〜12月期連結決算が売上高298億7600万円(前年同期比12.8%減)、純利益70億9700万円(同32.4%減)と不振で嫌気された。小規模M&A案件の割合が増え平均単価が下落した。

●M&A総合研究所[9552]
8820円(△1500)
ストップ高比例配分、上場来高値。27日引け後に発表した第1四半期決算が好感された。売上高は前年同期比2.1倍の21億2500万円、営業利益は同96.6%増の13億9800万円に拡大。ともに四半期ベースの過去最高を更新した。中小企業のM&A市場の拡大が続く中、前期に採用したM&Aアドバイザーが着実に結果を出し、売上高が増加。
37 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/31(火) 08:33:45  
『指数は高値膠着。楽観と警戒感』

26日が32円安、27日が19円高、そして本日が50円高…。何とも小幅な往来が続いているものである。それでも、25日の終値2万7395円を上抜いいて終わったから、終値ベースでは直近の戻り高値更新となった。とはいえ、26日の取引時間中の高値2万7502円を抜いて2万7500円台に乗せて終わらなければ、ゴーのサインは灯らない。短期の過熱感がある一方で、米国株の強調子、中国市場の再開など明るい材料もあって強弱拮抗状態。その均衡を破るには材料不足なのか。それがFOMCだとすれば、こちらの相場は2日(木)から、アップルなどGAFAの決算発表なら3日(金)から…。
いずれにしても週前半は動けないことになってしまう。でも、そこまで高値圏で踏ん張るのはちょっと無理。プライム市場の騰落レシオ(25日)は128%まで上昇しており、だんだん上値は取りにくくなってくる。

株価指数がどっちに動いてもあまり関係ない、のが決算プレイ。明日は300社を超す決算発表が予定されているから、この先、大盛り上がりとなるだろう。そこで、本日大引け後に(1)23年3月期第3四半期決算が想定超、(2)通期見通しを増額修正、(3)予想配当を大幅増額、(4)自社株取得枠を設定―と、好材料を連発したバルカー(7995)はどうだろう。パッキン、ガスケットなど工業用シール製品のメーカーで、半導体製造装置向けシール製品の好調が業績上振れの背景。株主還元に積極的なのもいい。

それと、興味深いのはその社名。「バルカー」っていったい何だろう?その昔は日本バルカー工業という社名だったから、製品名だとか、製造技術を導入した先の社名だとかがよくあるパターン。社長室には「バルカーおじさん」の胸像があったりする…、そんなのではないかと思っていたが、「バルカー」は「VALQUA」と書き、「Value」と「Quality」を元にした造語なのだそうである。「価値と品質」…う〜ん、なかなか崇高である。同社は1932年からこの社名を使っている。もっとも、明日の株価には関係ないネタか。<1月30日記>


ダウ平均は260.99ドル安の33,717.09ドル、ナスダックは227.89ポイント安の11,393.82で取引を終了した。今週開催される連邦公開市場委員会(FOMC)を直前に控える中、調整的な売りが先行し、寄り付き後に下落。FOMCでは利上げペース減速が予想されているものの、連邦準備制度理事会(FRB)高官が主張している通り、ターミナルレート(政策金利の最終到達点)が5%超になるまで利上げが継続するとの思惑もくすぶり、金利上昇を警戒した売りから一段安となった。また、ハイテク株の利食い売りが相場を押し下げた。終盤にかけ主要株価指数は下げ幅を拡大して終了した。

30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、130円00銭から130円57銭まで上昇し、130円43銭で引けた。連邦準備制度理事会(FRB)が今週開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げを決定、タカ派姿勢を維持するとの見方に金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。

シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比40円高の27410円。
ナイトセッションは、序盤は日中終値を挟んだ揉み合い。米市場がオープンすると上値を追い、27500円を突破。
0時過ぎには27570円までありました。しかし買いは続かずにほどなく失速。
終盤にかけて上げ幅を縮小し、かろうじてプラスという水準で引けました。
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
3   日経225-2022年9月~   (書き込み数 : 170)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/02(金) 07:58:29  
続落 金利警戒で日米売り止まず

1日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、建設のみ上昇。海運、卸売、鉱業、石油石炭、保険など32業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも4日続落。序盤は火曜終値を挟んでもみ合いましたが、終盤に売られ、ほぼ安値で終了しました。クリーブランド連銀のメスター総裁が来年中の利下げを否定し、売り材料になったようです。
東京市場は日経平均が294円安でスタート。香港、台湾、韓国などアジアが軟調で、東京も終始底這いでした。個別銘柄では、三井物産、住友商事など商社株が冴えず。東京エレク、アドバンテストなど半導体株も売られました。半面、長谷工、タマホームなど建設株の一角が強含み。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
27661円47銭(▲430円06銭=1.53%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1935.49(▲27.67=1.41%)

●ラクーンHD[3031]
1298円(▲99)
3日ぶり反落で東証プライムの下落率3位。8月31日に22年5月〜7月期の連結業績を発表。営業利益3億1400万円(前年同期比21.4%増)、純利益1億9900万円(同18.0%増)と2ケタ増益で着地したが、織り込み済みで好材料出尽くしに。

●日本製鉄[5401]
2236.5円(△28)
商いを伴い逆行高。トヨタ自動車(7203)との交渉で22年度下期の車用鋼材の価格を上期よりも1トンあたり約4万円引き上げることで合意したと報じられ、好感買いが増えた。値上げは3四半期連続で2〜3割の上昇率になる。トヨタは続落。

●セルソース[4880]
5030円(△305)
大幅続伸。8月31日引け後に発表した2022年10月期業績予想の上方修正が好感された。営業利益予想を従来の11億1800万円から13億3600万円(34.7%増)に増額。提携医療機関数の拡大に加え、再生医療に対する社会的認知度の高まりや効率的な事業活動の結果により、加工受託件数が大幅に増加したという。化粧品販売も計画上回る進捗。
164 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/12/30(金) 20:50:03  
3日ぶり反落 主力ハイテク株が売られる

28日の東京市場は3日ぶり反落。TOPIX業種別騰落率は空運、不動産、海運、証券、情報通信、鉱業、陸運、電機など16業種が下落。保険、電力ガス、鉄鋼、食品、倉庫、建設など16業種が上昇。パルプ・紙は変わらず。
前日の米国株式市場はまちまち。金利上昇を受けてハイテク株が売られた流れが東京市場も波及。主力ハイテク株に下落するものが増えました。朝方の売りが一巡した後は押し目買いも入って日経平均の下げ幅は限られました。
個別銘柄では東京エレクや村田製、日本電産などが安く、ソフトバンクG、郵船、東邦チタも下落。半面、三井住友FGやオリエンタルランド、日本製鉄、東北電力が上昇しました。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
26340円50銭(▲107円37銭=0.41%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1909.02(▲1.13=0.06%)

●日本電子[6951]
3520円(▲50)
13日続落で20年11月以来、約2年1カ月ぶり安値。21年11月の上場来高値(9840円)からの下落率は64%に。電子ビーム描画装置など半導体製造装置の成長性に着目して購入した海外投資家主体の手じまい売りが続き、買い向かう動きは乏しい。

●ヨシムラ・フード・HD[2884]
628円(△78)
1月4日以来の新高値。東証プライムで上昇率首位。27日にマルキチ(北海道網走市・根田俊昭代表取締役)の発行済株式の70%を取得して子会社化すると発表し、評価された。同社はホタテを中心にサケやイクラ、カニ等の製造加工・販売を行う。

●サンクゼール[2937]
3305円(△205)
新高値。値動きの良い直近IPOとして人気化。久世福商店など自社ブランドを中心とした加工食品などを販売。商品開発から製造、販売を一気通貫で手がける「食のSPAモデル」や、店舗、EC、ホールセールなど複数の販路をすでに築いており、今後の成長が期待されているもよう。多くの株式を創業家一族が保有しており、需給不安に乏しいとの見方もあるようだ。
165 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/12/30(金) 22:07:31  
『反落。膠着感強まる』

クリスマス休暇明けの米国株が区々の動き。特にNASDAQ安、SOX指数安が日経平均に効いて一時は250円近い下げに。ただ、本日は12月決算銘柄の配当金など権利取り最終売買日。配当再投資の買いも引けにかけて入ったようで、大引けは105円安と寄り付きの水準を取り戻して終わった。そのため、日足は陽線。下ヒゲが長く、抵抗の形跡を見せていた。相場観は別に、この時期らしい特殊な需給、テクニカルな売買が商いを膨らませたことでプライム市場の売買代金は2兆3226億円に膨らんだが、実商いは低調だった。

レーザーテック、東エレク、村田製作所、日本電産などハイテク系の主力銘柄が売りの対象に。昨日頑張ったファーストリテイリング(FR)も反落し日経平均を押し下げた。その他、百貨店は強いものの、電鉄株が売られるなどインバウンド関連は区々の動き。米国では中国政府のコロナ水際規制撤廃を素直に買ってナイキやダウが高かったが、こちらでは日本政府による中国からの入国者規制強化が差し引きのマイナス材料となった。FR安もその余波か。

なかなかテーマが立たないのは政府が不甲斐ないからかもしれない。秋葉復興相更迭で閣僚辞任4人目。内閣支持率もさらに低下。岸田首相は昨夜、「24年の増税開始前に解散」と語ったらしいが、そんな先ではなく「年明け総辞職」などという観測も巷には流れているらしい。代表的な選挙関連銘柄といっていいイムラ封筒の株価はこのところジリジリと水準を切り上げており、この日の終値は終値ベースとしては約半年ぶりに高い水準。先回りする人もいるようである。<12月28日記>


28日のNY株式相場は下落。年末年始の株高アノマリーへの期待から上昇してスタートしたものの、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国での行動規制の緩和への警戒感などから幅広い銘柄に売りが強まった。ダウ平均は朝方に137ドル高まで上昇後、372ドル安まで下落し、365.85ドル安(-1.10%)で終了。アップルが3.07%下落し、52週安値の更新を続けたほか、ウォルト・ディズニー、ダウ・インク、ナイキも2%超下落した。S&P500とナスダック総合も朝方に上昇後、それぞれ1.20%安、1.35%安と一日の安値圏で終了。ダウ平均は3日ぶりに反落し、S&P500とナスダック総合は2日続落した。

28日のニューヨーク外国為替市場でドル円は4日続伸。終値は134.47円と前営業日NY終値(133.49円)と比べて98銭程度のドル高水準だった。米10年債利回りが3.80%台まで低下すると円買い・ドル売りが先行。22時前に一時133.40円付近まで値を下げた。ただ、アジア時間に付けた日通し安値133.38円が目先サポートとして働くと買い戻しが優勢に。米10年債利回りが3.89%台まで上昇したことも相場の支援材料となり、6時過ぎには134.50円と日通し高値を更新した。
 なお、この日発表の12月米リッチモンド連銀製造業景気指数は予想を上回った一方、11月米住宅販売保留指数は予想を下回るなど強弱入り混じる結果となった。

シカゴ日経平均先物の円建て清算値は27日の大阪取引所清算値比150円安の2万6210円。
166 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/12/30(金) 22:09:44  
続落 日経平均は3カ月ぶり安値

29日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は鉱業、海運、ゴム、保険、食品、小売、銀行など28業種が下げ、水産農林、不動産、電力ガスなど5業種が上昇。
前日の米国株式市場は下落。金利上昇を受けてアップルなどハイテク株が売られ、東京市場でも主力ハイテク株に海外勢の売りが継続。引けにかけてはやや下げ渋りましたが、年末年始の連休を控え終始軟調な展開で日経平均は9月30日以来ほぼ3カ月ぶりの安値となりました。
個別銘柄ではソニーGやTDK、信越化学、商船三井が軟調で、三菱UFJ、JT、クスリのアオキが下落。半面、レーザーテックやキーエンスが反発し、メルカリ、gumiも上昇しました。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
26093円67銭(▲246円83銭=0.94%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1895.27(▲13.75=0.72%)

●コーエーテクモHD[3635]
2435円(△151)
商いを伴い大幅反発。中国のオンラインゲーム規制当局が輸入オンラインゲーム45タイトルの国内提供を認可したと報じられたことが手掛かり。当社のタイトルも含まれるもようで、gumi(3903)やネクソン(3659)など他のゲーム株も高い。

●村田製作所[6981]
6604円(▲25)
3日続落で連日の新安値。ソニーG(6758)やTDK(6762)など他のアップル関連株も総じて軟調。28日の米国市場でアップル株が4日続落し本年安値を更新した流れが波及した。iPhone等の生産拠点である中国でのコロナ感染拡大の影響を懸念。

●フィードフォースグループ[7068]
355円(△50)
急反発。デジタルマーケティングや広告関連ツールを提供。28日引け後に発表した2023年5月期業績予想の上方修正が材料視された。営業利益予想を従来の8億4800万円から9億4700万円(前期比1.9%増)に増額。減益予想が一転して増益予想となり、好感されたもよう。上期に新規顧客からのインターネット広告予算が想定以上に増加。今後も増加傾向で推移すると見込む。
167 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/12/30(金) 22:12:02  
『一時2万6000円割れ。小型株は元気』

昨年末大納会での日経平均終値は2万8791円だった。この水準を上回って終えるのはちょっと無理だろうが、それなりの水準で着地してほしいもの。昨年末から1割押したところが2万5911円。米国株(例えばS&P500は21%下落)に比べた「日本株の底堅さ」を主張するなら10%押しは回避したいところ。本日も前場には386円安の2万5953円まであり、10%押しにかなり際どく接近した。10月3日以来となるザラバ2万6000円割れがあったことで、値ごろ感が働いたか、後場には下げ幅を縮小する動きとなった。結局、大引けにかけて140円ほど水準を切り上げ、2万6000円台を維持した。この大台維持はかなり大きいかもしれない。

確かに、後場の方が前場に比べて商いも膨らんでおり、押し目狙いの買いが入ったのだろう。プラ転銘柄が目立つ。プライム市場全体でみると、前引け1292銘柄を数えた値下がり銘柄数が大引けでは818まで減っていた。そのため、日経平均、TOPIXは安いが個別株では値上がり銘柄の数が多いという構図。これはここ数日の傾向でもある。

TOPIXを構成する小型株指数が前引けマイナスから大引けプラスに転換。今週初めから極めて底堅く推移している。実は、本日のプライムの売買高10億2100万株は昨年の大納会前日8億5200万株(当時は東証1部市場)に比べると、かなり多い。株価指数を見る限り、売りたい人が多くて膠着状態が続いている市場だが、個別株レベルでは買いたい人が結構戻ってきているのかもしれない。だから、どうなんだ―といった話でしかないが、沈滞ムード一色ではないことも確かなのである。<12月29日記>


29日のNY市場は上昇。ダウ平均は345.09ドル高の33220.80ドル、ナスダックは264.80ポイント高の10478.09で取引を終了した。投資家の本年の税金対策終了で、来年に向けた買戻しが先行し、寄り付き後、上昇。週次新規失業保険申請件数も予想通り増加したため金利低下が手伝いハイテクも買い戻され、相場全体を押し上げた。主要株式指数は終日堅調に推移し、終了。セクター別では、自動車・自動車部品の上昇が目立った。

29日のニューヨーク外為市場でドル・円は、133円68銭から132円91銭まで下落し引けた。米週次新規失業保険申請件数が前回から増加したため、労働市場ひっ迫により連邦準備制度理事会(FRB)の利上げが長期化するとの見方が後退し、金利低下に伴うドル売りが優勢となった。

シカゴ日経225先物清算値は大阪比290円高の26270円。
168 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/12/30(金) 22:14:30  
28日のナイトセッション

ナイトセッションは、中盤までは強含み。小高く推移し、26310円を何度かつけました。
しかし0時頃から下落に転じるとズルズル下げる展開に。2時台に100円ほど反発する場面もありましたが、終盤に売り直され、安値圏で引けました。
169 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/03(火) 08:09:38  
日経平均は小反発 年間では9.4%安

30日の東京市場はまちまち。TOPIX業種別騰落率は海運、銀行、小売、ガラス土石など11業種が高く、鉱業、石油、食品、その他製品、水産農林、機械、電機など22業種が下落。
前日の米国株式市場は反発。金利低下を受けてハイテク株中心に買われた流れを受けて東京市場でも見直し買いが先行。日経平均は上げ幅を220円超に広げる場面がありました。買い一巡後は手じまい売りに押されて一時マイナス圏に。引けは小反発して取引を終えました。TOPIXは3日続落。日経平均は年間で2697円(9.4%)下落しました。個別銘柄ではファーストリテや川崎汽船、三菱UFJが上昇。メルカリ、gumi、ペピチドリームが高く、アダストリアが急騰。半面、東京エレクや任天堂が軟調で、トヨタ、キーエンス、リクルート、武田薬品も下げました。


Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
26094円50銭(△0円83銭=0.00%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1891.71(▲3.56=0.19%)

●フェローテックHD[6890]
2787円(△117)
3営業日ぶりに反発。29日に中国の連結子会社が30日に深セン証券取引所創業板市場に上場すると発表し、材料視された。部品洗浄事業会社の安徽富楽徳科技有限公司(FTSVA)の上場によって特別利益や評価益の発生を期待する動きとなった。

●レーザーテック[6920]
2万1745円(▲770)
反落。売買代金は個別銘柄で引き続き断トツ。昨年末との比較では1万3545円(38.4%)安、10月3日につけた本年安値(1万4320円)からは51.9%高い水準で取引を終了。年末年始の4連休を控えて短期筋による手じまい売りが増えた。

●フリー[4478]
2928円(△116)
大幅続伸。29日のアメリカ市場で金利低下・株高の動きがみられ、グロース株の見直し機運を誘ったもよう。30日付日本経済新聞で、2023年10月に始まるインボイス制度に向けて業務効率化サービスを始めると伝えられたのも材料視されたようだ。
170 パナシア@仲田奈々愛好会    :2023/01/03(火) 08:11:41  
『年間9.4%の下落率。来年こそは…』

「岸田首相が東証に到着したころに日経平均はマイナス」などと、皮肉を言う人もいたが、大引けでは何とかプラス。それでも83銭高とは何とも微妙。前日比の変動幅が1円未満というのは今年初。21年6月24日(34銭高)以来の極小変動である。果たして何を意味しているのか。一応プラスだったが、日足を見ると、かなりの幅での陰線。米国株高を背景に朝方は200円以上の反発で始まったものの、次第に貯金を減らして辛うじて僅少高。TOPIXやJPX400はマイナスで終わっているあたり、地合いというか、気重いムードの展開だった。

「来年は資産所得倍増プラン元年」-。大納会セレモニーに出席した岸田首相はそうあいさつした。現職首相が大納会に出席するのは2013年の安倍首相以来のこと。あの時は日経平均が年間で5割以上も値上がりしたが、今年は9.4%のマイナス。「来年こそは…」と期待したい。<12月30日記>


30日のNY株式相場は反落。年内最終の取引となったが、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ継続による景気後退(リセッション)懸念などを背景に売りが優勢だった。ただ、原油高を好感したエネルギー株や、年初から大きく下落したネットフリックス、テスラなどが上昇し、終盤は下落幅を縮小して終了した。前日に345ドル高となったダウ平均は、一時372ドル安まで下落したが、73.55ドル安(-0.22%)で終了。S&P500とナスダック総合も1%超下落後、それぞれ0.25%安、0.11%安で終了した。

12月30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、132円38銭まで上昇したのち、一時130円78銭まで反落し、131円13銭で引けた。米12月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)が予想以上に改善したため長期金利上昇に伴うドル買いが優勢となったのち、引けにかけポジション手仕舞いのドル売りに転じた。また、日銀がいずれ大規模緩和終了するとの見方に日米金利差拡大観測を受けた円売りが後退した。

シカゴ日経225先物清算値は大阪比255円安の25735円。
ナイトセッションは軟調推移。20時頃までは25900円台で推移していましたが、以降はジリ安商状。1時頃からは下げ足を早めました。
5時頃に安値25630円をつけた後は100円ほど戻して2022年の取引を終了。
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
4   2022ラスト2か月は! 永島まなみの勝因を審査する?   (書き込み数 : 92)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/11/07(月) 08:28:45  
前スレが100レスに到達したので新スレに移行します。

>クラシックは堅かったのでほぼトントンですがスプリントがそこそこ付いたので良かったです♪

それはオメでした。レッドルゼルが最内枠だったので嫌な予感はしたのですが、では何を買うかを決めきれず、見送ってしまいました。

オメガパフュームの件ですが、私はデムーロが降ろされたと思っています。そうでなければ阪神まで乗りに来たでしょう。

世紀末裸王! お茶の水~万世橋で紅茶を大声で頼む男! お万 コ
ウチャ~! と叫ぶ男!
の見立て通り、横山一家のワンツースリーがあってもおかしくなかったですね。一家は1,3,4番人気に乗っていたので。

先週の4重賞は波乱の連続。
京王杯が10⇒11⇒5番人気で、馬連659倍、3連単22218倍
ファンタジーSが10⇒2⇒5番人気で、馬連114倍、3連単4677倍
ア共和国杯が6⇒5⇒3番人気で、馬連70倍、3連単851倍
みやこSが11⇒2⇒1番人気で、馬連172倍、3連単2676倍。
4R中3Rで2桁人気が勝つという荒れっぷり。

惜しい! しかし見事です。次回の京都ジャンプステークス、デイリー杯2歳ステークス、東京中日スポーツ賞武蔵野ステークス、農林水産省賞典福島記念およびエリザベス女王杯でお会いしましょう!
86 パチドランカーK    :2022/12/27(火) 09:40:38  
>本命サイド

最一回の2017年から全ての結果を見てみましたが、見事に上位人気で決まってますな!
昨年こそ(2,4,8)人気ですが、その前の2020年が(1,3,4)、2019年が(1,3,2)2018年が(1,2,3)2017年が(1,4,8)

馬連は1番人気~4番人気で全て収まっている(汗)

理由は良く分からんが、ココまで堅いと、あまり逆らいたくないですね?

人気処は・・・

ミッキーカプチーノ(戸崎)2戦2勝、前走中山2000、葉牡丹賞で快勝
ガストリック(三浦)2戦2勝、前走東京1800、GⅡ東スポ2歳Sで優勝
ファントムシーフ(福永)2戦2勝、前走中京2000、野路菊Sを快勝
セブンマジシャン(Cデムー)2戦2勝、前走阪神2000、黄菊賞で優勝
グリューネグリーン(Mデムー)3戦2勝、前走阪神2000、京都2歳Sで辛勝

基本はこの5頭?

あとはハーツコンチェルト(松山)キングズレイン(ルメール)が何処まで人気になるか?

この中では、前走で中山2000を経験し、しかもフルゲート18頭立てのレースで中段より後方からの競馬で徐々に押し上げ
最後は突き抜ける競馬をしたミッキーカプチーノが、1番人気でしょうか?

コレを軸に上位人気数点に流せば取れるのかな?・・・っても点数は絞らんとガミるな(苦笑)
87 パチドランカーK    :2022/12/27(火) 09:41:14  
最一回 × 第一回 〇
88 パチドランカーK    :2022/12/27(火) 12:06:21  
さらに付け加えると・・・

今年の重賞は1番人気が勝てないジンクスが続いていたが、阪神JFでリバティアイランド(1番人気)が勝つと
朝日杯ではドルチェモアが、そして有馬記念ではイクイノックスが勝った!

ココに来て1番人気が勝つ流れに変わった感じがしますね?・・・まぁオカルトだけど(笑)
89 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/12/28(水) 07:59:31  
ざっと人気を見ると、前走で重賞を勝った馬よりオープン特別や1勝下を勝った馬が人気になっていますな。
何を買うかまだ決めていませんが、何かしら買うと思います。「有馬記念とホープフルSを500円以上買うと何たらかたらが当たるキャンペーン」に申し込んじゃったし、JRAプレミアムで払い戻しの上乗せもあるし。

>ココに来て1番人気が勝つ流れに変わった感じがしますね?・・・まぁオカルトだけど(笑)

いやあ、オカルトでもないと思いますよ。
今まで1番人気が負けすぎていたので修正が入るのではないでしょうか。パチンカーが341番目(実際には5番目ぐらい)に好きな言葉を使って表現すると、収束に向かうのではないかと。
90 名無しさん    :2022/12/28(水) 14:02:20  
>有馬記念とホープフルSを500円以上買うと何たらかたらが当たるキャンペーン

一緒一緒(笑)クオカードだよね?
さらに、東京大賞典も入ってた気がする(笑)

今回は枠で買ってみます。
8枠から、相手1,3,5,7・・・多少金額の強弱をつけて

あとはミッキーカプチーノの単勝・・・まぁギリギリ届かずの2着とかもありそうだが、そんなん言ったら
単勝は買えんからね(笑)
91 パチドランカーK    :2022/12/28(水) 14:02:56  
久々にやってしまった(-人-)>>名無し(笑)
92 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/12/29(木) 07:11:42  
■ホープフルステークス
人気サイドの決着が多かったこのレースにしては珍しく大波乱となりました。今年を象徴する締めくくりでした。
1~3番人気馬は4~6着には来ており、穴馬が激走したというよりは人気馬が凡走したという感じです。
4番人気の三浦皇成は惨敗。いずれG1は勝つと思いますが、勝つまでは買えない感じです。

次は、どんなG1が来るのでしょうか? 次回の東京大賞典でお会いしましょう!
東京大賞典はオメガパフュームが引退して混戦模様。馬券は見送りますので、世紀末裸王! 2023年もお茶の水~万世橋で小判の番をする男! お万 小
判 番する男!
の馬券が当たるよう祈っておきます。
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
5   2022秋も!今村聖奈の勝因を審査する   (書き込み数 : 100)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/05(月) 08:07:32  
>私も完全に勘違いしてた馬が居ました、確かココにも書いたが忘れた(笑)

あと、歌謡曲の歌詞も間違って聞こえたものが多数ありました。34.1年ほど前はレコードでも買わない限りなかなか歌詞が分からなかったので。

○は正しい歌詞、×は私が聞こえた歌詞
「セーラー服と機関銃」
○ 都会は秒刻みの慌ただしさ
× 都会は病気さ 身の慌ただしさ

「飛んでイスタンブール」
○ どうせフェアリーテイル
× どうせ出歩いている

「よろしく哀愁」
○ もう泣くのも平気
× モーナクのモヘーキ(モーナクって何? モヘーキって何? と悩んだ)

■週末の3重賞
札幌2歳Sは1番人気が勝つもヒモ荒れ。新潟記念と小倉2歳Sは人気馬総崩れの大波乱。
ミカッテヨンデイイは中2週続きの4走目では苦しいだろうと思い、プロトポロスを買ってみたがいいところなし。

惜しい! しかし見事です。次回のセントウルステークスでお会いしましょう!
94 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/11/01(火) 08:40:29  
■KBS京都賞ファンタジーステークス(G3)
2歳の重賞は新馬を勝ったばかりでぶつけてくることも多い中、今年はなかなか骨っぽいメンバーが揃った。ブトンドールとアロマデローサはけっこう強そう。
注目馬はやはり今村聖奈騎乗のミカッテヨンデイイとなる。今のままでも阪神JFの出走は濃厚だが、来年のためにも賞金を上積みしておきたいところ。
今村聖奈にとっても、ここで好走させればコンビ継続⇒G1初騎乗となるので気合いが入るところだろう。
親友かつライバルの角田大河はウメムスビでの朝日杯騎乗が決まっている。今村聖奈が阪神JF騎乗となれば、角田大河より先にG1初騎乗を達成する。
土曜日は阪神で乗って、レース後に福島に移動。日曜のレース終了後はまた栗東に戻ってくることになると思う。長距離の移動、誠に乙としか言いようがない。健闘を祈る。
95 パチドランカーK    :2022/11/01(火) 13:30:20  
ミカッテヨンデイイは厳しいんじゃないでしょうか?
前走、入れ込み→出遅れをノーカンにしても、今回も相手が強いと思うので掲示板に載れば良い方かなと?

私は1戦1勝のレッドヒルシューズに注目してます。
阪神1600で、ゴール前は4~5頭が並んで入る際どいレースだったがその前、4角から直線を向いてさぁココからと言う時に他馬にぶつけられ外に振らされてからの
体制を立て直して見事な差し脚!

今回は200短い1400となりますが、前走同様前に付けられればいい勝負になるような気がします。

あ、そうそう!
一方の?永島まなみ騎手ですが、前走勝利から87戦目にしてようやく勝ちました(笑)
勝ったのは新潟ですが、その新潟に入ってから14戦4勝です(汗)

やはり騎手が手薄となる3場開催だとチャンスが生まれるという事でしょうかね?
しかも15番人気の単勝9760円・・・それもそのハズ、新潟の千直で1枠1番からの優勝ですからね!
買い続けていればなぁ(笑)

どんなレースか観て見たら、玉砕覚悟?の一頭だけ真っすぐ内ラチ沿いを走っての快勝!
新潟2回目というのも吉と出たのかと思うが、前日の新潟1回目のメイン飛翼特別では1枠の馬2頭が内ラチ沿いを走って共に惨敗してますから
よく内ラチを選択したと思います・・・厩舎の指示かな?
96 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/11/02(水) 08:46:02  
ミカッテヨンデイイに関しては世紀末裸王! お茶の水~万世橋でコスプレをする男! お万 コ
スプレーをする男!
と同意見で、掲示板が当面の目標になるでしょう。
小倉1200ばかりを使われてきた馬なので、距離・コースへの対応は未知数です。ここで惨敗するようならG1路線は諦め、オープン特別で小銭を稼ぐ方向に転換するのでは。

世紀末裸王! お茶の水~万世橋でコーヒーを大声で注文する男! お万 コ
ウヒ~!と叫ぶ男!
ご推奨のレッドヒルシューズの新馬の動画を見ましたが、凄いレースでしたな。
引っかかる馬はいるは、直線でヨレる馬はいるは、そうした中、動揺せずに差し切った精神面は素晴らしいです。穴に一考。

永島まなみはたまに出す特大の大穴が単勝回収率を押し上げているので、安定して買える騎手ではありません。が、技術は今村聖奈と同等またはそれ以上のものがあると思います。飛躍してほしい騎手の一人。
世紀末裸王! お茶の水~万世橋でこぶ茶を大声で頼む男! お万 こ
ぶちゃ~! と叫ぶ男!
ご指摘の新潟1000のイン突きは、厩舎サイドの指示ではなかったそうです。枠順を見て、彼女自身の判断でバクチを打ったのでしょう。

JBCクラシックはクラウンプライドかなあ・・・?
97 パチドランカーK    :2022/11/02(水) 09:48:31  
スプレーとウヒィ~は分かるが、ぶちゃ~と叫ぶ方はあまり居ない?(笑)

>穴に一考

あざぁ~す(-人-)…走破タイムも上がりも平凡なので、指数では拾えない馬ですが、あのレースが本来の力を発揮したものではない
とすれば一発があってもおかしくないと思います…まぁ全馬に言える事ですが(笑)

>新潟1000のイン突きは、厩舎サイドの指示ではなかったそうです

あ、そうなんですね?
そのセンスは評価されそうですね・・・ってかソレを知ってるのが凄い!もしかして知り合い?(笑)

>JBCクラシックはクラウンプライドかなあ・・・?

盛岡か?(笑)
全く知らなかったので、競馬場の特徴から調べてみましたが、結果的には逃げ先行が有利になっているが
その理由はコース特性と言うより、ここは重賞でしか使われないコースなので、たまたま強い先行馬が勝ってしまっているのが大きいらしい。
本来なら、逃げ・先行馬にはキツい条件が揃っているとのこと。

中央の馬なら何処からでも狙えそうですが、クラウンプライドは今回の相手との比較が非常に難しいですね?
私は普通に?メイショウハリオかテーオーケインズ辺りから狙ってみたいかな?
98 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/11/03(木) 10:45:26  
>スプレーとウヒィ~は分かるが、ぶちゃ~と叫ぶ方はあまり居ない?(笑)

世紀末裸王! 美少女に「すっごーい(はぁと) とろけちゃいそう」と言われようが美熟女に「もうだめ・・・堪忍して・・・」と言われようが遠慮会釈なくズンズンガンガン突っ込む男!
の突っ込みは天下一品ですな。
次回からこぶ茶はやめて紅茶にします。

>ってかソレを知ってるのが凄い!もしかして知り合い?(笑)

私が永島まなみについて知っているのは、父親が園田の名手で今は調教師であることぐらいですかね。彼女が園田に乗りに行って勝つと、「下手くそやわ」と言いながら満面の笑みで口取りに参加しています。
また、彼女は私のことを丸っきり知らないでしょう。
・・・って、マジレスしてどうする(笑)

>ここは重賞でしか使われないコースなので

ほほお、これは初めて知りました。
盛岡は細かい距離設定が可能で、どの距離も使われていると思っていました。

JBCはもう少し考えます。
99 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/11/04(金) 08:32:13  
■JBCクラシック
テーオーケインズが快勝。帝王賞の負け方が案外だったので1回見送りたかったが、よく立て直してきた。
クラウンプライドが逃げ粘って2着。福永がコメントしていた通り「いずれG1を勝てる馬」だと思う。1着か着外かという、カフェファラオみたいな馬だったが、このところ安定している。

■今村聖奈の勝因を審査したい
今週は土曜が阪神で日曜が福島かと思ったら、土日とも阪神で騎乗。阪神⇒福島の移動は大変そう(福島空港はアクセスが悪い)なので、体力的には良かったと思う。
今週から3キロ減となる。1キロ=1馬身と言われるので、単純に考えて今まで1馬身未満で勝っていた馬は負けることになる。技術の向上で補うしかない。

今週末はG1がない代わりに重賞4つの豪華版。来週からは年末まで8週連続でG1が続く。気を引き締めて臨みたい。
100 パチドランカーK    :2022/11/04(金) 10:40:26  
いやぁ~ひっさびさに取れました(/^▽^)/
クラシックは堅かったのでほぼトントンですがスプリントがそこそこ付いたので良かったです♪

ちなみに、みやこSですがオメガはデムーロじゃなく横山和生なんですね?
デムーロはこっちよりアルゼンチンのマイネルファンロンを選んだのかな?

賞金はアルゼンチンの方が若干いいが、こっちで3着以内に入るよりオメガパヒュームで優勝する確率の方が
遥かに高い気がするが?

ただこれで、横山家のワンツースリ―まであるかも知れませんね?
3連単はともかく3連複は売れそう(笑)
やはり軸はウィリアムバローズにしたいかな?

ファンタジーSは阪神を経験していると先に書いたレッドヒルシューズとトゥーテイルズの2頭しか居ないので
この2頭は買い目に入れる予定です。

あとは新聞買ってからジックリ考えます。
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
6   女はパチンコを打つな   (書き込み数 : 11)
1パナシア@久保田智子愛好会    :2018/01/15(月) 08:33:56  
【その1】
パチ屋にいる女性客は、なぜああも顔が醜くゆがんでいるのだろうか・・・?

理不尽なハマリと神経を逆なでされる演出で、お財布の中身と理性が破壊されているせいだろう。
5 パナシア@久保田智子愛好会    :2018/02/01(木) 08:19:48  
2月からの出玉規制を前に、2017年のパチンコホール倒産が前年比2.4倍と急増
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00010001-biz_shoko-bus_all

パチンコは産業として限界に来ているということでしょう。
6 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/03/28(月) 08:09:50  
BBA=ミスター・クエスチョン(Mr.Question)である


ジャイアント馬場の解説・回顧
WBAは毎年、レスラーのランキングを発表している。1位は「人間発電所」ブルーノ・サンマルチノ。2位は、キラー・コワルスキー。3位は「?」。
3位が「?」であることは諸説がある。1位と2位の実力が3位以下と違い過ぎるので、わざと3位を「?」にして際立たせた、とか・・・。

ところが「?」というレスラーが実在したのだ。

その日、僕はマジソン・スクエアガーデンで試合があった。次の試合が出番なので、僕はリングサイドで前の試合のバトルロイヤルを観戦していた。
30人ほどが一斉にリングに上がり、最後に残ったレスラーが勝者となる仕組み。
リング上ではすでに半数の15人ほどがフォールされ、次々とリング下に蹴落とされていた。(続く)
7 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/03/29(火) 08:49:37  
と、そのとき、全身白ずくめのレスラーがふわりという感じでリングに上がった。全身を白い布で覆い、白い覆面。胸には赤く大きな「?」の文字。
そのレスラーは近くにいたレスラーをつかんではポイポイという感じで投げ始めた。まさしくポイポイ! 何気なくつかんで投げている感じなのだが・・・投げられたほうは恐ろしくよく飛び、客席中段まで飛ばされてKOされた。

最後に元から戦っていたレスラーが3人残った。彼らの人数が彼らに勇気を与えた。3人は一斉に白いレスラーに襲いかかった。
と、すばやく身を交わすと、1人をつかんで頭より高く持ち上げると、残りの2人めがけて叩きつけた。これには3人はたまらずKOされた。
真冬でも裸で平気な僕だが、あまりの強さに思わず両肩を抱きすくめてしまった。

興行主はこの白いレスラーの飛び入り優勝を認め、リングに上がると震える手で優勝賞金の1万ドル(360万円)を差し出した。
「あなたは強い! 私が見たレスラーの中でも最強のレスラーの一人だ。ところで、あなたのことを何と呼べば・・・?」
白いレスラーは無言で胸の「?」を指さした。
「そうか、ではミスター・クエスチョンと呼ばせてもらう。あなたは引き続き当地にとどまり試合をやらないか? ファイトマネーは張り込むよ!」
と誘ったのだが、白いレスラーは無言のまま1万ドルの札束を受け取ると、一番痛めつけた最後の3人の上に紙幣をひらひらと撒いた。治療代のつもりらしい。
そしてひと言も発することなく、疾風のようにリングを去っていった。(ジャイアント馬場の解説・回顧は終わり。続く)
8 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/04/25(月) 08:33:30  
そうしたなか、アジア・プロレス選手権大会がインドのニューデリーで開かれることになった。日本を始め東アジアの国々が各国代表を1名ずつ派遣し、総当たりの対戦を行い、優勝者を決めるもの。
この大会に「?」も参加してきた。

大木金太郎のリングネームで日本を拠点に活動していた金一(キムイル)は韓国代表として出場。
日本プロレス協会の役員は、呉越同舟で大木と一緒に「?」の試合を観戦した。対戦相手はフィリピン代表のカルメンZ。
ゴングが鳴ると「?」はフワリという感じでリング中央に進み出る。カルメンは猛攻を仕掛けるが「?」は柳に風と受け流す。そしてチョップを繰り出したカルメンの手首をたぐると一閃、コブラツイストをかけてあっという間にカルメンをギブアップに追い込んでしまった。
「う~ん、凄い・・・。「?」は技とか力とかでなく、相手の力を吸い取ってしまう不思議な魔力のようなものがある」
9 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/22(木) 08:04:46  
新海物語のミスマリンは、宮本りおが断トツですな。
宮本りお=今村聖奈、他の2人=藤田菜七子と古川奈穂、といった按配。

この台のハマリは他のシリーズよりきつい感じがします。(精神的に)
下段がすべるか、「3」カメが枠内に停止するか、チャンス目が来ない限り期待できない感じ。
ほとんど予告のない状態からリーチがかかりあっさり当たる・・・ということは少ない印象です。
10 パチドランカーK    :2022/09/26(月) 17:13:18  
この機種はまだあまり触ってないのですが、仰るように、ブォブォスベリかチャンス目が無いと、中々当たらん印象ですね?

ちなみにこの突然時短と言うのは、通常時にしか来ないのでしょうか?

ST中や時短中に来たら、サポ回数が減っちゃうとか・・・まさかね?(笑)
11 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/27(火) 08:10:23  
>ブォブォスベリかチャンス目が無いと、中々当たらん印象ですね?

世紀末裸王! 宮本りおの勝因を審査する男! 宮本りおのしょういんしん
さする男!
の印象に同意します。

昨日書いたことに補足すると・・・
海の良いところは、リーチ前予告がほとんどなくても魚群が走った途端に激熱となり、実際によく当たる、という点と思います。
近年はチャンス目や疑似連やスベリといったリーチ前予告も増えましたが、これらが来なければ絶望という訳でもない。
しかるに新海はリーチ前予告がないと魚群は出ず、当たりもしない。ちょっと海物語という感じがしません。まぁそれらを差し引いても楽しい台ではあるのですが・・・。

>ちなみにこの突然時短と言うのは、通常時にしか来ないのでしょうか?

実戦上、通常時にしか来ないようです。
時短中に来てもおもしろいと思いますが。たとえば残り17回のところで「20回」を引くと残りが37回になるとか。
この場合、17回以内に当たりを引くと「20回」が無駄になってしまい損をした気分になるので、採り入れていないのかもしれません。
大当たり抽選とサポートタイム抽選はどのようなメカニズムで行っているのかは興味深いところ。同時に行っているのか? まず前者を抽選し、外れた場合は後者を抽選する仕組みなのか?
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
7   今村聖奈の勝因を審査する   (書き込み数 : 88)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/07/10(日) 08:51:14  
昨日のヤマニンアンフィルは美味しい馬券だった。と醜い後出しを・・・(笑)

本日は1Rのエルザストラウムが確勝級だが、6Rの2歳新馬も彼女にとっては大一番。
ここを勝って、次に1勝下平場も勝てば「勝っているうちは屋根を替えないでおこう」という判断により重賞・特別の続投も期待できる。チャンス。
82 パチドランカーK    :2022/08/31(水) 17:43:19  
永島まなみの単勝に関する数字遊び(笑)

今年単勝ベタ買いでプラスになっている要因はやはり17370の単勝大万馬券が大きいですね?

まぁソレは置いといて(笑)、どのくらいのスパンで単勝が出ているか調べました

先の数字は2着以下の回数、また地方は抜いてます

44単→44単単(連続)→6単→11単→26単→49単→24単→1単→24

こんな感じで、単勝が当たるまで最大のブランクは49レース
つまり50レース以内では優勝する(笑)

そして今年9回の単勝の総額は30680円、つまり平均3400円

今現在24レース優勝してないので、あと26レース以内では優勝するであろう?(笑)
さらに平均配当は3400なので、今週末からベタ買いすれば、必ずプラスになる?


突っ込み処満載ですが、数字遊び的には必勝法です(笑)
83 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/01(木) 08:35:49  
サンプルが少ないとイレギュラー的な成績が平均を押し上げたりするので、再現性に欠けますね。
たとえば「大西直宏はダービーの連対率が10割」なのですが、サニースワロー2着、サニーブライアン1着と、生涯で2回しかダービーに乗っていないのです。「次に大西がダービーに出てきたら買いだ!」と思っても、そのときにはすでに引退していたという・・・。
永島まなみの単勝にしても、買い続ければプラスになる可能性が高いとしても、次に勝つのがいつになるのか分からないようでは精神的に耐えられそうにありません。

ミカとは1人称なのか2人称なのか? は長らく競馬界七七五不思議の一つとされてきた。
すなわち、美香子という女の子が自分を指して「美香って呼んでいい」と言っているのか、御神本という男性に対して「ミカって呼んでいい?」と尋ねているのか。
競馬界には科学では解明できぬ謎がある・・・と話題になっていたが、まず報知が採りあげ、ついで日刊とスポニチが記事にしたため、あっさりと判明してしまった。多少残念ではある。
https://hochi.news/articles/20220829-OHT1T51236.html?page=1

ドル円が139円をぶち抜いてきましたなあ・・・。昨日までは139円にタッチしても押し戻されていたのに・・・。
ドル高・株安が鮮明になってきました。
84 パチドランカーK    :2022/09/01(木) 11:19:53  
>サンプルが少ないと

コレが最大の泣き所ですね!
井崎周五郎が〇〇を買い続ければ・・・ってヤツはほとんどサンプルが少なく、走る前に言った時はマズ来ない(苦笑)
もしくは、後付けで、そうそう!実はこの馬は1200の京都に限っては連を外した事無かったんだよなぁ・・・ってやつ←先に言えよ凸( ̄^ ̄) したら来ないから(笑)

>「美香って呼んでいい」と言っているのか、御神本という男性に対して「ミカって呼んでいい?」と尋ねているのか。

ふつうは前者でしょう?(笑)
或いは「実」というタイトルの小説があり、「実、買って読んでいい?」かな(笑)

>ドル円が139円をぶち抜いてきましたなあ

パウエル議長が効果が出るまでトコトンやる?みたいな発言で金利引き上げは当分続くと察して・・・でしたっけか?

私は一応買い方向で勝負はしているのですが、ちょっと前のズドンでかなりやられたので、元に戻るまでまだまだ遠い道のりです(苦笑)
85 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/02(金) 08:06:39  
>或いは「実」というタイトルの小説があり、「実、買って読んでいい?」かな(笑)

おお・・・。世紀末裸王! 今村聖奈の勝因を審査する男! 今村聖奈のしょういんしん
さする男!
の推理は大胆ですな。その可能性は0.341%ぐらいはあるでしょう。東京湾の底に竜宮城があるよりは確率が高いかと。

すなわち、ミ・カッテ・ヨンデイイと区切る訳ですね。
最近は競走馬登録の際に馬名の意味由来を添え、外国語に由来する場合はその綴りも付記するので少なくなりましたが、かつては区切り方を間違えた馬もいました。
×リオデラ・プラタ ○リオ・デ・ラプラタ
×スリー・プレス・ナイト ○スリープレス・ナイト
×ミヤジマ・レンゴ ○ミヤジ・マレンゴ 等々。

ドル円は昨夜、ついに140円をぶち抜きました。139円のときと同様、多少跳ね返されるのかな、と思いましたが、あまり抵抗せずにぶち抜いています。ストップロスを巻き込んだのでしょうか。
日米の金融政策の明確な違いが続く限り、円高にはならないでしょう。黒田退任の来年4月までは・・・。
86 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/02(金) 08:08:17  
では調教採点。

■新潟記念
1位 エヒト A
 栗東坂路でいっぱいに追われ、4ハロン50秒2-11秒7の好時計。併せた僚馬にいったん前へ出られたが鋭い末脚で差し返し、2馬身先着と抜群の動き。

2位 フェーングロッテン A
 栗東坂路で単走。4ハロン52秒7-12秒1と馬なりで軽快な脚さばき。2カ月ぶりの実戦も仕上がりは良好。

3位 ヒートオンビート B
 栗東ポリトラックで単走。6ハロン83秒1-11秒5(馬なり)と素軽い動きで最終調整。心身ともに充実し初重賞制覇も近い。

■小倉2歳S
1位 ロンドンプラン A
 坂路、馬なりで4ハロン53秒7-12秒4。大きな体を使ったパワフルな走り。身体能力が高そう

2位 プロトポロス A
 追われてからの反応が良く坂路でラスト12秒1。久々だが仕上がる

3位 クリダーム B
 よれるところがあるが、今回は坂路をほぼ真っすぐに走った。勢いのある走り

■札幌2歳S
1位 シャンドゥレール A
 札幌ダートで5ハロン68秒8-12秒6(馬なり)。相手が格下とはいえ、馬なりで楽に先着し反応の良さも目立った。馬体も一段と引き締まり、雰囲気は申し分ない。

2位 フェアエールング A
 札幌芝で5ハロン66秒9-11秒6(馬なり)。併せた相手を7馬身突き放す豪快な脚力を見せつけた。荒れた馬場もスイスイ走り、好調ぶりがうかがえる。

3位 ジョウショーホープ A
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
87 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/02(金) 08:24:53  
S評価の馬はいませんでした。


ルーキーの今村聖奈騎手(18)=栗東・寺島=が、今週土曜の小倉で全12Rに騎乗することが1日、決まった。JRAに所属する新人騎手が、デビュー年に全12Rに騎乗することは珍しく、87年の武豊、96年の福永祐一でもなし得なかった記録だ。

これは予想が楽しみ♪
88 パチドランカーK    :2022/09/02(金) 13:39:04  
>区切り方を間違えた馬

単語(日本語に限らず)を知らないとふつうに間違えますよね?
私も完全に勘違いしてた馬が居ました、確かココにも書いたが忘れた(笑)

ちなみに、そば屋のサンスポ
新潟記念 S評価 エヒト
小倉2歳  S評価 ロンドンプラン(これは買い目に入れます)
札幌2歳  評価が載ってなかった(苦笑)

ちなみに今村騎手のミカッテヨンデイイはA評価、指数(前走)もトップなのだが、やはり買い辛い
精々抑えまでかな?

私は券王も高評価のプロトポロスを軸にしようと思ってます。
前走スローとは言え、あの末脚は魅力だし、何と言っても鞍上の福永が本気モード!
土曜札幌のダイヤモンドハンズに乗って滞在せず、日曜は小倉のプロトポロス

どちらもクラシック候補の馬なので他の人に乗って欲しくないというのはあるだろうけど、やる気満々なのは◎
ただ一つ気に入らないのは「今回は結果より内容を重視したい」というコメント(苦笑)
無理はせず2着・3着でもOKに聞こえるのであくまで単勝ではなく軸にします(笑)

>小倉で全12Rに騎乗することが1日、決まった

いやぁ~これは凄いことですね♪
ザァ~と見てみましたが、私としては1Rと6Rが激アツ
1Rのコウエイダイヤは指数も高く、今回のメンバーなら簡単にハナを取れそう♪
6Rのレッドアクトゥールは川田が乗ってイマイチ勝ち切れない馬だが(2着3着ばかり)、今回短距離戦だけに56キロから52キロの今村に代わる
のは大チャンスと言っていいかと!
12Rのハイエストポイントはプラスポイントが見つからず、また2着のような気がする(笑)
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
8   日経225-2022年6月~   (書き込み数 : 132)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/06/01(水) 07:59:58  
反落 終始冴えず

31日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、保険、石油石炭、鉄鋼、ゴムなど6業種が上昇。海運、不動産、空運、電力ガス、その他製品など27業種が下落。
前日の米国市場は戦没者追悼記念日で休場でした。東京市場は日経平均が51円安でスタート。手掛かり材料に乏しかったうえ、MSCIインデックス定期見直しで日本株売りが見込まれていたことから、終始冴えない展開でした。
個別銘柄では、トヨタ、三菱UFJ、NTTなど主力株が軟調。郵船、商船三井など海運株も買われました。半面、INPEX、ENEOSなど資源株がしっかり。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
27279円80銭(▲89円63銭=0.33%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1912.67(▲9.77=0.51%)

●タマホーム[1419]
2373円(▲128)
続落。前日に22年5月期の期末配当と株主優待の権利落ち日を迎えて235円安と急反落。本日もこの動きが続いた。期末に120円の年間配当のほか、500円分のクオカードを受け取る株主優待の権利も付いていた。23年5月期業績への警戒感も。

●パイオラックス[5988]
1840円(△160)
大幅続伸。前日にストップ高で取引を終え、本日も買いが続いて1月5日以来の年初来高値更新。前日の午後1時に配当政策の変更と今23年3月期の大幅増配を発表し、直後から買いが膨らんだ。今期の年間配当は50円から127円に増額した。

●IGポート[3791]
1756円(△300)
ストップ高。30日引け後、グループ会社のウィットスタジオが、CloverWorks、アニプレックス、集英社と共同でアニメの企画、プロデュース、制作を行う新会社JOENを設立したと発表。将来的な業績への貢献に期待した買いが向かったようだ。
126 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/08/29(月) 08:29:00  
『なお警戒感。後場は陰線』

日経平均は続伸。それでも、午後3時の本日安値にかなり近い水準での終り。半場足を引いてみると前場は陽線、後場は陰線となる。プライム市場の売買代金は2兆548億円と辛うじて2兆円乗せ。前場は1兆1000億円だったから商いは後場になって細ったことになる。それはそうだろう。「やはり、今晩のパウエル議長の発言が気になる。どうせ、タカ派だろうし…」(情報担当者)とのムードが支配的な週末だった。それにしては、前日の米国株が妙に強かったが、この日のCME米国株先物夜間取引はマイナス水準での商い。タカ派発言に備えている、というほどの下げ幅ではないが…。

夜間取引で売られたエヌビディアが日中取引ではプラスに切り返したのがビックリ。SOX指数が高かったし、NASDAQ総合が3指数で最も上昇率が高かったことから、日経平均の採用銘柄では東京エレクトロンの上昇寄与度が最も高かった。この1銘柄で35円高。あとファストリ、ダイキン、SBG、京セラと続いて5銘柄合計では110円高。「ポスト・ジャクソン」はハイテク・グロース系かと思わせるところがあるが、市場人気的には内需型の材料株に気がありそう。

プライム市場の上昇率トップはOATアグリオ。上昇率17%で2000円台乗せ。年初来高値を一気に抜いてきた。投資メディアには「野菜価格高騰などをはやして短期資金介入」とか。はて、そんな材料なのか。ま、ここらあたりが来週のツボかもしれない。いずれにしても、パウエル次第だろう。<8月26日記>


ダウ平均は1008.38ドル安の32,283.40ドル、ナスダックは497.55ポイント安の12,141.71で取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長によるジャクソンホール会合での講演を控え、横ばいで寄り付いた。その後、議長の発言が想定以上にタカ派的となったため、金利高への警戒感から投資家心理が悪化。売りが加速して大きく下落した。同時に景気後退懸念の強まりを背景とした売りも再燃し、引けにかけ下げ幅を拡大した。

26日のニューヨーク外為市場でドル・円は、136円23銭へ下落後、137円65銭まで上昇し、137円64銭で引けた。米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ期待指標として注視している米8月ミシガン大学5-10年期待インフレ率確報値が予想外に下方修正されたため一時ドル売りが加速。しかし、パウエル議長がジャクソンホールでの講演で、長期にわたり、金融引き締め策が必要になると強調すると同時に、時期尚早の金融緩和に転じるリスクを警告。物価安定には時間がかかるほか、FRBの力強い行動が必要になると表明したためFRBの積極的な利上げを織り込むドル買いが再燃した。

シカゴ日経225先物清算値は大阪比390円安の28220円。
ナイトセッションは大幅安。ジャクソンホール前は28600円台で様子見ムード。
講演はが始まると垂直落下し、いったん28300円台で下げ止まりましたが、終盤に下げ幅を拡大。28120円の安値引けでした。
現在の気配およびCFDを見るとさらにそこより100円ほど下の水準であり、今日は寄り付きから28000円の攻防になりそうです。
127 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/08/30(火) 08:26:24  
日米下落 タカ派宣言を嫌気

29日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、石油石炭の2業種が上昇。精密、機械、サービス、電機、金属など31業種が下落。
前週末の米国市場は3指数とも大幅反落。パウエルFRB議長がジャクソンホール会議でインフレ抑制に強い姿勢を示し、売りが売りを誘発。3指数とも3%超の大幅安でした。
週明けの東京市場は日経平均が480円安でスタート。序盤に2万8000円の節目を割り、押し目買い機運も盛り上がらず。ほぼ全面安の商状となり、指数も底這いでした。個別銘柄では、トヨタ、ソニー、NTTなど主力株が総崩れ。第一生命、三菱UFJなど金融株も売られました。半面、INPEX、石油資源など資源株の一角が強含み。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
27878円96銭(▲762円42銭=2.66%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1944.10(▲35.49=1.79%)

●プロネクサス[7893]
1008円(▲91)
急落してプライム市場の下落率首位。26日に株式売り出しを発表し、株式需給の悪化を懸念する動きに。筆頭株主の上野守生会長が200万株の売り出しとオーバーアロットメントによる上限30万株の売り出しを実施する。流動性の向上が目的。

●チェンジ[3962]
1915円(△101)
逆行高で後場に一段高。SBIホールディングス(8473)が8月26日に同30日付で当社株510万株を市場外の相対取引で取得すると発表し、材料視された。SBIは22年3月末時点で当社株を19.8%保有しており、7.05%を追加取得することとなる。

●日本電解[5759]
2645円(▲53)
一時9%安の後は下げ渋り。26日引け後にSBI証券を割当先とする第1回新株予約権(行使価額修正条項付)を発行すると発表。1株利益の希薄化や潜在的な需給悪化を懸念した売りが先行したもよう。だが、下値では前向きな資金調達と評価した買いが入ったようだ。発行する新株予約権数は1万8000個(潜在株式数180万株)で、潜在的な希薄化率は24.8%。約48億円を調達し、車載電池用の銅箔を製造するアメリカ新工場の建設費用に充てる計画。
128 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/08/30(火) 08:33:07  
『ジャクソンホール・ショック。日本株は軽微』

日経平均は前週金曜日に比べて762円安となり節目の2万8000円割れ。下落率2.66%と、当然のことながら米ダウ平均3.03%安や米NASDAQ総合3.94%安に比べると小幅な下落率だ。ジャクソンホールでのパウエル演説が失望感につながったことは確かだが、前週26日のこちらの雰囲気がそれほどの前傾姿勢でなかったし、そもそも日本株はそれほど強い動きでもなかったから、被害は軽微というところ。それでも、25日線を割り込んでしまい。チャートの形状は悪くなってしまった。
夕方5時半過ぎのCMEダウ先物夜間取引は200ドル超の下落。前場半ばに下落幅が300ドル以上あったから、下げ渋り気味の推移。このまま落ち着いてくれるかどうか。米国株は「案外、今晩の下げで目先の底を見る」と根拠薄弱ながら思っているのだが、さてどうだろう。

東京都のコロナ新規感染者数、1か月ぶりで1万人割れ。この大台割れは大きい。これでリオープン関連か。それとも円安手掛かりにハイテクリバウンドか。突っ込み買いを考えている向きには悩ましい限りだが…。冷静な人が「それ見たことか」風な発言に終始し、エモーショナルは人が黙り込んでしまったのが先週土曜日以降の内外市場周辺の風景。早晩、その揺り戻しもありそうだ。<8月29日記>


米国株式市場は続落。ダウ平均は184.41ドル安の32098.99ドル、ナスダックは124.04ポイント安の12017.67で取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長のジャクソンホール会議でのタカ派発言を受けて、利上げペース加速を警戒した売りが継続し、寄り付き後、大きく下落。その後、値ごろ感からの買いにダウは一時上昇に転じる局面もあったが、長期金利の上昇を受けてハイテク株の売りが相場を再び押し下げた。

29日のニューヨーク外為市場でドル・円は138円26銭まで下落後、138円88銭まで上昇し、138円74銭で引けた。株安を警戒したリスク回避の円買いが一時強まった。その後、根強い連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ長期化を織り込む長期債利回りの上昇に伴うドル買いが再燃。

シカゴ日経225先物清算値は大阪比125円高の28035円。
ナイトセッションは強含み。序盤は27900円台での揉み合い。
米市場がオープンするとやや買いが優勢となり、おおむね28000円トビ台で推移。
月曜日の日中に大幅安した反動と思われます。
129 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/08/31(水) 08:21:23  
反発 全業種買われる

30日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、鉱業、石油石炭、陸運、卸売、情報通信など。
前日の米国市場は3指数とも小幅続落。ジャクソンホールでのパウエル発言の余波を引きずりました。
東京市場は日経平均が208円高でスタート。終始買いが先行し、後場は高値安定。個別銘柄では、トヨタ、ソニー、NTTなど主力株がしっかり。INPEX、ENEOSなど原油株も買われました。半面、中国銀、阿波銀など地銀株の一角が冴えず。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
28195円58銭(△316円62銭=1.14%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1968.38(△24.28=1.25%)

●ホンダ[7267]
3700円(△31)
3連騰で18年5月1日以来約4年4カ月ぶり高値に。29日に韓国電池大手・LGエネルギーソリューションと米国で電気自動車(EV)向け電池工場を新設すると発表。電動化戦略の進展を評価する買いが入った。投資額は44億ドル(約6100億円)。

●ダイヤモンドエレクトリックHD[6699]
1466円(▲140)
急反落でプライム市場の下落率首位。29日に第三者割当てによる第4回新株予約権を発行して約27億円を調達すると発表し、潜在的な株式価値の希薄化を懸念した売りに押された。これに伴う潜在株式数は1700万株(発行済株式総数の20.9%)。

●TORICO[7138]
2340円(△36)
一時はストップ高となる2804円まで買われ、上場来高値更新。グロース市場で売買代金首位。漫画のECサイト展開。業績面などで目新しい材料は見当たらないが、市場では「マンガアプリ『ピッコマ』を手がけるカカオピッコマ(東京都港区)が2023年にもIPOを行う考えであると一部メディアで報じられたのがきっかけ」との見方が浮上。前週から上昇基調を強めており、値動きの軽さ自体が材料視され、短期資金が流入したもよう。終盤は上げ幅縮小。
130 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/08/31(水) 08:29:24  
『日本株は楽観的。いち早く反発』

日経平均は反発して316円高。これについて、市場で最もポピュラーと思われる某メディアの解説は「自律反発狙い」だった。先週末1000ドル幅で急落した米国株が週明け26日も続落して戻ってきたものの、日経平均が寄付きからいきなり2万8000円台を回復して始まるような展開は“解説者泣かせ”といっていい晦渋もの。

そもそも昨日の日経平均の下落率は米国株よりも軽かったし、パウエル発言の受け止め方もどこか余所ごとめいていた。だから、日本株は別格なのか。あるいは、東京都コロナ新規感染者数1万人割れ、オミクロン種ワクチンの接種前倒し検討など国内の好材料評価(外憂時の常套パターン)なのか。本日から9月受け渡し、つまり実質月替わりしたことによる需給関係の変化(これも常套手段)など内部事情を優先したのか。いずれにしても「買い戻し」が先行してのスタート。日米株相場の勢いの違いを鮮明に映す展開となった。果たして、日本株が逆に「楽天的」過ぎるか、あるかは「下値支え」となるのか、しばらく経ってみないと分からないが、極めて興味深い動きであったことは確か。

ちなみに、「自律反発狙い」というのは売り方の買い戻しによる上昇(リバウンド)を思惑視した超短期狙いの買い、という意味だろう。では、所謂「押し目買い」とどう違うのか。実は、ほとんど違いはない。反対売買までの期間が「超短期」か「かなり短期」かという目論見の違いはあれ、下げたところで底値感を手掛かりに逆張りするという需給面での役割は一緒である。<8月30日記>


米国株式市場は続落。ダウ平均は308.12ドル安の31790.87ドル、ナスダックは134.53ポイント安の11883.14で取引を終了した。値ごろ感の買いに寄り付き後、一時上昇。しかし、8月消費者信頼感指数や7月JOLT求人件数の予想を上回る良好な結果を受けて大幅利上げ観測が強まり、長期金利の上昇に連れて売られ、大幅下落に転じた。さらに、台湾が中国のものとされるドローンに初の威嚇射撃を行ったとの報道を受け、地政学的リスク上昇を警戒した売りに押され一段安となった。引けにかけても、警戒感がくすぶり戻りなく主要株式指数は下落で終了。セクター別では、エネルギーや自動車・自動車部品の下げが特に目立った。

30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、138円16銭へ軟化後、139円07銭まで上昇し、138円77銭で引けた。米8月消費者信頼感指数が予想以上に7月から改善したほか、7月JOLT求人件数も予想外の増加で過去最高水準付近で推移したため9月連邦公開市場委員会(FOMC)で3会合連続での0.75 %の利上げ観測が強まり、金利上昇に伴うドル買いが加速。ウィリアムズ米NY連銀総裁が利下げは少なくとも2024年まではないとの見通しを示したことも大幅利上げ観測を後押し。さらに、台湾軍が民間ドローンへの警告で始めて射撃を行ったとの報道を受け、地政学的リスクの上昇で有事のドル買いも強まった。

シカゴ日経225先物清算値は大阪比275円安の27925円。
ナイトセッションは、序盤は強含み。28200円台で推移し、一時は28340円までありました。
米市場がオープンする頃には日中終値付近まで押し戻され、23時の指標を受けて一気に27900円どころまで落下。
その後は一時28000円を回復する場面もありましたが、安値揉み合いで引けました。
131 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/01(木) 08:25:45  
反落 米株の不振続く

31日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、保険、陸運、サービス、ガラス土石など9業種が上昇。鉱業、石油石炭、卸売、海運、鉄鋼など24業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも3日続落。米欧の中銀高官からタカ派発言が相次ぎ、相場の重石となりました。
東京市場は日経平均が267円安でスタート。売り一巡後は押し目買いが入り、下げ幅を縮小しました。個別銘柄では、郵船、商船三井など海運株が軟調。出光、三井物産など資源株も売られました。半面、ANA、JALなど空運株がしっかり。

Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
28091円53銭(▲104円05銭=0.37%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
1963.16(▲5.22=0.27%)

●ANAホールディングス[9202]
2687.5円(△31)
続伸で2月17日以来およそ半年ぶりの年初来高値更新。日航(9201)は新値追い。岸田文雄首相が午前に記者会見し、新型コロナの水際対策緩和で入国者数の上限を9月7日から5万人に引き上げると表明。航空需要のさらなる回復が期待された。

●FOOD&LIFE COMPANIES[3563]
2211円(▲86)
3日続落で8月9日以来の年初来安値更新。当社が使用するマグロについて一部ネットニュースで「偽装」の可能性が報じられ、材料視された。会社側はコメントを出し、問い合わせをした顧客に誤った回答をしたとして謝罪。事実関係は否定した。

●ブロードエンタープライズ[4415]
1304円(△300)
ストップ高。賃貸マンション向けインターネットサービスなどを展開。30日引け後、ミサワホーム不動産(東京都新宿区)と業務提携し、当社の顔認証付きIoTインターフォンシステム「BRO-LOCK」と高速インターネット「B-CUBIC」の提供を開始したと発表したのが材料視された。
132 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/09/01(木) 08:33:07  
『8月は289円高。NY反発待ち底堅い』

本日で8月相場が終局。色々あった8月相場だけれど、日経平均は289円高。2か月連続で前月比プラス。7月の1408円高には敵わないけど、月の半ばに1月高値まで110円と迫る場面があり、内容的には見所が大いにあった月ではなかったか。ただ、ローソク足は陰線。7月の大陽線から下向きに変わっている。

米ダウ平均は30日現在で1054ドル安だから31日の1日だけでそれをひっくり返すのは無理だろう。となると、7月プラス、8月マイナスと3月以降の千鳥足が継続することになる。日米ともに1月、2月がマイナスで、3月、5月、7月にプラスとなってその間のマイナス月と交互する千鳥足(鯨幕)相場が続いたが、日本株は本日で覚醒して米国株との同調を断ち切ったことになる。果たして、新しい進路への一歩なのか、それとも日本市場の勘違いなのか。これも極めて興味深い交差点である。

本日の日経平均は反落。「昨日の早とちり高の反動安といっていいが、それでも2万8000円台を維持して終わっているあたり、底堅さが見て取れる」(先物関係者)との感想が標準的か。結局、米国株の反発を待っている、といった雰囲気だが、明日からは9月相場。これが8月以上に難しい月となるのは間違いない。それを乗り越えて3か月連続高なら、全く違った世界が開けてくることになろう。<8月31日記>


米国株式市場は続落。ダウ平均は280.44ドル安の31510.43ドル、ナスダックは66.93ポイント安の11816.20で取引を終了した。8月ADP雇用統計が予想を下回る伸びにとどまったため大幅利上げ観測がいったん後退し、寄り付き後、一時上昇。しかし、本年の連邦公開市場委員会(FOMC)投票権を持つクリーブランド連銀のメスター総裁が2023年に政策金利を4%以上に引き上げ、据え置くべきとタカ派姿勢を表明し長期金利が一段と上昇すると長期にわたる金融引き締めを警戒した売りが加速し、下落に転じた。引けにかけても、月末で戻りなく、主要株式指数は下げ幅を拡大し終了。

31日のニューヨーク外為市場でドル・円は、138円44銭まで反落後、139円00銭まで上昇し、138円95銭で引けた。米8月ADP雇用統計の伸びが予想を下回ったため一時ドル売りが優勢となったものの、同統計で賃金の大幅な伸びも明らかになったため追加利上げを織り込むドル買いが強まった。対ユーロでのドル売りが上値を抑制したものの2022年のFOMC投票権を有するクリーブランド連銀のメスター総裁が「インフレ対処を巡る早急な勝利宣言は間違い」とし、インフレとの闘いが長引くため利上げを継続すべきと主張。また、来年利下げを予想しておらず、政策金利のFF金利誘導目標を4%以上に引上げ、インフレを抑制するためにその水準で維持すべきとのタカ派姿勢を示したため9月FOMCでの3会合連続での75BP利上げ織り込み長期金利が上昇するとドル買いが強まった。

シカゴ日経225先物清算値は大阪比265円安の27855円。
ナイトセッションは軟調推移。序盤は28000円を挟んだ揉み合い。
米市場がオープンすると下げ幅を拡大。下げては少し戻し、下げては少し戻しを繰り返し、結局は安値圏で引けました。
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
9   2022夏季競馬開幕   (書き込み数 : 73)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/05/31(火) 07:57:30  
ダービーについて補足すると、時計が凄まじいですな。3歳が5月に2分21秒台を出すとは・・・。
土曜日から時計が速く、前兆はありましたが、こんなことではますます日本の競馬と欧米のホースレースはかけ離れたものになるでしょう。

皐月賞上位馬で唯一掲示板を外したジオグリフ。父のドレフォンはダートの1100~1400mだけを走り、全米最優秀短距離馬になった馬。
サッカーボーイやロードカナロアのように、自身の競走成績とは異なるカテゴリーの優秀馬を出す馬もいるので、短距離馬とは決めつけられません。2000まではもつことが証明されているので、今後はマイル~中距離路線を歩むのでは。

さて、競馬番組上は今週から夏季競馬になります。
そのメインは安田伊左衛門生誕150周年記念 第72回農林水産省賞典安田記念(G1)。
これがまた難解です。

週刊競馬ブックのデータカプセルによれば、
本命はファインルージュorソングライン。これにレシステンシアを加えた牝馬3頭が中心。連勝中のイルーシヴパンサーが4番手評価。
ソウルラッシュは東京実績がなく、シュネルマイスターとサリオスは前走着外が不満。
とのことです。

過去10年の成績を見ると、1番人気が馬券圏外に敗れたのは2回だけ。しかしヒモ荒れが多い印象です。
前走着外からの巻き返しも可能で、そうした馬がからむと高配当になります。
ローテーションはさまざま。王道とされる京王杯組は近年不振で、ヴィクトリアマイル組が4年連続で2着に来ています。
67 パチドランカーK    :2022/07/07(木) 11:35:04  
>前走マイルだった馬16頭をすべて買ったときの単勝回収率は1006%、複勝回収率は433%。前走がマイル戦だった馬を信じるのみ。

これ何頭が該当なんだろ?・・・こういう凄い数字の時は、一頭超大穴がキタので・・・なんて事が多いですからね(笑)
それでも今回の該当がフォルコメンのみというのは簡単でいいわ(笑)

フォルコメンならヒートオンビートとのワイドでもそこそこ付くような?

あとは昨年の覇者トーラスジェミニの一発もあるかな?
最近は大敗続きだが、逃げ馬の成績は残るか大敗かのどちらかなので、得意の福島でスイスイも?
ただ、今回は全く同じ脚質のロザムールがいるので、前が速くなりそうか?

まぁどちらにしても、最近の成績が安定してない馬がほとんどでハンデ戦・・・当たらんのが普通って感じですね?
68 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/07/08(金) 08:17:34  
>当たらんのが普通って感じですね?

番組がそうなってるのでやむを得ないでしょう。
ローカル開催は札幌記念を除きG3ばかり。ハンデ戦が多く、別定戦も賞金別定なので超A級馬は出てきません。
中央競馬にはシーズンオフがありませんが、あえて言えばローカル期間がオフでしょう。ルメールもお休みしているし。

ただし今年はG1でも1番人気が全敗しているように、例年にもまして難解ではあります。

では七夕賞の調教採点をお送りします。そば屋のサンスポと併せて活用ください。

1位 エヒト A
 栗東坂路を単走で追われ、4ハロン51秒6-11秒9の好時計をマーク。もともと調教駆けする馬でスムーズなスピードの乗りで駆け上がった。日曜にも同4ハロンで49秒2と猛時計で登坂しており、状態の良さは文句なし。

2位 アンティシペイト A
 美浦ウッド5ハロンで併せ馬。時計は68秒5-11秒5。内ハヤヤッコ(古馬オープン)に2馬身半先着。楽な手応えのまま僚馬を寄せ付けなかった。外々を力強い脚取りで周回しており、好気配。

3位 ヤマニンデンファレ B
 美浦ウッド5ハロンで併せ馬を行い、66秒6-11秒5で走破。ヤマニンガラッシア(古馬1勝クラス)の内を5馬身追走から1馬身先着。道中は折り合って直線で仕掛けられると反応の良さを見せた。体調は上向き。
69 パチドランカーK    :2022/07/08(金) 12:50:08  
安倍が撃たれました・・・そば屋のテレビで緊急速報(汗)
左胸に2~3発じゃ、ほぼ助からん気がするが、券王がコレをご覧になる頃は犯人を含め全て
明らかになっているでしょうかね?
犯人はスグ確保されたようなので、謎の東洋人ではないようです(笑)

ちなみに、そば屋のサンスポでは、アンティシペイトが一頭だけSでした。
厩舎コメを読むと、ロザムールもトーラスジェミニも裸同然のヤマニンデンファレもハナを主張したがっている感じ
なので、福島とは言え、前はカナリ早くなりそうです?

前走1600でチャンスありのフォルコメンはBでした(苦笑)
やはり、こうなるとヒートオンビートが57㎏でも来そうな気がします?

恐らく逃げ馬3頭の後ろ4~5番手くらいからの競馬をすると思うので、4コーナー手前で捕まえ、まとめて掃除してしまいそう?

となれば、最後に人気薄の馬が猛然と2着に突っ込んできそうな気がしなくもない?
ヒートオンビートから人気薄へワイド4~5点で当たらんかな?(笑)
70 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/07/08(金) 13:51:51  
天皇への敬意などカケラもないくせに、天皇を政治利用することばかり考えている国賊に天誅が下ったようですね。
これで政界は引退だろうから、助かろうが一命をとりとめようが知ったことではありません。
71 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/07/11(月) 08:08:29  
>犯人はスグ確保されたようなので、謎の東洋人ではないようです(笑)

謎の東洋人なら、394mほど離れたところから一発で仕留めたでしょう。
動画および報道を見ると、警備の不手際ですな。銃で撃ってくるとは思わなかったのでしょうが、1発目と2発目にタイムラグがあったので、元総理を避難させるとか警備担当が盾になるとか、手段はあったと思います。
本職のSPが一人だけで、残りは県警という素人集団だったのもまずかったでしょう。

■七夕賞(G3)
田中勝春が久しぶりの重賞制覇。『メキメキ頭角を現し 若手の注目株』とダビスタ96で言われたのが26年前。それから見た目があまり変わっていないのは驚異的。歳をとらないというより、もともとが童顔なのでしょう。

次は、どんなJpn1が来るのでしょうか? 次回のジャパンダートダービーでお会いしましょう!
72 パチドランカーK    :2022/07/11(月) 10:01:24  
そもそも、日本のSPは命張ってないでしょ?

恐らくマニュアルでは、自分の命を捨ててでも要人の命を守れ!となっていると思うが、本気でソレを
考えている人間は果たして何人居るのか?・・・仮にそう思っても実践でソレを出来る人間は皆無に等しい?

ただ万全な警備体制を敷いても、犯人が本気で狙ったら、それを回避するのは中々難しい気もします?

今回は警備が手薄なので簡単に犯行が成立してしまったが、それは犯人も知っている事!
アメリカのような警備体制を犯人も予め知っていたら、それこそ謎の東洋人のように遠距離から狙ったと思います。

手製の散弾銃が、モデルガンを改造したライフルに変わるだけ?

故安倍首相に関しては、良い印象は1つもないが、ご冥福をお祈りします(-人-)
73 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/07/12(火) 09:05:05  
SPはそれなりに命を張っていると思います。
厳しい選考、厳しい訓練を経てSPになれるので、最悪の場合は要人の盾となって殉職する覚悟はできているでしょう。SPの取材で、出勤の際は「今日死ぬかもしれないから」部屋は片づけてから出かけるとのことでした。
騎手がレースに騎乗する際に「病院に搬送されるかもしれないから」綺麗な下着を着用するのと似ていると思いました。
ただ、今回は警護対象が現職の首相でもなく米大統領でもないので、多少気の緩みはあったかもしれません。

今回、警視庁から派遣されたSPは1人だけで、後は県警の警察官だったとか。申し訳ないけど県警の警察官こそ命を張っていないでしょう。動画および報道を見ると案山子のようでした。ふだん警護ばかりやっている訳ではないでしょうから、やむを得ない面はあります。

>故安倍首相に関しては、良い印象は1つもないが、ご冥福をお祈りします(-人-)

第一報を聞いたときは本気で天誅だと思いましたが、亡くなった人を叩く気はないので私もご冥福を祈ります。
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら
10   2022春G1後半戦   (書き込み数 : 54)
1パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/04/22(金) 07:47:09  
3月の高松宮記念から4週連続でG1を実施。1週おいてまた6週連続でG1を実施。
今週はその谷間で、今週だけはG1がありません。
後半戦の第1弾は5月1日(日)の第165回天皇賞(春)です。フルゲート18頭に18頭が登録。全馬出走可能です。

アイアンバローズ 58.0
ヴァルコス 58.0
クレッシェンドラヴ 58.0
シルヴァーソニック 58.0
タイトルホルダー 58.0
タガノディアマンテ 58.0
ディバインフォース 58.0
ディープボンド 58.0
テーオーロイヤル 58.0
トーセンカンビーナ 58.0
ハヤヤッコ 58.0
ハーツイストワール 58.0
ヒートオンビート 58.0
マイネルファンロン 58.0
マカオンドール 58.0
メロディーレーン 56.0
ユーキャンスマイル 58.0
ロバートソンキー 58.0

タイトルホルダーとディープボンドの一騎打ちに、4連勝中のテーオーロイヤルがどこまで食い下がれるか、という構図と思います。果たして人気馬ですんなり決まるかどうか・・・?
48 パチドランカーK    :2022/05/27(金) 15:28:16  
>ドル円は現在、127円トビ台での推移。昨日のロンドン時間では127円を割り込む場面もありました。
「133円61銭~134円14銭程度までは円が下落する見込み」だったのに、おかしいなあ(笑)

私も結構酷い目に遭ってます(汗)
まぁ、しばらくは塩漬けします。
49 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/05/29(日) 08:32:10  
皐月賞の上位馬が外枠に入り、穴っぽい馬が内枠を引き、非常に難解なレースになりました。

皐月賞馬はまず惨敗はしないのですが、少し負けて3着とか5着ということも多くあります。馬券を買う立場からすれば4着も18着も同じなので、取捨が重要です。
どういう皐月賞馬が飛び、どういう皐月賞馬が来るのか徹夜で検討したのですが、結論は出ませんでした。

とりあえず皐月賞の上位4頭をBOXで買います。馬連に加えワイドが5%上乗せなのでワイドも少々。
50 パチドランカーK    :2022/05/29(日) 09:08:34  
結局枠連(笑)の6、7、8のBOXを厚めに買い、その枠から1と2枠にも軽く流し、12と18と二頭軸から3連複を少々買いました。

当たってもガミが心配(笑)

中京の11R白百合ステークスのヴェローナシチーはダービーにも登録していたが、ここなら鉄板だよね?(笑)
51 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/05/30(月) 08:01:42  
>ココは完全に内有利なコースなんですね?

どうなんでしょ。東京2400のイメージは、「内枠に越したことはないが内枠絶対有利ではなく、比較的公正なコース」です。
ただ、オークスは中ほどから外目が強いのに、1週間後のダービーでは内枠絶対有利になってしまうのは謎としか言いようがないです。(今年は13番⇒18番でしたが)

>まぁ、しばらくは塩漬けします。

5月は下がる、というイメージが強烈にありました。
その5月も今日と明日でおしまい。6月は上がるんじゃないでしょうか。
52 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/05/30(月) 08:02:37  
さて、日本ダービーの回顧。
先に馬券成績を書くと、馬連は少し浮き、ワイドはガミり、トータルではトントンでした。
1~4番人気のBOXをワイドで買うのは、結果的に愚挙でしたね。人気どころを6点も買うのなら3つとも取らないと・・・。

馬連は何かを軸にして流すことも考えましたが、その場合はたぶんダノンベルーガを軸にしたと思います。
・ドウデュース・・・ホープフルステークスでなく朝日杯を使ったように、距離に多少不安がある。2000で2,3着と来ているが「なんとかこなした」という感じで、距離延長がプラスになるとは思えない。
・イクイノックス・・・キタサンブラック×キングヘイローという、ダービーには一番向かなそうな(笑)血統。大外18番枠。
・ジオグリフ・・・二冠達成するほどの大物感はない。ドレフォンの仔に2400が向くとは思えない。

と、他の3頭には死角がありました。ダノンベルーガが一番死角が少ないのではないかと。
あと、世紀末裸王! 今村聖奈の勝因を審査する男! 今村聖奈のしょういんしん
さする男!
と同様、枠連を買うこともちらっと考えました。

結果的に皐月賞の2~5着馬が上位を占め、穴っぽい馬はことごとく討ち死に。それにしてもこの組み合わせで馬連が730円しかつかないとは・・・。1000円ぐらいつくと思っていました。
選択肢の中では馬連4頭BOX買いが一番良かったのでしょうが、「なんだかなあ・・・」という虚脱感はあります。

本日は馬券の回顧で終わってしまった(笑)
出走馬の回顧もやります。

次は、どんなG1が来るのでしょうか? 次回の安田伊左衛門生誕150周年記念 第72回農林水産省賞典安田記念でお会いしましょう!

ドレフォンシチーについては明日にでも・・・。
53 パチドランカーK    :2022/05/30(月) 17:35:50  
私は若干ガミでした(苦笑)

でも一点買いならダノンベルーガとイクイノックスでしたが、枠連BOXにして助かった感じです(苦笑)

ただ余計な1枠に流したり、3連系も買ったので若干マイナス

安田記念もルメールが連に絡むのかな?
相手荒れを狙えそうなメンバーでもあるし、ルメールから総流し必勝法が使えるか?(笑)
54 パナシア@仲田奈々愛好会    :2022/05/31(火) 07:54:47  
お互い「馬券の買い方」は反省点もあるようですが、まぁ楽しめたのでよしとしましょう。

ダービーの回顧と安田記念の展望は新スレにて。
名前:   E-mail(省略OK)
※書き込む際の注意事項はこちら

スレッド作成

タイトル:  
名 前: E-mail:
内 容: