板情報 | R18ランキング ]

1  真由香の秘密  (書き込み数 : 101)

1LynN2   :2009/02/01(日) 19:18:23  
 久々に作品の投稿をします。が、ちょっと分量が多くなってしまいましたのでちょっと実力不相応な気もしますが、スレ立てします。
 あと、今回からハンドルもつけますので、よろしくお願いします。
95 LynN2   :2020/10/03(土) 23:33:27  
幼なじみの子 <7/13>


苦しそうな裕太の顔を見て、

「ゆうたちゃん、大丈夫?」
「ぼくは大丈夫だけど、莎智ちゃんも苦しそう……」
「わたしはゆうたちゃんよりずっと身体が大きいから……大丈夫。それより妖精さんがね、動くともっと気持ちいいって。抜けないように気をつけて、引いたり押したりしてみて……」
「う、うん」

 裕太が少し引き出そうとすると、すごく抵抗感があり、動かない。うんと力を入れると、一瞬、抵抗がなくなってずるっと少し抜けたが、また動かなくなった。それを何度か繰り返すと、スムーズに動くようになった、が、動かす度に言いようのない刺激が発生し、顔が歪む。莎智の顔を見ると、苦しんでいるような感じがした。

「莎智ちゃん、大丈夫?」
「大丈夫だよ。ちょっと、感じたことのない、気持ちいい感じがするだけだから」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
96 LynN2   :2020/10/04(日) 22:38:28  
幼なじみの子 <8/13>


 初めて莎智と身体を合せて、もう10年以上過ぎた。二人共高校生である。
 あの日以来、人の目を盗んでは抱き合っている。
 莎智の両親、祖父母にも気に入られ、許婚の扱いになっている。
 莎智の家に繁く出入りするようになって、いろいろなことが解ってきた。まずはあの巨大な白いワンピースだが、あれは莎智の祖父、じいさんのお父さんの妹が着ていたものらしい。その人は本当に背が高く、人目をはばかってほとんど家の外に出ることがなかったとのことだ。従兄弟が許婚で、親に決められたとは思えないくらいに深く愛し合っていたそうだが、その従兄弟が第一次世界大戦後のシベリア出兵で戦死してしまい、失意のまま亡くなってしまったそうだ。びっくりしたのが、その戦死した許婚の従兄弟は俺のじいさんの一番上の兄らしい。
 そして莎智が妖精さんって呼んでいるものだが、おそらく…付喪神なのだろう。ワンピースに籠った女性の寂しかった心が生み出してしまったものなのでは?と考えたのだが、どうだろうか?
 しかし、俺の精子が食い物って、一体どういうことだろう? まぁ、好意的に考えて、あのワンピースの持ち主は愛する人の子供が欲しかったんだろうな。それであんな不思議なものが生まれた、というか発生したというべきか…。まぁ、莎智に危害を及ぼしてないし、莎智も今の状況が気に入っているからいいか。
 今、俺と莎智は同じ高校に通っている。部活も同じ陸上部だ。まぁ、俺は長距離で莎智は短距離だけど。

「ねぇ、なにぶつぶつ言ってるの?」

 莎智が抱きついてくる。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
97 LynN2   :2020/10/06(火) 22:56:02  
幼なじみの子 <9/13>


 制服のブラウスのボタンを一つずつ外していくと、ピンク色のブラが顔を出す。今度は手を後ろに回して、ブラのホックを外す。短距離の選手は全身筋肉で、余計な脂肪を取り払っているので、胸も薄いのだが、薄いピンクの乳首が私を見てとばかりに主張している。
尻をひと撫でしてから腰に手を回し、スカートのホックを外すとスカートがすとんと落ちる。
 腰を持って軽く押すと、ふとんの上にゆっくりと倒れていった。
 俺もシャツを脱いで上半身裸になると、莎智がベルトに手を掛け器用に外していき、あっという間にスラックスが引きずり降ろされた。そして俺の股間に手を当て、

「裕太、ずいぶん大きくなってるじゃない!」
「莎智がいじるからじゃないのか?」
「触る前からだと思うけどねぇ…」

 そうつぶやきながら、トランクスを下ろし始める。引っかかりがあったが、無理に下げると、ぽんっ、と音が出たんじゃないか、という感じがするくらいの勢いで俺のものが飛び出てくる。
 莎智はにっこりと微笑むと、俺のものを掴み、口へと持っていき、舌で段差の部分をぺろぺろと舐め始める。相変わらず、上手い。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
98 LynN2   :2020/10/07(水) 22:21:19  
幼なじみの子 <10/13>


 少しの間、息を整えると、

「じゃ、大きくなるね」

 莎智はそう言うと、目をつぶり、神妙な顔になる。
 ぼわっと身体が一瞬で一回り大きくなると、続いてゆっくりと背が伸びていく。もうある程度大人の身体になっているので、身体自体の変化は乏しいが、背は1.5倍位になり、それに合わせて厚みが増していく。頭の大きさはほとんど変化がないので、非常に等身が高くなる。座っているのでよく見えないが、脚も伸びているはずだ。

「もういいよ、こっち来て」

 近づくと、立った状態で莎智の頭が少し下にあるので、普通にキスをすることができた。
 さらに近づこうとしたら、莎智の足に引っかかり、よろけて、もたれ掛かってしまった。しかし、何事もなかったように、受け止めている。俺の頭は胸の谷間にめり込んではいるけどね。
 元は陸上短距離少女らしくささやかな胸だったのに、大きくなったとたん、俺の頭と変わりない大きさのものをぶら下げている。それでいておなかはきれいに割れているのは、ちょっとズルじゃないか?
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
99 LynN2   :2020/10/08(木) 22:33:20  
幼なじみの子 <11/13>


「じゃ、下のお口にしてね」

 莎智は全体的に大きくなっているので、腰を持ち上げなくても入れられるが、気を利かせて?左脚を持ち上げてくれた。右脚にまたがるような形になって腰を密着させ挿入する。ずぶずぶとそれなりな抵抗を受けるたびに二人共刺激を感じている。
 裕太の精通があったときから、ものを大きくする魔法?は使っていないのだが、常に莎智のサイズはぴったりで、こちらは何か細工をしているのではないかと感じているのだが…。

「普段のときは何もしてないよ?」

 声にしていないはずなのに、莎智が答える。

「裕太としかしたことないんだから、ぴったりなのは当たり前なんじゃない?」

 そうだった。寝ているとき以外はほぼ一緒にいるか、目の届く範囲にいるんだから、他の男とまぐわってるわけないか。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
100 LynN2   :2020/10/09(金) 22:48:55  
幼なじみの子 <12/13>


 莎智は高校卒業後に農協で働くようになり、俺は駅弁大学で4年間を過ごした後、莎智の一族の経営する建設会社に就職した。就職すると、莎智の家で莎智の家族と一緒に生活するようになり、もう結婚しているのと変わらなくなった。



 半年ほど過ぎ、式を挙げてほしいと莎智の家族からも言われるようになり、いろいろあった末、明日が結婚式というところまで漕ぎつげた。
 明日は特別な日、ということも関係なく毎日の儀式のように布団の上で抱き合う。
 先ずはそのままで。次いで莎智が身体を大きくしてするのもいつものとおり。身体が大きくなる以上に胸が巨大化するのもいつものとおりだが、あまりもの巨大さにいつも見とれてしまう。
 胸に見とれていると、莎智の目が大きく見開いた、と思ったら、ぼろぼろと涙を流し、顔がくしゃくしゃになった。

「どうしたんだよ!」
「あのね、あのね、妖精さんがね」
「妖精がどうしたんだ?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
101 LynN2   :2020/10/10(土) 21:52:15  
幼なじみの子 <13/13>


 次の日、何事もなく式を挙げ、10か月後に女の子が生まれた。


 ある秋の日、空気は肌を刺すくらいに冷たいが、雲一つなく、吸い込まれそうな蒼い空だったので、縁側で日向ぼっこをしていると、廊下の奥の蔵のあたりから、ずしんと物を落としたような音と振動が聞こえた。
 音は一定間隔で何度も聞こえ、だんだん近づいてくる。
 そして夫婦の目の前に姿を現したのは、引戸よりも頭ひとつ分くらいの背が高い女性だった。身体にぴったりの白いワンピースを着て、胸はびっくりするほどの膨らみ、裾からのぞく足は身体なりの太さがあるが、足首がきゅっと引き締まっていて、スタイルの良さを感じさせる。
 誰にでも好かれるようなすっきりとした笑顔を持った女性が口を開く。

「パパ……、ママ……」

 夫婦は顔を見合わせ、お互いのびっくりした顔に気が付き、にっこりと笑いながら、つぶやいた。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
名前
E-mail(省略OK)
内容

2  姉妹で喧嘩  (書き込み数 : 48)

1ばうばう   :2007/09/05(水) 02:01:20  
く・くやしい・・・。昨日からの一件のせいでなさけなくて、くやしくて、あたしは学校からの帰ってる時間になってもそんな気持ちでいっぱいだった。

あたしは小島空。中学1年生。好きなものは甘いもの。嫌いなものはホラー映画なんだけど、
昨日、その嫌いなホラー映画をあたしのお姉ちゃんの小島葵(高校1年)が友達から
借りてきて、一緒に見ようと言ってきたから当然断ったんだけど、そうしたらあたしに
こんな映画も見れないからお子様だとかくやしいこと言ってきたのでしかたなく見たんだけど、
それが想像以上に怖くって。夜中にトイレに行きたくなっちゃって、着いてきてくれたらいいのに、
お姉ちゃんはニヤニヤ笑いながら嘘寝をしていてついてきてくれない。
結局、ずっと我慢してたらそのまま寝ちゃって。
それで・・ううう・・(泣)

これも全部お姉ちゃんのせい!!!
乙女に恥をかかしたのだから、必ず復讐してやるわ。
覚えときなさい!!!

・・・と意気込んだのはいいけど、どうやって復讐したらいいか、見当もつかない。
空お姉ちゃんは、頭もいいし、運動神経も抜群なんでまともにかかっていっても敵う相手じゃない。
せめて、お姉ちゃんがあたしの妹とかだったら・・・

「その願い、ワタシ、叶えることできるアルよ」

急に後ろから変な声がした。振り返ってみると、目の前に背が1メートルくらいしかないサングラス
をかけた、ボロボロの服を着たいかにも怪しいおじさんがたっていた
42名無しなメルモ   :2007/11/25(日) 10:19:30  
そろそろ次の展開が見たいです。
作者さんファイト!
43<削除>   :<削除>  
<削除>
44名無しなメルモ   :2008/05/07(水) 16:44:41  
あおいちゃんはどうなるんでしょうか?続き待ってます
45名無しなメルモ   :2008/09/04(木) 05:44:42  
続くのですか?
46みそ   :2008/09/04(木) 08:12:06  
ネタ仕入れ中だと思うんでそっとしてあげましょう
また、これではなく新たに次作を考えてるのか!?
47<削除>   :<削除>  
<削除>
48  :2019/11/07(木) 17:10:57  

名前
E-mail(省略OK)
内容

3  Toloveるのキャラでこんな人体実験するなら  (書き込み数 : 4)

1グリーム   :2017/03/08(水) 14:04:15  
Toloveるの女キャラの誰かを受精卵に退化させ、他のキャラの子宮に入れるなら、誰を受精卵、母体にするなら誰がよいですか?
2名無しなメルモ   :2017/03/19(日) 00:45:06  
ダークネスの方をよく知らないなりに回答させてもらいますと、やっぱ御門先生が受精卵になると
一番興奮度が高いのではないのでしょうか。
母体は美柑、ヤミ当たりが適任ですかね。少し捻って梨子っていうのも面白いかも。

あと、この掲示板はほぼ機能停止しているので、画像掲示板(mogmogarap.bbs.fc2.com/)に
書き込んだ方がレスを貰える可能性はずっと高いかと。
もしかしたら敢えてこちらに書き込んでいて、余計なお世話だったかもしれませんが。
3グリーム   :2017/03/19(日) 01:41:11  
わかりました。
4スーパーコピー 腕時計 代引き 門診   :2019/04/14(日) 06:05:56  
ルイヴィトン - N級バッグ、財布 専門サイト問屋
日本的な人気と信頼を得ています。
安心、安全にお届けします
価格、品質、自信のある商品を取り揃えておりま すので、
高級腕時計(N級品),スーパーコピー時計(N級品),財布(N級品)バッグ(N級品),靴(N品),指輪(N級品),ベルト(N級品),マフラー (N級品)

★100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
★商品数も大幅に増え、品質も大自信です。
★スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
★顧客は至上 誠実 信用。
★歓迎光臨★送料無料(日本全国)
名前
E-mail(省略OK)
内容

4  この原案を小説に膨らませてくれる人いますか? その2  (書き込み数 : 5)

1名無しなメルモ   :2015/10/07(水) 07:15:02  
平凡な家庭で、ある日突然、年の離れた兄と妹の身体が入れ替わってしまいます。兄はおねしょをしてしまう妹に、妹は勃起する兄に・・・。おねしょを罵倒していた兄は、自分がおねしょを
してしまい、おむつを自分が履く羽目に。対する妹は幼いがゆえの好奇心と男の身体の本能の性的好奇心を抑えられず・・・・はたして二人はどうなってしまうのでしょうか。
2とも   :2015/10/11(日) 06:10:55  
>>1
小説は書けませんが、兄妹入れ替わりは自分も大好きなシチュエーションです。妹のお漏らしをバカにしていた兄がオムツ生活になるのがたまりませんね(笑)
3みのり   :2016/07/17(日) 10:40:26  
いい案ですね!
4名無しなメルモ   :2019/01/12(土) 21:57:29  
美香はもう幼稚園児なのにおねしょをしてしまう事があり、
その事で高校生の兄、大紀にからかわれていました。

そんなある日、大紀が美香と留守番をしていると、
「お菓子、無いかな。」

適当に漁ってみると飴の入った包みがあり、
大紀が赤、美香が青い飴をそれぞれ舐めてみると、
全身が痺れたような違和感を抱くが、

「美香、お前、大きく・・・」

美香の背が高くなっている一方で大紀の背が縮んでいくが、
異変はそれだけに止まらず、
美香の未成熟な女性器が男性器となり、
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
5名無しなメルモ   :2019/03/01(金) 11:06:01  
ここで提案されているシチュの、身体ではなく年齢のみが入れ替わるバージョンが読みたいです。
名前
E-mail(省略OK)
内容

5  パロディストーリー  (書き込み数 : 23)

1名無しなメルモ   :2007/10/25(木) 22:42:45  
「失苦園」
尾木は長年連れ添った妻と別れ、また引き止める上司に辞表を提出した。
倫子もぐだぐだと悪あがきをする夫を振り切って家を飛び出した。
もう二人には戻る場所はなかった。

二人は旅に出た。
列車を何度か乗り継いで、そして雪が降り始めた山道を静かに歩き続け
やがて山奥の古びた温泉旅館へとたどり着いた。
真冬のこの時期、二人の他に宿泊客は誰もいなかった。
夕食、山の幸をふんだんに取り入れた料理の美味しさに二人の心は和んだ。
尾木が浴場から戻ってみると部屋にはすでに蒲団が敷かれていた。
そして倫子はすでに蒲団の横に座っていた。
テーブルの上には極上の赤ワインと並んで、
やっと手に入れた不思議な薬の入ったビンが置かれていた。
「気が早いなあ、もう行くのかい?」
「いえ違うわ。」
倫子の予想もしない提案に尾木は多少戸惑った。
ただそれはあまりに可笑しくて、そして興味深いものだった。
「そうだね、急ぐこともないからね。
でもぼくからなのかい?ちょっと恥ずかしいな。」
尾木はそう言いながら赤い薬を口に含んだ。
倫子はじっと尾木を見つめた。
尾木はやがて若返り始め、青年から少年を経てゆっくりと幼児に戻った。
倫子はいたずらっぽく笑って、浴衣と戯れている尾木を抱き上げた。
「うふふ、かわいい。」
倫子はすっかり小さくなった尾木のおちんちんに触れた。
10歳も年上だったはずの尾木は倫子の胸の中で本当の子供のように
無意識に倫子の乳房を弄び、そしてしょぶり始めた。
子供ができなかった倫子はうれしさのあまり小さな嗚咽を漏らした。
しばらくその喜びに浸った後、倫子は尾木に青い薬を飲ませた。
幼児はみるみる成長し、やがて彼は大人の男の姿に戻った。
ただ尾木の年齢は元の42歳ではなく、倫子と同い年の32歳でとどまった。
それは倫子が思いついたことだった。
「この方が絶対いいわ。」
「そうだね確かにこの方がいいね。さあ今度は君の番だよ。」
倫子は頷き、今度は彼女が赤い薬をまず1粒飲んだ。
32歳だった倫子はやがて若返り、22歳の瑞々しい肉体に変った。
尾木は若返った倫子の乳房にむしゃぶりつき、股間を弄っていた。
倫子はぴちぴちした自分の肌の感触を確かめ、うれしさと心地良さに酔いしれた。
しかし倫子はすぐにもう2粒の赤い薬を飲んだ。
倫子の肉体はみるみる思春期を通り越して、少女期に入ってしまった。
柔らかだった乳房は乳首を残して萎んでしまい
倫子の大人の美貌も犯していけない少女の愛らしさに変っていた。
尾木は抱くのを止めて、小さくなっていく倫子の変化を見守った。
倫子はやがて2歳の幼児に戻った。
「なんて可愛らしい子なんだろう。」
尾木は幼児に戻った倫子のほっぺたにキスを求めた。
倫子も自分を捨てた父親の温もりを思い出したかのように尾木にしがみついた。
尾木は愛おしさのあまり、このまま彼女を娘として育てたいという誘惑心も湧いたが
彼女の気持ちを察して思いとどまった。
尾木は倫子をしばらく抱きしめたのち青い薬の飲ませた。
幼児はみるみる成長してやがて元のグラマラスな美女に戻った。

大人同士に戻った二人はもう一度熱い口づけを交わした。
そしてお互いの愛情を確かめるかのように見つめ合った。
「もうこれで思い残すことはないかい?」
「ええ、もう何も。」
「じゃあ行こうか。」
「ええ。」
二人はいつも通りに熱く激しい性交を交わした後
5粒の赤い薬入りのワインをまず尾木が口に含んで、
そして口移し倫子に飲ませた。
「怖くないかい。」
「あなたがいれば平気よ。」
「後悔してないかい。」
「私、今が幸せの絶頂よ。」
「幸せの絶頂か。ぼくもそうだ。」
二人の肉体は再び若返り始めた。
しかしそんなことは無関係かのように二人はさらに愛を確かめ合った。
やがて二人は少年と少女になり、さらに幼児へと変化した。
もう愛の意識はないのかもしれないがそれでも二人は抱きしめ合った。
倫子の名案のおかげで年上の尾木が取り残されることもなく
二人は同時に幼児からさらに赤ん坊に戻って
やがて蒲団の上で小さな胎児になって肉眼では見えなくなった。

二人はもう誰にも邪魔されない永久の世界に旅立った。
外は一面の銀世界。
ふたりが残してきた足跡はすっかり消えて、誰もこなかったかのように
に真さらになっていた。
17サスガ   :2009/03/10(火) 15:49:47  
B・AR
1-2


幸太達がトランプを始めた頃、バスの後ろの席では女子達が楽しく会話をしていた。その中の一人が森山紗耶香だった。紗耶香はクラスの中でも、色白でスタイルもよく、さらに純粋なので、男子からの人気が高かった。

「紗耶香、飴食べる?」
と、隣の席の黒岩高子が彼女に飴をすすめた。紗耶香は飴を受け取ると高子に
「ありがとう。」
と言った。女子からも可愛がられるので、得することも少なくない。

そんな楽しい会話をしていると、紗耶香は窓から富士山を見つけた。

彼女は自然に
「綺麗・・・・・・」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
18サスガ   :2009/03/10(火) 16:13:25  
B・AR
1-3


バスの一番前の席では、幸太達のクラスの担任である坂井麻子(26)がまるで頭を抱えるように苦悩していた。

「(まさか、あの子達が“アレ”に選ばれてしまうとは・・・・・・)」

麻子は教員生活2年目で、大人っぽい美しい顔を持つ女だった。しかし、今の彼女の顔は恐怖と絶望に満ちていた。
耳に入ってくる生徒達の楽しい話し声がもう聞こえなくなると考えると涙が溢れそうになった。それは本当にありえないことだった。
あれこれ悩んだ末、彼女は決心した。

―どんなことがあろうとも、私が生徒を守ろう―

と。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
19サスガ   :2009/03/10(火) 16:40:51  
B・AR
1-4


「あがりっ!」
と、幸太はスペードの13をテーブルの上に置いた。
「えー!また幸太が大富豪かよー!」
真人が文句を言った。
「まぁ、オレの実力じゃね?」
幸太は胸を張るように笑いながら言った。
幸太は大富豪をやりながら、今日はホントに調子がいいと思った。
「(こんないい調子なのはいつぶりだろう。絶好調だ、絶好調。この調子で修学旅行も楽しめるといいな。)」
と、幸太は胸を弾ませていた。
「よし、じゃあもう一回やるか」
とみんなを誘った時、真人があくびをしながら言った。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
20<削除>   :<削除>  
<削除>
21名無しなメルモ   :2018/11/19(月) 19:08:42  
急成長するのも見てみたいですね。
22名無しなメルモ   :2018/11/24(土) 20:05:53  
B・ARの元ネタが分からないけど、どんなのかな。
23名無しなメルモ   :2019/01/12(土) 20:29:32  
良いのが浮かびません。
名前
E-mail(省略OK)
内容

6  雑談専用スレッド2  (書き込み数 : 487)

1管理者 ◆JtOdb6L/dA   :2006/12/09(土) 11:32:12  
挨拶、思いつき、質問などちょっとした雑談に利用してください。
481名無しなメルモ   :2016/06/26(日) 11:25:09  
>>480多分それです!同じくパスワードがわからないですが…
482名無しなメルモ   :2016/07/01(金) 06:32:50  
>>480
ブーン系関係のうpろだってあるしたぶん違うと思うなあ
ux.getuploader.com/boonbunmaru/
483名無しなメルモ   :2016/11/14(月) 00:54:27  
>>475
受精卵にまで戻された女子学生の中には、再誕生・産まれ直しではなく、受精卵の状態のまま、長期間保存される場合もある…というのも良いかと思います。
保存装置の中にズラリと並んだ小さなカプセルの1つひとつに入れられた女子学生が若返って出来た受精卵。
子宮に戻されるまでの待機が主ですが、中にはそのまま忘れ去られてしまい、再発見後は産まれ直しされる事無く生きた受精卵の標本として永久保存されるケースもある…という設定で。
484グリーム   :2017/02/08(水) 07:14:20  
>>483
返信ありがとうございました。
メルモさんはどんな女子学生が受精卵になるべきだとおもいますか?
485名無しなメルモ   :2017/03/26(日) 01:42:07  
>>484

高額な報酬よりも、若返り技術の向上のために役立ちたいと身体を捧げる、献身的な真面目な女の子が良いかと思います。
忘れられて受精卵のまま保存されてしまうリスクも覚悟の上で・・・
486名無しなメルモ   :2018/11/24(土) 18:59:47  
pixivで特攻野郎APチームさんの絵が見れます。
487名無しなメルモ   :2019/01/02(水) 16:31:48  
この掲示板にあった「里帰り」をイメージするなら、どんなものですか?
名前
E-mail(省略OK)
内容

7  年齢変化差アンケート  (書き込み数 : 65)

1名無しなメルモ   :2006/11/19(日) 16:41:46  
何歳から何歳に若返るか、あるいは何歳から何歳に急成長するか。
好みのシチュを書いてみてください。
もし余裕があれば、変化する現場や背景、変化前の職業とか服装かも書いてくれると嬉しいです。

例.
10歳から20歳に成長。学校の身体測定の最中。
30歳から3歳に若返り。キャビンアテンダント(スチュワーデス)で。
20代前半から10歳ぐらいに若返り。どうにかその状態になれた頃に今度は赤ん坊まで若返り。
幼稚園児から18歳くらいに急成長。子守をしていた10歳くらいの子との立場逆転。
59<削除>   :<削除>  
<削除>
60名無しなメルモ   :2009/10/17(土) 23:06:59  
突然ですが、皆さんは若返った相手にどんな格好をさせてみたいですか?
自分は赤ちゃんにまで戻して、かわいいベビー服を着せてあげたいです。
もちろん、オムツは着用させます。
61とも   :2009/10/20(火) 11:52:49  
>60さん
全く同感です!
オムツは必須ですね!優しくミルクを飲ませてオムツ替えをしてあげたいです☆
62名無しなメルモ   :2009/10/20(火) 13:07:18  
30歳あたりの人をランドセルが似合う年齢にしてみたい。なんかいろいろ楽しめそうなきがする。
63名無しなメルモ   :2015/09/23(水) 09:06:06  
中学生や高校生が犯罪を起こしたら、小学生や幼稚園児に戻されるー
みたいな小説がいいです。
64名無しなメルモ   :2018/11/24(土) 19:32:50  
小学生から中学生や高校生に急成長ですね。
65名無しなメルモ   :2018/12/17(月) 19:32:17  
幼児が水遊びの最中に中学生や高校生くらいになってしまうってのは。
名前
E-mail(省略OK)
内容

8  この原案を小説に膨らませてくれる人いますか?  (書き込み数 : 12)

1キリコ   :2015/09/26(土) 15:42:52  
ある中学校では保健の授業の一部で体の成長を説明するために存在する女性教師がいます。その教師は自らを特殊な機械で受精卵に退化させます。その受精卵は普段特殊な小さなカプセルに入れられてます。
6キリコ   :2015/10/04(日) 07:36:00  
小説拝見しました。
いよいよ本番ですね。
楽しみにしています。
基礎設定に不明な点があれば聞いてください。
7beebeetomxxx   :2015/10/05(月) 04:47:57  
『教育プロジェクトX 第三話』


小野口冴子35歳4か月
ついさっきまでは彼女は立派な大人の女だった。
教師という職業を持ち、生徒から慕われ
また結婚をして子供を産み育てた体験も持っていた。
しかし今、彼女はほんのわずかなショックでも
潰れてしまいそうな0.1mmほどの受精卵に戻っていた。
本来ならあと10か月間、母親の胎内で栄養を
貰いながら成育しなければ赤ん坊にすらなれない
未成熟な存在になり果てていた。
しかし彼女を受精卵にまで若返らせた
タイム・アウトロン電磁波は停止している。
この電磁波による若返りはそのままの状態を
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
8キリコ   :2015/10/05(月) 13:31:55  
教師が人間から教材に成り果てましたね。最後には受精卵から人間に戻す形ですが、出産、性行為の経験はなくなる形でお願いします。受精卵から理論上、性行為のない状態で大人に戻るので
9beebeetomxxx   :2015/10/19(月) 16:46:47  
申し訳ないのですがキリコさんのおっしゃっている意味がよく分かりません。
10キリコ   :2015/10/20(火) 08:35:39  
ごめんなさい撤回します。
続き楽しみにしています。
11名無しなメルモ   :2018/12/07(金) 08:12:21  
授業の度に受精卵に戻されるって・・・
12名無しなメルモ   :2018/12/17(月) 18:40:53  
事情を知らされてないのに無理やり若返らせるって展開はどうでしょう。
名前
E-mail(省略OK)
内容

9  単発作品専用スレッドその2  (書き込み数 : 872)

1管理者★   :2007/09/14(金) 22:52:11  
特に連載化するつもりがなく、専用スレッドをたてるほどではない短めの作品専用スレッドです。
目安としては、1〜3話程度の完結する、あるいは総量10KB未満の作品とします。
ふっと思いついた作品、試験的作品の公開、あるいは書き始めてみたいけどどれくらい続くか分からない作品のとっかかりなどに利用してください。
866青年A   :2014/03/30(日) 19:55:28  
ありがとうございます。
少しずつ経験を積んで、表現ももっとうまくなっていきたいです。
また書ける時に書いてUPしますね。
867名無しなメルモ   :2014/04/01(火) 08:30:44  
記憶まで完全に戻ってしまうのは
好みど真ん中ではないのですが、これは
なんだか楽しめて、良い意味で意外でした。
素敵な、お話をありがとうございます!
868青年A   :2017/10/04(水) 20:27:52  
「恋敵」

はぁ。あの人には彼女がいるのかあ。
なんとかあの人とお付き合いできないかなあ。

私は小池さや。
25歳OL、今好きな人がいるのだけどその人には彼女がいてなんとかお付き合いしたいと思ってるの。
でも、最近少しずつその人と会社の課が同じなのもあって交流を深めつつあるわ。
そんなある日...

「ねぇ。私の彼氏に近づくのやめてくれないかな。」
先輩である佐藤めぐみさんが私を呼び出してそういった。
彼女は会社の中でも怒らせると厄介な人として有名なの。
私も譲れないものがあったから反論してしまったわ。
ただ、このやり取りがあとからあんなことになるなんて思いもしなかったけど...
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
869青年A   :2017/10/04(水) 20:28:28  
ブラウスの埋もれて前が見えなくなり、なんとかブラウスから出ようとする私は両脇に大きな手が添えられ、軽々と持ち上げられてしまった。
私「ほぇ。」
めぐみ「ふふ。ずいぶんとかわいくなっちゃったわねぇ咲ちゃん。でもそんな姿じゃ彼は振り向かないわ。」
目の前には先輩の大きく見えるようになった顔と大きな体があり、下は何メートルもありそうな高さに見える。
鏡を見ると赤ちゃんと幼児の間くらいの小さな女の子が泣き目で先輩に抱かれて見つめていた。
それが私だなんて信じられない...
私「ちょんなぁ。元に戻ちて。」
めぐみ「だから言ったでしょ。元に戻せないって。」
私「いくらあたちがちいちゃくなったとちても、きっと気づいてくれる人もいるわ。」
めぐみ「そうねぇ。やっぱり念には念を入れとくか。」
また先輩は何か呪文を唱え始めた。
すると私は頭から何かが絞り出されるような感覚を味わった。
私「なに?なにをちたの?」
めぐみ「咲ちゃん、これは読めるかな?」
そういって先輩はスマホで「あ」と大きく打ち私に見せた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
870名無しなメルモ   :2018/12/01(土) 17:39:39  
温泉

ある温泉旅館に線の細い少年と、父親らしき大柄な男がやって来て、
少年は顔つきや背丈から小学生だと思いきや、
もう中学生だそうなのだが、病気で入退院を繰り返してばかりで、
どんな男でも入れば逞しくなれるという温泉の噂を知った父親に、
半ば強引に連れて来られたようである。

「(変な噂を真に受けてこんな寒い・・・)」

少年が寒いのを堪えて父が入っている温泉に入ろうとすると、
父の髪が少し長くなって、顔の輪郭も変わっているのを見て、

「き、気のせいかな。」
「寒いから早く入りな。」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
871名無しなメルモ   :2018/12/07(金) 18:17:37  
戸惑う少年の意思に抗うように肩が張り出し、
平らだった胸に厚い胸板が形成され、腹筋が浮き出てくるが、
ふと股間に違和感を抱いたので触れてみると、
包皮が徐々に剥けて肥大した亀頭が露わになって睾丸も大きくなっていき、

「ちゃんと肩まで入りなよ。」

一方、息子の変わりように意を介するどころか、
自分が最初から女であるかのように振る舞っている父であったが、
股間では男性器が委縮して徐々に女性器へと変わっていくと、
肩幅が狭まって、筋肉が徐々に落ちて腕や脚が細くなり、
胸が丸みを帯びながら膨らみを増して、尻も同じように丸みを帯びていく。

「どうしよう。」
「どうしようって、折角の新婚旅行、楽しまもうよ。」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
872名無しなメルモ   :2018/12/12(水) 20:54:34  
見た目はおろか存在まで変わってしまった事に戸惑う少年、
いや、少年だった男であったが、
すると空白を埋めるように自分を変えたくて水泳部に入部した事、
水泳部の先輩に好意を抱き、彼女を追いかけるように同じ高校に入学した事、
大学こそ別になってしまったが、その事が寧ろ互いの存在を再確認するきっかけとなり、
結婚に至った事などが浮かんでいき、

「そ、そうだったかな。」

浮かない表情のまま男が戻ってみるといきなり湯をかけられ、
少しはしゃぎ過ぎた事を謝る女に対し、
お返しとばかり湯をかけていき、

「もう謝ったのに本気出しちゃって。でも元気になって良かった。」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
名前
E-mail(省略OK)
内容

10  自分の考えたアニメや漫画ゲーム等の夢の幼児化話のあらすじ  (書き込み数 : 6)

1メルモ三世   :2011/08/14(日) 14:09:04  
このコーナーは「アニメや漫画を幼児化の話を見ていて、もっとこういう話だったらいいのになぁ〜」・・・っと考えた事がありますか?
そこで、自分たちの夢の幼児化話のあらすじを考えて書いてみよう!!
皆様ご自由に書き込んでください。
2メルモ三世   :2011/08/14(日) 14:18:24  
ドラえもん「幼稚園児のび太君」
またテストで0点をとったのび太。「今の自分が幼稚園児だったら凄い天才児だよ!!」っという始末。そこでドラえもんが秘密道具を使いのび太を幼稚園児へ変身させた。環境も変化し、のび太はそのまま幼稚園バスに乗って幼稚園へ行き、幼稚園児の生活を楽しんだ。

ドラえもん「ママは幼稚園児」
家事の仕事に疲れた野比玉子。それを見たドラミはリフレッシュの為にと秘密道具を使い、玉子を幼稚園児に変身させてそのまま幼稚園バスで幼稚園へ通わせた。帰ってからものび太の妹として思いっきり遊んだのであった。
3beebeetomxxx   :2011/08/15(月) 00:38:06  
ふしぎなメルモ「光りと闇の愛」より

洞窟に閉じ込められたメルモちゃんたち。
ワレガラス先生が動物に変身して脱出することが提案したが
社長をはじめ、どうも信じていない様子。
その時である。
「ぼくたちにそれをください。」
賛同してくれたのはこの事件の発端となった愛し合う二人の男女だった。
ワレガラス先生は二人にキャンディを手渡す。
「怖いかい?」
「うんん、いっしょだから怖くないわ。」
二人は同時にキャンディを口に入れた。
愛を確かめるように見つめ合う男と女は
すぐに光りながら縮んで少年と少女となり
そしてさらに赤ん坊の姿になった。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
4メルモ三世   :2011/08/21(日) 11:20:59  
ポケットモンスター「ARロケット団参上!!」
ロケット団のムサシとコジロウはポケモン魔法の本を古本屋でゲットした。その本に書かれていた若返りの魔法を試した結果なんと子供にトランスフォームしたのであった。子供の体をいかして、ピカチュウを盗み取ろうとするが失敗してしまった。しかし、それ以降念じれば今の年齢の体から赤ん坊の体までトランスフォームする力を身につけた二人組であった。
5名無しなメルモ   :2013/02/02(土) 03:58:08  
メルモちゃんは鉄板ですね
6名無しなメルモ   :2018/12/12(水) 19:47:02  
ウルトラQ
謎の石から発せられる光で皆、子供に戻ってしまう。
名前
E-mail(省略OK)
内容