板情報 | インターネット ]

【これから紡がれる】能力者スレ@したらば【戦色の物語】

2018/04/29更新

能力者スレの活動場所となる掲示板です。
主要スレッドの簡単な使い方などは以下の通りとなっています。詳しい使い方などについては、各スレッドの>>1を参照してください

・『舞台裏の酒場』
挨拶や雑談などが主の、避難所のメインとなるスレッド
・『新キャラ新武器新設定実験室』
キャラクターの能力や、新しい共有設定などに、無理や欠陥などが無いかを確認するためのスレッド
・『掲示板管理についての連絡・報告スレ』
主に利用者からの削除依頼などの要請や、管理者からの細かい情報などを報告するスレッド
・『「能力者スレ@ウィキ」スレ』
wikiに関する要望や質問などを扱うスレッド
・『連絡・報告スレ』
不測の事態や共有設定など、参加者同士での確実に伝えたいメッセージのやり取りをするスレッド
・『本スレが落ちた時用』
パー速でのロールが不可能な際に、代用として使用するスレッド
・『議論専用スレ』
参加者の間での取り決めについての相談や、問題が発生した際の対処を議論するためのスレッド

記事の管理について、無警告での削除などの操作も、管理人の裁量によって行いますので、あしからず。
特に、荒らし行為、宣伝行為、露骨な性的表現については、優先的に処置を行います。

wikiのURL
http://www53.atwiki.jp/nrks


管理者への意見・要望などは、「掲示板管理についての連絡・報告スレ」もしくは、ページ最下層の「掲示板管理者へ連絡」の項からお願いします。



現在参加募集中のイベント
なし

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 【架空言語は】舞台裏の酒場【おもしろい】(720) / 2 : 【ありのままの】AP放送局その4【姿見せるのよ】(420) / 3 : 【新たな能力者】新キャラ新武器新設定実験室【ここに来たれ!】(636) / 4 : 【賛美の歌が響き】能力者スレ 置きレス用【氷の世界溶かしてく】(205) / 5 : イベント運営スレ3(720) / 6 : 【夢か】SSスレ【幻か】(451) / 7 : 掲示板管理についての連絡・報告スレ(151) / 8 : 【能力者学園も】能力者スレ外伝【その他本スレで出来ないネタも】(465) / 9 : 連絡・報告スレ(558) / 10 : カノッサ機関相談スレ(668)
11 : 【備えあれば】本スレが落ちた時用【憂いなし】(795) / 12 : 議論専用スレ(710) / 13 : 【ゲームでもアニメでも】能力者妄想スレ【TV番組でも】(86) / 14 : 【世界平和を】UNITED TRIGGER総合スレ【民営化する】(55) / 15 : 【(  )】 「能力者スレ@ウィキ」スレ 【(  )】(128)  (全部で15のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 【架空言語は】舞台裏の酒場【おもしろい】 (Res:720)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/05/21(月) 18:55:57 ID:ZCHlt7mo0
ジャガ (´・ω・`)
ジョグボゴ、ギンゲバギベ。
ボボグゼパパ・ガガヂグザバサ、ラズ・リビヅベデ・ゴヂヅギデゾギギ。

グン、「バシビシ」バンザ。グラバギ。
ガヅシブリンゾブザデデギグギベ、ガジャラデデ・ジュスギデロサゴグドロ・ゴロデデギバギ。

ゼロ、ボボゾリダドビ、ビリパ、ビドドボドダゼパ・ギギガサジャゲバギ
「ギュゾブバンゲンゴグ」リダギバロボゾ・バンジデブセダドゴログ。
ガヅダヅドギダ・ゲギゾンビョグゴグンババゼ、ゴグギグビロヂゾ・パグセバギゼゾギギ
ゴグゴロデデ、ボンビャサゾ・ジョグギギダンザ。

ジャガ、ソススゾザジレスゾ。



えーと、次スレは……バギングバギングバギンドバギングバギングドググドバギングギブグドズガギ……つまり、>>950が、ジョグギ、してくれ……

710アイ ◆xgsUYuhzWc :2018/05/26(土) 13:49:13 ID:Lxd3YeZA0
>>707
本当に、眠い中、素敵なレスを書いてくださってありがとうございました。
賀茂さんも龍鬼ちゃんも好きです!
せっかくなので、最後にゆっくり、今日中に返信させて頂きたいです。


712テイワズ中身 ◆/F8W0q5aBI :2018/05/26(土) 18:24:21 ID:fyBUAl3Y0
実験室の630にてテイワズというキャラを貼らせてもらった者ですが、20時あたりからロールできる方いらっしゃいませんか?
PBB自体初めてなので至らない点もあると思いますがよろしくお願いします


713院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/05/26(土) 19:27:28 ID:S/DUh6T.0
わー! 新規さんですよ! いらっしゃいませ!
20時は私はお手隙じゃないです……すいません!


714 ◆D2zUq282Mc :2018/05/26(土) 20:16:11 ID:bOGueQQY0
白桜のチョロさに身が震える。こんばんはです。

文月さんへ
すみませんが次のレス返せるのが23時頃になりそうです。


715 ◆XLNm0nfgzs :2018/05/26(土) 22:48:45 ID:BRNVt/Aw0
おかしいな……ここのレス番711が飛んでるように見えるんだが自分だけ?


716テイワズ中身 ◆/F8W0q5aBI :2018/05/26(土) 22:51:57 ID:C1ZAWICc0
>>715
自分からだとあぼーんされてます


717 ◆Rinne/R.E. :2018/05/26(土) 22:53:06 ID:MrCbc3r20
セブンイレブンが滅びるという暗示なのですっこんばんは!


718 ◆XLNm0nfgzs :2018/05/26(土) 22:57:12 ID:BRNVt/Aw0
>>716
そういうことかー……てっきり自分だけ何かおかしくなったのかとヒヤヒヤしました


719名無しさん :2018/05/26(土) 23:37:20 ID:MrCbc3r20
そういえば!院長さんの方に、ちらーっとお願いしたいなーってことがありまして
わたし自身月曜日まで帰りがこれくらいなので全然急かすとかではないのですが、
禁術の設定いただくのに合わせて?蛇教の温度感というか、空気感とか、擦り合わすのにロールお願いできないでしょうか、と思っていて
せっかくなのでこの一月メインレベルに使いたいなと!なので、お願いできたら、嬉しいなー、と……!

それかあれならロールの中でいただいてもいいかな、とか、思います、ほんとに差し支えなければで大丈夫ですのでっ!


720クローディア :2018/05/27(日) 00:15:02 ID:B3KDEI320
マリーさんの方
シロの者です!お返事お待ちしてたのですが、お忙しいようなのでまた明日(今日?)お待ちしております!
私はここらへんで…おやすみなさい!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 【ありのままの】AP放送局その4【姿見せるのよ】 (Res:420)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1名無しさん :2014/09/14(日) 20:07:35 ID:GnyuTh8Q0
ここは能力者のラジオやらドラマやらを思うままに垂れ流しするスレです。
時代劇、ドラマ、バラエティなどジャンルを問わず、なんでもOKです。殆どがラジオですが。

次スレは>>950を踏んだ人が建ててください。

411院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/05/26(土) 00:48:11 ID:N6qnhhu60
>>402
ソニア=エカチェリーナ=ドラグノフ→ ドストエフスキーの『罪と罰』のヒロインから、ロシア語ならソーニャ読みなんですけど響き的にソニアが好きでそっちに
エカチェリーナはロシア要素ですね! その通称がカチューシャです、今じゃこっちが主流に!
ドラグノフは狙撃銃から来ました、武器の名を名前に持つってかっこよくありません!?

鵺→ 二秒で考えました。女の子の名前にしては珍妙ですけど、忍者っぽいかなーって。
能力体系の『昏遁』がかなり気に入ってます、昏遁の術!

御船 千里→ 千里眼と日本に居た実在の透視能力者から御船を貰いました。

イル=ナイトウィッシュ→ 病気のillと北欧のバンドから名前をつけました。能力名の"Killers Like Candy"はI am ghostってバンドの曲名です!

グランギニョル関係→ グランギニョルは血なまぐさい芝居の意味です。実在の劇場らしいとのこと!
レッド・ヘリングは文法上の技法でアナンタシェーシャは実在の神様です。

ファラーシャ・ライーシュ・ファルカト=ムーシェキィヤ→ アラビア語で蝶の意味と指揮者の意味を合わせてます!


412 ◆zuR4sSM1aA :2018/05/26(土) 01:01:34 ID:0jLFl.bY0
>>402

「私って、元々“柘榴の花を沢山咲かせるように人を殺す”から柘榴だったのよねぇ」
『元々は俺だけの予定だったんだぜ?それを何か小説に影響して変えちまったんだよねェ……』

by 小料理屋店主並びに殺人鬼

「ジャンヌ、って名前を入れたかっただけみたいよ?」
「後はこう、魔法の名前生成器でガチャッと……」

by 筋肉系熱血聖女

「……元ネタがないって言ったら怒られそうだな」

by 囚われの研究者

「某FPSのアイテム名から持ってきたらしいよ?」
「そもそも蟲の元ネタも6割くらいそのゲームから継承してる気がするね!」
「そこっ、パクリなんて言わないっ」

by 蟲の唄い手

僕はサイン・コサイン・タンジェントが歯切れよくて好きですね
あとは周期表とかもどうでしょう、水兵リーベ僕の船!

by 最近休日が1日しかない中身


413 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/26(土) 01:12:12 ID:WMHqDivw0
>>411

「ソニアとソーニャなら確かにあたしもソニアが好きかも。エカチェリーナ=カチューシャは初耳だっ。
 ドラグノフは流石に知ってたけどネ! ほんとだよ!? そこだけめっちゃ強そうでカッコイイっ」

『ぬぇぬぇ。二秒です!? てっきり今のイベントのために温めていたモノなのかと……
 かっこいい当て字、いいですよね。上手く考え付いたときの気持ち良さったらないです』

「みふねー、……ちづこさんってヒトかな? ……やだめっちゃ(中の人の)地元、ぜんっぜん知らなかったぁ」

『バンドの曲名からお付けになられるの多いみたいで。本当、国籍ジャンル問わず何でも聞かれるんですねえ、
 どうやって情報収集してるんでしょう。ちょっと気になります……』

「グランギニョルはネー、実は知ってた! ライチ光クラブで覚えたっ(キリッ
 アナンタシェーシャ初耳ぃ。そこらへんは割とWikipediaめぐりしてたから知識ゼロなわけじゃないのになーっ」

『アラビア語。……異国の言葉、調べるの結構好きなので、ときめきますね。
 私の中の人は最近ヘブライ語がブームなんですって、……えっなに? ネタバレ? ……なんのです?』


414 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/26(土) 01:18:11 ID:WMHqDivw0
>>412

「ざくろーざくろー。人肉の味って柘榴に近いって言うけどホントかなあ?
 ていうかあのお店、柘榴さんのモンだったんだネ……今更気付いたんだけど。親子丼ありがとネ、吐いちゃったけどさ!」

to ダブルフェイスおねえさん


『聖女の名前。響きが美しいですもんね、フランス語。
 名前生成器いいですよね……楽ちんで。中の人はアナグラム生成器にお世話になっているみたいです』

to 業火の聖女サマ


「ないの!? ドクターキリコかと思ってたあ、……ん、なんか裏方がカンペ上げてるな。
 『まああだ名は僕がつけてあげたんですけどね!』……、ムシムシ」

to 助けに行くぞ! 徒歩で!


『FPS、そーいやあんまりやったことなくて、詳しくないんですよねえ。
 蟲が出てくるのとかもあるんですね。……めっちゃ邪魔そう、羽虫とか羽虫とか』

to バイオ0の歌うヤツ思い出してました


「理系とはぜんぜん仲良くなれないから聞き流してたんだけど、たしかにそーかもー。
 リズミカルにしたほうが覚えやすいのかもネ、よく考えられてるなーっ」

to お疲れ様です……かなしみ……


415名無しさん :2018/05/26(土) 01:31:38 ID:u1dxVMlM0
>>402

「ふふふ、……僕は優しい人って書いてユウト。それでセヴォラインディの方はね」
「セル(細胞)+エヴォルヴ(進化する)+カインド(優しい)+y、……ってメモにあったよ」
「アルファベット表記にして、そこから足し引きして組み合わせて――って感じかな」

「おっと、今の僕はレオーテヴュートだったね」
「こっちは僕の能力名"エヴォルヴィング・セルズ"にユウトをミックスした形だよ。こっちの方が加工に凝ってるかな。tを2回使ったりもしてるし」
「レオーテヴ/ュートって区切るとユウトが出てくるのはわざとみたいだよ。発音は頑張って」

by優しい人(大嘘)


「邪悪なる災禍と闇黒たる混沌! 略して邪禍! わァかりやァすいだァろう?」
「――こォの由来で俺様の設定の一部が推測でェきるかァもな? ククク」

byなまもの加工業者


「俺は完全に思いつきだってよ! まァ、多分デビチルとかにでてくる"ヘケト"と、FFとかに出てくる"セクメト"が脳内で勝手に混ざったんだろォーなァ」
『私に至っては海外の名前自動生成ツール生まれですからね……』

by一番由来が適当なリア充共


416 ◆D2zUq282Mc :2018/05/26(土) 01:44:14 ID:xopqLjc20
>>402

「アタイらの名前は特に元ネタは無いらしい。だが中身様が言うには、カイという名前は当て屋の椿って漫画の「天の果て、海の角」って話から来てるらしいぜ」
『ひとおにと言えば、むこうぶちの人鬼が真っ先に思い浮かぶ…御無礼』

by エト&白桜。二人合わせてカイ

ノインと言う名もトランキライザーという名も中身が好き好んでプレイしていたBALDR SKYと言うゲームから引っ張っている。
……9番目という風に数字で呼ばれたりコードネームで呼ばれるキャラが厨二心を擽るのだろうな。

by 蟲のお仲間・ノイン

「俺の名前も当て屋の椿の登場人物から来てるんだとよ。当て屋の椿で一等好きなキャラと言うのと口に出して言うと響きが良いからってのが理由らしい」
「尤も内面はwikiにもある通りなんだけどな。…最近はBLAZBLUEのユウキ=テルミとハザマって言った方が解りやすい気がしてきたぜ」

by スマホでは漢字編纂できない下衆いシュロさん

四文字熟語とか聞こえがテンポ良く聞こえる気がします。天網恢恢とか鬼哭啾々とか生死流転とか個人的に気に入ってます。
当て屋の椿にバジリスクにサムライチャンプルーと中身の趣味嗜好が分かりやすくて困る…。


417アイ ◆xgsUYuhzWc :2018/05/26(土) 01:44:38 ID:Lxd3YeZA0
>>402

ラジオ? ラジオ、 ?
……ニュースでショウカ?放送局?

ワタシは、キズ◯アイさんからインスピレーションを、受けマシタ。らしいデス。
オートマチックは完全に語感デス。AIぽさデス。
ピュアホワイトは、よくカラーバリエーションにこういう単語くっついてるのが、
背後さんが好きらしいデス。

By アイ

ワタシは兼愛 信生(けんあい のぶき)だけど、
兼愛は広く愛することらしいよ!
あと信じて生きる、でノブキかな!

By 信生

せっかくなのでいそぎ便乗しました……。
これからも、キャラに愛の一文字を入れるのに拘りたいです。人の愛が好きです。
自分夕月さんが好きなのですがお付き合いしたいのは佳月さんです。

By 背後


418 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/26(土) 21:37:41 ID:WMHqDivw0
>>415

「……」
『……』

「……なるほどさっぱりわかんねえ! とりあえずすっげー優しいってのはわかった!」

『すごく凝ってらっしゃいますね、れおーてびゅーと、……ヴュ、ってめっちゃ発音難しいやつじゃないですか……』

to 優しくないんですか!?


「じゃかじゃかじゃーん! 分かりやすさ第一、いいと思いますッ」

『悪魔、っていうのに横文字じゃないの、けっこう新鮮? ですよねえ。
 ……推測、推測……ううん、IQが足りません』

to 能力者スレは今空前のナマモノブーム!(?)


「へけめとー、って、なーんか聞いたことあるようなないような? って響きだもんネ、不思議なことに」

『ツール。便利ですよね、切っても切れない関係にありましょう……私はたまにダイスとか振ったりしますけど』

to お幸せに……お幸せに!?


419 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/26(土) 21:47:08 ID:WMHqDivw0
>>416

「めっちゃ渋いカンジあるぅー。
 人に鬼で傀(カイ)、ネー……なんかそーいう、言葉遊びならぬ文字遊び? みたいなのもロマンあるよネ」

to ふたりはカイキュア……?


『戯画のやつでしたっけ。サイバーパンク……?
 ああ、わかります。最近の有名どころですと、ニーアオートマタのキャラ名とか、すっごくいいなって思ってました』

to 最近蟲さんいっぱい出てきますね……。


「ブレイブルー! あたしけっこうやってたよ、アラクネ使ってた! まあCS2あたりまでしかやってなかったんだけど……
 ……ハザマ、一方的にボコられるばっかりだったからあんまいい思い出ない……」

to そう……棕櫚さん!


『てんもーかいかい、パッと読めるのは某ソシャゲのおかげですね……四字熟語、確かに。
 渋いのがお好きなんですね。中の人、かるーく読めるようなのしか読まないからあんまり馴染みがないのです……』

to おなかみさん


420 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/26(土) 21:55:55 ID:WMHqDivw0
>>417

「期待の新人チャンだ! そうそう、放送局って感じの、ゆるーいメタ語り場的な?」

『ぶいちゅーばーさん、全然詳しくないんですよね……アイさんもお名前知ってるだけで。
 色名がついてるとなんとなくイイ感じなの、わかりますよ。イメージカラー考えるの楽しいですよね』

to あいあいちゃん


「すっげー真っ当なニンゲンって感じの名前! 名は体を表す!? よネ!?」

『……すみません、ぱっと聞いただけで男性なのかと思ってました……のぶきさん。素敵な女性なのですね』

to ノッブさん


「せっかくだしネ! 気軽になんでも乗っちゃって!
 愛ってすばらしいよネー、今のあたしたち全員に課されてるテーマも実は『愛』らしいのよ」

『あら嬉しい。そうですよね、夕月さん、お付き合いしたらハチャメチャに面倒臭そうですもん』

「なにをー!? 言ったなコイツ、この子だってけっこーめんどくさいから! 騙されないでネ!?」

to うしろのおかた


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 【新たな能力者】新キャラ新武器新設定実験室【ここに来たれ!】 (Res:636)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1名無しさん :2015/02/22(日) 20:57:13 ID:772nmGRA0
ようこそ
ここは新キャラや新武器、設定等で過去との矛盾やチートにならないかどうかなど
本スレに出すにあたって不安がある方のためのスレです。

「新しく能力者スレに参加したいけれどこういう能力のキャラで大丈夫か」
「こんな武器や設定を使って問題はないか」
「こういう過去を持たせたいけど矛盾になっていないか」
もしくは「スレに出る前に性能を試したい」と言う方は、ここで練習ロールを行うことも可能です

また、アドバイスする側の方は率直な意見を出してあげる事も大切ですが、
厳しい口調になっていないか、上から目線が過ぎていないか、まずは書き込む前に一息置いてみて下さい。

次スレは>>950が立てて下さい

キャラ用テンプレ
【名前】
【容姿】
【能力】
【性格】
【戦闘方法】
【備考】

627院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/05/25(金) 13:03:16 ID:XhR7wdR.0
>>626
よろしくお願いします!
楽しみにしてますね!


628クローディア :2018/05/25(金) 16:33:42 ID:B3KDEI320
【名前】椎名 絃(しいな いと)

【容姿】17歳男性。身長175cm。褐色の肌、肩につかないくらいの薄い金髪に長い前髪は一つにまとめてつむじ下で黒ピンで留めている。両耳にはそれぞれ10を超えるピアス、口ピ、舌ピ、ヘソピ……と、ピアス好き。
切れ長の、紫がかった黒い瞳は三白眼で非常に目つきが悪い。
服は何着か持っているものの、黒いパーカーを被り、ダボっとした黒いズボンを着ていることが多い。腰に蛇のタトゥーが入っている。

【性格】
テンションの上がり下がりが激しい。普段は暗くて話しかけづらい雰囲気を醸し出しているけど、テンションが高いときだと一人でゲラゲラ笑いだしたり人を巻き込んで強引に遊びに連れて行ったり。

【能力】鋏
魔力で鋏を生成する。大きさは小さいものはもちろん、自分の背丈までの鋏を作ることが可能。刃に毒を纏わせた鋏を作ることもできる。この場合大きさは通常サイズのみ。当たると皮膚が火傷したように爛れる。
ナイフ型も作れないことはないらしいが本人は鋏の方が作りやすいらしい。

【蛇の妖怪】
絃が生まれた時から憑いている。
名前は〈あざみ〉というらしい。
姿は顔が桃色、身体が緑の大蛇。
人前に姿を表すこともできるけど、10秒程度。霊体なので通常は触れない。
霊感がある人なら、姿をあらわさなくても絃の隣に憑く大蛇がもしかしたら見える…かもしれない。

【戦闘】
生成した鋏を使って戦闘を行うが、絃自身は至って普通の人間で身体能力も同年代の平均くらい。
あまりにも部が悪い時は妖怪の蛇が手を貸してくれることも。妖怪が絃の体を掴んで逃げ回るから、戦闘相手には絃が見えない何かに引っ張られているように見えるだろう。


【備考】
水の国出身の一般構成員。
物心ついた時から蛇の妖怪に憑かれていて、その妖怪が求めるまま小動物を捕まえては与え、捕まえては与えを繰り返していた。
いつしかその妖怪が人間の子供を要求するようになる。
子供を差し出さなければ自分が喰われてしまうーーと、考えた絃は蛇の妖怪を養うために家を出て、孤児を捕まえては蛇に与える行為を繰り返していた。その行為こそは全く苦ではなく、むしろ楽しく妖怪蛇と旅を続けていたが、普通の人間である絃は家もなく、周りの視線や警察に捕まることの恐怖に次第に疲れが見え始める。心身共に疲れてボロボロになっていたときに蛇教の一人から声をかけられる。運命のように感じた絃はそのまま入信。自分を拾い、救ってくれた神である蛇神様を信じ、今日も蛇の妖怪を養っている。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


629 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/25(金) 20:10:32 ID:WMHqDivw0
ひらきなおって蛇教の子をつくってしまいました。
できれば幹部やらせてもらいたいなあ……!と思ってます、鑑定よろしくおねがいします。


【名前】
ウリュー / 破崎雨竜(はざき・うりゅう)
この苗字と漢字ダセーなーって思ってるので、ウリューと呼べと他人に強制する。


【容姿】
さらさらおかっぱの金髪と白磁の肌、綺麗な海色の瞳を持った美少年。
生まれも育ちも櫻の国であるが、家系のどこかにぽつっと混ざった異国の血が隔世遺伝してこうなった。
この容姿までもが、後述の選民思想に拍車をかけている。

服装は、どこかの制服と思わしき灰色のブレザーとショートパンツ。
どんなに暑くてもインナーは黒のハイネックシャツ、手には白絹の手袋、脚にはタイツと
顔意外は完全に肌の露出を避けている。靴は、爪先と13センチピンヒール部分に金属を仕込んだハイヒール。

サーバントの刺青は、下腹部に入っている。
また、舌の先端だけを裂く加工――いわゆる「スプリット・タン」を施している。


【能力】
≪絶対純潔領域 / Sanctuary≫
「反発」――触れたものをなんでも弾き飛ばす特性を持った光を全身に纏う能力。
この光は、触れると「一般的な体格の成人男性」をよろめかせる程度の力を持っている。
しかしこれをある一点に収集・凝縮させると、車一台を吹っ飛ばすくらいの力にまで成長する。

収集・凝縮した光を球形にして射出することもできるが、そうすると一旦、全身を纏う光が失われる。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


630新規の者です :2018/05/25(金) 22:35:52 ID:9fJETUbE0
【名前】テイワズ(本名:不動 侑斗)
【容姿】言ってしまえばターミネーターにしか見えない。外見的には30代程度に見えるが、実際は20代。身長180cm程度、髪型は短めの黒。右眼は高性能コンピュータが搭載された義眼で、常に赤く発光している。ジャングル柄の迷彩の野戦服を着ており、右腕は機械義手が剥き出しになっている。右の太ももには9mm拳銃を入れたホルスターが巻かれており、左の太ももはナイフを収納したホルスターがある。
【能力】特殊能力はないが、義眼で逐次状況を把握しながら右腕の義手を武器に変形させて戦う。明らかに義手の質量を越えた大きさの武器になっているとかは気にしてはいけない。異世界の科学力はすごいのだ。
・キャノンモード:義手を変形させた武器の1つ。空気中のエネルギーを充填して発射するイオンパルスキャノンと、5.56mmチェーンガン、そして照準用のレーザーポインターからなる。イオンパルスキャノンの方は出力最大なら一発で戦車の装甲に穴を開けられる上、出力を絞れば非殺傷兵器としても使える。キャノンは一定数撃つとエネルギーの再充填のためリロードが必要となる。
・ブレードモード:義手のモードの1つ。超高速で振動しており、コンクリートすら容易く切り裂ける。
・義眼:右眼の義眼。超高性能コンピュータにより、視界に捉えた者の危険度査定(なぜか異能力も加味して査定できる。ただし能力を発動してないと判定できない)、周囲のスキャンによる理想的な戦闘のアシスト、望遠機能などが搭載されている。
【性格】一言で言うなら「気前のいい兄ちゃん」。ただ、レジスタンスに所属していた故、弱者を虐げる者には容赦しない。
【戦闘方法】基本は手持ちの武器と変形させた義手を使って戦う。右利きのため、義手と手持ち武器の併用は不可。近~中距離をメインに戦う。
【備考】この世界出身ではなく、とある異世界からやってきた来訪者。その世界は紛争が絶えず、彼自身もとある国で圧政を強いる政府軍に対抗してできたレジスタンスの一員で、政府軍の砲撃によって右の眼と腕を失うも、支援国の技術も併せた治療により、武器にもなる機械の義手とコンピュータを搭載した義眼を付けて戦線に復帰した。テイワズというコードネームはその際につけられた。その後、ついに政府軍最後の拠点を制圧したレジスタンスは、晴れて民主国家を樹立することとなるが、祝勝の宴を終えてベッドに入り、目が覚めると彼はこの世界にいた。腕を失う前から戦闘技術は高い。老け顔なため年齢を間違われるのと、義肢のせいで怖がられるのが専らの悩み。

/やっとできました初めてのキャラです
/これ強すぎる、弱すぎる、ここ変じゃない?などありましたらご指摘お願いします!


631名無しさん :2018/05/26(土) 01:05:53 ID:Lxd3YeZA0
//新規です……。諸事情あり、<アイ ◆xgsUYuhzWc>の方と同様のネットワーク環境からの書き込みとなります。
//ID被り等で紛らわしい事があるかと思いますが、ご容赦頂ければ幸いです。

【名前】エテイオイン・シャードルー(ETAOIN SHRDLU)

【容姿】
180cm後半程の長身に、肉食獣の如くに靭やかな筋肉を備えた体型の男。
目の色と髪の色は乾いた血の赤。髪型はベリーショートに刈り込んでいる。
服装は然程頓着しないのか、動きやすいシャツとワークパンツ、靴は柔らかい運動靴を好む。
また、両手には常に黒革のグローブを付けており、人前で外す事はまずあり得ない。

【性格】
人間が大好き。子供には優しい。
人を殺す事に躊躇いは無い。娯楽には目がない。

【概要】
――或る瞬間から、人が眩しく見えるようになった。
――或る瞬間から、それをもっと見たいと思った。
――或る瞬間から、己はそうはなれないと、そう思った。
――だから俺は。輝きを生む闇になろうと。そう思った。

正義組織や、自警団を対象に襲撃・殺人を繰り返している凶悪犯。
彼と出会った人間は、まず間違いなく"猛獣に襲われたような傷"を負うことになっている。
その目的は不明。ただ、彼との邂逅から生き残った人間は、皆、口を揃えてこう答えた。
『邪悪に抗う善が或る事を、俺たちよりも喜んでいる様に見えた』、と。

【能力】
<爪牙の魔法>
悪魔との契約によって得た魔法。
その性質は、魔力による身体強化・身体保護――特に腕部、更にに手は最大限に強化される。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


632 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/26(土) 01:27:11 ID:WMHqDivw0
わー! 新規さんが大漁じゃー!

>>630
どうもどうも初めまして!
武器の併用不可ならたぶん大丈夫かと思うんですが、ブレードモードがちょっと高性能かもしれない、かも?
くらいに思いました、素手で戦うマンもそこそこおりますし。でもそこらへんも匙加減でどうにかなりそうですし!
ためしにちょっと戦闘してみるのが一番早いかもしれないですね、募集すれば血に飢えた能力者がきっと釣れますのでいつでもどうぞ!

>>631
こちらの方も初めまして! 能力者スレは今空前のドウキョニン=ブーム!
初手悪人とはなかなかやりますね! 悪人と言ってもただの悪人じゃない感じがまた素敵です!
能力もそんなに問題はないかなって思います、身体強化能力っても結局は匙加減の問題となりますし
上の方にも言いましたがまずはためしに使ってみるといいかもです。……アドバイスになってない! ゴメンナサイ!


633 ◆Fang.lgDvQ :2018/05/26(土) 01:32:04 ID:Lxd3YeZA0
>>632
鑑定頂き有難うございますー。
人間大好きなので、人間を沢山追い詰めていこうと思っています。
兎も角、まずはロールですよね。分かります。

取り敢えず明日でも動かしてみようかと思います。ありがとうございました!


634テイワズ中身 ◆/F8W0q5aBI :2018/05/26(土) 09:37:52 ID:9fJETUbE0
>>632
ありがとうございます!
ブレードモードは描写的には少しパワーダウンさせようかとおもいます
とにかく自分もロールしてみます!


635院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/05/26(土) 12:41:07 ID:S/DUh6T.0
>>628
確認しました!
能力も設定も問題ないです!
別の蛇様持ってきても大丈夫ですよ! 展開に使うかもしれません!

>>629
こちらも問題ないです! 是非幹部してください!
遺体回収業者さんへの委託も大丈夫ですっ!


636クローディア :2018/05/26(土) 17:34:17 ID:B3KDEI320
>>635
おおよかったー!!ありがとうございます!
初の悪役ですが悪くなるように頑張ります!よろしくお願いします!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 【賛美の歌が響き】能力者スレ 置きレス用【氷の世界溶かしてく】 (Res:205)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1名無しさん :2018/05/09(水) 13:06:30 ID:JPvz6X4o0
ようこそ、能力者たちの世界へ。
この世界は、数多の能力者たちが住まう世界。

こちらは置きレス用のロールスレです。
リアルタイムの進行が難しい時などにゆっくり使用できます。
混乱を防ぐため、なるべく最初から置きレス進行になる場合のみご活用ください。
時間軸は開始時・終了時など、当人同士で相談し合うとスムーズになります。
次スレは>>950の方が立ててください。

196 ◆ROhV0jlpGg :2018/05/26(土) 01:15:51 ID:qpY1SMsA0
>>前931、院長の方へ


…………八つ当たりでも何でも結構だが。

【これだけは言っておく、と前置きして、女は振り返った】

自らが“弱者”であると、そういう自覚があるのならば。尚更、振る舞いには気を付けることだな。
―――後先も考えずに暴れ、却って立場を悪くするような輩の面倒など、いちいち見ていてはキリがない。

何かを変えたいと思うのならば、まずは如何なる時も理性的であれ。そして変化を待つのではなく、自ら動け。
そういう人間には自ずと人が着いてくる。だが、“弱者”の立場に甘んじる人間の味方をする道理は無い。

【最後に、『私はそういう人間だ』と付け足して、言葉を締め括る。】
【それから、吐息を一つ。腕に嵌めた時計を一瞥したなら、また歩き始めようとして、もう一度だけ口を開いた】

―――もう一度言っておく。
貴様が獣ではなく、理性ある人間でいたいのならば――――規律には従え。




/度々お待たせしまして申し訳ない……


197名無しさん :2018/05/26(土) 01:18:53 ID:MrCbc3r20
>>191

【ころころころ、って、笑い声。こんな場所でそんなこと言っている彼がなんだかおもしろかった、だってここは、……祟り神の支配する、場所なのに】
【多分、知ろうと思えば、出来たと思う。けど、しなかった。――それは約束を楽しみにしているみたいに、だから、お別れの言葉は、決まっていて】

…………――うん、またね、

【――ひどい、ひどく、平和な声だった。それで――――――目を開けたなら、世界は、ちゃんと世界の形をしている】
【世界を形作ることもできないちっちゃな神様の場所じゃなくて。色彩と温度と匂い、……とにかくいろいろなものに溢れた、世界で、彼は目覚めて】

【――――ベッドの上の"彼女"は、目覚めない。もし医者に連れてったとしても、なんで、こうなってるのか分かんない、って、お手上げするだろう】
【この少女は今生きていない。だけど、死んでない。――そうやって答えるしかない状態だから。呼吸もない、体温もない、だけど、死んでない。ひどく、変な状態】
【どこかをわざと傷つけたなら血が出て。放っておいたら血が止まって、気づいたら、治っている。よく分かんない――けど。気にするだけ、無駄だと思う】

【あるいは。その少女の身体――真っ新に裸体まで、剥いたなら。そこに刻まれている魔術式、ぞろぞろって、蛇の這うように、無数に、幾重にも】
【一つ。魔力を作り出す。二つ。その魔力を用いて、身体を維持、修復する。三つ。その魔力を用いて、これらの魔術を維持する。――そういう魔術式が、刻まれていて】
【"それ"が、この、生きていないけれど死んでいない状態の、正体だった。内臓がえぐれて頭が爆ぜても生きてしまうほどに強い強い、呪い――"彼"が記憶越しに体験した、呪い】

【それはたとえ"中身"みたいなものが抜けてしまっても、律儀に、律儀に、身体を維持して。――絶対に彼女が死ぬことを、赦して、くれないんだから】

【――――――――はらり、と、少女の形が崩れる。真っ暗な世界で、棺桶の中に、ぞろぞろ、って、無数の蛇が満ちる】
【外の世界のことを思い出してみる。思い出せる。――よかったって安堵する、まだ自分はちゃんと自分だ、って、思い返して】

【滴り落ちて来る信仰の雫、餓えた存在を、潤しながら】

/おつかれさまでした!


198厳島の中 ◆zlCN2ONzFo :2018/05/26(土) 02:14:32 ID:6.kk0qdE0
>>194

「あら?なるほどね……中々愛嬌のある子じゃない」
「お話し、出来るです?」
「あの子が言った心、ちゃんと備わってるじゃない……」
「ポップ君は、断じて苦労してる?でも嫌いじゃない?」

【言葉の無い会話だが、確かに成立していた】
【それはれっきとした、心、感情に他ならず】
【確かに二人に伝わって居た】

「全く、あの子とポップ君、いえ、人間とロボットはここまで心を繋げられるのに、人間と人間はどうして争う事ばかりするのか、あんた解る?」

【ポップ君の金属のボディを撫でながら、そう少し寂し気に尋ねてみた】
【やがて】
「あら、戻ってこれたわね……ん?」
「あんた、まさか、これ?くれるの?」
「むう……龍鬼は断じて、御餅じゃないです?」
「……あんたの方がよっぽど善人じゃない……いいわ、ありがたく頂戴するわよ」
「お酒も、あるです?」

【そう言って、宗司は笑みを浮かべてそのプレゼントを受け取った】
【どうにも、変わり者の女性だが、よっぽど善人で、人がいいのだろう】
【裏表のない、純粋な人間なのだろう、極めて好感の持てる女性】
【それをもって、人は魅力とも、そして人柄とも言うのだろうか】

「……全く……私達も久しぶりに、こんな人間に会えて良かったわ」 
「探せばいるものね、でもね、世の中いい人ばかりじゃないわ、悪い人も同じ位いるの」
「だから、騙されちゃダメよ、そして、見失っちゃダメよ……色々ね」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


199 ◆KP.vGoiAyM :2018/05/26(土) 09:28:53 ID:zxReOFhU0
>>183

【路地裏を置いて、タクシーは街中に混じっていく】
【追手はいるのだろうか?監視されているのだろうか。街中には様々な監視カメラが幾つもあり】
【パトロールの警察車両や自警団がいつもどおり居る。いつもどおりの筈なのに意識してしまうのは】

【追われているという認識が存在しているからだろう。我々が溶け込むように、奴らも溶け込んでいる】
【水面から顔を出した戦いの一部はまた水面下へと潜っている】

…ああなることは想定していた。路地裏で野良犬に噛みつかれるぐらいはな…
だが…あのイレギュラーは想定外だった。改めて礼を言わせてもらうよ

【彼はこの複雑に入り組んだ街の道をよく知っているのか、渋滞が起きがちなメインストリートと避けて、裏道を】
【ジグザグに曲がりながら車を走らせる。ひと目の避け方も知っているかのようだ】
【この男の目は、サングラスをかけていてもいろいろと良く“視えている”ようだ】

奴らはテクノドックス/TECHNO DOGS。オーウェル/ORWELLという企業の警備を担ってるグループ会社と言っているが実体は私兵みたいなもんだ
水の国の一連の“特区”の利権で警察に近い権限を得たもんだから、好き勝手やってやがる。治安維持とか言っているが
実体は汚れ仕事役だ。俺みたいな、反社会的な人間や反対派の連中を…殺す。

【探偵はまず先に後者の質問に答えた。オーウェルの私兵。汚れ仕事を行う、野良犬】
【ここでまた、“黒幕”に巡り合うような結果となってしまった】

【ウィンカーをあげ、ハンドルを切って、立体駐車場にタクシーを滑り込ませた】
【真っ暗な3Fへ、ヘッドライトを頼りに登っていく】

…それで、俺が何者かはさっき言ったとおりさ。しがない探偵で真実を……いや
愛するものの為に世界を変えたい、よくいる奴の一人さ


200院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/05/26(土) 16:06:41 ID:S/DUh6T.0
>>179

【絹糸の様に滑らかな貴女の柔肌、キメ細やかな布地に染み込む藍染の如く── 彼女の皮膚が吸い込まれていって】
【辿るのは貴女の真実、そこに描かれる景色は彼女には到底想像もつかない様な夢囃子】
【けれども写し鏡描く絵画の一葉にも似た、二人の情景はきっとあどけないから】


───……白桜はんがそう言わはるんやったら、うちには何も言えへんどす
せやからね、うちも感謝しなあかんな、白桜はんに会えたからこそうちもほっぺた突っつけるし
……まぁ、恥ずかしいのは恥ずかしいけど……白桜はんみたいな別嬪さんにつつかれるん、嬉しいさかいに

あ、── あかんかな? うちはそう思った事を素直に言ってるだけやけど
白桜はんみたいな照れ屋さんには少し刺激が強かったかな?


【そう言って彼女は不敵に笑った。悪戯っ子の様にそのほっぺたに童心を浮かべて、柑橘の如く爽やかに】
【貴女の幼さは大人びた雰囲気に反して、より一層可憐に映った。お淑やかな水仙が見せるあどけない蕾の様に】
【枝垂れる桜の花弁にも似た無邪気を、一つまた一つと重ねていく】


ふふ、存分に甘えはってええで、うちも大歓迎やから──
なんかな、白桜はんを見てると、うちに妹がおったらこんな感じやったんかなって
……もっと、お姉はんしてあげたら、良かったって、思わはって──


【頬を膨らませる貴女を見ながらそんな風に言った。どこか遠い目をしている】
【瞳の中に映るのは、幼き頃の情景か、或いは果てなき理想の世界】
【微睡みの中で見る白昼夢、音さえはっきりと感じる幻── 憂いを帯びた首筋に洛陽が差し込む】


201院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/05/26(土) 16:18:04 ID:S/DUh6T.0
>>180

【── ある種それは衝動に似ていた。止める気も止まる気も起きない、そんな感情の様に】
【故に彼女は溌剌としていて、それは宛ら、そうであることが基本である様に振る舞うから】
【向日葵が太陽の方向を向く様に、曇ることの無い笑顔を携えて】


──── そうですね、逮捕まではいかないですけど、あんまり良い目は向けられないですっ、世知辛いです
ふふーんっ、一つ賢くなりましたね! 鵺ちゃんいつも教えられる立場なので、教える事が出来てうれしーですよ!
他にも何でも答えますのでじゃんじゃん聞いてくださいね! スリーサイズとかはダメですけどっ

あらっ!? 鵺ちゃんのお名前認知されちゃってました!? それは少しおっかなびっくりですこと!
はい! そうですよ! 鵺ちゃんの超飛びっきりの能力です!
しーかーもっ! 忍術と組み合わせる事で百万馬力ですっ、おっかないですよ!


【楽しそうに彼女は笑って、飴細工の様にとろとろな言葉を流し込んでいく】
【糖衣につつまれた夢のように、飾る言葉の一つ一つが夢見心地にも負けない意味合いで】
【そうして彼女は貴女の傷をなぞる、労わるように優しく】


正義の使者! 聞きましたか!? 正義ですよ! 正義!! なんとまあかっこいい響きでしょう!
鵺ちゃんも正義大好きです、正しい事は素晴らしいです! ふーちゃんは凄いですっ
もう困った事があったらじゃんじゃん、どしどしお伝えします、返品はえぬじーですよ!

でーすーけーどっ! 正義の使者の前にふーちゃんは可愛い可愛い女の子ですから!
こーゆーケガするのダメですよ! お嫁に行けなくなっちゃいますから!
ふーちゃんの様な美人さんがお嫁に行けないだなんて世界の損失ですよ!! 世の中の男性諸君が大不幸全開になります!


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


202院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/05/26(土) 16:29:01 ID:S/DUh6T.0
>>196

【── 二の句が継げなかった、宙ぶらりんになった気持ちを何処に着地させようか迷って】
【理知的な貴女の言葉に圧倒されて。── もどかしい気持ちをどの様に処理すればいいか分からなくて】
【気が付けば身体が貴女を追っていた。一つに束ねた長い茶色の髪が風に靡いて】


──── 堪忍な、うちもつい頭に血が上ってはって、何か変になってはった
お姉はんの言わはる通りやわ、理性的に規律へ従う
あはは、どっちもうちには足りひんさかい── 耳が痛いのはほんまどす

せやけど動く事は得意やで、何でも思わはったら直ぐ実行するから
だから付いてきてしまわはった。お姉はんこっちに用事あらはるん?
良かったら途中まででも一緒に歩かはらへん?


【らしくないことはしたくなかった。── 自分は、そうきっと普通の自分ならこうしていた】
【珍しいタイプの相手である、だからこそ強く興味が湧いた。それならば止める道理はない】
【通い慣れた通学路を歩く様に、揃えた足取りで貴女の側に並ぶだろう】


……まぁ、お姉はんの言葉には納得しはるけど、こんな女の子捕まえて獣はちょっと酷くない?
自分でも花では無いのは分かっとるけども、獣言われたら流石にショックもあるし
── あーでも、お姉はんみたいな綺麗な人に仔猫ちゃんとか言われたらドキッとしはるかも……

あっ、ごめんな、うちばっか喋って── えっと
文月って言います、和泉 文月──


203 ◆KWGiwP6EW2 :2018/05/26(土) 19:34:26 ID:WMHqDivw0
>>201
【アクセル全開のテンション。とても真似出来るようなものではない】
【機関銃のように放たれるような言葉には圧倒される一方で、その内容を吟味するだけで精一杯だった】
【でも自分には直視し難い……自然と泳いだ目は合わずに、逸らされ、落ち着いた】

あ、忍術は能力じゃないんだ……でも、そっか、そんな強い能力なら心配要らないかもだけど。
鵺さんこそ、…その、女の子なんだから無茶しないようにね。
あなたみたいな子ならきっと泣いちゃうヒト、いっぱいいるよ。

【その自信たっぷりな様子もきっとブラフではないのだろう】
【だからきっと余計な心配に違いないが、するだけならタダだし】
【自分の手を包む体温と、初対面にも関わらず満面に善意をぶつけられているのが、訳もなく申し訳ない気持ちになる】

これ聞いてそーいう反応したのあなたが初めてよ。
大体噴き出すか、ヤバいもの見る目になるか、二択だったんだけど。
……忍者業界だと、良くいるのかな?正義の人。
えーと、忍者の職場ってどこだ?偉い人のお城とか忍者の里とか……?

【正義が大好きだ、と言うあなたの言葉には苦笑いのようなものを向ける】
【こんな真っ直ぐな子が在籍しているのなら、忍者の居場所とやらもそんな悪い場所ではないと思いたい】

ふーちゃんってひょっとして私のことか?
ケガは……気を付けるよ。嫁に行く予定とかはあんまりないけど。
それに美人とかは……褒めてくれるのは嬉しいけど、ちょい、恥ずかしいな。

【背景に花でも咲きそうな目の前の可憐な少女と比べられると、何とも気後れする】
【地味で、陰気臭い自覚は有ったから】
【男の趣味には敏くないけど、きっと鵺さんはモテるんだろうな、と漠然と思っていた】

【――閑話休題】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


204兼愛 信生(けんあい のぶき) ◆xgsUYuhzWc :2018/05/26(土) 20:37:51 ID:Lxd3YeZA0
>>198

【──ポップ君はその問いかけに、胴体ごとやや傾いていて彼を見ていた】
【モニターの星が、まばたきするように点滅。どうやら逡巡しているらしく】

【〝( PERMISSION )〟】

【〝許容〟、と彼は述べた。ある程度の狭量ではなく、相手を受け止める懐の大きさが無いからだと】
【それは、あくまでポップ君自身が辿り着いた結論のため、例えば他のロボットはどうなのか】

【──賀茂と龍鬼は、優しい。彼ら自身が否定したとしても。──あなたたちは相手がどう考え、何を求めたとしても、】
【それをある程度、まずは立ち止まって〝きちんと聞いてくれる〟。それだけで本来は】
【〝誰にだって出来ること〟じゃあないのだ。もちろん、この女性が一回り変だったのはともかく、】
【己の時間を割いてでも、〝一度聞いてあげる〟。──それは、この世界で、ごく限られた人の出来ること】

【賀茂は慈悲を持って話を聞き、会話の中から信生の人柄を見出していた】
【龍鬼はそんな賀茂にずっと付いていて、色々なものに興味を持ち問いかけた】
【広い視野を持つ二人だからこそ、出来たこと】

うむ、ありがとう、……ワタシも、そこは重々承知はしているからな。
悪いやつは、スキだがスキじゃない。
ワタシのロボットプロジェクトの妨げにもなる。
ワタシも出来る限り、そういう存在とは戦いたいと思ってはいるし──。

否。でも、二人も気をつけるのだぞ!
ソウジさんは式神を使うのだ、こう、かっこよく勝つかもしれんが、
勝てないと分かったらすぐに逃げても良いのだからな!

リュウキちゃんは戦えぬのならすぐに逃げるように!──ワタシを呼んでもいいのだぞ!
例え風呂に入っていても、ハダカで家から飛び出してやる!
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


205白桜 ◆D2zUq282Mc :2018/05/27(日) 00:04:14 ID:JY1GydDk0
>>200


―――……うそつき。少し刺激が強いだなんて、そんな事……思ってないくせに。
そして、……意地悪。いじわる。解った上で人の悪い笑顔を浮かべてる。

これを…いじわると言わず何て言う。……私には"少々"刺激が強いと言うのも。
――…文月さんと、同じ気持ちだと言うのも……認める。認めるけど、……何だか、悔しい…です。


【ぎゃふんと言わせてやりたい。先程からずっと文月に主導権を握られて】
【お互いの親愛に起因するからかいの笑みと言葉を向けられて――少しだけ芽生える悔しさ】
【尤も。嬉しさと愛おしさが悔しさを遥かに上回っているけれど。それでも少しでも悔しそうな顔をさせたい】

【この時、白桜の大人びた雰囲気は何処かへ消え去って。少女と呼ぶに相応しい振る舞いへと変わる】
【不敵な笑みを浮かべる文月を、やや涙目気味の白桜が抗議交じりに柔らかく睨もうとした矢先――】

【白桜の瞳に映ったのは、情景と憧憬を見遣る黒曜石色の瞳であった】
【芸術と呼ばれる絵画の様に、目を奪われる程の淡さと儚さを滲ませる文月の姿に息を呑む】
【彼女の見遣る情景と憧憬その他諸々に、言葉を挟めない。高天原よりも高い敷居が存在する様な錯覚を抱いた】


―――……なら。私を妹の様に思うのなら。文月さんが……"お姉はん"してあげられる位に。
……甘える。思う存分……甘える。心の赴く儘に………甘える。――文月、…お姉はん。


【苦心して選んだ言葉には、悔しさが薄く滲んでいた。此処では無い何処かを見つめている事に対して】
【苦心して紡いだ言葉は、手探り。手探りの結果、拙い言葉を選ぶのだった――真摯な眼差しを携えて】


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 イベント運営スレ3 (Res:720)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1名無しさん :2014/05/13(火) 23:11:56 ID:Jfel1XAU0
イベントの募集・話し合いなどを行うスレッドです。
提案は舞台裏、詳しい内容等の話し合い等は、舞台裏の邪魔をしないよう、
こちらを利用するよう協力お願いします。

イベントに限らず、広い目的に御使用下さい。


前スレ
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14029/1366454859/

711厳島の中 ◆zlCN2ONzFo :2018/05/19(土) 12:28:34 ID:6.kk0qdE0
>>687
厳島命で内部でお願いします!


712名無しさん :2018/05/19(土) 12:30:44 ID:5IU2Z0w.0
>>711
はーい! 了解ですー!


713 ◆wEoK9CQdXQ :2018/05/19(土) 13:50:44 ID:WMKVN7Q20
>>687
またしてもギリギリになっちゃいましたが、まだ大丈夫なら〝The Slasher〟で参加希望しますっ

ドラマチックなのが好き→内部側、
でもあんまり縁があったりはしない…(前回イベくらい?)→戦闘側 っていう感じに選ぶ理由がある状態なので、よさそうな方に振り分けていただければッ……!


714 ◆wEoK9CQdXQ :2018/05/19(土) 13:56:52 ID:WMKVN7Q20
>余談ではあるが、能力者達がレッド・ヘリングを倒せた大きな要素の一つが、この子供達であった。

無駄じゃなかったんだ…って、何か嬉しくなりました。
何かとハードモードになる自キャラで希望は出しつつ、こんにちはっ


715 ◆wEoK9CQdXQ :2018/05/19(土) 13:57:22 ID:WMKVN7Q20
ご、誤爆…誤爆ですっ


716名無しさん :2018/05/19(土) 13:59:40 ID:5IU2Z0w.0
>>713
ホントギリギリさんですね! 大丈夫です了解ですー!


717 ◆zuR4sSM1aA :2018/05/24(木) 00:43:44 ID:0jLFl.bY0
【イベント】『THE WRATH OF WORM』 ~ 第一節『INSTITUTE MELTING PROTOCOL』

【ストーリー】
アルターリ第一安息地は完成し、人理世界における蟲の拠点は完成した。
戦備も進み、“蟲の神”による知慧と神託も与えられた今──。
ワームシンガーは神から賜った戦士「ドク」を従えて、水の国の研究都市「セラフ」を急襲した。
夥しい数の異形に対し自警団や水の国軍は果敢にも応戦するが、その数に押されて数時間で壊滅してしまう。
街に居た人々は蟲によって攫われるか喰われるかし、街の殆どが蟲に占領されてしまった。
しかしながら、一つだけ抵抗を続けていた組織があった。「セラフ研究施設」である。
「人類の英知を育む工房」として名を知られていた其処には、大規模な魔力リアクターがあった。
人類の英知を育むためのリアクターを蟲に奪われてはなるまいと、未だに戦線を張り続けて抵抗を続けていた。
徐々に戦線が押されて来たために、セラフ研究施設は水の国軍を通して救援の依頼を出したのである。
その魔力が蟲の贄にされるが先か、人類の英知を守り切るが先か────。
その未来は、作戦に参加した英雄たちに託されることとなった。

【概要】
蟲の軍勢が研究都市セラフを急襲、その殆どを占領しました。そんな中、大規模な魔力リアクターを有するセラフ研究施設で戦闘が発生しています。
抵抗を続ける『施設側』と攻勢をかける『蟲側』に分かれて行う戦闘イベントです。
それぞれの陣営による一対多、もしくは一対複数の戦闘を想定しています。

(目的)
施設側:魔力リアクターを防衛し、蟲の侵攻を阻止する。
    共に戦闘する仲間と協力し、施設に攻勢を掛ける蟲の全てを殲滅せよ。
蟲側:魔力リアクターを接収し、■■■へと贄を捧げる時間を作れ。
   その間施設側の人間を足止めし、リアクターへと近づけさせるな。

【開催日時】
以下のサイトで日程調整を行います。
日時を確認の上、参加キャラクター名で日程の提示を宜しくおねがいします。
ttps://chouseisan.com/s?h=e0b638f215d44c97849272e3a4ca95d8
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


718厳島の中 ◆zlCN2ONzFo :2018/05/24(木) 01:01:32 ID:6.kk0qdE0
>>717
那須翔子で参加希望です!場合によっては施設側同時でも参加可能です


719 ◆qijkYF5k5g :2018/05/24(木) 08:16:21 ID:/xWzuiOE0
>>717
リオシア・ステロヴァニエ、施設側で参加希望します。よろしくおねがいします


720 ◆zuR4sSM1aA :2018/05/26(土) 01:08:32 ID:0jLFl.bY0
参加日時を書いてない大ファンブルをやらかしたので、追記しておきます……
・6/2(土) 14:00~
・6/3(日) 14:00~
・6/9(土) 14:00~
・6/10(日) 14:00~


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 【夢か】SSスレ【幻か】 (Res:451)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1名無しさん :2011/12/28(水) 20:11:08 ID:N1YE.l9Q0
ここは能力者スレ避難所、SSスレです。
基本的には能力者スレに出てきたキャラに関係したりするSSのみの投稿でお願いします。
別の人が動かしているキャラを登場させる場合は、本人の許可をとってから登場させるようにしましょう。

次スレは>>950が立ててください。

442第○○話『深蒼海流』daijirou1021016 :2018/05/17(木) 20:13:30 ID:6.kk0qdE0

【――櫻国静ヶ﨑鎮守府】

【光差し込む士官会議室】
【だが、午後の穏やかな空気とは裏腹に、室内は重い空気に満ちていた】
【じっとりと肌に纏わりつくような嫌な空気だ】
【初夏の爽やかさも、空気の匂いも、味も、ここには一縷も存在せず】
【階級章や飾緒から、将官以上の士官が一堂に会して居る事が解るが、誰も一言も発しようとはしない】

「海軍病院からの打電です」

【その中で、ようやくと、聞こえる発言の声】
【声の主は、一際若く見える男性】
【階級章は、大将を示している、若くしてこの階級は断じて只物では在り得ない】

「……病床に臥せられています、土御門晴峰司令長官の病状は思わしくなく」
「現状での復職は難しい物と判断、これにより大本営より、司令長官の予備役編入」
「そして、新しく司令長官の選抜が行われています」

【蘆屋道賢、先だってより病床に臥せっている土御門晴峰の代行として魔導海軍を取りまとめているが】
【この度、その年齢もあってか早期復帰は難しいと判断、新たな司令長官を選抜する旨が達せられた】
【ここで詳しく、魔導海軍の勢力図を教えよう】
【先ず、その性質上、魔導海軍には魔術サイドと軍事サイドの両陣営が犇めいている】
【先の司令長官土御門晴峰は魔術サイドの大家、桜桃の陰陽家の事実上のトップに君臨する人物だ】
【故に、各名家朝廷からの信頼も非常に厚い自分であり、また本人も老齢乍ら柔軟な思考と人望により確固たる地位を築いている】
【現状話を進めている、蘆屋道賢もまた、魔術サイドの家柄であり、ことらも桜桃の陰陽師の出だ】
【若くして将官まで上り詰めた手腕と頭脳、鬼才神童の呼び名を欲しい侭としている】
【無論、これに加えて軍事派閥も多く存在しており、決して一枚岩とは言えない状況だ】

「最も、皆様ご理解の事と思われますが、現状海軍を取り纏めているのはこの私、大本営の結論等、もはや聞くまでも無いのでしょうが……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


443第○○話『ドリフターズ』 ◆zlCN2ONzFo :2018/05/23(水) 13:59:33 ID:6.kk0qdE0
「何という事だ!!」

【この日、櫻国魔導海軍静ヶ﨑鎮守府の司令長官室からは、怒号が響いていた】
【先だって、正式に魔導海軍司令長官に就任した、蘆屋道賢海軍大将は】
【その冷たい瞳と、怜悧で端正な顔立ちを歪め、怒りの形相で報告に来ていた下級士官を怒鳴りつけた】

「アレが無ければ『未来』は起動しない!!解っているのか!?これはあってはならない、在ってはならない事態なのだ!!」

【口元を血が出る程に噛みしめ、前方の下級士官を睨みつけている】
【口をパクパクとするだけで、下級士官は答えに窮していた】

「し、しかし、最早主力艦隊も『大和』すら提督殿の手の内、櫻の国の海は提督の物でありますれば……」
「それには何の意味も無い!!!!」

【一際大きな怒号が飛ぶ】

「最悪『黒幕』方への最初の献上の品は『大和』と『人員』のみとし、『未来』は船体と技術のみを目録として手渡す……」
「何としても、何としてもアレを探し出すんだ!!!!!早く、一刻も早くだ!!!!」


【静ヶ﨑、海軍第三工廟】

「技術長、なんで俺らまで拘束なんスかね?」
「知るか、だが、きな臭ぇのは確かだ、色んな意味でな」

【第三工廟には武装した海兵が取り囲み、ドッグに存在する建造中の巡洋艦と技術者、工員を囲んでいる】
【場には、緊迫の空気が漂い】
【各員はそれぞれの面持で、不安を隠せないでいた】
【そして、工廟の最奥から運び出されたのは、大量の書類と】
【そして人間一人分は入るであろう、破損したガラスケース】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


444Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 1/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:32:49 ID:ZCHlt7mo0
――――レイド、イマミレイ、銀鶏、フィリン……どこにいる!?

焦りが胸を突き上げる。もはや事態は致命的な局面を迎えつつある。ひたすら前へと進む足は、止まる事も緩む事も許してくれそうもない。
失われた、左目の奥が、キリキリと痛むような気がした。

――――ラギデュース、アストラ、ラベンダァイス、ヴァルター!! 気が付け……早く、早く気が付けッ!!

今ここにはいない、どこにいるのかも分からない仲間たちに、走りながら必死で警句を叫ぶ。『それ』はもう、容赦なく自分たちを襲おうとしているのだ。
一刻の猶予もない暗闇の中、それに気づいているのは自分だけ――――だからこそ、走り、仲間たちを招集しなければならない。
背後から迫る闇が、なおも膨れ上がるような気がした。振り返りたい衝動を振り切るようにして、ひたすらに走る――――後は是か非か、それだけだ。

――――敵は俺たちを、待ってはくれないぞ! もう、もう時間はない……!

変化は急に、そして当たり前のようにそっけなく訪れた。背後から撃ち込まれた火炎弾が、その身体を吹き飛ばす。つんのめるようにして倒れ込み、土の味を味わう。
背後を振り返った先に――――見えたのは、1つの『絶望』だった。

――――カノッサ機関、蜂の軍勢、そして得体の知れないディストピア信奉者たち。
みんな一様に、侮蔑の嘲笑を浮かべながら、それぞれに武器を向けてくる。足元には――――仲間たちの、亡骸。すでに、全ては終わった後だった。
闇から、光が迸る。全てに終止符を打つ、破滅の光が――――――――。



「――――ッッッ」

いつの間にかまどろんでしまっていたワーキャットは、弾かれたように顔を上げた。穏やかな喧騒と笑い声、そして食器のなる音が、場に満ちている。
どうやら今は、何事もなく時間を流していた様で――――居眠りという失敗も、どうやらそれ以上の大事にはならなかった様だ。

――――ダイニングバー『Crystal Labyrinth』。
ホールとカウンターの隣接した、少しガラが悪い大衆店は、今日も賑わいを見せていた。居酒屋ノリそのままの客も、レストランとして利用する客も、そしてオーセンティックに酒をたしなむ客も、ここでは受け入れる。
ルールはただ1つ――――この用心棒、アーディンの目に余る行為をしない事、それだけだ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


445Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 2/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:33:33 ID:ZCHlt7mo0
(――――思えば、時代も移り変わってしまった……奴ら、今は野垂れ死んでいるんだろうか……)

店内の喧騒を振り返りながら、ふとアーディンは先ほどの夢を思い出す。今まで、自分を頼ってきた、そして頼りにしていた仲間たちは多い。
だが、時の流れと共に、彼らとの関わりも水の様に流れて行ってしまった。店の看板さえ、掛け変わってしまって――――。
変わらないのはただ、この店の中の喧騒だけだ。そしてそれを、いつも自分は見守り、そして実力行使で守ってきた。

(昔を思い出す、か――――そいつは頼もしい昔話だ……)

夢の世界から現実へと帰ってきたアーディンだが、その頭の中は、まだ過去をさまよっていた。どうやら、寝起きの不安定な頭は、思っていたよりも切り替え切れていなかったらしい――――。



「――――アーディン、荷物の運び込み終わったぞ。これから、見回りに行ってくる……」
「あぁ、それが済んだら、控室のシャワーでも浴びて帰っていい。すまんな、ラギデュース」

――――まだ前のオーナーの元、店の名前も『八福尽星』だった頃、アーディンはさほど今と変わらない生活をしていた。
違う事と言えば、今よりも店の客層がガラの悪いものだった事、そして――――周りにいる、仲間たちの顔ぶれだ。
赤くツンツンした短髪に、くたびれたコートを着込んだ青年を見送りながら、アーディンはなおもカウンターに陣取っていた。
店内を一望できるこの場所は、いわば特等席なのだ。そしてその隣に座るのは、いつも――――特別な意味を持つ人間たちだった。

「旦那、いるかしら?」
≪お久しぶりっす、アーディンさん!≫
「ん……おぉ、確かに久しぶりだ。レイド、ジェム……今日はどうした、魔玉の持ち込みか?」

店内、そして周辺の界隈で、既に恐怖と共に名の知れた存在となっていたアーディンの隣に、遠慮なく腰を下ろす女がいた。
赤のジャケットをしゃんと着こなした、青い長髪が印象的な高校生程度の少女、そしてその連れている、青い炎で覆われた、デフォルメされた頭蓋骨の様な使い魔。
主に手製のマジックアイテムを換金に訪れるお得意様、レイドとジェムだ。酒場には似つかわしくない姿だが、その所作は颯爽としていて大人びている。思ったほどには浮いていなかった。

「えぇ、『火炎玉』が5つ、『暴風玉』と『突風玉』が3つ、あと、上手い事に『電撃玉』が1つだけ作れたの。どう、買いだと思うけど?」
「なるほどな……いいだろう。65,000出そう。いつも助かっているぞ……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


446Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 3/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:34:09 ID:ZCHlt7mo0
「――――あら、あの子……可愛いじゃない。知ってる子?」
「ん? ……いや、初めて見る顔だな。…………まさかレイド」
「ジェム……あんたは今日は適当に時間潰してなさい。言っとくけど、勝手に顔を出したら、エルボーじゃすまないわよ……?」
≪ま、またっすか姉貴……はぁ、程ほどにしてくださいよ、全く……≫

どうやら、カウンターにいる1人の少女を目にとめたらしく、レイドの表情が変わる。
――――ガラの悪い服と赤い短髪、そして派手な化粧と服飾。一目でわかる不良少女だ。何かあったのか、悲しげな表情でビールを傾け、慣れない調子で飲んでいる。
得てして、そうした振る舞いやこの場所は、逃げ込むための場所として機能するものなのだが――――レイドはどうやら、悪い病気を発症したらしい。
テーブルを立つと、つかつかとその少女の元へと歩み寄っていった。睨みあげられる視線を、そよ風の様に受け流して。

「――――そんな下手な飲み方してないで、ちょっとあたしに付き合いなさい。なんか今日は、誰かと一緒に居たい気分なの」
「あぁ? 失せろ……オレは今気が立ってるんだ、余計な真似をすると――――ッ!」

ジョッキを手放し、少女はまっすぐにパンチを放つ。顔面を狙ったそれは、中々に打ち込み慣れた鋭い打撃で。
しかし――――レイドはそれを、右手で逸らし、左手で抑え込む。そしてぐっと顔を近づけると――――少女の唇に、無理やりに自分の唇を重ねた。

「んぅッ――――!?」

完全に虚を突かれ、驚愕に目を見開く少女。咄嗟に身を退こうとするその所作を、頭の後ろに回した右手で制して、レイドは緩やかに、ゆっくりと深いキスへと持ち込んでいく。
10秒ほどの静止の後、2人の少女の唇は離れた。はぁっ――――と、満足げなため息が、レイドの口から漏れ出る。

「な、ぁ……ぁ……!?」
「っふふ……案外、悪いものでもないでしょ? さぁ、そんな下手な突っ張り方してないで……来てよ。なんだかあたし、今日はたまんないの……!」

ショックのあまり――――なのだろう。完全に目を白黒させている少女に、レイドは勝気な微笑みを浮かべ、我を見失っている少女の身体を引き寄せた。
そうして、いつの間にか保持していた2枚の会計伝票を手に、出口へと歩いていく。その騒動に気づけた客は、ごくわずかだった。

「――――アレさえなければ、な……」
≪俺がもっとしっかりしてれば……姉貴、歪みすぎっすよ……あぁ、何やってるんっすかね俺……≫
「……あまり、一時的な温もりに身を任せるのは、良い事じゃないんだが――――はぁ、後であの少女に、フォローを入れておかなければならんか……?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


447Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 4/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:34:47 ID:ZCHlt7mo0
「まぁ良いさ。確かにこれは、ルティンの奴の為に用意した訳で……ほれ旦那。『赤』と『青』、4本ずつ持ってきたぜ? 値段は1本で10,000だ!」
「……相変わらずだな。まぁ良いだろう。物の確かさは折り紙付きだ。さて……少し仕舞ってくる。待っていてくれ……」

どこから取り出したのか、イマミレイは赤い液体と青い液体で満たされた丸底フラスコを、ゴロゴロと取り出してアーディンに押し付けるように渡す。
苦笑しせりのアーディンは、それを店の奥へとしまい込み、代金の封筒を差し出した。

「で、お前……元の身体に戻るアテはついたのか? ……いつまでも、女の身体では居たくないんだろう?」
「あぁ……さっぱりだぜ。なんだかなぁ……嫌なんだ、自分が自分じゃないみたいで……まぁ、そういう危ない事をやらかしたのは、俺の方なんだけどよ……」

やはり、品の受け渡しの後の、軽い雑談――――だが、イマミレイとのそれは、また違った特別な意味のあるものだった。
やや小柄で、銀の長髪の映える、愛くるしい見かけの少女だが――――実は、魔術の失敗で肉体が変容してしまった『少年』であり、つまりは『男』なのである。
ただでさえ、そんな歪な肉体でいる事は、ストレスのたまる事で。その『事情』を知ったうえで、心許せる会話ができるアーディンは、貴重な話し相手だったのである。

「ってか――――さっきのあの女なんだよ。女なのに、明らかに女に手を出そうとしてたじゃねぇか……!」
「相変わらずだな……そういうのは、やはり嫌いかお前は……まぁ、分からんでもないが」
「ったく、愛だの恋だの反吐が出るってんだ! 所詮性欲と虚栄心と自己保存欲求を、都合よく言い換えただけの話だろうが!
 ……女の身体でいるせいで、同じ男にスケベ心丸出しの調子で声をかけられる、俺の身にもなってくれよ旦那……!」
「いや、俺は御免だがな……だが、そんなにも『愛』は信じられんか……?」
「あぁ嫌だね。聞きたくもない。そんなもののせいで、母さんは振り回されて死んじまったんだ。おまけに女は女で、つまらねぇ物差しで男の品評会…………世界中にぶちまけてやりたいよ、俺の『性愛滅却薬』……!」

流石に彼女は酒は嗜まない。だがその代わりというべき勢いで、苛立ちは言葉となって次々とアーディンへとぶつけられる。
人の精神から熱愛を奪い去る自作の魔法薬を、苛立たし気にチャポチャポと鳴らしていた。アーディンのそばは、そうした不満を口にできる数少ない機会だったのだ。

「……まぁお前に、人の愛というのも悪いものじゃないっていうのは、野暮というものか……だが、あまり人をとやかく言うものじゃないぞ……」
「……あぁ、それくらいの分別は俺にもあるよ。でも、あまり黙ってるのも癪で――――」
「愛というのは、2人の間で『育まれる』ものだ……そこはもう、外野がとやかく言うもんじゃないぞ。もしも過ちなら、自分たちから離れていくだろう……それがこじれた時、初めてお前は口を出してやればいい
 お前の役目というのは、そういうものなんじゃないのか? ……そういうのが、お前の母さんに一番必要なものだったんじゃないのか?」
「あ、あぁ……すまねぇ旦那。なんか……そうだな、言う通りだと思うよ。当人たちが好き合ってるなら、別に言う事じゃないんだよな……」

イマミレイの激昂に、アーディンは静かに諫めの言葉を口にする。これもいつもの事だった。父親に裏切られたイマミレイにとっては、アーディンは正に父親代わりだったのだろう。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


448Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 5/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:35:24 ID:ZCHlt7mo0
「――――旦那、レイドを、レイドを助けてくれ!」
「っ、お前……アストラか、レイドの言っていた兄の……!」
「あぁそうだ。俺たちゃ狙われてるんだ、父親から……そして妹のクローンから!」
「……話は大体、お前の使い魔から聞いている。とにかく、レイドを奥の控えのベッドに……!」
"すまない、恩に着る、アーディンさん……!"

――――完全な『裏』の出来事では、流石に酒場を巻き込む訳にもいかない。時折あるそうした事態では、もはや日常とはかけ離れたところに営みは置かれていた。
その日、裏口から飛び込んできたのは、レイドと敵対していた兄の、アストラ――――短く刈り上げた髪に、左目の周りの古い火傷の跡が目立つ、不吉な気配を湛えた男だった。
その男が――――レイドを背負って踏み込んでくる。背中のレイドはぐったりとしており、おろおろとジェムが漂っていた。

「レイド……大丈夫か?」
「うぅ、旦那……助け、ないと……昴を、助けないと……っ」
「胸をレーザーで打ち抜かれたのだろう、まずは体を休めるんだ!」
≪姉貴……そうっすよ。その傷、治らなきゃ……姉貴は戦えないんっす! 身を守ることだって!≫

レイドの顔は青白く、ぐったりとしていた。一応の手当てはされているようだったが、発汗がひどく、呼吸が浅い。
ともあれ、控室に用意していた仮眠スペースに、レイドを横たえさせるアーディン一行。非常事態である以上、まずはこうするしかなかった。

「……ようやく『卵』を破壊する当てが出来たというのに、父親の手勢から狙われるとは……不運だったな、お前たち……」
「ったくだ……やっと、やっと俺たちゃ、リイロの事で……また、兄妹に戻れたってのによぉ……父上は、なんでこんな真似を……リイロの、クローン兵士なんて……!」
"……我々は、あまりに身内で争い過ぎたのかもしれない……全ては、遅きに失してしまった。当主も、リイロも……みんなだ、我が主よ……"

――――後に、カノッサ機関と組んで、一時世間を騒がせた『暴蜂』の萌芽だった。その最初の矛先となったのは、あろう事か、実の子供たちであるレイドたち。
アストラの袖から顔を覗かせる、蛇の姿をした使い魔、ダハルの言葉は、彼らの家庭が修復不可能な罅に覆われてしまった事を、これ以上なく示していた。
絶望的な状況の中、彼らは間一髪のところでアーディンの元を頼り、そして落ち延びてきたのだ。

「しかし……流石にそんな軍勢相手となると、いつまでも匿ってばかりもいられないぞ……。流石に、俺の手にも余る事だ」
「わ……分かってるわ、旦那……いよいよと、なったら、Justiceを、頼る、つもり……」
「けど、それでJusticeに迷惑かけたら、とんでもねぇ事になっちまうからよ……悪いが、これでしばらく……」
「……まぁ、事情が事情だから金の多寡は、多少目を瞑ってやるが……アテは、用意しておけよ。これは明確な、組織の守りが必要だ……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


449Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 6/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:35:54 ID:ZCHlt7mo0
「……『八福尽星』を手放す? 何故だ、マスター……」

左目に包帯を厳重に巻き付けた面容で、アーディンは店のマスターと面談していた。
額に皺の寄った、つるりと禿げ上がった頭に口ひげ、そして全てを見抜くと言わんばかりの、眼窩の深く鋭い目――――痩せた壮年の男は、閉店後で人気のないカウンターで、アーディンと相対する。

「いや、なに……深い意味はない。ただわしもそろそろ、ゆっくりしようと思っただけなのさ……」
「……枯れるには、まだ早いと思うのだが。この店は、どうなるのだ?」
「心配はいらんさ……若いが腕が立ち、意欲もある、そんな女がこの店の地所と権利を欲しいと言ってきてな……
 お前さんたちの事も、みんなまとめて引き受けてくれるそうだ。看板は掛け変わり、少しばかり空気も変わるだろうが……特に変わりはせんよ」
「そうか……決めたのだな、マスター」

――――この店には、色々な事があった。粗忽な荒くれ者の乗り込みなど、何度も経験した事だし、時には機関の議員が――――2度も襲撃を掛けてきたりした。
そのたびに、アーディンは負傷し、そして店を守り――――そしてこの店は、また人々に酒と、つかの間の休息を提供する。時に密やかな取引を内包して。
その移ろいの中で、恐らくマスターは、疲れてしまったのだろう。考えてみれば、このバーテンダーを務めるマスターも、良い年なのだ。

「……アーディン、わしが言うのは僭越かもしれんが。お前さんも、そろそろ自分の人生を見直してみても良いんじゃあないか?」
「ッ……随分と唐突だな。どういう事か?」
「その左目を失って、何を言っているか……お前さんも、随分と疲れてしまっている。責任を感じておるんだろう、あの子たちの力になり切れなかった事……」
「……」

勿論――――アーディンの活動を、一番そばで見守り続けてきたのは、雇い主でもあるこの男なのだ。
彼は知っていた。レイドが人としての両腕を失い、アストラが両足を失って心砕けて廃人と化し、イマミレイは『卵』を喰らって行方不明。そして最後に残ったリイロを守るためにと、その左目を失ったことを。
更に、一時期縁のあったラギデュースの拾い子であるラベンダァイスは、傷心のまま姿を消してしまった。果たせなかった仕事は、そのまま後悔となっていたのだ。

「所詮人間なんて、みんな同じだ。だからそんな人生から、一時的にでも目を逸らすために、こうした場所に酒を求めてやってくる……
 だが、お前さんのそれはもう、たかが酒の力でどうこうできる程度の後悔じゃない……そのまま、『仕置きの猫又』を続けていたら、お前さん、潰れるぞ?」
「……今更別の生き方など」
「そう言い続けて、嫁さんの死に目にも会えず、娘さんには逃げられてしまったんじゃないか……逃げたところで、後悔はついて回る
 だが、逃げずに向き合ったって、もう無駄だ。それは清算などできはしない。そして――――それは膨らみ、お前さんを引きずり回す事になる……」
「……それでもだ。俺は所詮死ぬまで『仕置きの猫又』だ。下積み時代に面白半分で裂かれたこの尾は、もはや俺の誇りなんだ……
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


450Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 7/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:36:29 ID:ZCHlt7mo0
「――――そうやって、あなたからゆっくりと話を聞くのも、思えば初めてね、アーディン」
「…………」

気が付けば、その追憶はついつい口に出てきたようだ。マスターは――――今のマスターは、どこか遠い目をした笑顔で、それに聞き入っていた。
今日も今日とて『Crystal Labyrinth』は繁盛している。『八福尽星』だった頃より、少しだけ明るくなった雰囲気、あからさまに未成年と思しき客層の減った顔ぶれ。だが――――その光景は、あの頃とほとんど変わらない。

「……でも、どうやらあなたは変わっていないようね。今だって、あんな子たちに慕われてるんだもの」

かるく顎でテーブルを示すマスター。微笑ましく見守るその視線の先には――――時にアーディンの隣に腰を下ろす事になる、特別な顔ぶれがあった

「……すみません、ピンク・ジンを一つ」
「またきついの飲むんだー……あたしはミード、無ければカルーアミルクね!」
「……ローストの焼き串……そうだな、4人前貰おう。それくらいじゃなきゃ腹は満ちない……」
「おぅ、俺はスタウト1パイント!」
「……手前はフレッシュサンドイッチを頂くよ。酒は……今日は結構」

あの時の様な、切実な事情を抱えたわけではないが、逆に言うならば……まだ気軽に顔を出していた頃の、レイドやイマミレイの様な、そんな付き合いになっている面々たち。
何やら意気投合したようで、同じテーブルでワイワイと盛り上がっている。その異様な風体を周囲から奇異の目で見られていることなど、お構いなしといった様子だ。

「……アーディン。今日は裏取引の類は、何もなかったみたいだよ……ただ、どうやら殴り込みをかけてくるらしい集団がいたねぇ……」
「そうか……すまんなシャッテン。なら後は、俺に任せろ……」

そして、足元の影からゆっくりと這い出して来る、水色の神の青年、シャッテンの報告を受けて――――アーディンの表情が切り替わる。

「――――皆さん、聞いてくれ! どうやら厄介事がこの店に向かってきているようだ。悪いがしばらくの間、このホールから離れないようにお願いしたい!」
「なんだなんだ、また親分さんに殴り込み掛けようって無茶な奴が出たのか?」
「マスター、そういう訳だ。悪いんだが、俺のポケットマネーから、客たちに何か振舞ってやってくれ……!」
「しょうがないわね……あまり店を傷つけさせないでよ。――――皆さん、聞いた通りです! ここはこの店の用心棒が引き受けますので、店のおごりで少し、時間を下さいな……!」

表情を切り替え、手の甲から爪を剥き出し、アーディンは店の正面入り口前へと向かう。不可侵領域と化したこの周辺の利権を食い荒らそうという、浅はかな連中は時折現れるのだ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


451Memory ~年々歳々花相似 歳々年々人不同~ 8/8 ◆auPC5auEAk :2018/05/24(木) 11:36:53 ID:ZCHlt7mo0
(やるぞ、カエデ!)(うん、お父さん!!)
「……ッ」
(旦那、悪いけど黙って見ているつもりはないわよ……!)(当たり前っすよね、姉貴!)
「……!?」
(丁度良いじゃねぇか、また誰かの骨を折って、血を浴びてみたいって思ってたところなんだよ……!)(程ほどにな、我が主よ……)
「……」
(この世界一の血筋の戦い、よぉっく見ておけよ!)(マジニックの試作型の調子を確かめるに、丁度良いんじゃないかしら?)
「……お前たち」
(俺の商売邪魔すんなら、容赦はしねぇってんだよ!)(ヒーローは休息中だ……生身で割り込むけど、頼んだぜ旦那?)

ふと、そんな声が聞こえてきた気がする。アーディンは思わず中空を凝視する。
――――見えた気がした。ラベンダー色の髪の少女を伴った、赤い短髪の男を。青い炎を纏った骸骨を伴った、赤いジャケットの少女を。
袖口から蛇を覗かせる、血まみれのハンマーを手にした男を。『東』とでかでかと背に書かれた、白いコートを着込んだ青年を。
白衣に丸眼鏡で、いつもごつい機械の手甲をはめていた女を。銀髪に、金の悪魔の冠と赤と青のリバーシブルマントを着用した少女を。そしてサングラスの金髪男を。

――――時は移ろい、人は変わった。だがこの店と、そこに染みついた時間は――――変わらないのだ。
変わらないのは、この店の中の喧騒だけだけではない。そしてそれを、いつも自分は見守り、そして実力行使でこれからも守っていく。
荒事の前だというのに、この時のアーディンはなぜか、懐かしい感慨で胸が暖かくなっていた。

「――――おらぁ、一気にぶち殺せぇ! ――――な、ッ……!?」
「出来るなら……やってみるがいい。今日は珍しく、ほぼフルメンバーの状態にあった……歓迎してやるぞ、盛大にな――――ッ!!」

乗り込んできた黒塗りの車から、わらわらとギャングの類が下りてくる。だが、すぐにその表情は凍り付くことになる。
爪が閃き、牙が剥かれる――――今日こそ、『仕置きの猫又』の、最大の力が発揮される日だったのだろう。彼らの運命は、この瞬間、既に決まっていた――――。



「……そういやお前、見なかったか?」
「何を?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 掲示板管理についての連絡・報告スレ (Res:151)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1管理人★ :2011/11/16(水) 21:43:15 ID:???0
掲示板管理に伴う連絡事項などを書き込むスレです
意見・要望などもこちらにお願いします

142管理人★ :2015/12/24(木) 21:55:50 ID:???0
>>141
書き込みの規制は行いましたが、この場合、IP開示にどれだけの意味があるのかと、疑問に感じます
今のところ、ここ以外でその情報を必要とする様な場所がありません
他の企画などと、迷惑PLの情報を共有すると言うなら話は別ですが

とりあえず現状は、書き込みの禁止のみに留めておきます



それと、今一度お願いしたい事ですが
何らかの要望を寄せる場合には、sageない様にお願いします
見落としたままになる可能性がありますので……


143管理人★ :2016/02/19(金) 22:14:48 ID:???0
「【闇に消える火の粉よ】舞台裏の酒場【美しきもの達よ】」スレの>>162
ローカルルール違反の内容のため、削除しました


144 ◆/Pbzx9FKd2 :2016/05/01(日) 22:08:58 ID:l1o275OQ0
管理人の方へ 諸事情によりSSスレの>>277-283の書き込みを削除していただきたく思います
お手数ですがよろしくお願いします


145管理人★ :2016/05/04(水) 22:06:16 ID:???0
>>144
対応しました


146管理人★ :2016/08/23(火) 23:22:21 ID:???0
「【闇に消える火の粉よ】舞台裏の酒場【美しきもの達よ】」スレの>>307
荒らし目的の書き込みと判断し、削除および規制を行いました


147管理人★ :2016/08/29(月) 09:31:40 ID:???0
「【闇に消える火の粉よ】舞台裏の酒場【美しきもの達よ】」スレの>>312
暴言書き込みのため、削除しました


148シャルロット ◆uUzylO8IXg :2016/10/22(土) 20:31:00 ID:6zGbLepM0
失礼します。アルケミシアと言うスレを運営しているシャルロットと言う者です。
諸事情あって管理者様宛に連絡させていただきましたのでお時間ありましたら確認していだけると幸いです。


149管理人★ :2016/11/22(火) 20:33:04 ID:???0
「議論専用スレ」の>>709
コピペ宣伝のため、書き込みを削除および規制を行いました


150管理人★ :2016/12/23(金) 19:19:07 ID:???0
「【闇に消える火の粉よ】舞台裏の酒場【美しきもの達よ】」スレの>>358
URLコピペの為、削除および規制を行いました


151管理人★ :2018/05/21(月) 13:30:13 ID:???0
「 【賛美の歌が響き】能力者スレ 置きレス用【氷の世界溶かしてく】」スレの>>80
マルチコピペによる荒らしのため、削除および規制を行いました


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 【能力者学園も】能力者スレ外伝【その他本スレで出来ないネタも】 (Res:465)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1名無しさん :2013/02/06(水) 23:54:30 ID:w6sP5Gcc0
おいっす! (´・ω・`)
よーこそ、外伝へ。
ここの生活は外伝だから、まずはゆっくりして行ってくれよな。
おう、「本スレとちょっと違った生活」なんだよ。済まん。
「学園風」とか「第七世界風」とも言うし、謝って許してもらおうとは思って無ぇ。
でも、この生活を見たとき、アンタは、きっと言葉では言い表せない
「平和」みたいなものを感じてくれたと思うんだ。
殺伐とした新世界で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、この世界を作ったんだよ。
そんじゃ、注文でも聞こうか。

次スレは>>950が立ててくれよな。

4562/3 ◆3inMmyYQUs :2018/04/25(水) 04:45:18 ID:adOSLVgQ0
>>432

【ここは昔と変わらないなとか、ああこんなものが出来たのか、あれが無くなってるとか、】
【男性という生き物の多くが先天的に患っているバカという病(不治)の発作でしょうな、】
【あっちへうろうろこっちへうろうろ、頭が風船と化したように彷徨い始めたのでございます】

【さてはてそうこうしているうちに、流れ流れて何故か高等部、】
【若さと可憐さの瑞々しい光輝を放つJK達の総本山へとやってきたのでありました】

【それが大変良くなかった】
【可能性に満ちたうら若き乙女たちを前にして、】
【男の中の『プロデューサー』としての血が騒いでしまった】

【 “こいつは何かいるかもしれないぞ” 】

【彼のイヌみたいな嗅覚が告げました】

【それでピンときた人物を見かけるや否や、】
【有り金全部突っ込んでガチャを回すかのごとく節操なく】
【手当たり次第追いかけたり声を掛けたりなど始めてしまいます】

【まあ大体においては逃げられたり途中で見失ったりして】
【幸いにして思うような釣果を上げることは出来なかったのでございますが】

【しかしそんな事案を連発しておれば事態は当然教師陣の耳にも入りまして】
【それも尾ひれや手ひれがタコ足の如くぐにゃぐにゃと生え散らかりまして】
【いつの間にか「ロリコンテロリストが学校を占拠しにきた」とかいう大事件になっておったのだからさあ大変】

【身に覚えのない殺気ばかりが満ちるのを感じて、男も流石にちょっとやべえなと思う程度の脳神経はあるようで】
【あっちへこそこそ、こっちへこそこそ、人の気配から逃れ逃れるうちに至ったのがこの屋上でありまして】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4573/3 ◆3inMmyYQUs :2018/04/25(水) 04:45:49 ID:adOSLVgQ0
>>432

【回想終わり】
【読み流したあなたは賢い】


【 来たァ────── 】

      【 ────────ッァアアイッ!!! 】


【男の内心の狂喜乱舞を描写するところから再開しましょうか】
【でも面倒なので一行ぐらいにしてさっさと次に行きましょうか】
【男はゆづきちゃんを引き当ててとても喜びましたがクールぶりましたおわり】


【 * * * 】


【──夕月の宣言を聞いて、男は獲物を見つけた猛禽のごとく口の端を吊り上げた】
【そして沈黙を破り、言い放った】


────上等だ。
貴様のあらゆる暇を叩き潰してやる。


【それは生き血の滴るような笑みで】
【その眼差しは少女の身を鎖で縛り上げんとするような圧を伴っていた】

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


458 ◆S6ROLCWdjI :2018/04/25(水) 17:37:47 ID:WMHqDivw0
>>455-477

【 いっぽうそのころ 高等部校舎、一年生の教室 】


「……ねえ白坂さん、聞いた? いま校舎内に不審者いるらしいよ、
 なんでも女子と目が合ったらすぐ寄ってきて名刺渡そうとしてくるんだって」

あはは、なんですかそれ、ポ■■ントレーナーですか。
だいたい名刺ってなんの名刺ですかそれ、スカウトみたいな……

「実際に貰った子に見せてもらったんだけどね、ぜんぜん聞いたこともない
 芸能プロダクションの名前が書いてあったよお」

えっやだ本当にスカウトなんだ。ぜったい如何わしいナニカですよねそれ。

「知らなあい。その人『アイドルプロデューサー』だって名乗ってるらしいけど……
 でも見た目はすっごく怖いんだって。まるでヤクザみたいな、スーツとサングラス姿で」

百パーセント如何わしいことやらされるやつじゃないですか!
なんで早く取り締まらないんですかねそういうの、この学園やっぱどっかおかしいですよ……

「うん、だからみんな教室から出ないようにって、ラインで回ってきたの。
 白坂さんってそういうのが回ってくるようなグループに入ってないでしょ?
 だから教えてあげようと思って」

あー、そういうことですか。わざわざありがとうございます……
……ん、それだったらもう一人、そういうグループに縁がなさそうな人がいるな……

「ああ、あの二年生の、赤い人? 白坂さん何故かあの人と仲いいよね。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


459 ◆S6ROLCWdjI :2018/04/25(水) 17:57:41 ID:WMHqDivw0
>>455-477 >>458

【風景は、屋上に戻る。――――無量大数に一が、あったのだ】
【そしてこの赤いバカはマッハの速度で大樹のてっぺんまで登っていったのである】
【ふふん、とか言いながらバカ面晒してついて行こうとして、……して、】


…………えんたく?


【こてんと首を傾げた。聞いたことのある単語】
【そりゃそうだ、今時テレビをつけたら円卓所属の芸能人が必ず一人は映っている】
【そんな時代になっている。年若い娘がそれを知らないはずがない】

【……だから、「もしかして円卓芸能と同名の会社とかあるのかな」とか】
【呑気なことを考えた。ふーんそんなのあるんだ、芸能界って奥が深いなー、みたいな】
【テキトーーーーなことしか考えない脳味噌で、さっきと同じように、スマホを取り出して】
【検索してみた。「円卓芸能」、一番上にヒットするのは当然彼女も知る超大手芸能社】

【それからいくつか検索結果ページを巡ってみた。でも、同名の会社なんてなさそう】
【検索の仕方が悪かったな、って思って――「円卓芸能 同名」で再検索】
【そうしたって円卓所属のタレントと同姓同名の誰かの情報しか出てこない】
【じゃあどうやって検索すれば出てくるだろう、と考えて――ふと】

【 「……まさかマジで円卓を打倒しようとしてるんじゃないの? マジで?」 】

【その思考に、指先が引っかかっただけでも――全身からどっと汗が噴き出してくる】
【冗談で言ってるのかな、冗談みたいな格好してる男だしな。そうも思ったけど】
【……いや本気だったらどうしよう、何をやらされるんだろう。そっちの不安の方が勝り始めた】

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


460 ◆3inMmyYQUs :2018/05/05(土) 01:57:35 ID:LevMp5MM0
>>458-459

【冷や汗流す少女の内心など露知らず、】
【男はずんずか歩みながら、何かスマホを耳に当てつつ とぅるるるる、】
【どこかへ電話をかけようとしている様子だったが、そこで夕月の言葉が耳に入って】


こうそう?
あァ、ギロッポンの高層マンションでもどこでも住まわせてやる。


【などと、もう他人の話は半分ぐらいしか耳に入っていないらしく片手間に見当違いなことを言う】

【ちなみにギロッポンシティというのはご存知あの都心のとかくハイソな街のこと】
【連日連夜、胴長の黒塗り高級車が行き交って、芸能人御用達の店がひしめくというセレブ達の魔窟】

【そんなワンダーランドにぽこぽこ建ってて、無駄にオートロックがいくつもあって無駄にだだっ広いエントランスに執事みたいなコンシェルジュが常駐してて】
【最早マンションというよりは完全会員制のホテルと呼んだ方がいくらか相応しいような、近くで見上げると首や頭や心の痛くなる、そんな人外魔境の摩天楼に】
【住みたきゃ住ませてやるなどと平気で宣うのだが、まさか未だデビューもしてないアイドルの産毛一本にそこまでお金を使える組織など】
【それこそ本当に〈円卓〉ぐらいのものであろうに、それぐらいのことはいくら純朴な夕月ちゃんでも分かるであろうに、】
【まさかそんなチャラけたホストの寝物語じみたドリームを、まさか真に受けたりなんかはまさかするはずがないだろうに】
【この男と来たらそんなことにも全く考えが及ばないのであるからしてまったくおめでたいのである】

【「あァ、俺だ、そうだ、頼む」】

【来た見た勝った、そんなテンポと意気軒昂たる様子で男は電話口の相手に呟いた】

【丁度そんなときだった、】
【──バたンッ、と勢い良く屋上の扉が開かれたのである】

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


461 ◆S6ROLCWdjI :2018/05/06(日) 00:25:42 ID:WMHqDivw0
>>460

ふうん最近のヤクザってギロッポンで抗争すんの。
ハイソになったんだネー……

【※まだなんか勘違いしてるし会話が成立していない】

【まあでもとりあえず、これから始まる仁義なき戦いへの思いを馳せつつ】
【一番最初に始まるという「レッスン」がどのようなものか――想像していた】
【歌かなダンスかな、それともいきなりお芝居とかやったりして?】
【……そういう妄想は案外楽しかったらしい、フードの下でにへにへ笑っていたけど】


【 ―――――― ばたん。 】


んン? 何の音、……、……、

【突如現れた無免許上等マンを凝視して――誰だっけこの人、見たことあるようなないような】
【とか、考えたりしていた。わりとぼーーーーっとしていた、それより妄想のほうが楽しかったし】
【「もう逃げられない」の言葉を聞いてもすぐには反応せず――数秒してから、ん? と首を傾げる】


(――――なんで生徒のあたしまで一緒になって追い詰められてるんだ?)
(……あっそういえばここ立ち入り禁止だしあたし校則違反めっちゃしてたし煙草吸ってたし)
(あれっあれっこれあたしも見つかったらヤバいヤツだな。あれ、どうしよ、あれ……)


……………………センセー助けてっ!!
あたし、このヤクザに脅されて――ここに無理矢理連れて来られてこの服装強要されて
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


462 ◆3inMmyYQUs :2018/05/06(日) 23:38:16 ID:LevMp5MM0
>>461

【すれ違いコントでも始まりそうな会話はしかし強制的に中断させられる】
【何せ教師はじりじりと迫り来ていたし男も圧されるように生唾を飲んで後退するしかなかったし】

【しかしそんな緊迫たる空気が、夕月の叫びで一瞬のうちに凍結した】


【「マジか」みたいな無言の間が満ちた】
【実際にそう叫びたかったのはその男に違いなかった】



 …………──貴様……



【絞り出すような低く震える呟き】
【それと共に大層ぎこちなく大罪人へ振り向く】

【その顔はまるで、背を預けた同志にいきなり背後から斬りつけられた戦士のような】
【何か信じられないものを見たような、お前自分が何やったか分かってんのか、みたいな】
【とにかくひどい驚愕と悲哀と憤怒がない交ぜになった切実たる表情をしていた────】



【 ~次週へ続く~ 】



(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


463名無しさん :2018/05/18(金) 22:41:01 ID:JQlEozC.0
【始めは一つの殺人事件として報道された。この世界、それすらも直ぐに人々の記憶から消えてしまう】
【暫くして、今度は大きな事件として世間に知れ渡った。一つの組織の壊滅――大きくは無いにしても、一介の犯罪者では到底為し得ない事】
【やがて、“其れ”は災害として恐れられる。“其れ”が現れた街や村は男も女も子供も関係無く皆殺されるのだと】
【腹を裂かれ、頭を割られ――時には、強靱な顎で噛み千切られた様な遺体すらも】



【―――― 一つの街。其処は異能を持つ自警団も居る事から比較的治安が良いとされていたのだが、それも過去の事】
【今や此処に在るのは無数の人々の死体。そうで無ければ免れる事が出来ない死を目前として苦痛に呻く者だけだ】
【内臓だ血液だとが辺りを彩り、大凡街と言うよりも地獄と表した方が的確だろうか】
【其処を徘徊するのは無数の狼。まるで闇を具現化したかの様な漆黒の毛並みを持つ狼達が人間の手を咥え脚を咥え好きに歩いているのだ】
【唯一まともに生きている人間と言えば、血濡れの少女だけ。くすんだ色の金色の髪に、同じ毛並みの狼の耳と尾を生やした少女】
【纏ったローブには限界量以上の血液が染みこんだのか、袖からはポタリポタリと黒い血が滴り】

【今から数時間前、様々な場所に“緊急要請”が入る事になる】
【傭兵自警団問わず依頼を受ける設備がある場所であればその全てに、だ】
【命の保証は出来ない。五体満足で帰る可能性の方が遙かに低い】
【義憤から依頼を受けようとした者に、顔の半分が抉られた女が言う。アレには手を出すな、放って置けと】
【金に誘われた者が手続きを進めようとした所で、右の上下肢を失った男が告げる。余りにも釣り合わない代償を払う事になると】
【更にはテレビでの報道も続いていたのだから、その場所を特定するのは容易な事だ】
【テレビに映し出される表情は増悪でも無く、愉悦でも無く。或いは、殺すという行為に特別な感情を抱いて居ないのか】
【人々は口々に言う。アレは悪魔だ、誰か早く殺してくれ。あのケダモノを始末してくれ、と】
【只でさえカノッサを始めとした不安要素の多い世界だ。いつ何時襲いかかるかも分からない厄災がまた一つ増えるとなれば、その不安も仕方ないか】



「……もう終わりかな?今日は思ったよりも多かったから、満足出来たけど……
……うん。何時もよりはお腹いっぱい、かな」

【どさり、と頭を鷲掴みにされていた男が地面に落ちる。頭は歪み、眼球は常人の数倍は飛び出し】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


464 ◆wEoK9CQdXQ :2018/05/19(土) 13:49:27 ID:WMKVN7Q20
>>463

【噂を耳にする機会は幾らでもあったのだろう。住民皆が息絶えたとしても、後から訪れた者が骸の山を見るならば阻むものもなく】
【この日カメラに映り込んだ様に、遠方から見遣るだけなら、命を奪われずにあることもあっただろうから】
【けれど実際に目にするまで、あまりに結びつかずにあった。脳裏を過ぎる“なにか”が、その身を案じる様にだけ、生まれては気付かれずに過ぎ去った】

【……だから。人々の声に覚える焦燥、そして棘の様に心を這う不安は――――惧れ、忌む彼らのそれとは、きっとあまりにも違う意味を帯びていたのだ】

【報せを受け疾駆する細身の人影が、荒廃しきった死の大地を見渡していった】
【そこではなにもかもが血に染まり、かつて同じだけ強く血の理を鎖となし、夜という夜を統べた千古の闇に捧げるがごとく、偏に暴虐の理が横たわる】
【生存者はない。声をかけても返答はなく、数瞬ののちには命が絶え、肉塊とさえ呼べてしまう無惨さで体温を失ってゆく。】
【その原因たる黒き群れは、“要請”以外の理由で動いた或る者の目にも否応なく留まったが】

【漆黒の狼たちが牙を剥くことはなかった。それが、ますます振り払えぬ答えを強めて足取りを速めた。そして、命のない闇を転げる様に突き抜けた先で……―――――――――】



――――…………ヨハ、ン……?

【迎える視線の先にあるのは、息を切らして佇む姿だ。凍てた空の色合いで透る声は、ゆったりと血染めの大地に憩う、金の狼の少女の名を呼んだ】

【腰までの伸びやかな黒髪が、濡れ羽烏と呼ぶに相応しい色合いでその容貌を飾って】
【銀の混ざる橡色の瞳をして、濃藍のトレンチコートを纏った―――少女、だろうか】
【移ろい行く刹那を留め、硝子の様な雰囲気を漂わせる。 時の停まった様な一瞬に、“そこにある”ことで生の温度と息吹が生まれる。】

【先客と邂逅を果たすのは、そんな形容の出来る人影だった。憂いた表情は、鍛え抜いた心身を、ただの優美な肉とするかの様に、常の戦意を宿せずにある】

【……信じたくない光景と、穏やかな記憶そのままの、あの大好きな笑顔が。】
【渾然一体となって、混ざるはずのない“ひとつ”となりながら、どうしようもなく心に圧し掛かっている】
【まるで名前を呼べば、悪夢が現実となってしまうことを恐れる様に。普段なら幾らでも交わして微笑んでいられる言葉が、紡げた一言さえも重く、精一杯になる――】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


465名無しさん :2018/05/19(土) 23:09:51 ID:JQlEozC.0
>>464
【その口を汚す紅色は誰かの肉を喰らったのか其れとも血を啜ったのか】
【指先から滴る雫には一体何人分の命が混ざり込んでいるのだろう。まるで“死”そのものが具現化したような姿】
【少女の身体に一切の傷は無い。これだけの人数を相手したにも関わらず、だ】
【姿も、笑みも、匂いも全て変わっていない。変わったのはただ一つだけ。その一つが、余りにも大きくて――】


「……久しぶりだね、柊。お化けでも見た様な顔してどうかしたの?
…………なんて、ちょっと無理があるかな」

【近寄ってくる彼女に対して、攻撃の意思が向けられる事は無かった。人々の喧騒代わりに聞こえるのは狼達の咀嚼音】
【触れる事が出来る距離になっても、それは変わらない。誰であろうと目にした相手の命を奪うとされていた狂犬には珍しい――否、人々からすれば“有り得ない”事だ】
【冗談を言いながらも、少女の――友人の事を理解して居るからこそ困った様に笑って誤魔化した】
【彼女は謂わば“善”に属す人間だ。無闇に命を奪う者は“悪”と見なすのだろうか。或いは、理由を以てしても余りにも多くの命を奪う人間はやはり……】
【以前と変わらず、隠す事の出来ない感情が尾の動きとして表れる。大切な友人と会えた事の喜びが、左右に揺れる尾からも読み取れて】
【もし、昔の様に頭へと手を伸ばして撫でてやれば狼も同じようにして応える事だろう。心地よさそうに目を細くしながら】
【死。苦痛。絶望。多くの災厄を振りまいた者らしからぬ姿。血に濡れていなければ、そしてこんな穢れた場所で無ければただ友人に会えた事を喜ぶだけの少女にも見える】
【――――『故に。刃を突き立てて殺すならば今。何百人もの人々を殺した狼を殺すなら、絶好のチャンス。腹を割って、胃の中身を全て取りだしてやれば良い』】
【それは殺された人々の怨念か、それとも見えない何かの囁きか】


「色々言いたいことはあるかもしれないけど……ねえ、柊。元気だったかな?
ほら、キミってばとても優しくてお節介な所もあるから……変な事に巻き込まれてなければ良いなって思ってて」

【笑みを浮かべたまま語りかける姿は無理に“日常”取り繕っているようにも見える】
【――それは誰かの骨が噛み砕かれる音】
【善も悪も無く全てを等しく獲物として見ている者が、唯一大切にしたいものをそのままの形で残すためにも】
【――それは狼の顎が肉を噛み合わせる音】
【大切な友人の前では、自分を取り繕うような。歪なこの状況を更に歪めると分かっていながらもそうしたがる様な】
【――それは意思とは関係無く無駄に長らえたい者の呼吸音】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 連絡・報告スレ (Res:558)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1名無しさん :2013/04/22(月) 18:26:21 ID:nbgyHTU60
・雑談スレでは流れが速すぎる連絡や、スレへの参加率が低い方に読んで欲しいということを書き込むスレです。
・特定の人または特定のキャラとばかり絡むの為に呼びかけするは非推奨です。
・連絡した人とばかり盛り上がって、本スレの投下をないがしろにしてはいけません。

549名無しさん :2018/05/12(土) 22:45:14 ID:JQlEozC.0
久々のダークソウル楽しかったです……です
そして本スレイベントもダークな感じ!追いながらのこんばんは!


550名無しさん :2018/05/14(月) 10:33:48 ID:.Hz7JNLI0
柊さんの方へ!

外伝or置きレスの件での連絡になりますっ
外伝の場合、本スレで何時か消化しようと思ってた狼の悪堕ちを折角なので火力マシマシで出来たらなーと思ってます!
以前の様に中々頻繁には参加出来無いので外伝で消化しちゃえ!序でに外伝だし火力増しちゃえ!な安易な考えっ
なので、本スレとの繋がりはある状態でのロールになるかなと……

普通に置きレスで正史としての絡みも勿論大丈夫ですっ
他のキャラであっても色々消化して置きたいのがあれば是非遠慮無く!
久しぶりに会うでしょうからそれでも色々と弾むと思うので!
どちらにせよ、返レスはちょっと不定期になってしまいそうですが……
もし宜しければ、ご希望等々をお聞きしたいなーと!


551 ◆9VoJCcNhSw :2018/05/15(火) 21:03:09 ID:wn2rqSVw0
大尉とかジルとかベイゼとかベアとかと絡んで頂いている皆様へ。
土曜昼といっておきながら連絡が遅くなって申し訳ないです。
ちょっと現状、リアルの都合上こっちに顔出すだけの余裕が無い状況でして
少なくともあと三週間はこの状態が続くような感じです。

なので本当に申し訳ないのですが、まず本スレで絡んで頂いていたお二人
ワームシンガーさんとカニバディールさんについては
それぞれ、あの後別れた事にして一度切って貰いたいと思います。

ワームシンガーさんとであれば、あのあと大尉の方が天井を破壊して逃走
ただししばらくは意識不明の重体で……卵を植え付けられちゃったかはおまかせしたく思います。
どちらにせよしばらく動かせないので、設定的に美味しそうな方を選んでくだされば。

カニバさんのほうについては割と円満にお別れした、としてもらえれば。
なんでしたら3億も含めて車で送ったとでもして頂ければと思います。

またキングさんとマリアさんについては、それぞれこちらから置きで構わないとか
そもそもこちらからロールをお願いした事もあり、判断はお任せしたく思います。
正直、いつお返事を返せるかまったく分からない状態ですし
大分お待たせしてしまうことは間違いないと思いますが……よろしくおねがいします。


552セリーナ諸々 ◆/iCzTYjx0Y :2018/05/16(水) 00:59:44 ID:YPBLlEbw0
>>551
お疲れ様です。セリーナ諸々の中身です!
お返事が無かったので少し心配でしたが、ご無事で何よりです。
私もたくさん待たせてしまったので、お待ちする事については特段、異論はありません。
しかしベイゼさんのロール状況を鑑みると、かなりたくさんロールをされていたこともありますし、
また戻ってきたときに置きレスの消化が残っていてなかなかスレに出れない、なんて事になるのは申し訳ない気もしますので
お戻りになられたときの状況でご判断いただく、という形式をとらせて頂きたく思います。
此方に判断を委ねて頂いた事は大変有難いのですが、私自身としては続けたい気持ちも強く、
その反面ベイゼさんが戻られたときの環境を優先したい心持で在る事もまた事実なので
お時間は掛かってしまうかもしれませんが、余裕があれば再開、難しければ切るという判断を
戻られた際に一緒に相談出来ればと思います。お手数掛けますが、よろしくお願いします。

また来られるのをお待ちしています!


553 ◆wEoK9CQdXQ :2018/05/17(木) 06:34:54 ID:8p/vkZMo0
お返事遅くなって申し訳ありません、ちょっとリアル事情でゴタゴタに囚われちゃってました……orz

そういう事でしたら、是非外伝でやってみたいです……! 本スレ【に】繋がるかどうかは、ロールの前にでも後にでも、いいタイミングで決めていただけたらとっ
や、やさしくお願いしますね…?(震え声

こちらは置きでのダリアのロールの終了次第、その結末次第で異なるキャラで、アリスちゃんとのロールがしたい って思ってました。
なのでまずヨハンちゃんとのロールをやって、それ以降に適当なタイミングで出来たら……ッ!

シチュエーション的な理由で、投下はヨハンちゃんの方からお願いしますっ
身体が空き次第追いかけますー!
逆にもう1つのほうについては、其方さえよろしければ、ここで呼びかけつつこちらから落としてみたいなとっ

次にここを覗けるのが早くて明日の夜辺りになるんですが、どうかご容赦頂ければ……o...rz……ッ
ではでは、始まるのを思いっきり心待ちにさせていただきますねっ
よろしくお願いしますー!


554 ◆wEoK9CQdXQ :2018/05/17(木) 06:36:54 ID:8p/vkZMo0
ってアンカー忘れた、>>553>>550のヨハンちゃんの方宛てでした…!


555 ◆jw.vgDRcAc :2018/05/17(木) 11:54:59 ID:OX.x04tc0
>>551
マリアの中です。もとより置き進行なので、どうかお気になさらず!
幸い本スレの流れとはほぼ無関係のロールですし、急がず焦らずゆっくりで構いません。
どうか、ご自身の都合を優先して下さい!その上で、ゆっくりでもいいからお話に付き合ってくださるのなら嬉しいです。
私自身もベアちゃんと絡みたかったので、是非続けたいと思っております!また時間が空いた時にでもゆっくり返して下さいっ。


556名無しさん :2018/05/18(金) 22:31:57 ID:JQlEozC.0
>>553
リアル優先、コレ大事!なのでお気に為さらずとも!

優しいって何でしょう(哲学)ともあれ、本スレには繋がらない感じになるかと思うので思いっきりどうぞ!
そしてアリスの件も分かりました!良い頃合いに呼んで頂けたらと!
こちらもあまり覗ける頻度は高くないと思うのでゆったり出来ればっ!


557 ◆wEoK9CQdXQ :2018/05/19(土) 13:54:10 ID:WMKVN7Q20
>>556
了解ですー!

という訳で追っかけてみました。こちらもやりたいことをやってみるので、思う存分やってみてくださいねっ
それでは、よろしくお願いしますー!


558カニバディール中身 ◆ZJHYHqfRdU :2018/05/21(月) 18:39:29 ID:IBKicRNQ0
>>551
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません
諸々、了解しました。3億と一緒に送迎してもらい、以後はジルベールさん陣営の末席として動く方向でいければと思います!
お付き合いいただき、ありがとうございました!!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 カノッサ機関相談スレ (Res:668)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1名無しさん :2011/12/13(火) 23:26:23 ID:GX/CjRIw0
ここではカノッサ機関に関する議論や意見交換を行うスレです
組織の展開、各キャラ間でのイベントの相談などをすると良いでしょう

また、問題点や何かしら思う所があれば非参加者でも忌憚なく意見を発してください
各々の意識や指摘によって、カノッサ機関の魅力のすべてが決まります
かつての機関が野放図に広がってしまった事を教訓とし、是非ともそれを生かしましょう

次スレは>>970の方が立てること、不可能であれば代行をお願いするなどしてください

659熊出の人 ◆/Pbzx9FKd2 :2016/03/28(月) 19:09:22 ID:l1o275OQ0
≪No.8≫パンドラ
≪No.87≫リーシャン

点呼です


660カニバディール中身 ◆ZJHYHqfRdU :2016/03/28(月) 20:47:06 ID:qNnsL9D.0
No.29カニバディール
No.50デュアル兄弟

点呼いたします


661サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2016/04/17(日) 13:26:56 ID:ZCHlt7mo0
期間があやふやではありますが、とりあえずここまでの点呼の内容をwikiに反映しました


662名無しさん :2016/05/03(火) 04:53:42 ID:5Qk16xKw0
ダリア・レオンフィールド、No.12にて復帰します…!


663 ◆auPC5auEAk :2016/06/25(土) 23:08:57 ID:ZCHlt7mo0
六罪王 鬼首 殺狩ですが、イベントの開催期間をオーバーしてしまったので、六罪王から≪No.3≫へ降格させます

≪No.21≫パウル=ミュンツァー
≪No.84≫カテドラル=ヴァントゥール

点呼します


664 ◆OriM0VTv6Y :2016/06/26(日) 18:30:20 ID:/R2cYzL60
空いているようですのでNo.26を使用させていただきます


665 ◆wEoK9CQdXQ :2016/07/01(金) 22:51:07 ID:aJBmTfJY0
No.12,ダリア・レオンフィールド点呼ッ


666名無しさん :2018/03/12(月) 10:10:18 ID:adOSLVgQ0
六罪王《計劃者》ロジェクト、お席をお借りできればと思います。
よろしくお願いします。


667 ◆9VoJCcNhSw :2018/03/22(木) 01:12:58 ID:wn2rqSVw0
現No.100ジルベール・デュボン、暫し六罪王の席をお借りします。


668 ◆r0cnuegjy. :2018/04/24(火) 18:39:59 ID:g1HLNF4w0
ちょっと書き込みのテストをします


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード