板情報 | インターネット ]

【これから紡がれる】能力者スレ@したらば【戦色の物語】

2018/09/23更新

能力者スレの活動場所となる掲示板です。
主要スレッドの簡単な使い方などは以下の通りとなっています。詳しい使い方などについては、各スレッドの>>1を参照してください

・『舞台裏の酒場』
挨拶や雑談などが主の、避難所のメインとなるスレッド
・『新キャラ新武器新設定実験室』
キャラクターの能力や、新しい共有設定などに、無理や欠陥などが無いかを確認するためのスレッド
・『掲示板管理についての連絡・報告スレ』
主に利用者からの削除依頼などの要請や、管理者からの細かい情報などを報告するスレッド
・『「能力者スレ@ウィキ」スレ』
wikiに関する要望や質問などを扱うスレッド
・『連絡・報告スレ』
不測の事態や共有設定など、参加者同士での確実に伝えたいメッセージのやり取りをするスレッド
・『本スレが落ちた時用』
パー速でのロールが不可能な際に、代用として使用するスレッド
・『議論専用スレ』
参加者の間での取り決めについての相談や、問題が発生した際の対処を議論するためのスレッド

記事の管理について、無警告での削除などの操作も、管理人の裁量によって行いますので、あしからず。
特に、荒らし行為、宣伝行為、露骨な性的表現については、優先的に処置を行います。

wikiのURL
http://www53.atwiki.jp/nrks


管理者への意見・要望などは、「掲示板管理についての連絡・報告スレ」もしくは、ページ最下層の「掲示板管理者へ連絡」の項からお願いします。



現在参加募集中のイベント
なし

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 【時代遅れの】舞台裏の酒場【カウボーイさ】(837) / 2 : 【顰に倣う黒鼠】能力者スレ 置きレス用【月に喘げ】(857) / 3 : 大会専用スレ(100) / 4 : 【お前の代用品など】本スレが落ちた時用【幾らでもいる】(237) / 5 : 連絡・報告スレ(596) / 6 : イベント運営スレ3(910) / 7 : 【夢か】SSスレ【幻か】(475) / 8 : 【新たな能力者】新キャラ新武器新設定実験室【ここに来たれ!】(801) / 9 : カノッサ機関相談スレ(670) / 10 : 【ありのままの】AP放送局その4【姿見せるのよ】(550)
11 : 【ゲームでもアニメでも】能力者妄想スレ【TV番組でも】(90) / 12 : 【能力者学園も】能力者スレ外伝【その他本スレで出来ないネタも】(519) / 13 : 掲示板管理についての連絡・報告スレ(154) / 14 : 議論専用スレ(710) / 15 : 【世界平和を】UNITED TRIGGER総合スレ【民営化する】(55) / 16 : 【(  )】 「能力者スレ@ウィキ」スレ 【(  )】(128)  (全部で16のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 【時代遅れの】舞台裏の酒場【カウボーイさ】 (Res:837)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1 ◆1miRGmvwjU :2018/11/03(土) 01:14:19 ID:7Mwk.0Eg0
どうなってるのかこの世界?
人生一寸先は闇。
全く世の中間違ってる。
こうなりゃこっちが踏み外し、
ドロップ・アウトなこの人生。
そんな風なあなたに送る、
サイケデリックな狂詩曲。
次回、『次スレは>>950
さぁ、君も一緒に人生棒に振ってみないか?

828カニバディール中身 ◆ZJHYHqfRdU :2018/11/14(水) 04:34:36 ID:h7nAXcQg0
明け方近くにならないと筆が乗らない病です
ミラさんの方、使われたい装備とかあれば肉屋のとこからぶんどってきた体で出していただくとか、使ってもらえると嬉しく思います!

>>815
ネタバラシ! これは気になりまくります。置きレスロールの方向性もちょっと修正の必要がありそうです

>>820
院長先生の煽情描写は悪魔的です
これは情報を掴んだイスラフィールさんが、メイドコスで再登場するフラグでは


829 ◆3inMmyYQUs :2018/11/14(水) 06:40:33 ID:nHxGsN220
かわいいは正義
婦警はかわいい
つまり黒幕は正義!
一緒に世界を救いましょう!

ちょっと諸々仕上げてからまた来ます、えびばで良き一日を


830 ◆KWGiwP6EW2 :2018/11/14(水) 12:21:04 ID:ge48efcw0
>>826
また蛇神様出て来たのでちょっとやる気を出してますよ!
頑張ろう!

>>828
鈴音さんに「貴様が人の世を滅ぼすと言うなら私はその上にメイドロボとボイスロイドだけの世を建てよう」とか言ったら何かイヤになって思い止まってくれませんかね!
イザナミイザナギみたいですね!


831 ◆DqFTH.xnGs :2018/11/14(水) 13:28:30 ID:NgF.r43o0
市民センターさんは疲れが溜まっているようなのですね
100年くらい深海に沈んで癒されてくればいいのです

>>828
ありがとうございます!
ご好意に甘えて銃とかナイフを持ってこようと思います!


832名無しさん :2018/11/14(水) 14:23:29 ID:YFFCr3I.0
どうでもいいんですけど、あのメール、鈴の人にも届いてる説ないですか??

>>830
やめてください!元幹部の人は死にそうな目をしてるし神様本人も褪めた目してるんですよ!!
あと鈴の人はむかしメイド喫茶でバイトしてたので、メイドには耐性があります(?)


833 ◆DqFTH.xnGs :2018/11/14(水) 14:52:12 ID:NgF.r43o0
あっ


834名無しさん :2018/11/14(水) 15:03:30 ID:YFFCr3I.0
受け取っておきますね、ふふっ


835 ◆XLNm0nfgzs :2018/11/14(水) 15:55:44 ID:BRNVt/Aw0
妲己様の方、蘆屋様の方、一足お先に絡みお疲れ様でしたー、悪巧み楽しいです(最後に変な物送りつけながら)

そしてタイミングのせいで
水鶏「社長不気味なんですけどー」←その真下で正体ばれているし悪巧みしている
水鶏「たるひ猫の子供がー」←その真上で死にそうになっている
という現象がww


836名無しさん :2018/11/14(水) 22:13:44 ID:YFFCr3I.0
4時くらいにゲーム起動したらこんな時間なんですよね、おかしいのでは……?
こんばはですっ


837 ◆1miRGmvwjU :2018/11/15(木) 00:01:10 ID:E1nVzEpQ0
今夜も今夜とても激遅帰還ですね、こんばんは。置きの皆々様、今夜中になるべくお返し致します…


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 【顰に倣う黒鼠】能力者スレ 置きレス用【月に喘げ】 (Res:857)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1 ◆zqsKQfmTy2 :2018/09/04(火) 10:06:58 ID:6IlD6zzI0
ようこそ、能力者たちの世界へ。
この世界は、数多の能力者たちが住まう世界。

こちらは置きレス用のロールスレです。
リアルタイムの進行が難しい時などにゆっくり使用できます。
混乱を防ぐため、なるべく最初から置きレス進行になる場合のみご活用ください。
時間軸は開始時・終了時など、当人同士で相談し合うとスムーズになります。
次スレは>>950の方が立ててください。

848 ◆ZJHYHqfRdU :2018/11/14(水) 03:31:21 ID:h7nAXcQg0
>>749
なるほど、十字架と例えていただくとわかりやすい……
魔除けの効能を持つ宗教的シンボルとして、こちらの地域では広く人気です
御社のそれは、宗教的シンボルとは違うのかもしれませんが……

そちらの社長様は一切の情報が出ず、性別・体格・年齢、あらゆる形での憶測が飛び交っているのは存じておりましたが
まさか、社員の方々ですら例外ではないとは……何ともミステリアスなお方ですな

【ヨシビ商会。この奇怪な企業が急速に勢力を伸ばし、背後では櫻国での動乱にまで関わるに至ったのは】
【その正体不明の社長の手腕だろう、と考えてはいたが。まさか、自分の部下にすら姿を見せていないとは】
【徹底した秘密主義。東洋の闇は、思った以上に深いらしい。流石のカニバディールも、そこにこれ以上言及することはなかった】


まったく、危うく水国の闇社会の何割かを敵に回すところでしたよ……
――――なるほど。悲劇的ですが、十分にあり得る話です

「……伝え聞いた惨状も、そう言った恨みがあると思えば納得もいきますなあぁ……」

【奇しくも、この異形の肉屋とその配下たるゴミ漁りも、両親については良い思い出を持っていない】
【父ともども母に捨てられ、父に虐待同然の扱いで育てられたカニバディールと、両親ともにろくでなしで幾度も親に殺されかけたスカーベッジ】
【彼らもまた、それぞれに一瞬表情を歪め、しかしすぐにビジネス用の顔を作り直した】


生きたままで所望する客の方が多いと思っていましたが、最初から死体で注文とは
阿片婦人ほどの大物ともなると、考えが読めませんな。儀式の触媒にでもするつもりだったのか……

『たるひ猫』……寡聞にして存じ上げませんな。それが件の希少妖怪の名ですか?
どのような妖怪なのか、興味がわきますね

【彼の言う緊急の別件についても気にはなったが、それ以上に彼の零した名の方にそそられた】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


849 ◆ZJHYHqfRdU :2018/11/14(水) 04:09:11 ID:h7nAXcQg0
>>819
【その何とも営業的で、しかしぎこちない笑顔だけは、もしかしたら給仕時代から変わらないのかもしれない】
【こんな閑古鳥が鳴いている夜に、こんな手遅れになってしまった神様と、でなければ。当時の酒場のままであるかのように】

そっかー。でもそうだね。随分と埃が溜まっちゃってるみたいだし

【彼女がこの影を置いていかなかったことにも、相応の感情の揺らぎがあったのだろうが。影はどこ吹く風だ】
【相変わらず、凝り固まった三日月型の口のまま】

そのファイルはレシピなんだね。そのやり残しを終わらせるために来てたってことか
セリーナってここの店主さん? お店を空けてどこに行ってしまったんだろう

でも、お客さんと扱ってくれるなら嬉しいな。お言葉に甘えちゃおうかな
お酒だって平気さ。「我々」は飲めるよ

【そう言って、影は一つきりのテーブルにつく。ひょいひょいと重みを感じない足音を鳴らして】
【そうして、彼女が料理を始めるか酒を用意するかするのを、眺めながら。不意に、また笑んだままの口から声を出す】

……そのレシピ。「我々」だったら思い出せるよ。見せてくれたら
思い出した、事に出来るよ

【何とも奇妙な矛盾した一人称を使いながら、影はまたファイルを指差して】
【そんな訳の分からないことを言った】


850イスラフィール ◆zO7JlnSovk :2018/11/14(水) 12:22:11 ID:S/DUh6T.0
>>827

【彼女はその反応を是とした、例えるならそれは指向性の無い絵画に似ていた、或いは天井のフラスコ画、示されるのは一心不乱な信仰心】
【想いの具現として美を描くのであり、信仰の帰結としてその荘厳があるのなら、彼女の描く美はまた、ただあるだけで意味を持つ】
【而して、それは同時に偶像にも似ている、彼女の存在そのものに黒陽が疑念を抱くのも無理はなかった、あまりにも約に当てはまりすぎている】


成程、インシデントを見る限りサクリレイジが本気を出したならば、INFオブジェクト達へも十分に対応できると思っていたのですが
存在の状態から何かしらの制限があるのでしょう、私には知りえないような次元での問題ですわ
でしたら、私がとやかく言う事もまた不可能なのですわ、語りえぬものには沈黙を返しましょう

……もう一つ別に捉えるのでしたら、残されたINFナンバーは INF-009とIF-010 のみですわ、それはつまり
漸く貴方達の長い長い旅路もまた、終わってしまうのでしょうか、……それとも
或いは之は序章に過ぎず、次なる演目への幕間劇でしかないとでも、言ったりして


【彼女は蠱惑的に笑う、指先へと預けた頬が白粉と共に溶けて、乳白色の水面へと沈む、頬紅の質感は鮮やかな波紋に似ていた】
【その表層は漣一つ存在しない凪の情景、瑞々しい湖畔の優雅なひと時、木洩れ日に透かされる瀟洒な日々を思わせて】
【それでいて微笑みはどこか色合いが濃い、パステルカラーの世界へ持ってきた原色は時に目も眩むほど眩しいから】


あら、お気に召されなくて? 荒唐無稽な演目の催しにしては、些かばかり洒落が利いてますわ
大きな物語が小さな物語へと収束する試みは、確かにある程度の物足りなさはあるかもしれません
けれども、それもまた一つ、あるべき姿ではないのでしょうか


851妲己 ◆zO7JlnSovk :2018/11/14(水) 12:30:56 ID:S/DUh6T.0
>>829>>832

【道賢の返事は彼女にとって最高のものではなかった、表情に浮かべるのは微かな憂い、それと同時に残酷さすら感じさせるほどに】
【言ってしまえばそれは駄々っ子に近い、欲しいものを買ってもらえない幼子じみて、或いは何処か達観しているようでもあって】
【約束よん、だなんて言って言葉を締める、約束という名の呪いに似た楔を打ち込んで】


今日の所はこんな感じかしらん、また機会があれば集めるわん、それまではお願いした事をして欲しいの
水の国の間隙を突いて、その土地と人民とを支配するのよん、それはとても、楽しい催しかしらん
一杯血が流れるわ、一杯ヒトが死ぬわ、でもそれは、支配者たちには関係のないこと

一番の悦びとはわかるかしらん、安全であるという愉悦は、何者にも代えられないの
だから殺すの、悪戯に縊り殺して、戯れに嬲り殺して、自分が生きているという実感に浸るわん
そうあれかしと望むままに、この世界を支配してしまいましょう


【妲己は紡ぐ、その内心を、そうして伝えるのはこの集まりの終幕であろう】
【実際にすべきことは伝えたと言う様に、これからは各々が自分の持ち回りを進めるはずだ】
【同時に他に伝える事がなければ、それぞれが立ち去ることになるだろう】


852 ◆DqFTH.xnGs :2018/11/14(水) 14:14:15 ID:OQxJV9J20
【路地裏────闇市】

【おおよそ非合法なものが集まる市場のひとつだった。盗品やら疚しい由来を持つ物品】
【あるいは様々な理由があって、表の市場に流せないモノたち──奴隷も含め、そういったものが】
【ひっそりと売られているような場所にそいつはいた。しわくちゃのトレンチコートに帽子を被って】
【夜だというのにサングラスをかけた…………場末のバーにでもいそうな、“探偵”のような男だった】


(Sabrina…………、Sabrina…………)
(なんて書いてあったかな、アレにはさ────あぁ、これなんかまぁまぁ似てるかな)

『こいつと、こいつをくれ。…………あと』

『神様を殺せるような銃ってのは、売ってたりするもんかい?』


【闇市の中でも銃がごちゃごちゃと売っている露天商。そんな店に男はいた。髪をわちゃわちゃとかいた後】
【少しばかり装飾が派手なリボルバーを2丁選んで。それからひとつだけおかしな質問を、店主に投げていた】

/お引越しというやつです


853名無しさん :2018/11/14(水) 14:16:08 ID:YFFCr3I.0
>>849

――みんな、忙しいみたい。セリーナが居たら、こんな風にはしないもの。あとで、時間があったら、わたしがお掃除するかも。
しないかも、しれないけど。――。――――。それともお客さんが手伝ってくれる? あははは、それこそ、怒られるか……。

【だからどこかで失望に似通う色を目に載せていた。世界中の人間が知っていておかしくない名前だった。セリーナ・ザ・"キッド"のこと】
【組織の内外を問わず、誰かが強行的であれ救出するため行動していたとしておかしくなかった。ないはずだった。でも、今、居ないのだから】
【――ふ、と、何か考える仕草を続けたなら、やがてごく冗談めかした言葉が出て来る。……それこそ怒られるか、なんて、一人で納得して、頭を振るけど】

セリーナのこと、知らないの? ――ここはセリーナのお店だよ。セリーナ・ザ・"キッド"のお店。
――――そう。じゃあ、何か飲んでもいいよ。何がいい? 開いてるワインとかは、……お酢になってるかも。新しいのを開けた方がいいよ。
ウィスキーとかなら、たぶん大丈夫。あとは――……お客さん、何歳(いくつ)?

【席に着くヒトガタを横目に見ながら、彼女は酒を探すのだろうか。カウンターの上に置かれたもの。あるいはその中に置かれたもの。もっと言うなら、セリーナの隠していた奴】
【一通りを眺めて、相手の飲みたいものがあるようなら、それを出すのだろう。ただ一度尋ねたのはどうしようもなくやはりと言うべきか、念のため感がごく強いけど】
【なにせ十六歳ほどの少女が聞くのだから冗談みたいでもあった。――未成年だと答えたらきっとお酒は出てこなくなるんだった。ごくノンアルコールの水道水とかに、なる】

――――――――ううん、いいの、そんなに大したものじゃないから。書きかけだから、気になってたけど……。
何が食べたい? といっても、ほんとに……。……――、……。

【ふらと首を揺らす少女は、そのままカウンターの中へ。そのどこかでファイルを置く音がして、それから、がばっと冷蔵庫を開けて見る】
【あんまり食べ物が入っていなかったのかもしれなかった。うーん……なんて小さな声が漏れでて、それでも閉じてから、「なるべく頑張るから」なんて、前向きな発言】
【カウンターの向こう側から覗き込んで。――希望は叶えたいけど、過度に期待はしないようになんて意味合いが、眼差しにはたっぷりたっぷり、詰め込まれていた】


854 ◆XLNm0nfgzs :2018/11/14(水) 15:48:09 ID:BRNVt/Aw0
>>847

…………あはは……そんなに悲愴感漂う顔してたんだ……そんなんじゃ駄目だよね、うん……
【望んでそうするんだからもっと笑わなきゃ、と少女は呟いて】

【相手が唸るような声を発すれば、嗚呼私きっとまた何か変な事言っちゃったんだろうな、などとそんな局面でもないだろうにそんな事をちらりと考える】

【そうして相手が「死なせてあげる」という言葉を口にすれば少女は何かが張り付いたような喉のまま変な音を発して】
【そうしてはたと気付く。彼女は少しばかり『外れて』いるのだ、と】
【だって「自害はやめておけ」「その点自分なら」なんて、『相手が思うままにさせて放っておいてやる』という意味の死なせてやる、じゃなくて明らかに────】

【少女は少しの間黙り込んでしまう】
【けれども目一杯喉に唾をためてそれを飲んで喉を濡らして】

【そうしたならば】

──いいですよ、私の事、殺してください
ちょっとばかり懺悔の時間もくれるんなら、ですが

【いやに落ち着いた声でそう言い放って】


855 ◆XLNm0nfgzs :2018/11/14(水) 15:49:09 ID:BRNVt/Aw0
>>848

あはは、理解して貰えたんなら良かったです

……本当に、誰も見た事ないんですよねー、社長の事
社長付きの秘書のコくらいしか見た事ないんじゃないかなー、多分……まあ前にそのコに聞いてもどんな人なのか教えてくれなかったんですけど……
というかミステリアス通り越して不気味なんですよねー……うちの会社、社長の件以外でも……
【からりと笑う水鶏。そんな彼を周囲の社員が「お前も大概不気味だけどな」と言いたげな目で見て】

……本当に、死体なんて何に使うんでしょうねー?生薬にするんだったら生きてた方があれでしょーし……

はい、櫻の北の方にだけ棲息する化け猫の亜種、らしーですね
えーっと……?

「毛並みは月白色で大きさは獅子程、普通の化け猫のように人に化けられますが物を凍らせる力もあるとか……」

【助けを求めるように同僚を見やった水鶏を見て別の社員が詳細を説明する】


「──えっ、どうする?"あれ"まだ本社にあんのか?」
「馬っ鹿、半年以上前のだぞ流石に腐ってんべ?」
「いやぁ……それ以前にあん時売れなかったの売る時点でどうなんでぇ」
「仮にあのまま残ってるにしても肝がねぇからなぁ……」
【そうしてカニバディールがたるひ猫に興味を抱いたのを見ると社員達は次の商売の機会とみたのかこそこそと相談を始め】
【水鶏はそれをチラリと一瞥すると】

──半妖、で良ければこの本土に一人はいる筈ですよ?
【にこ、と笑って告げる】

……実は先程の売れる筈だったたるひ猫、なんですが……"彼女"は子持ちでして……恐らく人との間に成したであろう娘がいたんです
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


856 ◆XLNm0nfgzs :2018/11/14(水) 15:49:50 ID:BRNVt/Aw0

>>832 >>851

【孫娘、ひいては自分の息子達を称賛されれば悠玄の帽子の陰と面頬に隠れた顔に更に陰が入り】

「いやいや、倅共は愚息の輩にて──」
「……げに善弥よ、御主のみが────。」
【明るい声で再び謙遜するような言葉を吐いたかと思えば、ひどく小さな声で何事かを呟いて】
【それが聞こえたのだろう、善弥の方も一瞬だけふと表情を曇らせて】

ま、次の社長は多分この善弥ちゃんでしょーし?当然ですっ!
【それでも次の瞬間には先程までの調子で返して】
【それに老翁が、これ、と嗜めれば彼女は少しだけほっとため息を吐いて】

【そうして妲己がこの会合の終幕を伝えれば】

「──お任せください、妲己様、蘆屋殿。このヨシビ商会、御期待には全力で」

それでは蘆屋様、詳しい注文内容などは後日相談いたしましょう
【老翁と少女は二名に恭しく一礼すると外にいた黒ずくめらを引き連れて退室して行くのだろう】



【そうしてそれから数日後、道賢の元へ一通の書簡とある『贈り物』が届けられる】
【書簡には女のものと思われる字で文章がしたためられていて】
【曰く、魔術回路を摘出し人間へと移植する場合、一人の人間に何匹分の妖怪の回路を移植出来るのか】
【もしもまだそれについて調べた事がないのであれば『これら』を使って欲しい、と】
【そうして共に届けられたのは数十匹のとるに足りない屑妖怪達と】
【初老の男女が一組、それから二十代半ばの若い女が一人】

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


857プロフェッサー黒陽 ◆KWGiwP6EW2 :2018/11/15(木) 02:51:31 ID:WMHqDivw0
>>850
【それは或いは、単に美しさと言うモノを表現することに終始した容貌であったか】
【見せ付けられる一つ一つのパーツが端正に構築されており――それでいて人形のような、と言うには余りにも肉感的で有った】
【そこに感じる違和感は、例えるのであれば、物語の冒頭で"美しい女性"と表現されたに近く。どこか実存と縁遠いように思え】
【或いはそこにある種の神性さえ感じる者さえ、少なくはあるまい】

【しかし、この黒陽。好みの女性の次元は2.755次元】
【思索に耽る鋭い瞳は彼女の貌をコンバートし、審美する作業に没頭していた】


【――閑話休題】


【ともあれ、イスラフィールに対して、未だ警戒を解いていないことは態度で伝わるのだろう】
【ロールシャッハの企みが胡蝶の夢に沈んだとは言え、それがイコール彼女の真意を保証するものではないのだから】
【気になると言うので有れば、その配役】
【彼女はサクリレイジを称賛したが――対INFオブジェクトの組織である彼等と、個人で対等以上に虚神の情報を取り扱えると言う事実の方がむしろ不自然と思える】


それが良いだろう。余りにも理解が深ければ、また貴様を虚神の類ではないかと疑わねばならんところだ。


【皮肉のつもりか。余り上手くもない冗句を返しながら、男は再び憮然とした貌に戻る】
【これがデフォルトの表情なのかも知れない。両手を膝の上で組み、ひたすらに偉そうな姿勢を崩さない】


端的に言えばその二匹を駆除したところで、グランギニョルの幕は降りん。
新たな虚神か――或いは、消滅済の他のオブジェクトが再生するか。
ロールシャッハが、シャーデンフロイデを復活させようとした試みは知っているだろう?
そしてロールシャッハの遺伝子もまた、別人に組み込まれている。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 大会専用スレ (Res:100)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1主催 ◆zO7JlnSovk :2018/10/14(日) 15:31:47 ID:gx2NL4tc0
此方は大会専用スレになります、大会に関するロールは此方にお願いします。
大会に関してはイベント運営スレを参照してください。

91グレートマスク・ザ・ウロタ(2/2) ◆3inMmyYQUs :2018/11/06(火) 22:56:53 ID:nHxGsN220
>>70

【──その身の一切が地から浮いた瞬間、】
【青年には、時の流れが極めて緩やかに感じられた】

【あたかも水中に飛び込んだかのように──】
【浮力と流れに任せるまま――宙で身が捻られ――】

【今まさに、己を喰らわんとして地から迫り出す土槍の牙群を】
【思い切り、背を反らして――紙一重――“跳び越える”――飛び込む――壁の中へ】


【あたかも初めから“そういう競技”であったかのように】
【宙の半裸体は、光る汗しぶきを散らしながら、躍動した】


 (――――――――――~~~っっッッ、っッ、――?)


【――今、自分が何をしたのか、ほとんど自覚はなかった】
【とにかく自分は、下から跳ね飛ばされることもなければ、】
【真っ向から衝突して全身骨折することもなく――天井のライトがただ眩しい】

【そして横目で地を見遣れば、レグルスの姿――】


【 『俺に叩きつけてみろ、お前さんの全力を――――ッッ!!』 】


【数秒前のレグルスの言葉が、遅い木霊となって心に反響した】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


92 ◆ZJHYHqfRdU :2018/11/08(木) 02:15:47 ID:mrRim2CU0
>>85
!?!?!!?

――――声援ありがとう、鈴音ちゃん
(こんな時に、何て心臓に悪い……!! クラァケさんね、彼女も潜り込んでたなんて……)
(王様の任務なのか、彼女の意志なのかは知らないけど、変装対象に鈴音さんを選ぶなんて、すごいサプライズだわ……)
(今頃、ボスのコーヒーが台無しになってないといいけど……)

【クローヴァーが、どうにか驚きを可能な限り抑え込んで、試合への集中を取り戻していた頃】
【彼女の願いもむなしく、どこかで中継を見ていた肉屋は、〝鈴音〟の声を聴きながら】
【派手に噴き出したコーヒーの後始末に追われていた】


>>81
がっ、は――――ハァア、ああ!!
……ふ、ふふっ……自分の弱さや狡さをちゃんと分かって、その上で自分に出来ることを追及できる
そういう人間を……『私達の業界』では、優しいっていうのよ……

【あまりにも真っ直ぐで清い彼女の姿勢を前にして、思わず己の今いる場所を思い出し】
【悪党としての言葉がこぼれる。やはり、眩しいものを見るとこう思わずにはいられないのは、ボス譲りの悪癖か】

【突き飛ばされて一時体勢を崩すが、それは相手も同じこと。感電のダメージから立ち直るのも、おそらくは同じタイミングになるだろうか】


強い意志、か……そんな大層なものでもないけれど。そう言ってもらえて、悪い気はしないわ
ええ、そうしましょう真諦院さん。恨みっこ無しの、最後のぶつかり合いよ

【クローヴァーもまた、覚束ない足元を強引に立たせ、未だ痙攣する両腕を構える】
【二組の鉤爪が、彼女のトンファーとにらみ合う。勝負はきっと、次の一閃で決まるだろう】

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


93 ◆ZJHYHqfRdU :2018/11/08(木) 02:33:35 ID:mrRim2CU0
>>86
【全ては刹那に、その時間が驚くほどに引き伸ばされる感覚】
【遥か格上の達人を相手にすれば、誰でもこうなるのか。それとも、自身の魂に宿る呪われた血ゆえか】
【その狭間こそがソンの生きる世界であり、己の先祖たちが生きる世界でもあったのだろう】


【返ってくる言葉はない。今度は余裕がないからではなく、その意志がなかったから】
【つまらない道具。ただの箱。なれば、言葉など発する道理もない】

【サーベルから伝わる手応えも、ソンの致命には至らない。ただその事実だけを認識する】
【急所の防御のみを装備に頼り、後は気にも留めずにただ必殺の刃を振るうその有様】
【暗殺者であり処刑人の血であるボックスと、生粋の戦士たるソンの明確な差がそこにあった】


――――――

【無機質な瞳と同じく、今や本当の人形のような無表情で、ギアは振り上げられた刃を見た】
【箱は、何も発しない。彼のような業物としての道具ではない。替えの効く、ただの箱なのだから】
【猛禽に攫われる瞬間の小動物がどんな顔をしているのか、知っているわけではないが】
【少なくとも、この人形のようなつまらない顔ではないはずだ】

【笑う彼と相対するには、きっと値しないほどに】


【ただ絶望的な振り下ろしは、落雷の如く人形を捉えるだろう】
【きっと、次の瞬間には己は砕けてこの場に四散する。普段なら、そんな風に考えていただろうが】

【〝箱〟は、ただそのゼロコンマの隙に、放り込むように。刃の軌道を、己の正中線からわずかにずらしながら】
【握ったサーベルの刃を突き出し、ソンの顔に突きを見舞おうとするだろう】


94レグルス=バーナルド ◆auPC5auEAk :2018/11/09(金) 23:58:01 ID:ZCHlt7mo0
>>90-91

――――――――ッッ
(掛かったッ、浴びるかそれとも強引にねじ伏せて――――!?)

【上手く力の作用圏に引き込む事ができたと、レグルスは確信する】
【あれだけの突進である。咄嗟に踏みとどまるなど難しい事だし、無理やりにそれをやれば、自分の力で足を捻ってしまう事だって有り得る】
【そうした事を避けるなら、まず突進は中断できず。真っ向から突き上げられて跳ね飛ばされるか、悪ければ突き刺さるか】
【それでなければ、強引に前方の岩塊を打ち壊して、勢いを減退させながら突っ込んでくるか――――考えられる可能性は、そうしたところだった】

【――――だからこそ、その直後のウロタの動きにレグルスは絶句する】
【これしかないという間隙を縫って、ウロタは跳躍、隆起する岩塊をやり過ごしながら、飛び掛かってくる――――】

っぐぅッ!!

【そこに、咄嗟の反応をする事ができなかったのも、無理はない。レグルスは、飛び込んできたウロタの拳を、真っ向から頭に浴びてしまう】
【術の最中、岩塊は数秒で瓦解するとはいえ、その中心地にいるレグルスには、基本的に逃げ場はない】
【そして、最短距離に近いその完璧な跳躍は想定外だった。もう1つ言うならば、クリスタルを用いての術式の為、棍の構えも解いてしまっており、受ける事すらできなかった】
【そうして振るわれた拳は、確かに重みのない、空を打つような一撃だったが、それだけ早かった】
【ダメージとしては大した事は無かっただろうが、確かにその一撃の為に、レグルスは己のリズムを崩してしまったのである】

――――ぬぅらああぁぁぁッッ!!

【勿論、というべきか――――その軽い被弾だけで戦闘不能になる理由は、レグルスにはなかった】
【咄嗟に、棍もろとも身体を捻って、その場で体をスイングする。その勢いのまま身体を回転させて、振り向きざま、棍を横殴りに振り抜いた】
【ウロタが跳び抜けた方向は、大雑把には掴めない。だからこそ、大振りに周辺を薙ぎ払う一撃を選択したのである】

【幸いにして、軽い一撃だったため、頭部へのダメージとしては大した事はない】
【だが、その被弾の為に動作のテンポが遅れてしまった事は否めない。この戦いの出だし、イニシアティブを掴み損ねてしまった事は間違いないだろう】

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


95ソン ◆zO7JlnSovk :2018/11/11(日) 12:06:21 ID:arusqhls0
>>93

【顔に突きが放たれる、──── 額から血が流れる、それでも狂奔の瞳は、己の獲物から目を逸らさない】
【刮目された双眸はあまりにも力強く、見つけた獲物を逃がさない野生動物の様な雰囲気を宿し、そして同時に】
【無垢な稚児を想起させるほどに、ただひたすらに純粋な光を帯びていた】


──── よか太刀筋じゃ


【振り下ろす、 "浅い" ──── 薄皮を裂いて、描くのは肉に刻み込む感触、けれども勝負を決するには至らず】
【自身の身体が反射で動いてしまった事を感じる、顔を傷つける攻撃に、己の本能が危機を察し、その手を緩めた】
【振り抜いた一閃は傷を与えるが、戦闘終了までは至らない、一歩、二歩と退き、体勢を整える】

【深く息を吐いた、極限にまで練り上げた集中を持続する、──── 頬を伝う汗は、内燃機関がフルスロットルで燃え上がる意味合い】
【その内面は絶え間なく燃えさかる業火に等しかった、何処までも純粋に戦いを楽しむ存在が、生きる意味を伝える様に】
【或いは吹き荒れる暴風が、止まってしまえば価値を失うかの様に、──── そうして彼は、笑った】



──── のう、おまんはどうして戦かっちょる?



【不意に言葉が出た、本能がそうざわめいて】


96真諦院 ◆rZ1XhuyZ7I :2018/11/11(日) 13:38:56 ID:smh2z7gk0
>>92

【実況席からの声援になぜか異様に動揺するクローヴァーを眼を見開きながら見つめるが】
【クローヴァーが気を取り直せば今一度構えを引き締める。】

【相手から向けられる賛辞の言葉には少し顔を赤らめるが、それも一瞬の事だもう最後の時は迫っている。】


―――ええ、―――ッいきます!!!


【―呼吸は同時―】

【クローヴァーの横薙ぎの一閃に対して、真諦院は左腕だけに装着されているトンファーを】
【〝構えたまま〟突進する、それはトンファーをあえて盾代わりにすることを意味している。】


ッぐッッ!!ここだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!


【ガキィンと金属のぶつかり合う音と共に、鉤爪とトンファーが激突し真諦院の左腕も弾かれる】
【だがそこで真諦院は引いていた右腕の拳を相手の頬目掛けて打ち放つ。バランスを崩してはいるので万全とはいえないが】

【そして拳を打ち終えれば、真諦院は膝を着いてへたり込んでしまうだろう。】


97剛田 剛太郎 ◆UYdM4POjBM :2018/11/12(月) 01:50:39 ID:XqQAhkbc0
>>87


……それ絶対人肉も食う事を予定調和として考えてるよな!?
しかし俺味、そんなに気に入られたのか……これからは食人種とかとやりあう際は
一切口の中に俺自身の風味がわかるモン与えたりしねーと決めたよ


【ゆっくりと、近づきながら剛太郎は息をのんだ】
【対峙の瞬間が近づいてくる。足で回避する事を諦め、真っ向勝負に踏み切る生き死にギリギリの攻防の瞬間が】
【来る、敵はその牙を己にめがけて再び出現させ迫らせているのがわかる】


(────俺の間合いまで残り四歩。足を置く位置はもう決めた。
訓練を思い出せ。飛来する『音』。魔力の『匂い』。迫る際に起きる空気中のマナの『震え』。
五感を研ぎ澄まし、多角的な手段で相手の能力の存在を確実に"捉え"ろ、それが第一段階)


【剛太郎の全身の気配が、急激に静かなモノになる】
【再び魔力の匂いを『嗅ぎ取る』技を使いどこから来るかを捉えながら第二段階へと移行する剛太郎を見て】
【客席で見ていたフードの少女はぽつり、と呟いてしまう】


『やっぱり、教えたんだ』



(────残り三歩。全身の氣をゆっくりと手に巡らせろ。両手に薄く延ばすように注ぎ込め。
そして凪いだ水面のように精神を完全に制御化に置き、心から信じるだけでいい。────ただ斬ればいいと

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


98ドラ ◆UYdM4POjBM :2018/11/13(火) 23:58:40 ID:XqQAhkbc0
>>89


割と昔からこの手の大会には詳しいけどさあ、会場真っただ中でサブミッション極めに行ったの
もしかしたらぼくが初なんじゃないかなあ!さあ捕まえたぜ、これでギブアップかな!?

―――っと、おおっ!つめたッ!!


【―――異変に気が付いた瞬間、ドラの手足が即座に離れるのがわかるだろう】
【ほんのわずかな間に凍り付く手に驚愕を見せた彼。なんとか皮膚がはがれるのは避けた物のその手元の表面はみごとに凍結していた】
【手指がかじかみ、色合いが紫色に変わっていく。急激な凍結で血が止まりそうになっているのが見て取れただろう―――が】

【―――突如、じゅう、と言う音と共にあっけなく手の凍結が嘘のように溶けていくのが見えた】
【手の表面は再び健全な肌色に戻り、血の巡りも元に戻っていく、だがドラは苦い顔で額を拭いながら―――次の一手を即座に目にする】


アブなかっ―――やばッ!?ぐうッ!!


【驚くべきことに―――ドラはその後拳銃を突きつけられた瞬間にはもう射線の外へと外れていた】
【すさまじい身軽さもあるがそれに加え―――動き始めが早すぎる。明らかに自分めがけて拳銃を向ける事をミレーユがグリップを握り終えた時には悟ったとしか思えない】
【こいつ、至近距離の拳銃すらも避けられるのか!――だが一発目が命中した。極めていた状態から体勢を立て直すのに遅れたのと、放たれたのが散弾であったためだ】

【腹部から若干ぶれて左わき腹付近に命中。苦悶の表情を浮かべるドラは二発目には体勢を立て直し】
【避けきれない散弾は『扇』で受け流した―――鉄扇だったらしい。と、同時に彼は、先ほどベルを鳴らしリィン、リィンと待機音が鳴りっぱなしだったベルトのトリガーに左手をかけ】


―――おおおッ!!変身ッ!!

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


99 ◆ZJHYHqfRdU :2018/11/14(水) 03:46:47 ID:h7nAXcQg0
>>96
【実況席のサプライズも、真諦院の初心な反応も、今この刹那には全て置き去りにして】
【――呼吸は同時――】

(な――――!!)

【原因を辿るなら、やはりクローヴァーはまだ甘く見ていたのだ。真諦院 正義という少女の覚悟の程を】
【愚直なまでに信念を貫くその姿に、不器用さすら覚えて。その裏に確かに潜む、強かなまでの戦闘技能に】
【クローヴァーの意識は、行き付いてはいなかったといえるだろう】


【甲高い金属音が鳴る。衝突した互いの得物が弾け、空中へと投げ出される】
【本来ならば、速度に重点を置いた戦いを得意とするクローヴァーに、ここで真諦院が先んじたのは】
【ここまでの戦いで彼女がクローヴァーに蓄積させたダメージと、彼女の折れぬ心とが引き寄せた機会であったのだろう】

――――お見事

【拳が仮面越しに頬を捉える刹那、時間が鈍化してスローモーションのように感じられるその一瞬。確かにクローヴァーはそう言った】
【直後、時間の流れは元に戻る。拳が突き刺さった仮面が弾け飛び、その奥の素顔を歪ませて】
【クローヴァーの身体を、リングの外まで吹っ飛ばした】

【地面に叩きつけられ、横たわったクローヴァーは、真諦院の勝利を讃えるようにヒビの入った鉤爪を掲げて】
【それをもって、この試合の決着となるだろう】


100 ◆ZJHYHqfRdU :2018/11/14(水) 03:59:36 ID:h7nAXcQg0
>>95
【傷など意に介さない。己の斬るべきのみを見つめる】
【こんなに恐ろしい野獣のような眼光なのに、何故こんなにも透き通って純粋なのだろう】
【――――それに比べて、自分の瞳のなんと空虚なことか】


づ――――!!

【たとえボックスの血が滾ろうと、たとえ魂だけの儚い人形であろうと、その痛みはごまかせはしない】
【いや、魂だからこそダイレクトに伝わるその感覚。僅かな回避の努力と、顔への攻撃のヒット】
【その二つに救われる形で、皮一枚を繋ぐ。斬られた人形の破片が、リングの上に砕け落ちる】

【ソンが退がれば、ギアもまた距離を保ったまま、魂の揺らぎを抑え込む】
【眼前から絶え間なく感じる熱。まるで業火そのものを相手にしているかのような】
【同時に、消えてしまわないためにひたすらに走り続ける危うさすらも感じて】

【そんなに複雑に思える印象を、笑い飛ばすように単純にソンは笑う。これこそが自分だと指し示すがごとく】


……自分が剣を持ってて、自分以外の奴も剣を持ってる
それだけで、戦う理由には十分だと思うけど。そんな大層な理由なんて、いらない

【語る言葉はやはり空虚で。ボックスの教えに今更追いついたかのように】
【だが、それでも。そこに魂はある】

――――でも。僕にとっては最初から、戦う理由なんて一つだけだった
僕の為。僕自身の為。僕がしたいからそうする。僕が守ろうと思ったから守るし、僕が斬ろうと思ったから斬る

僕の力は、戦いは、ただ僕の為にある

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 【お前の代用品など】本スレが落ちた時用【幾らでもいる】 (Res:237)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1管理人★ :2018/09/15(土) 16:00:51 ID:???0
パー速やプレイヤー回線のトラブルなど、何らかの理由によって本スレが使用できない場合は、こちらでロールしてください
利用方法その他は、本スレに準じます
本スレが問題なく使用できる場合は、こちらでのロールは控えてください

次スレは>>950が立ててください

228 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/10(土) 18:56:02 ID:p6QgyPF.0
>>173-174  >>ブラスフェミアさん

【自分が覚えて無かったとしても、側にいるヒトは覚えていてくれた】
【リゼという存在は、旋風の用心棒で――嘗て、自信満々に言い放った言葉が心を震わせる】
【例え、この瞬間に過去を失ったとしても、今の自分をリゼとして、旋風の用心棒として】
【観測してくれる人がいるのなら――暗闇に差す一筋の光のように、強く、何物にも汚されない聖域みたい】


……おねーさんの言葉、信じるよ。きっとあてが”リゼ”であるなら
きっとそんな事を堂々と言うんだろうね。それに、ヤローが沈黙してるのは
あてがリゼであると言う事を肯定してると見て良いんだよね?おねーさん。

【ならば、もう迷いはない。自分が自分であるとわからなくても”こう”であると後押しがあったから】
【だったら、きっとあてはリゼで旋風の用心棒なのだろう――なら、その本懐を果たすのが正しい事だから】


ロールシャッハ―――悪いね、”また”付き合ってもらう。
旋風の用心棒・リゼがお前の邪な野望のすべてを吹き飛ばしてやる―――ッ!!

【桜花】―――、【百花】―――、【桜花、百花―――”雷鳴月下”!】
(あての魔力も、恐怖も、なんもかんも全て綺麗な桜に散れッ!そして、狂い咲けっ!)

【一人でに立ち上がったリゼ。かつてロールシャッハはリゼの事を苛烈だと称した】
【その評価は正しく。リゼの在り方は華のように激しく、旋風のように力強く】
【周囲一帯、広範囲に桜の花びらがひらりひらりと散り始めて、それは異界に彩を与えた】

さて、くそヤロー。あてはここに宣言するよ――全部ぶっ飛ばして吹き飛ばすッ!
お前があてを弄んだ対価、とても高く付くんだからな―――ッ!

【恐怖が認識の産物であるなら、根拠のない蛮勇も口にすればきっと自分に対する良い認識へと変わるのだろうから―――】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


229 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/10(土) 19:00:14 ID:p6QgyPF.0
本スレ>>184
【攻撃が届かない。自分の攻撃は絵にかいた餅を食べようとするのに似ていて】
【位相が違うがゆえにどうしようもなく、むなしく空を切るだけに終わって】
【だからこそ、黒い雨による弊害を身に受けていたら、不意に呼吸が出来るようになった】
【その原因は――かえで。近い過去に傷を嘗めあい、気持ちを交わした大切な親友】

【かはっ、と息を吐いたなら、その後は吸うだけだったから。脳に酸素が行き回って】
【正常な思考を取り戻しつつあった。やはりただの物理攻撃では通じない】

【魔力的なものが有用で、刃を向ける矛先も変える必要があるように思えて】
【ふと、誰かの言葉が頭をよぎる”確固たる認識は時に誤った結果を認識する”】
【であるならば、攻撃を向ける矛先はあの異形ではなく、この世界・ストックホルムそのものなのでは――?】
【現に魔力的な手段でなら、痛手を与えることが出来るなら―――】


あーあ、やりたくはないけど。確証もないけど。
私の魔力を思う存分食らってみろ――――ッ!

     
     ヘルエッジ・オーバーフラッドッ!


【エーリカは地べたに手をついて自身の魔力を垂れ流していく】
【刃の特性を持つ魔力をこの空間へと流し込む行為は毒を流し込む作用に似るのだろうか】
【とにもかくにもこれは賭け。もし失敗すれば自分が戦えなくなるだけだから】
//すみません遅れましたっ!


230 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/10(土) 19:34:35 ID:p6QgyPF.0
>>188
ははっ、そうだろうよ、あては旋風の用心棒なんだから単純な言葉で十分なのさ。
あての行く手を阻むもんは全部吹き飛ばす。あてにとっては当たり前のことだよ。

【ようやく戦いの場に足を踏み入れたは良いけれど、まだロールシャッハには届かない】
【けれど今は自分が自分であると認識することこそが大前提であったから、威勢の良い言葉を吐き続ける
【きっと、旋風の用心棒なら――不安も恐怖も吹き飛ばす言葉を口にするだろうから】


なぁ、ロールシャッハ。お前は人を恐怖に陥れることにしか喜びを見いだせないのかい?
いいや、お前に囚われていたからこそ良くわかる気がする。お前は、お前は―――

あてたちの中に潜む恐怖みたいなもんだから。
恐怖を抱き、囚われる事を是とするのは当たり前の作用なんだろうね、
だけど、お前にはそれしかないのかい?だったら――難儀な生き物だよ。

【だから、お前をよく見せておくれよ――なぁ、ロールシャッハッ!】
【叫ぶが早く、リゼは鉄扇に魔力を纏わせ、鉄扇を元に刀剣を形成したなら勢いよく駆け出して】
【ロールシャッハに肉薄していき、乱雑に袈裟懸けにふるうのだった】
【この時、始めてリゼはロールシャッハの顔を見つめたから、彼からは苛烈で真っすぐな緑翠の瞳が目に入るだろう】

【―――】

【空間が歪む。この現象を目の当たりにして、エーリカは自身の考えの方向性が】
【良くも悪くも間違いではないと思った。だから魔力を空間全体に注ぎ続けるが】

【それでも、誤算はあって。まずこの空間そのものを打ち破るには魔力量が足りず】
【垂れ流す魔力のすべてが刃の魔力として注がれず、時間経過とともに刃となって】
【空間を行き交い始めるのだった。だが、今できる事はこれくらいだから、意識は】
【魔力を注ぐことに全力を向けるのだった】


231 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/10(土) 20:11:33 ID:p6QgyPF.0
本スレ>>198 かえでちゃん

【何故に呼吸が出来るようになったのか――その答えは、かえでだった】
【魔力を流し込む最中に、横目でかえでを見遣れば得意げにほほ笑むかえでがいた】
【手から流れる赤色に気が付いて、痛ましく思えど――エーリカも笑みを湛えるんだった】


ははっ、やるじゃん、かえで。すっごいじゃんか。
十分アリアを守れてるじゃないか、あと私たちもか。
……やっぱりかえではやればできる子だね。―――ありがとう。


【ありがとうという言葉に気持ちを載せたなら――もう少しだけ頑張ろうって気にさせてくれた】
【自分の身を削って必死に戦うかえでの姿に鼓舞されて、もっと深く地獄の淵の綱渡りをしてやろうって思う】
【エーリカは笑う、不敵に笑い、それでいて柔らかく笑うんだった】


232 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/10(土) 20:53:02 ID:p6QgyPF.0

【世界はまたしてもあり方を大きく変えて。その果てに行き着いたのは「水槽の脳」だった】
【リゼが戦慄し、戦慄いたあの悪夢の光景。それがまた目の前に広がっていた】
【だが、前と違うのは――水槽の脳に名前が記されていた事。その名は―――】

……各々の名前を付ければ、そこに浮かぶ脳みそがそいつ自身になるってか。
実にばからしい考えだな、ロールシャッハ。それがお前の冴えたやり方ってやつか。
悪趣味にもほどがある。

「―――、ちがう。これ、…あてら、の…」

【フェイ=エトレーヌ、白桜】【棕櫚】【エーリカ=ファーレンハイト】
【ノイン/tranquilier】【リゼ】【グラヴィス=ザーランド】【リセルシア=カニンガム】
【沙羅=ブラッドベリ】【ヴァルター=ギンツブルク】【キャロライン=ファルシア】
【ブルー=ダグライツ】

【浮かぶ脳みそに名付けられた名前に悪趣味だと断じて切り捨てるエーリカに対し】
【ロールシャッハの手のひらで弄ばれたからこそ理解できる様子のリゼの顔色は青ざめて】
【位相の違う何か――ロールシャッハの語った言葉が腑に落ちてしまったから】
【今なら解る、リゼは理解してしまう――ロールシャッハの語る本当の恐怖を】
【それに比べれば、前後不覚も茫然自失も、過去に魅入られた事も天国に思えるのだ】

「なぁ、ロールシャッハ。あては、あてらは―――つまりそういう存在だと言うのか?
 誰かが見る夢。あてらとは違う位相にいるであろう”誰か”が観測する夢だと言いたいのか?」


233 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/10(土) 21:35:21 ID:p6QgyPF.0
>>213

【信じられないし、信じたくない――ロールシャッハは何一つ嘘をついていない事】
【そして、自分たちの世界、ひいては自分たちそのものがどういう存在であるのか】
【自分の現実を生きていると思っていたら、実はその世界はネットゲームでしたと言わんばかりの卓袱台返し】

【荒唐無稽な事実に愕然とするリゼは、言葉を失い】
【対して未だ理解の及ばないエーリカは声を荒げて叫ぶんだった】


おい、リゼッ!ロールシャッハの言葉に耳を傾けるなッ!
ここでそういう認識をしたら奴の思うつぼなんだっ!だから気を確かに持て!
私たちが位相の違うやつらの操り人形だったとしても、この心は、この感情は、この思いは――

全部、全部私たちのものだろうが!なぁ、リゼ!
それにイスラフィールも言ってただろうが!

"抽象的でなければ、誤った認識を招き、そして
──── 誤った結果を生んでしまうのですから"ってさ!

だから、脳みそに名前が付けられてた程度でしょげてんな!
あの脳みそがわたしらな証拠はどこにもない。そんなの単なるペテンだ、詐欺だ!
そして何より、奴の手のひらで管理された世界がいいものなんて到底思えないんだよ!


【エーリカはその言葉の意味を正しく理解できない一方でリゼはその言葉の持つ意味を理解して】
【故にあの時のイスラフィールの言葉もまた正鵠を射ていたと察したからこそ――ふらりと立ち上がるリゼ】

「なぁ、ロールシャッハ。お前自身もだれかの操り人形だって自覚はあるのか?
 正しく具体性のある認識はあるのかい?どちらにせよ、あてらが誰かの脳の中にいるってんなら
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


234 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/10(土) 22:26:56 ID:p6QgyPF.0
>>234

「初めてだよ、歪んだ表情のお前を見るのはさ。何だよ、何だよぅ
 お前も人間らしい顔が出来るじゃないか――いつもヘラヘラしてたからさ
 感情のいくつかが抜け落ちてるもんだと思ってたけど―――結局、あてらと変わんない」

「あてらと少し違うだけのお前が、管理だなんてちゃんちゃら可笑しい話だ
 それにここは認識がものをいう世界なんだろう?だったら、あては―――」

なら私も一つ乗らせてもらおうじゃないか。リゼ。
ロールシャッハ。お前には本当に苦杯を舐めさせられた。
私だけじゃない。他の人間も、あまつさえ同族の虚神さえも―――

だから、泡沫の夢だとしても構わない―――ソニア、カチューシャ、エカチェリーナッ!
もし居るなら恐怖を歌う事しかできない虚ろの神様にあんたたちの愛を聞かせてやろうじゃないか―――!

あんな奴に利用されて、挙句の果てに苦しんだ分、そこに至るまでの想い。
全て、すべて―――私たちと一緒にぶつけてやろうじゃないか!

【"あては、あてたちは/わたしは、わたしたちは―――自分の信じる答え(せかい)を押し通すッ!"】
【"あては旋風の用心棒としてすべてを薙ぎ払う"】【"私は信じる愛を謡ってお前を否定する"】

【もし、認識がものをいう世界なのならば―――エーリカの愛する狙撃手たちの名を口にして】
【狙撃手たちがこの場にいることが当たり前かのように現れるのかは定かではないが】
【何はともあれ、二人は信じる、強く認識する―――ロールシャッハは倒せる存在だと】

【リゼは自身の魔力を鉄扇の先端に集め―――寿ぎの言葉を口にして】

"百花繚乱"―――神はいななき、天を破る "桜花狂乱"―――御招来、武御雷

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


235 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/11(日) 00:09:04 ID:p6QgyPF.0
>>269-273

【ロールシャッハを討った。これでもう残る虚ろの神はもう僅か】
【サーペントカルトの騒動から始まった神話ももうすぐ幕引きだ】
【けれど、一抹の不安がエーリカの胸裏に燻るなら、それは目に見える形で現れる】


―――イル=ナイトウィッシュ、か。アンタ、未だくたばってないとはね。

かえでにした仕打ち……絶対に許すものかよ。お前のせいでかえでがどれだけ苦しんだと思ってる――ッ!
だから、ここで始末させてもらう、絶対に!―――ヘルエッジ・ロードッ!

ジャ=ロの時に吐いた嘘もまとめてお前の命で支払ってもらおうか―――ッ!!


【鋭い眼光を携えて、エーリカは上機嫌の虚神へと切りかかる】
【ロールシャッハ以上に許しがたい怨敵。であるならば、殺意に猛り狂う心に動かされる体は】
【イルの元へと駆け出していき、凶刃を以て虚神を斬り殺そうとするんだった―――】

【リゼは何が起こったか把握しきれていないけれど、突如現れた何者かに不吉と厄災の気配を察して】
【雷の一閃を援護射撃として放った――黒塗りの刃を彩るは桜色の雷。果たして届くのだろうか】


236 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/11(日) 00:38:48 ID:p6QgyPF.0
>>283

【届かない。絶望的に届かない。殺すべき怨敵が目の前にいるのに】
【かえでの心を痛めつけた憎い奴が目の前にいるのに――刃は届かない】
【それどころか目の前で繰り広げられるのは――吐き気を催すほどの歪んだ愛】

【愛を謡いたかった狙撃手の愛は実らなかったのに】
【下劣極まりない愛が目の前に在ったのが酷く我慢ならなかったから】
【ウヌクアルハイとも呼ばれた少女・白神鈴音に対しても殺意を抑えられないから】


             何が人類を一緒に滅ぼすだッ!
      その前に、テメェが死ね、だから今ここで私に殺されろォ!
 
      今すぐ私が斬り殺す!殺す!殺す!殺してやる!
      ずたずたに引き裂いて影も形も無く/亡くしてやる!    
   地獄の淵に叩き落としてやる―――!死ね、死ね!死んでしまえッ!


【激昂―――自分の中に潜む暗い感情が殺意となって発現したなら】
【最早、負け犬の遠吠えに等しくて。でも殺意と怒りに振り回されずにはいられなかった】


237 ◆zqsKQfmTy2 :2018/11/11(日) 01:36:10 ID:p6QgyPF.0
>>294

【ウヌクアルハイ、いいや白神鈴音。それにスナーク】
【最早、殺すことに躊躇いなんてなかった。こいつらは許せない存在で】
【神に祈ったって何にもならないのに、神様はいつだって人に不幸を振りまくから】


―――精々待ってな、怯えて待ってろ。―――必ず、殺す。
エーリカ=ファーレンハイトはお前たちの喉笛に刃を突き付けてやる。

二人仲良く地獄で愛を謡わせてやるから――死んでしまえ。
お前たちの愛なんて、絶対に否定してやる。刃でずたずたに引き裂いて壊してやる。


【死人は、殺すことを躊躇わない。もはや、エーリカの荒ぶる心を静めるには】
【二つの死でしか成すことが出来ないのだから―――】

//皆様お疲れさまでした!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 連絡・報告スレ (Res:596)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1名無しさん :2013/04/22(月) 18:26:21 ID:nbgyHTU60
・雑談スレでは流れが速すぎる連絡や、スレへの参加率が低い方に読んで欲しいということを書き込むスレです。
・特定の人または特定のキャラとばかり絡むの為に呼びかけするは非推奨です。
・連絡した人とばかり盛り上がって、本スレの投下をないがしろにしてはいけません。

587 ◆jw.vgDRcAc :2018/08/29(水) 20:41:13 ID:bALHdM7E0
>>584
ここ暫く立て込んでいてお返事が遅くなりすみません、マリア中身です。
たった今見てびっくりしました……そういうことでしたらぜひ!
まだ忙しい日が続くので置きで進行することになるでしょうが、それで構わないのでしたらお好きな時に開始文を置いてくだされば!


588サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/08/29(水) 21:12:52 ID:ZCHlt7mo0
>>587
快諾いただきありがとうございます。それではお言葉に甘えまして、置きレススレの方に開始文をこちらから投下させていただきます
あやつの最後のロールになりますが、よろしくお願いします!


589 ◆KP.vGoiAyM :2018/08/30(木) 21:42:39 ID:Ty26k7V20
>>585

ロッソ中身です。了解致しました
自分もなかなか時間が取れないのでお気になさらず!

とりあえず自分としては
動かせないのは探偵ぐらいですし、現在のロール自体は待ちで大丈夫です。
ただ、他の方とのロールに当たって麻季音パート部分の要素は(問題ないようであれば)
使っていきたいのでそのへんはやんわりふんわりだましだましということで如何でしょうか。


590 ◆3inMmyYQUs :2018/08/31(金) 00:50:10 ID:GQoYu22s0
>>589
寛大なお返事本当にありがとうございます。
承知いたしましたです、ではそのような感じでよろしくお願いします。

マキちゃん周辺に関して何かこの辺どうなってるのー、とか、
こうしたいと思うのだけどー、などありましたら、何でも言いつけてくださいまし。


591 ◆jw.vgDRcAc :2018/09/25(火) 19:40:31 ID:Tz44JWVw0
サリードさんの方へ

マリア中身です。大変遅くなって申し訳ありません、ただいまお返事しました……!
事後連絡になって申し訳ないのですが、今月に学会があってその準備に追われていました……
お陰様で滞りなく発表等々終了しました。これからは少なくとも週1以内には返せると思います。
重ね重ね、大変お待たせしました……!


592 ◆jw.vgDRcAc :2018/09/25(火) 19:41:38 ID:Tz44JWVw0
age忘れ。すみません……!


593サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/09/25(火) 22:21:57 ID:ZCHlt7mo0
>>591
なんと……リアル神谷さんでしたか。こちらもお返事返させてもらいましたー!
ただ、今週に限ってこちらも中々渋いスケジュールなので、ちょっと即応は難しいかもしれません
こちらからお願いして始めたロールなので、可能な限り早く返す事は、心がけますので、よろしくお願いします……!


594名無しさん :2018/11/08(木) 13:21:39 ID:YKlGiOVw0
サリードさんの方へ

柊中身です。
何かと遅れてしまって、本当申し訳ありません…orz
PCが代替わりしたり、それが炎上と重なったりしちゃってましたが、生存報告も兼ねて連絡させてください。

本当に遅れが洒落にならないというか、あのロールのラストがいつになるか分からない状態にしてしまっています…ので、
其方さえよろしければ、時間をとって一気に進められればありがたいのですが、いかがでしょうかッ……

こちらは今は、平日は20時より早く参加するのは難しく、土日は平日の頑張り+オンラインの指示で、予定を空けることはできる…という程度の状態になっています
一応今週末も出られるのですが、サリードさんの方がイベントに参加される場合は、そちらを優先してくださいっ

ヨハンちゃんの方との外伝ロールは、そろそろ終盤かな、と思っているのですが、萎えさせちゃってないかな、と心配だったり…orz

いろいろ展開用意していただけて、ロールは楽しいだけに申し訳ないです…
本スレへの影響はない前提の進行でしたが、お付き合いいただける時に絡んでいただければッ…
置き進行のままでも大丈夫、というのでしたら、そう伝えていただけるとありがたいですッ

お二方とも、ここまでお待たせしてしまって、本当申し訳ないです…orz
今後マズい状況の時は、入った段階で連絡するようにしてみますッ


595サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/11/10(土) 09:29:13 ID:ZCHlt7mo0
>>594
お待ちしてました!
リアルの方が、もう苛烈極まっているようで……どうかご自愛ください

現状の此方のスケジュールですが、こちらも平日はまず纏まった時間を取る事は不可能に近く、休日と言えるのは火曜と土曜くらいのモノでして……
一応、17日、24日には、現在予定は入っておりませんが、そちらの状況を優先しますので、その時に改めて確認する、という形が無難かと思います

ここからは、恐らく4往復前後のレスぐらいになるとは思いますが、無理を押してコンディションを崩すような事は、しないでください
無論、置き進行のままでも、此方は問題ありませんので……


596柊の中身 :2018/11/10(土) 14:09:35 ID:Ar7VX76g0
>>595
お優しい言葉と配慮、本当にありがとうございますッ…

17日はよほどのことが無ければ大丈夫そうなので、置きで返しつつ、その辺りでお相手いただければ幸いです……!orz
お忙しい中せっかく時間頂いちゃう訳ですし、できる限りの準備はしておきますねっ
それでは、またお願いしますー!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 イベント運営スレ3 (Res:910)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1名無しさん :2014/05/13(火) 23:11:56 ID:Jfel1XAU0
イベントの募集・話し合いなどを行うスレッドです。
提案は舞台裏、詳しい内容等の話し合い等は、舞台裏の邪魔をしないよう、
こちらを利用するよう協力お願いします。

イベントに限らず、広い目的に御使用下さい。


前スレ
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14029/1366454859/

901 ◆zqsKQfmTy2 :2018/10/28(日) 23:43:45 ID:VQEGfC9M0
>>898
エーリカ&リゼで参加します


902マリアベル ◆rZ1XhuyZ7I :2018/10/30(火) 02:12:31 ID:smh2z7gk0
>>898
マリアベルで参加希望させて頂きたいですが、趣旨的に大丈夫でしょうか?


903カニバディール中身 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/31(水) 01:21:51 ID:I.3DEeWg0
>>898
カニバディール&ギア・ボックスで参加希望します!


904名無しさん :2018/11/03(土) 10:44:10 ID:n.2q1xsY0
>>898
待雪かえで、で参加希望しますっ


905 ◆zlCN2ONzFo :2018/11/04(日) 18:57:59 ID:6.kk0qdE0
>>898
ライガ・カシワギで参加希望です
よろしくお願いします


906サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/11/10(土) 09:30:20 ID:ZCHlt7mo0
>>898
ラベンダァイス&レグルス=バーナルドで参加を希望します


907 ◆zO7JlnSovk :2018/11/10(土) 12:51:50 ID:arusqhls0
>>899-906
ここまで確認いたしました! 皆様宜しくお願いします!


908 ◆KWGiwP6EW2 :2018/11/10(土) 12:58:28 ID:WMHqDivw0
>>898
先日のカニバディールさんの探索イベントにて登場した、アレフ=ヌル、アレフ=ゼロで参加いたします。
ボスも顔を出すことは有るかも…


909名無しさん :2018/11/10(土) 14:02:28 ID:Ar7VX76g0
>>898
もしまだ大丈夫でしたら、八攫 柊で参加したいですっ


910 ◆zO7JlnSovk :2018/11/10(土) 14:04:26 ID:arusqhls0
>>908-909
大丈夫ですよ! お久しぶりです!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 【夢か】SSスレ【幻か】 (Res:475)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1名無しさん :2011/12/28(水) 20:11:08 ID:N1YE.l9Q0
ここは能力者スレ避難所、SSスレです。
基本的には能力者スレに出てきたキャラに関係したりするSSのみの投稿でお願いします。
別の人が動かしているキャラを登場させる場合は、本人の許可をとってから登場させるようにしましょう。

次スレは>>950が立ててください。

466Or All the Worlds With Absurdity ◆1miRGmvwjU :2018/07/16(月) 20:47:14 ID:o6XMS57s0


 検索。「███ 手足 切断」「見せしめ ███」「███ 残酷 処刑」「パーティー ███ 痛快」
 検索結果。750000件。31000件。640000件。20000件。SNSへのリンク。ハッシュタグ。該当のレスポンス、 ──── 件。



[[20██-07-10 A.M.05:21/水国██州██市、██████屋上。]]


 夜明け前の街。とあるビルの屋上にて、ふたりの女がフェンスに身体を預けて、茫洋とした会話を朝靄に溶かす。 ─── 甘ったるい煙草の匂い。


「ねえ。」


 やおらに口を開いたのは銀髪の女であった。2mはあろうかという背丈をしていた。「 ─── ん。」
 黒髪の女が、視線も寄こさずに言葉を促す。遠くで蝉の鳴き声が聞こえた。それでも彼女は、顔以外は肌を晒さぬゴシック・ロリータを纏っていた。


「 ──── 覚えてる?」「『センセイ』の『三戒』。」


 暫しの沈黙。その後に、黒髪の女が語り始める。懐かしい記憶を探るように。


「 『死ぬな』」「『恐れるな』」「『同情するな』。 ……… 破ったことはないよ。教えられてから、今まで。」

「死ぬな。──── 死んだ兵士は捨て置かれる。よって無価値だ。」
「恐れるな。 ──── 恐怖は秩序なく自己増殖する。全て切り捨て状況だけを見ろ。」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


467Or All the Worlds With Absurdity ◆1miRGmvwjU :2018/07/16(月) 20:48:18 ID:o6XMS57s0
 男はまた溜息をついた。観念したように、突き出された資料に目を通し始めた。あまり丁寧とは言い難い身辺調査の文体に、何度か視線を前の行に戻しながら。
 続く言葉は半ばほどが愚痴であった。面倒をかけるのなら、その分の面倒も請け負ってはくれないか、 ─── そう言外に主張していた。女も異存はなかった。


「そうは問屋が卸さないさ。曲がりなりにも貴重な世界線渡航の経験者だからねえ。鑑識課と装備課の連中、ボディとメモリ丸一日いじくりまわして構造解析してる。」
「 ──── おまけに派手に壊しやがった。加えて自傷で、だ。 精神汚染の可能性も考慮して脳殻は隔離したが、直近の記憶領域をマスクデータにしてやがる。」
「しかも自閉モードまで起動中。ご丁寧に緊急の物理遮蔽回路まで入力してある。 …… 仕方ねえから、公安の方の捜査にあたらせてた1人も呼び戻した。当分アリアは謹慎だよ。」

「アリアの代わりが、あの"2枚目"?」「気に入らないなぁ。アイツいちいち言い回しと態度がムカつくんだよね。煙草の趣味も悪いし。ライガ君の方がまだ務まるよ。」
「マフィア上がりだか何だか知らないけど、ハードボイルドでも気取ってんのかっての。 ……… まあ、いいや。」





「それで?」「 ──── やっていい、よね?」


 有無を言わせない問いかけ方だった。そう分かっていて、また男は溜息を吐いた。
 読みかけていた書類をいったんデスクに置き直す。茶色く濁った視線を持ち上げる。見つめ返されるのなら押し黙る、けれど。


「 …………。 」「分かってるだろう。俺としては、賛同できない。」


 言い終わるか言い終わらないか、そういうタイミングだった。ばんッ、とデスクに白い掌が叩き付けられた。伸びた手が男の胸倉を掴んだ。抵抗はない。
 ぎり、 ──── 歯軋りの音がいやに響いた。白陶のメイクが施された顔貌を、女は歯茎まで剥き出しにして歪めていた。理不尽なくらいの怒りが青い瞳に火を灯していた。



(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


468Or All the Worlds With Absurdity ◆1miRGmvwjU :2018/07/16(月) 20:48:51 ID:o6XMS57s0



 聞き遂げた時点で女は踵を返す。別れの言葉も要らなかった。きっと、自分の顔を見せたくなかった。それを男も分かっていた。
 だから濡羽色の髪がひらめく背中に、「またね、ミレーユ君。」 ──── そうとだけ呼びかけて、いずれ乱暴にドアが閉まる。そして彼は孤独になった。しかし今はむしろ孤独な方がよかった。
 はあ、と最後に大きく溜息をつく。この役職についてから間違いなく回数が増えていた。遣り甲斐の裏返しである確信を持ててはいた、が。健康診断はまず怖い。
 ともあれ今はあまり考えたくなかった。1時間半ほど前にサーバーから注いだインスタントのコーヒーを啜る。泥水みたいに不味かつた。だからだろうか、呟きたくもなる。



「 ──── にしたって。」
            「あいつ、あんな顔すんだなぁ。」



▶︎REC.




 検索。「███ ███」。そのままイメージ検索。関連画像ならびに動画、████件。アクセス。█████から脆弱性を生成。 ──── メインサーバーを制圧。関連する全ての動画を削除。
 代わりに████ウェア系のウイルスを配置。レンダリングに差しかかった時点でリクエストしたホストに干渉する攻性防壁を設置。事後処理として書き換えの痕跡をマスク。




[[20██-██-██ A.M.██:██/█国██州██市、████████-█-██。]]



(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


469幕間:兄妹の会話 ◆S6ROLCWdjI :2018/08/14(火) 21:27:08 ID:WMHqDivw0
「んーで。あのオカマのヒト、マジで好きになっちゃったの?」

「それ本人の前で絶対言わないで、ありえんほどキレるから。……うん」

「ふーん。あーんなに警告してやったのに?」

「…………」

「あれほど『スキな人を作るな』って言ったのに?」

「…………」

「本当によくないことだってわかってるのに?」

「…………」

「…………わかってるなら、まあ、いーよ」

「…………あんただって鈴音のこと、……なくせに」

「おれはもうそこらへん手遅れだってこと知っててそう言う?
 だとしたらひっでえヤツだな、おまえ」

「…………、…………ごめん」

「いーよ。半分くらい冗談だし。……もう半分は本気だけど。
 なあシグ、おれおまえのこと結構本気で妹っぽく思ってんだぜ、心配してるってコト」

「…………うん」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


470Interlude ~破鏡の嘆き~ 1/2 ◆auPC5auEAk :2018/08/15(水) 15:48:54 ID:ZCHlt7mo0
「…………なんの、つもりだよ、おい……ッ」
「――――手前だって、そんなつもりはなかったよ。すまない……下手を踏んで、このザマだ……本当に、すまないと思ってる……」
「――――ごめんなさい、私がついていながら、こんな――――こんな、ごめんなさいぃ――――ッ!」
「……そうか……準備不足で踏み込んだ事、やはり無理があったか……俺も、早計だった、悪い事をした……」

――――2018年8月12日未明、水の国『Crystal Labyrinth』は、沈痛な絶望に包まれていた。
『すぐに来い』という乱暴なメッセージを受け取り、青の魔術師は通い慣れたその酒場へと飛び込む――――そこに、『相棒』との永遠の別れが待っているとも知らずに。
用心棒の獣人、そして幼い生物兵器が待つその場に――――薄ピンク色の靄のような姿の、中世的な風貌の青年が、バツが悪そうに佇んでいた――――さながら、幽霊のような姿で。
正にその青年は幽霊――――程なくしてこの世界から消えてしまう、最後の名残を、仲間たちの為にと残されたものだった。

取り乱し、今にも泣きそうな表情で頭を抱える生物兵器、ぐっと力を込めて瞑目し、重い溜息を吐きだす獣人、そして、ただ茫然と立ち尽くす偉丈夫。
そして、亡霊と化した青年の足元には――――血に汚れ切った、黒の魔術師としての彼自身の姿が、横たえられている――――。

「……あの電波ジャック予告も、例の虚神達が、関わっていた。それと、アーディンさん……夕月の事、もう大丈夫だ……彼女もまた、そこに絡められていて、何とか救いだせたんだ……
 ――――でも、レグルス。頼むから、落ち着いてよく聞いて欲しい……」
「落ち着け……落ち着けって、なんだよ…………お前、マジに……マジにいなくなっちまうのか、おい……!」
「その事は、分かっていたはずだよ。……同じ事を、あの時手前は、君に対して思っていたんだから――――だが、非常に残念な知らせがある……」
「……聞こう。話してくれ、アルク……」

事務的に、必要な言葉を選択的に、青年の亡霊は口にする。残された時間は、わずかなのだ――――ただ、伝えなければならない事は多い。
なお呆然と、ショックから立ち直り切れていない青の魔術師に代わって、獣人は気持ちを立て直すように頭を振ると、真っ直ぐにその姿を見据えた。

「――――ソニアは、もうダメだ。彼女もついに、虚神の一員として、目覚めてしまった――――カチューシャは、虚神『エカチェリーナ』と化してしまった……もう、どうしようもない……ッ」
「――――ッ!?」
「……言っただろう、レグルス……彼女を例え元に戻せても、「カチューシャとして犯した罪」が、雪がれる訳じゃない。根本から叩いて、彼女を汚した奴らを引きずり出さなきゃ、ソニアは……」
「……その身に覚えのない罪と共に、生きていかなければならない。それは、あまりに酷が過ぎる話だ……だからこそ、俺たちは、根源まで含めて、戦わなければならない……――――だが」
「そうだ、アーディンさん……虚神となってしまった以上、もうその規模でも話は収まらない……
 もう、縋れる希望は、どこにも残っていないんだ――――ソニアはもう……帰っては来ない、帰っては来れない……」
「――――嘘だろ、アルク……てめぇ、死ぬ間際、いい加減な幻でも見てたんじゃねぇのか、朦朧して、フラフラになって、よ……」
「だったら、ラベンダーに確かめれば良いさ……彼女だって、同じものを見て、同じ結末を見届けたんだ……――――同じ絶望を、味わったんだよ……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


471Interlude ~破鏡の嘆き~ 2/2 ◆auPC5auEAk :2018/08/15(水) 15:50:02 ID:ZCHlt7mo0
――――ふっと、霊体を維持していた魔力が薄まり、青年のビジョンが曖昧な朧と化していく。

「――――いよいよ、終わりだね……アーディンさん、世話になった事へのお返し、まともに何も残せなくて、申し訳ないと思う……我儘になるが、せめてレグルスの事、お願いしたい……」
「……乗りかかった船だ、安心しろ――――そして、安心して、眠れ……お前の言う『絶望の深海』は、もうお前を凍えさせもない、静かに包んでくれるだろうよ……」
「ありがとう……――――ラベンダー、そう自分を責めないでくれ。手前が自分の身を守れなかったのは、手前の迂闊が悪かったんだ。君はまだ、折れるには早いはずだ」
「――――私が――――わたしが、っ――――もっと強かったなら――――ッ、ぅ、ごめんなさい、ごめんなさい――――!」
「……やれやれ……ケツァル・コアトルの心は、やはり人間には解しきれないという事なのか――――そしてレグルス」
「…………」
「――――手前は、君と共に生きる事が出来て、本当に良かった。最後まで『相棒』でいてくれて、本当にありがとう――――どうか、元気で、ね……――――――――――――――――」

それぞれに、最後の別れの言葉を交わして、霊体は無へと還り、後には死体だけが残る。そこにはただ、厳然とした『死』の事実が、示されていた――――残酷なほどに。

「アルク…………――――こんな早くなくたって、良かったじゃねぇか…………ッ」

フラフラと、偉丈夫は青年の亡骸の手を取る。不思議なほどに――――本人にとっても不思議なほどに、涙は出てこようとしなかった。

「――――ラベンダァイス、てめぇ……何をしに行ってたんだ、遊びに行ってやがったのかッ!」

代わりに湧き上がるのは、どうしようもない怒り。高い実力を持つ戦士と聞き及んでいた少女の失態に対する、渦巻くような怒りだった。
握り固めた裏拳が、少女の頬を横薙ぎに殴りつける。バチンと威勢のいい音を響かせて、少女は床へと叩きつけられた
その痛みよりも、言葉よりも、ただ己の失態に対する悼みが、少女を慟哭させる。――――何のために、自分は生き恥を晒しているのだろうと。

「っご、ごめんなさい! ごめんなさいぃぃい!!」
「もう止めろレグルス! お前が力を振るうべきは、ラベンダァイスじゃない……邪神ども、そしてソニアだ……もう、分かるだろう……ッ」
「……分からねぇよ……ここまで来て、分かったようなことを言うなよオヤジ――――こんなやりきれなさ、分かってたまるかよッッ!」
「あぁ分かりはしない、分かる必要もない! 分からなければならないのはただ1つ! 彼女の魂が、今以ってなお無限に汚濁されている、その事実だけだろうッ!!」
「ッぅ……!?」

獣人の大喝が、少女を殴打した偉丈夫に叩きつけられる。激情の坩堝と化していた偉丈夫を止めるのはただ、獣人の気迫だけだった。フリーズした偉丈夫に、獣人は静かに諫言する。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


472 ◆3inMmyYQUs :2018/09/12(水) 22:15:36 ID:GQoYu22s0

【 File : ZERO ver.2.0 / Teaser 1 】


『2.0』
ttps://www.evernote.com/l/AkmkfpkCtT5HQqM90LAAqZluz0gNgU3j-uk


473 ◆3inMmyYQUs :2018/09/13(木) 17:55:27 ID:GQoYu22s0
/(上のやつは諸々の不具合が出たので一旦引っ込めます)
/(なんか準備してんだなーぐらいに捉えていただければ。。お目汚し失礼いたしました)


474 ◆3inMmyYQUs :2018/09/14(金) 00:13:06 ID:GQoYu22s0

【 (Re:) File : ZERO ver.2.0 / Teaser 1 】



『2.0』
ttps://spark.adobe.com/page/NJk7XFqGbnfjR/



/※PCの方はフルスクリーンで、
/スマホの方は画面横向きに、それぞれしていただくと一番綺麗に見えます。。


475 ◆3inMmyYQUs :2018/11/03(土) 02:52:09 ID:nHxGsN220
【File : ZERO ver.2.0.0 β】

Episode of Aria
『 The ghost (Re:) load 』草案

ttps://www.evernote.com/l/AkkoiIUOrzZGWZVDLTCantFK-dVI5Gm0Oug


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 【新たな能力者】新キャラ新武器新設定実験室【ここに来たれ!】 (Res:801)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1名無しさん :2015/02/22(日) 20:57:13 ID:772nmGRA0
ようこそ
ここは新キャラや新武器、設定等で過去との矛盾やチートにならないかどうかなど
本スレに出すにあたって不安がある方のためのスレです。

「新しく能力者スレに参加したいけれどこういう能力のキャラで大丈夫か」
「こんな武器や設定を使って問題はないか」
「こういう過去を持たせたいけど矛盾になっていないか」
もしくは「スレに出る前に性能を試したい」と言う方は、ここで練習ロールを行うことも可能です

また、アドバイスする側の方は率直な意見を出してあげる事も大切ですが、
厳しい口調になっていないか、上から目線が過ぎていないか、まずは書き込む前に一息置いてみて下さい。

次スレは>>950が立てて下さい

キャラ用テンプレ
【名前】
【容姿】
【能力】
【性格】
【戦闘方法】
【備考】

792 ◆zlCN2ONzFo :2018/10/07(日) 10:35:47 ID:6.kk0qdE0
>>791
ありがとうございます、コンセプトはなりきり世界ならではの変身ツール、ですので中の人の間の話し合いは必須となって居ります
大丈夫なようでしたら、運用して行こうと思います!


793 ◆zO7JlnSovk :2018/10/26(金) 22:05:39 ID:arusqhls0
/サリードさんの方に向けたキャラになります、よろしくお願いします

【名前】
小夜(さよ)

【容姿】

【夜の色をした長髪をサイドテールに結って、月をあしらった簪で片方に垂らす】
【華奢な体躯を包む淡桃色の着物は左前、紫陽花色の帯が鮮やかに姿を染め上げて】
【足袋に履いた質素な草履、総じてお淑やかな印象を与える小柄な少女】

【基本設定】
元 "トリカゴ" 所属の "小鳥" 正確には脱退はしていないのだが、彼女が脱退していないと知っている人間は極一部
とはいえ隠している訳ではないので、もし "トリカゴ" の人員に会ったならその旨は伝えると思います。
モチーフはナイチンゲールこと小夜啼鳥。

かつては "榧" と巣作りをしていたが、後述の事件により解消、それからは一人気ままに生活している。

非常におとなしく引っ込み思案な性格、その反面好奇心は非常に旺盛で、色んな物事に首を突っ込みたがる。
これもまた、後述の事情によるもの、基本的には物静かでおとなしい小動物系女子。

一人称は "小夜" 二人称は "貴方" 三人称は "○○さん" ですます口調の礼儀正しい系の想定です。

出身は "櫻の国" の "桜桃/ゆすら" ──── 幼い頃に "トリカゴ" へ引き取られ能力を与えられた。
しかし、現在の能力は、当時与えられたそれを遙かに超える強力さを持っており、これもまた後述の事件に関わってくる。

【裏設定】
実は死人、 "榧" と巣作りをしている際、二人で "桜桃" で起きた事件に巻き込まれ、致命傷を受ける。
死に征く間際 "何者か" により "能力" を強化され、生命活動の維持には問題ない状態になっている、が ────。
この際 "榧" は小夜を "死んだ" と認識しており、トリカゴにそう報告、飼主を除き、ほぼ全員が彼女を死んだものとして認識している。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


794サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/10/27(土) 17:56:20 ID:ZCHlt7mo0
/こちらも出来上がりましたので、お目通しお願いしようと思います!



【名前】
ベルガー=クラシット

【容姿】
【ダークグリーンで癖のある短髪を、左右は空いて後ろへと流すように生やしている】
【薄手の黒シャツに、ジッパーを締めずに開いたままの白いジャケットを重ね着にして、首元に銀色の無機質なペンダントをぶら下げた】
【すすけた感じの印象を漂わせる、がっしりとした重厚な体格の、身長170㎝前後の少年】

【能力】
“Terrible Object”
『魔力を利用し、設置型の兵装『ピラー』を展開する能力
文字通りの柱型の構造物を、一度に2基まで、自分の周辺に任意に出現させ、利用する事ができる
『ピラー』には『オフェンスピラー』と『ディフェンスピラー』の2種類があり、これも選択的に展開する事ができる

『オフェンスピラー』は、棘鉄球の発射やビームの照射、ギロチンやグラインダーの展開など、様々な武装を搭載する事ができる
ただし、外部からの干渉に対して、さほど高い耐久力を持っておらず、一定の攻撃に晒されると瓦解する

『ディフェンスピラー』はその逆に、複雑な機構を持たせることが出来ない代わりに、非常に耐久力が高い
物理・魔力的干渉のどちらに対しても、相応の強度を誇る為、盾や足場、障害物、あるいはシェルターとしての活用に適している

魔力を10として表した場合、5:5から10:0まで、自由に『ピラー』へと注力する事が可能
『オフェンス:5』『ディフェンス:5』の様に、状況対応力を高めたり、『オフェンス:8』『オフェンス:2』の様に、メインとサブの砲台と言った風に使い分けたりする事がカギ

“The Beast”
詳細は後述

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


795サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/10/27(土) 18:10:55 ID:ZCHlt7mo0
>>793
拝見しました。……これは是非とも頑張ろうかと思います
どこまで小動物系を上手く扱えるか、見ていてもらいたいなと……

ちょっと質問させてもらいたい点が、次辺りの部分です

・現状、パートナーシップを解散した榧の事を、どう思っているのか?
・裏設定の項目の部分を、小夜自身はどれだけ認識しているのか?
・現状、どういった形で生活を営んでいるのか?(『トリカゴ』を離れた上での収入手段など)
・得意とする武器の扱い
・『トリカゴ』に、現状はどれくらい協力しているか?

ちょっと細かい部分が多いですが……w



あと、>>794に書き切れなかった部分を……

『ピラー』に関しては『同時に2基まで』『10の割合の割り振り』を守ってもらえば、運用は割と自由です
『オフェンスピラー』の武装や、破壊された際の再展開などは、その時の裁量次第という事で……

また、首のペンダントは父の形見で、思い出の品と言った設定です


796 ◆zO7JlnSovk :2018/10/28(日) 16:15:27 ID:arusqhls0
>>794-795
わー! ありがとうございます!! 正当派主人公キャラとして大事に運用させていただきますね!
簡潔でわかりやすい説明で此方から質問等もないです!

上から順にお答えしますと

→ 榧の事は "大事な人" です、恋愛感情とはまた違います、兄の様に慕っているという感覚ですね
  だからこそ、 "死が宿命づけられている" 自分に、彼が縛られて欲しくないと思っています

→ 全部認識しています、だからこそ、限られた命を大切に使おうという死生観になっています

→ 特に考えてなかったので自由です! サリサリさんのセンスにお任せします!

→ 特に(ry 櫻の子なので刀とかでしょうか、大量の刀を千切っては投げ千切っては投げとかかっこいいかなーと!

→ 一番上の答えにも関わりますが、榧に対する気持ちと、トリカゴの人員に対する気持ちは近いです
  メンバーを大切に思うからこそ、自分が関わる事に対してやや臆病になっています
  けれども、メンバーの危機などには、それこそ命を投げ出して駆けつけたいと思っています


797サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2018/10/29(月) 12:29:22 ID:AhfkuOwo0
>>796
返事が遅くなってしまいましたが、こちらも了解です、ありがとうございます!
この辺咀嚼して、軽く練り上げたら、すぐにでも使っていこうと思います
こちらからも、よろしくお願いしますー!


798 ◆zlCN2ONzFo :2018/10/30(火) 10:52:26 ID:6.kk0qdE0
//雑談でちょっと話していたキャラです、査定の程よろしくお願いします。


名前 風野百合子(かぜのゆりこ)
性別 女性
年齢 16
身長 146㎝
体重 40㎏弱
所属 櫻国陸軍情報部、軍曹
特技 剣術、偵察、斥候任務

【人物】
櫻の国陸軍側の諜報員、元は歩兵大隊の偵察隊中隊所属、桜桃近郊の高野出身であり、幼い頃から和泉一心流を習っていた、その為和泉文月とは子弟の間柄と言える、最もその稽古は中々に苛烈な様で、百合子に若干のトラウマを植え付けている。
前述の通り身長は極めて低い、髪は赤茶けたショートヘアの前髪をサイドに流している、額が目立つ、所謂デコ、尚肉付きは薄い、これらの事を本人に言おうものならば、かなり煩く怒り出す。
こんな見た目だが兵士としての能力はそこそこに高い様子。
だが、諜報員とは思えない性格で、感情豊かでキャンキャンと煩い、下記の杉原とコンビを組み水の国に潜入する。
その任務は、海軍の陰謀により動き出している事象の調査と、本件により捕縛された海軍諜報部関係者、協力者への取次ぎと、その身柄の保護、防衛である。
また、那須翔子に関しては色々思う所がある様だ
下記の杉原の肩に座る形で乗って、よく移動している。
ちなみに和泉一心流は目録の段位

【服装】
藍色のキャスケットに黒いモッズコート、白く薄いセーターとデニム地のショートパンツ、黒のニーハイソックス、ショートブーツ

【能力】
武器と認識したものに炎を宿らせる能力:自分自身が手にした物で、自分が武器であると思った物に炎を纏わせる能力、普段は自分が持つ一対の小太刀に走らせて使っている。

【戦闘】
和泉一心流を駆使した剣術中心の戦闘スタイル。
小太刀の二刀流である為手数は多く、かなり小柄である為素早くまた相手の懐に入りやすい、その分一撃一撃の威力は弱くリーチに劣る。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


799 ◆zO7JlnSovk :2018/10/30(火) 11:40:24 ID:arusqhls0
>>798
わっ! 文月についに子弟が!! 滅茶苦茶かわいがりそうな予感です!
上下共に全く問題ないと思います! 大丈夫かと!


800 ◆zlCN2ONzFo :2018/10/30(火) 20:23:52 ID:gmKegSyE0
>>799
査定ありがとうございます!
どんな感じになるかとても楽しみです!
海軍諜報部に関わった人々の、保護と調査が任務なので近く関わる機会が訪れると思われます!


801 ◆1miRGmvwjU :2018/11/04(日) 22:02:18 ID:E1nVzEpQ0
/佳月ちゃんの方宛の設定です!


・DP-1N 試製二連銃身式機動速射散弾鞘銃〝鳳仙花〟

外務八課の装備班謹製となる、白坂佳月の専用銃。全長120cm、12ゲージシェル装填、3inchマグナム対応。刀鞘一体式の散弾銃という、異質な"仕掛け武器"。フレームはアルミだが、ウッドパーツへ換装する余地も残されている。
銃器としては、左右2連の銃身を持つ特異なオートマチック・ショットガン。シルエットは四角く細長く、近未来的。並べられた銃身の隙間に鞘が、鯉口の直ぐ下にトリガーとセレクターが、それぞれ配置されている。グリップとトリガーシステムは完全に折り畳む事が出来る。1回トリガーを引く毎に2発が発射される。
銃口下に配されたフレーム格納式の着脱筒型弾倉より給弾を受ける。装弾数30発。リロードの際は弾切れと同時に機関部のヒンジを基軸として自動的にロアーレシーバーが開き、予備弾倉と交換できるようになる。
弾倉もまた専用設計であり、全長は60cmほど。慣れれば片手で再装填できるという。機関部は鞘の後方にあり、ちょうど鋒の始まる位置に重なる。
対人弾頭のダブルオー・バックに始まり、単発大威力のスラッグ弾、非殺傷性のラバージャケットや煙幕弾・催涙弾などなど、装填可能な弾頭は多岐に渡る。頑丈なので鞘自体でブン殴っても良い攻撃になる。便利。

この武器を「鞘」として扱う際、最大の特徴は「抜刀機構」にある。機関部ごと銃身を封鎖し射撃能力をオミットする代わりに、ガスレギュレータにて鞘中へ導かれた超高温超高圧の発射煙が使用者の抜刀をアシストする。刀を収めたままトリガーを引けば、放たれるは超高速の居合斬り。
この武器を「銃」として扱う際、最大の特徴は「トリガー」にある。通常は鯉口の位置にあるトリガーシステムを、状況に応じ鞘尻まで後退させる事ができる。これにより暗器としての秘匿性と、散弾銃としての優れた取り回しを両立。
2つのモードの切り替えはセレクターにより行う。セーフティ/セミオート/フルオート/アクセラレーションの4種。どんな握り方をしていても、親指だけで届く位置。
また何れのモードであっても、セレクターすぐ横のトグル式スティックを押し込み操作することによって、銃身と銃口の周囲に設けられたガス・コンペンセイター・ノズルの角度および収縮率を調整できる。使い手の熟達によっては、射撃反動を利用した尋常ならざる跳躍や急加速・方向転換まで行えてしまう。

非常に多機能であるが、それ故に扱い辛い銃。その割に重量は4kgと比較的軽め。反動は基本的に酷いもので、幾らショットガンと言えども精密射撃には困難が伴う。肩付けできるストックさえもない。
可動部位の多さ故、丁寧に扱わないと割と給弾不良(ジャム)を起こす。そのくせ真価を発揮するには、ある程度乱暴に扱わないといけない。とてもピーキー。ミレーユ曰く、「頭のおかしいレベルでヤバいくらい変態銃」 ……… ひどい言いよう。


【参考画像】
即興クソコラなので不都合あれば幾らでもデフォルメしてやってください、、、
ttps://i.imgur.com/ezjIA5W.jpg
↑鞘モードです
ttps://i.imgur.com/rY7hUfm.jpg
↑銃モードです
ttps://i.imgur.com/1l4qTRm.jpg
↑リロードする時はこんな感じです

/と言うわけでこんな感じの銃鞘になります!なにか疑問点などあれば容赦なく突っ込んでやってください、、、


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 カノッサ機関相談スレ (Res:670)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1名無しさん :2011/12/13(火) 23:26:23 ID:GX/CjRIw0
ここではカノッサ機関に関する議論や意見交換を行うスレです
組織の展開、各キャラ間でのイベントの相談などをすると良いでしょう

また、問題点や何かしら思う所があれば非参加者でも忌憚なく意見を発してください
各々の意識や指摘によって、カノッサ機関の魅力のすべてが決まります
かつての機関が野放図に広がってしまった事を教訓とし、是非ともそれを生かしましょう

次スレは>>970の方が立てること、不可能であれば代行をお願いするなどしてください

661サリードの中身 ◆auPC5auEAk :2016/04/17(日) 13:26:56 ID:ZCHlt7mo0
期間があやふやではありますが、とりあえずここまでの点呼の内容をwikiに反映しました


662名無しさん :2016/05/03(火) 04:53:42 ID:5Qk16xKw0
ダリア・レオンフィールド、No.12にて復帰します…!


663 ◆auPC5auEAk :2016/06/25(土) 23:08:57 ID:ZCHlt7mo0
六罪王 鬼首 殺狩ですが、イベントの開催期間をオーバーしてしまったので、六罪王から≪No.3≫へ降格させます

≪No.21≫パウル=ミュンツァー
≪No.84≫カテドラル=ヴァントゥール

点呼します


664 ◆OriM0VTv6Y :2016/06/26(日) 18:30:20 ID:/R2cYzL60
空いているようですのでNo.26を使用させていただきます


665 ◆wEoK9CQdXQ :2016/07/01(金) 22:51:07 ID:aJBmTfJY0
No.12,ダリア・レオンフィールド点呼ッ


666名無しさん :2018/03/12(月) 10:10:18 ID:adOSLVgQ0
六罪王《計劃者》ロジェクト、お席をお借りできればと思います。
よろしくお願いします。


667 ◆9VoJCcNhSw :2018/03/22(木) 01:12:58 ID:wn2rqSVw0
現No.100ジルベール・デュボン、暫し六罪王の席をお借りします。


668 ◆r0cnuegjy. :2018/04/24(火) 18:39:59 ID:g1HLNF4w0
ちょっと書き込みのテストをします


669ジンジャー中身 :2018/06/07(木) 21:29:32 ID:XqQAhkbc0
六罪王、音無 小町を復帰させようと思います
後、No.5の席を使用させていただきます


670霧崎とか ◆KP.vGoiAyM :2018/10/23(火) 20:06:27 ID:sYdu55Og0
六罪王の枠を一枠お借りしたく思います。
皆さんに周知しておきたいのでageさせていただきます。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 【ありのままの】AP放送局その4【姿見せるのよ】 (Res:550)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1名無しさん :2014/09/14(日) 20:07:35 ID:GnyuTh8Q0
ここは能力者のラジオやらドラマやらを思うままに垂れ流しするスレです。
時代劇、ドラマ、バラエティなどジャンルを問わず、なんでもOKです。殆どがラジオですが。

次スレは>>950を踏んだ人が建ててください。

541 ◆1miRGmvwjU :2018/10/22(月) 01:09:54 ID:YXGj9tJM0
>>531

「子供に非道を働く人間は嫌いよ。モルモット扱いするような日には縊り殺すわ。好きな人を傷付けられるのも赦し難いわね ─── 首を洗って待っておきなさい」

『オカマって呼ばれたら即座にキレるよ。ボク男でもなければ女でもないし。そういう扱い方してほしくないし。あと、シg ……… 夕月に酷いことする奴。
 あっそうだ! ボクも最近スナッフムービー ─── っていうか生配信したんだけとさ、"最後の晩餐"は参考にさせて貰いました。ありがとネ!
 本当は"Special Thanks
to Scraps and Mastermind"って付け加える予定だったんだけど、気が動転してたもんで ─── でも敵に回ったら容赦はできないかもだから、そこんとこは御勘弁!』


By「蛇を喰らった狼」『きっと貴方と同類の外道/正義の味方』


いわゆる「思想犯」「政治犯」「確信犯」みたいなのが中の人は好きですね!なかんずく機動警察パトレイバーの悪役はことごとく魅力的です!
飄々とした人柄ながら趣味=仕事のためなら容赦なく人殺しも出来るとセールスマン・内海課長、物語の最序盤で自殺しながらも予定調和的に作中を揺るがす天才プログラマー・帆場暎一、虚構の平和によって自らの部下を殺され国家へ復讐と証明を誓うテロリスト・柘植行人!
同じような理由でACfAのマクシミリアン・テルミドールや攻殻機動隊の笑い男、MGSシリーズのザ・ボスなんかも好きです、一言「悪」と切って捨てられないようなキャラに魅力を感じます
でもド直球のイカレ野郎や腐れ外道も好きなんですね!HELLSINGの少佐とかブラックラグーンのヘンゼル&グレーテルとか!かと言って美学のない小悪党もそれはそれで好きというか、、、
やっぱりどういう形であれ〝印象に残る悪人〟が好きという身も蓋もない結論になってしまいますが、その辺カニバさんはメチャ印象的だと私淑しております ……… 本スレでロールできる日を楽しみにしております!

By デザートイーグルとM500の二挺拳銃が見たい人(いかにも"ミリタリーユースとは縁遠い人外の悪党が使う銃"って感じのチョイスで素敵です…)


542 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/23(火) 02:29:49 ID:I.3DEeWg0
肉屋「たくさんのお便りに感謝する。遅筆で申し訳ない」
司祭「しかし、思った以上に皆さまあらゆる創作物に接しておられる……中身が存じない悪役キャラが大勢おりますよ」
司祭「これは、挙げていただいたキャラの登場作品を随時チェックしていかなければなりませんな」

>>532
玩具屋「最初見た時は腹筋崩壊しましたよ! 傑作ですよね、あのネタは」
玩具屋「そうそう、洗脳の下りもありましたよね。みんなで洗脳されてレッツひじ祭り!

肉屋「鵺の死については、私も大いに思うところがある……。虚神どもがこの世界に与えた影響はあまりに重いな」
玩具屋「ライガさん……外務八課は相当な激務のようですからね……」
司祭「曹長殿のお悩みは、また単純なようで根が深い……。こればかりは、中尉殿の方にそれとなく促すほかありませんな。それが出来る方がいればよいのですが」


肉屋「ポリシー……なるほど。〝かっこいい悪役〟には必要不可欠といえるだろう要素だな」
玩具屋「シャアや鷹の爪団の総統に関しては、もう一人の主人公という感じもしますが。総統は普通に主人公かもですね。一期の終盤の展開は感動的でした」
司祭「ギルガメッシュ王はあの傲岸不遜さが、そのままポリシーにも繋がっている気がしますね。慢心せずして何が王か……名言です」

肉屋「沈黙の艦隊は読んだことがないので調べてみたが、海江田四郎というのはなかなかにスケールのでかい男のようだな」
肉屋「原潜を領土にして独立国とは……そちらの魔導海軍にこの作品が与えた影響は大きそうじゃあないか」

司祭「わかりますよ。確かなポリシーを持ったキャラクターというのは、扱いが難しいですからな」
司祭「時として、作者の方が振り回されることすらあります。キャラクターが勝手に動き出す、とはよく言ったものですな」
司祭「我々もいずれ、そんな理想的悪役を生み出してみたいものです。お互い、精進いたしましょう」

肉屋「ああ、厳島。そちらは動乱のただ中のようだが、再会の時まで生き延びろ。私もそうする。ではな」


543 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/23(火) 03:11:45 ID:I.3DEeWg0
>>533
肉屋「横暴だ!! 公権力の横暴だ!! 放送権の侵害だぞ!!」
玩具屋「断固抗議すべきだ!! 僕たちのささやかな放送局を、取調室に変えさせるな!! イドッツォ返せバカ!!」

司祭「曽根上殿に因縁あるお二人は冷静でいられないようで、誠に申し訳ない。サプライズな演出、お見事にございます」
司祭「第二回の放送に、我々のところへ出張していただけるとは、身に余る光栄」
司祭「ミチカチャンカワイイヤッターマンは、こちらの中身のラジオネームかもしれませんな。密かにファンでございます」

肉屋「……商標に関しては、まずは交渉に応じる用意がこちらにはある。まずは事の経緯を説明してもらいたい。しかる後に――――」
玩具屋「今そういうこと始めない。ややこしくなるから……。カンナさんも、苦労人気質ですね……心中お察しします」

肉屋「またそういう自分から墓穴を掘るような真似を……。いいぞ、反省するまでつねり続けてやれ」
玩具屋「可愛いですよね、チップとデール。また会いたいな。といったところで、カメラこちらに戻しまーす」


>>534
レクター博士!! 鉄板ですね!!
私も食人鬼キャラを作るに当たって、大いに参考にしました!!
どうなんですかね……レクター博士も、あれは味を楽しんでいたのでしょうか?

アンソニー・ホプキンスのレクター博士は、もう他には考えられないってくらい嵌ってましたね!
初めて見た時は私も衝撃でしたよ。もう見た目からして、ヤバいんですもの。風貌もさることながら、あの薄笑いとも半笑いともつかない表情
どうやったら、あんな雰囲気が出せるのか。それも拘束着を付けられて身動きも出来ない相手のはずなのに、底抜けに怖い

設定だけ見れば厨二キャラかとすら思ってしまいそうな超人的能力の数々も、彼が持つと全く違和感ありません
鑑賞してる間はハラハラでしたよ。レクター博士ご本人は、作中の大半を拘束されて登場しているのに

あのラストは本当ゾクっと来ましたね。所長、貴方が侮辱した相手は、悪魔だったのだ……
旧来の名作たちは、これからもどんどん見ていきたいと思います。映画万歳です

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


544 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/23(火) 03:48:41 ID:I.3DEeWg0
>>535
こういったお相手様がいるなりきりスレで、そのような設定を無理なく運用されていることが、もう本当にリスペクトなんです……
無理ゲー相手に、勝ち目のなさそうな戦いを挑んで知恵と勇気で勝つ!! ジャイアントキリングってやつですかね。私もとても好きです

院長さんの方でも、そんなお悩みを……
フォーさんとか、そういった悪役になり得るポテンシャルがあるなって思います

おお……勿体ないお言葉……。私の方もとっても楽しませていただきました
スクラップズ新メンバーを大いに暴れさせていただき、とても嬉しかったです
あの時のポイゾニックの立ち位置みたいな、引き裂かれてる二人の間を妨害するお邪魔虫とか、すごいやりたい役どころだったんですよ!

得手不得手、そうですよね。楽しみのためのロールなのですし、自分の得手でやっていこうと思います
ドロヘドロ、少し前に終わってしまいましたね。あの世界観には、実際影響を受けています
歌詞は暗いのに、メロディーは踊り出したくなるような曲。私のキャラたちも、そんな奴らを目指したいです

とても勇気づけられました! ありがとうございます!!


無限の住人! 気にはなっていたんですよ、まだ手を出していないのですが
そういう特に理由のない外道キャラ、もうとっても好みです。悪役には、わかりやすさって大事な要素だと思うんですよ

殺し、犯し、踏みにじる。そこまで振り切ったキャラは、確かに難しそうですね……

置きスレに降臨された妲己さんの再現度の高いこと! あの甘ったるい声が聞こえてくるようでした!
基本的に私は、悪役は悪女よりもクソ野郎と考えているのですが、妲己さんは個人的例外の一人です
あの物語は、最後まで妲己さんがぶん回していたような気すらします……漫画史に残る悪女ですよね


クトゥルフとSCP、グランギニョル神話からは、はっきりと感じ取れますが、それ以前からも影響があった感じでしょうか
絶望的な上位存在たるクトゥルフ神話の宇宙的恐怖、向こうからしたら虫けら同然。クトゥルフの恐怖は、ぞうした絶望感ですね
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


545 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/23(火) 04:23:06 ID:I.3DEeWg0
>>536
司祭「やはり特定の相手への怒り、という方が多いようですな。このスレが紡いできた歴史の証左とも言えましょうか」
司祭「ラサルハグェ殿……イル殿との決着は、生きて本スレで戦い続けている、皆さま方の手で行われるべきものなのでしょう」

司祭「仲睦まじいようで何よりですな。雨降って地固まるという言葉もあるはしますが、やはり仲良くあることが最上ですよ」
司祭「なるほど、それは切実な……。ミレーユ殿も、見目麗しく己を飾っておられるのはアイデンティティの一端のご様子。なかなかやめろとは言いづらいですな――――おっと」


肉屋「ストップがかかったな。我々としてはありがたい。アレクサンデルだけで押し通すにも限界がある」
玩具屋「どうもブラスフェミアさん、思いっきり疑ってしまってごめんなさい。今でも疑ってます」

肉屋「感情……なるほど。己の感情のために、手段を選ばないとなれば、それは立派な悪役だ」
玩具屋「わかります、とてもわかります。こちらの中身も、大物悪役ってどうにも作れなくて……。最初から小物全振りでここまできました」

肉屋「大物を、格を落とさずに敗北に導くためには、作者の技量が要求されるからな……」
肉屋「そこで、そちらの中身様は、自分の頭の中という狭い範囲、ごく個人的な問題に落とし込んでくるわけか」

玩具屋「感情ってのは恐ろしいですからね……。これがないと人間とは言えませんが、これがある故に引き起こされた悲劇は数知れず……」
玩具屋「そして、その行き付き先が恋心、ですか……。中身も常々思っていました。愛は常に排他性と裏返しなのだと」

司祭「愛する人以外は、どうしたって後回しになる。それがまた、その人への愛がどれだけ強いかの証明になる。周囲からすれば、恐るべき循環ですな」
司祭「実は中身は、そういったキャラは悪役以外で出てこられると苦手だと考えているのです。排他性の強い愛が肯定的に描かれるのは、どうにも」

司祭「そのおかげで、にわか情報だけで『沙耶の唄』を始めとしたニトロプラス作品や、『灼眼のシャナ』を食わず嫌いしておるほどです」
司祭「愛を踏みつぶしたい。愛のそうした面を否定したい。その上で、より確かな愛の前に斃れ、愛の輝きを証明したい、などという面倒極まる悪役理念を抱いていたこともあります」

司祭「しかし。悪役となれば、それが途端に黒い輝きを放って見えるのです。ゆえに、冒涜者殿」
司祭「〝恋する少女という概念が、この世で一番美しくて悍ましいバケモノであってほしい〟……。貴女様のお言葉、感動いたしました」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


546 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/24(水) 03:23:41 ID:I.3DEeWg0
>>537
玩具屋「大切なもの奪われ過ぎィ!?」
肉屋「これが、それぞれ別種の悲劇に起因するものだというのだから、中身様は見事な悲劇の紡ぎ手だ」
玩具屋「失ったものは戻ってこず、傷が癒えることはない……。それでも、まだ怒りを抱えて戦える皆さんは、とてもかっこいいです!」
肉屋「だが、その怒りと共に進むことが、必ずしも肯定的ではないぞ。トライデントもそんな男だ」


玩具屋「レグルスさん……こういう時、その本人以外には武運を祈って見送る事しかできないですね……。なんて無力だ」

肉屋「こちらでも、ログの全てをチェック出来ているわけではない、というよりかなり取りこぼしているから、お前の地獄のような日々を全て知っているわけではないが」
肉屋「まさに、このグランギニョルを巡る戦いの中で、お前は己の人生を捧げた戦いをしていたのだろう」
肉屋「そのこと自体には、我々一同敬意を表する。命がけで己の決めた道を邁進する姿は、美しいものだ」
肉屋「お前の相棒とも、一度殺し合ってみたかったのだが、残念だよ」

toあまりに不幸な魔術師さん。カチューシャさんご本人は存命ですからね……備えましょう

玩具屋「リ、リベルさん……何とお声をかけたらいいやら……」
肉屋「我々は、ギアと私以外は基本的に付属品扱いにすることで、どうにか20人近いキャラをぶん回しているが、そちらはきちんと独立したキャラクターだからな……」

玩具屋「元々が異世界からの客人で、帰るのが目的というあたり、積極的に状況に介入していく理由が薄まってるせいでしょうか……」
肉屋「そこがアイデンティティでもあるからな。如何ともしがたい……。しかしそうか、もう高校生の年齢だったのか」
肉屋「こっちの中身は、基本的に年齢は確定させずに運用しているからな。きちんと現実時間に合わせて年を取っている姿勢は、密かに尊敬していた」
玩具屋「でも身長は変わらなくて……ごめんなさい、僕らもキャラ崩壊気付いてませんでした……」
肉屋「ラベンダァイスやアーディンと共に私と会った時は、依然とさほど変わらなかったように見えたが」

玩具屋「もはや懐かしさもありますね、GIFT。不特定多数が参加する、こういうスレではよくあることとはいえ、寂しいものです」
肉屋「まあ、まだ日の目を見ないと決まったわけではない。その日を信じて、生き延びろ」

to長く続いてキャラも増えると、どうしてもですよね……

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


547 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/24(水) 03:24:38 ID:I.3DEeWg0
>>538-539
といったところで、サリードさんの方ファンの私としては、とっても嬉しいボリューミーなお便り!!
ありがたいお言葉です、でもサリードさんの方の悪役とっても素敵だと思いますよ
カニバディールでグラトンさんに絡ませていただけた時、夢叶って感動しましたもの

暴蜂の風霊統主の城襲撃イベントなど、胸躍らせて読んでました。復活の兆しがあってから、そちらも楽しみでなりません


悪役語りもとってもボリューミー!! ゲーム関連、特にSTGに対する造詣の深さには、本当に脱帽です
私もまだまだ視野が狭く……ゲームの悪役ってこんなに魅力的なキャラが揃っているんですね……ゾッド以外知らない有様……

怒首領蜂! 「死ぬが良い」で有名なあれですね! ストーリーもセリフもほとんどないのに、絶対的な君臨者……
倒しようのない巨悪って、もう恐れるしか出来ないですね……。しかも、それすらも傀儡とは……
鬼畜難易度のシリーズだと聞いておりますが、悪役の方もそれに違わぬヤバさようで……
大物ってあまり喋りすぎると、大物っぽくなくなってしまうとこありますからね

バイドは画像でちょこちょこ見たことありますが、あの見た目異形のモンスターにそんな重たい秘密あったんですか……
実は人間が変化した化け物と戦っていた、というのは「進撃の巨人」とか「俺の屍を越えてゆけ」とかでもありますが、自我を保ったままというのは初めて聞きました
それで同士討ちをし続けて、そのラスト……なんという……。それまでの戦いそのものに絶望しそうな……
重厚なストーリーに悲劇は付き物とはいえ、胸が重くなりますねこれは。でもそれが良かったりもする……

ゾッド、初登場時の迫力すごかったですよね。それまで人間同士の戦争の範疇だった黄金時代編で、満を持して使徒登場
その一発目にふさわしいインパクトでした。ガニシュカ大帝戦の二人は最高でしたね。緊迫感保ったままなのが特に
単行本予告の「初めての共同作業! ガニシュカ入刀!」には笑うしかありませんでしたが
ライバルポジションはグリフィスよりもゾッドですよね、やはり。私としては仲間になるパターンも好きですが、貫徹パターンがそれ以上に好きです

斑鳩、タイトルしか知りませんでしたが、こちらもまた重そうな……。名前が石のような物体って辺りが、人類視点でそう言うしかない感じが伝わってきます
人類を浄化するために来た、っていうパターンも割とあるような気がしますが、そうやって人の希望を信じさせてくれるものとなると、なかなか難しい気がします
すごい気になって来たんですが……誰か時間を、私に無限の時間を……

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


548 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/24(水) 05:04:25 ID:I.3DEeWg0
>>540
玩具屋「わかりますわかります、自分のこととか不必要に語ったりしなさそうな方多いですよね。ロッソさん然り、霧崎さん然り」
肉屋「外務八課の略称が誕生した瞬間である。さらっと苗字も判明した瞬間なのか? これは。全部チェックし切れてなくてわからないが。申し訳ない」

玩具屋「ロッソさん、確かにこだわるタイプですよね。しかし、爆破する酒場の例がえらく具体的な……これはかつて、本当にそういう酒場爆破したのでは……」
肉屋「やりかねんな、あいつなら。地雷ポイントは……ああ。察する」

司祭「霧崎殿は、そんなにほぼキレているのですか……心の安寧は長生きにも繋がりますよ」
肉屋「極道は、そもそもそういうことを気にする人種ではないだろう」
玩具屋「キレる前に対処……武闘派すぎます、霧崎さん……。プロシュート兄貴のあれですね、『ぶっ殺すって思ったらすでに行動は終わっている』ってやつですね」
司祭「それでいて、キャリアウーマンでもあるのですな。人とは、多面性の生き物です」

肉屋「天才少女も、思いのほか切実な地雷を抱えているのだな……」
玩具屋「わかりやすいけど、対処法が無くて悲しい……」

司祭「ガイハチはブラックな職場なのですな……どうかお身体にはお気をつけて……」
肉屋「有給の最中に緊急呼び出しとか、普通にありそうだな。恐ろしい」
玩具屋「そうですよね、みんな違ってみんな重いのが能力者ですよ!」


そういえば確かに、ロッソさんの方のキャラでガチ悪役って見ませんね
なるほど、捉え方の違いがそこに……悪というのは、人の世の中から生まれてくるものですからね
別の面から見れば正義だったりして、悪とはなんと複雑怪奇……

オーウェルの方々は掴みどころのなさがいいですよね! プレゼンしてる営業っぽい方とか、確かにそこに人はいるのに
実際の影響力しか見えないって感じで……前線に出てるのも機械ですしね。未知ほど怖いものはありません
絶対正義がまず無理なように、絶対悪も難しいですよね……私なんかは、だからこそ創作に絶対悪を求めてしまうのかもしれませんが

おお、ロッソさんの方の悪役が見られる日が近いのですか! これは何とかしてその日まで生きねば……
勿体ないお言葉……ビビリなだけかもしれませんが……。なかなか自分で動かしてみると、苛烈な悪事って心理的抵抗もあるもんです


549 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/24(水) 05:20:30 ID:I.3DEeWg0
>>541
玩具屋「子供にやさしそうですよね、アリアさん。マッドサイエンティストとか存在が地雷って感じですね」
肉屋「待ってたぞ、そういう反応を。ああ、今から楽しみで仕方ない。貴様の目の前で、あのヘビ女を叩き潰してやるのがな」

司祭「人の内面は測りがたし。単純なカテゴリ分けで説明し切れるものではありませんからな」
司祭「昨今、リアルでもマイノリティーが話題になっておりますし、ああいった議論の中にも創作のヒントが紛れていそうです」

肉屋「そちらの二人はパートナーと仲睦まじくて何よりだ。恋愛ロールは中身は本当に苦手なので、出来る中身様はリスペクトだ」
肉屋「拙作をご覧いただいたとは恐悦至極。何かの助けになったのなら幸いだ。中身様だけでなく、外務八課の面々が実際に見てくれたのかどうか気になるところ」

肉屋「ラジオスレでこうして公開してくれたことを嬉しく思う。そういうかっこいいテロップとかも中身は苦手でな」
肉屋「無論だとも。恐らく、かえでと完全に敵対している以上は、その繋がりでお前や夕月とも不俱戴天となるだろうが……機会が巡ってきたら、一つ派手にやり合おうじゃあないか」

toガイハチエースのお二方


彼らなりの信念の下、手段を選ばないタイプと言ったところでしょうか。わかります、ストレート外道の次にそういうキャラが好きです
パトレイバーや攻殻機動隊、アーマード・コアシリーズは、いつか触れようと思って未だに触れておらずだったのですが
説明だけで、なんて心惹かれる悪役たち……。彼らにも彼らの正義があって、そこに譲れない戦いが生じる。熱いですよね、そういうの……

MGSは3しかやってないのですが、ザ・ボスいいですよね! コブラ部隊が忠誠を誓うのもわかります
彼女の生き様は、あのゲームを語るなら外せないですね

HELLSINGの少佐! ブラックラグーンのヘンゼル&グレーテル! 私のど真ん中が来ました!
少佐は本当、登場作品からして私の中二的金字塔なのですが、もうあの大演説といい、ブレなさといい、もう最高です。カリスマです

ヘンゼルとグレーテルは、悲劇的なタイプの悪役だと思うのですが、作中での暴れっぷりはそれをもう微塵も感じさせないすさまじさでしたね……
それだけに、ところどころ見て取れる悲哀と、あの散り際とが印象的です。作者様が退場させるのが惜しかったというのも頷けます

印象って一番大事だと思います。悪役が与えてくれる印象は、その作品に欠かせない柱ではないでしょうか
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


550 ◆ZJHYHqfRdU :2018/10/24(水) 05:37:39 ID:I.3DEeWg0
司祭「……朝ですな」
肉屋「二日オーバーしてこれか。廃人だな」
玩具屋「今更でしょ」

司祭「さて、今回のラジオはここまでとさせていただきます。皆さま、お時間を割いていただき、心より感謝申し上げます」
玩具屋「これからも、皆さんと一緒にこのスレで楽しんでいきたいです。どうかよろしくお願いします」

肉屋「最後に、中身の好きな悪役をさらっと並べて終わりにしようか」


貴公子ジュニア/ガシャドクロ(忍者戦隊カクレンジャー)
私が最初に惚れた悪役と言えば彼でした。ドスの効いたオネエ口調で怒鳴り散らし、ギターをかき鳴らし、ピアノも嗜む
今や大河ドラマに朝ドラにと大活躍の名バイプレイヤー、遠藤憲一さんの怪演は子供心に突き刺さりましたね

グリーヴァス将軍(スターウォーズ)
もう何といっても、ライトセーバー四刀流がカッコ良すぎました。サイボーグの腕を高速回転させるあの戦法、もう最高です
割とあっさりやられちゃったところとか、指揮官としては微妙なところとか、腰が曲がってたり咳き込んだりする老齢の戦士っぽいとことか、全てが魅力的に見えます

ネロ・カオス(月姫シリーズ)
タイプムーンのタの字も知らなかった私が、購読していた雑誌「電撃大王」で彼に出会った衝撃
学者然とした立ち居振る舞いもさることながら、獣を召喚しての物量戦という戦法が新鮮でした。カニバディールの手口は、彼の影響が強いです

ラオモト・カン(ニンジャスレイヤー)
強大なニンジャにしてヤクザ。強いのに、目的は金儲けと勢力拡大。ただひたすらにシンプルな、悪の帝王
間違いなく外道なのに、とっても魅力的なお方です。一番最初のボスキャラなのに、今なおファンの間で存在感を失わない名悪役です

ムスカ大佐(天空の城ラピュタ)
言わずと知れたお方。ジブリ唯一の悪役と言っても過言ではないでしょう。ラピュタは私の中ではもはや、彼の為の作品です
外道ぶり、小物ぶり、悪役の持つべきあらゆる要素を、私は彼から学びました

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード