■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

あの元国税庁長官、TMIに天下り

1 : 善意の第三者 :2018/03/17(土) 18:51:07
sssp://img.2ch.net/ico/nida.gif
http://www.tmi.gr.jp/staff/h_sakota.html
http://www.tmi.gr.jp/topic/2018/1-15.html
当事務所では迫田英典氏を本年1月15日付で顧問として迎えました。

以下、迫田英典氏の入所のご挨拶を掲載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このたび、顧問としてTMI総合法律事務所に入所することになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

私は1982年(昭和57年)に当時の大蔵省(現 財務省)に入省し、昨年の7月に国税庁長官を最後に退官いたしました。35年余を行政官として歩んだことになります。

35年余を顧みると、およそ3分の1を国の予算編成作業に携わる主計局で過ごしましたが、同じくらいの期間、財務省の建物の外で勤務しています。

国税の現場のほか、二つの県で計4年間地方公務員として働いたこともあり、かなり多様な仕事面での経験が出来たな、と思っています。

こうしたこれまでの私の行政官としての経験が、皆様の法律実務の専門知識や経験と有意義な「化学反応」を起こすことを通じて、

微力ながら何がしかの貢献につながれば、との思いを持っています。

また、行政官にとって、法律は身近なものとは言え、これまでそれは自ら策定するものであり、日々の仕事を進める際のベースであった訳ですが、

これから行政官という立場を離れ一人の国民として接する法律は、どういう見え方をするのだろう、という思いもあります。別の視点からの新しい風景への期待感といったところでしょうか。

いずれにせよ、私にとっては新たなチャレンジが始まります。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


2 : 善意の第三者 :2018/03/17(土) 22:35:09
四大ってクソだよね。
ローの教員の天下り先


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■