■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

阪大法科大学院教授、センター試験を妨害で処分

1 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:22:18
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000080-asahi-soci

「いびきで実力出せず」センター試験、阪大教授が居眠り
1/15(月) 21:18配信 朝日新聞デジタル
 大阪大は15日、13日にあった大学入試センター試験の会場となった豊中キャンパスで、試験監督を務めた40代の大学院高等司法研究科の教授が居眠りをし、訓告処分にしたと発表した。

 阪大によると、2時間目の国語で、教授はいびきをともなう数秒間の居眠りを数回繰り返した。試験室にいた他の監督者の教員から注意され、止まったという。試験後に受験生が警備担当の職員に「いびきをかいていた」と指摘。翌14日には受験生の保護者を名乗る人から「いびきが気になり実力が出せなかった」との電話もあったという。

 監督責任を問い、試験室の主任者だった産業科学研究所教授と、試験場の責任者だった大学院文学研究科の教授も厳重注意とした。西尾章治郎総長は昨年の阪大の入試ミスで本来合格の30人が不合格となっていた問題に触れ、「教員としての自覚と責任感に欠けるものであり、誠に遺憾」とのコメントを出した。


2 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:29:15
あーーーついに明らかになっちゃったか


3 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:36:44
あい


https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B077G8W4BT/onikanri-22


4 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:38:36
http://www.lawschool.osaka-u.ac.jp/about/teacher.html

高等司法研究科の教員一覧。
友人が事務でバイトしてて問い合わせたところ、
教授の中でセンター試験試験監督するのは一部のみ。
まず非常勤等は除外される。
そして、出身が元裁判官とかには恐れ多くてやらせない。

また、報道関係の常識として、
教授と言ってる以上、「准教授」以下はあり得ない。

その上で、40代にしぼりをかけると候補者はわずかしかいない・・・・


5 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:39:38
平成30年 1月15日
大阪大 学
大阪大学教員の大学入試センター試験における監督者としての
不適切な行為に係る処分について
このたび、下記のとおり処分を行いましたので公表します。
○ 被処分者等
① 大学院高等司法研究科教授(40歳代) 行為者 …訓告
② 産業科学研究所教授(60歳代) 行為者が監督者を務める試験室主任者
…厳重注意
③ 大学院文学研究科教授(60歳代) 行為者が監督者を務める試験場責任者
…厳重注意
④ 大学院高等司法研究科教授(50歳代) 行為者の所属部局長 …注意

○ 処分年月日 平成30年1月15日

○ 事案の概要
平成30年1月13日(土)に実施された大学入試センター試験(第1日目)の豊中キャ
ンパス内の試験場において、試験室の監督者7名中の1人である本学教授(40歳代)が2
時間目の「国語」の試験の際に居眠りをし、数回いびきをかき、一時的にせよ監督者として
の責務を果たせなかった。
【西尾章治郎総長のコメント】
このたび本学教員が、大学入試センター試験の監督者であるにもかかわらず、不適切な行為に
より、一時的にせよ監督者としての責務を全うできませんでした。
受験生の皆様にはご迷惑をおかけすることとなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。
平成29年度一般入試における出題及び採点の誤りを受け、本学関係者が襟を正して対応し
なければならない中、さらにかかる事態を招いたことは、本学教員としての自覚と責任感に欠け
るものであり、誠に遺憾であります。
今後、再びかかることのないよう、教職員に対してより一層周知徹底し、改めて職務にまい進
することとしたいと考えております。


6 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:40:46
40代で阪大の教授になっている人に、センター試験の監督させるのって、人的資源の浪費だと思う


7 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:41:03
いびきで実力が?というのもどうかとは思うけど、
頑張ってきた努力を発揮する大事な場が他人の怠慢によって多少なりとも荒らされるというのはかわいそう


8 : 4 :2018/01/16(火) 01:44:16
>>4について補足すると、
さらに高等司法研究科と言っているので、専任教員だけに絞ることもできる。

そうすると、下記URLにおける「専任教員」のところで出て来る最初の15名。
http://www.lawschool.osaka-u.ac.jp/about/teacher.html


9 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:45:27
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2018/01/15_01
↑の、大学院高等司法研究科教授(50歳代) 行為者の所属部局長 って共謀罪反対運動で知名度あげようとしてる島岡先生とかかな?でも女性だからさすがに違うか?


10 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:45:45
>>4

>>3なのか?


11 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:47:03
私も阪大でセンター受けたけど、試験中いびきはあったし、居眠りもあった
手に持ってた資料床にばらまくし。
めっちゃめっちゃうるさかった…。
そしてロー入試でも阪大で受けたけど、
試験監督がため息ばかりで超うざかった。
結局落ちて、翌年京大ローに入ったわけだけど。


12 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:49:08
今日教授会してたのってこれだったのかwwwwwwwwwwwwwwwww


13 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:50:02
教授会があるから今日は質問駄目!とか先生に言われたんだよな。
つーか誰だよwwwwwwwwwwww

つーか俺がロー受験したときなんて電話かかってきたぞwwwwww


14 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:50:41
確かにイラつく


15 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:51:16
まあ居眠りもいびきをかいて集中出来なかったというのも分かるしクレームが来るのも分かる。


16 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:52:26
>>3の人って片方が早稲田の先生のようでもう片方が阪大の先生のようで、40代のようだが・・・


17 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:57:29
試験官が寝るのは勿論良くないが、それで実力が出しきれなかったというのは違うでしょ。


18 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 01:58:35
懲戒免職に値する


19 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:05:39
そりゃ全員が真剣勝負をしている中、試験官がいびきかいて寝てたら文句言いたくなる気持ちわかるけどな。阪大法科大学院教授、センター試験を妨害で処分


20 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:06:05
誰だよwww

40代、大学院高等司法研究科所属、教授、って少ないぞ。
K保、N津井、F本、M井、M島くらいじゃね?


21 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:16:24
まじかよ


22 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:22:22
今年の問題のセットでいびきが聞こえてきたらかなりきつい…


23 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:23:29
睡眠時無呼吸症候群じゃないの?


24 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:32:00
受験生からしたら「途中で寝ていびきかいて笑える・・」って程度だろうな
こんな事でクレーマー体質になってる奴は病的だよな


25 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:32:44
おれは試験監督で六法開いてたら馬鹿にされたことがあるぞwww
受験生しね


26 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 02:54:22
短時間でのいびきって想像以上に危険な症状の前触れ


27 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 03:44:47
教授ってクソだよな


28 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 09:22:08
学生のことを屁とも考えてないんだろうな。合格率が低いのも頷ける


29 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 12:01:14
この前も不正あったよね


30 : 善意の第三者 :2018/01/16(火) 13:05:53
>>3とは無関係?


31 : 文科大臣激怒 :2018/01/16(火) 15:52:31
入試ミスの次は居眠り、阪大に文科相苦言 「大変遺憾」
1/16(火) 12:40配信 朝日新聞デジタル
 林芳正文部科学相は16日の記者会見で、大学入試センター試験で試験監督だった大阪大教授がいびきをかいたことについて「(阪大の)昨年の入試にミスがあって再発防止に向けた取り組みを実施しているなか、今回の事案が発生したのは大変遺憾だ。緊張感をもって入試業務に取り組むよう、厳しく指導をした」と述べた。

 阪大によると教授は13日の試験監督の際、いびきをともなう数秒間の居眠りを数回繰り返し、訓告処分とされた。昨年の入試ミスで本来合格の30人を不合格としていたことを受け、総長、理事らの役員報酬の自主返納などの対応を発表した直後だった。


32 : 善意の第三者 :2018/01/17(水) 13:48:33
センター試験会場で大学職員の携帯バイブ動く、受験生から苦情 大阪学院大
1/17(水) 11:04配信 産経新聞
 13日に大阪学院大(大阪府吹田市)であったセンター試験の英語リスニングの試験中、試験監督者だった大学職員が会場に持ち込んだ携帯電話のバイブレーションが動くなどし、受験生から苦情が出ていたことが16日、大院大への取材で分かった。受験生は「集中力がそがれた」として再試験を希望したが、大院大は「受験生に動揺は見られなかった」として、再試験は実施しないとしている。

 大学入試センターは、試験監督者に対して携帯電話を会場に持ち込まないよう周知しているが、大院大の聞き取りに対し、職員は「不注意だった」などと釈明。大院大は職員を口頭で注意したという。

 大院大などによると、13日午後、48人が受験し、4人が試験監督を務めていた教室で、かばんに入れていた職員の携帯電話のバイブレーションが動いた。この直後、職員はかばんを廊下に持ち出す措置を取り、その後、監督業務に戻った。

 職員の行為について、受験生は大院大に「集中力をそがれた」と指摘。大院大は「リスニング試験中ということもあり、職員は注意して(教室を)歩いた。受験生に動揺した様子は見られなかった」としており、再試験は実施しないという。

 大院大ではこのほか、別の試験室で行われた英語リスニングの試験中に受験生1人が嘔(おう)吐(と)し、本来は試験室全体で中断すべきだったが、監督者が「周囲に影響はない」と判断して続行したミスも判明している。





大阪ってクソだな


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■