■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【血潮は鉄で 】衛宮士郎 part11【心は硝子】
1 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/10(金) 22:15:48
「―――My whole life was“unlimited blade works”」

その身は鞘にして剣。
様々な可能性を秘めた主人公「衛宮士郎」のスレッド、第十射目です。
アニメ化の影響か近頃よく貶されますがめげるな士郎。
ここでは士郎を蹴っていじってたまに叩いて最後にはちゃんと褒めてあげましょう。

過去スレ
【正義の味方】衛宮士郎【投影開始】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1099671517/
【ただ一つの】衛宮士郎 part2【愛によりて】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1106835383/
【がんばれ】衛宮士郎part3【主人公〔一応〕】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1130863623/
【笑顔が】衛宮士郎 part4【素敵】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1132929849/
【アニメでも】衛宮士郎part5【頑張れ】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1140503786/
【いらない】衛宮士郎【そんな事は、望めない】  ←part6
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1144222000/
【おまえには負けない】 衛宮士郎 part7 【自分には負けられない】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1149094052/
【いくぞ英雄王】衛宮士郎 part8【――武器の貯蔵は充分か】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1157650536/
【自分の敵=悪】衛宮士郎 part9【殺していいんだなテメェ!】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1158389730/
【体は剣で 】衛宮士郎 part10【出来ている】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1158966720/

2 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/10(金) 22:17:33
2

3 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/10(金) 22:19:19


4 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/10(金) 23:04:15
前スレラストw

5 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/10(金) 23:39:15
「未熟、未熟、未熟千万! だからアンタはへっぽこなのよ!」
「し、ししょー!」
 こんな士郎と遠坂を幻視した。

6 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 00:32:39
ラブラブ天驚拳の時の相手は桜だなw

7 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 06:15:58
セイバーとは、ラブラブカリバーン、アヴァロン。
凛とはUBW、宝石剣。
桜とだけ合体(協力)技が無いな。

8 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 06:34:04
寧ろ敵だったからな

9 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 06:39:06
アーチャーの生前も共闘は無さげ、かわいそうだがラブラブ技は無理。

10 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 08:18:48
>>7
 あるじゃないか、他のヒロインとは違って『夜の合体技』が。

11 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 10:32:24
HF後は投影にしろ固有結界にしろ桜経由で魔力貰うんじゃね。

12 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 10:37:29
だからこそ人形エンドといわれるんだよね。>桜経由

13 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 10:58:23
そして人形経由で橙子さんが魔力をくすねてる

14 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 11:34:11
>>12
いや、別に桜から貰わなくても自力で魔力生成可能だろ
魔力回路はそのままだし

15 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 11:49:35
戦闘に協力が必要だと人形なのか?

16 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 12:00:13
>>14
ん、じゃあなんで桜から供給受けてんの?

17 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 12:19:20
>>16
なんで凛から供給うけたんだ?

18 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 12:20:57
>>17
エンド後に供給なんて受けてたっけ?

19 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 12:34:35
 人形だと魔力が不足してしまうからと、桜が魔力過多なのでヌイテおくため。

20 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 13:02:13
魔力は不足してませんよ
桜の過剰魔力がもったいないだけだろう。

21 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 13:03:33
存在に支障をきたすほど魔力が不足している、なんて発言は無いぞ。

22 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 13:11:38
>桜の助けがないと以前の状態に逆戻りしてしまうし

って言ってる。

23 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 13:14:39
>>22
魔術回路を1、2本使っていた頃の魔術師レベルに戻ると読み取れるが。

24 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 13:33:21
以前の状態ってのがどんなかによるね。
俺は、ライダーが摘んできた状態だと思ってる。

25 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 14:11:21
>>24
橙子の人形が魔力不足で消滅するほど、粗悪品だとは思えないけどなぁ。
後、一度素体に魂を入れると、素体が魂の形に作り変えられるとあるし。

魔力のあるなしで、簡単に変化するものじゃないと自分は思う。

26 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 14:20:47
だが、引っぺがして他のを入れればそっちに染まるんだよね?
まあ単純にはがれやすくなるってことじゃないかな。

27 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 14:22:53
一応、肉体に魂が固定されるとはあるけどね。
まぁそこら辺諸々含めて、考察の範疇とするのがいいかな。

28 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 14:27:53
ちんちんが生えてなかったはずなんだ、橙子人形は。

29 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 14:40:31
橙子師って実は士郎より魔術回路少ないらしいから、
普通にノーマル士郎より魔術回路少ないって意味だと思ってた俺バカス

30 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 16:32:00
橙子が作った人形であって橙子が入っていた(今後入る)人形ではないと思っていたんだが。
但し士郎用に作られた物じゃないのは間違いないので
士郎に合わせるため調整し続けているんじゃなかったっけ
手段は完璧に桜の趣味だと思うが

31 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 16:46:35
>橙子が作った人形であって橙子が入っていた(今後入る)人形ではないと思っていたんだが。

その「橙子が入る」という表現がめっさ疑問。
橙子の魂が乗り移るわけじゃないと思うぞ。それぞれの橙子は記憶以外は全て独立だろう。

32 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 17:40:58
言い方が悪かったな。
「橙子用ではない」だけで良い。

33 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 18:33:20
橙子の人形って中古品だしな…

34 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 18:36:14
>>30
調整し続けているのは確かだが、魔力未補給でどうなるのかは
結局分からないと思う。「以前の状態」がどれを指しているのかによって
変わるから。

35 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 19:49:02
橙子作の人形の回路数が本人を上回れるんなら、事実上最強じゃねぇ?

オレの魔力回路3兆本! サバ言うなコノヤロー!

36 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/11(土) 20:05:38
>>35
スーダラ乙

37 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/12(日) 05:14:30
スイスイ スーダラタッタ

38 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/12(日) 17:19:53
>>35
3兆本はわからないが人間を越える人形を作るのは簡単らしいぞ
人間と全く同じ人形を作るのは封印指定級の難易度みたいだが

39 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/13(月) 01:26:07
つうか中世のころに不可能だと結論が出ていたほど。

40 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/13(月) 23:23:34
人間と全く同じ人形を作るのってどんなメリットがあるの?
いちいちスペックが低いものを作る理由が思いつかないのだが?
やっぱり根源に関係するの?

41 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/13(月) 23:30:23
>>40
橙子は元々、人間の原型を遡ることで「」に至ろうとした。
人間と同じ人形は、その研究の副産物

42 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/14(火) 06:47:29
錬金術も神の創造を真似る事で真理に至ろうとする側面がある。

43 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/19(日) 01:10:43
大義に忠を尽くすか? それとも理想に忠を尽くすか?
正義か愛か? 大衆か個人か?
義父への誓いか? 恋人への情かぁ!
お前は今まで・・・どれだけ失ってきた!!
そこまでして目指すべき理想とは、一体何だ衛宮士郎!!

44 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/19(日) 02:06:33
理想なんかじゃねー!
名前さえも失った○○士郎は「それ」しかないだ!!

45 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/19(日) 12:31:10
>>44
なにするだ――――!

46 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/19(日) 13:30:43
こいつの使い道はまだまだあるぜ――――!

47 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/19(日) 21:26:46
>>43
黙れ、若本

48 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/20(月) 21:31:12
さすが士郎スレww
無駄に熱い連中だ。

49 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 01:17:32
Fate/ZEROが出るみたいだが最後の方あたりで士郎でるかな?

50 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 01:21:03
普通に考えれば最後に士郎見つけたとこらへんで終わりじゃないだろうか

51 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 01:23:21
ただし聖杯で士郎の実家が皆殺しにされる描写つき

52 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 01:40:19
むしろそれはあってほしい。
正直Fateだけじゃ士郎に植え付けられたトラウマというか原風景のすさまじさがイメージできない。

53 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 02:03:59
最後に呪いにやられながら士郎に正義の味方を託すあたりが最後なんだろうか?

54 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 03:16:44
やりたい放題やってぶっ壊して壊滅して、狂ったように探して人の死体を確認して
それでもやっぱり誰も生きていなくて愕然としてる所にズンボロの士郎が居て
「ああ……」ってところで終りなんじゃないかいのう。

55 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 03:57:28
想像しただけで泣ける

56 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 09:42:40
士郎視点で焼け野原の惨状を語ることができれば原作の補完はできるんだろうが、
それはあまりにも安易な視点移動だしなあ……仮にもプロにそんな真似はしてほしくないし、
ううむ。

57 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 15:18:36
切嗣視点でどんだけの惨状かを説明
じゃあ当時普通の子供だった士郎にとっちゃあどんだけのもんよって感じで各自で補完すべし、みたいな感じか

そういや、「頬を伝う」の回想シーンで
「見捨てた人達に謝ってしまえば心が楽になると知っていたから、それだけはしなかった」
とかあるあたり、衛宮士郎になる前からちょっと変わった……というか強い?子供だったみたいだな

58 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 16:04:15
実は『衛宮』士郎になる前の方が色々強かったりしてな。
それこそ厨な考えかもしらんが……

59 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/23(木) 18:49:37
聖杯の歪みに気づいて、裏切られた時の内心を書いてくれれば、それで泣けそう。

そして、どうやってアヴァロンを埋め込んだかも判明しそうだ。

60 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/27(月) 22:57:51
某所(アンチスレ)でこんな話題が出たんだが

>ふと思ったが月厨って侵略社が『火災で全てを失って精神に異常をきたした』
>とかいう過去を持ってたら上手く言えないかも(ryとかいうのも全部しょうがないとか許せるんだろうか?

どうなんだお前ら?

61 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/27(月) 23:11:21
何を訊いているんだかわからん。

62 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/27(月) 23:20:40
>>60
悲惨な過去というのは免罪符になるんだろうか?と聞いているんだと思うが、
まずそいつは月厨がどうのと言う前に、自分の言語能力を鍛えたほうが良いな。

63 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/27(月) 23:26:36
一応意味を読み取ったと仮定して答えると。
緊急避難はアリ、異常者は隔離しろ。

て言うかアンチ月厨ってきのこ文が読めないだけって月厨の妄想に説得力持たせちゃうな、それw

64 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/27(月) 23:28:47
>侵略社
>上手く言えないかも(ry

日本語でおk

65 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/27(月) 23:29:09
>>61
同意

>>63
お前も何いってるかわからん

66 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/27(月) 23:54:51
まあスレは使い分けようねってことで。

67 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 01:09:37
そもそも士郎の主張してるのは「殺し合い、イクナイ!!」って当たり前の事で、
火災のトラウマも許すも許さないも、別に関係ないと思うんだが?

どう曲解したら侵略者がどーとか言うハナシになるんだろう?

68 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 20:26:39
侵略者ってスクイズ主人公のま(ryのことか。
もしプレイヤーの選択に反逆して女とヤリまくるのが理想な切継に拾われた士郎が
本編でそれを実行したら許せるかと聞いたほうが解り安かったな。

あと他の作品引き合いに出すんならクロスレに池。

69 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 20:48:37
つまり士郎が「桜なんかナカダシさせてくれるだけのクズだ!! 遠坂が最高だ!!」とか言い出すの?
過去のトラウマが原因で? だったら許せるのかって?



俺信者だけど許せるワケねーじゃんかさw

70 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 21:13:08
信者と自己申告するヤツに限って(ry

71 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 22:22:44
トラウマで思い出したけど、士郎って大火災の夢とか見たりするわりに
火とか火傷とかに特別に反応したりってしないのな。
退部の原因になった火傷とか、跡になったり桜が手伝いにきたりするくらいだから
それなりの怪我だったろうに、本人けろっとしてるし。

72 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 22:34:26
自分の火傷は別にいいんじゃないの?
自分をとことん無視する歪みは作中で散々突っ込まれたことだし。

73 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 22:34:50
>>71
士郎のトラウマは、正義の味方になりたい、という一点に集約されているんだろう

74 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 22:42:57
まあトラウマの中心は火災で死にかけたことより、
そん中で他の被害者を見捨てて歩いたことだしな。

75 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 23:06:37
トラウマで一括してるが士郎の場合は地獄の中で与えられた救いの部分に重点がある
様は強烈な印象を受けたのは何処かだな。
fate、UBWを否定に否定的なきのこの意見もその意味では正しい。
トラウマを深める認識ではある
しかしHFがトラウマ解消とは言えないのも問題だ

76 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 23:10:16
>>75
>トラウマで一括してるが士郎の場合は地獄の中で与えられた救いの部分に重点がある
その通りだな。

77 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 23:10:59
何時の間にきのこがFate・UBWルートを否定したことになっとるんだ?
と思ったが、否定に否定的だから肯定だな?
ならば良し。

78 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/28(火) 23:19:02
絶望の果てに見出した希望と言う点ではどのルートも共有?

HFは士郎の希望じゃないな。

79 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 01:02:45
>>75
まあ少なくともHFトゥルーでは『自分の命を度外視する』という悪癖は直っているわけで
自分の命が危機に晒されれば自分のことを好きでいてくれる人を不幸にするということが
理解できただけでもましじゃなかろーか

80 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 01:15:24
>>79
人を犠牲にしてでも自分が生きたい、なんだと思っていたよ。
HFは視点変わるのが多いのでわかりにくいね。

81 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 01:53:38
だが、やってることは自分の命を度外視なんだがね>HF

82 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 03:11:37
士郎が今まで度外視していた自分の命を大事にしたり
自分の幸せを追い求めようと考えを改めるに至ったという
HFで言いたかったテーマは分かるんだが
なんかタイミングが唐突すぎるという感が強い
特にセイバーを殺す時に突然幸せになってやると宣言された時ははぁ?と思った

83 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 07:39:33
黒セイバーとかいらなかったよね
普通に退場でよかったのに

84 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 08:36:34
HF士郎は、フィギュア化されれば一番絵にはなるかもね。それくらいか、メリット。
他は剣製以外は地味すぎるからなー。

85 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 08:43:24
剣が無数に生えてるフィギュアとか痛そうだな

86 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 09:28:50
HFは黒セイバー対決、麻婆対決、姉妹対決とか部分で見れば
いいシーンは多いけど理由付けが無茶苦茶だからな。

黒セイバーも腹が立ったが何よりEDに未来を感じない所が嫌だ。

87 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 11:42:45
確かに部分で見ればいいシーンが沢山ある。
HFは言峰とイリヤ、それからアーチャーの最期とかよかったな。

88 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 12:13:43
HFの士郎は自分には微妙なんだよな、たんにボロボロなイメージ。
「ついてきやがれ」も納得出来ないんだが、あれってアーチャー超えたって言う意味なんだよね?

89 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 12:24:18
UBW好きはHF嫌いになるのは仕方ない。
あれはきのこも狙ってやってる。
おまえさんも俺も、いいお客さんってことだ。

90 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 12:57:09
>>88
そうそれなんだよな
あれじゃ、UBWの士郎がアーチャーに追いつこうとしているのに
HFではもうアーチャーなんか超えちゃったよって感じにみえる

それはそうとHF士郎はアーチャーが未来の自分って分かってたのかな?
なんかそんな描写が無かったような

91 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 13:39:27
>>アーチャー超えたって言う意味なんだよね?

そうか? ただ単にアチャと士郎の意地の張り合いで出てきた言葉なんじゃね?

92 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 13:59:24

HF嫌いなのはFateルート好きに多いんじゃないか?
俺はUBW好きだが、HFもそれなりに楽しんだよ

93 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 14:59:07
腕の記憶から未来の自分とわかってるんじゃないか?
そこから分岐したとは思うけど。

HFはシナリオはまあまあ面白かったよ、士郎主人公じゃない方がよかったと思うけど。

94 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 15:12:44
アーチャー超えといて四枚羽アイアスは無いだろうさ

95 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 15:42:15
>>84
剣化士郎は、PS2版で新規CG次第ではフィギュあ出るかもな

96 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 16:12:53
>>95
HFの絵になる士郎って、アーチャーの腕着けた奴かと思ってた。
剣化って、体にグサグサ突き刺さってるってこと?
あったら欲しいが、そんなのフィギュアになるかなあ。

97 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:07:12
剣がギシギシ言ってるビジュアルしか思いつかないから
剣化士郎のフィギュアなんて想像がつかねw

士郎フィギュアは・・・エプロン?

98 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:22:48
それはヤヴァイwwwwww買う。

99 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:24:23
うん、エプロン士郎が一番需要あるだろーね。

100 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:28:51
制服+エプロン。エプロン着脱式。

101 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:31:33
手にはスパナ、おたま、木刀の3つが着脱可能。

102 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:35:27
G衛隊ポスターも付けて欲しい。

103 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:53:33
ゲイ・ボルク貫通士郎とコンパチ

104 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 19:55:33
オプションで血糊もつきますw

105 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 20:18:53
その他合計50種類の士郎死体シリーズ

106 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 21:22:24
それいいなw
バサカにペシャンコにされたバージョンだの
キャス子にビン詰めにされたバージョンだの…w
イリヤにぬいぐるみにされるバージョンはかわいいかもしれん。
どう見てもただのクマか何かのぬいぐるみのフィギュアなのに
何故か「衛宮士郎フィギュア」なんだな。

107 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 21:38:58
よくねぇw

108 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 21:49:38
BAD13のフィギュアはセイバーとセットがいいなあ。


なぜか邪神セイバーのイメージしか浮かんでこないのは中国の陰謀か。

109 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 21:51:58
アレだよアレ
どじ画伯の描いてた、士郎の生首抱いて落涙してる黒セイバーの立体化。

110 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 21:54:43
>85見て昔あった年粘土の髪がにゅる〜って出てくる人形みたいな構造想像した。

111 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 21:58:04
みんな忘れてないか?
士郎はエロゲの主人公なんだぞ、フィギュアなら尻に決まってるだろう。

俺はいらないがな。

112 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 22:10:56
エロゲ? それ食えるの?

113 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 22:26:30
オカズにはなるがそれで飯が食えるのは一部の人だけだなあ

114 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 22:34:25
つ座布団

115 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 22:35:50
問おう―――
 おまえらもしかしてDEAD END大好きか?


BAD13もいいが12もなにげに好きだ。

116 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 22:52:18
そういや魔杖にされた士郎ってどういう状態なんだろうな
意識とか魂とかそういうのを杖に移したのか
杖自体じゃ受信機みたいなもので士郎自体は何処かに保管されてるのか

117 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 23:02:28
多分脳みそだけでぷかぷか状態。

118 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 23:07:26
魔杖士郎を殺しに来た人は完全自力で宝石剣作ったんかね?

119 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 23:07:42
回路は体にあるから手足落とす程度とか
キャス子が言ってたような気がする。

120 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 23:19:25
まぁ実は弟を素手でヤツザキに出来る筋力のキャス子さんだ。
手足落として棒付けて、周りを綺麗なフリルとかで飾った士郎でも、
平気で持ち歩いてブンブン振り回せるさ。

121 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 23:37:46
魔杖ってあくまで比喩で、
心を操られて好きなように投影させられている状態のことかと思っているんだけど。

122 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/29(水) 23:40:46
>>121
凛の、脳みそホルマリン漬け発言があるからなぁ。
後はセイバーや凛のいたたまれない表情からして、単に心を操られている
だけとは思えない。

123 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/30(木) 03:35:40
カレイドステッキっぽい杖に、士郎くん人形がストラップでついてると予想。

124 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/30(木) 05:17:25
絞首刑バージョン。
首を吊るのは桜じゃなくて士郎だったんですよ。

125 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/30(木) 11:15:49
>>123
で、それを振るキャスターの姿、か。
そりゃあ凛達もいたたまれない目で見るわなぁ。

126 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/30(木) 22:49:14
やはり士郎はヒロインだな、助けられるのが似合ってる。

127 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/30(木) 23:15:04
>123
それ超欲しいw

128 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/30(木) 23:35:21
もしかして、首吊り士郎ストラップって需要あり?

129 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/11/30(木) 23:36:46
ちょいグロでいいかもしんない

130 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/01(金) 07:52:47
>>128
顔どうすんだ
セイバーとコンパチか

131 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/01(金) 15:36:53
邪神てことか

132 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/01(金) 20:21:21
そういえば首吊り士郎って必ず後姿だな。

133 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/01(金) 20:24:10
目はともかく、きっと口はミッフィーだと思ふ。

134 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/01(金) 20:25:35
目はねこぢるで口がミッフィーだよ。

135 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/01(金) 23:33:36
ムショウに欲しくなってきた。

136 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/02(土) 01:00:54
口だけミッフィーでいいじゃん。
目は、エロゲの主人公らしく前髪で隠してしまえばよろし。

137 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/02(土) 10:53:02
目を隠すなら縦線網掛けで。

138 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/02(土) 11:45:48
士郎の前髪の長さだと、目が隠せない件について

139 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/02(土) 12:54:05
エロゲ主人公に向いてない髪形だよな

140 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/02(土) 13:20:57
そもそも士郎は性格自体がエロゲ主人公に向いてない

141 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/02(土) 13:22:40
だがそれがいい

142 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 11:12:52
流れをぶった切って。
この板でこんなことを言っても誰もわからんかも知れんが、
今月ある雑誌を見て思ったんだが、士郎とガンダムデス種の
シンってちょっと似てないか?漫画版は特に。
ガンダムのやつは受けた絶望を、怒りと憎しみ、あと自分は悪くない
という自己肯定のために使い、
士郎は受けた絶望を、無駄にしてはいけないという脅迫概念、ひいては
自己否定のために使ってた。
ただそれだけ。突き抜ける方向性が違うだけでその心象風景とか行動の
衝動とかは似ているような気がした。

143 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 11:37:35
種はまったくわからんが、
過去の凄惨な記憶が行動原理を決定している例は別にめずらしくもなく、
それがキャラ作りに用いられている例も珍しくない。
というか最近の大量生産されるヒロインなんかはその設定で溢れかえってないか?

似ているかどうかと言われれば、この範囲内では似ていると答えるしかないんじゃまいか。
それ以上に細かいところまで類似性があるならまた突っ込んだ答えも返せるんだろうが。

144 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 16:01:56
駄作駄作とこき下ろされる種死を、一応楽しく見ていた俺だが
似ているなどまったく思わなかったわけだが

145 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 17:26:20
過去のトラウマが現在の行動原理になっているというのは共通しているが、
それだけで似ているとは思わない。
シンは自身の考えに異を唱えるものには常に反発するけど、
士郎はちゃんとそういうのは理解するし。
まあ、似ていそうな場面ではHFの桜とステラの状態での行動だけど、
士郎でもバッドでは最後まで信念を貫き、
通常でも蟲爺を信用して返還しようとするほど考えなしはしてないぞ。

146 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 17:28:57
HFを考えれば


途中で主人公の座を奪われるところは同じだな。

147 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 17:35:53
なるほど。あのネオの二枚舌っぷりは蟲爺と重ねればいいのか。
なんか喉の小骨が取れた気分だ。
そう考えるとあの時のシンの必死の叫びが余計に滑稽なものに見えて切ないな……

148 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 18:28:42
過去のトラウマが現在の行動原理ってのは昔から結構な数のラスボスでもあったような。

もう一つ話変わるが、士郎の批判で実力が伴っていないのに守ってやるとか言うな無謀な行動
するなとかよくあるが、結構な数の主人公クラスキャラが同じような言動してる。

似てる似てないって主観の部分もあるよな。

149 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 18:36:41
キャラ描写が薄かったというのもある。
過去形で書いてるのは、ホロウとかだと改善されてきてるから。
今後に期待してる。士郎の出番はもう無いだろうけどな……

150 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 18:44:13
シードでいえば、戦いの最中に何処からともなく颯爽と現れて、どちらの陣営にも与せず等しく戦力を無力化し
しかも人を(なるべく)殺さない、そんなキラのほうが士郎の目指す正義の味方じゃなかろうか

151 名前:142 投稿日:2006/12/03(日) 18:51:13
あー確かにテレビ版じゃあ微妙だけど、今月のガンダムエースを見ると、
ステラを殺して(見殺して)しまったがゆえに量産デストロイを泣きながら
切り捨てていったシーンが、なんとなくギアス士郎のたどる道に近く見えた
もので。

というか、アスラン撃墜が切継との約束とギアスを同時に行ったイベント…
に思えたんですよ。
あの時点で、理想を実現するために振り返らずに突き進むしかなくなったって
感じで。まあ士郎と違って彼の理想は、本当に『借り物』でしたが。
ただ、その借り物の理想にすがって生きていかないと、自分が壊れそうだって
のも似てたかなあ…とか。

152 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 18:51:31
「なるべく」で善しと出来ないところに士郎の異常さ、哀れさ、んでもって尊さがある、とでも言うべきか。

153 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 18:51:47
>>150
問答無用で海面にバコバコモビルスーツ叩きつける人死にが出まくってそうな不殺するほど馬鹿じゃないだろう……
どっちかというと目指すのは剣心じゃないの?

154 名前:142 投稿日:2006/12/03(日) 19:10:31
追記:本当はギアスじゃなくて鉄心って書きたいところなんですが、さすがに
シンにはそこまで確固とした芯が見られなかったもので。
でも、どの道士郎ってこれらのルートをとったら…それこそアーチャーの如く
、ほかの何を省みることも許されず正義の味方を目指すしかなくなります…よね?

そのへんがシンと士郎は似ているかなと。まあ、流された結果それしか選択肢が
無くなったシンと違って、自分からそれを選びそうな所が士郎の怖い、愛おしい点ですが。

155 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 19:34:03
種とやらを見てないのでもう何がなんだかわからない

156 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 22:43:57
アニメ見て漫画は見てないけど、
主人公という概念さえ踏み台にした負債には並みの最低作家とは桁違いの凄みを感じた。

157 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/03(日) 23:02:35
そろそろスレ違い

158 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/04(月) 16:25:13
種厨は消えればいいと思うよ
新シャア板にも居場所がねえからって
こんなとこ着て無駄な啓蒙活動してんじゃねえよ

159 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 18:37:45
種厨の会話に乗っちゃうこの板の住人の方が問題だと思うんだボクは

160 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 19:32:25
種見てないからわからない。

とにかく士郎はヒロインで立派な家政婦なんだ。

161 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 20:58:34
聖杯戦争後に、主夫からシェフへジョブチェンジしたというのは本当ですか?

162 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 21:01:57
そしてシーフにチェンジ

163 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 21:43:34
ものまね師じゃないの?

164 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 23:03:24
釣り師だろ

165 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 23:07:27
アングラーめ

166 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/07(木) 23:30:44
士郎の職業
主夫、釣り師、贋作者、料理人、ハウスキーパー、ヤクザ、修理屋、便利屋。
法科へ進むとして、弁護士、警察官、判事。
道を誤るとテロリスト、暗殺者。
結構つぶしが利くけど正義の味方と言い切れる道は難しいな。

167 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 00:51:03
考古学者とか似合いそうな気がする
発掘・鑑定・修復・複製、なんでもござれ
盗掘団やらに出くわしても武力排除可能

168 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 00:58:06
いつのまにか武器が鞭になってそうだ>考古学者

169 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 10:00:24
それって正義の味方より抑止力に目をつけられそう

170 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 13:57:29
445 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/12/08(金) 13:43:47 ID:Mf3I58zD
士郎は精神的にガキすぎてみててイライラする
正義の味方は悪人も助ける。って序盤で何度も何度も自慢げに語ってるのに、
物事が自分の思い通りにならないと、敵=悪と決め付けて
「殺していいんだなテメェ」っとファビョリだすから唖然としたよwww

171 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 13:59:13
>>170はなにが言いたいんだ?
きのこが正義の内容について書ききれてなかったっていうのは散々ガイシュツネタだろ

172 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 14:08:51
責任転嫁?

173 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 14:17:52
「正義」と「正義の味方」もまた別物だけどな。
Fateの中で、正義の味方を志望する描写はあっても、正義を主張した描写ってないだろ?

174 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 14:20:16
あくまで正義の味方志望だもんな

175 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 14:29:39
むしろ大切な人が酷い目に合わされても「ここでこいつに怒りをぶつけるのは正義じゃない」とか言い出す主人公の方が嫌なんだが

176 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 15:41:37
言峰を殺すこと自体はいいんだが、「生まれる前のものの善悪を決められるか」
という問いに対して「殺していいんだなテメェ」という答えははないだろう

177 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 16:04:19
答えられないからこそ「敵」として認識してきた時点に戻るしかなかったんだろ
アーチャーに自らの行く末を突きつけられたときも「それでも『美しいと思った』それまでの感情は正しい」
とキレるしかなかったし
結局士郎は一歩も成長してないんだよな、あの物語で

178 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 17:23:46
成長して無いわけじゃないだろ。
そもそも答えの出ない問題、完全な解など得られない問題だった。
fateとUBWは出てしまった答えとそこに至るまでの犠牲が示され、
それでも解を求めて前進するって話。
HFは犠牲も解も放棄するってひどい話だ。

179 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 18:01:28
HFアンチ乙

180 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 18:19:29
>>176
生まれる前の行為であるゆえ善悪を決められないからといって、
それを誕生させ判断するために大量殺人を行うという言峰は、
倒さなければならない敵だったというだけだと思う。
で、いまだ未熟な士郎はそれを防ぐためには、
自身が好まないアーチャー的な1を切り捨てる正義を選ばなければならなかっただけで。
理想と現実が異なっているということは士郎はちゃんと理解していて、
その上で、理想をかなえようとあがいているわけなので普通だと思うけど。

181 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 18:34:31
>自身が好まないアーチャー的な1を切り捨てる正義を選ばなければならなかっただけで

その割には葛藤もしてないし殺す気満々だったよおな

182 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 18:39:50
言峰を殺すことに躊躇や葛藤がないのは、
彼が魔術師でマスターだということも関係あると思う。
慎二の時に魔術師は殺しあうものだといっているし、
マスターである以上自身で望んで殺し合いに参加しているということだし。

183 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 19:01:16
>>181
あの場面では士郎に残された時間もほとんどないって事も忘れちゃならん。
しかし、ライダーの事とかキリツグとの約束すら記憶から吹き飛んでたのに言峰のことは
覚えてたんだよな。

184 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 19:10:13
そもそも、言峰は議論を持ちかけてるようにみせて歩み寄る気は毛頭無い、ただの嫌がらせだし。
ある程度価値観が共通してないと話し合いにならん。
「我々は女性の権利を尊重します」って言って敬虔なイスラム教徒の女性から
ヴェールを引き剥がして理解しあえるか?
この場合は「この世全ての悪」て言う解りやすい悪を
未だ生まれていない命って一見罪の無い存在に置き換えただけ。
等に救い(相互理解)を諦めた男がお前の思いは独りよがりだって嘲笑っているだけだ。

185 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 19:13:52
HFは士郎と桜が周りの人々を踏み台にして生き残る話じゃなかったっけ?
いいシーンは多いんだけど。

186 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 19:20:41
アンチが流れ込んで来てるなぁ…

187 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 19:28:32
レッテル貼り乙

188 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 19:52:54
そもそも士郎って、相互に干渉しない限りでいろいろな精神的問題点を詰め込んだようなキャラな気がするんだよな。

正義の味方は味方したものしか助けられないとわかっていながら、
それは嫌だと理想に向かって生きたいと思いながら、
心の底ではそれは無理だと諦めていながら、
いざというときにはその辺の判断が死ぬほどドライ。
かと思ったら敵が死んでも涙したり、一貫性が無いといえば無い。

ここら辺の士郎の自己矛盾を理解せずに、ただ『正義の味方を目指す主人公の話』としてFateを見ていたら、
いろいろ思うところは出てくるだろうな。

個人的にはFateって士郎の物語としてみたときには、
『正義の味方を目指すんだけど、どうあってもそこにたどり着くことができないのに、
それでも歩みをやめない主人公の話』
って気がしてる。

189 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 20:49:39
「善人悪人の区別無く助ける」ってのは、敵と味方の線を引かないって事なんだよな。
「生まれようとする者全てを祝福する」ってのも、善悪で線を引かないって事だ。

桜の味方を選んだ以上、その時点でもう敵と味方を作ってしまってるんだよ。
「お前が居ると桜が笑えない」ってセリフは、その最たるもので。
本来自分を基点に敵と味方を決定して、戦ったり逃げたりするのは正常な人間なんだけど。

言峰が突き付けたのは、士郎が桜を選択した瞬間に捨てざるをえなかった理想の、
醜悪なカリカチュアみたいなモノで、だからこそ肯定も否定も出来ないんだろーなぁと。俺は思ってる。

190 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 20:56:54
で、自分にとって考えたくないことを突きつけた元凶たる言峰の排除に及んだと。

191 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 20:58:36
あれは単純にイリヤにいたずらされてキレただけだと思う

192 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:04:15
>>190
「理屈はともかく桜を泣かすからアンリ・マユはツブす」じゃねーの?
つーか、出てきたら世界を滅ぼすって言われてるようなもん、排除するのが「普通」だよな。
そうやって「普通」になった士郎が気に入らないのかね?
どうせ普通じゃない士郎にも文句言うんだろうけど。

まぁ「未来に大悪党になる事が決まっている無垢な子供を殺すのは善や悪や?」とか
そーゆー問題と根が同じなんで始末が悪いけどなぁ。言峰綺礼の人間試験。

193 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:07:04
なんかFATEルートとHFルートが混ざってない?

194 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:14:20
>>191
まさにロリコンの面目躍如だ士郎w

195 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:34:05
>そうやって「普通」になった士郎が気に入らないのかね?

んー。それならそうとはっきり言えばいいんだよね。
俺は正義の味方を目指すから世界を滅ぼすお前を殺す、といわれても(゚Д゚)ハァ?なわけヨ
「理屈はともかく桜を泣かすからアンリ・マユはツブす」、いいよ、最高よ。

196 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:39:36
別にHFと他のルートでも士郎は普通の人間だろ、変なフォローのせいでおかしくなってるだけ。

197 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:40:13
まあそこにたどり着けるほど共感出来なかった訳だ・・・・・

198 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:49:53
初っ端Fateルートでの印象最悪だもんなw

199 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:50:32
士郎の行動も人を押しのけてまで生きたいと言う原理も共感は出来なかった。
ライターも失敗を認めているし、今更どうにもならないな。

200 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:53:49
とりあえず、HFは別物。いろんないみで。

201 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:54:21
>ルートが混ざってない?
そういえばいわゆる士郎アンチって、この傾向があるような気がする。
Fateって選択したルートによって士郎の心情どころか性格まで若干変わる
フシがあるから、その辺割り切らないとなんか違和感は感じるかもな。

ああしかし、件の『殺していいんだな』発言はFateルートでの発言なのであった。
確かに正義の味方を目指すルート(その1)でこんな発言はよくは無い…。

と思って本編を見てみたら、このシーンって言峰が
『過去の大火災は自身の嗜好を満たすための娯楽だった。あれは素晴らしいものだった』
っていった場面じゃないか。
う〜ん、このシーンならこの台詞も仕方ないんじゃないかなあ?
この時点では(まあHFでもだけど)言峰って、『世界に嫌悪されるべき嗜好を持っているもの』
として描かれてるし。いわゆる士郎が唯一打倒してもよい純悪とでも言うべき存在。
で、その純悪とでも言うべき嗜好を掘り下げたのがHFかなと。

202 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 21:58:24
>>201
んでも、ルートの冒頭で士郎自身が「善人も悪人も全て助けるのが正義の味方」と
一席ぶっちゃってるんだよね
おいおい言峰は例外ですか?と

203 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:01:48
>>202
…まあ実際無理だよね、とも言ってなかったか?

204 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:06:10
                       _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、       __
      _,---‐" ̄\         /          ``ー‐-、   ノ   \
    /        ヽ      ;"                ) /      \
   /   ぐ 殺   |      /                |ノ/        \
  /    ら し     |     |                 )/.|   ・  オ   |
  |    .い て    |     |          ,;';;,,    /ノ |   ・   レ   |
  |     ・  し    |    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿 |   ・   に   |
  |     ・  ま    |    /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;     |  ・   だ.  |
  |    い  い    |    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'   :.'.,、   |  ・   っ  |
  |    る  た    |  ,へノ   `'''''"´   .:;     .:::_ヽ  |  ・   て   |
  |    ・  い     Y   \       .::;     ::::ゝ    .|  ・         |
  |    ・  相    ∧    \     ::::::、   .:;`     |         |
  |    ・  手    |ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i       |          |
  |    ・       | `       \;;;;/    `゙"       \

205 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:09:55
まあ士郎の理想を突き詰めると、その純悪でさえ助けれなきゃいけないんだろうけどね。
そういった意味じゃhollowはそれに対するひとつの回答かも。
『衛宮士郎は、純悪たれと望まれたものをいっときとはいえ救うことができた』
って意味で。
言峰は生まれてくる純悪によって自分のゆがんだ嗜好の意味を見出そうとして、
士郎は現れた純悪を自分のゆがみに見惚れさせた、と。

206 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:14:52
アンリ救ったのはカレンとバゼットのあわせ技じゃね?

207 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:16:50
HFは他のシナリオをひっくり返す目的で書かれた物、とどこかで見たよ。
他ヒロイン巻き込まねばアンチなど付かずに評価もましだったのかも。

しかしHFの士郎が「生きたい」と言うのも大火災の時の「生きたい」と結局変わらないんじゃないか?

208 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:17:47
>>202
確かに、本当はそうしなくてはいけないはずだったんだけどね。
俺は、そこは言峰が規格外だったってことで納得した。
士郎の『悪人でも助けたい』のくくりの上位に
言峰の『そのすべてが理解できない悪人』があるとでもいうか。

士郎としては助けなくてはいけない。だがあまりにも言峰が規格外すぎて
倒す以外の選択肢がわからなくなった…ってところかなと

209 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:18:55
> 今回のアヴェンジャーがあそこまで人間に親身になってくれたのも
> この人に反感を覚えたから。(魅せられた、とも言うが)
> その愚直なまでの歪さが、報われなかった者の心に届くのです。
> ……まあ、良きにしろ悪きにしろですが。

210 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:25:19
>>208
士郎自身がそれに気づいている描写があればよかったんだがなぁ

211 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:26:10
きのこ的には阿部=無じゃないんだなとオモタ

212 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:27:12
ホロウやると無だなんて思えないよな。

213 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:31:15
マーボーも報われなかった側の人間だが
悪い方に作用したようだ

214 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:36:19
天の杯のイリヤの説明は、ホロウに士郎が出ない事の
きのこのこじつけか言い訳にしか見えなかったしなー

実際士郎の話はsnで終わってしまったから困ったってのが
プレイしてありありと分かったし

215 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:39:33
終わったというか完全に持て余してもうギブアップって印象。

216 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:41:43
>>210
確かに、あれじゃあ単にやってることの非道さに切れただけに見えるわなあ。
そもそもこの解釈もHFでの言峰の掘り下げから思っただけだし、まあ自分はこう納得したって、
考えのひとつってことで。

217 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:43:09
HFも無理して作ったみたいだからな。
桜・イリヤルート別販売にしてくれればもっと楽しめたのに。

218 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:45:44
>>215
アーチャーもそれで避けたみたいだしな・・・

219 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:46:40
別販売は危険だからなあ・・・・
おまけにネタバレだし。

220 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 22:56:10
この辺きのこの癖だよなあ。たとえお祭ディスクでも意味や理屈を
持たそうとする。別に謎時空でみんなが生きててハッピーモードで
お話作ってもよかろうに。

221 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:03:07
歌月は結局目が覚めても全員近場にいるげっちゃルートだったぜ。
ホロウとは決定的に違う。

222 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:05:41
hollowでも、きのこの日記を見ていない人は「後日談。」を本当の後日談だと
思っているよ。hollowやった誰もが、日記見たり2ちゃん行ったりしているわけじゃないしな。

223 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:06:12
謎時空で皆生きてるのは「後日談。」だったと思うんだが
自ら否定しちまったもんな。

224 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:14:15
>>222
そりゃユーザーをバカにしすぎてないか
あからさまな矛盾点が多々あったろう
全員気づいてないはずが無い

225 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:16:22
>>224
きのこが出した設定・発言を網羅しても矛盾点なんざ多々あるぞ。
矛盾点に気づきはするが、それだけで終わる罠。

226 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:18:02
>>225
ちゃうちゃう、ホロウ本編と後日談だよ>矛盾点

227 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:20:32
そこらへんはどのルート後?議論が関わってくるから
深く考えないのが吉

228 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:26:22
>>226
?いや、その事だけど。
なんでセイバーやライダーが現界しているんだ?とか、カレンの記憶がある理由は?とか、
左腕の義手がアンリになっているのは何で?とか色々矛盾点は見つかるが、人によっては
理由なんて気にしないのも多いぞ。

229 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:30:40
>>228
それだけ気にしない人は、げっちゃルートだろうが統合性がどうだろうが気にしないだろうけどなw

230 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:31:40
気にするけど、調べるのマンドクセというのはありそう

231 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:35:07
>>228
俺が突っ込んだのは

>hollowでも、きのこの日記を見ていない人は
「後日談。」を本当の後日談だと思っているよ。

てとこだ
きのこの日記を見てない人は*全員*「後日談。」を
本当の後日談だと思っているつー論調についてだよ

232 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:36:39
追記すると、
きのこが日記で言う前から「後日談。」がげっちゃだとか
ホロウ本編とは直接繋がってないと気づく奴はちゃんといただろ、ってコト

233 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/08(金) 23:40:35
>>231
そういう意味だったのか。確かにちょっと相応しくなかったな。悪い。

「きのこの日記を見ていない人の中には、『後日談。』を
本当の後日談だと思っている人もいる」

としておいて欲しい。

234 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 09:54:06
>>結局士郎は一歩も成長してない
確かに、ある一面ではそう言えるかもな。Fateに限らずきのこの作品って、
基本的に主人公が新しい何かを見つけるってことは少なくて、元から自分の中に
あった答えを再確認するって展開が多いし。
それを、新しい答えを見つけず元の答えに戻っただけで成長とは言えないと言うか、
迷った果てに元の答えが正しかったとわかった分成長したというか、だな。

そういえば、主人公たちの能力も基本的には新しいものを作るんじゃなくて
元から自分の中にあった能力を覚醒させることがほとんどだな。

235 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 10:09:15
そーかな?初代主人公の青子は成長しているような・・・。
あ、脇役に転落したからか・・・。

236 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 10:36:30
>>235
魔法使いの夜のことか?
それきのことは一切関係ないから

237 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 13:17:22
人間、15歳くらい過ぎれば人格形成は概ね完了してるから、大切なモノはもう自分の中にあるもんさ。

238 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 20:21:08
士郎はレベルが上がった!
「開き直り」を覚えた!

239 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 21:36:00
>238
それを言っちゃあおしまいよw

240 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 21:41:38
一人の暴走族が道をバイクで走っていたら熱が酷い子供がいました。
暴走族は子供を隣村の医者の所へ送ってあげることにしました。
暴走族は決して走行中にヘルメットを付けないという信念を持っていて
ヘルメットを付けずに走っていました(もちろん後ろの子供も被っていません)
そこに白バイのおまわりさんがやってきました。
お巡りさんには火災で全てを失ってヘルメットを付けた自分だけが助かったという過去があり
運転中にヘルメットを付けることは絶対に正しいという信念を持っていました。
お巡りさんはヘルメットをつけていない暴走族を停車させようとしました。
一刻も早く病院へいかなければならない暴走族はお巡りさんと戦いました。
子供は時間切れで死にました、お巡りさんが止めなければ助かりました。
悪いのは誰でしょうか はてな まる

241 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 21:49:03
>悪いのは誰でしょうか はてな まる

常識で考えれば珍走
講談社のマガジンならお回り
一番頭悪いのはこれ書いた>>240

242 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 21:53:21
なにこのバカ
なんで警官と戦わなきゃならんの
一言事情言えばいいだけ
白バイが先導してくれて最速で病院に行けたろ

243 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 21:55:27
>>240
さすがにこれはひくわw
頭悪すぎるw

244 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 22:08:25
6と7行目の設定イラネェだろww

245 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 22:16:21
信念だかなんだか知らんが、ノーヘルを注意されることなんて予測できて当たり前
子供の命のリスクよりも自分の信念を優先した珍走が悪い

246 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 22:52:09
これワロスw

>公式見解によると、衛宮士郎は月姫の主人公、遠野志貴と相性が悪い。
>これは、衛宮士郎が『ヒーロー(正義の味方)志願者』であるのに対し、
>遠野志貴は(弓塚さつきの言葉通り)既に『ヒーロー』だからである。
>遠野志貴が『ヒーロー』であるために重要な要素、
>“助けるべきものに優先順位をつけられる”という事が衛宮士郎には受け入れられないものである為、
>衛宮士郎から見れば遠野志貴は『冷徹なリアリスト』であり、
>遠野志貴から見れば衛宮士郎は『現実を見られないガキ』ということだと思われる。
  _-'"         `;ミ、      /:::::::::::::::::::::::::\〜
 _-"ミ;ノリ人ノノヘ/リ; `゛゛ ミ    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〜
 >ミ/         'γ、` ミ   |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|〜
 了| "~`、  "~"`   {,',; ;} 。  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ〜
 "7 `⌒`   ⌒   }ミ:. {   |::( 6∪ ー─◎─◎ )〜 
  '|   /       レリ*    |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜  
+  i  (       }ィ'     |∪< ∵∵   3 ∵> ハァハァ
   `  ー---    /|` +     \       ⌒ ノ
    ヽ  ̄    / |__        \_____/
     `i、-- '´   |ソ:     
      ↑               ↑
      志貴              士郎

247 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:08:52
公式見解つったって「ランサーとアーチャーばりに相性が悪い」だからなあ。

>何げにオールラウンダーで、格闘戦も武器戦闘も対魔術戦も家事手伝いもそつなくこなすにくいヤツ。
>うがー、ブラウニーかおまえは!(バイ子供凛)
>技能・執事があるなら、間違いなくA+。慇懃無礼なところも執事の資格バッチリだぜ!
>ついでに豆知識そのいち。ランサーもわりと似たような所がありますが、ランサーが雑なのに対し、アーチャーは神経質なまでに整理整頓します。
>そのあたり、あの二人が仲悪い一端かと。

いがみ合うふたりを見て第三者が「なんでおまえらそんな仲悪いんだよ〜」って嘆くような平和な感じ。

248 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:31:33
アーチャーとランサーばりに相性が悪いって言うけど
アーチャー=志貴、ランサー=士郎みたいな感じなんだろうか?
性格はアーチャーと士郎では違いすぎるし

249 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:43:17
几帳面さやまめなところは普通にアーチャー=士郎でまったく問題ないと思うが。

250 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:45:17
俺もランサー=志貴だと思う。
士郎ほど完璧主義っぽく細かくないけどマメってイメージ。

251 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:50:11
敵味方の割り切りが早い所とか、一度敵対しても和解したら平気で仲良くしそうな所とかも>志貴=ランサー

252 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:54:51
一緒にプール乱入しに行くぐらい相性悪いからどうだってんだろうなw

253 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:59:14
UBWルートでは仲が悪かったな、二回目の対決あたりで
主を裏切るアーチャーが許せないみたいな感じで

254 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/09(土) 23:59:44
アチャとランサーが仲悪いと言われてもピンと来ないよなw

255 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 00:07:08
>>253
それは相性うんぬんでなくて、
単に結果的にアーチャーがランサーを怒らせるような行動をしただけってだけな気がする。

256 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 02:07:03
>公式見解によると、衛宮士郎は月姫の主人公、遠野志貴と相性が悪い。
>これは、衛宮士郎が『ヒーロー(正義の味方)志願者』であるのに対し、
>遠野志貴は(弓塚さつきの言葉通り)既に『ヒーロー』だからである。
>遠野志貴が『ヒーロー』であるために重要な要素、
>“助けるべきものに優先順位をつけられる”という事が衛宮士郎には受け入れられないものである為、
>衛宮士郎から見れば遠野志貴は『冷徹なリアリスト』であり、
>遠野志貴から見れば衛宮士郎は『現実を見られないガキ』ということだと思われる。

>>246 はこれを書き込んだ奴を笑ってるのか?
それともこれを本当に『公式』だと思ってるのか?
公式なのは二人の相性が悪いというところまでだけなのに

257 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 02:32:49
>>256
どちらも違う。
士郎の現実を見られないガキっぷりが上手くAAで志貴と比較されてる点

258 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 02:55:49
ようするにアンチ乙、と

259 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 04:59:16
つまりこういうことだろ
志貴=専属の使用人さえいる坊ちゃま(当主ではないが)
士郎=根っからの執事

そういや作品毎に主人公の精神面が退行していってるのと反比例して料理の腕が上がっていってるな

幹也 粗が無いんですけど         麺類限定

志貴 どうにかなるさケセラセラ      それなりに

士郎 職業欄:黒の騎士d…げふんげふん  バトラーのサーヴァント(スキル:家事万能)

260 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 09:19:16
>>259
一つ突っ込むが幹也じゃなくて式じゃないか?主人公は

261 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 09:22:01
俺は幹也だと思ってたが…

262 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 09:39:15
ドラえもんの主人公がどらかのび太かみたいなもんじゃね

263 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 09:43:03
>>262
あれ?どっちが主人公?

264 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 09:44:00
また士郎アンチから
今の絶対サイキョー俺様無敵のあの糞眼鏡のどこがいいんだか

265 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 10:45:44
どうも一生懸命なのがいるな。
一応突っ込んでおくが、士郎アンチがいることと志貴スキー(もしくはマンセー)がいることには
何の関係もないんだが。

266 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 11:13:48
士郎が嫌われてるのは分かるけど、士郎好きの人はあの正義のDQNのどこがどう好きなの?

セイバーは戦うなとか口先だけはペラペラ動くやつで
無条件に信二を疑わない基地外っぷりと、計画性の無い行動&珍動
プレイヤーの多くが信二を殴りたい時ですらアイツは友達だから云々。
昼間は勝手にウロチョロするし、結果イリヤに捕まるし、周囲にはいちいち反発するし、
小学生低学年が将来の夢にしそうな正義の味方とか恥ずかしすぎ。
現実と理想の矛盾をツッコまれるとすぐにキレだして、なんじゃコイツw

あとあのツンツンした立ち絵と厨房口調もウザイ
士郎が好きって人は
大口叩く口先だけの有言不実行なカスで他人の話は一切聞かない自己中DQNで
理想(こいつがクソガキの頃からしてたキモイ考え)と現実の違いを指摘されるとファビョる
ところが好きなの????

267 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 11:31:07
素直になりなさいよね貴女も。
今の台詞、逆にそこが好きで好きでしょうがないって聞こえたわよ?

268 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 11:45:07
なぁ……!
ふざけないでよね、わたしは本気でそういうのが気にくわな
いって、

269 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 11:50:57
そもそも主人公ってやつはDQNじゃないと務まらない

270 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 11:52:00
まあ少年漫画は大抵そうだが

271 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 12:04:55
>>266
自分の書き込んだ文章を読み返してみるといい
あまりのDQNっぷりに士郎のことなんか言えないぜ?

272 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 12:18:01
つうか>>266てウニメの話か?

273 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 12:21:37
ウニメにプレイヤーはいないから、>>266の妄想の話だろ?

274 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 12:32:21
士郎は別に正義の味方自称してねえし、正義の味方が理想なだけなんだがな
その理想を虎にばらされた時も恥ずかしいから止めようとしてたんだが
恥ずかし気もなくて何?
つか、典型的な厨ニ病患者です本当にありが(ry
てことかね?

275 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 12:44:06
毎度コピペに律儀に反応するこのスレの住人が大好きだw

276 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 12:47:17
士郎って シチュエーションについてあれこれ御託並べて、
解ったような口ばっか訊く割に実質的に有効な判断や行動は何ひとつ取れてなく、
周りに流されているだけなんだよな

で、結果出せなかった事に対して、表面上は嘆いてるフリをしてるけど
実際は「悲劇チックな俺様って何かかっけぇ!こんな心情で女の子の事を想ってやれる俺様って尊い!」
とでも思っているかのようにしか見えないし

挙げ句は「俺は弱い」とか「まだまだ未熟だ」
ってちゃんと自覚してその事で思い悩んだり、「強くなろう」って決心したりする事も無く、
ひたすらありえないご都合主義で勝たせて貰っているだけ

なんつーか、奈須作品って「無謀さ」「真っ直ぐさ」「純粋な想い」(=主人公のメンタル面)
とかはやたら重要視されるけど一方で、「人の意見」「社会性」「人の命の重さ」とか
「強さ」「実力」「真剣さ」とかは軽視ってか、徹底的にスルーされてるんだよな
「無限の地獄」という割りにアーチャーがどんな修羅場をくぐってきたかは何も語られないし
「気高き理想」という割りにセイバーの王様らしさや当時の状況が語られる事もないし
「人として歪」とか「自己犠牲精神の塊」とかいうくせに、具体的な描写はヒロインかばって串刺しになるぐらいしかない。

やる事といったら主観的なモノローグ垂れ流すばっかりで、他人の目から見た具体的な重み付けが全然出来てない。
作者が一人よがりの結論と確信を垂れ流すばっかりで、それをどうやったら他人が信じてくれるかって発想が全然無い。
言うならば小学生の考える「ぼくのさいきょうちょうじん」だな。
「フェニックスのいちおくばいつよい」って言えば「いちおくぱいつよい」って信じてもらえると思ってやがるw

277 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 13:05:13
>>275
んー、ここしばらく止まってたからなんとなく

278 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 13:33:59
俺の場合、最近この板の中二病率が減少してたからノリが分からなくなってるな
面白いからいいけど

279 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 14:01:59
>>276
大筋には同意だが、その表現の全てに賛成できない。

280 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 15:35:44
無謀な行動しなくて、自分の能力限界を冷徹に見極めて、無駄な戦いを回避し、
女の子も戦力になるなら計算に入れて、他人を説得するために正義を語り、
弁説に長け、彼我の戦力差を冷静に分析して先手千手に布石を打ち、
周囲に真意を悟られる前に布陣を整えておくように勤める衛宮士郎。

……某SSのランサーかよw

281 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 15:52:19
面白みないなぁ、そんな高校生キャラ。
やっぱ士郎は曲がり角で曲がりきれずに激突するような
直球バカがいい。
あれはそもそも曲がる気がないのかもしれないが。

282 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 15:54:46
性格を志貴にしときゃよかったんだよ

283 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 16:04:20
志貴マンセーはスレ違い
該当スレでやってくれ

284 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 16:15:04
最期までおまえとは握手しないぜ! けど貴方のような人は嫌いでなくってよ?

285 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 16:19:01
突っ張る事が男のー♪
たった一つの勲章だとー♪
えみやんはー信じて生きてきたー♪

286 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 16:21:49
元歌歌った人、そういえば戦隊ヒーローレッドやってたっけ……w

287 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 16:51:43
漢なら無言実行、事が終わった後に喋らずとも背中と傷跡で語ればいい
士郎は女々しい

288 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 16:58:14
>>287
士郎も擦り切れたらそんな男になれるって証明されてたじゃないか

アーチャーみたいに擦り切れる未来もあるし、辿る人生によってはアヴェンジャーのようにもなっていたかもしれん
ヒーローもしくはダークヒーローの雛形じゃん
俺らよかよっぽどいい人間やってるよ

289 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:05:42
自業自得で自分に八つ当たりしに来ただけの学校仮面じゃん
アーチャーの目的は女々しすぎだろという話

290 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:09:16
…半面教師か?

291 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:09:32
アーチャーもアンリも嫌いじゃないが士郎にはあんな性格にはなってほしくないな

292 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:10:11
作中の漢はヘラクレスだけ

293 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:11:02
>290
いや反面教師だろw

294 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:11:44
世界にケンカ売ってまで幼女に執着したロリコンじゃないか

295 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:17:57
まともなのはシンジしかいない!
UBW後だと改心してるようだしペルセウスになる可能性だってあるんだ

296 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:21:57
>>291
確かに、士郎にはあんな性格になって欲しくは無いが
絶対に友達にはなりたくないよなw

297 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 17:23:38
UBW後の慎二はホロウだろうね

298 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 18:12:12
士郎…というか、奈須の言っていることをどこまで真に受けるかってことかな、やっぱ。
作中で、キャラの主観で『想像もできない地獄』って言われたときに、
そんな大仰なことでもないだろって思っちゃったらしらけちゃうし、
そこは自分に都合がいいように解釈したほうが楽しめるんじゃないかな?

299 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 18:18:53
作者が一人よがりの結論と確信を垂れ流すばっかりで、それをどうやったら他人が信じてくれるかって発想が全然無い。

ってのが原因だな

300 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 18:24:58
でもそんなきのこが大好きです

301 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 18:33:13
まあ無いわけじゃない。筆力が足りないだけだ。
ホロウで多少改善されてきてるぞ?

302 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 18:33:18
>一人よがりの結論と確信

上手く嵌ればUBWみたいに感動できるが
HFはそれが悪いほうに出ちゃったんだよなー

303 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 18:45:18
あれはネタバレありきだから、結論も確信も二の次ですよ。>HF

304 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 18:51:08
いや、時間が足りなかったから見切り発車だろHF。
あとから下手な言い分けるするなよって言いたい。

305 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 19:01:27
俺はUBWのアーチャーの摩耗の過程にまるで共感できなかった。
あれこそ描写不足の最たる物だと思ったな。
二次創作で補充して脳内ストーリーできあがって再プレイして感動な感じ。

層の厚い二次創作に助けられてる部分もあるよね、型月。

306 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 19:04:15
>>305
実際、磨耗したのは英霊化してからだからね。
原則的に英霊本体は知識の集積はあっても、それ以上の変化は無い筈だが。
その矛盾を超えて、きちんと読者に納得させられるだけの描写をしていないと思う。

307 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 19:09:07
回想シーンに手抜きすぎてるんだよね、全体的に。
プレイヤー的にはすごくもやもやする。

しかし、そのもやもやがここまでの二次創作群を作り上げたと言えるかもしれん。
そう仮定した場合、型月がなおかつそれを最初から計算でやってたとすれば恐るべし。

308 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 19:16:35
ありえねーw
信者補正入り杉だ>型月がなおかつそれを最初から計算でやってたとすれば

309 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 19:16:51
二次創作前提でモノを作るのは流石に無いだろw

310 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 19:18:12
えーでも良くあるじゃん
読者の想像におまかせしますってやつ。

311 名前:307 投稿日:2006/12/10(日) 19:34:53
え、もしかして本気で計算うんぬん語ってると思われてる?

312 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 19:35:56
まさかw

313 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 22:55:57
ラッキーマンのセリフであったな
「そんな計算できるんならノーベル賞でも取れるっつーの」

314 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 23:29:57
>>307
> しかし、そのもやもやがここまでの二次創作群を作り上げたと言えるかもしれん。

FF7思い出すな。あれも補完がすごかった。

315 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/10(日) 23:32:29
二次創作が盛り上がるパターンは、本編の補完か改変だからな。
想像の余地がある部分や、納得いかない展開の改変に創作意欲が沸くんだろう。

316 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/11(月) 15:03:23
しかしそこにも原作原理主義の影が忍び寄るのであった。

317 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/11(月) 15:13:47
DQNが好きではない。
行き過ぎたDQNは狂人になる。
士郎みたいな狂人が好きだな。

318 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 00:28:59
士郎が嫌いなやつもいるんだな。
確かに万人に好かれはしないと思うけれど、アンチになって暴論振り回されるほどにおかしなキャラとも思えないのだが。

今まで普通の世界に生きてきた少年が、他人を助けることも他人から助けられることもありえない世界を味わって絶望して
それでも与えられた救いに感謝して、けれども一人だけ生きのこったことの罪悪感を感じて、それら全てに影響を受けた。

死ぬ危険のある魔術鍛錬を楽しいと感じたことがないのに延々と繰り返して、目標はあっても目的はない中で体を鍛え続けて。
その果てに巻き込まれた戦争の中では恐怖を感じながらも逃げ出さずに、絶対に勝ち目のない化け物の前に飛び出して他人を庇ったりもする。

愚直で歪んでいて独りよがりだけれども、その意志と行動は賞賛に値するし感動できたぞ俺は。

319 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 00:39:02
嫌いな奴もいるんだなって随分今更だなあ
ずっと前から賛否両論で信者もアンチも多数だよ

320 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 00:39:05
エロゲだから仕方ないのだが、あれだけ偏った性格しているのに
色んな女の子とH=惚れるが嫌な所。

321 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 00:49:00
士郎を叩くのはいいけど、
正義とか救うとかの単語一つしか見ないで的外れな叩きをウダウダやりたきゃアンチスレでも立ててそっちでやれ、という感じだな

322 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 00:58:47
>>320
ケダモノだから仕方が無い。

士郎が他人を救っても自分を救わないという描写があるが、本能に忠実な分
他の人より人間らしく生きているとも言える。

323 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 02:46:24
士郎のキャラは好きなんだが能力がなんか敵の能力っぽくてちょっとイヤ。

324 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 02:56:46
              i
      、        i!
      i,`ヽ、     i |
      i   丶、  ,i :|
       i;::_,、-、`1_ | .:|
      -'‐'"1i !、'i゛ヽ:;、__
       ヽ:::|| | /' _,、‐'" '`‐、
        ヽ|i!r'/       \
         W'" ̄''‐-、_.     \
                `''‐-―一

       、.  _ _  .i  ,.
        ヽ`//| /i.//
         ヽ. '| ト./ /
          i∧/  /
          // \ヽ、              
         ヽi   //

325 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 03:14:22
―――鶴翼、欠落ヲ不ラズ


けつらくをふらず?

326 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 03:20:07
むけつにしてばんじゃく

327 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 04:56:14
>>323
あの小物臭がしつつも反則気味で使い勝手がいい能力が大好きです。

328 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 06:57:55
アンチに一言
別にお前に気に入って貰おうなんて思ってねえよ

329 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 07:20:45
別にお前に好かれようなんて思ってないだろうな

330 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 07:22:02
信者にも一言
別にお前に気に入って貰おうなんて思ってねえよ

331 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 09:24:16
士郎は他人を救うという自分の目的さえ遂げられればそれ以外はどうでもいい
というエゴの固まりみたいな奴だしな。

そんな奴が他人を救うなどできるはずがないのに、なぜ気づかないんだろう。

332 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 10:23:42
気付いたけれどどうにもならんって描写じゃなかったか
セイギノミカタとして頑張ってたけれど俺じゃセイバーを救うことすらできねえYO
みたいな事ほざいてたし、UBWじゃ思いクソ言われてるし

333 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 10:50:50
士郎が凝り固まってどうにもならないやつだと理解してないといろいろつらいかな。
何で無駄とわかっても成長したり変化したりしないのかって思ったら嫌悪感が立つ。
俺はわかってても変われない。変わろうとしてもできないやつって思ってるから
士郎のことが好きなのかも。
きのこ世界ってこのロジック多いよな。ミスターダウンの名前とか、ちょっと
遠いけど燕条巴とか、普通は物語的に『奇跡が起こってでも成功する』ことを
『絶対不可能』と切り捨ててる。

334 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 10:55:40
>俺はわかってても変われない。変わろうとしてもできない

→「だからこれでいい」と士郎が考えてるのが、
彼を嫌う人が理由に挙げるひとつではあるだろうね。

335 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 11:53:41
駄目人間ズな俺らもわかってても変われないし、変わろうとしてもできない
だからこれでいい

336 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 12:14:40
>>335
ホロウ出た後も
「このゲームはキモヲタは妄想に浸ってないで現実社会へ出ろというメッセージだ」
つー感想言ってた奴いたな。

337 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 12:24:23
>>331
よくこういう事言うやつがいるが、それじゃあどんな人間だと本当に人が救えるんだ?
救ってくれた人間がどんな意図や理由があろうと、救われたと言う事実は変わらんだろ

338 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 12:33:24
>>331
願望器じゃあるまいし、人の望みを全て叶えろなんて無茶な話だ。
善意の行動を認められない、人間不信の人なのかな。

339 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 12:40:18
>>337
救われたという事実だけだと
その後気持ち悪がられるってアーチャーが指摘してるよな。

>>338
士郎の行動が善意から生まれたものではないからじゃないか?

340 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 12:46:06
>>339
救ってくれた人を気持ち悪がったら、救われたという事実は消えるのか? ふーん

341 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 13:09:14
>>340
思考停止乙。
「それをよしとする士郎はどうよ?そんな士郎をどう思うよ?」って話をしてるのに
何噛み付いてんだよ。信者補正も大概にしな。

342 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 13:20:22
>>340
ンな事誰も言ってないwww

343 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 14:38:41
「士郎は人間的に破綻してるし、どちらかといえば嫌われ者だ」
「正義なんて理想を敢行しようとする者は孤立する」
「菌糸類自身そんなに好きなキャラではない」
という結論が先にあるから俺らがやってることも無意味なんだよな
でもそんな自分が好きだ

344 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 17:31:10
魔力回路が開いていない聖杯戦争以前の士郎だって
美人の人外(アルク)をいきなり切り殺した志貴より
無害でかつ世の為人の為になる立派な青年だと思うが。
戦場で無力だからって消防隊は軍隊より人助けの役に立たんのか?

345 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 18:24:16
志貴みたいな底辺と比べて、それより上だからどうのってのはなぁ…
もちろん主旨は分かるし同意もするけど。

346 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 18:39:13
士郎は戦場に特攻していく消防隊みたいなもんだからなぁ
しかも無力なのを知りつつってのが始末に終えんw
傍迷惑なのは確かだよ

347 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 18:50:19
聖杯戦争中は確かにそうだが、魔術師未満が腕に自信のある連中が参加する戦いに巻き込まれたんだし。
切嗣がきちんと指導出来てれば問題無さそうだぞ(単に話の都合で初期設定弱)

348 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 18:52:25
士郎の身の程しらずっぷりは迷惑だし
何言ってんだコイツって感じだけど、
あそこまで前進あるのみって感じの特攻っぷりを見せられるとね。
なんて言うかほだされる。

349 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 19:14:46
確かに士郎は身の程知らずだけど、
FATEルートでだってライダーにやられてからは多少改善されてると思うけど。

350 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 19:21:36
士郎の壊れっぷりは好きだが、
fateルート序盤の阿呆さ加減だけは受け入れらんなかったな…

351 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 19:30:27
後衛キャラだって自覚してればいいんだけど能力把握が遅れ過ぎ。

352 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 19:39:33
なんか士郎好きは志貴嫌いで、志貴好きは士郎嫌いな気がする

353 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 19:43:57
>>350
俺もランサーに二度、
バーサーカーに一度の計三度ほど普通なら死んでいたのに、
それでも何とかなるって思っていたのは受け付けられなかったな。
いいほうに見ようとすれば、
自身の命を勘定に入れてないから肉の盾ぐらいにはなると思ってたんだろうと考えられるけど。

354 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:18:33
>>352
士郎好きと志貴好きは相容れないとのことだが・・・
別に、両方好きでも構わんのだろう?

つーか士郎好きで志貴嫌いってあんまいないような。
わざわざ対比させて士郎褒めたり志貴貶したりするようなのがいないだけか。
逆は売るほどいるけど。

355 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:20:13
士郎好きは志貴も好きか志貴はまるっきり興味ないかのどっちかっぽい

356 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:26:56
>>354
>わざわざ対比させて士郎褒めたり志貴貶したりするようなの

例えばちょっと上の>>344とかそんな感じだろ。
士郎好きとしては残念だが、けっこういるように感じる時もある。

357 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:27:06
>わざわざ対比させて士郎褒めたり志貴貶したりするようなのがいないだけか。

>>345

358 名前:344 投稿日:2006/12/12(火) 20:48:49
士郎VS志貴で救う順位を割り切れる志貴の方が偉い(大人)的な論があったから
そういっただけでそこは主義と好みの問題で上下はないと思う。
但し、善意のボランティアは議論の必要なく尊い。
偽善と決め付けるやつは実行してその苦労を味わってから発言しろ。

359 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:52:35
偽善ですら無いから異常者扱いされるんだろ、士郎は。

360 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:55:28
>344
ちょっともちつけ
お前さんの主張はともかく、その対比のさせ方は
志貴に圧倒的に不利だって話だよ
志貴と士郎はもともと主人公だって事以外に共通点も接点もないのに
比べようっていうほうが無茶だ

361 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:56:28
一応、士郎本人は自己満足はしてるんだから、
他人が分からないからって異常者扱いしているだけなんだよね。

362 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 20:57:51
異常異常言われる程異常にも見えなかった
フィクションでは結構ありがちな性格だからか

363 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:01:50
まあ確かに異常異常言われてるけど、きのこの文体に騙されてるだけで
よく少年漫画とかにいそうな性格だよな

364 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:05:47
英雄譚なんかじゃ、
どこからともなくやってきて、
揉め事を解決したら名も告げずに去って行くってのが当たり前だしね。

365 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:09:57
>>344
>戦場で無力だからって消防隊は軍隊より人助けの役に立たんのか?
このたとえはおかしくないか?
聖杯戦争前は正義の味方を目指すべくトレーニングして鍛えつつも
実際にやったことは学校の備品修理程度。
広い屋敷を維持したまま世のため人のためボランティアするでもなくただ酒屋でバイトするだけ。
ただのビッグマウスじゃね。

おまけに聖杯戦争で投影魔術を自覚したら武力でもって1を切って捨てて9を助けるという
エミヤ化の可能性も高いと。

366 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:12:58
「正義の味方は悪人も救うんだ!」
  ↓
「殺してもいいんだな、テメェ!」

367 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:17:54
そのセリフ、よく引き合いに出されるけど
Fateルートの言峰って勧善懲悪ものに出てきそうな
典型的な悪役として大活躍だからなぁ。

368 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:20:16
>>365
戦争前は突発的事態に対して対応できるように体を鍛えてただけで、
実際は法務関係を目標にしてたみたいだし。
バイトに関しては生活するためだし、
そこそこの大学へ行くなら学費だって相当必要だし。
で、戦争後は魔術師の世界じゃ非道は隠匿すれば問題なしの世界だから、
それに否というには士郎は魔術師としてはヘッポコだから武力が必要になっただけだと思うのだけど。

369 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:22:12
>>366
でもそれをも救いたいとか青いこと言ってるのが士郎ってキャラだろ

370 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:28:49
>>369
でも、あそこは泥があふれるかあふれないかの瀬戸際だし、
で、理想は理想で全ては助けられないのだよって言うことでUBWの磨耗を暗示させてるのだろうし。

371 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:30:51
>磨耗を暗示

ちょっと穿ちすぎにおもう。

372 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:44:40
きのこが何も考えてないだけじゃないのか
悪人も救う云々は超序盤に一回考えたくらいじゃなかった?

373 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:44:58
瀬戸際なら切り捨てていいってか

結局きのこがテーマ扱えなくて放り投げただけじゃね

374 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:46:04
>>370
どんな状況でも例外を作らず全て救いたいってのが士郎の理想だろ

375 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:52:10
しかし少々話しそれるが士貴は士郎に比べて現実的でえらいとか言ってる馬鹿は何者なんだろうか
2は1に比べて数が大きい、だから偉いって言ってるようなものでどっちも底辺だろ

376 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:58:09
志貴は絶倫だから偉いんだよ(適当)

377 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 21:59:05
テーマ・誰も切り捨てずに救いたい少年の理想
結論・無理ポ

まぁ当然の事だわな。
それでも、その理想は万民の夢だし、それを求める事はやめちゃイケナイってのが止揚だろ。
ちゃんとテーマ扱って答え出てるじゃん。

それこそ「死傷者は出なかった。奇跡的に! 被害者0」なんて書くのは簡単なんだけどな
そうしなかった事自体が、テーゼに対するアンチテーゼなんだから
それすら読み取れないで作品批判作者批判って説得力無くね?

378 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:07:09
      ____
     / 士郎 \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  正義の味方は悪人も助けないといけないんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     / 士郎 \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でもそれじゃあ皆を守れないんだお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( 。)  (゜) \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   自分の敵=悪、は殺してもセーフにルール変更だお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'U´    /

379 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:12:31
最後のから士郎の文字が消えてるのは何かの皮肉なのか?w

380 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:12:59
まぁ、正義の味方には倒すべき悪が必要だってのも、物語序盤で言峰に
示されているけどな。

381 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:19:21
序盤に全てを救うのは理想でしかないとちゃんと理解しているぞ。
でも、損なのは嫌だといってがんばろうとしているわけで。
で、あの場面では力足らずだったと。
もし、士郎が言峰の性根を全うに出来るだけの手段があれば殺しはしなかったと思うし。

382 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:23:39
士郎が現実見てないとかよく言うが自分の力じゃ過去の火災でも何も出来ないと自覚してるのになぁ

383 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:52:38
こいつは救えない奴=だから殺す
ってのは短絡的すぎるよなぁ
志貴や式ならその辺を弁えてるからいいけどね

384 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:52:52
>>382
出来ないくせにしゃしゃり出てくるのがウザイのかもな。

385 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:54:13
>>383
逆に考えるんだ
救えない奴を全員殺せば
生きている奴=全員救える奴

正義の味方になれて(゚д゚)ウマー

386 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 22:59:05
>>384
そこで出来ませんとかしり込みしてたらまんま桜じゃん。
つまりヒロインになってしまう。

387 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:05:35
救えないやつ=殺すではなくて
殺せばより多くの者を救えるやつ=殺すだろう。
言峰のところからもアーチャーの片鱗があるな。
しかし、士郎は同属嫌悪のきらいがあるな。
士郎≒エミヤ≒言峰と嫌いなやつでしか構成されてない、例外といえばギルのみ。

388 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:07:32
でもセイバーは好き♪

389 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:08:04
セイバースレ行ってこい。

390 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:10:44
でも士郎ってツンデレだからなぁ。

エミヤも本音では理想の姿だって言ってたし、
コトミーも本当は好きだったとかモノローグるし。

391 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:11:48
ツン=殺意や嫌悪って中々新しいジャンルだなw
しかし同意する。

392 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:17:08
ツンの時期に殺されたり殺されかかったりするのは割と多くね?w

393 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:25:48
それはヤンデレな気がする

394 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:44:42
ヤンデレはデレの延長で鋸や空鍋に行ってるような

395 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:48:00
いや、あれはちょっと……だが言葉様は面白かった。

396 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/12(火) 23:57:28
>>386
士郎はヒロインだろ

397 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 00:37:02
やっぱ志貴くらいの性格がいいよ

398 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 00:43:16
ヒロイン的な要素もヒーロー的な要素も兼ね備えるのが士郎。
まあ、負の意味も含めてだが、それがいい。

399 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 06:48:36
主人公チームは探索、謎解きに便利な能力や知識持ってるのがいなかったから
特に士郎が無謀に見える。
型月世界だと攻撃能力はいろいろ凄いのがいるので幹也の探索能力が便利に感じるな。

400 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 18:29:13
Fateは低脳コンビだったからな
有言不実行のDQNと正面から剣振り回すだけのピーマン頭

401 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 18:48:52
実行はしているでしょ?
ただ、結果が期待通りにならなかっただけで。
剣を振り回すだけなのは魔力不足で無駄が出来ないだけだし。

402 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:12:40
>>397
俺は受けつけない。
月姫はアルクルートだけで飽きたから、志貴マンセーが理解できんw
もう細かく覚えてないけど、ナルシストっぽい印象しかない。
なんか月姫やる気おきないんだよね。

403 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:20:57
俺もあまり好みじゃないな。
だって、士郎以上に鍛錬等をしてないのにいきなり強くなるんだもの。
その上、人外と戦うってなってからも一度も鍛錬とかしないし、
士郎以上に危機感がない。

士郎はどのルートでもセイバーと訓練して、
技術コピーをいういかさまだけど強くなる理由はあるし。

404 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:25:48
言峰の言ってることなんて単なる矛盾でしかない。
しかも自分は変人で他人の不幸が好きだけれど、全てを救うのが正義の味方なんだからそれを否定するお前は正義と言えるのかって難癖付けているだけ。

あの神父は自分自身を欠陥で人間の範疇からはずれていると言っているのに、
そんな外れた生き物まで救わなきゃ叩かれる士郎は大変だな。

405 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:27:56
志貴は幼少時に自分を守るだけの技術は手に入れていたっていう描写が歌月であったけどな
七夜の血筋は近親間を繰り返して退魔の性質と超能力を伝えてきた集団とも書かれていた

406 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:40:19
ブランクがありすぎだし、
退魔の性質はアルクにあうまで発動しなかったのも不思議だし、
で、やっぱりその性質を使いこなそうとは一度もしてないし。

407 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:40:45
>>403
fateルートはともかく
UBWの士郎はアーチャーの技量を盗んで飛躍的に強くなったし
HFの士郎はアーチャーの腕くっつけて中身コピーしたから強くなった
セイバーの鍛錬とかあんまり関係ないよ。あの程度の期間じゃ付け焼刃

408 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:52:11
>>405
>「―――酷いものだ」
> ゆらり、と体の重心をあげてヤツは言った。
>「鍛錬で得た技術など瓦礫の塔にすぎぬ、か。たえず塗り固めていなければ呆気なく瓦解するとは教えられたが―――まさか、ここまで無残とはな」

同じ歌月で七夜志貴がこんな事も言ってたけどな
ブランクプラス病弱という設定を無視した志貴の強さは異常

409 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 19:56:17
なんにしろ歌月なんて後付けじゃん
アルクや先輩や秋葉と戦う時はけっこう躊躇や逡巡しているのに
親友だった四季を殺すのにまったく容赦がないのはなんだか嫌だ

410 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 20:03:35
志貴の方がエロゲの主人公としてはいいと言う事には同意。
士郎の場合関係増えるほどおかしくなっていく。

411 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 20:07:18
>>405
まぎれもない厨二設定だな、全然納得できねえw
士郎の設定ってか御都合展開も、負けず劣らず酷いけどな!

412 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 20:16:37
志貴はなぁ…。
キャラマテさえ出なければ普通の主人公でいられたのに。
アレのせいで完全に単なる邪気眼系(?)キャラになっちまって残念。

413 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 20:51:57
きのこは、俺の書く主人公TUEEEEEEEEE
するのが好きだからなぁ
糞な超絶補正が必ずかかる

414 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:02:01
だから士郎スレなんだから志貴の話はよそでしろと

415 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:08:15
1:レッテル貼りをする
「体は剣で出来ている。」

2:一見関係ありそうで関係ない話を始める
「血潮は鉄で、心は硝子。」

3:自分に有利な将来像を予想する
「幾たびの戦場を越えて不敗。」

4:ありえない解決策を図る
「ただの一度も敗走はなく、」

5:自分の見解を述べずに人格批判をする
「ただの一度も理解されない。」

6:ごくまれな反例をとりあげる
「彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う。」

7:主観で決め付ける
「故に、生涯に意味はなく。」

8:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
「その体は、きっと剣で出来ていた。」

416 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:08:57
>あの神父は自分自身を欠陥で人間の範疇からはずれていると言っているのに、
>そんな外れた生き物まで救わなきゃ叩かれる士郎は大変だな。

自分で「救いたい」って言っちゃったからね
有言不実行なら言わないほうがマシ

417 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:15:41
士郎が他人に向かってそんな宣言したことってあったっけ?
モノローグや自問自答での独り言じゃなく?

418 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:18:08
>自分で「救いたい」って言っちゃったからね
どこで言ってたか教えてくれね?
言ってた気はするんだけど、なんか思い出せないんだよ。

419 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:19:30
まぁ他人の手なんかじゃトコトン救えねぇのが言峰綺礼なんだが。
幸福なんぞ必要ない。人生に意味など求めないって所まで行き着かにゃあ、
生まれついての生態ゆえに、安息など訪れんつーか。
それこそ言峰可憐嬢のように。

420 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:21:08
あのDQNは現実的に不可能で陳腐な事をしようとしてるのに、
セイバーが聖杯に願ってる内容を聞いたら


セイバーは間違ってる。そんな願いダメだ。


なにこの自己中
お前の価値観押し付けんなよw

421 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:22:13
>>417
モノローグや自問自答での独り言ってのは
プレイヤーに向かっての「俺はこういう奴なんだ」という意思表示。

プレイヤーはプレイヤー自身の思いと違っても
その前提で物語をすすめるわけで、なのにその本人自らが
前提と違う行動したら「(゚Д゚)ハァ?お前自分で言ってたのと違うじゃん」
となるだろ?
物語の過程で成長して違う答えを導いたならともかく。

422 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:26:37
>>420
過去を変えるのがいけないというのがどうして自己中なのか分からん。
士郎の願いは過去を変えるのとは関係ないし。

423 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:30:13
>>421
救いたいって願っているけど、
全てを救えないってのも士郎は理解してるっての。

424 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:32:38
自己中と言うか、自分を棚上げにも程があるぞコノヤロウとは思うがな。
自分の幸福を切り捨てて、やってきた事を否定するセイバーに、
頑張ってる人が報われないのはダメだと言って、幸福になって欲しいと言う士郎。
自分こそ頑張っても報われないってゆーのにさ。

泣けるなぁ。

425 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:38:38
>>424
で、同じ事をUBWで凛が士郎に言うわけです
泣けるなあ。

426 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:38:55
>>421
いや、違うだろ。
ゲームの登場人物は自分の思考をプレイヤーに一方的に知られているだけ。
一方プレイヤーはこっちが一方的に見ているだけとわかっているからモノローグや独り言だけならばそれは誰かに言ったわけではないと判断可能。
すなわち思考と行動が違ってもその思考を口にしていないのなら士郎は有言不実行ではない。
神の視点でしか発見できない矛盾を見つけて文句をつけるのは自由だが士郎の人となりを捏造するのはやめて欲しい。

427 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:45:10
心配する凛に心から感謝しながらも、それでも自分は間違ってないから
いいんだよっていう士郎がとても泣ける。切ないよ

428 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:47:16
つくづく一人称形式に向いてない主人公だな。

429 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:47:49
>>423
救えないなら「殺していいんだな、テメェ」ってのが理解できないんだよネ

>>426
俺は物語冒頭で士郎が言峰に自らの思考を切り開かれ動揺した時点で
プレイヤーのみならず登場人物にも士郎の思考は公にされていると判断した。
セイバーも凛も、士郎の性癖は理解していると思ったのだが?

430 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:49:35
>>429
>救えないなら「殺していいんだな、テメェ」ってのが理解できないんだよネ
…心底理解できないが、あそこであの神父ぶっ殺す以外に何をしろと

431 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:52:01
>>429
>士郎の思考は公にされていると判断した。
すげぇな。
俺は何でこいつら皆ほぼ初対面なのにもうこんなに士郎のことわかってることになってるんだ?ありえん
と違和感を覚えただけだったが。

432 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:54:03
>>422
士郎自身の主観で、やる事の良し悪しを決め付けんなって言ってんだよ
仮にお前の考えだと、ドラエモンはジャイ子と結婚するハズだったのびたの未来を改竄した
ドラエモン=いけない存在
って事になるぞ。
肉を食べたらいけない宗教の人にたいして、お前は間違ってる!食べてもいい!っとか
逆に、肉を食べるのは間違ってる!お前が肉を食べるのはいけない!っとか
そういった事にたいして自身の主観を押し付けんなよ
そういうのが自己中心的っつーんだよ。

433 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 21:57:24
功績もでかいとは言え、ドラえもんは実際いけない存在だと思うがなw

434 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:03:16
少なくとも他の作品を持ち出して語るのはやめれ

435 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:04:55
>>432
ジャイ子にとってはその事実を知ればかってに改ざんするなって言うかもよ。

436 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:13:41
>>430
うん、殺したいと思うのはいいけど、葛藤して欲しかったんだよネ

437 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:18:57
ドラエモンにとっても、ジャイ子にとっても、のびたにとっても、孫のせわしにしても各々に理由がある
どれが正しいって事は無いのに、自身の思想にマンセーして他者の思想を批判すること程、迷惑な事はない

とりあえずドラエモン最終回で泣いた
ttp://blog30.fc2.com/y/yonehan/file/final_dora.html

438 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:22:09
ぶっちゃけ、一番可哀想なのはのび太とジャイ子の子供だろw
存在抹消されたし。セワシは自分だけは調整して助かるつもりのようだけどさ。

439 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:24:03
なぜドラえもんの前にTP凡が現れなかったのだろう

440 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:24:07
一番可哀想なのはしずかちゃん

441 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:24:21
>>432
典型的な中二病だなぁ
そんなに完全に一本筋のっとった無敵のヒーロー様じゃないといやか?
ボクがプレーヤーなんだから主人公は当然完璧じゃなきゃ駄目ってか。
他人に自分の考えを押しつけるなと言うのなら、人は何もできんな。
何もせずに死んでいくことすら出来ねー。その行為だって自分の主観を晒すことで他人に影響を与えているんだからな。

勘違いするなよ。
人間誰しも他人に自分の意見を押しつけてるんだ。
その意見に同意して自分の意見として消化するか、拒否して自分の考えを押し通すかそれだけの違いだ。
作中ではセイバーが納得したのに、なんでそんな明後日の方向にねじ曲がったことをほざいてるんだ?

442 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:26:57
とりあえず、自分のお小遣いの為だけに大勢の人間の運命を捻じ曲げて
何人かは存在を消しているセワシ君に、何故タイムパトロール隊が向かわないのか。

443 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:28:36
まあ、セイバーが納得したのは、自分の人生はやり直さなくてもいい
失敗はしたけど誇るべきものだったんだ、という一点だよ。
士郎の歪みについては、そこまで深く理解していたわけではないだろう。

444 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:29:52
>>432
Fateの話を理解してる?
士郎は人としての幸せをセイバーに求めることは独りよがりな願望の押しつけだと気付いて最後にセイバーを見送ったんだろう。
このルートではセイバーの立てた誓いの尊さとか決意の固さ、
生涯を他人のために尽くした生き方やそれに対する誇りを理解していく過程が描かれているのであって。
そういう事情を知らずにいきなりセイバーの自分だけが不幸になるような内容の願いを聞いてまぁセイバーの自由だしな、
なんて言って納得しちまうのは他人を尊重しているのではなく他人に無関心なだけの薄情者だよ。
主観は主観でもそれは思いやりと呼ばれる讃えられるべき主観であって、
士郎が最初の時点で反発するのは彼が優しい心の持ち主であることの証明じゃないか。

445 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:29:53
士郎が志貴だったらよかった

446 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:38:35
過去改竄なんかやっても救われるのは(衛宮)士郎じゃないし、
別の人(男)が剣を抜いてもセイバーが救いたかった人達は救えない。
苦しんでる教会地下の人たちには別の意見があると思う。
でも自分をいなかったことには出来ない。

447 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:40:50
セイバーはUBWだと士郎の歪みをしっかりと理解して、さらに我が身を振り返っていたが。
どちらも他人のために動くがそこに自分は勘定されていないという同室の歪みを抱えたもの同士。
それでも二人はお互いに自分の過去を認めて、やり直すという選択をせずにそれぞれの未来へと向かっていった。

士郎がセイバーに戦うなと言ったのは単にサーヴァントというものの本質を知らなかっただけだし、
殺し合いを積極的にやりたくないしやらせなくなかったから。

あそこは歯がゆいけれどドラマツルギーとしては後半の共闘のために必要なための部分なんだが、それも分かってないだろうな

448 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:41:46
志貴だったら過去を殺して楽に改竄できそう

449 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:42:59
自分の選択は最善のものではなかったかも知れないが、それをやり直すと言うことは関わった全ての価値を軽くすること
それに気がついたのは士郎の考えがあったからだとおもうのだがなー

450 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:44:19
>>445>>448
釣りならそれなりの餌を用意しないとだめっす。

451 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:45:38
見当違いの方向に熱く語ってる人が居るな
10文字くらいで纏めろよ

452 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:47:16
>>447
戦うな命令と殺されるのが分かってて飛び出していくのが
同時に起きるからマイナスイメージが強くなるんだよな

453 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:49:55
士郎アンチは話を読み込まずに表面だけで煽るね。

454 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:51:42
話を読み込めば士郎を好きになれるってかw

455 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:52:51
>>447
それを言ったら、Fateルートの凛も士郎の歪みを認識してたしな。
UBWでは、士郎の歪みを指摘しながらも、否定することなく幸せになるように導いてやる
二人三脚カップルだな。
未来の士郎とツーカーなのも、そういう積み重ねがあるからだろう。

456 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:53:44
士郎と愉快な仲間たち
バサカ戦→横から勝手にシャシャリでてきて腹捌かれる。俺の名は正義の味方
学校→慎二は敵じゃないぞ遠坂!→ブラッドフォート→テメエ腕折ってもいいんだな!
ライダー戦→セイバーに待っててくれと言われたのに無視して屋上へ、士郎が絶好の標的に
次の日→一人で歩き回ってたらイリヤにタイ━━━━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━━━ホ!!
アインツベルン城→士郎の失態でアチャ脂肪、漢の背中大絶賛
アインツベルンの森→初めてのセックス経験、キモチイイ!!!
バサカ戦→凛宝石すべて仕様、財産(´Д⊂ モウダメポ

457 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:55:01
かわいそう…

458 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:57:02
>>454
そもそも士郎嫌いなヤツはこのスレ来ないだろ
みんな士郎好きなんだろ

459 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:57:10
第一回人気投票の菌類の士郎評価は、もう少しです
なんだよね

460 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:57:23
ひょっとして>>454>>456>>453を支持するソースを書き込んでるんだろうか…

461 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 22:58:30
>>456
ライダー戦は屋上へ行かないとバッドだからしょうがないと思うけど。

462 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:09:14
>>461
擁護のつもりなのか?

463 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:13:20
>>454
なりはしないがお前みたいに作中でしっかりAと書かれた事をBだ!!Bに決まってる
士郎はBなんだよファッビョ〜〜〜〜ンみたいな事はならないな

464 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:16:29
ライダー戦はみんな面白いよな。
待ってろと言われたのに上っていく士郎。
士郎に下で待ってろと言ったのにライダーにビルを破壊させる策を取ろうとするセイバー。
自分のいるビルごとセイバーをやれと言う慎二。
慎二ごとセイバーもビルもぶっ壊そうとするライダー。
誰も彼も何も考えてねーなw

465 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:18:06
そうだな・・・

「士郎はバカ」

これは否定できまい

466 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:21:24
>慎二ごとセイバーもビルもぶっ壊そうとするライダー。
>誰も彼も何も考えてねーなw

とりあえず、ライダーだけは何も考えて無いんじゃなくて、
本音が透けて見えただけだと俺は思うよw

467 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:22:37
きのことワカメは「考えてなかったでちゅ」と回答があったけど、
ライダーは本編やった時もワザとだと思ったなw

468 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:25:17
ワカメなら何も考えずに自爆命令だしてもおかしくないし
ライダーはライダーで常日頃ワカメ嫌ってて嬉々として抹殺に走っただけだろうに

469 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:28:25
>>458
何を勘違いしてるんだ。
このスレはアンチスレとファンスレを兼ねているんだぞ。

470 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:29:54
>>468
自爆命令っつーか、真剣にビル崩壊クラスの攻撃が来るとか
想像もしてなかったんじゃ無いかなーと思う。ワカメ。
アイツ英霊の事、ちょっと強いゴースト程度にしか考えてなかったんじゃね?
そんでペレルとカリバー見て腰抜かした、と。

471 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:40:32
勇敢な士郎。正義の騎士。
死ぬことも恐れぬ勇敢な士郎。
無残な殺され方も恐れない、勇敢な勇敢な士郎。

潰れて死ぬのも恐れない。
目玉が飛び出て手がもげても。
膝の皿砕けるのも恐れない、勇ましい勇ましい士郎。

頭蓋骨が砕け落ちて、
脳みそが噴き出し、
心臓が抉り取られ、
タマ●ンが潰れて肛門が……

参考>ttp://www.youtube.com/watch?v=rdV3kJyMqNo&eurl=

472 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:43:34
>>468
補完をファンがしなきゃならんのが
きのこ文の良くないとこだよなw

473 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/13(水) 23:54:21
ラノベエロゲ業界どころか、新書や文壇まで含めても
まったく欠落も齟齬も無い文章なんてどれほどあるか……

粗を突っ込むのが好きな自称ファンの馬鹿が多いだけだよ。
設定が大切ですとか妄言吐いてる型月二次界隈も含めて。
そーゆーのに限って想像力がまるで欠落してるんだけどさ。

474 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 00:00:20
>士郎に下で待ってろと言ったのにライダーにビルを破壊させる策を取ろうとするセイバー

た、たしかに。これは今まで気付かなかったww

475 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 00:06:45
エクスカリバーなら押し勝てるとでも思ったんじゃないか?

476 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 00:08:28
かめはめ派かw

477 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 00:08:51
そら下で待ってたら、ビルが崩れだしたら逃げるとか思うだろう。

478 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 00:23:19
>>475
ビルが壊れるぐらいなら問題無いから耐えてライダーぶった斬る、
と考えてる時はカリバー使う気が無い

479 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 01:02:00
数日これなかったうちに進んでいるなw

それにしても神父殺そうとしたら非難され、慎二殺さなかったら非難されと
士郎も大変だ

480 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 01:23:10
DQNだからね

481 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 01:58:26
自らの味覚を無視しても言峰にあわせた麻婆を作り続ければ、
その味と不本意な料理を作る士郎の苦痛に言峰満足、
言峰すらも幸福にしたと士郎満足。
きっとみんな幸せだ。

482 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 04:51:59
言峰とカレンを満足させる激辛マーボーを作り上げ
冬木教会に婿入りして二人を幸せにする士郎。

483 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 09:43:56
言峰しんでるじゃんw

484 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 10:47:16
ちょっと遅い話題だが
>アチャとランサーの相性が悪い
これ士郎時代に槍で刺されたことが深層で苦手意識になってるから
アチャの方から一方的に反りが合わないんじゃねえかと思ってた

485 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 10:54:45
お前の親父は俺が殺したよ

って言ったら流石にカレンもキレるだろうか

486 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 10:56:27
     , -‐‐- 、
    く_r‐===,>
 .   ノ ,从ハ从リ
   (( (リ゚ -゚ノ)) <私のお父さんは街のダニ。そろそろ死ねばいいと思う。
    ) )/)尖i>(
     </Y|〉
  .    じフ

487 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 11:51:43
>>485
「そう。別にいいです、わかりきってたことだもの」
こう言われて終わりな気がする。
きのこキャラだし。

488 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 12:53:31
>>478
といいつつビルの屋上行かない選択肢選んでもカリバーぶっぱなしてるんだよなぁ

まだ屋上に現れてもいない士郎がビル内にいることを察したのか
それともビル壊されたら士郎に危険が及ぶと気づいて急遽カリバー使ったのか
どっちにしろセイバーは考えなさ過ぎるな

489 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 13:47:39
きっと考えなしにビルに突っこんで来たライダーから、士郎の親友の慎二を守ろうとしたんだよ

490 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 15:16:08
まぁ要はきのこが考えなさ過ぎる

491 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 18:22:37
>>488
幻獣クラスは風王結界では殺せない。宝具解放後の隙をついてライダー本体を…
>騎英の手綱(ベルレフォーン)
> 使用中は天馬の加護により、防御力も上昇するという
��( ̄□ ̄;)!!
カリバー開放

って間抜けな流れを妄想する

492 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/14(木) 23:47:43
考え無しっていうか
剣のコンビは「最悪玉砕すればいーや」みたいな考えが根底にセットされてるから
あんま深く考えないんではないかと
自分の命が勘定に入ってない人達だから
士郎のDQN行動も「力及ばなくても肉体(命)が盾ぐらいにはなるだろ」でブレーキを一切踏まないからな

偽善者系で珍しく人気がある武装錬金のカズキが
「痛いのも辛いのも嫌だ。だけど他人が痛いのや辛いはもっと嫌だから自分が請け負って我慢する」
というのと反対で
「自分は痛くて辛くあるべきだ。他人が痛いのや辛いのは許せないから自分が請け負って当然」
と考えてる。
自分の主張や信念というよりは、義務や責任に近く
見てる側から見れば「お前の自分ルールなんか知らんがな」とイライラしてくる
その代弁者が凜だろう

493 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 00:23:09
士郎はいわゆる「フィアレス」なのかもしれんなぁ。

494 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 00:52:46
>>492
え?凛はそんな風には思ってないだろ。
士郎の前に霞んで見えたり魔術師として云々という言動で誤魔化される部分はあるが、
凛も素では正義感が強く思いやりもあって普通に「他人(=士郎)が痛いのや辛いは嫌だから」士郎を心配してるだけだろう。
性格が性格だから説教じみたり怒ってる形になるだけで、そういう類のイライラとは全く趣を異にする感情だと思うが。

495 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 00:56:38
そうだよな。凛は士郎の自分にない部分に憧れてさえいるし、
自分のルートでは、アーチャーにみせるためだけど
士郎だったらこうするだろう、と考えて自分も行動してる節もある

496 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 01:25:08
凛は
「自分だろうが他人だろうが痛くて辛い目にあったらその分ちゃんと報われるべきだ」
がスタンスだろう。士郎の壊れた部分には「憧れて」という言葉は合ってないと思う
アーチャーの過去を見ていてイライラするのはアーチャー(士郎)が無償だったから
「そんな必要はないんだよ」と“お節介を焼く”のが凛(そういうやり方になる凛っていうのは優しい)
だから凛と士郎は対立せずに「現状の士郎を受け入れつつも更正させていく」という形に落ち着いた
説教じみたり怒ってる形になったのはソレこそ性格故であり、凛の性格がもっと攻撃的であったら
「アンタは間違ってるんだ」と士郎とガチンコする展開になるわけで見て側としては今よりはイライラしなかったろう
けど「アンタは間違ってる」と士郎に言う連中はセイバーやアーチャーという「テメーが言うな」という連中ばかり

士郎に関して言えばきのこよりは武内の方が理解してそうなんだけど
「士郎はロボットで、ロボットはロボットのままでいい。別に悪いことじゃない」と言ったのは武内だっけ?
どっかのSF作家が「ロボットは人間の感情を持てないんだけど、だから人間が当たり前に持ってるものを尊いと思える」
と言った気がする。士郎は正にコレなんだけど、士郎にとって「守るべき普通・尊いと思ってる日常」が大河や桜のみならず
非日常の住人である凛やセイバーすら「守る対象」になってる。「自分以外の何でも尊い」と思ってる部分が壊れた部分
結局士郎の守るべきものっていうのは「自分以外の全部」であり、そういう平和な世界を壊す異物っていうのは
士郎から見て普通・日常で無いもの=士郎自身でしかあり得ない
だから矯正者である凛が存在するUBWルート以外でのラスボスが言峰(=もう一人士郎)
で自分殺しをして人間になろうとするのが桜ルートで、自分殺しの矛盾を抱えたままなのがFateルート
だからFateルートが一番アーチャー行きに近いんじゃないかと。結局まだ殺すべき自分がいるから

497 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 01:30:58
長いな。

それとアーチャーは、どのルートを通った士郎でもない
セイバーを救えなかった、Fate近似ルートと言われているが

あと、士郎に関してきのこより武内のほうが理解してるなんてことはないだろう

498 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 01:34:18
1〜2行目で読んでないと言うことは伝わった

499 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 20:32:36
つまり士郎はマゾってことでOK?

500 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 21:08:24
専門家のサドマゾ×2に訊いてみてくれ

501 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 21:42:08
サゾドマ蟲を思い出した

502 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:24:25
流れを切ってたずねたい。
衛宮士郎の理想的な戦闘術の完成型が二刀ってのに
違和感覚えたの俺だけ?何か唐突過ぎたように思ったのだが。

503 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:27:52
サイコパスって言葉をググってみた
士郎に当てはまるのもあるし当てはまらないのもあるし・・・

504 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:28:09
武器を楯にする防戦スタイルは普通に士郎っぽいと思ったけど

505 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:28:12
アーチャーが未来の自分と分かってるならともかくなあ
例えばFateルート後ならセイバーの剣術の真似をしているだろうしな

506 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:34:50
>>505
そのあとでも最終的に二刀にたどり着いてしまうのだろうね。
でも、Haで士郎がアーチャーの動きを真似するとセイバーが怒ることから、
セイバー流の動きは捨て去っているみたいなのはおかしいと思った。
だって、投影で多数の武器を操ることからセイバーの動きも含んでないとおかしいから。

507 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:36:38
ステイナイトで、セイバーの動きは天才すぎて参考にならないって士郎本人が明言してる

508 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:46:56
>>506
まああれだ。プレイしなおすといいよ

509 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/15(金) 23:54:44
>>506
SNとHA両方やり直せ

510 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:19:46
別に二刀がそこまでおかしいとは思わなかったなぁ。
結局『セイバーの戦い方』がダメなんじゃなくて、士郎が剣を扱えないだけだと思う。
『自分自身』がない子に思想や信念がつきものの『流派』とか『剣術』とか無理なのは道理だし、
そうなると最終的には短剣二刀へいきついちゃったって話なんじゃない?
守りに長けて、意思のない機械でも扱える理論だけしかない型。

強い敵とぶつかっても即死しないだけの守りってことで、デフォルトは二刀。
で、あとは状況に応じた剣を投影していく。それがアチャの必勝パターンだったんでしょ、きっと。
まあ投影した武器で勝つ以上、それはアチャの勝利っていうより投影元の英雄の勝利なんだろうけどね。

さておき、そもそも自分自身が希薄だからこそ、他人の剣を投影できるし他人の技術を模倣できる。
弓に関してもそうみたいだけど、士郎のは弓道じゃなくてただの作業なんだよね。
同じように士郎の二刀も剣道とはほど遠い単なる作業。
勝ち目を見つけるまでの様子見兼防衛技術で、その積み重ねが鷹の目に繋がった。
そりゃまあ何千何万って戦ってりゃ、同じような戦い方で勝てる相手ってのもいただろうしね。
情報は無形の武器であり、過去ログ参照ってのは機械にぴったりの勝ち方かと。

だからこそ、UBWで士郎の繰り出したがむしゃらなだけで稚拙な剣が、肉体的にも精神的にも、未来の自分に届いたんだと思う。
きっとあれはアチャ自身も知らなかった『衛宮士郎』の剣だったんじゃないかな。

511 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:27:13
>自分自身が希薄だからこそ、他人の剣を投影できるし他人の技術を模倣できる

ソースは?

512 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:28:38
>>511
どこぞのSSで前に見た設定だな。勘違いしているんじゃないか?

513 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:35:04
長々と脳内妄想を語る姿というものはいつ見ても痛々しいものだ

514 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:38:22
過度な妄想はキモい、ってか怖い。

515 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:43:47
二刀流ゆえに干将莫耶なのか、干将莫耶が使いやすくて二刀流になったのかも謎だ
というか干将莫耶なんていつ手に入れた(目にした)んだ? 生前? 死後?

516 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:45:56
エルトナムの特徴と間違えてないか?>自分自身が希薄だからこそ

517 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 01:46:02
アチャのに決まってるじゃん

518 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 03:08:49
確かに両手で別々の武器を扱うという器用さが士郎のイメージに合わないとは思う。
しかし小次郎とかランサーとかの神速の攻撃に
両手を別々に使ってやっと防ぎきれるとかはイメージに合う。
あと、武器大量生産系のキャラっていっぺんに色んな武器使うのよくあるよな。
大抵雑魚敵だけど。

519 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 03:24:45
まあ士郎の場合、他人をかばいながら戦うというスタイルを強いられる事も多いだろうから
そういう時は両手に武器があるほうが都合が良くてああいう二刀流になったんじゃないの

520 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 08:22:01
>>515
どっかで元になる剣は見てるのかもしれないけど、
ただ創りたくて創った、って作中にあったから、
自分の内にあるものを表現して創ったらあの干将莫耶になった、ということなんじゃないかな。

521 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 08:33:33
まあ士郎の性格上納得はできるってことか。>二刀
しかしやっぱどうにも後付け感もぬぐえないなあ…。
衛宮士郎が二刀にたどり着く過程が作中ですっ飛ばされちゃったからかなぁ。
こう…物語の必然として二刀を使うようになる過程がちょっとほしかった。

522 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 08:42:46
>>520
そういえばUBWのエンディングも干将莫耶がバックに流れてたっけね。
なんだかんだで士郎の錬鉄の属性にマッチした、自分自身たる一だったのかも。
…まあ…それですら借り物だってのが士郎の士郎たるゆえんか。

523 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 09:04:20
干将・莫耶が士郎になじむって言うのは単に
妻を失ってまで剣を作ることに執着した鍛冶屋の剣だから、だと思ってたけどなぁ。
二刀なのは干将・莫耶が二刀一組だから使うようになったってだけで。

524 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 09:47:25
干将・莫耶を使っていくかぎり
いつかは理想のために恋人を切り捨てそうだな

525 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 10:10:53
>>523
元々の干将・莫耶はそういう背景を持ってるけど、
士郎のはそういうの関係ないんじゃないかな。
無心に作ったというような印象がある

526 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 10:58:52
>523-524
そういう意図を持ってる場合HFで見せた奥義とは逆に結びつかんな。
あの二刀が引き合う性質持ってるってのが。

527 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 11:20:25
あの奥義はPS版でちゃんと見たいね、文字だけでなく。

528 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 13:14:40
>>527
それすると、ライダーとの共闘にも手入ると思われるので桜とのエンドシーンが霞む事に・・・。

Fateルートの答えって明確な人殺しといった側面が含んでいるのだよね。
それはそれとして成長だと思う(をい。
殺すの躊躇するんじゃ正義の味方として歪だと思うんですよ。

倒す。から、殺して良いんだなと、戦意から殺意に変わるシーンが、好きな漏れはいけない子です。

529 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 13:17:19
>>528
日本語で頼む

530 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 15:14:20
>>529
Ahhh---unnn???KOYU-KEKKAI!!!

531 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 15:26:25
士郎ってキモイね
性格も容姿もwwwwwwwww

532 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 17:56:48
守りにってするには二刀が優れているって言うけど、
それなら、何で槍とか長物を使用しないのとか、
頑丈な盾を使ったっていいと思うし。
特に盾は魔力は多くかかるけど一瞬にか投影できないわけじゃないのだし。

533 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 18:00:30
槍とか長剣なんかで打ち合うには
明らかにパワー不足だろ。あくまでトーレスオンができるだけの凡人だから
まっとうな実力者と打ち合うには技術と手数でっていうことじゃないの?

534 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 18:12:52
一瞬ではなかろうと盾を維持するには多量の魔力が必要
もともと魔力のキャパはそう多い方でないからすぐに魔力切れになるんじゃね?

535 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 18:12:53
スペックで見れば遠距離攻撃を失敗したか出来なかった後の余技だぞ。二刀流。
守護者の仕事なら最初から全力攻撃(宝具乱射開放)だろうし。

536 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 18:32:50
>>534
真名解放でもしない限り維持には魔力は必要ないと思うけど。
でないと、ガラクタにも魔力を消費しているってことになるし。

537 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 19:30:55
まず、ランサーの武器の一撃一撃を防げる盾を投影できるのかが問題
生前に覚えるにしても、ギルのバビロンからは武器しか出てこない
それに戦闘時に盾じゃ後手にしかまわらんし、剣なら憑依できるし、
それこそ盾に特化してるであろう、盾のサーヴァントとかじゃないと戦闘には無理だろう。
あと魔力もそうだが、脳にも相当な負担がかかるだろうな
アイアスで防ぎきった後に、腕を裂かれた事より頭痛で狂いそうになってたし
その点、干将・莫耶はそういった負担も少ない

538 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 20:05:15
>>537
真名解放レベルでなければランサーの一撃を盾で防ぐのはそれほどではないと思うのだけど。
でないと、古代の戦闘では宝具クラスの道具でないと攻撃が防げないということになる。
まあ、本編のOPをみると盾を持っているものが皆無なので、
FATE世界では盾は有効な防御手段ではないという可能性はあるけど。

539 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 20:21:56
>>535
守護者の仕事はサーヴァントの様に生身(仮)じゃなかったっけ?
一般人を一時的にブーストしたりして原因の消去するとか、
それでも間に合わないときは自然災害に見せかけるとか、
まあ、穴開いた時は切り殺させると表現されていたけどね。

540 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 20:40:44
桜ENDなんて霞むどころか元々蛇足

541 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 22:14:21
メタ的に考えると、
両手に盾持って敵を殴りつけるキャラとかになられたら、作者も読者も超嫌だと思う。
召喚した凛も泣くし、そんなのが自分の未来の姿だと知った士郎も泣くぞw

542 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 22:31:01
凛は泣くかもしれんが士郎は
「これこそ俺の理想の形ッ!?」と衝撃を受けて二盾流するかもしれんぞ
何せ士郎だし

543 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 22:51:27
ブランディッシュではよくやったけどな>両手に盾

544 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 22:57:27
両手に盾を持ち、壮絶な殴り合いを繰り広げる士郎とアーチャー想像したら吹いたw

545 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 23:07:36
奥義はアレだな
盾を円盤投げして複数投影。襲い掛かる無数の盾!
更にオーバーシールドで巨大化した盾がUFOのように!!

546 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 23:17:04
で、その盾の上に乗るんだろ?

547 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 23:19:20
UFOがぱかっと二つに割れてその中から正義の味方登場だろ

548 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 23:26:39
>>546>>547
どっちにしろかっこいいポーズでな。

549 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/16(土) 23:32:18
無駄に両足開いて上体をひねりUFO盾に搭乗

550 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/17(日) 00:36:47
アルゴスの戦士とかか。
非常に攻撃的な盾だが。

551 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/17(日) 01:22:06
最終的にはブロークンで爆破

552 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/17(日) 04:36:43
ダブル盾といえばFF2

553 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/17(日) 08:12:59
アルゴスの戦士ってあんた幾つだ

554 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/17(日) 09:17:23
>>553
PS2で出てなかった?

555 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 02:25:52
DQ5にも出てきたな。ひたすら防御するしかないヤツ

やはりアーチャーが二盾流を選ばなかったのは正しい選択なんだ

556 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 18:55:26
すみません、どうしても教えて欲しいことがあるんですけど・・・
鉄心ENDって何のことでしょうか・・・一応原作は全部やっています。

557 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:13:58
BAD END30の事<鉄心

死んでないからBADというのも変なのだが

558 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:20:20
イリヤと公園で話してる時の選択肢で
正義の味方を通す、みたいな選択肢を選ぶと鉄心END

559 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:32:23
>557
死んだらDEAD ENDだろ。

560 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:43:45
 ……神父は去った。
 礼拝堂には、心が鉄になった衛宮士郎だけが残されている。
「――――――――」
 神父の予言は真実だ。
 俺はこのまま戦いを続け、臓硯とイリヤを倒し、遠坂を退けて、聖杯を壊す。
 それがこの戦いの結末だ。
 正義の味方になると誓った責任。
 理想通りの自分になる為の、初めの代償。
 判りきった結末を語る事はない。
 衛宮士郎は心を剣(てつ)にしたまま、
 正義の味方になるだろう。


投影は出来ないはサーヴァントはいないわで
どうやって勝ち残るのかやって見ろといつも思うんだが

561 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:45:50
テロ

562 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:47:33
士郎は口だけの男ですから

563 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:51:24
正義の味方なのでLUCKが上がって解決

564 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 19:52:39
>判りきった結末を語る事はない。


 教会を一歩出たその瞬間。
「ぐわあ!」
「アーチャー、あんた何を!?」
「凛、こいつは何時裏切るか分からん。今始末しておく方がいい」
「……そうね。さよなら、衛宮くん」
「さ、桜〜〜〜!……(ガクッ)」

565 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:07:08
なるほど、>>557 >>558サンクス。
今さっそく見てきたが、あの士郎にはもう勝ちぬける手段はないと思う。
手段としては・・・

1、凛とセクロスして固有結界

2、腕移植

位しかないかと・・・

566 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:09:01
どうせ凛とアーチャーにおんぶに抱っこでうまく生き延びて
アーチャーとギルガメッシュが相打ちになったところを
後ろから凛を刺して勝利者気取りするんだろ

567 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:15:03
>>556
それだと、聖杯破壊が無理っぽい。いや、黒セイバーと嫌でも戦うだろうから
エクスカリバー投影か?

568 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:20:59
桜の死で行き場を失った影がバゼットに乗り移ってバゼット復活
しかしバゼットは操られることなく心の闇に打ち勝ち
最後は自分の意思で聖杯をフラガラックで破壊してエンド
士郎は何もする事はありません

569 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:42:06
つ 世界と契約

570 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:42:58
>>569

そ れ だ

571 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:45:34
マジな話「判りきった結末」ってこれっぽちも判らん

572 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:48:09
主人公が勝利するなんてはじめから判りきってることじゃないか

573 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 20:51:04
BADENDだぞ?
弓に殺されたり人形にされたりセイバーに切り殺されたりするんだぞ?
勝つ道はないだろうと思う。言葉だけで結末だのいわれてもな

574 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 21:16:28
黒セイバーはマスターの桜が死んでも受肉してるから現界できるのか?
なら鉄心士郎+黒セイバーで勝ち残れるかも

575 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 21:20:28
どうでも良いが
>イリヤを倒し、遠坂を退けて
これ気になるな、なんでイリヤは倒すのに凛は退けるなんだ。

576 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 21:22:06
ロリっ娘は本気で殺しにくるからじゃないの?

577 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 21:30:51
まー殺せないだろうからねえ。
でも、凛も聖杯を手に入れないと
壊れるとか言峰が言ってたような?

578 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 21:40:09
凛は桜を助けるために聖杯を必要とするか、聖杯の桜を守るためかわからんね

579 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 21:41:04
鉄心エンドなら、凛が桜を殺したその後じゃない?

580 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 21:41:37
>>578
俺はお前がわからん

581 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 22:00:27
>どうやって勝つんだよ鉄心

とりあえず理想郷の8でも読んでくるのはどうだろう。
かなりご都合だが、アレなら納得できる俺が居る。

582 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 22:22:08
ここアンチスレかよw

583 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 22:37:42
アンチも背負ってこその正義の味方さ。

584 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 22:43:34
「正義の味方」志望な

585 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 23:19:57
アンチのつもりじゃないが、最弱状態のくせに勝った気でいる正義の味方になんか言いたくなるんだよな

586 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 23:21:51
世界に、契約するから主人公補正よこせってやれば全部解決

587 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 23:22:03
しかし、きのこはどうやって士郎が戦い抜けると想定してるんだろう
ZEROよりも鉄心ルートが読んでみたい

588 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 23:26:07
真面目に考えると
他ルートみたいに誰かの力に頼りまくった後タナボタ的勝利か


テロリズムでマスターあぼんか

589 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/21(木) 23:32:58
>>566
つか、そういうSSがあったな。

590 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:06:08
イリヤは士郎を哀れんだまま殺されるだろうな。
凛はアーチャーがいくら言っても聞かずに侮って暗殺されるだろう。
臓硯は桜と一緒に死んでるんじゃ無かろうか。
こんなところかな。

591 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:08:53
仮に凛を殺したところで、二日間存命できるアーチャーをどうやって
退けるつもりなんだか。

592 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:16:07
バサカ激走でイリヤ一人勝ちするも、泥が溢れて死亡。
勢いで言峰心臓もあふれて死亡。
一人だけ生き残る士郎エンド。

593 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:18:49
ずっと隠れんぼ→最後の最後にいきなり登場→聖杯破壊→ワハハハハハ!

594 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:23:13
結局きのこも鉄心ルートを書き切る自信がなかったから、判りきった結末で書くまでもないって逃げたんだな

595 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:26:34
自信があったら書けたのかよw
製作スケジュールの都合でイリヤルートまで削ったというのに。

596 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:29:05
マジレスだが、
桜逃走→バサカ捕食→ギル、弓、黒狂、黒剣で乱戦→凛は桜を足止め→士郎隙をみて確殺
鉄心士郎は、鯖
凛、イリヤは一撃で死ぬだろうし、言峰は自滅しそう。臓硯、桜は凛で足止め中に士郎軽く覚醒して投影宝具。黒剣はギル。ギルはアチャがなんとかするだろう。
簡易地雷や火炎瓶も作れるだろうし。
士郎にも勝機はみえてくると思う。

597 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:29:12
そうだろうな、ちゃんと書けばアーチャールートになりそうなのに。

最初HFの中盤くらいで士郎が世界と契約してアーチャールートになるかと思ってたよ。
アチャ腕つけるまで士郎って何もしてないんだもんな。

598 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:31:09
>>596
どう考えても、ハサン先生にあらゆる暗殺&罠能力で及びません。
本当にありがとうございました。

599 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:31:56
やっぱ、聖杯はイリヤが閉めるんじゃね?
なんたって、HFは元イリヤルートだし。
どんなことを選んでも士郎の味方だといっていたし。

600 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:34:06
破産なんて、士郎と当たる前に
言峰かサーヴァントの誰かと当たって死ぬんじゃね?
弓相手でも一分以内に殺されそうな気がする。

601 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:35:28
>>598
そんなこと言ったら、アーチャーに全てにおいて劣る。

602 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:36:28
>>600
なんか随分と士郎に好意的な短絡思考ですね。

603 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:38:12
それだと結局は本編と同じ
運だよりな主人公補正ルートでしか無いじゃんってことだね。

604 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:38:43
>>602
そりゃ、主人公だしな。
鉄心でも、Fateが終わるまでは補正は続くだろう。
……まあ、その後は補正が無くなり、技術が上がって結局救える人数は変わらなそうだ。

605 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:39:51
セイバーも居ない、凛も協力しない、アチャ腕も無い。
この状況で士郎が勝ち残るのに、どれだけのご都合展開が必要な事やら。

606 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:41:55
Fateでのライダーや槍みたく
敵同士で勝手に殺しあってくれますお。
漁夫の利で勝者誕生

607 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:44:32
敵同士の殺し合いと漁夫の利をねらうのはバトルロイヤルの基本のような気が。

608 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:44:47
Fate本編やっていたときは。嗚呼、きっと心を鉄にして勝ち残るんだろうなと思った。
別にいいじゃん。
冷静になって疑問に思ったヤツは大勢いるだろうが、リアルで疑問に思ったのは少数だろ。

609 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:47:35
>>607
そんなのは片手間に殺されないだけの実力があって、言える事だなw

610 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 00:50:25
一体どこの世界のルールなんだか…。

611 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 01:11:25
鉄心エンド後は切継みたいに手段を選ばない戦い方になるんじゃないかと
思ったな

612 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 01:27:01
既にマスターじゃないので普通に探さないと見つけられないのが利点か?
衛宮屋敷に住み続けたら意味無いけど

613 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 02:11:49
>>611
家族や恋人を人質に取ったりして?
う〜ん……桜には慎二、凛には美綴、イリヤにはメイド×2……厳しいな

614 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 02:24:07
なんで桜に人質がいるんだ?
桜が死んだ後の話だぞ

615 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 03:05:02
なんで人質限定w

暗殺に爆殺放火殺人なんでもありな近代兵器を駆使したテロ的な戦い方ってことだろ?
てか魔術師は本当に身内以外には厳しいぞ。イリヤだって目的のためなら切り捨てる筈だろ
凛の場合は作者補正で人間味が出るのかもしれないが

616 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 06:59:56
あのDQNが心を鬼にしてもたいしたことないと思うんだが
料理に毒を盛ろうにも毒が無いし、爆弾なんて作れないし

617 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 08:35:42
鯖殺せるような爆弾は兎も角、人を殺せる爆弾なら結構簡単に作れる。
毒なんて、キッチンにいくらでもある。

618 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 09:18:54
今まで外道な手段を思いついてもやめるとかって描写が無くて
最初から思いつきもしないからどの程度できるのかまったく想像できないのが問題だな。
手段を選ばなかったところで大した作戦立てられなさそうだ。
味方につけられそうなサーヴァントは軒並み消えてるし、ホントにどうすれば勝てるのか。
いざとなったら主人公補正で平気でサーヴァントと打ち合いしそうな気もするけど。

619 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 12:59:28
鉄心ルートって今までは一番面白そうと思っていたが
実際はかなりしょぼくなりそうだな

620 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 13:04:14
しょぼいっつーか爽快感とか読後感とかめっちゃ悪そうだ

621 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 13:11:37
鉄心エンドって凛との約束の後だろ?
だったらとりあえずは凛の味方として戦うんじゃないか?
その…傷心の凛に、UBW時に外人墓地で言ったようなことを言って。
で、途中までは約束どおりに戦って、ついでに自分のスキルを上げてもらって、
でラストに裏切るとか、あるいは逆に裏切られるとか。

622 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 13:24:23
もう正義の味方でもなんでもないな

623 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 15:17:29
桜についた時点で…

624 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 15:21:47
半ば聖域化していた鉄心ルートも内実はこんなもんか

625 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 17:48:41
毒も爆弾も士郎にはその知識が無いし。
せいぜい弓と刃物振り回すぐらいじゃね?

626 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 17:51:53
>623
逆だろ、鉄心なんだし桜を切った時点で、だ。
元々士郎の考えていた全てを助ける正義の味方からそこで外れ、
最大多数の為に少数を殺す者になった故だし。

凛を退けって文中にあるから仕方ないけど鉄心ルートって別に凛を倒す必要無い様に思えるんだがなぁ。

627 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 18:16:24
そんな事になったら弓が士郎を倒しそうだ。
主人公補正で弓と凛を倒すのか。

628 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 18:58:12
鉄心は言峰の予言どおりに進むんじゃないか。
教会時点では士郎も凛も聖杯の真実を知らんから一応協力するだろう。
臓硯はどっちにとっても明確な敵だし。
で、聖杯が何であるか知ったときが二人の決別の時。
桜を殺した以上、勝者たらんとする凛はそれでも聖杯を欲し、
十を救う為に一を切り捨てる鉄心士郎は聖杯を破壊しようとする。
まさに言峰の予言どおり。ほくそえむ野郎の顔が浮かぶぜ。

629 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 18:59:57
変装士郎「ちわー、○○清掃サービスでーす。トイレの掃除に来ましたー」
リズ「私頼んでない」
士郎「いやぁ、お宅のお嬢様から確かに」
リズ「ふーん」

士郎「くっくっくっ……この混ぜるな危険のトイレ洗剤二種類を城の全トイレにばらまいてやるぜ!」

その頃、凛は自宅で農薬入り紅茶を飲まされて死に掛けていたとさ。どっとはらい。

630 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 19:11:56
なんつーか、そこまでいくともうせこい、せこすぎるよそれ、でも無力な士郎でも実現できそうだ

631 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 20:03:28
それがスキル心眼だったら、涙出て来る

632 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 20:18:52
勝つためにあらゆる手段を〜とか言うならそれくらい姑息なのもやって欲しいな。
いかにもかっこつけたような冷酷系だけじゃなく。

633 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 20:24:49
つまりこのスレ的には、両手に盾を持ち、農薬とトイレ洗剤で戦う士郎こそ最強

634 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 20:42:00
しかし、前にも出ていたが、凛を殺しても
アーチャーはすぐには消えてくれないからなあ。
どう考えても、アーチャーは倒す必要があるような。
弓が消えるまでの2日間、地下シェルターにでもこもっているのだろうか。
外をウロウロしてたら、鷹の目で見つけられて
4km先から狙撃されてあぼん。

635 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 20:50:37
外国で傭兵でもやっていたならわかるが、素人がいきなり爆弾なんて作ろうとした
所で、自分が怪我するだけ。知識もないしな。
一緒に夕食なんてもうないだろうし、毒なんて何時飲ますんだ?

人間、気持ちだけで自分を変えられたら苦労はしない。

636 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 20:53:00
士郎はギアスがかかってるから凛を殺す事ができないんじゃないの?

637 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 20:55:54
>>636
それはまた違うバッド。鉄心エンドは士郎が自分の意思で桜を見殺しにすると
決めたバッドエンド。

まぁ、そっちのほうは精神的な拠り所さえ失ったから、後はもう惨めに殺されるしか
ないだろうな……。

638 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 21:35:49
>>634
それは前提を変えればいいだけだろう。
凛が先に死ぬような展開じゃなく、先にアーチャーが死ぬように仕向ければいい。
幸いバーサーカーはまだ残ってるから何とか策を巡らせて……とか。

639 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 21:42:30
そしたらギルへの対抗手段が無くなるよね。

640 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 21:53:23
>>628
> で、聖杯が何であるか知ったときが二人の決別の時。
> 桜を殺した以上、勝者たらんとする凛はそれでも聖杯を欲し、
> 十を救う為に一を切り捨てる鉄心士郎は聖杯を破壊しようとする。

この時アーチャーはどうするんだろう?
何だかんだでアーチャーも無実の人々が死ぬのを良しとするような奴にはなっていない。
凛が魔術師として他者を害する聖杯を手に入れようとしたなら裏切るのではなかろうか?
そこでアーチャーにとって殺す価値のなくなった士郎との奇跡の同盟が成立。
最終勝者は切嗣化士郎&アーチャーとエミヤが完全制覇する形となる…なんて。

641 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 22:02:19
凛が桜を殺したのは、それこそ無実の人々が殺されないようにする為だが。
アチャと利害が反する事は無いと思う。

642 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 22:02:39
>>640
>何だかんだでアーチャーも無実の人々が死ぬのを良しとするような奴にはなっていない。
それは凛も同じだろう。いくら桜殺したからと言っても、それには理由があったわけだし

643 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 22:12:27
そのときはそうでも聖杯の真実を知ったらどうなるかという話だろう。
桜を殺したのは「魔術師として、冬木の管理者として」桜を犠牲にして一般人を殺す可能性を排除しなければならなかった。
ならば聖杯を前にしたときも「魔術師として」全てを犠牲にして根源を求めなければならない。
言峰が士郎に言ったのはこういうことだろ。

644 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 22:17:35
桜を殺す時には冬木の管理人としての立場を持ち出し、聖杯を得る時には
その立場を忘れるというのは、それこそ理屈が合わない。

言峰が言ったのは「聖杯を手に入れなければ瓦解する」とまで。全てを犠牲にして
根源を求めるなければいけないなんて一言も言っていないし。

645 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 22:47:40
魔術師にとっては何より根源到達が最優先。
これは何度も語られてる。
聖杯が根源に関係あると知らないときは管理人としての行動が魔術師として最も正当だからそうした。
逆に根源到達の可能性を他の何かを理由に回避したら魔術師として不当だからするはずかない。
根源到達は管理人義務より優先事項というだけのことだから何ら矛盾しないよ。
桜を切り捨てたということは魔術師として行動すると決めたということだから、
それは即ち根源到達を至上とすることであり「心の贅肉」で一般人を気にして聖杯を壊すということはありえないはず。

646 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:05:33
これ以上は議論スレ池

647 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:12:11
結局のところ、鉄心ルートって面白そうか?
なんかHFルート以上にグダグダしてつまらなさそう。

648 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:14:16
凛はなんだかんだでやっぱり桜助けたかったんだと思う。
普通のHFルートでものらくらと理由つけて先延ばしにしてたし。
だけど殺っちまった以上、もう歯止めが利かないんじゃないか。
鉄心士郎と同じように、凛も冷徹な魔術師として聖杯を求める、とか。

神視点から士郎が勝ち抜く方法を考えるなら、
アサシンが凛orイリヤ組に倒され、アーチャーがバーサーカーに倒され、
バーサーカーがギルに倒され、ギルが覚醒した(理由は知らん)士郎が倒せばいい。
……以外にいけそうじゃね?

649 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:15:37
グダグダ

650 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:16:00
書き方によると思う。
下手すりゃ真アーチャールートの可能性もあるだろうし、言峰の言うことが真実とは限らない。

さすがに両手盾にトイレの洗剤持ってはダメだと思う。

651 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:16:58
んーだが、対決すんの凛が最後っぽい書きっぷりだよね。

反対に、凛のが士郎一人になるまで待ってるかもしれんね。

652 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:17:24
>>645
根源が最優先といっても、一般人を巻き込めば協会に目をつけられるとか、
そもそも汚染されている現在の聖杯で根源到達が可能なのかとか、
リスク分析をしてしかるべきだと思うが。

653 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:19:00
>>650
アーチャールートとはなら無い気がする……。
鉄心エンド後の士郎が、何も切り捨てず10を救うという理想をもっていけるとは
思わない。

654 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/22(金) 23:19:00
聖杯が根源にいたるなんて鉄心のあたりで書かれてたっけ?

655 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 00:21:58
アインツベルン聖杯と泥聖杯でも根源に繋がるのか?
FateとUBWではそれらしい描写無いのでアンリがあそこまで活性化して色々あった偶発的なものかと。
アインツベルン聖杯と通常の大聖杯の組み合わせなら予定通り行ったかも知れんけど。

656 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 08:32:49
 糞 ス レ 終 了

657 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 10:31:48
鉄心ルートって士郎が勝者になるとはわからんのだよな
ただ単に言峰が十年前にやられた事から、そういった考えの奴=最強!勝者になる!
って思考停止してるだけで、鉄心士郎は途中で脂肪だろ

658 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 10:49:33
『自分を捨てて戦えるものには!』ってか。
十年とかの長期スパンなら、そういうやつが力をつけ勝利するのも
必定なんだけど、いかんせん期間が短すぎ…。彼を勝たそうと物語
を考えたらどうしても破綻する。

一個ぐらい士郎が虚しく勝利するバッドエンドがあったらまだなんか
しら想像ができたんだろうけどなあ。月姫の最後のほう、志貴が秋葉を
殺したときみたいに。どうにも士郎は死んでいる姿しか想像できん。
…まあその…そんな並み居る敵を軒並み叩き潰していくEMIYAさんじみた
やつなんか、それはそれでごめんだが。

659 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 18:51:41
「俺は世界を救うことを宿命付けられた正義の味方、それが俺の目指す姿」
http://rate.livedoor.biz/archives/50328310.html

中国山東省青島(チンタオ)市で高校に通っている16歳のワン少年は、学校生活に不満を感じていた。
教師も同級生も自分のことを理解してくれない。だから学校をやめたい。そんな愚痴をこぼすようになった。
12月12日、そんなワン君を父親が厳しく叱り付けた。すると、ワン君は言い返した。

「僕はドラゴンなんだ。僕は、世界を救うことを宿命付けられているんだ。だから、この家から出て行くよ」

ワン君は2本の短剣を懐に携えて、家を飛び出した。翌日になっても翌々日になっても帰らなかった。

660 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 18:52:31
母親によると、ワン君は常日頃から戦争や武器に強い関心を示していて、
近頃「自分は本当はドラゴンなんだ」という言葉をしばしば発するようになっていた。
母親は、そんなワン君が人に危害を加えたりしないかと心配している。しかも彼は、2本の短剣を懐に忍ばせている。

家出に至るまでのワン君の言動は、近頃日本で話題に上ることが多くなってきた「中二病」の典型的“症状”のように見える。
短剣2本を携えて家を飛び出すことによって、ワン君は中二病の壁(口先やポーズだけで行動に移せないという壁)を
破ったと言えるのかもしれない。

とはいえ、そっち方向に破るべきではない壁だった。

いずれにせよ、彼が救うべきなのは「世界」ではなく、彼のことを深く心配しているお母さんだろう。
そもそも「世界」が彼に救いを求めるも何も、彼自身が助けを必要としているはず。

661 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 19:08:15
士郎の場合、本気でどっか行って人助けしてたみたいだしな。

662 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 19:14:29
馬鹿だw本物の馬鹿が居るww

663 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 19:17:58
母親によると、ワン君は常日頃から戦争や武器に強い関心を示していて、
近頃「自分は本当はドラゴンなんだ」という言葉をしばしば発するようになっていた。
母親は、そんなワン君が人に危害を加えたりしないかと心配している。しかも彼は、2本の短剣を懐に忍ばせている。

664 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 19:21:08
邪気眼のコピペそのものだな。すげぇ。
最低SS作家はネット上で済ましてる(とは限らないけど)分健全なんだろうな。

665 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 19:24:28
>家出に至るまでのワン君の言動は、近頃日本で話題に上ることが多くなってきた「中二病」の典型的“症状”のように見える。
>短剣2本を携えて家を飛び出すことによって、ワン君は中二病の壁(口先やポーズだけで行動に移せないという壁)を
>破ったと言えるのかもしれない。

>とはいえ、そっち方向に破るべきではない壁だった。

本当だよ。どこの壁を破ってるんだよw

666 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 19:28:46
士郎「俺は正義の味方になりたいんだ」
サザエ「そんなことより宿題できたの!?」

667 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/23(土) 23:42:13
これは良いリアルGENKAITOPPAですね

668 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 00:03:13
でも中国って、RPGでよくある「圧政が敷かれた国」みたいな一面があるよな。
やっぱり、圧政から勇者が生まれるのか

669 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 00:28:31
北と刺し違えてくれれば勇者と認めてやってもいい

670 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 01:56:29
後にこのワン君が共産党打倒を成し遂げ、
中国を真の近代国家に変えた英雄となる事を、
まだ誰も知らなぬ事であった。


まぁ実際はどっかでのたれ死ぬか蛇頭の三下に落ち着くんだろうけど。

671 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 03:34:56
いつだって英雄の始まりは馬鹿にされるもんだろうよ
つまりこいつは本物n(ry

672 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 15:39:56
劉備も旗揚げ時は馬鹿にされてたらしいからな。

673 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 16:27:27
士郎「俺は世界を救うことを宿命付けられた正義の味方、それが俺の目指す姿なんだ」
アーチャー「いずれにせよ、彼が救うべきなのは「世界」ではなく、彼のことを深く心配している家族だろう。」
   「そもそも「世界」が彼に救いを求めるも何も、彼自身が助けを必要としているはず。」

674 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 17:25:34
士郎は世界を救うことを宿命付けられたとは思っていない。
世界を救うなどとも思っていないく、
ただ、不幸な人を一人もいなくしたいと思っているだけ。
第一、自身が理解されないからと不満に思うことはない。

675 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 17:26:02
ネタにマジレス(ry

676 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 17:39:25
まぁでも自分から勝手に脳内士郎を作って勝手に嫌ってる人も多いからな。
間違った見方によって嫌われるのは悲しいので本当の士郎を理解してほしいものだ。

677 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:06:30
本当の士郎って何なんだろうか・・・

678 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:12:10
けだもの

679 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:16:13
そういう問題じゃないだろうが

680 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:19:42
士郎はいろいろな矛盾や不備を抱えているからこそ魅力的だか
もし士郎が災害に遭わず、普通の人生送っていたらどういった性格になっていたんだろう

681 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:22:07
根底に子供っぽいがあると思うから凛みたいなタイプの尻にしかれてるんじゃない?

682 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:31:12
たいして変わらんか、根がまめなタイプなんだろうよ
家事なんて仕込んでもまったく興味示さんなんて人もいるし
逆に教えんでもやる人はやるし

683 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:44:35
話し終わってるのに蒸し返してすまないが、
鉄心END後はマーボーが協力してくれんじゃないか?

684 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/24(日) 18:55:42
マーボはただでは協力せんだろうが
でも士郎がずたぼろになるさまを見て楽しむのなら協力するか

685 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/25(月) 08:07:25
>>鉄心
初日は、なんとなく、復讐心の塊となったライダーにアーチャーがヤラレルor
ダメージ大きくとおかん。

ちなみにライダーは一日現界で、おまけに電撃でアーチャーと分が
良いとかかかれていなかったっけ?

後は基本的に、バグ爺さんと凛組の戦いじゃね?
誰からも、優先事項としてバグ爺さんが最優先だし、
凛からみれば桜脱落で士郎は聖杯戦争に積極的に関わる意思なしと見る可能性ありだし。
アーチャーから見れば、バグ爺さん殺してからで遅くないし。

686 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/26(火) 00:43:32
>>685
学校の時点でライダーには宝具を使うだけの魔力が無い
そしてベルレか魔眼(セーブ判定次第)を使わない限り、
ライダーはアーチャーに勝てん
…逃げ回って吸血しまくれば魔力何とかなるか?

687 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/26(火) 21:54:12
>奈須:凛はホントに天才です。長ずれば、歴代の魔術協会の中でも
>百番以内に入るかと。士郎は魔術師としては見習いの域を出ませんが、
>魔術使いとしてはスペシャリストの一人と数えられます。最終的には
>“魔術殺し”衛宮切嗣の全盛期と同じくらいの評価を受けるかと。
> 単純な数値で表すと、シエル:100 凛:70〜100 士郎:10
>(限定条件下なら40)といった感じでしょうか。 

だそうで、封印指定も無い普通の腕の良い魔術使いとみるべきかな?
まあ腕前ではなく評価というのが味噌だけど。

688 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 14:39:02
シエルが100で士郎が10ってのを見ると意外と士郎凄いなーとか思ってしまう

689 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 17:52:42
限定条件下って?固有結界展開時のことか?

690 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 18:44:45
そうじゃね

691 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 19:37:43
魔術師としての評価を数字に表しているのだから、
固有結界がばれてもいいというなら40なのかもしれないけど、
もしかしたら、魔術使いとしての評価が40なのかもしれない。

692 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 19:45:42
投影以外へっぽこなのに何で戦うんだろう。
固有結界時で40と考えると魔法に近い能力とは言ってもたいした事無いように見える。

693 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 20:05:30
元一般人士郎の能力じゃその辺が妥当だろう

694 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 21:03:38
士郎の評価はともかく元一般人は無関係だろ。
シエルも元一般人だ。

695 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 23:37:25
>691
正直おれにはなんの数値表してるかよくわからん。

単純な戦闘力ってなるとシエルとの関係で凛が高すぎる気もするが
魔術師としての評価ってなると士郎が高すぎる気がするし。
まあこれは俺の勝手な思い込みだけども。
でもここらの作品、数値であらわすってのがそもそも違和感あるなぁ。
原作者がやってることだしなんとも言えないけど。

696 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/27(水) 23:39:36
凛が天才としても戦闘向きとは思えないのでこの数値は謎だ。

697 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 00:35:37
たぶん魔術師としての評価。
戦闘能力だとすると特殊な鍛え方してて、なおかつ
ロアの魔術知識を持つ異能者シエルと凛がほぼ
同レベルにはならないだろ。
士郎の評価はたぶん投影魔術師としてのものだろうな。
切嗣だって固有時制御という魔法クラス魔術の使い手だったし。
特殊条件下ってのが固有結界展開時ってのは間違いないと思う。

698 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 00:38:21
協会からの評価なんだから、当然魔術に関する才能って事だよな。
体術とか武器術とか含めた戦闘能力ではないと思う。
凛が70〜100と幅があるのは、シエルに比べると苦手分野もあるって
ことかな・

699 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 01:54:54
上級魔術師なら固有結界使えるからね。
さすがに、絶対的な評価にならないんじゃね?

等価交換無視して宝具レベルの刀剣を作る
というのは魔術師的に評価が高いのか
低いのかが知りたいな。

700 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 06:33:36
>>698
うっかりのせいじゃね>凛の幅

701 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 09:42:41
投影って魔術だけをみればトップでも別に変じゃないが
一つの分野だけではそれが限界ってことかねー
シエルや凛は色々と魔術持ってそうだし

702 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 09:51:53
シエル凛は技術や技巧的に評価が高いからあの評価、
士郎は技術的には低いけど特異性が高く、さらに最終的にはその
特異性を活かす自分のやり方を見つけるからあの評価…とか?

703 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 10:36:22
シエルや凛は器用でいろいろな魔術こなせるけど
士郎は特定の魔術を極めることでそれに対抗している感じはする

704 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 17:55:15
投影の分野限定で桁外れって感じか
プレイヤーからしたら投影魔術って言ったら士郎のアレになっちゃうけど
士郎のは本来の投影魔術とは比較にならんようなもんらしいしな

705 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 20:00:01
まあ普通の投影じゃ投影されたものはすぐに消えてしまうそうだし
士郎は一回投影した剣ならその後もすぐに剣を作り出せるし、ランクも一段階落ちる程度ですんでいる
やはり士郎が剣の投影に特化しているのは、セイバーの鞘が埋め込まれているためだろうか
関係がまったくないとは思えないが

706 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 20:09:29
志貴以上に士郎の能力の発端って不明だよな
一般人のくせに二十七も回路持ってるし
剣に特化してるのも生まれついてのものなのか、鞘埋め込まれたせいなのか

707 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 20:20:11
一代限りの特異例でFAじゃね?

708 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 20:23:45
士郎はキリツグの隠し子じゃないかという噂もあるけど、年齢的にきついんじゃないかと思う

709 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 20:49:16
まあシエルもパン屋の娘なのに凄い才能だしな。
士郎が偶然そういう才能を得ていても不思議はないだろ。

710 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 20:50:19
殺鎮みたいなもんだろ、一般人のなかにもたまに逸材がある。

711 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 20:51:57
下げ入れ忘れた

712 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 21:04:52
一般人だけどたまたま才能があってそれを開花させる機会に恵まれたり
慎二みたいに一流の家系に生まれても才能がまったくなかったりするし
いろいろか

713 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 21:06:25
士郎は頑張り屋だし、実は凄い才能を持ってました、というよりは
一つを続けていたらいつの間にか凄い能力に至っていました、とかの方が良かったなぁ

714 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 21:30:59
>>713
それは小次郎の燕返しでやってるし
規格外の投影とはいえ、その能力だけではさして有用ではない
唯一許された能力をひたすらに磨き上げて強くなるってのは士郎らしいと思うけど

715 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 21:43:35
確かになぁ。
むしろ士郎は頑張って頑張って頑張ったけどダメでしたとかの方が萌える。
報われない救われない。でも頑張ることを止めたりはしないって感じで。

別に無限の剣製があったから頑張れたってわけでもないだろうしね。
固有結界がないならないで、また別の方法を考えて頑張ったはず。
それじゃ成果は出ないだろうけど、それでも諦めないのがまた萌え。
そして頑張った挙句にズタボロで帰宅した士郎を優しく暖かく迎えてあげる間桐さんちの桜ちゃん……


みたいな展開を予想してたのよ!!!HFが終わるまでは!!!!


も、も、もぅ――ッ!予想GUYなんてもんじゃないッ!
あれは発売前の桜ファンに対する挑戦と同じだ!挑発行為だ!
エロければ何だっていいんだ!いいや桜よりライダーの方が余程エロカッコイイだけにタチが悪い!
きのこはッ、非戦闘要員によって、正義の味方を、支えるのだというプロットがっ、全く、一切、ないっ!

716 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 21:52:38
同意するが後半はスレ違いだなw

717 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 21:57:09
なんか変・・・、言ってることよく分かんないよ

718 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 22:06:03
確かに桜スレの方がいい内容だな

719 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 22:06:26
きのこ理論では、英雄と一般人と怪物は三すくみの存在だしなあ。

720 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 22:08:24
なんか変・・・、言ってることよく分かんないよ

721 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 23:14:31
>>713
ちょっと特異な素質を持っていて、あとは努力でああなったんじゃないか?
その方が士郎らしい。

722 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/28(木) 23:19:07
まるで星飛馬のようだが士郎には合っている
風雲イリヤ城の時もウオーって叫びながら涙流してたし

723 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/29(金) 15:42:30
・・・士郎ってそういうイメージなのかなあ

724 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 00:05:41
士郎はあの一途なところが好きだ。
叶わない夢だと知っているのに、だれもが悲しまずに、笑っていられるようにと願い走り続けるあの姿が好きだ。
確かに一人の人間としてみたときにどうしようもなく危うく歪な部分がある。
でも、そこを含めて全てが好ましい。

毎晩死と隣り合わせの魔術訓練を、差し迫った危機も目標も敵もないのに、いつか理想を叶えるための準備として繰り返せる。
その部分を呼んだとき、「ああ、何て馬鹿で、そしてまっすぐなんだろう」と感動した。
だからこそ、士郎は頑張って守った微笑むだれかから救われて欲しかった。
HFみたいに安易に流されるのではなく、正義の味方に憧れた気持ちと共に救われて欲しかった。

みんなの正義の味方を桜の正義の味方にすり替えて、それで願いは叶ったよと言われても納得しがたい。

725 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 00:25:07
>>724
俺も同じだ。

HFは納得できないところが多いけど、桜という自分とは異質なものを救おうと
するのはあそこまで思いこまないと出来ないのかなと思った。
士郎より凛との縁のほうが強いので、せめて裏方に回って欲しかった。

726 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:06:27
>HFみたいに安易に流されるのではなく

本当にそう見えたのなら流し読みしすぎか、勝手にフィルターかけてるな。
そこかしこにかつての理想とその選択との葛藤が盛り込まれてるのに。

727 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:09:50
大して葛藤してる様に見えないので仕方無い。

728 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:24:48
葛藤してたのか、士郎・・・

729 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:27:29
選択の時はわりとずばっと決めたな。
まぁでも、その後も度々捨てた理想に責められる描写はあったから葛藤していない
わけじゃないと思う。

730 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:28:38
理想より女か
それもひとつの結末か・・・でも切ない

731 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:31:49
剣心だって薫の為に人を殺そうとした事はあったからな。
最も士郎の場合は、Fate,UBWで理想の気高さについてあれほど
表現していたから、タイミングが悪いのかどうか。

732 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:32:15
葛藤してないよなあ、あっても印象薄。

733 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:36:19
やっぱHFは嫌われてるなぁ。
vsバーサーカーとかvs言峰は熱いのに。

734 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:38:37
結構名場面自体は多い
けどあれに全てかき消されてる

735 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:39:53
vsバーサーカーはUBWでアーチャーの背中を追って生きていこうとした感じなのに
「てめえの方こそついて来やがれ!」といきなり追い越した感じでイヤだ

736 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:40:48
VS言峰は好きだな。反則投影でギルやバーサーカーと渡り合っているよりも、
等身大の実力で必死に足掻いている姿がかっこいい。

737 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:41:46
一番現実的なルートではあるよな

738 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:43:48
どこらが現実的なんだ?
そもそも聖杯戦争からして非現実的。

739 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:44:54
vsバーサーカーもvs言峰も相手が攻撃を止めたり時間切れで自滅したりと
プレイヤーがHF士郎強すぎと後から言われないように小手先の細工がしてあるようで
自分の中では評価が低い

740 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:45:26
>そもそも聖杯戦争からして非現実的

こんな事考えて楽しいんだろうか?

741 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:46:11
>>739
しゃーねーべ。士郎がマジでやりあって勝てるのなんて慎二ぐらいだ。

742 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:46:19
それを踏まえて現実的とはこれいかに?ってことだが。

743 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:50:33
>>742
そんな事わかっている。漫画・小説・ゲームなんて現実の世界じゃないということを
わかった上で楽しむもんだろ。現実的って言葉はその前提条件の上で用いられる
比喩にすぎない。俺は>>737ではないけど、>>738みたいな質問は根本でおかしいと
思うんだが。

744 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:56:46
HFの話はすぐにおかしな方向行くな
ついでに
聖杯戦争除いても現実的じゃないと思うぞ

745 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:57:55
737だが弱さを持った一般的な人間を前提にして考えた時という意味だよ

746 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 17:58:34
本来制御できない英霊の腕を駆使してなにが現実的だ
創作物としても都合よすぎる

747 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 18:00:30
もう叩きたいだけだな、これ

748 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 18:16:36
ゲームで現実的か否かの言い争いって
ごく普通のラブコメでも空しくならないか?

749 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 18:47:40
ときメモ時代からの伝統だわな、(自分の中の)リアル至上主義
はいはい、リアルリアリティ、リアルリアリティ。
とりあえずフィクション見るのもう止めたらー?

750 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 18:53:21
>>749
>リアルリアリティ

葉鍵用語のつもりだったら意味逆じゃね?
そうじゃなかったら用法間違ってね?

751 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 18:54:26
TRPG方面の用法

752 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 18:58:01
TRPGでも葉鍵と意味は違っていないと思ったけど……

753 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 19:05:01
Fate・UBWでようやく士郎が理解できたと思ったら、
HFであれだからな。

俺にとって士郎は「よくわからない人」という扱いになっている。

754 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 19:18:59
パラレルワールドだしその時の士郎はそう思っただけの話
だと思えば納得・・・できないよな、俺も

755 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 19:21:16
話の都合としか

756 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 19:22:44
うむ、間違いなくルートの都合だな。

757 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 20:55:29
士郎は魔術回路が肉体の神経と連結してる特殊な例のはずなのに
人形になっても魔術使おうとしたりそこらへんどうなってるのかとか、
セイバー戦後、ほぼ自分は無くなったはずなのに桜救出や言峰対
戦とか主人公補正にしても納得できなかった。

758 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 21:00:48
まあ、HF後の士郎ならもう戦いに身を投じることはないだろうし
魔術師としての能力が落ちてもそこはあまり重要じゃない気がする

759 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 21:12:13
セイバーの鞘はどうなったんだろうか
もはや永遠に失われたんだろうか

760 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 21:27:40
士郎の死体とともに寺の下に埋まった

761 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 21:32:49
やはりそうか・・・

762 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 21:35:28
しかしあそこは霊脈だから段々と鞘に魔力が溜まり
その力で死体が動き出す日が来ると信じてる

763 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 21:36:46
セイバーがいないと力が発揮出きないからそれは無理

764 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 21:48:00
きのこ的展開ならありえるか

765 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 22:32:22
桜の下には士郎が埋まっている

766 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 22:46:48
ふと思ったんだがダビスタ風に士郎と誰がカップルになったら
魔法に到達可能なんだろうか?

とりあえずUBW後 凛×士郎
     とりあえず、宝石剣は安定して作れる可能性は高い。
     ついでに宝石投影もできればめでたく遠坂家悲願の金欠病から開放か?

767 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 22:49:21
魔法に到達は、どの組み合わせでもまず無理だし。

768 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 23:11:48
知識、能力ともに兼ね備えているのは凛
魔力はあるけどうまく制御できていないのが桜
セイバーは騎士だしねえ

769 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 23:15:14
何か単に凛と士郎がベストカップルと言いたいだけのような…

770 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 23:16:36
魔法を甘く見すぎなだけでは?

771 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/30(土) 23:18:28
イリヤでも大変なのに
無理だろう

772 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 00:04:08
そこで藤ねえ

773 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 01:59:19
タイガー道場の後、また生き返れるからすでに魔法に辿り着いてます

774 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 15:35:28
まぁ「辿り着く」じゃなくて「近づく」ぐらいで考えると
竜の因子+魔力炉心+剣の属性+魔術回路そこそこ。な士郎×セイバーの子供を
凛のコネ使って時計塔留学させるのが一番ベターじゃねぇの?

あくまでダビスタ的思考の上って前提でだけど。
サーヴァントが子供産めるんか的な部分もスッ飛ばしてだけど。

775 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 16:06:04
セイバーなら男役も出来るから、凛×セイバーでも産ませて
その子供同士を更に……うむ、思考がダメ人間になってるぞ俺。

776 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 16:39:43
それは倫理的にかなりまずいんじゃ
あと近親婚は何らかの異常を持った子供が生まれやすいだろう

777 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 18:30:57
>近親婚は何らかの異常を持った子供が生まれやすいだろう

遺伝云々よりも血族集団として文化的に「閉じて」しまうのを防ぐのが近親相姦禁止の要因で、
実際には一代程度の近親交配じゃ、通常交配とそんなに違わないんじゃね?ってのが、
最近の文化人類学と遺伝子工学辺りの見解らしい。

778 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 18:49:27
ダビスタだからなぁ
現代サラブレットの血統は、遡るとたった三頭の馬に行き着くらしいしなぁ

あと意外に、魔術師的にはアリかもしんないな。型月世界の魔術師=人でなし、みたいだし

779 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 18:52:56
魔術師として考えた場合、セイバーの因子を子孫に入れて、それを守るためたら近親くらい安いものかもしれん

780 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 18:57:18
アインツベルンなんか、バリバリの近親血統の血族集団っぽい。
魔術師じゃないが、遠野一族とかも純度を保つために血族婚推奨してそうだよな。
尤も、軋摩なんかはそれでモロに精神的異常が出てるっぽいが。

781 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 19:03:33
>竜の因子+魔力炉心+剣の属性+魔術回路そこそこ。な士郎×セイバーの子供

よく考えたら、こんなのが確認された日にはパゼットさんの同僚やら先輩やら後輩が攻めてきそうだな

782 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 19:11:49
そうでも無いんじゃね?
封印指定ってのは、再現不可能な奇跡を保存するための処置だし。

むしろ没落しかかった家系とかが、子種よこせって搾り取りに来るかもしれん。
そんで、来たのが枯れたジジィとか不気味なオッサンとかだと目も当てられんなぁw

783 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 20:55:32
才能を次世代にそのまま継がせる方法思いついた

たしか士郎の魔術回路は例外的に神経と一体化してるから
士郎の死体から神経ひっぺがしてそのま(ry

784 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2006/12/31(日) 22:17:15
残念ながら人間の回路の中心には脳が不可欠だったはず。

785 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/01(月) 15:43:44
七夜なんかは近親交配を繰り返してたな

786 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/01(月) 21:06:21
今なんとなくテレビでスポーツマンNO.1決定戦とかいうの見てるんだけど
それに出てる池谷って人の身長体重が士郎に近くて
現実に士郎が居たらあんな体つきなんかなーと思った

787 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/01(月) 22:04:44
もういっそのこと士郎は種馬として全部試せばいいんじゃね?

788 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:04:48
鉄心士郎はどんな評価だ。自分の上位互換の弓を鯖なしの状態でどうにかして聖杯戦争の勝者になった。

789 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:07:13
ライダーと契約か取引でもしたんじゃねーの?
鉄心士郎なら魂喰いとか平気でやらせそうだな。理想の為の犠牲とか言って。

790 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:10:04
無辜の人間に害が及ばないようにするのが鉄心士郎だと思うがな

791 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:10:59
桜を見殺しにした奴とライダーが契約するわけないだろ
ライダーは桜を救いたくて召喚に応じたんだぞ

792 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:14:55
直接手を下した凛と、おそらく妨害したであろうアーチャーに復讐する
為なら、ありえるんじゃないのかね。

793 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:16:38
復讐したければまずジジイを殺すのが筋じゃないのか
直接手を下したからって逆恨みにしか見えん

794 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:18:45
ライダーと契約したといっても鉄心エンド直後じゃゲーム開始時と大差ないだろ士郎
慎二がマスター時とライダーの能力そう変わらないぞ多分
これで勝者になったら凄すぎだろ

795 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:19:24
だって桜の鯖だもん。
標的がちょっとずれとか普通そう。

796 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:20:02
勿論、そっちも。

順番としては、蟲爺&アサシン>慎二>凛、アーチャー>士郎ってところか?
桜が納得していようと、士郎が手を出そうとしたら容赦なく反撃して殺すのが
ライダーだから、逆恨みとか関係なさそう。

797 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:43:23
最強スレで鉄心の能力は切嗣の戦法+心眼(真)って説が書かれてたな

798 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:46:12
キリツグが戦った所を見てもないし、アチャ腕の反則技が無いから
心眼を得られるほどの経験もないと思うんだが、そこら辺どうだろう。

799 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:46:18
そんな何年も経験を経て使えるようになる戦法や技術がいきなり使えるわけないだろ

800 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:48:47
心眼(真)Eくらいはあるかもな
切嗣の戦法は確実だろ言峰が士郎は切嗣だっていってんだし

801 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:50:18
鉄心士郎は最弱の士郎だと認めろ
凛やアーチャーあるいはライダーと組まないと
一人で勝手にバーサーカーあたりに特攻して
一日もかからず命を落とすだけの脆い生き物よ

802 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:51:25
どこをどうすれば確実なんだよ?
あまり言峰の言葉に耳を貸さんほうがいいと思うよ

803 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:53:06
>>801
凛やアーチャーと組むのは展開的に無理がある。
どうやって鉄心が聖杯戦争の勝者になったんだって話だろ、今してるの。
スレの展開をちゃんと読め。

804 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:54:27
だから鉄心士郎は勝ち残る事が出来ないと言ってるんだが?

805 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:55:56
言峰が勝者って言って説明文でも言われてるのにか
じゃあ何を考慮しろと

806 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:56:27
>>800
言峰が士郎をキリツグと例えたら、見てもいないキリツグの戦法を
使えるようになるのか?

807 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:57:35
鉄心は士郎が勝つルートって事だから、
どうやったら勝つのかなと考えるネタだ。

808 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 02:58:16
9のために1を切り捨てる様になったって意味だろ

809 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 07:49:16
なんかの拍子に聖杯のカラクリに気づいて、第四次の言峰みたく聖杯の中身の力を使ったとか。
言峰が鉄心士郎をうまく自分の思ったように誘導できると思えば何か教えるだろうし。

810 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 09:03:06
言峰が喜んで協力しそうだよな・・・

811 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 11:58:22
>>793
つか、桜殺された時に心臓のジジイ蟲も死んでんじゃねぇの?
まぁ気合だけで這いずってそうだけどさ。

812 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 12:01:13
爺蟲心臓バージョンは消滅してるかもしらんが
本体は健在じゃない?鉄心の時点じゃさ。

813 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 18:34:39
>>803
えっと、なぜ凛と組むのが無理なの?
逆に聖杯の中身がばれるまでは桜を殺した共犯ってことで共闘しそうだけど?
そもそも残っているのがイリヤだけだし、
日中に士郎がだまし討ちすれば勝つと思うけど?

>>812
心臓バージョンが本体だぞ。

814 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 18:36:56
あの公園でのやり取りがあって、イリヤがのこのこ士郎の前に現れんと思うが
士郎じゃあるまいし

815 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 18:37:45
凛が桜を殺すとしたら苦しまないように一撃としそうだから
狙われるとしたら心臓か脳だろ
それで心臓が刺される前に心臓から臓硯蟲が逃げ出してればギリギリ大丈夫
その後は死体が火葬にされるまでに死体の中に隠れておく
後は聖杯戦争のメンバーが減るまでアサシンと隠れておく。
要所要所で手を出して強敵やマスターから倒していく
基本的には臓硯の行動はこんなとこだろ

こういった潜むタイプの魔術師を士郎はどうにか引きずり出して倒さないといけないわけだ

816 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 18:40:45
>>813
教会の時点では、爺さんが移ってたか不明だったと思う。
イリヤを助けた時には桜の心臓に移ってた様子だけど。

817 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 22:18:10
鉄心ルートの可能性を勝手に挙げてみる。

・生存キャラ
士郎、凛組、イリヤ組、言峰組、臓硯組、ライダー、(一応)慎二
(臓硯は桜と一緒に死ぬ可能性アリ。なんとかするだろうが)
(ライダーは桜が死んでも単独行動スキル持ちだから一日現界可能)

・士郎と凛の共闘の可能性
教会時点では0とは言えない。
士郎は凛を勝たせる発言した後だし、凛の性格から見ても殺害対象にはならない。
言峰の言う完全な決別があるとするなら、聖杯の真実を知った時。

・士郎が勝者となれる可能性
言峰の言葉が真実なら、士郎は何がなんでも勝ち残る筈。
生身じゃどうやっても鯖持ちのマスターに勝てそうにない。
ので、なんとかして凛あるいはイリヤと組むか、
まだ消滅していない、どう動くか全く読めないライダーと取引めいたものでもするか、
言峰の気まぐれでも起こればなんとか……なるか?

818 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/02(火) 23:49:01
別ゲームですまんが、塵該魔京で近い話見たな。
一般人に近い人間が持てる手段駆使して傷つきながら一人で戦い抜いていくっての。
士郎はあれに非情さを足した感じなのかもなとも思っている。

819 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 02:46:42
凛にのらりくらりとついていって最後に裏切るってところかね。
遠坂を退けるといっても、正攻法とは限らないわけだし。

820 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 02:56:49
こんな裏切る気マンマンのヤツと組むわけないだろ
凛ならまだしもアーチャーがな

821 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 11:43:29
士郎が勝つ事にゃならんけど、
むしろアーチャーも裏切って黒聖杯壊す気満々なんじゃないかと

822 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 11:55:32
士郎に騙されるようではアーチャーじゃないだろう。
凛と共闘して、最後に中身を知って凛が興味をなくした場合ぐらいしか思いつかないな。

823 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 15:39:01
やっぱ仇を討とうってライダーに協力を求めるとかか?
魔力不足は鮮血神殿とかで補うとか

824 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 16:43:14
セイバーにちんこ生やして凛を孕ませれば最強じゃね?

825 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 16:45:12
元凶が臓硯で手を下したのが凛。士郎は見殺しにしたワケだが
ライダーの思考は全然読めないからなあ。
そもそも桜瀕死の時ライダー何処にいるんだっけ

826 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 18:56:46
HFにおけるライダーの思考はよくわからんよなぁ。
ギルの時は桜助けずに見殺しにしてるし。

827 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 19:30:41
結局自分が可愛いんだよ

828 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 19:33:41
単にきのこがギルを邪魔に思っただけとか…

829 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 19:42:03
ライダーは桜を怪物にしないことを望んでいるのだから、
桜が人のままで死ぬのは意外と納得したりして。

830 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 19:59:49
なるほど、と俺が納得。

831 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 20:09:46
でも士郎が桜殺そうとしたらライダーに殺されるけどな。

832 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 20:23:24
死ぬのは救いじゃないってことだな。ライダー的に。
ただ士郎を護る令呪を受けたとはいえ、間桐邸に桜が一人で向かったのを
看過したのは何の冗談かと。

833 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:11:14
ライダーは邪眼で幻覚とか見せられる割に淫夢とかにしか使ってない。
実はかなり馬鹿なんだろうか?

834 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:34:23
ライダーって先の2ルートではほとんど活躍してないし
無理やり活躍させようとしただけなのか?
確かに行動が意味不明だな

835 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:37:53
宝具やスキルはいいのにまったく使いこなしてないな・・・

836 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:44:22
とは言っても、あの宝具(他にもまだあるらしいが)って使い勝手は悪そう。
ベルレなんて直線の動きだけだったり、ブラッドも作るのに時間かかる。

837 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:44:31
対セイバーや暗黒神殿で活躍していると思うけど
味方について頼りになると思えないのがライダー

838 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:46:41
いっそ昔のモンスターの姿に戻ってくれれば強そうだよな

839 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:48:31
桜も良く分からない行動する
マスターとサーヴァントは似るというし
似たもの同士で引き合わされたのか・・・

840 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:49:23
ライダーって急に裏切ったりしそうだな

841 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:54:27
HAでは士郎に惚れてる所も意味不明

842 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:54:42
所詮は混沌属性か

843 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:55:41
とにかく一番侮れないのかもしれない
感情隠すところがあるし
同じ女性鯖のキャスターとかセイバーは分かりやすかったけど

844 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 21:59:24
HAのライダーはfateのセイバーとキャラかぶっていて
セイバーは食いしん坊にされていた。

HAのサクライダー組はキャラ違いすぎ。

845 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 22:01:20
HAでも桜がやれと言うなら鮮血神殿も大規模に展開するとか
戦闘中は機械的に行動するとかいってるし
マスターの命令に忠実で自分の意志がないのがライダーの特徴

846 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 22:03:52
>>836
鮮血神殿の構築時間は問題じゃないだろう。
実際、本編で気づかれずに張っているんだし。

ベルレは加速時以外だったら空中に居ながら雷で翻弄できるし、
直線の動きだけというのもその威力を考えたらさほどデメリットにはならない。

847 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 22:19:00
だんだんスレ違いになってるような・・・

848 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 22:24:38
みんな言峰に騙されたんだよ

849 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/03(水) 22:39:45
使えるかどうかは分からんがライダーを味方に引き入れる案は一理あると思うぞ
では、問題はどう使うかだな

850 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 00:09:36
鉄心だとギルが生きてるんでギルの動向も問題になってくると思う。

851 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 00:33:31
UBWでギルは慎二に貸し出されていたから、鉄心で士郎に貸し出されてもいいな

852 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 00:36:33
>>841
マスターとサーヴァントは似た者同士だから同姓の場合は異性の趣味がもろに被るんじゃね

853 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 00:43:29
似たもの同士とちょっとソレ違うのでは?

854 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 00:50:53
弓が残ってる時点で凛組との同盟はないだろ。
ギルを言峰が貸したが一番確率が高いか今の所。

855 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 00:52:28
相性は良いのだろうか?

856 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 00:56:48
鉄心士郎は相性など気にしないだろ

857 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:03:06
いや、ギルの反応としての方で。

858 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:04:12
>>853
セイバーと凛は士郎が好きなんだから似るんじゃないの

859 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:06:54
それは元のペアじゃないから違うんじゃないか?
その理由だと言峰・ランサー・ギルや慎二・ライダーも似たものになってしまう。

860 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:07:37
>>857
慎二と同じでギルの方が相手にしないだろ基本的に
慎二の時と違うのは士郎の方も裏切る気満々だからギルも油断してるとやばいくらいで

861 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:09:10
やばいか?

862 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:09:10
凛はエミヤ召喚したから士郎・セイバー・凛は似た者同士だと思うけど
エミヤじゃなきゃ凛はセイバー召喚してたと思うし

863 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:10:30
士郎が参加しなけりゃいろいろ穏便(?)に聖杯戦争終わってたかもな・・・

864 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:10:35
ギルは慢心王だから切嗣思考の士郎と組むのは危険かもな。あっさり騙されそうで恐い。

865 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:11:55
>>863
凛もセイバーも猪突猛進だからこのペアだと聖杯戦争勝ち抜けない気がする

866 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:13:06
>>865
士郎のフォローに回る必要が無ければ、もっと効率的に動ける気がする。

867 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:16:50
>>866
士郎のフォローしなきゃならなかったから上手く立ち回れたってのが俺の周りの通説だけど

868 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:20:46
俺の周りってなんだw
そもそも拠点からして警報しかない衛宮邸と遠坂邸じゃ雲泥の差だし。

869 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:21:13
>>866
凛は遠距離最強の弓に付いていって接近戦せざるをえない状況に常にしてる馬鹿だぞ
弓は家に引きこもってろと忠告したにも関らず

870 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:22:32
確かに凛の作戦立案能力にはかなりの不安があるな

871 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:24:20
弓のアレは忠告とは違うだろう。

872 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:25:29
なんか殆どの魔術師が堂々としすぎっていうか正々堂々っていうか…
臓硯とか言峰は隠れてやってるんだが

873 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:26:04
いや、マスターとしてサーヴァントをサポートするために一緒に行動するのは当然なんじゃ、令呪とか
ってか一緒に行動するのはアチャも認めてるし
接近戦してるのは至近距離で敵鯖と遭遇しちゃったからであって
むしろ接近戦を好むのは凛のせいではなくアチャの方の好みなわけだし

874 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:26:18
>>869
挑発と忠告を履き違えていないか?
それと、ホロウの弓vs剣で凛がいれば結末が違っていたかもしれないと
セイバーは言っているし、事実弓単独じゃ負けているんだが。

それと、凛はアーチャーに狙撃させる気まんまんだったぞ。

875 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:27:51
凛がどういう戦略立ててたか不明だから、
そこらは脳内だな。

876 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:29:17
型月の魔術師は基本的に馬鹿だからな
臓硯とか言峰は隠れてやってる方が珍しいんだろ

877 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:29:29
士郎の話しようぜ

878 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:33:26
もはや語るネタがない

879 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:46:45
>>875
詰めの甘い凛と猪突猛進のセイバーのコンビじゃ結果は見えてる気が………

880 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:50:26
キャラの一側面が絶対だと決め付けすぎのような。

881 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:51:15
士郎と組むから詰めが甘くなるんじゃないか?
イレギュラーだし。
士郎無しなら勝てそうだ。

確か、士郎がキャスターに連れてかれるエンドだと
凛セイバーで組んでたみたいだから、
最後まで残れる可能性はあると個人的には思う。

882 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:52:58
凛のうっかりは呪いレベルだぞ、晩年までは克服出来ない。
セイバーに関しては期待のしようがない今までの作品じゃ

883 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:52:59
>>879
逆に言えば凛は猪突猛進というわけじゃないし(Fateでキャスターの寺に乗り込むのに
反対していた)、セイバーは詰めが甘いわけでもないが。

884 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:53:54
>>881
アーチャー無視かい

885 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:54:04
>>882
だからさー、うっかりがあるから負けるとか極論すぎ

886 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:54:25
うっかり克服は晩年とは言ってなかったと思うけど。
晩年だった?

887 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:54:41
セイバーの詰めが甘くないとは思えないが

888 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:55:29
>>884
だって弓画面に出てこないんだもん。
凛が二匹養ってるのかね。

889 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:56:15
詰めの甘くない登場人物はいない。

890 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:56:54
>>887
そりゃ一部の展開のみが頭に残っているからだ。

891 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:57:45
凛・セイバー組は何となくバーサーカーに勝てない気がする

892 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:58:49
場坂が倒れるまで、直接ぶつからないという手もある。

893 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 01:59:26
冒頭で容赦なく凛を殺そうとした非常さで、イリヤ狙いかな。
やるとしたら。

894 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:01:17
ギル攻略が無理だろ、どっちかというと。
セイバーは鞘無しだし、凛がマスターでもエクスは3発が限度みたいだし。

895 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:02:07
そういやイリヤって、襲ってくるとき
怪力メイド連れてないよね。

896 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:03:06
>>894
ギルがいるから無理だなそういや

897 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:04:18
ギル攻略については、
ゼロでどう戦ったか出るだろうから
そこらが出てからじゃないと良く分からん。

898 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:05:34
士郎vsギル戦のように、鎧脱いで戦ってくれれば勝機はあるんだけどな。

899 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:05:42
ゼロじゃギルに勝てなかったんだろ、確か。
凛より冷酷非情な切嗣がマスターでも。

900 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:06:49
>>898
あれは対セイバー用の勝負服なのでセイバー戦で脱ぐ事はない

901 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:09:25
>>899
サーバント同士の戦いにまで到達した時は
マスターの冷酷非情度なんて関係ないし。

902 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:10:08
マスター狙いでも無理だったという意味なんだが

903 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:11:42
士郎が脱落することで凛の一番大事な時にうっかりの属性が外れると思うのだが。
聖杯戦争は凛にとって一番では無いのだし。

904 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:11:56
ギルのマスターが言峰だって気づいてたのだろうか?

905 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:12:03
>>902
本編時点で、もうマスター狙いとか無意味なのわかりきっているじゃん。

906 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:13:24
>>903
これって鉄心ルートの話だよな?
なら一番大事なもの(桜)を護れなかった時点で、「一番大事な事をミスる」という
うっかりは達成された気がするな。

907 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:15:05
我様のマスターは凛パパだと思ってたんじゃない?
それだと、言峰が橋の向こうで神父やってても
切嗣がほっといたってのに良い理由付けになりそう。

908 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:16:01
>>906
903じゃないが、流れからしてこれは
最初から凛セイバーだったらって話じゃない?

909 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 02:25:28
>>908
成程。最初から凛セイバーという前提なら、凛パパの宝石と
冒頭でセイバーに使用した10年宝石、およびアーチャーに使用した
分の令呪が無駄にならなくてすむな。

910 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 08:42:31
ここって誰のスレだったかな…

911 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 10:30:46
士郎のためのスレ

912 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 11:36:28
士郎は俺の嫁

913 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 11:37:13
>912は女なのか?

914 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 11:53:40
君の反応は初心者くさい。

915 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 12:26:26
こうしてみると士郎ってヒロイン属性ありまくりだよな・・・
家事好きだし、凛におされ気味なところも、セイバーに守ってもらうという立場も、
セイバーが剣に対して士郎は鞘だし、心理学的にみて剣はチンコみたいなものだそうだ
女的な役割を受け持ってるよな・・・
このゲームのヒロインが強すぎるのだろうけど
だからこそここぞという場面では根性出してかっこよさ倍増なのかもしれんが

916 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 14:45:33
そんなこと今までさんざん言われてきたことじゃないか

917 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 15:00:56
ギルは無限の剣製と鞘持セイバーと鯖の天敵の影以外には慢心してても負けなそうだけど

918 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 15:21:05
イリヤは素直だから上手くまるめ込むのはいかがかな
イリヤを使ってライダーさんを現界させる
ライダーさんの桜への忠誠心を利用して恩を着せて味方にする
ライダーさんとバーサーカーを使い他の鯖をやっつける

でもこれじゃあギルへの対策ができないなあ
イリヤは利用されているのがわかったら激怒しそうだし
他何かいいアイディアないか?

919 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 15:22:53
イリヤは型月の中じゃ賢い方だし、自分を捨てた父親と同じ道を進もうとしてる奴は助けんと思うが。

920 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 15:27:03
いくらイリヤでも、バーサーカーと同時にライダーを現界できるとは思えないし、
できたとしてもやらないと思う。というか、「泣きそうな顔をして自分を騙しながら
生きていく」士郎の横で協力したりはせんだろ。

921 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:10:00
やっぱり凛に従うふりして最後に裏切るのが一番無理がないな。

922 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:12:22
そうだね、それだと凛を「退ける」ってのがイメージとしてぴったりかも。

923 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:25:21
弓がいるから無理だってそれ

924 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:26:26
凛に関しては弓を消滅させればいいだけだからな

925 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:28:05
言うは易し、行うは難し。弓って鉄心士郎の上位版だろう。
9を救う為に1を切り捨てるって闘いにおいては、キャリアが違う。

926 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:29:10
嫌がりすぎて令呪使われそうだな。
UBWでも士郎を攻撃して令呪使われたし。

927 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:32:11
そりゃ同盟組んでいたからだし、士郎が弓の攻撃から生き残れたのは
小次郎とセイバーが居たから。令呪使われる前に殺されちゃ意味無いぞ。

928 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:34:31
やっぱり弓が一番の強敵か
なまじ自分だし弓の方も容赦しないだろうしな

929 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:35:57
「予想? そんなものは立てるまでもない。―――勝つのはおまえだ。
 間桐桜を切り捨てた以上、おまえはあらゆる手段を尽くして間桐臓硯を殺し、イリヤスフィールを殺し、凛を殺す。その結末が楽しみだと言ったのだ」

「いずれ聖杯の正体を知ったおまえは、凛とも戦わざるを得なくなる。凛とて間桐桜を手にかけた以上、聖杯を手に入れなければ崩壊する。
 アレは自らの信念の為に勝者たらんとし、おまえは自らの理想の為に聖杯を破壊する。
 もはやおまえたちは相容れぬ存在だ。今回の聖杯戦争の終幕は、おまえたちが担うだろう」

 神父の予言は真実だ。
 俺はこのまま戦いを続け、臓硯とイリヤを倒し、遠坂を退けて、聖杯を壊す。
 それがこの戦いの結末だ。

 判りきった結末を語る事はない。
 衛宮士郎は心を剣にしたまま、
 正義の味方になるだろう。

>いずれ聖杯の正体を知ったおまえは、凛とも戦わざるを得なくなる。凛とて間桐桜を手にかけた以上、聖杯を手に入れなければ崩壊する。

最初から裏切る気満々だと思うから納得できないんだ。
聖杯の正体を知るまでは同盟で、裏切るのはそれからだろ。
それまでにアーチャーがギルと刺し違えるかもしれないし。

930 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:38:18
神父は殺すと言ってるが、士郎からすると凛は退けるなんだよな。微妙。

931 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 16:38:38
HFでのあの段階でギルに対抗できるのは弓だけだしな
上手く凛を誘導して相打ちさせる
残った方の止めを刺す
口で言うのは簡単だな・・・

932 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 17:09:14
言峰のようにこそこそ隠れて全滅するのを待つ
終わった時にしれっと出てきておいしところを掻っ攫う
でもそれじゃ士朗じゃないな

933 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 17:16:39
つか、弓は士郎に協力するだろう<鉄心
ヤツは磨耗していても折れてはいない正義の味方なんだから、
冬木の聖杯を肯定した場合の凛はマスターに値しないと見限るだろう。
凛をどこで切り捨てるかはわからんが、弓と言峰だけが気付いている士郎の危険性は
当然伝えないだろうし、投影魔術に関しても助言するだろうさ。

934 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 17:25:51
実に都合がいいな。

935 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 17:27:12
ヤツは摩耗してはいても凛とセイバーのことは忘れてない衛宮士郎でもあるんだがな

936 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 17:27:22
肯定?単純に手に入れるのとどう違う?

937 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 17:29:28
前にあった聖杯=根源に近づく手段=人々を犠牲にする=弓の抹殺対象って人か?

938 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 17:35:17
どんな過程になるにしろ、凛と士郎が殺し愛する最終局面までに弓が死んでそうだと思うのは俺だけか?

939 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:00:32
むしろ死んででくんないと、殺し愛が出来ないという事実。
でもタイマンだと士郎かなわないからなあ・・・・何すんだ?

940 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:11:30
やっぱり他の鯖けしかけて殺しあいさせるか
凛を人質に取るか
ぐらいしか想像つかんな

941 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:15:56
BADENDだし。
深く考えずに適当に言っちゃったんだろ。
冷静に考えたらおかしい。

942 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:16:47
けしかけるっていっても手段が問題だな。
「わかったから、とりあえずお前死んどけや」と、あっさり自分が殺されない
為のカードを容易しておく必要がある。

943 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:28:12
ライダーを使って弓凛チームが攻撃をしかけたようにみせかけて潰し合いさせる
実際できるかどうかは別として
でもライダーぐらいしかいないよな、前の書き込みでもあったけど
桜の敵討ちだの何だの言えば死に物狂いで戦いそうだし

944 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:30:00
でもその分の魔力は人から取らないといかんからなあ、凛にばれる気が・・・・・

945 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:31:10
なんか鉄心ルート後のライダーって、士郎に協力するしない以前に、
ゴルゴン化してそうな気がひしひしと。

946 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:34:42
鯖って冬木の町から出れないんだっけ?
他の都市にいって吸血行動するか、鮮血神殿使うか
遠い町なら凛に知られるまで時間かかりそうだし
ばれるまではそ知らぬ顔していればいい

凛はライダーの宝具知らないはずだし
他の鯖のせいに見せかける振りぐらいはできるかも
無理があるかもしれんけど、あくまで可能性の一つとして

947 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:36:16
鮮血神殿と石化の魔眼はバレたし、そこから英霊メデューサという
事も知られたからペガサスもやばい。

948 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:37:48
そりゃだめだめだな
ライダー協力案、否決ということだな、残念だ
でも他思いつかんな

949 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:47:07
もし仮に鉄心ルートがあるならクリアするまでに
選択ミス即デッドエンドが30ぐらいあるならやってもいい
それぐらいのバランスでなきゃプレイしても納得いかない

950 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:48:36
それじゃやりたくないよ
クリアするのにすごく大変そうだ

951 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:49:35
せめて20位ならなんとか

952 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:49:51
>>950
祖先この世はうたかたの、セーブリセットリロードだっ!
ってセガの人が言ってた

953 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:50:39
祖先じゃなくて所詮な。

やりたい人はやるだろうし。

954 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 18:52:13
昨今のゲームは難易度高すぎるからゲーム人口減ったそう
だから簡単にできるゲームがはやってるそうだ
そして俺もそんなクチ

955 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 19:05:18
簡単でも良いから、シナリオは濃い目でよろ。

956 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 19:08:05
けど、デッドエンドもろくに無くあっさりとクリアできたら、萎える。
はいはい士郎強い強い、で終わりだよ。

957 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 19:19:08
俺は判りきった結末を語る事はない、ルートがデッドエンドだらけのほうが萎える

958 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 19:53:59
上でライダーが人を襲わないといけないとなってるけど、
士郎と組むならそれ必要ないと思うけど?
確かライダーって魔術も使えるのだからパスをつなげるぐらいできるだろうし。

959 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 19:54:12
まず、あの状態の士郎が勝ち抜けるのに大疑問。
だから今、このスレでいろいろ言われてるんだけどな。

960 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:41:13
たぶんそれに関する勝つ手段はゼロで出てくるだろう
切嗣はセイバー使わずにマスターを殺していったみたいだしそれを参考にして立ち回れば
そしてその手段でどうにもできないギル神父組みをどうするか・・・

961 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:43:51
切嗣は魔術使えるからやれたんだろう
士朗単体ではとてもじゃないけどできないよ
やっぱり誰か味方につけんと無理では?

962 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:44:50
爆薬と銃器を日本人学生の身でどうやって手に入れればいいのか……。
藤村家でも頼るか?

963 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:45:14
ライダーは魔術師じゃないと思ったけど?

964 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:47:59
間桐の家行けばパスつなぐ方法ぐらい探れそうだけど
ライダーは間桐の家の見取り図ぐらい知ってるだろうし
侵入ぐらいできそうだ

965 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:56:42
ただそれでライダーと契約したとしても
魔力供給は上手くいかなそうな気がする
ライダーがどれだけ魔力消費するかは知らないが
どちらかというとライダーは宝具がすごいタイプだし
宝具はバンバン撃てないなら戦いはきついだろう
やっぱり人襲うしかないだろうか
それに凛には手の内知られてるのでやっぱり無理か?

966 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:59:18
英霊ネタバレしてるのは圧倒的に不利。
防御アイテムそろえちゃうだろうし。

967 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 20:59:57
一度償還されたものとパス繋ぐのは難しいんじゃないかな?
士郎は半人前で蓄積された魔力なんてものが無いんだし。
まずライダーが手を組まないと思うけど。

968 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:01:55
やっぱり鉄心ルートは無理だな

969 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:10:55
わかっちゃいたがな。
ようするに、たとえ皆殺しにしようとも死ぬまで立ち止まらないっていう決意だな。
最後のアレは>分かりきった結末

970 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:19:36
終〜了〜

971 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:21:32
上手くまとまったね。

972 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:28:45
 ……神父は去った。
 礼拝堂には、心が鉄になった衛宮士郎だけが残されている。

「――――――――」
 神父の予言は妄想だ。
 俺はこのまま戦いを続けても、臓硯とイリヤに倒され、遠坂に見捨てられ、聖杯は誰かの手に。
 それがこの戦いの結末だ。
 正義の味方になると誓った責任。
 理想通りの自分になろうと足掻いたゆえの、終(つい)の道。

 判りきった結末を語る事はない。
 衛宮士郎は心を剣(てつ)にしたまま、
 物言わぬ骸となるだろう。

973 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:40:57
ギルが残ったサ−バントとマスターを皆殺しにして聖杯を手に入れるのが一番ありそうだ
ギルが聖杯戦争終盤まで動かなかった場合アーチャーがバーサーカーに倒されて終わりだろうから
凛が勝つパターンとしてはギルがバーサーカーを倒したうえでアーチャーがギルを倒すしかない

974 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:43:50
それもきつい展開だな
でも士朗よりは可能性ありとみた

975 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:48:54
もし聖杯手に入れたらギルはなにを望むのやら・・・
どうせろくでもないことだろう

976 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:57:12
ゴミ(人間)の駆逐だろ? fateルートでそんなこといってなかったっけ

977 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:57:50
UBWじゃない?

978 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 21:58:59
どちらにしても破壊だな

979 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 22:10:01
願いがあるから聖杯を求めるのではなく、
平民を粛正するのに聖杯(破壊の釜)が便利だから我がもらっておいてやる、って程度にしか思ってないよな

980 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 22:12:44
支配者としてのギルは本当に手がつけられんな
士朗根性入れて頑張らんかい

981 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 22:14:02
いやそれちょっと違うぞ。

982 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:32:48
>>965
宝具の真名解放の消費が多いのはセイバーも一緒。
そもそも宝具はバンバン使うものじゃない。
必勝を機に対して使うもの。

>>967
聖杯が補助するので士郎本人の魔力量は関係ない。
また、新しい鯖にパスが繋げないなら言峰のギルとランサー、凛のセイバーはどう説明するの?

983 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:35:19
そりゃ二人とも修行した魔術師だからさ。
士郎は未熟でパス繋ぐの無理って設定じゃんか。

984 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:36:51
凛がセイバーと再契約するとき呪文唱えてたけど
士郎そんなの知らないから無理じゃない

985 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:39:57
その辺の知識をライダーから得られれば可能だと思うわけで。
一応、プロローグのときとは異なり、
ちゃんと魔術回路と魔術の使い方は習得しているんだし。

986 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:41:46
HFだと魔術回路は無理
んで、習得も遠坂まかせ。

987 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:46:57
>>982
>聖杯が補助するので士郎本人の魔力量は関係ない。

関係ないってわけじゃない。補助はあくまで現界に対する補助であって、
マスターの魔力量によって鯖の戦力は左右される。

988 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:51:50
>>986
でも、寺でソウゲンとか戦ってる時に強化しまくってたから、
回路は自在になっているはず。

>>987
FATEルートでパスがちゃんと繋がると、
デート時のギル戦でセイバーがカリバー解放しても消滅しないでするぐらいにはなる。
そして、いざとなったら士郎の血を吸えばいいので、
どのみち、他の人は襲わなくていいと思うけど?

989 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:54:32
>回路は自在になっているはず。

アチャ腕を発動したときに、ようやく27の回路が全て開いたじゃん。

990 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:55:32
血を吸ってマスターが動けなくなったらどうすんの?
まだ回路は自在じゃないって。

991 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:56:18
弓から腕移植がなきゃ回路自在は無理。

992 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/04(木) 23:57:37
回路が自在っていうのは、
いちいち作らなくてスイッチで出来る状態。
戦闘中作ってなかったでしょ。

993 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 00:03:16
凛に処置というか教えてもらったんだっけ?(うろ覚え)
だが、強化しか出来ない、本数少ない、魔力微量じゃ意味ないし。

994 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 00:28:15
UBWルートでは、スイッチ付けるための宝石飲み込みしてなかったと思う。

995 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 00:28:41
>>997
次スレよろ

996 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 00:29:38
HFはどうだったっけ?

997 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 01:37:01
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/995/1167928564

立てた。スレタイはこれで良かったかな。

998 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 01:41:11
snで士郎とアチャー
haでアンリ
ゼロで親父

次スレからは「衛宮家総合スレ」でお送りします

999 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 01:43:46
 判りきった結末を語る事はない。
 スレ住人は997に乙(おつ)と言いながら、
 新スレの住人になるだろう。

1000 名前:僕はね、名無しさんなんだ 投稿日:2007/01/05(金) 01:46:23
その体はきっと

47%は魔法で
42%は玉露で
5%はマイナスイオンで
4%は言葉で
2%は成功の鍵で

出来ていた

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■