■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【安価】やる夫は欧州で試されるようです【ストライクウィッチーズ】
1七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 17:48:26 ID:sJA06mxw0







                     ――ここが、人類の最前線だ――





                              __
                               /   ヽ
                           {_,..-‐ ┴ 、
                            /         ヽ
                        _∠__ _ 彡 -―  イ
                       /   V、   ̄ ‐- ‐ > ‐ ァ、
                                ∨            V ‘,
                          /       }           {    、
                    _ノ                       \
                   fr -‐ァ ¨ 丶/         _       \
                   {{ /    ノニ=r― ニ  ̄ / ヽ  _.-=,‐- __ 、
                   /      /}ニ=! ヽ    { -‐ ヽ   ‘, ̄
                      _イ、     /  {ニ=}      ‘,   ‘,.   ‘,
               r≦`ヾ>   ./   イニニノ - = ― ‘,   ‘,    ‘,
               ゝミヽ  /    /ニ/         \.   ‘,   》,
             rf´.   ヽイY    / イ              `\. ‘,   《/〉
               `ゞ、 ,fッ   . イ´                 > ゝ-イ
               `¨´ . イ                       `¨ ニ 二  ̄ ̄ ニ=- .,
  _  -‐  ニ  ̄ ̄ 二ニ ≠             ,                            ニ=- .,
イ                /               /,                                   ニ= .,
- _                          ,<_《                            _ .-‐ - _>
   ` <                       /  ゙ー 、__         ,. -‐=t =-  _  _ -‐
     ` <    _ > -‐ァ ― -= ‐- 、.   ′       ∨       ィ ´     ゙ヽ    `¨´
             ̄    ノ       / `丶イ         V   / ヽ       丶
             /       ,イ                   ∨/    ‘,       ヽ
              ,:'         ,:'                   ´     ‘,        ヘ




最初に言っておきます

>>1はやる夫スレ初心者です

・小説なんか書いたことないので文章構成がガタガタです

・それでもストパンでやりたかったんです。許してださい、できれば見逃してください

・安価がありますが、少しです。勘弁してください

・私はスレ民の期待を裏切ることに定評があります

・マテリアルは可愛い(迫真) あとオルミーヌも可愛い

2名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 17:51:19 ID:plHlKLVI0
宣言所にあったやつか、立て乙

3七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 17:53:37 ID:sJA06mxw0
時代は1941年、カールスラントでの話です

詳しくは宣言所に投下してあるのでよかったら見てきてください、940辺りからです

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1362751049/l50


本日の夜8時あたりに初投下します、時間があったら見に来てください

4七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 19:55:49 ID:sJA06mxw0
もうそろそろ投下の時間ですね……

……これを見てくれてる人いますか?

5名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 19:56:29 ID:auTwSAps0


6名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 20:01:02 ID:VEat7a5M0
期待

7七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:01:34 ID:sJA06mxw0
人いない…… まぁ、最初だし、仕方ないよね

あたいめげないっ


今回はプロローグみたいな感じなので、安価無しです。ごめんなさい

8七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:03:10 ID:sJA06mxw0











                    ――1914年 第一次ネウロイ大戦勃発――







.

9七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:04:22 ID:sJA06mxw0

゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| . 黒海で大規模な怪異が発生!;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r  それまでの怪異とは異なり群れを成して突如として欧州に侵攻を始める
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/
. ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !;;;;;;;;;;;;;;;;;,/      .‘゛ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  '、_./     ..
  .!;;;;;;;;;;;! . l;;;;;;;;;l   ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./ ;;;;;;;;;. /              l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!'゙!     ,゙ 、,, r‐''''〜

10七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:05:01 ID:sJA06mxw0




        この電撃的侵攻に対し世界各国は手を取り合いこれに対処することを宣言する
                                        ウィッチ
        それによりこの怪異は全世界を巻き込んだ戦いへと発展、多くの魔女が戦争に参加する事に





              _,. -―――- 、
           ,. '´              ヽ
          /               `、
          /                      `、
         /            _,.〈      `、
      /          _,. -=≦∧      `、
      { 《≧=‐=≦     _,.-=≦∧      `、
       V《 '⌒)   _-=≦  ノ_,イヘ       :
        |∧_,. -=≦_>‐=≦二\_ \
        | /,.千干ト、 ∧ ,卞、 ト、ト、N厂 「`     i
      _,.イ i /| /N__/  ヽN,.ィ示{_卞ミ ト、    ト、
       | N{ ハ《^f心     弋rツ | |ヘ     ! `、
       | .八! ハ ゞ″     ::::::::: | |.∧
       |/   !.八::::  ′       人 | |:∧
       |  rf《》_ > .  `こ′   イ./ ! !  }
       |  i!_i!| |___,. `>, .. < / | :!人 /
       |  l‐┐r‐┘  | {(_j _./    ! !  {
       | _j!i!.! |   _j 「ヽ/   /| |  \
       八に{/_ ̄_〉(a{ ̄ ̄_}ヽ/   !.!  _」 `ー、
        |  V -`ー 、\ / ̄ー '    (|「 X_|   |
        /  / -―‐‐r'ヽ.\ヽ/       |ト、 〉ヽ\ |
     // _/ -―<´ヽ   /- 〉    i  /i! `ー' ヽV!
    // / |  ´〈「ヽ_〉   //     レ'/  |!    ハヘ
   / j/  \  ヽ、  ,. イ{      !/ /:|ヽ    |  i∧
   レ'/  ヽ /`ー∧    V       V   | i   !  |∧
.  // 二//    / ∧    !\   //  | |  /   !∧
  //´ / /   /! ! ∧  |  :!\/ ,. -‐ 、 ! |     |  、
  !  / / /! |_j | | ∧  !  |  V´     ヽVト、   ! / `、
 /  / //  |   ∧!  \|  :!  V  ̄\   i | `、 〃   `、
/   .′ !     !   / |     !  |    vヘ   \ | |  V
|  ||  |     |  /   |   !  :!     !     | ! !/!    |
|  ||  |    ! /    |   ′ |    |     | | !  |  !   !
|  ||  |    / |   / |  ,'    !    |     ! 从 /  |   |
|  ||  |  . ′!   ! ! /   /    :!    // } / |  !  ∧
|  ||  乂ノ  |   | V   /     /      // j ハ/

11七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:06:17 ID:sJA06mxw0
あれ、なんかずれてる?











                      ――1918年 第一次ネウロイ対戦終結――








.

12七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:07:21 ID:sJA06mxw0




              世界各国の支援とウィッチたちの必死の攻防により、見事怪異の撃退に成功

  連合軍によると「世界各国の手厚い支援と、魔法学の急速な発達が戦争を終わらせる事が出来た」とのこと

               戦後も各国でウィッチ専用の装備が盛んに開発されるようになる

                          これにより、人類はつかの間の安息を得る






                _ _                  (◯
            ,..:'.:.:.:.:.:. :ヽ、                ,イ7´
              /;;;:;:.r─‐-、jlノ\              /;:;:i
           |;;;;:;:;{ ,,_   `ヾN             /;:;:;:.!
           l;;r、/ rェテ rz< リ              /;:;:;:;:;|
          r‐j uj.    , _j  「            /;:;:;:;:;:;:|
             〉フ^8、 ' r -, /            /;:;:;:;:;:;:;:;|'
 二二二 二_ _,, ィ´/  \ `´ /二二 二二二 二二,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:|二二 二二 二二二
    , r‐'"´  / lト、    丁´                /|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
   /⌒ヽ.  /   ハ \__/| ト、               / |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
   ,!   ゙、  \ / ',  O ト、! \          /  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
   |    ',   〈   ,   l ヽ l!       /    |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|     ,.-─- 、
   |     ゙i/   ゙、.  ゙、 /  〉| l        ,/     !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|    /,^ヽ _,、 !
   |      !リ   ゙、  V  / ! |       ,/     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|.    リ,,,,_ ,,,,_ ! |
   |      l!     \ l  /  ,! |      /       !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   /´~7 `~'`{ j
   .!       }      \!/  ,' |    /i      |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    ! /^ニヽ  ソ
   !     |       |  / │   ,/.::|       |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   」   ̄``,イ
   |     !   !       | /   |   /.:.::l|     ,ィ´.:.:.:.:.::,、 -‐ ''7.:l `\二7 ハヽ,, _
   |     ! /      |,イ   | /:.:.::::||    /.:;;/ /. .:. : .:. :./.:.:.ト、_ ,イ;;;;;V^!.: i.:.:.:`
   ト、     V        / l   |/.:.::::::::|;!   |:;;;;i / .:. :.: .: .: .:..|_.:_.:!   〉;;;{ l.:.:.|.:.:.:.:
   / ト、    \     /   l    !:.:.::::::::|;;|   |;;:;;;!! .: .:. :. :. :. :.: /.:ヽ /;;;;;;|/:\.: .:.:.:
  ′/  \    \  /|   |   」:.:.:::::::|;;;|   \;;||. :.: .: .: .: .: .: \:.::.:\;;;;;;/ :.:./.: .:.:.:.

13七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:08:14 ID:sJA06mxw0












                    ――1936年 扶桑皇国 宮藤一郎博士による「宮藤理論」提唱――

14七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:08:58 ID:sJA06mxw0






          宮藤理 論とは、これまでのウィッチの航空装備であった箒型飛行機の問題点を解消するために

           『跨って乗る 方式ではなく身にまとって飛ぶタイプの飛行ユニット』を開発する事であった

        このコンセプトは当時の魔法学者からしてみれば画期的なものであり、宮藤博士は招かれるように渡欧

                 欧州で宮藤理論を採用した新型航空ユニットの開発、生産に成功する

                        これにより、各国で原型機が生産され始める




                             ,.イ _,,..........,,_   /|                           / /
                              //i|´:.:.:.:.:.:.:.:. `>'´//                          / /
                 `゙'‐.          ,イ ! 冫:.:.:.:.:.:.:.:.:.´::く ::<   ,.                / /
                 ::::::::::::>..      /::|::|/::\;.:.:.:.:.:`ヽ;、:.ヽ-=' ´                  / /
                 ;;;_::::::::::::::::>:...,,__,,.|::://;;;;;;;;;;,.ゞヘ,':i:.:.:i::}ヘ;:\:\                / /
                `゙ ''‐- .::;;_ヽ.‐-‐:'':":´:/  //::::// ,ハ|ヘ;ゝ'ヾ          _/ /
                          `'<_;.'´,,,,,,___// !://,イァ}'`ヽ             ,Y´ <___/
                          {ヘ V Y´7:∧ |' {,リ /   }\___  ___/ ゝ、_,ノ
                             /´|\,ヘ.λ/:/_,ノ  ,   } 。 /   `>´   `ヽ__/
                          /_| | i i\   ,  y / ∨、_,>'´   _,>'´
                           / .「l |.f‐‐‐‐‐‐ 丶. ー'/‐‐‐‐ }'´/     ∠ヾノ
                      _/  |_!」,|‐‐,‐‐‐‐‐‐ `¨´‐‐‐‐‐ /      /,.|
                  _,,...x='''"/     ./! |∧__,〉V_,./`' ―‐ '´/ ,..‐''" /,'/
                  -=彡亥イii       |V ∧_____,.-彳'///,i\.../,'/
                         |      _,..‐''7ニ=-<.__,,x'////Ⅳ  \ |
                         `'<        ,/.!''!  ヽ///////ヘii ノ \
                            鄽<_,..‐'´,,ィ/|     `'<-'´   /    i.\
                         ∨/////////,|         ` '<,    /  |\   _ _
                           V//////,|二|          ` '<,.____| .i\    ' ,
                            ∨ ∧ ̄ ヘ,_|               ,><彡  ,ヘ_ _ _ .i
                          ∨ ,ヘ___ ,ノ|               ‐‐‐‐‐‐‐‐‐<ノ.   ,.'
                         ,'  ./〉... ..|               '., , ','.  , '
                          i  //   |_                ` " " ´
                          | ./∧\/| `:、
                          |//,ヘ∨,/|_ _ _.i
                          `´.,  V,,ノ   ,.'
                                ヽ、,'. __ , '

15七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:10:50 ID:sJA06mxw0













                    ――1937年7月 「扶桑海事変」勃発――

16七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:11:43 ID:sJA06mxw0


                 扶桑海沖で怪異発生、扶桑艦隊が遭遇戦を開始する

         同月、7日 扶桑領土に侵攻してきた怪異を撃退するために扶桑海陸軍ウィッチ出撃
            これを機に、のちの扶桑のエースとなる坂本美緒、竹井醇子がウィッチに志願



                 ..-‐‐‐‐‐- ..
          . ´           ` .
        , :'´.:.:.:. /:.:.:.:i:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::、
        //:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.i!:i:.',:.:',:.ヘ ヽ、 ,.‐'''"゙:ヘ、                  /, |           /,|
      ///:.:/.:.:.:.:i::i:.:.:.:.:ii::|:.i.:.:.',:.ハ-'"ヽ .:.:.:.:.:.:.:.',.ヽ                /   |            / |
.    ///:.:/ .:.:.:/|::|:.:.:.:.ii::|::|;:::::i,i::|-  ヾ:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:\                  / /  |.-‐…‐- . .   // |
     !:i! :i .:.:.:/ .|;;|,:::::::|| /´____  ゝ :.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.\            :/ /  」 : : : : : : : : : : `: <  |
      |:i!;;;|;;ヘ ,>x´/  ,.イてi刈´ア  〉'´\.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.\      , :' : :/. . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヾ、
           {. /:/ }       乂ソ '  //´ヽi:,' \.:.:.:.:.:.:.:.:..     / . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          |/:/ /            /  )ヘ /:/   \.:.:.:.:.:..    / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.| : : : : : : : : : ハ
        /|゙''"´ヽ          j  ,-、ノ:/       \.:.:..   ;二ニ=== : :./--‐‐ . . : : : : :.:|-‐=ニ : : : :∧
.       /  ヘ   、   -      イ:::::/         `    |  . :' . . : : : :' . : : : 〈 : : : : : : :.|: ハ : : :i : : : : : :.
.        j   \           |∠,               | . :' . : /. : :.| . : :i : :ハ: : : : : : :.| i | : : :} : : : : : ::.
                \      . ´   |___ `ヽ             | : :.' . :/ :{ : :.| . : 从:_ハ: : : : : :.|:; ==:ハN: : :|: : i
                 ヽ-‐ 'i´_,..‐'''"´ |              {: :/. :/ . :ハ : i :ィ´}「 {⌒ヽハ : : :iハ:ノ:ノ j`ヽ: :i :八
               /ii´´   _,.. "´゙'' 、_            V. :/ . : : : VV/ 」⊥二   : :ハ ァ示ミ  } : }.|\:.
                 | ||_,..<´`'<__,..''゙´∧           /イ . : : : : : Y ァ爪'丁`   jノ  r':::リ }}∧:ハ|  ヽ
          _,..ィ'''"/0      /    ∧           V//, : : : :l 《Vr'.::ノ       ゞ゚'  '/}. : i:.|
            /'''"´  /         i ',       ハ              V//, : : :.l ``¨        ,     ,ノ. : :リ
.          / ./  /        |  ',.      |           V//, : 从               八. : .:|
         i/ /O         ',          |            V//, : :.へ、     ー‐'    .イ!: : : : |
       / /          ', i          |             V//, : : : 个ト .         . '   | : : : :|
       / /           '., ', | .i       .|               V//, : : 寸¬=ミト . イ     | : : : :|
      /  / 0              ', ',| :i       :|                V//, : : :|     | ,厂|    | : : : :|
.    |   i                ..:.:.:`、| :i     ::|                 V//, : :.iー=ニ三| /  j、   j . : : :|
    ∧.:.:.',....................................:.:.:.:.:.:.:.:.:| :i     ::|          x≦三三V/,ノ.:.|    /    >'. : : : : :ノ
     .ヘ:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/| :i      ::|        /`ヽ>'"((-‐=彡'    ヽ ○  {: (´ ̄ ̄¨ヽ

17七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:13:08 ID:sJA06mxw0




         同年の8月、カールスラントからアドルフィーネ・ガランドが観戦武官として扶桑海事変に参加する





                            | : \
                              | : : : :\ , - ――‐- 、     /: i
                          | : : : : : : `>::::::::::::::::::::::::::::::`..、./ : : : |
                            | : : : : /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : |
                           ,| : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ : :|
                           !::!/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,i
                          {...........................,.,..........................................:::::::ハ
                          |:::::::::::::::i:::::::::::|i:::::::::::::::、:::::::\::::::::::::::::::::::ii
                          |:::::::::::::::i:::::::::::川、:::::::::::!、::::、:::\:::::::::::::::::|i
                          |:::::::::::::::i:::::_i__iiヘ::::::::::iiヾ:\\\_:::::::::}リ
                             {:::::::::::::::i::::::::|__二弋:::::::ト、 \!二\ゝ::::}
                           |::::::i^\:ト:::《卞示ミ \:::ヘ  イ爪ラ7/::::!
                           |::::::{ ヘ.ヽi\ヽ`゚′  ヾ、i  `゚" /}:::::}
                           |::::::i\_ }  `゙             /':::::/
                            j::::;;;i::::::i^ヽ、       ′  /:|:::/
                          i::::::;;;i:::::::i:,-‐i 、    ー‐   /::::|/
                          |::::::;;ハ::::::::Vi.|  丶、    ィ;;;;;;;;i:::|
                           |::::::::/ヽ::::| へ、   ` <,__\;;;;i:::|
                          j-ー/  \:!、.:.:.:.`ヽ、 _|.:.:.:ヾ\\i::i、
                       ,-< . . /    ゙/\.:.:.:.:./ミ彡\i  } リ\`丶、
                      ´_,>‐ノ    ./  \.:/.:.:YY.:.:.:.\ i   ヽ. . ,ヽ,
                           !´    ノ    \.:.:.:╋.:.:.:.:.:.} i    〉 〃 i
                            `ーつ´       \.旦.:.:.:.:.ノノ    /. 〃/. .}

18七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:13:54 ID:sJA06mxw0













                      ――1938年 「扶桑海事変」終結――

19七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:14:47 ID:sJA06mxw0




              扶桑陸海軍の全面支援の元、ウィッチの挺身部隊が出撃

               決死の努力によって海上に浮かぶ母艦型怪異の撃破に成功

                         見事、この怪異を退ける



           これと同時期に、各国で宮藤理論を採用したストライカーユニットの生産が本格化する


                     i',         |、
                    ! ',         | ',
                        |      | ',
                   i |      |  ',
                      i   |      |  ',
                       |  |      |   ',
                  |   .|       |    ',
                   |   !        !     ',
                    |   |  . . -‐―|     ',
                     | . . イ´::::::::::::::::::|_    ',:....
                    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.   |::::::`:..、
                 /.:::::::::::::::i::::::::::::',:::::::::::::::::::::ヽ. |::::::::::::::ヽ
                   /.:::'.::::::::::!::!:::::::::::::',::::::::::::::::::::::::',!::::::::::::::::::',
              ,′.:i:::::::::::i i|:::::::::::::::',::::::::::',::::::::::::|::::::::::::::::::::',
                 ′.:::i:::::::::::| !!::::::::::::::::',::::::::::',:::::::::::!:::::::::::::::::::::i
              i::|::::::|:::::::::::!:!|::::::::::::::::::i:::::::::::i::::::::::|::::::::::::::',::::::.
              | i::::::{:::::::::::|八:::::::::::::::::|!:::::::::i!:::::::::!:::::::::::::::i::::::i
               jハ::ィ´ ̄`ヽ   ̄´ ̄ノ二二|:::::::::|::::::::::::::::i::::::i
               八 |:::ヘ i「うミ       イ´てう::ト:::::::|:::::::::::::::::!:::::i
                  |::::::ハ 弋リ       弋::ソ|:::::::::ハ:::::::::::::::!::::::!
                   |:::::::∧ ::::::      ::::::::::: |::::::/ノi::::::::::::::!::::::|
                   |:::::::::::}   '           |:::/:::::::|:::::::::::::i:::::::|
                    |::::/八     っ     ..イ/::::::::::|:::::::::::::i:::::::|
                    |, ′ /⌒ヽ.、     ..イL」':::::::::::::!:::::::::::::i:::::::!
                ィヘ.._.x'「 ̄ ̄ ̄`: :< ̄ ̄ ̄ ̄!:::::::::::::i::::::|
              ,...-‐'"::jj:::::} `ヽ : : : : : : : : : : `: : : : : :∧::::::::::::!::::::!
          ,ノ:::::r‐::::::::}}::::j、\ノ: : : : : : : : :_:_:_..>r―''ー―┐|::::::|
        /::::/::::r‐‐〃_/ `ヽノ斗''r<厂77    /!      |::|::::::|
       /::::::<:::::/`ー''"´  ̄/´  〃rく::://   ./::j       .|::|::::::|
      /.:::::<:::::/         / o::) //\〃o::) /::::{      :|::|!:::::|
   /.:::::<::::::/ }: : .      /    /´  /    /⌒ヾ.     . :.|::||:::::|
  /.:::::<::::::/}  j: : .     /i   {  /〃   / : : .ハ     . .:|::!|:::::|
 〃:::/7/:::イ::::ノ . : : :     / '.   }i / ,′ /`ヽ   | ',       ト、|:::::|
.::::://.:::::.. -‐,′. :.    Y   '.  ,У ,' / ,   ':.  i ',      |:.:\::!
.` ーr‐''" : : ,′. :     {   ヘ.〃 //        !  i        |:.:.:.:.:\
   |   : : :,′      人   ノ7 /八      人..::!  ':.     l:.:.:.:.:.:.:.:\
   |   : :.,′         ` rー}≫≪{-` ー--一''===j : : : .    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\

20七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:16:57 ID:sJA06mxw0













                          年が明け1939年


                        とうとうこの日が訪れる













.

21七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:18:18 ID:sJA06mxw0









                    扶桑海事変からおよそ14か月がたったこの日



                  人類にとって暗く、終わりの見えない冬が始まる事になる










.

22七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:19:17 ID:sJA06mxw0














                    ――1939年9月1日 第二次ネウロイ大戦勃発――










.

23七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:20:02 ID:sJA06mxw0







          黒海から突如、巨大な黒雲が出現。その黒雲から大量の怪異が出現する

             黒雲は前触れもなくダキアの国境を突破、侵攻を開始する













        侵攻開始から2週間      ダキア、モエシア、オストマルク陥落



                                                     _
                                                       /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー〜「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'〜<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡

24七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:21:01 ID:sJA06mxw0




                 侵攻からたった14日で欧州3国をも飲み込んだ今回の怪異

          もちろん3国はウィッチを派遣し対応したが、その勢いを押し止める事は出来ず敗走。


               この衝撃的な知らせに欧州の国々は驚愕を隠せなかった





ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;カ,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ ,オ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  jス ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

25七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:22:00 ID:sJA06mxw0






          北欧で確認されたことから、その地の伝説に倣ってこの怪異をネウロイと命名

    カールスラント軍及びオラーシャ軍はオストマルクに最も近い河川に強固な防衛線を構築、迎撃の構えを取る

        この事態を重要視した扶桑皇国並びにリベリオン合衆国は欧州へのウィッチの派遣を急いぐ





.`'--,,,,,_
.、   ゙゙l                                              ,,''''''''''''''
..゙i、   │             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                     /.'"
 ヽ,,,,__、 .セ―――――i、   |      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(◎               ,l゙
       ゙l、            |        ̄ ̄| ̄ ̄ ̄                /` ,,‐
     、 ゙l.   .!、.    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                  ,l゙ /
     ,/  ゙l   .ヽ.    |             |二二|       / ̄ ̄ ̄ ̄|   /  .}   'i
    ,/`   .|         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄\  \  .   |    | ̄ ̄ ̄ ̄(◎
   /      ゙ l、  / ̄|  | ̄ ̄ ̄|ヽ   \   \  |      | .    ̄ ̄| ̄ ̄,-----――‐''''''''''''ヽ、
            ゙i、  |.   |  |  | ̄ ̄ ̄(◎  \  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i´
       ,,,-‐ .゙ l、 |.   |  |   ̄ ̄ ̄     |二二|               l.゙           -  \
  ._,,,―'"゛   ._,,゙l-¬'''''''''''-、|  | ̄ ̄-¬'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ー,,、        丿   ._、   ー-,,、 `'i、
          ,r'"`、     'i、 ゙'-、 ,,/` ,ー''''"゜    .,,〟    \       /   ,/゙,、     `゙"'''ハr‐―
      .,/   ‘'、、    ゙'┐ ゙'r,′  ,!       ゜ .ヽ     'f,''"゙゙゙゙゙゙゙゙ミ゙“''''ヽ、 ‘  `'-、,、  、  |  ‘'ヽ
    ,,/      `'i、,,,,,,,,,,,,、゙l   \、 ″    ._,,-,,,、 `‐     `  ,・  `'-,  \     "''-、,」  "   ゙l、
   .''"`             ゜    ヽ           `゙''‐           ゙‐'-ィ `  .゙=






                                   _       __    _, .、
                                 /  ヽ    .r仁 ` / /
                               ./    :/     |  / _/ヽ
                              ./      /     | ∠ -‐´   〉
                             ./    / /    _,.」 -     y ´
                            ./    :/ :/ ‐ァ仁       _rh´
                           ./     ./ :/        ._ァ^ヽく)
                      _,..‐ ^/     / :/       _ ‐´
                     ./f_ヽ_,。/ _,..、   i_,.:/    _, -´
          fh       _, ァ< ̄ ./ :タニ/ f ´7 /  _ ‐ ´
          .i l   _,. ‐´      / y ィ´ 〃  ム, ‐´
          i ;l_. -´        /  〃  ル´:_.-' ´
          | | ヽ       〈     々_ - ´
        .f´ `´ ヽ h   _,ュ-‐ィ    ィユ/
     r―ニ l    :j J  〃‐´/    _.- ´
      ̄ ̄  ` ―ア  ̄:/‐ ´   _.-:´
             ヽ/   _.- ´
            / ヽ _. -´
           /  _.- ´
        / _,,..- ´
        `‐ ´

26七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:22:46 ID:sJA06mxw0










                 同年10月 扶桑皇国より欧州派遣軍が出航 欧州各国の救援に向かう

    この中には扶桑海事変を戦った黒江綾香、加藤武子、坂本美緒、竹井醇子などといったエースが数多くいた

    同時期に各国でもウィッチを乗せた艦隊が派遣、これにより戦況は人類側へと大きく傾いた……ように思えた



                                  ´ー-、
                                 \
                                  \__         ,,______
                                    `ー、      _ノ   `''''ヽ----‐、___、
                                       i'' 、 _,,_!              i  ,―‐"
                                     i'''‐'  `"   ´ヽ            !''''´
                                  ,__/       ,,   /        ィ'''ヽ  ヽ、
                                ィ''´         | `^′         ̄´ __r‐十ー 、_
                                ',ー‐‐、       ゙'-,           ,-′  '、
                                 `i  '‐、   ___    r'ー-―"''‐ 、_    〈  ,''''''
           、              ________广゙ヽ..__  |  .|  '  ゙'''" ̄         ` 、_  ! _ !
          `'ェ'`'へ、_ ! ゙̄\______/´     _,-'  ゙‐′  ゙、'´               ',´ ,'
          く    ,′           ,-‐'          '‐‐、              |   i
           \   ! _,,     __,,__,,_,--'^Y ゙̄'-ァ-..-ー---、 / ,-、_..----、         i_ ,'' ′
             `'' ̄ ,`ー、 ,/       ヽ    \     "′      i      i'` ヽ
              __ i   "           \_,-‐'              ,,,'ー--- '''''"′  ヽ
              ,' ´゙′                ̄^''''‐''''‐----..____r‐′       __f^''^^\
         `-、.-ヽ',                       r‐'´             _一′     \
                                    "ヽ              '、         \

27七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:25:31 ID:sJA06mxw0
合いの手大歓迎





                     ――1939年10月 スオムスにネウロイが侵攻を開始――





        これにより欧州は断ち切られるかのようにカールスラント側とオラーシャ側とで分断される








                    /|                     /ニニニニ
                   .........         ,             /ニニニニ
                 /........        /{            厶 -‐‐-ミ
                   /.........      /...{          {
               /........ノ ̄`    .......{            人
                 /'^´         `丶           /ニニ〕iト .__
           /     /            \      /ニニニニニニ
              /       | 、      /         /ニ〔_______〕ニ
            ′     ∧{\  !_. イ           /ニニニニニニニニ
               |  { rテ恣k人 {  l|   「\〉.ニ@ニニニニ/〕
           厂V|  { ヒ::ソ^'  \〉_」L. |  ! _/ニニニニ二7  '^
           { .ぅ人 {          xテぅ.八 |く/__〉ニニニニ7___
.           i 人 _) \〉        , vシ . . .  l./__/@ニア^⌒. . \
         |   `¨¨^- 、     _   ん. . . ./__/ニ二7‐-ミ. . . . . .
          |   /. . . . \  ´    人. .r‐〈__/ニニア. . . . .`丶 . .
           |  . . . . . . . . . . \__ . . 个 . . .∨ニニニア. . . . . . . . . .〉′
.         |  {. . . . . . . . . . . . ⌒ニ=‐-ミ. /ニニア. . . . . . . . . /
.          |  { . \. . . . . . . . . . . . . . . . /⌒7^. . . . . . . . ./
        |  {. . . . ` . . .__ . . . . . . . . . . . . ./ . . . . . . . ./
        |  !. . . . . . . ⌒ニ=- . . . . . . . . . . . . . . . /
        |   ‘, . . . . . . . . . . . . . . .〕iト . . . . . . .
.          |   . . . . . . . . . . . . .}. ./::::::::::: ‐-‐く
         八     \ . . . . . . ._//:::::::::::::::::::::::::::〉
         \∧ ハ . . . . ⌒. {::::::::::::::::::::::::::::::{
              V  } . . . . . . . . ー--‐‐-ミ::::::::{
.                /. . . . . . . . . . . . . . . . . .i\丿

28七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:26:32 ID:sJA06mxw0






               ――1940年3月 ネウロイがカールスラント領にへと侵攻を開始――





      各地は粘り強く応戦。しかしウィッチの不足がネウロイの物量に押し負け、防衛部隊は敗走し部隊は轢殺
     さらにネウロイは航空爆撃機を防衛線が張られている河川から回り込むようにしてカールスラントに攻め込む

                カールスラントは2つの戦線に貴重なウィッチを分けざるをえなかった




             /: : : : : : : : : : : : : \:::::::/        | /      、  | |     |\ ト \ \ヽ
            /: : : : : : : : : : : : ;:;:;:;:;:/:::::{         レ       ハ | |     | /| \ }  \}
           /: : : : : : : : : : : : ;:;:/;:;:/:::::::|         |       / | | |   /ハ|/_ レ | `ヘ |\
          /: : : : : : : : : : : ;:;:/、;:;/:::::::::|          |      /  | /  |  //≠ゝ'ヽ, ト、 |:::V ヘ\
         /: : : : : : : : : : : ;:;:/::::::ヽ:::::::::::|     |     |  _/レ_ レ  |  /  ちl| } / |:::ヽ、}::::\ \
        /: : : : : : : : : : : ;:;/::::::::、::::\:::::::|    |      |  // イ卞  ̄.| ./   ヾ_.ソ/ |::::::::::::::::::::ヽ
       /: : : : : : : : : : ;:;/、::::::::::::\:::\:::{    |      レ'  イ ヘ | i` レ        |:::::|\::::::::::::\
      /: : : : : : : : : : : :、ヘ:::::|:\::::::::\\_::{ 、  |: .:.  ::、 ::', 彳ち ノ } /          ヽ::::|  \::::::::::ヘ
     /: : : : : : : : : :;, ヘ::::! /\|:::::|:::::::::::ハ:::}、ヽ\ |::. ,:::.. :::::.、::' , ヾ、_ソ        `    }、:::|   `  、::\
     : : : : : : : :;:/::::::| `乂  `|:|、::::::::::|-\) }\ヽi::.:::::::、 :::::::::.:::' ,               /\ヾ'       `
     : : : : : :/i ト::::ヽ:}.  |/て、 }::!ヽ:::::|、  \ノ/\!::::/!:::::、:::::::::::` `、        -- ′ /
     _: ,: /  i | !:|ヽ', ! 仆卞 i::! }:::/ '/ /`ノ:::/!::::!:!:::::::::::::::::::',、 `          /
           i!  ヽ| \弋 ソ  ! |:/ ヘイ、/:::::::;;!:::!::::!::!:::::::::::::::::::',|`  、   __/           ,......: :':
            i!   ヾ}      レ |  <  > !:!::::::V 、::::::! 、::::::::'.., /: : : ─: : :__>__,.........: : :': : : : : : :
               ノ        >:'::::::::\ /::::::イ===ヾ!___`'ヾ、::' , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
               \  ,    ,...::::::::::::::::::::/: :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`≧| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                 `、 ,..::::::::::::::::::::::::: ': : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
               ,....:::::::::::::::::::::::::::::: '< ̄: /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
            ,.;;;:::::::::::::::::::::::::::::::  ' : : : : : :V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ,.::::::::::::::::::::::::,  イ: : : \: : : : : : :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::
       ,..::::::::::: イ: : : : : /: : : : : : :\: : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :





.

29七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:27:21 ID:sJA06mxw0








                 ――1940年5月 ビフレスト作戦の実施が宣言される――







       ネウロイの圧倒的な攻撃の前にカールスラント皇帝 フリードリヒ4世は祖国からの撤退を決断

          小ビフレスト作戦開始 ベルリン近郊で国民のカールスラントのからの避難が開始される。




                       _,,,,,,,,,,,,,__
                     _,r'´: :     `ー‐‐‐.,_
.                   ,/: : : :           .`、
.                  ,/: : :              .`、
                 ,/: : ,' ,  ヽ、 `.、  、 '.,     `、
                ∠,',': :,! .i、`、ヽ、ヾ,, `、 i .; : .    ヾ!
                /,' : ,!!:i : i.`、;!ヾ`ニ`.、,!ヽ!、!: : .  : . `!
.                レi : :iヽ:ト、 !,r'7i´,! ,ノ    .i; r'´`.i ト、,!
.                 `、:!__` .ヽ! i._'/     i,!f´ i ! .i
.                  ``f、,!           ヽ -,ノ .,!
.                   <_    __,      ./`´! ,!
                    `、 r ニ-'     ,/!  .i .i
.                     `、     .,/ .,'   i,!
                       `、   ,/   ,'  _,,,,,,!-----┐
                         ̄ `、  r‐''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i__
                       ,!'''ー''´:i   i;.:o:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,r‐:`ー--..,,___
                      r-';::::::::;;ノ   !:.o,;r''''´`、 `、.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,:.---:ゝ-、
                _,,,..-‐'''''''´:.:.:':k''´.,'  f''i'´:.:.:.:.:::::::;;r''ヽ`ニニヽ''_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
             _,,.-'´:.:.:.:.:,/:.:.:.:.:,r'/ ,r- ! i:.:.:::::;;r''´:.:.:.:.:.:,:.:.:.;'`ヽ、`ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
            ,f´:.:.:.:.:.:.;,/:.:.:.:.:.:,r',,イ `ー'  _,! .!:.'':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.;.:.:.:.:.:.`、 `、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
.           i:.:.,;,:.:.,r'':.:.:.:.:.:.:.;r'/,ノ  ,r‐'´ ! i:.:.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.;.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:`、 `、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,
           i:.:.:,;,;.:.;.':.:.:.:.:.:.:,f / f´  i ;   .//,;.:.:.:.;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.';.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,
           !:.:.:,;,;.':.:.:.:.:.:.:.f /  !  ,ノ,'   ,!.,!:,;.:.:.:,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.:,;',;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
.           i:.:.:.:.;,:.:.:.:.:.:.:.;i f  _i_,/, '   .,!.,!:.;,;.:.:.:,;,;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.';,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:i,
.           i.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.,!.,!  ,! ;' '    ,!.,!.:.:,;,:.:.,;,;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:i,
.           i:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:,!.,!  !.,'    ,i ,!:.:.:.:,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.i
.           i.:.:.:,i.:.:.:.:.:.;i ,!  ,!,'     ,!.,!.:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.:.:.f''i,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;'',;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.ヽヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ
.           i:.:.:.i.:.:.:.:.:.;!.,!  .,i.,'    .,i ,!:.:.:.:.;,;,;,;.:.:.:.:.:,;,! i;,;,:.:.:.:.:.:.'':,;,;':.ri:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i .i:.:.:.:.:.:.:.`.、
.           i:.:,i':.:.:.:.:.,i ,!  ,i.,', '   ,i ,i:.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:,! ,!:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;'':,! i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i, i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.、
           ,!,i:.:.:.:.:.:,i ,!  ,i ,'    .,i ,!:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..:.:.:.:.;i ,!:.:,;,;,;,;,;,;,;,;'':.:,!  `.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.i

30七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:28:04 ID:sJA06mxw0








              ――1940年6月 カールスラント皇帝家 ベルリンより撤退する――






        同時期、それまで防衛線の維持に成功していたオラーシャ軍だが、ネウロイの攻撃がより一層激化
             ウィッチ隊の頑張りも虚しく河川に敷いた防衛線は崩壊。ネウロイの進行を許す。

             それから間もなく、オラーシャのツァリーツィン、ペテルブルグが占領される










.

31七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:28:56 ID:sJA06mxw0











                      ――1940年9月 ネウロイ、突如エジプトへ侵攻――



   黒海より南下したネウロイはスエズ川を占拠。これにより世界各国の欧州への食糧武器支援の大半がストップする








.

32七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:29:53 ID:sJA06mxw0












                     ――1941年1月 大ビフレスト作戦開始――




                    カールスラント国内で大規模な撤退戦が繰り広げられる






                         {:i ヽ:.'y:´: : : : : : : : : : : : : : v'::::/ i::}
                       ',!  ヘ::ゝ: : : : : : : : : : : : : : く/ リ:'
                        〉'、 /: : : : : : :, 、: : : : : : : : : ヽ //
                        /:y: /: : : : /:,へ:リヘト、: : : : : ∨:',
                    _ ,. - 」: i:/: : :,/, '"   /ハ:',ヘ: : : : : ト: :i
                      >ー-{:.y: : :/,イ    /'  ',:, ヽ: : :ト∨;
                   , ´- 、: : :y': , ィ/     /    リ  ',: :.ハヽ':ヽ
                      ヽ/,イ: /`,≧ー才    ,_ィ≦_へ: : ∨:ー-'、__ ,
                       i:',イ∧,ヘ 伝リ `   ´ ぅ利 `'〉: i: : : : : : : :/
                       ' }'i人ヘ  `´      `'´ /,ハ:|ー 、--‐ ´
                        {.ムヘ:.ハ     i,     /'イ;ハ'、'コ|ハ
                       ,才∧.>: :',    ‐-    /∨:ハ. .`ヲ. ト、
                         才三/リ. ヽ: :ヘ,>  _   <, >',: :'v/ ,. . .ヽ
            , - 、     /三;/三 {. i`ヘ: :∨'≧ムヘム>. . .ム: ト. . . . . . .ヘ
         _ /..:::::::::::\_/^> '三三/ハヘト、o >; :< >.´. . . . . .,イ,リ≦. . . . . .
        r' 、 .:::::::::::::i::ヽ::> <三三、ニレ'ー∨i i< ム:,< . . . / ̄o ̄i. ト'! `ヽ,. . . .
        !三;\::::::/:::,__≧:::::\くクーク7r' < >_._.',.、_. . .i`7:ユ´7./、'ト,    \. .
          ヽ三三>:、/::::::::::::::::::::> ̄,<  >、. ∨. . 人. . .` ー '.'.イリ ハノ
         '"'>.:´::/\:::::::::::::三ミ<  >'ート、 \./ィ へ. . . . _ィ ' メト'ー----、
          /..:::/三三、>、:::::ミ<  >ノ'---A `'iー--ィ '7. ト<_ -ヘ´ ヽニニ=ー'
        , !、!/三三/ iム<  > /ー―--ヘ |   |  i |   \_ =≦∧
      /ク >:::::三/ , <  >三/'        ', ト、  |/リ'    ` < /
    ,///rニ::/ <  >  `ー'         ヘ  'ー'  7        `
  ///ヘ >' <  >               iゝー-' ´|

33七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:30:59 ID:sJA06mxw0














                   ――1941年5月26日 ベルリン陥落――














.

34七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:31:46 ID:sJA06mxw0














                    ――1941年5月26日 ダイナモ撤退作戦開始――





         オストマルク3国は国民を南リベリオン大陸にあるノイエ・カールスラントへの避難作戦を開始

         ほぼこれと同時期に スオムスへのチェルベルス撤退作戦

                         ロマーニャへのハンニバル撤退作戦

                        ヒスパニアへのロンスヴォー撤退作戦が開始される









.

35七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:32:49 ID:sJA06mxw0













                        ――1941年6月 パリ陥落――






            カールスラントを制圧したネウロイはそのままガリアへと侵攻、首都パリを落とす

                       ガリアのヴィシーにて臨時政府樹立







.

36七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:33:35 ID:sJA06mxw0













                      ――1941年6月 ダイナモ作戦完了――




          「一兵たりとも見捨てるな」という皇帝の勅命により各地で遅滞戦術が繰り広げられる

          これにより1割以上の損耗は防げなかったものの、カールスラントから全軍の撤退が完了

                         ダイナモ作戦の終了が宣言された








.

37七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:33:57 ID:sJA06mxw0










                         ――そして、物語の幕が上がる――











.

38七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:34:30 ID:sJA06mxw0





























.

39七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:35:08 ID:sJA06mxw0














                   ――1941年6月 ダイナモ作戦終了から6日が経過――












.

40七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:35:36 ID:sJA06mxw0






  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     ! |ザァァァァァァ…   |!     i|   !   i
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i  |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i   !    !    i  |!      i|   !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
 i     !    i    |!  i      |i           i|      i!
  i!     i!   i          i|    i     i!    i!     i!
     !i    i|     !| i!          |i         i!
!|   i    i       |!       i!        |i        i!
      i    i !         i|!       |        i!

41七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:36:38 ID:sJA06mxw0
ごめんなさい、投下を一時中断

エディタが停止しました

42名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 20:37:30 ID:DZjtba.o0
りょうかーい

43名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 20:38:56 ID:8Wkyud260
期待するで!

44七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:45:12 ID:sJA06mxw0
おまたせしました、いまから再開します
結局再起動してきました

45名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 20:46:12 ID:ob23Wrbo0
お、ここからスタートか

46七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:47:03 ID:sJA06mxw0





`'''ー ..、         `''-、    \   ヽ  .l   |  /   /    /      .‐'"  ._,.. ‐ ‘゛    ._,,,.. .‐''"
      `゙''ー- 、       丶    .丶     l  l   ,  /    .'"  _..- .´ .,      _,    .`゛
__         ` ー ..,,_    .`" .,  \ ヽ   ゛ l .ノ  /  .,..-' . 、.-‐'"゛._  .-‐''″
   .⌒ '''―- ...       .''ー- ..  .'-.゛ 、 .l .l  '  .-'.,..- .,, ‐'.,,, ー'''"´     .__ ..---‐ ''''''"゙´
             `゙゙゙'' ー . ._ `' .-.               '''" _  ― '''"
___   __  _  _  _  _ _              _ _   __ _  _   _  ___ _
             _,,,,、.  ー ._,,,"゙″              丶.^" ''ー .--  .    __
  、 ,,.... -‐  '''''^゙´   . -ー'' .゛._  ._.           ''' ..、.´`  ー  ,_     `゙″.''''―-    .__、
´      ,,.. -‐ .'"´     ..''″ .'".‐゛                ''‐ `'  、、    .`゛  .- ..,,_             ´゛
  ー''''"´       ._ ー''″ ,..-' .,/./ .,/ ,i'/   l .! . ′ .\ .' ‐ .゛ . 、 `''               ''― ..、
         ... .゛    -'' ./ ., ‐ .、゙.、./.i   ,!.i." 、  .、 "   -、 .゛ .、、  `'' 、               `゙"
    . ,, -'''"    .,..-'" .,/  . "  ″./  / ‘  ! ..l.l..!、 , .\  .゛ 、, .` : 、     .,,
.. ‐'         、.‐  ._.   ./  ./  、 " " l  " .. .、.、   .ヽ 丶  ヽ  \   .`      `゙'ー
        -'″    '´   '"   ./゛ /  ' .,l  .、 .! .′.." l ゙‐  .、  ヽ  .\ .、   .`'‐      'ー、,、
   .,..-'″   /   .,-    .,.    ./ . l  l゙  .,  .|  ;.゛    .ヽ      `  `'-    .`'-、.     ..゛ ー .
  ‐″    '"            "     . ゛ ′ ,   l .|   . , .ゝ ';;  .'、  \   `'‐ \      、,
     ./             /   . "  ." .i'   ′  、 .! .. .゙‐ .、 .`   .ヽ   \   \. .-、    `'‐
  ,, ‐    ./          ′ /  ゙   |   .!  ′   'i .l .ヽ       ゙'‐    `'  .`'-       '-.
 "     /      ./    ./   /  .l゙   |    ′   l    i l ヽ   .ヽ    、     \    \
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃雨が降っている。
┃カールスラントでは6月は初夏の季節なのだが……それでも空を埋め尽くして
┃いるのは心を洗う青空ではな、く暗い灰色の空。

┃季節外れの豪雨はだれかれ構わず猛威を振るい、それは森を歩く一団にも襲い掛かっていた



47七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:50:23 ID:sJA06mxw0






ll|:::   ::chb::   :;リ ;i'      'l,:::::  :::(;=⌒=,)"'  :::|3   彡((レハ//l//ノ"  'jiリl;,   _,.-::,,-ー-:,,,,
"';:::  ,r''''''''ヽ,  :;l'"ゝ ,..:-ー''''''ー-;., ,,,,,,,," ",,,,,,,,,_;; ノ::l'    リ彡'""''-:;  .;:==''#'"ノ》:; /'"//ヘヘ 》,, "':;..,
,,,::-;,_    '''''   .ノ、 /"::::;;;;=====;;;;#;:,  ..,,,,,..   "::/ノヽ_ i巛:: "="'::  : '"="'"/ノ'///ル》ヽ\  \ \ヽ
;((''""ヽ::,::::::::::-''"/"/::ノミ ,,,:::::-,:: ., "';; ミ :::::::::::::::,.;;;;;;;//  /'ヽq:::  :::::: ,.; "'- ::;3//《ハソ/|ハヽ\》ゝ 丶\ゝ
:; ;; ; ,;;,,;ゝ., ̄'''"-'''l'彡ミ  '_,_,;=;,._  ';. ミ:..,,,,,....::-''"o _ _'"_''"l::::  ::く:::. >  ::ミ;;'リ// レ/ u \ヽiiハlヽヽハ ; ,ル;
 ; ,/ /ハ,,ヽヽ,/'::::'" d::ミ;:⊂・.::: :ヽ:・⊃;::b"'" ,, ,.;;;'llll|||||||||lll||llii;;;;.,,:::''"二"'; ;;/l i'リハ/-ーー::,,ヽミリll 》 y iハヽ
(rハf/人ミ )S ;:::  い::    ::::  :.,   : :ソ  ,.;;illlllllllll::il//ハllヾilll,,ゞi::, ::::::::  ノ/ヽリl リ::"=・=::: i jハレ'l //i ソl
'"''"''  ;'ノノ;, )   し:::   "'--''    ;f'  ,;iilllllll:ル/llll;/ヽiiiiハllllllliiilll;:, :::'ニ二//ハゝ;::   ::::: .、 ' jハレ/ヽヘ;
. "'ー--;,, ミ))ソ    ,i'l:::::: ,,;------->)'/|;,, /;;lllll'"レ/;',#"u "''ii'#ミl巛llllli;: ,,;-ー'"  /lレl:::::  "'--'   ' '"レハi
./: :".b" ..彡ソ) 彡:\ヽ:::::::    :::'',,/;ミ/"illll/;iii';==;;,,,,,,; i;,__|,,_"llfヾiハii    ’ ' "'ヽ:::::: -――- ":/_  __,
  "'''-''"ミ》;ノ、 ::::::::::::ヽ;;,,,___,,,,,,,,,...:://゚ ,;llll/;i:'',,.....,,"''":::: "'''""''''ヾ》llli:;  ノ('''−-::##ヾ:::::::''''''''::::::'''ノ//'''"  )::
 、    :"""::  "";;;'''"  '''--:.,  o   i;;;;;/::''.,::b::"ヾ::" r'',':B:'"'jハllll) 彡;;》ヽ::::,,,,,,:::::::::ヽ::"'    ,://ソ"・/ ::
:::-'   ::/ ::-ーーv'"         'i,   :::::::'リlミ:::::...  彡、''::.,;   '":/ill/ :::::""" "''-;;。:::::::::"'''''''''''''"-"oく"o  :::::
ニゝ, ::://'"                   l ::::::::::::::::ト'i:::::::  ::く:;__,.;::ゞ  :;'":l;:lj     :::::::: oヽ― ;--――--::..,,    ,:::::::
   :::,i':/                'l--/""7,.::ヽ::::::::,__....:::...._ , ::ノ;;、#ii;;ー-:.,,,_  0, ’/        ヽ  ::::::::
;;,::://人                  >/'=ニ::::::(:::ヽ:.''--――---'"/::/二:::::)l―-;; ヽ-:.,<            'l :::::::
. ::/;;;;;;;;/'i              / ヽ::::'l;;;;;;ヽ:::::'ヽ,''""""'''' /'/ / ゚ |::::/ .t;;;::|⊃ ) ヽ.|            /::::::::::::::::
./;;;;;;;;;/ ハ                 .ノ  .丶::::l;;;;;;;';\::::::"''---'''" //。  /::/  ,   ノ ,iヽ         /:::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;///::丶    '"'ヽ     '''" ,  ヽ:::l  ゚"''';;::-===-―''" ・  .く::<      ./  ノ \     /::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃道と言えない道を歩く集団は小さい子供から顔中が皺だらけの老人
┃年若い夫婦も居れば、杖を突かなければ歩くことさえままならい老婆、と様々だ

┃彼ら全員が、ネウロイに住んでいた街を焼き払われ、祖国を追われた難民たち

┃この獣道をゆく全ての人が、国亡き民衆なのだ

┃そんな彼らの表情は一様に暗く、重々しい


48名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 20:52:11 ID:Kqob2S5w0
近代の民族大移動だな

49七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:52:47 ID:sJA06mxw0




  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   , i ─ - 、  i     !    !    i  |!     i|   !   i|
  !|     /   i|    ヽ   |i     !|   i       !  i
 i   i|   / !  =___ i   ',    i  |!    i       !  !  i     i
  i|    !l / i __  `i  i .」   !    !    i  |!      i|   !
    |i   Ll  l  ./-ヽ  ! .ノ::l:l:',       !       i    i   !|  i
  !|    └_「::::::i| ゝ-アi:::ゝ   i|      |i     !|   i       !  i
 i   i| , -ー  ! :i:::l::::::::ヽi::::l:/  l  i   |!    i       !  !  i     i
  i|  /  ! ヽ-‐ i  ̄  ̄、 i  / `  !  、    !    i  |!      i|   !
  !| /  ̄ \   i|      '  |i -=、 i  !|     i       !  i
 i  l   i|   ! ', l   i      i⌒', ',|! l    i       !  !  i     i
  i|  /\  !   i  i     i     ` ! ' i_l ! __ i 、- |!      !
   l l  |i \l  l l   !  l 「7 ̄ ̄ ̄ ̄: ! ::::::::::ヽ::::ヽ i ヽ    i   !|  i
 i  li l/ヽ!  , -  i  、  r |! :::::: i ::::::::::::::::::::: |i  __l__ノ       i|      i!
  i! i      i!   i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i|  ̄ヽ::::i:::\ ー  i!    i!     i!
   l l   !i    i|  l     !| i  i!    _ ソ ̄\:::::: |i:ゝ /       i!
!|  l i    i   l      |!.ゞ ̄   l\ i!  `' ´  /  |i        i!
   l ヽ、i  _  i !    / i    i|! l ` ‐--‐ '  |          i!
    l         ̄ ̄__」L -ーイ

┏━━━━━━━━━━┓
  システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しかし豪雨はそんなの知らんとばかりに構いなし。

┃難民の誘導の為、先頭を歩く兵士の身体に滝のような水滴が落ちてくる

┃雨の勢いは激しく、雨避けようのポンチョを付けていても身体に水が染みこんで
┃若い兵士の体温を奪っていく。

┃彼はこの日何度目か分からない溜息を付き、気怠そうにポンチョの襟を直すと、
┃そして気が滅入るような曇り空を見上げ、また溜息を付いた



50七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:57:35 ID:sJA06mxw0




         |::::::::::::::::::::::::::::|
        ノ:::::::::┌─┐::::i
        |::::::::::::|   .|::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi
        iシ ̄ .i   iヽヽi
.        /    !   | ヽi
         /      |   |  i
      丿     |   |   i
     r´        !   !   }ザッ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
     `────────'







                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::∨
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk        伍長、状況を報告しろ
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i           前方で特に異常は見当たりませんでしたよ、隊長>
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´         そうか
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\            後方はどうです?>
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|    そっちと同じだ。彼らもこの雨でそうとう参ってるようだ
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言って兵士の後ろから声をかけてきたのは、この一団を纏める男だ

┃自分たちの後ろをついてくる難民を尻目に、隊長も兵士――伍長と同じく
┃溜息を付く

┃それを見ると、どうやら状況は前と後ろも変わらない様子だった


51七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 20:59:57 ID:sJA06mxw0






                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i     若い奴はなんとか耐えているが、老人や女子供はな……
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!       ……次のセーフポイントまでの距離は?
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨


                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__        あ、はい。確かこの道を進んでるから……
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :     森を抜けて良ければ10分。悪ければ20と言ったところですかね
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :





┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼らの目的地であるセーフポイントはもうすぐそばにまで来てる

┃伍長と同じ雨避け用のポンチョを着込んだ隊長も、それを聞いて少しだけ表情が和らぐ



52名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:02:15 ID:jkXnBw820
時系列的には一期開始前くらいなのだろうか

53七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:04:04 ID:sJA06mxw0





                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::∨       そうか、なら多少無理をしてでも急ぐ必要があるな
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉     早いうちに彼らを安全で
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i       雨をしのげる場所まで連れて行かなければならない
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´                 ネウロイ
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ      こんな天候なら奴等も動けない、いまがチャンスだ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/



            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉        i       分かってますって、隊長
      ノ                 |
      `「  ‐-  _    _.ノ
         レ⌒ヽ   下「「  j        監視を怠るなよ、異常があったらすぐに知らせに来い>
    />/    \_ノ/ `ス
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._    オーケー、了解です
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


┏━━━━━━━━━━┓
   システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃そう言って何度も確認すると、隊長は避難民たちの方へと来た道を戻って行った

┃確かにこの豪雨ならネウロイどもの襲撃の心配はいらない
┃どういった理由があるかは知らないが、奴等は悪天候を嫌う。

┃そう考えるとこの冷たさも妙にあたたかく思えてしまうから不思議なものだ


54名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:04:21 ID:Kqob2S5w0
>>52
アニメ1期は1944年らしいぞ

55七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:06:10 ID:sJA06mxw0
>>52 時系列的にはかなり前ですね。501も結成されてません
     その辺のことは投下が終わってから説明します、楽しみにしててね

56名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:09:23 ID:JdiYRhgM0
ストパン好きだけど、よくある男が501に普通に居て空を飛べるってどうなの?
原作設定ガン無視じゃないの?って首をひねる偏屈者だけど期待

57七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:11:46 ID:sJA06mxw0






   ,;l:il|,;l从wli;li,;l:ili,;l:vjv;,;l:ili::::.::i::::.::.::..:.:.:.::..:..l:..:..:..|.:.:.:ヽミゞシヽミゞヽ:;ヽミ:;ゞヽミゞヽミゞヘヽミ:;ミゞヽミゞミゞ
   il,vl:iyji;li;;yjv.;,,;l:ili;l,;l:;li;Vw,.:::::::.:|::.:::;.::..:..:..:.:..:.::.::.:::.:::::.ヽミゞヽ:;ゞヽヘ;ヾー、ミヾミゞヽミゞヽミ:;ヘ=ー、シヽヘミゞ
   ili;v州Vw,:,:ili;li;,;l,;l州:ili;,.::::.:::::.::.:.::..:.:..:..:..:.l.:..:.:.:..:..:..:..:.;:.::.:::ヽミゞヾ;ー、;ミゞシ.ヘミゞ=ヽシー、ゞ:;ミゞヽミゞヽミゞ
   ,;l:ili;livj,V,;i;l:il;vV;:w,;;:;;:::.::::. :.l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:l .: :ヽミゞシヘヽミ:;シ.:ヽゞ:|;iil;ヽミゞ;iト;|.::ヽゞ:;ヾ::l.
   :::;;.::::.:::.::.:::.:..:.::.::.:::.:..:.:..:.:..:.:..: .: .: .: .i: .: .: .: .: .|: .: .: .: .: .ヽミヘゞ.:.ヽミゞ.:.:ヽミゞ::|iY;:ハ/;:i:iil;|:.:ヽヘゞ::.::.::|
   :::.:.: 、 ,.: .: .|.: .: ザアアアア……: .: .: : .: .: ,.:'':,.: .: .: .: .: .: :ヽミゞ.: .:.:..:..:..:..:..:..:..::::|ili:;i;;;:ijl;:ゞ;|.::.:.::ヽミゞ:::.:.;,.,.
   :.::.:.:..: .: .l:.:..:.:..: .: .: .: .: ,.:'':,: .: .: : : : |: : : : : : . : . .: : .:、!, .: .: .:. :.:..:.|: .:.:..:.:..:.::.::|;;i;li:i;;ヽノ!;|.:.::.:::::.:i:::;,vVw,.,w.,
   :、!,::.::..: .:.:..: ..: .: .: .i: .: .: .: : : .:,.:'':,.: . : : . : : 、 ,: : : : : : .: .: .: .: 、!,.: .: .: ..:.:.:.:.:.:::|;;〈;k;:iiメ;;ili|.:.::.:::,;.,vi从ハw,.,v;:..
   ::.::.:..:.: .|: .: .: .: ,.:'':,.: .: . : : : i.: . : . . . . . : . : . : .i: . : : . : . : : .l: .: .: .: .: .: .:.i.:.:.:::|il:〔ili:i;∧:;;|.:.::.::ゝ;.;リwli;,Vvjv,.:;.
   ::.:.:..:.:..: .: .: .: ..: .: : : . : . : . . : . 、!, .: . : .、 . : . : . . : : ,.:'':, . :.: .: .: .:.:.:.:.、!,.:.:..:.::::|;il;l;;i/i|;iトi;;|::::ゞ),vi从ハvjvw;,vi';
   :.:..;.:..:.:..:.:: : .: .、 ,.: .: : : :. .、!,. . . :.: .: .:. . : .. : . . . : |.: .: .: : .: .: .: .: .: .:.:.:..:.:..;i.,w;|il;:ili;ヘ;;:iil;;i|从;Vw,.Vw,,,vi从ハw,.i
   :.:..:.:..:.:.l: .: .: .:: : : : : : : l: .: .: . . : .: .|:: . : . . . . :i:. . . : .: .|: .: .: .: .: . l;.:.:.,;:..,v;vVj|;l;:il;ノ;;〈;;f;l|:vj,;.Vw,.Vw,.,.;|vV;;,;';.
   ::..:..:.:.:...:.,:'':, .:.:..: .: .: .: : : . .: . : . : . . .i . : : .: .: ..: .: .: .: .: .: .: .: 、!,: .:,.;,vVw,w;/;i|i;;;;|;;ii;i:ili::;ヽ.;vVwゞ从ハ;,vvjv
   :.:....:.:.:..: .: .: .|: .: .: .: .: .: .l: : . : . . . : . :.: 、 ,.: .|: .: .: .:.:.;,.::,.;,v,vi从ハ、.;,;'vVwノ;;/vyy|w;y;;从;\.;从;メ@ivヾ〉Vw,.
   ::.:;..:.:..: 、!,.:..:. .: .: .: : : : : : : : : : .: .: .; .: .:. :.:,.;,vV,vi从ハ、Vw,.,.;,,vi;从ソWw、vVw.;:*.;,vi从ハ、w,.,.;vwf゚;.,从,;Wyv
   :、| , .:.:..:.:..:.: .: .: .:、; : .: .: .: .: .,.;,:,vi从ハ、,.,,vi从ハ、w,.,.i,;,;'ヾメ、w,vi从ハ、w,.,vi从ハ`|'、Vw,.,ゞ,vVw,w,;.从ゞソ、wV.
   ::.:..:.:..:. .: .: .: .,.;,vVw,.,.;,vVw,.,.;,vVw,.ゞ,|;,vVw,.,.;,vVw,.,.;,'Y`Y`.;从ソWw、,.;,v,vi从ハ、;,,vi;,;'ヾメ、、.,.;v|Vw,..;,,vw,.
   :.:.,.;,vVw,.,.;,vVw,vi州、w,|yjv,vi;,;'ヾメ、vVw,;,;'ヾメ、v,vi从ハ、.,.l,vVw,.,vi从;,;'ヾメ、,..;,vVw,..;,,v;':メ゚;.艸i从ハ、Vw,.
┏━━━━━━━━━━┓
   システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そうして森の中を15分近く彷徨う一団

┃動物たちが通ってできた獣道を無理やり押し広げ、時折飛び立つ鳥に注意を払う

┃すると突然に森が開き、目の前にコンクリートで舗装された道が見えてくる。

┃どうやら無事に森を抜け、街道に出れたようだ

┃後はこの道路に沿って歩くだけで、難なくセーフポイントまで辿り着けるだろう



58名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:12:58 ID:Kqob2S5w0
>>56
やる夫スレなんて、そもそも二次創作だぞ?肩の力抜いたほうがいいよ

59七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:13:35 ID:sJA06mxw0
>>56  そのへんも色々なSSをみて勉強してきたので、分かっているつもりです
      ……まぁ、後のお楽しみという事で

60名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:14:51 ID:Kqob2S5w0
女しか魔力ないなら、主人公は男と女両方の特徴があればいいんだよ

61名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:15:04 ID:jkXnBw820
最初に質問した俺が言うのもアレだけど
回答は後でまとめて答えたほうがいいと思うぜ

62七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:17:54 ID:sJA06mxw0
>>61 そうですね、まとめて後で解答する事にします




        /      `  、
       /           ヽ
        〈〉           l
      ノ____       |
      〕|   'l「 )>=、‐-ミ)      ――うん? あれは一体……
     / ヽ._ノlイ {{   }} /´
    (γ⌒ヽヽ /  ` =  ヽ.__
    {{. O }}У   彡: :´ ̄: ヽ
     、_ノへ._彡: :´: : : :_:_:_:_:_:_:)
          /: :_。o8´ ̄: : : : : : : :\
         ケ´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そこから道路に沿って少し進んだところ。
┃そこで伍長は道端から少し離れたくぼみに何かが倒れていることに気付いた

┃数m先も眩む豪雨の中でそれを発見できたのはある意味幸運に近かっただろう

┃少し離れた場所に居る仲間に一声かけると、何かが倒れている場所へと近寄っていく










         , -─‐──‐-、
        /          \
      /             \
      l  .             ; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃十分確認できるところまで近づくと、倒れていたのは――やはり人間だった

┃年は若い、二十そこらかだろう。うつ伏せで倒れているから分かり難かったが
┃まだまだ若い青年だ

┃そんな彼は身体中泥まみれで、雨具も付けずに雨に打たれている。










          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',               ……死んでるのか?>
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',      あぁ、たぶん死んでるだろうな
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l            そうか……カールスラント人か?>
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\   分からないな、何か身元を区別するものがあればいいけど
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃傍に居た仲間が駆け寄ってきて、そう呟く

┃このような人が死んでいる所を見るのは何回目だろうか、思わず兵士は目を瞑ってしまう

┃少なくとも、自分はもう数えきれないほどこの光景を目の当たりにしているのだけは確かだった

┃オストマルクでも、祖国カールスラントでも。自分が赴く様々な場所でもよく見る光景
┃段々とこの光景が日常となって行ってるのが伍長には嫌でも自覚している

┃死体を見て渋い顔をしている仲間の兵士を尻目に、無言で伍長は横たわっていた死体を担ぎ始めた


63名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:17:56 ID:p1u5GKN20
いろいろ言いたいことはあるけれど
初回が即興ってのはどうなのよ・・・

64七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:18:57 ID:sJA06mxw0





            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::u:::.:.\  l!    お、おい。死体なんか担いでどうするんだよ?
        !//.:._u.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
            〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :




          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」       どうするって、セーフポイントで埋めてやるんだよ。
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ       このまま雨に打たれて野ざらしなんて、いくらなんでも可哀想だろ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ


┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃幸いなことにセーフポイントである町影は見えてきている
┃ここからならそう時間はかからないだろう

┃身元が分からないのは不満だが、誰にも見つからず朽ち果てるよりはずっとマシなはず

┃すくなくとも戦場で放置されている奴等とは違って、神に祈ってやれる時間があるのだから



65七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:20:23 ID:sJA06mxw0






              _
              ´   ヽ
              ′
           |       .ィ
             [Tニ=≦|ノ
             さ>‐宀┴:、
        _. .:≦ ̄: : ̄ ̄ ̄: :≧o。、
       /⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :ト、        そうか、そんじゃ戻るか。早くしねぇと隊長にどやされる
        |: : : : :Ⅵ:.: : : : : : : : : : : : : :|.: :.
        |/ヽ:\Ⅵ: : : : : : : : : : : : : :; : : 〉           この死体についての報告は?>
        |/ヽ|: : ヾ : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       》'´` : : :|: : : : : : : : : : : : : ′: : : ::.      しなくていいだろ、こんなのいつもの事なんだし……
       〈 : : : : : :|: : : : : : : : :_:_:_: 人_: : : : ::.
       |: : : : : /: : :-‐: : : ̄.: : :「「: : ` : :/
       |ヽ._::ム:_:_: : : : : : : : : :」 \:_:/
       |    /三 ̄ ̄| ̄ ̄ヾ-=≦
       》 _ / :| |          i
       | ⌒j」___ | |   |     |
       | ノ__/'| | |   / _ 〈
       ヽク  | | | ̄ ‖ ̄  {ヽ
        |    | | |  ,ハ.    ||
        ヽ  _」 L.」   |    レ
         「     / |    |
         |     ′     /
         |      ヽ  L ∠ 〉
         L _/ /  |  ̄ ヽ
         /     |   |      !
          〈    /         /
         /ヽ  ヾ   /    ヽ
          `r‐- イ    `r-  イ
         |         |
         L   |    L  _ノ
        ノヾ  <      「  ヾ
     r'´ ̄       !    ん _ 」
     ` ー-‐tェェェェノ     ` ー‐´
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃薄汚れた死体を慣れた手つきでひょいと肩に担ぐと、伍長らは難民たちの列に戻る

┃人を担いだ伍長を見て一体何事かとこちらを見てくる難民も居たが、すぐに
┃興味をなくし、またどこかにへと視線を戻した

┃……彼らにとっても、死体は日常的に視れるものなのだろう

┃自分の持ち場に並ぶと、再び曇天の空を見上げる
┃いつの間にか自分を打ちつける豪雨も止みつつあった











                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈十〉    |        今日はゆっくり眠れねぇかなー
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、        ……まぁ、ムリだろうな。夜間哨戒あるし>
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃こんな天気なんだ、今日ぐらいは火を灯し温かいコーヒーを飲んでも罰は当たらない

┃後で隊長に許可を取ってみるか。仲間と一緒に進言してみるのもいいだろう

┃贅沢な想像をしつつ、兵士と難民の一団はセーフポイントへと歩を進めるのであった


66七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:20:48 ID:sJA06mxw0









         , -─‐──‐-、
        /          \
      /^            \
      l  .             ; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__





















                            _,,-ー-ーー-ー-ー-ー
                     _,, _,,-ー''""~
                _,,-ー''',ー''      '"~~`
              /  ,,-''"   _,,-''
         ピクッ  /  /   ,,-''"       ,  ...........
.           /  /   /       _,,-ー'''"}::::::::::::::::::.............
          /  /   /    .::ヽ,,-''":.:.:..::.:.:.:..};;:::::::::::.......        ノ
          / /::...  /.::   .:::::/ー-,,_.::..:.::..:.}ノ      .::::::_,,-'ー-''
         /:::... /     .::/. . : : :    ~"' 'ノ     ..::::::,,-'.::::
       / ゝ /ヽ     ,,_ /. . : : : :      /    ヽ.::::/...::::::
       /  ノ /   ノ   ..:ノ.: : : : :      /::.      ..::/.::::::
       } -'  'ー''"  .:/.:::        /,,r、    ..:./.:::::::::
       "''ー  "''ー-''~...:::          { .(  `ヽ .:.:/.::::::
                            ヽ .ヽ、_,,ノ.....:::::
                               `''ー''

67七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:22:20 ID:sJA06mxw0






::::::::::::: ::. :. .: :  -‐-  :. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....: .. : ,r'´.     `ヽ: .. ......:..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::.:: .: ..: :' ..:.       ゙; :... ...:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.: ..: :. ::..       .: :. .:.::......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.......: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :.. :. :............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.::::. ::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... ... ..: :..:.::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.::::::::::::::::::.:::
:::::: :::::: :::::: :::::: ... ... .... :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::::. ::::::.::::::..:
:::: :::: :::: :::: :::: :::: ::..... :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: ::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: .. .. :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
''"~~"''ヽ,,,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,  :  :  :  :  : _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_:  :  :   :
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. :.: . :. :.
;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,....,,....,
;.;.;.!#!-!、,、,;;:.::..:.:/二△ ri─i '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
;.;.;.;..;y,===、===.l::::::傴l l.|田|.;/7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
;,.,.;.;/ l:|田|:| 田|[],!!、ヽ___l、|_田l,:..:......:.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_
._l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l_
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
.  |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
._|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃雨がやみ、無事に夜になった。空にはいつもと変わらない綺麗な月が出ている

┃とくに何事もなくセーフポイントである町に付いた難民たちは町に付いた
┃のが原因か。一気に活気づき、食事の準備を進めている。

┃いくつかの兵士と難民の代表者は寝床――無人となった家の事だが――
┃をどう分けるかを話し合っている



68七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:23:02 ID:sJA06mxw0






   ,;r────ーュ  ; |l| \`l::.  |  ;γ´     'ヽ     γ´       'ヽ        :,
  ,, || ̄ ̄|| ̄ ̄||   :|l|,、 .:i |::.   | :; || ̄ ̄|| ̄ ̄||    || ̄ ̄|| ̄ ̄||     ;,.:'
,;:.: " ||;;;;;;;;/||ヘ ;;;;|| ~;:|l| \i |::.   |  ||;; ;;;;;;;||从_,_.||  ,";; ||;;;;;;;; ;||;;;;;;;;/|| ,'  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;   .,;||==||==||  . |ヽ,//'i |::.   | ;: ||;;;;; ;; ;;;==|| .;:,   ||==||==||    /.lニニ;.,;X,lニニニl.ヘ
   ;;||;; ;;;;;;;||;;;;;;;; ;|| ;  | :_ \i |::.   | '' ||\; ;;;;;;;;;;;;;;;;||    ||;;;;;;;;; ||;;;;;;;;; ||  .;:' ,||#;  ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ;:,.
 ,  '{ニニニニニニ} ";; |´ヽ\レ::...  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| ;.  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|   :||___||___|| ;:
    : ::::::::::::::::::::::::::::   |\,/´i:\ ::: |:   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ;:    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .:'',.; || ̄ ̄ ̄||!i!i!i!i!i!i;.||
____________________________|  | ̄| :::::\|_________________||__√||i!i!i!i!''',._||__
_,|__|__|__|____|\|_|::::::::::::|::::::::::::::   ;;, :::::::::::::::::::::::::::::;,.;,.;;.,;::'';.,;.,;.,;: : :: || ̄ ̄ ̄||i!i!i!"' ̄||::::
,__|__|__|__|___|::::::::  \ :..i>::::::::::::  ,.; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;,,;,; ::;,::: ||___||!i!___||::::
_,|__|__|__|____|::::::::::::::::::::\|_________________||_______,||::::
ニ  − ≡
                   Λ二\      ー -=      -            =
                   ∨_,,,;;;;/,,.、.,.,,.、.    -==ー  ー,,,  ニ  ≡ ;,,;,,,,
― ー二                  ニ   ≡
,=============-'-===========''''…========================='";;===- ===…==============

              -=_ =−   -    r:"::\
二 ─   = ._r'"゙'、─二             "''''''''" ─ニ─‐  ̄   _r'" ̄'ッ'
          ̄"'     ─二         ─二  ─           ̄""
─ニ─二                   ̄   _           ;.,;.,, ,,,,
          ニ ニ ≡           ̄           ー
ニニ;.,;.,ニ,,         ∠ニニ;,.;.,ニニ  ;.,';.,          ,.;'ニ-ニニニニ;;;,';.,フ
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃セーフポイントなどとは呼んでいるが、そんな上等な物などではない

┃カールスラント各地ではビフレスト作戦によって住人が立ち退き、無人となった
┃町が多くある。彼らはその街を便宜上セーフポイントと呼んでいるのであった

┃ようは人様の家屋を無断で占拠し、物資を勝手に借り上げているのである

┃無論、平時なら許されることの無い所業だが今はそんな悠長な事を言ってら
┃れる状況ではない

┃そして、そんな彼らをとがめる存在も居ないのだ。皆、生きるために必死なのである


69名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:25:15 ID:yk1ZO8Cw0
期待! 萌え展開

70名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:25:23 ID:jkXnBw820
結構殺伐とした世界観だな

71七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:26:02 ID:sJA06mxw0





            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉        i
      ノ                 |    せっ……っと
      `「  ‐-  _    _.ノ
         レ⌒ヽ   下「「  j
    />/    \_ノ/ `ス
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽザクッザクッ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
   システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃町の中央広場で有志の何人かが食糧の分配を行っている

┃本当なら伍長も配給の列に並ぶべきなのだが、そうもいかない

┃ガス式のランタンを傍に置き、彼は一人離れたところで適当な地面を掘っていた

┃もちろん、先ほど拾った死体を埋めるためである







                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!        ここに居たのか、伍長。探したぞ
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/        あれ、隊長?どうしたんですか?>
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ        まだ食事はとっていないんだろ?
           rf   >:..._,.、|____            \       ほれ、持ってきてやったぞ
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃黙々と地面をほじくりかえしていた伍長の後ろから、隊長と呼ばれてた男が
┃声をかけてきた。

┃その両手にはプレートに乗せられた粗末な食事と、水が並々と注がれた
┃コップが握られていた

┃恐らく誰かから先程の事情を聴いたのだろう。気を使って食事を持ってきてくれたようである


72名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:26:58 ID:r23wy7mc0
原作アニメじゃ結構ぼかしてるけど、設定上はかなりシビアな過去なんだよなストパン

73名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:28:07 ID:r23wy7mc0
まぁ、そういう設定表に出したら、萌えアニメではなくマブラヴオルタみたいなハートフルボッコアニメになってしまうからだが

74七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:29:51 ID:sJA06mxw0





                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨
          酛    >    i!≧ー-         |
          i!        >i!   ニ二彡     |        それにしても、お前は良い奴だな
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´              いきなりどうしたんです?
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉      いや、こんな時に死体を持ち帰って埋めてやるなんてな
  ノ \  廴\   乂介      /         /         随分と特殊な心がけだな、伍長
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<
          \  ∨ヾ   ∨∧
\          \ヽ     .∨∧
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i
            i!   .∨ノ    \i!



                  ‐…‐
                /       ヽ
             /                    性分ですよ
             !    〈大〉    |         こう見えて実家がそう言った関係の仕事をやっていましてね
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__             死体を埋めてやるのがか?葬儀屋かなんかか?>
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :    多分そうだった思います
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :    軍に来る前までは家の手伝いをやってました
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言うと伍長は昔の自分を思い出す

┃6月と言えば、親に頼み込んで友人たち5人、一緒に旅行でカイザーベルクに行くのが習慣だった

┃この時期だとあそこは夜になっても日が落ちなく、ガキの頃から一日中遊び倒していた記憶がある



75名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:30:53 ID:8DAE0FOM0
てっきり饅頭な風体から人間じゃなくネウロイの一種扱いされるのかと

76名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:33:26 ID:jkXnBw820
なんだろう、伍長が良い人すぎて不安になってくる

77七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:34:27 ID:sJA06mxw0








                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ        ……そうか、なら俺も手伝おう
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨          い、いえ、俺の勝手にやってる事なんで……
          酛    >    i!≧ー-         |
          i!        >i!   ニ二彡     |       いいさ、俺にだって死者を弔う気持ちぐらいある。
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂         そのぐらい手伝わさせてくれ
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´       r‐-
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-          ヽ  ヽ
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉           ゙i!   )グッ
  ノ \  廴\   乂介      /         /            i!   i!__
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆               ノ   酛 γ`ヽ
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /                /     .iヾ`i  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |            /      廴___ノ
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<               /ゞ、    廴___〉
          \  ∨ヾ   ∨∧               ノヾ≧kー  廴____ノ
\          \ヽ     .∨∧                /   \     廴__ノ
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧             /     廴彡ー==≠
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i             /       弋/
            i!   .∨ノ    \i!          /        /









          , ─ - 、
        /        ヽ             ……分かりました。それじゃあもう穴は掘り終わりそうなので
       /  =___   ',                  向こうから死体を持ってきてくれませんか?
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l                        あぁ、あの壁に寄りかかってるやつか?>
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\           そうです、重いんで慎重にお願いします
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ

┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃友人たちと笑いながら酔い潰れるまで飲んだあのビールの味も

┃子供の頃からその姿を変えず迎えてくれたホテルのおばちゃんも

┃お互い両想いだった幼馴染と二人、手を握って過ごしたあの日の夜も

┃何もかも全てがどこか遠い夢幻の様に感じれるのは、もうあのころには戻れないからだろうか

┃あの地方はすでにネウロイの巣があるとい噂だし、幼馴染も各地に避難してしまった。連絡も取れない

┃シャベルを動かす手を止めてしまうと、伍長は感傷に浸ってしまう


78名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:39:03 ID:Kqob2S5w0
ネウロイの進行で大陸レベルで自然破壊があると考えると、正直生態系持ち直せる気がしないんだよなー

79七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:39:12 ID:sJA06mxw0
                       ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                     .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
                    ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;.i   (─)  (─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                   ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                 ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                  ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                   :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
                .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
                  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんな過去には関係なく、近くの家の壁に一人の青年が寄りかかる様にして倒れている

┃見ると、服は泥で汚れてるのたいして首から顔にかけては綺麗なままだった

┃恐らく、伍長が拭いたのだろうか。こういった事にはなれてると言ってい

┃死体を運ぶために近寄ると、……そこで隊長はある物に気付く










               -―-
               i::::::::::::::::::::::ヽ
               |::::::::::::::::::::::::::i
               j、_::::::::::::::::::::::|        ……ん? 懐に何かあるぞ
         ≦二ヽ   \::::::::::::::i
       /三二≡=ー  \::::::/          どうしましたー?>
       ゝ--―   ´   ̄ミメ
    γ´// i i            ヽ       いや、ちょっとな……
     ,' // :i i            |
   / //  i i            |  r‐-----、
  ./ミ7 メ、マ 弋、   ヽ          |ー´i三三}k/)==ft
  i //}ko。 マヾx   i        ゝ-oミ三三}j㌢ノ  ̄
  j //   }ko。    |      ノノ ヽ  i㌢i!i!|´
 i´//         }ko。 |               j i!i!i!|
 |i!/           `i          / ∧i!/
 :i!                 \       ./
  |             ノ \  .。o
  | j ヽ     ___rfノ
γ´  `ヾ三三|}k  o  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃よく見ると内側の胸ポケットに白く四角いモノが見えている

┃それが一体何なのかは判断はつかなかった。

┃が、 もしかしたらこの死体の身元について書かれているかもしれない

┃ そう思うと、しゃがみこんでその白い物体を手に取る。



80名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:42:02 ID:dgvrhVco0
いい人たちだ…(ホロリ

81七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:44:01 ID:sJA06mxw0






                                                    ___
                      ___    ,, .. ,     -‐=           ̄      |!
                          |!                                 |!
                       |!                               |!
                          |!                                   |!
                       |!                                 |!
                          |!                                     |!
                       |!                                   |!
                    |!                                 |!
                       / `ヽ                                |!
                  }___j                                  |!
                   イ    }                                |!
                                                       |!
               //     .′                               |!
              ′      {                                 |!
             / /      { ___                              |!
                 ′ノ       `ヽ⌒ ≧=‐-     ___                  |!
                              >  ¨¨´⌒ ≧=‐-     ___       |!
               {          } \   〉′                 ⌒  ≧=‐┘
               {          }   丶{
               {          }     {
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年が持っていたもの。それは丈夫な厚紙で出来た封筒だった

┃普通の封筒に比べると驚くぐらいに硬く、紙質も上等な物なのだろうか。
┃薄い文様のような装飾が施されている

┃そして一番不思議な事は、表裏の見分けは付かないが、どこにも字一つ書かれていないのである

┃開け口も一応あるが、蝋で固められており、まだ開かれた形跡もなかった……







            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉        i      ……手紙ですか、その青年の?
      ノ                 |
      `「  ‐-  _    _.ノ     あぁ、胸の内ポケットに入っていた。もしかしたら身元が分かるかもしれん>
         レ⌒ヽ   下「「  j
    />/    \_ノ/ `ス       開けるんですか?
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._              あぁ>
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃手紙の持ち主には悪いが、仕方ないだろう

┃そう思い、隊長が封筒を閉じている蝋を切ろうと瞬間――



82七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:46:13 ID:sJA06mxw0







                      ,. ―  ―――- _
                 ,. '"    -‐     ̄   -=、、  \
           .  '"            _  __  ヽ` _.)
         .. _/        /ヽ      ̄    ̄  ーヽ、 ',
.        f.  ヽ       /  /.  -‐,ヘ.    __  . ヽ
        ,.!,   '、    /  / .i┐ l  .l.  ー- _ ̄`ー '           うおっ!?
      / !   \  /  / .l` .l .l  .l._     ` 、
.      /   l     `/  ,.'.._,l  l l  .l   ̄ -'、  .)
     /    !     /  /  ̄ .l  l .l   l
   /    .l   ./  /     .l  l .L 」
.   /     .!  ./  '-、     .l ./ ./  ̄
. /      .l   `<.   > 、   ./
 '         !     ` <   .>'、      ,.--┐
.'           l         ` < >  ./   ./
          l       __  / ``" / /} /
           l   //////>、   .r' / / /
         .ハ  ///////////∧   ̄  ./_/
.          / './///////////// 、
.         /   !'//////////////∧
.         /  .l////////////////∧











         '、                                       /
            \                    ./               /
            \                       〈             / ,.ィ´
      ,.rァ'" `丶、 `ヽ、             ',   l   〉           /  _,.,'仁'’`丶、
     ,イ: : : : ,/  `'ーュ 、`ヽ、        ヘ   i  /         _,.イ>'¨’  ヽ,: : : : : : i〉      そいつに……
     l : : : : i'  仁i i !`丶,`'ーャ、     〉 / ,〈       ,. r 仁'’: :,i ' .ィャ i l : : : : : リ
.     ,: : : : ム ! l リ   l: : : ∨;:;,`´`丶,/     ヽ ヽイ `´;;:;:;:/: : : : i  マリ ! リ: : : : : ノ     さわるんじゃねぇお……
    ';;;;;丶 : : 人    .ノ: : : 丿 ;:;;:;;;:;;:;;:;:〈;:;:<;:;:;:;:;:>;:;:〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ム: : : : : ',  ー  ノ: : : /_
     ';;;;;;;;;`'ー-≧=-ィ -一'’;;;:;:;;;;;:;;;:;',   ゙ヾ、,,, ,ィ;イ    ,.ィ;:;:;:;:;:;:;`'ー=: : ゝ -‐ィ'_ ,.ィ',’.;';:;' ヾ、
     ';;;;;;;;;;;;;二三三;;;;:;;;;;;;;;;;;;; '"゙  ヘヾ、        //   ´゙ヾ;:;:;:;:;:二三三ニ;:;:;:;:;:;:ノ  ゞメ
       ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;; '/                        ヽヾ;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:ィソ’   /'
                  /           i、           }
                  {           /ヽ           /
                  ヽ、        /  ヽ、       /
                  │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
                  ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃いきなり死体の手が動き、手紙を持った隊長の腕を掴みあげる

┃今まで閉じていた目がカッと見開き、その表情は鬼神を思わせるような気配が宿っている

┃手に込められた力の強さにだろうか、隊長が苦しそうなうめき声を漏らす


83名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:48:01 ID:8DAE0FOM0
中に中二まっさかりな頃の妄想設定が書かれたノートでも入ってるのか(棒読み)

84七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:48:23 ID:sJA06mxw0






                     ...
                 , ′  ヽ      ま、まじかよ!?
              j   ___゚、      こ、こいつ、生きて――
             r←< し=[
            / ̄㌻ーミY⌒))
           /: : : :{{: : : .:.`寸
            :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
           : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            :__:「:! : : : : :.:.:.℡_::ムイ `^^’
         ├‐| | ミ : \:「
         | :| |  ` 、「
         | :| |  >弋
         ゝ.:| | ´    \











         '、                                       /           ハァッ、触るなっ
            \                    ./               /
            \                       〈             / ,.ィ´         ――さわんじゃねぇ……!
      ,.rァ'" `丶、 `ヽ、             ',   l   〉           /  _,.,'仁'’`丶、
    ,イ: : : : ,/  `'ーュ 、`ヽ、        ヘ   i  /         _,.イ>'¨’  ヽ,: : : : : : i〉    ……そいつは、やる夫の
     l : : : : i'  仁i i !`丶,`'ーャ、     〉 / ,〈       ,. r 仁'’: :,i ' .ィャ i l : : : : : リ
     ,: : : : ム ! l リ   l: : : ∨;:;,`´`丶,/     ヽ ヽイ `´;;:;:;:/: : : : i  マリ ! リ: : : : : ノ     大切な――
    ';;;;;丶 : : 人    .ノ: : : 丿 ;:;;:;;;:;;:;;:;:〈;:;:<;:;:;:;:;:>;:;:〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ム: : : : : ',  ー  ノ: : : /_
     ';;;;;;;;;`'ー-≧=-ィ -一'’;;;:;:;;;;;:;;;:;',   ゙ヾ、,,, ,ィ;イ    ,.ィ;:;:;:;:;:;:;`'ー=: : ゝ -‐ィ'_ ,.ィ',’.;';:;' ヾ、
     ';;;;;;;;;;;;;二三三;;;;:;;;;;;;;;;;;;; '"゙  ヘヾ、        //   ´゙ヾ;:;:;:;:;:二三三ニ;:;:;:;:;:;:ノ  ゞメ
       ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;; '/                        ヽヾ;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:ィソ’   /'
                  /           i、           }
                  {           /ヽ           /
                  ヽ、        /  ヽ、       /
                  │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
                  ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ












          ___
       /::::::::::::::::\  ゲハッ !
      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
  |::::::::::::::::: l

85七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:49:40 ID:sJA06mxw0





                     ...
                 , ′  ヽ
              j   ___゚、
             r←< し=[         ――って……おい?
            / ̄㌻ーミY⌒))
           /: : : :{{: : : .:.`寸         だ、大丈夫か!?
            :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
           : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            :__:「:! : : : : :.:.:.℡_::ムイ `^^’
         ├‐| | ミ : \:「
         | :| |  ` 、「
         | :| |  >弋
         ゝ.:| | ´    \









バタン  〃        〃
         , -─‐──‐-、ク
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何かを言いかける前に、青年は盛大に血を吐き、再び地面にへと倒れる

┃そして先程の様にぴくりとも動かなくなってしまった……


86名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:51:28 ID:dgvrhVco0
死んだな…

87七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:51:46 ID:sJA06mxw0





                  ‐…‐
                /    u  ヽ     え、えっと、あの
             /
             ! u  〈十〉    |    ……ど、どうしましょうか、た、隊長?
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :






                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|      どうしたもこうしたもあるか!
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!      まだ生きてるかもしれん、衛生兵を呼べ!
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!      りょ、了解!>
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨       それと難民の連中に声をかけて担架と医療品、
             〈      |           `ヾ         空いてるベットを用意させろ!
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ    分かりました!>
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃死体だと思っていた人間が動き出したことに動揺したのか
┃伍長はあたふたとしてばかりで、思わず隊長に指示を仰ぐ。

┃それに対し冷静に指示を飛ばすと、すっ飛ばされたかのように伍長は
┃スコップを放り投げ広場へと慌てて駆けて行く



88七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 21:53:15 ID:sJA06mxw0
                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!     タッタッタッタッ……>
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨      ………………
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \












                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i::::::::::::::::::u::i:::::::::::i       び、ビックリしたぜ。まったく……
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::u:::::::::::::::::i:::::::::::!
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少しだけなら漏らした内には入らないはず、入らないよね?

┃そう切に願いながら、隊長は震えた手で青年のポケットに手紙を戻すのであった……


┃ここでいったん終了します
┃レス返ししますね


89名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:54:50 ID:3P.niq320

漏らしやがったwww
でもちょっと死亡フラグ緩和された気がして安心

90名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:55:49 ID:8DAE0FOM0
いったん乙

ハードな世界観で漢なモブって明らかに死亡フラグ真っ盛りじゃないですかやだー

91名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:56:51 ID:ESQrC3Ns0


92名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:57:38 ID:dgvrhVco0
一旦乙

93名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 21:58:33 ID:DZjtba.o0
一旦乙

94名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:01:25 ID:hqIzI4ts0
一旦乙

95七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 22:03:34 ID:sJA06mxw0



時系列的には一期開始前くらいなのだろうか ?

A、1期開始は1944年、そして今やる夫が居るのは1941年6月 3年以上時間があります




いろいろ言いたいことはあるけれど
初回が即興ってのはどうなのよ・・・


A、違うんです、ちゃんと用意してきたのですが>>1が投下が初めてでいろいろ修正してたら……


結構殺伐とした世界観だな

A,まぁ、欧州で連合軍は負けて殆ど占領されちゃってますし……




まぁ、そういう設定表に出したら、萌えアニメではなくマブラヴオルタみたいなハートフルボッコアニメになってしまうからだが

A,楽しいアニメが目的でしたしね。 多分人は死なないんじゃないかなぁ(ゲス顔)

ネウロイの進行で大陸レベルで自然破壊があると考えると、正直生態系持ち直せる気がしないんだよなー

A,プラウシュテルマーとか瘴気とか、ネウロイは街の家壊して鉄吸い取ってますし課題は多いですね

96名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:05:23 ID:ob23Wrbo0
1乙!

97七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 22:06:46 ID:sJA06mxw0
それと皆さんにとってはそこまで重要じゃないかもしれませんが、
実は下書きがここまでしか出来ていなくてですね、本当はここで終わらせようと思っていたんです

でも予想以上に人も居ますし、せっかくなのでいまから即興でかきつつ安価を試してみたいのですが……

皆さん付き合ってくれますでしょうか?

98名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:08:32 ID:GDOWovaY0
おk

99名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:08:47 ID:3P.niq320
おk

100名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:08:57 ID:jkXnBw820
おk

101名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:09:15 ID:nLYjVIoI0
一旦乙
おいおい、水臭いぜw
お前が諦めないのなら付き合いぜw

だがそれはそれ、これはこれ
即興もいいけど可能なら書き溜めできる部分は書き溜めした方が逆に楽だよw

102七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 22:09:51 ID:sJA06mxw0
それでは今から書いて行きますので、先ほどの作品よりクォリティは落ちますが、
なにとぞお願いします

103名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:20:23 ID:kCvljri20
魔力持ちは大半が女って設定だから極希にってレベルなら男の魔力も違いてもおかしくはないんだよな、設定上は

104七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 22:21:54 ID:sJA06mxw0





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (―)  (―)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \









               ____
             /      \パチッ
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃目を覚まし、反射的に起き上がろうとしたが体中を激しい痛みを感じ、寝たきりの姿勢になる

┃身体が動かないので首だけしか動かせないが、よく見るとはだけた服の隙間から包帯が見えている

┃誰かが怪我をした自分を治療をしてくれたようだ……、一体誰が?







                 | ,;:                      |
             ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;',      |
      〃         |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||        ∠  |
         #;       ト┐  .||___|___||,':         |
              / |.|____.,____________、       |
             / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
     ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
            |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
          /|」 ̄ ̄ ̄'-''〜〜―-ー〜ー〜|」´    /
      / ̄ ̄/|                        /
    /__//|                       /
    |___|//                    /
    |___|/                     /
  /                          /
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃首を可能な限り動かし、自分が今いる部屋を見渡す

┃灯りはついているが、部屋中どこを見回してもここには自分しかいない

┃傍には治療してくれたことを示すかのように、使いかけの医療品が置かれていた

┃しかし治療をしてくれそうな人影は何処にもなかった


105名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:22:14 ID:sozoBli60
処女じゃないと魔力落ちるがな!

106名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:23:10 ID:8DAE0FOM0
つまり物語の進め方次第でやる夫の処女が危機に陥る可能性が微レ存・・・?

107名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:23:36 ID:nLYjVIoI0
やる夫が戦えるのはいいけどギトギト過ぎるのは勘弁なw
女の集団で男が一人とか見てるのが辛い展開は同じ野郎としてキツイ

108名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:25:19 ID:3P.niq320
まあ普通に考えて女性部隊に男放り込まんよな
世界に一人ではなく極端に珍しいレベルなら世界中から集めればウィザード部隊作れるか?

109名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:25:57 ID:Kqob2S5w0
>>107
この世界ではたぶん女の陰湿なイジメとかない分マシではあるがなw
塩梅が悪いといろいろ黒歴史SSみたいになりそうではあるw

110名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:26:22 ID:hqIzI4ts0
やる夫の処女・・・

111名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:28:19 ID:8DAE0FOM0
泥臭い野郎ばっかり出てくるボトムズ的な話ってのも面白いかもよ

112七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 22:29:32 ID:sJA06mxw0




                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |        ――お、目を覚ましたのか?
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一体どうしたものか。
┃そう思っていた矢先に閉じられていた扉が開き、ヒトが入ってくる

┃ヘルメットをかぶっているが、顔付は何処にでもいそうな好青年である

┃背丈は180ぐらいだろうか?特に怖がる必要はなさそうである






      l: : : ヾⅥ: : : : :ヽ: : : V :ハ
     γ: : : :Ⅵ____:/ ̄ ̄ ̄||三三三|三丑ェェェェェェ_コ
      |: : : : :┴-r―--┴‐-ミrrrrナ‐[「「「l¨ ̄ ̄
      : : : : : : :.:|  }ノ   -ァくⅧ||ゝ. フ^^
       >:-:‐:‐:レ:个^ーそ  Ⅶl!ー^
       >- :.: : : : ||: : :_:λ  Ⅵ〉
      ∧   \  ̄`ナ´/ \
     / /      /      \
      〈 /      /へ      ヽ
      /       /    `ーz_   〉
     У   /      〈    /
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃――その手に握られた銃を除けの話だが



113名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:31:50 ID:Kqob2S5w0
>>111
可憐なウィッチに紛れてむせる泥臭い展開は面白そうだが、それだと世界に影響を及ぼせるのか心配だww

114名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:33:56 ID:cTHqO6xg0
数少ない男でも戦える存在ってことは、当然研究対象だよな
人類の二分の一から戦える戦力抽出してる現状に比べて
男でも戦える因子を発見できれば単純に抽出戦力は二倍になるわけだし

115名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:35:09 ID:2cFiLeas0
>>108
性別がどうとか以前に男の魔力持ちはクッソ珍しい + めちゃくちゃ出力が低い
で基本使い物にならんと聞いた覚えがある

116名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:36:09 ID:sozoBli60
戦闘機は廃れてるしな

117名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:36:17 ID:3P.niq320
ああ珍しいだけならともかく出力足らんのか

118名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:37:05 ID:ob23Wrbo0
男でも魔力持ってそうなやつがでるとしたら、
欧州で一番危険な男か、大日本帝国のPSくらいかな

119名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:37:08 ID:vaeILtfQ0
うーむ原作知らんのだが問題無いだろうか

120七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 22:38:28 ID:sJA06mxw0




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○).  (○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )    じ、銃っ……
    | u    .` ⌒´     /  /  /  /
    \            /   '` ´  /      ほ、本物かおっ!?
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の手にはその顔立ちからは不釣り合いなほどごつい銃が構えられている

┃それを見て思わずひぃっ! と情けない声が出てしまう

┃それを見た兵士――伍長は一瞬戸惑ったが、すぐに理解したのか。

┃銃の側面を見せ、安全装置が掛かっているのを見せる






          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」    心配すんなって、だれも病人に銃口を向けねぇさ
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ    ただ、いざという時の為に持ち歩いているだけだよ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そうカラッとした声で笑う伍長。だが、いきなり銃を持った男が部屋に入ってくれば
┃普通の人間ならば誰でもそうなるだろう

┃すくなくてもベットの上の彼はそんな人間だった


121名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:39:35 ID:Dxii/5vM0
あまり銃を見たことがない所の出身か

122名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:40:06 ID:jkXnBw820
誰だってそうなる俺だってそうなる

123名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:40:16 ID:2cFiLeas0
それ以前にやる夫はこの世界出身なのか?

124名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:42:17 ID:8DAE0FOM0
封筒を読まれるのを防いだってことは
少なくともあの封筒の中身はこの世界の住人が理解できる類の内容で他人に知られるとまずい機密物だってのは確定だな

125名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:43:14 ID:Kqob2S5w0
>>124
個人的な理由なのかもしれないけどな

126名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:44:12 ID:2cFiLeas0
>>124
大切なって言ってるだけだからまだわからへんよ

127名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:45:06 ID:./u/oIOM0
とりあえずハーレムはあるのかどうか

128名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:45:09 ID:ZstilE0M0
やる夫はPWの灯を持つようです…いやないだろう多分

129名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:45:59 ID:2cFiLeas0
自分敵にはストウィチの世界でここら辺に住んでいて銃を見慣れてないとか
あんまりなさそうな気がするんだよなぁ

130名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:51:57 ID:3P.niq320
ネウロイの被害が無い遠い所の出身?
あるいは異世界レベルで遠いとか

131七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 22:53:05 ID:sJA06mxw0





            ̄
       /        ヽ
             〈十〉        さて、と……
       |    _ -―…‐ 、{
     ノ__ . イ「      _ レ′
     `Y ヽヽ乂_.∠  \
        乂ノ人〃⌒ヽヽ    )ヽ
      / ̄ヾ{{   }}}  ノ  }}
     ,〈: : : : : :乂_ムイ<ヽ__ノ
  : : : : : \.: : : : : : : : :.:|/´|





          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',       自己紹介と行こうぜ?
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',      おれはミック。本名は違うが、皆はそう呼んでいるからお前もそう呼んでくれ
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l    見ての通りカールスラント陸軍所属の軍人だ。階級は伍長
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃銃を壁に方掛けると、近くにあった椅子を引き寄せベットの前に座り、自己紹介をしてくる

┃銃を見えない位置に置いたのはこちらに気を使ったのか。なるほど、どうやら本当にいい人のようだ。

┃そして「次はお前だ」と目で語りかけてくる。自分もきちんと名乗らなければ……
┃そう思い、口を開こうとした






               ____
             /      \
           / ─    ─ \   あ、はい。名前は……
          /   -━-  -━-  \
            |      (__人__)     |    ――え?
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ      あ、あれ。おかしいな……?
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l     どうして、え、でも……嘘だお?
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /      いや、普通分かるお、自分の名前ぐらい
         /  `''ー─‐─''"´\
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ベットで笑っていた顔が、徐々に暗くなっていく
┃そして自分の頭に手を当て、なにやらぶつぶつを呟き始める

┃どうやら、なにか問題があったらしい


132名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 22:55:40 ID:dgvrhVco0
>>124
それだったらこの反応はおかしくね?

133名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 23:00:33 ID:2cFiLeas0
おっと異世界からワンチャン?

134七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 23:07:52 ID:sJA06mxw0



           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \    ……いきなりですいませんが、今って1941年の6月……ですおね?
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;





            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉   u    i     お、おう、そうだけど……
      ノ                 |
      `「  ‐-  u    _.ノ    良かった、これはあってる。それじゃぁ――
         レ⌒ヽ   下「「  j
    />/    \_ノ/ `ス
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ      ????
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そういうと、ベットの上の彼は矢次に質問を口にした
┃自分が今いる国はカールスラントであっているのか?
┃この国は今現在ネウロイと戦っているのか?
┃皇帝陛下が祖国から撤退するよう宣言したが、間違ってはいないか

┃などと常識な事ばかりではっきり言って意味不明な質問が5分ほど続いた


135名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 23:09:28 ID:2cFiLeas0
この世界の人間で確定っぽいな現状に詳しいし

136七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 23:22:04 ID:sJA06mxw0





                 | ,;:                      |
             ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;',      |
      〃         |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||        ∠  |
         #;       ト┐  .||___|___||,':         |
              / |.|____.,____________、       |
             / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
     ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
            |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
          /|」 ̄ ̄ ̄'-''〜〜―-ー〜ー〜|」´    /
      / ̄ ̄/|                        /
    /__//|                       /
    |___|//                    /
    |___|/                     /
  /                          /
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一通りの質問が終わったのか、急に彼は黙り込んでしまう
┃感情のわからない表情なまま、顔色を蒼白にしている

┃なにかまずい質問でもしてしまったのか?

┃そう思い、焦った兵士が質問を取り消そうとしたが、それを覆うように彼が口を開いた





           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ      すいませんけど、名前が名乗れないんですお
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o









                  ‐…‐
                /   u   ヽ
             /
             ! u  〈大〉    |      名乗れないって、もしかして宗教的な理由とかっていうやつか?
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :






      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ      ち、違いますお。そんなんじゃなくて……ただ、分からないんですお
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )      え?
  \ ヽ (__人__)   / /

137七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 23:35:40 ID:sJA06mxw0






                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ       本当に分からないんですお……
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、 この国の事や世界で何が起こってどうなったかは覚えているのに、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ       ただ、そこから自分の事だけが本当に綺麗に……
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ  名前も、いままでの記憶も、国も両親も友人もなにもかも
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /   自分を照明することだけが……全て
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /   本当に……き、消えちゃってて……
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /    え? なんで? だ、だれなんだお?
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そうか細い声色で呟くと、またしても両手で頭を抱え込みぶつぶつと……

┃この状況は拙い。明らかに取り乱し、錯乱している。手も震えてきている








          , ─ - 、
        /     u  ヽ
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',              ちょ、ちょっと待ってろ! そこに居て動くなよ!
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l              今から人を呼んでくるから!
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ     わ、分からないお。 ここに居るのは一体誰で、名前が…
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃異常を察した伍長は医者を呼ぶために急いで部屋を離れた

┃少なくても自分では対処できないと思ったのだろう、だれかほかの人の手を借りるべきだと思ったのだ


138七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 23:44:35 ID:sJA06mxw0




 〃==================ヾ 〃==================ヾ
 ||〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜|||〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜||
 || i li                           li ||| i li                           li ||
 || i li | !                       i li ||| i li | !                       i li ||
 || i li | !                       i li ||| i li | !                       i li ||
 || i li | ! li                     li i li ||| i li | ! li                     li i li ||
 || i li | ! li                     li i li ||| i li | ! li                     li i li ||
 || i li | ! li i                 li i li ||| i li | ! li i                 li i li ||
 || i li | ! li i | ii           i  | li i li ||| i li | ! li i | ii           i  | li i li ||
 || i li./ ̄]|i i | ii           i  | li i li ||| i li | ! li i | ii           i  | li i li ||
 || /[   ] ,,,  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ,,\ .l ii           i  | li i li ||
 || {_________________________}  ii           i  | li i li ||
 ||〜|| || 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜|||..〜〜〜〜.|| ||....〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜||
[]ニt...||=.||================[][]ニt===..||.=|| ============[]ニ]
.    || ||                                || ||
.    || ~                                    ~ ||
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃伍長は急いで彼を治療した衛生兵を探し出すと、無理やり引っ張っていき彼を診せた

┃衛生兵はこんなの専門外だ!と不満を漏らすが目の前で怯えるように自問自答を
┃繰り返す彼を見かねたのか。出来る限りのことはすると言って部屋の扉を閉じた








          _冖___
.          / | |  ヽ
       /   | |   ヽ      ふぅ〜、ったくよぉ。なんだってんだ
.         |∪      └|
.         ( ニニニニニ l
.         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔
        . (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )
.     / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、
.    /  ,'|  i\(0)只(0)// ̄`ヽ、
.    |__/ | ヘ__/  |      ヽ、
.    |\_|   ,'     |\     ヽ
.    |   |   i     ヘ \―----'゙
.    |   |   |      \|     |
  ..| ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |
.   |    |ヽ          ヽ __--i
.   〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |
.    |\\\| ̄|i i i i`ニニ_//\ \ |
.    |へ\\\ |冂冂|  |冂 /   /ヘl
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の扉が占められてから数十分が経つと、不意に扉が開き、先ほどの衛生兵が出てきた

┃そして伍長を見つけると耳に口を近づけ、小声で話し始めた



139七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/07(日) 23:57:21 ID:sJA06mxw0
すいません、眠くて頭が回らなくなってきました
今日はここで終わりにしたいと思います

次に投下するときにはなるべくスムーズにできるようにしますので、
お付き合いしてくれた皆様、本当にありがとうございました

140名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 23:58:27 ID:jkXnBw820


141名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 23:59:02 ID:jL4LeBsg0
おつおつ
続き楽しみにしてる

142名無しのやる夫だお:2013/04/07(日) 23:59:26 ID:Kqob2S5w0
乙。どれくらい安価あるかはわからないけど、安価を度々いれるならそれなりの速度がないとアレだしな

143名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:00:33 ID:caR90TB60
っ乙

144名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:00:48 ID:sDygr.qA0


145名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:02:15 ID:VPvAOPCA0


146名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:02:58 ID:OfzpAqbs0


147名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:03:22 ID:l3Zv/g5Y0
乙ー

148名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:04:58 ID:K5.uIT8E0
乙です、数少ないストウィチ二次作品ですから応援してます

149名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:08:49 ID:RrlOlC/A0


150名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:09:29 ID:5U5zdvT.0


151名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 00:12:20 ID:Wdh/MSdw0
乙ー
いやー、楽しみだわ

152名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 02:46:10 ID:w2BcGwDc0

ストパンってあんまハードな描写は出てこないけど実際はこんなもんだよな
続くことを期待してます

153七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 13:20:26 ID:XWw2s./Y0
起きて自分が投下したものを再び見直してみると「なんだこれ」……みたいな感情が湧き上がってきた
ちゃんと書きためしてあった奴と即興を比べると目も当てられない……
っていうか書き溜めも結構誤字ミスがあるし……

あたしって、ほんとバカ



とりあえずレス返ししますね



Qとりあえずハーレムはあるのかどうか
A,>>1とスレの皆さんの頑張り次第です。目指せマテリアル+αハーレム

Qうーむ原作知らんのだが問題無いだろうか
A,魔法についての説明やネウロイについての解説も本編でする予定です

Q性別がどうとか以前に男の魔力持ちはクッソ珍しい + めちゃくちゃ出力が低い
で基本使い物にならんと聞いた覚えがある
A,はっきいえば>>1も分からない事ばかりです。いろいろ資料を漁っても有名な太古の英雄が
 ウィザードだった……ぐらいしかありませんし……。情報求む

Q処女じゃないと魔力落ちるがな!
A色々イチャラブ展開をだしたい自分にとってある意味一番の鬼門なんですよね、この設定……
 べつにがっつりエロが書きたいと言う訳じゃなくて、ピロトークみたいな甘い感じが好きなんですよ……

いろいろレスしてくださって本当に嬉しいです。いまから書き溜め頑張ります

……即興でも書ける人はほんと速いんですよね。文章もしっかりしてるし、チープな表現もない
どうやったら5分で書けるようになるんだろう……

154名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 14:35:56 ID:fNC8Mi2s0
> どうやったら5分で書けるようになるんだろう
作風とか作者の向き不向きも大きいのではないかな?
カオスな安価も違和感なく捌けるような雰囲気であるとか、勢い8割で統合性は後から付いてくる(付いてこさせる)作者もいるし
あと1レスをただ早くするだけなら、1レスの情報量を減らせばいい。
情景描写を先にある程度して、後は会話を中心に回すとかもある。今は同時でやってるけどどっちがいいかは1次第じゃないかな。

155名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 16:01:14 ID:Y8Z6LnQQ0
適度にシリアス、適度にイチャラブ展開がある方がいい俺としてはウィッチとやる夫が付き合えない環境は微妙
戦争中だから付き合いにくい程度ならまだいいけどまったく付き合えない、付き合うと妨害入りそうなのは嫌というか
妨害程度ならいいが別れさせられる
ぶっちゃけ、処女じゃないと魔力落ちるみたいな都合の悪い設定は切るとかしないとまずいかも

156名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 16:13:28 ID:RrlOlC/A0
それも大事な意見だしそういうのが多いかもしれんがみんながそう思ってる訳でもないしな
前にあったように戦いや男臭さを望んでる層もいるし
イチャラブ好きだが理不尽にモテるくらいなら男だけでいいと思う俺みたいな奴もいる
すでに原作と同じ世界だが原作と違うコンセプトで書いてるっぽいし
結局作者の書きたいものが一番だろうな
ただ原作設定を自分に都合が悪いなんて理由で変えるのは二次創作としてどうかと思うが

157名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 17:18:13 ID:INhDsYQU0
そんなことより封筒の中身が気になるじゃないか!
そしてイチャラブの有無は割とどうでもいい。 あの原作世界を>>1がどんな感じに料理するか楽しみにしとるぜー

158名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 19:44:44 ID:DrBVbDaE0
>即興で書ける
ぶっちゃけると、アイデアが沸かない時は会話安価で読者に丸投げして、その間に伏線見直したり心情を分析しておく。
自分で全部情景描写と心情描写を書くにしても、パッっと出る時は楽勝だし、
そうでなくとも安価で「何処に行く↓3」とかやってれば情景は出てくるから、あとは会話と心情描写を埋めるだけ。

159名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 20:19:23 ID:4Strfjxc0
話の方針は舞台でも変わると思う
この難民達がノイエ=カールスラントまでのとりあえずの脱出路として、

北へ抜けてリバウ経由ブリタニアを目指すなら「奇跡」の501
東へ抜けてペテルブルクを目指すなら「果敢」の502
南東へ抜けてオラーシャ南部を目指すなら「不屈」の503
南へ抜けてロマーニャを目指すならとりあえず小康状態だが、いずれ「決死」の504

160七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 22:30:51 ID:XWw2s./Y0
ようやく家に帰ってこれた……書きためしてる最中にバイト先の店長が家に来てびっりしました……
いろいろ対策を書いてくれてありがとうございます

たしかに>>158さんの言う通りのやり方が一番……って、これ!これです!これなんです!

こういう安価を入れようとして失敗したのが昨日の深夜の奴なんですよねぇ

書き溜めするって言いましたけど、区切りが良い場所まで本当にあと少しなので、書きたくても書けないんですよね……

とりあえず、なんか勉強した方が良いのかなぁ。小説の書き方とか……

161名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:36:09 ID:46FjTkDA0
習うより慣れろ。だよ。

162名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:37:29 ID:etbPxf0o0
小説と安価スレは全然違うと思う、TRPGのマスターやるのに近いな
時間稼ぎのコツは>>158みたいにあるので、後は慣れかな

163名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:40:03 ID:fNC8Mi2s0
別に勢いでやればいいんでないか?設定で抑えておきたいとことか、絶対守りたいところ、
クライマックスと終わり方辺りは作っておいて後は流れでも。

164七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 22:49:24 ID:XWw2s./Y0
なんなんだろう、ストーリを選ぶような安価じゃなくてさ
こう、選択する場面があって、それぞれを選んでいくとメインストーリに彩と深みが増していくような感じなのかな……
……何言ってんだ私、疲れてるのかな


もし時間があるなら>>158を参考にその区切りがいいとこまで進めたいんだけど……
ちなみに今人っていますか?

165名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:49:40 ID:4Uva/Au60
いないと思ったか!

166名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:50:47 ID:D7ph6VtQ0


167名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:51:02 ID:4c8szMd20


168名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:51:49 ID:37x3azSQ0


169名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:52:01 ID:etbPxf0o0


170名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:53:14 ID:caR90TB60


171名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 22:53:34 ID:fNC8Mi2s0
>>164
そういう安価もあるから大丈夫だ

172七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 22:55:23 ID:XWw2s./Y0
うお、すげぇいる……!
どこに潜んでやがったおめぇら(歓喜)

それじゃいろいろ準備したら始めるけど……また昨日みたいに1レスに10分とかかかるかもしれないあほだから
そのへんは見逃してね……

173七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:05:34 ID:XWw2s./Y0
よっしゃー再開ジャー

誤字とかミスとか何ぼのもんじゃー

174七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:07:17 ID:XWw2s./Y0




         , ─ - 、
        /    u   ヽ
       /u =___   ',
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',        おい、アイツは大丈夫そうなのか?
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ





                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i    大丈夫も何もあったもんじゃねぇぞ
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼の話によると、どうやらベットの青年はいわゆる記憶喪失だろうとのこと
┃精神的ショックによる物なのか、強い衝撃で記憶が吹っ飛んだとかなのか
┃外科治療が専門である彼には到底判断が付くものではなかった
┃どうすれば治るか? とも一応は聞いてみたが、返事は分からないの一言









                _ ,,..
              ..-,'冫'''' _ヘ、
             ./  ' '     ヽ
             l_____エニ│       強いショックを与えればなんかの拍子に戻るってよくいうが
             l―――‐, Θ│       まぁ、絶対にやめたほうがいいだろうな。
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |       こういう中身の怪我って言うのはすげぇ敏感だし,繊細なんだ
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |      下手なことして取り返しのつかない事になったら承知しねぇからな
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───┐
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ          そもそも医学的にもそんな確証もないし
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽl
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃先程まで錯乱していた青年も今では落ち着きを取り戻しているらしい
┃世話焼くのもほどほどにな、と一言投げかけると衛生兵はどこかに行ってしまった



175七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:08:06 ID:XWw2s./Y0




             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋な中では一応は落ち着いているが、それでもまだ不安そうな顔つきをした
┃青年がベットの上で震えている

┃もし自分も、いきなり自分の事を忘れたらこうなるのかと伍長――ミックは
┃嫌な妄想をしつつ先程まで座っていた椅子に座りなおす

┃そして伍長は、自分が何か大切な事を忘れているような気がしたのだが……
┃何かは思い出せなかった


176七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:12:41 ID:XWw2s./Y0




                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |         おう、もう大丈夫なのか?
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :



           _-─―─- 、._
         ,-"´          \      あ、はい。さっきの人がいろいろしてくれたおかげで何とか……
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ    それと、さっきはすいませんでした。いきなり取り乱しちゃいまして
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\






          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',       なぁに気にすんなよ。
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',       どんなに強い人間でもいきなり自分の事が分からなくなったらそうなるって
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ

177七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:17:57 ID:XWw2s./Y0







      ____
    /      \
   /         \
 /            \      あ、はい。気を使ってくれてありがとうございます
 |   _,   /        |
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
   |  | ゝ_ \ /  )
   |  |__\  ” /.
   \ ___ \ /

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃二人して愛想笑いをうかべると、そこで会話が途切れてしまう

┃どうやら二人とも先ほどの事で負い目があるのかお互いが話しづらい
┃空気になってしまったようだ

┃このまま喋らないというのは失礼だしなにか話のタネをつくらねば……

┃       下3  なにについて話してみる?


178名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:19:18 ID:etbPxf0o0
自分の持ち物が無かったかどうかについて

179名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:20:10 ID:RUNcrpFU0
手紙を渡す相手の所在について

180名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:20:47 ID:37x3azSQ0
自分のこれからの境遇について

181名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:20:50 ID:OfzpAqbs0
自分を見つけた時の状況について

182七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:25:19 ID:XWw2s./Y0




                  ___
                 /     \     ところであのー、自分の事についてなんですが……
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |












            ̄
       /        ヽ      どうした、なにか質問でもあるのか?
             〈大〉      隊長からは特に何も口止めされてないし、疑問があれば答えるぞ
       |    _ -―…‐ 、{
     ノ__ . イ「      _ レ′
     `Y ヽヽ乂_.∠  \
        乂ノ人〃⌒ヽヽ    )ヽ
      / ̄ヾ{{   }}}  ノ  }}
     ,〈: : : : : :乂_ムイ<ヽ__ノ
  : : : : : \.: : : : : : : : :.:|/´|






         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\         えぇ、その、自分って今どんな感じの扱いなのでしょうか……?
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |        いまはよく分からない家の中で軍人さんと二人っきりですし
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

183七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:30:46 ID:XWw2s./Y0






                 ,.‐ ミ
            //       (Y⌒Y)
        __ , __  __屯已[_           扱いって……ただの負傷した難民ってかんじだな
   C)=≠ljw、|: : : : : ,.イ: : : Y: : : :`:、
     / /     ¨_,.: :' : :;[]|: : :|: : :〈: : :!         それ以上でもそれ以下でもないし、とくに特別扱いはしないつもりだ
        _,.イ: : : :_:ノ{~ : : :|: : : レ : !
 (()==≠ljw、>''¨  ,宀;:_:⊥:_:_;゙ : :|         だからって無下にもしないぞ、皆おれたちが救うべき人たちだからな
               Y´!  l  「 ̄j
    ||       ,小」 、 _ / r’

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃どうやら自分は周りにいる難民たちと同じ扱い……らしい。
┃雨に打たれていた記憶喪失の青年と言う怪しさ満点な過去なのに
┃これといって気にしていないのは幸いなのだろうか?

┃そしてこの伍長、なかなかどうして。正義心の塊のような人だった……

┃        下3    他に何か話題を……


184名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:34:06 ID:4Uva/Au60
今のこの隊の目的地ってどこになるんです?

185名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:34:20 ID:JUWZ14Po0
ここがどういう国なのか教えてもらえませんか?

186名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:34:59 ID:etbPxf0o0
自分が倒れていた時の状態について

187七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:42:17 ID:XWw2s./Y0





                  ‐…‐
                /    u  ヽ
             /
             ! u  〈大〉    |         状況……っていわれてもなぁ……
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、      あの豪雨の中を道に沿ってて歩いてたら、少し離れた場所に倒れてて
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :   普通に放置された死体かと思ってたぞ
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :









          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',           他に何かあるって聞かれれば……特に何もないな
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',          誰かが居たとしてもあの雨だしいろいろ流されて分からんし
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、      ほんと、どうしてあんなところに居たんだよ?
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ



┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんなの聴きたいのはこっちである……そう心で突っ込んでしまう

┃それから他にも自分を見つけた時のことについて聞いてみたが
┃これといった情報はなかった……

┃    ラスト 下3 何か話題を……


188名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:42:52 ID:4Strfjxc0
この隊はどこに向かっているのですか?
ウィッチの支援はないのですか?

189名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:43:42 ID:FpbjML2E0
自分の持ち物が無かったかどうかについて

190名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:44:39 ID:caR90TB60
>>188

191七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/08(月) 23:52:16 ID:XWw2s./Y0
おぉ、説明しようとしたことがスナプされた。パーフェクトだウォルター……







      ___
    /       \      あの、つかぬことをお伺いしますけど……
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ





          , ─ - 、
        /        ヽ         どうした、そろそろ夜間哨戒があるしこれが最後の質問だぞ
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ





┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃最後の質問だという事で、自分が知りたがっていたこと……
┃この難民たちの群れは何処に向かってるのか、ここにウィッチはいるのか

┃この二つの尋ねてみる

┃特に最後の重要だった。もしも、本当にもしもの話だがネウロイが襲ってきたら
┃自分たちはどうすればいいのだろうか、ネウロイを倒せるのはウィッチだけなのだから


192名無しのやる夫だお:2013/04/08(月) 23:54:50 ID:4Strfjxc0
ウィッチのいない戦場の絶望感半端ない

193七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:00:15 ID:7T8CYqd.0



          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',      ……そうだな、先ず俺達が向かってる場所について説明するか
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そういうと伍長はポーチから地図を取出すと広げ、指をさして説明し始める












                 ,.‐ ミ
                 (Y⌒Y)      先ず俺達が居るのは……ここだな。ミュンヘンから少し離れた田舎町だ
        __ , __  __屯已[_
    C)=≠ljw、|: : : : : : :l : : :Y: : : :`:、
           ¨ ‐ : :_[]l: : :.|: : :〈: : :!
                 {~ : : :|: : : レ : !
               ,宀;:_:⊥:_:_;゙ : :|
               Y´!  l  「 ̄j
               ,小」 、 _ / r’
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言って指されたのはミュンヘンと書かれた地点から北に少し上がったところ

┃そして次に刺されたのは……フランクフルトから少し西に移動した地点だ

┃そこには赤いインクで×が付けられている



194七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:07:45 ID:7T8CYqd.0





        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\
  ./ .イ '(●)  (●) \       この×印ってなんですかお?
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |
  .\ ヽ           /





                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |     ……今ここにビフレスト作戦に逃げ遅れた奴の大半が集まってるんだよ
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、       なんでもここに行けば、この地獄から逃げれる算段があるんだってさ
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :

195名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:09:03 ID:XysIgs660
ライン川か

196七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:16:39 ID:7T8CYqd.0





                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \   ……え? 逃げ遅れたって一体……?
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |




                  ‐…‐
                /       ヽ         そのまんまだよ、そのまんま
             /
             !    〈大〉    |      国民の撤退の為に時間稼ぎでそこに残っていた部隊がかなりいたんだ
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、      そんで、撤退に間に合わず国に置き去りにされた。ひでぇ話だよなぁ
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :   国の為に戦ってたのによぉ……
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃なんでもカールスラント皇帝は兵士を見捨てるなと勅命を出していたのだが
┃それを聞かなかった士官が大勢いたらしく、さっと見捨てて自分たちだけは
┃安全な場所に避難したらしい

┃なんとも、まぁ、耳が痛くなる話だ



197七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:25:38 ID:7T8CYqd.0







            ̄
       /        ヽ
             〈大〉          そんでもって、ウィッチについてだが……
       |    _ -―…‐ 、{
     ノ__ . イ「      _ レ′        はっきり言う、ここには居ない。
     `Y ヽヽ乂_.∠  \
        乂ノ人〃⌒ヽヽ    )ヽ      オストマルクから逃げてるときには何人かが護衛でいたが、
      / ̄ヾ{{   }}}  ノ  }}       燃料のせいで補給に帰ったきりそのままだ
     ,〈: : : : : :乂_ムイ<ヽ__ノ
  : : : : : \.: : : : : : : : :.:|/´|





            ____
          /      \
        /_ノ   ヽ、_ \         え、で、でもそれってネウロイに襲われたら終わりじゃ……
       / (●)  (●)   \
       |     (__人__)   u   |
r、     r、\    ` ⌒´     ,/       そうならないためにもこっちはいろいろ工夫してんだよ>
ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ          輸送用のトラックを囮にしたり、金属はなるべく持ち歩かないとかな>
 \>ヽ/ |` }             ヽ
   ヘ lノ `'ソ イ            |  |     え、えー……
    /´  / ./ |         |  |
    \. ィ_ノ .|         |  |
         |         |  |

┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そのおかげで移動手段は徒歩だけになっちまったがな、と一言

┃……たしかにネウロイは金属に反応して寄っても来るが、なんともまぁ
┃危なっかしい綱渡りだった

┃そして自分は今、そんな危険な綱の上に居るという事を忘れてはならない


198名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:29:32 ID:XysIgs660
ロマーニャからの支援部隊かな
欧州機はなんせ航続距離がなぁ

199名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:31:01 ID:BKsBITD.0
地獄のような撤退戦とは戦争狂歓喜ですね

200七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:31:57 ID:7T8CYqd.0
            「l
            | |
            Ll ,.- ミ
            | l i ____i
            Ll Kしr‐J_        やべっ、もうこんな時間だ!
            | | 》[}}l_人リ_        はやくいかねぇと隊長にどやされるぜ
            | |´`Y´: :_: : : :ハ
        「レミ: :; : : H: : /: : ;
        /ノ 「」:/: : ::Y: : Y: : :.
       i´ イ|: ヽ:.: : : : :.:|: : : :
        乂__l:|ニ∧二ニミ介: : :j
        (,|_|  |    ヾ「 ̄ 〉
           |  〈     l| _/
        F|  ヽ /  /  |
        | |   ∧   ト、.イ
           `|   .   .   | j j
         |  ′    ゙Y
          j  |   |   |
           (   〉  、
           ├―{   〉_j
           |  |   |  |
         _> 〈    、 _ j
       (二 ..」    L _ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分がおかれている危険な現状について知り、冷や汗をかいていると伍長が立ち上がる
┃どうやら交代の時間らしく、今日はこれでお別れらしい

┃自分はどうすればいいのか聞くと、今日はこの部屋で寝泊まりしていいとのこと

┃それだけ確認すると伍長は銃を持ち、出て行ってしまった


201名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:33:27 ID:EMCE8MVY0
結局やる夫が何者なのかと当面の目標が分からんのでどうにしてもしょうがない

202七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:35:20 ID:7T8CYqd.0
                 | ,;:                      |
             ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;',      |
      〃         |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||        ∠  |
         #;       ト┐  .||___|___||,':         |
              / |.|____.,____________、       |
             / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
     ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
            |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
          /|」 ̄ ̄ ̄'-''〜〜―-ー〜ー〜|」´    /
      / ̄ ̄/|                        /
    /__//|                       /
    |___|//                    /
    |___|/                     /
  /                          /
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼が哨戒に行ってしまったことにより、部屋には自分一人しか居ない

┃さっさと寝てしまうのが一番だが、奇妙な事にまだ寝つけない

┃この空いた時間に何かできそうだ……

┃       下2 何かできそうな範囲内であれば好きな事を


203名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:36:29 ID:wOUxViQw0
自分の所持品を調べてみる

204名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:36:32 ID:7sGoYUMY0
封筒のことでも思い出すか考えるか

205名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:36:50 ID:RmG7KKVU0
部屋の探索

206七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:44:50 ID:7T8CYqd.0





        ____
       /    \
.    /          \      そういえば、自分の荷物とかって無かったのかお?
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   あれば自分の事を知る手掛かりになると思うんだけど……
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう思い、自分のポケットをまさぐっていると……あった。

┃胸ポケットからなにやら厚い紙のような物が出てきた……










                                                    ___
                      ___    ,, .. ,     -‐=           ̄      |!
                          |!                                 |!
                       |!                               |!
                          |!                                   |!
                       |!                                 |!
                          |!                                     |!
                       |!                                   |!
                    |!                                 |!
                       / `ヽ                                |!
                  }___j                                  |!
                   イ    }                                |!
                                                       |!
               //     .′                               |!
              ′      {                                 |!
             / /      { ___                              |!
                 ′ノ       `ヽ⌒ ≧=‐-     ___                  |!
                              >  ¨¨´⌒ ≧=‐-     ___       |!
               {          } \   〉′                 ⌒  ≧=‐┘
               {          }   丶{
               {          }     {

┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃出てきたのは、なんというか高級そうな封書だった

┃蝋で固められた開け口以外は特に何もなさそうだ

┃宛先も差出人の名前も何一つない

┃    下2   どうする?


207名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:45:29 ID:BKsBITD.0
オープン・ザ・セサミ!!

208名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:46:04 ID:C4pCs46E0
あけて中身を見る前に外装を詳しく調べる

209名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:46:04 ID:CWNlOup20
開こう

210名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:46:37 ID:Zkg6z4Ig0
光で透かしてみる

211名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 00:47:32 ID:m65J5vC60
封蝋に印があったら開くのちょっと躊躇うが、さてはて

212七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 00:58:59 ID:7T8CYqd.0




         ____
       /      \       しゃぁないけど、開けてみるお
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    本当に自分のかどうかは分からないけど……
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分あてではないかもしれないが、それでも構わないだろう。
┃もしそうであるなら後で謝れば済む話なのだし

┃彼は自分の記憶を取り戻すことを優先し、なにかを象っているのか
┃特殊な形をしている蝋印に手間取ったが、丁寧に解いて行った







         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::.
     ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.
    :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::.
     :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.
       .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、
       :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
       .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
   :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -
     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃中にはいくつかの手紙と思わしき紙が入っていた
┃早速な髪を拝見しようとした……のだが、視線が不意に移り、文様の付いた
┃封書の方が気になってしまう

┃好奇心の方が勝り、手紙ではなく外装の方を見る事にした


213名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 01:00:21 ID:ByJrx6Xg0
使う予定のAAは先にmltをまとめておくとか工夫はいるよな

214七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 01:09:17 ID:7T8CYqd.0




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \       んー何かあると思ったんだけど、何も無いお
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |     ただの過剰包装か……って、ん?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃手紙が入っていた袋の中を覗いてみたが、特にきになる様子は無かった

┃ただの勘違いか、そう思い手紙の方に手を掛けようとして……そこであることに気づく









..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)       なんだお?
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃袋に近づけていた顔を離した際に、一瞬だが微かに臭いがした

┃部屋の臭いや手紙に付ける香水とは違うが……どこか懐かしい臭いだ

┃袋からか手紙からかは分からないが、それでも何かが付いているのは分かった



215七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 01:10:07 ID:7T8CYqd.0
ちょっといったん中断、>>1の集中力が切れてきて書く速度が遅くなってる
ほんとごめんなさい

216名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 01:11:05 ID:C4pCs46E0
即興は難しいらしいから大変そうやね

217名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 01:11:19 ID:CWNlOup20
一旦乙

218名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 01:12:47 ID:iadZY3Fc0
乙ー

219名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 01:14:18 ID:wOUxViQw0
一旦乙

220名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 01:15:07 ID:C4pCs46E0
一旦乙です

221七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 01:18:02 ID:7T8CYqd.0
ごめんね、この時間になってくるとどうしてもねー
っていうか>>208、あんた鋭くね?
いや、たしかにそれっぽい描写もしたけどさ……

222七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 01:37:54 ID:7T8CYqd.0
再開
そろそろ進めたいところまで終わるので、あと少しだけ付き合ってくれると嬉しいです






        ____
       /    \        香り付け用の香水かなぁ……。いや、でもあんな変なにおいの香水なんてあるのかお?
.    /          \
.  /    ―   ー  \      これを書いた人って自分じゃなくて、もしかして貴族とかそういう人だったりして……
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃もう少し調べようかと思ったが、そう考えた途端なにか恐ろしい感じがしてしまい
┃そっと手紙を封書の中へと戻す。これを見るのはまた次の機会にするとしよう

┃ふと壁に掛けられた時計を見てみると、もう夜も深い。そろそろ寝るべきだろう

┃              一部のイベントがアンロックされました


223名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 01:45:02 ID:CWNlOup20
しばらくはこれ関連のイベントかな

224七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 01:46:41 ID:7T8CYqd.0





               ____
             /      \
           / ─    ─ \      いろいろあったけど、とりあえず
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \









               ____
             /      \
           / ─    ─ \      おやすみなさい
          /   (―)  (―)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の明かりを消し、真っ暗になった部屋の中で一人言葉を口にすると
┃目を閉じる。

┃明日から自分はどうなるのだろうか。そう考えるといいようの無い恐怖が自分を襲ったが、
┃やがてその気持ちも薄れ、ゆっくりと眠りにつく。



┃              自分の身に、危険が迫っていることも知らずに


225七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 02:05:10 ID:7T8CYqd.0
すいません、エディタが応答なしになって停止しています

ちょっと今日の投下は終わりにさせていただきます

226名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 02:07:14 ID:wOUxViQw0
了解、乙

227名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 02:07:29 ID:CWNlOup20


228名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 02:23:50 ID:C4pCs46E0
乙ですー
>>221
だって手紙は中身も大事だけど外装関連にかなり意味があることが多い物だもの
やっぱり中身より先に外装調べないとねー、当たっててよかったわw
外装関係は時間で駄目になるのも多いし見つかってよかったわ、そして最後の一文が不吉やなー

229名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 12:37:49 ID:W8ITz/Bc0
あぶってみるか?

230名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 12:47:40 ID:5n3XUCXo0
あぶるのはいいけど燃える可能性も罠としてあるかもしれんし、最後の最後がいいと思う。

231七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 14:01:26 ID:7T8CYqd.0
今日の昼ごはんはペペロンチーノですよっと

昨日は途中で終わらせてすいませんでした。結局エディタは再起動しても停止したままなので
インストールしなおしてようやく動きました。

ですが、昨日でようやく安価もやれましたし、いまから書き溜めて行けば明日には投下できそうです

それにしてもこれは本当に安価と名乗っていいものなのか……



ふと思ったのですが、ストライクウィッチーズの世界では女の子は全員パンツがズボンです

つまり、マテリアルズもあってみたらスカートはいてなくてパンツが……







                             /`丶
                     -  ̄ ̄ ̄`ヾ     \        例 レヴィ・ザ・スラッシャー
                _/ ̄>´       `ヽ   \    \
             /:/ { // 〃i  __i从_l_  i ̄ \    \
             /::::://:}    ! !1 八ィテ斥ァ  |::::::::::::\    \
           ⌒7/:::::::/   i/ i/   V以'i  l|\::::::::::::\     \__
            〃:::::::/    |! __   ''''|川 / ̄ ̄ ̄ \     二ニニ=-
            /厶彡厶 イ  八{以 、   j/i Ⅳ あぅ……   ` ー=ニ二
            /  /  / :| |i ∧'''  r 、 / !  !              `ヽ
       /  /  /   i/八ハ込、__. イ  |---.、             }
      /  /  /    / /____〕}}: : :i  }: : :/ '.               |
    /  /  /     / ///: : : : 〃: : :.  /:.∨  i             |
   /  /i  /    / //: ´: : /: /!: : : :./ /: :./   .              /
  /  /  .i/ __彡' /  {: : : : ∨/::i: : : / {: :/   /           /
. /  /     ⌒7 //    |: : : : :.}{: : 八:_:_{____`ヽ   /            /  /
/  /       /イ} /    八: : : イ 〉: : : : : : : : /}リ  /             / /
  /       /' iリ八_    /: : :///: : : : : : : : /{/  /!            /
. /        /´      /: : : i//: : : : : : : : : : i  ///i|            /
.{                  /: : : :.j/: : : : : : : : : : :_|__////i/!         {
八                 . : : : :.{{ }: : : : :./   {二>'////       ∧
  \              _i: : : : :i | i: : :/    /}///////       {  \
ー―一`             |   `ヽ!.| i/   /: : :∨////           ー- 、\
                   ト、   /⌒ヽ/: : : : : : :\//            ) ノ
                    j: : ヽ/   /\: : :/ ̄ \\           /´
               /: : /`丶/     \     `ヽ〉
                 /: /  /: : \    \      |
              〃/!  /:.:|i: : : :/\____〉     |
             {{/└‐ {: : :|i: : :/              |
             |     ∨ |i:∨            i
             |    ⅥⅣ  _.. -―――-. .  ,′
             |   _Ⅵi{/: : : : : : : : : : : : : :ヽi
             |〃: : : : : i:.リ: : : : : : : : : : : : : : : : :.|
             |: : : : : : : i/: : : : : : : : : : : : : : : : : :;
                ‘: : : : : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
              ‘: : : : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : :/





きっとこんな感じ

232名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 14:13:09 ID:W3IDFA4k0
レヴィのスカートっぽいのはサーニャのベルトと一緒じゃないかなw
てかレヴィやフェイトだとほとんど変わらないwwww

233名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 15:18:50 ID:YFHmeXLk0
放熱の構造の問題というまじめなりゆうがあるからね、しかたないね

234名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 16:00:45 ID:CWNlOup20
あれってユニット履くのにもあの形じゃないといけないんだよね
つまり原作にはないが仮に男にユニット使えるくらい魔力があったら…

235名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 16:35:27 ID:0fozbgDw0
男のウィッチ(ウィザード?)なら短パンとかじゃないとストライカーユニット履けないよねぇ

236名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 16:43:31 ID:BKsBITD.0
>>235
ジャパニーズフンドシがあるじゃないか^^

237七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 17:53:16 ID:7T8CYqd.0
書き溜め中の息抜きで、少しかんがえてみたいことがあるんだけど


ネウロイの装甲?ってさ、確か硬くて再生能力が凄いのってのが設定されてるんだけど

でも、88(アハトアハト)クラスの火砲なら中型でも何とか倒せるらしくて

アフリカで出てきた飛行杯ことフライングゴブレットみたいな小さい奴でもツングースかみたいな
対空気銃でようやく落とせるらしい

……それじゃあ歩兵に銃を持たせ突撃させるのってすごく不効率じゃないの?

あんな口径の銃じゃ演出用の火花ぐらいにしかならないし、そりゃ人なら掃いて捨てるぐらいいるかもしれないけどさ……

238名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 17:55:33 ID:ByJrx6Xg0
牽制と囮と時間稼ぎじゃないかな

239名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 17:57:35 ID:3W7fBUVw0
対空機銃ってモノにもよるけど重さが何百キロもあるから移動に不向きだからーとか

重火器が来るまでの時間稼ぎor重火器のとこに追い込む牽制で歩兵を取りあえず動かすとか考えたけどどうなんやろ・・・・

240名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 18:03:24 ID:CWNlOup20
市民に向けてウィッチ以外も働いていますよアピールとか

241七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 18:06:35 ID:7T8CYqd.0
Q歩兵ってなんですか?
A,全自動式移動型肉壁です


歩兵ェ……、そりぁ、まぁ、戦術的にはこの上ない上策なのかもしれないけどさ
人為的にどうなのよ……って、そんな悠長な事言ってられない状況なんだよね、あの世界

アニメ版ではブリタニアに寄ってくるから海上防衛がおもだったから描写が無かったけど
ミーナ隊長がこっちに来る前までの欧州撤退戦は地獄だったんだろうなぁ……

ウィッチは過労で負傷、下手すれば魔力が枯渇して一生とべなくなるし

扶桑海事変でさえかなりヤバかったらしいんだよね……

242名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 18:07:24 ID:eIY8zwoQ0
>>1でやる夫スレ初心者って書いてあるのに、私はスレ民の期待を裏切ることに定評がありますって誰から評価受けたの?

243名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 18:09:00 ID:ByJrx6Xg0
そもそも戦争で人道的とか考えてたら余計に自国に損害がくるし

244名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 18:10:21 ID:CWNlOup20
火力はともかくウィッチ以外に十分な防御力と機動力が無いってすごいマゾ設定だよな

245名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 18:14:55 ID:BKsBITD.0
ネウロイがマブラヴとかガンパレよろしくで人間再利用してたら、思春期の女の子の精神を効率よく破壊したんだろうな

246七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 18:21:42 ID:7T8CYqd.0
>>242 自分が好きな作家さんがよくこんな事を書いててそれを真似しただけです
    でも、ある意味間違ってないよね? 実際みんなの期待を下回ってるし……

>>243 そのうち戦闘機に爆弾たんまり載せてネウロイに特攻する神風特攻隊とかできるのかな……

>>244 本当にそれですよね。こられてウィッチいなかったら即アボンとか無理ゲーすぎる

>>245 ウィッチをさらって洗脳して元の部隊と戦わせるといった鬼畜なネウロイさんが居ましてね……

247名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 18:27:58 ID:CWNlOup20
ていうかビーム弾幕連発ってなんなの?
敵の性能が頭おかしい

248名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 19:31:12 ID:0fozbgDw0
初期は実弾系だったらしいが、ビームって酷いよね

249名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 19:36:57 ID:5n3XUCXo0
一気に進化し過ぎw
まあ、実弾系だとウィッチの活躍が大幅に減少されるから話としては仕方ないだろうけどなw

250名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 19:41:08 ID:0fozbgDw0
対ウィッチ用に武装?が光線系に進化したらしいがそれにしたってイジメだよね

251名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 19:41:34 ID:3W7fBUVw0
ネウロイは巡洋艦を瞬殺できる。  戦艦大和の主砲ですら大型ネウロイを倒せない。  男どもマジ肉壁

252名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 19:43:17 ID:VPvVKCSQ0
大型の重爆撃級ネウロイとか来たら、軽く街の一つ二つ撃墜までに焦土と化すのだろうな

253名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 19:45:47 ID:CWNlOup20
事実上バリアでしか相手の攻撃防げないから機動力無い戦艦じゃあね
というか戦艦軽く沈める火力ってのも酷いが
あの世界の戦艦は攻撃よりもウィッチ打ち出す空母の役割の方が多いか?

254名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 20:41:00 ID:eRHBaZlY0
普通に考えて治安維持とかじゃないかな。>歩兵
何もない平原でひたすらネウロイだけを考えてバトルできるなら歩兵要らないけど、
民間人の誘導その他諸々を考えると、歩兵なしは無茶だと思う。

255七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 21:23:03 ID:/pB4bZJE0
そういえば伍長たちについて解説してなかったなぁ、あとで解説しようかな

大型航空ネウロイなんて戦艦をバターのように切り刻むしね……

ケイズリポート2だとセンチュリオンとかいう囮艦が活躍してたね

居住区に浮力材詰め込んで簡単に沈まないようにしてたけど、効果あるのかな……

そういえばネウロイに火ってきくのかしらね

256名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 21:31:33 ID:BKsBITD.0
ネウロイの正面に捕まえた生きた人間が首を出して、殺してくれと呟くんだ!
もちろんネウロイが破壊されたら、ド派手に爆発四散して赤い雨を振らせ絶叫しながら散っていく。
これでさらに相手の心に響くはずだ!!・・・ガンパレも大概だなー・・・

257名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 21:33:17 ID:5n3XUCXo0
やめて

258名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 21:48:06 ID:XysIgs660
戦艦の役割は艦砲射撃による沿岸制圧
大型種が小型を搭載してたらその迎撃
ウィッチが壊滅して撤退を余儀なくされた際には、その盾になる

大型航空ネウロイなんて、全体の中ではイレギュラーだから、
そんなもんはエクスペルテンに任せとけばいい
エースにはエース、物量には物量をあてるのが正解

259名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 21:49:37 ID:wlH2yrUQ0
実際小型ネウロイの大編隊くらいならむしろ大和の三式弾のカモみたいなもんだしねー

260七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/09(火) 23:46:05 ID:7T8CYqd.0
今書いてて分かった事が1つあります。

Qなんであんなに描くの遅いの?
A、AAが見つからなくて焦ってしまって文字ミスして消して焦っての無限ループに嵌まるからです


こんどからは頻繁に使うAAは別で保存しといたほうがいいですね


にしてもルーデルはほんと、かわいいですね。クールな感じで、こう、M心が擽られる感じ……

ルーデルさん1941年にはどこに居るんですかね?ブリタニアあたりでしょうか?

261名無しのやる夫だお:2013/04/09(火) 23:48:17 ID:wlH2yrUQ0
案外まだ大陸に残ってたりして

262名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 00:10:21 ID:dlP7c7N.0
バルバロッサに参加してるんじゃないのかね
ノイエのウィッチ訓練校に教官として召還されてるかもしれんが

263七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/10(水) 01:18:54 ID:DHSl72a20
あーもう、書き溜めしているのに言葉が回せない

というか、もうスレたてしてから3日近く経ってるのにヒロインがひとりも出てないってどうなんですかね?

264名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 01:20:18 ID:LskF8lqM0
出せばいいじゃない

265名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 01:21:03 ID:uYFokGm.0
進行が遅くて、薄暗い男臭い作品だと思わせたところで女の子投入かw

266名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 02:59:31 ID:CRquc5aU0
別にこのまま む せ る 作品でも良いのよ?
あんまり見かけないストウィチ世界の現実を描く的なノリも面白そうだしw
本当ならかなりヤバイからねーストウィチ世界

267名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 07:54:33 ID:iQ2DMMtc0
そりゃ、小説・宇宙戦争に端を発する
マヴラブやガンパレ系世界観だしねえ>ストパン

パンツじゃないから恥ずかしくないもん!で中和してるが。

268七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/10(水) 08:30:20 ID:/0xs1uYw0
よし、次の投下には必ず、必ずキューティクルで可憐なヒロインを出してやる……

そしてそのまま厳しい現実の底にヒロインとみんなを叩き込んでやる……

その前に私の文才が終わるとおもうけどね

自分が考えた通りに文章をかける人は凄いよね

269名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 09:29:35 ID:GtHMiR4o0
キューティクルって、髪の艶かよw

270名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 09:45:39 ID:lt1bzaCs0
キューティクル探偵よしか

271七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/10(水) 14:28:06 ID:/0xs1uYw0
ネウロイの代用AAでいいのが見つからない……

大型航空ネウロイなんかは見つかったけど、小型や飛行杯なんかはむづかしいなぁ、いっそのことボールでいいかな……

あいつら一応浮いてるし、丸っこいし

272名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 17:21:01 ID:dlP7c7N.0
ファンネルは?

273名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 18:10:28 ID:sIaQwO.g0
ダライアスリスペクトで魚介類とか。AA録その他汎用AAのマンタやトビエイはそれっぽいかも

274名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 18:45:30 ID:2v9rnylw0
上手く黒く塗りつぶせばそれっぽくなるかな

275七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/10(水) 19:42:05 ID:YlVGn9kA0
すいません、急用が入ったので今日は投下できそうにありません

明日には必ず投下します、申し訳ありませんでした

276名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 19:43:21 ID:eW.LQDRQ0
おこk

277名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 19:46:41 ID:wjS0iZHY0
おふぅ、把握です。

278七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/10(水) 23:08:24 ID:DHSl72a20
ただいまもどりました……
さすがに今から投下は無理なので、今日はもう書き溜めの添削をしつつ、だらぁと雑談してもいいですかね……?

いろいろと説明不足な所もありましたし、なにか質問があれば受け付けます

279名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 23:10:40 ID:X/lw7LCQ0
ヒロインはもう決まってるの?
ハーレムはおk?

280名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 23:11:12 ID:kIA9R9G20
マロニーちゃんって出番あるんですかね・・・・?

281七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/10(水) 23:33:54 ID:DHSl72a20
す、すいません。また緊急の用件で席を外してました……


>>279 大体は決まってますが、話の流れでは出てきますね。ウィッチなのか一般人なのかは区別してきます

>>280 出て来ます。あの人何気に重要なポジションに居ますからね。ウォーロック作ったのもあの人が主導ですし
      こう、軍事の覇権を握ろうとしてウィッチたちと軍部のドロドロ関係を描けたらいいなぁと切に思ってます

282名無しのやる夫だお:2013/04/10(水) 23:36:30 ID:wjS0iZHY0
ドロドロかぁ、わかっちゃいるけど、けどみたい、ああ何てジレンマw

283七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 00:02:15 ID:qlLHl15w0
>>282 怖いもの見たさって奴ですよね、分かります

でもまぁ、501自体かなり先の話なので時間が掛かりますよ。それまでに文才を磨けるよう頑張ります

ちゃんとキャラごとにイチャラブはどんな感じにしようかなって考えてますよ

501メンバーはもちろんのこと、ハンナやルーデルさん。行けるかどうかは不明だけどブリタニアのマイルズ少佐もあります

284名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:04:08 ID:l3rTiXO20
ですです、怖いもの見たさだぜーw

285七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 00:13:43 ID:qlLHl15w0
一応ストライクウィッチーズのダークな部分とかもやろうと考えてるんだけどね。

ウィッチと言ってもなにも不死身じゃない。航空中に撃ち落されて片方のストライカーユニットが破損。

その状態でもなんとか逃げようと上空に向かったところで陸戦ネウロイの対空砲火をもろに受けてシールドが耐え切れずそのまま地面へと……

こんな感じの描写をやってみたい。こう、戦場の一歩裏みたいな、夢をぶち壊すようなシーンを……

……さて、どこかに手ごろな魔女っていたかな。できれば落ちても損しない奴……

286名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:17:43 ID:l3rTiXO20
ヒギィ、やめたげてよぉ

287名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:22:42 ID:X/WZ41A20
西園寺世界さんとか使い捨てられるとこ多いような気がするw
一作品で適当に使い捨もしくはモブ枠固定とかいう技もなくもないかな

288名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:31:41 ID:E9.pGoJE0
おいばかやめろ、さやかちゃんとか結構お手軽に死ぬよなぁ、とか思っちゃったじゃねえか

289名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:36:05 ID:vob0IsJY0
原作ありのキャラをそういう使い方するのはな…
女にはモヒカンとかのちょうどいい奴らがいないのが割と不便

290名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:37:27 ID:OWtkw5zU0
マミさんだろ、そこは

291名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:37:43 ID:sd7xWPPg0
そういえばマロニーさんはツンデレって言う説があるのだがwそこら辺>>1的にはどうよ?
後、史実に居る英雄のオリキャラって出ますか?

292七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 00:39:43 ID:qlLHl15w0
でもあの世界だとウィッチの殉職者の数も半端ないと思うんだけどなぁ

魔女は傷の治りが早いなんて言う設定があっても、さすがにネウロイのビームで焼き切られたら死ぬだろ……

でもスコップだけでネウロイを倒す猛者もいるからなぁ……

293七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 00:44:36 ID:qlLHl15w0
確かに死亡フラグびんびんの魔女と言えばマミさん。その次に並ぶのがさやかちゃんだな……

>>291おっさんのツンデレなんてどう表現していいのか分からないよ……
    でも、言いたいことは分かるんだよなあのおっさん。ネウロイが出てきたせいで世間は女尊男卑な風潮まっさかさまだろうし
    ウィッチが活躍し過ぎるのも問題、かといって頼れるのはウィッチだけ。
    そこでもしウィザードなんか出てきたら……うわ、なんだかたいへんなことになっちゃったぞ……

294名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:44:58 ID:njPas4NE0
ついてないカタヤイネンが何だって?

295七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 00:51:18 ID:qlLHl15w0
史実のオリキャラか……扱いが非常に難しいんだよね
ウィッチって設定上はかなりの数いるから飽和状態なんだよ……

でも出すとしたら誰が居るんだろう?>>1は詳しく知らないけど皆は何か候補とかある?

296名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:51:53 ID:sd7xWPPg0
マロニーさんはウィッチ(女子供)に頼らない戦力の模索
軍人としてか個人としてかはわからないがとにかくウィッチを前線に出したくない
活躍して欲しくない(活躍されると余計それに頼るし志願者が増えるため?)
こうやって肯定的にみるとすごくまともなんだよね
どうしたいのかがしっかりしてて尚かつそうするための方法を模索してるわけだから

297名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:52:37 ID:sd7xWPPg0
せんせーシモ・ハユハさん出そうぜー

298名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:53:40 ID:njPas4NE0
女性の権利は史実より向上してるだろうけど、ISみたいな女尊男卑ではないよ
軍機構も総体としては男尊女卑でウィッチは前線の使い走り、ほとんどは20越えたら前線勤務できないし
要は軍実務レベルとしてはウィッチにあんま予算取られると困るってことだろう

299名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 00:57:14 ID:njPas4NE0
>>295
ノルマンディー上陸作戦にたった2機で突撃かました
ヨーゼフ・”ピップス”・プリラー&ハインツ=ヴォルダチック(しかも二日酔い)

女性名ならヨゼフィーヌとハンネローレかな

300七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 01:01:35 ID:qlLHl15w0
>>296 そう考えるとウォーロックは最後の希望だったんだろうね……

>>297 え、あの人ウィッチにしたら最強だと思うんだけど。どんな距離からでも50calの一撃で絶対コアを外さないスナイパーとか
    あのコピペのソ連兵をネウロイに変えてみようよ、絶対陸上ウィッチとして最強になるから。

>>298空軍大将?だっけ? 確かに重要なポジションは男性が務めてるからそれほどじゃないのかな……
    そうだとするとちょっと残念

301名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 01:08:28 ID:sd7xWPPg0
正直ストライクウィッチーズって空軍のエースはまあまあでてるけど
陸軍を含めればかなり史実の英雄でも設定すらない人が多いんだよね
だからだそうと思えばかなり出せるよなーw

あとハユハさんはサブマシンガンとかも強いけどルーデルとかハルトマンとかよりはマシだと思いますwww

302名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 01:12:44 ID:OWtkw5zU0
不死身男こと舩坂弘とか

303名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 01:17:11 ID:X/WZ41A20
この世界クローンとか試験段階になったら、絶対優秀なウィッチのクローンだとか、
合成した僕の考えた遺伝子最強のウィッチとか作ろうとするんだろうなーww

この世界ってウィッチの魔力運用の伝統的技術とか地方各地ごとの違いってないの?
西洋と東洋で魔術の種類とかある感じで

304名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 01:19:04 ID:sd7xWPPg0
英雄のこと思い出してておもったけどストウィチ世界って船とか潜水艦の英雄が
基本出番無いんだよね・・・・・・ちょっとだけ悲しいわ

305七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 01:37:45 ID:qlLHl15w0
>>301 五十歩百歩だと思います、どのみち人知を超えたエースですし

>>302 ニパとキャラがかぶっちゃいますね、どうしましょう?

>>303 その前に人類が生き残ってるといいね!
     魔術にも違いはあるよ。アフリカ地方にはウィッチに必要な使い魔を必要としない魔術があるし
     西洋と東洋とでは……魔法陣が違うくらいしか知らないなぁ……

>>304 船とか潜水艦の価値が絶賛暴落中ですしね……

にしても人がこんなにいるとは……

306名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 01:40:41 ID:sd7xWPPg0
>>1は人気があるのに基本スレがないストウィチの集客力を甘く見ない方が良い
主の実力も上がって更新するときも認知され始めたらかなり人が集まると思うぜw

307名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 01:53:50 ID:njPas4NE0
潜水艦の価値はむしろ高まってるんじゃね
少なくともネウロイの制圧圏内に潜水状態でハルトマンとマルセイユを送り込めた訳だし

308七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 01:54:55 ID:qlLHl15w0
>>1の人気が上がる日が来るのかなぁ……

まぁ、今はそんなこと気にせず勉強しながらここの皆とこのスレを埋めて行こうかな……

309名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 01:58:58 ID:dphzFYrU0
軍隊の戦いを描くやる夫スレはほとんど内政ゲーだし、敵がネウロイだから純粋に戦争の推移が中心だろうし、
深く考えずに楽しめる戦争系安価スレ(かもしれない)って意外と新鮮で俺はこのスレ開いた時からずっとわくわくしてる

……スレの最終目標が分かんないからちょっと尻込みしてるけどね

310七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 02:04:29 ID:qlLHl15w0
あれ、>>1ってこのスレの目標は話してなかったっけ?

311名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 02:05:54 ID:sd7xWPPg0
>>307
攻撃が出来ないんじゃめちゃくちゃ効率の悪い輸送船扱いだから扱いは悪いと思うよ

312名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 02:12:14 ID:dphzFYrU0
>>310
すいません最初から見直したんですがやっぱり見当たりません。できればおしえてつかあさい

313七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 02:13:53 ID:qlLHl15w0
潜水艦って深く潜ってなきゃネウロイに見つかってビーム打ち込まれるのかねぇ……?

ネウロイって水は嫌うけど、設定では潜水型ネウロイも居るってどこかで見た気がする……

314七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 02:18:56 ID:qlLHl15w0
……ほんとだ、やべぇ、書き忘れてた……、バカとかドジとかそういったレベルじゃねぇぞ私……

主目標はやる夫が欧州から脱出することです

315名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 02:29:53 ID:dphzFYrU0
>>314
ありがとうございます。

欧州脱出、となると当面は難民の移動中にやってくる状況やキャラとの出会いに対応していく感じか
自主的に特別な行動起こさなくてもいい分、気楽なのかもしれない

316名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 02:32:14 ID:sd7xWPPg0
欧州脱出かーウィッチと絡むことが少なそうだなw
>>313
うっそ!?水に適応してないから水際で守ってるんじゃないの!?

317七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 02:40:50 ID:qlLHl15w0
うーん、もしかしたら私の見間違いかなぁ……

でもどっかで見たんだよなぁ……フミカネさんの初期のイラストだったっけ……

318名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 02:47:18 ID:sd7xWPPg0
フミカネ先生の画集に潜水型ストライカーっぽいものなら有ったそうですぜ

319七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 02:55:14 ID:qlLHl15w0
あー、それと勘違いしちゃったのか……>>316のひと、ごめんなさい

潜水型ときいて海底工兵「霆」を思い浮かべるのは私だけなのかなぁ

320名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 02:57:08 ID:sd7xWPPg0
というか>>1さん>>293の一番下の文ってやる夫の立ち位置のネタバレじゃねw

321七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 03:00:48 ID:qlLHl15w0
それは宣言所でも一応明言してるから大丈夫なはず……

322名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 03:02:06 ID:sd7xWPPg0
なるほど

323名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 03:36:53 ID:sd7xWPPg0
質問に答えて頂きありがとうございました
そろそろ自分は寝ますね、さよならです

324名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 19:21:04 ID:vob0IsJY0
史実キャラ出そうにも閣下みたいに劣化させないと出せないのもいるしこだわらなくてもいいんじゃないかな

325名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 19:24:32 ID:OWtkw5zU0
逝っちゃったよ・・・

326名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 19:41:38 ID:sd7xWPPg0
まぁルーデル閣下はねwあの人は本当におかしいからねw
ルーデル閣下に比べると微妙ってハルトマンですらいわれるからねw

327名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 19:46:42 ID:hVn.xqHc0
>>325
つらぽよ
ttp://hukugouzainahibi.blog.fc2.com/blog-entry-712.html

328名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 19:54:34 ID:sd7xWPPg0
マジか・・・・・・ヤマグチノボル先生逝ってもうたんか・・・・・・
マジかよ・・・・・・

329名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 20:33:57 ID:iPpFJup20
いらん子中退になってしもうた

330七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 21:04:18 ID:qlLHl15w0
……え、まじっすか。しんじゃったんですか?

331名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 21:19:13 ID:vob0IsJY0
残念なことに

332名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 21:32:24 ID:l3rTiXO20
お亡くなりになったようです。

333七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 21:45:56 ID:qlLHl15w0
……え、どうしょう。普通にショックなんですけど……

まだいらん子中隊は完結してないんですけど……

うわぁ……と、とりあえず投下は10時30か、11時をめどにしてます

ちょっとお待ちを……ていうかいきなりすぎるわ……

334名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 21:50:57 ID:l3rTiXO20
了解しましたー

335名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:01:45 ID:27mrs14E0
了解ー

336七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:39:47 ID:qlLHl15w0
そろそろ投下していきたいと思います……

ひとりじゃ寂しいので誰かいますかね?

337名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:40:27 ID:MlLtEov20


安価はあるの?

338名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:41:02 ID:y0xCDblo0
いるよー

339名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:41:03 ID:Y9O4gXK60


340名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:41:44 ID:J/FGjFAg0
見てるー

341名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:42:05 ID:SxcKbojQ0


342名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:43:05 ID:vob0IsJY0


343七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:45:33 ID:qlLHl15w0
あぁ、こんなに人がいるなんて……ぎゃくにプレッシャーでお腹痛くなりそう……

残念だけど今日は安価無しです、それと短いかもしれません……

344七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:47:04 ID:qlLHl15w0


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.......:::.:::, ::::::‐:::‐:: ::.:::::.::::::.:::.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:..:..::.::::.::::.::./      :..:..:\:.:::.:::.::::.:::.:......:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..::::.:::./      ..:..:.:::.:::.:::.::::.::.:....:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..
: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ..... ....:::.::|     ..:..:..:..:..:..:..:.....:.:|::.::.:.::.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ...
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..:..:..:..:..:..:....       ...:.i..:..:..:..::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. ヽ       ......:::.:::.::./:::.:.::.:.:......... . .. . :; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,
;:;:゙:;":;";`;:;":、;.. . .. . .. . .. . ...:..:..:..:..:..:..:... .. .:..:.´.. . .. . . . . .. . .:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,.
":;:、;:;";`;i:;/"、;::;":.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. .  .;゛;:゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛;:゛;:; ,.
::;゙;:;":;";`;ll:; ":、;:;":;";. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. .  . ,.:゛;:;`;゛;:゛:;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;:゛;:; ,.
;":;:、;:";`i!l;.〃:;":、;:;":;";`;:;":、.. . .. . .. . .. . .. . . .`;゛;:゛;:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;:; ,.:゛;゙i゙i:;゛;:゛;:; ,.;
;:、;:;":;"//;`;:;":、;:;":;";`;:;":、;:;".. . .. . .. . .. . . ゛;:;`;゛;:゛;:; ,.、...,.;`;゛;:゛゙_,,;:; ,.:_!,i!;;-'''゛'''''゛
""'''''"'''-.._:、;:;〃":; ,.,,.、;:、;: .;.. . .. . .. . .. . .. ..,.,,.、_,,..-‐'' ::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::''
.;'":;. :.. ;'"'":;.``丶、._,,_|i. |‐ー─‐───────‐‐‐|i. |,,__::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::''
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.(_|i/ ,,, ,,, ,,       `          \i|_):"'" ̄'"":..'" ̄':‐.:':'" ̄'‐:'" ̄
.::..:ー..:..::::..:..-::.:..:...::..:./       ,,,,    ,,,,        \.::..:..:..ー::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:-..::::..:..::.:..:.〜
.::..:..:..ー::::..:.,.,,..、 ::../                         \.  ,.,,.、.::..:..:..::::.ー.:..::.:..:...::..:.ー.:..::.:..:..
.::..:..:..::::..:..::|i. |/       ,,, ,,,,,,     ,,,,,,,  ,,,       \|i. | .::.-.:..:..::::.〜.:..::.:..:.ー..::..:...::
  :.;;''.;;:;: :::''/                               \::.;;'' ;;:;: :::''.::..:..:..::::..:..::.:..ー:...::..
__,,.. .-‐ '''" "~ ~""'' ´~"''~""''' ''"´~"''"'' '""~~ ""''´~"''~" "'''' '"´~"''"' ''""~~ ""''´~"''~ ""''' ''
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃時刻は朝の4時を回ったところ。月が沈み太陽が昇りかけている
┃空には夜明け前である事をみせるようにして暁の空が広がっており、
┃、朝を知らせる小鳥たちもまだ鳴き始めていない。

┃この町も同じであり、何人かの哨戒に起きている兵士を除いて
┃ほとんどの人が、朝の微睡(まどろみ)に包まれ、その体を休めている

┫昨晩の大雨の中を強行移動した難民たちの体には予想以上に疲れが
┃蓄積されており、いつもならばこの時間には起きている老夫婦も未だベットの上で夢の続きを見ているだろう


345名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:48:28 ID:l3rTiXO20


346七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:50:24 ID:qlLHl15w0
                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i         ふぁー……っと。あー、交代に来たぞー
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃哨戒の交代にきた兵士は欠伸をしながら梯子を上がると、監視塔の上で双眼鏡を
┃構えている兵士へと声を掛けた。

┃監視塔と言っても今いるのは教会の屋根上に備え付けられた鐘の点検用
┃の足場に椅子と設置型の無線機を置いただけのみすぼらしい監視所だが、
┃そうそう贅沢は言ってられないのが現状だ









                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|
            〈, イ(//)( 7)       お、もうそんな時間か……、これといった異常も無し。
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′     昨日の雨でネウロイどもも家にすっこんでるんだろうな
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!     交代お疲れさん、俺は本部に寄ってから寝るわ
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i






                _ ,,..
              ..-,'冫'''' _ヘ、
             ./  ' '     ヽ
             l_____エニ│     おーう、ばっちり任せろ
             l―――‐, Θ│
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |      ……といっても、やることなんてここで突っ立って
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |          双眼鏡で辺りをみまわすぐらいなんだけどな
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───┐
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽl
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../

347七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:52:32 ID:qlLHl15w0



                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|
            〈, イ(//)( 7)
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐        それでも必要な事だろ?
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     俺達がこうやって哨戒しているから、ここの皆はぐっすり眠れてるんだぜ?
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、    任務に難癖付けないのもカールスラント軍人の務めだ
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i





          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi    八ッ! ならそのケツの下に隠してあるウィッチのエロピンナップを熟読するのも
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l         カールスラント軍人の務めってか?
          l      //ヘ
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ         あっ! てめぇ隠れてみてやがったな! 汚ねぇぞ!>
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l    {ll|ニニi二l=={_P__]ニニニl]               ,‐、
    rメー-..__ ,_____     r‐i ii ti=i____Y,==、_______ ___     .ri
    ,'′   /┴――┴‐'~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`=='  |l = ェェ∩∩∩∩=l `ーi-----ip|----ュ
   l心、  ノ /~TT´ ̄~/ ̄`i⊃」-‐t‐i‐i‐iヘ--'――((ノ   ノ―' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β' |_I_I_Ii|`'--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ .└=='''
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘  _| | | |  ナ






               _ _
              γ´-─u ヽ         そんならばれないようにもっと気を付けるんだったな>
              ,レ', u─‐-、|
                〈, イ(//)( 7)
                 K>.;:",;:;:;:.::}-┐
                 ヾ;:;;:;;(固);!‐-′     ぐぬぬぬっ
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
        /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、      なるほど、お気に入りは扶桑からきた魔女の――>
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
      / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
     ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|    わー、馬鹿、見るなー!
     i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
     |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
         ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i

348名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:52:51 ID:l3rTiXO20
なんかフラグがたちそうな会話をw

349七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:54:28 ID:qlLHl15w0



                                 x' ̄ ̄ ̄''‐-、
                                     ,'‖|L.. ........   ヽ
                                /__ _∠ ̄ ̄|
                                 〈ニ、,=ニ二厂 0 il'      ま、大人しく皆の話のネタになると――
                                |.V   / ̄¬i │
                                i ‐''‐-、「 __,,,,,,|  l
                                ノ ̄`'..   llllll'''' i
     ,--、                        .(O'只'O)ニ-‐゙` .. -|
    _..,'l)|]l]'、                      ''''-='' ニニニニ广、
  ≡|‖」1三三三三三l| |ヘ.____            ....ィ /  //    ヘ
  O'''ゝ、 三三三三三_」_  エニニl'''''冖┐  ./  /  /|      ヘr
   "'''''‐-┗━━━━━l二二 ヘ 、___」 ソ  /   / ヽ、      丿 冫
        ヘ '‐‐‐‐''⊂ニ ̄`'''''i ''‐--、_ゝ : ヽ、 ‖/ ―、  `''''''''‐‐''イ  /′
         ゙゙'''1ミ二 ゙゙`ー 、 丿     ` ̄'''‐ ぃこ'- .. \     /  /'' /
             ` ̄'''''''に 、     ′   ゙i |  `'' 、i! ,-'''´  .. / ノ┘
                   ゛''‐ ..,,.      ゙iソ    厂,'    - ナ′
                      `''‐-....   、 /′  / ,'    //⌒)
                           ̄´|____/  ,'    //--'′
                           冂| ̄|――| ̄ ̄|──/

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃男二人が軽口を叩いている、その時だった。
┃すぐそばに設置された設置型無線機から雑音と供に人の声が流れる


350七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:57:07 ID:qlLHl15w0



                                  |_|    ガー、ザッ、ザーこっ――隊のママイ曹――
                                  |_|
                                  |_|     繰り返す、こちら――隊――っだ!
                                  |_|
_______________           |_|    監視班ッ――しろっ!
                     |           ..|_|
┌┬┬┬┬┐  _______....|_______...|_|__
├┼┼┼┼┤ .| 【-l工l-------】      , -┬- 、   |
├┼┼┼┼┤ .|┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
└┴┴┴┴┘ .|├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
 ◎   ◎:::;;  .|├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l      l┤::|
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
 ◎  +[]+++  .|└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
──────-┴───────────────‐ー┴
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃男二人が軽口を叩いている、その時だった。
 ┃
┃すぐそばに設置された設置型無線機から酷い雑音と供に人の声と
┃思わしき音が入る

┃マイクに入るノイズのせいで何を言ってるのか鮮明には伝わらないが
┃それでも途切れる声は気迫を帯びている
┃……いったい誰からだろうか?


351名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:58:13 ID:X/WZ41A20
この世界の男は強靭な精神を持つことを強いられているんだ!!

352名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 22:58:34 ID:l3rTiXO20
さあ、長く地獄な最悪な日々が始まるぞ。

353七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 22:59:22 ID:qlLHl15w0




                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|              この声って、まさかママイ分隊の奴らじゃねえか?
            〈, イ(//)( 7)
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′                  あ? なんで町に居る奴から無線が入るんだ?>
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、         い、いや、確か少尉が次の街を確かめるために先行偵察させ
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,         てたはず……
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!           先行? ていうことはママイ曹長たちは町の外に居るのか?>
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i





                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i        あーっ、糞っ! ノイズが酷くて何言ってるのか分かりゃしねぇ!
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|        おい! 聞こえてるのかママイ曹長!
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l          ガ――ッビー繰りかえす、こちらママイ曹ザザッ、ザ、ザー
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ     繰り替えせママイ曹長! 雑音が酷くて何も分からない!
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i

354七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:00:32 ID:qlLHl15w0




                                  |_|
                                  |_|
                                  |_|        ザッッッ   こちらママイ曹長だ!
                                  |_|
_______________           |_|    誰でもいい! 無線が使える奴がいるなら返事をしてくれ!
                     |           ..|_|
┌┬┬┬┬┐  _______....|_______...|_|__
├┼┼┼┼┤ .| 【-l工l-------】      , -┬- 、   |
├┼┼┼┼┤ .|┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
└┴┴┴┴┘ .|├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
 ◎   ◎:::;;  .|├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l      l┤::|
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
 ◎  +[]+++  .|└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
──────-┴───────────────‐ー┴
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃それから間を空けずに無線機のスピーカーから流れる声がクリーンな
┃モノにへと変わる。

┃その声の主は二人がよく知る人物……自分たちの小隊を構成する分隊の
┃一つを率いるママイ軍曹のものだった



355名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:01:07 ID:X/WZ41A20
緊急時ほど無線は役立たず。地球防衛軍で覚えた!!

356名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:02:18 ID:FsDXKKD60
いやなことは無線からはじまる
無線なかったら奇襲されるだけだが

357七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:06:03 ID:qlLHl15w0


          _冖___
.          / | |  ヽ
       /   | |   ヽ         聞こえてるぞママイ軍曹、此方監視塔のウェルダーだ
.         |∪      └|        雑音が酷くて何も聞こえなかった。もう一度報告を頼む
.         ( ニニニニニ l
.         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔
        . (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )
.     / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、
.    /  ,'|  i\(0)只(0)// ̄`ヽ、
.    |__/ | ヘ__/  |      ヽ、
.    |\_|   ,'     |\     ヽ
.    |   |   i     ヘ \―----'゙
.    |   |   |      \|     |
  ..| ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |
.   |    |ヽ          ヽ __--i
.   〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |
.    |\\\| ̄|i i i i`ニニ_//\ \ |
.    |へ\\\ |冂冂|  |冂 /   /ヘl
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃聞こえる音声が鮮明になった事で、この無線から聞こえる声の表情から
┃現地でなにか起こったのだろう。


┃その声を聞いて二人の脳裏に一瞬だけ最悪の事態が浮かぶが、
┃すぐに頭の中から追いのける……



358七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:07:28 ID:qlLHl15w0



                                  |_|
                                  |_|
                                  |_|      俺達は町から南方5キロの地点でネウロイを発見
                                  |_|
_______________           |_|      繰り返す、町から南方の方角にネウロイが向かってる!
                     |           ..|_|
┌┬┬┬┬┐  _______....|_______...|_|__
├┼┼┼┼┤ .| 【-l工l-------】      , -┬- 、   |   速く避難を……あぁっ、糞っ! 見つかった、全員撃て!
├┼┼┼┼┤ .|┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
└┴┴┴┴┘ .|├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |   けん制してネウロイどもを近づけ――――ザザッ
 ◎   ◎:::;;  .|├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l      l┤::|
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
 ◎  +[]+++  .|└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
──────-┴───────────────‐ー┴
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃複数の銃撃音が発せられると、無線からは雑音すら聞こえなくなってしまった

┃だが無線の前でスピーカーに釘づけにっていた二人は確かに聞いたのだ
┃いや、聞いてしまった。

┃この近くにネウロイが居るという事を……









                 _ _
                γ´-u- ヽ
                ,レ', -─‐u、|
            〈, イ(//)( 7)            お、おい……
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′        いま、たしかネウロイって言ってたよな……
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、        町に来てるなんて……どうすリゃいいんだよ……
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i

359名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:09:27 ID:njPas4NE0
シャイセ

360名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:09:32 ID:l3rTiXO20
逃げるしかないだろ、幾つかに分けて少しでも生き残れる確率を上げるしかないなぁ。

361七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:10:43 ID:qlLHl15w0



                _
             / ̄ ̄\\           うるせぇ! こっちだって考えてるんだ!
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ        あぁっ、クソッ!  ちくしょう、最悪の事態になりやがった!
          〔\`'‐-∪   └' i
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|       ……お前はいますぐ町の奴らを起こして防空壕に避難させろ!
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/        この時間じゃ町から退避なんかまともにできやしねぇ!
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i




                 _ _
                γu-─- ヽ
                ,レ', -─‐u、|
            〈, イ(//)( 7)
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐         お、おう! 任せろ!
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃怯えていた兵士は喝を入れられると、すっ飛ぶように監視所を後にする

┃今の時間帯ではほとんどの避難民が寝ている、この状況で難民を起こして
┃町から全員で逃げ出すのは至難の業だ……


362名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:12:29 ID:l3rTiXO20
あー、朝方でまだ疲労もあって熟睡してるからな、それに五キロもないとか逃げ出す暇もないか。

363七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:12:45 ID:qlLHl15w0




                _ ,,..
              ..-,'冫'''' _ヘ、
             ./  ' '     ヽ
             l_____エニ│
             l―――‐, Θ│      くそっ……どうして、こっちにはウィッチが居ないってのによぉ……
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |         あぁ、ほんと、くそっ……最悪だ……
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───┐
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽl
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう泣きそうな声でぼやきながら無線を操作し、小隊本部がある簡易指揮所にまで
┃無線を繋ぐと、指揮所の隊員に報告をする



364七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:15:08 ID:qlLHl15w0





                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i        こちら第一監視塔より小隊本部、こちら第一監視塔より小隊本部へ
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|        報告、町の南方1キロの地点にネウロイを発見!
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l         繰り返す、南方1キロの地点にネウロイを発見!
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃とりあえず――今は自分にできる最善の事をすればいい

┃そうウェルダーは判断すると、無線を小隊本部が居る指揮所へと繋ぎ
┃先程起きた事を報告する

┃そして彼の一報は、指揮所にいた司令部を混乱の渦に放り込むのには十分すぎるほどだった……


365名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:16:12 ID:l3rTiXO20
あれ先遣隊は町から南方五キロって言ってなかったか? もう追いついたん?

366名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:18:56 ID:njPas4NE0
ネウロイの進撃速度からしたら5kmなんて5分もすりゃ到達する距離
とくに地上多脚型はやばい、突撃級くらいやばい

367七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:19:26 ID:qlLHl15w0
>>365 あ、すいませんミスりました。正しくは5キロです

368七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:20:56 ID:qlLHl15w0




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (―)  (―)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃早朝、まだ日が完全に昇り切ってないこの時間。

┃他の人たち同様ベットで体を休めていた青年も、いまだ夢の中だった

┃昨日の一軒がよほど堪えたのか、泥のようにぐっすりと眠っている


369名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:21:47 ID:l3rTiXO20
げ、そりゃ早いな。突撃級は時速110だか、170だかくらいだったな、そんだけの速さなら僅かな時間で論破されるか。

370七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:23:07 ID:qlLHl15w0




                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
                                               ゝ─'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃――そんな朝の静寂を打ち破るかのように銃声が響く
┃その音は決して大きくは無いが、夢の世界に居た町の人々を
┃氷のように冷たい現実に戻すのには十分すぎるものだった

┃銃声は連続して唸りをあげると、爆音と一緒に難民たちを突如として混乱の渦に叩き込んだ


371七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:26:01 ID:qlLHl15w0




                   __
          _,,..-''"´  . . . `゙"''-..,,ガバッ
         /    ....: : : : :..:::::::::::::::`ヽ、
        /   ...: : : : : : : ..:::::::::::::::::::::::::::ヽ         ヽ从/
      /   ..: : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       そ   て
      ./    . : : : : : : :.::::::::::::::u::::::::::::::::::::::::::::::',       /^YY"‐-=ニヽ    ――っ!?
     /    : : : : : : :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             _,,..-'
     ,'    : : : : : : ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       ___,,..-‐''"_,,..-‐''
    .l    : : : : : ::::::::::::::::::::J::::::::::::――――┼‐===ニ-―‐ ‐''"´
    .l     : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
     ヽ     : :u: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     \     : : : : :..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       `゙''-..,,_            --‐<
        ,,-''"  ̄l ̄ ̄           `゙''-..,,
      /                  ヽ、   `''-,,
     /     l                ヽ       `ヽ、
   /      |                    ∧         \
   /    ̄ ヽ、|                 ∧
  .{       `゙''-..,,_  _,,..-―‐-..,,      ∧、
   ヽ、         .,- ̄  -..,,`ヽ-‐'       ∧\
    `''‐..,,_     /    __ ヽ_j        ∧ \
        `゙''-..,,_     〈 ̄.‐‐'
             ̄ ̄⌒ヽ_j
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃その例に漏れず、深い眠りの中にあった意識が銃声を聞き、覚醒させる
┃あてがわれた病室の中で、本能が感じ取った危険を知らせ、青年が飛び起きると
┃同時に、カーテン越しに窓から眩い赤光が漏れだす。



372名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:27:58 ID:l3rTiXO20
わっほいレーザーだw

373七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:28:14 ID:qlLHl15w0




             ____
           /      \
         /           \        い、今の音は銃声……!?
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |       ど、どうしたんだお!?
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一体何が起こっているのか?

┃まだ眠りから覚めたばかりの脳は本調子とは言えず、青年を深い思考の渦へと
┃誘うばかり。

┃恐怖で固まっている体を動かし、今だ鳴りやまない銃声に身を強張らせながらも
┃青年はカーテンをめくり外を確かめた


374七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:31:12 ID:qlLHl15w0





                 |
         \      |     バシュュュュュ
            \、_ ノし'//                あれって、確か……信号弾だお?
        __)    て
     ――=二      =――一            赤が確か、敵を知らせる色で……
          メ、    (_
             Y^  \ `
                |     \
               !






┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃見ると、町から少し離れた小丘から、燃えるような赤い色の光の玉がゆっくりと落ちて行ってる

┃光玉は延々と煙を吹き出しつつ、ゆっくりと地面にへと落ちていく。これは信号弾だ

┃カールスラント陸軍では、無線が故障したときの代わりにも使われている信号弾。

┃それが今、明々と暁の空を照らしている

┃そして続くようにして小丘から別の色――今度は黒色の信号弾が発射された



375名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:33:42 ID:l3rTiXO20
まぎれもなくこの世界の住人だな。そういった知識もあるって事は。

376七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:35:35 ID:qlLHl15w0




                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶       く、黒は……部隊壊滅の危機……
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃窓の向こうに映る二つの信号弾、鳴りやむ気配の無い銃撃音

┃そのすべての要因が、まるでパズルのピースの様につなると、青年の頭の中で
┃一つの結論をはじき出す

┃その最悪の結論に思わず青年は首を横に振ってしまう

┃嘘だ――、こんなはず無い。夢であってくれと。


377名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:37:04 ID:l3rTiXO20
夢であったらどれだけ良かった事か……

378七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:37:32 ID:qlLHl15w0
          \\    \              _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐
.              \\    \        _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
                 \\    \-‐'';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
               ヽヽ     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´             _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´             _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |               _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |     _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __`゛ー==- _,,_.
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_..
                    | |    |.        `
                    | |    |
                    | |    |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_.
                    | |    |.        `
                    | |    |
                    | |    |
                    | |    |





          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」           おい、大丈夫か?
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の顔色が蒼白になりかけていると、ドアを開け伍長が入ってくる

┃知人が入ってきたのを見て一瞬青年の表情が明るくなった物の、その手に
┃握られた銃を見ると再び表情を強張らせる



379七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:40:25 ID:qlLHl15w0






         ____
       /   u \         ご、伍長さん
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \      外で銃声が……な、何があったんですお!?
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /




                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、           ……いいか、落ち着け。落ち着いて、よく聞け
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :     分かってる、銃声がしたのも信号弾が挙がったのも
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :       既に小隊本部の方に連絡が行ってる……
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :

380名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:41:06 ID:sd7xWPPg0
うーんやる夫がウィザードって自覚してれば小さいネウロイならどうにかなるかも知れんが
この状態だと避難を手伝うくらいしかできないかな?

381七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:41:20 ID:qlLHl15w0



        /      `  、
       /           ヽ
        〈〉           l         先程、ネウロイの一軍がこの町に向かってると報告を受けた
      ノ____       |
      〕| fテ'l「 )>=、‐-ミ)      迎撃に出向いてたフォーリー軍曹率いる分隊員たちが挺身して時間を稼いでる
     / ヽ._ノlイ {{   }} /´
    (γ⌒ヽヽ /  ` =  ヽ.__         ……が、はっきりってもう持たないだろう。信号弾も確認した……
    {{. O }}У   彡: :´ ̄: ヽ
     、_ノへ._彡: :´: : : :_:_:_:_:_:_:)
          /: :_。o8´ ̄: : : : : : : :\
         ケ´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃慌てふためく青年とは対照的に、動揺せず淡々と現状を話す伍長

┃ネウロイ、その単語を聞いた瞬間、青年の顔から血の気が引き、土気色になる


382七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:43:17 ID:qlLHl15w0





                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |          お前たち難民たちを逃がすのには時間が無い
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、          急いで町の裏手にある防空壕に避難しろ
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :     あそこなら多少は安全だ……
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :









         ____
       /   u \        ……伍長さん、伍長さんはどうするんですか!?
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /










             ―
          〃       ゝ
           |____]              俺達カールスラント陸軍は町の中央広場でネウロイを殲滅する
           ,r<( ) ト{{j人
       _/ ⌒\`寸..l/,=、ヽ
     γ⌒ヽ: : : \∀ファ゙='く::ヽ
      l: : : ヾⅥ: : : : :ヽ: : : V :ハ
     γ: : : :Ⅵ____:/ ̄ ̄ ̄||三三三|三丑ェェェェェェ_コ
      |: : : : :┴-r―--┴‐-ミrrrrナ‐[「「「l¨ ̄ ̄
      : : : : : : :.:|  }ノ   -ァくⅧ||ゝ. フ^^          遅くても5分でここは戦場になるぞ、急げ……
       >:-:‐:‐:レ:个^ーそ  Ⅶl!ー^
       >- :.: : : : ||: : :_:λ  Ⅵ〉
      ∧   \  ̄`ナ´/ \
     / /      /      \
      〈 /      /へ      ヽ
      /       /    `ーz_   〉
     У   /      〈    /

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言うと、伍長は入ってきた扉から出て行ってしまった
┃まだ逃げ遅れた人がいないか確認しているのだろうか……


383七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:45:09 ID:qlLHl15w0





   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
  ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|         ……と、とりあえず、防空壕まで行かないと……
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネウロイが来た。この町に攻めに来たのだ

┃その事実に体を震わせつつも、彼も扉から出て、教会近くの防空壕へと
┃避難することにした……

┃こんな自分では、何もできないのが分かっているからだ……


384七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:47:37 ID:qlLHl15w0
ごめんなさい、ちょっと待ってて。
mltファイルが開けない

385名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:49:35 ID:8jjuPCaM0
通常兵器でも「ものすごい頑張れば」ネウロイ倒せるらしいけど、歩兵戦力しかない状況ではな・・・

展開に差異はないだろうけど>>354でママイの階級が突然下がってるぞw

386名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:49:55 ID:GqDRlVg60
今はまだプロローグだから仕方ないがいつ終わって安価できるんだろう…
雰囲気出てるから文句は無いけどいつまでプロローグ?

387名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:51:10 ID:l3rTiXO20
一応安価出てただろ、本格的な安価はまだ模索中じゃね?

388名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:51:48 ID:sd7xWPPg0
>>386
これこれ初心者に無理いいなさんなさくっと終わらせるつもりでも伸びることなんて良くあるもんさ

389七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:53:16 ID:qlLHl15w0
え、なんかファイルが壊れてますとか出て、mltが開けない……

勘弁してくれ……

390名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:55:07 ID:l3rTiXO20
うぼぁー、ご愁傷様です。

391名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:56:37 ID:DKwIfEYs0
(パンツの)神は言っている、休憩時間だ と

392七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/11(木) 23:58:07 ID:qlLHl15w0
駄目だ、直せない。
このmltにプロローグ終了まで全部のやつ入ってるのに……

393名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:59:00 ID:njPas4NE0
MLTviewとorinrin使ってもいいのよ

394名無しのやる夫だお:2013/04/11(木) 23:59:14 ID:sd7xWPPg0
よくあることやな、ご愁傷様です。

395名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:01:05 ID:KINFUVkA0
っげ、ソレ今日はこれまでって事になるん。

396七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 00:01:22 ID:64T8Z.lE0
と、とりあえず話の進め方は覚えてるから即興で何とか続けてみる……

397名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:03:07 ID:KINFUVkA0
無理せんでいいと思う。

398名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:03:28 ID:nZlCbC1Q0
日が悪いってことで、今日は寝てしまうのもありかと。

399名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:04:42 ID:KINFUVkA0
んだんだ、日が悪いって事で次回でもいいんよ?

400七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 00:05:25 ID:64T8Z.lE0
い、いや、頑張ってみる 
まだキラキ―が、初ヒロインが出てないのに……

401七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 00:08:11 ID:64T8Z.lE0



    .。        。        。
____i________i __   ___.i____
──‐||‐────-||   l`〜、.─||‐──-i\
  .:.:.:||       :||__,,..,i  .:.i..:..:||     |:li;i\________________
  .:.:..||       :||_     |  ||     |i:;l:i:;l:|..:.:. .....:.:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:. .....:.:.:.:.:....
  .:.:..||       :||  ̄ `〜、ノ  ||     |;i:;li:;::| :..:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.  .:. :..
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l::.:..:.: .
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:|    l ̄l.:..:.:.:..l ̄l   l ̄l:.:..:.::..l ̄l......:.:.:.:.
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|:  .:.:..  ̄ .:.:..... ̄::.:....:.:.:. ̄ .:..:. :. ̄.:..:.:
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:| .:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|    l ̄l   l ̄l   l ̄l::.:.:.:.:.l ̄l .:.:....
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l:.:.:.:..:.l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l.:.:..::.:....:
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:| .  .... ̄:.:..:.:.:... ̄:.:..:.:.:.:.. ̄::: .:.:.. ̄:......:.:.:.:.:
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|  . ::.:....:.:.:. . ::.:....:.:.::....:.:.:.:....:.:.:.. . ::.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|  . ::.:....:.:.:      | ̄ll ̄|:....:.:.:.:....:.:.:.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |;i:;li:;::|_,.__. ::.:....:.:.:,.__,___,._|  ll  | .,_._,_ ,_,.,.,__
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:/ `"'":.;'":;.  ;'":;;`"'";.;'":;;`"';.;'":;;`"':;.;'"
,.,.,_,._,.,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,_._.,.,_|/ .: :. .:."'":;.;'":;.;'     " .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
 '":;.;':||"'":;.;'";:`. '":;||."'":;.;'";:`. '":||":;.;'`"' '":;.;'`"'":" .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;';.;'":;.;'
": ;'` .┻ '":;.;'`"'":;;┻ '":;.;'`"'":;;┻;.;'`"'":;.;'":;.;'":;.;" .:. .:."'":;.;'":;.;'  :;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
'`"' '":;.;'`"      .:;.:.   : ;'":;.;'  :;.;'":;.;' '     ":;.;'":;.;'
     `"' '"       .;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;.;'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃広場にはこの難民たちを護衛していたカールスラント陸軍中隊の生き残り
┃たちが急いで防衛陣地を構築していた。土嚢を厚く、高く積み、その後ろに
┃分解されて持ち込まれた機関銃が組み立てられ、その周りを補うかのように
┃小銃を持った兵士が配置につく……



402名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:08:59 ID:r4RIfONQ0
あかん、頭に血が上ってるよ
無理せずに中断した方がいいぞ

403名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:11:20 ID:KINFUVkA0
どっちかと言うとヒロインまだ出ずに泥臭い話でもまあ、イイかと思う。ネウロイとの泥沼戦を現実的に描くって話だしさ。

404七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 00:12:58 ID:64T8Z.lE0
>>402 いや、でも>>386でもいわれたようにいい加減プロローグ終わらせないと……

……あーでも、こっからどんな言葉回したか忘れた……

405名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:14:30 ID:KINFUVkA0
マジで今日はここまでにしといた方が良くね?

406名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:19:36 ID:gGO8wWBs0
無理はエターにつながるからきつそうなら止めた方がいい
俺はこのスレにエターになって欲しくないしいつまでだって応援できるぜ

407名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:20:58 ID:7pl7CnVY0
まぁまぁ
ちょっとでも無理っぽいなら一旦休んだほうがいいんじゃね

スレをどういう進行でいくかはスレ主の>>1が決めることだから気負わなくてもいいとは思う

408名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:23:51 ID:KINFUVkA0
まあ、>>1が好きにやってるんを俺らが見させて貰ってるんだから好きにやればいいと思う。

409七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 00:24:05 ID:64T8Z.lE0

焦ってばかりで思うとおりに掛けない……

申し訳ないですが、皆さんの言う通り今日の投下は中断します
楽しみにしてくれた方やこのスレを見に来てくれた方には失礼ですが
これも全部>>1の準備不足が招いた結果です、
本当にすいませんでした……

410名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:26:11 ID:KINFUVkA0
乙ー、初心者だし手探りだから仕方ないよ。少しずつ改善してけばいい問題さ

411七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 00:36:40 ID:64T8Z.lE0
とりあえず、一回頭冷やしてきます……
それで、もう一回プロローグの書き溜めしつつこの作品のばらしてもいい範囲での設定公開しますね

412名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:37:14 ID:gGO8wWBs0
乙です、なれてる人でもトラブルで中断はよくあるから気にしなさんな

413名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 00:44:25 ID:FPDDn.260
データはPCと外部メモリどっちにも記録しておきたいところ。スレが進んでくるといろいろ増えるらしいし

414七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 01:09:24 ID:64T8Z.lE0
ただいまもどりました、

>>412 >>410 >>405>>408 そう言ってくださると本当にありがたいです
                     なんかもう、自己険悪になりそうです……

>>413 コピーを取るだけでいいんですかね?

いまから思い出しつつ書き溜めしていきます

お詫びといえるほどではありませんが、原作を知らないという人も何人か居たので
何か知りたいことがあったら下に書いて行ってください、展開に影響しないものであればお答えしていきます

例えばネウロイについてもう少し詳しく知りたいとか……何でもどうぞ

今から4時くらいまで書きためしていきます

415名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 01:11:07 ID:GTbj5bc.0
乙です
もう夜遅いし寝ても良いのでは?眠いとミスもしやすくなるだろうし

416七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 01:23:49 ID:64T8Z.lE0
>>415 眠くはないからね……とりあえず明日今日で完成するとは思えないし、頑張ってやっていくよ

417名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 08:09:27 ID:J0UcPpxY0
Mltって、ただのテキストデータだから、メモ帳で開くといいよ

418七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 17:33:28 ID:64T8Z.lE0
>>417 テキストファイルとかは分かってるんだけど、何故壊れたのかが分からないんです……

 特に拡張子やらなんやらは弄ってないはずなのに……

419名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 18:00:09 ID:ci6XsR3Y0
>>418
だから、メモ帳で開けば読めるはずなんだけど

修復してみるからmltファイルをUpってよ

420名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 18:47:04 ID:FPDDn.260
作品以前の魔法の利用方法が知りたいです。箒で飛んでたってことでいいのかな。
飛行、シールド、身体強化、固有魔法以外の使用方法とかあったら教えて欲しいかな。

421名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 20:20:42 ID:cUBxtVGc0
ちゃんと開けてるんじゃね?ただこれからこんなん多発したら困るから原因探ってるだけっぽいが。
よくファイルが壊れるとか消えるとかは聞くし、あんまし気にしないほうがいいんじゃない。こまめなセーブですよ。セーブ。

422名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 20:33:18 ID:MIxVdQOk0
>>420
つwiki

423名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 21:01:18 ID:CzRsnOQ60
言い訳する暇あるならさっさと作れよ
初心者ってのは言い訳のための言葉じゃねえぞ

424名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 21:20:08 ID:FPDDn.260
意味不明な読者様が湧いとるなwww

425名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 21:21:37 ID:KINFUVkA0
そういうのは基本単発だから気にスンナ

426名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 21:56:54 ID:CzRsnOQ60
いや普通にそう思うんだが
てかよくPCがぶっ壊れたとか保存してたHDDがぶっ飛んだとかいうやついるけど
どうみても作ってないやつの言い訳

427七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/12(金) 22:22:13 ID:64T8Z.lE0
すいません、ただ今帰宅しました

>>424 >>426  そう思われても仕方ないと思います。なにも書いたと証明するものが無いので……
           ただ自分のせいでスレが荒れてるのは事実ですので、本当に申し訳ないです

>>419 パソコンに詳しそうな友人にUSBに入れて渡して、どうしてこうなったか教えてほしいと頼んでます

>>420 大戦以前は箒に跨って飛行していました、爆撃をするのにも箒です。宮藤博士の理論を搭載したストライカーユニットが出る前までは足にユニットを履いて、背中にエンジンを背負う式でした
     魔女は弾丸や武器に魔力を乗せて威力を高めたりもします。一般兵が持つ機関短銃であるMP40はネウロイの防弾装甲を貫けませんが、魔女ならコアまで届きます

428名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 22:58:18 ID:smtyhrus0
お疲れさまです。
なれないこともあると思うので、あせらず頑張ってください。
続き期待してます。

429名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 23:05:08 ID:cUBxtVGc0
まあなんにせよさ、タダで面白いもん見れるんだから一週間でも二週間でも待てるぜ僕は。

430名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 23:12:17 ID:MIxVdQOk0
落ち込んでいる暇はないぞ、すぐ出撃だガーデルマン

431名無しのやる夫だお:2013/04/12(金) 23:33:56 ID:UmkjKj6I0
凄く面白そうなのでゆっくりお待ちしております

432名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 01:16:28 ID:ZgxKtvEo0
>>426
どうせ、エロ本DLとネットを見るしか使ってない奴だろ、お前。
色々使う奴はPC結構壊れるんだよ。
オナニーと読者様コメントしかできない奴はROMってろ。

433七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 10:31:52 ID:8wnIZUkE0
自分のせいでスレが荒れてしまいました……
本当にすいません、楽しみにしていた方を不快にさせてしまったのは全部自分のせいです
申し訳ありませんでした

いま書き溜めをしているので今日の夜か、明日には投下できると思います

皆さんに迷惑をかけてしまったことを、ここに深くお詫び申し上げます

本当にすいませんでした

434名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 10:39:04 ID:.G8Wypkw0
この世界はレベルを上げて(魔法で強化)物理で殴るのが主なのね。脳筋だなw
ファンタジーな魔法というより、リアル系にファンタジーを添えた感じか。

荒らしたのは1人?だし気にしないでいいよ。こっちで適当にあぼーんしてればいいし。

435名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 13:12:47 ID:V9m51Yfo0
魔法攻撃も有効なんだがこと火力においては兵器の方が優秀だからな

436七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 16:13:21 ID:8wnIZUkE0
ただいま書き溜め中……

そういえば私って銃とかなら多少の知識はあるけど、こういったWW2のドイツ国防軍の小隊の構成とかは知らないんだよね……

やっぱこれもストパンだと変わってるのかなぁ……、第??師団とか、軍団とかっていまいち分からない……

437名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 16:15:02 ID:ZgxKtvEo0
>>436
AAの都合もあるし雰囲気でおkさ。

438名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 16:18:17 ID:glrR6rpU0
フレーバーでいいんじゃないかなそのあたり

439七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 16:25:06 ID:8wnIZUkE0
うーん、その辺はとりあえず現代のアメリカ産でも参考にします……

中型多脚のネウロイの代用AAを何にするのかって考えてたんですけど、タチコマじゃ迫力が無いんですよね……

いまAA録2で見てるんですけど、なにかありませんかねぇ……

440名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 16:32:25 ID:.G8Wypkw0
>>439
BEATで!!

441名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 16:33:26 ID:glrR6rpU0
攻殻機動隊に多脚戦車があったかと

442七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 16:39:58 ID:8wnIZUkE0
>>440 絶望しかないじゃないですかやだー(むせる)

>>441 あれ、それってタチコマじゃなかったっけ……、他にも居たっけかな

443名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 17:07:09 ID:yrn.Rp320
軍の構成は対ネウロイとかウィッチ導入とかで既存の物とは別物になるから
それに軍や階級は国ごとに役割や構成が変わるから気にしなくてもいいと思う

444名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 17:11:07 ID:glrR6rpU0
これ
htp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1348995668/9899

445七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 17:21:51 ID:8wnIZUkE0
>>443 そうですね、そんなかんじでぼかしながらやってきます

>>444 それっぽいのが分からなかったんですが、これと似たやつですか?


                __r‐、    r-ヽ
            , '´      ̄ ̄`丶|  |
             /. -―― ¬、___,.r‐-|___|
          /   (C=o        i' ̄l、
           ,. --、            __|_「. -- 、
          /r;   }  , ´ ̄`>‐ '"´ー' 〃    ヽ._ _
       弌   / /   /   ,r‐、 、ヽ  ∴  }i`ヽ. ヽ
        l ヽ--' _ {  /    `ー'  ヽ、`ー‐‐' ノ 、)ヽ ',
          /     `ヽ'  r_―;      `  ̄ ´     _ {     _,. -- 、
        / ___     ヽ-― ニニニニニニニニニ ―_- .」  ,.‐'´    ヽ
      //   ヽ     〉 ,r_二._ヽ、_  ,r_´rr>'r ̄`ヽ-.ヽ)イ          ヽ
     ,〃       l    ハ {/ ,r r'´ ̄>_r'斥/ {{ ====}弍´/ヽ        { ヽ
    / l|     |     ! / ∨ {   i´r'r弌㍉t. ヽヽ.__ノ'--' _  l        l. ',
.   ,'  !!       |     !} r_-{___L  ゝ'_,.-'クく`ヽ==7´ , -‐`ヽ{j        l  l
   l   ||       l    ,リ_,. -_''7  `ー-='l___ `7ー- {  /   ,.-ヽ_         l. l
.   l.  ||     l     /-‐''´ヽ '、_    _,ノ--r<__,,ノ ヽ.{   /  Yf´l      l. l
  !   ||.      l    /- .._____ ̄二 r、/     ヽ  `ヽ.__trュv.} ト、     l. |
.  l    ||      l   /┬ー‐.‐ァ--― ''"^´        ヽ     l`ーr‐く_) ヽ.    | |
  l   /||    l  /  ヽ.___¨.ノ                ヽ   l |    ヽ   | |

446名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 17:28:10 ID:glrR6rpU0
同じ作品

447七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 17:32:46 ID:8wnIZUkE0
あ、これですか?



                   _./ ^´ ...r'"゙'ー ,,__,
                  /     ‐   ./゙´  .`'''ー- ,,,、
                  l'、 .,.    、゙           `".、
              !`'p"                    !゙゙゙''''ヽ.i ...、
              l.ン '      、           ,、'`     ヽ .`'、
                 ヽ、  ウl:ミti, ` .-、          '"        ヽ ..、
                   ヽ,.,..-'"゙゙ ̄⌒゙'''ーヽ、丶 .″            l.  !
                    /           ^\、            !  !
                 ...../               `゙||l          } /
              /゛  .l" _                    ゙、         ., ぐ″
             / ,,c'l./ `'L`L : r‐ ..、            l}   ゙'''-_,,-'"゛
            ,..∴-!ラ┴'ッ彡.'゙レ八,,,,, ゙|      ....ィナv、   l`、
      ,, '"゛    ゙  ! .! : / `ゞl,○||/!l,./   |〃〃 .!′  ヽ.!
     ,,‐゛      i..,i.'゙゙'.l ヽ,,.,/li○,l/.//l゙ト、 ./'" .,..-'≪    l゙.|
    ./           l′  ヽ._.,|/゙''三/./.|,.!巛|ゞ_./     \  ./ .l
    .!  .,,..,,、    !   ,r7.|,,, ̄>'ノ .`''ミ二''"        l,l゛ │
    .!,/.,.. 、 \   .li、 ./ .:l゛ .`7    .,i/           !  .ヽ
     ゙'´ ,.. ミ、 `'、.l'hア゛ . /    /   // ./゙゙゙゙゙゙"'''''、   i゙l、 ,i″
      .,ノ―、 } |!!′ /    .lji儿r'"  l / .,r''''''''''-、..l   ! .゙"゛
     /   .i|ily┴ー'"     .l|レ゙     .ヽ/〃 ゙'li │ .l..,./
     ;:l.:.,..-'」タ                 ヌl゙  ,iク i,゙''ナ
    .;:;;:;`'-/'′                 `.l,:,,il./ ,iilト′
                              ;:;;;;!__;,/ .´

448名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 17:35:07 ID:3PvW6T/o0
FF5オメガ、FF6アームドウェポン、聖剣3フルメタルハガー
アーマードコアよりスピリット・オブ・マザーズウィル、ランドクラブ、クルセイダー
ガンダムF91よりバグ

449七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 17:49:31 ID:8wnIZUkE0
>>448 いろいろと参考になるものばかり……ありがとうございます

ネウロイも様々なタイプが居ますから、種類は多い方が良いですよね

450名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 18:13:18 ID:kXybLWOw0
あくまで参考だから構成数は時期に応じて左右されるよーん

分隊=10人前後(分隊長:軍曹 副指揮官:伍長〜伍長相当官)

小隊=分隊3〜4個(指揮官:曹長〜少尉 指揮官補佐:曹長)

中隊=小隊3〜4個(中隊長:大尉〜少佐 副隊長:少尉〜大尉)

大隊=中隊3〜4個(大隊長:少佐〜中佐 副隊長:大尉)

連隊=大隊3〜4個(連隊長:中佐〜大佐 副隊長:少佐〜中佐)

451名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 18:15:28 ID:kXybLWOw0

旅団=普通科連隊3〜4個に専門部隊が2個〜3個(指揮官:准将〜少将)

師団=普通科連隊3〜4個+専門部隊3〜4個or旅団2個〜3個(師団長:少将〜中将

副師団長:准将〜少将 参謀長:大佐)

軍団=師団2〜3個(指揮官:中将〜大将 参謀長:少将〜中将)

軍=軍団2〜3個(指揮官:大将〜元帥 参謀長:少将〜大将)

集団=軍数個(指揮官:大将〜元帥) ソ連と国防軍位 満州軍も入るっちゃあ入る

452七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 18:21:34 ID:8wnIZUkE0
おぉ、わざわざすいません ぜひ参考にさせていただきます……

一回の投下ってどのくらいの量が良いんですかね、
私は書きための速度が遅いからそこまで多くは投下できないんですが、50くらいでしょうか?

453名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 18:24:51 ID:q2bewAJ20
人によるからなんとも言えないけど無理しない程度かな

454名無しのやる夫だお:2013/04/13(土) 19:36:44 ID:vlTdaTCo0
WWⅡ時(1942)のドイツ軍の編成見つけたけど、軽砲兵連隊だった……。
まあ、何らかの参考になるかもしれんから一応貼っとく。

軽砲兵連隊━┳重砲大隊 15cm18型重榴弾砲sFH18 12門
...        ┣軽砲大隊
...        ┣軽砲大隊
...        ┗軽砲大隊┳砲兵中隊 10.5cm18型軽榴弾砲leFH18 4門、将校4名、下士官30名、兵137名、軍馬153頭、馬車16両
                ┣砲兵中隊
                ┣砲兵中隊
                ┗通信小隊

455七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/13(土) 22:13:10 ID:8wnIZUkE0
まだきりのいいとこまで書きあがってませんので、投下は明日になります

>>454 おぉ、これも参考にさせてもらいますね

456七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 16:36:33 ID:3nWxTpeU0
よ、よし、なんとか8割ぐらい復興できました……

今日の8時くらいに投下します

457名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 17:03:02 ID:jfzY.BO20
了解〜

458名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 17:44:11 ID:uHi/msmc0
ラジャー

459七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 19:56:40 ID:3nWxTpeU0
投下五分前ー
安価ないけど人いますかね……

460名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 19:59:08 ID:P1Pd8iv20


461名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:01:22 ID:zjFTZX7Y0
お!

462七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:01:29 ID:3nWxTpeU0
よし、時間なので粛々と投下





    .。        。        。
____i________i __   ___.i____
──‐||‐────-||   l`〜、.─||‐──-i\
  .:.:.:||       :||__,,..,i  .:.i..:..:||     |:li;i\________________
  .:.:..||       :||_     |  ||     |i:;l:i:;l:|..:.:. .....:.:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:. .....:.:.:.:.:....
  .:.:..||       :||  ̄ `〜、ノ  ||     |;i:;li:;::| :..:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.  .:. :..
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l::.:..:.: .
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:|    l ̄l.:..:.:.:..l ̄l   l ̄l:.:..:.::..l ̄l......:.:.:.:.
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|:  .:.:..  ̄ .:.:..... ̄::.:....:.:.:. ̄ .:..:. :. ̄.:..:.:
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:| .:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|    l ̄l   l ̄l   l ̄l::.:.:.:.:.l ̄l .:.:....
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l:.:.:.:..:.l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l.:.:..::.:....:
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:| .  .... ̄:.:..:.:.:... ̄:.:..:.:.:.:.. ̄::: .:.:.. ̄:......:.:.:.:.:
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|  . ::.:....:.:.:. . ::.:....:.:.::....:.:.:.:....:.:.:.. . ::.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|  . ::.:....:.:.:      | ̄ll ̄|:....:.:.:.:....:.:.:.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |;i:;li:;::|_,.__. ::.:....:.:.:,.__,___,._|  ll  | .,_._,_ ,_,.,.,__
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:/ `"'":.;'":;.  ;'":;;`"'";.;'":;;`"';.;'":;;`"':;.;'"
,.,.,_,._,.,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,_._.,.,_|/ .: :. .:."'":;.;'":;.;'     " .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
 '":;.;':||"'":;.;'";:`. '":;||."'":;.;'";:`. '":||":;.;'`"' '":;.;'`"'":" .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;';.;'":;.;'
": ;'` .┻ '":;.;'`"'":;;┻ '":;.;'`"'":;;┻;.;'`"'":;.;'":;.;'":;.;" .:. .:."'":;.;'":;.;'  :;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
'`"' '":;.;'`"      .:;.:.   : ;'":;.;'  :;.;'":;.;' '     ":;.;'":;.;'
     `"' '"       .;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;.;'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃広場にはこの難民たちを護衛していたカールスラント陸軍中隊の生き残り
┃たちが急いで防衛陣地を構築していた。土嚢を厚く、高く積み、その後ろに
┃分解されて持ち込まれた機関銃が組み立てられ、その周りを補うかのように
┃小銃を持った兵士が配置につく……



463七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:02:59 ID:3nWxTpeU0





.: .: .: .: .:. .,.-─-、   ,.-─‐-、
: .: ゜ .:.  ,!_.:.: :.:__ | .  l::::. :. .: . .|
.: .: .:.:. : /.:.:.:._ __」 ./:.__., -‐ヽ
.:.: ,r'´ ̄`ヽー-、/.-'‐─ - <丁_       _」
/      戈Y´     , ィ ⌒ヽ/ | |`ー─<二li|rrrrrrrrrrrュ
   .: .::_ノャ八     ./:.   | U_ノ牛ニニニニ)二)─ ─'    |!   i!
 . :.:.:.:/:.:.::::;;//ニヽ.  /:.:..    L_ノ┴ヽ `>孑刃{  ̄ ̄`  ̄ ̄ ´  ̄ ̄  ̄
::. :.:..:/.:.::::;;;//辷7 \j|:.:.:.:. .    爪_ 丿/ //ヾ\.
ト、.:./.:.:::;;;;// (__)\/ヽヽ:.:. .: . ,イ/ノ_,/_,//  \\ _
:::ト、  ̄//_ ̄ ̄`ヽ /\>─'´   ̄ ̄  ̄ ̄. ̄ :; : ' :; : ``'' ー─-、、
;;::二二 ノ:.:.:.`丶、  \/  ' :; : ' :; :           .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,... .,.:,..:..
,イ;;;:.:.:.:/::.:.:.::/:::.: :.ト、_」!  ... ,... ... ,... ... ,... ....,.:,..:.. .,.:,..:..
/;;;;;:::/::/:::.:/::::::::. i::.:.::Y´ :; :    .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:..


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃土嚢の裏には木箱に収められたパンツァーファウストや三脚で固定され
┃長距離射撃に特化したMG34が一定の間隔で置かれ、銃口は全て南の
┃方角……ネウロイの進行方向へと向けられ、その時を今かと待ちわびている



464七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:04:28 ID:3nWxTpeU0
                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!         諸君、我々は今窮地に立たされている
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃広場に総勢50名近いカールスラント陸軍兵士が各々の指定された配置につく
┃銃を持つ手が震え、走っても無いのに心臓の鼓動が早まる。
┃胸を裂きそうなあの戦場の独特の空気が流れているさなか、
┃震える兵員を鼓舞するかのように、この小隊の生き残りを率いている男が口を開く


465七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:05:47 ID:3nWxTpeU0



                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::∨
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉     この町にネウロイが向かっているのは諸君も知っているだろう
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/










                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i  有志の協力により難民たちは無事防空壕へ避難が完了した
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!   だがこれは、ママイ曹長やフォーリ―軍曹たちの決死の覚悟が
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!      有ったからに他ならない。
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/     彼らは勇敢に戦い、諸君らの為に時間を作ってくれた
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ      彼らの命……無駄にしてはならない
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \

466七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:07:36 ID:3nWxTpeU0
       γ´       \                          γ´ヽ `ヽ
       /i         i ヽ                         j   辷≧x∨
      ./ .i!        i   ∨                     q     i゙ーi
      |i i!         i!  .∨      _ __                  |    .|}kj
      |i i!         i!    i       /i  /ヽ             ノヾー 彡ノ/、
      |i i!         i! ノ! |r x    i |  i  |       ____/ i .`ヾ彡/ i___
     ーi| ,i!≦三二 、ー, 、‐ヾ |:::::i  /| ミ彡ノ .j`ヽ     ./ |::/  \   /  .iヽ>o。
    _./ 弋 弋 て・孑 〈 辷彡 ノ .j\;/ i! ≧≠/  ヾ、   ノ  .|::´i`ヽ  ヽ _jー‐ ┘| | i! ヽ
‐=≦/ rf::::i≧=≦ ノ三》`¨¨   |  >o。.ー=彡‖   .)rf    .|:::::|  \ /    ./| | i!、,!i
  ./  ヾ::::ヾメ  ノ三刈       |     ヾメ .‖   .γ⌒ヾメ、 ,|:::::| 、__i___ノi!| | i!i!i!i
  /   ∧:::::ヾメヾ弋__     ,〈      i!   \ /   .ヾ`゙|:::::|  ¨`゛|   `゙i!i!| |,i!i!i!ii
. /     ∧:::::辷 `ヾ㌢    /  j        i!     \____,、!:::::|≦三 |二≡=i!i| |i!i!i!i!i!
 ー=≦三三≧=彡ミ≧≠  /  /   r―-- Jヽ       ヽ  `ヾ\::::::|    .|=≦三三i| |ノ卅从\
i!,、 ミ三二彡´  \  ー=≦´/   \::::::::::::::|     .∧  少ーx´ーzx .|三三三i!j| |i⌒ヽ ヾi
i!i!i!´  ノノヽ     .\    ./ / ̄i`゙::::::::::::::::|   |     ∧f´ γ´ ゝ-zx´≧=ーo。. ノノ|   ∨ j
i!ヾ彡     \    .\  //    .|::::::::::::::::::::|   |    ∧  !    廴ヾ≧三三≧ヾー    i´
゙i! ミメ\     ゝ-    Y        |::::::::::::::::::::|   |     ∧ヾミメ_k少ー‐γ三三/´≧ーo。.
 ヾ ゞ、 .\    ==孑i!        |::::::::::::::::::::|   |      ヾミメ二彡   /;:;:;:;//>孑j三三三≧
  i  ヾメ ミマ  \    ヽ     |i:::::::::::::::::::| .J       |i!三三三三 i;:;:;://   弋n∩fj三三
  i!   ヾメ      ヽ\  |       .|i:::::::::::::::::::|   ¨¨¨¨¨   |i!ζ⌒ヾー三 i;:;:;:|:|     ー-<
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃隊長の言葉を聞き、数人の兵士が顔を俯かせる

┃ママイ軍曹やフォーリ―軍曹率いる分隊の命を懸けた遅滞戦術は本当に僅かだったが
┃体勢を整えるのに少しの猶予を与えてくれた

┃彼らは勇敢なカールスラント軍人として立派に戦い、誇りと共に散ったのだ
┃その称賛される行いを悔やむ何人から、すすり泣くようなうめき声が漏れる



467七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:09:05 ID:3nWxTpeU0



                 .。o≦`ヽ
                    /三三三≧x
                 rf´ ̄ ̄`≦三≧ー、
                 |       `\ 廴ヽ
                i´_     i´ /\  `ヽ        我々は守るべき祖国を失った……
             γ´__rf    .|彡 ´ ゝ、 ノ
               .ノ´       .|≧= x .H  i         だが、それでもまだやれるべきことはある
              j       / ̄ ̄\.X  .|
            / ー―   /     ヽ辷xi
              /         i´       ik ヽ
             ./        j          if  ノ
            /       .γ´三三三≧≡斥 |
           ./          j´ ̄    ̄`ミメ三ヽ!rz__
         .(__     .γ´          `ヾ〈   `ヽ
       ___/       _ノ              \   ∨
   ..。o≦:::::{      ./                    ヽ  .!
   /`ヽ:::::::ー-   ./                  弋..ノ
  /  ノ:::::::::::::::::::ノ/                    |





                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!        彼らが守った命、我々が守りきらなければいけない
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::         我々の意地を見せる時が来たのだ!
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃南の方角から不気味で甲高い金切音、怪鳥の鳴き声のような音が聞こえてくる

┃覚悟を決めろ――男が自分の機関短銃のレバーを下げ、安全装置を解除し
┃初弾を薬室に叩き込む。少し遅れて辺りから同じように心地よい金属音が重なり合う

┃自分たちに出来ることはすべてやった。なら、あとはこの状況を乗り切るだけである

┃幸いなことにフォーリ軍曹たちの最後の通信でネウロイたちは小型の航空機と陸戦型が
┃数機の少数部隊と聞いている。

┃状況は絶望に近い。が、不可能でもない。やるしかないのだ


468七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:10:21 ID:3nWxTpeU0
            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
        !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!        ――敵機接近!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉                        ”飛行杯”
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V         小型航空タイプ……フライングゴブレットです!
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
            〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :





                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ
           /               ∧  \          報告どうりか……数は!
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨
          酛    >    i!≧ー-         |      15……いや18機!  こちらへまっすぐ向かってきます!
          i!        >i!   ニ二彡     |
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉
  ノ \  廴\   乂介      /         /
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<
          \  ∨ヾ   ∨∧
\          \ヽ     .∨∧
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i
            i!   .∨ノ    \i!





┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃土嚢の後ろから望遠鏡代わりに
┃着弾確認用のペリスコープを覗いていた兵士が異常を察知し、叫ぶ

┃見ると、町の入口である街道から見覚えのある黒い影が複数、列をなして
┃まっすぐと彼らが待つ中央広場へと飛んでくるのが分かる



469名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:13:54 ID:zjFTZX7Y0
ストパンって手軽に可愛い女の子が頑張ってる姿を見て癒される作品だと考えると、
この濃厚なむせる感じはすごい挑戦であるよなww

470七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:14:44 ID:3nWxTpeU0
引き続き「ぱんつと女の子のレズビアンな世界」をお楽しみください




          γ:⌒:ヽ                -―- 、
           {|: : / : :}             /: : : : : :_: :\        .´ ̄ ̄ :` : .、
        /7⌒Y彡′           ,,| : : : : : //: : : :.',     / : : : : : : : : : : : : \
        〈。/´′             { |: : : : : :".: : : : : }   _| : : : : : : : : : / ): : : : :',
                   γ:⌒:ヽ    Y´ ̄`ヽ: : : : : :/   /:| : : : : : : : : / /: : : : : : :,
  ヒュン    -―- 、       {|: : / : :} /\; : : : : : }.: : :./   |:.:| : : : : : : : ( /: : : : : : : :}
     /: : : : : :_: :\    /7⌒Y彡′  /ー:、: ∠ーァ       ヽ| : : :___: : : : : : : : : : : : ;′
     ,,| : : : : : //: : : :.',    〈。/´′    /: : /   /     /\、レ´  `ヽ: : : : : : : :/
    { |: : : : : :".: : : : : }           O/        /    7: : : : : : : :}: : _:_:_:イ
     Y´ ̄`ヽ: : : : : :/    ..´ ̄ ̄ :` : .、               ; : : : : : : : /く彡'"
  /\; : : : : : }.: : :./   / : : : : : : : : : : : : \ヒュン ヒュン    /: ⌒ヽ: :/`\>
    /ー:、: ∠ーァ     _| : : : : : : : : : / ): : : : :',         /: : : : :/    /
    /: : /   /     /:| : : : : : : : : / /: : : : : : :,         (O):/      /
   O/           |:.:| : : : : : : : ( /: : : : : : : :}
                ヽ| : : :___: : : : : : : : : : : : ;′
               /\、レ´  `ヽ: : : : : : : :/
      γ:⌒:ヽ  /    7: : : : : : : :}: : _:_:_:イ
    {|: : / : :}      ; : : : : : : : /く彡'"
     /7⌒Y彡′    /: ⌒ヽ: :/`\>
     〈。/´′     /: : : : :/    /
               (O):/      /

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃広場へと向かってくるのはフライングゴブレット。
┃別名”飛行杯”とよばれる小型の飛行タイプのネウロイだ。

┃円錐状のボディを振動させつつ3機編隊が3つ、不気味な浮遊音を奏でながら
┃街道を突っ走ってくる。



471七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:16:51 ID:3nWxTpeU0



                  /:::::::ヽ:::::::::::::i!∨
              j:::::::::::i!:::::::::::::i!::i
               i:::::::::::::i!:::::::::::‖:i   -―-
              !:::::::( ≠ヽ r=;:ノ,'ヾ´   ヽ   \
             i^i::::::::::::::::i:::::::::/ i!   .H    \
             .。o| | ヾ::::::::::::::::::廴zzzzx_ノc   __\          撃ち方用意―――今だ、撃てーーーッ!
       γ´     弋  rfマrf´::::frt≦二≡=ー <   X
         j       .。o|i!i!i!i!}|:|:::::::::::廴 孑    ̄ ̄`ヽ . ヽ        ネウロイどもにこの先を突破されるな!
       /    |_. ゞ=ー、 ヾ:::::::::::γ´           }
       .丿  / 〈   ー=={i!i!i|\:::ノ             /
      / γ´  ∧  二二}i!i!!弋 ̄>-―-         /
    .i        ーア=≦ヾi!i!i7:::::::::::\::::::::::::::::`ヽ ./ヽ
   _ノ        / ヽ i::::弋/ヾー:::::::::::\:::::::::::::\     i
  ∧       _/     ノ|::::<:::::\:::::::::::::::\:::::::/     .|
   .\     ./     \:\:::::::::::::::\::::::::::::::::x  __r――、
     ヽ  /        X::\:::::::::::::::\< |三{|:::::::|>---ヽ
                   /  /!≧ .。o≦___|三{|:::::::|   i! j
               ../  //       | i   i:::::::|⊃ーi!-∨
               ./  //          | i   |:::::::|     ∨
               .i //          .| i   |:::::::|-―― 、 ∨
                /__           .| i γ|:::::::|     .\i
                ゛ノ≧=ー-o。.   | i/ |。:::。i    `ヽ廴
               /        ≧ <  弋:::ノ        \







                  ,--、_
             /´ヘ ヘ ヽ
             lュ_____ヽ
             ト i――――.i          機関銃兵、弾幕を張ってあいつ等を撃ち落せ!
             l ヽ'´ ̄l l ̄`i
             / u /\ヽ ,          他の奴らも遠慮するな、ネウロイどもに撃ちこめっ!
           ,--、ヽ i (0)只(0)ノ ̄ ̄ヽ、
           / /;;/  i     iヽ     ヘ
          //;;;;;;i  |      ヘ;;;;;;ゝ---丿
          / \/  l     ヘ;;;;ヽ   \
         /   i''''、-‐´`'‐‐‐、 / ゙iヽ/´`\/ヘ
         /  ヘ  `‐‐'´ ̄(( ̄ ̄∟巛巛 ̄ ̄ ̄ ̄'―´ ̄ ̄―‐、
         iソ――ヘ'´ヘ  ---、__ ((二二((三三三三三三匚´
         ヘ   ヽ'´l巛EBソ| ̄|ノ `――、__三三三三三/Θヘ
          \_iヘ ヘEEB凵|_|∩∩∩∩    `――、__ヽ__/
             `'''─'''''''    ヽ___/
               |ヘ     /    |

472名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:17:53 ID:jfzY.BO20
こういうのもいいなw

473七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:19:07 ID:3nWxTpeU0
               ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙
       ,r'"´  ̄`¨ヽ                                , "´
        /;;:. . .     \                             ,゙´
      j;;;:;:;::.:.:. . .    !                         .,;:' ,'
      li1,イ二二三二j! ヽ                   , '´   ,:;'::;,'
      |!;;;L''ー=,r、=‐^N !                   ,:'    ,;.;, ,;
:.:.:. . . .  _>;;;|ゝ';;;;ハ;;:.:.iノ;/ハ、_                 ,:.',  ,、';.:;′;
:.:..: ..,r'"´;;!;;il;;;,r'゙,、、、、,,ゞ/ j  `\_              ;'  '゙´     ゙′   '''゙""" ´ ``ヾ
:::.:./    ! l|;/,r'`二´ Y /   ヽ \           ;,;.        ||
;;;;;:;:;:;:ヽ  | j|ト、`、    /     レ  ,ハ          ゞ、     _」||!
;;;;;;:;:;:;::::::.:.:.j l|  ヽヾ ,イ  ,.-‐'"゙ ̄_r只、_,、,、,、,、,、   __ _____ノノハ_
;;;;;;;:;:;:;:;| ト、  ! , イ⌒ヽ 厂仄二二二Q」/ / ノijijiji((((((((((((((((((((((((二(二二(Q)
;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;'TY´ イTL Eヨ___j rーーェェ、ニニニニニニニニニニ|二( 「ハV´ ̄
;;;;;:;:;:;:;:;:;ィ⌒ヾ   .: .:. :. .: .ニニニニニニニニココKエ ゝ===========/コ/コ厂仄ヽ
;;;;;;;:;:;:;:/ 〃  ,イゞ   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;」!        ,;'       ,
;;;;;:;:;:;:;ゝ j i i L ll|||i ,.-‐' "´:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;二」Q
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部隊長の号令と共に、ネウロイに向けられていた銃口が一斉に火を噴く

┃50丁近い銃器から放たれた無数の曳光弾が街道へ、その上を低空飛行するネウロイへと
┃綺麗な射線を描き、嵐のように襲い掛かる

┃その制圧射撃に怯んだフライングゴブレットたちは、速度を落とすと体を不規則に
┃傾け回避行動を取った



474七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:20:21 ID:3nWxTpeU0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               ,,:ll''′    |l!             ,ll′       ,;jl'
             r'′      _jl!            ,,ll'´        ,ll!
           ,r''        ,jl!′          ,jl′       ,;ll!´
          :'′       _,jll''           _,;;;;l|_       ,jll!′
         r‐!--._     ,;ll!′    _,,,,,,,........,,,,_ .j   "゙'ll:,,_   ,,jll!     ドドドド・・・>
        1 ,.., ゙'l、   ,fl''    ,,,;llll!''"´    ゙゙'''l:,jj''':l:、 ゙ll, ,,jlll′
         ':..}l,,」  |-ィl!′  ,..r''|ll′          ゙lll)ー!  _lll''´
           `'ー-/   _r''"  ,ll′           ゙'lllllrャl!′            _,,....
                jl!    l' ,,,,,,,,,,,,,,,r:...._       |l;‐''''"~~~~~~~~~~~~""""''ll.ll′
    ,,;;:''''""゙''ll;,,,     !    !    !   l|       |l              ||
    .ill′     ll;    |l、   ll-''''''''''!!'l-'''′      f!              ll
   ,f!       ‖    |l;,   |l;             jl′           _  |l.
   _l!       ‖     ゙''lx..,,_ ゙'ll,,_          ,jl′         ,,rr'''"`"''''llll;;,
  ,|l        ,|l         `"゙゙''''''l:..,,,_   _,,,r'''lll         __,,f'′       ゙ll
  l!        |l|            _,,,,,]l ゙|lll ゙"    ~~~~~~" ̄"゙ ]l!′
  l!        jl′         ,,;llll!!"´  'll... 'll,          ,,ll'´
 l!        丿       ,,,r'''"       ゙ll、゙ll、       ,,jl'´
;ll''゙~~ ゙゙̄'''l:,,,  ;l!      ,rl'"´          ゙l;, 'll,,     ,,r!′             ,l
,       'llf!    _,;ll'"              |llュ,|ll  ,rl''´              r'′
'll,,      ,,ll   _,r''′              _,l! ゙゙ ,,jl'′              ,,r''´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

475七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:21:23 ID:3nWxTpeU0
     /_______〃―――, ‐、                  ノし/
    ./    r ――― /,    . ∧ i_________     }  て__ ,        \ ,,_人、ノヽ
   /      .| / / / ./ {      i , 《             i j  _ノ  √ ̄            )ヽ    (
   |     | / / / /  ゝ    ∨ l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ¨ (⌒ヾ            - <       >
__r ―――――‐ 、{   `ー――` '                                  )     て
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ヽ      j  r-z        _                     |  / ,  /^⌒`Y´^\
________ゝ_ゝ _ ,ィ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ー ‐| |-、                \__ノし// 、
::::::::::::i:::::ハ.ー―l<〈___r =r ―――r―――‐ァ,イ_            .__)   (_ ',
::::::::::::l::::::::i=={====={ {二二二〈/___/ {   {二二二二二二]     ̄)   ( ̄ ̄ ̄
::::::::::::l::::::∧二/ゝ二二, - ー 、-、_ 二二二二二二二ソ ̄              /⌒|「⌒\
::::::::::∧::::::∧. ̄ ̄ / ー 、-、ヽ| |  /::::::r'  ヽソ     _
::::::::::::∧:::::::::ヽ /.    ー-ヽ〉≦三三三〈二二〉三三≧=ノl〉_                 {
ー ≦二二二二二ヽ___r ー―――――――、, イ _ノ _/ !ハ           \    |l|w/L ,r_/
´________| r===|________i_{ ̄ ̄ ̄/ |r'i             \\{w└ ¨ ´ /
=====}   .|二二二二|   ___r ――― 、>――― 、〃二ヽ           \´     彡x
=====}___  ̄ ̄ ̄ ̄   /  .|´ ̄ ̄ ̄/        ∧三三_二二二二]     >  ; ’  ∠─
二二二二二二二|〇⊂ニニニ⊃|__|____{ー―――‐〈 l´ ̄__,、          /      }|
 ̄ ̄ ̄ヽ ̄ > ー ―― ― -- 、 ̄| |二r 、〃ヽ`ヽ, - 、__.∨≦二二r'リ}      /´ヾ,  r、r‐|^`
― ―,-、i} 〃        _ ノ ._ _ノ .| |::::::ヽ_ヽ __ヽ_ノヽ_,イ=={三| ̄           //  }´
::::::::::::i i ̄          {ヽ二二二ノ:::::::::::::::/≦二二二〈三ソ二/            /
::::::::::::l l             ,イ:::::::::` <:::::::::, ィ:::::::::{-'    }:::::|::::|::ハ

476七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:21:46 ID:3nWxTpeU0
               | __
               |i'::;)_..|_)
                 ̄ ̄i|
                       |
              i
              |i  ゙l|
             、ー'i . ,, il| |  へ
            U   ::iil| |i,. ..:/
             `~ ^' i:| U/f=:、|    i
    :|   |              / /i|   ,.、!    ,.-、
    l| ,/:|i   _|         (::,}'    ,/:U|    / /::
    iil|' .,イ   / :{i! i(:;;}..... ,.、    ...::  |/ ,:/ ..:  (;;:)'::
   U/ ' |!,-/ /|!::::| `|:::::::U:\゙l|_..:::::   |il:/..:::  .::::::::
  .....:::::::::::::::、{;;}/_、::::,|_ :|::_:_::\ )i:. \   ..::::(´\::::::::::.....
      :::::::ヾ{: ::}:::{:;;)___):::´:::::ヾ(;;〉 :::::::::::\U

477名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:22:30 ID:zjFTZX7Y0
ふ、奴らとてこれだけの銃弾を浴びせられてはひとたまりもないはず・・・!!

478七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:24:46 ID:3nWxTpeU0
あ、ちなみに今回はネウロイさんのレベルをダウンさせて居ます。本当だったら開始5秒で轢殺されてます




                     ..´ ̄ ̄ :` : .、
                   / : : : : : : : : : : : : \
               _| : : : : : : : : : / ): : : : :',
               /:| : : : : : : : : / /: : : : : : :,
                 |:.:| : : : : : : : ( /: : : : : : : :}     キュィィィィイ!?
                ヽ| : : :___: : : : : : : : : : : : ;′
               /\、レ´  `ヽ: : : : : : : :/
           /    7: : : : : : : :}: : _:_:_:イ
                 ; : : : : : : : /く彡'"
                  /: ⌒ヽ: :/`\>
              /: : : : :/    /
               (O):/      /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃土嚢の裏を埋め尽くさんとする勢いで莫大な量の薬莢が排出されていく。

┃そして数匹のネウロイが豪雨のような弾幕をよけれず、7.92mm弾の餌食になる
┃内部に徹甲弾頭をいれ貫通力が強化されたこれは、フライングゴブレットの防弾装甲を
┃食い破り、ネウロイの中にある弾薬室にまで届いた

┃内部機構をめちゃくちゃにされたネウロイたちは、高度を維持できなくなり
┃そのまま突っ込むように街道沿いの民家の壁へと激突、そして爆発する
















                      ,r'"´ ̄ ̄ ̄`\
                    /          ヽ
                     !, -‐''´ ̄ ̄`¨`ー,ハ
                     「  _,,.-──‐- 、 ハ
                   ,レ'"´__,.-‐rェュ,-、「 `ヽ
                   i! / ( ゙ー',j) ,lゝ‐='ハ   ,!
                      i!(!    ̄ ____   jト、_,イ
                   ヽハ  /r===、ヽ //_>‐-、、        よし、2機は落としたぞっ!
                     `ヾ、! i /二ソ_ノ フ,ィニゝ ̄`ヽ
                     ,イΛヽ`二´,イ/ ̄ ̄ヾ二二ヽ     このまま撃ち続けろ!
                     ,イ/  !ヽ ,ィ´ i/ /´ ̄ ̄ヽ ̄ヽ l
                   「j i  ! ,l/   }イ  〔 GATE 〕  `!
                       リ  \ l/    _」 !          !
       rェェ‐-、 __ _rァァ、トタ、 />ー'i !ヾ/l ̄``ー-、,  i|
      ,r'´ヽヽ_」     `ヽ`ヽl/     j ,/ i/i!   b   ! ,イl
    Q)二 )i !         ,! ,! / ``ー─l/ /i! ヽ _ , -‐|,イレ!
      ヽ _,ノ_ノノ ̄ ̄| ̄|ー=、//      ! / ,!  !    /´ !
       >≠=〈二!ーレ'⌒ヽ/ ヽ__,ィ´ 」  \ !   ,イ  !
       /r'二  ̄``Tヾ ̄`ヽ、_,.-ー-、レク^ヽ   `ー '´!   !
        ! (二´  ``ヾ|ミj   l ヽ         `ヽ    /    !
       L(二´  ``,イミ,i!  !  ゙i          ,!   /   ,!
       (_, __,,ハミソ  j  ,リ         ,'  ,/    `!
            `ヾ、_,イ           /  /    /
                 `Y´ ̄ ̄  ̄`¨`ー---‐'    ,,イ、__
                  !_, r-‐ー======ハ ̄`ヽV二|

479七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:26:32 ID:3nWxTpeU0

                   /7>,、、
               {{: :==: :.〕ニ=─── ──── ──────────── ───────── ─────
                ヽ>>'"´
                                     ____
                                        //: : : : <> 、、      _____
                                     /:::/: : : : : : : : : : <> 、 「「 ̄ ̄
                                     ;:::::; : : : : : : : : : : : : : : : : : `7>- _ __
                                 {:::::{ : : :⊂ニニ⊃: : : : : : : :{ : : : : : : (: : : : (ニニニニニニニニニニニニニ
                                     ':::::' : : : : : : : : : : : : : : : : : 人>‐  ̄  ̄ ̄
                                    Ⅵヘ、: : : : : : : : :<> ´  | L____
                                        \__>: :.<> "        ̄ ̄ ̄
                                       ̄ ̄
      ___
     /:/: : :`: : .、、   __
.    /:/ : : : : : : : : ><{、______バキュン!
.     {:{: : :⊂ニ⊃: : :{: :{{:: : :(__()===================================
.    Ⅵ、 : : : : : : : ><{´ ̄
      \ 、: : :>"´   ` ̄                               ___
        ̄                                       /:/: : :`: : .、、   __
                                              /:/ : : : : : : : : ><{、______
                                              {:{: : :⊂ニ⊃: : :{: :{{:: : :(__()======
                                              Ⅵ、 : : : : : : : ><{´ ̄
                                               \ 、: : :>"´   ` ̄
.  /7>,、、                                            ̄
.   {{: :==: :.〕ニ=─── ──── ──────────── ───────── ─────────────
.   ヽ>>'"´

                     ___
                    /:/: : :`: : .、、   __
                      /:/ : : : : : : : : ><{、______バキュン!
                       {:{: : :⊂ニ⊃: : :{: :{{:: : :(__()========================
                      Ⅵ、 : : : : : : : ><{´ ̄
                     \ 、: : :>"´   ` ̄
                       ̄

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃数匹のネウロイが黒炎を上げ、銀色の破片となり消えていく
┃それを見た兵士たちから陣地の奥でわっ、と歓声が巻き起こる

┃が、ネウロイたちもただ黙って見ているわけではない

┃仲間の仇討だと言わんばかりに弾幕を掻い潜ったネウロイが反撃を開始
┃銃撃をよけつつ、土嚢に隠れる人間たちへと銃撃を開始する


480七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:29:24 ID:3nWxTpeU0
       ,, ‐'' "  ̄  ̄ "''  .,
      /  ''';;;:::: :: :      ` 、
.     /      ;;;:::: :: : .     ヽ
    /        '';;::: :: : : .   ',  バババババッ!
    ,'          ;;::::: :: :: : :   ',
   .j"';;;;:...       ;;:::::: :: : :     '.,
   l!:: :: ::''':;;..  o ,,::'':::::: :: : : c  ....::.. ヽ         くそっ、くそっくそっくそっ!
   li:: :: :: :: ::''' ''' ' '        ' ' '' "  _)
  ノ:: :e:: :: ;;..-一tr:,;;r;;;一-‐-;;rt=vi=-‐rI~         さっさと落ち――
  ヽ、___,/::::::::::\I|;::l::;;   : ::|:| :||i  i!.}
   ヽ:::、、:::::::::::::::::`、ヽ'',,;;;;:::::ノノ  ','!yノノ
    i\`/~ヽ:::::::::::.``‐-=''"  _;;;ュ〉ニ!、  __
    '、`i;;、::;I:::i_;;;:::      / ,-==、ヽ/i ヽ
     L ヽ\=、 iL,,,__..:::::::..../ /,r'''⌒ヾ::i} / ...:::l
     ヽ=ニ二ヽ|iヽ⌒ヽヽ::::l|/ /ゞ((ン)アノi}/:::::::/
    /""''''';;;__\\`i〕}:;;;;:i:i(、_ 〉`="_ィ'/:::::::/ヽ,,,_
  _,,-~~`‐-=- 、、__ヾ、|レ/、_;;;:||:i: >テ=-''iノ::::::ノi  ) ~ ''
''~    : : ::: ::::::::........--‐=一T;=ニ二_テ ̄ l| ,'~ ̄..:::






            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。    ――ギャアッ!
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃土嚢から身を出していた不幸な何人かが運悪くネウロイの凶弾に当たり
┃間抜けな悲鳴と共に後ろへ崩れ落ちる

┃少なくても4人は今ので戦闘不能になったのか。うめき声すらあげずに死んでいった者もいる

┃なおもまだ続く反撃により、機関銃に取りついていた兵士の肩が吹き飛び、
┃激しい絶叫が辺りを震撼させる


481七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:31:18 ID:3nWxTpeU0
                            -──
                   .
                 /
               ; /   __
                 _/ .. -── =====ミ
                    |r             `ヾ.   . -=ニ :     ……あぁっ、うそだろ……
                  ; ||                /
                    ||    ===ミ           /〃            俺の腕が……あぁ、フゥッ、くそっ……
              / `ー" /    ヾー======彡/ /r
             ; |  |         ̄ ̄ ̄〃 `ー          痛ぇっ……
               |  | 、  _;   u    {{  /r
              ゞ、 }      _      ゞ  `ー
                     | | {lr  __ __il}  し   }\
                     | |   ニニ     u    / 〃`ー== ==彡
                     `:ヽ        ___/ /       __
                  }  ̄ ̄`ー==彡     /}    / : : :
                乂_     __ .. 才   j . . : : : : : : :
                   「 ̄ ̄   . . . .-=彡 : : : : : : : : : :
                  _|\ー==: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                /: :|: : : i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :彡'





                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::∨
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk        ッ! 機銃兵が……
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃千切れ骨が見える肩を抱え込み、血を流したまま倒れて動けない兵士
┃土嚢がある程度遮蔽物となってくれているが、それでも銃弾から身を隠すのには十分とは言えない
┃その悲惨な光景を一瞥し、苦しげに舌を鳴らすと誰かに助けを……

┃呼ぼうとしたが、声は喉をくぐもったまま出てこず、代わりに違う言葉が出た



482七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:32:46 ID:3nWxTpeU0
               -―-
               i::::::::::::::::::::::ヽ
               |::::::::::::::::::::::::::i
               j、_::::::::::::::::::::::|
         ≦二ヽ   \::::::::::::::i       負傷者にかまうな!
       /三二≡=ー  \::::::/       機銃が止まったらここが突破されてしまう!
       ゝ--―   ´   ̄ミメ
    γ´// i i            ヽ      誰か代わりに銃座に付け!
     ,' // :i i            |
   / //  i i            |  r‐-----、
  ./ミ7 メ、マ 弋、   ヽ          |ー´i三三}k/)==ft
  i //}ko。 マヾx   i        ゝ-oミ三三}j㌢ノ  ̄
  j //   }ko。    |      ノノ ヽ  i㌢i!i!|´
 i´//         }ko。 |               j i!i!i!|
 |i!/           `i          / ∧i!/
 :i!                 \       ./
  |             ノ \  .。o
  | j ヽ     ___rfノ
γ´  `ヾ三三|}k  o  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今此処で負傷兵を回収すればその手当てに最低二人は人員がとられる
┃そうなれば制圧射撃に穴が開き、そこから突破されてしまう

┃そう判断した指揮官はすまん、と心の中で一言だけ謝罪すると、
┃近くに居る兵士に向かい命令を飛ばす



483七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:33:43 ID:3nWxTpeU0


            ,.-───- 、
           /  / /     \    ヒュュュウ
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l           りょ、了解! 自分が――
       / , ィ´.:::::::::::::::::::::::u::::.:.\  l!
        !//.:._u.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
            〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :








             -―-
          /     `ヽ          r  /メノ彡
         /        |         j ∨/ ‖/
          |   、・;:    |          > -、   /
  パスン!   | ;ノ从ヾ゙゙ ` !     > ー-  ∨  j≧ー       ウギッ!?
         | ヾヾ´;  ノ/ー-孑´     ノ≦ ̄´
         r| ゙こゝ=≠彡ノ..___ `ヽ   <
        弋メ,,;:ノ 辷三}  /   i!´
      -―=辷≧ー三三}/-‐    |
     /___    ̄\>-、 \  |    |
`゙┗:、 i//≧=ー- \ /`ミメ |   ∨
 ;∵ ;ノノ ̄ ̄        ヽ  i!      廴
  ¨` |廴__       〈  \i!     `ヾ
    ゝ-=≠     /`ヾ  ー       \ -―==≡三三
    `i    =≡二三{___   \  /三三三三三三≧ー
     |         `ヽ ミメ-―=≦三三三三二>-┴┴
     廴__     /       \彡  ̄ ̄>-<二 ̄ヽ
     〉        ノ≧ー――=≦ `ヽ       /二⊃


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃銃座に付こうと立ち上がった兵士の一人が額を撃ちぬかれ、崩れ落ちる

┃その隙を突いた他の兵士が素早くMG34に取りつき、こちらに向かってくる
┃ネウロイを徹甲弾で打ち落とし始める……状況は一進一退と言ったところだろうか。

┃むしろ、たったの50人弱の人数でよくネウロイの進行を抑えられているものだ


484七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:35:16 ID:3nWxTpeU0
                 .。o≦`ヽ
                    /三三三≧x
                 rf´ ̄ ̄`≦三≧ー、
                 |       `\ 廴ヽ            クソッ! 怯むな、撃ち続けて距離を保て!
                i´_     i´ /\  `ヽ
             γ´__rf    .|彡 ´ ゝ、 ノ
               .ノ´       .|≧= x .H  i         ここを突破されたら防空壕の難民たちも巻き添えを喰らう!
              j       / ̄ ̄\.X  .|
            / ー―   /     ヽ辷xi
              /         i´       ik ヽ          ここが正念場だ!
             ./        j          if  ノ
            /       .γ´三三三≧≡斥 |
           ./          j´ ̄    ̄`ミメ三ヽ!rz__
         .(__     .γ´          `ヾ〈   `ヽ
       ___/       _ノ              \   ∨
   ..。o≦:::::{      ./                    ヽ  .!
   /`ヽ:::::::ー-   ./                  弋..ノ
  /  ノ:::::::::::::::::::ノ/                    |








                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨
          酛    >    i!≧ー-         |
          i!        >i!   ニ二彡     |          カールスラント陸軍の意地と誇りをみせてせろ!
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉
  ノ \  廴\   乂介      /         /
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<
          \  ∨ヾ   ∨∧
\          \ヽ     .∨∧
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i
            i!   .∨ノ    \i!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼の言葉に呼応するように味方の銃撃の激しさが増しはじめる

┃自分たちは人の命を背負ってる戦っているのだ

┃そうした覚悟がより一層、カールスラント軍の兵士を鼓舞した



485名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:35:47 ID:jfzY.BO20
こいつらかっけぇな…

486七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:38:17 ID:3nWxTpeU0
         \           ::|        .:::/      ...:...:/
          .:\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    ......:......::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          . .::\       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     .::::/
          . :. ::.::::\─── |_;_;__;_;_;;/     ../
            . : .:. .::::| : . : . /: . : . : . : :/. . : . : .::/: : . .
           ...:..:.:..::::|: : : /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : . .  .
         .  ..:.::.:..::::|-=.:.:.:.:_;;:.-::::''´::: : : - ´: : : : : : : . .  . .
           :.::....:::::::|.:.:__;;:;..:::::-‐.::'''""~: : : : : : : : : : : : . . .  .
           ...lフ : ::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : . .ワ . .  .
           . : :.::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヮ.:.:.:.:.:.:.:.ワ:.:.:.:.:.:: : : : . . . . .  . .
            .: :::::::;ィ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ::: ::: : : : : : : . . .  .
           ./l ::/|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :.::l: : _. . . . . . .
          / ..:|/.::/|~""''' ‐- ...;;__: : ~:"'i':‐:;;  "i''-!._ .:|\
        ´::|  / ::l/| |: : : : : : : : :: :: : : "'''-!.._: :.|"'-!:._ .:|\|
         :l/!  / |/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ .:::|\|  \
        /  |/| lニニニニニニニニニニニニl::::|\|  \ .:|
          / ..:|/ : : : : : : : : : : : : : \ \ .::|\
        /|  .:::l二二二二二二二二二二二二二二l .:::|\|  \
          |.:::/                      \|  \
         :/                          \ .:|\


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少し時間が巻き戻り、視点は記憶喪失の青年へと変わる

┃彼が今いるのは教会近くの防空壕の中――元は教会の食糧庫だった場所を
┃改築した防空壕は石造りの為、そこらの防空壕に比べるとかなり頑丈にできている

┃それでも百を超える難民を受け入れることは想定してなかったのだろう

┃薄暗いガス照明が照らす防空壕は難民たちとその悲鳴で溢れかえっていた


487七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:38:59 ID:3nWxTpeU0
         \           ::|        .:::/      ...:...:/
          .:\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    ......:......::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          . .::\       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     .::::/
          . :. ::.::::\─── |_;_;__;_;_;;/     ../
            . : .:. .::::| : . : . /: . : . : . : :/. . : . : .::/: : . .
           ...:..:.:..::::|: : : /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : . .  .
         .  ..:.::.:..::::|-=.:.:.:.:_;;:.-::::''´::: : : - ´: : : : : : : . .  . .
           :.::....:::::::|.:.:__;;:;..:::::-‐.::'''""~: : : : : : : : : : : : . . .  .
           ...lフ : ::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : . .ワ . .  .
           . : :.::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヮ.:.:.:.:.:.:.:.ワ:.:.:.:.:.:: : : : . . . . .  . .
            .: :::::::;ィ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ::: ::: : : : : : : . . .  .
           ./l ::/|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :.::l: : _. . . . . . .
          / ..:|/.::/|~""''' ‐- ...;;__: : ~:"'i':‐:;;  "i''-!._ .:|\
        ´::|  / ::l/| |: : : : : : : : :: :: : : "'''-!.._: :.|"'-!:._ .:|\|
         :l/!  / |/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ .:::|\|  \
        /  |/| lニニニニニニニニニニニニl::::|\|  \ .:|
          / ..:|/ : : : : : : : : : : : : : \ \ .::|\
        /|  .:::l二二二二二二二二二二二二二二l .:::|\|  \
          |.:::/                      \|  \
         :/                          \ .:|\


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少し時間が巻き戻り、視点は記憶喪失の青年へと変わる

┃彼が今いるのは教会近くの防空壕の中――元は教会の食糧庫だった場所を
┃改築した防空壕は石造りの為、そこらの防空壕に比べるとかなり頑丈にできている

┃それでも百を超える難民を受け入れることは想定してなかったのだろう

┃薄暗いガス照明が照らす防空壕は難民たちとその悲鳴で溢れかえっていた


488七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:39:28 ID:3nWxTpeU0
あ、ミスりました。すいません

489名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:39:38 ID:/DlDtXeY0
火力が足りない

490七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:42:36 ID:3nWxTpeU0
欲を言うなら合いの手が足りない…… 寂しいと死んじゃうの(>>1が)


   ::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|:. ::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .:': : : :. ::.
   ::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|:. ::.. .|l           l| ::.. : :;.: : ::.. .:':':. ::.. .:'::;.: : : : :. ::...
   ::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|:. ::.. .|l_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,l|. ::.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : : :;.: : ::.. .
   ::.:'::;.'. ., .:|:,:::::::::|.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::.. .:': : :.. .:':. ::.. .:,r 、-ー─-、.. .:':. ::.. .:'::;.: : ::..     マリー! マリーはどこ?>
   ::. ::.. .:'::;::|::::,::::;:|;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:;;;_::;;:;;_;;_;_;;;;;_;;l'  |= ′  |;;_;;_;_;;;;;_;;;;_;;_;,_:;:
   ::. ::.. .:'::;::|::::::::;,:|              ○::○)ノ_,,;,;,;;,;;ノ:::::....
   ::.:'::;:. ::.. :|:,:::::::;:|________________________________________________________________________     わ、私の息子を知りませんか?!
   ::. ::.. .:'::;::|:::.:./ ., .     , ., ., ., .          __, ., .,, ., .,             息子が何処にも居ないんです!?>
   :::.:.:.'. :; :::|/_____________________________________________________________________________
   ::. ::.. .:'::;::||'_';.;_':':_';._;'_;:_;'_;'_:'';_';_';';_;:_:'_::_:'_;';_';_';::_:;_;._;';_';_';::_:;:_:';';_:;':_':_;'::_;::_'      うわーん、おかあさーん!>
   ::.. . !'´.::::||':':';:;y';:';::'::';';;:;;';:;';';':';';:';':;';;';';':';';'.;';_';_';::_:; ;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';':;
   :.: : : : : :.;||' ';:;:;::';'';';;';';.;';';';';:;';';':';';:';':;;';:;';';':';  ;.;';';';';:;';;.;';';';';:;';';':';';;.;';';';';:;';';;
   ::::.:. . .:.:;';||'´';';':';';';:;:;';:;':';';';:;:;';: .;';:;';';':';';:'; . -―- 、;:;';;:';';::';';':'';';;.;';';';';:;';';':';';
   ';:;::,::.::;:;'//三三三三三三三三三三三 . ト、,..___,ノ|三三三三三三三三三
   ';:;'; ; ;:;//ニニ7ニニニニニ /ニニニニニiニニニ  |;';::.:. .  .|ニiニニニiニニニiニニニiニニニ
   '; .'; ;.//二:二 /,、ニ=ニ /ニニ /二l二 ..|;';:;:::.:,,  | 二i二二ニ二i二二二i
   ';';';';//二二ニ:ニニニ /ニニニ二二二l ,` ー--‐''′二i二二i二二二i二二
   .;';'//二二二/;二ニニニ /::二!二二二i;二二二l二二二l二二二i;二二
   ':::'/二二/二二二/二二二二l二二二l二二二i;二二二i;二二二l二二



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃防空壕の中は人混みでごった返している

┃いや、この場合は阿鼻叫喚と言うのが正しいのだろうか

┃いきなりの襲撃により家族と離ればなれになった子供が泣きじゃくったり
┃それを探す母親が必死の形相で辺りに尋ねまわってるのが見える……

┃そんな地獄の一丁目のような光景を部屋の隅から青年は震えながら見守っていた



491七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:46:00 ID:3nWxTpeU0
____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|       ママ―っ、マーマーッ!>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o  ヽ|       うるさいぞ! 誰かそのガキを黙らせろっ!>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|       子供にたいしてなんだその言い方は、大人気ないぞ!>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|       なんだとっ! だいたいそこで騒いでる奴が――>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|








           ____
         /:::     \           ……ネウロイが来て、いま伍長さんが戦って……
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \        伍長さん、無事かな…… 大丈夫かな……
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃口に出すのは先ほどから伍長の事ばかり

┃今は自分のことを心配するべきなのだが、これも一種の現実逃避なのか
┃いま自分たちの頭上ではネウロイ達とカールスラント陸軍が戦闘状態にあるのだ
┃現実から目を背けたいのもうなずける状況だった

┃青年は震える手で頭を覆い、部屋の片隅にうずくまったまま動かない



492七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:46:21 ID:3nWxTpeU0




              _____              ――誰か、お願いします! あの子を探してください!
                /    ::::::::::::::\
           /      ::::::::::::::::::\
         /         ::::::::::::::::::::::\
        /         :::::::::::::::::::::::::::::::\
      /          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        |   U        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       |         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       \         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         \      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃不意に自分の近くから女性の声が響く。かなり大きな声で騒いでいるようだ……

┃思わずそちらの方へと視線が移る


493七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:47:27 ID:3nWxTpeU0



       /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ           あの子、外に出てしまったのよ……大切な物を忘れちゃって、
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|         自分の部屋に取りに戻るって言ったきりここに戻って来てないの……!
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ        まだ外に取り残されているはずだわ……可哀想に……
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|           お願い、だれか、だれかあの子を連れ戻してちょうだい!
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃みると、そこにはいい年をしたおば……いや、そこそこ年を取った女性が
┃演説でもするかのように辺りの人々に向かって話しかけている……

┃声は上擦っており、今の状況で若干ヒステリックになっているのか、

┃同じことを繰り返しながら言うと、若い一人の男へと詰め寄っている


494七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:48:13 ID:3nWxTpeU0


                    /三三ミミ::::`ヽ、
                   /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
                  /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
              /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
              i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|            あなた教師なんでしょ!
              {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}
              ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ           子供を救ってあげるのが役目じゃないの!?
                  |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
                  |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
                  |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
                  |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
             ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
          __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
           //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
          人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
          | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
          、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |




          .,..::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       ´. ̄ ̄ 7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
           ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    無茶言わないでくださいよ!
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::l
          ,':::::; イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::/-‐,'::::::::,'    私の仕事は勉学を教える事だけです
         l/ ./:::::::::::::::::::.;:-ァ':::::::::://::::::::;:: </ィ=ァ::::::::/
           ./::::::::::ィ::::::::ハム.ァ//:;-<ヽ_Lイソ'/:::::::/    教師だからって何でも押し付けるのは止めてください!
          /;: <´/:::::::;' ', ./イ/'´`‐---イ l、 /'´)::/
           ´   /:::::ィ:;'  ヽ         ┘フ:´:/
             /:/ l/   ヽ     _    ノ::/
            /'  .,'     \    `, ァ´/
             ._/       ,ヘ ,  ´ ./イ
            /.__/       ,'- 、
          / ,',ノ       ,l,>、_>¬
         /   l'       /o三    !
       .,/    l      /.´川     !
      //     l     /         l
    /  /     l   /    川     !
  /  i /      !  ./    三o三, -‐  ̄` <

495名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:48:28 ID:VPJKXDKI0
言ってることはかわいそうなのにAAがこれかいwwww

496名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:48:31 ID:zjFTZX7Y0
深刻な女の子不足なんですwwもう少し進めば増えるよ
そういややる夫は宣伝であった通りの容姿なのか?

497名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:50:20 ID:hntrQsho0
外の兵士に頼むべきなんだろーが、探せる状況じゃないわな

498七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:50:35 ID:3nWxTpeU0

        /´三三ミミ::::`ヽ、
       /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',      そんな事言って見捨てるつもりなのね!あなたそれでも本当に教師なの?!
      i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|
      {::::::::|  *-''\:::/''-::\:::リ-}      この鬼! 悪魔!
      ',::r、:| r(;○;)、,。゚:r(;○;)、 !> イ
      |:、`{  `> .:;:  、  ;;;  __ノ      あの子の事が可哀想だと思わないのかしら!!
       |::∧ヘ  /(OO)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 l===ェァ 〉  /::::::》
     |:::::::::::::'、  |、'^Y^',,|  ,,リ.- 、从
     从r―_‐`i、,`-;;;;-´,,/  々i:从
       ! メ   ̄ `-;;;;-´     .ノ







:::::::::: ト;::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::l ヽ:::::l\::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      そう言うのなら貴女がいけばいいじゃないですか
:::::::::「`ヽ::::!  \::::::::::::::::::::::::! ヽ::::::',ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::l.  ヽ::ト` .、ヽ::::::::::::::::::::',  ヽ::::',>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     そんなご立派なお心があるならね
:::::::::!‐- ヾ_>、 ヽ、::::::::::::::::l.-'´'ヘ::',  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
;:::::::ト、  {i::;o::ヽ \ヽ:::::::::::::l´ r―ヾr=o<>;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    他人に頼るのではなく、自分でやってください
ヽ:::::! `ー-`=イ`_  \:::::::::', 'ニ‐  ゞニУ \::::::::::::::::::::::::ト ;::::::::::::',
l ヽ::l  {´ ̄  ̄  ヾァ‐-ヽ:::::::',   ̄ 丶   / \:::::::::::::::::l` ヽ`>、:',
.', ヾ  .ゝ、   _ノ」  ゝ,\:::',    ノ   ./ イ >::::::::::::::!  ヽ、
-ヘ      ̄ ̄    !    \', ̄ ̄    /´ _ノ:::::::::ト ;::::l  /ヽ丶、
::::ゞ、          .l      `\    /<::::::;:::::::::::::l  ヾ     ヽ.>、
::::/ヾ 、          ゝ -         イハ:;::::::l ヽ:::::::::l X´    /ヽ  \
::/.  \\                .// λ:::::l  \:::::!   ヽ ,      、 \
/    \ \    ― ‐-     / /  / ヽ:::l  X.ヽ:::l    X      .><  \
      \ ` 、       , ' /   /  ヾ!.    ヾl   '  \.    '  `   \

499名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:50:52 ID:2Ltetrs60
自分でやれw

500七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:52:41 ID:3nWxTpeU0




                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,      な、なんなんだお、あの人たち……?
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l          そんな事言うなんて……あなた最低のクズだわ!>
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /     だから他人に頼るんじゃなくて自分で行きなさいと言ってるんです>
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう口々に言い争う二人。見ていて醜いというよりも虚しさがこみあげてくる

┃……どうやら物を取りに戻った子供がまだ戻って来てないらしいので
┃それを探してきて連れ帰って欲しいのだが、あの女性は自分では無理だから教師に行けと
┃強要しているのだ。

┃もちろん教師も反論している、上の状況を考えてみる……

┃だれだってこんな無茶振りされたら断るだろう

┃そんな光景を他の人たちも見ている……どうやら呆れているようだ


501七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:54:33 ID:3nWxTpeU0




       /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
        i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|       もういいわ、あなたみたいな人の心が無い人には頼みません!
        {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
        ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ     他の人にお願いします!
       |:、`{  `> .::  、      __ノ
       |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
       |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
        |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
      ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃激しい口論の末、女性の方が折れた……というよりかは別の人を探すようだった

┃負け犬の遠吠えの様に怒りの言葉を投げつけると、そのままあたりを見回し始めた……

┃次の生贄を探す鬼女のように、辺りの男達へと視線を投げかける


502名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:54:54 ID:zjFTZX7Y0
> あなた最低のクズだわ!
言われても最高に嬉しくない人選w

503名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:55:30 ID:W8CG6iWc0
じんせんがひどいw

504名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:55:43 ID:jfzY.BO20
もうこいつでいいからエロシーンはよ

505名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:56:32 ID:FzzEZAeE0
正直、んな非常時に勝手な行動するヤツは子供でもほっとけと思ってしまう

506七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 20:57:00 ID:3nWxTpeU0
>>496 検討中です
>>504 死ねと申すか










      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ  な、なんだよあいつ……
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |  おい、下向いとけ、
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ   げ、こっちに来るぞ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐〜‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー〜〜′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー- 気でも狂ってんのか
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その女性の視線からさけるように男達は顔を俯かせる
┃そして女性が近づいてくると、ざっと後ろに一歩下がり口々に拒否する

┃確かに女性の言ってる事が本当であれば、助けに行かなければいけない。自分もそう思うだろう

┃だがしかし、それが正しい事だとしても、誰だってネウロイ居る町中を走り回りたいとは思えなかった……

┃そんなこと自殺行為となんら変わらない、好き好んで炎の中へと飛び込む奴がいるだろうか?

┃もちろん、それは少し離れたところで傍観している青年も同じだった


507名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 20:57:07 ID:8BK1f9P.0
この役所に当てるにはぴったしなキャラだけど、台詞の端々からネタ臭がw

508七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:00:39 ID:3nWxTpeU0





        /三三ミミ::::`ヽ、    クルッ
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}チラッ
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |







                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
         /      U       \
       , '     ___ノ  ヽ、 __ .ヽ
       /    (  〇  .)  ( 〇 )  '.,     あっ、やべ……
      /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
      ,'                        .l
     l   U.    (     人    .)    .l
      '.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
       ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
       ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
      /                      \
     /                    ヽ
     /.                      ',
    /       /                i   l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しまったっ……

┃いきなりこちらを振り向いたヒステリックな女性と目が合ってしまう

┃少し離れていたし、あっちの方を向いてたから大丈夫だろうと気を緩めていたのが
┃不幸だった……


509七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:02:04 ID:3nWxTpeU0

                                    ,,... ----..、_
                                 ,.-'": : : : : : : : : : :`ヽ、,
                               /: : : : : : : : : : : : : : : : : 〃ヽ、
                              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :〃: : : ヽ、
                            //: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃.: : : : : :ヽ
                          /: {彡: : : : : ; : =--─ラ ─ゞ〃; : : : : : : : : i
                         /: : : ゞ彡='"´           ゙i : : : : : : : :. i
                     ニコッ   ./: : : : /   ミヽ、          .{|: : : : : : : : : |
                        /..: .: .:/  、_ `ヾヽ、        {|: : : : : : : : : |
                         /.: .: : /    ヽ(:ヽ, ` .        i!: : : : : : : : :.|
                    ,..-=': : : : /     ` 、゙ヾ  ,   -,、    }: : : : : : : : : |
                  ,.-'": : :〃.: : :/          , '   __ ヾミ;、  }: : : : : : : : : i
                /: : : : : 〃: : :.i      ,. .  , '   ヾt:>、、 ヾ  |: : : : : : : : : :!
     r'´ ̄`゙ー--、_〆/彡: : : ノ〃: : : |   ;' ´ (_ '  ' _  ` 、`゙¨ヽ   /彡、: : : : : : : }
     { :     ,. 'ヽゝ─气: : : :〃: : : :.!   ヽ、  ヽ、_ ' i        /゙´ ノ: : : : : : : :!
  _,,...-┤.:   , ' ヽ、,'  ,.' ヽ、〃.: .: .: :i   :ヽ.`ヽ、_ `" ',.     /ノ/.: : : : : : : : : }
'"´    | .:  , '  '" , ';  ,.'   か: : : : : : !    、ヾ゙.-:、;`=- ,'     ノ--'": : : : : : : : : : : :!
      ! .: '     ,'`;  ,.'     ,': : : : : : :'.,   ` - " ´       /.: : : : : : : : : : : : : : : :i
,      ! .:  ' , ,.--,' ,.' , ' ,   ,': : : : ', : : :ヽ、       _,,.. - ' {: : : : : : : : : : : : : : : : : .:/
.',     ', .:  , ` ,.ノ ' , ' ,',.  /: : : : : ', : : : ;' ` ー─ '"´  /  |: : : : : : : : : : : : : : : : : /
 ' ,  ,  ', .: `゙゙゙´  ;  ' , '; ;、/: : : : : : :',: : :;'       /   |: : : : : : : : : : : : : : : : :介ヽ
,  '.,  ', <' , .:  ,. 丿  , ' .; ; /: : : : : : : : : ;:'      /     ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ! ',
 ' ,  '、__', \'., ;  ,.'   ' ,.' /: : : : : : : : : : ;:',.    /      ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ,' ', ' ,
,  ノ´  ヽ、',.\>,'    ,' /: : : : : : : : : : : : ;ハ.  /     _,.-7: : : : : : : : : : : : : : : : :,' ',.
、'"     :ヽ、_) '    ,,..-/: : : : : : : : : : : ノ=-、',/__,,...--─;'';  ,' : : : : : : : : : : : : : : : : :,'.  ',.
 `ヽ、   :      f: : : : : : : : : : : ;'"´ ,' ,' ヽゝ´ ,' ,'    ,'.,'  ; : : : : : : : : : : : : : : : : : :!  ,.
.   `ヽ、 :  ; ;    ゝ: : : : : : : _;:='=、_,'  Y  ,' ,' '" ,' ,'  {: : : : : : : : : : : : : : : : : : i ,.'
      `ー、__,,,,....ヽ- '"´        ̄`ヽ、,' ,'  ' ,' .,'  ,'|: : : : : : : : : : : : : : : : : : ', ' ,.
                             `ヽ、 ,' ,'  , !: : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
.                               ヽ,' .,'  ,'  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                                 ヽ;    リ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',..

510七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:03:01 ID:3nWxTpeU0



        /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ      そこのあなた!
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |







            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \      あ、はい……
      /                ',
      /     , -‐、     _,, -‐、  ',    何でしょうかお?
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
      ',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
     /                     l




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そしてそんな不幸のツケを青年は払う事になる

┃こちらをじっと見て、急に笑顔を作った女性が近づいてきた……



511七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:04:07 ID:3nWxTpeU0



       /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
        i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|      さっきまでの話を聞いていたでしょ?
        {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
        ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ     まだ町の中に女の子が取り残されているの……危険だわ
       |:、`{  `> .::  、      __ノ
       |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|    それなのにここの男は助けようとも動こうともしない、最低だと思わない?
       |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
        |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
      ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从







         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \       いえ、その、自分にはなんとも……
    /                ',
    /    U         , -‐ 、     ',
   l  ___ノ   '´     \   .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
    ',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
   /                     l

512七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:04:58 ID:3nWxTpeU0




        /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ       女の子がひとりっきり取り残されているのよ!?
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|      それを見捨てるなんて人がしていい所業ではないわ!
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|      ……あなたは違うわよね?
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从      ここの男達とは違って、女性を見捨てるような酷い真似はしない……
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、    そうでしょ?
  //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |








          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
       /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\           う、いえ、あの……
      / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\    (やばい……このままだと……)
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
   |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少年の身体から冷や汗が流れ始める

┃この流れは危険だ、全てが自分に背負わされてしまう、そんな危険な空気

┃そう思い、断る口実を頭の中で考えていた、その時だった……



513名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:05:19 ID:jfzY.BO20
(これは子供を助けてヒロインがやる夫に惚れるフラグ…!?)

514七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:07:16 ID:3nWxTpeU0
>>513 残念、それは死亡フラグだ



      /: : : : : : : : : : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::\
     /: : : : :,: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ./:.:.:.:.,. イ: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::.:.:.:∧ |: : : : : : : : : :.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         そうですね、そこの青年がいけばいいじゃないですか
    /::::::::,.ヘ N:.:.:.:.:.:.:.:.∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   .|,.-、:::! fr Ⅵ:::::::::::::::|_」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      見たところ年も若い……体力もあるでしょう
   .|{ ∧ゝじ |::::::::i::::::| ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    iⅨ _ソ=r+―ト、├テヘヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄ ̄ ̄      彼ならやれるでしょう?
   |:::!「  tヘヽ::::iハ:::|ヽゞ_ ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   !∧`ヽ   `ヽ|‐ヽ!   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::ハ      `         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    .!ハ ヽー- 、_        /\:::::::::::::::::::::::::::::::::|
     .∧   ̄         /`ーァ:`:::::::::::::::::::ト、::::::/
      ゝ _ _ -‐ ´   ∧:::::::::::::::::::::::| ヽ/
            |            ヽ:::::::::::|\|
            |          ヽ|\:|_,. -‐┐
            .l      ,. -― ¨  ̄       |
            .ヽ  / l |l           |
              .} /l ||||| l        l |l l l |
             .ノ            l ||  ||lヽ





                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
             /      U       \      は? あんた何言ってるんだ――
         , '     ___     __ .ヽ
        /    (  ●  .)  ( ● )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
        ,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       '.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'        そ、そうだ、あんたがいけばいい!>
        ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
      /.                      ',
     /       /                i   l
     /      |                |   |
    |      |                   |   |

515七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:08:02 ID:3nWxTpeU0



     あ、あんたは若いんだろ? なら大丈夫なはずだ!
                                           頼むよ……俺たちじゃ無理だ
                   すぐに見つければ戻ってこれる……

       俺達は年寄りで太ってるから走れないけど……あんたは走れるだろ?

      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐〜‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー〜〜′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃先程の教師の言葉を皮切りに、周りに居た人たち――特に男性――たちが
┃口々にお前が行けと騒ぎ立てる……

┃皆自分の命が惜しいのだろうか……お前が死ににいけ。目がそう物語っている

┃そしてその殺意の篭められた偽善の言葉は、掻き立てる波の様に他の人たちまで広まっていく


516七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:09:04 ID:3nWxTpeU0





                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|    そ、そうだ! お前が行けばいい!
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|   まだ銃声はしてないし
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r    ネウロイだって来てないはずだ……いける…
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./

517名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:09:52 ID:zjFTZX7Y0
なんでクズばかりなんだ!こんなんじゃオレ人類を助けたくなくなっちまうよ・・・

518名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:10:22 ID:Ow5BoyCc0
実は娘さんらしき死体を見たとか言えばいいんじゃない?

519名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:11:10 ID:P1Pd8iv20
ああ、だからこのAAの連中かあ

520七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:11:18 ID:3nWxTpeU0
>>517 ミストさん、あなたちゃんと配役決定してるんでしゃしゃり出ないでください



                                            ,rrテ≡=
                 ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、.(〃彡三ミ
.     ,r=ヽ、      j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)./"~´   i    お前行ってこい!
.    j。 。゙L゙i......r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  );;;;;;;;{ f:、 ‐-:、 (
.r-=、 l≦ ノ6)_`゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'   ア::::::/.ノ゚ヲ ''・=
.`゙ゝヽ、`.rfニ、ヽ.  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ  ヾ;;;/ .l (-、ヽ'"  ゙'    大丈夫だ、何とかなるって!
. にー `...l。 。 f9i ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐―イーlィー-、
.,.、 `~i t≦_ノゝ、..ヽ、__l::::ヽ`iー- '''"..゙,,....,,,,__. ,/   /       t_゙゙   _,,.. :: "
.ゝヽ、__l::::.`ブ´,,:: -- ::、 ::::,->ヽi''"´゙,r''"''''''ヽ:::`ヾ‐テ-/ i      `ユ゙"
.W..,,」:::::::゙,rニュf::r-‐t::::::::ヽ.ミ__ィ'{-...f´,,..、 r"::::::::::i. ,/`ヽl : :` : : ,.r‐(´::::〉   ,.ィ    ネウロイだってまだきやしねぇ!
.  ̄r=./,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l / f´.ノ゙ f・=  7:::::::::::l゙''"  ,:イ`i : : ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::
.   lミ、.゙ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l.゙il  l..ヽ''    ゙'⌒リ:ノ  ,:rニテ三ミゝ、::::::ゝ!r7/ー一'
.   !   l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、.  l j⌒    ト'"fノ ,r"彡彡三ミミ`ヽ、゙/://:::::::::::::
   l. /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\..゙l...ヽ、: : : '" ノ^i,  ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ, ://:::::::::::::::
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ:,i ,,.,...、  ヾミく::::::l.゙/::::::::::::::::::
. r'": ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ.゙::::::::::::::::::::
. ` ̄´... !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   / ,, 、   '"fっ)ノ::l..'::::::::::::::::::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /       `i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : //'´ミ)ゝ^) 〃      i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ ト、つノ,ノ fノ       ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  i _,,.:イ  /      ,r''";;;;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /    ,ヽ  ゙:、 /\、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ ヽ  \  `ヽ〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ヽ   ヽ ,/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃行け、お前なら大丈夫、見つけて連れ戻してくるだけだから……

┃そんな確証の無い言葉が次々に青年へと投げつけられる。
┃誰もが自分の身にかかろうとする火の粉を、他人に押し付けようとしている……

┃そしてその空気を助長するように教師と女性が聞こえのいい言葉を並べ、更に騒ぎ立てる

┃その言葉がさらに周りを増長させ、あたかも自分たちが正しく、青年が間違っているような
┃雰囲気が漂う……


521七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:12:50 ID:3nWxTpeU0




         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \        お、おい!  待て、その理屈は可笑しいッ!
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ      なんで若いからってそんな危険なことしなくちゃいけないんだお!
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |     若さだけでいいならそこにだって人がいるじゃないかお!
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ











        _,r〜〜〜〜.、
        r' _,r〜〜〜〜、ヽ                       _--、, -z._
       { ノ  u `ニニ´ ヽ.)       _,-ーvーz_       >::::::::::::::::::<
      { L_ r=== u.==、l′     イ ,、,、,、,、,、 ヽ      /::::::::;:::ハ:::、:::::ヾ     お、俺達かよっ!?
       {r=i| r 。=  。=、 |       | l--、 v,.-ヽ|      イ:::ィ/K u >ヘト:::|
      {|L||ij `ニ7  lニ´v|       1|⊂・ ・⊃|,l      .h:「こ・j=「・う]:n    確かにそうだけど……
      {`ァ| r─' L_」 ー、|     {f|L ∪ v」|f)     |f||: ̄,」 L ̄:||j.|
    _/{/ :| |(二二ニ二)|.       `|.⊂ニつ l´       ヽl ‘‐u‐’v:レ'
-‐'''"´::|:::::ト、 ヽ_ , , , ,一, , _人        ,ゝ、.二. イヽ_      _/l.ヾ二二フ∧
:::::::::::::::|::::::| \  ̄`¨フ丁 |:::: \-‐''"´|: :|、.__,.|: :|: `>ー''"´|: :|\.二./|: :「`'''ー- .、
::::::::::::: |:::::│  \__/ |:::::|::::::::::: \ : |,.へ.  /へ|:/| : : : : :│: |.\  /| :│: : : : : l:ヽ.
::::::::::::::|::::::::|    ,.イ:ヽ. ,|::::::|::::::::::::::::::〉、 : : ヽ/: : : /: :|: : : : : :|: : l   X.  |: : |: : : : : :|: ハ
:::::::::::: |::::::: |ヽ/ 〉:〈.∨|:::::::|:::::::::::::::/::::| : : : :|゚: : :;ハ : :|: : : : : ;>:|/〉〈\|:<; : : : : :|/: : l



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう青年が指差した先には、自分たちに矛先がいかないようにと隠れていた
┃ちょうど彼と同じような年齢の若者たちが、バツの悪そうな顔をして不満を漏らす

┃誰だって自分の身はかわいい物だ。

┃が、だからといって誰かを身代わりにするのは理に反する以前に人の道として如何なものか

┃青年はそう思い、この防空壕の中を漂っている間違いを正そうと口を開いた時だった


522七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:13:33 ID:3nWxTpeU0





                      ,. ―  ―――- _
                 ,. '"    -‐     ̄   -=、、  \
           .  '"            _  __  ヽ` _.)
         .. _/        /ヽ      ̄    ̄  ーヽ、 ',
.        f.  ヽ       /  /.  -‐,ヘ.    __  . ヽ
        ,.!,   '、    /  / .i┐ l  .l.  ー- _ ̄`ー '           ――っ!?
      / !   \  /  / .l` .l .l  .l._     ` 、
.      /   l     `/  ,.'.._,l  l l  .l   ̄ -'、  .)
     /    !     /  /  ̄ .l  l .l   l
   /    .l   ./  /     .l  l .L 」
.   /     .!  ./  '-、     .l ./ ./  ̄
. /      .l   `<.   > 、   ./
 '         !     ` <   .>'、      ,.--┐
.'           l         ` < >  ./   ./
          l       __  / ``" / /} /
           l   //////>、   .r' / / /
         .ハ  ///////////∧   ̄  ./_/
.          / './///////////// 、
.         /   !'//////////////∧
.         /  .l////////////////∧









        /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',           ――大丈夫よ、あなたならできるわ
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃口を開こうとした青年の手を握ったのは、先ほどまで難民を煽っていた
┃女性だった。

┃子供を叱るように優しく青年に言い聞かせると、

┃あろうことか――青年を防空壕の出入扉へと引っ張り始めた


523七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:14:23 ID:3nWxTpeU0
ごめん、ちょっと中断。インターホンが鳴った……

524名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:14:37 ID:jWmEStjw0
これで完全に作風がダーク系になったな
もう今更コメディタッチにしたら違和感バリバリに

525名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:15:34 ID:zjFTZX7Y0
気を抜く時は抜いた感じでいいと思うよw

526名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:17:18 ID:8BK1f9P.0
嫌らしい奴らだと思う一方で、いざ同じ立場になったら多分同じ事するわ俺・・・

527名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:17:32 ID:jfzY.BO20
怖がる主人公の手を握って「大丈夫よ、あなたならできるわ」
完全にヒロインやな

528七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:19:12 ID:3nWxTpeU0
再開 朝日新聞だった……






              ,,.: ""~'""~"""""""'''‐
             /              \
           /       u         \
          /                    \
        /     ii  ゙ ゙̄ヾ    ッ        \        お、おい! ふッざけんなっ糞ババァ!!
      /      / ,..、   }}               ゙i
     /    ,. ,/{, ヾツ  ゙ィ      /         i      人を勝手にひっぱんじゃ……
     「ヽ u '´   ゛'‐- .,                  i
      (}           \    /           i
    i  .>'  ヽ        ノ     /    /''''''⌒ ̄ ̄\
    i './    ノ\     /\       /         ヘ
    i {    、 : : : :`'''─´ : : : :ヘ    /            ヘ
    i  `'--‐'゙∨ : : : : : : : : : : : : ヘ  /              .ヘ
    i       ∨ : : : : : : : : : : : : :ッ                 i
    i      .ヘ ∨ : : : : : ___/                  .i
    ゙i      ン'ゝ´:/´  /                ,   i
     \     .\__'´ ,.-‐ ´ ̄⌒              /    i
       `‐- ___ /                   .∠,─   i
        , -- _/                  /       i






        /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',          そこのヒトたちも手伝って!  彼を扉の所まで連れて行ってちょうだい
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |

529七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:20:19 ID:3nWxTpeU0




      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ    は、はい!
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |     分かりました!
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐〜‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー〜〜′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |





                   _
           /''''~ヽ.   /  ヾ
           /,___, r`i、 {'ー-' /.|
     /~' - ._  ヽ,__,,/  'i >tー' |
     }   ,i  \.  |    'i  |   |  ガシッ
    /ー' /、  丶'ノ     ~    |
    `- '  >,             'i
  / ̄~''-ー'               |
  .{   i        __,, -        '!、
  ヽJ_ノ`-,    /           `'''' -ー,
      )                    ,   .}
       !、              _,,.. -!、  .{
       /ヽ、   ー--― ..,,,....-=ニ',    >ー'
      /             /'









         __
.        f  | ,.‐,
.  ( \   }-' |{_ │
.   \ \  |_ |{. │  ドンッ
      \ \{  | │
.      ヽ ヽ.(\.!
        {    \\
.       ノ ̄ ヽ. ヽ |.
.    __/  \/ ̄ ノー-----一……、
.  / ̄  -─ 、__}               \=-‐ ' ̄ ̄\ ̄  `ヽ
  ‘一'´        ヽ---<                      ̄     ∨
                   `’<            ヽ--             i
                       `’<___,ノー-<    --、       |
                                 `ー─i'⌒\    ,ノ




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その女性の言葉に先ほどまで後ろで見ていた男達が青年の方へと駆けよる
┃そしてある者は服を掴んでは引っ張っていき、別の者は青年の体を押していく

┃その力に耐えきれず、青年の体はずるずると扉の近くへと引きずられてく

┃異常なその光景を前に、彼を心配そうに見守っていた老人が「やめんか!」と
┃口を開いたが、彼らの血走った眼に睨まれ恐縮し、すぐに口を閉じてしまう……


530名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:21:31 ID:jWmEStjw0
こいつら生き残ったらここで自分がやったことトラウマになるんだろな

531名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:21:32 ID:zjFTZX7Y0
>>527
・愛する家族がいないと泣く
・どうしようもなくて主人公に頼る
・死地に赴く主人公を励まし送る

せやな。ヒロインの素質ばっちしやで工藤!!

532七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:21:39 ID:3nWxTpeU0




                      /´         \
                  ___,  '´               `ヽ 、   U
                 ,,. ´         U             ` ー- 、
               ´        ___         ___         \       お、おい!
               /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
               ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',     ふざけるな、正気かおっ!?
               {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }
                  '、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /
             U   >-ヘ -‐          ,    ----‐->=イ     やめっ、止めろっ!
                /                      ヽ
               /    U      i、           }       畜生ッ、放せ! 押すな糞どもがっ!
               {           /ヽ           /
               ヽ、        /  ヽ、       /
               │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
               ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
                      ` ̄´


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ふざけるな、理不尽すぎる

┃青年が自らの正当性を口説き、口悪く罵ろうとも彼らの手は止まらない

┃身体がどんどんと出口へ近づいて行く――防空壕の奥で震えている
┃妻子と目が合うが、すぐにそらされてしまう

┃あぁ、可哀想だ。と視線が物語っていた。だが決して自分が代わりになろうとは誰も思わない。
┃青年の味方となる人物は……この少なくともこの防空壕の中には誰も居なかった


533名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:22:07 ID:zjFTZX7Y0
>>530
クズにそんなこと期待しても無駄な気もするなw

534名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:23:03 ID:Ow5BoyCc0
>>530
仕方なかったと自分を納得させて終わりじゃない?

535名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:23:27 ID:VPJKXDKI0
防空壕がおそわれりゃ一件落着だな
こいつら生き残っても何してくるかわかりゃしないし

536七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:25:05 ID:3nWxTpeU0



:: ::|::.:.:.:.::.:.:..\::::.:.:.:.:;;;,,'―――----'''"-――――'''-/   .::::|:::::.:.:.::. : :|
:::: |:..:::.:..:     \____________,, 、_/、,/   :,;;|::::::.:.:.:. . .|
,;;, |:::.:...   ,;';#," |  f二二二二二二二二二i| iリト,ンスi      |   ,,_|
 |  ,;;;,    |  |i|r――――――'',、| |ii| ヽニソ\  ,,;'#' _i,/  |    /: : : : : : : : : : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::\
 |         |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        レ′,;  |   /: : : : :,: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |         |  |il|,_i__i__i__.i| |ii|  |    ,;∵ ト、_,/   |    /:.:.:.:.,. イ: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |         |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        | i!     |  /::.:.:.:∧ |: : : : : : : : : :.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |         |  |il|    _i__i__.i| |ii| ;;'#|        | '\,  |  /::::::::,.ヘ N:.:.:.:.:.:.:.:.∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |         |  |il|l´ ̄l ' ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        l:.  ,;;'  | |,.-、:::! fr Ⅵ:::::::::::::::|_」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |,;.      |  |il|li(O)| ___,i__i__.i| |ii|  |        |   ';'.  | |{ ∧ゝじ |::::::::i::::::| ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 | ,;.     |  |il|`ー‐'';, ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        |     |  iⅨ _ソ=r+―ト、├テヘヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄ ̄ ̄
 |         |  |il|,_i__i__i__.i| |ii|  |        |     |  |:::!「  tヘヽ::::iハ:::|ヽゞ_ ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 |"\,_r     |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        |     |  !∧`ヽ   `ヽ|‐ヽ!   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
,;;; |    i'     |  |il|:::.:.:.:.:,,;,;,   __,l |ii|            |     |  |:::ハ      `         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 |_/ ̄`ヽ_   |  |il|;;,__________,,_,,,_|ii|      .::;ー― |     |  !ハ ヽー- 、_        /\:::::::::::::::::::::::::::::::::|
 |   ,-f´`\|  |二二二二二二二二二l|_,,|        |     |   ∧   ̄         /`ーァ:`:::::::::::::::::::ト、::::::/
 |,;,#     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____\.    ,,:  |     |     ゝ _ _ -‐ ´   ∧:::::::::::::::::::::::| ヽ/
 |     'i ̄#'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''' ̄ ̄ ̄''"'__,,__|   ,,;   |     |             |            ヽ:::::::::::|\|
 |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,;ノ∴;;'。;;,)\     |     |             |          ヽ|\:|_,. -‐┐
 |     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''J ̄ ̄ ̄ ̄i    |     |          l      ,. -― ¨  ̄       |
:::: |::....::: /´ ̄'''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'゙" ̄ ̄\   |                 ヽ  / l |l           |
:::: |:: : : i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ,;; |                   } /l ||||| l        l |l l l |
                                                      ノ            l ||  ||lヽ



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃出口がすぐそこにまで迫って来ていた。

┃扉の横には先程まで言い争っていた教師が先回りし、扉を開く

┃それではお願いしますよ、頑張ってくださいねと一言

┃外から眩しい朝日が差している。止めろと何度言葉を吐いても自分を押す力は緩まない

┃扉のふちを掴み、最後の抵抗をする


537七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:26:49 ID:3nWxTpeU0





                                          ,,... ----..、_
あ の子は黄色い屋根の家に行ったわ、南の方角よ     ,.-'": : : : : : : : : : :`ヽ、,
                                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : 〃ヽ、
                                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :〃: : : ヽ、
  お願い、彼女を連れ戻してちょうだい      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃.: : : : : :ヽ
                                /: {彡: : : : : ; : =--─ラ ─ゞ〃; : : : : : : : : i
                               /: : : ゞ彡='"´           ゙i : : : : : : : :. i
                           /: : : : /   ミヽ、          .{|: : : : : : : : : |
                              /..: .: .:/  、_ `ヾヽ、        {|: : : : : : : : : |
                         /.: .: : /    ヽ(:ヽ, ` .        i!: : : : : : : : :.|
                          ,..-=': : : : /     ` 、゙ヾ  ,   -,、    }: : : : : : : : : |
                        ,.-'": : :〃.: : :/          , '   __ ヾミ;、  }: : : : : : : : : i
                      /: : : : : 〃: : :.i      ,. .  , '   ヾt:>、、 ヾ  |: : : : : : : : : :!
       r'´ ̄`゙ー--、_〆/彡: : : ノ〃: : : |   ;' ´ (_ '  ' _  ` 、`゙¨ヽ   /彡、: : : : : : : }
       { :     ,. 'ヽゝ─气: : : :〃: : : :.!   ヽ、  ヽ、_ ' i        /゙´ ノ: : : : : : : :!
    _,,...-┤.:   , ' ヽ、,'  ,.' ヽ、〃.: .: .: :i   :ヽ.`ヽ、_ `" ',.     /ノ/.: : : : : : : : : }
  '"´    | .:  , '  '" , ';  ,.'   か: : : : : : !    、ヾ゙.-:、;`=- ,'     ノ--'": : : : : : : : : : : :!
        ! .: '     ,'`;  ,.'     ,': : : : : : :'.,   ` - " ´       /.: : : : : : : : : : : : : : : :i
  ,      ! .:  ' , ,.--,' ,.' , ' ,   ,': : : : ', : : :ヽ、       _,,.. - ' {: : : : : : : : : : : : : : : : : .:/
  ',     ', .:  , ` ,.ノ ' , ' ,',.  /: : : : : ', : : : ;' ` ー─ '"´  /  |: : : : : : : : : : : : : : : : : /
   ' ,  ,  ', .: `゙゙゙´  ;  ' , '; ;、/: : : : : : :',: : :;'       /   |: : : : : : : : : : : : : : : : :介ヽ
  ,  '.,  ', <' , .:  ,. 丿  , ' .; ; /: : : : : : : : : ;:'      /     ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ! ',
   ' ,  '、__', \'., ;  ,.'   ' ,.' /: : : : : : : : : : ;:',.    /      ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ,' ', ' ,
  ,  ノ´  ヽ、',.\>,'    ,' /: : : : : : : : : : : : ;ハ.  /     _,.-7: : : : : : : : : : : : : : : : :,' ',.
  、'"     :ヽ、_) '    ,,..-/: : : : : : : : : : : ノ=-、',/__,,...--─;'';  ,' : : : : : : : : : : : : : : : : :,'.  ',.
   `ヽ、   :      f: : : : : : : : : : : ;'"´ ,' ,' ヽゝ´ ,' ,'    ,'.,'  ; : : : : : : : : : : : : : : : : : :!  ,.
      `ヽ、 :  ; ;    ゝ: : : : : : : _;:='=、_,'  Y  ,' ,' '" ,' ,'  {: : : : : : : : : : : : : : : : : : i ,.'
        `ー、__,,,,....ヽ- '"´        ̄`ヽ、,' ,'  ' ,' .,'  ,'|: : : : : : : : : : : : : : : : : : ', ' ,.
                                   `ヽ、 ,' ,'  , !: : : : : : : : : : : : : : : : : : :',

538名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:27:23 ID:hntrQsho0
ババアのアリバイ作りの為に死んでこいと

539名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:27:44 ID:FzzEZAeE0
>>536
こいつの首も掴んで行こうぜ

540名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:28:11 ID:VPJKXDKI0
逆方向に全力でダッシュだな

541七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:28:41 ID:3nWxTpeU0




          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /    ――ふざけんなっババアっ!
       |し'| ./`!        ヽ        /        /         てめぇらもだ、この糞野郎どもッ!!
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /         どいつもこいつもふざけたことしやがって!
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'
       |   ,、          、       ヽ、          ノ         お前ら全員まとめて地獄に落ちやがれっ!
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、










       | ヽヽ _|_ ヽヽ | |
       |\   .  | .|    | |
       |    . ノ ノ   .・..・
                        ./ ̄ ̄ ̄\
                       /  _ノ  ヽ、_ \
                      / ;;;;;(>)  (<) ヽn /^, /人
                人     |    u (_人__) ;;;;; | l  .^−,
                \ ζ^ヽ \ #  |++++|   / ゝ  えノ  /
                 )  ヾ ど,      ̄ ̄     ̄  /   (
              - <    `´ ̄ヽ         ーー'       > -
                 )        >      〈___     (
                /^      /   へ   f   ヽ    ^\
                     __,∠   /   \ l   /
                    〈、   /      `ー ’
                     \、__ノ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃数人の力に押し負け、縁から手が離れてしまうと身体が扉の外へと押し出される。
┃その力の強さにおもわず地面を転がりこむ青年。

┃それと同時に出入扉が閉まる。間を置かずしてガチャリ、と鍵が閉められる……



542名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:29:15 ID:VlM0jCss0
安価があれば全力で北に走ろうwww

543七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:30:34 ID:3nWxTpeU0
ヤメテーオネガイープロローグデニゲナイデー




   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
  ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\          あぁっ、くそっ、正気かおあいつ等……
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\        人をネウロイが襲撃してる町に放り投げるなんて……
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言いながら立ち上がり、扉を睨む……

┃が、扉は無情にも閉ざされたまま青年の退路を遮るだけ

┃どうやら本当に連れて帰らねば扉を開けてくれそうにもない……


544七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:32:40 ID:3nWxTpeU0



                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ          本当に、行くしかねぇのかお……
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、    あぁ、畜生……本当に、自分が何をしたって言うんだお……
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃理不尽だが、そうも言ってられない状況にまで追い込まれてしまった

┃青年は戸惑いながらも、ヒステリックババアの言っていた女性を連れ帰るために
┃南の方角――広場に近い方向へと走り出していった



545七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:33:30 ID:3nWxTpeU0
チョット中断、飯を用意してきます

546名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:34:15 ID:yM3nuFlw0
うぉぉぉ、なんだこのむせる空気は!(歓喜)

547名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:34:34 ID:VlM0jCss0
一旦乙
お人好しだなあ…

548名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:34:45 ID:jfzY.BO20
だいたい原作通りだな

549名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:35:13 ID:jWmEStjw0
一端乙
あの屑どもは子供を見捨てる罪悪感から逃れるためにやる夫を生贄に追い出したわけだが
ここでやる夫が防空壕の方に帰らなければ、
今度はやる夫を殺した罪悪感から逃れるために壕内でまた生贄を繕って、今度はリンチにするとかありえそうだ

550名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:37:11 ID:VPJKXDKI0
まあ生贄も見捨てた側なんだしちょうどいいんじゃない?
アグネスの子供なんだからろくな奴じゃないんだろうし防空壕ほっといてどっかに逃げたほうがよさげ

551名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:38:23 ID:zjFTZX7Y0
>>549
しょうがなかった。俺達は何も悪くない。許せないネウロイ!あの男がつかえないせいで。
とか自己弁護して補完するんじゃね

552名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:40:23 ID:oHKIuJ0w0
一旦乙、親が碌で無しでも子供が碌でなしじゃない可能性だってあるだろ、多分、きっとメイビー。

553名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:40:27 ID:0c2qfeCo0
やる夫が帰ってきた時には防空壕のあった場所にクレーターが出来ていた…
>>1ならやってくれると信じてる

554名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:40:40 ID:jfzY.BO20
けど子供が親に似ずいい子で親が死んで悲しいのに母親の事でやる夫に謝ってきたら惚れる

555七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:41:04 ID:3nWxTpeU0


>>550 え、私アグネスの子供なんて一言も言ってないぞ……勘弁してくれ
     アイツの子供なんて絶対↓これだろ。たすける価値ないって、逃げようぜ……



                 ,,..、 -‐、─、--、、.,_
              ,. -f"  \ \ \ \\`ヽ-、、
           _,. -''"  }   ,.....ゝr-'r-ヽ、ヽ.,ヽ.\ヽヽ、,
          /:::     込 ,.ュFi::l」:l」::レ'レ::l):/T'''r'-、i 丶ヽヽ
         ,':::::     ,人ニンェェェェュ:,>‐‐-'、:///ノ >::'、 ヽ \
          l::::_,.、、-=ニェ;彡ニ三三/‐',二ミヾV//:/:/:iヾ.i  ヽ
         {/l//`、ヾミュ、_ ';三三/ /::::::、 l |ト-、////l::::... `、
         IVIリf)=い',..>''}三/ / ,.-='_,...、:/   `';/:ノ :::::: }
         ;'^`,.=‐'''"" |;;;;// /‐'" i゙r‐‐-、ヽェ;ァ  `-'、__,. -‐‐i
            `"     {;;シ_/::::''ニ  l゙::   ヾ、    ,.‐_,゙-‐'''ヾ
                  /iヒニ..,,__/`i ..:ヽ,丶 r-、ヽ,.//
                 }:!|::三二ニ‐-、;;;;;;;;;:>、 ヾ//ヾ;<
                 }li|三二三ニチ二二二>_、`'':<シ.\-─‐┐
      ___,.. -‐'''''''''i.l!:ニ三ニチ三三三:/(llllll7>、::::::...ヾ. ̄`
  _,r''''''"-/i  __,,__,._ゝ、‐=ニ;/三三ニ/`''''''''"  ``'>;;‐r`'i
  (.l/´~フ,. ‐''"´         ヽ;:::::``''‐=-‐',      ,.イヾシ ,ノ',i
  ,llヘ:、ヾ(,               }_∩;:::::::::::::(    _,/  ~,/‐,シ
    `'               i;: l! l(__),. -'─‐ヾ、,r=ニ´‐''"´
                     i !:|! ,'/´i:::.... ,... }‐''"
                    ,Ei=r-、|i::://'7/´!.|‐-、
                  /:::||  / レ' i l  |,' .::::i

556名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:41:50 ID:Ow5BoyCc0
状況的にアグネスの子供だと思ったけど違うのか

557名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:42:27 ID:VPJKXDKI0
確かにあの子って言ってるだけだなwww
つかその子ならネウロイ以上にやばいだろwww

558名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:43:13 ID:8BK1f9P.0
ロリコン嫌いでベア子とか考えてたら違うのかw
・・・自分に関係ない子をエセ正義感で助けに行けと言ったのか。ひでぇ

559名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:43:47 ID:jfzY.BO20
エイリアンVSネウロイ

どちらが勝っても人類に未来は無い

560名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:43:50 ID:oHKIuJ0w0
防空壕って言わば逃げ場の密室だよな、ネウロイが見つけたら……
ここの>>1なら阿鼻恐慌な地獄がおこりそうだわ。そんでやる夫はそれを洩れる叫びを聞いて……

561名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:44:25 ID:yM3nuFlw0
子どもの目の前で防空壕が潰されたら・・・ふへへ

562名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:45:13 ID:VPJKXDKI0
>>559
プレデターも混ぜようぜ

563七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:45:31 ID:3nWxTpeU0
あ、あれ、でも私次の投下で絶対ヒロイン出すって言ったけど、今回はキラキ―出ないんだよな……

という事はやっぱりアグネスがヒロインなの……?  

うわやばい、書くのが辛すぎて鼻血でそう……

564名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:46:45 ID:VPJKXDKI0
いなかった!アグネスなんていなかった!

これでいいじゃないか

565名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:47:53 ID:0Rbh12w60
これでアグネス死んだら悲劇のヒロイン決定ですね(ゲス顔

566名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:48:19 ID:oHKIuJ0w0
大事なものがあるって言って取りに行った子がヒロインじゃないかって話だっけか? 防空壕に居たの?そんなの居たっけか?

567名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:48:49 ID:yM3nuFlw0
いいや、悲劇も極めれば喜劇になる
ぼかぁ喜劇が見たいよ

568七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:49:24 ID:3nWxTpeU0
勘弁してくれ、黒の中に白がある。光の中に影がある様に、
地獄と天国、ダークとラブの二つの描写をしたいんだ私は……

誰があんなヒステリック糞ババアなんざヒロインしてたまるか

そろそろ再開します

569七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:52:44 ID:3nWxTpeU0


                                             │
                                              士
                                              |
                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃中央広場を挟むように激しい銃撃戦が繰り広げられる
┃ジリジリとその数を減らしていくカールスラント陸軍……だが戦況はネウロイではなく、
┃その数と覚悟で勝る人類側へと向かっていた。

┃MG34の徹甲弾の壁が空飛ぶフライングゴブレットへと吸い込まれるように
┃当り、コントロールを失ったネウロイが黒煙を上げながらクルクルと回転し、爆散する


570七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:54:08 ID:3nWxTpeU0



            ___  キュゥゥウウ!
           /:/: : :`: : .、、   __
             /:/ : : : : : : : : ><{、______
              {:{: : :⊂ニ⊃: : :{: :{{:: : :(__()
             Ⅵ、 : : : : : : : ><{´ ̄
            \ 、: : :>"´   ` ̄
              ̄      /7>,、、
                         {{: :==: :.〕ニ=
┏━━━━━━━━━━┓  ヽ>>'"´
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃この弾幕の中では飛行杯などいい的でもある。

┃立て続けに仲間が4機も落とされたネウロイたちは自分たちの状況のを察したのか、
┃残った機体は横隊に陣列を組み、じりじりと来た道へ後退を始める。



571名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:54:55 ID:oHKIuJ0w0
ああ、絶望の始まりか(何

572名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:55:41 ID:P1Pd8iv20
あんまり黒過ぎてもなぁ
早くヒロイン来てくれ

573名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:56:17 ID:pu8c7xqY0
まぁ、だいたい、ああいうのは急襲うけて投げ出された主人公以外全滅がお約束・・・

574七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:57:19 ID:3nWxTpeU0
                                                          -―
                          いいから構わず撃て! このまま逃がすな!    /::::::::::::::::::`ヽ
                                                             i:::::::::::::::::::::::::::::/ >-
         ネウロイどもが引いて行くぞ!                                |::::_::::::::::::::::::/γ´    `゙ー、
                                        /:::::::::::`ヽ               弋;;)::::::::::::ノ_____  /
                                    i::::::::::::::::::::::ゝ ___           廴γ´ `\     i i`ヽ
                   うぉぉぉお! やってやるッ!    弋_,、:::::斗 ´__    ゙i          /         .\    i i ∧ ∨
                                     ヌ/´__ 斗ー‐i ̄rx二三≧≡≡≡彡 `ヽ      |   i i .∧ ∨
         γ⌒ヽ                        ゙jー――====i!rfγ´    ≧、rf≦`ヽ/       ./  ∨ ノ < 斗<
         廴:::::::::〉´≧ー、          ,、__,;_____/´`ヽ      ー-!                   厂三__斗<  斗<  `ヾ
         弋::::ノー=、―斥   fjzzzzニニニ{ ゝ /≧=ー 、/`ヽ ノ /´ ̄三二=`ヽ、           /`ヽ     ./
fi==≡〉ヽー=≡三/   j  i!.∨     ̄ ̄` ! 斗           / /´/       .i!\      斗< ー-  ∧  / |
   >-、   ヾ´`ヽ |ゝ= /゙∨           `> 、      ノ /  /        i!ヽ  ー-       ∧  ∧/  |
     < ゝ-   斗  /|   i!           .<  / ー 、/ 弋/  /       i! .|            ∧ 匕|   .∧
          ̄ ヾ / _|____i!ー、          `¨        r ヽ_/___    / .i              ノ ̄...i!≦ ̄ ̄ ̄ ̄
              |Hi!-|‐‐―ヽ |  .γ⌒ヽ           | ノt-    ≧ー- ノユ                { γ´i!-―――――
             /   !    i´   〈:::::::::::弋ー--、      ノ` /    ̄≧=ー-r ´ `i             廴__j! |
             / ̄ヽ/__ノ}    レつ::/____ヽ   /  /         |  ∧            /     .|
               .//,;、ー-、  ,..、__廴__  ゙Y     ヽ`ヽ ヽ、 /           弋 ノ               ./      |
             ././ ー==≡二ノ   ゝ、゙i/.、     i! ノ/ー-、> 、___      }             / ̄>、 ..|
            |  `ヽ/∨ .`゙>-<     ヽjー=≦//    `ヽ    |≧=ー--〈               / __    ー-   ___
            |   `ヾ  .i  ∧ノ  > _ イ  〉 / ./ `ヽ、   ./   ノ       .∨             /  /  >
            |    /  ヽ .i´ X    `ヽ、弋゙i /  /  \/  /∨      |          /  /      >
           `゙i´  ∨   `i   ゙i!       `゙ .|./  /    / /  .∨     /           /  /         /    /

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃後退していくネウロイを見て士気が昂ったのか、最後の追い込みをかける
┃ように残った兵士は自分のマガジンが空になるまでトリガーを引き続けた

┃最後の餞別を受けたネウロイ2機がお互いが重なり合うように衝突
┃爆炎と共に破片にへと変わっていく



575名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:57:26 ID:pu8c7xqY0
ていうか、このくらい絶望な方がいい
だからこそウィッチが半ば神格化されてるわけで

576七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 21:58:38 ID:3nWxTpeU0



                     ..´ ̄ ̄ :` : .、
                   / : : : : : : : : : : : : \
               _| : : : : : : : : : / ): : : : :',  キュゥゥゥウ……
               /:| : : : : : : : : / /: : : : : : :,
                 |:.:| : : : : : : : ( /: : : : : : : :}
                ヽ| : : :___: : : : : : : : : : : : ;′
               /\、レ´  `ヽ: : : : : : : :/
           /    7: : : : : : : :}: : _:_:_:イ
                 ; : : : : : : : /く彡'"
                  /: ⌒ヽ: :/`\>
              /: : : : :/    /
               (O):/      /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃最後の一匹はこの状況に堪らなくなったのか。弾幕から逃げるように街道の横道へと
┃慌てて逃げ込む……

┃そして敵が一体も居なくなったのを見てから一拍を置き、陣地から男たちの喜ぶ声が挙がる

┃自分たちは見事、ネウロイの群れを退けたのだ


577名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 21:59:21 ID:zjFTZX7Y0
この戦い我々の勝利だ!

578名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:00:01 ID:yM3nuFlw0
やったぞ!

579名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:00:03 ID:oHKIuJ0w0
陸戦がまだ居るらしいな、糠喜びとかフラグすぐる

580七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:00:06 ID:3nWxTpeU0











                   ,-‐‐'''ヘヘ、
                  /辷_____゙ ゙ヽ
                 ji  l二==、\ |           _∩∩
                 「 リ ヽ、 _ |,'^│        ---二三(◎)     ……よ、良し!
          __,, ― 、_ r/ ノ  '''''"'''ヽ/  _j'エ゛ ̄::〜'''::::::-::'::::::□
         /     `': ト、__i_ (O) 只 ヘy‐''"::::::::::.._/二⊃_ --‐"  やったぞ! あいつら尻尾を巻いて逃げやがった!
         ./‐‐--、_ ヽ、ヘ 、"'//(O)、__..-/^/     lノ'´
         {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./
         弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
         ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
         ノ ?U  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
        │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
        ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′





                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|       ……ほ、本当に撤退したのか?
            〈, イ(//)( 7)
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐      俺たち……やりとげたのか……
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i

581名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:01:53 ID:pu8c7xqY0
威力偵察どころか、ただの偵察班の可能性

582名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:02:08 ID:/DlDtXeY0
偵察にしかみえない相手だがな

583名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:04:01 ID:oHKIuJ0w0
威力偵察だよな、陸戦も居るのに出て来ないしようだからなぁ。

584七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:04:27 ID:3nWxTpeU0

                                             │
                                              士
                                              |
      うぉっしゃーっ! やってやったぞ!                     /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                  ……良かった、本当にやったんだ   |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、

585七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:06:12 ID:3nWxTpeU0
いやだなぁ、言ったじゃないですか、ネウロイのレベルを下げてるって……
皆心配し過ぎですよ……(ゲス顔)







               -―-
               i::::::::::::::::::::::ヽ
               |::::::::::::::::::::::::::i
               j、_::::::::::::::::::::::|
         ≦二ヽ   \::::::::::::::i
       /三二≡=ー  \::::::/
       ゝ--―   ´   ̄ミメ
    γ´// i i            ヽ               何故だ? あいつらが撤退するだと……
     ,' // :i i            |
   / //  i i            |  r‐-----、
  ./ミ7 メ、マ 弋、   ヽ          |ー´i三三}k/)==ft
  i //}ko。 マヾx   i        ゝ-oミ三三}j㌢ノ  ̄
  j //   }ko。    |      ノノ ヽ  i㌢i!i!|´
 i´//         }ko。 |               j i!i!i!|
 |i!/           `i          / ∧i!/
 :i!                 \       ./
  |             ノ \  .。o
  | j ヽ     ___rfノ
γ´  `ヾ三三|}k  o  ヽ

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃他の兵士が口々に勝利の言葉を呟く中、指揮官であるこの男は
┃素直に喜べずにいた。

┃おかしい、アイツらがこんなにあっさりと手を引くはずが無い

┃それは何度も戦ってきた自分がよく知っていたはずなのに……


586名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:07:17 ID:oHKIuJ0w0
別方面からの奇襲かな。一度引いて勝たせたと思った所を

587七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:07:35 ID:3nWxTpeU0


          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',              ……隊長
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃男が疑惑の念に駆られていると、前方から一人の兵士が近づいてくる

┃小銃を携えた青年――彼の直属の隊員でもある伍長だ

┃伍長は素早く敬礼をすますと隊長に今の戦闘に関する報告を始める



588七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:09:47 ID:3nWxTpeU0




                  ‐…‐
                /       ヽ        報告します。今のネウロイの攻撃により負傷者10名、戦死者は7名
             /
             !    〈大〉    |        それと機銃が2丁、放熱不足でバレルが飛びました……
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :






                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::∨
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk     ……そうか、戦死者は後ろの方へまとめて下げとけ
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i     機銃は修理できそうか?
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´       今機銃兵が修理していますので、なんとか>
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/

589七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:11:01 ID:3nWxTpeU0



            …‐
          /        ヽ        ……隊長、なんか不気味じゃありませんか?
        /
         〈大〉        i
      ノ                 |
      `「  ‐-  _    _.ノ
         レ⌒ヽ   下「「  j
    />/    \_ノ/ `ス
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告を終えた伍長が、確かめるように訪ねてくる

┃どうやら彼もこのネウロイの引き際に疑問を持ったのか

┃かぶっていたヘルメットを深く被り直し、口を開く



590七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:12:56 ID:3nWxTpeU0



               -―-
               i::::::::::::::::::::::ヽ
               |::::::::::::::::::::::::::i     やはり……お前もそう思うか、伍長
               j、_::::::::::::::::::::::|
         ≦二ヽ   \::::::::::::::i
       /三二≡=ー  \::::::/       えぇ、あいつ等がこんな簡単に引くとは思えません……>
       ゝ--―   ´   ̄ミメ
    γ´// i i            ヽ
     ,' // :i i            |
   / //  i i            |  r‐-----、
  ./ミ7 メ、マ 弋、   ヽ          |ー´i三三}k/)==ft
  i //}ko。 マヾx   i        ゝ-oミ三三}j㌢ノ  ̄
  j //   }ko。    |      ノノ ヽ  i㌢i!i!|´
 i´//         }ko。 |               j i!i!i!|
 |i!/           `i          / ∧i!/
 :i!                 \       ./
  |             ノ \  .。o
  | j ヽ     ___rfノ
γ´  `ヾ三三|}k  o  ヽ

591七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:13:33 ID:3nWxTpeU0
                            .。o≦三三≧、
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                           廴__:::::::::::::::::::::::::!
                          rミメ 、_,、`ヽ:::::::::::::::/      ――もしかしたら、これは罠か何かもしれんな
                         /::::::::::::::::`゙ ノ::::::::::::::/
                          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                         i:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                      .。o≦ミメ::::ー:::::::::::::::::::::::::ヽ
                 _  ,ゝ-     ヾ::::::::::::::::::::::i´ ヽ
              γ´\     ヾ ヽー匕:::::::::::::::ノ   ≧、
        ______ノ   \     i‐┴―‐x`゙ー匕.。o<|`i ーx
      __j≧=x   ∨     i     ノ、____,!/辷  ̄ ̄| ┼ー- 、\
   /      .∧ .   ∨     i  /::::|::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::|::::ー- ._| /∨
  /   `゙ー-  .∧  ┘   __i__::::::|::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::|::::|::::::::::::|,'  ∨
../         `マ       ./::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::::::i!::::::::::::::::|::::|:::::::::::::|   |
/           \     /::::::::::::::::::.|:::::|::::::::::::::::::i!::::::::::::::::|::::|;;;;;;;;;;;;;|_____j,、____              ノi!
|             `ヾーi::::::::::::::::::::jー==≠==≠≡≡l二辷三三ノrx ヽ\__i!二二二二ミメ、__,rf‐┴、
!               弋 ,j...。o -‐f===|三三三}|三三三三三}i|∧::ヾ::∨!::::i   .i!三三三三三三二≡=、 .ノ
 >o。              \     i三三三三三三|o三三三三三i::::i:::::i!:::ヾ::::j二二i!
    >o           >≦:::::::::::::::::::::::::ミメ┬i。!;:;:;:;:;:;:ハ  .|::::i! i!:::::::::;!
     i! >o       ./:::::::::::::::::::::::::::ミメ___jノー!;:;:;:;:;:;:;:ハ 〈::::::::::::::::::::イ |
     i!    >o。    /:::::::::::::::::::::::::二ミメ    ∧;:;:;:;:;:;:;:ハ \:::::::/  イ
     ー      ヽ   j:::::::::::::::::::::::::::::`ヾ/     ∧;:;:;:;:;:;:;:;:;マ___/  |
              ー ` ̄ ̄ ̄ ̄  ー         ∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ      .|










            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉        i         罠……ですか?
      ノ                 |
      `「  ‐-  _    _.ノ        あいつらにそんな腹芸が出来る様な知能があるんですかね……
         レ⌒ヽ   下「「  j
    />/    \_ノ/ `ス
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

592七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:14:21 ID:3nWxTpeU0
               -―-
               i::::::::::::::::::::::ヽ
               |::::::::::::::::::::::::::i
               j、_::::::::::::::::::::::|              分からん、そんなの奴らに直接聞いてくれ。伍長
         ≦二ヽ   \::::::::::::::i
       /三二≡=ー  \::::::/
       ゝ--―   ´   ̄ミメ
    γ´// i i            ヽ
     ,' // :i i            |
   / //  i i            |  r‐-----、
  ./ミ7 メ、マ 弋、   ヽ          |ー´i三三}k/)==ft
  i //}ko。 マヾx   i        ゝ-oミ三三}j㌢ノ  ̄
  j //   }ko。    |      ノノ ヽ  i㌢i!i!|´
 i´//         }ko。 |               j i!i!i!|
 |i!/           `i          / ∧i!/
 :i!                 \       ./
  |             ノ \  .。o
  | j ヽ     ___rfノ
γ´  `ヾ三三|}k  o  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃男はこれまでに何度かネウロイとの死線激戦を潜り抜けてきたが、
┃それでもネウロイ達が罠を張るなどの高度な戦術は聞いたことが無かった

┃あの鉄の怪物たちがとる戦法はだいたい2つ。
┃此方が圧倒的に踏みつぶされ屍の山を作るか、逆に魔女が踏みつぶして蜘蛛の子散らし逃げるかだけだった



593七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:15:26 ID:3nWxTpeU0



                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨
          酛    >    i!≧ー-         |
          i!        >i!   ニ二彡     |          全員、残弾確認急げ!
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´          敵の第二波が来るかもしれん
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉           負傷者は後ろの建物の中に運び入れろ!
  ノ \  廴\   乂介      /         /
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<
          \  ∨ヾ   ∨∧
\          \ヽ     .∨∧
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i
            i!   .∨ノ    \i!


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃なんにせよ、自分たちはここでネウロイ達を食い止めねばならない
┃負傷者の治療を言い渡すと、兵士たちは第二派に備えて弾薬箱を開き始める

┃ふと、自分のMP40もあとポーチの中の2本でカンバンだったことを思い出し、
┃弾倉の補給の為に弾薬箱に近寄った


594名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:15:48 ID:pu8c7xqY0
兵士以上の高脅威目標を発見したのかもな

595七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:16:46 ID:3nWxTpeU0
  __/ ̄/__ ./77 /__7 ./''7
 /__  __  /. ̄ /__7 ./ /__/"7
 _./  //  /    ___ノ //  __, ̄|
 |___ノ.|___,/.   /____,./ 7__/ヾ/




                                     __/ ̄/__ ./77 /__7 ./''7
                                    /__  __  /. ̄ /__7 ./ /__/"7
                                    _./  //  /    ___ノ //  __, ̄|
                                    |___ノ.|___,/.   /____,./ 7__/ヾ/

         __/ ̄/__ ./77 /__7 ./''7
        /__  __  /. ̄ /__7 ./ /__/"7
        _./  //  /    ___ノ //  __, ̄|
        |___ノ.|___,/.   /____,./ 7__/ヾ/

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょうどその時だった。広場に何処からか不気味な機械音が鳴り始める

┃まるで何かが登ってくるようなその音は、段々と大きくなり、何重にも重なりあう

┃その音を聞いた何人かは銃を構えると辺りを見回す……が、音が響くだけ。
┃音の主の姿は何処にもない


596名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:18:09 ID:oHKIuJ0w0
ああ、陸戦のお出ましだ……

597七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:18:14 ID:3nWxTpeU0
                        ,,-´   ̄ `ヽ、
                       /          ',
                       .i_,, - ‐-- - -‐ヽ
                       7-----、ヽ ̄ ̄ ̄  i
                       i     j `´ ̄ ̄ ̄>、           お、おい、なんだよこの音……
    f^i_____,, - ――― 、r-、_` --‐" _ -‐ "  ̄ _ヽ、
  iニニ! .!――――― 、 ̄ ̄ ̄ ̄ `^ i iヽ-‐" ,, - "-‐ ^ ` `ヾ ヽ
    `ヽi  ̄`‐-、ニ、ヽ iニニニニニ,! !-‐//  f´    `ヽ、   \
      ヽ、 _  f´r^ `‐-、―――',>-' ト' - /_       ヽ   ヽ
            i i/    ヽlッt‐"  ヽ /      `、      ',   ヽ
            `, i      \ニ7- ./ ` 、           i   ',
           ./ ヽ,       ` ー "、   ヽ    i      i   .!
           /  /ヽ        i i       i   i      ,'    ',
          <  /  \        ノ    /   ノ     /     ',
           `-'     \        _,,- '^~~" ̄`ー- -"      i
                  `ヽ、    /   i               i
                     `ー-'  ヽ、  i               i
                           `-' i               i








                    ,. ----..、
                   , '´      `ヽ
                  / , -‐‐‐‐‐‐‐- 、',        俺が知るかよ、くそ。 なんなんだよ一体?
                 / ,´ -_-、___, -- 、 }
                  ( ( ミミミ シ'´  、、,,,_}_ノ __ __ _ __
             ,  二二 ミヽ:く   `゙゙゙゙「 (::::::::::::::(::::::::::(..:.ノ
           ∠   _ _``ヽ::ヽ \.   r'  >=<j::::::T´__ __ ____
          ∠ _ __ _ `ヽ \ \「ヽノ}::::(:::::::::::_:__:::::(.:_:(.:‐:._( ( __二二二 ( ===
         /´/::/´ /´  ̄ ̄`ヽ \ \ 「゙゙´   T::::::::::::ノ )::::「三三i::::「 ̄   ̄
       / /::/ / , '"´「 ̄ ̄ `ヽ\}     /( )j」ノ /.∠:::ノ_ニニニL:jj
       ,′,′ / レ'´  {     L::ハ  ノ:::ノ{三},. イ   -{  ゙゙ ゙´
       ,:i :i  ,′  {  「¨¨´  ̄`ヽLj _ノ⌒ヽ{ _ノ ヽ{   ノノ
       {:{ {{ cj    .::',        }    ,. イ `ヽ /´  ̄
       リ ..:リ  j  .::::.:',       // ゙゙´ ̄`ヽ  >
       j/ 〃´ ̄ ̄``ヽ::.ヽ     //       } /′
      i〃´ く\   `yy'^ヽ  //       ソ
       〃    \\  //  / \jノ     , ′
     く  ̄`ヽ   \>//   /.:::::::::::リ`¨¨¨゙゙゙´
     ト、: :.. . .\   .//  /.::::::::::::ノ , ′
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃口々に兵士が不安をぶつけるが、音の姿は出てこない

┃不安を感じ取った隊長は全員に命令を飛ばし、機銃をいつでも撃てる状態にする

┃弾倉を取り換え終わると、広場には先程の緊張感が戻りつつあった……


598名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:18:58 ID:pu8c7xqY0
さぁ、第二幕だ

599七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:19:43 ID:3nWxTpeU0




                      _
                   / ̄ ̄\\
                 /     ヽ ヽ、
             |、       ゙i ゙iヘ
                〔\`'‐-∪   └' i      ん、なんだ……?
                |∩ \_     _|
                |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|
            / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
            |         ,-l l l
            \iiiiiiiii   ///  ヽ___
           /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
       / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
      /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
     /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
     |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
     | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
     l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
     └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i











                _ ,,..
              ..-,'冫'''' _ヘ、
             ./  ' '     ヽ       いきなり辺りが暗くなって……
             l_____エニ│
             l―――‐, Θ│
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───┐
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽl
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃すると突然、一人の衛生兵の周りに太陽が落ちたかのように黒い影が差し始める

┃今はまだ朝の筈だ、なにかが遮ってるのか?

┃不思議に思った兵士は反射的に多様の方へと顔を動かし、そして自分の行いを後悔することになる



600七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:22:01 ID:3nWxTpeU0
皆さんが見ているのは「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」がモットーのイチャラブ作品です
ガンパレードマーチ、マブラブなどと言ったダークSFとは縁もゆかりもございません








  __/ ̄/__ ./77 /__7 ./''7
 /__  __  /. ̄ /__7 ./ /__/"7
 _./  //  /    ___ノ //  __, ̄|
 |___ノ.|___,/.   /____,./ 7__/ヾ/



                                               __/ ̄/__ ./77 /__7 ./''7
                                              /__  __  /. ̄ /__7 ./ /__/"7
                                              _./  //  /    ___ノ //  __, ̄|
                                              |___ノ.|___,/.   /____,./ 7__/ヾ/
















                 _,,,,..............,,,,,_
                ,ィ ´ //  }!  `ヽ
             ,イ    {{  _ノi==、,r'´\
          ,ィil"´ ヾ _,r==ー- 、  /    ヽ
        ,r''´ 乂、 r'´        `ヽ  ,r==╲
       /      ))/            `},..=-= 、゙i
       .'  ,..r='´ j              ,r´   `ヽ. \
        {!r=ミ、   /               / ,r==ミ、 ∨r'\
       弋、__ノ>''´             〉/Y´ i|! `ヽ }!_ ヽ
       ` ̄´              {!.{ {! .l|!   }!、l!  `}}ゝ、
         =|=〃 =|=〃. _,,..=-― <';;;;;╲ |!.  ノ/゙ヽ  /  }}!
   ,,.. ..,,     =|=   =|= ,ィ´ __   \;;;;>=''´={{ / (i {{ヽ_ィ'
 ,ィ´=ミ ヽー-= ..   ,ィ''´,ィ'´    `''=、 ゞ{!=''´ ̄ゝ乂ノノ  /
/==ミ、 `Yrヽ/}!`i!ー-/ / ,r=== 、.    \`Yゝ、 /彡\.ノ. ,ィ=.、.
{ i! `Y}!__j!ハ ⅧYヽ;;{! ./ソ´     `ヽ  ヾ}! //ヾ三彡''´ ,イ / ∧
乂_ノ ノ´弋ヽノ_i!={!;;;;;;;{!_,,...,,_      ゞ==';r'》》》'⌒ヽ  /;;;;/  \》.、
ゝ==''_Yゝ='))));;;;;;;;;>'´   `ヽ _,r===ヾ;;;;{!//∧Y⌒ヽ´;;;;;;/   ゙《i╲
  `ヾ延>)))ツ=''ヾY  ヾ==rYヽ  ヽ   //;;;;;;;ノ / ╲   ∧;/       《i╲
     `ー ''´   /ゞi!i´ `ヽゞノ三ニ=、__ノl |´;;;;;/    ╲  }!        ゙《i╲
      ,Y `丶 ヾ/=‐''ヽ_ノr= ..,_ヽ}! //;;;;/     Y∧           ゙《i╲
        /;;;;;7 、 `''‐}!、〉、__ノ_ノ;;;;;;;;> 〉ー‐ '_;;ノ         ゙《∧          ゙《i╲
     /;;;;;;/   \/ r''`ー=''´;;;;;;/;;/;;;;;;;;/´           ゙《∧             ゙《i╲
     /;;;;,Y'     /;;/、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;/;;_,..ノ            ゙《∧             ゙《i╲
    /;;;;/´     〈_/  ` |ili/  ̄〈;;/´   =|=〃        ゙《∧              ゙《i╲
  r';;;ノ        ノili}           =|=  =|=〃    .゙《∧               ゙《i\
  ´´         ` ̄               =|=       ヾiliヽ           ̄´


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃太陽に覆いかぶさるようにして屋根の上に現れた化け物。

┃それは中型の陸上ネウロイだった

┃細長く鋭い脚で山岳や障害物を乗り越え、その背中に備え付けられた主砲で
┃防御陣地もろとも全てを粉砕するネウロイ側の主力を担う存在。

┃それが、小型の陸上タイプを何機か従えて
┃周りの民家を乗り越え伍長たちが居る広場を見下ろしているではないか


601名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:22:50 ID:zjFTZX7Y0
これはもうダメかもわからんね。

602名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:24:05 ID:pu8c7xqY0
絶対レーザーもってるううううううううう

603名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:24:41 ID:oHKIuJ0w0
リアル風にダーク成分を大幅に追加して書き直し、そこに原作のイチャラブ分を少量持たせた作品ですね分かります。

604名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:25:15 ID:0c2qfeCo0
またまたご冗談をw
>>ガンパレードマーチ、マブラブなどと言ったダークSFとは縁もゆかりもございません

605名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:26:16 ID:/DlDtXeY0
ハートフル   ストーリーというジャンルもあるよね

606名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:26:40 ID:zjFTZX7Y0
> ガンパレードマーチ、マブラブなどと言ったダークSFとは縁もゆかりもございません
それじゃなくてR−TYPEあたりと縁があるですね、わかります

607七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:26:48 ID:3nWxTpeU0
引き続き、女の子と主人公の心温まるハートフルストーリーをお楽しみください



                   ,-‐‐'''ヘヘ、                    ネウロイだっ! 家の上にのぼってきやがった!
                  /辷_____゙ ゙ヽ
                 ji  l二==、\ |           _∩∩      陸戦型ネウロイ! 小型が2……中型1!
                 「 リ ヽ、 _ |,'^│        ---二三(◎)
          __,, ― 、_ r/ ノ  '''''"'''ヽ/  _j'エ゛ ̄::〜'''::::::-::'::::::□     あぁっ、クソッ! 砲撃タイプの重装甲だっ!
         /     `': ト、__i_ (O) 只 ヘy‐''"::::::::::.._/二⊃_ --‐"
         ./‐‐--、_ ヽ、ヘ 、"'//(O)、__..-/^/     lノ'´
         {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./
         弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
         ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
         ノ ?U  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
        │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
        ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′








                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::u:::::::::::::::∨
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉       中型の多脚タイプ……
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/        何時の間にこんな近くまで……
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/

608七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:28:58 ID:3nWxTpeU0



                 .。o≦`ヽ
                    /三三三≧x
                 rf´ ̄ ̄`≦三≧ー、
                 |       `\ 廴ヽ     (まさか……先ほどまでの小型機は全て囮……)
                i´_     i´ /\  `ヽ
             γ´__rf    .|彡 ´ ゝ、 ノ
               .ノ´       .|≧= x .H  i   (我々を一網打尽出来る位置まで中型を誘導するための
              j       / ̄ ̄\.X  .          |目くらましだったのか……)
            / ー―   /     ヽ辷xi
              /         i´       ik ヽ
             ./        j          if  ノ       しまった……、まんまと罠にかかったのか、我々は……
            /       .γ´三三三≧≡斥 |
           ./          j´ ̄    ̄`ミメ三ヽ!rz__
         .(__     .γ´          `ヾ〈   `ヽ
       ___/       _ノ              \   ∨
   ..。o≦:::::{      ./                    ヽ  .!
   /`ヽ:::::::ー-   ./                  弋..ノ
  /  ノ:::::::::::::::::::ノ/                    |








                   ,-‐‐'''ヘヘ、                 ふざけんなっ! こんな、こんなところでよぉ!
                  /辷_____゙ ゙ヽ
                 ji  l二==、\ |           _∩∩      くそっ、クソがぁっ!!
                 「 リ ヽ、 _ |,'^│        ---二三(◎)
          __,, ― 、_ r/ ノ  '''''"'''ヽ/  _j'エ゛ ̄::〜'''::::::-::'::::::□     やってやる、やってやるぞッ!!
         /     `': ト、__i_ (O) 只 ヘy‐''"::::::::::.._/二⊃_ --‐"
         ./‐‐--、_ ヽ、ヘ 、"'//(O)、__..-/^/     lノ'´        ぜってぇに生きて……
         {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./             生きて母さんの所へ戻るんだよぉ!
         弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
         ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
         ノ ?U  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
        │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
        ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′

609名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:30:21 ID:VPJKXDKI0
おいばかやめろ

610名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:30:43 ID:VlM0jCss0
モブ兵士…いいやつだったよ

611七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:31:01 ID:3nWxTpeU0
ちなみに、一般兵で中型を倒すなら重戦車か88(アハトアハト)クラスの火力が必要だよ




;__,,..ノ`ー=''´ _,,......,,/リ  '.ヽ::::::::::::::::l
;巛ヾミ、//_/´   ヽr、  '.    ',:::::::::::/キュゥゥゥゥ
; |lilil |li//´      ノノ ヘ ╲ゞ=/
;/ノソリ´ {      //´ `ヽ==-'
; ̄ ̄`゙゙'''= ..,,_   乂   ノ __      _,,,,....,,,,_
;;;;;;;;;,,,,       `ヽ=-―''´-''´   ̄`ー''"´    `ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;,,,   _,,.. -- ..,,_ \ゝー=''´L..,,_r==ミ、  ╲
;;;;;;;;;;;;;;;╲_,,r''´‐=''´  ̄ `ヽ==ニ二╲=ニ{! (::::) }!_/´r':'.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲╲          \;;;;;;;;;;ー-、 ゞ三彡-‐':::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲╲       __ ヽ;;/li |ヘ/7/ニフ ´{ {::::::::::.'
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ  r''´,,..=-`ヽ_ゞ.,,lilil{ {´ {! '. '.:::/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉、`ー' /´     `゙''=、ゝ //`ヽフ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ 〈`ー´`''ー- ..,,_       \ゞ ..,,_ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ `ー- ..,,_    `ー''"´ ー- ..,,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲╲`ー- ..,,ー- ..,,/´    ,,...,, `ヽギギッ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲ゝ、   `ヽ╲r=-‐==<(::::)Y  ';,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ_\_/ /`ー- ..,,r=、`ー'ゝ_Y(:)
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ__ノ `ー-=ミ  {!ゝ..,,_/
;;;;;;;;;;;;;;;;i´   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r=''´ノ/´ `ーテ〈
; ;;;;;;;;;;;;;;;|ノ⌒|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲ ╲{!l    /ミjリ
;;;;;;;;;;;;;;;;;|⌒ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲ ╲乂__ノミノ
` ̄ ̄` |ノ(_l|`ー--===---―‐ '''´ <wゝ ╲ ╲╲,、
      |⌒ゞ|             "゙`  .╲彡ミ

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃全員が屋上のネウロイに向かって弾丸を浴びせる
┃……が、小型ならまだしも、中型のネウロイともなるとその防弾装甲の強度は
┃凄まじく7.97㎜の徹甲弾はおろか、この部隊の最大火力であるパンツァーファウスト
┃でさえ表面膜を破壊するだけ。撃破までは至らない

┃所詮魔女のいないお前らなんてこの程度だ。まるでネウロイがそう言わんばかりに
┃彼らの弾幕をモノともしない。彼らの放った弾丸は全てが情けない音を奏で、弾かれてしまう


612七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:32:35 ID:3nWxTpeU0
                    ,, -―‐- ,,_
                  ,r´      ,r‐\
   キュゥゥゥゥゥウウウウ!     {Yi Y、___  ,r' ,r'´ `ヽ、
                  ゝ、ノ''''''''ヽv {   / `ヽ
                   `ー-,,,__,,-‐-,,_    人
                            \  /  `ヽ
                             `ヽ     `i
                                    `i  ,r―-ゝ
                                  ト-'     }
                                  ',     |
                                    }__,,.. -―'l
   ,r‐===‐ 、                 , 、    ,'     }
 r'==ミ   r=‐、`ー===ー- ,,,..._____        Y゙゙゙゙ヽ, -‐'=―-- ,,_.}      ,r、
Yi `Y ヾ,'{ ( o)} -―''´イ ',',  ヽ `ヽ    ノ-―- 、  `ヽ   ./     ./ヘ ',
ゞ=彡 ノ :ゞ___ノ ノ´゙゙゙゙゙-‐- ,,_   `ーヽ   /_=-,,  `ヽ ,r― 、 ./    / /  Ⅶ
 `ヽ、_,, - ,,___   ,',' `ヽ、 -―ヽ{Y´i `ヽ',',  }}{   .Y >' ´ . /   'Ⅶ
            `''ー-- ,,   \Y´ ̄ ゞ.! ノ彡,-' ;ゝ__ノ/   ./    Ⅶ
                    \ノ彡し '⌒ >三'ミノヽ,-‐'ヽノ_/     /     Ⅵ
             _,,,,.    \ノヽ-‐-、ゝ三彡Y三≡;Y´ノ }  /      .ハ
             / /ヽ,     }_,,=-=,,_ `ヽ   ヾ ノ`'''´ ノ        ハ
            / /`ヽ ヽ   >‐''''- 、ヽ_j    ヾ-、r‐''''´             | ',
          /  ノ     `ヽ`>'{    ノノ Y   /ヽ  ',               |  }
        /  ノ      `ゝYゝ- '⌒ v´ ノ  ./ ハ  ',              |  ',
       Ⅶ /           i´_  , ri、ー' /    ,r' 八 ハ               |  }
     ,r'´ /          r'(i )  `´<'´`ー-‐''´    ヽ ヽ              | `ヽ_
  ,,__,r'´  ノ          ノ {`ー-'´ゝr´          Ⅶ            ゞ  Y´`ー 、
  (__((_,r'´           `-'  ´=='           ハ `i、          ` ̄ ̄`ー‐‐'
                          ギギッ!     `,Y´ヽ
                                       ゝ_Y´\
                                     ` ̄


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まるで嘲笑うかのように奇妙な鳴き声を出すと、背中にある一本の主砲が
┃伍長たちが居る広場へと向けられる

┃そして尻尾のような物から響く収束音が、広場を震わせる……

┃戦艦すら突き破る主砲が、今まさに発射されようとしていた


613名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:32:52 ID:/DlDtXeY0
爆破解体しようぜー

614名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:33:21 ID:0c2qfeCo0
そもそもまだ女の子出てねーじゃん!

615七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:33:35 ID:3nWxTpeU0
                 _ _
                γ´-─u ヽ
                ,レ', u─‐-、|           ネウロイの砲撃が来ますっ!
            〈, イ(//)( 7)
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐        た、隊長! 指示を! 撤退の指示をお願いします!
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!              ――駄目だ、撤退は指示できない
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|       な、何故です!
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i





                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i           もう無理だからだ、間に合わん
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .‖ ̄‖    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \

616七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:35:23 ID:3nWxTpeU0





                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨        認めよう
          酛    >    i!≧ー-         |
          i!        >i!   ニ二彡     |        非常に悔しいが、我々の負けだ。
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´        皆をノイエまで連れ帰れず、本当にすまなかった
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉         こんな駄目な指揮官だった俺を許してくれ……
  ノ \  廴\   乂介      /         /
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<
          \  ∨ヾ   ∨∧
\          \ヽ     .∨∧
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i
            i!   .∨ノ    \i!





                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|
            〈, イ(//)( 7)          そ、そんな……
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その言葉に、隣に居た兵士は銃を落とし、座り込むようにして崩れ落ちる

┃小型だけなら希望はあったが、戦車もウィッチも居ない今の状況ではどう転んでも中型は倒せない。

┃見ると他の者も諦めがついたのか、銃撃を加えているのはごく僅かで
┃ほとんどが銃を下に降ろし、処刑人の様に尻尾を振り向けるネウロイの方を見つめていた


617名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:35:25 ID:zjFTZX7Y0
早くネウロイをもってネウロイを制す、人体実験、非人道的実験の元で開発された悪魔の兵器カモン!!

618七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:37:33 ID:3nWxTpeU0



          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',         ……あーぁ、ここで終わりか
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',         ツイてないなぁ、ホント……
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃耳を劈くような収束音がさらに高まっている、もう時間は無いことを示していた

┃伍長はぼやく様に自分の人生を振り返ると、何故か先ほどの青年の事を思い出した

┃自分が何か忘れているような気がする……なんだったろうか?







                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |      ……あぁ、そうだ。 思い出した、アイツの名前。やる夫だったな
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、        自分で言ってたのに……なんで分かんなかったんだろう
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃不意に思い出したのは、記憶喪失だった青年の名前だった

┃埋める直前に起き上がり、自分の名前を自分で呼んでたのに……



619七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:40:12 ID:3nWxTpeU0

      _,,,,....,,,,_
   ;;;;;;;;;,,,,       `ヽ=-―''´-''´   ̄`ー''"´    `ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;,,,   _,,.. -- ..,,_ \ゝー=''´L..,,_r==ミ、  ╲
   ;;;;;;;;;;;;;;;╲_,,r''´‐=''´  ̄ `ヽ==ニ二╲=ニ{! (::::) }!_/´r':'.
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲╲          \;;;;;;;;;;ー-、 ゞ三彡-‐':::::::l
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲╲       __ ヽ;;/li |ヘ/7/ニフ ´{ {::::::::::.'
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ  r''´,,..=-`ヽ_ゞ.,,lilil{ {´ {! '. '.:::/
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉、`ー' /´     `゙''=、ゝ //`ヽフ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ 〈`ー´`''ー- ..,,_       \ゞ ..,,_ノ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ `ー- ..,,_    `ー''"´ ー- ..,,_
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲╲`ー- ..,,ー- ..,,/´    ,,...,, `ヽ ギィイッ!
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲ゝ、   `ヽ╲r=-‐==<(::::)Y  ';,
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ_\_/ /`ー- ..,,r=、`ー'ゝ_Y(:)
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ__ノ `ー-=ミ  {!ゝ..,,_/
   ;;;;;;;;;;;;;;;;i´   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r=''´ノ/´ `ーテ〈
   ; ;;;;;;;;;;;;;;;|ノ⌒|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲ ╲{!l    /ミjリ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;|⌒ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;╲ ╲乂__ノミノ
   ` ̄ ̄` |ノ(_l|`ー--===---―‐ '''´ <wゝ ╲ ╲╲,、
        |⌒ゞ|             "゙`  .╲彡ミ















     `''-..、`'ー ,,,
          `'ー..、 ゙゙'ー、、
             `'ー、、 .`'ー ,,,
                 `''-、、 `''ー、、
                 `''-..、  `''ー、、
                    `''-..、  `''- ,,,
                        `''-、、   `''-..,、
                           `''-..、   .`''ー..,、
                              `''-..、   .`''-、,、
                                    `''-、、    `'''-..,、
                                     ゙''-、、    `'''-..,、
                                       `''‐、、     `''ー、、
                                         `'ー..、     `'ー ,,,
                                            `''-、、      ゙゙'ー、、
                                                  ゙''-、、      .`''ー、.
                                                      `'‐、、
┏━━━━━━━━━━┓                                   `''-、、
      システム                                             `''-、,
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あいつに教えられてなかった……悪いことしたなぁ

┃そう伍長が呟くのと同時に、陸戦ネウロイから放たれた真紅のビームが
┃目がくらむような眩い光と共に広場を覆い尽くす



620名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:40:48 ID:zjFTZX7Y0
あいつは良い奴だったよ・・・

621名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:42:00 ID:oHKIuJ0w0
伍長……

622七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:42:00 ID:3nWxTpeU0
                 || || ||                     || || ||
               || || ||                           || ..|| ||
             || .|| .||                               || .|| .||
         __.|| || ――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__
  _―― ̄ ̄ .|| ||                                        || || ̄ ̄――_
_ ̄       .|| ||                                           || ||       ̄
  ―_    .|| ||                                            || ||   _― ̄
      ―||||                                                |||―
      ..|||                                                 |||
      |||                                                  |||
      |||                                                   |||
    .. ||||           .゛      、  ′     、 " .     ,  ′  .   ´ ,   、 |||
    ...|||  .`  .  、 ´ ,  ′ . 、 " .   ´ ,   .   i   、. .`  ゛.   i ,  . . " .、. |||
    ...||| , 、   " .    i    ´   .   ii      .゛.. ii||..     i i   、 ´ ii  ..  " .li   .|||
     ||| .|i  ´   i ' ||  ii   ii | iilll||ii | i     .ill|!!i l   ...|ll iii i   i l|l. |li   li||li |il||||
      ||il||li .|i 〟 ii||il lil|| ||lili  ||ii l|il| |llii||| li|iii|lli || ..iil|||lll.|ll   llll||illli  iiil|iii|||l|i |l|l!liil||lll.|l||
     .. ||!|i||ill ..| ||lll|||ii|||lliiiill|lliiilll|||lll||!!lilllii!!!||ll||ill|ll lll|||lll||!!lillliil.l| |lll||!!lillliill| !!||lll|||lll||!!lilllli||||!lll||
       |||ll|||ill|i||ll||lll!!llll||illll||||||lll||||llll|iill|||||llll|l|l|lll!!llll||illll||||||lll||||lll||!!lillliilillliill||!!!||ll||!!llll||illl||
    ..   .||l||lll|||i||lll||!!!!llll!!|||ll!!!!!|ll!!ll||||!!ll||!!!ll||!!|||lll||!!!!llll!!|||ll!!!!!|ll!!ll||||i||lll||!|ll!!ll||||!!ll||!!!l||!||
:::::::::::::::::::.............      `                                          ..........:::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::.....................                            ............................:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ビームは広場を突き抜け、薙ぎ払うかのように遠くにあった教会まで到達すると
┃激しい爆音と共に小隊たち全員を広場ごと、それどころか町の半分を焼き尽くす……

┃この攻撃により部隊は文字通り消滅。

┃もし幸運な事を一つ上げるとするならば、それは小隊の誰もが痛みも感じずに死ねたことだった



623七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:43:10 ID:3nWxTpeU0
はい、という事で今日はここまでです

これから後は、1の描写不足で説明しきれなかった場面の説明と
雑談、および質問タイムです

624名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:44:05 ID:Ow5BoyCc0
乙でした

625名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:44:23 ID:VPJKXDKI0
防空壕はきっちり今ので消毒できました?

626名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:44:38 ID:oHKIuJ0w0
乙ー、ハートフルフルボッコですね、ヤダー

627名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:45:06 ID:zjFTZX7Y0
乙。可愛い子はどれくらいで出そうですか

628名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:45:49 ID:/DlDtXeY0

やる夫の名前はわからないままどうするのだろう

629名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:46:13 ID:VlM0jCss0
っ乙
安価っていつ頃だろ

630名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:46:22 ID:RcUIU5E.0
乙。
可愛い子は出てきたとしてちゃんと虫けらのように死ぬかな?

631名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:47:27 ID:FzzEZAeE0

本来はこういうハードな世界観なんだよなぁ
TV版はエロと百合しか印象が残らんかった

632名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:48:04 ID:yM3nuFlw0
乙でした
もっと地獄を見せてくれ

633名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:48:05 ID:jfzY.BO20


634名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:48:23 ID:8BK1f9P.0
乙ー
実に、実に良い(ジュルリ

635名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:50:43 ID:VPJKXDKI0


むせるスレに合うキリコの登場はまだですか・・・・
というかヤツならこの世界でも生きてけそうだな、ネウロイに勝てるかはともかく生き延びることは「確実に」できるだろうw

636名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:54:49 ID:pu8c7xqY0


戦争全体でみると航空ウィッチは本当に貴重だからな
雑誌掲載ので「ウィッチなんて御伽噺だろ、見たことねぇよ」って言ってる戦闘機パイロットの話あるし

637七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 22:55:29 ID:3nWxTpeU0
>>625   それは次回か次々回のお楽しみです

>>627 今の所は5人、だが一人だけ攻略できない

>>628 名前が無くても生きていけるって……でもやる夫の一人称はどうしよう……自分でいいかな?

>>629 嘘みたいだろ? これでプロローグの3つの場面のうち2つが終わったところなんだぜ(泣き顔)

>>630 ファッ!? 貴重な女の子に何をするだぁーっ!?

>>631 こういった世界観もいいよね。FalloutやMETORO2033を彷彿とさせる絶望感溢れるゲームは好きだよ…遠

>>632 地獄を診せるネタはあと幾つぐらいあったかな……10位かな?

>>634 変態さんめっ!

>>635 こられたらこっちが困るので、カン・ユ―さんで遊んでてください




ていうか、前回につきましては皆さん本当にすいませんでした。

土日の二つを使ってここまで書き上げましたが、このぐらいの描写だけでもすごく時間が掛かりました

638名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 22:56:12 ID:P1Pd8iv20
乙です
ボトムズ風味もいいがほどほどがいいなあ
あんまり濃くても胸焼けする

639名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 23:00:20 ID:D6CfCBMA0

かっこよかったなあ隊長さん

640名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 23:02:17 ID:zjFTZX7Y0
スタートダッシュで安価参加者を増やすならプロローグと可愛い子は二話目までくらいには行きたいとこではあるよなー
悲惨な空気をより悲惨に感じさせるには、上げて落とすのが効果的なわけで、メリハリがあるとグイグイ読めるのはある

641七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 23:02:38 ID:3nWxTpeU0
まずアグネスさんですが、実はあの人はオストマルクの有名な政治家で、女尊男卑を強固に主張するひとでした……
だから口が上手く、周りの人を乗っけられたんです……という設定

それと伍長たちはオストマルクからカールスラントへ避難できずに取り残された人たちを
たすけるために派遣された中隊で、隊長は小隊指揮官だったが中隊指令本部のヒト達が軒並み焼き殺されたので
階級的に彼が指揮官となっていました……

次はネウロイについてかな

642七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 23:06:07 ID:3nWxTpeU0
1941年のネウロイはビーム兵器を持つネウロイと実弾しか持たないネウロイ
それと、生物のような形をしたネウロイと兵器のかたちをしたネウロイが入れ替わり始めた時期です

アニメのベルリンでおねぇちゃんと対峙してた大型航空機はめっちゃビーム売ってきましたが、小型のほとんどは機銃を付けただけ……

つまり、ネウロイ達が進化している途中の年です

643七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/14(日) 23:12:35 ID:3nWxTpeU0
ちなみにフライングゴブレットなんかはアフリカの漫画でしか出てきていませんが
>>1が勝手に出しました。

中型は皆さんおおきいのを創造しているかもしれませんが、実際は戦車ほどの大きさしかありません
……そう思うとあのネウロイでも多少はかわいく思えるから困る……

やってて今日は人が多かったのでびっくりしました、始めた時は2人ぐらいしかいなかったのに……

644名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 23:18:23 ID:yM3nuFlw0
こういう形はあんまねーからな
応援するぜ

645名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 23:32:55 ID:sMMAKV5U0
世界観的にこういう戦いも結構あったんだろうな。
アニメは一期では結構暗いところがあるってことを示唆していたしね。
ただ、早く来てくれ魔女!!
戦力的な意味でも男臭さ的な意味でも

646名無しのやる夫だお:2013/04/14(日) 23:46:24 ID:DS64bSV.0
>>625
消毒されたならまだいい方で
出口が塞がれて飢え死に決定なら、中は阿鼻叫喚

647名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 00:07:56 ID:oKQKppoE0
とりあえず乙です
そして む せ る いい話だったwヒロインなんて要らなかったんや!

648名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 00:40:49 ID:QjBgdNIc0
乙ー
とりあえずきっちりとツケはアグネースに払ってもらえるのであれば問題はないね

649名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 01:07:01 ID:Gea1Ky8U0
乙ー
宮藤父つながりでアニメ見た自分としては
男臭くてもOKで、男臭いヒロインがでてきてもOKだ

650名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 01:10:47 ID:ERokZFjI0
88でいけるならパンツァーファウストでなんとかなるんじゃないの?

651名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 02:59:08 ID:oKQKppoE0
パンツァーファウストでヤークトティーガー撃破できるでいけるな

652七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 07:42:50 ID:DoOrL.Pk0
あれ? パンツァーファウストってあの鈍亀の前面装甲貫けるんだっけ……?

私の勉強不足が露呈されちゃう……?

653名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 11:58:16 ID:NDCrOfRw0
誤射で味方に壊されたんだっけ?
正面から撃ったかどうかは知らん

654名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 12:33:34 ID:c0qqTN.Q0
パンツァーファウストは初期型が装甲貫徹力140ミリ、それ以降の型(43年8月以降)は200ミリある。
ヤークトティーガーは前面250ミリ、側面80ミリ、後面80ミリ、上面40〜45ミリ。
正面からは流石に無理じゃね? 控え目ではあるけど傾斜もついてるし。

655名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 12:39:30 ID:PBoleXWE0
装甲がヤークトティーガーの1割(25mm)しかないチハたんェ・・・・・

656七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 12:54:56 ID:hsU.W5MY0
うーん、運が良ければコアに当たって撃破出来るのかな……

でもそうなるとパワーバランスがなぁ……

軽量級と重量級で分けてみるか……

あとチハたんはあの世界だと本当に鉄くず以下になりかねん……

主砲があれだし……

657名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 13:15:34 ID:c0qqTN.Q0
>>656
そもそも射程が30mしか無いから当てようが無くね? 確実にアウトレンジされる。
戦場が小さな村じゃなくて、もう少し大きい町なら、市街地に引き込んで集中射撃で
どうにかなるかもしれんけど。
あとチハたんは同時期の戦車と比べても装甲薄いわけじゃない。ただ他のが強化
されていく中で取り残されちゃっただけで。

658名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 14:37:23 ID:NDCrOfRw0
日本はインフレについていけなかったからな…………

659名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 16:22:44 ID:M5P72VSk0
ケニーヒス・ティーガーとか、同じ戦車とは思えない代物だからな
なんだあの化け物

660七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 16:45:53 ID:DoOrL.Pk0
だが無慈悲なネウロイさんには傾斜装甲だろうが重装甲、はてはリアクティブアーマーを
つけてもビームワンパンで即終了になっちゃうからね……

たぶん、戦車で戦うならそれなりの数を揃えて一斉に行かなきゃ個別破壊されちゃうんだろうね……

いっそのこと、紙装甲かつ大口径の主砲を備えた戦車を大量生産すればワンチャン……

661名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 16:49:34 ID:NDCrOfRw0
ボトムズチックになってむせる
ATって攻撃力は結構高いしね。

662七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 16:52:22 ID:DoOrL.Pk0
>>661 ティーガ―という陸戦魔女専用の大型陸上ユニットがあってね

あれはATというよりもパワーローダーに近いのかな?

663名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 17:29:19 ID:NDCrOfRw0
ティーガーだけほかのと毛並みが違いすぎるよね

664名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 20:00:56 ID:c0qqTN.Q0
>>660
>いっそのこと、紙装甲かつ大口径の主砲を備えた戦車を大量生産すればワンチャン……

つまりナースホルン量産だな。戦車じゃないけど。

665名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 22:33:17 ID:M5P72VSk0
ティーガーは45年には量産段階に入ってるのかな
だとしたら、アフリカも大分楽になってるよな

666七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 22:40:58 ID:DoOrL.Pk0
>>665 漫画版がたしか1442年でしたよね、ジョージ中将がいってたティーガー大隊も夢では……

アフリカはまだいいんですよ、スエズ河に巣が2個ぐらいしかないから……

欧州のベルリンなんかは巣の集団が占拠してますからね……、あれほんとに倒せるのかな……

667名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 22:52:21 ID:NDCrOfRw0
ネウロイって正体を不明で終わらすあたりが怖いよね
まあ、正体や目的を明らかにしたらなんか軽くなってしまうし
コンテンツの終わりになりかねないからな

668名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:00:32 ID:skdFHtQY0
核だ核!!核はいいぞぉ〜、全てを吹き飛ばしてくれる。ネウロイの汚染と放射能どっちを取るの!?
核でしょ!?

669名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:04:46 ID:fgEvrnGk0
放射能汚染されると人間が住めないがネウロイには意味無いからその費用分を火力の底上げにした方がw

670七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 23:13:45 ID:DoOrL.Pk0
もし本当に放射能やら核だったら欧州が人の住めない地域になってしまいます……
勘弁してくれ

671名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:15:54 ID:skdFHtQY0
大丈夫、情報操作と人体実験と魔法である程度はどうにかなる(白目)。どこかの国も国内で核実験しまくりじゃないか!
ところでネウロイの汚染って除去可能なの?

672名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:24:54 ID:fgEvrnGk0
まあ、汚染てかネウロイの毒素はウィッチなら大丈夫なんだから進歩すればどうにか出来そうだけどな。
ストパンは魔力を誰もが使える道具だか作らんとオワタな可能性大だからネウロイ汚染は置いておけば何とか……

673名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:26:33 ID:M5P72VSk0
瘴気の散布ユニットを破壊すれば、人類側の再占領は可能
ガリアもネウロイの制圧下にあったけど、解放後の46年時点で人が住んでる

674名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:28:46 ID:NDCrOfRw0
まあ、消えない毒素だったら巣が出来て数年で世界中がやばいことになってるだろうしな。
放射性物質の半減期みたいに時間が経ったら消えたり、日光や何かに触れると無害化するようなものはあるんじゃね?

675七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 23:31:35 ID:DoOrL.Pk0
ごめんなさい、すこし遅れました

瘴気についてですが、知らない人も居ると思うのでここで解説します


瘴気とは、ネウロイが発する毒ガスのような物です。
この瘴気は主にネウロイの巣の周辺と、ネウロイ側の占領地域などに蔓延していて
ブラウシュテルマーと言う塔状の物体をネウロイが植え付けて、自分たちの活動領域を広げていきます

瘴気はネウロイを活発にさせる効果があり、逆に人間が瘴気の中に居ると子供や女性は
瘴気に弱く、男性なら少しは耐えられます

自分は瘴気についてはそこまで調べてませんが、恐らく瘴気はその発生源(プラウシュテルマー、ネウロイの巣、ネウロイ本体)を壊せば
時間が経つにつれ薄れていくと思われます

676名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:32:30 ID:fgEvrnGk0
でも作品によっちゃ中国大陸っぽいのは汚染されて住めない状況か、えぐれてるんだっけか?

677名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:39:04 ID:NDCrOfRw0
>>676
大昔ネウロイで砂漠化していたりするんだけっか。
まあ、過酷な環境になってしまってはいるだろうけど瘴気とかはないと思う。
瘴気の影響でこうなったんだろうけど

678七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/15(月) 23:39:38 ID:DoOrL.Pk0
そこは作品によってさまざまですが、自分のスレでは中国大陸はちゃんとあります

679名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:48:31 ID:skdFHtQY0
ぶっちゃけ現実の中国も大概おせn(ry

680名無しのやる夫だお:2013/04/15(月) 23:55:24 ID:NDCrOfRw0
新鮮な空気が入った空き缶が発売される程度には…………

681七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 00:03:32 ID:ys95SLm60
その缶の内部が汚染されてるから結局は……

>>1で安価あるって言ったけど、たぶんみんなが想像している安価と私が想像している安価は違うと思うんだよね……

682名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 00:07:28 ID:vczhc6kU0
むしろこのまま男臭く進んでくれたらうれしいな、と思う俺ガイル

683名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 00:09:00 ID:vczhc6kU0
原作設定だと、ネウロイは『土を腐らせて食う』らしく、
そのせいで、中東や東欧、中国は近代以前に『食われてなくなった』
みたいだね。

684名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 00:14:28 ID:MiZlTCHI0
ネウロイって倒すと残骸とか残るの?消えた質量はどっかに行ってるわけで

685七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 00:17:51 ID:ys95SLm60
>>682 ありがとうございます、ですが、女の子は出させてもらいます。
     アグネスだけなんて、おらこんなすとぱんヤダ

>>683 すいません、もう少し詳しく聞かせてください

>>684 コアを破壊、もしくは存在を保てないレベルにまで攻撃を加えると銀色の破片となって消えます
      もしくは爆発します

686名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 00:32:22 ID:MiZlTCHI0
地球を食うだけ食って死体残らないとか、土減る一方だな。BETAみたいに採掘し尽くすのかよ

687名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 01:33:38 ID:vCX9Awfk0
紙装甲高火力…アメさんのM10とかみたいなのが前線部隊の危機に颯爽と駆けつけてくれるのか

688七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 08:26:59 ID:vffT5JDA0
ネウロイは鉄や金属は食うけど土を食べるというのは初めて聞きました……

あれ、でもネウロイと呼ばれる存在は第二次ネウロイ大戦の時についた名前だから、それ以前はただの怪異だったはず……

なんだろう、ベヒモスあたりが食い散らしたのかな……?

689名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 12:54:12 ID:GD2drc8s0
>>683 >>688
どこかで読んだか聞いたか判然としないが
大体そんなニュアンスのナレーションだか地の文があったとおもう>土を食う
厳密にはもっと違う何かなのかもしれないが
ここ↓の年表見るかぎり
ttp://www37.atwiki.jp/strike_witches/m/pages/150.html?guid=on
ストパン世界でなくなった国とかは、
大体怪異のせいで地面ごと『消失』させられたらしい。

ネウロイ=怪異は地殻ごと世界を消滅させうる、ってのはマジかと。

690七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 13:18:18 ID:4iJe4Yjw0
見てきたら本当だった……

ということはネウロイに占領されたままだと大陸ごと消失するのか……

691名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 13:33:45 ID:MiZlTCHI0
中東が消失することによって、この世界の女性の羞恥心喪失と痴女化に歯止めが効かなくなったのか・・・
中東は犠牲になったのだ、「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」の犠牲にな・・・

692名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 15:32:58 ID:AySp5r/I0
うわぁそこまで追い詰められててなんでまだ手段を選んでるんですかねぇ・・・・・・

693名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 16:53:18 ID:ETuHWzwc0
近代に入って地殻の消滅って事象はまだ確認されてないっぽいからなぁ、情報伝達手段が限られてる上に遥か過去の事だから大衆にとっちゃ大地の消滅何て伝説でしょ。
そんな状況なら手段はある程度選ばんと突き上げが厳しいだろ、戦争時だからこそまだ緩いというのにな。

694名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 17:02:54 ID:MiZlTCHI0
オラオラ、ウィッチで人体実験しようぜ。解剖しまくって魔力生成とか極限状態における状態変化観察しようよ。
人類の進歩に犠牲は付きものでぇ〜ス・・・・・・言ってみたけどあの世界であってはイケないなw

695七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 18:09:43 ID:ys95SLm60
大!天!才!ドクター・ウェストさんならワンチャン……ないな

そしてスレの皆と話してて思ったことがまた一つ……

このまま話が進むと絶対にウィッチの数が足りない事が分かりました……

よし、すこしウィツチの数を増やそう……

696名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 18:12:37 ID:mXYSmYvA0
原作より死にまくって少なくなってるってことにしてもええんやで?

697名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 18:13:50 ID:c.zJcNsI0
まあ、焦点を当てるのは本来予定していたモノだけで
他はモブなどちょい役にしないと捌き切れんだろうな

698七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 18:18:10 ID:ys95SLm60
ち、違うんだよ、やる夫たちが居る場所が問題なんだよ……

アニメ 少し離れた場所に比較的新しくできた巣が1つだけある
やる夫 周りを取り囲むようにして巣の集団が蔓延ってる

これどう思います? ちなみにアニメは501とワイト分隊が居るのでウィッチは16人、それに対してやる夫さんの所はウィッチが5人

699名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 18:21:17 ID:8sKMi/5c0
ウィッチ2、3人殺しちゃえばいいじゃない
たったそれだけの数では犠牲者が出るのもやむなしであった……ってな風に

700名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 18:22:09 ID:GJo6R4CA0
ウォーロックがあればウィッチなんていらないよ!w

701七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 18:25:01 ID:ys95SLm60
よ、よし! 皆から人気が高かったアグネスさんをウィッチにしよう!

702名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 18:26:26 ID:MiZlTCHI0
女しか魔力が原則ない。ならウォーロック部隊は男であり女である。そんな奴らで固めればいいのか
オカマ部隊が世界を救うとかどうだろう

703名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 18:28:55 ID:ETuHWzwc0
>>701
ソレは許されざるよ!?

704七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 18:38:58 ID:ys95SLm60
ま、まぁ増やすと言っても5人ポンと増える訳じゃないし、増えても1人か二人。
ちゃんとかわいいハートフルな感じにするから……

705名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 18:43:34 ID:F7m/Ez4o0
世の中にはハートフルボッコって言葉があってな……

706七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 19:03:08 ID:ys95SLm60
ハートフルぼっこか、私のスレとは無縁の響きだな……

たびたび言われていた安価についてなんですが、皆さんが想像している安価って、こうシュミレーションゲームみたいな
安価の合否で勝つか負けるかが決まって、それによりストーリーが変わるマルチエンド……みたいなものと思っている方が殆んどだと思います

ですが、それを>>1がやりますと、勝つか負けるか二つのルートを作らなければいけなくなり、
エンディングも複数用意しなければいけませんので、私の技量では無理です
安価で1スレ作るだけでも7分とかかかるほど遅いのに……

なので、安価があるのは日常会話やコミュニケーションを誰と取るか、食料を誰かと確保しに行かなければいけないときのパートナー選びや
夜に時間が空いたな……誰かの部屋に行こうかな? だったり、どのような会話をするか?
特定のキャラとイベントを進めるとボーナスが在ったりとか……
そういったギャルゲーみたいな安価を予想しているので、あまり期待をされると>>1がプレッシャーで死にます

707名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 19:05:38 ID:c.zJcNsI0
>>706
そういう形式の安価方式のスレも結構あるから別におかしくないからね。
大筋は作者が決めているけど、ミニストーリーは安価で決めるとかも結構あるし。

708名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 19:08:31 ID:x7r.CiNY0
アグネス「ロリコンの撲滅に協力しなさい」
アグネス「いっしょに募金を集めに行きましょう」
アグネス「私の邸宅に招待して上げても良いのよ///」

709七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 19:22:18 ID:ys95SLm60
あぁ、アグネス様! 私は貴方様の卑しい卑しい奴隷ございます!    ……なにいってるんだ私は……

とりあえず、ミニゲームを用意してそれを思う存分みんなが回せるような感じにしようかな……

あとウィッチは……うん、ちょうどいい感じでないとウィッチが出来そうな人がいたな……あの巨乳にするか……

710名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 19:41:01 ID:8sKMi/5c0
あんだけストウィチの暗部を細かく描写しといてギャルゲー安価スレとか冗談ですよね?
そう言って油断させといていざ仲良くなったらネウロイにねじ切り殺されて目の前で肉片になったりするんでしょ

711名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 19:44:08 ID:Y8RPJVZg0
多分普通に女の子といちゃこらちゅっちゅ描写をしてくれるよ!

そしてその後に「一方やる夫が休日返上で哨戒任務をせずにのんきにデートを楽しむ陰で、前線基地では地獄が広がっていた―――」なんてシーンが挿入されるんだよきっと

712名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 20:00:12 ID:hYAVDZAE0
みんなでマワすだと・・・さすがにむせるスレだけあって容赦ないな

713名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 20:25:31 ID:OdILroJ20
ギャルゲーだろうなオルタナティブとかアンリミテッドとか題名に付く

714七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 20:25:31 ID:ys95SLm60
おい、私はイチャラブ作品が書きたいと言ったんだぞ……

――あ、そういえばネウロイってウィッチを取り込んでその力を使ってたな……ふーん、そうか、なるほどねぇ……

715名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 20:28:25 ID:Y8RPJVZg0
ネウロイとネチャズブ!

716名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 20:35:20 ID:hYAVDZAE0
ギャルゲーどころか現状原作小林源文とかそんな雰囲気じゃないかww

717名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 20:44:29 ID:2nkFIt7A0
ウィッチを取り込むエロ同人とか結構あるよね……ハッ!まさかやる夫をそういう展開に!?

718名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:20:31 ID:hYAVDZAE0
性的に汚されてしまったウィッチを助け出した後嫌な記憶を忘れさせてと濡れ場突入か

719名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:22:45 ID:c.zJcNsI0
性的に汚れてしまったらもう戦えないんじゃあ?

720名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:26:41 ID:2nkFIt7A0
Bをまでならイケル!あとアナr(ッターン!

721七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 21:36:53 ID:ys95SLm60
あれ、たしかデコチューでアウトだったような……

……うん、気のせいだ、このストパンスレは心が純情ならそれで魔女なんだ。

処女とか関係ないです

722名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:41:01 ID:KXs4vNNw0
[ガバガバ]になって[ボッテリ]だろうと心が綺麗だからウィッチだもん!

723名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:44:02 ID:c.zJcNsI0
よし、この流れはあの伝説のラノベの抜き出しを…………


俺は敵の海賊島に潜入し,船長の部屋に乗り込んだ。誰もいない。
くそっ,ヤツはどこだっ!
とそこで,ベッドの上に鎖で縛り付けられている黒人娘を見つけた。
彼女は叫んだ「カズマ! 来てくれたの?」
俺にはこんな丸顔の黒人女は知り合いにいないのだが……ってマノン?

そんな馬鹿な,彼女は卵形の顔をしていたし,薔薇色の肌だった。
そして二重で勝気なグリーンの瞳を持っているんだ。
しかしそれは間違いなくマノンだった。
顔と肌はボコボコに殴られ腫れて黒ずんでいて,片目はつぶれている。
左脚は膝から逆方向にまがっており,歯も1本も残っていない。

「ごめんね,カズマ。分からない? そうよね,私ここに連れて来られてから
 一度もお風呂に入っていないし,汚くて分からないわよね。

 あれからね,私ずっと何度も海賊たちに抱かれたわ。
 でもね,私その相手をカズマだと思うようにしたの,だってカズマなら
 殴られても何をされても嫌じゃない。耐えられるから。許してくれる?

 私,鏡すら見てないのよ。
 前に思い切り抵抗したとき殴られて以来,目も良く見えなくて……。
 ねぇ,私醜くなった?」

俺は彼女を抱きしめ,唇を吸った

「いや,マノンは綺麗なままだよ」

724名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:47:42 ID:yS9LP1xY0
うわああああああああ
いかんいかんそれだけはいかんぞおおおお

725名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:47:43 ID:8sKMi/5c0
心の膜さえ破られてなきゃ乙女だよな!

726名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 21:49:05 ID:F7m/Ez4o0
調子乗るのも大概にしとけよ

727名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 22:03:25 ID:MiZlTCHI0
>>723
まんま貼るのはいろいろ引っかかるだろうから止めたほうがいい。できることなら削除したほうがいいと思うんだが

728七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 22:32:46 ID:ys95SLm60
おおう、風呂に入ってたら雰囲気が……
これも鬱系だったなぁ

まぁいろいろ制約とかありますけど、みんな仲良くでお願いします。すでに一回私のせいで荒れたんで……

729名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 22:33:22 ID:c.zJcNsI0
すまん、自重しておきます

730七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 23:15:38 ID:ys95SLm60
何故だ、全然書き溜めが進まない……
今日はダメな日なのか……、早くむせるから脱出したいのに……

731名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 23:18:00 ID:8sKMi/5c0
>>むせるからの脱出
うん。マジで頼む。伍長の無念を見たせいで
女の子が出てきてもいちゃこらする気分になれそうもないし マ ジ で 頼 む

732名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 23:23:17 ID:ETuHWzwc0
ある程度パーツ、パーツで区切って中継ぎに安価って形にでもしてみるとか?
まあ、その辺試行錯誤して言ってみてください、気長に待ちますんでw

733七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/16(火) 23:35:09 ID:ys95SLm60
ごめんなさいね、本当に……いまリアルの方も忙しくて……
あのクオリティを維持しようとすると、どうしても時間が掛かっちゃって……

なんとか金曜日あたりには投下できるように頑張ってみる……


あぁ、あと>>1は朝から夜までスレに居るから気軽に雑談……というよりかは
ストパンに関する話題でも振ってるから見に来てね……

734名無しのやる夫だお:2013/04/16(火) 23:43:35 ID:MiZlTCHI0
やる夫スレは描写を本気ですると時間とレス数だけ食うから、適度に切るとこは切らないとダメだから難しいな
1がどこらへんで苦労してるのか知らないけど頑張ってね。

735名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 07:50:10 ID:Vd7eDesU0
減衰してシールド貼れなくなっても飛びながら前線指揮管制したり、
両手に銃を持って戦ったりする猛者もいるし個人差大きいよね

736七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 11:51:34 ID:.a5MfCOw0
ウィッチの固有魔法ってたくさんあるからね……

オリジナルで考えるとしたら何があるんだろ……レーザー反射とかかな?

737名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 12:24:45 ID:11sv5Rn60
レーザー反射ってそのまま反射するだけで必ず敵に当たるよなww威力どんなものか知らないけど。
使い魔と固有魔法の組み合わせ募集してみたら?面白そうだぞ。1が適当に調整すればいいし。

738七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 13:01:08 ID:.a5MfCOw0
ネウロイさんに常識が通用しないんですよ……

陸戦タイプが背面装甲から地対地レーザーを打つんですか、あれってミサイルのように一旦上昇したあと空中で曲がってそのまま地面の敵を撃つ……ジャベリンのトップアタックが出来るんですよ……



使い魔と固有魔法の募集か……うん、募集しよう、

ついでに何人か生に、ウィッチのAAも募集するね……

739名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 13:07:25 ID:a75PWoRY0
レーザーのような何か、だからなぁ
そもそも目視できるという時点で鏡で反射できるかも怪しいし

740名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 14:01:34 ID:I2Tjf1Zw0
そもレーザーだとしても反射率1じゃないと結局こっち来るし

ダイバーダウンみたいにネウロイの中泳いでコア探すウィッチなら妄想したことがある

741名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 15:01:37 ID:11sv5Rn60
使い魔って犬、猫(ネコ科)、狐、鳥が主だっけ。たぬき、熊も少数か

742名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 16:04:53 ID:0h.lrMQA0
相手がレーザー(魔法)なんだから、反射(魔法)でいいじゃない
ついでに完全正対反射(魔法)にしちゃうと強力になるが
どの方向から撃たれても、必ず撃たれた方向に反射するとか

743名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 16:14:41 ID:HLIU3Db20
固有魔法って残機補充とかありそう
一日3回までなら死なない能力なんて単純だが超強力

744名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 16:18:42 ID:11sv5Rn60
この話やる夫以外のウォーロックって出るの?ネタバレになるかな

745七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 16:32:20 ID:JaDLfvDs0


>>741 たぶんムササビとかシマリスなんかでもいいんじゃないのかな? 契約できるかは分からないけど……

>>742 スーパーアーマーみたいな感じですかね……? 有れば確かに強力ですが、シールドの発展型と取るべきかな……

>>744 あれ、ウォーロックはただネウロイのコアを利用してるだけの航空機械だから生身のウィザードではないはず……


他に何かないかなぁ……

ウィッチは使い魔によって能力が付加されるんだよね

例えばみんな大好きサーニャなら契約した使い魔は黒猫だから夜でも視界が見やすいとか、ウサギなら耳が良いとか……

そういうのも考えたりすると楽しいかもしれない……

746名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 16:36:15 ID:11sv5Rn60
男版ウィッチがウォーロックだと思ってた。原作見てないから適当だったな。
やる夫さんのように男で生身戦闘可能な人が出るかどうか聞きたかったんです。秘密なら秘密でいいです。

747七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 16:39:37 ID:JaDLfvDs0
>>746 気にしないでください、このスレはウィッチとやる夫がイチャラブするハートフルで心温まるスレを目指してます
     なので初心者に優しい優しい解説も付けようと思っていますから、質問とかは随時受け付けてます。>>1も知らない事が在ったりするので……


なにも可笑しいことは言ってないな、うん……

748名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 16:42:58 ID:771oOafo0
プラナリアと契約してどれだけ被弾しようと再生するウィッチ……

749名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 16:48:38 ID:11sv5Rn60
どうもw
使い魔は哺乳類と鳥類しかいない?ようだけど、虫か・・・。この際テラフォーマーズ風味にするのも・・・w

750名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 16:49:29 ID:HLIU3Db20
クマムシと契約してちょっとやそっとじゃ死なないウィッチ……

751名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 17:43:35 ID:XIrSeqQs0
クマムシと聞くとどっかの本部長を思い出す
さすがにあのレベルは勘弁だが

752名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 18:02:30 ID:li0nLN7c0
あの本部長最初期に生まれたくせにあんなにつよいんだよな

まあ、他の奴らにもいえることだけど

753名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 18:06:30 ID:11sv5Rn60
ラクダ・・・余剰魔力、体力の貯蔵。持続力の強化。1〜2回だけ超回復。
超回復を使うと他の固有魔法が打ち止めもしくは効果が著しく低下。充電期間が数週間から数ヶ月必要。
ナマケモノ・・・持続力超強化。睡眠なし、食料なし、水少量で1週間以上活動可能。ただし反動で1回の睡眠時間が長くなる。
20時間以上。

コウモリ・・・全方位広域探査。超長波〜長波で発信・感知し、周囲状況を探査。
水中も探索可能だから、もし水中型ネウロイが出ても安心か?超長波と長波の性質がよくわからないので適当。

754名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 18:09:07 ID:Q7/NSP7w0
>>743
世界観的にそれはない。
まあ、擬似的にするなら超再生能力で脳みそをやられない限りは瞬時に再生できるけど
負担の大きいせいで一、二回しかできないとかかな?
一応、回復能力が高いキャラは公式でいるけど

固有魔法って
回復、千里眼、透視、未来予知、アンテナ、自然現象を起こす。
とかが主でジョジョとかの超能力モノみたいに概念に干渉してとかはないからな

755七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 19:19:38 ID:JaDLfvDs0
そういえば使い魔って小型の動物ばかりで大型や虫はいないよね……

まぁ、虫はネウロイさんが模倣しているからいいか……憧れのウィッチがクマムシだったとかいい感じにハートブレイクしそうだけど……

>>753 おぉ、こんな感じのを待ってました……コウモリっ子か……新しい
     レミリアや小悪魔なんかがぴったりですね

超回復はニパの固有魔法でしたよね、あれのおかげで絶対に墜落死しない……あれもチートですね……

756名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 19:23:46 ID:h2rwwtjk0
504のアンジーが馬だったような

757名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 19:24:27 ID:h2rwwtjk0
あ、使い魔の件です

758七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 19:52:18 ID:JaDLfvDs0
馬か……効果としてはスタミナの増加か足が速くなるとかかな?
あまり実戦向きとは言えないよね……

ナイトウィッチならフクロウとかもありだよね、神秘っぽいし……

なんだろう、神秘性を持った小動物って他に居たっけ……?

759名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 19:53:48 ID:I2Tjf1Zw0
神秘性と言えば蛇

760名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 19:59:49 ID:kLNr8qyo0
>>759
スネーク「!」

761名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 20:07:36 ID:Jbo9GNF60
神秘性といば断然日本狼または白い狐

762名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 20:17:06 ID:19iWo/4.0
小さくはないが山の神的な生き物ならクマさんとか・・・AA豊富そうだしw

763名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 20:39:44 ID:h2rwwtjk0
502JFWのアレクサンドラ・I・ポクルイーシキン大尉がホッキョクグマだったな

764名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 20:44:58 ID:h2rwwtjk0
あと鳥系が使い魔のウィッチは航空歩兵として大成する率高いそうな

765七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 20:53:57 ID:JaDLfvDs0
鷹とか鷲とかを使い魔にしているのはアフリカの星ことハンナさん、サントロンの亡霊のハイデマリー
ハンナの僚機であるライーサ、あとは……リベリオンに一人いたっけ?

766名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 20:57:37 ID:Q7/NSP7w0
猪とかは地味に強そうだけど大きさ的にもビジュアル的に…………身体強化が中心かな
羊だと、毛皮のイメージでクッションとか出来て防御力が高そう。
猿は器用で俊敏に動けそうだけど空よりも陸っぽい。
ゴリラは…………ねえな。

767名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 20:59:54 ID:19iWo/4.0
よしじゃあ頭が良くて飛べて身体能力も高いじょうじを使い魔にしようぜ

768名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 21:02:36 ID:h2rwwtjk0
通称ワンマン・エアフォースな504JFWのドミニカ・S・ジェンタイルが鷲
あとスオムスのハンナ・ウインドがワシミミズク。極北のマルセイユとか言われるような娘

769七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 21:12:24 ID:JaDLfvDs0
あぁ、こう考えると結構いますね……

もしゴキブリのウィッチが居たら私は持ちうる限りの文才を使ってハートフル   なストーリーを作ってやる……

そしてすいません、今日も忙しくて書き溜めが進んでいません。明日に一区切りつくので
更新はもう少し遅れそうです

770名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 21:13:23 ID:X95RDy3k0
じょうじ(じょうじ)

771名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 21:14:20 ID:11sv5Rn60
イルカとか鯨も哺乳類だしいけるだろ?w

772名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 21:17:56 ID:h2rwwtjk0
まあ使い魔ってウイッチの魔力コントロールの手伝いが主な役目だから
ある程度コミュニケーションがとれる犬猫とかが多いんでしょうね

773名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 21:19:41 ID:h2rwwtjk0
海棲哺乳類は内地に連れてくの困難だから色々キツイと思う

774名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:11:59 ID:Q7/NSP7w0
別の版権キャラをウィッチにしても思いつきやすいのと付きにくいのがなあ
なのはのフェイトは電撃系、なのはは魔力ブースト系とかイメージしやすいけどハヤテとかはちょっと思いつきにくかったりするな

775名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:15:28 ID:PcsFoICA0
少し考えてみた。ゲテモノばっかになったけど。

タコ:擬態
周囲の光景に溶け込む光学迷彩によって完全に姿を消す。

デンキウナギ:発電能力
ただしトネールと違い1000分の1秒しか持続させる事ができず、体外にも放出できない為
攻撃するには直接触れなければならない。その代わり電圧はトネールより遥かに高い。

マムシ:赤外線探査
耳の代わりに両目の下にピット器官が現れ、サーモグラフィーのように熱を見る事ができる。
ただし天候に左右されやすく探知距離も短い。

776名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:19:50 ID:19iWo/4.0
電気ウナギはあと探索能力もあるぞ

アドルフさん(´;ω;`)

777名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:21:24 ID:h2rwwtjk0
はやてだとスーパー宮藤さんみたいに

778名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:21:50 ID:h2rwwtjk0
魔法力ビームとかか

779名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:35:03 ID:Q7/NSP7w0
まあ、ぱっと思い付けそうなオリジナル固有能力だけ上げるなら。

磁力、引力、斥力など
飛行速度や弾丸や刀などの攻撃を加速させたり、敵の攻撃を反発させて軽減、敵を引き寄せたり離したり
ただ、よほど魔力がないと気持ち程度の効果しかないとか

地球の重力操作
自分の落下速度を強くすれば加速にも使え、弱くすれば上昇の時の減速を抑えられる。
これも、よほどの魔力がなければ気持ち程度。

気温、熱操作
熱を維持することで快適に過ごせ、銃の加熱も抑えられる
もちろん、加熱や冷却もできるが気温からかけ離れるほど消耗がきつくなる

吸血
魔力を他人から吸う。
ネウロイから魔力が吸えるわけないし、他人から吸うってのが問題。

視界ジャック
誰かの見ている景色を見る。赤い水とは特にかんけない。

減速
加速の逆。
ブレーキには使えるけど、加速ほどには使い勝手は…………

液体操作
文字通り、液体操作。
止血にも使えるが、攻撃に使うほどの水を操るとなると消耗が…………
そもそも、ネウロイは海に近づかないし、空飛んでいるものも…………

いくつかは公式でありそう。

>>777
一応宮藤は治癒が固有だし、規格外の魔力は才能だし
まあ、なのはもだけど。

780名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:40:52 ID:QpCYKvtE0
どう見てもお前装甲悪鬼村正ベースに書いただろこれ

781名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:42:38 ID:Q7/NSP7w0
>>780
ばれたか。

782七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 22:47:13 ID:JaDLfvDs0
あぁ、そうだった。私の説明が悪かったですね……

使い魔が持つ能力はウィッチが持つ固有魔法とは別になりますが、そこまで強力な物はないんですよね

どういう事かと言いますと、使い魔の持つ能力はおまけ程度で、ウィッチの持つ固有魔法の方がメインだと言うんでしょうか……

サーニャは黒猫で夜目が効くといってもメインは固有魔法の「全方位広域探査」であって、あまり作中でもそういった描写が無かったんですよね……

蛇とか蝙蝠とかラクダとかいろいろスレでも使わせてほしい面白いものもありました

本音を言いますと>>1が使い魔だけじゃなくて固有魔法を考える知識が無いんで教えてください、と言う訳です……

783名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 22:58:08 ID:I2Tjf1Zw0
鴉って居たっけ?
鳥で不吉神聖両面持ってるが

784七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 23:06:30 ID:JaDLfvDs0
鴉は初めて聞きました……、やっぱり射命丸 文が一番ぴったりなんですけど
もう配役が……

鳥ってたしかに種類は多いですよね……

785名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 23:07:35 ID:11sv5Rn60
カラスは世界どこでも伝承とかあるしいいな。
ウィキより、日本だと視力が高い、見分ける知能もあるということから「炯眼・慧眼」とされ、
神話や伝承において斥候や走駆や密偵や偵察の役目・・・
魔眼、能力把握系

北欧神話だとワタリガラス「フギン(=思考)とムニン(=記憶)」が登場。
思考、記憶力強化
とかいろいろできそうだな

786名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 23:08:39 ID:Q7/NSP7w0
梟も結構あるよね。

787名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 23:16:45 ID:0h.lrMQA0
>>774
はやては たぬき じゃないのか?

788名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 23:28:25 ID:Q7/NSP7w0
>>787
固有魔法がね。
まあ、使い魔はたぬき一択しかないね

789七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 23:48:09 ID:JaDLfvDs0
あれ、はやてが狸って呼ばれてるのってレジアスがそう呼んだんだっけ……?
すっかり忘れちゃった……

まぁ、なのはシリーズは配役が決めやすいからどこか適当な戦闘航空団にいれようかな……

790名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 23:52:18 ID:11sv5Rn60
シロナガスクジラ・・・低周波での広域探査。指向性のある爆音(大声)で攻撃、妨害。
維持費で軍が死ねることが最大の問題。
「契約は使い魔自身がウィッチのお尻にタッチすることにより結ばれる」これをどうやってクリアするのか・・・

カンガルー・・・1自分以外を回復させる。疲労も回復可能。 
2世界を狙えるレベルのパンチ(とキック力)を得る。あくまで体術。徒手空拳でネウロイ屠るのもいいじゃない!

791名無しのやる夫だお:2013/04/17(水) 23:52:36 ID:nThtSMJ20
レジアスが子狸って呼んだのと
なのフェイはやてが動物のコスプレしたピンナップで、はやてが狸の格好してたからだな

792七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/17(水) 23:58:56 ID:JaDLfvDs0
>>791 あぁ、ピンナップもあったね……

ちなみに1がスレを立てようとしたときに最初はプロットが2つあったんだよね、異世界ファンタジーなダークな感じのなのは系か、ストパンにオリジナル設定を混ぜたものかの二つ……

結局はストパンにしたけど、なのはも捨てがたかったな……結構考えたストーリーだったんだけど……

793名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 00:00:26 ID:7S4JALd.0
レジアスは狸は人を化かして悪だくみするからそっからの意味合いで狸って言ったんだろ。

794名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 00:08:17 ID:5wvu5Po.0
>>792
両方混ぜちゃってオリジナル設定でダークな感じのストウィチになったんですねわかりますw

795名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 00:09:21 ID:7VexT8C.0
まあ、イチャコラも期待しているよ。
それに見合う裏も同時に期待しているよ。

796七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 00:15:33 ID:Xg.10McU0
あーでもやる夫への愛に狂うなのは、嫉妬で鬱になっていくフェイトが書きたかったな……。
いいよね、こう、なのははやる夫の事が好きだけど、やる夫の愛は違う女性に向けられていて、それをみて胸が裂けそうなほど苦悩するなのは……じゅるり

よし、とりあえず仕事は終わったからいまから書き溜めしよう……

797名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 00:29:10 ID:FXZ2/L4Y0
欺瞞、錯覚、虚像・・・うーむ

798名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 00:33:28 ID:09V9/B560
本当は酷い状況だから世界観で暗くするのはいいけど、清涼剤の女の子でドロドロしだすと
もはやストパンの爽やかさとか楽しさなくなっちゃうんだよな・・・w

799七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 00:41:18 ID:Xg.10McU0
>>798 はははは、わたしがそんなひどいことをするわけないじゃないか……

というよりもまだ女の子がアグネスしかいませんからね、ほんと。
あれならどうなってもいいけど、さすがにマテコ達に酷いことをするのは……ねぇ?

800名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 00:51:39 ID:09V9/B560
リアルに考えて年頃の女の子が十人ほどいたらグループや派閥が生まれて、その中でさらに別れていって
それだけでおどろおどろしい状態だからな。陰口や悪口の飛び交うストパン・・・

ストパンにはこう朝ドラに近いものが求められてるんだよ。頑張る可愛い女の子、今日も頑張ろうかと思える話などなど

801名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 00:58:00 ID:7VexT8C.0
アニメ一期はわりと暗かったな。
というより、団結していく話だったしね。

802名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 01:07:02 ID:5wvu5Po.0
年頃の女性でも軍人だし追い詰められてるから協調性のない人は
エースになる前に容赦なく死んでいきそうだよなストウィチ世界
あと基本みんな容姿が優れてるからそこら辺もギスギスしない要因なのかも
そう考えるとストライクウィッチーズが爽やかでギスギスしてないのも頷けるんやな

803名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 01:11:29 ID:7VexT8C.0
あと、共通の敵がいるとまとまりやすいとかもあるよね。

804七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 01:53:17 ID:Xg.10McU0
まぁ、501とかは遥か彼方の事だしなぁ、おねぇちゃん大好きだけど、一期のおねぇちゃんは絶賛大荒れ中だし……
……でも、そういう隙があるとこっちは突き入れやすいというかなんというか……

とりあえず、明日は少し早いので今日はもう寝ます……

いろいろ考えてくれてありがとうございます、引き続きウィッチの固有魔法などは募集しているので、アイディアがあれば分けてください……

805七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 19:28:13 ID:Xg.10McU0
ただ今帰宅、今から書き溜めします……

とりあえず魔女増員はナイトウィッチがひとりだけ追加することにしました

806名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 19:35:10 ID:H3t/7FzU0
マテ子の代わりに殺すんですね分かります

807七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 19:52:18 ID:Xg.10McU0
勘弁してくれ、殺すのはアグネスだけでいいじゃないですか……

かわいい女の子には罪は無いんですよ……

808名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 19:54:57 ID:wcfGboLE0
ウィッチの死を描きたい
死ぬのはアグネスだけでいい

これらから導き出される結論は…

809七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 19:58:26 ID:Xg.10McU0
あいつがウィッチだったら魔女としての神秘性が損なわれてしまう……

何て恐ろしいんだ……、ネウロイ早く来てくれ……

できれば可及的速やかにあの婆を肉片にしてくれると嬉しい……

810名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 20:03:40 ID:Yav1t/mA0
大丈夫だ、宮藤とペリ犬に箒で飛ぶ訓練させてたあのババアみたいなポジだ
そして死ぬがよい

811七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 20:13:49 ID:Xg.10McU0
まぁ、アグネスが死のうが滅びようがどうでもいいことだ

問題なのはこれから来るウィッチたちをいかに輝かせるべきか……それが重要だ

812名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 20:16:45 ID:7S4JALd.0
ウィッチが輝くって相対的にヤバい状況だって事ですね分かりますw

813名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 20:17:02 ID:wcfGboLE0
輝くってまさか派手に死に花咲かせるって意味じゃないですよねぇ

814七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 20:22:31 ID:Xg.10McU0
なにを言ってるんだ、戦隊系でもお約束だろ?

圧倒的な強さで登場した味方キャラが、少しすると敵にぼこぼこにされる……

それを少しストパン風にするだけじゃないか……、やましい事など何も……

815名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 20:24:56 ID:5wvu5Po.0
そうか!?>>1はウィッチとヒロインを登場させて派手に散らせて
む せ る お話にしようとしてるんだな!?そうはさせんぞー!

816七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 20:37:14 ID:Xg.10McU0
だ、大丈夫ですよ? このスレの原作はストパンですよ?

女の子がきゃっきゃうふふするのが主旨ですよ?

それにただほんの少し……ちょぴっとだけ……ねぇ?

817名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 20:38:34 ID:75Tbfpdc0
ヒツジ・・・(中距離)感知系。強い悪意を探知し敵を感知する。周辺の仲間にも悪意の探知を共有可能。
仲間との共有をしなければそこそこ広く探索可能。共有中は感知範囲が狭くなる。

これにより敵の狙っている相手がわかる。悪意が強いものほど攻撃寸前・攻撃中である。
精度は高くないが擬似的に未来予知っぽいことができる。エイラが10とするなら3〜4くらい?

818七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/18(木) 20:45:49 ID:Xg.10McU0
>>817 なるほど……サポート系の使い魔ですか……

こうした自分だけじゃなくて味方にも影響を与えるウィッチは凄く良いですね、是非とも参考にさせてもらいます

819名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 20:58:45 ID:7S4JALd.0
>ちょぴっとだけ
普通に出だしが凄くむせる風だったじゃないですか、やだーw

820名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 21:04:23 ID:75Tbfpdc0
以前のカンガルー案3 シールドを他一人に掛けられる。その分は当然自分のシールドは減退。
単純で自分には効果がないが、前線のものの安全を飛躍的に高める。

821名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 21:04:29 ID:5wvu5Po.0
まぁストウィチの世界の使い魔って本当に存在理由が有るのか分からんぐらい影薄いよなw
全く以て本編の話に関わってこないし話題にも上がらないどんな影響があるのかも分からない
そして常に合体してるのか姿すら見えないw出てきてるの基本耳と尻尾とマークだけだもんなー

正直このスレはこのまま む せ る で良いのではないだろうかヒロインはヒロインでも
ヘルシングの婦警みたいにいい女だったりwそんな路線でも良いのよ?

822名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 21:06:28 ID:7VexT8C.0
一応、使い魔が出てくる漫画はあったけど
その漫画はアニメのパラレルみたいな感じになったね。
その漫画では芳香の使い魔は見た目は可愛いけど、性格は悪い。(芳香には猫被っている感じ、犬だけど)

823名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 21:10:00 ID:7VexT8C.0
使い魔の能力書いている人いるけど
どちらかというと、固有魔法じゃね? というものが多いな。
使い魔の能力は>>782>>1が言ってるけど、大体がちょっといいもの程度な感じだし。
固有魔法が10なら、使い魔能力は2、3程度のものじゃないかな?

824名無しのやる夫だお:2013/04/18(木) 21:43:26 ID:75Tbfpdc0
俺は固有魔法のつもりで書いてたな。使い魔能力って目が良くなったり、耳が良くなったりの程度なんだよな?

825名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 01:24:19 ID:SNFswEH60
Wiki見る限り、主に動物の特性らしいな。

ニパの場合、体質に使い魔の特性が相まってらしいけど
使い魔のフェレットが回復させるのが得意なんだろうか?
それとも、フェレットの生態ってかなり生命力って強いのかな

826七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 07:43:53 ID:T7FuBWwU0
うぉあ!? 寝落ちしてしまって、いま起きた……

宮藤の使い魔はかなり高位な存在らしいですが、アニメはそういった描写は皆無でしたからね……

使い魔はアニメだと動かしづらいんでしょうか?

827名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 07:49:18 ID:3HwtHkYQ0
魔女の朝は使い魔の世話から始まる・・・
っていうのが現実的なのだろが、アニマルは出ないのね。動物と戯れる女の子もいいと思うんだが、諸事情で削られたのか

828七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 07:56:55 ID:T7FuBWwU0
サーニャの黒猫とかならまだいいですけど、ミーナ隊長とかは灰色狼ですよね……

危ないとか危険とかっていうレベルじゃない気が……

829名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 10:32:35 ID:SNFswEH60
ただでさえ、十人以上が常にいるようなアニメなのに
それに対応したかずのモノ出すとかけないですからね。

もとは宮藤の使い魔は刀の精霊だっけかな
アニメ一期と同時期の漫画に出ていたような

830名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 11:36:37 ID:EnMMApis0
アニメだと使い魔の存在はほとんどオミットされているよね・・・
いらん子やアフ魔だと所々に出てくるけど

831名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 12:45:21 ID:3HwtHkYQ0
ルッキーニ黒豹てw・・・ご都合主義で使い魔になるくらいの動物なら、相性とか契約後の不思議パワーで
少なくとも契約主には友好的になるとかって脳内補正しとこうw
野生丸出しだと、そもそも契約が試練になる。熊や狼、果ては豹にお尻にタッチされるとか完全無防備だぞ!

832名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 12:48:56 ID:vdc88dN60
基本淫獣なんだろ、あの世界の獣類はw

動物さんだから犯罪じゃないもん!っていって年頃の娘さんの尻を揉みしだく的な意味で。

833名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 14:07:17 ID:/gzYhS8M0
逆に野生の猛獣を素手でぶちのめして強引に使い魔にしたウィッチとかもいいかもw

834七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 18:21:09 ID:aSr9MHL.0
この人ならワンチャン……


エイラのお姉さん

              / {        } ,
                / :}         {  ,
            /   ;       釗 ′
              /  /   __ _   |:   ‘,
.             /  /≦       }:.  ∧
              ′  /         \ ミ
             {   /    /          }:  ヽ
        / |:      .:/   /.:/     :.  ,
.        〃 j/    .:/   .:    ∧.  .:|      ,
       :  ; / .:.//'  /  .:/ 乂. l|  .:}  ′
       i :/ /   ;/  / |: /.:/    ∨ }  .:  釗
       |/    ア7 ァ‐ 釗/ 厶 - ―∨! :/ } |
.        //  .;.イ≠≠ミ.  { {/   斗≠ミ从 /  :. |
        //  :/:圦 辷ツ`  乂  ´ 辷ツ/ }リ  /.:.八
     〃l  .:/ ∧      ;        //.:/,}:   ハ.
       | :/ {:  ',              /イ /ノ.: { ∧
      { 八 .'}:.  .:小.    、         ィ:l/ / .:|:   ,
.       / :| 人 込.       ´    .イ ノ |:. { :.  .;小. ′
.        .′ :.   ヽ ゝ.>     . イ.:〃{:|:  :|:.:..   / :}
       : } :|  :  :/ .:. .:._} ≧チ   { :j/ |:.:.  .:|:. ∧ ‘. }リ
.      i {  : / .:∧乂ン ノ     ノ 入 乂:.:. l:. :∧ ∨
.      | |   {:. :.  {/ 。\ r≦    .:} ≧ーミ乂. ∧ ∨
.      | {八 乂:. \  ° :介 ∨°。  ノ    .:|:   `ヽ′,
.      人乂 ヽ八:  \'イ }} o  ∨ 。 .:∧    釗    }: }
.        /   :{.:o\ゝ   l|     ゝ‐f ノ∨ o.:      |:∧
       /  }  :}:/      :リ ー    /  ∨  .:{:..   ノ'  :.
     ′ i  ン _ ... ≠ ;' o   ; 二 .. ミ∧   l:..      \
.     j     ´ ノ    /      /     ∨ :| ヽ:..       \
      ,′.:/  ′     /        '      ∨ト .  :.:.        \
.     /   ′ :       ″      ′         {  <        \
    /  :{:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.o...........:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.: リ    `ヽ.     :.:.    \
.   /  :八:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:’,:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:./            ..:.:.:..   丶
  /    :.:.\:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:/.:.:/         \:.      :..  ヽ

835名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 18:47:28 ID:8vwe4DM.0
野生動物よりもっとヤバイのなぐり殺してる人やんけw

836七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 19:37:11 ID:aSr9MHL.0
うーん、まだ書き終わらない……

どうしよう、まだまだ時間あるし、投下しながら作って行こうか……

837七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 20:32:36 ID:aSr9MHL.0
うん、とりあえずまだ投下しないで書きためしてこう……

それで、明日の昼ぐらいに投下すればいいや……

期待してた人はごめんなさい

838名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 20:37:43 ID:U6x6i.Vk0
じっくりでいいですよー

839名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 20:40:00 ID:8vwe4DM.0
急ぎすぎずにしっかり書いてくれるのは読者にとっても+ですから

840名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 20:41:07 ID:MbnnR8bo0
把握ー、そう急がんでもええよー

841名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 21:34:11 ID:oa2JWfWQ0
じっくりでいいのですぞー
この「むせる」を味わえるなら待てますとも

842七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 21:36:51 ID:aSr9MHL.0
むせる……?
何を言ってるんだ、次はようやく女の子が出てくるんだぞ……

ようやくばばあから解放されるんだ……

むせる成分は薄まるはず……

843名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 21:42:40 ID:8vwe4DM.0
女の子版むせるか

というか女の子ならもう出てね?

844名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:15:30 ID:U6x6i.Vk0
女の子版むせる・・・暁美ほむら?(違

845名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:18:23 ID:5hTvqbmI0
そこには暴徒に乱暴され済みのレイプ目の女の子が!とかそんなのだろむせる世界的に考えて

846名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:26:31 ID:3HwtHkYQ0
ウィッチ「言うなれば運命共同体互いに頼り、互いに庇い合い、互いに助け合う
      一人が五人のために、五人が一人のために、だからこそ戦場で生きられる
      嘘を言うな!!猜疑に歪んだ暗い瞳がせせら笑う
      お前も、お前も、お前も!私のために死ね!!」


こんなストパン嫌だわ(白目)

847名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:31:03 ID:pHBWnqjM0
まあ可愛いおにゃのこだからってな理由で都合よく死なないのは伍長の死に様的にやるせないからな
せめて一人くらいは可愛い子でも容赦なく無駄死にしてほしい

848七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 22:35:16 ID:aSr9MHL.0
私の思い描くストパンとまったく違う……


いいか、ストパンと言うのはだなぁ、可憐で麗しい女の子たちが世界を守るために
その健気な体で人々の盾となってそして儚く地に落ちていくお話なんだよ……

ん……何か間違えたかな……?

849名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:41:44 ID:MbnnR8bo0
オイ、後半ww まあ画面外ではモブ魔女が落ちてるのは確かだろうけどなw

850名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:46:42 ID:3HwtHkYQ0
1期で絆を結んだ仲間が、2期ではピチュンと前置きなく消えていく・・・
荒れまくるなwww気持ちはエルフェンリートくらいでいこう

851名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:50:30 ID:MbnnR8bo0
ガンダムとか人がメインでも容赦なく無くなってる話とかならまだしもメインの死亡がないのに二期目でそれは荒れるなww

852名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:52:26 ID:neKtJoN.0
さすがにいい感じでシリアス入ってるからここから変にネタ狙われても困る
あるいはわざとさが透けて見えるほど過剰にシリアス狙われても逆に萎える

853名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 22:56:41 ID:3HwtHkYQ0
>>852
シリアスとかバッドエンドとかってバランス大事だよな。ハッピーエンドはご都合主義でゴリ押しできるが、
逆は出来ないし。そこは1を信用するしかない

854七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 23:21:27 ID:aSr9MHL.0
え……、頼むからそんなに期待しないでください……

>>1でも言ったけど、私小説とか書いたことないんだよ……?

855名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 23:25:53 ID:3HwtHkYQ0
ごめん、無駄にプレッシャーになるようなこと言って。
1の好きなように書けばいいよ!そうすれば大丈夫だよ

そういや1はやる夫スレの書き方とかって読んだことある?1つくらい読んどくとためになるよ。

856名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 23:25:56 ID:5hTvqbmI0
やっぱりハッピーエンドがいいよね

ここはかわいいおんなのことこころあたたまるはなしをかくことにていひょうがある愛の戦士こと虚淵玄先生の著作を参考に・・・・

857名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 23:30:12 ID:tta5Pjic0
>>856 その平仮名を漢字に直してヨーク見返してからもう一ぺにって見ようか?()

858名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 23:38:24 ID:zI1JdL4c0
ストパン世界にガンパレの幻獣が出たらどんな風になるか見てみたい

859七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 23:45:13 ID:aSr9MHL.0
>>858 いい感じに恐怖と混沌が巻き起こりますよ?

     ほら、例えば墜落したウィッチに群がったゴブリンが恐怖で怯える少女の首をばさっと切り落としてこう、飾り物に…

860名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 23:50:06 ID:zI1JdL4c0
よく考えたらガンパレのゴブリンって白兵戦では第5世代以上がウォードレス着て強化された状態の
平均的兵士と同程度の強さだから、絶望しかないな

861名無しのやる夫だお:2013/04/19(金) 23:53:57 ID:3IHzsAS20
逆に考えるんだ
コヴナントよりはマシだと考えるんだ

862七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/19(金) 23:57:47 ID:aSr9MHL.0
>>861 マスターチーフを筆頭としたスパルタン第4世代とインフィニティ艦隊がいるなら安泰ですな

863名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 01:12:02 ID:.l4u0yo.0

固有魔法を考えてみた
見たのはアニメだけだから既出もあるかもしれんが。

体機能強化
皮膚、内臓、心肺機能が大幅に強化され、高重圧、低重圧環境に耐えられる。
これによって超高高度や深海にも生身で行ける他、G耐性がすこぶる高くなっており、
通常のウィッチでは不可能な無茶な機動ができ、飛行脚の性能を限界まで引き出せる。
ただしレーザーや弾丸といった直接的な打撃、攻撃に対しては殆ど変わらない。

毒素生成
ネウロイに対して猛毒となる物質を生成、弾丸に塗りつけて発射する。
命中するとその毒は全身に広がり、やがてネウロイを殺してしまう。
ただ、大型種に対してはその大きさゆえ毒の回りが遅く、致死量に足りず結局倒せない場合もある。

シールド操作
シールドに手で触れる事ができ、粘土のように形を変えて自由に使う。
掴んで投げつけたり、剣や槍の形に変える事で攻撃に転用したりできる。
ただし大きさに制限があり、また自分のシールドしか使えない。

864名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 03:39:35 ID:RX/9SPb20
厨二力の暴走でまた黒歴史が一つ生まれたか

865名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 04:01:54 ID:f9PGloas0
最近の厨二は、黒歴史ノートがネットに残っちゃうから大変だな

866名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 09:55:10 ID:6/BozGco0
レスする前に未来で思い返したことを考えような
先人たちの助言だ

867七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 10:11:06 ID:ZLCmUy4g0
中二病かー、なつかしいなー。私もネギまとかで妄想してたな……
後になって思いかえしても、全然テンプレじゃなくてぶっじぎりのダークな感じだったな……

868七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 11:17:02 ID:ZLCmUy4g0
とりあえず、>>863で書いてくれた固有魔法についてだけど……

体機能強化:ウィッチたちはストライカーユニットを履いてるときは少なからずGや気圧に耐えれているから
         なにかしらの強化は施されているから、それの延長版と取るべきですかね……?
         深海に行くなら2期のマルセイユたちが使った潜水艦があるから、使うとなれば偵察部隊の超高高硬度からの上空偵察とかが魅力的です……
         ありがたく、>>1のネタリストに取り込まさせていただきます

毒素生成:ネウロイは毒をまき散らすので、毒を以て毒を制す。みたいなニュアンスで使うべきでしょうか……
       ただ、アイツらは金属のような風貌をしているので毒ではなく錆びなどの方が面白いかもしれないですね……
       魔女が弾丸に魔力を乗せるように、弾丸にサビの毒を持った魔力を上乗せ……えげつい……

シールド操作:シールドに関してはルッキーにや誰かは名前は忘れましたが、多重シールド(これは宮藤も使えます)や、複数シールドをはる固有能力者がいるので
          自然な感じで取り込めますね……。


とりあえず、このままでは無くて少し改変と化してしまうと思いますが、是非ともスレで使っていきたいと思います……

それと、今から少し寝てから今日は投下します……、今日は朝4時から仕事があったんだ……許してください……

869名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 12:24:02 ID:Ma7jr6CQ0
錆びというか、腐食させるのはいいかもな。
実写トランスフォーマー3作目のセンチネルプライムが使った腐食砲みたいに、
命中した箇所から錆びが広がり、ボロボロと崩れていく……たしかにえぐい

870名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 13:44:16 ID:6/BozGco0
錆び毒をストライカーユニットにFFしたらどうなるのっと

871名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 13:50:06 ID:nyxxaoAg0
空戦なんだしザイオング慣性制御システム的な魔法が使えると超エースなんだろうけどなぁ

872名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 14:36:04 ID:.mkytmVQ0
空気の流れが分かるとかなら飛行の補助とか敵の位置が分かったりするのかな?

873名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 17:11:44 ID:OH8xNflk0
こうもりやイルカならソナーが使えるとかなるのかな

874名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 17:12:10 ID:QvrBZ0lg0
>>871
ダンダリオンのようなバイド機体ならぬ、バイドストライカーユニット…
非常に見たい、是非ともTeam R(ry

ストパンの世界の通常兵器て現実とほとんど同じなのかな?

875名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 17:13:05 ID:.mkytmVQ0
>>874
理想郷(Arcadia)でそのクロスのSSあるぞ

876名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 17:31:33 ID:QvrBZ0lg0
>>875
まじか、調べてみるわサンクス!

877七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 19:24:31 ID:ZLCmUy4g0
うぉっ、寝過ぎた……!?

すいません、色々たまってたので起きる時間をミスりました……

とりあえず、用事を片付けてから投下するので9時あたりにはなんとか終わらせてきます……

本当にすいません……

878名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 19:25:21 ID:.mkytmVQ0
無理だけはしないでね。

879七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:01:29 ID:ZLCmUy4g0
よーし、プロローグの続きを投下だー……
明日も投下するから今日は50ぐらいだけど、ようやくヒロインが出るぞー……

アグネスから解放される……

投下は21:10分です

880名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:02:40 ID:lrvRPmx60
アグネスは滅びぬ!何度でも蘇るさ!

881名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:03:58 ID:twuYcjC.0
アグネス「ワタシがヒロインヨ(ガラッ」

882名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:04:21 ID:/jPzJpFg0
アグネスの力こそ、人類の夢だからだ!!

883名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:08:46 ID:o/H23SGQ0
お前らぁww いいぞもっとやれー(オイww

884名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:09:19 ID:.mkytmVQ0
まあ、アグネスであっても
人がえぐいことになるのは心に来るな

885七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:11:48 ID:ZLCmUy4g0
よし、今日は短いけど楽しんで行ってね。 後女の子がでたからむせるは廃止です……




        /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',           あなたたち、気に入ったわ。
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}            私の豪邸に来てアグネスをファックしてもいいわよ?
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |

886七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:13:05 ID:ZLCmUy4g0
...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....    タッタッタッタッ……
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネウロイの襲撃から逃れるため無人となった町

┃のはずが、小奇麗な表通りから二つほど外れた道を一人の青年が駆けていく

┃息はあがっており、顔も耳まで赤い。呼吸も乱れている。
┃だが、これは決して青年が運動不足と言う訳ではなく、原因は青年を取り巻く状況にあった


887七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:14:43 ID:ZLCmUy4g0



   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
  ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\     ハァハァハァ……
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\   ……ちくしょう、全然わかんねぇお……
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|    黄色の屋根の家……、くそっ!
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/       もっとましな特徴はなかったのかよ……
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年は立ち止まると、思いっきり空気を吸い込み、息を整える。

┃上下に揺れる肩が彼がどれほど走り続けていたのか分かるだろう

┃そして、なにやら悪態をついているが、これは先ほどの「頼まれごと」についてだった



888七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:16:20 ID:ZLCmUy4g0
            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、         ハァハァ
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',       は、肺がいてぇ……口から鉄の味がするし……
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l       鼓動が……あぁっ、クソッ……!
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l      俺が一体何をしたって言うんだお……
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'   ハァッハァッ
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃口から出るのは防空壕でのあの一軒。無理やり外に引っ張り出された挙句
┃町に居る女の子を見つけるまでは絶対に扉を開けない……

┃まるで悪夢のような出来事だった。が、それでもやらなければネウロイが
┃来るこの町を一人彷徨う事になる……。それはもっとひどい悪夢だ。

┃それだけは何としても避けなければいけなかった


889名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:16:35 ID:lrvRPmx60
こんな状況でも真面目にこなそうとしてるのか

890名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:17:29 ID:xEbvKYno0
まあ極論すれば適当な死体の一部切り取って『見てきたけどそれらしい
人物の死体しかなかった』なんぞとほざく手もあるけどなー
どーせアグネスもアリバイ欲しいだけだし

891七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:17:58 ID:ZLCmUy4g0
                                                              |

         ____
       /     \
      / \   / \        そもそもなんだお? 探して来てほしいっていうならもうちょっと
    /  (●)i!i!(●)  \         マシな情報をよこせって……
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ     場所も方角だけでいまいち分からないし……
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|






          ___
        /\  / \
      /(●) (●.) \
     /   (__人__)     \
     |      |::::::|  ノ(  |      極めつけは、その女の子がどんな恰好した子なのかも知らせないって……
     \     l;;;;;;l   ⌒ ,/
      /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ       あのばばあ本当に人探しを頼む気あるのかお……くそっ、
      rー'ゝ       〆ヽ .)
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ



 |

892名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:18:27 ID:.mkytmVQ0
まあ、ヒス起こした人間から情報集めるのはな

893七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:18:58 ID:ZLCmUy4g0
         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \         あぁっ、くそっ。息が……呼吸が苦しい……
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ      ゲホッ……本当に、何処にいるんだお……
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃黄色い屋根というのが分かりやすいかどうかは知らないが、
┃不幸な事に、この町の建物のほとんどが同じ高さの家ばかりなのだ。

┃それがところ狭しと並んでいるならば、屋根を見分けるのにも一苦労である

┃青年の心を「見つからない」という焦りと、「死」という恐怖が蝕んでいく

┃そして何よりも悪い事はと言うと……


894名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:19:08 ID:twuYcjC.0
子供を連れ帰っても子供だけ受け取って蹴りだされる可能性も高い品

895七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:19:36 ID:ZLCmUy4g0



                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
                                               ゝ─'

896七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:21:45 ID:ZLCmUy4g0
...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....       パン、パパパパパパッ
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....        パパパッパパパパッ
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"

897七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:22:26 ID:ZLCmUy4g0
                     |
                u    |
                      |
 u  ,-―- 、      ,-―- 、 |           ……銃声?
   / /`~~ヽヽ     / /`~~ヽヽ |
   { {..;;;;;; ノ |    { {..;;;;;; ノ | |           広場の方だ……
  . ヾ_`'''゙",,,ノ    . ヾ_`'''゙",,,ノ }
      ̄          ̄   /
 !                  /
 j     /´   |   ゝ  丿
      ゝ、____人_____ソ//
      _ _   ./ /
\     ` ̄   ,//
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃不幸というものは繋がって起きる。

┃まるで、見えない悪魔がそう言わんばかりに広場の方角から銃声が鳴り響く

┃今の状況を考えるに……ひやりと青年の背中から汗が流れた


898七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:23:18 ID:ZLCmUy4g0



                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ         ははっ……
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、         うそだろ……
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ       もう来たのかお……?
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃勘弁してくれ、そう祈るように心の中で呟く。

┃だが、少しばかり離れたところにある広場からは銃声が止むこと無く続いている
┃それはネウロイと、伍長が居るカールスラント軍が衝突したことを意味し、
┃町にネウロイが来たという証でもあった……



899七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:25:08 ID:ZLCmUy4g0




         ____
       /   u \
      /  /    \\         伍長さん……大丈夫かお?
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |        ネウロイと戦うって言ってたけど、魔女も居ないのに……
    \  u   `⌒´   /







     ____
   /      \        ――いや、駄目だ。こんな弱気なことを考えても無駄だお
  /         \
/           \      伍長さんたちは必死に戦ってるんだお……こんなことを考えるなんて……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

900七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:26:52 ID:ZLCmUy4g0




              _____
                /    ::::::::::::::\
           /      ::::::::::::::::::\
         /         ::::::::::::::::::::::\            考えるな……考えちゃ駄目だ……
        /         :::::::::::::::::::::::::::::::\
      /          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        今はただ、自分にできる事を……するだけでいい……
        |   U        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       |         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   伍長さんは絶対に勝つ……勝って、そして皆戻ってくるんだお
       \         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         \      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈

901七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:29:37 ID:ZLCmUy4g0







            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l   それで自分は 女の子を防空壕に連れ戻して、中に隠れて待てばそれでいい
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./        そう、それだけだお。 今は自分の事を考えればいいんだお……
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃悪いことがつながると、無意識に思考がそれに準ずるものになってしまう。

┃それを追い出すかのように頭を振ると、もう一度自分のするべきことを
┃口に出して確認する。

┃青年がおかれた状況は最悪なのだ、少しもよそ見をしている暇はない……



902名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:29:43 ID:.mkytmVQ0
現実は非常なり

903七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:31:25 ID:ZLCmUy4g0
    _____
  /三      \   ―― [] ]
   \三 /    三 | l ̄ | |
 '(○) (○ )   三. |_| 匚. |
 | (__人__)   u  三    | |
 \ `⌒,/ゝ  /⌒ヽ    |_| [] [] ,-
  /  | \|    三       //
≡(    ヽ   三   三      匚/
. ≡\   \  三  三
 (⌒、\   \.__、≡二
   ̄ /         三
  /    /ヽ    三
 三   三 / ニ ヽ    三
  \__二_ニ  ヽ    三
             \  ≡
              \ ≡
                  ` 、_三
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分の中で覚悟を決めると、疲労した体に鞭を入れまた路地裏を走り出した

┃迅速かつ周りに一層の注意を払い、警戒して広場を大きく迂回するようにして
┃また町を這いずり回っていく……


904七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:32:30 ID:ZLCmUy4g0
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
_________________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         :    '      .             '                :   '
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃銃撃音が鳴り響く町を掛けずり回ること5分、塹壕から放り出されてからだと15分

┃それまで進んでいた青年の脚がぴたりと停止し、目の前の家を見つめている

┃どうやら目的の建物をようやく見つけたようだ……











..      ____
     / ―  -\        ここか?
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    黄色の屋根だし……間違いねぇお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

905七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:33:11 ID:ZLCmUy4g0
                             / \
                             / /\ \
                         ,/ /::::::::::::\ \
                         ,/ /:i |:::iニ|:::i |:::\ \
                       / / :::: i_|:::i__|:::i_|:::::::::\ \
         __           / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \
    ___ /\/\      /_/::::┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐::\ \
   /ノノノノ /___\/\ _________! }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::| ̄
  ,/ノノノノ /::l  /|{:::\/_/_/___/! }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
、 /ノノノノ,/:::::l  /|{:::::::::::::::}| ̄i|i ̄|{|::}|_i|┼┼|i_|{ }|_i|┼┼|i_|{::|
メ⌒ヾノ ,/:::::: |__i|{:::::::::::::::}|_i|i_|{[ 三三三三三三三三三三三三 ]
ilil;;::,,'^~)、 三三三三三三三三三三}|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
iiiiiii..;;_.. ^)====================|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
" ⌒) " )== 、、::::::::: ,,r === 、、: |::::: ┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐:::::::|
⌒` "    ) |/ ,.-゙i、:: ィi'‐、 ゙、| /.,-゙i、| }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::|
vjノ/"' ⌒'")|| ̄| ̄|:: | ̄| ̄|| ̄| ̄|| }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
|:l{'" ,、_ノ'゙ . ||  |  |:: |  |  ||  |  || }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
:i:lー'i "|_|_||_|_|:: |_|_||_|_|[ 三三三三三三三三三三三三 ]
:|:ヘ、!:: |_____|:: |_____||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年が見つけた建物は、どこにでもありそうな作りの住居だった

┃カールスラントでは主流の石造りで組まれた丈夫そうな二階建の家屋だ

┃……しかし、この家の主はよほど派手好きだったのだろうか

┃屋根には目には優しくない煤けた黄色が塗られており、壁も他の住居とは違い、
┃よく分からないが、とにかく何か明るい色で塗装されていた


906七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:34:28 ID:ZLCmUy4g0
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そしてなによりも注目すべきは、家屋の正面。開けたまま放置された玄関の扉

┃普段ならしっかりと閉まられているはずの扉が、なぜか今は鍵も付けずに
┃開け放たれていた。

┃これは誰かが中に入った証拠に他ならない……


907七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:35:43 ID:ZLCmUy4g0



          ____
        /      \            …………よし
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \ n
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一瞬だけ表情が綻んだが、すぐに緊張した面つきに戻る

┃自分は女性を連れ戻しに来たのだ、家を見に来た訳では無い

┃そう呟くと、直視すると頭が変になりそうな家屋から目を外し、
┃開け放たれた玄関へと一歩ずつ近づいていった……


908名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:35:56 ID:.mkytmVQ0
火事場泥棒もいるのかな

909七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:37:13 ID:ZLCmUy4g0
.. .::::..... ...     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    :. .:::::: ::
:.... .::::.. .     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    .... .::::...
.... ...      | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    .. ...:::.. .
::. . .. . .      | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     .. ....:::
:::: ::.... .:::.     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    :. ... :. .:::
.:: :.... ...     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |::    : ::..  .
... :. .:::::     | |:::::::::::::|::::::::::|l ̄)/l: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |. .    ::::..... .
..: ::. . ..    | |:::::::::::::|::::::::::|l/::/|::|:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    ..:::.. . ..
.::: :.....:      | |:::::::::::::|:::: ] |l/:|:::::|::|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |.      :. .:::
::..... ...:: .     | |:::::: ] :|::::::::::||::::::|:::::|::| :::::::::::::::::::::::::::::::: ||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |:    :: ::.... .
.... .::::... .     | |:::::::::::::|::::::::::||::::::|:::::|::|::::::::::::::::::::::::::: ::::: ||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     ::::.....
.. .::::.....:      | |:::::::::::::|::::::::::||::::::l/|;;|:::::::::::: :::::::: ::::::::::::||;;|__||::|::::::::::0コ:::::::::: | |     ...::..
.... .....      | |:::::::::::::|::::::::::||/:/:::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: \:::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     .. .::::.
. ...:::.. ...:     | |:::::::::::::|::::::::::||/:::::::::::::::::::      :::::::::::::::::::||;;|::::::::::||::::::::::::::::| |    .... ...:::.
...:::...       | |:::::::::::::|::::::::::||::::::::::::             ::::::::::::\ ::: ||::::::::::::::::| |. .      ...
::::....:       | |:::::::::::::|::::::::::||:::::                  :::::::::::::\||::::::::::::::::| |:     . .::...
: ::. . .       | |:::::::::::::| ::: /::                       ::::::::||::::::::::::::::| |     ..: .:::.
:.. ... :. .::    | |:::::::::::::|/:/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:||::::::::::::::::| |    .... .::::
..:::..       | |:::::: /:/ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \::::::::::::| |     .... ...:::
.....:::...       | l /:/ /    . :       ,.             .   \::::::| |     ....... ...
. ....: ::.     | |::/:/  '        ,  :.      ,      '      \| |     ...: .:::..
.:: :...      | |::/      ,              .                 | |    ... :. .::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ギィィィと蝶番が古びた音を鳴らしながらゆっくりと建物の中に入る

┃中は暗い……。室内灯であるガス灯が付いていないのか。玄関は暗く、奥に続いているリビングと思わしき
┃部屋も薄暗かった

┃唯一の光源である窓から入る朝日が、うっすらとだが部屋を照らし出してくれている……


910七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:39:42 ID:ZLCmUy4g0
               ____
              /    \
              /          \         見たところ一階と二階に分かれているだけ
            / ⌒    ー    \
             |  (●)  (●)    |        階段も玄関から入ってすぐにあった……
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \







    / ̄ ̄ ̄\
  /        \          さて、一階からしらみつぶしに行くか
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |        なるべく手短に済まさなきゃ……
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネウロイも来ている、うろついている時間も無い。急ぐべきだ。

┃そう思い廊下へと足を踏み出した。


911七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:40:56 ID:ZLCmUy4g0
            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |      <……そ…………どこ……
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃どこからか女性の物と思わしき声が薄っすらとだが聞こえてきた。

┃掠れた声の位置を知ろうと耳を澄まし、意識を集中させる……。

┃声は自分の隣にある階段の上……どうやら二階からのようだ。


912名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:41:50 ID:.mkytmVQ0
アグネスの縁者だと考えると…………
まあ、見たことないが若い頃の容姿は決して悪くないはず…………

913七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:44:22 ID:ZLCmUy4g0
だから、アグネスの子供なんて絶対プレデリアンですって……反応弾打ち込みましょうよ……


         \______/ ..::::::::;;;;;;;;;;
          . |. ..┌- ... _ .|...:::::::::;;;;;;;;;;
     .      |. 「 |::::::::::::|::::|.:::::::::;;;;;;;;;;
      .     |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,         <ガサッ………どこに………
.           |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
    .       |. | .|::::::::::::|::::|::::::::::::::::;;;;;;;;;;
          . |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::::;;;;;;;;;
       .  _l___|_.|::::::::::::|:::」:::::::::::;;;;;;;;
       /=======:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;,,,
 .     /f────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
    .   /ト─────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     /. |  : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
 .   /[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,
.     / | . . : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
  ./  . . ... ..:: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃二階への階段を上ると、先にある扉の隙間からガス灯と思わしき光が漏れ出す

┃扉の前まで来ると、向こうからはなにやら焦りを感じさせる声が聞こえる……



914七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:45:45 ID:ZLCmUy4g0
           ____
         /      \
        /  ─    ─\        ……声は扉のむこうから聞こえてくるお
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \






         ____
       /     \
      / \   / \              この中だよな……
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃間違いなかった、女性の物と思わしき声が扉の向こうから聞こえてくる

┃ドアノブに手を掛ける、青年は一瞬開けようか開けないか戸惑ったか、
┃すぐにドアノブを回し、部屋の扉を開る。

┃すると、中の様子が明らかになった


915七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:47:24 ID:ZLCmUy4g0
皆さんが見ているのはズボンです。決してパンツではありません



                                       /⌒ニ=- .       ____
                           xヘ:┐              / : : : : : : : : ヽ⌒ヽ/. : : : : : : .  }
                        / ヘ:く:`丶         /{  : : :/":. . :-┴i:/( : :__: : : : : :/
                       、_]乂ミ_):ソ\:\     /   \、: :{//. : : /_ノ∠...r‐=ニ彡___
                   _..∠〃7^Yく_,ノヽ:. :\ ____/:_.__ノ: :/ /  /   /⌒二ス¨: : く : : : : ヽ
                      r┘   ⌒ヽ\: .\:>-{ . : : / . : ::/レ'.:/>-(_彡く: :<   /⌒Y:\: : |
                     _|  \丶: . : :\rく:/  /\: :し'´}ヽ: / ===ミ、  : : ` ̄¨¨: .丶、:_j : : }_ノ
                     |   : .\\ ,、_ヽヽj{  /: / :ヽ ー/ .:/´        ヾ≠: :=ミ、: :__\: : /. :/⌒ヽヘ
                  」   \\/ミィ:芯:`_j_|  八:{ . : :='. :/           i :/  i⌒>'⌒¨¨¨ヽ: : : :{ :  } : .
                    |:i   \ヽ:ト、{乂ソ/_レ'^) >:. : : : /{           }i′ |〃      ∨し′ .:′|
                   l:|  \_ヽ:\   \ :/:{j} : \: :{/}         i ||   :/′      |: : : . /廴丿
                   |: . 、_ノフ厂ミヽ‐  }_乂__ノ i: 〉. ): :/           lj: . :/ノ       l -=ニイ⌒´ヽ
                   |∧ : : |厶イ,(j_ト;ー〈  \ ノ厶イ: : ′         V'-=/'        八_: : ⌒)、ノ: }
                      : :|: :| N:⌒7/. : :∨ノ. : :/.: :_:_: ′        }、-/:         / {: :ヽ: :i: : :
                     }∨:八{: : :〈 乂,: .:{' ⌒ 、_彡'⌒:l          八/           /: : :}ユ: } |: : :/
                       / . :/ . : : ヽ: :.:八   :`¨i7:.:/|          .:i.:/           /=-: ゝ^i:し: /
                   / . :/ . :八\: : ) /{ハ :{   {{.:/: |           .:{/         . :\: : .:|_/
                  /. :/  /  \∨乂:. : :i } ∨乂 |          i :,′      .:∧:/⌒ヽ:.丿
                / /    ′ . : ヽ : : ) : |   }: :.ヽ|          l ′       /: :乂r一
              /i 〃  . .:|: . ://ノ: :  : : |  :i、 ヽ : 八  -=ニニ=‐- {{ ___    /: :  }〉
                〈:.乂{ r-: :.」:..厶イ. : / : :   从\}⌒/ / /⌒ヽ \Y´=≠…―-' ー一
.               {\> \>: : . . _ ..二ニ=- : /   {:八ー'-〈/..二.\ }i }/           `丶、
.               乂: : . . .  ̄ ̄_/.:/⌒ニ=く   /  :}\://: : : . Y Y :/: .           \    /⌒ニ=r―┐
                く: : : : トr―--<._ : : _厂`ー=ニ≠一{/: : : : : :l | j、: . : . : . . . . . .      `¨ア^V    |//八
               `¨¨¨ソ   . : /┴'´          /:⌒ :丶:.ノ 八{ ー- : : : : : : : : : : . .    //. .| . : : : : :、://
                 / . : : : /           / :⌒: :丶: :〉/: /      `¨¨ ー-=ニ: : : : : : {: 八: : : : : : :`:\
                  |  : : : :{          イ乂__: : : :   //              `丶、: : : : : : : : : : : : :\ヽ
               「 ̄ ¨ニ=- :ヽ      /: : : : : : : . . . ̄ :/                  `¨¨¨¨ 丶: : : : : : : :

916名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:47:46 ID:3skc2fRc0
アッハイ

917名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:48:10 ID:LJjylEw20
素晴らしいズボンですな

918七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:48:18 ID:ZLCmUy4g0





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

919名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:48:29 ID:HWicWjiQ0
うん・・・そうだな

920名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:48:39 ID:uBSyJ1c60
この世界の男たちには恐ろしいほどの自制心が要求される

921七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:48:52 ID:ZLCmUy4g0
                                       /⌒ニ=- .       ____
                           xヘ:┐              / : : : : : : : : ヽ⌒ヽ/. : : : : : : .  }
                        / ヘ:く:`丶         /{  : : :/":. . :-┴i:/( : :__: : : : : :/
                       、_]乂ミ_):ソ\:\     /   \、: :{//. : : /_ノ∠...r‐=ニ彡___
                   _..∠〃7^Yく_,ノヽ:. :\ ____/:_.__ノ: :/ /  /   /⌒二ス¨: : く : : : : ヽ
                      r┘   ⌒ヽ\: .\:>-{ . : : / . : ::/レ'.:/>-(_彡く: :<   /⌒Y:\: : |
                     _|  \丶: . : :\rく:/  /\: :し'´}ヽ: / ===ミ、  : : ` ̄¨¨: .丶、:_j : : }_ノ
 え? だ、だれ……      |   : .u\ ,、_ヽヽj{  /: / :ヽ ー/ .:/´        ヾ≠: :=ミ、: :__\: : /. :/⌒ヽヘ
                  」   \\/ミィ:芯:`_j_|  八:{ . : :='. :/           i :/  i⌒>'⌒¨¨¨ヽ: : : :{ :  } : .
                    |:i   \ヽ:ト、{乂ソ/_レ'^) >:. : : : /{           }i′ |〃      ∨し′ .:′|
                   l:| u\_ヽ:\   \ :/:{j} : \: :{/}         i ||   :/′      |: : : . /廴丿
                   |: . 、_ノフ厂ミヽ‐  }_乂__ノ i: 〉. ): :/           lj: . :/ノ       l -=ニイ⌒´ヽ
                   |∧ : : |厶イ,(j_ト;ー〈  \ ノ厶イ: : ′         V'-=/'        八_: : ⌒)、ノ: }
                      : :|: :| N:⌒7/. : :∨ノ. : :/.: :_:_: ′        }、-/:         / {: :ヽ: :i: : :
                     }∨:八{: : :〈 乂,: .:{' ⌒ 、_彡'⌒:l          八/           /: : :}ユ: } |: : :/
                       / . :/ . : : ヽ: :.:八   :`¨i7:.:/|          .:i.:/           /=-: ゝ^i:し: /
                   / . :/ . :八\: : ) /{ハ :{   {{.:/: |           .:{/         . :\: : .:|_/
                  /. :/  /  \∨乂:. : :i } ∨乂 |          i :,′      .:∧:/⌒ヽ:.丿
                / /    ′ . : ヽ : : ) : |   }: :.ヽ|          l ′       /: :乂r一
              /i 〃  . .:|: . ://ノ: :  : : |  :i、 ヽ : 八  -=ニニ=‐- {{ ___    /: :  }〉
                〈:.乂{ r-: :.」:..厶イ. : / : :   从\}⌒/ / /⌒ヽ \Y´=≠…―-' ー一
.               {\> \>: : . . _ ..二ニ=- : /   {:八ー'-〈/..二.\ }i }/           `丶、
.               乂: : . . .  ̄ ̄_/.:/⌒ニ=く   /  :}\://: : : . Y Y :/: .           \    /⌒ニ=r―┐
                く: : : : トr―--<._ : : _厂`ー=ニ≠一{/: : : : : :l | j、: . : . : . . . . . .      `¨ア^V    |//八
               `¨¨¨ソ   . : /┴'´          /:⌒ :丶:.ノ 八{ ー- : : : : : : : : : : . .    //. .| . : : : : :、://
                 / . : : : /           / :⌒: :丶: :〉/: /      `¨¨ ー-=ニ: : : : : : {: 八: : : : : : :`:\
                  |  : : : :{          イ乂__: : : :   //              `丶、: : : : : : : : : : : : :\ヽ
               「 ̄ ¨ニ=- :ヽ      /: : : : : : : . . . ̄ :/                  `¨¨¨¨ 丶: : : : : : : :

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の中にいたのは、クローゼットの中を漁っている少女だった

┃乱雑とした部屋の床を四つん這いの姿勢で、こちらに向かってお尻を突き出している

┃青年に気付いたのか。後ろを振り向くと、小ぶりな桃尻がふりふりと悩ましく左右に揺れる……


922名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:49:40 ID:.mkytmVQ0
>>920
常に見えていると逆にわかないよ

923名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:49:57 ID:3skc2fRc0
ふぅ…

924七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:50:59 ID:ZLCmUy4g0
この世界では特に何も異常はありません。皆さんが異常なのです

                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,         (純白のズボン……)
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |









            ____スッ
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',       あっ、いきなり入ってごめんね……
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l      驚かせちゃったかお……?
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の入った第一景が少女のお尻だった……。

┃一瞬青年の頭は呆けたが、そんな考えはすぐに飛び去った。こんな事している場合じゃない

┃愛想笑いを顔に浮かべると、女性に優しく声を掛ける



925名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:51:46 ID:.mkytmVQ0
やる夫、異世界人フラグ?

926七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:51:55 ID:ZLCmUy4g0
 /  r--i、 .          i < r- //
 l  / } |/             \ヘノノ ∧
  l  Y/               il     l
  l (( l     i     l       l    つ
  l   l     l l     l l l l l   l    っ           い、いえ 大丈夫です……
  l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
  l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
  l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
   l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
   y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
    l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
   l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
   l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
   l l i` トィ--!‐〜 ___ 〜i: irー -r-----i'´__
   l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
   l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
   l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
   l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の言葉に当たり障りない返事を返すと、女性は――いや、少女は
┃それまでクローゼットに向けていた体を直し、青年の方へと向き直る

┃床に四つん這いになっていたままだったので、ちょうど青年が見下ろす
┃位置で向き合っていた



927名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:52:10 ID:twuYcjC.0
ズボンだから痴漢じゃないもん!



不法侵入だけど

928七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:53:40 ID:ZLCmUy4g0
不法侵入+空き巣    だが、かわいいから許されます





            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',        あ、うん、別に立ち上がらなくても大丈夫だよ
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l       ただ、お兄さんは少しお話がしたくて……
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃いまの姿勢から立ち上がろうとする少女を優しい言葉で制止し、自分が
┃座り込むと、ちょうど目線が同じぐらいになった

┃これで少しは恐怖心と言うのは薄れただろうか……?









               .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
        ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
      /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
      /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ          お、お兄さん……?
    〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
    i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l          それで、お話ですか……?
    |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
    |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
    |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
.    八.  |   | ノX 必\λイ─   ,___ |  .'     /   i   )
   /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
.  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡             /  / /   /  / /{
./  ノ   }  \. !)) "" ,     """ ,=彡イ   / ./ /{八
  ./    ノ  / ∧ u           r─l/   r‐─--、,/ /\ \
  /    /  / ./ }丶.   ´ `   l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
 {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
  }  〃    / { r──-マ r〜7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
 /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
.  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
 /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
'  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }

929七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:55:15 ID:ZLCmUy4g0
            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',      そう、お話だよ……
     ./   , -‐、            ',
     l  /   `'  \___     .l     今さ、この町にネウロイが来ているのは知っているよね?
     l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l
     .',    ,      ヽ  lilil    ./
        \   l   人_,/l      /`ヽ
     /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
    ./                     l





        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         −フノヽ  |l
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入           は、はい……
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \

930名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:56:33 ID:jF2bTMwc0
>>912
冗談抜きで天使みたいな美少女だったような記憶が
今のアレっぷりとはそれこそ構成する物質の組成からして違うんじゃないかってくらい

つまりこの目の前の少女も年を食ったら・・・・

931七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 21:58:30 ID:ZLCmUy4g0
>>930 え……まじっすか……?





         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \
    /                ',      それじゃあさ、一般人には防空壕に
   ./    U         , -‐ 、     ',                 避難しろって指示が出てるのも知ってる?
   l  ___ノ   '´     \   .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
   .',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
  ./                     l






      //y        _          \
    r''´Xメ}) / /  /           \\
   ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
  / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
  | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
  | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
  |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ      ……はい
  |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
  |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
  | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /
  | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
  .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
   ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
   |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
   il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
   |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
   | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
   /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i

932名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 21:59:45 ID:pMwY140E0
今度はやる夫がヒスるのか?

933名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:00:24 ID:.mkytmVQ0
まあ、今も年齢考えるとねえ。
もっとも、叩かれているのは容姿じゃなくて行動や思想の問題だしね

934七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:00:37 ID:ZLCmUy4g0




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',       だからさ、こんな危険な所に居ないでさ、早く防空壕に避難しようか?
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l      たぶん、先に避難した人たちも心配していると思うんだ……
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /      だから……ね?
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃なるべく柔和な言葉を選んで少女を刺激しないように気遣う

┃優しそうな表情をした青年の心の中では早く防空壕の中に戻りたい。
┃こんな危険な所から逃げたい。それでいっぱいいっぱいだった

┃現実に、少女には何とか隠せているが、背中には汗をかきっぱなしだった。
┃手だって微かに震えて止まらない

┃そう言って、少女に向かって手を伸ばす


935名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:00:47 ID:3skc2fRc0
これはやる夫がヒスってもしょうがないだろw
死ぬ可能性があるんだし

936名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:01:22 ID:YuCYZSZU0
仮にもアイドルだったしなぁ・・・?>アグネス

937七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:01:52 ID:ZLCmUy4g0


               ___
       >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
     γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
     / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨        ご、ごめんなさい……
    〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
     ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i         避難しなきゃいけないのは分かっています……
    / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
   イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!         だけど、まだここを離れられないんです……
   |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
   从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
   !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
     Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
       `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
       j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
        ハi  \ ´ /       \ 、
         j    >ァ'          \ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃伸ばした手に少女がふれる事は無かった。

┃少女の拒否の言葉とうっすらと涙を溜めた瞳が青年を直視する。

┃なにやら彼女には、まだ避難できない理由があるようだ……

┃どうして駄目なんだい? 優しく少女の言う原因とやらを聞いてみた


938名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:02:56 ID:rgRXWhqw0
ふと思いついたけど、ネウロイとの共存する固有能力とかあったらよくね?
ネウロイと対話できるとか、ネウロイの巣の中でも生存できるとか
ネウロイと部分的に同化できるとか

またあと改めて案を出してみるかな

939名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:05:06 ID:twuYcjC.0
そしてネウロイの仲間になるんですね分かります(琥珀目)

940七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:05:38 ID:ZLCmUy4g0
>>938 ぜひともお願いします アイディアください



                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i
         r= /ィえフ,イ                ̄て¨   :|!
         | {./イ八ノ   ,      i        )  .:|ハ           写真を失くしてしまったんです……
         | 升ソツ    i        |        ',    :|八
...         ィ" f!.        |  |     | |  i    ハ .   |  \         大事にしていた写真をケースごと
       / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._l ! i     iff  |   .ヽ          どこかにやってしまって……
.       / // .,'k|  |    :|.ノ |_ | . l  .| | `.ト⊥!_  ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i  _/  i | 八 .ソ ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ
.       |/   | :|  ! !  てr上.从 :::::::::::: { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!::::::::::::::: ゞごつ' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/        ; '   ,'   |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '     u イ  {  ハ    \ .>
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   (⌒)   イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ
 / /.小ヽ  .ヽ  八  /     rtソ {_,イ     .>} ソハ     ノ   i く
/   .乂  }  人   {    ,rt=イ }廴ノ⌒Y⌒Y⌒廴_ノ         ノ







          ______
        /         \               しゃ、写真って……。 ねぇ? もしかして、それ一枚の為に
       /            \               避難しないでこの家に残ってたのかい、君……?
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |                       ……はい>
  |                       |
  \                     /
    \                  /           …………っ







┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃おいおい、勘弁してくれよ。

┃ 心の中でこの言葉を呟く……奇妙な事に今日はこれで2回目だった。

┃もしかしなくてもだ。自分はその大切な写真一枚のせいで、防空壕を無理やり追い出されて、
┃ネウロイが襲撃している街中を駆けずり回ったのか……?

┃そう考えると、青年の中でふつふつと怒りが湧き上がってくる……


941名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:06:07 ID:lrvRPmx60
ウォーロックみたいにネウロイを操って大活躍するんですね分かります

942名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:06:36 ID:.mkytmVQ0
そりゃあ、怒るわ。
怖くて逃げれなくなったとかならまだマシだよ

943名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:07:24 ID:uBSyJ1c60
刹那に持たせて対話させようw

944名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:07:29 ID:.mkytmVQ0
ただ、世界観にあった能力であったほしいきはするな。
極端な話だと概念操るとかは世界観的におかしいし

945七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:07:38 ID:ZLCmUy4g0
         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \             君さ……少しふざけているんじゃないかな?
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ       |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ








        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         −フノヽ  |l              あぅ……!
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .    ゚0.|i /      |  |
   |   /   | ノ ト ェニ=-―=ェ-/ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \

946名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:07:45 ID:/jPzJpFg0
これはぶん殴ってでも連れて行くレベル

947名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:07:55 ID:3skc2fRc0
死んだ親の写真とかそんなんだろうけど、やる夫からしちゃそんなの知ったこっちゃねえもんな

948名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:08:14 ID:pMwY140E0
全部あの変なBBAのせいだからな・・・

949七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:09:38 ID:ZLCmUy4g0
世界の法則を捻じ曲げるほど強力な固有魔法を持ったウィッチはいませんからね……
よくてエイラの未来予知じゃないですかね……? あれもレベルが落としてあるのでそうは思えませんが……




          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /    人がこんな目に遭っているのも、一体誰の
       |し'| ./`!        ヽ        /        /       せいだと思ってんだよ……
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'     あぁ……本当に……クソッ、クソッ!
       |   ,、          、       ヽ、          ノ
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /     なんで俺がこんなとばっちりを
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´           受けなきゃいけねぇンだよ……
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の行き場のない怒りは、目の前の少女にへと向かっていた

┃表情が少し崩れ、口からは怒りの籠った歯ぎしりの音が響く。

┃防空壕でのあの一軒は青年の中ではそうとう堪えていたようだった……
┃そして、その原因は目の前の少女で、理由は単なる紙切れ一枚の為

┃青年の心の中に、黒い感情が渦巻い始める……


950名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:10:57 ID:jF2bTMwc0
主人公ともあろうものがドス黒いものをぶつけていたいけな少女をヤっちゃったりしないよな?

さてパンツを脱いでおくか・・・

951名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:11:43 ID:LJjylEw20
ヤッちゃうのか殺っちゃうのか…

952名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:12:21 ID:twuYcjC.0
押し倒せー

953名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:12:28 ID:uBSyJ1c60
>>950
プロローグで女の子襲うストパン原作スレ・・・伝説になるかもな!

954名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:12:40 ID:rgRXWhqw0
まあそんなに強い能力より、この世界の状況で役立つ能力を考えた方がいいと思う
たとえばネウロイの瘴気に対する防護系の固有能力とかさ

955名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:12:43 ID:pMwY140E0
さぁもりあがってまいりました(下半身)

956名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:12:48 ID:.mkytmVQ0
殺るも犯すも時間ないから逃げるのも手

957七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:12:53 ID:ZLCmUy4g0
……おい、いや、おかしいぞ




 /  r--i、 .          i < r- //
 l  / } |/             \ヘノノ ∧
  l  Y/               il     l
  l (( l     i     l       l    つ
  l   l     l l     l l l l l   l    っ         ち、違います! 別にふざけてなんかは……
  l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
  l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
  l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
   l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
   y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
    l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
   l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
   l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
   l l i` トィ--!‐〜 ___ 〜i: irー -r-----i'´__
   l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
   l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
   l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
   l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の表情が変わるのをみて怒りを察したのか。

┃少女は小さいその手を振って必死に弁明しようと試みるが……



958名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:13:34 ID:/jPzJpFg0
押し倒せー

959七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:15:16 ID:ZLCmUy4g0
そんなにレイプしたいならアグネスが居るだろ……あいつで我慢してください……






                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... -−''' "´
 ―−―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

960名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:15:46 ID:twuYcjC.0
いやだ! こいつがいいんだ!!(切実)w

961七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:16:48 ID:ZLCmUy4g0
              _(( ,  ´       `  、  ( /
             _{(>y.X                r--.、
             / 辷ニイ                {く } }=-、
               /  /   /  /  /    l、       ̄\
           /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ て
             /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |  て      ひっ……
.            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
           /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノγ‐=ミ.| l!   iリ
.          /   l l .li | >入イ .イ      {{     ハ.l!   / .|
         /   八/ハli |((`ー -彳     弋   ,リ./.   /  |
         "  / / r-、_.! lllll  .   ,:----、 'U‐'rく\/    |
     /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
    /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
. /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
.イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
  / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\
/. /       ./  /  { r─z rイフ//\ }_几ィ⌒´|









          ______
        /         \
       /  :::::::::::::::::::::::::::::  \         ……人を無理矢理追い出してまで探して来てほしいなんて言うからさ、
     /  ::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\          よほど大切な事があるかと思ってみればよぉ……
    / :::`┬;;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \
  / ::::::::"⌒゙''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \      何だよ? それがたった写真一枚の為でした?
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |    ……本当に……腹抱えて笑える冗談だなぁ。 えぇ、おい?
  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
    \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年のちょうど横隣りにあった小さい机がミシミシと悲鳴を上げる

┃そうして怒りの籠った言葉が口から続々と流れ出でては目の前で
┃怯えきって座り込んだままの少女へと向けられる……

┃青年は完全に怒り心頭だった。少なくとも、女性だとか女の子だとかを忘れるほどには……


962名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:17:30 ID:3skc2fRc0
エロは別にいいわ
ちょっとエッチがいい!

963名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:18:39 ID:uBSyJ1c60
ストパンであることを活かすなら少年誌レベルのエロかな。ただしToLOVEるは除く

964七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:19:27 ID:ZLCmUy4g0
>>962 ほう……分かっているじゃないか。アグネスを貸してやろう……



  /  !        ,'  i|                        |    ヽ
/      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i    ふざけてなんかいませんし、誤解です!
    /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
.  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ     本当に違うんです!
  /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
 ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |      あの写真は――
 i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、
. ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/          ど二つ .ソス   |   !   /  ヘ
 ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
   >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ        /_/ i !  !    ',    `!  i    違わねぇっ!>
. /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,     ャ=⊃ r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
>   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ   、,∠   ,'     //, ',        /    あぅ……っ!
 \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
    ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
    ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼女の言葉は青年の怒声によって掻き消された

┃青年は今までの鬱憤を晴らすように目の前の少女に罵声を浴びせかける

┃その迫力と表情に負けたのか、少女の口から出る言葉は掠れて意味を持たなかった……



965名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:19:51 ID:jF2bTMwc0
いたいけな美少女の純潔がどす黒い欲望に蹂躙されていくのがいいんじゃないか!

と↓の奴がいってました

966名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:20:08 ID:3skc2fRc0
そんなのヤダー!(切実)

967七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:21:43 ID:ZLCmUy4g0



         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
        /                \
      ./              ,==ニ_-、 丶
      /                 〃  __ `ヽ  \      誰のせいで人がこんな目に遭ってるのか分かってるのか?
     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶
     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '     お前が写真を取り戻らなければ防空壕の中に居れたのに
   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V      ……なんでこっちが尻拭いをしなきゃいけないんだよっ!
  ./      廴 _ 二´    l     、       '
  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '
  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |
  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧
  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /
  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /
   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠
     `              ̄ ̄      /
        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´









               .:.:.:.::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :三ミ、::::: :.
                   .:.::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.: :::三三ミ、::: :
      ――――--、_,.  |! .:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三三ミ、::: :
      _       j! |!::::::::::::::;;;/::::::::::::::::::::::::::::::三三i::: :: :    写真一枚と人の命の重さなんて、
.      /:::::::::\        ノ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ三|:::::: :      秤でも持ってきて測らなきゃわかんねぇのか!?
    /:::::::.:.: :       '´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: : : : :.:.:::::i:::三|::::: :
.    l::::::::::0j  l |!     .:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:   .:.:::::l|:::三!::::: :
   | ト、:::::::::::::;イ j!      .:.:::::::::::::::::::::|!::::::.:.: : : :.:.::::ィ' ::三|::::: :
    ヽ `=ニ二_ 〈      .:.:::::::::::::::::::::::ノ  _二ニ=-' /彡三|::::: :
   >`ー―-、 `i!      .:::::::::::::::::::::::::::::/ ,.-―‐''´<彡三!::::: :
      / ̄     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::三三三|::::: :    どいつもこいつもバカにしやがって……
       |! |     /::::::::::::::::::::::::::',/:::::::::::::::::::::::::',:::三三三|:::: :       あのババアに味方しやがったあいつら全員もだ!
      ノ ト、    !:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::ヘ::三三三|:::: :
.         |:::\   、:::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::::::::,' |!:三三三!:::: :
         |,.ヘ:::` ー-ヽ . _ .. ':::::::::ヽ . _ ..::::': |::三三三!:::: :
        l_へ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,ヘ/ .!::三三彡':::: :
.          ヽ/^l-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ-/^l/ :::三三彡'::: : :
.            `゙''ー―――――――― '´::::::三彡'´::: : :
          .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三三彡'´::: : :
         .:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::三三彡'´:::: :

968名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:22:19 ID:lrvRPmx60
周りのモブはおろか主人公までこんなんかよw
もう女の子だけが癒しや

969名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:23:26 ID:.mkytmVQ0
まあ、このやる夫は成長する可能性も…………
軍に入るにしてもどんな理由で使命感をもつのかが…………

970名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:23:37 ID:QPdJKko.0
※ ごく普通の神経の持ち主ならだいたいヤケになります

971名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:23:42 ID:/jPzJpFg0
やる夫がキレるのは仕方ないんじゃない?
現状のやる夫視点だと写真がないとゴネてる女探して死地に追いやられたって状況だし

972名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:24:13 ID:twuYcjC.0
この娘のお尻を拭うですって?(ワクワク

973七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:24:21 ID:ZLCmUy4g0
だ、大丈夫だよ!? 主人公だから! 主人公は砕けないっ!




                        _
                  ,.. ─  ̄   ̄ ─ 、
               ,.‐ ´              `ヽ、
             /                i   `、
           /        ヾ    〃 ゙̄  ii    ヽ
          /               {{    ,..、ヽ、   ヽ
          i         \      ゞ  ヾツ ,}ヾ、, 、 ヽ
         i                  ,. -‐'"   `'   /1
         i           \    /           {)
      / ̄⌒''''''ヽ、      \     i、        /   K i    てめぇら全員、自分のことが大事なのか?
     /         `ヽ、        /ヽ、     /'i    ヽ' i       そんなに自分の命が惜しいのかよっ!
    /             `ヽ、    /: : : : : `─'''´: : : : 、    i i
    /                ヽ、  /: : : : : : : : : : : : : : : /'‐--'´  i
   i                   ヾ: : : : : : : : : : : : : : : /      i  人の命は写真以下とでも思ってるのか?!
   i                    ヽ___: : : : : : : : 〃/     i
   i   、                 ヽ    `ヽ`ゝ' く    /
   i    ヽ               ⌒ ̄` ‐-、  `' __/   /     ふざけるなよっ、あの糞どもがッ!
   i  ─-ゝ、                     ヽ、 ___ -‐´
   i      ヽ                      ヽ、_ -- 、
   ハ      \    イ                  ヽ    ヽ、
 ̄: :‐ゝ、      \   '゙   /                ヽ    ヽ
: : : : : : : : ̄ ─-、  \  ヾ                    ヽ    i



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃目の前の少女だけにではなく、あの防空壕の中に居た教師やババア、
┃自分を身代わりにした男たちすべてに向けられたその言葉は彼にしか
┃分からない痛みだった……

┃その言い終え一息ついたそのとき、微かに少女の口元が動いた


974名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:24:44 ID:YuCYZSZU0
やーん、こういうの最高に2828出来る

975名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:25:45 ID:Ok1gNrnw0
むしろこれが正常な反応じゃね?
追い詰められてるし冷静でいろって方が無理

976七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:26:12 ID:ZLCmUy4g0





        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>     i    ./  '⌒  v.   /     ;
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶_彡ノ).  _  ,-、 丶  .' \`、 _     \    /    ごめんなさい……、本当に……ッ
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_     ごめんなさい、すいませんでした
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ ごめんなさい、ごめんなさい……
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼の怒声の中で、ポツリ。

┃弱弱しい少女の声が激怒した彼の耳を通る



977名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:26:18 ID:3skc2fRc0
最悪の出会いからいい感じの仲になる…ありだと思います!
※ただしアグネスは除く

978名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:27:54 ID:uBSyJ1c60
ここは、一旦冷静になって泣き止ませたところで不意打ちの腹パンだな!!

979七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:29:02 ID:ZLCmUy4g0

                        _
                  ,.. ─  ̄   ̄ ─ 、
               ,.‐ ´              `ヽ、
             /                i   `、
           /        ヾ    〃 ゙̄  ii    ヽ
          /               {{    ,..、ヽ、   ヽ
          i         \      ゞ  ヾツ ,}ヾ、, 、 ヽ
         i                  ,. -‐'"   `'   /1
         i           \    /           {)
      / ̄⌒''''''ヽ、      \     i、        /   K i     …………
     /         `ヽ、        /ヽ、     /'i    ヽ' i
    /             `ヽ、    /: : : : : `─'''´: : : : 、    i i
    /                ヽ、  /: : : : : : : : : : : : : : : /'‐--'´  i
   i                   ヾ: : : : : : : : : : : : : : : /      i
   i                    ヽ___: : : : : : : : 〃/     i
   i   、                 ヽ    `ヽ`ゝ' く    /
   i    ヽ               ⌒ ̄` ‐-、  `' __/   /
   i  ─-ゝ、                     ヽ、 ___ -‐´
   i      ヽ                      ヽ、_ -- 、
   ハ      \    イ                  ヽ    ヽ、
 ̄: :‐ゝ、      \   '゙   /                ヽ    ヽ
: : : : : : : : ̄ ─-、  \  ヾ                    ヽ    i









                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___ノ  ヽ、 __ .ヽ
        ./    (  〇  .)  ( 〇 )  '.,       あっ……やべっ
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しまった、やってしまった

┃頭を支配していた熱が急速に冷め、代わりに氷板でも流し込まれたかのように背筋が冷たい……

┃青年は自分がしてしまったことを理解した。 が、もう遅かった

┃目の前で少女の涙ぐんだ声が聞こえ始める


980名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:29:13 ID:Ok1gNrnw0
>>978
痛めつける暇があったら防空壕に戻れよw

981名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:29:37 ID:.mkytmVQ0
まあ、ここで泣かせたら泣かせたらでめんどいよな
ガチ泣きされると動いてくれないし

982名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:29:52 ID:3skc2fRc0
冷静に戻ったw

983名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:30:01 ID:lrvRPmx60
いや正常だとおもう
だがモブ達も正常なんだよな
自分に降りかかった悪や災難を別の人間に押し付けて
でやる夫もモブ達からの災難をきらきーに八つ当たりして
普通の反応だがヒーローの反応ではないな
と思ったら案外早く治ったw

984七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:31:15 ID:ZLCmUy4g0
せんせー! やる夫とスレの皆がきらきーちゃんを泣かせましたー!




               _  -― …   __
              ´     _       ` 、
           /   , '            `--、  ハ            ごめんなさい……ごめんなさい ごめんなさい
          ´          ―        `rム、ミ、           ごめんなさいごめんなさいごめんなさいっ……
         |i /     , '          \<Y薔゙ハ  |、
         ,  (  /         - ´    て ヾv, .| ';         私はただっ……写真を……ヒック
        /  ハ  --―           ヽ ハ ) リ |丶
       i ,rvイノ.、   ,        l     丶 | |Y   i| j         家族皆の写真を失くしたくなかっただけで……
          |i フ廻 リ.  /          | , ヾ i  | |i , --、L ̄.ヽ
          |i、Y ´./ i|        |  | .|i  | .i i´ `l i |っ. \ 、_ __    本当にっ……そんな気は無かったんです…
        |i.ノ  i|  .|    | |  )) | il | j__| (´、`i    Y   il.    \ __
         |  i.).li、 .| l  i| l | | il(( |./li |/ ,;ィ=- ヽ)'.    / _f⌒丶r⌒i     \   ほ、本当に……ごめんなさい……!
         l| l _.| i |.| ノ~)、r‐及リ  彳' ´  /    ./  i ヽ  l| / 、    ヽ
        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>     i    ./  '⌒  v.   /     ;  許してください……
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶_彡ノ).  _  ,-、 丶  .' \`、 _     \    /
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )

985名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:31:22 ID:jF2bTMwc0
キレ方からの冷めっぷりがなんというか本当に生々しく普通だなw

チッ・・・

986名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:31:23 ID:uBSyJ1c60
>>980
痛めつけるのが目的ではない。驚きと痛みと恐怖に悶える女の子が見たいだけなんだ
そしてそれを見れる最高のタイミングは今しかないんだ!

987名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:31:52 ID:LJjylEw20
冷めたか……

988名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:32:32 ID:3skc2fRc0
>>986
すぐそこが戦場なんですがそれは?

989名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:32:48 ID:0GzF1A620
嘘です!全て嘘です!
主に泣かせたのは七色君です先生!!

990名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:35:09 ID:Ok1gNrnw0
賢者タイムか

991七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:35:48 ID:ZLCmUy4g0
今から淫夢ネタ禁止ですよ……



    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !    ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|  本当に……すいませんでした……っ!
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|   ごめんなさいごめんなさい……!
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、    謝りますから……怒らないで……
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|    何でもしますから……ごめんなさい……っ
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、








            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、        ご、ごめん。 君に対していったんじゃなくて……本当にごめんね!
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',      (何やってんるんだ自分の馬鹿っ! 相手は年下の少女だぞ!?)
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃明らかに年端もいかない少女を、男が一方的に言葉の暴力で
┃叩きこみ、挙句の果てには泣かせてしまう……

┃明らかに男としては最低の部類に当たる行為だった

┃そして、それが幼い女性だとなると、なおさらである

┃心が痛む……主に良心と言われるべきものが猛烈に痛み出した


992名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:35:58 ID:uBSyJ1c60
家族がもう死んでてもそれで死んでたら世話ないよな(真顔)

993名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:36:24 ID:.mkytmVQ0
今やることは謝ることじゃないな

994七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:38:50 ID:ZLCmUy4g0
                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i
         r= /ィえフ,イ                ̄て¨   :|!
         | {./イ八ノ   ,      i        )  .:|ハ       だ、だって……わたしのせいだって……
         | 升ソツ    i        |        ',    :|八
...         ィ" f!.        |  |     | |  i    ハ .   |  \      何度も何度もそういうから……私……っ!
       / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._l ! i     iff  |   .ヽ
.       / // .,'k|  |    :|.ノ |_ | . l  .| | `.ト⊥!_  ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i  _/  i | 八 .ソ ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ   本当に……ごめんなさい……!
.       |/   | :|  ! !  てr上.从 :::::::::::: { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!::::::::::::::: ゞごつ' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}  私の……っ、せいでっ……
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/        ; '   ,'   |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '     u イ  {  ハ    \ .>
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   (⌒)   イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ
 / /.小ヽ  .ヽ  八  /     rtソ {_,イ     .>} ソハ     ノ   i く
/   .乂  }  人   {    ,rt=イ }廴ノ⌒Y⌒Y⌒廴_ノ         ノ







.          ,,..-|''|"|´| ̄ .`ヽ、
       /  | | .|       \  て__
      /  u     __ \      ヽ  (´
     /       .γ´ `ヽ.`   _,,.- ', ζ     違うんだっ! 少なくとも君じゃなくて防空壕の中のあいつら
    ./    u.   ヽ,.-''"    ./⌒l     に向かって言ったのであって、今思い出したら君は関係ない無実だったよ!
    .l            l      ,  `ヽ|
     ',    u     /ヽ--‐''"\  丿              だから気にやまないで、ね?
     ',         /::::::::::::::::::::::::/"´ .|      ,-,.-,-,
     / ,,..-‐--..,,_ l ::::::::::::::::::::::/   /    lヽ/ / / /ヽ      お願いしますから泣かないでください!
    /       `"''-.,,   .''´,,..-''´     ./       /
 ./               \ ̄       /       /
../                \     _,,.-''´     /                     うっ、ふぇぇえ〜〜っ!>
/                   `''-''"       ./
          ̄`''-,,_             /       本当にごめんなさい! お願いだから泣き止んで!
              `''-,,        ./
               / `゙''‐---‐''"´






うん、きりがいいから今日はここまで……

995名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:39:46 ID:3skc2fRc0


996名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:40:14 ID:LJjylEw20
っ乙

997名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:40:15 ID:j9qI5KnsO


998名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:40:15 ID:.mkytmVQ0
乙。
次スレの時期か。

999名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:40:39 ID:xsbaprqY0
えっ

1000名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:40:43 ID:jF2bTMwc0


泣きじゃくる女の子っていいよね、うん(ゲス顔)

1001名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:41:02 ID:j9qI5KnsO
>>998
この板は10000までだぞ?

1002名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:41:04 ID:uBSyJ1c60
乙。
正直この場にいたら、いくら可愛かろうと泣きだしたらイラッとするだろうなw
ここは戦場だぞ!ふぇぇ〜なんて男に媚びてんじゃねぇ!ww

1003名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:41:07 ID:JBodApJw0
>>998
ここ10000までだwww

1004名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:41:25 ID:/jPzJpFg0
きらきーは泣き顔も可愛いなぁ(ゲス

1005名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:41:32 ID:.mkytmVQ0
あっそうだったwww

1006名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:42:01 ID:Ok1gNrnw0
乙ー

>>998
ここEX板だから1スレ10000やで

1007七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:42:11 ID:ZLCmUy4g0
どうだっただろか…… >>1的にはとても素晴らしくイチャラブが表現されていたと思うんだが……

1008名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:43:02 ID:.mkytmVQ0
まあ、出会いとしては割と王道かな?

1009名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:43:08 ID:j9qI5KnsO
そういやこのスレの>>1000安価ってどうなってるの?
誰も>>1000の願い言わなかったけど、無いってことなんかな?

1010名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:43:30 ID:3skc2fRc0
イラッドン?(難聴)

1011名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:43:37 ID:Ok1gNrnw0
 >イチャラブ
お、おう

1012名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:44:30 ID:uBSyJ1c60
>>1007
イチャ、ラブ!?イチャもラブも無いで工藤!!

1013七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:45:10 ID:ZLCmUy4g0
あぁ、1000か……

そこまで無茶な内容じゃなければかなえてあげたいんですが……

皆さんいります?

1014名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:45:39 ID:xsbaprqY0
欲しい

1015名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:46:20 ID:.mkytmVQ0
欲しいけど。
無理して破綻することもあるからちょっと怖い

1016名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:46:35 ID:twuYcjC.0
欲望のぶつけ合いになるだけだろうし正直いらないかなーとは
精々>>10000で1スレ1回だけキャラリクとかにとどめないと収集つかない気も

1017名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:46:45 ID:3skc2fRc0
いらないんじゃないでしょうか?
>>1000の狙うの○○キャラ出して〜とかしかなさそうだし

1018名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:46:48 ID:j9qI5KnsO
自分はやって欲しいな
次の>>2000からで

1019名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:47:17 ID:QPdJKko.0
無理なら無視する、拾える物だけ拾うでよかんべー

1020名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:47:30 ID:LJjylEw20
欲しいけどまあ>>1次第で

1021名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:48:16 ID:.mkytmVQ0
やるとしても、スパロボで言うインターミッション的なところで
「誰と話をする」程度にしとかないと話が破綻しかねないかな

1022名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:48:39 ID:uBSyJ1c60
実現可能なら採用程度いいかな。10000くらいは頑張って採用とかいいかな。
あくまで願掛け程度でいいんでは

1023名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:49:57 ID:Ok1gNrnw0
1次第かな
1000ずつ取り入れちゃうと色々面倒だし、もっと間隔開けてもええんやない?

1024名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:50:13 ID:pMwY140E0
おつ−

1025名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:50:26 ID:3skc2fRc0
>>1000ので滅茶苦茶になるとかいややー

1026名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:50:50 ID:lrvRPmx60
キャラ出したらすぐ死にそうで怖い

1027名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:51:08 ID:JBodApJw0
だれだれが嫁になるとかなるので要らないー

1028名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:51:12 ID:.mkytmVQ0
まあ、今でも固有能力や使い魔のアイディア募集も一応安価…………とは言わないか

1029七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:51:17 ID:ZLCmUy4g0
そうですね……とりあえず1000は↓5〜10までの間で採用できそうなのを選んでいく……みたいな形でいいですかね?

私のスレだとどうしても叶えきれない要望の方が多いと思うので……

あまりはっちゃけた事は書かないでくれるとうれしいです……例えばだれだれとかとのイベントが欲しいとかそんな感じで……

ムリだと思ったら無しの方向で……キャラリクエストは10000だけで取る事にします……

1030名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:52:48 ID:j9qI5KnsO
okok それでいいよ!

1031名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:52:51 ID:3skc2fRc0
了解

1032名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:53:12 ID:xsbaprqY0
>例えばだれだれとかとのイベントが欲しいとかそんな感じで……

これはできるってこと?

1033名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:53:23 ID:Ok1gNrnw0
了解ー

1034名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:54:38 ID:o/H23SGQ0
うぃうぃー

1035名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:54:40 ID:LJjylEw20
把握把握

1036名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:54:48 ID:.mkytmVQ0
了解

1037名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:55:37 ID:QPdJKko.0
まぁ、キャラ希望とかフラグ希望とかで話ブチ壊しそうなのとかだったら遠慮なくムリって言っていいからねー?

1038七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 22:56:28 ID:ZLCmUy4g0
>>1032 それってスレに出ていないキャラとのイベントを出したいという意味ですか……?

一応はこのスレで出てくるヒロインとサブキャラは決まっているので、ヒロインだけでもAA貼りますか?

1039名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:57:08 ID:RX/9SPb20
1000とり内容は2〜3ぐらいの候補を>>1が提示してそれから選ぶってのはどうよ
長く続く様なストーリーで1000ごとに新キャラやお願い聞いてたら>>1の負担にしかならんような気がする

1040名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:57:10 ID:3skc2fRc0
貼ってくださいorz

1041名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:57:27 ID:lrvRPmx60
いや登場時まで楽しみは取っておきたいな俺は

1042名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:57:45 ID:LJjylEw20
まだ知りたくないかな
楽しみは取っておくものだ

1043名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:58:06 ID:.mkytmVQ0
とりあえず、本編登場を楽しみにしておくから
今貼られるとネタバレされる気分になるな

1044名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:58:29 ID:3skc2fRc0
そうかーじゃさっきの撤回ー

1045名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 22:59:38 ID:Ok1gNrnw0
まだ知りたくないな
同じく楽しみは取っておきたい

1046名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:00:51 ID:o/H23SGQ0
楽しみは取っておくものー

1047七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:01:00 ID:ZLCmUy4g0
うーん、確かにネタバレになってしまいますから、>>1039の案でいきますかね……

すこし考えるので待っててください

1048七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:07:11 ID:ZLCmUy4g0
ごめんなさい……いろいろ考えて出したいけど、ヒロインがまだキラキ―かアグネスしかいない……
なので>>1039の案は今だと少しムリっぽいですので、先程の↓5〜10の間で選ぶような形にします

とりあえず、今から始めます

1049名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:08:10 ID:LJjylEw20
kskst

1050名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:09:08 ID:pMwY140E0
ネミッサ

1051名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:09:41 ID:j9qI5KnsO
高鴨穏乃(咲-Saki-阿知賀編)

1052名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:10:06 ID:tPYuoqBI0
kskがんばれ

1053名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:10:06 ID:o/H23SGQ0
ksk

1054名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:10:17 ID:LJjylEw20
次回安価がある

1055名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:10:32 ID:o/H23SGQ0
ジークリンデ(リリカルなのは)

1056名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:10:41 ID:.mkytmVQ0
ルイズ(ゼロの使い魔)

1057名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:10:58 ID:j9qI5KnsO
高鴨穏乃(咲-Saki-阿知賀編)

1058名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:11:01 ID:Ok1gNrnw0
シュテル(リリカルなのは)

1059名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:12:14 ID:6/BozGco0
ノヴァ教授(銃夢)

1060七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:13:49 ID:ZLCmUy4g0
あ、あれ……? 私、キャラリクエストは10000で取るって言ってなかったっけ……?
もしかして私、なにか説明か書きミスったか……?

1061名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:15:18 ID:.mkytmVQ0
>>1048の書き方だと、今から募集する感じにみられるわ

1062名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:15:50 ID:j9qI5KnsO
>>1048で今から始めますって言ったから勘違いしちゃったんだよw

1063名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:16:36 ID:6/BozGco0
募集するのイベントの方?

1064名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:17:22 ID:Ok1gNrnw0
あー、勘違いしてた
イベントリクエストか

1065名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:17:23 ID:pMwY140E0
なん・・・だと

1066名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:18:07 ID:o/H23SGQ0
書いてからイベントの方かと思ったが時すでに遅かったんや。

1067名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:19:02 ID:3skc2fRc0
つまりどういうことだってばよ?

1068名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:19:51 ID:6/BozGco0
よくわがんねw

今から始めるでみんな壮大な勘違いをしてるようだ

1069七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:21:06 ID:ZLCmUy4g0
あぁ、そうだったのか……勘違いさせてすいませんでした……。>>1のミスです

とりあえず……お詫びに仕切り直しって形でキャラ募集しようかな……

すこしグだってしまいましたし、安価取ってくれた人たちには申し訳ないですが、大丈夫ですか?

1070名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:21:39 ID:YuCYZSZU0
おおう? 目話してたら何か面白いこと始まってるな

1071名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:22:33 ID:6/BozGco0
感じるぞ・・・皆が狙っているのを

1072名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:22:48 ID:fXNPqhJw0
うーん、これは>>1のミスっていうよりかはただの勘違いですし
そこまで気になさらない方がいいとは思いますよ?

1073名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:23:24 ID:lrvRPmx60
>>1のミスでない所で謝ってしまうのもあんまり

1074名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:24:08 ID:3skc2fRc0
気にしない気にしない!一休み一休み

1075七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:24:41 ID:ZLCmUy4g0
いや、私の書き方が悪かったと思っているし……
それに、こういうのをやっていると、自分がやる夫スレを始められたんだなって実感がわいて少し嬉しいんですよ……

1076名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:25:29 ID:.mkytmVQ0
なんかすまん。

1077名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:25:46 ID:lrvRPmx60
キャラ安価は嬉しいが本来入れる余地ないのに無理に安価でキャラ入れるのは危険ですよ?
モブ役程度なら分かるが

1078名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:28:14 ID:j9qI5KnsO
ありがたいけど、別に今じゃなくても>>2000からでよくね?
なんかこれからだとキリもよくないし

1079名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:29:36 ID:3skc2fRc0
せやな工藤!

1080名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:31:15 ID:6/BozGco0
そうでおまんがな

1081七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:31:20 ID:ZLCmUy4g0
>>1077 、501以外の航空団のウィッチの代用AAとか決まっていませんし、そこらへんに当てはめていきます……

うーん、グだって来たので2000からか、もしくは明日に仕切り直しますね……

1082名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:32:37 ID:lrvRPmx60
じゃあ若い女の子限定かぁ…

1083七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:33:37 ID:ZLCmUy4g0
おじさんとか男性でも、整備兵や警備の兵士などで絡んできますから大丈夫です

……マロニーもいますし……

1084名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:33:57 ID:xsbaprqY0
原作のウィッチは出てきますか?

1085七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:35:16 ID:ZLCmUy4g0
AAがあるならそのまま出します、少ない人(アフリカのマイルズ少佐)とかは代用で回します……

1086名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:36:07 ID:uBSyJ1c60
整備兵ヘラクレス(Fate)とか、衛生兵(範馬勇次郎)もワンチャン

1087名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:36:46 ID:3skc2fRc0
アイザックさんもワンチャン?

1088七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:38:25 ID:ZLCmUy4g0
ワンチャンですね……ですが、いつ出てくるかは伏せていきます

1089名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:39:32 ID:uBSyJ1c60
男共、自分で戦えっていう人選で埋め尽くしてやるぜ!

1090名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:40:36 ID:lrvRPmx60
許容範囲はどこまでだろう
男はいいらしいが婆や動物や人外など

1091名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:40:57 ID:tPYuoqBI0
人外は…ネウロイで出たりしてw

1092七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:43:50 ID:ZLCmUy4g0
まぁ、その明日にも投下する予定なので、頑張って考えてください……

>>1は風呂に行ってきます……

1093七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/20(土) 23:44:10 ID:ZLCmUy4g0
ちなみに、頑張って進めると↓こんな感じにきらきーが迫ってくるかもよ……!


                        / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
                      /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
                       / />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
                    / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
                      /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
                   /    /./ / / 〃     ハ | i  ‖   ゙,   ∨ /  j|
           /⌒ヽ/⌒ヽ/    / / , ,  ″: | |i  Ⅵ| |‖ ,  | i  ' /|   〃
          {        }   /.イ | | ‖||| || ,..⊥l | |‖ |! | |  /' |  ||
            \   /   ./  | | | ‖|l| | {f'´|メ | |‖ |! l/  /  |  ||   _
     r‐-  .._ ,、. \/  ,.-、   | ‖ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  || /  `i  _
     `,≧=‐ 込 マ、  (⌒ /   | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l| !     '´  `i
    /,. -‐,オツl  い.  `ヽ/    ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ /   ´   l   l| ヘ         l
    `¨´/ラ仁}! .l   l. l           イ  |`ヾ二 イ     xxx. / イ  i  |   l  ヽ , -― ´
      l'::仁lヘ {     l      //  | 下 乙   ′    / /│ │   |    |   '´         , - 、
      l::仁{:::::ヽ、  :{      / /   イ _|{ ` .,  ` ´   |  | | |  |   |       /⌒V´    l
      l仁l::::::::::ノ   V ,/ /  ./   }y, / !、゙i` - ´   l  |‐-z,ハ ヽヘ    |        {       从
      仁l´::::::::j、   ∨ ,/  /    / / / ヽl   /  ! l   lニて⌒ヽ     |         `ヽ、   /
     /シ::r:ァ‐'´∧     V    ! ,.. <    /   ` '´  ̄ X !   !ヽ{_   !     |          ヽ/
     {スi´/  ./ ,ハ     ヽ> ´       ,≠   `.  .     Xヽ  ヽ、` - l_      |
     ,>'´   /   ハ,. -― ´     ,.≧チ<lrz、  l/´     __.X \    、  \    |
   / ´  /  /   /  ,.-::久ミフ;-、_:ヾ,L_ ,'  r-‐tY_ヒ.入  `ー- ニ_  `ヽ ヽ
  ‐ ´/      /    /  / l:::}ミヲ:」  `ヽ TY七7,..ャ::´::::::スヽンーr-- _ヽ   V ヽ
   /       /     i  ,/   Yミ了;レ'  >/`セ_ ̄ 7:::::::::::}ニヨ:::::::!  !  `ヽ   !  ヽ
  y′    /        ! ,/    ヾラ::V  ,不、ト、  _」::::::::::::コ 弓:::/   ,'  l  }  l   ヘ
        /       l,ハ     /l:!,y'^ァ ´i'::;l/`ーr、/::::::::::::r仁.コ/   !   l ,/   !   ハ
      i          | 丶._,ァ´ /  /  /// ヽヾ:::`ー-::kニタ     !   l /   ハ     i
   |   l        l   l    了マ ./:i´l  _} ヽ::::-:::::仁ク     ,Lニン   /- .._   l
   l   l           l   l   ,!仁厂::::| `ヘ::`ヽ__j:::ヾ:::仁ヌ  _∠__,/´     /  ,.-‐≧ 十 、
  l  l   l   l      ∨  l  /仁l::::::::::!   ヾ:::::::::::::::::::`モァァテ> ´    //=〈/,.z   `i..l
  j  l   l   l         V  >:´:乃シ´:::::::::!    \::::::::::::::::::`;彡´      ,.ィ´/アT// ,. -   {!
  l!  !  .ハ  ヘ       X:::;xFシ::::::::::::::;'      ` 、:::::/        ,..:チ:/≠l_r化.∠_,. -‐ ,.ィ
 八 ハ   ヽ ヽ      ヾシ´::::::::::::::::;'            /     ,...::´:::::::::´::::::::::::::::::イ二不´l ヽ.

1094名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:44:53 ID:.mkytmVQ0
この展開までに何十回死にかけるんだろうな

1095名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:47:46 ID:lrvRPmx60
しかし童貞ではなくなると魔力が無くなってしまうのであった!
みたいのも楽しい

1096名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:54:22 ID:uBSyJ1c60
え?このスレ、ア○ルプレイまではOKなの?w

1097名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:54:45 ID:.mkytmVQ0
R-18じゃないからね

1098名無しのやる夫だお:2013/04/20(土) 23:56:50 ID:6/BozGco0
昔は童貞って言葉は女を指しても使われてたんだぜ

1099七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 00:26:43 ID:0yYpysr60
R-18か……、私はエロシーンよりもピロトークとかのほうが興奮するからなぁ……

少なくても、R-18展開はこの1スレ目では出ないし、まだいいか……

処女設定の方もだけど、いじくっちゃおうかなぁ……

1100名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 00:36:16 ID:4VA.vktU0
全体的な後日談としてはともかく
ストライクウィッチーズというか軍的な世界観で
男女のアレは結構NGのような?

1101名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 00:37:53 ID:xOp2BoCE0
>>1099
始まるまでと半脱ぎくらいまでが好き。全脱ぎまでなるとエロ慣れしたスレじゃないとなかなかエロくならないんだよ。

あえて弄らずイバラの道を歩むのもいいとは思うけどね。こうプラトニックだけど、若さが爆発しそうでもある感じとか

1102名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 00:41:34 ID:kTkrQjKo0
設定変えたら二次創作でやる意味薄くなるからな
この戦いが終わったら、ネウロイがいなくなったら子供を作ろう
ってな感じのプラトニックな恋愛もいいんじゃない?

1103名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 00:42:09 ID:xHqsAdyc0
エロシーンって話的には特に進展しないし、掛け合いが楽しめるわけでないし・・・正直、余り面白くない

1104七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 00:52:13 ID:0yYpysr60
>>1100 引退したウィッチならいいんだけどね……、軍属のウィッチは基本的に手出しはMG
      アフリカ部隊は男女の規制は無いですが、501はあのミーナさんのおかげで本当に……もう……よくもへんなことしてくれやがったな……

あと、やっぱりそこは意見が分かれますよねー……。

個人的にはさ、いろいろ考えているんですよ……? 

うら若い純情なウィッチたちが、あの手この手でやる夫を誘惑してきて、ある時は天幕のなか。またある時はハンガーの隅に置かれた倉庫の中で逢引なんていうのも……

そういう展開をエロシーンではなくてピロトーク特有のあの甘い感じがする雰囲気で再現できるかな……

……どのみちまだまだ先は長いんですけどね、プロローグが終わらない……書きたいことがどんどん出て継ぎ足しちゃうんです……

あー……マテコはいつ出せるんだろう……

1105名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 00:54:54 ID:NeGg6EnE0
それならやる夫とヤると魔力うpとか

1106名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 00:55:40 ID:xOp2BoCE0
>>1105
よくあるエロゲとかの設定だなww

1107名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 00:59:37 ID:4VA.vktU0
まあ、直接的なエロよりも甘酸っぱいほうが魔女の年齢設定的にもいいかもね。
そもそも、個人的な意見だけど、
既に言われているようにエロ方面に駆け出すと面白くないことも多い気もするし。

>>1105
やる夫一人が強くなるのと魔女一人が使い物にならなくなるのってどっちがいいんだろうな。

1108名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:03:11 ID:LXpvMlXE0
ここはそういうのじゃなさそうっぽいけど、エロ入ると話の展開とか無視してエロに走る奴が出るから嫌だなー

1109名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:03:33 ID:NeGg6EnE0
逆に普通の男とヤるのはアウトだけどやる夫とヤるのはセーフとか

やる夫は特別らしいし

1110名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:06:36 ID:LXpvMlXE0
なんというご都合主義
それはむせるとかじゃなくて俺TUEEEEチーレム物じゃねーか

1111名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:11:19 ID:kTkrQjKo0
色んな女の子から性的なレベルで求められるほどモテる主人公書くのも大変だけどな
相当上手く書かんと理不尽にモテるラノベの嫌われる主人公みたくなるからな

1112名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:14:32 ID:4VA.vktU0
>>1105、1109
そういう設定ならハーレム物にしないと死に設定だし。
ハーレムものって、形成から、進展、結末までとてもじゃないけど、
それをメインに持ってこなければ難しいものじゃないかな?

厳しい言い方かもしれないけど、
やりたいことが次から次に湧いてくる>>1みたいなタイプがやるとキャパを超えて物語が破綻しかねない。
ついでに>>1はこういう創作ものは初心者とか言っていた気がするから、結構厳しい気がする。

1113名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:24:42 ID:L29QDyMQ0
まああまりヒロイン候補が増えすぎたら戦闘で殺して処分するという方法も・・・・

1114名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:25:21 ID:LXpvMlXE0
サツバツ!

1115名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:26:32 ID:4VA.vktU0
好感度が高いヒロインが死ぬ(殺す)エロゲーとかあるしね!

1116七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 01:33:03 ID:0yYpysr60
うーん、ハーレムやっぱり難しいんですか……

完結まで行けるか不安になってきました……やっぱり今からでも文章の作り方を勉強しておくべきか……

……うん、アイス食べてこよう……

1117名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:34:54 ID:4VA.vktU0
気をおいすぎるようなこと言ってごめん
でも、がんばって

1118名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:35:31 ID:QLJSUGJE0
>>1のレスは…が多くて見づらいから少し減らしてもらえるとありがたい
…は結構のけても違和感なく読めるし

1119名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:51:23 ID:xOp2BoCE0
文字での表現の代わりにAAがあるから、AAの使い方に慣れていけば簡略に出来ないこともないんでは?作風次第だが
結果ハーレムになるのは全然いいと思うけどな。要は過程で納得できさえすればいいだけだし

物語と作者によって、ヒロイン少数かハーレムか得意不得意あると思うよ。
でもストパンだし可愛い女の子といろいろ仲良くなりたいって思うのは極自然なんだよなーww

1120名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 01:53:36 ID:kTkrQjKo0
可愛い女の子がいるから好きになってもらえるよう自分を磨こう、相手の為に行動しようって主人公は好きなんだが
可愛い女の子がいるから自分の事好きだという設定にしよう、ナデポニコポ洗脳しようってのはあんまな

1121名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 02:03:19 ID:c6YZReOU0
>>1が何を描きたくてスレを立てたのか、だろ
ストパン世界で殺伐とした物語を描きたいのならこのままでいいと思う
エロが入ると女の子落とすための物語になりかねないんじゃね? 安価あるなら特に

1122七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 10:41:09 ID:0yYpysr60
うーん、エロと言うよりもイチャラブなピロトークなんですけど……
ダーク一筋よりかは、二つ合したものが書きたいのであって

うーん……

1123名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 11:14:03 ID:GqhHkd2I0
固有魔法案を考えてみたのでどうぞ

【瘴魔変換】:ネウロイの放つ「瘴気」を「魔力」に変換する
この固有魔法は瘴気の存在するネウロイの周囲で自動発動し、ネウロイを弱体化させると同時に
仲間のウィッチ達の魔力を強化させる

【ネウロイテレパス】
テレパシーによってネウロイと会話・意思疎通を行う

【ネウロイマスター】
ネウロイを洗脳して仲間にし、召喚・使役する

【血清生成】
毒物・病原体・放射性物質・瘴気など、人体に有害な物質を取り込み、体内で解毒剤を生成する
この固有魔法を持つウィッチは毒物や病気では死亡しない
(仮面ライダーBLACK RXのバイオライダーの能力みたいな感じ)

【ネクロマンサー】
死者を限定的に召喚・復活させて使役する

【法則認識】
物理法則や数理的法則などの自然法則を実験や直接的に認識・解読できる


とりあえず自分の考えた固有魔法を書き出してみました
ネウロイに対抗することを重点に置いて考えてみたけど、原作でもネウロイに関する固有魔法を持つウィッチとかいてもいいと思うんだけどなあ

1124名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 11:22:20 ID:4VA.vktU0
そもそも、ウィッチとピロトークというか事後はいろいろ問題があるなあ
まあ、添い寝程度なら…………それでも、見つかったらいろんな意味でやばいけど。

>>1123
瘴魔変換と血清生成はともかく、他はネウロイは意思疎通できないタイプの敵としての設定だからなあ
世界観的にねえ、そこまで中二的な超能力なものじゃないような
まあネウロイ側に洗脳改造されて付けられた魔女の能力ならおかしくはないけど

1125名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 11:23:58 ID:GqhHkd2I0
ちょっと訂正

【法則認識】
物理法則や数理的法則などの自然法則を、実験や思考や考察を経ずに直観的に認識・発見・解読できる

1126名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 11:35:39 ID:GqhHkd2I0
>>1124
言われてみれば、原作でのネウロイ達の意思とかがほとんどわからない以上、
ネウロイテレパスはネウロイ側の描写が難しいかな?

まああくまで案だし、好きなように書いていいよね?

1127名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 12:26:09 ID:WRSV7m7U0
穴に棒を入れなくてもいちゃらぶトークはできるよ?
というかしないほうが、甘酸っぱい感じでいいんじゃない?

1128名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 12:34:08 ID:kTkrQjKo0
みんな奥手というか初心というかでキスが限界くらいでいいのよ?

1129名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 13:42:25 ID:GqhHkd2I0
そこらへんは>>1の好きにしていいかな
でも自分的にはエロはあんまり少ない方がいいな


あと固有魔法案の追加

封印系の結界魔法(仮
敵を特殊な結界の中に閉じ込めて捕獲したり封印して無力化する 封印した物を結界ごと移動させることもできる
(結界内部の空間を縮小してコンパクトに持ち運びできる機能もついてたらいいなと思うけど、そこらへんは>>1さんにお任せします)

結界魔法(仮
高温高圧の空間や宇宙空間、極地、ネウロイの巣の内部など人間が生きられない環境の場所で
結界を展開して、結界の内部を人間が生存に適した環境に変える

遺伝子の解読と操作
生物の遺伝子情報を読み取り、遺伝子操作や遺伝子改造を行う

共有(同化)魔法
誰かに接触することによって、接触した存在と自分(ウィッチ)の思考・能力・体質・特性などを共有する
長い時間この魔法を使うと、自分と相手の境界が曖昧になりお互いに存在が混ざっていく
接触方法は目を合わせたり会話や触るでもどのような方法でもいいが、接触が密になったり、接触時間が長くなるほど、共有度は上がっていく

1130名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 14:32:28 ID:GqhHkd2I0
ちょっと追加

共有(同化)魔法の共有する相手は複数可で

1131名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 16:14:13 ID:kTkrQjKo0
自分と他のウィッチの魔力を相互変換して受け渡し可能にするとか
自分を通す事によって自分や他のウィッチの余剰魔力を必要としてるウィッチに渡せる
ただし変換効率は1ではなかったり、あくまでパイプでありタンクじゃないので
許容容量以上に誰かに貯めることは出来なかったり

ところでもっさんのような例って魔力生み出せなくなってるのかね?最大容量が減ってるのかね?

1132名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 16:47:19 ID:4VA.vktU0
完全になくなっているわけではないけど、戦闘に使うならもう話にならないほど容量が激減してるんじゃね?
ある日突然なくなるんじゃなくて減っていく感じらしいし、20超えても一応は飛べる人もいるし
宮藤家と箒のおばあさんみたいに全く減らない人もいるみたいだし。

人にダメ出ししてばっかりだから一応固有魔法考えてみる。

【過剰回復】
回復能力を過剰に暴走させていびつな形に再生させ、もろくしたり致命傷を負わせる
早い話がクレイジーダイヤモンドの能力が暴走したのやマホイミ。

【魅惑の魔眼】
目にあったものを魅了する魔眼。
いわゆる、チャームの魔法
もちろん、ネウロイには意味がない。

【金縛り】
文字通りに動けなくする。
対象の力、大きさ、重量により負担は比例する。
なお、動けなくする部分を限定させることもできるが熟練が必要。

【動物操作】
普通の動物と操ったり会話できる能力。
ただ、ネウロイの瘴気で動物は簡単に死んでしまうために偵察ぐらいにしか使えない。

【魔糸】
魔力で作った糸
常識をこえる強度だが普通に縛っても相手が力が上なら引っ張られる
罠として使うにも空中じゃ設置が難しいし…………
とりあえず、縛ったらバルクホルンや同系統の能力の人に任せるしかないかな

【動作加速】
動作を加速させる
そのため、ものすごい速さで斬撃や射撃ができる
しかし、動作が早くなるだけで
ストライカーが早くなるわけではなく飛行速度は変わらないし
中から出た弾丸の速度も普通と変わらない。

【明視】
暗視とは逆にどんなに明るくても目がくらまずにものが見える

【空蝉】
忍者みたいに分身や身代わりの術を使う。
もちろん、実態がない分身で何かをそう見えるようにしているだけ。
もちろん、映像なので分身体が攻撃できるわけでもない、
映像を動かすには複雑な操作が必要だから、複数動かすともなると荒だらけになる

まあ、いくつかは即出や原作にありそう。

1133名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 16:57:10 ID:xOp2BoCE0
> チャームの魔法
> もちろん、ネウロイには意味がない
産廃ェ・・・ww

1134名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 17:00:38 ID:4VA.vktU0
そもそも、魔女全部のルーツが戦いというわけでもないから
ネウロイに全く意味がないものあってもいいよね(汗)
対人相手なら凶悪だろうけど

1135七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 17:17:28 ID:0yYpysr60
おぉ、見ない内にたくさんの固有魔法のアイディアが……ありがたく保存させてもらいますね

対人用ウィッチか……確かにいてもおかしくは無いが、至らいたらで各国の情報戦が激しい事に……

そんなことしている暇あるかねぇ……絶賛侵略中なのに

とりあえずエロなんかは遥か遠く未来のことだからもうちょい考えておきます……

そういえば、ネウロイコントロールと聞いてビッグダディ催眠を思い出した……久しぶりにラプチャーに行ってみるかな……

1136名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 17:23:26 ID:4VA.vktU0
チャームを味方に使って、脱走を防いだり、先頭の恐怖を和らげるとか…………
使う方も倫理的に問題があるから精神的にすれそう。

1137名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 17:27:25 ID:c6YZReOU0
昔は空を飛ぶのは「飛行」って固有魔法を持ってる魔女だけだったんだよな
当然その子孫の魔女も居るだろうけど、この時代で固有魔法「飛行」って完全に死にスキル

1138七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 17:32:25 ID:0yYpysr60
魔力があれば航空用ストライカーユニット、魔力が少なければ陸戦用がありますからねぇ……

あー、書き溜めが進まない……気晴らしに少しガンプラ作ってこよう……

1139七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 18:44:34 ID:0yYpysr60
あぁ、今日の投下は10時を予定しています……

昨日は安価の際に>>1の不手際のせいで迷惑をかけてすいませんでした

1140七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 21:59:03 ID:0yYpysr60
投下五分前……なんですが、実はまだ最後まで書き終わってないんです
なので、お見せできる場所が少ないので今日の投下は非常に短いです……

すいませんでした……

1141名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:00:46 ID:4VA.vktU0
いや、そこまで謙遜しなくてもいいよ

1142名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:01:21 ID:xHqsAdyc0
少しずつでも定期的に投下してくれるなら、読者は残る。ダイジョーブ

1143七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:01:48 ID:0yYpysr60
とりあえず、投下してきます……






             ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
          r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
         /  {r3!}             !=彳li  il
       |  /`´                l l  il、
      /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il         ヒック……グスッ
      / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il
      / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il
.    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il
    .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il
    li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
    li    ‖  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il
    l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
    l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
     l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
    / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
   / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
  / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
 ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }
!   l    て l     / r-'' l      !  l    /   }
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その後、必至の説得が功を制したのか。 なんとか少女は泣き止んでくれた……

┃紅く腫れた目に涙を溜めつつも、写真についてもう少し詳しく話してくれた

┗と言うよりかは、泣くのをやめてもらう為に話を聞かざる得なかった。

1144七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:03:28 ID:0yYpysr60



      //y        _          \
    r''´Xメ}) / /  /           \\
   ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
  / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
  | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
  | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
  |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ
  |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
  |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
  | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /
  | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
  .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
   ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
   |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
   il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
   |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
   | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
   /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃話を纏めるとこうだ。

┃彼女はカールスラントに留学しにきていた子で、家族は全員リベリオンにおり、物理的に
┃家族とは会えないでいた。そんな彼女を心配した家族は「自分達を思い出せるようにと」家族写真を
┃プレゼントした。

┃それが彼女の言っていた大切な写真らしく、それを今朝の襲撃から避難する際に持って行くのを忘れていた
┃のに気付いた彼女は自分に宛がわれた部屋にまで取りに戻った……こんなところだろうか?


1145七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:05:21 ID:0yYpysr60
あ、説明し忘れてましたが、カールスラントは国で言うとドイツで、リベリオンはアメリカです。つまり、アメリカからドイツへ留学してきた子です






               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ      ……あぁ、もうやめよう。考えるのは止めよう。
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃だが、どんな事情があろうが青年からして見ればとんだとばっちりであるのは変わりなく
┃自分にとってはいい迷惑だった。

┃……が、古今東西女性の涙に敵う者は存在しない。

┃その例に漏れず、彼もまた少女の涙に負け、その「お手伝い」をする羽目になっていた


1146七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:06:17 ID:0yYpysr60
            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',         それで、写真はまだ部屋の中にあるんだね?
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l










               .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
        ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
      /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
      /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ
    〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
    i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l
    |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {        は、はい……
    |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
    |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ     この部屋の外には持ち出していないので
.    八.  |   | ノX 必\λイ─  .,:ィだ心t、|  .'     /   i   )     必ず中にあるはずなんですけど……
   /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
.  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡         , , , , /  / /   /  / /{
./  ノ   }  \. !))   ,         =彡イ   / ./ /{八
  ./    ノ  / ∧    __     r─l/  r‐─--、,/ /\ \
  /    /  / ./ }丶.   `´    l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
 {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
  }  〃    / { r──-マ r〜7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
 /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
.  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
 /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
'  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }

1147名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:06:19 ID:045cZHFQ0
故人じゃなくてまだ生きてる家族のか…それならまた撮ればいいんじゃね?
写真探して死にましたじゃ家族も不幸になるし

1148七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:08:13 ID:0yYpysr60



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ       部屋の中、って言ってもねぇ……
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|







                                         |
                         ___________  |
                              | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  |
                             ゙r''⌒T⌒⌒TT⌒⌒T⌒V   |
                         |: : :.{    | |    !: : : |   |
                         |: : : :i    | |    !: : : |   |
        ______           |: : :./    | |    ヽ: : |   |
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::\        :仁.コ===| |==={k才  |
      |::|三三三丁三三三|::|         |:.,ハ     | |     ,イ: :|   |
      |::|::::::r=z:::::|::::::r=z:::::|::|         |: : :.i     | |    {: : : |   |
      |::|======个======|::|         レ''~`======゙ヾハi  |
      |::|::::::r=z:::::|::::::r=z:::::|::|                      r=、、
      |::|======个======|::|:          ,ィァー──── 、‐ <,ハ. | |
      |::|::::::r=z:::::|::::::r=z:::::|::|         | |{ _ _ _ _ _ヽ  V〉 | |
______,|::|三三三王三三三|::|_________,| |廴_______|_| ̄| |
      |::| :::::::::::::::::::::::::::::::::: |::|         |_|─────────‐f|_|
      `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´                             \
                                               \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そういってちらり、と部屋全体を見回してみる。

┃服を入れておくためのクローゼット、窓際に置かれたベット。そして前の部屋主の
┃趣味だと思わしき本棚にカールスラント語で書かれた小難しい本がずらりと並んでいる

┃あとは小さい机などが数点、写真ケースが置いてあったらすぐにわかりそうな物ばかりだ


1149名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:08:23 ID:FcP.M9mU0
アグネス「だから私の少女を思う涙に勝てなかったのね!」

1150七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:10:00 ID:0yYpysr60
                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ         で、でも絶対に部屋の中にあるはずなんです!
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi        本当なんです、信じてください!
             /   /  ヽ卜辷r" :   u. { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(   cっ   人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八
             /   /  ヽ卜辷r" :   u. { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(   cっ   人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\






         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\          あーはいはい。分かりましたよ。信じるから早く探そうか
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |         二人がかりでなら見てなかった場所も分かるかもしれないし……
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|           は、はい>
  {   {         \`7ー┘!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃女性を泣かしたことに負い目を感じているのか。それとも早く戻るための口実か
┃少なくても自発的ではないのは確かなのだが、そんなこと今に限ってはどうでもいい

┃青年と少女はもう一度手分けして部屋の中を漁り始めた



1151七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:12:41 ID:0yYpysr60


   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\ガサゴゾ
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
  ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\          えーっと、革のケースに入った写真か……
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そういうと青年は本棚の方へ歩み寄り調べ始める

┃調べると言ってもただの本棚には写真ケースを置くスペースなどは無く
┃ただ綺麗に並べられた本を尻目に周りを探していく

┃……だが、本棚の周辺にはケースと思わしきものは何一つ無かった


1152名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:12:44 ID:4VA.vktU0
そんな大切な写真の置き場所がわからなくなるって…………
もしかして下宿先の奴が嫌な奴で隠されて今しか探せないとか?

1153名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:14:10 ID:HjYLqC1.0
写真はあきらめて逃げた方が…

1154七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:14:15 ID:0yYpysr60
                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',       えーっと、えーっと
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_| _i .|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j.l | | ,ハ     | │    ヽ
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--.ゝ.ゝ ┏━━┓l‐| ゝ \|  ゝ \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j U    ┃┏┓┃lヽ  \      \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ       ┃┗━┛l│ |  \. \   \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト .  ヽ.  \
 /     , / ' /  ハ) )   U    ′  し . ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_      ヘ    .,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー- 、 `´  ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少女はクローゼットの中を探す、と言うよりかは漁っているの方が正しいのか
┃中にある物をひっくり返して底の方まで見ている

┃だが、いくらなんでもそんなところには写真ケースは無いと思うんだが……

┃そう思っても青年は口には出さず、さっさと次の場所へ移動した


1155名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:14:16 ID:XpXkVFyE0
ありがちなのはベットの下や本棚の裏に落ちていること

1156名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:15:37 ID:QLJSUGJE0
あと下着の棚にもありがちだな

1157七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:16:10 ID:0yYpysr60
>>1156 ファッ!?





           | |==============| |
           | |                    | |
           | |                    | |
           | |                    | |
           | |______/ ̄  ̄ヽ___| |
          / ̄ーユ¨‐‐- 、_   (____ノ    /| |
       _/      ` ヽ__  `-          /  | |
___ /         `ヽー、}        /  /| |_____
    ノ                 ヽ__  `ヽ. /  /  | |
  /                       ノ|  /
/                        / |/
|      .|         |        .| | |
|        |     .|   .|         |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃次と言っても場所は限られている。青年はベットの前まで来ると、
┃シーツをめくって何かないか確認するが、本当に何もない。

┃枕の裏も確認するが……ここもハズレだった










     ____
   /      \
  /  ─    ─\         本棚にある訳ないし、ベットにはそれらしき物は無かった
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       あとはクローゼットの中だけ……
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |          あ、ありませんでした……>
.\ “  /__|  |
  \ /___ /          うん、だろうと思ったよ。

1158七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:17:34 ID:0yYpysr60





    / ̄ ̄ ̄\
  /        \          ベットにもない、本棚にもない、クローゼットにもない
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/           と、いうと後は……
 /  (丶_//// \





        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \        ……下か?
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃手詰まりだ、さてどうしようか

┃そう思い悩んだ直後、青年の視線が目の前にあるベットの下を捉える
┃ベットの上なら見たが、下はどうだろうか?もしかしたら少女も見ていないかもしれない

┃腰を下ろし、垂れたベットシーツをめくってベットの真下を確認する


1159七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:19:41 ID:0yYpysr60



    ,;≦´`ヽ
  ,;≦´;;;;;;;;;;;;;;;;!
ri'´_`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
||| | l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
||| | l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
||| | l|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
||| | l|;;;;;;;/i/
||| | l|;;;;;;i/
ゞ⊥ノ!_/











                    > ―===ー -ミ 、
                    (( 彡 ´             >((
               {薔}/            \   {薇}
              /  /  !             \    \
.                 ,:' /. / l .|   l l l l l       \    ',
              ./ / i / .l  ! . l l l l l l l     ! \   .ハ
           / / /   ハ | l l l l l l l l  l  人  \  ハ
             .,' i/  /ir-li= = l 、.|.| l-.l=‐l-ミ.l  l.\  \  ヽ、
            |/  /i rノハヾ ヘ!l .ゞ ソ l  l_l_  l  l  .l\\ \  \
           /  / .ハ/ ((公リr  〉   ,ィf〒芍ミvゞ l  .l  \\ \  \
.           /  / /ハ. ヽ ヽヘノノ 、         トh 、l   \\ \  \
.        /  / /  l V. l\_ / _  //////// 从 .ゝ、    ) )  )  \
.       /.   レ´   .l  V.ハ ))  f´  `ヽ     /ノ l l  )  // メ、     )
  > ´  / .| li  / ゝ _).∧ソ.   V   /      / /// ..人/./ ./   l   /
/    /  .ノ li >´ ̄ミx. ∧   `ー ´    /ー.r´`y/ .l/  .|  /  (
    , < x彡  //     ..`x . ゝ 。 _ 。  <  _ '   `ヽ、 .l   | /    )
≧彡  / . //         ',   .∧r‐、r‐-、.>/ ん、   ゝ l   ノ、    /
    /  / /           ',   .∧ノ ハ_/// /Y.l   il.  .人  \ .   l
  .メ  γ´ ::::li       .ゝ、   ',   ∧ // ./  / /..l   il ../ .l   リ  .l
   / (   ::::li          ..X   .',   Y ./ ./  / /  l   il     .l  /   リ
 /   .V  :::li       \  `>、',   .|       ,'  l   il   .人/   /
       V .:li        \    \  |      .l   l   .il  ../  l   (
      ..>:li         .\    ∧.|      .l  .ノ   .il  /  ハ     )

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ビンゴだ。

┃ベットの下に隠れこむようにして置いてあった茶色の写真入れを見て呟く。
┃隣であたふたしていた少女に見つかったことを知らせ、手に取った写真入れを
┃渡してみる……途端、悲しそうな顔が綻び、喜色満面の笑みになった。



1160名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:20:50 ID:HjYLqC1.0
それが少女の見せた最期の笑顔となった…

1161名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:21:54 ID:QLJSUGJE0
この時は思いもしなかった
これが後に重大な事態を引き起こすことになろうとは

1162名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:22:28 ID:FcP.M9mU0
そんなにメインヒロインアグネスがいいのか、そうか

1163七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:23:20 ID:0yYpysr60
そんなにフラグ経てなくてもいいですよ……? もう既に詰んでいるようなものですし





    〃  .′  ./                     、  ‘,
  i {{   {   ;′    /                   }   ‘,
  { ゞ、  {   :{     ;′             }     :}ヽ   :}
  {  マ≧i{、 .:{     :{      ___     ,}      :} }   }
  {   `¨¨`ヾ,.:{      :{    r≦´ ̄ヾ}   / }    ;′i}  :}       これです……本当にありがとうございますっ!
  {',  {    }}:{  r―┴―,,イ}´    ノ'  ;′i}     ;′ i}  :}
  {‘, 人 / ̄ ̄/    /{乂:   /  __/__i}__ ′ i}  :}        本当にお兄さんのおかげでです!
  { ゝ  { ∧厂 ̄ ̄У} { \  ,イ  ´ /   }  ./`ヽ i}  :}
   ,   \∨ Ⅵ ,∠},ノ {ノヽ i}  {{    /     } ./     }  ′
.  八.   /  /,人乂}´  」  } /  ゞ、 .;′´ ̄ ̄};′    } .:′
\   \´ゝ  ゝ--`¨¨¨´ }__人{\   / ,.r=======ミ、_,   }/
  {\.  \ \{\___,ノ  /  ヽ/  ゞ''´ ̄ ̄`''<;,ゞ´ i} /
\{ }i\.  ヽ {\ 人__/                    / /
  ,イi:  \ ‘, {{ \}                         ,.' ′
../ i!i   }\i} ゞ、´´´´´  〈     ´´´´´´´´´´´  / /
   :|i   , 八 }}                    /  ,イ
   :|i:   {   メ、     、___          /  / i{.   /
   :|i:  人 ,/  >。   \     フ   /  /  -―一'
   八./  ヽ        >。  ゝ   ´     ;′ / ´
 //    ./ ̄`ー一´ ̄ヽ>。.        { 〃/
´/  r‐</         }\ ` ー‐一 ''' ´∨'./
    {   \          人 ヾーr==ミ/`ヾー厂 ̄`ヽ
.    ノ                {   /    ´      \



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃写真を大事そうに胸に抱え込むと、感謝の言葉を述べる少女。
┃そうとう喜んでいるのか、このまま放っておくとその場でクルクルとこ踊りしそうなほどだ。

┃お兄さん? と言う少女に一瞬戸惑ったが、青年は自分の名前を知らないのを
┃思いだし、特に何も言わなかった。 突っ込まれるのも面倒だし、可愛い子に
┃呼ばれるなら別に悪い気はしない


1164名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:24:08 ID:xHqsAdyc0
そして、名前も知らないままに・・・・

1165七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:27:17 ID:0yYpysr60
そんなにアグネスが良いんですか……?  好きなら結婚してしまえばいいのに……アグネスも嫌いじゃないわ!っていってましたよ?



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \         あぁ、うん、。 いや、喜んでいるところ悪いけどさ
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l        写真も見つかったなら、早く防空壕に避難してもいいかい?
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|











               .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \ シュン……
        ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
      /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
      /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ
    〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
    i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l       ぁ、はい、すみませんでした……
    |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
    |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
    |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
.    八.  |   | ノX 必\λイ─   ,___ |  .'     /   i   )
   /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
.  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡             /  / /   /  / /{
./  ノ   }  \. !))   ,        ,=彡イ   / ./ /{八
  ./    ノ  / ∧ u           r─l/   r‐─--、,/ /\ \
  /    /  / ./ }丶.   ´ `   l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
 {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
  }  〃    / { r──-マ r〜7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
 /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
.  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
 /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
'  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }

1166七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:29:37 ID:0yYpysr60



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',       うん、ごめんね
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l      こう見えてもさ、心の中が結構いっぱいいっぱいで……
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の心の中ではネウロイに対する恐怖と、防空壕の中に居る奴等……
┃自分を生贄として祭り上げたババアと教師を筆頭とした糞野郎どもに
┃たいする怒りがごちゃ混ぜになって渦巻いている

┃少女に罪が無い。 それなら、他の人に罪を背負ってもらおう。
┃ちょうど防空壕で自分がそうされたように……



1167七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:31:59 ID:0yYpysr60




               _____
             /           ヽ
           /               \           もうここには用は無いよね? それじゃあ行こうか、
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ        防空壕までついてきてね
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|







    `ミレ_____/三ニ   −    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |          はい、お願いします
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |−ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃例え防空壕に戻ったとしても、何か一悶着あるかもしれないが。いや、
┃むしろ自分が起こすかもしれない。こんな目に遭ったんだ、ババアの一人や二人殴り倒しても
┃それは正当な報酬となりうるだろう

┃そう思いつつも青年は少女を引きつれ部屋の外へと出た



1168七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:33:58 ID:0yYpysr60
         \______/ ..::::::::;;;;;;;;;;
          . |. ..┌- ... _ .|...:::::::::;;;;;;;;;;
     .      |. 「 |::::::::::::|::::|.:::::::::;;;;;;;;;;
      .     |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,
.           |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
    .       |. | .|::::::::::::|::::|::::::::::::::::;;;;;;;;;;
          . |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::::;;;;;;;;;
       .  _l___|_.|::::::::::::|:::」:::::::::::;;;;;;;;
       /=======:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;,,,
 .     /f────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
    .   /ト─────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     /. |  : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
 .   /[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,
.     / | . . : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
  ./  . . ... ..:: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;






            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少しあとをついていく少女を尻目に階段を降り、あの薄暗い玄関まで降りる

┃ここまでくればあとは簡単だった。少女を引き連れて、防空壕にまで戻るだけ。
┃そう考えると心に余裕が生まれてくる。そう、周りを気にするほどには

┃玄関の扉から一歩踏み出した……青年はそこで異常に気付く


1169七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:35:23 ID:0yYpysr60




                    ____
                  /      \
                 /          \
               /  -一'     ゙ー- \       あれ……?
              / / ,==、ヽ    /´,=、ヽ \
            / u ( (:::::::::i l    l i::::::::) ) \
            | .   ヽ_ `ー´ノ   ヽ`ー´_ノ   |
            |  ''"⌒'(    . i    )'⌒"' u |
             \     ` ┬─'^ー┬'     /
              \     ヽ、::::::::::ノ   _/
               ∨、 {{`ヽ. ̄ ̄ ̄_. イ.ー' {_
              _,,-,∨、}}  {ト,;;;;;;;;;/ } ./ゞ〈::ヽ
          _,..-.:" ヾ、..:.:ゝ\。 | l.| |。〃、く.:.:.:}`::..、,,_
      _,..-.:"       ヽ.:.:.:}}`| .|.i | ´/ /.:.:リ   .  `i:ー.,
     ,´ー-、:         ':.:´ヽ .| l | //.:.:.:.:/     :i:::::::',
     l:::  `::、         i.:.:.:.:ヽ,|| |/.:.:.:.:.:.:/       .l:::::::::',
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何かと言うと……足りないのだ。

┃ほんの少し前に玄関に入った時とは何かが違う、些細な違いがある。

┃足を止め、そこで考える。自分の周りには、なにかが足りない……



1170名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:35:36 ID:4VA.vktU0
すくなくても、十分は費やしているだろうからな
致命的だな

1171名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:35:51 ID:QLJSUGJE0
むせるが足りないな

1172名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:36:49 ID:FcP.M9mU0
銃撃の音が足りない?

1173七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:37:00 ID:0yYpysr60
...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ここで待っててね」

┃少女を扉の向こうにおいてきたまま、外へと出てみた。そして辺りを見回す

┃相も変わらず家の前には先ほどと同じく無人の道が続いているだけだ

┃なんだ? 何が変わったんだ? 必至に違和感の原因を探していく……

┃そして青年は気付く。違和感の正体は音だということに


1174七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:38:24 ID:0yYpysr60
                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \         そうだ……音だ。 銃声が止んでる
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何時からだろうか? いつの間にか広場の方から銃撃音がしていない

┃おかしい、家に入るまえまでは確かに広場の方では銃声が響いていたのに……

┃それがどうだろうか。自分の周りには風が吹く音はおろか、物音ひとつさえしない。
┃街には奇妙な静けさが漂っている



1175名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:38:36 ID:4VA.vktU0
ああ、無情
置いていったことも裏目に出そうなぐらいやばい

1176七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:41:20 ID:0yYpysr60




          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃勝敗がついたのか? もしかして、伍長たちがネウロイを撃退したのだろうか?

┃そんな希望的観測が頭をよぎるが、それは自分に都合の良すぎる考え方だ
┃その逆の可能性だってある。ネウロイ達の手によりカールスラント軍が壊滅したかもしれない

┃止めてくれ、そんなこと考えたくない。 頭から血の気が引いて行くにが分かった



1177七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:43:31 ID:0yYpysr60



               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \          どうしよう……とりあえず防空壕まで行くか?
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|         いや、でも……
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分の状況が分からない以上、下手に動くのは危険かもしれない。
┃だがらと言ってこの場で二人して留まるか? と言われると判断に苦しむ。

┃一体どちらが安全なのか? 一人ではない、彼女も抱え込んでいるんだぞ

┃青年は額に手を当て、どちらにするか考えていた。








               _____     |/
             /           ヽ    ─
           /               \
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ       ……ん?
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|

1178名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:44:57 ID:4VA.vktU0
まりもちゃん的な展開かな

1179七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:46:24 ID:0yYpysr60
マブラブの衛士強化服をみてエロさを感じて喜び勇んで画像検索して絶望したのは私だけではないはず……






...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....      ヒュン……ヒュン……
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その時だった。無音だった通りのどこから奇妙な音が聞こえてくる



1180七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:48:45 ID:0yYpysr60





            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',        なんだお、この音?
     l                  /   .l
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l        ひゅんひゅんって……なんか飛んでるのか?
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l












                  /´         \
              ___,  '´               `ヽ 、   U
       ..      ,,. ´         U             ` ー- 、
           ´        ___         ___         \       ……え、待って、なんか近づいてきてないか?
           /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',      音も少しずつ大きくなってるし……来てるよな…?
           {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }
           .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /
       ..  U   >-ヘ -‐          ,    ----‐->=イ
            /                      ヽ
           /    U      i、           }
           {           /ヽ           /
           ヽ、        /  ヽ、       /
           │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
           ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
                  ` ̄´

1181七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:51:32 ID:0yYpysr60




...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....      ヒュン…ヒュン…ヒュン…ヒュン
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の言うとおり、通りに響いている音はその間隔を狭めている。
┃少しずつだか確かに大きくなってきている、これは聞き間違いではない

┃不気味な音は徐々に青年の近くにへと向かってきている……

┃ドクッドクッと心臓の音が頭に響く。自分の鼓動が早まっていくのが分かった


1182七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:53:32 ID:0yYpysr60




           ____
         /       \
        /u  ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '











...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....      ヒュン…ヒュン…ヒュン…ヒュン
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃正体不明の音が近づいてくるにつれ何処から鳴っているのかが分かった
┃その音は正面。自分の位置から少し離れた場所の路地裏から低いうなりを
┃あげ、不気味な飛行音をちらつかせ、近づいている……

┃鼓動が痛いぐらい早まっていく、額に汗が垂れはじめる。


1183七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:57:00 ID:0yYpysr60

           ____
         /     u \
        /u  ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '











...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....      ヒュンヒュン…ヒュンヒュン…ヒュンヒュン
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"

1184名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:57:28 ID:Vi/B3fJA0
やかんを持ったアグネスが!

1185七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:58:22 ID:0yYpysr60



...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....      ヒュンヒュン…ヒュンヒュン…ヒュンヒュン
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"

1186名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 22:58:45 ID:HjYLqC1.0
とりあえず逃げた方が良くね?

1187七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 22:59:59 ID:0yYpysr60



...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....      ヒュンヒュン…ヒュンヒュン…ヒュンヒュン
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..iキィィ   |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†_ γ:⌒ i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/  {|: : / |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:/7⌒Y |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.〈。/´ |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"

1188名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:00:32 ID:V73bXNsE0
アカン

1189七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 23:01:30 ID:0yYpysr60








           ____
         /       \
        /   ─     ―        ……あっ
      /     ( ○)  (○)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前にある路地裏の向こうから、黒光りした何かが見えた

┃それを見た瞬間、鼓動が停止した――心臓が握りつぶされたような錯覚がした

┃何も聞こえなくなった、自分の心臓の音さえしないほど、頭が真っ白になった




はい、今日はここで終わりです

1190名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:02:03 ID:HjYLqC1.0
乙でしたー

1191名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:02:04 ID:NeGg6EnE0


1192名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:02:10 ID:QLJSUGJE0
っ乙
黒光りするあいつか

1193名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:02:55 ID:kTkrQjKo0


1194名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:03:07 ID:4VA.vktU0

軽くホラーな引きでわ

1195七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 23:04:21 ID:0yYpysr60
土曜日と比べるとに日曜日って人って少ないんですかね……

ちなみに、最初の案だとここから出てくるのは伍長さんを一掃した陸上中型多脚のキメラさんでした

1196名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:06:34 ID:XpXkVFyE0
乙でした
日曜でも人が多いスレはありますよ

1197名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:08:15 ID:QLJSUGJE0
まあ人の数なんて結構変動するもんだ

1198名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:08:57 ID:HjYLqC1.0
安価なかったしね
キャラ安価とすると一気に増えると思うw

1199七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 23:10:19 ID:0yYpysr60
時間帯が遅かったんですかね……? 
まぁ、こんなスレに見に来てくれる人が数人いるだけでもありがたいんですが……

人も居ないならキャラ安価は次にしますかね……

1200名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:10:38 ID:GqhHkd2I0
乙でした
まあ短かったから

1201名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:12:14 ID:glhnlYOk0
乙です

1202名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:12:20 ID:xHqsAdyc0
んー、平日の方が人は少ないと思うよ?

1203名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:12:30 ID:xHqsAdyc0
おっと、乙

1204名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:16:25 ID:xOp2BoCE0
安価無くて、プロローグが終わってない段階でこれだけいれば多いと思うけどな。

1205七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/21(日) 23:17:50 ID:0yYpysr60
……うん、めげずに頑張って行こう


>>1の独り言なんですが、バイオショックの新作がそろそろ出ますよね。
わたしバイオショック1.2の世界観が凄く好きだったんで楽しみにしているんですけど、いろいろ変っちゃったんですよね……

あー、プラスミドで文章を各速度が速くなるのとかありませんかね……

それか手先が器用になる奴……ガンプラを創るのに欲しいです……

1206名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:20:08 ID:xHqsAdyc0
バイオショックのビックダディが凄く格好良いと思うんだけど、AAどこにも纏められてないんだよね
4〜5枚見た事あるんだけど

1207名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:20:58 ID:5AfIUdns0
乙ー

1208名無しのやる夫だお:2013/04/21(日) 23:58:13 ID:xOp2BoCE0
要らない心配なんだろうが、この文章量で続けられるのかちょっと心配だな・・・
展開考えてるだろう最序盤で、作るのが結構大変って言ってるし。
緻密に描写するところと、簡略にするところである程度メリハリつける、というか選択するのがどうかな。

偉そうに書いてすいません。

1209名無しのやる夫だお:2013/04/22(月) 00:09:29 ID:ZNAsXx0U0


1210名無しのやる夫だお:2013/04/22(月) 00:46:33 ID:RM5GoV3k0
いつも同じ時間帯に投下する様にしたら、読者数は安定すると思うよ?

1211七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/22(月) 08:55:13 ID:zyXwo/ik0
た、たしかに文章はシステム文を使うやのと使わないの分けた方がいいですよね……

今からでも取り入れてみます


時間に関しては今は書き溜めしなければプロローグが終わらないので不定期にならざるを得ない……

1212七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/22(月) 20:32:00 ID:ggWkkSUU0
ぬぅ……忙しくて書き溜めが進んでいません

投下は週末あたりか、金曜日に頑張って投下して見ます

遅れても申し訳ありませんです……

1213名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 00:29:57 ID:S4JRDtWQ0
りょーかいー
リアルを大切にね

1214名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 17:47:07 ID:nZp//rqI0
増幅回路
他のウィッチに少量の魔力を流し込んでそのウィッチの出力を大幅に上げる
当然出力上がる分使用魔力も上がるしそれを自分が負担することも出来ないが
そのウィッチが本来出せないパワーでシールド張ったり魔法を使用したり出来る

今更遅いかもしれんが回路の授業中になんか思いついた

1215七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/23(火) 20:13:02 ID:xUUYegWg0
他のウィッチを強化する……サポート系の固有魔法としては鉄板になりますね……

ですが、それに近いのをアニメ主人公である芳佳がやってるんですよね……若干二番ぜんじみたいな感じがしてしまいますが、それでも使っていきたいですね……


そういえば使い魔にはペンギンって含まれるんですかね……、あいつら一応は鳥だし、陸地に住んでいるのが多いから不都合はないと思うんですが……

1216名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 20:32:22 ID:VdF03NbQ0
鶏、ダチョウ、ドード鳥、七面鳥、ヒクイドリとかも鳥だけど飛ぶイメージはあんまりねえな

1217七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/23(火) 20:41:47 ID:xUUYegWg0
鳥と言ったら鳩とかでもいいんですけど、いかんせん公式ででている鳥系のウィッチってハヤブサとか鷲とかですからねぇ……
弱く見えるっているのはかわいそうですけど、エース級と比べるといかんせん厳しいものが……

1218名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 20:49:30 ID:LlAOMkRA0
ペンギンは外見オプションが付かないのが辛いかと
まさかクチバシって訳にもw

1219名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 20:50:36 ID:5m/FKzL.0
おれはここでキウイが言いと言ってみよう

1220名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 20:52:51 ID:XGTKnkKc0
カラスって誰か使ってたっけ?

1221名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 20:53:23 ID:VdF03NbQ0
イワトビペンギンならわかりやすい特徴があるね。
あと、ヒクイドリはかなり強いというか危険。
ハシビロコウというある意味最強の顔の鳥が…………
まあ、ネタが強いだけで結構愛嬌のある顔しているような気がするけどね

1222七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/23(火) 21:03:26 ID:xUUYegWg0
たしかペンギンの腕みたいなのって翼が変化したものだからあれを頭に付ければ……

ちなみに>>1が決めている使い魔は鳥類では鴉、フクロウ、ペンギンですかね……

あとは羊と蝙蝠、カンガルーとかの動物なんかを予定していますが、まだどれを出すかは未定です……

1223名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 21:05:06 ID:5m/FKzL.0
キウイかわいいのにw

1224七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/23(火) 21:06:51 ID:xUUYegWg0
>>1223 だって、あれだと頭にキウイを二個乗っけているウィッチを想像しちゃうんだもん……

1225名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 21:13:26 ID:PYHH.meg0
誇張抜きで蹴りが人間を殺せるレベル>ヒクイドリ

1226名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 21:20:13 ID:XGTKnkKc0
英語だと格好良い名前に感じるアルバトロス

1227名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 21:20:23 ID:VdF03NbQ0
ヤマアラシも結構危ないよね
使い魔がヤマアラシだったらビジュアルがサイヤ人みたいになりそう。

1228七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/23(火) 21:25:20 ID:xUUYegWg0
ネウロイを足蹴りで倒したら兵士が真顔になっちゃうぞ……

少し前に話した中国のことなんですが、国としてはないですが、大陸として存在しています

ナンデかと言いますと、扶桑海事変って「扶桑海」と言っていますが、ネウロイとの戦いは中国の浦塩でもありました。そっから扶桑海へと流れてきます

中国は扶桑の領土として描かれているので、浦塩では坂本さんやら竹井さんたちがお買いものする描写もありましたし……

この設定をついさっき思い出しました、

1229名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 22:18:45 ID:VdF03NbQ0
まあ、殴り倒した人も石槍や透析で戦うのもいるんだし

1230名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 22:36:15 ID:ebFk4TIk0
バッタを使い魔にしてライダーキックしよう(提案)

1231七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/23(火) 22:48:53 ID:xUUYegWg0
>>1229   この人はウィッチのカテゴリから外れてますよね
        さすがは数少ない変態陸上ウィッチ、半端ないですね、できればその胸を少しでもいいからエイラに分けてあげればよかったのに……


                        ¨ ̄¨
              /            \
                           \丶
              / /             、\ |     ←エイラのお姉様
      .         /     //  |\ l| !  〉|
            。   / /  x仏イ    |  )ノリ  八
           。o / /   厶斗  /   |  /  、
     .     ○//{   /汽戎乂(  气戎,|/ イヽ \
               { ∧ハ : : 、  : : : |/  ! |\}
             人{  ∧   -一' / / 7 |├-
           _        {  ≧=-   イ   | |   ′
       i   \   }八{   } |       | | ノイ              、
       }     、/    / |       | |   -┬         ,  \
       / ,! l |、 ト-'    ,_/ |       | | ヽ|   ”¨“ ‐-{     |
      {八_j_j }ノ    //     /   ′ 、 ,}|               八
       | }//,}   / /    \ _j_ /     ‐-┤     , -‐ ′ /
          }//∧/   {               |    (/ , 、
         ∨///∧    丶             j     {_j_{ }_j、_}
        |/////∧   }            /、
        |//////∧   `‐-‐-‐〜'`…━冖   \
        l//| ̄   |       }    `
     ‐- ┤/|    |       }               ノ\
 /   >-‐-'./_!、    |”¨“ 、/` …‐-‐…・・・ “     、
. |            ノ!      \              -‐… …‐- 、
八                 \      \ -‐=‐-‐=ァ′        \
  \               ‐-  _}、    /  ,.   ¨” ̄”¨” ̄ \
             -┬=ミ      >-‐ ′´            }
            ‐-{       ”¨” ̄                     ノ
           \   }                _    -‐
                 ` ┴-―…・・・   “¨” ̄




>>1230 やったらウィッチの足がスポンともげてしまいますがいいんですかねぇ……?
      冗談はさておき、キックでネウロイのコアを撃破したウィッチはいたような気が……
      誰だっけ……赤ズボン隊のマルチナ・クレスピですかね?

1232名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 23:35:07 ID:1zyskf260

ティラノサウルスとかトリケラトプスとか……
「失われた世界」のギアナ高地や「キングコング」の未開の島みたいな所に生き残ってた事にしてさ

1233名無しのやる夫だお:2013/04/23(火) 23:45:26 ID:Fba2NGrk0
なんかワンピースの悪魔の実みたいなことになるんじゃないか?ww
ツチノコとかチュパカブラとかのようなw

1234七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 00:12:00 ID:1.oLbiBQ0
うーん、たしかに面白いんだけど、恐竜とかは世界観とかをかんがえるとなぁ……



というよりもどうやって契約すればいいんだ……使い魔との契約はお尻タッチが必要なのに、小女がティらのザウルスのお尻タッチとか難易度が半端ない……

1235名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:13:44 ID:lYU597P60
イルカとかの水棲生物とか

1236名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:17:31 ID:x.AGkVrY0
じゃあ、ワニやサイに…………どっちにして萌え的にも絵的にもいろいろおかしいな

1237七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 00:19:43 ID:1.oLbiBQ0
使い魔を放し飼いしなければいけないと考えると、沿岸部に基地があるもしくはでっかい水槽が必要になってくるんですよね……

1238名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:25:03 ID:oB8GE9cQ0
使い魔システムの「動物」の範囲ってどのくらいなんだろう

1239名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:27:19 ID:HjmSjjaQ0
あれだろ、エヴァのペンペンみたいに冷蔵庫とか

1240名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:28:32 ID:lYU597P60
昆虫とかもいけるんだろうか
かぶとむしとか

1241名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:30:34 ID:sWL0IXP.0
1:動物全て (虫なども含む)
2:脊椎動物 (魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類)
3:肺呼吸する脊椎動物 (両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類)
4:恒温動物 (鳥類・哺乳類)

本編だと哺乳類と鳥類しか出てないから4かもしれないが、
爬虫類や両生類が好きな俺としては2か3がいいな

1242七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 00:30:36 ID:1.oLbiBQ0
カテゴリとしては動物に入るならなんでもだと思っています。ただ、契約するまではただの少女なのでたいていのウィッチは
猫や犬が多いですね、

大型なら馬やクマー、鳥なら隼や鷹などがいます、砂漠に行けばラクダのウィッチも居るかもしれません……

>>1は知らないですが、虫とか爬虫類のウィッチって居ましたっけ……?

1243名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:32:24 ID:iVHX9c3w0
アフリカ方面からとか砂漠のあるとこ出身ならいけるな、ラクダ。中東はないのが惜しい。

1244名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:36:00 ID:x.AGkVrY0
牛なら合体している間だけ巨乳になる貧乳娘とかそそられるな
使い魔がハダカデバネズミだったら…………

1245七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 00:45:08 ID:1.oLbiBQ0
>>1224 牛による乳変化……それ使いたいです、魔乳ほむほむと貧乳ほむらを使い分ければがぴったりな気が……

ハダガデネズミってなにかありましたっけ?

1246名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:48:53 ID:oB8GE9cQ0
体毛が無い…
パ○パン?

1247名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:49:41 ID:x.AGkVrY0
ハダカデバネズミ
ってとにかくブサかわいい(オブラート)ぐらいしか
あと、ネズミだから地中に穴掘って生活し
特徴的なのがアリやハチのように女王制

1248名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 00:51:09 ID:sWL0IXP.0
ttp://www.youtube.com/watch?v=ETSo14Usyo8

全く毛が生えてないし耳もない

1249七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 00:59:19 ID:1.oLbiBQ0
耳が無いんですか……それだとウィッチになった時に耳が出てこないんですかね……?

牛ならリリカルなのはのフェイトもいいですね。普段は子供ですけど、魔法を使う時だけは大人に……

1250名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 01:01:13 ID:x.AGkVrY0
なのはとフェイトの場合
ユーノやアルフとかいるし…………ユーノは使い魔じゃないか

1251七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 01:11:51 ID:1.oLbiBQ0
マテリアルズもでるし、なのは3人組も出そうかな……、全員が姉妹つながりみたいにして……

とりあえず、今日もたくさんアイディアを貰ったんで設定を考えてきます

そして今日はもう寝ます、色々と提供してくださってありがとうございました

1252名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 01:13:07 ID:oB8GE9cQ0
おやすみ〜

1253名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 01:13:38 ID:x.AGkVrY0
おやすみ

1254七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 10:52:24 ID:rTMCOwt20
ウィッチが耳に付けているインカムって、あれは魔法で動かしているんですよね?

他の兵士たちは野戦電話を使用しているから、魔力があるなら現代並みの軍事装備を使えるってことですか……

1255名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 14:28:52 ID:oB8GE9cQ0
魔力で飛行する機械があるように魔力で通信する機械も開発されたんだろうな
他にどのくらい開発してるか分からんから全て現代並みだとは言い切れんが

1256名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 19:19:36 ID:2qDK26EA0
細けぇことは>>1の独自解釈でもええんやで

1257名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 19:31:51 ID:lFZi8a3E0
>>1が気持ちよく勢いに乗って書けるなら、多少の独自設定はありだぜ。
これまでの描写で、とりあえず俺はこのスレについていこうと思ってる。

地獄の地上戦に颯爽と舞い降りるウィッチを待ってる!

1258名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 19:39:08 ID:jX5rWVVI0
>>1のテンション上がるかな〜とまとめてみた
ttp://nyarusp.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

1259七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/24(水) 20:11:29 ID:1.oLbiBQ0
>>1258 おぉ!すげぇ! >>1のがまとめられている……!
      ありがとうございます、とてもテンションが上がりました。まだプロローグも終わっていないのに……本当にありがとうございます

      今日は忙しくて書き溜めに手が付いていませんが何とか金曜か土曜には終わらせられるように頑張ります……!

1260名無しのやる夫だお:2013/04/24(水) 23:30:58 ID:5y82OqLY0
1さん無理しない程度でいいのよ

1261名無しのやる夫だお:2013/04/26(金) 10:29:22 ID:JWw3FBPQ0
鳥が使い魔の場合翼が耳の代わりに出るんだなあ

1262七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/26(金) 22:12:32 ID:0s8ajhkQ0
ただ今帰宅しました……

ああ、電車も遅れるし仕事も増えるしゲームも出来ないし、本当に……

すいません、投下は明日にしてもいいですか……?

1263名無しのやる夫だお:2013/04/26(金) 22:18:22 ID:jR1V8rD60
お仕事乙ー、構いませんよー

1264名無しのやる夫だお:2013/04/26(金) 22:21:15 ID:JWw3FBPQ0

お大事に

1265七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/26(金) 22:33:58 ID:0s8ajhkQ0
すいません、本当に……

明日には終わらしてキャラ安価取りますんで……

1266名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 00:02:46 ID:T1XFY.r.0
ガチで男をただの障害物か肉の盾としか思ってないウィッチとかいるかも


味方がまだ近くにいるのにも関わらず爆弾を落としてネウロイごと吹き飛ばしたり
友軍機を平然と囮や盾にしたり

それで「ネウロイの餌になるぐらいしか能のない役立たずを有効活用してやってるんだ」って言ったりとか

1267名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 00:06:07 ID:d4lnMskY0
素晴らしいな、ぜひ見たいもんだ

1268名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 00:12:48 ID:hl1cVG7Q0
ソレはないな、ソレやってたらまず味方に殺される。
まだ死んでないのはヘイト貯める最中で、貯め過ぎると上官やら他のウィッチやらに見捨てられるか、整備兵辺りが細工して殺されるかすると思うな。

1269名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 00:14:59 ID:zoCj6uI20
まあ、スト魔女の世界観は割と上層部の見る目がいいかんじの采配をしているから
立ち回りと本音と建前を相当うまく使いこなせるタイプじゃないと無理だろうな。

1270名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 00:53:16 ID:EiBPCa7A0
>味方がまだ近くにいるのにも関わらず爆弾を落としてネウロイごと吹き飛ばしたり
>友軍機を平然と囮や盾にしたり
好んでやるウィッチはいなくともそうせざるを得ない状況ならありそうだな

1271名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 00:56:25 ID:hl1cVG7Q0
その状況はありそうだなぁ、むしろ兵の方が自分からそうしろなんて言いそうだよな。

1272名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 01:12:12 ID:T1XFY.r.0

それで兄弟とか親友が死んだせいで、殺したウィッチを激しく憎む兵士がいたりとかな

1273名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 01:24:54 ID:WtFb36Xs0
主要メンバーはエースだから早々死なないけど、有象無象はドンドン死ぬだろうなー。
一般兵とかが地獄で紙切れのように死んでいく中、ウィッチの可愛い子の話が対照的にされると、
なんか一種滑稽な恐ろしさとか狂気の演出にも感じれそうだわw

1274名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 02:11:37 ID:X1XgVRcM0
名前のあるウィッチは基本的にリアルチートのスーパーエースがモデルだもんな
当然、墜ちる蚊トンボは名無しモブの役目だわ

1275名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 13:35:40 ID:EiBPCa7A0
戦争なんだから死なないのはおかしいだろっつっても現実でも
個人レベルで見れば死なない奴は何度落ちても死なないもんな

1276名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 13:42:23 ID:xZ2/q1pY0
某ルーデルさんですね分かります

1277名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 15:44:32 ID:okBwzysA0
ウィッチ=ルーデルさん
って考えればそうおかしくも…おかしくも・・・

1278名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 15:57:02 ID:zoCj6uI20
一応、同一存在はいるけどなあ。

1279七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 17:26:37 ID:DxbKb02s0
よ、よし、今日の投下は8時あたりを予定してます……!

これでプロローグを終わりにしてキャラ安価を取るぞ……

というわけで期待しないで待っててください……

1280名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 17:39:42 ID:X1XgVRcM0
了解ー
今回も期待してますよ!

1281名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 18:36:00 ID:vJ2kkw.g0
諒解しました
期待しまくって待っています

1282七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 19:50:07 ID:DxbKb02s0
ちょ、ちょっと待って、30分ほど待ってて!

急用が出来たので出かけてきます!

1283名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 19:51:22 ID:D8UJxv0A0
これが>>1の最後の言葉になろうとはこの時誰も予測していなかったのだった――

1284七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 20:28:25 ID:p2CfJ5CE0
ご、ごめんなさい、

電車が遅れてて、家に帰るのにもう少しかかりそうです……

1285名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 20:28:49 ID:EiBPCa7A0
電車はしゃーないごゆっくりw

1286七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:13:52 ID:DxbKb02s0
よし、帰ってきた……!

仕事も終わった、投下開始します……!

1287名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:14:07 ID:zoCj6uI20
おす

1288名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:14:23 ID:FVkjY1TQ0
キター

1289名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:16:24 ID:EiBPCa7A0
おかえりー

1290七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:16:39 ID:DxbKb02s0





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (○)  (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \








              |        |    |
            │       .|   |
                !      |   |
                |        !    !
               |        l    l
              |       |    |
             |     /`i ./`i
             |L... _    │  .|
                 「 ̄ `   /   /
              |..__ , /〕、 〕、
             / ̄ `   ̄|  |
                ∠.. _     /!. /!.
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶、 厶
       r‐=≦ ̄ `      ∨  ∨
       iL.. ____r‐=iニニ」=iニニ」
          `  ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃足が動かない。頭の中も同じく真っ白になったまま働かない、考えられない
┃不思議な事に、ネウロイと思わしき姿を見ても、逃げようとも思わなかった、

┃ただ、目の前の黒い鬼から目を反らせないまま、何も考えずに青年はドアの前で立ち尽くしていた



1291七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:17:47 ID:DxbKb02s0
                  . -―- 、
                    /: : : : : :_: :\
                ,,| : : : : : //: : : :.',
                   { |: : : : : :".: : : : : }    キュィィィイ!
                Y´ ̄`ヽ: : : : : :/
                  /\; : : : : : }.: : :./
                 /ー:、: ∠ーァ
                  /: : /   /
                O/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃突然とあらわれた黒い鬼は奇怪な音を鳴らし嬉々として青年の方へと近づいてくる

┃低速だが、確実に距離は近くなっていく。まして青年が動かないなら
┃あっというまに彼と手を触れる位置までに着てしまうだろう

┃死はすぐそこまで迫っている……


1292七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:18:12 ID:DxbKb02s0
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (○)  (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃それでも青年は動かなかった。
┃ネウロイが近づいてきてもピクリともしない

┃何かに憑りつかれた様に、ただ漠然と黒い塊を見つめているだけだった




1293七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:18:37 ID:DxbKb02s0
            |iiii|          | |              |
            |iiii|      ,ィ今r! !              |
            |iiii|≦ ̄ ̄〈〈{Y} | !              |
          ((   /~     、 .ゞ-イ| !                |
      _r-))-ノ、     ハ__k ∨ .! |              |
      ,仆廻}μ i ∧\!} |ハヾ! | |              |
        ,νi-イ 7 { ィi ヾ!`リ rテ|、! !               |     あの……お兄さん?
        ξハ ∧ヽ"ζ-、  弋リ .| |              |
        {iヽ, \! l{秘}i  、  ,彳 !              |
        /! ヽ\厶,ミ彳゙ -  / | |             |
         ヘ   i ;、 }´` ー― '}K.| |              |
        }  l   ∨ i/! ヽt{!ヾ ! !               |
         {   l   } |、 弋| \! ! !               |
       /   i    i ハ \h`ー- | |              |
       {   /     } ゞ, ∨.   ! !               |
        (、  \、   i! ! \ヽ ヽ| |             |
       .)   ヾヽ  }    !! 、\| |             |
        \   i!  ! ! iハ \ .! !_            |
         )   |  | | ∨ / ! ! r(⌒)         |
         ゞ  ,ノ   }  |  !/\ | | Y|^´           |
          ゝ i!  i!  >〈_/ ! ! ̄            |
         (、 i i! !//. \.. ! !              |
          \ハ{r'´/  /  ヽ| |             |
              〉    /   i | |             |
             ヾ  ./.   |.| |             |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その時だった。彼の真後ろにあるドアが開かれ、その隙間から少女が顔を出す

┃どうやら何時まで経っても戻ってこない彼を心配して、様子を見に来たのだろう

┃そんな彼女の行動が、青年の命を救う事となるのは本当に偶然だった


1294名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:19:42 ID:zoCj6uI20
なんか、やる夫の代わりに

1295名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:20:21 ID:fD0WNnsQ0
身代わりになっても完全に自業自得な気が…

1296七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:20:24 ID:DxbKb02s0


         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ●).  (○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )       って……
    |      .` ⌒´     /  /  /  /
    \            /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'






            : : : : : : : :   '、
        : : : : : : : : : : !、: : : :  ' ,
    : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : 丶      / /
 : : : : : : : : : : : : : : : '"´: : : : : : 丶 ‐、 'i,  `゙` / //
       : : : : : : : : : : : : : : : : /{___j,r |ヽ、     /
        : : : : : : : : : : : : : : ヘ   '、: :| ,`丶、   /しノレ/       え?
          : : : : : : : : ,.-'"´ ',  ヽ、|_/_   ', ;    て
       : : : : : : : : : : r : : : : . ',  \´    i  ;    _ >
         : : : : : : : : : : : : : : : ヘ         |     (
           : : : : : : : : : /. : !           !   丶!⌒
            : : : : : : : /. : : l         l      、
       : : : : : : : : : : : : : /. : : : l         l   丶  ' ,
         : : : : : : : :ヽ_ノ. : : : : ',         _',    )    i
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',        `ヽ、      ノ
           : : : : : : : : : : : : : : : l'、         `丶、
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '、ヽ          `''‐-、_
                 : : : : : : : : : : : ヽ             `丶、
                 : : : : : : : : : : : : : : ヽ、

1297七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:21:33 ID:DxbKb02s0




 /  r--i、 .          i < r- //
 l  / } |/             \ヘノノ ∧
  l  Y/               il     l
  l (( l     i     l       l    つ
  l   l     l l     l l l l l   l    っ      え、え、一体なにを――
  l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
  l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
  l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
   l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
   y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
    l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
   l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
   l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
   l l i` トィ--!‐〜 ___ 〜i: irー -r-----i'´__
   l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
   l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
   l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
   l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l







          ______
        /         \
       /            \        ――走れ、全力で走れ、逃げるぞ
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /

1298名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:22:46 ID:vJ2kkw.g0
よかった・・・少女を肉盾にするやる夫ではなかったんだw

1299七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:23:22 ID:DxbKb02s0
私はそこまで鬼畜じゃないぞ……馬鹿だけど




    _____
  /三      \   ―― [] ]
   \三 /    三 | l ̄ | |
 '(○) (○ )   三. |_| 匚. |
 | (__人__)   u  三    | |
 \ `⌒,/ゝ  /⌒ヽ    |_| [] [] ,-
  /  | \|    三       //
≡(    ヽ   三   三      匚/
. ≡\   \  三  三
 (⌒、\   \.__、≡二
   ̄ /         三
  /    /ヽ    三
 三   三 / ニ ヽ    三
  \__二_ニ  ヽ    三
             \  ≡
              \ ≡
                  ` 、_三








ヒュンッ!
         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \       ――っ?!
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ひょこりと出た少女の肩を掴み、強引に扉の奥へと押しやり、自分も家の中へと入った
┃そして青年は彼女の手を引いて全力でリビングの方へと走り出す

┃ちょうどリビングの角を曲がった瞬間、バスンッ!と高速の物体が
┃玄関のドアと壁を撃ち抜く音が聞こえた……間一髪だ



1300七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:24:09 ID:DxbKb02s0
                ((‐  __      __     ))__
               /  (必)'´            `  ミイ茫ハ  ヽ
                / /  / /            乂Y》ノ   i
             i   / /   ′.′|  |   | |   ヽ   ((     |
             |  ′      |  |   | |     |  | ))     |        え、なに!?
             | { |     |   |  |   | |     |  | |     |       なんで引っ張るんですか!?
                  | | |  |  | ((| .ハ`ー┼┼‐-ハ |  | |     |
                  | | |  | x--ノノ      x==ミ l |  | |     |
                  | | |  {f芯ハハ     んu:l| 》 l|  | |     |
                  | 八人ハ[ 辷ソイ}    弋とつo八八丿    |
                  |  八 r| ::::::::   '    :::::::: -- 、 |八   八
                ,  /   ヽ     r - ‐ 、  /     ヽ  \   \
            / /   Y.人     ー   ′{ r─rr─r‐'⌒ヽ \   ヽ
             /  / )  >    _(⌒{  ||   } },   ト、 \
            /   .′ _{ 乂       { } τ v  ヽヽ   丿   )   }
          :   {  {`ーっ 乂_    ノ/           ヽ. /   人
         ハ  ヽ | 匕⌒) i  //ー' {            } ′ /   \
        /  }   ノ  { └'⌒(_r─z匁、             /  /
        /   /二ニ <   /     {  } \ ヽ  !  〃 /  (  \     }
       ′   (/ r─    ``{ ̄冖=‐<_   Υ          \   \  \   ′
     {    (_/_/ ̄__     廴_      ̄ `<        ヽ   )  ) /
      、     (/゛r┐> _r─‐         \      丿 / /  {
       ヽ   r‐「 | .|   \ }                  { / /(    \
       丿  r┤ |__Lノ\  ( |        /           |{  (   \    \






                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : :u:    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ       騒ぐな!
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : u : : : : : : : : : : : :      ヘ     黙って口閉じて走れっ!
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃埃を被ったテーブルが置かれているリビングを抜け、その奥にあった
┃裏口を蹴破る……どうやら鍵はかけてなかったらしい。幸運が重なって家の庭へと出た

┃木の柵を走り幅跳びの様に強引に乗り越えて通りに出ると、また全力で走り出す。
┃彼女も事情が分かったのかは知らないが、手を掴まれているせいで青年の後を必死で追いかける



1301七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:25:10 ID:DxbKb02s0
        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \.     ハッハッハッ、ハァッ!
    |    (__人__)    |
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃裏道に入り、また表通りに出ては右に曲がって、また別の小道に入る

┃何も考えずにただ逃げるためだけに無人の街を駆け抜け、
┃時折聞こえてくる彼女の悲鳴を無視してがむしゃらに走り続けた



1302名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:25:19 ID:zoCj6uI20
やだ…………この子アホの子すぎる

1303七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:25:34 ID:DxbKb02s0
             ___
     _i_   _/:::|_  i   |:::::  i             __      /ヽ\  ____________
     |   ヽ |:::::::: |  i  i:::::::  i  ____  |::::::i i    /..:::::ヽ \i i i i i i  |
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何本もの裏道と通りを抜け、走り続けて幾ばくか。

┃ふと目に入った大きな家の方へと駆けよると、鍵のかかっていなかった玄関を開け、
┃転がり込むように中へと入った……


1304七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:26:32 ID:DxbKb02s0
                                       i ||
                                       : ||
___________________________________________________________________________________《笊》i
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ∨∧               :
辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒\i|∨∧             :|
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| .∨∧           : } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :l ∨∧             i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i:.∨∧         i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i∨∧_______j } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i: ∨∧============
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三∨∧ !: ∨∧: : : : : : : : : : : : .
竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺_.∨∧.!: |:∨∧=============
     ^辷主ア^            ^辷主ア^          }主o ∨∧ . |:. ∨∧: : : : : : : : : : : : : .
_ _ _ _.}.ニニ.{_ _ __ __ __ __ __ _  }.ニニ.{ _ __ __ __ __ __V云x@爻@爻@爻@x==========
     }   {                }  .{             @爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : .
___________}   {_______________________________.}  .{__________________    爻@爻@爻@爻@爻@x=========
=i=i=i=i=i|   |i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=..|   |=i=i=i=i=i=i=i=i|   @辷爻@爻@爻@爻@爻)): : : : : : : : .
     |   |                 |   |冖冖冖冖r=9.!    爻@爻@爻@爻@爻@爻==========
     |   |                 |   |        |_」    @爻@爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |     @爻@爻三三二二ニ孑 ============
     |   |                 |   |        |     乂爻@爻!       :|!\ : : : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |      {二二二|         i|\ `rzzzz=======
     |   |                 |   |        l/ ̄ ̄ ̄ヽ}^o^)(^o|______j|  !刈辷_{: : : : : : : : .
     |   |                 |.____.j__________________!____________j∨     ̄ ̄:  | 7   : i |  i|=========
     |   |                《竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺 ∨      .| .|/     i |  i| : : : : : : : : : : :.
     |   |                 }i/////////////////////////∨o^)(^o^) ! :!    i |  i|============
     |   |                 }i//////////////////////////∨二二二| :| .     i |  i| : : : : : : : : : : : : .
     |   |                 }i///////////////////////////}宍宍宍_! :!    i |  i|==============
     |   |                 }i///////////////////////////}二二二_! :!    i |  i|: : : : : : : : : : : : : : :
     |   |                 }i///////////////////////////}啻啻啻_! :!    i |  i|================
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃元はかなり豪華だったのだろうか、気品のある花瓶やらよく分からない彫刻品が
┃飾ってあるが、手入れをする人がいないせいで花は枯れ落ち、彫刻品には
┃埃や汚れが目立っていた

┃そんな薄汚れた玄関に入ると青年は彼女の手を放し、壁際へと向かい窓を
┃外を確認している。そして外を覗いたまま少し経つと、追ってこない事を確認したのか

┃そのままずるずると膝から崩れ落ちるようにして座り込んでしまった


1305名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:26:55 ID:X1XgVRcM0
女の子見捨てたりはしないのな
手を離すのを忘れてるだけかもしれんけど

1306七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:28:10 ID:DxbKb02s0
おいおい、そんなやる夫がゲスなわけないじゃないか……へ垂れやすいけど……




                 ___
         >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
        γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
        / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
         〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
        ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
         / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
      イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
        |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
      从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
        !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,f'愆㍉  / '  } j   i|
        Ⅵハcぅツィ    ´` '′ / /  / ∧   iト,
         `从(~  、     ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
           j ))、   、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
          ハi  \    /       \ 、
           j    >ァ'          \ヽ








        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃握られた部分が手形の様に赤くなってしまっている。青年に強く握られてしまったせいだ。
┃自分の腕を擦りながら少女はチラリと青年の方を見た。

┃走り続けたせいで息が上がった肩を上下に揺らしながら、その場から
┃動かない……。

┃顔を俯かせているので表情は分からないが、時折なにかを呟くだけで
┃指一つ動かさないでいた


1307七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:28:38 ID:DxbKb02s0
                                       i ||
                                       : ||
___________________________________________________________________________________《笊》i
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ∨∧               :
辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒\i|∨∧             :|
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| .∨∧           : } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :l ∨∧             i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i:.∨∧         i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i∨∧_______j } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i: ∨∧============
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三∨∧ !: ∨∧: : : : : : : : : : : : .
竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺_.∨∧.!: |:∨∧=============
     ^辷主ア^            ^辷主ア^          }主o ∨∧ . |:. ∨∧: : : : : : : : : : : : : .
_ _ _ _.}.ニニ.{_ _ __ __ __ __ __ _  }.ニニ.{ _ __ __ __ __ __V云x@爻@爻@爻@x==========
     }   {                }  .{             @爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : .
___________}   {_______________________________.}  .{__________________    爻@爻@爻@爻@爻@x=========
=i=i=i=i=i|   |i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=..|   |=i=i=i=i=i=i=i=i|   @辷爻@爻@爻@爻@爻)): : : : : : : : .
     |   |                 |   |冖冖冖冖r=9.!    爻@爻@爻@爻@爻@爻==========
     |   |                 |   |        |_」    @爻@爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |     @爻@爻三三二二ニ孑 ============
     |   |                 |   |        |     乂爻@爻!       :|!\ : : : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |      {二二二|         i|\ `rzzzz=======
     |   |                 |   |        l/ ̄ ̄ ̄ヽ}^o^)(^o|______j|  !刈辷_{: : : : : : : : .
     |   |                 |.____.j__________________!____________j∨     ̄ ̄:  | 7   : i |  i|=========
     |   |                《竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺 ∨      .| .|/     i |  i| : : : : : : : : : : :.
     |   |                 }i/////////////////////////∨o^)(^o^) ! :!    i |  i|============
     |   |                 }i//////////////////////////∨二二二| :| .     i |  i| : : : : : : : : : : : : .
     |   |                 }i///////////////////////////}宍宍宍_! :!    i |  i|==============
     |   |                 }i///////////////////////////}二二二_! :!    i |  i|: : : : : : : : : : : : : : :
     |   |                 }i///////////////////////////}啻啻啻_! :!    i |  i|================
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃玄関に沈黙が訪れる。

┃少女は青年に対してどう声をかけていいのか分からず、おどおどするだけ
┃青年の方も俯いたまま一言もしゃべらない

┃客をもてなすためのこの広い空間は今では嫌味のようにも感じられた


1308名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:29:01 ID:fD0WNnsQ0
ここで犯して殺して埋めても全てはネウロイのせいに…

1309七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:29:47 ID:DxbKb02s0



      /      : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       /       __:_: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        ……君のせいだ
     ∧       /--、 `: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /         ├=〉 : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::/
    /   \   |i ├‐/   : : : : : : :::::::::::::::/
   /       \ il |-{            /
  /        \ _,|i__ハ、       /
 /           `ー┴‐=ヘ、_/ /
                 `ー一
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃先に静寂を破ったのは、青年の方だった














                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ         え?
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi
             /   /  ヽ卜辷r" :   u. { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(   cっ   人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八





          ______
        /         \
       /  :::::::::::::::::::::::::::::  \        君のせいだ
     /  ::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\
    / :::`┬;;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \     防空壕を追い出されたのも
  / ::::::::"⌒゙''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |   街を走り回る事になったのも
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   ネウロイに殺されかけたのも
    \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /

1310名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:30:14 ID:MkqUt9UI0
振り返ったら手首だけ、ということはなかったか

1311七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:31:25 ID:DxbKb02s0
貼ってて気づいた。わたしきらきーのAAが殆んど泣き顔しか使ってない……





      /      : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       /       __:_: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        ……全部、君のせいだ
     ∧       /--、 `: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /         ├=〉 : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::/
   ./   \   |i ├‐/   : : : : : : :::::::::::::::/
   /       \ il |-{            /
  ./        \ _,|i__ハ、       /
 /           `ー┴‐=ヘ、_/ /
                 `ー一







          r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
         /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
        |  Σン三ノ         −フノヽ  |l
        |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入           は、はい……
       /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
       / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、         すいません……
      / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
     /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
     |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
     |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
     |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
     ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
      | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
     / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
     / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
    / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \

1312七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:31:47 ID:DxbKb02s0
        __
      /..::::::::::::::..\ スッ
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言い放つと青年は立ち上がり、少女の方へと歩み寄る










                ((‐  __      __     ))__
               /  (必)'´            `  ミイ茫ハ  ヽ
                / /  / /            乂Y》ノ   i
             i   / /   ′.′|  |   | |   ヽ   ((     |
             |  ′      |  |   | |     |  | ))     |
             | { |     |   |  |   | |     |  | |     |    あぅ……ご、ごめんなさい!
                  | | |  |  | ((| .ハ`ー┼┼‐-ハ |  | |     |
                  | | |  | x--ノノ      x==ミ l |  | |     |
                  | | |  {f芯ハハ     んu:l| 》 l|  | |     |
                  | 八人ハ[ 辷ソイ}    弋とつo八八丿    |
                  |  八 r| ::::::::   '    :::::::: -- 、 |八   八
                ,  /   ヽ     r - ‐ 、  /     ヽ  \   \
            / /   Y.人     ー   ′{ r─rr─r‐'⌒ヽ \   ヽ
             /  / )  >    _(⌒{  ||   } },   ト、 \
            /   .′ _{ 乂       { } τ v  ヽヽ   丿   )   }
          :   {  {`ーっ 乂_    ノ/           ヽ. /   人
         ハ  ヽ | 匕⌒) i  //ー' {            } ′ /   \
        /  }   ノ  { └'⌒(_r─z匁、             /  /
        /   /二ニ <   /     {  } \ ヽ  !  〃 /  (  \     }
       ′   (/ r─    ``{ ̄冖=‐<_   Υ          \   \  \   ′
     {    (_/_/ ̄__     廴_      ̄ `<        ヽ   )  ) /
      、     (/゛r┐> _r─‐         \      丿 / /  {
       ヽ   r‐「 | .|   \ }                  { / /(    \
       丿  r┤ |__Lノ\  ( |        /           |{  (   \    \

1313七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:32:22 ID:DxbKb02s0


                     i⌒ヽ       /⌒Y   スッ
                             /  ,
                   i   i
                       !    !   ;   i. /⌒i
                  |    乂 ノ   l /  ,
                  i          ′ /
                  ;               ,
                     /              乂
                     /                     ̄)
      i´ ̄ ̄¨ ー一 ´                r ´
      人                           i
       `                         ヽ
            `  、                    \
                `                   `
                   `    _                  `
                         \
                        ヽ

                           \






               _  -― …   __
              ´     _       ` 、
           /   , '            `--、  ハ
          ´          ―        `rム、ミ、
         |i /     , '          \<Y薔゙ハ  |、
         ,  (  /         - ´    て ヾv, .| ';            ひッ、ごめんなさい! 許して――
        /  ハ  --―           ヽ ハ ) リ |丶
       i ,rvイノ.、   ,        l     丶 | |Y   i| j
          |i フ廻 リ.  /          | , ヾ i  | |i , --、L ̄.ヽ
          |i、Y ´./ i|        |  | .|i  | .i i´ `l i |っ. \ 、_ __
        |i.ノ  i|  .|    | |  )) | il | j__| (´、`i    Y   il.    \ __
         |  i.).li、 .| l  i| l | | il(( |./li |/ ,;ィ=- ヽ)'.    / _f⌒丶r⌒i     \
         l| l _.| i |.| ノ~)、r‐及リ  彳' ´  /    ./  i ヽ  l| / 、    ヽ
        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>     i    ./  '⌒  v.   /     ;
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶_彡ノ).  _  ,-、 丶  .' \`、 _     \    /
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃殴られる そう思いとっさに手で頭を覆い、目を瞑る



1314七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:35:22 ID:DxbKb02s0
     \        -―――-
       \       ´ ̄ ̄`
         \        ,.¬ー-,ッ-‐- ,,_
           \   _,,.-'゙::: : : '"      ` 丶、
              `ヾ '"         :..,! _,,. --ュヽ
 \   、                   ‐-=-''"   〈.. ノ ゙:、
   \  ` 、      ,,                  /丶、 ゙'ヽ
     ヾ:::::...... 、   ''"           ,.- '′   ` く
       ゙:、::::::  .,,_           _,.-''゛   、    \
       /> -−''"``丶、、zz==''"         ゙、      ヽ
     /ィ'´       ,'                  ゙、      i.
   /'゛/      ,'       ゙:、           ゙、     .i
  /  /        i          ゙、     :、   ゙:.       i








                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i
         r= /ィえフ,イ                ̄て¨   :|!
         | {./イ八ノ   ,      i        )  .:|ハ
         | 升ソツ    i        |        ',    :|八         え?
...         ィ" f!.        |  |     | |  i    ハ .   |  \
       / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._l ! i     iff  |   .ヽ
.       / // .,'k|  |    :|.ノ |_ | . l  .| | `.ト⊥!_  ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i  _/  i | 八 .ソ ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ
.       |/   | :|  ! !  てr上.从 :::::::::::: { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!::::::::::::::: ゞごつ' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/        ; '   ,'   |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '     u イ  {  ハ    \ .>
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   (⌒)   イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ
 / /.小ヽ  .ヽ  八  /     rtソ {_,イ     .>} ソハ     ノ   i く
/   .乂  }  人   {    ,rt=イ }廴ノ⌒Y⌒Y⌒廴_ノ         ノ

1315七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:36:28 ID:DxbKb02s0
            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',     それでも、あの時君が声をかけてくれなかったら
     ./                     ',      もし扉を開けてくれなかったら、あの場で動けずに死んでいたかも……
     l                  /   .l
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l      いや、絶対に死んでいた。
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ    君が呼んでくれたから、生き延びれたんだ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l






            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',       だからさ、今までのこと全てをひっくるめて、ありがとう
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l      君は命の恩人だよ
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃恐怖のせいでぎこちないが、それでも必至に笑顔を浮かべると
┃優しい手つきで少女の頭を撫でた



1316七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:37:14 ID:DxbKb02s0
                 ___
         >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
        γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
        / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
         〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
        ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i       ……で、でも、私、お兄さんを酷い目に遭わせて……
         / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
      イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
        |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
      从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
        !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,f'愆㍉  / '  } j   i|
        Ⅵハcぅツィ    ´` '′ / /  / ∧   iト,
         `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
           j ))、   、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
          ハi  \    /       \ 、
           j    >ァ'          \ヽ






         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \         あぁ、うん。 そう言えばそうだけどさ……
    /                ',
   ./    U         , -‐ 、     ',       それでも君には命を助けられたわけだし
   l  ___ノ   '´     \   .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l       それをずるずると引きずる訳にもいかないしね……
   .',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
  ./                     l

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃確かに原因があるのは少女のとった行動だ。しかし、それが悪いかと言えば
┃先程までとは異なり、彼は「違う」と言えた

┃青年をこの町に放り投げたのは彼女の意志ではなく、それはあのババアがとった
┃理不尽な行動であり、その責は防空壕の中でぬけぬけと引き籠っている奴等に
┃ある。

┃少なくとも青年はそう考えていた


1317名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:38:24 ID:D8UJxv0A0
言った!                チッ

1318七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:38:32 ID:DxbKb02s0
              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',
   r 、      .|,.‐‐、            i        うん、とりあえず今は防空壕に戻る事にだけ専念しようか?
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./          今までの事は抜きにしてさ……
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|





              厂 ̄ ̄)_.    --─‐‐))__/ ̄ ̄`ヽ
           /  {f必 }ニ二     二ニ{必7}ミ   i
              i  ((У/        ̄ ヽ \)) |  |
             ノ / / ′        l     ヽ |  |
           / / /     | l      l|     ハ八  \        は、はい……
        /   / l  | |   | ヽ.  |  l| ┼ ハ  :  \  \
        (    /  ! l !| 从  |i | ‖ /| / ;|  |  | )  )、    お兄さんがそれでいいなら……
        ハ /  l |  l .!.ハ. ト、ヘ ト i!i リ }ハ ハl  |  | /  /ソ;
     /   /   | ヘト. ト{'〆rァォヾゞ}ル'气テ丐l  |  l/  / ι
     l  / い i  | ヘ{ 《ハ{必}jr!}   {込シ./  |  |   人  )
      Υ i ! \ i  l l 乂ト々;ツ ,  """,イ  | { /  \い、
       )    /   .l  ! ゞ|`ζ´  _   イ l  />、 ! ̄`ヽ  \i
     i   /  ;l  /|  ハ _)`  ー ´ | / /_ノヽ l   / ヽノ !
     |  /  ,/ l  { l   !゙^);う`¨ζ⌒l  l/ノ  } l  /   / ヘ
     i! i   i   ! ハ ヘ  .|_,'ミノ'、ノしァ彡l  |ノ  ハハ    /  ミ
     ハ  !   l i .ハ  V .! | |≫≪| | l  l.   ハ|. i   / ;  :}
     ( ハ  )  | | i.ハ  V |ム乙几zr‐ァム| |  ハ | l  /   リ
     )  \i  ノ | i!.ハ  V | | | | | .| | ヘi !  / ! | |: /   ノ



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃だが、それで少女の事を全部を許したかと言う……実はそうでもない。

┃悪いのはあの婆だと彼の中で結論はついているが、心というのは
┃そんな簡単に踏ん切りは付かないもので、青年の中では若干の嫌気が燻っていた

┃それでも、とりあえず今だけはその事を忘れても良いだろう。無駄に不安をあおる必要も無い

┃不思議な事に青年の中には、少女に対する奇妙な連帯感が芽生えていた


1319名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:39:23 ID:X1XgVRcM0
TNDR!TNDR!

1320名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:39:41 ID:fD0WNnsQ0
やる夫(最初怯えさせてから安心させる…これできらきーも惚れるはず)

1321七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:41:05 ID:DxbKb02s0
残念……恋愛ルートはまだまだ先だよ……?
そう簡単にころっと惚れられても困るもん……


       r-ァ        r心ゥォ〜 、
       i!_   ,, ィ `^⌒ ̄` ヽ  ヽ
       》入''          ヘ   '、
      i<{升7    y          ヘ
    / ,,レt_ノ     ヾヘ  ヘ 弋    廴,
    i'  《  /,      i!`\  ヽ ヽ ス   ヽ
    |  ノ  | i    ハ  !  |.iー!-t-乂 ! !  )
    ',    i ! ! ', ', i!ノ.| 》 .从 |,,≦ァ 》 V  / イヘ
    ハ   yヘハ ! i !_k'   イ じi |i irク i<`ー'^\
     i   !从', ヽィ必少}   ム__ツ  ト' ,' / /ヽ   ヽ、
     |    ソヾ ミ、》ヒツ     :::::::::://,,=ー!      べ、
     |    ', i>《:::::::::::  '   rt'Yt   4_〕      ソス
     |      !. ハ ノヽ、    '  ,' /7 r-zn)        i ゝ
    ノ    ハ  |r--<し'!´`弋i' /ヨν ヘ!フ,     / ノ /
    .;' /⌒!、k-t'、 _  ト'卞 .! !)  y≧' !⌒≧'t_  / ヾ
   /  ヽ ムr'  >i'  '-'⌒iーi⌒    )  ソー'`\   /!   ヘ
   /    )    (. '         r 、ノ イ! /   ゝ / i!    i
  r'       i!     ヘ         `7    |',i      /  |    /
/ヽ       iー―t-ァ> ゝ=    イ^L__ノ     ハ/   /! /    /
  .人    ハ  /  トi   ',   iし,         ∧ / //!   (
  /   ヽ .  V   i. ',  y   ノ         弋_  /´  ヘ  ヾ、
 i     `i   ',  i! ! / /⌒'        r―t>7   / \  ヘ
 ヽ、    !   !   !、|  ̄}    __   y7___ノ、 ト,_/   /   `弋'
   ヘ、  /   ,!   ,ソ ム>t_/ ヒ_ イ  ,ニノ  丶、ソ     ノ
    `ソ   ハ、_/   ,'        !/       `弋
、    i   /    !  /         ー-r       ヾ、
 ヾ __,,イ  イ      i! /       入   ソ         \
 ノ´  i   ヽ、    !/       /   ー'            ',
     ヾー- ,,,i   ,'        i/ヽ,            >- 、 ,!
           )  /        `ーソ   r―''⌒)   `i  ノ/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言いつつ少女の頭を撫でてみる

┃当然だが身長は彼の方が高いので、少女は彼の方を見上げる形になるのだが、
┃少女はじっとこちらを見てくるだけなので特に嫌がるそぶりを見せない

┃少しの間だけ綺麗な髪を手でとかしなぞっていると、その手をすっと戻した。そろそろ止めておくべきだろう


1322七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:41:22 ID:DxbKb02s0
                 ___
         >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
        γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
        / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
         〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
        ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i       あっ……
         / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
      イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
        |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
      从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
        !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,f'愆㍉  / '  } j   i|
        Ⅵハcぅツィ    ´` '′ / /  / ∧   iト,
         `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
           j ))、   、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
          ハi  \    /       \ 、
           j    >ァ'          \ヽ





            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',         それじゃあ、ここから出ようか
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l         自分たちがどこにいるのか確認しなきゃ……
     .',       ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l

1323名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:41:37 ID:RTFotWcA0
TNDR・・・TiNkoでseiDoReiにするの略か

1324七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:42:28 ID:DxbKb02s0
                                       i ||
                                       : ||
___________________________________________________________________________________《笊》i
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ∨∧               :
辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒\i|∨∧             :|
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| .∨∧           : } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :l ∨∧             i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i:.∨∧         i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i∨∧_______j } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i: ∨∧============
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三∨∧ !: ∨∧: : : : : : : : : : : : .       パリンッ! >
竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺_.∨∧.!: |:∨∧=============
     ^辷主ア^            ^辷主ア^          }主o ∨∧ . |:. ∨∧: : : : : : : : : : : : : .
_ _ _ _.}.ニニ.{_ _ __ __ __ __ __ _  }.ニニ.{ _ __ __ __ __ __V云x@爻@爻@爻@x==========
     }   {                }  .{             @爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : .
___________}   {_______________________________.}  .{__________________    爻@爻@爻@爻@爻@x=========
=i=i=i=i=i|   |i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=..|   |=i=i=i=i=i=i=i=i|   @辷爻@爻@爻@爻@爻)): : : : : : : : .
     |   |                 |   |冖冖冖冖r=9.!    爻@爻@爻@爻@爻@爻==========
     |   |                 |   |        |_」    @爻@爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |     @爻@爻三三二二ニ孑 ============
     |   |                 |   |        |     乂爻@爻!       :|!\ : : : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |      {二二二|         i|\ `rzzzz=======
     |   |                 |   |        l/ ̄ ̄ ̄ヽ}^o^)(^o|______j|  !刈辷_{: : : : : : : : .
     |   |                 |.____.j__________________!____________j∨     ̄ ̄:  | 7   : i |  i|=========
     |   |                《竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺 ∨      .| .|/     i |  i| : : : : : : : : : : :.
     |   |                 }i/////////////////////////∨o^)(^o^) ! :!    i |  i|============
     |   |                 }i//////////////////////////∨二二二| :| .     i |  i| : : : : : : : : : : : : .
     |   |                 }i///////////////////////////}宍宍宍_! :!    i |  i|==============
     |   |                 }i///////////////////////////}二二二_! :!    i |  i|: : : : : : : : : : : : : : :
     |   |                 }i///////////////////////////}啻啻啻_! :!    i |  i|================

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃命を懸けた逃走劇は、まだ続いているのだ。

┃自分たちの向こう側……左の屋敷へと続く廊下から何かが割れる音が
┃響く。

┃軽い音から察するにガラスだろうか?


1325七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:43:17 ID:DxbKb02s0
>>1329 そに考えに敬意を表する……!



                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \    ……あぁ、くそっ……
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃考える以前の問題だった、割れたのは間違いなく窓ガラスか何かだろう、
┃そしてガラスが何もなく割れる訳もなく、誰かが意図的に壊して……この家に入り込んできた

┃なら誰が割ったか?

┃そんなもの、十中八九間違いない。


1326七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:44:09 ID:DxbKb02s0
あ、>>1323だった……ミス……



                          γ:⌒:ヽ
                   |        {|: : / : :}  │   |
                   |____ /7⌒Y彡′ │   |
              /         〈。/´′  i │   |
             /               i │   |
             /               i |:::::::::|
            /                  \|,,,,_ |
            /                         |
           /                    |
           /                        \
          /                         \
          /                          \
         /                            \



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんな青年の考えに答えるように、音の方向である向かいの廊下の
┃曲がり角から黒い物体が、奇怪な飛行音を立てて此方に向かってきていた

┃逃がすつもりは無く、どうしても自分達を殺したいらしい……

┃心臓の音がまた頭に響いてきた、青年の恐怖を感じととったのだ


1327七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:45:05 ID:DxbKb02s0
        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         −フノヽ  |l
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、       お、お兄さ――
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \






          ______
        /         \
       /            \      ……分かってる! こっちだッ!
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃姿を見たせい心臓が跳ね上がり、思わず意識が離れかける。

┃が、少女の悲鳴にも近い掛け声に反応すると、すぐに手を引いて出口である
┃玄関の方へと向かう



1328名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:46:56 ID:hl1cVG7Q0
どうやって人を見つけてるか分からんが、防空壕内は無事なんだろうか(棒

1329七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:46:57 ID:DxbKb02s0
もし>>1が安価するならこんな感じで2つの選択肢が出て、ミスると即死……というのが殆んどだったよ……






 ´
         ____
         //: : : : <> 、、      _____
        /:::/: : : : : : : : : : <> 、 「「 ̄ ̄    パパパパッ!
       ;:::::; : : : : : : : : : : : : : : : : : `7>- _ __
     {:::::{ : : :⊂ニニ⊃: : : : : : : :{ : : : : : : (: : : : (ニニニニニニニニニニニニニ
       ':::::' : : : : : : : : : : : : : : : : : 人>‐  ̄  ̄ ̄
        Ⅵヘ、: : : : : : : : :<> ´  | L____
         \__>: :.<> "        ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼らの行く手を遮るように、急停止した飛行杯から制圧射撃が行われた

┃ちょうど二人の鼻先を掠めるようにして玄関のドアが壁ごと撃ち抜かれ
┃、風穴から斑模様の眩い朝日が差し込んでくる









       /     /                    ヽ
     /     /..、   ヾ  〃              i
     i    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i     ッ……くそ……!
     i   ゙´ { ゞ'"    ツ   /            i
    /`     ゝ    ´    /            /
    i       ヽ    U  /           /
    i        }       三         ,../
      \____ノ       "____   イへ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その攻撃から瞬時に身を翻し、出口とは逆方向である、2階へと続く階段へと走り出す

┃この判断は間違いではなかった。なにせ、もしもこのまま外に出ていれば
┃遮蔽物の無い庭に出てしまい、窓から狙い撃ちにされたのだからだ。



1330名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:48:20 ID:RTFotWcA0
せめて死体は残っててほしいなあ
あの婆の死体の顔面蹴飛ばすか小便でもひっかけるくらいはせんと割に合わん

1331七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:50:33 ID:DxbKb02s0
                                    ,,
                                  ,,イ/
                                ,,イ////
                              ,,イ/////
                            ,,イ/////
                          ,,イ/////l|
         ,,――――――――――´イ/////|//l|
       ,,イ//////////////////////////  |//l|
     ,,イ////,三三三三三三三三三三//.    |//l|
   ,,イ/////.         |//l|               |//l|
 ,,イ/////.           |//l|               |//l|
´/////               i//l|               |//l|
////            |//l|               |//l|
//|                |//l|               |//l|  _
//|                |//l|               |//l|.  T‐
//|                |//l|               |//l|  |
//|                |//l|               |//l|  |
//|                |//l|               |//l|  |
//|                |//l|         Tニニニニニニ!
//|                |//l|             ||
//|                |//l|             ||
//|    _________」//l|________j_|
//|.    T――――――――――――――
//|    |
//|    |
//|    |
====!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しかし、だからと言って彼の判断が正しかったかと言われれば、それも
┃間違いだと言える。

┃なにせ、自分の方から逃げ場の少ない二階へと逃げてしまったからである
┃ろくな確認もしていない場所を逃げ道として選ぶのは上策とは言えず、
┃青年がこの事に気付き、後悔をするのは階段を上り終わった直後だった


1332名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:51:57 ID:hl1cVG7Q0
流石に二択で即死は厳しいよ、もう何手かあった上でリカバリーがある程度出来る程度がいいと思うな。

1333名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:52:43 ID:RnfKUQbM0
即死してもやり直し簡単にできるならいいと思う

1334七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:53:15 ID:DxbKb02s0
うーん、それじゃあ失敗を引いたら末尾で判断する……とかかな?




       ,\              | |   //::
          \              | |  ,//::            _______
      \  \              | |__//:: .           /`|::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ;;;;;;\  \             ̄            /  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ;;;;;;;;;;;||   \                    /     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ;;;;;;;;;;;||:.  ,. \.                 /  :.   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ;;;;;;//||   |;\ . \_______/,l二l       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ;;;//;;;||   |;;;;;||  |          |  |:::::|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       //;;;;;;||   |;;;;;||  || ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |:::::|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ̄ ̄ ̄     ̄   ||        |    |  |:::::|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ||        |    |  |:::::|  ';.  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ||.o       |    |  |:::::|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           "':;         ||        |    |  |:::::|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ||        |    |  |:::::|  .;'". .:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     ||        |    |  |:::::|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        :.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,|:::::|   __ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   _           /   ,;;::' ,.:         \| ,' |ロ,| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /|         /                      \: \| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |         /                      \   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |:', ..:  /                            \,|::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |   /                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







         _____    ガチャッガチャッ
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \          くそっ……!
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ       扉が、あ、開かない……?!
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |       中から鍵がかかってんのか!
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ

1335名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:53:53 ID:hl1cVG7Q0
まあ、死に覚え的なそれならデスペナ小さめでってのもありだけど。

1336七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:54:26 ID:DxbKb02s0
         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i        お、お兄さん?! 黒いのこっちに来てますよ!
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シ.i  弋_。沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   ; // li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).  _ _   ゚,lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_ . ´` ,/il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l








            _____
        /    ::::::::::::::\ガチャtガチャッ!
      /      ::::::::::::::::::\
    /         ::::::::::::::::::::::\
   /         :::::::::::::::::::::::::::::::\            分かってる! 言われなくても分かってる!
 /          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |   U        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        焦るな焦せるなよ……くそったれがっ!
  |         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  \         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    \      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃手前の扉は鍵がかかっており、いくらドアノブを回して開くことは無く
┃緊張と恐怖のせいで手に汗が滴っており、青年の不快感を煽った

┃尻目にある窓から逃げるのは……無理だろう。青年だけならまだしも、
┃壊れ物の様にか細い少女がこの高さを飛び降りれるわけがない。

┃建物自体がそれなりに高く作られているのだ


1337名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:54:28 ID:vJ2kkw.g0
二択で即死でもその後安価判定があれば問題ないと思う

1338七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:56:00 ID:DxbKb02s0
明日辺りにでも練習でやってみたいです……



      ____
     /     \
   / \:::::::::::/ \          くそっ、ならこっちは……
  /  (●):::::(●)  \
  |     (__人__) u   |
  \  . |┬-r|    /
   /   `ー´9mー )
          `ーー‐'゙





        ギィイ……
     ',     lllllllllli      !、 __,r‐‐-、...::::::::`、
      ',      illllllllli    /~    ̄`''、:::::::::::::::i
       i,.     illllllllli   ./     :::::::::::` 、;;;;::, '           ……よしっ、空いた!
.      i,    illllllllli /         ::::::::::::::::/` 、
.         i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.  :::::::::::/::::::::`、
        i,    illll!':::::::::::::::(| i;;;;;;;`:、:::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;'.,
          i,    illl´"''::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、:::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
.         i,    illi、   "' 、;;;;;;;;;;;;;;;;i,.';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
         i,    illllllli、     `゙゙'';;;;;;;/',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
.         i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´ ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'
         i,    illllllll|          `::::;;;;;;;;;;;;;.'
            i,    illllllll|

1339七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:56:18 ID:DxbKb02s0
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃奥の方のドアノブに手を掛けると此方は鍵がかかってなかったのか、
┃容易くドアが開かれると後ろの少女を薄暗い部屋の中に入れ、自分も
┃入ったのと同時に鍵を掛ける……気休めだが、これで少しは時間が稼げ
┃るかもしれない……



1340名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:56:54 ID:MkqUt9UI0
問題は、死亡ルートも安価次第で生存だと、書き溜め効かないってことだな

1341名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 21:59:34 ID:EiBPCa7A0
個人個人の好きな難易度はあっても絶対に正しい難易度なんて無いでな
読者の意見を取り入れるにしても試しに一回くらいは
ヌルゲーだろうがマゾゲーだろうが>>1の好きな難易度でやってみるといいと思うぞ

1342七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 21:59:37 ID:DxbKb02s0
そこなんですよね……問題は…… >>1の文才が試される時が来たのだ(泣き顔)


―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============












....|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
;...|.l.|: :: :: :i: : : : : : : : : : :..:|.l.| : : : : : : : : : : :l:.: : : :.::|.l.|
....|.l.|: :.:. :.:ト、__人___人___,:1l.ト、__人___人___,:1: .: :.:.:.|.l.|
.;..|.l.|: : : : l!          .|.l.|        .l!: : : : :|.l.|
....|.l.|: : : ‖        |.l.|           .',: : : :..|.l.|
....|.l.|: : :‖         |.l.|         ',: : :..:|.l.|
;...|.l.|:n:‖          |.l.|             .',:..:n:|.l.|
....|.l.|:l.!ソ           .|.l.|            ':, !l.|.l.|
;...|.l.|三三三三三三三三三三三三三三三三三_|.l.|
....|.l.|:il:',i             |.l.|            i:.l.:|.l.|
..;.|.l.|:lj: :|            |.l.|          ,|:lj |.l.|
....|.l.| : : :|           .|.l.|          |:.:..:|.l.|
..;.|.l.|: :.:.:.|          |.l.|             |:..:.:.|.l.|
....|.l.|:: :: ::|            |.l.|           .|: :..:.|.l.|
;...|.l.|: : : ::|           .|.l.|          | : ::.:|.l.|
....|.l.|: : :.:.:|          |.l.|            |.: : : |.l.|
;...|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃後ろを振り向いたところでようやくここが何なのかが分かった、おそらく
┃この家の主人の書斎なのだろう。壁際には所狭しと重圧な背表紙を象った本が並べられている

┃書斎なら、湿気の換気用で窓があるはずだ。そこからでもカーテンを垂らせば
┃逃げ切れるはず……ちょうど扉の目の前、大きな机の向こう側に黒ずんだ両開きの窓もある

┃助かった。そう信じ込みかけた直後だった


1343七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:00:12 ID:DxbKb02s0
                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、      おい、おいおいおい、ふざけんなっ!
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃急いで窓の前に向かい、開けようと開閉用の取手を掴んで……開かなかった

┃これと言った鍵も付いていないのに、何故か扉はビクともしなかった。
┃青年が力の限り窓の取っ手を引っ張っても、それこそ一番脆いはずのガラス部分を
┃殴っても……皹一つはいらない



1344七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:01:31 ID:DxbKb02s0
        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         −フノヽ  |l
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入        は、はやく開けてください!
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、       こっちに来ちゃいますよ!
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \






         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \           分かってる、分かってるけど、開かないんだよッ!
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \            溶接されたみたいにビクともしねぇ……クソッ!
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |         え、どうしてですかっ!?>
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ      んなこと俺が知るかっ!

1345名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:02:11 ID:RTFotWcA0
実は上げ戸ですなんてことじゃねえよな・・・

1346名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:04:02 ID:vJ2kkw.g0
殴っても皹一つ入らない窓ガラスすげえ

1347七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:04:47 ID:DxbKb02s0
いくらなんでもそこまで馬鹿じゃないですよ……ただ、ナンデでしょうかねぇ?



     ミシッ…
     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|    ドン、ドンドンドン!
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|ギシッ
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃言い争いに発展しそうになった時、「ドン」と重い音が響いた……

┃口を閉じ、二人してドアの方を見つめると、ドンドンドンと何か重い物が
┃鍵によって閉ざされた扉を開けようと必至に体当たりをしている音だ……

┃どうやら、時間切れらしい


1348七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:06:25 ID:DxbKb02s0
             ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
          r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
         /  {r3!}             !=彳li  il
       |  /`´                l l  il、
      /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il
      / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il     …………
      / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il
.    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il
    .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il
    li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
    li    ‖  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il
    l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
    l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
     l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
    / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
   / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
  / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
 ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }
!   l    て l     / r-'' l      !  l    /   }




                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ        ………
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃二人して口を閉じ、祈るような視線で扉の方を見る

┃視線の先からは何度も繰り返し同じような音が響いている
┃少しずつ強まっていく音に、扉のすぐ近くに居た少女の目からは溜まりきった
┃涙が少しずつ漏れ出している……

┃止めてくれ、泣きたいの自分も同じだった。ただ、あまりの恐怖で涙が出てこないだけ
┃なのだから


1349七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:06:44 ID:DxbKb02s0



     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|     シーン
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃扉を叩く音が高まり、金具が奇怪な音を挙げ、扉がいよいよ破られるかと
┃思われた……が、一際鈍い音を出した直後、叩く音はピタリとやんでしまった

┃それまでの騒音が嘘かと思えるほど、部屋には静けさが漂う


1350七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:07:12 ID:DxbKb02s0




              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |      ……あ、諦めたのでしょうか?
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、




          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \      い、いや、分からない……
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /

1351名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:08:34 ID:fD0WNnsQ0
ホラーならほっとして振り向けばそこに…とかになりそうだけど…どうなる?

1352七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:08:40 ID:DxbKb02s0
映画やゲームでよくありますよね、これ……個人的にはレジスタンス3の冒頭で音を立てた一般兵が……




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',      と、とりあえず、そこは危ないからこっちへ――
     l                  /   .l
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l








                                   _..-'ッ    ''"
                                   _..-'"゙,/´
                              _/゛.,..‐″
      _,,,..y         _.. -''''゙,゙`-     ,/_..-'"
  _,.. -'''゙゙ /       ._,, ‐'″._..-'"      ..r←'´
‘゛ .,..-'"     .,..-'"゛ ._..-'"゛
. ‐'"     ._..-'゙_,,..-‐'"
       .l゙‐''"゛
                      ,..イ!″         バババババババッ!
                   _..-' /
              _..-'^ /
              ,..-'" .,/゛
        ._..-'″ _/゛
     ._..-'″ .,/゛
  ,..-'″  . /
-'″  .,..‐"
   ,/゛
.,/゛
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃音が止んだのを見計らって少女を此方へと呼び寄せようとしたその時、
┃耳を劈く銃声と共に、弾丸が扉を撃ち貫き、部屋の中の二人を襲った



1353名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:09:28 ID:zoCj6uI20
ネウロイって金属食うからな
ドアノブが消え始めたら…………

1354名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:09:48 ID:hl1cVG7Q0
まあ、体当たりで開かないなら銃弾でハチの巣にするよなw

1355七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:10:20 ID:DxbKb02s0




         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \      カヒュ……!
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃初弾が自分の頭横を掠めると同時に、ほぼ条件反射の様に頭を押さえて
┃運よく目の前にある机へと身体を引っ込めた

┃頬を掠める感触が、なにか鋭いもので心臓をえぐり取られるような感覚が青年の心を支配する

┃幸いな事に机は厚い樹で出来ているのか、銃弾が青年の体を貫くことは無い……

┃が、それでも死という恐怖からか、とうとう青年の目から大粒の涙が流れ始めた



1356七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:12:15 ID:DxbKb02s0
    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |      ――――!
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少女が叫んだ……が、部屋を貫く銃声のせいで何を言っているのか分からない

┃何もできない二人は、ただその場にしゃがみこんで、弾が当たらない事を祈っているだけだった



1357名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:13:20 ID:fD0WNnsQ0
吊り橋効果で好感度急上昇のチャンスと考えるんだ!

1358名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:16:42 ID:zoCj6uI20
>>1357
向こうからの評価は上がっても
やる夫から見た評価はマイナスってレベルじゃないと思う

1359七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:17:26 ID:DxbKb02s0




              -─‐──‐-、
         /             \
        / ;            ヽ     ハァッハァッ……
        l  U                l
        |     , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
       !、  _ノ" "ヽ、__  ∪        \
        ヽ ((●)  (●) )::  /⌒゛`       l:
         /ヽ~゜(__人___)~__ ,ノ|     ,     |
         /   /` ⌒ ´    |     |    ,   !
          /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
       /   /     |    |    |     ,lー─- 、
    , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/  )   )
   く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\  /^ー-‐'
    `ー' ー´ ̄       (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄








                  /´         \
              ___,  '´               `ヽ 、   U
       ..      ,,. ´         U             ` ー- 、
           ´        ___         ___         \      ハァッハァッハァッ、死ぬ……
           /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',     死ぬのか……ここで、ネウロイに殺されて……
           {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }
           .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /
       ..  U   >-ヘ -‐          ,    ----‐->=イ     ここで……ここで死ぬんだ……嫌だ……
            /                      ヽ
           /    U      i、           }
           {           /ヽ           /      ハァッハッ……ヒッ
           ヽ、        /  ヽ、       /
           │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
           ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
                  ` ̄´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃恐怖のせいで過呼吸のような霞声が漏れだすのと同時に口からは死を
┃受け入れるような言葉しかでなかった

┃銃撃により混乱、というよりも錯乱状態に陥る……シェルショックに近いものだろうか

┃どうしよう、どうすればいい? いや、無理だ。抗いようがない。諦めて死ぬんだ

┃そんな死神のような自分の考えが頭の中を巡りまわる


1360七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:20:32 ID:DxbKb02s0
あ、>>1の勉強不足でいまから色々と変だと感じるかもしれないけど、見逃してね……





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /. : : : : :                   lr‐、_,‐´ /       ヽ    ::::::::::::::::::::::::::::::::
                  ./. : : : : :                l.T~   . !、     人ノ    :::::::::::::::::::::::::::::::
                 /. : : : : :                     | |      `.` ニ二-- i     ::::::::::::::::::::::::::::
                 /. : : : : :                     | |                 l      :::::::::::::::::::::::
                ,'. : : : : : :                | |             /       ::::::::::::::::::::
                i : : : : : : :                 U             /
:::::::::::::::::::::::::::::::::       i : : : : : : :                                /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ', : : : : : : :                              /    ―――死にたくない……嫌だ……―――
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ', : : : : : : :                         /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ヽ、: : : : : : .                      /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ヽ、:_: : : : .                    /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       `¨i : : : : :                  ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃机の下で、神に祈るように呟いた。いや、神だろうが悪魔だろうが、誰でも良かった

┃自分の目の前の死から逃げられるようなら、この恐怖に抗えるならなんでもいい

┃ただ助けて欲しい。この不安をどうにかしてくれ


┃そう願った直後だった、


1361七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:22:48 ID:DxbKb02s0
                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ        ゴトッ……>
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ








  _,._                   ,-、
 i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||||||||| ゙̄i-ク
 i|──- 、..____,、__,.____,!!!!!!!!!_r、_!'    ガチャ……
 ゙------l       ___ ゙--一'"r';';';O';゙;i`'`>ー,
        ̄ ̄ ̄ ̄`i:./´ ̄ヾi ゙i;';';';';';';';i,::i´ ̄´
             ゙====ぐ_ G゙i;';';';';';';';i,:i,
                      `! i;';';';';';';';i;;i,
                   ゙! i;';';';';';';';'i,ヽ
                    ゙! i;';';';';';';';ヾ:゙i,
                    ゙! i;';';'○';';r'i::}
                       _〉,.゙===一fj´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんな青年の願いを神様が聞き入れたのか、はたまた悪魔の偶然か

┃銃弾に弾かれて、机の上から飛ぶように青年の前へと落ちてきた黒い布袋。

┃衝撃で紐が外れたのか、中身の一つが目の前にへと滑るように現れた。
┃いや、落とされたというべきか



1362名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:23:34 ID:RnfKUQbM0
太くて固い奴か

1363七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:24:58 ID:DxbKb02s0




                  /´         \
              ___,  '´               `ヽ 、
       ..      ,,. ´                       ` ー- 、
           ´        ___         ___         \
           /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',
           {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }
           .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /
       ..      >-ヘ -‐          ,    ----‐->=イ
            /                      ヽ
           /           i、           }
           {           /ヽ           /
           ヽ、        /  ヽ、       /
           │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
           ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
                  ` ̄´

1364名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:25:33 ID:X1XgVRcM0
これで自分の額を撃ち抜けということですね!

1365名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:25:56 ID:zoCj6uI20
ただの人間の拳銃の一撃はただの豆鉄砲
…………「ただ」の人間ならね

1366七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:25:58 ID:DxbKb02s0





                            ,. -─────────‐- .、
                           // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
             ,-=-,、         /                     \      ……
            i   |        /                        \
            |   |        /~'i  / / ̄\\         // ̄\\  \
   _         .|ヽ ノi     /   |  |  |    | |      | |    | |    \
   /  ヽ,        .|   |      /ヽ,, ./  \ \_//       \\_//      \
   ヾ   \     .|ヽ ノi     /   / ../ ̄ ̄\ /    |    \ / ̄ ̄\..    \
    \ノ  ヽ,    |   |,   /ヽ ,,,./  :::::      |      |      |       :::::       ヽ
     ヽ   ヽ   |   'l~-ノ  ../          |      |      |               |
      \、ノ ヽ,,ノjヽ  ノ "  ノi          \__/\__/                |
        ヽ,  丶     ヽ,,  ヽ           |       |                |
   ___/ヾ ノ          .ヽ,          |r─‐┬──、|                 |
 ̄ ̄    ~-:;;:;              \,,.        |/   |    |                /
,,ノ__ソ_ )                   ~=,,,,,     \      /              /
    ̄ ̄|~                  /   ̄^^~ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄              /
      i,                  (,
      |ヽ,,-,,             /  ̄ ̄
      ヽ  ̄=二=-----"~~^/
       \ヾ-=-  ___ノ
         ~-,,,__,,,,...ノ/



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃これで死ねと言う神様からの慈悲なのか。それとも痛みを乗り越え抗えと言う悪魔の微笑みか


┃この時ばかりはどうでも……どっちでも良かった

┃ただ、青年は無我夢中で目の前の贈り物を拾い上げた



1367名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:26:12 ID:MkqUt9UI0
素人の弾なぞまず当たらんから、自殺安定なのはたしかだけどw

1368名無しのやる夫だお:2013/04/27(土) 22:26:41 ID:D8UJxv0A0
これで楽になれるな

1369七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:26:48 ID:DxbKb02s0
―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============







    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|      いや、やだ、もう……止めてよ……
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃銃撃が始まってからおよそ一分。本当に短い間だったが、それでも
┃彼女にとっては永遠の様にも感じられた。

┃銃声に怯え、部屋の隅で縮まる様にして恐怖から逃げていた……

┃腰が抜けたのか、銃撃が止んでも怯えたままその場から動けずにいた


1370七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:27:53 ID:DxbKb02s0
                     ..´ ̄ ̄ :` : .、
                   / : : : : : : : : : : : : \
               _| : : : : : : : : : / ): : : : :',
               /:| : : : : : : : : / /: : : : : : :,   キィィィ……
                 |:.:| : : : : : : : ( /: : : : : : : :}
                ヽ| : : :___: : : : : : : : : : : : ;′
               /\、レ´  `ヽ: : : : : : : :/
           /    7: : : : : : : :}: : _:_:_:イ
                 ; : : : : : : : /く彡'"
                  /: ⌒ヽ: :/`\>
              /: : : : :/    /
               (O):/      /


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ヒュンヒュンと奇怪な音を鳴らして扉から先ほどのネウロイが入ってくる

┃どうやら中に残っている人間にとどめを刺しに来たらしい

┃ふわふわと漂いながらくるりと部屋を見回し……見つけた

┃部屋の奥隅で泣きじゃくっている少女を






                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i
         r= /ィえフ,イ                ̄て¨   :|!
         | {./イ八ノ   ,      i        )  .:|ハ
         | 升ソツ    i        |        ',    :|八
...         ィ" f!.        |  |     | |  i    ハ .   |  \       あっ……
       / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._l ! i     iff  |   .ヽ
.       / // .,'k|  |    :|.ノ |_ | . l  .| | `.ト⊥!_  ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i  _/  i | 八 .ソ ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ
.       |/   | :|  ! !  てr上.从 :::::::::::: { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!::::::::::::::: ゞごつ' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/        ; '   ,'   |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '     u イ  {  ハ    \ .>
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   (⌒)   イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ
 / /.小ヽ  .ヽ  八  /     rtソ {_,イ     .>} ソハ     ノ   i く
/   .乂  }  人   {    ,rt=イ }廴ノ⌒Y⌒Y⌒廴_ノ         ノ

1371七色 ◆c8r7RqLrYk:2013/04/27(土) 22:28:40 ID:DxbKb02s0
                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i