■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

律「そんなんじゃないし」

1 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 16:39:10 vtVIU.8k0
唯「りっちゃんりっちゃんこれ見て」

律「ん?なにこれ」


2 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:11:14 vtVIU.8k0

唯「あずにゃんが送ってくれた楽譜の写メ!」

律「......ギターのじゃん。これ私が見ても意味ないんだけど」

唯「違う違う、そこじゃなくてさ、ここここ」スッ

律「......ここに映ってる梓の指?」

唯「そう!楽譜をカメラで撮りやすいようにグッとして、そしたら爪が白んでるの!!」

唯「かわいいと思わない!?」ズイッ

律「......か、かわいいと思うわ///」

唯「こういうの、意識しないでしてくるんだからもぉ〜〜あずにゃんかわいいぃぃ」

律「あはは、惚気もそれくらいにしとけよ〜」

唯「なに?りっちゃんヤキモチ〜?ヤキモチ妬いてるのぉ?」

律「そ、そんなんじゃないし」


3 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:12:47 vtVIU.8k0

---

律(くはぁ〜ノンビリできるって幸せ)ノビ-

ピロリン

律「ん、唯からメールだなんだろ」

律「*?」

唯『やほー』

律「くぅぅううう///」マクラドスドス

ピロリン

律「ん、また唯から...」

律「って、電話!?」

ピッ

律「も、もしもし?!ゆ、唯!?」

唯『あ、りっちゃーん!今あずにゃんとパフェ食べに行こうかって話になったんだけど、りっちゃんもこない?好きでしょ、パフェ』

律「......」

律「や、私はいいかな」

唯『え、なんで? こないだりっちゃんが好きだって言ってたお店だよ?』

律『いやー、ちょっと、さ』

梓『律先輩来ないんですか?』

唯『来ないって』

梓『ちょっと代わってください』

律(やりとり聞こえてますけど......)

梓『律せんぱーい、パフェ食べに行きましょーよー』

律『や、ごめん。梓。今日はちょっと体調が悪くてさ。また今度誘ってよ』

梓『大丈夫ですか?......わかりました。なら、また今度一緒に行きましょうね?』

唯『りっちゃんなんて?』

梓『体調が悪いみたいです』

律『ん、ごめん。じゃあ、また』

唯『あー、待って待ってあずにゃん代わって!』

唯『りっちゃん、具合悪いの?大丈夫?!今から行こうか!!?』

律「いや、大丈夫だよ。少し寝てれば治るからさ。ほら、梓とパフェ食べてこいよ。感想聞かせてな。じゃあ、また」

唯『りっちゃ』

ピッ

律「はぁ......」ゴロン

律「......」


律「べつに、そんなんじゃないやい」


4 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:13:53 vtVIU.8k0
---

律「このパッキー、冷やしてもおいしいらしいぞ」

唯「[大人のミルク のうこうみるくをサクパリのパイ食感で]だって」

律「買ってみるか」

唯「うすっ!」

律「冷やして食べてみるか」

唯「おすっ!」


5 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:14:47 vtVIU.8k0
......

律「冷やしましたパッキーがこちらになります」

唯「では早速!」

唯律「」パキッ

唯律「」モグモグモグモグ

唯「すっごくサクパリしてるね」モグモグ

律「すっごくサクパリしてるな」モグモグ

律「どれもう一本」

スッ

唯「りっちゃん、あーん」

律「......んなっ」

唯「ほら、あーん」

律「......」

ぱきっ

律「......」モグモグ

唯「おいしい?りっちゃん」

律「大人のミルクって感じ」モグモグ

唯「これってこいびとどーしのやりとりっぽくていいね」

律「......べつにそんなんじゃ、ないって///」

唯「私にもしてよ、りっちゃん」ア-ン

スッ

律「ん」

唯「ちょっとりっちゃん、突っ込み過ぎだよ〜」

律「食べないの?」

唯「たべる!たべます!!」

ぱきっ

唯 「ん、おいしー」モグモグ

唯「りっちゃんも、ほら、もっかいこいびとどーし!」

スッ

律「べつに、そんなんじゃ、......ないだろ」

ぱきっ


6 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:16:28 vtVIU.8k0

---

律「でさー、モリさんが絶対毎回そこで言うのね、『あれ?髪切った?』って」ケラケラ

紬「ふふっ、りっちゃんそれ、面白すぎるよ」クスクス

唯「」ムムッ

唯「なんの話してるーのー?」

律「あ、唯。今、ムギに私がハマってるテレビ番組の話してたんだ」

唯「へー、そーなんだぁ」

紬「りっちゃんって私がチェックしないような番組観てるから、話が新鮮でとっても面白いの」

唯「へ〜そぉなんだー」

梓「もー、みなさん、そろそろ練習しましょーよぉ」

唯「ん!!そうだね、あずにゃんの言うとーりだよ!練習しよ!練習!!」

律「え、ゆ、唯。どうした?」

紬「具合悪いの?唯ちゃん」

梓「唯先輩、ついにやる気に...!!」ジ-ン

唯「べつにそんなんじゃないしっ!!」

梓「」ガ-ン


7 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:18:22 vtVIU.8k0
---

律「ふはー、今日も寒いなぁ!」

唯「冬はやっぱりコンビニのおでんに限りますな」

律「うめー」ハフハフ

唯「おいし〜」ハフハフ

唯「りっちゃん、玉子半分こしよぅ」

律「ん。なら、牛スジ半分やるよ」ホラ

唯「ふーふー」

唯「はい、りっちゃん。あーん、して」

律「あーん」

唯「はい」

律「はふっ、あつつ」モグモグ

唯「りっちゃん、私も」

律「ちょっと待っ、口の中がっまだ、はっふっ」

唯「あ、熱い玉子の黄身、苦手だったね」ゴメン

律「んぐっ、......ふぅ。美味しいんだけど、熱いのって食べるの苦手」

唯「はい、私にもちょーだい」ア-ン

律「ほい」


8 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:19:52 vtVIU.8k0

すっ

唯「んんっ、......! はふっ、あつ」モグモグ

唯「だから、はっ、...なんでりっちゃんは、んぐっ、口に入れすぎるのっ、」モグモグ

律「難しくない?人にたべさせるの」

唯「澪ちゃんとそういうの、しないの?食べさせごっこ。...あー、牛スジおいしぃー」

律「しないなー、澪、友達同士でも恥ずかしがるもんこういうの」モグモグ

唯「りっちゃんだって、恥ずかしがってたじゃん、最初」モグモグ

律「そりゃーまーなー。唯はそんなんじゃないし」ズズッ

唯「ふぅん」ズズッ

律「唯は、梓とするのか?食べさせごっこ」フゥ

唯「しないよ、あずにゃんはそんなんじゃないし」ホゥ

律「......そーなんだ」

唯「したら、りっちゃんがヤキモチ妬いちゃうもんね」エヘヘ

律「......べつにそんなん......しないし」


9 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:21:19 vtVIU.8k0

---

唯「はい、あーん!」

律「パフェの底のシリアルだけもらっても嬉しくないんだけど」

唯「りっちゃん、あーん!」

律「そんな笑顔で言われても嬉しくないんだけど」

唯「あーん!」

律「......」

唯「食べてくれたら今度ぎゅーしてあげるよ」ボソッ

ぱくっ

唯「りっちゃんって、ホントに好きだよねぇ」

律「べ、べつにそんなんじゃないやい!!!」バリバリモグモグ


10 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:22:25 vtVIU.8k0
---

唯「はい、りっちゃん、ぎゅー」

牛スジ

律「......」

唯「じょーだんだよ!そんな悲しい顔しないでよ!!」

ぎゅー

律「......後ろからがいい」

唯「んもぉ、りっちゃんはワガママだなぁ」

ぎゅっ

律「髪も撫でてよ、唯」

唯「えへへ、今日は甘えん坊さんだね、りっちゃん」ナデナデ

律「......べつにそんなんじゃ......ないし」ギュゥ


11 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:24:05 vtVIU.8k0

---

唯「りっちゃんは私のことが好きなの?」

律「ふぇっ!?」

唯「そこのところどうなのですか?りっちゃん」

律「......べつにそんなんじゃ、ない、っての」

唯「ふーん、そーなんだぁ」

律「......」

唯「なーんだ。今までの、私の勘違いかぁ。てっきり、りっちゃんは私が好きなのかと思ってたよ」テヘヘ

唯「そーなんだぁー......」

律「......」

唯「......今日は帰るね」バイバイ

律「......」


12 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:25:33 vtVIU.8k0
---

律「......」

律「......」

律「......」

律「......」













律「......そんなことあるかも」


13 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:33:19 vtVIU.8k0

律「唯!」

唯「ほえっ?り、りっちゃん?!」

律「えっと、ハァ、そ、その、ハァハァそのだな、ハァ」

律「ごめっ、ハァ運動不足で息がハァハァ」

唯「りっちゃん......かっこわるっ」

律「なんだと!?......って」

唯「ん?」ポロポロ

律「なんで泣いてんの?」

唯「だって、りっちゃん、追いかけてきてくれたから...えへへ」ポロポロ

律「......唯」

律「その、だな、よくよく考えてみたら今までの全部『そんなんあった』よ」

唯「?」

律「ん、ごめん、今のでは唯はわからないよな」

律「その、な、今までずっと、
唯が梓と仲良いの嫌だった。
梓とのメールを見せてくる唯が嫌だった。
ヤキモチ妬いて楽しくなかった。
パフェに誘われた時も、
梓と唯と2人で行くなら私を誘う必要ないじゃんって思って断った。
2人で物を食べさせごっこするの、好きだった。
唯に食べさせてもらえるの、好きだった。
唯にぎゅーってしてもらうのも、
髪撫でてもらうのも好きだった」


唯「りっちゃん」

律「ん?」


14 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:34:12 vtVIU.8k0

唯「私のこと、好きすぎ...あはは」ポロポロ

律「うん、つまり、そーいうこと」

律「......唯は?好き?」

唯「泣いちゃうくらい好きだよ、ずっとずっと」

律「ふー、ふーん///そ、そーなのか」

唯「そーなんだよ、好きだよりっちゃん大好きだよ」

ぎゅーっ

唯「あはっ、りっちゃん心臓速すぎ」

律「そりゃー、そういうことだからな///」


15 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:35:18 vtVIU.8k0
----

唯「りっちゃん、ちゅーしよっか」

律「ここで!?」

唯「食べさせごっこみたいなもんだから大丈夫だよ」

律「いろいろとそんなんじゃないだろ......んっ!?」

唯「えへへっ」

律「......」

唯「照れ過ぎて固まってるりっちゃんもかわいいよっ」

律「そ、そんなんじゃないしっ!!///」


16 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 17:36:26 vtVIU.8k0

---
律「ゆい、ほれ」パキン

唯「ありがと! 」

律「夏はパピコだよなぁ、やっぱり」チュビチュビ

唯「パピコだねぇ」チュビチュビ

律「唯、交換しない?」

唯「いいよ?」ハイ

律「うん、うまいな、パピコ」チュビチュビ

唯「私が口つけたやつだから、美味しいんでしょ、りっちゃんの場合は」ヘヘ-ン

律「そ、そんなんじゃないしっ!?」

唯「まぁ、恋人さんだからいいよ、そういうりゆうでも、さ」チュビチュビ

律「ふ、ふぅーん」チュビチュビ

唯「で、ホントは?」

律「......そんなこと、あるかも」チュビ

終わり


17 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 18:23:59 YbYPOYWAO
>>16
久々の唯律SSありがとうございました。

とても良かったです。


18 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/29(日) 18:43:46 9Gc.jn9M0
食べてる音が良い効果音にになってるね。
唯律をありがとう。


19 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/30(月) 02:35:38 rl0WOmkY0
ほのぼの良かったよん


20 : いえーい!名無しだよん! :2014/06/30(月) 21:28:26 cu.j8ek60
すばらしかったです!


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■