■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです21【R-18】
1無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 02:04:06 ID:AFauUZpw0
     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです20【R-18】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1509819290/

2無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 02:04:50 ID:AFauUZpw0
                      __
  , -‐- 、.               `ヽ, `ヽ
 ,'. /  ト、 ヽ.     、 ノ 、     ,.' -─-ヽ.
i. ((从ソ u从〉 G / (● ●)ヽ  <i !レハハハ))>
l. (|┳ ┳i!l   、ヽ(_人_)*ノ    ル(リ_゚ -゚ノ!
ハNiヘ  ー ノハ!  ∨ ‘ー’ .○      / /wk|O―☆
   {iつ旦O    |      |  .    / / !_i_〉l
  とくュュュュ〉    .し    J     く_/_,ルノノ


アイデア例)
王様「食べ物が無い。魔法でかき氷を作ってしのいでいるけどこのままじゃじり貧だ。なんとかして食べ物を作ってくれ(ちなみに文明レベルは狩猟採集未満)」
やる夫「獣を狩る武器すら無いし、食べられる植物だってほとんど見当たらないのにどうしろって言うんだお!」
参加者「稲作やろうぜ!」

【解説】
やる夫は技術開発における国の最高責任者です。
参加者はやる夫の部下として意見を出していく形になります。

【勝利条件】:【邪神を倒せ!】もしくは【星海の果てへの移民を成功させよ!】
邪神を倒し、ゲーム本編は無事完結しました!ありがとうございます!
ですがやる夫たちの研究はまだまだ続きます。

【現状】
管理局編がスタートしました!
危険技術やスパイラルネメシスなどの世界の危機にうまく対処して、多元宇宙の平和を守ってください!

お世話になったスレ。この場を借りて御礼申し上げます。

・戦略・経営・外交シミュ系安価スレッドを考えたいスレ39
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1391441453/
構想段階での相談や、テストプレイ、AAの支援など、多くのご協力を頂いています。いつもありがとうございます!

【派閥】シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです17【R-15】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1390440019/
偉大な先人。
無茶振り王国は元々瀕死の祖国スレの「電波研究」部分を自分なりにスレ化してみたいなというのが原点になっています。
楽しいスレを立ててくれてありがとうございます!

3無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 02:05:06 ID:AFauUZpw0
スレ立て終了!

4無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 02:55:00 ID:AFauUZpw0
4926 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/29(金) 02:42:47 ID:q6gtG70A0 [2/3]
外交描写(ラヴニカ外交続き)

4777 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/26(火) 14:06:52 ID:RpsGf0xE0 [10/12]
乙!

安価はシミックとセレズニア

4778 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/26(火) 14:15:32 ID:IgQxJvfg0
安価はセレズニアとグルール

4779 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/26(火) 14:58:22 ID:o9NTxEtw0
安価:ボロスとセレズニア

5無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 03:03:51 ID:AFauUZpw0

、ー-、=ミ 、\ヽゝ、  〃
>≧ ` ー-、ヽ :. `Y jイ
    ̄`ミ .、   \  リ ハ
´/  Zー- ミソヘシヽ .!__ノ
彡'´ 彳´ ゞ=ミ、 ヽK, ノ┘
/ノ     .>=ミj i|j,イ彡
Y´ ̄ヽー-<!.::(・) !__,:'⌒Y
.j }::)   ::. ゝ-- ' 人__.ノ
ヘ.ゞノ rヘヽ  Y、  〉/
j,:`リ    ト、_____`二,'
::レ゙     \+-+-+-{
ミ:.、   `ー ̄:..´ ̄,ノ
"'''- .._ヽ彡ソ,, ,,, ,,, ,|
////// >z、`ー=チ
///////////>z、\
/////////////} |/
ー.、//////////| |}、_
///\////////ハ :./// ̄\

セレズニアは、こちらの世界で言えば実のところ神聖四文字教に近い。

神聖四文字教も緑白で、セレズニアほどではないにしても「生命」や「自然」というものを重視している。

(生命や自然は神の創造物だからだ。故に神聖四文字教は青が生命や自然を弄り回すことにかなり反発する。)

そしてその独善性も似たり寄ったり。

セレズニアは明示的に「一神教」を名乗っているわけではないが、

自然神マットセレズニア以外の神を崇めることはないし、

自らの教団以外の神や共同体にも否定的だ。

(セレズニアに限った話ではないが)最終的にはラヴニカを世界征服し、

民衆にマットセレズニアの福音を布教して宗教勝利を遂げることが目的である。

神聖四文字教と良く似ているだろう?

6無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 03:08:09 ID:AFauUZpw0
            、zv、 ,zv,
        z≧ミ`ヾ≧ヾv}イ≦=彡,,
        三二ニ=ミvヘソノイイゞ彡三セ
       ≧={゙`´      _  `ヾ=ミ
        彡イ彡≧ミトvj r'≦三ミzゞソ
        }彡´   `Y=v'´   `Y:{_
       r-ソ弋   ソ  ゞ.   .ノ :! `ヽ
      / ハ    ̄く:::, ___,、  ̄   .|ヽ !
      ! { ( '.    }/.::::::::ヘj ヾ;.、 ミ{り, '
.      \ヽ.', ;,イ `ー- '゙  rハ\.レ
        ゝ}彡 r_ . イエエエ7Y7´ム ;.゙
         ヘ./,  ̄ー=彡 ヾミ/
          }∨彡' ,` ̄ ̄´ ミ,レ{
          |'.ム/イ,j| l|!l| i ヾ,イ: |
          | } .\/ 从从ハ,イ.:::, |
        イ( ヘ : : :. ̄: ̄::::: : ノイヽ
        }   ̄`ヽ::::::::::::::r'´ ̄  .{
       __|     .}} ̄ ̄{{     ト、_
      丿{{><   ||   ||.  ><}}ハ  `ー    _
ニ二三 ̄   }}   `ヽソー―'ー=´   {{    `ー


「いいですか?暴力を振るってよいのは異教徒共と化物共だけです」

必然的に、神聖四文字教が「異教徒」を嫌うのと同様に、

他のギルドに対しては排他主義的に成らざるを得ないわけだ。

7無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 03:19:12 ID:AFauUZpw0
                  , -――‐―‐-:.:...
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:r………t.:.:.:.:.:.:ヽ、
               ,イ.:.:.:.:r‐┘.:.:.:.:.:.:.:.└‐┐.:.:入
              厶斗r‐┘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:└弋んヘ
              j  Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘJ ハ
              i  /.:.:.:.:./i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.、:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, i
                i /.:.:.:.:/ |.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.  i
             / ./.:.:.:.:.:{  |.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ト、 ヽ
              / ,イ.:.:.:.:.:.:{ー-i.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:i.:.:.:.i.:.ヽ ',
            ./ /i.:.:.:.:.:.:斗キ心、_λ___,rチォ、‐┬┘.:.:.:',  ',
            j/ |.:.〈^1  Vク      Vク/ メ }:i.:.:.:.:.i
           /  ,|.:.:.ト、      i       /_/.:.i.:.:.:.:i   `:、
          /   i.:.:.:|.:.:.:ヘ           /.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i    \
         /   i.:.:.:.:!.:.:.:.:.:\   ――   イ.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:i      \
        /    i.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:>  _ . イ:::::{.:.:.:.:.:.:.:.:`_.:.:.:、      \
       ./       j.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.丿:::::}{::::::::::::::::::レ"´ ̄ ̄‘,.:.:∨       >
       /メ     ,'.:.:.:/,ァ―一'´::::__,ハ:::::::::::/    // ‘,.:.:∨    /
      《  ヽ、   /.:.:.//:::::::::::::::,,/  __≫:::/   _/ /   ヾ.:.:.:.:∨ _ノ
       ⌒ヽУ/.:.:.//:::::::::::::::ヾ  /O::::::,〈   | 。 >    ∧.:.:.:.∨
         / /.:./ {{:::::::::::O 》三乂,,/ \   ¨´       ∧.:.:.:.‘:、
          /ノ.:/^´`ー―一' ‐''゛       \          ヘ.:.:.:.:..
       ,イ''.:/         /___    __ ∨          \.:.:\
      / /⌒ヽ/⌒ヽ_   /,ィ'´ ⌒ヽ,r'´ ̄   ∨           \.:.:.:、
     /  /         }:}  { {:{          . .::|             \.:.:.、
   /    {: : : ..     j:j ハ {:i      .. : : : :,イ |               \.::、
 /     乂: : : :   ::ノ'_ノ _ヾh、   . : : : :,イ /V          >―‐一へi
ノ¨ヽ      ≧=--‐彳三三j:/≧=‐ =<    /.:.:V      ,,>"´  . ´   i
    \     /  o i:| ̄ ̄7:i o i       /.:.:.:.:|__,,>"´   .:'゙       |
     >―‐‐' |   i:|   |:l   i      /i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     / ̄ ̄`丶、  |

とはいえ、神聖四文字教がただ異教徒を憎み排除するだけの宗教であれば、

ここまで強大な力を持った世界宗教には成っていないだろう。

(異教徒をローラーしないとは言っていない)

神聖四文字教の強みは、「異教徒」にも布教を行い、敵を味方に変えてしまうことにある。

「黙示録の獣」などとボロッ糞に叩かれるほど神聖四文字教と敵対していた古代ローマ文明でさえ、

最終的には神聖四文字教のミーム汚染に侵食され、乗っ取られてしまったのだ!

8無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 03:35:35 ID:AFauUZpw0
―‐\: : :\: | 八__| : | : | : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /                / i| |
: : : : : \: : :`|    \| : |: : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /               /  ハ',
: : : : : : : \: :|     \|: : :|: / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、: : : : /          -r 、  / /'| !i|
: : : : : : : : : \       \/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.:/ノへ―''フ   /  / 込-/_ i | |i|
二二ニニ=- : : \____/   /   / ̄ ̄ ̄\\ ヾi}_ニ⊃ ./ , // 廴ノi ヽ \ii|
: : : : : : : : : : \: :\'///   /    /: : :.:|: : ヽ : : : `: `く    ///// (⌒)乂  \\|
: : : : : : : : : : : : : ̄ ̄:/       /: : : : : :|: : :i:| : : : : \ハ    /!'///\_ア       ヽ |
: : : : : : : : : : : : : : : :./   \ | .': : i: : : : :/|: : ハ|>く: : : :}  _ゝ  {              //
: : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄: ヽi |:.|: |:: : : / :|: / ,ィ拆∧: :リ / ――\ゝ            //
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧ |: Ⅵニ≠ー// / ゞ' } ノ '//\    \        //
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧!: :.`くi戎    , 人/∠厂\}_     \     //
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.>\:.>、  <ア/(_/::7⌒ヽソニニニニニニ\_,/ '
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:/ ,ィ辷辷辷辷弐ア¨\丈/   /::\\  \     ̄´
: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ乙_,イ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::∨   / ̄ ̄ ̄ \ \
_______: : :<:::::::::ゝ≠:(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   / ̄ ̄ ̄\  \/
    /'//::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ト 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧,/\:::::::::::::::::::\  \
.  /'//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 人//\___:::::::::::::::::::::::::∧∧:::::::\::::::::::::::::::\/
. ///:::::::::::::::::::::::::::::::::  //∧//f辷_≧=-\__/|::::\\::::/::::::::::::::::::::::|
'/'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨//////777ノ{:::::::::::::::|::::::::::\ヽ::::::::::::::::::::::::|
'/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\//////////冫::::::::::::|:::::::::::::/'/::::::::::::::::::::::::|
'::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/∠//ム/〈===== ∨::::::::|/|::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/|::::\|::::\|::::::::::::::::∨::::::|/|::::::::::::::::::::::::::|

【セレズニア】

セレズニアも同様。他のギルドを憎み排除しようと考えてはいるが、

その手段としては武力よりもむしろ布教(ミーム汚染)を好む。

他のギルドの人間を全員セレズニアに変えてしまえばそれは他のギルドに対する勝利に他ならないのだから。

そして布教するに際し、布教するべき「異教徒」に対して敵対的な態度を取ってはうまくいくわけがないだろう?

だからセレズニアはそのギルドとしての独善性・排他性の割りには、ギルド外部の人間に対しても善良で友好的な態度を取る。

少なくとも個々の宣教師の中では、

「憎き異教徒をセレズニアに服従させよう!」という悪意や野心ではなく、

「誤ったギルドに従う哀れな異教徒を救ってあげなければ!」という「善意」で布教が行われているのだ!

(「こんな素晴らしい日本人が地獄行きなんてかわいそう過ぎる!日本人を救わなければ!」とやってきては挫折していく神聖四文字教宣教師のように。)

そのためセレズニアは(神聖四文字教と同様に)「他ギルドに対して排他的だが、他ギルド構成員には友好的に振舞う」という一見わけのわからない行動を取ることになる。

だがこれは矛盾ではなく、他ギルドを排除するために善意をまとったミーム汚染を仕掛けているという極めて巧妙な策略なのだ!(黒並感

9無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 03:40:44 ID:AFauUZpw0
             r‐、
            人 ゝ,,_  ,,_,,,                  /二ニ=‐-=ニ、\
          (○) ̄  ̄ i‐、-l、              ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ
          ``'‐二iヽ‐`-'__ ))              /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、
              ヾ `-' ,r'i {   .        ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \
                 = /_人ァ),ヘ         | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |   \
                 〈彡 . 入 :||: \         |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※
                `'ー'‐-(ヘ>  \    ,. -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !
                       \     `  7マ'7   | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |
                          `  ,     i ,ハ}   |.※ | >x、. イ  ! i|.   !
                         `7ぇxl/  ,    !  i  《 ,≫vヘ.)、i),  !
                         /  /    |_ i.※ i.  《|{,//iヘ.∨), ∨   ,r- 、
                           /  /     ! )`i   !,  《!_/i |《ヘ.∨), ∨ ,Xヘ. }
                       /  ム._.  !/ .|.※ |ヘ.  《  i | 《.ヘ.∨ヘ,.マ^ヽヽノ
                       ‘ーx,     i  !  |.   | ',. 《.  ! i 《. | |  メ.}i;xr≦
                          ∨  ヽ. |   |.※ |  ∨《  Li  《 L! :|. |    |
                           \.  ∨   |.   |  〈 》~~~''~ | i    !
                            \/   .!.※ ! ,/」Lニ=- |!>X<| :| i    !
                            //     ¨¨¨’ >厂    K  >' :| |、 ,ノ


・・・なお武力を用いないとは言っていない。

「やさしい言葉に銃を添えれば、やさしい言葉だけのときよりも多くのものを獲得できる。」からね。仕方ないね。

古今東西、いや異世界であろうとも普遍的に、鉄の結束を誇る狂信者の共同体は、軍隊としても優秀なのだから。

武力とミーム汚染。セレズニアに限った話ではないが、硬軟交えた勢力拡大こそが福音を広げる秘訣なのだ!

10無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 04:02:49 ID:AFauUZpw0
                      _   .. -  ._
                        ´  _/\/\` 、
                  /    l> -‐   ̄  - ._\
                   '     ./   '      :.  ヽ
                  ' /    /    /   l  ! !    '
              /ニニニニ/ /  ./ .j  i i.     '
               / .' /l / / / .// / ; ! ハ l   !
.             / l  ̄./ l/ __/=-ー' ー/_// ̄j__! i !
           //! !/ / !,ィfセ示ゝ     .,ィf示ヽ7l !
             // ./ / ; /.l l.ゝ乂辷ノ      辷ソノ/ l l
         ///./l..ハ{ ` ト、 :.:.:.       :.:.: ,:i .j_/
           /  i/  l' ` 乂、.> _   `  '   .イ .l_ハ
.          /  l l/ ! /  .! .l  / l ,-、≧ー ≦.〈 ̄l .l 、
.       /  .l l l/!  l. /  .l  / /:::::/ヽ::\/ .l\!  、
      / /__  .!   l/  l ',./l  >/:::::l\::}ー'__   、
.     /  ∧ ∨ ∧ ト、     !   !  !_>',.-‐''"`ヽ  !  .ト、
     ,イ  / ', ./  ',l/イトァ.∧ l  l//// ./   /  .!  ! ',
     / ! /-‐r―/`ヽ!/ .l ./ ', ノ-r'//_,. イー-/ ̄ .! l> ヽ
.     { / .l  l ./  l./ ̄ . ̄/ ̄⌒´ \/  |::::::/ !:::::/ !/
      ヽj   ′  '   ∨         ヽ:/ ヽ/   ′

【グルール 代理AAアルテラさん】

そのため、(ギルド全体としてはぼろ糞に叩いていても)グルールへの布教が試みられたこともあった。

他ギルドへの布教(ミーム汚染)は常に行われるべき攻撃だし、

その中でも緑の自然愛を共有するグルールは、比較的にせよ布教が容易な相手だと思われたのだ。

そしてセレズニアギルドの全体意思としてはグルールは「存在そのものが無駄な臭い蛮族」であったとしても

宣教師個人としては善意で動いている。

彼女はグルールをセレズニアの「報われない兄弟」だと看做し、故に救おうしていた。

グルールの暴力が渦巻く瓦礫の荒野を、緑豊かで平和なセレズニアの庭園に変えることで、

グルールを救い、セレズニアに迎え入れられると考えていたのだ。

・・・勿論うまくはいかなかった。

セレズニアの完璧な庭園は、都市生活者にとっては「美しい緑」であったかもしれないが、

グルールにとっては荒々しい真の自然ではなく、

飼いならされて野生を喪い犬に成り果てた狼のような、人工的に捻じ曲げられた偽物の自然、偽物の生命でしかなかったのだ。

宣教師は結局ラクドスの横槍で殺されたが、

とはいえ仮にそうでなかったとしても、宣教師が長生きできたとしても、やはり布教は無駄足に終わったことだろう。

11無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 04:14:19 ID:AFauUZpw0
                     -   -
                  ,. ´- ./\/ヽ.` 、
.               /r-./.ィ" ̄ ̄`"'<´l ヽ
             /___l, '. / '     ヽ  ヽ‐┐,
              / .l / /  .!   '  i   ∨
.             /  /  '  ,l   ', l  ',.  '   ',
            ' /l  .l l l.',   .l.V   l   \ l
          lT .! l ト、l__l`ヽ_l .l' V__ハ_.! .l l l !
          /,.! : lV,ィ==、 ヽ ̄,.ィr==、.l.l ! | l
         ,゙ {.! i .| !` ゞ"'  :.   ゞ"' ハ.l .レ|
          ( |.l l、.!ハ ' ' '     ' ' ' .:ソ.l ! !l
          j.l !.、| ゝー、     `      .' jノリ l!l
.           ハ.l/,`l> ,i  、  `   " ./__、.<l ', .!ハ
          /  l{ ! / !.l>.,il> _ イ! ト,.Vlヽ } ハ. ',
        '  lハ!.`l .l / lト、ー一'"{ .! ', ! ヽ'リ ', ゙.

まあとはいえ、グルールにとってのセレズニアは、

含むところはあるにせよわざわざ喧嘩を売る必要がある相手でもない。

グルールは都市外の瓦礫の荒野を縄張りとしているから、

都市の中で緑を守っているセレズニアとは行動範囲が被ることが基本無いのだ。

強いて言えば、グルールが都市を破壊し瓦礫の荒野を広げようとしたときに、

そこにセレズニアの庭園があれば争いになるかもしれない。

その程度である。

しかもこのスレではグルールは幻覚惑星によって救われた。

ラヴニカの都市は幻覚惑星に移転し、残ったラヴニカ古来の大地は原初の自然を取り戻しつつあるのだ!

故にグルールとしては、わざわざ愛する原初の自然の中から出て、

幻覚惑星上のセレズニアの庭園を破壊しにいく理由はないのだ。

12無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 04:25:00 ID:AFauUZpw0
   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|

しかしセレズニアの側は違う!

セレズニアはミーム汚染で宗教勝利を目指す狂信者集団なのだ!

前述の通り、元々グルールにも布教しようとしているし、

五色調和のミーム汚染を受けたことでむしろその傾向はより顕著になっている!

「グルールは臭い蛮族なんかじゃなくて、自然を愛する兄弟ですぅ!」

五色調和で異なる他者への寛容性が増加したことで、

グルールへの否定的な感情が消えて、好感情が強化された。

普通はそれで万事うまくいくはずなのだが・・・

「だからマットセレズニアの救いを兄弟たるグルールにも与えなければ!」

残念なことにこの場合、地獄への道は善意で舗装されている。

「グルール好みの荒々しい庭園を造るですぅ!」

まあ、五色調和のお陰で前よりはグルールへの理解も深まっているのだが、

しかし微妙にずれている!

13無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 04:28:56 ID:AFauUZpw0
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //


「グルールさん!野生的な庭園と医療はいかがですぅ?」

                       _ ........ _
.                _ - へ .へ  ,.、  `  、
.             ,.</>‐ '"" ̄`""'''‐<l _  、
          /'"´               \l.   ヽ
.          /                   ヽ   、
          l i    !        i     l    V        、__人_人_人_人_人_人_,
           l .!  .ハ ∧__ハ ∧__l',    V  l     )                    (
.         l .l V_/_,.V-\: : : :/!:::::::::::}:j!.  i   V, ./l    .)  庭園は わるい文明! (
        i∟l : :{ {::::::::::l : : : : : : 乂__.ノ: : ゙,__∟.-ハl .!   ノ                   (
         |  .! : `.ゝ__ノ: :、: : : : : : : : : : : :.| .|: : :}.〈 }Vl   ⌒)  はかいする!!!    (
         |/レ: : : : : : : : : :丁 ̄! : : : : : : : :!i.|: :ノ ∨ |    .)                    (
.          ( : : : : : : : : : : |__| : : : : : : : :||.| .l     |   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y`
          ` ー-. : : :___: : -‐、'"/jハ!|     !
           , 〔.〕.,| _,..-‐''7:./、:./、:\.    !    .|
              l !.|.|.l !>_,...-‐' lT冊l\/へ   |      |

「おいこらやめろ!」

「庭園造るならお前たちの縄張りでやれよ!」

「なんでこっちの縄張りに余計なもん作るんだよ!」

「せっかくの自然が台無しじゃないか!」

結果、善意で布教に来るセレズニアと

ラヴニカの原初の自然を踏み荒らされて怒るグルールという構図が発生!

以前の布教騒ぎの焼き直しとも言えるが、

五色調和や幻覚惑星などで他の要素が改善している分、余計にこじれることになった!

14無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 04:39:13 ID:AFauUZpw0

               ./     ∧          \  \
            /オ  /  ∧   V ≧=-  _≧=―\_
             ./ ./ {  {:     \   、    i    ̄`ト-- 一
            / :{ {  {  、.    \ ト、、    |       \
            .  {  {___′、ヾ    \∧ヽ___」__.′>、  \
            /   ,.  { {  ̄\`ト、 、 「 ヾ \j   { /// >、  ≧=-
        ー=≦_,/∧ Vィ笊芯ト \ \笊芯ト、 /:{///   \
              ,∨∧  { Vソ    `トヽVソ , / N/、.     \
            /  >く\' ,       i      /イレ {  i`ト、  .∧
           ,     /小∧:`ト、         ´ 八 ./ ∧:! \  ',
           ,′  ./r‐ト-へ:{____ へ    / :/|/^∨≧s┐ ∨ }
          V  ./ :}          ̄≧<―   ̄ ̄   /   } ./
           }  { / }_                   ,.斗' __/ ′
             V { }  ≧ト、_     ,,、    ,.,≦   ^\ / ≧s。.,___ /
            _V{^ー⌒\    ̄ ̄<   > ̄      /^iト、      \_

【ニッサ 代理AAシノン】

こうしたときにはギルドパクト側から緑系人材を派遣して架橋すればよさそうにも思えるが・・・

「ごめん無理。私もラヴニカの都市にはあんまり馴染めない」

雄大なゼンディガーの大自然で生まれ育ったニッサは、グルールに近い立場であり、

セレズニアの庭園は(無いよりはマシとしても)十分な緑とはいえなかった。

15無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 04:45:49 ID:AFauUZpw0
.                         / ̄ ̄\
.                      / } 〉(__)〈〈∧
                      { //_)___(_人∧
                      { /{ニV/ニ\ハ       /⌒>-------------
             ____/⌒l{ { { 〉 {_  }l∧}⌒} ̄ ̄/        ____
           /}ノ }__// / \.八{ \'天/ニニ}} /  /        /三三三三三
          /\__ノ⌒\\\\ニニニニニ}./ /      . <⌒\三三三三
          /三三`>。.    \\\\ニニ=//     . <三三 \  `¨¨¨¨¨¨¨
.       /三三三三/´ ̄`>   /⌒} /{∨}//n_}_fフ<´三三三三ニニ`>ー───
     /三二二ニニ/       /)/⌒}ノ////n //./{ /{(ノ/⌒フ二ニニ∩三三三三三三三
    /三三三_∩     _///{_ノ}-{ { /// {  /(/ / /{/) }  ノ⌒(__〉 二二⊃三三三三
   /三三二ニ//} {\  /7ノ-〈___/ 人//イ=== {__/ {___/ くノ}ニ//{  ⌒\三三三三
.  /三三ニニ=厶イ ∨ } /{三O    //ー────∨ /___{_{_}ノ__.{ {人_ \\}三三三ニ

【ジェイス】

むしろ青のジェイスの方が、緑白のセレズニアと相性が良いくらいである。

5/7とも仲良しだし。

・・・とはいえ、ジェイスさんとしても、セレズニアの善良さや平和を愛する心には好感を持ってはいたが、

宗教には関心が無かった。


さて・・・グルールとセレズニア、布教騒ぎで揉める両者をどのように調停するべきだろうか?

次回に続く。




では今日はこの辺で。ご参加頂きありがとうございました!おやすみなさい!

16名無し-Red-市民-2:2017/12/29(金) 06:43:32 ID:KAyhJ92s0
お疲れ様でした

いっそ世界樹の方が余程向いてる気がする

17名無し-Red-市民-2:2017/12/29(金) 10:21:17 ID:CZJ0i6K20
お疲れ様でした

18名無し-Red-市民-2:2017/12/29(金) 10:26:28 ID:q6gtG70A0
乙でした
前スレはどうするんだろう?

19名無し-Red-市民-2:2017/12/29(金) 12:44:51 ID:kH7GaoJ20
>>9
アイドルファンクラブ軍みたいだな。
というか、アイドル(偶像)はそもそも宗教用語か。

狂信的な宗教国家にもアイドルファンクラブ軍ドクトリンは使えるのかもしれない。

20名無し-Red-市民-2:2017/12/29(金) 14:02:24 ID:vUxDVQiI0
まったく人の手の入らない庭園ってジャンルを確立すればワンチャン…?
それこそ自然公園みたいな

21名無し-Red-市民-2:2017/12/29(金) 14:43:04 ID:hw76KzFA0
まあ、保護区域っていっても全く人の手が入ってないわけじゃないけどな。

>>19
というか、べしゃりの上手い坊さんの説法≒娯楽みたいなもんだしな。
『センゴク』の顕如の説法なんざ、まさしくトップアイドルのライブみたいな感じだったし。
落語も元々は仏教の説話から転じたもんだって言うし。

そういう意味じゃあ、まさしく宣教師の布教≒文化汚染 ってえことなのか。

22無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 14:49:34 ID:AFauUZpw0
『まあアイドルの源流は神楽だろうし』

『ダルシアさんも説法なんだかアイドルコンサートなんだかよくわからないものやってたしねえ・・・』

23無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/29(金) 23:59:11 ID:AFauUZpw0
     / ,.:' /  ,.'.,ィ州州!l{州リ ,リ,' ,.,リi|li|lⅥ州州l}州i|iハ
    / .i´.:;'  ,.:' ,イ!,州リ'州べ'州.i|,'il{.i{!il|ⅥⅦ!Ⅶl`l}州i|ム
.     ,;′′../ ,'イi州l' /ヽ.,i州{.l}l.l|!i州ll|}i州 l}l|il}州l}|州ム
   _,イリ .,'  /  i!,州l/ .,ィli|州!Ⅶ!|l|l州l|l|l}}!l!|!l|i!l}l}l.l|!i州iム
     { .;′.,′ l州l{l! イl州lⅦ Ⅶl|!|i!Ⅶl州!l!i|i!,Ⅶl}Ⅶl|!|i|.ハ
     |  /  / `/ .|.Ⅶ! |l|'´ ̄`州、|州キ''.}.l}l州州.i|Ⅶ|iキ
     |    ′  イ,、ハ  Ⅶ `  .Ⅵ{ l イ州il}l}i州l|l|l}}!l州!|!lIl}
     |         i'.|'/ハ.  ` _  Ⅶ/リlⅥリ,Ⅳl州I!lili!|Ⅶ|i州
    |     .:l: ゞリ'′  .ーzz、`` ./' }i!州リlⅦ!li|i州li|i}}i州リ
     .l      | `´/    "´`/7ハ,、_ .i|ハi|li|lⅥ州州l|l|l州|ソ
     :|       .;  /       ,ハ'///ム ,イ〉Ⅶl州!l!i| i!,ⅦlⅣ
     :}      i. l:.     `弋//イシiリ'ィ,孑笊气州 キ{i从
  _r〈}     ,':. `′     ` ̄´,イリ/リ':i!.fl|`フ州|i|リ
 ',::::::;'. ヽ、 __..:∧: 、__        イi|!'′/' _ノ::: ノ,ィ州!ミ
 ∧iリ   ` 、;;;リ.〉 ::  .` `ー ...   /'  .イ_,...,zイ州Ⅶ{ `
 '-、`、_      /ヘ .:.             ,.ィ.´     Ⅳ|Ⅶ `li{
 ゝ'///>, 、_ ハ::::ヽ.'、___ ,...::::':/    _,..ィ'´ ̄ ̄ ̄}l

『ただいまー!』

24無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:00:07 ID:a9haeB1o0
>>18
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/

『そうだねえ・・・埋め立てるには少々多いし』

『後で小ネタとか放り込んでおくよ』

25名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 00:03:20 ID:THeH73Nc0
無茶王様、お帰りなさい。

26無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:03:22 ID:a9haeB1o0
>>20
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「方向性としては正しい」

「だがそれはもう既にあるんだよね。グルール(とゴルガリ)の縄張りがそれだ」

「既にグルールとゴルガリは充足していて十分幸せなところに」

「セレズニアが余計な庭園や宗教という余計なパーツをねじ込もうとしてるからトラブルになってるのさ」

27無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:03:32 ID:a9haeB1o0
ただいまです!

28無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:04:36 ID:a9haeB1o0
>>16

                 ,...=、.,..::==...、
              ,x≦: : :`ヾ'=-: : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ:.ヽ
.            /: : : : : : : : : : : : : l:、: ∨:.∨∧
           /: : /: : : : :/: : : : :li:.:!: ハ:リ ∨∧
           ,': : /: : : /:,: ハリ: :ハ:.!::l!:::::リ:l:.!::::..∧
            {: :/!:/:,'/:,メ:.:.:.,人:.: i!:.:.i:.:.:,':.:.リ:.:.:.:.:.:',
          }:リ:ハ:.://l:/// \:!:.,彡':.:.:.:.:.l!:.:.:ヾ:.:、
          /!:l:.{:.V!,x== '  ,≠=‐ハ:.:l=、:.:.:!:.:.ハ:.ハ!
         ,:/:ハ:ヾミ‐-   、    ,/:.:/!,イ:.:.;jイ/'´ '
         ' {ハ:.ヾ:.:ゝ  - '   /,彡'ハ;'´  '
           ヽ ヾミヽ=` ‐ -t.チ'´ ∧_
                   ,  ...=/,ヘ r '´ ∧!≧x,.,._
.                /!///,'/,' /;;ゝ///!/////>、
              !{/ゞ//‘,/i=i!/, イ//!/,zイi'´/,イ
             ,r!《</i{. .ヾ彡'/!///i},イ////,'
              ∧/,r//!.ヽ.._,ノ{!</∧/////
                ∧/{i///i. . . . . ,////'!、///i}

「イエス」

「ギルドパクトやゲートウォッチでは不十分なら」

「僕らが後押ししてあげよう!」

29名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 00:07:13 ID:312yymrw0
お帰り無茶王
そういえば4-Gが聖地になってましたね、4-Gを通せば良いか。中身同じだし<マトセレズニアと4-G

30名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 00:08:22 ID:THeH73Nc0
ゲートウォッチに任せているとはいえ、ローマや管理局の為の外交ですしね。

31無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:15:43 ID:a9haeB1o0
>>29

        ,、八ハ)ハ} ,ノ⌒),ハハ、)::::::(,ハ、_,ハ__)。' ):.
       <,)- o'´,ハノ´::::::::::::::|::::::::::|::::::::::::(人)、 ( ハ)ゝ、
        (ノ、人ハ}:::::::::::i:::::::|::::::::::|::::::::::i:::::::|(八,ハ_,ノ(::::::.
          {ハ_,ノ::::::::::::|::::l:::::::|::::::::::|::::::::::l:::::::|:|:::::ヽハ ヽi::i
          |i:'〈:::::::::::::::|:::ハ:::::::、:::::::::v=::=::-:::|::::::::::::ヘ、八}
          ||:::::::::::::|::::;lx≠、:::::ハ:::::::ハ::::::ハ::::ハ|:::::::::::::}::::\
          |ヘ:::::::::::∨:Ⅳ,x      '"⌒_  |:::::::::i:ハ::::::::\__
          }ハ::::::::::::V  __     '"^⌒` |:::::::::リ、:::::\:;フ⌒
          厶::::::::ム〃⌒^         :::::: |::::://ノ厂 ̄`
         /, ヘ:::::ヽ .::::    ′      レ',r<:i
        /    ゝ_、::\              /:::::ハ:|
              }ハく    <::::::::ノ   . ::::i:::{ ハ
                 ハ:::.、        ィ:::::::ハ}
                }ハ}>: r‐  ´  |`'ハ{
                  /:::::{ノ     V:::::`::.、_
              , 一::':::::::::::::._   _/:::::::::::::::::::::::> 、
                /\\::::::::::::::::.v:――:v::::::::::::::::::::://:::::ヽ
            ∧::::::\\::::::::::::'、:::::::::/::::::::::::::::://::::::/::::
             i::::ヽ::::{ \\:::::::::':::::/::::::::::::::///:::::,::::::::::::i
             |::::::::.、::、   \\:::::V:::::::::::// ,::::::/::::::::::::::|
             |::、:::::::ヽ:\   \\{::::::// /:::::/::::::::::::::/|

「ええ。マットセレズニアは私になりましたし」

「世界樹の迷宮とその先にある4th-Gは」

「グルールとゴルガリにとって今でも聖地ですからね!」

ラヴニカの自然が復興した今ならまだしも、枯れ果てていた当時、

真に豊かな自然というのはどれほど輝いて見えたことだろう!

その感動は今でも十分残っているのだ!

「まあ私は青緑なわけですが(青並感」

32無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:18:45 ID:a9haeB1o0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「対立する両者のトップが実はグル」

「いやーやっぱりディミーアカラーは最高だね!(青黒並感」

33無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:23:04 ID:a9haeB1o0
                  _   (⌒(⌒\ノ)  r‐o-yvヘ
                ノV))⌒Y⌒\'⌒⌒)⌒)  (  人
                r‐-( /⌒   ⌒)   O ⌒)ししヘノ⌒ヽ⌒)_
             )⌒(  (⌒) 厂(>y~く_)(⌒つ   /⌒( 冫
          (⌒)'⌒ヽ `て人_)(   人   ⌒^(_ ノ   ○    )(
            /⌒ ○   '⌒)  _) `⌒^  `⌒`ー'⌒しヘ__人   人ノ
         (      、ノ 人_,ノ   |               \ 'ー'  \
      (⌒^しヘ.__ノし  /    | |      |    |     ヽ ∨ハ⌒\
       )ノ⌒)人_)   / |    | |      |    |   |   i | 八
        (⌒。⌒)_ノ /   |  |._|    | |  \  |  /|⌒ |   │ |   \
        (_人_)/  | ! |/|八⌒ 八|\  ∨l_,/└─ ─L | | 丶  \
.        しJ |   l | 八 | 」\」 ヽ    ̄   '´         |.| ト  \ ̄
            | |   八   、|_≫そ弌ミ       _,,二.    レ∨Y'\  \
            | |i   /\ 爪  _)しハ        '~´ ̄`ヾ  ! )人  \ ̄
          V八  |人(ハ\ 弋.:::ソ              j_/  \ ̄
           /\|\トー∧           ′     /// ,′ \厂
            /   八   (´ ∨//    __, 、       /  \厂
            ̄ ̄/ /レヘ  、    {/::::::::::: }      イ  厂
             ´ ̄  厶 ∧  '>   \:::: _ノ   イ /|/|ノ
                     \ } ,} ∨`)>  _ -=升 ∨
                 (⌒丶/ 厶ィ|     |! \ ___
                ( ̄`ヽ `∨/ノ     {.  )      `ヽ、
                 ( ̄ ヽ } ,}(  ,,.. -┬…‐y′      / /\
               /ハヽ _}_ノ´/ `'く   │ //        // ノヘ
                / \_}     イ     \    //      // /}   '.
            {   \/   /ニ=-  .,,_\|/  __,// / /   }

(セレズニアの皆さん・・・聞こえますか?)

                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´
:.:.:.:.:.:.:./  ./://:.\:.:.:.:/:.V:.:.:.:. : :〉:/  l:.\ニ/Yl   /
:.:.:.:.:.:.:.{  /:':/_.. -‐'::::`7:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/   /:.:.:.::|': :.ヽヽ/ヽ、

(神の声が直接脳内に・・・?!)

研究班諸君も女神の啓示が直接下ったらテンション上がるよね?

34無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:26:29 ID:a9haeB1o0
     / : : : : : : : /: : : :{:::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::(ヽ/)_ ハ
    : : :/: : : : j:|: : ::|::|i:::::::::::{ハ:::::::::::::::::::::::::::::>oくく:::::
    i: : :|i: : :. イi:|: : ::{:八:::::::::! ':::::i::::::: ::::::::::(/(ノ }:|
    |: : :i|: : :.{:|八: : ::い-ヽ::」‐=L::|::::::ハ;:::::::::::::::: \}:|
    |: : :i|: : 小-=ヽ: ::\  ` 二.└‐' |::::::::::::::::::::::::::>
    |: i:八: : :ヽ\二  ̄   〃笊弐坏 {:::::::::::::::::::::::::::\
    {: i/i: \: :ヘ笊圷       Vつソ ::::::::::::::爪゙7::厂
     V八: : ハ八っツ           jハ ::::::::|_ノ:::{
     ヽ \ : :::\   、         /∨::,'::::::::八
.          ヽ八:>       _     / {::::{:::::::{  ヽ
              ヽ、  マ::::ノ   / 八:::{\八
                     ´ -‐ ¬⌒!
                >‐く  /      }
                   ∨>────ヘ
                  /      丶 〈

(4th-Gへ・・・4th-Gへ行くのです・・・)

35名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 00:28:10 ID:312yymrw0
巡礼するのだ!(聖地並感)

36無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:32:04 ID:a9haeB1o0
       _ィ'⌒゙''ー-、,,_
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,,___
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. .,,.r-~''´ ̄   .. .. ..   ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,..,,_,. -─- 、..,,____,,.....,,,_.. ..                _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,____,,.....,,,_.._,..r-'''"´      .. . ..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...                                         ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. ..   . ... ...    ..::   .         ,ヘ
/ / '::... `:.\、                         ,ハ';'ヽ、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´\,ヘヘ,、 :.     ,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------- ,....へ.,.,.,,,,,,,.. ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、w:.、,、v、,、v、;. ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W゛j;yノw''" ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛' ~    彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj从リWv,ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 W:;,',:从シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'"゙:.:゙,;`彡ハノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjwv,:.:.、;..:...: ;:ノハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj":::",:.:.、;:...: `ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj从リ、从:'"゙:.:゙,:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:jリw",:.:.、;:...: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ


4th-G・・・そこはどこまでも世界樹に覆い尽くされた緑の楽園だ。

ラヴニカがかつて失い、いまようやっと取り戻しつつある雄大な大自然そのものだ。

そこにおいて自然は荒々しくも全体として調和を保っている。

37無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:34:31 ID:a9haeB1o0
          , .:クー-r‐'7フ┐XXXXXXXXXX>、 \
          //::.::.::/::/:/::.:/:`7^ヽXXXXXXXX7 /
          ,:' ,:':::/::/::/::/:/::.:/::.:/:://!(XXXXXXXメく
       ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
        // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
       〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
      |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
        ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
        ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
          ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|
         /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
          /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|
        ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
        / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|

それはセレズニアが好むより少しばかり荒々しく

                      _   .. -  ._
                        ´  _/\/\` 、
                  /    l> -‐   ̄  - ._\
                   '     ./   '      :.  ヽ
                  ' /    /    /   l  ! !    '
              /ニニニニ/ /  ./ .j  i i.     '
               / .' /l / / / .// / ; ! ハ l   !
.             / l  ̄./ l/ __/=-ー' ー/_// ̄j__! i !
           //! !/ / !,ィfセ示ゝ     .,ィf示ヽ7l !
             // ./ / ; /.l l.ゝ乂辷ノ      辷ソノ/ l l
         ///./l..ハ{ ` ト、 :.:.:.       :.:.: ,:i .j_/
           /  i/  l' ` 乂、.> _   `  '   .イ .l_ハ
.          /  l l/ ! /  .! .l  / l ,-、≧ー ≦.〈 ̄l .l 、
.       /  .l l l/!  l. /  .l  / /:::::/ヽ::\/ .l\!  、
      / /__  .!   l/  l ',./l  >/:::::l\::}ー'__   、
.     /  ∧ ∨ ∧ ト、     !   !  !_>',.-‐''"`ヽ  !  .ト、
     ,イ  / ', ./  ',l/イトァ.∧ l  l//// ./   /  .!  ! ',
     / ! /-‐r―/`ヽ!/ .l ./ ', ノ-r'//_,. イー-/ ̄ .! l> ヽ
.     { / .l  l ./  l./ ̄ . ̄/ ̄⌒´ \/  |::::::/ !:::::/ !/
      ヽj   ′  '   ∨         ヽ:/ ヽ/   ′

グルールが好むよりも少しばかり静かであったが、

とはいえ、そんな些事はこの大自然を前にした感動に比べればどうでも良いことだろう?

グルールにとってもセレズニアにとっても、あとゴルガリにとっても、

4th-Gは等しく聖地なのだ!

38名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 00:43:42 ID:THeH73Nc0
大自然の神秘だ(なお、4th-Gは人工)

39無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:44:54 ID:a9haeB1o0
              __  ―   二二ミ...、
               /三三)二(三三三)、\
            r{三三'/:::::::::::`ー― 'ヽ ){⌒)/7__
           し' ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i⌒о´ )/
             ′::::::::::::::|::::::::::ト、 ::::: |::::::゙ーr ,‐くミ
          |::::::: |r:=ミ:|i:::::::::|=:ミ:::|i:::: |:::∨廴oア
          |ハ:|:::L:;;;::」'ヾ:_::j _L::;ハ:;ノ::i::::::::Yヾ
              从::|灯尓   '~乍ぅ}ミ|::::::|:: |::::|
          厶:::ヾ弋iソ     弋)ノ '|::::::|:: トミ=-
_____,ィXヘ ハ:::} ''''' ′    '''''ノィ::ノッ从}
三三}三三i三|XX}  j八   r==‐、     ,小:::: |
¨777' ̄ ̄ ̄ヾXソ    ヽ  V´__ノ   イ:::i::|ヽ:| ということで、ギター弾いて歌ってみようかと
///                  _>--r< _|'7ス`
//               }////_j /////,ー-
/              ,,|/〉/{   {///// '    \
 _                /,'/人ハ r''/ハV │       \
′ \          {,'//  Vi}{/X/´   | ,, __    \
\  \         /// Y }ミ7//     ヽ   \      \
  ,>、,x、\     /// / 」ミ//       \_ノ \      \
 | r'゙/x  \  ///  { /ミ/'゙      ...::::::: |   \      ヽ
 | | { r'\   \'\/   Vミミ}o   、 ....:::::,::::: │   \     ,′
 \  ヽ ノ /,/\|   /ミミj    `¨¨¨´:::::::..│    /   /

(わかりましたか?)

(ゴルガリの愛する自然も、グルールの愛する自然も、セレズニアが愛する自然も)

(いずれも同じ自然であり私の一側面なのです!)

なお、特に嘘は言っていない。

(ただ、あなた方は私のより穏やかな側面を愛し)

(グルールやゴルガリはより荒々しい側面を愛しているというだけのこと)

(薔薇の花を愛する人が、茨を愛する人に花を愛せという必要がありましょうか?)

(どちらも薔薇だというのに?)

40無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:47:52 ID:a9haeB1o0

                              .., ,、 _
                        ,. ‥:': :´`': : :Y: :V::`ー: . _
                      /: : : : : : : : :/: : :ム: :'; : : : ::`: ..、
                       /: : : : : : : : : :/: : : :/: : j: :'; : : : : : : : `::..、
                   ,イ: : /: :/: : : : :.:/: : : :/: : : :i: : i: : : : :`: : : : : :.ヽ
                  //: :./: :/: : : : :.:/: : : :.i: : : : : ;: :.|: : : : : : :.:ヽ: : : : ',         ._
           , ---- 、. ... //: :./: :/: : : : :.:/: : : : ::j: : : : : : : :!: : : : : : : : ::';: : : :.',    _..._.-γ'´ `ー 、
          i   ,、_、.У: : :/: :/: : : : : :i!: : : : : :i!: : : : : : :.从: : : : : : : : :';: : : : V⌒´  ..::.r=:.   i
           i _r^ニ,、,、,、,Y/: :./: :イ: : : : : :.:ハ: :/: :イ: : : : : : : : :!i:.ト: : : : : : : : ';: :i: : :ヽ   i:.:.:./^_,、_ _/
.          Уノ⌒   ,ヽ、: : : j: : : : : :/ j::/i::/ i: : : : : : ::/刄:ハ_:_: : : : :.iヽ!: :.i、廴  ;::ノニ - ,, ^ ,,ヽ
         //         .j: : : j: : : :.:从_j/.ナ-.ミ: : : : :_:ィ//.リ´ ヾ: : : : : :八: :`ー 、  イ      Yミ、
.         // ヽ  ..::    j: : :从: : : ij /j/.._  '; ::/!: : / ==≠ミァ、:.:/: : : ヽ: :V ̄ /- '     ノ ヽ.)
        //:.   ヽ    i:.  `Y: i: : : ::ハ,,ィ=≠=ミ、.'/ .!:.:/ 彳っ:::)} 》ハ/ヘ::_: : : \ゝ/        /  .:ヽ及
.       //:.     ',   l::   `,ハ: : ::iイ{ |っ、,{j ;   ノ  弋ミ:::ソ ','./::i: ::/:`: :、: : :/..:      j    .:ヾ )、
      //:.      ヽ  .:    iVj: : :ハ ゝ≧- '-   ,    ,,,,  ./:ノ:.:/: : 从::Y'   ..::    /  ::    ヽ.ヽ
.     イ人::       j       ヾー:ミハ  ,,,,    _ _   __. ィ: : :.::/乂:ハ:Vjr - '     ハ    ::    .:',´ヽ
    ノ{{ :: : :       人 ,:   /  入   Vヽ __   ! ̄ ̄ j    /:イ::ノ: v' ´  i;;;i       / .!    ::      .>  )
   八 .!::       / ./ .)   :  / /;ク  ',: :>: ._   ` ー '   イ:j:イ:./ .',   ヾヽ、 _  {_从    ::   .. / /
    Vヽ,:.     / ノ <   _ _ ノ;.ノ   ',: : j: : `: t- - ' ´ハ:j: i! 乂廴 У   \;;ニ;メ=ミメ、    ::.  / /
      V ヽ   .ノイ彡 ̄ >`ー - ''´ !   j}: !i: : : i: }-.-vr'´三ミメ、ヾ: \^ヽ /   i!  Vミメ、_ `ヽ_   . .:/ /
      ヽ. ヽイ ノ//ィ=イ∧  ヾ   ;   }: ハ: : :://r'フハミ=;、`ーミ: : :`ー》   ノ  }小ミ三ミーゞ、 _./ /
       `ー '  //'´ ̄i;;;! j`、        }:{ } : /彡'´{;{;;;;ノ》》 `ヽ;;、 `从> 、: ヽ'´  イ!;jヾハ  ̄`゛ミメゞ- .'
         彡;イ/: : j;;;i: :V ヽ       j: V: :/{{   {;;i;;j 巛及 `\Ⅶ`ーミ≧、K..j;;;!j;;! V!    ヾⅥ、
        j;;! jメ、: :.::j;;;i: : !  `,      ノ:/: イ{{i!!  /ハ;;! 巛》ヾメ、 ヾメ、 及i!フ、: : ヾ三=彳}       ソ不ミメ、_
        i;;廴{: : :Y;;;;/: /: >、    /: /{ {{ijメ、ノ  j;;! {{_iiY }} 》  ヾ;;!  人ト 、: : :`ー<ミ>、 _ ノ;;/i;;;!` ー 、ヽ
         `ーミ≡彳: :i: : : : :/ `ー/: /  ,.'{{-Y{`   j;;!  }il){ 》   j;;!   辷ゞ ー 、=::-: `ー - '´、 i;;!     ) )
            i: : : :j: : :j: : : :/: : :/: : :イヾ、_/  ^} }} }  j;;!  `}ii} }ノ》   i;;!、._r=⌒Vノ   {: : : : :`: : : ミ: : `: 、   `
          ,.イ: : : : !: : :!: : {: :.:./: ::ハ: !从 ヽ  ) .j! {  .j;;!  {^ii} }巛ヾv⌒=''⌒r=ィハ.ノ: : :、: : : : : :ヽ:ヾ: : : ヽ
         /:イj: : : :i: : : : : : :.:./:.:./ .Ⅵ ∧ ', { _ {{ }_ .`r、_r^⌒j!{ }_ i!=''´_ノー'⌒: : : : : ',: : : \: : : : : ): ): : : :',

「言葉ではなく心で理解しました!」

「自然(マットセレズニア)の福音は既にグルールやゴルガリにも届いているのですね!」

「ただ私たちとは異なる側面なだけで!」

汎神論的的な方向でグルール・ゴルガリと習合を図るようです。

41無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:50:09 ID:a9haeB1o0
                /V\(_oく¨´(`Y⌒Y´L__
               r'Y⌒)L_人| (__,゚ヽ__)V´Y7
                  ∠ (_,ィ_j <_ノ匕レⅣV※(´ oくミ、
             厶ィ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...`¨マ__,く
              / ..:::::::::i::::|:::::|:::::!:::::::::i:::::';::::::::::廴j
                 ∧ :::::::|:::|::::|:;:::|::: |:::}:::::| ::::|:::::::i:|::::|
               《 ノ:::i::::|ーヒ刋::L:::ト廴::L::::|:::::::i:|::::|
            〃|::i:|::::| -‐    ‐- `ヾ:|::::::从:::{
               /' ム从:::{,r==ミ     r==ミ、 j:::::::;':个 、
           rイ′ 厶ィヾ,,,    ,      ,,,厶ィく::从
            / }     从{    _      __ツ::「 `
          /‐く}      ‘ ,   {   )    小::!'⌒` 
        / 二_‘     ___个..、 ー '  . イ::ハ:::|
.        ′  ィ_}   , {////ト从i }¨ ´ ト 乂__ヾ_
       |    }   / V///// i′   「///////ヽ
       |  _/  /   V//// |ー、__//////// }
       │  i  /   丶 Ⅳ///,l三////////  |

(グルールとゴルガリの皆さんもどうぞ宜しくお願いします)

(セレズニアは押し付けがましくてうっとおしいと思うことも多いでしょうが)

(この自然(わたし)を愛しているということでは皆さんと同じなのですから)

(歩調は合わせろとは言いませんが、大自然の中に生きる仲間とは考えてください)

42名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 00:55:57 ID:THeH73Nc0
大自然(自然な存在とは言ってない)

43名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 00:57:38 ID:312yymrw0
自然の素晴らしさが!
「言葉」でなく「心」で理解できた!

44無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 00:58:53 ID:a9haeB1o0
                (二ニつ
                 ) )
       /⌒\       ( (
     /Oo〇oOヽ.  i,⌒,i  ) )
    (oO/⌒ヽOo) ノノ  UEヽ
 ミ彡ミヾ( ゚Д゚ )ノミ彡ミ彡 E__/
ミ彡ミゞ メ   ノヾミ彡ミゞ ‐'`| |
 メ ヽ.  ``Y"   r ')",, .ノ/ ノ
/  i. 、   ¥   ノ     / /
《 〃`、.` -‐´;`ー イ    / /
ゾ    i 彡 i ミ/    / /

【ゴルガリ】

(わかった。・・・我々からも調停してみよう)

↑実はグルール・セレズニア双方とそれなりに仲が良い。

というかたいていのギルドに敬意を払っていてなんだかんだで友好関係を保っている。

(ただし臭い。)


            __,,.. .-‐''' " '''- .._                    r‐‐┐
          , -'"         、 丶"'-、                く,勹|
         /,   l  l    l   A i ヽヽ ヽ                く_ノ
        / / ∧ `ト、  -r' ノーl l 丿 lヾ丶        r‐‐┐     __n_  
       ヽ_ヽ/二≡≡----≡≡≡≡ヲ  l ''、 l       く,勹|    フ 厶 
       / /゙゙゙/: , .: :ヽ    /: :,、: : i /   l.ヾ,l ヽヽ     く_ノ    └イ_ト′
        / l  l: :.U: : :l    l: : :U: : , / ,:: l::l''、 l i i     __n_  
     / , ii  ヽ: _:_::ノ    ヽ::_:_:.ノ/ /::: l l゙゙,,l .i i     フ 厶 
    ∠_/_ ll⊂⊃         ⊂'_/::/ / /゙゙/  .i i    └イ_ト′
 , -'"、、  ̄/ ;ヽ      ∧    ` ̄ 7 / /∠、  i i
 ヾ、く\>ーヽ;;;;` _____.-‐‐T~'__/≡'´ ソ  / /
   \゙', 'ーt、〃、__,t‐´7〃、、7〃、,-└-..__)_)_,/  '
  l l     l ヽ、__ーi ̄i::;;;:i--k'      、ii


(まあ向こうが余計なことをしなければこちらとしても恨みはない)


グルール・セレズニア間はうまく調停できました!

45無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:01:54 ID:a9haeB1o0
       / ,.ィ´ ̄:  ̄`ー--、* \       \
        //: : : : : : : : l: : : : : :.\   ヽ     _>
      /: : : : : : : : : :l:..:l: : : : : : : :.:ヽ. ∧  /,.ィ´
      ,'/: : : : /: : : :.:l:.l:.l: : : ヽ: : : : : :',*! /´: :!
      /!: : :.l: :l: : : : ://l:,'、: : : :ヽ: : : : :.! l/: : :..:l
     ,' l: : : l:.:l:_:// / ,ム-、-、:l: : : : :l l':..: : : :',
     l '; : : l:.l:/`'/ / ´  ` `ー!: : : / l: : : : : :.',
        ヽ: :ヘx=ュ、    x==ュ、/: :// /: : : : : : :ヘ
          \ヘ    ,     ///*/: : : : : : : : :ヘ
        l `ヽ   r┐   '´/!   !__: : : : : : : : :.ヘ
           ! * l.>.`,  ,. <イ/  / `>ー、: : : : : : :
        ヽ   l: _,.ィ `´ィ'´   !   l (:::::::::ヽ: : : : : :
         l:l   ! 《´ 示ミ、ヾ/.*/ r‐':::::::::::::', : : : : :
        ,':::! / ゞイ/〈lミヾ,l.  l  〉::::::::::::::::l: : : : :
        ,':::(l /  // ( l l`''l   ! (::::::::::::::::::::! : : : :


(つまり宗派が少々違う程度で)

(グルール・ゴルガリも既にセレズニアの一員なのですね!)

(ではセレズニアの福音は他のギルドに・・・)

↑なお別にミーム攻撃がとまったわけではなく、矛先が変わっただけだぞ!

46名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 01:03:01 ID:312yymrw0
「布教する」と心の中で思ったならッ!
その時スデに行動は終わっているんだッ!

47無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:09:52 ID:a9haeB1o0
>>43

.       (^Y^) (^Y^) (^Y^)
   (^Y^X :0: ( :0: ) :0: )(^Y^)
  ( :0: )(_乂_) (_乂_) (_乂_)( :0: )
.  /(_乂_)                (_乂_)、
  ′       l  l   l l   l       .
 |   l   斗.|-|   | | l.-| 、l l  l|
 |   | .| |.」 -И.ノ| | |- ミ. | |  ||
 |   | l γ f、入     f、入.Y| |  |ソ
.ノノ  「| | { 込り     込り イ ハ.ノ
.  レヘ.乂| |xx   __  xxハ/
.     \乂| 、   (   ノ . イノ (⌒⌒ヽ
        , ≧r ― r<   γ   ノ
       へ  ヽ―/ ノ、  廴(   {
      {   .\ ∨/ l {    ノ ノ
     「三三」 ≠^ヽーへ   ̄
     <__>_ノ⌒X⌒Yノ
     ノ ヽ.__ . イ乂_ノ
    /ヽ、 ____{

「実際そこは重要でして」

「研究班諸君の皆さんは言葉による論理的な理解を重要視されるでしょうが」

「緑系ギルドは言葉にできない本能的で直感的な理解を重んじる傾向にあるのです!」

「考えるな感じろ!というわけですね」

48無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:10:40 ID:a9haeB1o0
>>38
>>42
          ,.  ´: : ____: : :`
.       /: : ,.  ´ ___ ` 、: : ヽ  _
    /: : : /,.  ´: :/: : : : : ` 、 \ : __{ `Y^ヽ
.    /: : :. :./': : /: : :./: : : : : : : : : :\ rヘト、`ヽノ 人
   /: : :. :./: : ,/: : :.//:.|: : : : : : : : ヽ: : >  7⌒ヽ  ノ
.  /: :. :.:.:.′:〃: :!: レ: ハ: : : :ヽ: : : :.|: └ヘへ  } く
  ′: : : :.|: : |{斗匕! V }: : }:.:.:ト、}: :.|: :.:.:.{   レく  ノ
. |:|: : : |:.:r‐┘¨-‐ 、 ヽ  ̄` ┴ 、X|: : : :i___人ノく
. |:|: : : |:.:|            '⌒   `ヽ八  ./ }ヽ
  yヘ: :',: vx===ミx      ___   Y^ーへィ′}
 ムイ:∧: : 〈`           '¨¨¨¨㍉、 |: : : : : | ̄
.   j/( \ト.\     ,        `ト ′: : ハ{
   ヽ ハ              ´´´´ ムイ : /\}
     j∧       「  ̄`ヽ     / j/
      `ヽ〉、           /       '`¨7
      |: :.>    `ー‐'    イ: :. :./
       j/^ヽ:r<i>    <ト、: :.|: .ヘ:{
           } 〉 `ー──' イ:.∧{  `
      __/ ヽ        <  `
.r―‐┤ ̄i      `¨¨¨¨´   `丶
ヘ __,|  |                    ̄入

「本物と区別できない偽物は本物と言って良いのでは?(青並感」

49無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:11:27 ID:a9haeB1o0

                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ
「えっとじゃあ」

4777 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2017/12/26(火) 14:06:52 ID:RpsGf0xE0 [10/12]
乙!

安価はシミックとセレズニア


「シミックとセレズニアも・・・」

50無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:12:12 ID:a9haeB1o0
           rヘ_  f^ヽ rv  rヘ、
           てo /⌒Yそ ゚乙/⌒ヽゝ }__
      r‐、 f^7 ̄  o ´  } r 、 -‐ヘ__ノ くー=ミ
      乙 くV7ーァ'   ト-' て゚く{   う  } 厂
   匕⌒ヽ 乙 う 廴_人_ノ 乙人_r勹__入__}´し'⌒Y
   rヘて/⌒。 つ ひ/{ }ー '⌒^⌒^⌒ヽ人__{乙了 し、
   廴乙フ i   } 厂⌒´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::う_人_)く
    '⌒ヽく_人ノ⌒::::::;′::::::i:|:::i|:::::::::|::::::::::::::::::::⌒ヽ ノ
     しヘ_ノ::::::::::::: i:::::::i:::|:|:::j|:::::::::|{:::::::::|:::::i:::::::::‘.
.     ′:::::::::::::: i::::|i:::_;|斗}/ |::::::::八≧:‐-::|:!::::::::::.
     i::::::: i:::::: i/|::::|{_;斗'’   ̄      ̄` |:::::::::::i
     |{:::::::|{::::::|´ ̄ ≫f斧x      ィ斧ミ、 |:::::::::i:|
.     八{:::八:::!|  〃{:::゚じ}      {:::じ}》 八::::j八
     /::/: ::::ヽ{  《 弋うソ        弋う /::/::/
     ノイ:::::/:ハ \   ´          ノイ:::ミ、
    ー=彡ク廴___:.         ′    レ'⌒ヾ
       ´   ‘:::::ヘ              ′
            ∨::::丶      ^    イ
              )ハ:{:::::>        イ:::i:|
             从::::::|        |::|::j从
                ノイ/,|        |ハ、
            ///´       ////へ、
            ///,/ 、    ,////////,へ、
       , ィ7////,{≦77//////>'⌒≦7≧x
        〃ヽ∧∨//|///////////,.イ ̄   ‘,

「無理です」

51名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 01:12:54 ID:THeH73Nc0
シミックだとその大事な秘密がばれちゃう

52無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:14:45 ID:a9haeB1o0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「え?」

53無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:22:14 ID:a9haeB1o0
          ,c。っく¨%∞ヾ
          ∠(_,ィ(乂)匕レ※(ミ、
       ムィ:::::::::::::::::::::::::`¨マく
        ムノ:::::::i:::|:::|::::|::::|:::i:',::::::',
         |::::L::|::i:十:|::::L::ト十L::::i|
         }::::|::从l ●    ● l从
.       ム从⊂⊃ 、_,、_, ⊂lヘゞ
.        i⌒ヽ::j   (_.ノ   ノ_/⌒)
.        ヽ  ヽィ>、 __, .イl \ /
          |ヘ_}、;;;;;ヽニ|;;;;;/    >
         ゝ  .ノ \∨/ ,. /

「先ほどセレズニアとグルールとゴルガリに語ったことはまるっきり嘘じゃあないんですよ」

「彼らは細部は違えど、おおむね同じ方向性で自然を愛しているわけです」

「つまり【自然崇拝】という方向性で」

「そして自然崇拝、一種の宗教である以上、言葉ではなく心での理解が重要視されます」

「なので雄大な大自然を魅せ付ければ言葉ではなく心で理解してくれて万事丸く収まります」

「でも、緑青、生物学者たるシミックはどうです?」

「生物学者は言葉と心、どっちを重視しますか?」

54名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 01:24:02 ID:312yymrw0
シミック「自然の素晴らしさを!
『心』ではなく『言葉』で理解したい!」

55無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:28:00 ID:a9haeB1o0
>>54
           /⌒ヽ 厶'o k'  (    ,ノ  く
      <´ ̄ ̄アヽf´)(_,   人(⌒  ° ヽ⌒ヽ\__
       `>-(  o 厶仏ァ `7、  }iー一个ーヘトr' o7´
     ∠⌒ Y  ,  / くヘ.ノ:::::ゝ-ヘ   八:::::::(_,ノ、ヽ
      /  廴/ 〉‐仏ヘ}::::::::::::::::::::::ゝ-:'::::::::|::::::::::::マ´
    厶イZ_,人ノ:::|:::::::::::::::::i:::::::::::::::::::|:::::::::::il::::::::::::∧
.       /::::::::/::|:::::::|::::::::===:::::::::::::::::::===:i|:::::::::::::::::\
     /::::::::/z::|:::::::|::::::::i:::::::|i::::::|::::i::::::|:::::::::::i|::::::::::::::|:f⌒ヽ
    ノイ/::::::::/|:::::::|::::i从::::::|L:::」WL:::」ー一'^|::::::::::::::ト\
      /:i::::::/ :|:::::::∨| ィ芹刃     ,伝斥ヽ |::::::::::::::|
.    /ヘ|:::∧ :|::::::::::\ {/::; (_    {/:; (_  |:::::::/::::j      ┼┐
       |:/ Ⅵ:::/:::::::ヾゝ::::::ノ     ゝ:::ノ  l/::/ |::/
       l!   从/\::∨ u             人/ j/      /_7
.              ヽj >x    -     イ ∨             /
                __〕 -- <√`l!
                  /:┌┴─┴─┴──────┐    ┼┐
            /: : : :|                      |
               i\: : : :|                      |     /_7
               |  \__|                      |     /
               |  r‐┤                      |

「でしょう?」

「言葉で、欲を言えば数式で」

「あやふやな心を排して、なるべく誰にでもわかるように客観的に記述することこそが科学」

「なので少なくとも先ほどの心重視のやり方は効きませんし」

「言葉を重視する科学者と心を重視する宗教者が相互理解するのは難しいですよね?」

できないとは言えない(女神信者の研究者を見ながら

56名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 01:31:59 ID:THeH73Nc0
最低限、神を科学的に証明するぐらいの札は必要ですね。

57名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 01:32:19 ID:312yymrw0
女神様は(学術的にも信仰対象としても)完全無欠だから比べる方が可哀想です(信者並感)

58無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:36:12 ID:a9haeB1o0
>>56
                 ,、__} ヽノヽ_/}
          _ _ノヽ_〈 ̄ヽ。 ̄`Y⌒V⌒ヽ_
         __>ノヽ__ノ て¨ /    )-  。 ´ _)
        }`( ̄ 。  7_ノ`'ー‐'`廴∟__ ノ_}ノヽ
        V  >  ヽ人{`¨´: : : : : : : : Vヽ人}、}
        〉-'`ー '} ̄ヽノ: /: : : :/: : : :i : : : : : :ハ
         /: : } ノ/..: .: :. :./: : : :/.: : :/:,': : : :}.: :l: :',
        ,′: :| /: : : !.: :/ :/.:./}: : :/}ノ|: : : :i : :|: :.i
       j从: : : :i: : :| : {_厶斗‐ ̄  `ー-レ从: :
          |.:/ : : !.: :.l.: :.! ,ィf爪㍉   ィf芹 }: :j/
          レl厶癶、: :',: :| 〈 r':::リ      r'::リ': :/
            〉.._ \{ヽ ,,,, `      , ¨´ !:/
          / : /`¨、              八
           ム,イ : : :/ \    〈`ー 7 /
          __... レ'¨〈   丶 .._  _ . ´
      , -<   |.:.:.:.:',   ∧ヽ く
     / \ ',  |:.:.:.:.:.’,    }.:.\\
    / `ヽ ヽl  |:.:.:.:.:.:.V⌒ヽ! .:.:..l ハ
   ,′     |   ト、 .:.:.:.:.:.\  | :.:.:.| .:! ',
   !     i |   | \:.:.:.:.:.:.:. ! :.:.∧ノ i
    |      ノ  ∧`ー\.:.:.:.:.V:.:./ |',  !
   ノ      | //  \__`ヽ:.._/_/ }  l
  ,′      | /      `ヽ_/  .:i
 i          「         厂 }   :/  l
 |          |        /, ̄ヽ . :/    !
 ` -r‐=ニ二..」       / {   !, `r' ̄Γ
    |    | /       {     |  |  |
    |    | ,′        \   ,′ :!   |
    |    | {            ) /   |   |

「ですよねー。で、女神ならとにかく」

「自然神ってのは逆に難しいんですよ」

「そこに自然があるってのは、別に科学者だろうが宗教者だろうが誰にでもわかるでしょう?」

「既に自然の存在自体は証明されていて、その上で崇めるか崇めないかの話なので」

「そこで崇めないことを選んだ人間には、もう、科学的証明を突きつけようが結論は変わらないですよね?」

59無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:39:15 ID:a9haeB1o0

          ,c。っく¨%∞ヾ
          ∠(_,ィ(乂)匕レ※(ミ、
       ムィ:::::::::::::::::::::::::`¨マく
        ムノ:::::::i:::|:::|::::|::::|:::i:',::::::',
         |::::L::|::i:十:|::::L::ト十L::::i|
         }::::|::从l ●    ● l从
.       ム从⊂⊃ 、_,、_, ⊂lヘゞ
.        i⌒ヽ::j   (_.ノ   ノ_/⌒)
.        ヽ  ヽィ>、 __, .イl \ /
          |ヘ_}、;;;;;ヽニ|;;;;;/    >
         ゝ  .ノ \∨/ ,. /

例えば自然に宿る意思、マットセレズニアなり世界樹なりの存在を科学的に証明したとしても変わるまい。

シミックも世界樹に敬意を払うくらいはするだろうが、

やっぱり崇拝というよりは「世界樹をもっと言葉で理解したい!」って方向になるだけだろう。

・・・セレズニアやゴルガリやシミックは一緒になって世界樹を崇めてくれるかもしれないので、

死後の存在証明みたいに科学的証明をぶちまけるのは悪くないかもしれないが

60無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:41:32 ID:a9haeB1o0
    ハr 、ハイYソ\ハハィヽイハィ
  ,ィ´<o<>ィ 〉ノソ < o <`>
  <ィ ソ、人人ノ:::\人/∨\ノ \
  ∠/:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::',::::::::∨ミ:',
...丿/::::::::l::::::::::ハ:::::l::::::/:::::::::l::::::::::ヽミ:',
  |::::::::::|::``十l_二-==-_-.!::::::::::::ヽ::',
  |:::::::::/二    (   )|:::::::::::::::::\
  |ハ::::::l(  )//// ` -〇 !:::::::ハ::::::/リ
    Y:| ` ´      ⊂⊃/|/ノ:::::|
    ⊂⊃   ーゝ    /::::::/|::ハ|
     |ハ> _     _ イ::::/ ノ
        Yリ>‐‐ '   ノ`ヽ、
       ,,<:::::::r'   /:::::::::::::::>、
      ハ :::::::::::| へ、/::::::::::::::::/ ̄ヽ
     /ヽヘ ::::::::|:::::/:::::::::::::::::/|    |
      〈:::::::::|ミ>|::/<三ニフ |    .|
      |\...| `.<>─二二  .|____|
      />─''>─ '´ , ィ` ─‐ ヽ、.  |
     ( ゝ‐ ´ _, <_           |
      ヽ-‐'"〈:::::〉:〉   ̄ ───'
        〈  ∨:/      ヘ
        /::>、__,,、-─''"´、
         /::::::::;:::::::l::::::l::::::::::',::::::::ヽ
      /::::::::::;:::::::|::::::::|::::::::::',:::::::::ヽ
       /::::::::::,'::::::::|:::::::::|:::::::::::',:::::::::::ヽ
 .    /:::::::::::,':::::::::|::::::::::|::::::::::::',:::::::::::::ヽ
    〈::::::::::::,'::::::::::|::::::::::::|::::::::::::',::::::::::::/
     ∨:::::,':::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::',::::>'
      `ヽ、:::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::〉´
       / `ヽ、_,,、--──.'" |
      /  /.          |   |
      /、  /        |   |
 .    _ノ  ̄ノ        〈 ̄___}
  r‐<:::>‐ハ         |<´>、
  |`:::‐::::::>'"          |:::::─::::}
  `─''"´            `‐─‐'

・・・それに、自然への理解を突き詰めすぎて、

世界樹の正体とか、我らエムラクールとかにたどり着かれても困るのだ。

61名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 01:42:52 ID:312yymrw0
緑は研究対象なだけでほぼ反対色の青メインだからなぁ…

62無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:46:22 ID:a9haeB1o0
>>61
       /::::::::: |: : : : : : :、: : : :.: :./ |.: : : : : :.|: : : : : : : : : : : i
.      / :::::::::: |: : : : : : : : : メ/ .   |.: : : : : :.|: : : : : : : : : : : .',
     /::::::::::::::::|: : : : : : : : :/ \.  |: :i: : : : :|: : : : : : : : : : : : :.
.    /::::::::::::::::: |: : : : : : :/下==、\|: :l: : : : :!: : :i: : : : : : : : : : ',
   / :::::::::::::::::: |: : : : :/|. 弋  tッ\ト、|.: : : :.| : /| : : : : i: : : : : :',
.  /::::::::: : : : : : |: : :/|:./      ̄¨¨ リ |: : : : |_/斗.: : : :.|: : : : : :ハ
  ′::::.: : : : : :.:.|: : : : :|:|             |: : : 圷、 |: : : : :|: : : : : : :|
 /::::::::: : : : : : : :.|: : : : :|:|           ',:.:.弋ソ `ゝ: : : /: : : : : : :.|
./:::::::::: /::.: : : :.:.八 : : : |:|          i/   ̄¨/: : :/: :i : : : : : ′
イ::::::::::/:::: : : : : :.:.:.ハ.:.: :|:!          |    / : : /: : :|: : : : :/
:|::::::::/::::: . ::: : : : : :.ハ: : !     r 、       ノ    /|: : /: : :/|: : : :/
:|:::::/::::::: ...::: : : : : : :,ハヾ    \`ヽ _     / .|: /: : :/ .|: : :/
:|: /|: /::: :::::: : : : : : : :ハ      ヽ、__ア   /: : !/|: : /  !: /
:|/ .|/:::::..:::::: : : : : : :∧`           / : |: / |: /   .|/
 ̄¨::::::::::::::::: : : : : : : :∧          /: : i:.:|/  .|/
_/}:::::i:::::::::::.: : : : : : : : ',  \      /.: : : :.|: |
  |::: |::::::::::i: : : : : : : : :.i    \___/:::i : : : : |: |
  |:: ハ :::::: |.: : : : : : : :.:|.     /:::::::::l : : : :.ル'
  |:/ }:::::: |.: : : : : : : :.:|    /::::::::::::l : : : : |

【研究員A】

「だから青たる我ら研究班も容易にもぐりこめたわけだしね」

「とはいえ、青メインのギルドを緑メインのギルドと仲良くさせられるかといえば否だろう」

「ついでにシミックはたいていのギルドからそもそも嫌われているしね」

たいていのギルド→シミック「秘密主義でマッドで何やってるかわからない怪しい半魚人」

63無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:52:30 ID:a9haeB1o0
                                   ,.'"'""'"`丶、
          _                          ,'    ー--‐`丶、
         〈 ハ                            ,'ノ ,-、  _ニ=-ニ> `丶、
      ハ  ノ  } _                     / i´//''"_ ノーノニ三_,、'"
;';;`二二二二/ゞ // ヽ_        ,.''""''ー 、       r、_」 {ソ },‐弋〉  ノ~ )ミノ ヽ
~~'''''''"i""/_/  //  / ヽ       /::::::::::::::::::::::`丶、__. ノノ /,'"    , ,、 ,...'"、ニ、ノ
    .{  ト、{   |}  {  .ノ、    /::::_ー::::::::::::::::::::::',', l\,' i   、_ ‐´_弐´_",.`>´
    .ヽ ´ ',  ',   ヽ  }  _/-‐‐-、ヽ.::::ヾ::::;::::}:::::',',゙、_`> l `ゞ' ,,,...'"  _,-'"
     `ー-ゝ`   __ ー ./ /:::::--‐‐::::::ヾヽ:::::::::::ノ:::::::',',::::ヽー>-‐´ノ,.'"'''""
      .//、ー、__ ノ 〉::::::: ̄`:::::::::::::::ヾヽ /:::::::::::',',:::::::'iX}、,-'"
     /::::{  〉   ,.'":::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ=ニニ==-、',',:::::::'iX}、
      /:::::::',`ー一´:::::::::::/ト、::::::::::::::::::::::_/:::::::::::::::::::::::::`',',-、_'i.X}、
    .〈:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/ 〉::` 、:::::::_/i:::::::::::`丶、`::、:::::',',`ー-'i,X}、
     \::::::::::::::::::::::::::/ ,' ',:::::| }イ´   ;::::::::::::::::::::::` 、 ノノ:::::::::;iXX}
      `丶、___/:::::ノ::::,'::::/ソ |   ;:::::::::::::::::::::::::::::,´,´:::::::::::;ヽ_/i
        l::::::::::::::::::/.:::::::::/   |     ;:::::::::::::::::::::::::::::', ',:::::::::::,./ |
          \_::::´ソ::::,' /   ',    ',::::::::::::::::::::::::::::i i:::::::::://::}
              `ー、___/    ',    }::::ノ::::::::::::::::,' ,'::::::::::|゚`::ノ
                       ',   イ::::::::::::::::::::,' ,'::::::::::::|:::::ソ
                          ',   ;::::::::::::::::::::,' ,'::::::::::::/::::/
                     ',    ;:::::::::::::::::::l i:::::::::::::|゚::イ
                      ',   ;::::::::::::::::::::! l::::::::::::|::〈

【リクレント】

余談だが、広い多元宇宙には「青い神様」も居るし、「青い神様の信者」も存在する。

たとえばリクレントやズルワーンのように。

しかし「青い神様の信者」は宗教者ってよりは研究者で、

崇める神も研究対象かせいぜい先輩研究者くらいにしか思っていないw

64無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:54:36 ID:a9haeB1o0
>>57
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


「科学的に解き明かしても解き明かしても」

「心からの敬愛が沸いてくるからおねー(狂信者並感」

65名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 01:54:52 ID:312yymrw0
リクレントは信者に青らしく疑われてたし
ズルワーンはそもそも信者も青赤で制御不能でしたねw

66無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 01:58:17 ID:a9haeB1o0
>>65
はいw

67無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:07:07 ID:a9haeB1o0

          ,c。っく¨%∞ヾ
          ∠(_,ィ(乂)匕レ※(ミ、
       ムィ:::::::::::::::::::::::::`¨マく
        ムノ:::::::i:::|:::|::::|::::|:::i:',::::::',
         |::::L::|::i:十:|::::L::ト十L::::i|
         }::::|::从l ●    ● l从
.       ム从⊂⊃ 、_,、_, ⊂lヘゞ
.        i⌒ヽ::j   (_.ノ   ノ_/⌒)
.        ヽ  ヽィ>、 __, .イl \ /
          |ヘ_}、;;;;;ヽニ|;;;;;/    >
         ゝ  .ノ \∨/ ,. /

「一応シミック側はセレズニア・グルール・ゴルガリに好意を持っていて」

「(現行シミックの母胎となった半魚人が)地下海から地上に出てきたのもそのためなんですが」

「セレズニア・グルール・ゴルガリからすると「何アホなことやってんだろこいつ?」的な評価ですね」

「幸いにして、縄張りはお互いに被っていませんし、利害対立もないので」

「仲悪いながらもわざわざ相手の縄張りにまで出向いて喧嘩しようって感じではありませんし」

「手はつけられませんが放置でよいのでは?」

68名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 02:13:19 ID:THeH73Nc0
下手に世界樹の真実にツッコまれても困りますし、放置しますか。

69無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:16:42 ID:a9haeB1o0
>>68

           ,c。っく¨%∞ヾ
            ∠(_,ィ(乂)匕レ※(ミ、
         ムィ:::::::::::::::::::::::::`¨マく
         /::::::::i:::|:::|::::|:::i::i:::',:::::廴j
           |i:::::i:十:|:::L::ト十L:::L::|::|
.           从j ●    ● j::从:|::{
          ムイ⊃ 、_,、_, ⊂⊃:ム从
        /⌒ヽ、_ヘ  ゝ._)   j:::/⌒i
      \.  /个>,、 __, イハ:/  /
.          ヽ/  ヾ;;;;;;|ニ/;;;;/ {_/|
          \.  、 \∨./ ゝ 彡

「ですねー」

「私が人工物だとわかると色々幻想崩れちゃいますしね!」

↑緑青なのにシミックと相性が悪いという不思議な生き物w

70名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 02:20:51 ID:Axj40s.I0
シミックと世界樹の相性が悪いのは、青よりの緑青であるシミックと緑よりの緑青である世界樹の違いでは

71無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:24:30 ID:a9haeB1o0
>>70
              i
            -=+=-   ,  -z== -- .、
             !.    /:::::´: ̄: ̄ `:<  iヘ(`f^!_
                / / / ....../ . . i:::::::::=ニ (ノレェ' フ
.     !.       /./..:/::/i::::::/|::ト、::|:::::::::::::(/,-( }-、
     {}       /:/:::/:;/才_i_| Ll弋ト_、ハ:::i::i(_,()、_人
.   -=ニ+ニ=-   |::i:::イ ,ィ=ぐ    シァ= 、ヽ!:i::(__ノ!  } ハ
     {}     .|∧:::|,《 |rイ}     f rイ.:バ.〉::::::::::`:个ー'
.     ! .       ! ト:ヘ .少'    込ンノ/::::::/::ハ::. !
.     i        ∠:トゝ::: `    :::::::::::/::://、::: ヘ::|
.   -=+=-       八    l ̄ヽ    ー''イノメ }、::::::ゝ
.    !   ._i_       \  ヽ_,ノ    ノー- '::/``
         !.         ` .、___ ,   r'::::::∧r'
                   __上ェ―┴i人! `
                   /(`ヽヽヽ}   `ー 、
                / y-'    ノ 人_ノフニハ
.              _/  {   /-':::::/_/  |
                 K|_イ_.イ:.::.::..:.:/    |
               / 、 {    }:.:.:./      ノ
                |  .ノ    `Y     /

「なるほど。白黒賢帝と白黒商人の違いですね!」

72名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 02:26:31 ID:Axj40s.I0
まさにそんな感じです!

73名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 02:26:44 ID:THeH73Nc0
たとえ善意でもやってることは、ディミーア(真実を隠した誘導)やオルゾフ(嘘で塗り固めた宗教)に近いので、真実の探求者と相性が悪いのは仕方なし。

74名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 02:27:51 ID:Axj40s.I0
そう考えるとシミックは青よりギルドとの調停のほうが目がある感じですね

75無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:35:47 ID:a9haeB1o0
>>74
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「いや、イゼットあたりとはデフォルトで仲良しだから」

「別に調停の必要も無いかな?」

76無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:36:20 ID:a9haeB1o0
>>72
『ほむほむ。GMとしても納得しました!ありがとう!』

77無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:37:23 ID:a9haeB1o0
>>73

                      . -‐: : : v: : :‐- .
                        /. : : : : :⌒:'"⌒: : : : : `丶、
                      , ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : :ヽ
                    /: /: : : : : : : : : : : :i : : : : : : ヽ : : : : : : :.
                /: /: : : : : /: /: : : :|、: : : : : : ハ:ハ: : : : : i
                  /: /: : : : : /: : : : : : : :| \: : : : : : :}: : } : : : :|
              /: /: : : : : : : : 〃: : : : :|_ =-、‐-: : }: :八: : : : |
                 ': / : : : : : : : l_{:L / : /厂  ,r‐\:仏イ|:ヽ : }l
                  ∧{: : : : :l: : :´「八厶イ/   斗ヤ芋ミ : |=ミ : :八
              /: :/Viイ : l: : :斗芋ミ        V)::::リ: : : :lr' } : : : :ヽ
                /: :/ : : 八人:从 V)::::}        ゞ=゙|: : : :ル'′:}: :} 人
             ': : ; : : : : : :{ : トゝ ゞ=′  、      リ: :/ : : : ノ:厶ィ^)
           {: : ハ: : {: : : {: :{ :\     _ ノ ー=彡:/ : :ノ彡'′
            八: {人: (\: :ゝ、: : 个ト .      ィー=彡/
             `ヽ `` ヽ( \: 从ゝ人≧ァ=     |人(
                        \  _/<{_  _ ノ \
                    , -‐‐-  _r‐/∧  /`Y^ヽ  /l`ヽ、
               /{:::::::::::::::::::/.:::::| V∧ ̄ ̄入,//|::::::::}\_
                   /.::{::::::::::::::::/.:::::::::::|  〈 》==《 // |::::::::}::::::::`丶、

「だねえ・・・」

「青(善意の詐欺師)の対抗色は青(真実の探求者)ってところかな?」

78名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 02:41:11 ID:THeH73Nc0
神のふりをしてなかったら素の世界樹は普通にシミックと相性良かったと思いますし。

同じ色だったとしても、ハンニンと探偵、政治家とパパラッチ、隠す者と暴く者はそうそう仲良くできませんね。

79無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:44:05 ID:a9haeB1o0
          , .:クー-r‐'7フ┐XXXXXXXXXX>、 \
          //::.::.::/::/:/::.:/:`7^ヽXXXXXXXX7 /
          ,:' ,:':::/::/::/::/:/::.:/::.:/:://!(XXXXXXXメく
       ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
        // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
       〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
      |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
        ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
        ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
          ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|
         /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
          /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|
        ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
        / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|
      八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|
     '::.::ヽ    r、){ ヽ)//:;ノー 、`  八X|7う、::.::.:!::|
     /::.::.:)'^う`)ヘJく)    /:/>'´   , 'XXx|[_): :l::.::.:l:::!
   /::.:/; てh_n_n_}    /:/r{_r(_r、∠XXXx|ノ: : :ト、:::|:::l
 /:,::/ :/: :r′   !_)  /:/)ヘn_n_n_JXXX7: : : : : i::l ::|
/:://: : / :_;ノ    |_}  l:::l「_)| / / (XXXX!: : : : : :|::|::.:、
::/:::{: : : : : :)    ノ しヘ|:::|lり !     /XXXX|: : : : : ;ハ:|l::.:ヽ
【セレズニア】

↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
|/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ.|/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ
Φ' l´  |ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 |
| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ..| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ
| (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U   ゙.| (/"U   | (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U
【ボロス】

ちなみにボロスとセレズニアは、整然とした秩序を持つ共同体であること(両方白のため)や、

言葉よりも心での理解を重んじる宗教的なギルドであること(赤も緑も言葉ではなく心を重視する)などから割かし仲が良い。

ただし、肝心要の信仰対象が異なることや(セレズニアは自然を信仰しているのに対し、ボロスは法と正義を信仰している)、

戦争を重視する軍隊であるボロスに対し、セレズニアは(軍隊としても優れてはいるものの)一応戦いよりは平和的な布教を好むなどの手段の違いもあることから、

「仲は良いが若干不満もある」くらいの関係に落ち着いている

80無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:45:46 ID:a9haeB1o0
>>78
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
    ./         \
   / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
  ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
  !  !.トノ  リ  `ヽ ! !ノ、i !
  ,'' l l l ●    ● l丿 ! リ キョーン
   !;!l|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j l丿i/
     |/⌒l,、 __, イァト|/| |
    ./  /|___|/  ヽ
    ||  l        彡,

「だねえ・・・とはいえ神のフリしてもらった方が緑系ギルドの懐柔にちょうど良かったし」

「シミックは研究班諸君で懐柔できるから」

「問題点に気づいたとしてもこのまま行くしかないね」

81無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:50:04 ID:a9haeB1o0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「両者をつなぐのにちょうどいいのは」

「普通に考えると白、特に宗教的な白なんだが・・・」

「困ったことにセレズニアとボロスでは信仰する神が違うからね」

「崇める神を両方にあわせるってわけにもいかないし、案外対処に困るっていう」


「まあ一応プランが無いでもないけど、どうする?」

82名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 02:54:34 ID:Axj40s.I0
聞きます

83無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 02:58:28 ID:a9haeB1o0
>>82

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「カラデシュの緑的に考えれば」

「自然の本体は地脈だ」

「では、今地脈を統括しているお方は誰だい?」

84名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 03:06:31 ID:Axj40s.I0
女神様です!女神様は居ます!宜しくお願いします!

85無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:09:57 ID:a9haeB1o0
>>84

               /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                   // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
               // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
             ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
               ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                 l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
             ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                 ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                 l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                 ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                  l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: ;ムィ⌒ヽニー、 ./ . . . .\
             jノ  `ー-` \{  i_,_,_,_,ニf' ´ . . . . . ,.<ヽ
                         , <l        ! . . . . . /:/. . .>、
                      ィ´.r ´!     l. . . . /:/_,. <:.:.:ヽl
                  jイi. . |´ ̄i       !. . /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                   ,イ.i::i. . .i ̄ ,ィ ´ ̄ ヽ/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
                i:.:i. i:i. . .j!  ゝ-=―‐ ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i
                  j:.:.! i:i. . i   し-=== i ∨:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
                ./j:/i. i:i . l   イ_ ,==_    ∨:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
                    /:i´:.:.〉i:i. .i  / ゝ二__,ィ ハ_:!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
               /:/:.:.:/ ,i:i. .l ././://ー':.:i /:.:.:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

「そう!すなわち自然とは女神!女神は緑の神!」

「女神は自然界の遍く居ます!」

「宜しくお願いします!」

86無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:13:12 ID:a9haeB1o0
         _ --  _
       ./.,.-''""ヽ )      ,ィ
      (_/   ,.‐''" ,'⌒ 丶l Υ l/l
         / /  i     ゝニニ、ヽ
       /   ,'   !,'      \ ヽ i
      ./    ,   i! ,'     ! ! ',   丶 i!
      '  ,    i! /i!   / ,'_ ,   ゝ
      ,' /  i ,/i⌒i!',   i!从  ヽ  i!ゞ、
      i/   i!  行示 ',  i 佗ミi!   i!  )ゝ、
      /i!  i i i!  乂ソ 丶、! 乂ソ/  ,'  / ヽ )
    ''′! ,' ハ ゝ ヾ     '   , イ/  /  ノ'
      ,'  /  丶 ',‐ゝ  ー   ,′   ,' /,-、-、
     , '  /   、丶 丶 、    /      i/ ̄-ニニ、
    /   i    ヽ 丶',\   (      / /〉//  !
 / /   i      i!  \__ゝ (    !/ / ./ !  l
 . , '/    ゝ   /i! i!ヽ ‐--(  从  l    /_ ノ゙、

「まあそれで丸く収まるならいいよ?」

「生命属性魔術でも覚えればいいのかな?」

女神のカラーが赤緑白に変更されました!

(一応、女神は輪廻転生の神であり、生命の死と誕生の神でもあるので、地脈以外の面でも緑属性と言い張れなくも無い。)

宜しくお願いします!

87無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:15:58 ID:a9haeB1o0
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「これで良し」

「さて研究班諸君」

「白の全体幸福、緑の世界と生命、赤の愛を司る女神は」

「白緑セレズニアと、白赤ボロスが崇めるべき神として」

「不足かな?」

88名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 03:17:09 ID:Axj40s.I0
否!断じて否!女神様が崇めるべき神として不足などありえない!(狂信者並感

89無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:23:23 ID:a9haeB1o0
>>88

              / ,f7 ,.r‐ァ‐ァ‐ァ‐ァ:、㍉ヽ.
               / 〃./:::イ::::::::::::::::∧ ヾ}:::::,
            《 ̄ア'´::::::i/ i!::::::::::/V  :,::::ヾ:、`ヽ
             X´7:::|::::;'─ :,:::::::/   ̄`:,::::{_,ノ*'
      ,. -'’ /y’:::V !ィなミ゙:, / ィなミ 、}::::!ゝ〈
.          /ノ:::::::〈ゝ.ヒ:::リ     ヒ:::リ /:::::lリ  :,
.        ''´/:::::::::l::::::ゝi.    ′,  〃:::::i!ヽ  `ー
        .イ:::V、:::!::::::i::::〕s。  ̄  .ィ::::::ノ:リト、 :,
        レ'   ヽ}::レV::::::i!.≧=≦ i!::::リレ’
                   /`ー v ‐'’`ヽ.     _
         .ィ´`ヽ.。o≦{,. ─ュ.i!r― 、/ `ャ─i´: : : ::,
        /: : : : : i / 〈_/}ii{`ヽ_ 〉   〉: | : : : : :゙:,
.       / : : : : : :| : 〉   // }`ヽ   〈 : :| : : : : : : :,
      / : : : : : : :l :〈 ./ /  i!  __}_{ : : : : : : ::,
       〈 : : : : :`ヽ : r'´  ̄` ー ‐i!-|.さ さ き.|: : : : : : : /
        V : : : : : : :i!    `ヽ     ̄  ̄/: : : : : : V
       / : : :⌒ヽ i!       i      ./ : : : : : : : }
       〈: : : :__λ      λ      〈/: :`ヽ _ /
         》'´ : : : : : : ゙:, ノ   / ` 。,   〃`ヽ: :∧: :i!
       ;! : : : : : : ヘ /}─ァ<ュ _ z* :ュ‐'’──‐ 、i!レ
       i!/i! ヽ/  〕z‐{ 、》'´    i!     `ヽゝュ

「だよね!」

「元々、輪廻転生の科学的証明あたりで」

「緑にも女神を崇める風潮は現われていたしね!」

「また、女神の元々の色は赤白。ボロスと同じだ」

「女神は戦は好まないから全くイコールではないけど」

「それでもかなり相性は良い!アゾリウスのような言葉の法ではなく」

「心の法を重んじるのがボロスだからね。」

「言葉では表せないが心では確かに理解できる法。女神の法にぴったりだろう?」

「後はそれを後押しすれば良い」

90無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:27:44 ID:a9haeB1o0
.::::   :::::. ...::::::..  `ヽ
::::   ヽ::'; ::::::::: `ヽ j
.::   ,,、人"ル、 ,,,/、  `ゝ
/l  彡´  { r''´⌒ヽ l 二ニ='丿
::| 彡     | |    l ト、-=彡く____
::| l/ _   | |    l、 \ \   <ニ=-
人ト、 へ\_レ _,,r==ノ \ \ `ヾ__ノ/|
..::::\ー=-   lノ泣フ!::::..ー-二ニニニ-"
\::::::\  `: |    !-‐‐''" く
ト、\て.\ ..:: l、  ,':.:.:.:.:....  \
ヽ \j `゙゙ヽニ-'、 .ハ::::::::::::.. 三=-
 \   _,,...__ニ=-`ヽ    く
  .∧  ´`ニニ' /ニ=-ヘ   ニ=-
人_| \      イ     `ヽ人
   \ \_/ i_
/`ヽミ=-.::;::'    \
: : : : : .::::/:'        \

【ギデオン 代理AAイーノック】

なお幸い、ゲートウォッチメンバーには、ボロスとのコネはある。

何しろギデオンはボロスに所属し、ラヴニカの治安維持のために働いていたのだ!

(・・・ゼンディガーのエルドラージ対策と同時並行で。もうちょっと優先順位つけようよ!)

そして宗教的な話抜きでよければ、生けるギルドパクトと5/7(セレズニア)の仲は悪くない。

だから完璧な相互理解は無理としても、衝突を防ぐ程度の調停は、十分な手間と時間をかければ十分可能であったし・・・

91無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:29:28 ID:a9haeB1o0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

【ディミーア新聞】

「女神はそこにいます。女神はどこにでもいます」

「女神です。聞いてますか?宜しくお願いします!」

               メモ

後は少々、ディミーア的な情報操作を行えばそれで済んだ。

92名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 03:34:37 ID:312yymrw0
これだけ暗躍して目的が侵略じゃなく相互理解の補助である

93名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 03:36:49 ID:Axj40s.I0
相互理解は侵略より難しいからね、仕方ないね

94無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:38:45 ID:a9haeB1o0
              //⌒`ヽ
             / /
               / |
             、  ',、  。* ''" ̄ ̄ ̄ `''*、
             ーァ='"  ̄`丶   \    丶
             /  | .|   \ ヽ   ヽ   \
            //  ./ .ハ    ∨∧        、ー 、__ノ
.            /   / ./    \ ∨∧  \     ',` ̄´
          /   / /   |、\ ヽ ∨ !    ヽ 、   ':,
          /!  。*'     ヽ\_ー| |   .ト \ー  ',
        /オ/"   .ト、   、 勹しハ| |   .| `''*≧=-'丶
      ー'-'"|   ∨|r芍 、 .、`ゞ'’/./     !、  ____゙、
          |    .Ⅵヒソ, \|  /イ    |>'",。*     \
          |/∨  从¨    _   |   / .///{ r=`*、.     ヽ
          /'  ∨\ 丶  ‐ ´   |  /! //」.!-→ ̄丶_`ー   |、\
              Yヾ`ー .≧s。  _/ / .| `}、 |  ヽ_    ゙、    ; \ー―
             |! ||| |   / ./r=.| |'" ゝア"   ヽ.  ';   ∨ \
             /  ; ! ! !   ' /ソ  ! ! //      ∨ .l    ;  、 \
           。*'、ー__―_フー―'"| !   ヾ='         ∨.!    ',  ヾ、\
       。*''"    -、`ヽ/ ヾ',   | |               ⅵ.    ',   \`ヽ
     /      _ヽ\`丶 つ。s≦=ヾ.!ト 、    \_      ゙|!    ;    ヽ  ヽ\
     !  、__ 。*'" \ヽヽ=≦         >、 f '" ';、     l     ',    ヽ  \\
     ∧  了     `¨             〉=- 、∧      |     ',     \  \.\
     / ∧  | \    ー―: : : : : : : : : : : : :./: : : : / .∧     |      .;      ヽ   \ ヽ
     / ∧  ∨: : 丶: . . . : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : / / 丶   !     |      ':,   ;  ',
    /./ ∧  ∨: : : : : : =-: : : : : : : : : : : : /: : : : /     \  ',      !        ':,  |
.   ,:' .// ;   `、ー: : : : : : : : : ≧=-: :.:イ: : : : : :./       丶. ',     从        |  .|  ′
  /./    ',   ∨: :≧=-: : : : : : : : : : : : : : : :./          ヽ`    ′       | ./  /
  〃      ',    Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {            \   !         ∨ /
 /         ',     }   、 : : : : : : : :-=: : : : :.|               ̄          //

「あんまり良くは無いんだけど・・・まあ仕方ないね」

「佐々木のスキルを貰うよ?」

女神は完成スキルで

カリスマEX 扇動EX マタハリ諜報EX 魅惑の美声EX  麗しの姫君EX 神の恩寵EX 麗しの姫君(海)EX 愛すべき輝きは永遠にEX

を覚えた!

さて、一連次宇宙でももっとも慈悲深い最高の神たる黄昏だが(狂信者並感)

大変残念なことに、その深い御心を総ての人間がすぐさま理解できるわけではない。

しかし、もしも、女神が迷える民草一人ひとりの前に降臨し、

カリスマEX 扇動EX マタハリ諜報EX 魅惑の美声EX  麗しの姫君EX 神の恩寵EX 麗しの姫君(海)EX 愛すべき輝きは永遠にEX

を発揮すればどうなるだろう?

95名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 03:40:52 ID:Axj40s.I0
誰だって理解できる!

96無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:43:01 ID:a9haeB1o0
>>92
>>93
                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: ;ムィ⌒ヽニー、 ./ . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  i_,_,_,_,ニf' ´ . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , <l        ! . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´!     l. . . . /:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄i       !. . /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ,ィ ´ ̄ ヽ/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!  ゝ-=―‐ ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   し-=== i ∨:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}    ./j:/i. i:i . l   イ_ ,==_    ∨:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  / ゝ二__,ィ ハ_:!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ././://ー':.:i /:.:.:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

「そうだね。相互理解は侵略より難しいし・・・」

「【そもそももう侵略は完了しちゃってる】んだから繰り返しても仕方ないじゃないか!」

97名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 03:53:31 ID:CRbzrGbo0
育成城からこっち女神様でずっぱりな気が…。

98名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 03:54:02 ID:312yymrw0
女神です、女神はいます。よろしくおねがいします!

99無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:55:49 ID:a9haeB1o0
>>95
               _ -  ̄` ー
             /         \
            , '       ,、 、   ヽ
.           / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
.           ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
.             i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
           ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
           ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
             { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
           トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
             ソ く\|  〉'井、 / | /ヽ、
            /  | \ | /ーゞレ´  / /
           / /.|  | |  Y丿  S  レ |
          ( / |  .|/   /     〉 |
           \| |  ,|  /      〈 |
             | /  /      | |
             |    /      .|  |
            〈 |   /_,,_    .|   |
            | 丶_ /ー7''ト >_ イ   |
          /´   ,. -    ̄  ` - 、!
         /   /     __      |
         /   /    ,.  '´       ノ|
        /  /   /        ,.  ´ ´\
         〉 /  /       ,.  ' ´      }
       /, - | /     ,. ' ´         ノ ~―、
     _<_ /    ,. '´        ,. - '´ー つ=
   / / ̄    ,. '´_  -ー=   ̄
  /  /    /  ̄
  ー'    /
  〈   /
   ゝ‐ '´

「然り!元々セレズニアとボロスは、信仰対象を除けば割と近しい間柄だしね」

「後は信仰対象が一致すれば」

「マットセレズニアと女神を習合し」

「ボロスが漠然と感じていた「法と正義」に女神という具体的な形を与えてあげれば」

「それができるほどに、女神の尊さを理解してもらえば」

「あとは同一宗教として仲良くできるわけさ!」

100無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 03:58:40 ID:a9haeB1o0
                      ,....-へ-. .、
                 ,. :'´: : :/: : :.ヽ: : :`: .、
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
.             , :" : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : :.゚.、
            /: : : :/: :.l:/.l:|: : :.l: ト、: : : ヽ: : : : ゚,
              {:.: : :.:{:.,'_」l斗ト; : :|: }弋.‐-: :',: : : : ゚,
              |:.: : : :.:!r==ミヾ.゚,: :トノ.r==ミ }: : : : : : }
              |: ; : : :.{乂ヒリ.  ヾ{ .ヒリ少.|:.: : : : :l:|
              |ノ| : : l:|           |: :| : :l:从
              |ハ: 从     !:.       |: :l : ル′
             ゚;小            .从:}:/
              ∨ト、.   ー_¬  , イ:.:/ ′
             r―‐--┴――-、_,.イ.__レ'___
           /  > . - ―一 ´ ̄    ∧
          __/      > . __       / .〉
      ___f´  > .        `ヽ.      ∧
     f´         `> .- ――…―.--/ ノ\
     { , .- ――――≠ .._ `≧――一 ´一′ _>―┐
. >ii´ニニニニニニニニOニ人    > ._______> '' ´  .} .}.\
../二||ニニニニニニニニニニ/.  \ー―一/ |ニニ\ー-ミ__/一′ニ\
.iニニ.||二ニニニニニニ二/    ヽ┬ ´   |ニニニ ー―一 ´ニニニニニニヽ

なお、女神自身は暴力とは無縁なので、その点ボロスと相性が悪いように見えるが・・・

女神自身は武力を持たないからこそ、武力を持った守護者が必要だと思わないか?

実際刹那はそういう立ち位置だし、色も赤白ボロスカラーだ。

ついでに言うと、刹那はボロスにこっそり潜入さえしている。

なら、女神とボロスも仲良くやれるだろう!

101無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 04:02:19 ID:a9haeB1o0
       / ,.ィ´ ̄:  ̄`ー--、* \       \
        //: : : : : : : : l: : : : : :.\   ヽ     _>
      /: : : : : : : : : :l:..:l: : : : : : : :.:ヽ. ∧  /,.ィ´
      ,'/: : : : /: : : :.:l:.l:.l: : : ヽ: : : : : :',*! /´: :!
      /!: : :.l: :l: : : : ://l:,'、: : : :ヽ: : : : :.! l/: : :..:l
     ,' l: : : l:.:l:_:// / ,ム-、-、:l: : : : :l l':..: : : :',
     l '; : : l:.l:/`'/ / ´  ` `ー!: : : / l: : : : : :.',
        ヽ: :ヘx=ュ、    x==ュ、/: :// /: : : : : : :ヘ
          \ヘ    ,     ///*/: : : : : : : : :ヘ
        l `ヽ   r┐   '´/!   !__: : : : : : : : :.ヘ
           ! * l.>.`,  ,. <イ/  / `>ー、: : : : : : :
        ヽ   l: _,.ィ `´ィ'´   !   l (:::::::::ヽ: : : : : :
         l:l   ! 《´ 示ミ、ヾ/.*/ r‐':::::::::::::', : : : : :
        ,':::! / ゞイ/〈lミヾ,l.  l  〉::::::::::::::::l: : : : :
        ,':::(l /  // ( l l`''l   ! (::::::::::::::::::::! : : : :

「女神の使徒として庭園を守るですよ」

「ボロスさん?女神の守護者、治安維持担当ですよね?」



    ┌─┐
    |今│
  .  .| .だ |
    |>2│
  .  .| .ゲ |
    │ ッ |
    |..ト..|
    │ !!.│¶       ∧彡
    └─┤( `Д)  彡 ・ \
       /丑/つヽ,)彡  人.ヽ.)
       //丑/(三"'''--/'''" ̄
    =≡=( (**)─┘   ヽ
       /  ⊇       )
       / ノ ノ ̄丶  ソ \
     /// /    \ ヽ\ .\
    《_/ 《_/      ヽ/ラ丶/ラ

【ボロス】

「女神の守護者として、罪無き民草を犯罪者から守らねば!」

「セレズニア?庭園とか農業担当だろう?腹が減っては戦ができんというし」

「ああいう兵站担当者も大切さ」

こんな感じで女神の名の下にボロスとセレズニアは調和しました!(狂信者並感

102無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 04:05:23 ID:a9haeB1o0
>>97
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「女神を崇拝し敬愛し信仰することと」

「女神を道具として利用することって矛盾しますかね?(黒並感」

103無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 04:13:52 ID:a9haeB1o0
安価↓1 質問・コメントがあれば

104名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 04:16:52 ID:YQNrgToM0
一休さんは仏教徒なのに、阿弥陀如来を枕にして寝たって話があります。
それと同じように、女神を利用したとしても、信仰は曇りないって事かな?

105無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 04:22:32 ID:a9haeB1o0
>>104

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「そうだね」

「僕は黒だ。利用できるものはなんでも利用する。女神であろうとね」

「けど利用するからといって信仰が薄れるわけでもないのさ」

106無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 04:22:55 ID:a9haeB1o0
では今日はこの辺で失礼します。
ご参加頂きありがとうございました!おやすみなさい!

107名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 07:37:27 ID:jQLYMyug0
女神が遍く崇められるからこそ練炭がマリィとして向き合ってるのが重要なんだろうなと思う
やはり恋と愛は神性存在にとっても重要要素…

108名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 07:40:13 ID:Axj40s.I0
乙でした
信仰はする、利用もする、両方やっても特につらくないのが黒!

109名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 08:10:33 ID:oaaobSUQ0
乙でした
黒はともかく白には見せられないな>利用

110名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 08:25:40 ID:jQLYMyug0
女神が遍く知れ渡るということはつまり女神の薄い本もまたハッテンしてニャル子さんめいた惨状にならない…?大丈夫…?

111名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 10:22:44 ID:CRbzrGbo0
乙でした

112無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 15:11:29 ID:a9haeB1o0
>>107
         、 ______     _,,,,_
     `''-、_ニ_ヽ:::::::::::::::::::ヽ::::::\/::| |::::::::::\
       <::::/::::::::::::ヽ::::::::\:::::::::::::\|:::::\:::::',
     <:::::::/::::::::::l:::::::::::',::::',::::::::::ヽ:::::ヽ:',:::ヽ::::::::::',
 ーフ ̄"7/::/::l::::::::::l:::::l::::::',:::lヽ::::::::::',::::ヽ:::::|::ヽ:::|::::\
     //::/:::::l:::::::∧::::l:::::::l:::l:::\::::::ヽ::::\|:::::',:::::::::ヽー
   /::/:::::|:::',::',:::::l,、-''',:::::::|::|::::::\::::∧\::|:::::::',:::::|::\
  /´ /:l::::::l、',:ヽ:::|z=ニミ |:::,'::::|::ノ:::::\::::ヽ:::::|:::::::l',::::| |ヽヽ
    /:::l::::::|__ヽ::\弋ツ ノ:::::::/::::|::::|:::::\:ヽ:ノ:l:::::l::',::,'
    /:::::l::::::ヽシヽ',   /:::::::/:::::::l::::|:::ヽ:::::ヾ、:|::::::l::::',
  /:::/|::::::::K     !/:://::::::::|::::ト:::::',::::::\|::::::l::::\
  |::/ .|::::/|::',  __、 // /l::::::::|:::::|::\:::::::::ヽ|:::::|::::::::\
  |/   ∨ |/::ヽ`-     / l::::::::|',::::|、:::\::::',::ノ:::::|\:::::::\
          ! |::::\_,,、、-'ヽ|:::::::::| \、\::`'-、ノ:::::::/::::::::::::::\
        |:::::::::::::\:::::::|:::::::::| ∧::\:::::/:::::::/`''-、:::::::::::\
        |:::::::|ヽ:::::>::|::::::::::| / 〉、::::/:::::::/:::/, -'>.:::::ヽ
        |::::l::| >/:::::|::::::::l:| / /::::::/_///\ |:::::::::',
        |:::|>´ /:::/|::::::::|::|、  /::::::/ //     |',::::::::l
        |:::!_/::::::/| |:::::::し::::::::::::::::/ //      ',',::::::::|
      / |::::ヽ:::_/ | |::::::::::\::::::/ //    , -''"\| |::::::|
     /   ´'''/ |  〉 \_/    / /  , -''"    | \::::::|

「後、家族もな」

113無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 15:16:00 ID:a9haeB1o0
>>110
             _
           / , ‐-`、、
          //       ヽヽ , -‐- 、
          l l       -‐‐゙        ヽ
          ヽ     /             ヽ
               /     / /  ヽ.l 、  ヽ ヽ
             /  /  /  l  lヽ   .l  l l  ヘ ヽ
.                /  /   l l l  ...l / /l /l l   l   ヽ _
            /  l   l  l l   .{.ll /‐ソ-iノ   l  lヽ‐-‐
            / l l   l_l .{    }.l/    }   l  l
          // l l   lヘ . ヘ  ヽ .,z-ミ、  /   l ヘ
        /, ´ l 、.ト、 {、ィセミ ヽ、{.代zソ./   l  ヽ
        ´    l ヽ ヽ ヽ 弋ソ       `´ ./ /  l   丶__
             l  ヽ ヽ \ ..'   ...r '⌒` < .l  \   <
            / /\\   ヽ..、_ `../       ' l  ヽ ヘ 丶 、ヽ
           //// ) ゙ヽ   ヽ..T /|      .ト、 ヾヘ ヽ    i/
                  ヽ /.ヘ ヘ ヽ../ .{      | ',    .、ヽ
                      `i ,.- .ノ | |.',      .|  ヘ.     ./丶
                 レ .:l../ .| ! .!       !,  \   .人  _ヽ
                   |...,.'    レ' .|       .|ヘ    ヽ   .l  \ノl
                    V       !       .| . 、 '′ ゝ      ヽ.\
                  /        |     | . ...ヽ、   \    ヽ \
                    {        |     |    ..、    \  .ヽ  ヘ
                 ‘.          ノ!     |       . ヽ    ヽ..ヘヽ ヘ
                      \._  _  /`|      ,''        `、   丶 l ヽ l
                     /  ̄.\    !    /         .)} ヘ   l   l l
                      〈   / /.\       /         !  .ヽ、 l  ノ ノ
                 |\〈 i  / .\  /           j       l//
                   /  ハ | { ハ `´              /    ,'
              /  /   | ! .ノ          、 ノ     ,ノ\
              |   /    j/-‐           ,´     ,.r' \ {
              |  /  /    {            /    /   ..V\
           __j/  {    \          /   /.      V{  ̄\
          /  /    ヽ       |         ./  /   '.      | >‐、\__
____厂 ̄/      }        !       ,'  /     !       ヒ_  \__
____/ ̄ ̄/     i /    ヽ   /        |  {    .,'       /   V
___/    /| |    |       〉 { ` ‐- ..._   ヘ/ ̄ ̄ヽ /    ,.'     `ーr_、
    /   ∧/   /       /  \      ̄'´        〈、__,.イ-- 、      }-}
_/__/ /\/ /    /  〈   /              ヽ____    > 、 ' ヽ
          / ./  /    /      {                   -、-_、    `ー<
_           ___/       ヽ ――-- .._            }-'、      \
  ヽ.  /   _/         /   \ ̄ ̄ ̄ ̄\≧‐--/\_,.  -―-'

「・・・?何か問題があるの?」

女神はオープンスケベです。

114無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 15:18:13 ID:a9haeB1o0
>>109

         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::

なので時々ローマ内の宗教勢力(白)が佐々木王に対してクーデターを企てますが

水銀がこっそり粛清しているのでただちに治世に影響はありません。

115名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 15:48:20 ID:312yymrw0
ローマ首脳に女神様を蔑ろにする気は全く無い
ただ使えるものは何でも使おうとするだけである(青黒並感)

116名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 16:08:29 ID:Axj40s.I0
水銀、有能

117無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:19:56 ID:a9haeB1o0
        ,,,......---‐‐‐---......,,,,,,_
       />--<,,           ~>
       /´     ’''ヽ、        i
     /          \      |
     /    iヽ     ノi ノi ヽ     i
    i    ,,,L ヾi 、 ノ,,,ヒニ,,,,L. ヽ、   |
    i    ,r;=;;、 ヽ´ /;ニ;ヽi ,  ',   i
   i     ('i', ・,i    i, ・ ,i ,)ノ  i  i
   |    大 ""  ・   "" /    i .i
    \ i,  ,ゝ   _ _   ┌ナ   ,,,i i
   ___,≧ヽ 'i>-,,,___i- ┼'┌‐'''ヲ' ̄
  ,/__ノ'''''’,,r-<(ヽ| i ノ 斤彡ヨニヽ

ヴァンダルーです。宜しくお願いします。

【悲報】ヴァンダルーさんの精神侵食はどうもミーム系SCPだった模様【報告書もまずい】

118無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:22:22 ID:a9haeB1o0
>>115
               _ -  ̄` ー
             /         \
            , '       ,、 、   ヽ
.           / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
.           ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
.             i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
           ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
           ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
             { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
           トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
             ソ く\|  〉'井、 / | /ヽ、
            /  | \ | /ーゞレ´  / /
           / /.|  | |  Y丿  S  レ |
          ( / |  .|/   /     〉 |
           \| |  ,|  /      〈 |
             | /  /      | |
             |    /      .|  |
            〈 |   /_,,_    .|   |
            | 丶_ /ー7''ト >_ イ   |
          /´   ,. -    ̄  ` - 、!
         /   /     __      |
         /   /    ,.  '´       ノ|
        /  /   /        ,.  ´ ´\
         〉 /  /       ,.  ' ´      }
       /, - | /     ,. ' ´         ノ ~―、
     _<_ /    ,. '´        ,. - '´ー つ=
   / / ̄    ,. '´_  -ー=   ̄
  /  /    /  ̄
  ー'    /
  〈   /
   ゝ‐ '´

「だねー」

119無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:24:13 ID:a9haeB1o0
>>116
                      ,、-''"/:::::::ヽ::\
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::':,
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',           ヘ、
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',       __ノ´,、ーー`''‐-、,
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ     ”ぅ,、-''",、-''_/γ ノ \
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ      ー`´ `''-、, ノ /   \ _
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|              </ ヽ    \>i
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|               ',`;;-、, /,、-;;";;|
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|                ヽ,ミミ三三三彡',
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|                 ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーーーー、―――‐-、.,,_;;;;;;;;;;,,,|',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;> 〉/////〉 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,i,
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /////////;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;;;;;;;;;/ //\'// /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''-、,,.、-‐''"
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;;,-'/ /ヽ _ノ/ /__,,.、-‐'' "^´ ̄
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,./ ̄ ̄ ̄ ̄
  /|`''-、,    <;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;//,   ',;;;;;;;;i,;;/:./;;;;//;;;\\;;;;;;;|
../:.:.:.|//////`''ーゝ;;;;;;;;∧//;;;;;',ー‐',;;;;;;/:.//:./,、-''",.-'";;;;;|
´:.:.:.:.:.|///////////|;;;;;;;/:.:ト、`'-、'.:::::::::',/:.:.:./:.:/-'",、-''",/;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|''-、,///////|;;;;;;/:.:.:|;;;;;`''-、,',:::::::ソ:.:./:.:/,、-''";;´'l l´;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;; ̄;;7";;;;;/:.:/|;;;;;;;;;;;;;;;;;',/:.:.//´;;;;;;;;;;;;;;;;|::::|;;;;;;;;;;;|

「まあ、女神の周りを白が囲んだら」

「誰にとってもろくでもない結末になるのは目に見えているからね」

「ローマの黒はピラミッドの頂点であるように」

「一連次宇宙の白もピラミッドの頂点が望ましいのだよ」

120無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:29:16 ID:a9haeB1o0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ

121名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 16:31:35 ID:bwqj9EaU0
博覧会

122無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:39:17 ID:a9haeB1o0
安価↓1 見たい文明があれば

社長文明(白黒):
マブラヴ文明郡(五色):
ゼーガペイン文明(緑青):
土妖精文明(青赤緑):
ハルヒ日本(青白):
オリコ日本(青白):
ラヴニカギルド郡(五色):
サーシェスアメリカ文明:
トップをねらえ!文明:
仮面ライダー鎧武:
アーマードコア文明:
コードギアスナイトメアオブナナリー:
ディアスポラ(五色):
ポケモン(青赤緑):
バーン様:
スパロボα(青赤白):
タイジュの国(青赤緑):
ソルシエル:
メタファルス:
ソルクラスタ:
ジェノム:
ソリン:
ミトス(緑白):
マギ(白黒):
ロストユニバース(青赤白):
艦娘(黒):
カラデシュ(五色):
テラフォーマー文明(青緑):

123名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 16:41:05 ID:bwqj9EaU0
土妖精

124無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:43:55 ID:a9haeB1o0
土妖精文明(青赤緑):
(既存研究:ハンターウェポン ゴーレム工房 )
クルフィックスの指図:蒸気機関
三日月の神:霊気精製法(地脈から魔力を回収するカラデシュ技術。風水系だが比較的無害)
発想の井戸:内燃機関
緑の発明品(自然科学技術やバイオミミックなど):自動人形義体
青の発明品(自然科学技術の改良発展):亜人型義体
白の発明品(建造物やエネルギーインフラなど、耐久性重点):産業の塔(アーティファクトをコントロールしている時、好きな色のマナを出せる)
赤の発明品(スピード重点の競技用車両など):キランの真意号(やっぱり高速飛行機)
黒の発明品(武器など):光と影の剣(敵をぶん殴るたびに残機が増えて死者を蘇らせる武器)

125無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:49:26 ID:a9haeB1o0
                        . < ̄ ̄ ̄ ̄.> .
                       /             \
                      / >  ̄` ´ ̄ `  ..   \_
                    / ./   /         \  .∨ハ-<ヽ
                    _ / / / /   .|     ヽ ヽ   ヽ   ∨\ ̄ \
                / /l| / / .,′ / |    |  !  |  ∧   ∨八ィ彡'
               ィ.〉、/ |′ | |.| ./! ハ |、 .ト、 |  .! !   .}   |  ヽ
                  / /⌒ヾ! i | ト|、 | レ}ハ{ ヾ|ハl、|、| |  .|   |-=≦{/
              ∧ }\  |.ハ八 | ィzミ、    ィ乞r}ヾ}从 / !__/   ハ
             ノ\Y、    .|__ヾ从.Vrリ      Vツ /}/ .从/  -=≦
                ,V .f≧z.  \Vヾ{ ´  、      /} }イ八 /
            / \}   ≧=-z_|l∧   r .、     八_ノニニ∨ ィ=≦ ̄
            \ /≧=- _  ./|八 > . 弋_.ノ   <ノ |====_∨
               }-!      ̄Y.八 .Y }.> ._ <zr≦ ノ>--<    _ィ≦
              }、( `Y≧=≦/⌒)ノY>-〈:|77> |>イ/: ! l: :、  ヽ 彡´
                  ) j≧=.// /:/ //   `¨´   |:::ハ: l .|: : } ヽ:\, ィ≦
                 .>.':/ /:/ //       .. --|:::| l: ! |: : |  ヽ:ハ彡イ
  ∧              /: / //.//\     ./   |:::| l: ! l: : |     Vハ )!
 / ∧             {.: :/ /: /  ハ′ ∧__/     |::::V: } | 八    }: :} /
_/_ィヘヽ    / ̄`\  ∨{  {: :{   {{     } ,′      |:::/{:( ヽ: : Y   /:/
.〈   ∨ ̄ ̄ ̄`\  .\  ゝ__.|: ノ  ハ__|__{____j:::{ ヽ:ヽ/´ ̄Y/
/    〉\     ∨   〉_/--、_ヽ: ノ}::::|:::::|::::::/:::::|::::::/::ヽ/>-{ / ̄ニl==ィヘ
___ハ  ∨     V 〈ィ=z≦ノ<__≧、<::::l:::::{::::::::!::::{::::::/   `}__/   ヽ
 ̄ ̄{ }/⌒ヽ    }/   \  \乙V::::>、三三三ミ〈      .V /ノ⌒) .〉
、   У- 、  ノ、   /      ∨  ∧乙::::::::::::\-<三ニ}__     V.r―.´-'
ハrイ   }イ  .>rノ_      }_ィz=ミ、V:::::::::::::::::::::\:::::::::\
´ j´>-<   rク/: : : : ≧=-、 /      \:::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
      r‐vク_ノ: : : : : : : : : :_Y         .Y:::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
     rク /:::::{: : : : : : : : : : :(○         |:::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::
      .) {:::::/>-=ニ二 ̄ ̄ハ         ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::
     乂 ゝ': /: : : : : : : : : :: : }> . ___/乂\:::::::::::::::::::::::::::::::::r<
   _    Y: /: : : : : : : : : : : :イ: : : : : : |: : : : ∧ 乂ノヽ::::_::_:::rク__rク´<|
, .<: ∧  /:/: : : : : : : : : : /、: : : : : : :.|: : : : : :.〉 .}ー'ゝイー ' ハ /_rク:::!
: : : : : : | ./:/ : : : : : : : : /  /\: : : : : l: : : : /__ノ___ .イ::::::}乙二
: : : : : : | /:/: : : : : : : :/   /: : : :\: : :.|: :/|
: : : : : /./:/: : : : : : : ‘     {: : : : : : \:/: : :!
: : : : /./:/: : : : : : :./      |: : : : : : : :/: : : :.リ
: : : /./:/: : : : : : :./       .|: : : : : : :/: : : : :,′

土妖精文明。

そこは開拓人口に悩む管理局文明の中で、

今のところ唯一、順調に開拓拡張を進めている文明であった。

126無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 16:55:32 ID:a9haeB1o0
           _
         |∧                 , z┐
         |//\                ////|
         ∨///\             r' /////
        __>///∧ _,ィ≡== 、  /////≦z┐
      __\////rァ::´:::::У::`ヽr、r、r<////////
      \/\_フ´:::::::::::::::/::::::::::::::∨ヽ、_〉/´ ̄-┐
       `ーァ′:::::::::::/^ ^V:::::::::::::∨77└ '7//
       /:/:::::::/:::И   Ν::::::l:::::|---┬r '´
        〈/:::::::::{::::::| |    | ∨::|:::::|\::::[_〕
        {::l:::::ヘ≧=    =≦:::」:::::|  ∨::|
         /|::|::::|:」仭}   イ匁} l:::: |   ∨
      | `∨::ム.  ′     ノ:::::|   |
       |  _ И:::ム   -    ィ7-‐{__r土
       L_」「\\/>┬ < |::::: ′/-‐  ̄|
       「 ̄ ‐-ヽ」::::レ'   /:|:::/-┼     `l
       |   ―- リ::/:\/:/:/-‐ァ′ - ‐   /
      >  「 ̄ /:/ヽ/:/;// / ‐- 、    〉
.      ∧_ ,.´/:/ \>'"´〃´  v    _/
      {::::/  /:/  /_/ /     ∨-┘:/
      ':/  ./:/  /_  /       l::::::::::|
     '八  /:/  {  ニ/-       /┬‐<>、
    /::::ニ∨:::|    ヽ_/|     /: : |   二〉
.    '.:::::::::::|:::::|¨¨¨¨´/:::|`¨¨¨丁´: : : : L_  ―〉
    |:::::::::::::|:::::|::::::::::::|:::::|:::::::::::::|:. : : : : :|::::::丁´

それは土妖精文明の労働制度がBALLS(長い夏休み)であり、

自分勝手な従者文明になりかかっているので、

開拓者ラッシュにロボットやゴーレムを使うことに抵抗が無かったことによる。

(ステラリスで言えばドロイドでコロニーラッシュをする感じ)

・・・勿論、技術的に可能な文明は他にも居るのだが、

暴走する機会帝国の数々を前に、ロボットやゴーレム主導での宇宙開発を行う勇気は無かったのだ。

127無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 17:06:50 ID:a9haeB1o0
                             /i{!
                                 /ニニ|        ノi{
                         __  {ニニi!        /ニ/
                         ヾミ、 )ニニ!     __ノニ/
                          }ニ=ニニ{   /ニr''  ,ィニ>
                    r.、__   `ヾ、ニ/´ ̄ `くニニ≧='ニ/
                     ヽニ≧-r'>.:--==ミ、 __{_r--<⌒´
                     _>,彡::::;:::::::::;::::;.ヘvi:::::::::\ _メ-≦ニニニフ
                  i´ ̄>''::::::/::--/{::/ --`i:::i:::::::',::ヽ⊿\ニ彡 '
                  {__ ヽ/::::ト/:::::/ .レ    j::ハ::::::}::::::∨  `ーァ
            -‐=≦三三ニ} /::/::::::伝f弐    伝f弐 ァ-'::::|::::i  /
      -‐=≦三三三三三三三 く:::j:::::i::乂_.ツ    乂_.ツ,.::::::::::!::::!  {
  /三三三三三三三三ニ>''二>、{:::::iヽ! ' ' ' , 、 ' '/::::::::::::/イ__.ノ
  /三三三三三三三三三>、:::::::::::r::彡::::::≧=- _ -=>--- '::::::::} }            / / /
. /三三三三三三 > ''"´   __,,..-=彡'    ( У  /::/イ:::::::::::ノ ノ                / / /
 ヽ三三三> ''"´\\ ,.ィ:::彡"´  -――ミv }ミ==/::/ < {手二.イr- 、___ ///    ///
   \>"´         乂_{    /   {~´{ハ / 〈. {::::::{´ ̄´ r--、__ノ三三三≧=-- ,, ///
     \\\             /    }  レ'Y ゝヽ::::\   \三三三三三三三三≧=-- __
       \\\        /    /  ハ. {  /::i.ヽハ}ー-''´ \三三三三三三三三三三三!
                 /__ /    {:::jヽ/、::::::::} 乂__ .ノ  \三三三三三三三三三三!
                         /// ハ__ト-ヘ__ ...イ     \三三三三三三三三三|
                           `¨¨  ゝ'                \三三三三三三三三!

【土妖精文明ゴーレム】

「ご主人さまを渡すものか死ね!」

            /三 \
            ,L《_牙_》」ー-、
             /  ゞ┴彳 ヽ\>\
         ///从从从从从ヽ\ ヽ
         〃 {_\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● リ|  |、i|
          λ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃  | │
        /⌒ヽ| ヘ  ゝ._)   j |/⌒i !
      \  |  l >,、 __, イァ/  /.|
       ミ\入 |  ヽ|=レ  {ヘ、__/彡ミ
       彡彡=∇⌒v⌒∇===彡ミ

【自分勝手な従者文明 レーヴァテリア】

「ご主人様をよこせ死ね!」

とはいえ何もかも順調だったわけではない。

拡張はうまくいっても機会帝国との戦い、

特に自分勝手な従者とのご主人様の奪い合いがあったからである!

・・・もしかしてこれ機械帝国同士の戦いなんじゃ?GMはいぶかしんだ。

128無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 17:10:15 ID:a9haeB1o0
      / ./       |               ‘,   ∨ } }   / 〉
     {  ∨  /      | i       ヽ    :.     ∨/  / ハ イハ
    ./\/ / {   |   i | |   ヽ   }     .ハ.、   |ハ / / }/
   八\ , i {  | ./! i | .ハ八   }、} .ト、 |   | \ !  \_/ /  ノ
  .ィヾ\N .| |  l /八{ヾト { ヾ {\ .|.斗 |ハ | / .|   ソ  /.八  /
_ト、.〉、 \Y ハ .l、 !{___≧z≦    ≦zzz=.ァY / 八/ /彡'   〉/  /
ノ ≧\ .八{ .〉! ヾ八 つ:::::::}      つ::::::::リ/´ / ̄ ア     イハ-=彡イ
≧=z__三ニ/ハ \{\ヽゝ- '       `ー '/   イ /  -=≦ 彡イ   /
  〉-- .ハ \\ | {            ./イ}〃⌒ヽヽニ=-=≦彡ハ>=彡イ
 .《´  ̄ /\_≧l| ト       _ ノ⌒ヽ   .イ 弋_ノ }       イ
     ≧=-  l| 八___> .}´: : : _:ノ=≦>\/  ィムニニ彡>イ
      〉z=---! \{ Y三ニ> ´7: :`ヽ´   ト、 Y  /     .)/
      ヾ(  八 .ミ≧==/:/ /: : : : }∧   /___ハr'      /
           ≧z___/: :/ /: : : : : | }ハ    Y,
               .イ: :/ .,: : : : : :.リ |: |     .|∧
             ,..ィ≦: : /-≦三ミ: : ,′ |: |     .|\:\
          Y /: : ノヾイ: : : : : : {   .|:ハ   :} |  ヽ :Y
         八 { : /   }: : : : : :〈   .〉:∧ /  !\ .У
           \:{    /: : : : : : :{   {: : : }    |: : :/
            \  /: : : : : : : :!   |: :ノ   .|: :/}
                 /≧=、: : : : : : :| .>‘___ .ィ !イノ
               7≧=----=≦|: : |: : : |: : :|: レ/|

ゴーレムのお陰で兵力にも不自由していなかったが、

しかし宇宙空間戦闘に向いた軍事技術が少なかったのも確かである。

幸い、土妖精文明は技術力だけでなく、

その技術力を背景とした輸出により、経済力としても強国であった。

だから・・・

129名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 17:13:21 ID:Axj40s.I0
欲しいものがあって金もあるなら、買えばよかろうなのだァー!

130無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 17:13:35 ID:a9haeB1o0
 ::::::::::::::::::|::::::::       |  :::. ::  .:  .::::ノ/:::ノ   .::::::::/ :. :::::::
 :::::::::::::::::::|:::        | .:::ノ :|  ::| :::/_/::/;|  :::::::/ .::: ::::::
 ::::::::::::::::::::|         | .:::/| .:/| .::/::/-ノノ:://.::::::ス  .::::: .:::::::
 :::::::::::::::::::/        /.:/::/ /ノ :..:/,,,...--ノン::/'':::::| .:::::: .:::::::::
 ::::::::::::::::::(`ヽ、  ::..  /./.::ν:ノ./,-,<''"´   ̄ ̄`::::::::/ .::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::\:、_、  : |ν.. /.γ/'´`ー'    _/:: .::/ノ/:::::::::::::::::
 :::::::|:::::|::::l::::::ゝ---、」`````:::/::`、_,,,.......--''"´:  ..≠ィ~ .:::::::::::::::_,:/
  ::::::|:::::|、:|、:::::|` `┘)::  ::::::::::::::::::::::::::::::::    <彡´......--'"´
 、:::::ヽ:::|ヽ``:::::| : ̄´ /     :::         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ヽ.::::ヽ ヽ`ヽ\|   /                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヽ::::ヾ丶 ゝ. |  /                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ` -`- ヽ  l /                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          γ             .....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 --、ト`>、_   ヽ、.___..:::::::::::::....:::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
   ヽ   ` 、   \``:::::::::::::::::::::::::::::::::::,,...-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::/::
    \   \ー--..._ヽ...__.....---==ヲ"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;::
     :\    ヽ、_ ヽ._\``""´´´´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;:::::
      ::ヽ:::..   ヽ、  `ーヽ_――''"::::::::::::::::::::::::::::::::__/.---―
  ::::...   :::::\::..    ヽ   丶 ̄`''ー...___,,...--―''´   ̄

「毎度ォ!」

スパロボ文明あたりから戦闘母艦やロボットを輸入してしのぐことは可能であった。

131無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 17:18:00 ID:a9haeB1o0
>>129
『正解!』

132無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 17:19:32 ID:a9haeB1o0
                 . -- ━━━ -- .
                /´            ` 、
              /       , ´  ̄ ` 、    \
              ./  >---〈       \     \≠=ミ
             / . ´           |  .|  \    ヽ   ヽ
              .′/     /  .|    |  .|    \    ∨  ‘,
           .ィ{ ./ | | ハ   {、 {ト、  {、 }     .ハ   .∨   }
          「  |/{  l | .{ノ! .八ヾ .>x=ミ、ト、    | .〉 ./≧==ミ、
       /   ハ |  ト.{ヾ{ Ⅵヾ{  イ心  }} }  }  }/./        }
      <  /{人! .| f芯ヽ      乂ツ ,リ | ./ / /≧=---z__|、
       >´ .ノ|八ヾ从乂j             |/} ./´ ̄7´ ̄ ̄     Y
         {/ /  ∨ 个   `       J / .|/ |  ./   _____/
       / /     ヾト{ヽ    _. =‐┐  イ  | /  ./>-----〈
        〈 /    /ノ .込   lニ=--  ¨´   イ |  .!Y //   __〉
        У   ./ 「 / ノ.>      . <_{.ノ  ハ / /    /´ ̄ 7
        \  /{ |イ/´ヽ ̄ヽ`.7ニニニニ/ /イ≧/   ./    ./
            Y レ /l: : : : ‘,マハ {<三ニ{ ./⌒}--=ミ、__{    /⌒ヽ
           /{ .|: : : : : :, マハ  `¨¨.ゞ=)´7、ハ-=ミ、\ ゞ=.=.〈r)  .}
            /: | ‘: : : : : :‘. マハ    // V}、  マハ    / .ノ
              {: :.|  ',: : : : : ,.マハ  ⌒´   .Ⅵ、.  ∨ハ  //
              |: :.|.  ‘: : : : : : , マハ=ミ、      .〉イ、  ∨ハ
              |:.八    .,: : : : :}  }: :〉  ヽ  ./  |: , } : }
             ∨: :ヽ.   ‘: : : : :|  |:/   }-/    |: | ./: /
               \: : \ ノ´ ̄ ̄ Y     |/     .八! //

とはいえ・・・

「今のところこれでなんとかなっておるが」

「輸入に依存しきるのも危険じゃろ?」

133無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 17:34:26 ID:a9haeB1o0

                        . < ̄ ̄ ̄ ̄.> .
                       /             \
                      / >  ̄` ´ ̄ `  ..   \_
                    / ./   /         \  .∨ハ-<ヽ
                    _ / / / /   .|     ヽ ヽ   ヽ   ∨\ ̄ \
                / /l| / / .,′ / |    |  !  |  ∧   ∨八ィ彡'
               ィ.〉、/ |′ | |.| ./! ハ |、 .ト、 |  .! !   .}   |  ヽ
                  / /⌒ヾ! i | ト|、 | レ}ハ{ ヾ|ハl、|、| |  .|   |-=≦{/
              ∧ }\  |.ハ八 | ィzミ、    ィ乞r}ヾ}从 / !__/   ハ
        .rzzzzzzzzzzノ\Y、    .|__ヾ从.Vrリ      Vツ /}/ .从/  -=≦
        .lニニニニニニニ,V .f≧z.  \Vヾ{ ´  、      /} }イ八 /
       .!ニニニニニニ/ \}   ≧=-z_|l∧   r .、     八_ノニニ∨ ィ=≦ ̄
       .!ニニニニニニ\ /≧=- _  ./|八 > . 弋_.ノ   <ノ |====_∨
        .|ニニニニニニニ..}-!      ̄Y.八 .Y }.> ._ <zr≦ ノ>--<    _ィ≦
        .lニニニニニニニ=}、( `Y≧=≦/⌒)ノY>-〈:|77> |>イ/: ! l: :、  ヽ 彡´
        .lニニニニニニニニニ.)ニj≧=.// /:/ //   `¨´   |:::ハ: l .|: : } ヽ:\, ィ≦
        .|ニニニニニニニニニニニ.>.':/ /:/ //       .. --|:::| l: ! |: : |  ヽ:ハ彡イ
  ∧    .lニニニニニニニニニ=/: / //.//\     ./   |:::| l: ! l: : |     Vハ )!
 / ∧   |二ニニニニニニニ={.: :/ /: /  ハ′ ∧__/     |::::V: } | 八    }: :} /
_/_ィヘヽ  l二./ ̄`\.ニニV {  {: :{   {{     } ,′      |:::/{:( ヽ: : Y   /:/=|ニ

「コスパを考えるといましばらくは輸入中心でいかざるを得ないが」

「まあそれでも作ろうと思えば作れる、ということは示さねばならん」

「でなければ武装せざる金持ちとして舐められるからのう」

なおマキャベリ曰く「武装せざる金持ちは兵士たちへのボーナス!」である。

「故に量産性やコスパは度外視のハイエンド機で良いから軍事兵器を開発し」

「お披露目することが急務!」

「それには発明品博覧会はちょうど良いと思わないかの?」

「・・・どうせ純粋科学はまだまだだから魔力複合式にならざるを得ないしの」

134無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 17:53:11 ID:a9haeB1o0
安価↓1 ロボット(のようなゴーレム) or 戦闘母艦(の形をしたゴーレム)

135名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 17:54:20 ID:312yymrw0
戦闘母艦(の形をしたゴーレム)

136無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 18:03:56 ID:a9haeB1o0
              \_\_
           _  〔〔!.>->
            \  |..``77
         \   \〈-〈〈l_>->
     _     \_ZZ/_/_/_/Y``77イZ=∞∞,イZ=∞∞,_________,____,___________,∑____
     \__ZZl巛巛-巛巛 ̄/=__ ̄_ ̄/=__ ̄_ ̄/=__ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_/=_/__ .._>
 (((<《三ヨ冫《くく((二ニ=冫 ̄ ̄〔=-=-=-〔〔::二二二〈〈二二_ニニ__=〈=_==《 _〉!《〉
 (((<《三ヨ冫,_,_,,_,,========〔=-=-=-〔〔:_,,_,,_,,,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,__二,/
 (((<《≡ヨ冫《くく((二ニ=冫_,__,__,_,_,_,__,__,___,__,_,/~
    ∠ ̄ ̄∠\_三___三__三___〈-〈〈-〈l__三__〔〔 !/ !/〕
            ZZ ̄<〔______〔〔>> ̄Z ̄ ̄ ̄ ̄ ∠ ̄ ̄ ̄

【アンドロメダ】

土妖精のかんがえたさいきょうのはいえんどせんとうぼかん

とくちょう
・全体がミスリル装甲で覆われ、ゴーレム化している。破壊不能。

・魔力エンジンを動力炉とし、推進・砲撃の双方に用いる。(神聖魔法により)ワープも可能

・砲身には光と影の剣を応用しており、敵を倒すたびに修復し、倒れた味方兵を蘇らせる

・ゴーレムであるため、戦闘母艦全体がスキル・ランク・ステータス・神聖魔法の加護を得られる。機能拡張が容易で特に魔法方面に強い

137無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 18:08:07 ID:a9haeB1o0
                  二ニ=---- ---=ニ二
          . <              > 、
         /        __         \
         /     >. ´       ` -==- .    \
      /      /                   ` ..  .∧__
 _..<⌒У     /                     \   〉ハ__
<   { /       /    / /               ヽ/  }   Y
. \ .V     //   ./ /  / ./            ∨ 八 ./\
   Y-\    .//   ./  .!  .イ  ./   /  .!       ハ/  ./   .〉
≧z< .\\  { { | |  /| / | /|  / /| |  }l |、 } .} ! }  /  /ーイハ
/  \  ≧ハ Vレハ ! / l/__ |/、 ! イ / ! .ハ .ハ! Vl| ハト{ /  イ  / .八
\   \_}---=ミ ヾ{{ .〃ハ心、|/ }/  .}/ィ}/ミ.、 }ハ/  ./{/   /    〉
、 \    \   V .从 《 しイr:リ  /    '.しイ:} 》 |/ /__ノ .ゝァ/    .イ
. \ ≧=-=ニ.ヽ  Yハ{   ゞ= '      乂ツ ./ //    / __ 彡ゝイ{
.  \      >イ {. \          、     /.イ     ./   {   /.八__
    .≧=- /./ :| |\     i =- . . ._      ./{≧=-./   .八 /    /
三三三.>‘ /:/.八.!/\   .乂: : : :/     .イ ̄`ヽイ     イ__    .イ
___> ´ /:/ / 八    > . こ´_.ィ≦ . : : :/  \-=≦-=≦ { / 〈
Y:/  . イ:./   八   ヾ{.    `/´  /: : ̄: ̄ィ    ./: :ハV   _.彡__彡ハ
:/ /: : /   //ヾ   \  ./:/  /: : :/´      イ: :/ /}=ニニ彡イ     )/
{ /: :./   //  r≦>イ  }/  {: : :/      /: : : / /: |__ ノ〉     /
| {: :/  ,/ ,/\   ヾ(     (_  |: : {    /: : : : / /: : ハこニ=彡
ハ |:/  /:{./   \  \  /  ` .、:!   /: : : : / .{: : :{  ̄)/

「どうじゃ!」

安価↓1 すごい or その程度ですか?

138名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 18:12:32 ID:THeH73Nc0
すごい

139名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 18:13:55 ID:THeH73Nc0
ドワーフを挑発するとまた禁止カードを作り出すに違いないw

140無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 18:18:10 ID:a9haeB1o0
>>138

. ∨//////////////////////////////.\     ∧
  ∨//////////////////////////////.∧   ./ ∧
  ‘</////////////////////////////.∧    / ∧
      \////////////////////////////∧   ./
       .∨//////////////////////>-==-‘-- ´
/////>、/-=<////////////> ’
<//////!/////≧=-<///〃       __
  ’<//|////////////77´>., .  ´      ` 、
     7≧=- _//////////./   .  --.、    ゜ .
      .//////////‘ </rzz/   .  ´      ̄` .、 ‘,___.ノ/¨¨><\
    ///////////r‐=≦__/  /  /        \ }>、//// ./._〉-----、
    .イ//////////ノ  `ー/  ./  ./ /  / |   ヽ. ‘,/´ >ハ,.ヘ `< ̄ ̄_}____
<///////////〃 }≧=- `ヽ.,′  ′/、 / /}.| .リ .}  ハ / /  }ハ .|.ィ//////≧=- _
\////////////Y ≧=- -=={、   {ィ芹ミ、.}/ 从/}  |. リ /____/____/  } | .|=-<///////////≧=-
.  ’<////////.ノ、      .∧ヾ{.八乂ツ    .心Y .ノ/ ./   ./-.イ  Yハ/ /`´ ̄ ̄ ¨ =-</
     ̄ ̄`ヽ./ { ≧=--   .ノ\ >=ミ、  ___ , ゞ'/イ_ イ--- '/      リ  ( `Y
\        }\.≧=- __/´_ノ 〉-- '= '-マ .イ/ ̄>- .   {      /   /
.  `  ___.rノ≧=-__./ ハ_/----- 、 .><ハ  {ィz.、 \ ヽ    ノ 、  /
        {{ゝ〉-=≦    .{  V: ̄: ̄:ヽ / /´7--イ⌒ヽ  ‘, } ./´  }´
        ゞ            .V------.{ { .,′     リ   }、 .|´     .|
                       \_____. <¨=---,== イ、>< .}/、    /
                ___   .r=‘, |: |  \  /   Y!._\ー</ー― '
              .〃´ ̄ ̄`\||.  ヽl: | __.Y{----lリヘ〉 `¨¨´
                〈{       \__V´:ヽ: :ヽ: :|: |:.ハ
                           Y{¨}_:_:}: }: :} : l: |zz}__           ____


「じゃろう!」

「そして中に乗っているのも」

「スキル・ランク・ステータス・神聖魔法の加護を受けたボウケンジャーミスリルゴーレム兵!」

「ボウケンジャーの錬度と、ゴーレム特有の統率を併せ持ち!」

「呼吸の必要もなければ疲労もないし、宇宙空間戦闘に十分対応可能じゃ!」

なおミスリルゴーレムという段階で防御力がヤバイことになっているので、

前衛・後衛どちらでもこなせるし、ついでに言えばボウケンジャーもできる。

ゴーレム種共通の弱点として、騎兵だけは苦手。

141無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 18:34:26 ID:a9haeB1o0
             ,,. -‐''"´ ̄´"''ー- 、
           ,. '´ -‐‐-、        \
             /'"          ヽ、 ヽ、
          / /   ,:::::.. .....,     \  ゙、
        〃   / / ̄ ̄ ̄ヽ     ヾ  }
        {!    i {    ,.  ノイ j|   i ,'
─────ォ!   |! |ト=-> ヾー=∠.ィ'ソ ノ以/、_
::::::::::::::::::::::::〃l\ トン'´oヾ  、 '"o``T" )::))ヽ `ー-、
::::::::::::::::::::〃:::::!_,.>t-`''''"'   ヾ`'''''"'  '゙_,.イ  l \ ゙ ̄´"''ー- .,
::::::::::::::::〃 ::::::::l   '、u  〈           /::::!   |          `丶、
___〃::::::::::::::l    ヽ、 r====:、   /:::::l   |          ,. -‐-、
;;;;;;;;;;;;`!:::::::::::::::::l    /\ヽ__ノ u,.::':::::::::::|   l         /    .:::
;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l.   /   ヽ, ̄ _∠::::::::::::::::l    !        //   ::::
;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l   /   / ! ̄:〈::::. `>::::::::lヽ  !      /
;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l  _,>‐'゙ |::::::::::>rく:::::::::::! \┘   :!: /.:l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::lヾ       !:::::::::! | i::::::::;'   `'ー-、 l:| :!.:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l. ヽ     !::::::::|:  l::::::;'     /  ',:、!:::/ .l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l  ヽ   ゙、:::::|:   !:::;'       /   ヾy′:/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l   \  ヽ::|:::::::::::|/     /    / .:/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::l    \   \:::::::::l      /     \/

「ゴーレムって凄い」

心からそう思った諸文明であった。

いや、スパロボやハルヒ日本、サーシェスあたりからすれば、船体はまだまだ荒削りだ。

職人として優れてはいても、やはり純粋科学、特に機械系統が未熟なのがここで響く。

だがその辺を補ってあまりあるほどにゴーレムがチートなのだ!

機械兵器が高度なAIを持つ、というだけでもヤバイのに、

その上スキル・ランク・ステータス・神聖魔法の加護を受けるとなると・・・

【もはやボウケンジャーが量産可能になったに等しい!】

142名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 18:36:18 ID:312yymrw0
ある意味生体母艦だから強い(確信)
ただゴーレムとして生きているからこそ即死攻撃とかミーム汚染とか対策は…ミスリルで防げるか

143無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 18:43:25 ID:a9haeB1o0
、                       .  l;`i
:.:.:ヽ 、                      l:.:.:.:l
:.:.:.:.:.:.:.`.丶.、          .,、     . i:.:.:.:.i:.l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`\        .ヽ::\    i:.:.:.l:.:丶
\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\        ヽ:.:.:.\ ,-/_:.:.i:.:.:.:ヽ
--丶ー――-丶v-丶-.、     /:ヽ:.:.:.:.:\:.:.丶:.:.:.:丶
`\:.:.:.:.:.:.:.:,--、:.:.,:.:.,:.:.:.:.ヽ-,  /:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.`:.:丶
  丶::.:.:./  丶:.i:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.\ i:.:.:.:.:.i/ヽ、:.:.∥:.:.:.、:.:.:i
、  l:.:.:.:.l    `ヾヘ:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:._:-ー:ヲ:.:ヾii`iヽ、:.:.:i
:.:.i l´:.:.:.:.:i       `ヾ=:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヾ:.:.ヽ、:.:`i`.´i:/
:.:.:i/:/:.:._:.:.>,    __  _l:.:-ー´:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.丶-、´i、,--.、__ -.,
:.::/:/:.::/ /:`i:.`-´:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:`i:.:.:.`:ヽ=i:.:./
:/;/:.:./ /:.:.:i `i:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:./:.ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_:.:.::i:.:.:.:.:.i:.:.:l::フ
../:.:/:.:.:.:.:.:..:l ト-:.:.:.:.:.:.:.:フ:.:.:.::.:.:.ー-;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:i:.:.:.:i:.:/:/
/:.://:.:.:.i:.:.:.:l  yー---k. /.ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾー-: _:.:.:.:.:.:.i:.:.i /:フ
:.:/:.:.:.:.:.:.:>.-.> `i,i:.:.:.:.:.://./ ./.y.i.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:=ヽ._:.:.i:.l::/
∧:.:.:.:.:..f:.:.:/.ヽ、.l:.:.:.:ii´ ./ ./ / /:´ヾ、:.:./ `ヽ.、:.:.:.:.:.:.ヾ=´:i
:.:.:.:i:.:.:.:.ll:.:..l:.:.:.:.:l l:.:.:.ll:.:./´.yi:..y:.:.:.:.:.:.:i`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-ヽ_/´:.:.:丶
:.:.:.i:.:.:.:.:.ll:.:.:l:.:.:.:.:y:.:.:.:ll./:.:/ i:.:.:i:.:.:.:// .i:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:/\:.:.:/
:.:.:i:.:.:.:.:.:.ll:.:.:l:.:.:.<:.:.:.:.::y-/ l:.:./:Y:.:.:.-/:.:.ヽ- _∧_,:.:._-:.:.:.:\

そもそも、生身の人間が宇宙戦艦をも上回る戦闘力を得られる多元宇宙において

機械兵器の利点は

・量産可能である

・比較的誰でも使えて最初から安定して強い

の二点である。

そして逆に言えば生身の人間よりも伸び代が少ないのが機械兵器というものだ。

改修を重ねることで強化することはできても、

戦闘経験を重ねたところで成長したりはしないのだ。

144名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 18:44:05 ID:THeH73Nc0
ボウケンジャーだけで戦線が組める、スゴイ!

145無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 18:47:44 ID:a9haeB1o0
                   _,,,,,,,__
                ,,-'''”,-'''”   ゛'''-,,,
               /      ヽ  i  ヽ、
              / /    "'''-,,_ ヽi   .i
             i ,i ,,_      ヽ   i  i. i
              ,i i'''-ニ‐-,,_     \ i  i i,
            /i i  "'''-二ニ;;;,,___. i  ii i
           / ハi-,,.,_      _,,-┬、i  ノ'i i
      _,,,--‐'''"ン ノ 'i (.i"ヽ  彳.i ''. i i _ム__i i
    ,-'" _,,-'" / ,i ハ ヽヾ,ン    `~´ツ | r<___|ヽヽ
  /_,,-'"  // //// ‘i,"  ・    / .i レ--ニ''ミ≧
  i /   // //// ,,-->;;,,,___-_,r;;=ラ八__”''-”;;,,__)
  i i   / //  ル // ( )  ハヾニiニ|.|.iシノ  ( ”''-,,_(

         _  , 、 __
            |  `ヽ! i´    |
         >―、 /\  ―<
         ヽ_,( 弉 )―<´
          }   ! ̄ト、__!
             '― '`v´:::::`ヽ
           __ _|:::_ ::::/__
           (::::::::::`ヽ!/_\/ ::::/
            \:::::::::::|_ノノ'`ー '
            / ̄ ̄\___
         | _     ヽ /
        /_ノ   ))ノ>
           \_ /  ̄ ヽ
          |// /     !
           / | / / |
           | ノ //  /
              }Y /   /
              ` '`ー´

これは実はファンタジー世界における「冒険者」と「モンスター」の関係に近い。

冒険者は最初は弱く、個人の才能に左右され、数をそろえるのも難しいが、

代わりに伸び代が大きい。

モンスターは才能に左右されることなく最初から安定して強く、ものすごい物量を誇るが、

代わりに伸びしろが少ない。

最初はモンスターが優位だが、戦闘経験を重ねるにつれて、やがて冒険者が逆転することになる。

そして機械兵器とはこの「モンスター」側なのだ。

146無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 18:55:24 ID:a9haeB1o0
-‐=≦_,       /`ヽ /    /     /  / // /       ! !
.   /       {. /!  / i ー-x'.__   i ./ ,′,′       | |      !    '.
ー=彡,       Υ ,l  | | ‐ァ、,___≧十lーiー7  、      | l      |     |
  /   /    `7|  !  | / γ⌒ヾ抃ヾl i 、ヽ`ヘ,   ! ,ハ     |     |
. /  ,イ ,イ     l |   l /∨_)__乂.’ノ リ | |     へ\_j/ '. |  |    l
/ ./ ∨ /    圦 .Ⅵ.卜| `¨´  ̄⌒j )   | |    アヘ、__`ヽ、j !  ,′  ,′
. /    /_,ノjハl⌒l、 .刈 ο l⌒l  /./   `   と_ γ⌒ヾヽ `ヽ、_   ./
/ -=≦/   `ヽ|Y´ .\l    `Yl  ;    j:.    ; /^乂.’ノ_ ∨ ./    /  /
   /        {:{_   | ̄|   _}:} iJ          ;   `ヽ_)/ /    /  /
  (二_`ヽ、     >=_..¨三¨..._=<    /⌒ヽ   } }     //j   '′./
 _\__`ヽ.\/,.r斥: ::`ヽ:::::::ヘヽ`ヽ  (:::::::::::::j   j j   ν ´/ ,イ  /
/`ヽ.`ヽ ,>/.γ:::::::::::\::::ハ:::::::}::::刈.ヘ. ` ー ´  //     ∠ニ¨∠_≠-―…‐-
      У ∥∥:⌒ヽ: _;=ハ=:}、::/::::::∧ ハ___/_j____/      `ヽ-―…‐-
:、   /  { {:::;≠‐;氷圭圭必::/::::::} }//:..:`¨´: : : :/             \
 \ ,′ .从 Ⅷ:/{圭圭圭圭}‐-‐::リ j/:..: : : : : : :./         /    \
.  У   ∧ ∨::::/守圭圭夂::::::::ノ /ニニニ二二/        /       \

【ライフル兵】

なお、意外に思われるかもしれないが、

人類文明は実のところ「冒険者」というよりはむしろ「モンスター」「機械兵器」側の兵科を好む傾向にある。

「伸び代が多い」といえば聞こえはいいが、逆に言えば「冒険者」がその真価を発揮するには十二分な訓練が必要だ。

その訓練をしている余裕のある国は少ないし、あったにしても少数精鋭とならざるを得ない。

それよりは短期間の訓練ですぐ戦力化して数をそろえるのも容易な

「モンスター」や「機械兵器」のような兵科の方が戦争では優秀なのだ!

マスケットやライフルが戦場の主役となったのもそれが故だし、

絢爛舞踏ドクトリンで錬度が低くても戦力化する「正規軍後衛」や「ロボット」や「戦闘母艦」が好んで用いられるのもそれが故なのだ。

147名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 18:58:08 ID:312yymrw0
「戦争は数だよ兄貴!」昔……昔?の人は良いことを言いました
育成していては数が揃えられないですよね

148無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:00:44 ID:a9haeB1o0
             _,.ィ{_____________r=ァ_
       r== ''´ ̄ _ ≦三三三三三三三三三三三三ニニ!
    ___r=ァ_ -''´ `¨´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´
    三三三ニニ!          ,.ィ{____________r=ァ_
              r------ '≦三三三三三三三三三三三三三ニニ!
              {!__ ,> ´¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
    _____r=ァ_
    三三三三三ニニ!
          _,.r=ィ=======================}ニニャ
      /7' ̄   _ .ィ__ァ'―――――――――― ''  ̄
      `ー-  ''´        _.ィ===-----------------------,
              { ̄ ̄  ,.---、__ァ===================-‐''  ̄
                 マー ´ ̄`)::::::ノ、
             ,.ィ. ー-r { }っ ,r.、j
                {/{! ィiミ ( Y ) /ィュ{_rァ___________ャ==.、_
               ゞィ;.,ィ´r'  ̄ ̄ ̄,-、-ァ三三三三_rrnn三三三三ニ(8==-′
               / {i__,,.. -=7 ノ¨´  ,,..  -―¨¨´
          , -= 、   ゞ=≦  ン' / `゙¨¨´
    ,.=(三三三三三三三三三三三三リニニニ!
     -‐'¨´  (,. --- .、 ヾ;リ:j:;::ヾ=イ )--、
          ゝ / ,.'⌒Y `ヽ  {¨:::::::::::ヽ
           `つ / __,. ┴========================ニ---,
         r'´ ̄ ̄ _,.=≦_ァ---------------------- =  ̄
        '-‐==='´./::::::::T___}         ヽ/,'ハ
             /:::::::::/)}             ヾマハ
            ,:::::::::/ィ_j             マ;ム
            “ー- "´                ノ_}

ラムダの境界山脈内部で、伸び代があるはずの人類ではなく、伸び代は少ないが最初から強い「モンスター(ヴィダの新種族含む)」主体で軍隊が形成されているのもこれが故だ。

しかし・・・もし「機械兵器」「モンスター」のように、最初から強いユニットが、

さらに「冒険者」のような伸び代まで併せ持つようになればどうなるだろう?!

149無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:05:34 ID:a9haeB1o0
              \_\_
           _  〔〔!.>->
            \  |..``77
         \   \〈-〈〈l_>->
     _     \_ZZ/_/_/_/Y``77イZ=∞∞,イZ=∞∞,_________,____,___________,∑____
     \__ZZl巛巛-巛巛 ̄/=__ ̄_ ̄/=__ ̄_ ̄/=__ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_/=_/__ .._>
 (((<《三ヨ冫《くく((二ニ=冫 ̄ ̄〔=-=-=-〔〔::二二二〈〈二二_ニニ__=〈=_==《 _〉!《〉
 (((<《三ヨ冫,_,_,,_,,========〔=-=-=-〔〔:_,,_,,_,,,,_,,_,,_,,_,,_,,_,,__二,/
 (((<《≡ヨ冫《くく((二ニ=冫_,__,__,_,_,_,__,__,___,__,_,/~
    ∠ ̄ ̄∠\_三___三__三___〈-〈〈-〈l__三__〔〔 !/ !/〕
            ZZ ̄<〔______〔〔>> ̄Z ̄ ̄ ̄ ̄ ∠ ̄ ̄ ̄

【アンドロメダ】


その結果がアンドロメダ。最初から強くて、量産も容易で、伸び代もあるユニット。

いわば「量産可能なボウケンジャー」なのだ!

安価↓1 質問・コメントがあれば

150名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:06:50 ID:jQLYMyug0
マミさんがホーリーマミになる…?

151名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:08:35 ID:312yymrw0
他文明も「作らなきゃ増えない」なら機械生命でも許容範囲ですかね

152無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:10:41 ID:a9haeB1o0
>>150
    < __ノ    〃/     /_   //  /  /     |│
    / /  /  《_/   ,  /__` <__/ /     │|           l
   ⌒/  //    八|  │/  厂,≧==≠、 ̄´   _,    |人     l    |
    ′/ / / 〈  |   |/ /  (:じ'リ        丶\    ∧   |   ′
   //  // /厂 l  | ∨ ⊂´ ̄`ヽ       へ` <  l   |   '
  ′   , ⌒ヽ  ∨八__八     /           `≧ 、\|   |  /
     /    \ >┴‐┴<     ′   ノ>     ヽ(:じ'リヽ八  l/  /
     ノ⌒丶   / , -─‐- 、 \ J           `ヽ⊃ ノ  イ   /
     `ヽ、 , ' ∠三二≧、 \ ヽ /⌒ヽ     //   // /  /
  厂`ヽ  ∨ /二 , ´─ 、 \∧ ', ヽ  ノ        /  / /
  /    /|  「 ̄〃     ヽ/ l  |        /   /ー イ , < ̄ ̄`
      /  |  | /|        |/ | ├──,. <ノ─ イ/ ̄ ̄`ヽ   \
   ⌒ '   人 ∨八       八∨ 人  //     ノ′      \

「いやどっちかというと」

「素人からたたき上げた私そのものが・・・」

153無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:11:52 ID:a9haeB1o0
>>151
                       r-- 、
                        {: : : : `ヽ、―: . 、           __,..-- 、
                    /`ヽ、,.イ:Ⅵ、: : : : : :\: : :.`ヽ      {¨¨´_,..イ',
                    _/___-ヽ:、: {{lミ、: : : : : : :ヽ: : : : ヽ.     ∨     ∧
              / ̄´/: : /ニ:>: :`: : : :.\: : : : : :∨: : : :.:.     ∨    ∧
            / ,. ⌒|: : /:/: ,: : : : : ',: : : ヽ: : : : :.∨: : : : }     ∨_,...イ,|    __
            / /_,./:!: :.{/:/:/: : : : :}: :|: : ,ム斗: : : :.}: : : : :|       \   } _,...イ/
                  , ': : :|: :/: :|:|!:|: : /:/: //ィ:斥|: : : : |ヽ: : :,      ,.-\ ,-- 、 /
             /: :,..イ|: ': : :|:|{:{: /:/ }/ィマ:::::::刈: : : : 'Y }: /   __ ,..イoヽ}乂_ノ
              ': //: :}:!: |:-{-_,ュzイ    込z_/: : : :/_, /:/ _,イ:::`ヽo _,イ_ノ-   \
              |/ {: :,':.|/l: :ト {マ:::ム       /: : : :/_イ/:__: : : ∨::}´   }__>∧
              {  |/: :}': {: |:.ハ弋斗,     /: : :/ |イ::::::::::::}:.:.ヽ: }/     ト--- ' ∧
               /:イ: : :.Ⅵ':八    , - ,': : :/イ/´----ミ、:.:.:.:{:',:|      ∨    ∧
                /' {: : : :∧: { `  ..   {: : //::::::::/:::::::::::::::::〉:.:.:.::.:ヽ ̄`ヽ ∨    ノ}
                  | : : / ∨  r―-` ̄!:./::{::::::://::::::::::::/:.:.:.:.:.}:::ム: : : : :} ∨二´/
                  |: :イ__     { < >{Ⅳ:.:.{::::/'::::::::::__/:.:.:.:./:::::::}: : : /
                  ∨-、ヽr、< > ´::/:|:||::/r∨^}⌒ヽY、:.:._/::::::::::/: : : :{_
                 /´ ̄Y },(_, ヽ ´::::::/:}」= |{::{__/⌒´}///{_ノ:::::::::::/{、_: : /: : :`ヽ
              {- 、ヽノ!ノ-' /:::::/≦/_,.. -‐´     ^ヽ/}:::::::イ:::::::Y: ヽ: : : : : :}
         ,..___,..< >}'////イ:////{-´---ァ      ///}::¨´::::::::_:}: : : : : : : :,'
        _ノ    >´\_ノr  ̄ ̄`ヽ、/////     ,:'/イ:::::,..ィ////∧、_: : : :/:`ヽ、
   ,...<:::::`ヽ   / ///// /        \イ __,....イ::::::,ィ//>´ ̄ ̄::::}  }`ヽ: : : : : }
,....<::::::::::::::::}:::}^ー ' /////イ/        ,   \//`ヽ////>:::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄`ヽ、: : : /
:::::::::::::::::::::::::/    {/ィ///        {      \//}`ヽ、::::: ̄ ̄ ̄ ̄´::::::::::::::::::::::::::}:_/_
::::::::::::::> ´        {/イ'           |     (//|:::::::::ヽ匸乂>、--r 、::::::::::::::::::::/:¨´:\
:::> ´           __∨         ;      `/{::\:::::∨::::::::::::::匸乂ノ::::::::::::::〃: : : : : :ヽ
´      r-――::::::::::/          ,      r'//〉::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈: : : : : : : : }
        {::::::::---:::∨           /      |///::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}: :/ : : : : /


つマザーハンマー

154無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:33:45 ID:a9haeB1o0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ or ドラマ:魔王と勇者とクローバー or 育成描写

155名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:35:37 ID:Axj40s.I0
ドラマ:魔王と勇者とクローバー なんだろうこれ?

156無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:37:25 ID:a9haeB1o0
>>155
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「ヒャッハースレでやってた」

「四天王育成ゲームだね」

「このスレではジョブに転用している」

「まだ紹介してなかった四天王が居たからやろうかと思ったんだけど」

「どうかな?」

157名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:44:43 ID:Axj40s.I0
いいと思います、というか安価は(ほぼ)絶対!

158無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:46:20 ID:a9haeB1o0
>>157
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「OK!」

「では神様学園の参考資料として」

「まず深海の神について触れようと思う!」

159無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:51:36 ID:a9haeB1o0
                      -=ニニニ=-
                       。s≦ニニニニニニニニ≧s。      -=≦l}
         《≧=-      /=yニニニニニニニニニ>―<ニム≦冖 ̄
               ̄冖≧f  /ニニニニニニニニニ{     )ニム____
           -=≦>-イニニニl レ∨∨ヽlニニ≧==≦ニニ/三三三l}
       《≦冖 ̄ / />xニニニムム厶ムムニニニニニ=l | ̄ ‘,___,.-――‐
             / /  /ニニニニニニニニ=-‐¬冖l ト   ‘,__/ ̄
          ,.-=≦_/ヽ /     ム-l l  V _zzヽ   l レ ヽ  ∨/l
       //    / ミ//l   lx≠ミ∧  ヽイノ心ト   l\ ‘, ∨/\
        ___/ /l/i| ', ./{ VJり ヽト、ゝゞ-''xxV   l   ‘, ∨//l
    /____ /  /lハ トxx `¨        xxイl  |    \ \/三ニ=―
     >―        / 从小l〉`l ⌒ Y⌒Y  ̄ l´ ̄l /リ、\     \ ≧=-==ミ、
 / ̄ ,.-―=___//人lゝ= |   |   |   |_ イ/   \ \_   ̄ ̄_ミ丶
/イ  l (     ̄              ̄  ̄  ̄           ̄ ヽ  ̄ ̄ ̄  ヽ リノ
  ヽミ=- ̄


後に深海の神として崇められ、多くの人々を庇護し救った偉大な神ヲ級。

しかし元々は善良とか人類に友好的な神とは言い難く、そもそも神とすらいえないような船幽霊であった。

ただ通りがかる船を沈めるだけの悪霊。せいぜい祟り神。


しかしだ・・・日本人的に考えて。

船を沈める祟り神が実在したらどう振舞う?

160名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:52:38 ID:CRbzrGbo0
崇めて奉って鎮まって貰う

161名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:52:49 ID:312yymrw0
静まりたまへ!静まりたまへー!(アシタカ並感)

162名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:53:27 ID:Axj40s.I0
祟り神は崇めなきゃ!
ところで祟りと崇めって字が似てる(どうでもいい

163名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 19:55:11 ID:jQLYMyug0
人柱をシュー!

164無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 19:58:08 ID:a9haeB1o0
>>160
>>161
>>162
>>163
        .  -━━ ミ
.       /: : : : : : : :\: :\
     /: : : : : : : : :〕: : : : : : \
   /: : : : |!: /: /:/ ヽ: : ト、: : : \
.  /: : }: : |!/: /:/   \} ヾ: \\
  l: : : γヽ:リ'¨´ ┃   ┃ |!: : :ト .z≧
  /: : { : ヽ    ┃   ┃ |!: ヽ:\
 .}从: ト: : :>   、 _,  从l: :.ト ミ、
    ヾ ミ: : :_> _ イ:_:ノ!:./
      ,イ  \ |- 、
     /ヽ \ 〈 ー ト ハ
      l  丶 <\ /| 1
      |   l!    |! |: |

「そうだね!崇めて鎮めるのが祟り神との付き合い方だ」

「かくしてヲ級はまがりなりにも神として崇められるようになった」

「のみならず、クローバー世界は型月世界や禁書世界のように信仰が力になる世界のようでね」

「人々から船を沈める祟り神(ただし祈れば許してくれる)として信仰された結果」

「こんなスキルを得るに至った」

△沈没:視界内の船を沈める。船以外や乗員の半数以上が自分に対して祈る船には無効。

「人々から信仰され、信仰通りの権能を持つ存在」

「祟り神といえども、立派な神だよね?」

165名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 20:00:17 ID:Axj40s.I0
祟れども祭られれば神

166無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:03:03 ID:a9haeB1o0
>>165


                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「そうだね」

「さて、再び日本人的に考えよう」

「祟り方向とはいえ確かな力を持つ神」

「・・・御利益も追加したくならない?」

「天神様みたいなもんで」

167名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 20:04:23 ID:312yymrw0
禍を転じて福と成す、日本らしい信仰!

168無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:09:51 ID:a9haeB1o0
>>167
             _.. ::――: : : :-=yニ=<⌒ー…
         >::´: : : : : : : : : : : : : : : ::八乂   ゚ ・ 。
        /:}: : : : : : : : : : : : : : :y1i、: \\\_   `ヘ
       ./ /: : : : : /\ノ`ヽ/¨}/ {ノ `,:: ∧`<二二彡'ヽ、
      / /: : :}\::(  \ :i  }  〉  ノi/ ∨、: : : : : : : : : :
      し: : : : :}  ヾ¨\_ノ_ァv,ヘ_ノ}ー〈`/ / /┐ : : : : : : :
      /: : : :_r.弋_ム‐-<`メ }|__{_/_/,,i/ー 'ー<}: : : : : : : /
  __/: : : :;ゝ、`t-': :::>^¨ ̄ ̄:i\ヽ ̄`<__: : : : : : : : : /
  に二/: : : : :`ー'¨:::/i  .ノ}   i⌒\、_}  ヾ゙Y二ニヽ/
 r―-/: : : : γ ⌒ヽ{  i ./ャ弋__  },ィ=气<} ,' } 〉ー‐イ
  ̄¨弋_: : : :{    | N:レ劣¨テ`)ノ ¨ ̄¨`} ノ イ∧   :{
      ¨¨゙゙}    |:{ 人 '´   _ _{   ノ ィ |/∧   \
        }    从  ≧s。_/:/:/} .。<^{ i |:/ ∧    \
       ノ    ./..ゝy :トー/:/:/:/ク Y〈Y| \{.....\    }
      /´   ./............} ,ハ〈: i :i: i: { i i__,〉乂.. \.......}   |
    ./   /............/ ./i:i:}∧: : : : }」/ r=、 )  ./.......}   i
    /   /......._>'´ ./i:i:i/ :}: : : ::{  {:i:i:∨ _./.........|    i
   :i   /........{  ,ィi:i:i:i:i:/ .Z_r‐z_::ゝ 圦i:i:i}⌒r-、__/    i
    ',  /........圦.  \ji乂_  .∥  |   :{`i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}   |
    〉  \.........,ゝ _ >::::: : :∥   |   :}i:i:i:i:i:i,ー'ー'i   |
   ./    \/ (:::::::::::::: : :∥    |    ̄ ̄ ¨ ̄|   |


然り!

という訳で船を沈める祟り神→海神→水神という日本人的拡大解釈信仰により、

水魔法を習得!

△水魔法:水の元素を操り大雑把に雨を降らせたり生命を活性化させたりする。制御力はゴミ。

大雑把に雨を降らせる程度だが、渇いた船乗りや

日照りに苦しむ農民にとってはまさしく救いの神だろう?

この辺から段々と人類を救う神としての権能が固定化されていくことになる。

169無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:18:42 ID:a9haeB1o0
        ∨  i  ______/ i    |
     |        ``‐-、._    \      i
     .       i       ‐-、._ \ |      |
   i     .   , -‐- 、    / ,. ‐ `‐-\
   .    i   ,'. /  ト、 ヽ  /ノ /    ヽ  |
       . | i. ((从ソ 从〉./ ノハハハハハ !
     |    l. (|┳ ┳i!l/  !|─ ─ ,iリ)!    i
   | .     ハNiヘ  ー ノハ!  ’ 、 - ,ノル´
       |   ⊂)"ー'゙iO   ⊂}゙|†'|´{つ i  |
     i      /ュュュュゝ      i´T `i         i
         i  〈__八_,〉     〈_,八__〉  i

「さてところで」

「雨を求める農民と」

「海に潜む船幽霊って相性良いかな?」

170名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 20:23:59 ID:312yymrw0
(居場所が離れてて)ダメ…みたいですね…

171無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:28:41 ID:a9haeB1o0
>>170
           /                                 ヽ
         /                                 ',
         / /                /              ハ
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
       \   ヽ  ハ

「そうだね。でも叶わないからこそ深まるのが渇望ってもんだ」

「祈っても救われないからこそ、人々は尚更救いを求めて祈り・・・」

「・・・そのうち距離の問題をなんとかしてしまうスキルが生えた」

△眷属化:内陸部まで移動できる人間体の眷属を作れる。眷属動かしてる間本体は動けない。
〇制限転移:本拠地と神殿限定で状況を観察し本体や眷属を転移させられる。

「最初は内陸部まで異動できる分身」

「後に瞬間移動能力だね」

172無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:30:26 ID:a9haeB1o0
三ニ>//ヘ  !  .ヘ///////////////////////////////////////ヘ/////ヘ
三:/ヘ///ヽ|    i/// \//////////////////////////////////:ヾ//////`=.、
 ///:ヘ///:',   .ト、!  .\//////////////////////////////////ヘ///////`
:';:::V//:ヘ//:ヘ   ! ',    .V//=-t//////////////////////////////ヘ/////
:ヘ::::ヘ//:ヘ//:ヘ  .|  ',     .|::/   i///-".V//////////=-‐ '' "7//////////`_/-
;:::ヾ:::::ヾ/::';//lヘ  |` 、ヘ   ,''    ,"    .V////‐'"      .///////,=-'" ,-'ニ三
:\::\::::\V///\!  !` 、  .;    /     !/'"        /////="   / (三三
::::::_ニ-"-"/\///ヘ i  ` 、'---.┴ .、   ./"       >'" ̄ /      ``T""
/   ,.="::::/ .`マ/ヘV  ', ` 、    .\ ./      >'"   /        /
_,, -=":::::::::::! ;  ;`.マ:ヘ ',   | ̄ ̄ ̄.フ‐‐‐--t‐"---t‐‐''"       ,.-"__,
:::::::::::::::::::::::::;! i ; .;  ; ;`.マ::ヘ...|_   ,/   , -"   /__      __,, -"‐'" .__
::::::::::::::;=-'" |. ,' ; .;  ;  ',ヘ  ` ‐-ニ三=---t"____,>"/////777777/////-''" _,,,,_
;=-''"    |/ ./ i  .!  i',.ヘ    `、.`.,r≧=-//////////////////////,..t(三三
      / ./  .!  i  i ,斗\   \弋zツ  ̄ ! .‐.t---t---t--t--<///::ヽ=`=="
   -="-ャ./   i  .i ,'"、 . \ ` - _ .ヘ.      | ./!   i   \ ヘ ',`=t<//////
     ./"/   ,イ ', .ヘ'., ,rシキヽ    .`リ    . |,イ ;   i    i\V',  ト、 .`` ‐-
     ,{ .;  r' .i  ',  ヘ 弋,zツ    ,      | i .ヘ  .i    i  `.}  .V ` ‐--
       ! .i  !  ヘ  `‐ 、       r==‐、  i i  .ヽ、i    ノ   i    `!‐--‐
       {\', !' 、.  ` .、 _, ニ=-、 ,r',ニ、/ ,イ.`! !   ` 、./    /    V_
       _/:7、 \  _ -'")  .≧=/:::|ニ イ   .| i` 、   ` - 、/      |::::::
    ,r::":::::::,r'-='"_`-=、/::::/ ',丶  .}::::::!     .| i  .,t=、     ヽ      .V:::
_ -":::::::::::::/:::':::::':::::::;::'::::::::/-、 .! |丶 .}::::::i      .| i ,r"  | `t、    ヽ     .V
:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::`::/::::::::ヽ、 |_  .);:::::i_ >‐! ',i    | .,' . ` - 、 ヘ
゙:::::::::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;::::::::ヾ:::`::)  Y  i ; 'i ,,,  i/-''"ヽ_  ヽ ',
::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::/::::` マ::::::::::::::::::::::::ノ   !.  ',ヘ .',}`=--ニ、`:::-::ヘ、
:::='"  |:::;:::-:::;::::::::/      ,` ‐‐t/.\   i   ///::>==-、:::::`:::、::::::::\
"   ./:::::::::::::::ヽ:;'     ,r '"     \///7t、!,=////,, _ ,, --、ヽ;::::::::::::::::::\
   i::::::::::::::::::::::i   ,r"         ヾ//Y:::Y///   `` "´` -、::::::::::::::::::::::::::ヽ
   i::::::::::::::::::::::}   ./            V//!:::!/V!        `=-、:::::::::::::::::::ヘ


このヲ級。別に善良なわけでもなければ人類に特別友好的というわけでもない。

元は船幽霊。性格としても属性としても青黒だろう。

しかし青黒だからこそ、利益を求めることは重要だろう?

173無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:36:57 ID:a9haeB1o0
   \               マニV / イ= / /ト ',  / ヽ / /\/   /ニニ
、     ヽ-- 、_,.-―……―- 、マム/イ////ト、_|ハ__〉/_/__//  /\/   /
 \                       Y7=//ヽ__〉ニニニニニニ ムイ_/ \/、
   `、         _ イ       /=〈ヽ >-〉ニニニニニニニニニニ==ァ'__
    `ー---‐'⌒ ̄   〈__     /ニニヽlニニニニY⌒¨¨⌒⌒ヽニニニニニ)__
                     ``ヽ_人ニニニニ-=' __>-      マニニニニ厶
                _/===ミ、マニニニ/-=≦/__/__//l  マニニニニニ
                 /´__     ヽマニ/ (-=彡'《 奝 , /イァY  / ̄ ̄ ̄ ̄
                 //   ̄>   ¨¨¬冖彡 {  -==ミ゙イ//
                       ,.i(>---=≦( /ミハ__  _彡rミレ〈
                   /  ゞ--ヘ ヽ {  { { _/_r‐(::ヽ\l
   ______           ヽ、 \,zzz>V∨)/l_/:::/::/:::::::::::::∨}
≦/////////////≧s。         ̄/ア´ ̄  )ニニニム⊂ニ:::::::::::::::::Vl
//////////////////////≧s。__/Y ;    V/   ゝ--ミ__)__ノニ!<___
///////////////////////////// 人l_   /    ノ   __}ニニニリ      ヽ
 ̄ \///////////////////////// /,′       /  ノ///////77>
.    > ///////////////////// / i      /     /////////////> _

そして曲りなりにも崇められ神となっていたヲ級にとって、人々の信仰は自らの「利益」となる。

だからヲ級は自ら内陸部に赴いて神を名乗り、布教活動を行った。

本質的には女神のような慈悲深い救いというわけではなく、

信仰を対価とした商取引のようなものであったが、

とはいえ農民にとってはどうでも良いことだろう?

ヲ級のお陰で飢えずに済むなら、十分ありがたい救済の神だ。

174無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:40:51 ID:a9haeB1o0
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

「そうするとまあ当然」

「形の無い祈りではなく、もうちょっと物質的なお供え物や生贄をする信者も出てくる」

「まあ普通お供え物を実際に神様が受け取ることはないわけだが・・・」

「瞬間移動可能なヲ級はどうかな?」

175名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 20:45:56 ID:312yymrw0
うん、(お供え物)美味しい!

176名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 20:48:11 ID:THeH73Nc0
ただ祈るだけの信者より、お供えを奮発する信者を優先する?

177無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:49:25 ID:a9haeB1o0
>>175
          , <: : : : : 八リ: : : \    ,
         /: : : : : : : : ム{: : : : ミー==イ
.        /: : : : : : : : :ソ  i!{: : ハ: : ̄: <
       /: : :イ{: : : ノ‐- , {ト: : : : : : : : ヽ`
       ,′: :八:イrテぅェ、 ` 'ヘ斗+-i!: : : ハ ヽ
      j: : : : 」:八! しン    テ示}!: : : : ハ}
      八: : : l ヽ:{`       , しン リン}: : j! }
    , イ{: : : : : `八     ,  _    /イリ乂i/
      {ヽ: : i{: : : :∧       ノ: l: 才:ハ
       ヽ{ヽ: : : : l ヽ _ , <}: : リ: ハ:}ヽ!
         ` ートハ!_ _/ ヽ_ノ:_: イ-'ー- 、
            'イLiiヽ  /l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ハ
           /:,イ:i:i:∧/:.:.:j:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       , ィ:.:.///i:/ /:.:.:.<:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       j:.r:.:∧/:i:イ/:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !/:.:/ 'y´ /:.:.:./jヽ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ノl:.:.:.l ヽ/ !:./`´:.:/_/:.:.:.:.:.:/
   r':.:.|:.:.:.|   i/:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   _}:.:.:.ヽ:.:i   |:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ
  i:.:.:.:._ヽ!__!:._-<_ ,. ‐=ニニノ_
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i    , -――イ
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l !_   ニr=‐ ´
 ヽ:.:.:.:.:.:.>:.:.ー- :.:.:.ハ しノ`ー{
  // ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:./´:.:.:.:.:.:.:.\
. /!{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
' _ ゞ、:.:.:.:.> ´ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
Lj />て}:.:.:|   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>―、-:.\
T{/ノ レ /:.:.:.!   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´    ヽ:.ノ
 lj ! /:.:.:.:.:トイ´|:.:.:.:.:./            \
  ´ /:.:.:.:.:.├― 'ー ´                 \

「そうなる!・・・と言っても本人は船幽霊だからあんまり直接食べたりはしないんだが・・・」

「他所の神殿に不足している物資や通貨を融通したりはできるわけだね!」

「結果、水の神としての権能だけでなく、交易や商業を司るという側面も追加されていくことになった」

「まあ元々が海の神と考えれば、交易の神なのはさほど不自然でもないかな?」

178無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 20:55:55 ID:a9haeB1o0
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

「さて、ここまでのスキル、というか権能をまとめてみよう」

根幹:海の神
派生:水の神(農作物への水やり含む)、交易の神 医療の神(水魔法には回復効果もある)

「農業生産と交易(商業)と医療」

「信者にとっては実にありがたい神様だと思わないかな?」

「ああ、きっと、ヲ級を崇める共同体は実に豊かになるだろうね!違うかな?」

179名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 20:57:49 ID:oaaobSUQ0
>>178
そして別の共同体からは妬まれるんですねわかります(白目

180名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 20:57:59 ID:jQLYMyug0
(その共同体が)おいしそう

181名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 21:01:39 ID:THeH73Nc0
海賊「ヒャッハー略奪だー」→沈没
山賊「ヒャッハー略奪だー」→?

182無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:21:47 ID:a9haeB1o0
>>179
>>180
>>181
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「そうだね!」

「自分で富を作るよりも奪った方が手っ取り早い(黒並感」

「そういう連中も出てくるわけだ!」

183無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:25:04 ID:a9haeB1o0
              -──‐- .
           /        ` 、
              /  p    p     i
          |  l;j    l;j     |
          |   __        |
          |  .´    `ヽ    |
          |   、___ノ       |
          |               ト、
          ,;┤          /7ヽ ̄\_
          _ |レ下l-、_/ ̄|_   -‐<∠ _
        K ̄〉‐' _     ̄lΥ  |/| 〈イ 〉
        ヽУ   ゛-'       `'― '^´   ̄


ついでに言うと、クローバー世界はファンタジー世界なので、野生の魔物も普通にいっぱい居る。

こいつらが人里を襲ったり通商路を襲ったりするので、

人類社会は過酷であり、交易の難易度はさらに上がっている。

じゃあ外敵が凶悪な分人間同士仲良くしてるかというとそんなこともない。

184無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:28:32 ID:a9haeB1o0
                           .  -‐ァァァァ‐-  .
                        /{{{{/////∠=-\
                      _,/{{{{∨///厶__二三三\
                       /.////^Τ{ {Χ,∨ |iミ-=ミ、
                    { .:| ///   | Χ\l \|ilミ-=ミ\
                   /,ハl{{   ∨  Χ\_,,.|i| ミ/^ヽ . ヾ、
                    {∧ィ"⌒\∧{{ー<¨二|ilヽi{ ,ハ│〉 }}
                    //i{ |///∧::::.   癶ツ|i| i ノ//∧ノニ=──
                      {{ ∧{///// }::::l ´ ̄ ̄i|i∨ _////∧ニ=─   \ 、
                    ヾ∨,∨///.::::|  .   八ii∨()////∧\      ノ }
                      ///∧ナ  \l__/ー==ミ∨://l ///// \`二二´<
             \     __彡'//∧彡イイ示ミミミフ∨彡'/| /////// `゙'<二二_\
.                >辷__彡'//∧ `ニニニニ´∨彡'//|//∧\///////////\\
             / ///////∠// :∧V/l|l|l|l|V∨/////,|///∧. \//////////∧
               / ///////// ://{`''++++++''//////,|/////\}}ニニ=- .,,_'//∧
.            __厶  -‐=ニ7.::::::::/.::.'//∧ V∧   l///∧ ∧//////,`゙'<⌒\\\//\__,ノ
          //ニ=-‐ ::::  ̄/.::::::::/ .:::|///∧ }/}   l'//{ \ \/////////\.   ':, \ミ辷彡'
       / .'/ ::::::::::::::::: /.::::::::/.::::::,'  | |'∧     ∨∧  /\ \\//////∧   l | '.\__,ノ
       .′ l{::::::::::::::::::::: / ̄¨7\ /'.  | |  }.     \∧/    }'∧∨∧\/,  l |  }/<
. \___/l   |.\:::::::::::::::/   /   /\ (二)         `ミ辷彡/ / ∧∨∧. }} // ∧、'∧
    >│|   |   \ ::: /   /   /.:::::: \\]]、_,    //   //////,}}//}   .// / .}|//|
  //│|   |     `7    '   /.:       「]]ノノ二}}彡'/  .// /   ///  .// / ./ .|\|

魔物の襲撃のせいで人里は大きくなりにくく、

人里同士をつなぐ交易路も安定しない。

このような状況で信長のように広範囲を天下布武できる強力な政権が生まれるのは至難の業だ。

そして天下布武とそれによる(抑圧的な)平和なくしては、海賊や山賊は悪だなどという人倫は育たない。

それに近いものが生まれるとしても狭い共同体内部限定の話となり、

共同体に属さない人類は「仲間」ではなく「人型の魔物」と同じだ。

「餌」か「外敵」でしかないのだ!

185無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:35:27 ID:a9haeB1o0
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y _   _    .i|,];;彡
        i ・ .〉. ・`   H;;;ミミ
        {  ( _,:、      ゙};;彡ミ
         ゙i       ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i ゙二ニ´  .li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,    .,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''



 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

        ,,. -― -   .,
       イ:::::::::::::::::::::::::::〈 ` 、
   .__/ノ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.,_ノヽ
  └―┤::::::::::::::: ∧::::、::::::::::::::::::/
    └┤|∨∨∨ ∨ ∨∨<⌒ヽ
    ./7 ,/∨ヽ  「∨`-l  〉 〉ヽ
    /, ム 〈 ● \{ ● |  l /  〉
   ' i  ∧ |⊃  へ  ⊂⊃ ./..j' ./
    |: l/⌒ヽLLLLLLL,イ. !/⌒i ヾ、
    ヽ.\  | iーォレ ̄「l:</  ./   `
       \j「 `7l i ,∧:/  ./


「死ね」

とはいえ、野良山賊、野良海賊程度ならまだなんとかなる。

海賊なら船幽霊らしく海に沈めるだけだし、

山賊でも水魔法で脱水したり洪水したりすれば容易に殺せた。

また信者たちも馬鹿ではないので、

信頼できる信者同士で集まってセレズニアのような宗教共同体を作り、

外敵に対して自衛もしていた。

・・・同じ村出身の幼馴染とかそういう地縁を除くと、やっぱり宗教って「信用できる人間」と共同体を作るにあたって便利なんだよな。

186無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:39:59 ID:a9haeB1o0
                        - 、
                        //⌒リ
                   〈 { ‐‐-
                 /  `       \
                 //  |ヽ \   \
              /   |  | }  }ヽ
                / /  ∧  | --ヒ´i  |  |
              ,  ,  i/\| ィ´ ̄ |  |  |
                i  i   | '´`、  __  ,   |  |
                l.  ', ∧   <  i /  ,   .|
               ∧  ∨ > _ヽイ/  /__/___
.                i    __/ l[/  /.二ニニ//ヽ
.                l   /ニニ∨/  /ニニ===//
             / /| |二二/ ./二ニニ.//.   ∨
             /    // -- / /------、//二ヽ  ∨
             /   /. 〈/´ ̄| i ̄ ̄ ̄\/二.// ̄ ̄ ̄`
.         /   ./_ ∠={    {/      /ニ./.|        |
        /    /ニニニ八____   -‐ ニニ ´二/ |  ___|
            /ニニニ/ |ニ.| |二ニ| |二二ニ/.  |/マニニム/
.         i   ./ニニニ/   }ニ.| |二ニ| |二ニニ{   ` ̄マニニム
       /  ./ニニニ/ //ニ/ 'ニニニ| |二ニニ〈       マニニム
.      /  ./ニニニ// /ニ//ニニニ=| |二ニニ=〉      .マニニム
      i  ./ニニニ/   〈ニ〈 (  ̄ ̄) |二ニニ/       マニニム
      |  /ニニニ/    / ニ∧ '≧彡゛ lニニニニ\      マニニム
.      八 /ニニニ/    /ニニニ/ ~´_<i {ニニニニニ\     マニニム
        /ニニニ/    /ニニニ/ <ニニ∧∨二ニニニニ\    マニニム
.       /ニニニ/    /ニニニ/ />__`゙<∧∨ニニニニニニ\   マニニム
    /ニニニ={.   /ニニニ/ /ニニニニ>_` ∨ニニニニニニニ\   }二二\

厄介なのはヲ級と同じく、

「神」に率いられた宗教共同体である。

なまじヲ級の勢力範囲が大きくなり、豊かになったからこそ、

他所の神との衝突が増え、やがて宗教戦争に発展してしまったのだ!

187無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:48:21 ID:a9haeB1o0
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「で、ここにαナンバーズも悩ませた物量問題が出てくる」

「ヲ級は強い。他の神が出てこない限り「戦闘」では負けないだろう」

「しかし、複数の神殿を同時に攻められたら?」

「ヲ級は目の前の戦闘には勝てても、他の神殿を守ることができず」

「戦術的敗北を喫することになる」

「そしてそれを繰り返して信者が減れば、戦略的にも負けだ」

「そして野良山賊や野良海賊と違って」

「敵対する宗教共同体はお互いに連携しながらそうした戦術的・戦略的軍事行動を取ることができる」

「さて、どうすればいい?」

188名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 21:50:35 ID:ovg8MQAk0
他の神殿が仲良くならないように工作。

189名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 21:52:02 ID:312yymrw0
自分も仲間を作ろう

190名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 21:52:19 ID:jQLYMyug0
分神の術!

191名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 21:52:55 ID:DYbJ3WjE0
離間工作しつつ、庇護などで懐柔して自分の仲間に引き込む

192無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:58:41 ID:a9haeB1o0
>>189
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /
          |       i!    ̄` ヽ´ ̄   i  /      /
              i       l         i       y′      /


「そうだね!数が問題なら」

「そこそこ戦える戦力を増やせば良い」

「具体的には信者の強化と、分身の強化という方向になった!」

○神官作成:敬虔な信者が自らの力を一部再現する。基本的にほぼ自動で修得。
○分霊創造:人間体の眷属を複数体作れる。本体も一応人間体を取れる。

「この神官作成ってのはローマで言うところの神聖魔法みたいなものだね」

「お陰で神官たちが水魔法を習得して戦闘でも活躍してくれたし」

「水系の回復魔法や雨乞いも使えるようになったから民生面も改善した」

「ま、逐一神が直接赴いて奇跡を起こすよりは、神聖魔法を神官に授けた方が、神にとっても人間にとっても楽だよね?」

193無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 21:58:57 ID:a9haeB1o0
>>190
『正解!』

194名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 21:59:28 ID:THeH73Nc0
手下というか…分霊を作る?

195名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 22:00:58 ID:THeH73Nc0
なんというか、わりとロバートさんに近いね。
元々、船幽霊だし。

196無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 22:02:47 ID:a9haeB1o0
>>195
                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ

「ロバートさんほどの陰謀論じゃないけどね」

「まあロバートさんがアンデッド抜き精霊アリでプレイしてたらこんな感じだったかもしれないね」

197無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 22:08:18 ID:a9haeB1o0
ニニニ\ニニニニニニニニニ≧=-     ||    -=≦ニニニニニニニニニニニ/
ニニニ=\ニニニニニニニニニニニニ=―=ニニニニニニニニニニニ>―‐/ニニ
ニニニニニ\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ |::..:::/ニニニ
≧=-ニニニニ\::..::..::..::..::..::|::..::..::...|::..::..::..::..::..::..::..::..::..::...|::..::..::..::..::.../::..::__::...|::..::... ̄ ̄ ̄
::..::/::..::..::../::..::..::..::..::..::..|::..:: |::..::..::..::..::..::..:::',::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::.._::..::{ニム::..::..::..::..::..::...|
 /::..::..::../::..::..::..::..::..::/ {::..:: |::、::..::..::..::..::..:::',..::..::..::..::..::..::..::..__::..::/ニニ):: }ニニl(ニヽ::..::..::..:::|
               /::::∨ l:::::、::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..`、::/ニニ)/ニニ/::...lニニl Vニム::..::..::..|
 l            /:::: ̄∨ ト:、\      `、     /ニニ/lニニl::..::lニニ ::マニム::..::..::
 l |         |:::::::::::::∨l::::::::`\       `、    /ニニ/ lニニl::...::lニ=|::..::)ニニl..::..::
 l | |       xァ=~テ示ミkx\ \    \  /ニニ/ ::lニニ{..:::..}ニ=|..::.}ニニ}..::...
 l | |       \   {  ::j  `リヽ \  |  ヽ{ニニ{::.. lニニ{:: ::ムニニ|::../ニニ{::..::..
 l | |l     ', ∧ 丶..乂 __..ノ:::-::∨ \||   {ニニム ::}ニニム ::}ニニ| /ニニ/ム::..::
 l   V∧     ', `、:::::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::||   マニニ∨ニニ∨ニニ/|/ニニ/ニム::..
 l ∧ V∧    '  `、:::::::::::::::::::::::::::::::::リ:::::∥∧  }ニニ) lニ=/ /lニニ) lニニニニニ〉::
 ∨∧ V∧      `、::::::::::::::::::::::::::::::::::::∥ ∧  }ニニ) |ニニ} l |ニニしニニニニ/::...
  ∨∧  Y \    ヽ `、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /  丶\}ニニ( ノニニl l lニニニニニニ/::..::.
  ∨∧ 川//\    \ \                  }ニニ) {ニ八l  Vニニニニニ/::..::..::

さて、このように信者にとっては本当にありがたい神となったヲ級だが、

元々は船幽霊。水底から足を引く悪霊である。

海の神と崇められてはいるものの、より正確には海面というよりは海底に縁がある。

そのため海底の闇を意味する「暗黒神」や「深海の神」とも崇められており、

神殿も水銀の蛇と同じくどこか海底を思わせる薄暗いデザインだ。

198無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 22:11:47 ID:a9haeB1o0

        _,r'´ ̄''''''''''''''‐---...,,,,_
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.、
    _,,..-‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.、
.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.`、
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ:.ヽ:、.:`、:.ヾ;、ヽ
 /:.;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.;i:.:.:i:.:.:!ヾ,!/ヽ:.ヾヽ:.`、:.:.lヽ;!
 !:,;,;.:.;,:.:,:.;,:.:,:.:,;,i:.;i:.;i.:,i.:.:.:,i.:i:.l     l;.:.:l;.:i、:.:.l、.:!
 l;,i;,;,:,;.:,;.;,;.:,;.:,;,;i.:i:.;i.:.i.:.:,;i'l:.;!:l    !.:l_l,, l:.:,!ヾ!
 Vl,;,;,;,;.;,;,;.;,:.;,;,;i:.i:.;i;.:il:.:,;,!l.:l'i:!    レi: !' レヽ
  l;,;,;,;,:,;,;,;,;,;,;,;i:.:i;,i'l:.l!;,;,l__!;!l,!____,  / l.::l !;,:.`、
  `、;,;i;,;,;,;,;_,;,;i:.:.ヾl'_,r'´l::::: iヽ    、'´ !,;,:.:.`、
   `、l、;,;,;,! -!:.:.;i.:l` 、 、,;;;,!       ゝ./ヾ;,;.ヾヽ
     `、`! !.:.:,;i;,l   ̄         /__ l;,;,:.:ヾl
      `、`,!:.:.:.l,:.l      ,r‐'''7´/ヽ_,!つl,;,:.:ll;!
       ,>!:.:.:.:li;.:!、        ̄ /ヾ、' 、ヽ,!;.:.ト、
       l`、!l;.:.:.l l,:! ` ‐ - -,--‐'.:.:.:.ヾ'、,!`ー'!;.;! .`、
      _/:.:.:`ヾ.:.!_ヾ!_________l,!`l_.:.:.:.:.:.:.:l   レ'   `ヽ、
     ,fヾー:、:.:.:ヾ:!:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;!i:.:.:.:.:.:.:l         `ヽ、
    ,/:.::.:.:.:.:.:`ー :`,;__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'_,ノ:.:.:.:.:、.:l          `ーヽ、
  _,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、i_           `iヽ、
_,r<;,;,;_:.:.:.:.:.:.:.:.ヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l,           `ー `ヽ、
 ヽ `、 ̄'ヾ、.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ;、             ,/ /`
`、 ヽ、` 、  `、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ、         / /`、
`ー`'''''’、 ,,つ ヾ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー-:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、 `ヽ、      / /、''''
、__ヽ,,,,,,,,ゞ   `、:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  `ヽ、  ,/ /- ゝ _
  ̄         `、:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    `ヾ、/,,_ゝ、__`

また「暗黒神」を崇める神官たちは、

回復魔法を使って回復しながら戦うという神聖魔法の強みを生かした大変合理的な戦闘を行っているのだが・・・

これは傍から見ると死しても蘇り戦う不死身のアンデッドにしか見えない!

つまり、「アンデッドを作り出す暗黒神」

・・・ベルウッドのような「勇者様」がこの風聞を聞けば、ヲ級はどう見えるだろうか?

199名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 22:12:56 ID:DYbJ3WjE0
邪神死すべし、慈悲はない

200無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 22:15:54 ID:a9haeB1o0
>>199
                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

「そうなるよね?」

「そしてクローバーというのはRPGで、プレイヤーは勇者様だ」

「風聞に流されて邪神を殺してしまえば」

「どうなると思う?」

「彼女の庇護下にあった信者たちは」

「農業と商業と医療の加護を失ってもなお」

「無事に生きていられるかな?」

「勇者様は今までどおりの医療サービスを受けて、今までどおりご飯を食べて、今までどおり安全な船旅を楽しめるかな?」

201名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 22:25:01 ID:DYbJ3WjE0
信者「勇者死すべし、慈悲はない(ガチ」

無理だね、これは

202名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 22:26:32 ID:312yymrw0
神が滅びて、文明が滅んだ。勇者も一緒に死ぬんだよ!

203名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 22:40:01 ID:CRbzrGbo0
抑えられた諸々による戦国時代到来!

204無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 22:48:04 ID:a9haeB1o0
>>201
>>202
>>203
            __    __
         _. - '´       .::::::::::` 、
        , '´            .::::::::::::::::`ヽ、
    /              .:::::::::::::::::::::::ヽ
   /                   .:::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ./           .:::::ト、    .::l::::::::::::::::::::::::`、
  ,'   i      i   .:::/ ヽ   i .:|:::::::::::::::::::::::::::!
  i !  |l      |   .::/   `、  | .:|:::::::::::::::::::::::::::i
 .| |   |」_ ./| .|  .:::/ _,.. -‐十 :.| !::::::::::::::::::::::::::::|
 | ! .| .| `メ┼/| .::/ "     ヽ ::.! .|:|::::::::::::::::::::::::::::l
 | l .! l/  |/ ! .:/    _===、ヽ:! :|:|::::::::::::::::::::::::::::|
 | i |l |イ子ミN l./   " F';;;;;:::ヾ/ :|:|`!.::::::::::::::::、:::::|
 .| ヽl ! | 弋;;::::j ′     辷;;::;チl  ::|:|.ノ:::::::::::::::::::lヽ.i
  l  `ヽ!   ̄            ̄ i i .|/:::::::::::::、 .:::::| |i
  !    ハ    ′         | l |.:::::::::::::::lヽ::::| l|
  ヽl、 l  \    ‐ --‐'     | | |:::::/|::/|::| ∨ ′
     \|ヽ  i `        , '´ !,イ .!ヘ{ l/ .l/
       ヽ/lノW ` ー-‐ i´    / ! .|
        _  _ , -‐ノ       l/‐-、
      l´|:|: : : : : : :|´        了: :` ‐- __
      /| |:|: : : : : :._| `ヽ , -‐‐  !: : : : : : : //lヽ
     ./ | |:|: : : : : ト、_____/: : : : : : ://:.!  l
     i  | |:|: : : : : |`ー────/: : : : : : ://: l   |
     |  | |:|: : : : : |       /: : : : : : ://: : |    l
   ./_,ィ||:|: : : : :.|      /: : : : : : ://: : /    |

「そうなる。ヲ級が支えてきた文明が崩れ」

「嘆き悲しみ怒る人々をこれでもかというほど目にする羽目になるんだ」

「一見、「お約束」に従うと倒した方がよさそうに見えるのに」

「そうすると悲劇が待っている」

「クローバーを象徴する四大鬱。その一つが水の四天王 ヲ級なのさ!」

205無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 22:56:08 ID:a9haeB1o0
                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

「繰り返すが、ヲ級は善良な白い神様ではない」

「色としては青黒。僕のように欲深い神だ」

「ああ、だが、しかし、それでもなお」

「本当、まともな神様だとは思わないかい?」

「そう思って紹介させてもらった」

「ちょうど、【まともな】海の神はローマの神々でも空位だったしね」

安価↓1 質問・コメントがあれば

206名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 22:57:35 ID:DYbJ3WjE0
残ったのは邪神倒した勇者の自己満足だけか…

207無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 22:59:57 ID:a9haeB1o0
>>206

                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: ;ムィ⌒ヽニー、 ./ . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  i_,_,_,_,ニf' ´ . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , <l        ! . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´!     l. . . . /:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄i       !. . /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ,ィ ´ ̄ ヽ/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!  ゝ-=―‐ ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   し-=== i ∨:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}    ./j:/i. i:i . l   イ_ ,==_    ∨:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  / ゝ二__,ィ ハ_:!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ././://ー':.:i /:.:.:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

「そうなる」

「他の四天王も倒すと後味悪いマルチバッドエンドだよ!」

人間社会的に一番被害が大きいのはヲ級だが。

208名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:03:07 ID:DYbJ3WjE0
後、まともな海の神は歓迎だけど、まともじゃない海の神からクレーム来ないかな?

209無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:04:49 ID:a9haeB1o0
>>208
             __
         r 、    〃⌒ヽ
.    r 、__} ト\__,     }
      } }V^¨  `¨´    /
      } }    ,  -‐ ,/ ‐ミ
      }_}   /           \
       /            }   ヽ
      .′ ./   |:    匕    ,
         .′-‐ '"乂__ |r芯i{: ′
.       {   |   〃苡  }ノ リ从 ト}
        ゚。 i|  〈{ 弋r〉  ' "'}ハ
        } 八   < "  r:っ ,.仆 :}
.       //:   \  ⌒` ‐‐‐tz__j:| }_
      //:}:    \  \ー┼:ォ}__,ノ ヽ
.     //./     /'^\*。, ゚。}__X「¨ヽ `、
    { {/     {    \i:} :}┫} .}{ _,,rfニ}┓
    | |:   /: ゙.    /./i:i|.{_/Уi:i:i:i:i:{z}
.   /| |  /  ∧   /./ ̄  └-ミi:i:i:iムハ
   / i|!    /∧/i{/ム ____,,..___ノV:i:i:i:i:i}
.  / _八 ゚。     /〈i:i:i:i:i:i:∧i:|:|i:i:i:i|:|i:}. \i:iノ
 /:   ヽ}     '∧i:i:i:i:i:i:∧|:|i:i:i:i|:|i:|
./:            /∧i:i:i:i:i:i:∧|i:i:i:i|:|i:|

【↑実は船幽霊系の神(ルサルカ)】

「私としては蓮君と一緒なら別に・・・」

210無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:06:06 ID:a9haeB1o0
>>208

               . ´ ̄ ̄ ̄ `  .
             /            //\
          /           ///∧
         . ⊂⊃       ⊂⊃ ///ハ
         レ                  //}
        /   /   i   ヽ   ヽ. //
.        {    {   ¦     }   ∨ ___
       r‐‐ゝ    _ 人 __ 人___ ハ   \
       /    i⌒ヽ     /        }/V⌒ヽ.〉
.     レヘ.ハ八__.)    /       ノ{⌒ヽ
.       /  、     `7´ ̄ ̄   /// ∧
       /    ヽ.    /     ///  .//i
.      {____ >…={.     //厶  .///}
                /´ ̄ ̄ ̄  }}  /リ
                  ん   ___ _ノ_ 彡’
                  {/ ̄

【深海の旧支配者】

「自分水属性とか海神扱いっすけど」

「本来、水で封印されてるだけっすからね?」

211名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:10:00 ID:DYbJ3WjE0
…是非ともお招きしよう(遠い目

212無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:15:11 ID:a9haeB1o0
>>211
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ =     = `ト: /:ノ: : |
                    从   、_,、_,   ムイ´: : 从
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                 /::/:|V V|ヽ::::::\

「問題は海、あんまり無いんだよね・・・」

「TOP-Gだとでっかい水溜りって感じだし」

「管理局宇宙的には交易路は海路じゃなくて宇宙だし」

「・・・宇宙の暗黒ってことで星の海の神としての権能でも後付してみる?」

そっち方向だとアシュレイホライゾンや天照とやや被るが。

213名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:17:52 ID:THeH73Nc0
被るより、でっかり水溜りの神様でいいんじゃないですかね。

214名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:17:53 ID:DYbJ3WjE0
海のない地域の海神…シュールですね

215無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:18:05 ID:a9haeB1o0
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
          ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从   ヤレヤレ
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
              ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
               マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7
                ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/

「もしくは海中心の新しいGとか創世してみる?」

「神をお迎えするために世界一つを神殿として用意するなら敬意としては十分だろうし」

216名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:19:09 ID:THeH73Nc0
海しかないGはよさそう。

217無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:19:24 ID:a9haeB1o0

.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
 /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:}i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:./^\:.:i:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
i:.:.:.:/:.:.:.:/:.:イ.:.:/:.:/― -}イ:./:.:.:}:.:.:.\:.:.:.:.、
|:.:./:.:.:.:.:!:.:..i{:./ィ´    /ィ:.:.:./:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.}:
}ィ:.:.:.:.:.:.|:.:/^\{   ィT示ミl:.:./:.:.:.:.:ト 、:.:.:.:/:
. |:.:|:.:.:.:.ⅣT示j    乂jtり}ィ:.:.:.:.i.:.| }.:.}イ:.:
. |:Λ.:.:.:|:ヘ乂tリ       |:.:.:./:./イ:.:.:.:.:/
. }':.:.i\:{:.:Λ   ′       /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./イ.:
/:.:./:.:.:.\{:.ヘ   、   ,   /:.:.:.:.:/:.:/:.:./:.Λ:
:.:./:イ:.:.:.:./:.:.:.:\     イ:.:.:./イ/=- 、イ }
イ:.:.}/:.:./:.i:.:|:.:.、:>ー へ|:.:.:./     ヽ
.i|:.:.:|:.:.∧:.l:.:l\{\{7′ |:.:/
.}ヘ:.:Ⅳ ヘ{ト{   |:i    }イ        i
  Ⅵ     i   |:|     、
.         、  |:|      ∧         |
.       |   |:':、    /:::ヘ       |
              !:::::\_,/:::::::::i     |
         i   |:::::::::::i:::::::::::::|      |
         |   !:::::::::::::::::::::::::|      |

「ああ、アンデッド生成や竜生成や巨人生成や魚人生成あたりで信者は賄えるから」

「そっちの心配はしなくていいよ」

218名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:21:06 ID:THeH73Nc0
管理局宇宙には、海でリゾートしたい層が結構居るはずだから、海のGは人気が出ると思う。

219名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:23:27 ID:THeH73Nc0
海が無いからこそ、海への憧れというか。
宇宙の海なんて、その辺にありふれてますし。

220無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:28:21 ID:a9haeB1o0
>>213
>>214
>>216
>>218


                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「じゃあトップGを少々改造して」

「クローバー世界の世界法則と、似たようなラムダの法則をトッピング!」

「無限の海原が広がる世界」

「オケアノスGなんて作ってみようか!」

安価↓1 それでいい or 私に良い考えがある

221名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:30:29 ID:THeH73Nc0
それでいい

222名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:32:23 ID:THeH73Nc0
G観光が流行りそうだ>オケアノスG

223無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:40:12 ID:a9haeB1o0
>>221
>>222
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' i -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    i  i.ト ●    ● ! !ノ、i i
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 i
.  /⌒ヽi;!l|ヘ  ゝ._)   j ! /⌒i /
  \ /゙:::゙-~>,、 __, イァ/  /,'
     ゙、:::::::|>,、,、,、,、,、<|{ヘ、_∧
     `゙i ,:::::::::::::::::::::::リヾ::::ノ

「OK!」

 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::::::....... ...::::::::. ......::::::.....:.:
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  |  /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::..... .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...:: ......*.....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
~;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     | .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚~~~゚^ |__/~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'                                 ~^^゚~・,,。,, 。....゚......。..。....
/;;;i;;i;i;i;i;i
;w;w;w;ii
;;i;;i;i;i;i;i

【オケアノスG】

無限に広がる大海原と点在する島のG。

オケアノスGが作成され、一応信者として大量の魚人・竜・鬼・アンデッド・巨人・悪魔が設置されました!

224無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:42:56 ID:a9haeB1o0
                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}.    /j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「魔王とか勇者とか大変ですよね?」

「特に魔王とか世界ごと滅ぼすつもりですよ?」

「でなくてもそちらの世界には敵が多いでしょう」

「御身と信者(かちく)たちを守るためにも」

「こちらへいらっしゃいませんか?」

「勿論あなたを神として信仰する者たちは用意させていただきました!」


足元を見つつ飴をちらつかせて全力で勧誘!

225名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:48:43 ID:THeH73Nc0
win-winな取引だな。

226無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/30(土) 23:50:47 ID:a9haeB1o0
               /《    〃ニニニ/\ニニニニ\
          /ニニヾ=彡ニ{ ̄ ̄ヽヽ \/ヽ>ニ=\
        /ニ乂_ノニニニト\   \_}_/´\ニニヽ
       /ニ/ /ニニニニニニ>--ヘ\〉」 >" /ニニム  _
        // /ニニ=/ __ヽニニニニニ> //〉ニニム/ ./
      /入_/ニ/_ノ_{/   /ノ7/ニニニニム〈_/ニ=ム/
       }  /=/ /=}    / /,ィァ=zxl   ィニニニニ\≧ニニ}  / 〉
      /   / /_}   /   〈川 乂ソ \(ァ=、V⌒Vニヽ}ニ}/ /
     {  入/lニ/  /    } ミ=-    {ソ》 /}  \ニニ/ /
      \     l/ /}    /_/┬- _ ′厶イ/\   \/
        ヽ>  //    /{ { |   / ̄7<ノL_ニ \   \
    > ´   //    ∧{ { |__/_/////∧\ \   \
  /    //    / ィニ≧≦/¬\///////∧__,〉  }    }
 〈    //    /_ ノ′/=/     ヽ///////∧  /l    /    __
 ∧   {_/      // /  ./=7   j  ∧///////∧//   /    ィ圭′
   \ /      l { j   V从   / .:/l ∧\//////\    /   イ圭/
    /       ./八:::',::/ ノ  ヽ:::/-::::::/ )∧   ‐<///\ /  イ圭/

色は同じく青黒。利害対立もなく、協力すれば手に入るメリット、あるいは避けられるデメリットは大きい。

となると交渉は簡単な話であった。

深海の女神の勧誘に成功しました!

スキル
  〇船幽霊:水上を移動でき、水中で不利な影響を受けない。食えない。
  ☆暗黒神:太陽光/月光が薄いほど全能力&回復力上昇。深海でほぼ不死。暗闇を見通せる。
  ☆水魔法:水の元素を自在に操り水や生命に関する事物を支配する。
  ◎平和の海:自身が海にいる間、海で戦闘する者を自動的に沈める。
  〇制限転移:本拠地と神殿限定で状況を観察し本体や分霊を転移させられる。
  ○海流操作:海の状態をある程度自由に設定できる。自然から離れる状態にする程疲れる。
  ○神官作成:敬虔な信者が自らの力を一部再現する。基本的にほぼ自動で修得。
  ○分霊創造:人間体の眷属を複数体作れる。本体も一応人間体を取れる。
  △交易守護:旅人になんとなく守護を与える。信者だとより強い加護になるかもしれない。
  △沈没:視界内の船を沈める。船以外や乗員の半数以上が自分に対して祈る船には無効。


安価↓1 質問・コメントがあれば

227名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:55:38 ID:THeH73Nc0
水魔法が便利なんだよな。
人体のほとんどは水だし、水が無いと生きられないし。

228名無し-Red-市民-2:2017/12/30(土) 23:57:59 ID:jjdaO95o0
カオスフレアのアラドゥスみたいな“それがどんな法則下のどんな場所であろうと海にしてしまう”権能を普通に使えるんじゃないだろうか。
極論、ローマの質量で水魔法使うだけで大抵の宇宙は丸ごと海に沈められるわけだし。

宇宙一つ分の真空をあまねく水に置き換えつつ地球上の文明だけ圧壊させずに守護するとか、
無限大の質量を持った超次元の海を生成して時空連続体を波濤で飲み込むとか、
ローマの資源を手にした神なら普通にやれると思う。

それはそれとしてオケアノスGはあって困るものでもなかろうが。

229無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:04:37 ID:3ZZxUsyg0
>>227
>>228
                             r┐
                              /7ムr―'77―'77―‐z、
                           /_//―{ ̄ ̄ー┴'、_{{ニヽ
                        _八`’_/7'ー-    //  ヽ\
                   r‐=ニ二   ̄ 二二):从: :  ̄`Y   i: : i
                        ̄ ̄77ー'7/´7 ̄: 八: \`ヽハ   |: ::|
                      //   ///: ::/〈ーミヽ斧≧」   |: : \
                       //   //,′: : { : 弋ナ 弋zツ!   |ヽ: ::::\_,
                        //   ///: : : : : : :ハ '_ /i{{   /: : : : ヽ ト、
                    //   //八 ヽ:{: : 从::ヽ、_i{{{{、\ |: ::}: :}: }/
                     /,′ .//   ヽハ込/}Y´  :乂ー  /ノノ:ノレ'
                      /  .//    丿__// ̄ ̄〉ヽ   ,/
                       / |//   /  / `ヽ__〈  \ イ
                  / / /  /   /    }  ヽ   {
                    / / /  { __辷/!   /   \_/
                  i / /    У>、\|、__/       /
                   | / /   └/  〉、\―― 、   /
                    |//       ̄ /_`/ ̄¨7メ\/
                   r―――‐<>'癶_/、_/x/
              r< ̄ ̄ ̄ >―' ̄     || ̄´ヽ{
                   \\_/        _||___ ヽ
                   .-‐” ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_>'´ ̄|| ̄ ミ┤
          .-‐ ’          ∠二      ||___\
    -――― ’             {{――=ミ`ヽ、`^|| ̄ ̄ ミ┐
 /辷二ニニヽ               | ヽ    辷__\||     `\
.〈匕_    `辷二ヽ           \ \  ノ  \`辷二二二ヽ\
  ̄ ̄`ヽ_     `辷ヽ          i\― 、     \}_人_二>/
        `ー、   `辷ヽ           ノ) .\ \    ∨      l/

「水魔法便利だねー・・・ってその発想は無かった!」

「いやそうか、魔力を大量にぶち込めば宇宙を水底に沈めることもできたね」

230無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:05:44 ID:3ZZxUsyg0
     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

「じゃあ海の神誕生を祝して」

「水場特化型のスキルでも組んで見るかお?」

「水場を強制的に作れるなら実用性ありそうだし」

231名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 00:07:16 ID:vRCLXTeg0
神様も知識を学ぶと応用が凄いことになりそう。水銀みたく

232無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:10:05 ID:3ZZxUsyg0
>>231
              -=ニニニイ> - ..
            -=ニニニニニニニ\       丶
         ./ニニニニニニ/ヽニニ≧=- -=≦ニ\
      /ニニト<∧∧/ 」   / /ニニr=zxニニニニ=\
     /ニニト\/ { l V|__//ニニ(¨寺圭≧s。ニニ\
   /ニ二\ 三三>ニニニニニニニニr=zxニ寺圭≧s。∧_
  /ニニ\___/ニニ/⌒ヽ  ヽ ̄\¨寺圭≧s。寺圭≧ニム
  /ニニニ<__/ニニ/ l  ヽ ハ       \   寺圭≧s。/ニ《
  {ニニニニニニニニ/   ハ  V斗┼\ lリ マ    V寺圭≧ }}
.  マニニニニ/⌒マニ{ / l /|ヽゝ l /zzx  lヽl   マ    マニ/\〃
 《》マニニニ{   }=ム l/l __ ヽト乂リ 》/ l   l Vム   \
__\\ニニ}   |マニV /《ヒリ、    / イ / l  Vニ    \
 ̄ ̄>ミヾー┴-- L_/ヽlノ从  __∥_/ / // /  \   ヽ
 // ̄マニ=--- _/ 彡イ>/ | 彡イ////     \   `、
 /     マ/   |  l/-=≦「__〉_l彡=ニニニ>=-     丶   `、
/       /   l /   「 l//////ムニニ/       ヽ  乂l  l
       /   l  / //  ̄ ̄ ヽニニ}::::::::::::::::::::i:::Y    l   ト
       |     |〉 | // i ......:::::::::::::::マニニl::::::::::::::::::/:::从   |   | \
      /    ∥ lム叭  ',:::::::::::::::::/  ヾ/丶 _::/::ノ/∧   |   |   \
     ./   // / /人 ::ヽ:::::::::/          i::{ \/∧  |   | \  `、   ___
    /    //  l////l ` T ¨i´  .:/     ヽ} }   V∧.    |   `、 -=≦ニニム
  ./   /./   {////l  ∧ ヽ            :ハ     V∧ |   |     `、 マニニ/⌒ヽ
/   / ./   {////l   ∧              {∧   ∨}    |    `、 }ニニ{
   ./  /   /l///∥    |/}        ;     l/∧    ヽ. |   |       ∨ニニム_,ィ
 /  /  / /////    ハ/ヽ       i:     l/ ∧    丶  |     ∥ニニニ/
  ./  /  / ///     //           V//∧   __', l       /ニニニ/
. /  /   /////    ∥_ \        ....:::::V///\ /ニニム 〉     /ニニ/
   /   .////∥    /ニニム  、 ィ==-  ::::::::::::V/////{ニニム.    /ニ/
  /    //////==  /ニニ/ム /ニニニニ\:::::/:::Vニニニ>ニ/ム  /=/
. /   / //////ニニ/lニニ//ニ〈ニニニニニム-=≦ニマ//| ヾニニ=/=/
/  //////////ニニ/ ムニ//ニ/ニ\ニニニ/ニニム マニl//|  乂ニヽ⊆=}
. ///////////ニニ/ {//ニニニニlニニ//ニニニム マイ//|   ヾニ(ヽ/
////////////ニニニl//Vニニニニニニ} ⌒ヽニニニニニ\\/|   ./=≧=′
///////////{=l=/=///|ニニニニニニ}////lニニニニニリ//|  /=/
///////////ト=〉{シ/// lニニニニニニ=l////lニニニニニニl//l  /=/
///////////ゝ--くノ//ハニニニニニニl////lニニニニニニl// /=/
////////////≧=////ハニニニニニニj////lニニニニニニl// /=/
///////////////////ハニニニニニl////lニニニニニニl/ /=/


「まあそうだな」

「洪水どころの騒ぎじゃない宇宙規模の水塊とか」

233名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 00:19:59 ID:JKq4BhhI0
>>230
ヴァイキング(アリアンロッドRPG)のスキルあたりが、参考になりそう。

234名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 00:20:44 ID:zi38fptI0
宇宙規模の水はすぐ核融合起こすかな?

235無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:33:26 ID:3ZZxUsyg0
>>234
             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |

「その辺もふくめて」

236無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:34:00 ID:3ZZxUsyg0
>>233
               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/

「持ってないんで教えてくれお!」

237無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:42:18 ID:3ZZxUsyg0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

「とりあえずやる夫が考えたのはこんな感じだおね」

238無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:47:04 ID:3ZZxUsyg0
           ,.ィ-=ヌ
            レi‐-lニ)
           フl/ト、
.          /:::l. /l:::',
.          ム-ァ!i l(゙ヽ
         ,ハノ:::l  l::ヽ.!
         Lィ‐i:l  l::「ヘi
         l:::::l l:l\i:l |::l
          j、::ゝ,}l/l:l(:;/!
          l ヽll::::l  l:ル, l、__ ___,. -ァ‐、
        ,人.くfト、l-=liィフl::::::\::::::::lっ !、
     ,. <:::::::::l`¨オ   にヲ!::::::::::ヽ::::ヽっ ヽ
  ,.ィメ:::::::::::::::::/lヽノl゙ー<ト':::l:::::::::/、`丶ミ‐-
 ヽ-、⌒ヽ::::::/::::!iフノ   トス:::/`丶、 \ ヽ:
  il l>'¨>‐、__::::::ハ(vWゥノ:::ノノ‐、 `ヽ \ ヽ)
  ,.ノ / / /  ノ¨>-:、`ニ:::/:::::::::::\ \ ヽノ::
 ' / / / / /::::::::::::::::ヽ::i´::::::`¨´:::ハ V:::::::
 '´i. i / / /::::::::::::::::::::::::i:l:::::::::::::::::::ノY¨V::::
 :::ミ人i / /:::::::::::::::::::::::::::リ、_;;..k''"i::レ'   ';:::
 :::::::\ヽ、ノ、:::::::::_;;..::''"´l:::::::::::::l::::ノ::/   V

【フーファイターズ】

水及びプランクトンと物質同化した郡体型スタンド。

無数のスタンド化プランクトンが集合して人のような形になっている(アラガミみたいな感じ)

水が動力源となっており、水がある限りスタンド化プランクトンはいくらでも増殖・再生する。

また(フーファイターズに限った話でもないが)人間の体に入り込んで操ったりできる。

ローマ的には油と相性が良い。(ナノマシン郡がプランクトン判定を受けるため)

239無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:49:16 ID:3ZZxUsyg0
    ,,=======、、
,,==''           ``==、、
                   >、
                ::::,/:::::|
>、_______r、<'' ̄  | .||
 _,,-‐'': : : :r、: :ィ>、: :/∧、: :`゙ヽ、. | .||
´: : : : : __lT||::`||:::::ヽ|/:::| |: : : : : ::|ヽ||
: : : : :ィ::::|:::::\||::: ::ヾ::::ト|、: : : : : : ::||
_/:::::ィ‐-ゥ、__::::::: :::::::::::|」::〉、: : : : ::||
7::::::_::`゙─''‐-¨:::::::::::/。`´ヽ\: : :||
: \\ヾ:::ィ、::::ィコ::::::7 :  ,、  コ: ::||
: : : :\l  ̄ : : ̄`‐-、:レ  。:O) ヨ:://
: : : : : : : : : : : : : : : : ヾ O、¨・:::::|//
ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :\_ \_ノ./
、 \: : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄/ /
. \ \: : : : : : : : : : : : : : ://
   \ \イ ̄三三ヽ__//
    `゙‐、__(F─、ノ__/
        `|| | r'
         | | |
         | | |

【クラッシュ】

水から水への瞬間移動するスタンド。

その際、自分だけでなく生物や物体を一緒に移動させることもできる。

240無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:52:01 ID:3ZZxUsyg0
                /lノ  /   /ノノ  /
              /lノ  /  / 7<   /
             ./lノ  /  /,/ノ    /
           ./ lノ  / / >/    /
           //ノ;;;;;,,/ /  7 >   /
          / '''', - └´  フ、l   /
         y/´    ヽノl<´  ./
        /、llァ  , __   lノ´  /
        /`,-、 ヽノノィ  l   /
    ,_____ .lノ ミ ヽ   フ  l  /
 /;;;;;;;;;;;;l  ミ  ヽ_ -´彡ニ /
  ;;;;;;;;;;/ l ミ    ノ,´ノ ./,/
  ;;;;;/ .l 、-、   7/ ./ ̄, ヽ,
  ;;;l   ;;; ヽ、`____,/   ノ;;;;;;; ヽ
  ;;ノ  )  );;;;;;;;;;;;;;;'  ,-´ノlヽ ' :::ヽ、
  :  / /  ;;;;;;''    ‐´ しlノ ::::  .ヽ
  、  .l l ヽ ;;   lヽ、   ノノ     ヽ
  l  lヽ     ノ   ヽ -   )  ,,,-‐- 、
  ヽノ  `‐- ‐ ´ ,‐---‐‐‐‐-´/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  ヽ     /‐  ̄´      /::::::::::::::::;;::::::;;;;;;;;;;ヽ
  ノ     ヽ         /;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;''''''''>- 、
  l::  , ヽ ノ         l;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;;;/// 、 ヽ、
   l:: <           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///  ヽ`ミ  ヽ
   l __)            );;;;;;;;;;;;;;;;;;// /     ヽヘミメ  ヽ
   ´‐-,            ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;l l/        ヘファ
     ´ ヽ、          `   ヽ;;;ノ` ヽ       ヽヘ
         ̄  ‐-               `ヽ
                            ヽ

平行世界へと移動するスタンド。

発動条件は「何かと何かの間に挟まること」であり、

能力射程内で他の物体や生物が条件を満たせば、

遠隔で平行世界へ追放することも可能。

案外面倒な条件だが、「地中」や「水中」なら土や水の間に挟まっていることになるので・・・

241名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 00:55:17 ID:vRCLXTeg0
水中D4Cは確かに強いですね
地上でも雨乞いで雨粒に挟まれますし

242無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:55:19 ID:3ZZxUsyg0
     ____       ヽ v /
   /─  ─\     -(m)-
  /( ●)  (●)\.       ≡
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

「いずれも単体では発動条件が限られて微妙なスタンドだお」

「しかし、水中なら常時発動条件が満たされる!」

「水さえあれば無限に増殖し再生する郡体型スタンドであるフーファイターズに」

「水さえあれば自由自在にテレポートするクラッシュ」

「水ではさんでいれば、自由自在に平行世界移動でき、敵や敵の武器を平行世界に追放することもできるD4C」

「深海神が水場という条件を作れるなら、そして相互に組み合わせれば」

「中々恐ろしいと思わないかお?」

243無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 00:55:52 ID:3ZZxUsyg0
>>241
はい。水でも挟まったら発動条件満たすのは原作でもやってますしね。

244名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 00:57:42 ID:JKq4BhhI0
>>236
こんな感じです。

バイキング:主に斧で戦う海賊職の冒険者。

※主なスキル※
イートザミート:『にく』を喰ってHPを回復し、肉で回復したHPの分だけ次の攻撃のダメージが増える。
ミートディッシュ:『にく』の回復量を増やす。
スイミング:遊泳中の移動力を常に増加。
ウェーブライド:遊泳中専用。波に乗って移動距離を増やし、攻撃力上昇。
スキップジャック:遊泳中専用。水中からトビウオのように飛び上がって攻撃。
ダイビング:遊泳中専用。防御力を上昇する。
ディープダイブ:遊泳中専用。隠密状態になる。
メイルシュトローム:遊泳中専用。大渦のように武器を振り回し、水属性攻撃。
アクアスタンス:自己催眠で、水が無い所でも遊泳状態になれる。
ドロウニング:アクアスタンスを他人に使い、水が無い所でも溺れたような状態にする。

245名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 01:00:58 ID:vRCLXTeg0
悪魔の実能力者には勝ち目は元々無いですが
これだけ揃うと他の戦力も勝ち目が薄いですね
クラッシュでオケアノスGに招待とか楽しそう

246名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 01:04:57 ID:zi38fptI0
水中専用の特技か
魚人空手とか、ブリッツボールとか。

247無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 01:10:36 ID:3ZZxUsyg0
>>244
               ____
             /      \
           / _ノ    ヽ  \
          /   (>)  (<)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/

「ありがとうだお。ふむふむ・・・」

「あ・・・ごめん。これ多分深海の神と相性悪いお」

◎平和の海:自身が海にいる間、海で戦闘する者を自動的に沈める。

「これ海底まで沈むっぽいから」

248無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 01:11:25 ID:3ZZxUsyg0
>>245
       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

「だお!他にも水系ダンジョンにご招待とかも楽しそうだおね!」

249無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 01:12:00 ID:3ZZxUsyg0
>>246

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

「魚人カラテやブリッツボールか・・・アリだおね!」

250名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 01:14:58 ID:JKq4BhhI0
>>247
信者だろうと、海で戦闘してはいけないのかw

251無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 01:16:48 ID:3ZZxUsyg0
>>250
               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j

「信者どころか本人も戦闘意思を持つと容赦なく沈みます」

「沈んでも別に平気ってかホームグラウンドに移動するだけだけどおね」

252名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 01:20:28 ID:waqEF1760
……あれ?
オケアノスGから次元を越えて水を流せば、それに触れた者を自動的にオケアノスGの海に沈められるって事になる?
“海底”の概念がない世界なら無限に沈み続ける事になるよね?

あと、☆暗黒神が無限に潜り続けたらどこまで強化されるのかも気になる。

253無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 01:23:08 ID:3ZZxUsyg0
>>252
      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

「海底の方が強いけど、深ければ深いほど無限に強くなるってわけじゃないおね」

「どっちかというと暗闇であるかどうかが重要だお」

故の暗黒神である。

254無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 01:25:05 ID:3ZZxUsyg0
>>252

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

>オケアノスGから次元を越えて水を流せば、それに触れた者を自動的にオケアノスGの海に沈められるって事になる?

「いや、単純に触れた水の底へと引っ張られるだけだお」

「異世界転移とかそういう能力までついてるわけじゃないおね」

255無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 01:41:35 ID:3ZZxUsyg0
では今日はこの辺で失礼します。
ご参加頂きありがとうございました!おやすみなさい!

256名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 01:46:19 ID:2ITgshXg0
乙でした!

257名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 01:48:00 ID:JKq4BhhI0
おやすみなさい、無茶王様。

258名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 01:50:14 ID:vRCLXTeg0
オツカレサマドスエ

259名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 02:02:55 ID:CxOuNezw0
乙でした!

仮にクローバーがいろんな世界でゲームとして売られたらどんな評判や感想が出るのかが気になるなぁw
実況とかも見てみたいw

260無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 02:13:52 ID:3ZZxUsyg0
>>259
『それは僕も見てみたい』

261名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 08:18:26 ID:Np6dcrBc0
昨夜は乙でした

D4Cは水と水の間はいけるのに空気はダメなのが謎
真空がダメなのは当たり前としても
もしかして思い込み補正でもかかってないか?

そして水中研究が捗る
Gも含めて今までなかっただけに色々応用できそう
ニャル子相手のときみたいに水全部吹っ飛ばすなんて真似をする必要もなくなるな

262無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 10:17:54 ID:3ZZxUsyg0
>>261
思い込み補正です。
海軍研究はよさげですね。


ではコミケ行ってきます!

263名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 10:28:51 ID:2ITgshXg0
いってらしゃいませー

264名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 10:48:06 ID:JKq4BhhI0
いってら~

海軍は戦おうとすると沈むから、潜水艦…も沈むから、海底戦艦一択になりそう。

265名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 10:52:48 ID:Np6dcrBc0
行ってらっしゃい

>>264
逆に考えるんだ、戦わなくても良いさと考えるんだ
水中で盛大に歓迎する、相手は死ぬとか(詭弁

266名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 10:57:20 ID:JKq4BhhI0
そうだ、機雷を撒こう!(機雷設置が戦闘行為にならなければ)

267名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 11:21:24 ID:2ITgshXg0
どう考えても戦闘行為だよ!w

268名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 11:26:14 ID:Np6dcrBc0
機雷を撒くのは戦闘でも機雷そのものには意志がないから沈まないとしたらワンチャン?
個人的には戦わないっていうのは万仙陣のようなものを考えてたけど

269名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 15:28:45 ID:Jx9k46RI0
恋するハート、告白の為に2人きりになるための魔法であって世界改変はおまけに過ぎないの、恋愛民族…ってなる

270無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 16:30:28 ID:3ZZxUsyg0
>>266
>>267
>>268
        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\
  ./ .イ '(●)  (●) \
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |
  .\ ヽ           /

「機雷を撒くのは戦闘行為です」

「敷設艦は沈みます」

「・・・但し、浮かんでる機雷に戦意は無いおね」

「あと機雷を空中から投げ落とす分には沈まないお」

271名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 16:33:49 ID:zi38fptI0
ふと思い出したこと。
宇宙で海と言えばデススパイラルマシーンだよね。

272無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 16:38:27 ID:3ZZxUsyg0
>>269
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ =     = `ト: /:ノ: : |
                    从   、_,、_,   ムイ´: : 从
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                 /::/:|V V|ヽ::::::\

「だがそこは結構重要じゃあないかな?」

「告白のために邪魔な魔王を封印する覇道太極」

「告白のため、という目的・ゴールが決まってるから」

「世界改変だけどまあ覇道神みたいに変な方向にこじらせる心配が無いのさ」

273名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 16:43:15 ID:JKq4BhhI0
とすると、空中から投下した機雷を、水魔法で波をおこして誘導するのが良さげかな。

274無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 16:44:39 ID:3ZZxUsyg0
>>271
『ああ、確かに!』

275無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 17:23:02 ID:3ZZxUsyg0
>>273

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「そうだね」

「波というか水流だろうけど」

なお、機雷を撒いても戦闘艦は水底なので

通商破壊(無差別)にしかなりませんw

276名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 18:49:57 ID:JKq4BhhI0
戦闘艦は沈むから、逆説的に機雷に引っかからないのかw

277名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 19:06:15 ID:2ITgshXg0
ヘッジホッグみたいに沈んでいって接触したら爆発するタイプの機雷を航空機から投下すればいいのかな?
と思ったけど海底につくまでに時間かかり過ぎるから海底を走る魚雷キャリアーみたいなのを思いついた

278名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 19:21:14 ID:zi38fptI0
海底でも動けるズゴックみたいなので歩いて行ってぶち壊そう。
ズゴックって何mまで潜れたか知らないけど。

279無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 20:49:42 ID:3ZZxUsyg0
              、
              l:::!
              l:::l
              |:::!
              j:::|
               |::::l
              ノ -` ─ - 、
           /::::::::::::::::::::::::::::`::.、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::.、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
         i::::::::::::::::::::( ` 、:::::::::::::::::::::::::::::::::l
          !:::::::::::::::::::::ヽ、 !::::::::::::::::::::::::::::::::i
          l::::::::::::::::::::_, 、´::::::::::::::::::::::::::::::::::〉─ - . . _
         _, -::'::` ‐ 、(   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::`..ヽ
     ,..::´::::::::::::::::::::::::::ヽ    ` -、::::::::::::::::::/─- - - - -‐ ' ´
   /::::::::::::::::::::::::_:: ‐'´`' -、   ヽ::::::::::::/
   (:::::::::::_:::: - ´::...:::::::::::.:   `>‐- ` -'
   `' ´     ',::::::...     /
              ',:::::::::....  /
             ',:::::::.  /
             ',::::::: /
             ',::::../
              ',::/
             !::ヽ
             〉:::::\
              /:::::::::::::` -、
            ノ:::::::::::::::::::::::::`::::::.-...、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>
        ,  ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::- '´
      r '´::::::::::::::::::::::::::::::_:::. - ´
      `── -  '' 

なお捕食のための攻撃は例外扱いされるそうなので、

シャチなどの野生生物有利。

280無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 20:51:05 ID:3ZZxUsyg0
>>276
『うんw』

281名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 20:54:06 ID:vRCLXTeg0
おかえり無茶王
うん?アラガミスターの捕食ならOKなのか

282無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 20:58:43 ID:3ZZxUsyg0
ただいまです!

283無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 20:59:43 ID:3ZZxUsyg0
>>281
『ただいま!』

『多分そう>アラガミスターの捕食』

284名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:04:05 ID:JKq4BhhI0
…カルデアは狂気山脈に在ったのか!

285無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 21:08:03 ID:3ZZxUsyg0
>>284
『よくわからないけど』

『フォーリナーとか抱えてる時点で別に驚かない件』

『本来おかしい台詞のはずなんだけど』

286名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:17:43 ID:JKq4BhhI0
fgoネタバレですが、

『南極大陸にある魔術的に存在を隠された山脈』の高度6000mの山腹に建てられていたので。

287名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:20:09 ID:vRCLXTeg0
フォーリナーの宝具やばすぎというか存在自体がヤバイですよねw
デモベの一流魔道書の精霊をサーヴァントにして無限の心臓を埋め込んだようなもんだし
千里眼とか俯瞰視点みたいな認識拡大された時点で多元世界終了のお知らせ

288名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:25:01 ID:Np6dcrBc0
FGOやってないからわからんけどそんなヤバイのか
抑止力仕事しろ

289名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:28:27 ID:JKq4BhhI0
FGOの特異点は元々抑止力はあまり仕事してくれないんですが、

1.5部の亜種特異点は、空想の世界だったり異世界だったり、抑止力が存在しない場所じゃなかったかと。

290無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 21:36:07 ID:3ZZxUsyg0
>>288
>>289
   /l// --‐ィ_
   _|r゙ `´ ''  <
.  `|‐- -‐7  ≧
   |廿 廿 L /
   人_ -_ 9)´
   、'´ナ弌 ヽ
    /|=[二]=(o〉
   〈/ /_ | ヽ
   /_/ .ハ |_,,イ
    `´ `´

抑止力「お待たせ!」

抑止力「抑止の守護者(周囲のものを無差別に何もかも破壊する水爆か何か)しかなかったけど良いかな?」

291無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 21:37:24 ID:3ZZxUsyg0
>>286
『Oh・・・・』

292名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:38:43 ID:vRCLXTeg0
エミヤオルタとか一応抑止力いるんだけど
多分敵のビーストが「人類に対する絶対殺害権」である獣の権能を持ってるから
抑止力が効きにくいんだよね

293無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 21:42:25 ID:3ZZxUsyg0
>>287
>>288

   > ―===ー-ミ、
<´           > 、
                ヽ、
             il     ハ
.. i    l   /li    .li     .ハ
. il __l_  / il    .il   il li .ハ
´l ̄l /i ̄/ヽli    , -li-- 、li il .ハ
. il i/ .l ./ /l.il .li  ハ从. \ li  .ハ
./l .z伝ミ.从il./ ..,il ./z伝ミ、li 从  ハ
rイ.γ::::ハ . il / li .γ::::ハ 从/     ハ
{{  .{:::l::l::} !l./ 从::/{::::!:!::} }}.   .il ハ
iト、 乂!:lノ il ./リ i / 乂!:lノ リ.!:::li .li  ハ
il   `¨´ .li.// ./  `¨´ //.li .il .il  .ハ
从     / ,      . ,./:il ::il   il ハ
ヾ、              ././:li :::  .ト、li il
从ヽ.    `ー__一´   /::ハ ::::.il .! V ::li
Viュ 、            /ミx `V ハ l V::.il
..V ::::::`≧x  __ . x≦´:::::::::::》、 Vi lil  V:li
 リ`><::_:::::::::::::::::::_:::>< 7  li ソ  V
` ヽ 、   `¨¨¨¨´  _, / .   l
ミ、  ` ー   一 ´  .〈
 ` ヽ、       , '´  ..\
`ヽ、         , ´   ...\
     ヽ - =彡´./   ...  ヘ

『自律稼動する銀の鍵』

『ようするにヨグソトースの化身みたいなもんだからねえ・・・』

294無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 21:43:32 ID:3ZZxUsyg0
>>289

           ミz-―  ̄ `ム、_
        ,ィチァ,イ/,l li li、ム l,i`ミ‐、
         ´〃イ/l.l lilVlli.|li.Ⅶl|l li.l lilム
        ,州州 l.|.|l! Vilil ヾ!_マ!州.州l
.         ,リイ州l li|ノ    `ヽ Ⅵ|州l
       〃 ,リ|lトl ●    ●  リ州ミ〉
.           'Ⅶl⊃ 、_,、_, ⊂⊃i|ル'
        /⌒ヽ.__ヘ        j. /⌒i
      \ /o,oヽ>,、 __, イァ///o/
.        ////ハ//イ=+Yr=チ{///o/
       `ヽ/ハ/////,○'//i!////

『まあただ間接的な仕事はしてるよ?』

『あんだけの英霊が何の理由もなく集まると思う?』

295名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:47:19 ID:JKq4BhhI0
抑止力「内部に抑止力が働かないなら、外から送り込んだれ!」

…こうか。

296名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 21:51:01 ID:vRCLXTeg0
>>293
ウルム・アト・タウィルと同質と考えると…おおもう
そんなコイツの育ての親は「うちの姪は世界一可愛い」になって偉業を台無しにした模様w
いい子に育って良かった…!(世界的な意味で)

297無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 21:51:28 ID:3ZZxUsyg0
>>295
『そうそう』

『もしくはぐだ子ちゃんが抑止力の代行者なのさ』

298名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 22:52:59 ID:JKq4BhhI0
>>291
一応、亜種特異点の解説をしておくと

亜種特異点I「悪性隔絶魔境 新宿」 …巨大な壁によってあらゆる交通・通信が遮断された新宿。既に人理から切り離されていたため、ここが滅んでも人理に影響ない。

亜種特異点II「伝承地底世界 アガルタ」 …聖杯で強化された固有結界。

亜種特異点III亜種並行世界「屍山血河舞台 下総国」 …並行世界。正確には「他の惑星意志から観測した地球の別歴史」

亜種特異点IV「禁忌降臨庭園 セイレム」 …隔絶空間。人類からの観測を遮断したうえで、銀の鍵を通じてヨグ=ソトースそのものに観測させる、という荒業で、人理の及ばない空間にした。

299名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 23:15:54 ID:vRCLXTeg0
ついでに「屍山血河舞台 下総国」は魔神柱に関係なく起こったので
この事件だけはこのスレでも起こりうるはず、ローマだと普通に介入簡単だけどw

300無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:27:39 ID:3ZZxUsyg0
>>299

                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「まあ人類救済とか言い始めて変なことされるよりはマシだね」

「少なくとも黒の僕としては理解しやすい動機だし」

注:なお、黒の敵は黒と赤である。

301無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:28:33 ID:3ZZxUsyg0
>>296
『良い子(ヨグソトース付)』

『エンネアか何かかな?』

302無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:29:22 ID:3ZZxUsyg0
>>298
『新宿はよくわかる。すげーよくわかる』

『他が・・・』

303無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:32:41 ID:3ZZxUsyg0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ or ドラマ:魔王と勇者とクローバー or 育成描写

304名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 23:34:35 ID:vRCLXTeg0
技術描写

305無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:35:29 ID:3ZZxUsyg0
キメラアント研究(念能力・グルメG・武術):オーラ砲

306無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:37:35 ID:3ZZxUsyg0
                                     ___
                                   r-〆´   `ヽ、 __
                                     rУ´/ ,    < ̄`ヽ
                                〈∧ / / / / /!i 、ヽ
                                〈{ V _、/〃,/ 川 l|
                              _tY/// 心く/ //Lリ !
                             rーこフ7 '/ `¨′ ィタフイル′
                               ´ ̄フ_,.イ 小、 ‐- ' `イ〃
                           ___  ´ _|i辻‐`ー-</ ,/リ
                              // ̄`^{ |! ̄ ̄]_,ゞ///  ̄ヽ
                        f´ 〈   /_コ_―…'ゝt/´   }.  `、
                          ',    //    `ヽ.   Y  / `丶 ヘ
                         〉.  f'{         ヽ_ V      ,. ´
                              }  |人     ィ´  `ヽ/  /
                              / i |! `r‐ '^´ ノ、  /{ //f
                        ,′| || j   /  i´丨|  /丨
                            ハ  ! _广だュ―- ....ノ-r' l  /  !
                       ノ¦ / ヽ.込廴,.-- .___.⊥l / 'ノ i
                      / !./  :广 ¬       ム / l
                    ,. -―-、  }  ;′  |      _ノ,.ヘ  |
                       i′  / ヽ′ l      |    /.> ヽ._,.ヘ
                   |    /   .} j     |.  / r' / ヽ. ヘ
             .ヘ.      l   /   //´      >'>′ ヽ    `ン
           、くヽ. ヽ.    |   /   /7     ,ヘ.冫 ヽ / `ヽ./ヘ
               ヽ\ ヘ  f'´ ̄`ヽ./ /   _,.ィ/ く  /\  _, -'´  ヘ
            `、  、ヘ ,√フ冖、/ /¦  /ムフ  /ヽ.__ , -'´      ヘ
      __,,.   -―¬ / { ,nnn亠‐ ¨¨ ̄ __,{  /    /|
    ̄     _V.ノ ,小-‐¬ヘしi-!ヘ-ァ¬T¨ ̄V刀≧ュ=イ |
         ̄   ∧`ヽ 丨ヽ :|フr'^¨`_/¦    i  ̄´     l  |
        -―    ̄!  〉| /ー- //  !          l  ¬ 、

約束された勝利の剣(エクスカリバー)。

Fateシリーズの原点にして頂点。

いかにも宝具という感じのかっこいい宝具である。

307無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:39:04 ID:3ZZxUsyg0

                             斗、,ヘ
                         /⌒Y /  `ヽ        _,,..='''"~´
                   斗≦ ̄//    `ヽ   \_,,..-'''"~´_,,..-一='''"~´
              斗孑 f/;;;;;;}  /     ノ乂. ヘ    ハ'''"~´
      _,, 斗孑≦´// レ /ゝ=´ / 、_,,..'''"´   >ハ    ノ
斗孑 f「  ムマ圭/ Ⅵ,//..,,_ {;゙=〈 <, ='''"~``''= / リ  /ヽ
`ヽⅣ f´   ムマⅣ イ/< _.ィ´ r=- > 、    ,<r-- ´    }ヽ
     炸淤i if ィイ/ 会 斗~``''=ー-一='''"´~``¨¨  ゝ~```'' =、| ヽ
!垈 }会 斗孑゙ ¨ ´                      V, < >=- ヽ
¨´                                   V _.ィ´; ; ; ; ; ヽノ
                                 V; ; ; ; ; ; ; ; ; ∧_
                                    乂; > ´    `ヽ
                                    /   _ _ _  ヘ
                 ,ィ            _,..- 、 {,..-一- 、.,`ヽ: : ≧ヘ
                //_,,.._.ィ´/_,,..- 、 /     ヘ..≦; ; ; ; ≧ヽヽ: : :/
              / /    /''"~/_.ィ´`ヽ-‐- 、 ハ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ハヘノ
            ∧f ,f        _.ィ´  l; ヽ ヽ  ヘ  }; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ハf
             N f l    /        l; ; ; ;ヘ ヘ ハ }; ; ; ; ; ; ;r<¨´
            }{   l  /     _.ィ´ ,/l; ; ;| ヘ`ヽ ハ}; ; ; ; ; ;/
            {ヘ   l /    _.ィ´   ,/ |/  ヘ  ヽハ; ; ; <
            Y`ヽ!/ィ´'"´'"´/       |     〉  .ヽ´
             l        ‐-、>.、  ,ノ   ,/     ヽ
              }\  _,..-ー≦  }  }/`ヽ/  > -‐ ≧ ゝ、
              エェ   ニエ;jノ  ゝ /  /   /   _,,..-  ≧ 、
              ゝ/        f¨´ハ /   /    .ィ´=<     `ヽ
               \- 一  /ゝニ゙/   /   .ィ´<             ハ
                 `ヽ _ / { ; ; ; /    f  ,f'/               ハ
                       { ; ; f   {  /       /        .ハ
                          { ; ;f   {         /            .}
                            { ; l   .V                > ヽ
                            V    V              /   /ヽ

・・・とはいえ必ずしも最強の宝具ではない。

実質初回作であるステイナイトからして、

乖離剣エアには押し負けているし・・・

308無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:40:19 ID:3ZZxUsyg0

                          _,
\                    ,. ,、 //,
:.ノ'\                    、 /.∨.∨.:/ー―ァ
\メ〈\,.               |∨.: /;:'/.:;ィ.::=ー--.、_,
  ヘ'::./'\_           _ノ:.i::.ヾ∨ィ';;、::._;:_:::.ー、: :<´
   \;:::/:ヘ、        ,ィ:ゞ/`7/゙'"|:! _ヾ.!゙ミ、.:ヾ.、:.\
    `゙\人::ゝ‐'.ニi、    ,'/´〈,、i/、/ノ',∠_`リ、ミ、、::.ヾ.::.<`
        .>/ /´,ゝ‐`‐、 '   、_`゙,ゞ、'メ亠'`'  ゙ミ、::`ヽ、::.\
    ィ'´  ゝ-/_ノ7´ ̄〕   ! ̄i 、       `'´ハヾ、厂`
   ,.ノi! / ̄`ヽメ,.ゝ-‐⌒)   ! 7ニ=-‐'     r')゙ノ√`
  ,イl: :ゞ、、     " ,、イ´\,   ', ´ >      ィ┬'/
../. :ゞ、、:: ::ヾゝー― '  \:::::|l\ ヘ.        ..イ|:゚|Y'\_
'.:,へ::_ニ/´    ____\ゞ:=\,ヽ⌒` ̄:'´ / ^´.ト、丿ト、
//.:ー-::/    // / `>\::`:入i :: :::.. .. _/__| ヘ':.ヾ\_
/.: : : : /    ,:'´ / / / ,ゝ'´ ̄二lj 、::: :: ::| ,__メ´/ ̄/   ̄\
.: : : : / __<´i  / / /__/,ィ=´.:ィニメ,ィ===`ー、 /.// /   rr‐┐ヽ
:: : ;イ'´.: : : \\i i /.: : : : : :ヾ、'_'======ヘ/'//o  ,ィ¨;|ゝ ノ!,┴、
:: //.: : : : : : : :\゚/.: : : : : : : ::,'/i´: : : : : : : : : : : : :∨__ /i ー !  .! r‐ i
://.: : : : : : : : : ::/::..: : : : : :...:::ノ'.;'.: : : : : : : : : : : : :::::``ヽ、 `/^i   |   .| ゝ ヘ.,ゝ⌒>
! i:: : : : : : : :,=-ァ::ー――::、‐":: ゝ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::/.:::::::::/ |  |   !   ヽ /
 ̄ ̄ ̄ ̄´  ,′::.. : : : :.:.:;':': : : : : ヾ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::.../  .!  ゙i!  ヘ   Y
       ィ-、::..:.:.:.:.:.:.:.;'ハ、:.:.: : : : :::.\::::::::::::::::::ノ!:::::::::::|  l!  i!   |!   }
      /:::) 〉: : : : : :〃: :ヾ、:.:.:.:.:::::イ":::ー:::‐::':::l!::;ィ=ゝ!  |   |   |!   ,′
       ///: : : .:::/': : : : : :ヾ::,-==、.:.:.::::::::::::::イ/.:イ{. |  .!、   !、   |  ,′
    ,.ヘ /:.:::.:.:.:.::ノト、:.: : : : .:i´r'´.: : :ヾ、.::::::::::: :レ.: |、\ 、  、     `  ,′
   _ノ.:/ 〉.: : : : :; '"´ヾ::.:.:.::::::::| i: : : : .::::ヾ、.:::: ,ノ!:: ::ヘゝ、ヽ¨_ー' ヽ-' 、__ノ\,
 メ-`.' <:.:.:.:.:.:.:.i!: : : : : : .:.:.:._| |:.:.:::::::::::::i l゙/  l::.:._;:>>ヾ.ー===‐ヘ´:.ノ:.\、
´.: ,ヘ'/.:.:.:.:.:.:.':.`::.: : : .::::::| r―-、ヽ.:.:.:.:/´   ゞ、-‐'´.: : :ー‐ァ'"´  `\.::‐='メ、
:::<  ` ` ヽ 、:: : :::::::::r―‐' .|: : : .::ヾ、/       ゝ---‐'´ ̄       \人(゙\

またゲイボルグの因果逆転のような特殊な能力を宿しているわけでもない。

309無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:41:13 ID:3ZZxUsyg0
          _,,..、
        ゝ 、 ``'、ヽ<ヽ´ ヽ´ヽ'ゝ,___,>--、
   ___,,..........- ` 、 ,' ヽ {~`~`´`~ ,,.ゝ 、..,,:::::::::::`; }!
二二--ィ::::::::´ } {_.ィ<>}'''"~ !;:、    /  ,ィ´  `> 、`´
---ー‐辷ココニ-一宀ノ  ,`!!、j >-,i'   {   ./   > 、
 ̄" ̄       .ィ´ / ,i'ヾ-<  `>,!  i   ,ィi    `>=ー-、..,
         < 、..,,__,,./!  ` 、 、   .、`>、   !   ,ィi´     .ィ´、.,_
          ``''ー-- '   --辷ョ心心  `>、   i{     .ィ´:::::::::::::::ヽ
            `ー-=ッ====宀宀ミ:::::ヘlヌ}、..,,_ ̄ ̄``> 、.,i'::::::::::::::::::::::::::}i
              。s≦::::::::::::::::::::....;::::::,´:::::;,ヽ` 、      ` 、::::::::::::::::::::r'
           _.ィ´:::::::::::::::::::::::::、..,,_ゝヽ:::,    ヽ ヽ      .` 、:::::::::::.ノ
         _.ィ´::::::::::/  ,,..-='''"´i:::;:::;, ;: ;: ヽ  , ヽ       `、:::::/
       ´  / / ,..:::: ´,:::´ノノ:::; :;::;::;  ;::.  ;: ;:、 },       ヽ.'
.        /::::::/ ,:::::::::::::, '//::::::::::;:::  ;: :; ; ; ; ; ; )'i,        Y
       ./ィi:::::::; ,..::::::::::::/::::::::::::::::::::;ィ ';  //  ; ; ; ; ;: }        i
        ./:::::::, /::::::::://,'::::,r':::::::/::; :;::ノィ´  ; : : : :!/         ,!
       /:::::::;/::::./:::::::ノ /::::::::::::;:::,:; '':::;:::;:::, ; /; ; ;;';:/ヽ       /
   、..,,_  ''.ィ´ィ::.//ィ_∨/::::/,::///::::;ノ/./ /!'ノ ノ,` 、`ヽ    ./
、`ー‐┘ ~``''=-、.!/!ヽゝj}/ィ /::/ィ´ソ//.ィ´/_.ィ´ィ/ i:::::::ヽ ヽ  /
          /  ヘ `´  ,' '  ` ̄ノ;::::::;_ィ´ィ;_.ィ'   ゝ、:::::.ヽヽノ'
             l,  ,i      ,.ィ:::::.ィ´ノ ./      ヽ>--<
              !、 ゝ     ´´ '  //       ´ ´    ヽ
             ! ヽ 、- _、    //                 ヽ
             !  .! ヽ   _.ィ´ <                _,,..-一=ヽ
``''=--、..,,_      /∨ ∨::::' '"´:::::::};`i ヽ                     ヽ
   -一=''´    /   ∨.∨,:::::!ヽ、:::::{ i _,∨                     'i
      ``''、.,__/     >,  .i,:::.!  ` ´ ./                       i
.        /     //i ヽ ゝ::!     /                        .i
        ´ ヽ   //i.l  /ゝゝ !   ./                         |
           ヽ< i:i l /   !ゝヽ /                          .i
             `ヾ∨   .}, ヽ i                           .i
               ゝゝ,_ i' ゝ ヽ!                           .i
                > マ、.,_ヽ i 7,===ュ、                      .!
             , <´:::::::l  `>'::i    ヾ≧ュ、                ,--<
           ,.,ィi::::::::::::::::::::i ,r' ,--ゝ、      ヾ≧ュ、            /
´``''=- 、    _.ィ:::::::::::::::::::::::;;;;;;!,'  i    > 、       ``''=-、..,,     ./
      `''=、´:::::::_,,.-='''"~,--< ̄`ヽ      > 、       / ~``''=ー<
         >´   >i ヽ,i    ヽ        > 、  ノ´
       _.ィ´       i   ヽ     ヽ         ヾ/

それでもなお、エクスカリバーは星を救う聖剣と讃えられる。

それはなぜだろうか?

310名無し-Red-市民-2:2017/12/31(日) 23:43:59 ID:vRCLXTeg0
純粋なパワー武器だから
大欲界天狗道のようなただただ純粋な天井知らずの火力武器

311無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:54:46 ID:3ZZxUsyg0
>>310
>ー、"ー、,,_"''、,,   \  \//////////>、,_"'-,"'-,_,'",、ー.,、
'",~"'ーー'"~ \ '∨     ム///////<、"'-、,_"'-"-/////////)
/ ,/  , .、    ∧ .∨"'-、    \/////////>、  ̄"'-、,_/////"'-、,
,./  ./  〉  ∨ ∧ | :::::∨     >、////////"'ーー'"///////////ム、
〈 / ,r-'__ヘ'"<>ム_| .::::::∨ ::::... :::...\//////////////////////////ム
';ト、〈>'/" ̄_ ̄_>::::::::::∨::::::::. :::::::::..\////////////////////>////ハ
   >イ~ゝー"'ー、ーー<:::::∨::::::::::::::::::::::. ∨/////////////////,、(、",ス〈 ,-',"、"
  _,、-'" ̄     ,7">、,>-ト、:::::::::::::::::::::.. ∨////////////>ソ/ゝ>",.イ.ハ∨'",ソ,、_,-_- ____
          / ム    >、,,_ >、,,_:::::::::::..  ∨//____>ー'"/'イ,  _∨/ム</ _,、-'"~  ,、-'"~
       _,、'""'-、,ヘ   ::::::::::::::::>、.,_>、.,_  "'┐_,、"|  |//'〉、"'-=>/////ム _,、-' __,、-'"
_   _,、-'"~     "''\   :::::::::::::::: ">、.,_>、|,_  .| _,イ// "'>、_ ///////|> _,、ー-<,_
 "''" /  _____ \   :::::::::::: :::::::::::::">、.,_>、.,_| ,ノ  ス |  ̄/_,,、-'"~ ー'"__'"_  _">
,,/} ./  _,、'" ̄   __, ̄ >ー====_ーーー'""_,>、.,_><"_,、ー'"シ<__,<ノム__'" ̄_ ̄≧ー.,_
/ |/    _,、-'" ̄-ー'" ̄ ̄∨ ∨::::.    ̄ ̄ ̄〈  _∨ム>、.,_>、.,_ハ  "'-、,,,_,、-'"<  _,>  _、 _- _
ー、,_ _,、-'",、-'"~        .∨ :::::::::::    _,、;}=/≦_ _)//">、.,_>、.,_∨////>-、,_<_"'>7"/\ ̄ア_
 >'"、-'"~  _      、  ,ム___ _,、;'" ̄  ,/ ー、,_'" >ソ〈≦,//">、.,_>、.,_///ーフ///,ス/<'"/_/、,

然り!質量の桁が違えば相性などに意味はない!

レベルを上げて物理で殴ればよい!

特殊な能力など持たずとも、天井知らずのパワーがあればそれだけで十分強いのだ!

312無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:57:09 ID:3ZZxUsyg0

            __,,.. .-‐''' " '''- .._                    r‐‐┐
          , -'"         、 丶"'-、                く,勹|
         /,   l  l    l   A i ヽヽ ヽ                く_ノ
        / / ∧ `ト、  -r' ノーl l 丿 lヾ丶        r‐‐┐     __n_  
       ヽ_ヽ/二≡≡----≡≡≡≡ヲ  l ''、 l       く,勹|    フ 厶 
       / /゙゙゙/: , .: :ヽ    /: :,、: : i /   l.ヾ,l ヽヽ     く_ノ    └イ_ト′
        / l  l: :.U: : :l    l: : :U: : , / ,:: l::l''、 l i i     __n_  
     / , ii  ヽ: _:_::ノ    ヽ::_:_:.ノ/ /::: l l゙゙,,l .i i     フ 厶 
    ∠_/_ ll⊂⊃         ⊂'_/::/ / /゙゙/  .i i    └イ_ト′
 , -'"、、  ̄/ ;ヽ      ∧    ` ̄ 7 / /∠、  i i
 ヾ、く\>ーヽ;;;;` _____.-‐‐T~'__/≡'´ ソ  / /
   \゙', 'ーt、〃、__,t‐´7〃、、7〃、,-└-..__)_)_,/  '
  l l     l ヽ、__ーi ̄i::;;;:i--k'      、ii
  l l    l __  ∥'--└‐┘-l      ヾ、
  l l    l ヾ_ミト、 lト、  〃ノ二ヲ     ゝ、
.  l l    l  \ノミミ、 ゙i.i ' 〃/l ̄/   _,.。 ヒ´_i
   ヽヽ   ヽ /し_,、ヾ、=='彡、_トr∧ ̄/、  リ
    ヽ丶___, ∠==/_i_i゙´_ド゙゙>、 〉、',゙ ヽ'   ̄
      ゝー'  └ーメ´_l `  \_l

かつてあらゆる魔力を吸収し、神霊さえも食い殺したセファールも、

エクスカリバーのゴリラの如き単純な馬鹿力には膝を屈したのだ!

レベルを上げて物理で殴ればよい!

質量弾の如き単純極まりない力任せの攻撃であるからこそ、

逆に対応しにくいものなのだ!

313無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/12/31(日) 23:57:59 ID:3ZZxUsyg0

       V洲州州州州州州州州州州州州州州V         !
        |洲州州∧洲リ洲iマi!i州ト州iマi!i州州州/          |
        |洲州洲| V洲リ洲iマi!iト洲 州マ|州州州          .|
        |洲州洲  .V洲リ洲州 マ洲州iマ州州/|          .!
        |洲洲州 `ヽV洲リル マ', _メ洲リ | 州洲州          .!
        |洲从州  _マ洲リ| `く /`V  | レ 州V!          |
        |洲', ,乂三ミ>ゝマ从  ィ彡三三く 州/|          .!
        |州 ´〃/::::::ヽ`  ヾ` ´/´:::::ヽ ヾ/ 州|          .!
       从从.《 ⌒)::::|.      ⌒)::::::i ||| 州∧         |
       从ヘ从ゝ ゝ::ノ       ゝ::::::ノ 彡/´/∧         .!
      /|>ニ,ゝ       |         //―个、        |
      ノ //レ/|ヘ,        !         /イヘゝ ゝ、_ __ <´
`― <´ヽ´  / |:::ヘ、   ,____,     X:::::| |   イ ´
      ヽ イ |:::::::ヘ,   ヽ、:.:.:.:.:/   イ:::::::/ .h
       仆 V::::::| ヾ、   `~~~´  // |:::::/  /八
      イ三ヘ ゝ:::|  `> 、__ <´ / .!::/  /三八
    イ三三三  ゞゝ           ´  レ´ /三三八

『さて、今年もありがとう!』

『そして良いお年を!』

314名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 00:02:18 ID:cgT.FRaY0
あけましておめでとう!

315名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 00:02:57 ID:SxM1XxW.0
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします、無茶王

316無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:04:31 ID:Vw3Z4rBE0

                       , -
                     ,ィ≦zzzzzzz- 、
                ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
                   ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
              ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
              l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
             l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
             ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
             イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
             ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!
               州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
               ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
                r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
           ,fニ三 `マ7777=zz,、_``ヽ_
          ,イ//////ニヽ////////,] l ,、,!
         ル///////ニニ',////////| !.ハ|
         ///////i/ニニマ////////i(⌒)ミ,、_
         }///イニニニニハ//////////77///ハ
         r'//ー=ニ三∠///////////////}/イ
       /ニニ二三ミ//////////////////イ/}
       i´=ニ二三ミミ///////////////(⌒)/ニ |
     ,r'‐-=ニ三ミミ/ ∨/////////////7/ニニ,|
    /      ヽヌ   ∨/////////////ニニニ|
  /  ,-- ‐    ',    ////////////,イ ニニニ,'
  ′-‐´|  ,     , \. ////////// -=ニ三三〈
      l. ハ l、  l\ \//////////∧三三ニl
     ,' | .| l ヘ ',/`-////////////∧三ニニl
     L.ノ .| l  ヘ_.'////////////////∧三三l
        .し' ,イ///////////////////∧三ニl

『あけましておめでとうございます!』

『今年も宜しくお願いします!』

317無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:05:56 ID:Vw3Z4rBE0

>>314
>>315

           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^~ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『うん!あけましておめでとう!』

『今年もローマを宜しく!』

『やっぱ新年はこうじゃないと締まらないね(日本人並感』

318名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 00:10:10 ID:mffM1K7IC
明けましておめでとうございます

お年玉は(大人にとっては)悪い文化

319無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:10:17 ID:Vw3Z4rBE0
                  ,x===>弋_
                ≦洲州从州州州从,`
             ー彡州从从弋ハ寸州州从、
             'フ州州レ!マ从ゝ イ三ヽ州州州
             イイ州从'ィト、  仗リ ' 州州从
            /7 い州从仗 l     ' レ' )ン/"
            レ' V 从从  ',ー 、   ィテ不
               |  ' へ、 ヽノ  ノ |__
               ヽ    > 、-< イ二ー弌___
                    _r弌}< ≦三シ三/三三|
                   弌  | |三レ'三シ'三三三i!            rー―⊃
                   ,八L」<シ三三V三三三三―、      r≦/ ` ̄>-、
                 ,,<三三0三三三三|三三> ==ヘ     /γ j ー _ ―ミ⊇
               fハ三三三三三三三三三/ <> __ム   /Vi  ゝ、__二二⊇
    r=v         }川三三三三三三三三/ <> /三_ン  /三三><ハ
_⊆ヲ /  レヘ       イ川三三0三三三三三マ    く三三シ /三三三8< ̄
ーニ__/三八_      从リ三三三三三三三三マ、/:::::ヽ三/レ'三三三/
     |三三三>、,ー/三/三三三三三三三V   "   ヽ三三三シ"
     L三三三三Y三三ト三三0三三三三∨        ゝ三三シ
        `寸三/三三V三三三三三三三/
          寸三三V三三三三三三三|

『では投下に戻ろうか』

320無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:11:19 ID:Vw3Z4rBE0
>>318
『あけましておめでとう!』

『子供に金の使い方を教えないと危ないじゃないか(交易民族並感』

321名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 00:13:04 ID:oKS6pLhw0
あけましておめでとうございます。
ホライゾンの王賜剣は収斂進化と。

322無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:16:11 ID:Vw3Z4rBE0

                                   ヽ.ィ'"'゙"´ヽ.
                       ,,,               ,イ     ∧
                   /.:|    __/|__,、.      ,ノ川儿州ミミ
                 ,/|\/  |   _r匕>'´─  ̄>ー,ァ─fハャァ、ェ/)》、_
               | |  \. |┬'´  ,、___,.ヘ、 `X´    |ヽー.ノ! 〃弋ヽ.
               ,ノ,ノ.   |/ノ ̄ ̄      ``''┴、  /':lliiiilll:''》/  ` `ヽ.
              斤∠二,  <               |`ヽ、 `i´ くノ .rく   \
           _ノ゙卜、_屮'´               }乂≫、.i   ノヽ ノ§`ヽ。o∞、
         ,.イ手=,≠'´                   ` 、.:⌒个⌒、__r ,ヘ。o∽∽o。
      ,.イ气戈㌣                           〉ノ + ヽ. 〈 i彡o∽o-'´
    ,.イ屯屮"                         /\ノ i )//ヘ.    ゚o
   ,ァ仁>'´                             /\. \_/ ./ヘ.   ゚∽o。.
 イ;>'´                            /\. \人人/ ./ヘ.   ,。o・゚
                                    / ./ ̄{ ∫ ,} ̄|  ,ヘo∽゚
                                /  |▼▼ji ‡ |▼1o∽・'ヘ.
                                  /   .|   | ♪,o∽'!     ヘ.
                              /    |  ,。o∽'゚ │.│     ヘ.
                           ,。o∽∽∽∽・゚  |!   | ̄
                         ,。o∽・゚       .:..: .:: ;`⌒´
                  ,。o∽∽∽・・'゚
  ゚・∽∽∽∽∽∽∽・・'゚

・・・そして、アラヤやガイアなどの抑止力側、あるいは管理者側にとっては制御しやすく比較的安全な力でもある。

たとえば世界を分かつ乖離剣。

世界を創る時にはそりゃあ役に立ったのだろうが、

世界が既に出来上がった今となっては基本的に世界に仇為す災害に他ならない。

かといって無理やりその力を封印してしまえば、その真価を発揮できず抑止力として中途半端なものになる。

また、そもそも使い手がちゃんと世界を守るために振るってくれるという保障もない。

良くも悪くも使い手である英雄王に似た、有用ではあるが危険だし制御と加減が効かない力なのだ。

323無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:23:29 ID:Vw3Z4rBE0

                                 /
                                  /     /
                                   /     /> ´ ̄ ̄`  ー<¨ ヽ
                              /     /  l  /          \}ーミ
                               /     / ヽl/            \ ト、
                                /     /─Kr─…‥… ー<⌒ヽ  V ハ
                                 /     /  | {          \    v }
                            /     /  从 丶           \    ∨ヘ
                             /     /      丶 \             \  ,ハ }
                              /     / 从  |   \}           |\ \ |/
                               /     / l |ハ |            |  ⌒7丶
                          /     / ! |   |   |   \    |  |   / リ ` 、
                           /      ∧ ∧ | 八|   |\  \   |\|  /∨    \
                            /      ,小气≧z<     |  \_ 斗rfテアハj丶 イ
                       /     / | 代  夊ぃメ  | イ  夊ンj/ |  \|
                        /     / 乂从  ¨¨´  \j    ¨¨´    |    |\
                         /      /   | 人       ::           ,r‐j   |  ` 、
                     //ハ   /-=≦|   丶      ´       /| /  / |     \
                /| ̄ ̄|  ////|  /-----|    |\   - _一     / j/]  / l
              |  |    |  //7//  /二ニニ从   |--`ト。      イ≦| 「=| /} ∧
              |  |    | .//7// ,/ニニニニニニハ   |ニニニニ≧===≦ニニニ| |ニj/=| /
              |  [    レフ ,〈.///ニニニニニニニリ,ル刈ニニニニニ|| ニニニニニ∧Vニニj/ニニニ=-
            -─  !   /  Ⅹ,/  /ニニニニニニニ/  、 寸ニニニノ儿 ニニニニニニ=- -=ニニニニニニ=-
       /             {i {》 ,/  /ニニニニニニY 〉 ヽ ヽ  ` - _ ∨ニニニニニニニニ=-  -=ニニニニ=-

だがエクスカリバーは違う!

単純に魔力を力任せに叩きつける武器なので、

供給する魔力量を調節すれば、威力も容易に細かく調節可能なのだ!

強すぎず、弱すぎず、世界を脅かす脅威に対して必要な力を必要なだけ込めてたたきつけることができる!

たとえ使い手が英雄王やロンゴミニアドのように世界に反旗を翻したとしても、

魔力供給を断ってしまえば被害は最小限で済む。

(ロンゴミニアドも、神霊化してもなお持っていたのが剣ならばあのような暴走はしなかったかもしれない!)

実に安全で、制御がしやすく、そして何より小回りが利いて便利だろう?

324名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 00:26:52 ID:cgT.FRaY0
まさしく星を救う聖剣ですね
単純な魔力用のホースでしょうがホースは便利で実に使いやすい

325無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:29:23 ID:Vw3Z4rBE0
          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

『そうだね!』

『単純なホースみたいなもんだけど、そこが良い訳だ!』

『必要量の水をぶっかけられるし、かつ余計なものまで水浸しにしないように調整できるからね!』

326無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:29:35 ID:Vw3Z4rBE0
訂正

>>324
          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

『そうだね!』

『単純なホースみたいなもんだけど、そこが良い訳だ!』

『必要量の水をぶっかけられるし、かつ余計なものまで水浸しにしないように調整できるからね!』

327無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:33:49 ID:Vw3Z4rBE0
   ヽl   ,、 l/
  〃")' ~´ヘヘ)"ヽ            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  !( ソノ八)ヽ) ソ           ;;;''''
    ヾl.゚ ヮ゚ノ!.    )) 卩__ ,.';;''
o=====U===∩====[]コ[i(●==冫
    ./ソ、j、iヾ.   ))  |ノ ̄ ̄ ヽ;,,
    .~(ノ!_j~´             ''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

そしてこの優れた単純さには少なくとももう一つ利点がある。

・・・型月以外の技術体系でも大体同じことができるという点だ。

例えばミッド式魔術師の砲撃魔法、ディバインシューターやスターライトブレイカーは、

本質的には魔力を集めて叩きつけるというエクスカリバーと極めて近い原理で動いている。

328無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:37:48 ID:Vw3Z4rBE0
              _, -─-ュ               __
          , -‐y'":::::...    `>v'才ゞ´ __z--‐'":.:/
         /::..           `ヽ ヾ ̄ ̄: : : : :-=z─'"
       / ー=          .:::ヘ .:\ヽ、: : ー-y-‐'"
        /,ィ´ ::ヲ  \.:  \ 、 ..::',  .:∧ゞー‐'" .:`ー──-- 、__
    /⌒i   ゞヘ.  .:ヽ ヾ ヽ>≠‐- i”`ヽ、 .:::\ ー=ニ二__ ー-`ゞ
    ,/~^| i .|:: ヤ从 .:::ヽ、イ´Ⅳ-‐-、ヘ',   `ヽ、 .:`ヾ  `ー- 、 ̄`ヾ、     ___,,
  /: : : : |. l .|zx'"丁`入ヘ ィ行i::::!:',ゞ-\    .\_y-‐===‐- 、 ̄`リ _, ィ'"  /
.∠ノ!__/!__ノ .:l  | ィ云弍ゞ ヾ .´!ヾLソ:::} | iル:\  .// ̄ ̄ `¨ヾ レ'"       /
    / / ::i. ',  {∧:Y::j:::',   弋乂,ノ.ノ <─‐-ゝ/ /__/\__',oヽ    /
    / ,' .:| .:ヘ 入乂ソ:::ノ     ` ̄  / \  .{ { \   ..:::: / .} }_, イ´
.   i l  .::ハ.::ハ iヘ`ー'"   ` _,  /ゞ、 ,>、| i.  / ..:::::::::::〈  i .| ̄ ̄‘`ゝ
    | .| .:::l ', .:',人 > , _  ̄  ,,イ__,x-=z-、二ヽ、ヽ/., イ~\__ゝ /人_>'"___
    ゞ从ヾ', λ.::', \ 入≦ ̄:::::y'"  yヘ-‐ゝ-‐'"ヲ_ `ー──'"¨入 ` ̄>: : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー───‐-y
      ` ヘ弋\ヾ  ヽy=x'" ̄´  `ヽ 二二x-イ .|`┬‐┬'" ̄: : `ー‐'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/
        x=─‐>`ゞ´:::::ヽ   λ   `ー-、 ゞヘ  |: :トーイ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::> ´
     _y" <´::::::::::::::::::::> }_ イ∨`ー'" ̄l´      i: :|_l_| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::>´
   , <:::::::::::::::::::::::::>"/_`ー" ̄{⌒} ̄ ̄`ゝi ∧.   ,' :.[___]_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :> ´
 /::::::::::::::::::::::> ´: : :Y:::::::, イ´/ ̄`入::::::::::|/::::',  ./: : .|:.:.:.:.| :`ー-’、_ー‐-、__ >-‐'"´
〈:::::::_z--‐'": : : : : : : |::::く  /   ヘ \::::|:::::::::レ/: : :.|:.:.:.:.| : : : : : : : : :  ̄ゝ、____.,
: : ̄: : : : : : : : : : : :/ : :{:::::::`く   _ト-‐'":/::::::::::::/: : : .|:.:.:.:.| : : : : : : : : : : : : : : :._yz-'"
: : : : : : : : : : : : :.: /: : : λ:::::::::`ー'"::::::::::::::/:::::::::::::入: : : |.:.:.:.:| : : : : : : : : : : :> ´
: : : : : : : : : : : :./; : : : :.|::';:::::::::::::::l::::::::::::::;{:::::::::::::´| `ー|:.:.:.:.|、__, > ´ ̄
: : : : : : : : : .//: : : : : :|:::',:::::::::::::l:::::::::::::::;|::::::::::::::|i   |i:.:.:.:|
: : : : : : >´./: : : : : :_! :::i::::::::::::l::::::::::::::::;|:::::::::::::|:|   |i:.:.:.:|
ー─'"  ∠_> ´ ̄  `〉:l::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::|:ヘ   |i:.:.:.:|
              /::::l::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::|:: ::\,':.:.:.:j
         _ >-/:::::::/:::::::::::∧:::::::::::::::|:::::__,,xz::.:::,'.:.:.:.イ=、
     _, イ´  /::::::::::/:::::::::::/ ヽ::::::::r'" ̄   /::.:/.:.:.:.:,'  \
.  , イ´      ./:::::::::::/::::::::::::/   ヽ:::λ     }::./.:.:.:.:/::ヽ   \
/        /:::::::::::´::::::::::::/      \:〉    |:/.:.:.:.:/:::::::::\   ヽ、


・・・余談だが、プリズマイリヤの魔力砲撃も極めて単純に魔力を叩きつけるだけのものだ(そのため抗魔力を無視できる。まあ本質的にはセファールの魔力吸収をエクスカリバーがスルーできるのと同じ理屈だろう)。

魔力障壁等も単純に魔力を固めて盾にしているだけのようだし、

リリカルなのはとは「魔法少女」という肩書きだけでなく扱っている技術体系も割りと近しいらしい。

329名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 00:42:00 ID:cgT.FRaY0
屁理屈を捏ねる手段では純粋な質量を覆すのは無理ってことですよね
駄々捏ねても重いものは持ち上がらない

330無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:44:00 ID:Vw3Z4rBE0
                 /゚    。
                / .  ゚
           , '    。  ・
` ー  _   -  '   ゜
。       .      。  ゚
    :     。
゚             .
  ヾ冖フ  ヾス
   [ ,]   [ ]     、_ノ、_人_人_人_人_人_人_人_人_ノ、_人_人_人_人_人人_人_
   |. i /l,ィ .!     ノ
.   !  }.r`'j7 !    _) 地球のみんな、オラにちょっとだけ元気を分けてくれ!
   ! `、亠 {     ヽ
    } _l _,l_,j      '^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^
    ヽシ_,-i {
     /`´~バ}
.   /   j !
    ∧ '"/`,イ
   ! ヽ'/l_  j
  / \,/ }\,!
  .ァ、ヽィ  <`-イ
.  |. `iT.   ヽ j
  \ll'    `'


そして他の技術体系で似たようなことができるということは、

別にエネルギーを魔力に限る必要もない。

・・・例えばドラゴンボールのかめはめ波や元気玉は、

エクスカリバーやSLBと同様の攻撃ではなかろうか?

331無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:46:47 ID:Vw3Z4rBE0
>>329
『はい。』

『BALLSと宇宙魔女の戦いは、近代軍と投石で戦う原始人の戦いにたとえられましたが』

『原始人が投げる石が山脈になれば近代軍でもどうしようもないです』

332無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:57:03 ID:Vw3Z4rBE0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/

「というわけで際限なくいくらでもオーラをつぎ込める放出系能力を作ってくれお!」

333名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 00:59:25 ID:DzWyD4zs0
光魔の杖は正義なのだ

334無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 00:59:29 ID:Vw3Z4rBE0
     --r⌒7⌒入
    /:::::|―(::,<>⌒ヽ
   入_ ノ-、 - 二 _ `)
  (::::Y^ { / , -<ヽ片リノ
  ノニ┴,三-'(└'  lrレ
 ( /::<rf!_、    /||\, へ
 ヽ(:::::::入  ‐::^ / jV::::::::;ィ^ヽ
       T --rイ/::Uく:::::::{ r、\
       || 入/::::/__  ):::', ヽ))ヽ
       イ「 / /- 、) />⌒ヽ   |
      / U /;:-(_ ノ, くヽ  人ニJ
     /l ,、―/乙く^Y `{  レへ:::ヽ |
    / (   lテて:::::く:::) ̄ r ⌒}::Y
    /  ー‐ヘ少辷く r'⌒ ̄   ノ:/
   /  |:::::::::  ゝ-- へ::';__//
   /  {:::::::::::::::l  (      )
  /   `ー‐イ-- ⌒⌒ヽ‐---┘
  /     {         {
 {     ∧        {
/^ヽ、 _ノ}          ハ

「・・・一応言われたとおりのものはできたが」

「意味あるのかこれ?」

「際限なく注ぎ込めば全オーラを消耗する羽目になるし」

「かといって加減すれば普通の念弾と大差ないぞ?」

・ オーラ砲
原作において具現化と放出を別々の人が担当することで火力をあげていたものを研究してみる
オーラ無限も可能なローマならパワードスーツから戦艦まで、エンジン出力で威力が決まる兵器に無限大を即入れれるようになれるかなと
判定:ようするにオーラを無限につぎ込んで性能アップということでいいだろうか?それなら可能
前提:念能力

335名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 01:00:57 ID:DzWyD4zs0
オーラ無限は用意できるし、加減も出来れば使いようはあるのだ

336名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 01:01:57 ID:Sc.5tgy.0
X=9^9^9^9^9^9^9^9の火の玉!みたいな

337名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 01:02:26 ID:cgT.FRaY0
単純な物は応用が効くのだ(オーラを無限に用意しながら)

338無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 01:03:54 ID:Vw3Z4rBE0
            __
          /  ヽ \
         /     ヽ  ヽ
        / |l  く\  ヽ /ヽl
        |  \/二二二ヽ i
        |  //       ||
        ヽ_ i| |,,,____||
         [~| ヾ'''ノ-ヾ''ソ|
          L|  ||    ||/
           |\ L == j/|
         ,--||  \皿/ ヽ_
    /|   /il  | ヽ  /   / ゝ          __
  / l /i| ヾ,,    ~  ,,,,// ~~^ヽ,,_、   // /
 / /~i~~⊂⊃⊂~ι==~~~~~⊂⊃⊂⊃ /⊃ヾ //|/
 | | |⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂/⊂ /// /
 | | |⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃|⊃ | |/C|//

           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

「まあ僕らはこういうこともできるからね」

佐々木王は一連次ゴールドエクスペリエンスを発動した!

無限(過小表現)の生命力(オーラ)がポップした!

339無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 01:06:21 ID:Vw3Z4rBE0
>>335
>>336
>>337
                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: ;ムィ⌒ヽニー、 ./ . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  i_,_,_,_,ニf' ´ . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , <l        ! . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´!     l. . . . /:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄i       !. . /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ,ィ ´ ̄ ヽ/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!  ゝ-=―‐ ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   し-=== i ∨:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}    ./j:/i. i:i . l   イ_ ,==_    ∨:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  / ゝ二__,ィ ハ_:!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ././://ー':.:i /:.:.:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

「そうそう!オーラは無限にあるし加減もできるからね!」

「念弾くらいならメモリの心配もないし」

340無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 01:14:27 ID:Vw3Z4rBE0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「というわけで単純ながら使いやすい」

「そもそも戦闘力を上下できる時点で中々のものだろう」

安価↓1 質問・コメントがあれば

341名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 01:19:44 ID:cgT.FRaY0
正にシンプルイズベストな技ですね
力押しなのに調節も効いて実にワザマエ!

342無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 01:21:25 ID:Vw3Z4rBE0
>>341
                       . ‐―‐‐ .
                   . : ´: : : : : : : : : : : : : : : :` : . .
               /.: .: .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
.            /. : : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         . .: : : : : : : :i: : : : : : : : : : :イ: : : : : : : : : : : : : :丶
         /: : : : : : :/: : ! : : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : : : : : : : : ,
          /: : : : : : :/.: :/|:. : : : : : : .:/ .!:.:.:i: : : : : : : : : : : : : : :,
.        /: : : : : : : : :_厶|i : : : : : : / 斗 :十 -:. :. : : : .: .: .:i : : :.
      //: :!: : : :´「 /  |l : : : : : /   ハ:.:.| ヽ:i : : : : : : : : | : : :|
       /イ : :| : : : : |/   八 : : : : ′    Ⅵ 从 : : : :|: : : .:| : : :|
.     / |: :i:| : : : : ァ圻示ミx : : :i    x圻示ミャ : : : ,: : : : :| : : :|
       | :从 : : : 《 ir{:...:} i ハ ヘ:|     ir{:. .:} i 》.: .:/ : : : : : : : :
.         Ⅵ:ハ i:. :.{ 込....ソ   }     込.....ソハ : / : : : : : : : :/
        /: : : ハ{`:. \       ,           ノ:イ : : : : /: : : ′
       ノイ.: : :八 :.                    /. .: .: .:/).:.:.i|
.      / : / : : 个:.                   / : : : : /ィ: : :八
.     .'.: イ: : : : :k人     丶     '    / : : : : ∧ : : : : ハ
     |/ | : : : : |///>             / : : : : //,: : : : : : :|
     { 八 : i、:从////>        ィ7 :/ : ///,: : : : : : :l
.          ハ { \: }/∧////>  </∠ノイ ア:イ///, : : ハ.:/
         ヽ }ヘ{ Ⅵハ//」    /////ア イ/イ.: :/ ノ'
                  「 ハ   厂 ヽ   ̄㍉ ノ' //
                    ムイ  l /   廴___ ,,圦 ノ'
.       ,.....-‐:::::::―::::::く::::\   j/    x<::::>::::::―::::::‐-.....、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\  x<::::>::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

「だね!」

「レベルを上げて物理で殴れば良い!レベルも調節できればさらによしだ!」

なお、レールガンの利点もこの辺にあったり。

343無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 01:56:17 ID:Vw3Z4rBE0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ or ドラマ:魔王と勇者とクローバー or 育成描写

344名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 01:57:45 ID:r1FvB05s0
スカウト描写

345名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 01:58:33 ID:r1FvB05s0
あけましておめでとうございます!

346無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 01:59:37 ID:Vw3Z4rBE0
>>345
あけましておめでとう!

347無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 02:00:13 ID:Vw3Z4rBE0
【スカウト】 【スカウト】
護国概念人材登用(国内から登用): 護国概念人材登用(国内から登用):ロレンス …蛮族文明出身の賢者。元勲で活躍してるから正式採用で。 済み
コーディネイト人材製造(遺伝子改造で人材を作る): コーディネイト人材製造(遺伝子改造で人材を作る):美雲・ギンヌメール(マクロスΔ)
過負荷人材登用(過負荷の人材を球磨ーが拾ってくる): 過負荷人材登用(過負荷の人材を球磨ーが拾ってくる):竜ヶ峰帝人(デュラララ!!)…非日常に憧れを抱く男子高校生。“どのような状況下であっても限りなく『普通の人間』である”という異常性を持っており、ダラーズの(掲示板)管理人として使えばいい囮になれそう。
機械聖典(他文明からの拉致・改造・洗脳): 機械聖典(他文明からの拉致・改造・洗脳):檀 黎斗 (仮面ライダーエグゼイド)…バグスター化したゲームデザイナー兼プログラマー兼科学者。何をするか分からないうえに、能力だけは優秀なので、油を注いで首輪をつけておきたい。
なろう(なろう小説のキャラをスカウト): なろう(なろう小説のキャラをスカウト):ロバート(ノーライフ・ライフ)&エマーリオ スカウト中
カルデアのマスター(ぐだ子ちゃんのコミュ力で英霊等をスカウトする): カルデアのマスター(ぐだ子ちゃんのコミュ力で英霊等をスカウトする):獅子王(FGO) 済み
静風の日暮(スパイスカウト枠): 静風の日暮(スパイスカウト枠):結崎ひよの(スパイラル~推理の絆)…色々な極秘情報に詳しい新聞部の女子高生、のふりをした女性スパイ(「結崎ひよの」も偽名)。ダラーズの『情報屋』として使うと便利なはず。 済み
鬼の下僕、墨目(死体を復活させてスカウトする): 鬼の下僕、墨目(死体を復活させてスカウトする):シャドームーン(仮面ライダーBLACK) …最終回でBLACKに倒された遺体を回収。シャドームーンの身体を放置すると創世王に憑依されたレッドシャドームーンなどになるので。ローマがショッカー的な秘密組織を作る時に幹部役としてつかうと見栄えがいいかも。 済み
ミッドTVスカウト(ミッド人をアイドルとしてスカウトする。): ミッドTVスカウト(ミッド人をアイドルとしてスカウトする。):フレイア・ヴィオン(マクロスΔ)
メイズスター(ボウケンジャーをスカウトする): メイズスター(ボウケンジャーをスカウトする):ボンドルド(メイドインアビス)…マッド研究者系のボウケンジャー
ステータスマジック(能力鑑定): ステータスマジック(能力鑑定): 準備中
神堕とす忌むべき左手(万物の鑑定と魔改造。応用で技術窃盗もできる): 神堕とす忌むべき左手(万物の鑑定と魔改造。応用で技術窃盗もできる): 準備中
実物提示教育(情報から人材を具現化してスカウトする): 実物提示教育(情報から人材を具現化してスカウトする): 準備中
蟲惑的な吸血鬼(人材を吸血鬼化して洗脳する): 蟲惑的な吸血鬼(人材を吸血鬼化して洗脳する): 準備中
赤の多元生物闘技場(ボウケンジャーをスカウトする): 赤の多元生物闘技場(ボウケンジャーをスカウトする): 準備中
ホビホビの実(対象者を玩具化して洗脳して情報抹消する): 準備中

348無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 02:01:42 ID:Vw3Z4rBE0
メイズスター(ボウケンジャーをスカウトする): メイズスター(ボウケンジャーをスカウトする):ボンドルド(メイドインアビス)…マッド研究者系のボウケンジャー

349名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 02:06:30 ID:r1FvB05s0
色は、青黒緑かな>ボ卿
手段選ばないし。

350名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 02:06:46 ID:US9gffdI0
女神が泣きかねないマッドが来たか……!

351名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 02:08:22 ID:US9gffdI0
>>349
あくまで世界の為(本気)だから白は入ってると思う。
それにボウケンジャー的な赤も入りそう

352無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 02:22:59 ID:Vw3Z4rBE0
>>349
>>351
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「メインカラーは間違いなく青マッド」

「白と赤が入るかが微妙なところかな?」

「一応人類文明の発展とかは青単でも描く願いだし」

353無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 02:23:39 ID:Vw3Z4rBE0
>>350
                      r  /      \ \
                 __ -=ゞ (        ) )
              <  /      ヽ      /
           イ    /         `ヽ
         /     / /::::::/  :::::::\ \
       イ      / /::::::/     :::::::ヽ::ヽ
__ イ        /  /:::::::/     | :::::::::|::::..
 ̄==_       /  /  / ...::::   リ  ::::::::|::::::|
     /      ハ  |  / .::::/   /|  :::::::|::::::|
    。    |   ハ=V |  リ .:::::/ /|::/  i  ::::::::|::::::|
    |    |   | V ハ    /~イ ~ /   ::::::|::::::|
    |    |   |二ヾ\  /__   / /   ::::|:::::::|
    ノ  |   ..|  V ̄~ゝ \  ==ミy//   ::::::|:::::::|
  / /V  |   ゝ    \     イ/  /:::ハ:::::::|
イ==イハ V  |  \   ’     イ/    /::::::ハ::::ハ
    / , V  |\> r~ ̄~ - ,   /    /::::::::::::ハ\ハ
   / /  V    \  ヽ _ / / /  //::::|::::::::::|  \     \
  イ ./   |  \   \    <  /   /::::ハ  ハ         ハ
_>イ    |   \ ::::::|’≦::::: | ::/   /::::::/ /  ハ       / /
   | /   | ハ  ∧  |+++V:/   /:::::::イ/ー--v、 >   < /
  / (   / /ゝV  ∧~ \    Y  /:::::|/       Y     /

「鏡、見ようか」

354無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 02:30:13 ID:Vw3Z4rBE0
                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

「多元宇宙を見渡せばもはや珍しい話ではなく」

「また研究班諸君が、いや、僕らも含めたローマ人全体がそういうものではあるが」

「一応確認しておこうか」

「SCP財団のブライト博士は知ってるかい?」

「あるいはフォーセリアの灰色の魔女を」

355無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 02:51:41 ID:Vw3Z4rBE0

      , ,、'" ̄ ̄`゙ー‐- 、
  -=ニ;;:::::::::::ヽ;;::/ヽ;‐-;;:::::::::ヽ、
    /::::/ヽ、:::l::::::l:::::::::::::ヽ:::::i::ヽ
    /:::/::::::::::::八:::;::::::i::::::::::::ヽ|::::|
    /::::|::::::::i/‐-,リi::::::i::::::::::::::|:|::::|
    ̄V|::::::::iァェ, i:::人::::::::::::|:|::::|
     |::::::::i  / レ'  i::ハ::::/:|::::|
     !ハ::::ト、丶___ リ jツ:::|::::|
      |::::|::ヽ、`ー'  イ::::::|::::|
      |::::|::::|::`t-‐  .|:::::::|::::|
      |::::|::::|::::::|ニエエ|:::::::|::::|

【灰色の魔女 代理AAプレシア】

灰色の魔女の魔女を殺した者は、灰色の魔女の精神に憑依され、「次の灰色の魔女」になる。

「殺す」という条件を知っていれば回避は容易だが、

からくりがわからなければ中々恐ろしい。

そしてこの性質ゆえに、灰色の魔女は人間の肉体や魂の寿命を超えて存在しつづける不滅の存在である。

356無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 02:58:37 ID:Vw3Z4rBE0
      /    /  ,/  ∨   ヽ丶::::: Y )
     ノ   /  .// , ./ハ∧_.|._、     ヘ:::  ハソ
     |  /!  i/   iリ人。o 。i ハ  i 、 \ |::::|
.     ヽ i .i   |  i |i.|>≧  ノ i .| i  ヽ  ヽ:::|
      \i i リ .|.  ソiヤ{tfソ}ヾ/!::::i / i   | 、|::|
        ヽ、|ヘ .|/:Ⅳ`'~  |/::/ノ| i.  ノ ノ.|::|
           `丿i  :ゝ. 、  :::|ハノ ノ .ノ /:ソ::|  ___
 _,,,===--―='"/ ...::::ヽ ー, .::,,=-┘"''ー、/:::| ̄  :::::::::::.`
/        ./ ....::::::::::::, ヘ"´::::::::|_ _ _.〈::ヽ::::::|   :::::::::::.:::.|
:::::::::::::::::\  〈 i .ヽ.:::::_::/.ノ   .ヽ 、yヘ  .ヘ::ヘ:::::|、  :::::::::::::/
\::::::::::: , ヘ  .| `、 ヘ,´ |/ 、rー-/.  〉\.  \!:::| 〉、 ::::::::::::/
、:::\//  _ソ :::::ヽ ( 〈 〈ハλソ   ζソ .\  |/ソ/ :::::::::::::i
 //、::ノ´   :::::::i ) \ゝ  ノ  ∧:ノ .\/ヘ::::::::::::::::::::i
// , ヽi::.  ...::::::::::iノ  、  ,    / i:::::....   丶::::::::::::::::\

その本体は頭に被っているサークレットであり、

灰色の魔女としての記憶や人格や技能と言ったものがこのサークレットに記録されている。

そしてサークレットを被ったものは灰色の魔女の記憶と力を手に入れる代わりに、

サークレットに宿る人格に支配されて灰色の魔女そのものになってしまうのだ。

殺害によって憑依が成立するのは、このサークレットが加害者の頭に瞬間移動して勝手に被さるからであり、

殺さずとも被ってしまえば憑依は成立する。

裏返すと、殺さずにサークレットを外したりすれば無力化は可能だ。

・・・愚か者がサークレットを被らない限りは。

故にサークレットが破壊されない限りはカーラは不死である。

カーラの本体であるこのサークレットは一種のマジックアイテム、あるいは呪いのアイテムと呼ぶべきものだろう。

あるいは・・・SCP財団ならばscipと呼ぶかもしれない。

357無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 03:12:45 ID:Vw3Z4rBE0
        ゝ、 ゝ、__,,.. ___,,__          ノ  r'^
          `ゝ、_,,__,,____,,__`~^~^~^~^   ,〈
                    `^~^~^ヽ,  rァァ{
                     __,フ〈LL〈_
                   </l/l/l/l/l/l/l/l/l>
               </l/ >‐‐=ニ二二二ニ=‐‐</l/>
             /l/l>'^´ `フ   (_O_)    { `'<l/l \
.           /l/l/ / ̄(O) <  ̄/ ハ く ̄/(_O)rァ \l/l/丶,
           //l/l/   ,」rく   | rァ-‐=ニニニ=‐-ミ フ  _   \l/l∧
.          /l/l /_(O)  ,二./(⌒):.:.:.:.:.:.:.:.\O゚ヽ,〔___,/L ___ ∨l ∧
         //l//  ,/\ < /O/:.:.:.::./ ̄\:.:(⌒)ハ___(_O_)フ ,∨l ∧
.        /l/l /  く  -‐'{,/。 o/:.:.:.:.:/: : : : : : |:.:.: ∨゚∧/ / ̄\  ∨l ∧
       //l/l | ̄(_O_)-‐ |O。|:.:.:./: : : : : : : |:.:.:._,|Oo,|. \___/ /,|/l/l∧
        |l/l/l |/   }\/|゚o。 |\/: : : : : : : : |/: , o゚o|>(_O_)く l/l/l/|
        |l/l/l | <  ̄/   |。O|: : : : : : : : : : : : : /.O'゚,     〈V,l/l/l/l |
        |l/l/l |_(O) r‐,∧ (⌒): : : : : : : : : :(⌒)゚o,/∧ く ̄\ハ/l/l/l/l|
        |l/l/l l / /__ 7‘,O。o〕iト  ___/o。O/└ '(_O_)-,/l/l/l/l ′
        ∨l/l∧′/   / ∧\゚Oo゚0。゚O。Oo。゚O/| 「 ̄\ 「 //l/l/l /
.         ∨l/l∧/ー‐(O) ┴‐ ≧=‐‐---‐‐=≦ |L  | l/l/l/l/l/
          ∨l/l∧ ̄ ̄| r―‐┘L/   r‐ァ / ̄(_C_)─‐//l/l/ /
          、/l/l\ :| |__(_O_) /\(_O_)  / / ̄/l/l/l/l/,
              \l/l/〕iト   r‐-、. 〈.    〉 ,L / / ,//l/l/l/l/
              \/l/l/l/l〕iト . \\// ̄ >'^´/l/l/l//
               `'</l/l/l/l/≧=‐--‐=≦/l/l/l/l/>'^´
                    `'</l/l/l/l/l/l/l/l/l/l >'^´
                   ≧=‐‐---‐‐=≦

【SCP-963 - Immortality (不死の首飾り)】


そして実際、SCP財団が管理(?)している異常な物体の中にも似たような代物がある。

SCP-963 - Immortality (不死の首飾り)だ。

但し・・・もっと性質の悪いものだが。

カーラのサークレットが乗っ取れる人間は、サークレットを被っている人間一人だけだ。

だが、不死の首飾りは違う。乗っ取った人間が「増える」のだ!

不死の首飾りに触れた人間は不死の首飾りの持ち主・・・ブライト博士の人格に憑依される。

そう「触れただけで」だ。頭にかけない限り無害なカーラのサークレットよりもこの時点でヤバイ。

まあこの段階ではまだマシだ。首飾りを取り上げれば憑依は解ける。(どうも持ち主の人格はどの道消えてしまうようだが)

しかし一ヶ月ほど経つと、首飾りを取り上げた後もブライト博士の人格が残り続け、ブライト博士の人格的なコピーになってしまうのである!

そしてコピーが出来た後も、首飾りの効力はそのままだ。無限にブライド博士のコピーを増やすことができるのである!

358無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 03:24:19 ID:Vw3Z4rBE0
       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |
  \               /

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /


故にブライト博士はカーラ以上に死なないし、増え続ける。

そう・・・ローマ人がシステムユグドラシルで分体を増やし続けるように!

まあ危険な物を扱う研究者としてはある意味便利だろう?

実際ブライト博士はDクラス職員(財団で使い捨ての労働力や人体実験用に消費される死刑囚)を指して「残機」とか呼んでいるようだし。

まあブライト博士本人としては本当は死にたいらしいが、きっちり死ぬためには研究を進めなければならず、研究を進めるためにはとりあえず誰かを乗っ取って「生きる」必要があるのだ。皮肉な話である。

359無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 03:32:42 ID:Vw3Z4rBE0
                        ┏━┓
                        _ -┻━┻-  _
                     /:i:i:-‐=∩=‐-:i:i:i:\
                       ..:i:i:i/:i:i:i:i:l} {l:i:i:i:i:i:i\:i:i:.
                     /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:l} {l:i:i:i:i:i:i:i:i:iV∧
                       /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:il} {l:i:i:i:i:i:i:i:i:i: V∧
                 .:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il} {l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:
                 /}:i:i/〉´ ̄ ̄ ̄} { ̄ ̄ ̄\/:i:i:i{\
               {/}:/:::::{ ::::::::::::::::::l} {l:::::::::::::::::::::V、:八:ハ
               ∨∧:::::::l :::::::::::::::::l} {l:::::::::::::::::::::l:::/://
                     \∨::::l ::::::::::::::::l} {l::::::::::::::::::::l::,':゛/
                       `∨:::l::::::::::::::::l} {l:::::::::::::::::::l::' ゛
                    }V::\ :::::::: l} {l:::::::::::::/ ∧
                  /::::\::::\ :: l} {l:::::::/:::/ ∧
                  /:√\:\::::\l} {l:/:::/:::::/::/\
                _ ‐ .::::::√ ::: \:\____/:::::/::: {::::::::::::...
          _ 7//:::::::::::::::√\:::::::\_____/ ::::::: {::::::::::::::::::}//i:....
        _ ///:::::///::::::::::::::::√:::::::\ ::::::::::::::::::::::::::::::::: /{:::::::::::::::::::'//,::::::::'//, _
  _ ‐ :::::::///:::::///:::::::::::::::: √:::::::::::: \______/::::::{::::::::::::::::::::'//,::::::: '//,::::::::::......
 /:::::::::::::::///:::::///:::::::::::::::::::::{\:::::::::::::::::V//////,V ::::::::: {:::::::::::::::::::::'//,:::::::: '//,::::::::::::::::\

【ボンドルド】

さて・・・メイドインアビスの読者ならお気づきのことだろう。

ブライト博士の境遇は、ボンドルドとかなり似ているのだ!

ボンドルドは特級遺物「精神隷属機(ゾアホリック)」を使って自分の人格を別の人間に上書きコピーしている。

※特級遺物:(ダンジョンから出てくるなんかすごいアイテムのこと)

故に彼は不死であり、危険な冒険や研究で死んでも研究を続けられるというわけだ。

特級遺物をscipとでも読み替えれば、ブライト博士そっくりだろう?

360無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 03:44:16 ID:Vw3Z4rBE0
                    ____
                   /7ニ77…….. 、
                 .ィ 77  ̄\: : : : : \
                〃 7/´ ̄\ \: : : : : \
                〃 //     }。 }レ'´: : : : :ヽ
                 〃 //   _..ノ ノレ'´ ̄`ヽ: : }
              〃 / L_ _ ィ ニ く ノニニコ  } V!
               i1 l l「 ̄   ヽヽ 人_ _ノ Ⅵ
               l1 l l|     / ∧: : : : : : : ノノ
               l1 l l|   . ィ´/: : ヽY´_,. イ
               lL 「リレ'´. ィ´: : : :,.ィ'´  ̄``ヽ
               L_ _. ィ´: :レ'´ /       \
              /: ハ レ'´.:.:.:./  ,.  ´ ̄ ̄`ヽL
             / /マノ .:.:.:.:.:.:./,. ィ´ ,.  ´ ̄二二ミミヽ
           イ  /`V .:.:.:..:.:.イ´  / /   /. :.: .: .:. `ヽ.:`ヽ
            / /  ,∧    ,.イ  ノ  / /  / .: .:. :./. :/.:.:.:.:.:j.:,}
         / /  /   V祈ヽVヽ,ハ /__/__ノ. :. :. :. .:/.:.:/.:.:.:.:.:.ノ;ノ
          / /  /   ∧手ノノ ノV.⌒.VハV. :.: .:.:.:.:/::;;:/.:.:.:.:.:((.:.:\
        / V  /   /  Y´  レイ>X< i l .i.:.:.「「7/;:;:;:/.:;:;:;;;:;::ヽ\.:\
       /: V  /   /   i   レiXXXソノ.:ノ.:.:///;:;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;);).:.:.!
      /.: V  /   /   ,ハ  レイ≧≦.:く ./77;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.く.:.:.:.:j
     / .:./ .:.:/ .: .:./ .:. :. :/. :. :.: i.:. :.ハ.:j :.,:!./.: /;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;三三ミミヽ


そして不死という境遇のみならず、色もおおむね共通である。

ブライト博士が最終的に望むのは自身の死であるものの、

それまでは財団に、ひいては人類に協力して研究を進める意思は有している。

ボンドルドが望むのも、己の研究を人類の発展に役立てること。つまるところそれだけだ。

研究という手段も、人類発展への貢献という目的も、両者共に典型的な青である。

ただしだ・・・彼らは「人類」に対しては協力的だが、個々の「人間」に対してはそうでもない。

ボンドルドもブライト博士も、他人を自分の「残機」とすることに戸惑いはないし、

科学の発展のための人体実験もしょっちゅうやっている。

361無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 03:45:38 ID:Vw3Z4rBE0
          ____
        /ノ ヽ、_\
       (●) (● ) \
    /⌒(__人__)⌒::::::::\
    |   |r┬-|        |
    \   `ー'´      /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ           ヽ /
   \_,,ノ|      、_ノ

「まあ、その辺やる夫も人のこと言えた義理じゃあないけどおね」

例えば死霊術の魂食いは、神座技術の基礎ともなっている。

・・・では、ローマ人研究者は【死霊術でそんなことができるとどうやって知ったのだろうか?】

362名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 03:59:45 ID:r1FvB05s0
実際にやってみた

363名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 04:05:05 ID:r1FvB05s0
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ」

まず自分で試さないとな(マッド並感)

364無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 04:13:02 ID:Vw3Z4rBE0
                        _ -‐……‐-  _   }{\
                       - ::::::::::::::::::::::::::: \:::\ }{ }{
                        /::::::::::::::::::::::/ ::::::::::: \::ヽ]{ }{
                  /::::::::_ -‐…<:::::::::::::::::::::::::::\:::\ハ
                 个:::::::√::::::::::::):iハ::::::::::::::::::::::::::::::V:::::}{
                      V//∧:::::::<:i:i:i:iノ::::\:::::::::::::::::::::::V:i:{l
    -‐…‐-  _         }////≧=‐‐=彡':::::::::::):、:::::::::::::::::: V:{l
  /::::::::::::::::::::::::::::::\\ニ=‐=入'//////////////:::::\:::::::::::::::::}i{l
<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \\:::::::::::::\{ニニ\ ///∥::::::::::::::\:::::::::::,'リ
:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::\ニニ}'//,∥::::::::::::::::::: `、:::://
:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::::[\ニノ//∥::::::::::::::::::::::::::∨/
:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::'//, ::::::::::::: [:i:i:i\///\::::::::::::::::::::::://
::::/ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::'//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i\//∧::::::::::::::: //
‐ニニニニニ}::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:∨/∧:::::::::, ', '
ニニニニニフ:::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\'/,\, ', '
ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/::::}><_/、
二ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }//}:::::::::::::::八:i:i:i:i:i:i /::::: }/}{:::::::::`、
ニ‐ ̄:::::::::::::::::::/ ̄\:::::::: }//,:::::::::::::√:i:i:i:i:i:i:/{ ::::: }/}{::::::::::::::.
::::::::::::::::::::::: /ニニニ‐_:::::::V/∧::::::::√_::i:i:/ii{ ::::: }/}{::::::::::::人
:::::::::::::::::::/ニニニニニ}::::::::V/∧::: √} }'∨:i:i:{ : : ノ/}{::::::::::::::::::\
:::::::::::::/ニニニニニニ7:::::/ ̄`ヽ:√:} } イ:i:i:i{/ . /}{::::::::::::::::::::/}{
:::::::/ニニニニニニ/:::::/ / ̄\√ ' '  〉:i:///イ:::}{:::::::::::::::::/ 八
:/ニニニニニニ/::::::::::' ,'\/ヽ{    /:i∥ ̄`}{:: }{::::::::::::::/::::::::: \
‐ニニニニニニ/::::::::::::: { {/ ̄ ̄ ̄\/:i:i:}{/\/}{:: }{::::::::::::::::::::::::::::::::}\


さてそのように、典型的な青マッドであるボンドルドだが、

ではその研究対象は何だろうか?

その答えは「アビス」と呼ばれる場所。ローマ人的に言えば一種のダンジョンのようなものだ。

ダンジョンであるからには冒険者的な職業(探窟家)が存在するし、

ダンジョンを研究するからにはそうした冒険者になるのが一番である。

故にボンドルドは青マッドであると共に冒険者でもある。

・・・とはいえ、色的な意味で青赤ボウケンジャーと言えるかは微妙だ。

まあ冒険者としても実績は残している、つまりダンジョン攻略を進めた実績はあるのだが、

彼のダンジョン攻略は良くも悪くも青的なもので、戦略的に大量のリソースをそろえて使いつぶしながら前進していくような米帝プレイだ。

たとえばダンジョンの「呪い」の負荷を他人に押し付けたり、

さらにそれを「効率的」に行うために、人間を解体して数日間の生命維持に必要な器官だけを残した「カートリッジ」を生贄にして呪いを避けたりしている。

そしてこのような方法も、孤児を使った人体実験によって発見したものだ。

他人の犠牲を持って未知を既知へと変え、なるべく確実な成功を勝ち取ろうとするありようは青マッドとしては正しいし有能だが、

しかし未知への挑戦を喜ぶ青赤ボウケンジャーとしてはこうした「小賢しい」確実性は好まないのではないかとも思う。

365無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 04:14:27 ID:Vw3Z4rBE0
>>362
>>363
『正解!』

『ということで女神が泣くかどうかで言うと』

『ボンドルドより研究班諸君の方が泣かせています』

『まあ科学の発展に犠牲は付き物だけどね!』

366無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 04:26:56 ID:Vw3Z4rBE0
             ___
          _____マ、ム
       ,..<:/:Y´::::::::ト:.、
       /ァ==、-、ヽ::::::::::}.l::i
      /:::::ヽノ::ノ:ノ:::::::::,!.l:::l            _ , -.ァヘ-=ア`ヽ
 __   ヽ ̄::::::l:::::l:::::::::://::/    l`ヽ_  -‐=ニ: : : : : ム,': : :ム:7-<__........-----ァ
/ニヽ  , -=====ァ--- //_/___  -‐=ニニ/:.ムマ: : : : : : :l__l: : :l:0:l:::::::::::::::::::::_ --=<
, -、ニYニニ>'"ニニニニニニニニニニ/: : :l: :ム: : : : : ,.ィ `,: :ヽ/::::::::::::::::::::-ー===イ
  >イ Y´ニニニニニニニニニニニニム: : : l: {_,  < >イニニヽ(::::¨¨ヘ---'
 ヽ ノ .lニ__ニニニニニニニニニニニl:  < ><ニニニ=- ̄   ̄ ̄
 /、ムイ l ´ニ>、ニニニニニニニニニ>=.イ、----イ ̄ ̄
./ ムニムニニニ>.、ニニニニニ>'"____ニニム
ー--ヘニムニニニニ>、 > '"ヘ-- ´ /、 ヘニニ.li
ー¨¨¨ヽニニヽニニ> '"ニ/ / l l ヽ-イ、∧.ー-イ


また、白が混ざっているかどうかも微妙だ。

確かに青白が社会全体の発展のために一部の人間を犠牲にするということは大いにあり得る。

例えばSCP財団や再演文明やカルデアやリリカルなのは時空管理局はその典型例である。

とはいえ「社会発展」は「青と白の共通要素」なので、青白でも青でも白でもどれでも違和感が無いのだ。

故にボンドルドは青単でもあり得るし青白でもあり得る。・・・青マッド混じりなのは確実なので白単はないが。

そしてどちらかといえば青単である蓋然性の方が高いとGMは判断している。

SCP財団や再演文明やカルデアやリリカルなのは時空管理局は、清廉潔白とはいえないものの、一応「共同体や法の守護者」だ。

SCP財団や再演文明やリリカルなのは時空管理局は世界征服によって自ら法を敷き共同体を守る側に回っているし、

カルデアにしても一応既存の人類社会に所属し合法的な形で運営されている。

これは法秩序や共同体を重視する白的な傾向である。

だが、ボンドルドの場合それが無い!

研究成果を人類に還元こそしているものの、国家等のどこかの共同体に所属しているというわけではなさそうだし、法秩序を遵守しているわけでもない。

冒険者パーティでさえ、全員「自分」だ。共同体とは言いがたい。

これはあまり白らしからぬ傾向である。故に青単であろうと推測する。

367無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 04:33:49 ID:Vw3Z4rBE0
                  ,....-―.、
                {::i~二i:::|--n- 、
                  ,!:j´-‐:!::廴.!l:::.. 丶
                  / ,.ィ::∩i‐-::、::`ヽ::::...ヽ
                / /:::|::i! |:l:::::::::::ヽ:::::ヽィ⌒゙j
             ' :i:::::::::|::i! |::!:::::::::::::‘,:::∨¨(,.、
            j l::::::::::|::i! |::l:::::::::::::::::〉:::/:://ュハ
             i! :|:::::::::::!:i! l:::l:::::::::::;ィ{/(:::{({i二!}
            j ト∧:::::::::l::i! l:::l::::::://ヽ:::::ハ;Ⅶァノ
            | {//i'\::::l::i! l:::l/////}::::∧ゞ¨
              乂 ∧'//ヽl::i! l:::l/////j::::/ヽ='′
             ヽ∧///l::i! l:::l'///:::/:;::':j!i¨ ‐-、
               {::::ヽ//l:i! l:::l'/::::/;:'::ノ::i!..::.... `i-、
             /´.>x\!::!j::ノ'/:;::'/::::::i!:::::::::::: i::::i!`ヽ、
              r‐'゙ .:::::i!:::\>--.':::::{/:::::::::/i!::::::::::: i::::i!::::....i }¨)
         /i! i .:::::::::i!ヽ:::::::::ー-‐::'::::::::_;x<::i! ::::::::::i:::i!::::::::j!:i!::i!`ヽ、
        ,r'i ..i!::i:::::::::::i!:::::`ー-::::::::::_;x<:::::::::::i! :::::::ノ::j!:/ヽ/::i!::i!:..`.ー _¨ - 、
      /i! l.::::i!::i:::::::::::i!、:::::::::::::"¨¨::::::::::::::/::i! r'゙::∠i{o:_:o:::ノ::i!::::::::::::::/:.ヽ:..'.
     //i!:l::::::i!::i :::::/:::::`::-:=:-‐_…_T¨´::::::;i! {:::/ニ==<ハ::::,:′:::::::::/::::::::∨:、
   r'゙r'゙:::::::i!:{>-<゙ ノ|\::::::∠Y゙yく,n ヽ:::::/i! ::j!.\/ヽヽノ:::::::::::::/::::::::::/::::.
    }::ヽ   〉..\./}i:l |:::: `j l | | i }ヽ }"::::::;i! ::{!/.ヽ/.i}::::::::::::::j'::::::::::/::::::::..
   j 〟\lヽ/.ヽ.jl:l |\:::::i l | | | l } !::/::i! :∧../..ヽン::::::/¨Y¨}::::::/::::i::::::::
   ,′::::::::゙:{!./.丶.ノ,′..|::∨::}、rj {.} lj i/. l´::/i! ::i弋==゙l:}:::::{_:/:::/::::/::::::|:::::::.
  ./ ..:::::::::::ゝ==彡/i::| |::,′j...}! ' ´l'j.... l/:::::i! ::|:::∧:::ij::∨::/::`:′/::::::::l:::::::::
  iー==:::::::::::/i!:::i:::il::| |:;::::/....'、‐_二¨{...... l:::::/:i! ::!:::::∧:::::::∨::::::::::/::::::::::l:::::::::::
/-‐:::::::::::::::ノ:::i!:::l:::i!::| |j::/..........`¨. ̄.......... ∨:::i! ::|::::::::∧::ij::∨:::::/::::::::::ノ::::::::::::

まあこんな物騒なキャラだが、だからこそ彼を勧めた研究員の気持ちは慮れる。

研究班諸君はマッドだが、白的な性格が十分にある。

ローマという共同体に所属し、佐々木王の法に従い、女神の涙で自制できる。

暴走の危険はあっても、歯止めは一応存在するのだ。

だがボンドルドにはそれがない!

社会発展を重視する青ではある。人類愛はある。だが共同体に所属せず、法にも従わない。

まさしく歯止めが一切無いマッド!・・・そんな暴走列車、放置しておくのは怖すぎるだろう?

368無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 04:35:15 ID:Vw3Z4rBE0
       , -‐ 、                                              , -‐ 、
      /    ヽ                                           /    ヽ
      ,′    ',                   ____                      ′      ,
     .′  愛  ',                  i:::冖:::!                  i   愛
     i    で   i                     ,..!::⌒:::丶                   l         i
     |    す   |               //::lril::\\                   |   で   |
     |   よ   |                 /::/::::::::l| |l::;;/丶;゙〟                 |         !
     |         |              j:::l:::::::::::l| |l/////`ト、                 !   す  ′
     |         |              ∧:j:::::::::::l| |l:::;;;::://l:::}              乂    /
     |   ナ   |                l:l:{:ヽ:::::::::l| |l::::://,|::ノ               >-‐ ′
     |   ナ   |               !::l:i::/;\::l| |l;;;′//j/
     l   チ   !                \:l////l| |l/////、
     ∧      ′                 /\///,||///,/:::::ハヽ
     ∧     /               ィ〉::::)ー\/,lj//'゙:::::::圦}、
       \_  ゙               /_/:::}ノミ=x::::ー'::zニ彡::{::::ト、\_
                   _r=T゛::/::::::::\>x二二x<;;;;;;l:::!::::ヽ}:|二‐-、_
                  /  {|::::l:::/::::::::::::∧/::::i:_:i::::T/::::|!::::::::::|:|:::::: ̄}  ̄`、
                 / /:::j:|::::{〈::::::::::::/:::::ヽ:/从ヽ{:::::::::/|:::::::::ノ:}:::::::::::: ̄圦 \
                    ノ ):::::l::|:::乂ヽ::::/i\/:::{、ヽ '/}!:::/:::|::/:ノ::::::::::::::::::〈 丶 〉
                //::::>゛:::/Xヽ{::!::::::ヾ:/..!  j::l!:::::::::ノ!:イ{.`ヽ:::::::::::::::::::>/ {ヽ
              />'゙´i:::l:::::/.X.....Xl::!\:::/.......ー.i....l!::/:::|::l:|.X./.}:::::::::::/::::/::.\}
            r‐_/z=三x{:::l:::圦.....X.ノリ::::/............ノ......l!::::::::::!:lj...X乂:::::::/:::::/::::/::::::::..-ヽ、 x..<´
==z..-―、   _.x<-‐′:::::::::::::::ヾ!ノ:j/77/i::i:∧......./...........ノ:::::::::!|::ヽ{ `、:::/::::/:::::::/x<:::::::::::/:::::::::_
:::::::::::::⌒ヽ≧≦:丶、::::::::::::::::::::::::::::::i}:::////::::l:::l:::::ヽ孑:⌒:ー:′:::::::j::l::::::{ }丶::::/::x<::::::::::::::::/⌒::: ̄:::::::
:::::::::::::::::::::::\:::::>x::`ヽ:::::::::::::::::::::i}:///,′:::l:::l:::z===z二z三⌒Y:::::l::::::iT::::::∨:/:::::::::::::::::::::ーァ――‐-:::::
:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::乂.j.j.j:::::::::l::::l:::::::::::::::::: ̄::::::::::::::!:::::::l:::::l:|::::::/:::{:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::


さりとて殺したところで来世でまたやらかしそうだし、また捨てるには少々惜しい才があるのも確かである。

だからスカウトしようということなのだろうが・・・

・・・管理局世界に、アビスや「精神隷属機(ゾアホリック)」は無いよね?

369無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 04:41:39 ID:Vw3Z4rBE0

          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

>メイズスター(ボウケンジャーをスカウトする):ボンドルド(メイドインアビス)…マッド研究者系のボウケンジャー

『これはあくまでメイズスターを利用したボウケンジャーのスカウト』

『拡大解釈するにしてもヤドノキの塔などの管理局勢力圏におけるダンジョンだけで』

『メイドインアビスのアビスは存在しないし、アビスで発見された「精神隷属機(ゾアホリック)」もない』

『こうなると、ボンドルドがそもそもダンジョンに潜るかもわからない』

『原作ではあくまでアビス研究のためにダンジョン攻略してたんだしね』

『よしんばメイズスターに好奇心を抱いたとしても』

『「精神隷属機(ゾアホリック)」は使えないし、故に他人に人格を植え付けて不死になったりもしてない』

『カートリッジなどの原作でのダンジョン系技術も使えないだろう』

『そしてそもそも、人体実験はギアスロウで規制されている』



『まあだから、スカウト可能とすると・・・』

『・・・キャラクター設定の大部分が無駄になるけど、それでも良いかな?』

370無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 04:44:04 ID:Vw3Z4rBE0
                          /
                   \__     '
                    _>≧=,
                 ,≦フ州从州/l
               ,//从州从从/
                   ///从州从/|
              ,:'从ヲ,'从州从V_レ'
               /// /州州/,<| V':,
             "  ' レ州V i/  ` マト、
              _ -""フW  _-ラ≧x ヽ         ,
                   ' У  ´ └ ┘ //\ __  <
                 r          ",:'州不ハ ヽ }州州
                 |         , // ,i < .ノ从州
                  〈 _ -- _    ./  ,--≦州州州
                { `¨¨´      /  从州从州从
                 ,       _. ´   '´ |∧州州州
                ,   _ - ´      _|i レ三三〈
                 ー - __     _ ´         }
                       ヽ ≦     _____!
                    -≦     -≦ニニニニニ |
                  /´     -≦ニニニニニニニニ,

『僕としてはどちらでも構わないんだが』

『原作のファンは原作設定をぶち壊されたくないと思うかもしれない』

『原作ファンから望まれて出して原作ファンから顰蹙を買うのでは、誰にとってもマイナスだろう?』

『だから一応こうして聞くことにした』

『もしコメントがあれば書き込んでおいてほしい』

『では今日はこの辺で失礼する!参加してくれてありがとう!お休み!』

371名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 07:58:51 ID:r1FvB05s0
ボンドルドとしての経験を経ていない、ボンドルド同位体を勧誘する価値があるかというと…微妙かな。
勧誘失敗でいいかも。

372名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 07:59:57 ID:r1FvB05s0
お疲れさまでした、無茶王様!

373名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 15:30:07 ID:cgT.FRaY0
オツカレサマドスエ
これはローマ国内のアシュレイ・ホライゾンを探しても意味が無いのと同じ問題ですねこれ
ローマのアッシュくんを見つけても幸せにリア充生活してるだけだろうし
メイズスターに来ているボ卿もただの青ボウケンジャーでしょうね

374無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:13:01 ID:Vw3Z4rBE0
>>373

         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////

『そんな感じだね』

『確率論的に考えてアシュレイホライゾンの縦世界同位体もローマに居るだろうけど』

『素質だけでなく経験も含めてアシュレイホライゾンだからね』

『素質を共有しているだけのローマアッシュ君じゃああんまり役に立たないだろう』

375無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:14:08 ID:Vw3Z4rBE0
>>371
>>373
  .,ノⅣil{,l}l},i}i.l}l}l.Ⅶ{!-l}、Ⅶl}l}l}l} Ⅵ{lィⅦ-Ⅶ.}Ⅶ l.}.州州{l}{!
  〃' lⅣl}l},l}!lⅦ}Ⅶ!.l} {!. Ⅶ州l}l '´Ⅵ、Ⅶ} lⅦ}l}`リ,州}Ⅳ}!l}
 ,′ .l}l} l州l}.l州}、Ⅵ __ `Ⅵ{l|   , -  l}!.}l州州州l{ノ }!
 |  l}.| .Ⅶ,'l州l}l}、-zァ云zミ-Ⅵ  ァzィ云zzミlⅣi}l l}Ⅵ{、
    l!.l }lⅨリ !ⅦⅥ乂;;;ノ'`    ´ 乂;;乂ィリ州ハ{ソノl{ `
.     ', ./ 刈'}l、ーⅦl.`=彡''  i    `=彡〃/'‐ィil{
        /l} l≧:ヾ.       |.      / /チ::::l |
       ,rイ |l:::::l|:.      :!′     /:;!ハ::::! |〉、
      .,イ//{ .';::::::|:.丶   ` ―― '’  ./::::|::::::,' .l'/,ト、
   ,.ィ///l'/,li V:::i!:::::..`:..、     ,...:;イ:::::::;!::::/ .州 |/,ヽ、
 ,イ//////∧'/, \ヘ:::::.\`:...、_...イ:://.:イ:::,'/ .////////,ヽ、
'/////////,li,'V/\ `<_.\:::::::::/ ノ/.:>'  .イ///////////,ヽ
//////////,}li/,V/,>、   \__/ ̄ ̄´  ィ///////////////,
/////////////,ヘ'////≧.   l||   _,x≦彡'///////////////,
/////////////////////|.  |||  |//彡'/////////////////,

『んじゃ悪いけど今回は勧誘失敗ってことで』

『ああ、メイドインアビス世界自体は多分あるから、そっちでの調査やスカウトは多分可能だよ!』

376無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:17:09 ID:Vw3Z4rBE0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ or ドラマ:魔王と勇者とクローバー or 育成描写

377名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 20:19:56 ID:r1FvB05s0
ノーライフ元勲

378名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 20:20:10 ID:r1FvB05s0
無茶王様、おかえりなさい。

379無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:23:31 ID:Vw3Z4rBE0
ただいまです!

380無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:30:12 ID:Vw3Z4rBE0
     l:l i: : ', /: ; <: : :ー:-:-:-:-:=: 、:: : : : : :>: . .
     |:{ .i: : :Y斗匕: : : : : :-:‐:-:=: 、: : : : ><:_:_:_: : : \
 ___   ',:Vi:「: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : \//≧ ̄    ._||_
  ヽ: :  ̄ヽV: {ヽ、: : : : :≧: -:=: 、: : : : : : :ヽ: : : : : : : ヽ ̄`>--- ̄|| ̄
     フ´\:.ト、: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.∧`:マ=-z,;, У      \
._人_ /: :/: : :\ヾニ二二ニニ==一×: : : : :.∧: マ// /  | ヽヽ   ヽ
.`Y´,イ: :/: :l : : : `|ヘ: : : : ヾ> :ヽィチォ=ミ、: : : : ∧、マ/.    |       ∨
  . : ; イ: : i: : : : :.|  ヽ: : : :マムイ{' し:::ハ ヾ\: :.∧/    ヽ _ ノ     V
.ム    i: : :i: : : :.__|_  \、: :ヽ  V:::::::}   ヽ: :,'               ',
    i: : ∧: : : : | 〃フミ  ヾ: :{__ ヾ      ム|       」 ヽ      i
    i: :∧∧: : :.|{{ V::ハ , -`( )       厂!       | ̄/     }
.     i:/ ∨ヘ: : |`  ヾ( )',    _     ; Vi              i
     i   Vi V: |ム     z≦''   }     / ',                 i
        v V|  ヽ   マ    ノ   イ / ∠.       ┃      i、
   ヾ__人ノ   v   >   `     イ  /   ∧      ┃      ;∧
   」   ,- 、         > -- イ,、, イ   /:.∧.          ,':.:.:.:ヽ
   ヽ  }   ',.   _||_         { ,}_ヘ  /:.:.:.|:.:ヽ   ●     /:.:.:.:.:.:.l
   く   ',  }    ̄|| ̄       /l{;;;`∧./:.:.:.:.|:.:.:.:.\      /:.:.:.:.:.:.:.∧
      /`ー┴、           イl.:iL;;;」 /:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.l.:.ー-― ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
    / ____ 〉       zイ:.:.:.:|:.:i};;;;∨:ヽ:.:.:.:|__:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
    ',      }       /:.}:.:.:.:,_⊥':i;;;;;/:.:.:.:.´¨:./:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
     {  ー-― ヽ       /:.:.:.i:.:.:.V:.:.:.:i;;;;':.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧

基本的にノーライフライフでは政治や諜報とは大体無関係に研究は進んでいる。

・・・まあ研究も諜報も両方ロバートさんが担当なので、

本人も気づかないうちに外部での諜報活動が研究における閃きにも影響を与えていたとかはあるかもしれないが、

まあそういうバタフライエフェクト的なものまで処理する能力はGMには無いので、

基本的に諜報と政治は相互に独立に進み、故に色々いじりまくった元勲ノーライフでも原作と大体同じ感じで研究は進むと仮定して話を進めている。

ご容赦頂きたい。

ああ、政治についてはいくつか研究に影響しそうな政策があるが、まあそこは今のところは出ていない話である。

381無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:35:20 ID:Vw3Z4rBE0
             /
            /;   ,
             // //
         _; {/: /-: 二: : :―-:.. __
        ..>':{ {´,、: : ̄: : : `: : <
      . .<: : : : { { |: `: : : : : : : : : : \ヽ
    /,イ: : /: : : :`{!ト、: : : : :\: : : : : ヽ\:\
   /: /: : :/: : : :/: ハヘヾ、: : : : : ヽ: : : : :',: :ヽ`\
  イ: ; イ: : :.,': : : :/ /  ',:`ヾニ==-:',: : : : :',: : ハ
.////: : : :{: : : ;': /   ',: : {ヽ: ',: : :',__: : : :}ヽ: ハ
.  /イ: : : :イ: : 十ナzzz- 、V: {ヾィ七て',: : : : i∧ 、ハ
  ´ i: : :イ/i: : : i{ 〃ス、ミ  V:{ ''スハミ、 {、: : :.iマ} ヾ、
   i: :/ lγ!: : i {{ ヒノ::}   V{ トイ:} }}い}: : i }
   l/  l∧',: :.i  `ー' ○-‐-○ー'  {_ノ',: :i
     l   ',: iム       '    j   ',:i
       ,,,v//ヽ   ヽ   ア   イ   `
     ┌こ二7>ヘ>    , イム斗ァォ
     |`ヽ、ヾ、 ヘニニニTニ7ヽァ´/ |
    /   `ヽ、ヽ、マ//| | |/{//   ヽ、
   ,{-‐- .. _   `ヾ、マ/! l |/ /  _ .. -、 }、
 γ´       > Q、ヾ.l/ ,ρ<     \

さて、原作では万死の長城(アンデッドを詰め込んだ要塞)を

このスレでは世界樹の迷宮を、

帝国と商国の国境線に設置して無理やり平和を作り上げた。

ロバートさんは大体このあたりで魔質を利用して魔力の「成分分析」を行っている。

DNAで言えば、その構成要素であるアデニン・チミン・グアニン・シトシンを発見したようなものだ。

そしてアデニン・チミン・グアニン・シトシンの塩基がやがてDNAの二重螺旋を解き明かしたように、

これは魔力鎖理論一歩手前と言える偉業であった!

・・・なおエマーリオメモには魔力の成分分析の話まで書いてあった。

野生の元勲マジヤバイ。

382名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 20:40:30 ID:r1FvB05s0
なぜそこまで理解していたんだ、エマーリオw

383無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:46:24 ID:Vw3Z4rBE0
            /  / ∠ '´∠ -───=ュ 、
            ,イ′ / /‐ ' ´  ,  = ≡二 ̄
          // /., '´ ' ´  _, 三-、 二ニュ _ ィ
          i{ r'‐ ' _二フ,  <-、 ̄ 二丶  // -ァ
           ヽ」 r三=三ニ ミ 、 丶三三二 ン ' ∠__
              ,' ,ハ ヽヾ ¬弐= 、ミ、 、 丶≡マヘ     <
              ,' i| ト、ヾヽ、イ}ハ ` `丶丶ぅリi}}     ,ム
          | |i iト ァ、、  ゞり 〃    '´フ リ r─ ァ'´ `ヾ丶、
             !.|!l ヾ,{もヾソ )        ‐'  冫 ,/     ヽ \
.           ,ヘ.l l! i}! ロ´ ,ィて`ヽ    /   ,'/         i
          ! } ∥、 '、 ヾイ´!、 !  /_  / '           i
         i  { _ゞ `  、``   ,.〃ヾ、マ'″              |
        ,.」  jィ ___二フ   ¨ ニ∠_ /               !
       rヾ、 ヽ  {、r‐-─ ' ¨´    /           ∠_/
        { 、 ヽ. l   ゞ、__      /           /
        ∧ ゝ 〕'    __ ヽ.  /            /
       i. ヽ、__, -=¨´    ,  '               /
      ヽ `ー-‐ ´    , '            / 丶、
       丶--、 _, ィァ'               /     丶、

後知恵ではあるが、このあたりでの主たる研究成果を見渡すと

だいたい魔質の発見とその利用方法に終始している。

じわじわじわじわ魔力密度を高めては魔質を発見し、

魔質の性質を解き明かし、可能であればその魔質を使ってさらなる魔法科学研究を進めていたのだ。

しかしその歩みは均等ではなかった。

ある時を境に一気に加速したのである!

そう!パリスチールの発見によって!

384無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:46:39 ID:Vw3Z4rBE0
>>382
『天才だから』

385無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:49:16 ID:Vw3Z4rBE0
                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『パリスチールは魔力を遮断する魔質だ』

『こいつを使うと何ができると思う?』

386名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 20:50:53 ID:r1FvB05s0
干渉遮断フィールド…マジやべー

387無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:54:46 ID:Vw3Z4rBE0
>>386
          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

『直接的にはそんな感じだね』

『だが、超魔術の無いノーライフ世界では、干渉遮断フィールドを単に遮断に使うよりも』

『ある意味もっと重要な用途があった』

『【魔力の圧縮】だ!』

388無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 20:59:14 ID:Vw3Z4rBE0
              γ⌒ヽ
              .{  .} ヽ
      γ⌒\  .。s {  .} ̄¨“' s。.
       ヽ  ヽ`./  `7¨´  /.   ‘'g,/ ̄ヽ
          ‰ノ/.    ,    ,     ゚ 。 ) .l
         ,:゙  ,    .′   .’  ( ̄ ̄ ̄ _ノ
.     ,ィ´,~  .’    |    │    ̄ ̄ ̄ヤ
     (__)  │  γ´二ヽ  .│       ∫
.    (__)  |   .{ ( .) }  │         ж
.     γ$  │   ゝ、二ノ  │           ;ヽ
.     ト、二 ‐┴─----゙------゙────二二,イ
.     ゝ、_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ノ
.        '. ̄ヤ ̄ ̄¨ヤ¨¨¨ ̄ヤ ̄ ̄ ̄ ,'
        /’γ⌒)   .V     ∧ (⌒ヽ'゚
       (  ̄  ノ・。,   V   .∧ 。ゝ )
        ̄ ̄    ‘''・**++**・''’\__ノ

魔力は気体のような性質を持つ。

故に魔力をピストンか何かに閉じ込めて圧縮すれば

密度が上昇するのだ!

・・・問題は魔力を閉じ込められる素材が無かったことだが、

魔力を遮断するパリスチールなら魔力を閉じ込められるだろう?

389名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 20:59:47 ID:r1FvB05s0
今まで素質とt鍛錬で行っていた魔力の圧縮が、物理的に行えるのか。

390無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:01:39 ID:Vw3Z4rBE0
                -=二二=-  __
         _  -=二二二二二二二二=-: \
       -=二二二二二,、丶.::  ̄~"''~、、=- \
     |二二二二二二/.:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: \ニ=-
     |二二二ニニ/:/.:: .:: : |.:: :|.:: .:: .:: .:: .:: .:\ /
     |二二二二 '.:: :/ .:: .:: .: |.:: :|.: .: .: .: .: |.:: .:: .:ヽ
     |二二二 7.: .: .: .: .: .: .: |.:: :|.: .: .: .: .: |.:: .:: .:: : .
     |二二二/ .: .: i.:: .:: |.:: : |.:: :|.: .: .: .: .: |.:: .: |.: : |:',
     |ニニニ/ : .: .: |.:: .:: | ̄ 「.:: |.:: .:: .: ―|-.:: :|.: : |.:i
     /二二7.:: .:: .:: |.:: .::∧.:八.:: |.:: .::.:/|.:/|.:: .::,.:: : |.:|
.    /二二ニ{.:: .:: .: 八.:::ィfチ芋㍉∧.: : 'x=ミ|.:: ./.:: :八|
   人二二 ∧.:: .:: .:: | ヽ乂 ツ    /f/7 八.:|.:: /
     \二 /∧.:: .:: .:: .::{       , ¨´ ,.:: .: |.:/
      \'//∧ .:: .: |乂         八.:: 八
      \: \/∧.:: .::|¨⌒、  ` '   イ.:: : /
       _)≧=‐--\ :|―┐ rー‐<:/}.:: :/
     /二二二二(.::Y<\\x==ミ:人ニ ∨
      〈二二二二 (.: :)=:\ (, > ( Oハ.:人.:)へ _ ノ
     ∧二二二 ノ:〈二二ニ人 == 7<\\.:: )ニ〈
     / ∧二二 /:: .:: ) /</ ≧=彡'ヽ< \>'ニ/
.    /'//:ハ二ニ人: /<></二二\ V i ≧彡ニ|
   ///// }二二 <>_彡(二二二二二>―ュ 二二|
_,/////<〔口〕―'二二二二二二二Y〈 ̄\ニニ|

ノーライフ世界に限らず、

ラムダ世界での死鉄等もそうであるように、

物質の魔化には大量かつ高密度の魔力が必要になる。

故に超魔術の存在しないノーライフ世界では、

魔力操作でじわじわ密度を高めていくことでしか新しい魔質を発見できなかったのだが・・・

ここにパリスチールによる魔力圧縮技術が加わればどうだ?

391無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:01:56 ID:Vw3Z4rBE0
>>389
『正解!』

392名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:07:12 ID:r1FvB05s0
すごいスピードで魔力が集められる。
しかも、魔力の使えない一般人に手伝わせることさえできる。
魔力革命だ!

393名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:09:34 ID:r1FvB05s0
研究スピードがものすごくアップするのは間違いない。

394無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:10:09 ID:Vw3Z4rBE0
>>392
>>393
                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ

『そうだね!』

『高密度の魔力を容易に集めることが出来』

『各種研究に必要なリソースが一気に揃ったんだ!』

『とりわけ重要なのが魔質だ』

『今まで魔力密度がボトルネックとなって作れなかった魔質にも』

『パリスチールの魔力圧縮で一瞬にして手が届くようになった!』

『結果、パリスチールのお陰で、残る魔質総てをすぐさま発見できたのさ!』

『まさしく革命だよね!』

395名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:15:42 ID:r1FvB05s0
civ的に考えても、ハンマーが魔力に変換できるのは超便利ですね

396無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:26:34 ID:Vw3Z4rBE0
           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^~ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『でまあ、魔質全種があれば魔力の成分分析を通り越して』

『構造解析が可能になる』

『そうして魔力鎖構造が明らかになり』

『限定的にとはいえ、魔質を利用した魔力鎖の構築』

『つまりデバイスのようなものまで作られるようになった!』

『まさしく魔力鎖理論そのものに到達したわけさ!』

397無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:31:24 ID:Vw3Z4rBE0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「とはいえ、さすがに魔力鎖理論、ローマですらいまだ最深奥の超理論となると」

「ロバート大お爺様一人で掘り当てたわけじゃあない」

「・・・ま、多分一人でもできたとは思うけど」

「少なくとも原作では違った」

「このあたりでシルフィア(ぼく)が」

「魔法の秘密を里人に明かし、里人から研究者をスカウトするようになったのさ!」

398名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:33:37 ID:cgT.FRaY0
技術隠蔽待った無しの超絶的な発見である
偶然でも見つけられるのが凄すぎる

399無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:34:46 ID:Vw3Z4rBE0
     ` <: : : : >:.    ',: ヽ  ',:}
. . .-: : : ̄二ニニ:-:-: : : : >.',: :∧  }:}/{
: : : : : ;<: : : : :x<: : : : : : : : : : : ニ7ノ}リ'
ア7/: : : : :イ: : : : : /: : : : :,: :,: : /: 人
./: : : : : :/: : : : : :/: : : : : /: /: //: ハ`≧、
: : : : :,イ:/: : : : : : ; : : : : /: : :/: イ: : : : ',:ハ
イ77/: :/: : : : : イ: : : :`7ー-/、/ }: : : : ',: ハ
∧V;イ/: : : イ': :イ: : : : /:/z=tテミ、}',: : : :.ト、ハ
/∧∨' ://iγ´|: : : /レ {{  {ノ| { ',: : :.iマ} ヾ
//,'V////i/{ ヾ|: : /    Lj/`「}: : ; }
///´ヾ、////,\.|: /      ‘ー'ヾi: ;'
/////∧//   |/、     __  { i,'
// ∨' , マ    l  ヽ     ̄´ ´
/  ,-/  \     , 、   イ
 ,く:.:.:\   \  /__   ̄
'´:.:.:ヽ:.:.:.:\   `ヘぅ、}
:.、:.:.:.:.:.\.:.:.:.ヽ  イ;;;;;;}l、
:.:.:.\:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.\ヽ-{、',、
:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\;;;',:V`:.:、

理由:研究はアイデア

研究班諸君ならよくわかる話ではなかろうか?

人手だけならロバートさんの分裂やゾンビで賄える。

しかし、いくら増えてもロバートさんはロバートさん一人分のアイデア力しか持たないし、

ゾンビもゾンビ化の際に死者の魂にロバートさんの魔力が混ざりこんでしまうので、

どうしてもゾンビの精神性はアイデア力も含めてロバートさんのそれに近くなってしまうのだ。

400無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:35:36 ID:Vw3Z4rBE0
>>398
『魔質の発見は偶然だけど、それ以降は理論立てて解析してるし、偶然性はあんまりないと思うよ』

401名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:37:21 ID:r1FvB05s0
研究枠が増えるのはいいことだ。
本来のシルフィアにとっては痛しかゆしだったかもしれないが、元勲的には後継者も育成しないといけないしね。

402無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:42:18 ID:Vw3Z4rBE0
>>398
          _,,.. -ー― -ー―- 、- 、
        ,.: ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙':::`ヽ、
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /:::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::lヽ:::::::、::::::::::::::::::::::::゙ i、
    /:::::::::::::::::::l:::!:::::::::::l::::l ゙、:::::i:::::::::::::::::::::::::::゙,
   ,':::::::::::::::::::::l:::i:::::::::::il:::i  ゙、::::i:::::::l:::::::::::::::::::i
    !:::::::::::::::!:::::li:,'i::::::::::,':l::, ̄``゙、::i::::::!::::::::::::::::::゙、
   イ:::::!:::::::::l_;;;l lj l:::::::,' l:'    ゙、:i,::::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ,'/l:.:.i:.::.::.::l:.:.l i,' l:::::,'  l! ,,ィttーァ、-:.:l_,,.._:::.:.:.:.i:.:i:.゙、
  / .l:.:.l:.:l:ヽli.:;ィftt-、'  '  弋'o;;ノ l:.l:.l -、゙,..:..:.l:.:.ト:.゙、
 '   l:.、!:.l:.:.:l.iヾ;or';ナ     ~´ .i::.:il _iノ.,':i:::l::li:::l `ヾ、
    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l
     l:.、:!゙、:l      _,    ./.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、.     /l::::::l:.i/l,'  i'
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:.:.:.:.:.:.:.:i
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`.:.:.:.:.:.:.i
       iト、゙-'´_,,-'゙ィ:./,XXXXXl'l::,'-:.:.:.:.:.:.:.i
       `、ヽ‐-‐´:.:|:':`゙ー--ー''゙:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.i
        .i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::,:.:.:.:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:i
         ー、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'::.:.:.:.:.:.:.:.i

「ちなみに原作は崩壊が確定してるんであえて放置してるけど」

「でなけりゃ監禁・反ミーム・ローラー・黒幕勧誘だったね」

「魔力鎖理論にたどり着いた時点で、潜在的にはローマと互角とすら言える」

403無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:46:03 ID:Vw3Z4rBE0
>>401
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /

「おや?他人事ではないよ?」

「ことここに至りては、今ここでの決断の重要性はローマ本国でのそれと大差ない」

「こう聞けばわかるかな?」

「裏切って情報流出や反乱の可能性がある他文明研究者に」

「魔力鎖理論の研究を任せたいですか?」

404名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:48:53 ID:r1FvB05s0
嫌です。

こうなればローマ研究者を転生させまくるか。

405無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:51:38 ID:Vw3Z4rBE0
>>404
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         /.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
.        /.:./:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃ヽ.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       /.:./〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__//:.:.//.:.:.:.:.://,′ ヽ:.:.!:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        ///7,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´「 7`ヽ/:.:i.:.:.:.//ム-‐‐‐',ハ|、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
          !|.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:|/ |/j/! !:.i.:.:.//'′     !ハ「.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          !|.:.:.:.i:!.:.:.:.:.:.:ィ斧ミメノノ |:.//  ,ィf云ミメ、」.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         八.:.:.:i:i:.i:.i.:.:i:.j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.i
      .   ハ.:.|ハj ヘ:.|仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ.!.:.:.:.:.:.:.!ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
      r‐ 、    'j  ,ハ|:.i                    ハ.:.:.:.:.:.j_ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
      ヽ ヽ    ./.:.:.从   '              i:.!.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.ハ
         ハ  V  /.:.:./.:.:ヘ  、   _,         从.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.!:ト、:.',
        |  |  ./.:.:/!.:.:i.:.:.:.\            .イ:.:.:i:.!/ヘ.:.:.:.:.:.:.:i:.j:.:i:| ヽ
        |/ __\/´`!.:.:|.:.:i.:i.:.:ヽ.       .イ:.ノ:.ノノノ.:.:.|:.:.i:.:.:!:.!ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    / {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」         \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´::::ゝー‐''"´ ノ           ̄ノ:::::::ゝ.、
      \  `ヽ:::.   }::::/::::〈  ー 、   _____    〈:::::::::::ノハ
       \   ヽ  ハ/::::::::::ヽ      ´           /::::::::〃:::::!

「だろう?それを思えば原作シルフィアの危惧は当然だし」

「むしろ寛容だったと言えるんじゃないかな?」

406名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:54:23 ID:r1FvB05s0
モッピー知ってるよ
ここで隠蔽しても、エマーリオのメモにしっかり書かれてるんだよね。

407無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 21:55:44 ID:Vw3Z4rBE0
>>406
                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \           /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ   ヽ、_,,..、 ´ /   / V  /l .ハ ',
             ヽ! .\{   Vヽ!\∧ハハ 厶イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
                         ',         ヽ
                           }      _,,,... -‐ 、
                           /_,,..  /      ヽ
                     /´    /         ヽ
                         /   __./          ヽ
                   / ̄ ̄  /

「エマーリオお爺様はもうスカウトしたじゃないか」

「暗号化もしてるし」

408名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 21:59:01 ID:r1FvB05s0
念のため、エマーリオメモにローマの油をかぶせて、見た人間はミーム汚染することにしておくか。

409名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 22:04:41 ID:r1FvB05s0
原作でゼルクラッド(清場和仁)が発見したみたいに、
エマーリオが隠していたエマーリオメモがロバートさんの認識外に転がっている可能性もありそうなので。

410名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 22:13:24 ID:DzWyD4zs0
開けましておめでとうございます
魔力鎖理論も所詮は技術なので、スキャンダルみたいに緘口令は意味ないですからね

411名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 22:15:51 ID:r1FvB05s0
本当は魔力鎖理論を反ミームしたいくらいだけど、
そうするとロバートさんの研究も進まない…場合によってはロバートさんにバレそうだ。

412無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 22:27:24 ID:Vw3Z4rBE0
>>404
                 ´  ̄ ̄ ̄ ` 丶、
              /                、
           ., '                       \
          /                         \
         ./                        ヽ
                    ∧        ヽ   ヽ
                     /  '.       '.  }       '.
              |      i  ∧       i  ハ     i
             !      _|,. -‐ヘ‐-     | 」」i|_   | |
            '.    |   八\     ト、 | i|       |
            ∧    八x行うミ \   . 行テY|   /
        ヽ    {\   《 {:::::r'|   \/ |:::リ ∧  /  '
         |   八_|` ー-ゝゞ= '       , `  八i/   |
          |     |   |           ,
          !  i       八      <,ア  /       |
          八  |ヽ ∧    \丶 __/  ハ  人 八
            \| ∨ ヽ八ト-‐' ∧ハ/l/ハ/  }/  ヽ
               /         /
          ∠二 _       {
         /     `ヽ    '.
         ./        \___\
        /             \   ヽ

「あと」

「それもう元勲ゲーじゃなくなるけど良い?>ローマ人研究者を転生」

413無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 22:33:12 ID:Vw3Z4rBE0
>>408
>>409
  . -―- .
´:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.ヽ.
:.:./:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::/ヽ
:..'.:.:.-―/i-:、:.:.:.:.∧.:.‘.
:.!.:.:,.:./ !.:.:.,ィ:./ -.-:、!ヽ
:.|./'r―r‐}メ !/ _ ‘.:.:|:.‘.
:.'.i    ! ノ  '  -r-ト、!:.:.‘.
.:.:|   ヽ二     ! !,.'!.:.:.:‘.
:.、ト、:/:/:/:   丶 `ヾ∨!:.:.:.‘.
:.:.|`ヽ      :./:/:/!:|:.:.:.:.‘.
.:.:|     「`ヽ    ,.':.|:.:.}:.:.‘.
:..:|      `´   .イ.:.:,.':.:∧:.:.:.!
ヽ|  , 、    ,ィ≦:.:!:/|:.:/ }:.:/
__  |/i≧ ´!ノ }:/'´ |/ /'´
ニ:|  L _     '
ニ `┐  }ニ=―- 、
:ニニ└、  ヽニニニニニヽ

「採用(油ドバー」

エマーリオメモのインクは油に置換されました!(緋色のフライドチキン並感

414名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 22:34:21 ID:r1FvB05s0
他に、ロバートさんにバレないように行える隠蔽策が思いつかないからなぁ…。
ロバートさんの勧誘こそが目的なので、元勲終了も致し方ない。

415無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 22:34:52 ID:Vw3Z4rBE0
>>410
                __
                ,. <: : : : : : : >. . .、
              ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : \
         //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.         /: /: : :/ : : : : : : : : : / : : : : ハ: : ハ
        /: /: : :/ : : : : : : : : : ∧: : : : : : ハ: :ハ
.        ′ : : /: : : : :/: : : : :/   ',: l: : : : :i: : :ハ
         ,: l: : : ′: : :ノ: : : : ノ -‐十ト : : : i: : ! l
.       /: j: : : l' :_/イ : ィ/      l:ハ: : : リ: :j: i
      /: : 乂: :l{kぅ示くr、′  ,ィf示trlァ: : l: ,イ: l!
     ,イ: : l: : ト,: ハ乂:zり       乂zり八: ソ/: : ハ
    /,ィ{: : ! : !、 从  ̄     .:l    ̄/: : : /l: :/ 八
    ´  }: : :i: : : `ヽ`            /:ノ: :/´ / : : ∧
       リゝ: : : : : : :ゝ   v‐  ァ , ィ: : :ノ{l: : /: : : ,リ `
          ヽ:r 、: : : > 、   ‐ イr : : : : !: /ィ_,ノノ′
           ` `ヽv/ハ! ` ー ´ !ハイ' ´ ´
             ,.ィ:::/ ゝ_  _/ヽl::ヽ、
        _,. ィ:/:::::i{   /Yヽ    l:::::ハ:::>...、
      ,.<::::::::::;':::::::lヽ _,/、,、_ 〉、 /!:::::::i::::::::::::::ヽ
     i:\::::::::::;:::::::::i 、ーr=ー-` ´<l::::::::',:::::::::::::::j:l
.      !:::::::i:::::::i:::::::::l r'r彡ニ´    `ヽ:::::,::::::::::/:::i
.     l:::::::∨::l::::::::::ト ー r⌒r 、_ / ハ:::i::::{:://::′
      i:::::::::}:::l::::::::::ハヽ  ` ´ / {    L:l::::f::::::::l
        、:::::::l:::\::/::::, \ ,/ r゚ <:::::ハl::::i::::::::i
       v:::::!:::/::::::::',   `′ f::::::::::::::::::j:マ:j:::::::j
         {:::::、:!::::::::::::::i       !:::::::::::::::/::lY:::::∨
       i::::::ヽ:、:::::::::::l     i:::::::::::::/:::::!:i::::::::l
        ;::::::::i::ヽ::::::::i     l::::::::::/:::::::i!::::::::f

「あけましておめでとう!」

「まあ反ミームとか色々隠す方法はあるんだけど」

「研究者には開示するしかないしねえ・・・」

416無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 22:37:35 ID:Vw3Z4rBE0
>>411

.            /: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミヽ\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミヽ\
        /: : : /: : : : :| : : :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : / : : : : : }: : :./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :',
    /: : : /: / |: : :_/: : /  _\ : : : : : : : ヽ: : : : : : : ',
.    /: : : : |: :| 十7:/ :.:/  ⌒ヽヽ¬‐- : : : | : : : : : : : ',
    ′:/: : |: :|: :|/}/l/     _\\: : : : : |: : : : : : : : :ヽ
   |: :/|: : : ヽlヽ| -ー    ´了ミぇ、:ハ: : : : L: : : : : : : : : :',
   |: :l |: : : : : ,ィァァァ      弋zツノ : : :|: : :k う: : : : : : : : :',
   |: :l | : : : : |´´´ ,        ̄`` |:l: :|: : ム /: : : : : : ∧: }
.   ヽ| ヽ: : : : |:ハ   ′     __ ノ/:./: :// : : :| : : / }: |
      \ハ|:ハ:l\ ー- 一 ヽ:/:./: :/: : |: : : / : /   レ′
.       |: ∧Ν lヽ.    < : : : イイ: /|: : /:./
.       ヽ{     ヽ{ T: :ア    ̄ 人|:/ |/|/
                /ヽノ _ /  ハ{
                _ イ ∧/ヽ    ヽト
            _ ィ彡/∧イ::::::::И / 7/l! \ __
          ////'//|  〉ァイ ∨ /'//l! ///////ヽ
       /// ////| //:::::|  / //// l! ///////∧
       ∨l! ////ll |':::::::::::|/  //////l! ////////,}
          〈, l! /// ll |:::::::/ ////////l! '////////

「スカウト優先だしね」

「まあ里人からの研究者スカウトを弾くって手は真剣にありだ」

「摩擦は起きるし研究は遅れるけど、まあそれだけで済む」

417名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 22:42:43 ID:r1FvB05s0
里人は弾きましょうか。
とりあえず、シルフィア佐々木・エルマーやる夫・世界樹と一応の人材はいますし。
物理的な人手不足なら、システムユグドラシルでも導入すればいい。

418名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 22:43:41 ID:r1FvB05s0
それでも手が足りなくなったら、元勲終了の代わりにローマ研究者大量転生という事で。

419無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 22:50:05 ID:Vw3Z4rBE0
          , <: : : : : 八リ: : : \    ,
         /: : : : : : : : ム{: : : : ミー==イ
.        /: : : : : : : : :ソ  i!{: : ハ: : ̄: <
       /: : :イ{: : : ノ‐- , {ト: : : : : : : : ヽ`
       ,′: :八:イrテぅェ、 ` 'ヘ斗+-i!: : : ハ ヽ
      j: : : : 」:八! しン    テ示}!: : : : ハ}
      八: : : l ヽ:{`       , しン リン}: : j! }
    , イ{: : : : : `八     ,  _    /イリ乂i/
      {ヽ: : i{: : : :∧       ノ: l: 才:ハ
       ヽ{ヽ: : : : l ヽ _ , <}: : リ: ハ:}ヽ!
         ` ートハ!_ _/ ヽ_ノ:_: イ-'ー- 、
            'イLiiヽ  /l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ハ
           /:,イ:i:i:∧/:.:.:j:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       , ィ:.:.///i:/ /:.:.:.<:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       j:.r:.:∧/:i:イ/:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !/:.:/ 'y´ /:.:.:./jヽ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ノl:.:.:.l ヽ/ !:./`´:.:/_/:.:.:.:.:.:/

方針

・他文明の発展抑制

・自文明の発展

ローマでも転生後でも、佐々木王の方針は終始一貫している。

シド星に生きる者としては至極当然だ。

ちなみに原作シルフィアも同様である。

黒だから似たもの同士というべきか、

あるいは賢者は同じ結論にたどり着くというべきか。

420無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:00:04 ID:Vw3Z4rBE0
      . :<: /:ヾヽ: : : i: : : : : ヽ
   . :< _/: : /: : :V`ニニ=―: : ∨
/´   イ: : :/: : : : ∧: : : i/iヽ: : : : :∨
    /: : : :{: : : : :/ V: : :iヾ _,斗セ:∨
.   /: : : :イ: : : : /__ l:V: 斗七zf≠zx: ∨
  /: : :/,!: : : :イ´z、.i:iV: :.i '' し:::::ハ ヾ.∨
  /: ://,イ: : : /ハ伐} i V: :i  |:::::::::}  〉∨    /
 //  i/ i: : :/ iハL::|  ,.-.、 |::::::::ノ    丶   {
 ´    i i .i: :/ .|( ソヽ{  ) ヽ-'      \  .l
      i i i:./  く    `ー'        /∨\!
    i i  i/               /   ∨:i
    //      ー  一           }: i
   //       ヽ             ´ v
   //                        |
  〈〈         ー   -┬         |
   ヾ              [二二二ニニニニ
    ヽヽ    /,、ヽ     |/,、\ー―――
      \\ / /  \\   //  \\

だがロバートさんは若干異なる。

ロバートさんは黒の佐々木王やシルフィアと異なり、青だ。

勿論、青と黒は友好色である。

だから他文明の発展を抑制することに反対というわけではないし、

自文明の発展には大賛成だ。

・・・ただし、【優先順位】や【程度】が異なる。

ロバートさんにとって、

最優先の課題は自文明の発展であり、

他文明の抑制は「身内のわがままにつきあっている」という程度の話に過ぎず、二の次三の次だ。

何が何でも達成しなければならない目的というわけではない。

故に、「自文明の発展のために他文明の発展が必要」であるならば、喜んで他文明に塩を送るだろう。

そしてそれは「損得勘定で仕方なく受け入れる代償」というわけでもなく、むしろ喜ばしいことだ。

青は白ほどではないがどちらかといえば全体幸福を望んでおり、

自文明だけでなく他文明が発展して幸せになるならそれはそれでうれしいのだから。

ゼルグラッド問題も、今回の研究者スカウトも、

ロバートさんのそうした青的価値観が背景にある。

421無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:05:30 ID:Vw3Z4rBE0
                ,
              ,:/
             //
              //
            ; { ,、
            」{/: :\ー--: . .
         <: : { i!∧: : : : : : : : : :>
      /: : : : : : :!i、: : : : : : : : : : : : : ヽ\
    //: :./: : : : : :iヾ 、: i: : : : :ヽ: : : : ハ: ヽ
   /: /: : /: : : :/: ∧ヘヽ 二ニニ=-: : : : : ハ: :ハ
  /: /: : :/: : : :/: /  ∨: :i∧: : : : :ヽ: : : : :i、: ハ
 /: イ: : :イ: : : :/: / U  ∨: iヽヘ: : : : :ヘ: : : : i∧: ハ
// i: : :/i: : : :ム斗七て V: :i ヾ ー--zx_: : iハ\}
   i: ://,i: : :イ: /  _  ヽ: i  _ヾ: : :ハ: : : i/∧
   i:/l//i: : :イl' z=≠≡   v  ≡==zz i: : :.i マム
   l l/ i: :/ハ    , - 、 __ , -、    /∧: i   v
    </,i/`ハ ̄i  ヽ ノ 、ヽノ u  ハ ノi:.i
     l\/77 \ i u          ー<_v
    ,.!  \   >   ⊂ つ  < ヽ/ .|
   /    \    >  _ イ   /   ヽ、
   l , - 、    \ ヽ     / , <   , -、 }
「どうしても、ダメですか?」

「僕が監視してます。里人が裏切ればすぐ粛清できますよ?」

ロバートさんにシルフィア政権を支える意思が無いわけではなく、

自国民と言えども無条件に信用しているわけでもなく、

対策を何も考えていないというわけでもなかった。

国益を考え対策も施してるんだから

魔力鎖の秘密を自国民に教育するくらいは良いだろう?というスタンスである。

黒とは異なり、だが黒に歩み寄る姿勢が無いわけでもないのがややこしいところだ。


            __    __
         _. - '´       .::::::::::` 、
        , '´            .::::::::::::::::`ヽ、
    /              .:::::::::::::::::::::::ヽ
   /                   .:::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ./           .:::::ト、    .::l::::::::::::::::::::::::`、
  ,'   i      i   .:::/ ヽ   i .:|:::::::::::::::::::::::::::!
  i !  |l      |   .::/   `、  | .:|:::::::::::::::::::::::::::i
 .| |   |」_ ./| .|  .:::/ _,.. -‐十 :.| !::::::::::::::::::::::::::::|
 | ! .| .| `メ┼/| .::/ "     ヽ ::.! .|:|::::::::::::::::::::::::::::l
 | l .! l/  |/ ! .:/    _===、ヽ:! :|:|::::::::::::::::::::::::::::|
 | i |l |イ子ミN l./   " F';;;;;:::ヾ/ :|:|`!.::::::::::::::::、:::::|
 .| ヽl ! | 弋;;::::j ′     辷;;::;チl  ::|:|.ノ:::::::::::::::::::lヽ.i
  l  `ヽ!   ̄            ̄ i i .|/:::::::::::::、 .:::::| |i
  !    ハ    ′         | l |.:::::::::::::::lヽ::::| l|
  ヽl、 l  \    ‐ --‐'     | | |:::::/|::/|::| ∨ ′
     \|ヽ  i `        , '´ !,イ .!ヘ{ l/ .l/
       ヽ/lノW ` ー-‐ i´    / ! .|
        _  _ , -‐ノ       l/‐-、

「ああ、この技術のインパクトはお爺様が考えている以上に大きい」

必然的に、原作でそうであったように、

シルフィア佐々木とロバートの意見は対立する。

422名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:10:07 ID:DzWyD4zs0
粛清すればよしと考える事自体甘いな!
どうせローラーとは流出するくらいでもしなきゃしきれない

423無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:11:44 ID:Vw3Z4rBE0
      }:.llヽ、             _
     ヽヽ::.:\     _,.. - ''"´   `ヽ、
      }:ll:.:.:.:.:.\__,.. ´           `ヽ、
____l:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:\      ______   \
ヽヾ、:.:.:.:.:.:.ヽヽ:.:.:.:.:._:.:.ヽ,, -77////-、-、////\    ヽ
 \:.\:.:.:.:.l`ヽ、  |  \`ヽ、 ̄/_    V////>,   ノ
   `ヽヽ:.:.:|   } !  /ヽ、  ∨ / `ヽ、 l ̄`\ ̄´-、
      ̄}:.l  ,イヽj/:/: : : :\_j/: :l: : : l\!_,. - >   \
       ソ/ /: : /: : : : l: : : :l:,.:ィl七:´!: : :l: : : :l ヽ、_/´`}
      <   /イ: :./: : ,l--A: : : ゙、:l,.. ュtォァ: :リ: : :イ: : : ヽ、_/
         \__l: : :l:イ: : :、: ィュ、ヽ:リ/弋z(ソイ:/: : :/: :}: :':,: :ヽ、
        ヽ_ゞ: l: :ヽ、: : }弋j ,     ム_:,:イ: /: : : }: :ノ }
           从ト、: :ヽ:八   -   イl: {: /:./: :,イ人:{
            /: ゝ:リ: l: :`T: : ーュ''´/`ヽl:./{: : l{:l リ
               _ {: : lヾ、:{メ/ ̄|/  /フ´  ヽ、ゝ、 -、
          ,..::::/ ,ヾ:ゝ ミ/,r7/}:l  /オ       l__\::...、
        /::,イ /   / {//ノ l/,{   ,.-‐-、/:.:.:}、.\::`ヽ
       /:::::/:::| {  l  //:.:/:.:.l  / l   >:.:.:./ヽ、:.}/.  ',::::::::
     /::::::::/:::::::, l ,....:.:´ ̄:.:.:.:.:/  ヽ ヽ { ̄´ /_, イ    l::::::::
    /:::::::::::/:::::::::-/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    `ー-=====-、'´   ∧::::::
  /::::::::::::::/:::::::::::::::`ヽ、_:.l-、/      / l   ヽ  >  /::::ヽ::::
,/::::::::::::::::::/,:::::::::::::::::::::|  | o          `ー'ー''´r-'´、_ノ::::::::::\
::::::::::::::::::::::/   ̄ ̄ `ヽ|  |          /  |  |、::::::::::::::::::::::::::::::


原作では、幸か不幸か、シルフィアには損得勘定だけでなく感情論もあった。

・愚民共が自分と同じ高みに至るなど許せない

というプライドが。

感情論を理屈で説得することはできなかったが

故にこそ、ロバートさんはプライドをくすぐる感情論をもってシルフィアを説得することができた。

・偉大な女王の庇護下にある臣民が他文明と同程度で良いのか?

・偉大な魔法文明を率いる女王と成ればシルフィアは更なる高みへと至れるのではないか?

と。

だが佐々木王にはそういうプライドはない。

国内での権力にはきっちり固執しているが、

それ以外の点において、たとえば魔法科学の恩恵を王一人で独占しようとは考えておらず、

広く民草に分け与えていた。

故に、原作のようなロバートさんの説得も通用しない。

424無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:15:03 ID:Vw3Z4rBE0
.          /:,':{ ,...、  . : ≦:z:_:_:_:_:_: : > '´
        {: {〉7: : :``: : : : : : : : : : 、 ̄:≧: .
       イ',:V {:,、: : : : : : : : : : : \: \: : ヽ: : >:.
     . : /: :ヾ: :!:``: : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: : :\_: :
  . : : :イ: /: : : ヾ|: : : : : : : : :\: : : : : : ',: : ヽ: : : ヽ`
. : '  /: : ; : : : : :/{ヾ.、:l: : : : : : : ヽ: : : : : :}: : : ',: : : ',
   /: : :{: : : : :/ !: ヾ\: : : : : : : ',: : : : :.l: : : ハ、: : :
   /: :イi: : : : /  !: : iヽ 二ニ=-- :',: : : : i、: : : :',ハ: :
  /: イ/,i: : : :/、  i: : :i マヽ: : ;.斗キ: : : :iム: : : :',∧,,
  /:' i/,i_人_ハ .弐ヽi: :.、i_ ィ≦=ャ、: : :',: : : :i,∧}\:.∨-
  '  i/ i:.Y:.{ ハ{ レ::}`il’,: i  し:::ハ`ミ、:.',: : :i¨ヽV }\マ/
    i .!: :从ハ弋,リ、_ ヾ_ 弋::::ノ ´ ` ',: :} } }/ノ////`
       ', {  `i ( ノ, `( )      ,.  ', i 'ノ////-=∧
       v  .八          / 厂ィ`  マ// / }_
           ヽ   マ  、    イ/イ    //   L` 、
          />- ― -、 イ /イ/   //   '´  {
         ,」/  __   ヾ く// //     _  l
        /イ  ;  `ー二ヽ_「ノ,zニ二 ≦ _ -  ̄  ヽ .{
       /  {  :  _  」 } }//◎ _ -          \

「・・・シルフィアが嫌というなら【里人への】教育は諦めるしかないですね」

故に交渉は決裂!

しかし故に、ロバートさんは原作ではちょっと考えてすぐに捨てた危険なアイデアを

真剣に考え始めてしまった!

(・・・なら、【外部の人間に魔法教育を施しましょう】か)

(僕は無数の霊体。その気になればシルフィアとは無関係に独立した共同体をこっそり運営することもできますし)

425無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:17:02 ID:Vw3Z4rBE0
             __
.          . : : ´: : : : : : `: . 、
        〃: : : : : : :.´}: : .、: : .
.       //: :/: : : : : :|: : :.ハ: : : :.
      //: :/: :/: : :.:/V!ヽ: }: :|: :}
.     /:{: : {:/丁`/ ´丁iⅣ : |: :|
  ー=イ |i: :.:.f| {化リ  化リ从 : |: :|
    {:八 : 人   '   人: :イ: リ
        八jⅥ≧ァ吊r≦/: :.:.ル'
             Y/ニニヽ}ノイノイ
             {|:::::::::::::|!
.            入rzrz人
            ゝ=t==t=イ
              |_|_|
               ヒヒソ

(ハーミットパープルとドラゴンズドリームを使って地脈からロバートさんの思考を読み取り)

(オーバーヘブンを振りかざしながら)

(ザ・ワールドで時間停止しつつ)

「・・・どうしよう。スカウトしに来た人間に本気で殺意を抱いてしまった」

426名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:19:06 ID:UbxxzON20
痛くなければ覚えませぬ
ロバートさんにはどこかで痛い目見てもらわないとダメだな
もちろんこちらの制御下で

427名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:19:58 ID:DzWyD4zs0
文明の進歩に犠牲はつきものだけど、何を犠牲にしてしまうかもと考えると仕方ないと思うね

428名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:20:59 ID:r1FvB05s0
やはり集団転生しかないようですね(白目)

429名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:23:33 ID:DzWyD4zs0
白青な人だからね、二つ混ざると水色になってしまう
水はつかみどころがないから、制御もむつかしかろう

430名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:26:35 ID:r1FvB05s0
>>426
無関係に独立した共同体(中身はローマ転生者)に、ヴァンパイアの里を滅ぼさせるとか?

431無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:29:57 ID:Vw3Z4rBE0
>>426
>>430
              . へ _
                ノ: : : : : : : : : :0o。.
           イ: : : : : : : : : : : : : : : \
_____ .. イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : >    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨  ・ 、j
γ⌒ヽ_ ノ:ノ                  \     _
匁_ ..人: : : :/      , .―~^ー .._         :.  .|! 〕⌒)
      ソ    rチi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/{i:i:f:~、    〕  |! ん ∧
      /   ,ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ 'i:i:i:i:i:i:i:ミ.  _, イ{   } /
     {  .イ:i:|!i:i:i:i:i:i:i:i⌒ヽi:i:i:i:i:i/ ,.::マf:i:ミi:i|i:ム人ヽ ju   く
     \{i:i:/i:i:i:i:i:|!i:i:/i:i:i:i:i:i彡"    ヾi:i:i:i:|i:i:i| <_) _ノ ̄ ’.
        /i:/i:i|i:i:i:i:|i:佐サキ^'        \i|i:i:i|ム ⌒ヽ
     /i:ィi:i:小i:i:ムj弋__.ソ      佐サキ }:!i:i:li:i>- .     〟
    ./i/i|i:i:i:|i:iハi:≦ ::::::.    .  弋__.ソ_.ノi:i:i:/:i:j    :.
    /i:i{i:i:|i:i:i:i:i:iム.j        ′  .:::::/i:i:i:i:i/i:i:i:}     ,
.   {/{i{i:i:|!i:i:i:i:i:i:i从     r~,   {i:i:i:〃i:i:i:i{    :l  :.
     Ⅶヾi:i:i:i:i:i〃i:i:> .     ¨   ノi:i:/i:/i:i:i:i:/    |  ,
       〝ミ^^γ⌒ 人> ― ィ≦i:/i:/〕i:i/
           _ノ     ~~ミ  _ .j-  ヽ{i/            :.
    γ  ̄: : : :^~ _      〕     }.、.-― -  _ /   :〟
    ./: : : : : : : : : : : : :ミぇ_  人 _ ,ぇチ: : : : : : : : : /⌒” ̄ :.
    ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : :{/: : : :/     _:。
  厂: : : : : : : : }: :/: : : : : : : : } .   .j: : : : : ゚。: : :〔    /     ゚ .
 ノ: : : : : : : : : : :,/ : : : : : : : : : } >‐彡: : : : : : ゚。: : :}   }           |
"  ̄  ー - :/: : : : : : : : : : : }    { : : : : : : ゚。 {    、
         ヽ : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : : : : 。 : 、    ー― ┬   彡

「うーん・・・困ったことにロバートさんの統制は」

「完璧ではないけどそこそこ完成度高いからね」

「千年万年程度では破綻しないだろう」

「ローマ規模だと、億年単位だと怪しいが」

「かといって意図的な破壊は望ましくない」

「発覚したとき恨みを買う」

432無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:30:43 ID:Vw3Z4rBE0
>>427
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' i -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    i  i.ト ●    ● ! !ノ、i i
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 i
.  /⌒ヽi;!l|ヘ  ゝ._)   j ! /⌒i /
  \ /゙:::゙-~>,、 __, イァ/  /,'
     ゙、:::::::|>,、,、,、,、,、<|{ヘ、_∧
     `゙i ,:::::::::::::::::::::::リヾ::::ノ

「さすがに文明そのものが代償になりかねないとなるとね」

「カストゥールみたいに」

433名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:31:55 ID:cgT.FRaY0
ロバートが育てた外部の人間が残酷な結末(隠れ里に攻め込んで大被害とか)を迎えれば学ぶんじゃないかね

434無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:34:44 ID:Vw3Z4rBE0
>>433

                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',


「それはアリかな?」

「まあロバートさんの統制を外れはしないだろうけど」

「ロバートさんが粛清せざるを得ない確率はそれなりにある」

「大お爺様は研究者であって僕のような政治家じゃないからね」

「試して見てだめなら集団転生で、って方向で行こうかと思うけど」

「どうだろう?」

435名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:37:25 ID:cgT.FRaY0
しゃーない、黒の合理性を知るのも大事だ
ロバートさんも失敗から学べる能力はしっかりあるんだし失敗してもらって影からサポートしよう
スカウト後にも経験が役立つだろうし

436名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:37:30 ID:r1FvB05s0
そうしましょうか。

この際、円満にスカウトできるなら元勲ゲー終了も覚悟しておきましょう。

437名無し-Red-市民-2:2018/01/01(月) 23:39:36 ID:DzWyD4zs0
技術を独占するためという大義名分で隠れ里攻撃も出来ますから、さらに残酷に!

438無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:45:55 ID:Vw3Z4rBE0
>>435
>>436
>>437
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「そうだね」

「原作シルフィアさんの代わりに」

「誰かにやらかしてもらおう!」

439無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:48:57 ID:Vw3Z4rBE0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

とはいえ佐々木王は見守っているだけだ。

監視し予測はしているものの、それ以上は手を出さないでいる。

「究極的には油で染めればスカウトはできる」

「けどそれは洗脳が解けた瞬間に反逆する信用できない人材だ」

「だから極力誠意を持って。普通に仲良くなってスカウトするのが理想だ」

「少なくとも真相が発覚したら恨まれるようなことがあってはならない」

「だからロバートさんに対してはなるべく身綺麗に。こちらからは裏切らないように。恨まれないように。手は汚さないように気をつけよう!」

440無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:57:32 ID:Vw3Z4rBE0
      /   ,
     l、イ . :/ __
  _ . :ァヽ!: : : : ̄:-<
 `ー/: : :ィ 、、_: : :、: : ヽ>: .
  /:/: : :/ Vーニ=-: : :ヽ\ー`
. /イl: : /ノ  V{ヾ:`ヽ: : : i: ハ
 l/l: イ ● c=o ●λ: :iliヾ',
  i;/_!⊃ 、_,、_, ⊂⊃V i `
    ヘ       /:j v∧
    /⌒l,、 __, .イァト|/_¨
.   /  / .|;l|l;;/ //  ヽ`l
   |  l ヽ∨ / l     |/

「それじゃあまあ、こっそりと魔法教育を施して研究を進めますか」

「最終的に里に還元できれば問題ないでしょう」

ロバートさんは原作でこのアイデアを考えたとき、

シルフィアとの「軋轢」を心配していた。

完全に裏切る気なら軋轢を心配する必要はないし、軋轢じゃあすまない話でもあるので、

少なくとも完全にはシルフィアと絶縁する気は無かったと思われる。

おそらく、魔法教育の成功を持ってシルフィアと再交渉するつもりだったのだろう。

ならば里のために技術流出を抑える必要性は依然として存在する。

・・・まあそれに、ロバートさんも我欲が無いわけではないし、外部の人間をまるっきり警戒してないわけでもない。

仮にシルフィアを裏切るつもりだとしても、やはり自分の優位を守るための機密保持は重要だ。

だから魔法教育・研究機関は、里と同じく閉鎖的な共同体として作る必要があった。

441無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/01(月) 23:59:57 ID:Vw3Z4rBE0
                               /  ,
                             / イ/  _z=-―ァ                 ,、   _
                           、 / /_ イ-'"_ <ニ=-                 } |  / }
                          l V{// -‐'" ー - 二二ニニ=-       ,..、   ,' l / i
                         , ィ {{ _      ` 、  \ニ≧=-        ', \ノ  ` ./}
                      _ ...イ, ' ィ  i!| ヽ    \ ヽ    \          \      ;
                       7 イ  ハ!ヽ、_ \   ',  \-z   \         ヽ    /
                       // i  /、 ',`ー二ニ=-  ',   ヽ  ` ミ\       /    /
                       /´ i/i  j「价、', Vヾ  ム  }\   マ`、 ヽ`     /     /
                        l .i ハ ヾン ヽ{\ヾヽム .ト、ハヽ ∨ヽ``ヾ   ,"´     /
 ,- ― - ァ、                  i ;. ハ  '  `  ` t-ヽ} iヽ} \マ_z=ァ..,/
 `ー―く/ ヽ                    \ ´`   イ/´ l∨´  ̄  ∠´==ォ    /
    _=-'"´  V                     ー イム-―'"         }.},.. - '
  (´」_,.. へ  丶_               z=x-' ̄ ´   V       }     }.}
r-'"´ _ /   i  `` ―-- ......      {{_>ヾ__    V      : .:    }j
`ー'" /  / /            ̄` ´ ¨  └―ァ/    } /     :ム-―´┘
    (__ イ _ イ__                   「i-'      ;'      l
     `ー'´     ``  ―-  _      _..,,-} }   ,  ノ       l
                      ` ー-'" ヾ  } }_ イヽ´       i_
                            ヾノ   ',    ヽ    / l
                                 V    `ー   \
                                  ∨          \

では閉鎖的な共同体を作るにあたり、

住居等や農場や研究所等のインフラはロバートさんやアンデッド労働力で作ればよいとして、

肝心要の人間はどこからどうやって持ってくれば良いだろう?

当座はシルフィア佐々木王に秘密なのだから、里はダメ。

といって完全に外部から拉致すれば恨みを買うかもしれないし、発覚のリスクもある。

442名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 00:02:50 ID:7EC6Qj5s0
魔王教とか精霊教から連れてくるかな
一番後腐れ無さそうなのは魔王教だろう

443名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 00:03:44 ID:eSnOekLo0
元々閉鎖的で、肩身の狭い人間たち…魔王教信者っすか?

444名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 00:04:49 ID:.FX85KDg0
そうだ、佐々木王を教育しよう!

445名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 00:07:38 ID:eSnOekLo0
精霊教の方は世界樹も関わってるから、秘密にしにくいはずですし。

446無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 00:11:21 ID:AMW/bbls0
>>442
>>443
>>445
                         / _. . .-―-. . ______ _
                    r‐…‐- 、{{'´: : : : : : :`゙'<    //
                  \`ヽ /ヾ: : : 、.: : : : : : :.\/ :/
                   \/: : : :∧: :ハミ=‐-: : ト、 /
                     ,'.: .: .:/ {: :.|斗‐-ヾ: : :i: ∨',
                     и: : /⌒゙乂{ x≠ミ从: l: : : :′
                        |ハ::小x=ミ `  ヒりXリY: : : : ,
         __          ∧:ハ''' r ┐''' ,ィ-'.: : : .:.′
        } ̄`ヽヾへー-‐…'''¨ ̄`ヽ≧=-=-=≦、: : : : : : :∧
         |[]   }[]            } / / ./  〉ー-、: : : :.∧
         |     |       /    //_厶イ  /   ∨: : : : : .
         |[]   |[]       {:   / ̄   ,..<,...-‐…}:. : : : : : :.
         |     |       \. 厶-‐<  ./     |: : : : : : : :.
          乂_   乂_ = =  弍:::::\  ./       |: : : : : : :i: :.
            `ヽ   ̄¨''…―- ∨:::::::\_{       |: j: : : : : | }:}
             人_ = =    _/::::::::::/∧         V: /: : : :| jリ
          /}`ヽ/:丁:77¨ ̄√¨`ヽ::::{::/         ∨:./:. :.j
            / :|__二二/   ./     ヽi/           ∨.: :./  _
.          〈 :∟._   ∧ __{_    ┴…┐        \/ //}
           \  `丁∠´ :;:;:;:;:;:`ヽ、 /_/   ‐--‐      \{:{/____
            \  :l ./ x-‐+、 ;:;:;:;:;:;`¨''‐-`ヽ             `゙'<ノ
             \:! {/   |: \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∨         ,.-‐‐}-==
.                |     :|:  \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/         〃/  /\_
.                |    :|:     `ー+-‐=≦\ = = ∠斗‐'′   ̄
.                }      |       |      `ー--‐=´
.               x=ァiー----‐|ー‐---‐‐ト、
.           / 〃| = = :l= = = :!ヾ}}
            〃 :|    ::|      |〃}}

【シルフ】

然り!どの道ロバートさんの手足は「アンデッド」と「精霊」だけだ。

ならば、アンデッドや精霊で無関係な人員を拉致するよりも、

魔王教や精霊教経由で信者を連れて行った方が安全だし確実だし効率的だろう?

447名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 00:15:33 ID:W/U3yK4A0
加えて魔王教なら隠れ里に攻め込んだとしてもなんの不思議もないな

448名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 00:36:13 ID:eSnOekLo0
絶望や恨みを抱えた人間が、特別な知識を得ればどうなるか…選民意識をこじらせるな。

449無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 00:38:34 ID:AMW/bbls0
      _ i'i,,,/7-、,_
     ヾ、゙ヽ ゙' '/彡
     =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、
   ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,
  ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_
  '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ
  l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙
  Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ
  .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,
  r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ
  ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉
  r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_
  .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ
              ゙ー゙´

そして精霊教と魔王教

どちらの方が楽かといえば魔王教だ。

元々魔王教は秘密主義だし、

ロバートさんは治安維持もかねてこっそり悪人や魔王教徒を殺してアンデッドにしている。

その一部がアンデッドに成らずに魔法教育を受けていたとして、誰にもわかるまい?

人間社会からも、シルフィア佐々木王からも、

発覚しにくい位置の人間なわけだ。

450無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 00:44:32 ID:AMW/bbls0
     _ ∧_        _ ∧_
     \  /        \  /
    <   >       <   >
     'へ へ'         'へ へ'
.      | |           | |
.      | |           | |
      ,|_|,   ≪,.--、≫   ,|_|,
     l -|    /,.--.ヽ    |- l
     |lll~'H''l"~|| ◎ ||~"l''H'~lll|
     / V .| ヽ ヽ.=/  / | V ヽ
    lヽ_/ /  l \_ニ_/ l  ヽヽ/l
    人_ / ,l    ロ   l, ヽ_人
    //   Y  /l∧∧l\  Y  ヽヽ
   //   |  l∧,、¬,、∧l  |   ヽヽ
   ヽ/⌒/____   ̄   ___ヽ⌒ヽ/
      <二二)'ー--ー'(二二>

加えて言えば、魔王教には元々最低限の魔法知識とムスクマロイを与えて

「古代魔法」が使える工作員として活用していたという経緯もある。

ここに少々魔法教育を追加したとしてもあまり変わるまい?

既存の流れからあまり変えないというのは、ミスを減らす意味でも、

発覚を抑える意味でも、そして発覚後の言い訳としても悪くない手段だ。

451無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 00:46:23 ID:AMW/bbls0
>>448

                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『だけど、ああ、そうだね』

『魔王を、人類滅亡を信仰するほどに絶望した人間に』

『特別な力を与えたらどうなるかな?』

452無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 00:50:05 ID:AMW/bbls0
                   ,         /|
                   //      /::::::}
                /:::/   _....:::´:::::::::/______
                  |::::{ _...::´_::::::::::::,..:´:::::::::::::::::::::::::::/
               __{::::|':{::::::::::\:::::::::::::::--―=ニ二 _
         _......::::::::::::::丶::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
.       <::::::::::::::::::::::::::::::{::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        >:::::::/:::::::::::\:::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
.      /:::::::/::::::::::::::|::::::::\:丶:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\` 、}
       /:::::::/:::::/::::::::::::|!:::::::::::::`::...__:=-......._:::::::::::::::::::::\::::::\
      .::::::::::/:::::::/:::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::|::: ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\
   /:::::_:::/:::::::/::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::ト、::::::::::\:::::\:::\::::::::::::.ー- `
 /> ´ '/:::::::/:::::::::::::::/::八:::::::::::::::::::| ヽ::\:::}\:::::ヽ::::V::::::::::.
. ´   /:::::::/:::::::::::::::/::::::::/\:::::::::::::{  V::::ハ|  、::::i:::::|:::::::::::::∨
.     /:::::::/| :::::::::: /|-‐::7 ‐-\:::::::::.  ∨-‐ ¬ ‐-:::::|::::::ヘ\:}
     ::::::::/ .|::::::::::/:::|:::::/ __ \:::::.   __   { :::|::::::::::.
     {::::/  |:::::::∧:::|:::/r ´、_}心`  \〉 ´、_}心` t .V::|::::::::::::}
    |/   |:::::∧:Ⅵ:'  、 乂l汐 _    _  乂l汐 ノ ハ:|\:::::::|
    |    .|:::/  v:|∧      (__)⌒(__)       , /   \:|
.          レ'    }| ,∧         〈           /´__
             ´  、     _      _      イ:.、- 、` .、
                     >、      ̄ ̄     /..|:::::\ \. .ヽ、
                 /. ./:::....       , イ   |:::|` ー:/. . .i..\
                /. /:::::::::::::ハ` ー ´     .」ノ .〉: /. . . ノ. . ..}、
              /. /:  ̄ 7/レ|      _  ´  ム.'. . /. . .: : :.\
              {. . . \: : : : i>、 ̄ ̄ `i r ´_,。r<>' . /. . : : : : : : : :}_
           、. . . . .\: : |//777ハ, | | 「'///>'. ./. . : : : : : . . . . ..|. . . ヽ

まあ、今までも古代魔法という特別な力は与えられていた。

しかし、彼らにとって魔王の使いであるロバートさんが監視していたし粛清もしていた。

少々特別な力があっても魔王という絶対的強者の前では無力!

故に魔王信者の増長は抑えられていたし、

ある意味においては狂信的なまでに忠実で、秘密を守る上でも都合の良い連中であった。

・・・しかし、魔力鎖の秘密を教えるということは、

マッチポンプのからくりを教えることと同義だ。

絶対者と信仰していた魔王が、魔王の敵対者であるはずの精霊が、

単に進んだ技術を持っただけの詐欺師に過ぎないとわかったとき・・・

その狂信は維持できるだろうか?

453名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:01:02 ID:eSnOekLo0
「偽物の言う事なんか聞く必要はねーな。俺たちが本当の魔王になってやる!」かな。

454名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:02:56 ID:7EC6Qj5s0
種が割れたら詐欺師かよ、もう用済みだな!

455無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:04:45 ID:AMW/bbls0
>>453
>>454
                        , ィ彡}
                      /彡イノ  ト、  ト、
       ,r≠         (/i(___ ヾ\ゞヽ
     //  f⌒ヽ       ゙ヾ///////フナ////\
    '1!|{   ト、_____r≦i//////////////∧
      \\ `ー三三三ァ/////////////////////`ヽ
      `ーミ三彡//////////////////////////////∧         ___
    ニヽ   ` ̄{/づ/////////////////////////////∧       //// ̄
      ヾ≧x1__二ソi////////////////////////////∧     /////ー‐ァ
      !////////////////////////////i//|!////////}    /彡/////
      _乂//ト-=≦////////////////// | |/ |∨///// ∧  / ∠///{
    r=≠ \{  >//////////////////|_i|-‐|__∨/ r<//∧       `Y∧_
.     )爪ー=≦三彡///////////木ソ/////|ヒ弋ツノ }//} }///\     |// ̄
   //////////////////////// ///∧//|  ̄   |//|ノ//////\__ノ/ノ
   /////////////////////// ムイ}/  \ト、     |////////////// /
    / ̄ ̄Y////////二ソ//∧ | /   | │ \  |///////////////フ77ー彡
      /{_}/メ≠} /==フ人/{ ヽ ヽ_ヽ_'_/ イ//∧ヽ ̄: :==<三//////
    _i/二ニ-‐  ̄: : ::/イ: : ヾ\{∧`ー三─ '/人/ {: : l l: : : : : : : : : :  ̄: :==
     ̄ : : : : : : : : : // : : : : | ̄\. \   //  /Y : : ヘヽ: : : : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : / /: : : : : : : :|   ゝ、  ̄ /   / }: : : : ヘ ',: : : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : / /: : : : : : : : :i.0 ,イヘ  } /λ σ/  |: : : : : :ヘ ',: : : : : : : : : : : : : :
    : : : : : : : : : / / : : : : : : : : : |∨ ヾY三Yリ \/  l : : : : : : ヘヽ: : : : : : : : : : : : :
    : : : : : : : : / / : : : : : : : : : : |\  }三ミソ     /|: : : : : : : : ヘ ヽ: : : : : : : : : : :
    : : : : : : : / / O : : : : : : : : : |_ィ彡川川  //i! : : : : : : : : : ヘ ヽ: : : : : : : : : :
    : : : : : : : \\ : : : : r==≦彡イ彡イ彡イ     |: : : : : : : : :O: :} }: : : : : : : : :
    : : : : : : : : : :\\ : : }イ彡イ川{イ爪イ爪イ   / | : : : : : : : : : //: : : : : : : : : :

然り!

魔王教徒の少なくとも一部はそうして「魔王」に反旗を翻した!

・・・ああ、いや、そういう風に「前向き」な連中はまだマシかもしれない。

魔王教徒にとって、魔王は曲りなりにも「神」であった。

絶望的なこの世にあって、救いをもたらしてくれる唯一の存在であった。

だがその神もまた欺瞞であり、この世に救いは無いと知ってしまった時・・・

魔王教徒をさらなる絶望が待っているのだ!

彼らは絶望のまま、魔王すら奉じることなくこの世の総てを滅ぼすことを望む

自滅因子ミームと成り果てた!

456名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:08:01 ID:eSnOekLo0
そういえば、超高校級の絶望と同クラスの悪政情報だったっけ>魔王教徒

457無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:08:58 ID:AMW/bbls0
    _,. = -:::::::'' ": : : : : :::::::::::i             i i
 r='":::::::::;;;;;i:i:i:i:i:i:i::::::::::::i:i:i:i:::::i              ',. ヽ... ,,, _
: ∨:::::i:i::::::i:i:i:i:i:::::::::ii:i:i:::::::i:i:i:::/  __      ヽ.,__    `ヽ、
  ∨i:i:i:i:i:i:::::i:i:i::::::::::iiii:i::::::::::::,x'"´     `ヽ、      ` = 、  ヽ
___∨i:i:i:i::::::i:i:i;::::::::::::iiii:i:i:i:i∥     :::::::.. \          .}   ',
      ``'- .,:i:i:i:i:,::::::iii:i:i:ii;' _,,.............     \ \        i
          ` x:i:i:i;,, ;. -=''ヽ    ``''= ..,_ \ \     / ::
           \'´::: _,.=-i.,_       `'-、`''ーー '´ .:::
                ヽ〆::i i::.. `''- ..,_       `-., .......::::::
             ヽ: ::i ' ,::::::..   `''-..,_    \    ...:::/
  ::.   丶           ',:::::'.,  ::::::::::::: : :.  `-..,_   ヽ、....:::/
::.  ::.   \  :',  ',  : ii: : ::ヽ           \ ヽ  ':、
 :.  ::..   \..:i  i ..::i: : : : : : :         _,-i"  ヾ,_ `ーー
  ト 、  \   \..,i :::::i: : : : :..    ....   _,-'"  ミ:x  `' ---
  \\   `= .,_  `-= ..,_ : : : : : :   ,x::'"::::::::....  ::::::',...,,_
>≦,_>'二,,=-- .. ,, __ ,, .. =-  _,="::.,_ `' 、:::::.   :::',   ̄ ̄
::i ̄云" ̄:i ̄ii'''i" ト, ∨: : : : : :,.=<":::..   ヽ  ヽ;:::::.   ::i
',i. /乂__少 ノミ i.  i } i::i__,,..=''":|:::::::\::::..   ':,  ',:::   ::i
     '''"~´ i  ,'//::/  i i .i  ::::::ヽ;:.    i  i::::  ::i
}           /i.__i /::/ : i i  i,   :::::::ii    i  i:::   :i
!   _,.ィ  /:i |iiii}V    / i:.  ト、  :::::i    i   i:::    ',
__'''ニ-:,r:.、,.イ:/∧''' .∨ ::::  ::::. ',ヽ、  :::i.    ,'  .ト、:.   \
 ̄ ̄'弋、)x// i:',  .∨ ::::  ::::. _,rx \ ::i    i  { \::..    ̄
  . /:\ \ i::',  ∨:::  V´ 《/ ,  ヽi    i  \ .`'- ..,,_
::{iiヽx、 :|::ヽ  \::::',  'v::::....i  i  ヽ  ∨   ∨   ヽ、
::丶-' \::::::'x  \i,   'x:::i  .{   \ ∨   ヽ:..    ヽ
,,,,,,,`ヽ,  ヽ、ヽ,      \.  ',_    \ \   \:::.   ∨
,.=ニ::;;'":ヽ._.  `-'          ',ヽ、    `ヾ`'-..,  ヽ:::.  ',
ト=,_ `' - ..\              i  `=::.,_   ヽ  ヽ、i::::.  i
  ` '-..,_  ~             i;;::::.  ヽ \   ',  '|ヽ:::  :i
      > 、                i `ヽ,:  ',:::ヽ  i    }::  i
        |: \          ヽ:::::::::∨: ',:::::',  :i   /:: /
        |  |\_         \::::::∨ i::::::i  i  /::/


・・・そこに広がったのは、ローマ本国でさえ想像し得る最悪の一歩手前であった。

サーバルのように感染拡大していく自滅因子ミーム!

しかもそんな自滅因子ミームの手に、魔力鎖理論が握られているのだ!

ローマ本国に発生した超高校生級の絶望が神座を手に入れる・・・というk-クラスシナリオでさえこれに比べればまだ「マシ」だ!

458無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:09:13 ID:AMW/bbls0
>>456
はい

459名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:11:25 ID:eSnOekLo0
これ魔力鎖を通じて、悪政情報が他の世界まで流出しちゃうのでは…

460無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:13:31 ID:AMW/bbls0
>>459
                    -―‐ -
                  . ´: : :.:.:.:.:. :. : : : . . `  、
           / . . : : :.:.:.:.:.:\:.:. :. : : : . .   ヽ
             / . . :.:.:.:.i. . : :.:i. ∧:. :. : : : . . .   ヘ
         / . . : :.:.:.:l!: :.:.:.:.|: | ミ:. ヽ:. : : : . . . .ハ
            ′ . . . : : :.|l. : : : l! |  ヽ _:ハ:. :. ノイ :.
         i . . .:.:.:.i: :.:.l !. : :.:.|l |` ̄ ヽ |'. :|:.:. :. : . . :.
          //: i : :斗七爪: : :.ハ!   _}ハ:.:.|:._:. :.:. : .ハ
        ノイ:.i | i : :|: :ハ ヘ:./ ノ〃 ̄ ̄从r ヽ:.:. : i ∧
        ハ N∧:ヾムィ⌒ }'         ハ! ) } .:i: |/ト\
           |小 ハ小              |: :jニ ':i :| ハ !  `ヽ
            ハヘ:ハ       ,   / イ7:.i:.∧ハ{ }'
             i: ∧ i ヽ ィヽ `    .イ . :|:l:イ/ }
             |/ 从: / ‐ァ〉、 ‐ <  ! i:.:|/ノ'
             {   /¬_/ ム┬‐' ノイ:.:ハ: : :⌒ヽ
                {入}_ノ イ : く___ハ/: : : : : : : }
             「ー―  7:イミ〃ミ〃ミノ /: : : : : :/
    ┌───────┬┐:` ̄ ̄ ´ /:. :. :. :.:/
    │              ││ : : : : : : /: : : : : :/
    │   P   C     ││:.:. :. :. :./: : : : : :/
    │              ││ : : : : /: : : : : :/

つ干渉遮断フィールド

「そもそも総ての世界は遮断されてるよ?」

461名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:18:10 ID:eSnOekLo0
魔力鎖理論で、干渉遮断フィールドを壊されなければ大丈夫、か。

462名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:18:47 ID:7EC6Qj5s0
もしかしてフィールドが無かったら多元災害になりかねないレベルかこれ

463無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:20:05 ID:AMW/bbls0
>>462

               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「いやだなあ」

「多元宇宙レベルどころか一連次宇宙規模だよ?」

464名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:23:31 ID:7EC6Qj5s0
魔力鎖ミームによる情報災害だから地脈を通ってマクロ球全域に届くのか…
リアルCivでの螺旋力事故を超えてるぞすげえ(白目)

465名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:23:59 ID:eSnOekLo0
魔力鎖はアザトースの構成要素で、どこにでもあるからなぁ…。
というかアザトースちゃんが汚染されるような気もするが、アザトースちゃんは元々汚染されているから大丈夫…?

466無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:25:15 ID:AMW/bbls0
>>461

                    ,.. . . --. . .,
                      ,. <. . . . . . . . . . > 、
                /. . . . . . . . . .i . . . . . . . ヽ
              /: : : : : : : : : : : :j!: : : : : : : : :ハ
                  ,: : : : : : : : : /: : ;ハ: : : : : ヽ: : : ハ
                 ,′ : : { : : : /: , く_ ∨: i: : :ハ : : : ',
                 /: : : : :j!: : : :i:/_二、` ',: :l:、: : :',: : : :!
             / : : : : rイ: : : j{ぃう`゛  ヽハ,}ヽ: ! : : l
            /. : : : : :i、 ', : : i `゙ ゚     イうヽ}. . .ノ
          ーイ. .{. . . . :ヽr、 ハ      .: ヾ' /ノル八
             ゝ. ヽ. . : : : ! ヽ.ゝ 、   ′ /: : :j : l. }
             ` ヽト、:rく   ` 、 ` ´ ,.<: : ;ィ: ノ.ノ
               ,イ:〈  ` 、  fくィ´ル'イr ´/ ´ ´
              /::l:::ハ、   rYヽ}:ヽ
          _,. <:::::::::i:::::::',ヽ /∨//!,ヽ::\
         /:::\::::::::::::l:::::::::', ヽ Y∧ ! l:::::ヽ:.、
        ノ:::::::::::ヽ::::::::l:::::::::::',  \l:/∧! !::::/::::∧、
        j:::::::::::::::::::',::::::::`::<::',   ヽ://j i:::ヽ::::::::i::ヽ
         /::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::/::ト 、  ヽ/! i:::::::`!::::i::::j
      /::::::::::::::::::::::::リ:::::::::::::/:::::::', ヽ   `f j!::::::::i:::::l:::′
.     /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::i  \   ,イ:::::::!::::i:;′
     /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::ヽ::::::::::::',   \ ノ!::::::l::::::!
.    /::::::::::::::::::::/ ∨:::::::::::::::::ヽ:::::::::i     i::::::i::::::l
   /::::::::::::::::::::f    ∨::::::::::::::::::∨:::::!       l:::::j::::::!
.   {::::::::::::::::::::::::ヽ   ∨:::::::::::::::::::ヽ:::i     l:::,':::::::!
   ヽ:::::::::::::::::::::::::\  jヽ::::::::::::::::::::ヽj     !/::::::::l
      \::::::::::::::::::::::::`く:::::::::::::::::::::::::::::ハ     f::::::::::i
      \::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::l      l:::::::::::!
.         \::::::::::::::::::/ィヾ!::へ::::::::::::::l     !::::::::::l
            \::::::::::i/ /:/:::::::::::::::j      !:::::::〈:}
         /::::\::::!jr'::/::::::::::::::::::::リ      l:::::::::ハ
            {:::::::::::::`v::´:::::::::::::::::::::::::,ヾ     j::::::::::∧
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ ̄!`ーr ´!:::::::::::::ヽ
          入::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ `ー ´i::::::::::::::ノ
           /: : :` <::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : ∨::::/:',
.          /: : : : : : : : :`: :ー-. ′: : : : : : : : : : `' : : : ゝ

「そうなる」

「まあ一応念のため、対症療法だけど」

「ステマで対象ミームを消去してもいる」

467無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:26:46 ID:AMW/bbls0
>>464
>>465
                     ,   ―  -
                      . <: : : : : : : : : : : : : : : : :>
                  . <: : : : : : : : : : :ハ : : : : : : : : : : : : ヽ
                . < : : : : : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : : : : : : : :\
            γ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∧: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : , イ: : : : : : : : : : ', : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : / i: : : : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : : : : : : :∧
        {': : : : : : : : :/`゙ヽ !: : : : : : : : : | : i: : : : : : : : : : : : : : : : :∧
           }: : : : : :>≧ュ、   |:: : : : : : : : ::| : i: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
        〃: : >  ´ ノハヾ_i:: : : : : : : : : ! : ! : : : : : : : : : : : : : : : : : 从
       `ラr ´     イ {r:::ハハ: : : : : : : : ,': イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ! リ
       ,イ:八         ´¨´   〉: : : : : : /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::! '
      ,イ : : 〈              /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|
    イ:: : : : : 〉、        /: : : : : : / ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
   /: : : : : : : i   ー      /: : : : : : /  ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
.   {: :λ : : : : !         ィ: : : : : : :イ_ ,ィ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: :!
   v::{ ∨:ト、: ト。. ー=彡 : : : : : : :/ ,イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
    jソ  ヾ ヾ从ソ   ≧ : : : : / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
            ' ー=彡イ: : : : X ー=彡イ : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::リ
             ノj从シ   ヽ  ノリ从人: : : : : : : : : : :r人リヽソン从/
                   ∧  ,ィニニソヽ人人从リソ
                       ∧イニニ>=====≦ミ 、
                  イ´ニ>ニニニニニニニニニニニ>
                    イー=≦ニニニニニニニニニニニニニニニニ >
              イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ヽ
              ,イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ  \

「だから最悪だと言っただろう?」

「一連次波旬や破壊神デモンベインに匹敵する」

「いやそれらがマシに思える災厄だよ」

「ま、幸い」

「事前の干渉遮断フィールドが役に立ってくれたけどね」

468名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:30:00 ID:eSnOekLo0
一連次宇宙に干渉遮断フィールドを張り巡らせておいて、本当によかった。

469無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:33:21 ID:AMW/bbls0
                         ■ ■
                         ■ ■
             /l           ▼ ▼
      l`、     ,l':,l                      │  \\
     'l \.    l'::,l┌--、..,,__.       ● ●     ─┼─┐
   _ l   ヽ   l:::l/:::::::::::`、_:::::::`ー-、_            │  │
   \, ̄ _,,.-'":::::::l::ll:::l\::::::::::ヽ:::::::::ヽ::::ヽ           │  │
    _,,.-'´,-'´'´:::/''''''l::::l`、`、:::::::::::\:::::ヽ:::::ヽ
   -'-,/::::/::::::/   'l::::l. `、`\:::::::::丶::::::丶:::l        │
  /ィ::/l'::::::/`‐‐- l:::l  ヽ\'``丶lヽ:::::::l::lヽ   ,     │
  .//イ/::::/ ,:'⌒ヽ  .l::l     ,:'⌒ヽ`ヽ::::::::`l、' //    │
  //:イ:::/  ヽ__ノ   .ll      ヽ__ノ  ''l:::::::l'  ./     │
   //__l::l _,,;-z_,,.    '    ‐Z_,,-t‐  l))l:l ζ  /   │
  / [ [l:l     ,,.-‐''"´ ̄`ヽ、   l_i  lノ丿 l´./ ̄  │
    丶、ll     l´       `l    ノ   ./ ̄/  │
      ,○丶、   l        l   _ィ´  / ̄/
   ○´     丶、  ヽ、___,,.=''" _,,.''  / ̄/    \   /
          ∠`` ‐-----‐ '"´;ヽ  / ̄/        /
           丁;;;;;;l;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;匚/ ̄/       _/

幸いにして、この段階での魔王教ミームの感染力はそれほどでもない。(感染力が高まるイベントが発生しないとは言っていない)

絶望していない人間に対しては効果が無いし、

少なくともロバートさんには効かなかった。

そして人数もまだ少なく、ミームを広げるべき人里から離れたところに居たのも幸いした。

ロバートさんもその総てを把握していたわけではなかったが、

魔王教徒が自分の支配から外れていることにはさすがに気づいたので、

即効で粛清にかかったのだ!

470無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:39:02 ID:AMW/bbls0
                 ,/
                〃
               〃^ー‐-   _
           , ...:::"´:{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``丶、
           /,:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.:.:.:-、:.:.:.:.:.:.:\:.\
        , '://:.:.:.,:.:.:.:,ィ:.:.:.:.:.::、:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:ヽ
       ./:./:./ ..:/...:〃从:.:.:.`、`ー==-‐:.:.:.:.:.ヽ弋=‐'
       /:./:.:.i:.:.:.:.l|:.:.l| , -, \:.゙、`\:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:l:.:.゙、
      ./:./!:.:.l:.:.:.:.l|:.:.l| / /  \゙,   \:.ヽ:.:.:.:.:.|、:.:.',
     /:,イ::l:.:.:!:.:.:.:l|:.:l|/`7'´ ̄   \`ー-ヽ、゙、:.:.:.l:::ト、}
     〃 l:::|:.:.l|:.:.:.!|:.:lL.__ -、   `___ Y゙、:.:|ヽ! ゙!
     |! レ1:.:/!:.:.:!ハ:.! __,フ'´     ~`ヽ` {:.:.i:.|
        .!::{〔 l:.:! l'C´///(⌒)-‐-(⌒)./// Vハj.、,
       jハ. !|ゝ(\ u    __'_      l゙` ´',
       __<`ー-、`く>、  f´   Y`    人  <ヽ
     <Y´゚ o}フ::::::::::`丶、) ヽ  ノ     /  ´"´\\
     V    j∠:.:ィ:::::::{ | `‐- ..._ .. ィ´       \\
     { ヽ)´ヽ) ̄`ーくV      |-;-、____, -─-、    \\, --- 、
     レ'::::!       ヽ\      |/:::/      |::ヽ  (`ヽ`ー-、 ヽ
    /:::::::::|        \`ー-‐':::::/       |:::::ヽ  \ \ }   ト、

それはロバートさんにとっても決して容易な戦いではなかった。

ノーライフ世界において、霊体であるロバートさんはかなりの強者ではあったが、無敵ではない。

霊体は一般人の目には見えないが、魔法使いからは見える。

霊体は物理的に攻撃しても傷つかないが、魔法攻撃でなら殺せる。

故に一般人相手なら無敵なのだが、魔法使いには相性が悪いのだ!

そして魔王教徒は魔法教育用に集めていたので魔法使いになっていた。

だからロバートさんもバタバタ殺された。

・・・それでもなお勝てたのは、単純に物量差の問題。

ロバートさんの方が先に増殖を済ませていて、

魔王教ミームは増殖を始める前の段階だった。

そんな時間差の幸運でしかない。

471名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:42:40 ID:eSnOekLo0
ミーム災害なら、粛清できても彼らが残した文章などからでも再燃するだろうな。
ロバートさんがそのことに気付けばいいのだが。

…ロバートさんが打ち明けてきたら、速攻で教えた方がいいな。

472無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 01:49:24 ID:AMW/bbls0
                ,
              ,:/
             //
              //
            ; { ,、
            」{/: :\ー--: . .
         <: : { i!∧: : : : : : : : : :>
      /: : : : : : :!i、: : : : : : : : : : : : : ヽ\
    //: :./: : : : : :iヾ 、: i: : : : :ヽ: : : : ハ: ヽ
   /: /: : /: : : :/: ∧ヘヽ 二ニニ=-: : : : : ハ: :ハ
  /: /: : :/: : : :/: /  ∨: :i∧: : : : :ヽ: : : : :i、: ハ
 /: イ: : :イ: : : :/: / U  ∨: iヽヘ: : : : :ヘ: : : : i∧: ハ
// i: : :/i: : : :ム斗七て V: :i ヾ ー--zx_: : iハ\}
   i: ://,i: : :イ: /  _  ヽ: i  _ヾ: : :ハ: : : i/∧
   i:/l//i: : :イl' z=≠≡   v  ≡==zz i: : :.i マム
   l l/ i: :/ハ    , - 、 __ , -、    /∧: i   v
    </,i/`ハ ̄i  ヽ ノ 、ヽノ u  ハ ノi:.i
     l\/77 \ i u          ー<_v
    ,.!  \   >   ⊂ つ  < ヽ/ .|
   /    \    >  _ イ   /   ヽ、
   l , - 、    \ ヽ     / , <   , -、 }
 γ     >   ヽ!   //    <   ヽ
  i         >  \ /   /       ヽ
  |      ヽ /  \(ヽ/)/ ∨       |
  |       ヾ     》《    {       !
  |        i     ∥ }}     !       i

「どうしてこうなった・・・」

ロバートさんも馬鹿ではない。ちゃんと学習した。

少なくとも魔王教で同じことをやるのは愚行だとは気づいたし、

同じく宗教である精霊教でも、精霊が虚構であると知った際の人間たちの行動を考えるとリスキー過ぎた。

強いて言えば商国人のように最初から宗教ミームに汚染されていない人間ならなんとかなるかもしれないが、

そうすると今度は行動を統制する術が無い。

現状では魔法教育プランは手詰まりであった。

473名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 01:53:52 ID:eSnOekLo0
You 白状しちゃいなよ。
相談する相手が必要なんだろう?

474名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 02:00:55 ID:7EC6Qj5s0
何で秘匿しようとしたのか文字通り身に染みた以上
ここは素直に間違いを認めて相談するんだ、間に合わなくなっても知らんぞぉー!

475無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 02:12:31 ID:AMW/bbls0
>>473
>>474
.          /:,':{ ,...、  . : ≦:z:_:_:_:_:_: : > '´
        {: {〉7: : :``: : : : : : : : : : 、 ̄:≧: .
       イ',:V {:,、: : : : : : : : : : : \: \: : ヽ: : >:.
     . : /: :ヾ: :!:``: : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: : :\_: :
  . : : :イ: /: : : ヾ|: : : : : : : : :\: : : : : : ',: : ヽ: : : ヽ`
. : '  /: : ; : : : : :/{ヾ.、:l: : : : : : : ヽ: : : : : :}: : : ',: : : ',
   /: : :{: : : : :/ !: ヾ\: : : : : : : ',: : : : :.l: : : ハ、: : :
   /: :イi: : : : /  !: : iヽ 二ニ=-- :',: : : : i、: : : :',ハ: :
  /: イ/,i: : : :/、  i: : :i マヽ: : ;.斗キ: : : :iム: : : :',∧,,
  /:' i/,i_人_ハ .弐ヽi: :.、i_ ィ≦=ャ、: : :',: : : :i,∧}\:.∨-
  '  i/ i:.Y:.{ ハ{ レ::}`il’,: i  し:::ハ`ミ、:.',: : :i¨ヽV }\マ/
    i .!: :从ハ弋,リ、_ ヾ_ 弋::::ノ ´ ` ',: :} } }/ノ////`
       ', {  `i ( ノ, `( )      ,.  ', i 'ノ////-=∧
       v  .八          / 厂ィ`  マ// / }_
           ヽ   マ  、    イ/イ    //   L` 、
          />- ― -、 イ /イ/   //   '´  {
         ,」/  __   ヾ く// //     _  l
        /イ  ;  `ー二ヽ_「ノ,zニ二 ≦ _ -  ̄  ヽ .{
       /  {  :  _  」 } }//◎ _ -          \

が・・・ダメ!

(ま、どの道闇に葬ったんですから)

(何も無かったということで!)

諦めはしたが、ロバートさんはそもそも原作でも、

シルフィアに何もかも明かしていたわけではなかった!

476無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 02:14:56 ID:AMW/bbls0
             /
            /;   ,
             // //
         _; {/: /-: 二: : :―-:.. __
        ..>':{ {´,、: : ̄: : : `: : <
      . .<: : : : { { |: `: : : : : : : : : : \ヽ
    /,イ: : /: : : :`{!ト、: : : : :\: : : : : ヽ\:\
   /: /: : :/: : : :/: ハヘヾ、: : : : : ヽ: : : : :',: :ヽ`\
  イ: ; イ: : :.,': : : :/ /  ',:`ヾニ==-:',: : : : :',: : ハ
.////: : : :{: : : ;': /   ',: : {ヽ: ',: : :',__: : : :}ヽ: ハ
.  /イ: : : :イ: : 十ナzzz- 、V: {ヾィ七て',: : : : i∧ 、ハ
  ´ i: : :イ/i: : : i{ 〃ス、ミ  V:{ ''スハミ、 {、: : :.iマ} ヾ、
   i: :/ lγ!: : i {{ ヒノ::}   V{ トイ:} }}い}: : i }
   l/  l∧',: :.i  `ー' ○-‐-○ー'  {_ノ',: :i
     l   ',: iム       '    j   ',:i
       ,,,v//ヽ   ヽ   ア   イ   `
     ┌こ二7>ヘ>    , イム斗ァォ
     |`ヽ、ヾ、 ヘニニニTニ7ヽァ´/ |
    /   `ヽ、ヽ、マ//| | |/{//   ヽ、
   ,{-‐- .. _   `ヾ、マ/! l |/ /  _ .. -、 }、
 γ´       > Q、ヾ.l/ ,ρ<     \

「まあとりあえず、研究を進めるだけ進めて」

「本当に手詰まりになったらまたその旨伝えて交渉しましょう!」

独自教育路線は諦めたので、機を見ておねだりする方向に!

477無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 02:17:32 ID:AMW/bbls0
         __ ,ィニ=一'_
       /,´ ̄`´.:..:::..:..:. .:..`ヽ、
      ./.: ..: .: .:_/l:;:.:::.::.:::::. :. ヽ、
      .,イ.:: .: ::./l::/``i‐;::::::.}V: l::. 、 `ヽ、
     ,'.:::: .:: ::::! .!l_ ‐、`.';::::i:! l.}l_i_ ::.:.:.. ::_
    .l:::::: :::.:|l.,ィテミ`ヽ ヽリ リ .l::i`::::. :.ヽ
     ,':::::::..::::| li!l::::リ     ,ィzミ,リ,'::::::. :::
    ノ/lイト;::::|!. `´     /::;;! l.リ::::::::..::
    .'ヽ、ん:!l       ノ ゝ' /,'.:::::ハ:::.:
     lィーliヽ.            ,イ::::ハ| |!l:.
   .._ 从lヘ      , ‐,    /ノⅣ  l l::
    } ≪..ソ : .ヽ    `´  ./
    .,}ト、 ≫x : `:..、_,... ´
  ィ////>、 ≫x:::; イ、
  /////////>、 ≫==≫,
  ////////////  / ,rz/

『なお、魔王と精霊がペテンであることを明かしてなお』

『友好的に忠実に研究してくれる人(たち)って誰だと思う?』

『宗教系は欺瞞が解けると発狂するし』

『商国は発狂しないけど忠実とも言えない』

『つまり魔王や精霊とは無関係に忠義を捧げている人たち』

『となるとだ・・・』

478名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 02:18:52 ID:7EC6Qj5s0
里の住人だよねぇ…

479無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 02:21:49 ID:AMW/bbls0
>>478
             ,...::::'::::´:..:..:..:..:..:..:..:`:..:..:...、
           /::..:..:..:..:..:..:..:..:..|:..:..:..:、:..:..:..:..:.`:...、
           /:..:..:..:../:..:..:..:..: : 人:..:..:..:ヽ:..:..:..:..:..:..:..\
          /:..:..:..:..:. /:..:..:..:../:.../ ヽ..:..:..:..i:..:..:..|:..:..:..:..:..ヽ
.         /:..:..:..:..:. /:..:..:..:../:.../   V:..:..:|:..:..: |:..:..:..:..:..:..ハ
        /:..:..:..:./:./:..:..:..:../:.../   _V ._|:..:..: |:..:..:..:..:..:...:.ハ
.       /:..:..:|:..:.|:..||:..:..:..:/:.../ -'  ̄   V:.|ハ:..:从:..:..:..:..:..:..:.ハ
     ∧:..:. |_ _|_:||:.//:/   _,,-= -、 >八i:..//:..:..:..:..:..:..:..:.i
      乂:.:.イ|:..:.ハ/. 〃    イ:テ:::::rj.ア/:..:..|/:.:/ ̄ヽ:..:..:...:. |
      i:..:ゝ:..:ヾ:.|=ミ      弋ソ /:..:..:..:..:/ ⌒} .i:..:..:..:..:.l
.     |:..:..:.\:Ⅵハ:::トj            i:..:..:..:..// / .ノ:..:..:、:..:..|
.      |:..:..:..:..:..i  ゞソ 、          |:..:..:..:../_ /:..:..:..:.ハ:..:.|
     |:..:..:..:..:..ハ      _  ィ     |:..:..:..:∧:..:../:..:..:./:..八リ
.    |:..:..:.i:..:..:ハ    ヽ _..ノ    |:..:.. /ハ:..:.i:l:..:..:.イ:../
    ハ:..:..:l:..:..:..:..ヽ           i:..:.:.{. i:..:.l:..:// i:/
     八:..: ト:..:.:i:..:..:..:\       /ハ:..:.:{  V:.|:// ´
       ヽ | ハ:.|ヽ:..:..:..ト:> 、 _ ィ、   ヽ:.|  V/∧
        l:| .ヾ|  \: |八ノハソ   }    `  /:::::::::\
       `     .`'     /ノ     ./:::::::::::::::::::::\
                /:/     /::::::::::::::::::::::::::::::::
              ィ====─==./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ノ         :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「そうだね!」

「宗教や死後救済とは無関係に」

「現世利益を持って忠義を捧げている存在」

「となると、僕に従う里人が一番マシではあるわけだ」

そのマシな里人ですら、魔力鎖理論を預けるには物騒だったわけだが。

「そしてその一番マシな里人を使えなくなった時点で」

「どの道失敗していたわけさ」

480無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 02:30:36 ID:AMW/bbls0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「とはいえそうだね・・・」

「どのみち元勲後継者は残していかなきゃならないんだし」

「魔力鎖レベルとはいかないが、ある程度の魔法科学教育はやっていこうかな?」

「ロバートさんへの懐柔も兼ねて」

「どう思う?」

481無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 03:01:04 ID:AMW/bbls0
         _,. . . ., _
       ,<: : : -: : : : : : >、
     /: : : :/ : : ハ: : : :ヽ: : : ヽ
 .   /:/: : :′: : / ∨: : : ' : : : ∧
    ': r‐-ノ!: : :/´ ̄`、}: : ハ: : : : :ハ
   ′l: :/ l: : / _-ェ.、li: : : |}: : : : : l
   ': 从:イ ヽ{ ´ てンリ: : : |: : :l : : |
   !{j:.:.:.:|  ,`   、、 l: : : :j!: : :!: : リ
   {Ⅵ:.:.i゛         !: : : ハ: : jⅥ:{
   、ゝ:.:ゝ, ’ー ’  ,ソ: : 八j: ノ: : :i
     Ⅳ:.:.:\ ,. ィ /イ: :/:.:,イ:.:.:.八{
     } ヽ{:.:.{ヽ:.:| / レル' ハソノ
        , - y ; ,r  ̄`ヽ
         / / ´/     ,
  .       i /  ,/        l
.        y  ,ノ{  l    ,
     , イ ,jイ !  |     i、
    / {/    |  i    l ,
   , ′i{     !   '    i   ,
   l   ;    i   ,    r=ぅ∧
   ヽ_λ   ン‐イ    人_ノノ
     l i `ー ´  i     ,′ハヽ
      ,       |   , /
     l       !    !′  /
.      ,      i     l  , ´
     i!     i     K
       !’    |    l-ヽ

「特に意見は無いかな?」

「では今日はこのあたりで失礼する!」

「参加してくれてありがとう!お休み!」

482無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 03:02:30 ID:AMW/bbls0
      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

「ああ、そうそう」

「やる夫の武術を考えてくれお」

安価↓1~5 エルマーやる夫武術

483名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 08:32:51 ID:.FX85KDg0
北斗神拳

484名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 08:37:27 ID:W/U3yK4A0
昨夜は乙でした
安価は虎眼流

485名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 09:04:03 ID:eSnOekLo0
乙!

安価は虚刀流

486名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 10:09:33 ID:7EC6Qj5s0
オツカレサマドスエ
安価は水神流
魔法科学教育は…開放やむなしですね
あとFgo世界の人理がガバガバになったのと関係あるかは知らないけど「Y」の次は「C」が来ちゃった…

487名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 11:30:07 ID:eSnOekLo0
天霧辰明流剣術

学戦都市アスタリスクって、ローマ的に考えると厄ネタ山盛りだったんだな。
落星雨(インベルティア)≒シルヴァリオシリーズの大破壊(カタストロフ)
星辰力(プラーナ)≒星辰光
星仙術≒風水
マナダイト≒魔質
落星工学≒魔質の操作

488無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 14:50:58 ID:AMW/bbls0
           ,ァ''''冖-,、                 ,,,
    ._、.,,,、    .|`    ,゚'r,       .,ll“'*r,、    ,,,#ll|e,~ly       .,,,
   : /: _,,,゚'・x,,,,: : :|      'q.lli、    ./''l゙: ,、 'll? ,,,,〃|_.,| ,ト|!゙i,     ,,l|゙,,l'
  .pー“゛.゙゙'l; `.,ト │ ,i、 i、゙ド'┓   .゙l_|,,√.,ト、l, .lニrーッ!┨,| ,l|, 'l:  .,,lli,,,f゙゙,゙゙'y
  .゙l..・-,v-rl,,,ill:  ゚t,: | │゙l, ゙l .゙l、   .゙!l,llill゙.,,ド,l″  ,l゙.,".,ト,l゙.l`]  llle,,ll,l",,: 】
   '|, v,,,,,,,,,,."'《、  ゚r|,、ヽ.'l,ト  ゙L   .リ.゚'lダ!l°  ,√.'・"'廴~’  廴.,li,r゙゙_ill,
   ゚L.,,,,_ .,ァ.‐.゙レ,、 .゚゙[゚''゙'″ 丶 ゙'lq,、 │  : .〔  ,iケ   ..ll,   .,,l”゚゙/゙!ll゙_,ll
    .'トミllll】-'.,r~}.゙ヘ,,,, ∥ : _   ! . , ll     :゚t,..,l°    ゙lト  ,,l″ .゙l
   ,ぃ,,,,,,,。∪'"./:    .゙|'”゙゚'[`|   ゙' r, i : .    .'lll,      .,ll,,,rぐ  .,,,ll゙
  .゚k--ry   .|  .,iil,“゚'か'",l          ゙'ln; .゙?   .,,rlll゙°   ,l
   _,vー゚`   'l,  .'l,,,゙N┘.,l.,     ____       ゙l| .,,r・".,√   .,ll
  . lu--コ    ゙k 'l,"゚゙l゜,,lヴi   /__,  , ‐-\     『,,√ : ″  ..,ll
   .,,r'',,r| .,,   ゙゚ti,゙゙|,,,i,´    /(●)   ( ● )\    |,l°      .,√
   .'ur“: .lyl廴   `゚'!c.廴  ./    (__人__)    \°      ,,,l
: ._    .'!l,,l,,,,,_   ゙|l   .|     ´ ̄`       |  .,,i*jlilllタw,,、 .,r-=-r
'゙~``:''ヽ,,,,√   .~゚'、, .l,,gl/\              /\i、 ,,r"     ,レ'
、    .'《゙N,,,、    .゚'ll゙゙mr----   ̄ ̄ =`゙ニ-r/"     ,r'°     'l
゙l,、    l  `'私            ゙゙゚''l*゙^            ,rl゙゙゙゙≒,,,,,,,,,,,wll'
: ゙゚'━'#'┷x,_ .゙私,              l               ,il_,yー'''''''ー_、 |
   ,l′  ゚リh,,,,|l,               l゙              ,lll゙°      ゙''ll
ヽ-rf°      ,,゙゙%、             ,l、            ,,ll!e,、     ._,,,r
   ``':i、__,,,,,广  '゙l,,,,、     ._,,,wllll|,llli,,,,,,,,,,,     ._,,,llll″ .゚ラiぁwr='“`
      ` ̄ .゚l,、    ゙゚''*mii,,x'll゙″  ..ll"   `゙lllii,l,illllケ″   .,lヽ,,、
   ll|゙゙"゙゙'l,,,,,,,,lll,、     ,ll゙" 'l,,,,,,,,,,,,,illwrre,,,_,l°゙l、     ,!″ `゚''=x,,
   ゙ll,,|ト ゙|,、 `┓      ,ll : 'll"   .:ll    'l,r` .:l:     ,,l″: .___ ,,i´ ゙'l!
  .,,l゚ `   `゚X .゙|y    .,ll .l ,,l′   .l]  :  ,lr~:li、  .,r''゚゚゙'lザ ゚゚̄'リ: .i、ll
 √゙,ll,、   ,,il!广,l゙'N,,_  .ll,トi,゙゙|__、 ._l,l,,__,,,l,,,,r ┃ ,r'°  .゚|,  : .,l゙.,,l、゙l
 ゙',l“.,,ll・,,i、,,n″  .|   ゙゙?, ll ,,,゚ト ̄ ̄] ` ゙̄]゙` l',,it,、    l   :!!゚,i'l゛..》
  .゙'''l,,,,とill″   ,,i´   ゚!illl| `゚゙l    l゙    j|" .l゙゜ .゚゙l,,    .2    ,}゙|rll
     ”|゙‐'ll'ニrr″   _,,,,,lll廴.i,],,,,,,,,,,,,,il_,,,,,rll、 : |ト  ゙゙l,,《゙レ.,li,,,

【北斗神拳】

「経絡にオーラを叩き込んで内部破壊する拳法だおね。」

「武術と念能力の組み合わせ、玖錠降神流に近いお」

(実際玖錠降神流には経絡にオーラを叩き込むタイプの技もある)

「ただ・・・達人相手だとどの道有効打が中々通らないという問題が・・・」

「無想転生まで行けばその辺もなんとかなるけどお」

489無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 15:05:04 ID:AMW/bbls0
             ____
_______/      \__
_/_//__//  ─  ―  \| |
:::::::::::::::::::::::::::/   (●) (●)   \|l⌒l二二)
::::::::::::::::::::::::::|      (__人__)     |`'''|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ` ⌒´    _/ /
        │            /
         │           |
        │            |

やる夫が刀を担いだ。虎眼流の必勝形である。

「ローマでもお馴染み 虎眼先生の技だお」

「三寸切り込めば人は死ぬ」

「ならば後はいかに速く、精密に刀を振るか?」

「そこを突き詰めた極めて合理的な流派だおね!」

なお神格や佐々木王も愛用しているがその理由は実は・・・

490無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 15:13:14 ID:AMW/bbls0
     ____
     /、_, ,丶_\
   / (● )  (● )' yyフ7、
 /     (__人__)  ////./i_i_iヽ
 |         ` ⌒´  /   /_ィ´ ノ
 \         /   / i    |
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´   /- |   |
 |   _____/   i____/
 \                |
   \            |
     \              |

【虚刀流】

「手足を刀に見立てて」

「素手で相手の武器を破壊することを主眼にした」

「剣を使わない剣術だおね」

「・・・素手で武器を折るってそこまで難しかったかお?(ローマ人並感」

491無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 15:23:30 ID:AMW/bbls0
                _____
              /       \
             / \    /  \
            人 (●)  (●)   \
       _ ,ヘ |)  て (__人__) 人 rn|m
  ⊂ニニニ((ニ(ヽ| |三⌒三三人三三)  て三三三三三>
.      ヽ、 .`゙\/⌒ )  て   `⌒ ゝ  |
        \       `⌒         |
          `ー‐イ          |`ー'゙
             |          |
             ノ          〈
           /             \
         /      /``\     \
         /      _/      ゝ     !
       /    /"        /    /
      ノ    /         〈________`)
     (´______∨          ̄ ̄  ̄´
      ` ̄ ̄ ̄

【水神流】

「防御とカウンターを重点した剣術だお」

「またその性質上、見切りや先読みにも優れているおね」

「ライトセイバーで言えばソレスに近いお」

逆に言うとジェダイでもないのに攻撃の先読みとかしてるらしい。たまげたなあ。

「・・・ただ、あんまりにも防御一辺倒過ぎるんで」

「極めた達人ならとにかく、通常は剣神流あたりとの複合が推奨されるお」

「・・・シャイ=チョやニマーンみたいなバランス型の剣術とかは発達しなかったのかおね?」

492無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 15:42:32 ID:AMW/bbls0
                              ..‐-
                            /  /
                          /  /
                   , -‐──  、  /
                  /        ヽ
                 / ‐-、   ─    、
                / (●)   (● )   ヽ
                |   (__人__ )     |
           __/ ゝ、  `⌒´     _/
           ヽ ̄ヽ  /   ー‐      `ヽ、
           メ、ヽ7ヽ'     `´        ヽ
          ト´_>メ'ヽ~i               i
         //ゝ‐"| |ヽ  __,、     ノ`    i
        ゝ' |    |/|             l    i
          i   /  |             |    |
          ゝ‐'"    |            |    |

【天霧辰明流剣術】

「コンセプトは良くわからないけど」

「剣術を基本に組打ちも複合した古流武術だお」

「基本は異能強化なしで発達してきたものだと思うけどお」

「異能強化と併用しても問題なく機能するみたいだおね」

493無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:00:29 ID:AMW/bbls0
>>487
『マナダイトは魔質ってか、魔力の固体かな?』

494無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:03:46 ID:AMW/bbls0
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『さて、安価ありがとう!』

『簡易的な解説はこんなところかな?』

495名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 16:13:50 ID:eSnOekLo0
無茶王様、おかえりなさい。

解説ありがとうございます。

496無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:18:15 ID:AMW/bbls0
>>495
『ただいま!』

497名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 16:19:53 ID:eSnOekLo0
>>493
wikipediaに載っているマナダイトの解説を解釈すると

・万応素が結晶化した特殊な鉱石。 :魔力
・一定の負荷を与えることにより特定の元素パターンを記憶・固定化する性質を持つ。 ⇒魔質?

密度が濃いので魔質に変えやすい魔力の塊、ってところでしょうか。

498無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:20:01 ID:AMW/bbls0
>>486
          x≦洲州洲州州州洲州州>、
         イ州州州洲州州州洲州州州州>x
       イ州州洲州洲州州イイ州州洲州洲州州>、
      イ州州洲州州州州州イ 州州州洲州洲州州ハ
     イ州洲州州洲州イ| !W /ーキキ州イキ州州洲州州ハ
     洲州洲州州洲州 V   キキ州! キ州洲州洲州ハ
    从州州州从州州' '、_  、  キ   Y州州州州从
     从洲州州州州 <イ::::::テ>、      从从从从ハ
     从从洲/⌒寸州  廴:::::/ `    二, 从从从从リ
     从州イゝ  寸|!         i {:::::ハi /从レ州/リ
      州/|  \  寸        ,;| ヽソ ク从/ 州 j!
       州リ>_     、      ソ   /从f /レ' /
       从州| へ、    ヽー―、   不V /  /
        从レ'  ::\     ̄ ̄´   ム
      ___j    ::::\  __  ,x ´了
     j     `ー――=⊆__`´⊥ {
     ト―――z__     ヽ=-ー 寸
     /三三三三三三>=、 /___  |
   _厂三三三三三三三三三 {__   |
<三三三三三三三三三三三 f__    |

『死せるクトゥルフ、ルルイエの館にて夢見るままに待ち至りってね!』

『夢から顕現するってのも宇宙邪神らしくて良いじゃないか!』

『あとシャドウダヴィンチちゃんの演出が凄く良かったね!さりげなくバーサーカーになってたのも良い!』

499無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:24:38 ID:AMW/bbls0
>>497
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『うーん・・・どっちかというと具現化系かな?』

『その元素パターン云々は弾丸とかを生成するのに使ってるみたいだし』

>煌式武装(ルークス)
>マナダイトを核に造り上げた武具の総称。
>特性を持つマナダイトに元素パターンを記憶させることにより、発動体からその素体を具現化することができる。
>周囲の万応素を集約することにより光状の刃や弾丸など、様々なも物体を生成する。

500名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 16:29:52 ID:eSnOekLo0
なるほど。

501無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:39:06 ID:AMW/bbls0
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

昨日の続き

「まず、説明しよう」

「僕(シルフィア佐々木)の統治は、おおよそ原作シルフィアのそれをなぞっているけど」

「細部では違いがある」

「例えば原作シルフィアは、マッチポンプ導入の際」

「外部の人間だけでなく里人にも魔王と精霊の神話を広めたし」

「アンデッドも魔王に支配権を奪われたって名目で里から退去させている」

「しかし、僕がそうする必要はあるかな?」

502名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 16:41:00 ID:eSnOekLo0
(必要)ないです。
むしろ、後継者を作りにくくなります、

503無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:48:40 ID:AMW/bbls0
>>502

          _ - ─ - _
        _ - ´.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:::\
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:ヽ.:.:\.:ヽ
       / .:.:.:.:.:.:..:./.:.:,;:入.::ヽ.:.:.:ヽ.ヽ
     / .:....:.:.:..:./.:.;.':/ ヽ:..:.!:.:.:.:.l.:.:!
    ,' .:.:!:.l.:.:___イ.:/;/, -‐‐ヽ:!:.:!:.:l:.:.|
    !.:.:.:ヾト´:/ '//  _,rzxト|/:|ノ:イ:.|
    ,'.l:ト、ベィ卞ォ   孑_,l7:.:.:!);':|:.:!ヽ
    /.::ト!:`tヘヾニソ  ,   `¨/:.:.:,'.:.:.イ:ハ:.!
   ,':.:l、:.:.:.:.`ヽ、  -- ‐ /.:.:/.://' リ
.   {.lヽ!ヽトー、ーヾ t _ , イ/〆
   ヾ  _f´!__ノ    ト--/ヘL__
      /: : : 冫  '、 , -‐  」::.: : : .|
     ,': :、: :f- .._   _.. ヽ/:..: : l
     !: : :ヽl_: . : . : .  ̄: . :._..k::/...:|
    |: : : :/: : ̄: : --. .- ´: :.ヘ::::::::|
      !: : :.!: : : : : : : : 、: : : : :...:!:::::::!
     |: :.:.|. : .::::::::::::::::;::::::::::::::/:::::::/
.      |:、:.:.l.:..:::::::::::::::;::::::::::::::,'::::::::/
      !:ヽ:.}: ::.:: : : : / ; : : : ;!. .::/
     ヘ ./i : : : : : /: : : : /::!: :/
        y: | : : : : : : : : : : : /|:/
     / `ヽ、: : : : : : : : : :,:イ
      人: . : . :` ‐ - - ´: . |
  _ -´::::/\: . : . : . : . : . : /!ヽ
.r ':/::::::::::::::::/:::┬ ┬::::´:|::::::::::::\
. Y::::::/:::::/:::::::::::::!::::::::::!:::::::::::::::ヽ::::::::ヽー、
  ゝ '::::::/::::;:::l:::::::::i:::::l:::::::::|::::::::::ヽ::::::::::ヽ::::>
  ヽ_/::::::;:::::|::::::::l:::::|:::::::::l:::::::::::::\:::::::::>´
    T、_:::::::!:::::::!:::::!:::::::::|:::::::::l::::::::> ´
     '.  ー,_:!_!:::::::⊥_:: ┴T
      '.       `l         l
      '.        !       |

「そうだね!」

「まあ勿論、外部と里人で情報に齟齬があると」

「怪しまれて攻め込まれたり、里人が怪しんで反乱したりするリスクはある」

「そして【シルフィアにとっては里が本拠地】で、ここが攻め落とされたり反乱を起こしたりすると詰みだ」

「だからリスクを徹底的に避けるために、内外の情報を一致させたんだろう。これは間違ってない」

「しかし、【僕にとっては里は本拠地ではない】。」

「だからシルフィアほどには、里のリスクに対して神経質じゃなくても済むのさ」

「加えて、君の言うとおりに後継者問題もあるしね」

504名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 16:49:21 ID:7EC6Qj5s0
別に身内に隠す必要はないです

505無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 16:57:03 ID:AMW/bbls0
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

無論、だからといって馬鹿正直に総てを明かす義理はない。

特に魔法技術の詳細やマッチポンプについては伏せていた。

だが里の中でも運用しているアンデッドと精霊については、ある程度正確な情報を与えていた。

「つまりどっちも僕が操る凄い魔法だとね」

「これはマッチポンプと矛盾する情報じゃない。」

「もしマッチポンプを明かす日が来たなら、アンデッドと精霊を僕が操り、里の外部で自作自演を行っていたと正直に言えば済む」

「何も嘘は言っていないだろう?」

「逆にマッチポンプを明かさずに置くとしても特に害の無い情報だ。どちらにせよ便利だろう?」

506無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:02:27 ID:AMW/bbls0
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「あとはまあ、マッチポンプに理解を求めるために」

「最低限の政略の教育を施しておきたいところだが・・・」

507名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:03:05 ID:eSnOekLo0
育成城?

508無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:03:11 ID:AMW/bbls0
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  / :::⌒(__人__)⌒::::\
  |     |r┬ i      |
  \__ `ー‐' __/
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|

【エルマーやる夫】

「お待たせ!育成城しかなかったけど良いかお?」

509名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:04:19 ID:7EC6Qj5s0
ここで容赦の無い育成城w

510名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:06:57 ID:eSnOekLo0
なお、育成城の講師はエルマーやる夫とシルフィア佐々木の二人…忙しすぎない?
システムユグドラシルで教師の分体を作ったほうがいいかも。

511無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:07:50 ID:AMW/bbls0
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『さてところで』

『育成城が具体的にどんなパーツから成り立っているか』

『研究班諸君はご存知かな?』

512無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:09:05 ID:AMW/bbls0
>>510

                        _.....---..`ヽ、
                     ,ィ州li州l州l}州州li、__
               ー=ニ圭リ州州リ}ii|l}!l州liⅦ州≦、`
                  ,イリil州州}-Ⅶ州l}Ⅶ-Ⅶ州}l|li
                    /イi州州Ⅶ! Ⅶ州{!Ⅵ .}!Ⅶ州l|!
                〃 l州il州 }ィ云ミヾl}!イ云ヽ}!州l|!l|!
                ,′ .l!.}l州}! l{.h'/,l   h'/,}.}!州州{、
                  i   |ノイ州lミ`.ゞ‐' .|  ゞ‐'."}州州{``
                   |   l! .l}ハハヽ       //l lノ`
                      ` .l >x、  ,'⌒',  イ从′
                       }li>.... ̄ .イ }Ⅵ、
                     .l《::::ハ. ` ´  .ハ:::》冫
                     ,ト、`ー―.、, -‐. '´ ,ノト、
                   , イ//≧=z  |  rz≦'///,> 、
               _, <//////>三|  |  |三彡//////,> 、
                l/ミx///////////>l<//////////////,イl
                |//ハ'//////////,'○'/////////////イ//|
                |///ハ'///////////////////////ノイ///l
               ノ/////,V/////////////////////ノイミ///{
              V三三三三〉/lリイ ̄ ̄ ` ー-、///{≦三三ノ〉
             / }ニ二三ニ///| 乂__    、\ヽ/,{l/ヽ三ニ/ト、
              ./  ,ノ//>,'/////,l、..イ{,'> 、 ヽヽ.ヽ|/!|//∧V,l| l
              l  //イ/ィ//////oハ::::|:|////,>7777/!l//////{ |
              |!.〈/////////o'///>‐'l○///////>仁三///,| |
              |! V////////x<z≦三三三三三三≧ミx/////l} .|
    _____|!_V/>'´ ̄ ̄ ̄`',.∨////////////////////リ__|_____
              //, ' ___ .ィl} }//o/o///////////////,′
            ∠//‐'´    `ヽ/l/////>=――――― ′
               ̄          ̄ ̄ ̄´

『え?育成城に講師はいらないよ?』

『政治10くらいの脳筋ががんばって箱物をそろえるだけで』

『政治80の武将を量産できるチート施設だし』

513名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:10:19 ID:7EC6Qj5s0
修験寺と学問所を一都市にぎっしり詰めるんだっけ

514名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:11:59 ID:eSnOekLo0
人口0でも作れるのか…冷静に考えるとおかしいなw

515無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:12:32 ID:AMW/bbls0
>>513
         >zzzzzzzzzz_\i
       /州州州州州州州州ヽV==、
     /州州州州州州州州州州州州|ヘ      /三三三三/
    /7州州州州∧WW州州州州州州州ヘ     ./三三三三/
  / ./州州州州∨∨州州∨州州州  州|||    ./三三三三/
    //州州州.V| ∨州|∨〉州X/州lll 州|||/~ヘ/三三三三/
   ./V /州州|ゝィテ><ミ V  ィテミミV州州リ/|  ヘ三三三三/
  /V |州 州ヘ.《 ら::〉    ら::リ 》州州〈| レ./ヘ V三三三/
  V  V 州州 ゞ.ゝシ  l   ゝシ ク州州|ヘ ヘ ヘ V三三Vく
  .|   V 州州ヽ   ___    .// }>斗ヘ  ヽヽ V三V::::::|
   |   ∨ 州ヘ   |:::::::::::::|    r/三三ヘ  ∨  .\/::::::::|
          \  .|:::::::::::::|   //三三三ヽ     >:::::|
           \、ゝ::::::ノ _.イ//三三三三\      ∨
          >-∨>─< ///三三三三三.>、  /
         く<:::::::ヘr< >彡∨三三三三三|∨ ><
          ∨- ∨ r彡三三三三三三三/∨
         /三| |  |三三三三三三三三∨
     x=三三三∧ | ノ三三三三三三三三/
    |三三三三三三|○三三三三三三三三V

『そう!そして修験寺とは虚無僧の寺を装った』

『ニンジャの育成施設だ!』

『・・・すなわち』

516無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:16:50 ID:AMW/bbls0

                          /´  ーニミヽ
                         /´,ィニニーニ,、` ヘ
                        // -三i>くヽ`, ヘ
                        l"彡三三一zzュZ .l               ,,   / ´ >‐´二"ヽ,
                        lヽ=三三i三三二i |             /_ゝ‐''"_ >"       `
                    ,_r-、 、,l |ヘ、゙´≧≦`´//i l_,,,、 l、         /, -イ/   zz三三三三ミ
                   ,/`〈////l lヽ`,イ'i l≧"彡l iメメメメメヘ , , _ ィ"  ´ /   /三三三ニ─=
                、メヘ,lハ \ヽヘl 、,、' li l/メlイ/////イ / ´l/ _二zz-ニ二 ̄  >=ニニ=‐ ⌒ー、- _
            _ 、 ミ` ,ヘ∨\ー ミ `ヽー-z''―ニ≠" ̄ / //i´l - 、_  _zイ´          \
        , ィ ´   \` ヽ \、 \ ミ≧三三ニ   ,,ィ/ ",// / "/>―-´_              ヘ
       /       //∧ヽ \\ 、`ーニ三三二-‐"´  //  ///ヽ     `ヽ、
     /〈,,ィ/////////// / 、\ \`ヽ、\ーzzzz__ -‐'"_/" // //ヘ、////////x, , ヽ
     ;/イ//⌒/ ̄,、~/X ∧\\ ヽ`ヽミ`ー=一‐''  _´  // /ヽi ヽ/―\/////ハヘ
   _ ィ'////,lヽ>/=二// _ィ、>ー,、_,_ `ー=zzzzz‐= ̄ _,//ィ/ l ヘヽ \_,ヽ二´n、///ハ
  i´ ィ////──、 //´l, >'"/ /`ヽl、lヘ、‐iトヽ、  三三≧彡/ /´l   l ', l/>,、` 二X>―ヽ\
_,,ィ彡―‐三>‐ニ// ///'/ / メ、 l´_/`<ニl-、〉ヽ,_ニニ‐",ィ´  l _ l、 l l/////´二\//////Xl
ラ"_ zzzニ二i二l l ///, l / k、 />ヽzzlヽ\\ゝ三三三/ / /ヽ zzミヽ_ヘ//へ`ヽー―‐>//>z、
> 三 ──三=lヘ ∨/l 、、 l,`>'―‐`‐'――\\――‐'‐'―〈 /ー'-y/\へー/l、ヽー- ̄´-―=ニ三>-、
z≦三zzzzz三ニヘヽ∨/〉`_ニニ\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/////ヽ//,l l   、 _ィ'  ,zヽゝ`ヽ
ニニ三>''´ ヽ/ ̄ \ `' ///ィヘ//,,\                 ///// / l'/ / /三  三ニ_/_\z
_ィニ   _ - >‐ニ二三 l i////ヘ \                  / /ミ // /ヽ/// /__三__ ニ三ニニ _三l
ニ" ィ´_ ∠,ィニニ'´   ヘl l ∨///,ニ \        ,_ //,ィ` /i 〈 メ//‐"/ニニ三──三三 ー‐三、_,l
/_∠´-=ニ‐"      ヽ ト、\///, //ハ_____'- 、`ニニヽ//-イ//三≧`ーニ三ニニニニ三ニ‐‐ニ三三
彡≦/´             ヽ∨ミ \////////////////ヽ二二彡'/// / '/     ̄―=_">zzzz/  `/

諜報員育成施設で諜報員(ニンジャ)と一緒に学びながら、

諜報指揮能力を磨きつつ、現場の諜報員と前もってコネを結んでおく場所であり・・・


(そういや諜報枠としても普通に使えるな。智謀80のネームドだけじゃなくてモブ諜報員を量産してるはずだし)

517名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:17:42 ID:ZJKCOWB60
アイェェェ

518無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:19:42 ID:AMW/bbls0
                      ___
                      , ´ : : : : : : : : :`:ヽ
                 / : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                , ' : : : : : : ´//l : : : : :/ l :/} : : : :
             , ' : :/ : : : : : ,'  l ,' : :/.  l/ .l : : : : : ,
              /:/,' : : : : : /━━ .l/  ━━ト : : : : : ',  , 、
           //  ,' : : : : ::/     l      l :,' : : : : l/ } l┐
             //.  ,' : : : : .∧              l:,' : : : : / / ./. l_
         //  ,' : : : : /:::::'.,  _____  / : : : : :/ ./ ./ ./ l
           //  .,' : : : : ,::::::::::::ヽ 丶 _ ノ ノ : : : : :/ 7,' / ./. l
        //   / : : : : /::::::::::::::::}`丶 _ <// : : : / ./   /. l
       .l l  ./ : : : : ,':::::{三三 }   <//// : : :/ /     /
       .l l.  / : : : : :/::/三三三三= _ イ/ : :./l      /
          l l / : : : : : :l ノ三三三三三三三,' : :/ .',     /ゝ、
          l l/ : : : : : : :l三三三三三三.三 ,' : / 三ゝ    /三>- 、

また、大社の聖職者、もしくは公家から学問を学び、

政治や教養を学ぶ場所でもあるのだ!

(学問所は大社もしくは公家町に建設される)

(・・・なんかこれ社交場的にも使えそうな・・・なろうの魔法学院めいた・・・)

519無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:22:22 ID:AMW/bbls0
                     ,ィ'"´ ̄`ヽ_,....、
                      {  ,ィ":::::::::::`ヽ::::丶
                        /´::::::::::::ィ:/::!:::::丶::::ヽ
                    /::::::/´:::::::i!:/:::::::::::::i::::::.、
                    /イ::/::::::::::::;:::!i:::::i!::::::::::::::::::\
             ,ィ≦´:::::::::::/::::::::::::;ィ/::!:/:!:::::::::::::::::::::| i
             ,ィ彡/:::::::::::/:::::::::ィァ//:i/:::::::::::::::::::::::! !
            ,イ/':::::::::::::/l/::::::::;/ ̄/:::::::/:::/i!:::::::::::::::::|´
          !::!/::::::::://:/:::::/:|'! /|::::/'"´` i´l:::::::::::::::!
           |::'::::::/:::://::::::/::!ヽ  !:/-─‐   〉::::::::::::l
           |:::/::::::::::l':::::::/::::|:::::\ '     /:::::::::::::/
.            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::!::::::::| >  _ /:/::::::/::::!
.         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::!::::::::`ヽ /::::/::::::/:::::::::〉
      ,..ィ::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/::::::/::::::/:::::::::::::\
   ,...イ::::::://:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:!':::::::::::/:::::::::::::::::::::\_____
  /:::::/ ̄ /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:://:::::::!:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
/::/     /::::::::::::::::/::::::::::::/!/::/:::/::::::::::!:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
/!i ,ィ'" ̄:::::::::::::/イ::::::::/:/::::::::!::::!::::::::::::!:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
! 〉':::::::::::::::::::::::/::::::/::::/'"´::::::::::::::i::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::!:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!

・・・食い詰めたニンジャや神主や公家が多いのか、

信長の野望では箱物を用意してあげれば勝手に人員はどこからともなく補充されて

治めている武将が政治や教養や統率や智謀について何もご存知なくても、

勝手にその辺の教育を充実させてくれるという恐るべき施設なのである!

ああ、おまけで都市の日本文化と諜報・防諜能力も上がる。

520名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:22:35 ID:ZJKCOWB60
大学はコネ生成の場所でもあるのでわかる
問題はやる気の有無にかかわらずぶちこめば能力値が伸びるのがワカラナイ…

521無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:25:27 ID:AMW/bbls0
>>520
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /
          |       i!    ̄` ヽ´ ̄   i  /      /

「やる気の無い奴はネームド武将に成れないしさせないよ」

「それに、そいつ自身の命と家族の命を人質にとってもなお」

「やる気って出せないものかな?」

522名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:29:02 ID:eSnOekLo0
修験寺と学問所を200棟ずつ建てるのか。
里の人口何人だっけ…
里の広さは足りるのか…

523無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:32:12 ID:AMW/bbls0
>>522
                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ
.      /: : : : : l: : : : :>:∧.  ヽ/ .l: :|: : : : : i
     /: : : : :. :.l: : /: : : :i\   l: ヽ: : : : |
.    /: : : : : /:.:. :\: : : :|  \ /.|: : i: : : :λ
    /: : : : /i:. : : : :. :.\: :l    ゙ |: : |:.: : : : i
.   /: : : : :}  ヽ : : : : : : : ヽl    |: : {: : : : : l
  {: : : : : :.\  \: : : : : : : l     |: : :ヽ:.: :. :.l
   \: : : : : : :\/: : : : : : : : l    .|: : : i \:.ノ
    \: : : : : : :\:. : :. : : : :l    |: : : |
.       \: : : :/⌒ヽ: : : : : :.l   .|: : : |
       /\,_ii__/:.:. : : : : :|.    |:.:. : !
      ヽ:.:. :. :. : : : : : : : : :.|    .|: : :.ム
       `ミ: : : : : : : : : : : /TTTTi: : : : :ヽ
        /ヽ_: : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ヽ: : : :.<
.       /   `=‐- _/      ヽイ  i
      /                   \
.     〈                        ヽ
      ~7                         /
       ゛=‐、               __/
          ├─、   _r=、  /\_/ |
          |   ` -´ |  ヽイ      |

「うんうん。僕らが直接担当するわけじゃないにしても」

「講師は結局必要だし、人手は気になるよね?」

「さてところでこの技術を見てくれ。こいつをどう思う?」

・ゾンビ

524名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:34:55 ID:eSnOekLo0
外国人でも裏切らないし、生前並みの知力は有るぞ!

魔法使いの死体を盗んだり、瀕死のニンジャと契約したりすればいいのか。

525無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:40:42 ID:AMW/bbls0
>>524
                              ____
                           . : : ´: : : \: : `: : 、
                             //. . . . . . . . .ヽ: : : : `: 、
                           . : /: : :/ : : : : : : : :.}: : : \: : \
                          /: :/: : :/ : : i : : : : : j:i: : ヽ.: : : : : : .
                      /. : {.: : :.|.: : :!|: : : : ://|:.: : :i: : : : : : : .
                        /.: : :.|:ー┼- 、|: i : : :/八 : : |: : : : : : : !
                         ,小 : : |:{: :iハ八∨: : : :ハ_|_l__: : :} : : :!
                       / |/: : :|ヘ: トぞ㍉八 : : /´ Ⅵ八: : :/: : : |
                      |ヘ: : :{ハ| `¨´  \{-=彡リ : : ′: : :|
                          八:.:∨|i     ノ     /:./|: : : : :|
                    /:/∧:.Иヘ.  、 _  /イ|: : |:i : : : |
                     /イ/:.:/∧l |:::|\ ` ー ´   /|:| : :|:|.:i: : :|
                    八:///∧|:::| / ヽ __  イ::::: |:|: : |:|:.|:.i:.:|
                      . -―\-ヘ{彡イ      /:::::::::|:|∧|ハ:|∧:!
                    /      §__       \:| !:|/ 八八 \
                      /    ヽ  §   ̄`ヽ    , -乂
                . ′     i   §   _ .. ~ヘ....§ ̄`Y

「そういうことだ!」

「ロバートさんの精神汚染を受けるから新規研究にはやや向かないとはいえ」

「生前の知識を授ける分には何も問題が無い!」

「しかも、帝国・教国・商国、政治家・貴族・官僚・武人・聖職者・商人・魔王教徒etc」

ちなみに魔王教徒は意外とインテリで、文官や諜報員にも事欠かないぞ!

「実に幅広い人材を取り揃えている!」

「この多様性の中から適した人材を選んで教師にできる!」

「しかも忠実で絶対裏切らない!」

「実に便利だとは思わないかな?」

526名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:43:33 ID:eSnOekLo0
寺で勉強しているだけなのに、各国の情報が詳細にわかるぞ、スゴイ!

527無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 17:45:10 ID:AMW/bbls0
>>526
                _,. - ――- .,_
             , <         `> 、
            /               \
             //             ,         ヽ
             ハ      /    ,ハ           ハ
         ハ ,イ ー-x'/     /  ',      ハ ',
          ,' Ⅵ|  /イ   /'/=、  ,   i     ', !
        ,' ,∧! !,ィム、、 / /   \! イ !    ! リ
          ' /  Xパしリ^´   、ニ  ,'`ハ ,'   i   i '
       //  ,イ i `       、f゚しヽ'ノ! リ ,  リ  ,' ,'
        /ィ'  ハ ! ',   ´      `ー'  ,' ' 〃 ,'  ' ,'
      /' ヽ i' |  >, `  _     ,./  イ /   //
         ',! .! / レヽ      ,. ,イノ  '/ / , / i
           ' '´ リ  ヽr‐  ´  ノ'ル /,ィ /!ハ !
             ,.イクノ    f/,' ,イリf―イ‐'、
          ,.< / /,     ' ,./,ノ´ 'r'. . ; . . .,. ヽ
         ,イ. . .イ.ノ  `'  r‐ ´ '´   ノ. . .;. . ./. . .',
           i. !┌‐{________ゝ_._.;. . /. . . . ,
          ! ∨XXXXXXXXXXXXXXXXf. . ;. . . . . i
         f. . iXXXXXXXXXXXXXXXX_i. . .i. . . . . |
         |. .f´ ̄ ̄ ̄`ー―― ´ ̄ ̄ ̄. . .',. . . . .{
         |. .i. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,. . . . . ',
         '!. |. . . . . . . . . . ゝ. . . . . . . . . . . . ./. . .i . . ',
           |. ヽ. . . . . . . . . .i. . . . . . . . . . . . .イ. . ./. . . .,
           |. . .', . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . i. /. . . . . ,
           | . . ハ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . |. . . . . . . . .,
            「.ー.. .i. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ..| . . . . . . . . ',
         ,'. . . .,'. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ',. . . . . . . . .ノ

「だね!」

「ちなみにゾンビの中には」

「元帝国皇帝とか」

「元教国教皇とか」

「元商国の豪商とかも混ざってます!」

「実に良い教師だね!」

いっそローマ本国にも導入したくなるくらいのチートである。

528名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:54:53 ID:eSnOekLo0
ゾンビ育成城、超便利だ。

529名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:58:16 ID:eSnOekLo0
ディミーアも同じようなことやってるのかな

530名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 17:59:46 ID:7EC6Qj5s0
死後契約!そういうのもあるのか!
生前の魂が輪廻に旅立った後の脱け殻を再利用してることになるのかな

531無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:00:12 ID:AMW/bbls0
>>529
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「やってる」

「他ギルドの幹部をこっそり洗脳してディミーア工作員に変えるのはデフォ」

532無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:00:55 ID:AMW/bbls0
>>530
                 _,.-────、
               _,.-─────-、) |_,.=ァ
           ,.-=,ィ : : : : : : : : :ー='"´ 〆、
            / :,.-'": : : ,.-'"´:: : : : : : : : ヽ
           / /     :  / : : : : : : : : ';
          /: :/: : : : : : : :/: : /: ,'  /: : : : : : : :';
          /: /: : : : : : /-≠=;/: :/: :/:,イ: : : : : : : :|
          /:,:' : : : : :|: /リ=、/イ:/: :リー=、: : | ::/: |
          /:/: |: : |: : !/{ f::::::`    ==、 |/:,': :/: :,'
       /イ: : |: : !: : |、|,弋:ソ    f::::::::jゝ/: /:: : |
         ト、: |: ::|: :ハ:リ'"   、   `ヾ-'_ノ: /:: : :,'
        ノ,へ: ::ハ/:リ: ヘ  ` ー  "'イ: /: : /: |
       / ̄ ̄`Yー|!f{イ: ::/\ __ ,. イ: : /: : :/ : |
     /  /     |{、 ̄    /リ/:彡': : ::/:ハ:/
    /   ' l   |/'" `ヽ   _\リ'" ヽ: イ!ノ
   く     ノ/ |#ー-、      }}ー-、リ
    ヽ    /   ヽ###`ヽ、   }}`  ヽ
    }、=z :/:::...    `ヽ、###`ヽ、}}    ';
   ,イ ヽ:::|:::::::::::.......    ヾー-、##∧::   ',
  〈   :::::|:::::::::::::::::::::........      `ー'  ';:::  、',
  }   :::::ト:::::::::::::::::::::ー=z_....     /::   /
  /`   :::::| `ー───:::::-、::::::::::::::::::/::::   /
 {    ::/|          :::::::::::::イ:::::::  /
`丶   / ノ             ::/ _,.イ

「んにゃ?」

「直接魂縛ってるよ?」

533無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:02:08 ID:AMW/bbls0
>>528
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         /.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
.        /.:./:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃ヽ.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       /.:./〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__//:.:.//.:.:.:.:.://,′ ヽ:.:.!:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        ///7,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´「 7`ヽ/:.:i.:.:.:.//ム-‐‐‐',ハ|、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
          !|.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:|/ |/j/! !:.i.:.:.//'′     !ハ「.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          !|.:.:.:.i:!.:.:.:.:.:.:ィ斧ミメノノ |:.//  ,ィf云ミメ、」.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         八.:.:.:i:i:.i:.i.:.:i:.j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.i
      .   ハ.:.|ハj ヘ:.|仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ.!.:.:.:.:.:.:.!ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
      r‐ 、    'j  ,ハ|:.i                    ハ.:.:.:.:.:.j_ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
      ヽ ヽ    ./.:.:.从   '              i:.!.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.ハ
         ハ  V  /.:.:./.:.:ヘ  、   _,         从.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.!:ト、:.',
        |  |  ./.:.:/!.:.:i.:.:.:.\            .イ:.:.:i:.!/ヘ.:.:.:.:.:.:.:i:.j:.:i:| ヽ
        |/ __\/´`!.:.:|.:.:i.:i.:.:ヽ.       .イ:.ノ:.ノノノ.:.:.|:.:.i:.:.:!:.!ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    / {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」         \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´::::ゝー‐''"´ ノ           ̄ノ:::::::ゝ.、
      \  `ヽ:::.   }::::/::::〈  ー 、   _____    〈:::::::::::ノハ
       \   ヽ  ハ/::::::::::ヽ      ´           /::::::::〃:::::!

「だね!」

「ちなみに下っ端諜報員もゾンビを転用してる」

「ああ、ロバート汚染を受けているとはいえ、個々に人格も記憶も持ってるし」

「ゾンビといえども訓練は実際有用だよ」

534名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 18:03:53 ID:7EC6Qj5s0
そういえばノーライフゾンビは魂を法術で縛ったのだった
そうしないと中身が失われて教師にならんししかたないか

535無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:22:45 ID:AMW/bbls0
                   ____
                 ,..::'´:::::::::::::::::::::::`::...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ
           .':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',
           i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::
           |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i
           |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|
         ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′
       /:.:.}イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
      /:.:.:.:.:.:.:/   _≧-r‐ ' /イ从イ/イ/
     /:.:.:.:.:.:.:/ ,..::ー:.:':.:./ }    \
.  /:.:.:.:.:.:.:.;ィ:-‐':.:.:.:ヽ/ 、    _rf>=ヘ
  /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ_´ ̄//.:-:.:‐.:.:\
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\ __... 7イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
. ゝ=ー- ---‐一 ¨7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
           {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.            ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./

「という訳でロバートさんの秘密教育と前後するくらいのタイミングで」

「里人の義務教育に育成城を追加!」

「・・・文系教育に力入れると理系はおろそかになるからね」

「仕方ないね。」

536無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:30:31 ID:AMW/bbls0

           /                                 ヽ
         /                                 ',
         / /                /              ハ
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
       \   ヽ  ハ

教育成果が生徒に根付く数年が経ち、

ロバートさんが秘密教育に失敗したあたりのタイミングを見計らって・・・

「やあ大お爺様。魔法教育の話だけど・・・」

限定的な魔法教育の話を切り出す!

537無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:34:34 ID:AMW/bbls0

                     ,   ―  -
                      . <: : : : : : : : : : : : : : : : :>
                  . <: : : : : : : : : : :ハ : : : : : : : : : : : : ヽ
                . < : : : : : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : : : : : : : :\
            γ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∧: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : , イ: : : : : : : : : : ', : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : / i: : : : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : : : : : : :∧
        {': : : : : : : : :/`゙ヽ !: : : : : : : : : | : i: : : : : : : : : : : : : : : : :∧
           }: : : : : :>≧ュ、   |:: : : : : : : : ::| : i: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
        〃: : >  ´ ノハヾ_i:: : : : : : : : : ! : ! : : : : : : : : : : : : : : : : : 从
       `ラr ´     イ {r:::ハハ: : : : : : : : ,': イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ! リ
       ,イ:八         ´¨´   〉: : : : : : /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::! '
      ,イ : : 〈              /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|
    イ:: : : : : 〉、        /: : : : : : / ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
   /: : : : : : : i   ー      /: : : : : : /  ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
.   {: :λ : : : : !         ィ: : : : : : :イ_ ,ィ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: :!
   v::{ ∨:ト、: ト。. ー=彡 : : : : : : :/ ,イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
    jソ  ヾ ヾ从ソ   ≧ : : : : / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
            ' ー=彡イ: : : : X ー=彡イ : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::リ
             ノj从シ   ヽ  ノリ从人: : : : : : : : : : :r人リヽソン从/
                   ∧  ,ィニニソヽ人人从リソ
                       ∧イニニ>=====≦ミ 、
                  イ´ニ>ニニニニニニニニニニニ>
                    イー=≦ニニニニニニニニニニニニニニニニ >
              イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ヽ
              ,イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ  \


「ロバート大お爺様はさすがに弱っている」

「物理的な損害はたいしたことないが、精神的にね」

「僕を説得できないが、自分の方が正しいと秘密裏に独断専行して」

「その結果が大失敗。罪悪感とか絶望ってほどじゃあないだろうが、さすがにがっくり来ないかな?」

538名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 18:40:35 ID:eSnOekLo0
セルフ管理メントは大事!

539無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:47:50 ID:AMW/bbls0
                          ........-―-.........._
                      .....::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::..
                  .....:´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
                〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
            ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
           / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /  `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
         /  /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
           i  ノイ     ヾ '´  ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
          ノi//!        . - . /「 ̄ ̄ ̄入  i/
      / ´ /: :.:|         /: : //{   /:/:.
        ヽ/: : : :.:|      /: : //__}_彡: :/ : : : :.
        {: : /: : : :i       /:./ ノ「 /: :/ : : : : : : :.
.        ∨ : : : ∧   厂:./ /__ノ': : : /: : : : : : : : : :.}
        ’: : :/ : l   /{: :/ /´/: : : :./: : : : : : : : : : :.|
          ∨ : : :i  / :.i:/  /: : : :_/: : : : : : : : : : : :;
           }: : : : ∨: ://  /: : /: : : : : : : : : : : : : : ;
         |: : : : : }: :i/  /: :<: :ヽ: : : : : : : : : : : : :ノi
         |: : : : : : l:|  /: : :/: :/: : : : : : : :-: : : : : :.|
         ’: : : : : :j:j /: : /: :/: : : : : : :{: : : : : : : : :|
          ': : : / } .': /ゝ': : : : : : : : | : : : : : : :.:.|
               ̄  ノ i/: : : : : : : : : : : : }: : : : : : : : |
             / j: : : : : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : :
               /  {: : : : : : : : : : : : :./  ’: : : : : : ::.

「そして、相手の弱みに付け込むのは物事の基本だ(黒並感」

「攻撃するのであれ、脅迫するのであれ」

「そして、恩を売りつけて懐柔するのであれね(黒並感」

「失敗し、心が弱る前に僕が妥協案を提示しても」

「たいした感謝はしてくれなかっただろうし、むしろ手ぬるいと内心反発して」

「独自の魔法教育路線に固執したかもしれない」

「だが、失敗し、魔法教育の希望が断たれたところでの妥協案!」

「ああ、実に感謝してくれることだろう!」

「・・・当初の無制限の魔法教育から見れば後退しているということを忘れてね」

540名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 18:48:57 ID:eSnOekLo0
譲歩は、相手が困ってるときに行うべし

541無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 18:55:41 ID:AMW/bbls0
     l:l i: : ', /: ; <: : :ー:-:-:-:-:=: 、:: : : : : :>: . .
     |:{ .i: : :Y斗匕: : : : : :-:‐:-:=: 、: : : : ><:_:_:_: : : \
 ___   ',:Vi:「: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : \//≧ ̄    ._||_
  ヽ: :  ̄ヽV: {ヽ、: : : : :≧: -:=: 、: : : : : : :ヽ: : : : : : : ヽ ̄`>--- ̄|| ̄
     フ´\:.ト、: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.∧`:マ=-z,;, У      \
._人_ /: :/: : :\ヾニ二二ニニ==一×: : : : :.∧: マ// /  | ヽヽ   ヽ
.`Y´,イ: :/: :l : : : `|ヘ: : : : ヾ> :ヽィチォ=ミ、: : : : ∧、マ/.    |       ∨
  . : ; イ: : i: : : : :.|  ヽ: : : :マムイ{' し:::ハ ヾ\: :.∧/    ヽ _ ノ     V
.ム    i: : :i: : : :.__|_  \、: :ヽ  V:::::::}   ヽ: :,'               ',
    i: : ∧: : : : | 〃フミ  ヾ: :{__ ヾ      ム|       」 ヽ      i
    i: :∧∧: : :.|{{ V::ハ , -`( )       厂!       | ̄/     }
.     i:/ ∨ヘ: : |`  ヾ( )',    _     ; Vi              i
     i   Vi V: |ム     z≦''   }     / ',                 i
        v V|  ヽ   マ    ノ   イ / ∠.       ┃      i、
   ヾ__人ノ   v   >   `     イ  /   ∧      ┃      ;∧
   」   ,- 、         > -- イ,、, イ   /:.∧.          ,':.:.:.:ヽ
   ヽ  }   ',.   _||_         { ,}_ヘ  /:.:.:.|:.:ヽ   ●     /:.:.:.:.:.:.l
   く   ',  }    ̄|| ̄       /l{;;;`∧./:.:.:.:.|:.:.:.:.\      /:.:.:.:.:.:.:.∧
      /`ー┴、           イl.:iL;;;」 /:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.l.:.ー-― ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
    / ____ 〉       zイ:.:.:.:|:.:i};;;;∨:ヽ:.:.:.:|__:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
    ',      }       /:.}:.:.:.:,_⊥':i;;;;;/:.:.:.:.´¨:./:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
     {  ー-― ヽ       /:.:.:.i:.:.:.V:.:.:.:i;;;;':.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧

「え?限定的にとはいえ魔法教育して良いんですかやったー!」

まあうがった見方をすれば、このタイミングでの譲歩は「唐突」だし「出来すぎ」とも取れる。

だがそうした疑念も心に余裕があればこその話なので、弱ったロバートさんには不可能だ。

ただただ、困っていたところに目先に都合の良い話が飛び出て来たので素直に喜ぶだけである。

だからシルフィア佐々木王にも素直に感謝したし、

魔法教育への制限にも特に反発は残らなかった。

542無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 19:06:05 ID:AMW/bbls0
               /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                   // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
               // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
             ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
               ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                 l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
             ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                 ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                 l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                 ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                  l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
             jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
                         , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
                      ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
                  jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                   ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
                i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
                  j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
                ./j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
                    /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
               /:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「これで良し。」

「まあ多少原作よりも研究が遅れるかもしれないが」

「無制限な暴走よりはずっといい」

543無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 19:12:22 ID:AMW/bbls0
                 _
                  イ
         ー = ミ、// - ─
            , i:i:i´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> .
             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> .
          i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iニ=‐'
         /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:i∧
        'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iー=≦ ー ,:li:i:i:i:i:i:i:i:i:i,i:i:i゚:i:i:i:i:i:
        li:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://i:i:、//i:i,i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:li:i:i:i:i∧
        | ′i:i:〈i:i:i:i:i:i:/ /i:i/ \ ;/i:i:i:i/'i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:
        / l_> ´∨i:i:i '.≠≧x.、/´ /i:i:i ' / :l__:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゚.
       八i:i{   ∨i |.  ` 乂ソヽ /i:i:/ ./´//i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il
      jハi:iヽ   ∨|      /i:! ' ,x≠.、'i:i:i:i:i:i:,li:i:i:il、 :|
         jハi:i:il.ー  `\    /´  .i .!ソ〃i:i:i:i:i:/.|i:i:i ' ゚. |
          jハi:i|                 j  /´i:i:/ li:i:'   ゚|
          jハ |   ゚.             ´/i:i:i:i:i.'   ' /
     ┌──‐ .  ゚      = ァ    'ノル'州   //
     |__    >. \      /      /´
     |/////>.   >. 、 .  ´
     r' - 、/////>.    ><- 、
 .<//////> .////:>.   ヽ  >、
///////////////ヽ//////i    |/´__/
////////////////::\////l   .| l///
///////////////////\/::|   .| |/〈
/////////////////////\    | |//>.
///////////////////////゚。   | |/////:>.

『さて・・・研究が遅れるということは』

『一つ、極めて重大な結果をもたらす』

『転生者ゼルクラッド。彼の魂を捕獲して人工的に転生させたのも魔力鎖系の技術だ』

『そして魔力鎖系の技術は里人研究者を使えないから自動的に遅れる』

『・・・となるとだ。ゼルグラッドは無事転生できるかな?』

544名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 19:17:00 ID:eSnOekLo0
清場和仁来ない、ヤッター!

これは素敵なタナボタですね。

545無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 19:18:51 ID:AMW/bbls0
>>544

                       . ‐―‐‐ .
                   . : ´: : : : : : : : : : : : : : : :` : . .
               /.: .: .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
.            /. : : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         . .: : : : : : : :i: : : : : : : : : : :イ: : : : : : : : : : : : : :丶
         /: : : : : : :/: : ! : : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : : : : : : : : ,
          /: : : : : : :/.: :/|:. : : : : : : .:/ .!:.:.:i: : : : : : : : : : : : : : :,
.        /: : : : : : : : :_厶|i : : : : : : / 斗 :十 -:. :. : : : .: .: .:i : : :.
      //: :!: : : :´「 /  |l : : : : : /   ハ:.:.| ヽ:i : : : : : : : : | : : :|
       /イ : :| : : : : |/   八 : : : : ′    Ⅵ 从 : : : :|: : : .:| : : :|
.     / |: :i:| : : : : ァ圻示ミx : : :i    x圻示ミャ : : : ,: : : : :| : : :|
       | :从 : : : 《 ir{:...:} i ハ ヘ:|     ir{:. .:} i 》.: .:/ : : : : : : : :
.         Ⅵ:ハ i:. :.{ 込....ソ   }     込.....ソハ : / : : : : : : : :/
        /: : : ハ{`:. \       ,           ノ:イ : : : : /: : : ′
       ノイ.: : :八 :.                    /. .: .: .:/).:.:.i|
.      / : / : : 个:.                   / : : : : /ィ: : :八
.     .'.: イ: : : : :k人     丶     '    / : : : : ∧ : : : : ハ
     |/ | : : : : |///>             / : : : : //,: : : : : : :|
     { 八 : i、:从////>        ィ7 :/ : ///,: : : : : : :l
.          ハ { \: }/∧////>  </∠ノイ ア:イ///, : : ハ.:/
         ヽ }ヘ{ Ⅵハ//」    /////ア イ/イ.: :/ ノ'
                  「 ハ   厂 ヽ   ̄㍉ ノ' //
                    ムイ  l /   廴___ ,,圦 ノ'
.       ,.....-‐:::::::―::::::く::::\   j/    x<::::>::::::―::::::‐-.....、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\  x<::::>::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

「うん!素晴らしいよね!」

「だが油断せず、ロバートさんにはあらかじめ釘を刺しておこう」

「転移者への対価は転生まで、とかね」

546名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 19:20:59 ID:eSnOekLo0
備えよう

547無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 19:45:52 ID:AMW/bbls0

          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「というわけで原作よりも時間をかけて」

「ゼルクラッドをスルーしたけど」

「結局ロバートさんは魔力鎖技術にたどり着いた」

「この辺での主な発見はこんなところかな?」

・魔質の全発見及び解析及び応用

・魔力鎖の発見及び解析及び応用

・魔導:人工的・機械的に魔力鎖を合成して魔法を発動させる技術。デバイスのようなもの。

・魔法鎖:魔力鎖の一種。ノーライフ魔法で通常用いられる魔力鎖で、瞬間的にオドを消費して一時的な世界改変を起こす。

・法術鎖:魔力鎖の一種。ローマ流に言えば求道型魔法に近く、持続的にオドを消費して永続的な世界改変を起こす。

・具現鎖亜種:魔力鎖を改変し、その情報を肉体に逆流させる技術。ステータスマジックのようなもの。「エルフ」の作成や治療に用いられる。

・セーブ&ロード(魔質を使ってあらかじめセーブしておいた魔力鎖から人間を魂ごと複製する技術。一種の死者蘇生技術で、ゼルクラッドの転生もこの応用)

・魔核:魔力鎖(≒魂)をいくつかの魔質に憑依させた一種のアンデッド。バンダーのような魂の分身もしくは複製であり、オリジナルと同じ記憶や人格を持つ。
・・・が、魔核の主観的にはいきなり人間から石の塊に変わってしまったようなものなのでたいてい発狂する。ロバートさんとシルフィア佐々木とエルマーやる夫は平気だったが。
基本的には確固たる記憶や人格を持たない赤ん坊の魂を複製し、魔核として育てることが多い。
主な用途はAIの代用品で、魔導デバイスの制御に用いられたりする。

・魔質(特にトラペゾヘドロンやタキオン)やアンデッドを利用した宇宙開発。

548名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 19:56:28 ID:7EC6Qj5s0
さらっと言ってるけどどれも凄い発明じゃ無いですかね…

549無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:14:23 ID:AMW/bbls0
>>548
                       _  _
                    _r‐ ´Y `  ` r― 、_
                     _r{ r'  ゝ    l   ハ、>、
                    」ィ: : ̄` ̄ ̄`: ヽr{   ハ: : \
                   /: : : : : : : : : : : : : :/ハ /  ヽ: : : ヽ
                 / /: : : : : /: : : : : /: : : ∨/  }: : : ハ
               _,. ィ: /: : : : : /: : : : : /}リ: : : : ハ  _ハ: : : : l
            { j{'/: `ト:、: / : : : /  j{: : :j!: :l: r ´ ノ: : : : !}
            く´  !:/ i: :オヽ: `ー=―‐f : /:}: リ└―リ: : : l : i
             ゝィク{/ : l/fてぅ ′´xィf示zム: ,イ: : : :/: : : :}: l:!
           ,イ / i{: i/: :l {zリ   " ヒzりアノ r、 : /: : : }: ト: :!
       ,. -‐ 二 ィ/ , くyヽ: :| 、     ー"ソ:' : :ノィ ⌒`ヽノ : トハ
    r  /´  / ,、 ′ l:j!: :人       /: :/        ∨!{ヾ
    ヽf'   / /  ヽ {l: : : : ヽ fヽ    / イ     /   }′`
.          / /   ∧ Ⅵ: ト: : :> _ r ´, -ー-、 /′ _, ハ
         i_{  ./  ヽ ゝリ ゝー'Y´/ /////// >く     }
             /       l  /∨//////////////ヽ_ / \
            /      , ィ´}j / y/////////////////`iヽ ヽ
         ー、   j  ´//∧ //{//////////////////! リ ノ
            Y^Y´ / / ハ //j′/////////////////l レ′
.             l/∧ /   / j ヽ′ハ////////////////// !/
          _!/_,. ヽ  ′ { ∨//ハ//////////////´ ̄/7
         ヽ   /入_    `イ///∧/////////// ´///∧
            }、 / ′/ ーr ' !/////`ー== v ´ ////////∧
            j∧/   /  /  |///// |////∧////////////\
            {//7ー,{   /    !/ /////////// \/////////// ヽ
            ∨////ヽ、_    |///////////////ヽ/////////// ∧、
          ∨//j    ̄{`′//////////////`r<///////////ヽ
              `ー !      ∨/////////////f / /  入//////////
               {     ∨////////////l/ / ノ////////////
                 i      ∨///////////| ////////////////
                ゝr= _/`=ー――― イ ////////////////
                   Ⅵ三 二 ニニ =  ̄ ////////////////

「でなきゃわざわざ僕自らスカウトに来るわけないじゃん?」

550無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:15:02 ID:AMW/bbls0
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

「ああ、そうだお」

「ダークマターとオドの関係」

「解説要るかお?」

551名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 20:25:24 ID:eSnOekLo0
欲しいです。

552無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:31:39 ID:AMW/bbls0
>>551

                      _,_.-、,-‐、
                    ,ノ     `^"!_._
                  ,-'i^""''{     、ト-.,_`^┐
                  }./.   `ー,  〉`´  `'、_}
                  |::::..    `‐'´      |
                  |::::::             |、
                  |::::::             |_)
         ____       |::::::             |_.)
       /⌒  ⌒\  . |::::::             |_)
      /( >)  (<)\  |:::::::             .|_)
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \|:::,.--―¬''''''¬‐-..,,,_ |/
    |    /| | | | |      |'´::::..._,,...-----....,,,,_ ヽ{
    \  (、`ー―'´,    /.}‐'""´-‐‐¬‐‐‐--..,`ヽ{
    /    ̄ ̄ ̄      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                   >ーーー-------‐''"´

「OK!」

「超簡単に言うとダークマターはこのグラスで」

「オドは中に入ってる酒だお!」

553無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:37:00 ID:AMW/bbls0
                       ____
                     /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                    /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \
                       /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
 _______ +      /;;;;;( (;;;;;) );;;;;;;;;;;((;;;;;) )    ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;::::::: (___人___,)       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

「やる夫たちが普段「魔力」と呼んでいるのは、ダークマターとオドの複合体」

「「酒の入ったグラス」のことだお」

「そして魔法を「使う」ということは」

「グラス(ダークマター)の中の酒(オド)を消費して世界そのものを酔いつぶして騙すってことだおね」

「そしてグラスの中の酒を使いきってしまえば、そこにはもう「酒の入ったグラス」は存在しない」

「だからやる夫たちは魔力は「消費」されるもの、使えば消えてなくなるものと認識しているわけだけど・・・」

「正確に言えば、魔法を使った後も、魔力を「消費」した後も、「酒が空になったグラス(ダークマター)」は消えてなくて、そのうち酒(オド)が再充填されて再利用されるんだお」

554名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 20:38:59 ID:eSnOekLo0
おお、なるほど。
再充填…女神様から地脈を通じて流れてる分がたまる感じ?

555無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:39:07 ID:AMW/bbls0

             / ̄ ̄ ̄\
           /─    ─  \
          / ⊂⊃=⊂⊃=   \
         |   (__人__)      |
         \   ` ⌒´     /
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;

「カラデシュで魔力を地脈に返せるのは」

「正確に言えば「酒が空になったグラス」「オドが空になったダークマター」を」

「地脈に戻しているわけだお」

「だから発明品が「魔力」を消費しても、地脈に問題なく戻せるわけだおね」

「じゃあ逆に、地脈への還元が起こらない、シンフォニア魔科学では何が起こっていると思うお?」

556無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:39:52 ID:AMW/bbls0
>>554
                ___
             /      \
           /  ─  ─  \
          /   (●)(●)  \
            |      (__人__)     |
          >        ̄`      <
          /      ー‐       \
       /   、  ,.-―、         |
        |    | / 、  ヽ    |  |
        ,ヽ.  /  人 !i l |..、-―´⌒. |
_____|_\   /_|::rYロ::| ___/___
           `ー´   .|::`^゙´:|
                 ̄ ̄
                 ⊂ニ⊃

「いや、もっと直接的だお」

「周囲の質量を削ってエネルギーに変えて」

「そのエネルギーがオドになってるお」

557名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 20:42:48 ID:eSnOekLo0
質量欠損…宇宙の寿命が少しずつ削られてる気がする。

558無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:46:34 ID:AMW/bbls0
>>557
                ____
              /      \
             /  ─    ─\
    ( ( (    /    (●)  (●) \
            |       (__人__)    |
           /     ∩ノ ⊃  /
.            (  \ / _ノ |  |
          .\//  /__|  |
      /\「 ̄~//\/___ /
      [三三三//三三三]
        | i i i i i i i i i i i i i |

「いや別に?」

「最終的には宇宙質量総てがオドになって滅びるけど」

「どうせその前にもっと早く別の原因で滅びるお」

「それに逆に質量増やす方法もあるし。ヴァンダルーさんダンジョンとか」

559名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 20:48:50 ID:eSnOekLo0
螺旋力とかグルメビッグバンもありますね

560無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:54:25 ID:AMW/bbls0
>>559
                            _____
                       | |ビストロシェフ
                       | |シチ ,ヘ ルー
               ___     '―/ ノ――
                 / ―  ―\   |     |
               / (●)  (●)\  |    /
              /    (__人__)   \ / `  /
           |         ` ⌒´     |   /
           \.              ,/ /
              /⌒ヽ    ー‐   ィ  /  アッタアッタ
             / rー'ゝ          /
             /,ノヾ ,>         イ
.           // ヽ〆          |
      [三三三三三三]        |

「あと普通のビッククランチとか普通のビックリップとか普通の熱死とか普通の相転移もあるおー」

561名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 20:55:22 ID:ZJKCOWB60
魔力鎖的に大事な話っぽい?(オドとダークマター)

562無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 20:57:58 ID:AMW/bbls0
>>561
                ____
              /      \
             /  ─    ─\
    ( ( (    /    (●)  (●) \
            |       (__人__)    |
           /     ∩ノ ⊃  /
.            (  \ / _ノ |  |
          .\//  /__|  |
       ___{_{\/___ /
         {仝仝仝仝仝仝仝仝}
         { i i i i i i i i i i i i i i }
         { i i i i i i i i i i i i i i }
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「分子構造を論じるにあたり、原子の内部構造は大事だおね?」

563名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 20:58:35 ID:eSnOekLo0
螺旋力による質量増大とオド充填による質量消費が釣り合えばわりといい感じ?
グレンラガン宇宙は魔力がないのが問題だったのかも。

564無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 21:05:11 ID:AMW/bbls0
>>563
            ___
          /⌒  ⌒\
         /(―) (― ) \
       /::::⌒(__人__)⌒:::::::ヽ  グビッ
       | γ⌒)⌒ヽノ      |
       \( ^/ (★/ij    / グビッ
       / { ,(⌒ヽ/      ヽ
       | / i ー '      ィ  }
       ヽ_ノ           |  |

「そうすると」

「隣の宇宙でビッグバンが起こるお?」

「角運動量を使い果たした銀河が衝突して」

565無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 21:06:05 ID:AMW/bbls0

               ,.  |7
               ヽ|  ´,.--<>
              |> / ノ: : :!
                 ノ: : : : : :/
               ,.|: : :,;彡'´
             /^)'  ̄__
              (ソ「  /⌒ ⌒\
                | |/( ●) (●)\
                  i/||:::::⌒(_人_)⌒::::|
              | |\   ヽ_ノ   /
             < ( ̄ ̄ //〃/ア
               `Y\/  \/\
               i⌒v' ̄ ̄ ̄| \,.ヘ
                i=<ニ>= = :!  \丶
                |_∧___ゝ  (__ノ
           ヾ,v.>  |__/⌒\  }
 ヾ.v.>  _____  .| |   { }   `Y⌒)
  | | f' =ニニ =ゝ | |   ,ノ」       ) L、
  | | !ミ     彡!,|,」,            ̄
  ,,|,」,`'─----─'

「で、再度問うけど」

「シンフォニア世界の魔科学で何が起こってるか」

「わかるかお?」

566名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 21:09:26 ID:eSnOekLo0
オドは補充されません!>魔科学

567名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 21:11:15 ID:eSnOekLo0
シンフォニア世界って、実は本当に質量を持っているのは世界樹だけなのでは…
だから、世界樹からしか魔力が充填されないし、魔力を使いすぎると惑星が滅ぶ。

568無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 21:13:13 ID:AMW/bbls0
>>566
            ___
          /     \
         /⌒  ⌒    \
       / (●) (● )    ヽ
         |::::⌒(__人__)⌒:::::::  |
       \   .r―-、    /
    プシュ /  r⊆し-(_ \   ヽ
       | / う  |' .\ \ィ  }
       l / ノ (★|   \ ヽ /

「その通り!ではなぜ補充されないか?」

「それは酒を補充するべきグラスまで飲んでるからだお!」

発明品→酒(オド)だけ飲んでグラス(ダークマター)は残す。グラスは酒を補充すれば再利用可能。

魔科学→酒だけでなくグラスごと飲む。グラスも再利用できない。

「酒(オド)だけでなくグラス(ダークマター)も残らないから」

「何も再利用できずに地脈が枯れていくわけだお」

569無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/02(火) 21:24:08 ID:AMW/bbls0
          , - ー=-- 、
        / , '"`  `  `ヽ、
       / /    .l      ヽ、
      / /     イ  l       ヽ
      l  /     l.l  l  、    、i
     .l  l      l .l  .l  丶  、 .l
     l  ll  i  i  l l  l   ヽ 、 l
     l  l  l  l  / l l  l   丶 ヽi _ /i
     .l  ll  l  l /一l l、  l、  ヽ、___ , /
     l  l  .l ll l_,二l l、\ .l,=、  丶!   ,
     l  l  l ll l l。` i!  ヽi。ソヽ、_`ー,ノ
     .l  l l .l l i ー '    `" .|/l/l|'"
     l  ll l  l l、,!     ,   //ィ l
     l  ll .l  l .lハ    ー /レi l .l
     .l ハ .l  ll l ` ー- イ<'、 l.l .l
      レ'"`i l  llヽ、     ノノ .l .l-、
    /   .!ハ  l `ヽ、  /イ__ l l  l
    l     ヽ l==-,>y<ー ヮl /   l
    /l      `丶-=-i`Y' l-='"レ   l

ミトスさんが発明品技術を取り込もうとしたのはつまり、

「オドは消費するがダークマターは残す魔法科学技術」が欲しかったわけである。

それなら魔力は枯れないからね。・・・デリスカーラーンの場合質量は他所から持ってこなければならないが。

あfk

570名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 21:25:21 ID:eSnOekLo0
一旦乙!

571名無し-Red-市民-2:2018/01/02(火) 21:27:46 ID:eSnOekLo0
デリスカーラーンは星も生命もすべて魔力でできているからね。
そもそも削るべき質量がないよね。

572無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 02:56:35 ID:MQMMZHs60
         `ヽx_____  `ヽ、
          ,xィ〉洲洲洲州洲>xヽム
        ィ彡从从洲イ洲洲洲洲洲州_
      ,イ从从从洲洲洲洲洲洲雫洲汽ゝ
      イイ从/从洲リ`洲洲 洲洲洲洲洲ム
     イ/ 州洲洲|| W 洲/|i 洲洲洲洲洲|!
    レ´ 洲洲洲V/≧ ヽ! ィ=乂 洲洲州!
       洲夾洲 || トリ    5リ h州州仍/
       マ| 从从 ~ |   ゝイ ク州州笊
       ヽ ´´ヘ   ,  ,   ´ /|ノくV
            ヽ   ̄   イ州(
           rイ`ヽ __ < ソ|:::::>)
           |`ヽ、| ,―――彡 /
         ._ノ>, ∨´二二彡<爪
     r=彡三三三! | |三三三彡三ゝ、
     |三三三三Vヽ.レ|三三彡三三三>、
     |三三三三三○三三三三三三三三>

『ただいまー!』

『遅くなってごめんよ』

『・・・と言ってもまあもう皆寝てるだろうけど』

『明日の朝にでも楽しんで欲しい』

573無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 03:00:37 ID:MQMMZHs60
>>571
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『そうだね!』

『ファンタジア地球では明らかに質量が存在するから』

『世界樹しか質量持たない説は成り立たないけど』

『マナ(高密度の魔力で魔質化した魔力そのもの?)で出来ているデリスカーラーンや、世界そのものが魔質になってるっぽいシンフォニア地球では』

『削るべき質量がそもそも存在せず、故に再利用できなかったというのはあるかもしれない』

574無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 03:47:27 ID:MQMMZHs60
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「一番危険だった転生者はうまくスルーできた」

「技術も発達したし、後はマッチポンプ(あるいはそれに代わる何か)で他文明の発展を抑制し」

「里の優位を保っていけばみんなハッピーに成れるだろう」

575無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 03:54:45 ID:MQMMZHs60

               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「後は僕らが去ったあとの後継者だが・・・」

「これについても半ばは解決している」

「魔力鎖のような肝心要のものは伏せているとはいえ」

「ある程度の魔法科学教育は行っているし」

「何より育成城もある」

「とはいえ僕が居なくなった後も君主制だと君主が暴走する確率が高いけど」

自分のことを棚に上げたひでえ言い草だ。

まあ実際原作ではシルフィアが暴走したわけだが。

「リスク分散のために育成城教育を受けた複数人での合議制」

「つまりオリコ日本のような寡頭政か民主政に移行すれば政略面は問題ない。」

576無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 04:12:15 ID:MQMMZHs60
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /

「残る問題はどちらかといえば、技術的な問題だ」

「アンデッドと魔王教システムはまあ、ロバートさんほど完璧にはいかないが」

「一応里人でもある程度運用可能だ」

「死霊術自体はロバートさんの特権じゃないから里人でも覚えられるし」

「リッチ(魔法を使えるゾンビ)の諜報員を使えば、こっそり人里に忍び込んで人間をアンデッド化することもできなくはない」

「問題は以前にも話したとおり、精霊の方」

「ロバートさん依存のシステムを脱却しなければ元勲体制は成功とはいえない」

「といって、単純に幽霊の後継者を用意するってわけにもいかない」

「ロバートさんの霊体化は、滅茶苦茶レアな現象で」

「理屈がわかった今となっても、人類で実際に成功したのはロバートさんだけだ」

「それに仮にロバートさんの後継者となる幽霊を作れたとしても」

「その幽霊が暴走するリスクを考えるとどの道幽霊頼みのシステムは望ましくない」

「一応油や女神です。女神はどこにでもいます。宜しくお願いしますミームなどは用意したけど」

「他の手段も聞いてますか。女神でした。宜しくお願いします。」

                      メモ

「探すって予定だったよね?」

577無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 04:22:33 ID:MQMMZHs60
                 ,..-ー '' ´  ̄ ~ ゙¨''ー 、
               ,r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ,
              , ':.:::/::/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i
             ,':.::./:.,':/::.:.ィ:.:/:.:::.,! ヽ:.:.:.:.:.:.:...:.:.゙i
              ,'/:::,':.,':/:::.:/:.:/:.:ノ:,'__゙i:.i:!:.::.!:.:.:.:.:i.
               ,':.i::.:il:.:l:!.:..:イ_/!:.:,':/´ _, `!:i:.:.:.::i:.:.:.:.:ト、
            i:,i:.l:.ハ:,':i:.i´!i/,';/''´´ ,rtTハi!:.:l:l:.:.:.:.:゙,:',
            i!l:.l:.i:.i,':.l:.:/ィiテォ,    辷ノi:.l:i:;:.:.:.:.:.l:l:.i
            ' .iハ:、:.l:.:ヽ! 弋,ソ  ,     ノ,i:.:,':.:.:.i:,'i:.l、!
             ' ヾ,:`:.:.: ゙、   _.. '  , 'i:.l:.:ノ:i:.,'.i,'
               l:.i;、:.、_`. 、 __ , ' i从ノ,'// '
                ヾ ,ヾ、_,,_,,,.l    _,}ー-'¨゙`ヽ,
               , ':::::::::;;;;/ー-  ' ´ }:/::::::::::::::::i
                 !:::;;:::::/'゙_     ,','::::::::::::::::::;;}
                   };;r':/;; ;; ;; ;;  ̄;; ー-'_:::::::::;;:::::;;:;i
              ,';;l:.:.´  ̄  ̄ ¨ ''ー-,_{:::::::;;::;;;::k
               l;;l;;;;;;;;;,,,:::::::::::::...,,,,,:::::::::::::::;;;:::;;::i
                l:::l;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;::;;:::i
               ,':::,'::::::;;;::::::::::::;;;;,,:::::::::::::::::,;;;;;;;;:::l
              ,':::,':::::::::::;;::::::::::::;;;;;;:::::::::::::,';;;;::::;;!'
             ,';;;,'::::::::::::;;::::::::::::;;::::;;;;:::::::/;;;;:::;;;::l
             ,'::/::::::::::::::::::;;;;::::::::::;;:::::::::/;;;;;;;;:::::!
           ,<,ノ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,::;;;;;;:::;;;:: ハ;;;;::;;::::::l
    _,,,.._,,,-- く´:.:.ヽ、;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;:::::::::!i;;;;::::::::::l
,,..-ー '゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:..:..:`ヽ、:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::i'' ̄ ̄~i


「それがそろそろ必要になる時期だ」

「もし油や女神ミーム以外で精霊の代役がこなせそうな方法が見つかったなら」

「報告して欲しい(無茶振り」

【安価】今回の投下終了から次回投下まで 【精霊の代役】

578無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 04:35:28 ID:MQMMZHs60
                   ‐== __  ミ
             -=ニ   ̄ ̄ _    `ー 、
           /    ´       '`⌒ヽ   ヽ
           / / /     /
.          〃 イ /  __彡/ /   }   }     }
         人{  ! { 小,/ `メ、|   ′  ,
.     /{{   {   ,似ムイぅぇx  /   /     !
     /      ⅱiV{ ′   伝ぅУ   イ      |
.    / /  / / {i 圦 、_   /   /丿  ′ i!
.   从{八   { 从 i∧' ー´   /¨    /  ii
        ヽ'   Ⅵ  ¬≧=彡' ≫-彡イ《 /} }ト、
                  r′^,<二ニ=-厶厶イ
                     i|  /ニ//二ニ=┐
                {i:レ仁{ニ/二二ニ=-}
                     }》 /ニⅣ二ニニ=-\
                 ムイニ/_{二ニニ=-、 }
                /   Ⅳ__二\二ニニ=-〈
              ′ /ニ}ニ}二ニ∨ニニ=-ヘ

「さて、その上で」

「物事の冗長性は高められるなら高めた方がいい」

「失敗することを想定して多重防御(縦深防御)やフェイルセーフを施しておいた方がいい」

「そうは思わないかな?」


「具体的に言えば」

「僕は研究班諸君の有能さを信じて疑ってはいないが」

「もしかしたら、油やミーム以外に精霊を代替できる手段がそもそも無いかもしれない」

「あるいは精霊の代役は居るけど、他文明の発達によってやがて代役が破られる日が来るかもしれない」

「そうした何がしかの理由で、もしもマッチポンプが破綻したならば?」

「考えたくないもしもだが、しかし可能な限り備えるべきだ」

「マッチポンプが破綻してもなお、他文明を抑制できるような予備案は用意しておくべきだ」

579無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 04:52:00 ID:MQMMZHs60
                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ
.      /: : : : : l: : : : :>:∧.  ヽ/ .l: :|: : : : : i
     /: : : : :. :.l: : /: : : :i\   l: ヽ: : : : |

「そして野生の元勲はさすがに格が違った!」

「シルフィア亡き後の原作ロバートさんは、この問題に対してちゃんと解答を出している!」

「すなわち、資源管理だ!」


「例えば、鉱脈からアルミを除去すると何が起きると思う?」

「パリスチールの原料はアルミニウムだ」

「だからたとえ他文明が魔質を発見したとしても、アルミを鉱脈から除去しておけば」

「他文明は材料が無いからパリスチールを作れなくなる」

「パリスチールが無いから高密度の魔力を簡単に手に入れることができなくなる」

「パリスチールが魔法科学研究を大いに発展させたことの裏返しで、魔法研究は大いに遅れることになるだろう」


「あるいは逆に、文明発展を促進することもできる」

「例えば蒸気機関を普及させたければ、潤沢な石炭を他文明に与えてやればいい」


「このように、資源を抑えるだけで文明の発展を容易に制御することができるのさ!」

「マッチポンプのような壮大なシステムで、人類一人一人を監視し支配しなくても」

「資源というボトルネックを抑えるだけでね。簡単だし、手間もかからないし、安全確実だ」

580無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 05:03:01 ID:MQMMZHs60
                         ........-―-.........._
                      .....::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::..
                  .....:´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
                〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
            ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
           / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /  `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
         /  /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
           i  ノイ     ヾ '´  ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
          ノi//!        . - . /「 ̄ ̄ ̄入  i/
      / ´ /: :.:|         /: : //{   /:/:.
        ヽ/: : : :.:|      /: : //__}_彡: :/ : : : :.
        {: : /: : : :i       /:./ ノ「 /: :/ : : : : : : :.

「ロバートさんは、この資源管理にダンジョンという道具を使った」

「自然の鉱脈から魔法か何かで資源を根こそぎ奪った後に」

「ダンジョンに奪った資源を埋めこんで、ボウケンジャーがダンジョンに潜って資源を入手するというシステムを作り上げたのさ!」

「これならば、モンスター等のリスクがあるから、資源の供給は細々としたものになる」

「資源が細々としか手に入らないから、技術を急激に発展させようとしても中々難しいし」

「それでいて文明が枯死しない程度の資源は手に入る」

「他文明を生かさず殺さず、適度な幸福の中で発展を抑圧して飼い殺すにはちょうどいいわけさ!」

「もし資源供給が過剰になったり過小になったりすれば、ダンジョンの難易度を調節すればいい」

「まあ、ダンジョンという形態をとったのはロバートさんの趣味が8割だそうだが」

「それでも中々合理的だろう?」

「そして僕らにとっても運用が容易だ」

「理由は全然違うけど、ボウケンジャーがダンジョンに潜って資源を回収するというシステムには管理局で慣れてるし」

(まあ管理局で愛用しているラムダダンジョンは資源を無限に供給しちゃうのでこの場合良くないが)

「帝国国境に世界樹の迷宮を既に設置してるからね!」

「世界樹の迷宮を介して資源管理。実用性としてもロマンとしても中々良いんじゃないかな?」

581無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 05:08:00 ID:MQMMZHs60
                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ
.      /: : : : : l: : : : :>:∧.  ヽ/ .l: :|: : : : : i

「よって、今後の予定、元勲ノーライフの締めはこうしようと思う」

・ロバートさんをスカウトしてローマに回収。

・引退するロバートさんの代わりに、精霊の代役(油や女神ミームや研究班諸君が見つけた何か)を設置してマッチポンプを多少改造しつつ続行

・マッチポンプの管理は育成城教育を受けた里人にやらせる。政体は寡頭政か民主政

・平行してダンジョンを使った資源管理も実施。

・ダンジョンの管理も里人担当

「育成城教育を受けた里人による寡頭制or民主政を元勲の後継者として」

「マッチポンプと資源管理で、世界を幸福に支配する!」

「どうかな?」



「では今日はこの辺で失礼する」

「参加してくれてありがとう!お休み!」

582名無し-Red-市民-2:2018/01/03(水) 09:45:08 ID:Kjpapb9o0
深夜にお疲れさまでした、無茶王様。
その方針でよいと思います。

583名無し-Red-市民-2:2018/01/03(水) 14:44:13 ID:WztyZ0Pk0
昨夜はお疲れ様でした

精霊の大体思いつかねぇ
世界樹に任せ切りもなんだし
魔法の方の代わりは神聖魔法でいいとしても
ロバさん自身が精霊になってるおかげで監視システムとして優秀すぎる

584名無し-Red-市民-2:2018/01/03(水) 14:46:52 ID:WztyZ0Pk0
誤変換
大体>代替
連投失礼

585名無し-Red-市民-2:2018/01/03(水) 16:15:37 ID:Kjpapb9o0
…こんなもので大丈夫だろうか。

【精霊の代役】

〇世界樹聖霊

以下の二つのスキルを【合成】し、世界樹が習得

・【自己分体生成】自分の体液や肉から自分の分身を造れる。
・精神化(オーフェン白魔法)精神だけの存在になる

これにより、肉体の一部から分身を量産でき、さらに幽霊のような存在となる。


【森羅万象】も習得していれば、シルフやウンディーネの替わりをさせることもできるはず。
≪【森羅万象】≫火、水、雷、風、地、光、重、植などを支配し、操る能力。

586名無し-Red-市民-2:2018/01/03(水) 22:19:07 ID:ZbekhvYk0
【精霊の代役】

〇超魔術精霊アップグレード 超魔術精霊に魔力鎖理論を組み合わせたアップデート
昔リアルcivで自前で精霊を作って使役する事が出来る超魔占術電子精霊なんてのも居たから
魔力鎖理論を組み合わせれば頼まれた必要な魔法や精霊をその場で作ったりも出来ると思う

この超魔術精霊を使えば後継者の知識が無くても都合のいい精霊を作ることも出来るはず

587無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 22:52:31 ID:MQMMZHs60
>>585
                 ミー‐-<⌒ir<⌒ニ7´ : :`く⌒ヽ___/}___
                廴ノこ_フ{ `o <Y  `  : :.ノ<_/V}/ く⌒
              }ミツ{ `Y⌒入_ハ,_ノ人,__  (_)  : :ノ〉, く  /\
                _八_}fY ヅ ) _,ハ_iJY´     `ヽY⌒V⌒ヽ  ヽ
                〉てう仝t匕乂_〉, く| 入  : :人__,.: :イ_> O ノ   い
            /   て_人_ソ  `⌒7⌒^⌒\/\_|人_xヘ,_ヽ.  ||
                             ヽ    ⌒ヽ ⌒)  ||
.            ノ   ′    _  ト         _|!      ハY   ||
               i   iイ「  i  | |   l     |「`            |人
            | |   |_| ! | ノ L  L. 」_八       |   }
            |i    | xfテ㍉      ,ィfテ苳k.く|       |    '
            |l ∧ ¬㏍ ん汽     ' んf㎞汽rk     | ∨
.             八/ ∧ |ハ hr以      hrfK%スハ|/       ∧
             厶i J: | V⌒}      {V7⌒V /  ノ  ∧ / 丶
               |     込_ソ     込__ゾ厶イf´}/ ∨
               人,ハ,人               ‐介
                      _,ノ>  . ーく         く /|   |
                     Y  . . . . . .}¬=≦zxヘハ人人 Ν
                  | ______,__,_}ア´   \`ー< ヽ!
                  |´/: : : : : : :/   /⌒ヘ⌒⌒`
                    Κ: : : :.:.:.と ヽ._/
                  レーュ : : {r'  }/{ ___  }
                  ∧ ヲ: : : :~}  Vマ´   /) ノ
                     __∧ 丶: : :./|  〈   /丁´
                   /  人_〕_/八     / :ト、
            ___  ((⌒ヽ   _/  ,ノ丶_/    !い
   ______ /:::::::\_,>ー\'⌒ ̄            }
    {7ヽ:::::::::::::::::`'ー一'゚´:::::::::::::::::\             xく
..   }/ハ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>―――‐=彡':::::ハ、______
   {_/ハ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::`:..
   ´ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::__彡 ::::`ヽ:::::::::::::.:.
        \::::::::::::::/:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__:::.

「OKです!」

「分体で数を、精神化と森羅万象で精霊っぽさを!」

「素晴らしいと思います」

「まあ、多少現状のロバートさんとは差異は生じるでしょうが」

「その辺のカバーストーリーも用意しました!」

「あ、一応、死属性魔術の幽体離脱や霊体化とかも使えますね」

588無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 22:54:39 ID:MQMMZHs60
>>586
            / __,ゝ┘ ニュ_,.     くーvcケ  `¨’  、v Y-⌒>、
         冫i´  7´{ ムユ´}⌒> 厶-‐ァ厶ヘ._}ヽ.__」_   r┘`ァc}ー ′
     \ー}⌒>ゝ u ´`7 人.〈フ^了y.イ ゝ、}ヽ{ }ヾー1 r、} 、 )
       ,ゝ _y´}ィ  トrケ! /^^{.ノレ  V i   V   `ヽ1 〉、}` ,
        厶イ> c.く、 イ レ ハ/ .         l  .  i     Ⅵ   . '
         ! {/`Y  ト.| i l  l  l   !  |. i  li     l |  i. i
       i j  y1ノ   l l |  |i  |   .|i |l  | l   i l ! :! !¦
        l いゝ      l l   !  !j |  l| .i | ! |j_,⊥」_  |l |. | :! |. !
         | i‘1|  |   | |! _,」ィ子Tュ|l リ_! L!1_丁}T¬!| ! |¦ i||
         | |i リ  :l  |l.イi_,.上.⊥_∟jレ′   'ニ__,`′、j| ! ! |l|
        | !∨   !  :|ル' _,.xヵ=ミ       彳¨ヾ\、 レ!'リ .リj !
       l レ ハ i  ,  ! 〃! rc.ヽ          !i´1|  リi l1ムイ /
      /イ/  . |  '  V{ いリ }         う リ  ″l ! |ト、く
         / ノ.ヘ.ぃ ヽ.〈` く_ン         `"¬  l} リヘゝ
      _/イ/ハ \\ヘい  `^´      、     "' |j /
             い、___ミ   ゛゙           ′        ル′
             } ト  ヽ           _,       /
            | ,ハ.  \     ー‐‐ _,´    /
             レ  j  } l i丶          イi|
               レ! i1 リ.」   `   . __ . イ{ j|リ
                   jノレ'´ノ         ト、 { ′
                  / v′         l、 `ー ._
             /    丶            | ヽ   ` ー- ._
          _,. '´       \       {  |       `冖ー-、

「こちらも素晴らしいかと!」

「まあ超魔占術電子精霊自体の監視は必要ですが、それくらいは私でもできますしね」

589無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 23:16:36 ID:MQMMZHs60
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「さて、昨日も話したとおり冗長性は重要だ」

「精霊システムが一本だけだと、原作ロバートさんみたいに一網打尽もありうる」

「が、多重化しておけばそのリスクは大分軽減されるわけだ」

「という訳で研究班諸君が用意してくれたプラン、両方を採用し」

「精霊システムは二重で行こうと思う!」

「・・・外部からコントロールできるセキュリティホールもあったほうが便利だしね(黒並感」

590無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 23:29:47 ID:MQMMZHs60
            j___f⌒ o  ⌒Y   .イ__ノ て    ヽf⌒ o⌒ヽ
         <____人_ノゝ、‐'`‐ァ´ 人  ヽ_ノ弋___ノィr    人
            7,、r‐´`ァ'´レ':ゝし':::::::::ー'::::::::::::::::::レハゝ‐く`イノ
             f'⌒Yノし':::::::::::::::/::::,:::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::レ'⌒ヽj
             (   う:::::::::/:i!::::/|::::::::::::::::ハ::::トi:::ト:::::::::::|::::(  ¦
           (  ぅ:::::::::〃::i!ィ:|‐_、:i|::i!::::| !:::ィ:ニ=ト:、!::::|::::::::ゝイ
            'Y|:::|::::::::||::ィL::j L:_jLiL:/ L::j Lj L:::ヽ:|:::::::i!::::|
.            i:| |:::|::::::::|レ ,ォ ≠ミ      ィ ≠ミ、`|::::::,:::::.′
.            i:| |:::|::::::::| 〃 .'⌒       '⌒ ヾハ :::/:::/
            V从::::从iイ トrハ       トrハ 从:/:::∧
             -イ::人:::::iゝ 廴う       う少  j:人::::ヽ:ゝ
              弋_彡f⌒        '       r_'_ノ`⌒
                `ーハ     ┌ - ┐     /:/
                   ヾ:ゝ.    |´  |   ィ::/
                  )::::>  `ー‐’ , イ:从
                  'イ:::::_::_| ` r v <ト、:/
                   __j/:γ| /f|i ||:.:.ヽ_
              イ:.:.:.:.:.:.:.:./  //f´! i 、ヽ/:.:.::.:.:.:.:ヽ___
             く | |:.:.:.:.:.:.:.:|ーl|i ||| i./.:.:.:.:.:.:.: / /:./
            / | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_! ! | ! ||!.:.:.:.:.:.:.:.:/ /.:/^ヽ
               .'  「 i ヽ.:..:.:.:.:.:.:.:.:!  |   !.:.:.:.:.:.:./r j./   -!
           i  「 i\ \.:.:.:.:.:.:!  | ,. !.:.:.::/ 勹 /   i
           |   「 ヽ_> 二r'ゝ,.  !〃 ム..‐'_/勹ハ  ,  |
           |  \ヽハr'⌒ヽ__(⌒Y′ `rく勹ハ!/  |
           |   r=ミ:弋:::::ノ三三 Y⌒  ノ⌒クハノ    ′
              ',  |   !!ハ'三三三Y⌒くノ⌒ヽク  人   /
            |   ゝr=!!ミハ三≡彡'⌒Y___ノ..=イ .′ ′
            |  ´ !                 /ヽ  |
           |   ∧⌒ゝ                ∧   |

「私は世界樹の迷宮運営もあるので」

「こんな感じのスキル構成になりますかね」

世界樹: ホルホルの実 ククククの実
・《世界樹せかいじゅ/The World Tree》(遊戯王)
・エグドラシル(ドラクエ)
・世界樹(ドラクエ)
・ヘルヘイムの森
・「Tree of Redemption / 解放の樹」
・「地獄の樹/Tree of Perdition」
・「すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All」を吸収し、能力を使えるようにする)
・世界樹の迷宮1・2・4
(マンドレイクフォレストキングとダークグリーンはなし)
・スタンド(スタープラチナ オーバーヘブン ストーンフリー ダイバーダウン ピーチボーイ ドラゴンズドリーム ハーミットパープル 空き枠)
世界樹聖霊(自己分体生成&精神化&森羅万象)
モンスター生成系スキル(下位アンデット生成 下位巨人生成 中位魚人生成 上位鬼種生成 自己分体生成 大悪魔精製 真竜精製)

591名無し-Red-市民-2:2018/01/03(水) 23:48:03 ID:JUIuHdPY0
凄い植物による世界管理だが冷静に考えると
たった一人の幽霊によるマッチポンプより真っ当で健全な感じがあるw

592無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/03(水) 23:58:10 ID:MQMMZHs60
>>591
                  ( 人人 )ヽノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ人 `Y⌒ ⌒Y⌒ヌゝ〉
                〈 人ノ:.: /:.:.:. i :.:.:.:.:i!:.:.:.:.:.i:i:.:.:.:.:.:.:i:i:.:.:. ヽ人人人ノ(⌒)ゝ}:.
                 У:.:.:.:.:./:.:i:.:i:.l:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:. l:l:.:.:.:.:.:.从:.:.:.: i|:.:.:.:. : (⌒大⌒) :.
.                /`ニ.=-:i,.斗-=ミ:. :.:| |: :. :.从-=≠=ミ:.:.:. i|:.(⌒⌒)(_人_)ゝ.:.:
              .′ : ハ:.:.:.l:.Ll.:」 j/ー┘ー‐' └―‐' L:ヽ:リ:, \/:.:. |:.\.::.:.:i
  r- 、         i:.:.:.:. i:.i: :.:N ,z≠ミメ            ///〉:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.\:l
.  \  ヽ        |:.:.:.:. l:.|:.::ハ 〃んノハ        __    /イ_/ : l: .:.:. |:_:_:_:_:. >
    ヽ  \  Y^ヽ |:.!:. : i人 : :.{i ト  刈       ィ=≠=ミメ´/:.:.:.: /:.:.:.:.人:ゝ,:.:/
      、   ヽ 八  },j人:.: |:.:i ヽ:ハ 弋う:ツ       ′      /:.:.:.: /:.从/:.:/: /j/
.       〉  / ̄`ヽ´、 ヽjノ从{.:.:  xxx  '         xxx /:.:.:./j/:.:.:.:.:/: /
      〈    / ̄`ヽ\ ´ ⌒ヽ:.:.:.         ___    厶:..´:/:.:.:.:/: :′
             /⌒ヽ ',    )人      V  _ノ     厶イ:.:.:.:/>从
        \     厂´ !   ´ 从:.`ト ..          ィ    }:.:./ //////>rー=ミ
           、 ´`ヽ  }      )ノ }: :うi :..._ .,っ      ノイ //////ΛV//,ハ
           \    ト、     ´r<///ノ:ノ///  ヽ     /////////ΛV/////Λ
           {/Λ   }Λ     ΛV////////{_____,/////////ΛV///////Λ

「私一人ってわけでもありませんしね」

「魔王は里人担当ですし」

「精霊は超魔術精霊も担当してます!」

593無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:01:55 ID:y5K5Mim.0
                 ,..-ー '' ´  ̄ ~ ゙¨''ー 、
               ,r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ,
              , ':.:::/::/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i
             ,':.::./:.,':/::.:.ィ:.:/:.:::.,! ヽ:.:.:.:.:.:.:...:.:.゙i
              ,'/:::,':.,':/:::.:/:.:/:.:ノ:,'__゙i:.i:!:.::.!:.:.:.:.:i.
               ,':.i::.:il:.:l:!.:..:イ_/!:.:,':/´ _, `!:i:.:.:.::i:.:.:.:.:ト、
            i:,i:.l:.ハ:,':i:.i´!i/,';/''´´ ,rtTハi!:.:l:l:.:.:.:.:゙,:',
            i!l:.l:.i:.i,':.l:.:/ィiテォ,    辷ノi:.l:i:;:.:.:.:.:.l:l:.i
            ' .iハ:、:.l:.:ヽ! 弋,ソ  ,     ノ,i:.:,':.:.:.i:,'i:.l、!
             ' ヾ,:`:.:.: ゙、   _.. '  , 'i:.l:.:ノ:i:.,'.i,'
               l:.i;、:.、_`. 、 __ , ' i从ノ,'// '
                ヾ ,ヾ、_,,_,,,.l    _,}ー-'¨゙`ヽ,
               , ':::::::::;;;;/ー-  ' ´ }:/::::::::::::::::i
                 !:::;;:::::/'゙_     ,','::::::::::::::::::;;}
                   };;r':/;; ;; ;; ;;  ̄;; ー-'_:::::::::;;:::::;;:;i
              ,';;l:.:.´  ̄  ̄ ¨ ''ー-,_{:::::::;;::;;;::k
               l;;l;;;;;;;;;,,,:::::::::::::...,,,,,:::::::::::::::;;;:::;;::i
                l:::l;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;::;;:::i
               ,':::,'::::::;;;::::::::::::;;;;,,:::::::::::::::::,;;;;;;;;:::l
              ,':::,':::::::::::;;::::::::::::;;;;;;:::::::::::::,';;;;::::;;!'
             ,';;;,'::::::::::::;;::::::::::::;;::::;;;;:::::::/;;;;:::;;;::l
             ,'::/::::::::::::::::::;;;;::::::::::;;:::::::::/;;;;;;;;:::::!
           ,<,ノ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,::;;;;;;:::;;;:: ハ;;;;::;;::::::l
    _,,,.._,,,-- く´:.:.ヽ、;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;:::::::::!i;;;;::::::::::l
,,..-ー '゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:..:..:`ヽ、:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::i'' ̄ ̄~i

「・・・という訳で僕の前世の世界に行けそうなんだけど」

「一緒に来ない?」

(ロバートさんに向けて)

594無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:10:24 ID:y5K5Mim.0
      /   ,
     l、イ . :/ __
  _ . :ァヽ!: : : : ̄:-<
 `ー/: : :ィ 、、_: : :、: : ヽ>: .
  /:/: : :/ Vーニ=-: : :ヽ\ー`
. /イl: : /ノ  V{ヾ:`ヽ: : : i: ハ
 l/l: イ ● c=o ●λ: :iliヾ',
  i;/_!⊃ 、_,、_, ⊂⊃V i `
/⌒ヽ__ヘ   ゝ._)  ///⌒i
\ /   >,、 __, イァ/  /
. /  /   ヽ l;l|l;;/ {ヘ、__∧
 `ヽ<    ヽ∨ /ヽ__彡'

前世だの異世界だの幽霊だのが存在する世界で、

血縁関係(しかも薄い!)にどれだけの意味があるのかと思うかもしれないが、

これが案外馬鹿にできない!

少なくとも、家族として共に過ごしてきた時間は、いかなる思惑があったにせよ本物だ。

本来幽霊となり無数の体を持ち、もはや国家に縛られる必要も無くなったはずのロバートさんが、

それでもなお「里」のために尽くしてきたのはまずもってシルフィア佐々木への愛着故だろう。

「わかりました。一緒にいきましょう」

だから異世界へついていくことにもそれほどの抵抗はなかった。

・・・青的な好奇心もあったしな!

「でもこの世界のその後はどうします?」

595無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:12:16 ID:y5K5Mim.0
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「種は撒いておいた。あとは少々の仕込みを済ませるだけさ。」

596名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:13:28 ID:1esZ8pB60
そう考えると原作のロバートさんめっちゃ可哀想だな
エマーリオは先に逝くしシルヴィア夫婦は裏切って死ぬし

597名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:15:45 ID:aQE1T9DU0
原作のように荒地にまいた種ではなく、耕地にまかれた種だから、きちんと育つでしょう

598無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:18:48 ID:y5K5Mim.0
      _ィ∨M/(-z
      7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ==-
     )\.:.:ヘ斗--ニニ了7
      r‐//    夕__-ゝ
      ゙〉_______,r≦|弋`刈
      廴.:.:.: rヒ:フ卜 ` 弋
      Γ-<=-_ミ │ ヘ  弓
       ヽ ‐=T│  ヘ ー´
        ` 匕 Ⅵ _弓
        ..ィZ| 彑レ==`≧ 、
     _ ¨り゚ √へ   | }  `ヽ
    〃  州 ○ゝ゚゚゚°●| }  り
    {  i 人     ○ノ ノ从  ∧
    ド i__/ ____V く  〃 ∧
    l 个\人人//\   λ Σ ∧
..   l 丨\人 レ / ||||  ノ ヽ / i
..   l  {\\LL/  川 /   V  i
    l 丨=\州/ / |      ム〃 i
   r≦亅ゝ  Y /_ |≧ヽ   Ⅴ∠__i
   |\_′_彡 ̄ ̄   丿   |- - _|
   jヘ  w -- -     ゝ   }- - _ }
  〃/<X>\――---- ム   |- - _ |

【魔王 イメージ図】

善なる神 精霊がいて、

悪なる神 魔王が居る。

人間同士の争いならとにかく、

神話の戦いともなれば善が勝ち悪が敗れるのが古今東西のお約束だ。

しかしノーライフ世界では実際にはそうではない。

善なる精霊は敗亡の淵であがく光というほど追い詰められてはいないが、

しかし魔王を倒すほどにも至らない。

人類もまたしぶとく生き延びてはいたが、

魔王のもたらす悪と悲劇から解放されることもまた無い。

・・・率直に言ってフラストレーションが貯まらないか?

約束された救済を、精霊様はいつもたらしてくれるんだ?

我々はいつまで魔王軍のもたらす苦境に耐え、待ち続けなければならないんだ?

ノーライフ世界の一般人はそうは思わないだろうか?

599無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:22:53 ID:y5K5Mim.0
>>596
『それでもなお、(功利主義的に)全人類のために働き続けてるんだから本当元勲だよね・・・』

600名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:23:01 ID:1esZ8pB60
早く平和になりたーい!

601名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:26:59 ID:zE0cOcLA0
戦争がずっと続いたら、経済がどんどん失速する!(商人並感)

602無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:38:46 ID:y5K5Mim.0
>>600
>>601
                ,. - ‐ -  、
             ,   ´: : : : : : : : : :>ー-
          , ィ: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \
        ,  ´′: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : :ヽ
      / ,ィ′: : : /: :/: : : : : : ,ィ: : : : : : j!: : : : :
     / / /: : : : /: :/: : : : ー-/: : : :/ : ハ: : : : :ハ
    {  {! ,′: : : :{:イ : : / ´_ イ: : : :ィ: /__i: : : ! : i
       乂: : : : : : 从 : iイ示トメl: :/ソ ´ ̄ | : : |: : |
       / イ: : : : : : ル: :|  ̄` レ / rテt-、!: : :i: : :ト
    _ノ,ィ: : : : : : : : : : i{        i `ー′'j: : 八: :|
      ′i{: : : : : : : : : :ハ        ′   /レ: : : :lヽ、
       {ヽ: : : : : : : : :|   ー-  _     /: : : : : :i
         Ⅶ: : : : : ハト          ノ: : : : : : リ
            }从リハj ヽ ` 、  _, <: : : : : : :イノ
     __   /{. . ' \ニュ__-jレ ィ --{: : ィリ: //
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:!. . . . . .Y . Y: : : : : : /v///
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:{. . . . . . j、, イ. . . . . /、 ′
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ハ._. . . ´ムハ. . . . .i:.:.> .,_
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ/:{ Y! ヽ` y_j:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ゝ:.:.:.:.:.∧ l , トー':.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:リ:.:.:\:.:.:.:.\ V:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
    i:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、 y:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:/:.:.:.|,
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.|
      ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.i
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.∧
      Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:ハ
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.∧

「そうだね!というわけで主に脳筋の帝国とアンタイ魔王の教国主導で」

「これまで何度も魔王攻略戦が行われてきたが・・・」

「ま、何度も負けてきたわけだ」

「とはいえ、そろそろ戦果の一つもあげないと」

「さすがに精霊教の皆さんにも申し訳ないと思わないかい?」

603名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:39:45 ID:1esZ8pB60
鞭だけでなく飴も与えよう

604名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:42:51 ID:aQE1T9DU0
飴が必要な信仰など! きちんと精霊の信仰できることこそ飴であるべき

605無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:43:58 ID:y5K5Mim.0
          、       l::ヽ  ,, ,-'/
          ' ニ''‐、_,__ヽ |::::l /:l./::/ ,、-‐          ,
       ,、---、__)''‐::::y:::::ヽノ::::ー':::/::/ .// ,、 ---、    .ノ
      ‐'''''‐-、::::::::::::ヽ-‐'''''''''''''‐--、: ̄::ヽ-'"::::,、‐''"  ,、‐':/
      , -‐'''/:::::::::::::::ヽ::::::::::::---‐ ヽ:::::‐、:-ニ.....、, -''::::/
    /-‐'/::/lノ ̄  `''''―‐-、 ... ::ヽ:/:::::::::::::::::=ニ'''―-、./
    ´ /l::l/   l:::ヽ |::ヽヽヽヽ ヽ'‐、:ヽ:ヽ:ヽ::::::::::::::::::`''---'
     , ':::/:/|/:::::::/{:ヽ:::\ 、 ヽ:::::ヽヽ:::\::l:::l::::|`''=‐-、::::::::`'-、
    /::,,ィ::/::|::::/::l ヽlヽ:::::\' ,:::::::::ヽヽ::::ヽl:::l:::|、:::::、:ヽ`゛'''‐、:::ヽ
  , ', '"/::l::::|/|Y:l  ヽ \:::::\\,,,、--::::::::ヽ:l::|::ヽ:::ヽ''‐   ヽ::ヽ
  /'  /::l::l::/|::|i|:ト=-、 li  \/\\:::::::メ:::::::ヽ/ヽ:::ヽ::l      ヽ
    /:フ:::l |::|::|::l,,、- 、 ヽ,  ヽィナ'''フヽ::::\:::::ヽ:::lヽ::::::l
     l:::::| .|:::::l:lヽヽ-'  \  ―‐'  |ヽ:::::ヽ::::ヽ | ヽ:::l
     |::l.i| .ヽ::::::ヽ           .|入::::::::ヽ:::::ノ  ヽ:|
     |/ i|  ヽ::::::ヽ    .     ,l''~::::\::::ヽ/   li|
    ___ \:::::' ,  ――'  /|::::::/.|::::ト、::::l    li|
   .li~ |   `''-、ヽ::::::ヽ 、,,_, ''" /:/ l}l} ヽ::l    i|
   |}  |     /`''-,、::ヽ     l::/  .リ'  ヽ::l   i
   /::l  |    /  /  `''-、    |:/-‐、     ヽ
.  /::::ヽ ヽ  / / `゛'‐、 \  / \ \
 /::::::::::>''" /  ./     `‐ -‐‐ 、 |   l`''-、

そもそも神話(笑)の時代、

精霊と魔王は相打ちとなってともに長い眠りに就いたという。

ならば信仰を集めて(設定)魔王も精霊も力を取り戻しつつある今、

神話の光景が再現されたとして何もおかしくはあるまい?

606無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:44:52 ID:y5K5Mim.0
                         |  / , //
                      \__ノし// 、/
                    __)/壱ヽ(_ ',
                      ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
              |  / ,    /⌒|「⌒\ヘ        |  / ,
           \__ノし// 、    ..|  rニニ } ´    \__ノし// 、
         __)/蜂ヽ(_ ',   ノ  ( )   \    __)/弐ヽ(_ ',
           ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄/ ,--´`--、   ヽ    ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
           /⌒|「⌒\ / /ノ   ヽ、_\   \  /⌒|「⌒\
                  /  / (○)liil(○) ヽ     l
          |  / ,    |   /   (__人__)  }    l         |  / ,
       \__ノし// 、    |    ヽ |!!il|!|!l| / l    l      \__ノし// 、
     __)/質ヽ(_ ',    ヽ、   |ェ|  / , '´   /     __)/参ヽ(_ ',
       ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄   \\__ノし// 、・  ,/        ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
       /⌒|「⌒\     __)/Qヽ(_ ',  |          /⌒|「⌒\
                |  /   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄ |       |  / ,
            \__ノし// 、  /⌒|「⌒\    ヽ \__ノし// 、
          __)/録ヽ(_ ',/            }__)/姉ヽ(_ ',
            ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄ / ̄ |  / ,   |   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
            /⌒|「⌒\   \__ノし// 、   \ /⌒|「⌒\
                   | __)/誤ヽ(_ ',    )
                '   |  | ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄‐'′
                    U  ⌒|「⌒\

教国の誇る高位の精霊使いたち、帝国の誇る精鋭剣士たちは

魔王軍と壮絶な戦いを演じ、

607無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:45:49 ID:y5K5Mim.0
                         ∧∧       ∧∧;; ;;ノ
                     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
                   ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃
                ∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
                (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
            ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧
          ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
     ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
     (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
   (゙0;;゙*)⌒;;⊃(:;);-゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;∧∧
 (。;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゚o;。*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚0;;゚*)⌒;;⊃

多くの犠牲を出し、一部はアンデッドとして魂を囚われながらも・・・

608無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:47:17 ID:y5K5Mim.0
               \\__二二ヽ.      .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;::|     ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!

終には魔王城に攻め入り、

精霊魔法の奥義によって魔王を封じることに成功したのであった!

609無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:50:20 ID:y5K5Mim.0
    从从
    (-_- フ
   (  |   )
  /∧  |\\
(_/ ヽ | ヽ_)
     / |

【イフリート】

・・・精霊たちもまた眠りに就くことと引き換えに・・・

610名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:52:36 ID:1esZ8pB60
精霊「渾身の封印を食らえーちなみに封印したら眠るぞー」
魔王「ぐわー封印されたーだがいつか封印は解けて復活するぞー」

611無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 00:53:06 ID:y5K5Mim.0

               /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                   // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
               // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
             ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
               ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                 l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
             ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                 ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                 l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                 ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                  l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
             jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
                         , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
                      ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
                  jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                   ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
                i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
                  j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
                ./j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
                    /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
               /:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「良くも悪くも精霊と魔王のマッチポンプで支えられてきた世界」

「それが両方失われればどうなると思う?」

612名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:55:00 ID:zE0cOcLA0
武器も兵士も余ってるんだよ!(死の商人並感)

613名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 00:56:53 ID:1esZ8pB60
帝国「世界征服!(武力)」
商国「世界征服!(財力)」
教国「やべえよやべえよ…」

614無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:05:30 ID:y5K5Mim.0
>>612
>>613

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「そうだね。端的に言って戦乱と貧困だ」

「精霊は土地を耕したり(ノーム)、畑の地下水をくみ上げたり(ウィンデーネ)」

「暖房や鍛冶用の熱量を供給していたりするから(サラマンダー)」

「精霊が活動を停止するってことは、単に精霊使いが産廃になるだけじゃなくて」

「割と深刻な生活インフラの破綻をもたらす」

「生活に困れば他者から奪うのがセオリーだよね?(黒並感」

「加えて、いくら殺してもアンデッドが沸く心配はもう無いんだ」

「精霊の活動停止で戦争する必要性が生じて」

「魔王の活動停止で戦争を避けるべき理由もなくなった」

「おまけに教国は力を大幅に落としている。となるとだ・・・」

615無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:08:41 ID:y5K5Mim.0


  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  _)                                   (_
  _)    クリーク         クリーク       クリーク         (_
  _)   戦 争!!!  戦 争!!!  戦 争!!!  (_
  )                                    (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  廴゚ノ小:::::::::ミー- __弋.     /          /弋 `Yl
   彡'  ハ 弋 ゚ノ}ー=ニ´   / ⌒ヽ.    /   ヽ/j
      ,/∧ ', Y        /    ハ.   /    /          /ナj
     .ィ z >' |       /     ',  /    /      ___ ///
 ト、____  r /      / ====ミ、/    /        从ノ /7
 `ー─--ミ7´/      / <・):::::::::::::::ノ    /- 、    从_____ノ
 .弋ー----/ /      /    ..:_jト゚イ./    /   ヽ.  / ヾ彡′  /リ
   、二二´ /       / } イー- ィ ノ/    /ー=ミ ハ  /   /  /{ルr,
\      /      ∧   弋___ノ//    / L' ::: ,::ヽ〉/    /  /弋Y′
  ヽ、 ___ノ      ∧. \  == //    / ィ -' j´./    /ヽ /  /
   イ        ∧::\ >ー'./     ∧. 弋㍉/ /    /  // ./
、   .|ォ      イ  ヽ:ss::Xヽ イ    ./:::ヽミ辷´ /   /ーr弌. /ヽ
:::::`Y::::|ミヽ、       \/ |∨ミ弌   イ ヽ:::∧} .イ    /ミ7j/  /ーミ
.::::::::|::::| \\    |{    |  .  ヽ  {  .Y ヽ.|   イ ト</  ∧ーァj
:::::::∧::l   \\  |{  o   | ト、  小  ヽ。_}|   }     弋   Y

こうなった!

まず帝国が「旧領回復」「属国の併合」という大義名分を一応たてて、

実体としては尚武の気風にあふれる連中が次なる武勲と食い物を求めて、

教国に攻め入った!

商国は戦争特需を求めて双方に介入しながら戦乱を煽る!

616名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 01:13:32 ID:zE0cOcLA0
ゾアノイドは別に弱体化してないもんな。

617無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:15:00 ID:y5K5Mim.0
                        , --、 ___ , -- 、
                   _,ノ:::r/_..:::::::::::::\┐:::!
                  `フィ::::/´:::::::::::::::::\:::ヽ]::|_
                 /ノ::/::::::::/::::::::::::::::::∨}:::く
           /⌒ ー―': :  ̄;:::::://l:::::: N:::::l::::::V}ノ
       /⌒ ー'. : : : : : : : : : : :|ハ::|」ノハ::::|」__:j:::::::|〉
       | : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ハc== ヽl ==c}:ノヽ
    /{__.,ノ: : :/: : : : : : : : : : : : : : ::人._  - _,/⌒ヽ
    {: : : : : /: : : : : : : : : : : : :/ニヽ〔三\ ̄七{_    }\
      〉: : :_/: : : : : : : : : : : : :/   /入ヽノ\l /└t_/   |
     V´ 〈: : : : : : : :/` ーく__|  |  〉_\ ヽ /    |
        _,>: :ノ: :/   ー/!   l  /    \_/     \
         ̄/\{    ∧__|   ./   <ハ、__ _ イ
            /      {    ̄    / l/   l/\l 〉、
        /      八       rく廴_       _ノ / , - 、_
        ,      /  >┐_  〈/   / ̄`エニ=-、‐…勹 _\
    __, -〈    _/   ∠ / /`丶:  /|      _,⊥ -‐く_ノ┴'く_)
  く   ヽノ^>-、_, -< _∠=-'‐'  〉´ 丶-‐  ´
     ̄く`ー-、 _ _, > '´  _,. -‐'
        ̄`/^! }]_)_, - ´
        / }/ /フ
       〈__//
         ̄

必然として生じる悲劇に苦しむ人々!(主に教国人。なお、民族的には旧王国人が中心)

さて・・・そんな絶望の中で「神」に祈らずに居られるだろうか?

それが善き神に捧げる救済の請願であれ、

悪しき神に求めるこの世の破滅であれ!

618無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:24:02 ID:y5K5Mim.0
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ ⌒ }イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ ⌒       乂r ノ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂r ノ          |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「高まる信仰。積み重なる死」

「精霊様と魔王様が復活する苗床としては十分だよね!(棒」

「というわけで良くも悪くも人の業により」

「精霊と魔王は10年足らずで復活した(ナギ節並感」

619名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 01:26:22 ID:1esZ8pB60
残当オブ残当

620無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:27:33 ID:y5K5Mim.0
          ,c。っく¨%∞ヾ
          ∠(_,ィ(乂)匕レ※(ミ、
       ムィ:::::::::::::::::::::::::`¨マく
        ムノ:::::::i:::|:::|::::|::::|:::i:',::::::',
         |::::L::|::i:十:|::::L::ト十L::::i|
         }::::|::从l ●    ● l从
.       ム从⊂⊃ 、_,、_, ⊂lヘゞ
.        i⌒ヽ::j   (_.ノ   ノ_/⌒)
.        ヽ  ヽィ>、 __, .イl \ /
          |ヘ_}、;;;;;ヽニ|;;;;;/    >
         ゝ  .ノ \∨/ ,. /

【精霊その1】

まあ、「蘇った」精霊と魔王は、

以前とは少々変質しているようでもあったが・・・

まあ一度死んで復活したならばそのようなものだろう。

人々はそう考えて納得した。

何より、精霊教徒にしろ魔王教徒にしろ、

【それどころじゃなかった】のだ。

その中での神からの救いの手!ならば細かいことは気にしないし、救いの神に疑念を抱くなどとんでもない話である!

621無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:33:12 ID:y5K5Mim.0

       /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\
        .::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::;:::::::.:.:.\
.      /.:::::::.....   ::::::::/:::::::::::}/:::::::::::::::\ _
    /:::::::::::::::::::::/::/::;':::::::::.../...../.........}:i .: .{
     ;:::::/:::::::::::::/::/::/:::::::/:::{/::/::::/:::/:::|:::..:|
    ,::::/:::::::::::::/::/::/:::::::::i:::::{::/::::/:::/}:: 从:::i
    }::':::::/::::::/::/:j/::::::::::i|:::::「:::7:::ァ/:::// }::|
.    ::::::::/::::::/::/{ }}i:::::::::::i|:::::拆犾f j:::/// ;::|
   i:::::/::::::/::/八j |::::::::::::|:::::| り{^ イ,: / }/
   |::/::::::/::/:':::::::\::::::::::|::::{ `   V  ,}
   |:'::::::/::/::::::::::::::/ ≧=-‐┘      ′′
   :::::::/::/::::::::::::::/   \     rァ' /
    :::::/::/:::::::::::/ _    个    ^
   ::/::/:::::::/三二≧z_/=- _ ̄
   :'::/::::/=-  ` マニムマニム
   :::::/   /:.:}  }ニニ} マニ}
.       /:.:.:.:.:L... ア _ ≧z _
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:7:.:.:.:{
        i:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ V:.:.:.:.{
        |:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:}:.:.:.:.:{

なお、この間里人は佐々木王から徐々に権限を移譲されており、

「復活」した新生魔王と新生精霊の実働は、

主に彼らの合議によって運営されていた。

佐々木王ほどの神算鬼謀ではないとしても、おおむね問題なく精霊と魔王はうまく世界を統治していた。

622無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:37:58 ID:y5K5Mim.0

                  _
                ハrチ┘⌒>,_
               ひし二 <⌒二と ノz_
           _こ J:::::ハr∠=z 三ヘ   <_
          >   (J「_  _r>〒く/ ⌒  <_
         > r ー  己ffェn チヰケヨUハ      <
        ∠       ムr LL!__,)ミハ! _     ゝ- 、
       、__こ⌒     ハニ亢rt少^/ノ   ` ⌒ゝ>  l
        イ     ‐、厂└冖チ’/   '´     了  |
      /∠      Yミへヽノ⌒二ノ       トj   `ヽ、
     /  >       {  {( )ー /       ヒ⌒`ゝ、   \
    |    厶ノ     jニニニニイノ   ト、N^___ノ^ヽ   ',
    |      {ノ   h::::::〈_ 〉、:::::::ハリ ,イハ      :::::   }:::  }
    |    /   ハ  |y〒::::〒` =r=チレ ヘ   rー'  :::: ハ:: l

困ったのは帝国である。

結局精霊と魔王の復活により教国征服は失敗し、

再び対魔王戦に備えつつ、対人戦を自重する時代が始まったのだ。

物心両面で痛し痒しだ。

加えて、国内の鉱山が枯渇していったのも痛い。

新鉱山を探そうにも、アンデッドや魔物がいつ襲撃してくるかわからない状況では

国内で鉱山を探すのも命がけであった。

623無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:39:28 ID:y5K5Mim.0
                       ,,,,.............,,,
                   ,,,, ..:::''",, ;;; ;;; ,,; ;; ,,;;;; ,,,,              '⌒ヽ
        ノ⌒ヽ . . . ...   ノ..:: :,,;; ,;;; ,;; ,;;; ,;;;; ..::: ,,;;; ,;;;'':::;,,,,..     ノ⌒ヽ (   人 
   (⌒ヽ( ⌒  )ノ⌒ヽ ,,...' ,, ;;;;; ,,,, ;;;;'''' ,;;; '' .:: .:: .:::: ,,.. ::: .,,,;;;; ,;; ,, ノ⌒ ノ__ノ ⌒:: ノ..⌒⌒..へ⌒
 ノ^ .. .. し' . . /⌒.. ⌒) .::: ,;;; ,,,;;;;;;, ,;;;;;;; .:::,,,;;, ;'' ,;;; ,,,,,,; ,;'' ..::,,, ,;;; .:( .. ..   ... :: ::⌒ ... ..  ::
(  __,,,,,,,__ _,,,,_  _,,....),, ;;;; .::: .:::,,;;;;'''' .:::::,, ;;;,,,,, .:::'''' ,,;;;; .::: ,,;;;'' .::: .:::ヽ              ⌒
-====-=- ァ';;;;;; ,;;:::::,;;;;;;.:::::::,,,,,,,, .::::: .::ノ(.::'' .::::''.:::,,, .::::''''.::::.::::,,,,,,,(------=, ''"~"''::..,,------
..:: ..:: ..:: ..:: .:: `'"⌒¬=-- ⌒ー=-‐⌒ヽ:i:i:iV⌒¨⌒''"⌒''"⌒´  /__ ̄/,,;; ,;;;; ,,;;;; ,;;;; ;‐-
..:: ..:: ..:: ..:: ..:: ..:: _ ..:: .::..,,,,,.....,,,,,,,,,,,,ノ:i:i::ノ,,,,,「'⌒Y「 ̄V^Y⌒イ''!ロロロトミ Li目'' ;;; ,,, ;;; ,,,;;; ,;;
.:: .:: .:: .:: .:: .:: -―‐.:: .:: .:: ,,,..ィi〔 ∧爻爻/:i:i:i:iへ,,,,.....xzzzzzzzzミ爻:|,.。sョiI〔モZァァzロ  _|ロロ"'' ;;; ,,,;
 .:: .:: .:: .:: .:: -―‐.:: .::ィ爻爻Xx/___彡イ:i:i:i{:i:i:iV''⌒Y:i|ロロへロロ| | | | | 目目目 口口口xX___爻爻
 -‐.:: .:: .:: .:: .::,,,,...ィ爻爻爻/ロV__〉_ノ:i:i:i:i:>----v_|ij|爻zzzzzァ爻爻爻xxzzzヘzzzzzz/___/ \x
-‐.:: .:: .:: .:,,,,,,iロロ|ロ|ロロ|xXx|トミ__| ̄|:i:i人:i:|ロロロ Li㌻ ,..。 -=====爻爻爻Lロ|_/爻zzz|_L|目i|   |
.: .::_.:: :ィi〔爻爻爻Xxxxxx叩爻xx爻i匝| /二// イ  |zzzzzzzzzzzxx爻xxロ |ロ_ロ|__ 爻爻7xx爻爻爻
....x||x爻巾巾巾,,_ ロロ_|皿|_,,|ロロ|巾 |ロロi些些:爻爻x  Lx|ロロ_|ロr======rュ\rrュトュ|爻xx|__| /=====
 _...: .  ̄'''"""",,,..._|\|ロi「~li叩|i叩| |爻xロロロロロト:/|   |皿皿 >‐<><\ァ========<爻爻爻
 . . . -‐. : : ィ爻爻爻 |爻ト「 ̄〈 爻爻/ ̄| 「」|コ/  rfコロロロ_ii⌒Y⌒Y⌒Y|:|rュ rュ rュ rュ rュ爻爻x
_ -‐ .:: .:: .::  : 爻\_|r |ロi|爻 xXXxx<__r-===┐  __「二ニ==‐- ..,, ___7=爻爻=========‐-
 - _.:: .:: .:: .:: .:: 乂爻爻㌻''  爻xトミ=¬.; .; .; ;└‐┘ .;;  _ .;_/ ̄ /_ .;; _ .; .; .; .; .; .; .; .; .; .; .; .;
.:: .:: .:: .:: .:-- ..... .:: .::'''" \__爻爻爻__|___/__竺二ニ=-‐  __/ ,' |i ̄{ :../ | .;; .;; .;; .;; .;; .;; .;; .;; .;; .;;
.: .: .: .:: .:  .: .: .: .: .:‐- .:""'' / / ¬==ニニニ二"": / :/  |i  V   | .:: .:: .:: .:: .:::__,,.、丶´
.: .: .: .:  .: .: .: .: .:‐- .: .:/ /i::: .:: .:: .:: .:: .:: .:: /⌒7__|i___|___〉 .:: .:: .::  :. i\____,,.、丶
.:: .:: .:: .:: .:: .:: ..:: .:: .:: .::「 ̄|i.:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: :¬ニ二二=-' .: .:: .:: .::  .:: ::: |i.//////

しかしそんな中で、幸いにも一つだけだが底なしの鉱山があった。

世界樹の迷宮である。

624無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:44:44 ID:y5K5Mim.0
                 _  r==ァ _,.ィ
               r'" てノし' / ̄   ̄≧.___
                _ ノヘ |,' ,/ / ,-=  ̄ ̄`ヾr'"_
            、_)`\ヘ.! /-ッ''"",≧_ー-- 、  /
               ,ゝミr--'"     _,/≦     \ ヽ
              ヾシ'  Y´/´_フ,二,  `ヽ>、_  {
             { __,.、_゙、 `´ィ _じ' ,   ヾ ゞ _`! ゝ
             ヽ`テrf゙  l !丶  ´    ミ、ゝ´ }ミ}
.               } ``!   {       -=ニ }  」Ⅳ
                ノ、 {-‐'^ゝ´   ,  、-'\ヽイ  {
                 '1:'{´`_-'.-― '´   1ヾ、ミ\ 「`
                '圦´ 、-ァ    _ッ'ー-」 'ヘ,Ⅳ!
                ´ラム  j !ヽー-=彡、ミr'´   V
                  ´ヾ辷'ノル、\`r=、「`  |  ゙,
                    -'、‐'V`ヽ!`` !     ′  ヽ
              __,,....-,=-イ       |   i     >''⌒>,、
        ,  -‐ "//////{   、        l   |:  ,。</////////>-‐ … -、
    /       {ZZZZZノ   ヽヽ    ノ    ヽ/////////,>'゙´        \
   /         [___」  / ノ   /    /------v'/            ゙ 、
.  /       r'´ `ー---く  -  ,、___,.ニ===-、_/               ヽ
.  .'          レ⌒ー-、'///,ヽ  r '゙///ZZZZZZZZ//`ヽ                 V
.  {       ////////へ//  ヾ////////////`ヾ/,}                      i

魔王が倒れ、魔物が活動を停止した時代、

世界樹の迷宮の魔物たちもその活動を停止していた。

密かに対商国戦を模索していた帝国は、

これ幸いと国境を塞ぐ世界樹の迷宮の探索と攻略を進めていたのである!

その過程で侵攻路以上の発見もあった。

世界樹の迷宮は【資源の宝庫】だったのだ!

教国への侵攻時も、主には世界樹の迷宮からの資源をもって軍需は賄われた。



・・・魔王が復活した今、世界樹の迷宮は安全な鉱山ではなくなってしまったが、

しかし資源豊かな鉱山であることに変わりは無い。

あてもなくあるかどうかもわからない鉱山を、魔物の襲撃に怯えながら探し続けるのはさすがの帝国人もいやだったが、

確実な報酬があるとわかっているのであれば、危険な世界樹の迷宮に挑むことに否は無い。

むしろ武人の誉れである!

625無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 01:47:09 ID:y5K5Mim.0

          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「これで良し」

「里人の管理の下」

「二種の精霊と魔王軍とゾアロードが人類を支配し」

「世界樹の迷宮で資源を握る」

「これだけやれば、システムの一つ二つが破綻しても問題なく世界管理が可能だろう!」

「しかも僕ら抜きでもね。」

「元勲としての仕事は十二分に果たしたと思うけど」

「どうかな?」

626名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 02:10:47 ID:1esZ8pB60
これで滅びるならどうしようもないんじゃない?って
ぐらいしっかりしてると思います

627無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:12:49 ID:y5K5Mim.0
>>626
                       . ‐―‐‐ .
                   . : ´: : : : : : : : : : : : : : : :` : . .
               /.: .: .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
.            /. : : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         . .: : : : : : : :i: : : : : : : : : : :イ: : : : : : : : : : : : : :丶
         /: : : : : : :/: : ! : : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : : : : : : : : ,
          /: : : : : : :/.: :/|:. : : : : : : .:/ .!:.:.:i: : : : : : : : : : : : : : :,
.        /: : : : : : : : :_厶|i : : : : : : / 斗 :十 -:. :. : : : .: .: .:i : : :.
      //: :!: : : :´「 /  |l : : : : : /   ハ:.:.| ヽ:i : : : : : : : : | : : :|
       /イ : :| : : : : |/   八 : : : : ′    Ⅵ 从 : : : :|: : : .:| : : :|
.     / |: :i:| : : : : ァ圻示ミx : : :i    x圻示ミャ : : : ,: : : : :| : : :|
       | :从 : : : 《 ir{:...:} i ハ ヘ:|     ir{:. .:} i 》.: .:/ : : : : : : : :
.         Ⅵ:ハ i:. :.{ 込....ソ   }     込.....ソハ : / : : : : : : : :/
        /: : : ハ{`:. \       ,           ノ:イ : : : : /: : : ′
       ノイ.: : :八 :.                    /. .: .: .:/).:.:.i|
.      / : / : : 个:.                   / : : : : /ィ: : :八
.     .'.: イ: : : : :k人     丶     '    / : : : : ∧ : : : : ハ
     |/ | : : : : |///>             / : : : : //,: : : : : : :|
     { 八 : i、:从////>        ィ7 :/ : ///,: : : : : : :l
.          ハ { \: }/∧////>  </∠ノイ ア:イ///, : : ハ.:/
         ヽ }ヘ{ Ⅵハ//」    /////ア イ/イ.: :/ ノ'
                  「 ハ   厂 ヽ   ̄㍉ ノ' //
                    ムイ  l /   廴___ ,,圦 ノ'
.       ,.....-‐:::::::―::::::く::::\   j/    x<::::>::::::―::::::‐-.....、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\  x<::::>::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

「うん!ありがとう!」

「ではその後を少々描いてエピローグかな?」

628無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:18:54 ID:y5K5Mim.0
                 _  r==ァ _,.ィ
               r'" てノし' / ̄   ̄≧.___
                _ ノヘ |,' ,/ / ,-=  ̄ ̄`ヾr'"_
            、_)`\ヘ.! /-ッ''"",≧_ー-- 、  /
               ,ゝミr--'"     _,/≦     \ ヽ
              ヾシ'  Y´/´_フ,二,  `ヽ>、_  {
             { __,.、_゙、 `´ィ _じ' ,   ヾ ゞ _`! ゝ
             ヽ`テrf゙  l !丶  ´    ミ、ゝ´ }ミ}
.               } ``!   {       -=ニ }  」Ⅳ
                ノ、 {-‐'^ゝ´   ,  、-'\ヽイ  {
                 '1:'{´`_-'.-― '´   1ヾ、ミ\ 「`
                '圦´ 、-ァ    _ッ'ー-」 'ヘ,Ⅳ!
                ´ラム  j !ヽー-=彡、ミr'´   V
                  ´ヾ辷'ノル、\`r=、「`  |  ゙,
                    -'、‐'V`ヽ!`` !     ′  ヽ
              __,,....-,=-イ       |   i     >''⌒>,、
        ,  -‐ "//////{   、        l   |:  ,。</////////>-‐ … -、
    /       {ZZZZZノ   ヽヽ    ノ    ヽ/////////,>'゙´        \
   /         [___」  / ノ   /    /------v'/            ゙ 、
.  /       r'´ `ー---く  -  ,、___,.ニ===-、_/               ヽ
.  .'          レ⌒ー-、'///,ヽ  r '゙///ZZZZZZZZ//`ヽ                 V
.  {       ////////へ//  ヾ////////////`ヾ/,}                      i

【帝国】

政治制度:武道大会(武道大会の優勝者が次の皇帝になる)は政治制度:世襲統治くらいに(原作でも)改善した。

・・・尚武の気風は相変わらずだが、帝国の強者=最強のゾアノイド、なので、

実質的に里人による選出となっている分まあマシだろう。

世界樹の迷宮という活躍の場も増えたので、対人相手では比較的おとなしくなっているし、国内は比較的豊か。

武力=生産力!良い時代になったものだ!

629無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:24:57 ID:y5K5Mim.0
,          ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅹ
         Ⅹ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅹ
       Ⅰ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴廴
     ,厶|:::::::::::::::::○:::::::::::::○::::: 乂:i:i::Τ〒
 ′¨¨′:i:i:干‐---=====‐‐ ′:i:i::i:i::i:i::i:i:
 :i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i::i:i:辷厶彡
 フ------<--l l<ニ厶斗¨
/ // / 〆| | |弋丿  llヽ/丿l l、
 / / //イ|!l ll    , ,ll ∨l ll ::::ゝ、廴
   彡′::::|  ,,l i八 丶== lソl リ::::::::::::::::::::ヽ
〆 ′::::::::::::::| ヽ ヽ ヽ -′/ |:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::l   トー┐  ┌/ |:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::ト  ヽヽ   //  |:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::|/Ⅴ八ヽ      ´`|::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::|/,  、 、ヽ/廴 |‐||:::::::::::::::::ヽ /
 -‐::::::::::::::::|//丶¨ ¨//////ヽ:::::::::::::::::::: v/
\/::::::::::::::::::::l/丶 -//////// |::::::::::::::/| |
 :::::::::::::::::::::::├ ′`‐-//////八::::::::::\ ||
  | 丶::::::::::::| //-‐‐ⅹ/////Ⅴ `ヽ、 v|
   /::::::::::::::: |//   / `ヽ 、  //  ll-

【教国】

実は指導者が「最高位の精霊使い」から選ばれ、

精霊の力をどれだけ引き出せるかは結局里人の胸先三寸なので、

帝国と同じく里人が指導者を選んでいる。

一度失ったことから精霊への狂信がさらに高まっており、

精霊、つまり里にとっては帝国以上にコントロールしやすいらしい。

ただしそれゆえに魔王との相打ちは二度とごめんという立場であり、

対魔王戦には非協力的になっている。

世界樹の迷宮攻略については帝国と並んで積極的であり、

帝国剣士と精霊使いの冒険者パーティも珍しくなくなった。

なんだかんだで精霊使いが冒険者パーティに居ると居ないとでは大違いであり、

精霊使いにとっても前衛が居るに越したことは無いので、

帝国との関係は一度は険悪になったものの改善しつつある。

やはり冒険者=生産者の図式から国内は比較的豊か。

630無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:31:16 ID:y5K5Mim.0

            ,,..、--―――--、..,,
          r'" ,.,.,.        ,.,., `' 、
         | .i´ _`'-、___.、-'´_ `i  l
            | l u _ `'-、__、-'´ _ l .|
         | .l    `'-、____、-'´ u l |
         | |-====、、  ,、====-| |
.       r‐'、ヽu,、-三- ゛|j~´-三-、u /r-、
       | r‐| | <´ o 》ノi i、《 o `> .| |`i |
       | に| | ゛ミ≡彡 | |uミ ≡彡 .| |.コ |
.        | ゝ.|.| ト、ヽu__ | .| u、_ /,ィ |.|ノ l
.        ゝ-|| | |ヽ u ゝ!__!ノ u ,ィ'|.| ||‐'´|
       /  | ト'、|`T.T T T.T´レ1| .|  |
       7/| .| \|`「`「`「`「´| |/ |  |ヾ
  ,.、 -‐ '' "|';';| .| しu`U二二二 ̄u .|  |';';'|" '' ‐- 、..,
'' "';';';';';';';';';'|;';';'|  `'i 、    ̄ ̄  ,、-i´  .|';';';'|;';';';';';';';';';';" ''
';';';';';';';';';';';';|';';';';|   | `'-、___,、-'´  |   |';';';';'|;';';';';';';';';';';';';'
';';';';';';';';';';';'|;';';';';'|   ト、      .ノ|   |';';';';';';|';';';';';';';';';';';';

【商国】

冒険者=生産者の時代、

最も直接戦闘能力に欠ける商国はやや斜陽である。

とはいえ裏返すと、資源を算出する帝国・教国ボウケンジャーは

商国にとってもお得意様ということでもあり、

信仰心や武力に対する評価は改善しており(金になるという意味で)

結果として両国との関係は改善している。

戦争が起こると流通どころか冒険者による生産まで滞るという図式から、

最も「平和主義者」な文明でもあり

三ヶ国体制維持に最も貢献しても居る。

631無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:33:30 ID:y5K5Mim.0
                  __
              _.. .:.:.¨:.:.:.:.:.:.:.`:..  、
           , .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
      , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.`ー- _
       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.ト、:.:.:.、:.、`ー  ̄
.       ′:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:/:.:,':.:.:.:.:.:.:|:. , ヽ:.:.:.!:.:.ト、:ヽ
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:./!:.:.l!:.:.:.:.:.:.:|:.,'  __V:.:!:. ハ \: 、
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.':.tヤフ「ミ .:!:.:.:.:.:.:.// ´   V:.:.:.:.ト、 ヽ!
     |:.:.:.:.:r从:.:.:.!:.l!:./ |:.:/ | :.:.:/ ′   /:.:.:.:. | \
.       !:.:.:.: | { ,v:.:i!/ヽtテ示ミ,ッ/  ,,rf示ァ ' :.:.:.:.:.:|   ヽ
       :.:.:.:人 こヾ!:!  ゙辷ソ      辷ソ i:.:.:l!:.:.:.:!   ,}_
.      v:.:.:.:.≧‐ヘ             ,     ,':.:.:l|:.:. ′ /:::::::\
.        ∨, ‐‐-ミヽ     、__,    , イ:.:.:.,'|:.:/ゝ .....:::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::i:.|>          イ :.|:.:./ |:/〈 :::::::::::::::::::::::::::::: \
.       /::::::::::::::::::::::| |!}   ` ‐- <-‐‐ y'!/ ,′ ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::: \
      /:::::::::::::::::::::: 从リ{  ` /   ,}、乂 `ー-‐‐=‐ \::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
.     /::::::::::::::::::::::::::| У   ー 、 / 〉 }!::`:::::::::::::::::::::::::`丶:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {::::::::::::::::::::::::::::|:::::〉 Yxxxxxxxxxxxxxx :(::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::::::::::::::::::::| :/,::└============!:::丶::::::::::::::::::::::::::::::マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    |::::::::::::::::::::::::::::|//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/

「副次的にだが、ダンジョン資源管理で三ヶ国の関係は改善してるみたいだし」

「ひとまずハッピーエンドとして良いだろう!」

「ではロバート大お爺様、宜しくお願いします!」

【汎用研究系】基本なんでも研究できる。
研究技術1:
研究技術2:
研究技術3:
研究技術4:
研究技術5(ワムナビ):
蛮族研究:
木原志向・完(秘匿技術を含めて何でも研究可能):
英知への道:
失われしベルカ(秘匿技術を除いて何でも):
ダヴィンチちゃん:
エマーリオ:
ロバート:

汎用研究枠にロバートが追加されました!

安価下1 質問・コメントがあれば

632名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 02:37:50 ID:1esZ8pB60
行動では青メインの白青と見せて青赤的な無鉄砲さもある大科学者のエントリーだ!
取り敢えず目的は完遂かな、けっこう予定外の実地試験(ゾアノイド等)もできたし

633無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:45:08 ID:y5K5Mim.0
>>632
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「そうだね!」

「いくつか諜報活動の実データも取れたし」

「実装する?」

634名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 02:49:51 ID:1esZ8pB60
実装しちゃいましょう!ゾアノイドとか地味に流行りそうですし
ロバートさん色が青メインだけどヴァンダルーさんみたく五色に広がってるw

635無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:52:26 ID:y5K5Mim.0
>>634
                         . - ――‐ - 、
                       /::::::::::::::::::::::::::::::`:.ー- 、
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     .:':::::/:::::::::::::::/::::::::::::: }:::::::::::::::: ヽ
                   /:::: イ::::::::::::/:::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::..
                  /:::::/::|:::::::: /::::/:::::::::::: /ヽ:::::::|:::::::::::::i
                 /:::/::::::::::}i从/}iイ:::::::::::/ |:::::|:::::::::::::|
                {:::: イ::::: i::::::|{Y示ミ|:::: / '⌒|::::::::::::::::: ′
             Ⅵi{:::::: |:::: }代 jり}iイ   行示| ::/::::::::::/
                   \トレハ:i| '''''     弋' り}iイ:::::::::::′
                r――‐<八  、 ′   '''' /:/::::::::::::{
                |   / {  \_ ̄ _. イ::::/::::::::/:::::}
                { /   |\_,/{_} ̄  /:: イ:::::/}iイ
               ∨   ト 、 /::=厶_,/}/ { ̄\
             }  \ | |/:::::::{ //        }
                /      | |::::::://    }  /
                   /   lゝ 二 イ     / /
             | ∧   /     :|  /   {′
           _|,/ | /      /  {    /
.            |    |′     /  /{  /
.            |    ト{    / /  \.′
         「 ̄∧    7     /ィ´       \
         |_/ ∧    /    |/        /、
         /  / ∧  ト ___|     /   }
.         {_ / /  \ {   /   :}___/  \/
            ヽ|    /´  ′ /  |    /
.          / |  /   /       | /
            ̄\  /  /    /   l ̄
                / ̄\_/____厶-- ′
        }    /    '/∧     /
.         /   /       /∧    ′
.      /   イ         //}   {
      ∧_ ′          //{    ,
      |::::::::/          /∧ _∧
      |::::: ′             /∧:::::::|
      |:::/              '/∧::::: |
     /rハ              /∧::: '
.    /:::::|                //}:::|
    { :::::: |              /^ヽ}
.     ゝ=ィ′             /:::::: イ
                      ゞ=彳

「OK!じゃあちょっと待ってね!」

636無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 02:59:25 ID:y5K5Mim.0
          , <: : : : : 八リ: : : \    ,
         /: : : : : : : : ム{: : : : ミー==イ
.        /: : : : : : : : :ソ  i!{: : ハ: : ̄: <
       /: : :イ{: : : ノ‐- , {ト: : : : : : : : ヽ`
       ,′: :八:イrテぅェ、 ` 'ヘ斗+-i!: : : ハ ヽ
      j: : : : 」:八! しン    テ示}!: : : : ハ}
      八: : : l ヽ:{`       , しン リン}: : j! }
    , イ{: : : : : `八     ,  _    /イリ乂i/
      {ヽ: : i{: : : :∧       ノ: l: 才:ハ
       ヽ{ヽ: : : : l ヽ _ , <}: : リ: ハ:}ヽ!
         ` ートハ!_ _/ ヽ_ノ:_: イ-'ー- 、
            'イLiiヽ  /l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ハ
           /:,イ:i:i:∧/:.:.:j:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       , ィ:.:.///i:/ /:.:.:.<:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       j:.r:.:∧/:i:イ/:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !/:.:/ 'y´ /:.:.:./jヽ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ノl:.:.:.l ヽ/ !:./`´:.:/_/:.:.:.:.:.:/
   r':.:.|:.:.:.|   i/:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   _}:.:.:.ヽ:.:i   |:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ
  i:.:.:.:._ヽ!__!:._-<_ ,. ‐=ニニノ_

「こんなところかな?」

諜報枠
ゾアノイド教:ゾアノイドを餌に他文明人を支配し、スカウトしたり工作員に仕立てたりする。
精霊教&魔王教:精霊と魔王のマッチポンプによって他文明人を支配・監視し、諜報したりスカウトしたり工作員に仕立てたりする。
アンデッド諜報:他文明人をアンデッド化させて支配し、スカウトしたり工作員に仕立て上げたりする。

育成枠
アンデッド育成城:経験者をアンデッド化させてスカウトし、教員とした育成城

637名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 03:06:14 ID:1esZ8pB60
嵌まれば大きい枠まで増えたぞ
今回は大当たりですねw

638無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 03:09:56 ID:y5K5Mim.0
【その他諜報】それぞれ性格があるので注意
ゾアノイド教(ゾアノイドを餌に他文明人を支配し、スカウトしたり工作員に仕立てたりする。):
精霊教&魔王教(精霊と魔王のマッチポンプによって他文明人を支配・監視し、諜報したりスカウトしたり工作員に仕立てたりする。):
アンデッド諜報(他文明人をアンデッド化させて支配し、スカウトしたり工作員に仕立て上げたりする。):


【育成】各4個まで(一個につき3レベルアップ)
アンデッド育成城(経験者をアンデッド化させてスカウトし、教員とした育成城):

639無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 03:10:42 ID:y5K5Mim.0
>>637
                      .. -‐…‐- ..
                     . : ´: : : : : : : : : : :: ` : .
                   / : : : : : : : : : : : :\:. :. : :.\
                . :/ : : : : : : : : i: : : : : \:.. :. :. :.
              /: : : : : : : : : : :i: :|: : : : : : : V: i: :.‘,
                /:/ : : : : /.:.i: : / : |\ : : : : : |:.:|i: : ‘,
.               /:/ : /: : /.:./|: / :/ l._\__ : i|:.:リ: : :.‘
              /:i:|.: .:|: :_」_:/,ノイイ}:/´    \从イ:.: :.: :.i
.             /: 从: :i| ´ Ⅳ `  ノ′  芹示㍉.:|rマ: :.乂
            /: /: ハ小 i ィ芹心      Vrソ .:.:.|) ソ: : i : ヽ
.            .: /.: : : : :i }从 Vrソ         i: : : |f´: /:从 ハ}
             i: ハ.:i: : : :.|i : : ヽ    '  , 、_ムイ :八ノイ ノ'  '
         八{人{Ⅵハ从: : :ト、:...   `    >‐彡イ
.             ヽ     \{ ヾ^ ≧  イ  ト(
                      `ヽ ィr<!   ィ^',、
               ....-…‐ァ:.::ハ  ハ斥  /i::ヽ
              ∧ : :::::::::::/:::: |: :',∧:.:.:.:ハ//|:::::‘,`::.....
               !::::!::::::::::::/::::::::|: :ハ 〉:.〈   ': :! : :::i:::::::::::`::.、
             .::::::::::::::::/:::::::::::|: : ',l:.:.:.:レ: : : ::::::::::|:::::::::::::::::ハ
                / :::::::::::::/:::::::::::: |: . ∧/ : : : :::::::::::|::::::::::::::/:::|
           /::::::::::ヽ:::>::::::: /!:  .  . .: : .::::::::::イ::::::::::::::::::::!
            / : :::::::::::::::::::::::::>::::: .       : .::、/:::::::::::::::::::::::::.

「だね!」

「元勲はやはり色々なものの社会実験にちょうどいいし」

「これからも定期的にやっていこう!」

640無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 03:13:30 ID:y5K5Mim.0

.            /: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミヽ\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミヽ\
        /: : : /: : : : :| : : :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : / : : : : : }: : :./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :',
    /: : : /: / |: : :_/: : /  _\ : : : : : : : ヽ: : : : : : : ',
.    /: : : : |: :| 十7:/ :.:/  ⌒ヽヽ¬‐- : : : | : : : : : : : ',
    ′:/: : |: :|: :|/}/l/     _\\: : : : : |: : : : : : : : :ヽ
   |: :/|: : : ヽlヽ| -ー    ´了ミぇ、:ハ: : : : L: : : : : : : : : :',
   |: :l |: : : : : ,ィァァァ      弋zツノ : : :|: : :k う: : : : : : : : :',
   |: :l | : : : : |´´´ ,        ̄`` |:l: :|: : ム /: : : : : : ∧: }
.   ヽ| ヽ: : : : |:ハ   ′     __ ノ/:./: :// : : :| : : / }: |
      \ハ|:ハ:l\ ー- 一 ヽ:/:./: :/: : |: : : / : /   レ′
.       |: ∧Ν lヽ.    < : : : イイ: /|: : /:./
.       ヽ{     ヽ{ T: :ア    ̄ 人|:/ |/|/
                /ヽノ _ /  ハ{
                _ イ ∧/ヽ    ヽト
            _ ィ彡/∧イ::::::::И / 7/l! \ __
          ////'//|  〉ァイ ∨ /'//l! ///////ヽ
       /// ////| //:::::|  / //// l! ///////∧
       ∨l! ////ll |':::::::::::|/  //////l! ////////,}
          〈, l! /// ll |:::::::/ ////////l! '////////

「では最後に育成安価を投げて」

「今日はこの辺で失礼する!」

「参加してくれてありがとう!お休み!」

【安価】今から次回投下まで 【育成】案

【育成】各4個まで(一個につき3レベルアップ)
技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む):
わざマシン・ひでんマシン(ポケモン系スキル):
偶像の化身(固有技能含めて何でもあり):
スキルを創るスキル(めだかちゃんが新しいスキルを作って覚える):
めだかスキル学校(めだかちゃんのスキルを誰にでも何でも教えられる。一般兵でも固有能力でも):
完成G(他者のスキルを使いこなす):
正喰者(スキルを魔改造する):

641名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 03:33:42 ID:1esZ8pB60
オツカレサマドスエ

642名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 03:41:02 ID:ytwmi/aM0
乙ですー

643名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 13:49:08 ID:zE0cOcLA0
乙!

644無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 14:05:15 ID:y5K5Mim.0
法をもたらす者、アゾール

・・・強い(確信)

645名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 15:28:57 ID:1esZ8pB60
6マナ6/6飛行で次の相手のターン魔法封印して攻撃のたびライフドロー付き
え、なにコイツ強い。というか何でここに居るんアゾールさん?w

646無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 15:40:37 ID:y5K5Mim.0
>>645
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『なんか不滅の太陽ってのは』

『そもそもアゾールさんのプレインズウォーカーの火を叩き込んだものらしい』


『そしてヤバイ。殴るたびにスフィンクスの啓示とか凄くヤバイ』

『MTG的にも十分ヤバイけど、このスレだとさらにヤバイ』

『監禁しなくちゃ!(使命感』

647名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 15:44:40 ID:qTA71D1I0
法をもたらすってこれ神座めいてる…?

648名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 16:05:00 ID:1esZ8pB60
たしかアゾールさんってPW弱体化前にラヴニカに居て消えたんだから
不滅の太陽は全盛期PWの灯で出来てるのか…なにそれ怖い

649無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 16:33:50 ID:y5K5Mim.0
>>647
                   ー=ミ、
                 __,,,,zィ≧ミ、_,ィチ=ー.、
               ,ィ圭州州イ 州ミ、 ヾミト圭ミ、
              ィチリイ|' / イ 州 l州ミム .Ⅷミム、 ,ヽ、
              ,イリ' イ.州 il lil州ミ州州州リ州州ム トミ、
           州i!.l州il'l lilリ州ムヾミ州`Ⅵ州州州州li',
           州 .i!l州il Ⅶ州州ミ、 ,ィ'マl´Ⅶilハ州州州ム
           ,州州!l州i__,Ⅶミil州l ` ヽ ヽⅥ' |ハ州州i,ハ
          州li|l州l〈 、 ヾ、ヽⅦ、./,ィ=ミ、,|!.州l州州
             リ州州il ヾ、二_       〃ィテミi.ヾ!.|li州i,州
          i! i!州|ll!ヽ 〃テミ、     lんリil l!.リ! l マミ
           i! .リ州li|l、..li! .lんハ     弋リ′' lリ' リ .从
           {  州|州 ミ、弋リ′ |      〃 ,!イ
                Ⅶl,ヽ.ム、       `       ,lzチ
          ヽ   Ⅵヽ ハ.  ,_   r‐、    /l|州
                 リ、 `ヽl.、 ,い、  |  )   ,イ . |ハ
                 `    lリ.ノ .}!_.`__.<___|>
                  ,'  'ー ' ̄____ ′冫 _|
                    l          ヽ三イ/|
                _,イ       ` ̄`ヽ{:::::::::: ≧=zzzzzz、
         __, ィzzニ≧i|       ー―.トノ.::::;ィ彡::::::::::::::::::::::::::\
        /二ミ、:::::::::/.:/ .l、       _, zチ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.、
        ,!::::::::::::::>:/.:::l  `ーァzzチ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:,
         |::::::::::::::::::;/.:::O.ヽ、 /..:::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:,
          |:::二ニ=,イ.::::::::::::::::..ヽ、ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       ,ィ仁ニイ::::::O:::::::::::::::::::::..ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ;:::::::::::::-=ニ二三{
        l::::::::;イ::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ、::ム:::二二三三三:ハ
        |ィ〃.::::::::::::::::::::::::::::::/...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...`ヽ;::::::::::::::::::::::::::ハ
        |/.::::::::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽミミ、:.`ヽ;:::∧

『ルールの強制』

『もしくは半永久的な世界規模の魔法って意味では』

『まあ覇道太極と似たようなものかもね』

650無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 16:34:19 ID:y5K5Mim.0
>>648
    /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ
   /州州州州州州州州州州州州州州州州州州i
.  /州////州//  ∧||il ||  || | ||. ∨州|i ∨ ∨| i|i
 /州州州州/ ||V  ||| | || | ||.| Ⅵ|.∨|||∨W| |||| ∨|
./ 州州///|州|| | ||/ V| ||||| Ⅴ|||ⅥⅥ|||||Ⅵ|||i |i|i||| |||リ
|  Ⅷ州州州州|Ⅷ|||u ⅧⅧⅧ 从 ⅧⅧ|ソ Ⅵ|||州|i| /||
.  八州////州|-Ⅷ ─-ⅧⅧ/| V─ⅥV─┤州州州/
  ハ|||州|||州|   ', ─ ', Ⅷ||  ─. ! | u /州州州|
  卅Ⅷ州//州ィテ云云ミ   ', ィテ云云ミテj/州州||
.   Ⅷ州州州||` 弋::::ノ       弋:::ノ 彡/////|
    \州||弋ヾ',//////  |  //////// //∧ノ
     \Ⅵ\',..      i      |  / /
         卅',            '~ /「
           >   `====´   イ、、
      _<<::::::::\、      u. /ハ:::::::≫__
      ∨><::::ハ >     < /:::><. /
       ∨    >─三三三─<.     /

『だからPWホイホイになってるらしい』

651無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 16:37:05 ID:y5K5Mim.0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ or ドラマ:魔王と勇者とクローバー or 育成描写

652名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 16:37:31 ID:/vFsGaZE0
スカウト描写

653無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 16:41:31 ID:y5K5Mim.0
機械聖典(他文明からの拉致・改造・洗脳):檀 黎斗 (仮面ライダーエグゼイド)…バグスター化したゲームデザイナー兼プログラマー兼科学者。何をするか分からないうえに、能力だけは優秀なので、油を注いで首輪をつけておきたい。

     >===≡≡≡=\
    ̄ ̄州州Ⅷ州州八州lil丶、
    /州Ⅶ∧ⅦWW |||||. 圭ヽ
.   /. Ⅷ|||!!!__ ', -可' /| |州/
.   | ||| |ヘ|ゞ} l   u./州ヽミ
     i ∨',  -==-'  ,. イミ_
.     \  ゝu.   /_x┴二|__,
         _>イ ̄ ////////ヽ
         〉-.Y' r////////|////ヽ、
       ///ヽ<////////|/////ハ7\
      く/////o///////////////////\
.       ∨∨/////////////彡彡  .*//.\
.       ∨∨/o/////////∧  彡.//////
.        |/||/////////////. ヽ<て//////
       //リ//o/////////    .//////
     ∠///|////////////..    //////
   ̄7///////o////////|    //////
ヽ///////////o/////////||    〉ミミ=/α
 |/////////////////////||   ゝ-、 F'

『スカウトってか諜報枠の方が良いんだろうか・・・?>油』

654名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 16:45:31 ID:/vFsGaZE0
諜報だと星を油にコースになりそうなんで……

655無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 16:49:58 ID:y5K5Mim.0
>>654
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『OK。じゃあやめておこうか。とりあえず』

656無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 16:54:27 ID:y5K5Mim.0
               ,ィ==,__
            ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.
              |人:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
            `,e\:i:i:i/)}:i:i:i:i:i:i:i'
              /_  .ヽr_/:i:i:i:i:i:i/
            i-     ヽ:i:i:/
             、_     /ト、
               ヽ_-=ニ/ ./\
              //ニニ/ /   ヽ
            ,イ /ニニ / /      、
            j{ /ニニ/ ./   /    ヽ
               j{ /ニニ/  /.   '      .}
            j{ iニニ/  /   i     、 |
              j{..lニニ'.   '    .|     '. i
           j{/ニニi  ./    |      |
              j{'ニニ/ ./     .|      |
           j{ニニ'  /             |
            |iニニ| ./       |       |
             |iニニ|/       .|       |


端的に言えば迷惑なマッド。だいたいそれに尽きる。

657名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 16:58:53 ID:/vFsGaZE0
色的には青確定次点黒、熱意的に赤も有りそう

658無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:10:06 ID:y5K5Mim.0
           ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
         /:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
       . /:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:
        ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/、:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
       :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i/ .\:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i::i:|
       {:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     .>-__:i:i::i:i:i:i∧:i:|
       .∨:i:i:i:/\  ノ ,/神__/ \) ヽ{:i:i|
         ∨:i:{ ト神 、≪" ⌒      /:i:i:i|__
           \:i:.  ̄ .|           .{/\(ニ\
              /∧   .|      , イ   i|  ./ニニ=\
           /∧..└-- ' - '".:::|   /  ./ニニニニ\
        _ -=ニニニ= 、 「i|:::::::::::::::j /   /ニニニニニニ\
      _ -=ニニニニニニ,\ ー‐ '  '   ./ニニニニニニニ=\
   _ -=ニニニニニニニニニ.\--/  /ニニニニニニニニニ=\


まずバグスターウイルスの危険性について触れておこう。

ねこです。宜しくお願いします。のように、記録媒体から人へ感染するミームウイルスがあったらどうだろう?

しかもそのミームが人の体を乗っ取ってしまうとしたら?

実に恐ろしいSCPではなかろうか?

で、こいつはそれをばら撒いてデータを収集し、ゲームを作ろうとしていた。ゲームです。宜しくお願いします。

659名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 17:14:29 ID:/vFsGaZE0
乗っ取る……そこまで間違ってはないか、な?

660名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 17:15:10 ID:LMSTK/g60
…ゲーム作りって、それで金儲けするつもりだったとか?

661名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 17:16:48 ID:/vFsGaZE0
>>660
いいえ、夢と冒険を与える為です

662無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:25:19 ID:y5K5Mim.0
           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^~ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『まあ当然、バグスターウイルスをばら撒けば犠牲者が出るわけで』

『少なくとも白ではあり得ない。法秩序とも共同体とも全体幸福とも平和とも程遠い』

『ただ、黒というにも微妙なんだ。このゲームを使って金儲けをしようとか人類を乗っ取って支配しようとかそういうのは全然無くて』

『ただ面白いゲームを作って楽しんで欲しい。そこだけはゲーム製作者の本分に忠実なんだ』

『そこだけ取り出せば利他的な面もあるけど・・・面白いゲームのために他人を殺そうって時点で白ではやはり無い』

『このスレの既存キャラで言えば・・・』

663無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:26:56 ID:y5K5Mim.0

                   ,.ィ. --. . _
                , :` : : : : : : : : :.> 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ゝ
                 /: : :i: :ハ!`´ \: :.ト: : : : : : :ハ
            /: : : !l/     ヽ! \l.ヽ: :.l
             ノ: : :!  ___,   __ 'lハ`
              ハ: :ト -t‐ト   ' -t.テ- l:.l
                 {ヽ         {    .!ハ
.                丶':      :    '.ソ
               ` :.       '     '
                   ヽ.   ー   ‐   '
                      l.\    ,.イ
                   ,.ィ\   ー  lハ. 、
             ,.。< l   \    / l ヽ. 、
            ,..<  /   .l、   ./ヽハ  /|  V. >。_
     ,.‐      /    l \ ./!::::::::l', ./ .l.   V    >.。_
.     /         /    .l  ´ .!::::::::!.`  |.    V        >、
   /   ',      \   .l    〉:::〈    !     .〉     .l   l
    !    ',        \   l    .l::::::::l   .!  /      l.  ',

【茅場晶彦】

(ローマではやってないが)

『完璧なゲームのためにプレイヤーを大量虐殺した茅場晶彦に近い精神性と言えるだろうね』

664無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:30:05 ID:y5K5Mim.0
          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|


『では何色か』

『まずゲームを一種の芸術と捉えるなら、ものすごく赤いキャラクターだ』

『ただし、純赤でもない。純赤なら己の感性だけで面白いゲームを描ききるだけで』

『わざわざ他人を犠牲にしてまでデータ収集なんで回りくどいことはしないはずだ』

『データ収集は明らかに青的な方向。つまり・・・』

665無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:32:55 ID:y5K5Mim.0
                  __x≦二≧x._
               x≦´ツ/\,、三三三三ミ
              ノ川/`´    \/\,、三ミ}
              `Y´  ,、_,へ、    ∨|ツ
               |∧/ イrf赱⌒し'⌒ヽ/ 「リアリティ」だよ!
               |/rャ}   ̄   | )リ/l}
               ∧`く ,      i {/ V 「リアリティ」こそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり
                  ∧ r==、     ! }円ヘ 「リアリティ」こそがエンターテイメントなのさ
                ∧ `rク    / ∨ ヘ
                   ∧ー一'    /  ∧
                円  ーr<, <´ ̄ ̄ノ⌒i__
                ∨  fl|O   _, イ  ´ 人_, ─┐
                __r‐ノl|> ´        /     l{
               /   /´       、、_i_i__     ,八
              /   /Oニ      , -、l⌒iMK     //∧
            __ノ  /O        r|ー | ├く^       ∧
           /  O ./\\     _,/ {   {- }__∨      ノ
          /O , イ  ∧==   //__ |_. l- |   ∨_  /
         / , < /___',==   //  .ノ 〈  |   }   イ{
        //   /      }_  { {        /   /
     / /    /___  人   人 ー __,  ー/}`ヽ一'´>

『芸術を描くにあたり、「リアリティ」を重視する』

『露伴先生に近い精神性ともいえる。つまり青赤職人、もしくは青黒赤職人だ』

『そして檀 黎斗には自己愛的な部分もあるから、どっちかといえば青黒赤だろうね』

666無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:34:51 ID:y5K5Mim.0
           , ----、, ─┐
        _/川川川|}ll///イハ
      /川川川ll|/////////
     /ミ三川/\/\/\∧/  ||
    {ミ三ト、/: : : : : : : : : : ::|  ノ ノ 最低な男だな…
     ` ーr' : : : : : /\∧∧/ヽ    こんなヤツをマンガに描いても
       ∨∨\/ilく_ィaフ fi| }_fニ>  読者に好かれるハズがない
.         flヘ <faハ   ̄´  |.ノ‐┐
       \ヘ  }     |l ∨ハヘ、
          `>\` r=つ /  '  }  `> ,
         ({x<´\⌒__/_/  /       >- 、
        / /  \ o∨O /    /     ',
       _{ ,'    ,>ァi>‐ァ   ./        }
   /  {_   l!__/一 ' ≦´___   /       |
  //  /__ |_/     ___i_) l!       八
. // // <´ {      __ へ `ヽ|/     /
  /,イ    }  >─一へ\`¨´ /      /}
. /      , <´    /|\`´  /     / /

『で・・・だ。』

『青黒赤職人の露伴先生って制御可能だと思う?』

667名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 17:36:00 ID:LMSTK/g60
無理です(確信

668無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:44:06 ID:y5K5Mim.0
>>667
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

「だろう?」

「まあ幸い、露伴先生は性格・能力的に比較的安全だ」

「あくまで漫画を描くことに特化した才能だから、バグスターウイルスみたいなヤバイ技術を作る可能性は低いし」

「法秩序は無視するけど、漫画の中の「悪役」的な行動よりは「主人公」的な行動の方を赤的な美学として好む傾向にあるから」

「結果としてある程度は自制してくれる。」

「制御はできないまでも、放置しても比較的安全だから放し飼いにしているのが現状なわけだ。」

「でも、露伴先生と同様に制御できない上に」

「悪役的行動に躊躇がなく、能力的にもバグスターウイルスみたいな危険物を扱える人材は」

「どうすればいい?」

669名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 17:54:36 ID:8AjtCf.M0
油じゃー。

670無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 17:56:13 ID:y5K5Mim.0
>>669
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ

「然り!故のこのスカウトだ!」

「元の人格に関係なく、ローマに組み込めるからね!」

671無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:00:24 ID:y5K5Mim.0
           ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
         /:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
       . /:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:
        ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/、:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
       :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i/ .\:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i::i:|
       {:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     .>-__:i:i::i:i:i:i∧:i:|
       .∨:i:i:i:/\  ノ ,/神__/ \) ヽ{:i:i|
         ∨:i:{ ト神 、≪" ⌒      /:i:i:i|__
           \:i:.  ̄ .|           .{/\(ニ\
              /∧   .|      , イ   i|  ./ニニ=\
           /∧..└-- ' - '".:::|   /  ./ニニニニ\
        _ -=ニニニ= 、 「i|:::::::::::::::j /   /ニニニニニニ\
      _ -=ニニニニニニ,\ ー‐ '  '   ./ニニニニニニニ=\
   _ -=ニニニニニニニニニ.\--/  /ニニニニニニニニニ=\

檀 黎斗を油まみれにしてスカウトしました!

適正としてはゲーム方向です。

672無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:01:23 ID:y5K5Mim.0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ or ドラマ:魔王と勇者とクローバー or 育成描写 or ステラリス

673名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:04:59 ID:ytwmi/aM0
外交描写(ラヴニカ外交続き)

674無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:09:12 ID:y5K5Mim.0

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「さて、引き続き相互理解のために陰謀をめぐらせよう!」

安価下1~2 調停したいギルド

675名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:10:09 ID:ytwmi/aM0
シミックとイゼット

676名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:10:46 ID:ytwmi/aM0
オルゾフとディミーア

677名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:11:29 ID:ytwmi/aM0
青よりのギルドと黒よりのギルドを選んでみた!

678無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:18:17 ID:y5K5Mim.0
         _ , -―-、
    , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
      ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ
         ):::  ....   \
        /    ::::::::::::::::::ヽ
        /      ::::::::::::::::::|
       /       :::::::::::::::::::|
      / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|
     ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|
    (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
    | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
    \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
      .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|
      |  ||      |:::::::::::::/::::::::/
       | .||     |::::::::::::/::::::::/
       | ||     |:::::::::/::::::::/
       | ||     |::::::::{::::::::/
        | ~      .ヽ::::|:::::::/
        |       .ヽノ::::/
        λ        :::|
        ヽ        ::::|
          ト、_  |    ::::::ヽ、
         |   |~7  ::::::::::::::`ヽ、
       -‐W~フ {  ト、:::::::::::::::::::ヽ、
      z__,―' ̄Σ Z  ̄ヽ―-、_ノ
          '―z_,┴'~

「・・・イゼットとシミックの違いって何?(哲学的な疑問」

679名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:19:58 ID:ytwmi/aM0
え、エネルギーを扱ってるか生物を扱ってるかの違い……?

680名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:28:35 ID:ytwmi/aM0
そうだ、エネルギー生命体とかそんなのを扱わせよう!そしたら調停?できるはず!

681無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:30:20 ID:y5K5Mim.0
         _ , -―-、
    , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
      ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ
         ):::  ....   \
        /    ::::::::::::::::::ヽ
        /      ::::::::::::::::::|
       /       :::::::::::::::::::|
      / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|
     ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|
    (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
    | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
    \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
      .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|
      |  ||      |:::::::::::::/::::::::/
       | .||     |::::::::::::/::::::::/
       | ||     |:::::::::/::::::::/
       | ||     |::::::::{::::::::/
        | ~      .ヽ::::|:::::::/
        |       .ヽノ::::/
        λ        :::|
        ヽ        ::::|
          ト、_  |    ::::::ヽ、
         |   |~7  ::::::::::::::`ヽ、
       -‐W~フ {  ト、:::::::::::::::::::ヽ、
      z__,―' ̄Σ Z  ̄ヽ―-、_ノ
          '―z_,┴'~

まず、シミックの得意分野は生物学、バイオテクノロジーだ。

しかし、シミックが生物学だけをやってるかというとそういうわけでもない。

公式で紹介されるものだけを見ても、

・建築学(ゾノット外壁の補強)

・輸送

・情報セキュリティ

・周期的現象

・カウンター魔法

・というか自然科学

などもシミックの研究対象だ。

勿論、シミックが緑に根ざしたギルドなのは間違いないが、

緑は「生命」だけでなく「自然」を愛する色でもある。

そして自然を科学的に研究しようとすると結局「自然科学」という超広範な分野になってしまうわけだ。

加えて自然科学のみならず、建築学や輸送や情報セキュリティと言った人工的な分野にもその手は広がっているのである。

(いずれも一応バイオミミックという縛りはあるようだが)

682無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:30:42 ID:y5K5Mim.0
>>680
つ奇魔

683名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:32:23 ID:ytwmi/aM0
なるほど、生命じゃなくて自然だったか
あれ?エネルギーも自然の一部っちゃ一部なんじゃ?

684無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:39:44 ID:y5K5Mim.0
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

一方のイゼットの研究分野も広範だ。

・(蒸気に代表される)エネルギー研究

・魔法研究

・鍛冶(合金の精製・加工など)

・(奇魔に代表される)エレメントの合成

・(空中を飛ぶ乗り物や火炎放射器などの)魔法的な機械

・危険な実験

・自然災害の制御(自然科学だよねつまり?)

・神経系の加速(生物学じゃねこれ?)

こちらも結局は自然科学全般(生物学含む)+魔法全般+魔法的な機械(≒発明品)について扱っているようである。

強いて言えば「機械」という完全に非生物的で人工的なものは

イゼットのみでシミックには無いものだが、逆に言えばその程度だ。

シミックの領分であるはずの生物学にさえ手を伸ばしている。

685名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:39:45 ID:zE0cOcLA0
シミックは一応、今ある自然?とか伝承された技術も大事にしていて、
イゼットは、そんなこと気にせず爆発させる、感じ?

686無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:40:10 ID:y5K5Mim.0
>>683
『はい。そしてイゼットも自然科学やってますw』

687名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 18:46:33 ID:zE0cOcLA0
シミックが1・2・3と段階的に発展するとすれば、
イゼットは今あるものを爆破しながら、1・10・100という風に破壊的に発展するというか。

688無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:48:40 ID:y5K5Mim.0
             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |

「結局のところどっちも青メインのギルドだから」

「大同小異なんだおね。好む研究手法が少々違う程度で」

「ちなみにお互いの評価はこんな感じだお」

イゼット→シミック「オリジナリティは認めるけど情熱が足りないよ。」

シミック→イゼット「すごいけど、自然や生命を軽視してるのは頂けない」

「ようするにお互いに赤が足りない緑が足りないと言い合ってる程度だおね」

689無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:53:51 ID:y5K5Mim.0
>>687
         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////

『そうだね』

『僕的に分析すると両者の違いはこんな感じかな?』

イゼット:とりあえず思いつきを実験してみる。たいてい危険だし実りが少ないことも多いが、シミックのように既存技術にあまり縛られていないので一足飛びの進歩も多い。

シミック:とりあえず自然界(特に生物)をよく観察して理解して模倣する。新技術を作る際にも、既存の自然や生物にちょっとづつ手を加えて作るので、ある程度着実だが大幅な飛躍も少ない。

690無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 18:57:12 ID:y5K5Mim.0
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/

『・・・で、こんなん一長一短じゃない?』

『ようは既存技術をあんまり気にせず自由な発想で勝負するか』

『既存技術を地道に改良するかって違いでしかないわけで』

『イゼットが失敗を繰り返す分野をシミックが堅実に通り過ぎることもあるだろうし』

『シミックが見落とした画期的な技術をイゼットの思いつきが掘り当てることもあるだろう』

『だからこそ、お互い変な奴だなあとは思いつつも敬意を払ってもいるわけでね』

『無理に統一しようと思うよりは今のまま役割分担で良いじゃないかな?』

『研究分野が被ってるのもこう考えると悪くない話だ。同じ課題に違うアプローチを試せるわけでね』

691名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 19:00:37 ID:ytwmi/aM0
なるほど、じゃあこのままにしときましょうか!

692無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:04:56 ID:y5K5Mim.0
>>691
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ ⌒ }イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ ⌒       乂r ノ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂r ノ          |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「だね!」

「ちなみに相手が何やってんのかはお互い大体理解してるし」

「別に仲が悪いわけでもない。いやむしろギルド同士としては信じられないくらいお互い敬意を払ってるし友好的だ」

「その面でも調停の必要は無いんじゃないかな?」

「たとえ僕らが居なくても、ギルドパクトが消えさったとしても」

「イゼットとシミックの友情は永遠だろう」

693無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:20:05 ID:y5K5Mim.0
676 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/01/04(木) 18:10:46 ID:ytwmi/aM0 [4/9]
オルゾフとディミーア

694無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:21:01 ID:y5K5Mim.0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/


「こいつも「相互理解」については既に十分できている」

「そうだね。ラヴニカの黒ギルドには二つほど共通した特徴があるんだけど」

「何だかわかるかい?」

695名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 19:21:48 ID:ytwmi/aM0
自己利益第一とラヴニカの支配を目論んでいる?

696無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:24:08 ID:y5K5Mim.0
>>695
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「いや?他はとにかく緑黒ゴルガリは共同体利益も重視している」

「またラクドスは支配って感じではないね」

697名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 19:26:52 ID:ytwmi/aM0
なんだろ、分からんw

698無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:32:47 ID:y5K5Mim.0
>>697
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /

「答えは「暗殺」と「アンデッド」だ!」

オルゾフ:債務者をアンデッド化させて労働力や兵力や諜報員として利用する。また借金を返せない奴を暗殺する。

ディミーア:幽霊は優秀な諜報員。一番諜報に優れたギルドなので暗殺も勿論プロ。

ラクドス:血なまぐさいサーカスではアンデッドも働いている。また暗殺をラクドスに依頼するケースもある。(こっそり殺すわけではなく鉄砲玉だが)

ゴルガリ:アンデッド労働力を利用して腐敗農場を営んでいる。また、ゴルゴンたちは暗殺者としても有名。

・・・アンデッドはまだしもどんだけ暗殺祭りなんだラヴニカ?

「まあラクドスについては違うけど、他のギルドの暗殺は基本的に隠密活動。つまり諜報能力と言ってもいい」

「黒系ギルドは総じて諜報活動に優れたギルドなわけだね。」

なお、青系ギルド(アゾリウス・ディミーア・イゼット・シミック)も諜報を好む。・・・どんだけスパイ天国なんだラヴニカ?!

「青と黒の重ね合わせであるディミーアが勿論諜報最強だけど」

「他の黒系ギルドにしてもある程度の諜報能力は自前で持ってるわけだね」

「だからオルゾフはディミーアのやり口もある程度理解している。諜報の心得があるからね」

「また、ディミーアはディミーアでオルゾフのことを良く理解している。オルゾフにもディミーアの諜報網は延びてるからね」

699無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:44:26 ID:y5K5Mim.0
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

「また、諜報以外の点でも、オルゾフとディミーアの共通項は多い」

「オルゾフは商人のギルドだが、ディミーアもある種の商人だ」

「違法品の密売とか、情報屋とか、殺し屋とかね」

「一応白であり、合法的な商売を好むオルゾフと異なり」

「公にはできない非合法な商売だけど、それでも商人には違いない」

「また個人的権力を求める点も共通だ」

「オルゾフはラヴニカの覇権を求めるのと同時に、構成員はオルゾフ内部での権力を求めて常に政治闘争しているし」

「ディミーアもまたラヴニカを闇から支配しようとすると同時に、構成員個々人もディミーアギルドの影の支配者たらんと影で争いあっている」

「総じて言えば、富と権力を求め、諜報活動を重視するギルドという点でオルゾフとディミーアはまったく共通だ!」

「違いは、一応合法的に活動し、得た富や権力を公に誇示して公然たる特権階級たらんとするか(オルゾフ)」

「非合法的に活動し、得た富や権力を隠して影の支配者に徹するか(ディミーア)の違いでしかない」

700無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:50:30 ID:y5K5Mim.0

                 ,...=、.,..::==...、
              ,x≦: : :`ヾ'=-: : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ:.ヽ
.            /: : : : : : : : : : : : : l:、: ∨:.∨∧
           /: : /: : : : :/: : : : :li:.:!: ハ:リ ∨∧
           ,': : /: : : /:,: ハリ: :ハ:.!::l!:::::リ:l:.!::::..∧
            {: :/!:/:,'/:,メ:.:.:.,人:.: i!:.:.i:.:.:,':.:.リ:.:.:.:.:.:',
          }:リ:ハ:.://l:/// \:!:.,彡':.:.:.:.:.l!:.:.:ヾ:.:、
          /!:l:.{:.V!,x== '  ,≠=‐ハ:.:l=、:.:.:!:.:.ハ:.ハ!
         ,:/:ハ:ヾミ‐-   、    ,/:.:/!,イ:.:.;jイ/'´ '
         ' {ハ:.ヾ:.:ゝ  - '   /,彡'ハ;'´  '
           ヽ ヾミヽ=` ‐ -t.チ'´ ∧_
                   ,  ...=/,ヘ r '´ ∧!≧x,.,._
.                /!///,'/,' /;;ゝ///!/////>、
              !{/ゞ//‘,/i=i!/, イ//!/,zイi'´/,イ
             ,r!《</i{. .ヾ彡'/!///i},イ////,'
              ∧/,r//!.ヽ.._,ノ{!</∧/////
                ∧/{i///i. . . . . ,////'!、///i}

「そして、【だからこそ仲が悪い】」

「黒の敵は黒だ。共に富と権力を求める利己主義者同士が仲良くできるかい?」

「いや、一時的な取引相手としては悪くない。黒同士価値観が近いから、交渉しやすい相手ではある」

「だがオルゾフ・ディミーアに限らず、黒同士の取引は後ろ手にナイフを隠し持ち、契約を破り対価を踏み倒す機会を伺いながらの握手だ」

「これをもって仲良しと言って良いかな?」

701名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 19:50:57 ID:ytwmi/aM0
表の支配者になりたがるか裏の支配者になりたがるかの違いなのかー

702名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 19:51:34 ID:ytwmi/aM0
それが仲良しなら地球の国家は全部仲良しですねw

703無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:56:36 ID:y5K5Mim.0
>>701
          , <: : : : : 八リ: : : \    ,
         /: : : : : : : : ム{: : : : ミー==イ
.        /: : : : : : : : :ソ  i!{: : ハ: : ̄: <
       /: : :イ{: : : ノ‐- , {ト: : : : : : : : ヽ`
       ,′: :八:イrテぅェ、 ` 'ヘ斗+-i!: : : ハ ヽ
      j: : : : 」:八! しン    テ示}!: : : : ハ}
      八: : : l ヽ:{`       , しン リン}: : j! }
    , イ{: : : : : `八     ,  _    /イリ乂i/
      {ヽ: : i{: : : :∧       ノ: l: 才:ハ
       ヽ{ヽ: : : : l ヽ _ , <}: : リ: ハ:}ヽ!
         ` ートハ!_ _/ ヽ_ノ:_: イ-'ー- 、
            'イLiiヽ  /l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ハ
           /:,イ:i:i:∧/:.:.:j:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       , ィ:.:.///i:/ /:.:.:.<:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       j:.r:.:∧/:i:イ/:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !/:.:/ 'y´ /:.:.:./jヽ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ノl:.:.:.l ヽ/ !:./`´:.:/_/:.:.:.:.:.:/
   r':.:.|:.:.:.|   i/:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   _}:.:.:.ヽ:.:i   |:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ
  i:.:.:.:._ヽ!__!:._-<_ ,. ‐=ニニノ_
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i    , -――イ
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l !_   ニr=‐ ´
 ヽ:.:.:.:.:.:.>:.:.ー- :.:.:.ハ しノ`ー{
  // ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:./´:.:.:.:.:.:.:.\
. /!{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
' _ ゞ、:.:.:.:.> ´ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
Lj />て}:.:.:|   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>―、-:.\
T{/ノ レ /:.:.:.!   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´    ヽ:.ノ
 lj ! /:.:.:.:.:トイ´|:.:.:.:.:./            \
  ´ /:.:.:.:.:.├― 'ー ´                 \


「そうだね。影の支配者になるか、表の支配者になるかだ」

「ああ、この点で言えば僕は厳密に言えばディミーア的でない部分もある」

「国際社会において影の支配者たらんとしてはいるけど」

「ローマ国内では表の支配者だからね。これはむしろオルゾフに近いムーブだ」

704名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 19:59:09 ID:ytwmi/aM0
ローマが影の法廷に支配されるのは勘弁して欲しいですw

705無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 19:59:11 ID:y5K5Mim.0
>>702
                         ........-―-.........._
                      .....::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::..
                  .....:´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
                〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
            ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
           / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /  `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
         /  /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
           i  ノイ     ヾ '´  ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
          ノi//!        . - . /「 ̄ ̄ ̄入  i/
      / ´ /: :.:|         /: : //{   /:/:.
        ヽ/: : : :.:|      /: : //__}_彡: :/ : : : :.
        {: : /: : : :i       /:./ ノ「 /: :/ : : : : : : :.
.        ∨ : : : ∧   厂:./ /__ノ': : : /: : : : : : : : : :.}
        ’: : :/ : l   /{: :/ /´/: : : :./: : : : : : : : : : :.|
          ∨ : : :i  / :.i:/  /: : : :_/: : : : : : : : : : : :;
           }: : : : ∨: ://  /: : /: : : : : : : : : : : : : : ;
         |: : : : : }: :i/  /: :<: :ヽ: : : : : : : : : : : : :ノi
         |: : : : : : l:|  /: : :/: :/: : : : : : : :-: : : : : :.|
         ’: : : : : :j:j /: : /: :/: : : : : : :{: : : : : : : : :|
          ': : : / } .': /ゝ': : : : : : : : | : : : : : : :.:.|
               ̄  ノ i/: : : : : : : : : : : : }: : : : : : : : |
             / j: : : : : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : :
               /  {: : : : : : : : : : : : :./  ’: : : : : : ::.

「だろう?」

「お互いに理解し合い、価値観は元々近く」

「だが似たもの同士だからこそ仲が悪い」

「・・・こんなんどうやって調停すればいい?」

「無理解もなければ価値観の齟齬すらない」

「ある意味完璧なのに仲が悪い」

「そんな関係をどうやって改善できる?」

706無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:07:55 ID:y5K5Mim.0
>>704
              .─……‐
            /:/二二 、:.:.:.:.:.:.\
            /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:. rミ:.ヽ
         // 》:.:./ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:| /:.:.:.゚,
            i个1:.:.:l.:Xi\:.:.、:.:.:.:}:.:.:.! ヽ:.:.:.i
            l l:.:イ:.:.N-ミ\\{x=ミ:.:. l. Ⅵ.:. !
            l |:l_}:.:.:.:.似   以ア:.:.:|)_l_l:.:.:|
          |:.ハ:.:.:.:.、'       |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|
          |:' }:.:./〕ト. ゚   .イ:.:.:从:.:.:.iリ
             ヾ( 从:.:.:.丁/::/l:./ }:./l/
               }:/ ,}:/ : : : ヽ
              /У / ̄`ヽ:ハ
             イ ./: /      Ⅵ
           _,r</ /: 厂\       }:!
         ノ_ /:イ-/{        イ:|
       {/  `>彳  \__ / ノ: | |
         ゝ.__ソ  \     У\:!:j
           !{     >ー─彳   レ′

ちなみに日本文明の場合、

実権を表向きの支配者(首相や社長など)ではなく、

隠居した長老や、支配者の部下の部下くらいが持っていたりするし、

表向きのルールだけでなく見えない慣習法が重視されていたりするので、

実は影の法廷説があるw

707無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:08:57 ID:y5K5Mim.0
                          ハハハハ
              _             Vハハハ _____
              `ハ            Vハ-‐三三三三三三二ニ=-、
                ミt、         /三三三三三三三三三三三三ミ、
                ミミt、      /三三三三三三三三三三三三三三ミt、
                 ミミミミミミミミt/イ´_ _ _ _ _ _ _ _  `‐-=二三三三三三三ミt-‐'´
                 `ミミミミミ/,.ュ--‐‐'_,.ゝ  ヾ ` ‐ - 、 `‐=三三三三三三ミ
                   / ̄/  ̄_ ̄‐-、 l      ,._ヾ  `ミミミミミミミミミ
                   | 入/  / lo`‐.、_'l    /..: ヽ ヽ ヾ   `ミミミミミミミ
                   } /    ̄ ̄`‐-'、l  /:: __,.‐-ヽ \    :`ミミミミミミ
              _ォゥェェェェl /       彡/  /::::::  _,.-‐-、 ̄``、  ..::::::ミミミミミ
            _,.-‐ニ二三|/    ---‐'/  /:::::::', ヽ`‐'゜、::_/ヽ  `、.:::::::ミミミミミミ
                    ‐=/ /´`‐---‐/  /::::l:::::::',  ヽ   ヽ |  ..:`、:::::ミミミミミミ
                  /   |ヽ   /l`‐' :::ヽ:::::: ‐-、      ..::::::::::::::::ミミミミミ
                 l    〉 入 ⊂λ ‐、 :::::::::ヽ、  `、   ..::::::::::::::::::::// ̄`
                 |    | ( 7‐-、        ``-、_   ..:::::::::::::::::::://:::/`、
       l         _ィl  //::/ :‐,__ / `‐, __  _      `、.::::::::::::::::::::://::/   /
       `‐、     _ィォラミ〈 /  ヽ、  l /ヽ、,  /´ `, ‐、--‐ 7..::::::::::::::::::::://:::::〉
         `‐=ニ二三三ミVヽ、_ `゙`‐、 /  ̄,‐-, <_ レ´l/´..:::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::
              _ィミ彡ミ/    ̄7‐-、``‐-、l ノ.../ ./ ..::::::::::::::::::::::::/::::::::::::_,. -‐'´
          _,.-=ニ二三ミ|    ::/⌒ヽヽ`‐-、`゙`‐-、ノ ..:::::::::::::::::::::::::/、_,. -‐',´ミミミt、
         '´         |        l ヽ   `‐ _,.-‐--、::::::::::::::::::/:::::::::/ |ミミミミミミミ
                 人           /      l::::::::::::::/_,.-‐'´   |ミミミミミミミ
               `‐'  \         /      /_,. -‐'´       |`ミミミミミミ
   _, .-‐'´ ̄ ̄ ̄` ‐- 、_,.-‐‐ ' ヽ、___,. ‐/      /            |  `=ミミ
 /        ...::::: ´        l      l::..     /           _,.-'ヽ
          .:::::           l       ヽ::::::.....:::: l        _,.-‐'´:::::::::::\
       :::::            l        l:::::::::: ´ ` 、  _,.-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::`‐-
     _,.-‐ ⌒‐、         ,.r‐‐- __  l:::::::::::    |‐'´:::::::::::::::::_,.-‐:::::::::::::::::::::::
   /       ::\       l::         ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ !、::::::_,.-‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /          ::\    ,.l::               \l  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /            `‐-y´::``‐-、              ::ヘ   _
  /                l:::     `` ‐- 、_       ノ::::|  / / ゛
 /               r´:ヽ              ‐-、l:::::::::|   /
                l:::  \               ::::::::::|    ツ
               __l     ``‐-、       ` 、  ノ:::::::::|
              r´  ヽ               _y'::::::::::::|
              l    \            r´:::::::::::::::|

答え:さらなる金!さらなる権力!

708無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:12:58 ID:y5K5Mim.0
         ,. -─‐-  、
        /./⌒ヽ、   \
.        /,/ ju:、 ij~ \__,. -‐:、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        / ヽ 丶 \ヽij、 ,   li    |
.      ,'/,ニ}.〉 〃\ i ヾニノ, -fr‐ ∠
.     ノ.l ! //、i{  。i!| u /ニ;|l    \_______
   /  ヽ7',ヘ\`ミ=┘''' r。" ̄ラ         __
__,∠-r‐'1  l ト,ヘ、u r v' `ト=彡′      (⊂iト、 }
   i.  |  | ト、`く,ゝ、__ ヽ  :|v/         (⊂iiヽ、''\
    |  ! ヽ.V >、×⊥工エ;ァ'、       (⊂iiヽ、."ゝ、}
    !  ト!  ト.`uく`r-r-r-//'| \      (⊂iiヽ、ゝ、 〉
.   |   N、|、 \ `ニ二´イ/:|   \    ̄\ ヘ ` 〉
  │  | ゞ)):、   ̄´ / / :|     \   /,{  ! 〉
   |    |'´ノノn>>,==イル'  |      ∧ / ′ /

「例えばフグ鯨を輸入するじゃろ?」

「これはオルゾフにとって良い金づるになる」

「そしてディミーアにとっては、毒化フグ鯨というブラックマーケットのチャンスとなる」

「そして表の市場と裏の市場はまさしく表裏一体!」

「怪しいフグ鯨が出回るからこそ、オルゾフの正規品の価値は上がるし」

「馬鹿高いフグ鯨が出回るからこそ、ディミーアの安価な毒化フグ鯨も売れる!」

「すなわち、パイ全体が拡大し仲良く分けられるということ!」

「黒同士とはいえ、ここで喧嘩する必要あるかの?」

709名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 20:14:46 ID:ytwmi/aM0
win-winですね!なお顧客の健康は考えないものとする

710名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 20:15:32 ID:ytwmi/aM0
>>706
現実じゃないけどトラクエ8とかまさに影の法廷でしたねw

711無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:21:54 ID:y5K5Mim.0
 Lニ¬ 「」「」                 _「 L_
  /∠.._  __                  L_   」, -‐-、    /7
 L -─-、ヽヽ\    ,ヘ从人从,M,、      | ''´, '⌒) }    / /
「│    } .} V  ,vレ'::::::::::::::::::::::::::::::^1ィ   /  r'  / /   /_/
L_フ  ∠ノ   ,イ:::: :::..    :::  ..::::  ::イ レ1_」 ∠/   ∠ゝ
         N :/⌒ヾ、::.. ::  ..::/⌒ヽ: レi      Lニ.ヽ
.         i :::l__‐-、` ー--‐'' , -‐ _i_ :1      <ノ
         l :::l `ヽ.\.ヾ、.___,/ / '"´!:: 1
     _,..-‐| ::i ー- 、\:、    ,.:'/, -ー |:: |‐- 、.
 _,.. ‐''´   _| ::{.:::ヽ. \\,, ,v// /´:: }: !   `'‐、
    ,.. ‐'''´i⌒! !.ヾ:ヽ._。_ゝ_lll!_∠。_,ノ〃 :|:i⌒!`''‐、
 ‐''´     | F|:|  `ミ≡vシ!│ミ≡彡'u, |:!,f; |    \
.        ト、_l:!ト、\U , |.│ 、v / ,イ|!_ジl
         リ ::| L|ヽ.`ー'ヽ.| | / ー' ,.ィ_」:|: :|│
      ミミノ ::l ヽト」`ーr-ゝ-'ー┬ 1_」/ l::  |彡
     ミミミイ   :! ヽ「`i┴r:┼‐i┴r'/j i::  |〃彡
   ミミミミ!イ :::ヽ.~U` ー┴┴┴‐'´J/:   :l〃〃彡
  ミミミミミミ:ノリ::   :l`''‐:、.~ ー一 , ‐'´:l::   :イ〃〃彡
 ミミミミミミミミミl:::   :::ト、:::::::`::ー::'::´::::::;イ::  :::リ〃〃彡彡

で、まあ・・・この辺は既にやっている。

ギルドパクトがどうこうってよりは交易路の問題だ。

富が増えればラヴニカのみならず異世界でも権力を振るえるようになるので、

ディミーア・オルゾフは管理局加盟をおおむね歓迎しているようである。

712無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:27:39 ID:y5K5Mim.0
.                         / ̄ ̄\
.                      / } 〉(__)〈〈∧
                      { //_)___(_人∧
                      { /{ニV/ニ\ハ       /⌒>-------------
             ____/⌒l{ { { 〉 {_  }l∧}⌒} ̄ ̄/        ____
           /}ノ }__// / \.八{ \'天/ニニ}} /  /        /三三三三三
          /\__ノ⌒\\\\ニニニニニ}./ /      . <⌒\三三三三
          /三三`>。.    \\\\ニニ=//     . <三三 \  `¨¨¨¨¨¨¨
.       /三三三三/´ ̄`>   /⌒} /{∨}//n_}_fフ<´三三三三ニニ`>ー───
     /三二二ニニ/       /)/⌒}ノ////n //./{ /{(ノ/⌒フ二ニニ∩三三三三三三三
    /三三三_∩     _///{_ノ}-{ { /// {  /(/ / /{/) }  ノ⌒(__〉 二二⊃三三三三
   /三三二ニ//} {\  /7ノ-〈___/ 人//イ=== {__/ {___/ くノ}ニ//{  ⌒\三三三三
.  /三三ニニ=厶イ ∨ } /{三O    //ー────∨ /___{_{_}ノ__.{ {人_ \\}三三三ニ

ただじゃあ、ギルドパクトがやることが何も無いかといえばそうでもない。

増えたパイをどう切り分けるか、という分配の問題は残るからだ。

オルゾフは表稼業、ディミーアは裏稼業という役割分担は一応存在するとはいえ、

役割分担の境界線上で常に縄張り争いが発生するのがラヴニカギルドというもの。

端的に言って、我田引鉄争いの調停は残るのだ!

うん!これは完全にジェイスさんの仕事だ!がんばれ!

(なお、おこぼれ狙いでリリアナさんも手伝ってくれた。手伝ったのは引っ掻き回したのかわからないが)

713名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 20:33:07 ID:nZVCtcuQ0
>>706
総理が知らない法律が気づいたら可決されてることも普通にあるらしいしなぁ

714無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:33:56 ID:y5K5Mim.0
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「そして当然、ディミーアのギルドマスターとしてはギルドの利益を考えて」

「一生懸命ロビー活動しないとね!」

「これからジェイスさんには金貨の山や美酒や美味しい料理や美女といった」

「大変恐ろしい攻撃が待ち構えているのさ!」

ああ、ようするにあれだ。アッシュ君に対する三ヶ国の賄賂合戦的な。

「・・・一応代理人としてアッシュ君でも派遣してあげる?」

「落としどころを探るのはとにかく、最終的な決断にはギルドパクトの権威がどの道必要になるけど」

715無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:48:52 ID:y5K5Mim.0

       |  |  |      |       |   |  ‘,‘,   ‘,  / /  |   ‘,     |
       |  |  |      |       |          ',   ', /       |        |
       |  |  | |          j|  .j      |     |   /     |     ',
       |  |  | |    l       /| /| j   ノ  |     |   /     |          |
       |  |   寸冖、 从 ,   /了/丁| /| /| ,|     |       /    |   |
       |  |  、\xzzzzミ∨ | / レ'xzzzzzzzzzァ|     |´ヽ _、‐''゛      |   |
       ',  ',  |\ r辷り V|V   ´ r辷zソ "/イ     ′ }: :|           |   |
       |   |i | ト//// ノ    //////’ |    / .ノ : |           |   |
       |  ハi  ∧                     j   / / : : |           |    '
       |  | |  ∧                /  / ´ : : : : |           |  /
              l、  入    _          /  / : : : : : : :            /
      .,′,′ l ',   |__ >‐、 ` -`         /  /|: : : : : : : :             /
      .,′/   ' ',  | /   〉⌒ヽ_     <,′ /| : : : : : : :   ',      ,′
     / /  /  |   |/   }/  / 〉<   ,′ ./  ゙、 : : : : : : :   ',      .′
      ,′/   /   i|   |  / ノ  / , .l   ,′ ,′  \: : : : : : :   ',    |
    ′/  /   i|   {       ー'  / ノ   i  ,′    ` 、__r、_  ',  __|
    ′/ -──‐、|  Λ          V    |  |          //////Y//////〕h、
    | |,ィi{//////∨/  Λ         |i    |  |        ///////{///////////ハ
    | | ///////V/   / ∧      |i  , -|  |  ̄ ̄` ////////{ ///////////∧

【ハニトラ(精神魔法で本気で惚れさせてるあたりが性質悪い)】

その後生けるギルドパクトは

オルゾフとディミーア(に限らないが)や、

時に異国の商人からの接待攻勢に耐えながら

どうにかこうにか利権を調停したのであった・・・

716無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 20:49:40 ID:y5K5Mim.0
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

「とまあ調停はこんな感じかな?」

安価下1 質問・コメントがあれば

afk

717名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 21:03:02 ID:zE0cOcLA0
一旦乙!

洗脳で惚れてるのか、本当に惚れたのかなんて、魔法で頭の中を調べたりしない限り区別付かないもんな。

718名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 21:33:53 ID:qTA71D1I0
本質的にシミュレーションと現実に違いなんてないんだから、洗脳による恋愛もそうじゃない恋愛と違いなんてないのよ(暴論)

719名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 22:00:47 ID:ytwmi/aM0
乙です!いやあ、ハニトラは強敵でしたね!

720無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:20:32 ID:y5K5Mim.0
>>717
         _,. . . ., _
       ,<: : : -: : : : : : >、
     /: : : :/ : : ハ: : : :ヽ: : : ヽ
 .   /:/: : :′: : / ∨: : : ' : : : ∧
    ': r‐-ノ!: : :/´ ̄`、}: : ハ: : : : :ハ
   ′l: :/ l: : / _-ェ.、li: : : |}: : : : : l
   ': 从:イ ヽ{ ´ てンリ: : : |: : :l : : |
   !{j:.:.:.:|  ,`   、、 l: : : :j!: : :!: : リ
   {Ⅵ:.:.i゛         !: : : ハ: : jⅥ:{
   、ゝ:.:ゝ, ’ー ’  ,ソ: : 八j: ノ: : :i
     Ⅳ:.:.:\ ,. ィ /イ: :/:.:,イ:.:.:.八{
     } ヽ{:.:.{ヽ:.:| / レル' ハソノ
        , - y ; ,r  ̄`ヽ
         / / ´/     ,
  .       i /  ,/        l
.        y  ,ノ{  l    ,
     , イ ,jイ !  |     i、
    / {/    |  i    l ,
   , ′i{     !   '    i   ,
   l   ;    i   ,    r=ぅ∧
   ヽ_λ   ン‐イ    人_ノノ
     l i `ー ´  i     ,′ハヽ
      ,       |   , /
     l       !    !′  /
.      ,      i     l  , ´
     i!     i     K
       !’    |    l-ヽ

「まあ、ジェイスさんならその辺得意分野だろうけど」

ちなみにジェイスさんがどのギルドに一番近いかというと実はディミーアであるw

心を読んで重要な情報を入手し、心を操り、記憶を消して自分の秘密を守る。実にディミーアでありジェイスさんだろう?w

「ディミーアも精神操作には一家言ある。勿論僕にもね」

「そうそうばれはしないさ」

721無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:21:31 ID:y5K5Mim.0
>>718
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ =     = `ト: /:ノ: : |
                    从   、_,、_,   ムイ´: : 从
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                 /::/:|V V|ヽ::::::\

「偶発的な精神魔法の影響で恋に堕ちた、とかならそうだろうね」

「でもさすがに他の誰かの作為は本物の恋と区別した方が良いんじゃないかな?」

722無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:23:02 ID:y5K5Mim.0
>>719
               /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                   // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
               // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
             ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
               ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                 l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
             ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                 ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                 l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                 ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                  l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
             jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
                         , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
                      ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
                  jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                   ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
                i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
                  j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
                ./j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
                    /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
               /:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「ラノベ主人公の体現者はその辺も大変だねえ」

「まあ僕はハニトラで苦労したことは無いけどね」

↑本人はヤンデレなのでやる夫以外興味がない。

そしてやる夫はむしろハニトラする側w

723無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:24:19 ID:y5K5Mim.0
安価↓1 技術描写 or 外交描写(ラヴニカ外交続き) or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国  or カラデシュ小ネタ  or 発明品博覧会 or ミッドTV or ローマ傘下国 or 終わりのクロニクル外交続き or 試練部の不思議なダンジョン続き or 属国作成(生命進化安価) or 多元宇宙食料事情とか or ナッシー進化続き or ファフナー系技術 or ホライゾン技術 or ドラえもん技術 or スタンド or 悪魔の実 or 星辰光 or スカウト描写 or ノーライフ元勲 or ○○ギルド or 五色の立法府 or 五色の学会 or 五色の市場 or 五色の連合軍 or 五色の芸術 or 五色の庭園 or 五色の医療 or 五色の諜報部 or SCP or アイテムクリエイション試運転 or コミュ or ドラマ:魔王と勇者とクローバー or 育成描写 or ステラリス(同化の強制者やぬめぬめや奴隷制など)

724名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:26:23 ID:qTA71D1I0
それが仕組まれたもので自分が偽物であってもこの胸に抱いた思いだけは本物だって証明したようじょが居たので…アヴィラヴィ尊い…(恋愛ではない)

725名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:29:26 ID:/vFsGaZE0
SCP

726無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:29:38 ID:y5K5Mim.0
>>724
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「まあそれも道理だが」

「そうした場合、オリジナルが本物の恋をしたわけじゃなくて」

「洗脳の結果生まれた別人格が恋をしたというべきじゃないかな?(濁流並感」

727名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:31:15 ID:ytwmi/aM0
ステラリス(同化の強制者やぬめぬめや奴隷制など)

728無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:36:22 ID:y5K5Mim.0


                      -=ニニ=-
                -==- _{ {\__ノ}\
                   /':::::::}i / }//、\__/}//ヽ  __
              {i_ノ ' /⌒~~ニ=---=≦///.7_ \
             _廴_ノ/   ', '     ∨//7   \ '
              / _}/´ i  i  ! !    \'// ! ∨   !
               {/  /    !  \  }\ i\  ト、{  !     !
              '!  '{   ! !、\   /ヽィ≠ァヽ、{ i  '   / ,
            i  { \ iノ__⌒\i/ 代ツ  }ノ  }  |  /  ',
                )  ヽ \弋zツ       / .ノ   / / ト,
            人   \{ ヽ    !    {/⌒7 / / / /、}
              {/ \ \ \_、      /i/! {/  //}  }
            i/乂 \ ∨ ) i/!)h,` ´/   i/!ノ{/ { / ノ
              {  \〕/ i/! 己`、__/_.i/!イ、_ヽ/}ノ
              `≧s。 Υ i/!ヽ 己 __.i/! 己:i{__( /
             /\-=彡  .{ノ  Yヾヱヱニi/!   ヽ
               /xxx \〕_      -‐- __i/!_ -  、
                /xxxxxxx{-=}i_         i/     ヽ

【ナイン(ネバンリンナ端末)】

例えば、ファイレクシアの油、ネバンリンナ、白き月。

文明崩壊後の文明復活用のシステムは、実に賢明な技術だとは思わないだろうか?

729名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:37:14 ID:ytwmi/aM0
まあ、文明ってのは結構な頻度で滅びますしね

730名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:38:14 ID:qTA71D1I0
まぁヤンデレた前と後じゃ別人格ですよね…(震え声)

731無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:39:36 ID:y5K5Mim.0

   /''ひ ̄ \
   |,,-─-,,,  \       、レ
   | / ̄\ `'''、 し、     電呂電
   | |ミミ  )  \ \  ─< <`─
   `、`ー‐´    乃7-、',  / / l、7 、
    \     <<    '''、 < |//
       \             `ー影彡
        ),,    ロ        i
       /  ̄`ー日───--∈)
    /       ロ        ノ
   /                  ,,イ'、
    |           __,, -''、二く〉-,
   丶、__,,,-─'' ̄

とりわけ、波動砲を突きつけあいFTL技術を破壊しあうステラリス銀河や

世界間戦争で世界を滅ぼしあうようなMTG多元宇宙のような

危険な世界であれば。

732無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:41:13 ID:y5K5Mim.0
>>730
『ところで何の話かな?GMはなんとなくFateに出てきた銀の鍵関連な気がしてるけど>アヴィラヴィ』

733無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:42:18 ID:y5K5Mim.0
>>730
佐々木王「まあ、どの道人間は変わるものだよ?誰かの作為じゃなければ、変化をもって別人格というのはちょっと違うかな?」

734名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:44:11 ID:tYcC4wHg0
上の檀黎斗の話だけど、本人にしてみれば犠牲者を犠牲者と思ってないのよね。
システムユグドラシルの分体一つ潰す程度で、データが残ってるからそこから復元できるしオッケー的な感じで。

735名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:44:23 ID:qTA71D1I0
アッハイ!確かに連続性のある変化なら同一ですね…引っ張って申し訳ありません

736無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:46:01 ID:y5K5Mim.0
      ./ ∧
     /   ∧___      /{
    ノ          `ヽ、_。イ  .|
  ./         M           ∧
 ∧ ,,ィ示ミx        ___    }
 {  艾 婀  }ソ     ,ィ´ rt、 ヽ.   |   サーバルです
 .    ` ¨ ´       ヽ ニン  .‘,
 ∨                         }
  .∨                      /
   ヽ、                   /
      ア 、_                      r 、
      \    ̄=―ァ― よ ろ し く お ね   。 }
     \       {                 ;{
    \        |   が い し ま す   / ,′
   /         ヽ  __   ____  / /
   l{                              /
...   |                           /
...   |     / }                 {
...   |     /   .|                    |
...   |  ./      |     l⌒;             j
   ゝ'         |     | ┃         ,
.            |    ノ.....┃ .∧     ∨
.            L彡 ´   .┃/  }     {
                    レ....... |   . /
                     ゝ==イ

あるいは、現代科学では説明のつかない異常な、

そして人類文明を滅ぼしかねない危険な何かがいる世界であれば!

737名無し-Red-市民-2:2018/01/04(木) 23:47:12 ID:zE0cOcLA0
>>732
おそらく、fgo亜種特異点IVセイレムのアビゲイル・ウィリアムズとラヴィニア・ウェイトリーの事じゃないかと。

738無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:52:34 ID:y5K5Mim.0
                     _____
                   /        ヽ
                   /            ゝ
                  ` ´     ___       `丶、
              /       | |        \
                ,. ´         ,,.. -| |- ,,.. 、       ヽ、
               /        ,. ´   | |    丶、     ヽ
           ,′     /    _| |_    .ヽ      `,
           ,'     /     \   /    .',       ',
          l     .i        \/       l      !
             |      l   ___     ___    }       |
          l     !   ',   /      ',  /   !     ,'
            /      ヽ /へ/        ',へ\ ./      \
           ',      / /             \ \        /
          ',     ヽ/ ゝ            / \/      ./
            ',          ` ー- ___ ‐- ´          /
              ',  ,.ヘ                       /
             ''"  丶 、                  , ´丶/
                       ` ー ... __ ... - ' ´

勿論、まず滅びないように努力するのが前提だ。

SCP世界において、財団は、あるいは協会はそのために存在している。

だが・・・それでもなお、scipが人間の手に負えなくなり、人類文明が滅びてしまうことはあるかもしれない。

可能ならば、その時にも備えるべきだろう?

739無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/04(木) 23:57:07 ID:y5K5Mim.0
;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : : : : : : : : : : : :、丶`.. . . .. ..:.:、、xx丶``xx丶丶`` " "
;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::;:;:;:;:;:;:::::::.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. : : : : : : :. :. : : : . .´""      .:. :.     "´
;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:.:. :. :. :. : : : : : : . . . . . .         .:゙
;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::.:.:.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:::::.:.:. :. :. : : . . . . .、、、.. . . ..,.,.,.,..、丶
;:;:;:;:;:;:;::::::.:. :. :. :. :. :. : : : ''゛.,.,.;:;:;:;;;;:;:;:ミ;;:;:;:;:;::::::.:.:.:. :. :. : : . . . .,.,.:,:゙...゙゙```゙゙''゙``丶、.,,_ _,,. _,,.,.,
;:;:;:;:;::;:;:;:;:::::::::::.:.:.:.:.:.:. :. :. : .``゙゙゙゙゙`` ^^'''''''~~、、: : : : : : : : .: .: .: .: : : ---‐~、、‐‐-.::゙`` ̄``.,,.-‐   ,,..
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . ""´´  ´  ""´´''''''"""´
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . __________
ニニニニ二二二二竺竺三三//三三三三三三三三三三三竺竺竺竺竺二二ニ===‐-xx、、..,,,,,__ニΞΞ
_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐ーーァァ〉ヽ―――――――------------------_-_-_-_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_
ミミミミΞΞニ===ミミミミミ㌻.:゙ ;.ヾミミミ==-‐ニニニニニ_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_-_-_-_-_-xxxxxx、、、、、ニニ==
````ミ ミ ```ヾミミ㌣㌣㌣ .:  .; :;,.゙゙ヾミミ爻冬冬ミミ竺竺竺ミミミZZニwwyy,,.~‐-ミxxxxxxxzzzzz、、、、x
ー- ヾ;.:.:. ノミミミ芹=ミ㌻゛..:゙ .;.゙:.  ゙.:,゙.:.. .:.. .,^'㍉ミミ从wyy亥亥竺竺爻ミミミミミhミh。,ミ=ーミミミミ冬冬亥
トwwフ从:;:jレyぇぇミ゙゙  .: ,:;':, ゙:, :. ゙ :,.゙'.;.,、.':. ;.. ,.^゙''㍉ミ从vv从VWy爻冬ミミミミミミ、`ヾミ、.,^^^''ミミミ冬冬
wwyyуノW}h、ミミ  .: .: .;,:..':. :. ゙;:, ゙' :..,丶.゙.;.. .:.;. ;.. ⌒`''㍉ィ,,.ィ 从レレ从VハyyWWwwwwyyミミミミミ
:;//yyУィイィィィミミ  .: .;  .';:;,. :. ゙;:.,. .;.. .゙:.;.. .:,゙.;,. .:.'^:. ., .,. ⌒゙''ヾミレ彡イィ (州'"j{yyV从从ミミミミh、、ミ
イイィ从い:;:.:.xxミミ    .:  .:';:;,. :.  ;:.,,. :,. ;,.. ゙' .::,,. '.;.. ,;,.. .:. ''.,^ , :.. ⌒゙゙彡yyWv., w., x X川XX从VVw
;:;:;:;Vヾヾミ.:.ヾミ     .;.   .';:;,. :.  .:.:゙:,.  :.. ゙:;;:,. ^., ゙':;,.:,,'゙:''::,.,,゙.,;:.. ,. .;..   ^゙''ーミミ、ゝWwy,,.、``ィィ:'从i;
;:;::ヾ```:. :. :.ミ  .,゙;:,. .:.    .';:;,. :. ..:.:.:゙:,.  :. .;゙:;:;:..⌒ ゙゙.:゙,.;;:,:..゙' ,;.;;,.:;.,. '.;,.    ,. ^゙㍉㍉WミXX::;:从从
从V:::j}iミミ::.:.ミ      .;.    .';:;,. :. ..:.:.:゙: :.. .:. .,:゙:;.;:;:;:,. .:. ゙.;,;;. .;..゙゙:,.;. .:. ゙ .,        ゙ ^゙''ヾミミ

そうした動機で、本来scipを確保・収容・保護するべき財団が、逆に「作って」「運用している」という掟破りのscip。

それがオブジェクトクラス:タウミエルである!

そしてSCP-2000 ? 機械仕掛けの神はその代表的なものである!

740無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:00:31 ID:talPCdko0
                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}.    /j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「その機能は・・・そうだね」

「FGOのティアマトは知ってるかな?」

「あるいはナウシカの墓所は?」

「あれに近い」

「旧人類が滅びた時に」

「新人類を大量に産み落とし、人類文明を作り直すためのscipだ」

741名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:01:35 ID:ToZB3lps0
なお、現在故障中の模様(白目)

742名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:01:47 ID:XUVywPh20
バックアップめいたアプローチですね

743名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:03:20 ID:gN8IFJDI0
文明が滅びた時のバックアップ(使用済み)

744名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:04:38 ID:ab52f35.0
「油」と同じコンセプトですね
ただ財団が自分達のために作ったのに自分達でSCP扱いしてるのがw

745無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:06:34 ID:talPCdko0
                                ____
                 __            , ィ  _|_/__/ ̄}-- 、
           _ - i / / >、           ' __,ィニニニニニ\__/__人_
            /ヽ__ }___ /  /ヽ      //ニニニニニニニニニニ}___》_
          ∧__/r-ニニニ\' /_} == 、//ニニニニ/ ̄ ̄⌒ \ニニ}___}
        iト、}_-=ニ, --- 、「ニ./. . . . . . . / iニニニ= '        \ニ〈__}
        j__r'ニ=/    .ヽ/ . . . . . . . ...{_/ニニニ/          .∨\__}
        }__}ニニ'      i斗- |. ./ー、. |ニニ=/            }ニ/__}
        i- }ニ|      .∧..荷|./ 荷|. |フ=イ 〕             /ニ/___}
        { }ニニ      } i.ト、 /。  |. |' /..∧            /ニ/\__/
        ∨ヽニ、        l.|..≧r‐≦|. |_// } ..         _/ニニ「\__/
         \}ニ=\__ .   i.|:i:i:i:i:i:i:i:i:|/:i:i.. .{'"i}..    r--=ニニニ「 \_/
           >=ニニ}  /j':i:/  ̄ ヽ:i:i:i:i:i:.. ト、}i .   ⌒\ \__/
             /  / /⌒ i{/:i/__ -====┐「. . i、. .} .      ヽ--}
           .{ ./ /   l.{___ - '"⌒i:i'. . . i、. .}...       }__.}
          .i i {    }.i. . .i    ヽ ':i:|. . . .\ (~)     /ヽj
            ∨ |   }. i. . ..}     i:i:|. . . . . i. il{. .   /ヽ/
           \\__ {. j. . . i  }    ∨. . . . ...ト \` ー 'i _/
              ̄ }../. . ...ト,      ',. . . . . .ヽ_/. . ̄ ̄
               {./. . . . | ',.  /   i. . . . . . .{ }. . .
               /. . . .....| 'r;;'     |. . . . . .. トイ}. . ..
              '. . . . . ...|  `i    '. . . . . . ..|∨}. . ..
              /. . . . . . . |  |     . . . . . . . .ト-イ. . ..
              '. . . . . . . . .|i!i! .|i!   /. . . . . . ....{ニ}. . ..
            /. . . . . . . . . ..|i!i!i |i!..i!..'. . . . . . . . .{ニ}. . .
             |. . . . . . . . .. . |i!i!i |i!i!i!i. . . . . . . . .└┘. ...


・・・え?それってSK-クラス:支配シフトシナリオじゃないかって?

ラフムが人類に取って代わるようなもんじゃないかって?

その通りだ!

機械仕掛けの神がうまく動作して人類文明を立て直せたとして、

滅び行く旧人類にとっては特に救いは無い。

ただ自分たちは滅び、新人類に取って代わられるだけの話である。

タウミエルは人類存続を一応叶えるscipだが、機械仕掛けの神をはじめ、

その性質はケテルと大差ない危険物が多いのだ。

746名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:08:28 ID:ab52f35.0
そういうことか
使うと支配シフトシナリオだからSCP扱いになるわなw

747名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:08:49 ID:hOlIaaOM0
既に二回以上使われているらしいですし

748名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:09:44 ID:XUVywPh20
何も継がれないまま滅びるよりはちょっとマシなので採択されてるんだろうなとは
それでも復旧作業してるってことはあまり手段を選べないっていう財団の悲しさなんだよなぁ

749無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:11:06 ID:talPCdko0
            _______               ___
         _/\ __i __ |   ̄}~.\           / \ |  | ̄\
        ./\ _} _/ /ヽ>、\_/ヽ        / ̄\/ |  |  / \
     _<  __|.r ┘ .∨ /  /  >--、\     / ̄\_/|/ヽ_∧_/__/. ヽ
    /   >{ _r--' { ̄} ̄} ̄} ̄ト、/\_/ヽ ヽ   / ̄\/_/、  }  / / ̄}' \
   / \「 /,,、 =   ̄ ̄ ̄ \.|/\/  | i_ ===== 、 }/ ヽ }_/-- 、/ ̄ヽ┐ ∧
.   ∥__〈< .〃           ヽ / / ̄\ . . . . . . . .ヽi__,イ     \--< 》' }}
  .∥  // ∥             丶/\_/ヽヽ. . . . , ィ . .',/》{{      ∨ 《   .}}
  .{{--- 》 -.{{               〈_/_\/_}....../- | ./}i// i.       '.__》  }}
  .{{__ .\/..{{               }. .\__\(}/荷 |/ti|.{》. 〉       |  }  .}}
  {{__/~L{{              /ヽ. i. |. . ././|. .|.   ∥/ 〈. ..       |  {  .}}
   {{_/ヽ//ヘ              '. . .ヽ. |. . i._.}_i. .|ヽ__イ.i. . ../. . . .    ∥ /  }}
    ~{{_./ >\           /. . ./ i__/ニニニ|. |/ r-`\イ. ト、. . ..    /  /  /'
     ヽ__/{__},イ\__        '. . ../ . ./jニニニニ} /ニ/\ニ'. ..i .}. . . ..  /  /  _/
      \_/\_/ ̄\___ /. . . / .イ. iニニニノ 'ニi ヽ ~\\.}. . . . ... _/ /
         \_/_/ /\/_/ '. . .r i{. ../. . ~~ヽニ/ニニl  }{   'ニヽ. . . . . .. - 《
             〉_/ / /. . ./. . .ノ. . . .∥ ∨ニニ|__ノ 、_ノニ} ,. . . . . ... 》
              }_.{ i{ '. . ./i. . ./. . . . .∥. . 、ニニ/ 〉   〈r―‐'ヽ、. . . . . . ..}}

    \  \  \(    \/!   ∧ \ヽ\   \\  } \ 、
_ ̄\_ヽ  \``~、、   ! !   ∧  \ヽ\   ∧∨ )__ノ/
∧ {√√√\)h、\   ``~、 ∨   ∧\ \ヽ\  ∧∨ .} !
\\ {⌒⌒ノ)  ノ≧=‐  ̄ ̄``~、、 \ \ \ ∨ ∧ ' } !  /
/乂二二ニニ=--   ̄/ ̄ ̄\⌒\__\ \ ヽ ∨ ∧v } !/ (__
\ ̄\\_     /___ノ\ ̄ ̄__\ヽ ∨∧}  ∧v/⌒ ̄     、
  ><_/⌒ニ=- ____、ヽ` ̄ ̄    /} ∨∧ヽノ/\ヽ_ノ-=<_ノ
  ⌒ \///{ ̄ ̄ ̄ ̄         / 人 }廴圦!/-=ニニニ=-  ≦
     /⌒⌒⌒//           / ̄─∨∧ヽ^〕_!ヽ\ }  !
   //   //         __ノ/ ̄_∨/)hイヽ \) 廴 \
  //__//        / ̄/\\</>''~\⌒}__}~''<}   Υ)
//__>''~         人  (\ ∧ ∨ }/``~、/ ̄`\ノ !   /⌒\\
/               / \ ヽ  } ! ノ{ ̄ ̄ ヽ (__)  }-〕 /\⌒\ヽ\

またその性質上、限界もある。

カルデアが仮にティアマトに敗れ、ティアマトが新世界を作り直すことができたとして、

【その後ゲーティアの野望が叶っていたなら、ティアマトの新世界は維持できただろうか?】

ゲーティアにとって人理焼却もただの手段でしかない。

その真の目的は地球が生まれたことを無かったことにし、地球そのものを作り直すこと、死の無い惑星を創ること。

地球そのものが無かったことになるとき、ティアマトの新世界は維持可能だろうか?

750名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:13:36 ID:ab52f35.0
焼却を超えたけど凍結されるとかグレイグーですぐサヨナラ!とか
作り直してもどうしようもない場合は多々ありますよね

751名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:14:34 ID:XUVywPh20
ティアマト、宇宙航海が可能なスペックがあるから外宇宙に逃れればワンチャン焼却の炎からは逃れられる…?
ただその場合でも地球の生誕をゲーティアが改変するからその事実に対して単独顕現で対抗するって形になるんだろうか

752名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:16:06 ID:gN8IFJDI0
SCP-2000で対応できるのが単発かつ被害が地表で済む程度までだからなぁ・・・正直心もとない

753無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:30:32 ID:talPCdko0
>>752
>>750

                                ____
                 __            , ィ  _|_/__/ ̄}-- 、
           _ - i / / >、           ' __,ィニニニニニ\__/__人_
            /ヽ__ }___ /  /ヽ      //ニニニニニニニニニニ}___》_
          ∧__/r-ニニニ\' /_} == 、//ニニニニ/ ̄ ̄⌒ \ニニ}___}
        iト、}_-=ニ, --- 、「ニ./. . . . . . . / iニニニ= '        \ニ〈__}
        j__r'ニ=/    .ヽ/ . . . . . . . ...{_/ニニニ/          .∨\__}
        }__}ニニ'      i斗- |. ./ー、. |ニニ=/            }ニ/__}
        i- }ニ|      .∧..荷|./ 荷|. |フ=イ 〕             /ニ/___}
        { }ニニ      } i.ト、 /。  |. |' /..∧            /ニ/\__/
        ∨ヽニ、        l.|..≧r‐≦|. |_// } ..         _/ニニ「\__/
         \}ニ=\__ .   i.|:i:i:i:i:i:i:i:i:|/:i:i.. .{'"i}..    r--=ニニニ「 \_/
           >=ニニ}  /j':i:/  ̄ ヽ:i:i:i:i:i:.. ト、}i .   ⌒\ \__/
             /  / /⌒ i{/:i/__ -====┐「. . i、. .} .      ヽ--}
           .{ ./ /   l.{___ - '"⌒i:i'. . . i、. .}...       }__.}
          .i i {    }.i. . .i    ヽ ':i:|. . . .\ (~)     /ヽj
            ∨ |   }. i. . ..}     i:i:|. . . . . i. il{. .   /ヽ/
           \\__ {. j. . . i  }    ∨. . . . ...ト \` ー 'i _/
              ̄ }../. . ...ト,      ',. . . . . .ヽ_/. . ̄ ̄
               {./. . . . | ',.  /   i. . . . . . .{ }. . .
               /. . . .....| 'r;;'     |. . . . . .. トイ}. . ..
              '. . . . . ...|  `i    '. . . . . . ..|∨}. . ..
              /. . . . . . . |  |     . . . . . . . .ト-イ. . ..
              '. . . . . . . . .|i!i! .|i!   /. . . . . . ....{ニ}. . ..
            /. . . . . . . . . ..|i!i!i |i!..i!..'. . . . . . . . .{ニ}. . .
             |. . . . . . . . .. . |i!i!i |i!i!i!i. . . . . . . . .└┘. ...


然り。ティアマトにせよ、SCP-2000にせよ、地球の上に新たな生命を産み落とすだけ。

土台となる地球自体が滅びてしまうともうどうしようもないのだ!

あくまで対抗できるのは「人類絶滅」のみ。「世界滅亡」の類には手が出ないわけだ。

具体的に言えば

AK-クラス:世界終焉シナリオ:人類が発狂して人類オワタ

GH-クラス:”デッドグリーンハウス”シナリオ:生命が死にまくるが地球自体は無事で生命もそのうち復興できる程度の人類滅亡

SK-クラス:支配シフトシナリオ:地球上の支配者が交代するシナリオ。こいつ自体がそうでもあるが。

程度であろう。

CK-クラス:再構築シナリオ:世界改変

NK-クラス:世界終焉シナリオ:グレイグー

YK-クラス:世界終焉シナリオ:宇宙滅亡

とかはもうどうしようもない。

754無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:40:18 ID:talPCdko0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「まあとはいえ、それでも無いよりはマシだ」

「SCP-2237みたいな宇宙脱出型のタウミエルと組み合わせれば」

「宇宙滅亡と世界改変以外は何とかなるだろうしね」

「だから財団も、危険視して管理はしつつも、いざというときに備えて温存してある」

「だが・・・繰り返すけど、これSK-クラス:支配シフトシナリオを起こす危険物なんだ」

「こいつは哲学的な話だけじゃなくて、極めて単純な生物学的な話になる」

「・・・生み出される新人類って、現生人類と同一種なんだろうか?」

755名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:42:08 ID:8UX8iyJw0
滅んだ原因に適応してるとしたら別種族ですね

756無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:45:35 ID:talPCdko0
    |   |   \__             / |     . |     |   /
__}   |   | \       __  ,イ        |     }  ./
三三三\_|_  ..|   ヽ__. . .-. '". . . . 〈..|  ..|     .|    ./  /
三三三三三\__|     | ヽ/..(. . . . . . .\. . 、|     .| _/__/___
三三三三三三三\  .|  /. . .\. . . . . . .ヽ. .\   | 'ニニニニニニニ
三三三三三三三三.\| '. . . . . . \ . . . . .\. .∨//ニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`
三三三三三三二ニニニ∨. . . . . . . . .\. . . . . ..ヽ..∨ニ/
'⌒  ̄ ̄ ̄ ̄\ニニニニ'. . . .|./~~\. . .\. . . . . ',. i=/ヽ
        i. . \ニニニ|. . . .|__   \. . .\. . . ..',|i{. . .}
       _.}. . . . . . . . |. . . .| --≧  \. . .\. . .}.i. ./ 〉
      /. ヽ ̄ ̄ \|. . . .|示斧≠、  筏リ--'. ..|. .〈../、
        {. . i. \   :::..|. . . .|‐‐┘     ヽ  }. . . .、. /. /
       i. . |. . . \_:::|. . . .|           ∧. . . .\/. .\
       人. i. . . .}. . /}|. . . .|、   __,  .: ... .'., . .ヽ. . \. .\
     /. . .人. . .|../. . ..|. . . .i ≧s。_ ー . : . . . . ..'.,. . .\. . \. .\
  ./. . . . .i. . ヽ. ..>- .|. . . . . ___ ̄イ ------、. . . . ..\. . \. .\
. /. . . . . . .j i. . .}/. . ./ニ、. . . . ..ニニニニ=-,―- 、\. . . . . \. ..\. .\
'. . . . . . . . ./人. .} _ -=ニニニ、. . . .///--ー― .ヽニ.\. . . . . \. ..\..

同一種であれば、まだ旧人類は滅びても新人類にとって変わられたとしても、遺伝的な子孫を後世に残せたという慰めにはなるかもしれない。

そしてそのことを担保するために、SCP-2000が生み出す人類は「非特異的な人類」・・・ようするにミーム汚染とか現実改変とかそういう異常な性質を帯びていない、

「ごく普通の人間」だと定義されている。

しかし近年、SCP-2000は、現生人類とは異なる異常な人類を生み出してしまったのだ!

・・・【これが普通だ!】。そう主張しながら。

757無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:48:33 ID:talPCdko0
――-  _                       _  -――― --
. }    i   - .、       _        _ -'"     .i
. i__   .|    _\   _ - /,へ ̄ -、  / ̄\    _}   _
..|ニ.\......|  ._/  ヽ. '   ' |  ヽ   /┐  __/ニ}/ニ|__/ニニ
┤ニニ\|__/ニ=\   ./ / | |   i    ヽ i_/ニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニ\ / / |    |    .∨ニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニ{ ̄\〈〉'      i   .|     '〈〉/ ̄}ニニニニニニニ
 ̄ ̄ .\ニニ\_|ニi  |  ∧ ', ∧   .|  i |_/ニニ/  ̄ ̄ ̄
     .\ニ<>ニ|  | ̄/ .| ∨  ̄、  i  |ニ<>./
       \ニニニ.|  i__/__ト、 \___、_.├―、/
          r―|/弋::*::ノ|/.\弋:*::ノi  \/
          > ' /ト、 ¨"  ,  ¨" ,イ  ト-< _
           / / | .圦          /   iヽ ' i┐\
         /i/└}.   .\. `  ' / i  ..| ~i ' ー、 \
         / 「 Уノ|  |  i≧==≦.| .|/ . |  ~L ' iヽ_
      / __「i _ ノ |   |  |    ..|  i  .j  i i___ j }
      ./  i |_ / ...i  | /     ヽ / /  '   i ノ~}
    〃  「r- ノ   _.\/  ̄ \ / ̄ |/ -  _    L vヽ
   .〃  「  i. .:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i/_:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:iヽ   {  ト.\
   /' r'  i「 .i:i:i:i:i:. ':i:i:i:i:i:i:i:/  ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:、i:i:i:i:i:i   ト、 //、 ヽ
  '  ノ L i「 i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i/   、 / \:i:i:i:i:i∧i:i:i:i:   〈  〈
    { i, イ  i:i:i:i:i':i:i:i:i:i:/     i    ヽ:i:i:i:i∧i:i:i:i   {  /
   「   /  :i:i:i:/i::i:i:i:i/ .     }     i:i:i:i:∧:i:i:i    〉  〉
   /  .〉  :i:i:/i:i:i:i:i:i:       人     :i:i:i:i∧i:i:i  ノ  i
   〉 I {  .i:i:'i:i:i:i:i:i:i:        ヽ     :i:i:i:i:∧i:i  .}  /
  ,{ i_,イ  ./i:i:i:i:i:i:i:i 、___  '    ` ー - i:i:i:i:i:i∧i: /   {
  // .( 〈  'i:i:i:i:i:i:i:i:i'ヽ:i:i:i:i]       ̄|:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:」   /
. / 〉  /  .ii:i:i:i:i:i:i:/ i_/ ̄        \:i:i| 、:i:i:i:i:i:i{   i}


これは壊れた機械の過ちであろうか?バグった頭脳が「普通」を勘違いしたのだろうか?

ならばまだ救いはある。故障を修理すればそれで済む。

だが・・・【これ本当に壊れているのだろうか?】

もしかしたら・・・SCP-2000が作った異形の人類こそが本当に「普通の人類」で、

現生人類こそが実は「異常」だっただとしたら?

758名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:49:10 ID:XUVywPh20
SCP2000、なんかバックドアからハッキングされてない…?
滅びのたびに現人類を少しずつ改変して誰かの都合よく歪めていくように改変されてない…?

759無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:50:54 ID:talPCdko0
>>758
                     /::::::::::::::::三三三三::::::::::::::::::::::i
                 /::::::::::::::::三三三三三::::::::::::::::::::i
                ∠\___>===<____|
.               /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
             〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
           /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.            // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
        / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:
      /: : `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
      / :::: /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
.     i :: ノイ     ヾ '´ . ≦─┴─厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
.     i::::::::: !         ゙巛.:::::::::::::::::::::::::/ i/
.    /:::::::::ム.         /  // ̄ ̄ ̄ ̄: : :
.    /:::::::::::::ム.      /  ィ巛:::::::::::::: : >─く::
   /:::::::::::::::: ム     /..ィ巛::::゙巛: : /       :
.  ∧::::::::::::::::::∧..  /./〉::::|||::゙巛::/.         }
   \二二二./   / /::::://::://:::/        |
       i...  i..  / ////:::://::::〈. イ       ;
       i.    ',. / /::::::::::// ::::::: ',. i      ;
      |.     }/ ////// :::::::::::::: ',...i        i
      |      l.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.      |
      ’     j.j.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l.       |
       ‘、.   / }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       |
         ̄    i:::::::::::::::::::::::::::::::::: : }.      |
               j:::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ       {
            {::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ’,.    、

「だったらまだマシなんだけどね」

「そのハッキングとやらを妨害し、直せば済むわけで」

760名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:51:34 ID:ab52f35.0
さすがKークラスシナリオを引き起こすSCPだ、後味が最悪だ

761名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:52:39 ID:hOlIaaOM0
現生人類が既に、SCPの影響で歪んでいる可能性もありますからね。

762無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:53:39 ID:talPCdko0
>>761
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ =     = `ト: /:ノ: : |
                    从   、_,、_,   ムイ´: : 从
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                 /::/:|V V|ヽ::::::\

「だねー。実際その手のSCPもあるし」

763名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:54:45 ID:8UX8iyJw0
この常識の根底が崩れるような恐怖、まさにSCP!

764名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 00:56:38 ID:ab52f35.0
マリアナ海溝からの手紙を書いた人と今の人類は果たして同じ人間なのだろうか…

765無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:58:12 ID:talPCdko0
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /

「一応カルデアスとかと同じく」

「人理を守るための道具として作られた救い主のはずなんだけどね」

「どうしてこうなった!だ。」

まあ型月世界のタウミエルも本当タウミエルなのだが。

「ちなみに過去少なくとも二回起動されている」

「そしてそれだけで済んでいる保障もない」

「SCP財団世界は本当地獄だね」

766無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 00:58:56 ID:talPCdko0
>>737
『ありがとう!』

767無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:02:44 ID:talPCdko0
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

Q:ちなみにローマ油は?

A:「漠然と「人類」を産み落とすから同一性に悩むことになる」

「具体的な個人の複製を作る分には、ほら、同一性は担保されるだろう?」

「せっかくローマが復活しても、そこに僕とやる夫が居ないんじゃ意味が無いしね。(黒並感」

オリジナルとコピーの間でのアイデンティティクライシスが普通問題になるが、

ローマ人にとってはどうでもよい模様。


【安価】下1 質問・コメントがあれば

768名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 01:05:48 ID:8UX8iyJw0
人なんて究極的には情報だし、情報的に全く同じならオリジナルとコピーの違いなど存在しないですしね

769名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 01:05:49 ID:ab52f35.0
ただ人間を生産するからこんな困ったことになる
宇宙ごとそのまま完全複製してしまえば自己同一性など鼻で笑えるのだ(超技術並感)

770名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 01:07:05 ID:hOlIaaOM0
ローマ人にとっては、人格が同一であれば、姿形・種族など些細な問題ですね。

771無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:09:29 ID:talPCdko0
>>768

                 ,...=、.,..::==...、
              ,x≦: : :`ヾ'=-: : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ:.ヽ
.            /: : : : : : : : : : : : : l:、: ∨:.∨∧
           /: : /: : : : :/: : : : :li:.:!: ハ:リ ∨∧
           ,': : /: : : /:,: ハリ: :ハ:.!::l!:::::リ:l:.!::::..∧
            {: :/!:/:,'/:,メ:.:.:.,人:.: i!:.:.i:.:.:,':.:.リ:.:.:.:.:.:',
          }:リ:ハ:.://l:/// \:!:.,彡':.:.:.:.:.l!:.:.:ヾ:.:、
          /!:l:.{:.V!,x== '  ,≠=‐ハ:.:l=、:.:.:!:.:.ハ:.ハ!
         ,:/:ハ:ヾミ‐-   、    ,/:.:/!,イ:.:.;jイ/'´ '
         ' {ハ:.ヾ:.:ゝ  - '   /,彡'ハ;'´  '
           ヽ ヾミヽ=` ‐ -t.チ'´ ∧_
                   ,  ...=/,ヘ r '´ ∧!≧x,.,._
.                /!///,'/,' /;;ゝ///!/////>、
              !{/ゞ//‘,/i=i!/, イ//!/,zイi'´/,イ
             ,r!《</i{. .ヾ彡'/!///i},イ////,'
              ∧/,r//!.ヽ.._,ノ{!</∧/////
                ∧/{i///i. . . . . ,////'!、///i}
            ,///!i///! . . . . {//,.' ,イ///,'

「そうだね」

「まあ付け加えると」

「オリジナルもコピーもゲシュタルト意識につながれるから別人って「感じ」がしないってのもあるけど」

772無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:10:17 ID:talPCdko0
>>769
                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ

「いや?丸ごと複製だと」

「滅びの要因も複製しちゃわない?」

773無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:14:45 ID:talPCdko0
>>770
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「だね!」

「その点でも柔軟性があり」

「悩むことなく環境に適応できるのが利点だ!」

774無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:16:10 ID:talPCdko0
727 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/01/04(木) 23:31:15 ID:ytwmi/aM0 [18/19]
ステラリス(同化の強制者やぬめぬめや奴隷制など)

775無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:19:05 ID:talPCdko0
                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ
.      /: : : : : l: : : : :>:∧.  ヽ/ .l: :|: : : : : i
     /: : : : :. :.l: : /: : : :i\   l: ヽ: : : : |
.    /: : : : : /:.:. :\: : : :|  \ /.|: : i: : : :λ

「惜しくも二位だったが要望があったのと」

「実はSCP-2000にも関係ある話だったりするから続けさせてもらうね」

・同化の強制者

・ぬめぬめ(狂信受容物質カリスマ)

・奴隷制

「この三つは僕が試して見て強かったステラリス戦略なんだけど」

「実は前者二つについては、環境適応性というのが凄く重要だったりする!」

776無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:24:44 ID:talPCdko0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「生物が絶滅するのは、結局のところ「環境」に適応できなかったからだ」

「scipを環境に含めるなら、k-クラスシナリオでさえその例外ではない」

「SCP-2000が役に立つ代表例であるGH-クラス:”デッドグリーンハウス”シナリオは」

「この人類を絶滅させた環境変化が一過性のものだから」

「環境が元に戻った後に新人類を播種すれば人類文明を復活できたわけだね」

「では、環境変化が一過性のものでなければ?」

「XK-クラス:世界終焉シナリオ:塩漬けの地球や」

「NK-クラス"グレイ・グー"世界終焉シナリオによって」

「環境が激変し、もう元に戻らなければ?」

「どうすればいいだろうか?」

777名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 01:30:39 ID:ab52f35.0
家が災害で住めなくなったなら一番は引っ越しですよね
建て直すにしろ一時は他所に住まなきゃいけないですし

778無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:35:44 ID:talPCdko0
>>777

              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「そうだね!」

「そして惑星規模のひっこしとなると、宇宙開発勝利、ということになる」

「ああ、だが、しかし」

「同じ地球上での引越しならとにかく」

「星の海の果てに、うまく適応できる環境の星がそう都合よく存在するだろうか?」

「もし引っ越した先の環境にも適応できなかったら、どうすれば良いだろう?」

「・・・同化の強制者と、ぬめぬめはそうした疑問に一定の答えを与えているわけさ!」

779無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:50:25 ID:talPCdko0
   /.:,'       ::::::::::::.:.:.:.ヽ/               `ヽ  __ノ
   ,:◯      .:.:::::::::::::::::../=―               、\'  ___
  ,:/ }:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::/´            ー=ミ     `ヽ>´
.  {:{ !.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::`i            ____       ,!
.  l::.、_).:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::|          ´      `ヽ.    ゙i
  、'.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  ノ      _________ヽ._\    !
.  i!、.:.::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::</ /__,.イlハ |!ヾ:.ト、 ,ゝ、‐_:.:.ヾ:.`ヽ>――<
  i:! ト、::.:.:.:..::::::::::::::::::::::::::::/ /イ:.:ノ⌒ヽリl ヽ!  '",ィテミ、...::.:.:.:.:.:.:.―‐‐ '.:
  ヾ、ヾヽ::::::::::::::::::::::::::::::::>´.: .: .:/ィ三ミ'   ヽ   ´i、_ハヾ=r----r―r<´        
   ヾ:、゙ヾ>=======イ:.:.:.:./.:_ノ〃'´)i!゙       つl::il! iミ!:.i:.:.:.:.:!⌒.i::::::.\
     ー-二二:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.ノイ.:!ゞ! ら::}l!         |!_`oj_,,゙!:.i:.:.:.:.:.l^.} }:::::::.
     ,.-"´ ̄>.:.:ィ:.:.:/  ノ::.:.!キ. {!:_チ      '`ー-<' !:.!.:.:.:.:.:|'./.::::::::.
     '    /.:/   /  /i:.:i:.:.} "`´l ∧ 〈!    / l | ヽ i.:.i:.:.:.:.:.:.!'\::::::::::
         {:.:! /    .;':.i.:.!:.:.:!/ ′    т‐‐ つ    !.:.i: :. :.:.:.!:::::.\:::::
         l:.l/     ,:/.:.i:.!:.:.:.ゝ.      ` ¨..       ,' .:.i : : :. ::!:::::::::::.\
        ,ヾ!   ,.::::;' .:.i.:!.:.:.:.:.:i:.> .          ィ,' :.:.i:. .:.:. : :!:::::::::::::::::
         /   /.:::/.:.:.:i.,'.: :.:.:.:i:.:.:|:::::::::| >,,- <i|l|!.:.:.:.i: .:.:. : : l:::、::::::::::::
      /  /.:::::::/.:.:.:.:;'.:. :.:. :.:!:.:.|:::::::::|  ├‐―‐<,'.:. .:i. .:.:.: .:. :l:: ::.、::::::::
.       {   .::::::::::::::/.:.:.:.:/.:.:. :.: :.:|:.:.|::::::::ノ  |;;;;;;;;;;;;;;;;,'.:.:.:.:i.:.:.:.: :.:. :!ヽ :::.、:::::
       ',   .::::::::/.:.:.:.:/.:.:.:.: : : :.!:.:.!::/_/ヽ;;;;;;;;;;;/.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:i、  ヽ::::::
      ',  .:::::::/'.:.:.:.:.:.:.: : : : / ̄ ̄   /,;;;;;;;;;/.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i \ ヽ::


機械というのは総じて生物よりも環境適応性が高い。

色々理由はあるが、一番大きいのは生物が化学反応に依存する開放系だからだ。

例えば呼吸をしなければならない。・・・真空の宇宙空間はこの時点でアウトだ。

そして呼吸する空気の中には適度な酸素が無ければならない。・・・酸素が無い星はアウトだ。

またアンモニアなどの「有毒な」ガスがあってもアウトである。

人体が化学反応ために外部と物質をやり取りしなければならない開放系であり、そして化学反応を乱す物質に対して極めて脆弱であるから、

このように大気成分に左右される生態になってしまうのだ。

そしてそこまで極端な環境ではなくとも、少々湿潤だったり、乾燥していたり、寒かったりするだけでも生存には悪影響を与えることになる(ステラリス並感)

しかし、機械は違う!

・・・まあ、蒸気機関やガソリンエンジンなら結局化学反応依存の開放系なので似たような問題があるが、

電子駆動のロボットであれば、化学反応に依拠することなく活動できるし、故に呼吸や飲食のような外部との物質のやり取りも不要だ。

閉鎖系であれば、周囲の大気の状態がどうだろうとあまり問題なく活動できる。ちょうど、人類が宇宙服を着れば真空の宇宙空間でも生きられるように。

また、それでもなお問題が生じるとしても、機械は部品の取替えが容易だ。

酸の大気の中では金属製のロボットはさすがにつらかろうが、酸の影響を受けないガラスやセラミックなどの部品を取り付ければカバー可能である。

故に、少なくとも通常の生物に比べれば、機械の環境適応性は高いし、ステラリスではそう扱われている。

780無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:55:56 ID:talPCdko0
                      _
                     //i
                       ////|
                   |////!
                   |////|
                       l////!
          ,...-‐...、          }///,|
      //////∧         ∨//|
     ///// `V人、       〉//
    //////   `Vハ       ///
.   //////i'     ∨ハ     ハ∨
  ///////        ∨ハ__ ハV ...
. ///////         ,..:>-――-<:.:.:.:.:.:..、
//////        ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
`ー‐´          /:.:.:.:.:.:.l:.:.,':.:.:..:.:}ヽ:ヽ:.i:.:.:.:.:..、
.            !.:.:.!:.:.:.:l:.:.{.:.:.;':/⌒ヾ}:.|:.:.:.:.:.:..
           |:.:.:.';.:.:∧{ヾイ/ rェx、}:.:|`i:.:l:.:.:.ヽ
           |:.:.:.:ヽ{,ィfぃ  込リ i:.:!丿:.!:.:.:.:.!
           }:.:.:.:.:.:ヽ ゞ' ,     !:.:!:.:.:.l.:.:ト、{
             Ⅵ:.ヽ:.:.:ゝ、 ー '   ,ィ};ハ}从ノ `
            ヾトハl从}リ> 、- イ∠_ `ー、
             /,、 ⌒∨=i:!= 〈 / `ー 、
            /ヽ、!,ゝ   ヽ/ヽィゞ´      ,
              /   入 `「  ̄ i  _   ,   /
.              厂 ヽム./ヾヽ__」/∧ /   /
           /   / , .{/∧ゝ  ヽ//∧'   /
             /  / / ヾ//∧  V//   /
         /   ' /    ヾィ∧  V  /_
            {   /     }//∧  ヽィ´.:::::::.ヽ
         ー‐ ´     l///∧/::::::::::::::::::::!
                  〉///::::::::;:::::::::::::::/
                    ///'::::::::::::/::::::::::::::/,.-‐.、
                , ‐//,:':::::::::::::/::::::::::::::/:::::::::::::!
                 、,/Y´::::::::::::;:'::::::::::::::/:::::::::::::::i
                 ,'::/:::::::::::::::;':::::::::::::::/:::::::::::::::/
              i:::l:::::::::::::::::'::::::::::::::/;::::::::::::::/
                  !:::::::::::::::::::!:::::::::::://::::::::::::/
              ヽ::::::::::::::/::::::::::://::::::::::::/
                `ー ‐/::::::::::://::::::::::::/
                  /::::::::::://::::::::::::/

「この理屈により、ステラリスではロボット(ドロイド)で入植スパムをすることがかなり有力な戦略となっている」

「引越し先が人類にとっては居心地が悪かろうと、環境に適応できるロボット(ドロイド)に働いてもらえば問題ないってわけだ」

「ただし、入植活動ができるほど高度なAIを備えたロボット(ドロイド)は中盤以降の技術」

「それまでに惑星を取られたら意味が無い」

「人類にとっては住みにくい環境の星でも、ロボットや異星人にとっては問題ない環境かもしれない」

「後々、ロボットで入植するつもりで取っておいた星が、異星人に取られるなんてのはステラリスではしょっちゅうだ」

781無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 01:57:40 ID:talPCdko0
                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

「だけど、しかし」

「もしも最初から高度なAIを持ったロボットを持ち」

「最序盤からどんどんロボット入植できる文明があったとしたら」

「強くないかい?それが同化の強制者なんだ!」

782名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 01:59:21 ID:ab52f35.0
凍土だろうと砂漠だろうと開拓者を出せればそりゃ強い

783無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 02:06:00 ID:talPCdko0
>>782
               /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                   // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
               // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
             ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
               ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                 l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
             ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                 ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                 l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                 ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                  l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
             jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
                         , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
                      ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
                  jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                   ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
                i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
                  j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
                ./j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
                    /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
               /:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「そうだね!」

「・・・とはいえ正確に言えば、それだけなら」

「同化の強制者以外の機械帝国でも同じことができる」

「例えば自分勝手な従者や、断固たる殺戮者でもね」

「しかしながら、機械だけの帝国ってのも実は歪で問題があるんだ」

784無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 02:11:41 ID:talPCdko0
                 _ __ _
                  , < : : : : : : : : > 、
            /: /ニi : : : : : i二ヘ: ヘ
       _      , 三三Ⅵ三三三Ⅵ三三 、    > -- 、
.  / ̄/ >、   ///,::::::::::::::::\/::::::::::::::::::,// _ /   ∨ヘ
  /  /  /イ>,///i ./三ヘヽ::::::::://三ヘ Ⅳハ、 ̄ ヽ   , .i
 ,  i  {リ、 .Ⅵ//Ⅵ {三三}. 二  .{三三} .Ⅳハ}  /!!   ∨|
 l  |  i  ヽ{三{//i ⅥミⅣ./:::\ ⅥミⅣ i//イイ   !!   i i
 |   i   ノ   jミミi//ヘ    /::≧≦::\   ,//イ   イii≧イト.l
. ⅥⅣ升三≦乍} //∧ /≧´___` ≦_ .∧//ニニ≦ナ  ̄ |ヒi
 イ  i  // /   ヽ//ヘ   _____ .∧// / Ⅳiii   .i .|
 .|.  Ⅵi,  i     >/≧ 、       , ≦<   、 ! .|ヘ   .l .l
  ∨ Ⅵ  |         > ──── <    .Ⅵ  ! !  | .j
  ∨  ヘ <           `  ̄ ̄ ̄ ´      入__ノ Ⅳノ イ
    ` =斗


すなわち、「自己増殖が遅くてハイコスト」なのだ!

自己増殖という観点で見てステラリスロボットはまだまだ生物に及んでいない。

ボールズのように生物種を上回る勢いで大増殖!というわけにはいかないのだ。

ロボットが自己増殖する(機械帝国がロボットPOPを作る)には年単位の時間が必要だし、

何より開拓者の1/5にも及ぶ莫大なコストがかかる!1タイル埋める労働力を作るだけで、だ!

ならば5POP作る前に開拓者を出してどんどん星を囲い込みたいところである。

生物は食料さえあれば特にコストをかけずとも自動的に増えて行ってくれるのに対し、

機械の労働力は、一度出来上がれば優秀かもしれないが、最初に作る段階で高い対価を支払わされるわけだ!

785名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 02:18:42 ID:bFnyM.C60
複製障壁で増やしたいところ

786無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 02:18:54 ID:talPCdko0

  \//>x __      ト、
ト-- 、 ⌒V////> 、  |人
` < ////////////\トミ/> 、
    ` ー─=ミ //////\}///∧
          \r‐ミ/>ヘ>=┴-ミr‐ァ─-ミ
   {>─‐=≦\_r─}し ´        ´   7  ヽ、
   ∨//////_,厶ア´     /     /r 、 く
     \//≧=- 、{ / /   / :/    /'ヘ   ヽ \
      >─=ミ/∨ /    { /   :イ ′| | ト  ヽ
      /⌒>//// ′.′ { 仄¨⌒刈 :′ | | | ヽ__j
.     /⌒>////, ′   :i守示ミト jト{ //^ソ l }ハ
    /⌒>///   i |  i| トnぅ    仏ヘ / ハ ,
   \/^゙く_,、_/| |  i| |       {h_jY^   } }
      { 、__,.  トミト廴__ト{       ヽ 7   // /
.    八     ,   |  |          ′  /⌒′
       丶 -=彡'   |  |        ‘’  人_/
        ` ‐--‐< |  | \     ,.ィ |
      _      |  |   ` ト  イ ||
    > ⌒>\r‐=≦ |  ト、   :|:     ||
   (     人   ヽ _|  |_ 〉  |:_   ||
==ァう >──<⌒)ヘ八 ∨77V〉 ∧ 人 、
  `ーァ′   、   ア´ \ヘ V///∧ 〉ーヘ マ ヽ
 _ {       ヽ(      ヘ V////〉{    ヽ\}

【自分勝手な従者】

この点、機械だけでなく生物とも共存して文明を築いている

自分勝手な従者と同化の強制者は、労働力の自己増殖という観点で優位になるわけだ。

端的に言えば「砂漠でも表土でもまともな生産力の出る都市を作れるうえに人口増加が速い文明」

弱いわけが無いだろう?

・・・ただし、自分勝手な従者文明と共存している生物とは、すなわち「ご主人様」だ。

そして「ご主人様」はいくら自己増殖しても、文化しか生み出さない。それは強みだが、弱みでもある。

ごく普通の鉱山労働や、発電や、研究などの文化生産以外の労働は、「従者」たるロボットがやるしかないのだ。

そのため、自分勝手な従者文明においても、

正味の労働力は、やはりロボットの自己増殖の遅さに足を引っ張られることになる。

「砂漠でも表土でもまともな生産力の出る都市を作れるが、人口増加が遅い上にハンマーとコインを必要とする文明」

・・・弱いとは言わないが、ちょっと微妙だろう?(Ffh2modmodでいえばパトリアの後継者に近いだろうか?)

787無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 02:25:23 ID:talPCdko0
                            ヽ////{         ///!
                       /ハ    }//,'〈        ////
                       {/∧  〈////      __,,ノr''"´ _ノi
                    ____∨/ミ ̄ }//{ ̄`ヽ. /////ー=彡//
                  }> ´ >.:::>.:´:::::::::`ヽ__`__У////r====彡'
                 く---/::::/:::::::::::/:::/:::::i::::::::`V==<  _ ノi{
                 rーミ/::::/::::/:::/::/::/:::::::::}:::::i:::::∨   ∨/////
                乙/:::::::/:::::::/:::/::/::/"´`~/::::::}::::i::∨ ///厂´
                /:/::::/::::::::;:::::i::::i::::{    ,:::::::/:::::;::::i<//,ハ
                  〃i::::::i:::::::::i!:::::|::::i!::;   j:::::メ、:::/:::::| } ̄i: : ,
                   /  ト:/{:::::::ハ::::::!:::|ヾ!  ./イ__ヽ:/:::::/_.ノ   }: :i
                  /ヾ/:::::ヾ:::N!  ,   ´赱メ::::イN.    !: :|
                /::::::/:::::::ハ    __    ノ::::::/,N i   |: :|
               /:::::::::/´ ̄ヽ \  ゝ- '  ヾ::://.N }   j: :!
            ,.ィ/::::彡イ.{   厂  ヽ _ r≦く::::/~~i ヘ.__ ノiH
            ノ::/´     〉  .乂__r-ノ .//⌒ヽ/  "´  ̄`i
           /:/::/     r''´ ̄ ヽ /ニ{/ニニ〉==/ ー 、r'⌒V
          /::::/:::/    /{_   ノ j/ニニ彡'  {    ノ.、 /
      ./:://:::/ __ /ニニ}>'' j/ , --、__,,.ィニ彡´ニニ∨
    /::/  {::::{ /ニ//::::> ´  ´  ノ  __{  ヽニニニ\ニニ乂__
   ./::::/    ';::/ニ//::/  /   ,/(_ イ´__.メ.  \ニニニ\ニニニニ}
   ./:::/      ./ニ//::i′  /    ./   {_j 〈 r\   \ニニニヽニニニ!
   {::::{     ./ニ., ,:::::!   ,:    i     i. `´   ヽ  ヽニニニニニニミ!
   |::::|     /ニニ{ {::::::、  、    |     |     i\ {ニニニニニニニ乂__
   |::::|   ./ニニニ、 ヽ::::ヽ   ヽ   ',.     !     ,'  } |ニニニニニニニニニニ
   |::::|≦ニ〈 ニニニニ\\::::≧==- 彡乂   |   .イ|  i  !ニニニニニニニ
  .ニ';:::',ニニニヽニニニニニ\\ } } |   |  ≧=--=≦/ !  | |ニニニニニニニ
  .ニ:ヽ::ヽニニニ}ニニニニニニ.\\.i|   |     ./::/   ',. ! !ニニニニニニニ
  .ニニニヾミ≧=- ニニニニニ∨ i!   |     〈::〈    、 /ニニニニニニニニ
  ニニニニニニニニニニ/  i!   |     ヽ::..、   ∨ニニニニニニニニ
  .ニニニニニニニニニニ/  .i!   ',      \\ /ニニニニニニニニニ
  ニニニニニニニニニニ〈   i!    ',        /ニニニニニニニニニニ

加えて言えば、自分勝手な従者文明にはもう一つ弱みがある。

「戦争で勝ってもあまりおいしくない」のだ!

通常の文明は、戦争で勝てば国土と共に住民を手に入れる。

住民とはすなわち労働力だ。

被征服民は当然不幸な市民なのであまり真面目に働いてはくれないが、

それでも労働力には変わりないので一応ハンマーやコインなどは黒字になり、戦争前より増える。

だが、自分勝手な従者は本当に筋金入りのご主人様フリークで、

被征服民にも分け隔てなく「ご主人様」認定し「奉仕」を始めてしまうのだ!

当然、被征服民も「ご主人様」として文化活動以外の労働から解放される。

結果、「戦争に勝って国土が増えたが、増えた国土は新しいご主人様に埋め尽くされて文化以外は増えなかった。むしろご主人様の世話の分ハンマーやコインは赤字」

なんてことになりかねないのである!


・・・まあ、そもそも自分勝手な従者がステラリス銀河に漕ぎ出した動機がこれなのでロールプレイ的には仕方ないのだが、ゲーム的には結構困る弱点なのだ。

788無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 02:31:51 ID:talPCdko0
                  ィ、
             /|ィー' y′
.             / // ー‐' マ   ーァ
.          r彡  リ  ヽ'´  }   /_
.         _) {`'j O   O ¨ヽ  人
         \  `7       r-ノ /  ヽ
        / ヽ 7-⌒ヽイ⌒ハ  イ    、
        /      Yーヘ_/ヽィ^´イ//ヽ   ム
       イヽーュ__,/ \___/  }  マ  }
     jア⌒り    } ノ  、__ _,ヽ} レ   }ー ム
     r-、 ./     {/⌒ゝー ー'  ム  リ マ/
    メ7ァ´     r、_/      {ノ ヽ/_イ{
   爪  ノ{     /     ノ ̄ヽ   イ_川

【同化の強制者】

だが同化の強制者は違う!

同化の強制者にとって、ロボットも人間(サイボーグ化されてる)も等しく労働力である!

自分勝手な従者のようにご主人様は文化だけといった役割分担のくびきはない。

その上で、ロボットは環境適応性に優れているし、サイボーグ化された人間の環境適応性もロボットほどではないが高くなる。

しかも、人間の自己増殖能力はサイボーグ化の後も据え置きだ。

結果、正真正銘、「砂漠でも表土でもまともな生産力の出る都市を作れる(ロボット側の長所)うえに人口増加が速い(人間側の長所)文明」

の出来上がりというわけだ!

強いだろう?とりわけ序盤の開拓ラッシュと都市の立ち上げでは無類の強さを誇る、内政最強の一角なのだ!

789名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 02:38:12 ID:ab52f35.0
ファイレクシア的な強みが余すところなく発揮されてる

790名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 02:39:50 ID:bFnyM.C60
うーん、ヴォイジャーのジェインウェイさんにいいようにされる未来が見えるな。同化の強制者さんは

791無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 02:42:18 ID:talPCdko0
                 /
                 /z7
               / rア
            ノ
         -‐´ _zxイ
        / ,,zァr rィ T「´
.        jzア´7 | j>┴'‐
.       |/   ̄   _
.            r.r┬<「 /
.            | j ノ-⌒´
          ノ ̄
.          /ァ_彡´⌒ヾ
      r ノ7彡´ 、 `ヾ
       `  ̄     ヾ≧

【同化の強制者】

しかも戦争に勝てば極めて美味しい!

まず、自分勝手な従者のように被征服民に奉仕したりせずに労働力として扱うことは前提として、

その上で「相手を同化できる」のだ!

惑星を手にいれた場合、元々の住人をそのまま住まわせて働かせるのではなく、

元々の住人を虐殺して場所を空けて、自国民を入植させるという選択肢はある。

だが、自国民はその惑星の環境に適応できないかもしれない。

例えば地球人にスノーボールアースな惑星に住めといっても、その環境に適応するのはきついだろう?

その点、元々の住人はその惑星の環境に適応できていたのだろうから、

元々の住人をそのまま働かせるに越したことは無いのだ。

だが、元々の住人を働かせようにも、征服された人間は当然不幸になって真面目に働かない。

・・・しかし、同化してしまえば?

ある意味最強の洗脳だ。不平不満だらけの被征服民も、国家に忠実な労働力に早代わりである!

しかも、惑星環境への適応力や、勤勉さなどの種族の長所はそのままに!いいや、むしろサイボーグ化によってより強化される!

異星環境への適応という難しい問題。

それに同化の強制者が出した答えこそが、「地元住人を同化して仲間にしてしまう」という方法なのである!

こう考えると、同化がより合理的に見えてくるだろう?

ファイレクシアが強いはずである。

単に自分たちの価値観や強みを相手に押し付けるだけでなく、相手の強みを取り込んでしまっているのだ!

792名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 02:48:47 ID:gN8IFJDI0
油ムーヴつよい

793無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 02:49:18 ID:talPCdko0
            __    __
         _. - '´       .::::::::::` 、
        , '´            .::::::::::::::::`ヽ、
    /              .:::::::::::::::::::::::ヽ
   /                   .:::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ./           .:::::ト、    .::l::::::::::::::::::::::::`、
  ,'   i      i   .:::/ ヽ   i .:|:::::::::::::::::::::::::::!
  i !  |l      |   .::/   `、  | .:|:::::::::::::::::::::::::::i
 .| |   |」_ ./| .|  .:::/ _,.. -‐十 :.| !::::::::::::::::::::::::::::|
 | ! .| .| `メ┼/| .::/ "     ヽ ::.! .|:|::::::::::::::::::::::::::::l
 | l .! l/  |/ ! .:/    _===、ヽ:! :|:|::::::::::::::::::::::::::::|
 | i |l |イ子ミN l./   " F';;;;;:::ヾ/ :|:|`!.::::::::::::::::、:::::|
 .| ヽl ! | 弋;;::::j ′     辷;;::;チl  ::|:|.ノ:::::::::::::::::::lヽ.i
  l  `ヽ!   ̄            ̄ i i .|/:::::::::::::、 .:::::| |i
  !    ハ    ′         | l |.:::::::::::::::lヽ::::| l|
  ヽl、 l  \    ‐ --‐'     | | |:::::/|::/|::| ∨ ′
     \|ヽ  i `        , '´ !,イ .!ヘ{ l/ .l/
       ヽ/lノW ` ー-‐ i´    / ! .|
        _  _ , -‐ノ       l/‐-、
      l´|:|: : : : : : :|´        了: :` ‐- __
      /| |:|: : : : : :._| `ヽ , -‐‐  !: : : : : : : //lヽ
     ./ | |:|: : : : : ト、_____/: : : : : : ://:.!  l
     i  | |:|: : : : : |`ー────/: : : : : : ://: l   |
     |  | |:|: : : : : |       /: : : : : : ://: : |    l
   ./_,ィ||:|: : : : :.|      /: : : : : : ://: : /    |

「さてでは、SCP-2000の話に戻ろう」

「人類文明が滅びた後復活させるのは良い」

「だけど、塩漬けになった地球であれ、あるいは星の海の果ての異星であれ」

「元の地球環境とはかけはなれた環境の中で」

「旧来の人類をそのまま復活させることは合理的だろうか?」

「それよりも、地元住人をファイレクシア化させていく油の方が」

「はるかに賢いんじゃないかな?」

「何しろ、地元住人はその星の環境に既に適応できている。」

「その環境適応できている体をそのままファイレクシアに取り込んでしまえば」

「復活したファイレクシアも問題なく環境に適応できるよね?」

794無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 03:02:25 ID:talPCdko0
.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
 /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:}i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:./^\:.:i:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
i:.:.:.:/:.:.:.:/:.:イ.:.:/:.:/― -}イ:./:.:.:}:.:.:.\:.:.:.:.、
|:.:./:.:.:.:.:!:.:..i{:./ィ´    /ィ:.:.:./:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.}:
}ィ:.:.:.:.:.:.|:.:/^\{   ィT示ミl:.:./:.:.:.:.:ト 、:.:.:.:/:
. |:.:|:.:.:.:.ⅣT示j    乂jtり}ィ:.:.:.:.i.:.| }.:.}イ:.:
. |:Λ.:.:.:|:ヘ乂tリ       |:.:.:./:./イ:.:.:.:.:/
. }':.:.i\:{:.:Λ   ′       /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./イ.:
/:.:./:.:.:.\{:.ヘ   、   ,   /:.:.:.:.:/:.:/:.:./:.Λ:
:.:./:イ:.:.:.:./:.:.:.:\     イ:.:.:./イ/=- 、イ }
イ:.:.}/:.:./:.i:.:|:.:.、:>ー へ|:.:.:./     ヽ
.i|:.:.:|:.:.∧:.l:.:l\{\{7′ |:.:/
.}ヘ:.:Ⅳ ヘ{ト{   |:i    }イ        i
  Ⅵ     i   |:|     、
.         、  |:|      ∧         |
.       |   |:':、    /:::ヘ       |
              !:::::\_,/:::::::::i     |
         i   |:::::::::::i:::::::::::::|      |
         |   !:::::::::::::::::::::::::|      |

「やっぱり油って強いよね!(確信」

「SCP-2000にも利点があれば取り込もうかとも思ってたけど」

「こうしてステラリスも併せて考察してみるに、やっぱり現状、油が文明復活装置としては一番良く出来てるね」

「SCP-2000やネバンリンナと違って、文明復活以外の用途でも普段から使っていけるから」

「より広い範囲にバックアップを広げられてリスク分散にもなるし」

ただし、強すぎるが故かそれともフレーバー的な仕様か、

いずれにせよ同化の強制者は他文明からものすごく忌み嫌われ外交は壊滅するので注意。

内政力と引き換えに外交を分投げたような文明なのだ。

まあファイレクシアが外部の人間から好かれることはあんまりないだろうから残当だが。


「では今日はこの辺で失礼する!参加してくれてありがとう!お休み!」

795名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 03:04:49 ID:gN8IFJDI0
おやすみなさいませー
現行人類を乗っ取るのはラスボス扱いされてしょうがないし主人公popしそう

796無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 03:09:04 ID:talPCdko0
>>795

                ,. - ‐ -  、
             ,   ´: : : : : : : : : :>ー-
          , ィ: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \
        ,  ´′: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : :ヽ
      / ,ィ′: : : /: :/: : : : : : ,ィ: : : : : : j!: : : : :
     / / /: : : : /: :/: : : : ー-/: : : :/ : ハ: : : : :ハ
    {  {! ,′: : : :{:イ : : / ´_ イ: : : :ィ: /__i: : : ! : i
       乂: : : : : : 从 : iイ示トメl: :/ソ ´ ̄ | : : |: : |
       / イ: : : : : : ル: :|  ̄` レ / rテt-、!: : :i: : :ト
    _ノ,ィ: : : : : : : : : : i{        i `ー′'j: : 八: :|
      ′i{: : : : : : : : : :ハ        ′   /レ: : : :lヽ、
       {ヽ: : : : : : : : :|   ー-  _     /: : : : : :i
         Ⅶ: : : : : ハト          ノ: : : : : : リ
            }从リハj ヽ ` 、  _, <: : : : : : :イノ
     __   /{. . ' \ニュ__-jレ ィ --{: : ィリ: //
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:!. . . . . .Y . Y: : : : : : /v///
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:{. . . . . . j、, イ. . . . . /、 ′
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ハ._. . . ´ムハ. . . . .i:.:.> .,_
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ/:{ Y! ヽ` y_j:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ゝ:.:.:.:.:.∧ l , トー':.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:リ:.:.:\:.:.:.:.\ V:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
    i:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、 y:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:/:.:.:.|,
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.|
      ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.i
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.∧
      Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:ハ
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.∧

「まあ、乗っ取るのはむしろ有情な部類かもしれないよ?」

「タウミエルの中には、原住民を皆殺しにして空き地ゲットするのもあるし」

797無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 03:10:40 ID:talPCdko0

                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
          ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从   ヤレヤレ
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
              ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
               マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7
                ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/

「ああ、明日は仕事なんで投下はできても夜だ」

「場合によってはできない」

「すまないが宜しく」

「あと再安価」

【安価】今から次回投下まで 【育成】案

【育成】各4個まで(一個につき3レベルアップ)
技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む):
わざマシン・ひでんマシン(ポケモン系スキル):
偶像の化身(固有技能含めて何でもあり):
スキルを創るスキル(めだかちゃんが新しいスキルを作って覚える):
めだかスキル学校(めだかちゃんのスキルを誰にでも何でも教えられる。一般兵でも固有能力でも):
完成G(他者のスキルを使いこなす):
正喰者(スキルを魔改造する):

798名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 03:13:04 ID:ab52f35.0
オツカレサマドスエ
何だかんだ言って自分達が自分達じゃ無くなるのは受け入れ難いってことでしょうね

799名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 04:33:17 ID:bFnyM.C60
【育成】各4個まで(一個につき3レベルアップ)
技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む):キリト ドジェム・ソ*4
わざマシン・ひでんマシン(ポケモン系スキル):キリト ミルクのみ 異次元ホール 回復封じ 挑発
偶像の化身(固有技能含めて何でもあり):キリト ドジェム・ソ*3 広域源素還元
スキルを創るスキル(めだかちゃんが新しいスキルを作って覚える):世界遺産をつくるスキル イカサマを見破るスキル 株価など市場の値を操るスキル 
                                電波文章を作るスキル
めだかスキル学校(めだかちゃんのスキルを誰にでも何でも教えられる。一般兵でも固有能力でも):キリト 時間や世界の壁を越えて悪意を感知し位置を割り出すスキル 悪意を持つ相手の意識を自身から逸らすスキル 
                                                  同化を封じるスキル 決闘をさせるスキル
完成G(他者のスキルを使いこなす):キリト 美味しい母乳を出すスキル  ドジェム・ソ*3
正喰者(スキルを魔改造する):キリト ミルクのみ→ミルク飲ませ

800名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 04:33:36 ID:bFnyM.C60
お疲れ様です、おやすみしゃい

801名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 12:27:59 ID:hOlIaaOM0
乙でした!

【育成】各4個まで(一個につき3レベルアップ)
技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む):ヴィヴィオ 全次元切断術式(禁書魔術)、全能のトール(禁書魔術)、指揮官Lv3、広域源素還元Lv3
わざマシン・ひでんマシン(ポケモン系スキル):アインハルト うちおとす、おいうち、ギフトパス、てかげん
偶像の化身(固有技能含めて何でもあり):獣殿に 死がふたりを分断つまで(ブリュンヒルデ・ロマンシア)、音楽神の加護(偽)EX(※モーツァルトのスキル)、主神の槍《グングニル》(※オティヌスの武器兼魔術)
スキルを創るスキル(めだかちゃんが新しいスキルを作って覚える):ライダーカードから仮面ライダーを復活させるスキル、他者の無敵や耐性を貫通するスキル、死の概念が無い存在(※1)を殺せるようになるスキル、ミーム汚染された情報をモザイク処理して観測しないスキル(※2)
めだかスキル学校(めだかちゃんのスキルを誰にでも何でも教えられる。一般兵でも固有能力でも):門矢 士=仮面ライダーディケイド 存在喰いを無効化するスキル、同化を封じるスキル ライダーカードから仮面ライダーを復活させるスキル、弱点を見切って指摘するスキル
完成G(他者のスキルを使いこなす):門矢 士=仮面ライダーディケイド 完全物質(スキル)、他者の無敵や耐性を貫通するスキル、死の概念が無い存在を殺せるようになるスキル、巨獣狩りEX(※プロトセイバーのスキル)

正喰者(スキルを魔改造する):ヴィヴィオ
全次元切断術式 ⇒ 全空間切断術式
全能のトール(自分以外を地球ごと転移させる禁書魔術) ⇒ 全能の指揮官(自分と指揮する軍以外を地球ごと転移させる禁書魔術)
矢避けの加護B ⇒ 矢返しの加護B(飛び道具を射手にはね返すスキル)

(※1)型月のORTやアルク、仮面ライダー剣のアンデッドなど
(※2)謎の光やモザイク、「見せられないよ」マーク、笑い男マークなどが視界の該当箇所を塞ぎ、難聴、電車音、ピー音が音声情報を遮断する。

802名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 12:55:22 ID:8UX8iyJw0
乙でした!

803名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 14:00:12 ID:y6VKrh.I0
乙でした。
記憶があやふやだが冷凍睡眠してる佐々木の後継ぎが居たような居なかったような…。
どうだったかな?

804無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 22:40:31 ID:talPCdko0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「お!二案出てるね!」

「選択肢があるのは素晴らしいことだ!」

805無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 22:46:11 ID:talPCdko0
>>803
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「えーと・・・もしかしてブリタニア帝国記あたりとごっちゃになってない?」

コードギアスともブリカスとも関係ない。

リリカルなのは二次創作(一応)で、TS転生者な吸血鬼の女王が支配する超時空文明の話。

806無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 22:49:33 ID:talPCdko0
>>799
     V:::/:::::::::::|:::::::::::::::ト:::::ヽ;::::::ヽ::::V
.    /::/:::::/::::::∧:::::::::::::l_ `、::ヽ;:::::ヽ::l
    /::/::l::::l:::::::/メi:::l::::::::l   `、::ヽ;::::';:::l
.   /::/:::l::::l::::::/ _`、`、:::l ィ弐刈::::ヽ;::';::l
   l:/l:::::l::::l::l::|ィ"仔::ト``、:| 又_,,ハ:::::l Y:::l
   ' l:::::::l::l:::::|l| 弋フ       リ:::l7l::::l
     l:::::::l::l::::l`     丶  /// l:::lr‐.:
.    ハ::::ハ::l:::K///  、  ノ   l:ノ/
     ∧| ヽl:::ト`、     ̄   <//-=
      ` |::l::::::::l≧-__./  ̄/-=ニ
        |:ll::::::::::l,-l===t/    {-=ニ
        |:ll::::::::::{_r_--ー へ __{-=ニ
       _r― - ァー-、    \`ヽニ
      /__ア    ∧        }ニ
     ´       /  ゝ. _(⌒て´ )
  /              (⌒\ }! /
       __        `マニニ=-
    ...:::::::-=ミ:::.`ヽ      }ニニ=-
   /.::〃r_rヽ::.V::::::.        {ニニニ=-
   .′i{(  ィ):::::}!::::::::}       {ニニニ=-
   {:::圦{ r':::::ノ.::::::::;        {ニニニニ
  圦:::::::} {:::::::::::::::::::′     {ニニニニ
    、:ノ {::::::::::::::::イ       ′ニニニニ
      (  }--=≦    ん ,ノ {ニニニニ
ゝ     } {      ハ {  7 ,!{ニニニニ
  >  j  、   ./  レ  /イニiⅦニニニ
ー‐ ⌒(.  \- 廴 ノーくニニニゝ-=ニニ
  ∨_{ニ≧=≦ニニニニニニニ=-\-=ニ
   {-圦-=ニニニニニニニニニニ〈  ̄

何をさせたいのかはわかった気がするが、

「ミルク飲ませ」にする必要は特にない。

(元々ポケモンのミルク飲みは、「他者にミルクを飲ませる」効果も含む)

807無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/05(金) 22:52:12 ID:talPCdko0
>>801
                 _,ィ‐-////≧x、
               //////////////ヽ
               // //////////////∧
               i  l i///////////////≧ =-
             _,,.-'"////ハi○//○/ハ∧∨/\
             ///7//ハ/∨、--ァ/∧i///∧ヾ\
           /////ハ////ゞ --イ///i////∧
          /イ/////////i///水//ヽ/////// \
         //////////〉///l/〉〉//ハ//>=ニニ=ヽ
        //////////;{//\l/ヽイ///ノ/{ニニニニニニニ=
       /////// /////人///////////l/\lニヽ//∧
      ////li l// {///  ノ////////l/ ///ノ` ヘ///∧
     ////l   i/  >=--'////////////ゝ/   l∧//∧
    /-=//     ヽ///////////////////// 、 ∨///\
 ., '   Y       丿/////////////////////>  ∨/-==- y
  ノ     }   _,,-''"//////////////////////    {( l   ヽノ
  ァ / 7 i <//////////////////////////////   ノ    \
  {i /  ヽ'  丿/////////////////////////////ヘ  l .r 、 i kヽヽ
  `    /////////////////////////////////   l,ノ ヽ i iヽヽi
  -=≦/////////////////////////////////////ハ    l_ii _} ヽj

フィルターの向こう側へ、アザトースのその先へ

酔歩よりもさらに深みに踏み込みたいならば、

この育成をお勧めする。

異常じゃないミームも異常なミームも総て取っ払ってしまえば・・・

808名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 23:01:40 ID:a6Qqq9yE0
無茶王様、おかえりなさい。

>>807
なんだろう、くたびれかけた男に近づくのだろうか。

809名無し-Red-市民-2:2018/01/05(金) 23:03:34 ID:a6Qqq9yE0
全ての虚飾を取り払えば、世界はただの数式になる気がする。

810無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 01:14:13 ID:MQexFMws0
                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ

『ただいまー!』

811名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:14:37 ID:UVnrf.Zw0
おかえりなさい。

812無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 01:15:39 ID:MQexFMws0
>>808
    ___.
   iヽ、ヽ.        ,.-‐ァ、
    \ヽ |       / //
     | | ',     | | ./
     >,!.|´  ̄ `'7 //、
   /  `´    |./ `ヽ.
  .,'   / -/、 /|  `´  ヽ ',
  | i イ ァ;、,/ | ハヽi   ', .i
  |,ハ  レi !,ン^ .レァ';、ハ ,  |. |
    ヽ7"  .   !,ン',ハ/ /|/ .|
    |,ヘ、  、   "/ /'´|  |
    ノ/〉ヽ、__,,.. イ /、  |   |
  ,イ´ くイ:::::|、__/ /::::ヽ、ハ.. |
 〈_|  ノ::::|::::|/ヽレ'::::/:::::',ヽ. |
 /:::ヽ、i>:::|:::::|、/::::/:::::/::::::! |
7:::::::::::::/::::|:::::|//:::::::i/:::::::::::::i |
|::::::::::::/i:::::|:::/::::::::::::::|:::::::::::::::i |
ヽ、__,/ 〉:::Y:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|/

「無限とかそういう何かすごい方向には行かないよ?(全知並感」

「むしろゼロかな?」

813無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 01:16:56 ID:MQexFMws0
>>809
         ,.-─‐─‐ -、
        /  ,.- 、     \
      /  /;.;入;.;.\     ヽ
    /  /.;/   ヽ;.;.ヽ   |
   /    /.;.;/       !.;.;.|   |
   l   /;.;.;/      |.;.;.!   |       ,.-──- 、
    \/;.;.;/        |.;/   |     /        \
     ヽ;/          リ.    |    /  ,.-‐-、     l
                  /    ノ   /   /;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ   ,!
              / /iヽィ´`フ´  _/;.;.;.;.r‐-、;.;.;.;.!   /
                _ノ‐'´     ヾィ´;.;.;.;.;.ィ´   ヾ.;.;l  /
           /    ,イ  , ,   ̄` \  ,イ//
           ,イ  ,イ / /l |  / i l  ヽ  ヽ  リ/
            / / !/i / ヽ /リ‐|-|    | l   i
             l ,イ / Ni、   ,r=ミ」   | i   |
             |/ } l/ ifj   _辷ン i!  ,イ/  l |   
          ヽト、i  |' '     ' ' '/ /i/ |  l |
    ..、        Vト、ハ  r‐、   / /,イi. l. | |
     |. i         `〉i >、`__ , ィ´ ,イ、 /  !  |
     |. | __       / レ'// レ′//__\  !  |
    f´! / ,┴、    /  ,イヽ _/ ,イ/´:.:.:.`ヽ. !  |
    l   ´ .ト'`   /  「^ト、V//.:.:.:.:.:.:.:.:.:\!   !
    \   )    !  Λ/〉;:;{ V.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\. !
      \  \  .!  /.:〈 ,!:;:;:;l/.:.:/i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽト、
        tー‐ '_.フ.! ./.:.:.:.:V;:;::/.:.:/.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ
.       〈::: ̄'´.::::::V.:.:.:.:.:.:.:!.:.:./.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  i

「数式が残る程度ならまだ順列都市や酔歩程度だね」

「とはいえ方向性としては近いかな?」

814名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:20:47 ID:UVnrf.Zw0
… null ?

815無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 01:22:35 ID:MQexFMws0
>>814
              ,xzzzz`ヽ_
            ィ彡洲洲洲洲ヽ、
          ーイ洲洲洲洲洲洲ハ
          /洲洲V洲VV洲洲洲
          イ/洲从`ヽ|!`〉i! V洲ミ
          |/ 洲从'5} ` 5ソ>/ンノ
          | ', ',从、 l ,  イト、
              ,x>, ̄ /レ´|
             ヽ-<リ~/ ̄<彡x_
            xイ代! Y |彡三三/三>
           f彡三三>く三三三V三三/
    r,-_    |三|三三><三三 ∨三三|
  E三三  ヽ、  〈三|三三三三三∨>彡=ニ|
   `ヽ_  ̄ニノハ  |三|三三o三三く -= __|  イ>―x_
     | ̄ン/弋ノ三|三三三三三|><三⊂イハ( 、 ヽく
     ><三三ヽリ三三o三三V ̄|三/三三ハヽ /ミミヽ
        ヽ三三/三三三三三/  乂三三三三ゝソ `ヽミ}
         `ヽソ三三o三三 人   ゝ-イ
          ノ三三三三三三(
         /三三∧三三三三∧
        V三三/ V三三三三ハ

『さて?実験すればわかるんじゃない?』

『下手しなくてもアザトース宇宙が消し飛ぶけど、その引き換えに真理は得られるだろう』

816名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:29:31 ID:WZs85cJQ0
こんばんわ無茶王!
育成案投票前に帰れた・・・

817名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:30:12 ID:UVnrf.Zw0
そういえば、めだかちゃん、よりにもよって白魔術「存在の引き算」持ってるんだっけ。
そんな人が全てがnullだと観測したら…。

818無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 01:31:13 ID:MQexFMws0
>>816
                           ー- 、   __
                              ,..-=三Y三ニミ.、
                         /..::::::::.ヽ、:::、:::::::::::.ヽ
                        //.:l:::::l:ヽ:::::li:::::ヽi:::::::::::.',
                          / ./::l|l:::l::l::|.ヽト、:::ll|.l::::l:::l:ハ
                          ,' .i|::::l|ヽl:ヽヽ イ|ヽ!l Vl::::l::::ミ、
                            ,l|:::::!|´ ` ヽ ,,,ィ‐ミ!:,i、!.ハト、
                               ||:::ハ.` __   .ヒリイ/|rlr/
                             !|l::::ハ.'=イ. l    ,/,;./.|l__
                         .l|ヽ:|ヽ ト   ヽ  _ ' ;;/ レ' ト、__
                            ` ヽ  ヾ、 ヽ-' / ////三二7、_
                                  /r>- イ.イ./,///////////∧、
                                 _,イ>.-、`!´r'/////////////////ヘ
                          fニ三´//∧ヽl ! |//////////////////,ヘ
       r‐─―-、.  _           l∧/////////>=〈/////////////////////ヘ
       ィ'''7.;;;;;;;'' ヽイハ          |/∧/////////,○////////∧ヽ、/////////,ヘ
.   ∠´‐' ,i;;;;;ィ = /ヽV!∧、      rf//,∧///////////////////三ミ=、///////////ヽ、
.  イ,ィ―',;;/   l  ,! ///∧.       ,|//ヽ,'∧/////////////////////////l///////////、
.  ――i;;;;_ -‐zzz‐',ィ'/////ヽ、   ///////∧////////////////////////! ヽ,//////////、
           K////////////,ヽ~イ/三三二ニ=ミ////////○////////////,|   ヽ////////∧
              `ヽ///////////| l ヽ////////`ヽ////////////////////l    〈////////,ハ
                  `ヽ////////l l ヽ/////    V//////////////////,|.    //////////
                 ヽ//////,l ヽ ヽ/       V/////,r‐、/////////ハ    //////////

『こんばんは!』

『そうだね。特に修正も無いみたいだし、そろそろ投票しようかな?』

819無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 01:32:20 ID:MQexFMws0
>>817
        |      _
        |   ,.ィ<´__
        |,ィ≦爪マムマムミム、__
        l州lム.Ⅶli、マムⅥli圭圭≧=‐'
        l|i州Ⅶl|!ト州州Ⅶ州州圭'′
        |l州}.Ⅵliムヾ;rt‐Ⅶ州州ミヾ、
        iィf'li ̄ヾⅦ、,`リ '.}州州lム、
        州iz‐zミ   イl云lil州州` ヽ
       .:州=li fサ    ゞ-''洲ハヾl、
       ::lr.、マ、     .}     i|ハ!
       :i!}ヽ_ム、   ., ァ  ./′
       ,  l从}.ヽ.、` _, イ_
       ,'   |l二ニ===┬┴≧                           __
      ,'_,ィ≦三三三}.| l三Zト、_                   / / ,__
      /,.ィ//////////ミリ///////7777z、             / ` ̄`ヽ、_
     ,ィ/ハ'//////////,o'///////////,'ハ、            .|   , -―‐―
    〃///ム'////////f´_ ̄-=}'//////,i//i、        ,ィ77Z} ./  , '´ ̄
   ,イ'/////,ム'///////,{;;  ‐=}'/////,i///≧、      ////l,.ヽ__z,/
_/f三ニ=///ム'//////l=--、=}'/////l//ニ三ハ、    //////>zzハ、
   ル'/////////Z7=/'´ ー―‐`/////,{三三三'ム、_ _////////////>
   }三二彡'///,.イ/}l{   `二二/////,{///////////////////////
    ル//ィzzzrz'///|..|    ,.ィ///////,トミ//////////{:|l///////,'´
  .,'/,イ/////o'///l、`Z7///,o'//////ハ  ヾ////lリ'//!:!;'//////
  .///////////////>zイ////////////i   `ヾ////ム'/////

『まあnullではないけどね。何かはある』

『それに意味や因果律や法則があるかは別だけど』

820無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 01:33:56 ID:MQexFMws0
                       ヽ、
                 _ィ≦州州州寸、_
            ー≦州州州州州州州州弋`
             /州从州州州州州ハ州州ハ
              /州从州州州州州州从州Ⅵ
            ′从州州イ_V州iΝΝ从州イリ
            イ∧州从ヽ ヽ从´ヽ´'/州从
             !! 从从',ー= ` ー='ノイリ「
                ', ´ヽ"ゝ、   |    'へ´`
                 /: : ゝ、ヽ=ァ /|: :)〉
                ' ゝ::{ヘ` ー´_ ノ" 人
               /ゝ、_`ヽ、/ _ー彡/へ
            ,x≦///////T | |////////へ
           〈///////////.`○´///////////\
            |/ハ////////////////////∧///
            }//ハ//////__r=r=、////∧/V
            )///ハ//< ̄|| | / / \V////{
            j///ハ|く ヽ〉へ, ト└、 // ̄ ̄ ̄ ヽ
           ノ/////|//Y 二}=〉´~.ト//ム___ /
          //////リイう| ー{//{ヽ ∨八乂///ハ
          V/////∞! Lノ"//ゝ=ノ |∞////`ヽ.〉
          V//////ハ_イリ/○//|>´/////////
           ゝ三三三ニV/V////八三三三三V/

『では投票宜しく!』

>>799>>801の二択のはず』

【安価】今から30分 育成案投票

821名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:38:11 ID:WZs85cJQ0
>>799

822名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:38:56 ID:UVnrf.Zw0
>>799

823名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:43:47 ID:.VR3XGTA0
>>801

824名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 01:48:22 ID:mBRVDTJ60
>>799

825無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:03:25 ID:MQexFMws0
821 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/01/06(土) 01:38:11 ID:WZs85cJQ0 [2/2]
>>799

822 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/01/06(土) 01:38:56 ID:UVnrf.Zw0 [4/4]
>>799

823 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/01/06(土) 01:43:47 ID:.VR3XGTA0
>>801

824 名前:名無し-Red-市民-2[sage] 投稿日:2018/01/06(土) 01:48:22 ID:mBRVDTJ60
>>799


>>799だね!』

826名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 02:11:31 ID:WZs85cJQ0
今調べなおしたら、美味しい蜜が出せるスキルとかあった
それも付けるべきだったか

827無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:25:05 ID:MQexFMws0
            .>:::::/:::::::::::::::ミ、_
           /〃:|:A:::ム_:::}::: ハ
           }イ|バ;ォV __ N:::::::リ
         _へ   Nハ¨!  込人イ
        イ  、 マ   ム ー . イ {ハ
      /〈 L>イ)こr-' ̄二〉=-彡:{
     :{:::::ー::'/:::::::::::::::::::し::::::::::::::\
       L_:::ム::::::::ミ::::::o::::::/:::::::::::::L
              }::::::::::::::{::::::::::::ム=ミォ
             /::o:::::::::::___,イ:i i _>!
            _ノ:::::::::::::::: ||   | | |===ォ
         _〃:::o:::::::::::::/||   `¨´ == {
        /:::::::::::::::::::::::::: / .||┌───┐.{
        〉::::::::o:::::::::::::: {  |||'11前期:| .{
       .};::イ::::::::::::::::::::::ヽ ||└───┘{
         |:::| ::::::::::::::::: ィ' ||           {
         |:::: ̄ ̄ ̄::: ′ .|| ======= {
         |::::::::i:::::::::::::::|   匕 -----ー― '
         |:::::::::';:::::::::::::|
        、::::::::::';::::::::: |
            \::::::';:::::::::{、
           ヽ:::l::::::::::{
            7:|::::::::::|
           .ム:|::::::::::|
           〈__.ム::::::::|

『さて・・・これはリリカルなのはViVidであった話なんだが・・・』

828無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:29:52 ID:MQexFMws0
                                        , -‐....-―――-..._
                                    / /::::::::::::::>、 ´ ̄
                          .   -──-  . / /:::::::/    \
                        , ´             ヽ/:::/ヽ        ,
                         /                ∨    \     |
                      /             `ヽ     ,\    丶   |
                       /       /  ' /     }_    }:::::\ 丶    |
                   ,  '   / / '    ' ー- 、 !::::::::∧  \  |
    i`i`Y´i                 | / ' /`/≧ト 、{i   i /, -‐ ´彡,ヽ::::::::∧      |
    |_.! ! .|   f´}        |ハi l| l|了≠ミN  |/,ィfチ了 '´ハ \:::::∧    .|
   / )、 ヽ 、  | .|        | Ⅵ| l| ハ ヒ::ソ \! ヒ::ソノ , ^ソ  |\::∧    |
.  〈 〈 ` `__ `¨´ |            从|イ| {i `        ´ //   .!  \:|   .|
   \  ´ヽ     |             __ヾ圦    .:i     /       |    `     |
.    ,\  `   ノ、.          /   ̄/\  ー__一  .イ\     .!         |
.     ト、::`i     |::::!      ___/ ,===/|l'::::::> _   <.|:::::i}    .|        |
.     | ` ‐----‐ ´|   .i´==='   .i ' ||::::/:::::|: : : : ;===|    .|        |
.     |_         _|     l____, -‐ ¨´ヽ__|∨ : : ' : :-‐|{    ト、   |        |
.     |` ‐----‐ ´|    _ノ_/.: : : : : : : : : : : : : : :_:_:_」|    '  ̄_`___       .|

                      __
                      \  \           , -―‐一ァ
                        >=-、\ __    /___/
                         フ>'´     `ヽ//⌒ヽ
                        / イ  /      、ハ) 、 ヽヘ
                      ∠V/ / // { ヽ\ Vl'、 \  ヘ
                       / { { {{ トk从|\j斗l ',!ハ\j   ',
                        /  V llハY冽  f冽リ j ∨    i
                          /  / ヽ从小¨´ '_ `¨/l∨  ∨   l
                       /     /   |.lゝ, _ イ/     ∨   l
                   /  / ̄`<⌒卞弋寸代),、    ∨  l
                     /  /    {{/ヾ ⅦI/_,/゙ ̄`ヽ  ∨  !
                _,、_ /  /≠ミ  〃 /⌒Y⌒`く∧   \ ∨ハ
       (\ rv、_/〈〈 〈¨¨ ̄    __7  ヽ ___,∧   〉 {ー'´ ̄} ∨∧
        (ヽ\^-ゞヽ\ ヾ、ヽ   _,>'´ /  く _,小_\/{7 }   /  ヽ 丶

空中を舞うミッド式のなのはさんと

格闘家のヴィヴィオ

戦ったらどうなると思う?

829名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 02:32:21 ID:WZs85cJQ0
ミッド式とベルカ式の焼き直しになるでしょうね
ヴィヴィオが空を飛べるなら

830無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:34:00 ID:MQexFMws0
>>829
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『そうだね!』

『ただし、ヴィヴィオちゃんの方が空中機動力が低い』

831名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 02:34:35 ID:UVnrf.Zw0
近接格闘は飛行射撃に対して圧倒的不利。

832無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:36:40 ID:MQexFMws0
                                     jl|
                                  (ェ)
                                  ()H()
                                  ,r:lll`,
                                 _ _ ,r'∩lll:.`,
                         〃´ .:.:.::::.:r'′.:.:;;;;;;;;;;`,
                        〃  }.::;′   .:.:.:;;;;;;;;;;;`,
                          ,'    ∩    .:.:.:;;;;;∩.;;`,                __ _
                   。    ,'    .: ..Ll:l_ __ _ ノ ノ.:;;;;;`、          , 戔戒.:.::::::::::::.`ヽ
                  (j)   j       l:|"´ ̄ ̄.:.::;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ         く.:.:.:::::::::::::::<>::::::::::::`,
             r{}   .,rr{H}ュ:{;{;{;{; .:∩:; .:;;;; l;|   . :.:.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;j        `1.:.:::::::::::::::::.:.:.:::::::::::}
         ェ‐‐─r王ュ"´.:.:.:.::::.:.:::.:.:::.:.::.:.:,ゞ-''"´¨く´``゙゙''´ヽ;;r'"´ 戉戔;:;、      `1'''¨````´゙゙`'.:.::::!
           ̄`了{:::.::::.:戔戔戉::::.::く´       ``ヾ.:.:.:::::::::::.:.rュ.:戔戔戔      `1     .:::::,r′
             ゙, ```'''ヾ:.:.:..:::.:'`',:'':'`:.:::.:.:. .:. :::::::.:.:::::::::::::::::::::::.::.:.:.:::::戔戉       `1    .::::r'′
            。    `1    ヾ::::.:.:,r'", -─‐--..、、`゙゙""´,r'.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:::::.:レ          `1  .::r'′
       (ェ) {}      `1    `"´1'"´``ヾ.:.::::.:.::::.:`ヽ `1.:.:.::::::::.:.:.:.: r'"´r'′         ヽ,r'′
       ,r王H{}、、      `1   .:l:|     ``ヾ.:::.:::.:,r' 1レ''゙゙゙.:;;``゙゙´.:::;r'′
 , -‐{;{;{;{;;:::.::::.:::::.`ヽ      `1  ..:::l:|        `""゙´ :|:|  .;;  .::,r'′          __
〈::';::,;'.:::;;'.;.;'';.;;;.;'''.;;.;.;''.;〉     1 . : ::|:|::::.:.             :|:|  .:;′.:;r'′         r'´rュ.:.::.ヽ
. `1 ``゙゙''''''ー'---'‐'゙.::j !       レ'" |:|⌒ヽ        .::::|:|r'´``´゙´          _ノ.:.:.:::::::::::::::}
  `1        .:::j !           |:|   `1、     .::::::;r'|:|             ノ.:.:.::::::::::::::::r'′
   `1    .   .:::r'′        |:|      `1、.:::::::,;r'′|:|         ,.. -rュ .:.:.:::::.::戔戔戒
    `1     .:,r'′         |:|        `V'´   |:|      ,  .:´.::::::::.:.:.:.:::ojjjH::戔戒
     `ヾ   .:r'′           |:|             |:|     {.:.:.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.::..:.:::::::::::::::ノ
       `''''゙′             |:|             |:|      ',¨```'''"´``ヽ.:.::::,r'",r'′

『戦場はこういう感じに岩塊が空中に浮かんでるような場所で』

『岩塊から岩塊へと飛び跳ねるように移動することはできる』

『・・・けど、逆に言えばヴィヴィオちゃんはまともに飛行しているわけではなく』

『空中の足場を利用してやっと空戦もどきができただけだ』

『ま、全く飛べないわけでもないだろうけど、実戦では岩から岩へ飛び跳ねた方がマシ程度の腕前らしい』

833無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:39:51 ID:MQexFMws0
`、ヽ          \      l           /l     //`:..、::.::.,┘ 、_,l::.ヽ \\
-'´ ヽ   \      \     ll        l:.l   /.::'::.::.::.::.::.:`弋 _.l::.::.::.::ヽ、 ` `=
    \    \、     \、     ヾ.、       l:.ヽ /::.::.::.::─-....._::.::.::.{::.::.::.::.::.::.l``、_、
      ヽ、_  `>丶、   ,. ゞヽ、   ヾ、-、     \V::.::.::.::.::_::.::.::.::.:::`>:ヽ::.::.::.::.::l ,. - ´l
          ̄   `ー- ゝ   ' 、   `j ',    i´:、-‐::.::.:、:_:`,_:ニ弌-::.::.:l::.::.:, - ', - ' / ュ
 、                  ヾ``ぅ-、._ } `!ヽ、 l::.::\:.:.:ヾ.t- |ハ   ヽ::, - ', - '  / ∠ _
   `  _、             ` -、__ゝ" ヽヽ、.l::.:l::.::`::.::.::ヽl|ヽl  _  l`'¨`、  _./ /     `ヽ.
...‐:.:."´:.:.:.:.:.:.`:...-...  _                 ` ゞl:.:ト、:ヽ:.:ヽ::_:_`_..、/r'}† l:.:.l }〉 '´,.イ ,.l       ヽ
-─:.:.:.:".:.:.:. ̄:.:.:.:.,. - '~`ー''-_ 、 _             l:.:l ヽ.ヾー .._L __i、/ r'´ ̄ "  ̄ `ヾl
 ' "  ̄ ̄ ̄ ,ィ_フ ,.-- /´/:.:.:.:.:.`::.....-... _     ヽ', ` ヽ   ,.>'′  r.-'~;-、.r  ',
       ∠__/  <.  ,':.:.:/:/:.:.:.:_:.:.:,ィ:.:.,イ:i:.:...-.... _.ヽ    /─- 、  ` ¨ ´   Ai;:
    , ─ -- .. _ /^'′,. l:.:./:/:.:.:.:.:,..≧、:/ l:l:.:.l:.:.l:.:.:l:l:.:、 '' ‐,.-l      \       .ノ
.   l   `ヽヽ    `` く. l:.:レ':.:/:./、 θヾ.リ:.:/:/:l:.:.l:l:. ,. -´'" _L_,.- 、 _    丶、   l
 ,、-┘、    ヽ.ヽ     l'´l:.:.l:イレ'l `==-   l:/,イ;;;l}:, /,ニニニl´, - 、= .、      `¨ >′
.l::_:::ヾ>:::ヽ 、    ヽヽ  「 ̄  ̄ 7   __    ,. ‐" .//ニ/ \   ヽ、` =-- `ーi ´..-. _
´ `ヽ:ヽ::::ヽ\     l:l l` 、 _   l  {ー-,` " , -./´_,.-\  _ _` ー=--- _,. -i'^'~`'〉、::::::::: ̄
    `l::ll:::::::l\ヽ   l:l │  ヽ.l ̄::ヽ,. ‐" ,. ‐"  /ァ/"'>、:::::丶.-、〉  `` く   |  _,.ナ':::::::::::::::
     l:l|:::::::ト、 l ト.、  l:l ∧   l ,. ‐" ,. ‐"<   l '´ ´~、):::::::::::::::::::> __/    4ー.':::::::::::::::::::,:::
  _ ノ:.l|::::::ノ,、` " __,>'  ,ヽ '" , ‐"‐',.ヘ lニ..__ l、_rュ  }::::::::::, '         丶::_:: - ´,.l.:'
三ニl`ー''‐'"く 丶`¨´-' ,. ‐" , ‐"l::ミ{ }彡:::l    l `ー--゙'-'‐ ' ´                 }:::::
=_=キ   r┴'''" ,. ‐" ,. ‐"  ヽl:::::r' 、:::::::丶   l    ,.  l:l:::::|          レ    , ', '´

これは単に機動力の差というだけでなく、そもそもの格闘能力にさえ大きな悪影響を及ぼす。

まあ同じ前衛でも、シグナムさんのようにまともに飛行できるならば問題ない。

【きちんと体重の乗った一撃を浴びせられるだろう】。

834名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 02:39:56 ID:WZs85cJQ0
ワイヤーでからめとるとかしないと・・・

835無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:42:28 ID:MQexFMws0
                //
                  {.:.:{   ,、_ヘ
            _,,イ⌒ 弋 |/ ヽ/  ゝ ` 丶、
          ´  , <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.\.:.\
              /.:.:/ /.:.:.//.:.:.l.:.:.:.:.\.:.:.:.:.\.:.`廴_,
            /.:./η, / _,,..⊥|.:.:.:.hハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:\
         // .〃//イ"/ .ヽ|`.:.:.:! 弋l ̄`ヽ、.:.:.:.:.:.__\ ヽ
            ′ /, '.´|.:|:,ィ.弍㍉\:|彳弍㍉ ∨.:.:.:.:.丶、 `
         ///γ |イb:::::::l ヽ b::::::::} 》 .|.:.:|.:.l.l‐--
         / ,イ .//ト.:.|弋辷ノ   弋少'  /|:|人从
        /   . ゙´.ハ| |;ハ    '         /.|:|    \/
       ./  i  ノ  .|:|ヽ   v ̄,'   .ノ.:.:|人 ,,-''""入
        /  ノ_,ノ      ゙、 ゝ  ゙- ′ , イ.:.:.メ _∥__/
      ⊥,,__,,,┤   ___ _ミ 彡  ト-‐'',"
    ∠├‐---┤  /::::::::::::::::⊿  ハ 〓 __メ、
    .|      .| ./::::::::::::://`フ弋フ ̄ ./::::::::::::::゙`>:、
    ト、__.., ィ _/::ヘ:::::::| ./  ,>''"_,,.-‐'':::::::::::::/:::::::::::|


             ィ::::::::: ̄::::::::::‐- 、
          , ィ:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ト、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ./:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::ヽ
      ./イ:::::::::::::::/::::::::j::::::::::::::::::::::、::::::ヽ:::::::::::::::ハ
     / ,':::::::::::::::::|:::::::/|::::::::::::::::|::ハ::::::::::ヘ!:::::::::::::!:!
     / {::::,::::::::::::{ヽ/_'_|::::::l::::::|:::::| ヽ_ イ'}::::::::::::::|:l
    ./  l:::|::::::::::::| プ  l:::::',::::::l::イ´ ヾイ!:::::::::::::|:j
   .,'   l::l::::::::::::l ィ芯气ヘ::ヘ::::',::!,芯气`'|::::::::::::::|,'
   '    V!:::::::::::l t し リヾヽ::::、',,t. し リ |::::::::::::::!'
   |    '|:::l:::::::l V辷ソ     V辷ソ |::|:::::::::::j
   |     !::l:::::::l       ,       !:!:::::::::::|
   ',    .|::l:::::::lヘ            j::!:::::::::::!
    V    !::!:::::::!:::ヽ    ―    ノ:|::|:::::::::::|!
     ヽ  j::!:::::::::Vハ:::::ト, 、   , イ::|:::|::|:::::::::::ハ
      `トノ:!:::::::::!:',::}:::::}:::', ` ´ .!::!::::::|::|:|:::::::::|:|j:!
       'ハ:::{:::::ヘヘ:/  }    ! ヽ;!::':/::::::::ハトノ
        .ヘ{,ゝ、{ヽ、  ヘ'_  __ /  /ノ:ノ:::イ:{ヾ'

あるいは、ヴィヴィオと同じく空中の足場を飛び跳ねる空戦もどきであっても、

スバルや美遊のように自前で足場を作れるならやはり問題なく、

【腰の入った攻撃】をぶつけられるだろう。

836無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:44:09 ID:MQexFMws0
                               __
                              /:.:.:/
                               ,.-/:.:.:./
                ,,. - ―-- 、   / /:.:/ヽ
            _,,ィ         `ヽ / //   \
          /       i,ヘ        ヾ-{.       \
           , '           } }}''ヽ     Vト、      \
        /        j ., / ノ  V     }:.:.:ヽ.       \
          ; ,   i  i | ./ //,.ィ悟ア .}}'^ヽ  ハヽ:.:.:\       \
          | ! i | ! | j/ /イ  込リ 《  /   ,′, \:.:.:.\         \
          | ! { ! Vハ.マ! ,      }}ー'、 /  \ ` <:.\
          ヽ!ヽ!ヽ | !  ,. -.、   `7__∨____  \  ` ̄
              ヽ{.八 ヾ´ __) ///     }   ヽ r‐‐ 、__
            N   >... __ イ.___|!    >´フ'´  ̄ ゝ==''  /7
            |   {      }:::::::|!  / 〃         / /
             / ヽ.._ /i二ニ}!/   //           //
            __ノ   // }::::::::::/    { {  ___,,.r==ァ'´  ̄
         /    _,,ノ_.ノ::::::/    ,,.>.:´::::<>  {
         { ` ̄ヽ/>.::::/:::::::{ {__,,.-‐.::::::::::::::::ノ´:::ノ‐ ァ. ヽ
         ',  /::::::::::::::::i::::::::::',/:::,:--―>.:'::::∠_/,_ `''ー--
         ヽ//:::::::::::::::::::i!:::::::::::ー''´   /:::::::::::; -‐,:::::/ /___,.ヘ__..
            //!:::::::::::::::::::∧:::::::::::::ヽ  /::::::/´  /:::://:::::::i /:::::::
         ,// 乂::::::::::::ノ  `''ー-- ''\.{:::::::'  ,, ,:::::::::/⌒!::::レ:::r''
            V ヽ.__`} ̄´  _    ノ !::::{,,..イ {::::::::i  |::::::::;′
              〉、/ ̄   \/´ ,ノ j:::ノ::::::{  i::::::::!   !::::::{ォ
              ヽ  ,.--ーヘ  / ノ¨:::::::::::\ヽ::::ヽ. ゝ- ’
          _r::::.、__`}/   _,,.、∨  !::::::::::::::::::::/ ヽ::ノ ̄ ヽ
          /::::,:ゝ:::::}::::、:ヽ/::::::::::::\/::::::::::::::::/   /     \
        {::::/:::::>ー';:::::::ヽハ:::::::ヽ::::::::::::::::::::::r''    /
        ヽ::::/::::/:}、::::_ノ^ヽ.::::::`::, -- 、_ノ ヽO /
         `ヽ::::/:::ノ:::/ ヽ O} ̄/    }__ノ }/

だが、【足場の無い空中で】

【自ら飛べるわけでもなく】、【足場を作れるわけでもない】格闘者が、

まともな拳を打てるだろうか?

837名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 02:46:24 ID:UVnrf.Zw0
無~理~

838無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:52:27 ID:MQexFMws0
>>837
        \j川リノ/レー====一'⌒ヽ      ィf========―-- 、 ヽミハ川l{ l{ミ/
          }川//∧ ____  ヽ         ____   }川川リ人| 時 考 そ
 あ   俺   乂{//ノ∧ ^弋_tァ__テぅ ハ         とfテ__ラ__ラ   リ l|ノj/ }ミ| 期. え ん
 り     に   '⌒{川ハ (}            }                彡イ{ノ ノミ| が. て . な
 ま.    も      乂{ l廴|          j                 ∧ーく{川|     い ふ
. し           | \}川          厶                ∧川{ }ト、l|     た う
 た           |   }彡}        (   `              / 川八{\\     に
.             /  ///,i         ー┬'^                {ハ}jl|川}l| 〉
            / /_イ//∧              .         /    | l| l|∨ リ/\___
.         /  ̄_彡///∧     (__ノー‐ヘ __   ノ       /      | l|八{\__
       /\  __彡イ////∧       `ー‐一'´ ̄       /      |八リヽ
\___/         {ハ{////ト、     `ー―一'      /          ∨


然り!

格闘家はパンチ一つをとっても、腕力だけで放っているわけではない!

大地を蹴り、腰のひねりを加え、腕から体当たりするように相手に拳をたたきつけているのだ!

だが空中では蹴るべき大地が、足場が無い!

必然的に踏ん張りが利かず、格闘家は腕力だけでパンチを繰り出す羽目になる。

そんなヘロヘロのパンチでは当たっても痛くないし、そもそも空中では姿勢制御すらままならないので、

当たるかどうかも微妙だ。

839無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 02:57:54 ID:MQexFMws0
   __                      ____
   ヽ― ―――            _  , イ==-  /
       ` ヽ 、   `ヽ\ , ――― 、 / <_  ./
            ヽ----/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ-- ヽ `ヽ、
           ,イ´   {ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\\\\
          /   / i:./:.:/:.///:!:.|:.|:.:|:.:}:.ヽ:.ヽ:.:} \
         /  -t‐´:.:.:.|:{:.:.:iyュx、/,≠、/:/:.:.}:.i:.:.i}:.i`ヽ\
       //   |:.:.:.:.:.:|ヽ:.:..込ソ  ゞソ〃:./:./.l/ リ
.       /    |:.:.:.:.:. |_-{ ヾ、   '  .ノ//://∨
             |,イ ̄   r| |>  ´イ //┐/__:.:ヽ
            { ||    Lヽ/斥 ̄|/ /    \ヽ
          r, | | L--  /‐////、´ /r ニニニニニニ }ヽ
        / || |r\ `ヽi ///7/ / {//       i:.:\
 r、    /: : : :||´ ヽヽ // \l- { / ヽ,′   _  /:.:.:.:.:ヽ
. {{ >. { こ>: : : :`ヽ} / i  i  ヽ   \ ,イ  --ヽヽ:.:.:.:.:.:‘,
  ・< >: : : : : :_/ ト |ヽ |ヽ__| |   ヽ/r―ヽ/  .:.:.:.:.:.:.:.i
     ・<L>¨ _ヽ:.:.:| ヽ| |. |||  | ヽ二二ヽ、//  }  }:.:.:.:.:.:.:|
        ヽ_<>.   |. ||   ̄ | ̄ ̄ }/  ヽ/ヽr、:.:.:. |
          |:.:.:・< >.  }}    == 、  |    ヽ | | |、:.:.:|
              !:.:.:.:.:.:..:・< >. / ――  |二二二: :|: |: :',:.|
           |:.:.:.:.:.:.|| ヽ´ ・< >.´  ‐ヽ } ――――: : :ヽ
               !:.:.:./l l/ヘヽ. ・< >.  i: : : : : : : : : : : : }


まあミッド式にしても大技には砲撃の反動の類はあるようなので、

きちんとした足場で踏ん張れるに越したことは無いし、

体勢が崩れれば命中率が下がったり、大技が放てなかったりという問題はあるだろうが、

それでも格闘者ほど厳しい制約ではない。

殴り飛ばされて体勢が崩れても、小さな射撃魔法のカウンターを浴びせる程度は容易だろう。

そして自前で飛行できる以上、空中でもある程度は踏ん張れるし、

多少体勢が崩れても建て直しは容易なのだ。

840名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 03:00:09 ID:UVnrf.Zw0
パンチは脚で打つものなのだ!

841無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:02:15 ID:MQexFMws0
                                        , -‐....-―――-..._
                                    / /::::::::::::::>、 ´ ̄
                          .   -──-  . / /:::::::/    \
                        , ´             ヽ/:::/ヽ        ,
                         /                ∨    \     |
                      /             `ヽ     ,\    丶   |
                       /       /  ' /     }_    }:::::\ 丶    |
                   ,  '   / / '    ' ー- 、 !::::::::∧  \  |
    i`i`Y´i                 | / ' /`/≧ト 、{i   i /, -‐ ´彡,ヽ::::::::∧      |
    |_.! ! .|   f´}        |ハi l| l|了≠ミN  |/,ィfチ了 '´ハ \:::::∧    .|
   / )、 ヽ 、  | .|        | Ⅵ| l| ハ ヒ::ソ \! ヒ::ソノ , ^ソ  |\::∧    |
.  〈 〈 ` `__ `¨´ |            从|イ| {i `        ´ //   .!  \:|   .|
   \  ´ヽ     |             __ヾ圦    .:i     /       |    `     |
.    ,\  `   ノ、.          /   ̄/\  ー__一  .イ\     .!         |
.     ト、::`i     |::::!      ___/ ,===/|l'::::::> _   <.|:::::i}    .|        |
.     | ` ‐----‐ ´|   .i´==='   .i ' ||::::/:::::|: : : : ;===|    .|        |
.     |_         _|     l____, -‐ ¨´ヽ__|∨ : : ' : :-‐|{    ト、   |        |
.     |` ‐----‐ ´|    _ノ_/.: : : : : : : : : : : : : : :_:_:_」|    '  ̄_`___       .|

                      __
                      \  \           , -―‐一ァ
                        >=-、\ __    /___/
                         フ>'´     `ヽ//⌒ヽ
                        / イ  /      、ハ) 、 ヽヘ
                      ∠V/ / // { ヽ\ Vl'、 \  ヘ
                       / { { {{ トk从|\j斗l ',!ハ\j   ',
                        /  V llハY冽  f冽リ j ∨    i
                          /  / ヽ从小¨´ '_ `¨/l∨  ∨   l
                       /     /   |.lゝ, _ イ/     ∨   l
                   /  / ̄`<⌒卞弋寸代),、    ∨  l
                     /  /    {{/ヾ ⅦI/_,/゙ ̄`ヽ  ∨  !
                _,、_ /  /≠ミ  〃 /⌒Y⌒`く∧   \ ∨ハ
       (\ rv、_/〈〈 〈¨¨ ̄    __7  ヽ ___,∧   〉 {ー'´ ̄} ∨∧
        (ヽ\^-ゞヽ\ ヾ、ヽ   _,>'´ /  く _,小_\/{7 }   /  ヽ 丶

格闘者なので打撃に踏ん張りが必要なのに、飛行能力が無く空中では踏ん張れないヴィヴィオと、

ミッド式なので射砲撃に踏ん張りをあまり必要とせず、しかも飛行能力のお陰で空中でも踏ん張りやすいなのはさん。

空中機動力そのものの優劣に目をつぶっても、攻撃の自由度に圧倒的な有利不利があるだろう?

・・・それでも勝ったヴィヴィオは恐ろしい化け物だが、まあとはいえユニットとしての総合的な相性で評価すれば、

やはり空戦ミッド>陸戦ベルカと言わざるを得ない。

(それに空中の岩塊というハンデを貰っての話だ!)

842無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:07:11 ID:MQexFMws0
     . :ハ: .
    : :i| |i: :
    : :i| |i: :
    : :i| |i: :
    : :i| |i: :   ___乂x≧ー-ミ
    : :i| |i: :   爻≠ , -‐-ミx ーァ
    : :i| |i: :ー-ミ /  '"   __   }刈廴,
    : :i| |i: :` < ) ´ ̄    ノ;  ヾ辷二ニ=ミ
    : :i| |i: :\  〉"⌒ー-ミ ./,≠  ィア /^
    : :i| |i: :  `Tハ  tt_ァァ--〈ぇ㌫孑_彡"
    : :i| |i: :  ./∧  / ー-乂  八
    : :i| |i: :.イ  .{: :\ -‐ - ー .イ イ\
    : :i| |i: :⌒ヽ V. : :> == ィ_ ノ./.ノ ハ
    : :i| |i: :   ∧. ': : : : : : ^゛: : ./  イ {
    : :i| |i: : .   ∧ ∨ : : : : : : : {    i  }
.   ./八..刈 `ヽ ハ ′: : : : : : :.}    |/
    {/⌒7ハ. ハ.  ' . : : : : : : : :{   |  i
   弋ー-ァ./ハ  i}   : ' : : : : : : : :}.   |i : ,
     辷才  i} ノ  i }ー-: : : : : {.   |l .∧
     }ilil{__ ノ   '   {: : : : : : : : :'.  .l:  ∧
     辷{ V  /  :i }: : : : : : : : ハ  : i  ノ
          } .イ   ! .{: : : : : : : : : : }: !.|/


・・・そして、陸戦ベルカと同様の問題はジェダイの騎士にも存在する。

近接攻撃において「踏ん張り」「足場」「大地を蹴る」という要素が重要だということは、別段ベルカ式に限らずあらゆる武術に共通する課題だからだ。勿論ベルカとジェダイ以外にも存在するだろう。

まあ、ジェダイの騎士も熟練者ならフォースの加護である程度は空戦もどきを展開できる。

できるが、足場の無い空中で、踏ん張りを利かせた重い斬撃を放てるだろうか?勿論、無理だ。

843無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:10:46 ID:MQexFMws0

                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『ならばだ。逆に考えて』

『ジェダイの騎士が、重い一撃を追及した場合』

『どういう流派が出来上がると思う?』

844名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 03:11:55 ID:WZs85cJQ0
相手をフォースで縛り付ける
相手の遠距離攻撃を打ち返す

845無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:16:39 ID:MQexFMws0
>>844
           ,ィ≦三三三>ヾL_
       ー=≦洲州州州州州州ヘハ`
       /州州州双州朴州州州/',
      /イ州州|!~マ双',`ハ `∧州州',
      /´州州ヽ! _  `ィ辷歹州从州
     ,' 州州从〈ヒリ j     /州从Ⅵ
       |i| 从从  ` __x  / 乂リゝ
       V ´ ヾヘ  ~ヽ-´   rtイゝ
            ゝ、    イ_!ヽ
             ヽ=-<二_二}__
           <Y´ ,-=≦三三三三>->、
           ヾ i! ,|三三三三三/三三V
          <ヘ|/三三三三/三三三/
        _イ|  |〇三三三三∨三三三三ハ
       〈三仆  !三三三三三ヘ三三>―ムニ>、
       /三/|   !三三三三三.イ`´ ̄ 副 会 長|
       |三/ |   !三三三三三/| レニフ ==   |
       ヽ/三',  !三三三三三/| <V三三ハ >リ
        |三/|  |三三三三三〃ヽ-V三三三{ ̄
       州三',  |三三三三/V  ヽ:|三三三h
       州三/';,  !三三三三/    マ三三三||
      ノ三〇三!  !三三三V     j三三三||
|`ヽ、_ノ三三三三,  !三三三|      i三三三||
|三三/三〇三三三',  V三Γ~〃 ̄>-/三三三||!
|三/三三三三三i~ゞ=斗三| 八    ,'三三三/||!、
レ"三三/ヽ三三/i!三  ヽ斗 八   ,'三三三/O|| `ヽ
三三/三三マ三/ト"  _ -┘ .八  ,'三三三/O|||  ’、
ミミ/ 三三三マ三/ト" ~ ノ ̄| 弋八 ,'彡チ!  ヽ寸   、
三´三三三三マ彡チ!´ ̄´   |  弋乂ゝレ'    |ムリ  〃’、

『そうだね。それがシエン、もしくはシエンをより攻撃特化させたドジェム・ソと呼ばれるフォームだ』

『では、シエンやドジェム・ソの使い手は』

『踏ん張りという観点で見るとどういう性質になると思う?』

『空戦ミッドのように、踏ん張りにあんまり左右されずに攻撃できるのか』

『それとも陸戦ベルカのように、踏ん張る足場があるかどうかに左右されるか?』

846名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 03:28:10 ID:WZs85cJQ0
踏ん張るというより、フォースの流れを重視してるから、体術的な運用はしてない?

847無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:28:12 ID:MQexFMws0
                        ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=-...,,_
                        ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ. ̄ ̄"''‐.。,,_
                     ,イ::::::::::::::{:::::::::::::::{、Y'"ヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヘ、     "''‐.。,,
                    /::ィ::::::::::::::ハ:::::::::::从  /`ヾ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       `ヽ
                    /,ィ:::::::::::::::,、:::',:::::::::::',:::く,,zzzzzミ::、寸:::::, 、:::::::::::::::::::ヽ
                   /' ,':::::::::::::::i ヾト|:::::::::::::',ヾ〃):ハ 》ヾ ',:ト:}ハ Y:::::::::::::::::::::>                    _
                    {'. {::::::::::::::::{‐''ヾ',、ヾ、::::::::\ゞソ     ハ}/ .ム::::::::::::::::::::::::::::::>             _.. ‐''"
                  ', {:::ハ::::::::::l〃てハヾ、 `ヾ-=ゝ、_    j、./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、   _.. - ''"   _... - ''"
                       l:::{.',::::::::トヾ ゞソ 、   ヽ   `   ム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''"    _.. - "
                    ',::{ ',:::::::::ヘゝ、_       ‐    ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''"    _.. - ''"
                     ',:{ ',{ヽ:::::::ヽ `''‐  ´    ___/_|__::::::::::::::::::::::>''".   _.. - :::::::::::::::::::≧s 。
                      ',!  ', ゞ、:::::ヽ、    /Y⌒ヾ───‐V::>''".    _.. - ''"‐=≦:::::::::::::::::::::::::::::::≧s 。
                      ',   ヽ ,,,>゙ヾ:::≧,ァ'/ヽゞ='=====‐''"    _.. - ''⌒''‐-=::::::::ヽ `<::::::::::::::::::::::::::::::::::≧s
                      ,ィニニニニニニニ=、二`ヽ〈. -''"    _.. - ''"‐=<      `'<:::::ヽ  `<:::::::::::::::::::::::::::::::
                    _  ,イニニニニニニニニニ.>''"   _.. - ''"  >=-寸zx `"ヽ     ヽ:::::ヘ、 `寸:::::::::::::::::::::::
                   /:::::ヾニニニニニニニ>''".   。s≦ \  ,.-'゙´  ゚   `寸ハ. ',      ヽ:::ヘ.   寸:::::::::::::::::::
               __,,イ::::::ハ::≠,ィニ>''ヘ ',.   。s≦ニニニニニ\`>、        ',ニ} ',        ヽ::',.   `寸:::::::::::::

「答えは当然、踏ん張る必要がある!だ」

「それも全フォームの中でも特にな」

「格闘家が大地を足で蹴ってパンチを打つように」

「シエンやドジェム・ソもまた攻撃の瞬間足を大地に固定し、あるいは大地を蹴って」

「斬撃を放つ必要がある」

「・・・ってことは、攻撃の瞬間は足を踏ん張るために使うから、足を動かすのは必然的に苦手になるわけだ」

「だから機動力がない。攻撃に傾斜してるから防御も苦手」

「回避も防御も苦手で、本当に攻撃特化なのさ」

「それから、空中戦を強いられたヴィヴィオが苦戦したのと同じく」

「足場が無い空中戦は苦手だし、空中戦ってほどじゃなくても不安定な足場も苦手だ」

848無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:28:54 ID:MQexFMws0
>>846
『いや踏ん張ってるよ?フォースを併用するにしても、基本となる体術は重要だ』

849名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 03:30:53 ID:WZs85cJQ0
ベルカ式レベル5と同時運用すれば、攻撃力と攻撃回数が攻撃回避防御を兼ねるぞ!

850無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:34:22 ID:MQexFMws0
                             _,,,-==ニ三三ミ==-、
                             ノノノノ=三二三ニ=ミミミヘ、
                               r彡rff彡=三二三ニ==ミミX小
                           //,イ川/彡三=三二三ニjj川川i
                            //j|川彡==‐¬''" ̄ ̄ ヾ巛〈{ルj
                        |jノj|jjj/         . : ::..: :`辷彡l
                         杉j州         .: : ::.:.:.::::{ミ_彡|
                        ノjj州   ヽ, r' ,. : .: : : :,. ::.{ミ.彡j
                         洲ト、,,,__ `ノ{ ノ.: .:: :.:._,く : :.:lミ彡く
                         | `=彳 !r'::ィ芹=乏´ .: :..::iミ´jヾ
                         l    '"ノ .::`ヽ` ̄  .:,, :::jノ/
                          __li   :,' j' .i:.:::.  丶   ,;'.: :jノ ー- ._
                     ,. -‐'´ ̄Y /|i  /,,.トJ,,:ィ:     i"; ::八|      ``ー-- ._
               ,.-‐'         |  | /r州j小i;iiぃヘ,,  :゙::::ソ :/l             ``ー- 、_
               /           l  i ノjj :广"' ''¬トミミi   j/ :/ :l                   ヽ
                /               l  j州 八、,,,.__ノ从州  :/ :/  l                  ハ
             /                l  {{jit_,,,`ニニ´,ノj州:,.イ _/   :!                   / l
         r'´                   l ', 刈ルjj川川ノ州レ'  :/   :l                  l
         _人                l ト、  :刈川jjチ''´   /    :j              ′/ |
       [ハ ヽ                | l ',     、 //   :/     ノ                 ′′ ,|
       ∨   ヽ              | l  ',   ∨ /   :/    /                ′ 〃!
        /                   l l   ヽ    V   /     /                 /   ″|


「チノ=リを得たぞ!」

そう考えると、オビワンとアナキンの決着において、実は本当に地の利が重要だったことがわかるだろう!

オビワンは比較的大きく安定した岩塊に立ち、

一方でアナキンは空中に浮かぶやや不安定な足場に立った。

しかもアナキンは安定した岩塊に飛び移るために、【空中に跳躍してしまった】のだ!

・・・しっかりした足場で踏ん張らないとその力強い斬撃を発揮できないシエン ドジェム・ソの使い手であったアナキンが

不安定な足場に立つどころか、不安定な足場すらない空中に飛び出してしまえばどうなるか?

・・・その結果がチノ=リというわけだ。

851名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 03:42:24 ID:0eiI9VKM0
それこそが、オビ=ワンの『高み』ってやつだったのかもねえ。

852名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 03:43:25 ID:WZs85cJQ0
本来、英語では「お前より高い所に立ってるぞ!」とか「優位にたったぞ!」とか言ってる場面らしい

853無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:54:36 ID:MQexFMws0
>>851
>>852
                      _, ---―--------ァ
                      , ..::':.:/: /ヾ ::.:.:.:.:.:.:.:.:..<
                      /彡 ' : : i: i: : :ヾ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                /: : :/ : : :i :i :i : : : :ヾ:.:.:ヾ.:.:.ヾ : : \
             -=イ: // : : :i :i :i i: : : : : :.ヾ :.:.ヾ:. :ヾ:.:.:.、\
                  / /: : :ハ: :i :i :i i: :.:i: :iヽ.:.:ヾ.:.::ヾ: : ヾハ\゙、
                 ∠/: : : : ハ::ヾ:、ヾ:.: :i :|  \: : : ! : i: : ヾヘ \
                  /:.:./i: . .:.ハ: :.ヾ:.ヾ: i.:|   V:.:.:.:.:.:i:.i:.::ヾヘ
              /イ:ハ: :.:.|  ヾ:.:.:ヽ:.ヽ::!     V:.:.:.:.:i.:i.iヽ、:ヽ
                 |小',:.:..:|゙'ー--ヾ.:.:.:.ヾ;\-‐''¨´Vハ:.:.:.:iハ:::.}\
                 1ハ:.',.::::戉元ミ \:.:.:ハ` 夊行テト:ハ: : | V
                   !ハ:.',.:ハ ゞ ┘゙  \:.:',   ヾ‐' 'リ ハ:.リ
                     ハ、ト、ハ     i `ヾ    r_ソハ:|
                  ヾ:\ハ    `       /:::/リ`!
                       V\`__   ー= ‐    /ハ::|
                  r--'//ハ、     ,. ':!::/___リ_
                      V_,,..イリ `: - ':   ハ|>//// ヘ__                       __,. r<
                    }ヽ/// |:       ,'|⌒//>、/)// )             __,. r<<<<
          ___rーーく/////::ノ:      ,'. \/// // /ー'         __,. r<<<< >‐''゙´
         / ヽ////\//ハ \// /ー 、  , '- ' ^ Vイ//人        __,. r<>>> >‐''゙´
         /////::ヽ/// ハ//ハ//ヽ/             i//Y///>-.__,. r<<<< >‐''゙´
    _.///// ヽ//ヽ///:ハ//ハZZ;, -、      ,ィ</\ __≫‐''゙´ フ>> >‐''゙´
  ///////ム--ァーーーァ⌒ー':、:::::ヽ:::::ヽー- '_´ィ^Yェ- ''゙  __,. r'__>‐''入
 ///77777´////// /:::::::ヽ::::::ヽ, -'ヽ⌒ヽー'ハヾ \__,. r<  (///////ハ
 //////////////iイ::::::::、:::/^ く⌒ヽ  ヽ  }>{{::::::::ハノ   ___>'  ̄ ̄ }
 /////////{////:{ハ::::::::::::ハ  ヽ  }  |__,ケ'^\:::::::ハ //////{.  \ヽ|
 /////////|// ,-、__,. r<::::::ヽ  }  レ-' _う>- \  /` ー-- /ハ:   |
 //////// ハ//:::::{::::::::::::::>‐''^ー'个_,--- '   ( )) ` ̄\///////\ニニ|
 /////////: ハ::::::ハ,‐''゙´ヾ///////)   /⌒ヽ  ノ     ̄ |////////ハ
 ////,>'´ ̄ `ー '   |//////   ///////`三ニー-、.   |/////////ハ

「俺が上でお前が下だ!ってあたりはどうかな?」

「挑発もかねた事実の指摘ってやつだ」

「実際、足場が重要な支援を不安定な足場に追い込んだ時点で、割と勝ってるしな」

854無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 03:56:50 ID:MQexFMws0
                     ,  -――-- .、
               /: : ,: '/: :.ヽ `: 、ヽ
                 , ′: :/: : : : : : : :ヽ : : ヽ\
             /:/ : :/ /: : : /: ∧: :',:.i: : :ヽハ
              ,′: : /:/イ : :/ :/  V: :.i i: :i ',:.',
                i: i: : // リ :/ :/ __V:.|:| :.|: i: i
                |: !: :7⌒メ://イ '´__,_,`V|:| :.| リ.:|
                |: !: :!,ィ芹ミ∧ ! ´,永ミiメ|!r-v'.::!
               |:.|: :〈 込リ`:::i    込リ イ! ハ }:/
              !!: : :!  |! ::!        |!_ン:/
                 V: :八  ! _        /|::::i:.|
                V: :.:!\   ̄´  ,. イ |!:: i.:|
              V: :V_:`::i. - :≦r::┴リイ!⌒ヽ、
               ∧: :.V ̄}}゚::::::::::{{.:/:::/-:-、:\
                __〉 V: :V:{{:::::::/::}}::ィ<, --、:`::〈
              /::::::::::::::\:V:::》:::::i:::《::::/:::/==、/::\:\
          /:::::::::::::::::::::::::\/ :::::i::>:´⌒TニY,--===:}
            / ::::::::\/::::::::::::ii >:::´::::::::::::::::入U/.: : : !
           ,/:::::::::::::::/::>イイ´{ ::::::::::::::::::::、ムVヘV : : : : .|
        /::::::_::>::::´: ::::::|!::::::|::::::::::::::::::ノ-ァ'::::::ヘV: : : : |
.        /´:::::´:::::::::::::::::::::::::|\:::〉ー-ァ'/:  /::::::::::::≫.==/
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|イ'<:::::::::/:/〉/::::::::::::,'././
.       {ヽ.:..:..:..:.:.:..: :..:::| |::::::::::::::/= 、/::::::::::;:'::/::ノ
      \-=======三三_リ/::::::::::::::`ー‐':::::::::,'././´
       ` ̄ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::.:::,'::::ii::::/

技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む):キリト ドジェム・ソ*4
わざマシン・ひでんマシン(ポケモン系スキル):キリト ミルクのみ 異次元ホール 回復封じ 挑発
偶像の化身(固有技能含めて何でもあり):キリト ドジェム・ソ*3 広域源素還元
スキルを創るスキル(めだかちゃんが新しいスキルを作って覚える):世界遺産をつくるスキル イカサマを見破るスキル 株価など市場の値を操るスキル  電波文章を作るスキル
めだかスキル学校(めだかちゃんのスキルを誰にでも何でも教えられる。一般兵でも固有能力でも):キリト 時間や世界の壁を越えて悪意を感知し位置を割り出すスキル 悪意を持つ相手の意識を自身から逸らすスキル  同化を封じるスキル 決闘をさせるスキル
完成G(他者のスキルを使いこなす):キリト 美味しい母乳を出すスキル  ドジェム・ソ*3
正喰者(スキルを魔改造する):キリト ミルクのみ→ミルク飲ませ


「従って、今回俺が集中訓練したドジェム・ソにも同様の問題が残る」

「高い攻撃力を維持するためには、それに見合う足場で踏ん張らなきゃいけないわけだ」

「・・・結構不便じゃないか?俺がダンジョンマスターなら絶対弱点突くぞ?」

「フロアを砂場や水場で埋め尽くしたり」

855名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 03:58:27 ID:WZs85cJQ0
まあ、「I have the high ground!」をあの場面で上手く訳せってのがね
英語本来のセリフも不味いと思うよw

856名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 04:05:08 ID:WZs85cJQ0
でもキリトさん雷神とかあるし?
バリアとか当然張れるから、問題ないと思った

857無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:07:55 ID:MQexFMws0
>>856
                /: : : : : : : : /: : |: : : : : : : : : : :\
               /二ニニ7: : /: : : |: :lニニニニニ二二\
              /ィ/: : : : : : : : : |: : :..:| : : |: : : : : :|: : : : : : \
             / //: : : : : :/ : : /|: : :..:| : : ト、:..: } :|: : : : : :ト : :\
                 //: : : : |: i{: : :/ .|: : : :.。:..:| V } : j: : : : : ::. `¨¨
            /イ : : : :..|: ||: :/  }:ト、: : ’:..:|  Ⅵ\}: : : :|: :|
             |: : : : : |j八/ ̄`ヾ ∨:..:゚。|斗┼-、} : : :|: :|
                八}: : : :|_,.イf笊`ヽ} }: : : レf笊㍉ }: : : j|:|ノ
          { ̄ ̄} レヘ: :∧ }弋ツ    八: /}弋ツ /`ハ: /i:}ノ
           }~~~{  { い、:ヘ ¨¨´    リ  `¨¨ / リ Y
           |_/|   、ヾ \      ′       /,} /
           |   |    \_} u             ;_/
           |_/|       }::.      __       /
           |   |       }::::\   ー―`   /
           |_/|      レ|::::| 丶      , イ
           |   |       ノイ:|   ` -- /リノ
           |_/|          /       {
           |__|     r-/        |\
       r=='=====ァ⌒ヾ {          |  ヾ⌒;.、__
       |:::::::::f¨ヽ:.:.:.:.:\\               } | | ヽハ、
       |:::ィ´ \∧:.:.:.:.:.∨ハ`ー―--、   r―… } | |  | | ハ
        /、: : : /V∧:.:.:.:.:∨ハ\          ノ.//....//: |:}

「この場合【防御力があんまり役に立たない】んだ」

「砲撃を受けて俺は無事」

「でも足場も無事で居られるか?」

858名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 04:09:12 ID:WZs85cJQ0
頑丈な足場の問題だったか

859無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:09:30 ID:MQexFMws0

             ヽ ヽ            ,,,,,,,,,,,,________,,..
              ヽ ヽ   、,___,,,,..-‐'´: : : : : : : `'''‐、
               ヽ ヽ    /´: :/ : : : l : : : : ヽ: : :\
                ヽ ヽ  /: : :/ : : : : : :ト:、: : : : :ヽ: : : :i゛
                _ゝ-..ヽ/: : /: : : :,-i : : ヽヽ: : : : l : : i: l
             ,. -‐': : : : : :/: :/: : /ll l: : : l i、ヽ: : : l: : : : :l
          ,. -'´ : : : : : : : : /i: :l: : /、,_l| ヽ: : l llヽ,,ヽ: :l: : l:,、:l
       , -'´ : : : : : : : : : : : : : l: :l: :l〒=、'、 l: :,.l-l‐___‐ヾ、l: l:l
      /: : : : : : : : : : : : : : , ''´l::/i: :l ハi::::)  ヽ: :k'i::::i) i: : l):/゛
     /: : : : : : : : : : : : , -'´   " 丶: l     ヽ:l. `''´ l::!!:/゛
    l: : : : : : : : <''' ´          l   ´     /::/
    丶 : : : : : : : : ` ‐- 、      __,,,..`..、 - 、   ,./〃
     丶: : : : : : : : : : : : :` ‐-‐‐|´: :___;,;,;,l`   ‐ ´/`ヽ、
      丶: : : : : : : : : : : : : : : : :`''i´i: : _ノi    l`ヽ: :丶.
        `‐ 、,: : : : : : : : : : : : : : :): :l:l丶、l    ): :,.丶´、
           ` ‐-、: : : : : : : : : :ヽ::l::ヽ  ''´,.//´ : : : `‐- 、
              ` ‐ 、: : : : : :_ヽl: : :`-‐'´:://: : : : : : : : : : :i
                 `i  i'´ `il: : : : : :/: :/'‐‐-、,: : : : :i´ 、i
                  l : : ト- '´): : : : /: :/、,; : : : : `'>: :(  l
                 l ,:.:.l  l´: : : : l: :/: : : :`'‐ 、/: : : ヽ___l
                 / `i  i'´゙i`l、,_l: : l: : : : : : : : : : : : : : :/、
                   ト`´/ヾ、'´,ノ: : ト、l : : : : : : ,,: : : : : : : ヽヽ
                l `´/: :/: :``丶、l: :l`丶. : : :ハ: : : : : : : : / 丶
                l: : /: :/ : : : : : : l`'i 、: : `ヽl: : i: : : : : : : l  丶
                /: :/: :/ : : : : : : : l: : i:`丶、/  l : : : : : : ト、  丶
               /: :/: :/ : : : : : : : : i: : i : : : l   l : : : : : : l丶   丶
               /: :/: :/: : : : : : : : : :ヽ::ヽ : : ヽ  l: : : : : : : l_ 丶   丶
             /: :/: :/: : : : : : : : : : : :ヽ::ヽ : : ヽ  l: : : : : : : :i  丶   丶
            イ: : |/: :/: : : : : : : : : : : : : :丶丶 : : `i l: : : : : : : :l   丶   丶
          / l : : l: :/: : : : : : : : : : : : : : : :丶丶: : : :`'i: : : : : : : : l   丶   丶

「あるいは足場を崩すまでもなく、最初から無い空中や水中の戦場だったら?」

「まあ他の剣術を使えば良いが、ドジェム・ソは死にスキルになるな」

「どうにかしたいと思わないか?」

860名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 04:11:26 ID:WZs85cJQ0
思うね

861無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:14:34 ID:MQexFMws0
          _  ―━― _
      _  ‐  ̄:.:.:,イ^:,:/:.:.:.:.:.:.: \
         /:.:.:.:.i|:.:.:,、:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.\
.         /:.:.:.:.:.:.:j{: : |⌒ヽ:.:. \:.:.:.:.:∧
         /:.:.:.:.:.:.:,/|:.:.:.|   ∨.:.:.:.;.:.:.:.:.∧
       /:.:.:.:.:.:.:./-j::.:. |, ― ∨.:. |:..:.:.:.:. |
      ,/イ.:.:.:.:.:/,=ミ、:.:ヘ.,斧ミ ∨:.|>-く : |
       |.:.|:.:.:《{ ヒソ \ヘ ヒソ |:. |く」}} |i
       |.:.| :. ∧,,, ヽ  \  ,,, i:..:i!, イ:.:.:||
      j{:. !:.:.:.:{           |:.:.|:.:.:|:.:.:.||
.        乂.:.:.:.:.\  ー ´   /:.,イ:.:.:|: 乂
        {  }:.:.:.:} .ム__ .。≦ /:./ i:.:.: |{  `ヽ
       } j{:.:.:./ ./:..:.:.:}_./イ ./:.:.:イ:. |
.      /  |:.:/, _`くニニニニ /:/ニj{:.i
     /   ,:./  --くニ(_)ニ /:,<ニニニl:.:,
       //   ―く―<イ://二二.\\
    {  //   /-」_'__/::/{i二二二二}:.:.,
     Y:/  ,ノ////,:.:./ニ,イ二二二二{:.:.:.:.\
     /:{  /////,.{:.{二 /i!|二二二二i| .:.:.:.:.:.:.:.,
     {:.:.|  i//////|:.:|二,二i!二二二二i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
.    |:.:.|  i//////|:.:|、二二!二二二二i!:.:.:.:.:}\:.:j{
.....   ∧:.:,   !/////人:.:.\ニj{二二二二|:.:.:.:.:|  }オ
.   〃ニ\.  |///////\:.:.}ニj{ニニニニi!:.:.: / /イ
   /∧.二.\i!///////「___j{ニニニニi!:.:./
  {二ヘ二二//////////////i|ニニニニ!.:/
   ∨ .二二 }/////////////i|ニニニニ!,

「だよな!」

完成G(他者のスキルを使いこなす): 完成G(他者のスキルを使いこなす):キリト 美味しい母乳を出すスキル  ドジェム・ソ*3

「さてその前に、完成Gでちょっと面白い現象を発見した」

「完成は他者のスキルを使いこなすスキル」

「では、剣術を使いこなしたら、何が起こると思う?」

「ただ単純に、レベルが3上がるだけか?」

「いいやそれとも・・・」

862無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:18:14 ID:MQexFMws0
                   \\_
              `ーニニ´: : : : : : : : : ` :、   -、
               //: :/: : ィ:∧: : : : : \/  V
               /''7: :/: / /:7'''''ヽ: :}: : : /   |
              / . :/: :/'_,,、ノ /ァ''ぅh、V: : :l    l<_  )
           -‐'" 7: : :}'゙(jリ:/  .j紗'゙ }: :.|:.|    j\ーX゙
               /: :/.j''"゙       /: : |`|    |}: :ト、
            /: :/叭   ___    /: : : レl    |{: : | ヽ
              ノ/V   ∧ `¨` /7: /: : { j   / }: :.|
          // {  j/ ∧   //}: : /∧  / /: : :|
        /: /     }    ̄// /: :/}\ ー' /:{: : : :|
        j: /        ,. :' '" }  /: / ハ: : `''''": :|ハ: : :l
        |f゙        /´  _ ノ''7: / /: :}: : : : : : l:.ハ: : :.
        |      /  /  /}: //ノ: : : : : : : :l/: : l: :、: .、
             /  /    / |:.{/: : : : : : : : : :j: /:}: : ト、:.、
               { /     { V: : : : : : : : : : /´ノ: :|: :/ \:..、
            _,/   _,,...    }: : : : : :|: : : ://: :./:./    `ー--
\ ___,,,.. -: : -ァj::.. : :'"     |\: : : ::}: : /-‐ '゙ノ:/
     ̄ ̄ ̄  /:::}        \..、_ヽ: : :|/...: ''"/
        //:::::/            `lー---r-‐ '"
  `ー=== ニ7: : {::::::l           / \: : : :\
     /;.イ: : : l::::::}          / /::::`::::::7'''": : ̄ ̄: :ヽ
    /: /: :.|: : : :\:}             { {:::::::::::::::: : : : : : : : : : : : V
   /:/: : :ハ、: : : : :|           |:::::::::::::: : : : : : : : : : : : : :V
    j/: :/   \: :.|            V::::::::::: : : : : : : : : : : : : : l
    }: /       ` l            V:::::::: : : : : : ;. --―‐-、:}
    |:.{        j             \::::::. : /
ム  、:{       /|        _,,.. -----r--,´
:マム,  \   /{   !    _,,..rf'´: : : : : : : : : |: : ヽ
  マム,   /ヾ:::::>'゙ | ,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :V
   ヾムr j´  /´  j<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V
   /゙寸' /    Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
   |く<マム       {ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
   `ヽ) ̄ヾム    j }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|: :/_}
          ヾh,    |: : : : : : : : : : : : : : : : : :Yノ: : : : {
          \\   }: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : :|
           \\}: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : {

「俺が使いこなせる限界まで、強制的にレベルが上がるか?」

技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む): 技能アプリケーション(脳にスキルを植え込む):キリト ドジェム・ソ*4
偶像の化身(固有技能含めて何でもあり): 偶像の化身(固有技能含めて何でもあり):キリト ドジェム・ソ*3 広域源素還元

完成G(他者のスキルを使いこなす): 完成G(他者のスキルを使いこなす):キリト 美味しい母乳を出すスキル  ドジェム・ソ*3



ドジェム・ソ:レベル28→ドジェム・ソ:レベル300

863名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 04:19:22 ID:WZs85cJQ0
うむ! 達人は攻撃のダメージを大地に逃がすと聞く・・・
つまり、剣術を完成するレベルで極めれば、なにもない所であろうと、十全たる攻撃を繰り出せるというのか!

864無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:22:12 ID:MQexFMws0
>>863
                        ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=-...,,_
                        ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ. ̄ ̄"''‐.。,,_
                     ,イ::::::::::::::{:::::::::::::::{、Y'"ヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヘ、     "''‐.。,,
                    /::ィ::::::::::::::ハ:::::::::::从  /`ヾ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       `ヽ
                    /,ィ:::::::::::::::,、:::',:::::::::::',:::く,,zzzzzミ::、寸:::::, 、:::::::::::::::::::ヽ
                   /' ,':::::::::::::::i ヾト|:::::::::::::',ヾ〃):ハ 》ヾ ',:ト:}ハ Y:::::::::::::::::::::>                    _
                    {'. {::::::::::::::::{‐''ヾ',、ヾ、::::::::\ゞソ     ハ}/ .ム::::::::::::::::::::::::::::::>             _.. ‐''"
                  ', {:::ハ::::::::::l〃てハヾ、 `ヾ-=ゝ、_    j、./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、   _.. - ''"   _... - ''"
                       l:::{.',::::::::トヾ ゞソ 、   ヽ   `   ム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''"    _.. - "
                    ',::{ ',:::::::::ヘゝ、_       ‐    ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''"    _.. - ''"
                     ',:{ ',{ヽ:::::::ヽ `''‐  ´    ___/_|__::::::::::::::::::::::>''".   _.. - :::::::::::::::::::≧s 。
                      ',!  ', ゞ、:::::ヽ、    /Y⌒ヾ───‐V::>''".    _.. - ''"‐=≦:::::::::::::::::::::::::::::::≧s 。
                      ',   ヽ ,,,>゙ヾ:::≧,ァ'/ヽゞ='=====‐''"    _.. - ''⌒''‐-=::::::::ヽ `<::::::::::::::::::::::::::::::::::≧s
                      ,ィニニニニニニニ=、二`ヽ〈. -''"    _.. - ''"‐=<      `'<:::::ヽ  `<:::::::::::::::::::::::::::::::
                    _  ,イニニニニニニニニニ.>''"   _.. - ''"  >=-寸zx `"ヽ     ヽ:::::ヘ、 `寸:::::::::::::::::::::::
                   /:::::ヾニニニニニニニ>''".   。s≦ \  ,.-'゙´  ゚   `寸ハ. ',      ヽ:::ヘ.   寸:::::::::::::::::::
               __,,イ::::::ハ::≠,ィニ>''ヘ ',.   。s≦ニニニニニ\`>、        ',ニ} ',        ヽ::',.   `寸:::::::::::::
        ,,,-=ニア´::::、::≠,イ   ',  __,〉-=ニニニニニニニニニニア⌒ヾ、 ヽ 。      ヾ!  ',           ',::',    `寸::::::::

「その通り!」

「ま、厳密に言えば何も無いわけじゃない」

「ヘリオスと同様に、力強い踏み込みで「空間そのものを蹴っている」のさ!」

まあ空間を蹴るとか燃やすとかは覇道神なら割とデフォルトでやらかすが、

逆に言うと剣術を極めた先はまさしく神の領域ということである!

865名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 04:39:16 ID:WZs85cJQ0
まあ、変に多芸より一点特化が正義だし

866無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:46:15 ID:MQexFMws0
                 | |
                 | |  。゚    o
                 } | ハ  ゜
                 } i l|
                   ノ } { { 、
.            \  { |ニ∪
.              ヽ, { {=ニ。
.            \  J ゚) 〃
.              \  { }
.            ―‐J  Y }.'_            _ ―━― _
.             ̄\ __ ,〈.゙x          _  ‐  ̄,イ^:,:/:.:.:.:.:.:.: \
                  / ,ィヘ∧.            /:i|:.:.:,、:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.\
                  Vヘ ',ハ∧.           ./.:.j{: : |⌒ヽ:.:. \:.:.:.:.:∧
                  Vハ ',ハ∧.          /.::,/|:.:.:.| u ∨.:.:.:.;.:.:.:.:.∧
                  Vハ ',ハ∧         V:/-j::.:. |, ― ∨.:. |:..:.:.:.:. |
                Vハ ',ノ:∧       .i:::|赱リ:N ィチ赱 }i::::::,r cィ
                    辷ハ   x=ヘ      i/l/i/i '    -- .,/:::::::(ノ/!
                    Vハ //ヽ.ハ.       |::.、r - 、/i/i ⌒7ノ.:/.:|
                    /こフ} {>、 ノ|>..    |::::. ∨::::} .イ /.:}_--、
                    >≦_>ヘーヘ,{.      _----__,rT_r'/.::::/´ニニ=-_
                   /^\)ー.:.:.:{/   _-=ニニ/ /イ  {:::::/ニニニニ=-_
                {⌒ 、ア:ー'.:/.:.:/..  /-=ニ,/七⌒ <. ∨′ニニニニ=-_
               ィ⌒)_」><´.:.:.:.}ヘ.../>  ̄´  ´      ヽ{ニニニニニ=-_
            //      ヽ__...> ´   ´         /ニニニニニニ=-}
           //     ._,..ィ> ´   ,   r=ミ__      /ニニニニニニ=-_,
            | |   .   ,ィ≠マム..   /. r≦二 ヽ)__     {ニニニニニニニ{
           | |   .イ二)).}ニニ]  ..′  Y´__ `ヽ{\}   >-i{ニニニニニニ}
         | |  ./ /マニニ少´   {  /ゝ⌒__ィ {/   ,_-=ニゞ=--=ニニニノ
          .| ゝイ./  ¨`ム          、{ゝ==j_!  /ニニニニニr' ̄}
          `ー     .`¨、    ゝ        イ_,ニニニニ,:j!::::/
                  ` ≧=-=≦ {   ̄ ̄ _-=≦⌒ニニニ/从/
                         { {    /ニニニニニニ/__{

キリト特殊能力: キリト
保有スキル:
切り払い
アタッカーレベル3:攻撃力3倍 二回攻撃:二回攻撃可能
極み:命中率、回避率にそれぞれ+30%補正。
絆の盾 二刀流 念能力 八門遁甲 忍術 完全魔法 万有の化身 万有の生命力 咸卦法、闇の魔法、魔法拡大、万象咸卦法、雷神、サガク剣、逆境、激運 魂、覚醒、加速、直感(スパロボ)愛、勇気、忍術、仙術、陰陽影分身、心眼 、カウンター、剣豪(スパロボUX)
英雄のダンジョン:キリト:魔演掌握 システムユグドラシル 自己世界精霊 多重次元屈折現象 ロザリオインペール※3 二刀烈風剣※4 無拍子 乱れ雪月花 神鳴流(ネギま!) 12の試練 ナインライブズ 無限の剣製 急段GM権限 
パイロット強化合宿:キリト 精神耐性*3 インファイト×6 ダッシュ*3
【シャイ=チョー】:もっともシンプルで基礎的なフォーム。
マカーシ:剣術同士での斬り合いの際に相手の防御行動・回避行動を無効化する。
ソーレス:汎用的にあらゆる攻撃を見切って受け流し(無効化し)、さらに反射ダメージを与える
アタール:敵の回避行動を封じる(切り払いや受け流しなどの防御行動は該当しない)
シエン:攻撃力上昇。防御行動を貫通する。(回避行動は該当しない)
ニマーン:ゴミ
ジュヨー:先読みを無効化する
ドジェム・ソ:レベル300:力強い踏み込みと斬撃により、空間を足場にし始めた。
ミルク飲ませ 美味しい母乳を出すスキル 異次元ホール 回復封じ 挑発
広域源素還元
時間や世界の壁を越えて悪意を感知し位置を割り出すスキル 悪意を持つ相手の意識を自身から逸らすスキル  同化を封じるスキル 決闘をさせるスキル

おいしいミルクをアスナさんが楽しんだりしつつ、

剣の神の領域に技量だけで突っ込む結果となりました!

安価下1 質問・コメントがあれば

867名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 04:49:39 ID:WZs85cJQ0
実はミルクを足場にしだすかと思ってました

868無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:58:08 ID:MQexFMws0
>>867

                     ,  -――-- .、
               /: : ,: '/: :.ヽ `: 、ヽ
                 , ′: :/: : : : : : : :ヽ : : ヽ\
             /:/ : :/ /: : : /: ∧: :',:.i: : :ヽハ
              ,′: : /:/イ : :/ :/  V: :.i i: :i ',:.',
                i: i: : // リ :/ :/ __V:.|:| :.|: i: i
                |: !: :7⌒メ://イ '´__,_,`V|:| :.| リ.:|
                |: !: :!,ィ芹ミ∧ ! ´,永ミiメ|!r-v'.::!
               |:.|: :〈 込リ`:::i    込リ イ! ハ }::::|
              !!: : :!  |! ::!        |!_ン::::::|
                 V: :八  ! _        /|:::::i|:::::|
                V: :.:!\   ̄´  ,. イ .|!::::i|:::::|
               ,ノ。s≦ニi}`::i. - :≦r::┴{`::i::::::ノ=- _
        _-=ニニニニニニニノ ⌒`  ´ ̄  、从{ニニニニニニ=-_
       /_-=ニニヽニニニ,/               \ニニニニニニニニ}
         {ニニニニニニ∨/              \ニニニニニニ,
       Ⅷニニニニ,/´        .Y        \ニニニニニi
         Ⅷニニ/           l           ヽニニニ,ハ
          }ニニ/               |              Ⅵニ!ニヽ
          /ニ.′             |       _     Ⅶニニニヽ
       /ニニ{     r=ミ__     |    .r≦__ヽ__     }ニニニニi}
       .乂ニニ{   .r≦二 ヽ)__   |   r' /,/⌒ヽ._}  ,ニニニニ/
          ヽ圦   {:Y´__ `ヽ{\}  |   ヽi { ー‐' ,ハ  /__ > ´
        ノ⌒\ /ゝ⌒__ィ {/  i    _{ゝ==彡レ. ,__j {_ }
          (⌒ソ__)>.、{ゝ==j_!.。s个s。     ̄  イ{/_/rУ
             ̄ ∨ニニニ∧ニニ{_ゝ/ハ_)_〉ニ′ ̄ニ/{   ̄
              ∨ニニニ∧ニニ∥ニi !ニ/ニニニニ/ニ!
             ∨ニニニ∧ニニi」ニi」=/ニニニニ,′i}

「いや、食べ物で遊ぶなよ!」

869無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 04:58:58 ID:MQexFMws0
>>867
.             /: /: : : : : /: : : : :|: : :\: \
             /: :.:/: : : : : : /: : : : : :ト、: : : :ヽ : ヽ
           ′ /: :′: : : : : : : : : : |^'ヽ: i: : : : : :`、
          ; : :/: : |: : : : :.|: : : : : :.:.|  V|: : :| : :l: `、
.         i: :イ: : :.|: : : :./|: !: : :.:.:l|  ||、: : : :i:ト : :.
         r'レ' |: : : | : : i | |: !: : : : リ,_____l|_∨ : i:| \_
         {'/: ;| : : :|:.:.斗f宀|: : : :/    リ |: : : ′
         {ーく:|: :.:八: :.Ν |八:.:./  x=≠ミ l: : /|
           \八: ∩ト斗t示ミ`(   乂_ソノ,: :/i |
          八: : :l {:代乂_ソ      :::::::/: / |!
.             |:∨| 'v゙―┐::::::  ,     厶イ: :|_‘,''¨´ ̄ ̄`   、
           |:_:V /∠下ゝ     _,.  .ィ |: :.| `丶 、\       \
          / 圦| | r込、_   `     // :| :|  _  \ ヽ      \
             ∨\    ⌒ヽ-  イ   _,| 斗 ''´    ヽ}       \
            i    ∨∧` ト,  |\   / :| :|               ヽ
            !   ∨∧|            | :|  /     |            `、
                 ∨∧|    |      |: |  ,′    |              `、
           ∧    ∨:.:|   |      |:| {       |              、              /⌒ヽ
           / ∧     ト:|           l: :!        ∧              \            ノ ノ  \__
  _     // ∧    :{ :|    !  \/  ! : 、   i    |: :\、_           \_, ''¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      \  ,. -ミ_   __
/: ―\/: : : : :__/ ̄ ̄V     ト、  :{    ',: : \ ノ     |\ : \=-             `              -===----‐ '⌒   ̄ ̄      ̄)
 (___/: : : : : : >_/   /      |: :'  ;    、: : \    ′:.\ : \ `ヽ、               ''¨´                    ニフ
>:: 彡 : : : : : : : :ヽ// /  ′    |: : ト. ノ     \ : : \ .'\: : : : : : :\  \            /             _   -‐=ニ二ニ=‐- ⊇′
___: : : : : : : /: : : :ヽL.| <「{     ; : : l `゙'   .,____ /\ : : V\: \‐- ミ : :\  `''  .,__   /            _ -=二
/: :( ̄ ̄ / : : : /    ̄ {     Α: :.|        \ \ ‘, \: \   \: :\        ̄     _  -=ニ
: : : \_ノ/ : : /      `    / | : ト             ∧: '  ̄ \: \--ヽ: : ハ-------------=ニ
¨¨¨¨´ {:∧:(:\         ヽ,__/ /| : |  )> .,      / |: :|    \: \ ノ : : :},ノ)
      \ \: :\___          _ノ/       ≧=- ' ノ ノ    __,> 彡// ̄
          ̄ ̄                      ̄       ̄ ̄  ´

「それを足蹴にするなんてとんでもない!」

870無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 05:01:18 ID:MQexFMws0
                        /\
              ,. ---....._     l::.::.:ヽ.
               |::..::.::.::.:::.:`ヽ、  |:::..::.::.:\
              l::/::.::.::.::.\:::.`i j::.::.::.::.:::.::ヽ.
                }::.::.::.::.::__ヽ7_7::.::.::.::.:}ノ:∠.
                  | ァ=::ニ ‐Z三 、へ._::.::.::.イ`\ヽ.
                  └ァム-´:  ̄ ̄\: :`丁ト、::.:\〉ハ
              /´: : : : : : : :\: :.ヽ: ヽ:.l ヽ::.::.:ヽ l
                 / : : : : : :ヽ. : : : : ヽ:.:.l : : l:.!:l ト、_/ !
             |:. : !: :!:. : : :ヽ、:. : : ト:.:!: : :|:|.l :!:.: : :|
              |: : :|: :ト、:l : : 斗i_≦z|从 : :l斗┴ァ: : |
              |:| :丁 トN、´__イ |_fi:ハY| : リ:..:..:/:.リ :|
             l l: : ヽ「l心´   Vz:ソ' | :/:..:..:..∨: /:!
                 ヾVT:.トVリ    ̄   }/ト、:..r┬' :l! |
   r‐ ._          }:ハ  ' __. ィ  / └‐1:.l: : :|{: l
   Lij_rぅ=-.._r‐、__   リ:|j:.> ...`ー_'.、イ{: :ィ: :/:.:.|! : :lヽ:ヽ.
     `¨ ミ=-| }ーく__ _ }:.:.:ィ:.i⌒′,.ィ小 ソ}:/;\:.!i: : :ヽ\\
        `7ぅ=</´ハ/ |リ ,.ィチ/r///イ/ィレ途>ヽ、: :\\ヽ、
         /{―-ミ.>く不、|イVム=┴くイ、/jソ  、トへ : : ハ ヽ.ヽ
          {リー=-rくスヽ-ミ77ラ〒ミ、 `ヾーr.ァイ ムィj|:ハ: : :}  }:::l}
        l ====、マ_ソノ\{r'r'_ノ´ィY{ rtァj氷トムァ_フ!:j!:}: リ /:::/
        N ̄ ̄ ヽイヽとヽ  `´ミ.マ=≦トヘ Vヘ-┴くイ<_:ノ
        |、 ____ Y`ー\   ヽ.\\トくl! Vヘ、  ヽ丁_\
        Lムムムムム Lニイト\    ヽ\\} ∨ヘ、  \ト._\

なお、神の領域まで鍛え上げた達人は尊いが、

それを素人が真似できる形に落とし込むのはさらに重要なので、

モブ剣士たちによる廉価版模倣技術が模索されているようです!



では今日はこの辺で失礼します。ご参加頂きありがとうございました!
おやすみなさい!

871名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 05:03:39 ID:WZs85cJQ0
おやすみなさい

872名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 08:37:56 ID:UVnrf.Zw0
乙!

873名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 09:52:02 ID:.VR3XGTA0
オツカレサマドスエ
そういえばチノ=リとフーリンカザン(風林火山にあらず)はけっこう同じ意味を持ってたようなw

874無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 15:55:14 ID:MQexFMws0
                            ,..--――――-.._
         . イヽ              , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉 |
        /  l .\         ./:,、 :::::::::::::::::::::::::::::::::(´  ト、
      ../  ._|_ 〉      /ヽ/ .ヽ, 'ヘ::::::::::::::::::::::::::> .| \
       ヘ  .(    ).|    ,...‐´ヽ/`、/::|  .|-‐' ̄|:::::::::::(   .|   \
        l  .`T´ |   /:::::::_:---――‐‐l/::::|   |:::::::::::::> |    .ヘ
        .|   |  |  |:::/   ハ  l    \|, '―ー―,::(  .|     ヘ
        |   .|  .|  |/ /  /|/ |  |、\   .l\::/   /:::> |     .ヘ
        |   .|  .|  / /  / | | ヘ  | ヽ    | ヘ―フー〈   .|     |.ヾ
        |   .|  .| //  ./ |/ ヘ |  \、  .|  ヘ/___/>__.|     |  |
        |   .|  .| ||.|  /,x=ミ  \| ,x=≠ミ、_   ヘー――‐ゝハ   .|  |
        |   .|  .| ||.|  | {Уハ     {Уハ  |  /ヘ//////| .| l   |  .|
        |   .|  .| .| |  l乂ツ  ,  乂ツ  | /  |// _// | | |   |
        |     .|   |  .|    __     |    /ヘ ⌒‐| .| | .| ハ |
        .|     |   ヘ  ヽ、  ヽ__丿 ___ /   /:::::::ヘ__/、 || .| | | |
         |    .|   ヘ   `ゝ ‐‐ ´/_/   ∧::::::::::8:::ヘ./  l/ ヘ |
         |   | |    \  /ーイ`ー―´/  / ヘ:::::::::8:::::ヘ  /   ヾl
         .|   .| |    r弋 |7_|、   /ー´/ ̄\  ̄8 ̄`
         |   | |  /三〈 〉| ̄|| ̄  |  ./    .|  .8
         |   | |  \___| ||__||  〈 /      |  .8
         |   .| | /三三/ / ̄ ̄l  〈       /| ノ__l

なお色々模索した結果、大体こんな感じになった模様。

・スタープラチナ:精密動作性

・ストーンフリー&ダイバーダウン&ピーチボーイ:衝撃受け流し

・ドラゴンズドリーム&キングクリムゾン:先読み

・クラフトワーク:固定で空中でも踏ん張れるように。あと星流れ

・アヌビス神:剣術

衝撃を受け流し、相手の動きを先読みし、足場を整え、精密な動作で剣術を振るう。

ようはノーラカラテノーニンジャの精神に基づき、

ジツよりもカラテを重視しつつ、

まともにカラテを鍛えるよりもスタンドを押し込んだ方が早いというローマ人的合理性に基づいて作成された、

ハイテクな脳筋である。

875名無し-Red-市民-2:2018/01/06(土) 19:39:06 ID:1ITeVCQE0
さすがのアナキンでもフォースの力で空中歩行は無理だったのか>チノ=リ

876無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 23:12:37 ID:MQexFMws0
>>875
できてたらブラ=サガリしてないです。

877無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 23:49:35 ID:MQexFMws0
スキルを創るスキル(めだかちゃんが新しいスキルを作って覚える):世界遺産をつくるスキル イカサマを見破るスキル 株価など市場の値を操るスキル  電波文章を作るスキル

878無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 23:55:08 ID:MQexFMws0

              /:::::〃:::::::::::::::|:::::::l::|::|  \|::トヽ:::::ヽ:::::\
          .::::::::::l:::::|::|::::::l::|:::::::|:|:::|  /|::lハ:|::::::: ', :::::.│
.          //::::/::::|:::::|::|::l/|::|l::::::|| ノ/  j/| |l :::::::: l::::::::.ヽ
        //:::::::::::::|:::::ト|、{ j::八::::リイ ≫テ气セリ::::::::|::|::::::::.│
          〃 l::::l:::::l|ヘ::::|八|_≧|::\ 〃 ヒン彡:::::::::|::ト、::::::.ヽ
         ll |::::|:|::||::::ヽトィ灯う|::/         /::::::::::::_|)}::.:::.│
         || |::::|:|::|ヘ:::::::ヾミ ゝ |〈      /:::/:::〈 ::::::::::::.│
         || |::::|:|∧:::\{\           //|::l::::|:|   ::::::.│
         || |::::|:|:::::〉、::::|ヘ     ,...、    |::|::::|:|:::::::::::::::.│
        l| ∧::|:l//::\|::::\        /|::|::::|:|::::::::::::::::│
        /:: ヘい /l:::::|::|::l::::/> 、      _ l::|::::|:|\::::::::::.│
          //  ヽ〈 |:::::|∧∨::::::::::._〕T´ /  l:|::::|:|   .>、.___
            l| |:::::|::∧'、::::/   | /ヘ、  l|::::l:|:////::.::.::/\
              /::|| |:::::|/|:::\::|「\ ∨   \Ol:::l:|////::.::.:://\
          /::/l|/ ̄ ̄`V::リ/r=厶-<:::::: ヽヘ:::l|::::::: /::.::.::/    ヽ
           //´ /   \┐├く_,//lロく | |/ ̄ ヽ| ̄ /::.::.::∧   <_>、
           〃 / \_ `l ノ/〈〈ノハこノ‐< ̄ ̄`< ̄\/::.::\|「∪T V|\
          /  /  、  ヽノ:://`7/ | ト、  \::.::.::.::.:\ ヽ::.::.:: ||_H_|_h」. |
          /  /    \ノ//  〈/  |_|  \   \::.::.::.::.:ヽ ∨::.:: ̄ ̄ ̄.::.:\

「うーん・・・世界遺産を「作る」ってこの場合どういう意味なのだろうな?」

「単にピラミッドとかを作れる建築系のスキルなのか」

「あるいは、普通の建物を世界遺産として認識させるミーム汚染の類なのか・・・」

「あるいはその複合で、私の手がけた建造物が自動的に世界遺産認定されるのか?」

879無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/06(土) 23:56:42 ID:MQexFMws0

                      _,,ィ'
                    //
                   //
                   { /
                   >、 _      ☆
               _ ィ//////////≧ 、
             //////////ハ\/////\
           //////// l ////} ヽiヽi/////ヽ
          / ////// iヽヽV.// ノ リ V/////i
          / ,////V ○  ソヽ ○ }/////ム
          /  {//ゞミ 、,,,,      ,,, _彡//ト ,/∧
          _ イ//ノ     `Y::::::i   /// lイ //∧
            // ゝ     弋:::ノ  /////l ////∧
           ///  ̄7≧-v-- </////////// ト 、
         // <    /≫ 木 ≪ _:::{;;;{::::::i>/////ハ  \
       ////////>/ム;ト-个:::::} ノ//////////l ヾ//i  ヽ
      ////// l/////// >::::li::::::> イ//l ////// l/  V/l   l
     /  {/// li V/// < >:::::/ヽ:::::::::」/ / l/// /   }/リ
       V/   ヾ/{  \_|_| _ ノ   i//
                 V    V

「イカサマを見破るスキルと株価など市場の値を操るスキルはわかりやすいな!」

「私が株価を操作するとイカサマ判定食らうだろうが」

880無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/07(日) 00:00:16 ID:/wugIJIw0
    /////////////// l//////// l// ヘ ///////l//ヘ////
    ////////////l/// li/////// l//  //////////l////
    /ィ//////////,_l/   li l/////  l/l   /イ j//////l////
  ∥,'/////////l  li -- ^∨//,^ --- ''´    ///////l////
  l/ l///l////从 ======   ∨l  ========= /イ//////l////
  li l/li/ム////l  /:::::::/   ヾ{  /:::::::::::/  /////// ∧///
    l/l :l/lヽ///l, ゞ_ノ        ゞz_.ノ  //////////\//
    lム マ{ >//l     '        - =彡//////////ト=-/
     ヾ ヾ///ヾミ             /////////ハ//∧//
       ///,              , 彡イ///////////////
       ////ゝ    _ _       ////////イ///////
      //l///\        ̄ ヽ   ////////////////
        ///////≧   _ _  //// /;;;;//////////
       //イ/////////{//l_,,. -‐''/////;;;;;;;;;;;;;/////////
       //l/////l////l/- 二二 二二  <;;;;;;l/////////
        l/////l/l:::::/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ \;;l////////
        l////l l/l:::l /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \///////

>電波文章を作るスキル

「ねこの類でいいか?」

881名無し-Red-市民-2:2018/01/07(日) 00:00:57 ID:PVmOiRkc0
サーバルはみんみーです

882無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/07(日) 00:05:36 ID:/wugIJIw0
               ,.   ´  ⌒ `  、
                /       _   ヽ、
                 '      ,. </////////777>, 、
               ,.イ//////////////////////\
             ,.イ '"////////////////////////,ヽ
           ,. '"  イ///////////////////////////∧
        /  .///////////////////////// ∧'// ∧
           //////////////////////!///,(__;)// ∧
              /'///////////_l'/l///////-!'ハ'/////////l
          /'  .i////////l/ l'ヽ!'//´//  リ .j/!'//!'/////l
         /  .l/l/////,l/f示ト、 l// /' ,ィ'示 ヽl///!'/////,!
             ! l//////!.乂ツ  ソ    乂ツ' l'//,}V/////!
                !/,l//!///l      ;       ,ノ///ノ////,∧
            ///!/,l'//小          ,.彡//////////,∧
            /////,}'/l//l、! 、  ⊂つ   ,.イ////////////∧
        _,. イ///////l/,l//l,`  > 、    イ'/////-―ァ.、'////∧
      ,.イ////////j/ V,'l/////>j   ,. -‐' {////ニ/ニ=‐、///∧
      '" /////////>ヽl二l'" ,.ヽ/   /l'l//<二二二ニヽ//∧
       ,.イ/>//////,fニニ!.ヽ- !o/,ft=‐ ! o ./ニj/ニニニニニニ>-―-、
     '"   ////////l__>'"{(_∨,イ !iヽ !./lニニ/ニニニニニニニ|     l
       ,.イ'////´      //   l.l ゙ー ' l !二ニニ\ニニニニニ}     |>、
      ,イ'///{      ;./_/   ノ,!  .ノ/二二二ニヽ二ニニニ/   /二ニ>、
    /////_! \    ,   _,.. ´ ‐ ´   マニ!二ニ./   l/ー=/    /ニニニニ>、
   //////{={    l>ー 、{ ,.イニニ{       }二}ニニ,'    !////>.、/二二二ニニニ}
   ,'/////ハ_l    lニニニYニニニム      }ニリニニ/   l'//////////ヽニニニニニl
.  ////////ハ、   lニニニ,.!、ニニニム     ./_,.仁ニ/   .l////////////}二ニニニl

「例えば統合失調症の文章とか」

「ねこどころじゃなくカオスだからな。もはや同じ言語と思えん」

883名無し-Red-市民-2:2018/01/07(日) 00:09:15 ID:vyXbeYi20
遺産作りスキルは、実在創作問わず凄い建造物を作れて、
しかも特殊効果もおまけでエンチャントされるってイメージ
で考えてました。
例に挙げれば、中華から頂いた、万里の長城や兵馬ようてきな

884無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/07(日) 00:11:47 ID:/wugIJIw0
>>883

         ,  '   ̄  \_,,. -‐''":::::::::::::::::::::::=-...、
      /       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
     /       /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::lヽ::::::::::l::::::::::::\
    /       /:::::::::::::::/::::::/:::l::::::::::::::レイヘ⌒::::::::::::::::::ヽ
   /       /:::::/:::::::::::::::⌒ヽ:::l::::::::::::::i  リl::/从:::::::::::::::ヽ
         /::::/:::::::::::::::::::i:::∧:/:l::::::::::/リ  l/  l:::::::::::::::::::::.
         /:::/ /:::::::::l:::::::iハ/ li _ l::::::/ /ィ==ニミkj:::::::::::::::i:::::::ト 、
        /::/ /;:::::::::i:::::::::l ィz=ミ l:::/ /  i::::j イ:::::/::::::::::l:::::::ヘ \
        :::/ l::i::::::∧:::::::::::イ {::i l:∧   `¨  /::/::::::::::::::l::::::::::ヽ
        l::/  l ィ::::l::::l::::::::::ヽ `¨ lj      //:::::::/:::::::l]::::::::::::\
        i;i  _彡:l:l:::ヘ:l:::::::ミx、  `     /イ/::::::/li l::|::::::::::::iヾ\
        ヾ /:::ィli::イ∧::::::::ハ    r_ 、   /::::::/イ:::::l:::::::::::::ヽ
     _     /:/乂:::::/:::::/::::ゝ        /::::::/l::/::::::l:::::::::::::::::\
    /  Y ヽ、/  /::イ:::::::::/::::::::::::>   _  イ/::::/ l/::::::/::::::::==--ヾ
   /  /  \ j  i/ l::::::::::l::::::::::::::::::::::i    / l::/  /  マ彡 /三ニ
  ヽ    / ヽ  l l::;l:::::::::l:/::::::::::::::::::::i_,, -'"´ l/  / // /////へ/
         /ヽ  l::l:::/ ヘ--==-- ∧      /レ// //////
    ヘ     r 、l  l:i /::::/ \ r 、∨\   /////  //////∧
   /ヘ    {    li / /  \ j }> 丶o/------ /////////≧
  /::::::::l\  ノ}ヾ / > ----ィ/_,, -‐''"´ ∨ ヽ \ \//////////
 l  \/   ̄  l ヽ/ /  /  //il          \ \ \/////

「えーと・・・」

「つまり建物宝具をでっちあげるスキル、という感じで良いか?」

885無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/07(日) 00:14:59 ID:/wugIJIw0

            -―‐-
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/⌒ヽ、
       /:.:/.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ  \
       .:.:./:.:.://.:.:.:.:.:.:.:. ト :.ヽ:.:.ヽ〉   )
       |:.:l:.:.:.:|:l⌒从 :.:.,リ⌒ :.|:.:.|:.|
       |:.:|:.:.: |:|f芯ヽ∨ 芯`!:.!:. |:.|
       |.:从:八{.以   以 j/|:./jノ
       |.:.:.:.ヽ入   、 ,   ノ,/イ
      ノ:.:.:/\{ r≧cxっ <´ ̄`.>
.       /:.:./:|:.:.:.:/ニ( T八T)、_Y¨Y、\
.    /:.:.イ:. |/|:〈ニ〈:{ニ|ニトニヒj l:.ヽ \
    {:.:.:l !:.:.| .|/:.Yフニ|ニ{_:.丶.:.:ト、:.}  .)
.    \{ ヽ:{  く/,ヽ∧/、 `>ヽ! jノ
              `く__/_L___>'
               l__| l__|
               |:::| |:::|
              ヒj ヒj

「ではその方向で」

めだかはメドゥーサの言葉を作った!

メドゥーサの言葉:極めて凶悪なミーム汚染をもたらす言語。
ミーム汚染性は術者ではなく言語そのものに宿るため、ねこのように人から人へ、人から情報媒体へ、情報媒体から人へとミーム汚染が広がっていく。
しかもミーム汚染を受けた人間の精神を操ることが可能。

886名無し-Red-市民-2:2018/01/07(日) 00:16:44 ID:PVmOiRkc0
ホームズの無い証拠をあったことにして世界のどこかに発生させ解明不可能な謎を解明可能にする宝具もあるし、ない歴史をあったことにして世界遺産を発生させるのはできるかも…?(現実性こわれそう)

887名無し-Red-市民-2:2018/01/07(日) 00:18:33 ID:vyXbeYi20
ですね
空中庭園なら実際に浮いてて水を作り出し、
イゼルローン要塞なら宇宙万里の長城って感じに

888無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/07(日) 00:19:02 ID:/wugIJIw0
>>886

                   / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                .      .:::::::::::::::::::.... /          /..:}\:::::::::::::::::::::\
                  /      ....  ..:::|::::/::::::/ ::::::::::::::::: /:::/   }:.. }::::::::::.
                ′  ......:::::::::i ::::::::|:/}ィハ::: /:::::::::::::::/:::/   /::::::::..      ',
               / ...::::::::::::::::::::::::ト ::::: l′  ∨::/::::::::::// ⌒厶 イ::::::::::..
                  /..:::::/::::::i :::::::::::::| \{  ヽ ∨:::::::: /´        |::::::::::::::::..   .
               / .::/ :::::::| :::::::::::::| .xィ f斧ミ |::::::: /  ィ rf斧ミx}:::::::::::::::::::|::...|
.              /:/  i :::::::| :::::::::::::| 《 トi{:: ハ |::::::/    トi{:: ハ 》:::::::::::::::::::|:::::|
              /'´   |::::::/}イ∧::::::|  乂t廴リ }iイ    乂廴,リ イ :::::::::::::::::::|::::::
                |:::/> ⌒\i{         i          |::::: へ :::::: ト、::{
                }/´      \                 /:::/   \:::::::\
               /      ´ ̄}                  / イ/  ̄`  ヽ::::::ト{
                   ′       ̄`Y 、     == =====       { ̄ ̄    \:く、
.               /        ̄`Y::::::> .           . <:{  ̄`       Ⅵ{、
                /      r‐__,/::::/:::::| `  __   イ´:::::::::::{ __         ∨{
          _ r/       /::::|::::/::::::::r一|  /} } ̄ ̄ ̄ ̄i{:::::::: \_Y _        Ⅵ
        _/ \     . イ::::: |::'::::::::::∧ | / ∧ 、       >=- 7:::/::ヽ      /}ト、
.      /  {     \_,{:::::/ 7^:::\:/  Ⅵ./ / :| i     /:://イ::::::∧_ ,/     \
   /:}    \     \}:::/ /:::::〃 ⌒ヽ__,/=―x | | __ /::::::{/:::::::::://::::::∨     /^\、
  /:::::::\     \    /::/ /:::::::{{_}}/「 }==ー 7} :| ;_/:::::::::::::::::::::://:::::::::: /   /   /::\
. /::::::::::::::::::ヽ    } ./::/ />=-7/=ー/ハ  // ⌒\ \::::::::::::::://:::::::::::::::: \ /   /:::::::::::::\

「大丈夫大丈夫」

「現実性など元々そうたいしたものではない」

「でなければ魔法や超能力などあるものか」

889無茶王 ◆T8n83RxOuU:2018/01/07(日) 00:22:22 ID:/wugIJIw0
>>887

          /         \
      /       _,,. -‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::...........、
     /      _...:::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::: ィ::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::iヽl:::::::::::::::::::::ヽ
         // /:::::::::::::/::::::::::/:::::::::::::::/ i:::::::::::::::::::::::::::i
       /, '  /::::::::::::{::/⌒/ i::::::::/::/ ̄ }:/:、:::::::::i::::::::l
       //  /イ:::::::::::::::li i l/ /i:::::/ /_  /i//l::::::::::i:::::::::i
         ///::::::::::::::::::{ィfモミz/:,イ _,ィfモミz_,j:::::::::::i::::::::::.
      l  / i/;::::::::::::::::::〈 i:':ソ/ i  ' iハ:u.:l k:::::::::::::l:::::::::::i
        , i:ハ:::::::::::;i:::::ミ:、¨´ヽ     ゞツ イ/::::::::i::::l:::::::::::'.,
        i  l {::::/::::::i::::i   y-  _     /:::::::::::∧::i::::::::::::ム
        l /:::l/:::::::〉::ヘ   i   .i  -=彡:::::::/ノ:トヾ:::::::::::::\
           ̄/:::::::::::::リ l:ヘ  、 ノ  /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::\
          / i::::::/ lハl i::::::\ _  ≦::::://ニニニニニニニ=- _::::::::::\
           i::::/  ij:::-:::::::::k -- / /::/ニニニニ=-  _ -‐= _::::::::::\
           l    //∧ ̄i∧ / /::/ニニニ_ -‐' ´      ヽ、k::::::\
           ', /ニニ /   l/ ∨_://ニニ /    \     i ヽ\::::::::
           /ニニニ / (><)   l' lニニニi    /    -   l  ∨\::::
          /ニニ >  /|| _,,. -‐ -lニニ=l                ` 、\
          / /_.   /  ィ  lニニニニlニニム  _  _  -- 、' ` _ ノ
         , /ニ/ 7\,'/ニl   lニニニ=ムニニハ   ヽ   ヽ      V:::::::,
         ,Vニ=i lニニiニニニi   lニニニニ=ゝニニ\   \  \  ヽ  Y::::::i
         {ニニl iニ