■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やらない夫と真紅が、小説を読むようです
1 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 21:22:27 ID:zgOhGsTM

「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」
      (オリジナル)

◇本日、22時より投下させていただきます。

 ・学べません
 ・基本的に短いです
 ・やや、文章が多いかも・・・
 ・初心者です

どうかご興味がありましたら、ご覧ください。
お願いします。

2 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:00:12 ID:zgOhGsTM




「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」

         1.「海」

            r1
           jこ!
           ノ-‐',
          j,. -‐ヘ
          厂_,. -‐',
           ノ-‐ ' ´_,.i
        /r‐_ 二 -‐l、
       ∠ニ二三ニ三ゝ、
      ,イ=ニ二三三チ==、!
     / ! l_L⊥ ┴ァ'     ト、
    ├ー!l {」{_{_ L/ ヽ、ヽ、、 ト、ヽ、
    レ‐i!T{丁フ′`ミミヽ>'´::ヽ、',
     ',___Vて「 --=ミミ,>'´三ミ,:::'、ヽ
     ',. ヘ{{!| -=三/r=ミミ!|li|::: ', l
      ヽノヽ_! =ニj//r,))}}jij:::  ! !
       `ヽ/」三シ!l!t三彡j/::  | l
         ヽレ'´ !三彡'ノ  :.   !
          ト,彡'ト-‐ '´    :;:,. l
          | V´/! : :. :. ::.  /
             ! `くイ :; ,: ::, .:::/
           l   _,へ ___,. -‐ '′
          し'′

3 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:00:59 ID:zgOhGsTM


「彼女はとても、知的で、クールで、それから美人だ」

                      ,r===ュ
                   ㌶㌶㌶
                     _,㍊㍊㍊、_
                  _.._   !` ー --- ‐ ´!
                 ノ: : : ` :!      .:.:!
              ,': :ノ: : : : ` ー --- ‐ ´`"''‐- ..
                j  ! `"''‐- .._: : : : : : : : : : :/i:!
                i  i: : : : : : : : : `"''‐- .:_/: : :il
            ;  ; : : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : :il
           ,:. ,: i : : : : : : : : : : : : : : : l : : : : i!
           .′.′; : : : : : : : : : : : : : : : i : : : :.:'
            ; ; : : :!: : ; : ; : : : : : : : : : : .; : : : :;′
            i |:./: : : : : : : ' : ' : : ; : ; : .; : : : !
            | `"''‐- .:_: : : : : : : : : : : ' ; : ; :j
           `"''‐- .._  `"''‐- .:_ : : : :.!; : :′
                 `"''‐- .._  `"''‐:i.;′
                         `"''‐- ;j!


     「そして、どこか子供っぽくて、好奇心旺盛で、可愛らしい」

                _,ィュ、_
              ,. -‐''´ /  `ヽ、`ヽ、
            /     /         ヽ:::.\
          l    /         l:::::::i
          |                |:::::::|
          |                |:::::::|
          ノ               |:::::::|
      ,.へ               |:::::::|
      /.::::::.`:::::.―-......__      /::;/
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄::7´
   〈.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   `  ‐-  、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              `ヽ、::::::::::::::::::/
            `ー― ´

4 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:01:56 ID:zgOhGsTM

「僕が彼女と出会ったのは、大学の図書室だった」

「高いところにある小説に、手が届かなかった彼女の代わりに、
 背の高い僕が手を伸ばしたことが会話のキッカケになった」


 ヽ    /                  \    /
 \ ./   /           ヽ       ∨ ./
   .′  /           \  、       } /  /
    i   .′ / , ,. /   ヽ   l ヽ      Ⅵ  .  /
    |  / i!  i! .! .! .′    l} 、 iヽi、 l!     l!  i  !
   ! i! |! .ハ!_l!_l!_{!    .ri! i !¨l;!キ ト、l!   l!  |. {
 、  '.. {! l!/!ヘ ハl! l!、   j W  l! V l!l!   j!  ;  !
 ノ  ! i! lヘ l! _l!_l!_ l!ヘ   ! | l!j!x==t、l!} l! .ハ   、.i
 `ーァ ヘ!キ {iヾf.{_fY_iヾ'.  l!リ イl!{_fY_i l! ハ!.ljヘ
  〈  ll '. ト 弋zノ    ∨   弋zノ l! ! | リ ハ
   て  l!キ!ヽ!                j!  l!   ヽ
    ` ̄ヘ. ∧、 ""   ′  ""U .オ  /⌒i
        キ .∧\   (  ̄ )   /l! /  .!       /.i
      r‐ヘ .∧―≧:、.  ̄  .≦  ̄l! !   ,'    /  /
      {   キ ∧    r仁Z`iヽ   l. j  i    /  /
      .ハ   '. ∧   ヒンニュウ′  l! ,!   ! 、 /  /
      _ヽ  l  ト、  /〉¨^ー __ノ /     .´ イ      _
     /  \_! .! ヘ´ /     //          ` ̄ ̄ ̄´ ノ
     ノ      ム‐≧三}′   _ /    ヘ     T. ̄ ̄´
  /       {三三三リ  ( ̄  __           ヽ__
./        ヾ-ァ ´   ` ̄´  `ー  ^ヽ、   ,\_ノ

5 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:03:05 ID:zgOhGsTM

「話してみると、彼女は僕と同じ、文学部の一年生に在籍しているようだった。
 そして、どうにも、僕と同じように小説を読むのが好きな人種だったようだ」

        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:| 大人になってから「銀河鉄道の夜」を読むと、
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|  以前は気づかなかったことに気づけるの。
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ :.:..:.::`ー//::〈 .Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ .:.:.:.:.:.::イ|:::::ト、.:.:.::. //:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ .: : /.:.:|:::::|.:.\__./ムニニ三彡'l::   |
  |   r上≦三ニy__ > 小く. :.:.::::|:::::|:::.. \:::::ィ≪<::::::入.l    |
  | r─{    ¨´`ー三三>-x _|:::::L_,,-‐'¨,ィ<≪三>カl   .|
  | ∨::ヘ.         ̄`¨三≧|:::ィ≦三‐'¨´        .|::≫|ー-、
  | ∨::::`、             .{| ̄ ̄|}            .|:::::::::::::::/
  |  ∨(⌒ヽ          ||    |}          /⌒)::::::::::/

「そんな僕たちが友人になるのに、時間がかかるはずもなかった」
「すぐに、僕は彼女と、読んだ小説の意見を交換するのが好きになる」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒) へぇ、宮沢賢治も読むのか。
.             |    (___人__)  カンパネルラの旅だよな。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

6 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:05:38 ID:zgOhGsTM

「彼女はよく僕に、自分の好きな小説を薦めてくれた」

 「そして、僕も同じように彼女に小説を薦めることになった。
  このあたりも、必然的な流れがあったように思う」

                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---' 小川洋子の「海」という短編集は
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|  とても素敵だから、一度読んで欲しいわ。
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ/_ム廾下、 | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝイ f¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ彳¨::::::} |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}) |、`代::.o.ノ       弋::.o,ナ'´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l . |`y   ̄    ,     ̄  / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| .|.∧      ,へ―┐     / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|     ,! . ,|.  >    i .|__ノ    .<  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,.' , '.L. -―....>| .L_  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ /::|..|::::. .:::::::,-,!  |_,,.. -、/~ 〉  .y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , ' 人::::| l::::: :::::::;;/ "´     〉 /.、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , '  ヾ! lに:: '´/   ー<;: { / .::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二‐- l |.::Y::. i′  _,,__ `Y/ :,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |

「彼女がもっぱら、敬愛していたのは小川洋子という作家だった。
 僕は彼女に会ってから、その作家の小説を初めて読んだ」

7 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:06:43 ID:zgOhGsTM
「結論から言えば、『海』という小説は僕にとても大きな衝撃を与えた」

           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    | ちょっと待った、なんだこのエロさは。
          (__人___)     | 「バタフライ和文タイプ事務所」って短編はすごいな。
          '、`⌒ ´  u  | 正直、活字を題材にして、こんなに官能的になるとは思わなかっただろ。
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

「小川洋子という作家が書く小説は、非現実的だった。
  だが、それでいて、身体に直接的に響くような生々しさも混在していて、
   奇妙な気配を漂わせていたのだ。それがたまらなく心地よかった」

              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'  でしょう?
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ  私も初めて読んだときは驚いたわ。
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ
     | | /    j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_

8 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:07:57 ID:zgOhGsTM

「彼女は決まって、自分の薦めた小説が褒められると、
 自分自身を褒められたかのように喜んだものだ」
               ,...-┐ ,.-―-..、
           ,.イ:::::::::::|/:::::::::::::::::}
        _ r'´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ゝ__, -t
         ,イ:::} ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::}
       /::::::::しi´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'
    , -、く__:::::::l::::l:::::::; ィ ´  ̄ ` ー- 、::::::::::廴
 __,ノ: : /: : /:::::::::; イ            `ヽ:::::_ノ
/:.: : : :r‐r‐'::::::/       i    ヽ ヽ ヽ:〉
〉: : : :く: :|:::::::/        l      :,  ヽ i
: : :.:`:iト、l_::::′ /      !     トム- l !  こういった文章を書ける感性はすごいわね。
: : : : :.{三ミi!/ /    /   i /! i  l lイ 从l /i/   まるで、目で見てきたように非現実を描いてる。
: : : : : ヾ三}i  l    l /-/‐l‐从ヽ レ',イ}ヽ! /}    きっと、この人には感じられる何かがあるんでしょうね。
ゝ: : : : : ヾ/l ト、!   l l' /xョョュ、   ヽ弋リ ! l
 ヽ_; -、: :{ frzヘ  ヽヽ '弋リ      '  八}
.,ィiタハ /}`ヘゞ"ノiヽ、ヽヘ       , ,イ
.ヾミxv三}  ヽ`ー、:__ヽ ヘ-     ̄ ィl !
   ヾ三}   ヽ /: : ヽ `ヽ二ミ}¨ __l,x=ュ
   〃ゞ' ヽ   ∨: : : : : `: ー―-'寸三ミ}
  〃   ヽ   }: : :、: : : : : : : : : : :Vミ三!
  {{      }  l: : : :ヽ: : : : : : : : : : `tリ

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)  …あぁ、まったくだろ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

「僕はそんな彼女の、子供のような笑顔に強く心を惹かれはじめていた。
 そして、そのことに戸惑いを抱かずにも、いられなかった」

9 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:08:54 ID:zgOhGsTM
「なぜなら、僕がどれほど彼女を異性として意識していても、
 彼女は僕のことを異性として見ていないということがすぐに分かったからだ」

                      - ─- 、       ノノ
                     /      (,ヽ、   ((
                   /     _,ノ___ヽr__i____ ノ
                   /    (√丶丶´v┬─'"  こんなにエロい小説を薦められるなんて…
                    i U   | )     j      男として意識していないってことだろ…
                  ,.ト、     V     /
               _,/( く、.    (    r
        _, 、 -― ''":::::::::::\::::ヽ,ヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
       /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',;;;;;
      丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ;;;;::::::::::... ',;;;;|
     r ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハ :;;;;;;::::::::.. ',;;i
    / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: !;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',
    / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::!;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;;;;::::::. ',

「その事実は、僕の戦意を失わせるには、
               あまりに強力だった」

10 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:09:50 ID:zgOhGsTM

「それでも、僕は彼女から目を離すことが出来なかった。
 困ったことに、僕の恋愛感情はずいぶんと根深く巣食ってしまったらしい」

           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |  この「缶入りドロップ」って短編もいいわ。
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !  ほっこりするというか、優しい気持ちになれて。
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !


           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  …あぁ、たしか、子供をあやすオジさんの話だったよな。
          '、`⌒ ´    |    二ページたらずなのに、妙に印象深く残ってる。
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

「このまま彼女に意識されることなく、ひとりの友人として過ごせるのなら、
 それもまた良い生活ではないか、とも考えられた」

11 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:10:56 ID:zgOhGsTM
「こうして、僕の片思いなんてものに彼女は気づきもしないまま、
 僕たちはいつものように小説を読んで、語り合った」

  「僕たちが会う場所はほとんどが図書室で、気が向けば学内のカフェに向かう時もあった」

                      ,. '   ヽ
                    ,.イ     /
                ,. - ' /三三_   /
       _      ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
       / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
      |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
      f   l! .|三三l   f  /          \  j
      __ゝ,. l. l.三三|   /   /        .i       V,.,__ 短編が気に入ったなら長編も読んで欲しいわ。
      7 ゝォ ゝ!三三|/ ,′´/  ̄`メ| l   |       ヾ三. / 代表作は「博士の愛した数式」だけど、
       攸.  |三,r !{ !  /{_/} | |  ,′ !      〕三 /「凍りついた香り」や「沈黙博物館」も素敵だわ。
      / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ|Ⅵ ,ィf爪 心、 リ  /  | }、  }  |ニトv'
    'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f{ん'///  ´_}/ 从ノレ∧ ′rイ`!i
    ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ代辷ン     厶ィj',ィ笊/  / /:::L_l!
.   ,' /   N  `ー、 Vリ`           ん/,厶イノ _∧::|
   {, ´ ̄ ̄`ヽ\j、人|! | ヽヽヽ   , 弋ン/if |  f ルヘ
   /       \   |! |       -   ヽ ,イヘ`ヽ | ./∧ \
.  /     ´ ̄ ̄/ ̄ ̄|! |`Y⌒ヽ、     人  ´ヽ // f'|`ー,i
  {   / ̄/      |! \ノ   ハ=‐r<  \ ./∧ .|  l
 ハ    ´ ̄         \  \    ヽ(_ノ }__,ノ// ヽ.ノ  l
 ー‐\______/\|!  |__,ノ´  ̄三  \ レヽ\ \ `


「そして、彼女との出会いが僕の生活の指針を決めたようだった」
 「サークルにも所属せず、コンパにも出席しないまま、僕は小説を読みふけるようになる」

「このとき、僕にもっとも必要だったのは、彼女との接点だったからだ」

                    rーイ ̄¨ト、-┐
                 ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
            .  _i -、_>- --- <:::::┴i
                〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ 短編はどこか翳りがある内容だけど、
              _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉 長編は総じて、ロマンティックなのも特徴的ね。
                 ┐::i  |Vlハk i|⌒ソ . i_イ  
                  九ハ_i ,=ミヽ 'ィ=ミ、ソ ハ ヽ、  もっとも、短編にもロマンは見え隠れするけど。
                /| ト、 " 、-, "/ /  ヽ. .)..
            ,--,〜〜、>〜〜'-、}   ( .(
                ⌒`,、::::{`!'::::::::::::::::.:.i    ) .)
                .ノ ノ ̄`^/^介`:.:.:.ト、  .( .(
                ( (    .`,-'-:.:.:.:.:.:.:ヽ  .) .)
           <二二}  /:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:i{二二}
               {二二> く:.::.::.::.:.::.::.::.:::.:_|二二>
                       `,へ::_:_::r-く'
                     |_ソ    `、ソ

12 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:12:21 ID:zgOhGsTM
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
      _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
      (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
     `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
      「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
      (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、  それにしても、やらない夫。
      ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \ あなたの読書の趣味は、ずいぶん私と似てるのね。
      V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
       i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ
      Nトト.:ト.::V仁V:/ ,.ィ云〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i
         `>.:.ヾりソ  _f込ソノ /:ハ;:/__/.;:ハ:i i
          //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |
         .// .l.:.ト、  r┐   ノ .l レ'′    |:l |
        l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |
         | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
         | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
       f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |
       f辷彡 LL:_.:人.   _弍ニ彡:.::::::::::: ヽ |:l |
        辷-7./´`7〃 .:ト  辷-7.:.:::::::::::::::.ヽ |:l |

「だからこそ、彼女の何気ない言葉に、僕の心は激しく揺さぶられてしまうのだ。
 「それに、なによりも小説を愛する彼女のことだ」

「僕が彼女の趣味に合わせるように読書をしていると知ると、
  彼女は僕に幻滅しないだろうか、と不安になるときもあった」

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |  そうか?
               (__人___)     │  あんまり意識していなかっただろ。
                   '、'ーー´   'J |   ただ、薦められた作家が良かったからかもしれんな。
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

「嘘でもないが、本音でもない言葉を吐くだけでも、僕は動揺してしまう」

13 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:13:29 ID:zgOhGsTM
「そんな、多くの楽しみに満ちて、ほんの少しの不安を孕んだ日々にも、小さな動きがあった。

 それが僕が提案した散歩だった。
    目的地を、読んだ小説のイメージが重なる場所にした、散歩。」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─−……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─−‐{ 海にいくの?
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.| えぇ、良いわ、行きましょう。
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
-、      ,.─、 イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
. ..:\   //\\:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
.::.  \// ,.::  \\::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.:// .::"      \\フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  //   /\  ::.. \\::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
// ..: /   \ .::..  \\/ /::::{ {/::._::.', l  |l

             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\  よし、じゃあ、今度の日曜日にしよう。
            l/ ニヽ( −) ( ●) .|  海風にでも吹かれて、のんびりしようじゃないか。
            l / y 「'i___人___)  |  
            l   <、.l         |   …「鳴鱗琴」の音も聞こえるかも知れないしな。
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l

14 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:15:22 ID:zgOhGsTM
「今回、散歩の目的にした鳴鱗琴は、小川洋子の短編に出てくる架空の楽器だ。
 活字から音が漏れてこない以上、その音色が僕たちの耳に入ることなんてない」

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_ 
          |    ( ●) (●)  それにしても、海風が吹くときにしか聞こえない音色か。
.           |    (___人__)  いったい、どんな音なんだろうな。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|

「それでも、僕たちはその音色を、行動の理由にすることが出来た」

   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/ あら、それを知るために海に行くんじゃないの?
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/  てっきりそうだと思っていたわ。
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}    
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|     そうだわ、どうせなら、夜明け前に行きましょう。
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|        きっと朝日も綺麗だと思うわ。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |

「結局のところ、僕たちの行動の裏には小説があって、
 やはり、僕たちを強く繋ぎとめていたのは小説のようだと僕は思った」

15 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:16:28 ID:zgOhGsTM
「僕たちは、まだ陽が昇らない港町に来て、何をするでもなく歩き続けた。
 海風の音に耳を傾けたり、互いの足音に意識を向けながら、ゆっくりと」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「足元に気をつけるだろ」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::.:.:_人_:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::.:..   |{⌒}|   ..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.:.:. .     |ト=イ|     . .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「えぇ、ありがとう」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:.:..       `TT´       .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.        | |        .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |           .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |               .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |                  .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |               .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「そして、歩きつかれたら潮気で錆び付いてしまったベンチに座り、
 缶コーヒーを飲みながら、夜明けを待った」


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

16 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:17:29 ID:zgOhGsTM
「ただ、それだけの時間が楽しかったのだから、
 僕の生活はよほど充足していたということなのだろうと、今さらながら思う」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

「同じように彼女も、そう思ってくれているように、と何度となく願ったものだ」

17 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:18:20 ID:zgOhGsTM
「やがて、缶コーヒーが半分になるころ、建造物の合間をぬって、朝日が昇っていくのが目に入った」

;;;;;,,,
 ""'''';;;,,,            '';;;;:;''              ,';;;:::;;'"         ,;
     '';;,,,           "';,'          ,,;::;:;'"          ,,,;;;'
                     ゙        ,,;;''"       ,,,,,;;;;;'''""
  ;;;;;;,,,,                  l            ,,,,,;;;;'''""
    ""'''';;,,,,           ヽ    l    '    ,,,,;;;''"        ___  _
           ""'';;;;,,,,,         /   '   ''''"       _   |::::::::::::| /:::::::::...
_                \丶               _|:::::|_|::::::::::::∨:::::::..
::::::ヽ           _      ,r'"⌒ヽ / ´__,,-''"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
::::::::::\_   __   |:::::| `_  (     ) __l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
:::::::::::::::::::::ヽ_|:::::::::::|_|:::::|_|:.:.:.|_ゝ-‐'''"":.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,

「それを見送ると、彼女は大きな大きなあくびをした。
 あくびをするのと同時に、彼女の喉から可愛らしい声が漏れる」

  、... .... ...... .... ..... .... .. ... ,        , .. .. .. .. .. ... ...、. . . . .、_
  _)::::.::::.:::.::::.::::.::::.::::.::./ /     /:::.::.:::.::.::.:::.:::.::.:::.ヽ、: : : `
.  |::::.::::.:::::::.:::::.::.:::.::::/  /      、'、::.::.:::.:::.:::.::::.:::.::::.::::.`、: : :
  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /         i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i   |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |   |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |   !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l | __i _」 l|  ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、  ふぁ…っ…
          | |    lX´ i\l  レ'  ´ 'r===ュ  (::::::::::::::::ハ{{
          | |i     i ≠ ̄`               ト、::::::::::代`
         | l|   :l      '_            |l| 〈::::}: : :
.        ヽ!ヽ、 :l|     _/ ト、_         ! ハ  〉,': : :
.            \|l   // / |、\         l i | |: : : :
                ::lゝノ / / / ! l       // | |: : : :
             y'/  ´ ´ / / ,'      .// ./| |: ;/
            //         /- ´      .///_.| |_:::::::
            lノ       ,'_  _ ,.  ィ//: ̄ : | |:|-;:::
       _____{!       l,>― _ l´://: : : : ::| |:|. L
     ∠_     |          l: : : : :メ!、//: : : : : :.| |:|::::::ヽ
    /    \  l         l: : : ム杯f//: : : : : : / /: :\:::

18 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:19:23 ID:zgOhGsTM
「その漏れた声が、あまりに可愛いものだから、
 僕は思わず笑ってしまったのだ」

                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)  …ははっ
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{
        | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代` あら、何か可笑しなことがあった?
         | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム         ゚̄    ! ハ  〉,': : :
              ハ `弋ノ          O   l i | |: : : :
              | 。   ヽ    _ _    o  // | |: : : :
              | `、    ィ_´-‐ツ      // /| |: ;/
              }  ト、    ` ´      ///__| |_:::::::
              / /| | ` .、        , ィ'//: ̄ : | |:|-;:::
             / / .| |    _,>ー _ l´: :.//: : : : :.| |:|. L

「彼女は、僕がなぜ笑ったのかも分からずに、その目に溜めた涙を零していた」

19 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:22:19 ID:zgOhGsTM
「こんなとき、僕はやはり思ってしまうのだ。
 恋人になれなくても別に構わない、と」

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)  いや、なに、「鳴鱗琴」の音色がどんなのか分かった気がしただけだろ。
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

「それは、一種の逃げなのかも知れない。
 けれども、僕はこれこそが僕たちのあるべき姿のように感じられたのだ」

                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、  へぇ、詳しく聞かせて欲しいわね。
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

20 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:23:06 ID:zgOhGsTM

「まったくもって情けないと自分でも思う。
 きっと今に、この時間が終わることが嫌になるに決まっている」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)   俺が思うにだね…「鳴鱗琴」の音は…
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

「そうなると、離れ離れになったあと、彼女の隣に立つ人に、
 僕は必ずや嫉妬してしまうだろう」

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)
          |     (___人__)   海のあくび、みたいな音じゃないかって思うんだ。
          .|        ノ    大きく息を吐いたあと、これまた大きく空気を吸い込むような。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ

21 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:23:49 ID:zgOhGsTM

「僕はきっとそういう人間だ。
 自分が彼女の隣に居られないことは許せても、別の誰かが隣に居ることは許せないのだ」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒) いつまでもゆっくりと身体を揺らしている海が、
.             |    (___人__)  ほんの少し気を緩めてあくびをしたような音色で、
             |        ノ   「鳴鱗琴」は優しく鳴るんじゃないかな。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |  なるほど、ロマンティックで面白い解釈だと思うわ。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |  でも、それであなたがなぜ笑ったかも分かったのだけど。
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

「それでも、今の僕はまだ、彼女の隣は僕が相応しい、とまで思えない。
 本当に、はた迷惑な感情だ」

22 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:24:52 ID:zgOhGsTM
     [_:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::7     ′   '       '.       i匚、:.:.ヘi:i:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ `ヽ  ,/.//
     Lz:.:.:.:.:.:.::::::/    ′ 〃      :.         マ:.:.:ヘi:i:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:リミ=彡//
       んく.:.:.:::::/     {   l|         !      | |:.:.:.:.ヤi:iヘ:.:.:.:.匚ヾ\=イ
      し.:.:.:.::::/ ′     i   l|         ! .   i   | {_:.:.ヤi:iハ:.:.:.:.:.: Yハ:i:ヽ ! つまり、あなたは私の
       /:/7::::′      |   l| |       | |   |   |   /:.:.:.}:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:} |:i:i:| l  あくびを見て笑ってたわけね。
.       /:/ ハ’ |  |    |   l| |       | |   |   |__ [_:.:.:.:|:i:i:i|:.:.:.z‐'! .|:i:i:|. |
      l:/  ′| |  |    |   l| |       | |   |.イ「.|  _」:.:.:.!:i:i:i|:.:.(:i:i:|、 !:i:i:|  i
      l! /   ! !  !  | |   l| |       | l/ |  .ノ! ム:.:.:.:.:.!:i:i:i:!:.:.:.:}:i:|ハ ヾ:i:!  |
.      〃  ∧ l  l!  丁`ト、l| |        l,厶ニ孑灼フ / Y:./:i:i:i/:.:√|:i:| ! ヾ   !
      |′ i ∧ 、 l|   |_V{__」ト     ー'ノハ '(代ノり〃!|: 7テ=ヘz/ .|:i:| |    l
      |   .l:iヘ、ヘ八  |l(''て「k込 \l/!/   __ヾニイ::   l! {' 辷リ/  ヾ} :.     |
      |     !:i:i:|ヾ丶\l    ヾ汐            ,,  .::;' lハx」ノ     .i    |
      |     l∧! lNⅥl∧   `"´   ,         .::::ハ.  l| ',        .!     |
      |     | ′  l:.八 '"             .イ i  ! ハ..      |    |
      |     |/   /リ  ゝ      ‐-(    x≦三ミ/ ∧  :.     !     |
      |      ./   //  x≦> .     _ '´三三il7 /ミ|   i      |    |
      |     /   〃i≦三三三三i≧=-イ三三三三/ /三.!   |      |    |
      |    ./    /三三三三三≦〈 f穀マil三三三i!/ /i三 |  |      |    |
      |   イ    ∧三三三三三三 ミ辷彡 三三三/ /三三|  |      |    |

「とはいえ、なにも今すぐ関係をどうこうする必要はないのだ」

                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)
                |     ` ⌒´ノ.  ははっ…すまんすまん。
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、

23 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:26:08 ID:zgOhGsTM

「いつまで続くかも分からない生活に、
   最大限の愛をもって接していきたい」

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ  もしかして…怒った?
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

「それが僕なりの、この生活に対する姿勢だった」

\\t/ /     |      | |    |  |  l     |  |
  ヘ/ /  / /  i !     l |  |   l ‖ l    |  |
  / /  /  i   | l      l ll  |  ‖ ! l l    .l  |
 i /  l  l   | ll l    | l | l  || | ! .ll   l  |  l  いえ、ただ不公平だと思ったのよ。
. i |  l|  !   | |.| .|    ! ! l .| 厶-オ丁゙ l l l  へ| .| |  私だけ「あなたの鳴鱗琴」の音色を聞いていないもの。
|.|l /.|  | i  l .| l l  / |/ イ/ 斗l=ト、 レノ l/― ヽ ,i
.\l| / |   l |l l l  .| l /    イフUf゙゙l  l /| レ .| /
  | |  l  l .l.|iH廾─+ l/      ゞ―"~// .|  l/ノ/
  |.|   l  l!| !! Zfテミ              /./  j  i ´
  ソ   ll\l l ! ! ゞヒユ            / /  / l .|
  |  / | | / .ハ  ̄   ヽ   _.   / /  /、l  |
  /  / レ  / / ヽ    ー     //  / /l  l
 /  /   / /   ヽ、      // / / l  ハ
./  /   //i__. _r‐‐/` ー .、__ レく_ ‐´   l  /  ' ,
 /  //,イ | \_,r'"       |l"     / /     ',

24 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:26:48 ID:zgOhGsTM

「彼女はとても、知的で、クールで、それから美人だ」

            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    | …えっ?
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

「そして、どこか子供っぽくて、好奇心旺盛で、可愛らしい」

  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ !メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_ (::::::::::::::::ハ{{  次は、やらない夫があくびをしなさい。
        | |i     i i _」 ト、|| /    ,_,.斗t  ト、::::::::::代`   私がちゃあんと見て、聞いてあげるわ。
         | l|    X´i l\l  レ'   .ィf´| f心V .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、            弋 マソリ  | l| 〈::::}: : :
         `  \| k rf圷、       `¨´   ! ハ  〉,': : :
              ハ圦rvハ            l i | |: : : :
              |  ヽン          // | |: : : :
              | `、    ,           // /| |: ;/
              }  ト、       __,.イ  .///__| |_:::::::
              / /| | ` .、     ´  , ィ'/: ̄ : | |:|-;:::
                / / .| |    _,>ー _ l´://:: : : : :.| |:|. L

25 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:27:40 ID:zgOhGsTM

「世間では、惚れた方の負けだというが、それはまさにその通りだと思う。
 どれだけ強がっても、きっと好きな人には敵わないのだ」

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)  え、意図的にあくびを出すなんて無理だろ。
           | U  (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :  あら、だからといって自分ひとりで楽しむなんて、
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、   どうかしてると思うわ。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L

26 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:28:21 ID:zgOhGsTM

「僕たちはいつまで一緒に居られるのか、本当に分からなかった」

                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉  あぁ…わかった…なら、
                   ノ U   { )     j   あくびが出そうになったら、真紅に言うだろ。
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./ ええ、期待して待っているわ。
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |   …じゃあ、そろそろ始発もあるでしょうし、
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |    行きましょうか。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

27 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:29:29 ID:zgOhGsTM

「それでも。僕はきっと、これからも彼女に負けてしまうのだろう」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :  :   :         :   :  :  : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: :: : .                     ,-⌒一_..._  . : :: :::::::::::::::::::
:::::: :: :                       __,,.-" ..::⌒ヽ^~>     : :: :::::::
                            ⌒ 〜^―~⌒ _      _
   _へ"⌒‐-、_ .__ __ _                         |  L___」  |
   ̄⌒^^^^ ~^⌒' |lliiiiiiiiiiiiill|  _ -"⌒ヽ.._            | i========il |
            |lliiiil⌒liiill|   ^ー- ''^   __      | i========il |
            |lliiii|≡|iiill|         l77|||||ll::l       | i========il |
           zL|lliiii|≡|iiill|         |//||||l::::l       | i========il |
          |T:|lliiii|≡|iiill|         |//|||li::: |___     | |}]―━―[ll| |
  ―┐ ィェェェェェェT:|lliiii|≡|iiill|_        ┌‐|//||li::::::|◯l―┐| |≡≡≡≡|| |
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:|l]]]]]]]]]]l甲|―┐ -- : |.._」//!il:::::::|\\|iiiill|同TTTTT −コ「
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:||三三三{⌒h≡≡≡―|EEEEEE三三三三三三lココココココココ
 ”.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'
 ⌒..~^..⌒ 〜...^...~ 〜... ⌒ ...^〜~..⌒~...^~ {i二二二二二二二二フ  ̄ ̄ ̄
 _::: ::. . - _ :: .:.. - :::.. .:__ ~:: .: --__~ ::. :___..  |_l |,,,;|_l 」,,,;;|_l 」;;/        .
 − ‐ ~ _ __  ~   ‐ ‐  ‐‐_  _〜  〜~⌒ - ~ _..⌒~/          :
  ---       --   ---  ~      ---  - -   /           ..:
 -     ― 〜    〜〜    --  ~   〜  ~_  /             .::
    ~~~  〜   〜     〜   ..  ―−   ~_  /           ..::::
  ~~ 〜〜 ^~ 〜〜  ~ ~~  〜〜〜〜 ~     /         ...........::::::::::

 「だが、負け続けるのも悪いことじゃないのかも知れない」

28 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:30:11 ID:zgOhGsTM

「僕たちは明るくなった港町を抜けて、電車に乗り込んだ」

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i

「そして、どちらともなく本を広げ、物語を読み進めていく」

29 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:31:18 ID:zgOhGsTM

「特急電車の通過待ちで電車が止まったので、本から目を離し、
 大きく伸びをすると、彼女が僕を見て笑っていることに気づいた」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、 
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

30 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:31:54 ID:zgOhGsTM

「もしかして、と思いながら自分の目に手をやる」

                  , -‐、   , -.、
                /   ノ  ノ   ノ
               / 、_.ノ ./ 、_.ノ´
                 /  ノ /   .ノ  ,,-‐'⌒i
     .           / __ノ / /⌒ii´ /、_  .ノ´.   あ…これは……
               l. ゜ `iノ /   .|/  ,.'~´  .
                |   ,,,|./    丿 、_ノ ,-‐'´⌒)
     .         l.    |``''' /  .ノ ./ 丶,-‐'´
             |  ,___l    |、. / / 、,,/
     .         |   ノ     | `` '´-、 ,ノ
              | _/    |       )
                 | /     ヽ     |
              | .      ヽ::::.` 、,|
                 | :.       |::::  |
                   | ::       |::::  |.
               λ:::      ノ:: 丿
               /      , ::::::'/
               /      :/:::::::::/
             ,/      ::/:::::::::/

「どうやら無意識のうちにあくびをしてしまったのだろう
 手には小さな涙の粒がついていた」

31 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:32:32 ID:zgOhGsTM

「彼女はいたずらっ子そのものの表情で、僕に詰め寄ってくる」
   「まるで、絶好のおもちゃを見つけたような、そんな笑顔で」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  あら、口約無視ね。
            /::::::イ  i  :|    |ハ  / ! --j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ  まぁ、くじらの叫び声のような音色が
            \::::{   |  |,    :|川 /,ィレ'_ _,jハ |ト イ  .|.| | ハヾ;;、  聞こえたから良しとするわ。
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/´爪「;;うiヽ| ! ||:イ   .|.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从     V:ヅ'’| ! ||彡  ,.任i!   V/シ
                 |   ヽ八 .{:心      〃 .| ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧Vツ          | ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ〃 ′   ノうi .| ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人.   < ´ノ  | ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ| ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!::::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  廴{:::::::::人::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::::: ヽ.|

32 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:33:09 ID:zgOhGsTM

「僕は近くにいすぎる彼女に戸惑い、
 あまりのバツの悪さに目を背けた」

            / ̄ ̄\
            _ノ ヽ、_   \
           (= )(= )  |
          (__人__)  U  |    「ねぇ、やらない夫」
            l` ⌒´    |
.             {     U   |
             {       /
       _. -: ´∧ _,__  _.へ` 、
      r<....::::::::::ゞ::::::::::::r'    \ :\_
    /.::::::l:::::::::::::::::::::::::::::L>、    >ヘ::ヽ
    | :::::::ト、::::::::::「|:::::::::::::::::::`ー/:::::::::V::|
    〈:::::::::::::::::::/へ、:::::::::::::::::∧::::::::::::::V }
    /::::::_ン´「 ヽ`ヽノ:::::::::::::::::::Λ::::::::::::::ヘ}

「だが、そんな僕の態度は、彼女の一言ですぐに変わってしまう」

33 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:34:06 ID:zgOhGsTM


    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {  次は、何を読んで、
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.    どこに行くの?
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      `ー'゙ .|  ∨//    |    !
          }  |ヘ `ー'゙  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     マフ      ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、   ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |





「――なんて、嬉しい言葉だろう」

                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、  …。
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}

「僕は、当たり前のように『次』があることが、嬉しかった」
「だから、次の散歩のテーマの選択にも力が入ってしまう」

34 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:34:42 ID:zgOhGsTM
                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |…熱帯魚がテーマにある小説があるんだ。
              (__人___)     |  今度、貸すから、読み終わったらアクアショップに行こう。
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|

「僕が選んだのは、大好きな小説だった」

      ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__  えぇ、じゃあ、楽しみにしてるわ。
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\ お願いするわね。
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 l`      ,r==ミ l|. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾ ,x=ミ       l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ    `_ ノ  ,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ

「僕は彼女に、自分が大好きな小説を読んで欲しくなったのだ」

35 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:35:32 ID:zgOhGsTM

「僕たちの間には小説があって、
  ただそれがあるだけで、僕たちはずっと繋がっていられる気がした」

    |    =┛
  ┬|   |───┬───┬───┬───┬
  ││   |      │      │      │      │
  ┴|   |─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴
    │┌ー'|   |      │      │      │
  ┬││;;::│:::┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬
  │││::::│;    |      |   .....|   .....|
  ┴│└ー'l;;;::┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴
    │   |  |      |      |      |
  ┬│   |─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬
  │|   |      │      |      |      │
  ┴│   |─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴
    │   |  │      |      |      │
    │   |─┴───┴───┴───┴──
    "" ^~ " "


「僕にとって小説は、彼女に繋がる大切な一本道だった」

36 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:36:51 ID:zgOhGsTM


         「そう、僕は、彼女と小説が好きらしい」


      Vk、
       Vト、` ー 、
       Vk `ー、 i
        Vk   l/
        Vk
       〆 .〉
      /   ノ
      ゝ- ´

                f二)
                || l
                ||ノ〉
                レ



         「僕は小説を読むことで、
           少しでも、彼女と繋がっていたかったのだ」





               つづく

37 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/10(土) 22:40:42 ID:zgOhGsTM

ということで、これで一話を終了とさせてもらいます。
毎回、これぐらいの長さで投下していく予定ですが、
「小説」じゃなくて、「小説を読む人」にピントをあわせた話を書いていけたらなぁ、と思ってます。

こんな風な、大きなヤマがある話ではないですが、
もし興味を持っていただけるならば、またご覧くださいませ。
不定期ですが、投下していきたいと思います。

では、閲覧、ありがとうございました!

38名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/10(土) 22:48:02 ID:MT.QIt92

こういう雰囲気好きです。
続きが楽しみ。

39名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/10(土) 22:53:39 ID:4NQMY4Go
乙!
良い話ですねえ。

40名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/10(土) 22:57:15 ID:dOmy2eTA
成程、これはいいものを見つけた。半分の月の昇る空が、少し大人になったような。
銀河鉄道の夜、好きなので名前が出て嬉しかった。乙でした

41名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/10(土) 23:02:31 ID:QeXhT49Q
乙です

42名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/10(土) 23:13:43 ID:Z5SQgupc
乙でした!

43名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 00:56:29 ID:YyvsX7DM
乙です

44 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 07:16:12 ID:nW6QA.TE

おはようございます!
そして、ご感想&ご閲覧ありがとうございました…!
至らないところが多いですが、大目に見てくださって嬉しいです。

そして、驚いたことに、いきなり「俺用チラシの裏」さんと
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-2592.html

「やらない夫オンリーブログ」さんがまとめてくれたようです…ッ
http://yaranaioblog.blog14.fc2.com/blog-entry-3878.html

この場を借りて、皆様に感謝申し上げます!
ありがとうございます。。。

45名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 07:27:08 ID:9rocREG6
乙です
自分もこのスレの本を読んでみたくなりました

46名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 08:02:47 ID:NDZOogpU
トリップがDQ5

47 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 09:59:46 ID:nW6QA.TE
>>38-39さん

ありがとうございます…!
のんびりとした文学少年と文学少女を描いていきたいので、
また良かったら、ご覧くださいませ!

>>40さん

銀河鉄道の夜は素晴らしいですよね。
同じ本が好きな人がいらっしゃって、嬉しい限りです!

ちなみに「半分の月の昇る空」という小説は未読だったのですが、
思ってたより設定が近くて、驚いてます。
気になったので、また読んでみたいと思います。
ありがとうございます!

>>41-43さん
ありがとうございます!
また近日中に投下したいので、お暇がありましたら、
どうかご覧くださいませ・・・。

>>45さん
このスレで名前を出す本は、私自身、お気に入りなので、
そう言って頂けたら嬉しい限りです!
ありがとうございます!

>>46さん
まさかのドラクエトリップでしたw

48名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 11:34:24 ID:dbSJm4HI
乙です!
まとめサイトから読ませていただきました
「博士の愛した数式」は自分も好きなので名前が出てきて嬉しかったです
このスレで出てきた小川洋子さんの他の作品も今度読んでみたいと思います

49名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 15:45:22 ID:fg5VTF7w
乙です
応援させてもらおう

50 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 16:57:12 ID:nW6QA.TE
>>48さん
ありがとうございます。
「博士」もほんのりと暖かくて、いい話ですよね!
どうか他の作品もご覧ください!

>>49さん
閲覧、ありがとうございます!


そんなこんなで、早速、今晩の22時にでも、
第二話の投下をさせていただきたいと思います。
お時間がある方は、どうかよろしくお願いいたします。

51名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 16:58:46 ID:lslv/DZk
楽しみにしておりますー。

52名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 18:39:36 ID:voBBmZEM
乙!
文学的な、あまりに文学的な雰囲気に素敵な気持ちに浸った。
早速次が見れるとは、嬉しいことこの上ない。
次は、どんな小説を題材とするのかとても楽しみです。

53名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 20:38:14 ID:GodcugRQ
乙ー。
雰囲気がとても良かった。

54 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 21:52:50 ID:nW6QA.TE
>>51-53さん
ありがとうございます!

では予定通り、22時に第二話「パイロットフィッシュ」を投下いたします。
どうかよろしくお願いいたします…。

55 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:00:21 ID:nW6QA.TE


「熱帯魚を飼育するアクアリウムには、様々な技法があるらしい」

   「そのひとつが、メインの魚が住みやすい環境を作るためだけに、
          飼育される『パイロットフィッシュ』だ」
                              _
                            //ノl
                           //〃/l
                   `  _,,, --く∠〃〃/l
                ,  -'''´ ̄    k`'ー.<ン__       _,. - ≦フ
               /   ,, 、     ) / / / / / / `v- <ニニ三/
              /   (.(iン}     く{ { { { { { く ヾ∠二三く
             //    `~",ヶ(   } 釗釗釗釗釗_メ、ニ三三)
              ,くrI r-、   └'~  ゞ_ノ_ヾ__,ャtTTく、 ` ̄ ̄
            ´|j ヾ}` `'''――へニ三ミヾ´    \lヾい
                       `'''ーミノ      ̄ ´

56 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:01:10 ID:nW6QA.TE

「立ち上げたばかりの水槽は、魚たちにとって悪い環境だという」

  「理由は、水の汚れを分解するバクテリアの数が少ないからだ」

「そして、バクテリアを増殖させるには、水の汚れの原因であるアンモニアが必要になる」

                          /ク
            ,,イミl      /彡|
          _,∠_彡i__,ク--''-、/゙‐-、
      ,,ィユユT'';;>',ニニイYYYlll,-┴'=‐┘
  ,,.-‐个yイ二ニニイ>iiiiiiii>テ
 / (●),_〉ミ、l l l l l l l>,ミ三」
 ゙ヽ--=''----── ''" ̄

   「だから、アクアリストは、バクテリアの餌になるアンモニアを発生させるために、

    パイロットフィッシュと呼ばれる魚を、最初に入れるらしい」

  「そして、十分にバクテリアが育ってから、メインの魚を飼育するのだ」

57 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:02:19 ID:nW6QA.TE

「そうして、パイロットフィッシュに選ばれた魚は、

 過酷な環境の中、たった数匹で水槽を泳ぎ回って、水を作っていく」


                 /~{
 ,、__., 、---───,─、─'"、_,='___,. '"~}
ヽ}l ◎)ー、_、-' "~~)-k>K><- ー   ) )  {
 ~"- _, ' _)_/-、    _,...-'< ̄ ~^ 、_,l
     ~ー-、___ ),<_   /
           ヾ)    ~


     「――当然、死んでしまう魚も少なからず居るはずだ」

      「それでも、こうすることによって高価な魚も、安全に飼育することが出来る」

   「多くの人は、パイロットフィッシュたちの末路を承知して、彼らを水槽に入れる」

58 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:03:12 ID:nW6QA.TE

「そのあとに住むもののために、命を捨てるパイロットフィッシュ」

                                 r-'´|
       __,,..、----‐―――‐‐----- 、、....,,,,______/彡ンj
 __,,..、-_ニ.、-‐‐   :. ‐‐‐‐--= ..,,,__ :, :, :, :, :, :, :, :, :, ー-=、,ヨ
.(‐-  i´r‐, i r'´`ヽ -、:. :. :. :. :. ー‐-- ̄二ニ.ー‐‐ - -' '...,,,,__``ー‐‐、--‐‐=====ヽ
. ヽ、 ゝニンノ/   i.  '; :, :, :, :, :, :, :, :, :,ヽ: : : :  ̄: ̄: ̄``ー-- ̄二ニコ三三三ニ二二`、
  `ー-.、.,_´ ___ン   ノ ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.!: : : :.__,,,,,.....、、-ー‐-、..,_/´ミミミ三=ニニ三!
       `ー-、、..,,___ :. :. :. :. :. :. :. :. _,.1t'´ ̄ミミミヾヾ丶ミ ノ   ヾ、ミミヾー-三三ニ/
             ``ー‐‐t'ヘ不ミ!  !i !i !i !ミミミヾヾン'´     ヾ、_ミミミヾヾ三/
                  !i !ヘミミ!  i.!i !i !iミ,.r'´ ̄          `ヾ、_三ニ/
                  し' ヾノ   `ー‐‐'´                `ー'´

 「それは残酷だが、必要な存在なのかも知れない」

  「そして、僕たちが生活するこの社会においても、
          パイロットフィッシュになる人がいるのだという」

59 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:04:14 ID:nW6QA.TE

「僕は、そんな『パイロットフィッシュ』を題材にした小説を、
                       彼女に貸したのだ」

                                    rく丁ヽ、
                                    トミミミミヽ,イ
                                    ヽミミ>イl|ll    、
                                     Yテ川l|入   丶
                                    ,イ川j||l/ネ人   ヾ
                                    ノ」斗イXトメ∧    l!
                                  /ヽ」ート、!>メYヌ!   !|
                                ,.ィ´j\/VヽL>、|ヽメjイl   l|
                             ,.ィ´ヽ_>、_ヽ_ト┤ヽト、ト、j∧   !l
                           ,.ィ´ート-〈:.`ヽ_」ヽ:ヽ├<イ」)j ∧  l|
                        ,.ィ:´>'⌒!::. ヽ_〉-く:.ヽ、>(´ヽ_ト、〉 ム」!   !|
                      ,. ィ'´-{:.`ヽ、:. Y⌒!:.\:. )<⌒ト>く レ' /_彡!   リ
                    ,.rく::├-、 ト-、/⌒ヽ:. >-く´L人ノYソメ メニ三┤ '′
                  ,.rく_!⌒ヽ:. Y:. :. ト、.::厂l::... ト、! (´Yノ /=ニ三/
                ,.rく__/:. :.ヽ:. :.ト-〈`丶j:.`〈_ |`Y: ├v'´ /ニ三三/
              ,.:'´∠/ ヽ_!`丶!:. .:ト、_「`ヽ!:.`! !ーイ /`ー== '′
            /:. ::. :. :.`丶L:. :.ヽ:.├‐〈:. :. ト、├.y'`j  /
          /.::.::.::.::.:. :. :. :. :.、\ノ⌒ヽ >、」: jノ ノ ,∠三ミ 、
         /..::.::.:::.:::.::.:. ヽ、:. :.:',:..::ト、ノ丁 j / ∠=ニ二三三>
       /::.::. ,. - 、::. ::. ::. :.ト、:..::}::.:| .::| 厂` _ノ ̄ ̄ ` ー‐ '´
       rく.::.: :. :( rう))::. :. :. :..!:.\ j:.ノ_ ⊥-=ニ三> 、
      ヽ、`ー- `二 _     l  ノ ノ -=ニニ二三三三>、_
        ` ‐- 、 __ >--┴‐ '´`丶、ー=ニニ二三三三`ニ==ニヲ
                        ` ー-= ニ二三三二ニ= '´

「『人はみな、一度出会った人とは、永遠に別れられない』

         「作中にあったその言葉の意味を、
                    僕はまだ、分かっていなかった」

60 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:04:58 ID:nW6QA.TE



「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」




      2.「パイロットフィッシュ」






         ,zー=ニニ二三ヾヽ
       ,Z三二ニニニニヾヾヽ
          ⌒うミニニニニニミニヾヾヽ____
       , =≦三ラヾミニ二三> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、
      /, ‐ァ=ァ=ニ三Xミニン'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(   c >
    〈///, -ァ‐ァ=ァ=X .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´
      ノ'´///////>=ァァァァァァァァrmヾゝ
    {////////, イ ////////l川
    〈////////リリ/////////|川
   レ //////} ,ハ//////// レ{人j」
   ヾ∠∠∠∠/ // ////////'´
                〈/ ///////´
               ////⌒´
              ⌒´

61 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:05:40 ID:nW6QA.TE

「彼女が小説を読み終わったその日、僕はまた図書室に向かった」

 「どうやら、彼女は少しばかり考え事をしているようだったので、
   僕は彼女に声をかけず、対面に位置する椅子に座ってみる」

                    r=..、、
                 rー-ヘ::.::.r':.:\
               r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
              r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
            r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
            _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
           {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
             _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
           {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
            ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
             {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
          /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
         /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
        /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
       / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
     , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
    /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ,      ,リ /_:/、) ∨   リ: .:/ !、
  /´ / ,..--イ`ー──┴''ヽr‐、--─へ . _ /}/´ヽV    l\ j:..:/  l }〉
/'  /__/  /         `ヾl     〉''´ ,、__ノ=,_ノヽ  ! ヽ/  /ノ'
 ̄ ̄ ̄ 〈             //,ィア`ー'´ ̄     ̄ヽ\  /ゝ、∧=イ
      \__,,.  --<l ̄ ̄ //             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ヽ_ 〈〈__         /
                  `ヽ-'     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

62 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:06:22 ID:nW6QA.TE


「僕が目の前に座ると、彼女は僕のほうを向いて、
 目だけで優しく笑って見せた。僕はそれに、頷いて応じる」

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  | …どうだった、『パイロットフィッシュ』は。
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬-−―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


「彼女は少しだけ悩むような表情をして、それから、ゆっくりと口を開いて言った」


 _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
 {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
 └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
    L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l 確かに、良い小説だと思うわ。
     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l | メッセージ性も高いし、文章も読みやすい。
       !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
      l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ| けど、中年の男女の恋愛観についての部分は
          liヘり    .:::::::::::. .l |l  !:::/ //   | ! |   私には理解しきれなかったわ。
          l l.::::.ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |
          | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l  あと、考えさせられるところもあったわね。
         / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !
         //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !
          //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
       /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/   !
       ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |   |

63 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:07:09 ID:nW6QA.TE

「確かに、この小説は時間の流れが大きな意味を持っている小説だ」

 「彼女が疑問を抱いたのは、元恋人の男女が中年に差し掛かって再会したとき、
    なぜあのようなことを思うのか、というところだろう」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●) うーん、実は俺にもわからないだろ。
.             |    (___人__) 第一、俺たちもまだ大学生に過ぎないんだし。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    | やっぱり、そうよね。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   | だけど、分かりそうで分からないというのが
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |  なんだかもどかしいのだわ。
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

64 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:08:04 ID:nW6QA.TE

「だから、彼女の言おうとしていることは、なんとなく僕にも理解できた」

 「これは、どれだけ想像しても、まだ学生の僕たちには答えが分からないことなのだ。
  それだけに、こんなにももどかしく感じられてしまうのだろう」

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)  まぁ、そのあたりは歳をくったときの楽しみにしとくだろ。
          |     (___人__)   いやでも中年にはなるんだし、それからまた考えれば良い。
          .|        ノ
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


      _  }::.::.::.::.::.::ハ::.::.::.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::て::ハ
     /::.:ー '::.::.::ヾ::.::.::.::ヽ::.::.::::::::::::::::::::::..:.::.::.::.::.:λヘ
 .   └┐::.::`::-::.;;,::.::.::.::.V::.::.:::::::::::::::::::::::::::.::.::. {::.、_:\
     r、_}::.::.::.::.::.::.:`::.-;;,::. ハ::.::.::_:::::::::::::::::::::::..::.::.::.::.}::.:ハ
    廴::.::.`::.:..ー::.::.:-::.:>' ´  `- 、,,;::::::::::::::..::.::.:i::.::.::.:\_ _ r 、
     _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>
    (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴
     フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
     V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(
    ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:) それもそうだわ。
   {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴 中年になるまで、忘れないでいないと。
   Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ 
    i .ハ  .il .il   ハi=、.il    升イ i .ハ   il  {:.:.:./  /:.:.:.{´
    ヽリilト .iトⅦハ/ィ=、 -ミ   / / .リ=ナ -i 、  .リ /ノ)/   /::.::.::.ハ_
      ハトヾ入ゞハ 伐心 ハ ノ,斗rそか㍉ /ヽ イ/:.:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ   ところで、アクアショップにはいつ行くの?
    / ノ人ゝ川ハ 弋ツ '´    弋_ソ ノ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//
   .//.イil /人小           フ升 ili i:.K {rj]iイr'´//
   イ// /il.// //ハ    '      イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ //
./イ// イイr⌒>''´ \  ー―    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//
 /// iヾ:::Y''´      >      , ;'::::.::.::.::.:{ソ-、   {{
V/ /∧::.::.::.:ヽ     _ t ` r</.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  |.|
_,,/ < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ..|.|

「彼女は僕の投げやりな提案を飲み込み、次の散歩の話をしはじめた」

65 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:08:51 ID:nW6QA.TE

  「これも僕たちの一つの関わり方だった」

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ 俺はいつでも大丈夫だよ。
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : : それなら、今週末でもいい?
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、  出来るだけ早いほうが良さそうだし。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


 「僕たちは同じ小説を読んで、そして、その小説のイメージに合致するところに散歩をする」

   「いわば、読書の延長の行為だ」

66 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:09:58 ID:nW6QA.TE

「僕は彼女が笑顔になってくれたのもあって、
  彼女の提案に二つ返事で応えた」

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \
            ( >) ( ●)   |
             (__人___)     |   オッケイ。じゃあ、また連絡するだろ。
             '、        |
          ,,. -ー|         |ヽ___
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |  えぇ、またお願いするわ。
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |   コーヒーぐらいならご馳走するから。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

「彼女の笑顔ひとつで浮かれてしまう自分を知って、可笑しくも嬉しかったのを覚えている」

67 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:10:37 ID:nW6QA.TE

「こうして、あらためて考えると僕は相当に浮かれていたらしい」

                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   | 楽しみにしてるだろ。
              (__人___)     |
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


 「これから後のことといえば、物事を深く考えることもなければ、
  彼女と約束した日までなにをしていたのかも、まるで覚えていなかった」

68 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:11:24 ID:nW6QA.TE

「そして、約束をしていた日の当日。
 僕たちは大学の最寄の駅で待ち合わせをして、
  近くにあったアクアショップに足を運んだのだった」

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
. . . . . . ._ . . . . . . . . . . . . . . . .________
:.\   イ:.:.:ト.. .__.. ... . ./.::|:─└ ─└ ─:.
::.:. \/::::::::ヽ..|:.:.:.:.:.l .   /::/:|:└ ─└ ─└::
::.::.::. `l‐...‐..┴..‐.┴‐.r'::.:. ..:..:.:|:─└ ─└ ─:.
:.:.:.::.:: . |:::.::.:.:..:.:.:...:.:.:.:..:|:..:.:..:. .:. |:└ -___‐ └.:
::..:.:.:  ,! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~.t、ヽ:..:.:.:|.:.:l.:.:i:.|[l[l[l[l|:.:.─:.
:.:..:./               \.、 . |:.:.:..:.i::|[l[l[l[l|:.:..:l.:
:/               \_|.:.:..::.i::|.   {}|:..:..‐.:.:.
                     ̄ ̄ヽ!lニコ| ̄ ̄~

69 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:12:02 ID:nW6QA.TE

「僕たちはその道のりの中でも、たくさんの話をした」
  「その話題のほとんどが、小説『パイロットフィッシュ』についてだった」

       ヽ,ヽ,ヽ
         ヽヽヽ
         | |_ri_ri_ri_
    ゝ     | r―,―,―'
    ':、   . | |  ヽ,ヽ,
      \  | |    ヽヽ
        \| |     l l' 、
          | |' 、   l l ヽ,
          | |  ~"'-l l  ll       i"~| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ̄ ̄l゙"'i| |/\  l l"-llヽll  .   l l"l ロ ロ ロ  |-‐'""'‐-、_
    ロ .| . l| |――i .l l  ll ll .    l l .l        .|―――┬'
      | . l| | []  l  l l  ll_,.ll-    l l_,l ロ ロ ロ  | ロ ロ.|
    ~ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄l l/      \|______|__[],,,,|_
    ,,   ,,  | |  ,, /          '、――――――――――
     ,,  ,,  | | ,, /            \
         | | /               \

70 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:12:50 ID:nW6QA.TE

「そんな彼女がアクアショップについて、最初に見たいといったのが、
      他ならぬパイロットフィッシュになる魚たちだったのも、頷けるものだ」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─−……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─−‐{ やっぱり、パイロットフィッシュを見てみたいの。
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ  どこにいるか、わかる?
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{


                     / ̄ 丶
                     l     l
                     (ノ、_)  i   それなら、こっちだと思うだろ。
                     ∧   イト、_
                   __/::`t- "::::::::::::..`,
                 /...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::'
                i :::::::..V:::::::::::::::::::::::::::: |l
                 i :::::::: j:::::::::::::::::::::::::::::: !    __________
                   i ::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::: iヘー-r´ `ニ⊃--'
                i ::::::: li:::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::ハ__ノ{__}
               i :::::::: l l::::::::::::::::::::::::::::: i-ー" ̄  ̄
               'v:::::::へ::::::::::::::::::::::::::::: |

 「僕はそれに応じるように、彼女を案内した」

71 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:13:44 ID:nW6QA.TE

「僕が案内したのは、よくパイロットフィッシュにつかわれるアカヒレという魚の水槽だ」
  「それ以外にも、大型魚の餌として利用されているのだから、不遇な魚だと思う」


.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.} ……。
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !


  「彼女はそんなアカヒレを見て、色々なことを考えているようだった」

(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%92%E3%83%AC

72 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:14:25 ID:nW6QA.TE

「僕はとにかく、彼女の言葉が出てくるのを待った」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー) ……。
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

 「少しでも急かすことは、場にそぐわない行為だと感じていた」

73 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:15:04 ID:nW6QA.TE

「沈黙は、苦ではなかった」
  「だが、相手の思考が気になってしかたないのは、不自由だ」

      「だから」

       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、  綺麗な魚ね。
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__  尻尾は鮮やかな赤色で、
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<   身体もキラキラ光ってるわ。
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ



「ようやく言葉を口にした彼女を見て、僕はほっと息を吐き出した」

            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |   …残酷だと思う?
          (__人___)     |
              |         |
           |        |
            ヽ      .イ_
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

74 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:15:47 ID:nW6QA.TE

「彼女は、パイロットフィッシュとして、あるいは餌として生涯を終える魚に、
 哀れみのようなものを感じているものだと僕は思っていた」


     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r  …いえ、
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ   次はメインになるような魚を見たいわ。
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬   案内してもらえる?
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |


「だから、彼女の表情がすこし曇ってしまうのも、仕方がないと思っていたのだ」

75 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:16:26 ID:nW6QA.TE

「アカヒレの水槽から離れると、
   僕たちはメインになる魚をいくつか見て回った」

                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|  やっぱり、アロワナあたりが鉄板だな。
                '、` ⌒´      |   個人的には、ディスカスなんかも良いと思うが。
             -ーー|        ト、______
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|

(参考)
アロワナ:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%83%8A

ディスカス:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9

                     r=..、、
                  rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
               r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、あら、この魚も綺麗だわ。
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ 淡いブルーが光ってるもの。
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´       j:..:/  l }〉
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'
. //   ,′ / >‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ_   /:/_. =イ
//   l / `ヽr‐ __.:二 _>.:´ヽ/´:. .::.>_´三  ̄ ̄__ >´‐ ´ /
!{   / /    ̄ `ヽ:\/_.:.:.:.:.: { :.:.:.:.:. :.ー、ァ..´: ̄ ̄_> ´// //

「彼女はそんな熱帯魚たちを初めて見たようで、
 その表情はまた明るいものに戻っていて、一安心したものだ」

76 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:17:34 ID:nW6QA.TE

「結局、彼女の表情に笑顔が戻ると、自然と僕も笑ってしまった」

                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   | そいつはネオン・ドワーフ・グラミー。
              (__人___)     |
                    l`⌒ ´    |  ペアで飼うと仲良くやるらしいだろ。
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|

(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%BC



\\t/ /     |      | |    |  |  l     |  |
  ヘ/ /  / /  i !     l |  |   l ‖ l    |  |
  / /  /  i   | l      l ll  |  ‖ ! l l    .l  |
 i /  l  l   | ll l    | l | l  || | ! .ll   l  |  l 素敵ね。
. i |  l|  !   | |.| .|    ! ! l .| 厶-オ丁゙ l l l  へ| .| |  色合いも綺麗だし、可愛らしいわ。
|.|l /.|  | i  l .| l l  / |/ イ/ 斗l=ト、 レノ l/― ヽ ,i
.\l| / |   l |l l l  .| l /    イフUf゙゙l  l /| レ .| /
  | |  l  l .l.|iH廾─+ l/      ゞ―"~// .|  l/ノ/
  |.|   l  l!| !! Zfテミ              /./  j  i ´
  ソ   ll\l l ! ! ゞヒユ            / /  / l .|
  |  / | | / .ハ  ̄   ヽ   _.   / /  /、l  |
  /  / レ  / / ヽ    ー     //  / /l  l
 /  /   / /   ヽ、      // / / l  ハ
./  /   //i__. _r‐‐/` ー .、__ レく_ ‐´   l  /  ' ,
 /  //,イ | \_,r'"       |l"     / /     ',

   「彼女の笑顔は、なかなかに強力なのだ」

77 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:18:09 ID:nW6QA.TE

「そうして、ショップを出てから、僕たちは喫茶店に向かった」

   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|  ほら、約束どおりお茶代ぐらいは出すわ。
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|   もっとも、必要ないならそれでもいいけど。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │ あぁ…いや、自分の分は自分で出すだろ。
                   '、'ーー´   'J |  こっちばっかり話してしまったし。
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

「そのころにはもう、アカヒレの水槽の前で見せた表情は身を潜め、
  彼女はもう、いつもどおりのいたずらっ子に戻っていた」

78 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:19:16 ID:nW6QA.TE

「僕たちは窓際の席に向かい合って座り、
  通りを走っていく車を眺めながら、ゆっくりと飲み物を飲んだ」

                                i:              ーミ込xr}、、'、ィ爻ミ爻爻爻ミミミミ
                   丶 、      ` fr'、         、x、メミミ爻シメ爻爻ミ爻爻爻ミ
                        `丶 、    .||,, 丶        メ爻爻ミ爻爻ミミxメ爻爻爻爻爻
                           `丶、 オ}‐ `i!、        ,、xィ'⌒ヾ爻爻ミミ爻爻爻爻爻ミ
                 _     _ 、xメ     `|ト 、 .i! }、      ィヌト、,__,ノ|爻爻爻爻爻爻爻必
             l      |    、!彡爻、 ,、__,x . ||  `:i!、!`i    ,ム爻||  ̄ ||爻爻爻爻必必必必
         __  | ,,,   ,」,爻; __ 彡彡爻,|.| |爻、||,!  :i!_j`:||!   .xメ爻j|| // ||ェェェ王ェェェェェェ]王ェェェ
公、、合且、、、卅<尖┘…゙'''゙'''''゙宀宀べ丐丐¬冖'''''`^´`,,.. -‐:'.:   iキキキ|| // ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : ,, ,, xx _,-==冖'''''""゙゙゙´  ,, :;' "   . 寸ヨ|| // ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
: : : : : : : : ,, ,, 、、 ィィ_,,.llll!!!!-‐…'''' "´             ,.:',:ノ!  .:.:.:.:.:.:.:.:`:|| // ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
;,;,;,jjjjllllll!!!!!-‐''''"´                   , :',:/;:′     : .:.:.:.:.:||___||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
'''""´                         , ',.:/;:.'           |l   ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
                           , ' ./7::;.'    .     . : .:.:.::::|l:::::::::||`守ヌ|圭圭圭圭|圭圭
                          , '  /_,/:'                || .:.::||::::::`守}ヨ圭圭圭|圭圭
                        , ′    .:                  |Kニ>!! ..   `守}ヨ圭圭|圭圭
                       , '      .:                :::{     }::::::::::::::::`守ヌ圭|圭圭
                      , '  /´ア'‐ァ'              ...........:.:.:.:::::::::::.....:::::::::::::.:.:`守}|圭圭
               , '   ∠ /::::;::'                .. ::::::........:::::::::::::::::::::::::::::::`寺圭ヨ
               , '   / ./:l:::;:'                   ..... :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`守ヨ
          , '    ∠ /::::::;::'              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`

                     「僕はアイスコーヒーを、彼女はアイスティーを、一杯ずつだ」

79 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:20:03 ID:nW6QA.TE

「喫茶店で、どれぐらい話をしたのだろう」

 「話に熱中していたようで、僕からは時間の感覚なんてものがなくなっていた」

「それでも、適当な時間を見計らって喫茶店を出たことは覚えている」

 「そして、二人で帰り道を歩いていると、彼女がまた口を開くのが見えたのだ」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─−……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─−‐{ 今日もありがとう。
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.| 楽しかったわ。
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{



  「それは別れの言葉で、僕はその言葉にただ頷いて、別れるつもりだった」

    「けれども」

80 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:20:52 ID:nW6QA.TE


  「彼女の言葉は、僕の意に反して、まだ続いたのだ」

      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈  ねぇ、やらない夫――
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |



       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<  ――メインになった魚は、
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\     罪悪感を抱くと思う?
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\  
       ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ


      「それは、たった、たった一言だった」


   「その一言で、僕の身体は動かなくなってしまった」

81 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:21:35 ID:nW6QA.TE

「僕は、彼女の言葉の深さが、分からなかった」

  「その表情が、口調が、いつもの冗談じゃないということを伝えている」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |  メインになる魚が、だって?
          (__人___)    |
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |


 「僕が理解していたのは、何かを答えるべきだということだけだった。」
 
  「だが――僕は何を答えたらよかったのだろう?」

82 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:22:19 ID:nW6QA.TE

「僕が答えを求めて困惑していると、
      彼女が突然、くすり、と笑った」

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |  変なことを言ってごめんなさい。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !   忘れてくれても良いわ。
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │ …いや、俺こそ上手い返しが出来なくて悪かっただろ。
                   '、'ーー´   'J |
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

 「僕はおどけるように笑った彼女と、同じように笑って見せた」

  「だが、せいぜい僕が作れたのは苦笑だけだった」

83 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:23:13 ID:nW6QA.TE

「彼女は、そんな僕を見てもう一度笑うと、繰り返すように言うのだ」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、 …じゃあ、今度こそさようなら、ね。
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  また大学で会いましょう。
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、  次は、私がオススメの小説を持ってくるわ。
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ    綺麗なお話だから、読んで欲しいの。
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l そいつは、楽しみだろ。
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}

「そして、彼女はいつもの笑顔で僕に小さな手を振って、駅の改札を通っていった」

   「僕はその姿を、ただ食い入るように見つめていた」

84 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:24:19 ID:nW6QA.TE

「しばらくは、動く気にならなかった」

 「だが、そういう訳にもいかず、
  ひとりになった僕もやがて、改札をぬけ、電車に乗り込んだ」

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i

 「相変わらずの、いつものくせで僕は本を開く」

   「だが、本の内容はまるで頭に入らない」

85 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:25:10 ID:nW6QA.TE

「彼女は、僕に何を聞きたかったのだろう」



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ     { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,





         「どんな言葉を、求めていたんだろう」

86 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:25:50 ID:nW6QA.TE

「僕はなぜ、言葉を出せなかったんだろう」



              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,





   「そんな後悔ばかりが頭の中をグルグルと回っていた」

87 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:26:32 ID:nW6QA.TE


「そして、僕は気づかざるをえなかったのだ」


    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,




  「僕が、

     彼女のことを何も知らないという、事実に」

88 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:29:06 ID:nW6QA.TE

「彼女は―

                            _,,,...、-‐==='ヲ
                   _,.、-‐ュニ二ニ三ニ三ニ三二三,.r'´
             ,ィrィァイ'ア7フ〃,r'´彡'彡'´二彡三ニ,.r'´
        ,.、-‐.‐'´ ̄``ヽ/_/i´//r',.r'彡,、-'´三ニ二/
     ,.、-'´., ..;:'    : . : : `ヾ、//,.r'彡'´,r',.r=__ン
 _r、‐'´   .,:::;::.     :.:.:.:     ;:,,r'彡彡,r'´/´
 !ミ、ヽ r''_`ヽ::.     ::::::      ,:;:;'i彡彡r´/
  i ヽ! i,.t_ノノ::;:.    ::;:;      ;:;:;:; i!彡,r'/
  ! .` ,;:;`"´      ,::;::'     ,:;:;:;:'  !彡ノ
  ヽ ,:;;     ノ  ,::;::'     ,:;:;:;:'   ヒ´_ ______
   i`ー_,.、-‐'´   ,::;::'      ,:;:;:;:;'    ,.rイ三三ニ三ミt、.,_
    !::.       ,:;::'     .;:;:;::'    /ミミミミ、三三二ミミ、)
    ヾ、     ,::;:'     ,:;::;:;'  ,_  !ミミヾミミミ三二ニ、,.r'
     Yiヽ、   ,::;:'      ,:;:;:;:  ,i´i`〈ミミヾ、ミミミ三ニ>'´
     !i ::!ヽ、 .::'     ,:;:;:;:;'. , i !!|i | ヾミミミヾミミミ、/
      ! .:i、 `ヽ、    ,:;i! !i i ! i i| !!i、 ヾ、ミヾミミt/
     !.!i !    `!.´川 |.ilil i !i !i.|iヾミ、.〉  ヽ、ミミミ/
     !i i.!     `!i !| !ilil| !!|i !i|ヽミ、/     `ー'
     i.! !i     !I i illil! !i| !iヽ、ミ/
       !i i.!     ヾ! ilil| i !!ミヾミ/
.       i.! !i       ヽ!ili, !iミヽミi
       ti t、       ヾil ミミヽi!
.      't、ヾ       ヾi, ミミ!
       ヾ ヾ、       ヾミミi
        ヾ、`ヾ、     ヽミi
                   `ヾ、  この小説を読んで、
                        一体、何を思っていたんだろう」 




     「僕は、もう一度、『パイロットフィッシュ』を開き、
               彼女のことを考えながら、読み始めた」



       「まるで、それが宝の地図であるかのように、
                             しっかりと」


                   つづく

89名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 22:32:22 ID:XvYhSeTM
乙でした!
真紅さんの問いかけは難しい……というか、残酷な感じがするね。
大きな伏線になりそうでこの先の展開にも期待です。

読み返すと新しい発見が出てきそうなので、もう一度1話目、2話目と読み返してきますw

90 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/11(日) 22:32:53 ID:nW6QA.TE

ということで、第二話『パイロットフィッシュ』終了です。
おそらく「どういうこと?」と思うところが多くあると思いますが、
そのあたりは物語の中で説明していきたいと思っています。

なので、よろしければまたのお付き合いを…

今回の第二話のベースになったのは大崎善生さんの「パイロットフィッシュ」です。
時間と人の流れがとても伝わる、大好きな小説です。
機会がありましたら、どうぞこちらもご覧くださいませ…。

閲覧、ありがとうございました。

91名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 23:06:45 ID:bZICElOc
乙でした

92名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 23:26:54 ID:GodcugRQ
乙。
話の先が気になってしょうがないぜ。

93名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 23:34:18 ID:mHU5WP46
乙乙!

94名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/11(日) 23:56:01 ID:voBBmZEM
乙!
全部を読み終えたときの読後感を思うと、今からワクワクするぜ。
次が楽しみだ。

95名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/12(月) 00:55:16 ID:lpqGsH1k
乙でした。自分がまさに今大学生なので、色々とない夫の気持ちに共感できる……ずきずきくるわ

96名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/12(月) 02:36:18 ID:dk.elOM2


パイロットフィッシュ……何とも懐かしい作品
これを読んで、『アジアンタムブルー』を読んで……
「うわぁー」ってなった思い出が未だに根深いw

97名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/12(月) 02:39:17 ID:NQAvekkw
乙です

98名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/12(月) 04:05:53 ID:O7ZOIy0M
乙でした。
どこか夢心地というか、ノスタルジックな。
昔あった床屋さんのスレと雰囲気が似てるかも。

99 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 07:41:14 ID:YZinEkjE
>>89さん
ありがとうございます!
そう言っていただけると、何よりです。
一応、ひとつのテーマに向かって物語を進めていくので、
よかったらこれからもお願いします!

>>91-94さん
ありがとうございます!
頑張ります!

>>95さん
そうですね。
大人と子供の境界線に立つ大学生、
そんな、不安定だけども成長していく「やらない夫」と「真紅」を描いていけたら、
と思ってます。

>>96さん
『アジアンタムブルー』とのコンボはなかなか…ですよねw
映画化されているのもなかなか衝撃的でした…

>>97-98さん
ありがとうございます!
実は、『流しの床屋さん』スレにはとても影響を受けています。
あのスレもそうですが、原作の吉田篤弘さんの描く、
「ほっこりとして、切ない」雰囲気をこのスレでも出したいと思っているのです。

お気に召してくださったなら幸いです。

では、また近日中に第三話を投下いたします!
まとめブログの方にコメントをくださった方々も、ありがとうございます!

100 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 21:12:52 ID:YZinEkjE
あんまり連続して投下しても…
と思っていたのですが、あんまりタメるほどのものでもないので、
書き溜めていた第三話を本日の22時に投下したいと思います…。

お暇な方は、どうぞよろしくお願いいたします!

101 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:00:46 ID:YZinEkjE
では、第三話「永遠の森 博物館惑星」を投下します…。

102 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:01:32 ID:YZinEkjE

「美術品は、人の心を通して鑑賞するものだという」

             ,ィ才フニニ>、
            / /       Y  ト、
        ///       !|   !:.:ヽ
        |l/       ,...」j_  ';.:.:.い
           ,.x――く<⌒ヽメ、 VVレ!
            /ィ⌒ヽニニイ    '∧ \ |
         '             ', !  | |
                      i |  | |
                     i | //
                      i | /ト、
                      i |iミl|lム
        rヘ、__厂)       i |iミ|l彡
       ,r均>、_f勿j        i |iミ|l三!
       `ー'"´         /∧ミjrタ
             r‐-ュ、  ,イヽ_//
      _,ィ^ヽ⌒Y´イ-ケ′ ハ ', i⌒>、
    r'升‐才´¨¨¨´ ̄ン  / ∧ト、ノ.::::)
    `¨ゝ<_/_人_j_i以′   | i|ノム )_.::::::)
         イ^i~!~      レrく| |>、 `Y
           | |     //| | | 乂ノ
           | l     //!l| | |

    「それは、何も美術品に限ったことじゃないと、
                   僕は考えるようになった」

103 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:02:17 ID:YZinEkjE

「僕たちは結局、自分達の心を通さずには、
  物事と関わることが出来ないのだ」

                 、、
             / ̄`ヾ、)シ
           /⌒ー-- 'フ∧ ̄`ヽ
                〈 (,_ ー- 、|
                   Yγ`   ノ
           , -─- 、 | |    ゚
          /       `tノ,,)
            | !       `}
    _  _,. ,_乂 _,.,,_、 _,_ ,メ、,.,_ _
         '"~"~"''`~"'~"~'

       「優しい心に触れれば、優しくなれる」

  「逆に言えば、悲しい心に触れるたびに、
        どこまでも悲しくなってしまうのだろう」

104 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:04:05 ID:YZinEkjE

「きっと、僕と彼女が読む小説も同じだったのだ」

.              ,、ト、
.            /l  '.
            /  l   レヘ、
         、/ ヽ|/   !
.         / 、   / / ヘ |/!
       _/ヽ ヽ// ノ  .  '.
.      |  .\ |//  ノ  i
        | ヽ. ..l .' /     !
       l   \|//  / ..|
.       」    !´  /    └;
      \  ー-\/     /
         `ー- .. __ ヽ  _/
.             `i 「
              | |
             //
                 `′

  「僕も、彼女も、その心を通した感想を語り合っていた」

105 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:05:35 ID:YZinEkjE

     「だから」

                       /´⌒ゝ‐-、
            . : .: (´⌒ゝ   ( レ'フ  ノー-、
                ``´  /⌒/´f':::;:;。'   }
                 . . .: : :{   {_ノ-、゚'”ゞ-<
           . . : :{`ー-、 . : : :ヽ._ 〉-、 }"´ ノ }  r‐ 、
          . . : (⌒ヽ ヽ. 〉 . : : :::{   〉‐-<.._.ノ _ノ  ノ
         : : ` ー'  ̄´  . : ::::`ーヘ.__ノ    ` ̄´




「彼女のことを知るために、僕は、また本を読み始めたのだ」



  「僕たちは互いのデータベースをつなぐ、

        優秀なデバイスなどを持ち合わせていなかったから」

106 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:06:08 ID:YZinEkjE


      「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」

 

          3.「永遠の森 博物館惑星」




               /.:::::,'
             /.::::::::/
             ,' .:::::: ′   .,ヘ、
           .゚.::::: °    /.:::Yヽ、
  ,.。 :―:- .。.   {.::::{      i.::::::}.: )ト、
/.::::::::::::::::::::::::`::... 、 人     ,ノ´ j-‐-、 \
.::::::::::::::::::_____.::::ヽ ゙'ー/.::::::/| l.  \ ヽ、__
.:::::,. :::::゚:::::::::::::::: ,..。 xー<.:::::::: ノ | |    .)´  / ̄` 。   
/.::::::::_,.。:  ゚              | |    // ¨´        ヽ  
:  ''"´                 __ノ 人   ′            ゛. 
                    /⌒¨¨⌒゚ヽ{               ', 
               "         ヽ               l 
                   ′         ',              j  
                  '           ト、      ,、__,r‐iノ  
               {              j \     / } O /) 
                  ',              '   ゚ 'ー-t_く_,ノ'´  
                  V ,:ヘ_,:ヘ   /        ̄
               〉"ノ`ー-‐'ヽ/
                 ゝ.{__   ノ_)
                     `ー'´

107 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:07:15 ID:YZinEkjE

「あの、アクアショップに彼女と行った日が過ぎても、
          僕はいくらか悩まざるを得なかった」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

「彼女が言おうとしていたことはなんだったのか、
             まだ分からなかったからだ」

108 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:08:36 ID:YZinEkjE

「僕は幾度となく、あの日、彼女と別れてから、
  もう二度と彼女と会えなくなるのじゃないか、と考えた」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─−……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─−‐{
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
-、      ,.─、 イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
. ..:\   //\\:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
.::.  \// ,.::  \\::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.:// .::"      \\フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  //   /\  ::.. \\::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
// ..: /   \ .::..  \\/ /::::{ {/::._::.', l  |l


  「ところが、そんな僕の不安に反して、彼女はいつもの図書室の
                   いつもの席に座って、小説を読んでいた」

109 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:09:21 ID:YZinEkjE

「そして、どんな風に話しかければ良いか迷っていた僕を見つけると、
   彼女は何事もなかったかのように、微笑み混じりの挨拶をくれたのだった」

      _  }::.::.::.::.::.::ハ::.::.::.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::て::ハ
     /::.:ー '::.::.::ヾ::.::.::.::ヽ::.::.::::::::::::::::::::::..:.::.::.::.::.:λヘ
 .   └┐::.::`::-::.;;,::.::.::.::.V::.::.:::::::::::::::::::::::::::.::.::. {::.、_:\
     r、_}::.::.::.::.::.::.:`::.-;;,::. ハ::.::.::_:::::::::::::::::::::::..::.::.::.::.}::.:ハ
    廴::.::.`::.:..ー::.::.:-::.:>' ´  `- 、,,;::::::::::::::..::.::.:i::.::.::.:\_ _ r 、
     _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>
    (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴
     フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
     V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(
    ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:)
   {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴
   Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ
    i .ハ  .il .il   ハi=、.il    升イ i .ハ   il  {:.:.:./  /:.:.:.{´  あら、こんにちは。
    ヽリilト .iトⅦハ/ィ=、 -ミ   / / .リ=ナ -i 、  .リ /ノ)/   /::.::.::.ハ_  
      ハトヾ入ゞハ 伐心 ハ ノ,斗rそか㍉ /ヽ イ/:.:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ
    / ノ人ゝ川ハ 弋ツ '´    弋_ソ ノ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//
   .//.イil /人小           フ升 ili i:.K {rj]iイr'´//
   イ// /il.// //ハ    '      イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ //
./イ// イイr⌒>''´ \  ー―    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//
 /// iヾ:::Y''´      >      , ;'::::.::.::.::.:{ソ-、   {{
V/ /∧::.::.::.:ヽ     _ t ` r</.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  |.|
_,,/ < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ..|.|

          / ̄ ̄\
        /   ヽ_  \
        |    (⌒ )(⌒)
       . |     (__人__)  こんにちは、だろ。
         | U   ` ⌒´ノ
       .  |         |
       .  ヽ       |
          ヽ   __ , _ ノ
        _,,,, 「:::ー----ー"::i、___
   _,,..r''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`''ー-、
  /::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..ヽ
 ノ ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/}
 l :::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::::/::::ハ

「僕は、それに精一杯の笑顔で応じていた。
  どこまで笑顔をつくれたかは、分からなかったが」

110 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:10:01 ID:YZinEkjE

「彼女は、本当にいつもどおりの彼女だった」
  「もちろん、鋭いとは言い切れない僕でも、気を遣われていることは分かっていた」

   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/   ほら、やらない夫。
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|    前に約束していた小説を持ってきたわ。
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒〜;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、. お、サンキューだろ。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、  …「永遠の森 博物館惑星」ね。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',  表紙も綺麗だけど、タイトルも良いだろ。
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

「だがこれは、僕が謝るようなことでもなければ、彼女が謝るようなことでもないのだ」
 「僕は、僕自身も何事もなかったかのように振舞うのが、妥当だと考えていた」

111 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:10:53 ID:YZinEkjE

「とはいえ、僕の心中は、穏やかだとは言いにくいものだった」

 「あのとき、一瞬だけ顔を見せた『僕の知らない彼女』の影は、
                       僕の笑顔を、時に強張らせていた」
    

           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|  あら、良いセンスをしてるのね。
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    | …実は私も、タイトルと表紙に惹かれて買ったの。
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |   …そいつは、光栄だろ。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ     ちなみに、やっぱり『惑星』ってことはSFなのか?
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

「それでも、僕は変わらずに、彼女の一言一言に喜んでしまう」
  「変わったことと言えば、僕が以前よりも、彼女のことを深く知りたくなっていたぐらいだ」

112 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:11:37 ID:YZinEkjE

「だからこそ、彼女に少しでも近づけることを、より強く求めるようになっていた」

   「そのうちに、彼女が薦める小説に、彼女の思いが隠れているのじゃないか、と思い始めた」

             r-ヘノし'⌒ー'⌒ーヘ
           _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.しヘ
          _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:しヘ
           (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(_
         ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._)
.     r≦(_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,  ´        ` 、:.:.:.:.:.:.:.:_) r=ミY
      《 〈(_:.:.:.:.:.:. /                 \:.:.:.:.:._)//^Y》)
    厶イ(_:.:.:.:.: /  /          \\   '.,:.:.:.:_)辷彡´))
.     }} (_:.:.:.: /  //   / l l l    ヽ ヽ   ',:.:.:._)乃ー'ノ
    {_{ェr(_:.:.:.:'   l l    l l l l l   l  l l l:.:.:_)i| |ヽヽ
    //i| (_:.:.:'  l l l l l  l l l l l l l l  l l l:.:._) | |i |\\ えぇ、そうね。SFに分類されると思うわ。
.   // | (:.:.l| i l l l l ! l l l l l l l l l ll l l ':.:._)《ミ,}|  ヽ_)
    {:{  |   ヽ从:l l 斗l‐l-l l l l 十l‐l-| l| l l/ :/ l   |    近未来的学芸員とでも言いましょうか。
.   |:|  |   トミ从 、__,    、___, 川//};,;ノ  |   ,     膨大なデータベースと直結した学芸員たちの話ね。
.   〈_j  |   |リ|,ハ ´¨¨`      ´¨¨` ん|     |   |
.      |   | 川人    '_     /| |     |   |
.      |   |/  | _   ` ´    イi | |     |   |
.      |   |   ノ 《三ニ≧=‐=≦ニ三》| |     |   |
.      |   | / ノ三三ニ《薔》ニ三三i} |     |   |
.      |   | i{/ニ _,r=ニ二ニ=f! 三三》 |     |   |


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)      ほうほう。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

「このときから、僕はまた小説というものに深くのめりこんでいったのかも知れない」

113 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:12:14 ID:YZinEkjE


「結局、あの日からも僕と彼女の関係は変わらなかった」

          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !   私から説明するのはこれだけ。
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧  あとは自分で読んで欲しいわ。
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧ 変な先入観を持たれても嫌だしね。
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |
  /  ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∨:::::::::: ::i: 八 Ⅳィ  | i
./     /:::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::\::::::::::レ':::::) ){   | ;


 Y: : -、: : :>―…- 、: : : /: V: :}__}}ヘ
 |: : : : :V´ i       \\: : :_〕: {||ヾ_}}
=}: : : //   ヽ    V ∨ |: :ノ|l
〃l|: : l ! l  l V  l_l  V 丁 \
l |lト、:l |  l _l  V l  | l ∨    ヽ
 | Y} ヘ イ_{ヽヽ , =- | l|_
| l └V ヘ/, =-     l / }    じゃあ、また感想を待ってるわ。
l |   V ヘ   '_,  ハ/   /       あと、散歩もね。
! |    V ヘ  V__ノ/.:i  ∧
l||    ∧  ヘ>イタ:.::/  {ー辷_      どこに散歩に行きたくなるかも考えてきて。
!l|    /:/:.V  }:.:.:.ハ:.:.j   ,    \
!:‖    |: :\:} リ:.:/.:.lV  /   |  ,  }
l!|   |: : : /イーイ:.:.:|{.  {_/ _/  /
l| l   /: /: : : : :ヘ:.:.:|l\  }>― イ
!l| /: :〃: : : : : : : : ̄: :{: :し': :/: :/|
l | {//: : : :l: : : : : : : : : \: :´: : : /:{
| | { ̄ \: : !: : : : : : : : : : :廴: : イ: :|



        「つまるところ、僕たちは小説を読み続けたのだ」

114 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:13:12 ID:YZinEkjE


「彼女と別れ、図書室を出た後、
  僕は講義中にも関わらず早速、小説を開いた」


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i


  「講義形式の授業だからこそ出来ることで、
    僕はノートをとりながら、隙を見ては小説のページを繰った」

115 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:13:38 ID:YZinEkjE

「当然のことながら、二つのことに同時に取り組んでいると、
  集中力には偏りが生じてしまい、どちらかが疎かになってしまう」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

「僕の場合は、これもまた当然のごとく、
  講義を聞くことが自然と疎かになり始めていた」

116 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:14:34 ID:YZinEkjE

「それだけ、僕は小説の世界観に入り込んでいたのだろうと思う」

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬-−―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  「膨大なデータベースに、脳を直結した学芸員達が、
    それぞれの美を追求していく様を、僕はひたすらに追いかけていた」

117 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:15:12 ID:YZinEkjE

「この『永遠の森 博物館惑星』は一話完結型の短編を集めたような長編だった」

 「だから、キリが良い所で読み止めることも出来て、とても読みやすかったのを覚えている」


           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     | …おっと、もう講義は終了か。
          '、`⌒ ´  u  |  危なかっただろ。
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

 「それから、僕は電車の中、自室と場所を変えて少しずつページをめくった」

  「そして、表題作『永遠の森』を読み終え、最終章『ラヴ・ソング』を読み終わった頃には、
               あたりは真っ暗になっており、気が付けばもう深夜だった」

118 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:15:39 ID:YZinEkjE

「本を閉じ、振り返ってみると、『永遠の森 博物館惑星』には、
  彼女がよく好んで使う言葉である『ロマン』がたくさん詰まっていたように思えた」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ


 「クールで、子供っぽいと思い込んでいた彼女は、
  僕が思っている以上にロマンティストなのかも知れない」

119 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:16:18 ID:YZinEkjE

「僕は、意識した途端に重くなった目蓋に誘導されるように、
  ベッドの中に潜り込んで、ゆっくりと身体を伸ばした」

                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」〜〜ー〜ー-―〜〜''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\
                                                      \

   「それから、散歩はどこに誘うべきだろうか、と少しだけ考える」

120 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:16:53 ID:YZinEkjE

「タイトルどおりにいうならば、博物館か美術館だろう」

       \        /
        \      /
          \    /
           ゙ヽ、..ノ
              ,,ξ
            ,,.‐'"/;;i|
        ι-‐<;;;;;;i!
         !i;;;/;;;\;i!
          i;;;/;;;;;;;;/
         !/;;;;;/
         !;;/
         `

     「美しさを追求した学芸員たちが見たものを、僕たちも見る」

  「それはそれで良い様な気がした」

121 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:17:36 ID:YZinEkjE

「だが、僕はここで首をひねってしまう」

 「なにか、少しだけ違うものが見たい気分だったのだ」

                        __
                . <   / \    > .
            . :个 ‐- /     , '′  i` : .
         /   i     l:::\   /ヘ,     l __ \
.          イ-―¬‐=ニ.._j::ニ=-‐‐-=ニz--‐‐1     i:〉,
.       / |   !:::> ´        ` <,」     j::: ヘ
        ′|___ j '                丶'/77 ‐=:.
      ,'> ´\,'//                    ∨/     ,.
.      ;ヘ、   , ′                    '/ヽ  /::;
.       i//\ / i                   i///,>、::::::i
     |/// 丶 |                   |,/  \::|
.      k'    ∧                 ,'∧     !
.       v> , _/::::::、                  , //ム -‐=7
.        V,/// ̄ ̄ト、             /,|     i:::::,′
.         ∨/    j:::::> .._         _..<'//|     | /
         '、=-‐1゙ ̄ ̄∨/フ7へ'7フ// ̄ ̄ ,―--, '
           '<,'/∧    ∨'   ´'v/     / ::::>'゙
            `'マハニ=-‐ \   / ‐-=ニ/> ゙
                  `゙''<::::__::ヽ./::__:::>''゙´
                         ̄ ̄

    「洗練された宝石などの美しさとは異なったもので、
       もっと、この小説に描かれていた美しさに近いものがある気がしたのだ」

         「そして、僕はそれが何かも気づかず、深い眠りに落ちた」

122 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:18:03 ID:YZinEkjE

「翌朝、一日で読み終えてしまった小説を持って、
                        僕は大学に来ていた」

                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;

         「昼から始まる講義だけしか履修していなかったため、
                     僕の足はまっすぐに、朝から図書室に向かった」

123 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:18:36 ID:YZinEkjE

「一応、彼女がいつも使ってる席を見たが、
  講義を受けているのか、それとも大学に来ていないかで、彼女は不在だった」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

   「仕方ない。僕はそんなことを思いながら、
      自分愛用の席について、ふたたび思考の海に潜り込んでいく」

124 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:19:08 ID:YZinEkjE

  「僕は散歩の目的地を決めるために、
    もう一度、読んだ小説の内容を振り返ってみた」

「やはり、作中でもっとも強烈な印象を残したのは、
               最終章の『ラヴ・ソング』だった」

                             , _ _
                      ,:' { _,.-イ ⊇Y   },. -、
                     」  リ  ,' _,.:1i、   ヾ! j-、_
              rn       ,i }__,:' , {,'    iUuy rヘ (.
               比!    j,'^' .{   rヘ!__   j广 }!  ,'ー'
               比!    {_ハ { ゙Y√ ,、 }__irイ  ,' ヽ_,:'
        _  rタ竺=== - 、', ',   ' ',_,.ィ || {_,.:′
        〉 >'´:- '' ´./^ヽ_〉 >i>、_,ゝ,_  j ||   ,ィ/
.        ,二^}'´    |   ,′ ;'´! ヾゾ イ ||,ィ/.//
       /,':r、`! ; :    !    ヽ. __{ Vー{.  } // /厶=- 、
       }{.{ / ' .:.    '  - =ニ、¬ミト、\ / {ノ仏r…''ソ
       リi У ' .  :.   \ ,∠二≧xKi_,人厶二.`ヽ、
.       V/ _j、 _ _ ,.  - ‐1 〔ー::-:- - -     ヽ. |
        ┃´             |   |::. :. :. :. .        } ,i
        ┃:.           |  |::. :. :. : : . .       j/.i
        ┃:.         ,___ !  !:. :. :. :. : . . .       |
          l! :.     f⌒'{_ _,`}、   V!:. :. :._:..-:._:.-:. .   ,'
         |__ ‘{_   ヾレ{  `ヽ.\ '√:. :. :. :. :. :. .   /
,. -:‐ ‐:‐,rf´ _>‐i-、,-、 }!\ ヽ- -f_f⌒):. :. : : . ..    /
;';';';':';:. ∠,_ _ ,(_j、,人_)_ノ^Y1r:ヘ__r(c /二)_:. : .   __/
;';';:':::. __j、___Y_ )-i(__)、_乂c)‐く√]{  (  ) ̄ ̄
;'; : く¨_,r==行テ{__)-'^て.)(__儿)ノ^し{ `T⌒Yこ)
;:.:.: /べし'          `び⌒'┘    ̄`ー'

     「だが、それは最終章に至るまでの一連の流れがあってこその印象、だろう」

125 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:19:38 ID:YZinEkjE

「その流れの美しさは、僕の中の何かに似ている気がしていたのだ」

                  ,...                                        ノ⌒)
                /(                                        ~''''"
 〈ヽ              {:::::::)                                     ト、
  ´              ゙'''"                                     lノ
                                             ,/,ニ''ッ‐
                                            ノ::::′ l
                                          '―ー''"
           /゙'l                                             ノヽ
        ヽ/                                             (::::::ヽ
                                                       ヽノ

                      「僕が見てきた、何かに」

126 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:20:20 ID:YZinEkjE

「そこまできて、ようやく、僕はその何かを思い出すことが出来た」

                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|   …あっ。
                '、` ⌒´      |
             -ーー|        ト、______
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|

       「思わず漏れた声が、図書室の静寂の中でよく響いた」

127 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:20:50 ID:YZinEkjE

「そして僕は席を立って、図書室に収蔵されている地図を探し始めた」

                     / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
                    /       \        [二二二二二二
                    |          |       _|_|_____
   たしか…            |          |       |:|      | |;| .| |
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                         |         ,'        .|:|      | |;| .| |
                       j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
                   ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
                 / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
                 / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
              / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
               / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


       「目当ての地図は容易く見つかり、探し物も滞りなく終わった」

128 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:21:32 ID:YZinEkjE

「そうしているうちに、気が抜けたのだろうか。
        強烈な眠気が襲ってきたので、僕はまた椅子に座り込む」

       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|
                
        「幸い、図書室は混んでいなかった。
          僕は机にうつぶせになり、一眠りさせてもらうことにした」

129 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:22:08 ID:YZinEkjE

「そのまま、どれだけ眠っていたのかは分からない」

                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉 ……。
                   ノ     { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、   あら…おはよう。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{     といっても、もうお昼だけど。
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L

   「目が覚めたときには、彼女がいつもの席に座って、本を読んでいた」
            「一瞬、夢の続きを見ているのかとも思ってしまったものだ」

130 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:22:42 ID:YZinEkjE

「そのときは少しだけ、寝顔を見られたりしていないかと不安になりもした」
 「考えてみれば、うつぶせで寝ていたというのに」


                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │ …お、おはようだろ。
                   '、'ーー´   'J |   ちょっと小説が面白くて、夜が遅くなったんだ。
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.  _ .| |{K!j |  そういうときもあるわね。
   〈:;小、ヽヽ、 l ヽj   〃 ̄` .| |ァ1 |
    |  \ヽN { ,ィ=-        | ト |_|  |   ということは、もう読み終わったの?
    |  |>-}ヽ.j     '._,   | ト |_|  |     どうだった?
     |   〈r .ス ヽr ‐ 、.`´ __ /|| |:::..::.`:┴-、
     |  !/ ,ィ   「二 ヽ.rクニミ::../:| ||::..::..::..::..::..:ト、
     l  ,ト、.ヽ   `r- 、 .l:ヽ:シ//| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
     j /.ゝ<`ヽ、  `┐ .l l \::| |..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   //    \ \ .ハ` '  j   ヽ|.::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
  /        \ .〉::::Tv"    ヽ/.::{ー-::.ハ::..::..: /::..|

    「こんなときも、そうだ」

「僕の言い訳染みた話し方を気にもせず、
  彼女はやはり、自分が褒められたかのように笑っていた」

131 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:23:25 ID:YZinEkjE

「彼女の笑顔を見て、思わず気が緩みそうになるが、
  僕にはまだ、散歩の目的地を提案するという、一仕事が残っていた」

             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  結論から言えば、かなり良かった。
            l / y 「'i___人___)  |  架空の星だというのに、情景が簡単に想像できる。
            l   <、.l         |  それから、ストーリーもその風景にマッチして、
            ',    ',/       |   やわらかな雰囲気を醸していて、優しい気持ちになれただろ。
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |  それは良かったわ。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |  とても綺麗な小説だったでしょう?
        | ヽヽl ´x=ミ     x=ミ } | ヒシ''′ |   | この人の世界観は、かなりツボだわ。
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ー '  イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ


 「くすくす、と声を殺して笑って言う彼女は、本当に可愛らしい」
    「だが、ここで感想を言い合うだけでは、彼女のことは分からないままだっただろう」

132 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:24:01 ID:YZinEkjE

「だからこそ、僕はもう一歩を踏み出すことにしたのだ」

                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    |
                     (__人___)     .| それでだ、散歩の話だけど…
                          '、           |
                         |        |  ちょっと意見提案があるだろ。
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i



         ,、   ):::::::::::::::::::ゝ_   ノ:ヽ、
       /:::::`ー'´:::::::::::::::::::::::|:::`ー'´:|::::::::ヽ,
       ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:::::( ̄:l
     ,、_ノ:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l:`ー.'`ヽ_   .,.、
.     /:::::`ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:)‐ /r、ヽ
    i::::::::::::::::::::::::::::::::,、-‐' ´ ̄ ` ' ー- 、:::::::::::::r‐'´!ゝ‐、=≠ヽ
    ゝ―‐:::::::::::,ィ'´              `ヽ,::::i:::::::|、:::::::ヽ ̄〉〉
   ,、_ノ_:::::::/                ヽ:ヽ:ノ∧:、-'ゞ=".i
.   i::::::::::::::::/      /     ヘ      ヽ .',:::)∨ヘゝ‐、.  l
.  l::::::::::::/   /   /       .l      ヽ ノ´::::l  l::::::リ   l ええ、貴方がどこを選ぶのか、
.   つ:::::i   l    l       l       l∨:::::l  l:イll.  l  私、楽しみにしてたのよ。
   /::::::::l l.  l    l.        l   l  l   .l ヽ_::|  |:::|||.  l
.  ヽ:::::::l l   l     l l      l!  l  l   l .l ノ:l /:ノ|||.  |  聞かせて頂戴。
   /`ーl l  l  _ll l、      l!l__/!_ l! l .l l/:::/./::| l |ミ|  l
   /  (、!ヽ ヽト、l! ll`\ l  l /´|/ l//!`/ //フ:/ィュ::ノ. l|ミ||  l
.  /   l`ー、ヽ!ヽイ んテョ ヽ!/´ rョモハ、l/l/ //:ィ<トリ´  l ̄  .l
 /    .l  `'十 i 弋::ツ  `   .弋::::ソ´ l l ノ 弋ソ.   l    .l
./    ,'  ,ィ.l .lヘ. `´  、       ̄  ,.| |`i_.      l     l
    /,、_/::::::l .l: :ゝ、   ー -    /‐l l!、::::`ヽ、__ |     l
   /´::::::`ヽ/ i l::::::::::::::> 、,  ,  <::::::::l l.l:::`ヽ:::::\::: ̄)   l
  .__i::::::::::::::::/ /! l'´::::::::::::::リノ`´、ヘ::::::::`ー:l l l:::::::::〉:::::::\:(_,、-―、

    「彼女は、目を輝かせながら僕を見てきた」
       「ここは、照れている場合じゃない。それぐらい、僕でも分かった」

133 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:24:35 ID:YZinEkjE

「ここが、僕の正念場だったのだ」
   「だからこそ、精一杯考えたことを、正直に話していく」

                                / ̄ ̄ \
                              /_,ノ  `⌒ \
               -、          | (● ). (● )  |  …真紅のイメージに合うかは分からないけど、
              ヤ  ',           | .(___人___)   |   二駅先に植物園があるらしいんだ。
               i.  l     ,.-、   |   ` ⌒ ´   |     そこなんて、どうだろう?
                ',  j   / /     .|         |
                ノ_..ヽ-、′,'       ',      ,/'|、
                    .l .___ ヽノ    __ .j '.、__ , ___ ィ/::L_
                   Y     )ハ.‐ ' ´ ..::ヽ::::::::::::::::::::::::::/:::::::...`' ー- 、 _
               ト.  ̄ ̄ 〕y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
               ハヽ 一ニイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r;;;;;:::::::: ',
              /...::::::;;;;;;;;;;; /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ;;;;;::::::::::::::〉



    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_  …なんで、植物園にしたのか
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\    理由を聞かせて欲しいわ
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ

134 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:25:37 ID:YZinEkjE

「うまく説明できる自信はなかった」
    「だが、僕は言葉を連ねていた」
.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ  やっぱり、『博物館惑星』の良さは
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、        一連の流れがあるからだと思うだろ。
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l  
                     .|         〉--‐´ l    だから、完成品を見る博物館よりも
                      |        iヽソ   l     植物園の方が相応しいような気がした。
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |   植物園なら、少しずつ景色も変わる。
             '、        |     | |,.-、.  季節で顔色も、すっかりと変わっていく。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、 そうして、そんな変化を見ていくうちに、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ  俺たちも色んな思いを抱くと思う。
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i そんな変わり行く場所で、
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|  真紅と感想を話し合うのが、一番いい気がしたんだ。
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

135 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:26:13 ID:YZinEkjE

「改めて考えると、酷く青臭い言葉だったと思う」
   「同じ内容でも、もう少し上手く伝えられるはずだ」

     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬  なかなか素敵な理由ね。
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:  なら、植物園にしましょう。
      /:::::ハ.ト 、 !  xぅ心.\./ l/"´ ィアi心 |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !, {{ ト::::ハ. '′     ト//ハ.}}  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.   V:::ソ       込:.ソ ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:  でも…やらない夫、あなたって――
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト、       _,     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |ハ  / ! --j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ  ――やっぱりロマンティストなのね。
            \::::{   |  |,    :|川 /,ィレ'_ _,jハ |ト イ  .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/´爪「;;うiヽ| ! ||:イ   .|.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从     V:ヅ'’| ! ||彡  ,.任i!   V/シ
                 |   ヽ八 .{:心      〃 .| ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧Vツ          | ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ〃 ′   ノうi .| ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人.   < ´ノ  | ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ| ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!::::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  廴{:::::::::人::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::::: ヽ |

     「だが、こんな青臭い言葉が、
            相手の心に届くときもあったのだ」

136 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:26:53 ID:YZinEkjE

「それから、僕たちは植物園で散歩をした」

  「上手く考えを伝えられないから、いくつもの言葉を駆使しながら」

                    ,. -- 、        ,.x≦三三三三三三三
                  ., '     ',      ∠三>=<三三三三三
                  /       i   ∠三ア     ` <三三三
                 .l      |.  /三ミ7          ` <三
                 _」_      | /三,.x;≦三三≧=≦7
.    ,. =ァ、 「`ヽ、 _,.   ''´  ⌒ヽ/´ ̄ ̄ ̄ `ヽ三三三三三/
    { /  V:.:.   \     ‐-r=ミx-‐       };三三三三/ 
三≧x.V   {::.:..:.    \    ¬ゞ彳-      ,ノ ̄ ̄{三シ
三三三7⌒ ,.>ー- 、rヘ.;>--─ '  `ー=ァ=ニ千‐':. :...   }
===i <:.:.:. .   .:込〕 \: |        ,'.:::/:.:..人__:.:../⌒ ̄ ̄`Y⌒ヽ
     ',  i`ヽ.:.:. .::ノl:..   〉|     /-ぐ^Y   Vハ     ,'   }
     丶|.::..|` ̄´:乂_>'^ヽ、   . イ     i     i,ハ     ,'x_, イ^ヽ
.     /⌒:.|:..   .:::/::.:.:.::::ト、`´: : 乂,  _人,    j:.: /ヽ.__..イ=' ヽ    i
.    /:..: .:::.:人:.   ,ハ::::.:.:.ノ:. \::.:..:.:厂^\:.'`ー-':Y:.:::.:.:...:..l    ',   ノ
   厶.: .:.:.::{_,ノ` ̄´:::::,.>'´ヽ;_;ノ`¬i:.:... r-' V:./:.:.|:.:.:.:.:.:.:..|   ムイ
     `ー─ヘ.:::r─<_rヘ_rヘ__人;_ノ:..  V.:.::人:.:...:.:.:.:L.._/ー┘
         V`⌒^ア    j   | }_人__j-イ  }`ア´!く_乂_ノ≧x.._
      ,.x≦三三jく__ . イ    |三ハ.  / _厶イく:.:..:,ハ<.._乂三三三≧
   ,.x≦三三三三才三三L八.   |三ミI/:  `Y⌒゙  Y!__j_ノ<三三三三
  ∠三三三三三ア./三三三三ヽ.__」三ニ|:..:. .   人__八_ノ    ` <三
∠三三三三三ア´ ,'三三三三三三三三:|:.:.. / \:.:..:ヽ
三三三三三ア   L三三三三三三三三j ̄´     ` ̄
三三三三ア     |三三三三三三三三ミ!
三三三ア       |三三三三三三三三ミ|



  「そして僕は、この小説を読んで、ひとつのことに気づいた」



       「どうやら、僕も彼女も、思っていた以上に

                     ロマンティストだったらしい」
 



       


                   つづく

137 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:28:35 ID:YZinEkjE

ということで、第三話「永遠の森 博物館惑星」の投下はこれで終わりです。
今回は菅浩江さんの同名小説を土台にさせていただきました。
これまた、本当に「流れ」が素晴らしい小説なんです。
どうかご興味がありましたら、是非…!

閲覧、ありがとうございました!

138名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/12(月) 22:35:14 ID:hiMa/AUM
乙でした!
二人のやりとりがほんわかしてw
ロマンティストな二人が可愛いです

139 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/12(月) 22:44:07 ID:YZinEkjE
>>138さん

ありがとうございます!
まだまだ二人の距離は遠いですが、
すこーしずつ、近づいて貰いたいと思ってます…w

ご感想、ありがとうございます!

140名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/12(月) 23:15:12 ID:zeTGhNFQ
乙!
なんだか、やらない夫の心境とかに惹きこまれちゃうなー。

141名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 02:59:43 ID:PYF0o6IE
乙です

142名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 07:15:34 ID:kaub/CKE
乙だ!
是非、時間を見つけて、ここで紹介されている小説は読んで見るわ。

143名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 07:18:56 ID:9tRwuHLQ
雰囲気が良すぎる
読み終わった後に反動で死にそうになるよ

144名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 11:35:59 ID:nSrwQu6.
なんというか、無茶苦茶こそばゆい(^◇^;)

145名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 18:32:04 ID:KNSLyYHI
乙でした

146名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 20:25:12 ID:ISqHC2fU
上手ぃなぁ…書き方、句読点……
何より“読ませる文章”を久々に見たわ。

本当優秀なフリークの多くは、優秀な営業マンに劣らない位表現が上手いよな。

147 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/13(火) 21:11:57 ID:Znk3BzAM
>>140さん
そう思っていただけたなら、幸いです!
ない夫視点で書いているので、ない夫の気持ちをわかりやすく…
と心がけているのですが、なかなか苦戦中です…。

>>141さん、>>145さん
ありがとうございます!

>>142さん
こういったコメントは本当に嬉しいです!
そう思ってくれただけでも、書いた甲斐があるなぁ、と、
しみじみ思っておりますw

>>143さん
ありがとうございます!
精一杯、終わりまで進めていくので、お付き合いください。

>>144さん
自分で言ってしまうとアレですが、本当にもどかしい話です。
よろしければ、またお付き合いください!

>>146さん
いえ、そんな、恐縮です…。
ですが、そう言っていただけて嬉しいです。
本当にありがとうございます。

148名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 21:23:12 ID:2zu.CXlg
追いついた乙です
読後にほっこり暖かい気持ちになれますね。自分も今度紹介されたものを読んでみよう

149 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/13(火) 21:26:55 ID:Znk3BzAM

ということで、次回の投下予告をば…!

第四話「夏の庭」を明日の22時から投下させていただきます。
どうかお時間がありましたら、ご覧くださいませ!

150 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/13(火) 21:29:31 ID:Znk3BzAM
>>148さん

閲覧、ありがとうございます!
ほんとうにオススメしたい小説ばかりなので、
ご興味をもっていただけたことが何よりです。

またよろしければ、ご感想をくださいませ!

151名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/13(火) 22:49:08 ID:Q4ORyXCQ
浪漫とはかくなるものを言ふべし。乙

152 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 21:10:08 ID:QCg5cLHs
>>151さん
ありがたき幸せ…です!

ということで、予定通り、今晩の22時より第四話を投下いたします。
よろしくお願いいたします…!

153 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:00:18 ID:QCg5cLHs
ということで、投下させていただきます。
BGMはこちらを聞かせていただいてます。
よろしければ…どうぞ。
(問題があれば、すみません…)

http://www.youtuberepeat.com/watch/?v=8K-RqSrkNs8

154 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:00:59 ID:QCg5cLHs

「僕たちだって、昔は少年と少女に過ぎなかった」

    「だが、いつしか時は過ぎて、僕は大人になった」

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
  ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',

         「だが、僕は、いつ自分が大人になったのだか、まるで覚えていない」

155 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:01:33 ID:QCg5cLHs

「世の中は本当に、止め処なく流れ進んでいく」

       .;i;、;;:。;:';.
   ,.;i;';.,,;;、;、;;:。;:;:。;:`;,,
  ,.;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,.:i;,;,、
 ,.,;:;;`;;i`:;::i;,|i!。;、;;:。;::i;,|i!;:''   .
 `'::',:'':';:;.;;:、;;:;:;、;;:、;;i!;:''",,.,,.  ...... .......,. ,.......,..,........... ...
'::',:'`'::',:'':';:;..`'::',:'':';:;..:.,"'`::'::',:''  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''  '''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: .
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'      ,"`'::',:'':';:;..,"'':'   ;、;;:。、;;:。;:';..,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`                    '::',:'':':: ;;:。;:;;::。;:;:;;,.:i;,;,、
"'''.''' "'''.''"'"''::',:'':';:;..,"'`::'::',:' ':'`::'::',:'':  '`'"'"' "'' ''' "'''    .;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,;,;,、
"';:;..,__,:'':'`::'____''::',__:'':';:;..,__;.;___"'` __'`::'__':'::',:__ _:'':';:;.._ __`,:'__., ;:;;`;;i`:;::i;,|i!;:::。.;:.:;、;;:.:.:'
  ;;l, __ ̄/  l, ̄ ̄i;;.  ヽ_ l ̄ ヽ   ) ̄ ,i' ̄ ) ̄ /ヾ  ;;;`;;;`: ヽi!;:;ソ。;、;;:。;: ;:'
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__... ヽ_,,__,,i__..."'':;::i;:;;`yi!;;:。。;、;:: ;:'
/  ヽ  /  l,   i;  ヽ_ l,  ヽ   )  /.:.Y ヽ   /  /   /"''i;;;:。;:;;::、;;:、;;:。;
ヽ____Y, __、i__...__,/_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __i____l____i__._,,,ヽ_,,,,i__..."''__,,,|il;:/;:;,-''"
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;/  く .:. ;|il;:|
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,.,,ノ__/il;:ヽ
"''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: . ::'`':/ハ:l.:.'i, '`'::: :'`'::
'::',                                    ;..`'::',:'':';:;..
           '"' "'`'::',:'':';:;          "'`'::',:'':';:;..,"'':';:;.`'::',:'':';:;...,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::'::
"'''.''' "'''             ::'::',:'              ':'`'"'

                   「子供の頃は、そんなことを意識せずにいた」

    「何もかもが、当たり前のように感じられていた」

156 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:02:09 ID:QCg5cLHs

「けれども、考えてみるとそれは不思議なことだ」

  「『当たり前』になる前、僕は何を感じていたのだろう」

  yr
 )ム
冰之z y
从父夭イr
ソ仆戈k斗し
乂ハと少八匕                                               _
イ个イ匕小トし      ∠ニ二^二ニヽ    __ /ヽ、    ,.へ、 , へ、         _,,. -‐¬ '"´.:.:.:.:.:.`
介廾レシ代乂k イ乢r└r────r′'´.:.:.:.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ン乂北孑儿⊥廴沂伏k |∠ ニニ ヽ│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
爻戈乂尤ン之k泝垳ト乢 { 郵〒便 }| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
尓小Y爻久乂泝收游卦 ト、P0STノ│_从Y林卆k¬=弍來k二三三三二三三三二二二三三三三二 ニ
ヌ以从y戈k孑湫批效收「  ` ̄´  ¨|    ̄`ヾ率ィkュュュュュュュュュ芻  ─`ヽ、− ─`` ー- 、_ イヽ二ヽ
戈キY尓父ト派收批彬淵        | ‐ ─ ''  ̄_   _ュュュュュュュュュュ ̄` ー- `ヽ二二 ̄__艸トュ r三L
爻丱W从リj浙似彬批矧| ト ---イ  |7ヱ三 ̄ _ 〕 〔℡广TT弋ゝ、二ニ ¬ー──────────
ネ仗!|朮k湃漆柎游苕翔 || ̄ ̄||  |        ヽ '^率、    く艸k      `ヽ、      ` ー- 、
什メ从尖淋坿游苕彬矧| ||__||  |= ======\ ヾ來、   `ヾ_夲k ====ヾ ==== = = =
タ乃リミ斗芡漆苕游戔翔 ` ̄ ̄´  |           ヽ、 `'卆k    `丶率      `ヽ、
爻カ||k夭汽苕辧彬辨戔|         | = = = = ===== ヽ、 Yw从YW仆 ィイ ヘYハ   ヘY/
`^Yj|l广´ `¨'`^卅¨^ _,」         L_           、vヘYリ州jハ州リハjKじY州ルイ Yソレ/r ヘWリイ
、wツ|lk__シ艸リy洲ルr_ハ、` ー---一 '´ ハ _、wYレr_、vリ州k災リル艸ハW洲爻W州艸从リ笊州〈ルイ災川ム
゙¨´ "-゙¨'^`^、, `¨'´ ,ト、 ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´_ノ `^'゙´'`″ `^'¨"´_,^'¨^`"´ ¨^",¨` ^`¨'´ `^'¨"  ^'゙´'`_,
  - `'  、;  `" _, ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´、_ ‐ ゙ `' 、, ゙ 、;   ‐'  、_,  ‐ `' 、, ゙  、_;

     「『何か』がなくなることを知らなかった頃の僕は、
                  一体、何を考えていたのだろう」

157 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:03:21 ID:QCg5cLHs

「僕は、彼女のことをあまりにも知らなかった」

                     ノレ〉
             rヘy'´ ̄ ̄ ̄ ̄` Y^i 
             } }━━━━━━} } 
               { {    /ハ      { { 
            ノ ノ   人人    ノ ノ 
           _ノ ノ|  /   \ _ノ ノ| 
         r '"´_,.-': :l l    r '"´_,.-': :| 
       { {´: : : : : |__l___.{ {´: : : : :| 
       }_.」: -‐='´    -‐ } }: : :_/| 
      ∠ __ ∠ __∠ __{ {/l」/| 
      |    |    |     } }/: : :| 
      |___丞-〈〉-丞___{__{_ -‐fF! 
      |―|      l-|   |―|     l-| 
      トnイ      |_|   トnイ    |_| 
     〈.人.〉         〈.人.〉 
        l-|               l-| 
       |_|             |_| 

         「だけど」

 「自分自身のことも、まるで知らなかったのだと思う」  


 「そう、僕はまず自分を知る必要があったのだ」

158 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:03:52 ID:QCg5cLHs




    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
             4.「夏の庭」






                ,.ィ<゙゙>.、
               /,ノ. _人  `ハ
                  ii'  ゙!´  `r‐ヘ !
                 マ、_,ノー-ィ′ /メ
                 ゝ.、_  〉‐タ'
                 `==´

159 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:04:24 ID:QCg5cLHs

「大学生活にも慣れ始めて、秋の気配も感じられるようになったころだった」

     「突然、実家からかかってきた電話に、僕は随分と驚かされた」


.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、 えっ…家を売るって?
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



  「聞けば、道を拡充するための工事区域に重なるため、

              立ち退きを要求されたということだった」

160 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:04:57 ID:QCg5cLHs

「連絡をくれた母が言うには、

   近いうちに家を明け渡すという」

            / ̄ ̄\
            _ノ ヽ、_   \
           (= )(= )  |  …いくらなんでも、急すぎるだろ。
          (__人__)  U  |
            l` ⌒´    |
.             {     U   |
             {       /
       _. -: ´∧ _,__  _.へ` 、
      r<....::::::::::ゞ::::::::::::r'    \ :\_
    /.::::::l:::::::::::::::::::::::::::::L>、    >ヘ::ヽ
    | :::::::ト、::::::::::「|:::::::::::::::::::`ー/:::::::::V::|
    〈:::::::::::::::::::/へ、:::::::::::::::::∧::::::::::::::V }
    /::::::_ン´「 ヽ`ヽノ:::::::::::::::::::Λ::::::::::::::ヘ}
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   「だから、思い残すことがないように

     一度帰って来ないかという話だった」

161 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:05:37 ID:QCg5cLHs

「僕の実家は、片田舎にある」

  「下宿先からは電車で四時間というところだ」


                    /) ̄ ̄\
                  /∠___ ヽ、,_ \
                 / / ,-イ)(= )!!! |
                 l / /(__人___)   |  はぁ…
                 l   ', `⌒ ´  u |  そうか…
                 ',    ',      |
                  j    ノ      /|_
                _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
            ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
          /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
         | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l


 「もともとは母方の祖父母が住んでいた家で、

   祖父が亡くなったことを契機に、僕たちが祖母と同居する形で移住したのだ」

 「そのため、母が本当に言いたかったのは、

    祖母との思い出の場を見納めないか、ということだろう」

162 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:06:11 ID:QCg5cLHs

「そんな僕の気が重くなったのは、
  彼女に狼狽しているところを見られたから、というのもあった」

                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   …なにかあった?
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    |  いや、昔、ばあちゃんと住んでた家を売るらしくてな。
              |` ⌒´   u. |    いい機会だから、実家に帰らないかって言われただけだろ。
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

 「彼女の不安げな顔を見ると、
   不安にさせてしまって申し訳ないという気持ちが出てきた」

163 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:07:10 ID:QCg5cLHs

「僕はそんな不穏な気配を振り払うように、言葉を探した」

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |  まぁ、確かにいい機会だし、里帰りとするだろ。
               (__人___)     │  こうでもしないと、帰らないだろうし。
                   '、'ーー´   'J |
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |



   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7 そうね、きっとその方がいいわ。
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |   もうすぐに出発するの?
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |

「そんな僕の気持ちを汲んだかのように、
            彼女は表情を緩めてくれる」

164 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:07:47 ID:QCg5cLHs

「僕は、彼女が何を言おうとしているのかもわからず、
     とりあえず、自分なりに考えた予定を伝えていた」

                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    | いや、次の連休を使って帰るだろ。
                     (__人___)     .|
                          '、           |
                         |        |
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i

          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ なら、行く前に貸したい小説があるの。
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧ 良かったら帰省中にでも読んで欲しいわ
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',  …帰省前に読むのは、ダメだからね?
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |

 「すると、彼女が僕に小説を貸してくれると言ったのだ」

   「きっと彼女なりの考えがあるのだろうと思い、僕は頷いてみせた」

165 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:08:32 ID:QCg5cLHs

「結局、彼女は、帰省する前日に小説を貸してくれた」

    「どうしても帰省中に読んで欲しかったらしい」

:::::::::::::           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::   \   | ./ /  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::     \ | //    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::  ── ○ ──   (:::⌒) 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'⌒⌒ヽ、、::::::::::::
::::::::::     // | .\     (⌒..:. `):: ):::::::::::::::::::::::::,'⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::(:::.  (::. ) ):::::::::
:::::::::   / / . |  .\    >:::..  ... )〜、    ,(:::...  )、    ,'⌒:::.(::::,.  /::ヽ :::::::
:::::::::::::             ::::::::: ITTTTTTTTTTTTTI  _|_     ______    |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi.     | FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田
  . . . |IIIIlミ|三三||    :     :゙||LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
 。___<> ___<>____<>____<>_____<>___ 三 ≡─
  |日= -P:: ̄Jr::::ii 田┌┐田 田┌┐田| 田┌┐田 田┌┐田| 田┌┐田  三  ≡─
  |)_l|_ヽ_;;;;;;;;;;;|______,| |,|______.| |,|__,,,,|______,| |.|______.| |,|__,,,,|______,| |,|_;:;:_三 三 ≡─
   ○◎∪○○─○∪◎○~○○゙────"◎○~○○゙────"◎○~○○─
╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂



    「僕は電車に乗って、誰も座らないシートを占有してから、
       彼女の意に沿うように、小説のページをゆっくりと繰った」

166 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:09:01 ID:QCg5cLHs

「彼女が貸してくれた小説のタイトルは、
          『夏の庭』というものだった」

       ,";'.:.:;”:;,`:;,':,”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;
       .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`:
       ..:;,`ヽ|/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";'/.:.:;”
       .:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,". : .: . :.lニ|: . . : . : . :
      ,,`:;\i;|i;/:,:;.,:;.::i;i;/'.:.:;”:;,`:;,': :. . :. .[]n「「 .|ニ .:__... -
    "".:::;.:".:i;i|.:';'.:.:;”:|:i|.;,`:;,':,”:"゙:.:゙;'_   __.:.__,,,,-‐‐ ゛ .: :. .: . :.
     ".:;,`:;,i;;i|;'.:.:;”:;:i;i|.,/`:;,':,”;”:;,`:;,  -ニ二_ :.: .:. .:. :. : . .:
     ,,.:;'.:.:|iii|;”:;,`:;,'|i;i|.:,”//:;.:'"゙:.: "'‐..._―、_^ー-‐‐、___  ;::. :. : .
     .:; .:ヾ'|;|'ノ.:.:;”:i;i|i:;,/`:;,':,”::. ;:   -  _ヽ.   ̄^~^^ー―ニ___..._
     .::; .:".:i;i|.:';'.:.:;:i;i||”:;,`:;,':,”:"゙:::-_  =- -ヽ.  :::li::.:. .:l
      .:`:;,i;;i|;'.:.:;”|:i;i|.:;l:;.;"~‐     -  ̄,λ`ー-、..__  : .: . : .:
   "   ;'.:.:|iii|;”" :i;i|.|i;,`::;;"::::  =―  _,,-'″`ヽ...: .: .: "`ー、__
     " ;;:;i|,i;;ii:i;;i:i,`:;;,`:;,':,__      ,,‐'"~:..: .: .:.. ,;`-,:: ;: ;: : ; :; ::.:..:.: ̄
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=−   .    ,,‐'"  :.:. :. :. :; :;::. :. `ー-,.__. :. :..: .: .
      ニ ―  =―  _  ,,'   "..: .: .:. :. :. : .. :.: .: . :. : : .:."`ー-, . :
   ―  --― _   ̄-  ;;"  .: .:. .: . :. .:.:. : .: . :. : .: . . . :. : .: .: .: .: .

        「三人組の少年が、ひとりの老人と触れ合い、成長する話」

「それだけを聞くと、ありきたりな童話のようにも聞こえる」

    「だが、この小説の少年達は、老人が『死ぬとき』を観察するために
       老人を監視していたのだから、すこし毛色が違ってるようだった」

167 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:09:29 ID:QCg5cLHs

「僕は、この少年達の老人と触れ合う動機が、
     少年期というものを巧みに描いていると感じた」

          /!
\ {      //i   _   _
  `xーrーr-'ー'┴,ァ'/" ̄  }
  i {')}  ト-ァ'"~ ,.〃_,.-−'''"
  ヾV>'ゞ┴、//  ̄ _フ
   _,/"´  ̄`ヽ.ニ_" ̄
            ヾ,,`            |
           l             ,.-.、
           ,゙-‐r‐‐--;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/;;//‐‐;;;;;‐‐;;;;;‐ 、
        ,‐i-0=i::::::.../、;;; ;;; ;;/,'ミ/:/;;;, ::;;;;, ::;;;;;, )
         / ヾ!_,l_゙゙゙ ノヽ`';;ー/ /ミ/::/-,-,-,-,-、‐‐‐''´
          /`゙''ー===<.,,ノ.シ-/'-'-'-'-'- '
       _,.-‐''´        \,,_   ''ー

   「年頃の少年少女は、時に残酷な形で生き物と触れ合っていく」

 「そして、そのことをいつか後悔し、命の重さを理解するときが来る」

168 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:09:58 ID:QCg5cLHs

「それは、僕も同じだった」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


           
        「無邪気さは小さなシコリを残して、
                  どこかに消えていってしまう」

169 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:10:31 ID:QCg5cLHs

 「小説自体は、簡潔にまとめられていて、あっという間に読み終わってしまった」

「そして、作中の少年達が老人と触れあい、
     少しずつ心を形成していくのを見届けるころには、

..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""
;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';';.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.


                 車窓から見る景色が、懐かしいものに変わっていたことに気づいた」

170 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:11:16 ID:QCg5cLHs

「この町を離れたのは、ほんの数ヶ月前のことだったはずだ」

   「それなのに、僕はまるで数年ぶりに帰郷したような気持ちになっていた」

                   / ̄ ̄\
                 / _ノ  ⌒ \
                 | ( ●) (●) |
                . |   (__人__)  |   懐かしいだろ…。
                  |   ` ⌒´  |
               _入 |        }人
             , イ  / ヽ       }  l\
           /    |  |ヽ     ノ!  |  ヽ.
           | ヽ、  |  .V::::` ー ':::::.;.  |  ∧
―――――――「´  `i. /__,厂V::::::::::::::::.:/ィヘ」  /  ー―――――――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /     | ´     ヘ、::::::::::/.    ,' ,ィニ`ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         / ____   |        \_/    r/   ∧
.        〈ィ´  `ヽ」j       「        {以イ´ ̄`ヽ、
        r'       `¨¬-、_   |   r‐‐-ィチ´       〉
        `ゝュ,,__        `¨亠'"´ ̄ ̄ヘ   __,ィ=≦ヽ
       f´ i . . .:`寸=ー----ュ、,___ ,、 , , 〉ャ'´/.: : : i  ',
――――‐┤ :i . . .: : :} \   /    ,斗ク,々y′ ,.′ : : : :i::. ∧ー―――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  :i . .: : : ::V ソゝヘ/   T′`^__ソ.: : :/  .: : : :i::. : : :, ̄ ̄ ̄ ̄
        〈.: i.: :i . : : : : :} '.:: : /    ト、,f壬イ.: : :,ハ  .: : : ::i:. : ::/
        .V .:: i . : : : ::iy.: : :ハヽ __ィニ′.,'.: : : : : : j .: : : : i:. : :{
         ’.:.::i  . : : : l.: : : : :`^´.: : : :,イ/.: : : : : : :l .:,'.: : :i:. : :|
         |.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : : :.,'/. : : : : : : :i /.: : : i:. : ;'
          .i.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : .::′. : : : : : : : :l /.: : : : i:. :;'
______|.:.:.i  . : : ::!ゝ __________/l/.: : : : ::i.::,′_____
―――――一|.:.:.j  . :ヽ├―――――――――┤.: : : : : !〈ー―――――‐
         ./.:.,'__, . :ュ_.∧             ,ノ.: : :,: :ュ_:∧
        {.:.:,≧--‐‐'ニ 〉            .〈.: : ;イ-‐‐.: :.;}
         \r‐−' `ヽ,'             .}.: : :≧、.:イ
        , イ-‐マ、__,ハ              〈.斗ァ´ ̄`L
       仁二ニニヽヾY′             {__yイ,仁二ニム
―――――ゝ====ー┴―――――――――┘--≦二二ニー――――

             「読んだ小説の余韻に浸っていたからかも知れない」

  「僕は読み終えた小説を手に、自分の少年時代を思っていた」

         「そこから、突然に現実に戻るのだ。これは、数年をかけた旅に近い」

171 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:11:43 ID:QCg5cLHs

「数ヶ月ぶりに帰省した僕は、
   母の小言をそこそこに聞き流し、かつては自分の部屋だった場所に入った」


_| | |______,|| |:|___________________________
 ̄| | |______,|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| | |───||l──‐|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|
  | | |      ||l.     || |:|  ┌‐‐l]‐┐
  | | |      ||l.     || |:|  | ::.。゚o.: | __
  | | |      ||l.     || |:|  │ ,;ゝ;:'│| 11.|
  | | |      ||l.     || |:|  └――┘|;;;;;;;;;;|
  | | |      ||l.     || |:|          |''''''''''|
  | | |      ||l    0|| |:|         ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|                                     _
  | | |O     ||l.     || |:|                                        |\_
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l   /,||_|;l__________________________|  |
  | | |      ||l //                                             \|_
  | | |      ||' /
  | | |    //
  | | |  //         __________________
  | | |//             /                            \
_| | |/           /                                \
/| | |               /                                    \
  |_l/           /                                  \
/            l二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二二l
                | |l                                   l | |
                |_,,ソ                              !,|_,ン


                  「そして、荷物を適当に投げ捨てるように置くと、
                          広いとは言えない家の中を歩き回る」

172 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:12:08 ID:QCg5cLHs
                      カビ
 「生前、祖母が暮らしていた部屋は、黴のにおいがした」

   「座り手のなくした椅子は、所在なさげに部屋の隅に鎮座していて
       どこか寂しそうにも思えた」

「僕はその椅子の背もたれを抱くように座って、思考にふける」


                       __
                  /    \
                     | \_    .|
                     | (●)   |   …。
                 __(人__) __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄


「――この頃には、彼女が『夏の庭』という小説を
       僕に貸してくれた意味が分かった気がしていた」

173 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:12:42 ID:QCg5cLHs

「小説の少年達がそうだったように、
  僕たちもまた『喪失』を獲得しなければならないのだろう」

     「僕たちは喪うことを積み重ね、成長していく」


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l  ・・・こんなにも椅子は小さかったのか。
.    l              冫.   く   まったく、ばあちゃんは小さすぎだろ。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                    


  「だから、喪うことを『過不足なく』食べつくさないといけないのだ」

「彼女は僕にそう言いたくて、僕にこの小説を貸したのだろう」

174 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:13:07 ID:QCg5cLHs

「祖母の部屋の柱には、無数のマジックの跡が残っていた」

 「今でも覚えてる。たった一人の孫だった僕は、本当に祖母に愛されていた」
                                _┌┐___|_|:|
                              |\└┘ (二)  \  |::|
                              |  |[l二二二二二]|  |::|
                              |  ||______||  |::|
                              |  ||______||  |::|
                              |  ||______||  |::|
__________________|  ||______||  |::|
                                \|[l二二二二二]|  |::|
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|::l、
                                         \\
                                         \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                           \\
                        \                           \
                        \
                        \
二ニ二二二二二二二二二二二二二二二l
                        l | |
                       !,|_,ン

 「祖母は僕の身長が伸びると、柱にその背丈を記録して微笑んでいた」

  「僕の背が祖母の背丈を越えてからも、祖母は椅子の上に立って、柱に記録を刻み続けた」

   「だが、柱の記録は、僕が十四歳のときで止まっている」

175 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:13:32 ID:QCg5cLHs

 「そこで、僕はくだらないことを思いついた」

   「彼女と過ごすうちに、僕もいたずらっぽくなっていたらしい」

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r  たしか…あっただろ。
             (__人___)     |      | |   このマジックだ。
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


    「僕は鏡台の中にしまわれたマジックを取り出し、
        柱に背中を預け、手探りで線を横に引いた」

176 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:14:07 ID:QCg5cLHs

「久しぶりに使われたマジックのインクは、かすれていた」

  「それでも」

 「気にせずに、僕はかすれた線の横に自分の名前と年齢を書いた」

                      /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
                          /             \
                         /                  '.,
                         |  , ´ ̄` 、  ,´ ̄` 、  |
                         |                    |  これでよし、だろ。
                         | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |
                         |  .´"''",.     "''"´   |   我ながら、大きくなったもんだ。
                         |. "⌒(    j    )⌒゙ l
                         |     `ー-‐´`ー-‐′   /
                    .丶     ` ⌒ ´      /
                    ヽ               /
                     ヽ           /
                       /! ゝ    _   / \
                       /  {               !  \
               _,. ‐7′  l             !     `ト-  .._
          ,. -‐  ̄   /      l               ,'     ヽ    ̄ ‐- 、
          /        /      l ̄`丶    '´ ̄/    _  \      \
       , '  i        / _,. -─-ヘ        /-‐  ̄   ̄``          ヽ
        /   |:.      ̄         ヘ         /  . ..:/            .:i    ',
.      /     !:. .            丶.   ヘ       /  ..:;. ′         ..::|    、
     /      !::.:..,'  .       :、:. ヘ.    / o            ',  ..:.::!     丶
.    /      !::.:!   :         :. ヽ:...ヘ. ,': ./     .:  .       i ..:.::'      ヽ
   /        '、:!___,;_,..  -−─−:. ¬ニ Y::../─−--‐::¬‐::─:−‐-:- l..:.::;'       `、
.  /         :!  ::    : :    : : :   ∨ o    .:  .:  .:    :. !:.:/        ',
  /          |  ::       .   . . :    {.       :  :     :  !:'            i
 {           |   :                |          .       :  j              〉
  `ヽ          |  :                |                    |            /

  「言ってしまえば、これは僕の、ただの自己満足だ」
 
    「祖母が見ているはずもないから、僕による、僕のための記録だった」

177 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:14:34 ID:QCg5cLHs

「それから僕は、何気なく一番下の線から順に、
                    指でなぞってみた」

                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l  本当に小さかっただろ。
.    l              冫.   く
   l               l    ノ!   こんな、だもんな。
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

 「指は滞ることなく、ゆっくりと柱の上を滑っていく」

   「そのたびに、僕は祖母と、幼かった頃の自分を思った」

178 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:15:10 ID:QCg5cLHs

 「この場所には、かつて彼らが居た」

   「優しい老婦人と、無邪気で、無知な子供」

==| l l||===||===||===||===| | |                . : : : : : : :
    | l l||      ||      ||      ||      | | |              . : : : : : : . . : : : :
==| l l||===||===||===||===| | |             . : : : : : .  . : : : :
    | l l||      ||      ||      ||      | | |           . : : : : .    . : : :
==| l l||===||===||===||===| | |          . : : : : .    . : :
    | l l||      ||      ||      ||      | | |        . : : : .      . : :
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
二二| l |||二二二二二二二二二二二二二:|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |──────────
二二|_l_||l二二二二二二二二二二二二二二|/===================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   //
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               //
-−- −- −-−-−-−-−-−-−−-−-− //-− -−-−-−- −-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          //    ( (
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            //      ))
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                 //      (( _,.'⌒ヽ.
-−-−-−-−-−-−- −- -−- −-−//-−-−- −()゜. . : : }、−
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                  //         `ヽJ J′

  「両親に怒られた子供を、老婦人は慰め、その成長を見守った」

「子供はその愛を『当たり前』のように受け止め、少しずつ背を伸ばしていった」

179 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:15:39 ID:QCg5cLHs

「だが、もう彼らは居ないのだ」

 「もう二度と帰らない場所まで、行ってしまったのだ」




                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l                   と.ー .く
   l              〃    .ノ!   …ほん…とうに…
   l             八`ー‐_f r'
   l             / l}    ノ'        小さくて…大きくて…
   !               !  ハ.  /
   ,'            /  | .i ./
 ̄ `ー -         ι  i ! /
        `  、        J
:.:.:.:.:.:...        、      / 。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´  o
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./




         「その事実は、僕が成長したことを示している」

  「けれども、その喜びと同じだけの悲しみが、僕の中から湧き上がってきた」

180 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:16:12 ID:QCg5cLHs

「あふれ出した涙は、しばらく止まらなかった」


  「それを止める必要がないことが分かっていたから、
               僕はひたすらに涙を流し続けた」


   !                  し   /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /i!
:.:.:.:.:.:...        、      /. i!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   i!
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:.ヽ    。
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ゚
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



  「僕はこの瞬間、明確に何かを喪うことを知ったのだ」

「喪失の裏には、喜びも悲しみも、同じだけ混ざり合ったものがあった」

181 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:16:47 ID:QCg5cLHs

 「それから、僕は二日ばかり実家に滞在し、
           三日目の朝に帰ることにした」

                |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:...   | | |   | |:.
                |:|.:.:.:.:...      | | |   | |:.:..
                |:|:.:...         | | |   | |:.:.:....
                |:|..         | | |    ̄ ̄ ̄ ̄
                |:|_______,| | |
                |:|______ヽ| |
  ==============|:|ー‐――――┬ | |
 ※※※※※※◎ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|_______,| | |
 ※※※※※※※ |:|          \| |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          \


 「いつまでも留まれたら、どれだけ良いだろう」

  「だが、そうもいかない。僕にも生活があった」



「僕はこの帰省で、何かを感じることが出来たように思った」

  「そして、そのきっかけになった小説を貸してくれた彼女に感謝した」

182 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:17:22 ID:QCg5cLHs

「駅のホームに居たのは、僕一人だった」

             //;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;;/彡;;;;;;
            //;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;/彡彡彡;;;
           l/;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;;:;;/彡彡彡彡;;;
.              ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄||彡彡彡彡彡;;;
                ||   ||彡彡彡三三;;;
                ||   ||彡彡三三三;;
                ||   ||三三三三三;;
. ... . . .. . . .lTTTTTl.... ...  ,||   ||ミ|「」~ll三三;;;;
:::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄\:`;''-、l"'''i  ||ミl,,_ l|ミミミミ
:::::::::::/        \ x|\|';;、,,||ミミミ`ミミミミ;;
: : /            \ | :xx||ミミミミミミミミミミミ
/               _i\ヾヾヾヾミミミミミ;;
                i\キ\\::ヾヾヾヾヾ;;
          .::::::::::::::::::::::::::::\__ヽト、ヾヾヾヾ;;
          .::::::::::::::::::::::::::::::::!!:::::ii:::::\ヾヾヾ;;
          .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;



      「だが、乗換えをするたびに、人は増えていく」

183 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:18:39 ID:QCg5cLHs

「それに伴って、ホームもまた、大きく広がっていった」

  「僕は、帰ってきたのだ」

   : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::.......
"'- 、           廾_________廾.      i!゙~`'i      /
   "'- 、        「 ̄] 「 ̄] 「 ̄]   ̄ ̄..|!   |  ̄ ̄/  ,,-"
 :::::::::::::  "'- 、      `ー'' .`ー'' `ー''   .,__,.., |!   |   /  ,,-"    ,, - "     ,,,, -- ""
 :::::::::::::::::::::...  "'- 、             |::  | |!   | /  ,,-"  ,, - "    ,,,, -- "
 ::::::::::::::::::::::::::.......  "'- 、.          _,.,_, |::  | |!   |   ,,-" ,, - "  ,,,, -- ""
 ::::::::::::::::::::::::::::::::..... .. .   ヽ、..    ._.|:::.| |::  | |!   | ,,-"- ",,,, -- ""
 ::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : . . ... ヽ、.   :|.|:::.| |::  | |!   |         ,....... - ―
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: : : : : : : : :. 丶 i:|.|:::.| |::  | |!   |        |__ ,,....
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : .. .       i:|.|:::.| |::  | |!   |           |
 :::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::......   _,..-  |.|:::.| |::  | :.|!   |      __|二| .. ,,,, _
 :::::::::::: ::::::: ::: ::::::::.  _,..-'''"      |__,i |::  | |!   | "'- 、  i''― -- ....,,,,__
 :::::::::::::::::::::: _,..-'''"               .|;:  | |!   |    "'- 、
   __,,.. .-‐−――-:ァェェ-.          ̄´ .|!   |       "'
  | .!    | ........:::;;;;| ̄ |´ |            |!   |
  | .!\ .. ;:i ..:: : ;;;;;;:|   | ,/           .;i!.,__,.|
  |__,|  ヽ ├――::::|__|/  . . . . . . . . . . . . . .
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::.......
             . .. : :::: :: : :: : : :: :::: ::;: ;: ;;:;;; ::;;:: ::..:::::::::::::....

184 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:19:15 ID:QCg5cLHs

 「そのことを実感した途端のことだ」

           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  …っ。
          '、`⌒ ´  u  |
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V


    「僕は、彼女と話がしたくなった」


「それはとても強い衝動だった」

185 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:19:41 ID:QCg5cLHs

 「僕は下宿先にも寄らず、大きなカバンを抱えたまま、
                        大学の方へ向かった」

                    /) ̄ ̄\
                  /∠___ ヽ、,_ \
                 / / ,-イ)(= )!!! |
                 l / /(__人___)   |  …まだ、居るといいが…
                 l   ', `⌒ ´  u |
                 ',    ',      |
                  j    ノ      /|_
                _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
            ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
          /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
         | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l



  「時間はちょうど、夕方にさしかかったところだったと思う」

186 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:20:14 ID:QCg5cLHs

「図書室の窓からは、ぼんやりとした灯りが漏れていた」

                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;

           「それを見てから、自然と足が速くなってしまったのを覚えている」

187 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:20:40 ID:QCg5cLHs

 「僕が真っ先に向かったのは、彼女の席だ」

    「幸運にも、彼女はまだ大学に居た」

「僕を見て少しだけ驚いたあと、彼女は笑った」

     「笑ってくれたのだ」

             _
              (:.:.:.ヽノし'⌒ヽノ⌒ヽノ⌒ヽ
          ノしヘ,):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
           ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(.,ノヽ
       (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       _こ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(ノ、
      (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  -   -  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)、
        ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ´       `  、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;_:..
        (_:.:.:.:.:.:.:.:.:/                 \:.:.:.:.:.:.:_;ノ}:.ヽ
.       ):.:.:.:.:, '                 ヽ:.:.:(:.:|:i|:.:.:.)
.       (_:.:.:.:.:/   / /  /     ヽ   \  ',:.:.:_)|i:|:.:(
         ):.:′   / /  /  l! l     l   l l  l:(:. :|:i|: :.:_)
         (:.:/l  l  l l l l  l l! l   l l   l l  l:.:_):|i:|:.(
         )l l  l  l l_l l  l l! l l_l_l_ l   / / /(: :/:i/:.:._)  おかえりなさい。
         (;,il ll l イ´l l l  l l! ´l l l l`ヽ / /:.:.:)/i:/:.:ノ
           川ヽ  ヽx≠=  l八ヽy≠=ミ / /:.:.(/:i/:.ノ〉
         《》从\《 f斧抃    斧抃》ムイハ:.:/i:/:.ノ/
.          /// l lハ 弋ツ     弋zツ  l l|iノ/乃》_:/
         /// ノノ 人 '''  ,   '' /\川 /:/}:{}:{
.        〈〈,,}三三三ニ=-  ー    /三ニ\}´ | }:{}:{
.          {三三三三三ニ=-=≦三三三三ム,;| {:}{:}
            }三三三三三《薔》三三三三二ニ}|   |
.           {三三三三三从乃三三三三三ニ{i;|   |
        {三三三三二ニ=ニ二三三三三三}八   |

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ   …ただいま、だろ。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

 「僕はきっと、また泣いてしまうだろうと確信していた」

   「それでも、僕は彼女と話がしたかった」

     「遠い場所に行ってしまった、二人のことを」

188 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:21:17 ID:QCg5cLHs

「彼女は、泣き笑いのような表情の僕を見ても、
         微笑んだまま、ただ話を聞いてくれた」


                                          " ;ゞ "; ;ゞ ;" ; ; ゞ ; ;ヾ ;
                                        " ;ゞ "ヾゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ;
                                     ;ヾ ;"/" ; ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾ;ゞ ヾ; ;"/
  _,,-'~''^'-^゙-、'~''^'-^゙-、                      ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ;;" ヾ ; " ; ;ヾ
 ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-:::::::::::::::゙-                    ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ" "ゞ ; ; ; ; ;ヾ ; ; ヾ ; ヽ
i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::i                    ゛;ゞ ;" "ゝゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ; "; ; ゞ゛; ; ゞ ;ゞ
:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、;;;;;__,,''                     ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ" "ゞ ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;
ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i |::::::i |                     ;ゞ ;" "ゝゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ;" "ゞ; ; ; ゞ゛; ; ゞ
ヾ_:::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/::::::::::;/                      ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "ヾ ;;ヾ;ヾ; ;" ; ;
 ゙-、_::::: i;;;;//::::::::,-'~/::::::::,-'                      ゛ ヾ;\;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "ゝゞ ; ;  ,, "
  ゙ヽy /_,,-''~y /_,,-''~                                 |;l!l| |l|
    |i::|    |ii:|                             ,,  "   |ill|| l|ll    ,,   "
   イ从    ノ从 ..,iルw,,.                            ' ノメ''"ゞメヽ''
"'"'" "'"'" "'"^ "'"'"'" ^ "'"'"'"~"'"'" "'"^ "'"'"'" ^ "" "'"^ "'"'"'"^ "'"'" """'"'" "'"'" "'"^ "'"

   「僕は、自分のことをあまりにも知らなかった」

 「こんなにも泣き虫で、弱いなんて、思ってもいなかった」


    「けれども、僕はもう、そのことを恥ずかしくは思わなくなっていた」





                   つづく

189名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/14(水) 22:24:37 ID:0V8VV8LA
乙です。
BGMも内容も良かったせいで泣きそうだ。

190 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:24:59 ID:QCg5cLHs
ということで、第四話「夏の庭」はここで終わりです。

今回は、湯本香樹実さんの同名小説を土台にさせてもらってます。
この小説は、大人も子供も考えさせられる、良い小説なんです。ほんとに。
書店などで見かけましたら、一度ご覧くださいませ…。

余談ながら、バッドエンディングの予感がするというコメントをいただいたのですが、
バッドエンディングにするつもりはないので…よろしければ、またお付き合いください。

では、閲覧、ありがとうございました!

191名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/14(水) 22:25:17 ID:qxU0kVVs
乙でした!
真紅はやらない夫のことをよく理解してるんだろうね。
二人の関係が羨ましく思えます。
BGMも、懐かしさとどこか気怠い雰囲気で、今回の話にマッチしていたと思います。

192名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/14(水) 22:26:42 ID:0V8VV8LA
189だが、先走って書きこんじまった。スマソ

193 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:28:15 ID:QCg5cLHs
>>189さん

ご感想ありがとうございます!
すこし暗くなりすぎてしまったかなぁ…と反省気味なので、
そう言っていただけて、一安心です。

194名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/14(水) 22:32:58 ID:vosMBeEo
乙でした
BGMと相まって自分の幼い頃の記憶がよぎってこみあげるものが…
このスレは読む度に優しく切ない気持ちに包まれますなあ

195 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 22:41:35 ID:QCg5cLHs
※189さん、こちらこそ時間差で書き込んでしまってすみません!

>>191さん
ご感想ありがとうございます!
懐かしさが少しでも伝わるように…と思いながら書いていたので、
そう感じられたのなら幸い!です。

>>194さん
ありがとうございます!
ただ切ないだけじゃなく、かといって優しいだけじゃなく…
と頭を抱えながら書いているので、ありがたきお言葉です。


次回は、番外編という形になるのですがまた近日中に投下したいと思います。
短い話をぽんぽんぽん…と投下していく形になるんで、
若干、鬱陶しいかもしれませんが、どうかお付き合いくださいませ!

196名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/14(水) 23:02:05 ID:97Xy5CFY
真紅視点での話も見てみたくなるね

197名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/14(水) 23:03:10 ID:2JxXLjTs
いつも乙です。いつも出てくる小説が知らないものばかりなので、もうちょっと色々読んでみようかなとも思ったり

どれくらい続ける予定とかあります?長くてもええねんで……?

198 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/14(水) 23:15:15 ID:QCg5cLHs
>>196さん
実は、次回の番外編は真紅の話になります。
ご期待に沿えるかは分からないですが…
よろしければ、是非ご覧ください!

>>197さん
こちらこそ、いつもありがとうございます。
実は、私も色々な小説の名前が出るたびに、読みたい本リストに追加しています。
予定としましては、10話前後で一区切り、としたいと思っています。
長くなりすぎたらあかんのちゃうかなぁ…という内容なので、ご了承くださいw

199名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/15(木) 00:01:41 ID:nfgZMXd2
乙乙
ググってみたら海外でも翻訳されていくつもの賞をもらってる高い評価の本なんですな。読んでみよう

200名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/15(木) 20:05:47 ID:V1pKCSZk
乙です

201 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/15(木) 21:57:18 ID:oAhKpUHs
>>199さん
そうらしいですね。
読みやすい短さ&表現の豊かさが際立つ小説なので、
是非とも読んでいただきたいです。
また、読んだ感想などがありましたら、聞かせてください!

>>200さん
ありがとうございます!


そして、今さらながら。
たくさんの魅力的なスレの方々と投下時間が重なったにも関わらず、
リアルタイムなご感想をくださったみなさまに感謝です。

次回の番外編は、明日の22時に投下いたします。
どうかよろしくお願いいたします!

202名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/15(木) 22:03:53 ID:AEFCL/bY
投下早いなーw
次回もリアルタイムで読ませて頂きます

203 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/15(木) 22:10:37 ID:oAhKpUHs

>>202さん
一話一話が短めなので、少しでも早く投下していけたらなぁ…
と思っております…!ありがとうございます!

 【突発的なひとり言】

         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ  池澤夏樹さんの「インパラは転ばない」
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .!   というエッセイ集を読み終わりましたが、
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!    ユーモラスなお話で面白かったです。すごく。
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈 .: .: !
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′  あと、まるで関係がないのですが、
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′   昨晩は木星と金星が近づく日だったんですね。
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ     夜道を歩きながら空を見ると、
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ       今晩もどうにも、接近しているようでした。
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ ',
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',     宇宙はどうにも、神秘的です。
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.
   /.:,′. :. :.:.:.:. ``"´         ヽ;:;;;',
 /.::::/ .: .: :::::: :.:.            ヽ;;;;;',

204名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/16(金) 09:43:17 ID:ML8.RAIg
乙です
番外編も楽しみにしてます

205 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 21:11:17 ID:SgKtNaBU
>>205さん
ありがとうございます!

では、予定通り、22時からひっそりと投下いたします!
どうか、よろしくお願いいたします!

206 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:00:10 ID:SgKtNaBU
本日の投下時のBGMはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=KomeyDjr_mU&feature=related

207 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:00:39 ID:SgKtNaBU



   ――私は、嫌な子だ。

                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /
|,/        /
        /
      /
    /
.  /
./
                 でも、誰かにそう言われた訳じゃない。

208 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:01:09 ID:SgKtNaBU

   もちろん、私自身、自分のことをそんな風に思いたくはなかった。

       \           | |  //::            /  /    /
          \           | |  //:::         /  /    /
      \  \           | |__//::::.         /  /    /
.         \  \         ̄          /_/  ̄ ̄ ̄\
         ||   \              /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\. \.           /  |::::::::::::::::::::::         \
         || | |.\, \____/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |  ||  |      |  |:::|  |::::::::::::::         /
         || | |  ||  || ̄|   .|  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄   !l  |   .|  |:::|  |:::::::::      /...::::
                /.  ̄ ̄ ̄ \ l:::|  |::::::::      /...:::::::
   _           /           ヽ:|  |::::::     | |:::::
   /|         /                \|::     | |:::::       __
     |         /                  ̄ ̄ ̄ ̄| |:::     ___|
     |.      /                         | |:    ___|\ ヽ
     |   /                            ヽ|__|\ ヽ

     でも、そうなってしまったのだ。
                     いまでは、否定なんて出来ない。

209 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:01:36 ID:SgKtNaBU

 小さい頃に感じた思いは、
          じっくりと私の心を浸していった。

            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___

              だから。
 
 彼から借りた小説で、思い出してしまう。

210 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:02:01 ID:SgKtNaBU


           私の中にある、罪悪感を。


                        \                               /
                         \                             /
                          \                           /
                          \                    /
                          \                   /
                           \                 /
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
      、                   /                  !
        ` 、                 /                   !
          ` 、              /                     !
            ` 、.        /                       !
                    ` 、   /                        !
                      ` <                       !
                        ` 、                     !
                          `i                 !
                       i    __/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
                            i __/ /              ∨
                           i/ / /                 ∨
                          i / /                     ∨
                         i. /                 ∨
                        i/______________∨
                      ,>´ 二二二二二二二二二二二二二 `<,
                        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
                    ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
                ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
            ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<

                                小さなころの、過ちを。

,

211 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:02:31 ID:SgKtNaBU




    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



              番外編


     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

212 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:03:28 ID:SgKtNaBU

 小学生の頃、私は転校を繰り返していた。
   
                  親の仕事の都合だ。

                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\      短い間ですが、よろしくお願いします。
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \
,′ | | /    /:.:.:.:.:.:.:.:/〉、\:-勹::-‐¬__〉:ヽ:.:.:.:.:.:}ヽ \ \   ヽ
i   l/     /:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:\ヽく_:_:_:_j-‐个、:.:.:.:.:./  / ∧  ヽ、 `、
|  |l  ,...-勹:.:.:.:.:.:.:.:. l^ヽ、:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.:.:八\ー'ニ二ノ  `丶、 l  ト、
|  |レ'´:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:\:.:.:ヽ l:.:.:.:.:´:.:.:〉:.`Y⌒ヽ        l  ‖ \
l  |ト、_ 厶:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.}|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、:_厶      ! l「`ヽ 丶

      そんな生活の中では、友達を作るのが
                億劫になってしまっていた。

              どうせ離れ離れになる。
             
                 それでも、私は友達を作ろうと積極的に関わった。

213 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:03:53 ID:SgKtNaBU

 でも、その頃の私は、あまり笑わなかった。

           いや、上手く笑えなかったのだと思う。


:/⌒7:辷彡ヘ.入.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:{-'ー=彡.:.:.:.:.:/^′
:\ <::::r ´ /::{^⌒:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:ノ:i:i:i:i:::::.:.:.:.:.(
\:Vハ::::、/::ィ:i「}.:.:.:.:.:.:.:./:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く⌒^⌒ヾi:i:i:i:r=xノ
 /::::人::::V |::|[:.:.:.:.:.:.:.:.':i:i:i:i:i:i:i:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     V:i:i:)
,/::::/′ ̄,' |::ト=ミ.:.:.:.:.′i:i:i:i:i:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r―=彡       マ″
i::::〃  .:′|::{ r彡.:.:.:|:i:i:i:i:i:i:{.:.:.:.:.:.:.:.:,xt=彡     i 、   :.
レ'}    ′ j:::} 廴.:.:.:.|:i:i:i:i:i:i:}.:.:.:.:.:.:.:( |i  :.  i   |  :   i:
  {   {   ::::::, く:.:.:厶=ミ;i:i{.:.:.:.:.:__;ノ、{i:  {  |   |  l   .:|i
  '    }:. |:::::}i  V{f彡ヘヾi!.:.:.:.({:八^气{,  '. |   | | .:i |i
 ′  /ハ |:::::}i  Ⅵ{fiりノリ:rif^´|i  \{\、Ⅵ   {  j .:i {i
/   / , ∧⌒':   `辷彡'1リ|  |i   f圻x`ー'ヘ、  } /} ∧:.
′ .:{ , /.:∧ ヾ.  Ⅵi:i:i:i{ |  |i   弋tりヾ /Ⅵ/厶′}′
  .: // / :′\     Ⅵ:i:i:{ |  |i   .:.::::`:.   {
  i ;/ / /    \rxミ=ヾ:i:i:M:  |i        〉
  i | / :′   _,/⌒^:.¬=ミx:i:|: 八:.    __ /
  i |' /    厂:^:.:.:.:.:.:.:.:二三℡_L_ノ}__ .,<
  i | /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒^\:i:i:⌒^:i:i:i:i:ヽ
  l |′ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:i:i:i:i:i:i:i:i:/^ー=ミ
  i |  .:′.:.:.:.:.:.:.:,::::::::;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:i:i:i:i:/⌒7/
  i | /.:.:.:.:.:.:,:./.:::::::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ:i{ く<_
  i l′.:.:.:.:/:/.::::::::::::::::{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::.:\i:}r=彡′ j)

  先の見えてしまった交友関係に、いくらかの疲労を感じていたのだ。

214 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:04:20 ID:SgKtNaBU

   それでも、私は精一杯、学校では笑っていた。

       笑っていると、誰かも笑ってくれる。

          そう信じていたのだ。

        まさしく、子供のように、純粋に。

                 , -、/ ̄ヽ   __
            __(  しヘ 弋/ )\
            /ー'    \    └ヘ\
         └ヵ              |\
        / ̄\             〕 \
        └┐         _   -―-\  ヽー、
        ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
        廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
           ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
            | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \
            | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ  丶
             \\ヽ7了7ヾ    ゞ- ' | |∨/   \  \
               \| ヽ ゞン     ゙゙゙゙゙゙゙| | ∨     \  \
                 | ∧゙゙゙゙゙゙゙ `      .__| ハヘ       \  \
                 | l| > 、  ‐ '  / j / ̄ヽマ_    \  \
                 /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /       \  \
              // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉          \
          ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
          \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
             ̄  _/ __〔  /  | ゝィ厂ト  Ⅴ | |  廴 厂 ヽ
            <二、≦二._ヽイ    |  「 广ヽ.ノ |/   \   /

215 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:04:49 ID:SgKtNaBU

 私は友達を必死に作り、

        作った数だけ別れてきた。

  別れた友達からの連絡なんて、すぐに途絶えた。

               _,-- 、
           r冖'::.::.::.:.几、
            r┘::.::.::.::.::.::.::.:しヘ
          _)::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ト、
           {::.::.::.::.::.::.:_,.:-―-、::.〕 `ヽ-、___
         コ::.::.::;: '´/  、ヽ`しヘヽ  )ニヱ、
          └i::.:/ /  /  ヽ ヽ } l | { |ハ_/
.           く::/  l  l   l l l ( | | 〕|:|
            l|   l l l| |   l| | l |,lト、l_| { l:|
           ヾl L,ィ=ト:i、 ノ,ィTkノl}必}| |:|
             个tヘ.イtク ` `ピr,ノi:lヒオ| |」
            l |∧`" ' _,   / l|  |_| l||
              |ノ _L>‐、_,ィ^7 /l|   | l||
              / |ヽ:.:.:.:.:.:{爻}/ /:.|ト、   ! ||
            _〉」_∧:.:.:.:.:./|/ /:.:.|j:: \ | l `、
            斗‐- 、\〕ー7|::ヒニ二ニフ::. ヾーi ヽ
           「::.:r‐┴/:.:.:/:.|::| _/,イヽ、::.: `┴‐ヘ.
            〉:;`ヽY¬z__」:ん勹 ノ::.::.:`ー-、::.::∧ \
          `7〈〈:{_::.::.<::.::.::.く <r冖、_,ィ⌒Zノ| ヽ  ヽ
              / /:|l:/: ̄::`:ーr=彳::.::.::.::.|::.::.::.:〉l  |  |
          / / :ハ_::.::.::.::.:ー-'::;:|::.::.::.::.::.ヽ::.∧ ヽ \ ヽ、
         i /′::.::.::.::.::.::.::/::L:_:;::.::.::.く:/ `. `、 ヽ  ヽ、

   それでも、私にはそれを繰り返すほかになかったのだ。

216 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:05:14 ID:SgKtNaBU

 そして、ある学校に転校したときの事だ。

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:..-‐- ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'ヘミx':〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ´   、 丶  `ヾ:.:.:.:.:.:.くミュ_ヾヽ 、   ____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   丶  \ ヾ:、  丶、.:.:.)厂`ヾ≠=彡’ ̄ ̄ `ヾ:、
.:.:.:.:.:.:./   !  `ヽ.\  \ \ヽ  ゞノ`ヾ:、  \㍉、 `ー- .. _
.:.:.:.:.:/  丶 |   ヽ ヾ:、、 ヽ \:.、ヾ:.、 ヾ:、\ \ `ー― -==._
.:.:.:.:.′     i! ト、 ハ   ヾ:、   X ミヾ ヘ   辷x 丶ヾー=ミ
.:.:.:.:i 丶   | ヾ、ミxヾ:、\/ ヾ八㍉、{   ヾ:、 \ \\
.:.:.:.:| i  \ i!\  \ヾ、xく.\.ィく`liト:.ヾヽ.   `ー=ミx `ー=ミ、
.:.:.:ハ{:    1  \  ヾ ヾ`ぐツ リ }ハ ハ       `ー=.. __
x:.:.:.:.i|ゞ \ ! 丶  ゙x ハ ト!     ,ィ:::}i } L..'´し,..∧_
 > l|.:\  ゞハ、 /X j, <  、    〈::::::|l レ"  /:::/ }.: ̄三ニ=ミ
  `ゞじ.:.:.ヾ、\Xヾハxぐツ   ‘′ )::ノ"イ/:::/ ,:ィ|.:.;ィ.:.:.:.:.:.:.:.
   ヽ> ヾ ヽハミ㍉ャ‐ ._   _ r彡r7 / /:::/ / /:iリイ./.:.:.:.:.:.:.:ィ
   `:くヾメヽ `ーx. ハ     ̄ /:::::Y_/ // ,.イ /// イ.:;ヘ:_,.イ7.:
     i Y}iハ    } ix ヽ  rfチ::::::::::::::)〃/.:/ 〃7 /〃7ノ::::::〈
     | iX  ‘,  | !、  \ レ`ーァ:::/〉:=彡::::://:::::/ ム才:':;:ィx::/
     | |ハ  入 八ヾ:ヽ、 У /:::::/イ::::::::::::::::"ヽ、/..彡:::::{  `
     | | ‘. ハ  ヽ \:/ /::::/ .ノ::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::>

       私は、あの子と知り合った。


         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、

      私に趣味を与えてくれた、あの子に。

217 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:06:17 ID:SgKtNaBU

 あの子は私と同じ、転勤族の子だった。


     川 | ヽ{ :.:.:.   .   .:.:.:.: 川//l|l ! 〃
 二≧x' '//⌒ヽ、   ー‐   彡イ/l ! l釗k≦三
z≦三/ / l     _ヽ\_, イ/ //_」_|l|l三≧x
 _≧/ / /| _ {@}l:::〉―‐1' //.:::::.\l l弋≦⌒
 ラ/ / /.::|l{@}  ̄ レ::/ ^Yl /.::::::::::::::::.Ⅵヽ\
  { {/.::::ハ ̄ q_ l /  / | {:::::::::::::::::::::::〉|ハ ヽ
  ヽ个ー'::::::ト、 ペ) へ. /-人ヽ:::::::::::::::::/ ノ ノ


        だから、私たちはすぐに仲良くなれた。

                      _____
                    ト:、::::::::::/i
                   /:ヽz...才::::|:::: : K|  ハ
             /:::::::::::∨::::: : |:::: : |::::¨/::|
              _  }:)::::::::> 廴_;_;ノ=ミ!::::/::(!
.          /::廴ノ:::i '´     ̄    ¨ヽ:::::|\ ____
         /:::::ヽ::: ノ                ∨:::::/::::::∧
.        /=ト、:::/      i       i   ヾ:イ:::::_::::::i
.         >j::: ;'     j       i    ∨¨r' ̄_
      /_}:::i:i       从       从 i   i::::::ー^i ̄\
      \ {:¨::八  i i_i_⊥ハ   i _/⊥_リ  i . |:::::::::::j   }}
        |゚X!::::{::::::}i | !x==ミ  i .:レ==ミヽ/ ノ . |:r==くヾ__/
      / :{\::::::从 ,〃,_ノ::ハ\ヾ/,_ノ::ハ 》ム .:|:::>:!  }} 
     〃 |  | ::>=;' \ V//ソ  ヽ V//ソ .イ . 从乍 =彳ヾ,
      {{: |  | :{:{ /  八      '     八j, イ∨ノz|  j  }}
      {{: |  | .{:{./ ,イ{___≧ .._ マフ _. .≦__|  :!/∧ :|  j  }}
        |  | :/ /  ハ:::::::::::::::>=<::::::::::::::::フ .∨ !t|  j
        |  |::/ /!:: {ハ::::::::{从rケY}:::::::::::ハ  :!{  | :!  |
        |  |ノ:/ :!:: | /}:::::::::ゞァア,ソ::::::::::{:∧ :|i! ハ !  |
        | ( ( :i:  |/!::::::/:i: :i::::\:_:_j: :∧八(  ヽ :j
        |  |:)) :!:: |:::::::¨:::::::/: : !:::::::::::::::ヽ: :ヽ: )) !::):|
        | 〃 :::八 |::::::::::::::/: : : l:::::::::::::::::∧: : :}(、::j((::|
        | (: : : :.:.:.ヽj\::::::/: : : :.:l::::::::::_:_:_:ノ:.:.: | )\ . |
        |  |ヽ : : : : >zV___r===v'´: : : : : : :ノ从ミソ: |

    お互いに、何を欲しているのか、痛いほどに分かったのだ。

     私たちは、互いに足りないものを補い合って、幼い時期を過ごした。

218 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:06:50 ID:SgKtNaBU

あの子が教えてくれたのは、読書という趣味だった。

  友達と離れても、それがあると寂しくないとあの子は言っていた。

 世界はどこまでも広いけれど、どこかで誰かと繋がっていられる気がする、と。

           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !  あー、面白かった!
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !

   それを聞いた私は、母が読んでいた小説を試しに読んで以来、
                  今に至るまで、本を読み続けることになった。

219 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:07:15 ID:SgKtNaBU

   そうして、私にとって、あの子が何よりも大切な友達になっていった。

       それは、あの子にとっても同じだったようで、

          L   .::::::::::::::: '                 (_,-、 |:::ヽ \      イ_
         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽイf::::::::゙ヾ ' lゞ|,ハ! |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ  .ゝ-ヘノ      ,.メ≡!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ    ̄          i、::_::rハヾ|!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l              ゝ- ' / イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \




-―く∧ヾ` ーヘ、             / ∧ /  V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:: :: :: .\\ \ー-\         >   / / |∧   \:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
:: :: :: ::. ..\\ \     、  __ ,   ' イ l| ヽ  \\::::┴――----一ァ
:: :: :: :: :: :: ..\\ \      ̄  ̄  へ :: :| ||-、 \   \\::::::::::::::::::::::::/
:: :: :: :: :: :: :: :: .\二二丶    < 、  |:: ト. || ::ヘ  \   \ヽ  ̄ ̄ ̄
:: :: :: :: :: :: :: :: :: .. \:: :: :>>く:: Lノ 〉 |:: ハ|! :: .ヘ \ \\ \―-- __
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::〉冖^ヽ>ー冖-冖>┐: リ :: :: .ヽ ヽ  ト ヽ ヽ::::::::::::_ 二ニ=
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : /    lヽ \ 、  冫 :: :: :: :: .\| ハ } ノ ̄ ̄
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /   ー--|:: 〉_ヽ<  く:: ::/ :: :: :: :: : 〉|/  } /
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :〈     ノ'´        〈:: ヽ :: :: :: :: ∧|
:: :: :: .\: :: :: :: :: ∧         r-=、ヘ:: ::l :: :: :: / }|
:: :: :: :: :..\:: :: ::/ /\         く〈与}〉 | :: | :: ::/〉
:: :: :: :: :: :: .\:: ::〈 :: :. \      `''^´ | :: | :: :: :∧
:: :: :: :: :: :: :: . \::.ヽ:: :: :. \         /. :: | :: :: :: ::|


     私はあの子を求めて、
            あの子は私を求めてくれた。

     自分を必要と思ってくれる人がいる。

   それだけでも、こんなに満たされるのかと私は初めて知った。

220 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:07:46 ID:SgKtNaBU

 だけど、そんな時間は、呆気なく終わってしまった。

     , ー‐―     , ー‐―
    i「 // ⌒ヽヽ\ / / ⌒ヽ ゙i.ヽ
    || | |     ヽ.! ||  /     | | ||
    || | |     ||  ||  ||     | | ||
    || | |    l|  ||  |l    | | ||
    || | |     iト、J|、イi     | | ||
     \ \_ノ /ハヾi !、_/ /
      \   //ノ !、ヽ  /
           丁6))   ((6丁
          〈三〈三〉
.             i | i
.             /.   ヽ
            // ̄\ |
.            |/6}‐ /./|
.            |   /ヽ
.           ト、_/::.:.:::|
.          |  |:::.:.:|
.          |  |::.::::|
.          |  |::.::::|
            |   |. ::.:|
            |   |. ::.:|
            |   |. ::.:|
           |   !::::::|
           |   !::::::|
           |   !::::::|
           |   !.:::/
             ヽ   !::/
             \/

    今になっても、なにが原因だったのか分からない。

221 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:08:34 ID:SgKtNaBU

 突然、あの子は、いじめられたのだ。

     クラス中のみんなに。

 無視され、物をぶつけられ、影に追いやられた。

     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r〜、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ|  | 厶、ノ`}:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   /「穀ヘ r':::::::.ヽ


       r−':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
    , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
    {     : ::ーヵ      |::\    |
    〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
    └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
     {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|
      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
     〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!
       |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|
       l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |
           / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
        / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
       , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: -−― ::',    ヽ!
     / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |
    /i/く::.'    /l└t. _  .::ー './ .:::|    :ト、
   / イ /\::.  ,:. l '  L.. _  /.:: .: ,'    l ',
  , / i 〈 、 lハ:::.     _∟ .:' .:: .: {       l i|
  ! i :|   ト 、}>、__/!,_ イ.::    └ァ     l lヽ
 | ! |  〈 ヽ r ---:.ヽ/┘::.ーt. __「i′    l l ',

   当然、私は憤慨し、必死にあの子を擁護しようとした。

    クラスのみんなに嫌われても良かった。

   それよりも、あの子が苦しむのを見たくなかったから。

222 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:09:41 ID:SgKtNaBU

   だが、そんな覚悟をしていた私にかけられた言葉は、
                  
                賞賛の言葉だった。

                          _
                       〃::::::::::::::>=、     _
                       /:::::::::::::::::::::::::{{:\....:::::´::::::i
                  r===xノ::::::::::::::::::::::::::::{{=イ:::::::::::::::::∨¨ ̄ハ
                       ノ::::::::::::`::::::::::>  '''  ̄ ̄ '' <::::::: ∨:::::::::}ト.
                      {:::::::::::::::>  /            <::::::::::}ハ
                 ∨::::/   /               \::: }廴!__
                  ___ノ/     /             ヽ   ヽ::::::::::))
                  (( /     ,                   ∨::::ム!
                  (,イ                   i     ヽ ∨:/:::ヽ
              /八/                 i  |    i   i .∨:::::人 ノ:Y  ̄ ヽ
            , ' (( /     i    、        ||  !     |   !  .∨:)) }:ノ ̄ ̄  '.,
              , '   ))      ト、    ヽ      リ ,' /   |   !  .У} i }:)ミ= 、   '.,
          , '/  {::{ {   i、  ヽ_ヽ__ 八      ,' / ,.:'   j  !i  (:::リ  从\/:/、  ∧
            //   /く八 .   |}ト - 厂 \ヽ ヽ   .,/-/≠-、i   リ  /j   У /::::::) }:}:} )   ∧
        //  /://ク{{ニヽ 从 \ ,,z==ミヽ\ ,,/ ,/zz_  ノ`:./ ./r==v=x ./::::::ノ /::/      .',
          // <::/:/.,' 廴人  \. 《 んハ`      ´ん¨ハミx / ./人/¨¨ヽヽ:::Y r::/!ハ     i 
.         //  / {:{ ,i   ¨¨ヾ}ト,,_ハ r'込:リ       r'入:::rリア イ.ノ Y__r-ソY:: ノ .}:}  !{:::{      |
        //,  ,' ..{:{ ,j      /| |ハ弋zツ        弋辷グ / !八く彡⌒ノ::/  }}  !{:::{   i:   |
.       //.,'  .,   :{:{ |i       / ii j 从      ´     `  /.,'  :!/`ー''¨:r''¨  jリ  | {:{ノノ:|i:   |
      // ,'  ;   {i |!      /  | |./ .ゝ""  r==、  "",' ; !  |!_,r==x-'¨     /   | {:{/ |i:   |
.     { { ,'   ,:; i   i !.     /  乂{___> ._ ー '    { {.,' |!::: |! }}        :/  .八:{ i |i:   |
.     { {;  /;' .!:  | !  // /.j j:::::::::::::::::::::≧z--ュ≦::| |;  {j  ∨      /   /  }!_ i |i:   |
.     | |  / ,'  j   | ! ! / {::::://:::::::::::>={ィァムヽ-::::: :| |!  !j   i          ,'  .从zi |i:   |
.     | | , ,.   |   ! ! ヽヽ !:::{ {:::::::/:::::::::辷Y ソミ::、: :| |! 八   :ト、         ,'  //::::}i |i:   |
.     | |./ ,   |   ! !   \ Ⅵ |:::/::::::::::::::彡兀::ヽ:::::::ヽヽヽ{:::::}   !:::::>      (  { {:   i |i:   |

                      『あなたは良い子ね』

             そんな言葉が、教師やクラスのみんなからかけられる。

              だが、言葉はそれだけで終わらなかった。

                 『あんなにも良い子に迷惑をかけて』

        私の行動が賞賛される裏で、そんな言葉があの子に向けられたのだ。

223 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:10:16 ID:SgKtNaBU

   クラスの人々は、私をひたすらに褒め続けた。

  今になって思うと、当時の私は理屈っぽくて気が強く、

       敵に回すと面倒なタイプだったから、そうされたのかも知れない。

.    /     /     /      ヽ    \   \    ヽ   ノ|i:i:i:i:i:|: : : : : : : :(    |
   /     /     /     l  |    l| ヽ    ヽ  l  l (:.: |i:i:i:i:i:|: : : : : : : : :.`ヽ   |
.   '      '    |      l  |    l|  |     |  l  l  ):.|i:i:i:i:i:|:. : : : : : :_:_:_:ノ  |
.   ′ ′   i      |      l  |   /l  |     |  l  l (:.: |i:i:i:i:i:|:.:. : : : :(|     |
  l  l     |      |      l  l   / il  l    |  l  l  ):|i:i:i:i:i:|: : : : : : : ヽ     |
  |  |  |  |      l     l  |ー‐/―l―――‐ト 、  / (: : |i:i:i:i:i:|: : : : :_:_:_:ノ    |
  |  |  l  l   l  丶ノ   l  l / //  l    / ///   ):|i:i:i:i:i:|: : (/   |      |
  l      ヽ  ヽ ィ´ 丶  '/|   //'"´/  /}/// ,イ (:.:/7ーヘ/:.:._:,;)   |      |
. 八   ヽ  \ \ 丶ー―\|  j/ j/ Уj/笊ミ j///i|  |{ {〈《〉}//     |      |
.   ヽ 丶 \ 丶 丶y了笊ミ          トミrj刈 /´ / |  |ヽヽノノ '      |      |
    \ \ 丶 \ 《 ト rj }         弋辷:ツ´  / イ  i|:i:i:i:/ /      |      |
..     \ 丶 ー ヽ 弋zツ        ////// / /i|   |:i:i/  ′     |      |
.        / ヽ丶/´ ハ /// 〈             / /i:i|   |i/ /         |      |
       /   / /´ハ                 / /i:i:i:|   |/          |      |
.      /    / / / 人      こヽ     __/ /i:i:iィ|   |            |      |
...   /    / / / /´ >          /i:i:i:i:i/ /≧≦:|   |            |      |
   /    / / / / /i:i:i:i:i:i:i:i≧:..... _/i:i:i:i:i:{  {i:i:i:i:i:i:i:|   |            |      |
.  /    / / / //i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i|  |i:i:i:i:i:i:i|   |\          |      |
  /    / / / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:斗七刈i:i:i:|  |i:i:i:i:i:i:i|   |i:i:i\         |      |
. /    / / / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{《〈乃〉》i:i:i:|  |i:i:i:i:i:i:i|   |i:i:i:i:i:i〉      |      |

  いずれにせよ、私が怒るだけ、あの子は余計に辛い目をみるようになったのだ。

          これは、私にとっても辛いことだった。

224 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:11:03 ID:SgKtNaBU

  それでも、私は怒らずにはいられなかった。

   何度も声を荒げて、あの子を守ろうとした。

: /_  ト、 l ト、\l l       l      '; : く__
:ゝ':/  ,' ,ム斗=ヽ、l`ヽ      //       !: : :./
:./!  ,   1 {:ゝ‐:ハj  ',`    //l      ,'r‐-'
//l   ,   '弋z:::ノ '  ヽ  /、 / /  l  /´
/ ,'  ,′  ´  `     ヽ'ィュ、 /X   / /
:l/  /               ん:リ / _ / /  ――っ!
:l  l            ' ゞく /'´///
:l  l三心     fニヽ、_     /l   l
:l  l三三',       `′  ,ィ'l l   l
}l  l三三ミ;        /l l l ',   ',
ミ!  '三三ミ;     , ィ.´__. l  l ∨  ∧
ミ!  ',三三≧‐-.升三三ミ l   l ∨  ∧
`ヽ、  ∨ー'´ ー 寸三三三}   l  ∨  ∧


   それでも、物事は何も変わりなどしなかった。


:/ .:.:.l.:.:.!:.:.:.:.:.   l:. !: lヽ rーr 彡     / 、 、`,.ィ{.:./:.l:.:i j′
' .:.:.:.|.:.:.:l.:.:.:.:.:.  |、:ヽ.l ーjj´           `i ´lV:,〈 }:l ′
 .:.:.:.j.:.|:.:.!:.:.:.:.:.: l ヽ:.ヽ、li          / /イ: lソ′
.:.:.:.:/|:.:|:.:ハ:.:.:.:.:.:. l  ヽ.ヽl!、      __ ,   ,リ:. l l
:.:.:/.:.|:.:l.:.:.:.ト:.:.:.:.:. l   \ヽ     i´‐´ ̄j  /!:.:.ハ !
 ̄ ` l:.:ト、:.:.: ヽ:.:.: ヽ   ` ー    ー‐ ニ  / }:/j j/
    ヽトヽ:.: l:.:ヽ: l    ヽ、         / j'://
     ヽ、 ヽ: ト\lヽ、     `丶       / /´
       ` i: l ヽト、 ` ァiー---` 、_j-i<
        l l  |   / |:.:|:.:.:.:.:.:.:.  !  ヽ
        |:|     /  !:.lヽ.:.:.:.:.:.: !   ',

  彼女がひっそりと流す涙が止まることなど、なかった。

225 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:11:33 ID:SgKtNaBU

 私は学校で怒り、

    自室に帰ってからは、延々と泣いた。

         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!≧=≠=ミ、l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞY〈 っ:てう::} ' lゞ|,ハ! |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ ⊂つ-- 'っ    .≧=ミ、イ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ|ノシ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...   ぃ:rう::\ .{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l{{     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:O\:‐':::ノj〉.ゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l |し       '  :.:.:.:.:と^つ / /    | /::イ'  .| |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    、─- 、      ./j } .,/¨´    | !: |   .| |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \  ヽ _ ヽ    /んノ/      .| ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ./ひ.  '、 _.    |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./    .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../    .li|    ヽ  \ \


       どうせなら、自分がいじめられてしまう方が楽だった。

          自分が嫌われてしまった方が、楽だった。

             賞賛など、されたくもなかったのだ。

          私はあの子と一緒に居られたら、それだけで良かった。

226 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:12:08 ID:SgKtNaBU

 そうして、いたずらに時間だけが流れ、
             彼女は学校に来なくなり、

     親の都合に合わせて、私の知らない場所に行ってしまった。

              . -≦トヒ薔ァz、_
           , '´イ/////>=≦/ハ:、
          ,イ////>'´      `ヾ/ハ
         ,: ,イ///           `Y
         ! }//´              ハ
          | }i|{               イ
          介ミ}z、八从从彡'ソノ/ノノ从Y/
  ,イ三≧==-<三三ヽ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄{ ̄!ー<
 {////////////////,ハ      {:  | ノ _r、 `ヽ
 ヾ////////////////,ハ     ノ.  ノ八'´j j レ /
  \/ー----'´///////,ト<__.ノ´ー<__/く_ヽヽノ
    >、////ハ/,{/////ハ≦介≧彡// ,イ//  ̄ ヽ
      ∨////人//////}彡'jii|}  // /////////ハ
      ∨////, '////r-、_    // ///////////i
    ≦彡ヽ//,:'//////}rヒァ、`ー,'/.〈//////////, '
    /.:::::::`Y///////,|ゝ=彡〃///ハ///////イ>z
   彡イ7::::,:人//////,∧ /,//////}/////リ::::::::::\
      ´i | | :ヘ///////ゞ/////////////,'z≧>ー'
       从リ从ヘ.///////////////////
            }//////////////////
          ノ/////////,////////


│::::::::::::::、_::::::::::::}:::::::::::::\___    _
└‐、:::::::::::::::> ´\::::::::::::::::::!三≧‐:::::::
   )::::::/     `)::::\:::|:三:i::::::::::::
   t::::/   |  i  f::::::::::::ヾ:三:|::::::::::::
    `il   |  l  ヾ:::::::::::::!:三:!:::::::::::  
    {!   十r-:!_  }:::::::::::|:三:|:::::::::::
    |!ト、从ィテ斥;  .l!::::::::::|:三:|:::::::::::
      /ヽ!´{斗' i |!::::::::::{:薔:}:::::::::::
     く     ´゚! !.人:::::::::!三:|::::::::::::
       ヽ _   ! !   ト、:/三/:::/:ア^’
        ‘. ` oj   、∨三/¨_ノ
       /`ーァ′  ,ハ/';く
        ヽ { 〉  /  >/ハ
          .| >!  ム_´ーォ ::::::::¨ヽ
         _ン/ `ー―ア¨´:::/::::::::::ヽ
     ∠_ /    /::{::::::::::::::::::::::::::::

   私は、何よりも大切なものを失ってしまったのだ。

227 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:12:34 ID:SgKtNaBU

 今ならば、もっと上手いやり方があることも知っている。

  あの子のために怒るよりも、あの子のそばにいるべきだったということも、分かっている。

___________________
へへへへへへへへへへへへへへヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ   |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|| ̄|   |
| |  !l |! !  l | ! | |i   | !l | | l l !i| |  l i ||/.:.:.:.:.:\
| || !    |  ! l  | |  |   ! l | ||  !  l | |!  /   :.:.:.:.:.:\
| |  !l  !   !  | | | !  | ! l | | |l il |!| |/    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |  | ! l i |  !| |l  |! | !il| | |! i /! !     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!    !  | | !   | | | ! l | | |l |!/        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !   | !   | | |! l | ! l l| |/        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | | ! l  |  |   | |l i  |!|i/|_|       .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | ! l  |! | !l l | | |!  /          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !    | ! !l |!| | /              .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! l |   ! ! | ! || |                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ! | | !| ! /ー               .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | | | ! | ! /                       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! |    /                             .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  | |!/                              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  /                            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |/                        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |        :.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

228 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:12:59 ID:SgKtNaBU

あの子が居なくなってからも、

 私への賞賛は止むことがなく、周囲の人々は私に優しいままだった。

  『転校したのがあなたじゃなくて良かった』

     そんな言葉まで、聞こえてきた。

                                        l.       .l        ,i′ ./
                                        l.       .!      /   /
                                      l       l     /   /
                                      l       .|    /   /
                                       !       .l  /   ./
                   ,,, -ー‐- ..,,                !       l./   ./
              , ‐ン,'二-`-ハ ミヽ、             ,!       /  ./
               /..r' /    ___.  ..ヽヽ             !      /   .`゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           / .,i'_../   ,i'゙./ . `'、  .l..l               !     ./  ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /   ! .l   .! !    | │|           /    ./  / l
          /  i'ッーl    l `ー-‐"  .リ              /   ./ ./  !
            !   l  |    .゙'-.._._,..-‐゛              /  ./ く,,,,_、 .″
         /  '二-'´ .l                          / ,/./ `゙゙''''ー`-ニニ― ....,,,_
           l    .ヽ  ,-\                  , './,/      /    .`゙゙''''―-二,゙¬ー- ....,,,,_
        ,!   ='" /   .i`''-、             _..-彡'.-ミ;; ,,     /                ´゙"''―- ..,,,゙″
           !     \  /   !`'<_____ ;;;;'ニ、'ぐ    `''つ-..、 /
         l    . / .,/.、 .l   .,──.i、──.l / ゛ .\\      `''-ミ \
            }    `''''〈..、`゙ ! --- ! __ l|,''''" ゙Λ    \\     /  `'‐.ミ''-..、
            !         ,┤ |   │   l.l    ゙'/、    .\\. ./     `'‐..,゙'ー..、
             l     〈..l,,_,___. │   .l.l    ∨、     \\         `''-.. \ 、
              !          /l、.l    .!|.     ゙Λ    ./ .\\             `'-、,`''-..、
              l         / .| !  ._,,、.!|,     ∨、 . /    \\            `'-..,.`''-..、
              l           `''¬''" ´  |.l, !.l      ,゙Λ       \\             `''-、, ゙゙'ー..、
            ヽ              ! .l,.l.l  .,..-''.ッ、 ∨、        \.\                 `''-、,
               ヽ             l  |>'″   .!\ .゙Λ     ,-、  \ \                `
             ヽ,            !'"       .|  \. lヽ  ,/ .゙ぐ-、 .\ \
                 ヽ                   l   ゙'、ヽ‐゛    ヽ `'-.`'- `-

229 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:13:39 ID:SgKtNaBU

  結局、私はあの子を『パイロットフィッシュ』にしてしまったのだ。

    私は無知で、あの子が作ってくれた水の中を、知らずに泳ぎ続けてしまったのだ。

                           ___
                     ∠三ミ/´
                    ∠三三 /                ∠ }
          _..   -── 、 ‐'‐=ミ三/              ∠ニ./
      .. - <メ人メ人メ人メ人メ人メ. >‐-、 ._       ,∠ニニ/
   ,. ´ - 、 人i メ人メ人メ人メ人メ人メ人メメ : :``ー-一 ''".::ニ二/
 rく ( (__) )リ 八メ人メ人メ人メ人メ人メメ ...:.: .::...:::::.:.:::.::::.:.:::.::.:.ニニ〈
. \ヽ `ー ´メイ ,メ Yメ乂メ乂メ乂メ乂..:.::..:.:.:.:.:...:.:::::.:..:.:.,. - - 、::.::. ニ二ヘ
.   ` 、 < <乂 人 メ メ メ メ メ メ ...:.: .::..:..:. ≦/    \ニニ三ヘ
     ``ー‐- .._            _,. ≦ミ三/         \三三ヘ
               ̄ ̄ ̄ ̄ ヾミ三ヘ. V三三/         \三ミ!
                      ` ̄´  V三/             ヾミj
                           ヾ/

     『人はみな、一度出会った人とは、永遠に別れることが出来ない』

      つまりは、私が抱いた罪悪感もまた、永遠に抱き続けるべきものなのだ。

230 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:14:07 ID:SgKtNaBU

 それから、私も転校をした。

   もう何一つとして未練なんてなかった。

                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ …お世話になりました。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }

 その後も幾度かの転校を経て、私はその間もずっと、本を読んだ。

      そうすることで、あの子と繋がっていられる気がしたからだ。

231 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:14:46 ID:SgKtNaBU

  私はもう、積極的に友達を作ることもなく、ひとりで時間を過ごすようになっていた。

     そして、堂々と本が読めるから、という理由だけで大学の文学部に入学した。

     r‐,ィ': : :`ヽ_,.x=ッ'´: : : : : : :{::::l;ノ:::::::::ノ
     ,ィ'/: : : : : :/三ミ/: : : :  ̄:fハ: 〉:::::::::::::::`i
   《 _ノ=-: : : /三l/:__: :-:‐: : 〈 ー' ヽ::::::::::r‐'
    〈:_: ; -‐: ;三ミ!:ニ:=:-‐: /}:ノ   ヽ::_;ノ
     {: : : : : l三ミ}:-:‐: :.r‐、)´  i   ';〉
     lヾ: : : :.l三ミ!: : : :.リゞ'l   l !  l l l
      l〃lー、_:l三ミ!: : r‐' l l  /ムl ///
      ! ,' ヽ {薔}:ノ l、__ヽlト、 /,ム/'l/
    ,' ,   l ヽヾミ! '弋ツ   ゞ'/l ′
     ! ′ l  l`ヾx ヽ    ' , ' !l
.    / /    ,  ',/:`ヽ ヽ、 _´ィ´! l 、',
   / /     ', ,イ: : : :.}  ヽ三三! ! l l
.  / /    /: : : : : :`ヽ、 ヾ、三! '、l l __
 / /  _  /: :/: : : : : : : :l: `ヽ_,>ゝ-、--′
./ / /: :.`ヽ/: : : : : : : : :.l: : ',ヽ<´_,>>
. / {:ー:-、: ´: : : : : : : : : : :.l: : :ヘ< < ヽ7
/  ヾ: : :l`ヽ、: : : : /: : : : :l: : : : ヽノ '´

              そこで彼と出会ったのだ。

         私と同じ、読書が好きな彼と。

232 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:15:14 ID:SgKtNaBU

 彼は柔軟な思考を持った、ロマンティックな人だった。

   彼と出会ったことで、私はまた少し、満たされた気分になった。


                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__) 読みたい本がなくなったら、
                |     ` ⌒´ノ.  真紅に聞くのがベストだろ。
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿   経験的に考えて。
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ あら、それなら変化球でも投げようかしら。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ  たまには自分に合わない本も読むべきだわ。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}

      だが、私にそんな資格はあるのだろうか。

233 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:15:50 ID:SgKtNaBU

 彼が連れて行ってくれたアクアショップは、とても美しい場所だった。

  小説で知ったパイロットフィッシュにされる魚も、とても輝いていた。

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ あー、やっぱり癒されるだろ。
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r



 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、  本当に。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{   あそこまで綺麗な魚がいるなんて思ってもいなかった。
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


  そして、私はそこで思いついたのだ。

          自分の、これからのことを。

234 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:16:20 ID:SgKtNaBU

   そんなことが正しいとは決して、思っていなかった。

     けれども、間違っているとも思えなかった。

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─−……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  !ヽ::|::::::::l::.ー─−‐{ 今日もありがとう。
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.| 楽しかったわ。
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _i、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{

     彼は真っ直ぐで、とてもいい人だ。

           きっと素敵な人生を歩むことが出来るだろう。

235 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:16:46 ID:SgKtNaBU

    だから。

   私は、彼の『パイロットフィッシュ』になろうと思ったのだ。

          L   .::::::::::::::: '                 (_,-、 |:::ヽ \      イ_
         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽ ___ヤヾ' lゞ!,ハl |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ 彡≠≡ミ        _メ_!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ   ¨ ¨          メ≡≠ミ |!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l                ¨ ¨ ./ イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \



           あの子がしてくれたように、私は彼の水を作ろう、と。

236 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:17:22 ID:SgKtNaBU

  こんな質問をしたら彼は困るだろうと思ったが、
     それでも、一度聞いてみたかったことを、私は口にした。

       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<  ――メインになった魚は、
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\     罪悪感を抱くと思う?
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\  
       ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ



            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |  メインになる魚が、だって?
          (__人___)    |
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |


   すると、彼はとても困惑した顔をして、
      必死に何かを言おうとしてくれていた。

237 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:17:54 ID:SgKtNaBU

   申し訳ないことをしたと思いながらも、

     彼が自分の思っていたとおりの人物で、私は嬉しかった。

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |  変なことを言ってごめんなさい。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !   忘れてくれても良いわ。
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

      彼は、優しい。

              だからこそ、だ。

238 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:18:25 ID:SgKtNaBU

  優しい彼は、自分が『メインの魚』になってしまったことを知ると、
 
        大きく悲しむだろう。後悔するだろう。

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、 …じゃあ、今度こそさようなら、ね。
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  また大学で会いましょう。
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、  次は、私がオススメの小説を持ってくるわ。
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ    綺麗なお話だから、読んで欲しいの。
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l そいつは、楽しみだろ。
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}

       それでも、私は彼の『パイロットフィッシュ』になりたい。

         そして、彼は素敵な人生を歩み、私は今度こそ、罰されるのだ。

239 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:19:02 ID:SgKtNaBU

 私はやはり、彼の優しさに甘えていたのだろう。

                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


  でも、ずっと甘えているわけにもいかない。

   私は、彼の邪魔をしたくなかった。

240 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:19:34 ID:SgKtNaBU

    彼もまた、私の大切な友達なのだから。

                           _,.___
                      ,-‐イr'¨¨´~_}
                    r='´r‐、ノ    しヘ
                   / _  j ,.        丿
                   / 「 └'/      └ 、
                /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」
        __  /`=へ/!  Lイ        ヽ  \ ヽ
         l ̄`ヽ!   /.:::/   __〕  ,j! .i   :  i  ヽフ
      /l二二lツ ーl.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ
      ヽ  //|_   l:::::{ ' L}  /斗イ!ス、 i!メ、j l l !
       ヽイ lj」   !:::::l  r ソ, / ,ィf羔ミ, ヾノ川!リヽj !
        ./' |  l|_   l::::::', ハ八ゝ〈{ 辷tタ    f市k| / l
       .,イ ,  l|::!.j  iイハヌl_) |  xxx      ヾツリ′ノ
      l::| / :/!:| ヽヘゞこソ:::i i!         ′xx{ ,′
      l::|'  .:l |」  l::ト、ー'ヾj i:!      r‐ ォ   }iヾ:、
      ヽ! l|   l_j! lー-/ Ⅳ:、      ̄´   ノ ! 〉:〉
       /  ,: l    | :l i  /;:::::::\      イ |´
     ,:′ / !    :' / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\|ヽ  ヽ
    ,/,: イ  .!    _」 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::.ヽ > ノ
    //!  |   l  / ノ  {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;'::::::::/\〈
  /,/ i  .!   l,. rj ゞミ二二ヾ::::\:::::::::::::;l|;:::::::::;イ:::::/} }


     だから、いずれ、私は彼から離れないといけないのだろう。


      それまでは、彼を支え、隣で笑わせてもらおうと思った。


          ――そんな資格が、なかったとしても。

241 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:20:02 ID:SgKtNaBU

  私は、今も変わらず、嫌な子だ。

\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ヽ丶丶 \ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ヽ ゝヽ丶丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶\
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶. .、 ヽ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶/,,;;;;/ ,,,...
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ ゝヽ 、ゞ ヾ丶 ゝ/,,,;;;/  册册
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ ゝヽ丶丶 、/___/  _,. 册册
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \  \丶 ヽ \/ /| _,.-r'| | 册册
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \  \丶 ヽ/ / ,..| | | | | | 册册
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\\丶ヽ/'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶   /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j|:il|‐/jlllllllllll/|\ \ ヾ  \
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;"=='-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;". 三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.;".二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;". -------------' - .,_  j! ニ二|
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.-------------------'' - .,_j|
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.; _______________________________________¬

                 でも、誰かにそう言われた訳じゃない。




          本当は、誰かにそう言われたかったのだ。



         たとえ、許されなかったとしても。

              なにひとつとして、変わらなくても――。







                 つづく

242 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:22:49 ID:SgKtNaBU
ということで、これで番外編の投下を終了します。
「あれ、小説のタイトルがないけど?」
と思われた方もいらっしゃると思いますが…
あくまで番外編、と思い、小説は直接絡めませんでした。

色々と思うところがあるかもしれませんが、
次回以降の本編で、そちらを解消できるように頑張りますので、
またどうかお付き合いくださいませ…。

では、閲覧、ありがとうございました!

243名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/16(金) 22:28:28 ID:32XaTG8s
乙でした!
真紅さん、すげー重い事を考えていたんだな〜。
次の投下も楽しみにしています。

244名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/16(金) 22:32:43 ID:voo9dNBw
乙でした
なんとも厄介なものに縛られてたんですね…。ここは颯爽とやらない夫が断ち切ってくれると信じてます!

245名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/16(金) 22:41:10 ID:9/DnJsSo
乙です!
今日立ち寄った本屋で『海』を購入しました。
「バタフライ和文タイプ事務所」が特に面白かったです!
活字管理人が「膣」をいじるシーンのエロさはヤバいw
多和田葉子さんの『文字移植』とかもそうですが、活字や文字をテーマにした
小説はやっぱり読んでいて興奮しますね(最近二人ともおとなしめの小説が多いので、
こういう変なのもっと書いてほしいところですが)。
これからも面白い小説の紹介、期待してますー。

246 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 22:50:47 ID:SgKtNaBU
>>243さん
いつも、ありがとうございます!
重いことを考えて生きていく人たちです、ほんと。
少しずつ、やらない夫くんが彼女に近づいてくれるように、頑張っていきます!

>>244さん
結局、真紅さんは自分で縛られることを選択してしまった…
というところを書きたかったのです。
やらない夫くんがそれをどう受け取るのか、というところをこれから追求していきたいです。

>>245さん
これは!
ありがとうございます!
『バタフライ〜』はなんともいえないエロスですねw
『糜爛の糜』の字のくだりなんて、この方は何を考えて生活してるの?
と思ってしまいましたw

もしかすると、本編とは別に、
個人的にオススメしたい!と思った小説を書いちゃうかもしれないので、
そのときは、また一度ごらんください!

私は多和田葉子さんの作品を未読なので、またメモっておきますw

247 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/16(金) 23:14:02 ID:SgKtNaBU

【突発的なひとりごと】

     、__ __
     Y´、。ハ
      V人` \  オンリーブログさんでも「小説を買った」というコメントをいただきまして、
       }  }` ー'   ただただ、万歳をして喜びたい心境の>>1です。(お気に召すと幸いです)
    , 彡  j
   〃 }  ,ハ     こうして意見交換が出来るのも、コメントをいただけるのも、
.  /,  / , ,;リ      本当にありがたく思っています。
  , //,イ, , ; ;/
  i'//イ{; ;. イ        こんな風に固く、重く、湿っぽい話を書いていると、
 小У!{'´ !{         コメントなんてもらえないと思っていたので、本当に嬉しくて、嬉しくて。
     }{  }{
     }{  }{             これからもよければ、小説談義もしてください!
                        重ね重ね、ありがとうございまーす!

248名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/17(土) 00:01:23 ID:qnwqqDWc
乙でした!
ハッピーエンドもいいけれど、このまま真紅が描く通りに進んでもまたストーリーとして面白そうですね。
二人の仲としては避けてほしい道ですが。

249名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/17(土) 00:22:36 ID:iCwEb7Q6
真紅さんの過去が垣間見えて、色々と分かったような気もする。以前に増して応援したくなったよ
子供の時に転校するのって、一度でも結構大きいんだよな、その後の人生には
乙でした

250名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/17(土) 03:02:18 ID:YDqOms.k
乙乙
しかし美人であるならちょっかいかけてくる奴はいただろうに
それでもずっと一人でいたってことは、人を近寄らせない雰囲気を纏ってたのだろうが
その内側にスッと入ってきったんだろうか、やらない夫は

251 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/17(土) 08:26:57 ID:51hu4v32
>>248さん
ありがとうございます!
甘酸っぱいエンディングに向けて、書き進めて参ります。
ただ、やらない夫もいまは『離れるしかない』という前提でいるので、
なかなか厄介なものです…。上手く表現できたらいいんですけど…。

>>249さん
そういってくれたら、嬉しいです。
転校は、本当に上手くいくときとダメになるときがありますからね…。

>>250さん
ありがとうございます!
真紅は、『人を近寄らせない』というより、『人に興味を抱かせない』ような、
そんな関わり方をしてきたのだと思います。
ですが、やらない夫とは同じ趣味でつながっちゃって…というような。
このあたりの描写が難しいですが、少しでも伝わるように頑張ります!

252名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/17(土) 11:23:52 ID:7IOIfL2g
乙です

253 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 10:20:49 ID:gsvE2TB6
>>252さん
ありがとうございます!

【投下予告】
     、__ __
     Y´、。ハ   第五話が完成いたしましたので、
      V人` \
       }  }` ー'  今晩の22時より投下開始させてもらいます。
    , 彡  j
   〃 }  ,ハ
.  /,  / , ,;リ     よろしかったら是非、
  , //,イ, , ; ;/         ご覧くださいませ…!
  i'//イ{; ;. イ
 小У!{'´ !{
     }{  }{
     }{  }{

254名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/18(日) 10:30:27 ID:bQm4VwDM
把握了解
今日もほっこりさせていただきます

255 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 21:58:24 ID:gsvE2TB6
それでは、22時より投下いたします。
今回、個人的に聞いてるBGMはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=Hu9PZbulelY

256 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:00:16 ID:gsvE2TB6


  「家族でそろって食事をしなくなったのは、いつからだろう」

                 r=-ーーーー‐‐---ー--ーーーーーー--==---=ー--ァ
                 ‖    _ノ三ニ=-―'''三二ニ=-ー--v- 、__        }
                ノ     i,二二三三三三二二ニニ==--==ニ=、    ヽ,
                ij     /二二三三二二二二ニニニニ==---===j__     ソ
                ‖_   ソ三三三三ニニニニニ,,=-―‐- 、三三ニ=-,ヽ   ハ
            _, - ' ´   `" ' =,,,_`ー---ー---ァ"´::::::::::::::::::::::`"'ヾ        )
          ,, '´     _,、=-、   `"' 、-==-ァ":::::::r==、ハ__,.:.:.:.:.:.:.:'ヽ==--=-=-"´
        /   ,、_、/ / : : : `-v、   ヽ、 ‖:::::::‖  そヲヽーァ.:.: ハ
       ./   _i^: : : : : /      `ー、  ', .i.{:::::::〃 <くi !フ}__ノ.:.:  i     _
      ../  ,、ノ: : : : : : j    : : : : : : : 7 ハ .ヽ 、::ト、__ノ iVハ八.:.: _,,=-^~ ̄  `"' - 、
      ‖ ,,j: : : : : : : ,,ノ   . ::::::::::  ‖ ‖ .ヽヽーvn、__V、 ノ / ,;;;;;;'" ̄ ̄`"' - 、 ヽ、
      i  {   : : : : : i ヾ..  :::::::   / ‖ __ `'-=,,__  >__,,=ァ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘv:;:;:;`ハ ハ
      ∨ `}   : : : ::::::ゝ..       ソ /;;;;´::::::::`::ヽ、ー二ニ=イ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:O:;:;:;:;:;:;.', .ハ
      ..∨ ヾ,: : : : : ノ  ::::..      ノ /〈三三ニニコ;;;;;ヽ     .i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:@o。:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ リ
        ヽ、 `,_: : : : : : :  ::::;;;,,,''"´_/;;;ノ,ニニ>、ヽ,,/i     ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Cハ:;:;:;:;:;:;:;リ‖
         ヽ,  `ー==-〜´_,, -' " ヾ;;;((_,-----、::::/‖      ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/./
           ` ー--==‐'"´      `ヽ、t____ノノ:::ノノ        ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..//
                           `ー-=-'"´           `ー-...,,,___,,,...=‐"´
                    | ̄^i
                  -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                  -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                    !n___j

                  「その小説を読んで、最初に思ったのはそういうことだった」

257 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:00:45 ID:gsvE2TB6


  「たぶん、最後に家族全員で食事をしたのは、随分と昔のことだ」

              | |        |       q+p
              | | ―――‐, ――‐, ,===//====,‐,―――――
              | |-` ´ - /    .//   ´   //
              | |_´__`___/________/__ー_-_-_-_--'/_________________
              | |   .o|o   .||   o|o   |
              | |    |    ||   . |    .|
              | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |/二二二二二二二二二二二二二二/l
      __                                l |
     ./   /'l _________________l/
   //   //|| __
   | | ̄ ̄|| .|| /. |
   ヽ,|__|レ/ / /l|          | ̄ ̄|       | ̄ ̄|
   /.     ./ / :l|       /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|
   | ̄ ̄ ̄ ̄|/::|。||      ./                         // l|
   |        ||:。|:: |     /                         // . l|
   |        |l :://    /  甘                      //  l|
   |        |l://    |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
   |____|l/     |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
                     ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||



 「そもそも、そうやって思い出そうとしなければ分からないのだから、
                              相当、前のことなのだろう」

258 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:01:11 ID:gsvE2TB6


 「僕はひとりで生活をして、ひとりで食事を取っている」

                    , ======、               , ======、
                     |i:.¨ ̄    ̄¨.: i                  |i:.¨ ̄    ̄¨.: i
                      |i:         :i|               |i:          :i|
                    |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|                 |i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|
                    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/               ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                       \:;;;;;;;;;;;;/                 \:;;;;;;;;;;;;/
                         `ヽ;:i'´                     `ヽ;:i'´
                           |;:|                        |;:|
                           |;:|                        |;:|
___________ _____|;:|___ ________ ___|;:|__________
                       __ノ 人__                    __ノ 人__
                        ` ── ´:::::::::::::::::::::::::            ` ── ´:::::::::::::::::::::::::::::::::

                             「まったく、寂しいものだ」

259 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:01:37 ID:gsvE2TB6


   「しかし、一番さびしいのは、そのことが当たり前になりつつあることだ」

              ((      ))        ( (
           _  )) _,.  -‐r― 、======= ‐-)).._    ((
         ////> '"´//>-―:|r‐、 l /⌒l―-<r- 、/`> 、 ))  ((
         /// ////// /^>、| //⌒| -――-,\//// > 、 )
        く// /// /⌒彡ニ| {  \/_/_ / / ̄ ̄ ̄ハ/~  ー- 、\
       }〃//r=彡 , -‐,≧ニ、 /: : : : \/      / |./^\ /| 、/,丶 丶
       / /(( ニ -‐ / ト、_:_: :Y: :}ヽ-; : : :/___ ノ: く     \ ̄ ̄ヽ/\ 丶
       | :| ( :>―=、{: :_」 /: : :{: /へ{: : : :{     `i|  \   /    >/ハ    > 、
       | :|//:}ヽ _: : : }:⌒V: :; -‐…ー- 、:_:」.: -―-、, -- 、 /~` ー- 、// l: |  く/ > 、
       l :∨:」 ┌':_:_ノ三二ノ'´ ̄ .:.:.::} r‐一' ´ ̄.:.:} } ⌒ヽヽ      >y' l: |__    く/  >、
       ∨ ヘ:⌒ノ.:.:.:.:.:.:.:.)ノ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノノ.:.:.:.:.: _.:.:彡'イ`il:.:.:.:} 〉:. __  / | / /ニ/l     く/ 丶、
          }\ \{:.:.:.:.:_;ノ,二ニニ丶-------- 、)):.:.:.:.:.〃ー=ニ二、 \ ///ニ//ヽ          , -‐ 、
       八//\ \((:.:.:.:.:.:.:r,='^.:.:  ̄ ̄ ̄`ヽ \=ニ´.:.:.:{: :  _ \:.{ //ニ// 丶 \      /  _  ヽ
    /三三三>、/ 丶 丶 :.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ  }:.:.:.:)' _ ノ{.:.:レ '´/,三ニ/    \ \   / /´  } |
  / |三三/ ̄  \///>.丶-=ニ _ r_'  ̄, -―ァノ.:.:.:.:.:>-‐ '"´,. イ//L{/三ヽ      \ \l  丶_ ,ノ |
 { {}三三{     丶 /////≧ー-  二二二二二   -‐≦´///////ヘ三三}        } }     /
  l\ \         >  ///////////////////////////  <  }三三{    / /!    /
  |  \ \           ≧=ー-=ニ三三三三三三三ニ=-‐=≦              / /  |  /
  l\   \ \                  ||||                      / /  /j /


                    「一人慣れとは、なんとも恐ろしい」

260 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:02:05 ID:gsvE2TB6


 「君はいま、何を食べているんだろう」

        _,,---=====---、
      r"________________________ヽ、
      ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,ノ
       |`"'''''`ヽ___ノ´'''''"´ |
       .i||lllliiiiii;;;;::::::::;;;iiiiiilllll||
         i ""__ __ __ ___":::|
        i::  ((`イi l .l.l Dノ :|
        .l iヽァ-v-v-i.ァィニ>:|
        |jゝjト,ム_ム_,i.l_,iL:::|
        |;;,,       .,,;;;|
        .! ""'''''''''''''''''"" .i
         `"'--===--'"´


          「誰と、何を食べているんだろう」




  「そんなことを思った」

261 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:02:32 ID:gsvE2TB6




    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
             5.「幸福な食卓」


                      /⌒ム=─-  、
                   厶=¬ミミ>ミ>へ
                 <-ヘ.(c゚) ヾミ>ミ>ミヘ
                   ゙⌒ヒ__,r' 八ミ>ミ>ヘ
                     ` T爪川ハミミ>ミハヘ
                      j川ノハハヘキミ>ミミミ、
                      レ'リハハハヘヘミ>ミ>ハ
          ___       __厶仏川ハハ从キミ>ミミヘ
 rf≦二ミーr=≦三二ミ><∠三-─=ァ彡'ノ川fハ从ミ>ミミヘ、
,ィ'三>ミ二ブ⌒ア7二三アニブ=<二三/f/川ハハ从ハ〉ヽ〉ヘ〉リハ
辷ミ>ミr<辷彡x=ニ∠二x/仁三/∠イ斗ァ'/ハハ〉ヽ〉rfミ>ミ从リ
   ̄ ミ辷彡イ〈/j/(/rf〈/<二三彡/〈/川」八j八j八ハハヘ八j{
      `ー'く_.イ/仏川/ソソシ彡イ〈/辷彡イ〈ハ/〈シハヘ」川ハヘ〉ヘ〉
         ヾ{{//シシシシ/彡'"シ彡'川从ハハハリハノ川j川l|
             〈 Vリ从川ソメ/彡'彡彡巛ノノ从川リ川Vソノレリリ
           ∨{//川{f彡'リ从/シ∠彡仏リ川巛巛j川ハ/
            Vノ川 川/リハ彡'(二彡'リ川 j,ハVヘ川ハV
             ヽ(〈//彡'彡(二三彡彳彡川ハ>>'
              `彡∠三= 仁三二ニ≠-rッ==''"
                     ̄ヘ. 〈   {.〈
                            Vヘ.   Vヘ
                            〉 L.._< L.._
                      <r-、三フ⌒ーミ

262 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:03:07 ID:gsvE2TB6


  「さて、今回もまた、彼女に借りた小説の話だ」


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ__   え?手料理?
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、   はい?
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


   「いつものことながら、僕は彼女の言動にいちいち驚かされた」

    「これも、惚れた弱みというのだろう」

263 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:03:51 ID:gsvE2TB6


   「もちろん、僕を驚かせたのは、彼女が放った一言だ」

  「美味しい手料理が食べたくないか、それが彼女の言葉だった」


    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |  そう、手料理よ。
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |   手が込んでないけど、美味しい。
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      `ー'゙ .|  ∨//    |    !    そんな料理を食べたいと思わなかった?
          }  |ヘ `ー'゙  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     マフ      ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、   ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |
.    〈__∠二=、::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :{´:::::::: ̄ミ<::::::::::::::::::::::::\ |
      __ノ/イ:::::::::::::::/: /: ∧: : : : : {::::::::::::::::://:::\::::::::::::::::::::::\{ー― 、
   ,ィ≦:::`ミヽ::::::::::::/: : /: :/: :{: :|: : : ハ、_:_:_/':::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ


       「僕は思わず、彼女の手料理を振舞ってもらえるのかと考えてしまったものだ」

264 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:04:25 ID:gsvE2TB6


   「だが、この頃には彼女という人物を少しずつ知れていたので、
                     僕は即座に、自分の理想を却下した」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)
          .| U   (___人__)  あー、たしかにそう思うだろ。
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、 無農薬の野菜とか、美味そうだったし。
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',



    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´   でしょう?
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\  だから、調べてみたのよ。
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\   そうしたら、近くに良いレストランがあったわ。
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ


   「現実はそうも甘くないのだ」

265 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:04:54 ID:gsvE2TB6


  「僕は、そんなことを考えていた自分が恥ずかしくて、
           必死に、何事もなかったかのような顔を取り繕っていた」


                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、  それは良いだろ。
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l   今度はそこのレストランにいこうか?
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{   あなたさえ良ければ、ね。
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:  場所も遠くはないし、いつでも良いわ。
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


   「彼女はそんな僕の動揺に気づいていないようだったので、一度は安心した」

266 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:05:18 ID:gsvE2TB6


  「だが、彼女はいたずらっ子だったのだ」


  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ !メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_ (::::::::::::::::ハ{{
        | |i     i i _」 ト、|| /    ,_,.斗t  ト、::::::::::代`  …もしかして、私の手料理だと思った?
         | l|    X´i l\l  レ'   .ィf´| f心V .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、            弋 マソリ  | l| 〈::::}: : :
         `  \| k rf圷、       `¨´   ! ハ  〉,': : :
              ハ圦rvハ            l i | |: : : :
              |  ヽン          // | |: : : :
              | `、    ,           // /| |: ;/
              }  ト、       __,.イ  .///__| |_:::::::
              / /| | ` .、     ´  , ィ'/: ̄ : | |:|-;:::
                / / .| |    _,>ー _ l´://:: : : : :.| |:|. L


       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /   ぐぅっ…
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|


          「結局、僕の動揺は彼女に筒抜けだったらしい」

267 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:05:53 ID:gsvE2TB6


  「しかし、彼女は彼女でどこかズレているらしく、妙な解釈をしたようだった」


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、    私の手料理だと、そんなに都合が悪いの?
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ  残念だけど、私だって食べられるものは作れるわ。
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、  
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)
          .| U   (___人__)   …へっ?
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


     「僕はそんな彼女の勘違いに、安心と寂しさの両方を感じられた」

       「告白もしないのに、自分の思いが伝わっていて欲しいと思うのは、卑怯だろうか」

268 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:06:17 ID:gsvE2TB6


  「そんなことを思いながらも、やはり安心の方が上回ったのだろう」

      「僕は彼女の勘違いを是正することなく、そのまま勘違いしてもらうことにした」


          / ̄ ̄\
        /   ヽ_  \
        |    (⌒ )(⌒)
       . |     (__人__)   まぁ、そういうことにしておこうか。
         | U   ` ⌒´ノ
       .  |         |    レストラン、楽しみにしとくだろ。
       .  ヽ       |
          ヽ   __ , _ ノ
        _,,,, 「:::ー----ー"::i、___
   _,,..r''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`''ー-、
  /::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..ヽ
 ノ ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/}
 l :::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::::/::::ハ


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /   _x=== ト、::::::::::代`  えぇ、じゃあ、念のために予約をしておくわ。
       |l|    X´i l\l  レ'  rテ´    .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、  _==ヾ、           l i| 〈::::}: : :  また連絡するから、予定は空けておいて頂戴。
         `  \| k'x゙              ,//.| 〉,': : :
                  ハ     、   ァ    // | |: ;/
             | ヽ    ヽ '   .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


   「つまるところ、僕はやはり臆病者だったらしい」

269 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:06:51 ID:gsvE2TB6


 「彼女が選んだレストランは、一組の夫婦が営んでいる、小さなものだった」


:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
  __ :. :. :. :. :. :. :. :. :. : ./,,;;;;/ ,,,...
 ̄| |  : : : : : : : : :. ./,,,;;;/  册册
ノソ册ゝ : . : . : . : . ./___/  _,. 册册
卅ソイ川ト          / /| _,.-r'| | 册册
勿ト卅川li       ./ / ,..| | | | | | 册册
仆仆仆仆、     ./'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.
ノソiイヾノ l     /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨
lll/;/トクl ',,    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
l/,/ノ' ト|_,.i__l j|:il|‐/jlllllllllll/|
;;/ll| ノ|'-'======'-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
/llll|ll'"三三三三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
lllllll|二二二二二二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
llllli!⌒i-------------------' - .,_  j! ニ二|
llllll!  |-------------------------'' - .,_j|
llllll!  |\_____________________________________________¬
二l!,,;;;|彡
 ̄ ̄


 「だが、無農薬の野菜を使ったり、併設した養鶏所の卵を使ったりと、
             自然に寄り添うようなこだわりを売りにしている、良い店だった」

270 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:07:18 ID:gsvE2TB6


   「僕たちが読んだ小説、『幸福な食卓』というタイトルが示しているのは、
                                一般的な家庭だと思う」

..\
  \
    \
     \
       ::\
      :: :::\___________________________
        .:: :::::|:::::: .
      |ヽ ::::|:::.    _____      __________
      | | :|: :     ||__,____||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      | | :|      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      !-   |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         .:::|___||__||___||____|_|_|_|_|_|_|_|_|_____
        /:::     / ̄ ̄|   iニニi
      /         ̄ .i | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|、`i     .    iヽ\ ̄ ̄ ̄
     /              |‐|______\ |         |ヽ|‐ \_____
   /                | ::::|┃::::::::::::::::::::::┃ |          ' .|:::.. ┃:::::::::::::::
  /                ::::┸::::::::::::::::::::::┸            .  :::┸:::::::::::::::
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        :::::::::::::::::
______________________    \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \


    「教師を辞めた父と、農家の兄、そして学生の『私』の三人で囲む食卓」

      「この食卓を囲む人々がどうしようもない悲しみと向き合い、
                 不器用な優しさと、幸せを考えていくという話だ」

271 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:07:55 ID:gsvE2TB6


  「僕がこの小説で最も気に入ったところは、
       登場人物の多くに好感を持てたところだ」

       、
    ζ  ,
     _ ノ
    ( (   (. )
   . -‐ ) ‐- .
. ´,.::::;;:... . . _  `.
 i ヾ<:;_   _,.ン |
 l      ̄...:;:彡|
 }  . . ...::::;:;;;;;彡{
 i   . . ...:::;;;;;彡|
 }   . .....:::;::;:;;;;彡{
 !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::....
  ト ,  . ..,:;:;:=:彳::::::::::::::::::::
  ヽ、.. ....::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄       、
             ζ  ,
           _ ノ
           ( (   (. )
          . -‐ ) ‐- .
       . ´,.::::;;:... . . _  `.
        i ヾ<:;_   _,.ン |
        l      ̄...:;:彡|
        }  . . ...::::;:;;;;;彡{
        i   . . ...:::;;;;;彡|
        }   . .....:::;::;:;;;;彡{
        !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::....
         ト ,  . ..,:;:;:=:彳::::::::::::::::::::
         ヽ、.. ....::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::
            ̄ ̄

      「彼らの優しさは、どうしようもないほど不器用で、
                  あまりにもどかしくも、愛おしい」


    「作中の舞台とは異なるが、このレストランは
        小説のイメージに合致しているように僕は感じられた」

272 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:08:27 ID:gsvE2TB6


  「僕たちは料理が出来上がるまで、そんな感想を言い合っていた」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)  俺はヨシコさんが好きだろ。
             |        ノ
              .|        |   本当に不器用で不器用で、
              人、       |   読んでるこっちが心配になるけれど。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {  私も、ヨシコさんは好きね。
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.  あとは、音痴なお兄さんも好きだわ。
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |   
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      `ー'゙ .|  ∨//    |    !
          }  |ヘ `ー'゙  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     マフ      ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、   ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |
.    〈__∠二=、::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :{´:::::::: ̄ミ<::::::::::::::::::::::::\ |
      __ノ/イ:::::::::::::::/: /: ∧: : : : : {::::::::::::::::://:::\::::::::::::::::::::::\{ー― 、
   ,ィ≦:::`ミヽ::::::::::::/: : /: :/: :{: :|: : : ハ、_:_:_/':::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ


    「やはり、僕たちの間ではこのような会話が相応しかったのだと思う」

273 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:08:57 ID:gsvE2TB6


  「そんな僕も、小説を読むようになってひとつだけ分かったことがあった」


    「それは、優しさが強く感じられる小説には、
           やはり、大きな喪失感も混在しているということだ」


             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)  総じて言えば、本当に人物が素敵だったな。
          |     (___人__)
          .|        ノ    だから、大きな喪失も苦しく感じただろ。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


   「そして、彼女はどこか、そういう内容の小説に強く惹かれているように感じられた」


    「彼女が貸してくれる小説には、喪失からの再生を描いたものが多かったからだ」

274 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:09:48 ID:gsvE2TB6


  「彼女が、喪失と再生の物語に惹かれていたのは、
    彼女にも喪失の物語があったからではないか、と僕は思っている」

          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、  そうね。すごく切なくて、痛々しくて。
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}   だけど、最後で救いがあるのは嬉しいわ。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


  「それは僕の知りえない話で、きっと、彼女自身の中に留まり続けるものなのだろう」

275 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:10:12 ID:gsvE2TB6


 「彼女のことを知るために本を読んできた僕は、
     少しずつ彼女のことが分かるようになった気がしていた」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)   確かに、救いはありがたいだろ。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、 何もかもがなかったことにならなくても、
          .人、      厂丶,丶 v 〉  小さな救いがあれば、それでもう…だろ。
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


   「そして、分かるにつれて、自分が入れない場所があることにも気づいていた」

    「それもまた、当然のことだろう」

276 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:10:36 ID:gsvE2TB6


  「彼女には彼女の物語があって、
         僕には僕の物語がある」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |
  /  ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∨:::::::::: ::i: 八 Ⅳィ  | i
./     /:::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::\::::::::::レ':::::) ){   | ;


  「仮に、どれだけ親しくなろうとも、たどり着けない場所はある」


    「それはそれで、仕方がないことだ」


   「だからこそ、たどり着ける場所は、精一杯大切にしたいと思ったものだ」

277 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:11:01 ID:gsvE2TB6


  「そうして、注文した日替わりランチが机に並んで、
    なんとも暖かく、いい香りがする湯気が眼前に広がると、僕は彼女と顔を見合わせた」

   「――とりあえず、食べよう」

    「お互い、言葉にせずとも、それぐらいは通じ合った」

                                / ̄ ̄ \
                             ⌒´ ヽ、,_  \
                         (⌒).(⌒ )    | おぉ、このさやえんどうの卵とじは…!
                              (__人___)     .|
                              '、` ⌒´      |  卵はふわふわだし、えんどうはしゃっきりしてる!
                           |        |   オマケに、優しい出汁の味が広がって、
                               |       /レ、   なんともメリハリの利いた一品だろ!!
                      ,. -ーー-ヽ__、____,. "/::::)- 、_
                      /:::: ::::::::::::::「二二二 :::::::/::::::::ノ::::::\
                    ,'::::::::::r:::_,,. -‐、.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          _________,'___//,.-‐  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
       ヽ、... ___ __  ,ー,ー、-、_// ノ -‐   V:::::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::}
          ヽ_'、`'v l l .}_`-/_ノI_ノく__ヽ   )ヽ::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::/
              ヽ ヽヽヽ ヽ⌒ }v、l:::::::::::::::人___/:::::/:::::ヽ/::::::::::::::::::::::l
               `'ー-ー=-ノ::::::l::::::::::::::::::::::ヽー::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::/
                   V:::::::ノ:::l:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



                           _,.___
                      ,-‐イr'¨¨´~_}
                    r='´r‐、ノ    しヘ
                   / _  j ,.        丿
                   / 「 └'/      └ 、
                /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」
        __  /`=へ/!  Lイ        ヽ  \ ヽ
         l ̄`ヽ!   /.:::/   __〕  ,j! .i   :  i  ヽフ
      /l二二lツ ーl.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ
      ヽ  //|_   l:::::{ ' L}  / ≧x 、  i! .!メl l !  この金平ゴボウもすごいわ!
       ヽイ lj」   !:::::l  r ソ, //7人} ヾノ川ァミトi j !
        ./' |  l|_   l::::::', ハ八ゝハ 弋Yノ    トイ}|/ l  甘辛くてご飯が進むのに、
       .,イ ,  l|::!.j  iイハヌl_) |  ,,,,,,      , `,,´′ノ   ちっともくどくないもの!
      l::| / :/!:| ヽヘゞこソ:::i i!               { ,′
      l::|'  .:l |」  l::ト、ー'ヾj i:!    r---、ァ   }iヾ:、 ゴボウの土の香りまで旨みのようだわ!
      ヽ! l|   l_j! lー-/ Ⅳ:、   、__,ノ   ノ.! 〉:〉
       /  ,: l    | :l i  /;:::::::\      イ |´
     ,:′ / !    :' / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\|ヽ  ヽ
    ,/,: イ  .!    _」 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::.ヽ > ノ
    //!  |   l  / ノ  {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;'::::::::/\〈
  /,/ i  .!   l,. rj ゞミ二二ヾ::::\:::::::::::::;l|;:::::::::;イ:::::/} }

278 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:11:48 ID:gsvE2TB6


  「料理はとても美味しかった」

    「手作り特有のやさしい味わいが感じられる料理だった」

                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     | いやはや、これは良い店だろ。
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !l斗十 |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、| |│ /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  |'   _   ,乂::ノ / 、ヽ. /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  |ァ==ミ   /レ')/ゝ/) イ .:/  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |             r=ミ、 / ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ ////          `/レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        ′ ///∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     ` ー     イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/

   「彼女はあらためて感想を言わなかったが、
        その表情を見れば、とても美味しかったということが伝わってきた」

279 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:12:13 ID:gsvE2TB6


  「僕はそのとき、自分がどんな顔をしていたのか分からないが、
              きっと悪くない表情をしていたのだろうと思う」

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
    …。              | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r


   「こうして考えると、この時の食事もまた『幸福』なものだった」

     「大好きな人と食べる食事が、不味くなるはずがない」

280 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:12:40 ID:gsvE2TB6


  「僕たちはこれまで、互いに知らないところで何かを喪失してきた」


        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| | 
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i


   「だが、こんなにも美味しいものを食べて笑い合えるなら、
            僕はその喪失も、愛しいもののように感じられた」

     「彼女の何気ない一言でさえも、僕の幸せだった」

281 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:13:16 ID:gsvE2TB6


  「彼女は、どうだろう」

   「幸せそうに笑う彼女を見て、僕は考えた」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)  あー、お茶が美味いだろ。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',



     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 !  xぅ心.\./ l/"´ ィアi心 |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:  あら、爺むさいことを言うわね。
      ヽ|l ',ヽ \ !, {{ ト::::ハ. '′     ト//ハ.}}  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.   V:::ソ       込:.ソ ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:  一気に老けるわよ。
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト、       _,     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |


    「僕は、これからどうしていこうか、と」

282 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:13:44 ID:gsvE2TB6


  「彼女が何かを抱えながら生きていることは、僕も感づいていた」

    「あのアクアショップに行ったとき見せた、寂しげな顔も忘れられない」

                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)   真紅も同じような顔で言ってただろ。
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |   あぁー美味しかったわー、ってな。
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、



       .r: : : : : : /77: : : : : : : :_):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.入_
        ): : : : :///: : : : r‐、_「 =ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:し、
       く: : : : :.///: : : : : :ヽ     ` 、:.:.:.:.:.:.:r―'
       Y⌒: : :///: : :__:r‐‐ ′    |{   ヽ:.:.:.:.廴
       廴__ : :{/,{ : : く   i _|   八!    :.:.:.:.:.:ノ
      i r:'’ : {/,{: :r 、ノ  /}  }   ./{ ト、   :.:.:(´
.     x| 廴: : {厶く   i下ヘ  /ヘ_ノ八{ハ   l.rく
     //|   !,{ Y^Y{   | ^'宀'^     ^'宀}  八  }
.   〈〈 |   |〈 {ryj |  i| '' '     '   ''}  |.   |   私はそこまで婆くさくありませんよーっと。
.     Ⅵ   |/,ゝ=く| 八    __,_,   ,小 i.|   |
.     }|    V/》^八  ヽ    | |  イ7} 八.   |
      八  !   i {/,∧  ∨ fエエエエエ}∧  \..|
    /   |   |  7/∧  Ⅵ> .二ユ r_,l/∧  ヽ
.   /    八 |  ,⌒Y,ハ  /  .二ユ l-{厂`Y    )
  /     / ′|{ /: : : ∨}. ′  -‐{  ヒノト : :ヽ /
. /     / /  i八{: : : :.:.`|/{   r ´   |下 : : : }( |


  「あのときは、彼女がなぜ、あんな顔をしたのかということを悩んだが、
           それが正しかったのだろうか、と考えるようになっていた」

283 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:14:09 ID:gsvE2TB6


   「僕は彼女の過去に干渉出来ない」

     「彼女が抱えてきた何かを、なくすことはできない」

                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    |
                     (__人___)     .|  おいおい、待ちたまえ。
                          '、           |
                         |        |   君は主観的判断に囚われているぞ。
                     ,. -ー._i-、_     /l、   もっと客観性に富んだ視点を持たねばならぬな。
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、  ちょっと、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ  何よ、その口調は。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


           「だが、未来はその限りじゃない」

284 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:14:38 ID:gsvE2TB6

   「僕の未来も、彼女の未来も、何も定まっていないのだ」

     「ならば、僕は彼女の未来を、少しでも良いものに出来るかもしれない」

             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  …いや、こうしたら説得力があがるかなー、と。
            l / y 「'i___人___)  |
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l



       r'´      ,イ´f´    /          `ヽ          ノ
  ,rー--{       / / |     /            |    ヽ        ノ
  / / ̄!      / 〈  ノ/  /            ‖   ヽ      (_!
  | レ´ ̄_>   / ! 'Y /    !  /           ‖  |  ' ,      `!
  ,ヘ`二彳´    | |  f/ / | | /     |     ‖   |  ',      `!
/     |     | .ノ-イ ! !  |  ノ' | j   |     /}   |   |         |
       |     !f   }| { | |,イ|,f/| .‖  .j   / } |  |   |        |  
      レ‐イ  | ) .{| ,ヘバ十-|-‐'ム .イ/ , / /, ,イ  /! | /      ノ 
     /   |  rュ,⌒)ル'ムィf'乏え坏`ノノ/ /レ'`ナメイァ . // / /    <(
   /     `ー<@〉},'  / `弋::タソ " ノ.r'   ,. __,, //イ /レ      ノ  残念だけど、逆効果だわ。
  /         `マ  ,'                ⌒ヾ/ィ'   レ'_  _,...-‐´    私にはあなたが余計、爺むさく見えただけよ。
/            ,' | |',             ,     //     ) `´
            ,'  !! ヽ.     r ー‐ァ    /├‐-‐ '´
                ,' ‖`ヽゝ^ヽ   ` ='  _. イ |
    , ‐ ´ ̄`ー、._  |   |>´   ヽ.._.. -≦  /   |
  /          `┤ ‖       ヽ r-―-、_!  |


         「過信に満ちた考えだと自分でも思う」

       「だけど、僕は真剣にそう考えるようになっていた」

285 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:15:05 ID:gsvE2TB6


  「どうして、恋愛感情は人をここまで駆り立てるのだろう」


       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(穀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./   説得力は逆に働いたのね。
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|


       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /  うーん、むずかしいもんだろ。
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|

      「のめりこむほどに、僕は幼く、拙くなっていった」

       「機転がきかなくなるほどに、落ちていくのが気持ちよかった」

286 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:15:50 ID:gsvE2TB6


   「僕は精神的に未熟なまま、育ってきたのかもしれない」

      「だから、今でも彼女のことばかり考えているのだろう」


           r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:入:__;ノ⌒ヽ__乂.:.:.:.:.入___
            |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:__ノ         ` く:.:.:..:.:.}_
           ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.___)    , イ       ∨ ̄.:.:}
              {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:___;} /  /| |  .|      ∨.:.‐〈
          /`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil_y´ | イ{;‐/‐l‐!、 ,!  | |     |:.:.:.ノ
            /   // l:| } {l(穀} } j:.|   | 从/ミ 乂_ノl! / イ  |  .|フ′
        /   // ///|:.:ゞニ彡'l:.|   | 〃r'.:ハ `ヽ}_/.ム|  .|. リ
        ,'   // /// ヾ;.:.ト:i:i:i:iL|   | 八え:ソ      ん:} .ハ /   それじゃあ、そろそろ出ましょうか。
         |  // ///   |.:ヾ;\i:i|   l   ''       弋ソ| / ン
        ! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ        ′'' }ヘ \     …名残惜しいけれど。
         | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l     ー ‐   八 \  、
         l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、        /l |   \ \
         | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ辷=-=彳 .l |     ) .)
         l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 l |  / /
         | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:》.l .| / /
         | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》l .(  (



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)    …なら、また来させてもらえばいいさ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    そのときは付き合うだろ。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


   「そんな僕は、この日、たったひとつの愚直な答えを見つけることが出来た」

287 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:16:19 ID:gsvE2TB6

   「僕は、彼女が喪ってきた過去よりも、
         再生に満ちた未来を追求したいと思ったのだ」


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \
            ( >) ( ●)   |
             (__人___)     |   また、美味しいご飯を食べよう。
             '、        |     また、『幸福な食卓』につくだろ。
          ,,. -ー|         |ヽ___
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|




                     __r―=、ノ⌒ヽ.ノ⌒ヽ._
                     ): : : : : : : : : : : : : : : : : :   `ヽ
                  r―=' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
                 ): : : : : : : _______: : : : : : : : :ヽ.
                 ゝ: : : : ::  ´         `ヽ: : : : : : : :}
                /: \:/                 \: : : : (
                (: : : ,'       | l|   | |!      ヽ: : : : )
                    {: ::  |   | l|  !| l|   | |!   l|    :: : ::<
                    ): :| |   | l|  !| l|   | |!   l|  |  : : : :)
               (:.:.::| l  |_l|_!| l|   | |!   l|  |  l: : :.{    …えぇ、そうね。
                 }}フ | |   | 从 l:| l|| | |、_. l|  |  |: : : ヽ.
                   / ヽ}.八、.rtテ心レ'j八人ハ:! l.l|! j  :: : : : メ、  また、『幸福な食卓』に、ね。
                 //  ハ ヽ.ハゞツ    ィテミメ.从}ノ  ,': :__ノゝヽ
                 〃  人}  ト、 } ::::  .   弋ツノ/´}l  /r ´ | |!:ノ
               ノ'   イ. / /ヽノ   . _   ::::  / /Y`Y:   | |!
             /  /ハ./ /_.ノ:ヽ.      , ‐v / / /   . | |!
           /  /.ノ: / ̄`ヽ===、ー-r‐='   ' / / .ィ:.Y⌒).| |!
         /  // : 八 ̄`ヽ}==/⌒Y _____/!  ヽ|: :(_ | |!
.      /  / ´: : / ̄ ̄`ヽ{_./: : : {rく__: : : :/.: :.ト、_}! :.:ヽ| |!
       , ′. : : : : : : :ゝ====ソ: :./: : /: : : :}: : /: :: / ∠_ : : : ハ }!

   「彼女の喪ったものを、やさしく包み込めるような、そんな再生を」

288 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:16:46 ID:gsvE2TB6


  「このとき、僕は彼女に一歩近づけたのだろうか」
  
    「それとも、一歩分、遠くに行ってしまったのだろうか」


                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |  …でもなぁ。
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ



   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'  あら、なぁに?
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒〜;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |


  「今となっても分からないことだが、
        僕の行動指針は少しずつ固まりつつあった」

289 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:18:01 ID:gsvE2TB6


  「たかが恋愛、と人は笑うかもしれない」

   「だが、僕にとっては、それが最上の理由だった」

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)  …俺は、真紅の作った手料理も食べれたら、
            .|         ノ__            幸せになれる気がするだろ。
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   | ちょっと…似合わないわね!
        | ヽヽl ィ'⌒     '⌒ヽ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶.   マフ   .イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ


  「僕が言った本音を冗談だと思って笑う、
     そんな彼女を見れば、なんでも出来そうな気がしていた」

290 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:18:29 ID:gsvE2TB6


  「幸福な食卓は、ひとりではなしえないものだと僕は思う」

    「だから、彼女が居て本当に良かった」

              _,,,-==ニ三二ニ==- 、
         _,,;;-='.:´.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:`"'=- 、
       ,,;;;'´ ミヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:`"'-、
     /ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,,,,,...........,,,,,,,,,,_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:\
   ./ヾ:;:;:;:;:;:;:;:;, -='"´: : : : : : : : : : : : : : : `"'=- 、:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:\
   /ミヾ:;:;:;:;:;/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:;:;:;:;:;;:;ヽ:::::ハ
  ./ミヽ:;:;:;:;/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\:;:;:;:;.ヽ::,ハ
 /ミミヽ:;:;/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ:;:;:;:;i::::::ハ
 i三ミ:;:;/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ:;:;:;:i;.:.:.:.|
 ,iミヽ‖: : : : : : : : : : : : : : : : ,ヘ ヘ   .: : : : : : : : :: : : : :: : .i:;:;/.:.:. i
 ゝ⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : <ヽ く"ヽ /ヽ: : : : : : : : : : : : : : ./.:.:.:.:‖      __
 .`iヽ=-ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ./.:.:.:.:.:/     ./  `ヽ
  ヽ.:`ヽ .\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /.:.:.:.:.:/       /   /
   ヽ.:.:`ヽ、` 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _,,-'"´.:.:.:.:.:.:/       /  /
    \.:.:.:.:`ヽ、`"'-;;;,,,,.... ____________......,,,,;;;;;-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       /   /
      ヽ、.:.:.:.:`'==ー;;;;....,,, ______ ,,,,....;;;;ー='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       /  ./
       \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      / /
         `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,=-'"´    _,,/ /
            ` -==、 _____ ,,,....= ' ´       ./  ::::::、〈
                                /     .). .|
                                i    .//
                                ヽ、_,,,/


      「その気持ちだけは、これからも変わらないと思っている」


              「僕はいまも、幸せだ」





                    つづく

291名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/18(日) 22:21:30 ID:SSrTlS5A
乙でした!
真紅とやらない夫に流れる時間がとても穏やかで、
見ていてこちらも幸せになれますw

292 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:21:40 ID:gsvE2TB6


ということで、第五話の投下はこれで終わりです。
完全な繋ぎ回でした。すみません…。

今回は瀬尾まいこさんの同名小説を土台にさせていただきました。
瀬尾さんは人間関係の表現がとても上手く、羨ましいなぁ、と思いながら読めます。
ほのぼのしたいときに、オススメしたい作家さんですね。

このところは、女流作家続きなので、次回は男性作家の作品をテーマにしてます。

閲覧、ありがとうございました!

293名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/18(日) 22:21:57 ID:PD/X9o.M
乙でした
前回の真紅の過去の束縛を見た分、今回のやらない夫の決意がより輝いた未来を暗示させますね
やらない夫には頑張って真紅を幸せにしてあげて欲しいです

しかし二人の料理評で腹が減ってしまった。>>1責任取って下さい!w

294名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/18(日) 22:26:59 ID:CbxEusd2
乙〜
ほのぼのとするなー。

295 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:29:33 ID:gsvE2TB6


     、__ __
     Y´、。ハ  さ、早速のご感想が…!
      V人` \   嬉しいです、ありがとうございます!
       }  }` ー'
    , 彡  j   >>291さん
   〃 }  ,ハ   ありがとうございます!
.  /,  / , ,;リ   毒にも薬にもならない雰囲気を作れていたなら、幸いです。。。
  , //,イ, , ; ;/
  i'//イ{; ;. イ    >>293さん
 小У!{'´ !{    ありがとうございます!
     }{  }{     ちなみに、お店は実在のものをモデルとさせていただきました。
     }{  }{      自然派レストランは本当に良いですよー!
              空腹感の責任は取れませんが、よろしければ是非w


                    -‐‐‐-
                 /       \
               /            ハ
                   i{、     l      ノ }i >>294さん
                   } 込、、,,人,  x汐 ,{   ありがとうございます!
                 八  〃´ l `ヾ   }   ほのぼのって難しいですね…。
                   {  Yi{   |   }iY  ;
                ',. |i{   : | :   }i| /   気楽に読めたなら嬉しいです!、
                ',. |i   |   i|.イ
                ',.|i    |    i| ;{
                 ∧i  , | ,  i/∧   
                 / ∧i  |  i/ '' ∧
                   _/ //∧i { .. } i/  //∧
                  〃    \.:./   ///ヽ
               /, , ,       "      ' //∧

296名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/18(日) 22:40:29 ID:RKKKWrBA
乙でした。
このふんわりとした雰囲気は何とも言えない愛しさですね。
続き待ってますが無理なさらずに。

297 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/18(日) 22:47:38 ID:gsvE2TB6

>>296さん
ご感想、ありがとうございます…!
とにかく最終話を書きたいがために書いていますが、
これからは若干、ペースダウンするかも知れません。
お気遣い、ありがとうございます!


【突発的なひとり言】

         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ   実は、この第五話。別の作品を土台にして、
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ   一度作成していましたが、少し暗くなりすぎてしまい、
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .!      ボツに…ということがありました。
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈 .: .: !   その土台にさせてもらった小説が、
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!    いしいしんじさんの『プラネタリウムのふたご』というものです。
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′  
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′   
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ   
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ     そんな『プラネタリウムのふたご』で大きな役割を負っているのは、
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ ',     プラネタリウム(星の偽物)と手品(幻想の偽物)という、二つの『嘘』。
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',     人は、それが嘘だと分かっていて、わざと騙される。
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ   なら、嘘ってなんなんだろう?
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.
   /.:,′. :. :.:.:.:. ``"´         ヽ;:;;;',   そんなお話です。
 /.::::/ .: .: :::::: :.:.            ヽ;;;;;',



     、__ __
     Y´、。ハ   ですが、そんなことを二人に話し合ってもらったところ、
      V人` \   なにやら不穏な気配が漂ってしまったので、
       }  }` ー'  已む無くボツとしてしまいました…。
    , 彡  j
   〃 }  ,ハ     …が!
.  /,  / , ,;リ     小説自体は雰囲気よし、内容もよし、なので、
  , //,イ, , ; ;/      ご紹介だけでもさせていただきました。
  i'//イ{; ;. イ
 小У!{'´ !{      文字だらけになってすみませんでした!
     }{  }{
     }{  }{

298名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/19(月) 02:11:58 ID:0zBssS7k
乙です!
瀬尾さんの小説いいですよね〜「優しい音楽」とか

1話で影響を受けて「海」今から読みます
次も楽しみにしてます〜!

299名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/19(月) 02:14:16 ID:0zBssS7k
ageてしまった…申し訳ない。。

300名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/19(月) 05:41:34 ID:oSrbHyK.
乙乙
嘘を嘘と知ってて受け入れるお話と聞くとヴォネガットの猫のゆりかごを連想するなぁ
二人は洋書も読むのかしら?てか、専攻は国文学なんだろうか

301名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/19(月) 07:28:56 ID:r21eP2bw
乙です

302名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/19(月) 19:07:51 ID:zwpmZ8j2
まとめブログさんから来ました
期待してます!

303 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/19(月) 21:26:15 ID:RxKQIO2w


     、__ __
     Y´、。ハ  >>298さん
      V人` \  ご感想&ご報告ありがとうございます!
       }  }` ー'   すごく嬉しいです!
    , 彡  j     良かったらまた、『海』のご感想も聞かせてくださいねー!
   〃 }  ,ハ
.  /,  / , ,;リ  >>300さん
  , //,イ, , ; ;/  ご感想ありがとうございます!
  i'//イ{; ;. イ   またまた未読小説の名前が出てきたのでワクワクしてます。
 小У!{'´ !{
     }{  }{    …実は>>1が、海外文学の翻訳的表現が苦手で…
     }{  }{     あまり手が伸びずにいたりしたのが原因で、彼らは国文学になってしまいました…。
             よろしければ、洋書のオススメなども教えてください。




              ,,,....._
            /"'。'  `ヽ-彡'ソ
            ノ゙`丶、   ,r‐'´
        ,. -'"    ノ ゙i,.ノ
        (____,.,..イ´"  /     >>301さん
            ̄ ̄  |   .(       ありがとうございます!
              |    ヽ        
               |    ミヽ、
               |  ヾミミ ミ.`ヽ、  >>302さん
                |   ミミ    ミ ヽ、 スレにまで顔を出してくださって…ありがとうございます!
            ゙},    ヾミ  ミ 、ミ゙:、  期待に沿えるように続きを制作してますので、
             ゙、   `ミ    ヾ ゙、   よかったらまたお越しくださいませ!
              ゙、    ゙ヾ    ヾ:}
               `i、    `ヾヘノ、..メ゙:、
               ヾヽr、..゙:、  ノ  ヾ、゙、
                ゙i l.  ゙i.''゙Y    Y
                l |   ゙i !ヾ、ミ、`ヾヽ
                    ! !     l. l ゙、,、、r‐、l`
                    | l    | :!
                     {,{    {,{
                    l |    ゙i l
                   l l    | l
                  | !    :! !
                ,l l、__   | l
                 //゙|     バ
                    /|\

304 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 14:57:50 ID:O7UHVrUo

   【投下予告】


                   -‐‐‐-
                /       \
              /            ハ
                  i{、     l      ノ }i   ペースダウンすると言ってましたが、
                  } 込、、,,人,  x汐 ,{    出来上がっちゃったので…
                八  〃´ l `ヾ   }    第六話を本日の22時より投下させていただきます。
                  {  Yi{   |   }iY  ;
               ',. |i{   : | :   }i| /
               ',. |i   |   i|.イ       よろしければご覧くださいませ…!
               ',.|i    |    i| ;{
                ∧i  , | ,  i/∧
                / ∧i  |  i/ '' ∧
                 _/ //∧i { .. } i/  //∧
                〃    \.:./   ///ヽ
              /, , ,       "      ' //∧

305名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 15:41:58 ID:oDq9JiwY
楽しみです

306名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 17:25:47 ID:zcvpHLtk
いえっさ

307名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 18:34:28 ID:GkdFQqUE
股間だけ文庫本で隠して残りは全裸待機

308名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 20:45:48 ID:4WQlr8zQ
たのしみです
幸福な食卓僕も大好きでした!
パイロットフィッシュは本屋で見つけて買いました
エロかったけど面白かった!!

309 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 21:57:59 ID:O7UHVrUo
皆さん、コメントありがとうございます!
返事はまとめて、投下後にさせていただきます!
ただ>>307さんは、せめてハードカバーの本で前を隠してくださいw

では、今回の投下中のBGMはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=tH_t1kaOaXY&feature=related

310 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:00:01 ID:O7UHVrUo



  「人は、必ず死ぬ」

   「その死が、誰かを縛ることもあるだろう」

ヾゞ,.ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: lヽ ::::::::::::::::::::::::: / /   /
;;;;ゞ;;;ゞ;;ヾゞ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::、__,,ノ  l::::::::::::::::::::/ /   //| /
ゝ;;;;ゞゞヾ;;;;;;;ゞ;ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__,ノ ::::::::::::::::: |/_ //. /
;;;ゝ;;;;;;;;ヾ;;;;;;ゞ;;;;ゞゞ;ゞ:::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l  |/
;;;;;;;;ヾ;;;;;;;ゞ;ゞヾゞ;;ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::::::: |/     /
;;;;;ゞヽ;;ゞ:,ゞゞ;ゞゞヾゞ; ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::: /    /  /
;;;;;//;;;;;ゞゞ;ゞ;;;;;;;ヾ;ゞゞ;ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.    /  /
;;;;;/;;;;;;;;;;;ゞヾ;ゞゞ;ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   /  //|
;ゞゞ;ゞ;;;;;;;;;;;ヾゞ, :::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l/_.//  .|/
/ゝゞゞヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  | . /
:ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::.::: ::: ::::  . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |/
. .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::. .:  :..     ..  :  ..:::::::..... ...:  ..: .:. ...:::.. ... l/
.: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::....∧::::..... ...:::......:::::... /
:: ::::::::::::: /| ̄ ̄|::::: ::.... .::::..... ...:::.. ... ....:::::... .....: .. | i:::::: ::.... .::::..... .. ::|.       /| ̄ ̄ ̄|
::.. ... :. .:::| : |    |::.. ....::./l::.. .     ::./| ̄ ̄l::| |::.. ... :. .:::::: ::.... .:|   ..:: :. ..| |.: . . '|
.. . ...:::.. ..| . |    |.. . :: / /.. .    . : ::...| : |    |..〉.:|.. ... :. .::::::..:: .. /| ̄ ̄|:...:| |    : . |
:.. :... .. ..:.| : |    | ̄|/ /:.. :...     ..| : |    | | |..:: :.... .. .. .: . | : |    |..:::| |:.. .  ;|
\. .:...:....| . |    |  |_ /.:.. ... .. ../| ̄| :| : |    | | l'w'^~^ヽ/| ̄| : |    |::.::| |   . .; : |
 :|. . . | . |    |  |/. ..   .  .| . |  | .| : |    | | |:::::::::::::: | : |  | : |    |:::::| |.: ' . .|
 :l,,r'"゛''| : |    |  | | ̄ ̄l   | : |  | :| : |    l l ;";::::l⌒l:::| : |  | : |    |:::::| |   . .. : |
 :i:::::::::| ̄| ̄ ̄ ̄i: |_|    |,;''"| : |  || ̄γ ̄ ̄ ll:::: |  |:::| : |  | : |    |:::::| |;.. ..  |
. |::::::| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| .|    l:::::::| : l | ̄ |_| ̄ ̄ ̄|_l:::::|  |:::| : | | ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄|

311 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:00:33 ID:O7UHVrUo



  「死ぬ人の中には、束縛を願うものも居れば、
                あとに生きるものの自由を願うものも居るはずだ」


 ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"  ゙"'' ゙"  ゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"  ゙"  ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"'' "
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"  ゙"''   _____ ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"  ゙"/::ヽ::::..   :: ::ヾ"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
 ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"  ゙"'' ゙" |ヽ/:::: ̄   ̄ ̄ヾ''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
゙"  ゙"   ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"   ゙" |:: |::: ::        | ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''"
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''" "゙" ゙"  ゙"''  |:: l  ;;_::;;; -;:: ;;;;  |゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""''  ゙"''"  "゙" ゙"|: :|::.         .:::|  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
゙"  ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙"   "Wv,_|:: l::::  ..      :::|、wW"゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙"
゙"  ゙"   ゙"  ゙""'  ゙"''"  "wWWlヽ::'ヽ|:::::_::______:_|::\W/ ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙"  V/Wヽ`―――――――――lV/W  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  "゙"WW''―――――――wwww'  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
゙"  ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ゙";;  ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;゙"'' ゙"  ゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙''"
゙"  ゙"  ゙"  ゙""'  ゙"''"  ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: :;;:;:::; ;;;;;; ;;::;;:: ;; ;;;:: :::::: ;;:::;;;; ;;;::""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
  ゙" ゙"  ゙""'' ゙"''"  "゙" ;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;;;;; ;;;:: ;:::''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙""'' ゙"''" ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;"''"


             「僕は、出来るなら後者でありたいと思っている」

312 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:01:04 ID:O7UHVrUo


   「だが、今はそう思っていても、今際の際になるとどうなるかは分からない」


;;:;::: .__ |;: : :\  |^~~^~^^ ~.:| |;:;:;;;::;:| |;::;;;ノ/ヾヽ| |~~~;;::| |~~゙゙| l丿ノ ^^^^^: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
~~: :~~: :|;|^^:.:.:.|: :|: : : : : : : : :| |^^...^.| |: :| |/~^~ .| |: : : :.:| |: :: :| /": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |: :|: : : : : : : : :| |: :: :: :| |: :| | : : : : | |: :: :: :| |: ゙_ _,,.. .-――――― - 、: : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |:: |: : : : : : : : :| |: :: :: :| |: :| | : : : : | |: :: :,,_| | ,f´三三三三三三三三}       l: :: : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : | ::|: : : : : : : : :| |: :: :: :| |,,,r''''' .゙'゙゙゙: :""": :: ::゙,|三三三三三三三三ニ:     l: : : : : : : : : : :
: : : .: :.:.:|;|: : : : |: :|: : : : : : : : r'''゙~:.:. : :|,,|、  ;;'"゙~' ′   ゙^゙ .|三三三三三三三三三:     l
.r゙: : : .: :.:r~゙" ゙ヽ"" ;,:;;、:. ;,       """   """   ""::|三三三三三三三三三       l
   _,,.-‐ … - 、  .,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、:. ;,       |三三三三三三三三三!:.    l
. Y´l: : : : : : : : : }        __                |三三三三三三三三三}:      l
  | |: : : : : .: :.:.:|       /      /:: ̄:`:.、  ;,:;;、:. ;,:;.  |三三三三三三三三三}:     l
  | |: : : : .: :.: :.:|  __ /    /: : : : : : .:.:.:\     , ,   |三三三三三三三三三}!     l
  | |: : : : : :.: .:.:| ト ."___/: : : : : : : : : : : : :.:`ー...、  ;|三三三三三三三三三}l.      l
;,:;;、:. ;,:; ;; ,""""" |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:}  : ::|三三三三三三三三三il!     l
           |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : :    |    |三三三三三三三三三}l!     l
           |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : :      |; ,   |三三三三三三三三三}l!:.    l ̄ ̄, -' .
       :; ;,:;;、 |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : :        |  ; , |三三三三三三三三三}l!}     L -'"   l
 ,,,,,,,,,,,       |:::::::::::|: : : : : : : : : : : : :          |   |三三三三三三三三三三           l
:;;、:. ;,:;;、:. ;,: 、     」::::::::: |: : : : : : : : : :.:.   __,,.. .-‐ "_,..-''≡≡ニニ二三三三三三三            l
              /::::::::::: |:.:.:_,,.. .-‐:::::'''""~  _,..-'''"                 _,..-''" ̄            l
            /::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::_,..-'''"                   _,..-'''"    :::::::::::     ::::::::::   l
    ;:...:,:.:.、、;:...:,:.:,:.:.、、;:...:,:      /三三三三三三三三三三三三l        :::::::::::       :::::::::   l
   ;:...:,:.:.、、;:...:,:.            |三三三三三三三三三三三三ニ                        l
                 ;:...:,:.:.、、|三三三三三三三三三三三三ニ     :::::::::::::::           /
    、:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、 、:. ;;'        |三三三三三三三三三三三三三      ::::::::::::::::::        /
                      |三三三三三三三三三三三三三}    :::::::   :::::::::      /
      、:;;、:. ;,:;;、:. ;,:;;、 、:. ;;'"゙    |三三三三三三三三三三三三三ェ        :::::::::::::::::    ',
                          |三三三三三三三三三三三三三ェ       ::::::::::::::::::    ',


   「人は、とても弱いものだから」

313 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:01:39 ID:O7UHVrUo



  「だとしても、少しでも優しくありたいと思っている」



      "    l   i   i (=ヽ  i   /
  ヾ   l ii    i i i/l ヽi r-( ( i)i  /   /
  ヽヽ   i ヽ   ir'l( (ニゝニゝ( (ヽ |))/ ,,,,/  //
   ヽヽ  ヽ,,ヽ,,,,, i .| i i | |/ニヽヽ|ニゝ))<   ,// /
    ヽヽ_  "--l ,l"ニゝ") ) ヽヽニ=ヽ)ゝ""""/ //
     ヽ "''''''''''''('_j'' ヽヽcヽ,,ニヽd/)ヽゝ)) /,,丿/
      """""( ( (ニゝ/丿| | ヽヽ,-----""//
         / / | |しr| |ノ/i iヽヽ丿ノ------''""
         ヽヽヽヽ .""" i i  ""| |
           ゝ ヽヽ  | |   /丿
              "" l l   ""
          i      | |
    i  i    ヽ    ,,,)ヽ /lヽ)
     i  |    iヽ  //ヽヽi i l) )ヽ ヽ    /|
  ヽヽ ヽ \,,,,,, ヽヽ//-,<i j゜ヽヽ//l |ヽ)) ,,,,//
   ヽヽ, ヽ----\( ( | ) )ヽヽ) )|/ヽ/|///    / /
    ヽヽ,,,,,,,,,,,,,,,--/cニニゝ// ヽc/)",)",i,,,,,,,,,,,,,/
     ヽ,,,,,,,,,,,,,;;/,,,,,ヽヽ-- oニゝ|丿\),"    /  /
           i  i iヽ|/| | ヽヽi i\ l"""""",,,,,,,,ノ
           i,,,,,,,l,,丿/ヽヽ i iヽヽヽヽ"""""
             | | | | し ヽヽ\| i丿
             .| |. | |    ""
             | |  | |
             | |.. | |
             | |.. | |
             | | ..| |
             | | ..| |
             | | ..| |
             | |  | |
             | |  | |

        「こんな僕は、傲慢なのだろうか」

314 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:02:02 ID:O7UHVrUo



   「それでも僕は、優しくなりたい」

        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| ......................................................   |                ..............   |
        | il| ......................................................   | .......................................................   |
.          | il| ......................................................   | .......................................................   |
.         | il| ......................................................  | .......................................................   |
.        | il| ......................................................  | .......................................................   |
          | li| ......................................................  | .......................................................   |
         | ll| ......................................................  | .......................................................   |
¨:::: ̄:::`:..   | il| ......................................................  | .......................................................   |
:::::::::::::::::::::\__| il| .....  ⌒Y...................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::::::::/ :| il| , '  / ....................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      |
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨
:::::::::::::::::|       |´

                 「少しでも、少しだけでも」

315 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:02:34 ID:O7UHVrUo





    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
             6.「骨は珊瑚、眼は真珠」



                   ___
                   |    |
                   |    |
                   |    |
                   |    |
                ,,,.   |    | ,'"';,
              、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
               ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
               ‖  `i二二二!´ ‖
               昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
              | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
              |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
              |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
           ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
             |  |:::  |: :    : : |::   |  |
             |  |:::  |: :    : : |::   |  |
            /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
           _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
           l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

316 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:03:32 ID:O7UHVrUo


 「彼女と出会ってから、もうすぐ一年になる頃だろうか」

  「いつもどおり、僕は小説を彼女に貸した」

   「それは短編集で、レパートリーに富んだ小説だったと思う」


        ,.---r--'  lヽ../                `ヽ `ー 、
         〈 、-{   /} .}                   \.   ヽ
      ./ゝ. ヾ)  〃!:´ノ                   、 ヽ  .ィ’
      / ,..ィ"´  .ハ!} ,'       ,      、        ヽ ヾヾ.
     .// /l_   ,' {l ヽ.   /  .!      ',  、     、 ', ',  )
    /.{ /    ) .!  !  ノ   ,'   {       ト. ト、    ', ヽ Yi
   ハ Ⅵー''1´  {  i (   i l i ト、!     ,,.!-!‐-!、!    ト. i! }:|
   .ハ  `T゙∧   {  !  `i  i!_ム-!<:l´ト.    从! lj l` 、  }:} !i ;:|
   ハ  //Ⅳ.Kフ. ', {  ノ,.-〈、 ! ヽN、 ゝ.  .//レ'¨心レ{、! ,' i / } /:|
  ′ .// ' i::{   '.__ヽi ト、 レ'f=心、   ヽ'  弋zソ " } ./ ヘ// :! 『骨は珊瑚、眼は真珠』、ね。
  ,'   // ,'  |::|ヾ、_ f 、 `ト! ヾ 弋zソ         ̄   /ィ/ォ  i´  :|  なかなか重厚なタイトルだわ。
 ,'   〃.Ⅳ  .|::| ',. {:{) ∨ `.、ハ.  ̄       !     ´〃 !|  !  :|
 !  /   .i   !::!  Ⅶi゙ヾi   ト、.ハ             ,'/! :!',  ',.  :!
 ! ,/    !  .|::l  l| |  |  :ト∧. ',       ´ `    ,.イ」 | :| ',  ヽ. :|
. ハ’    .i   レ’ 1 .|  |  :| `ヽ ト.、        ,.ィ≒ュ_..| :| ヽ  ',.:!
/     .l      | |  |  :|r≦:} }'´¨` ー‐r:r<     | :ト、 ',  }|
      |      | |  |  :|ソ´ | |     ヾ.        ヽヽ. \. !|
      |      } }  |  :|  ノノ    f"三三゙ヽ.    \\ノ }|



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)  内容はそうでもないだろ。
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒) たぶん、真紅の好みに近いはずだ。
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',


   「ただ、このときは『彼女の好み』に合わせるように、僕は小説を選んでいた」

    「どうやら、彼女との付き合いが長くなるにつれ、
     それなりに、彼女のことが理解できるようになっていたらしい」

317 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:04:20 ID:O7UHVrUo


  「結果的にいえば、僕の予想は当たっていた」

   「彼女は僕が貸した小説に、好意的な感想を抱いているようだった」


          r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
         (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
       __「二X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
       [{~ヾ彡ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
      `ー ' イィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
       /ィ:{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく  ちょっぴり切なくなったけど、良かったわ。
       /´ ∧!Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
     /´  // 乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ} 表題作はとても考えさせられることがあるし、
.    乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ 
   イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「  『眠る女』と『眠る人々』の対比もよかった。
   L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
   ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
.ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
. //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、  生きることを真剣に考えさせられるわね。
. イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
        厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
         /才ニ-ァ…‐テ::::::::/ }:>≦三≧ァ=く    } iリ  ゝ}



            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)   …うん。
           |         ノ    俺もそう思うだろ。
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


   「彼女はやはり、喪失からの再生を描いた物語を好むのだ」

318 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:04:53 ID:O7UHVrUo


   「表題作『骨は珊瑚、眼は真珠』は、男の独白で始まる」


    r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(穀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./   でも、心地いい切なさだったわ。
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ     …少しだけ不安で、寂しくて、
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|        それでいて温かくて。
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ  …それから、救いがあってな。
              .|        |
              人、       |    俺はやっぱり、ハッピーエンドが好きだろ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ


    「だが、この男はすでに、この世のものではない」

319 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:05:18 ID:O7UHVrUo


 「男の身体は荼毘に付され、真っ白な灰になっている」


                      /::::r‐、:ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       _          ,.ィ'´:::::/!_‐- 、:::::::::::::::::::::::::(,、
      /:::`ヽ__,.ィ三/::::::::::::r‐、ノ   `ヽ、:::::::::::::::::ノ
    r‐'、::::::::::::::/圭ミ/:::::::::r、:_) l  l    ヽヽ:::::::::ゝ,
    l:::::::`:::::::::/圭/´::::::::::ゝ´  l  l     ヽ ヽ:r‐'´
    ノ::::_::::::/圭/:::::::::::r‐、ノl  l l l     l l  l!
 ,ィタ'l:::::::::::::::`:l圭ミ!::::::/:ゝ、 l l  l l ',    l l l  l
. lミ! /ヽ;::::::::::::::l圭ミ!::::::::::r‐‐'_ム斗孑十弋、  l l! /
 ゞ="〔_:::::::::::l圭ミ!::::::::::`)lヽl  ィ示ョ`   `ュ! l/
 //   l __)::::::::ヾr‐'ー、:(´ l   `辷:リ   カ    でも、やっぱり分からないこともあるわね。
.//!   ト、ゝ-、:::::::lノyヽ 〉:ノ. l     ̄    ヽ
./ l   l. ヽ  ゝ'、:ゞー.'´::) l.l         _´!     私は誰かと死別したこともないから。
  l   l  \ ゝ‐ヾ、圭.l l.l           ´, '
. l   l    `十-、__≧/ l ト、      /
 l   l     l r‐‐'´.l l圭ミ===,ィ=x、
. l   l     l  〉:::::::/ /圭圭圭ミ/ヽ圭圭ゝ、
. !   !     l /:::::::/ /圭圭圭ミ〈 ゞ〉圭圭/
.l    l     /:::::::/ /:《圭圭圭圭!´圭=彳
l    l     /:::::::::〈 `ー‐-、圭圭圭l圭圭》
l    l   /:::::::::::::::: ̄ ̄`ー-、二`>圭/


                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|  俺はばあちゃんを亡くしてるからな、
                '、` ⌒´      | 
             -ーー|        ト、______    少しだけ感じられることはあったかな。
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|


     「そんな男を抱きしめ、悲しみにくれる妻に向かって、男は言葉を連ねるのだ」


            「妻には、男の言葉なんて届かないのに」

320 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:05:51 ID:O7UHVrUo


 「そして、妻はひとつの行動をして、
   それを見届けた男は、妻に別れを告げる」



.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |  …こればっかりは難しいわ。
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ   体験しないで済むなら、体験はしたくない。
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |    でも、ね。
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !


   「そこで話は終わっていた」

      「彼女はそんな小説を読んで、生き死にについて考えたようだった」

321 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:06:22 ID:O7UHVrUo


   「言ってしまえば、喪ったものは永遠に帰ってこない」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)  …これもまた、言葉にならんだろ。
.             |    (___人__)
             |        ノ   だけど、俺はこの夫婦は幸せだと思う。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、  …そうね、それもそうだと思うわ。
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
     ー、l'l   l  l   ー‐─ -| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
      l.l |l l,l下、 , /l.,rfテ卞,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 .r≠ミ 、ノ ! 弋tン |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾ弋ソ`   "" .l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヘ""      l /ヾ、    ヽ  ヽ
          //l >-  ̄  <// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'    ヽ   ヽ


    「ならば、再生が意味しているのは、なんだろう」

      「僕もまた、そんなことを考えていた」

322 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:06:49 ID:O7UHVrUo


    「それから僕たちは、何を思いつくでなく、見慣れた町を歩き続けた」


,.;;,;; : : : : : : : : : : : : : ; ”i;,;,。 :;;   从Y:. : : : : : : ; ' ; :| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;:。;:;
,.;i;';.,,;;:.: : : : : : : : : : : : : : : ::,, ;ミ,     {;;:;',; : : : : ; ' ' : : | | : ": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,'。;:;;;
,.;;:。;:;;::、;:.: : : : : : : : : : : : :.:;;冫     〉;;'; : : ; ,' ' : : : : | |' ; : : : : : : : : : ;: : : : : : : : : : : ::;ミ,
::, ;;;;:;:;"”; : : : : : : : : : : : : :.`;,}x    ノ; ; : 'l!゙',: : : : : : :| |:.:.:'┌―┬; : : : : : : : jk; ; : : :.j;,:。:i:
;:。;:;:;;,.:i;,;,:。: : : : : : : : : : : : : :.、;ヾ ─‐‐巛: : ||:.: : : : : : ;| |、;;:。;:';、 |/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :: :
;';.,;;、;、;;:。;:`;: : : : : : : : : : : : :.:冫     ', ;;:.:||:.: : : : : : : | |:。;:;:。;:`;,. :  ̄田 ̄;:~; ̄田 ̄田
,.;;:。;:;;;,.:i;,;,:。; : : : : : : : : : : .:从         : :|| ;: : : : : :.:| |;: ;;,::i;,;;,、____:。;:i;:`;_l;;;;;;l_`'::'
,.;i;';.,,;;、;、;;。从:.:: : : : : : : : : :.;;       ', :||.,, .. . ...: ::| |;:。;::i;,|i:;;:''   ;:::。.;:;、;;     ,:'':';:,''
;::w;:、;;:。;:;:;;,;;,: : : : : : : : : :/          ',:||, '  ''.. '.| |',,、;;i!;:''"  ., ,';:w;:、;;';,、  "'`'::'
i!i ,;;、リj。;:;:。;:`; ,.: : : : : : .” /         ,,::' '.      | | ;;|l |   .    "゙;::jw;:: !;:''"
i!i{;;,.:i;,;:.;;; :;.;:。;;';、,   /         ,::'   、     | |;゙゙"        ;, ;;|l i,;
| l|;;, :i;,;,:;:;,.;i;';.,,;;;",;   /         .     \   .:| |         : :.:; : ""゛   . : ..:
|:.:|;wリ゙;;、:リ;;;j;;从;リj  /             .      \  |_|       _,, :.-‐ { }""~
|l |;:w;;;;ti ijk:;;;k;;;,リj:_ ノ            .     `,:'ー '''  ¨    !:}   ||
|l |;"w;;ミ;wッ';リ":;:;''                    .    ,::'          .   ||     ||_ ,. . - ''
| l|Y;.,;;、;;;;;:w:;ノ                 .  ,::'    .  '       ||" ´,;釤
| l|y;wリ゛j;;リ;w''                       ;;;i;i; . '           ィf.;;    '
| l|--..: ;; : ::- 、                               { ;: \
| l|       : }                               ',   \
| l|        ; /                                \   \


         「考えるというのも、難しいものだ」

323 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:07:17 ID:O7UHVrUo


   「そんなことを考えながら、僕は彼女の方を見た」

     「すると、彼女は何かを伝えるべく、その小さな口を開いていた」


.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |    …もしも、だけどね。
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ   人が猫みたいに死ぬなら、
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.   私たちは悲しまないんじゃ、って思うのよ。
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)  猫っていうと…
             |        ノ   誰にも見つからない場所で死ぬ、ってやつ?
              .|        |  
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

324 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:07:52 ID:O7UHVrUo


  「彼女の声はとてもか細く、静かな響きをしていた」

          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉  そう。
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ  どこか遠くに行ってしまえば、
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、    『まだ生きてるかも』って思えるでしょ?
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}  だからね。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)   ふむふむ…一理あるだろ。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

325 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:08:15 ID:O7UHVrUo


   「彼女の声は、冬の乾いた空気に染み渡るようで、綺麗だった」


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   …こういうのって、逃避なんでしょうね。
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |    
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)   …まぁ、身も蓋もない言い方をすれば、なぁ。
             |        ノ
              .|        |    けど、『どこかで生きている』って考えるのは、
              人、       |            別に悪いことじゃないと思うだろ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、


   「だが、彼女が最後に口にしたのは、自責の言葉だった」

      「その言葉が途切れると、どこまでも澄んだ沈黙が僕たちを包んだ」

326 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:08:38 ID:O7UHVrUo


 「そして、しばらく沈黙が続いた後、僕は歩きながら自分の体験を話し始めた」

   「少しだけ、思うことがあったのだ」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  …前にも少し話したけど、
              |         |   俺は一緒に暮らしていたばあちゃんと十四のときに死別してるだろ。
           |        |
            ヽ      .イ_    十四にもなると、泣くのが恥ずかしくて、
          __「ヽー'ーー"/ L     下手に泣けないだけ、すごく辛かった。
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

327 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:09:07 ID:O7UHVrUo


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)   かといって、人が死ぬことを受け入れられないほど、
          .|    (___人__)    俺も幼くはなかった。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、  けど、やっぱり、怖かったんだろうな。
          .人、      厂丶,丶 v 〉   必死に、『死』のことなんかを書いた本を読んだ。
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )   アレックス・シアラーの『青空のむこう』とかね。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',



       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
      _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
      (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
     `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
      「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
      (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、
      ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \
      V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
       i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ  …その本なら、私も読んだわ。
      Nトト.:ト.::V笊V:/ ,.ィ笊〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i
         `>.:.ヾヒツ   ヒ ツノ ,/:ハ;:/__/.;:ハ:i i  一人の男の子が亡くなって、
          //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |  それからひとつずつ振り返る話よね。
         .// .l.:.ト、  r‐ァ   ノ .l レ'′    |:l |
        l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |
         | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
         | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
       f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |

328 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:09:31 ID:O7UHVrUo



                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r  そう、そんなストーリーだった。
             (__人___)     |      | |   …思えば、『骨は珊瑚、目は真珠』に近い話だよな。
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、   とにかく、俺はそんな小説を読んで思ったんだ。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i   『あぁ、ばあちゃんも天国にいったのかな』、って。
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  だけどさ、そうやって考えると、
            l / y 「'i___人___)  |   葬式ってのが、暗すぎて嫌になったんだ。
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _  …死んだ人は、そんなことを望まないだろってさ。
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l

329 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:10:03 ID:O7UHVrUo



           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)  だから、葬儀の間はずっと、涙を流さなかった。
.           |    (___人__)   悲しむのが、どこか場違いな気がして。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |   火葬場の炉の中に棺が収められて、
            人、       |     轟々って火の音が聞こえても、ガマンしたんだ。
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ      
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|




   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   ……。
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |

330 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:10:27 ID:O7UHVrUo



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)  昔は、そうすることが正しいと思ってただろ。
.             |    (___人__)
             |        ノ   だけど、この前の帰省で違うって分かったんだ。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)  …葬式は、亡くなった人のためじゃなくて、
           |    (___人__)   大切な人を亡くした人のためにするんだなって。
            .|         ノ__ 
            |     _/  ̄\ヽ    これからも生きていかなくちゃいけない人のために、
               人、   '、/  ̄ ヽ '、     泣ける場を作っていたんじゃないか、って。
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、 
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i

331 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:11:12 ID:O7UHVrUo


 「彼女の相槌は、とても心地よかった」


   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|   …そう。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|  なかなか建設的で、いい考えね。
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒〜;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |
,__ 〉´ー-ぃ} ./⌒:/⌒/^ }" ∠===⇒'´_. -−_}. |

                     ___
                   /:::::::::::::::::ヽ         ____
                 / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                   | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                    | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                     | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /  ・・・ありがとうだろ。
                | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                 r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r




  「だから、僕の言葉はとめどなく、出てきたのだと思う」

332 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:11:41 ID:O7UHVrUo


  「彼女は、僕が話す言葉をひとつずつ、吟味しているようだった」

   「まるで、何かを探しているように、ひとつずつ」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)  でも、ばあちゃんが死んだとき、すぐに
          .|    (___人__)   『自分達のために葬儀をしてるんだ』って言われても、
           |         ノ     俺は受け入れられなかったと思う。
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |   だから、やっぱり、あのときの俺には、
              |         |    『天国』の存在が必要だったんだと思うんだ。
           |        |
            ヽ      .イ_    それがあるから悲しみを和らげて、
          __「ヽー'ーー"/ L    こうしていま、大人になることが出来た。
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

333 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:12:06 ID:O7UHVrUo


  「――長々と話したが、結局、僕が言いたかったのはこれにつきた」

     「何事も完全に悪いと言えるものはない、ということ」



                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r  だから、俺は逃避的な考えも悪くない気がするだろ。
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.そこからまた、ちゃんと歩き出すことが出来れば。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |



   「どんな過去があるにせよ、前に歩き出せれば、という願いだ」

334 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:12:32 ID:O7UHVrUo


   「そんな話が終わった後、彼女を見ると、彼女は小さく笑っていた」

       「そして、彼女は僕を、強いと言ったのだ」


                     __r―=、ノ⌒ヽ.ノ⌒ヽ._
                     ): : : : : : : : : : : : : : : : : :   `ヽ
                  r―=' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
                 ): : : : : : : _______: : : : : : : : :ヽ.
                 ゝ: : : : ::  ´         `ヽ: : : : : : : :}
                /: \:/                 \: : : : (
                (: : : ,'       | l|   | |!      ヽ: : : : )
                    {: ::  |   | l|  !| l|   | |!   l|    :: : ::<
                    ): :| |   | l|  !| l|   | |!   l|  |  : : : :)
               (:.:.::| l  |_l|_!| l|   | |!   l|  |  l: : :.{
                 }}フ | |   | 从 l:| l|| | |、_. l|  |  |: : : ヽ.  …あなたは強い人ね。
                   / ヽ}.八、.rtテ心レ'j八人ハ:! l.l|! j  :: : : : メ、
                 //  ハ ヽ.ハゞツ    ィテミメ.从}ノ  ,': :__ノゝヽ 
                 〃  人}  ト、 } ::::  .   弋ツノ/´}l  /r ´ | |!:ノ 
               ノ'   イ. / /ヽノ   . _   ::::  / /Y`Y:   | |!    私なんかより、ずっと。
             /  /ハ./ /_.ノ:ヽ.      , ‐v / / /   . | |!
           /  /.ノ: / ̄`ヽ===、ー-r‐='   ' / / .ィ:.Y⌒).| |!
         /  // : 八 ̄`ヽ}==/⌒Y _____/!  ヽ|: :(_ | |!
.      /  / ´: : / ̄ ̄`ヽ{_./: : : {rく__: : : :/.: :.ト、_}! :.:ヽ| |!
       , ′. : : : : : : :ゝ====ソ: :./: : /: : : :}: : /: :: / ∠_ : : : ハ }!
.      /  /l : : : : ハ: :/ ̄ ̄`ヽ}:.:/: /: : : : : :し': : : : {__}: : / : } |




             「僕はその言葉に、盛大に首をひねったものだ」

335 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:13:04 ID:O7UHVrUo


    「僕が色々な視点から物事を考えられるようになったのは、
                           彼女がいたからだった」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    |   そんなことないだろ…
              |` ⌒´   u. |
           |        |   人から学ぶことばっかりだし、
           ヽ      .イ    真紅からはたくさん、教わってるし…
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |



       r'´      ,イ´f´    /          `ヽ          ノ
  ,rー--{       / / |     /            |    ヽ        ノ
  / / ̄!      / 〈  ノ/  /            ‖   ヽ      (_!
  | レ´ ̄_>   / ! 'Y /    !  /           ‖  |  ' ,      `!
  ,ヘ`二彳´    | |  f/ / | | /     |     ‖   |  ',      `!
/     |     | .ノ-イ ! !  |  ノ' | j   |     /}   |   |         |
       |     !f   }| { | |,イ|,f/| .‖  .j   / } |  |   |        |
      レ‐イ  | ) .{| ,ヘバ十-|-‐'ム .イ/ , / /, ,イ  /! | /      ノ
     /   |  rュ,⌒)ル'ムィf'乏え坏`ノノ/ /レ'`ナメイァ . // / /    <(´   そんなことないわ。
   /     `ー<@〉},'  / `弋::タソ " ノ.r'   ,. __,, //イ /レ      ノ
  /         `マ  ,'                ⌒ヾ/ィ'   レ'_  _,...-‐´    私は逃げてばかりだもの。
/            ,' | |',             ,     //     ) `´        あなたみたいに、立ち向かえないわ。
            ,'  !! ヽ.     r ー‐ァ    /├‐-‐ '´
                ,' ‖`ヽゝ^ヽ   ` ='  _. イ |
    , ‐ ´ ̄`ー、._  |   |>´   ヽ.._.. -≦  /   |
  /          `┤ ‖       ヽ r-―-、_!  |



      「だから、僕が強くなったと言うならば、
             彼女が僕を強くしてくれたとしか、考えようがなかった」

336 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:13:35 ID:O7UHVrUo


 「彼女はそれから、言葉を続けた」

   「その言葉はあまりにも直線的で、僕はたぶん、赤面していただろう」


       .r: : : : : : /77: : : : : : : :_):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.入_
        ): : : : :///: : : : r‐、_「 =ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:し、
       く: : : : :.///: : : : : :ヽ     ` 、:.:.:.:.:.:.r―'
       Y⌒: : :///: : :__:r‐‐ ′    |{   ヽ:.:.:.:廴
       廴__ : :{/,{ : : く   i _ |  八!    :.:.:.:.:.ノ
      i r:'’ : {/,{: :r 、ノ  /}  /} //{ ト、    :.:.:(´
.     x| 廴: : {厶く   i ィ斧ミx///八{ハ   l.rく   …あなたは優しい人よ。
     //|   !,{ Y^Y{   |弋うソ   斧ミx} n i八 \
.   〈〈 |   |〈 {ryj |  i|      , ゞ゚' ト.| ト、 ヽ  \   きっと、素敵な人生を送るわ。
.     Ⅵ   |/,ゝ=く| 八          八j V{ヽ.    丶
.     }|    V/》^八  ヽ  `  '  イ7}  八 \,    \
      八  !   i {/,∧  ∨≧=≦////  /  \ \     ヽ
    /   |   |  7/∧  Ⅵ乙 ハ,/《f:⌒Y    \ \    ‘,
.   /    八 |  ,⌒Y,ハ   V⌒ソ//,'}: : : ヽ __ ヽ  \    .
  /     / ′|{ /: : : ∨}   i7777///|: : : : :\: : )} \  ヽ  i
. /     / /  i八{: : : :.:.`|   |/,} ∨//,| : : : : : : \{   )   ) .|




               ,...-┐ ,.-―-..、
           ,.イ:::::::::::|/:::::::::::::::::}
        _ r'´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ゝ__, -t
         ,イ:::} ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::}
       /::::::::しi´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'
    , -、く__:::::::l::::l:::::::; ィ ´  ̄ ` ー- 、::::::::::廴
 __,ノ: : /: : /:::::::::; イ            `ヽ:::::_ノ
/:.: : : :r‐r‐'::::::/       i    ヽ ヽ ヽ:〉
〉: : : :く: :|:::::::/        l      :,  ヽ i    ――そうだ。
: : :.:`:iト、l_::::′ /      !     トム- l !
: : : : :.{三ミi!/ /    /   i /! i  l lイ 从l /i/   ねぇ、変なことを聞いてもいい?
: : : : : ヾ三}i  l    l /-/‐l‐从ヽ レ',イ}ヽ! /}
ゝ: : : : : ヾ/l ト、!   l l' /xョョュ、   ヽ弋リ ! l 
 ヽ_; -、: :{ frzヘ  ヽヽ '弋リ      '  八}    
.,ィiタハ /}`ヘゞ"ノiヽ、ヽヘ       , ,イ
.ヾミxv三}  ヽ`ー、:__ヽ ヘ-     ̄ ィl !
   ヾ三}   ヽ /: : ヽ `ヽ二ミ}¨ __l,x=ュ  
   〃ゞ' ヽ   ∨: : : : : `: ー―-'寸三ミ}
  〃   ヽ   }: : :、: : : : : : : : : : :Vミ三!
  {{      }  l: : : :ヽ: : : : : : : : : : `tリ


   「そして、彼女は僕に質問してきたのだった」

337 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:14:19 ID:O7UHVrUo


   「彼女の質問は、とても比喩的なものだった」

          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ     
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ    仮に、の話でね、私たちが沙漠で遭難したとしましょう。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、  
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ   そんな、少しでも水分を摂らなきゃいけないってときに、
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}    一杯の冷たい水が差し出されたと想像して。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}   でも、水は一人分しかなくてね、
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}   二人で分けると共倒れになる程度の量しかないわ。
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● )    |  …オッケイ、想像しただろ。
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
           / .::::::::::::::::/:::/   `‐-、:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|


     「僕はその暗示めいた質問が、何か重要な意味を持ってる気がしていた」

        「だから、一言一句聞き逃さないように、細心の注意を払っていた」

338 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:15:04 ID:O7UHVrUo


   「だが、彼女の質問はあまりにも不明確だった」


       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(穀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ   それでね、やらない夫は私に水を渡してくれるの。
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′  『真紅が飲むべきだろ!』なんて、格好つけてね。
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)   格好つけてって…
             |        ノ     うん、悔しいけど言いそうだろ…。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\

339 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:15:27 ID:O7UHVrUo


  「だから、僕は彼女が何を思っているのか、分からなかったのだ」


   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠, でもね、そんな水を私は捨ててしまうの。
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ 『私だけ生き延びたくないのよ!』なんてワガママでね。
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   せめて、あなたに譲ればいいのに、
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |      ばしゃーっと全部、流しちゃって。
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |     ……そんなことをされたら、あなたはどう思う?
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |



           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  あー…そうだな…
          '、`⌒ ´  u  |
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V


    「とはいえ、何かを答えないといけないと思い、僕は考えた」

      「それでも、考えれば考えるだけ、分からなくなっていった」

340 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:16:22 ID:O7UHVrUo


    「結局、僕は素直に思ったことを口にした」

     「意図が分からない以上、仕方ない。そう思ったのだ」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)   そりゃあ、流石に怒るだろ。
          .| U   (___人__)
           |     ` ⌒´ノ     いくら真紅が相手でも、なぁ。
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',



        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/   …それは、自分に水を譲らなかったから?
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
  /        '  :::/   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ
,/     - 、 _ノ ::::::/   {::::::::::     >- ─ `フく"<


   「だが、彼女から返された言葉に、僕はまた首をひねった」

341 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:17:08 ID:O7UHVrUo


 「それは、彼女があまりにも的外れな質問をしてきたからだった」


                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    |
                     (__人___)     .|   いや、違う。
                          '、           |
                         |        |   俺が怒るとしたら、真紅が諦めてるからだろ。
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i



  r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:入:_;ノ⌒ヽ_乂.:.:.:.:入___
  |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.__ノ           ヽ、.:.:..:.:.}_
.   ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:___)   |          ’: ̄.:.:}
    {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i| :.:.___;}__|__ ,!斗'   .! |    '..:.‐〈
  ./`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil::y´ |  ノ' |   '! |ヽ   ' :.:.:.ノ
  /   // l:| } {l(穀} } j :i   i .,.z=ミ:,  /ハ,| , , .リフ′
. /   // ///|:.:ゞニ彡'l .|   |イf.::_t! }/ ,.ィ圷. ハ/     私が――諦めてるから?
.,'   // /// ヾ;.: ト:i:i:i:iL|   | ゝ=’     .j;ソ|./ン
.|  // ///   |.:ヾ;\i:i|   l        '  }ヘ\
.! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ     _     八 \ 、
.| |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  ト、  ´¨   .イ .|   \ \
.l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. !`iミー- ´,/'|. .|     ) .)
.| i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ / ノ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:》 .|   / /
.l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' イi:i:={ { {匂)l}:i:i》 |./ /


   「そんな彼女は、僕が口にした言葉の意味が分からないのか、驚いているようだった」

342 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:17:34 ID:O7UHVrUo


   「彼女が何を言おうとしていたのかは分からないが、
     とにかく、僕は自分が言ったことの意味を彼女に伝えた」


             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\   そう。
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|
            l / y 「'i___人___)  | そんな状況で水を真紅に譲るのは…
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |  やっぱり、真紅に生き延びてほしいと思ったからだろ。
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___    それなのに、死ぬことばかり考えられたなら、
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _   俺はやりきれなくなる。
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l



            __ __,.
      「`ヽ´ ̄`フ.::::::::/´  ,. -‐'′{::::し'.:::::::イ
    . ィ⌒ヽ  /.::::::::::/       ハ:::::::::::::!::::)
    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ   ……。
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j | 
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!
 /       ,ノ.:/ /.:::: ` ー 、ーヘ〈ゝ--=ァ
    /⌒Y .::::/  (::::::.     下不厂゙ぐく
   r '   ノ.:::::/ .イ )::::i    | ̄j ) `ヽソ
.   \:::`ヽ//.::/.::::::i    `ヽヽヽ (

343 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:18:07 ID:O7UHVrUo


    「説明が終わるころになると、彼女がうつむいていることに気づいた」


               _______
             /    \,-、__
           /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ  だからその、自分勝手だけど怒る気がする。
           | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
           |  (___人___) 〉-‐‐´ l   …恥ずかしながら。
           .|       u 〉--‐´ l
            |        iヽソ   l
           Λ      ∧`;"   '、   出来れば、『骨は珊瑚、眼は真珠』のふたりのように、
          __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_    行き着くところまで行き着いて欲しいだろ。
    _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
  ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
/ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



ゝ:::::::::::::L__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー- 、,r  ':::::::::::::::::::::: |_/rヽ
(::::::::::::::::::f:::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ::::::::::::::::/_ イ二二 ヌ
 \:::::::::::::つ:::::::. \::::::::::::::::::::::::::::.|   |:::::::::::::::::::::::::::!ニニ´ ' /
  (::::::::::::::::ゝl::_ _:::::::::::::::::::::::::::ー┤   |::::::::::::::::::::::::::ノ\_//
   jゝ:::::::::::/`ーj:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|   |ッ:::::::::::::::::rイヾ ー'\
     \/    /  ゝ__,:::::::::::::::::::: |   |:::::::::::::::::_:(  l! |   |
.       Yl!  |    ゝつ:::::::::::::: l, 、 /:::::::::::⊂´  ノ!/|   |     …そう。
      | !|  ,、   ト, ヽr、::::::::frtッゝ::::::::rイ  / | |   |
      ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |    …私はそんなことまで、考えてなかったわ。
             >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |
          ノ ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
.          | | .‐、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |
.          | |   ,>/ .| ,.トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
.          | | <r,<ヽ..|./│/ /`ー <_,j  |   | |   |
.          | |   ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ゛ヽ |   | |   |
.          | | /  _j/ . __,∠ノ::::::::\:::::: ヽ|   | |   |
.          | |.イ_,〆/ _,, -―r゙ :::::::::: \::::: ヽ  | |   |
.          | .∠, / ´!   ∠_::::/ l:::::::::::::ゞ :::::.、 | |   |
.          | | |`ー ̄ 二ノ/::/  .:::::::::::::::::::::: ヽ│ !|
.          | |  ヽ  /   i/ヽ::::  :::::::::::::::::::::::::\ l|!


     「僕はなにか失言でもしてしまったかと思い、居心地が悪くなってしまった」

344 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:18:40 ID:O7UHVrUo


   「しばらく経って、彼女が顔を上げると、
      少しだけ困ったような笑顔がそこにはあった」

              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ    ・・・答えてくれて、ありがとう。
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'  
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'     少しだけ、何か掴めたような気がするわ。
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ
     | | /    j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_
     | | |       ク ∧/r-┴-┤ リ  r,i'__



                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (=)(= )    |
               (__人___)     │  あー、その、こんなことしか言えなくてすまん。
                   '、'ーー´   'J |
                |        |    意味なく、真紅を責めてるみたいだろ。
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |


       「一体、どんな失言をしたのだろうと、僕は心中で焦ってしまう」

345 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:19:05 ID:O7UHVrUo


     「結局、僕は、彼女の質問の意図が分からないままだった」


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   いえ、あなたと会わなかったら、
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、     こんなことを考えなかったでしょうし…
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}     いま気づけて良かったこともあるわ。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}        ――怒ってくれて、ありがとう。
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}



            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)
          .| U   (___人__)   どういたしましてって言うのも変だし…
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、   こちらこそ、いつもありがとうだろ。
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


     「正直に言えば、今でもまるで分かっていないから困りものだ」

346 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:20:49 ID:O7UHVrUo


 「繰り返すようだが、僕は焦っていた。それが顔に出ていたのだろうか」

   「やがて、今まで困っていたような顔をしていた彼女が、大きな声で笑い出したのだ」


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : : 
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :   ふふ、
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :    あなたって、本当に変な人だわ!
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /   _x=== ト、::::::::::代`
       |l|    X´i l\l  レ'  rテ´    .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、  _==ヾ、           l i| 〈::::}: : :
         `  \| k'x゙              ,//.| 〉,': : :
                  ハ     、   ァ    // | |: ;/
             | ヽ    ヽ '   .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉   面と向かって言われると
                   ノ U   { )     j     キツイ言葉だろ、それ。
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r        …というか真紅も大差ないだろ…
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,


     「僕はなぜ自分が笑われたのか分からず、
        ただ笑われるのも癪だからと、彼女に毒づいたりもした」


       「だが、僕の抵抗はあっけなく終わってしまった」

347 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:21:13 ID:O7UHVrUo


   「この日、僕が分かったのは、彼女と口喧嘩をしても勝てないということぐらいだ」


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  あなたよりはマシだと思うわ。
            /::::::イ  i  :|    |ハ  / ! --j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 /,ィレ'_ _,jハ |ト イ  .|.| | ハヾ;;、  
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/´爪「;;うiヽ| ! ||:イ   .|.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从     V:ヅ'’| ! ||彡  ,.任i!   V/シ
                 |   ヽ八 .{:心      〃 .| ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧Vツ          | ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ〃 ′   ノうi .| ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人.   < ´ノ  | ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ| ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!::::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  廴{:::::::::人::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::::: ヽ |



       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/   えー、そこで拒否するのか…
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /     地味にヘコむだろ…
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|


    「僕は数分と持たずに、まともな返しが出来なくなっていたのだ」

     「そんな自分が少し情けなくて、僕はそっぽを向いた」

      「有り体に言えば、拗ねたのだ」

348 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:21:41 ID:O7UHVrUo


   「だが、彼女が放った言葉で、僕は笑ってしまった」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ  でもね、やらない夫。
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧   あなたは変な人かもしれないけど――
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |




          L   .::::::::::::::: '                 (_,-、 |:::ヽ \      イ_
         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ   ――私はあなたに出会えて、良かったわ。
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽ ___ヤヾ' lゞ!,ハl |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ 彡≠≡ミ        _メ_!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ   ¨ ¨          メ≡≠ミ |!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l                ¨ ¨ ./ イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \


    「その言葉は魔法のようで、僕の中に深く染み渡るのだ」

      「僕の心の中で、パレードの行列が大騒ぎで走り始めるような言葉なのだ」

349 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:22:06 ID:O7UHVrUo


   「その日、心に灯った小さな火が、
        もう一度燃え上がるのを、僕は感じていた」


                        ,′
                     /
                  ,..、 ィ/
              丶  / V/
                `Y  i′
                ィケ  ト、
               /{'⌒'} `丶
                 /  ヽiノ
             /  ,r'┴'ヽ.
              .    ,イ::''n::::,f'
                i:: ll::iYll!
                !:: :l:: : :l
                l::l l:: l ll
                 {i l:: . l!
                |j:i:::::li l,
                }i::::::::ll !
               (!..:::::..lll      ,ノ入
                l...::::::..ll     fy' l l!
          .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
       r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
       `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
       ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
    . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..
    : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:
       : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :


   「僕は彼女に何度も恋をして、何度も胸に火を灯している」


       「その度に僕は、優しくなりたくなるのだ」


          「少しでも、少しだけでも」





                   つづく

350 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:23:35 ID:O7UHVrUo

ということで、第六話『骨は珊瑚、眼は真珠』はここまでです。
今回、土台にさせてもらったのは池澤夏樹さんの同名小説でした。
池澤さんはユーモラスで、それでいて知的な雰囲気が漂う作家さんで、>>1が敬愛してやみません。

そんなこんなで、現時点で本編6話と番外編1話を投下させてもらいましたが、
本編は残り数話で終わる予定です。

なんとか終わりまで書き上げてみますので、どうかお付き合いくださいませ…!

351名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 22:25:23 ID:5wYiWlwE
乙でした!

>>本編は残り数話で終わる予定
確かに物語が終わりに向かって動き出してきた印象がありますね。
最後、やらない夫と真紅がどういう結末を迎えるか楽しみにしています。
どうか、二人に幸せが訪れますように。

352名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 22:25:34 ID:4WQlr8zQ
乙です!

353名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 22:27:26 ID:RI1KBelw
乙でした
真紅はやらない夫の思いをどういう風に受け取ってくれたのかな…。ムズムズする

このスレは今回の小説と同じく、少しだけ不安で、寂しくて、それでいて温かい複雑な気持ちにさせてくれますね
もちろん最後は救いも、ね?(チラッ

354名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 22:27:49 ID:KKy/m9mw
乙でしたー
「骨は珊瑚」という文を見て小学生の時に沖縄旅行に行った友達からもらった珊瑚の欠片と
やらない夫と同じ14の時に体験した兄の葬式の時を思い出しました
2つって似てますよね
違いは珊瑚の方が穴ぼこな位でしょうか
「骨は珊瑚、眼は真珠」是非とも読んでみたいです

次回も楽しみにしてます!

355 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:27:50 ID:O7UHVrUo
(すみません、横幅をオーバーしてしまった>>348の訂正です)


   「だが、彼女が放った言葉で、僕は笑ってしまった」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ  でもね、やらない夫。
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧   あなたは変な人かもしれないけど――
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `



         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ   ――私はあなたに出会えて、
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//             良かったわ。
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽ ___ヤヾ' lゞ!,ハl |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ 彡≠≡ミ        _メ_!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ   ¨ ¨          メ≡≠ミ |!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l                ¨ ¨ ./ イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \


    「その言葉は魔法のようで、僕の中に深く染み渡るのだ」

      「僕の心の中で、パレードの行列が大騒ぎで走り始めるような言葉なのだ」

356 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:33:49 ID:O7UHVrUo

     、__ __
     Y´、。ハ   >>305-306さん
      V人` \  待機、ありがとうございます!
       }  }` ー'
    , 彡  j    >>307さん
   〃 }  ,ハ    今さらですが、何の文庫本で前を隠したのか気になる>>1です。
.  /,  / , ,;リ     ありがとうございます!
  , //,イ, , ; ;/
  i'//イ{; ;. イ    >>308さん
 小У!{'´ !{    これはまた嬉しいご報告です!
     }{  }{     幸福な食卓はほのぼのと良いですよね。
     }{  }{      パイロットフィッシュは性描写で賛否が分かれるらしいですが…
              お気に召されたのならば、なによりです!
                ありがとうございます!

357 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:38:50 ID:O7UHVrUo

     、__ __
     Y´、。ハ   >>351さん
      V人` \  少しずつ話を動かしていけたらベストなんですが、
       }  }` ー'  ちょっと早足になってしまったなぁ、と反省してます。
    , 彡  j      ですが、そういってくだされば幸いです…。ありがとうございます!
   〃 }  ,ハ     
.  /,  / , ,;リ     >>352さん
  , //,イ, , ; ;/     閲覧、ありがとうございます!
  i'//イ{; ;. イ
 小У!{'´ !{     >>353さん
     }{  }{     ご感想、ありがとうございます!
     }{  }{      最後は立場上、言及できませんが、また出来上がり次第、投下しますw
              よろしければご一緒に見届けてくださいませ…!

358 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/20(火) 22:49:47 ID:O7UHVrUo


     、__ __
     Y´、。ハ >>354さん
      V人` \  閲覧ありがとうございます!
       }  }` ー'
    , 彡  j   そうですね、きっと珊瑚と見た目が似ている
   〃 }  ,ハ   というところから、あのタイトルがきているのだと思います。
.  /,  / , ,;リ    (それにしても、これもまた、秀逸なタイトルですよね)
  , //,イ, , ; ;/
  i'//イ{; ;. イ     よろしければ、またご覧になってください。
 小У!{'´ !{       もしかしたら、なにか得られるかも、です。
     }{  }{
     }{  }{


【突発的なひとり言】

                    / /          > ミ`ヽ`ヾミ
                  / 〃        /     `ヽ`ヽ`
                    {/{    , ,斗=彡'        ミ   驚いたことなんですが…
               厂人   xく(::::))У       ミミ  
                 /: :' : : >、 `ヽ<ノ   U    };'  以前より読ませていただいていた、
                  /: ;' : : '    > 、r‐-'        }′  「甘ったるいお茶会を開く」スレの作者さんが、
               /:: '      ´   ∧ヽ='       /   このスレを見てくださっていると書かれていました。
                /:/         /  V}    彡 /
             /:/         /   ;  ,  "  /         いつもニヤニヤさせてもらってるので、
              /:/        /   ; /     / -‐=ァ=-‐=ァ   なんというか、本当に嬉しいです。
           /:/           , '   /'"      /´ ニ=-‐=ァ-‐=ァ
            /:/       /   /       iし'⌒
         /:/         /   /        `ヽ        まとめてくださってる方々や、
          ,.:::;      /  . "     }      `ヽ        コメントをくださってる方々もですが、
       /.::::{    ≠   イ      人      `ヽ         本当にいつもありがとうございます!
         {:::::::レ.::〔.   ´  }      /,  ヽ`ヽ`ヽ`ヽ
       \::r‐= "´    }       /,                 …いやー、本当に驚きました。
          `          }       /,

359名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/20(火) 23:44:39 ID:GkdFQqUE
乙乙
池澤夏樹氏の著作は全部読んだわけじゃないけど、「バビロンに行きて歌え」をタイトルだけで衝動買いしたなぁ
あと手元にあった文庫本は飛浩隆氏のグラン・ヴァカンスです。ハードカバー本は買いたくても部屋が狭くて・・・

360名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/21(水) 18:11:55 ID:3aS5xDTA

やはり真紅×ない夫はいいね

361名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/21(水) 18:19:42 ID:3JMcUakM
攻めの真紅……だと……

362名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/21(水) 20:03:49 ID:XMmRGuks
真紅さん原作だと武闘派ですし・・・

363 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/21(水) 21:58:01 ID:Gnu9tQ56

     、__ __
     Y´、。ハ   >>359さん
      V人` \   池澤さんはタイトルのセンスもいいですよね。
       }  }` ー'    ハードカバーは確かに…です。
    , 彡  j        我が家では1Q84が明らかに場所をとってますw
   〃 }  ,ハ      ご感想&閲覧、ありがとうございました!
.  /,  / , ,;リ
  , //,イ, , ; ;/     >>360さん
  i'//イ{; ;. イ     個人的に、真紅とやらない夫の組み合わせが大好きなのです。
 小У!{'´ !{       閲覧、ご感想、ありがとうございました!
     }{  }{   
     }{  }{    >>361-362さん
            このスレの真紅さんは、原作からかなりかけ離れてますよねw
              我ながら、すこし反省しています。
             閲覧などなど、ありがとうございます!


【突発的なひとり言】


         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .!
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈 .: .: !  昨夜投下したあと、ラストが見えてきたからか、
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!   一気に第七話を書き進めることが出来ました。
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′  もしかすると、明日にでも投下させてもらうかもしれません。
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ   あと、その勢いが続けば、第八話も今週末には投下出来そうです。
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ      そして、第八話を最終話として、なんとか話をまとめたいと思います。
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ ',
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',      完全に勢いだけで書き始めてしまったスレですが、
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',       なんとか終わりまで書いてみますので、あとすこしお付き合いくださいませ!
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.
   /.:,′. :. :.:.:.:. ``"´         ヽ;:;;;',
 /.::::/ .: .: :::::: :.:.            ヽ;;;;;',

364名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 00:12:30 ID:vs4rdKTY
いや単に>>360で真紅がかけ算の前だったのでね

365名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 03:06:14 ID:JvC5b9Zo
読書待機
まぁやる夫スレにおける薔薇乙女は原作から100億光年離れてるのがほとんどですし
むしろ本好きな分原作に近い要素がある真紅とも言える

366名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 13:50:58 ID:BGtWvt9s
乙です

367 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 19:01:26 ID:awMx2fZQ


 【投下予告】


                -‐‐‐-
             /       \
           /            ハ
              i{、     l      ノ }i  無事に第七話が完成したので、
               } 込、、,,人,  x汐 ,{   本日22時より投下いたします。
             八  〃´ l `ヾ   }
              {  Yi{   |   }iY  ;
            ',. |i{   : | :   }i| /
            ',. |i   |   i|.イ    よろしければ、ご覧ください…。
            ',.|i    |    i| ;{
             ∧i  , | ,  i/∧
             / ∧i  |  i/ '' ∧
             _/ //∧i { .. } i/  //∧
            〃    \.:./   ///ヽ
           /, , ,       "      ' //∧

368 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 21:59:23 ID:awMx2fZQ
それでは、時間になりましたので投下いたします。
今回のBGMはこちらになります。

http://www.youtube.com/watch?v=kGzOHGg0oe8

では、よろしくおねがいします…。

369 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 21:59:53 ID:awMx2fZQ


   「どんな話であっても、終わりは来る」


           ____
       ___..._/二二二ト、 r‐ュ
      r┴┴‐┼──‐弋三三マヽ
       I.>-─┴─ 、:.:.:.|─‐9|<7
    ./´ ´¨`ヽ`ヽヽ::::::ヽ::::|}}─ j|^:|
.     l::;′   Y:::::l:::l::V:::',:::::!|!ュ :.|:::{
    l:::|     ||:::::|:::|::i:::::}⊇:| .:.:.:ト、I
.    ヽヽ __ノ/.::/::/:/:::/:::::::|::.:.:.:i::::i
     'マ=∠∠∠::::∠ :/:j.i::::::::j::::j
       ̄ ̄ ̄ ̄[___◎] ̄ ̄ ̄ ̄
             [_o]=ニニ二⊃
             | |
             | |
.              __|-:|__
            /○人Λ
              /:::::/ ハ::::V


    「終わらないことを夢見ていても、だ」

370 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:00:19 ID:awMx2fZQ


   「ゆっくりと、だが、確実に時間は流れた」


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::        /
::::::::::::::::::::     ∠/」       /_l      l[l.|
::::::::::::::    __  ||」」      |  |       [l[l|
:::::::::    /  /| ||_||      /  ̄|       ll[l| | ̄ ̄\
::::::     /  /」」| ||_|     /   .|     Ll| | \  \
:::::::. . /  / 」 」」| ||    /    |       .l |、L \  \
::::. /  /:」」」」」」|      /       |        |L\LL\  \
./_/」」」」」 」/!    /________|        |\ '`|LLL\L \
__::::||」」」」 /」 |    |        .|        |  \L \LL| ̄ ̄
. /| ||」」  」       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          \
' 」」| ||  」        ./        |
」」」| |          /           |                     ::::::::::::::::::::::::
」」」|          /.           |           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /            |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   「矮小な僕たちがどれだけ抵抗しようとも、押し流すように時間は流れた」

371 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:00:45 ID:awMx2fZQ


 「僕は今までのことを振り返ってきた」

  「何度も何度も、振り返ってきた」


|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |


     「大切なことをひとつとして、見落とさないために、だ」

372 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:01:10 ID:awMx2fZQ


   「あの時間を忘れないために、僕はもう一度、本を開く」


                      | `ヽ、
                  |\__.|   `ヽ、
                  l::::::::::::::|      `ヽ、
                  l::::::::::::::|        `ヽ、
                  .l:::::::::::::|          `ヽ、
                   l:::::::::::::|            `ヽ、
                   .l::::::::::::|              `ヽ、
                   l:::::::::::|                `ヽ、
                    l:::::::::|                        |
                    .l::::::::|                        |
                    l:::::::|                        |
                    ヽ::::|                     .|
                     ヽ::|`ヽ、                     |
                _ ___ ノ   `ヽ、                  |
                , ..:::::::::::::::/      `ヽ、.               |
             /.:::::::::::::::::/`ヽ、       `ヽ、:             |
           /.:::::::::::::::::::/    `ヽ、       ヽ           |
         /::::::::::::::::::::::/        `ヽ、     `ヽ、         |
       /.:::::::::::::::::::::/            `ヽヽ      `ヽ、     |
       /.::::::::::::::::::::::/              :  ヽ、      `ヽ、  |
     \.::::::::::::::::::/                    `ヽ、      `ヽ|
      /.::::::::::::/                        `ヽ、       |
        \.:::::/     .                     `ヽ、   ノ
        /                               ヽ/
       ヽ、.                                /
        `ヽ、                            /
           `ヽ、                       /
             `ヽ、                   /
                ヽ、.               /
                 `ヽ、           /
                    `ヽ、       /
                      `ヽ、   /
                         `、/

373 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:01:37 ID:awMx2fZQ
||||||||||| |||||||| |
||||||||||| |||||||| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
‐-!!!!!!| |!!!!!!| |
  `‐.i |!!!!!!| |
≧=ュ、 `‐-.! |
ュ、三/| |≧ュ、.|
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |       「たぶん、これが僕の原点の話だろう」   
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
L|:.|:.|::| |ニニ| |
  ̄ ̄ `ー-'...|
===-i r--. i |
三三|l| |三ニ|.|
三三|l| |||||||| |
三三|l| |||||||| |
i i i i !l| |!!!!!!| |
i i i i !l| |!!!!!!| |
l l l l !l| |||||||| |
l l l l !l| |||||||| |
l l l l !l| |||||||| |
l l l l !l| |||||||| |
i i i i !l| |_!」l」 |
―  ̄   ...|

374 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:02:34 ID:awMx2fZQ





    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
          7.「アジアンタムブルー」




              ,-r_'Zヽ1Yヾ_ュ-、
           r'`7ヽ,イ_スTゝ‐zヘjヽ.
         l`スZ_Y_い_,-ヘlイ_j、T,ゝ7
        _,ト'Tヽ_ノ、 メ、7イ-rヘいKス._
        ヽレv'ート、/7-、f`ナV-、ハノ、lヽィ′
        ,レ'Tー!7´ト、_K´Yヽノ、j-イ゙Y、
        ,ゝiくヽレくY_ノvヽい'ーくメゝト!、
           レ'人ノ`{二XX二}`;ヘレ′
            ´     /{/}\    `
                 └v{/}v┘
                 {/}
                 {/}
                 {/}
               _{/}_
                i´‐一''┴─`i
              l∧ ∧∧ ∧l
              `l工 工 工l´
        __ __ _|_|_|_| ____ _ _
.         ニニ/ / l_|_|_|_l. / l |ニニ
       ニ/ / /  /  /  / 釗 |ニニ
       ̄` ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ´ ̄

375 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:03:04 ID:awMx2fZQ


   「それはそう、もう冬も終わろうとしている頃のことだ」

    「彼女と僕は、変わらずに図書室で本を読んでいた」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)   うぅん、一番好きな一冊、か。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',



                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─−……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─−‐{
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ  そう、やらない夫の好きな小説を
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y    一冊だけ教えて欲しいの。
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
-、      ,.─、 イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
. ..:\   //\\:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
.::.  \// ,.::  \\::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.:// .::"      \\フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  //   /\  ::.. \\::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
// ..: /   \ .::..  \\/ /::::{ {/::._::.', l  |l

376 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:03:29 ID:awMx2fZQ


    「彼女が僕に、一番、好きな小説を教えて欲しいと言ってきたのだ」


                     / ̄ ̄ \
                     ⌒´ ヽ、,_  \
                      (● ) (● )  _,-|、   こいつは…難しいだろ。
                 (__人___)  r' l |.lヽ    …真剣に悩みたいから、一週間ほどもらっていいか?
                    '、`⌒ ´   l i | l} }
                    |       l l, |. l ノ__ _
                   |     /    /ィ::::::::.. ヽ
                  _,,ィ'´:::ヽ__、_r'´   /:/:::::/::::::::. ヽ
      __    __ ,. ''´..::::::::::::::::「:::::人__..ry:::::::::::::::::::::::::. ',
   ,.- v ヽ r´ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::: l
  rー、 ヽヽ }_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::ハ:::ノ::::::::::::::::: l
 r ヽ ` 、_」イ_] |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::: i
 i >、_〉-".| ,,,,,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:「 ::::::::::::::: !
 ヽ   ) | | ,,;;'' |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::: |



       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
      _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
      (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
     `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
      「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
      (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、
      ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \  えぇ、あなたの好きなペースで構わないわ。
      V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
       i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ   ゆっくり悩んで頂戴。
      Nトト.:ト.::V笊V:/ ,.ィ笊〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i
         `>.:.ヾヒツ   ヒ ツノ ,/:ハ;:/__/.;:ハ:i i
          //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |
         .// .l.:.ト、  r‐ァ   ノ .l レ'′    |:l |
        l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |
         | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
         | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
       f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |


    「僕はその問いに即答できず、数日の猶予を貰った」

377 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:03:53 ID:awMx2fZQ


   「彼女が言ってきたのは、僕の好きな本だ」


.                _______
               /    \,-、__
             /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
             | (● ) (● ) ,.! ┴-'、  つまりは、真紅の好みに合わせたら…
             |  (___人___) 〉-‐‐´ l   意味がないってことだろ。
             .|         〉--‐´ l
              |        iヽソ   l
             Λ      ∧`;"   '、
            __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
      _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
    ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
  / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}


      「もちろん、彼女の好みに合わせることも出来た」

       「だが、僕は自分が本当に好きな本を選びたいと思った」

378 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:04:21 ID:awMx2fZQ


   「しかし、そうは思っても、僕が好きだった小説は既に紹介していた」


               / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
              /       \        [二二二二二二
              |          |       _|_|_____
              |          |       |:|      | |;| .| |   えっと…
              |          |       |:|      | |;| .| | 
                  |         ,'        .|:|      | |;| .| |   …あぁ、このあたりか。
                 j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
             ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
           / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
           / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
        / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
         / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


      「その上、読んできた小説に順位をつけるのは難しかった」

        「なにを一番にすべきだろうと考えながら、僕は家にある本を広げた」

379 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:04:48 ID:awMx2fZQ


    「僕の捜査は難航していた」

     「どんな本も、読めばやはり『良い』のだ」


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( =) (=)   うーむ…悩ましいだろ。
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


      「この中で特別な本を作るとなると、本当に難しい」

380 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:05:10 ID:awMx2fZQ


    「僕は、自分の中の一番の本を探すために、いくつかの本を読み始めた」


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i


        「それは、以前にも読んだことがある本たちだ」

381 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:06:00 ID:awMx2fZQ



    「僕は基本的に、読み終わった本は古本屋などに売り払ってしまう」


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂

                      __________
                   r´ ´\                \
                   (    \                \
                    \     \              \
                     \     \                 \
                       \     \                 \
                         \    \                 \
                         \    \_________\
                               \   r´=========r´
                                \ 《 三三三三三三三三三=
                               ヽゝ==========ゝ


         「だから、家に残しているのは、本当に気に入った本だけだ」

382 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:06:25 ID:awMx2fZQ


   「そんな、数少ない小説を再び読み返すのに時間はかからなかった」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)  …なるほど。
.             |    (___人__)   
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ


    「そして、小説とは面白いもので、読むものの心境の変化があれば、
 
        何度読んでも違った印象を与えてくれるような気がした」

383 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:06:54 ID:awMx2fZQ


   「僕はもう一度、読んだ本を並べて、考えてみた」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)  …。
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


     「小説は、読み手の心情に応じて形を変える」

       「ならば、僕がいま、一番好きになった本はなんだろう」

      「そのようなことを、僕は考えた」

384 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:07:16 ID:awMx2fZQ


   「結局、僕は五日ばかりの時間をかけて、一冊の本を手に取った」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |   …これ、だろうな。
              |         |
           |        |
            ヽ      .イ_
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |


       「そして、その本をカバンに入れると、大学に向かった」

         「おそらく、彼女はいるだろうと思ったのだ」

385 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:07:41 ID:awMx2fZQ


   「僕の予想はあたり、彼女と無事に会うことが出来た」

    「そして、いつもどおりの挨拶に、いつもどおりの挨拶を返した」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ   あら、おはよう。
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i::::


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)   おう、おはようだろ。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

386 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:08:24 ID:awMx2fZQ


   「僕たちは差しさわりのない世間話をしながら、
                学内のカフェに向かった」

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)  俺的には実写化もありだと思うだろ。
          |     (___人__)
          .|        ノ  ただし、キャスティングにはうるさくなるけど。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   そう?
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、   
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ  俳優も好きだし、原作も好き。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ    だけど、何か違うってことがあるわ。
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}    それがあるから、私は否定派かも。
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


 「さすがに、図書室で談笑をしつづけるのは気がひけたのだ」

387 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:08:49 ID:awMx2fZQ


   「カフェはまだ朝だということもあって、空いていた」


         |    ...:;;|
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|    O   O     O
         |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
    ______,|    ...:;;|_____  i ̄i  ||  i ̄i
    |     |   ... :;;|      |
    |     |    ...:;;|      |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         \
                           \
二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二|

                   ,.-─-、
                  /     .',
                  i      i    お、あの机が空いてるだろ。
                   !     ,'   _
               ノ__ /    i }_
            _,.ィ':::::::::::::::::`ー─ <//γ、
         ,.-‐'´...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`、. r_j
          /´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } }
       / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::イ-〔、
      ,ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::: {::::: i
      冫:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.:::::::::::: i:::: l
    /.::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i::: l
   イ.:::::::::::::::::/`,::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i、:i
  /.:::::::::::::::::::<ー- 、| ::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::: ノ


         「僕たちは机に座ってから、また話の続きをした」

388 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:09:24 ID:awMx2fZQ


   「そして、適当な頃合を見計らって、僕は彼女に小説の話をした」


           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)  そうだ、この前、話をしていた小説だけど、
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |    しっかり悩んで決めただろ。
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::


         ,、   ):::::::::::::::::::ゝ_   ノ:ヽ、
       /:::::`ー'´:::::::::::::::::::::::|:::`ー'´:|::::::::ヽ,
       ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:::::( ̄:l
     ,、_ノ:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l:`ー.'`ヽ_   .,.、
.     /:::::`ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:)‐ /r、ヽ
    i::::::::::::::::::::::::::::::::,、-‐' ´ ̄ ` ' ー- 、:::::::::::::r‐'´!ゝ‐、=≠ヽ
    ゝ―‐:::::::::::,ィ'´              `ヽ,::::i:::::::|、:::::::ヽ ̄〉〉
   ,、_ノ_:::::::/                ヽ:ヽ:ノ∧:、-'ゞ=".i
.   i::::::::::::::::/      /     ヘ      ヽ .',:::)∨ヘゝ‐、.  l
.  l::::::::::::/   /   /       .l      ヽ ノ´::::l  l::::::リ   l
.   つ:::::i   l    l       l       l∨:::::l  l:イll.  l   あら、案外早かったのね。
   /::::::::l l.  l    l.        l   l  l   .l ヽ_::|  |:::|||.  l
.  ヽ:::::::l l   l     l l      l!  l  l   l .l ノ:l /:ノ|||.  |
   /`ーl l  l  _ll l、      l!l__/!_ l! l .l l/:::/./::| l |ミ|  l   あと数日かかるかと思ってたわ。
   /  (、!ヽ ヽト、l! ll`\ l  l /´|/ l//!`/ //フ:/ィュ::ノ. l|ミ||  l
.  /   l`ー、ヽ!ヽイ んテョ ヽ!/´ rョモハ、l/l/ //:ィ<トリ´  l ̄  .l
 /    .l  `'十 i 弋::ツ  `   .弋::::ソ´ l l ノ 弋ソ.   l    .l
./    ,'  ,ィ.l .lヘ. `´  、       ̄  ,.| |`i_.      l     l
    /,、_/::::::l .l: :ゝ、   ー -    /‐l l!、::::`ヽ、__ |     l
   /´::::::`ヽ/ i l::::::::::::::> 、,  ,  <::::::::l l.l:::`ヽ:::::\::: ̄)   l
  .__i::::::::::::::::/ /! l'´::::::::::::::リノ`´、ヘ::::::::`ー:l l l:::::::::〉:::::::\:(_,、-―、


      「彼女はもっと時間がかかると思っていたようだ」

389 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:09:58 ID:awMx2fZQ


   「僕は自分が選んできた小説を彼女に見せる前に、
                     もう一度、自分で見た」


          / ̄ ̄\
        /   ヽ_  \
        |    (⌒ )(⌒)
       . |     (__人__)  まぁ、一冊と言われたら、なぁ。
         | U   ` ⌒´ノ
       .  |         |   それなりに迷うだろ。
       .  ヽ       |
          ヽ   __ , _ ノ     だけど、俺が選んだのはこの小説だ。
        _,,,, 「:::ー----ー"::i、___
   _,,..r''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`''ー-、
  /::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..ヽ
 ノ ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/}
 l :::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::::/::::ハ



          r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:入:__;ノ⌒ヽ__乂.:.:.:.:.入___
           |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:__ノ         ` く:.:.:..:.:.}_
          ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.___)    , イ       ∨ ̄.:.:}
            {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:___;} /  /| |  .|      ∨.:.‐〈
         /`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil_y´ | イ{;‐/‐l‐!、 ,!  | |     |:.:.:.ノ
          /   // l:| } {l(穀} } j:.|   | 从/ミ 乂_ノl! / イ  |  .|フ′  『アジアンタムブルー』、ね。
       /   // ///|:.:ゞニ彡'l:.|   | 〃r'.:ハ `ヽ}_/.ム|  .|. リ
       ,'   // /// ヾ;.:.ト:i:i:i:iL|   | 八え:ソ      ん:} .ハ /      あら、この作家さんは…
        |  // ///   |.:ヾ;\i:i|   l   ''       弋ソ| / ン
       ! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ        ′'' }ヘ \
        | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l     ー ‐   八 \  、
        l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、        /l |   \ \
        | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ辷=-=彳 .l |     ) .)
        l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 l |  / /
        | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:》.l .| / /
        | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》l .(  (


         「そして、やはりこの小説だ、と思ってから、彼女に渡した」

390 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:10:24 ID:awMx2fZQ


   「僕が選んだ小説は、『アジアンタムブルー』という小説だ」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)   そう、『パイロットフィッシュ』の人だろ。
             |        ノ
              .|        |     俺はやっぱりこの人の小説が好きみたいだ。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\



 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{    …えぇ、確かにいい小説だったものね。
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


  「彼女がすぐに気づいたとおり、それは『パイロットフィッシュ』の著者による作品だ」

391 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:10:52 ID:awMx2fZQ


    「そして、その小説はちょっとした特性があった」


   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|   どうして、その小説を選んだのか、
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |     教えてもらってもいい?
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |


             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  …実は、この小説は『パイロットフィッシュ』と
            l / y 「'i___人___)  |    強くリンクした小説なんだろ。
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |    それがひとつの理由でもある。
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l


   「『アジアンタムブルー』は、『パイロットフィッシュ』と
           ほとんど同じ設定で書かれた小説なのだ」

392 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:11:15 ID:awMx2fZQ


   「彼女はどうやら、その特性に興味が向いたようだった」


                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'‖ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ    …リンク?
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_



                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |   そうだろ。
                  (__人___)    |
                 |        |   主人公の名前や職業は同じ。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ    周囲の人も、どこか似通ってる。
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__     そんな小説なんだ。
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

393 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:11:49 ID:awMx2fZQ


   「だから僕は、その特性を説明した」


                     / ̄ ̄ \
                     ⌒´ ヽ、,_  \
                      (● ) (● )  _,-|、   どちらかというと、
                 (__人___)  r' l |.lヽ   俺は『パイロットフィッシュ』の方が好きだった。
                    '、`⌒ ´   l i | l} }
                    |       l l, |. l ノ__ _   だけど、心境の変化があったのか、
                   |     /    /ィ::::::::.. ヽ   改めて読むと、とても良かっただろ。
                  _,,ィ'´:::ヽ__、_r'´   /:/:::::/::::::::. ヽ
      __    __ ,. ''´..::::::::::::::::「:::::人__..ry:::::::::::::::::::::::::. ',
   ,.- v ヽ r´ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::: l  『パイロットフィッシュ』とは違った切り口で、
  rー、 ヽヽ }_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::ハ:::ノ::::::::::::::::: l    その、再生を描いているというのが、特に。
 r ヽ ` 、_」イ_] |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::: i
 i >、_〉-".| ,,,,,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:「 ::::::::::::::: !
 ヽ   ) | | ,,;;'' |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::: |



   r=イ: : : : : :∨: : : : : : : : /\_____
./⌒/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : :i
{: {¨: : : : : : : >  - - < : : : : : : : : ::∨ハ
廴: : : ::,. ´          ` <: : : :/: : :i
: : }ヽ, ',                \: : : : ´{
: : : /./               ヽ .ヽ: : : : ::}
:..:.:.i.,'                    ∨: :.{====、
八 |!      i|  li  ヽ  l     i:  ∨: ハ   }}
トム|!      i|  li    )ノ      |:   ∨ ノヽ=彳ヾ
:ソ:::|!   i_|__i|__ 乂  /  / i:. |:   Ⅳ  i__}}
Y司!   _从___八 `  ヽ /_/_/_|!::. |::  i 爪  | ̄ ̄
:| ハ   <T芯トミ\ \ / ,∠_ム从 !::.. ノ 八 ) :|      ――再生、ね。
:|:i ハ   Ⅵ込ツ      fモテミ爪 ノ::〃/}:::{   |
:|:i   ',  乂 ̄         ゞrケ ソイ イ/z}:::{',  !
:|:i   i  トヽ    j    ̄ /彡 彳/:/}:::{ ! :!
:|:i   |  !ト、   - -    , イ     | {_{ ム:j | :|
:|:i _| i:...| >  _  <___j   i  |  ノ:::ノ | :|
<: : : | i::::|: : :⊥r=ァ廴:_:_: : : |   ! :|.  ̄  | :|
:∨.:.:.:.| i::::|: : :辷zィ ノ-: : :.:.:.|   ! :|:     | :|
:::∨:.:.:| i::::|: : : フTT、: : : : : : :|   ! :|ト、    | :|
:::: ∨z| i::::|: :イ: : | |: \: : : :.:.|   ! :|::::::ヽ  | :|
:::::::::Ⅳ /:::/: :/: : ::| |: : .:.\ : ∧   ∨:::::::\  !


   「以前、彼女が意味深長な質問をしてきたのが、
     『パイロットフィッシュ』を読んだあとだったことを考えると、当たり前の反応だろう」

394 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:12:11 ID:awMx2fZQ


 「僕はその後、小説につけられたタイトルの意味を説明した」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    | アジアンタムブルーというのは、
          (__人___)     |  観葉植物のアジアンタムが枯れていくことらしくてな。
              |         |
           |        |   一度、このアジアンタムブルーになると、
            ヽ      .イ_    大抵のアジアンタムは、そのまま枯れていってしまうらしいんだ。
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、   だけど、その状態を抜けると、もう枯れることなく、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  青々とした葉を茂らせるんだって。
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |   そんなものを題材にしてる小説だろ。
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |



          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   ――ごめんなさい。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ  ねぇ、やらない夫。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ   良かったら、その小説を貸してもらえない?
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


    「そして、その説明が終わるより早く、彼女が僕の言葉を遮った」

395 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:12:41 ID:awMx2fZQ


    「僕はそんな彼女がどこか微笑ましくて、すぐに頷いた」

        「彼女が以前言っていたことを、真似しながら」


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)    おう、いいだろ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    というか、そのつもりで持ってきてたしな。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、   …まぁ、この先は読んで欲しい。
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^   変な先入観なしで読んで欲しいし、な。
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{     ありがとう。
       | |i     i i _」 ト、|| /   _x=== ト、::::::::::代`
       |l|    X´i l\l  レ'  rテ´    .| ト‐-,:::|:.`:    感想をまた聞いてね。
        ヽ!ヽ、 ト、  _==ヾ、           l i| 〈::::}: : :
         `  \| k'x゙              ,//.| 〉,': : :
                  ハ     、   ァ    // | |: ;/
             | ヽ    ヽ '   .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


   「彼女はそのことを指摘しなかったが、気づいていたのだろう」

    「僕たちは小さく笑いあって、その場で別れた」

396 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:13:10 ID:awMx2fZQ


   「僕は、少しずつ何かが変わっていることを感じていた」

     「それは予感と言い換えてもいいかもしれない」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)  …さすがに、講義中には読まない、よな。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\


  「だから、だろう」


   「あの日、『パイロットフィッシュ』を読んで何かを思い悩んでいた彼女に、
        僕は心置きなく、『アジアンタムブルー』を貸すことができた」

397 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:13:52 ID:awMx2fZQ


   「それから僕は、彼女が小説を読み終わるのを待った」


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l
.    l              冫.   く    さて、俺も講義に出るだろ。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


     「彼女のことだから、きっとすぐに読み終わるだろうと思いながら」

398 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:14:16 ID:awMx2fZQ


   「そして、そんな僕の予想は正しかったようで、
           彼女は二日後にはもう、本を返してくれた」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧   ありがとう。
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',    予想以上に切ない小説だったわ。
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ   でも、今の私にはとてもいい小説だった。
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |
  /  ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∨:::::::::: ::i: 八 Ⅳィ  | i



                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |    気に入ってくれたなら、何よりだろ。
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


    「そして、僕たちはまた散歩に出かけた」

      「目的地は、以前、行ったことがあった植物園だ」

399 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:14:39 ID:awMx2fZQ


   「前回、この植物園に来たときは、夏だった」

    「そのため、春になってから行った今回は、まるで印象が違った」


       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(穀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./      すごい。
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ     こんなにも花が咲いてるなんて。
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |    まさに、咲き乱れてるわね。
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|



             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  うん、だけど、これだけ管理してるのはスゴいだろ。
            l / y 「'i___人___)  |
            l   <、.l         |   きっと、色んな思いを込めて花を育てた人がいるんだろな。
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l


  「まず、香りだ。温室の入り口を抜けると、甘くて切ない香りがした」

    「僕たちはその香りを余すことなく嗅いで、空から降り注ぐ日の光を浴びた」

400 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:15:08 ID:awMx2fZQ


   「そして、植物園の中の花を眺めながら、彼女はゆっくりと口を開いた」


          r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:入:__;ノ⌒ヽ__乂.:.:.:.:.入___
           |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:__ノ         ` く:.:.:..:.:.}_
          ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.___)    , イ       ∨ ̄.:.:}
            {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:___;} /  /| |  .|      ∨.:.‐〈
         /`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil_y´ | イ{;‐/‐l‐!、 ,!  | |     |:.:.:.ノ
          /   // l:| } {l(穀} } j:.|   | 从/ミ 乂_ノl! / イ  |  .|フ′
       /   // ///|:.:ゞニ彡'l:.|   | 〃r'.:ハ `ヽ}_/.ム|  .|. リ   ――やらない夫。
       ,'   // /// ヾ;.:.ト:i:i:i:iL|   | 八え:ソ      ん:} .ハ /
        |  // ///   |.:ヾ;\i:i|   l   ''       弋ソ| / ン      少し、私の話を聞いてくれる?
       ! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ        ′'' }ヘ \
        | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l     ー ‐   八 \  、
        l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、        /l |   \ \
        | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ辷=-=彳 .l |     ) .)
        l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 l |  / /
        | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:》.l .| / /
        | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》l .(  (



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)    …喜んで。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


     「以前なら、こうして態度を改める彼女を見ると、僕は動揺していた」

       「だが、このときはなぜか、動揺せずに頷くことが出来た」

401 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:15:43 ID:awMx2fZQ


    「それは、僕がもっとも、彼女に近づけた瞬間だった」


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉     また、たとえ話なんだけど――
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、  私はね、ずっと自分が、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   『枯れた葉っぱ』だと思ってたわ。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}    私はもう、枝から落ちて終わるだけ。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三}       だから、多くのものを望んだらダメだ、って。
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´ 
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}



   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く   でもね、最近、気づいてしまったの。
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7    私はまだ、枝から落ちたくないんじゃ、ってね。
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |      色々、知りたいことが出来て…
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |       色々と見てみたいものがあることに気づいてしまった。
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |

402 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:16:09 ID:awMx2fZQ


    「彼女は淡々と、自分の思っていることを話した」


/: : : /::_::;:::::::::::::::::i /  /         \ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : /´::::-:::::::::::::::::lイ〃 /         ;,    ヾ/::::::::::::::::::::::::::::::
: : /ヾ:::-::─< フ / ,〃  / /       i    Vノ:_:_:_:::::::::::::::::
: :{ー:::::-:::::::ノ/ ,; /  / /         |     .V:::::::::::::::::::::::::
: :i>::-::::_ノ゛/ 〃/ ,,;'  /  ,;'    ,;i      ',:ィ::-:::::::::::::::::
: :lミ=::::/ ̄,ィ  / ,;' /  〃  /     ,;'!i   i   i::_:::-::::::::::::::_
Ⅳ::::rイ  /,;  ハ / /i  //  ,;/     ,;i;'   ,l   i::::::::::::::::/
i}ソ:ノ ,;/i /ハ,; i ,;/i l /.;i ィ,;/      /;   ,;'    l:::::::::::::{
Yノ i il il 升- /_/,;ハ /,;' i   ,;'  /,;   ,;   , i:::::::r─'
ノil  il ,;i≧=-ミ;;,  ヽiハ ,;i il   / /,;' /  ,;   / ,;'::::ノ
i il  il i! i/::芯:::ケミ、  i;,ハ;;,  ,;/_;/;;' .;  イ  /〃ノ ̄   最初は、そんな自分が嫌だった。
i il  il i! ゞ、:z=ン`;,     iレ,;;/=、 ̄,;ヽ,;; /,;  ./.;/''      もう、枝から落ちる時間なのに未練がましくて、嫌だったのよ。
川  i i!    ̄゛       ィ,;:烈ゞ,,;/〃イ,;' イ/
小.;  i             ,;::t::ィ ア /,,;;i.小イ i
イ i  li            `ー''´/il ,;i川,;;il l       でもね、やっぱり求めることを止められなかった。
.i il  ト          '    人 ,;i  i l,lミ ,i
.i il  |: `: ,     ` _ _ イ  i,; il  ,;i 小;;..il
.| il;;, i: :- :、:>、_  , , ;': : : : : `: ̄: Y i;  i;;.';,  ';,        私はまだ、したいことがある気がしたの。
:| ;;. i: :-=Y rイミil}=-: : : : : : :: : :.::i ,;i  l;,ト,   ;,
:i ;,  i: :イ人廴Yソ、: : : : : : : : : : : ,i il;,  ,ハ ミ,  ヽ
:i il  i: : :/: : Y小ミ、-: : : : : : : : : :i川  i..i il、  \
:| il  l; ;/; ; / ii;i; : : : : :ヾ: : : : : : :ハ;;,  ;l ヾ ヽ;,   ';,
ミ;;,il i!: :i: :ィ: : 小: : : : : : : : : : : : : : ;,   il: :', ヾヽ   \


           「僕はただ、その言葉に頷いていた」

             「かつて、彼女がしてくれたように」

403 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:16:30 ID:awMx2fZQ


  「彼女の表情はとても穏やかだった」

                    r=ミ r=ミ
                  ノrヘ ∨从_`Yマ、
                     /:/  Y´_,ノ:.:.:.:.:.:.`ー'⌒ー'⌒ーヘ
                    《《  ノ´:.:.ゝ'"´i:i:三二ニニニ≠-\
                    /ゝミ彡:./i:i:i:i:/:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:......
                   //, ノ:.:. /i:i:i:i/:.:.:.:.:.しヘ:ノ⌒ー'⌒ー'⌒ヽ:.:.:.:.`.:.:......
                  ,/:.//(_:.:. /i:i:/:.:.:ノし'´              \ー'⌒ーヘゝ、
                《_//:./(_:. /i:i/ :.:.:ノ   /       /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               /:./ (_:./i:i/:.:ノ´ / /       /  / /       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:)
                |:.i| (_:.|Ⅳ:ノ / / /-ミ /    / / /      i:.:.:.:.:.:.:.:.:_;ノ
                |:.i| / 《薔》 / /l,,l,,/ / ヽ   / / /    / / i:.:.:.:.:.:_;ノ
.                《_j/ (_|i:i| l ィf斧抃ミメ、 / / / /    / / /:.:.:.:.ノ
               /   (_|i:i| l |弋z::ツ ミ / / /_ / /   / / /ーヘノ
                 /   /ヽ| l | `¨´     / /__/`ヽ/ / / /
                / ___,/ーヘ| l |        f斧抃ミ / / / /     だから、少し悩んでいたわ。
.             //:.:.:.:.:.:{i:i:i:i| l |        , 弋zツ ////i|
         / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}i:i:| r-ミ  ` ー    ー=彡'´|// i |  
        / ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::}i:ノ ,l:.:.:.`ー‐r―――'-ミ| | |/|  i |
       /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //:.:ミメ、:.:.:.:.)__,ノ´`ヽ)l |  |  i |    でも、その悩みも氷解してしまった。
      '    /:.:.:.:.:.:.:._彡/ /゙ /:.:.:.:.:.:.:\:.:.:):ノ:.ノ:.:.:.:.:'., l i|  |  i |
.      '   /: .:.:.:.:_彡: / / //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー{:ノ:´:.:.:.:.:.:.:.:.',ヽヽ ヽ  ヽ\       ――あなたのおかげでね。
.    {   /:=ニニ=:.:.:.:.:{/  //:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:..:|i:∧: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', \\\ \\


     「だから、僕は身構えることなく、彼女の言葉を聞けたのだ」

404 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:16:55 ID:awMx2fZQ


   「彼女は自分で確かめつつ、話していた」


              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'  あなたは、葬儀の話をしたときに、
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'  『生きなきゃいけない人』って言ったでしょう?
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |   そこで思ったの。
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /   私にも、生きる権利と同じだけ、生きる義務がある、って。
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、   
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ   そうしたら、突然、何かが落ち着いたような気がしたのよ。
     | | /    j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_
     | | |       ク ∧/r-┴-┤ リ  r,i'__



                  __r―=、ノ⌒ヽ.ノ⌒ヽ._
                  ): : : : : : : : : : : : : : : : : :   `ヽ
               r―=' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
              ): : : : : : : _______: : : : : : : : :ヽ.
              ゝ: : : : ::  ´         `ヽ: : : : : : : :}
             /: \:/                 \: : : : (   私はこんな風に、自分を縛り付けないと
             (: : : ,'       | l|   | |!      ヽ: : : : )   行動できなかった。
                {: ::  |   | l|  !| l|   | |!   l|    :: : ::<
                ): :| |   | l|  !| l|   | |!   l|  |  : : : :)   でも、そうして考えたことで、
            (:.:.::| l  |_l|_!| l|   | |!   l|  |  l: : :.{     私はひとつ、答えを見つけられたの。
              }}フ | |   | 从 l:| l|| | |、_. l|  |  |: : : ヽ.
                / ヽ}.八、.rtテ心レ'j八人ハ:! l.l|! j  :: : : : メ、
              //  ハ ヽ.ハゞツ    ィテミメ.从}ノ  ,': :__ノゝヽ   …こういうのって変かしら?
              〃  人}  ト、 } ::::  .   弋ツノ/´}l  /r ´ | |!:ノ
            ノ'   イ. / /ヽノ   . _   ::::  / /Y`Y:   | |!
          /  /ハ./ /_.ノ:ヽ.      , ‐v / / /   . | |!
        /  /.ノ: / ̄`ヽ===、ー-r‐='   ' / / .ィ:.Y⌒).| |!
      /  // : 八 ̄`ヽ}==/⌒Y _____/!  ヽ|: :(_ | |!


    「まるで、何かを整理するかのように」

405 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:17:19 ID:awMx2fZQ


   「僕は彼女の言葉を否定して、思った」

    「彼女はもう、喪失を終えて、再生に向かっている、と」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)   …まさか。
             |        ノ
              .|        |   そうは思わないだろ。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ



    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_    …ありがとう。
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ


    「僕が出来たことは、特に何もなかった」

     「だが、しっかりと前に向かいつつあった彼女を見ると、嬉しさがこみ上げてきたものだ」

406 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:17:45 ID:awMx2fZQ


  「僕は単純に、自分が気になった部分を聞いてみた」


             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)
          |     (___人__)    それで、見つけた答えってのは?
          .|        ノ
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(穀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ  
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /   …笑わないでね?
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |    私は、今までお世話になった人のためにも、
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |     精一杯生きて、それから、ゆっくりと死のうと思ったのよ。
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|     それと…もうひとつ決めたことがあるわ。

407 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:18:09 ID:awMx2fZQ


  「まさか、その返答に驚くことになるとも、知らずにだ」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i 
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !  
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧   大学を辞めて、
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',       海外に行こうと思うの。
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',    
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)     え、え?
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    それ、本当に?
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


   「彼女の言葉は、そのまま、僕たちが会えなくなることを示していた」

408 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:18:39 ID:awMx2fZQ


    「彼女がそんな素振りを見せたことがなかっただけに、僕はとにかく驚いた」


             r-ヘノし'⌒ー'⌒ーヘ
           _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.しヘ
          _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:しヘ
           (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(_
         ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._)
.     r≦(_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,  ´        ` 、:.:.:.:.:.:.:.:_) r=ミY
      《 〈(_:.:.:.:.:.:. /                 \:.:.:.:.:._)//^Y》)
    厶イ(_:.:.:.:.: /  /          \\   '.,:.:.:.:_)辷彡´))
.     }} (_:.:.:.: /  //   / l l l    ヽ ヽ   ',:.:.:._)乃ー'ノ
    {_{ェr(_:.:.:.:'   l l    l l l l l   l  l l l:.:.:_)i| |ヽヽ    …うん。
    //i| (_:.:.:'  l l l l l  l l l l l l l l  l l l:.:._) | |i |\\
.   // | (:.:.l| i l l l l ! l l l l l l l l l ll l l ':.:._)《ミ,}|  ヽ_)
    {:{  |   ヽ从:l l 斗l‐l-l l l l 十l‐l-| l| l l/ :/ l   |     自分の知らない世界が見たくなって。
.   |:|  |   トミ从 、__,    、___, 川//};,;ノ  |   , 
.   〈_j  |   |リ|,ハ ´¨¨`      ´¨¨` ん|     |   |   もともと、本が読めるから、なんて、
.      |   | 川人    '_     /| |     |   |    いい加減な理由で大学を選んでしまってたから、
.      |   |/  | _   ` ´    イi | |     |   |    しっかりとした理由をもって、やり直したいと思ったのよ。
.      |   |   ノ 《三ニ≧=‐=≦ニ三》| |     |   |
.      |   | / ノ三三ニ《薔》ニ三三i} |     |   |



          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ   ――自分勝手で、ごめんなさい。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


   「だが、不思議とそれを受け入れ始めている自分にも気づいていた」

     「やはり、大好きな時間は走り去って行ってしまうものなのだ、と」

409 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:19:02 ID:awMx2fZQ


    「とはいえ、僕はやはり、動揺していた」

     「いずれ終わってしまうことが分かっていても、こんなにも急だとは思ってなかったのだ」


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉   しかし…急だろ…
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



                    / ̄ ̄ \
                      _.,ノ ヽ、,_  \
                    (= ) (= )   |    けど、それは謝ることじゃないだろ。
                     (__人___)  u |  
                 '、        |   ____  ,.-、
              ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
             / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、   俺は、応援したい。
             l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
            」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
            l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i  そうとしか言えないな。
           / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
          / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|
         / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||
         / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |


  「だが、それ以上に僕は、彼女の邪魔をしたくないと考えていた」

        「だから、精一杯、言葉を考えた」

410 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:19:39 ID:awMx2fZQ


   「そして、彼女は僕に言ったのだ」


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :   ありがとう。
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`   それでね、その…
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L




   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   …こんなこと言える立場じゃないけど、
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |    出来れば、私のこと、嫌いにならないでね。
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |


    「嫌いにならないで欲しい」


     「そんな言葉に、僕は少しだけ鼓動を早めた」

411 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:20:02 ID:awMx2fZQ


    「それはとても温かく、優しい言葉だった」



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉   ……はぁ。
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__) 
             |        ノ
              .|        |
              人、       |     …おう、俺が真紅を嫌いになるわけないだろ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7         常識的に考えて、な。
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


   「だが、僕にとっては少し違った」

    「まるで、彼女の言葉が今生の別れを示しているようだと思ったからだ」

     「僕はその不安を押し込め、笑いながら彼女に答えた」

412 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:20:30 ID:awMx2fZQ


   「彼女はそんな僕に、もうひとつ、お願いをしていった」


   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}   …私の大切な友達が言ってたことなんだけどね、
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|  読書をしていると、世界中の色んな人と繋がれるんだって。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ' 
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |    …私はこれからも読書を続けるわ。
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |      あなたも、やめないでいてくれたら嬉しいのだけれど。
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)    …俺の場合、やめたくてもやめられないかも、だろ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、    それにしても、いい言葉だな。
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


    「それは、読書を続けて欲しいということだ」

     「読書をしていると、世界中の人々とつながれる」

      「なるほど、ロマンティックで素敵な言葉だった」

413 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:20:57 ID:awMx2fZQ


   「そんな僕の言葉に、彼女は心底嬉しそうに笑っていた」

     「僕はそんな彼女を見ると、胸が痛んだ」


                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ  えぇ、本当に。
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !l斗十 |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、| |│ /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  |'   _   ,乂::ノ / 、ヽ. /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  |ァ==ミ   /レ')/ゝ/) イ .:/  イ:| |:|⌒)::::)   ――本当に、ありがとう。
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |             r=ミ、 / ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ ////          `/レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        ′ ///∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     ` ー     イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/


       「本当に、彼女との時間が終わってしまうのだと、急に実感が湧いたのだ」

414 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:21:18 ID:awMx2fZQ


  「彼女との散歩を終えてから、僕は考え事をしながら、ひとり歩いた」


           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)   言えなかった…なぁ。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|


 「せめて、自分の思いを伝えようかと思ったが、僕は言葉に出来なかった」

    「その言葉を口にすることが、彼女の決意に水を差す真似のように感じたからだ」

       「そのせいで僕は、泣くことも出来なかった」

415 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:21:43 ID:awMx2fZQ


   「だが、そうだ」

    「彼女は間違いなく、何らかの再生を得たのだ」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)   ……。
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


   「僕はそのことが嬉しかった」

     「それは、本心だ」

416 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:22:08 ID:awMx2fZQ


    「それでも、僕は彼女がいなくなることが寂しかったのだ」


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉  …あっけないだろ。
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,


     「自分が失恋したことよりも、ずっと」

    「過ごしてきた時間が、遠く過ぎ去っていくことが、寂しかった」

417 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:22:34 ID:awMx2fZQ


    「そして、彼女はしばらくして、遠い国に行ってしまった」


                     / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
                    /       \        [二二二二二二
                    |          |       _|_|_____
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                         |         ,'        .|:|      | |;| .| |
                       j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
                   ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
                 / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
                 / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
              / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
               / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


      「僕はそれを、精一杯の笑顔で見送りにいった」

        「そして、彼女はそんな僕に、一冊の小説を渡していった」


    
      「――これが、僕が知っている彼女の全てだ」

418 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:22:55 ID:awMx2fZQ


    「その、空港で会った日を最後に、僕は彼女に会っていない」


        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| ......................................................   |                ..............   |
        | il| ......................................................   | .......................................................   |
.          | il| ......................................................   | .......................................................   |
.         | il| ......................................................  | .......................................................   |
.        | il| ......................................................  | .......................................................   |
          | li| ......................................................  | .......................................................   |
         | ll| ......................................................  | .......................................................   |
¨:::: ̄:::`:..   | il| ......................................................  | .......................................................   |
:::::::::::::::::::::\__| il| .....  ⌒Y...................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::::::::/ :| il| , '  / ....................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      |
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨
:::::::::::::::::|       |´

             「彼女がいま、どこでなにをしてるのか、それは分からない」


                 「だが、どこかで本を読んでいるだろう」


                    「そんなことを、僕は願っている」






                          つづく

419 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:23:41 ID:awMx2fZQ

以上で、第七話『アジアンタムブルー』の投下は終了です。

今回は、大崎善生さんの同名小説を土台にさせていただきました。
作中でも書かせていただいたとおり、『パイロットフィッシュ』とは強くリンクしてる話です。
実は、最近出た『エンプティスター』を併せて三部作となっているらしいですが、
こちらはまだ未読になります。地味に気になっています。

        、__ __
        Y´、。ハ
         V人` \
          }  }` ー'  ということで、第八話(最終話)を
       , 彡  j       今から十五分後より投下いたします。
      〃 }  ,ハ
   .  /,  / , ,;リ      …すみません、なんか勢いで出来てしまったのです。
     , //,イ, , ; ;/
     i'//イ{; ;. イ         よろしければ、ご一緒に見届けてくださいませ…!
    小У!{'´ !{
        }{  }{
        }{  }{

420名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 22:25:11 ID:MYO2sccc
乙でした!
やらない夫の、真紅への優しさに溢れた話だったと思います。
ただ、そのせいで真紅と離れ離れになるのはなんと言う皮肉だろう。

それにしても、好きな本を一冊だけ選べってかなり無茶振りだな〜w

421 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:27:26 ID:awMx2fZQ
(>>387の訂正です。机に座る、行儀の悪い二人になってしまっていました…)




   「カフェはまだ朝だということもあって、空いていた」


         |    ...:;;|
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|    O   O     O
         |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
    ______,|    ...:;;|_____  i ̄i  ||  i ̄i
    |     |   ... :;;|      |
    |     |    ...:;;|      |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         \
                           \
二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二|

                   ,.-─-、
                  /     .',
                  i      i    お、あの机が空いてるだろ。
                   !     ,'   _
               ノ__ /    i }_
            _,.ィ':::::::::::::::::`ー─ <//γ、
         ,.-‐'´...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`、. r_j
          /´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } }
       / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::イ-〔、
      ,ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::: {::::: i
      冫:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.:::::::::::: i:::: l
    /.::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i::: l
   イ.:::::::::::::::::/`,::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i、:i
  /.:::::::::::::::::::<ー- 、| ::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::: ノ


         「僕たちは席についてから、また話の続きをした」

422 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:40:39 ID:awMx2fZQ

(お返事は最後にさせていただきます…!ありがとうございます!)

 では、時間になったので、第八話を投下いたします。
今回のBGMはこちらです。

http://www.youtube.com/watch?v=DJaoeBUWCZw

 それではあと少し、お付き合いくださいませ…。

423 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:41:20 ID:awMx2fZQ





    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
          8.「シュガータイム」



                          ,iー..
                       /  /
                         /  /
                      /  /
                   /  /
                     / . /
                  / . /
                 /  /
                   / . /
                 /  /
             / . / -''''^゙''''ー-.._
             , ‐'./ ,i゙.、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ У ./ .|______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
        /  , ‐‐'~´
          !  (  !
          l ./丶、___._.ノ┬―-、.. ;;ン'
        .゙/ ./  ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        / .,/ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
          l./    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
       ’                      ̄ ̄

424 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:41:43 ID:awMx2fZQ


   「彼女と最後に会ったあの日、僕は一冊の小説を受け取っていた」




            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|


      「その小説は、彼女が敬愛してやまなかった作家のものだった」

425 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:42:06 ID:awMx2fZQ


   「物語の主人公は、大学生の女性だ」


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i


  「彼女は、彼女の弟と、友人、そして恋人と大学生活を過ごしている」

      「何の変哲もない、学生生活だ」

426 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:42:28 ID:awMx2fZQ


    「そんな学生生活は、少しずつ、ゆっくりと溶けていく」


               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


      「まるで、紅茶にいれた砂糖のように、ゆっくりと」

427 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:43:07 ID:awMx2fZQ


    「そして、彼女たちは溶けゆく時間に、様々な思いを馳せていく」

      「喪うことがあれば、得るものもある、かけがえのない時間」

               ,.-、
             /  .l  /`ヽ
            /   ./ /   / .,..-、
            /ヽ/    / /   / ./  l
        /   l   l ./   ,'  /  /
        /   |   | l    l ../  /.,..-、
        l   イ   l j   .| /  /./  /
         .|    ',   `´   ヽ'  /./  /
          l   .l  \       〈./  /
          |    `ヽ .\         ,'
        l      \ `''-..,,__    .|
         .',          '.,       |
          .',        l       |
           .ヽ              ./
          /       l      /
         ./       /   /
        /       /   /
       ./             /
      /            /
      ./           /


        「そんな時間を、シュガータイムと呼んで」

428 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:43:46 ID:awMx2fZQ


   「小説は、短くも綺麗にまとまっていた」


.                    ∧
.                   / :|
.              ____/    |
            \        |     ____
.         /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
.       /            、   | ./         \
.        ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\
 / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
 / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
 7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \
./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |
}:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       「僕はそれを読み終わって、ひとつのことを考えた」

429 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:44:13 ID:awMx2fZQ


   「これは僕の自惚れなのかも知れない」

     「けれども、僕が楽しんでいたように――


                     / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
                    /       \        [二二二二二二
                    |          |       _|_|_____
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                         |         ,'        .|:|      | |;| .| |
                       j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
                   ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
                 / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
                 / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
              / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
               / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


           彼女もまた、僕と過ごした時間を楽しんでくれていたのだ」

     「それはきっと、僕の勘違いではないだろう」

430 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:44:35 ID:awMx2fZQ


   「たったそれだけのことを考えただけでも、僕の胸は痛み、熱くなった」


                                  i
                / ⌒ 丶           i
               /        丶         l、
            /            丶        l;
             .|               ヽ       ノl l
    ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
    |||      |                       |     '! |                    |||
    |||      |                       i  . ノ .|                     |||
    |||      |                     /   |                      |||
    |||      |                    /   l                       |||
    |||      |                   i   /   .l                    |||
    |||      |                   /   l                       |||
    |||      |                   /    l                      |||
    |||      |                   !/     l                       ノ||
    |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
    |||      |                    !  l                  / /!!!
    |||      |                    i   i .l                   /   / |||
    |||      |                     ! l               /    / |||
    |||      |                     l                /    /.....|||
    |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
    |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
    |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
    |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
    ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
    |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


              「僕の思いは、何も届かなかった訳ではないと分かったからだ」

    「それを知れた嬉しさと、それを分かち合えない寂しさの双方が、僕の胸に広がった」

431 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:44:56 ID:awMx2fZQ


   「そして、小説の本編を読み終わったあと、

       僕は何気なく、あとがきを読んだ」



                 |        |
                    人、       |
                _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
        _, 、 -― ''"...:::::::\ ::::::::::::::::::7、
       /.;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..-、_
      丿;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'ー、
      r ;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:: !
     / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:: |
    / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:: i
   / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'''丿;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:: !


     「それが、ひとつのターニングポイントだったのだ」

432 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:45:19 ID:awMx2fZQ


   「あとがきにあったのは、ひとつの言葉だった」


       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


      「だがその言葉が、僕の胸を大きく叩いたのだ」

        「そして、僕は彼女と同じように、ひとつの答えを見つけることになる」

433 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:45:42 ID:awMx2fZQ


             |        |
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|




「『どんなことがあってもこれだけは、

    物語にして残しておきたいと願うような何かかを、

      誰でも一つくらいは持っている』」


    「その言葉に、僕は大きな衝撃を受けたのだった」

434 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:46:04 ID:awMx2fZQ


   「僕はそのときまで、
    
      自分が物語を書く側になることなんて考えもしなかった」


                  |       j |,|l ノ__ _
                  |     /    /ィ : : : : ヽ
                 _/:.`ュ'ニニr´   / : : : : : : : ヽ
          __ ,.< : : : :{/:::ハ人   rノ∨ : : /: : : :',
       /: : : : : : : : : ク:::〈´∧'--:´" : :.∨.:/_/ : :l
      / : : : : : : : : : : /::::::i /:.∧ : : : : : : :∨ : : : : : : :l
    / : : : : : :Y : : : : :|:::::::y : : :∧ : : : : : : :∨ : : : \ !
  / : : : :\ : : :i : : : : : |:::::/: : : : :∧ : : : : : : : \ : : : : :〉
/ : : : : : : : : :\ :i : : : : : |:/: : : : : : :.∧ : : : : : : : :ハ : : : :|


 「だが、この言葉を目にしたとき、僕は伝えたい何かを見つけてしまったのだ」

   「それはとても強い衝動で、僕はその衝動に押されるように、物語を作り出した」

435 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:46:48 ID:awMx2fZQ


   「僕が描いたのは、ハッピーエンドの物語だ」


              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i



      「どんな紆余曲折があっても、最後は丸く収まる」


    「そんな話を、僕は書き続けた」

436 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:47:46 ID:awMx2fZQ


   「そして、その中のひとつが幸運にも、ある賞を受賞することになった」


     「それは、僕が大学を卒業した次の年に書いた、中編小説だった」


                    /\
                   /   \
                 /      \
                /             \
              /                 \
             /                  \
           /                      \
         r´ ´\                     /
         (    \                 /
          \     \            / .\
           \     \           /      \
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ


       「その後も、微々たるものとはいえ、

             僕は物書きとしての仕事を得ることが出来た」


         「これは本当に、幸運としか思えないことだった」

437 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:48:09 ID:awMx2fZQ


  「僕の小説は、いつだってハッピーエンドだったものだから、

     これもまた、奇跡的についてくれた担当編集者には

          『水戸黄門小説』などと呼ばれていた」


                        ,. ‐''"``'' -、
                     .r''"       ,>
             .    ///// ‐ _.,.. ‐''":/
               /////   /::::::::::/
                 / /     /:::::::::/
                  / '     /:::::::/´ヽ
                 ///    /::::, '-、  ノ
                 ///  // /::::/ ,ノ/ヽ
                / /    /:::::::ゝ'"  ノ
                /     /::::::i´、ノ ,/ヽ
               ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
           ///  ///::::::::::,へ、,. イ


  「つまりは、『お約束』に満ちた小説だったということだろう」


    「ここまで話せば、あとはもう、皆さんご存知のことだ」

438 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:48:59 ID:awMx2fZQ


   「大学を卒業して数年が経った今も、
      
       僕は鳴かず飛ばずの小説家をやらせてもらっている」





               |        
             |          |
            j、_       |
           √::::::...`ミュ、r<
           /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ
        / .:::/.:.:.: : : : : : : :.:.::..\
         ,' .::::/.:.: : : : : : :./ ⌒ 、ヽ
         i .::.::.::.:. : : : : : .:.:.:.:.:::::...ヽ:.',
        i ::::.::.::.::.:.: : :/ .:.:.:.:.:.:.:.::::::: }::
        i ::::::.::.::.:.:.:.:/ .:.:.:.:.::::::::::::: ,.:: i
        ', :::::::::::::::く .::::::::::::::::/:::〈:::: |




     「そして、このエッセイを書かせてもらっているのだ」

439 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:49:23 ID:awMx2fZQ


   「僕にこのエッセイの仕事をくれたのは、

         いつもお世話になっている、担当編集者さんだった」



              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i


    「エッセイのテーマは『読書』に関するものならなんでも、

          ということだったので、僕は二つ返事でそれを承諾した」

440 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:49:45 ID:awMx2fZQ


    「ここまで読んでくれた方々には分かってもらえるだろうが、

       このエッセイは、たった一人の女性について書いてきた」


                 i¨丁¬
            ___ rーr‐t_|__,L__」___
        r--‐_¬_,¬ニコ二ニ.! |「 iコl
__      |ニ|-―|. ̄l._|L.||--i |「 iコ|
  ̄¨¨ ―-- !_ ¬. ̄| __,|L.||--| |「 iコ|
  ¨    |   |二!二l!_jL.||--| |「 iコ|         ┌──┐
____      「 |___|_j!_jL.||二| |「 iコ|       __rュ _|    |
|  ̄ ― ! -- |___|_j!_jL.||--| |「 iコ|_tュ   ___!_ココ._l.____|
|       .   |___|_j!_jL.||--| |「 iコ| |丁二|!二||t|t|王王王丑!¬‐、
|       !_   |二!二|!二|L.||二| |「 iコ|t | _「ニ|!二||t|t|五IT.王丑!エ|ェl_
|       .   |--!--|!--||-||--| |「 iコ|t |_[.二.|!二||t|t|ロロ |t王丑!エ|ェl |丁!T!T Lコ_
|       !_   |--!--|!--||-||--| |「 iコ| |_[.二.|!二||t|t|ロロ |t王丑!エ|ェl |t|_L l |ヨ圭{ _iョ
|       .   |ニニニニニニニ !「 iコ| ̄ ̄l丁二.]|t|t|ロロ |叮t丑!エ|ェl-t辷,⊥!⊥.L」_!_}
世ュ_  _t_ュ_ ___L.亡!__!_┌|,ゞ;ゞt.L._L.||_L 「 |`ヽ 小.l |ロロ |叮}辷宀>'_´イlii|コi| |コ|丁iヽ
辷リL.t市¬宀t叩「}    |..上LLゞ;ミミ父j込廴!辷五L⊥!---―¬冖t∠ニニニニニ==
 } |__」..L..⊥ --亠‐… ''' ¨¨ ̄ ̄ ̄       __|!|!|!|!|!|!|!|!|ニ辷ュ‐…'.¨´. ̄‐ ‐ - ‐-
¨¨ ̄                 __,.  -‐  _, ̄-‐にフー:'¨¨:´ ̄.  .  .  .
            __,,.: -‐ ¨ ̄_,,. -‐;;::´ ̄:::.::.:.::.:.:. : : : : . . . :  .  .  .  .
    __,,.. -‐__,. ̄_,,. -‐;;;:;:" ̄;;:;::;::;::.;::.::.::.::.:.:.:.:..:..:..: : : : . . . : .  .  .  .  .  .
~ ̄__ -‐ _´..-‐;;:: ̄;;:;::;::;::.;;:.;:.;::.;::.;::.;::.;::.::.::.::.::.::.::.:.:..:..:..: : : : : : . . . . :  .  .  .  .  .
_,,.. -‐;;  ̄;;;:;;;:;;;::;;::;:.;:;:.;::.;::.;::.;:.;::.;::.;::.;:..;::.:::.:::.::.::.::.::.::.:.:.:..:..:..: : : : : : . . . .  :  .  .  .  .


     「長々と書いたわりに、ただの失恋話ではないか、と思った人もいるかも知れない」

       「だが、僕はこのエッセイという、
   
         ある種、公の場といえるものを私物化してでも伝えたいことがあったのだ」

441 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:51:04 ID:awMx2fZQ


   「それは、恋が実らなかったとしても、寂しくても、
  
          僕は彼女に恋をしたことを、後悔していないということだ」


            r1
           jこ!
           ノ-‐',
          j,. -‐ヘ
          厂_,. -‐',
           ノ-‐ ' ´_,.i
        /r‐_ 二 -‐l、
       ∠ニ二三ニ三ゝ、
      ,イ=ニ二三三チ==、!
     / ! l_L⊥ ┴ァ'     ト、
    ├ー!l {」{_{_ L/ ヽ、ヽ、、 ト、ヽ、
    レ‐i!T{丁フ′`ミミヽ>'´::ヽ、',
     ',___Vて「 --=ミミ,>'´三ミ,:::'、ヽ
     ',. ヘ{{!| -=三/r=ミミ!|li|::: ', l
      ヽノヽ_! =ニj//r,))}}jij:::  ! !
       `ヽ/」三シ!l!t三彡j/::  | l
         ヽレ'´ !三彡'ノ  :.   !
          ト,彡'ト-‐ '´    :;:,. l
          | V´/! : :. :. ::.  /
             ! `くイ :; ,: ::, .:::/
           l   _,へ ___,. -‐ '′
          し'′


                 ,zー=ニニ二三ヾヽ
               ,Z三二ニニニニヾヾヽ
                   ⌒うミニニニニニミニヾヾヽ____
               , =≦三ラヾミニ二三> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、
               /, ‐ァ=ァ=ニ三Xミニン'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(   c >
             〈///, -ァ‐ァ=ァ=X .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´
  .           ノ'´///////>=ァァァァァァァァrmヾゝ
             {////////, イ ////////l川
             〈////////リリ/////////|川
           レ //////} ,ハ//////// レ{人j」
           ヾ∠∠∠∠/ // ////////'´
                        〈/ ///////´
                       ////⌒´
                      ⌒´


    「僕は本が好きだったから、彼女と知り合えた」

      「そして、恋をすることが出来て、いま、こうして文章を書けている」

442 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:51:32 ID:awMx2fZQ


   「僕が伝えたいと思ったのも、文章を書こうと思ったのも、

                        彼女がいたからだった」


               /.:::::,'
             /.::::::::/
             ,' .:::::: ′   .,ヘ、
           .゚.::::: °    /.:::Yヽ、
  ,.。 :―:- .。.   {.::::{      i.::::::}.: )ト、
/.::::::::::::::::::::::::`::... 、 人     ,ノ´ j-‐-、 \
.::::::::::::::::::_____.::::ヽ ゙'ー/.::::::/| l.  \ ヽ、__
.:::::,. :::::゚:::::::::::::::: ,..。 xー<.:::::::: ノ | |    .)´  / ̄` 。   
/.::::::::_,.。:  ゚              | |    // ¨´        ヽ  
:  ''"´                 __ノ 人   ′            ゛. 
                    /⌒¨¨⌒゚ヽ{               ', 
               "         ヽ               l 
                   ′         ',              j  
                  '           ト、      ,、__,r‐iノ  
               {              j \     / } O /) 
                  ',              '   ゚ 'ー-t_く_,ノ'´  
                  V ,:ヘ_,:ヘ   /        ̄
               〉"ノ`ー-‐'ヽ/
                 ゝ.{__   ノ_)
                     `ー'´



                             ,.ィ<゙゙>.、
                            /,ノ. _人  `ハ
                               ii'  ゙!´  `r‐ヘ !
                              マ、_,ノー-ィ′ /メ
                              ゝ.、_  〉‐タ'
                              `==´


    「僕がいま、こうしていられるのは、彼女が居たからだった」

443 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:51:57 ID:awMx2fZQ


   「僕は、彼女過ごしたあの一年で、多くのものを得て、多くのものを失った」

        「でも、多くのものは僕の中で、大切な思い出として生きている」

                      /⌒ム=─-  、
                   厶=¬ミミ>ミ>へ
                 <-ヘ.(c゚) ヾミ>ミ>ミヘ
                   ゙⌒ヒ__,r' 八ミ>ミ>ヘ
                     ` T爪川ハミミ>ミハヘ
                      j川ノハハヘキミ>ミミミ、
                      レ'リハハハヘヘミ>ミ>ハ
          ___       __厶仏川ハハ从キミ>ミミヘ
 rf≦二ミーr=≦三二ミ><∠三-─=ァ彡'ノ川fハ从ミ>ミミヘ、
,ィ'三>ミ二ブ⌒ア7二三アニブ=<二三/f/川ハハ从ハ〉ヽ〉ヘ〉リハ
辷ミ>ミr<辷彡x=ニ∠二x/仁三/∠イ斗ァ'/ハハ〉ヽ〉rfミ>ミ从リ
   ̄ ミ辷彡イ〈/j/(/rf〈/<二三彡/〈/川」八j八j八ハハヘ八j{
      `ー'く_.イ/仏川/ソソシ彡イ〈/辷彡イ〈ハ/〈シハヘ」川ハヘ〉ヘ〉
         ヾ{{//シシシシ/彡'"シ彡'川从ハハハリハノ川j川l|
             〈 Vリ从川ソメ/彡'彡彡巛ノノ从川リ川Vソノレリリ
           ∨{//川{f彡'リ从/シ∠彡仏リ川巛巛j川ハ/
            Vノ川 川/リハ彡'(二彡'リ川 j,ハVヘ川ハV
             ヽ(〈//彡'彡(二三彡彳彡川ハ>>'
              `彡∠三= 仁三二ニ≠-rッ==''"
                     ̄ヘ. 〈   {.〈
                            Vヘ.   Vヘ
                            〉 L.._< L.._
                      <r-、三フ⌒ーミ

           ___
           |    |
           |    |
           |    |
           |    |
        ,,,.   |    | ,'"';,
      、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
       ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
       ‖  `i二二二!´ ‖
       昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
      | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
      |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
      |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
   ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
     |  |:::  |: :    : : |::   |  |
     |  |:::  |: :    : : |::   |  |
    /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
   _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l


     「そして、僕にとっての彼女のように、全てが変わるような、

        そんな出会いが、誰にでもあるのだと僕は思うようになった」

444 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:52:27 ID:awMx2fZQ


   「だから、僕が伝えたいことはもう一つだけある」

  「僕たちはどこかで、なにかを通して繋がっている」


              ,-r_'Zヽ1Yヾ_ュ-、
           r'`7ヽ,イ_スTゝ‐zヘjヽ.
         l`スZ_Y_い_,-ヘlイ_j、T,ゝ7
        _,ト'Tヽ_ノ、 メ、7イ-rヘいKス._
        ヽレv'ート、/7-、f`ナV-、ハノ、lヽィ′
        ,レ'Tー!7´ト、_K´Yヽノ、j-イ゙Y、
        ,ゝiくヽレくY_ノvヽい'ーくメゝト!、
           レ'人ノ`{二XX二}`;ヘレ′
            ´     /{/}\    `
                 └v{/}v┘
                 {/}
                 {/}
                 {/}
               _{/}_
                i´‐一''┴─`i
              l∧ ∧∧ ∧l
              `l工 工 工l´
        __ __ _|_|_|_| ____ _ _
.         ニニ/ / l_|_|_|_l. / l |ニニ
       ニ/ / /  /  /  / 釗 |ニニ
       ̄` ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ´ ̄


    「そんなことを信じたくなる出来事が人生にはある、ということだ」

   「そして、僕にとってその出来事は、読書だった」

445 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:52:49 ID:awMx2fZQ


   「それを伝えたいがために、僕は担当編集者にお願いをして、

     ただひとりの女性に向けたラヴ・レターを書くことにしたのだ」





 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |    おぉ、今日も海が綺麗だろ。
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´       絶景絶景!
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: : {
             V: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ',::ll: / : : : : :l : ∧
             V: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:V : : : : : : :l : :.∧





 「当然、最初はダメだしをされると思っていたが、
   彼女は、僕の馬鹿げた告白に興味を持ってくれたようで、強く後押しをしてくれた」


  「その代わり、もし、僕が彼女に再会できたら、三人で食事をしたいと彼女は言っていた」

     「再会することが出来れば、の話だけれど」

446 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:53:22 ID:awMx2fZQ

 
   「とにかく、そうだ」

    「僕は出来ることならば、彼女にこのエッセイを読んでもらいたかった」


                      ___
                    r ´二ニ フ、
                _   /  '´,. 二ノ⌒
          ___.-‐'´ `-i/  γ_)⌒)(⌒)
    _,.< ̄ ̄   : : : : : : : : l   r/´(___人__)
  _,.<     : : : : : : : : : : : : :l l__ノ    ` ⌒´ノ
 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: : {
             V: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ',::ll: / : : : : :l : ∧
             V: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:V : : : : : : :l : :.∧


   「だから、僕はこの単行本のタイトルを『くじらの叫び声』にした」

              「彼女が言っていたことを、そのまま拝借したのだ」


     「もし、彼女が読書を続けていたなら、きっと、一度は手に取るだろう」

447 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:53:52 ID:awMx2fZQ


   「そんな僕は、いまでも、彼女と初めて行った海にひとりで行っている」



        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| ......................................................   |                ..............   |
        | il| ......................................................   | .......................................................   |
.          | il| ......................................................   | .......................................................   |
.         | il| ......................................................  | .......................................................   |
.        | il| ......................................................  | .......................................................   |
          | li| ......................................................  | .......................................................   |
         | ll| ......................................................  | .......................................................   |
¨:::: ̄:::`:..   | il| ......................................................  | .......................................................   |
:::::::::::::::::::::\__| il| .....  ⌒Y...................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::::::::/ :| il| , '  / ....................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      |
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨
:::::::::::::::::|       |´




          「そして、大きなあくびをしているのだ」

            「いつか、誰かがそれを聞いてくれると信じて」

448 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:54:15 ID:awMx2fZQ


   「さて、長々と書いてきたが、ページも少なくなってきた」


       「そろそろ、終わりにしようと思う」


                    /\
                   /   \
                 /      \
                /             \
              /                 \
             /                  \
           /                      \
         r´ ´\                     /
         (    \                 /
          \     \            / .\
           \     \           /      \
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ


     「この馬鹿げた企画を通してくれた担当さん、僕が読んできた小説、

               そして、他ならぬ彼女に、あらん限りの感謝を込めて」

449 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:54:36 ID:awMx2fZQ


   「僕はあなたを、心から愛していた」


       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ



       「それが本当の思いで、僕の全てだった」

           「だから、今なら胸を張って言える」


              「僕も、そうだ」

450 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:55:07 ID:awMx2fZQ

             
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
                                         
               「あなたに会えて、本当に良かった」

451 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:55:37 ID:awMx2fZQ
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                                             
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
                    | ┏───┓ ‖|
                    | │      │ ‖|
                    | ┗───┛ ‖|
                    |            ‖|
                    |            ‖|
                    |            ‖|
                    |______‖|
                     ) ≡≡≡≡≡≡)
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                             
                                             
                                             
                                   (了)

452 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:57:11 ID:awMx2fZQ
                                        
                                        
                                        
                                        
                                                   
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                              ふふっ…

453 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:57:56 ID:awMx2fZQ
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                   「あとがき」                
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          
                                          ,

454 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:58:29 ID:awMx2fZQ


    「言ってしまえば、これは完全な蛇足だ」

       「本に収録されることもない、僕があとから付け足しただけの文章」

            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)  ・・・さぁて、そろそろ帰るだろ。
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |   いい気分転換も出来たし、次につなげるだろ。
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|    しかし、我ながらひとり言が増えたなぁ…
           .|    ( ー)ヽ ヽ
           ノ| U   (___人_\\__     これも職業病か?
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |


    「いわば、僕のための記録と言ってもいいかもしれない」

455 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:59:03 ID:awMx2fZQ


   「それはそう、当たり前の日常の一片だった」

    「僕はいつもどおり、彼女と行ったあの海でぼんやりとしていた」


              - 、
            /.:.:..   ,
            ',:.:.:.   ,    …んっと、よし、行くか!
            ',:.:.:._ j
               √::::.:.:.>‐- 、
          /..:::.:.:.: :.: : : : : : ,
         /.:::.:.:.:.: :.: : : :/.::.:.:.: }
           ,´.:::::.:.:.:.: :.: : : } :.:.: : イ
        / .::} :::::.:.:.:.: :.: : | :.: : : |
         / .:.:.:i :::::.:.:.:.: :.: : | :.: : : |
      / .:.:.:.:.| :::::.:.:.:.: :.: : | :.: : : {
        {::::::.:.:.:Y::::::.:.:.:.: :.: : | :.:. :.Λ



                       __
                   _/:.:.|_,::=ォ
                   }ュ_l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.{ xト、
                    {.:.:.、:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:ン:.:.└ォ
                <´:.:.:.:.:ト、:.:.、!:.:,:.:.:.:.:´:.:.:L
                ソ:.:.:.:.:.:.゙ x三≦:rド:、く:.:ツ   …あら?もう帰るの?
              ):.:《>:八ュ「' `¨´ `´>K《
                 ゝ:.Ⅳ  仆》       :l:! 》、
                弋:!  :{:{       l:Y  !
                   }  :.N       ,"!  {
                l|  |ゝ、    , ' 人 :!
                斗   x _ミ;  彡く |  :.
                /イ :  .ハソネ六<:、ゝ. :. │
              ゝ\ツ xン:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V〉:ハ. |
              У /:.:.:.:i_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「  キ ト、
.               /  :/:.:.:.:.:.゙.、:.:.:.:.:.:.:.:彡、_ V ∧
             {「   ハ:.:{:.:.:.:.:∧∧:.:.:.:.:.x:.:.:.ミゝ.∧
           シ  才:.:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.〉:.\:.:.:.:.:ソ:.:.:.:人∧
.           /  /`トx…ミ辷三_:.シ:´ ̄`:ト-’  、 ヽ
          , '  . :´  八:.:三二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ト :八_.    \ \
        {  ,’ ,.イ:.:.:.三二メ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:{、    \ \
.          |  !  {:.:.:.:.{三:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vハ.     \ \
        :、  、 !,fーYⅣ:.:.:.:.:.:.:メ三三二:.:.:.:.:ゝ.}     ,:ツ ´  ̄}
          \ \ト ‐’:l:{:.:.:.:.:.:.:.{:三三三二:.:.:.: ∧   / ..-一′


 「そして、もうそろそろ帰らないといけないというときに、後ろから声をかけられたのだ」

456 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:59:30 ID:awMx2fZQ


     「僕は、その声が誰のものかと考えずに振り返って、言葉をなくした」


                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |   えぇ、仕事もあるの…で…?
                     '、'ーー´     |
                   |        |
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
        / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
        / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
       ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
         i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
       ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)     …え?
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |    
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}

457 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 22:59:52 ID:awMx2fZQ


    「何せ、数年前に会ったきりだった人が、そこにいたのだから」


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\   …遅れて、ごめんなさい。
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、  
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"    本当に待っててくれたのね。
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ



              , -‐― ‐- 、
.               /    u   ヽ
.             _'  u        i
           < _ \          i   …本当に?
          <__ \ \     u  i
.      <__ \ \ ヘ /⌒/  ./   夢…じゃないよな?
       └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
         /   丶  -       〉/ 
     ,.-/|     ( \   u  !
   / | \ヽ    \_ヽ     {
 ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、
_ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
       \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
         \ い /    \/ \(
          \ /     / \


   「言葉をなくすのも、当然だろう」

458 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:00:31 ID:awMx2fZQ


  「僕は本気で、自分が夢を見ているのだと思った」

    「彼女があまりにも、昔に見たままの彼女と変わらなかったからだ」


              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'   ふたりが同じ夢を見てないなら、ね。
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ



                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |   …ははっ。
                     '、'ーー´   'J |
                   |        |    まったく変わってないだろ。
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',    そっか、また会えたか…。
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
        / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
        / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
       ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
         i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
       ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|


   「だが、どうにも夢ではなかったらしい」

459 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:01:00 ID:awMx2fZQ


   「彼女はそこにいて、僕もまた、そこにいた」


            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)    …ずっと、ずっと待ってただろ。
          |     ` ⌒´ノ
             |        |      ――おかえり。
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|


                    r=ミ r=ミ
                  ノrヘ ∨从_`Yマ、
                     /:/  Y´_,ノ:.:.:.:.:.:.`ー'⌒ー'⌒ーヘ
                    《《  ノ´:.:.ゝ'"´i:i:三二ニニニ≠-\
                    /ゝミ彡:./i:i:i:i:/:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:......
                   //, ノ:.:. /i:i:i:i/:.:.:.:.:.しヘ:ノ⌒ー'⌒ー'⌒ヽ:.:.:.:.`.:.:......
                  ,/:.//(_:.:. /i:i:/:.:.:ノし'´              \ー'⌒ーヘゝ、
                《_//:./(_:. /i:i/ :.:.:ノ   /       /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               /:./ (_:./i:i/:.:ノ´ / /       /  / /       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:)
                |:.i| (_:.|Ⅳ:ノ / / /-ミ /    / / /      i:.:.:.:.:.:.:.:.:_;ノ
                |:.i| / 《薔》 / /l,,l,,/ / ヽ   / / /    / / i:.:.:.:.:.:_;ノ
.                《_j/ (_|i:i| l ィf斧抃ミメ、 / / / /    / / /:.:.:.:.ノ
               /   (_|i:i| l |弋z::ツ ミ / / /_ / /   / / /ーヘノ    ――ただいま。
                 /   /ヽ| l | `¨´     / /__/`ヽ/ / / /
                / ___,/ーヘ| l |        f斧抃ミ / / / /
.             //:.:.:.:.:.:{i:i:i:i| l |        , 弋zツ ////i|
         / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}i:i:| r-ミ  ` ー    ー=彡'´|// i |
        / ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::}i:ノ ,l:.:.:.`ー‐r―――'-ミ| | |/|  i |
       /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //:.:ミメ、:.:.:.:.)__,ノ´`ヽ)l |  |  i |
      '    /:.:.:.:.:.:.:._彡/ /゙ /:.:.:.:.:.:.:\:.:.:):ノ:.ノ:.:.:.:.:'., l i|  |  i |
.      '   /: .:.:.:.:_彡: / / //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー{:ノ:´:.:.:.:.:.:.:.:.',ヽヽ ヽ  ヽ\
.    {   /:=ニニ=:.:.:.:.:{/  //:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:..:|i:∧: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', \\\ \\
     ヽ/:.:.:.:. -=ニ=-:ヽ/ ,':.:.:.:.:.:./:..:.:.:. |i:i:Λ:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:',  \\\ \\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :./ / /i:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:. ノi:i:i:i:i\:. .:.:.:.:.:.:.:.:',   \\\ \\


    「あたりまえの挨拶が、あまりにも嬉しかった」

460 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:01:29 ID:awMx2fZQ


   「話したいことがたくさんあったはずなのに、
              
               言葉を口にすることが出来なかくてもどかしかった」


                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__         いや、話したいことが山ほどあったのに、
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、   まるで言葉にならんだろ…
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!



.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:‐=彡ヘ_:.:.:.:.:.:\             ___
  └ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\,__ ___,..,,__/_i:i:i:\
    .┘:.:.:.‐-:.:.:.:.:.:.:.:_;.ニ=‐ \:.:.:.:_:.:.:.:.:.マi:i:V/.:.:.厶ィ竺≧:i:i>
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>   :.   `⌒7:.:._:.:.:.Ⅴ:i:i∨:.:/_八 /:K
  辷_:.:.:.:.:.:.:.:./ /   ;    (:.`⌒'ト:.:.Ⅵ:i:iV.:ム:个/:什 \
    _):.:.:.:. ′/     /    イ 「工):.:.:.\}i:i:i:iv:.:.:.:l〈:/川 \':.
   〔:.:.:.:.:./ ' .: ,  {  斗‐/_} ハⅥ:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:l:.:._八:.   {   }i;
     7.:.; / / l {   f'′'ィf苅7/ 川^):.:.:.:.fく天ミv:.:.:__:〕   ,  /:′
     }.:.:|:i{ | 八_{__ j「}/^V)ソ ′j;仏L;_:.:.:込=乂:.:.( |i:|   Ⅵ/     慌てなくても、時間ならきっと、たくさんあるわ。
     \|:i{ l 、 i{f笏v           | く:.:.厂i:i厂.:.:_}j:ノ}    \
        j八ドヘ イヒr'            | }V:i:i:/.:.:.:./ ′ {      :.    あなたの言葉を借りるなら、そうね。
.           } l `  _,       | }:.V仏ィ'ア     :      ;
.           } 人  ´  ┌‐‐…::v Ⅸ乂/ |     |     |
         ,:〃 个 .   |ニニニ;  厂\マ_ |    |     |
          // l  | __,..≧=Vニニニ} 仁i⌒l)トL,    {      ,
.         //__」i斗ニニ{fツ,仁ニニ7 √.:.:.:.:\ :.:.\   ,     ′
         〃くニニニニ≧7ニニニ/  ;ヘ:.:.:.:.:.:.:};.:.:.:.:.丶 ′     :.
         {{  Ⅵニニニニ{ニニ∠, くL,}_:.:_/'′.:.:.:.:.:.:\ヘ,     丶
         ハ  \_ニニニニア‐-==≧-‐=ニ  ̄  >.:.:.:.:.:.V{      \
.       {└‐ =ァ{ニニニ/ニニ<__/ ̄:.:.ア ∠;__ :.:.:.:.:.:.:.:.≧=-‐…ー┐ \
.       _^ニ≠_う\ イニニニニヘ:.:.:.:.:_/r≦:.:.:.:..:.:.:\:.:.,;__:.:.:.:.:.:.:.:.:/|   丶
   ___ ⌒ーfア.:.:/ /ニニニニニ|.:.:.:.:>ア .:.:.:.:.:.:.:.:.:.-―┐l.:.:.:.:.:.:./ニ:/ :.


   「彼女はそんな僕をみて、くすり、と笑っていた」


     「昔と変わらずに、いたずらな笑顔で」

461 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:02:01 ID:awMx2fZQ


   「そして、言うのだ」


                   , '⌒V _ _
                / ィ=才´ ̄  ̄ヽr― - .、
              イ /       v;;,     \
          _....ィ::://         ´      ヽ\  ノ.ヽ
         ラ:::イ/ 〃  / /           、  .Vハ  ',
     _.....ィ:::::::::イ/ / /  /        ;        ;   ',j:: V ',
   r::´;;;:イ:::/.// / /  / .     /     i   !     !j:::::V ',
.   >´::::x.'´  j/ /}  ノ /  / i../ ;i   :} :!    !  i  Y::i::::V !
  /:::x'´V.   乂:::j  / ./  /   !!  :{   メ.ji  i  !  i  :i:::l::::::i !
../::://:::/  ノ川:リ .乂 /升/―、ハ  j!/// :i ノ :j   :j  j!::|:::: | _ト、
ノ::/  {::{  /::::イ::人从 /リハ!ニ=、{ 八 { . //ィ ̄ヽ リ  /  i!:::j::::::| !:::ヽ   砂糖のような時間が溶けても、
::/  j:::! (:::イ::xイ人 :乂 {テイ:=::=ミ ヽ ヽ./イーミメ,/イ /:/   i!::::|:::: | |ハ::::',
{   j:/  `ー'´| j{ Y { メ ヾ 弋:z:ソ  `ノ   x=::=`ミilⅣ// /イ :/j::::::| || ヽ::\   あとには甘い甘い紅茶が、残るんでしょう?
{   j/.      | j!  ii i! i!:从   ̄      弋:zソ/ //  小!/ :i :::::i :リ! ヽ::::\
          メ  ノ j! i从 ` ""  、      ̄ /イ/  /∧{{_ノ::::: | /::廴 _ ):::/
        /    .从八>.    、_     ""// 从 ノ/ `ー=≠ !:::i::V- ''´
.        /  ./ ,/ :八 ゝ\     ̄    イ{./  .::/__ i   :i::::iヽ\ _
      ノ . . /./ //((r..、_.>:..-. -::<´:/:: 乂 //:::::::::::::ヽ{i  .::|::::! `ー '
     ((.  //:⌒::ー{ili}ー))::{:V⌒V::/:イ::/:::/   //::::::::::::::::::::V / 八:ヽ
     )///::::::/::::: }ili{:::(::::V/::::::/:::{:::/::/:::イ  .ノ:::::::::::::::::::::/:∧{  ヽ:!
    /./.У::/::::::::{ilil{:::::::ヽ{ィァソ::イ /::/  /::/:::::::::::::::::::/::{:::j!
     V// :::、::::::{ilil{:::::::::ゞミ=彳::::/  /:::: /::::::::::::::::::::{:::::::i:::!i
   / (::::i:::::::V::{ilil{::::::::::::(::::::::::/ //ilil{:::{::::::::::::::::::::::i:::::::j:::!ハ
   //   }j:::::::::V{ili{:::::::::/::::::::::/ // {ilili{::::::i::::::::::::::::::::::::::_:ノ:/  ',
.  /    (:::!::::ヽ::::{ili{:::::::i::::::::: / /:::::::::{ilii}:::::::ヽ:::::`:ー:::''´:::::∧   '.


        「僕がとても喜んでしまうような、ロマンティックな言葉を」

462 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:02:27 ID:awMx2fZQ


   「『読書をしていれば、世界中の誰かと繋がっていられる』」

     「彼女が言ったその言葉は、本当のことだったらしい」


                    / ̄ ̄ \
                ⌒  ⌒   \
                 (⌒)(⌒ )   |
                (__人_)     |        …そうだ、担当さんに連絡しなきゃだろ。
                 '、`-ー-′     |       . -,
                      | ``       |    / /    こうして無事に会えたのも、あのエッセイのおかげだし。
                      |       ィ { r 、 / /
                     `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈
                 /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
             _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、   ちょっと電話してもいいか?
          // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
          j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧
         i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
           i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
            | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i




 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :    えぇ。
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、 
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{     食事の約束もあるんでしょ?
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:    私、なんだか楽しみだわ。
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L

463 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:03:04 ID:awMx2fZQ


    「僕たちは読書を介して、また繋がることが出来た」


                      ___
                    r ´二ニ フ、
                _   /  '´,. 二ノ⌒
          ___.-‐'´ `-i/  γ_)⌒)(⌒)   そうだな、きっと真紅と担当さんは気が合うと思うぞ。
    _,.< ̄ ̄   : : : : : : : : l   r/´(___人__)
  _,.<     : : : : : : : : : : : : :l l__ノ    ` ⌒´ノ    なにせ、俺以上の読書家さんだからな。
 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: : {
             V: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ',::ll: / : : : : :l : ∧
             V: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:V : : : : : : :l : :.∧


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、    それは楽しみだわ。
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /   _x=== ト、::::::::::代`
       |l|    X´i l\l  レ'  rテ´    .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、  _==ヾ、           l i| 〈::::}: : :
         `  \| k'x゙              ,//.| 〉,': : :
                  ハ     、   ァ    // | |: ;/
             | ヽ    ヽ '   .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


       「そして、もう一人」

464 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:03:45 ID:awMx2fZQ


    「これは後になって分かったことだったが、
      僕の担当者は彼女のいう、大切な友達だったのだ」


                  . .-、
               /: : : :.|
               /: : : : : : |
           |: : : : : : : :.|     …はぁい、あら、先生?
.              |: / ): : : :|
           |/ /: :__:|          …えぇ、本当ですか?
.            / //    ̄)
           ,  /  ∠二 ´、
            | ./  / , --‐く        はい、はい…
            |/  / /  , ーヘ.
.            ,        /: : : : :\
           ,       i: : : : : :.ヽ\      もちろん、喜んで行きますわぁ!
             ,     |: : : : : : : :ヽ>
               、     ト、 : : : : 彡'
             __,}      !. ` ̄´         …えぇ、おめでとうございます。
           /レ'     ,'
          /  ‘,    /
.         /    ‘,  ∧
        /      ‘, ,': :}



            , -−    ―- 、
          /          l  \
         /  ,   : : :: ::::::ト::: : : !: :  ヽ
        /  /    l  : : ::| ',:::l :|',: :l: . ',
        ,'. : ::l    : :|'、: :: ::|'´,:.l|:! l: l: :  i
         l::: : :|   : : ::| ヽ:: :! |:l|;= i:|: l: : |
   ,    l::: :: :i   . : : ::l  i:::| 〃  l:|/!: ::l    
   /{.    |:: :. :.',  l. .: .::|, = l:'   、 '|' i:l :l
   !;:;:    l::: :. ::.、  ヽ: .:li        . -┐lイ/    こんなことってあるのねぇ!
  i:;:;:;:;   l:|::: :. ::.ト、: :.\ .::::  /  ̄ | イ
 、 |;:;:;:;:;.  ';l: : :. ::| i:\.: .::ヽ   \_ ノ l|       一体、どんな人なのかしら?
 |;:';:;:;:;:;:;:;.,  ヽ: :. ::| :.ト、.: .:−::.\ー --- イl i     ,:'{
 丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.| . :| / ̄ ̄ 丶::.ヽVー、r'〉:.',ヽ\  /:;:;
    \;:;:;:;:;:;:;:;:}. : :; :}. : : : : : . \r−'´ ̄¨丶ト、|/;:;:;: ィ
  _ _ ノ:;:;:;:;:;:;': .:/ l: : i:: :. : .l:.  | ̄l¨ヽ    ∨!:;:;:;:;:;:;:
  \;:;:;:;:;:;:;:;:;/: :/ /|:: :.|::: :. :.l|:_ヽ. |  ハ_   _マ\;:;:;'
    丶:;:;:;:/: :/ /: {:: :.ヽ:. : イト、: . Vー' └1' _,‐〕/:;:;7
    <;:;:i: .:;' .イ. . ::.T:ー-イ|」ヽ〉:. . ∨`'´`〕' _, -};/
       l. ::| l:: ;. : :. ::i  : :.\  . :; -∨`'´}i┘  |、
        | .::|:' :/ . :. :.:.\ : :. :.:ヽ/{り〉. \ l:|   V\
       l l:|. :.} :. i:. :. :.:.:.ヽ: :. :.::.V´. .: : |」::',    ∨:丶、
       丶|:l:|: |', l:. :. :. :.::.i:、:. :. ::', . ..: |ハ:::ト  / |:.ト ̄
        lイ|/ ヽ|\ト、:ト:|:::. :. :. :', . .:. . |丿:::ト−':l::.| l|
            |   i  } ヽリ:: .ヽ:. ::.l . :: . lイ\::ト-‐'}::|


    「僕はそれを聞いて、また驚いてしまった」

      「こうも人間の縁とは不思議なものなのか、と」

465 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:04:23 ID:awMx2fZQ


   「僕と彼女が再会できたのは、僕の書いたエッセイがあったからだ」

     「だが、そのエッセイを書く機会を与えてくれたのは、他ならぬ担当者だった」

   「つまり、僕たちのうち、誰か一人が欠けただけでも、こうして出会えることはなかったのだ」

    「これはもはや、奇跡に等しい」


            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)   担当さんも喜んでくれただろ。
          |     ` ⌒´ノ
             |        |     食事はいつでもいいそうだ。
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ     また、連絡するだろ。
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|



          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ   えぇ、ありがとう。
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧  じゃあ、また連絡してね。
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |
  /  ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∨:::::::::: ::i: 八 Ⅳィ  | i
./     /:::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::\::::::::::レ':::::) ){   | ;
    /: :∧::::::::::::::_:_イ::::/:::::::::::::::::::::>z::::::::( ( .八   | i


     「だが、僕たちはまた、出会うことが出来た」

466 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:04:46 ID:awMx2fZQ


  「もう、愚直な『くじら』は、海を眺めて叫ぶ必要がなくなったのだ」


              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶     あぁ、また連絡するだろ。
       |  __           ヽ        丶
       ヽ/         i イ`丶 l         丶
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !l斗十 |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、| |│ /:||\ i   イ  /  .′ !::::\    えぇ、また、ね。
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  |'   _   ,乂::ノ / 、ヽ. /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  |ァ==ミ   /レ')/ゝ/) イ .:/  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |             r=ミ、 / ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ ////          `/レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        ′ ///∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     ` ー     イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)



   「この日限りで、『くじらの叫び声』が聞こえることはなくなるのだ」

467 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:05:14 ID:awMx2fZQ


   「『人はみな、一度出会った人とは、永遠に別れられない』」

     「それは、小説『パイロットフィッシュ』にあった言葉だ」

     「だか、その言葉が意味しているのはきっと、悪い意味だけじゃないのだろう」


           / ̄ ̄ \
           ⌒ `'⌒  \
             |(⌒.) (⌒ )   |
          |(__人___)    |
              |         |
              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i


    「人はどんなときも繋がっているという、良い意味も持った言葉でもあるのだ」

468 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:05:37 ID:awMx2fZQ


   「僕たちは多くのものを失って、また、多くのものを得てきた」


                         ─- 、
                       /    ヽ
                       |      |
                       |      |
                       |   ュニニヽ、
                        ヽ/ : : : : \:\
                          i : : : : : : : ヘ :.ヽ
                         ', : : : : : : : : ', : :'.,
                         ', : : : :.\ : i : : :.'.,
                  .        i:', : : : : : ヽト、 : : :',
                  .       iハ : : : : : : |: ', : : :.',
                         リ.:i: : : : : : :! : : : : : ト、
                          i : !: : : : : : :|: : : : : : i:.',
                           i : :i: : : : : : :|: : : : : : | :.',
                           i : :r : : : : :丿 : : : : : | : :',
                          ,' :.7 : : : : : / : : : : : : |: : :
                          / :/ : : : : : / : : : : : : : i : : i


       「そして、残ったものは小さなティーカップに入った、一杯の紅茶だ」

469 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:06:09 ID:awMx2fZQ


     「その紅茶はとても熱くて、時に、火傷をさせられてしまう」


                                         _
                                 ,.  -―――/ ヘ―――- .,,_
                          ,.  -      .l` ー-------------一 ´l   __
                         ゝ 、   `ヽ  !                    i/´  -- 、\
                              ヽ   ` '!                      /    .i ',
                            i                         ∨      ./ /
                            i      :                 ハ   ./ /
                                 i   ./                 ハ_ / ./
                                i /                      ヘ  /
                --------      /                       ∨
         ..:  ´             `   :..                          i
       〃       .................................        ヘ                         i
        ::.   .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  ノイ                       i
         ∨≧ ., ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,. ≦./:                         /
     _   : ` ー- 二ニニニニニ二 -一 ´. . /                    /
   / r---、`ヽ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       / `ヽ .,_            _,.  <
    i  i' ´  ヽ )                       /     \    ー---一
   入 :.     `.                   /         ヘ
  i.  \ `  ー---、                  , '           :
  ハ   `  ー---、ヽ             , '          /
   \     ハ  `ヘ.,_          _,./  /       ./
  . . \     \      ̄ ̄ ̄    /       /


                  「だが、一口飲むだけで身体は温まっていくのだ」

470 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:06:50 ID:awMx2fZQ


    「僕たちは、そんな紅茶を抱えている」


                       (
                     `.
                     、 `ヽ.  `ヽ
                     ノ    ,!  ノ
                   ,r   '´ _   '  _,
                  !     r'´   r‐'
                  , , -─==i==i=‐- .._
                //   ,_.......i............___ ヽヽ
                トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                 l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                |              ゝ!─、 l
                  !              ノ、_j j
                ',             ゝ_ノノ
                 ゝ、          /
                  ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´


            「それは、とても幸せなことだと思う」

471 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:07:14 ID:awMx2fZQ


     「なぜならば、その紅茶は、とても甘いからだ」


                       ___                   ,. -‐- ..__
               r── ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄──__    _,. -=彡‐ '´ ̄´   ̄ ` ─
            ∠´                           ヽ /ニ´- ´  ___.
            |-、                           _ イー--‐=ニノ   \
            |  `丶──--______--── ̄    ノ'、  ` ̄`ヽj___  `丶..___
            ヽ                             | (ゝ-──'   ‐'`)
            ヽ                            |  `ヽ‐----─ '´`)'"ノ    ,.--
            ,.,,ヽ                         |   /ゝ-r- ..___.,/,/─--‐'"
        ,,, ,,--''´r'ヽ                          ノ //   ヽ-─--'′
     , .‐'´  -:'"゛  \                     /// `''ー-、
    r'    r' . : ::.     ヽ               , <二/''ー-、    ヽ、
  (     lヽ、  . : ::     `−-_____-−´:::j      ノ      )
    ヽ、   ヽ、 `''ー−、                ,,,,,,/,--‐'''´    ,.-'´
      `''ー-、,  冖ー--、,l_ /`''ー'`''`''ー'-─'─‐-,ノ,,,,,,,--‐'''´     '''´
         冖ー--、,________ _______,,,,,,,--‐'''´


         「どんな人の舌でも溶かしてしまうほどに、甘いのだ」

472 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:07:42 ID:awMx2fZQ





              / ̄ ̄\
            /  ⌒´  ⌒
.           |   ( ⌒) (.⌒)
           |   (___人__)
               |        ノ
             |          |
            j、_       |
           √::::::...`ミュ、r<
           /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ
        / .:::/.:.:.: : : : : : : :.:.::..\
         ,' .::::/.:.: : : : : : :./ ⌒ 、ヽ
         i .::.::.::.:. : : : : : .:.:.:.:.:::::...ヽ:.',
        i ::::.::.::.::.:.: : :/ .:.:.:.:.:.:.:.::::::: }::
        i ::::::.::.::.:.:.:.:/ .:.:.:.:.::::::::::::: ,.:: i
        ', :::::::::::::::く .::::::::::::::::/:::〈:::: |


    「僕たちは、そんな紅茶を飲みながら、また本を読むだろう」


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

473 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:08:12 ID:awMx2fZQ





    「そう、僕たちのシュガータイムは、まだ終わらないのだ」




                             _______
          /⌒ヽ_               |)(_)(_)(_)(__|r^ヽ
         /⌒/--->、           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ||
       /⌒/、 \-/ //-> 、           |           | //
      __|⌒i'⌒)\三ll三rヽ^)三|         , -|           |/´
    /  |||||l^ヽ(⌒)(⌒ヽノ⌒)、). ̄ \  r'  ヽ____ノ'´ ヽ
   /   |三三三三三三三三三|     \ 、 `       ´ ノ
  (      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ) ゛ =========== "
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                

                                               _______
                            /⌒ヽ_               |)(_)(_)(_)(__|r^ヽ
                           /⌒/:::::::::> 、             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ||
                         /⌒/::::::::::::::::::::::::;> 、__.       |           | //
                        __|⌒i:':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':| ヽ     , -|           |/´
                      /  |  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ノ \ r'  ヽ____ノ'´ ヽ
                     /   l   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄   \ 、 `       ´ ノ
                    (      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ) ゛ =========== "
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







              「これからも、ずっと、ずっと、ずっと」










                           終

474 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:09:56 ID:awMx2fZQ


ということで、「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」はこれにて終幕、です。
「えー、なんだよこれー」って思われた方がいらっしゃったら、それはすみません…!

今回、土台とさせていただいたのは、小川洋子さんの同名小説です。
正直に言いますと、この小説を>>1が読んだことで、この「小説スレ」を書き始めました。
それぐらい、印象深い作品になってます。

なにはともあれ、今まで、こんな作品に付き合っていただいて、誠にありがとうございました。
心から感謝しています。繰り返しになりますが、本当にありがとうございました!

                         、__ __
                         Y´、。ハ
                          V人` \
                           }  }` ー'
                        , 彡  j
                       〃 }  ,ハ
                    .  /,  / , ,;リ      
                      , //,イ, , ; ;/
                      i'//イ{; ;. イ
                     小У!{'´ !{
                         }{  }{
                         }{  }{       ◆gDQ5bE8qg2

475名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:13:16 ID:MYO2sccc
最終話の投下乙でした!

銀ちゃんが絡むところが完全に予想外で声が漏れましたw
そして、これまでのやらない夫の語りが実はエッセイだったと言うのも良い意味で驚きました。
日記または回想の可能性は考えていたんだけどなあw

とても良い物語で、最後までほっこりさせていただきました。
あとは番外編でしょうか?
そちらも楽しみにしております。

476名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:16:03 ID:UGhZdBr.
乙でした。完結おめでとうございます。
編集者が銀ちゃんであると分かったところでハッと息が漏れました。

なんといいますか、配役ももちろんなんですが、
このスレは地の文が一番の魅力であったと感じました。
やる夫スレでこういう読後感を得られるとはなあ。

楽しいスレをありがとうございました。

477名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:16:31 ID:3l9eLGic
お疲れ様でした
あまーい!紅茶のように甘く優しいほんのりしたひとときを過ごさせて頂きました。有難うございます!
(半ば予想はしてましたけど、)担当編集さんが銀ちゃんなのが分かった時は、背筋がぶわっとして顔がにやけてしまいましたw

478名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:17:02 ID:wGLzm1j.
もう乙していい流れだよね?
そうだよね?

ってことで乙でした!!

最後まで本当に楽しめました!
ありがとうございました!!

479名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:19:41 ID:6tCp/31.
乙でした……圧倒的乙……!

人間の細やかな感情を描くのってすごく難しいのだと、しみじみ思います
それをここまで上品にまとめ上げてくれて、凄く感動しました
作者さんは以前にもやる夫スレなど創作はなさっていたのかな?とても完成度が高かったです

次回作などあれば、全力で追いかけますよ。良い話を有難う。

480名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:22:51 ID:T8Ao7o/c
乙でした!

真紅が何やってたのかとか、この先どうなったのかとか、すごい気になる。

好きな雰囲気で、とても面白かったです。恋がしたくなりますねw
また、何か書かれるのであれば楽しみにしてます。

481名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:23:33 ID:1T1x0HTU
最後まで乙でした。
最終話でじんわりしたいい話だなーと思っていたら、最後に銀ちゃんが出てきた時には
やられたなーという気分でした。
いい話をありがとうございました。

482名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:26:08 ID:xrifh1Ag
乙でした!
まさかここで銀ちゃんが出てくるとは・・・

小説を1冊読み終えたような不思議な感覚です。
お話として楽しめただけでなく、作中の小説も何冊か読ませて頂きましたがとてもおもしろかったです。
素敵なお話を有難うございました!

483名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:26:35 ID:T8Ao7o/c
書くの忘れてた

感想にいちいち答えてくれる作者さんの気配りもすごくよかったです!!
ありがとうございました。

484 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:33:48 ID:awMx2fZQ

【お返事】

     、__ __
     Y´、。ハ   まずは、投下以前にコメントを下さった方々へ、
      V人` \    ありがとうございました!
       }  }` ー'     こちらの真紅を気に入ってもらえたら嬉しいです。
    , 彡  j
   〃 }  ,ハ   >>420>>475さん
.  /,  / , ,;リ   いち早いご感想&閲覧、本当にありがとうございました!
  , //,イ, , ; ;/      どなたかに「もしかして、小説なんじゃない、これ?」
  i'//イ{; ;. イ        と突っ込まれないかとドキドキしてたので、良かったですw
 小У!{'´ !{
     }{  }{          番外編も、時間があれば補完的に書きたいです。
     }{  }{           よろしければ、どうかまた、お付き合いください!


     、__ __
     Y´、。ハ  >>476さん
      V人` \  閲覧、ご感想ともに、ありがとうございます!
       }  }` ー'   地の文は出来るだけ、小説っぽく…
    , 彡  j       でも読みやすいように、と意識してたので、嬉しいご意見です。
   〃 }  ,ハ      ニッチなスレでしたが、お楽しみいただけたなら幸いです。
.  /,  / , ,;リ
  , //,イ, , ; ;/   >>477さん
  i'//イ{; ;. イ      読書ロマンティスト・トリオを書きたかったんですw
 小У!{'´ !{        みんなグルグル回って、結局、同じところに戻って…
     }{  }{         それから、甘い時間を満喫する…的なものをです。
     }{  }{          ほどほどに甘く出来たなら、嬉しい限りです。
                ご感想、閲覧、本当にありがとうございました!!

485名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:34:16 ID:6jxYnBnU
乙です、長々と感想は書けませんので一言だけ
素晴らしかった

486名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:35:48 ID:/9P7PPbk
乙でした

最初から最後まで素晴らしいスレでした

487 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:41:12 ID:awMx2fZQ

【お返事】

                   ,,,....._
                 /"'。'  `ヽ-彡'ソ
                 ノ゙`丶、   ,r‐'´   >>478さん
             ,. -'"    ノ ゙i,.ノ      ご感想とお付き合い、本当にありがとうございます!
             (____,.,..イ´"  /        こちらこそ、本当に楽しかったです。
                 ̄ ̄  |   .(         なので、ありがとうございます、です!
                   |    ヽ
                    |    ミヽ、       >>479さん
                     |  ヾミミ ミ.`ヽ、     ご感想、ご閲覧、ありがとうございます!
                      |   ミミ    ミ ヽ、    創作は本当に初めてで、とにかく完結させることを目的としてました…。
                 ゙},    ヾミ  ミ 、ミ゙:、    その結果、こうして褒めていただけたのは本当に驚きです。
                  ゙、   `ミ    ヾ ゙、
                   ゙、    ゙ヾ    ヾ:}     今後はまだ少しだけ、この物語を書き足すことがあるかもしれません。
                    `i、    `ヾヘノ、..メ゙:、     その際はお付き合いいただけたら嬉しいです!
                    ヾヽr、..゙:、  ノ  ヾ、゙、
                     ゙i l.  ゙i.''゙Y    Y   >>480さん
                     l |   ゙i !ヾ、ミ、`ヾヽ    真紅がどうしてきたのか、銀様がどうしてきたのか、
                         ! !     l. l ゙、,、、r‐、l`     そのあたりは補完したいなぁと思っています。
                         | l    | :!          なので、よければまた、お付き合いくださいませ!
                          {,{    {,{
                         l |    ゙i l            ご閲覧ありがとうございました!
                        l l    | l
                       | !    :! !   (コメントへの返事は、色んな発見があるので楽しんでますw)
                     ,l l、__   | l
                      //゙|     バ
                         /|\

488名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:45:12 ID:oMQhy8Y6
乙でした
「ふふっ」で終わっても綺麗だったんじゃ、なんて思ってたらやられた・・・
素晴らしい時間をありがとう

489名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:47:47 ID:l0Xrj.cc
乙でした!
うーん、上質な文学作品を読んだようなそんな気分になりました
また次作があれば楽しみにしています

490 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:48:45 ID:awMx2fZQ

【お返事】

                   -‐‐‐-
                /       \  >>481さん
              /            ハ  閲覧&ご感想、本当にありがとうございました!
                  i{、     l      ノ }i  そういった感想をいただけたら本当にもう、嬉しいです。
                  } 込、、,,人,  x汐 ,{   こちらこそ、ありがとうございました!
                八  〃´ l `ヾ   }
                  {  Yi{   |   }iY  ;   >>482さん
               ',. |i{   : | :   }i| /   ありがとうございます!
               ',. |i   |   i|.イ    自分の好きな本を読んでもらえただけでも嬉しいですが、
               ',.|i    |    i| ;{     物語の方も褒めていただいて、幸せ一杯です。
                ∧i  , | ,  i/∧      こちらこそ、ありがとうございます。
                / ∧i  |  i/ '' ∧
                 _/ //∧i { .. } i/  //∧  >>485さん
                〃    \.:./   ///ヽ  ありがとうございます!
              /, , ,       "      ' //∧  その一言がとても嬉しいです。
                                また機会がありましたら、どうかお願いいたします!


     、__ __
     Y´、。ハ
      V人` \ >>486さん
       }  }` ー'  最初から最後までお付き合いいただき、
    , 彡  j      本当にありがとうございました!
   〃 }  ,ハ 
.  /,  / , ,;リ   >>488さん
  , //,イ, , ; ;/    本当にそこは悩んだんですよね…
  i'//イ{; ;. イ      区切りだけを考えたら、その方がしっくりきそうな気がしたんですが、
 小У!{'´ !{       >>1自身がハッピーエンドが好きだったので、こうなりましたw
     }{  }{
     }{  }{         気に入っていただけたなら幸いです!
                 ありがとうございました!

491名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/22(木) 23:50:46 ID:K8f7bN7s
乙でした。

素晴らしい「水戸黄門スレ」でした。

492 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/22(木) 23:59:14 ID:awMx2fZQ

【お返事】

     、__ __
     Y´、。ハ
      V人` \  >>489さん
       }  }` ー'   ご感想、ご閲覧ありがとうございました!
    , 彡  j       少しでも楽しんでもらえたなら幸いです。
   〃 }  ,ハ        次回作は未定ですが、また機会があればよろしくお願いします。
.  /,  / , ,;リ     
  , //,イ, , ; ;/    >>491さん
  i'//イ{; ;. イ    ありがとうございます!
 小У!{'´ !{      まさに、「水戸黄門スレ」でしたねw
     }{  }{       お約束で始まって、お約束で終えることが出来ました。
     }{  }{        ご感想・ありがとうございました!


 【感謝を込めて】

         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ    まずは、みなさま、本当にご閲覧、ご感想、ありがとうございました!
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ   こうして、受け入れていただけたことは本当に嬉しかったです。
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .!
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!  なにより、書いていることで自分がものすごく楽しめたので、
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈 .: .: !    なかなか良い体験をさせてもらえたと思っています。
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′   この話をまとめてくださった、
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′    やらない夫オンリーブログさん、
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′       俺用チラシの裏さん、
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ       本当にありがとうございました!
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ ',        また、AA職人の方々にも感謝です。
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',  (まさか、あんなに熱帯魚のAAがあるとは…思ってもいませんでした)
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ     短いお話でしたが、
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.     小説などに興味を持っていただけたなら幸いです。
   /.:,′. :. :.:.:.:. ``"´         ヽ;:;;;',
 /.::::/ .: .: :::::: :.:.            ヽ;;;;;',     それではまた、機会がありましたらよろしくお願いします!
                                 重ね重ねありがとうございました!!

493名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 00:04:02 ID:Kzf9P0Xg
完結乙!

さて、これから古本屋にいって8冊ほど小説を買ってこなくては……!

494名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 00:09:16 ID:XjBIFojs
完結おめでとう!そしてありがとう!
そして連日の紹介で積まれていく俺の推薦図書…。とりあえず大崎善生さんの3部作から読み進めていこう

495名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 00:32:26 ID:1sorL54A
綺麗なお話だった

496名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 00:35:51 ID:khWNeiXY
乙!
絶妙なタイミングでおすすめスレで発見して、一気読みさせてもらった
真紅ややらない夫のように気のきいた感想は出てこないけど、とにかく面白かった

497名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 01:32:52 ID:lamS2e0Q
完結乙です!
自分の一番好きな小説家が小川洋子ということもあり、最初に「海」を紹介されたときからずっと楽しませていただきました。
これまで忙しくて本離れしてたけど、また本を読みたくなってきた……!
早速>>1さんの紹介された本を片っ端から読んでいきたいと思います!

498名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 01:57:57 ID:ZajyXGtM
完結乙した!

ハッピーエンド至上主義で短編の言葉の掛け合いのプラトニックいちゃつき大スキーな私には
何もかもがツボでした
次回作にも期待させてもらいます!

こちらも甘い紅茶を用意してお待ちしております。

499名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 08:34:15 ID:nJvbTEkc
乙…圧倒的乙…!
ハッピーエンド好きとしては、全力で賛辞を送らざるを得ないっ

500名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 11:26:46 ID:czvPNguY
これは乙したくなる

ジェットコースターのようなスリリングな感覚を楽しむのではなく
ローカル列車に乗って風景を楽しむような感じでした

あのままやらない夫が真紅に逢わなくても物語としては成立するんだろうけど
やっぱり予定調和の結末は後味がいい

501名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 11:28:59 ID:OMZUjHP6
完結乙です

素晴しい作品でした。
素敵なティータイムを終えた後のような満足感とほんのりと寂しさが残る素敵な作品でした。

502sage:2012/03/23(金) 11:31:37 ID:qaguZhZs
 まとめサイトで読んでいたけどどうしても作者に賛辞を送りたくて
ググッタぜ。

503名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 11:37:48 ID:qaguZhZs


 俺は将棋好きで大崎さんが将棋連盟をやめて将棋関係の文章をかかなくなっ
てどうしてるのかなあと思ってたらなんか興味深い小説を書いていて1さんの
おかげで読みたくなった。パイロットフィッシュなんかどうしても連盟時代
にかいていた「将棋の子」にでてくる無数のプロになれず一流棋士の卵の肥やし
となって敗れていく奨励会員を連想したわ。

504名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 12:30:50 ID:M2jFl02Q
完結乙

505名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 12:57:41 ID:/puOws5U
乙、いい雰囲気だった。

506名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 14:01:10 ID:LfGi0QOw
乙。空気感がとてもよかった。

507名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 14:36:45 ID:47m7mRgU
乙でした
ご都合主義万歳な自分にとって最高のラストだったw
もう一度最初から読むとまた違った味がしていいかも
やら真万歳

508名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 18:47:40 ID:MpLexXWA
乙。
こんな気持ちの良い作品は久々だったよ!

509名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 19:18:53 ID:2kutuhv2
心が透き通るような気分になるとても綺麗な物語でした
やっぱり最後はハッピーエンドだよね
作者様もお疲れ様でした

510名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 20:24:02 ID:IGLUoMOE
乙ー!とても心地いいスレだった。

511名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 20:46:24 ID:DG8jQwzc
素敵なお話をどうもありがとう。

512名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 20:48:34 ID:403no.Ek
乙です。
これで完全に終了なんだっけ?
番外編とか・・・

513名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 20:51:01 ID:Y8134pPA
>>512
>>484

あるかもね!

514名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 21:41:51 ID:9bBKpCSs
乙でした!最終話の後、もう一度最初から読ませていただきました。
凄く優しい雰囲気で何度も読みたくなりますね。BGMの選曲も良かったです。。
紹介された作品、読んでみようと思います。素晴らしい作品をありがとうございました!

515名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/23(金) 22:37:31 ID:pnBQSQi2
乙でした
このスレを読めてよかった

516 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/23(金) 22:40:49 ID:.zpq9UBY

【お返事】
(レス数にビックリしています・・・!)
     、__ __
     Y´、。ハ >>493さん
      V人` \  ありがとうございます!
       }  }` ー'  ごゆっくり小説をお楽しみくださいませ!
    , 彡  j
   〃 }  ,ハ  >>494さん
.  /,  / , ,;リ    閲覧、ご感想、ありがとうございました!
  , //,イ, , ; ;/      またよろしければ、小説のご感想もくださいませ!
  i'//イ{; ;. イ
 小У!{'´ !{    >>495さん
     }{  }{     ありがとうございます!
     }{  }{      そういってくださると、ありがたい限りです。

         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、    >>496さん
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ    言ってくださって初めて気づいたのですが…
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ   おすすめしてくださった方もいるんですね…!
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ   お二方共に、ありがとうございます。
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .!
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!  >>497さん
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈 .: .: !  小川さんファンがいらして嬉しいです!
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!   読書をするちょっとしたキッカケになれたら幸いです。
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′  ごゆっくりお楽しみくださいませ!
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′  >>498さん
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ    ありがとうございます!
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ     違っていたら申し訳ないのですが…もしかして、お茶会スレの方でしょうか?
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ ',     もし、そうならばまた楽しませていただきます!
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',      ありがとうございました!
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ  >>499さん
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.  ありがとうございます!
   /.:,′. :. :.:.:.:. ``"´         ヽ;:;;;',  納得できるエンディングになれたなら、嬉しい限りです!
 /.::::/ .: .: :::::: :.:.            ヽ;;;;;',

517 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/23(金) 22:52:14 ID:.zpq9UBY

【お返事】

                   -‐‐‐-
                /       \ >>500さん
              /            ハ  ありがとうございます!
                  i{、     l      ノ }i  とても素敵な表現をしていただいて、嬉しい限りです。
                  } 込、、,,人,  x汐 ,{  終わり方には賛否両論あると思いますが、
                八  〃´ l `ヾ   }  そういっていただけたなら幸いです!
                  {  Yi{   |   }iY  ;
               ',. |i{   : | :   }i| /  >>501さん
               ',. |i   |   i|.イ   本当にありがとうございます。
               ',.|i    |    i| ;{    こんな風に言っていただけたなら、作者としてはとても嬉しいです。
                ∧i  , | ,  i/∧     ありがとうございました!
                / ∧i  |  i/ '' ∧
                 _/ //∧i { .. } i/  //∧  >>502.>>503さん
                〃    \.:./   ///ヽ 大崎さんといえば将棋ですよね。
              /, , ,       "      ' //∧ この方の小説も、「伝えたいこと」を追求されていて、
                              胸に直接的に響いてきます。
                               よろしければまたご覧ください!ありがとうございます!


         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ>>504さん、>>505さん、>>506さん
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .  ご閲覧、本当にありがとうございました!!
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈 .: .: ! >>507さん
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!  ご都合主義なのもたまには・・・という気持ちがあったので、
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′  そういってくださるととても助かります。
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′   やらない夫と真紅の組み合わせは、たまんないですねw
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ  >>508さん
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ   こちらこそ、お付き合いくださりありがとうございました!
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ ',
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',  >>509さん
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',    ハッピーエンドを気に入ってくださり、ありがとうございます!
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ  嬉しい限り、です。
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.
   /.:,′. :. :.:.:.:. ``"´         ヽ;:;;;', >>510さん
 /.::::/ .: .: :::::: :.:.            ヽ;;;;;', ありがとうございました!

518 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/23(金) 22:59:18 ID:.zpq9UBY

【お返事】
                   ,,,....._
                 /"'。'  `ヽ-彡'ソ
                 ノ゙`丶、   ,r‐'´
             ,. -'"    ノ ゙i,.ノ  >>511さん
             (____,.,..イ´"  /     こちらこそ、見守ってくださり、ありがとうございました!
                 ̄ ̄  |   .(
                   |    ヽ   >>512さん
                    |    ミヽ、   番外編は、もしかしたら作るかも、程度に思ってくださると嬉しいです。
                     |  ヾミミ ミ.`ヽ、  蛇足の蛇足、という形になりますので、ご容赦くださいませ…!
                      |   ミミ    ミ ヽ、
                 ゙},    ヾミ  ミ 、ミ゙:、 >>514さん
                  ゙、   `ミ    ヾ ゙、  こちらこそお付き合いくださり、ありがとうございました!
                   ゙、    ゙ヾ    ヾ:}    BGMも聞いてもらえたなら作者冥利につきます。
                    `i、    `ヾヘノ、..メ゙:、   本当にありがとうございました!
                    ヾヽr、..゙:、  ノ  ヾ、゙、
                     ゙i l.  ゙i.''゙Y    Y  >>515さん
                     l |   ゙i !ヾ、ミ、`ヾヽ   こちらこそ、読んでくださりありがとうございました!
                         ! !     l. l ゙、,、、r‐、l`
                         | l    | :!
                          {,{    {,{
                         l |    ゙i l
                        l l    | l
                       | !    :! !
                     ,l l、__   | l
                      //゙|     バ
                         /|\


     、__ __
     Y´、。ハ
      V人` \  エンディングについて、様々な意見があると思いますが、
       }  }` ー'  そうなるのは当たり前のことだと思いますし、
    , 彡  j      むしろ、そういった色々な意見を聞けたことは嬉しく思っています。
   〃 }  ,ハ
.  /,  / , ,;リ     最後まで読んでくださった上でのご感想ですから、
  , //,イ, , ; ;/      本当に貴重な意見ですし、大切にさせていただきます!
  i'//イ{; ;. イ
 小У!{'´ !{       ありがとうございます。
     }{  }{
     }{  }{

519名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 00:30:58 ID:ALQ98RFU
いやぁー。読書って、本当にいいものですね!

520名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 07:33:16 ID:256hw2Dk
乙乙!

つみかさねたモノから生まれた再生と再会 ほんのり甘くて心に染み渡るお話でした
人と人 本と場所 繋ぐ行為から新しい何かが生まれていくのって良いですねぇ 改めて乙乙!

521名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 14:21:43 ID:1GdDzgAc
乙でした。完結おめでとうございます
なんというか静かな話でしたがその雰囲気が心地よかったです

522 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 17:53:03 ID:cP0l.hoE

【お返事】

     、__ __
     Y´、。ハ  >>519さん
      V人` \  ありがとうございます!
       }  }` ー'  読書、いいですよね。
    , 彡  j    是非ともお楽しみください!
   〃 }  ,ハ
.  /,  / , ,;リ  >>520さん
  , //,イ, , ; ;/  ありがとうございます!
  i'//イ{; ;. イ   書きたかったことを書いてくれて、本当に嬉しいです。
 小У!{'´ !{      重ね重ね、ありがとうございました!
     }{  }{
     }{  }{    >>521さん
          ありがとうございます!
           完結できたことが一番、個人的にも嬉しかったです。
             またよろしくお願いしますね!

523 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:03:50 ID:cP0l.hoE

【お詫び】

         .:;; :;;::;:;:;;;;;;:;:;:;:;、
       〃 .: .: .:. :. :. :. :. :.`ヽ
      〃 .: .:. :. :. :. :. : .: .: . :. ヽ 「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」
     〃 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:,' ヽ  完結時に、番外編を書くということをお伝えしましたが、
     i i、. : .:. :. :. :. :. :. :. :. :.: .:,' .: .!   いざ作成してみると、あまりに蛇足すぎる気がしてしまいまして…
     i ト. 、 .: .:. :. :. :. :. :. :.,. イ .: .:!
     i `゙='シ''"´ ̄``ヽく'=゙〈 .: .: !   結果的にいえば、ボツにしてしまいました…。
     !. :. :.,シ.:;;; ;;;  ;;; `ヾ; .: .::.!
      ! .:. ::j ! ;;; ;;  ;;;  ; !:. .:.,′  なので、腑に落ちない方もいらっしゃるかもしれませんが、
     ', .: .j !  ;; ;;  ;;;  ;; !.:.:,′    このお話はここで終わり、とさせていただきたいと思います。
      ',.:.:j !  .;.; ;;;  ;;;  ;; !..,′
      ', j ! .:;.; ;;  ;;;  .:; ,リ         大変申し訳ありません。
       ',j ! .:;.; ;;  ;;; .:;;;;ハ
       ハ .:;.;; ;;  ;; .;;;/ ',       代わりといったらアレなんですけども、
       ,′', .:.;  ;  ;; ;;/  ',        次回作として考えてるものを予告的に投下いたします。
      ,′.:::', .; ;;  ; ./   .',        (急ごしらえなんで、短いですが…)
      ,′.:::::.',.; ;;  ; ./     ヽ``ヽ
    ,.イ .: .:. :.::::ヽ ;;  ,.イ       ヽ::;:;',.   
   /.:,′. :. :.:.:.:. ``"´         ヽ;:;;;',
 /.::::/ .: .: :::::: :.:.            ヽ;;;;;',

524 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:05:50 ID:cP0l.hoE
では、ひそかに投下しておきます…。

525 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:06:38 ID:cP0l.hoE

          ━━━━━━━━━これは、精神科で働く看護師と━━━━━━━━━


   新人看護師:やらない夫

                         / ̄ ̄ \
                     ⌒  ⌒   \
                      (⌒)(⌒ )   |     やぁ、こんにちは。
                     (__人_)     |       新人の看護士だけど、よろしくね。
                      '、`-ー-′     |       . -,
                           | ``       |    / /
                           |       ィ { r 、 / /
                          `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈
                      /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
                  _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、
               // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
               j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧
              i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
                i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
                  | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i



       ,. <,ィ //、、__                 〃/ |\
   ,. <   // //  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、\
 ∠ ___/ / /,′                l         |l /l | \〉
/       厶∨    |     l  |     | l|  、 |   |/ l| ∧  ヽ\
        / l ,    l    |  |    l  |  | |  l l l |ヽ.  \\
         /  | /   | , | `ヽ、 |    l  l  | |   | | l| l |   \\
.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ
       /  /||l | |l l l | _j.Lゝ‐|\   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |
‐- 、  /  /  | ト、 | l斗七i !| 」{ |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト|ィ==弐ゞ、 ヘ リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \     l |  …こん、にちは。
 //  ,    /  レ∧ ヽ {Ч;;'j}    ∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /
´/  /    ,′ 八rヘ.  ゞニ-      ∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉            `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、
 '′     /  / ,   ∧          i    、_ノ/´ヽ   `、  `、  丶   l
  ___ /  / ,′  / rへ、    - -     / 〉 l|   l   丶  }  |
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、     r〜'⌒r勹 l|    l|       /   |
: : : : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  |     |     〈  ∧



                        精神科病棟に入院する少女:薔薇水晶


  ━━━━━━━ひとりの患者の話━━━━━━━━━

526 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:07:12 ID:cP0l.hoE


            ━━━━━━━━少女が待ったのは、一通の手紙━━━━━━


       __  rz、 _ - ―- ― - .f:izィ―‐z
       `ヽメ\|マィ ´   _  ー - 彡≦三←、
        ≫三イ ミ=    ̄      、ヾ. \
      //¨7     /  ,   l|   l}  ', ',\\   その、お手紙は来ていないですか…?
    //  }    ,'  / l| l|`ト、l| l l} '. \\
  //    |   .: | |斗也. l `メ≧トl l|  \\
//     ,′ .: |  代 { リヾ、j/{:fヨz:ハ/l′    \\
\{ヽ     /  .:  j  lヘ  ̄   " ゞ=チ |      ムイ
  \\  ./  .:  Ⅵ.::ゝ      ′ メ  |     /ノ
    \\'  .:    ,rzⅦ、   −  ィ   !    //
      \\.::   ( iゝ‐z >x  イ |:.   ヘ  // __
     ./__\\   〉 ̄ト 辷ラ七彡 :!::..   ハ  ̄ ̄7 /
    ハ ̄ ̄ ̄`ー"-: :ヽニユ辷ラソ、.-―z、ハ    / /
   ,'{/ ̄`Y: : : : : : : : : : : : ゝ:Yr=x: : : : : ム '.  ./ /
.  /く_ : : └──z: : : : : : : : :《ィ泌>: : : : ヾ、ハ / /
./  .〉: \: : : : : : :∧: : : : : : : :.ゞXイ: : : / ̄: ス 〈
   .: \: : `ー─: : :.ノ>─〜ー、_: 〉ーく: : /:ノ\\
  ..::  ム: : : : : : :イ/: : : : : : : : : : ̄): :ヽ: : く  :. \\
 .::  .:  〉: : : : : : :|′:ヽ: : : : : : :_:._ノ、:_:_ノ!: : :ヘ. :.  \\



                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/   今日は…来てないみたいです。
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

527 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:07:39 ID:cP0l.hoE


                     . ― … ‐- .  /:ヽ    ___
                .‐  7´         ` /ヾ/}>"´:i:i:i:/
               ´   /         ‐-{:.:.:.!:.:ノ:i:i:i:i:i:才´‐ ― ― 一 、
        ___   ′ _ .′           ゞノ>ニ==z ̄  ̄  ̄  ̄ `
        弋:.:.マ:ヽ/     {  _ -‐      / ./  ≦三三三≫_
    _ .-― ゞミx7   _ ! ´           /  ハ `` ー 一 '  `ヽ
  ̄ -― …/:i:ィ:i:i|       '.           ′  ` ー イ/ ̄ ̄ ̄ ̄`¨`ヽ   私から連絡はとれないんです…
´       ∠才/:i:i/|       ヽ               =ニ彡/: : : : : : : : : : : : : : :
           /:i:i/ .| ,                   ト、`ー一/: : : : : : : : : : : : : : : :   あの人の住所も、
           !/  |′             '    l   | l!: _r‐z―、: : : : : : : : : : : : : : :    何も分からないんです…!!
\          イ   ′   /l|     |   | | l_/ ゝ、\ \: : : : : : : : : : : : :
\\        /: | | |     ′{     | | l! l| | ̄`¨    /}: : : : : : : : : : : :   名前も、何も!
  \\     ./: : | l i   |  |  |、   _j } l|> ,{ `y   /. ./: : : : : : : : : : : :
.   }ムイ     i: : : l,/l |、 .!  !  !ヘ\|⌒i}/才ムイ:ヘ/  /. . ./、_: : : : : : : _
  //      {: : :.√7 .| l |  |  | \l`メ/≦::fミソ込リ  / . . . ハゝ:_: `ー'´ ̄: :イ
//      ゝ_ 7 !ⅤⅥlⅤ八ミ≠=-、/}ノ `¨ ー ´{  /. . . . '. ;トー、_ : : : : : 〃
/            \ヽヽ ', `ー――‐z  ヽ  r ‐z、 ,〉イ. . . . . ./. . . .∨\入_
                \         入__ ` ´ /イ`>. . . . . . . >―‐: : :
                  `ーx――z-=イ: ∧: :`:  ̄ ̄: :r=ヘ: }\ . . ./: : : : : : :
                  〉``¬代ー: : : ∧`ヽ、: : : : ゞ穀リ |: : \/: : : : : : : : :


       ./ ̄ ̄\
      ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
      |     ( ―)  λ   ヽ    …。
    ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
  __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
/---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


 ━━━━━━━たった一通の手紙を待つ、少女━━━━━━━━

528 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:08:03 ID:cP0l.hoE

              ━━━━━━━━人の心は、不安定だ━━━━━━━  


                   精神科医:夜神月

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!  それはおそらくね、彼女の幻なんだ。
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、   君が気に病むことはないよ。
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



                   / ̄ ̄\
                 /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)
                 .|     (___人__)   …彼は、実在しないのですか?
                 |        ノ
                  _,.|        |
        , --、―― < / |ヽ      丿
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \

529 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:08:30 ID:cP0l.hoE

            ━━━━━━━━━すぐに、幻と現実の区別がつかなくなる━━━━━━


                先輩看護師:槐
    / ̄`
     |     _  - ― - .
    ゞz:.≦彡ー -     ` 、
    r'´ ノ `ヾ:、  `         ヽ
   ノ     }     、      :.
.  ' /     ; i     ヽ       ,
 /  '      i  |       \  、 ,   やらない夫くん。
 {i    |!  l! i! ト、 、    ヾミ=-ヽ
. 从   人 从zム斗ゞミ_  ト=彡  };   気持ちは分かるけど、
.. ノi ノ ,}弐_{  ゞ゙' ´  リ ト-ミ=- くヽ    ひとりの患者に入れ込むのは止めるんだ。
 イ从 人 /        /ノ レノ 人  ;}i
.   八( ハ、          ,'´ゞY´ ム:八   取り返しのつかないことになるよ。
       \- ー-     ,イ   :,   〃
        ヽ`    '      }、
          `ー<:,   〃/ ̄ 〉、
           /ム   / /   〃 丶
             / ,: ノ   ,イ    /     \
          / /_ __./    ,イ  >ー -=ミ、
        / /   /_   / /.:::;===ミ::::.ヽ
       /⌒j }_,イ/  )  ././.:::/     `ヽ



              ── 、
.           /        ヽ
          ,′       `、
          |    _      ∨──-┐____
          /y^YヘハLヽ  f\ , \</______/|
         人! .| ト、ヽ\`ー,’ 〉}/ /:::::`-<__////Y/ |
        /::::::^ゝへ_ `  ___ィ_/ /:::::::::::::/:::::\/ i//|
        .j::::::::_ムュー、\/:::::::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::Y:i//|   …間違っているとは、分かっています。
       /:\/.::::::::::::::〉〈::::::::::::::{::::::::::::}/::::::::::::::::::::}:|//|
        }:::::/::::::::::::::::イ:::}:::::::::::::::{::::::::::/:::::::::::::::::::::,' |//|   ですが、何も出来ることは無いんでしょうか…?
:x、     //::::::::::::::::Λ{;;;|:::::::::::::::i:::/::::::::::::::::::::::イ./|//|
.  >x、  }':::::::::::::::::::/::::N;;;|::::::::::::::::V:::::::::::\___/ |/|//|
> x  >ヘ::::::::::::::::/::::::::::V|::::::::::::::::::V::::::::::::\::/..:::i/|//|
ZZZ>>x  ゝ..___, ハ::::::::::::::{::::::::::::::::::::'.::::::::::::::7::::::::{/|//|
ZZ/ /ZZZ>x    >x、::Λ:::::::::::::::::::}::::::::::/::::::::::|/|//|
Z/ /ZZZZZZZ>x     >';:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|/|//|
< \ZZZZZZZZZ>x、    ゝ::::::::::::::ィ:::::::::::::::::::::::|/|//|
  `゙<` <ZZZZZZZZ >x、    ̄>x、:::::::::::::::: {/|//|

530名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 18:08:57 ID:KkQAoO7I
何か始まってる……

531 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:09:37 ID:cP0l.hoE


 ━━━━━━━嘘と真実の間で、すぐに自分を見失ってしまう━━━━━━━━━ 


       __  rz、 _ - ―- ― - .f:izィ―‐z
       `ヽメ\|マィ ´   _  ー - 彡≦三←、
        ≫三イ ミ=    ̄      、ヾ. \
      //¨7     /  ,   l|   l}  ', ',\\
    //  }    ,'  / l| l|`ト、l| l l} '. \\    …私は、頑張ります。
  //    |   .: | |斗也. l `メ≧トl l|  \\     
//     ,′ .: |  代 { リヾ、j/{:fヨz:ハ/l′    \\   頑張って、頑張って、
\{ヽ     /  .:  j  lヘ  ̄   " ゞ=チ |      ムイ 精一杯、生きていたら…
  \\  ./  .:  Ⅵ.::ゝ      ′ メ  |     /ノ 
    \\'  .:    ,rzⅦ、   −  ィ   !    //     あの人は、会いにきてくれますか?
      \\.::   ( iゝ‐z >x  イ |:.   ヘ  // __
     ./__\\   〉 ̄ト 辷ラ七彡 :!::..   ハ  ̄ ̄7 /
    ハ ̄ ̄ ̄`ー"-: :ヽニユ辷ラソ、.-―z、ハ    / /
   ,'{/ ̄`Y: : : : : : : : : : : : ゝ:Yr=x: : : : : ム '.  ./ /
.  /く_ : : └──z: : : : : : : : :《ィ泌>: : : : ヾ、ハ / /
./  .〉: \: : : : : : :∧: : : : : : : :.ゞXイ: : : / ̄: ス 〈
   .: \: : `ー─: : :.ノ>─〜ー、_: 〉ーく: : /:ノ\\
  ..::  ム: : : : : : :イ/: : : : : : : : : : ̄): :ヽ: : く  :. \\
 .::  .:  〉: : : : : : :|′:ヽ: : : : : : :_:._ノ、:_:_ノ!: : :ヘ. :.  \\



              , -‐― ‐- 、
.               /    u   ヽ
.             _'  u        i
           < _ \          i
          <__ \ \     u  i
.      <__ \ \ ヘ /⌒/  ./    …きっと、きっと会えます。
       └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
         /   丶  -       〉/       
     ,.-/|     ( \   u  !
   / | \ヽ    \_ヽ     {
 ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、
_ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
       \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
         \ い /    \/ \(
          \ /     / \

532 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:10:00 ID:cP0l.hoE
                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く    俺が、あなたの思いを伝えます。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'      必ず、その人に。
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


    ━━━━━━━━ならばなぜ、人は心を持ったのだろう━━━━━  

  ━━━━━何度、傷ついてでも誰かを求めてしまうのだろう━━━━━

533 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:10:27 ID:cP0l.hoE
. . . . .| ||   /                 ゙'' ー-ヽヽ_|  |l | レ'"   | | ||」
. . . . .| ||//                    \_)) ! :||     | | ||
. . . . .| ||   _______________| l| l :|___| | ||__
. . . . .| ||___________________| !  i ll___| | ||__
. . . . .| ||                             | |l l ト、     | | ||
. . . . .| ||,,..,.,,            ,,..、.,,、    ,  ノヘ|,いwルヘ    | | ||/
. . . . .| ||                      ''"'"゙,.、    "" ,,. | | ||/
. . . . .| || ,、、,                            /    | | ||
. . . . .| || : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / : : : :| | ||: :
. . . . .| || .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ,.、,.:/ .: .: .: .: .: .:| | ||.: .: .
. . . . .| ||:;': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ://: : : : : : : : ,,.| | ||: : :
. . . . .| ||:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..// :..:..:..:..:..:..:..:..:.. | | ||..:..:..
. . . . .| ||:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:// .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: | | ||::.::.::
. . . . .| ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. . . . .` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

━━━━━━━━心は、どこにあるのだろう━━━━━━━━━━
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

534 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:11:00 ID:cP0l.hoE

      「やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです」


         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::.
     ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.
    :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::.
     :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.
       .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、
       :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
       .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
   :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -
     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´





                 オリジナルです。
 
              公開はものすごく未定です。

535 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/24(土) 18:15:03 ID:cP0l.hoE
…というような、短いお話を書いていこうかと思っています。
なるべく早く投下できるように書いていきますので、
その際は、よろしければご覧くださいませ…!

(相変わらず、ニッチな話になると思いますが…w)

536名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 18:27:09 ID:oRcgtetQ
おぉ新作ですか
また自分の好みの作品の予感・・・!
楽しみにしてます!

537名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 18:34:08 ID:WrXzf8Ys
これは期待しますね

538名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 19:05:05 ID:Xvo6IPb2
おおっと、これはまた楽しみが増えます。
大期待!

539名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 21:28:59 ID:h8W5mx7A
番外編なしですか残念…気が向いたときにでも!
新作も楽しみにしてます!

540名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/24(土) 22:24:29 ID:f1rdXjQI
おぉっ!
これまた俺得な予感!w

541名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/25(日) 00:20:35 ID:KgRomQPc
これまたドキドキワクワクガクブルなお話…
期待してます!

542 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/25(日) 22:04:14 ID:sRHMKj/g
ご期待していただいて、ありがとうございます!
あまりにニッチなテーマかと思ってたので、一安心です。

次回作のことも含めて、今後もこのスレを使用していきたいと思うので、
また暇なときにでも覗いてくださいませ!

543名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/26(月) 01:38:07 ID:Nwun2Vvs
待っとるで!

544 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/26(月) 19:54:57 ID:FenbwFfc
>>543さん
ありがとうございます!

あと、すみません、みなさまにちょっと質問です。

次回作の案が結構、固まってきてるのですが…
このスレがあと、500レス近く残っているので、
こっちで投下をしても大丈夫でしょうか?

わざわざスレを建てさせてもらうのも悪いなぁ、
という程度の長さになると思うので…

545名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/26(月) 20:00:43 ID:MZ0y8GJU
ユー立てちゃえヨ☆
いや、新作なら新スレにした方が分かりいいと思うのよ。

546名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/26(月) 20:24:52 ID:XuxlZb52
上記同意。ごっちゃにしたら新規に読む人が気づかないかも知れないですからね
前作は雰囲気的に合いの手入れづらかったからレス残ったけど、
本編残り500弱+合いの手なら、多分1スレ分くらい行くんじゃないでしょうか、勝手な想像ですがw

547 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/26(月) 21:18:45 ID:FenbwFfc
>>545さん >>546さん
ありがとうございます!

なるほど、ですね…。
たしかに新スレを立てたほうが分かりやすいですよね。
ただ、今作の方が更に合いの手が入れにくくなるかもしれないですが…w

とにかく、新スレを立てる方向でいきたいと思います。
また、近日中に第一話を投下すべくスレ立てすると思うので、よろしくお願いします!

548名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/26(月) 22:14:26 ID:5KcEX9sY
把握
立てたらココで報告してくれると嬉しいなっとw

549 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/26(月) 22:27:15 ID:FenbwFfc
了解です!
早ければ数日中に立てちゃうかもしれません。
(第一話は完成してるので…)

また、正式に立てたらこのスレでご報告しますが、
タイトルは『やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです』でいきます!

結構、暗めの題材になりますが、お願いします…!

550名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/27(火) 03:11:33 ID:pBX6shrM
新スレ立てて、無事移行したらこっちは過去ログ申請ってとこかね

551 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/27(火) 19:33:17 ID:Q/kYwIrM
【ご連絡】

新スレを立てさせていただきました。

『やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです』
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14429/1332844132/

よろしければ、ご覧くださいませ!
また、それに伴って、こちらのスレは過去ログ化していただくつもりですので、
小説のご感想なんかもありましたら、上記のスレでお知らせいただけたら嬉しいです。

それでは、このスレを読んでくださり、ありがとうございました!

552名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/27(火) 23:05:08 ID:HeXVxrXM
乙でした
実にステキな物語をありがとうございました
新作も楽しみにさせていただきます

553名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/28(水) 15:08:36 ID:jRSdXAb2
やらない夫が里帰りから戻って来た時の 「おかえり」 「ただいま」 ってやり取り見て、
こういうの自然に言い合える仲って良いよなぁと思ってたら、最後にもう一度……。

乙です。良いスレでした。

554 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/28(水) 21:05:56 ID:pWQmKHZI
>>552さん
ご感想、ありがとうございます。
新作も楽しんでいただけるよう、頑張りますので、お願いします!
ご閲覧、ありがとうございました!

>>553さん
細部まで読み込んでいただけて嬉しいです…!
こういうところに気づいていただけるのは、作者冥利につきますね…!
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

555名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/03/30(金) 12:39:20 ID:VwQBCfu6
お疲れ様でした。
どの話も心にじんわりと沁みてきて、
こんな物思いをしながら読書をしたいと強く憧れます。

次作も是非読ませていただきます。
良い物語をありがとうございました。

556 ◆gDQ5bE8qg2:2012/03/30(金) 21:13:19 ID:Yi6dZfow
>>555さん
ご感想ありがとうございます。
そういって頂けたら、書いた甲斐もあります!
では、次回作もお楽しみいただけるよう頑張りますので、
よろしければお付き合いくださいませ!

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■