■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫が独裁君主になる前です5

1 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:17:10 NXjf1ezk0
 ┌─────────────────────────────┐
 │このスレは、清朝五代皇帝【雍正帝やる夫】の お話でしたが       │
 │                                           .│
 │現在、都合により その150年ほど前の話を お送りしています。   ...│
 └─────────────────────────────┘

 前スレ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1339327443.html

   ※このスレはヌーそく様でまとめて頂いてます


2 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:17:42 NXjf1ezk0
いろいろあった。
正直すまんかった

それでは再開します


3 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:18:11 NXjf1ezk0


      ┌────────────────┐
      │万暦20年4月17日早朝、         .│
      │     ソウル                  .│
      │朝鮮の漢城に 衝撃的な報告が届く! │
      └────────────────┘

   i|!| |i┏┓! i!┏┳┓| |||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i||!|i│i!┏┓i!|
   |i|┏┛┗━╋┻┛|i!||!|ii|| i|!i||i|┏━┓ ┏┓i|i| i┃┃i!|
   i||┗┓┏┓┃||i┏━━━━┓┗━┛ ┃┃|i||!i┃┃i!|
   |i |!|i┃┃┃┃i||┗━━━━┛|i|| || ||||!┃┃i|i| i┗┛!i|
   i||i ||┃┃┃┃|! |||i ||i    !|||!|┏━━┛┃|i||!i┏┓i|!
   |i!i |!┗┛┗┛i|!i|  / |   / | ┗━━━┛i|i| i┗┛i!|
   i| |||i|!i| ||!|i||i!   /,_ ┴─/ ヽ      |!i| ||| |i||!|i|i|||| ||i
   |i|| ||i!i||     (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ      ! | |!i||!|ii||!|ii|  ※西暦1592年
   i|ii       / ,,__,ニ、、 ノ( \         i|i!|i|    明暦 万暦20年
   |i        ヽ Y~~/~y} `, ~ /               |i    日本暦 文禄元年
   !.          | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く                 .!
   i        / <ニニニ'ノ    \               l


4 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:18:39 NXjf1ezk0


      ┌┐                                    ┌┐
     /~'7;; |            ┌┐           ┌┐      /~'7;; |
   〜(  ( ̄|      〜〜  /~'7;; |          /~'7;; |     (  ( ̄|
 、___`t-'ーイゝ-i         〜(  ( ̄|         (  ( ̄|  、___`t-'ーイゝ-i
   ヽ] ̄二二二7     、___`t-'ーイゝ-i      、___`t-'ーイゝ-i    ヽ] ̄二二二7
 〜〜   \\\〜      ヽ] ̄二二二7     ヽ] ̄二二二7 〜   \\\〜
             〜〜〜〜   \\\〜    〜   \\\〜〜〜
                               ┌┐
      ┌┐   〜〜〜     ┌┐      /~'7;; |  〜〜〜
     /~'7;; |   ┌───────────────────┐
     (  ( ̄|...  │去る13日(日本暦12日)                │ ┌┐
 、___`t-'ーイゝ-i   │                          ......│./~'7;; |
   ヽ] ̄二二二7. │日本の大軍が                    ......│   ( ̄|
  〜   \\\ . │                          ......│ 'ーイゝ-i
      ┌┐....  │釜山に攻め寄せてきたというのである      │.....二二二7
     /~'7;; |   └───────────────────┘......\\\〜〜
   〜(  ( ̄|      〜〜  /~'7;; |〜〜〜
 、___`t-'ーイゝ-i         〜(  ( ̄|          ┌┐
   ヽ] ̄二二二7     、___`t-'ーイゝ-i      ┌─────────────┐
 〜〜   \\\〜      ヽ] ̄二二二7...   │いわゆる文禄の役である  ......│
             〜〜〜〜   \\\〜  、_.└─────────────┘
                               ヽ] ̄二二二7
                              〜   \\\〜〜〜
    ∩∧,_∧
    ミ<`Д´;> えらいこっちゃ
     ミ⊃ ⊃  えらいこっちゃ!
      (⌒ __)っ
      し'


5 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:19:03 NXjf1ezk0


             }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
        .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
        五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
        \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
   ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       |  城  漢  |       |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |  ┌────────────────┐
  |.    i     i    |        |       |  │一応の備えをしていた朝鮮では     .│
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |  │                       .│
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |  │二人の勇将を投入して             .│
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └─│                          │
                             │防御を固めるも・・・              .│
           彡仝                    └────────────────┘
        彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
    /i/,i  彡| 「ニ李ニ|.
   / ・.彡  ∠くノ;`∀´ >
  (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ  じゃあ、尚州へ行ってくるニダ
    ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ   兵は後からちゃんと送って欲しいニダ
     l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、
   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、
  ヽゝく <       //
     ヽゝ      〈 く.
     巡辺使【李鎰】

           彡仝         ∧        ∧         ∧
        彡γ´ ̄ ̄`ヽ..     |i |        |i |         |i |
    /i/,i  彡| 「ニ申ニ|..      州         州         州
   / ・.彡  ∠くノ;`Д´ >. ウリは忠州を守るニダ         ||
  (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ.       ||        ||        ||
    ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ.         ||        ||        ||
     l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、      || ∧ ∧    .||∧ ∧    ||∧ ∧
   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))       ||<`Д´; 三 .||`Д´;> 三 .||`Д´;> 三
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、.      ⊂  ⊃   ⊂  ⊃   ⊂  ⊃
  ヽゝく <       //.       ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜
     ヽゝ      〈 く.           し'       し'       し'
     巡察使【申リュウ】


6 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:19:35 NXjf1ezk0


┌────────────────┐
│【李鎰】は大敗、【申リュウ】も戦死し  ....│                 //
│                       .│              、/ /
│首都・漢城までの防御線は        │               / `
│                       .│ .|\          / ┣¨┣¨┣¨┣¨
│もろくも崩壊したのだった       ....│...`>.く     /●\∩
└────────────────┘  ..\   (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
           |i |     |i |               ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州    州                `(Д・´#),,,、三ニ=―  ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
      ∧__,∧ .‖     .‖         <ニ||― r-/●\―――
     <゚Д゚ ;>‖∧__,∧‖               ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ∧__,∧ ⊂   <;´Д` > ∧__,∧          <ニ||― ∩――∩―――  '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>              `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;     '''''''''<ニ||― r-/●\―――
  し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;         ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;


       '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ            \
         `ー´       `ゝ ◎漢城        ヽ
                     |                ',
                     冫       ●忠州    Y
                  く~                〉
                 `i                `i_
                    |          ●尚州/
                    `フ               _}
                      冫                 〉
                     i´            _r-■釜山
                   }       r‐-‐ヽ冫
                 {_,-,   ,r‐' 、〉
                     久_{


7 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:20:02 NXjf1ezk0


             }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
        .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
        五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥┌────────────────┐
        \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄.│敗戦の報告に                   │
   ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.│                       .│
  /巫巫巫巫巫巫巫|======================. │漢城からは 近衛兵すら逃げ出し    │
/////////|      ┏─━─━─┓.. │                       .│
@@@@@@@@@|       |  城  漢  |......│宮殿を守る者も 居なくなる        .│
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛.. └────────────────┘
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |      ∧ ∧  ∧ ∧   ∧ ∧逃げるニダ
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |     くlili`Д´>く; `Д´> く; `Д´>
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |     / つ_つ / つ_つ  / つ_つ
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦..... 人  Y   人  Y   人  Y
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒   し'(_)  し'(_)  し'(_)
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ

      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
      < T∀T>     ああ、ウリナラに忠義の士は
     /     ̄ ̄|    一人も居ないニカ!?
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |              ┌─────────────────┐
      |_____|              │このピンチにに朝鮮宮廷は、        .│
       (_)(_)                │                            │
                         │とりあえず 王京・漢城を捨て        ..│
                         │                         .│
     / ̄ ̄\                  │北方に逃れる決心をする          │
    /   _,.ノ  ヽ、_            └─────────────────┘※朝鮮の言い方だと西方
    |    ( ○) (○)
   | U  (___人__)      残念ですが、主上は いったん
    .|       __ノ__
    |     _/ ___\ヽ_    平壌まで 後退されるべきでしょうJK
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {
左議政【柳成龍(リュウセイリュウ)】


8 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:20:30 NXjf1ezk0


    ┌──────────────┐
    │また、事態改善のため        .│
    │                   .....│
    │宗主国・明朝を頼るべきという   .│
    │                   .....│
    │話にも なるのだが・・・        ..│
    └──────────────┘

ここはやはり        ∧_∧         天朝を頼るニダ
 ̄ ̄ヽ( ̄ ̄ ∧∧   n <`Д´;,,>  ∧_∧  ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /< `Д> (m)v    )_ <    >
     ∧∧'⌒  ) ̄ ̄ ̄ ̄  ∧_∧/⌒ みんなで主上に そう申し上げるニダ
   ./< `Д´> /       <    >   ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
    、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||
     ┌───────────────┐
     │まだ具体的な案は 何もない。     │
     └───────────────┘


9 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:20:58 NXjf1ezk0


               ┌───────────────┐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│そして翌4月30日の早朝        │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                     ...│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│まだ太陽が昇らない暗闇の中    .│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└───────────────┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:..
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.
         ,/ ゛゛゛゛゛'''.−=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,−' ゛ ̄ ̄"ヽ、
    .i  i    i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l    i    l::
    i  i    i: : : : i: : : i!: : :          _________             i! l    i    .l::
    .i  i    i: : : : i: : : i!: :: :       l/'´"    ^`゛`ヽ          i! l    .i    .l::
    i .i    i: : : : .i: : : i!: : :       .:''´          ^,  ┌───────────────┐
   i  i    i: : : : .i: : : i!: : :       ,'             ',  │国王一行は 大あわてで          │
   .i .i    .i: : : : .i:: : .i!: : :       ,'    |゙ ̄ ̄ ̄'゙|    ',. │                        │
  .i  i    .i: : : : .i: : : i!: : :      .|    .|γ´.⌒ `,.|    |...│漢城から 逃げ出したのだった。 ......│
  i .i     i: : : : .i: : : i!: : :        |  l ̄l |.|     |.| l ̄l .| └───────────────┘
  .i  i    i: : : : . i: : : i!: : :       |  l_l |.|     |.| l_l  |        i!  l    i    .l:::
 .i  i    .i: : : : : i: : : i!: : :       .|     |.|     |.|    .|       . i! .l    .i    .l:::

           ___∩           .ノ 、 、
          ⊂「__ 」⊃          ● ●) l
       ,,''""';,<T∀T ||l | | ∧ ∧..    (人__) |      _∩_        _∩_
       ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>...  ヽ    ノ.  ゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。.゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。
       ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧  (ξ   ヽ   ゚ ・<゚`Д´゚;>   ゚ ・<゚`Д´゚;>
          /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,>...(  ) 《ン.    (つ   ⊃      (つ   ⊃
          //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ  `´ \ \      ヾ(⌒ノ.        ヾ(⌒ノ.
     |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ.     ヽ_,).      ` J  ≡=− .   ` J  ≡=−


10 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:21:25 NXjf1ezk0


       ___                  /              r'´
    /    `ヽ              / ̄                 _,.-''´
   /       )             /○義州               ノ
  _ノ       /              ∧_                 `i
r'´         ノ .       _,,.-‐''"~  `'ー-、__          r'
        丿    _.,,-''´           `i            `ー-、
 ┌───────────────┐丿 ○平壌         `ー、
 │国王一行は                     ...│ゝ               ' ,
 │                     ...│                    ヽ
 │開城へ向かう途中の5月1日、   .│         .◎開城       \
 │                     ...│'フ  r‐-、_r'ヽ ↑          \
 │またも これからの方針について  ..│.`ー´       `ゝ ●漢城        ヽ
 │                     ...│         |                ',
 │議論をする。              ....│          冫       ■忠州    Y
 └───────────────┘         .く~                〉
-'´         ,r‐、_}                    `i                `i_
        ,,.-‐''"                         |          ■尚州/
       r'´                            `フ               _}
   r-、_|                             冫                 〉
    i                               i´            _r-■釜山
  r'                                     }       r‐-‐ヽ冫
. r'´                                   {_,-,   ,r‐' 、〉
丿                                    久_{
    ∩___
   ⊂「__ 」⊃
    <;`∀´>    これから どうしたらいいニカ?
   /     ̄ ̄|
 /  | 宣祖 |_」  みなの意見を聞きたいニダ
 |__|    |
    |_____|
     (_)(_).
   【朝鮮国王】


11 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:21:52 NXjf1ezk0


     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
   |::::::::/ \::::::::/i:::|  主上は、義州に向かわれ
   |:::::::〉( ●)::( ●).|   事態が悪化したときは、天朝に行かれ
  .(@ ::::::⌒(__人__)⌒)    助けを求められるのが上策と思います!
    |      ` ⌒´  |
   \         ,/
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||
  【李恒福(リコウフク)】

       ___                  /              r'´
    /    `ヽ              / ̄                 _,.-''´
   /       )  明 朝      /○義州              ノ
  _ノ       /              ∧_                 `i
r'´         ノ .       _,,.-‐''"~  `'ー-、__          r'
        丿    _.,,-''´           `i            `ー-、
       {_   /                  丿 ○平壌         `ー、
         丿  丿                 ,ゝ    ↑         ' ,
      r´ ,/                    丿      ↑          ヽ
         ̄´                 {        ◎開城       \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ ↑          \
                          `ー´       `ゝ ●漢城        ヽ
    _,-‐、                             |                ',


12 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:22:21 NXjf1ezk0


   ∧伊∧
  <ヽ`Д´>  反対!
  (    )   兵馬も強く、天険の地である咸鏡道に
  | | |       向かわれるべきニダ!
  〈_フ__フ
  【伊斗尋】
                      ___ `フ
                 __ /         i
                   / │          /
               / ̄  /          /´
            / ̄    / 咸鏡道  r'´
      / ̄        │       _,.-''´
     /○義州     │  _ノ
    ∧_    平安道  │   `i
-‐''"~  `'ー-、_       │   r'
            `i        │  `ー-、
            平壌○    │ __. `ー、
            ,ゝ____/  /    ' ,
          丿            〈         ヽ
          {   黄海道   /\_     \
          '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
         `ー´       `ゝ京畿道 │       ヽ
                    漢城◎  │         ',


13 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:24:09 NXjf1ezk0


                                   / ̄ ̄\
                                 _ノ  ヽ、  \
           いや、どっちもダメ。       .(○)(○ )   |
           辺境に行くのは反対だろ     (__人__)   u  .|
             常識的に考えて・・・.      ヽ`⌒ ´    |
                               {       /
              国を失いますぞ!      lヽ、  ,ィ'.) ./
                               j .}ン// ヽ
                               ノ '"´  ̄〉  |
                       .        {     勹.. |
                                ヽ 、__,,ノ . | ←ちなみに次の日 弾劾されて
                             左議政【柳成龍】        無位無官に落とされる

    ∩___
   ⊂「__ 」⊃
    <;`∀´>    でも予としては、天朝に内附したいと
   /     ̄ ̄|     思うニダ・・・
 /  | 宣祖 |_」
 |__|    |               ※内附=亡命
    |_____|
     (_)(_).
                                 / ̄ ̄\
                              /  ヽ、_  \
                             (●)(● )   |
                  ダメ、絶対!     (__人__)     |
                              (`⌒ ´     |
                                {           |
                       r、     r、ヽ       /
                       ヽヾ 三 |:l1.ヽ      /
                        \>ヽ  |` } >     <
                          ヘ lノ `'ソ       ヽ
                           /´  /,1      | |
                           \ ノ .|     | |
                               【柳成龍】


14 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:25:11 NXjf1ezk0


     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
   |::::::::/ \:三::/i:::|
   |:::::::〉( ○)::( ○).|   すぐに内附しようってんじゃ ないんですよ
  .(@ ::::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |i|!i|!|  |.     あくまで最悪の場合ニダ!
   \    `⌒´ ,/
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||
     【李恒福】


                                ./ ̄ ̄\
                                / ヽ、_   .\
     いや、そうじゃなくて                  ( (● ) .   |
     近いうちに忠清道・全羅道の義勇兵が   (人__)   U |
        きっと蜂起するだろ             r‐-、    .   |
                              (三))   .   |
        なのに、司令塔が辺境に居ちゃ    .> ノ       /
           マズイだろ、常考。        /  / ヽ、 .   /
                             /  / ⌒ヾ   .〈
                             (___ゝ、  \/. )
                               . |\    ,.1
                               . |  \_/...|
                                 【柳成龍】


15 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:25:40 NXjf1ezk0


┌─────────────────┐
│官僚トップの【李山海】は            │
│                         .│
│泣くばっかりで何も発言しなかった。  ....│
└─────────────────┘
        _∩_
     ゚ 。⊂「李」⊃゚。
    ゚ ・<;゚`Д⊂ヽ アイゴー
      (    ノ
      ム_)_)
     【李山海】


16 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:26:07 NXjf1ezk0


┌───────────────────────────┐
│だが不思議なことに、この会議で                  .....│
│                                       .│
│積極的に宗主国・明朝に援軍を求めるべき、という意見は    .│
│                                       .│
│出ないのであった。                           ..│
└───────────────────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!   ∧,,__∧ ・・・・・・  !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧    <`Д´;..> ∧_,,_∧  !i!i!|||ii| |||
!i||..    /<;`Д>   (    _ <;   > ・・・ウリたちだけで
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
   ./<;`Д´>/       <;   >ィ・・・・・・何とか防ぐニダ!
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||

     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_  上国のへの援軍要請は
    |    ( ○) (○)   するべきでないだろ、常識的にだ考えて
   | U  (___人__)
    .|       __ノ__
    |     _/ ___\ヽ_      ┌─────────┐
     、    '-/____ヽ  |        │なぜならば・・・    .│
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |      └─────────┘
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {
     【柳成龍】


17 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:26:32 NXjf1ezk0


      ┌─────────────────┐
      │朝鮮では 明朝北兵のガラの悪さ、   ...│
      │                         .│
      │DQNぶりを よく知っていたから・・・   ....│
      └─────────────────┘
┌─────────────────────────────────────┐
│                   _                                   │
│                  / jjjj      _                          .│
│                / タ       {!!! _ ヽ、                       ...│
│               ,/  ノ     ∧∧ ~ `、  \        _            ....│
│     ∧∧       `、  `ヽ.  / 北\ , ‐'`  ノ      /  `j             │
│     /北\_      \  `ヽ( `ハ´ )" .ノ/    /  /`ー'              .│
│    ( `ハ´)  ̄"⌒ヽ   `、ヽ.  ``Y"   r '      〈  `ヽ  ∧∧         ......│
│   / ) ヽ' /    、 `、   i. 、   ¥   ノ       `、  ヽ/ 北\         ..│
│  γ  --‐ '      λ. ;    `、.` -‐´;`ー イ         〉    `ハ)    ,-、、    │
│  f   、   ヾ    /   )    i 彡 i ミ/         / ノ    ̄⌒ヽ   「  〉   .│
│  !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"     }    {         ノ  ' L     `ヽ./  /   ....│
│  |   ̄`ー-`ヽ 〈  < _ ヽ.    /     `\      / , '    ノ\  ´  /    ....│
│   !、__,,,  l ,\_,ソ ノ   /   /ヽ、  ヽ.     (     ∠_   ヽ、_, '     ....│
│       〈'_,/ /   /   /  ノ    ヽ.   )     i  、      ヽ          ..│
│           | |  イ-、__  \  `ヽ    {   f  _,, ┘  「`ー-ァ   j         ....│
│        l.__|   }_  l    \ \   |  i  f"     ノ   {  /           .│
│        _.|  .〔 l  l    ノ  _>  j  キ |  i⌒" ̄    /  /_          ....│
│        〔___! '--'     <.,,_/~  〈   `、ヾ,,_」       i___,,」          ..│
└─────────────────────────────────────┘


18 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:27:02 NXjf1ezk0


┌───────────────────┐
│     ∧∧                    .│
│    / 北\    / / / /          ....│
│  ⊂( #`ハ´ )  、,Jし //  パン         │
│   (几と ノ   ) .て.∧,,,,∧           │
│  //'|ヽソ 彡  Y⌒Y<:;`Д´> アイゴ!     │   ┌─────────────┐
│/ノ / | \ 彡                  ...│   │できるなら こんな連中に   ....│
│ヽ/、/ヽ/ ヽ/                      │   │                    │
│            ∧∧             .│   │来て欲しくは             │
│           ./ 北\           ....│   │                    │
│         ミ ○(  `ハ´)          .....│   │なかったのである        .│
│          ヽ ∧_ ○))          .....│   └─────────────┘
│        ミヘ丿 ∩`Д´>         ......│
│        (ヽ_ノゝ _ノ          ....│
└─────────○─────────┘
             ○
        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)   言いたくないけど
     . | u.   (__人__)     遼広の天兵は 韃子と変わらんだろ
       |     ` ⌒´ノ
     .  |         }      来てもらっても
     .  ヽ        }       余計に混乱するだけじゃないニカ?jk
        ヽ     ノ
         i⌒\ ,__(‐- 、
         l \ 巛ー─;\
         | `ヽ-‐ーく_)           ※韃子=建州女真
     .    |      l


19 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:27:32 NXjf1ezk0


┌─────────────────┐
│          . .,∧、             │
│       .r-‐i'''''''''''i''''‐-、         .│  ┌───────────────┐
│       o| o! .o  i o !o       ..│  │ちなみに その韃子は           │
│       .|\__|`‐´`‐/|__/|        │  │                     ...│
│      .|_, ─'''''''''''''''''''''''''''リ}       │  │数百年間バラバラだったけど     .│
│      /\   \   /|       .│  └───────────────┘
│      |||||||    (・)  (・)|       .│
│      (6-------◯⌒つ|       .│
│      |    _||||||||| |     ......│
│       \ / \_/ /       .│
│         \____/        ..│    ┌───────────────────┐
│      γ´⌒`、'' ー--‐~-⌒ヽ     .│    │数年前に変なオッサンが統一に成功し    .│
│     ./  / ミ ー◎‐´  `)      .│    │                          ......│
│    ./      /   .il \\ j.     .│    │明朝にも支配を認められ             │
│    ,|   /     ,/\   ヽ.     .│    │                          ......│
│    ,| //   ,/__,+、_\  /..    .│    │「マンジュ国」となってたりする         ...│
│    【建州都督僉事 ヌルハチ】   ....│    └───────────────────┘
└─────────────────┘


20 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:27:59 NXjf1ezk0


                                    【海西女真】
                              '´ ̄ゝ                           【野人女真】
                             /    │
                            /     .│                                   _jl
                           /      .│   :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;                      __jllllllll
      モンゴルチャハル部     '´ ̄ゝ    /      │::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;               ..lllllllllllllllll
          土蛮       /    .│   /       .│:;:;:;;:;:【マンジュ国】;:;:;:;;:;:;:;::;:;               llllllllllllllllll
                 /      │   /       │:;:;:;;:;:;.;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;へ_ _ _____ __           |llllllllllllllllllll
                  /        \_/ ●     │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/        \___     ゙llllllllllllllllllll
                /     llllllllll'、    遼陽    │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;___/               鴨緑江 _lllllllllllllllllllll
              /   _jllllllllllllllllllllllll           │:;::;:;:;__/                  llllllllllllllllllllllllllll
 万里の長城 ./    jlllllllllllllllllllllllllllllll!    【明朝】    │/                  __jlllllllllllllllllllllllllllllllll
..∽∽∽∽∽∽  _lllllllllllllllllllllllllllllllllllll「                /                    ;jllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
         ●lllllllllllllllllllllllllllllllllllll广               /        【李氏朝鮮】     ._jlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
◎北京  lllllll 山海関llllllllllllllllll厂       .llllllllllllllllllllllllll                _jlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
      lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll      __lllllllllllllllllllllllllllllllllllllョ               llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll


21 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:28:33 NXjf1ezk0


   ┌──────────────────┐
   │話を5/1の 朝鮮に戻すと、なんだかんだで │
   │                           .│
   │宮廷会議の結論は でないのであった   ..│
   └──────────────────┘
      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
      < T∀T>        ∧_∧⌒∧_∧
     /     ̄ ̄|.    /<#`д´> <`д´#> 、 あーだこーだ
   /  | 宣祖 |_」.    (∧_∧ )  ( ∧_∧ノ
   |__|    |      <  #`д>∧_∧д´#>
      |_____|      (O  (^<    と_  O)
       (_)(_).     ノ  ) )`(    ノ ( (
                (__)_) | O |,__)_)
                      (__|__)





┌───────────┐
│そして会議終了後・・・    │
└───────────┘
   / ̄ ̄\
 /        \
 |       _ノ ヽ、
. |      (● ) 、!
  |      (__ノ_) ・・・・・・・・・
.  |      `⌒ノ   なあ、【李恒福】よ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
   |     |
   【柳成龍】


22 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:29:06 NXjf1ezk0


         ┌────────────┐
         │【柳成龍】は【李恒福】に   │
         │                  │
         │文句を言うのだった。     │
         └────────────┘
                                〈777とヽ
                               t```て_)
                                 |  |
                              / ̄ ̄\|
                           .ヽ、 ._ノ   \
                          (●)(● )   |
     軽々しく国を捨てるなんて      (__人__)     |
       言うべきじゃ無いだろ       (`⌒ ´  ノ( |
                           {       ⌒  |
           世間にバレたら       {        ノ
                             ヽ     ノ
        収拾つかなくなるだろjk!     .>    ヽ|
                              |     | ←基本【李恒福】とは仲がいい
                              |      .|
                            【柳成龍】

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|  た・・・確かにそうでした
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)    すみません。
    |  u   |r┬-|  |            ┌────────────────────┐
    \    `ー'´ /             │君主が亡命しようとしてる、なんて話が       ..│
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.                │                            ....│
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i           │国民にバレたら 人心が離れるから         │
    |  \/゙(__)\,|  i |               │                            ....│
    >   ヽ. ハ  |   ||.            │うかつに話すんじゃねーよ、という訳である    │
     【李恒福】                └────────────────────┘


23 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:29:40 NXjf1ezk0


   ┌─────────────────────┐
   │まあ、朝鮮宮廷としては とりあえず平壌に行き   │
   └─────────────────────┘
                                                 `フ
                ,/ ̄`ヽ                             ノ
              |    |                           ノ
               |     |    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;                 /
                | 瀋陽  |  ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.              〈
              |  ○    |  ◎マンジュ国:;;:;:;:;               `フ
   ,/ ̄`ヽ    |         |   ;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::;......                 i
  /     |   | ○       |    :;:;:;:;:;:;::;:;:;:;/                /
 ./      \_/ 遼陽    寛奠堡 ;:;;:;:;;:/                /´
../     .___             ○\  /              r'´
    /    `ヽ              / ̄           咸興 _,.-''´
   /       )             /●義州           ●ノ
  _ノ       /              ∧_ ←←←─→→→→ `i
r'´         ノ .       _,,.-‐''"~  `'ー-、__  ↑       r'
        丿    _.,,-''´           `i. ↑       `ー-、
       {_   /                  丿 ●             `ー、
         丿  丿                 ,ゝ 平壌           ' ,
      r´ ,/                    丿      ↑          ヽ
         ̄´                 {        ○開城         \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ ↑               \
                          `ー´       `ゝ ●漢城          ヽ
      ┌───────────────────────┐
      │ヤバくなったら 義州か咸興の どっちかに逃げる、     │
      │                                  │
      │というのが だいたいの方針となるのだった          ..│
      └───────────────────────┘


24 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:30:09 NXjf1ezk0


        ┌─────────────────┐
        │というわけで                  .│
        │                         .│
        │一行は5月8日 平壌に たどり着き   ...│
        │                         .│
        │しばらく ここを本拠地とするのである ......│
        └─────────────────┘
           ___∩           .ノ 、 、
          ⊂「__ 」⊃          ● ●) l
       ,,''""';,<`∀´;||l | | ∧ ∧..    (人__) |      _∩_        _∩_
       ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>...  ヽ    ノ.  ゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。.゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。
       ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧  (ξ   ヽ   ゚ ・<゚`Д´゚;>   ゚ ・<゚`Д´゚;>
          /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,>...(  ) 《ン.    (つ   ⊃      (つ   ⊃
          //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ  `´ \ \      ヾ(⌒ノ.        ヾ(⌒ノ.
     |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ.     ヽ_,).      ` J  ≡=− .   ` J  ≡=


25 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:30:45 NXjf1ezk0


                    ┌────────────────────┐
                    │とはいえ朝鮮は                   ..│
        ,〜-,,〜-,.         │                            ....│
         |_ 平壌 |.         │めんどくせーことに、こんな時でも         │
       _|_~~~~~~~~.        │                            ....│
      __i .i-.、 __           │属国としての義務を果たさねばならない。     .│
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,    └────────────────────┘
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|





.        ○     ┌────────────────────┐
「 ̄l二ニ=-┃     │5月中旬、万暦帝の誕生日を祝うため      │
|  {     ┃     │                            ....│
L_二ニ=-┃     │聖節使【柳夢鼎】を 北京に向け出発させる  .....│
.        ┃     └────────────────────┘
.        ┃ ∧_∧ 行ってきますニダ
     _. ┃<`Д´; >     ____
   /  ヽ⊂       )__/´   /
 ∠     //⌒ヽ   )/|   /
    \ | ̄ ̄ ̄ ̄  ∧∧ /
   <∧|____<〃マヽ>
   <{{><}}>  <{{><}}>
   <ヽ.ムノ' >  <ヽ.ムノ'>
      ∨∨       ∨∨
     聖節使【柳夢鼎】


26 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:31:19 NXjf1ezk0


   ┌────────────────┐
   │すると【宣祖】は【柳夢鼎】に         .│
   │                       .│
   │亡命のお願いを 申請してくれと      │
   │                       .│
   │頼むのだった               ..│
   └────────────────┘

                               ___∩
            いったついでに          ⊂」__│⊃
             予が内附を希望していると <`∀´; >
              伝えして欲しいニダ   ⊂| ̄ ̄    \
                             」_| 宣祖 |  \
                              |    |__|
                              |_____|
                              (_)(_)


   ∧_∧
  <ヽ`Д´> 恐れながら、いきなりは まずいニダ
  (    )  なぜなら 中朝はウリナラを疑ってるニダ
  | | |
  〈_フ__フ
聖節使【柳夢鼎】



   ∧_∧
  <ヽ`Д´>  まずは状況を知らせて 救援を頼み
  (    )⊃  それから 内附を求めるのがスジですニダ
  | | |
  〈_フ__フ
聖節使【柳夢鼎】


                               ___∩
                               ⊂」__│⊃
                 わかった。       <`∀´; >
                では そうするニダ  ⊂| ̄ ̄    \
                             」_| 宣祖 |  \
                              |    |__|
                              |_____|
                              (_)(_)


27 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:31:51 NXjf1ezk0


              ┌──────────────────┐
.        ○       │けっきょく亡命のお願いは取り止め、    │
「 ̄l二ニ=-┃       │                           .│
|  {     ┃       │援軍要請もあいまいのまま         ...│
L_二ニ=-┃       │                           .│
.        ┃       │【柳夢鼎】は出発するのだった        │
.        ┃ ∧_∧....└──────────────────┘
     _. ┃<`Д´; >     ____
   /  ヽ⊂       )__/´   /
 ∠     //⌒ヽ   )/|   /
    \ | ̄ ̄ ̄ ̄  ∧∧ /
   <∧|____<〃マヽ>
   <{{><}}>  <{{><}}>
   <ヽ.ムノ' >  <ヽ.ムノ'>
      ∨∨       ∨∨
     聖節使【柳夢鼎】


28 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:32:30 NXjf1ezk0


┌───────────────────┐
│皮肉なことに、援兵については        ....│
│                          ......│
│かえって朝鮮より                  .│
│                          ......│
│明朝のほうが 気にかけてたくらいである  .....│
└───────────────────┘
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
               : : : : : : : : : : : : : : _../'''⌒゙'、        \
                : :韃子(建州女真)       \__     _丿
                : :: : : : : : : : : : ┏┛         `'―ー-′
             : : : : : : : : : ┏┛
             : : : : : : : ┏┛
        寛奠堡   : : : : ┏┛
鳳凰城    ●     ┏━┛←国境線.        ┌───────────────┐
○         ┏━━┛                 │実際、5月19日               .│
       ┏━┛                       │                     ...│
   ┏━┛                           │異変を心配した寛奠堡の守将   ..│
 ┏┛○義州               __ノ             │                     ...│
 ┃                 ノ      /     │【イ冬養正(とうようせい)】が・・・    │
ー⊿_                  /    _,,.―′      .└───────────────┘
   \             __ノ     _/           /
     レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′            (
           了    (                 │
           │    |    _/         广
           / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿    ●_丿       亅        `ーー 、
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿         ヘ、.
        'ヘ..- 、 l            j′          ゙ゝ

      |\        /|
      \\____//_
     // U      \\   あっというまに朝鮮国王が
    //___     __\\   都落ち!?
  //  \(─)\ /(●)/ \\
  | |   / ̄(__人__) ̄\   ||  これはただ事ではない!
  \ \/   ` ⌒´   .\//
   《ゝ ___ "` ___ ィ∠》
  ∧    __|――|__   /\
  / y    l「 ̄|::::::| ̄ll    r、  ヽ
明朝の遼東武官【イ冬養正(とうようせい)】


29 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:33:08 NXjf1ezk0


            ┌────────────────┐
            │義州の朝鮮地方官を呼び出して    .│
            │                       .│
            │援兵について打診したのだが・・・    .│
            └────────────────┘

  ┌────────────────────┐
  │そんな装備でダイジョウブか?         ......│
  │  ̄ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              .│
  │   ∧∧                        .│
  │  / 明\    ∧_∧               │
  │ (  `ハ´)   <`∀´ > ダイジョウブにだ  .....│
  │ ( ~__))__~)   (    )   問題ない      .│
  │ | | |     | |  |              ...│
  │ (__)_)    <__<__>             ......│
  └────────────○───────┘
                    ○
      |\        /|  ○
      \\____//_
     // U      \\
    //___     __\\   本当にホントに
  //  \(─)\ /(●)/ \\   だいじょうぶなのか!?
  | |   / ̄(__人__) ̄\   ||
  \ \/   ` ⌒´   .\//
   《ゝ ___ "` ___ ィ∠》
  ∧    __|――|__   /\
  / y    l「 ̄|::::::| ̄ll    r、  ヽ
    【イ冬養正(とうようせい)】
     ┌────────────────────────┐
     │「わざわざ大人の手を煩わせることではありません」    .│
     │                                    │
     │と、言われ 断られている                       .....│
     └────────────────────────┘


30 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:33:38 NXjf1ezk0


┌───────────────────┐
│そして この朝鮮の煮え切らない態度が   ....│
│                          ......│
│逆に明朝側の疑惑を              ...│
│                          ......│
│強めてしまうのだった               .│
└───────────────────┘
           __
             //│|\
       ┛┗ 二二二\
       ┓┏   、_ \    援軍がいらないつーのは、
       /   \   /   \
     |     / ヽ      |.    やっぱ朝鮮は 裏切っていて
     \_  ノ   \  _/
        | ̄ ̄ ̄ ̄i ̄ ̄ ̄ ̄|       日本と一緒に 中国へ攻めこむ
    /       o┼o      \
    |       o┼o        |     つもりだからじゃ ないアルか!?
    |   i    .o┼o     i  _|
    |   `ー---――「 ̄|⌒´ )
    (ヽ  _____|__| _´)
     (_⌒ |_|_____ ,, ィ
      丁    o┼o     |.


31 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:34:06 NXjf1ezk0


      ┌───────────────────┐
      │さて、その日本軍だが                 │
      │                          ......│
      │漢城を占領した後は なぜか おとなしく     │
      │                          ......│
      │大規模な軍事侵攻を しようとしなかった  ......│
      └───────────────────┘
             }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
        .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@  <<シーン・・・
        五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
        \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
   ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       |  城  漢  |       |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ


32 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:34:35 NXjf1ezk0


           ┏━━┛               ┌─────────────┐
       ┏━┛                     │そのため             .│
   ┏━┛                         │                    │
 ┏┛○義州              __ノ.         │しばらく朝鮮軍と日本軍は  ....│
 ┃                 ノ      / .     │                    │
ー⊿_                   /    _,,.―′.   │臨津江をはさんでの     ......│
   \             __ノ     _/           │                    │
     レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′.          │にらみ合いとなる。        │
           了    (             └─────────────┘
           │    |    _/         广
           / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿    ◎_丿       亅        `ーー 、
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿         ヘ、
        'ヘ..- 、 l               j′          ゙ゝ
           r‐‐' ̄ ′          丿            ヽ、
      _厂                 |   丿              '、
     丿                丿   |    /            廴
    _,,..l               |     L   /              ゙'、
    ` ゙̄‐‐'⊃    _     丿開城   |__丿                 ''、
       「__   │ \   ___| ○ _/←臨津江              "'、
          \_丿    ̄∨  \_丿                    \
                        i ̄}.l \_■漢城                  ヽ、
                      ̄ |  ゙'''─-宀-、   丿               │
                      "l       ゙L广                ヘ、
   ∧_∧
   <; `∀´>  どうやら倭軍も
   (つ   )   遠征に疲れてきたようニダね!
   し―-J

   ∧_∧
   <; `∀´>  さすがにやつらも
   (つ   )  これ以上の侵攻は 無理のようニダ!
   し―-J


33 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:35:05 NXjf1ezk0


                     __ /         i
                       / │          /
                   / ̄  /          /´
            / ̄    / 咸鏡道  r'´
          / ̄        │       _,.-''´   ┌────────────────────┐
         /             │  _ノ      │また、【柳成龍】の予想どおり           ..│
      ∧_    平安道  │   `i          │                            ....│
 '_,,.-‐''"~  `'ー-、_       │   r'           │忠清道・全羅道から5万を号する義勇軍が  .....│
               `i        │  `ー-、      │                            ....│
              平壌◎    │ __. `ー、....  │漢城奪回に向かってるとの報告が届く     ....│
             ,ゝ____/  /    ' ,  └────────────────────┘
           丿            〈         ヽ.
           {   黄海道   /\_     \
          '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
            `ー´       `ゝ京畿道 │       ヽ
                     漢城■  │         ',
                        冫 ↑  │ _       Y
∧        ∧         ∧...く~─↑─r''´   `.─── 〉
|i |        |i |         |i | ..`i          │       `i_
州         州         州..   |  忠清道 │        /
..||        ||        ||  ...`フ────┤慶尚道  _}
..||        ||        ||    .冫       │        〉
..||        ||        ||   . i´ 全羅道 │   _r-、丿
..|| ∧ ∧    .||∧ ∧    ||∧ ∧         r┴‐ヽ冫
..||<`Д´; 三 .||`Д´;> 三 .||`Д´;>   ,r‐' 、〉
 ⊂  ⊃   ⊂  ⊃   ⊂  ⊃.久_{
.. ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜
..   し'       し'       し'


34 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:35:35 NXjf1ezk0


    ┌────────────┐
    │このため朝鮮宮廷は     .│
    │                  │
    │一転して強気になって     .│
    └────────────┘

   ∧,,_∧  ホルホルホルホルホル♪ * (_ヽ
  <∀´;>∧_∧  ∧,,_∧    *  ∧_∧| |ウェーハハハ♪
  ノノ ⊂<∀´ " >、 <∀´∧,,_∧    <`∀´ ,/ /
  ┌ <   (^ニ  /l  <∀´" ;> + y'_    イ    *
       (_┌  (_ __○ニ ○v;  〈_,)l    | *      。

      ┌────────────────┐
      │明朝への援軍要請など        ....│
      │                       .│
      │何それおいしいの状態である     ..│
      └────────────────┘


35 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:36:10 NXjf1ezk0


        ,〜-,,〜-,.     ┌────────────┐
         |_ 平壌 |...     │この危機感の薄さに       .│
       _|_~~~~~~~~...    │                     .│
      __i .i-.、 __..       │イライラしていたのが・・・  ..│
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,.   └────────────┘
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|   みんな 何やってんですか
   |:::::::〉 ( ○) (○)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)   国家存亡の危機ですよ!
    |  u   |r┬-|  |
    \    `ー'´ /     楽観してる場合じゃ無いニダ!
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     ┌──────────┐
    |  \/゙(__)\,|  i |.      │【李恒福】である。   ...│
    >   ヽ. ハ  |   || .     └──────────┘
  【李恒福(リコウフク)】


36 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:36:41 NXjf1ezk0


    ┌───────────────────┐
    │【李恒福】は、ひとり必死になって          │
    │                                ..│
    │明朝を頼るよう 宮廷を説得するのだった    │
    └───────────────────┘
          .______ _
      ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ./:::::::::::;:--‐─、::::;─-、:::::',  援軍要請も内附も、恥ぢゃありません
       .l:::::::/ u.     Y     ヾ::|
        |:::::|     \,:::::::::、/  ',|   これは孔明の策ニダ!
        |:::::|   (  ●)::::::::( ●)l
        l::::::〉  ⌒          ⌒)
        (@    ( ___ 人__) l        ┌──────────────────────┐
       .|      | r─┬─|   |        │            ______        仕   な    │
         | u.   `   ⌒  '  |.          │       r〃〃〃 f7⌒ろ)               .│
      .丶             ./           │        l‖‖‖ ||   f灯     業   ん   ....│
          ヽ           ノ、          │         |‖‖‖ ||   | |              ....│
       /                 \        │         |儿儿儿._」∟⊥厶     か   で     │
                              │        〔__o____o_≦ト、             ..│
                              │.        「⌒ヽノ   ヽ|l __  ヽ   よ   も    │
                              │       |ヘ、 rノ¬、 l「r,ヽ  i            ..│
                              │.        l ー| `ー'  ||、_八 |    :   俺    .│
                              │        l │     ll  〃V             │
                              │         、{`―-ヽ ,〃 〃  \      の    .│
                              │         __\ rテ ノ´ 〃   / ー- 、        .│
                              │.        ,ィ(⊆≧リ≦⊇)〃   /     rク\    ......│
                              └──────────────────────┘


37 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:37:21 NXjf1ezk0


            .______ _
        ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ./:::::::::::;:--‐─、::::;─-、:::::',
         .l:::::::/       Y     ヾ::|    先主(劉備)は
          |:::::|     \,   、/  ',|     孔明の策で土地を捨て 呉の孫氏に救援を頼み
          |:::::|   ( ● )  ( ● ) l       ついに赤壁の戦いで勝利しましたニダ
          l::::::〉  ⌒          ⌒)
          (@    ( ___ 人__) l       ウリナラだけでは 収拾不能なんですから
         .|      | r─┬─|   |
           |     `  ー‐  '   |       なんとしても天朝に 助けを求めるべきニダ!
        .丶             ./
            ヽ           ノ、
         /                 \
       /     【李恒福】        \



          ∩___
         ⊂「__ 」⊃
           < `∀´>    予も まったく
          /     ̄ ̄|  そのとうりだと思うニダ!
        /  | 宣祖 |_」
        |__|    |
           |_____| ←中国に逃げたくてしかたがない人
            (_)(_)


38 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:37:57 NXjf1ezk0


   ┌─────────────────┐
   │ところが 官僚の中に                 │
   │                            │
   │賛成する者は まったくいなかった。   ..│
   └─────────────────┘

   ∧__∧  ダメ!
   <#`Д´>|||         ∧__∧ ムリ!
  (     O//バンッ!!.    <#`Д´>|||         ∧__∧ 不可能!
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.     (     O//バンッ!!.    <#`Д´>|||
 |              |.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.     (     O//バンッ!!
                    |              |.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                 |              |



    ∧_∧   どうせ頼んでも
   ∩#`Д´>'')  天朝は助けてくれないニダ!
   ヽ    ノ         ∧_∧
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.      ∩#`Д´>'') たとえ来てくれても・・・
 |              |.      ヽ    ノ         ∧_∧
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.      ∩#`Д´>'') よけいに混乱するだけニダ!
                    |              |.      ヽ    ノ
                                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                 |              |

        _____
   ; /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
    ; |.::::γ⌒ Yノ( ヽ::::::| ;
    ; |::::/  _ノ三ヽ、  |:::| ;  ぐぬぬぬ・・・
   ; |:ノ(( 。 )三( ゚ )u::| ;
   ; (@ ⌒(__人__)⌒ @) ;
    ; | u  |++++| ノ( | ;
    ; \   ` ⌒´⌒ / ;
    ; /           \ ;
       【李恒福】


39 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:38:30 NXjf1ezk0


        ,〜-,,〜-,.      ┌───────────┐
         |_ 平壌 |.      │と、そんな平壌に・・・    │
       _|_~~~~~~~~        └───────────┘
      __i .i-.、 __.
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|



┌────────────────┐
│日本軍とのコンタクトに失敗した    ..│
│                       .│
│【李徳馨】が戻ってきたのだった   ....│
└────────────────┘

    / ̄ ̄\       .  ニ ニ 三 三_ ニ ニ = ─
  ./ノ  \  \     .    、 ⌒)  ´ ただいま戻ったニダ〜
  |(●)(─)   |.     / ,r'´   三 ニ = ── - -
  | |       | . ---,r'´`  ゙i  .、- ⌒)     ,r'(⌒)
  |,___`__   U |.     .      :::::::,r' 三 ニ == ─
(⌒' {`ー'   (⌒'''´           ./     ,, ゚ ;。. (⌒)
'r., ゙i        r.,,:::::    、  、- ´三 三 ニ = ・ ⌒・⌒)
    ゛'‐─ー''` --------三ー ´ニニニニ==,,、、 ・:・,,、, .:;''
    【李徳馨(リトクケイ)】



     _____
    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|   おう!
    |::::::::/ _ノ ' ヽ_ |   よく戻ってきた、わが親友!!
   |:::::::〉 ( ≡) (≡)|
   (@ /// (__人__)///
    |     |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
     【李恒福】


40 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:39:16 NXjf1ezk0


     / ̄ ̄\
   / \  ヘ. \
    |  (●)(●) |  ええ、何とか戻ってこれましたが、
    |     |    │   今やウリナラは大変な有様です!
    |   __`___ u |
    |   ./__ヽ .|   で、天朝の援軍は
   ヽ         /     いつごろ到着 するんですにかね?
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |
    【李徳馨】



     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|   いや、それがまだ
   |:::::::〉 ( ○) (○)|     要請も してないんだよ・・・
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
      【李恒福】



               /|
     / ̄ ̄\  /  |__
   / 「   ヘ \ \  /
    |  (○)(○) |  |   \
    |      |   │   ̄ ̄
    | u. __´___  .|  ・・・・まだですって!
    |   |!!|!|!l|  |
   ヽ  |ェェェェ| /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |
     【李徳馨】


41 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:39:47 NXjf1ezk0


    / ̄ ̄\
  / u ─'   \  道中 見てきましたが
  |    ( ◯)(◯)  主上が漢城を捨てられたので
  |       | |   民心が瓦解してるニダ!
  | U   __´___ノ
  |     |lliiiil|}     もう ウリナラだけで
  ヽ.    └‐ ┘   どうにかできるレベルじゃないんですよ
   ヽ   u ノ
    /    く
    |     |
   【李徳馨】



     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
   |::::::::/ \:三::/i:::|   ・・・やっぱりそうか!
   |:::::::〉( ○)::( ○).|
  .(@ ::::::⌒(__人__)⌒)   さっそく主上に ご報告して
    |  u   |i|!i|!|  |     二人で援兵を訴えるニダ!
   \    `⌒´ ,/
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||
      【李恒福】


42 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:40:21 NXjf1ezk0


   ┌─────────────────┐
   │こうして二人で必死に               │
   │                            │
   │明朝へ助けを求めるよう進言し・・・     .│
   └─────────────────┘
       _____
     ../.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
      |.::::γ⌒Y´⌒ヽ:::::::|
      |::::/ \::::::::/  |::::|  天軍要請!
     ..|:::〉(●)::(●) 〈::::|
     (@⌒(__人__)⌒ @)               / ̄ ̄\
      |   |r┬-|     .|           _「   /  \ 援兵不可避!
      \  `⌒ ´   /.           ( ●)( ●)   |
     /´⌒ヾ       `ー--- 、.       |  |        | ../}
    /   ノ            ヽ.    ヽ___`___     | / /    __
  ./   ./           ヤ¨''ー、 ‘,    |r┬-|     ./ /  . / .ノ
 (.   / |            }    .をノ      ヽ ̄     / 厶- ´ /
  ^゙''" ....|             |             ノ.   ヽ /     /
        |             |           /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
        【李恒福】                /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                              /           /\ \
                              !           |  ヽノ
                            【李徳馨】


43 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:40:57 NXjf1ezk0


┌────────────────┐
│また、このころ                 .│                 //
│                       .│              、/ /
│臨津江の敗戦、開城陥落の報が  .....│               / `
│                       .│...|\          / ┣¨┣¨┣¨┣¨
│伝わったせいもあり          .....│...`>.く     /●\∩
└────────────────┘  ..\   (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
           |i |     |i |               ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州    州                `(Д・´#),,,、三ニ=―  ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
      ∧__,∧ .‖     .‖         <ニ||― r-/●\―――
     <゚Д゚ ;>‖∧__,∧‖               ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ∧__,∧ ⊂   <;´Д` > ∧__,∧          <ニ||― ∩――∩―――  '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>              `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;     '''''''''<ニ||― r-/●\―――
  し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;         ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;


44 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:41:28 NXjf1ezk0


                 ∧,,__∧ じゃあまあ
         ∧,,∧    <`Д´;..> ∧_,,_∧
       /<;`Д>   (    _ <;   > そうするニダ
     ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
   ./<;`Д´>/        <;   >ィ l .|   ┌────────────┐
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|....  │ここでやっと朝鮮宮廷は  ...│
  | l∪./         ../ / | |」/||..   │                  │
  | `/         ...ι ゝ | |||.      │明朝への援軍要請を    ..│
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||.        │                  │
                     ||.           │決定するのだった         .│
                                 └────────────┘
     ∩___
    ⊂「__ 」⊃
      < `∀´>    予も まったく
     /     ̄ ̄|  そのとうりだと思うニダ!
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |
      |_____| ←中国に逃げたくてしかたがない人
       (_)(_)
     ┌───────────────────┐
     │時に5月末日、日本軍到来を知ってから  .....│
     │                          ......│
     │1ヵ月半がたっていた             ......│
     └───────────────────┘


45 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:41:58 NXjf1ezk0


┌─────────────┐
│そしてとりあえず          │
│                    │
│翻訳官を遼東に派遣して    .│
│                    │
│援軍を頼み込み          │
└─────────────┘
       _∩_
   ゚ 。 ⊂「訳」⊃ ゚。
    ゚ ・<`Д´ ;>
       (つ   ⊃
        ヾ(⌒ノ. ←ようするに通訳
          ` J


46 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:42:29 NXjf1ezk0


      ┌───────────────┐
      │いっぽう、【李恒福】【李紱馨】に  ...│
      │                           .│
      │明軍迎え入れの準備をさせ・・・    │
      └───────────────┘
     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
    |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|               / ̄ ̄\
    |::::/ ⌒  ⌒  |:::|              /  「  ヽ \
   |:::〉 (●) (●) 〈:::|              |  (●) (●) |
   (@ ⌒(__人__)⌒ @)             |     |     |
    |   |r┬-|   |                |   __´_  |
    \  `ー'´  /                   |   `ー'´  |
,,.....イ.ヽヽ、___ーーノ゙-、.                ヽ       |
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i                 ヽ     ノ
    |  \/゙(__)\,|  i |                /    く
    >   ヽ. ハ  |   ||                |     \
兵曹判書(軍務大臣)【李恒福】         大司憲【李紱馨】


               __ __
             ,ィミ川彡三ヾ三\.    ┌──────────────┐
.            {三{※}三}三ll三 }.    │兵糧10万石以上を       .....│
.          _ヽ彡川ミノ三レ勿/__.     │                   .....│
        ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\......│平壌に集結させたのだった     │
       {三{※}三{三{※}三}三ll 三}.... └──────────────┘
     __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__
    ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\        っ
   {三{※}三{/ ,二二、\{※}三}三ll三}    ∧__∧   っ
.....  ヽ彡川ミノ/ /\ | /ヘ ヽll.ミノ三レ勿/   <; `Д´> 天兵に食べていただく兵糧ニダ
  I二二二二二| |―‐((_))―| |二二二二二二I二○==○
         ヘヽ/ | \,/ /         〈_ノ=レ'
( (        \二二二/          (_vノ(_y)    ※ただし朝鮮の1石は日本の約3分の1


47 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:42:58 NXjf1ezk0


┌───────────────────┐
│ところが、かんじんの朝鮮宮廷はというと  ....│
│                          ......│
│あいかわらず援兵に熱心ではない。     ...│
└───────────────────┘
                 ∧,,__∧
         ∧,,∧    <`Д´;..> ∧_,,_∧
       /<;`Д>   (    _ <;   >
     ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
   ./<;`Д´>/        <;   >ィ l .|
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||


48 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:43:29 NXjf1ezk0


┌────────────────────┐
│いちおう6月1日、【鄭崑壽】を奏請使として   .│
│                            ....│
│明朝に派遣することに決めたのだが      ....│
└────────────────────┘
 ┌──────────────────┐
 │.        ○                 ....│
 │「 ̄l二ニ=-┃                 ....│
 │|  {     ┃                 ....│
 │L_二ニ=-┃                 ....│
 │.        ┃                 ....│
 │.        ┃ ∧_∧....             .│
 │     _. ┃<`Д´; >     ____    .│
 │   /  ヽ⊂       )__/´   /     .│
 │ ∠     //⌒ヽ   )/|   /    ......│
 │    \ | ̄ ̄ ̄ ̄  ∧∧ /       .│
 │   <∧|____<〃マヽ>      .....│
 │   <{{><}}>  <{{><}}>        .│
 │   <ヽ.ムノ' >  <ヽ.ムノ'>       .│
 │      ∨∨       ∨∨         │
 │     奏請使【鄭崑壽】           │
 └──────────────────┘
    ┌────────────────────┐
    │一刻を争うハズなのに               ..│
    │                            ....│
    │ぜんぜん出発する様子が 無かったりする。    │
    └────────────────────┘


49 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:43:57 NXjf1ezk0


┌──────────────────────┐
│この頃になると                        ....│
│                                │
│日本軍の斥候が 平壌近くまで現れているのに    │
└──────────────────────┘
        ,〜-,,〜-,.
         |_ 平壌 |.        ┌─────────┐
       _|_~~~~~~~~          │まったく対応が   ....│
      __i .i-.、 __.             │            ....│
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,.      │ゴテゴテである   ....│
_  __.゙| '"         ." |__.     └─────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|


50 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:44:29 NXjf1ezk0


      ┌───────────────────┐
      │逆に、しびれをきらした                 │
      │                          ......│
      │明朝の遼東郡司から              ...│
      │                          ......│
      │様子を探る使者が送られてくる始末である ....│
      └───────────────────┘
┌──────────────────────────────────────┐
│         ____                                         │
│      ,;' ::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、                                   .│
│   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\                                ....│
│  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::\  おいおい、何でこんなに簡単に           │
│/:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l    攻め込まれんだよ!?              .│
│:::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|                                │
│:::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!    おまけに いまだ救援要請もこねーし・・・    .│
│:::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|     やっぱホントは裏で             ....│
│:::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|    朝鮮と日本はつるんでるじゃねーの?    │
│:::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./                               .│
│::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /      ちょっと朝鮮行って 調べてこい       .│
│い!                                                     │
│::::::::' 、                 ̄ /   ,                              │
│\::::::\___________/  / |    ∧∧                      .....│
│  >------------r―-:、------ゝ、  し'..  / 明\                       │
│/::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\.     ( ; `ハ´) わかりましたアル          ....│
│::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l..    ( ~__))__~)                     ...│
│                                 | | |                       │
│                                 (__)_)  ←5月下旬に出発           .│
│                                 【林世禄】                       │
└──────────────────────────────────────┘


51 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:45:01 NXjf1ezk0


   ┌─────────────────┐
   │そして6月5日、【宣祖】は大同館で  ......│
   │                         .│
   │この使者を接見するのだった       │
   └─────────────────┘
   ∧∧
  / 明\
 (  `ハ´) 状況はどうですかな!?
 ( ~__))__~)
 | | |
 (__)_)
 【林世禄】
                             ___∩
                             ⊂」__│⊃
            良く来てくださったニダ   <`∀´; >
             ご心配をおかけして ⊂| ̄ ̄    \
               申し訳ないニダ   」_| 宣祖 |  \
                            |    |__|
                            |_____|
                            (_)(_)


52 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:45:34 NXjf1ezk0


    ┌─────────────────┐
    │【林世禄】の接待を命じられたのは   ...│
    │                         .│
    │【柳成龍】である               │
    └─────────────────┘
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  | U   (__人__)   ( ん〜、天朝はウリナラのことを疑って
   |     `⌒´ノ     使者を送って きたろ )
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃  ( 何としても誤解を解かなきゃ
   ヽ、l    ´ヽ〉     国が滅ぶだろ 常識的に考えて! )
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ / ←ここで官に復帰
    |       そ ノ


53 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:46:08 NXjf1ezk0


┌────────────────┐
│【柳成龍】は                │
│                       .│
│なんとか不信を解くことに成功し    │
└────────────────┘

     .r-、       / ̄ ̄\
    /て )     /    \ /
    ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)
    ゝ、 〈     |    (__人__)   今の朝鮮の状況はこうこうで
    / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ    倭賊の状況はこうこうで・・・
    /〃 ヘ  \ .   |           }
   i !   \  ` ーヽ       }     小邦の上国への忠義は
   丶丶   _ >   ヽ    ノ、        ゆるぎないニダろ!
       ゝ'´- 、_  y-、       \
     〈      ̄  う       /、  ヽ
        `ー― ¬、__ノ     |  >  /
            |      r'^ヽ'´ _/
             |      `く__ノ´ ←もちろん日本に使者を送った事はバックれる


 ┌────────────────┐
 │朝鮮の忠義を知った【林世禄】は    │
 │                       .│
 │遼東に帰っていったのだった     ...│
 └────────────────┘
   ∧∧
  / 明\
 (  `ハ´) なるほど、良くわかりましたアル
 ( ~__))__~)  急いで上国に戻って報告するアル
 | | |
 (__)_)
 【林世禄】


54 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:46:38 NXjf1ezk0


┌───────────────────────┐
│とはいうものの                         │
│                                  │
│ここでも朝鮮側が【林世禄】に向かって          .│
│                                  │
│熱心に 援兵を頼み込んだ様子も 無かったりする    .│
└───────────────────────┘
        ,〜-,,〜-,.
         |_ 平壌 |
       _|_~~~~~~~~     ┌────────────┐
      __i .i-.、 __.        │んな事してるうちに・・・     │
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,..... └────────────┘
_  __.゙| '"         ." |__.
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|


55 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:47:16 NXjf1ezk0


 . . . |;| i. . . . . .|;|          : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .                   .: .: .   || . . .|| . . . .|  || . . . .|
 . . . |;| {. . . . . .|;|     : .: .: .: .: .: .: .: .: .                             || . . ..{_ . . . .!   || . . . .|
 . . . ._}  ヽ. . . ..:_} : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .             . . . || . . . .|  {_ . . . .|
 . . . |;|   ,). . ..|;|  . : . . : . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .i三三三f≡≡≡==≡≡≡!   || . . . .|| . . . .|  || . . . .|
 . . . |;|   (. . . . |;|    ffi /ニニニi   f__ .,.... ,、,,イ三三三三三三三門三三三三  || . . ...{{_ . . . .|   || . . . .|
 . . . ._}   ノ. . . .:_} ,,,,.,、,,.i三三三|三三三l_,,.-‐''""'''""""""""''_,,.-‐''" "'' '"'''"''""''''""''"{_ . . . .||| . . . .|'''" {_ . . . .|""'
 . . . |;|   { . . . .|;|   "´"´"´,,.-‐''"          _,,.-‐''"        ff  f三! f三! || . . . ノi|| . . . .!  || . . . .)
 、. .|;|   |. . . ...|;|              ,.,‐‐‐、、..-‐''"         _,,..,.,.....,.f三三三三三三|| . . ..! {_ . . . .|  || . . . { "
  .\:_}   \. . ../:\            /    \. ""'''""'""""'   .   _,,. -‐ ''"    {_ . . ..| . || . . . .!  {_ . . . .}
 ::、 |;|     ∠三三::\        l       l                 /⌒ヽ.     || . . . | .|| . . . .! / ̄ヽ . . ヽ
 :::ハ |;|     ,ィァ〉--く二     _ >     <__..┌───────────────┐... . | .:.::::::::ハ
 ::::::}     /7:::`ー '::::::\   入 : :ニ三三三ニ ::∧...│とうとう日本軍が              ......│.....∠:::::::::::::::::>
 :::::ハ、    |7::::: , '  ̄`ヽ   /{/:ヘ:::三三三三 ::::/::{ハ │                     ...│    / ⌒ ヽ⌒ヽ
 -イ⌒   ./:::i  /.:::::::::::::::ハ ./{/::::::ヘ ::三三三三::{:::::.....│この平壌のすぐ近くにも        │:ノ   i:::::::::::::::\:::::
 /⌒ヽ、  {:::〈! 人:::::::::::::::::::h ヽ:::::::く } :三三三三:::レ`|..::│                     ...│ヽ、 r|:::::::;ィ´三::\
 ハ::::/\\  /ミ::::ニニ=::ン\ \::::::| :ニ三三三: /ヽ.│やって来たのであった!       ..│::}  /彡彡 三三ミ
 三:{:.:.::.|⌒! \ミ:::三三彡彡ノ  ==ヽ|  __    .( ミ:::└───────────────┘ : /__彡 '´:::_/彡:
 三:ヘ. : | /7:::`::ー--/⌒ァ、   // /.i .: i:\ /` ミ_三三三彡_|ノ:ノ//ミニニニニ /⌒ヽ:::/:::三三 ,ィ.― 、:::\::::彡彡彡
 三::: i\/ニ/.ヽ:`::三三::レく:::::::::\  /..::::i:::::::i:::::::l:::| |:::::::::::::::::/ ト、ニヽ//.:.:.:|ニ|:::: /⌒ヽ/:::三三:: /..../...ヽ:\ :::彡彡彡


56 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:47:50 NXjf1ezk0


  (       /厂
   `ー-、  _..r=−                                      '、
     jll..rク′                                         ,'′
    u(ll ○義州′
  _jlljll广                  ┌─────────────┐  . /
  〃                      │いまや大同江が         │ ./
 l'、                        │                    │ ノ
  l}                        │朝鮮の防衛ラインである   ....│′
-む                       __.. └─────────────┘.清川江
''t 、                    ''''′ ` ''''‐‐..〉            ..-'′
 ゙'`'l_   _       宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ○                ,'     ○  /
       〉  ..、 ''lゝ、          定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_   ,,   ○     ○ 〕○   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/            ヽ、
                         ┬′ _          丿       、
                          しっnl′         ヽ       ゙'、
                           〈             `ー       /
                           丿             ヽ ,,  ,,..__j′
                         _/              _,〃"゙''′
                        _ノ゙''-              ''、
                        │                ヘ 大同江
                       r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ●广‐'"´
                      /         ィメ冖′   ┌───────────────┐
                         丿          _ク′凸凸  │大同江だけは、            .│
                    〈ン        ..rゞ’   凸凸  │                        │
                    ノ         ''ヽ、         │絶対に渡らせては ならないのだ .....│
                                           └───────────────┘


57 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:48:23 NXjf1ezk0


       ┌──────────────┐
       │と、対岸の日本軍が          .│
       │                   .....│
       │手紙を送って くるのだった      │
       └──────────────┘

          ┠ [|
          ┃ ##########<この木の枝に お手紙置いとくよ〜
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~   〜〜    〜〜~    〜
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~     ~~  〜〜〜   ~~
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜〜  ~~~~  〜〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二

        ∧         ∧         ∧         ∧
        |i |         |i |         |i |         |i |
        州         州         州         州
  ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||
  < iiii   >||.    < iiii   >||.    < iiii   >||.    < iiii   >||
  (     ○..   (     ○..   (     ○..   (     ○
   し--J ||.    し--J ||.    し--J ||.    し--J ||


58 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:48:57 NXjf1ezk0


         /:;ヾ :ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ソ :::ゞ:;ヾ;ヾ:;
        ''ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ ::: :::┌─────────────┐
        ゞ:;ヾ :ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ソ :::.│何かと思えば、          .│
        ヽゞ:;ヾ ヾ:::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::.│                       .│
               | ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ.....│またも 講和のお願いである   .│
               l   ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;..└─────────────┘
               |         ヾ;; i r´
               l         ll. i ;|
               |           | l; .li
             ,_,,,|__         |, ;i0.l
           (0),_il__!_)      l ; l. i|,
                         |l:; .l,i;l
                         |0l i .;|.
                      丿;i;;'、 ;ヾ
" "" "'' '"" "" ''' "" " "''' " "" "'' '"" " "'' '"" ""'
┌─────────────────────────────────┐
│         , ,.....,, _                                    .│
│     _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        ....│
│   r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、           |   講和に応じて     |          .│
│   / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、       |  欲しいであります    |         │
│   ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、      /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____     │
│      \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   ).     / 【李徳馨】殿と       /ヽ__//     .│
│        `ヽ,ミ''| l |.≧、イ,__/    /  話し合いたいで    /  /   /     .│
│        /,'__ゝ<:.\.         /    あります       /  /   /    ....│
│       { ',〉,.、〈ノ}、\_,、..    /                   /  /   /       │
│       ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ....  /             /  /   /      ..│
│          ||/          /             /    /   /      ....│
│        i | |            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /      ......│
│        UU                                       .│
└─────────────────────────────────┘


59 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:49:31 NXjf1ezk0


      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        <;`∀´>    ・・・これはどうしたらいいニカ!?
     /     ̄ ̄|
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |.
      |_____|
       (_)(_)



   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )  ・・・ん〜、とりあえず やつらの話を
 .|       (__人)     聞いてみるのも一策でしょう
  |         rつ
  .|        ((三)
  ヽ       ( <    ( 倭賊の動きもおかしいだろ常考。)
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ   ( あいつら、やってることが支離滅裂だろ・・・ )
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |
   【柳成龍】


60 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:50:07 NXjf1ezk0


   ∧__∧   反対!どうせ
   <#`Д´>|||   ずるい謀略にきまってるニダ
  (     O//バンッ!!.
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.
 |              |.



    ∧_∧  やつら「講和」「講和」といいながら
   ∩#`Д´>'') ずんずん進撃してくるニダ、無視するニダ!
   ヽ    ノ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.
 |              |.


61 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:50:37 NXjf1ezk0


    / ̄ ̄\
  /   ─'   \
  |    ( ●)(●)  しかし、会談に応じれば
  |       | |
  | U   __´___ノ    多少の時間稼ぎになると
  |     `ー'´}
  ヽ        }.        思いますが・・・
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |
    【李徳馨】


      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        <;`∀´>    では、やつらと
     /     ̄ ̄|   交渉だけでも してきなさいニダ
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |.
      |_____|
       (_)(_)


62 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:51:08 NXjf1ezk0


   ┌───────────────────────┐
   │こうして6月9日                        │
   │                                  │
   │日本の【玄蘇】【柳川調信】と、朝鮮の【李徳馨】が    .│
   │                                  │
   │大同江に浮かべた船上で 会談するのであった。     .│
   └───────────────────────┘
            〜〜: .:.ザブザブ            : . .
                                   〜〜:.
                      ∧_∧  〜〜:.
                ( ´д`/}    ∧_∧
                __(  つ /0__( ・∀・)_
                  |二二二二//二二二二二二二二|:.
            (((  \二二ニ//ニ二二二二二二二/: :.
                   ~~~~ ̄{/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~
         〜〜:.      o              o
                  。         〜〜〜:. 。
        :: . .        o


63 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:51:48 NXjf1ezk0


                                      ___
                                     /    ヽ\
                                    │       │
      そもそも日本は貴国と戦うつもりは    ..へ-  ─ヾ  │
          無かったのです             .─  ─   ∂ \ .       ∧柳∧
                                  .|  し 丶 √ │││    (`д´ )
        手紙を送っても 返事をくれないから | ト-=ヽ  │ ││    (     )
          なりゆきでこんな事になったんです .\    /  │ │.     | | |
                              / ゝ── /ノ  丿.      (__)_)
                                     【玄蘇(げんそ)】      【柳川調信】



                                       ___
                                     /    ヽ\
                               │       │
                               │\  /   │
      お願いですから貴国国王にお願いして... (●)(●)  ∂ \
           我らが遼東へ行くのに          |  し 丶 √ │││
            協力してくれませんか?     | ト-=ヽ  │ ││
                                \    /  │ │
                                    / ゝ── /ノ  丿
                              ( \__ /   /│
                                      【玄蘇(げんそ)】


64 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:52:21 NXjf1ezk0


     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |        何言ってるんですか!貴国がどうしても
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ    中国に入りたいなら、浙江へ行けば
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(     | |    いいじゃありませんにか!
    | ⌒    ___´__|
.    |    /__ }
.    ヽ       }
     ヽ     ノ
     l/   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒).
     【李徳馨】
┌───────────────────────────────────┐
│        北京     ノヽ,           i´              r‐^i      │
│           ◎  _,,,,r'´ / _        _ノ´               {  ヽ    .│
│            ↑ (_     ̄´  `ゝ   i´                     丿  .}    .│
│              ↑  }        く    \              。 /  .r´    ..│
│           ↑  `´ ̄_つ    `~ヽ    ヽ             ,、 ノ   i     ..│
│             ↑   r'´       く    i             〉`'´    /    ......│
│            ↑ /         }     |       °    i´       〉    ......│
│            ↑ \          i´ _r‐'    r--‐‐'´ ̄◎京都 ´レ'       .│
│               ↑ `i       `‐'´  ο  i二,ィ---‐‐‐'フ / ̄           .│
│                南京 \      o    r'●ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'           ...│
│               ◎ <           ⇔ 博多i´ `´ ̄´               │
│                 ↑_丿      ⇔    レ、丿                   ..│
│                  ↑ `ヽ,     ⇔                            │
│          浙江・寧波●ノ⇔ ⇔        °                     .│
│               ノ           室町時代の日本の朝貢ルート          │
│             r'´                                   .....│
│            丿                                      │
└───────────────────────────────────┘


65 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:53:02 NXjf1ezk0


   / ̄ ̄\
 / \三/ \
 | ノ((●)(●) |  そうせずに、ウリナラに来るのは
. |⌒    |    |   ウリナラを滅ぼそうとしてるんでしょうが!
  |   __´___  ノ
.  |         }    講和したいんなら、まずは全軍 朝鮮から出てってくださいよ
.  ヽ       }        話はそれからニダ!
   ヽ       ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)
   【李徳馨】


66 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:53:38 NXjf1ezk0


          / ̄ ̄\
        /    \ ノ
        |    ( ●)(●)  それに天朝は、ウリナラにとっては父母の国!
.        | ノ(     | |
     ,--、 | ⌒    ___´__|,― 、  死んだって、貴国には従えないニダ!
     |   | |    /__ }  |
     |   | ヽ       }  |
     .\ \ ヽ     ノ /
       ゝ         /
        \      /
         |      |
         |      |
         【李徳馨】


                                   ___
                                 /     \
                                │      u │
                   仕方ありません。    へ-  ─ヾ  │
                                  ─  ─   ∂ \
                   講和は決裂ですな  |  し 丶 √ │││
                                 . | ト-=ヽ  │ ││
                                 \    /  │ │
                                / ゝ── /ノ  丿
                                ( \__ /   /│
                                 【玄蘇(げんそ)】
       ┌───────────────┐
       │けっきょく、当然ながら        .│
       │                     ...│
       │話し合いは うまくいかなかった  .....│
       └───────────────┘


67 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:54:12 NXjf1ezk0


     ┌─────────────────┐
     │まあ、朝鮮は明朝に             │
     │                         .│
     │もう援軍要請しちゃってるし        .│
     │                         .│
     │講和するフリさえ できるはずもない   ..│
     └─────────────────┘
        ,〜-,,〜-,.
         |_ 平壌 |        ┌─────────────────┐
       _|_~~~~~~~~.          │きっぱりと日本の要求をはねのけた   │
      __i .i-.、 __.          │                         .│
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,..... .     │朝鮮ではあったが・・・           ..│
_  __.゙| '"         ." |__..     └─────────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|


68 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:54:43 NXjf1ezk0


    ┌──────────────┐
    │どう考えても              │
    │                   .....│
    │ヤバイ状況には変わりない     │
    └──────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!   ∧,,__∧ ・・・・・・  !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧    <TДT;..> ∧_,,_∧  !i!i!|||ii| |||
!i||..    /<;TД>   (    _ <;   > ・・・・・ !i!||i
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
   ./<;TДT>/       <;   >ィ・・・・・・
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||
     ┌────────────────┐
     │というわけで実は けっこう前から   ..│
     │                       .│
     │朝鮮宮廷は 平壌から          │
     │                       .│
     │逃げ出す計画を してたりする      ..│
     └────────────────┘


69 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:55:15 NXjf1ezk0


┌─────────────┐
│【宣祖】はもちろん、       ..│
│                    │
│明朝に亡命が希望である。   │
└─────────────┘
       ∩___
      ⊂「__ 」⊃
       < `∀´>   予は義州に向かい
      /     ̄ ̄|  さらに内附をしたいニダ!
    /  | 宣祖 |_」
    |__|    |
       |_____|
        (_)(_)


70 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:56:56 NXjf1ezk0


    ┌──────────────────┐
    │だが、官僚の多くは                 │
    │                           .│
    │咸鏡道に向かうべし、との意見である  ......│
    └──────────────────┘

   ∧__∧  いけません!
   <#`Д´>|||         ∧__∧ 賊の目的は中朝侵犯ニダ!
  (     O//バンッ!!.    <#`Д´>|||         ∧__∧ 義州は その通り道ニダ!
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.     (     O//バンッ!!.    <#`Д´>|||
 |              |.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.     (     O//バンッ!!
                    |              |.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                 |              |


    ∧_∧   内附を求めても
   ∩#`Д´>'')  どうせ天朝に断られるニダ!
   ヽ    ノ         ∧_∧
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.      ∩#`Д´>'') ここは咸鏡道に避難して・・・
 |              |.      ヽ    ノ         ∧_∧
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.      ∩#`Д´>'') 賊をやりすごすのが良策ニダ!
                    |              |.      ヽ    ノ
                                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                 |              |
      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        <;`∀´>    ・・・そうニカ!?
     /     ̄ ̄|
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |.
      |_____|
       (_)(_).


71 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:57:38 NXjf1ezk0


  ┌─────────────────┐
  │西か東か、                   │
  │                         .│
  │なかなか判断の難しいところである   ..│
  └─────────────────┘
                      ___ `フ
                 __ /         i
                   / │          /
               / ̄  /          /´
 明朝       / ̄    / 咸鏡道  r'´
      / ̄        │       _,.-''´
     /○義州     │  _○咸興
    ∧_    平安道  │   `i
-‐''"~  `'ー-、_       │   r'
            `i        │  `ー-、
            平壌●    │ __. `ー、
            ,ゝ____/  /    ' ,
          丿            〈         ヽ
          {   黄海道   /\_     \
          '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
         `ー´       `ゝ京畿道 │       ヽ
                    漢城◎  │         ',



         \\                      //
          \\                   / /
     _     \ \               / /    ._
┌―─┴┴─―┐ \  \            /  /┌―─┴┴─―┐
..| ←義州方面  |    \ \           /   /   | 咸興方面→  |
..|  事大戦略  |        ∧∧  ∧∧       |  逃亡戦略   |
..|  リスク大?   |        <Д´ ;三 ;`Д>      .| リスク小?   |
└―─┬┬─―┘         (  ○  )        └―─┬┬─―┘
                     | | |
                     〈__フ_フ
                  どちらに行けば良いニカ・・・


72 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:58:09 NXjf1ezk0


┌─────────────────────┐
│また、どこへも逃げず                  │
│                              ..│
│あくまで平壌を死守すべし、との意見もあった   .│
└─────────────────────┘

  Λ伊Λ
  <; `Д´>  とんでもない!
  (    つ  平壌を失ったら、ウリナラは終わりニダ
  | | |     あくまで君臣一丸となって守り抜くべきニダ!
  〈_フ__フ
 【伊斗尋】.



       ┌─────────────────┐
       │たしかに、朝鮮は             ....│
       │                         .│
       │平壌に兵糧を集結させたのだから    │
       │                         .│
       │これを失ったら どうしようもなくなる    .│
       └─────────────────┘
           ,ィミ川彡三ヾ三\            ,ィミ川彡三ヾ三\
           {三{※}三}三ll三 }             {三{※}三}三ll三 }
         _ヽ彡川ミノ三レ勿/__           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}     {三
    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__     ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ


73 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:58:41 NXjf1ezk0


          ┌──────────────────┐
          │なのに、くり返すが大多数は           .│
          │                           .│
          │咸鏡道に向かうべきとの意見である     │
          └──────────────────┘
      ∧,,_∧
     < `Д>∩咸鏡道!
    ノ  つノ    ∧,,_∧
    (    つ..  < `Д>∩咸鏡道!                      ___∩
     し´     ノ  つノ    ∧,,_∧                         ⊂」__│⊃
              (    つ..  < `Д>∩それがダメなら  .          <`∀´; > ・・・・・・
               し´     ノ  つノ    ∧,,_∧           ⊂| ̄ ̄    \
                        (    つ..  < `Д>∩江原道!      」_| 宣祖 |  \
                   し´     ノ  つノ                   |    |__|
                            (    つ                  |_____|
                             し´                 (_)(_)
               ┌───────────┐
               │それは ナゼなのか?  ...│
               └───────────┘


74 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:59:12 NXjf1ezk0


┌────────────────┐
│その理由を、【柳成龍】はこっそり    .│
│                       .│
│【宣祖】にバラすのだった         .│
└────────────────┘
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    主上、実はですね・・・
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)   みんなが咸鏡道に行きたがるのは
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      隠れた理由があるから なんですよ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
    【柳成龍】


75 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 19:59:44 NXjf1ezk0


        _____
       /    .r┐ヽ「|      というのも、乱が始まるとすぐ、高官たちは
     /  r-、  | .| ./ l l゙l     家族を咸鏡道・江原道に避難させたからニダ
   . / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |
   |   (●)ヽ     ノ ´/.           ワタクシ
    |       〉      〈_,,.-、     かくいう小臣も
    .|    (__人{         .r''´     母をこっち方面に 疎開させてます。
    .|     ´ ⌒|    _,.-i'´
   . .{       l-‐'''''''ーl }        みんな家族と再会したいんですよ。
    {   .   |´ ̄ ̄``l }
     {      .|     |.}

┌────────────────────────┐
│                      ___ `フ      │
│                 __ /         i      ..│
│                   / │          /      ..│
│               / ̄  /  咸鏡道   /´      ......│
│            / ̄    /    , -―- 、.'´          │
│      / ̄        │    /   ∧_∧         .│
│     /             │   l  < `∀´>        ...│
│    ∧_    平安道  │..... ヽ、_ フづと)          .│
│-‐''"~  `'ー-、_       │......〜(_⌒ヽ           .│
│            `i        │  `ー )ノ ` J           │
│            平壌○    │ __. `ー、         ......│
│            ,ゝ____/  /    ' ,        ......│
│          丿            〈         ヽ        .│
│          {   黄海道   /\_     \     ......│
│          '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\      .│
│         `ー´       `ゝ京畿道 │       ヽ     .│
│                    漢城◎  │         ',   ..│
│                      冫     │ _       Y    │
└────────────────────────┘


76 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:00:24 NXjf1ezk0


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |    しかし、今なにより優先すべきは 国家の大事!
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |      上国に援軍を頼んだからには、主上は常に
        |        }        上国と連絡を取れる場所に おわさねばなりません
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ     咸鏡道・江原道など 論外ニダ!
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」



      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        < `∀´>     おう、よく教えてくれたニダ
     /     ̄ ̄|   予もまったく同感ニダ!
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |.
      |_____|
       (_)(_).


77 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:01:00 NXjf1ezk0


    ┌────────────────────┐
    │しかし、大多数の意見も無視できないので    .│
    │                            ....│
    │けっきょく、とりあえず寧辺に逃げて      ......│
    │                            ....│
    │しばらく様子を見る事にして・・・          .│
    └────────────────────┘
                                                 `フ
                ,/ ̄`ヽ                             ノ
              |    |                           ノ
               |     |    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;                 /
                | 瀋陽  |  ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.              〈
              |  ○    |  ◎マンジュ国:;;:;:;:;               `フ
   ,/ ̄`ヽ    |         |   ;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::;......                 i
  /     |   | ○       |    :;:;:;:;:;:;::;:;:;:;/                /
 ./      \_/ 遼陽    寛奠堡 ;:;;:;:;;:/                /´
../     .___             ○\  /              r'´
    /    `ヽ              / ̄           咸興 _,.-''´
   /       )             /○義州 寧辺       ○ノ
  _ノ       /              ∧_ ←←← ●→→→→ `i
r'´         ノ .       _,,.-‐''"~  `'ー-、__  ↑       r'
        丿    _.,,-''´           `i. ↑       `ー-、
       {_   /                  丿 ●             `ー、
         丿  丿                 ,ゝ 平壌           ' ,
      r´ ,/                    丿                 ヽ
         ̄´                 {        ○開城         \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ             \
                          `ー´       `ゝ ○漢城          ヽ


78 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:01:34 NXjf1ezk0


┌─────────────────┐
│その間、【伊斗尋】【金命元】が     .....│
│                         .│
│平壌を守ることに したのであった。  ......│
└─────────────────┘
              彡仝
             彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
              彡| 「ニ金ニ|
   ∧伊∧.        ∠くノ ´Д` >
  <ヽ`Д´>       く~((二つ)ニ)
  (    ).           ̄ヒ´V`Y
  | | |            ∠二ハ二ゝ
  〈_フ__フ.           /_!_!_|
  【伊斗尋】.           |_|_|
                【金命元】


79 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:02:03 NXjf1ezk0


        ,〜-,,〜-,.
         |_ 平壌 |        ┌──────────────┐
       _|_~~~~~~~~.          │ところが                 │
      __i .i-.、 __.          │                      │
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,..... .     │そのころ平壌はというと・・・    │
_  __.゙| '"         ." |__..     └──────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|

   ┌───────────────────┐
   │国王が逃げだそうとしているという噂が     .│
   │                          ......│
   │城内に広まってしまい・・・            .│
   └───────────────────┘
         ,    ,
        / i   / i.                        _ ・ ・
       /,_ ┴─/ ヽ     ┼ヽ  -|r‐、. レ |    ̄ ̄ /_/
     /,!||! (゜\iii'/゜).    d⌒) ./| _ノ  __ノ  ___  _/
    / u  ,,ニ..,ニ、ノ(\ .
    \  ノ( ゝ'゚   ≦ 三 ゚。...
      >.....。≧      三 =-...  。 ━━┓┃┃
  / ⌒    -ァ,       ≧=- 。 ..       ┃   ━━━━━━━━
 /         イレ,、      >三   ・ ゚   ┃               ┃┃┃
 |    \ . ≦`Vヾ        ヾ ≧|.          。                ┛
        。゚ /。・イハ 、、   `ミ


80 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:02:39 NXjf1ezk0


          ┌───────────────┐
          │城から脱出する市民が続出し   ...│
          │                     ...│
          │騒然としていたのであった     ....│
          └───────────────┘
  ||  ||  ||  \ ____________ /  ||       ‖  || 、i  ||
  ||  ||  ||    |                    | // || ┌─#; ‖ _||_/i゙ー,< ||
  ||  ||  || // i                    i    || │平│‖  || 、_/  ||
  ||  ||  ||    | rっ vヘヘwvvヘヘwv,ヘヘwv| // || │壌│‖゙ヽ||/ _!゙x/ ||
  ||  ||  || l]//| || ヘヘVvvヘヘvyvヘヘvvVlハハ[l || │城│‖  || √゙  ||
  ||  ||  ||    i |∧,,∧ ∧,,_∧` ´;>∧,,∧;` ´> ||∧,,_∧  ∧,,_∧    ||
  ||  ||_|| // | <`∀´;>;`∀´>ヘ_<;`∀´>つ,ヘ||;゚`∀´><;゚`∀´> 王様が逃げようとしてるニダ!
_||/ ハ,||∧/  |   _二二二つ ∀´>(\<;`∀>二⊃))  ∧,,_∧ __||
((⊂二<`∀´;>二⊃   /<`∀´;> ⊂二\\_ ∧,,_∧二二< ;`∀´>二⊃))
    ヽ    |(´ __ 丿 ヽつ  ∧,,_∧   \< ;`∀´>、  〉    /
       ソ  ) \\⊂二二二< `∀´;>二二二⊃ ⊂_) ( ヽ ノ ウリたちも逃げるニダ!
     ( < \  レ’\\   ヽ    /   i ) ノ    ノ> ノ
       \|\|       レ’   (⌒)  |    /ノ ̄     レレ


81 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:03:11 NXjf1ezk0


     ┌───────────────────┐
     │そして6月10日、ついに国王【宣祖】が     .│
     │                          ......│
     │城から 出ようとしたところ・・・            .│
     └───────────────────┘
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
                               ___∩
                              ⊂「__ 」⊃
              早く門を抜けるニダ ,,''""';,<`Д´ ||l | | ∧ ∧..        _∩_        _∩_
                           ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>...  ゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。.゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。
                           ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧    ゚ ・<゚`Д´゚;>   ゚ ・<゚`Д´゚;>
                              /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,>...   (つ   ⊃      (つ   ⊃
                              //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ      ヾ(⌒ノ.        ヾ(⌒ノ.
                         |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ..      ` J  ≡=− .   ` J  ≡=−

             ∧_∧
             (ヽく    >ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽく    >ノ)       ∧_∧  (ヽく    >ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽく    >ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./  王様!待つニダ!
   (ヽく    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽく    >ノ) | . .   |   (___人__ )   絶対行かさないニダ
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )    ∧_∧
 (ヽく    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽく    >ノ)丿 し  (ヽく    >ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽく:::::::::::::::>ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪   ┌──────────────┐
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽく    >ノ) | . .   |      │怒った平壌市民に囲まれて    .│
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )   /⌒ │                   .....│
   ; 丿 し (ヽく    >ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽく..   │止められて しまうのだった   .....│
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄└──────────────┘
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽく
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


82 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:03:42 NXjf1ezk0


 \ 王様、ひどいニダ! ウリたちをお見捨てになるニカ!? /

    ((⌒⌒))        ((⌒⌒))        ((⌒⌒))        ((⌒⌒))
ファビョ━ l|l l|l ━ン!....ファビョ━ l|l l|l ━ン!....ファビョ━ l|l l|l ━ン!....ファビョ━ l|l l|l ━ン!
    ∧_,,∧           ∧_,,∧           ∧_,,∧           ∧_,,∧
 ((  ∩#`Д´>..    ((  ∩#`Д´>..    ((  ∩#`Д´>..    ((  ∩#`Д´>
    〉    つ ))        〉    つ ))        〉    つ ))        〉    つ ))
    (,,フ .ノ.           (,,フ .ノ.           (,,フ .ノ.           (,,フ .ノ
     .レ'            .レ'            .レ'            .レ'
      ┌────────────────┐
      │騒ぎは大きく               ..│
      │                       .│
      │ほとんど暴動になりかけである。    .│
      └────────────────┘
        (⌒⌒)      (⌒⌒)..   (⌒⌒)      (⌒⌒)
         川   ∧∧   川       川   ∧∧   川
        <Д´> <Д´> ∧_∧  ∧_∧  <Д´ #> ∧_∧  ∧∧
        ─ノ⊂<Д´ #><Д´ #>、 <Д´ #>  ─ノ⊂<Д´ #>、<Д´
        ┌ <   (^ニ  /l  .<Д´ #>). ┌ <   (^ニ  /l  .<Д´#>
             (_┌ (_ 凸ニ ○v        (_┌ (_ 凸ニ ○v
              し  l l  l \          し  l l  l \


83 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:04:20 NXjf1ezk0


┌───────────────────────┐
│そこで【宣祖】は、一転して                 ..│
│                                  │
│平壌に留まると宣言し、騒ぎを鎮めるのであった    .│
└───────────────────────┘
                   ∩___
                 ⊂「__ 」⊃ 予はここに 留まるニダ
                  く; `∀´>   だから皆も安心しる!
                     U θ U
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\  城から出たものも 安心して戻るように。
                |二二二二二二二|
                |        |
パシャ パシャ  ウォオー パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ ホホォー  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
く    >     <   >  <   > く   >   く   >   く   >
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ


 *     +    巛 ヽ
            〒 !  イヤッッホォォォオオォオウ!
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     + +    巛 ヽ  *
       ∧_∧ / /                      〒 !
      <`∀´ / / +  ./ 》〉   。      +    。  |  |*
      ,-     f    | | ∧_∧    *     +   / /
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ `∀´ >_    。 ∧_∧ / /
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ     <`∀´ / / +
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +   ,-     f
.       /  ,ヘ  |       |   |      / ュヘ    | *
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || ||| 〈_} )   |  ン


84 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:04:53 NXjf1ezk0


         ┌───────────────────┐
         │おかげで、逃げ出した民衆も           .│
         │                          ......│
         │ぞくぞくと平壌城に 還ってきたりする。     .│
         └───────────────────┘
     ,/ ゛゛゛゛゛'''.−=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,−' ゛ ̄ ̄"ヽ、
    .i  i    i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l    i    l::
    i  i    i: : : : i: : : i!: : :          _________             i! l    i    .l::
    .i  i    i: : : : i: : : i!: :: :       l/'´"    ^`゛`ヽ          i! l    .i    .l::
    i .i    i: : : : .i: : : i!: : :       .:''´          ^,        .i! l    .i    l::
   i  i    i: : : : .i: : : i!: : :       ,'             ',        i! l    .i   . l::
   .i .i    .i: : : : .i:: : .i!: : :       ,'    |゙ ̄ ̄ ̄'゙|    ',        i! l    .i    .l::
  .i  i    .i: : : : .i: : : i!: : :      .|    .|γ´.⌒ `,.|    |        i!  l    .i    .l:::
  i .i     i: : : : .i: : : i!: : :       |  l ̄l |.|     |.| l ̄l .|        i! .l    i    .l::::
  .i  i    i: : : : . i: : : i!: : :       |  l_l |.|     |.| l_l  |  \やっぱり王様と一緒にがんばるニダ/
 .i  i    .i: : : : : i: : : i!: : :       .|     |.|     |.|   , -―- ,       , -―- ,       , -―- ,
    ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧              .∧_∧   ヽ    .∧_∧   ヽ   .∧_∧   ヽ
   く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩         <`∀´ .>   }   <`∀´ .>   }   <`∀´ .>   }
    (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ           ⊃⊂ <_.ノ    ⊃⊂ <_.ノ    ⊃⊂ <_.ノ
    し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J             ,'⌒_ )〜     ,'⌒_ )〜     ,'⌒_ )〜
                                        レ´ 、_(       レ´ 、_(       レ´ 、_(


85 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:05:20 NXjf1ezk0


┌───────────────────┐
│そして宣言の翌日、11日の早朝に・・・    .│
└───────────────────┘

          ,ィ   ・   。
  ☆ ゚    /´i  ∧∧
         i゙ ゚ゝ< `∀´>
         !  ー、( っ★o  ・  。
 ゚  ゚ .    ヽ,,  `ー(^)-ァ^)
           `''--―'´ ̄
       ゚         ・。
          ☆         ゚   ☆彡 。


86 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:05:52 NXjf1ezk0


   ┌─────────────────┐
   │やっぱり国王は、平壌から逃げ出し    .│
   │                            │
   │寧辺へと 向かったのであった       .│
   └─────────────────┘
            _    /f:|
              ,f'´i::::`\  /::l::|
 _______f':【宣祖】,、====;::|==--、
 `ー--::、、:_:::_::_:::::::`ヽ:[i〉〈i]:::::::ノ'''''""" ̄
      ((_) ((_) ̄`ー-'─゙'''"´ グオーン


-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'-i,'
XXXXXX||XXXXXXXXXXXXX||XXXXXXXXXXXXX||XXXXXXXX
XXXXXX||XXXXXXXXXXXXX||XX[KEEP OUT]XX||XXXXXXXX
XXXXXX||XXXXXXXXXXXXX||XXXXXXXXXXXXX||XXXXXXXX
XXXXXX||XXXXXXXXXXXXX||XXXXXXXXXXXXX||XXXXXXXX
XXX\うそつきー!/\見捨てるニカー!/XX\アイゴー!/
∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧
    # ><   # ><    # >< #    >< #   >< #    >< #   >< #
_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,/
  # ><   # ><    # >< #    >< #   >< #    >< #   >< #
∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧_,,∧∩∧
    # ><   # ><    # >< #    >< #   >< #    >< #   >< #

          /:|.              /:|
        /  .:::|            /  :::|
        |  ...:::::|           /u  ::::|
       i  ノ (   ̄ ̄⌒゙゙^――/   ::::::::|
      /_,, ⌒  u   . _        ::::::::::::\
      /  \\゙.l |  / ::// ̄● ̄ ̄/  ::::::::\    くぁwせdrftgyふじこlp
      |● ::::::|  . | | / :::: /   :::::::::://u  :::::::\
     /i,.\_:::::::|    u::::: /   ::::::::://     :::::::::\
    / \( (\|.  ::::::.   // ̄) )           :::::::::\
    / u  ) )_ ^  ^  ̄ ̄ ,,、( (       i し./ :::::::::::::\
   / / /__,,____,/ ̄ \  ))u      ノ (  ::::::::::::::::::::\
  /  ヽ |.. | /└└└└\../\((\     '~ヽ   :::::::::::::::::/
  \ ) し ∨.|llllllllllllllllllllllll∨lllll| ) /  /       :::::::::::::::::/
   \⌒ | |.|llllllllllll;/⌒/⌒  〕         ::u::::::::::::::::/
     |  | |.|lllllllll;   ./ .   . |        ::::::::::::::::::::/
     .|  | |.|llllll|′  /    . |  u .|     :::::::::::/
     .| | |.|llll|    |     .∧〔   /   u:::::::::::::|
      ヽ}.∧lll    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\


87 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:06:27 NXjf1ezk0


     jll..rク′        ┌───────────┐
    u(ll ○義州′.      │ペテン師一行は      .│
  _jlljll广            │                │                /
  〃                │その日 肅川に到着。  ....│              /
 l'、                  └───────────┘            ノ
  l}                          L....               ,,-′
-む                       __   _..,,_..、  「             ./′清川江
''t 、                    ''''′ ` ''''‐‐..〉            ..-'′
 ゙'`'l_   _       宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ○                ,'     ●  /
       〉  ..、 ''lゝ、          定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_   ,,   ○     ○ 〕○   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/            ヽ、
                         ┬′ _          丿       、
                          しっnl′  ○肅川   ヽ       ゙'、
                           〈     ↑      `ー       /
                           丿     ↑       ヽ ,,  ,,..__j′
                         _/       ↑       _,〃"゙''′
                        _ノ゙''-       ↑      ''、
                        │            ↑        ヘ 大同江
                       r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ●广‐'"´
                      /.   ___∩ ィメ冖′
                     丿.... ⊂「__ 」⊃      ∧_∧      ∧_∧
                         ∩∀´ >三二一  ∩∀´ >三二一∩∀´ >三二一
        _____           ..とヽニニノ三二一.. とヽニニノ三二....とヽニニノ三二一
        |←寧辺|           (`ヽ  /三二一  (`ヽ  /三二一.(`ヽ  /三二一
            ̄.|| ̄           . \ 」、 l三二一   \ 」、 l三二一.....\ 」、 l三二一
          ||                 U三二一      U三二一     U三二一


88 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:06:59 NXjf1ezk0


      ┌──────────────┐
      │そして、この肅川で ようやく   ...│
      │                   .....│
      │まともな援軍要請の使者を   ....│
      │                   .....│
      │明朝に送るのである        │
      └──────────────┘
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |  では行ってきますニダ・・・
      |  (● )(ー ) |
      |     |  │  ここにいたっても
      |    __´___, |   良馬さえ無く、急ぐことができないとは・・・
     ヽ        !
      ヽ       ノ      ┌───────────────┐
      /      く       │選ばれたのは【李紱馨】である    │
      /        ヽ        └───────────────┘
    請援使【李紱馨】

                                   _____
                                  /:::::::::::::::::::::::::::.\
             頼んだぞ、親友!         |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|
             援兵が来て下さらなければ    . | ノ   \  i:::::::|
                      ウリナラは滅ぶ・・・     |(─) (─ ) 〈::::::|
                                (⌒(__人__)⌒:::: @)
                そのときはあの世で       |  |r┬-|  u  |
                ウリのこと探してくれよ    \ `ー'´    /
                                ,-- ゝーー ___/ /ゝ--、
                               イ / |.!、 _____ / ノ |   i
                               | i  |,/(__)ヽ/   |   l
                                 兵曹判書【李恒福】


89 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:07:36 NXjf1ezk0


                                      _____
                                    /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
                                     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                     |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|
            ほんとはウリも君と一緒に      |::::/  ノ  ヽ、 u|:::|
             行きたいんだけど・・・         |:::〉 (一)::(ー) 〈:::|
                                    (@ ⌒(__人__)⌒ @)
             軍務大臣だから             \u.      /
          国を離れるわけに いかないニダ   ´ ̄          ィヽ
                               〈    ̄  ‐- 、       i
                               `ー,‐ -、_   ヽ       | l
                                /   ヽ.て  〉     .| l
                                l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、
                                l    _,l       ̄/     l
                               γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´
                               (___〉    ̄ヽ --‐
                                   【李恒福】
     / ̄ ̄\
   /   `ー- ‐'
   |   ( ●)(ー)  ・・・覚悟はできてます!
   |  U     |  |
.   |      ___´__ノ   天朝が援兵を出してくださるまでは
    |      ∩フ´⊃   絶対にウリナラに帰らぬつもりです!
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  " /___|  |
.    \/ ___ /
     【李紱馨】


90 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:08:06 NXjf1ezk0


       ┌────────────────┐
       │【李紱馨】と【李恒福】は、絶望的な   │
       │                       .│
       │なみだの別れを交わすのだった     │
       └────────────────┘
                                 , -─‐──‐- 、
                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.  会えないかもな・・・
      / ̄ ̄\                  l/ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ヾ::::::::::::l
    /   _ノ   \ 親友!        |   _ノ" "ヽ、__   }::::::::::|⌒´⌒`ヽ、
    |   (○) (O) もう二度と・・・     !、((〇)  (〇),,)  l@):::::        \
.    |.   .||   | |              (⌒(__人__)⌒#";#; /⌒゛`       l
     |    ノi ___´__}               /ヽ |r┬ |  #;#_ ノ|     ,      |
.     |   し' !   |}                   /   / ̄ ´     |    |    ,   !
.     ヽ    ´  ̄`}                /   /    |  `-,,,.|"   |___,ノ   |
      ヽ     ノ             /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
    /  ⌒゚ '"'"´               , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/ )    )
   / ,_ \ \\ \         く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\   /^ー-‐'
   と___)_ヽ_つ_ヾ_つ.        `ー' ー´ ̄         (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄
    【李紱馨】                            【李恒福】


91 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:08:43 NXjf1ezk0


        / ̄ ̄三             ┌────────────────┐
       /  ヽ   三             │こうして【李紱馨】は            │
     (○)(●)    三.             │                       .│
      | |    U  三.             │援軍要請のため              .│
      |__`_      三           │                       .│
       {        三.             │急いで遼東へ向かったのだが・・・    │
       {       .ノ/⌒ ̄ ̄' ̄ ̄)..  └────────────────┘
      ヽ          三三三三
 (⌒ヽ、 / ヽ        三
  \  ヽ  /\      三
   \__/     \        三
            /    ノ   三
          /    /\    三
         {  ────ヘ    三
          \____ソ ヽ   三 ダダダ
             請援使【李紱馨】





                      ___ `フ
                 __ /         i
                   / │          /
               / ̄  /          /´
            / ̄    / 咸鏡道  r'´   ┌─────────────────┐
      / ̄        │       _,.-''´     │ところが早くも                .│
     /             │  _ノ        │                         .│
    ∧_    平安道  │   `i          │朝鮮北部では異変が起きていた。   ....│
-‐''"~  `'ー-、_       │   r'           └─────────────────┘
            `i        │  `ー-、
            平壌○    │ __. `ー、
            ,ゝ____/  /    ' ,
          丿            〈         ヽ
          {   黄海道   /\_     \
          '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
         `ー´       `ゝ京畿道 │       ヽ
                    漢城◎  │         ',
                      冫     │ _       Y


92 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:09:15 NXjf1ezk0


                       :;:, .:.         ,'
          パチパチ…    . . .:', .:.        (:'
                .::... .   . .':::;:, .:.      ',  ))
          ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:     }  /(
         ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'   ,' ノし': :ヽ   バン!
           _ .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :.((,イ: :  :: :V)_
       _______|二l',:; .::)           て:;;':.、ゝ: :   : :(ノ|__
        |土土| ..:.(ノ            (:: .土 ヽ: :: :  : :: :/l二F土|
        |土. . .::::)            ,ゞ.:.土土土ゝ;:; :;从;ノl二F土|  ガシャーン!
        |土.;: . .:::: .:ソ          (:.土土土土土土土l二l二F土|
       . ::.: :::..::..:(            ):::..土土┌────────────────────┐
        |土土土土土土土土土土土土土土土│国王が平壌から逃げたせいで          ...│
        |土土土土土土土土土土土土土土土│                            ....│
        |土土土土土土土土土土土土土土土│人心が崩壊し、各地で暴動・略奪が起こり     │
      |J : : : : ,.'⌒ヽ: : : : : :,.'⌒ヽ : : : : : : : : :.└────────────────────┘
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : :. :; .,ィニニヽ: :| 官庫 | レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : ;  ノ) ...人 Λ', ¨不¨¨ : レ|
      |J : : : : lニニゴ: : : : : :lニニゴ : :∫ /( ト|<(__)>ト|: :|「l|.:.: :.:レ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :;: ノし:::::::ヾ:; .l∨l l ト|: :`¨ : : : レ|
      |Jュェュェュェュェュェュェュェュェュェ..((イ::::   :::ノノ 喫ェョト|ュェュェュェュレ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ::::   ::从.|_j_,!_l_ト| : : : : : : :レ|
                         :ヽ::::  :::丿;
                          ゝ人ソ          / ̄ ̄ヽ      / ̄ ̄ヽ
                           ‖.       ∧_,,∧ 略奪 i   ∧_,,∧ 略奪 i
                     ..∧_,,∧ ‖         < `∀´ >    ノ  < `∀´ >    ノ
                     < `∀´ >つ       (つ とく__,;;ノ    (つ とく__,;;ノ
                     (つ   /             `/⌒__)〜     /⌒__)〜
                      |   (⌒)         レ' ゝ(        レ' ゝ(
                      し⌒  ̄


93 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:10:00 NXjf1ezk0


 `   .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .゛` ┴ -'⊥ .」_;!_}  /(_;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
  ',:; .::)           て:;;':.          ~゛ ,' ノし': :ヽ..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
 ..:.(ノ            (::..   ,,      `    ((,イ: :  :: :V) ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
. . .::::)            ,ゞ.:.     `    ,.   、ゝ: :   : :(ノ}  \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.;: . .:::: .:ソ          (: :.               ヽ: :: :  : :: :/                      00
:::..::..:(            ):::...              ゝ;:; :;从;ノ               「二^^l
             。   ∧_∧。゚                                | | ;‐i
              ゚  <゚ `Д´゚>っ゚               。   ∧_∧。゚      「二__lニ ニl
                (つ   /   。   ∧_∧。゚     ゚  <゚ `Д´゚ >っ゚       〈/!_| ;‐i
                 |   (⌒)    ゚  <゚ `Д´゚>っ゚      (つ   /            lニ ニl
                 し⌒         (つ   /        |   (⌒)           〈/!_|
                            |   (⌒)        し⌒
                            し⌒
          , n / ̄ ̄\ .n     ┌────────────────┐
.        / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、    │【李紱馨】は なかなか前に進めず    │
       /,イ / (◎)(◎) .l i i i     │                       .│
        〈 .r {u   | .i. } }  )    │遼東へたどり着くのが          │
      ', i.  ',   __´___ /   /    │                       .│
.       i   l /___ヽ,'  ./    │遅れに 遅れるほどであった       │
.       ヽ、_.イ、.    人 ノ     └────────────────┘
         ヽ     〈_ノ ノ
          |     ./  一刻を争うのに なんてこった!
           |    .   |
          【李徳馨】


94 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/14(水) 20:12:24 NXjf1ezk0
本日は以上です
ありがとうございました

長らく音信不通で、大変申し訳ありませんでした
これからは大見得切らず細々と続けていくつもりですので
よろしければお付き合いの程、お願いいたします

次回は2〜3週後を予定しております


95 : 怖〜い夏のホラー短編祭り、八月二十三日から開催だお :2013/08/14(水) 20:32:36 uJLTAO920
乙乙! 国がピンチの時に、宗主国とはいえ外国の援軍を引きいれるのは勇気いるよね。
特に近代以前となると


96 : 怖〜い夏のホラー短編祭り、八月二十三日から開催だお :2013/08/14(水) 20:34:35 1.vVwDAM0
今までのことは知らんが乙


97 : 怖〜い夏のホラー短編祭り、八月二十三日から開催だお :2013/08/14(水) 20:37:11 Y.hl8neo0
乙っす。
やべえ、復活するとは正直思ってなかった。
とてもうれしいです。がんばって下さい!


98 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:36:14 ZX5cpXbU0
短いですが、続きです


99 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:37:22 ZX5cpXbU0


                                 ┌───────────────┐
                                 │さて、平壌市民をだまくらかして    │
                                 │                     ...│
                ,/ ̄`ヽ                │寧辺に向かった              .│
              |    |                 │                     ...│
               |     |    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  │【宣祖】一行は               .│
                | 瀋陽  |  ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..└───────────────┘
              |  ○    |  ◎マンジュ国:;;:;:;:;               `フ
   ,/ ̄`ヽ    |         |   ;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::;......                 i
  /     |   | ○       |    :;:;:;:;:;:;::;:;:;:;/                /
 ./      \_/ 遼陽    寛奠堡 ;:;;:;:;;:/                /´
../     .___             ○\  /              r'´
    /    `ヽ              / ̄           咸興 _,.-''´
   /       )             /○     寧辺      ○ノ
  _ノ       /              ∧_      ┌◎       `i
r'´         ノ .       _,,.-‐''"~  `'ー-、__  ↑       r'
        丿    _.,,-''´           `i. ↑       `ー-、
       {_   /                  丿 ●             `ー、
         丿  丿                 ,ゝ 平壌           ' ,
      r´ ,/                    丿                 ヽ
         ̄´                 {        ■開城         \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ             \
                          `ー´       `ゝ ■漢城          ヽ
                      ___∩
                ⊂「__ 」⊃      ∧_∧      ∧_∧
                 ∩∀´ >三二一  ∩∀´ >三二一∩∀´ >三二一
_____           ..とヽニニノ三二一.. とヽニニノ三二....とヽニニノ三二一
|←寧辺|           (`ヽ  /三二一  (`ヽ  /三二一.(`ヽ  /三二一
. ̄.|| ̄           . \ 」、 l三二一   \ 」、 l三二一.....\ 」、 l三二一
  ||                 U三二一      U三二一     U三二一


100 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:37:54 ZX5cpXbU0


 :'/  /' / /.,:'/,: '     / ' /     :'/  /' / /.,:'/,: '     / ' /
/,: ' / ' / /.' / / ,:'/,: ' / ' / / ,/,: ' / ' / /.' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 / / ,:'/,: ' .  / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' /./ / ,:'/,: ' .  / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' /
/' / / ,:'/,: '. /,:┌──────────────┐../,: ' / ' /  / ,:'/   ,:'
 :'/  /' / /. ./ │雨がふる中、6月13日に     │ ./ '   / / ,:' . ' / ' /
/,: ' / ' / / .....│                   .....│,: '     / ' /     /
,:'/,  :'/  /' / │なんとか到着したのだが・・・  .....│/ / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
/' / / ,:'/,: ' /.└──────────────┘....,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / /
 :'/  /' / / ,:'/    /,:'/ / / ,:'/,: ' / ' /.'/ / : ' / ' /  / ,:'/   ,:'/,
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' . '   / / ,:' . ' / ' /
,:'/,  :'/  /' / / ,'/, ' / ' / _;;;;;;ヽ/ ,:' ,:'/,  :'/  ∧_∧ / / ,:'/,: ' / ' /
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  '/(*/) >  /' / / ,'/,: /)Д´,,>っ' / ' / / ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / //,:'/,ノ :'/  /' / / ,:'/,: ' ノ ' /   /    ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'  (ノ^ヽ) / / ,:'/,  :'/ (//' ヽ)/ / ,:'/ ,: '
''"""'''''"""''""'"""'''''"" ,:'/,  :'/  "''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"" ,:'/,  :'/  "''"""''
:::....::::::........  ,:'/,  :'/  ::::::从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM''"""'''''"
从 MwM 从 MwMmwMwM 从WYWノM MWYMWノWYWノMノMYWWYWノM MWYMWノW


101 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:38:18 ZX5cpXbU0


                ┌──────────────┐
                │しかし、国王逃亡の影響は   ....│
                │                   .....│
                │ことのほか大きく           .│
                └──────────────┘
r'´   | 「 ̄ ̄ ̄\
|:.:.  |::ト、  「 ̄! i__|┌┐ ガラ〜ン              ┌─────────────────┐
|:.:.  |:: |  |::::::|:.|┴く_ |_                      │パニックになった平安道では         │
|:.:.  |:. |  |::::::|:. ;  Y´     ┌‐┐.           │                         .│
ト、:   |:. |  |::::::l:. /   .:|  「了'  ト、  ̄`ー┐  、    │住民・地方官が みんな山へ逃げ      │
|:::ヽ厂 ̄ヽ「l |::::::|: {   .:|  斤ト、  | }─、 .:.:|-f´ト、_... │                         .│
|::::::{三三三i' |::::::| }   .::| ̄ ノ!  \|、|  ヽ,.::|/{_ノ\:::「|...│寧辺も ほとんど無人となっていた    ..│
|::::/三三三{.::|::::::| ノ_ ┌┴、ノ: |_,」_| |    \:::{ .:.  ̄|...└─────────────────┘
Y´三三三/i:::|::::::| || !   \j ト-{:| |⌒ヽ   ヽi .:   |}               |        _/ .:::|:::::|
ノ |三三三i l:::|::::::| || } ;' ;   \TT} | :. .:. }   r┼t,_ .:|{  シーン       |  rl ,イ  |   .:|:::::|
トノ三三三N:::|::::::| {l {,:;'       \| l :. .:. i ト、 ! .:. :. } :||\---r┐n   「ヽ|ト、「 ̄| ̄},..|   .:|:::::|
_ヽ,-、>i|/i |::::::| iエi}rfiュ_______ヽ.| :. :. __|__ヽ,__ ,L_/|_\ :| :| |:! ̄|r| ||l ヽr┴i { |   .:|:::::|
:::::::::| }-イ/ヾ |:rfTヘ、/ヾ,イイ/乂厂/7| ̄/ : |「 ̄ト、 ̄ ̄| ̄}、,.\ ! ̄「i ! |:/||i  / [].:| i | _.:|:::::|
:::::::::| 「i//TT/:V |f三}{三{王/.:{爻}i/V |_,/N」]:ト、,/! V.: : |rfM/ヽ.,\,/|「ト./ :|||イ    l l | i  :|:::::|
:::::::::| |//|.:| |rfT⌒[`YT[乙イ/`ヾ、∧厂} 「 ̄ ̄「i-rュ__ /  ,:\\j:./  ||lノ  [] !/l |:.  ̄|:::::|
:::::::::| |/ i|.:| ||Tユエ/}ri「!7Zユ{,__厶イ /l  i └tTj──‐tTj┘[三三]:.\ ̄`ヽ![_「L_|,「}|   |:::::|
            ┌───────────────┐
            │町に残り 国王を出迎えたのは  .....│
            │                     ...│
            │わずか5、6人という有様である   .│
            └───────────────┘
                             ___∩
                            ⊂「__ 」⊃
                         ,,''""';,<T∀T ||l | | ∧ ∧
      ゚ 。 ∧_,,∧゚。              ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´;>
     ゚ ・<;゚`Д⊂ヽ             ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧
        (    ノ                 /l⌒(´\  \.|  <`Д´;>
       ム_)_)             //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ
                       |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ


102 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:38:58 ZX5cpXbU0


_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''┌───────────────┐
____        ゙;;:    ___...│これではまともに食事も取れず  ....│
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニ..│                     ...│
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_|.│長逗留は不可能だった        .│
 ̄|| ̄| l|   | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄|.└───────────────┘
ニニニニニil   | | |l___| ||    liニニニニニニil|       |   ~"、,
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''
wv、,.,..,.ill,..w''"     ゙'' vw,,'wii,,.
:::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..___∩: :: :: ::: :::::: :::::::::::: :_∩_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_∩_:::::::::::::::::::
      ⊂「__ 」⊃オワタ…: ::::::::::::⊂「 」⊃オワタ…   ⊂「 」⊃オワタ…
       /彡ミ゛ヽ;>ー、 . ::: : :: ::::/彡ミ゛ヽ;>ー、 ..:     /彡ミ゛ヽ;>ー、 .
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: :::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .:::::::  / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  . :. :./ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::::...../ :::/;;:   ヽ ヽ ::l
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ   ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ.  ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ


103 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:39:26 ZX5cpXbU0


      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        <;`∀´>    これからどうしたらいいニカ!?
     /     ̄ ̄|
   /  | 宣祖 |_」   予は義州に向かい、
   |__|    |      できれば内附したいニダ・・・
      |_____|
       (_)(_).




   ∧_∧
  <ヽ`Д´>  反対ニダ!天朝に拒否られたら
  (    )   逃げ場を失い、完全にオワリ!
  | | |      やはり咸鏡道に向かわれるべきニダ
  〈_フ__フ


104 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:39:52 ZX5cpXbU0


    ┌───────────┐
    │だが、ここでついに     │
    │                │
    │【宣祖】は決心する。  ......│
    └───────────┘
      ∩___∬
     ⊂「__ 」⊃  もういい!
    || <# `Д´>    予は断然、内附するニダ!
.   |||||( |   | | |||||
.  从_从| |   | |从_从   倭賊に捕まるくらいなら
  __  | |   | |   バン!!  父母の国で 死にたいニダ!!
  \  ⊂ノ ̄ ̄_つ ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


105 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:40:18 ZX5cpXbU0


           ∩___
          ⊂「__ 」⊃   ウリナラは200年、
            < `Д´>      天朝に事大の誠を尽くしてきたニダ!
     (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
      \ \/~~.... |。  ~~ヽ   天朝が、予を拒絶するなんて
        \,,/ |   |。田}}\ \     ありえないニダ!
       _    |   |。  |  ゝつ
      |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |  \               \
      |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



   ∧_∧
  < ;`Д´>  しかし・・・主上が国を離れられては
  (    )    ウリナラはどうなりますニカ?
  | | |
  〈_フ__フ


106 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:40:55 ZX5cpXbU0


           ∩___
          ⊂「__ 」⊃    从从  だから分朝して
           < `Д´>     て     国内のことは世子にまかせるニダ!
         _/  ⌒ヽ  (⌒)
       ⊂二 /    へ  ノ ~.レ-r┐      大臣の半分は世子に従い
          /    /  ヽノ__ | .| ト、 .         しっかりやるように。
      _ _レ   /〈 ̄   `-Lλ_レ
    /   __ノ   ̄`ー‐---‐′
    ヽ <  | |           ※分朝とは 政府を 二つに分けて
     \ \ | ⌒―⌒)            どっちかが潰れても
      ノ  )  ̄ ̄ ヽ (              王朝が 断絶しないようにすること
     (_/     ⊂ノ



           -'´ ̄ ̄ ̄ ゙ '- 、
          .r´'         ヽ
         .( ,nヾ、_、_、__、-    l  はっ、承知仕りました。
          π \   /   r  !
         (|  二。:::: 。二  .F-、j        ┌─────────────┐
          .!  ....:::::::::::!liill  i ∂!.         │この後、【光海君】一行は  ......│
          i  _____  .!- '.           │                    │
         .(二ヽ、_       ._,ノ二二).         │危険を冒して前線をまわり    │
      /  Y '|| (_ヮョヮ_〉>   ヽ \     │                    │
      ,´   i  || >',〉llll〈/<  〓〓.l  ',     │官民を鼓舞することになる   │
      【宣祖】の二子、王世子【光海君】.     └─────────────┘


107 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:41:20 ZX5cpXbU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
             : : : : : : : ┏┛                     ::::::::::::::      :::::::::::::::::亅
        寛奠堡   : : : : ┏┛                      ::::::::::::::      ::::::::::::::::::│
鳳凰城    ○     ┏━┛                       :::::::::::        ::::::::::_,-―′
○         ┏━━┛                        ,. -‐‐‐- 、 .::::::::::/
       ┏━┛                            /      \._/
   ┏━┛                         _  /ヽ/  ,.-、___ノノノハ )
 ┏┛○義州           _ ドサ廻りルート\{`/   ! __ j _      ノ
 ┃            寧遠/  \ ←     | l  //>' 6`  `  '⌒(
ー⊿_       定州      ●      \     ::.lてl  l l/ _ゝー---‐v‐-‐ノー-,__
   \     ○            │    ::::\{ ヾ!_/_ ヽー----‐‐'__(_三
     レ'´ ー 、_ ___             ↓     ::::::::::::\ ヾ、 ヽ(_三∨/'
           了  __        │   ::::::::::::::::│`ー、ヾニニ[]ニニン
           │ /    \      │  :::::::::::::广....  L{ !   /王世子【光海君】
           / │平壌  ↑    ↓   ::::::::::::::|_     ! `ヾ_/
            丿 ↓ ◎    \_   │   :::::::::::○`ーー. `ー'
        丿  │ ::::::::::::::::::::::  \/  :::::::::::::::::::   ::::ヘ、
        'ヘ..-   ::::■:::::::::::::::::::  │:::::::::::::::   :::::::::::::::::::::゙ゝ    :::::::::::::::日本軍通過地域
           r‐‐' ̄::::黄州:::::::::::::::::::::::│:::::::  :::::::::::::::::::::   :::::ヽ、
      _厂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└:::   :::::::::::::::::::::     ::::'、
     丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::廴
    _,,..l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::゙'、
    ` ゙̄‐‐'⊃:::::::::::::_::::::::::::::::::::::開城::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::''、
       「_::::::::::│ \:::::::::___:::::■::::::::::::::::::::::::::::::::::::■::::::::::      :::"'、
          \_丿    ̄∨  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::\
                        ο>:::::■:::::::::::::::::::::::  :::::::       ::○ヽ、
                         |::::漢城:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::│
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


108 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:41:54 ZX5cpXbU0


   ┌────────────────────────┐
   │話はもどる。                           .│
   │                                    │
   │けっきょく【宣祖】は13日の夕方、寧辺に着いたのに   .│
   │                                    │
   │14日には 博川に引き返すのである                .│
   └────────────────────────┘
     jll..rク′                     __∩∧_∧
    u(ll ○義州′                    ⊂」 __<`Д´; >
  _jlljll广            義州へ行くニダ> <`∀´ > と  ゙i  ))
  〃                内附するニダ> と(,   U Λ_゙iΛ)
 l'、                                Y ,r'<TдT; >⌒⊃゛,,゛
  l}                             フ_)と_____⊃゛,,゛
-む                       __   _..,,_..、
''t 、                    ''''′ ` ''''‐‐..
 ゙'`'l_   _       宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ○                ,'     ●  /
       〉  ..、 ''lゝ、          定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_   ,,   ○     ○ 〕●   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/        ┌─────────────────┐
                         ┬′ _      │とはいえ、明朝が亡命を          │
                          しっnl′.      │                         .│
                           〈.         │受け入れてくれるとも限らないし・・・  .....│
                           丿        └─────────────────┘
                         _/              _,〃"゙''′
                        _ノ゙''-              ''、
                        │                ヘ 大同江
                       r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ●广‐'"´  、
                      /         ィメ冖′


109 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:42:32 ZX5cpXbU0


        ┌──────────────┐
        │まともな護衛兵もいない      │
        │                   .....│
        │100名以下の国王一行では   │
        └──────────────┘
         ___∩
        ⊂「__ 」⊃貴重な時間をロスしたニダ・・・
     ,,''""';,<T∀T ||l | | ∧ ∧..
     ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>                /」_∧     ∧_∧
     ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧..  ∧_∧     ||Д"  >    < ・Д_∧
        /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,> <メД" >    8二  )    (T  <。。  メ> ←半分以上が宦官
        //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ.... ∪∪ ヽ    || | ヽ     Y   ∪∪ ヽ   兵士はほとんど居ない
   |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ. . 〈_) J      ||_) J    〈_) J ヽ___⊃
            ┌───────────────┐
            │途中で日本軍に見つかったら     │
            │                     ...│
            │簡単にとっ捕まってしまうだろう  ....│
            └───────────────┘


110 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:42:55 ZX5cpXbU0


    ┌───────────────────┐
    │というわけで、やっぱり絶望的な状況に    │
    │                          ......│
    │変わりは無かったりする。            │
    └───────────────────┘
_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |
____        ゙;;:    ____ |   _,. -i |
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !
 ̄|| ̄| l|   | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |"''iv,,.
ニニニニニil   | | |l___| ||    liニニニニニニil|       |   ~"、,
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''
wv、,.,..,.ill,..w''"     ゙'' vw,,'wii,,.
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..___∩: :: :: ::: :::::: :::::::::::: :_∩_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_∩_:::::::::::::::
      ⊂「__ 」⊃: : :::: :: ::::::::::::⊂「 」⊃_:::::::::::::::::::_::::⊂「 」⊃_:::::::::::::
       /彡ミ゛ヽ;>ー、 . ::: : :: ::::/彡ミ゛ヽ;>ー、 ..:     /彡ミ゛ヽ;>ー、 ←博川に着いた【宣祖】たち
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: :::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .:::::::  / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  . :. :./ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::::...../ :::/;;:   ヽ ヽ ::l
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ   ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ.  ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ


111 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:43:38 ZX5cpXbU0


                      ●

                      ●

                      ●

          ┌────────────────┐
          │だが、この夜              .....│
          │                       .│
          │そんな ズタボロの国王一行に・・・    │
          └────────────────┘

                      ●

                      ●

                      ●

            ┌─────────────────┐
            │思わぬ吉報が 届くのだった!!!   ..│
            └─────────────────┘

           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  主上〜!吉報ニダ!天朝の援軍ニダァ!!!
               c<`∀´>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  /
              <丶`∀´>つ 𥶡奠堡の【イ冬】大人から報告が来ました〜!
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ    ―=ニ三
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


112 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:44:00 ZX5cpXbU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌── 陽 遼  ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄┌─────────────────────┐
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄|│遼東では、【楊紹勳】総兵が              ...│
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄....│                              ..│
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : │国境に向け すでに出陣なされたそうニダァ!    .│
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : └─────────────────────┘
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧   ∧∧    ∧∧   ∧∧
  /明 \  /明 \  /明 \  /明 \  / 明\  / 明\  / 明\  / 明\
  (`ハ´ ) (`ハ´ ) (`ハ´ ) (`ハ´ )  ( `ハ´) ( `ハ´) ( `ハ´) .( `ハ´)
  (つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-(つ」7=∩-
   |   j   |   j   |   j    |   j    |   j    |   j   |   j.   |   j
   し'⌒U  .し'⌒U   し'⌒U  ..し'⌒U   .し'⌒U   .し'⌒U  .し'⌒U   し'⌒U
      ザッザッザッザッザッザッザッザ       ザッザッザッザッザッザッザッザ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


113 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:44:30 ZX5cpXbU0


            ___                       ┃
    /      ┏ ))))                        ┃ ■■
   /       / ┃援 ┃                   | ヽヽ   ┃\
  /    / /┃兵 ┃          i 、、  | ヽヽ  |\    ┃  \
 / /  \ \┃派 ┃__∧  ド ド  |ヽ   |\    |     ┃
/ /     \ ┃遣 ┃`∀´>
/ /      ヽ┃決 ┃  ⌒\ 明後日には、先発隊がウリナラに来るニダァァァァァァ!!!
/         ┃定 ┃/ /
          /┗ (((┛ / キタ━━━━━━
         /  / ̄ \     キタ━━━━━━ !!!!!
―      /  ん、  \ \
――    (__ (   >  )
   ⌒ヽ   ’ ・`し' / /
     人, ’ ’, ( ̄ /
   Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
            \_フ


114 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:45:05 ZX5cpXbU0


                            ┌─────────────┐
      ∩___               │意外に早い、明軍到来の   ..│
     ⊂「__ 」⊃            │                    │
        <;`∀´>    ・・・うっっ .   │知らせであった。       ......│
     /     ̄ ̄|           └─────────────┘
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |.
      |_____|
       (_)(_).


      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        < T∀T>    ・・・・うっっっっっっ
     /     ̄ ̄|
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |.
      |_____|
       (_)(_).

        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━<`∀´_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  /⌒ヽ | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  < `∀´>  |   人l ァ'``∀´>/_ュヘ〈|7  | *   <゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ`∀´ >__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ <・ω・´/ /  <・∀・ / /
 ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^> i     ,rュ ', i     rュ ',┌────────────┐     |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_..│まさに地獄で仏          .│.)    | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・>. │                  │.ァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ..│願ってもない吉報である    │    ..|   /  ,ヘ  |   ガタタタン!!!!
                           └────────────┘


115 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:45:36 ZX5cpXbU0


   ┌──────────────┐
   │うれしいことは重なるもの、   ....│
   │                   .....│
   │この夜 さらに吉報が続く。    ..│
   └──────────────┘
  〓〓       ___        〓〓
〓〓        /     \        〓〓
ロ├人┤|━━./ /.    \\━━━━| | |
└      /    \   /  \..    ・ ・ ・
        | :::\:::  (__人__).:::  |
〓〓    \       \/´  /      〓〓
  〓〓_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/| 〓〓
     >                  <
  ─/─ /     /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 ─/─ /    / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  /  /──l   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o


116 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:46:10 ZX5cpXbU0


           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  主上〜!皇極が〜!!   "
               c<`∀´>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)             ※皇極 = 大明皇帝
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  /
              <丶`∀´>つ 皇極が軍資銀を ウリナラに下賜してくださるニダ〜
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ    ―=ニ三
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


117 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:46:44 ZX5cpXbU0


   ~゙''   .,.'  iヽ./\/ i ゙'、''"_,,、 ''"
  ~゙ ''  -,'   !II !!.II !!.IIi.   ゙"~ - '' "~
.- ------!   〉====〈   i----- --    ┌───────────────┐
   ,.   ''、  .rY三・三Y'i.  ,'~.,"''   、、.    │この朝鮮のピンチを受けて     ..│
 ''" ,、 ''",,.゙ 、.!i!: i| ! :i!i , ."゙' 、゙ '         │                     ...│
    ,. ''" //゙レ!:.-=- ;!J".\゙ヽ, ゙' 、      │【万暦帝】が恩賜銀2万両を     │
     / /_r'7')=-=(i-、_゙、\ .ヽ       │                     ...│
    /. rrn ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ   │朝鮮に送るよう命じ          │
      |.!.!.イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵......│                     ...│
     .i! r K, |..\|/      \.        │もうすぐにも 届くというのである   │
     i 〉ーく ト /  _____|       └───────────────┘
     |i i ゙i |......| //__  ___ |
      || | ,リ..  | / /  \/  ||
     !! ''"   |6---|  ・  || ・ ||           ∩___
      ..     |  \_/ ) __/ |.         ⊂「__ 」⊃ うううっ・・・これも先祖代々
           |    ___ |.           <;T∀T>    事大の誠を尽くしてきたおかげニダ・・・
            \   \_ノ ノ..         /     ̄ ̄|
              \____/.         /  | 宣祖 |_」.         ∧_∧
                               |__|    |           <∀´ゝ〉> ニダァ!
                                  |_____|           / y(⌒と)
                                   (_)(_)        し( ヾ  〉


118 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:47:12 ZX5cpXbU0


      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        <;`∀´>    よしっ!天軍が倭賊を押し返せば
     /     ̄ ̄|    平壌に戻れるニダ!
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |
      |_____|
       (_)(_).

   ┌──────────────────┐
   │朝鮮宮廷は、さっそくこの          ...│
   │                           .│
   │うれしいニュースを各地にふれて廻り   ...│
   │                           .│
   │士気をおおいに 上げたのであった      .│
   └──────────────────┘
       ∧     ∧
      / ゙、__/ ゙、        .―― |_| |_| >
     /            \      | l ̄ | |    ノ   咸 天
   /            \   |_| 匚. |   \   興 軍
    \           / ̄ヽ    | |   ノ    行 到
     \           / . _-、 |  |_|   \   っ . 来
    /   |       y-  ノ_|       <   て. !
    '-,,_ |        |  ムkノ) l_ll_l ,-,    )  る
       "|        |       // /   場
        |         |     匚/   ̄ヽ   合
       |     ___ |              ノ   じ
       r―――"    ‐|  \\     \   ゃ
       |          /     \\   <   ね
       人     乂  /       \\ ノ   え
ニヽ   /  |    ヾ /    ___―― ̄    ニ.
__\ /  /|     l         ̄ ̄―――__  ダ.
     / /  \\  ヾ                 ν、!.
 ̄弋二/ ̄|   \\  \   \\            V⌒.
 ̄ ̄\\\ ̄\  \\  \    \\
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|   "―_从从     \\
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\    |   ζ      \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|    ヾ  \\       \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\\ ̄フ \\ \\


119 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:48:05 ZX5cpXbU0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ┌──────────────────┐:
::::::::::::::::::::::        │ついに明朝の援軍が 朝鮮に向かう。    .│
::::::::::.           └──────────────────┘ . : : :  :  : : :  : : :
:::::                                        :::::  : : : : :  :  : : :  : : :   : :
::                     ⊂⊃        .  ' ゚ 。     *  . ゜   +  ゜
                /、.、/'″::::::::::::::::\゚    ゚'        .  '      。
              ´::::::::::::       :::::::\
            /     .、 ::::::::ヽ   :::::::::::^''゙\
           _r'′    ,,/  :::::::::\     ::::::::::\..;:''''"~ ̄~`''-、__,,....;:''''"~:''''"~ ̄~`'''-、__,,....;:''''"~:''''
         ._/      .´       .゙''-、   .‐、_::::::::::\
..;:''''"~ ̄~`'' ./         ::::::::::::::::ヽ       :::::::::.'ー.゙''\'-、__,,....;:''''"~:''''"~ ̄~`''
      _,/′ ::::::::::::::::            ::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::
  .,,,/ヽ      ,/'     __ ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ″     (⌒(⌒  (⌒;;(⌒Ⅵ  (⌒;;_(⌒≡ . __                 __   ≡⌒)_;;⌒)//⌒);;⌒)  ⌒)⌒)
     .(⌒;; (⌒  (⌒;; (⌒ (⌒;;(⌒ヽヽ(⌒;;(⌒.Ⅵ   __          __  // ⌒);;⌒)//⌒);;⌒) ⌒) ;;⌒)  ⌒)
   (⌒;;(⌒(⌒;;(⌒;;;;  (⌒; ;(⌒ ;;(⌒;;(⌒;;;;≡≡Ⅵ  Ⅵ       // //≡≡;;;;⌒);;⌒);; ⌒); ;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
'゛゛゛'''''゛゛゛''゛゛゛''''゛''゛゛''''゛゛''゛゛゛'''''゛´''゛'''''゛゛゛''゛゛゛''''゛':'''''゛゛゛"""''"""''''':'"''''"""''"""'''''"''`"'''''"""''""''''""''"''''""
                   ゛゛゛   '''゛゛゛''゛゛゛''''   ゛''"  '''""''"   ''''"""''"""'''   """
    :::::::::::::::::'''''''''''''゙゙゛  "゙゙゛"゙゙゛"゙゙゛"゙゙゛       "゙゙゛"  "゙゙゛"゙゙゛"゙゙゛       "゙゙゛"゙゙゛"゙゙゛"゙゙゛  "゙゙'''''''


120 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:48:32 ZX5cpXbU0


                   ┌───────────────────┐
                   │はたして 到着まで 平壌を守りきれるか?   │
                   └───────────────────┘
 . . . |;| i. . . . . .|;|          : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .                   .: .: .   || . . .|| . . . .|  || . . . .|
 . . . |;| {. . . . . .|;|     : .: .: .: .: .: .: .: .: .                             || . . ..{_ . . . .!   || . . . .|
 . . . ._}  ヽ. . . ..:_} : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .             . . . || . . . .|  {_ . . . .|
 . . . |;|   ,). . ..|;|  . : . . : . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .i三三三f≡≡≡==≡≡≡!   || . . . .|| . . . .|  || . . . .|
 . . . |;|   (. . . . |;|    ffi /ニニニi   f__ .,.... ,、,,イ三三三三三三三門三三三三  || . . ...{{_ . . . .|   || . . . .|
 . . . ._}   ノ. . . .:_} ,,,,.,、,,.i三三三|三三三l_,,.-‐''""'''""""""""''_,,.-‐''" "'' '"'''"''""''''""''"{_ . . . .||| . . . .|'''" {_ . . . .|""'
 . . . |;|   { . . . .|;|   "´"´"´,,.-‐''"          _,,.-‐''"        ff  f三! f三! || . . . ノi|| . . . .!  || . . . .)
 、. .|;|   |. . . ...|;|              ,.,‐‐‐、、..-‐''"         _,,..,.,.....,.f三三三三三三|| . . ..! {_ . . . .|  || . . . { "
  .\:_}   \. . ../:\            /    \. ""'''""'""""'   .   _,,. -‐ ''"    {_ . . ..| . || . . . .!  {_ . . . .}
 ::、 |;|     ∠三三::\        l       l                 /⌒ヽ.     || . . . | .|| . . . .! / ̄ヽ . . ヽ
 :::ハ |;|     ,ィァ〉--く二     _ >     <__              {_ri:::::::::}、   || , -- .、  . . . | .:.::::::::ハ
 ::::::}     /7:::`ー '::::::\   入 : :ニ三三三ニ ::∧           〈´ }三彡〉    /::::ヽ:::ハ   ∠:::::::::::::::::>
 :::::ハ、    |7::::: , '  ̄`ヽ   /{/:ヘ:::三三三三 ::::/::{ハ _       /ヲii:_:_:_::}}\  (`:::::::::::',:ノ\   / ⌒ ヽ⌒ヽ
 -イ⌒   ./:::i  /.:::::::::::::::ハ ./{/::::::ヘ ::三三三三::{:::::/..八 ヽ    /ニノ : 三三:ハニハ 〈.ミ 三彡彡::ノ   i:::::::::::::::\:::::
 /⌒ヽ、  {:::〈! 人:::::::::::::::::::h ヽ:::::::く } :三三三三:::レ`|..:::i::::::i:::::',   /⌒v:::三三三:}ニハ/⌒ヽ彡/ヽ、 r|:::::::;ィ´三::\
 ハ::::/\\  /ミ::::ニニ=::ン\ \::::::| :ニ三三三: /ヽ、:::::::i::::::|  / .::;:イ..:.三三三:: /⌒ヽ:::::}___ノ::::}  /彡彡 三三ミ
 三:{:.:.::.|⌒! \ミ:::三三彡彡ノ  ==ヽ|  __    .( ミ::::三三::::ハ ./ .:::/ | .:三三三:/⌒ヽ.:::::/: 三三 : /__彡 '´:::_/彡:
 三:ヘ. : | /7:::`::ー--/⌒ァ、   // /.i .: i:\ /` ミ_三三三彡_|ノ:ノ//ミニニニニ /⌒ヽ:::/:::三三 ,ィ.― 、:::\::::彡彡彡
 三::: i\/ニ/.ヽ:`::三三::レく:::::::::\  /..::::i:::::::i:::::::l:::| |:::::::::::::::::/ ト、ニヽ//.:.:.:|ニ|:::: /⌒ヽ/:::三三:: /..../...ヽ:\ :::彡彡彡


121 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:49:13 ZX5cpXbU0


    ┌───────────────┐
    │ところが、朝鮮宮廷の喜びは    .│
    │                     ...│
    │1日も 続かなかったのだった。    │
    └───────────────┘
┌────────────────────────┐
│                /\_               ....│
│       _-──-_/ ソ  \_               .│
│     _-ー.:::::::::::::::::::.....:::::::::::::ノ|::::::::::_>            ..│
│   / ;;;;;y::::::::::::/ /::::::::::::::レ゚:::::::::::}             ..│
│  と-ー ::::::::::::::::::::| |:::: r(::::::::::::::::::::::::::|            ......│
│ <__...::::::::::::::::∪:::: `(:::::::ト、:::::::::::::}_             .│
│      ̄ ̄\;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::ヽ゚:::::::::::::_>           ....│
│       ⊂二二二 -ー\ ^::::::::/ アイゴ…        ....│
│                 \/    もうだめぽ…     .│
└────────────────────────┘


122 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:49:43 ZX5cpXbU0


   ┌──────────────────┐
   │翌6月15日、恐れていたことが        │
   │                           .│
   │ついに起こったと 報告が届くのである  .....│
   └──────────────────┘
           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  主上〜!倭賊が大同江を渡り、平壌に迫りましたニダ〜
               c<T∀T>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  /
              < T∀T>つ 【伊斗尋】【金命元】は、守りきれぬと判断し
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ     軍民ともに逃げるよう命じたニダ〜!
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


123 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:50:19 ZX5cpXbU0


    ┌────────────┐
    │と、いうことはつまり・・・  .....│
    └────────────┘
i|!| |i┏┓! i!┏┳┓| |||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i||!|i│i!┏┓i!|
|i|┏┛┗━╋┻┛|i!||!|ii|| i|!i||i|┏━┓ ┏┓i|i| i┃┃i!|
i||┗┓┏┓┃||i┏━━━━┓┗━┛ ┃┃|i||!i┃┃i!|
|i |!|i┃┃┃┃i||┗━━━━┛|i|| || ||||!┃┃i|i| i┗┛!i|
i||i ||┃┃┃┃|! |||i ||i    !|||!|┏━━┛┃|i||!i┏┓i|!
|i!i |!┗┛┗┛i|!i|  / |   / | ┗━━━┛i|i| i┗┛i!|
i| |||i|!i| ||!|i||i!   /,_ ┴─/ ヽ      |!i| ||| |i||!|i|i|||| ||i
|i|| ||i!i||     (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ      ! | |!i||!|ii||!|ii|
i|ii       / ,,__,ニ、、 ノ( \         i|i!|i|
|i        ヽ Y~~/~y} `, ~ /               |i
!.          | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く                 .!
i        / <ニニニ'ノ    \               l



     ┌───────────────────┐
     │明朝の援軍は間に合わず、           .│
     │                          ......│
     │平壌の陥落が確定した、ということである    │
     └───────────────────┘
             ∩___
           ⊂「__ 」⊃
             <;T∀T> そうか・・平壌も落ちるニカ・・・
           /     ̄ ̄|
         /  | 宣祖 |_」.         ∧_∧
         |__|    |           <∀T 〉> ニダァァ
             |_____|           / y(⌒と)
              (_)(_)        し( ヾ  〉


124 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:50:57 ZX5cpXbU0


     jll..rク′
    u(ll ○義州′
  _jlljll广             ┌─────────────┐        ./
  〃                 │こうなっては仕方がない。   ..│         /
 l'、                   └─────────────┘       ノ
  l}                          L....               ,,-′
-む                       __   _..,,_..、  「             ./′清川江
''t 、                    ''''′ ` ''''‐‐..〉            ..-'′
 ゙'`'l_   _       宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ○                ,'     ○  /
       〉  ..、 ''lゝ、          定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_   ,,   ○     ●←●   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/      ┌────────────────┐
                         ┬′ _    │宣祖一行は 当初の予定どおり    ..│
                          しっnl′.    │                          │
                           〈.       │義州をめざすことにし、         .│
                           丿      │                          │
                         _/       │16日、嘉山に到着するのである     .│
                        _ノ゙''-.         └────────────────┘
                        │                ヘ 大同江
                       r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ■广‐'"´  、
                      /         ィメ冖′
                     丿          _ク′


125 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:51:34 ZX5cpXbU0


                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
           ┌────────────────┐::::::::::::::::::::::::::::/,/
\.            │嘉山は税穀の集積地でもあり     .│::::::::::::::::::::: // //
\\.          │                       .│ _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\       │物資の豊富な町でる           .│ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,_.└────────────────┘   .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\


126 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:52:08 ZX5cpXbU0


        ┌────────────────┐
        │そのため、官庫には            ....│
        │                       .│
        │まだ白米500〜1000石が        │
        │                       .│
        │残っていたのだが・・・              │
        └────────────────┘
           ,ィミ川彡三ヾ三\            ,ィミ川彡三ヾ三\
           {三{※}三}三ll三 }             {三{※}三}三ll三 }
         _ヽ彡川ミノ三レ勿/__           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}     {三
    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__     ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ


127 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:52:28 ZX5cpXbU0


  ┌──────────────────┐
  │しかし、【宣祖】が着いたころには      .│
  │                           .│
  │この嘉山も 食料を狙う乱民の        │
  │                              ....│
  │不穏な動きが あったのだった          .│
  └──────────────────┘
 (( ) )   (( ) )  ((⌒ ) ) )   (( ) )  ((⌒
(( ) )   (( ⌒ )  (( ) ) ) )   (( ⌒ )  ((
 ノ火.,、   ノ人., 、  ノ人.,、 ノ火.,、   ノ人., 、  ノ人.,
 γノ)::)  γノ)::)   γノ)::)γノ)::)  γノ)::)   γノ)
 ゝ人ノ  ゝ火ノ   ゝ人ノ   ゝ人ノ  ゝ火ノ   ゝ人ノ
   ||∧,,∧ ||∧,,∧  ||      ||∧,,∧ ||∧,,∧  ||   まあ、
 ∧ < `∀´> <`∀´> ∧∧  ∧ < `∀´> <`∀´> ∧∧ 王様が居るあいだくらいは
< `∀> U) ( つと ノ<∀´ >< `∀> U) ( つと ノ <∀´  遠慮しとくニダ
| U <  `> <´  > .と ノ | U <  `> <´  > .と ノ
 u-u (  ∪ ∪  ) u-u   u-u (  ∪ ∪  ) u-u
     `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'


128 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:53:10 ZX5cpXbU0


    ┌───────────────────┐
    │はたして、国王一行が嘉山から出ると・・・ ......│
    └───────────────────┘
      ___∩
.....  ⊂「__ 」⊃さあ、さらに定州に向かうニダ
 ,,''""';,<`Д´ ||l | | ∧ ∧..
  ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>                /」_∧     ∧_∧
  ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧..  ∧_∧     ||Д"  >    < ・Д_∧
.....  /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,> <メД" >    8二  )    (T  <。。  メ>′
...  //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ.... ∪∪ ヽ    || | ヽ     Y   ∪∪ ヽ
|ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ. . 〈_) J      ||_) J    〈_) J ヽ___⊃

                       :;:, .:.         ,'
          パチパチ…    . . .:', .:.        (:'
                .::... .   . .':::;:, .:.      ',  ))
          ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:     }  /(
         ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'   ,' ノし': :ヽ   バン!
           _ .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :.((,イ: :  :: :V)_
       _______|二l',:; .::)           て:;;':.、ゝ: :   : :(ノ|__
        |土土| ..:.(ノ            (:: .土 ヽ: :: :  : :: :/l二F土|
        |土. . .::::)            ,ゞ.:.土土土ゝ;:; :;从;ノl二F土|  ガシャーン!
        |土.;: . .:::: .:ソ          (:.土土土土土土土l二l二F土|
       . ::.: :::..::..:(    ┌────────────────┐
        |土土土土土土.│あっというまに                    │
        |土土土土土土.│                           │
        |土土土土土土.│略奪暴動が おきてしまい・・・       .│
      |J : : : : ,.'⌒ヽ: :└────────────────┘
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : :. :; .,ィニニヽ: :| 官庫 | レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : ;  ノ) ...人 Λ', ¨不¨¨ : レ|
      |J : : : : lニニゴ: : : : : :lニニゴ : :∫ /( ト|<(__)>ト|: :|「l|.:.: :.:レ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :;: ノし:::::::ヾ:; .l∨l l ト|: :`¨ : : : レ|
      |Jュェュェュェュェュェュェュェュェュェ..((イ::::   :::ノノ 喫ェョト|ュェュェュェュレ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ::::   ::从.|_j_,!_l_ト| : : : : : : :レ|
                         :ヽ::::  :::丿;
                          ゝ人ソ          / ̄ ̄ヽ      / ̄ ̄ヽ
                           ‖.       ∧_,,∧ 略奪 i   ∧_,,∧ 略奪 i
                     ..∧_,,∧ ‖         < `∀´ >    ノ  < `∀´ >    ノ
                     < `∀´ >つ       (つ とく__,;;ノ    (つ とく__,;;ノ
                     (つ   /             `/⌒__)〜     /⌒__)〜
                      |   (⌒)         レ' ゝ(        レ' ゝ(
                      し⌒  ̄


129 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:53:37 ZX5cpXbU0


          ┌──────────────┐
          │住民も地方官も 逃げ出して   ..│
          │                   .....│
          │もぬけの空に なるのだった。   .│
          └──────────────┘
r'´   | 「 ̄ ̄ ̄\
|:.:.  |::ト、  「 ̄! i__|┌┐ ガラ〜ン      ┌───────────────────┐
|:.:.  |:: |  |::::::|:.|┴く_ |_              │ぶっちゃけ寧辺や嘉山だけじゃなく        .│
|:.:.  |:. |  |::::::|:. ;  Y´     ┌‐┐...   │                                │
ト、:   |:. |  |::::::l:. /   .:|  「了'  ト、  ̄`ー┐│いまや平安道 全部が こんな感じである    .│
|:::ヽ厂 ̄ヽ「l |::::::|: {   .:|  斤ト、  | }─、 .:.:|. └───────────────────┘
|::::::{三三三i' |::::::| }   .::| ̄ ノ!  \|、|  ヽ,.::|/{_ノ\:::「|                         |:::::|
|::::/三三三{.::|::::::| ノ_ ┌┴、ノ: |_,」_| |    \:::{ .:.  ̄|  シーン                _|:::::|
Y´三三三/i:::|::::::| || !   \j ト-{:| |⌒ヽ   ヽi .:   |}               |        _/ .:::|:::::|
ノ |三三三i l:::|::::::| || } ;' ;   \TT} | :. .:. }   r┼t,_ .:|{               |  rl ,イ  |   .:|:::::|
トノ三三三N:::|::::::| {l {,:;'       \| l :. .:. i ト、 ! .:. :. } :||\---r┐n   「ヽ|ト、「 ̄| ̄},..|   .:|:::::|
_ヽ,-、>i|/i |::::::| iエi}rfiュ_______ヽ.| :. :. __|__ヽ,__ ,L_/|_\ :| :| |:! ̄|r| ||l ヽr┴i { |   .:|:::::|
:::::::::| }-イ/ヾ |:rfTヘ、/ヾ,イイ/乂厂/7| ̄/ : |「 ̄ト、 ̄ ̄| ̄}、,.\ ! ̄「i ! |:/||i  / [].:| i | _.:|:::::|
:::::::::| 「i//TT/:V |f三}{三{王/.:{爻}i/V |_,/N」]:ト、,/! V.: : |rfM/ヽ.,\,/|「ト./ :|||イ    l l | i  :|:::::|
:::::::::| |//|.:| |rfT⌒[`YT[乙イ/`ヾ、∧厂} 「 ̄ ̄「i-rュ__ /  ,:\\j:./  ||lノ  [] !/l |:.  ̄|:::::|
:::::::::| |/ i|.:| ||Tユエ/}ri「!7Zユ{,__厶イ /l  i └tTj──‐tTj┘[三三]:.\ ̄`ヽ![_「L_|,「}|   |:::::|
       . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      . . .... ..___∩: :: :: ::: :::::: :::::::::::: :_∩_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_∩_:::::::::::::::::::
         ⊂「__ 」⊃オワタ…: ::::::::::::⊂「 」⊃オワタ…   ⊂「 」⊃オワタ…
          /彡ミ゛ヽ;>ー、 . ::: : :: ::::/彡ミ゛ヽ;>ー、 ..:     /彡ミ゛ヽ;>ー、 .
         / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: :::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .:::::::  / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i .
         / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  . :. :./ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::::...../ :::/;;:   ヽ ヽ ::l
    ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ   ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ.  ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ


130 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:54:18 ZX5cpXbU0


     jll..rク′                   ┌─────────────────┐
    u(ll ○義州′                    │6月17日、さらに定州に着いたところで . ..│
  _jlljll广                       │                         .│
  〃                           │援軍要請に出した【李紱馨】からの    .│
 l'、                             │                         .│
  l}                             │報告が届く。                ....│
-む                       __   _..,,_..、└─────────────────┘
''t 、                    ''''′ ` ''''‐‐..〉            ..-'′
 ゙'`'l_   _       宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ○                ,'     ○  /
       〉  ..、 ''lゝ、          定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_   ,,   ● ←←← ● 〕○   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/            ヽ、


                   |     /
            \   ∧∧  主上〜!請援使【李紱馨】からの報告ニダ
               c<`Д´>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


131 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:54:41 ZX5cpXbU0


┌──────────────────────────┐
│    / ̄ ̄\                            ..│
│  /   ─'   \                          ...│
│  |    ( ●)(●) 予想よりだいぶ遅れましたが        .│
│  |       | |    いま義州に着きました        .....│
│  | U   __´___ノ                         ......│
│  |     `ー'´}  すでに天軍が来ており              .│
│  ヽ        } 【戴朝弁】【史儒】の先発隊1千騎が       .│
│   ヽ     ノ    6月20日には平壌に           ....│
│    /    く      到着する予定です!          .│
│    |     |                           ......│
│   【李紱馨】                             │
│                                     ...│
│     / ̄ ̄\                           │
│    /ヽ へ   \   , :┐ 【史】遊撃、【戴】参将ともに   .│
│.   ( ●)( ●)    | / |  軍律は厳しく           .│
│    |  |        | /   / まったく心配いりません!    ..│
│    i __`__r−、  l/  /                      │
│    { `ー'ヽ, ',. .,/ :/',     平壌までの           ...│
│.    ヽ.   |  l_/_, -‐、',   天軍の兵糧について       │
│.     ヽ.  |   / , -−'i|   手配を お願いします        │
│     /   {  V , -−ヘ                     ....│
│     |   ヽ  L| r= |                      │
│                                     ...│
│     / ̄ ̄\                           ..│
│   / \  ヘ. \                           │
│    |  (●)(●) |  小臣はこれから 遼東に渡り       │
│    |     |    │   さらなる助力を               │
│    |   __`___ u |    請うてまいります!           │
│    |   ./__ヽ .|                          │
│   ヽ         /                           .│
│.    ヽ       /                            │
│.       /    く                            .│
└──────────────────────────┘

        ∩___
      ⊂「__ 」⊃
        <;T∀T> でも もう平壌落ちちゃったニダ・・・
      /     ̄ ̄|
    /  | 宣祖 |_」.         ∧_∧
    |__|    |           <∀T 〉> ニダァァ
        |_____|           / y(⌒と)
         (_)(_)        し( ヾ  〉


132 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:55:11 ZX5cpXbU0


   `ー-、  _..r=−               ┌────────────┐
     jll..rク′                     │6月19日、宣祖一行は   ....│
    u(ll ○義州                  │                  │
  _jlljll广 ↓                      │宣川に到着。         .│  /
  〃     ↓ 明軍1000騎           └────────────┘ ./
 l'、      ↓                                     ノ
  l}       ↓                  L....               ,,-′
-む        ↓             __   _..,,_..、  「             ./′清川江
''t 、         ↓          ''''′ ` ''''‐‐..〉            ..-'′
 ゙'`'l_   _     ↓ 宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ●                ,'     ○  /
       〉  ..、 ''lゝ、   ↑    定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_ ↑←← ○←←← ○← ◎   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/     ┌────────────────┐
                         ┬′ _   │ここで平壌救援に向かっていた      │
                          しっnl′.   │                       .│
                           〈.      │明軍先発隊の【郭夢徴】【史儒】と   .│
                           丿     │                       .│
                         _/      │会見する                     ..│
                        _ノ゙''- .       └────────────────┘
                        │                ヘ 大同江
                       r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ■广‐'"´  、
                      /         ィメ冖′


133 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:55:58 ZX5cpXbU0


        ∩___
      ⊂「__ 」⊃
        <;T∀T>   国を守れず、お恥ずかしい
      /     ̄ ̄|  上国大人にたいし 恐縮ニダ
    /  | 宣祖 |_」.
    |__|    |
       |_____|
      (_)(_)



   ("⌒) ,,∧,
  ノγ" ̄)‖(Y   平壌を救うことができず、まことに残念アル。
 γ"'| lニニ参ニl
    Lノノミ`ハ´)     これから俺たちは義州に引き返し
    くニヲ””””)7    対応を【祖承訓】副総兵と
    し'〉三Жニ|.         相談するつもりアルが・・・
     /_|_|_ゝ .
     /_/ |_|
   参将【郭夢徴】


                                 ,. ‐‐‐‐マ
                             l~游lヽゝヽ
         貴国は これから             (`ハ´ ;bノ
          どうなさるつもりですかな?  く'∞〜ヘ爻
                               l=廾= とノ
                               /ェ∧ェェェゝ
                              |__ハ__|
                            遊撃【史儒】


134 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:56:33 ZX5cpXbU0


      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
        <;`∀´>   わが国の存亡は、大人たちに かかってるニダ
     /     ̄ ̄|  つつしんで大人の指揮を お受けするニダ
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |
      |_____|
       (_)(_)


┌──────────────────┐
│ところが、ここで朝鮮の群臣が       ...│
│                           .│
│てんで勝手に 意見を始めてしまうのだった │
└──────────────────┘
      ∧,,_∧
     < `Д>∩ 大人!あーしてほしーニダ!
    ノ  つノ    ∧,,_∧
    (    つ..  < `Д>∩ こーしてほしいニダ!
     し´     ノ  つノ    ∧,,_∧
              (    つ..  < `Д>∩ やっぱり、あの策で・・・
               し´     ノ  つノ    ∧,,_∧
                        (    つ..  < `Д>∩ いやいや、この策で!
                   し´     ノ  つノ
                            (    つ
                             し´


135 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:57:17 ZX5cpXbU0


             ┌──────────────────┐
             │これを聞いた【郭】【史】は 怒り出す。    │
  ┛┗. ) ,,∧,.     └──────────────────┘
  ┓┏. ̄)‖(Y
 γ"'| lニニ参ニl   ・・ったく、俺たちは貴国の訴訟受付に
    Lノノミ`ハ´).         来たんじゃないアルヨ!
    くニヲ””””)7つ
    し'〉三Жニ|       無礼アルネ
     /_|_|_ゝ .   ちゃんと意見まとめるアル!
     /_/ |_|
   参将【郭夢徴】



        ∩___
      ⊂「__ 」⊃
        <;T∀T>   皆の者、やめんか!
      /     ̄ ̄|
    /  | 宣祖 |_」  まったくお恥ずかしいニダ・・・
    |__|    |
       |_____|
      (_)(_)



                                 ,. ‐‐‐‐マ
                             l~游lヽゝヽ
            ともかく俺らは          .(`ハ´ ;bノ
            いったん引きあげるアル   く'∞〜ヘ爻
                               l=廾= とノ
              それでは。           /ェ∧ェェェゝ
                              |__ハ__|
                             【史儒】


136 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:57:53 ZX5cpXbU0


     ┌─────────────────┐
     │こうして、せっかく来てくれた1千騎は  ..│
     │                            │
     │義州に引き返したのだった           . │
     └─────────────────┘
       .,,,,,,,,、
       ,llllllll、              ,,,lllili、             .,,,,,,,,、
  ,,lli,,,,  .,,llllllllllly                ,llllllll!              ,llllllll、
..,,,lllllllllliii,l,lllllllllllll"        ,,llliiil,,,_、llllllllllllll、        ,,lli,,,,  .,,llllllllllly
llllllll!゙゙゙llllllllllllllllllllllli,,,iiiiiiiili,,,l,!、 ,,,illlllllllllllll,lllllllllllll|、 _,,,,_,_ 、、 ..,,,lllllllllliii,l,lllllllllllll"
`゚゙″.,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllls .ll!!!!l゙’,゙llllllllllllllllllillll,iillllllllllilj「‐ llllllll!゙゙゙llllllllllllllllllllllli,,,iiiiiiiili,,,l,!、
   ,,,llllllllll!lllllllll!llllllllllllllllll゙°    !lllllllllillllllllllllllilllllllllllllllll‐ `゚゙″.,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllls
  .,llllll゙||llll゙`゚~゙゚”,,llllll|lllll′    .,lllll!lllllll!llllll!lll!llllllllllllllll°    ,,,llllllllll!lllllllll!llllllllllllllllll゙°
 .,lllll°゙゙lllllllllk llllll".]lll|.    llllll"|lllll,, _,_ .,,llllホlllll|     .,llllll゙||llll゙`゚~゙゚”,,llllll|lllll′
..,lllll"   `'゙゙゙!lllllllケ .,llll‐    ,,lllll″ ゙゙lllllllll・,,,lllll°llllレ    .,lllll°゙゙lllllllllk llllll".]lll|.
`゙゙″     ```  -'゙l″−、、.lllll″   .゙゚”lllllll゙′.,lllll′  ..,lllll"   `'゙゙゙!lllllllケ .,llll‐
        ,,_         `          ‘.゙″ ''"' `゙゙″     ```  -'゙l″−



        ∩___
      ⊂「__ 」⊃
        <;T∀T>   アイゴー
      /     ̄ ̄|  せめてあと一週間早かったら
    /  | 宣祖 |_」   間に合ったのに・・・
    |__|    |
       |_____|
      (_)(_)


137 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:58:34 ZX5cpXbU0


┌──────────────────┐
│また、この日                   │
│                           .│
│平壌の守備についていた【尹斗壽】が   ..│
│                           .│
│国王一行に追いついてきた         ..│
└──────────────────┘

  ゚ 。 ∧尹∧゚。平壤を死守できず 申し訳ありません!
 ゚ ・<;゚`Д⊂ヽ  伏してお裁きを願うニダ
   (    ノ
   ム_)_)
左議政【尹斗壽】


               ┌─────────────┐
               │そして【宣祖】は        .....│
      ∩___.     │                    │
     ⊂「__ 」⊃...  │これを許す度量を見せる   ...│
        <;`∀´> .     └─────────────┘
     /     ̄ ̄|
   /  | 宣祖 |_」  国の勢いが
   |__|    |    もどうしようもなかったせいで
      |_____|     卿の罪ではないニダ
       (_)(_)


138 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:59:02 ZX5cpXbU0


   `ー-、  _..r=−           ┌──────────────┐
     jll..rク′                 │ともかくも、            ......│
    u(ll ○義州              │                   .....│
  _jlljll广 ↑                  │国王一行は義州をめざす。   ...│  ../
  〃     ↑.               └──────────────┘ .../
 l'、      ↑                                     ノ
  l}       ↑                  L....               ,,-′
-む        ↑             __   _..,,_..、  「             ./′清川江
''t 、         ↑          ''''′ ` ''''‐‐..〉            ..-'′
 ゙'`'l_   _     ↑ 宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ●                ,'     ○  /
       〉  ..、 ''lゝ、   ↑    定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_ ↑←← ○←←← ○← ◎   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄
      ___∩   .'冖            ,/            ヽ、
.....  ⊂「__ 」⊃               ┬′ _          丿
 ,,''""';,<T∀T ||l | | ∧ ∧..          .しっnl′         ヽ
  ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>                /」_∧     ∧_∧
  ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧..  ∧_∧     ||Д"  >    < ・Д_∧
.....  /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,> <メД" >    8二  )    (T  <。。  メ>′
...  //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ.... ∪∪ ヽ    || | ヽ     Y   ∪∪ ヽ
|ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ. . 〈_) J      ||_) J    〈_) J ヽ___⊃
                       r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ■广‐'"´  、
                      /         ィメ冖′
┌─────────────────┐
│と、悲しいニュースと             │
│                         .│
│うれしいニュースが 飛び込んできた    .│
└─────────────────┘


139 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 21:59:37 ZX5cpXbU0


    ┌────────────┐
    │悲しいニュースとは・・・  ......│
    └────────────┘
           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  主上〜!新しく来た天軍が〜
               c<T∀T>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  /
              < T∀T>つ 新しく来た副総兵【祖承訓】の軍1300が
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ     義州で略奪を おこなってるニダ〜
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


140 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 22:00:09 ZX5cpXbU0


    ┌───────────────────────┐
    │先発隊の【戴朝弁】【郭夢徴】【史儒】と違い           │
    │                                  │
    │【祖承訓】の軍律はメチャクチャで              .│
    │                                  │
    │義州から民衆が みんな逃げ出したというのである  .....│
    └───────────────────────┘

┌───────────────────────────────┐
│      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                                .│
│       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                              │
│        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入        ...│
│         `、||i |i i l|,      、_)ヒャッハー!             ......│
│          ',||i }i | ;,〃,,     _)  平壌を救うために           .│
│          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)  物資の現地調達だ〜っ!!     │
│         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒       ......│
│        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ                         .....│
│        Y,;-   ー、  .i|,];;彡                           │
│        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ                          .│
│        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ  ←【祖承訓】の兵士             .│
│         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__                  .│
│          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''                ....│
│,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''                 │
│ ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''                  ...│
│'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/                    ..│
└───────────────────────────────┘


141 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 22:00:45 ZX5cpXbU0


     ∧     ∧       ━━┓┃┃
    / ゙、__/ ゙、           ┃   ━━━━━━━━
   / \    / \        ┃               ┃┃┃
 /     |---|    \                            ┛
  \    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
   \ . 。≧       三 ==-        ┌───────────────┐
   / . -ァ,        ≧=- 。          │残念ながら、当初の心配が     .│
        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚.   │                     ...│
        ≦`Vヾ       ヾ ≧       │現実となって しまったのだった  .....│
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。     └───────────────┘

┌───────────────────┐
│     ∧∧                    .│
│    / 北\    / / / /          ....│
│  ⊂( #`ハ´ )  、,Jし //  パン         │
│   (几と ノ   ) .て.∧,,,,∧           │
│  //'|ヽソ 彡  Y⌒Y<:;`Д´> アイゴ!     │
│/ノ / | \ 彡                  ...│
│ヽ/、/ヽ/ ヽ/                      │
│            ∧∧             .│
│           ./ 北\           ....│
│         ミ ○(  `ハ´)          .....│
│          ヽ ∧_ ○))          .....│
│        ミヘ丿 ∩`Д´>         ......│
│        (ヽ_ノゝ _ノ          ....│
└───────────────────┘


142 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 22:01:21 ZX5cpXbU0


    ┌───────────────┐
    │一方、うれしいニュースとは・・・  ....│
    └───────────────┘

           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  主上〜!勝利ニダ!ウリナラ水軍が・・・
               c<`∀´>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  /慶尚右水使【元均】の水軍が
              <丶`∀´>つ   海戦で 倭賊に勝利したニダ〜!
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ    ―=ニ三
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      ┌───────────────┐
      │南海で、朝鮮水軍が        .....│
      │                     ...│
      │日本軍を破ったというのである  .....│
      └───────────────┘


143 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 22:01:58 ZX5cpXbU0


   ┌──────────────────────┐
   │本当に勝ったのは もちろん【李舜臣】だろうが   .....│
   │                                │
   │伝言ゲームやってるうちに なぜか            │
   │                                │
   │【元均】の勝利として 伝えられてしまうのであった   ...│
   └──────────────────────┘
                            ‖
                            ‖    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   /⌒ヽ   ‖  < ウェーハハハハハハハ♪
                   γ 元`ヽ  .‖    \__________
                ∠くノ`∀´>゙i ○
                 巛巛⌒ / ‖ ζ。゙i゙i。ζ
               (○(;;;;;◎;;;;)    ミ_ ゙ィ皿 ミ                                ミ ( ̄)
                 /;;;;;∧;;;;;;\   |vvゝ                         /\     ヽ ( ̄)
        __ ────  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄|vvv|  ̄\                     /;:;:;/i  。  と∧,,∧つ
     / ==========‖==|.vvv|==‖ . ぎゃぁ ∧∧ 0       /;:;:;/ ji iし    (;・ω・) ぎゃぁ
     ‖===========‖==| vv,r'==‖     0 (;゚Д゚) 0    /;:;:;/  |
     ‖◎‖◎‖◎‖◎‖◎‖◎‖ ◎‖■‖ ◎‖      0  \:::::::ヽ0  /;:;:;/ 。 ji  し
    ====================.      0  |;;;;;;;;;;ゝっ;:;:/。 i   。  i 。
    ゙i::/:::::::/:::::::/:::::::/:::::::/:::::::゙i:::::::::::::::::::::::::::::/          し /;:;:;/   j    。 し、
〜〜从从〜从〜从从〜从〜从从〜从从从从从从从从〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'        〜〜〜〜



                ┌───────────┐
                │ま、ともかく勝利は    ...│
      ∩___.      │                │
     ⊂「__ 」⊃...   │めでたいことである。  .....│
        <;`∀´>.       └───────────┘
     /     ̄ ̄|  ウリナラにも
   /  | 宣祖 |_」   まだまだ忠勇の士は居るニダ!
   |__|    |
      |_____|
       (_)(_)


144 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 22:02:37 ZX5cpXbU0


       ┌──────────────────────┐
       │そして波乱万丈のすえ                 .....│
       │                                │
       │【宣祖】は6月22日、義州に到着するのである   ....│
       └──────────────────────┘
                ___∩
               ⊂「__ 」⊃ やっと着いたニダ・・・
            ,,''""';,<T∀T ||l | | ∧ ∧..
            ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>                /」_∧
            ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧..  ∧_∧     ||Д"  >
               /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,> <メД" >    8二  )
               //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ.... ∪∪ ヽ    || | ヽ
          |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ. . 〈_) J      ||_) J
                      ___ `フ
                 __ /         i
                   / │          /
               / ̄  /          /´
            / ̄    / 咸鏡道  r'´
      / ̄        │       _,.-''´         ┌──────────────────┐
     /義州         │  _ノ            │到着したとき、一行はわずか         .│
    ∧●   平安道  │   `i              │                           .│
-‐''"~  `'ー-、_       │   r'               │文武官17名、宦官数十名、医者1名    .│
            `i        │  `ー-、           │                           .│
            平壌○    │ __. `ー、            │後宮係4〜5名、下男3名          ..│
            ,ゝ____/  /    ' ,           │                           .│
          丿            〈         ヽ        │だったという。                 ...│
          {   黄海道   /\_     \.     └──────────────────┘
          '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
         `ー´       `ゝ京畿道 │       ヽ
                    漢城◎  │         ',
                      冫     │ _       Y
                   く~───r''´   `.─── 〉
                   `i          │       `i_
                      |  忠清道 │        /
                     `フ────┤慶尚道  _}
                     冫       │        〉
                    i´ 全羅道 │   _r-、丿
                   }       r┴‐ヽ冫
                 {_,-,   ,r‐' 、〉
                     久_{


145 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 22:04:04 ZX5cpXbU0
本日は以上です
ありがとうございました

一応、しばらくは短いながらも
2週間ごとの投下を続ける予定です


146 : 24から短編祭りだお :2013/08/24(土) 22:16:17 UZZWuSGY0
乙乙! 朝鮮の半分を逃げのびたのか。意外と凄い根性持ってたんだな、国王


147 : 24から短編祭りだお :2013/08/24(土) 22:27:04 FO4AXBb20



148 : 24から短編祭りだお :2013/08/24(土) 22:41:37 F1qgI4Hg0



149 : 24から短編祭りだお :2013/08/24(土) 22:51:12 MPrBuwxc0
というか、そこまで人数へってズタボロだったら
反乱起こされたりとか襲撃受けたりとか命が危ないレベルの逃避行だよな


150 : ◆PL3ENMV41. :2013/08/24(土) 23:23:33 ZX5cpXbU0
>>146
はい、その国王の無駄な根性のおかげで
これから朝鮮全土は地獄になります

>>149
はい、そのトラウマで国王は
戦争終結後も○○○の明軍南兵500に
残ってガードしてくれるよう要請してます


151 : 24から短編祭りだお :2013/08/24(土) 23:43:09 VMEGejGQ0

利子朝鮮の明日はどっちだ!


152 : 24から短編祭りだお :2013/08/25(日) 00:00:20 KUIc3r7E0



153 : 24から短編祭りだお :2013/08/25(日) 00:11:55 yFwlMbV.0

首都が陥落した状況でも海軍が勝てるとな


154 : 24から短編祭りだお :2013/08/25(日) 01:16:49 U27CodH.0
乙です

しぶといなあw


155 : 24から短編祭りだお :2013/08/25(日) 03:09:14 tNfhkq5s0
乙です
だいたい朝鮮国王がいなくなったあとで略奪暴動が起こるってのは
けっこうなカリスマがあったということなのかな


156 : 24から短編祭りだお :2013/08/26(月) 06:56:59 jWczkN8Y0
国王なんて秩序の体現者そのものだから逃げ出されたらそりゃ暴動おきるわな


157 : 24から短編祭りだお :2013/08/27(火) 22:41:58 rY9lGP5.0
まあ勝ったっつっても輸送船をつついただけだから
日本側の戦略にも何の影響も与えてないし


158 : 24から短編祭りだお :2013/08/28(水) 02:49:58 WZ.OKees0
おお、復活してたのか。嬉しい。やってくれるなら3年でも5年でも待つよ。俺が生きてたら
小さい勝利でも負け続きだと嬉しいだろうな。朝鮮ぐだぐだ過ぎるw まあ王様生き残ったんだったら
王様にとっては良かった、のか?


159 : 24から短編祭りだお :2013/08/28(水) 12:45:50 Yyn8SiDw0
乙です
本当に苦労してんだな。日本も朝鮮も


160 : 24から短編祭りだお :2013/08/28(水) 13:17:29 ZKlCCBFk0
日本の場合、苦労の過半は内輪揉めから来てるけどね
実質的な総大将の欠如と戦略方針を統一出来なかったのが痛い
それと事前の朝鮮領土の状況把握もだが、これは交渉役が嘘報告しまくってたからなぁ


161 : 24から短編祭りだお :2013/08/28(水) 19:02:53 YsqkqTIw0
おつかれい
やっぱ危ないと思ったら山に篭るんだなぁ


162 : 24から短編祭りだお :2013/08/29(木) 08:46:05 yOAJa9JI0
やる夫板をふと思い出し、半年ぶりくらいに来たら・・・
やっぱ面白いなー
続き楽しみにしてますよー


163 : 24から短編祭りだお :2013/08/30(金) 00:18:06 bq3Ea1Mw0
>>160
確か、加藤清正が李氏朝鮮領は九州とほぼ同じ面積との話だったが、九州より全然広いし
事前情報と違って、物凄く寒くて足指が腐って指を切り落として生きながらえる九州兵士続出で、
全然話が違いじゃないか、と愚痴った書状みたいなのが残っているってはなしですし。
しかし、その事前情報のおそまつな日本軍に連戦連敗(李舜臣を除く)の李氏朝鮮軍って
一体・・・。


164 : 24から短編祭りだお :2013/08/30(金) 01:37:50 InPho7K60
>>163

倭寇討伐はしてたけど「戦争」を長年やってなかった上に、質の高い常備
軍がいたわけではなし、対日戦略をカッチリ組んで腰を据えて戦う体制作
りもやってない。そのせいできちんと戦況分析をして軍略を立てられる将
官が結果育たなかったんだな。連戦連敗になるのも、むべなるかなって
感じだね。


165 : 24から短編祭りだお :2013/08/30(金) 05:24:09 FAxYf0TI0
下手に軍備を整えようとすれば、宗主国から制裁されかねん。
それに李氏政権自体クーデターで成立してるわけだから、軍を信用できまい。


166 : 24から短編祭りだお :2013/08/30(金) 19:38:57 tjlZH11Q0
日本に攻められた際に、逆に明朝がまったく救援に来てくれなかった琉球は、こうしてみるとまだ平穏だったのかも
あの悪名高き島津悪久が、できるかぎり平穏に占領するように命令してたくらいにも関わらず、あっというまに首里が陥落したのは、違う意味で頭を抱えたくなるけど


167 : 24から短編祭りだお :2013/08/30(金) 19:41:59 2f7/EWkE0
明も清も海の向こうに対してはかなり消極的だったからなあ


168 : 24から短編祭りだお :2013/08/30(金) 19:53:16 mqgCCMj.0
>>166
当時の琉球からしたら、現代の地球に火星人が攻めてくるようなもんだろうからな
いろんな意味で厳しい


169 : 24から短編祭りだお :2013/08/30(金) 20:02:06 FvDfv/HI0
>>168
琉球は薩摩と諍いその前から起こしてたから青天の霹靂ということはないんじゃない?
防衛線の読み間違えてたせいで首都がら空きにしちゃったけど


170 : 名無しのやる夫だお :2013/09/01(日) 20:13:22 90.r/fvo0
遅れ馳せながら復活おめでとう!ありがとう!


171 : 名無しのやる夫だお :2013/09/03(火) 00:00:10 WzvlHgLc0
久々の更新でまとめサイトをふらっと見始めたら、凄い時間を持ってかれた!
時間泥棒!返せ!僕の時間を!

中学生あたりにこういうのを読ませたら、歴史に興味持ってくれたり、本を読むことが
増えたりして、いいことあると思うんだがな
学校の授業で大まかなところは習うけど、生きた面白さって味わいづらいし


172 : 名無しのやる夫だお :2013/09/04(水) 20:37:25 VOIXjzgk0
雍正帝の話ってもう完結したんだっけ?
今は中断?


173 : 名無しのやる夫だお :2013/09/05(木) 19:07:00 4BEe.jIw0
のび太の話も、こっからついにのび太のターン!!ってところで中断したままだよね
この引きで凄いwktkしたのに、次に来たのが別のお話で残念だった記憶が

代わりの話も面白いけどさ


174 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:14:43 kH6/3EcI0
続きです


175 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:15:16 kH6/3EcI0
明将の肩書き

これらの称号は、いちおう左に行くほどえらい。
だたし官位官職とは関係ない ただの名誉称号だったりする


     ('⌒)
    γ'|l ̄  `ヽ
     !=| |=[総]=!\  (⌒`)
    ノ"ノノ `ハ´)く,-'"~〉∨|   彡仝
   ンへ二介二ノ^  ,-へ_/.... 彡γ´ ̄ ̄`ヽ .       ("⌒) ,,∧,                  ヾソ
  く_>'ヘへ^/―メ‐'" `ヽミ.   彡| 「ニ副ニ|       ノγ" ̄)‖(Y      ,. ‐‐‐‐マ        _⊥_
 (_ィ)、―`=ロ==|(        ∠くノ `ハ´).    γ"'| lニニ参ニl.     l~游lヽゝヽ     /´_守_`i
   (ヽ'ヽ,/ |__ゝ           く~((二つ)ニ)        Lノノミ`ハ´)...    (`ハ´ ;bノ..   |#| `ハ´)
    くニノ リ/ L_|          ̄ヒ´V`Y.         くニヲ””””)7.     く'∞〜ヘ爻.     <;;>つと;
    (_ん〜!、_リ_ソ         ∠二ハ二ゝ      し'〉三Жニ|.       l=廾= とノ.      |三三|
   ,,/";;〈《;;;`く___ゝ            /_!_!_|.         /_|_|_ゝ     /ェ∧ェェェゝ    //|_|_|_|
  〈「'"〈 ;;''"ヘ;(__)           |_|_|         /_/ |_|.     |__ハ__| .       ∪  ∪
      【総兵官】           【副総兵】        【参将】       【遊撃】      【守備】


176 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:15:56 kH6/3EcI0


   ┌──────────────────────┐
   │さて、波乱万丈のすえ                   .│
   │                                │
   │6月22日、義州に到着した【宣祖】だったが・・・   ..│
   └──────────────────────┘
                ___∩
               ⊂「__ 」⊃ やっと着いたニダ・・・
            ,,''""';,<T∀T ||l | | ∧ ∧..
            ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>                /」_∧
            ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧..  ∧_∧     ||Д"  >
               /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,> <メД" >    8二  )
               //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ.... ∪∪ ヽ    || | ヽ
          |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ. . 〈_) J      ||_) J
                      ___ `フ
                 __ /         i
                   / │          /
               / ̄  /          /´
            / ̄    / 咸鏡道  r'´
      / ̄        │       _,.-''´
     /義州         │  _ノ
    ∧●   平安道  │   `i
-‐''"~  `'ー-、_       │   r'
            `i        │  `ー-、
            平壌○    │ __. `ー、
            ,ゝ____/  /    ' ,
          丿            〈         ヽ
          {   黄海道   /\_     \.
          '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
         `ー´       `ゝ京畿道 │       ヽ
                    漢城◎  │         ',


177 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:16:29 kH6/3EcI0


      ┌───────────────┐
      │しかし、義州もまた           │
      │                     ...│
      │ただでさえ混乱状態のところへ    .│
      └───────────────┘

                    ┌────────────────┐
                    │【祖承訓】の軍が            ....│
                    │                       .│
                    │略奪やりやがった もんだから・・・    .│
                    └────────────────┘
 `   .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .゛` ┴ -'⊥ .」_;!_}  /(_;!__;!_;ト、 r─‐-、
  ',:; .::)           て:;;':.          ~゛ ,' ノし': :ヽ..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
 ..:.(ノ            (::..   ,,      `    ((,イ: :  :: :V) ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
. . .::::)            ,ゞ.:.     `    ,.   、ゝ: :   : :(ノ}  \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.;: . .:::: .:ソ          (: :.               ヽ: :: :  : :: :/                      00
:::..::..:(            ):::...              ゝ;:; :;从;ノ               「二^^l
             。   ∧_∧。゚                                | | ;‐i
              ゚  <゚ `Д´゚>っ゚               。   ∧_∧。゚      「二__lニ ニl
                (つ   /   。   ∧_∧。゚     ゚  <゚ `Д´゚ >っ゚       〈/!_| ;‐i
                 |   (⌒)    ゚  <゚ `Д´゚>っ゚      (つ   /            lニ ニl
                 し⌒         (つ   /        |   (⌒)           〈/!_|
                            |   (⌒)        し⌒
                            し⌒


178 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:17:09 kH6/3EcI0


r'´   | 「 ̄ ̄ ̄\
|:.:.  |::ト、  「 ̄! i__|┌┐ ガラ〜ン              ┌───────────────┐
|:.:.  |:: |  |::::::|:.|┴く_ |_                      │やっぱりみんな            ..│
|:.:.  |:. |  |::::::|:. ;  Y´     ┌‐┐.           │                     ...│
ト、:   |:. |  |::::::l:. /   .:|  「了'  ト、  ̄`ー┐  、    │山へ逃げちゃって           │
|:::ヽ厂 ̄ヽ「l |::::::|: {   .:|  斤ト、  | }─、 .:.:|-f´ト、_... │                     ...│
|::::::{三三三i' |::::::| }   .::| ̄ ノ!  \|、|  ヽ,.::|/{_ノ\:::「|...│町はガラガラの状態であった。   .│
|::::/三三三{.::|::::::| ノ_ ┌┴、ノ: |_,」_| |    \:::{ .:.  ̄|...└───────────────┘
Y´三三三/i:::|::::::| || !   \j ト-{:| |⌒ヽ   ヽi .:   |}               |        _/ .:::|:::::|
ノ |三三三i l:::|::::::| || } ;' ;   \TT} | :. .:. }   r┼t,_ .:|{  シーン       |  rl ,イ  |   .:|:::::|
トノ三三三N:::|::::::| {l {,:;'       \| l :. .:. i ト、 ! .:. :. } :||\---r┐n   「ヽ|ト、「 ̄| ̄},..|   .:|:::::|
_ヽ,-、>i|/i |::::::| iエi}rfiュ_______ヽ.| :. :. __|__ヽ,__ ,L_/|_\ :| :| |:! ̄|r| ||l ヽr┴i { |   .:|:::::|
:::::::::| }-イ/ヾ |:rfTヘ、/ヾ,イイ/乂厂/7| ̄/ : |「 ̄ト、 ̄ ̄| ̄}、,.\ ! ̄「i ! |:/||i  / [].:| i | _.:|:::::|
:::::::::| 「i//TT/:V |f三}{三{王/.:{爻}i/V |_,/N」]:ト、,/! V.: : |rfM/ヽ.,\,/|「ト./ :|||イ    l l | i  :|:::::|
:::::::::| |//|.:| |rfT⌒[`YT[乙イ/`ヾ、∧厂} 「 ̄ ̄「i-rュ__ /  ,:\\j:./  ||lノ  [] !/l |:.  ̄|:::::|
:::::::::| |/ i|.:| ||Tユエ/}ri「!7Zユ{,__厶イ /l  i └tTj──‐tTj┘[三三]:.\ ̄`ヽ![_「L_|,「}|   |:::::|


179 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:17:44 kH6/3EcI0


    ┌──────────────────┐
    │それでも この義州に             ..│
    │                           .│
    │国王が留まるつもりだと わかると      │
    └──────────────────┘

             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄\王様の御座所は この義州らしいニダ/
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i , -―- ,       , -―- ,       , -―- ,
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : :..∧_∧   ヽ    .∧_∧   ヽ   .∧_∧   ヽ
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__               <`∀´ .>   }   <`∀´ .>   }   <`∀´ .>   }
                            ⊃⊂ <_.ノ    ⊃⊂ <_.ノ    ⊃⊂ <_.ノ
                             ,'⌒_ )〜     ,'⌒_ )〜     ,'⌒_ )〜
                             レ´ 、_(       レ´ 、_(       レ´ 、_(
           ┌─────────────────┐
           │民衆もだんだんと 戻ってきたし・・・   ...│
           └─────────────────┘


180 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:18:39 kH6/3EcI0


   ┌────────────────┐
   │鴨緑江の上流から 物資を          │
   │                       .│
   │義州に輸送するなどしたので      .│
   └────────────────┘

             ,/"゙       ∧∧ 食料の心配はないニダ
゙''‐ 、        ,..r/    _  <`∀´>  (⌒::)(⌒::)
  (       /厂.       \ヽ (|   |) (⌒::)(⌒::)(⌒::)
   `ー-、  _..r=−        \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
     jll..rク′.           〜`~~~〜~^〜´〜~~〜~^´〜
    u(ll ●義州′
  _jlljll广
  〃               ┌──────────────┐
 l'、                 │少しずつでは あるけれど、   ....│
  l}                 │                   .....│
                   │民心が安定していくのだった    .│
                   └──────────────┘

    ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧
   く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩ 
    (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ
    し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J

    ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧
   く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩
    (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ
    し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J


181 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:19:20 kH6/3EcI0


           ┌─────────────┐
           │また、ありがたいことに     │
           │                    │
           │到着からわずか2日後の  ......│
           │                    │
           │6月24日には           .│
           └─────────────┘

                            ┌───────────────┐
                            │明将【郭夢徴】が                │
                            │                     ...│
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄||....│銀2万両を下賜するため      ...│
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄.│                     ...│
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄|.....│【宣祖】のところに やってきた   ....│
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄.└───────────────┘
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'
       r―-、__r―-、
      |―‐z__,r:、__).    彡仝
      |  |   /  /___r-、 彡γ´ ̄ ̄`ヽ               ___∩
.      >―-、__ノr―‐┴' 彡| 「ニ参ニ|                 ⊂」__│⊃
   ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ.. ∠くノ `ハ´)                  <`∀´ >
../           \    `〇. く~((二つ)ニ)            ⊂| ̄ ̄    \
|                 ヽ .        ̄ヒ´V`Y                  」_| 宣祖 |  \
|   皇賜銀2万両   |.        ∠二ハ二ゝ                   |    |__| ←わざわざ
ヽ             /        /_!_!_|..                  |_____|     屋敷の外に出て出迎えた
 \_______/         |_|_|              (_)(_)
                         【郭夢徴】


182 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:19:55 kH6/3EcI0


                             ┌─────────────────┐
                             │【宣祖】は この銀の一部を         .│
                             │                         .│
   ~゙''   .,.'  iヽ./\/ i ゙'、''"_,,、 ''".         │いままで従ってくれた臣下に与え、    │
  ~゙ ''  -,'   !II !!.II !!.IIi.   ゙"~ - '' "~.       │                         .│
.- ------!   〉====〈   i----- --.      │残りを 手柄を挙げた者への         .│
   ,.   ''、  .rY三・三Y'i.  ,'~.,"''   、、      │                         .│
 ''" ,、 ''",,.゙ 、.!i!: i| ! :i!i , ."゙' 、゙ '        │報奨金用に とっておくのだった      │
    ,. ''" //゙レ!:.-=- ;!J".\゙ヽ, ゙' 、.        └─────────────────┘
     / /_r'7')=-=(i-、_゙、\ .ヽ
    /. rrn ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                       r―-、__r―-、
      |.!.!.イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵                         |―‐z__,r:、__).
     .i! r K, |..\|/      \.                           |  |   /  /___r-、
     i 〉ーく ト /  _____|                             >―-、__ノr―‐┴'′
     |i i ゙i |......| //__  ___ |                      ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
      || | ,リ..  | / /  \/  ||                        /           \    `〇
     !! ''"   |6---|  ・  || ・ ||                    |              ヽ
      ..     |  \_/ ) __/ |           ∩ この皇恩は、ウリナラある限り  |
           |    ___ |         ⊂| ̄ ̄|⊃   けっして忘れませんニダ・・・ /
            \   \_ノ ノ           <TДT >(⌒,).     \_______/
              \____/         と入__とノ`、」


183 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:20:25 kH6/3EcI0


┌───────────────────┐
│もっとも、手柄といっても             │
│                                ..│
│いまの朝鮮宮廷に                  │
│                                │
│明軍を頼る他に 戦略があるはずもない。   .│
└───────────────────┘
                 ∧,,__∧
         ∧,,∧    <`Д´;..> ∧_,,_∧
       /<;`Д>   (    _ <;   > 天朝におすがりするニダ・・・
     ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
   ./<;`Д´>/        <;   >ィ l .|
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||


184 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:21:00 kH6/3EcI0


               : : : : : : : : : : : : : : _../'''⌒゙'、        \
                : : : : : : : : : : : : : : 〕       \__     _丿
                : :: : : : : : : : : : ┏┛         `'―ー-′
             : : : : : : : : : ┏┛
             : : : : : : : ┏┛       ┌────────────────┐
        寛奠堡   : : : : ┏┛         │その明軍も ほとんどは         .│
鳳凰城    ○     ┏━┛           │                       .│
○         ┏━━┛               │いったん引き上げてしまい         ..│
       ┏━┛                     │                       .│
   ┏↑┛                         │いま朝鮮に 居なかったりする      ..│
 ┏┛●義州              __ノ      └────────────────┘
 ┃            寧辺 ノ      /              ____/゙
ー⊿_      定州      ○/    _,,.―′         __/
   \     ○      __ノ     _/           /
     レ'´ ー 、_ ___,,..-''"○ ___ l′            (
           了    (                 │
           │    |    _/         广
           / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿    ■_丿       亅        `ーー 、
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿         ヘ、


185 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:21:32 kH6/3EcI0


┌───────────────┐
│不安になった【宣祖】は         │
│                        │
│相変わらず亡命を 言い続ける   .│
└───────────────┘
            __∩∧_∧
             ⊂」 __<`Д´; > やめるニダ!
 天朝へ行くニダ> <`∀´ > と  ゙i  ))
  内附するニダ> と(,   U Λ_゙iΛ)
                  Y ,r'<TдT; >⌒⊃゛,,゛
               フ_)と_____⊃゛,,



    ┌─────────────────┐
    │はやいところ 何とかしないと         .│
    │                         .│
    │落ち着かなくて どうしようもない。    ...│
    └─────────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!   ∧,,__∧ ・・・・・・  !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧    <`Д´;..> ∧_,,_∧  !i!i!|||ii| |||
!i||..    /<;`Д>   (    _ <;   > ・・・・・ !i!||i
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
   ./<;`Д´>/       <;   >ィ・・・・・・
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||


186 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:22:01 kH6/3EcI0


              ┌────────────────┐
              │というわけで朝鮮側は           ..│
              │                       .│
  彡仝.           │必死になって 明朝文武官に       .│
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.     │                       .│
  彡| 「ニ副ニ|     │平壌奪回を お願いするのだった   ..│
  ∠くノ `ハ´)      └────────────────┘
    く~((二つ)ニ) 上国と貴国は 唇亡歯寒の関係アル
    ̄ヒ´V`Y
   ∠二ハ二ゝ.           ∧_∧   ∧_∧
     /_!_!_|           <`Д´; >... <`Д´; > 進軍していただきたいニダ
     |_|_|          ⊂   ⊂). ⊂   ⊂)
    【祖承訓】.          (__..(__ ̄).....(__..(__ ̄)



            ∧γ7
            ||=|(
    ("⌒) ,,∧,  州.人ゝ
   ノγ" ̄)‖(Y . ┃.
  γ"'| lニニ参ニl  ┃ 兵糧があるなら いつでも進軍するアルヨ
     Lノノミ`ハ´) ┃
     くニヲ””””)7つ           ∧_∧   ∧_∧
     し'〉三Жニ|. ┃.            <`Д´; >... <`Д´; > 平壌を取り戻して欲しいニダ
      /_|_|_ゝ .┃          ⊂   ⊂). ⊂   ⊂)
      /_/ |_|  8            (__..(__ ̄).....(__..(__ ̄)
     【郭夢徴】


187 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:22:30 kH6/3EcI0


            ┌────────────────┐
            │一方、奏請使【鄭崑壽】も           .│
        ○.     │                       .│
「 ̄l二ニ=-┃     │やっと北京に向けて出発し        .│
{  {     ┃     │                       .│
L_二ニ=-┃     │明朝中央政府に 救援を求める      │
       ┃.     └────────────────┘
        ┃ ∧_∧....
     _. ┃<`Д´; >     ____
   /  ヽ⊂       )__/´   /
 ∠     //⌒ヽ   )/|   /
    \ | ̄ ̄ ̄ ̄  ∧∧ /
   <∧|____<〃マヽ>
   <{{><}}>  <{{><}}>
   <ヽ.ムノ' >  <ヽ.ムノ'>
      ∨∨       ∨∨
     奏請使【鄭崑壽】


188 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:23:33 kH6/3EcI0


       ┌─────────────────┐
       │また、遼東に渡った【李紱馨】も・・・  ......│
       └─────────────────┘
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌─  陽 遼   ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!.
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l.
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄.
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l.
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'


189 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:24:16 kH6/3EcI0


               / ̄ ̄\
              /  ヽ、   \  お願いでございます!
              (>)(< )    |   老爺のお力を持ちまして、小邦をお救いください!
              |  |   u.   |
     .          l __`___  U  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                }__}  U .|            ヽ
                 {         ./  /          ヽ
             /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\    ノ
           / /     ./  /   /  /  /
          / /      /  /  /  /  ∠_,-
         / /        /  /  (__/  ∠__,- 丶 ←まだ平壌陥落を知らない
     ⊂二⊂ノ      .⊂二_ノ     (________ヽ
                     請援使【李紱馨】



      , ──── 、
   /   / ⌒ヽ⌒ヽ\
  /   , -|   ・|・  |ヽヽ
 /   /   ` ー ●ー′ ヽl    よし、わかった。
 l  /   二    | 二  |
 |   l    ─   | ─  -、    すぐに早馬を出して
 l   |         |    __ ノ     皇帝陛下に上奏しよう!
 ヽ ヽ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
   〉━━━━━O━━〈
  /    / ___ ヽ  ヽ
 /    |  ヽ    ノ | l◯
 ◯/   `ー‐<⌒ヽ─  ヽ
   l      |  |     l
    ` ー──く __ノ── ´
   遼東巡撫【カク杰】


190 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:24:51 kH6/3EcI0


               / ̄ ̄\
              /  ヽ、   \ 恐れながら、事態は一刻を争うのです!
              (>)(< )    |   なにとぞ 老爺のお力を持ちまして・・・
              |  |   u.   |
     .          l __`___  U  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                }__}  U .|            ヽ
                 {         ./  /          ヽ
             /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\    ノ
           / /     ./  /   /  /  /
          / /      /  /  /  /  ∠_,-
         / /        /  /  (__/  ∠__,- 丶
     ⊂二⊂ノ      .⊂二_ノ     (________ヽ



     , ────  、
   /    / ⌒ヽ⌒ヽ\
  /    , -| /・|・ヽ |ヽヽ   そりゃ、助けてあげたいのは
 /   /  ` ー ●ー′ ヽ    やまやまだけどさ、
 l  /     三    |  三.  |
 |   l         └─-、 l   官僚が勝手に兵を動かしちゃいけないのは
 l   |  /´⌒\ ___ ノ /      あんただって解ってるだろ?
 ヽ ヽ ヽ、_____/ /
   〉━━━━━O━━ー◯   なるべく急いで上げるから
  /   / ___ヽ  /     ムリ言うんじゃないよ!
 /   | ヽ    ノ | |
 ◯/   `ー‐<⌒ヽ─  ヽ
   l      |  |     l
    ` ー──く __ノ── ´
    遼東巡撫【カク杰】

                                 / ̄ ̄\
                            /  !、.     \
                           (●)(● )    |
               はっ、なにとぞ       | |    U |
                            (,___`__       |
             よろしくお願いします・・・ .|     .u  |
                              |       ,r'
                               ヽ__  ,r'
                               /   ⌒  \
                           / // / _, ゙i
                          と_ッ_と_,r'_(___つ


191 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:25:27 kH6/3EcI0


                   _                 _
                    | |                    | |
二二二二二二二二二二| |                    | |二二二二二二二二二二
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||∧|||||||
       / ̄ ̄\
      /     .ノ  \
      |    ( ●)(●)
.      | U    | |    でも北京を経由したら
       |       __´___ノ      いったいどれくらいの時間がかかるのか・・・・
.       |  u.     }
.       ヽ       }
        ヽ     ノ       それまで平壌は保つのでしょうか!?
      /  ⌒゚ '"'"´
     / ,_ \ \\ \
      と___)_ヽ_つ_ヾ_つ             ※すでに陥落してます

    ┌───────────────────┐
    │しかし、あきらめきれない【李紱馨】は・・・    │
    └───────────────────┘


192 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:26:02 kH6/3EcI0


        ┌─────────────┐
        │一日に六度、手紙を         .│
        │                    │
        │遼東巡撫【カク杰】に送り     │
        └─────────────┘
                   _                 _
                    | |                    | |
二二二二二二二二二二| |                    | |二二二二二二二二二二
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||||||||||
||||||||||| |                    | |||∧|||||||
        / ̄ ̄\
      /   _ノ #\
      |   (○) (O)     お願いでございます!
.      |.   .||   | |   \  老爺のお力を持ちまして、小邦をお救いください!
       |    ノi ___´__}  \ \
.       |   し' !   |}         お願いでございます!!!
.       ヽ    ´  ̄`}    __
        ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\
      /  ⌒゚ '"'"´(;          \
     / ,_ \ \\ \          }て・,‥¨     ビターン
      と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .
     請援使【李紱馨】      ゚ 。  YY ̄ ̄YY        ビターン
                         ・; ∵ .
                            .
       ┌─────────────────┐
       │終日 門前で 泣きじゃくりながら     ...│
       │                         .│
       │出兵を請い続けたのである。        .│
       └─────────────────┘


193 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:26:41 kH6/3EcI0


  ┌─────────────────┐
  │そして、この必死さが             │
  │                         .│
  │【カク杰】の心を 動かすのだった。     .│
  └─────────────────┘
             ー…―― 、                         アイゴー!アイゴー!>>
          / /<ハ/⌒> `>、
         / 斗 → l ←  l    ヽ
        , /  ゝγ⌒ヽ_ノ ヽハ   `  ・・・どうやら朝鮮にも
       , , ー― 、ゝr イ __.U ヽ  ヽ
      , , ー―-   !  ___   ',   ,.    【申包胥】が居るようだ。
      lY   /   !  、   `ヽ  ,  .|
      ', /⌒       !   > 、   l ,:
       ヽ乂__ ー┴一 、_   ヽ  , /   滅ぶに任せるのは
          \          > 、 ル
          にニニニニニニニニニう        忍びないなぁ・・・
          / γ∠ニム――<――{
         ,  / ゝΩノ     V  ヽ
           遼東巡撫【カク杰】


194 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:27:19 kH6/3EcI0



          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |−、 ヽ   よし!なるべく手持ちの遼東の兵を
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
     l /  .二    |    二  ヽ l   送る様にしてあげるよ
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
   l    /         \    |
       遼東巡撫【カク杰】


   / ̄ ̄\
 /   「    \  |_
 |    ( ○)(○)  /
. |       | |  >
  | u   ___´___ノ   \  くぁうぇdrftgyふじこ
  |     |vvv|ノ          ↑
.  |      `^^´}         ( 感謝しようにも、泣き過ぎて声が出ない )
  ヽ_.   l~~iノ p~~i
   ( \/ / 卜 /
   |\  /  .| /


195 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:27:43 kH6/3EcI0


            . ‐─‐-
          / , ⌒Y⌒ヽ ` .
        , ' , ィ  ・|・  }    ヽ  国を思う気持ち、救国の思いは
.        / メ 、 `ー● ー '` .   ',
       ┼'┼-`   l  -──ヽ   }
       l' -ヽ─  l   ──‐ァ }. | 士大夫なら誰でも同じだからね
.        ',  \  |  ──ナ i  ノ
          \   ̄ ̄ ̄ ̄  //
        ⊂ニニΘニニニつ´
       / /     \   `ヽ
        遼東巡撫【カク杰】



               / ̄ ̄\
              /  ヽ、   \  くぁうぇdrftgyふじこ
              (>)(< )    |     くぁうぇdrftgyふじこ
              |  |   u.   |
     .          l __`___  U  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                }__}  U .|            ヽ
                 {         ./  /          ヽ
             /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\    ノ
           / /     ./  /   /  /  /
          / /      /  /  /  /  ∠_,-
         / /        /  /  (__/  ∠__,- 丶
     ⊂二⊂ノ      .⊂二_ノ     (________ヽ


196 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:28:16 kH6/3EcI0


       ┌────────────────┐
       │と、ホンマかどうかは知らないが     │
       │                       .│
       │こんな具合で               .│
       └────────────────┘

                        ┌─────────────┐
                        │遼東の文武官は         .│
                        │                    │
                        │平壌奪回のための出兵に  ....│
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i |. │                    │
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ │前向きであり・・・           │
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l. └─────────────┘
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄.
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l.
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'


    ┌────────────────────┐
    │7月始めには 【祖承訓】を中心とした兵5千が ..│
    │                            ....│
    │ふたたび国境を越え 義州に入った         │
    └────────────────────┘
                      ∧γ7
  彡仝                      ||=|(
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.     ("⌒) ,,∧,  州.人ゝ
  彡| 「ニ副ニ|    ノγ" ̄)‖(Y . ┃    ,. ‐‐‐‐マ
  ∠くノ `ハ´)    γ"'| lニニ参ニl  ┃..   l~游lヽゝヽ
    く~((二つ)ニ)..    Lノノミ`ハ´) ┃   (`ハ´ ;bノ
    ̄ヒ´V`Y.      くニヲ””””)7つ    く'∞〜ヘ爻
   ∠二ハ二ゝ.       し'〉三Жニ|. ┃    l=廾= とノ
     /_!_!_|        /_|_|_ゝ .┃     /ェ∧ェェェゝ
     |_|_|       /_/ |_|  8...   |__ハ__|
    【祖承訓】.      【戴朝弁】     . 【史儒】


197 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:28:52 kH6/3EcI0


          ,.,、-------::、..
       ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、     ┌────────────────┐
      ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,).    │ところが問題は、兵糧である。    ....│
      .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|     │                       .│
       l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|      │腹が減っては、戦はできないのだ  ....│
        'l,             ,/.      └────────────────┘
        \          /
          ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙.
          ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙





                   ┌──────────────┐
                   │特に明朝の北兵は        ...│
                   │                   .....│
            ∧γ7     │騎兵が中心なので        ....│
            ||=|(     │                   .....│
    ("⌒) ,,∧,  州.人ゝ    │馬のメシまで用意するのが   ....│
   ノγ" ̄)‖(Y . ┃ .       │                   .....│
  γ"'| lニニ副ニl  ┃ .       │大変なんである            │
     Lノノミ`ハ´) ┃ .       └──────────────┘
     くニヲ””””)7つ
     し'〉三Жニ|. ┃  兵糧さえ用意してくれれば
      /_|_|_ゝ .┃   いつでも進撃してやんよ
      /_/ |_|  8

             ∧              ∧
             |__|                |__|
              ||                 ||
           北 ||              北 ||
          (`ハ´)')  ∧_      (`ハ´,,)')  ∧_
          |  つ| / ・_)       |  つ| / ・_) 馬糧も用意するアルネ
        γ⌒!"(,, ノ"!´  /   γ⌒!"(,, ノ"!´  /.
     彡  、_|___ヽ_)_,l   ノ   彡  、_|___ヽ_)_,l   ノ
       〉 ,〉〈   〉 〉〈         〉 ,〉〈   〉 〉〈
       (__/ヽ_)   (_/ヽ_)     (__/ヽ_)   (_/ヽ_)
                    `     '


198 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:29:18 kH6/3EcI0



     ┌─────────────────┐
     │そして、その兵糧調達のため      ....│
     │                         .│
     │持病の痔病にもめげず          ..│
     │                         .│
     │走り回っていたのが【柳成龍】だ      │
     └─────────────────┘
                      / ̄ ̄\
                     /  ヽ、_  \
                    (●)(● )   | いまは 自分のケツより
                    (__人__)     |   国家の大事だろjk
                       (`⌒ ´     |
       .ィ:::::.:.イ      .     {           |
     /ノ;;;//::::i::         {        ノ
    / ::::::::::...ノヽ,,,/         ヽ     ノ  ←このあと痔が悪化して寝込む
   ./ ゝ ... .ll::::::::巛\ .      ノ     ヽ
   / .::: :::::::::ll:::::::/:::::::::ヽ. _ノ ` ⌒´       `7ー;、
  ヽ :::: .:::::::ll::::ノ:::::::::::::::::::::──_ ' | .|  || {⌒Yィ 、 ソ
  / :::: :::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::  ノ .L__j,-Lノ  `^ー\\'' ヽ
  /   :::: ◇:::::::::::::::.. ::..     :::::丶:ヽ    `‐'/...::::.....   \\、ハ,
 / :::::...- ノヽ::::::::::::::::::.. ::::..     ::::: ;;l,__.>ー −7::::\:::    ^ <  て ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,,,,.
 ゝ ⌒)ノ   \:::::::::::::. ::::::..    .: :::::__,∠    /:::::::::\   ::::./'Y''~ヾ:::::::::::::,,,,,,,,,,,:::::::::::::::::
 \_ノ      ヽ::::::::::..      ..:: :::::、 // `Y:::::::::::.. ....:::::::::::::::::::  ;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::
           ):::::::::::    ..:::::  ::::ゝ__ノ7ノ-- ̄~::::: ...:::::::::::::: ::::/''';;;;:::::;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;;;;;''
          /:::::::::::::::   ...:::.. .::::::/ /i;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::/  ''''' ;;;;,,,  ''''''''...;;;.;;
         (:::::::::::::::::......::::::::::::.......::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::......::::::::::/       ''''''''';;;;;;;;;;;;;,,


199 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:29:43 kH6/3EcI0


                  ┌─────────────────┐
                  │なんとしても明軍のため          .│
     jll..rク′            │                         .│
    u(ll ●義州         │義州から平壌までの進軍ルートに    .│
  _jlljll广                │                         .│
  〃                    │兵糧を準備する必要がある        │
 l'、                └─────────────────┘
  l}                          L....               ,,-′
-む                       __   _..,,_..、  「             ./′清川江
''t 、                    ''''′ ` ''''‐‐..〉            ..-'′
 ゙'`'l_   _       宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ●                ,'     ○  /
       〉  ..、 ''lゝ、          定州     嘉山ィ′      ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_   ,,   ●     ● 〕     _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""●安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/            ヽ、
                         ┬′ _          丿       、
┌────────────┐      . しっnl′         ヽ       ゙'、
│【柳成龍】は           .│        .〈             `ー       /
│                  │        .丿             ヽ ,,  ,,..__j′
│必死になって          │      ._/              _,〃"゙''′
│                  │    . _ノ゙''-              ''、
│駆けずり回るのだが・・・    │  ....│                ヘ 大同江
└────────────┘   . r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ■广‐'"´  、
                      /         ィメ冖′


200 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:30:12 kH6/3EcI0


    ┌─────────────┐
    │これが なかなか          │
    │                    │
    │うまく いかないんである。  ......│
    └─────────────┘
        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \  くっー
      |    ノ´     /)゚o |  こんなに大変とは・・・
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ    ┌───────────┐
      .',  ヽ、 .   /.     │これは当初         │
        \  .     ヽ、    │                │
         \      |.i...   │【柳成龍】の見通しが   .│
           |    .   | |..   │                │
                         │甘かったせいもある     │
                         └───────────┘


201 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:30:47 kH6/3EcI0


      ┌───────────────┐
      │最初【柳成龍】は          ......│
      │                     ...│
      │兵士1人あたりの1日の兵糧を  ....│
      │                     ...│
      │穀物1升と見積もっていた。    ....│
      └───────────────┘

      ,.,、-------::、..          ,.,、-------::、..          ,.,、-------::、..
   ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、     ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、     ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、
  ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,).   ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,).   ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,)
  .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|    .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|    .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|
   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|.   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|.   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|
    'l,             ,/    'l,             ,/    'l,             ,/
    \          /       \          /       \          /
      ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙.           ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙.           ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙
      ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙              ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙              ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙

       ,.r''"`゙```゙゙`゙''ヽ、
     \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./    ┌──────────────────┐
       \         /      │朝鮮の1升は 日本の3分の1だから     .│
        \       /       │                           .│
.         }l≡≡≡l{          │1日 どんぶり飯3杯半くらいである      │
          ¨¨¨¨¨¨¨            └──────────────────┘


202 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:31:23 kH6/3EcI0


   ┌────────────────┐
   │これだと                   .│
   │                       .│
   │一日1500〜2000キロカロリー  .....│
   │                       .│
   │しか無いから・・・               ...│
   └────────────────┘

┌────────────────────────────┐
│        ! ̄ ̄ ̄ ,!                            │
│         ゝ__川ノ 天兵様、                      │
│    ∧_∧ / /   今日の分の食料ニダ!             │
│   < *`∀´>/                               .│
│                                         .│
│               ∧∧                      ...│
│              /明 \   これっぽっちじゃ        .....│
│   ゚ 。 ∧,,_∧ ゚。 と(`ハ´ #)つ   足りないアルヨ!           ..│
│  ゚ ・<`Д(:::∩  と      )                      │
│    (つ    ノ    ̄ ̄と_)                     │
│     ヽ ( ノ                                │
│      <_)し                               .│
└────────────────────────────┘

     ┌───────────────────┐
     │肉体労働者としては、ぜんぜん足りない  ......│
     └───────────────────┘





      ┌──────────────────┐
      │兵士というのは、大食いなんである。   ....│
      └──────────────────┘

      ! ̄ ̄ ̄ ,!      ! ̄ ̄ ̄ ,!       ! ̄ ̄ ̄ ,!      ! ̄ ̄ ̄ ,
       ゝ__川ノ        ゝ__川ノ        ゝ__川ノ        ゝ__川ノ
  ∧_∧ / /     ∧_∧ / /    ∧_∧ / /     ∧_∧ / /
 (  `ハ´)/     (  `ハ´)/     (  `ハ´)/     (  `ハ´)/

         ! ̄ ̄ ̄ ,!      ! ̄ ̄ ̄ ,!       ! ̄ ̄ ̄ ,!      ! ̄ ̄ ̄ ,
          ゝ__川ノ        ゝ__川ノ        ゝ__川ノ        ゝ__川ノ
     ∧_∧ / /     ∧_∧ / /    ∧_∧ / /     ∧_∧ / /
    (  `ハ´)/     (  `ハ´)/     (  `ハ´)/     (  `ハ´)/


203 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:31:54 kH6/3EcI0


                 ┌─────────────────┐
                 │途中で それに気づいた【柳成龍】は  ....│
      ________         │                         .│
   /) / .)  \.      │1日どんぶり5杯半で             │
   / ./::/ ./::/ )U\ .     │                         .│
   l .l/ // ∠___ |.     │計算し直した。               ...│
   l / / / _、,,.ノ |    └─────────────────┘
  r      /___)  |
  /     /     |  あちゃー、こんなに必要なのかよ・・・
 /     ノ     |
 {    jヽ      /     デスクワークばかりだったから
 .|    i  >    人_       わからなかったろjk
  |   |/   ̄     ヽ
  .|   |        ィ ヽ

      ,.,、-------::、..          ,.,、-------::、..          ,.,、-------::、..
   ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、     ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、     ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、
  ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,).   ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,).   ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,)
  .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|    .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|    .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|
   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|.   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|.   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|
    'l,             ,/    'l,             ,/    'l,             ,/
    \          /       \          /       \          /
      ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙.           ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙.           ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙
      ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙              ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙              ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙

      ,.,、-------::、..          ,.,、-------::、..
   ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、     ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、
  ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,).   ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,).      ,.r''"`゙```゙゙`゙''ヽ、
  .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|    .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|     ,,,.r''" ∴ ∴ ∴ ∴ヽ,,
   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|.   l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|.....  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./
    'l,             ,/    'l,             ,/       \          /
    \          /       \          /         \       /
      ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙.           ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙.            }l≡≡≡l{
      ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙              ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙                ¨¨¨¨¨¨¨

        ※ちなみに当時の日本軍は1日どんぶり飯6杯が常識


204 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:32:30 kH6/3EcI0


                       :;:, .:.         ,'
          パチパチ…    . . .:', .:.        (:'
                .::... .   . .':::;:, .:.      ',  ))
          ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:     }  /(
         ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'   ,' ノし': :ヽ   バン!
           _ .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :.((,イ: :  :: :V)_
       _______|二l',:; .::)           て:;;':.、ゝ: :   : :(ノ|__
        |土土| ..:.(ノ            (:: ┌───────────────┐
        |土. . .::::)            ,ゞ.:. . │しかし、どこもかしこも          .│
        |土.;: . .:::: .:ソ          (:.土土│                     ...│
       . ::.: :::..::..:(            ):::... │乱民の略奪を 受けた後なので    .│
        |土土土土土土土土土土土土土.....│                     ...│
        |土土土土土土土土土土土土土.....│どうしても必要な量が          │
        |土土土土土土土土土土土土土.....│                     ...│
      |J : : : : ,.'⌒ヽ: : : : : :,.'⌒ヽ : : : : : : :│用意できないのである。         ....│
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : :...└───────────────┘
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : ;  ノ) ...人 Λ', ¨不¨¨ : レ|
      |J : : : : lニニゴ: : : : : :lニニゴ : :∫ /( ト|<(__)>ト|: :|「l|.:.: :.:レ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :;: ノし:::::::ヾ:; .l∨l l ト|: :`¨ : : : レ|
      |Jュェュェュェュェュェュェュェュェュェ..((イ::::   :::ノノ 喫ェョト|ュェュェュェュレ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ::::   ::从.|_j_,!_l_ト| : : : : : : :レ|
                         :ヽ::::  :::丿;
                          ゝ人ソ         / ̄ ̄ヽ      / ̄ ̄ヽ
                           ‖.      ∧_,,∧ 略奪 i   ∧_,,∧ 略奪 i
                     ..∧_,,∧ ‖.     < `∀´ >    ノ  < `∀´ >    ノ
                     < `∀´ >つ      (つ とく__,;;ノ    (つ とく__,;;ノ
                     (つ   /.         `/⌒__)〜     /⌒__)〜
                      |   (⌒)        レ' ゝ(        レ' ゝ(
                      し⌒  ̄


205 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:33:01 kH6/3EcI0


    ┌──────────────────┐
    │7月11日、そんなこんなで【柳成龍】は    │
    │                           .│
    │定州で大いに悩んでいた           │
    └──────────────────┘
              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ      どうしたらいいだろ?
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、    定州・嘉山は 何とかなったけど
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ   安州から先が どうにもならんだろ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l   何とかしないと・・・
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }   ┌────────┐
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l    │と、そこへ・・・  .....│
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ..  └────────┘
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ  【柳成龍】


206 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:33:34 kH6/3EcI0


      ┌────────────┐
      │わけのわからん吉報が  .....│
      │                  │
      │届くのだった。        ...│
      └────────────┘

           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  兵糧がきたニダ〜!
               c<`∀´>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄


  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  /
              <丶`∀´>つ   この定州に 穀物1200石が届いたニダ〜!!!
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ    ―=ニ三
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ._ _ _
..(ヽl_l_ll_l,l
  ヽ  r
  │ |
   |/ ̄ ̄\
 /    \ ノ
 |    ( ●)(●) 何言ってんだ!
 .| ノ(  (__人__)
  | ⌒    ` ⌒´ノ  そんな夢みたいな話 あるわけ無いだろ
  .|         }     常識的にだ考えて
  .ヽ        }
   ヽ     ノ       ┌────────────┐
   l/   く            │ところが、この吉報は     │
   |    |           │                  │
    |    |          │本当だったんである!     │
  【柳成龍】            └────────────┘


207 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:34:08 kH6/3EcI0


       ┌──────────────────┐
       │なんと、まったく偶然に            ..│
       │                           .│
       │日本軍の侵攻で 行き場を失った      .│
       │                           .│
       │牙山からの税穀 輸送船が          │
       │                           .│
       │この定州ちかくに 着岸したのである!  ....│
       └──────────────────┘
           ∧∧                        ∧∧ 漢城にも平壌にも行けないから・・・
     _  <`∀´>  (⌒::)(⌒::)            _ <`∀´>  (⌒::)(⌒::)
     \ヽ (|   |) (⌒::)(⌒::)(⌒::)          \ヽ (|   |) (⌒::)(⌒::)(⌒::)
        \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/          \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
        〜`~~~〜~^〜´〜~~〜~^´〜          〜`~~~〜~^〜´〜~~〜~^´〜

                   ∧∧                       ∧∧ こっちに来たニダ
             _  <`∀´>  (⌒::)(⌒::)           _ <`∀´>  (⌒::)(⌒::)
             \ヽ (|   |) (⌒::)(⌒::)(⌒::)         \ヽ (|   |) (⌒::)(⌒::)(⌒::)
                \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/         \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                〜`~~~〜~^〜´〜~~〜~^´〜         〜`~~~〜~^〜´〜~~〜~^´〜
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \  うおぉぉぉ何というタイミング!
. |   o゚ (__人__)  __       奇跡だろjk
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \      しかも船なら 水路つかって
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨  そのまま安州にも運べるだろ!
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \
  【柳成龍】


208 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:34:39 kH6/3EcI0


  ゝ、__/          `                         _..-''"
  /◎義州               __ノ                      >
 丿            寧辺 ノ      /              ____/゙
ー⊿_      定州      ○/    _,,.―′         __/
   \     ●      __ノ     _/           /
     レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′            (
           了  ◎安州                │
           │    |    _/         广
           / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿    ■_丿       亅        `ーー 、
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿         ヘ、
        'ヘ..- 、 l ■黄州        j′          ゙ゝ
           /''‐' ̄l′         _    丿            ヽ、
      _厂     廴____    |   丿              '、
     丿      \        丿   |    /            廴
    _,,..l─''' ̄     _丿      |     廴  /       |       ゙'、
    ` ゙̄‐‐'⊃    _     丿開城   |__丿       丿 ___     ''、
       「__   │ \   ___| ■ _/      __∠/         "'、
          \_丿    ̄∨  \_/       ノ             \
                        ⊿>_■漢城 /                ヽ、
                         |  ゙'''─-宀-、   丿               │
                      "l       ゙L广                ヘ、
                       亡       \                  '、
                          廴        ヽ、              'ゝ
                        ノ''' ̄\>          丿                │
                 { ̄     | ◎牙山 丿   ノ                │
                 ~~"V   丿      丿                      丿


209 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:35:10 kH6/3EcI0


                 __
                    /ノ ヽ\    + これぞ まさしく天佑神助!
    m n _∩  * 。゚((●)(●))゚。        ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)       |::⌒(__人__)⌒::::|      ( _⌒二⊃
     \ \.       |  |   .|    |  * / /
       \ \.    |   |r┬-|   |    / / 天は言っている!
        \ \+ .|   `ニ二'   |.  / / ウリナラは ここで死ぬ運命ではないと。
           \ \. ヽ       / / /
           \ \ヽ  _   / /
             \  ̄`  , ' ̄ /
             /          /
              【柳成龍】


     .r-、       / ̄ ̄\
    /て )     /    \ /    よし!定州に200石
    ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)       嘉山に200石
    ゝ、 〈     |    (__人__)
    / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ   残り800石は とりあえず船上で待機させ
    /〃 ヘ  \ .   |           }    安全を確認したら 安州に運ぼう!
   i !   \  ` ーヽ       }
   丶丶   _ >   ヽ    ノ、      ともかく兵糧は 確保できたろ
       ゝ'´- 、_  y-、       \
     〈      ̄  う       /、  ヽ
        `ー― ¬、__ノ     |  >  /
            |      r'^ヽ'´ _/
             |      `く__ノ´
       ┌─────────────────┐
       │というわけで                  .│
       │                         .│
       │ようやく兵糧の準備が整ったところ・・・  .│
       └─────────────────┘


210 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:35:44 kH6/3EcI0


┌────────────────────┐
│またしてもタイミングよく                │
│                            ....│
│朝鮮宮廷に 奇跡的な吉報が届くのだった   ...│
└────────────────────┘
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\


211 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:36:10 kH6/3EcI0


           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  主上〜!平壌の倭賊が〜
               c<`∀´>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  / 7月13日、平壌の倭賊の大部分が
              <丶`∀´>つ    漢城に引き上げたニダ〜!
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ    ―=ニ三
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ      ┌────────────────┐
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒).        │なんと、いま平壌に日本軍は     ...│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄.    │                       .│
                                  │ほとんど居ない というのである!   .│
                                  └────────────────┘


212 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:36:40 kH6/3EcI0


         ┌───────────┐
         │創造図もとい想像図  ......│
         └───────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                    n_rl_n_n_n_n_n_n_n_h_n
h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n_n_|     ____     |_n_h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n
                  |     |l 壌平 l|     |
                    |  〃ニニニニニヾ  |
                      |  | | 〃゙゙゙゙゙。゙゙゙゙ヽ | |  |
                  |   .| | |         | | |.   |
──── ─── ───|   | | l         l | |   |────── ─── ─
                      ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy、
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                  ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
             __,.ヘ /ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ  漢城に戻るモナ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /  `      \/      /         \   /        \
  . |  o    o    |  o    |  o    o    | o|  o    o    | 漢城に戻るモナ
  |    r┐     |    r┐ .|    r┐     |┐ |    r┐     |
.   |    ,!-l、     |     ,!-l、 .|    ,!-l、     .|..l、 |    .,!-l、     |
   \         /\      \         /  \        /
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ∩___
    ⊂「__ 」⊃ よし!すぐに天将に知らせるニダ
      <;`∀´>
    /     ̄ ̄|
  /  | 宣祖 |_」.         ∧_∧
  |__|    |           <∀´ゝ〉> ニダァ!
      |_____|           / y(⌒と)
      (_)(_)        し( ヾ  〉


213 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:37:08 kH6/3EcI0


    ┌─────────────────┐
    │さっそく朝鮮側は               │
    │                         .│
    │明将に 平壌奪還を頼むのである      .│
    └─────────────────┘

  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
  彡| 「ニ副ニ|  ふむ、それで残った賊の数は?
  ∠くノ `ハ´)
    く~((二つ)ニ)
    ̄ヒ´V`Y..             ∧_∧
   ∠二ハ二ゝ.           <∀´ゝ〉> 1千〜2千程度ニダ!
     /_!_!_|           / y(⌒と)
     |_|_|              し( ヾ  〉
    【祖承訓】



  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
  彡| 「ニ副ニ|  賊は どんな武器を使うアルか?
  ∠くノ `ハ´)
    く~((二つ)ニ)
    ̄ヒ´V`Y..             ∧_∧
   ∠二ハ二ゝ.           <∀´ゝ〉> 長剣だけニダ!
     /_!_!_|           / y(⌒と)
     |_|_|              し( ヾ  〉
    【祖承訓】



 *     +    巛 ヽ
            〒 ! よしっ それなら勝てるアル!
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     + +    巛 ヽ  *
       ∧_∧ / /                      〒 !
      (`ハ´ / / +  ./ 》〉   。      +     。  |  |* 出撃して
      ,-     f    | | ∧_∧    *     +   / /   殲滅してやるアル!
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ `ハ´)_    。 ∧_∧ / /
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ     (`ハ´ / / +
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +   ,-     f
.       /  ,ヘ  |       |   |      / ュヘ    | *
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || ||| 〈_} )   |  ン
―――――――――――――――――――――――――――


214 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:38:01 kH6/3EcI0


   ┌───────────────────┐
   │ここに、副総兵【祖承訓】を総大将とする  .....│
   │                          ......│
   │騎兵3千が編成され・・・              .│
   └───────────────────┘
                      ∧γ7
  彡仝                      ||=|(
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.     ("⌒) ,,∧,手柄は間違いないアルな
  彡| 「ニ副ニ|    ノγ" ̄)‖(Y . ┃    ,. ‐‐‐‐マ
  ∠くノ `ハ´)    γ"'| lニニ参ニl  ┃..   l~游lヽゝヽ
    く~((二つ)ニ)..    Lノノミ`ハ´) ┃   (`ハ´ ;bノうむ。
    ̄ヒ´V`Y.      くニヲ””””)7つ    く'∞〜ヘ爻
   ∠二ハ二ゝ.       し'〉三Жニ|. ┃    l=廾= とノ
     /_!_!_|        /_|_|_ゝ .┃     /ェ∧ェェェゝ
     |_|_|       /_/ |_|  8...   |__ハ__|
    【祖承訓】.      【戴朝弁】     . 【史儒】

         ┌───────────┐
         │平壌奪回に向け      │
         │                │
         │出撃したのであった。   │
         └───────────┘
         ∧∧           ∧∧          ∧∧      ;;;;⌒);;⌒)
        /北 \         /北 \        /北 \. );;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
     ∧,,∧(`ハ´  )      ∧,,∧(`ハ´  )    ∧,,∧(`ハ´  ). ≡  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
   ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
    /   ノ lミl_, (ヾゝ    ./   ノ lミl_, (ヾゝ   ./   ノ lミl_, (ヾゝ.          ;;;;⌒);;⌒)
   (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~.彡;;;;⌒);;⌒)
      ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ. ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽ _..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ ヽニフ|_|   (_/  ヽノヽニフ|_|   (_/ ≡;;;   ;;;⌒')⌒)
         (_ヽ             (_ヽ            (_ヽ    ≡  ;;;⌒')⌒)
                       ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


215 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:38:38 kH6/3EcI0


┌────────────────┐
│もちろん朝鮮側でも             ..│
│                       .│
│勝利を 疑う者などほとんど居ない    │
└────────────────┘

   ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧
  く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩ 天軍が負けるはずないニダ
   (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ   戦勝祝いの準備をするニダ
   し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J

     ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧
    く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩ 平壌に残した兵糧も取りもどせるニダ
     (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ   これで補給問題は ほとんど片付くニダ
     し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J

        ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧
       く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩ やっと亡国の危機が終わるニダ
        (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ
        し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J



┌──────────────┐
│例外は【李恒福】くらいである    │
└──────────────┘
    _____
   /:::::::::::::::::::::::::::.\
  |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|
  | ノ   \  i:::::::|  【祖承訓】は 口ばっかりだからなぁ
  |(─) (─ ) 〈::::::|    きっと うまくいかないニダ・・・
 (⌒(__人__)⌒:::: @)
  |  |r┬-|  u  |
  \ `ー'´    /
 ,-- ゝーー ___/ /ゝ--、
イ / |.!、 _____ / ノ |   i
| i  |,/(__)ヽ/   |   l
     【李恒福】


216 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:39:35 kH6/3EcI0


┌───────────────────────┐
│なお、このとき                           ......│
│                                  │
│朝鮮では雨が降り続き 道はぬかるんでいたが・・・  ....│
└───────────────────────┘
 :l  !! | !! | ! : ! !!!: ! !  !! ! |!  ! ! ! !
! | |! !!! : : ! |!!  !:|! |! |  |! !    !| | ! |!:|! !!
!| |! !|::   !  :!  !:l ! !! !! | !  !! ! |  ! :| :  !!
 |:!: !  !| |i| ! | : :|! !! : : ! !! !!  | !!
 !| |!| |! !| :  |: |: :  : l:! ! | ! !| ! !! | ! !
 ! !  ! ! !:! ,,-‐,;; ^、! ! ,, : !!| |i| !| |! !!  |! !
|: |! |: l!  /~/ /  ヽ `!、`ヽ、∴!  |  !i| !  |! !
;|!|:|  ! ∵/VW__/,,,,..... ヽ,.--ヽ"´ | i|  ! !: | ! !
!:|: !|! ;l : : !∧∧ || !  !  : i:il !! |! | !!
!: |!l!:! |!| :   <`Д´> 頼むから晴れてくれニダ!     ┌─────────┐
|!i:|: !: !| !: :/;; ;;つ~) :  :! |i l| !|! |:| : i|.         │明軍は気にせず   │
!;;!;;;;;;;i |/|"" ̄ ̄"´U"U|\ |! |!; |! | :|! |! .   │            ....│
;;;;!;;;;!;;;;;|;;; |;;;;#:#:;;_;;;______|;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;!        │進撃した。       .│
;;;;;!;;;;;;;; !;;;;;;;;!;;; ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       └─────────┘

         ∧∧           ∧∧          ∧∧      ;;;;⌒);;⌒)
        /北 \         /北 \        /北 \. );;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
     ∧,,∧(`ハ´  )      ∧,,∧(`ハ´  )    ∧,,∧(`ハ´  ). ≡  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
   ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
    /   ノ lミl_, (ヾゝ    ./   ノ lミl_, (ヾゝ   ./   ノ lミl_, (ヾゝ.          ;;;;⌒);;⌒)
   (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~.彡;;;;⌒);;⌒)
      ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ. ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽ _..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ ヽニフ|_|   (_/  ヽノヽニフ|_|   (_/ ≡;;;   ;;;⌒')⌒)
         (_ヽ             (_ヽ            (_ヽ    ≡  ;;;⌒')⌒)
                       ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


217 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:40:04 kH6/3EcI0



                               / ̄ ̄\
                            /  ヽ、_  \
          倭兵は強いから        .(●)(● )   |
             くれぐれも       _  (__人__)     |
        油断しないでくださいニダ  f!||}  (`⌒ ´       |
                        l r'ア  {          |
       道もぬかるんでますし、   ゝ.〈  {         ノ
           あまり急がなくても・・・  .{  |  ヽ      ノ
                        ゝ  ̄ ̄ ` ,,ー ヽ ←途中 定州で出迎えた
                           ̄ ̄ '' ト    , |
                              【柳成龍】


  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
  彡| 「ニ副ニ|   吾はかつて3千騎で
  ∠くノ `ハ´)     10万の韃子に勝ったアル
    く~((二つ)ニ)
    ̄ヒ´V`Y     倭を殲滅するなど簡単アルよ!
   ∠二ハ二ゝ.
     /_!_!_|
     |_|_|
  副総兵【祖承訓】


218 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:40:44 kH6/3EcI0


          ┌───────────────┐
          │ともかく、明軍は             │
          │                     ...│
          │急いで平壌に向かうのだった     .│
          └───────────────┘
ゞ (.    ゞ (.  ゞ (.   ゞ (.  ゞ (.  ゞ (.  ゞ (.    .ゞ (.    .  ゞ (.    . ゞ
  イ ""  ⌒イ ""lヽ/l (`ハ´ l彡    lヽ/l (`ハ´ l彡   lヽ/l (`ハ´ l彡⌒  イ ""  ⌒
/ (   ⌒/ (  // ・ ミニXニヾヽ   / ・ ミニXニヾヽ   / ・ ミニXニヾヽ  / (   ⌒  /
(      (    (_。/ ミノlヽ/l (`ハ´ l彡/  ミlヽ/l (`ハ´ l彡/ ミノ{ミ]l[__ノヽ 賊が逃げる前に
ゞ (.    ゞ (.  ゞ |  ̄ ミ/ ・ ミニXlヽ/l (`ハ´ l彡 ミニXニヾヽ ̄ ミロ=〈  ヽ.( .皆殺しにするアルよ!
  ゝ、、ゝ   ゝ、、ゝ ゝ|_(_。/ ミ  {ミ/ ・ ミニXニヾヽミノ{ミ]l[__ノヽ_ノl⌒ヽー 、,.ゝ、、ゝ   ノ ゝ
    ゝ、、ゝノ ,, ゝ、( || || lヽ/l (`ハ´ l彡 ミノ{ミ]l[__ノヽミロ=〈  ヽ. L....」   r〜 ゝ、、ゝノ ,, ノ
            ノノー / ・ ミニXニヾヽ ̄ ミロ=〈  ヽ.l⌒ヽー 、,.ゝ-し'、ヘ ノ
            ヾ.、_ (_。/ ミノ{ミ]l[__ノヽ_ノl⌒ヽー 、,.ゝ....」   r〜    ヾl.l、_ ;;;;⌒);;⌒)
             ヾノ  ||  ̄ ミロ=〈  ヽ. L....」   r〜し'、ヘ ノ|.|    |.|ヾノ ;;;;⌒);;⌒)
                l~ |__ノl⌒ヽー 、,.ゝ-し'、ヘ ノ|    ヾl.l、_」    l~」
                ( || || || L....」   r〜    ヾl.l、_    |.|ヾノ
                ノノーヽ ノ-し'、ヘ ノ|.|    |.|ヾノ ;;;;⌒);;⌒)┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
                ヾ.、_   !.|    ヾl.l、_」    l~」   ;;;;⌒);;⌒)
                 ヾノ  |.|    |.|ヾノ;;;;⌒);;⌒)
                   l~」    l~」   ;;;;⌒);;⌒)┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
        ┌───────────────────┐
        │勝利を確信していた彼らは          .....│
        │                          ......│
        │到着前に 日本軍が全員退却してしまい    .│
        │                          ......│
        │取り逃がすことを 恐れたのである        .│
        └───────────────────┘


219 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:41:16 kH6/3EcI0


┌─────────────┐
│そして明軍は          ...│
│                    │
│案内役の朝鮮兵500とも    │
│                    │
│合流し・・・             .│
└─────────────┘
       ∧     ∧
       |i |      |i |
       州      州
      ||       ||
      || ∧∧  || ∧∧
       ||<`∀´> ||<`∀´>
       ⊂   )  ⊂   )
       || ∪∪  || ∪∪





  ┌───────────────┐
  │7月17日の早朝           ..│
  │                     ...│
  │まだ暗いうちに平壌に到着した  ....│
  └───────────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::,〜-,,〜-,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::|_ 平壌 |..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::._|_~~~~~~~~.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::__i .i-.、 __.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::.rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
_  __.゙| '"         ." |__.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.::::
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」<雨にぬれてまで見張りは嫌モナ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
       ┌─────────────┐
       │すると雨が幸いしたのか   ....│
       │                    │
       │城壁に 日本軍の見張りは    │
       │                    │
       │まったく居なかった       ..│
       └─────────────┘


220 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:41:50 kH6/3EcI0



エ エ|//l 77\ \夫l夫l夫l天l天天天天天天_天天天天天天|天|夫|夫|夫/ /77|//|エ エ
 エ .|//|'777\ \夫|天|天|_ィ≦ ̄ ̄Yi'´ ̄ ̄`:i.Y ̄ ̄≧、|天|天|夫 / /7777|//| エ
エ エ|//l \7777\ \/´ヾ. マ 、   .| !::    l l     / ,r'`iヽ、/ /777/|//|エ エ
 エ .|//lxxx\7777\ ,`<..┌┐∨____l-`≦- ≧'-l______/_.┌┐..>'、../7777/Xx|//| エ
エ エ|//|'XXXx\_/´.>../ |.| |'´                  ┌───────────┐.エ
 エ .|//|XXXXxl工 {____ . /: :|.| |                   │そこで夜が明けると   ....│ .
エ エ|//|XXXXx|エエ| |::, :|.| |                   │                │.エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |::%:|.| |                   │こっそりと門を開き   ......│ .
エ エ|//|XXXXx|エエ| |:::`|.| |                   └───────────┘.エ
 エ .|//lx 、.λィ;|エエ| |: :|.| |                      | |.l: :| |エエl;、λ.ィ x|//| エ
エ エ|//|x .)νノ;|エエ| |: :|.| |                      | |.l: :| |エエl; )νノ.x|//|エ エ
 エ .|//|X,マY7x|エエ| |: :|.| |   ギィィィー          .| |.l: :| |エエ|xマY7'X|//| エ
エ エ|//lXX∨ x|エエ| |::, :|.| |                 ┌─────────────┐
 エ .|//|XXXXx|エエ| |::%:|.| |                 │明軍は城内に          .│
エ エ|//|XXXXx|エエ| |:::`|.| |                 │                    │
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |                 │攻め込んだのであった!    .│
エ エ|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |                 └─────────────┘
                                /  /  ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
                              ∧/∧ /三    /  /
                          ∧,,∧(`ハ´ )/三  ∧/∧ /三 吶喊!   /  /     ;;;;⌒);;⌒)
               <ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;∧,,∧(`ハ´ )/三     ∧/∧ /三 );;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                       <ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ ∧,,∧(`ハ´ )/三......≡  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
                        (o_o,イ__ヽ´|(_<ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ....  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
                           ノllllllllヽ| (o_o,イ__ヽ´|(__) /   ノ lミliii|(ヾゝ;;ヽ.            ;;;;⌒);;⌒)
                          / /~ヽ ノ'''''''~ヽノllllllllヽ| | ̄(o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡;;;;⌒);;⌒)
                          ヽニフ|_|   (_/ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽノllllllllヽ| | ̄ノl ノ     ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                              (_ヽ   ヽニフ|_|   (_// /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                                      (_ヽ    ヽニフ|_|   (_/  ヽ≡;;;   ;;;⌒')⌒)
                             ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨      (_ヽ.     ≡≡  ;;;⌒')⌒)


221 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:42:17 kH6/3EcI0


       ┌────────────────────┐
       │日本軍は、長剣の歩兵が1000〜2000   ....│
       └────────────────────┘

 | ̄ ̄|l | ̄ ̄||  | ̄ ̄|l | ̄ ̄||  | ̄ ̄|l | ̄ ̄||  | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l | ̄ ̄||
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄ ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄ ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄ ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄  ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄┌─────────────────────┐
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄ ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄ ̄| ̄;゙|i ̄.│たいする明軍は、騎兵3000              │
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、.  ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、.  ̄ ̄i ̄ ̄│                                   │
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄ ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄ ̄i ̄`~|. │おまけに朝鮮兵500を案内役につけ           .│
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄`、 ̄| ̄ ̄.│                               │
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄″| ̄ ̄i|...│日本軍の不意をついて 奇襲をかけたのである   │
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄| ̄~~i ̄.....└─────────────────────┘
''- .._   ~""'''......''- .._   ~""'''......''- .._   ~""'''......''- .._   ~""'''. ''- .._   ~""'''
                 /  /  ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
               ∧/∧ /三    /  /
           ∧,,∧(`ハ´ )/三  ∧/∧ /三     /  /     ;;;;⌒);;⌒)
<ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;∧,,∧(`ハ´ )/三     ∧/∧ /三 );;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
        <ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ ∧,,∧(`ハ´ )/三......≡  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
         (o_o,イ__ヽ´|(_<ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ....  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
            ノllllllllヽ| (o_o,イ__ヽ´|(__) /   ノ lミliii|(ヾゝ;;ヽ.            ;;;;⌒);;⌒)
           / /~ヽ ノ'''''''~ヽノllllllllヽ| | ̄(o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡;;;;⌒);;⌒)
           ヽニフ|_|   (_/ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽノllllllllヽ| | ̄ノl ノ     ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
               (_ヽ   ヽニフ|_|   (_// /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                       (_ヽ    ヽニフ|_|   (_/  ヽ≡;;;   ;;;⌒')⌒)
              ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨      (_ヽ.     ≡≡  ;;;⌒')⌒)

             ┌────────────────┐
             │どっちが勝つかは 明らかだった。    │
             └────────────────┘


222 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:42:49 kH6/3EcI0


         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \


223 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:43:17 kH6/3EcI0


                  ●

                  ●     ┌───────┐
                         │ところが・・・   │
                  ●     └───────┘

                  ●

           ├″  ├″ i  ├″   ├″
                   |     /
            \   ∧∧  えらいことニダ〜!天軍が天軍が〜
               c<T∀T>  ,;:⌒ヽ
      ニ=― (⌒:.:.';  }-、c) .::':⌒ヽ ―=ニ
         (⌒:: (⌒:  `ー'ν .:::) ::)
 ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄



  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  /
              < T∀T>つ 天軍が倭賊に負け
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ   【戴】参将、【史】遊撃も戦死されたニダァ!
      (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


224 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:43:49 kH6/3EcI0


                                    / ̄ ̄\
  ━━┓┃┃                           /  ヽ、_  \
      ┃   ━━━━━━━━              (≡)(≡ )   |
      ┃               ┃┃┃        从,_人__)⌒::::::  |
                           ┛ 三 ≧    ',,._.        |
                   . ゚ 。゚ 三 ≧       ゚'ゝ、    |
                    -== 三         ≦    ノ
                   。 -=≦          ,ァ     ノ
            .  ゚ ・ ゚。  三<         、,J  >   ヽ
                 ≦ ッ        ッV´    |    |
             .・ 。 ゚ 。 ミ´     、、 ハト・。     |    |
                               【柳成龍(リュウセイリュウ)】



                  / ̄ ̄\
                 /   _ノ  \
                 |    ( ○)(○)  何で?どうして!?
              .   | U   (__人__)     ありえないだろ、常識的にだ考えて!
                 |  U  |r┬-|  彡
              .   |     ` ⌒}   彡
              .   ヽ        }
                  ヽ     ノ
                  /     \
                 / /\   / ̄\____l⌒l
                  | |  \ /  ヽ \_____|
              Σ(⌒ノ   ゝ    \__)
                    【柳成龍】


225 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/06(金) 23:45:14 kH6/3EcI0
本日は以上です
ありがとうございました

次回は2週間後の予定です


226 : 名無しのやる夫だお :2013/09/06(金) 23:45:37 wFnF.lK60
乙 ええええええ!? どういうこっちゃ?


227 : 名無しのやる夫だお :2013/09/06(金) 23:47:22 QtSFZBBM0
なんで雨中に奇襲かけて負けるんだよ……




228 : 名無しのやる夫だお :2013/09/06(金) 23:49:10 rRQRHOhs0
乙乙、この視点は新鮮だから楽しいなぁ。


229 : 名無しのやる夫だお :2013/09/06(金) 23:53:09 i40MCvPE0
騎馬の優位が無い城内戦で、日本兵相手に2〜3倍程度の数じゃねぇ・・・


230 : 名無しのやる夫だお :2013/09/06(金) 23:53:34 Td2oefNU0

中国は「天」だったんだな


231 : 名無しのやる夫だお :2013/09/06(金) 23:59:29 DylhJfLY0

日本視点や中国視点はあるけど朝鮮視点は珍しいですね


232 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 00:19:34 pfVwthcs0

まて、なんでそれで負けるんだw


233 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 00:59:16 gqtv2RdM0
乙乙! のぶっち先生の騎兵殲滅講座〜平壌編〜が待たれるな


234 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 01:41:40 Vb3p/GTM0
>>1
投稿乙です。

>>232
>賊は どんな武器を使うアルか?
  ∠くノ `ハ´)
    く~((二つ)ニ)
    ̄ヒ´V`Y..             ∧_∧
   ∠二ハ二ゝ.           <∀´ゝ〉> 長剣だけニダ!

で伏線が張ってあるので、あそらく次の投稿で明らかになるかと・・・。


235 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 01:46:32 ECg3s7uI0
>>1以外の人間がAA貼るんじゃない


236 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 03:46:41 0BbeaOkk0
剣だけとか嘘吐くなよw


237 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 07:48:13 bmFZSsgg0
ふつーに考えて長剣だけはないもんな


238 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 08:18:57 258cF59c0
これまで朝鮮兵が弱すぎてポン刀しか出番なかったんや

とかかもしれん


239 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 09:31:03 Sg8yHNgM0
乙でした
どういう情報で長剣だけだって言ったんだろ?
弓鉄砲が基本のはずだろうし
この長剣ってのは日本だと槍をさすのかな?


240 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 10:10:31 r1KOCRYA0
この戦役でも東南アジア人にもヨーロッパ人にもたびたび「長い剣」は言及されるから
装備のなかで一番特徴的だったんでしょう
中国に今でも「日本の剣術」をもとにした剣術がのこってるんですが
それは野太刀の剣術だそうです。単刀法選にのこってますね
いかに日本の長刀に興味があり、かつ脅威だったか想像出来ます


241 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 10:23:44 2OcfUG7M0
江戸時代の始め頃に切って腰のものに変えちゃった大名いたな


242 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 11:02:34 RZ8mh4Yg0
あの時代に大臣とか将軍クラスが現場の報告を真面目に聞くわけないから、
現場から実際の装備の報告が行く前に「倭寇っていえば長剣(カタナ)だろ」って思い込みだけで喋ってる可能性が微レ存


243 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 12:22:13 4D6chdjM0
伝言ゲーム的に話が大きくなった可能性もある


244 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 14:40:30 pxrzEerc0
長剣しかないのは確かだったけど
それを雨のようにぶん投げたとかw


245 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 14:45:52 5kv3hd9k0
中国の軍人:下っ端の肉体労働者扱い、お役所仕事、自分の命が守れればいい
日本の軍人:政治も行う首長、寸土を争う日常で切磋琢磨、名誉を守るために死ぬのが当然

まあ勝ち目ないよね、こんな感じだと


246 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 15:08:02 zi9RQEsQ0
ある意味で文明国故の悲哀だよな>軍人が下っ端


247 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 16:14:55 wG6TEBlA0
しかし現代では軍人が政治やりだすと大抵やばいことになる


248 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:24:00 kDiqch8g0
>>245
>名誉を守るために死ぬのが当然
これは美化しすぎだろw
降服開城で切腹のパターンなんてむしろ織豊期からの流行よ


249 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:32:36 tWxva0OM0
>>247
冷静に考えると、軍人とか武門関係に政治手腕が皆無って理由はなにもないんだよね
現代の行き過ぎてた文治主義やシビリアンコントロールと言った民主主義教で否定されてるから
現代で軍人が政権を取ると恐怖政治のレッテル貼って経済制裁だのなんだのと痛めつけられてる感が
シリアの件も事実関係は不明、本当に毒を使ってるならまずいけど、大量破壊兵器のアメリカが
突然言い出してるあたり、またいつのも難癖ヤクザかとも思える

>>248
まあ対比だからわかりやすく、じゃね?
それに今の話題は豊臣の最後だから、外れてないということになるし


250 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:33:58 wnhvtpPc0
軍人が政治に関わっちゃだめなのは政治的に無能だからじゃないぞ。

政治的に有能な軍人なんて歴史上にいくらでもいるからね。


251 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:36:31 2OcfUG7M0
>>247
フランコ、ケマル「まがりなりにも崩壊してた国を安定させたぞ」


252 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:38:53 PT.hTQuQ0
クラウゼヴィッツも、外交は軍人の仕事ではないとは言っているけど、能力的な問題じゃなく権限的な物でしょうし


253 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:41:19 wnhvtpPc0
現代では軍人が政治をやらないようにしないと「権限的に」やばいことになる。だな。


254 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:43:47 lgA00ue.0
封建諸侯が敗北して土地を失ったら家族同然の家臣ともども失業するが
官僚が敗北しても降格程度だからあんまやるきないってのもあんじゃね

敗北の責任で死刑にする場合もあるが経験ある将がへるだけだしな


255 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:45:45 wnhvtpPc0
武官は敗北したら最高死刑な。


256 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:48:39 pJWUphao0
うん死刑もあるってかいてるよw


257 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:48:47 6QEoNrF60
死刑も何も、負けたら敵に殺される率が相当あるだろw


258 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 17:49:30 2OcfUG7M0
勝敗にかかわらず悪目立ちしちゃった将校なんて…


259 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 18:19:22 zi9RQEsQ0
軍人が政治やりだすと、手続き無視したり、実際動かなくても圧力かけることが可能だからな
有能無能とは関係ない


260 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 18:48:31 G5CX4RFY0
いまさっき再開してるの気づいて一気に読んだ!乙でした〜


261 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 18:50:57 258cF59c0
軍人トップは軍という大規模な官僚組織を抱えてる上に
戦時のために存在してる非常措置とか権能をその大規模な官僚機構に適用できてしまうからなぁ
軍以外の一般的な官僚機構には人権を守るために
軍で緊急時のための権能は一般官僚機構では結構制限掛かってる傾向にあるのに
これを楽々と無視する事が出来る

軍人が政治云々というのはこの辺考えないとね


262 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 18:59:20 pRcy3RoQ0
そうそうやらないって頭では分かっていても、
ナイフなり銃なりこれ見よがしに装備してるヤクザにすごまれたら、たいていの人はビビっちゃうしなあ


263 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 19:00:48 3J6jTxgo0
乙です!
二週間でも二か月でも待ちます!


264 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 19:27:09 ZG8XF7fc0
>>246
武官が下になるのは儒教国だからでしょ。
日本でも武士は天皇や公家より下級の地位にあったものだ。

古代ギリシアや南北戦争以前のアメリカ合衆国なら武装権のある市民が
武装権のない奴隷より上位にいたものだ。
文明国でも非儒教国ならそういうこともありえるのさ。


265 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 19:30:08 tWxva0OM0
雨だから、明け方だから
そんな理由で、敵地のど真ん中の城に”見張りがいない”って異常を
受けれ入れてしまうあたり、三流ですな


266 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 19:34:32 kDiqch8g0
>>264
武官と文官の対比が、市民と奴隷の身分制にすり替わってんぞw


267 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 19:39:19 2OcfUG7M0
そもそも平安以前から貴族は普通に戦闘訓練受けてた気が。夜道に上皇と
女取り合って配流された人いなかった?


268 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 20:48:05 PnsNi/zA0
平安貴族は武官もいたしね


269 : 名無しのやる夫だお :2013/09/07(土) 22:25:22 6QEoNrF60
貴族だなんだといっても、もともと戦争や暴力でのしあがったわけで
さかのぼれば軍人だか暴力団だかみたいなもんですよ


270 : 名無しのやる夫だお :2013/09/08(日) 00:22:13 Inb4Cs160
大元が畿内の職人だった連中も多いだろ


271 : 名無しのやる夫だお :2013/09/08(日) 08:11:26 b6xbW3XY0
明は朱元璋の猜疑心から官の権限が細分化されまくって訳分からなくなった状態、
軍人に権限持たせると反乱するから軍人は身分が下、ってことになってるからな
生え抜きは少ないし。まあ結局息子は追いやられたけど


272 : 名無しのやる夫だお :2013/09/08(日) 08:31:41 R02wp4Uo0
建文帝と永楽帝の争いも、双方の猜疑心による部分もあるだろうしね


273 : 名無しのやる夫だお :2013/09/08(日) 09:23:31 oV0aj/kE0
日本の軍制上、備ごとに諸兵科を揃えているはずだから、刀だけである事は
考え辛いと思うがな・・・
まあ、ただでさえぬかるんでる上に城内だと騎馬の衝撃力は活かせないし
逆に騎馬であるせいで、足が止まった状態での戦闘は普通に不利だったという
事はあるだろう
加えて、日本の太刀部隊の歩兵突撃を正面から受けると、普通に蹂躙されても
不思議ではない。実際には鉄砲などでの攻撃もあっただろうしな

奇襲と言っても、城内へ侵入するという手間がある以上、城壁に阻まれ、城門を
一度に通れる兵数はどうしても少なくなり、隊列は細長くなって全軍の城内侵入
には時間がかかるため、一気呵成に襲い掛かるという事は難しく、逐次投入的に
なってしまいがちだから、奇襲効果はそんなに無かったのかも知れない


274 : 名無しのやる夫だお :2013/09/08(日) 13:17:31 p8ZCxHO.0
>>261
なにを言いたいのかわからんぞ。
別に通常官僚機構が人権を守る機能をもってるかなんて国情によって
かわるし、軍人政治家だって行政においては通常官僚機構を使う。

軍人による独裁が問題になるのは、だいたいが『戒厳令統治』になるから。
つまり『軍法=マーシャルロウ』による統治ね。
これは基本的に『治安と秩序の維持の最優先』を目的とされる。短期なら
当たり前でも、長期化すると警察国家になるから不満がでやすい。そして
反政府活動が締め付けられるから揉めるという悪循環になる。

ちなみに関係ないが、『幕府』というのは『軍政府』だから、日本は頼朝以来
大政奉還まで戒厳令統治下あったともいえる。


275 : 名無しのやる夫だお :2013/09/08(日) 17:53:18 zKcL37sk0
>>274
軍そのものが官僚機構でそれを流用することで
一般的な官僚機構を無視して統治する事が結構可能

本来的な官僚機構はブレーキを組み込まれてるのに対して
軍機構を使った統治体制だとブレーキ無視して国家に害があるということ

古代中世の軍事政権に結構見られるケースなんだけども
実はこれは近代現代でも途上国に結構ある話しでね
それなもんで注意しねーとなーっと


276 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 00:26:48 CuHBgzTE0
>>261の言いたいことはわかるんだけど、>>274のほうがよくわからんな
261はスレの流れに沿って軍人統治の問題とかを話してるのに、
274はその問題を突然戒厳令に絞ってきた
それでもそこから話を広げるならわかるけど、自分で上げた戒厳令に
よる悪影響を否定する材料になる、日本の話を最後に出してきてるし

ぶっちゃけ、知識自慢をしたいだけで、話に合わせることができてない


277 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 02:16:57 iEjED/KA0
みんな3行でおk


278 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 02:56:54 k/LqGzfs0
>>277
俺の
話を
聞け


279 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 12:16:45 BFctaqDM0
わたし、まこちゃんにとって、なんなのよっ!!ねぇ? まこちゃんにとって、わたしはなんなの……。単なる、お友達なの?ねぇ、教えてよっ!! まこちゃんにとって、わたしはなんなの!? まこちゃん、まこちゃんの方から、わたしにキスしてくれたことないじゃないっ!! まこちゃんの方から、わたしを抱き締めてくれたことないじゃないっ!!わたし、まこちゃんにいっぱい、アプローチしたのに……。それでもまこちゃんは気付いてくれなくて……。あの海でのことは、私の精一杯の勇気だったんだよ……なのに、まこちゃんは答えを出してくれなかった……。わたし、怖くなった
もしかして、まこちゃんは、わたしのことなんて、どうでもいいと思ってるんじゃないかって。わたしは、だから怖くなった。『好き』って一言を、まこちゃんに言えなくなった。だって、拒絶されたら怖いもんっ!!わたしの気持ちは、子供の時から変わってない。だけど、まこちゃんの気持ちは、わたしにはわからなかったわたしは、まこちゃんの昔の思い出しかもってない。だから、まこちゃんとの新しい思い出を作ろうって、わたし、必死だった。わたしも昔のわた
しじゃなくて、新しい自分に変わろうって必死だった。まこちゃんの好きな女の子になりたいって思った
でも、どんなに頑張っても、まこちゃんがわたしをどう思っているのかわからなかった……。わたし、こんなにまこちゃんのことが好きなのに……


280 : 274 :2013/09/09(月) 12:34:16 45Nye0OA0
ああ、ごめん。軍人統治の危険性の話で、『(文民機構ごと作る)ナポレオン型の軍人政治』と
『(危険な)現代型軍人統治』は分けんと行かんという話がしたかったんだ。

戒厳令と幕府の話は、スレの本筋と離れすぎた気がしたので、無理矢理
つなげようとして失敗した…prz
前近代の歴史的事象を近代の法理論で解釈したりするのって、結構
好きなんだ。


281 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 18:07:45 2vFAqjMY0
3行で!


282 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 18:10:11 Z2PrKi9Y0
ここは
>>274がベラベラ
語るスレじゃねえ


283 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 21:44:31 BMw/Vi2o0
なんだこの幼児
誰の子供?


284 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 22:31:27 SSBAzFC.0
おつかれい
確かにこの情報で巻けるほうがおかしいよな
一体何が起きたのやら


285 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 22:34:44 fBeuegBk0
明け方、暗い城内で同士討ちでもしたのかな?


286 : 名無しのやる夫だお :2013/09/09(月) 22:36:48 rUGxBo5w0
単純なパターンとして情報が間違ってるってとこかな
本当に間違えてしまったのもありえるし、奪還急いでほしくて過少報告した可能性も高い気がする


287 : 名無しのやる夫だお :2013/09/10(火) 07:34:53 kvg3.7gI0
>>283
誰もレスを返してあげないで一か月くらいほっとけば餓死するから
>>274>>275みたいなのにエサを与えちゃいけません


288 : 名無しのやる夫だお :2013/09/10(火) 23:29:43 LJjorMU20
>>285
道案内は城内に明るいだろうし、もともと中国の城って城門付近を迷路にはしないから
同士討ちってのはないんじゃない?
攻城についても相手が気づいてない間に突撃するのだから、複数の門に突破力を分ける必要もなし
それに装備も違うし言葉も合図も違うし誤認も少ないと思う

多分鉄砲隊による待ち伏せじゃないかね
雨でも屋内ならいけるし、騎馬の逃げ道には長槍で塞げるし


289 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 05:22:28 nkcoCBE20
というか、騎兵3000の総勢500なら、城内戦という事もあるし普通に2000の
歩兵に負けてもおかしくはないんじゃないの
騎兵の強みは機動力と衝撃力であって、狭い城内ではそういうメリットは
活かしにくいってのもあるし
何より、馬体が大きく、動くためには互いに少し距離を置かないと行けない
せいで歩兵とガチで戦えば個々の騎兵は歩兵に包囲されるし、小回りも
利かないせいで包囲されれば脆い
騎兵は機動力・衝撃力を活かさない白兵戦では基本的にむしろ歩兵より
弱いしな
加えて、実際には剣兵だけでもなく、鉄砲隊も長槍隊も弓隊もいるだろうし
騎馬武者隊もある程度いるだろうし、いくら奇襲と言っても城内への侵入
ではどうしても侵入側の隊列が縦に伸び、逐次投入的になってしまうから
相手より4割程度兵数が上ってだけじゃ、勝てる理由にはならない
相手の3倍あっても攻城戦なんて失敗しがちなんだから


290 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 18:01:30 Gp/MmXTA0
長い


291 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 22:09:20 obKFgAGY0
なんでオタって聞かれてもいないことベラベラ垂れ流すんだろうね
しかも自分が主役でもなんでもない他人様のスレで


292 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 22:10:51 .M5hqswk0
さすがにスレのテーマに沿った雑談でその突っ込みはどうかと思う


293 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 22:13:39 MA96pKV60
やる夫スレにおける歴史厨とDies厨のウザさは異常


294 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 22:24:01 W1G/Jrnk0
釣りにかまうなよなあ
DQNかザパニーズの在チョンのどちらかだよ


295 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 22:24:43 7/E0b48w0
と、新しく釣り針垂らしてるやつがほざいております


296 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 22:29:52 Gp/MmXTA0
どうせ長文書くのなら、もっと面白くもっと深く書いて欲しいなと思う
作者の様に推敲してさ

そんなこと言われなくてもわかってるがな
みたいなことを長文で書かれても反応に困るし話も広がりづらい


297 : 名無しのやる夫だお :2013/09/13(金) 22:55:34 iB2vGu/A0
愚痴や勝手な自治よりは面白いし話も広がるだろ('A`)


298 : 名無しのやる夫だお :2013/09/14(土) 09:42:45 84Atm1z.0
面白くないし話も広がらないってすぐ上で言ってるだろ('A`)


299 : 名無しのやる夫だお :2013/09/14(土) 10:14:44 sYWuVWDc0
スレ伸びてるからって見てみたら愚痴や自治だったらがっかりするだけだろ('A`)

誰かにとって言われなくてもわかってることでも、別の人にとっては新鮮で興味深いかもしれん
作者でもないのにわざわざ文句言って話を止めるほうが迷惑だと思うよ俺は


300 : 名無しのやる夫だお :2013/09/14(土) 13:29:48 k1TAENxs0
>>299の言ってることはわかる
でも298の長文はそういったフォローでどうこうってレベルじゃねえからな
一回読んでみな、こんなどうでもいいこと書き込むな以外言いようないからw

実際誰も話広げてないしw


301 : 名無しのやる夫だお :2013/09/14(土) 13:30:13 k1TAENxs0
間違えた289の長文な


302 : 名無しのやる夫だお :2013/09/14(土) 17:05:43 U1gInb4o0
作者以外に長文書かれてもな。スレ立てしてくれ


303 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 09:44:38 Yc5mGe1M0
自治廚が延々と頑張るな


304 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 10:31:06 qapNg8TU0
数の上で優勢な騎馬隊が奇襲で負けた事の分析・推測が「どうでも良い事」って
お前は明の文官かよ


305 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 10:41:41 /2VSEaIA0
どうでもいいことだろ
専門家でもない、聞きかじりの知識しかない素人がピーチクパーチク騒ぐほうがウザいわ


306 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 11:52:13 8mVqzXjw0
>>304
平地じゃなく市街戦だから不思議じゃないよ
奇襲も、相手が奇襲を読んで待ちぶせてたなら、逆に作用するし
ようは上の長文がだれでもわかるようなことを延々長文で書くのがつまらんってことだ
実際このスレでは面白い長文や話の広がる内容でこんな風に叩かれることってほぼないしw


307 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 11:56:12 Yc5mGe1M0
すげーな。これが歴オタ兼自治廚通った後には草一本のこらぬ恐怖の集団


308 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 15:29:10 e9Q0fouM0
初戦の兵糧確保でこんだけ苦労してんのに、こっからさらに万単位の兵がうろつき回るんか
やらない夫が血尿振りまく姿が目に浮かぶわw


309 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 16:16:41 0fiAuzsg0
>>307
レッテル貼るだけのつまらん奴だなお前
中身がなにもないとそういうことしかできないのか、可哀想に


310 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 23:36:38 qapNg8TU0
>>306
いや、お前はたぶん分かってないだろ

まず奇襲を読んで待ち伏せていたなんて事実は無い
平地じゃなくて市街戦だから、というのも何の理由にもなってない
市街戦って基本的に消耗戦になるから、土地勘を除けば兵数の多い
方が勝つのが普通だ
平壌出身の朝鮮兵を組み入れた数で勝る明軍が負ける道理にはならん
逆用された訳でもない奇襲である以上、主導権は明軍が握っているから
防衛側が特に状況的に有利だったという訳でも無い
以上の事から、市街戦である事は特に「日本軍が勝つ事が不思議では
なくなる」要因とは言えない

こんな珍説をさも当然のように言う奴に、オレの長文が「誰もが分かるような
当たり前の事」だと見なせるほどの知識があるようには思えんな
それとも、矛盾だらけの珍説を披露するのがお前の言う「面白い長文」なのか?


311 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 23:42:13 Yc5mGe1M0
おまえら、いい加減に作者が次回に描写する点についてああだこうだ言うのはよせよ


312 : 名無しのやる夫だお :2013/09/15(日) 23:44:05 9CVtsmV20
長文じゃなくて三行で頼む


313 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 00:31:43 lAm1Idvs0
どーせネタつぶしの方向に誘導したい構ってちゃんなんだから、ほっとけ


314 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 09:49:16 26WK5HSs0
そもそもクソ生意気に噛みついて来たのはお前らの方なのによく言うよな


315 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 13:58:30 PciO8B3I0
>>312
>>278


316 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 17:41:22 OO/wwiqk0
>>312
・要点をまとめる
・相手の話を聞く
こんなことを馬鹿にできるわけないだろ!いいかげんにしろ!


317 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 19:01:58 yZKf1mjc0
戦国シュミレーションでも時代小説とかでも商業レベルでこの時代がタブーなのが残念だわ
日本の戦国武将オールスターが世界進出したらどうなるのがいろいろな作品が見たかった。


318 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:31:11 6a3EWYr.0


すいません、ちょっと言葉が足らなかったので
>>219のこのシーンから>>221まで訂正です↓

  ┌───────────────┐
  │7月17日の早朝           ..│
  │                     ...│
  │まだ暗いうちに平壌に到着した  ....│
  └───────────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::,〜-,,〜-,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::|_ 平壌 |..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::._|_~~~~~~~~.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::__i .i-.、 __.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::.rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
_  __.゙| '"         ." |__.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.::::
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」<雨にぬれてまで見張りは嫌モナ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
       ┌─────────────┐
       │すると雨が幸いしたのか   ....│
       │                    │
       │城壁に 日本軍の見張りは    │
       │                    │
       │まったく居なかった       ..│
       └─────────────┘


319 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:31:44 6a3EWYr.0


   ┌────────────┐
   │その雨も 明け方には     │
   │                  │
   │降り止んだのだが・・・    .│
   └────────────┘
                  ぐ〜ぐ〜              zzzz
               <⌒/ヽ-、___         <⌒/ヽ-、__
           <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___
            <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
         <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
        <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
      <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
   /<_/____/.        /<_/____/
           ┌────────────┐
           │日本軍は 警戒もせず     .│
           │                  │
           │寝むり続けてやがった。    │
           └────────────┘


320 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:32:07 6a3EWYr.0


エ エ|//l 77\ \夫l夫l夫l天l天天天天天天_天天天天天天|天|夫|夫|夫/ /77|//|エ エ
 エ .|//|'777\ \夫|天|天|_ィ≦ ̄ ̄Yi'´ ̄ ̄`:i.Y ̄ ̄≧、|天|天|夫 / /7777|//| エ
エ エ|//l \7777\ \/´ヾ. マ 、   .| !::    l l     / ,r'`iヽ、/ /777/|//|エ エ
 エ .|//lxxx\7777\ ,`<..┌┐∨____l-`≦- ≧'-l______/_.┌┐..>'、../7777/Xx|//| エ
エ エ|//|'XXXx\_/´.>../ |.| |'´                  ┌───────────┐.エ
 エ .|//|XXXXxl工 {____ . /: :|.| |                   │と、そんなところへ      │ .
エ エ|//|XXXXx|エエ| |::, :|.| |                   │                │.エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |::%:|.| |                   │こっそりと門を開き   ......│ .
エ エ|//|XXXXx|エエ| |:::`|.| |                   └───────────┘.エ
 エ .|//lx 、.λィ;|エエ| |: :|.| |                      | |.l: :| |エエl;、λ.ィ x|//| エ
エ エ|//|x .)νノ;|エエ| |: :|.| |                      | |.l: :| |エエl; )νノ.x|//|エ エ
 エ .|//|X,マY7x|エエ| |: :|.| |   ギィィィー          .| |.l: :| |エエ|xマY7'X|//| エ
エ エ|//lXX∨ x|エエ| |::, :|.| |                 ┌─────────────┐
 エ .|//|XXXXx|エエ| |::%:|.| |                 │明軍は城内に          .│
エ エ|//|XXXXx|エエ| |:::`|.| |                 │                    │
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |                 │奇襲を かけたのである!   .│
エ エ|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |                 └─────────────┘
                                /  /  ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
                              ∧/∧ /三    /  /
                          ∧,,∧(`ハ´ )/三  ∧/∧ /三 吶喊!   /  /     ;;;;⌒);;⌒)
               <ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;∧,,∧(`ハ´ )/三     ∧/∧ /三 );;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                       <ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ ∧,,∧(`ハ´ )/三......≡  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
                        (o_o,イ__ヽ´|(_<ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ....  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
                           ノllllllllヽ| (o_o,イ__ヽ´|(__) /   ノ lミliii|(ヾゝ;;ヽ.            ;;;;⌒);;⌒)
                          / /~ヽ ノ'''''''~ヽノllllllllヽ| | ̄(o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡;;;;⌒);;⌒)
                          ヽニフ|_|   (_/ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽノllllllllヽ| | ̄ノl ノ     ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                              (_ヽ   ヽニフ|_|   (_// /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                                      (_ヽ    ヽニフ|_|   (_/  ヽ≡;;;   ;;;⌒')⌒)
                             ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨      (_ヽ.     ≡≡  ;;;⌒')⌒)


321 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:32:30 6a3EWYr.0


       ┌────────────────────┐
       │日本軍は、長剣の歩兵が1千〜2千の筈で   ..│
       └────────────────────┘

 | ̄ ̄|l | ̄ ̄||  | ̄ ̄|l | ̄ ̄||  | ̄ ̄|l | ̄ ̄||  | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l | ̄ ̄||
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄ ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄ ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄ ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄  ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄┌─────────────────────┐
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄ ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄ ̄| ̄;゙|i ̄.│それに対し 明軍は、騎兵3千                 │
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、.  ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、.  ̄ ̄i ̄ ̄│                                   │
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄ ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄ ̄i ̄`~|. │おまけに朝鮮兵5百を案内役につけ           .│
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄`、 ̄| ̄ ̄.│                               │
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄″| ̄ ̄i|...│日本軍の不意をついて 攻撃したのだから・・・   │
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄| ̄~~i ̄.....└─────────────────────┘
''- .._   ~""'''......''- .._   ~""'''......''- .._   ~""'''......''- .._   ~""'''. ''- .._   ~""'''
                 /  /  ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
               ∧/∧ /三    /  /
           ∧,,∧(`ハ´ )/三  ∧/∧ /三     /  /     ;;;;⌒);;⌒)
<ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;∧,,∧(`ハ´ )/三     ∧/∧ /三 );;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
        <ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ ∧,,∧(`ハ´ )/三......≡  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
         (o_o,イ__ヽ´|(_<ニニロ━━━━/ο ・ )Oニ)く;;ヽ....  ;;;⌒')⌒);;;;⌒);;⌒)
            ノllllllllヽ| (o_o,イ__ヽ´|(__) /   ノ lミliii|(ヾゝ;;ヽ.            ;;;;⌒);;⌒)
           / /~ヽ ノ'''''''~ヽノllllllllヽ| | ̄(o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡;;;;⌒);;⌒)
           ヽニフ|_|   (_/ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽノllllllllヽ| | ̄ノl ノ     ;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
               (_ヽ   ヽニフ|_|   (_// /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_..;;;;⌒);;⌒) ;;;;⌒);;⌒)
                       (_ヽ    ヽニフ|_|   (_/  ヽ≡;;;   ;;;⌒')⌒)
              ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨      (_ヽ.     ≡≡  ;;;⌒')⌒)

             ┌──────────────────┐
             │どっちが勝つかは 明らかのハズだった。 ..│
             └──────────────────┘


322 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:35:12 6a3EWYr.0


以上、訂正でした。
これらのシーンの元ネタは、宣祖実録25年7月20日に出てくる楊紹勳の言葉です
ネタバレになりますので、読みたい方だけ読んでください↓


※ネタバレ注意
(楊紹勳)總兵曰 爾國初言 倭奴只用鐵九長劍 無他技也 厥數亦不過一二千云。
而今則天兵逢箭死者甚多 其數又過萬云 是何欺瞞?。


まあ、「箭」は間違いでしょうけれどw


323 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:35:56 6a3EWYr.0


あと、やる夫スレなのに やる夫が出てこないのは寂しいので
ちょっと小ネタ

  .   __________________________
    |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
    |┃                                    ┃|
    |┃    エ ナ ジ ー ボ ン ボ ン の 秘 密      ┃|
    |┃                                    ┃|
    |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


324 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:36:26 6a3EWYr.0


┌───────────────┐
│ここまで                  │
│                     ...│
│少しだけ登場した明朝の武官     │
│                     ...│
│【イ冬養正(とうようせい)】は・・・    │
└───────────────┘
      |\        /|
      \\____//_
     //        \\
    //___     __\\
  //  \(●)\ /(●)/ \\  これからも それなりに出番があるぞ!
  | |   / ̄(__人__) ̄\   ||
  \ \/   ` ⌒´   .\//
   《ゝ ___ "` ___ ィ∠》
  ∧    __|――|__   /\
  / y    l「 ̄|::::::| ̄ll    r、  ヽ
 𥶡奠堡 副総兵 都指揮【イ冬養正】



   ┌───────────────┐
   │じつは当時、              ..│
   │                     ...│
   │【イ冬養真(とうようしん)】という    │
   │                     ...│
   │名であった。               .│
   └───────────────┘
        |\        /|
        \\____//_
       //        \\
      //___     __\\
    //  \(ー)\ /(ー)/ \\
    | |   / ̄(__人__) ̄\   ||
    \ \/   ` ⌒´   .\//
     《ゝ ___ "` ___ ィ∠》.
    ∧    __|――|__   /\
    / y    l「 ̄|::::::| ̄ll    r、  ヽ
   𥶡奠堡 副総兵 都指揮 【イ冬養真】


325 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:36:50 6a3EWYr.0


    ┌──────────────┐
    │ところが、死後100年たった  ....│
    │                   .....│
    │1722年になって         ...│
    └──────────────┘

           ┌──────────────────┐
           │いきなり名前が                   │
           │                           .│
           │養真から養正に 変えられたのである   ...│
           └──────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ. ←時代は明朝から清朝に
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ    変わっている
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
                ┌──────────┐
                │なぜかというと・・・  ......│
                └──────────┘


326 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:37:31 6a3EWYr.0


               ___
            /\  /\
           / (●)  ( ● )\       ┌───────────────┐
         /:.   (__人__,)   ヽ .       │【やる夫】が                  │
         /::::...          |       │                     ...│
         |::::::::::....        /      │皇帝に即位したからである    ......│
         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_.        └───────────────┘
          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\
        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、
        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ,
        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ
          〈イ 〉""(ヽ  ,;;;/ ̄ ̄\〉
          Y/   ゞヽ ,ノ      >
          ,〈______;;λイ\   ,,,;;;;;;;;ゞ‐┐
          ∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐""  ;;;;;;;;;;〈.
         └r,;;;イ'"">   〉;;;>∠ー`く.
         _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};;;;   """"\
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___       ___);;;;
   """"""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"" ̄
        清朝5代皇帝【雍正帝 やる夫】


327 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:37:53 6a3EWYr.0


                       ┌─────────────┐
             (ヽ三/) ))     │【雍正帝やる夫】の本名は  ....│
         __  ( i))).         │                    │
        /⌒  ⌒\ \.     │【胤蘅(いんしん)】という。    .│
      /( ●)  (●)\ ).      └─────────────┘
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/            ┌───────────────┐
    | | | |  __ヽ、    /                 │で、皇帝と同じ「眞」の文字じゃあ  │
    レレ'、ノ‐´   ̄〉【愛新覚羅 胤蘅】         │                        │
    `ー---‐一' ̄                  │おそれおおい というので・・・     .│
┌─────────────────┐.... └───────────────┘
│      |\        /|       .....│
│      \\____//_       .....│
│     //__     ___\\      .│ 【イ冬養真(とうようしん)】
│    //\(●)\ /(●)/\\     │      ↓
│  //xx./ ̄(__人__) ̄\xxx \\   │ 【イ冬養正(とうようせい)】
│ . |  \/    ` ⌒´   .\/   |   │
│  \                /   ...│
│   《ゝ ____ "` ___ ィ∠》     │  ┌──────────────────┐
└─────────────────┘  │【イ冬養真】は死んでから100年後に   ....│
                                  │                           .│
                                  │子孫によって                   .│
                                  │                           .│
                                  │名前を 変えられてしまったのだ        .│
                                  └──────────────────┘


328 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:38:21 6a3EWYr.0


    ┌─────────────────┐
    │しかし、清朝の【雍正帝】と        ...│
    │                         .│
    │100年前の明朝の武官に         .│
    │                         .│
    │なんの関係が あるのかというと・・・   ..│
    └─────────────────┘
      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・             ___   ━┓
. | (●)   ⌒)\              / ―  \  ┏┛
. |   (__ノ ̄  |             /  (●)  \ヽ ・
  \        /            /   (⌒  (●) /
    \     _ノ.            /      ̄ヽ__) /
    /´     `\.        /´     ___/
     |       |         |        \
     |       |         |        |


329 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:38:45 6a3EWYr.0



         ┌───────────┐
         │こういう関係である。  ......│
         └───────────┘

        ζ                         / ̄\
   / ̄ ̄ ̄ ̄\                          |    |
 . /         \                  |\ .\_/   /|
 /|||  へ.__, ,_ノ   ||||                   \\ _.|__ //_
 |||||  (・)  (・)  |||||                    //        \\
 6|----◯⌒○----|9               //___     __\\
 |/ _|||||||_\|                  //  \(●)\ /(●)/ \\
  \  \_/ /                   | |   / ̄(__人__) ̄\   ||
    \____/                   \ \/   ` ⌒´   .\//
 ┏━━━━━━━━┓              《ゝ ___ "` ___ ィ∠》
 ┃初代 【ヌルハチ】...┃             ∧    __|――|__   /\
 ┗━━━━━━━━┛              【イ冬養正(とうようせい)】
       ┃                           ┃

                                       / ̄\
      (⌒Y⌒Y⌒)                         |    |
     /\__/                        \_/
    ./  /    \                       /\ _|__/ヽ
   ./ / ⌒   ⌒ \                   /\      /::::\
(⌒ /   (・)  (・) |                     . |(●)    (●)、.:|
(  (6       つ  |                 |   ,(__人__),    ::::|
( |    ____ |                   |   .|r┬-|   .:::::::|
  .\   \_/ /                  \  `ニ´   :::::/
     \____/                     /`ー‐--‐‐―´\
 ┏━━━━━━━━┓               【イ冬図頼(とうずらい)】
 ┃二代.【ホンタイジ】...┃                    ┃
 ┗━━━━━━━━┛                    ┃
        ┃                               ┃


330 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:39:08 6a3EWYr.0
        ┃                               ┃
        ┃                          / ̄\
        ┃                            |    |
     _____                             \_/....ー-く
    / \\\\\                  _, -‐'´: : ` | 7: : : : : l|
   /   \\\\\                    {「: :`ヽ: : : ;r-トヘrィZ_: :ソ
  / /   ̄ ̄ ̄ ̄\                〉: : :{レィ^ー'′ ヽ  \
  |/         |              ∠,ニ_/ / l| l   lト、  V
  (6     ´  っ` |               /  |  l ,」-ト   H|、!  l|
  |    ___ |               / ー- 、」l 乂托ミヽノ抃!レヘ./
   \   \_/ /              了二___}仝八_ソ   ,ヾ' に_〉
     \___/                    ̄{二ニZにZ_  ー ' 乂
 ┏━━━━━━━┓                       `ヽフ ーュ-イ-、
 ┃ 三代..【順治帝】 ┣━━━━━┳━━━━━━ 庶妃【イ冬氏】
 ┗━━━━━━━┛          ┃
                       ┃
                    / ̄\
                     |    |
                    \_/
                      |
                  /  ̄  ̄ \
                 /  ::\:::/::  \
               /  .<●>::::::<●>  \
               |    (__人__)     |
               \    ` ⌒´    /
               ┏━━━━━━━┓
               ┃ 四代..【康熙帝】 ┃
               ┗━━━━━━━┛
                     ┃
                     ┃
                     ┃
                  / ̄ ̄ ̄\
                      / ─    ─ \
               /  (●)  (●)  \
               |    (__人__)    |
               \    ` ⌒´    /
               /              \
                ┏━━━━━━━┓
                ┃ 五代..【雍正帝】 ┃
                ┗━━━━━━━┛


331 : ◆PL3ENMV41. :2013/09/16(月) 19:39:53 6a3EWYr.0


【イ冬養正】の頭にボンボンが刺さるとき、この「のび太万暦帝」もラストが近くなるハズです

次回から3回ほど日本軍編を予定しております
では、たぶん来週にまた。


332 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 19:41:10 X6DJc69.0

万暦帝まってるよ!


333 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 19:41:59 U67JAoFA0
乙でしたー


334 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 19:43:32 wS2IbA7g0
把握


335 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 20:14:14 7MGX6.w.0
母方の庶妃のご先祖だと変えられるのも仕方ないけどかわいそうだ
そして来週まで待機


336 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 22:21:10 uSi2Qi3Y0
儒教的には祖先の名前をさかのぼって変えるなんざ不孝の極みではないかと思うが、
皇帝だから特別なのか?しかもいくら母方とはいえ皇帝自身の高祖父なのに。


337 : 名無しのやる夫だお :2013/09/16(月) 22:49:07 QbpU0H9U0
というか、まずかったら変えないんじゃね?


338 : 名無しのやる夫だお :2013/09/17(火) 00:05:13 1FrJVbVk0
ぐぐつたら、こんなん出てきた
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BF%E8%AB%B1


339 : 名無しのやる夫だお :2013/09/17(火) 21:47:43 7..OzVFE0
>>331-332
「のび太万暦帝」本編が楽しみです。

ところで、ここ最近は、
「万暦の三大征」の一つ、豊臣秀吉の朝鮮出兵を扱っていますが、
寧夏の降将ボバイの乱や、貴州の土官楊応龍の乱も扱うのでしょうか?


340 : st4539i :2013/09/21(土) 20:07:14 7HhzysrQ0
>>339
ボバイ、楊応龍は少し触れるだけで
基本的には、やりません。
さすがにそこまでは、話を広げられないですw

それでは続きです


341 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:08:55 zDETznBY0
トリップばれてるぞー


342 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:09:01 7HhzysrQ0
あちゃートリップミスやっちゃいました
別トリでやります


343 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:09:38 7HhzysrQ0


                    ┌─────────────┐
                    │さて、1592年7月17日     .│
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                    │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│ついに日明両軍は       ....│
:::::::::::::::::::::::::::,〜-,,〜-,.:::::::::::::::::::::::::│                    │
:::::::::::::::::::::::::::|_ 平壌 |..::::::::::::::::::::::│平壌で交戦したのだが・・・    │
:::::::::::::::::::::::::._|_~~~~~~~~.:::::::::::::::::::::::└─────────────┘
::::::::::::::::::::::__i .i-.、 __.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::.rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
_  __.゙| '"         ." |__.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.::::
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i| <<ワーワー
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!| <<ギャーギャー
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
      ┌──────────────────┐
      │ここまで日本軍は                ....│
      │                           .│
      │何を考えて 朝鮮に攻め込んだのか?   .│
      └──────────────────┘


344 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:10:06 7HhzysrQ0



                   ●

                   ●

                   ●

           ┌───────────┐
           │話は戻って             │
           │                │
           │1592年の正月・・・    │
           └───────────┘

                   ●

                   ●

                   ●


345 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:10:29 7HhzysrQ0


                         ┌─────────────┐
            r、___ィi.         │九州・名護屋では         .│
           /\XXXXX\.       │                    │
         <:ZZZ:\ZZZZZ > .     │前の年から             │
           | ll ll | ll lllll ll |.       │                    │
         <ZZZZ/ZZZZZZZ>     │日本軍が ぞくぞくと集結し    .│
          |ll/\ll| ll_,/\ll |       └─────────────┘
        <ZZZZZ/ZZZZZZZZ>
         | ll/\ll | ll //\ll |
      <ZZZZZZZZ/ZZZZZZZZZZ>
  ,.;;:。;:;;::/\ll/\|//\ll//\ .;;:。;:;;::、;
,.;;:。;:;;; < ZZZZZZZ/ZZZZZZZZZZZZZ>,.;;:。;:;; 、;,.;;:。; :;;:、;
========|__llll__llll__llll__|___llll__llll__llll__llll___| _______  .;;: 。;:;
ZZZZZZ:/XXXXXXX:/XXXXXXXXXXXヘ ZZZZZZZZ\ 。;:;;::
__llll__llll../XXxXXxXX/xXXxXXxXXxXXxXヘ __llll____llll___|  。;;::
XXxXx/XXxXXxXX/xXXxXX____ Xヘ :xXxXxXxヘ  。;:;;::
 彡iミ/Xx 彡iミ X 彡iミxXx i ∠\ZZZZZヘ ZZZZZヘXxXxヘ
 彡iミ  彡iミ  彡iミ  彡iミ・_||:::::::ii:::::::||_・___・___・_|  彡iミ 彡iミ
   i!ミミ彡i ィiミ  彡彡iミ.彡!ミX||:::::::ll:::::::||:XXXXXX:ヘ 彡iミ 彡iミ.
 彡.i!ミ 彡i彡iミ 彡i彡iミ彡i  \     ` 、::XxXxヘ 彡iミ 彡i!ミ

        ┌─────────────────────┐
        │4月始めに渡海して                        │
        │                                    │
        │中国征服を始める予定と なっていたのだった   │
        └─────────────────────┘
   ∧        ∧      ∧       ∧         ∧        ∧
∧ |i |     ∧ |i |    ∧|i |     ∧ |i |      ∧ |i | .       ∧ |i |
|i | 州     |i | 州    |i |州     |i | 州      |i | 州 .       |i | 州
州 ‖     州 ‖ .     州‖      州 ‖      州 ‖ .       州 ‖
‖ ‖/\.... ‖ ‖/\  || ‖/\  ‖ ‖/\  ‖ ‖/\ .   ‖ ‖/\
‖/\_●_\. ‖/\●_\||/\●_\‖/\●_\‖/\● \ . ‖/\●_\
‖__●_\.    ‖__●_\  ||/|  彡ψ  ミ∧     ‖__●_\.    ‖__●_\` )
‖´∀` )     ‖´∀` )   /Y'|   メ三 / ・ |ミ   . ‖´∀` )     ‖´∀` )i日
◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日   |. !.ヘ (・∀(_)' |ミ    ◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日;ゝ
‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ  ヘ、__>@]:三/  ,|.     ‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ
‖_)___).    ‖ 〜<三ミミγ"⌒(⌒) /`ー'"|.     ‖_)___).    ‖_)_)
               γ/   ヽ(_/ノ`ーΩ'`ヽ
               /,へ、   ,)(  ,‐、  ノ.ノ  「唐入り」だね!
               /__)/`二ン⌒し/ /〜i ./
                 //"    (__) ./ /
              /__)       / /
                          |__)


346 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:10:55 7HhzysrQ0


┌───────────────────────────┐
│   ∧_∧( ~)   ∧_∧(. ~)   ∧_∧(  )                │
│  <丶`∀´>,/  <丶`∀´>,/   <丶`∀´>,/ 日本国王殿下 ......│
│  (っ   /   (っ   /    (っ   /    マンセー!    .│
│  ノ  ,-、 )   ノ  ,-、 )   ノ  ,-、 )             ..│
│ <__><__>  .<_><__>   .<__><__>             ..│
└──────────────○────────────┘
                   ○
            ,ィ竺ヽ  ○          ┌────────────┐
          _,.ムニ==ミ.,_            │そして秀吉は、もう朝鮮は ...│
.         ,. ´       `丶        │                  │
      /                ヽ      │日本に臣従したのだと     │
.       〃                ハ      │                  │
      /ミ                 彡i      .│カン違いしてたから        │
.     iミミ   …ー-     -一  彡}     └────────────┘
.     |ミ                  ヾシ‐ 、
.   /⌒ミ _,ッx、,__,,.j  l 、__,,xッx, {ヽ }:i
   j:{ し }  ¬せハ:}   {:ィせァ  |ノ j:|   よいか、朝鮮は
  ! / ハ    ̄‐'゙ i i ゙'ー ̄  ハ }.,′
.   \ゝノk、      r j .kヽ   ,.イ じ/    すでに予の臣下だぎゃ!
    ` ー1 ヽ     ¨^ ^¨    / .j`¨´
        ヽ    ヽ-ェェェ-/   /
.       _/|}\.  ゙'ー一'´  ./}|\_     その朝鮮で ちょっとでも略奪や放火をした者は
    //,', |{.  \      /  jj,',',ヽ\
  _/:.:.:i,',',',{ハ.   ゙'ー‐一'゙   /.},',',',l: :..\    厳しく処罰するだぎゃぁ!!
: ,:':.:.:.:.:. |,',',',Vハ            / /,',',',j: : : : iヽ
/:.:.:.:.:.:.: |,',',',',Vハ        / /,',',',','|: : : : |: :
          【豊臣秀吉】
             ┌──────────────┐
             │それを前提とした            │
             │                      │
             │命令を 出していたのだった   ...│
             └──────────────┘


347 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:11:18 7HhzysrQ0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
                      ┌────────────────────┐
                      │つまり、中国への道案内も 宿舎も 兵糧も     │
                      │                            ....│
、            `:.、         │朝鮮側が 全面協力してくれるものと         │
、   、、     、   `:.、         │                            ....│
、\ヽ、 :.;;:.,..;,:,.,.,..,,..:...;...,..,,,.、丶.     │思い込んで いたんである。                │
| | 「「「「「「「「|.|.|.|.I.I.ITT.l.l.i.i /`:.、   └────────────────────┘
|_|_|」」」」」」」」」」」」」.I.I I l.l.i.i./ ''''"^                       /"""∧__/.:::
,,...ヽ、、\ヽ、、丶、ヽ、ヽ、、、 、、`;,,、                         / .::::/""/,;;::::
| 厂「干幵幵幵lロiニフニニli`゙lxi:i::i':,、                   ,:''"/,, .::::/ ,, /,;;;;;;;;;
|ノ川 !│L⊥⊥ロ|ノ:::::圀||ミ|x|:i::ト、 `:,、                / /iiiiIIIイiii而i'竺竺
|j_j乢山Liア"毛[i「`゙ヽ:::::||ミ|x|:i::| i゙;.、       ,;'""´,;'  ,;'""´,;'  ''7,,,:: ,./:::,,乍==ニ!
凵L」 ::::::′ 下[||○ :::::||ミ|x|:i::| l :  ,:'' ',:'゙,;'",;' , ,,,,, , ,, /,:, ,,,,;'',,, ,, ,竹iT竹TTi| ㈹ |
| {::::::::::{   津[||亭 }::_|| |x|:i::| l i_ └-L竹TTロ何呵可 竹T竹T!ii|:i:i:|::i:| | |!iL乢__|
|⌒}:::::::::::   盛[|i斗ャヤi|| i: |:i::| l [__      └┴--==L鄴」 |州州:i:i:|::i:| | |!i|‐-==|
|  };;;;::::::::::ー---[||二ニ二|| :: |:i::| i⊥ニ   ..            ̄¨二上十┤:i:|::i:|_|_|!i|=‐-=|
|密密密密密密[||三ニ=-|| :: i/ ̄         .. .           _ ̄]L上止H_j|匝市| ※創造図もとい想像図
| ITITITITITITIT[|H‐!T!「〕!-=ニ_ ̄   , ,. .                     _ ̄ ̄¨¨エ!iiIII止
LI:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:乢斗也三 ̄_           ! ̄ ̄ ̄ ,! .
匚 ̄ ̄   -=ニ二 ̄                   ゝ__川ノ
[ _  -=ニ二 ̄_ . .                ∧_∧ / / みなさん食事ニダ!
{三三二 ̄_ _ _ . . . .          < *`∀´>/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


348 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:11:38 7HhzysrQ0


                          ┌─────────────────┐
                          │ところが、朝鮮と話をつけてるはずの .....│
        /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.     │                         ...│
       / |              |.     │【小西行長】からの報告が         ....│
      /  |                    |.     │                         ...│
    /    |__________|.     │だんだん おかしくなり・・・         ..│
   /   /   _, -─‐ - 、    /.    └─────────────────┘
   |  / / _.. -┸-、ヽ  /
   |/ /  /   \::::::::::/⌒ヽ   いや、朝鮮国王は ごにょごにょで
    ̄7   |━━━-!........|-━ |    朝鮮国の協力は ありゃありゃでありまして・・・
    /   |、    ノ..........、  |、    そんでもってもう少しだけ時間が必要なんでありまして・・・
   /    |....ー-....´..................ー' | |    そいでもtぅてうあいぇでありまして・・・
   /    |....ι............................./|
   l    i、...........u.....__.......ノ ノ  ( もう とことん誤魔化しきるであります )
    `ー- ′`ー-   ⌒ー'`ー'- '′
        【小西行長】

               ┌───────────┐
               │当初の計画は、あやしく ..│
               │                │
               │なってしまうのだった。  ..│
               └───────────┘
                     。__
                     |日|
                     | ̄
       ..;;''';;'';;';';'';;';';';'';;';';'';;';';'';;''';;';''';;';'';;';'';;'';;';'';;''';;';';;'';';';;;';';;''';;..  < どうなってんだ!?
     ..;;''';;';'';';'';;''';'';;''';';'';;''';'';;''';'';;''';;''''';;'''';;'''';;'';;'''';;''';;''';';';''';';''';';'';';;''';;.. < いつまで待たせんだよ!
    ;;''';;';'';';';;;'';;;'';;';;;'';;';';;;'';;';;;'';;';;;'';;;'';;;;;'';;;;'';;;;';;;'';;;;'';;;'';;'';;'';;'''';;'';;;';';'';';;''';;
  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;;'';;';;;'';;';';;;'';;';;;'';;';;;'';;;'';;;;;'';;;;'';;;;';;;'';;;;'';;;'';;'';;'';;'''';;'';;;';';'';';;'';;';';'';;
 川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川  ←名護屋の日本軍のみなさん


349 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:12:04 7HhzysrQ0


        ┌────────────────┐
        │しかし、予定の4月をすぎたころ   ....│
        │                       .│
        │とうとう秀吉は しびれを切らし、      │
        │                       .│
        │出兵を命じるのであった!        .│
        └────────────────┘
.     /三少ク 〃:::::::::::::: : :             \
    /ニニ7 ,ハ  {{::::::::::::: : :              ヽ
    ミ三7 ,ハ \ハ:::::::::: : :      .: : : : : : : :.     ',
      、 ハ \ ヾ::::::::: :    .: : : : : : : : : : :.
    \} ト、\ ヾ:::::::::    .: : : : : : : : : : : : : : :    i    もう待ちきれん!出兵せよ
.    r<^\\ヾ::::::       : : : : : : : : : : : : : :   |
   / r'^ヾ\ヾ゙::::::                     |/ノ   もし日本に 従わぬとあれば
    | .|:: (^ヾ ミ:::::::                    |゙'く        まずは朝鮮を 支配するだぎゃ!
    | .|:: `ニ ミ::::::   ≦三≧x、_    j j    _,.zx,,ハ:::}
    |  /::   ノ:::/    「`¨ゞ=-ミヽ    ,x≦=≦了:ノ:,′
   ', {::::...(:::::{     `¨'' ー…'゙ノリ   /癶`ニ゙ノ } :::/   ┌───────────┐
   ム=ミ、;;ノ:::::ハ      -‐=彡 ::| i ヾミ=-  / ::/.     │そして もし            .│
       `丶:::::::ゝ、         .::::l. |      /:::/      │                │
          \:::::::ヽ.       j廴::j  !ム   /:::/     │協力を拒むようなら・・・  │
           \::::ハ     ..::::::::::`ー '゙   /:ト-'゙        └───────────┘
            \:}   .::::__,. 、_,.、_  /::/
             \   :::: ̄`¨¨¨´  {::/      ┌───────────────┐
                                    │そのときは、まず朝鮮を       .│
              【豊臣秀吉】            │                     ...│
                                    │攻撃することに なったのである   │
                                    └───────────────┘


350 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:12:27 7HhzysrQ0



          ┌─────────────────┐
          │まあ、動員かけちゃった今になって    .│
          │                         .│
          │いまさら止められない訳で・・・       .│
          └─────────────────┘
                    ──┴──┐               ──┴──┐                ──┴
     O          ∧_∧/        / O         ∧_∧/        /  O         ∧_∧/
 o             (´∀` )     o             (´∀` )      o             (´∀` )
  <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )      <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )        <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )
    )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。   )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。   | )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。
   从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄\从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄\_从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄
  ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ  ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ 从 ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ
                              【 日本軍の みなさん 】


351 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:12:50 7HhzysrQ0


                 ┌───────────────┐
                 │ついに船団は 日本から出航し  .....│
                 └───────────────┘
      ┌┐                                    ┌┐
     /~'7;; |            ┌┐           ┌┐      /~'7;; |
   〜(  ( ̄|      〜〜  /~'7;; |          /~'7;; |     (  ( ̄|
 、___`t-'ーイゝ-i         〜(  ( ̄|         (  ( ̄|  、___`t-'ーイゝ-i
   ヽ] ̄二二二7     、___`t-'ーイゝ-i      、___`t-'ーイゝ-i    ヽ] ̄二二二7
 〜〜   \\\〜      ヽ] ̄二二二7     ヽ] ̄二二二7 〜   \\\〜
             〜〜〜〜   \\\〜    〜   \\\〜〜〜
                               ┌┐
      ┌┐   〜〜〜     ┌┐      /~'7;; |  〜〜〜
     /~'7;; |           /~'7;; |     (  ( ̄|
     (  ( ̄|          (  ( ̄|  、___`t-'ーイゝ-i         ┌┐
 、___`t-'ーイゝ-i       、___`t-'ーイゝ-i    ヽ] ̄二二二7       /~'7;; |
   ヽ] ̄二二二7       ヽ] ̄二二二7 〜   \\\〜    〜(  ( ̄|
  〜   \\\〜〜   〜   \\\〜〜〜         、___`t-'ーイゝ-i
      ┌┐                                ヽ] ̄二二二7
     /~'7;; |            ┌┐     〜〜〜       〜   \\\〜〜
   〜(  ( ̄|      〜〜  /~'7;; |〜〜〜
 、___`t-'ーイゝ-i         〜(  ( ̄|          ┌┐
   ヽ] ̄二二二7     、___`t-'ーイゝ-i         /~'7;; | 〜〜〜
 〜〜   \\\〜      ヽ] ̄二二二7     〜(  ( ̄|
             〜〜〜〜   \\\〜  、___`t-'ーイゝ-i  〜〜〜
                               ヽ] ̄二二二7
                              〜   \\\〜〜〜


352 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:13:13 7HhzysrQ0


          厂     ○全州           ┌─────────┐
       ノ                          │朝鮮の釜山浦に   │
       _..‐′                    │                  │
      ゙コ                           │到着したのだった .....│
      ,/                           └─────────┘
    _ノ                  晋州                 r''´
     、                  ○            __ノ
     >                            ノ`゙'ー一◎釜山
    │                ___,,.     r'' /''"'、   ┃
     廴              / __ ^''ー^''ー   ゝ ノ   ┗┓
   /y             厂`'┐★〔 ノ        ο〔 ノ       ┃
   '} ___        r‐'´_ }∟、   ´左水営               /'"'、
  _ノ''"ノ Γ  人_丿 │ __丿                     │ ノ
  ゝ..r‐’ │ r'′                             ゝノ 対馬
       ̄                               /.亅
                                     〔_ノ ┃
                                         ┗┓              _
                                           ┗ __            _/""
                                            〔 ノ壱岐       /
                                                ┗┓       /
      ___....- 、                                   ┃ ___ノ ̄
   _-―"´    │                                  〔◎名護屋
  /′ 済州島 _,/′                            」' ゙̄冖'''´
  `'-r―-ー‐"´                               レ'´ゝ、      _n__
                                           ハ_  ''、 `ヽ


353 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:13:29 fLAuQNjk0
こっちもこっちでgdgdだww


354 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:14:39 7HhzysrQ0


       ┌───────────────┐
       │そして、                      │
       │                        │
       │ことここにいたっても 小西は      .│
       │                        │
       │「仮道入明」の交渉してみるが     .│
       └───────────────┘
           _, -─‐ - 、
      / _.. -┸-、ヽ     日本軍を受け入れないと
      /  /   \::::::::::/⌒ヽ
     /   |━━━-!........|-━ |     えらいことになるで
    /   |、    ノ..........、  |、
   /    |....ー-....´..................ー' | |    ありますよ!?
   /    |....ι............................./|
   l    i、...........u.....__.......ノ ノ
    `ー- ′`ー-   ⌒ー'`ー'- '′
         【小西行長】


              ┌──────────┐
              │当然ながら           │
              │              ..│
              │完全に拒否される。  ..│
              └──────────┘

              (壬三三三三三三三三三○
             (壬三三三三三三三三三○ ○
                   //゙      | |       (壬三三三三三三三三○
                     //Λ  Λ | |      (壬三三三三三三三三○ ○
                  | |< ;`Д´>//               | |        .| |  ダメに決まってるニダ!
      /)_/)  ∧ ∧    \      |      ∧ ∧    | | ∧  ∧   // 倭人はさっさと
∧  ∧< ゚Д゚ )< ´Д` >      |   /λλ  <`Д´>    i <`Д´ ;>//   帰るニダ!
<・Д。>}_,_/_丶'_ヽ___/ __/_<`∀´>/__ヽ__|       ノ
__))___))_))_))_))_))_))_)__))___))_))_))_))_))_))_))_))_))_))_))_)
  (,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,__(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___!、___!、___)
(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,__(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___(,___!、___!、__、)
   !、@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@_
   ::i li|:::: : ..  ::: .    ..: :.   . ::..::  ..::  ..::::: : ..  ::: .    ..: :.   . ::..::  ..::  . :::;;| li|.))_))_))_))


355 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:15:03 7HhzysrQ0


         ┌─────────────┐
         │その結果、日本軍は・・・     .│
         └─────────────┘

       ∧∧                ∧∧              ∧∧ ならしかたねぇや!
     (゚Д゚,,)            (゚Д゚,,)                (゚Д゚,,)
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |          |          |          |          |          |          |
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
__|_____|_____|_____|_____|_____|_____|
::::::::::/三三三三/\/::::::::::::::::/三三三三/\/:::::::::::::::::/三三三三/\/::::::::::::::::::::::
:::::::::::\     \ .\::::::::::::::::\     \ .\:::::::::::::::::\     \ .\::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄\.____\_| ̄ ̄ ̄ ̄\.____\_| ̄ ̄ ̄ ̄\.____\_| ̄ ̄ ̄ ̄
三三三三|;;| ._ __|三三三三三|;;| ._ __.|三三三三三|;;| ._ __.|三三三三
三三三三|;;| (○)::::::::::|三三三三三|;;| (○):::::::::::|三三三三三|;;| (○):::::::::::|三三三三
三三三三|;;| . ̄  ̄ ̄|三三三三三|;;| . ̄  ̄ ̄.|三三三三三|;;| . ̄  ̄ ̄.|三三三三


356 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:15:24 7HhzysrQ0


      ┌─────────────────┐
      │まずは朝鮮から たいらげることに    .│
      │                         .│
      │したのであった。             ......│
      └─────────────────┘

       ∧∧                ∧∧              ∧∧ 殺ったるぞ、ゴルァ!!
     (゚Д゚,,)            (゚Д゚,,)                (゚Д゚,,)
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |          |          |          |          |          |          |
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
__|_____|_____|_____|_____|_____|_____|
::::::::::/三三三三/\/::::::::::::::::/三三三三/\/:::::::::::::::::/三三三三/\/::::::::::::::::::::::
:::::::::::\     \ .\::::::::::::::::\     \ .\:::::::::::::::::\     \ .\::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄\.____\_| ̄ ̄ ̄ ̄\.____\_| ̄ ̄ ̄ ̄\.____\_| ̄ ̄ ̄ ̄
(´⌒∴(:;;,´^;`_ __|三(´⌒∴(:;;´^;;`_ __|三(´⌒∴(:;;´^;;`_ __|三三三三
二⌒从;,ッ`,;`○):::::::::::|三二⌒从;,ッ`;`○)::::::::::::|三二⌒从;,ッ`;`○)::::::::::::|三三三三
(:;(:; ;;::,⌒从'` ̄  ̄ ̄|三(:;(:; ;;::,⌒从'` ̄  ̄ ̄|三(:;(:; ;;::,⌒从'` ̄  ̄ ̄|三三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


357 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:15:51 7HhzysrQ0


        ┌────────────┐
        │で、日本軍の攻撃に       .│
        │                  │
        │釜山は1日で 陥落し・・・   │
        └────────────┘
⊂⊃                   ⊂⊃
      ( ヽ                       ⊂⊃
        ( ヽ    ⌒)⌒ )
         (  )  丿 )⌒丿⌒)   ボォォォオ!!
          (  ノ ノノ ノ )
           ( 人从从|::|从((、 'r'"⌒ヽ,
   'r'"⌒ヽ,'"  (:::从∧ △|从人:)ミ^!、 '"⌒'"⌒⌒ヽ'"⌒
    'r'"⌒ヽ, 从从从Π从人:)|「|||:ll;| 'r'"⌒ヽ, ⌒ヽ  '"⌒
'r'"⌒ヽ, /_从从::::从||O;;(:人:) "⌒'"⌒"⌒'"⌒"⌒'"⌒
    /_| ロ 人从:: ::人:::人从人::::|[[[[| ,,;:;":;;:;";;`;";:、 ,.┌──────────┐
'"⌒  |ll.|ロ ロ_)(:: ::人:::人从:::: |ミミミミミミ'"⌒..   │守備隊は         .│
'"⌒;;`;";'"⌒゛;:'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒   '".│                    │
         '"⌒    '"⌒    '"⌒.         │全滅したのだった   ...│
                                      └──────────┘
               ∧_∧
斬っ!!  :・’,゜<  `д´>   ─=≡≡≡  ∧_∧
    '・∴,...''・; グハッ!!         ─=≡  (    )
   ⊂    ⊃      ─────=≡≡ ( ○  つ┼────
    )  ) )      ──==≡≡≡   / /ゝ 〉
    (_)_)       ───=≡≡ (__)(_)


358 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:16:12 7HhzysrQ0


       ┌────────────────────┐
       │そして、これにビビりまくった                 │
       │                            ....│
       │慶尚左水使【朴泓】、慶尚右水使【元均】は・・・ . │
       └────────────────────┘

             厂    ○全州                             |
            ノ                                  /
           _..‐′                               礀
           ゙コ                                _丿
          ,,/′                                l′
         _ノ′                晋州                 r''´
          、                  ○            ★慶尚左水営
          >                        y `゙'ー一◎釜山
         │                ___,,.     r'' /''"'、
          廴              / __ ^''ー^''ー   ゝ ノ巨済島
        /y             厂`'┐☆〔 ノ        ο★ノ
        '} ___        r‐'´_ }∟、   ´全羅左水営 慶尚右水営   ./'"'、
       _ノ''"ノ Γ  .人_丿 │ __丿                     │ ノ
        ゝ..r☆ │ r'ο                             ゝノ 対馬
     全羅右水営                                   /.亅
                                          〔_ノ
                                                                _
┌──────────────────────┐                  __         _/""
│    戦わずに逃走してしまった              .│             〔 ノ壱岐       /
│     _∩_            _∩_          .│                       /
│ ゚ 。 ⊂「朴」⊃ ゚。     ゚ 。⊂「元」⊃ ゚。      .│                      ___ノ ̄
│ ゚ ・<゚`Д´゚;>        ゚ ・<゚`Д´゚;>        ...│               〔◎名護屋
│    (つ   ⊃           (つ   ⊃        .│           」' ゙̄冖'''´
│     ヾ(⌒ノ.             ヾ(⌒ノ.         .│            .レ'´ゝ、      _n__
│      ` J  ≡=−.         ` J  ≡=−    │                  ハ_  ''、 `ヽ
└──────────────────────┘


359 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:16:36 7HhzysrQ0



       ┌──────────────┐
       │というわけで            ...│
       │                   .....│
       │日本軍の邪魔をするものは  ......│
       │                   .....│
       │まったく居なくなり         ...│
       └──────────────┘

                        ┌─────────────┐
                   ,、.      │後続部隊は          ......│
                 //       │                    │
                //.       │おおいばりで上陸することが  .│
              /`'.         │                    │
             /               │できたのだった        ......│
           / ヽ          └─────────────┘
         / (  _)
      ,-ー-、/ゝr´(_) ヽ         ┏━┓
    /i/,iヽ/ゝソ /・Д・)、          .┃  ┃   .∧       ∧       ∧
  / ゝ 彡ヾ//ヽフヽ=ヽ           ┃  ┃   .|i |       |i |       |i |
 (_、ノ|  彡  ( 丿ノ ノ             ┣━┛   ,州       州       州
   ヽし´ 彡 ノ「ノ ヽ=ヽ         ┃       .‖   /\‖   /\‖
     l    | ̄[(::::)]`ヽ、    ./●\┃   /● .‖ /_●,,_‖ /_●,,_‖
   ,へ>(  |  ⊆ゝ .丿))  .(・д・  ┃  (・д・.‖ (´Д` .‖ (´д` ‖
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、   (     ○  (,    ○ .(     ○ (,     ○
   ヽゝく <       //   Y  人 ┃   Y  人‖  Y  人‖ Y  人‖
      ヽゝ      〈 く    (_) J    (_) J‖ (_) J‖..(_) J‖


360 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:16:58 7HhzysrQ0


       ┌────────────────┐
       │ところが ここでも【小西行長】は    .│
       │                       .│
       │「仮道入明」の交渉を あきらめない  ..│
       └────────────────┘
            _,,.. ― ,,
         ,..-''″  ★   ゙ヘ、
       ,,-,゙ -;;;;;;¬''''''''''¬―-..,,,,\
       //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ
     /i./ /illllllllllll |::::::::::::/ .lllllllllll!゙l, l.l
     / ! ! .llllllllllll/ / :::::::::.lヽ!llllll!!丿,!.| l  日本は 朝鮮と戦う気はなく
     !│ ヽ,.゛_/::::::::::::::: .\_`゛._./ .| .|
    l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |  大明へ行くのに 協力して欲しいだけだと
    .|  ヽ::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l
    .!   ヽ .__,,.../ ''''''‐、  :::::::::::/    ゙l   伝えてほしいであります
    .|.   `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |
     ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー--ー'"
  _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\
  /   ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\
  . ̄"''''―‐"  / `、    ゝ.|.| \ !
          /  /__  .「  .|.| ./ ノ

          ∧李∧
         <`∀´;>
        三三三三
        三三三三
         :ム__)__)
         【李彦誠】


361 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:17:30 7HhzysrQ0


┌───────────────────┐
│小西は、捕らえた地方官に           .│
│                          ......│
│手紙を持たせて 朝鮮宮廷に届けるよう     │
│                          ......│
│釈放したのである                  │
└───────────────────┘
             _... -‐・‐- ._
          ,   ´    ★    `  、
         / _  -―――――-  _ ヽ.
        /斗"¨ ‐- 、      , ' ´ ̄`ヽミ、  「仮道入明」の件、よろしく貴国国王に
         ,"  ,ィニミ.  ヽ     /   ,ィ==-.、 ヾ
      /  /:::::::::::::::ヘ  i   ,'   /::::::::::::::ヘ  ゝ   お伝えして ほしいであります!
      ハ  ‘:::::::::::::::::ノ  ,  {   ‘:::::::::::::::::ノ  イヽ
.    / i ヽ  `ー一"   /    ヽ.  `ー一" γ⌒゙ミヽ、
.   / .:! ヽ、     /     \     ,イ   `ヽ. \
 /   .::i   `  ̄ ´         ` ¨¨ ´r‐ヽ、    ヽ ヘ
./    .::::.                   `ヽ `     }  l
i      .::::::ヽ       ,. -―- .       /:ヽ、   イ /
ヽ     .::::::::::ヽ   _ ‐く, -―-―- `>、   , ′::::i`    !/
 ヽ    .::::::::ハ´_    ヽ     /  ` ̄∠ゝ-一   /゙
   ヽ、 _ ;/_/ ` ‐- .._` -=彡_ ..-≦´        /
       ぇ´ , -―ャ",/´  天 ´ `ヽ 厂¨ ‐- . _ ,ノ
        `"    ヽ{ <´  `> } ノ
                ヾ、 レへ、| 才
              ヽ`¨T¨´/"      ∧李∧
                  ゝ | /       < `∀´ ,>⊃
                   (__人__)      (つ  /  助かったニダ!
                            | (⌒)
                           し⌒


362 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:17:53 7HhzysrQ0


                      ∧李∧  ・・・・でも よく考えたら
                     <;`д´|!;>   みんな殺されたのに
                     ( つ  O   ウリだけ助かって 手紙を届けたら
                     と_ )_)
                    【李彦誠】


                    ∧李∧
               ⊂ヽ< ;`Д´>つ    まちがいなく
          ((      (   )    ))  倭奴のスパイと疑われるニダ・・・
               ⊂ノ( __フ つ      マズイニダ!
                  (_/


              ∧李∧
             < `∀´ ,>⊃ だから 全部
             (つ  /    無かったことにするニダ
               | (⌒)
              し⌒
    ┌────────────────────┐
    │が、この地方官はバックレてしまい         .│
    │                            ....│
    │手紙は朝鮮宮廷に 届かないのであった。     │
    └────────────────────┘


363 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:18:19 7HhzysrQ0


     ┌──────────────┐
     │もっとも                .│
     │                   .....│
     │そんな交渉とは関係なく・・・    .│
     └──────────────┘

                ┌─────────────────┐
                │上陸した日本軍は                   │
                │                         .│
                │ものすごい勢いで 侵攻していくのだった .│
                └─────────────────┘

              西路道 三番隊1万2千   中路道 一番隊1万8千     東路道 二番隊2万2千
                      。__           。__                  。__
                 |  |           |  |                 |  |
                 | ̄            | ̄                  | ̄
            ;;;'';;'';;;';';'';';;''';;          ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
          ;;;'';;'';;;';';'';';;'';;';';'';;           ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;           ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
         ^〜..^〜.,^〜.,^〜、          ,.〜^,.〜^,.〜^..〜^         ,.〜^,.〜^,.〜^..〜^
      ,.vv⌒vy⌒vv⌒vy⌒vv            v⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、       v⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
   ,r'´ ̄`' ,^− ,r'´ ̄`' ,^−              ヽ −^, '´ ̄`ヽ −^, '´ ̄`ヽ  ....ヽ −^, '´ ̄`ヽ −^, '´ ̄`ヽ
,r'´ ̄`' ‐, ,r'´ ̄`' ‐, ,r'´ ̄`' ‐,                                 '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
                               ザッザッザ  ザッザッザ
  ザッザッザ  ザッザッザ                                     ザッザッザ  ザッザッザ


364 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:18:44 7HhzysrQ0


             ∧_∧
             (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽ(    )ノ) | . .   |   (___人__ )
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )    ∧_∧
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽ(    )ノ)丿 し  (ヽ(    )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ←他の部隊は
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ(    )ノ) | . .   |        ∧_∧ |     講和交渉してるなんて
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )  /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ)     知らない
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽ(    )ノ) ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


365 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:19:58 7HhzysrQ0
すいません、前のコマ訂正です



             ∧_∧
             (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽ(    )ノ) | . .   |   (___人__ )
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )    ∧_∧
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽ(    )ノ)丿 し  (ヽ(    )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ←一番隊以外は
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ(    )ノ) | . .   |        ∧_∧ |     講和交渉してるなんて
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )  /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ)     知らない
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽ(    )ノ) ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


366 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:20:25 7HhzysrQ0


    ┌───────────────────────┐
    │日本軍は、                         ......│
    │                                  │
    │一番隊【小西行長】1万8千と               ...│
    │                                  │
    │二番隊【加藤清正】2万2千が 先発隊として並走し    .│
    │                                  │
    │競い合うかたちで 漢城をめざす。                  │
    └───────────────────────┘
、::  /:     :::           :::      /::  :: /
ヽ :::/:    :::               ::/  , '::  /  /
 ヽ     :::     , --、::        ///ー、ー''"l  /
、 ヽ、_  ::    、( o o )::     ::_://、  l  ,l / ::::/
: 丶、l l \::_   ヽヽ`i l 「:: _,,. ―'""/,;;;;;l   l /' :: /
  .ヽ! l  l;;;、  ̄''' ゝヽ ̄''"    /li 〃;/  l キl :: /
  .、\l  l、、\::   ヾ\    /`   /  / / l/  何としても王京は
    l l ヾ  '':\       /-= -ー''"  /  /'
    l \ `ー--'''ゝ、    丶、 __,,.-'"   /      このオレが落としてやるぜ
    \、 丶 __/::            キ /
      \、  ::     ,... _____,,.-ツ
        `ヽ、__,,.-イvーーV' /  /
          `ー- ヽヽ;;    ;;/ /!~l
             /入ヾニニツ/  l l
            /l /, ̄ ̄    l l
          /:::::}-'"        l  !←東路道【加藤清正】


         _,,. -―――- 、
       , ‐'"          ヽ、
      /,.、             ヽ
     //;...ヽ.、  ★          ヽ  清正が やらかす前に
     //.ヽ......i....ヽ、        U  i
   /...l、..ヽ...l../.、...`ー,--:::..._     l  わが輩が先んじて
   / :::l ヽ;;;jノ.._..../...............ヽ!      !
   l :::::l ノ......._.....l,. -――‐/       l  朝鮮と 話をつけるであります
   ヽ :::ヽ{.........._....ヽ ___ノ.l       l
    ヽ、_:ヽ..........―........)   l       l\
 _   ,二ヾ.l77ヽ、....(   !      /7 \
~  `丶(.........ヽlにニ/,,ニ=ー''1、___/ノ   l l
      `ー-、 `ー-;'~ 7......l `ゝ.......√   l l
           ̄丶、 /......l  ̄l....../    l l
             /.......l 、 l...../    l l
             l........l  `丶、   .l l
             l........l_     `丶 、
             `ー‐'' ←中路道【小西行長】


367 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:20:54 7HhzysrQ0


┌─────────────────┐
│と、4月25日(日本暦24日)        │
│                         .│
│一番隊【小西行長】は             .│
│                         .│
│尚州で【李鎰】の軍9百と交戦。        │
└─────────────────┘

  '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ            \
    `ー´       `ゝ ◎漢城        ヽ
                |                ',               彡仝
                冫       ○忠州    Y              彡γ´ ̄ ̄`ヽ
             く~                〉       /i/,i  彡| 「ニ李ニ|
            `i                `i_.       / ・.彡  ∠くノ;`∀´ >
               |          ●尚州/.      (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ
               `フ              ↑  _}.        ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ
                 冫              ↑ 〉         l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、
                i´            _r-■釜山 .   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))
              }       r‐-‐ヽ冫         く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、
            {_,-,   ,r‐' 、〉                ヽゝく <       //
                久_{                     ヽゝ      〈 く.
                                     巡辺使【李鎰】



       ┌──────────┐                //
       │これを         ......│                   、/ /
       │              ..│                    / `
       │あっさりと蹴散らす   .│   |\          / ┣¨┣¨┣¨┣¨
       └──────────┘  ..`>.く     /●\∩
           ∧     ∧            \   (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
           |i |     |i |               ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州    州                `(Д・´#),,,、三ニ=―  ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
      ∧__,∧ .‖     .‖         <ニ||― r-/●\―――
     <゚Д゚ ;>‖∧__,∧‖               ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ∧__,∧ ⊂   <;´Д` > ∧__,∧          <ニ||― ∩――∩―――  '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>              `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;     '''''''''<ニ||― r-/●\―――
  し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;         ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;


368 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:21:24 7HhzysrQ0


       ┌────────────────┐
       │そして ここでも【小西行長】は     ..│
       │                       .│
       │「仮道入明」の 講和交渉をめざす。   │
       └────────────────┘
         _,,. -_-_:: 、
      //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
      ///ヽ、二ニノ;;;;;;rーヽ! 見知った相手が居たぜ〜
     l l/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l /ニll!  対馬との通訳だぜ
 r-、   l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト
 l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l;;;;; ̄//!
  l  L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /'ノ
  ヽ_,,..-,./ :::::::r-/  }ニ-'"      ∧景∧
    /' ,r,ニヽ.lΥ  /.         <`∀´;>
   //   ヽニノlヽ! /         三三三三
  l 〈     /l ヽノ.          三三三三
                          :ム__)__)倭学通事【景応舜】



    ┌───────────────────┐
    │またも小西は、捕らえた地方官に        │
    │                          ......│
    │手紙を持たせて 朝鮮宮廷に届けるよう     │
    │                          ......│
    │釈放したのであった              ......│
    └───────────────────┘
             _... -‐・‐- ._
          ,   ´    ★    `  、
         / _  -―――――-  _ ヽ.
        /斗"¨ ‐- 、      , ' ´ ̄`ヽミ、  「仮道入明」の件、よろしく貴国国王に
         ,"  ,ィニミ.  ヽ     /   ,ィ==-.、 ヾ
      /  /:::::::::::::::ヘ  i   ,'   /::::::::::::::ヘ  ゝ   お伝えして ほしいであります!
      ハ  ‘:::::::::::::::::ノ  ,  {   ‘:::::::::::::::::ノ  イヽ
.    / i ヽ  `ー一"   /    ヽ.  `ー一" γ⌒゙ミヽ、
.   / .:! ヽ、     /     \     ,イ   `ヽ. \
 /   .::i   `  ̄ ´         ` ¨¨ ´r‐ヽ、    ヽ ヘ
./    .::::.                   `ヽ `     }  l
i      .::::::ヽ       ,. -―- .       /:ヽ、   イ /
ヽ     .::::::::::ヽ   _ ‐く, -―-―- `>、   , ′::::i`    !/
 ヽ    .::::::::ハ´_    ヽ     /  ` ̄∠ゝ-一   /゙
   ヽ、 _ ;/_/ ` ‐- .._` -=彡_ ..-≦´        /
       ぇ´ , -―ャ",/´  天 ´ `ヽ 厂¨ ‐- . _ ,ノ
        `"    ヽ{ <´  `> } ノ
                ヾ、 レへ、| 才
              ヽ`¨T¨´/"      ∧景∧
                  ゝ | /       < `∀´ ,>⊃
                   (__人__)      (つ  /  助かったニダ!
                            | (⌒)
                           し⌒【景応舜】


369 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:21:53 8CmI0I5g0
リアルタイムキタ━━━━━━━━!!


370 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:22:06 7HhzysrQ0


  ┌────────────────────┐
  │釈放された【景応舜】は               │
  │                                  │
  │今度はバックレることなく、宮廷に報告する   .│
  └────────────────────┘
             }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
        .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
        五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
        \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
   ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       |  城  漢  |       |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ


371 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:22:32 7HhzysrQ0


    |┃三           _________
    |┃     ゼエゼエ  /
    |┃ ≡ .∧景∧  <  倭将からの ことづけをもって来ましたニダ!
____.|ミ\_<ι`Д´> 。 \
    |┃=__ ゚   \     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラ
     倭学通事【景応舜】
┌────────────────────────────┐
│         , ,.....,, _                             │
│     _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,                         ....│
│   r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、    4月28日に             ..│
│   / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、 講和について話し合いたいから   ..│
│   ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、                      │
│      \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   ) 【李徳馨】殿を忠州に        │
│        `ヽ,ミ''| l |.≧、イ,__/ よこして欲しいであります       │
│        /,'__ゝ<:.\                           ...│
│       { ',〉,.、〈ノ}、\_,、                       ......│
│       ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ                         .│
│          ||/                             .....│
│        i | |                              ...│
│        UU【小西行長】                            │
└────────────────────────────┘


372 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:23:00 7HhzysrQ0


┌──────────────┐
│そして朝鮮は 要求どおり      .│
│                   .....│
│【李徳馨】を忠州に派遣。       .│
└──────────────┘
      ∩___
     ⊂「__ 」⊃
      <;`∀´>     では交渉してくるニダ
     /     ̄ ̄|
   /  | 宣祖 |_」
   |__|    |
      |_____|
       (_)(_).


             / ̄ ̄\
           /  ー三三\
           |   ( ○) ( ○)
           |      | | わかりました。
           | u   ___´__ |
           |        }   行ってきます
         r⌒ヽrヽ,    }
        /  i/ | __  ノヽ
       ./  /  /      )
       ./ /  /     //     ┌─────────────────┐
      /   ./     / ̄、⌒).   │なお、【景応舜】も これに同行する   ....│
      .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄    └─────────────────┘
          r    /     |
        /          ノ     ∧ ∧
   /  ̄ ヽ/      /    / .     <lili`Д´> ・・・戻るニカ
   / ノ| /    //   / .       / つ_つ
    ̄  | .   /./  /       人  Y
      ヽ__/ / /          し'(_)
         ノ.^/         倭学通事【景応舜】
         |_/【李徳馨】


373 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:23:31 7HhzysrQ0


    /    `ヽ              / ̄                 _,.-''´
   /       )             /○義州               ノ
  _ノ       /              ∧_                 `i
r'´         ノ .       _,,.-‐''"~  `'ー-、__          r'      ┌─────────────────┐
        丿    _.,,-''´           `i            `ー-、.     │もっとも、                     .│
       {_   /                  丿 ○平壌         `ー、.....│                         .│
         丿  丿                 ,ゝ                ' ,.│講和を求めてるはずの日本軍だが   ..│
      r´ ,/                    丿                 │                         .│
         ̄´                 {        ○開城.     │進撃はとまらない               .│
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ             └─────────────────┘
                          `ー´       `ゝ ◎漢城        ヽ
    _,-‐、                             |                ',
    i´   `ヽ__,,.-‐''‐-〆                     冫       ●忠州    Y
  r'´           丿                   く~        ↑      〉
-'´         ,r‐、_}                    `i         ↑     `i_
        ,,.-‐''"                         |          ■尚州/
       r'´                            `フ           ↑  _}
   r-、_|                             冫              ↑ 〉
    i            ∧_∧                   i´            _r-■釜山
  r'        (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
. r'´.           ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
丿..   ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l┌─────────────┐
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽ(    )ノ) | .....│一番隊の【小西行長】は   .....│
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___. │                    │
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽ(    )ノ). │4月27日(明暦26日)に      │
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪ │                    │
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ(    )ノ) | . .   |.     │忠州に到達。           .│
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )     └─────────────┘
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽ(    )ノ) ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


374 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:24:00 7HhzysrQ0


    ┌───────────────┐
    │そして、この忠州で             │
    │                     ...│
    │一番隊1万8千は             .│
    │                     ...│
    │【申リュウ】の朝鮮軍8千と交戦    .│
    └───────────────┘
           彡仝         ∧        ∧         ∧
        彡γ´ ̄ ̄`ヽ..     |i |        |i |         |i |
    /i/,i  彡| 「ニ申ニ|..      州         州         州
   / ・.彡  ∠くノ;`Д´ >.      ||        ||        ||
  (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ.       ||        ||        ||
    ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ.         ||        ||        ||
     l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、      || ∧ ∧    .||∧ ∧    ||∧ ∧
   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿))       ||<`Д´; 三 .||`Д´;> 三 .||`Д´;> 三
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、.      ⊂  ⊃   ⊂  ⊃   ⊂  ⊃ ←8千といっても
  ヽゝく <       //.       ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜  半分はその辺にいたオッサン
     ヽゝ      〈 く.           し'       し'       し'
     巡察使【申リュウ】


375 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:24:30 7HhzysrQ0


┌──────────────────┐             //
│と、これも あっさり蹴散らし           │          、/ /
│                           .│           / `
│【申リュウ】は戦死し、忠州は陥落する。   ..│           ./ ┣¨┣¨┣¨┣¨
└──────────────────┘       /●\∩
           ∧     ∧            \   (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
           |i |     |i |               ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州    州                `(Д・´#),,,、三ニ=―  ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
      ∧__,∧ .‖     .‖         <ニ||― r-/●\―――
     <゚Д゚ ;>‖∧__,∧‖               ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ∧__,∧ ⊂   <;´Д` > ∧__,∧          <ニ||― ∩――∩―――  '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>              `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;     '''''''''<ニ||― r-/●\―――
  し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;         ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;

                                                , ,.....,, _
      ( ヽ                       ⊂⊃.   _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,
        ( ヽ    ⌒)⌒ )                  r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、 時のいきおいで
         (  )  丿 )⌒丿⌒)   ボォォォオ!!   / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、 やむをえないで ありますよ
          (  ノ ノノ ノ )                  ヽ、\! ゙゙" u   `‐- ' ,! ヽ、
           ( 人从从|::|从((、 'r'"⌒ヽ,.             \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   )
   'r'"⌒ヽ,'"  (:::从∧ △|从人:)ミ^!、 '"⌒'"⌒⌒ヽ'"⌒.     `ヽ,ミ''| l |.≧、イ,__/
    'r'"⌒ヽ, 从从从Π从人:)|「|||:ll;| 'r'"⌒ヽ, ⌒ヽ  '"⌒      /,'__ゝ<:.\
'r'"⌒ヽ, /_从从::::从||O;;(:人:) "⌒'"⌒"⌒'"⌒"⌒'"⌒.        { ',〉,.、〈ノ}、\_,、
    /_| ロ 人从:: ::人:::人从人::::|[[[[| ,,;:;":;;:;";;`;";:、 ,.、'r'"⌒ヽ,.   ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ
'"⌒  |ll.|ロ ロ_)(:: ::人:::人从:::: |ミミミミミミ'"⌒              ||/
'"⌒;;`;";'"⌒゛;:'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒'"⌒   '"⌒          i | |
         '"⌒    '"⌒    '"⌒                     UU


376 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:24:54 7HhzysrQ0


     ┌──────────────────┐
     │そして次の日(日本暦4月28日)        │
     │                              │
     │【加藤清正】の二番隊が 忠州に到着、   │
     │                              ....│
     │一番隊と合流する。                  ....│
     └──────────────────┘
              ___
           ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.         /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ  ちっ、もう落としたのか
        /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
      /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!    早いじゃないか。
       /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l
.     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l  ( くそっ 先をこされたか )
.     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l
      \:::::::::\     _     /::::::::ノ
       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
            i'ヽ-'" ̄`゙Y l
            ゝ-‐<>ニニ_ノ【加藤清正】



   i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
   l      ヽ  / ̄ ` ヽ  ノ ヽ{,,彡´   l∧
   |       |. /     _∧     ヘ     /| ヽ  ま、こんなもんで ありますな
   |       | {_=彡= ̄ }      `ミー '  |   |
  ノ      | ヽ ̄     ノ,          }   r ( くっ、余計なのが来たであります )
         |  `.ー- - 彡'          /   i
         |                   /    丿
         |           , ィ T T lフ`ー/   /
         ト ,    ,,,/. ー┴┘´イ` ー '
  \       .|  ` ー ≦--- ― .< ´
             【小西行長】


377 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:25:25 7HhzysrQ0


     ┌──────────────────┐
     │と、そんなタイミングに やってきたのが    │
     │                           .│
     │【李徳馨】と【景応舜】である         ..│
     └──────────────────┘

_,..、-''"~""''';,‐-..,
          `゙''ー-、,__,,..-‐''"'''- ._,,..-‐''~"~"'''''‐-
      ,__,,...-‐ '''""      , -'"          ``丶、.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''.:i;;:;: :::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ;;:i;;:;:..
           ...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:.il.::::::::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:il::.:←日本軍4万が駐屯
              ...::..:..:..::::..:..::.:..幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵:::..:...
                       ', "゙
                   _,,.-‐''"_,,゙
           __,,.. .-‐'''""~ ,,.. '''
       _,,.-‐''"     _,,.. '
             ┌─┴┴─┐
             │ 忠 州  │
             └─┬┬─┘
                 ││
               "''゙"''゙"
               /|
     / ̄ ̄\  /  |__
   / 「   ヘ \ \  /
    |  (○)(○) |  |   \
    |      |   │   ̄ ̄
    | u. __´___  .|    ちょっ・・・
    |   |!!|!|!l|  |    忠州が陥落ですか!?
   ヽ  |ェェェェ| /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |
     【李徳馨】


378 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:26:29 7HhzysrQ0


    ┌─────────────┐
    │とりあえず【李徳馨】は    .....│
    │                    │
    │状況が よくわからんので   ...│
    └─────────────┘

┛┗  ̄ ̄\
┓┏  ..ー'  \
 |    ( ●)(●)  講和といいながら
. | U      |  |   わが忠州を攻撃するなんて
  |     ___´___l
.  |    /__ }   倭人はどういうつもり なんですにかね
.  ヽ        }      行って調べてきなさい
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__     ∧景∧
   |    ___ 三).    <;`д´|!;> わかったニダ
    |    |           ( つ  O
                       と_ )_)
        ┌────────────────┐
        │【景応舜】に命じて 日本軍の様子を ...│
        │                          │
        │探らせたのだが・・・             │
        └────────────────┘


379 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:26:53 7HhzysrQ0


_,..、-''"~""''';,‐-..,
          `゙''ー-、,__,,..-‐''"'''- ._,,..-‐''~"~"'''''‐-
      ,__,,...-‐ '''""      , -'"          ``丶、.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''.:i;;:;: :::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ; し〜ん
           ...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:.il.::::::::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:il::.:....
              ...::..:..:..::::..:..::.:..幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵:::..:...
                       ', "゙
                   _,,.-‐''"_,,゙
           __,,.. .-‐'''""~ ,,.. '''
       _,,.-‐''"     _,,.. '
             ┌─┴┴─┐
             │ 忠 州  │
             └─┬┬─┘   ┌──────────────────┐
                 ││       │出かけたきり、                  .│
               "''゙"''゙".      │                           .│
     / ̄ ̄\               │いつまでたっても 戻ってこなかった。   ....│
   /    __」  \  ( ;;;;(.         └──────────────────┘
   |   ( ─)(─)  ) ;;;;)
   | u       |  |  /;;/ ・・・・・・
.   |       ___´__ノ  l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


380 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:27:17 7HhzysrQ0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
、::  /:     :::           :::     ┌──────────────┐
ヽ :::/:    :::               ::/.   │どうやら【景応舜】は         .│
 ヽ     :::     , --、::        ///..│                   .....│
、 ヽ、_  ::    、( o o )::     ::_://、 │運悪く 二番隊の陣へ        ..│
: 丶、l l \::_   ヽヽ`i l 「:: _,,. ―'""/,;;;;;l . │                   .....│
  .ヽ! l  l;;;、  ̄''' ゝヽ ̄''"    /li 〃;/....│近づいて しまったようで・・・   ...│
  .、\l  l、、\::   ヾ\    /`   /  └──────────────┘
    l l ヾ  '':\       /-= -ー''"  /  /'
    l \ `ー--'''ゝ、    丶、 __,,.-'"   /
    \、 丶 __/::            キ /
      \、  ::     ,... _____,,.-ツ
        `ヽ、__,,.-イvーーV' /  /
          `ー- ヽヽ;;    ;;/ /!~l
             /入ヾニニツ/  l l ┌─────────────┐
            /l /, ̄ ̄    l l │朝鮮の斥候に間違われて    .│
          /:::::}-'"        l  ! │                    │
                           │殺されてしまったらしい    ....│
                           └─────────────┘
               ∧景∧
斬っ!!  :・’,゜< TдT>   ─=≡≡≡  ∧_∧
    '・∴,...''・; グハッ!!         ─=≡  (    )
   ⊂    ⊃      ─────=≡≡ ( ○  つ┼────
    )  ) )      ──==≡≡≡   / /ゝ 〉
    (_)_)       ───=≡≡ (__)(_)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


381 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:27:38 7HhzysrQ0


-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';ヽ: :: :  : :: :/  |:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   ヽ: :: :  : :: :/ ]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\ゝ;:; :;从;ノ ::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》ゝ;:; :;从; ノ\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、:;:,  .:.:::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/  | |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー| パチパチ…    . . .:', .:. ニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 | |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_.::... .   . .':::;:, .:. ┴┬┴┐::┌────────────┐ .: :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛''':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.: ┴┬┴..│というわけで           │.___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
  ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.' \.:|  .:│                  │.;l:::...\/<>::.  ∠二
 `   .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .゛`.   │せっかく朝鮮宮廷は     .│ ─‐-、   ...:.:.:.::.:
  ',:; .::)           て:;;':..        │                  │ ┴-、_;_;_;_;_;_;_
 ..:.(ノ            (::..   ,,     │使者を送ったのに・・・    .│._ト--/.. ...:::::::./|
. . .::::)            ,ゞ.:.     `.  └────────────┘;_;!─l二二二l/
.;: . .:::: .:ソ          (: :.               ヽ: :: :  : :: :/                      00
:::..::..:(            ):::...              ゝ;:; :;从;ノ               「二^^l
             。   ∧_∧。゚                                | | ;‐i
              ゚  <゚ `Д´゚>っ゚               。   ∧_∧。゚      「二__lニ ニl
                (つ   /   。   ∧_∧。゚     ゚  <゚ `Д´゚ >っ゚       〈/!_| ;‐i
                 |   (⌒)    ゚  <゚ `Д´゚>っ゚      (つ   /            lニ ニl
                 し⌒         (つ   /        |   (⌒)           〈/!_|
                            |   (⌒)        し⌒
                            し⌒
          , n / ̄ ̄\ .n     ┌─────────────────┐
.        / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、    │大混乱の前線にあって             ....│
       /,イ / (◎)(◎) .l i i i     │                         .│
        〈 .r {u   | .i. } }  )    │【李徳馨】は日本軍とのコンタクトに   ..│
      ', i.  ',   __´___ /   /    │                         .│
.       i   l /___ヽ,'  ./    │失敗してしまうのだった           .│
.       ヽ、_.イ、.    人 ノ     └─────────────────┘
         ヽ     〈_ノ ノ
          |     ./  というか、あいつらホントに 講和する気が
           |    .   |     あるんですにかね!?
          【李徳馨】


382 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:29:19 7HhzysrQ0


             ∧_∧
             (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し    ┌──────────────┐ ___人__ )
   ∧|_∧  |    ∪.       │そんなこんなで、          .│ .∧_∧
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧   │                   .....│.(    )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ │日本軍の進撃は止まらず     .│ ̄ l  ̄ ./
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ │                   .....│._∧ |
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|.. │さらに王京・漢城をめざす    ...│::::::::::::)ノ)
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)....└──────────────┘ ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

   i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
   l      ヽ  / ̄ ` ヽ  ノ ヽ{,,彡´   l∧ ( 使者は こなかっでありますか・・・
   |       |. /     _∧     ヘ     /| ヽ  とにかく大明・朝鮮と講和して貿易できれば十分であります )
   |       | {_=彡= ̄ }      `ミー '  |   |
  ノ      | ヽ ̄     ノ,          }   r           ___
         |  `.ー- - 彡'          /   i         ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
         |                   /    丿       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         |           , ィ T T lフ`ー/   / .       /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
         ト ,    ,,,/. ー┴┘´イ` ー '       /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ ( さあ、明国まで
  \       .|  ` ー ≦--- ― .< ´                 /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!   攻め込んでやるぜ! )
        【小西行長】一番隊1万8千           ./::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l
                                     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
                                     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l
                                     \:::::::::\     _     /::::::::ノ
                                       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
                                            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
                                            i'ヽ-'" ̄`゙Y l
                                            ゝ-‐<>ニニ_ノ
                                     【加藤清正】二番隊2万2千


383 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:29:53 7HhzysrQ0


                  ______
    _                | 朝鮮炎上中 |
   `))               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ジ
       ( )            ∧              ジ ャ
      ( )         <⌒>     (⌒ ⌒)    ャ |
 ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)// | ン
    人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )  ン
   ( ( )( )  )三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )   !!!
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | *   +
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|\xAD德\xC4 田 |「|[[ *
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
   λワー  ∧     λワー   λワー
  λワー   | |  λワー    λワー

     _∩_            _∩_                 _∩_
 ゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。     ゚ 。⊂「 」⊃ ゚。      ゚ 。⊂「 」⊃ ゚。
 ゚ ・<゚`Д´゚;>        ゚ ・<゚`Д´゚;>         ゚ ・<゚`Д´゚;>
    (つ   ⊃           (つ   ⊃            (つ   ⊃
     ヾ(⌒ノ.             ヾ(⌒ノ.              ヾ(⌒ノ
      ` J  ≡=−.         ` J  ≡=−.          ` J  ≡=−



       '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ            \
         `ー´       `ゝ ◎漢城        ヽ
                     |                ',
                     冫       ■忠州    Y
                  く~                〉
                 `i                `i_
                    |          ■尚州/
                    `フ               _}
                      冫                 〉
                     i´            _r-■釜山
                   }       r‐-‐ヽ冫
                 {_,-,   ,r‐' 、〉
                     久_{


384 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:30:18 7HhzysrQ0


                    ┌───────────┐
                    │一方、そのころ      ...│
                    │                │
                    │朝鮮側はというと・・・    │
                    └───────────┘
             }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
        .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
        五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
        \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
   ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓  ┌────────────────────┐
@@@@@@@@@|       |  城  漢  |.. │漢城では、軍民ともに逃亡者が相次いでおり ....│
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛  └────────────────────┘
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |      ∧ ∧  ∧ ∧   ∧ ∧逃げるニダ
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |     くlili`Д´>く; `Д´> く; `Д´>
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |     / つ_つ / つ_つ  / つ_つ
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦..... 人  Y   人  Y   人  Y
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒   し'(_)  し'(_)  し'(_)
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ


|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!   ∧,,__∧ ・・・・・・  !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧    <TДT;..> ∧_,,_∧  !i!i!|||ii| |||
!i||..    /<;TД>   (    _ <;   >  この漢城は攻めるに易く
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |   守るに難いニダ・・・
   ./<;TДT>/       <;   >ィ・・・・・・
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||
      ┌──────────────────┐
      │朝鮮宮廷も                       │
      │                           .│
      │防衛を あきらめるしかない状況だった   │
      └──────────────────┘


385 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:30:45 7HhzysrQ0


               ┌───────────────┐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│そのため 4月30日早朝        │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                     ...│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│まだ太陽が昇らない暗闇の中    .│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└───────────────┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:..
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.::.:.:.
         ,/ ゛゛゛゛゛'''.−=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,−' ゛ ̄ ̄"ヽ、
    .i  i    i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l    i    l::
    i  i    i: : : : i: : : i!: : :          _________             i! l    i    .l::
    .i  i    i: : : : i: : : i!: :: :       l/'´"    ^`゛`ヽ          i! l    .i    .l::
    i .i    i: : : : .i: : : i!: : :       .:''´          ^,  ┌───────────────┐
   i  i    i: : : : .i: : : i!: : :       ,'             ',  │国王一行は 大あわてで          │
   .i .i    .i: : : : .i:: : .i!: : :       ,'    |゙ ̄ ̄ ̄'゙|    ',. │                        │
  .i  i    .i: : : : .i: : : i!: : :      .|    .|γ´.⌒ `,.|    |...│漢城から 逃げ出したのだった。   . │
  i .i     i: : : : .i: : : i!: : :        |  l ̄l |.|     |.| l ̄l .| └───────────────┘
  .i  i    i: : : : . i: : : i!: : :       |  l_l |.|     |.| l_l  |        i!  l    i    .l:::
 .i  i    .i: : : : : i: : : i!: : :       .|     |.|     |.|    .|       . i! .l    .i    .l:::

           ___∩           .ノ 、 、
          ⊂「__ 」⊃          ● ●) l
       ,,''""';,<T∀T ||l | | ∧ ∧..    (人__) |      _∩_        _∩_
       ヽ// l''ii''// ヽ| | <`Д´,,>...  ヽ    ノ.  ゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。.゚ 。 ⊂「 」⊃ ゚。
       ⊂ヽ,,, ⊂/   || |⊂ ∧ ∧  (ξ   ヽ   ゚ ・<゚`Д´゚;>   ゚ ・<゚`Д´゚;>
          /l⌒(´\  \.|  <`Д´,,>...(  ) 《ン.    (つ   ⊃      (つ   ⊃
          //し' し';; \/.|  ⊂、 ヽ  `´ \ \      ヾ(⌒ノ.        ヾ(⌒ノ.
     |ニニニニ|ニ◎ニニ◎ニ と_ノつ.     ヽ_,).      ` J  ≡=− .   ` J  ≡=−


386 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:31:05 7HhzysrQ0


///i! l::::ll::.l l:::::l:::.l. ,'::' ,        、、               ::;:, .:.          ./   i!
///i! l::::ll::.l l:::::l::::l. (:'.::|::::i.   ─┐       .‐┼       .‐┼      / /  .i!.
`''-.!! `''-..l l:::::l',  ))l::::!   __|   . ‐┼  .ノ亅  ‐┼  .ノ亅  ‐┼釻釻釻  .i!
       .`.....}  /(:::|::::!        ノ亅       ノ亅       ノ亅  /    i!
          ,' ノし': :ヽ.::::l  .!::::'! |l                            ,i!   γ⌒'.,
        ((,イ: :  :: :V)  .!::::l |l r・, r・, !::::::ヽ          ../  /./  γヽ  i!  γ .l  '.,
        、ゝ: :   : :(ノ}......!::::l |l.| l l .l l::::::::| \        ./  .//   l  i  i!   i .l   l
゛゛''l i!====ヽ: :: :  : :: :/     ' |l |__l l__l l::::::::| n ..\ ┌──────────────┐ ..l  γ ⌒`ヽ
:::::::l   l..∨ ゝ;:; :;从;ノ       |i     l::::::::|.i,! !,i.l . │国王が逃げると すぐに        │ .-.l  ,'     ヽ
:::::::l   l..∧ .|`',   i!'= ,,    |l    .l::::::::|   l . │                   .....│......l ,'      ',
:::::::l   \_/::::::',  i!:::::::i! .l'= ,|i r.i .r.i l::::::::| n n l. . │乱民が 宮殿に入り込み     ...│  .l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! l:::::l|i l_l l_l l::::::::| i,!i,! l.....│                   .....│  .l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! i:::::l|i ,'゙゙',  .l:::::::|   l.....│放火略奪が発生。          .│,',',/ .|      , '. .
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! '  .|i l .l  .l:::::::| ___.l ,└──────────────┘  ...|.       :;:, .:.
:::::::l     i:::::::::::ll   ''''''^゙   .|i l .l  .l:::::::| r「」l l:::::l ,.l__l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         | .       :', .:.
:::::::l     i:::::::::::ll..         ) 、    )ヽ      (     ' iヽl.ni  l  l  l  i!        .::... .   . .':::;:, .:.
:::::::l     i:::::::::::ll    _,,.. -‐''".  ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '   .`ヽ l  l  l.    ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:
:::::::l     i:::::.  (       ) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;  . .l . .l   ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'
:::::.  ; : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :    `ヽl... i!    .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .
::  ; ・ )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;    '-..   ',:; .::)           て:;;':.
  )`、 (  (  .).:ヽ::::  :::丿; _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;      / ̄ ̄ヽ      / ̄ ̄ヽ ..(::..
  ( (__ノ  `-'.... ゝ人ソ.-' :~〜--〜~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ.    ∧_,,∧ 略奪 i   ∧_,,∧ 略奪 i....:.
ヽ_,)           ‖                   (_(_) ) ( (..   < `∀´ >    ノ  < `∀´ >    ノ
        ..∧_,,∧ ‖                           ; ; ヽ_) )   (つ とく__,;;ノ    (つ とく__,;;ノ .::
        < `∀´ >つ                                 `/⌒__)〜     /⌒__)〜
        (つ   /                                  レ' ゝ(        レ' ゝ(
         |   (⌒)
         し⌒  ̄


387 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:31:18 8CmI0I5g0
こんな無茶苦茶な指揮系統というか停戦交渉になってるなんて、さすがに思いつかないよな
この点に関しては、朝鮮に同情するw


388 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:31:37 7HhzysrQ0


                (:::::)
                 ;;ゞ
        ヒ;;::;;::へ _  __.゙| '"
     i.L,r-'' i ̄ ̄i~~ i,:'::::/
      ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙  ヘヘ. ┌─────────────┐
┴lt  ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| ::;|_~". │そして5月3日             │
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、......│                        .│
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|,'' │日本軍は 王京・漢城を     .│
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|.│                        .│
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;  l │無血占領するのである     ..│
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//└─────────────┘
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''ソハrへ,,  ::',|" ___ ^|
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~| p─r;:う:|,''ヽ|'"|_._|__|~.''| (:::(
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_  ::; ヒ;;:::ヘ|'"|_._|__|~.''| )::)
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|   |_~"'l'''' iー-i-.ニL ..|'"|_._|__|~''i| ;;ゞ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|┌───────────┐l ;;;;;ゞ   ※第一軍は東大門から
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|│上陸からわずか     ....│....'" ̄ヽ    第二軍は南大門から
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|│                │.:::::::/ノ    両軍ほぼ同時に入城
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|│20日あまりであった  ......│'iヾ:::::゙、゙、
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|└───────────┘.う:|,''rへヒ;;;7 ̄
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~L三へ;:;:\ ̄l'l::::;;:::::::f ヒ;;::;;::ヘrへy-、゙、^^


389 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:32:23 7HhzysrQ0


            r、___ィi
           /\XXXXX\          ┌─────────────┐
         <:ZZZ:\ZZZZZ >         │なお、漢城陥落の報は    ....│
           | ll ll | ll lllll ll |          │                    │
         <ZZZZ/ZZZZZZZ>.        │5月16日に          ......│
          |ll/\ll| ll_,/\ll |       │                    │
        <ZZZZZ/ZZZZZZZZ>      │早くも名護屋城に届き・・・  .....│
         | ll/\ll | ll //\ll |       └─────────────┘
      <ZZZZZZZZ/ZZZZZZZZZZ>
  ,.;;:。;:;;::/\ll/\|//\ll//\ .;;:。;:;;::、;
,.;;:。;:;;; < ZZZZZZZ/ZZZZZZZZZZZZZ>,.;;:。;:;; 、;,.;;:。; :;;:、;
========|__llll__llll__llll__|___llll__llll__llll__llll___| _______  .;;: 。;:;
ZZZZZZ:/XXXXXXX:/XXXXXXXXXXXヘ ZZZZZZZZ\ 。;:;;::
__llll__llll../XXxXXxXX/xXXxXXxXXxXXxXヘ __llll____llll___|  。;;::
XXxXx/XXxXXxXX/xXXxXX____ Xヘ :xXxXxXxヘ  。;:;;::
 彡iミ/Xx 彡iミ X 彡iミxXx i ∠\ZZZZZヘ ZZZZZヘXxXxヘ
 彡iミ  彡iミ  彡iミ  彡iミ・_||:::::::ii:::::::||_・___・___・_|  彡iミ 彡iミ
   i!ミミ彡i ィiミ  彡彡iミ.彡!ミX||:::::::ll:::::::||:XXXXXX:ヘ 彡iミ 彡iミ.
 彡.i!ミ 彡i彡iミ 彡i彡iミ彡i  \     ` 、::XxXxヘ 彡iミ 彡i!ミ

                   ,ィ竺ヽ
                _,.ムニ==ミ.,_        ┌─────────────┐
      .         ,. ´       `丶.       │【豊臣秀吉】を         .....│
            /                ヽ. ..    │                    │
      .       〃                ハ.     │大いに喜ばせるのだった    .│
            /ミ                 彡i     └─────────────┘
      .     iミミ   …ー-     -一  彡}
      .     |ミ                  ヾシ‐ 、  この調子だと中国どころか
      .   /⌒ミ _,ッx、,__,,.j  l 、__,,xッx, {ヽ }:i.
         j:{ し }  ¬せハ:}   {:ィせァ  |ノ j:|  インドまで攻略できちゃうかもwwwwwww
        ! / ハ    ̄‐'゙ i i ゙'ー ̄  ハ }.,′
      .   \ゝノk、      r j .kヽ   ,.イ じ/
          ` ー1 ヽ     ¨^ ^¨    / .j`¨´       ┌──────────────┐
              ヽ    ヽ-ェェェ-/   /          │おそらくこの時が         ....│
       _r―'´ ̄`⌒´ ̄`⌒ ─< . ./}|\_.          │                   .....│
   _r‐'´  ___             ̄`く_ \..     │万暦朝鮮役における        .│
 /       ̄] [ ̄   _  n    _      ,≧.:..\    │                   .....│
 \       ̄八 ̄   |ロ| 三||三 ||   //: : : iヽ.....  │秀吉の絶頂であったろう       .│
   \   ∠ ヘ二フ |ロ||曰 |   レ′ //.','|: : : : |: :. .   └──────────────┘
    \         ̄ 厶勹 |  〇//
      \       __   ̄  //
        .\  / --、 \  //
            イ       ` < /
             |      \-、__>
             \___ノ


390 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:32:52 7HhzysrQ0


                        ┌───────────────────┐
            ,ィ竺ヽ.           │調子に乗った秀吉は               │
          _,.ムニ==ミ.,_.         │                          ......│
.         ,. ´       `丶.     │自分に逆らった朝鮮国王を許す、という   ...│
      /                ヽ...   │                          ......│
.       〃                ハ.   │度量までみせたりする               .│
      /ミ                 彡i   └───────────────────┘
.     iミミ   …ー-     -一  彡}
.     |ミ                  ヾシ‐ 、    よいか、朝鮮国王は すでに予に服従し、
.   /⌒ミ _,ッx、,__,,.j  l 、__,,xッx, {ヽ }:i     大明国への道案内を承知したんだぎゃ
   j:{ し }  ¬せハ:}   {:ィせァ  |ノ j:|
  ! / ハ    ̄‐'゙ i i ゙'ー ̄  ハ }.,′    だから、今回 防戦したからといって
.   \ゝノk、      r j .kヽ   ,.イ じ/        けっして殺すでないぎゃあ
    ` ー1 ヽ     ¨^ ^¨    / .j`¨´
        ヽ    ヽ-ェェェ-/   /            それからもし、国王が投降してきたら
.       _/|}\.  ゙'ー一'´  ./}|\_          予の大名に してやるぎゃあ
    //,', |{.  \      /  jj,',',ヽ\
  _/:.:.:i,',',',{ハ.   ゙'ー‐一'゙   /.},',',',l: :..\
: ,:':.:.:.:.:. |,',',',Vハ            / /,',',',j: : : : iヽ
/:.:.:.:.:.:.: |,',',',',Vハ        / /,',',',','|: : : : |: :


391 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:33:23 fLAuQNjk0
右手と左手が喧嘩するってレベルじゃねえぞww


392 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:33:25 7HhzysrQ0


        ┌───────────────────┐
        │朝鮮には タテマエでは                │
        │                                │
        │約16万の日本軍が 上陸していたが・・・     │
        └───────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ∧        ∧      ∧       ∧         ∧        ∧
∧ |i |     ∧ |i |    ∧|i |     ∧ |i |      ∧ |i | .       ∧ |i |
|i | 州     |i | 州    |i |州     |i | 州      |i | 州 .       |i | 州
州 ‖     州 ‖ .     州‖      州 ‖      州 ‖ .       州 ‖
‖ ‖/\.... ‖ ‖/\  || ‖/\  ‖ ‖/\  ‖ ‖/\ .   ‖ ‖/\
‖/\_●_\. ‖/\●_\||/\●_\‖/\●_\‖/\● \ . ‖/\●_\
‖__●_\.    ‖__●_\  ||/|  彡ψ  ミ∧     ‖__●_\.    ‖__●_\` )
‖´∀` )     ‖´∀` )   /Y'|   メ三 / ・ |ミ   . ‖´∀` )     ‖´∀` )i日
◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日   |. !.ヘ (・∀(_)' |ミ    ◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日;ゝ
‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ  ヘ、__>@]:三/  ,|.     ‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ
‖_)___).    ‖ 〜<三ミミγ"⌒(⌒) /`ー'"|.     ‖_)___).    ‖_)_)
               γ/   ヽ(_/ノ`ーΩ'`ヽ
               /,へ、   ,)(  ,‐、  ノ.ノ
               /__)/`二ン⌒し/ /〜i ./    ※ただし、実際の数は
                 //"    (__) ./ /        それより少なかったと思う
              /__)       / /
                          |__)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


393 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:33:54 7HhzysrQ0


        ┌───────────────┐
        │秀吉はさらに追加部隊とともに   .│
        │                     ...│
        │自分も渡海し・・・              .│
        └───────────────┘
                    ──┴──┐               ──┴──┐                ──┴
     O          ∧_∧/        / O         ∧_∧/        /  O         ∧_∧/
 o             (´∀` )     o             (´∀` )      o             (´∀` )
  <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )      <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )        <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )
    )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。   )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。   | )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。
   从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄\从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄\_从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄
  ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ  ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ 从 ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ
                              【 日本軍の みなさん 】
━━━━━━━━━━━━━━━━○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ,ィ竺ヽ         ○
          _,.ムニ==ミ.,_.     o
.         ,. ´       `丶 。     ┌───────────────┐
      /                ヽ..     │漢城を 当面の本拠地にして     .│
.       〃                ハ..     │                     ...│
      /ミ                 彡i.     │中国征服を 実行する つもりだった .│
.     iミミ   …ー-     -一  彡}..    └───────────────┘
.     |ミ                  ヾシ‐ 、
.   /⌒ミ _,ッx、,__,,.j  l 、__,,xッx, {ヽ }:i  よし!今年中に 北京を攻略したるぎゃあ
   j:{ し }  ¬せハ:}   {:ィせァ  |ノ j:|
  ! / ハ    ̄‐'゙ i i ゙'ー ̄  ハ }.,′  そして天皇陛下を 中国のミカドに
.   \ゝノk、      r j .kヽ   ,.イ じ/      予は 中国の宰相に
    ` ー1 ヽ     ¨^ ^¨    / .j`¨´
        ヽ    ヽ-ェェェ-/   /       皇弟殿下か東宮殿下を日本のミカドに
.       _/|}\.  ゙'ー一'´  ./}|\_       【秀次】を日本の宰相に
    //,', |{.  \      /  jj,',',ヽ\
  _/:.:.:i,',',',{ハ.   ゙'ー‐一'゙   /.},',',',l: :..\  朝鮮は【秀勝】か【秀家】に治めさせるぎゃぁ
          【豊臣秀吉】


394 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:34:24 7HhzysrQ0


  ┌───────────────────────┐
  │まあこれは、当時の日本では                .│
  │                                  │
  │「朝鮮兵は弱いが、明の兵はさらに弱い」という噂が  .│
  │                                  │
  │流れてたせいかもしれない                 .│
  └───────────────────────┘
      ザワザワ……
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧キモキモ……
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   中国って文弱の国なんでしょ?
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノトオナオナ……
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
ガヤガヤ……   u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         .`u-u' `u-u'


395 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:34:51 7HhzysrQ0


          ┌───────────────────┐
          │ところが、その明朝では              .│
          │                          ......│
          │少し前に【戚継光】や【譚綸】によって、    ..│
          │                          ......│
          │そうとう軍事力が アップしてたりするのだ   │
          └───────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
                                        ./:::::::::::::::::::::::::\
        _,,...-‐'''””`゙''ー-、,_                        ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'-,                     l:::::::::::::::::◯::::::::::::::::::::l
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|                       l::::O::::::::::::::::::::::::::::::::::!
       i---- ☆ ----、;;;;;;;;;;;;i                     、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.;;ヽ、
       l_,,..-‐'''''''''''‐‐‐‐‐,,,,,,,/    ___                   \::::::::::::::::::::::::::/.;;;i;;;;;;ヽ、_
     /_______________,..、-''"llll "'i  __/ /               /)  ` ー-   -‐´.;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
        |〈__・〉  〈___・〉 ≡ / / / /        _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
        |   /       ∨ / / /.         ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
     ,-'"\   __,   , -'";;i--./          ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
      |;;;;;;;;;;;;\__, -'";;;;;;;-'";;;;;;;;;` 、        l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.       (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   /;;;;;;;;;;;;;:;\ \o/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ .       ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>、    <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.        ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /o\ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l          \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
       武官【戚継光】                          文官【譚綸】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


396 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:35:18 7HhzysrQ0


        ,、-.'"´    ` 、           ┌──────────────┐
     ,、-'"        .ヽ  ` 、.         │そんなことを知らない秀吉は    .│
.    /            ヽ  、 `ヽ,.      │                   .....│
.  /              \ ', , i.       │とりあえず             ....│
  't-''"´ ̄ ̄ ̄``''‐;,、      ヽ ', `'|       │                   .....│
  r,ト、   .,、ェ==   i;;;;;`';,、   i | .l  ゙i      │朝鮮統治のため          .│
  ,|_` ,    __,,,    l;;;;;;;;;;;''ヽ  ヽl |  ヽ.     └──────────────┘
  ,`゙`,'  '"゙'´    l;;;;;;;' ,イ、゙,  .j .|   ヽ
  ', i         .';;;;' .=ノ/レ'゙     マ゙  朝鮮は早くも
   ', `,, ニ゙        ''_  / ';;'..___,,、-'     片がついたか・・・
. __,、イ,ノ-ヾ`'‐、     ', `'゙  .|7バ,
. `''''"゙,. ≡ ``'-`=ェ、.  ,.'   /.l |.ヽ
    ハ、. .. ... ...     / ./ ! ヽ、
.,、r''7゙//ソノルrリ;iレ-  ./  ./  l   ヽ`ー-
;;;;'y' /,ソノ川;|ソ' '  /  /   !   .|.        ┌─────────────┐
`'/ / ハソノリリハ /   /    /    |.        │【石田三成】らの奉行衆を  .....│
/ ./ レ;川ノリ';,`゙   /、    /    |.        │                    │
 /  ヾソ川;リ,  /  \   /     l       │漢城に 送り込むのだった  .....│
                                  └─────────────┘


397 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:35:47 7HhzysrQ0


      ┌────────────────┐
      │さて、その朝鮮に話を戻すと・・・    │
      └────────────────┘
             }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
        .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
        五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
        \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
   ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       |  城  漢  |       |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ


398 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:36:18 7HhzysrQ0


   ┌─────────────────────┐
   │3日に漢城に入った一番隊・二番隊だが、      .│
   │                              ..│
   │5日には いったん城外に出るのであった       │
   └─────────────────────┘

                    n_rl_n_n_n_n_n_n_n_h_n
h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n_n_|     ____     |_n_h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n
                  |     |l 城漢 l|     |
                    |  〃ニニニニニヾ  |
                      |  | | 〃゙゙゙゙゙。゙゙゙゙ヽ | |  |
                  |   .| | |         | | |.   |
──── ─── ───|   | | l         l | |   |────── ─── ─
                      ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                        vymyvwymyv
                      MVvvMvyvMVvvMvyv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                  ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
             __,.ヘ /ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /  `      \/      /         \   /        \
  . |  o    o    |  o    |  o    o    | o|  o    o    |
  |    r┐     |    r┐ .|    r┐     |┐ |    r┐     |
.   |    ,!-l、     |     ,!-l、 .|    ,!-l、     .|..l、 |    .,!-l、     |
   \         /\      \         /  \        /
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\
      ┌─────────────────────┐
      │そして両軍とも城の外に 陣を張ったのである  .....│
      └─────────────────────┘


399 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:36:44 7HhzysrQ0


      ┌────────────────────┐
      │そして高札を立て、逃げ出した漢城市民に    │
      │                            ....│
      │城内に戻るよう うながすのだった          │
      └────────────────────┘

                       ┌────────────────────┐
                       │これは、                        │
                       │                            ....│
                       │なるべく朝鮮民衆の生活を荒らすな、という  ....│
                       │                            ....│
                       │秀吉の命令があったからである           │
                       └────────────────────┘

      __         ____      __       ___
        |  | |         |    |     !+|i―┐ ┌┐|   | −┐  ___ i| ̄ i  ┌‐┐、 .l ̄| ̄!  .┌┬┐  ____
    ___ ,.ィ!  !_┴―――――| ii   |―----------------|   | i⌒i|  fニニニニニii|   |  !ニ.||  |n. ! |   .! | |.  ||  |
-,;-、||/ |  |i         | ii   |      i       i|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i | |---┴.,| |ヽ、||__. !
;.i:; i!|,.,.,.,.,|;';:!i.,,。;,.;;:。;:,、,,.,.,.,.;,!,.,ii _ _| n  ,::、;:;i;:n、,;.i;; ..;:;:i|:、;i_;;|:。;:;;::、;,.;i::。;:,.;;,;,;:i|_,, |;::_、,_.;_;:_。;_:i _| |,,,., ,.,.. .|! ..|,...., ;. | |
,.;;,.;iヾ';.,,、;;::、;,.;;:。;:;;::、;,.;;:。'.:i;;:;: :::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ;;:i;;:,.;i;';.,,。;:;;::、,.;;:。;:;,.,.;;:。;:,.;;:。;:;;::、;;;::、;;;:。;:;;::;:;..,"'`',:'':'`::、;;:。;:;;::
,;';.,,;ヾ:。;:,.;;:。;:;ヾ;::、;;;::、ヾ;,.,.il.::::::::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:il .:。;:;:;..,"'`',:''.:i;;:;: :::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ;;:i; '`',:'':'`::`;:;..,";:;..,"'`',:'':'`::'`',:'';:;..,"'
,.;;,.;iヾ';.,,、;;::、;,.;;:。;:;;::、;,.;;:。幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵;;:,.;i;';.,,。;:;;.il.::::::::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:il .;::、;;;:。;:;;::;:;..,"'`',:'':'`::、;;:。;:;;::
,;';.,,;ヾ:。;:,.;;:。;:;ヾ;::、;;;::、ヾ;,.,.;i;,.;,;一番隊の陣。;:;;::、;,;.,ヽ,;:。;:;:;..,"'`',:'幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵二番隊の陣;..,"'`',:'':'`::'`',:'';:;..,


400 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:37:11 7HhzysrQ0


┌───────────────────┐
│さらには5月7日に                .│
│                          ......│
│【黒田長政】率いる三番隊が そこに合流    .│
└───────────────────┘
   ∧        ∧      ∧       ∧         ∧        ∧
∧ |i |     ∧ |i |    ∧|i |     ∧ |i |      ∧ |i | .       ∧ |i |
|i | 州     |i | 州    |i |州     |i | 州      |i | 州 .       |i | 州
州 ‖     州 ‖ .     州‖      州 ‖      州 ‖ .       州 ‖
‖ ‖/\.... ‖ ‖/\  || ‖/\  ‖ ‖/\  ‖ ‖/\ .   ‖ ‖/\
‖/\_●_\. ‖/\●_\||/\●_\‖/\●_\‖/\● \ . ‖/\●_\
‖__●_\.    ‖__●_\  ||/|  彡ψ  ミ∧     ‖__●_\.    ‖__●_\` )
‖´∀` )     ‖´∀` )   /Y'|   メ三 / ・ |ミ   . ‖´∀` )     ‖´∀` )i日
◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日   |. !.ヘ (・∀(_)' |ミ    ◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日;ゝ
‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ  ヘ、__>@]:三/  ,|.     ‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ
‖_)___).    ‖ 〜<三ミミγ"⌒(⌒) /`ー'"|.     ‖_)___).    ‖_)_)
               γ/   ヽ(_/ノ`ーΩ'`ヽ
               /,へ、   ,)(  ,‐、  ノ.ノ
               /__)/`二ン⌒し/ /〜i ./
                 //"    (__) ./ /
              /__)       / /
                          |__)
      ┌─────────────────────┐
      │その後も続々と 諸隊が到着し            .│
      │                              ..│
      │10日までに一応、予定の部隊が漢城に着く    ..│
      └─────────────────────┘


401 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:37:35 7HhzysrQ0


    ┌───────────────┐
    │ところが、快進撃で王京を      │
    │                     ...│
    │あっさり陥落させた日本軍だが  ....│
    └───────────────┘

               ┌───────────────┐
               │その後 何をやれば いいのか     │
               │                     ...│
               │さっぱり解らん。            │
               └───────────────┘
      ザワザワ……
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧朝鮮国王 逃げちゃったし……
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ これからどうする?
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ そこまで
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) 考えてなかったよ
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
ガヤガヤ……   u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u ドヨドヨ……
              `u-u'. `u-u'         .`u-u' `u-u'


402 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:38:09 7HhzysrQ0


     ┌────────────────────────┐
     │で、とりあえず                         .....│
     │                                    │
     │兵士の休養やら 現状分析やら 今後の相談やらで  .....│
     │                                    │
     │数日間をすごす                         .│
     └────────────────────────┘

         , -∧,,∧-- 、, -∧,,∧--、, --∧,,∧--、, -∧,,∧--、,--∧,,∧--、, -∧,,∧─-、
          / (-ω-` ) / (-ω-` ) / (-ω-` ) / (-ω-` ) / (-ω-` ) / (ω-`; )  /
          r-<,ぅ⌒cソ、 r-<,ぅ⌒cソ、./r-<,ぅ⌒cソ、r-<,ぅ⌒cソ、.r-<,ぅ⌒cソ、r-<,ぅ⌒cソ、 /
       ノ '、 , 、 _, ' /ノ '、 , 、 _, ' //ノ '、 , 、 _, ' ,ノ '、 , 、 _, ' /ノ '、 , 、 _, ' ./ノ '、 , 、 _, ' //
       (_,.       .(_,.       /.(_,.      (_,.       .(_,.       .(_,.       //
        (.,_ `'ー-、_,,..ノ(. 'ー-、_,,..ノ/(.,_ `'ー-、_,,..ノ/ `'ー-、_,,..ノ/ `'ー-、_,,..ノ(.,_ `'ー-、_,,.ノ/
         ~`''ー--‐'` `''ー---‐'   ~`''ー--‐'`~`''ー---‐'~`'ー---一'   ~`ー---‐'

   ∧,,∧     ∧,,∧      ∧,,∧     ∧,,∧
  (´・ω・)   (´・ω・)   (´・ω・)   (´・ω・)
  /  У~ヽ  /  У~ヽ   /  У~ヽ   /  У~ヽ
 (__ノ田_) (__ノ田_) (__ノ田_) (__ノ田_)


403 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:38:34 7HhzysrQ0


        ┌────────────────┐
        │そんでもって、             ......│
        │                       .│
        │会議を開いて話し合いの結果・・・  ....│
        └────────────────┘
             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


404 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:39:01 7HhzysrQ0


                      ┌────────────────────┐
                      │朝鮮に来る【秀吉】の受け入れ準備として     .│
                      │                            ....│
、            `:.、         │釜山〜漢城 間の 宿舎や街道を          │
、   、、     、   `:.、         │                            ....│
、\ヽ、 :.;;:.,..;,:,.,.,..,,..:...;...,..,,,.、丶.     │整えることと・・・                   ..│
| | 「「「「「「「「|.|.|.|.I.I.ITT.l.l.i.i /`:.、   └────────────────────┘
|_|_|」」」」」」」」」」」」」.I.I I l.l.i.i./ ''''"^                       /"""∧__/.:::
,,...ヽ、、\ヽ、、丶、ヽ、ヽ、、、 、、`;,,、                         / .::::/""/,;;::::
| 厂「干幵幵幵lロiニフニニli`゙lxi:i::i':,、                   ,:''"/,, .::::/ ,, /,;;;;;;;;;
|ノ川 !│L⊥⊥ロ|ノ:::::圀||ミ|x|:i::ト、 `:,、                / /iiiiIIIイiii而i'竺竺
|j_j乢山Liア"毛[i「`゙ヽ:::::||ミ|x|:i::| i゙;.、       ,;'""´,;'  ,;'""´,;'  ''7,,,:: ,./:::,,乍==ニ!
凵L」 ::::::′ 下[||○ :::::||ミ|x|:i::| l :  ,:'' ',:'゙,;'",;' , ,,,,, , ,, /,:, ,,,,;'',,, ,, ,竹iT竹TTi| ㈹ |
| {::::::::::{   津[||亭 }::_|| |x|:i::| l i_ └-L竹TTロ何呵可 竹T竹T!ii|:i:i:|::i:| | |!iL乢__|
|⌒}:::::::::::   盛[|i斗ャヤi|| i: |:i::| l [__      └┴--==L鄴」 |州州:i:i:|::i:| | |!i|‐-==|
|  };;;;::::::::::ー---[||二ニ二|| :: |:i::| i⊥ニ   ..            ̄¨二上十┤:i:|::i:|_|_|!i|=‐-=|
|密密密密密密[||三ニ=-|| :: i/ ̄         .. .           _ ̄]L上止H_j|匝市|
| ITITITITITITIT[|H‐!T!「〕!-=ニ_ ̄   , ,. .                     _ ̄ ̄¨¨エ!iiIII止
LI:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:I:乢斗也三 ̄_
匚 ̄ ̄   -=ニ二 ̄
[ _  -=ニ二 ̄_ . .


405 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:39:11 fLAuQNjk0
侵攻が早すぎて、命令の範囲は全てやってしまったわけねw


406 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:40:05 7HhzysrQ0


      ┌─────────────────┐
      │また、おのおの分担して           .│
      │                         .│
      │年内に 朝鮮全土を制圧することに    .│
      │                         .│
      │したのであった。             ......│
      └─────────────────┘

     【審議終了】
              ∧,,∧  ∧,,∧
         ∧∧ (・`  ) (  ´・) ∧∧
       (ω・` ) U  )  (  Uノ( ´・ω)
        | U   u-u   u-u (U  ノ
         u-u ∧,,∧  ∧,,∧  u-u
            (・ω・`) (´・ω・)
            (l  U)  (U  ノ
            `u-u'.  `u-u'  平安道 一番隊【小西行長】等
                       咸鏡道 二番隊【加藤清正】等
                       黄海道 三番隊黒田長政】等
                       江原道 四番隊【森吉成】等
                       忠清道 五番隊【福島正則】等
                       全羅道 六番隊【小早川隆景】等
                       慶尚道 七番隊【毛利輝元】等
                       京畿道 八番隊【宇喜多秀家】等


407 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:41:04 7HhzysrQ0


┌──────────────┐
│ただし、この兵力分散は       .│
│                      │                     ___ `フ
│昔らから日本側の失敗として    │             __ /         i
│                   .....│         ../ │          /
│ひどく批判されたりする。       │       / ̄  /          /´
└──────────────┘  ./ ̄    / 咸鏡道  r'´
    /    `ヽ               / ̄        │ 【加藤清正】
   /       )             /             │  _ノ
  _ノ       /          ∧_    平安道  │   `i
r'´         ノ      _,,.-‐''"~  `'ー-【小西行長】│   r'
        丿    _,,-''´           `i        │  `ー-、
       {_   /                 平壌○    │ __. `ー、
        丿  丿                  ,ゝ____/  /    ' ,
      r´~ _,./                 丿 黄海道     〈         ヽ
         ̄´                 {  【黒田長政】 /\_     \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
                          `ー´       `ゝ京畿道 │【島津義弘】
    _,-‐、               ∧,,∧  ∧,,∧    . 漢城◎  │ 【森吉成】',
    i´   `ヽ__,,.-‐''‐-┐.. ∧∧ (・`  ) (  ´・) ∧∧宇喜多秀家】_       Y
  r'´           丿 (ω・` ) U  )  (  Uノ( ´・ω) ──r''´   `.─── 〉
-'´         ,r‐、_}.  | U   u-u   u-u (U  ノ..i 忠清道  │       `i_
        ,,.-‐''"        u-u ∧,,∧  ∧,,∧  u-u .|【福島正則】│        /
       r'´              (・ω・`) (´・ω・)     `フ────┤慶尚道  _}
   r-、_|                   (l  U)  (U  ノ      .冫       │【毛利輝元】
    i                     `u-u'.  `u-u'       i´ 全羅道 │   _r-、丿
  r'                                    【小早川隆景】 ‐ヽ冫
. r'´                                   {_,-,   ,r‐' 、〉
丿                                    久_{


408 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:41:34 7HhzysrQ0


     ┌─────────────┐
     │朝鮮側の【柳成龍】も・・・     │
     └─────────────┘
┌─────────────────────────────┐
│     / ̄ ̄\                                 │
│   /   _ノ  \  ( ;;;;(                        ......│
│   |    ( ─)(─  ) ;;;;)                        .....│
│   |      (__人__) /;;/                          │
│.   |        ノ l;;,´  バラバラになったのは賊の失敗だろ    .│
│    |     ∩ ノ)━・'                           ..│
│  /    / _ノ´      常識的にだ考えて。           ..│
│  (.  \ / ./   │                            ....│
│  \  “ /___|  |                             ..│
│.    \/ ___ /                             ..│
│     【柳成龍】                              .....│
└─────────────────────────────┘


409 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:42:00 7HhzysrQ0


 ┌───────────────┐
 │しかし、これは日本軍にとって   ...│
 │                     ...│
 │当然の戦略であった        .....│
 └───────────────┘
             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ┌────────┐
        │というのも・・・  .....│
        └────────┘


410 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:42:26 7HhzysrQ0


.  __  __   人(()).  ┌────────────────────┐
 (__)(__) ||((())、  │まず、日本軍が朝鮮に来て おどろいたのは  ..│
==============||.(()(()))...│                                  │
.  __   __ .|| ((())~.....│意外と食料が 多かったことである          .│
).(__) (__)|| 人~   └────────────────────┘
==============||((()))         ヽ'
ニ>, < ニ >.<ニ>..|| ~~
  | |   |/ :::ヽ||    , --------- 、.
_/..ヽ__/ヽ_/ ||   ./============'ヽ
==============||   .| |,'7| | ||||   ←官庫に残されていた
爪          _||__| ,'/ | | ||||     大量の米や粟
⌒ヽー、、  /いヽ;::::::~7'y'ニニニニニニニ|
     リ: / ノ(  /;;;/;/, ――()―― ..| |
  |  | :| .| /⌒/::;;|/( 、ニニニニニ,' )|
    |:::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ̄ ̄ ̄ ̄ :::|/ r三、
  | :ノ:£....-――――┘         :::| ヘr-v'ヽ_
 /⌒/⌒ヽ⌒丶___|        :::::|。) , ゝ゚j 「ヽヽ
│││::::::│││____.|       :::::::/-<ーヘ__ノ | l
|│::| ;;;;;;;│││___..|、_____/ ゙ヽ二-'′ { {.
 ゙:、..,,,ゝ__;ノ;;丿;ノ                     i!jノ

        <´ ̄ ̄ヽ
         〉 .==∞}  おっ 食料たっぷり
        /=/ ゚Д゚)
         ⊂´^N^つ  朝鮮は思ったより 豊かだぞ!
         / __ハ_ヽ
          `U´U´


          ルミ○彡
         ハ ´Д`)   これなら現地調達で
         /三/@U@\
      __U (####)メ   じゅうぶん足りそうだな。
       `─iii/三/|三|\
            (__)_)


411 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:42:56 7HhzysrQ0


      ┌───────────────────┐
      │いっきに漢城まで進軍できたのも       ..│
      │                          ......│
      │官庫に多量の食料が あったからだった    .│
      └───────────────────┘
             ∧_∧
             (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽ(    )ノ) | . .   |   (___人__ )
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )    ∧_∧
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽ(    )ノ)丿 し  (ヽ(    )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪     ヽ ̄ l  ̄ ./
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ(    )ノ) | . .   |        ∧_∧ |
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )  /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ)
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽ(    )ノ) ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
              ┌────────────┐
              │それはいいのだが・・・    │
              └────────────┘


412 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:43:30 7HhzysrQ0


          ┌─────────────┐
          │ところが、日本側が      ....│
          │                       .│
          │もうひとつ驚いたのは・・・     .│
          └─────────────┘
           ,ィミ川彡三ヾ三\            ,ィミ川彡三ヾ三\
           {三{※}三}三ll三 }             {三{※}三}三ll三 }
         _ヽ彡川ミノ三レ勿/__           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}     {三
    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__     ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ





                     / ̄              /´
                    / ̄              r'´
   ┌───────────────┐.-''´
   │それは、                ..│
   │                     ...│
   │朝鮮が思ったよりも 広いうえに   │
  _,,..└───────────────┘
./                  丿 ○平壌         `ー、
               ,ゝ               ' ,
                  丿                 ヽ
              {                    \
             '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ            \
               `ー´       `ゝ               ヽ
                          | ◎漢城         ',
‐''‐-┐                    冫                 Y
   丿    ┌──────────────┐       〉
r‐、_}       │交通事情が            ....│       .`i_
         │                   .....│       /
         │ひどく悪かったことである。    .│       ._}
         └──────────────┘         〉
                             i´            _r-○釜山
                             }       r‐-‐ヽ冫
                           {_,-,   ,r‐' 、〉
                         久_{


413 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:43:59 7HhzysrQ0


   ⊂⊃                          ┌────────────────────┐
            ⊂⊃                 │とにかく、道は細いわ 坂は多いわで       .│
                       ./!''^゙'┐       │                            ....│
                      ,/.'l.  .゙'┐.   │陸路の輸送が ムチャクチャ大変なのだ!    .│
                 ,、....,/⌒′ ′  .\r.  └────────────────────┘
 -‐'^゙^'''ーv、..._,,、、.._  __   ,/ .ノ′    ,、     .)、               ,,rーv.,,,___,,,,,,,,_
      ‐''^′   ̄ ̄^'''''ト      _ノ      'v.,_      _,、、、、、ノ''^^^'″     .⌒
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/ }     /¨「        .リhz:;r--,,,,ノ、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬ノ、.「゙「|'ー、  `゙'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;゙=、rミ, .ノi,      ¨'‐;:::::::::::::::::::::丿
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::: ,|.i7″         .゙'''‐z,/′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>゙              \_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ─ー¬冖¬ー--、、- v、........,.,、、v--'''^ ̄ -、、- v、... v--'''′

.                        .  /´ ̄`ll´ ̄ ̄`ll´ ̄`ゝ
.  ヨイショ…    ヨイショ…    ヨイショ… ノ    || 食糧 ||    )
   , -====-, -====-, -====-,.-====-、.。(   ノ ||  ノ.  ||    )    , -====-、
  /n_j__j__j_i/n_j__j__j/n_j__j__j_/n_j__j__j__,\_i___.||,___._,,,,||___|__ /n_j__j__j_i_,\
   ( ; ´Д) ( ; ´Д) ( ; ´Д) ( ; ´Д) |___|____,──‐、._||   ( ; ´Д) もう無理!限界!
  rリミミリソつrリミミリソつrリミミリソつrリミミ゙ソ:つ|___|__ // ̄\\ ||===rミ====〇
  ソリ''  〈 ソリ'  〈ソリ''  〈 ソシ''  〈 . |___|_____| |  O  | |_||   ソリ   <
  りl,_,,7,__ノりl,_,,7,__ノりl,_,,7,__ノりl,_,,7,__ノ  ̄\\ /  \\_//    り__rて_)
~⌒ ̄ ̄ ̄~⌒ ̄ ̄ ̄~⌒ ̄~~⌒ ̄ ̄ ̄~⌒ ̄ ̄ ̄~⌒ ̄~~⌒ ̄ ̄ ̄~⌒ ̄ ̄ ̄~⌒ ̄
    ┌────────────────────────┐
    │つまり、せっかく手に入れた兵糧も                   │
    │                                    │
    │おいそれと 他所に輸送することが できないんである     │
    └────────────────────────┘


414 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:44:36 7HhzysrQ0


      ┌──────────────┐
      │それに、いくら大量の兵糧を   .│
      │                   .....│
      │手に入れたといっても・・・     │
      └──────────────┘
           ,ィミ川彡三ヾ三\            ,ィミ川彡三ヾ三\
           {三{※}三}三ll三 }             {三{※}三}三ll三 }
         _ヽ彡川ミノ三レ勿/__           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}     {三
    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__     ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ



     ┌───────────────┐
     │数万人の大軍団が              │
     │                        │
     │一ヶ所に かたまっていたら・・・     │
     └───────────────┘

   ∧        ∧      ∧       ∧         ∧       ∧
∧ |i |     ∧ |i |    ∧|i |     ∧ |i |       ∧ |i | .      ∧ |i |
|i | 州     |i | 州    |i |州     |i | 州       |i | 州 .      |i | 州
州 ‖     州 ‖ .     州‖     州 ‖       州 ‖ .       州.‖
‖ ‖/\.... ‖ ‖/\  || ‖ /\‖ ‖  /\‖ ‖  /\ || ‖  /\
‖/\_●_\. ‖/\●_\|| /\●__\ ‖/\●_\ ‖/\● \||.‖/\●_\
‖__●_\.    ‖__●_\  ||_ _●_\` ) .‖__ ●_\` )‖__●_\.` ) .‖__●_\` )
‖´Д` )     ‖´Д` )  || ´Д` )i  ‖´Д` )i日 ‖´Д` ) iii日 ‖´Д` )i日
◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日  ○iiiUiii日;ゝ  ◯]iiiUiii日;ゝ ◯]iiiUiii日 ゝ ◯]iiiUiii日;ゝ
‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ  甘ヽ;ゝ @]:‖;/甘ヽ;ゝ    ‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ
‖_)___).    ‖_)___)三ミ_)_) (⌒)‖_)_)   ‖_)___).    ‖_)_)

        ___  _____     ┌──────────────┐
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\     │だいたい数ヶ月で        ......│
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}.   │                   .....│
      ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/.     │その土地の食料を         │
                               │                   .....│
                               │食い尽くしてしまうことになる  .....│
                               └──────────────┘


415 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:45:06 7HhzysrQ0


┌───────────────────┐
│兵糧は各地にあるが、輸送はできない。  .....│
└───────────────────┘

        ┌─────────────────────┐
        │この状況で 10万を超える兵を維持するには    │
        │                              ..│
        │どうしたらいいか?                   │
        └─────────────────────┘
   ∧        ∧      ∧       ∧         ∧        ∧
∧ |i |     ∧ |i |    ∧|i |     ∧ |i |      ∧ |i | .       ∧ |i |
|i | 州     |i | 州    |i |州     |i | 州      |i | 州 .       |i | 州
州 ‖     州 ‖ .     州‖      州 ‖      州 ‖ .       州 ‖
‖ ‖/\.... ‖ ‖/\  || ‖/\  ‖ ‖/\  ‖ ‖/\ .   ‖ ‖/\
‖/\_●_\. ‖/\●_\||/\●_\‖/\●_\‖/\● \ . ‖/\●_\
‖__●_\.    ‖__●_\  ||/|  彡ψ  ミ∧     ‖__●_\.    ‖__●_\` )
‖´∀` )     ‖´∀` )   /Y'|   メ三 / ・ |ミ   . ‖´∀` )     ‖´∀` )i日
◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日   |. !.ヘ (・∀(_)' |ミ    ◯]iiiUiii日   ◯]iiiUiii日;ゝ
‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ  ヘ、__>@]:三/  ,|.     ‖;/甘ヽ;,,ゝ  ‖;/甘ヽ;ゝ
‖_)___).    ‖ 〜<三ミミγ"⌒(⌒) /`ー'"|.     ‖_)___).    ‖_)_)
               γ/   ヽ(_/ノ`ーΩ'`ヽ
               /,へ、   ,)(  ,‐、  ノ.ノ 何年かかるか判らない大遠征だし
               /__)/`二ン⌒し/ /〜i ./  本国から輸送するより 現地調達が一番!
                 //"    (__) ./ /
              /__)       / /
                          |__)


416 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:45:38 7HhzysrQ0


       ┌─────────────────┐
       │答えはひとつ、                .│
       │                         .│
       │兵隊のほうから 各地に散らばって    │
       │                         .│
       │食を求めるしか ないのである      ...│
       └─────────────────┘
                     ''';;';';;'';;;,.,    ブーン・・・
                      ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ブーン・・・
                       ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                       ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
            rっ        vymyvwymyvymyvy、
            ||       mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、
            |/⌒ヽ /^ヽ (^^) /^ヽ (^^) /^ヽ(^^)/^ヽ 職はいらない!
            (^ω^;)(ω^ )/⌒ヽ(^ω^)/⌒ヽ^ω^)  ( ^ω)-っ
      /⌒ \   |   _二二二つω^ )(\ ( ^ω^ )二⊃ /⌒ヽr 食をくれだお
  ⊂二(^ω^;)二ノ   /( ^ω^ )  ⊂二\\_/⌒ヽ二二(;^ω^)二⊃
      ヽ    | (´ ._ノ ヽ   /⌒ヽつ  \(;^ω^)  |    /
       ソ  ) \\⊂二二二(;^ω^ )二二二⊃ ⊂_) ( ヽノ
      ( < \  レ’\\   ヽ   /   i ) ノ     ノ>ノ
       \|\|      レ  (⌒) |   /ノ ̄     レレ
                     ⌒| /


417 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:46:01 7HhzysrQ0


    ┌───────────────┐
    │というわけで日本軍は         │
    │                     ...│
    │ネットワ−クを維持しつつ、      │
    │                     ...│
    │兵力を分散させたのであった。    .│
    └───────────────┘
       ∧,,∧                    ∧,,∧
       (・ω・`)                   (´・ω・)
       (  U)                   (U  )
         `u-u\                  /u-u'
            \lヽ,,,lヽ________________ノl,,ノl/
            o(`・ω・)o彡 ○ ミo(・ω・´)o
            /(、  )      >   / \   , へ、 _  ∧,,∧
  ∧,,∧     /  (_,ー0      0ー、_)   `o、(・ω・`;/ (´・ω・)
 (・ω・`)   ,∧,,∧                  __/ >o'ノ──U   )
 (  U──(#`・ω・)ヽっ             └ー /、_)    `u-u'
  `u-u'   `ーoヽつ_/∧,,∧        lヽ,,lヽ ○/
           \○(ω・'#)       (;>ω)シ/
             `(-o-o-)───┬'-o−'/
        ∧,,∧/0ー、_)〜     `ー-、_)\∧,,∧
        (・ω・`)                (´・ω・)
        (  U)                (U  )
         `u-u'                 `u-u'


418 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:46:35 7HhzysrQ0


    ┌────────────────────┐
    │ついでに いうと、                  ...│
    │                            ....│
    │輸送の困難さは 明・朝鮮側も 同様であり・・・ ...│
    └────────────────────┘


       _,n_00  ⊆⊇、 _,n_00  ⊆⊇、
      └l n |   └‐┐ | └l n |   └‐┐ |   ○  ○
        U U     く/.   U U     く/.
                                   , -―-、、      , -―-、、
    ∧_∧ __________    ∧_∧   /:::::::::::::∧_∧  /::::::::::::∧_∧
   <; `Д´>|___|____________.||   <; `Д´>  l:::::::::::::<; `Д´> l:::::::::::::<; `Д´>
    ノ   つ|___|__ .//\\ ||=========O   ヽ、:::::::::フづとノ ヽ、:::::::::フづとノ' ←輸送は朝鮮が担当
   人 ヽノ  |___|_____| |  O.| |_||    人 ヽノ     `〜人  Y    `〜人  Y
  (__(__)   ̄\\ /  \\//     (__(__)       し'(_)      し'(_)
Wwwiiyviiijwiij..,..viiijwiijijywWw,.,,.wywWw Wwwiiyviiijwiij..,..viiijwiijijywWw,.,,.wywWwWw.,..viiijwiijij
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',','',',',',


             ┌────────────────┐
             │これがために、日明両軍の戦いは   │
             │                       .│
             │ぐだぐだと なってしまうのである     .│
             └────────────────┘

             ∧∧ 前線に食料が届かないアル
            / 明\    / / / /
          ⊂( #`ハ´ )  、,Jし //  パン
           (几と ノ   ) .て.∧,,,,∧
          //'|ヽソ 彡  Y⌒Y<:;`Д´> アイゴ!
        /ノ / | \ 彡
        ヽ/、/ヽ/ ヽ/


419 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/09/21(土) 20:47:42 7HhzysrQ0
本日は以上です
ありがとうございました

次回は一応2週間後を予定しております


420 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:48:51 8CmI0I5g0
後々朝鮮に領土をもらうことを考えて、各自切り取っておく、みたいな要素は
当時の日本軍にはなかったのかね

ただの思いつきだけど


421 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:49:10 8CmI0I5g0
乙でした


422 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:49:26 8CmI0I5g0
乙でした


423 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:51:11 fLAuQNjk0
乙でした
小西と宗がブロックしてたんだろうけど、現地情報がもう少しあればなあ


424 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:54:03 Nqbi4p1c0
乙でした
海路さえ安全なら海沿いにガンガン輸送できたろうにね


425 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:00:35 8CmI0I5g0
>>424
海沿いってしっかり情報がないと見えない岩とかで船底やられてしまうしな
それをクリアしても、米を下ろす場所もどこにしたものかってなるし
例えば浅瀬だと小型の船を出して、船から小舟に米俵を下ろして、
そこから小舟で陸に上げるってことで大変


426 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:03:21 7Qier1bU0
日本軍グダグダ過ぎワロタ……
ワロタ……
乙っす


427 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:09:33 /iflqZZ60

どうも話を聞いていると
日中戦争で日本軍が手柄を求めて勝手に戦線を拡大したのと似ているような


428 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:10:01 2Zka1dko0
乙でしたー


429 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:15:29 leaONlGY0


朝鮮は昔から海運水運が主流だったから陸路整備はひどかったとは聞いてる。
それは開化期まで変わらなかったようでイザベラ・バードの紀行文にも出てくる。


430 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:18:01 cuUbR4aM0
道路は作った後、こまめにメンテナンスがいるからな
そしてそういったメンテは国から来た業者が定期的に管理なんてできないから
地方の政府や豪族や住民がそれぞれの規模でやることになるけど
朝鮮メンタルだと公共のために汗を流すってあまり期待できないよね


431 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:28:36 gLL0Zye.0
乙でした
恐ろしいことに輸送が人力頼みな道路状況は日清戦争の時も変わらず日本軍を悩ませてたり…


432 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:28:55 nipqGDAc0
乙乙! 日本国内ですら10万規模の大軍なんて短期的にしか維持できないのに、異国じゃ分散配置させるしかなかんべ。
中国はなんだかんだで街道や運河、水路の維持管理に熱心だしね


433 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:33:47 A2aK3XeQ0
乙です
なるほど、食料の問題は馬鹿になりませんな。
あっちもこっちもそれでぐだぐだしてますしね。


434 : 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:56:09 yqI1Ao6w0
文禄朝鮮役は勝てば勝つほど状況が悪化してくのが不思議だったけど、
そうか兵糧が問題か。。。


435 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:49:00 galrFZDQ0
朝鮮半島は意外と地形のアップダウンが激しくて
そうそう簡単に街道整備ができなかったという事情が大きいね


436 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:02:50 WGfurR2o0
陸路を整備しない、植林や用水整備をして生産力を上げない、まともに商業を発展させない
のが国防策の一つだったりする。


437 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:15:32 A1u.VDSc0
>朝鮮半島は意外と地形のアップダウンが激しくて
>そうそう簡単に街道整備ができなかったという事情が大きいね

元々が軍閥出身の簒奪政権(李氏朝鮮)の上、全羅道・済州島部落差別問題などがあり
地方反乱を恐れて、ただでさえ悪かった交通時事情を意図的に整備しなかったと学研の
歴史群像シリーズに書かれていた記憶があります。
あと、上記と同様の理由で地方の行政官に権限を与えると中国の藩鎮のようになるので
地方行政には両班の武官にすら碌に兵士がいなかったので、当時の李氏朝鮮の常備軍は
実質的には数万人しかいなかったとか…(日本は、大坂冬の陣で東軍20万人、西軍10万人
合わせて約30万人ぐらい動員してたので、なんとその10分の1強程度・・・)


438 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:17:45 itin0JjI0
やる夫家康スレでも触れてたけどあそこ東北と緯度が同じだから冬になるとクソ寒くなる&雪があるからなあ


439 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 09:59:33 6UF.FC0c0
加えるなら暖流が沖にきてないうえシベリア寒気団がもろにくる


440 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 10:55:01 k/kthSAE0
おつかれい
一度動員かけちゃったら「あ、ごめんやらない」と簡単に言えないからなぁ
そして日本軍も各々狙いがズレててという辺り、実にgdgdである


441 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 11:25:25 .muY44ks0
純粋に侵略を考えたら、開戦時に秀吉は名護屋に
ソウル攻略後は釜山にと移動していけば、いろんな意味で
よかったんだろうけどね

でも家康だの正宗だのを筆頭に、秀吉が動くと反乱起こしかねない
連中が残ってるし無理なんだろうな

そいつらを抑えられるような子飼いをおければいいけど、そういうメンツは
手柄の場を与えるために朝鮮に送ってるし


442 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 13:46:18 qm7ki09k0
そもそも、そういう牙むきかねない大大名が残ってるのに朝鮮出兵する、ということ自体無茶なような……


443 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 13:59:26 n5Dts1TU0
それは負けたから、結果が失敗に終わると知っているから出せる感想だと思う


444 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 14:04:45 MbNTObZQ0
大阪の陣でも問題になったけど、戦国で100年以上過ごした国だから、武だけで飯くてった連中が多すぎる
平和になったから農民になれというのも難しいし、そういう意味でも戦争いるのかもね
大大名が残っているというのも、制圧出来ないから残ってるということなので、朝鮮を手に入れ
圧倒的な力を手に入れれば、大大名を黙らせることもできるわけで

ほんと色々な要素があるんだと思うよ
だから楽しいんだが


445 : 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 19:32:35 6wNuEy6M0
しかし道路事情以上に

>>輸送は朝鮮が担当

と言う段階で、糧食の7割が横流し(親族呼んでの宴会で消費したり)
とかで消えていそうだ。


446 : 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 07:20:53 7ccGndSU0
>>445
明が担当してたら9割横流しされるんですね、分かりますwww


447 : 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 19:07:21 Nu4Om/iY0
>>446
あり得るから困るw
明は役人が薄給すぎて賄賂もらわんと暮らせないって時代だったらしいね。


448 : 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 21:50:20 VW1Ztzqo0
兵糧の入った俵やカマスの数は同じでも、中間集積地通過のたびに中身が減って、軽くなる
差し押さえられた張居正の遺産(金銀を箱数で表記するも、なぜか総重量の記載なし)みたいなもんです


449 : 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 06:46:39 sLnsMeSI0
横流し以前に
輸送してる人たちも食べなくてはいけないわけで


450 : 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 06:50:25 nltFk8sk0
昭和21年、北九州から東京へ向かう20両編成の石炭列車。
東京についた時は貨車3両分しか石炭がなかったらしい。

・・・鉄道局がもっとも石炭不足が深刻だったとか。


451 : 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 07:19:50 J6os11Hw0
>>450
その頃は鉄道沿線で武装強盗団が活躍してただろ。
戦争もないのに餓死者が出るくらい、戦争よりも深刻な被害が生じてた。


452 : 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 18:08:59 nltFk8sk0
>>451
戦中と違って輸送統制をかけられなくなったこと
引揚げと連合軍に輸送力を割かれたことも大きい

おまけに大陸台湾朝鮮樺太からの引揚げ民も居ては食わす縁も・・・


453 : 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 11:19:58 HpqFS2U20
>>447
なに問題ないさ。なにせ手数料(賄賂)が前提でのあの給料なんだから


454 : 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 12:25:14 wnrm42tM0
>>452
大都市周辺には大阪平野、濃尾平野、関東平野という恵まれた食料供給地がそばにあり
馬車や牛車、水運だって現役の時代だったが、通貨の四割を闇市で掌握していた武装
強盗団が、闇市で一番売れる商品である食料、高値のつく密造酒を確保するために
政府が輸入までして必死にかき集めていた米を、集中的に狙ったことで配給計画が
大幅に狂った。
もとより配給対象は日本人しか計算に入れておらず、本来帰国していくはずなのに
戦後に次々武器を伴って密入国し大都市に集中してくる武装強盗団が増え続けること
まで配慮していないし、その米が密造酒に変わって物理的に消滅する量まで余分に
確保できない。


455 : 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 19:48:49 xS7WUxQs0
1980年代に1億人を1年食わせられるか試算してた結果として計算上はゴルフ場とか農地に転用でかろうじて可だった記憶が・・・
ただし農業革命以前の時代だと面積辺りの収穫量が2〜3分の1になるはず。

作中時代の人口の推計値ってどんなものだったけ?


456 : 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 21:48:24 s8p65Pso0
日本がおおよそ12百万人前後くらいで、朝鮮が10百万人に届かないくらい。
中国(明)は抜けの多い戸籍だから正確じゃないが、1億とどいてたかもしれへんな


457 : 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 09:17:23 PtSjm87Q0
安土桃山→江戸時代で
1800万人の人口増加か

中国といい、現在のやく1割の人口
それでも大多数は食うや食わず

農業の技術進歩の成果はすさまじい


458 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 05:03:07 fQOREaWE0
>>457
農業よりも貨幣経済と産業革命が重要
なかなかこのへんピンと来ない人多いけど、農業の生産性を上げるには農業従事者を減らす必要がある


459 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 08:37:46 uH01/TiE0
>>455
そう言う統計、調査は、肥料輸入してることを意図的に無視してるから無意味と思ってる。


460 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 09:50:58 OBGRxdFE0
野菜の肥料に不可欠なリン酸は一応工場で生産できるよ
リン鉱石輸入してやるよりも高くつくだけで

あとはたい肥と動物・人糞を加工すればなんとかなる


461 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 10:38:34 uH01/TiE0
>>460
その合成に必要な電力とかも自給できるんですかね…


462 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 11:32:42 wPjD.5dk0
そもそも畜産業に致命的に向かない日本じゃ有機肥料など自前で賄えないだろ。
基本的に今の農業は肥料の輸入が大前提だよ。


463 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 11:48:36 zzrWrgbY0
狼が居なくなったのと、カメラや赤外線センサーの普及で地形的なデメリットを克服できるから
降水量が潤沢な分そう悲観的でもない。
地価と人件費と物価を克服できれば、という難題があるけど


464 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 12:11:16 wPjD.5dk0
肝心の牧草地が山ばかりの日本には少ないんだよ。
飼料が輸入できないと今の数分の一の家畜量になる。
というか、食料自給率が低い日本の場合、食糧輸入が途絶えたら
畜産に使っている土地は農地に変えるだろ。


465 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 12:53:24 ySVFbZbk0
日本の養える人口は三千万人くらいって話は聞くね、根拠まで調べてないけど


466 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 13:35:28 uH01/TiE0
>>465
江戸時代の人口がそれだから。
口減らしやら姥捨やら子殺しやらなんやらやって人口維持


467 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 13:48:24 pyTtGyno0
日本の総人口が江戸時代中期の3000万からほぼ増えなかったんだ
多分それが根拠だろう


468 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 14:16:06 Wv6bFVOc0
北海道が丸々未開拓な上に近代農業導入されてない技術基準で言わないでください
農林一号は偉大


469 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 14:19:00 wPjD.5dk0
まあでも今の生活水準を大きく落とさない前提だと、だいたいそれぐらいじゃね?


470 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 14:22:16 taODQ3dU0
日本の人口増加は工業化で海外から食料を買えるようになったからゆえ
韓国の5千万も北朝鮮の人口の倍というのをみればありえない水準

食料自給率は同レベルだがその根源は工業立国化だと思われる


471 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 14:41:02 6bwRVFOY0
戦前の例でいくと7000万弱はいけるんじゃね?
場合によっては1億3000万でもいけそうだけど、
肉、卵、牛乳が食べられなくなって、主食は芋。
コスト高で閉山中の炭鉱から採掘し、
地盤沈下も恐れず南関東ガス田から天然ガスをめったやたらに掘り進み、
食料生産コストを増大させ、
傾斜生産方式を行うってレベルなら。

まあ太陽光で電気代が2倍とか3倍になってもいいのなら、
それでもいけるけど産業は持たないなぁ。


472 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 15:47:48 zzrWrgbY0
太陽光はギャグとして、半鎖国までにダムと原発建設、核燃料輸入を順調にできるという
むしのいい前提があるなら、多少は何とかなるだろう。


473 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 17:16:45 ySVFbZbk0
日本に限ればダムはもうほぼ開発され尽くしてるからな
今から作れるところは効率が悪いところばかり


474 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 18:01:48 Aq5aN9vM0
>>470-471
戦後の米の品種改良ナメんな


475 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 19:54:38 taODQ3dU0
>>474
米は良くてもその他の穀物、魚肉、野菜は?
今の日本だって米なら自給できてるでしょ。


476 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 19:58:40 LXQyoNS20
>>474
品種だけでなく肥料の有無で収穫量は変わるよ。
一般に肥料使っての単収が米8俵だそうだが、
肥料使わないと5.5俵〜6.5俵という例もある。

一般に麦の収穫は米の6割といわれるので単収300kgが基本だが、
現代欧州では窒素肥料などを使い単収800kgを達成している。

窒素は葉緑体に関係して、光合成を効果的なものとしてATP合成を円滑にさせ、
さらに茎の成長にも寄与して、栄養や水をとりこみやすくする。


477 : 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 20:22:30 wPjD.5dk0
今の品種改良された品種は近代的な農薬・肥料と同時に使用されるのが大前提で作られている。
寒さや特定の病気に強いように品種改良はされてはいるが、”それ以外”に関しては
原種に比べて遥かに脆弱だ。
可食部位が大きくなることは虫に対する防衛ができないことだし、
より多く実を付けると言う事はそれだけ最低限必要な肥料が多いということだよ。


478 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 01:56:47 gY8Kyfjk0
>戦後の米の品種改良ナメんな

それは実はたいした事はない
一気に伸びたのは改良がそれほど進んでない戦後10年ほど
決定的だったのは農地改革よ


479 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 01:57:57 bMZfRXp.0
ササニシキはいい奴だったよ


480 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 04:47:17 Z/D1rmqA0
>>478
農地改革を未だにまともな政策扱いしてどうするんだか
あれこそ戦後日本の農業を最もダメにした最悪の政策なのに


481 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 05:00:01 xZ6ym0zA0
農業ダメになったのって、農村を票田にするために市場経済導入しなかった事の方が
もっとも都市化・工業化の結果、諸経費が跳ね上がっていった時代に輸入農産物に
太刀打ちするのはどうあがいても絶望だったんだけどね


482 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 08:27:24 Z/D1rmqA0
地主が広大な土地所有できないようにしたから輸入農産物に値段で勝てなくなるんだよ


483 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 08:49:36 suWIg/RM0
農地改革してなきゃ共産党がより幅を利かせていた社会になったということは考慮にいれとくべき
下手したら日本で共産主義革命起こってたかもな
安保時代はマジでそれがシャレにならんかったし


484 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 09:51:01 9u537Si20
ま、それはそれで派手な赤狩りで弾圧社会になってただけだろw
話のネタとしては面白いけど、あんまり考えたくはないな

ちなみに俺の家系はアレで土地取り上げられたクチだから、俺限定だとなかったほうがいい生活だったかも


485 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 11:45:03 Z39R0d360
田舎はともかく大都市近郊だと、自作農創設特別措置法の情報を手に入れた共産党関係者が
男手を空襲で死傷又は出征で不在の農家に小作契約を持ちかけ、一月か二月程度の短期間
の偽装小作人を配置し値上がり確実な土地を大量に巻上げさせたから、農地改革は共産党の
資金源として幅を利かせる下駄になってるよ。
朝鮮戦争のときに暴れて議席を失った後に、社会党に持ってかれたけどな。

美濃部が地権者の利権を徹底的に拡大させる、ブルジョアジー支援的な政策を実行したのは
駅前一等地強奪者やこういった手法で地権を入手した同志が多かったからだよ。
宅地並み課税に社会党が反対して、不動産業者の間で農地偽装脱税が横行していたのも、これが発端


486 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 11:56:54 gFnKbgqg0
俺個人は疑問だが…
農地改革って西洋では誉められていることだから
日本でもいいことだったと世間ではみなされていると思っていたよ

農地改革でやる気を出した東北の農民たちが
戦後東北を日本の米の面積当り収穫を日本一にしたって「昭和経済史」に書いてあったよ


487 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 11:57:30 RXXUSs8c0
>>482

第一次農地改革は、日中戦争の最中に革新官僚が検討していたよ
寄生地主と呼ばれた悪評高い連中を排除して、大規模自作農をつくろとしていた。

ただし、これだと7割以上の地主は無事で済んだらしいが。主に
東北地方の本間家や津島家がやられたんだろうね。


488 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 12:05:53 RXXUSs8c0
>>486
西欧にしても、地主が企業経営者としてどれくらい勤勉で有能かにもよる。

アメリカの中西部では、大恐慌時代に機械化でだいぶ小作農家が追い出された。
それがスタインベックの『怒りの葡萄』の時代背景。

イタリアの場合、農地改革は大歓迎だったらしいね。


489 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 12:14:16 Z39R0d360
>>486
台湾米、朝鮮米と価格競争をしなくて良くなったんだから、自作だろうと小作だろうと
金になる以上増産するよ。
戦前は外地経済のために、内地の農家が犠牲にされてたんだからやる気も出せん。


490 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 12:40:46 9u537Si20
農地改革がなんで悪いといわれるかは、土地所有が小規模になったから
諸外国の大規模な農業に対抗できないってだけの話
どうせ日本の農地だと、大地主が残ってても一部除いて大規模化難しいとしか思えないけどな

あとになって工業や商業で雇用を確保できるようになってからなら文句もつけようがあるけど
あの当時の日本としてはきわめて妥当な政策だよ


491 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 12:45:18 xZ6ym0zA0
小規模自営農が成立したおかげで都市部におけるスラム化が抑えられたことと
季節の出稼ぎ労働者の後背地があったおかげでによる高度成長を後押しする
ことができたこともな


492 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 12:51:10 gFnKbgqg0
なにやら経済の話しかないのに疑問を感じるが…
農地改革というのは、
農民たちを経済的に自立させる
→地主の言う事を聞かない農民を作る
→民主化を果たそうってことじゃないのか?
民主化はどうでもいいの?

>>490
西洋も昔、農地改革した時は小規模農民ばかりだったんじゃないの?
どうして外国と日本は規模に差があるんだろうな?


493 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 13:05:50 xZ6ym0zA0
>>492
まず日本と同等の意味合いで使われる「農地改革」が行われた国ってどこよ
そこから定義しないと話が進まないぞ。印象論でもの語ってる
というか、自分も含めてこのスレとは無関係な話題で盛り上がってるな


494 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 13:36:34 LcA4TZWc0
朝鮮取り扱ってるからもっとそっち系のネタ投稿来ると思ったが、
そうはならんかったか。


495 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 14:00:42 9u537Si20
>>492
逆だ逆。大規模な農地を持てる国が安く作れるので輸出国になる
たとえばアメリカはあの国土で人工は日本の倍しかない
国民全部が農家になってもけっこう大規模にやれる


496 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 14:01:14 9u537Si20
×人工→○人口


497 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 14:34:11 bD878h1E0
>>492
超どうでも良いというか、民主化自体と農民の自立には何の関係性も無い
コーポラティズムが民主的でないとでも言うつもりかと


498 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 16:59:15 suWIg/RM0
そもそも山地ばっかで平地面積がイギリスの半分もない日本で農業やっても
どのみち他所には勝てんしょ。


499 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 17:31:24 xZ6ym0zA0
>>498
農業生産が未熟な16世紀でもイギリスの二倍以上、人口いるからその主張は的はずれだと思う

文禄の役の失敗って日本の生産高と同じノリで朝鮮半島でも補給続くと考えた点に
あったのかな?交通網の不整備でも役所に備蓄あったからそれはないか


500 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 17:41:46 O3u5QPeE0
(やっと本題に戻ったぞ)失敗要因はいろいろあるだろうけど、
直接的な原因は秀吉が渡海できなかったこと
根本的な要因は大目標が明確化してないこと(何のために攻めるの?)

じゃないかなーと思ってる


501 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 18:02:17 Z/D1rmqA0
>>500
大目標は唐入りっしょ

ただ唐に領土貰えるだけの手柄立てたら故郷か近畿の土地くれよって感じで
一から半島で開拓に近いことしたいって人なんていなかった

直接的な原因は兵糧焼かれた事でいいと思うんだが


502 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 20:15:18 q.7DHUws0
秀長あたりが生きていて、遠征武将から信頼厚く内政外交占領戦争調整の
全てが要求される遠征軍総大将だったら結構成功してたろうね
朝鮮全土か漢城のあたりを境目にしたかはわからんけど


503 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 22:06:58 KoF1RDps0
信長の野望みたいなので統一後は海外進出シナリオが始まるの無いかな・・・
コウエーはもうチンギスハーン作らなそうだし。


504 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 22:18:04 9u537Si20
徳川を半島に送り込んでおかないと、たとえ外征に成功しても日本とられそうな気もするな


505 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 22:22:16 .TOFV7zU0
戦前の日本はそれこそ世界水準で見れば、地主以外の小作は最低限の暮らし。
だからこそトンガや満州への移民という名目の棄民政策も行ったし口減らしに必死だったわけ。
GHQが農地改革なんてしなきゃ・・・なんてのは、それこそ隣のアレ国家の
「日本が近代化しなきゃ半島は世界一の経済大国になった」みたいな妄想。


506 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 22:31:16 xZ6ym0zA0
近代化に伴う急激な人口増加のせいで耕作地が足りなくなったことが理由だから
経済発展の割に人口密度が低かった南米諸国に国策で移民始めたんだっけ?

文禄の役は軍事遠征に伴う植民政策はなかったんだっけ?どっちかというと職人を
日本にさらってきた記憶はあるんだが


507 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 22:48:46 suWIg/RM0
つうか秀吉は朝鮮を既に家来にしたつもりで兵隊だしてたからなあ。
悪いのは宗と小西。


508 : 名無しのやる夫だお :2013/10/04(金) 22:50:43 TrPAUVTI0
当時の日本は江戸時代前期の大開拓時代直前だから、農地がたりないって訳じゃないんだよね。
むしろ耕させろとw
まあ、マルサスって訳じゃないが、農村部の余剰人口は移民や農地改革じゃ吸収は無理や。
とにかく都市化だ!都市化させるんだ!

>>503
五月蠅い人々には事欠かないし、同人ゲームかMODでもない限り無理じゃないかねえ・・・


509 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 03:13:17 hbv5RNjk0
>>505
小作契約を含めた地主の雇用の方が、自作農地よりも労働需要自体は多いよ。
江戸時代から比べて人口が増えたから移民政策を推進してただけで、戦後の増加分を
吸収したのだって農業じゃなくて、別の産業だよな。

世界水準てのは、ちゃんと世界中で統計を取って算出する場合のことなのか?
海外領土からの特定の農産物輸入に障壁を設けたり、海外領土に作付け制限をしている
先進国だけとの比較なのか?


510 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 16:31:25 5TW5.rC.0
>>509
データを出さずに世界水準とか言ってる人はあまり相手にしないほうが・・・
多分下で書いてるような妥当な疑問なぞ全然検討してないだろう


511 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 16:40:08 z.oaiHwc0
戦争直後どころかまだ敗戦してない時期でさえ、右の人まで貧民救済だとかいって226やったりしてた現実はどうすんのw
というかせっかくスレの本題の時代に戻ってたのになにやってんだ


512 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 17:50:31 hbv5RNjk0
んじゃ、あれだな。
実際に行われた、百姓から食料を略奪する、畑を焼くとかのぬるい焦土戦術だけでなく
山の上の水源地から毒を流して水脈全部を潰す、朝鮮人を伝染病に感染させて占領地に
解き放つとかのBC兵器も使えるわけだから、長期の占領維持は無理だったんじゃね。

普通は戦後の税収の悪化とか敵対化を懸念して実施できない策だが、明にとってみれば
朝鮮がどうなっても財政には影響がなく、日本を撃退すれば朝鮮が他に頼る相手も居ない
んだから、反感を持たれようが屁でもない。
後の歴史を知っていれば満州や欧州が策源地にしかねんと思うけど、朝鮮人は痛めつければ
痛めつけるほど盲従すると思うのが、中原にとっては自然なことだろう。


513 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 17:56:06 Ezaz.rO20
BC兵器なんてそんな知識が近世の戦争にあるの?伝染病なんて敵味方問わないし
ついでに明が属国でそんなことやらかしたら周辺諸国がどういう対応とると思う?
火葬戦記の読み過ぎじゃないか


514 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 19:43:15 7q9a0IrE0
日本を撃退すればっていうけど、半島から撃退するだけじゃ日本本国は無傷なんだし
朝鮮人が明に反感持てば日本と結ばれる危険性はあるんじゃないの


515 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 19:52:15 N4wL8Saw0
それはないと思うよ
1000年属国で中華に頭を下げるのはステータスって民族だから

それに当時の日本はこのスレでも書かれてるように理解し難い蛮族なんだし


516 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 19:57:58 Ezaz.rO20
国内統治の正当性維持のために中華に頭下げてるんでステータスでもなんでもないんじゃ
儒教の影響で小中華主義になるのももう少し時代が下ってからだし


517 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:07:59 7q9a0IrE0
元・明交替期の高麗の動揺ぶりとかみると、必ずしも信用は置けないだろう
というかこのスレで描かれたいままでの経緯でも明は朝鮮が日本と組んでるんじゃないかと警戒しとるじゃん


518 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:09:06 .T4OQjWQ0
短いですが、続きです


519 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:09:47 .T4OQjWQ0



  ┌───────────────────┐
  │さて、漢城を落としたものの           │
  │                          ......│
  │兵士を休ませるやら、友軍の到着やら、    │
  │                          ......│
  │戦略会議やらで、                  │
  └───────────────────┘

             }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
        .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@  <<シーン・・・
        五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
        \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
   ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|      ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|       |  城  漢  |       |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |      ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
  |.ニニニニニニニニニニニ |         ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
  |              |        i       i        |              |
  |    ,. -- 、     |        |       |        |     ,. -- 、    |
  |.    i     i    |        |       |        |   i    i.     |
 ≧ii≦ |   | ,≧ii≦       |       |       ≧ii≦  |   |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ |   | '⌒il⌒       |       |       ⌒il⌒  |   |   ⌒il⌒
  iコ─┘   └─‐.iコ‐───┘       └───‐.iコ.─┘   └──iコ

         ┌─────────────────┐
         │進軍を止めていた日本軍だったが・・・  .│
         └─────────────────┘


520 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:10:10 .T4OQjWQ0



┌─────────────────┐                     ノ
│しばらくたつと、                 │                   /
│                         .│                     〈
│いよいよ朝鮮全土の制圧に向けて   ...│             ___ `フ
│                         .│        __ /         i
│動き出すのだった             ...│    ../ │          /
└─────────────────┘..../ ̄  /          /´
     ___                     / ̄    / 咸鏡道  r'´
    /    `ヽ               / ̄        │ 【加藤清正】
   /       )             /             │  _ノ
  _ノ       /          ∧_    平安道  │   `i
r'´         ノ      _,,.-‐''"~  `'ー-【小西行長】│   r'
        丿    _,,-''´           `i        │  `ー-、
       {_   /                 平壌○    │ __. `ー、
        丿  丿                  ,ゝ____/  /    ' ,
      r´~ _,./                 丿 黄海道     〈         ヽ
         ̄´                 {  【黒田長政】 /\_     \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
                          `ー´       `ゝ京畿道 │【島津義弘】
    _,-‐、               ∧,,∧  ∧,,∧    . 漢城◎  │         ',
    i´   `ヽ__,,.-‐''‐-┐.. ∧∧ (・`  ) (  ´・) ∧∧宇喜多秀家】_       Y
  r'´           丿 (ω・` ) U  )  (  Uノ( ´・ω) ──r''´   `.─── 〉
-'´         ,r‐、_}.  | U   u-u   u-u (U  ノ..i 忠清道  │       `i_
        ,,.-‐''"        u-u ∧,,∧  ∧,,∧  u-u .|【福島正則】│        /
       r'´              (・ω・`) (´・ω・)     `フ────┤慶尚道  _}
   r-、_|                   (l  U)  (U  ノ      .冫       │【毛利輝元】
    i                     `u-u'.  `u-u'       i´ 全羅道 │   _r-、丿
  r'                                    【小早川隆景】 ‐ヽ冫
. r'´                                   {_,-,   ,r‐' 、〉
丿                                    久_{


521 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:10:35 .T4OQjWQ0



    ┌─────────────┐
    │まずは休息を終えた       │
    │                    │
    │一番隊・二番隊が出発し    │
    └─────────────┘
             ∧_∧
             (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽ(    )ノ) | . .   |   (___人__ )
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )    ∧_∧
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽ(    )ノ)丿 し  (ヽ(    )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪     ヽ ̄ l  ̄ ./
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ(    )ノ) | . .   |        ∧_∧ |
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )  /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ)
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽ(    )ノ) ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
          ┌──────────────┐
          │協力して 開城を攻略すべく     │
          │                   .....│
          │北上を始めるのである。       .│
          └──────────────┘


522 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:10:56 .T4OQjWQ0



       ┌───────────────┐
       │ただし、到着した臨津江は        │
       │                        │
       │攻めるに難い天険の地であり     │
       └───────────────┘

[|  [|  [| はた…     [|  [|  [|    はた…
########### [|  [|   ########## [|  [| [|  [| ←日本軍4万
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;┌────────────────────┐
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,... │対岸には                      .....│
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;│                            ....│
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;│朝鮮軍1万数千が ここを防衛ラインとして   ...│
   〜〜~   〜〜     ~〜〜 │                            ....│
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~│陣を張っている                   ...│
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~.   └────────────────────┘
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二

  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ このラインを守るニダ
  彡| 「ニ金ニ|         ∧         ∧         ∧
  ∠くノ ´Д` >         |i |         |i |         |i |
   く~((二つ)ニ)        州         州         州
    ̄ヒ´V`Y...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||
    ∠二ハ二ゝ.   <     >||.   <     >||.   <     >||
    /_!_!_|     (     ○..   (     ○..   (     ○
      |_|_| .     し--J ||.    し--J ||.    し--J || ←朝鮮軍1万数千
    【金命元】


523 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:11:32 .T4OQjWQ0



               : : : : : : : : : : : : : : _../'''⌒゙'、        \
                : : : : : : : : : : : : : : 〕       \__     _丿
                : :: : : : : : : : : : ┏┛ ┌─────────────┐
             : : : : : : : : : ┏┛   │そのため日本側も        .│
             : : : : : : : ┏┛     │                    │
        寛奠堡   : : : : ┏┛       │なかなか攻略が難しく・・・   ..│
鳳凰城    ○     ┏━┛         └─────────────┘
○         ┏━━┛
       ┏━┛
   ┏━┛                         ┌─────────────┐
 ┏┛○義州              __ノ.         │しばらくは              │
 ┃                 ノ      / .     │                    │
ー⊿_                   /    _,,.―′.   │臨津江をはさんでの     ......│
   \             __ノ     _/           │                    │
     レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′.          │にらみ合いとなる。        │
           了    (             └─────────────┘
           │    |    _/         广
           / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿    ◎_丿       亅        `ーー 、
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿         ヘ、
        'ヘ..- 、 l               j′          ゙ゝ
           r‐‐' ̄ ′          丿            ヽ、
      _厂                 |   丿              '、
     丿                丿   |    /            廴
    _,,..l               |     L   /              ゙'、
    ` ゙̄‐‐'⊃    _     丿開城   |__丿                 ''、
       「__   │ \   ___| ○ _/←臨津江              "'、
          \_丿    ̄∨  \_丿                    \
                        i ̄}.l \_■漢城                  ヽ、
                      ̄ |  ゙'''─-宀-、   丿               │
                      "l       ゙L广                ヘ、


524 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:12:17 .T4OQjWQ0



   ┌─────────────────┐
   │ところが、ここでも日本軍は       ....│
   │                         .│
   │協力するはずの一番隊・二番隊の     │
   │                         .│
   │思惑が違うのであった           .│
   └─────────────────┘
              ___
           ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.         /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ  くっ・・・国王は北に逃げたらしいから
        /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
      /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!   早く 追っかけて捕まえたいのに・・・
       /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l
.     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l   ┌─────────────┐
      \:::::::::\     _     /::::::::ノ.    │あくまで武力侵攻をめざす   │
       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/    │                    │
            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄      │清正に対し・・・           │
            i'ヽ-'" ̄`゙Y l             └─────────────┘
            ゝ-‐<>ニニ_ノ
          二番隊【加藤清正】



    ┌────────────────────┐
    │行長は、あいかわらず「仮道入明」を条件とした │
    │                            ....│
    │講和を めざすのである。              │
    └────────────────────┘
   i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
   l      ヽ  / ̄ ` ヽ  ノ ヽ{,,彡´   l∧
   |       |. /     _∧     ヘ     /| ヽ  くっ・・・清正が邪魔で 朝鮮側に
   |       | {_=彡= ̄ }      `ミー '  |   |
  ノ      | ヽ ̄     ノ,          }   r    手紙を送れないであります!
         |  `.ー- - 彡'          /   i
         |                   /    丿
         |           , ィ T T lフ`ー/   /
         ト ,    ,,,/. ー┴┘´イ` ー '
  \       .|  ` ー ≦--- ― .< ´
         一番隊【小西行長】


525 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:12:43 7q9a0IrE0
お、投下来てた!


526 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:12:48 .T4OQjWQ0



    ┌───────────────────┐
    │しかし コンタクトを取ろうにも、           │
    │                          ......│
    │前で【加藤清正】が でしゃばってるので     .│
    │                          ......│
    │どうにもならん。                  │
    └───────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

           [|  [|  [|←【加藤清正】
           ###########
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~   〜〜    〜〜~    〜
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~     ~~  〜〜〜   ~~
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜〜  ~~~~  〜〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ
  彡| 「ニ金ニ|         ∧         ∧         ∧
  ∠くノ ´Д` >         |i |         |i |         |i |
   く~((二つ)ニ)        州         州         州
    ̄ヒ´V`Y...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||
    ∠二ハ二ゝ.   <     >||.   <     >||.   <     >||
    /_!_!_|     (     ○..   (     ○..   (     ○
      |_|_| .     し--J ||.    し--J ||.    し--J ||
    【金命元】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


527 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:13:19 .T4OQjWQ0



             ┌──────────┐
             │そこで小西は・・・     .│
             └──────────┘
            _,,.. ― ,,
         ,..-''″  ★   ゙ヘ、
       ,,-,゙ -;;;;;;¬''''''''''¬―-..,,,,\
       //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ
     /i./ /illllllllllll |::::::::::::/ .lllllllllll!゙l, l.l  どうですか清正殿、二番隊だけが前面に出ては
     / ! ! .llllllllllll/ / :::::::::.lヽ!llllll!!丿,!.| l
     !│ ヽ,.゛_/::::::::::::::: .\_`゛._./ .| .|       兵も疲れるであります。
    l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |
    .|  ヽ::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l  一番隊・二番隊が 変わりばんこに対陣するのは
    .!   ヽ .__,,.../ ''''''‐、  :::::::::::/    ゙l
    .|.   `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |     どうでありますか?
     ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー--ー'"
  _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\
  /   ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\
  . ̄"''''―‐"  / `、    ゝ.|.| \ !
          /  /__  .「  .|.| ./ ノ
         一番隊【小西行長】



        _,, ー'''"゛ .`゙'''ー..、
      /          \
     /     (.∞.) .    \
    /         .!-!        .l,
   ノ!]゙'二,゙'''''''''''''''''''''¨''^^t,'''''',''/广l│ まあいだろう。
  / .!.! .{. `''ーi,,,     .,,,ノ'"  / .|.!.l
  ! l .\゙'一''゛ 丿   .'冫゙''―''゙,/.l .l   そうするか
  l  !  .`'''''''゙″     .`''ーt″  ! .!
 l   l                ..t. ./  .!
 l    ヽ     _......,,,      .t/   .|     ┌────────────────┐
 ミ.    ゙''y-‐''"`'―'''''~''―;;r"    /      │こうして                      │
  `''¬ー'"  ゙フ'ッ----ッ―''!ヾ`ー..... /      │                          ..│
        / /.. /\/ ヽ\゙         │うまいこと二番隊を 引かせることに  ..│
         / ./../.\/   ヽ\!.          │                       .│
      / ./゛  ゙/      ヽヾ          │成功するのだった              │
       二番隊【加藤清正】         └────────────────┘


528 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:13:55 .T4OQjWQ0



         ┌────────────────────┐
         │なお、このドタバタを朝鮮側から見ると・・・     │
         └────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      [|  [|  [| はた…        サッ…    ┌─────────────────┐
     ###########         [|  [| [|  [|.... │一番隊が布陣してるときの日本軍は   .│
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒│                         .│
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;. │殺る気まんまんの 前のめりで     ......│
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;; . └─────────────────┘
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜┌──────────────────┐
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,.  │逆に 二番隊のときは             .│
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~ │                           .│
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~.    │朝鮮に遠慮して 後ろがちに布陣という   │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                           .│
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0.│わけがわからないよ。              │
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO..└──────────────────┘
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
        ∧         ∧         ∧         ∧
        |i |         |i |         |i |         |i |
        州         州         州         州
  ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ ||...   ∧_∧ || あいつら
  < iiii   >||.    < iiii   >||.    < iiii   >||.    < iiii   >||  何やってるニカ!?
  (     ○..   (     ○..   (     ○..   (     ○
   し--J ||.    し--J ||.    し--J ||.    し--J ||
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


529 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:14:26 .T4OQjWQ0



      ┌────────────┐
      │ま、ともかく行長は      .│
      │                  │
      │清正をどかしたスキに   ....│
      └────────────┘

            〜〜: .:.ザブザブ            : . .
                                   〜〜:.
                      ∧_∧  〜〜:.
                ( ´д`/}    ∧_∧ 手紙届けに来たよ〜
                __(  つ /0__( ・∀・)_
                  |二二二二//二二二二二二二二|:.
            (((  \二二ニ//ニ二二二二二二二/: :.
                   ~~~~ ̄{/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~
         〜〜:.      o              o
                  。         〜〜〜:. 。
        :: . .        o
           ┌─────────────────┐
           │5月15日、16日と二度にわたって    .│
           │                         .│
           │講和書を届け・・・             ....│
           └─────────────────┘


530 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:15:40 .T4OQjWQ0



   ┌──────────────────────┐
   │そして朝鮮側から                     .│
   │                                │
   │3日後までに回答する、と返事があったのだった    │
   └──────────────────────┘
┌──────────────────────┐
│   ∧_∧                       ......│
│   <; `∀´>  (応じるフリして                   │
│   (つ   )   油断させるニダ)            │
│   し―-J                          │
│       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.          │
│       |      返 書        |.        .....│
│       |                    |.          │
│       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____    ..│
│       /  講和についての   /ヽ__//    .│
│     /    返事を書くから   /  /   /   ......│
│     / 三日待って欲しいニダ /  /   /    .....│
│    /   ____     /  /   /      .│
│   /             /  /   /        .│
│ /             /    /   /        .│
│  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /        .│
└──────────────────────┘
          , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
        /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
       //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
       //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ  やっと・・・やっと
     .〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ
      li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ コンタクトが 取れたであります!
      リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l
    / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
   /  ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
 ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/    l   ,/
: : : : : : : : : :ー-=-' _\   l /‐ヘ
―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
   ヽ   ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ

         _,,. -_-_:: 、
      //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
      ///ヽ、二ニノ;;;;;;rーヽ!  成功すれば
     l l/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l /ニll!   バンバンザイだぜ〜
 r-、   l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト
 l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l;;;;; ̄//!
  l  L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /'ノ
  ヽ_,,..-,./ :::::::r-/  }ニ-'"
    /' ,r,ニヽ.lΥ  /
   //   ヽニノlヽ! /
  l 〈     /l ヽノ


531 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:16:32 .T4OQjWQ0



   ┌──────────────┐
   │しかし、この怪しい動きは     │
   │                         .│
   │うすうす バレてしまったりする  ..│
   └──────────────┘
、::  /:     :::           :::      /::  :: /
ヽ :::/:    :::               ::/  , '::  /  /
 ヽ     :::     , --、::        ///ー、ー''"l  /
、 ヽ、_  ::    、( o o )::     ::_://、  l  ,l / ::::/
: 丶、l l \::_   ヽヽ`i l 「:: _,,. ―'""/,;;;;;l   l /' :: /
  .ヽ! l  l;;;、  ̄''' ゝヽ ̄''"    /li 〃;/  l キl :: /
  .、\l  l、、\::   ヾ\    /`   /  / / l/  おい!
    l l ヾ  '':\       /-= -ー''"  /  /'
    l \ `ー--'''ゝ、    丶、 __,,.-'"   /  お前ら なにコソコソやってんだ!!
    \、 丶 __/::            キ /
      \、  ::     ,... _____,,.-ツ
        `ヽ、__,,.-イvーーV' /  /
          `ー- ヽヽ;;    ;;/ /!~l
             /入ヾニニツ/  l l
            /l /, ̄ ̄    l l
          /:::::}-'"        l  !【加藤清正】


532 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:16:56 .T4OQjWQ0



        /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       / |              |
      /  |                    |
    /    |__________|
   /   /   _, -─‐ - 、    /
   |  / / _.. -┸-、ヽ  /
   |/ /  /   \::::::::::/⌒ヽ
    ̄7   |━━━-!........|-━ |  ・・・なんでもないであります
    /   |、    ノ..........、  |、
   /    |....ー-....´..................ー' | |  ( 感づかれたでありますか!? )
   /    |....ι............................./|
   l    i、...........u.....__.......ノ ノ
    `ー- ′`ー-   ⌒ー'`ー'- '′



             ,,..-―――- 、
            /         ヽ、
           /             ヽ
             /   r,',ヽ         ` 、    ともかく油断するんじゃねぇぞ
        ,,ノ .,、__ヽ-' _,,,ェ- >、   `゙ヽ、   今度はオレが前に出るからな!
     ,,..-‐'  l. l\,, ̄ ̄, ,,..-‐"l  ト、     `ヽ
.     i    ,rf`゙ヾヽ_ノ>  ヽイヽ、ノ  ノ ヽ _,,,,.  l
      〉==<l'")`゙l.)./     `ヽ--r'" /-‐'"´ヾヽ、 (どうもコイツら怪しいな・・・)
  ,,,..-‐'`ヽヽ ヽ/ .ト 、   ____ キ/`゙/`゙T" ヾ .l
. r-‐i―-、l l  l ,,ノ. `ヽ<ヽノ_,,..>/-‐  ―-/   `|
. ト-‐l―'" l l,l,,.<´{`゙゛‐-rニ/-<"/ /  /    /`ヽ、 |
 `ヽ―‐-' ヽヽ ヽ'" ̄~´r'"l_ノ ´. l/  /   /    ヽ l
        ヾl l   /"ヽ_  _,,ノ,  /   /     /
         ll/ /  ,,..、 ̄ / / _ ' .    /
        ´ <__ ‐ソ  `、 /-‐ヘ'  ヽ   /
            ´     , ヽ、 ヽ  ヽ/
                   ,  ト、 .>'"
                   ヽ l `゙"
                   `゙


533 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:17:22 .T4OQjWQ0



┌────────────────────┐
│おまけに、やっと手紙を届けたって         .│
│                            ....│
│朝鮮側に「仮道入明」に協力する意思など    .│
│                            ....│
│あるはずもない。                   .│
└────────────────────┘
          ∧_∧
         < `∀´>
        /⌒ゝ ヽ丶⌒。ヽ   倭軍が遠征に疲れて
       丿ヽ。丿⌒ ヽ⌒ヽ\    講和したがってるニダ
     /(  /ゞ  《 K.》 メ \
    丿 /\ \\  ヽ ) ノヽ(    応じるフリして油断させ
   / /  ノ ノ |  ヽ ノ_レ      逆襲してやるニダ!
  ノ 丿⌒⌒彡// ヽ  丿\|ミ
  \(     /   丿~(  \
          <__/   ゝ__>
          ヽ  ソ    ゞ 丿
         _) ノ    ヽ  (_
        (__ヽ)    (ゝ__)
         巡察使【韓応寅】


534 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:17:55 .T4OQjWQ0



                           ┌─────────────┐
                           │交渉どころか、朝鮮軍は   . .│
                           │                    │
             はた…             │3日の期限が来る前に・・・    │
        [|  [| [|  [|              └─────────────┘
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;  ┌────────────────────┐
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ..│逆に 臨津江を渡り                ......│
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~      │                            ....│
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜..│対岸の日本軍に 奇襲をかけたのであった! ....│
~ 〜〜   ~~     .∧_∧~ 〜〜   ~~~ 〜〜   └────────────────────┘
 ~ 〜〜   ~~ (ヽく    >ノ)    ∧_∧ ~ 〜〜 ~ 〜〜   ~~   .∧_∧
  ~ 〜〜   ~~..ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽく    >ノ)~ 〜〜   ∧_∧  (ヽく    >ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽく    >ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽく    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽく    >ノ) | . .   |   (___人__ )
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二


535 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:18:21 .T4OQjWQ0



                ●

                ●

                ●

       ┌────────────┐
       │  と こ ろ が ・ ・ ・  .│
       └────────────┘

                ●

                ●

                ●

  ┌─────────────────────┐
  │朝鮮軍には、たいへんお気の毒なことに・・・    │
  └─────────────────────┘

  ┌──┬──‐!、\ >"            `ヾ´〃r:──‐┬──┐
  |    |    | | ,イ    . : : : : : : : .    ヾ | |    |    |
  |____||____| y    . : : : : : :_:_: : : : : .    ヘ |____||____|
  |  ̄ ̄ ||  ̄ ̄/_____. : : : : : :.(・・): : : : : ._____..ヾ ̄ ̄ ||  ̄ ̄ |
  |    |   ./ イi \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  iト:.、  |    |
  ├──┼─// i| l   い:、: : : : : : : : : :X,:ャツ   .l |ヘヽ.:‐┼──┤
  |    | .//: : i 廴  `¨´\: : : : : :/`¨´  _ノ i: :ハ i  |    | おっ、なんだよ
  |____||__i/: : :∧ `ー―一 ': : : : : :` ー‐メチ   /: : : i|_l____i|
  `ー――‐:!: : : : : ヽ   . : : : : : : : : : : : : . X  , ′: : :i|―――一’ こっちは川を渡れなくて悩んでたのに
        弋: : : : : : \   . : : : : : : : .     X: : : : : : リ
         `ー_-_彡' 1-=ニ二三二ニ=-イヽ. ____.ノ        そっちから来てくれるとは
           / y ̄!| |{ yイ/`  ̄¨7:::::入 i| 「≦(_)、
            /-,:′: :l| |/ /:′ ,.:ヘ´::;イヽ.ヾ |i \__\          ありがたいじゃねぇか!
       / / : : : ハ/ ,イ/ ,く   >’ | i:、 Y!: : :.\   \
.     /__/: : : : : : :/ /i/::::ヽイ   | .! i ヾ: : : : : :\:_\
     i〃Y: : : : : : : : :イ、/く:::::::/    ノ  l ! Yヽ: : : : : ヽ 旦ヽ
    _..|ィミ |: : : : : : : : 人:〉 Y"`ー - 彡   ノ 〉'人辷、: : : : 1 _.__|
  γ...:`Y |: : :r=ミ、ハ、_.ノイ_!  r---、  {_〉L..入,1ゝ、: :i|1'´ ;゙ヽ
  弋__,,,ノ、i_.ノ| |: |   r'OY  .:i   i:.  |YO゙i   |: | |\iL廴..::ノ
           .| |:ノ  |: O:「777   Ⅷ77:| O |   L:! |
            ̄   └─i! ゙̄1     ヾ ̄ili―┘  ` ̄
             日本軍二番隊【加藤清正】

         ,    ,         ┌──────────────────┐
        / i   / i.          │ちょうど そこに居たのは            │
       /,_ ┴─/ ヽ         │                           .│
     /,!||! (゜\iii'/゜).        │殺る気まんまんの 二番隊であった。    .│
    / u  ,,ニ..,ニ、ノ(\ .      └──────────────────┘
    \  ノ( ゝ'゚   ≦ 三 ゚。...
      >.....。≧      三 =-...  。 ━━┓┃┃
  / ⌒    -ァ,       ≧=- 。 ..       ┃   ━━━━━━━━
 /         イレ,、      >三   ・ ゚   ┃               ┃┃┃
 |    \ . ≦`Vヾ        ヾ ≧|.          。                ┛
        。゚ /。・イハ 、、   `ミ


536 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:18:59 .T4OQjWQ0



             ,,..-―――- 、
            /         ヽ、
           /             ヽ
             /   r,',ヽ         ` 、   戦いなら
        ,,ノ .,、__ヽ-' _,,,ェ- >、   `゙ヽ、 いつでもつきあうぜ!
     ,,..-‐'  l. l\,, ̄ ̄, ,,..-‐"l  ト、     `ヽ
.     i    ,rf`゙ヾヽ_ノ>  ヽイヽ、ノ  ノ ヽ _,,,,.  l  さあ、思う存分
      〉==<l'")`゙l.)./     `ヽ--r'" /-‐'"´ヾヽ、  殺り合おうじゃないの!
  ,,,..-‐'`ヽヽ ヽ/ .ト 、   ____ キ/`゙/`゙T" ヾ .l
. r-‐i―-、l l  l ,,ノ. `ヽ<ヽノ_,,..>/-‐  ―-/   `|
. ト-‐l―'" l l,l,,.<´{`゙゛‐-rニ/-<"/ /  /    /`ヽ、 |
 `ヽ―‐-' ヽヽ ヽ'" ̄~´r'"l_ノ ´. l/  /   /    ヽ l
        ヾl l   /"ヽ_  _,,ノ,  /   /     /
         ll/ /  ,,..、 ̄ / / _ ' .    /
        ´ <__ ‐ソ  `、 /-‐ヘ'  ヽ   /
            ´     , ヽ、 ヽ  ヽ/
                   ,  ト、 .>'"
          【加藤清正】 ヽ l `゙"
                   `゙

           / |   / |
            /,_ ┴─/ ヽ
         (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ アイゴー!
        / ,,__,ニ、、 ノ( \.
         ヽ Y~~/~y} `, ~ /
          | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く
        / <ニニニ'ノ    \


537 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:19:26 .T4OQjWQ0



    ┌────────────────────┐
    │けっきょく、江を渡った朝鮮軍奇襲部隊は    │
    │                            ....│
    │日本軍の反撃によって全滅。          .....│
    └────────────────────┘

         \ アイゴー! アイゴー!! /
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;  ┌─────────────────┐
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;     ;;ヾ ;;   ::.│そして、それを見た対岸の朝鮮軍も    .│
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~.    │                         .│
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~ .     │大いにびびってしまい          ......│
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜.└─────────────────┘
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二

        彡∧ /   `、
     / ・ |ミ || 金ヽ||  失敗!撤退!  ┌───────────────┐
     (_)' |ミ<゚´Д`゚;>              │北方に 退却してしまうのである  ....│
      /  キミ(メ  三)             └───────────────┘
      |‐−"キ、)__/ /⌒"キミミ三≡=〜
      Ω‐'"〈_〈__)T  |        ∧_∧     ∧_∧    ∧_∧
    (~こ二`  || | ( _,ノ、ゝ.     <´Д´; >.   <´Д´; >.  <´Д´; >
    (\_ン`ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ \      と_  と ゙i..   と_  と ゙i..  と_  と ゙i
     \`へ      〈__ゝ ヽ ヽ     Y  人     Y  人    Y  人
      `ー'          〈_|     〈_)'し..    〈_)'し..   〈_)'し
        【金命元】


538 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:19:57 .T4OQjWQ0



┌────────────────────────┐
│   ぶっちゃけ、日本軍は まとまりがなくて           .│
│       阿呆なことやってる だけなのだが・・・       │
│                                    │
│::::::::::::::::::      :::::::::::::::::::                  .....│
│:::::::::::::::::      ::::::::::::::::::                  .....│
│:::::::::::::::  ∧_,,∧ だ・・・だまされたニダ            .│
│:::::::::::::: _..<; `Д´> 弱ったフリしておびき出すという     .│
│:::::::::::::.'c(,_U_U    倭奴の奸計だったニダ・・・     .....│
│:::::::::::::::::.【韓応寅】...::::::::::::::::                   │
│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  ....│
│                                    │
│   なぜか朝鮮側では                      .│
│   これを 計算づくの狡猾な作戦だと思い込み      .│
│      この後も ドツボにはまり続けるのである。     │
└────────────────────────┘


539 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:20:34 .T4OQjWQ0



                   ┌────────────┐
       _ _               │ともかくも、5月29日       │
      __i .i-.、 __.       │                  │
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   │旧都・開城は陥落し・・・   .│
_  __.゙| '"         ." |__  └────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!| ←高麗時代の首都



         ┌────────────────┐
         │そして、ここでも日本軍は         │
         │                       .│
         │残された食料を              .│
         │                       .│
         │たっぷりと手に入れるのだった。    .│
         └────────────────┘
           ,ィミ川彡三ヾ三\            ,ィミ川彡三ヾ三\
           {三{※}三}三ll三 }             {三{※}三}三ll三 }
         _ヽ彡川ミノ三レ勿/__           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}     {三
    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__     ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ

         ________ ノ`-、_,-一ー- ,_ _____________
                    _)  r'´____(・・)ヽ
              ___ /^'~/''" >-、、`~ヾ、 `、 l i /, ______
            ━━━━/   .l  (. ・ )\,u:::::`_、i|州|i/ム'__,,━━━━
  ┏┓  ┏━━┓     / U  ,!lヽ  ` ''" /:::::l"(・)!` "=三__.       ┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃    /     i/:::::`ー--‐'"::::u::::l ゛ ,l,  、ミミ、、.       ┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━,/     ,!i_j::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー'l`、'ミミ、━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃ /     ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::::::::! i`  `        ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗・{     メ-一ー-ー'V ´⌒ヽ>、:::::;ノ... |━━━━━━┛┗━┛
  ┃┃      ┃┃ _`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>... v |______.  ┏━┓
  ┗┛  ──┗┛ ── '`-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ─────...  ┗━┛
────────────/::::::/ /   ノヽノ`ト=ニ-一''´──────


540 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:20:58 .T4OQjWQ0



         ┌───────────┐
         │勢いに乗る日本軍は   .│
         │                │
         │さらに北上を開始。    .│
         └───────────┘
   ┏━┛                                    _..-''"
 ┏┛○義州              __ノ                      >
 ┃            寧辺 ノ      /              ____/゙
ー⊿_      定州      ○/    _,,.―′         __/
   \     ○      __ノ     _/       ┌──────────────────┐
     レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′         │途中、平山で一番隊と二番隊は分かれ   │
           了    (               │                           .│
           │    |    _/       │それぞれ平安道、咸鏡道の           ..│
           / 平壌 l冖 ̄          │                              │
            丿    ○_丿       亅    │制圧を目指す                  .│
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿...└──────────────────┘
        'ヘ..- 、 l               j′          ゙ゝ
           r‐‐' ̄ ′          丿            ヽ、
      _厂             平山|   丿              '、
     丿             ◎ 丿   |    /            廴
    _,,..l               |     L   /      |       ゙'、
    ` ゙̄‐‐'⊃    _     丿開城   |__丿       丿 ___     ''、
       「__   │ \   ___| ■ _/      __∠/         "'、
          \_丿    ̄∨  \_丿      ノ             \
                        i ̄}.l \_■漢城 /                ヽ、
             ∧_∧   ̄ |  ゙'''─-宀-、   丿               │
             (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽ(    )ノ) | . .   |   (___人__ )
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )    ∧_∧
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽ(    )ノ)丿 し  (ヽ(    )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪     ヽ ̄ l  ̄ ./
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ(    )ノ) | . .   |        ∧_∧ |
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )  /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ)
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽ(    )ノ) ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


541 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:21:29 .T4OQjWQ0



    ,,
  ヾヽヘ        __,.-―- 、
   ヘ .ヘ _,,..-‐'":::::::::::::::::::::::`゙ヽ、
    〉-‐'"/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  じゃあオレらは ここから
    l.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    `t/:::::::::::::::::::::,r-.、:::::::::::::::::_,,..、::::::ヽ   東へ向かうからな
     l::::::::::::::::::::::〈.',, r'__,,..-‐'" /;;;;;!:::::::::::ヘ
    .l:::::_,,,...-―'" ̄ メ、 ,ィ';;;;;;;;;;;;;ト.:::::::::::i  お前らもがんばれよ!
  〈 ̄Y:::::l`゙゛ヽ、,,,    、,/ !;;;;;;;;;;;;ノl::::::::::::l
  ヽ-,l:::::l   {;;;;;;`ヽ!  `ヽ、_ニ>'  l::::::::::::l
    l::::::lヽ、 `ヽ、/       メ、 /l::::::::::::l
    l::::::ト、`゙゛´           ヌ .l:::::::::::ノ
   /:::::::i'ハ 、         , ィ'、  `゙゛´
   \:::::::l.l.〉r' .l`゙ヽ―=-‐T" 〉' ノヽ、
    ヘ`ヾニ(  'l ,,..-、ヽ,ll 入 ∧ヽ、`゙ヽ、
          【加藤清正】



   i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
   l      ヽ  / ̄ ` ヽ  ノ ヽ{,,彡´   l∧
   |       |. /     _∧     ヘ     /| ヽ  了解したであります
   |       | {_=彡= ̄ }      `ミー '  |   |
  ノ      | ヽ ̄     ノ,          }   r  (やっとうるさいのが消えたであります・・・)
         |  `.ー- - 彡'          /   i
         |                   /    丿
         |           , ィ T T lフ`ー/   /
         ト ,    ,,,/. ー┴┘´イ` ー '
  \       .|  ` ー ≦--- ― .< ´
           【小西行長】


542 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:22:00 .T4OQjWQ0



                                       ___ `フ
                                  __ /         i
                                    / │          /
                                / ̄  /          /´
     ___                     / ̄    / 咸鏡道  r'´
    /    `ヽ               / ̄        │ 【加藤清正】
   /       )             /             │  _ノ
  _ノ       /          ∧_    平安道  │   `i
r'´         ノ      _,,.-‐''"~  `'ー-【小西行長】│   r'
        丿    _,,-''´           `i        │  `ー-、
       {_   /                 平壌○    │ __. `ー、
        丿  丿                  ,ゝ____/  /    ' ,
      r´~ _,./                 丿 黄海道     〈         ヽ
         ̄´                 {  【黒田長政】 /\_     \
                        '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
                          `ー´       `ゝ京畿道 │【島津義弘】
    _,-‐、                           漢城◎  │         ',
    i´   `ヽ__,,.-‐''‐-┐                   【宇喜多秀家】_       Y
  r'´           丿                   く~───r''´   `.─── 〉
-'´         ,r‐、_}                    `i 忠清道  │       `i_
        ,,.-‐''"                         |【福島正則】│        /
       r'´                            `フ────┤慶尚道  _}
   r-、_|                             冫       │【毛利輝元】
    i                               i´ 全羅道 │   _r-、丿
  r'                                    【小早川隆景】 ‐ヽ冫
. r'´                                   {_,-,   ,r‐' 、〉
丿                                    久_{


543 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:22:38 .T4OQjWQ0



         ┌──────────────┐
         │一番隊には、代わって         │
         │                   .....│
         │三番隊の【黒田長政】が合流。   │
         └──────────────┘
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /              \
    /        NY    ヽ
    /        //三三三 ̄\
    .|.        //      \  \  黄海道の担当だけど
   |       //          \__))
   |    //              |    まずは平壌を 落としたほうがいいでしょう
   |____//.  ━━━丶 ソ ━━ |
   |||||||||    __    〈__. |
   |||||||||      ●    ヽ ● 〉    協力して平壌を攻略しましょう
   (⌒、||||      /    |\ |
   ヽ  l||        (   )  /
    |  l|          ⌒   |
    し|         ∠二ニつ  |
      |ヽ       |┴┴┴| /
     |  \     | ̄\ / /
     |    \    |   Y /
      |      \  く二二つ
     【黒田長政】\__/
                            , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
                          /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
                         //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
                         //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ
         感謝するであります! 〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ
                        li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ
                        リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l
                      / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
                     /  ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
                   ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/    l   ,/
                  : : : : : : : : : :ー-=-' _\   l /‐ヘ
                  ―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
                     ヽ   ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ【小西行長】
    ┌─────────────────┐
    │一番隊1万8千と三番隊1万1千    ....│
    │                         .│
    │合計 約3万が 平壌攻略をめざす      │
    └─────────────────┘


544 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:23:15 .T4OQjWQ0



 ゙'`'l_   _       宣川            `ー 、   寧辺   .ノ
   ′`゙''广′ ‐    ○                ,'     ○  /
       〉  ..、 ''lゝ、          定州     嘉山ィ′博川  ,,-‐′
       `゙-、 '∟ "゙‐ 、_   ,,   ○     ○ 〕○   _/′
        r’ ,....「    '''''レt_ ゛   _      n-‐′ _,,/
        `''′    j^?   ゙゙゙1 ,,r彳    _..4ニ..r‐'""○安州   _   _―ぃ....-、
             ''廴ノ‐    `   \,,..-''ン" ̄          f"  ̄`
             '冖            ,/            ヽ、
                         ┬′ _          丿       、
                          しっnl′         ヽ       ゙'、
                           〈             `ー       /
                           丿             ヽ ,,  ,,..__j′
                         _/              _,〃"゙''′
                        _ノ゙''-              ''、
                        │                ヘ 大同江
                       r−           平壌   ___r'"′
                      /′            ●广‐'"´
                      /         ィメ冖′
                         丿          _ク′凸凸凸
                    〈ン        ..rゞ’   凸凸凸
                    ノ         ''ヽ、


545 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:23:43 .T4OQjWQ0



      ┌─────────────┐
      │しかし、着いてみると     .....│
      │                    │
      │大同江は かなりの大河で    .│
      │                    │
      │簡単には渡れそうもない   ....│
      └─────────────┘

                     ゝェェェェェェェェノ
                 |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
              n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
               |        ____.        ||
               |        | 平  壌 |       ||
               |      l二i二i二i二i二il     ||
               |      |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |     ||
               |      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||
      、、、、、、、、、|      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~   〜〜    〜〜~    〜
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~     ~~  〜〜〜   ~~
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜〜  ~~~~  〜〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二

          _, -─‐ - 、
        / _.. -┸-、ヽ
       / /   \::::::::::/⌒ヽ
     /   |━━━-!........|-━ |  ・・・やっかいで ありますな
    /   |、    ノ..........、  |、
   /    |....ー-....´..................ー' | |
   /    |....ι............................./|
   l    i、...........u.....__.......ノ ノ
    `ー- ′`ー-   ⌒ー'`ー'- '′


546 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:24:11 .T4OQjWQ0



      ┌───────────────────┐
      │そこで【小西行長】は              ....│
      │                          ......│
      │例によって例のごとく、またも朝鮮側と     .│
      │                          ......│
      │「仮道入明」の 講和交渉してみるが・・・     │
      └───────────────────┘
             _... -‐・‐- ._
          ,   ´    ★    `  、
         / _  -―――――-  _ ヽ.
        /斗"¨ ‐- 、      , ' ´ ̄`ヽミ、  もともと我らは 朝鮮を攻撃するつもりは
         ,"  ,ィニミ.  ヽ     /   ,ィ==-.、 ヾ
      /  /:::::::::::::::ヘ  i   ,'   /::::::::::::::ヘ  ゝ  なかったのであります。
      ハ  ‘:::::::::::::::::ノ  ,  {   ‘:::::::::::::::::ノ  イヽ
.    / i ヽ  `ー一"   /    ヽ.  `ー一" γ⌒゙ミヽ、  「仮道入明」に協力するなら
.   / .:! ヽ、     /     \     ,イ   `ヽ. \
 /   .::i   `  ̄ ´         ` ¨¨ ´r‐ヽ、    ヽ ヘ  安全を保障するであります
./    .::::.                   `ヽ `     }  l
i      .::::::ヽ       ,. -―- .       /:ヽ、   イ /
ヽ     .::::::::::ヽ   _ ‐く, -―-―- `>、   , ′::::i`    !/
 ヽ    .::::::::ハ´_    ヽ     /  ` ̄∠ゝ-一   /゙
   ヽ、 _ ;/_/ ` ‐- .._` -=彡_ ..-≦´        /
       ぇ´ , -―ャ",/´  天 ´ `ヽ 厂¨ ‐- . _ ,ノ
        `"    ヽ{ <´  `> } ノ
                ヾ、 レへ、| 才
              ヽ`¨T¨´/"
                  ゝ | /
                   (__人__)


547 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:24:40 .T4OQjWQ0



        ┌────────────┐
        │いうまでもなく、失敗する。  .│
        └────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
          / ̄ ̄\
        /    \ ノ
        |    ( ●)(●)  講和したいんなら、まずは全軍 朝鮮から出てってくださいよ
.        | ノ(     | |
     ,--、 | ⌒    ___´__|,― 、  それに天朝は、ウリナラにとっては父母の国!
     |   | |    /__ }  |    死んだって、貴国には従えないニダ!
     |   | ヽ       }  |
     .\ \ ヽ     ノ /
       ゝ         /
        \      /
         |      |
         |      |
         【李徳馨】
                                   ___
                                 /     \
                                │      u │
                   仕方ありません。    へ-  ─ヾ  │
                                  ─  ─   ∂ \
                   講和は決裂ですな  |  し 丶 √ │││
                                 . | ト-=ヽ  │ ││
                                 \    /  │ │
                                / ゝ── /ノ  丿
                                ( \__ /   /│
                                 【玄蘇(げんそ)】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


548 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:24:46 rbT0CPsY0
朝鮮側からしてもどこと講和の話していいのかも判らんからなあ


549 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:25:12 .T4OQjWQ0



         _,,. -―――- 、
       , ‐'"          ヽ、
      /,.、             ヽ
     //;...ヽ.、  ★          ヽ   ならば 武力攻撃であります!
     //.ヽ......i....ヽ、           i
   /...l、..ヽ...l../.、...`ー,--:::..._     l   各軍手分けして 船を捜すとともに
   / :::l ヽ;;;jノ.._..../...............ヽ!      !
   l :::::l ノ......._.....l,. -――‐/       l   渡河できそうなポイントを さぐるであります
   ヽ :::ヽ{.........._....ヽ ___ノ.l       l
    ヽ、_:ヽ..........―........)   l       l\
 _   ,二ヾ.l77ヽ、....(   !      /7 \
~  `丶(.........ヽlにニ/,,ニ=ー''1、___/ノ   l l
      `ー-、 `ー-;'~ 7......l `ゝ.......√   l l
           ̄丶、 /......l  ̄l....../    l l
             /.......l 、 l...../    l l
             l........l  `丶、   .l l
             l........l_     `丶 、
             `ー‐''         `丶、


550 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:25:43 .T4OQjWQ0



                     ゝェェェェェェェェノ
                 |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
              n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
               |        ____.        ||
               |        | 平  壌 |       ||
               |      l二i二i二i二i二il     ||
               |      |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |     ||
               |      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||
      、、、、、、、、、|      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~   〜〜    〜〜~    〜
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~     ~~  〜〜〜   ~~
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜〜  ~~~~  〜〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
        ∧,,∧  ∧,,∧ オレアッチ
   ∧∧ (・`  ) (  ´・) ∧∧    ┌──────────────┐
  (ω・` ) U  )  (  Uノ( ´・ω) .   │で、日本軍は分散して       │
  | U   u-u   u-u (U  ノ..   │                      │
   u-u ∧,,∧  ∧,,∧  u-u.     │いろいろ探ってみるのだが・・・  │
      (・ω・`) (´・ω・)         └──────────────┘
      (l  U)  (U  ノ  オレコッチ
      `u-u'.  `u-u'


551 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:26:15 .T4OQjWQ0



            ┌─────────────┐
            │なかなか船は集まらないし    │
            │                    │
            │大同江は、やはり深く     ...│
            │                    │
            │簡単に渡れそうにない       │
            └─────────────┘

 ────────────────────
  三  三  三  ∧ ∧タスケテー 三  三  三
 ─  ─  ─ 从( ´Д`)∩从 ─  ─  ─  ─
 二  二  二  从〜〜 ~   二  二  二  二
            バシャバシャ                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ___∧ ∧___   < やっぱり深いな
                   |\   (   )  ∧ ∧  >──────────
                   |  \  |  ヽ  (   )< ここもダメか・・・
                   从  \(__〜 |  ヽ  \__________
                    从   \    (__〜


552 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:26:51 .T4OQjWQ0



   ┌────────────────────┐
   │やっと浅そうなところを見つけても        ...│
   │                            ....│
   │そこは朝鮮軍が 必死に守っていて        │
   │                            ....│
   │ムリに渡ろうとしても 大損害がでそうである   │
   └────────────────────┘
           彡仝          ∧        ∧         ∧
        彡γ´ ̄ ̄`ヽ       |i |        |i |         |i |
    /i/,i  彡| 「ニ李ニ|..        州         州         州
   / ・.彡  ∠くノ;`∀´ > ぜったいに倭賊を 渡らせてはならないニダ!|
  (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ.         ||        ||        ||
    ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ         ||        ||        ||
     l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、        || ∧ ∧    .||∧ ∧    ||∧ ∧
   ,へ>(   | ⊆ゝ .丿)).       ||<`Д´; 三 .||`Д´;> 三 .||`Д´;> 三
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、.        ⊂  ⊃   ⊂  ⊃   ⊂  ⊃
  ヽゝく <       //.          ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜   ヽ.と_)〜
     ヽゝ      〈 く.              し'       し'       し'
        【李鎰】 ←ボロボロになって なんとか平壌到着
                  その後 大同江周辺の防衛にあたる
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~   〜〜    〜〜~    〜
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~     ~~  〜〜〜   ~~
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜〜  ~~~~  〜〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二




               /     ☆     \
          /  _  -- ‐‐ --  _ \
           / /  _  三三三三    _  マ、  弱ったでありますな。
.         /  '´    ヽ 三三三 '´    ヽ ゚。
        / ′      ゚ 三三. ′        、  どうしてよいか わからんであります
.        /  { ━━━━ 三三三{ ━━━━. }
       /     ゝ      ノ.三三三.ゝ     ノ八 ヽ
      {                              }
             ゝ U             ノ     /
        ヽ     丶   _..___.._   ,       ′
          ー-  >、  `┴┴´ 。<__ /
              / /二人二マ \
              / /7 ヽ   / ゚ \\
.             / / /  //\j  } / /
            / /  {         ノ / /


553 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:27:40 .T4OQjWQ0



                      ┌─────────────────┐
        ,〜-,,〜-,.           │いっぽう、このとき朝鮮側も         .│
         |_ 平壌 |.           │                         .│
       _|_~~~~~~~~.          │平壌城内には 編成もバラバラの       │
      __i .i-.、 __.          │                         .│
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,..... .     │兵3〜4千でが居るだけなので・・・    │
_  __.゙| '"         ." |__..     └─────────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」 ←すでに朝鮮国王 逃亡ずみ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|

              彡仝
             彡γ´ ̄ ̄`ヽ 天軍は、はたして来て下さるニカ?
              彡| 「ニ金ニ|   いまの戦力では 守りきれないニダ・・・
   ∧伊∧.        ∠くノ ´Д` >.
  <ヽ`Д´>       く~((二つ)ニ)        ┌────────────┐
  (    ).           ̄ヒ´V`Y            │とても               │
  | | |            ∠二ハ二ゝ.         │                  │
  〈_フ__フ.           /_!_!_|.        │篭城戦が できるような   ...│
文官【伊斗尋】.         |_|_|.           │                  │
              武官【金命元】.       │状況にはなかったりする   .│
                              └────────────┘


554 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:29:09 .T4OQjWQ0



                     ゝェェェェェェェェノ
                 |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
              n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_ <あいつらナメてるニカ!?
               |        ____.        ||.
               |        | 平  壌 |       ||.
               |      l二i二i二i二i二il   ┌─────────────┐
               |      |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |   │しかしながら             │
               |      | |::::::::::::::::::::::::::| |   │                    │
      、、、、、、、、、|      | |::::::::::::::::::::::::::| |   │そんな平壌城から見える     │
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒...│                    │
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;│日本軍はというと・・・     .....│
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;; └─────────────┘
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~   〜〜  ┌─────────────┐
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~     ~~  │意外と数が少ないうえ、   ......│
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜│                    │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│いかにも だらけてるように   │
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒).│                    │
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0.│見えるのだった         ..│
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二 └─────────────┘
         _,,. -_-_:: 、
      //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
      ///ヽ、二ニノ;;;;;;rーヽ!
     l l/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l /ニll!   ,,,,,    ∧_∧   、 ,,,,,,   ,,,,,,,,    ,,,,,
 r-、   l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト..   ,,,   ( ´∀`)___,,,,___ ,, ∧_∧ マターリモナー ____,,
 l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l;;;;; ̄//!     / ̄ ( つ日ヽ   ∧_∧    (    )               /
  l  L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /'ノ.  /    (__))   (´∀` )   (    )    ∧_∧∧_∧ /
  ヽ_,,..-,./ :::::::r-/  }ニ-'"    ∧_∧∧_∧ドーゾ (日ノ )  | | |    ( ´∀`) ´∀`)マターリモナー
    /' ,r,ニヽ.lΥ  /.        ( ´∀`) ´∀`)    ((__)  (_(_) (○)⊂   ) つ日⊂ )
   //   ヽニノlヽ! /        ―(つ⊂  ) つ⊂ )―――――――――――ヽ|〃(⌒)(⌒) (⌒)(⌒)
  l 〈     /l ヽノ             (⌒)(⌒) (⌒)(⌒)
   【宗義智】    .┌─────────────────────┐
            │このとき 日本軍は分散しており           ..│
            │                              ..│
            │平壌城前に陣取っていたのは、対馬勢である  ....│
            └─────────────────────┘


555 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:29:39 .T4OQjWQ0



         \∧_ヘ                ┌───────────────────┐
 ,,、,、,,,    / \対ノゝ        ,,、,、,,,.     │はっきりいって対馬勢は             │
       /三√´д`)     ,,、,、,,,          │                          ......│
       /三/| ゚U゚| \      ,,、,、,,,      │戦国乱世を ほとんど経験していないので    │
 ,,、,、,,,   U (:::::::::::)∪ ,,、,、,,,            │                          ......│
        //三/|三|\   ,,,,    ,,、,、,,,    │軍としての緊張感が なかったのだ        │
        ∪  ∪                   └───────────────────┘
                r‐‐00
                く,勹|  ⊆⊇、 に二二l   ○  ○
                 く_ノ.   `フ_厂
  (\対/)                                 (\対/)
  (  ´Д)                                  (  ´Д)
  /   つ  (\_/)   (\馬/)ノ⌒ヽ、    (\馬/)    /   つ (\馬/)ノ⌒ヽ、
 (_(__つ⊂(´Д`⊂⌒`つ(´Д` )_人__) ))⊂(´Д`⊂⌒`つ(_(__つ(´Д` )_人__) ))


556 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:30:06 .T4OQjWQ0



  ┌────────────┐
  │と、これを見た【金命元】は.....│
  │                  │
  │夜襲を命じる。         │
  └────────────┘
   彡仝
  彡γ´ ̄ ̄`ヽ
   彡| 「ニ金ニ| 賊の数は多くないうえ 油断している!
    ∠くノ ´Д` >  夜襲をかけて 打ち破るニダ
   く~((二つ)ニ)
      ̄ヒ´V`Y           ∧_∧
      ∠二ハ二ゝ          <∀´ゝ〉> ニダァ!
       /_!_!_|.           / y(⌒と)
       |_|_|             し( ヾ  〉
     【金命元】        【高彦伯】


557 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:30:40 .T4OQjWQ0



      ┌─────────────┐
      │6月13日夜、朝鮮軍は     .│
      │                    │
      │こっそりと船で対岸に渡り    │
      └─────────────┘

               ┌───────────────┐
               │深夜0時に 夜襲をかけようと    .│
               │                     ...│
               │するのだが・・・                │
               └───────────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝェェェェェェェェノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>::::::::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::|        ____.        ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        | 平  壌 |       ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      l二i二i二i二i二il     ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |     ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::、、、、、、、、、|      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;...∧∧  ∧∧  ∧∧   . :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:...._  <`∀´> <`∀´>..<`∀´>:::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜.   \ヽ (|   |) . (|   |).....(|   |)...ヽ...     〜〜~    〜
  ~ 〜〜   ~~      \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ~~  〜〜〜   ~~
〜  ~~~  〜〜  ~~.... 〜`~~~〜~^〜´〜~~〜~^´〜.    〜〜  ~~~~  〜〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二


558 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:31:09 .T4OQjWQ0



       ┌──────────┐
       │実際には        ...│
       │              ..│
       │予想外に手間取り  .....│
       └──────────┘
                                              /
                                     ”     ー -    ,. ,
                   / ̄ ̄ ̄ ̄\            /o       \
                      /∨∨∨∨∨∨\      ‐- /   /__/ o    ゙,  __
                /               \       |    //        /
              /               .\.    , \          ,/ 、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三三三三三三三三三三三三三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             =三三三三三三三三三三三三=
                 ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
       ∧_,,∧ アイゴーーー !!!
     〃,< ∩Д´>           ┌─────────────┐
      /(_.ノ ィ \.             │深夜0時に攻撃のはずが、   │
    ⊂こ_)_)`ヽ.つ            │                    │
                          │夜が明けてしまった。      │
                          └─────────────┘


559 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:31:40 .T4OQjWQ0



          ┌──────────────┐
          │ところが、それでも日本軍は   .│
          │                   .....│
          │気づかず寝てやがった       │
          └──────────────┘
   |
   |
   |::::∧:::::::::::::::::::                    ぐ〜ぐ〜              zzzzz
   |`∀´>ニダ〜リ                <⌒/ヽ-、___         <⌒/ヽ-、___
   ⊂::::ノ::::::::::::               <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
   |::y::::::::::::                   <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
   |:::)::::::               <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
   |:::::::                 <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
   |:::::                <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
                /<_/____/.        /<_/____/
                ┌───────────┐
                │対馬勢はどんだけ    ...│
                │                │
                │油断しとるんじゃボケ    .│
                └───────────┘


560 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:32:07 .T4OQjWQ0



    ┌─────────────┐
    │そこで 夜襲部隊あらため    │
    │                    │
    │奇襲部隊は                │
    └─────────────┘
       /  /      ,     /  /         /     /
      /    ,    /     /     .,      /     /
    /    /   ./シュピ /     ./
シュピ    ./   /            /        シュピ
_     /  . _        ._  /     _ ,      _
.  \   .   .   \   .      \   .  .   /   .   .   \   .
._        . _        ._        /        ,_        ,
.  \   .   .   \   .      \   . /   \    /   \    /
∧∧ \     ∧∧ \     ∧∧ .\     ∧∧ .\./    ∧∧\ ウリたちを甘く見すぎニダ!
 `∀> つ.   < `∀> つ   < `∀> つ.  < `∀>/つ.   < `∀>/つ..
つ .| . \  (つ .| . \ (つ .| . \  (つ./    \  .(つ./   \
   .|_  . \ |  |_  . \|  |_  . \|  |_    \|  |_    \
   )          )      |  )         )      |  )
、_ノヽ ⊃    、_ノヽ ⊃    、_ノヽ ⊃     ヽ ⊃     、_ノヽ ⊃

         ┌─────────────────┐
         │いっせいに弓を引き、矢の雨を       │
         │                         .│
         │日本軍陣営に 打ちかけたのだった  .....│
         └─────────────────┘

 ヽ 、         丶\   丶ヽ   ヽ 、     ヽ\    丶
 ヽ    \ 丶   \   \    \         \  ヽ
   \  \    \   丶        \丶   \   \  ∧,,∧ エッ?エッ?
     \       、   \ \.    \     \     \  (; ´゚ω゚)何が起こったの!?
  \ ⊂_⊂二二(。ω。)         \ ∧ ∧         /   o
    \       ∨∨   ⊂_⊂二二( ;ω;)つ::.:      しー-J
           \  \            \                \  \
 \   \                  \                  ゙ \
\  ∧ ∧  \  \     (・ω・`;)ガハ!  \
 ⊂(゚ω゚ )二二⊃二⊃   \|\ ⊂)                  \
     \     \         し--J   \  \    \          \


561 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:32:41 .T4OQjWQ0



     ┌──────────────┐
     │この攻撃によって          .│
     │                   .....│
     │対馬勢は大混乱になり・・・    .│
     └──────────────┘
   ∧∧      ,.イ     ∧∧      ,.イ    ∧∧      ,.イ
  _< `∀´>  / |..   _< `∀´>  / |..  _< `∀´>  / |
 (. `>‐、ノ、/   |..... (. `>‐、ノ、/   |.....(. `>‐、ノ、/   |
  `T^ーヘ/、     l     `T^ーヘ/、     l..... `T^ーヘ/、     l
   | / \ヽ   /.      | / \ヽ   /.     | / \ヽ   /
 、z.;∠ー--}`\∠..   、z.;∠ー--}`\∠..  、z.;∠ー--}`\∠
 /| |.  / /゙\.    /| |.  / /゙\.   /| |.  / /゙\
 _'ニL._!,. イ-┘.      _'ニL._!,. イ-┘.     _'ニL._!,. イ-┘

               ┌─────────────┐
,,〟             │名のある武将も         .│
'\         ヒュン  │                    │
.  \,.              │数多く戦死するのだった    .│\,
               └─────────────┘
             ,,〟             \,ヒュン
               '\     ヒュン             ,,〟
               \,           ,,〟       '\
      ,,〟                      '\         \,
      '\/対\     /馬\        \,      /対\
    ,,,__( ・Д∴;;.   ( ゚Д゚ iil)             ,,〟(;・∀T)
      と(  .;' と)    / つ_つ          ,,〟 '\/ つ_つ
       ノ     )     人  Y      /馬\/'    人  Y
      (,_,ノ(,_,ノ     し'(_)  ⊂⌒(llii;Д;)⊃   し'(_)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ┌───────────┐
               │奇襲は大成功と       .│
               │                │
               │思われたのだが・・・   ...│
               └───────────┘


562 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:33:10 .T4OQjWQ0



                           ┌─────────────────┐
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           │しかし、たちまち近くから          │
      /              \         │                         .│
    /        NY    ヽ       │黒田長政が リリーフに駆けつけると   │
    /        //三三三 ̄\.        │                         .│
    .|.     ┛┗ /      \  \.      │形勢は逆転してしまう            .│
   |      ┓┏           \__))..    └─────────────────┘
   |    //              |
   |____//.  ━━━丶 ソ ━━ |  先発のオレが
   |||||||||    __    〈__. |     火消しにきてやったぜ!
   |||||||||      ●    ヽ ● 〉
   (⌒、||||      /    |\ |
   ヽ  l||        (   )  /
    |  l|          ⌒   |
    し|         ∠二ニつ  |                   / |   / |
      |ヽ       |┴┴┴| /                  /,_ ┴─/ ヽ アイゴー!
     |  \     | ̄\ / /             (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ  倭賊の別働隊が居たニダ
     |    \    |   Y /              / ,,__,ニ、、 ノ( \
      |      \  く二二つ                 ヽ Y~~/~y} `, ~ /
    【黒田長政】 \__/                     | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く
                                / <ニニニ'ノ    \


563 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:33:46 .T4OQjWQ0



┌───────────────┐               //
│朝鮮軍は あわてて           .│                  、/ /
│                     ...│                   / `
│大同江に引き返すのだが・・・   ....│  |\          / ┣¨┣¨┣¨┣¨
└───────────────┘ ....`>.く     /●\∩
           ∧     ∧            \   (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
           |i |     |i |               ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州    州                `(Д・´#),,,、三ニ=―  ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
      ∧__,∧ .‖     .‖撤収!撤収!.<ニ||― r-/●\―――
     <゚Д゚ ;>‖∧__,∧‖ 大同江に           ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ∧__,∧ ⊂   <;´Д` > ∧__,∧引き返すニダ! <ニ||― ∩――∩―――  '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>              `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;     '''''''''<ニ||― r-/●\―――
  し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;         ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;




    ┌────────────────┐
    │河原に着いてみると、船がない。   ..│
    └────────────────┘
     / |   / |.           / |   / |.           / |   / |
      /,_ ┴─/ ヽ       /,_ ┴─/ ヽ       /,_ ┴─/ ヽ
   (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ.       (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ.       (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ ウリたちが乗ってきた
  / ,,__,ニ、、 ノ( \..  / ,,__,ニ、、 ノ( \..  / ,,__,ニ、、 ノ( \  船がないニダ!
   ヽ Y~~/~y} `, ~ /   ヽ Y~~/~y} `, ~ /   ヽ Y~~/~y} `, ~ /
    | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く.     | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く.     | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く
  / <ニニニ'ノ    \.  / <ニニニ'ノ    \.  / <ニニニ'ノ    \


564 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:34:15 .T4OQjWQ0



     ┌──────────────────┐
     │というのも、日本軍にビビッた船頭が    │
     │                           .│
     │待ちきれずに 船を出しちゃったんである ...│
     └──────────────────┘

:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ.∧_∧  〜〜:.   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   :
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;...< ;`Д´/}....;;  ;;ヾ ;;   :::;; ヾ  ..,::   ::
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。, __(  つ /0_______.;; ..,::  ::;  ;;  :
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,......|二二二二//二二二二二二二二|:.;,; .:   ,,。,   ::;;
.., ,; .:   ,,。,   :;;(((  \二二ニ//ニ二二二二二二二/: :. .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:.   ~~~~ ̄{/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~:::;; ヾ  ..,::   ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   :
   〜〜~   〜〜     ~〜〜〜    〜~~   〜〜    〜〜~    〜
  ~ 〜〜   ~~   〜〜    ~~  〜〜~~~     ~~  〜〜〜   ~~
〜  ~~~  〜〜  ~~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜〜  ~~~~  〜〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
           ∩∧,_∧  ≡=−    ∧_,∧∩
           ミ<`Д´;> ≡=−  < ;`Д´>  おろおろ・・・
            ミ⊃ ⊃  −=≡ ⊂  ⊂彡
             (⌒ __)っ −=≡  ( ⌒)      おろおろ・・・
             し'           c し'


             ∧_∧
             (ヽ(    )ノ)    ∧_∧                  ∧_∧
             ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ(    )ノ)       ∧_∧  (ヽ(    )ノ)
     ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./      (ヽ(    )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
   (ヽ(    )ノ)(___人__ )     | . .   |  /⌒ヽ  ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
    ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し     ( _,;*;,__ (ヽ(    )ノ) | . .   |   (___人__ )
   ∧|_∧  |    ∪        ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )    ∧_∧
 (ヽ(    )ノ)      ∧_∧      ∪   (ヽ(    )ノ)丿 し  (ヽ(    )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./   (ヽ(::::::::::::::::)ノ)  ∧_∧  ヽ ̄ l  ̄ ./∪     ヽ ̄ l  ̄ ./
   | . .   |      ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ(    )ノ) | . .   |        ∧_∧ |
  (___人__ )  ∧_∧::::::|:::::::::|   ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ )  /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ) ←黒田軍
   ; 丿 し (ヽ(    )ノ) ::::::::)   | . .   |  ∪  ; 丿(ヽ(    )ノ) ー ̄./
  ∪     ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿   (___人__ )    ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
          | . .  |   ∪     ; 丿 し         | . .   | (:::::人:::::::(ヽ(    )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


565 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:34:53 .T4OQjWQ0



  ┌──────────────┐
  │追いつめられた朝鮮軍は      │
  │                   .....│
  │大同江に飛び込み・・・       .│
  └──────────────┘
            '⌒ヽ⌒⌒) つ
         ⊂  ヽヽ| |/ /   ドボン!!
          ⊂。     )  っつ
            ヾヽ  ///
 ̄ ̄三三二≡三≡(( | || |||))≡三二三三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        三二三ヾ==ソ≡二三三
            。゚o。゚o 。゚o
     /l/l 。o。゚o ノノノ
     <`Д´;⊂_三。゚o
      ゚。゚゚o



       ┌──────────────┐
       │その多くが 溺死するのだった   │
       └──────────────┘

 ────────────────────
  三  三  三  ∧ ∧ 三  ∧ ∧アイゴー
 ─  ─  ─ 从<TДT>∩从.<TДT>∩  ─  ─
 二  二  二  从〜〜 ~..... 从〜〜 ~ ..二  二
            バシャバシャ..  バシャバシャ           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ___∧ ∧___   < そりゃまあ・・・
                   |\   (   )  ∧ ∧  >──────────
                   |  \  |  ヽ  (   )< 溺れ死ぬわな。
                   从  \(__〜 |  ヽ  \__________
                    从   \    (__〜


566 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:35:36 .T4OQjWQ0



     ┌──────────────┐
     │しかし、中にはうまいこと     ..│
     │                   .....│
     │歩いて江を渡ることに成功し    .│
     └──────────────┘

                     ゝェェェェェェェェノ
                 |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
              n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
               |        ____.        ||
               |        | 平  壌 |       ||
               |      l二i二i二i二i二il     ||
         n ∧_∧ n    |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |     ||
        (ヨ<丶`∀´>E     | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||
      、、、、..Y     Y     .| |::::::::::::::::::::::::::| |     ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::; ┌───────────┐
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;..│無事生還できた者も  ......│
 :ヾ ;., ;;. .,.....∧_∧~,。,     ::;;,    ;;   ::;  │                │
.., ,; .:...  (ヽく    >ノ)......;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  │居たのである       ...│
,,;    ヾ:::...ヽ ̄ l  ̄ ./ ....;;   :::;;    ;;ヾ ;.└───────────┘.:
   〜〜~  | . .  |     .~〜〜〜    〜~~   〜〜    〜;;ヾ ;;    〜
  ~ 〜〜 )〜〜  バチャバチャ~  〜〜~~~     ~~  〜〜〜   ~~ . 〜~~
〜  ~~~....  ;し.~ 〜〜~~    〜〜   ~ 〜〜   〜〜  ~~~~. ~~ 〜
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二


567 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:36:09 .T4OQjWQ0



        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /           \
    /      は  げ   ヽ
    /        //三三三 ̄\    エッ!?歩いて?
    .|.        //      \  \
   |       //          \__))   歩いて!?!?
   |    //              |
   |____//.  ━━━丶 ソ ━━ |       てことは・・・
   |||||||||    __    〈__. |
   |||||||||      ◎    ヽ ◎ 〉
   (⌒、||||      /    |\ |    ┌─────────────────┐
   ヽ  l||        (   )  /     │じつは、ここしばらく雨が降らず       │
    |  l|          ⌒   |       │                         .│
    し|         ∠二ニつ  |.     │大同江は 場所によっては         │
      |ヽ       |┴┴┴| /      │                         .│
     |  \     | ̄\ / /.       │歩けるほど浅くなっていたのだった   ...│
     |    \    |   Y /.         └─────────────────┘
      |      \  く二二つ
     【黒田長政】\__/


        ________ ノ`-、_,-一ー- ,_ _____________
                    _)  r'´ ,____ `★、
              ___ /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /, あそこからだったら、歩いて
            ━━━━/   .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::u::r´`}、i|州|i/ム'_   渡れるんでありますか!
  ┏┓  ┏━━┓     / U  ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__       ┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃    /     i::::゙ミ、___,,ノ::::u::::! !;;;;} !,  、ミミ、、       ┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━,/     ,!i_j:::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、,━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃ /     ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::`´!  i`  `'      ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗・{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |━━━━━━┛┗━┛
  ┃┃      ┃┃ _`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>. v. .|_______   ┏━┓
  ┗┛  ──┗┛ ── '`-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ─────    ┗━┛
────────────/::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´──────


568 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:36:39 .T4OQjWQ0



   ┌────────────────────┐
   │これを見た日本軍は                ..│
   │                            ....│
   │喜んで この日のうちに大同江を渡り        .│
   │                            ....│
   │橋頭堡を確保するのである               .│
   └────────────────────┘
      * +   巛 ヽ *    巛 ヽ *    巛 ヽ
            〒 !      〒 !       〒 !
      +    。  |  |  +  。  |  |   +  。  |  |
   *     +   / /    +   / / *  +   / /
       ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /
      (´∀` / /  (´∀` / / +(´∀`  / /
      ,-      f   ,-      f   ,-      f
      / ュヘ     .|  / ュヘ     |   / ュヘ      |
     〈_} )   |  〈_} )   | 〈_} )     |
        /    !     /    ! + 。  /    !
       ./  ,ヘ  |    ./  ,ヘ  |     /  ,ヘ  |
     ||| j  / |  | ||| j  / |  |||| || j  / |  |


               〈             `ー       /
               丿             ヽ ,,  ,,..__j′
             _/              _,〃"゙''′
            _ノ゙''-              ''、
            │                ヘ 大同江
           r−           平壌   ___r'"′
          /′          凸●广‐'"´
          /         ィメ冖′
            丿          _ク′凸凸凸
        〈ン        ..rゞ’   凸凸


569 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:37:07 .T4OQjWQ0



        ┌──────────────┐
        │というわけで            ...│
        │                   .....│
        │うまくいきかけた奇襲は・・・     │
        └──────────────┘
     ∧     ∧              ∧     ∧            ∧     ∧
    / ゙、__/ ゙、             / ゙、__/ ゙、           / ゙、__/ ゙、
   / \    / \.            / \    / \.          / \    / \
 /     |---|    \.         /     |---|    \..    /     |---|    \
  \    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚   \    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。. \    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
   \ . 。≧       三 ==-.    \ . 。≧       三 ==-.  \ . 。≧       三 ==-
   / . -ァ,        ≧=- 。.. ━━┓┃┃         .≧=- 。.. / . -ァ,        ≧=- 。
        イレ,、       >三  。゚ ・. ┃   ━━━━━━━━...。゚ ・.  イレ,、       >三  。゚ ・
        ≦`Vヾ        ヾ ≧.    ┃               ┃┃┃ ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・   。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚...┛ 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・
                ┌──────────────────┐
                │かえって朝鮮側にとって            .│
                │                           .│
                │痛恨の大失敗となってしまったのだ!    │
                └──────────────────┘


570 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:37:51 .T4OQjWQ0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
        ┌────────────┐
        │ちょうどこの日、明軍が  .....│
        │                  │
        │中朝国境に到着し      .│
        └────────────┘

                ┌──────────────────┐
                │20日には 先発隊1千騎が          .│
                │                           .│
                │平壌に入城する はずだったから・・・    .│
                └──────────────────┘
                /、.、/'″::::::::::::::::\
              ´::::::::::::       :::::::\
            /     .、 ::::::::ヽ  ┌─────────────┐
           _r'′    ,,/  :::::::::\..│結果から見ると         ..│..:''''"~ ̄~`'''-、__,,....;:''''"~:''''"~
         ._/      .´        .゙'' │                    │
..;:''''"~ ̄~`'' ./         ::::::::::::::::ヽ......│いらん事 したもんである。    .│ ̄~`''
      _,/′ ::::::::::::::::               └─────────────┘
  .,,,/ヽ      ,/'     __ ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ″     (⌒(⌒  (⌒;;(⌒Ⅵ  (⌒;;_(⌒≡ . __                 __   ≡⌒)_;;⌒)//⌒);;⌒)  ⌒)⌒)
     .(⌒;; (⌒  (⌒;; (⌒ (⌒;;(⌒ヽヽ(⌒;;(⌒.Ⅵ   __          __  // ⌒);;⌒)//⌒);;⌒) ⌒) ;;⌒)  ⌒) ;;⌒)
   (⌒;;(⌒(⌒;;(⌒;;;;  (⌒; ;(⌒ ;;(⌒;;(⌒;;;;≡≡Ⅵ  Ⅵ       // //≡≡;;;;⌒);;⌒);; ⌒); ;⌒) ;;;;⌒);;⌒)⌒);;
'゛゛゛'''''゛゛゛''゛゛゛''''゛''゛゛''''゛゛''゛゛゛'''''゛´''゛'''''゛゛゛''゛゛゛''''゛':'''''゛゛゛"""''"""''''':'"''''"""''"""'''''"''`"'''''"""''""''''""''"''''"""''""
                ┌────────────────┐ .....''''"""''"""'''   """
                │援軍要請の遅れが          ......│
                │                       .│
                │ギリギリのタイミングで          .│ ※夜襲を1日遅らしてたら、たぶん
                │                       .│   明軍出兵の情報が平壌にも届いてたはず
                │致命傷となってしまった のだった  .....│
                └────────────────┘
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


571 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:38:36 .T4OQjWQ0



                   ┌──────────────┐
                   │けっきょく明軍は間に合わず  ....│
                   └──────────────┘

     ,/ ゛゛゛゛゛'''.−=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,−' ゛ ̄ ̄"ヽ、
    .i  i    i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l    i    l::
    i  i    i: : : : i: : : i!: : :          _________             i! l    i    .l::
    .i  i    i: : : : i: : : i!: :: :       l/'´"    ^`゛`ヽ          i! l    .i    .l::
    i .i    i: : : : .i: : : i!: : :       .:''´          ^,        .i! l    .i    l::
   i  i    i: : : : .i: : : i!: : :       ,'             ',        i! l    .i   . l::
   .i .i    .i: : : : .i:: : .i!: : :       ,'    |゙ ̄ ̄ ̄'゙|    ',        i! l    .i    .l::
  .i  i    .i: : : : .i: : : i!: : :.      彡仝  .|γ´.⌒ `,.|    |        i!  l    .i    .l:::
  i .i     i: : : : .i: : : i!: : :     彡γ´ ̄ ̄`ヽ    |.| l ̄l .|        i! .l    i    .l::::
  .i  i    i: : : : . i: : : i!: : :     彡| 「ニ金ニ|  ....|.| l_l  |  ∧ ∧  ∧ ∧   ∧ ∧  ∧ ∧  ∧ ∧
 .i  i    .i: : : : ∧伊∧.        ∠くノ TДT>.  ..|.|   , -.くlili`Д´>く; `Д´> く; `Д´>くlili`Д´> く; `Д´>
           < TДT>       く~((二つ)ニ)             / つ_つ / つ_つ  / つ_つ / つ_つ / つ_つ
           (    ).           ̄ヒ´V`Y           .人  Y   人  Y   人  Y  人  Y   人  Y
           | | |            ∠二ハ二ゝ          .し'(_)  し'(_)  し'(_) し'(_)  し'(_)
           〈_フ__フ.           /_!_!_|
         文官【伊斗尋】.         |_|_|      ┌─────────────────┐
                        武官【金命元】.    │守りきれないと判断した【伊斗尋】は  ....│
                                     │                         .│
                                     │この夜 兵と城民を逃がし、         │
                                     │                         .│
                                     │自分も落ち延びたのだった       .....│
                                     └─────────────────┘


572 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:39:09 .T4OQjWQ0



      *             ┼     ┌────────────────┐
        ,〜-,〜-,〜-,.             │そして                   ..│
   十    |_平壌陥落 |     + + +  │                       .│
       _|_~~~~~~~~            ┼ │翌15日、日本軍はカラになった    │
      __i .i-.、 __  +           │                       .│
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       │平壌に無血入城するのであった     │
_  __.゙| '"         ." |__     +.   └────────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|


573 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:39:45 .T4OQjWQ0



      ┌───────────────┐
      │おまけに、朝鮮側が           .│
      │                     ...│
      │必死に かき集めた兵糧は・・・   ..│
      └───────────────┘
           ,ィミ川彡三ヾ三\            ,ィミ川彡三ヾ三\
           {三{※}三}三ll三 }             {三{※}三}三ll三 }
         _ヽ彡川ミノ三レ勿/__           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}     {三
    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__     ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ

            ,. - ★ー‐- .、
            , '', -‐'''''''''':;-ー- 、ヽ          ┌───────────────┐
         , '/,ニ、i:::::::::l'⌒ヽ、::ヾ:\.          │またしても ぜ〜んぶ          ..│
  ,r、     //::/::::::::/:::::::::ヽ、::::::`ー}::i''\.        │                     ...│
  {:::::\   ./l!ノ:::::::/::::::::::::::::`ーr‐イ::::i  \.    │日本軍の手に 落ちたのである。  .│
  ヽ::::::\ _j l::て~ア:::::::::::::::::::::::::::::) )::l    \    └───────────────┘
    \:::::\ l::} }:::::::::::/ ̄\:::::( (::/     ノ
    ,/`丶、`ヾ、 {:::::/ト⌒⌒il `ー-ィ、   _,,.-''
    ヽ、_,,`ゝ、::`ヾ、 、li_jl , _,/  `''''"    やったであります!一番隊の兵糧
           `丶、`ーゝニノl`丶、
              `i l _ハ__ il`ヽ、`ヽ、     1年分くらい 手に入ったであります!!!
              .l::i ゝ  マ il,,/::::/
              l::! ' へ! lく_r'
             〈:::ヽ----''::ノ
               /:::;;ゝ--:ィ;::::ヽ
            /::/    \:::ヽ 【小西行長】


574 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:40:16 .T4OQjWQ0



  ┌──────────────┐
  │逆に、かきあつめた兵糧を   ....│
  │                   .....│
  │根こそぎ奪われたせいで     .│
  └──────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!   ∧,,__∧ ・・・・・・  !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧    <TДT;..> ∧_,,_∧  !i!i!|||ii| |||
!i||..    /<;TД>   (    _ <;   > ・・・・・ !i!||i
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
   ./<;TДT>/       <;   >ィ・・・・・・
  | i′  ./         /⌒ / |.l .|
  | l∪./         ../ / | |」/||
  | `/         ...ι ゝ | |||
   、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
                     ||
     ┌──────────────────┐
     │朝鮮と明軍は この後 どえらい苦労を   ..│
     │                           .│
     │するハメになるのであった           │
     └──────────────────┘


575 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/05(土) 20:41:05 .T4OQjWQ0
本日は以上です
ありがとうございました

次回は3週間後を予定しております


576 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:42:10 7q9a0IrE0
乙でした
やることなすこと裏目に出てる感じだなあ>朝鮮


577 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:42:22 Ezaz.rO20
乙。なぞはまだわからんか


578 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:49:14 XBCSLG6o0

交渉失敗もあるけど、単純に運も悪いなw


579 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:55:08 k4d.XEb.0
乙です
ここまで朝鮮軍の運のなさに腹が痛いwwwww


580 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 20:56:18 rbT0CPsY0

見ている限り、日本側のグダグダに対して朝鮮側はそこまで酷くはないように見える
なのに結果はどういうことなのかw


581 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 21:01:17 oVTYi7K20


お互い、改めて見るとコントみたいな戦闘だなこりゃ・・・
朝鮮よう持ったと思えるわw


582 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 21:03:44 x6F07Hpk0
乙乙! もともと数が違い過ぎるから、下手に仕掛けない方がとはいえ、国土防衛戦で逃げ回るだけなんて出来やしないしなあ


583 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 21:05:29 vT.wHWBI0
命張ったコントしてるなw


584 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 21:08:13 evRMH4Ds0
現代視点では、日本の立場としては反省の意味も含めてまだ笑えるけど、朝鮮からしてみたら笑い事じゃないなあ


585 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 21:43:28 Yksp0NN60
対馬勢はあかんw
いざとなったら海賊になる気概はどうした
しかしどたばたしてるなぁ


586 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 22:06:10 S2mHepHM0


対馬勢の油断も、日本軍の高度な誘因の計と思われるんだろうな〜。

しかし渡河場所ばれるとかコントじみている。


587 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 23:10:11 Bb4iZ8qY0

対馬勢が戦国の経験がないとは知らんかったぜ
てっきり倭寇として、あるいは対倭寇でバリバリ戦っているものかと


588 : 名無しのやる夫だお :2013/10/05(土) 23:12:49 Vnl.VPc60
乙でした
これは酷い
もう笑うしかねえwww

行って戻ってきたら船頭が全員逃げましたってww


589 : 名無しのやる夫だお :2013/10/06(日) 01:10:08 aKoTqh.k0
>>587
それと戦はべつだわー


590 : 名無しのやる夫だお :2013/10/06(日) 01:25:09 9j76NV3M0
>>1
乙であります!´。

>>580
>見ている限り、日本側のグダグダに対して朝鮮側はそこまで酷くはないように見える

いや、つい先日まで戦国の血みどろの闘争で戦争慣れしてる日本軍と党争と全羅道・済州島
など地域差別で地方反乱を恐れ、街道を出来るだけ悪くして地方軍の常備軍はほとんどなし
で、常備軍数万程度しかいなかった上に、秀吉日本統一の情報すらほとんど伝わってなかった
んだから、不可思議な結果ではないと思う。
しかも、当時の李氏朝鮮は小火器(鳥銃)をほとんど保有してなくて、火縄銃の装備率の高い日本軍
とでは歩兵の戦力に違いがありすぎましたし。


591 : 名無しのやる夫だお :2013/10/06(日) 02:24:59 VREjcbuA0
>>1に質問
一軍二軍の軍の移動とか詳細な日付とかって、どんな文献に残ってたの?
かなり細かい記録が両軍の立場から残ってるので、ちょっと興味がある


592 : 名無しのやる夫だお :2013/10/06(日) 11:34:58 QAXrOHrw0
動けば動くほどどつぼに嵌るなあ


593 : 名無しのやる夫だお :2013/10/07(月) 12:48:54 ew.m5SJM0
ぶっちゃけ、他の名だたる将に比べて、宗さんとこだけ小勢力だもんな
たぶん、交渉役としてそれなりの地位にないと、
交渉も間々ならないと思っての抜擢なんだろうけど、
全面戦争になってしまうと辛いな


594 : 名無しのやる夫だお :2013/10/07(月) 13:01:54 M4qg.f5A0
お疲れ様です
これ現代視点だから両方ともえらい苦労しているなですむが、当時担当することになったらどっちでも頭抱えることになったわ


595 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 09:56:55 JPw8ZCeY0
ここでは散々な評価の宗さんだけど、先祖は二十倍の朝鮮軍相手にすごく頑張ってた(応永の外冦)んやで
……ひょっとしたら、朝鮮の国力ってあの時がピークだったのかもしれんなぁ


596 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 14:00:50 zAy0q2cc0
朝鮮の国力のピークって高句麗百済新羅時代でしょ…
後は落ちる一方


597 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 14:46:25 Ibat8Ppw0
高句麗って朝鮮史に入れたものかどうか


598 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 15:09:46 T19FNVSk0
>>596
統一新羅時代じゃないのかね。あの頃は白村江で唐と組んで日本を破り、そののち半島から唐を撃退した。
隋唐二代にわたって一時は追い出した高句麗も確かに凄いけど。


599 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 16:02:46 LJXy9K8w0
でもあれは位置的にも民族的にも微妙に別物だしなあ


600 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 16:34:32 EE8vciy.0
高麗も契丹を撃退してモンゴルにもそれなりに奮闘してるようだし、
領土は統一新羅より高麗・李氏朝鮮のほうが増えてるから
一概に弱くなってるとは言えないんじゃないか


601 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 18:30:05 KtQX1f1.0
単に日本の国力が上がってるだけだろ
まともな鉄器も作れない、文字通り土人に毛が生えたレベルだった頃の
白村江と戦国時代じゃ、国力のケタが変わってるよ
鎌倉時代には元寇に圧勝したし


602 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 18:37:26 t8rWgcjU0
酷いこと言ってるな。まともな鉄器が作れないって弥生時代の終盤にはふつうに作ってるのに


603 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 20:42:03 kq9K3HOA0
>>602
古代の授業ってお粗末だしな。学校の知識だけなんだろうよ。


604 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 21:30:51 zqqD3B6k0
はにわにも穴はあるんだよな…


605 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 21:32:12 t8rWgcjU0
>>604
お前のせいでしんべいがハニ丸ほるエロ同人思い出したじゃねえか
訴訟


606 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 21:39:15 CpgdR12I0
朝鮮は元々戦争強いぞ
高麗はかなり強くて、強国、しかも中国ともちゃんと国家として渡り合えてた
その頃はしっかり日本の兄貴分やってて頼もしかったわけだが……
正直、当時の蒙古相手に30年持たせただけですごい
その後、元が滅亡撤退しても血族により影響は残り続けて、その後は李氏朝鮮行きよ
蒙古相手に長い間戦争して何度も防衛してて、多分鎌倉幕府と同程度の強さを誇ってた
日本も大陸と繋がってたらヤバかった

韓国が「誇れる歴史云々」言うのは主に高麗だろう
英語名も高麗から来てるしな
それ以外は高句麗がある程度強かった位か?


607 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 21:44:38 t8rWgcjU0
>>606
高麗から文化・技術等どんな影響あった?
武臣政権と王家で延々駆け引き行い続けたあげく、国内焦土化してるぜ
海軍整備されてなかったモンゴルが江華島降伏させるより国内略奪に
走ってただけで。だから宋との戦争に従って海軍整備された後はあっという間に
降されてる


608 : 名無しのやる夫だお :2013/10/08(火) 22:08:30 sbDN6A6I0
儒教原理主義の李朝が酷すぎて他の時代がマシに見えてるだけだわ


609 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 00:28:45 /MjV5fSc0
>>598
>高句麗って朝鮮史に入れたものかどうか

今の朝鮮民族は、前漢の武帝以前〜以降に現在の朝鮮半島南部にいた韓族(馬韓・弁韓・辰韓)
と主に高麗建国前後の混乱期に移住した、エベンキ族との混血との説が有力と聞いたから、
古代韓族ともエベンキ族ともほとんど関係のない『高句麗』を朝鮮民族王朝とするのは
個人的には無理があるような気がするのですが…、現在の韓国は何度も超大国中国を撃退
した『高句麗』は、ウリの国民国家と喧伝して聞く耳を持たない状態なのが何とも…。
(同じく『高句麗』の後継的国家となった『渤海国』と同様に…。)
実際、日本では中国の南朝の『梁書』かなり書かれている、ほぼ現在の日本の位置にある
『扶桑国』については、中国人に伝わった誤情報としてガン無視していますし…。


610 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 00:30:45 jObICodw0
鉄器が作れないと言ったのなら間違いだが、
まともな鉄器が作れないなら別に間違ってもないと思うが。


611 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 00:32:24 3QvYFUaY0
それあまりにも価値評価が主観的


612 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 00:35:53 08bmaMU.0
一貴山銚子塚古墳の素環頭大刀とか古墳から出土する剣類見てると充分実用水準だと思うが
どの水準まで作れないとだめなんだ?高麗太刀と呼ばれるくらい製法が半島経由で伝わってきたものだけど


613 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 00:48:44 jObICodw0
>>612
それは明らかに古墳時代だろ。
弥生時代じゃふいごすら使ってないのでヒッタイト以下の精度だよ。
そもそも弥生時代の国産鉄器の存在自体、ほんの20年ほど前まで
実物が発掘されず存在自体が確認されていなかったというレアなものだぞ。


614 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 00:50:27 08bmaMU.0
「石田遺跡」俺の存在はなかったことにされたらしい


615 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 01:00:31 08bmaMU.0
>>613
ごれなら充分に反証になるかな?
ttp://home.hiroshima-u.ac.jp/kouko/book/noji-kaken/chap_05.pdf


616 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 01:05:29 08bmaMU.0
弥生時代 ふいご で検索かけても結構ヒットするんだが何をもって
弥生時代にはふいごを使ってないと主張するのか根拠があるなら教えてほしい
スレ違いだから雑板の歴雑でも2chの該当スレでも構わないから


617 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 01:09:09 jObICodw0
>>614
1995 年1 月13 日 朝日新聞夕刊
広島・小丸遺跡 日本で最古の製鉄炉を発見 3世紀に工具類作る?
弥生時代後期の遺跡とされる広島県三原市八幡町の小丸遺跡から、三世紀のものと推定
される製鉄炉が見つかったことを、広島県埋蔵文化財センターが明らかにした。
これまで各地で確認された製鉄炉は、六世紀後半以降がほとんど。国内での鉄の生産は、
西日本全域で大陸系磨製石器が減り、鉄器が急に増えた弥生時代後期ととらえる説もあり、
小丸遺跡はこの説を裏付けるという。
広島県埋蔵文化財調査センターによると、製鉄炉は、弥生時代後期の集落跡近くに約50m
離れて二基並んでいた。うち一基は、直径50cm、深さ約25cm のすり鉢状の穴で、左右に
鉱滓(こうさい=スラグ)が詰まった土壙(どこう)があった。放射性炭年代測定の結果、土
壙は三世紀のものとわかった。
同センターは、
1.三つの穴は一緒につくられたと考えられる
2.近くから弥生時代後期前半の土器片が見つかっている
3.形が他に比べて原始的・・・ などから三世紀のものと結論づけたという。国内で
鉄生産が始まった時期は五世紀後半以降とする説が有力だった。


618 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 01:21:12 08bmaMU.0
ペディアの纏向遺跡でも、製鉄跡 - 「ツクシ型送風管」を伴う鍛冶遺跡と書かれてるな
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BA%92%E5%90%91%E9%81%BA%E8%B7%A1
こっちも古墳時代だからと強弁するのかな?で>>614の突っ込みに>>617吐該当しないと思うけど


619 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 01:28:54 jObICodw0
>>616
よさそうな資料を探したけどあまりいいのがなかった。とりあえずこれで
ttp://www.sapporogakuin-univ.org/seitetsu/

というか俺が子供の頃は歴史の授業で自然風を使った露天たたらで
製鉄を行っていたって普通に教科書に書いてあったと思うのだが今は書いてないのだろうか。
あと、この時代の製鉄は鉄を溶かさない。
鉄鉱石を赤く熱して、酸素と反応させて叩きまくるという原始的なもの。
ただしこれなら900 度ぐらいで鉄が作れる。

それと、日本最古の鞴の記録は神話の世界ではあるが、『日本書紀』巻1 神代上の
「故即以石凝姥為冶工、採天香山之金、以作日矛。又全剥真名鹿之皮、以作天羽韛」
って記載らしい。


620 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 01:32:21 08bmaMU.0
>>619
歴雑に張っておいたがなんで新しく見つかったものを無視して奇妙な主張続けてんの?
君が物事学んだ後に発見された新事実は存在しないことと同義なの?


621 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 02:16:42 rvMHAoZY0
うんおまえら、そろそろウザいから死ね


622 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 08:58:08 8J7zUmro0
弥生時代は鉄が未熟

古墳時代には刀も鞴もあったぞ

・・・お前ら、会話を噛み合わせろよ


623 : 名無しのやる夫だお :2013/10/09(水) 13:33:43 z25exHPc0
>>609
朝鮮とエヴェンキが無関係なんてDNA見りゃ一発でわかるのに
なんでこんなアホな説がいつまでも残ってるんだろう。


624 : 名無しのやる夫だお :2013/10/10(木) 09:31:04 ThhpkNsg0
古代高句麗人は朝鮮族より女真族の系統だよね


625 : 名無しのやる夫だお :2013/10/10(木) 11:28:32 5q0y88ts0
北朝鮮の方は面長顔が多くて、南の方とは違う


626 : 名無しのやる夫だお :2013/10/10(木) 19:44:55 OgSCV9xE0
女真族は高句麗よりも靺鞨の系統では


627 : 名無しのやる夫だお :2013/10/10(木) 22:18:09 xjhuAWVk0
>>623
エ「便器」だからだろうな。言葉のひびきだけで広まった印象。無関係な民族の名前を嘲笑語代わりに使うとか気が狂ってますわ。


628 : 名無しのやる夫だお :2013/10/11(金) 04:05:53 4NPdRtDk0
エヴェンキを朝鮮人っていうのは、
パプワニューギニア人が日本人っていうぐらい遠縁のことだとどっかで見たな。
昔2chで流行ってたよね。エヴェンキ=朝鮮人説


629 : 名無しのやる夫だお :2013/10/11(金) 21:26:31 /eXype8.0
2chで酷士様が良く言ってるねぇ>エヴェンキが朝鮮人の源流
何でもトーテムポールじみた物やら風習の類似点が論拠らしい。
騎馬民族征服説並のバカ仮説と切り捨ててたが、遺伝子情報で検証した人いたのか?

でも遺伝子ってどこのグループ見るかで、印象がガラリと変わるからなぁ。
単純にモンゴルの支配下の影響で同じ遺伝子があるとか、中国からの流入が有ったから差異が発生してるとか、
推定部分含めて見ないと評価できんわな。


630 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 05:24:01 ZNsDbNwg0
ttp://www26.atwiki.jp/crescent_castle/pages/353.html
>韓国外大カン・トクス教授"エベンキ人言語韓国語と非常に類似"

無関係ではないと思うぞ


631 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 09:51:34 IP5GPNC20
酷士様とか言ってる時点で偏見にみちたという意味で
所謂ネトウヨ層と変わらんぞ
韓国馬鹿にするレスが続いてたのにいきなり保守層馬鹿にするレス続いたのは
自演を想定させ、非常に薄気味悪い


632 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 12:07:16 5hMWKfD.0
いつからだろう、ネトウヨと保守を混同する奴が出てきたのは


633 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 12:20:39 ShpxbG8.0
朝鮮人を中傷して馬鹿にするような書き込みをする人を保守とは思えない。
ただ他者を貶めたいがために根拠のない風説を流布してるように見える。
朝鮮人を便器とののしりたいがために関係の薄い人々を馬鹿にするという常軌を逸した行動を非難しているんだよ。

>>630
韓国語だってウラル・アルタイ系の膠着語なんだから、エヴェンキに限らずあの辺の民族の言語と似てるでしょ。


634 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 12:28:31 CQG5SzAI0
先日からエベンキエベンキうるさいバカは
スレタイ読んで帰れやアホが


635 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 12:39:08 b6nzo7/s0
>>627>>629>>633はネトウヨ叩きがしたいだけの手合いでしょ
相手するだけ無駄ですって


636 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 12:57:30 SFBMM6xw0
>>632
ネトウヨ連呼厨が混同してんだよw


637 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 13:24:36 zcXlYfBQ0
>>630
韓国人のウリ・ナム閾値は、状況次第で激しく可変するから、正直いって参考にならん
汎民族主義的な言動であちこちに唾付けだしたのも、1980年代末に延辺から朝鮮族の出稼ぎ受け入れてからだし
(中国の朝鮮族や旧ソ連の高麗人とは、ソウル五輪がらみの対共産圏外交関係樹立するまで没交渉)


638 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 13:43:07 nxH3WHfs0
スレ違いだがネット右翼は左翼がネットで反論を受けた際に、レッテル張りの積もりで作った用語。
矛盾点を容赦なく突かれるので、説明できないと糞右翼扱いして誤魔化っそうとした。
指摘していたのは右翼とか関係なく、疑問を放置できなかった人達で、基本ノンポリ。
右翼も一時取り込みを謀っていたが、逆に矛盾点を付かれて(以下ry

結果右翼からも左翼からも嫌われるネトウヨが誕生した訳だが、実態は外道(情け容赦なしの)ノンポリだと思う。
女神転生シリーズのフリークならわかると思うが、極N。カオスよりおぞましい何か。


639 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 13:46:52 7KmkrJ4k0
スレ違いとわかってて引っ張んなよ


640 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 18:27:52 MENotrtk0
精神的に幼い子も結構このスレ読んでるんだな、とちょっと驚いた


641 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 22:00:44 6Bhp4hFo0
ニコニコ動画とかでは無闇にお隣に対して気勢をあげてる奴が沸いているが、
ニコニコ大百科とかだとプレイアム以外書き込みお断りな記事だと
案外冷静な書き込みになってたりする。

まあ、ようするにその手の書き込みはお子様が大多数なんだろうさ。
むしろ、そうじゃなきゃ困るが。


642 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 22:06:53 5hMWKfD.0
なんでもいいから落ち着け
そういう話題を語り合うスレではない


643 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 22:12:25 axIVK3t20
当時の朝鮮が無理ゲ状態なのは変えられんかもだけど、もうちょっとどうにかならんかったもんかなあ。
後知恵感満載でしかどうにもならなそうだけど


644 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 22:22:42 qQReDC..0
>>643
まず秀吉に使者送った時に非主流派の人間の意見を黙殺してる時点でな

ここで正使が日本攻めてくるという予想を帰国してから報告してるのに
非主流派だからという理由でやらない夫が握りつぶした
これが第一にして最大の失策
ここで防備に動けば結果は全然違う


645 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 23:03:46 4v7DJZao0
でも防備に力を入れても結局失敗したと思う
侵攻直前の工事でも無駄に城を大きくしたとか経験のなさが出てるわけだし


646 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 23:08:59 b59cO9AI0
朝鮮側は経験不足がモロに出た感じだね
外交的な備えと実質的な備えと精神的な備え、どれも弱くて日本側一気に抜かれてしまった
日本側もグダグダな部分があったのが結果的には救いと言える


647 : 名無しのやる夫だお :2013/10/12(土) 23:59:17 7KmkrJ4k0
>>644
やらない夫の派閥から見たら外圧利用して自分達の優位になるように軍
整備しようとしてるとしか見れないからね。あの時点で本気で唐入り考えてるなんて
判断できる政治家なんてどこの国探してもいないと思うぞ


648 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 01:17:36 ahGRSWmI0
>>645
無防備マンが一方的にレイプ状態になるのと
漸次後退しながらでも抵抗できるのとでは大分話も違うよ

>>648
正使が判断出来た政治家だから朝鮮に居たんだよ、その判断出来る人
軍備拡張するにしても主流派であるやらない夫が音頭取って
自分に都合いいようにしちまえばよかっただけだった


649 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 09:56:04 1gv9mtac0
今軍師様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
その知力は諸葛亮の100を越え1000000くらいあるって噂です
サインください!


650 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 10:09:17 O9g7Dnx20
当時の朝鮮の思考を現代に置き換えてみると

秘書「首相、エスキモーから手紙が」
カナダ首相「どれどれ?」
エスキモー
 俺達アメリカに攻め込んでワシントン占領するから、お前ら国を挙げて協力しろ
 お前らの国通過して攻めこむから、食料と道路の整備しっかりやっておけ
カナダ首相「??」

こんなレベルだったんだろうなw


651 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 10:32:35 oiPsAfe60
気分的には近そうな気もするな


652 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 11:04:22 Len47/wE0
白村江以来、朝鮮への侵攻は倭寇くらいしかやってないもんな。
あれだって民間の海賊だから、実質千年近く日本からの攻撃なんてないから、油断というより外交の脅し文句程度に想っても無理ないわ


653 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 15:48:44 mji0WFiI0
>>635
627だが見当違いの自演認定乙。
朝鮮批判したけりゃ勝手にすればいいけど、無関係の誇りもって生きてる民族の名前を罵倒語に使うような無礼者と保守を一緒にすんなって話だ。


654 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 17:14:15 oiPsAfe60
海渡るのは、この時代に限らず一大事業だしな

よっぽど利益を上げないかぎり赤字だろうし、占領地を確保しても維持しづらい
まして本国からの増援もなかなか望めない


655 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 18:15:47 rPL9dfG.0
>>652
少々前になるが、朝鮮は応永の外寇(朝鮮では己亥東征)の
悪夢を忘れてしまっていたのだろうか?
20倍以上の兵力を用意して、しかも領主不在の時期を狙うという
完全な奇襲をかけたにも関わらず返り討ちにという状態だったのに

こんな連中がウリナラに攻め込んでくるって、ゴジラ襲来級の災難だろう。


656 : 名無しのやる夫だお :2013/10/13(日) 22:53:52 pTYw5PfY0
>>655
180年ぐらい間が開いてんのに、少々って……
今から180年前だと、フランス革命とかやってるぐらい前だぞ

しかも日本は内戦突入してずっとグダグダやってたのに、さすがにムチャ言い過ぎ


657 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 07:48:15 FszL13LE0
フランス革命は1798年〜99年だから200年以上前だけどな。
日本で言えば天保の大危機、大塩平八郎の乱、蛮社の獄があった辺りが丁度180年前か。


658 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 09:40:05 Tu/hrxqQ0
少々前になるが、日本は天保の大飢饉の悪夢を忘れてしまっていたのだろうか?

教科書に載ってるけどだから?って感じだな。また寒冷化するとかいう話もあるけど


659 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 10:04:30 qdf2xBIg0
寒冷化してるから温暖化がこの程度ですんでるなんていう怖い話もあるぞ


660 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 10:05:58 FszL13LE0
「忘れる」に関しては天災、人災問わず数十年でそうなる可能性も重々にあり。
2011年の東北地方太平洋沖地震で図らずも証明してしまってる。
明治三陸地震は1896年、昭和三陸地震は1933年と百年も間隔開いていないんだから。


661 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 10:39:57 SqeTlV8I0
阪神の時にえらい目に遭ったのに、またトチ狂って米軍の救援活動の足を引っ張る連中に
政権を渡してるぐらいだもんな。
あの当時に狂った日銀を制御できずに追い討ちを掛けられたにもかかわらず、白川を放置
し輪を掛けて被害を拡大させている。


662 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 11:06:33 Tu/hrxqQ0
>>661
阪神の時の連立政権与党に政権がまた渡りましたね!
現代日本の特定政党叩きしたいならニュー速+でも行くか、自分でそういうスレ建てろよ


663 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 17:44:35 uDIWg5FA0
最近どうしたんだよってくらい住人が変わった感じw
そういう路線ではなくても、朝鮮系ネタをやるとこういうのが集まって来てしまうんだろうかw


664 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 17:57:49 fp59KF4.0
ぶっちゃけ河野談話も村山談話も自民党政権がおかした過ちだからねえ。


665 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 18:34:39 qdf2xBIg0
だから現代ネタやりたいなら別スレでやれと


666 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 18:51:01 SqeTlV8I0
唐突に日本の災害の話になったから、津波対策基本法の制定を妨害し原発の安全対策費を
仕分けした連中さえ居なければ、些少なりとも対策はできていたという話に結び付けようかと
思いつつも、自治の一レスでとっとと引っ込んだのに、何でこんなに必死なんだろうな。

とりあえず日本政府は津波にしろ水害にしろ災害を忘れてるわけではなく、防衛についても
当時の朝鮮と違い対策はしようとしてるということだよ。


667 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 18:53:30 5osEcReA0
VIPかニュー速か東亜でやれ


668 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 18:58:17 Tu/hrxqQ0
>>666
巣へ帰れよ。必死に長文打ってんじゃねえよ、きめえ


669 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 19:10:49 xj3FZInA0
わざわざ煽るお前も十分キモイよw
お前も一緒に巣に帰れ


670 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 19:50:45 ..YwXldQ0
じゃあそれらしいネタを振るかな

最近大学読みだして、恥ずかしながらそこで知ったんだけど
江戸時代に流行っていた朱子学とか陽明学って、中国古典の大学の
解釈についての学問だったんだね(それ以外もあるのかもしれないがまだ読んでない)

幕末の話とか読んでるとよく出てくる学問だったけど、改めて聞かれるとわからんというのは
ゴロゴロしてるな、やっぱ


671 : 名無しのやる夫だお :2013/10/14(月) 20:03:51 RDvxsnZc0
歴史雑談スレにいけ


672 : 名無しのやる夫だお :2013/10/15(火) 00:14:18 AxnS/LvY0
>>650
問題はエスキモーたちがカナダ程度は一蹴する程度には強かったことだな。


673 : 名無しのやる夫だお :2013/10/15(火) 00:27:14 mZ0FHUas0
このスレって、朝鮮がいかに最悪なクズかを論うトコじゃなかったっけ?


674 : 名無しのやる夫だお :2013/10/15(火) 00:29:12 9u7yTKhY0
・・・どうぞ嫌儲とかへお帰りください


675 : 名無しのやる夫だお :2013/10/15(火) 02:01:47 tzXOz4cE0
>>667
ニュー速?
ニュー速+と勘違いしてないか?
朝鮮ネタで騒ぐ連中を隔離するために+を作ったのに


676 : 名無しのやる夫だお :2013/10/16(水) 07:42:12 DFeAh0es0
>>672
お前のツッコミ頭悪いなw


677 : 名無しのやる夫だお :2013/10/17(木) 12:33:36 96k36Fus0
どうしようもなくgdgdしてるのは、小西と宗だけって気がするな。
出先で勝手に講和結ぼうとしても、上司にその意思ないのにどうにもならん。
停戦しても敵に準備期間与えるだけで、裏切り以外の何物でもないだろうに。
やるべきは降伏勧告で、講和じゃないだろ。


678 : 名無しのやる夫だお :2013/10/17(木) 13:32:34 SCDSd1m20
とはいえ戦国時代を生き抜いてきた大名、しかもその時代現地にいての判断だからな
何かその行動が適切に思える理由があったんだろ


679 : 名無しのやる夫だお :2013/10/17(木) 13:36:35 njZ5BtmM0
目的地が中国だからその通路である朝鮮とはとっとと和睦する
のも判断としては間違いでないし


680 : 名無しのやる夫だお :2013/10/17(木) 21:45:23 zvOcFXxU0
和睦というか従属だけどな
そしてもし新たな従属先とした日本が明に敗れると
明の連中にやりたい放題されることになる


681 : 名無しのやる夫だお :2013/10/17(木) 22:11:03 QsO/uv620
単に小西と宗は自分たちの利権しか考えてないから。
そのために戦争グダらせた戦犯コンビだよ。


682 : 名無しのやる夫だお :2013/10/17(木) 22:11:44 QsO/uv620
単に小西と宗は自分たちの利権しか考えてないから。
そのために戦争グダらせた戦犯コンビだよ。


683 : 名無しのやる夫だお :2013/10/17(木) 22:16:53 njZ5BtmM0
利権?言ってる意味がわからん。宗はともかく小西にどんな利権があるの?


684 : 名無しのやる夫だお :2013/10/18(金) 01:04:00 yEtuB2rM0
>>683
宗の嫁は小西の娘
つまりふたりはズブズブ


685 : 名無しのやる夫だお :2013/10/18(金) 12:03:29 WVKGEkZc0
>>683
実家がやってる白粉の輸出?


686 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:11:29 ikEdKkUE0
続きです
本日は、とある有名やる夫スレ様のパクリネタが入っております


687 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:12:11 ikEdKkUE0



      *             ┼     ┌────────────┐
        ,〜-,〜-,〜-,.             │さて、1592年6月15日   .│
   十    |_平壌陥落 |     + + +  │                  │
       _|_~~~~~~~~            ┼ │日本軍はカラになった   ....│
      __i .i-.、 __  +           │                  │
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       │平壌を占領する。       .│
_  __.゙| '"         ." |__     +.   └────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|


688 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:12:56 ikEdKkUE0



            ┌─────────────┐
            │もっとも カラだったのは      .│
            │                    │
            │人や武器だけで・・・        │
            └─────────────┘
           ,ィミ川彡三ヾ三\            ,ィミ川彡三ヾ三\
           {三{※}三}三ll三 }             {三{※}三}三ll三 }
         _ヽ彡川ミノ三レ勿/__           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\      ,ィミ
      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}     {三
    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__     ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三 ←朝鮮単位では10万石以上
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ  日本の単位では3万石強の雑穀

            ,. - ★ー‐- .、
            , '', -‐'''''''''':;-ー- 、ヽ          ┌────────────┐
         , '/,ニ、i:::::::::l'⌒ヽ、::ヾ:\.          │そこには大量の穀物が  .....│
  ,r、     //::/::::::::/:::::::::ヽ、::::::`ー}::i''\.        │                  │
  {:::::\   ./l!ノ:::::::/::::::::::::::::`ーr‐イ::::i  \.    │残されていたのだった   ....│
  ヽ::::::\ _j l::て~ア:::::::::::::::::::::::::::::) )::l    \    └────────────┘
    \:::::\ l::} }:::::::::::/ ̄\:::::( (::/     ノ
    ,/`丶、`ヾ、 {:::::/ト⌒⌒il `ー-ィ、   _,,.-''
    ヽ、_,,`ゝ、::`ヾ、 、li_jl , _,/  `''''"  やったであります!これで一番隊は
           `丶、`ーゝニノl`丶、        1年以上 兵を維持できるであります!
              `i l _ハ__ il`ヽ、`ヽ、
              .l::i ゝ  マ il,,/::::/
              l::! ' へ! lく_r'
             〈:::ヽ----''::ノ
               /:::;;ゝ--:ィ;::::ヽ
            /::/    \:::ヽ【小西行長】


689 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:13:43 ikEdKkUE0



        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /           \
    /      天  晴   ヽ
    /        //三三三 ̄\
    .|.        //      \  \
   |       //          \__))   まったくめでたい!
   |    //              |
   |____//.  ━━━丶 ソ ━━ |      じゃあ われら三番隊は 予定どおり
   |||||||||    __    〈__. |
   |||||||||      ∩    ヽ ∩ 〉 .      黄海道の攻略に行ってくるよ
   (⌒、||||      /    |\ |
   ヽ  l||        (   )  /
    |  l|          ⌒   |
    し|         ∠二ニつ  |.              , ,.....,, _
      |ヽ       |┴┴┴| /.        _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,
     |  \     | ̄\ / /       r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、
     |    \    |   Y /         / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、  ここまで付き合ってくれて
      |      \  く二二つ.        ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、   感謝するであります!
 三番隊【黒田長政】\__/             \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   )
                                `ヽ,ミ''| l |.≧、イ,__/
                                /,'__ゝ<:.\
                               { ',〉,.、〈ノ}、\_,、
                               ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ
                                  ||/
                                i | |一番隊【小西行長】
                                UU

                          ___ `フ
                      __ /         i
                   / │          /
               / ̄  /          /´
             / ̄    / 咸鏡道  r'´
          / ̄         │ 【加藤清正】
        /          │  _ノ
     ∧_    平安道  │   `i
     "~  `'ー-【小西行長】│   r'
             `i        │  `ー-、
             平壌■    │ __. `ー、
           ,ゝ____/  /    ' ,
          丿 黄海道     〈         ヽ
          {  【黒田長政】 /\_     \
         '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/     \江原道\
           `ー´       `ゝ京畿道 │【島津義弘】
                   漢城■  │         ',


690 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:14:25 ikEdKkUE0



                  ┌───────────────┐
        ,〜-,,〜-,.       │こうして平壌には              .│
         |_ 平壌 |..    │                        │
       _|_~~~~~~~~.      │【小西行長】の一番隊が駐屯し   .│
      __i .i-.、 __.      └───────────────┘
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,
_  __.゙| '"         ." |__
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|

                         ┌─────────────┐
        _,,. -ー-- ..、             │平安道の            ....│
      ,.::'-- 、-- ★.  ヽ、         │                    │
   , -''/;' r:::, lー-、, =、 ヽ  , - 、.     │支配を始めるのであった     │
  /  /~ヽ`"_ノ  ;' γヽ }ヽ l /   )..   └─────────────┘
  l  !   ̄   、 `ー'' ノ l lノ!_.ノrっ-、
  ヽ  !       `'''''"ヽ l l Lブ├'~ 平安道支配?これ以上の拡大は イヤでありますよ
    `(ヽ  `i入_,     .l/  l '__.ノ
     〉 ト、 し' ,.. - 、_,.ノ~ /‐'~      いくらなんでも 手を広げすぎであります
    / ノ-''"`/  r''/ー―'"
    `'''"   l ノ‐'
         `"


691 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:15:10 ikEdKkUE0


  ||  ||  ||  \ ____________ /  ||       ‖  || 、i  ||
  ||  ||  ||    |                    | // || ┌─#; ‖ _||_/i゙ー,< ||
  ||  ||  || // i                    i    || │平│‖  || 、_/  ||
  ||  ||  ||    | rっ vヘヘwvvヘヘwv,ヘヘwv| // || │壌│‖゙ヽ||/ _!゙x/ ||
  ||  ||  || l]//| || ヘヘVvvヘヘvyvヘヘvvVlハハ[l || │城│‖  || √゙  ||
  ||  ||  ||    i |∧,,∧ ∧,,_∧` ´;>∧,,∧;` ´> ||∧,,_∧  ∧,,_∧    ||
  ||  ||_|| // | <`∀´;>;`∀´>ヘ_<;`∀´>つ,ヘ||;゚`∀´><;゚`∀´>
_||/ ハ,||∧/  |   _二二二つ ∀´>(\<;`∀>二⊃))  ∧,,_∧ __||
((⊂二<`∀´;>二⊃   /<`∀´;> ⊂二\\_ ∧,,_∧二二< ;`∀´>二⊃))
    ヽ    |(´ __ 丿 ヽつ  ∧,,_∧   \< ;`∀´>、  〉    /
       ソ  ) \\⊂二二二< `∀´;>二二二⊃ ⊂_) ( ヽ ノ
     ( < \  レ’\\   ヽ    /   i ) ノ    ノ> ノ
       \|\|       レ’   (⌒)  |    /ノ ̄     レレ
━━━━━━━━━━━━━━━━━○━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ○
         _,-一ー- ,_       ○
        '´  ,____ `★、  ○
     /  ./フ´,r--、`、``'ヽ、`、
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}::::::::r´`、i
   /    ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}   でも占領地の統治は
  /     i::::゙ミ、___,,ノ::::::::::! !;;;;} !     ちゃんとしないと ダメでありますな
 /     ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、
./     ,!::::::::::::::::::::::__:::::::::::::`´!  i  まずは逃亡した平壌市民を
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |    引き戻すであります。
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1   |
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´     手に入れた食料を 朝鮮民衆にも
    ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、           分けるでありますよ
  〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
   `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
    `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}


692 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:15:52 ikEdKkUE0


   ┌─────────────────┐
   │小西はさっそく、朝鮮人に向けて・・・    │
   └─────────────────┘
            _,,.. ― ,,
         ,..-''″  ★   ゙ヘ、
       ,,-,゙ -;;;;;;¬''''''''''¬―-..,,,,\
       //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ  抵抗しなければ けっして
     /i./ /illllllllllll |::::::::::::/ .lllllllllll!゙l, l.l   危害を加えないであります
     / ! ! .llllllllllll/ / :::::::::.lヽ!llllll!!丿,!.| l
     !│ ヽ,.゛_/::::::::::::::: .\_`゛._./ .| .|   今まで通りの生活ができるよう
    l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |     保障するであります
    .|  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l
    .!   ヽ .__,,.../ ''''''‐、  :::::::::::/    ゙l
    .|.   `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |    ┌──────────────┐
     ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー--ー'".    │安全と生活を保障するから    │
  _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\             │                   .....│
  /   ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\           │平壌城に戻るようにと        .│
  . ̄"''''―‐"  / `、    ゝ.|.| \ !         │                   .....│
          /  /__  .「  .|.| ./ ノ       │ふれて廻ったところ       ......│
         {  '´ `V   .|..| /.          └──────────────┘

                        ∧∧  ミ _ ドスッ
                        (   ,,)┌─┴┴─┐
                       /   つ. 生ポ有り │
                     〜′ /´ └─┬┬─┘
                      ∪ ∪      ││ _ε3


693 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:16:29 ikEdKkUE0


             ┌───────────────┐
             │逃げ出した城民たちが           .│
             │                        │
             │ぞくぞくと 還ってきたのだった。   ..│
             └───────────────┘
     ,/ ゛゛゛゛゛'''.−=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,−' ゛ ̄ ̄"ヽ、
    .i  i    i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l    i    l::
    i  i    i: : : : i: : : i!: : :          _________             i! l    i    .l::
    .i  i    i: : : : i: : : i!: :: :       l/'´"    ^`゛`ヽ          i! l    .i    .l::
    i .i    i: : : : .i: : : i!: : :       .:''´          ^,        .i! l    .i    l::
   i  i    i: : : : .i: : : i!: : :       ,'             ',        i! l    .i   . l::
   .i .i    .i: : : : .i:: : .i!: : :       ,'    |゙ ̄ ̄ ̄'゙|    ',        i! l    .i    .l::
  .i  i    .i: : : : .i: : : i!: : :      .|    .|γ´.⌒ `,.|    |        i!  l    .i    .l:::
  i .i     i: : : : .i: : : i!: : :       |  l ̄l |.|     |.| l ̄l .|        i! .l    i    .l::::
  .i  i    i: : : : . i: : : i!: : :       |  l_l |.|     |.| l_l  |  \逃げても行き場がなかったニダ/
 .i  i    .i: : : : : i: : : i!: : :       .|     |.|     |.|   , -―- ,       , -―- ,       , -―- ,
    ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧              .∧_∧   ヽ    .∧_∧   ヽ   .∧_∧   ヽ
   く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩         <T∀T .>   }   <T∀T .>   }   <T∀T .>   }
    (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ           ⊃⊂ <_.ノ    ⊃⊂ <_.ノ    ⊃⊂ <_.ノ
    し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J             ,'⌒_ )〜     ,'⌒_ )〜     ,'⌒_ )〜
                                        レ´ 、_(       レ´ 、_(       レ´ 、_(


694 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:17:07 ikEdKkUE0


                       :;:, .:.         ,'
          パチパチ…    . . .:', .:.        (:'
                .::... .   . .':::;:, .:.      ',  ))
          ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:     }  /(
         ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'   ,' ノし': :ヽ   バン!
           _ .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :.((,イ: :  :: :V)_
       _______|二l',:; .::)           て:;;':.、ゝ: :   : :(ノ|__
        |土土| ..:.(ノ            (:: .土 ヽ: :: :  : :: :/l二F土|
        |土. . .::::)            ,ゞ.:.土土┌────────────────┐
        |土.;: . .:::: .:ソ          (:.土土土.│というのも、城を出たって         .│
       . ::.: :::..::..:(            ):::..土土│                       .│
        |土土土土土土土土土土土土土土土.│まわりはヒャッハー状態で        │
        |土土土土土土土土土土土土土土土.│                       .│
        |土土土土土土土土土土土土土土土.│どこにも居場所が無かったからである │
      |J : : : : ,.'⌒ヽ: : : : : :,.'⌒ヽ : : : : : : : : :.└────────────────┘
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : :. :; .,ィニニヽ: :| 官庫 | レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : ;  ノ) ...人 Λ', ¨不¨¨ : レ|
      |J : : : : lニニゴ: : : : : :lニニゴ : :∫ /( ト|<(__)>ト|: :|「l|.:.: :.:レ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :;: ノし:::::::ヾ:; .l∨l l ト|: :`¨ : : : レ|
      |Jュェュェュェュェュェュェュェュェュェ..((イ::::   :::ノノ 喫ェョト|ュェュェュェュレ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ::::   ::从.|_j_,!_l_ト| : : : : : : :レ|
                         :ヽ::::  :::丿;
                          ゝ人ソ          / ̄ ̄ヽ      / ̄ ̄ヽ
                           ‖.       ∧_,,∧ 略奪 i   ∧_,,∧ 略奪 i
                     ..∧_,,∧ ‖         < `∀´ >    ノ  < `∀´ >    ノ
                     < `∀´ >つ       (つ とく__,;;ノ    (つ とく__,;;ノ
                     (つ   /             `/⌒__)〜     /⌒__)〜
                      |   (⌒)         レ' ゝ(        レ' ゝ(
                      し⌒  ̄

  ゚ 。 ∧_,,∧゚。  ゚ 。 ∧_,,∧゚。 ゚ 。 ∧_,,∧゚。 ゚ 。 ∧_,,∧゚。 ゚ 。 ∧_,,∧゚。
 ゚ ・<;゚`Д⊂. ゚ ・<;゚`Д⊂..゚ ・<;゚`Д⊂. ゚ ・<;゚`Д⊂..゚ ・<;゚`Д⊂ヽ ウリたちは王様に見捨てられたニダ
    (    ノ   (    ノ   (    ノ   (    ノ   (    ノ  落ち着き先なんてないニダ
   ム_)_)..... ム_)_)..... ム_)_)..... ム_)_)..... ム_)_)


695 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:17:42 ikEdKkUE0


      ┌─────────────────┐
      │となれば、                   │
      │                         .│
      │日本軍が支配しているとはいえ     ...│
      │                         .│
      │平壌に戻るしか なかったのだった   ....│
      └─────────────────┘
                                         ∧∧  ミ _ ドスッ
      ∧ ∧  ∧ ∧   ∧ ∧  ∧ ∧  ∧ ∧            (   ,,)┌─┴┴─┐
    くlili`Д´>く; `∀´> く; `Д´>くlili`∀´> く; `∀´>           /   つ. 生ポ有り │
    / つ_つ / つ_つ  / つ_つ / つ_つ / つ_つ.        〜′ /´ └─┬┬─┘
   人  Y   人  Y   人  Y  人  Y   人  Y.           ∪ ∪      ││ _ε3
  し'(_)  し'(_)  し'(_) し'(_)  し'(_)


696 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:18:17 ikEdKkUE0


                     ┌─────────────────┐
           _,,,,,,_.           │そして【小西行長】も            ..│
         r´ ★ `ヽ、 .       │                         .│
        /  ――― 丶.       │それなりに気を配ったので         .│
       /乃(●)(●)八..    │                         .│
       (/∧.   ∀  .八.ノ...   │城内は 前と同じような状態に       ....│
.       〈〈__フ`|  |´〈.       │                         .│
.       ヽ_ /_∧_ヽ ヽ      │もどりつつ あったのだった         .│
          | l >,,,<l | | | .       └─────────────────┘
         ヽヽ // ∪
           | |´| |
.          ∪ ∪

__i,,,,__i,,___.,,__i,,_____i,,,,__i,,__人_i,,,,__i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i,_i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i
,,__i,,,___i_,/::::`、,___i___i,,,,__i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___ ,,,i,,,,_ ゙l,,__i,,_
__i,,,,__i,,____i,,, /V\_,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. ゙l__i,,,,__i,,___i,,,,__i,,__人_i,,,,__
,,__i,,,___i_ <`−´ .>___i,,,,__i,,___,_i,,, ∧_∧_i,,,,_ ゙l,,__i,,,____ /■\__i,
コニiニニiニニiニニiニU   U )ニニiニニニニiニニiニニニi < `Д´>ニiニニiニニiニニiニニiニ.< `∀´ >ニニiニ
  . / ̄ ̄ ̄ ̄(_⊂二_)" ̄ / ,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ∪ ∪ ) ̄'''/  / ̄ ̄ ̄ ̄と   ヽ ̄ ̄
  / [二二] θ    Ψ /wii/§ § § (__(_,,⊃ /、 ./ ζζζ と_と_ノ、_)() ()
. /   |__;;;| __ (o゚。)   /  /  くl=- くl=- くl=- くl=- /,,_ /  ○○ l二二二l ΥΥΥ
/ ⊿⊿   〈;;;;;+〉     /  / жжж (*)*)*)/vv/  ○○○ |_(゚д゚)_| УУУ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ∧Σ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,...,, ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,_       (( <`∀´>    _wii,,              <∀´  > ))    ,,,...wii
 (( ∧_∧    /^ ハ         Α_Α )) vv,,   (     )   ∧ ∧


697 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:19:12 ikEdKkUE0


       ┌───────────┐
       │と、まあ城内は        │
       │                │
       │問題ないのだが・・・    │
       └───────────┘
               /     ☆     \
          /  _  -- ‐‐ --  _ \
           / /  _  三三三三    _  マ、
.         /  '´    ヽ 三三三 '´    ヽ ゚。   兵糧は1年分 あるけど
        / ′      ゚ 三三. ′        、
.        /  { ━━━━ 三三三{ ━━━━. }    先行き不安でありますな。
       /     ゝ      ノ.三三三.ゝ     ノ八 ヽ
      {                              }
             ゝ U             ノ     /
        ヽ     丶   _..___.._   ,       ′
          ー-  >、  `┴┴´ 。<__ /
              / /二人二マ \
              / /7 ヽ   / ゚ \\
.             / / /  //\j  } / /
            / /  {         ノ / /
        ┌─────────────────┐
        │残念ながら、付近の統治は         .│
        │                         .│
        │ぜんぜんうまく いかなかったりする    .│
        └─────────────────┘


698 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:20:50 ikEdKkUE0



       ┌────────────────┐
       │というのも、朝鮮軍によって       .│
       │                       .│
       │漢城との通信線を                │
       │                       .│
       │たびたび脅かされるのである      .│
       └────────────────┘
           了    (                 │
           │    |    _/         广
           / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿    ■_丿       亅        `ーー 、
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿         ヘ、
        'ヘ..- 、 l   Λ_Λ      j′          ゙ゝ
           r‐‐' ̄... ◯< `∀´ >◯ジダイの騎士が参上ニダ
      _厂        \    /  . 丿              '、
     丿           |⌒I │    .|    /            廴
    _,,..l.             (_) ノ   ...L   /      |       ゙'、
    ` ゙̄‐‐'⊃    _....  ..レ__ .開城   |__丿       丿 ___     ''、
       「__   │ \   ___| ■ _/      __∠/         "'、
          \_丿    ̄∨  \_丿      ノ             \
                        i ̄}.l \_■漢城 /                ヽ、
                      ̄ |  ゙'''─-宀-、   丿               │
                      "l       ゙L广                ヘ、
                       亡       \                  '、


699 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:21:38 ikEdKkUE0



   ┌───────────────┐                //
   │ここまで、日本軍は圧倒的に   .....│             、/ /
   │                     ...│              / `
   │朝鮮軍を蹴散らしてきたが・・・    │           / ┣¨┣¨┣¨┣¨
   └───────────────┘ ..く     /●\∩
           ∧     ∧            \   (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
           |i |     |i |               ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州    州                `(Д・´#),,,、三ニ=―  ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
      ∧__,∧ .‖     .‖         <ニ||― r-/●\―――
     <゚Д゚ ;>‖∧__,∧‖               ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ∧__,∧ ⊂   <;´Д` > ∧__,∧          <ニ||― ∩――∩―――  '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>              `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;     '''''''''<ニ||― r-/●\―――
  し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;         ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;



      ┌──────────────────┐
      │蹴散らしてるだけだから、              │
      │                              │
      │しばらくすると、また集まってくる。      │
      │                           .│
      │散っては集まりを くり返すのである      .│
      └──────────────────┘
                    Λ_Λ
                  ◯< `∀´ >◯
                   \    /
                    |⌒I │
                    (_) ノ
                           ..レ__
    ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧  ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧
   く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´.く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩
    (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ(つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ
    し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J....し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J


700 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:22:29 ikEdKkUE0


     ┌────────────────┐
     │そして平壌陥落から1ヶ月ほどたつと │
     │                       .│
     │またぞろ敗残兵が 集結し・・・     ..│
     └────────────────┘

             lニニl┴──┴ 、
         |] |] /  , ,. !  - 、_ \_
        / ̄ ̄ ─v   ,,;;iiiiii:;;,    ヽ ←平壌の南、ほうなん山
     ,,,,;;⌒iiiiiiiii;;⌒";;⌒ヾ"⌒;:゛;,iiiiiiiiiiii,;,''";;,,
 ,,,,,,,:::,;;'⌒;;;⌒iiiii"''⌒''' ⌒;:;"⌒;;iiiiiiii;:;⌒ヾ⌒⌒^;;)
::x""⌒;:;:;iiii⌒iiiiiiii ii^^ ~;:;⌒''''""''"⌒、;;''"^iiiii"`´;:;ヾ
;::::;:i^ :::::⌒⌒ ⌒;:;;""'''''""⌒;:;;''",.,;;:;:;''⌒"";:;;:;⌒;:;:; ソ

:  /)__∧    Λ_Λ    ∧__(\        ┌────────────┐
  | |`∀´> ◯< `∀´ >◯ <`∀´| .|        │一番隊の背後を        ..│
  |    〈)  \    ./  (〉   ノ.          │                  │
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐      │脅かし始めるのだった     │
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|.      └────────────┘
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|



   i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
   l      ヽ  / ̄ ` ヽ  ノ ヽ{,,彡´   l∧
   |   U   |. /     _∧     ヘ     /| ヽ  うっとおしいで ありますな
   |       | {_=彡= ̄ }      `ミー '  |   |
  ノ      | ヽ ̄     ノ,          }   r
         |  `.ー- - 彡'          /   i
         |                   /    丿
         |           , ィ T T lフ`ー/   /
         ト ,    ,,,/. ー┴┘´イ` ー '
  \       .|  ` ー ≦--- ― .< ´


701 : 名無しのやる夫だお :2013/10/19(土) 22:22:40 rCnhmauo0
投下乙

ゲリラ戦法に朝鮮軍走ったのか


702 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:23:23 ikEdKkUE0


      ┌──────────────────┐
      │そこで7月13日、                │
      │                           .│
      │【小西行長】は1万ほどの兵を率いて    │
      │                           .│
      │平壌から出撃し・・・               │
      └──────────────────┘
                    n_rl_n_n_n_n_n_n_n_h_n
h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n_n_|     ____     |_n_h_n_n_n_h_n_n_n_n_h_n_n_n
                  |     |l 壌平 l|     |
                    |  〃ニニニニニヾ  |
                      |  | | 〃゙゙゙゙゙。゙゙゙゙ヽ | |  |
                  |   .| | |         | | |.   |
──── ─── ───|   | | l         l | |   |────── ─── ─
                      ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy、
                      MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
                  ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
             __,.ヘ /ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ  ほうなんさんを攻めるモナ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /  `      \/      /         \   /        \
  . |  o    o    |  o    |  o    o    | o|  o    o    | ほうなんさんを攻めるモナ
  |    r┐     |    r┐ .|    r┐     |┐ |    r┐     |
.   |    ,!-l、     |     ,!-l、 .|    ,!-l、     .|..l、 |    .,!-l、     |
   \         /\      \         /  \        /
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\


703 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:24:06 ikEdKkUE0



     ┌───────────────┐              //
     │南方に集結していた朝鮮軍を     │           、/ /
     │                     ...│            / `
     │あっさりと蹴散らしたのだった   ....│         / ┣¨┣¨┣¨┣¨
     └───────────────┘     ./●\∩
           ∧     ∧            \   (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
           |i |     |i |               ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州    州                `(Д・´#),,,、三ニ=―  ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
      ∧__,∧ .‖     .‖         <ニ||― r-/●\―――
     <゚Д゚ ;>‖∧__,∧‖               ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ∧__,∧ ⊂   <;´Д` > ∧__,∧          <ニ||― ∩――∩―――  '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>              `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
  ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;     '''''''''<ニ||― r-/●\―――
  し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;         ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;


704 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:24:46 ikEdKkUE0



┌────────────────────────────────────┐
│       ┌──────────────────┐                .│
│       │しかし、どうせ しばらくたつと         │                .│
│       │                           .│                .│
│       │また集まりだすのは 目に見えている     .│                .│
│       └──────────────────┘                .│
│                    Λ_Λ                            │
│                  ◯< `∀´ >◯                        ......│
│                   \    /                           │
│                    |⌒I │                            .│
│                    (_) ノ                            │
│                           ..レ__                           ....│
│    ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧  ∧_,,∧∧_,,∧ ∧_,,∧ ∧_,,∧∧_,,∧      │
│   く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´.く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´く*`∀´∩  ....│
│    (つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ(つ   (つ    (つ   (つ   (つ  ,ノ     .│
│    し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J....し―-J し―-J し―-Jし―-Jし―-J    ..│
└────────────────────────────────────┘


705 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:25:26 ikEdKkUE0


             : : : : : : : ┏┛
        寛奠堡   : : : : ┏┛        ┌─────────────┐
鳳凰城    ○     ┏━┛          │そこで【小西行長】は        │
○         ┏━━┛              │                    │
       ┏━┛                    │背後の安全を確保するため  │
   ┏━┛                        │                    │
 ┏┛○義州              __ノ .       │つなぎの城を造ることとし     .│
 ┃                 ノ      /  └─────────────┘
ー⊿_      定州        /    _,,.―′         __/
   \     ○      __ノ     _/           /
     レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′            (
           了    (                 │
           │    |    _/         广
           / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿    ■_丿       亅        `ーー 、
        丿   / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿         ヘ、
        'ヘ..- 、 l  ◎中和       j′          ゙ゝ
           r‐‐' ̄ ′          丿            ヽ、
      _厂                 |   丿              '、
     丿                丿   |    /            廴
    _,,..l               |     L   /      |       ゙'、
    ` ゙̄‐‐'⊃    _     丿開城   |__丿       丿 ___     ''、
       「__   │ \   ___| ■ _/      __∠/         "'、
          \_丿    ̄∨  \_丿      ノ             \
                        i ̄}.l \_■漢城 /                ヽ、
                      ̄ |  ゙'''─-宀-、   丿               │


706 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:26:01 ikEdKkUE0



ヾゞヾ., .ゞヾゞ゙;ゞ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ゙;ゞヾゞヾ., .ゞヾゞ゙;ゞ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ゙;ゞヾゞヾ., .ゞヾ. ゞヾゞ゙;ゞヾゞ
  :ヾゞヾ., .ゞヾゞ゙;ゞ:ヾヾゞ゙;ゞ  :ヾゞヾ., .ゞヾゞ┌─────────────────┐
          |l;;:;:;iiイ`,.ノ      `ll;;:;:;iiイ,.ノ.    │出兵した軍は平壌に もどらず         │
       ∧ |li;;:;:;il:| ∧       |∧;:;il:|    ∧ │                           │
       |i | |llii;;:;:;:| |i |       ||i |;:;:;:|    |i | │中和で 城作りを始めるのだった       │
       州 |llii;;:;:;:| 州      |州;:;:;:|    州 └─────────────────┘
;; ;;/■\||~^,/■\|| ^./■\||~^,/■\||" ,/■\||'" /■\||;^ /■\||'";;"^~^~~^~^~ヽ〃^゛';
;;;;(´∀` , || (´∀` , ||::;:(´∀` , || (´∀` , || (´∀` , || (´∀` , || (´∀` , ||      ゞ〃ミ彡
;;;;(     ○ (     ○ (     ○ (     ○ (     ○ (     ○ (     ○,,,,,.,,,..,,,,,,;::;〃ミ巛:、,,,,:
 | |  || | |  || | |  || | |  || | |  || | |  || | |  ||      | li |
 (_(__|| (_(__|| (_(__|| (_(__|| (_(__|| (_(__|| (_(__||      | l li il l

               _,,.. --- 、
             ,. -''"       `丶、
           /            \         ┌─────────────┐
          /、       u    し  ヽ          │このとき                  .│
         /、「                ,}        │                    │
         l::::,=、ー‐┐ぅ        r''":::l!       │【小西行長】は              │
           l::/:::::::::ヽ::::l          lι::::ll.        │                    │
         l:ト-:、::::::l:::|    u     l:::::::l|       │背後ばかりに気を取られ   ...│
           lヽ:::::ヽ、!::l           l::::/ l  /.... └─────────────┘
          ヽ:`ー' ιl      ぅ    V  ノ /.
           ヽ:::::::::::::l           }‐'   今は何より 通信の維持と
      , -ー‐''''''"ヽ7ヽ、!         /          統治の安定が大事であります!
   r-- {-y _,,.. --ー==ヽ、___,,,...-''"ー-- 、
  /に  Qし'"       /::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  ム二_     __   /:::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::l       ┌─────────────┐
     ロラ  ム\並}  /::::::/[] \::::::::::::::::::::::::::/.        │まさか 今すぐにも前面から  ..│
  tj 「l  rl]  Lll」 /:::::::/    ヽ、::::::::::::::/.        │                    │
    /llヽ / Ll!  "  /::::::::/ =   /:::::::::;r'"く、  _      │明軍が攻めてくるなど、     .│
   { 「 l} V、_ゝ , -'::::::::::/     /:::::::∠ニ=--、 ̄::::l、    │                    │
    チイ     {__ノ     {、__,,,.. - 、_つー'.     │考えもしなかった          .│
     ̄   ェ}                               └─────────────┘


707 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:26:37 ikEdKkUE0



      ┌──────────────────┐
      │もっとも、油断は小西だけではない。     .│
      └──────────────────┘

        ,〜-,,〜-,.
         |_ 平壌 |.           ┌────────────────────┐
       _|_~~~~~~~~.          │平壌の留守を預かるのは【松浦鎮信】率いる ....│
      __i .i-.、 __.          │                            ....│
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,..... .     │6千〜8千?くらいだったが・・・            ..│
_  __.゙| '"         ." |__..     └────────────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|

                           ┌──────────────┐
                           │こちらも城内の平穏さに        │
                           │                   .....│
,,,,,    ∧_∧   、 ,,,,,,    ,,,,,,,,     ,,,.│油断しきって いたのだった。  ....│
....,,,   ( ´∀`)___,,,,___ ,, ∧_∧└──────────────┘
  / ̄ ( つ日ヽ   ∧_∧    (    )               /
/    (__))   (´∀` )   (    )    ∧_∧∧_∧ /
....∧_∧∧_∧ドーゾ (日ノ )  | | |    ( ´∀`) ´∀`)マターリモナー
 ( ´∀`) ´∀`)    ((__)  (_(_) (○)⊂   ) つ日⊂ )
―(つ⊂  ) つ⊂ )―――――――――――ヽ|〃(⌒)(⌒) (⌒)(⌒)
  (⌒)(⌒) (⌒)(⌒)


708 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:27:14 ikEdKkUE0



┌──────────────┐
│しかし、この日本軍の動きは  ....│
│                   .....│
│朝鮮側に監視されていた。     .│
└──────────────┘
    ______,.___, |;:;:.... | 。  :
 ゚     。  :     ..:| |l ̄|  ゜ ゜
:         。    ..:| |l平|   :   。
    ゜     : ..:| |l壌|.. ゜  ゜
  :       ゚   ..:| |l_|::;;,, :   ゚
    ゚   :     ..:|;:;:.... |⌒ヽ  ゜ :  ゜
      ゜  :  ..:|;:;:.... |`∀´>ニダリ ゜
  。           ゚ ..:|;:;:.... |   | :   :
   :     :   ..:|;:;:.... |  .|  ゚
 ゚  。  :   :  ..:|;:;:.... |  j.:.:.....
  :      :   ..:|;:;:.... |_,,ノ...::::;:;:;
      ,,.,、-‐''"´~ `ー-‐':::::;:;:;:;:;:;:;:;:::.



  ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃   ┃ ┃┃
  ┣━      ┣━      ┣━      ┣━
  ┃       ┃    |   ┃       ┃
         \     |      /
           ヽ   ∧_∧  / 平壌の倭賊の大部分が
              <丶`∀´>つ    漢城に引き上げたニダ〜!
  三ニ=―  (":::⌒ (つ  ノ    ―=ニ三
        (⌒::::.⌒:.  } ,(⌒) .::⌒ヾ
     (::.; (::::.⌒:..  し' 三" :.:⌒).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "/  ̄ ̄ ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ┌────────────────┐
    │彼らはさっそく               .│
    │                       .│
    │朝鮮宮廷に報告するのである!    ...│
    └────────────────┘


709 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:27:54 ikEdKkUE0



  ┌───────────────┐
  │ただ残念ながら、その情報分析は . │
  │                        │
  │えらく 不正確だった。           │
  └───────────────┘
  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ
  彡| 「ニ金ニ|    たしか、最初に平壌に入った倭賊は
  ∠くノ;´Д` >      6千くらいニダ
   く~((二つ)ニ)
    ̄ヒ´V`Y     大部分が漢城に引き上げたなら
    ∠二ハ二ゝ     残りは 1千強くらいニダ
    /_!_!_|
      |_|_| .
    【金命元】



      ∩___
    ⊂「__ 」⊃ よし!すぐに天将に知らせるニダ
      <;`∀´>
    /     ̄ ̄|
  /  | 宣祖 |_」.         ∧_∧
  |__|    |           <∀´ゝ〉> ニダァ!
      |_____|           / y(⌒と)
      (_)(_)        し( ヾ  〉


710 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:28:32 ikEdKkUE0



  ┌──────────────────┐
  │まあ、平壌奪回を あせるあまり        .│
  │                              │
  │日本軍を過小評価して しまったのだろう   │
  └──────────────────┘
  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
  彡| 「ニ副ニ|  ふむ、それで残った賊の数は?
  ∠くノ `ハ´)
    く~((二つ)ニ)
    ̄ヒ´V`Y..             ∧_∧
   ∠二ハ二ゝ.           <∀´ゝ〉> 1千〜2千程度ニダ!
     /_!_!_|           / y(⌒と)
     |_|_|              し( ヾ  〉
    【祖承訓】



  彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ.
  彡| 「ニ副ニ|  賊は どんな武器を使うアルか?
  ∠くノ `ハ´)
    く~((二つ)ニ)
    ̄ヒ´V`Y..             ∧_∧
   ∠二ハ二ゝ.           <∀´ゝ〉> 長剣だけニダ!
     /_!_!_|           / y(⌒と)
     |_|_|              し( ヾ  〉
    【祖承訓】


711 : ◆O4Y0qd9F8g :2013/10/19(土) 22:28:58 ikEdKkUE0



   ┌───────────────┐
   │で、この えーかげんな情報に    │
   │                        │
   │のせられちゃった明軍は・・・      .│
   └───────────────┘
 *     +    巛 ヽ
            〒 ! よしっ 長剣のみの賊1千強なら楽勝アル!